Untitled

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Untitled"

Transcription

1 入 門 ガイド Linux 用 AWS コンピューティングの 基 本

2 入 門 ガイド: Linux 用 AWS コンピューティングの 基 本 Copyright 2013 Amazon Web Services, Inc. and/or its affiliates. All rights reserved. The following are trademarks or registered trademarks of Amazon: Amazon, Amazon.com, Amazon.com Design, Amazon DevPay, Amazon EC2, Amazon Web Services Design, AWS, CloudFront, EC2, Elastic Compute Cloud, Kindle, and Mechanical Turk. In addition, Amazon.com graphics, logos, page headers, button icons, scripts, and service names are trademarks, or trade dress of Amazon in the U.S. and/or other countries. Amazon's trademarks and trade dress may not be used in connection with any product or service that is not Amazon's, in any manner that is likely to cause confusion among customers, or in any manner that disparages or discredits Amazon. All other trademarks not owned by Amazon are the property of their respective owners, who may or may not be affiliated with, connected to, or sponsored by Amazon.

3 Overview... 1 使 用 開 始... 7 Step 1: Sign Up for the Service... 8 ステップ 2: コマンドラインツールをインストールする... 8 ステップ 3: 適 切 な AMI を 見 つける... 9 ステップ 4: インスタンスを 起 動 する ステップ 5: アプリケーションをデプロイする ウェブブラウザから MindTerm SSH クライアントを 使 用 して Amazon EC2 インスタンスに 接 続 する PuTTY を 使 用 して Windows コンピュータから Amazon EC2 インスタンスに 接 続 する Linux/UNIX マシンからスタンドアロンの SSH クライアントを 使 用 して Amazon EC2 イン スタンスに 接 続 する Amazon EC2 インスタンスを 設 定 する 手 順 6:カスタム AMI を 作 成 手 順 7:Elastic Load Balancing の 作 成 ステップ 8: Amazon EC2 セキュリティグループを 更 新 する ステップ 9: Auto Scaling を 使 用 して Amazon EC2 インスタンスを 起 動 する ステップ 10: CloudWatch アラームを 作 成 する 手 順 11: クリーンアップ Delete Your CloudWatch Alarm Delete Your Elastic Load Balancer Terminate Your Amazon EC2 Instances in Your Auto Scaling Group インスタンスの 終 了 キーペアの 削 除 Delete an Amazon EC2 Security Group Pricing Amazon EC2 Cost Breakdown Summing It All Up How To Further Save Costs Related Resources Document History

4 Overview When you deploy any type of application, you typically need to do the following: Set up a computer to run your application. Secure your application and resources. Set up your network for users to access your application. Scale your application. Monitor your application and resources. Ensure that your application is fault-tolerant. This guide introduces you to several key AWS services and components that help address these basic needs. In this guide, you will learn more about what these key services are, why they are important in deploying a web application, and how to use them. To help you learn about the key AWS services, we ll review an example architecture of a web application hosted on AWS, and we ll walk through the process of deploying Drupal. (Drupal is an open-source content management system.) You can adapt this sample to your specific needs if you want. By the end of this walkthrough, you should be able to do the following: Sign up for AWS. Launch, connect, secure, and deploy Drupal to a computer in the cloud. Create a custom template of a computer containing the hardware, software, and configuration you need. Set up a load balancer to distribute traffic across multiple computers in the cloud. Scale your fleet of computers in the cloud. Monitor the health of your application and computers. Clean up your AWS resources. For a deeper understanding of AWS best practices and the various options that AWS provides, we recommend that you read Web Application Hosting: Best Practices at AWS Cloud Computing Whitepapers. If you are looking for a quicker and easier way to deploy your web applications, you can use AWS Elastic Beanstalk. AWS Elastic Beanstalk handles the deployment details of capacity provisioning, load balancing, auto scaling, and application health monitoring using several of the services discussed in this document. To learn how to get started with AWS Elastic Beanstalk in the AWS Free Usage Tier, go to Deploy a 1

5 Introduction to AWS Sample Web Application in the Free Usage Tier in the AWS Getting Started Guide: AWS Free Usage Tier. If this guide is not exactly what you are looking for, you may want to check out the following documents: Getting Started with AWS Provides information about Amazon Web Services, with helpful links for learning more. Getting Started Guide: AWS Free Usage Tier Provides information about how to get started with the free usage tier. Getting Started Guide AWS Web Application Hosting for Linux Provides a more in-depth walkthrough that uses more services, such as Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) and Amazon Route 53. Hosting Websites on Amazon S3 in the Amazon Simple Storage Service Developer Guide Provides a walkthrough in just a few steps of a static website deployment that does not require running an application. Getting Started with AWS CloudFormation in the AWS CloudFormation User Guide Helps you quickly get started using an AWS CloudFormation WordPress blog sample template without needing to figure out the order in which AWS services need to be provisioned or worry about the subtleties of how to make those dependencies work. Amazon Elastic Compute Cloud Getting Started Guide Provides information that helps you get started using Amazon EC2 instances. Introduction to AWS If you are responsible for running a web application, you face a variety of infrastructure and architecture issues for which AWS can give you easy, seamless, and cost-effective solutions. This section provides a list of Amazon Web Services and components, and it explains the value they add in meeting the challenges you'll face in this example solution. We break this down in to the following sections: computing resources, security, monitoring, networking, and fault-tolerance. Computing Resources When you deploy an on-premises solution, you need to buy a computer with an operating system, software, and hardware that match your needs. When you deploy your solution on Amazon Web Services, you select an Amazon Machine Image (AMI) and then use it to deploy a virtual server known as an Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) instance. An AMI is a template that contains a software configuration (e.g., operating system, application server, and applications). For example, an AMI might contain all the software to act as a web server (e.g., Linux, Apache, and your website). A large selection of public AMIs is available from Amazon and the Amazon EC2 community. You can find an AMI that most closely matches your needs and then customize it. You can save this customized configuration to another AMI, which you can use to launch new Amazon EC2 instances whenever you need them. Storage can be an integral part of an Amazon EC2 instance, or it can be an independent component whose lifetime is managed separately from the lifetime of the instance. There are AMIs for each storage strategy, and you will need to decide which type you want to use. When you launch your Amazon EC2 instances, you can store your root device data on Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) or the local instance store. Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) is a durable, block-level storage volume that you can attach to a single Amazon EC2 running instance. Amazon EBS volumes behave like raw, unformatted, external block devices you can attach. They persist independently from the running life of an Amazon EC2 instance. Alternatively, the local instance store is a temporary storage volume and persists only during the life of the instance. You might use Amazon EBS-backed instances for web or database servers that keep state locally and require the data to be available even if the associated instance crashes. You might use Amazon instance-store backed instances to manage traffic on large web sites 2

6 Security where each instance is a clone. This is an inexpensive way to launch instances where data is not stored to the root device. To summarize the two key differences between these AMIs: You can stop and restart an Amazon EBS-backed instance, but you can only run or terminate an Amazon EC2 instance store-backed instance. By default, any data on the instance store is lost if the instance fails or terminates. Data on Amazon EBS-backed instances is stored on an Amazon EBS volume, so no data is lost if the instance is terminated. For more information about the differences between instance store-backed and Amazon EBS-backed instances, go to Basics of Amazon EBS-Backed AMIs and Instances in the Amazon Elastic Compute Cloud User Guide. Security When you buy a new computer, you create a user name and password, which you then use to log in. In AWS, you use a public/private key pair to sign in to your Amazon EC2 instance. The public key is embedded in your instance, and you use the private key to sign in securely without a password. When connecting to Amazon Linux instances, you initially sign in with a username of "ec2-user" or "root," depending on the AMI you are using. When you deploy your application, you ll want to secure your system. For an on-premises deployment, you would normally specify the ports and the protocols in which users can access your application. In AWS, you do the same thing. AWS has security groups that act like inbound network firewalls so you can decide who can connect to your Amazon EC2 instances over which ports. Scaling You may find that your application traffic varies during the day. For example, from 9 a.m. to 5 p.m., you may experience peak traffic; for the rest of the day, traffic may be much slower. As traffic levels change, it would be useful to continually adjust the number of computers running your application to changes in traffic. Auto Scaling can automatically launch and terminate instances on your behalf according to the policies that you set. If you have defined a baseline AMI, Auto Scaling launches new instances with the exact same configuration. Auto Scaling can also send you notifications when it adds or removes instances. Monitoring You need to stay aware of the current performance and state of your resources. If your resources are not in the appropriate state, can t handle the traffic load, or are sitting idle, you need to be alerted so you can take appropriate action. Amazon CloudWatch monitors AWS cloud resources and the applications you run on AWS. You can collect and track metrics, analyze the data, and react immediately to keep your applications and businesses running smoothly. You can use information from Amazon CloudWatch to take action on the policies that you set using Auto Scaling. For example, you can create an alarm that notifies you if your CPU utilization exceeds 95%. If the threshold is exceeded, Amazon CloudWatch sends an alarm, and Auto Scaling takes action according to the policy that you set. In this example, Auto Scaling can launch a new instance to handle the increased load. Similarly, you could set an alarm to notify you if your CPU utilization falls below a certain threshold. In that case, Auto Scaling could terminate an instance, saving you money. You can monitor the status of your instances by viewing status checks and scheduled events for your instances. Automated status checks performed by Amazon EC2 detect whether specific issues are affecting your instances. The status check information, together with the data provided by Amazon CloudWatch, gives you detailed operational visibility into each of your instances. 3

7 Networking You can also see the status of specific events scheduled for your instances. Scheduled events provide information about upcoming activities, such as rebooting or terminating an instance, that are planned for your instances, along with the scheduled start and end times of each event. To learn more about instance status, go to Monitoring the Status of Your Instances in the Amazon Elastic Compute Cloud User Guide. Networking If you require multiple computers to host your web application, you need to balance the traffic across those computers. Elastic Load Balancing provides this service in the same way that an on-premises load balancer does. You can associate a load balancer with an Auto Scaling group. As instances are launched and terminated, the load balancer automatically directs traffic to the running instances. Elastic Load Balancing also performs health checks on each instance. If an instance is not responding, the load balancer can automatically redirect traffic to the healthy instances. AWS assigns a URL to your AWS resources, such as your Elastic Load Balancer and your Amazon EC2 instances; however, you may want a URL that is more specific and easy to remember, such as To do so, you need to purchase a domain name from a domain registrar. After you purchase your domain name, you can use Amazon Route 53 to map your domain name to your AWS deployment. You may want to provision a private, isolated network. You can use Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) to provision a private, isolated section of the Amazon Web Services (AWS) cloud where you can launch AWS resources in a virtual network that you define. For example, if you are hosting a multitier web application, you may want to customize the network configuration so that your web servers are public facing and your database and application servers are in a private-facing subnet with no Internet access. The application servers and databases can t be directly accessed from the Internet, but they can still access the Internet over a NAT instance so they can, for example, download patches. You can control access between the servers and subnets by using inbound and outbound packet filtering provided by network access control lists and security groups. Some other cases where you may want to use Amazon VPC include: Hosting scalable web applications in the AWS cloud that are connected to your data center Extending your corporate network into the cloud Disaster recovery For information on how to get started using Amazon VPC, go to Get Started with Amazon VPC in the Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) Getting Started Guide. Fault Tolerance To make your web application fault-tolerant, you need to consider deploying your computers in different physical locations. It can be expensive to maintain hardware in different physical locations for an on-premises solution. AWS offers resources in different Availability Zones and regions. Availability Zones are analogous to data centers. You can have multiple instances running in different Availability Zones so that if one Availability Zone becomes unavailable (e.g., due to a natural disaster), then all traffic would be routed to another Availability Zone. There are multiple Availability Zones in each region. It s even more advantageous to spread your instances across Regions. If a region, including all of its Availability Zones, becomes completely unavailable, your traffic is routed to another region. Summary The following table summarizes the key challenges to developing a simple web application and the AWS services that address these challenges. 4

8 Summary Challenge Need computers to run your application. Incoming traffic needs to be evenly distributed across computers to maximize performance. Servers need to be provisioned to handle peak capacity, but the unused cycles are wasted at other times. Servers need to be monitored for performance and state Applications may require persistent storage. Amazon Web Services Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) Elastic Load Balancing Auto Scaling Amazon CloudWatch Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) Benefit Amazon EC2 runs the web server and application servers. Elastic Load Balancing supports health checks on hosts, distribution of traffic to Amazon EC2 instances across multiple Availability Zones, and dynamic addition and removal of Amazon EC2 hosts from the load-balancing rotation. Auto Scaling creates capacity groups of servers that can grow or shrink on demand. Amazon CloudWatch reports metrics data for Amazon EC2 instances, and the metrics it gathers are used by Auto Scaling. Amazon EBS provides a persistent file system for web and application servers. The following table summarizes additional challenges to developing a simple web application and the AWS components that address these challenges. Challenge Need a secure mechanism to connect to the computer. Need to provide security to protect application servers from outside malicious users. Need to design with failover in mind. AWS Component Amazon Key Pair Amazon Security Group Availability Zones Benefit A key pair is a security credential similar to a password, which you use to securely connect to your instance after the instance running. An Amazon Security Group gives you control over the protocols, ports, and source IP address ranges that are allowed to reach your Amazon EC2 instances. Availability Zones are distinct locations engineered to be insulated from failures in other Availability Zones. Each Availability Zone provides inexpensive, low-latency network connectivity to other Availability Zones in the same region. 5

