PowerPoint Presentation

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "PowerPoint Presentation"

Transcription

1 位 置 情 報 ベースのサービス PinQA とLOD 澤 村 正 樹 佐 藤 宏 之 NTTレゾナント 株 式 会 社 概 要 1. gooラボで 提 供 している 位 置 情 報 に 特 化 したQ&Aサービス PinQA(ピンカ)をLinked Open Dataに 対 応 さた 実 際 にコンシュー マー 向 けに 提 供 されているサービスのLOD 対 応 事 例 として その 検 討 過 程 と 効 果 について 紹 介 する

2 位 置 情 報 サービスPinQA(ピンカ) 位 置 情 報 ベースのQ&Aサービス 2010 年 リリース ( 現 在 大 規 模 なリニューアル 検 討 中 ) 検 索 で 探 せない 人 々の 持 つローカル 情 報 がウェブ 上 で 共 有 され ることがゴール 例 ) このへんでよい 歯 医 者 さんはどこですか? 子 連 れでも 入 れるよいレストランはありませんか? スカイツリーがよく 見 える スポットはどこですか?

3 LOD 対 応 のゴール 他 の 位 置 情 報 サービスからマッシュアップされること o 各 Q&AデータをRDF 形 式 で 取 得 できること o QやA 投 稿 者 のデータをたどって 行 けること o 緯 度 経 度 で 範 囲 指 定 してデータを 取 得 できること SPARQLエンドポイントを 持 つこと

4 検 討 の 流 れ 1.リソースのURIの 検 討 2.プロパティ(ボキャブラリ)のURIの 検 討 3. 出 力 フォーマットの 検 討 4. 外 部 データ(DBpedia)へのリンク 5.SPARQLエンドポイントの 設 置 データ 構 造 このへんに 美 味 しいラーメン 屋 はありませんか? 二 郎 がありますよ 山 頭 火 がおすすめです 緯 度 経 度 : 35.6/139.7 緯 度 経 度 : 35.7/139.0 緯 度 経 度 : 35.8/

5 ボキャブラリ dc:creator dc:creator pinqa:answer pinqa:answer geo:lat geo:long geo:lat geo:long geo:lat geo:long geo:lat geo:long リソースURI 設 計 基 本 となるQ&AページのURLは 下 記 だった これをそのまま 個 々の 質 問 を 表 すURIとして 使 うように 決 めた メタ 情 報 取 得 のURLを 以 下 のように 定 義 (RDF+XML)

6 ページのフッター 部 分 にリンク Q&Aページ linkタグをうめこみ PinQAのリソースURI 例 質 問 回 答 ユーザー PinQAのプロパティ 回 答 pinqa:answer ユーザー dc:creator 近 くの 駅 pinqa: <

7 [ 課 題 ] 既 存 APIとのバッティング 既 に.xmlと.jsonという 拡 張 子 を 独 自 形 式 のデータを 返 す APIとして 利 用 していた リリース 済 みのiPhoneアプリな どでも 使 っていたため.jsonでjson 形 式 のRDFを 返 すよう にはできなかった dc: dcterms: geo: pinqa: rdfs: < < pinqa:answer < < < < < dcterms:spatial " 東 京 "; pinqa:nearquestion < < pinqa:nearstation < < < dc:creator < dc:date " T11:48:03+09:00"; dc:description " 一 ツ 橋 神 保 町 のあたりで 土 曜 日 の 夕 方 25~30 人 で 懇 親 会 ができるお 店 を 探 しています どこか 良 いところをご 存 知 の 方 はいらっしゃいますか?"; geo:lat " "^^< geo:long " "^^< rdfs:label " 一 ツ 橋 神 保 町 のあたりで 土 曜 日 の 夕 方 25~30 人 で 懇 親 会 ができるお 店 を 探 しています どこか 良 いところをご 存 知 の 方 はいらっしゃいますか?"