9 Sample Architecture Sample Architecture The following diagram shows an example architecture that uses the AWS resources mentioned in the previous section. As an example, we ll walk through a deployment of a simple web application. If you re doing something else, you can adapt this example architecture to your specific situation. In this diagram, Amazon EC2 instances in a security group run the application and web server. The Amazon EC2 Security Group acts as an exterior firewall for the Amazon EC2 instances. An Auto Scaling group maintains a fleet of Amazon EC2 instances that can be automatically added to or removed in order to handle the presented load. This Auto Scaling group spans two Availability Zones to protect against potential failures in either Availability Zone. To ensure that traffic is distributed evenly among the Amazon EC2 instances, an Elastic Load Balancer is associated with the Auto Scaling group. If the Auto Scaling group launches or terminates instances to respond to load changes, the Elastic Load Balancer automatically adjusts accordingly. For a step-by-step walkthrough of how to build out this architecture, see 使 用 開 始 (p. 7). This walkthrough will teach you how to do the following: Sign up for AWS. Launch, connect, and deploy Drupal to an Amazon EC2 instance. Create a Custom AMI. Set up an Elastic Load Balancer to distribute traffic across your Amazon EC2 instances. Scale your fleet of instances automatically using Auto Scaling. Monitor your AWS resources using Amazon CloudWatch. Clean up your AWS resources. 6

10 使 用 開 始 Topics Step 1: Sign Up for the Service (p. 8) ステップ 2: コマンドラインツールをインストールする (p. 8) ステップ 3: 適 切 な AMI を 見 つける (p. 9) ステップ 4: インスタンスを 起 動 する (p. 10) ステップ 5: アプリケーションをデプロイする (p. 14) 手 順 6:カスタム AMI を 作 成 (p. 28) 手 順 7:Elastic Load Balancing の 作 成 (p. 29) ステップ 8: Amazon EC2 セキュリティグループを 更 新 する (p. 36) ステップ 9: Auto Scaling を 使 用 して Amazon EC2 インスタンスを 起 動 する (p. 37) ステップ 10: CloudWatch アラームを 作 成 する (p. 42) 手 順 11: クリーンアップ (p. 50) オープンソースのコンテンツ 管 理 システム(CMS)である Drupal をデプロイする 必 要 があるとしま す 初 めてでも 簡 単 です ほとんどのタスクには AWS マネジメントコンソールを 使 用 できます この トピックでは ウェブアプリケーションを AWS にデプロイするための 一 連 の 手 順 について 順 を 追 っ て 説 明 します ウェブアプリケーションのデプロイに 取 り 組 むにはさまざまな 方 法 があります この チュートリアルで 採 用 している 手 法 はベストプラクティスに 従 っています また いくつかのコアサー ビスを 使 用 し それらがどのように 連 携 するかを 把 握 できるようにしています AWS を 使 用 した Drupal のデプロイを 開 始 する 前 に AWS アカウントにサインアップし Auto Scaling コマンドラインツールをインストールする 必 要 があります AWS にサインアップするとすべてのサー ビスにアクセスできますが 料 金 は 使 用 したものに 対 してのみかかります まず お 使 いのハードウェアおよびソフトウェアのニーズを 満 たす 適 切 な AMI を 見 つけます この AMI を 使 用 して Amazon EC2 インスタンスを 起 動 します Amazon EC2 インスタンスを 起 動 したら 新 し いキーペアとセキュリティグループを 作 成 します セキュリティグループには Amazon EC2 インスタ ンスにアクセスできるユーザーについてのルールを 設 定 します キーペアは Amazon EC2 インスタン スへの 接 続 に 必 要 になります インスタンスを 安 全 に 実 行 している 状 態 で 必 要 なソフトウェアのインストールを 完 了 し 次 に Drupal アプリケーションを 設 定 します 設 定 済 みの 新 しい Amazon EC2 インスタンスを 簡 単 に 起 動 できるよ うにするために 新 たなベースライン(たたき 台 )となるカスタム AMI を 作 成 します 次 に Elastic Load Balancer を 作 成 してトラフィック 負 荷 を 複 数 のインスタンスに 分 散 させます 続 い てセキュリティグループを 更 新 し すべての HTTP トラフィックではなく お 使 いのロードバランサー 7

11 Step 1: Sign Up for the Service からの HTTP トラフィックのみを 許 可 するようにします Elastic Load Balancer は インスタンスを 起 動 する 前 に 作 成 します Auto Scaling グループを Elastic Load Balancer に 関 連 付 けることができるよう にするためです このようにすると ロードバランサーは 自 動 的 に 終 了 したインスタンスへのトラ フィックのルーティングを 停 止 し 新 たに 起 動 したインスタンスへのトラフィックのルーティングを 開 始 できます ここで Auto Scaling を 使 用 して Amazon EC2 インスタンスを 起 動 します グループ 内 のインスタンス 数 を 増 減 させるタイミングを Auto Scaling に 伝 える Auto Scaling ポリシーを 作 成 します 最 後 に Auto Scaling グループのインスタンスをモニタリングして そのポリシーに 応 じてアクション を 実 行 するタイミングを Auto Scaling グループに 伝 える CloudWatch アラームを 作 成 します これはサンプルデプロイなので 作 成 したすべての AWS リソースを 終 了 することをお 勧 めします AWS リソースを 終 了 すると ただちにそのリソースの 料 金 がかからなくなります Step 1: Sign Up for the Service If you don't already have an AWS account, you ll need to get one. Your AWS account gives you access to all services, but you will be charged only for the resources that you use. For this example walkthrough, the charges will be minimal. To sign up for AWS 1. Go to and click Sign Up Now. 2. Follow the on-screen instructions. AWS notifies you by when your account is active and available for you to use. The credentials for your AWS account give you access to all the resources that you have deployed. If you give other people access to your resources, you will probably want to control who has access and what they can do. AWS Identity and Access Management (IAM) is a web service that controls access to your resources by other people. In IAM, you create a user, which other people can use to obtain access and permissions that you define. For more information about IAM, go to What Can I Do with IAM? ステップ 2: コマンドラインツールをインストール する Auto Scaling で 使 用 するコマンドラインをいくつかインストールする 必 要 があります 有 料 サービスの 使 用 を 最 小 限 にとどめるには まずこれを 実 行 してください Auto Scaling コマンドラインツールをローカルコンピュータにインストールするには Auto Scaling Developer Guide の Using the Command Line Tools を 参 照 してください コマンドラインツールをイ ンストールしたら いくつかのコマンドを 試 して 動 作 を 確 認 します 例 えば プロンプトで as-cmd コ マンドを 入 力 してみてください PROMPT>as-cmd このコマンドは すべての Auto Scaling コマンドとその 説 明 を 返 します 以 下 の 図 のような 結 果 が 表 示 されるはずです 8

12 ステップ 3: 適 切 な AMI を 見 つける コマンドラインツールをインストールしたら AWS リソースの 作 成 を 開 始 できます ステップ 3: 適 切 な AMI を 見 つける (p. 9) に 進 み 適 切 な AMI を 見 つける 方 法 の 詳 細 について 学 習 します この AMI を 使 用 して Amazon EC2 インスタンスを 起 動 します これはまた 独 自 のカスタム AMI を 作 成 する ベースラインともなります ステップ 3: 適 切 な AMI を 見 つける Amazon Machine Image(AMI)には ソフトウェアのインスタンスを 起 動 するのに 必 要 なすべての 情 報 が 格 納 されています 例 えば ウェブサーバーとして 動 作 するのに 必 要 なすべてのソフトウェア (Linux Apache ウェブサイト)が 格 納 された AMI などがあります この 説 明 では これらの AMI の 1 つを 使 用 します 1 つの AMI から 1 つ 以 上 の Amazon EC2 インスタンスを 起 動 できますが すべ てのインスタンスは 完 全 に 同 一 になります Amazon および Amazon EC2 コミュニティから 多 様 な AMI が 提 供 されています 詳 細 については AWS ウェブサイトの Amazon Machine Images (AMIs) を 参 照 してください AWS マネジメントコンソール( 使 用 して 特 定 の 条 件 を 満 たす AMI を 検 索 し それら AMI のインスタンスを 起 動 することができます 例 えば Amazon が 提 供 している AMI EC2 コミュニティが 提 供 している AMI 特 定 のオペレーティングシステムを 使 用 する AMI など を 表 示 できます このタスクでは Apache MySQL PHP Drupal がインストールされた Amazon Linux AMI を 使 用 し ます この AMI をベースラインとしてカスタマイズし 後 のタスクで 独 自 のカスタム AMI を 作 成 する ことができます 適 切 な AMI を 見 つけるには 1. Open the Amazon EC2 console at 2. [Navigation] ペインの [AMIs] をクリックします 9

13 ステップ 4: インスタンスを 起 動 する 3. [Amazon Machine Images] ペインで [All Platforms] と 表 示 された [Viewing] リストから [Linux] を クリックします [All Images] と 表 示 されたリストで 表 示 を 絞 り 込 む 希 望 のオプションを 選 択 し ます この 例 では [Amazon Images] をクリックして アマゾン ウェブ サービスによって 提 供 さ れている AMI に 表 示 を 限 定 します テキストボックスに drupal と 入 力 します 4. Drupal がすでにインストールされている AMI(ami-7813e011 など)を 選 択 し [Launch] をクリッ クします この AMI をベースラインとして 使 用 します [Launch] をクリックすると [Request Instances] ウィザー ドが 起 動 するので ウィザードに 従 ってインスタンスを 設 定 して 起 動 します ステップ 4: インスタンスを 起 動 する 前 のステップで 選 択 した AMI を 使 用 して Amazon EC2 インスタンスを 起 動 する 準 備 ができました イ ンスタンスの 起 動 には 以 下 のタスクが 関 連 します インスタンスを 設 定 します キーペアを 作 成 します セキュリティグループを 作 成 します インスタンスを 起 動 します Important 起 動 しようとしたインスタンスが 起 動 します このチュートリアルにある 最 後 のタスクでイン スタンスを 終 了 するまで Amazon EC2 使 用 料 が 発 生 します チュートリアルを 1 回 のセッ ションで 完 了 すると 合 計 金 額 は 最 小 になります( 多 くの 場 合 1 USD 未 満 です) Amazon EC2 使 用 料 に 関 する 詳 細 は Amazon EC2 製 品 ページを 参 照 してください Amazon EC2 インスタンスを 起 動 するには 1. AMI を 選 択 し 前 のステップと 同 様 に [Launch Instance] をクリックすると [Create a New Instance] ページが 表 示 されます このページでは インスタンスを 起 動 する 2 つの 方 法 が 提 供 されます Classic Wizard では 起 動 するインスタンスのタイプを 詳 細 に 設 定 できます Quick Launch Wizard では プロセスが 単 純 化 されており 多 数 の 選 択 項 目 が 自 動 的 に 設 定 され るので インスタンスの 使 用 をすぐに 開 始 できます AWS Marketplace は AWS 上 で 実 行 されるソフトウェアを 購 入 できるオンラインストアです ワンクリックでインスタンスを 起 動 できます 10

14 ステップ 4: インスタンスを 起 動 する このチュートリアルで 説 明 する 手 順 では Classic Wizard を 使 用 します [Create a New Instance] ページの [Classic Wizard] をクリックします 2. [Request Instances] ウィザードの [Instance Details] ペインで [Availability Zone] リストから [us-east-1b] を 選 択 します このページにあるその 他 のデフォルト 値 を 受 け 入 れ [Continue] をクリックします 後 続 の 2 ペー ジにあるデフォルト 値 を 受 け 入 れ それぞれ [Continue] をクリックします ウィザードで [Create Key Pair] ページが 表 示 されたら 次 のステップに 進 みます 3. キーペアの 作 成 : a. パブリック AMI から 作 成 された Amazon EC2 インスタンスでは サインインにパスワードで はなくパブリックキーとプライベートキーのペアを 使 用 します パブリックキーはインスタン スに 埋 め 込 まれています プライベートキーを 使 用 して パスワードなしで 安 全 にサインイン します 独 自 AMI の 作 成 後 は 新 しいインスタンスに 安 全 にログインするための 他 のメカニ ズムを 選 択 できます Amazon EC2 を 初 めて 使 用 する 場 合 でまだキーペアを 作 成 していなければ ウィザードの [Create Key Pair] ページが 表 示 されたときに [Create a new Key Pair] ボタンがデフォルトで 選 択 されています [Create Key Pair] ページの [Enter a name for your key pair] ボックスに mykeypair と 入 力 し ます これが ペアに 関 連 付 けられているプライベートキーファイルの 名 前 となります ( 拡 張 子.pem が 付 きます) 11

15 ステップ 4: インスタンスを 起 動 する b. 作 成 &キーペアをダウンロードをクリックします キーペアのプライベートキーをシステムへ 保 存 するように 求 められます c. プライベートキーをお 使 いのシステムの 安 全 な 場 所 に 保 存 し 保 存 した 場 所 を 記 録 します Important Amazon EC2 インスタンスに 接 続 するにはキーペアが 必 要 です キーペアを 紛 失 する と 接 続 できなくなります ウィザードに [ Configure Firewall ] ページが 表 示 されます ここでセキュリティグループを 作 成 し ます 4. セキュリティグループの 作 成 : セキュリティグループは インスタンスのファイアウォールルールを 定 義 します これらのルール は どの 着 信 ネットワークトラフィックがインスタンスに 配 信 されるべきかを 指 定 します ( 例 : ポート 80 のウェブトラフィックを 受 け 入 れる) 他 のすべてのトラフィックは 遮 断 されます グ ループのルールはいつでも 変 更 することができます 新 しいルールが 自 動 的 に 実 行 中 のすべてのイ ンスタンスに 適 用 されます セキュリティグループの 詳 細 については Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) の セキュリティグループの 使 用 を 参 照 してください a. [Group Name] ボックスで webappsecuritygroup と 入 力 します b. [Description] ボックスにセキュリティグループの 説 明 を 入 力 します c. [Inbound Rules] の [Create a New Rule] で [SSH] をクリックして [Add Rule] をクリックしま す 12