8 実 装 方 法 PinQAはRuby on Railsで 動 いているため RDF.rbを 使 いRDFを 生 成 した Gemfile: gem 'rdf' gem 'rdf/n3',:require => 'rdf/n3' gem 'rdf/rdf-xml,:require => 'rdf/rdfxml' Controller: respond_to do format format.html format.json { render :json } format.n3 { render :text } format.rdf { render :text } end

9 def to_n3 geo = RDF::Vocabulary.new(" dcterms = RDF::Vocabulary.new(" pinqa = RDF::Vocabulary.new(" RDF::Writer.for(:n3).buffer { writer writer.prefix("geo",geo.to_s) writer.prefix("dcterms",dcterms.to_s) writer << RDF::Graph.new do graph graph << [question[2202],dc.description,rdf::literal("このへんに 美 味 しいラーメン 屋 はありますか?",:language => :ja)] graph << [question[2202],geo.lat, ] graph << [question[2202],geo.long, ] end end DBpediaへのリンク 近 くの 駅 をDBpediaへリンク 原 宿 駅 <

10 ある 緯 度 経 度 範 囲 の 駅 データをDBpediaから 取 得 するSPARQL PREFIX rdfs:< PREFIX geo:< PREFIX geo:< PREFIX dbpedia_ont: < SELECT * WHERE {?link rdfs:label?title; rdfs:comment?comment; geo:lat?lat; geo:long?long.?link rdf:type dbpedia_ont:station. FILTER (?lat> 35.7 &&?lat< 35.9 &&?long> &&?long< && lang(?comment) = "ja" && lang(?title) = "ja" ) } SPARQLエンドポイント 設 置 1. ActiveRecord+MySQLで 扱 っているデータを SPARQL 文 をパースして 取 得 して 返 すことを 試 す 定 型 の 文 の 一 部 のみ 対 応 させることならば できな くもないが エンドポイントとして 実 装 するのは 相 当 難 し そう 2. 4Storeをインストールして 試 験 3. D2RでRDBのデータを 直 接 クエリーする 方 式 に 切 り 替 える

11 D2Rについて D2Rを 使 うとMySQLなどのRDBから 直 接 RDFを 生 成 することがで きる SPARQLエンドポイントとしても 機 能 する D2Rの 設 定 現 状 のカラム 構 成 からマッピングファイルのひな 形 を 出 力 するユー ティリティコマンドが 用 意 されている $./generate-mapping -u john -p your_pw -d com.mysql.jdbc.driver -o mapping.n3 jdbc:mysql://localhost/blog マッピングファイルはテーブル 間 のアソシエーションを 表 現 したい 場 合 などは 少 々 手 を 入 れる 必 要 geo: < map:posts_lat a d2rq:propertybridge; d2rq:belongstoclassmap map:posts; d2rq:property geo:lat; d2rq:propertydefinitionlabel "posts lat"; d2rq:sqlexpression "posts.lat / (60.0 * 60.0 * )"; d2rq:datatype xsd:double;

12 PinQAのSPARQLエンドポイント 利 用 例 : Yokohama Art Spot まとめ 実 際 にコンシューマー 向 けに 提 供 されているサービスPinQA(ピ ンカ)についてLOD 対 応 を 実 装 した o 通 常 のXMLでのAPI 設 計 とは 違 う 感 覚 がある 出 力 の 実 装 はある 程 度 ライブラリがあるので 大 丈 夫 既 存 APIとのすみわけが 課 題 D2Rを 使 ってSPARQLエンドポイントに 対 応 させた 全 体 的 に 実 装 ノウハウや 利 用 事 例 がまだまだ 足 りていないという のが 実 感 より 多 くの 情 報 発 信 が 普 及 の 鍵

13 ご 清 聴 ありがとうございました mail:

Microsoft Word - 4_研究成果の要約(森田).doc

Microsoft Word - 4_研究成果の要約(森田).doc 09-01048 Wikipedia Web Web API 1 2 503 3 Wikipedia WordNet 504 1: 3-1 Wikipedia 505 3-2 Wikipedia owl:sameas 506 101 64 52 45 39 34 29 25 22 19 16 13 10 7 4 1 0 2000 4000 6000 8000 10000 12000 14000 16000

More information

20140426-TogoDBシステム概説書

20140426-TogoDBシステム概説書 データベース 統 合 に 関 わる 基 盤 技 術 開 発 TogoDB システム 概 説 書 平 成 26 年 4 月 24 日 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 情 報 システム 研 究 機 構 ライフサイエンス 統 合 データベースセンター 1. TogoDB 概 説 1.1. 開 発 目 的 生 命 科 学 では 多 種 多 様 なデータが 産 生 されているが その 多 くは 再 利

More information

20140602-NBDC-DBCLS-共同研究計画.key

20140602-NBDC-DBCLS-共同研究計画.key 26 NBDC/DBCLS http://jp.linkedin.com/in/toshiakikatayama 2014/6/2 @ NBDC (JST ) 26 NBDC RDF DB 国 内 外 に 散 在 しているライフサイエンス 分 野 のデータやデータベー スについて それらの 共 有 を 強 力 に 促 進 し 公 共 財 として 誰 でもが 自 由 に

More information

RDFXML出力仕様.xlsx

RDFXML出力仕様.xlsx RSS 配 信 RDF/XML 出 力 仕 様 書 システム 名 サブシステム 名 機 能 名 カーたびクラウド 出 力 システム RSS 配 信 RDF/XML 出 力 仕 様 作 成 者 自 動 車 旅 行 推 進 機 構 更 新 履 歴 バージョン 作 成 更 新 日 改 版 理 由 箇 所 担 当 自 動 車 旅 行 1.0 2011/11/21 新 規 作 成 推 進 機 構 1/14 目

More information

I-Scoverを用いた学会論文検索・ 分析システムの試作

I-Scoverを用いた学会論文検索・ 分析システムの試作 I-Scoverを 用 いた 学 会 論 文 検 索 分 析 システムの 試 作 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 工 業 大 学 大 学 院 情 報 通 信 工 学 専 攻 若 原 俊 彦 槇 俊 孝 目 次 背 景 I-Scoverとの 関 わり I-Scoverチャレンジ2013への 応 募 学 会 論 文 検 索 分 析 システム システムの 機 能 追 加 Wikipedia Link

More information

#"

# !" #" !!! $" x %" 2011.3.11 3.12 3.1 4.02 4.17 4.24 4.28 4.29 5.8 5.14 6.4 7.3 8.1 8.10 8.23 8.28 9.10 9.30 11.13 11.21 12.23 12.28 2012.2.24 3.18 3.20 3.24 &" ! '" (" )" *" !+" !!" !#" !$" !%" !& !'"

More information

Microsoft PowerPoint - LOD2012部門賞ご紹介スライド.pptx

Microsoft PowerPoint - LOD2012部門賞ご紹介スライド.pptx 2013 年 3 月 7 日 LODチャレンジJapan2012 授 賞 式 本 賞 は 各 受 賞 者 による 作 品 紹 介 となります アイデア 部 門 優 秀 賞 受 賞 者 古 川 英 幸, 木 村 博 巳, 中 村 尭, 下 山 紗 代 子 推 薦 の 言 葉 地 域 猫 に 地 域 環 境 の センシング 等 の 役 割 を 与 えることに よって 地 域 猫 が 街 づくりに 貢 献

More information

目 次 1. オープンデータの 技 術 概 要 (1) 機 械 判 読 とは (2) 関 連 技 術 の 位 置 づけ 2. 関 連 技 術 の 概 要 (1) 機 械 判 読 可 能 なデータ 形 式 (2)データの 融 合 を 可 能 にするためのデータ 構 造 (3)データカタログ 1

目 次 1. オープンデータの 技 術 概 要 (1) 機 械 判 読 とは (2) 関 連 技 術 の 位 置 づけ 2. 関 連 技 術 の 概 要 (1) 機 械 判 読 可 能 なデータ 形 式 (2)データの 融 合 を 可 能 にするためのデータ 構 造 (3)データカタログ 1 第 1 回 データWG 資 料 資 料 7 データ 形 式 構 造 データカタログ に 関 する 技 術 について 2012 年 12 月 26 日 データWG 主 査 代 理 小 池 博 0 目 次 1. オープンデータの 技 術 概 要 (1) 機 械 判 読 とは (2) 関 連 技 術 の 位 置 づけ 2. 関 連 技 術 の 概 要 (1) 機 械 判 読 可 能 なデータ 形 式 (2)データの