16 ステップ 4: インスタンスを 起 動 する Caution このセキュリティグループにより すべての IP アドレスが SSH 経 由 でお 使 いのイ ンスタンスにアクセスできます これは このチュートリアルの 短 い 実 習 では 許 容 さ れますが 実 稼 働 環 境 には 安 全 ではありません 実 稼 働 環 境 では 特 定 の IP アドレ スまたは 特 定 のアドレス 範 囲 に インスタンスへのアクセスを 限 定 します d. [Inbound Rules] の 下 にある [Create a New Rule] ボックスで [HTTP] をクリックしてから [Add Rule] をクリックします e. [Continue] をクリックします セキュリティグループが 作 成 され ID(sg-48996e20 など)が 割 り 当 てられます インスタンス は この 新 しいセキュリティグループに 起 動 されます 5. 設 定 を 確 認 してインスタンスを 起 動 : a. すべての 設 定 が 希 望 通 りに 完 了 したら [Launch] をクリックします b. 確 認 メッセージが 表 示 されたら [Close] をクリックします c. [Navigation] ペインの [Instances] をクリックして インスタンスのステータスを 表 示 します インスタンスはすぐに 起 動 します インスタンスの 起 動 中 そのステータスは pending と 示 されます まもなく インスタンスのステータスが running に 変 わります 任 意 のタイミングで 表 示 を 手 動 で 更 新 するには [Refresh] をクリックします 13

17 ステップ 5: アプリケーションをデプロイする d. インスタンスのパブリック DNS 名 を 記 録 します 実 行 中 のインスタンスを 選 択 します 下 ペインに 記 載 されたパブリック DNS アドレスを メモします これは 次 のタスクで 必 要 になります インスタンスのステータスが running であれば インスタンスに 接 続 してアプリケーションを デプロイできます ステップ 5: アプリケーションをデプロイする Topics ウェブブラウザから MindTerm SSH クライアントを 使 用 して Amazon EC2 インスタンスに 接 続 す る (p. 15) PuTTY を 使 用 して Windows コンピュータから Amazon EC2 インスタンスに 接 続 する (p. 16) Linux/UNIX マシンからスタンドアロンの SSH クライアントを 使 用 して Amazon EC2 インスタン スに 接 続 する (p. 20) Amazon EC2 インスタンスを 設 定 する (p. 21) Amazon EC2 インスタンスが 起 動 したので 次 はこのインスタンスに 接 続 してアプリケーションをデ プロイします このステップでは まず Amazon EC2 インスタンスに 接 続 します 次 に すでに Linux AMI で 利 用 可 能 な Drupal をデプロイします 14

18 ウェブブラウザから MindTerm SSH クライアントを 使 用 し て Amazon EC2 インスタンスに 接 続 する ウェブブラウザから MindTerm SSH クライアントを 使 用 して Amazon EC2 インスタンスに 接 続 する Linux/UNIX インスタンスにブラウザを 使 用 して 接 続 する 手 順 は 以 下 のとおりです 1. Java をブラウザにインストールして 有 効 にする (p. 15) 2. MindTerm(SSH)クライアントを 使 用 して 接 続 する (p. 15) Java をブラウザにインストールして 有 効 にする インスタンスに Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)コンソールから 接 続 するには Java がブラウザにインストールされて 有 効 化 されている 必 要 があります Java をインストールして 有 効 に するには 下 記 の Oracle から 提 供 されている 手 順 を 実 行 するか 組 織 の IT 管 理 者 に 依 頼 してウェブブ ラウザに Java をインストールし 有 効 にしてください 1. Java をインストールします( を 参 照 ) 2. ウェブブラウザで Java を 有 効 にします( を 参 照 ) MindTerm(SSH)クライアントを 使 用 して 接 続 する インスタンスにウェブブラウザから 接 続 するには 1. Sign in to the AWS Management Console and open the Amazon EC2 console at 2. Navigation ペインの Instances をクリックします 3. インスタンスを 右 クリックしてから Connect をクリックします 4. [Connect from your browser using the MindTerm SSH client (Java Required)] をクリックします インスタンスのパブリック DNS アドレスと インスタンス 起 動 時 に 使 用 されたキーペア 名 が 自 動 的 に 検 出 されます 5. [User name] に インスタンスにログインするためのユーザー 名 を 入 力 します この 例 では ec2-user と 入 力 します 6. [Key name] 欄 の 内 容 は 自 動 的 に 入 力 されます 7. [Path to private key] に.pem プライベートキーファイルの 完 全 修 飾 パスを 入 力 します 8. [Save key location] をクリックし [Stored in browser cache] をクリックしてキーの 場 所 をブラウ ザのキャッシュに 保 存 します これで キーの 場 所 が 以 降 のブラウザセッションで 検 出 されるよう になります(ユーザーがブラウザのキャッシュをクリアするまでの 間 ) 9. [Launch MindTerm] をクリックします 15

19 PuTTY を 使 用 して Windows コンピュータから Amazon EC2 インスタンスに 接 続 する 10. 必 要 に 応 じて 証 明 書 を 信 頼 するかどうかを 指 定 する 画 面 で Yes をクリックします 11. Run をクリックして MindTerm クライアントを 実 行 します 12. ライセンス 契 約 書 に 同 意 する 場 合 は Accept をクリックします 13. MindTerm を 実 行 するのが 初 めての 場 合 は ホームディレクトリなどの 設 定 を 確 認 するための 一 連 のダイアログボックスが 表 示 されます 14. MindTerm の 設 定 の 内 容 を 確 認 します 15. 次 に 示 すような 画 面 が 開 き インスタンスに 接 続 した 状 態 になります PuTTY を 使 用 して Windows コンピュータから Amazon EC2 インスタンスに 接 続 する Windows をローカルマシンから 実 行 している 場 合 Secure Shell(SSH)は 内 蔵 されていないため PuTTY と PuTTYGen をインストールする 必 要 があります ステップ 4: インスタンスを 起 動 する (p. 10) で 作 成 したプライベートキーファイル( 例 : mykeypair.pem)の 内 容 が 必 要 になります 16

20 PuTTY を 使 用 して Windows コンピュータから Amazon EC2 インスタンスに 接 続 する Windows マシンから Amazon EC2 インスタンスに 接 続 するには 1. PuTTY と PuTTYGen をダウンロードしてインストールします Google で ダウンロード Putty と 検 索 すると ダウンロードサイトのリストが 表 示 されます 必 ず PuTTY と PuTTYGen の 両 方 をインストールしてください 両 方 とも 必 要 になります 2. PuTTYGen を 使 用 してキーペアを 変 換 します キーペアの 詳 細 については ステップ 4: インスタ ンスを 起 動 する (p. 10) を 参 照 してください a. PuTTYGen を 起 動 します [Conversions] メニューで [Import Key] をクリックします b. mykeypair.pem を 見 つけて [Open] をクリックします c. [Save private key] をクリックします パスフレーズなしで 続 行 するかどうかを 尋 ねるメッセー ジが 表 示 されたら [OK] をクリックします キーを mykeypair.ppk として 保 存 します d. PuTTYGen を 閉 じます 3. SSH を 設 定 します a. PuTTY を 起 動 し [SSH] ノードを 展 開 して [Auth] をクリックします b. [Private key file for authentication] ボックスに mykeypair.ppk の 場 所 を 入 力 します 17

21 PuTTY を 使 用 して Windows コンピュータから Amazon EC2 インスタンスに 接 続 する 4. キープアライブを 変 更 します a. [PuTTY Configuration] ウィンドウの [Catgeory] ペインで [Connection] をクリックします b. [Seconds between keepalives (0 to turn off)] ボックスに 60 と 入 力 します この 値 を 変 更 しな いと セッションがタイムアウトします 5. セッション 設 定 を 保 存 します a. [PuTTY Configuration] ウィンドウの [Category] ペインで [Session] をクリックします b. [Load, save, or delete a stored session] ボックスで [Default Settings] をクリックし [Save] をクリックします 18

22 PuTTY を 使 用 して Windows コンピュータから Amazon EC2 インスタンスに 接 続 する 6. 前 のタスクで 取 り 出 した Amazon EC2 インスタンスの DNS アドレスを 入 力 します a. [PuTTY Configuration] ウィンドウの [Catgeory] ペインで [Session] をクリックします [Host Name (or IP address)] ボックスで EC2 インスタンスの DNS アドレス > を 入 力 します Note AMI のユーザー 名 は ec2-user です b. [Open] をクリックします [PuTTY Security Alert] ダイアログボックスが 表 示 されたら [Yes] をクリックして フィンガープリントが 問 題 ないことを 確 認 します [SSH PuTTY] ウィンド ウが 開 きます 19

23 Linux/UNIX マシンからスタンドアロンの SSH クライアン トを 使 用 して Amazon EC2 インスタンスに 接 続 する Note やがて SSH フィンガープリントがシステムログに 出 現 します SSH フィンガープ リントは 中 間 者 攻 撃 を 防 ぐための 比 較 対 象 として 使 用 できます 詳 細 については Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) ユーザーガイドの PuTTY を 使 用 した 接 続 を 参 照 してください 画 面 は 以 下 のようになるはずです インスタンスへのサインインが 成 功 したら インスタンスを 設 定 する 準 備 は 完 了 です インスタン スの 設 定 手 順 については Amazon EC2 インスタンスを 設 定 する (p. 21) を 参 照 してください Linux/UNIX マシンからスタンドアロンの SSH クラ イアントを 使 用 して Amazon EC2 インスタンスに 接 続 する Linux/UNIX インスタンスに Linux/UNIX コンピュータから 接 続 するには ssh コマンドを 使 用 します Note ほとんどの Linux/UNIX コンピュータは デフォルトで Secure Shell(SSH)クライアントを 内 蔵 しています そうでない 場 合 は OpenSSH プロジェクトが SSH ツールの 完 全 なスイー トの 無 料 実 装 を 提 供 しています 詳 細 に 関 しては を 閲 覧 してくださ い 接 続 に SSH を 使 用 する 方 法 1. コマンドラインシェルで ステップ 4: インスタンスを 起 動 する (p. 10) で 作 成 したプライベート キーファイルの 場 所 にディレクトリを 変 更 します 2. chmod コマンドを 使 って プライベートキーファイルが 公 開 されていないことを 確 認 します 例 えば mykeypair.pem については 以 下 のように 入 力 します chmod 400 mykeypair.pem 20

24 Amazon EC2 インスタンスを 設 定 する 3. AWS マネジメントコンソールにサインインして Amazon EC2 コンソール ( 開 きます 4. [Navigation] ペインで [Region] ドロップダウンメニューから [US East (Virginia)] を 選 択 します 5. [Navigation] ペインの [Instances] をクリックします 6. インスタンスを 右 クリックしてから Connect をクリックします 7. Connect using a standalone SSH client をクリックします インスタンスのパブリック DNS アド レスと インスタンス 起 動 時 に 使 用 されたキーペア 名 が 自 動 的 に 検 出 されます 8. インスタンスのパブリック DNS 名 を 使 用 してインスタンスに 接 続 します 例 えば キーファイル が mykeypair.pem で インスタンスの DNS 名 が ec compute-1.amazonaws.com の 場 合 は 以 下 のコマンドを 使 用 します ssh -i mykeypair.pem Note この 演 習 では この AMI について ec2-user というユーザー 名 を 使 用 します 以 下 のようなレスポンスが 表 示 されます The authenticity of host 'ec compute-1.amazonaws.com ( )' can't be established. RSA key fingerprint is 00:00:00:00:00:00:00:00:00:00:00:00:00:00:00. Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? yes Note やがて SSH フィンガープリントがシステムログに 出 現 します SSH フィンガープリン トは 中 間 者 攻 撃 を 防 ぐための 比 較 対 象 として 使 用 できます 詳 細 については Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) User Guide の Connect to Linux/UNIX Instances from Linux/UNIX with SSH を 参 照 してください 9. yes と 入 力 します 以 下 のようなレスポンスが 表 示 されます Warning: Permanently added 'ec compute-1.amazonaws.com' (RSA) to the list of known hosts. インスタンスへのログインが 成 功 したら インスタンスを 設 定 する 準 備 は 完 了 です インスタンスの 設 定 手 順 については Amazon EC2 インスタンスを 設 定 する (p. 21) を 参 照 してください Amazon EC2 インスタンスを 設 定 する このトピックでは 稼 働 中 のインスタンスを 設 定 します 以 下 のタスクを 実 行 します 設 定 ファイルに 権 限 を 設 定 します MySQL サーバーをインストールします 21

25 Amazon EC2 インスタンスを 設 定 する ウェブサーバーと MySQL を 起 動 します データベースを 設 定 します アプリケーションを 設 定 します チュートリアルを 簡 単 にするため 単 一 の Amazon EC2 インスタンス 上 でローカルに 稼 働 するデータ ベースを 作 成 します Drupal アプリケーションを 設 定 して データベースにこの Amazon EC2 インス タンスを 使 用 するようにします その 他 すべての Amazon EC2 インスタンスは このインスタンスに 接 続 してデータベースにアクセスします 2 つ 以 上 の Amazon EC2 インスタンスを 使 用 する 場 合 通 常 は アプリケーションを 実 行 しているサー バーとは 別 のサーバー 上 にデータベースを 設 定 します この 方 法 なら 情 報 が 1 か 所 に 格 納 され すべて のインスタンスが 同 じデータへアクセスできます 同 期 していない 可 能 性 のある 稼 働 中 のローカルデー タベースにアクセスすることはありません 別 のデータベースの 作 成 については 本 書 では 扱 いません ウェブアプリケーション 向 けに Amazon RDS をセットアップする 方 法 の 詳 細 については Getting Started Guide Web Application Hosting for Linux の Step 8: Add Amazon RDS を 参 照 してください 設 定 ファイルで 権 限 を 設 定 するには Amazon EC2 インスタンスのコマンドプロンプトで 以 下 のコマンドを 使 用 して 権 限 を 設 定 しま す sudo chmod 666 /var/www/html/sites/default/settings.php MySQL サーバーをインストールするには Amazon EC2 インスタンスのコマンドプロンプトで 以 下 のコマンドを 使 用 して MySQL サーバー をインストールします sudo yum install mysql-server プロンプトが 表 示 されたら y と 入 力 します ウェブサーバーと MySQL を 起 動 するには 1. Amazon EC2 インスタンスのコマンドプロンプトで ウェブサーバーを 起 動 して 再 起 動 後 に 自 動 的 に 起 動 するように 設 定 します sudo chkconfig httpd on sudo service httpd start 以 下 のようなレスポンスが 表 示 されます Starting httpd [OK] 2. mysql を 起 動 し 再 起 動 後 に 自 動 的 に 起 動 するように 設 定 します 22