More information

1 4 2 R 5 R 3 6 7 R 10 9 8 R R 1 2 3 4 5 6 7 8 R 1 2 3 4 5 6 7 8 R 1 2 3 4 5 6 7 8 R 1 2 3 4 5 6 7 8 R 1 2 3 4 5 6 7 8 R 1 2 3 4 5 6 7 8 R 1 2 3 4 5 6 7 8 R 1 2 3 4 5 6 7 8 1 2 3 4 5 6 7 8 1 2 3 4 5 6

More information

2

2 1 2 3 4 5 6 Q&A 10:0012:00 13:0015:00 7 ! 10:0012:00 13:0016:00 1,000 20 8 9 10 11 80 12 13 14 15 9:00 9:45 10:15 10:45 11:30 12:00 12:30 13:00 13:30 16 14:00 15:00 16:00 9:00 9:30 10:00 10:45 11:15 12:00

More information

-----------------------------------------------------------------------------------------1 --------------------------------------------------------------------------------------1 -------------------------------------------------------------------------------------1

More information

›¼’à”v“lŠÍ1−ª

›¼’à”v“lŠÍ1−ª 3 1 1 2 3 4 5 6 7 8 8 10 12 14 16 18 20 22 24 2 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 26 28 30 32 34 36 38 40 42 44 46 48 50 4 3 1 2 3 4 5 52 54 56 58 60 6 62 7 8 9 10 64 66 68 70 72 5 1 1 4 2 5 6 6 7 1 8 1 9 2 10

More information

1 2 3 4 1 2 3 4 1 2 3 4 12 3 4

1 2 3 4 1 2 3 4 1 2 3 4 12 3 4 1 2 3 4 5 6 1 2 3 4 5 6 1 2 1 2 1 2 1 2 1 2 3 4 12 3 4 1 2 3 4 1 2 3 4 1 2 3 4 1 2 3 4 1 2 3 4 12 3 4 1 2 3 4 5 6 7 8 1 2 3 46 7 1 2 3 4 5 6 7 1 2 3 4 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 16 7 8 92 3 46 7 :

More information

- 1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 - 7 - 8 - 9 - 10 - 11 2-12 - 1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 - 7 - 1 - 2 - 3 6 1 1-4 - 5 - 6 - 1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 - 7 - 8 130 3 130 5 2 50 1.5 48 59 62 63-9 - 1 - 2 - 3 () - 4 - 5 -

More information

S1460...........\1.E4

S1460...........\1.E4 3 4 3 4 5 3 4 5 3 4 3 4 3 3 3 3 4 3 4 3 3 4 4 3 3 3 3 4 3 4 3 3 3 3 3 3 4 3 4 3 4 5 4 3 5 4 3 3 4 5 3 4 5 4 3 4 3 3 4 3 4 3 3 3 3 3 4 3 3 4! "! " " 0 6 ! " 3 4 3 3 4 3 ! " 3 3 4 5 4 5 6 3 3

More information

08.pdf

08.pdf 8 RDFa HTML/XHTML : ISBN: 978-4839931957 : : 2009/5/28 1 Microformats i18n abbr img RDFa RDF XHTML

More information

Innovation Linked Open Data Resource Description Framework Uniform Resource Identifier Open Government 25 5 23 2011 25 2013 6 26 2014 3 ...1 ICT 2...4...4.....5..6..9..9 13 15 15 22 24 26 26 27 29 32 43

More information

スポンサー賞 授賞式

スポンサー賞 授賞式 部 門 賞 授 賞 式 アイディア 部 門 優 秀 賞 i015 農 業 生 産 物 の 選 択 の 幅 を 広 げるノーバ( 農 場 ) ~ 日 本 の 農 業 を 魅 力 あるものにするIT 利 活 用 ~ 庄 司 昌 彦 農 業 生 産 物 の 選 択 の 幅 を 広 げるノーバ( 農 場 ) ~ 日 本 の 農 業 を 魅 力 あるものにするIT 利 活 用 ~ 1 生 産 者 消 費 者