26 Amazon EC2 インスタンスを 設 定 する sudo chkconfig mysqld on sudo service mysqld start 以 下 のようなレスポンスが 表 示 されます Starting mysqld [OK] データベースを 設 定 するには 1. Amazon EC2 インスタンスで ルート ユーザーのパスワードを 更 新 します この 例 では パ スワード root を 使 用 します mysqladmin -u root password root 2. データベースを 作 成 します この 例 では データベース 名 mydb を 使 用 します mysqladmin -u root -p create mydb パスワードを 求 められたら root と 入 力 します 3. サインインして データベースのアクセス 権 限 を 設 定 します mysql -u root -p パスワードを 求 められたら root と 入 力 します 4. MySQL プロンプトで 以 下 のコマンドを 使 用 して 権 限 を 設 定 します <EC2 のパブリック DNS ア ドレス> を ステップ 4: インスタンスを 起 動 する (p. 10) で 記 録 した Amazon EC2 インスタンス のパブリック DNS アドレスで 置 き 換 えます GRANT SELECT, INSERT, UPDATE, DELETE, CREATE, DROP, INDEX, ALTER, LOCK TABLES, CREATE TEMPORARY TABLES ON mydb.* TO public EC2 DNS address>' IDENTIFIED BY 'mypassword'; 成 功 した 場 合 MySQL は 以 下 のように 応 答 します Query OK, 0 rows affected 5. MySQL プロンプトで 以 下 のコマンドを 使 用 して 権 限 を 設 定 します GRANT SELECT, INSERT, UPDATE, DELETE, CREATE, DROP, INDEX, ALTER, LOCK TABLES, CREATE TEMPORARY TABLES ON mydb.* TO IDENTIFIED BY 'mypassword'; 成 功 した 場 合 MySQL は 以 下 のように 応 答 します Query OK, 0 rows affected 23

27 Amazon EC2 インスタンスを 設 定 する 6. 新 しい 権 限 を 有 効 にするには 以 下 のコマンドを 入 力 します FLUSH PRIVILEGES; 成 功 した 場 合 MySQL は 以 下 のように 応 答 します Query OK, 0 rows affected 7. 以 下 を 入 力 して MySQL プロンプトを 終 了 します exit サーバーは 以 下 のように 応 答 します Bye アプリケーションを 設 定 するには 1. ウェブブラウザを 開 きます アドレス 欄 に ステップ 4: インスタンスを 起 動 する (p. 10) で 記 録 し た Amazon EC2 インスタンスのパブリック DNS アドレスを 入 力 します Drupal のインストール ウィザードに [Choose profile] ページが 表 示 されます 2. [Choose profile] ページで [Standard] をクリックし [Save and continue] をクリックします 3. [Choose language] ページで [English] を 選 択 し [Save and continue] をクリックします [Set up database] ページが 表 示 されます 24

28 Amazon EC2 インスタンスを 設 定 する 4. [Set up database] ページで 以 下 の 情 報 を 入 力 します a. [Database type] で [MySQL, MariaDB, or equivalent] をクリックします b. [Database name] ボックスにデータベースの 名 前 を 入 力 します この 例 では mydb を 使 用 し ます c. [Database username] ボックスにデータベースのユーザー 名 を 入 力 します この 例 では awsuser を 使 用 します d. [Database password] ボックスにデータベースのパスワードを 入 力 します この 例 では mypassword を 使 用 します e. [Advanced Options] をクリックします f. [Database host] ボックスに ステップ 4: インスタンスを 起 動 する (p. 10) で 記 録 した Amazon EC2 インスタンスのパブリック DNS アドレスを 入 力 します 25

29 Amazon EC2 インスタンスを 設 定 する g. [Save and continue] をクリックします 5. [Configure site] ページで 以 下 の 情 報 を 入 力 します a. [Site name] ボックスにサイトの 名 前 を 入 力 します b. [Site address] ボックスにメールアドレスを 入 力 します c. [Username] ボックスにユーザー 名 を 入 力 します d. [Password] ボックスに ユーザー 名 に 対 応 するパスワードを 入 力 します e. [Confirm password] ボックスにパスワードをもう 一 度 入 力 します 26

30 Amazon EC2 インスタンスを 設 定 する f. [Save and continue] をクリックします これでインストールが 完 了 しました 6. [Visit your new site] をクリックします 7. サイトに 新 しい 記 事 を 追 加 するには [Add new content] をクリックします これで アマゾン ウェブ サービスを 使 用 してウェブアプリケーションをデプロイできました 今 後 さらにインスタンスを 起 動 する 際 に いちいちカスタマイズするのは 面 倒 です 実 施 した 設 定 変 更 がす べて 組 み 込 まれたカスタム AMI を 作 成 しましょう 27

31 手 順 6:カスタム AMI を 作 成 手 順 6:カスタム AMI を 作 成 Amazon EC2 インスタンスをカスタマイズしたので この Amazon Machine Image(AMI) を 保 存 し 保 存 したこの 設 定 を 使 用 して 将 来 の 環 境 を 起 動 できます 実 行 中 の Amazon EC2 インスタンスから AMI を 作 成 1. Open the Amazon EC2 console at 2. [Navigation] ペインの[Region] 一 覧 のにある [US East (Virginia)] をクリックします 3. [Navigation] ペインの [Instances] をクリックします 4. Instances ページで 実 行 中 のインスタンスを 右 クリックし [Create Image (EBS AMI)] を 選 択 します 5. [Create Image] ダイアログボックスに 一 意 の 画 像 名 と 画 像 の 説 明 (255 文 字 以 内 オプション) を 記 入 してから [Create This Image] をクリックします Amazon EC2 がインスタンスをシャットダウンし アタッチされていたすべてのボリュームのイ メージを 記 録 し AMI を 作 成 して 登 録 し インスタンスを 再 起 動 します 6. [Navigation] ペインの [AMIs] をクリックします 7. AMI のステータスが 表 示 されます 新 しい AMI が 作 成 される 間 そのステータスは pending です AMI ID を 記 録 します 後 のタスクで ID が 必 要 になります プロセスが 終 了 するには 数 分 かかります 8. AMI のステータスを 使 用 可 能 に 変 更 したら [Navigation] ペインの [Snapshots] をクリックして Snapshots ページに 移 動 します AMI について 作 成 した 新 規 スナップショットが 表 示 されま す 新 規 AMI から 起 動 するインスタンスはルートデバイスボリュームとしてこのスナップショッ トを 使 用 します 28

32 手 順 7:Elastic Load Balancing の 作 成 最 終 的 に 複 数 のアベイラビリティーゾーンで 複 数 の Amazon EC2 インスタンスを 実 行 する 際 1 つ のアベイラビリティーゾーンが 利 用 できなくなると トラフィックは 別 のアベイラビリティーゾーンに 迂 回 されます Elastic Load Balancing は すべてのインスタンスが 同 じアベイラビリティーゾーンま たは 複 数 のアベイラビリティーゾーンにあるかによらず アプリケーションの 可 用 性 を 向 上 させます Elastic Load Balancing を 作 成 するには 手 順 7:Elastic Load Balancing の 作 成 (p. 29)に 移 動 します 手 順 7:Elastic Load Balancing の 作 成 Elastic Load Balancing は 実 行 しているすべてのインスタンスで 自 動 的 に 着 信 アプリケーショントラ フィックの 分 散 とバランシングを 行 い アプリケーションの 可 用 性 と 拡 張 性 を 改 善 します このサービ スにより アプリケーションの 機 能 を 増 やすまたは 減 らす 必 要 がある 場 合 に 新 規 インスタンスの 追 加 や あまり 使 用 されていないインスタンスの 削 除 を 簡 単 に 行 えます 以 下 の 図 には ロードバランサー の 機 能 が 示 されています この 図 では ロードバランサーには 2 つのリスナーが 含 まれています 最 初 のリスナーは HTTP を 使 用 してポート 80 でトラフィックを 受 信 し このリクエストを ポート 8080 で HTTP を 使 用 して Amazon EC2 インスタンスに 転 送 します もう 一 方 のリスナーは HTTPS を 使 用 してポート 433 でトラフィックを 受 信 し ポート 4443 で HTTPS を 使 用 して Amazon EC2 インス タンスにリクエストを 転 送 します クライアントと Amazon EC2 インスタンスの 両 方 について プロトコルとポートを 指 定 できます こ の 手 順 では HTTP サービスのロードバランサーを 作 成 します ロードバランサーが クライアントか らの 着 信 トラフィックをポート 80 でリッスンし ポート 80 でトラフィックをインスタンスに 分 散 す るよう 指 定 します ロードバランサーが 利 用 可 能 になると ロードバランサーの 実 行 時 間 に 応 じて 1 時 間 ごと または1 時 間 未 満 の 時 間 について 課 金 されます Elastic Load Balancing の 価 格 の 詳 細 については Elastic Load Balancing の 詳 細 ページを 参 照 してください Elastic Load Balancing の 詳 細 については Elastic Load Balancing Documentation を 参 照 してくだ さい ロードバランサーを 作 成 する 1. ロードバランサーを 定 義 : a. Open the Amazon EC2 console at b. [Navigation] ペインの [Region] 一 覧 にある [US East (Virginia)] をクリックします c. [Navigation] ペインで [Load Balancers] をクリックします d. [Load Balancers] ペインにある [Create a New Load Balancer] ウィザードで [Create Load Balancers] をクリックします e. Define Load Balancer ページで ロードバランサーの 名 前 を 入 力 します この 例 では MyLBと 入 力 します 29

33 手 順 7:Elastic Load Balancing の 作 成 f. この 例 では Listener Configuration の 設 定 はデフォルト 値 のままにしておきます Load Balancer Port and Protocol が クライアントからのトラフィックのリッスンにロードバラン サーが 使 用 するポートとプロトコルを 指 定 します Instance Protocol and Port が ロード バランサーがインスタンスへのトラフィックのルーティングに 使 用 するポートとプロトコルを 指 定 します 例 えば ロードバランサーでトラフィックを ポート 8080 を 使 用 してインスタ ンスに 転 送 する 場 合 ここにあるように 指 定 できます Note リスナー 情 報 を 設 定 した 後 は 変 更 はできません この 情 報 を 更 新 する 場 合 新 規 の ロードバランサーを 作 成 する 必 要 があります g. [Continue] をクリックします 2. ヘルスチェックを 設 定 : Elastic Load Balancing は 定 期 的 に ロードバランスのあるそれぞれの Amazon EC2 インスタンス の 状 態 をチェックします 問 題 のあるインスタンスを 検 出 した 場 合 Elastic Load Balancing はそ のインスタンスへのトラフィックの 送 信 を 停 止 し トラフィックのルートを 正 常 なインスタンスに 変 更 します a. [Create a New Load Balancer] ウィザードの Configure Health Check ページで 以 下 を 実 行 します 30

34 手 順 7:Elastic Load Balancing の 作 成 Configuration Optionsの 下 にある Configure Health Check ページで 以 下 を 実 行 します Ping Protocol の 設 定 はデフォルト 値 HTTP のままにしておきます 将 来 ロードバランサー でより 安 全 なプロトコルを 使 用 し ping リクエストをインスタンスに 送 信 する 場 合 HTTPS を 使 用 して 別 のポートを 指 定 できます Elastic Load Balancing とともに HTTPS を 使 用 す る 詳 細 については Elastic Load Balancing Developer Guideの Elastic Load Balancing Security Features を 参 照 してください Ping Port の 設 定 はデフォルト 値 80 のままにしておきます Elastic Load Balancing は ping ポートを 使 用 して ヘルスチェック クエリを Amazon EC2 インスタンスに 送 信 します Note ping ポート 値 を 指 定 すると Amazon EC2 インスタンスは 指 定 したポートで 着 信 トラフィックを 受 信 する 必 要 があります ポートの 値 を 80 以 外 に 設 定 し この 値 をいつでも 変 更 できます [Ping Path] ボックスのデフォルト 値 を 半 角 のスラッシュ( / )で 置 き 換 えます Elastic Load Balancing は ヘルスチェック クエリを 指 定 した ping パスに 送 信 します こ の 例 では デフォルトページに index.html default.html または 別 の 名 前 が 付 けられ ていても Elastic Load Balancing が HTTP サーバーのデフォルトのホームページにクエリ を 送 信 するように 半 角 のスラッシュを 使 用 しています アプリケーションを 配 備 する 際 は ヘルスチェックにのみ 対 応 する 特 別 の 小 さなファイルを 作 成 するようにしてください それ により サイトにヒットしているトラフィックを 区 別 し ロードバランサーに 対 応 できるよ うになります b. [Advanced Options] の 下 にある Configure Health Check ページで 適 切 なしきい 値 を 2 に 設 定 します 他 のオプションでは デフォルト 値 をそのまま 使 用 します 31

35 手 順 7:Elastic Load Balancing の 作 成 通 常 デフォルト 値 10 は しきい 値 として 適 切 です このチュートリアルでは 2 を 指 定 して いるので 適 切 なインスタンスが 表 示 されるのを 待 つ 必 要 はありません c. [Continue] をクリックします 3. Amazon EC2 インスタンスの 追 加 : a. Add EC2 Instances ページで [Continue] をクリックします b. 設 定 を 確 認 します 設 定 を 変 更 するには プロセスの 特 定 の 手 順 で [Edit] をクリックします 32

36 手 順 7:Elastic Load Balancing の 作 成 Important ロードバランサーを 作 成 した 後 ロードバランサーの 名 前 とポート 設 定 以 外 の 設 定 を 変 更 できます ロードバランサーの 名 前 を 変 更 またはポート 設 定 を 変 更 するには 代 わりのロードバランサーを 作 成 します c. [Create] をクリックします d. Confirmation ページで [Close] をクリックします 33

37 手 順 7:Elastic Load Balancing の 作 成 確 認 ウィンドウを 閉 じると Load Balancers ページに 戻 ります 新 しいロードバランサー が 一 覧 に 表 示 されます ベストプラクティスは いずれかのアベイラビリティーゾーンが 利 用 できなくなっても 停 止 し ないように 複 数 のアベイラビリティーゾーンに 十 分 な 数 のインスタンスを 用 意 することで す よって 次 の 手 順 では ロードバランサーを 複 数 のアベイラビリティーゾーンに 配 置 し ます 4. パブリック DNS アドレスを 記 録 : a. [Load Balancers] ペインで [MyLB] をクリックします b. [Description] タブをクリックします c. パブリック DNS アドレスをメモします このチュートリアルで 後 ほど このアドレスが 必 要 になります 5. アベイラビリティーゾーンを 追 加 します 34

38 現 在 扱 っている 内 容 a. [Load Balancers] ペインで [MyLB] をクリックします b. Instances タブをクリックします c. + アイコンをクリックします d. [Add and Remove Availability Zones] ダイアログボックスで 次 の 項 目 を 実 行 します [us-east-1b: 0 instances] をクリックします [us-east-1c: 0 instances] をクリックします [Save] をクリックします 後 のタスクで Auto Scaling を 使 用 して この 2 つのアベイラビリティーゾーンでインスタン スを 起 動 します ロードバランサーの [Availability Zones] 列 が 両 方 のアベイラビリティー ゾーンについて 更 新 されて 表 示 されます 現 在 扱 っている 内 容 現 在 アーキテクチャの 構 築 を 行 っています ステップ 4: インスタンスを 起 動 する (p. 10)で ポート 80(HTTP)を 介 しすべてのトラフィックが Amazon EC2 インスタンスに 接 続 することを 許 可 するよう 設 定 しました Elastic Load Balancing を 作 成 したので セキュリティグループを 更 新 し Elastic Load Balancing から 着 信 HTTP トラフィックの 35

39 ステップ 8: Amazon EC2 セキュリティグループを 更 新 す る みを 許 可 するようにできます ステップ 8: Amazon EC2 セキュリティグループを 更 新 する (p. 36)に 移 動 します ステップ 8: Amazon EC2 セキュリティグループを 更 新 する ステップ 4: インスタンスを 起 動 する (p. 10) では ポート 80 経 由 の HTTP を 有 効 にするセキュリティ グループを 作 成 しました このセキュリティグループでは すべてのトラフィックが HTTP/80 を 経 由 して Amazon EC2 インスタンスに 直 接 アクセスできます Elastic Load Balancer を 作 成 したので さ らに 安 全 な 方 法 はロードバランサーのみが Amazon EC2 インスタンスにアクセスできるようにするこ とです さらに Auto Scaling グループで 2 つの 新 しいインスタンスを 起 動 したので すべてのインス タンスが 1 つのデータベースの 情 報 にアクセスするようにして ユーザーに 提 示 される 情 報 の 同 期 を 維 持 する 必 要 があります そのためには 新 しいルールをセットアップして 新 しいインスタンスが MySQL を 使 って 元 のインスタンス 上 のデータベースをクエリできるようにする 必 要 があります この タスクでは セキュリティグループを 更 新 し ロードバランサーのみが HTTP/80 経 由 でお 使 いの Amazon EC2 インスタンスにアクセスできるようにし webappsecuritygroup 内 のインスタンスのみ が 3306/MySQL 経 由 でインバウンドトラフィックを 受 け 付 けることができるようにします データ ベースをセットアップする 方 法 には 専 用 のデータベースサーバーをセットアップする 方 法 や Amazon RDS を 使 用 する 方 法 などいくつかあります データベースのセットアップについては 本 書 では 扱 い ません ウェブアプリケーション 向 けに Amazon RDS をセットアップする 方 法 の 詳 細 については Getting Started Guide Web Application Hosting for Linux の Step 8: Add Amazon RDS を 参 照 してくだ さい セキュリティグループを 設 定 するには 1. Open the Amazon EC2 console at 2. [Navigation] ペインの [Region] リストで [US East (Virginia)] をクリックします 3. [Navigation] ペインで [Security Groups] をクリックします 4. [Security Groups] ページで 前 の 手 順 で 作 成 したセキュリティグループ webappsecuritygroup をクリックします 5. [Security Group] で [Inbound] タブをクリックします 6. ポート 80(HTTP)が 表 示 されている 行 で [Delete] をクリックします 7. [Create a new rule] リストで [HTTP] をクリックします 8. [Source] ボックスに amazon-elb/amazon-elb-sg と 入 力 します これは AWS によって Elastic Load Balancer に 割 り 当 てられるセキュリティグループ 名 です [Add Rule] をクリックします 9. [Create a new rule] ドロップダウンボックスで [MYSQL] をクリックします 10. [Source] ボックスに webappsecuritygroup と 入 力 します webappsecuritygroup が 表 示 された ら webappsecuritygroup のセキュリティグループ ID を 入 力 します 11. [Add Rule] をクリックします 12. [Apply Rule Changes] をクリックします 36

40 ステップ 9: Auto Scaling を 使 用 して Amazon EC2 インス タンスを 起 動 する Note このセキュリティグループのルールは これらのルールを 使 用 するインスタンスが 起 動 さ れたときに 適 用 されます Amazon EC2 セキュリティグループを 設 定 したので ステップ 9: Auto Scaling を 使 用 して Amazon EC2 インスタンスを 起 動 する (p. 37) に 進 みます Auto Scaling は トラフィックレベルの 変 化 に 応 じて 実 行 されるインスタンス 数 を 調 整 できます ステップ 9: Auto Scaling を 使 用 して Amazon EC2 インスタンスを 起 動 する Auto Scaling は ユーザー 定 義 のポリシー スケジュール アラームに 従 って Amazon EC2 インスタ ンスを 自 動 的 に 起 動 および 終 了 します Auto Scaling を 使 用 すると 提 示 されるあらゆる 負 荷 に 合 わせ て 調 整 できる Amazon EC2 インスタンス 群 を 維 持 できます Auto Scaling を 使 用 して グループ 内 の 複 数 のインスタンスを 一 度 に 起 動 することもできます Auto Scaling はその 名 のとおり 変 化 する 状 況 に 自 動 的 に 対 応 します 必 要 なのは そうした 変 化 にど のように 対 応 するかを 指 定 することだけです 例 えば Auto Scaling に 対 して 1 つ 以 上 の 既 存 インス タンスの CPU 利 用 率 が 60% を 超 えた 場 合 に 追 加 のインスタンスを 起 動 するように 指 示 できます あ るいは トラフィックの 減 少 が 予 想 される 週 末 にウェブサイトのインスタンスの 半 分 を 終 了 するように 指 定 することも 可 能 です Auto Scaling によって アプリケーションが 効 率 的 に 実 行 され 続 けるように インスタンス 群 を 最 適 な パフォーマンスで 稼 働 させることができます さらに Auto Scaling グループは 複 数 のアベイラビリ ティゾーンにわたって 機 能 することができます このため 1 つのアベイラビリティゾーンが 利 用 でき なくなると 異 なるアベイラビリティゾーンのアプリケーションへトラフィックを 自 動 的 に 再 分 散 させ ます Auto Scaling を 使 用 することで 正 常 なインスタンスが 常 に 1 つ 以 上 稼 働 している 状 態 を 確 保 で きます 詳 細 については Auto Scaling を 参 照 してください 37

41 この 例 では 多 くのアプリケーションで Auto Scaling を 使 用 するために 配 置 する 必 要 がある 基 本 イン フラストラクチャをセットアップします 以 下 を 実 行 します 起 動 設 定 を 作 成 します 入 門 ガイド Linux 用 AWS コンピューティングの 基 本 ステップ 9: Auto Scaling を 使 用 して Amazon EC2 インス タンスを 起 動 する Auto Scaling グループを 作 成 します Auto Scaling グループにポリシーを 作 成 します このチュートリアルの 目 的 上 Amazon EC2 上 で 稼 働 するアプリケーションの 負 荷 分 散 と 自 動 スケー リングを 行 うインスタンス 数 を 最 小 2 個 最 大 2 個 に 設 定 します 最 小 値 と 最 大 値 を 同 じ 値 に 設 定 することで 1 つのインスタンスに 障 害 が 発 生 した 場 合 にも 常 に 希 望 するインスタンス 数 を 確 保 でき ます 実 際 のウェブサイトを 作 成 する 場 合 は ベストプラクティスとして いずれか 1 つのアベイラビ リティーゾーンの 喪 失 に 耐 えるように 複 数 のアベイラビリティーゾーン 間 に 十 分 な 数 のインスタンス を 起 動 することをお 勧 めします さらに Auto Scaling の 機 能 を 活 用 するためには インスタンスの 最 大 数 を 最 小 数 より 大 きくなるように 増 やす 必 要 があります インスタンスの 最 大 数 を 指 定 すると インスタンス 群 がどのくらい 大 きくなるかを 制 御 できます この 例 では Auto Scaling は 負 荷 が 増 加 した 場 合 にインスタンスを 1 つ 追 加 するように 設 定 されています このトピックではポリシーを 定 義 します 次 のセクションでは Cloud Watch アラームを 設 定 し 平 均 NetworkOut が 6,000,000 バイトのしきい 値 を 5 分 間 超 過 し 続 けた 場 合 に ポリシーに 応 じてアクショ ンを 実 行 するようにします Auto Scaling と Amazon CloudWatch は 連 携 して 作 成 されたポリシーに 従 って インスタンスを 起 動 または 終 了 します 時 間 を 節 約 するため ここではポリシーを 1 つしか 作 成 しませんが 負 荷 が 減 少 したときにインスタンスを 終 了 するポリシーなど 他 のポリシーも 作 成 でき ます Auto Scaling コマンドラインツールをまだインストールしていなければ ここでインストールする 必 要 があります 詳 細 については Auto Scaling DeveloperGuide の Using the Command Line Tools を 参 照 してください コマンドラインツールを 使 用 して Auto Scaling を 設 定 します 自 動 スケーリングと 負 荷 分 散 が 施 されたアプリケーションが Amazon EC2 で 実 行 されるように 設 定 するには 1. コマンドプロンプトウィンドウを 開 きます ローカルの Windows コンピュータで [スタート] を クリックします 検 索 ボックスに cmd と 入 力 し Enter キーを 押 します 2. 起 動 設 定 は Auto Scaling グループ 内 で 起 動 するインスタンスのテンプレートです この 例 で 起 動 設 定 を 定 義 するためには as-create-launch-config コマンドを 使 用 します 以 下 のパラメー タで 起 動 設 定 を 定 義 します image-id は AMI ID です 手 順 6:カスタム AMI を 作 成 (p. 28) で 作 成 したカスタム AMI ID を 使 用 します instance-type には オペレーティングシステム メモリ ローカルストレージなど 起 動 する インスタンスに 関 する 基 本 的 な 情 報 が 格 納 されます この 例 では 最 初 にインスタンスを 起 動 し たときに 使 用 したのと 同 じインスタンスタイプを 使 用 します key はインスタンスへの 接 続 に 使 用 したキーペアです 最 初 にインスタンスを 起 動 したときに 作 成 したのと 同 じキーペアを 使 用 します group は インスタンスのアクセスルールを 定 義 したセキュリティグループです 最 初 にインス タンスを 起 動 したときに 作 成 したのと 同 じセキュリティグループを 使 用 します monitoring-disabled では 詳 細 モニタリングの 代 わりに 基 本 モニタリングを 使 用 することを 指 定 します デフォルトでは 詳 細 モニタリングが 有 効 です 基 本 モニタリングと 詳 細 モニタリング の 詳 細 については Amazon CloudWatch を 参 照 してください リージョンは 指 定 しません デフォルトリージョンの 米 国 東 部 (バージニア)を 使 用 します コマ ンドプロンプトで 以 下 を 入 力 して Enter キーを 押 します 38