More information

Microsoft PowerPoint takeda.pptx

Microsoft PowerPoint takeda.pptx Linked Data の現状と日本の課題 武田英明 国立情報学研究所東京大学人工物工学研究センター takeda@nii.ac.jp Linked Data とは何か Linked Data の現状 Linking Open Data (LOD) Linked Data の使い方 検索エンジン ブラウザ アプリ 日本における Linked Dataの課題 Linked Data 3 Linked

More information

総務省実証実験等についての 報告資料

総務省実証実験等についての 報告資料 資 料 2 総 務 省 実 証 実 験 等 についての 報 告 資 料 YRP Ubiquitous Networking Laboratory 情 報 流 通 連 携 基 盤 の 公 共 交 通 分 野 における 実 証 についての 報 告 (オープンデータに 係 る 実 証 実 験 ~ 平 成 24 年 度 総 務 省 委 託 事 業 ~) 株 式 会 社 横 須 賀 テレコムリサーチパーク 実

More information

1. 2001 10 2 480 2003 8 1.6 5 2. 90 3. 4. 5. 5 60 6. 1 2 2 2 4 5 5 6 6 6 7 10 10 10 12 12 12 14 14 15 15 60 15 17 17 18 2001 10 2 480 2003 8 1.6 5 1 1.8 3.6 1 6.8 1.5 3 3 5 6065 70 5 1.22004 1 1 2002 4

More information

324.pdf

324.pdf 50 50 10 30 11 26 12 27 14 16 27 18 20 21 22 22 22 22 23 24 24 1 No.324 JA 2 85 69 20 12 81 18 12 22 93 10 31 3 50 50 30 30 50 22 27 27 10 16 14 52 10 62 15 64 25 24 50 4 25 23 27 5 10 11 25 6 11 49 10

More information

『こみの株式会社』の実践

『こみの株式会社』の実践 2003 . JA JA A JA 811 2005/8/11 1003 452 10 960 28 2005/8/11 1003 452 6 120 29 2005/8/11 2003 151 10 420 33 2005/8/11 2003 211 3 180 31 2005/8/11 2003 211 3 150 32 827 400 5 80 221 2005/6/25 900 3 300

More information

15 7 26 1,276 3,800 1 16 15 1 2 3 4 2

15 7 26 1,276 3,800 1 16 15 1 2 3 4 2 1 15 7 26 1,276 3,800 1 16 15 1 2 3 4 2 JA 3 4 2 1 3 2001 1981 6 10% 10 30% 1 2 JA JA 2 4 JA 2 1 2 1 2 1 2 1 2 1 2 7 5 1 1 1 3 1 6 1 1 2 2 1 7 2 3 3 53 1 2000 30 8 250 53 435 20 35 3 1 8 2 4 3 2 2 232

More information

EX-word_Library_JA

EX-word_Library_JA JA 2 3 4 5 14 7 1 2 6 3 1 2 7 3 8 27 1 2 3 1 2 3 9 1 2 3 1 2 3 10 12 13 14 11 1 12 1 2 13 1 2 3 25 14 1 2 3 25 15 1 2 3 25 16 1 2 3 25 17 1 2 3 25 18 1 2 3 4 25 19 1 2 3 4 25 20 1 2 21 3 4 25 22 1 2 3

More information

SPARQL Finder設置方法

SPARQL Finder設置方法 簡 易 LOD 検 索 サイト 作 成 ツール (SPARQL Finder) 設 定 方 法 2013/12/25 大 阪 大 学 産 業 科 学 研 究 所 加 藤 敦 丈, 古 崎 晃 司 概 要 目 次 概 要 本 ドキュメントは, 簡 易 LOD 検 索 サイト 作 成 ツール の 利 用 方 法 を 解 説 したものです. ツールの 詳 細,ダウンロードは 公 開 サイト https://sourceforge.jp/projects/easylod/wiki/easylodsite

More information

untitled

untitled 0120-888-089 0120-919-498 160-83381-26-1TEL. 03-3349-3111 URL http://www.sjnk.co.jp/ 160-83381-26-1 TEL. 03-3349-3111 URL http://www.sompo-japan.co.jp/ 100-89653-7-3 TEL. 0120-919-498 URL http://www.nipponkoa.co.jp/