42 ステップ 9: Auto Scaling を 使 用 して Amazon EC2 インス タンスを 起 動 する PROMPT>as-create-launch-config MyLC --image-id ami-95ce1afc --instance-type t1.micro --group webappsecuritygroup --key mykeypair --monitoring-disabled Auto Scaling は 以 下 のような 出 力 を 返 します OK-Created launch config Note このドキュメントからコマンドをコピーして コマンドプロンプトウィンドウに 貼 り 付 け ることができます コマンドラインウィンドウに 内 容 を 貼 り 付 けるには コマンドプロン プトウィンドウで 右 クリックして [ 貼 り 付 け] をクリックします コマンドの 動 作 に 問 題 が ある 場 合 は コマンドを 正 しく 入 力 したことを 確 認 します これで 起 動 設 定 が 作 成 されました 3. 複 数 の Amazon EC2 インスタンスを 起 動 可 能 な Auto Scaling グループを 作 成 するには as-create-auto-scaling-group コマンドを 使 用 します 以 下 のパラメータを 使 用 して Auto Scaling グループを 定 義 します launch-configuration は 前 のステップで 作 成 した 起 動 設 定 の 名 前 です availability-zones には Auto Scaling グループの Amazon EC2 インスタンスを 起 動 するアベイ ラビリティーゾーンを 指 定 します この 例 では 2 つのアベイラビリティーゾーンを 指 定 しま す 複 数 のアベイラビリティーゾーンを 指 定 することは 耐 障 害 性 の 高 い(フォルトトレラントな) アプリケーションを 作 成 するためのベストプラクティスです 一 方 のアベイラビリティーゾーン が 停 止 すると トラフィックがもう 一 方 のアベイラビリティーゾーンにルーティングされます Auto Scaling グループで 起 動 されるインスタンス 数 は 複 数 のアベイラビリティーゾーンに 均 等 に 分 散 されます min-size および max-size には Auto Scaling グループ 内 の Amazon EC2 インスタンス 数 の 最 小 値 と 最 大 値 を 設 定 します 最 小 値 と 最 大 値 を 同 じ 値 に 設 定 すると グループ 内 のインスタンス 数 を 一 定 にできます この 例 では 最 小 値 と 最 大 値 の 両 方 を 2 に 設 定 します load-balancer は Auto Scaling グループにトラフィックをルーティングするために 使 用 するロー ドバランサーの 名 前 です コマンドプロンプトで 以 下 を 入 力 し Enter キーを 押 します PROMPT>as-create-auto-scaling-group MyAutoScalingGroup --launch-configuration MyLC --availability-zones us-east-1b, us-east-1c --min-size 2 --max-size 2 --load-balancers MyLB Auto Scaling は 以 下 を 返 します OK-Created AutoScalingGroup 39

Amazon Web Services環境におけるWebOTX Application Server導入ガイド (Linux)

Amazon Web Services環境におけるWebOTX Application Server導入ガイド (Linux) Amazon Web Services 環 境 における WebOTX Application Server 導 入 ガイド (Linux) 2016 年 4 月 第 4 版 NEC Copyright NEC Corporation 2016. All rights reserved. 免 責 事 項 本 書 の 内 容 は 予 告 なしに 変 更 されることがあります 日 本 電 気 株 式 会

More information

目 次 本 ガイドの 目 的... 1 1. 電 源 冷 却 ファン 温 度 等 の 異 常 通 知... 2 1.1 BMC ネットワーク 設 定... 2 1.2 BMC の 操 作 ( 初 めてのログインと 言 語 設 定 パスワードの 変 更 )... 4 1.3 BMC のメール 通 知

目 次 本 ガイドの 目 的... 1 1. 電 源 冷 却 ファン 温 度 等 の 異 常 通 知... 2 1.1 BMC ネットワーク 設 定... 2 1.2 BMC の 操 作 ( 初 めてのログインと 言 語 設 定 パスワードの 変 更 )... 4 1.3 BMC のメール 通 知 TECHNICAL GUIDE: ARCSERVE UDP 7000 SERIES Arcserve UDP 7000 シリーズ ハードウェアエラーの メール 通 知 設 定 2016 年 2 月 REV: 1.0 目 次 本 ガイドの 目 的... 1 1. 電 源 冷 却 ファン 温 度 等 の 異 常 通 知... 2 1.1 BMC ネットワーク 設 定... 2 1.2 BMC の 操 作

More information

Internet Explorer 1. Under the Tools or Settings icon in the toolbar, click on Internet Options 2. Ensure Delete browsing history on exit box is unche

Internet Explorer 1. Under the Tools or Settings icon in the toolbar, click on Internet Options 2. Ensure Delete browsing history on exit box is unche 日 本 語 Device Registration Guide Having trouble registering for our digital research? If you have already registered for our digital product and you are being prompted to register again, please follow the

More information

2013 Vol.1 Spring 2013 Vol.1 SPRING 03-3208-2248 C O N T E N T S 2013 03-3208-2248 2 3 4 7 Information 6 8 9 11 10 73 94 11 32 37 41 96 98 100 101 103 55 72 1 2 201345135016151330 3 1 2 URL: http://www.wul.waseda.ac.jp/clib/tel.03-3203-5581

More information

NSR-500 Create USB Installer Procedures

NSR-500 Create USB Installer Procedures Creating NSR-500 USB Installer Overview This document describes how to create the USB installer for the NSR- 500 series. Applicable Model NSR-500 Series To Be Required * Windows (XP, Vista or 7) installed

More information

elemmay09.pub

elemmay09.pub Elementary Activity Bank Activity Bank Activity Bank Activity Bank Activity Bank Activity Bank Activity Bank Activity Bank Activity Bank Activity Bank Activity Bank Activity Bank Number Challenge Time:

More information

108 528 612 P.156 109

108 528 612 P.156 109 2012 Vol.2 Summer & Autumn 03-3208-2248 108 528 612 P.156 109 C O N T E N T S 2012 03-3208-2248 2 3 4 6 Information 7 8 9 2 114 154 156 158 160 161 163 9 43 52 61 79 113 1 2 2012 7 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

More information

商 標 類 Apache Hadoop Hadoop は Apache Software Foundation の 米 国 およびその 他 の 国 におけ る 登 録 商 標 または 商 標 です Intel Intel Xeon Itanium および Intel Itanium は 米 国 およ

商 標 類 Apache Hadoop Hadoop は Apache Software Foundation の 米 国 およびその 他 の 国 におけ る 登 録 商 標 または 商 標 です Intel Intel Xeon Itanium および Intel Itanium は 米 国 およ InfoFrame Relational Store V3.1 構 築 ガイド for Amazon Web Services RS-0301-15-01-J 商 標 類 Apache Hadoop Hadoop は Apache Software Foundation の 米 国 およびその 他 の 国 におけ る 登 録 商 標 または 商 標 です Intel Intel Xeon Itanium

More information

P

P 03-3208-22482013 Vol.2 Summer & Autumn 2013 Vol.2 Summer & Autumn 90 527 P.156 611 91 C O N T E N T S 2013 03-3208-2248 2 3 4 6 Information 7 8 9 10 2 115 154 10 43 52 61 156 158 160 161 163 79 114 1 2

More information

Untitled

Untitled VPN 接 続 の 設 定 AnyConnect 設 定 の 概 要, 1 ページ AnyConnect 接 続 エントリについて, 2 ページ ハイパーリンクによる 接 続 エントリの 追 加, 2 ページ 手 動 での 接 続 エントリの 追 加, 3 ページ ユーザ 証 明 書 について, 4 ページ ハイパーリンクによる 証 明 書 のインポート, 5 ページ 手 動 での 証 明 書 のインポート,

More information

/ [Save & Submit Code]ボタン が 下 部 やや 左 に ありますが このボタンを 押 すと 右 上 の 小 さいウィンドウ(the results tab) が 本 物 のブラウザのようにアク ションします (ブラウザの 例 : Chrome(グーグルクロム) Firefox(

/ [Save & Submit Code]ボタン が 下 部 やや 左 に ありますが このボタンを 押 すと 右 上 の 小 さいウィンドウ(the results tab) が 本 物 のブラウザのようにアク ションします (ブラウザの 例 : Chrome(グーグルクロム) Firefox( (Why) -((we))- +(learn)+ @(HTML)@? / どうしてHTMLを 覚 えるのか? -(Every webpage you look at)- +(is written)+ (in a language called HTML). / Webページはどのページであれ HTML 言 語 を 使 って 書 かれています -(You)- +(can think of)+ @(HTML)@

More information

国際恋愛で避けるべき7つの失敗と解決策

国際恋愛で避けるべき7つの失敗と解決策 7 http://lovecoachirene.com 1 7! 7! 1 NOT KNOWING WHAT YOU WANT 2 BEING A SUBMISSIVE WOMAN 3 NOT ALLOWING THE MAN TO BE YOUR HERO 4 WAITING FOR HIM TO LEAD 5 NOT SPEAKING YOUR MIND 6 PUTTING HIM ON A PEDESTAL

More information

Microsoft Word - mediawiki.doc

Microsoft Word - mediawiki.doc Windows Hosting Suite MediaWiki インストールガイド - 目 次 - 1.はじめに... 2 2.インストールの 準 備... 2 2.1 データベースの 作 成... 2 2.2 MediaWiki のダウンロード... 8 2.3 ファイルのアップロード... 8 2.4 ディレクトリの 権 限 設 定... 10 2.5 デフォルトドキュメントの 設 定... 14

More information

目 次 1. 本 書 の 役 割... 1 2. 監 視 対 象 ノードの 登 録... 2 3.Agent のインストール... 7 3.1 Agent の 前 提 条 件 対 象 OS... 7 3.2 監 視 対 象 サーバへのログイン... 7 3.3 セットアップファイルのダウンロード..

目 次 1. 本 書 の 役 割... 1 2. 監 視 対 象 ノードの 登 録... 2 3.Agent のインストール... 7 3.1 Agent の 前 提 条 件 対 象 OS... 7 3.2 監 視 対 象 サーバへのログイン... 7 3.3 セットアップファイルのダウンロード.. App Bridge Monitor Linux Agent インストールガイド Ver.1.9.1 目 次 1. 本 書 の 役 割... 1 2. 監 視 対 象 ノードの 登 録... 2 3.Agent のインストール... 7 3.1 Agent の 前 提 条 件 対 象 OS... 7 3.2 監 視 対 象 サーバへのログイン... 7 3.3 セットアップファイルのダウンロード...

More information

R76 Application Control & URL Filtering Guide

R76 Application Control & URL Filtering Guide R76/GAiA Application Control & URF Filtering 簡 易 設 定 ガイド Last updated Jun 24, 2013 Ver 1.0 はじめに 本 章 の 手 順 は 以 下 の 項 目 が 満 たされている 事 を 前 提 条 件 としています 事 前 にGAiA R76の 初 期 セットアップが 完 了 し 管 理 コンソール からSmartDashboadを

More information

FileMaker Cloud App FileMaker Pro FileMaker Go FileMaker WebDirect App FileMaker Cloud Amazon Web Services (AWS) Marketplace AWS FileMaker Server File

FileMaker Cloud App FileMaker Pro FileMaker Go FileMaker WebDirect App FileMaker Cloud Amazon Web Services (AWS) Marketplace AWS FileMaker Server File An Apple Subsidiary FileMaker Cloud Version 1.16 October 2017 FileMaker Cloud App FileMaker Pro FileMaker Go FileMaker WebDirect App FileMaker Cloud Amazon Web Services (AWS) Marketplace AWS FileMaker

More information

137. Tenancy specific information (a) Amount of deposit paid. (insert amount of deposit paid; in the case of a joint tenancy it should be the total am

137. Tenancy specific information (a) Amount of deposit paid. (insert amount of deposit paid; in the case of a joint tenancy it should be the total am 13Fast Fair Secure PRESCRIBED INFORMATION RELATING TO TENANCY DEPOSITS* The Letting Protection Service Northern Ireland NOTE: The landlord must supply the tenant with the Prescribed Information regarding

More information

Sophos SafeGuard Native Device Encryption for Mac クイック スタートアップガイド

Sophos SafeGuard Native Device Encryption for Mac クイック スタートアップガイド Sophos SafeGuard Native Device Encryption for Mac クイックスタートアップ ガイド 製 品 バージョン: 7 ドキュメント 作 成 日 : 2014 年 12 月 目 次 1 SafeGuard Native Device Encryption for Mac について...3 2 SafeGuard Native Device Encryption

More information

Press Release english

Press Release english モバイル クライアントの 基 本 認 証 QlikView テクニカル ブリーフ Published: November, 2011 www.qlikview.com はじめに QlikView Server をインストールする 際 標 準 セキュリティ 構 成 ではユーザー 表 示 に Windows アカウントが ユー ザーの 認 証 に NTLM が 使 用 されます ローカル エリア ネットワーク

More information

Housing Purchase by Single Women in Tokyo Yoshilehl YUI* Recently some single women purchase their houses and the number of houses owned by single women are increasing in Tokyo. And their housing demands

More information

設定手順

設定手順 IP Cluster & Check Point NGX (IPSO 4.0 & Check Point NGX (R60)) 2007 7 IP Cluster & Check Point NGX...2 1 Gateway Cluster...6 1-1 cpconfig...6 1-2 Gateway Cluster...6 1-3 3rd Party Configuration...8 1-4

More information

MIDI_IO.book

MIDI_IO.book MIDI I/O t Copyright This guide is copyrighted 2002 by Digidesign, a division of Avid Technology, Inc. (hereafter Digidesign ), with all rights reserved. Under copyright laws, this guide may not be duplicated

More information

クラウドサービスの基本的なこと

クラウドサービスの基本的なこと クラウドサービスの 基 本 的 なこと 当 スライド 最 終 版 は 別 途 アップします 2012/09/15 ADempiere Japan Users Group Special Seminar (1stDay) 自 己 紹 介 kidatti クラウドって 何? 米 国 国 立 標 準 技 術 研 究 所 http://csrc.nist.gov/publications/nistpubs/800-145/sp800-145.pdf

More information

How to Use In-flight Wi-Fi service ご利用ガイド 3 Flight Plan will be available for international connecting flights within 24 hours. 3 フライトプランは24時間以内であれば 国際

How to Use In-flight Wi-Fi service ご利用ガイド 3 Flight Plan will be available for international connecting flights within 24 hours. 3 フライトプランは24時間以内であれば 国際 How to Use In-flight Wi-Fi service ご利用ガイド 3 Flight Plan will be available for international connecting flights within 24 hours. 3 フライトプランは24時間以内であれば 国際線のお乗り継ぎの便でもご利用いただけます When downloading large amounts

More information

Microsoft Word - Meta70_Preferences.doc

Microsoft Word - Meta70_Preferences.doc Image Windows Preferences Edit, Preferences MetaMorph, MetaVue Image Windows Preferences Edit, Preferences Image Windows Preferences 1. Windows Image Placement: Acquire Overlay at Top Left Corner: 1 Acquire

More information

............ 2. 3. 4. x10 5. x10 item 206787 6. 7. Questions and answers Getting started What is the order request e-mail I received? The e-mail is your invitation to participate in arranging collection

More information

FCC This product is conform to the FCC standards. FCC Rules (Federal Communications Commission) This product complies with Part15 Subpart B and C of the FCC Rules. FCC ID : MK4TR3XM-SX01 FCC NOTICE This

More information

NSR-500 Installation Guide

NSR-500 Installation Guide NSR Installation Guide This information has been prepared for the professional installers not for the end users. Please handle the information with care. Overview This document describes HDD installation

More information

2

2 2011 8 6 2011 5 7 [1] 1 2 i ii iii i 3 [2] 4 5 ii 6 7 iii 8 [3] 9 10 11 cf. Abstracts in English In terms of democracy, the patience and the kindness Tohoku people have shown will be dealt with as an exception.

More information

Google Chrome OS 用 Cisco AnyConnect セキュアモビリティクラ

Google Chrome OS 用 Cisco AnyConnect セキュアモビリティクラ Google Chrome OS 用 Cisco AnyConnect セキュア モビリティ クラ イアント ユーザ ガイド(リリース 4.0.x) AnyConnect ユーザ ガイド 2 AnyConnect の 概 要 2 Google Chrome OS でサポートされるデバイス 2 Google Chrome OS への AnyConnect のインストールまたはアップグレード 3 Google

More information

Microsoft Word - GXS?C?“?^?[?l?b?gVPN?T?[?r?X?N?‰?C?A?“?g?A?N?Z?X?Z?b?g?A?b?v?K?C?hE7530_v2.5.docx

Microsoft Word - GXS?C?“?^?[?l?b?gVPN?T?[?r?X?N?‰?C?A?“?g?A?N?Z?X?Z?b?g?A?b?v?K?C?hE7530_v2.5.docx GXS インターネット VPN クライアントアクセス IE/EX 版 セットアップガイド Check point Remote Access Client (SecuRemote) 2014 年 6 月 20 日 GXS 株 式 会 社 (C)2012 GXS Inc. All right reserved 1 稼 働 環 境 GXSインターネットVPN(クライアントアクセス)を 利 用 してIE/EXサー

More information

生研ニュースNo.132

生研ニュースNo.132 No.132 2011.10 REPORTS TOPICS Last year, the Public Relations Committee, General Affairs Section and Professor Tomoki Machida created the IIS introduction video in Japanese. As per the request from Director

More information

4 How to Print Cards When you want to print Select the cards you would like to print from your WORD LIST. About the WORD LIST To print multiple cards,

4 How to Print Cards When you want to print Select the cards you would like to print from your WORD LIST. About the WORD LIST To print multiple cards, 5 Flash Cards Maker APRICOT Publishing www.apricot-plaza.co.jp 4 How to Print Cards When you want to print Select the cards you would like to print from your WORD LIST. About the WORD LIST To print multiple

More information

Standard Chartered インターネットバンキング 操作方法

Standard Chartered インターネットバンキング 操作方法 Standard Chartered インターネットバンキング 操 作 方 法 目 次 1. 初 回 ログイン...2 2.ログイン(2 回 目 以 降 )...3 3. 本 人 名 義 の 口 座 間 の 資 金 移 動 と 確 認 (ローン 口 座 への 移 動 )...5 4. 第 3 者 への 送 金... 6 4-1. 送 金 先 登 録... 6 4-2. 送 金 手 続 き... 8

More information

ライセンス

ライセンス APPENDIX B この 付 録 では Cisco Unified Service Monitor(Service Monitor)のについて 説 明 します 次 の 事 項 について 説 明 します の 概 要 (P.B-1) プロセス (P.B-3) の 概 要 Service Monitor は ソフトウェアベースの 製 品 登 録 と キー 技 術 を 特 長 としています ライ センスの

More information

NSR-500 Create DVD Installer Procedures

NSR-500 Create DVD Installer Procedures Creating NSR-500 DVD Installer Overview This document describes how to create DVD installer for the NSR-500 series. Applicable Model NSR-500 Series To be required * Windows (XP, Vista or 7) installed PC

More information

2 3

2 3 RR-XR330 C Matsushita Electric Industrial Co., Ltd.2001 2 3 4 + - 5 6 1 2 3 2 1-3 + + - 22 +- 7 22 8 9 1 2 1 2 1 2 3 12 4 1 2 5 12 1 1 2 3 1 2 1 2 10 11 1 2 $% 1 1 2 34 2 % 3 % 1 2 1 2 3 1 2 12 13 1 2

More information

10 2000 11 11 48 ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) CU-SeeMe NetMeeting Phoenix mini SeeMe Integrated Services Digital Network 64kbps 16kbps 128kbps 384kbps

More information

シナリオ:SSL VPN クライアン トレス接続

シナリオ:SSL VPN クライアン トレス接続 CHAPTER 9 シナリオ:SSL VPN クライアン トレス 接 続 この 章 では 適 応 型 セキュリティ アプライアンスを 使 用 して ソフトウェア ク ライアントなしで(クライアントレス)リモート アクセス SSL VPN 接 続 を 受 け 入 れる 方 法 について 説 明 します クライアントレス SSL VPN を 使 用 すると Web ブラウザを 使 用 して インターネットを

More information

西川町広報誌NETWORKにしかわ2011年1月号

西川町広報誌NETWORKにしかわ2011年1月号 NETWORK 2011 1 No.657 平 成 四 年 四 の 開 校 に 向 け て 家 庭 教 育 を 考 え よ う! Every year around the winter holiday the Japanese custom of cleaning out your office space is performed. Everyone gets together and cleans

More information

Safe harbor statement under the Private Securities Litigation Reform Act of 1995: This presentation may contain forward-looking statements that involv

Safe harbor statement under the Private Securities Litigation Reform Act of 1995: This presentation may contain forward-looking statements that involv /mokamoto @mitsuhiro in/mitsuhiro Safe harbor statement under the Private Securities Litigation Reform Act of 1995: This presentation may contain forward-looking statements that involve risks, uncertainties,

More information

PoINT Storage ManagerのWindows Failover Clusterでの動作設定

PoINT Storage ManagerのWindows Failover Clusterでの動作設定 PoINT Storage Manager の Windows Failover Cluster での 動 作 設 定 (2016/5/6) 有 限 会 社 オプティカルエキスパート PoINT Storage Manager には Windows Failover Cluster での 稼 動 を 前 提 とした Cluster Option のライセンスがあり ます これは ハードウェアとソフトウェアをクラスター

More information

Win XP SP3 Japanese Ed. NCP IPSec client Hub L3 SW SRX100 Policy base VPN fe-0/0/0 vlan.0 Win 2003 SVR /

Win XP SP3 Japanese Ed. NCP IPSec client Hub L3 SW SRX100 Policy base VPN fe-0/0/0 vlan.0 Win 2003 SVR / SRX dial-up VPN (NCP ) Win XP SP3 Japanese Ed. NCP IPSec client Hub L3 SW SRX100 Policy base VPN fe-0/0/0 vlan.0 Win 2003 SVR.216 172.27.24.0/24.254.254.1.1.100 100.100.100.0/24 192.168.1.0/24 Test devices

More information

189 2015 1 80

189 2015 1 80 189 2015 1 A Design and Implementation of the Digital Annotation Basis on an Image Resource for a Touch Operation TSUDA Mitsuhiro 79 189 2015 1 80 81 189 2015 1 82 83 189 2015 1 84 85 189 2015 1 86 87

More information

2 BIG-IP 800 LTM v HF2 V LTM L L L IP GUI VLAN.

2 BIG-IP 800 LTM v HF2 V LTM L L L IP GUI VLAN. BIG-IP800 LTM v11.4.0 HF2 V1.0 F5 Networks Japan 2 BIG-IP 800 LTM v11.4.0 HF2 V1.0...1 1....3 1.1. LTM...3 2. L3...4 2.1. L3...4 2.2. L3...5 3....6 3.1....6 3.1.1. IP...6 3.1.2. GUI...10 3.1.3. VLAN...19

More information

R R S K K S K S K S K S K S Study of Samuhara Belief : Transformation from Protection against Injuries to Protection against Bullets WATANABE Kazuhiro Samuhara, which is a group of letters like unfamiliar

More information

NKK NEWS 2012

NKK NEWS 2012 2012Spring 42 CONTROLS SINGLE POINT OF CONTROL (S.P.O.C.) Introduction / Index INDEX Module Versions: C / D BECAUSE CONTROL IS LOGIC! www.42controls.com Introduction... 2 Console Desktop Version... 3

More information

Microsoft Word - PubMed検索マニュアル10_改訂2012.01.20_.doc

Microsoft Word - PubMed検索マニュアル10_改訂2012.01.20_.doc 00/06/06 改 訂 0/0/0 My NCBI - 検 索 式 の 登 録 メールアラート 機 能 フィルター 機 能 を 使 う pubmed 検 索 マニュアル Ⅹ. My NCBI 登 録 と Sign In My NCBI とは 登 録 して 検 索 式 の 保 存 やアラート 機 能 フィルター 機 能 を 利 用 するサービスです < 登 録 > PubMed 画 面 右 上 の

More information

,

, , The Big Change of Life Insurance Companies in Japan Hisayoshi TAKEDA Although the most important role of the life insurance system is to secure economic life of the insureds and their

More information

MOTIF XF 取扱説明書

MOTIF XF 取扱説明書 MUSIC PRODUCTION SYNTHESIZER JA 2 (7)-1 1/3 3 (7)-1 2/3 4 (7)-1 3/3 5 http://www.adobe.com/jp/products/reader/ 6 NOTE http://japan.steinberg.net/ http://japan.steinberg.net/ 7 8 9 A-1 B-1 C0 D0 E0 F0 G0

More information

Microsoft Word - MC_v4.1.1_Release_Notes_Japanese.doc

Microsoft Word - MC_v4.1.1_Release_Notes_Japanese.doc MANUSCRIPT CENTRAL v4.1.1 リリース ノート 2008 年 8 月 26 日 にリリースされる Manuscript Central v4.1.1 で 予 定 されている 機 能 の 更 新 内 容 は 以 下 のとおりです この 文 書 では 各 機 能 のデフォルト 設 定 値 と 機 能 の 設 定 に 必 要 な 時 間 を 説 明 しています 質 問 がある 場 合

More information

Meet-Me Number/Pattern の 設定

Meet-Me Number/Pattern  の 設定 45 CHAPTER Meet-Me Number/Pattern の 設 定 Meet-Me 会 議 では 電 話 番 号 の 割 り 当 てが 必 要 です Cisco CallManager Administration は ユーザがこの 機 能 を 利 用 できるように 一 連 の Meet-Me 会 議 電 話 番 号 をユーザに 通 知 しておく 必 要 があります ここでは 次 の 内

More information

SCREENOS NAT ScreenOS J-Series(JUNOS9.5 ) NAT ScreenOS J-Series(JUNOS9.5 ) NAT : Destination NAT Zone NAT Pool DIP IF NAT Pool Egress IF Loopback Grou

SCREENOS NAT ScreenOS J-Series(JUNOS9.5 ) NAT ScreenOS J-Series(JUNOS9.5 ) NAT : Destination NAT Zone NAT Pool DIP IF NAT Pool Egress IF Loopback Grou NAT NETWORK ADDRESS TRANSLATION SCREENOS NAT ScreenOS J-Series(JUNOS9.5 ) NAT ScreenOS J-Series(JUNOS9.5 ) NAT : Destination NAT Zone NAT Pool DIP IF NAT Pool Egress IF Loopback Group (ScreenOS ) 2 Copyright

More information

2

2 1 2 3 4 5 Part I System Requirements 6 1 System Requirements "Planning Large Installations of PRTG Network Monitor 7" 7 PRTG 8 0 9 Part II Installation 10 2 Installation 11 12 13 14 15 16 17 Part III Introduction

More information

Microsoft PowerPoint - AWS-RatesSystem-JP_201310.pptx

Microsoft PowerPoint - AWS-RatesSystem-JP_201310.pptx AWSの 課 体 系 2013 年 10 AWS does not offer binding price quotes. AWS pricing is publicly available and is subject to change in accordance with the AWS Customer Agreement available at http://aws.amazon.com/agreement/.

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation Safe harbor statement under the Private Securities Litigation Reform Act of 1995: This presentation may contain forward-looking statements that involve risks, uncertainties, and assumptions. If any such

More information

eTA案内_ 完成TZ

eTA案内_ 完成TZ T T eta e A Information provided to CIC is collected under the authority of the Immigration and Refugee Protection Act (IRPA) to determine admissibility to Canada. Information provided may be shared

More information

L3 Japanese (90570) 2008

L3 Japanese (90570) 2008 90570-CDT-08-L3Japanese page 1 of 15 NCEA LEVEL 3: Japanese CD TRANSCRIPT 2008 90570: Listen to and understand complex spoken Japanese in less familiar contexts New Zealand Qualifications Authority: NCEA

More information

10 11 12 33.4 1 open / window / I / shall / the? 79.3 2 something / want / drink / I / to. 43.5 3 the way / you / tell / the library / would / to / me

10 11 12 33.4 1 open / window / I / shall / the? 79.3 2 something / want / drink / I / to. 43.5 3 the way / you / tell / the library / would / to / me -1- 10 11 12 33.4 1 open / window / I / shall / the? 79.3 2 something / want / drink / I / to. 43.5 3 the way / you / tell / the library / would / to / me? 28.7 4 Miyazaki / you / will / in / long / stay

More information

クーポン販売かんたんインストールガイド

クーポン販売かんたんインストールガイド インストールガイド 目 次 セットアップの 流 れ... 3 シリアル 番 号 の 登 録... 4 M2Plus 会 員 に 登 録 していない 方... 4 すでに M2Plus 会 員 の 方... 6 M2Plus Launcher のダウンロード... 7 ipod touch/iphone/ipad から 直 接 ダウンロードする 場 合... 7 コンピュータからダウンロードする 場

More information

i5 Catalyst Case Instructions JP

i5 Catalyst Case Instructions JP Catalyst iphone iphone iphone ON/OFF O O Touch ID Page 01 iphone O O O O O Page 02 ( ) O OK O O O 30 30 min Page 03 ( ) 30 O iphone iphone iphone iphone iphone iphoneiphone Catalyst ON/OFF iphone iphone

More information

1 138

1 138 5 1 2 3 4 5 6 7 8 1 138 BIOS Setup Utility MainAdvancedSecurityPowerExit Setup Warning Item Specific Help Setting items on this menu to incorrect values may cause your system to malfunction. Select 'Yes'

More information

大 高 月 月 日 行 行 行 立 大 高 行 長 西 大 子 心 高 生 行 月 日 水 高 氏 日 立 高 氏 身 生 見 人 用 力 高 氏 生 生 月 生 見 月 日 日 月 日 日 目 力 行 目 西 子 大 足 手 一 目 長 行 行 生 月 日 日 文 青 大 行 月 一 生 長 長 力 生 心 大 大 見 大 行 行 大 高 足 大 自 自 己 力 大 高 足 月 日 金 生 西 長

More information

The Key Questions about Today's "Experience Loss": Focusing on Provision Issues Gerald ARGENTON These last years, the educational discourse has been focusing on the "experience loss" problem and its consequences.