More information

表紙.PDF

表紙.PDF 2 3 4 2001 2010 33 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 H18 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 300 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 410-8601 055-934-4747 Fax 055-933-1412

More information

農林金融2015年5月号

農林金融2015年5月号 4 5 4 4 4 4 2014 5 14 7 2050 1412 15 3 19 1800 1 1 2 2 2 126 2 3 1 2 1 2 3 4 1 1 2 2 1 1 2014 3 2 126 2 2 3 1 40 30 20 10 0 2014 26 287 339 393 399 361 2 2 11 1 3 25 4 4 5 5 19898993 96 3 2000 1 1 1 5

More information

( 別 紙 ) 1. 会 議 プログラム (1) 開 会 13:00 (2) 基 盤 システム 実 証 について 13:00-13:10 ( 筑 波 大 学 図 書 館 情 報 メディア 研 究 科 講 師 永 森 光 晴 ) (3) 基 盤 システム 概 要 説 明 13:10-13:30 (イン

( 別 紙 ) 1. 会 議 プログラム (1) 開 会 13:00 (2) 基 盤 システム 実 証 について 13:00-13:10 ( 筑 波 大 学 図 書 館 情 報 メディア 研 究 科 講 師 永 森 光 晴 ) (3) 基 盤 システム 概 要 説 明 13:10-13:30 (イン 関 係 各 位 平 成 23 年 2 月 9 日 事 務 局 事 務 局 長 小 林 昭 夫 ( 公 印 省 略 ) 第 4 回 検 討 会 開 催 のご 案 内 拝 啓 時 下 ますますご 清 祥 のこととお 喜 び 申 し 上 げます また 平 素 より 当 事 業 に 格 別 の ご 高 配 を 賜 り 厚 くお 礼 申 し 上 げます このたび 事 務 局 では 第 4 回 メタデータ 情

More information

20131004-トーゴーの日 提出用.key

20131004-トーゴーの日 提出用.key (I) (II) 10:10 http://jp.linkedin.com/in/toshiakikatayama 2013/10/4 @ 2013 CC-BY 2013 licensed under CC 2.1 1. RDF 2. 3. 4. RDF 5. 6. 7. (I) 1. RDF 2. 3. 4. RDF 5. 6. 7.? RDF RDF RDF =

More information

RDF WI2 Matono matono@example.com Taro urn:isbn:0123 urn:pin:am RDF hgp://www.w3.org/designissues/notakon3 urn:isbn:0123

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション Cordovaを 使 ったHTML5ハイブリッド 型 モバイルアプリの 活 用 ポイント アシアル 株 式 会 社 生 形 可 奈 子 1 アシアル 株 式 会 社 のご 紹 介 アシアルは エンジニアリングでインターネットの 成 長 を 牽 引 する という 事 業 コンセプトのもと HTML5 JavaScriptを 中 心 としたWeb 技 術 をベースにした デベロッパー 支 援 事 業 を

More information

自 己 紹 介 冨 田 昌 宏 ( 株 ) 富 士 通 システムズ イースト 長 野 勤 務 OSS 推 進 フォーラム アプリケーション 部 会 に 参 加 1998 年 から 個 人 的 にRubyを 使 用 2003 年 からRubyで 製 品 開 発

自 己 紹 介 冨 田 昌 宏 ( 株 ) 富 士 通 システムズ イースト 長 野 勤 務 OSS 推 進 フォーラム アプリケーション 部 会 に 参 加 1998 年 から 個 人 的 にRubyを 使 用 2003 年 からRubyで 製 品 開 発 非 Railsアプリのマルチデータベース 対 応 と 高 速 化 の 取 り 組 み ( 株 ) 富 士 通 システムズ イースト 冨 田 昌 宏 2015-11-12 RubyWorld Conference 自 己 紹 介 冨 田 昌 宏 ( 株 ) 富 士 通 システムズ イースト 長 野 勤 務 OSS 推 進 フォーラム アプリケーション 部 会 に 参 加 1998 年 から 個 人 的

More information