More information

Abstract Journal of Agricultural Science 2

Abstract Journal of Agricultural Science 2 Cambridge Journals Online Cambridge University Press 2003 1 Cambridge University Press URL: http://www.journals.cambridge.org/ Cambridge Journal Online My CJO Browse Journals Subscribed Journals Subscribed

More information

Microsoft Word - ShareFastServerManual_JP_R1-1-0.doc

Microsoft Word - ShareFastServerManual_JP_R1-1-0.doc ShareFast サーバ ユーザマニュアル Stable Release 1.1 東 京 大 学 新 領 域 創 成 科 学 研 究 科 人 間 環 境 学 専 攻 ロジャナカモンサン ピルン piroon@is.k.u-tokyo.ac.jp 2 更 新 履 歴 バージョン 更 新 日 更 新 内 容 更 新 者 1.0.0 6/30/2006 - 更 新 履 歴 を 追 加 ピルン ロジャナカモンサン

More information

Microsoft Word - HowToUseCISSPMembersPage.doc

Microsoft Word - HowToUseCISSPMembersPage.doc (ISC) 2 Japan 1/21 目 次 目 次...2 1. ログインのしかた...3 2. CPE クレジットの 申 請...6 2-1 各 活 動 の 入 力 項 目 説 明...9 教 育 トレーニング セミナー 参 加 の 場 合...9 展 示 会 参 加 の 場 合...10 セキュリティ 団 体 の 会 合 参 加 の 場 合...10 セキュリティベンダーとの 打 合 せやプレゼン

More information

\615L\625\761\621\745\615\750\617\743\623\6075\614\616\615\606.PS

\615L\625\761\621\745\615\750\617\743\623\6075\614\616\615\606.PS osakikamijima HIGH SCHOOL REPORT Hello everyone! I hope you are enjoying spring and all of the fun activities that come with warmer weather! Similar to Judy, my time here on Osakikamijima is

More information

VPS では 通 常 はインスタンスが 1 個 です 停 止 と 再 起 動 を 選 択 できます CloudStack では インスタンスの 追 加 と 破 棄 の 機 能 を 利 用 することにより お 客 様 が 契 約 されているインスタンス 数 分 の 仮 想 サーバを 自 由 に 追 加

VPS では 通 常 はインスタンスが 1 個 です 停 止 と 再 起 動 を 選 択 できます CloudStack では インスタンスの 追 加 と 破 棄 の 機 能 を 利 用 することにより お 客 様 が 契 約 されているインスタンス 数 分 の 仮 想 サーバを 自 由 に 追 加 1. CloudStack( 管 理 画 面 )へのログイン CloudStack にログインしする 際 に ユーザ 名 とパスワードを 入 れます アカウント 発 行 時 のユーザ 名 とパスワードをご 利 用 ください ドメインは 空 欄 としてください 仮 想 サーバーのユーザ 名 とパスワードとは 異 なります KVM プランのお 客 様 : Xen プランのお 客 様 : VMWare プランのお

More information

Title 社 会 化 教 育 における 公 民 的 資 質 : 法 教 育 における 憲 法 的 価 値 原 理 ( fulltext ) Author(s) 中 平, 一 義 Citation 学 校 教 育 学 研 究 論 集 (21): 113-126 Issue Date 2010-03 URL http://hdl.handle.net/2309/107543 Publisher 東 京

More information

,, 2024 2024 Web ,, ID ID. ID. ID. ID. must ID. ID. . ... BETWEENNo., - ESPNo. Works Impact of the Recruitment System of New Graduates as Temporary Staff on Transition from College to Work Naoyuki

More information

DOUSHISYA-sports_R12339(高解像度).pdf

DOUSHISYA-sports_R12339(高解像度).pdf Doshisha Journal of Health & Sports Science, 4, 41-50 2012 41 A Case Study of the Comprehensive community sports clubs that People with Disability Participate in. Motoaki Fujita In this study, the interview

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2089708CEA8D758DC0814091E396BC8E8C8145914F92758E8C81458C6097658E8C81458F9593AE8E8C>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2089708CEA8D758DC0814091E396BC8E8C8145914F92758E8C81458C6097658E8C81458F9593AE8E8C> 英 語 特 別 講 座 代 名 詞 前 置 詞 形 容 詞 助 動 詞 #1 英 語 特 別 講 座 2010 代 名 詞 前 置 詞 形 容 詞 助 動 詞 英 語 特 別 講 座 代 名 詞 前 置 詞 形 容 詞 助 動 詞 #2 代 名 詞 日 本 語 私 あなた 彼 のうしろに は の を に のもの をつけて 使 う どこに 置 くかは 比 較 的 自 由 私 はジャスコに 行 った ジャスコに

More information

Quick Setup Guide_vfoglight_v4.book

Quick Setup Guide_vfoglight_v4.book Foglight for Virtualization Enterprise Edition 6.8 Version 4 Doc Release Date 2013/06 Copyrights 著 作 権 2013 Dell Software Foglight for Virtualization Enterprise Edition 6.8 簡 単 設 定 ガイ ド Version 4 本 ガイ

More information

Introduction to Information and Communication Technology (a)

Introduction to Information and Communication Technology (a) Introduction to Information and Communication Technology (a) 5 th week: 1.4 Transmission, exchange and evaluation of information Kazumasa Yamamoto Dept. Computer Science & Engineering Introduction to ICT(a)

More information

untitled

untitled 2011 Vol.1 Spring 03-3208-2248 C O N T E N T S 2011 03-3208-2248 2 3 4 7 Information 6 8 10 11 13 32 38 13 12 77 94 43 96 98 100 101 103 59 76 1 2 20114910401300 3 1 2 3 4 5 6 7 http://www.wul.waseda.ac.jp/clib/tel.03-3203-5581

More information

JC オンライン投稿の操作方法について(mac) 2011_9 FINAL

JC オンライン投稿の操作方法について(mac) 2011_9 FINAL Journal of Cardiology Journal of Cardiology Cases < > Elsevier Editorial System > > Journal of Cardiology.. http://ees.elsevier.com/jjcc Journal of Cardiology Cases http://ees.elsevier.com/jccase Guide

More information

untitled

untitled Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism IATA 996 9 96 96 1180 11 11 80 80 27231 27 27231 231 H19.12.5 10 200612 20076 200710 20076 20086 11 20061192008630 12 20088 20045 13 113 20084

More information

WordPress Web

WordPress Web 0948011 1 1 1.............................. 1 2 WordPress....................... 2 3........................ 3 4........................ 4 2 4 1 Web......... 4 3 5 1 WordPress...................... 5 2..........................

More information

DDR3 SDRAMメモリ・インタフェースのレベリング手法の活用

DDR3 SDRAMメモリ・インタフェースのレベリング手法の活用 WP-01034-1.0/JP DLL (PVT compensation) 90 PLL PVT compensated FPGA fabric 90 Stratix III I/O block Read Dynamic OC T FPGA Write Memory Run Time Configurable Run Time Configurable Set at Compile dq0 dq1

More information

Microsoft Word - Developer_Tools

Microsoft Word - Developer_Tools Developer Tools : Windows Internet Explorer 8 Beta 1 for Developers Web 作 業 の 操 作 性 を 向 上 2008 年 3 月 詳 細 の 問 い 合 わせ 先 ( 報 道 関 係 者 専 用 ) : Rapid Response Team Waggener Edstrom Worldwide (503) 443 7070 rrt@waggeneredstrom.com

More information

XTM ログ&レポート設定ガイド

XTM ログ&レポート設定ガイド WatchGuard XTM ログ&レポート 設 定 ガイド Ver. 11.7 11.9 ウォッチガード テクノロジー ジャパン 株 式 会 社 2014 年 8 月 Rev-01 目 次 ログサーバーおよびレポートサーバーについて... 3 ログサーバー... 3 レポートサーバー... 3 注 意 点... 3 ログサーバーおよびレポートサーバーのインストール... 4 ログサーバーの 構 成...

More information

ベース0516.indd

ベース0516.indd QlikView QlikView 2012 2 qlikview.com Business Discovery QlikTech QlikView QlikView QlikView QlikView 1 QlikView Server QlikTech QlikView Scaling Up vs. Scaling Out in a QlikView Environment 2 QlikView

More information

HARK Designer Documentation 0.5.0 HARK support team 2013 08 13 Contents 1 3 2 5 2.1.......................................... 5 2.2.............................................. 5 2.3 1: HARK Designer.................................

More information

{.w._.p7_.....\.. (Page 6)

{.w._.p7_.....\.. (Page 6) 1 1 2 1 2 3 3 1 1 8000 75007000 4 2 1493 1 15 26 5 6 2 3 5 7 17 8 1614 4 9 7000 2 5 1 1542 10 11 1592 12 1614 1596 1614 13 15691615 16 16 14 15 6 2 16 1697 17 7 1811 18 19 20 1820 21 1697 22 1 8 23 3 100

More information

(Microsoft PowerPoint - \203\214\203|\201[\203g\201E\203_\203b\203V\203\205\203{\201[\203hWEB\203Z\203~\203i\201[.ppt)

(Microsoft PowerPoint - \203\214\203|\201[\203g\201E\203_\203b\203V\203\205\203{\201[\203hWEB\203Z\203~\203i\201[.ppt) もっと 使 おうWEBセミナー レポート&ダッシュボード 編 株 式 会 社 セールスフォース ドットコム カスタマーサクセスマネジメント 部 ご 案 内 ご 質 問 はChatで 受 け 付 けます 操 作 画 面 は 縮 小 できます 縮 小 Chat Agenda レポート&ダッシュボード ダッシュボードの 役 割 と 弊 社 事 例 紹 介 レポート&ダッシュボード ダッシュボードを 使 用

More information

エラー 時 のリダイレクトと 同 じテクニックを 用 いて ロードマスターは URL 内 のプロトコ ルを 書 き 換 えることを 許 しています これは HTTP より HTTPS へ のプロトコル 変 換 を 強 制 させるために 役 立 つオプションです 例 えば クライアントが 貴 社 のウ

エラー 時 のリダイレクトと 同 じテクニックを 用 いて ロードマスターは URL 内 のプロトコ ルを 書 き 換 えることを 許 しています これは HTTP より HTTPS へ のプロトコル 変 換 を 強 制 させるために 役 立 つオプションです 例 えば クライアントが 貴 社 のウ 11 Module 11 リダイレクト 操 作 11.1 不 可 用 (Not Available )リダイレクト 操 作 レッスン 目 標 : この 実 習 を 通 して トラフィックを 他 の URL へリダイレクトしたい 場 合 ロードマスター がリダイレクトをどのようにハンドルするかを 学 びます そして HTTP のトラフィック を 強 制 的 に HTTPS へリダイレクトさせる 方 法

More information

C. S2 X D. E.. (1) X S1 10 S2 X+S1 3 X+S S1S2 X+S1+S2 X S1 X+S S X+S2 X A. S1 2 a. b. c. d. e. 2

C. S2 X D. E.. (1) X S1 10 S2 X+S1 3 X+S S1S2 X+S1+S2 X S1 X+S S X+S2 X A. S1 2 a. b. c. d. e. 2 I. 200 2 II. ( 2001) 30 1992 Do X for S2 because S1(is not desirable) XS S2 A. S1 S2 B. S S2 S2 X 1 C. S2 X D. E.. (1) X 12 15 S1 10 S2 X+S1 3 X+S2 4 13 S1S2 X+S1+S2 X S1 X+S2. 2. 3.. S X+S2 X A. S1 2

More information

Contents 1. はじめに 3.GUIからのアクセス方法 4 3. 鍵ペアの生成 5 4. サーバ証明書署名要求 (CSR) の作成 9 5. サーバ証明書のインストール 1 6.ServerIronの設定 17

Contents 1. はじめに 3.GUIからのアクセス方法 4 3. 鍵ペアの生成 5 4. サーバ証明書署名要求 (CSR) の作成 9 5. サーバ証明書のインストール 1 6.ServerIronの設定 17 Foundry ServerIron 鍵ペア CSR の生成および インストール手順 010 年 6 月 1 日 Rev.00 Contents 1. はじめに 3.GUIからのアクセス方法 4 3. 鍵ペアの生成 5 4. サーバ証明書署名要求 (CSR) の作成 9 5. サーバ証明書のインストール 1 6.ServerIronの設定 17 1. はじめに 本ガイドでは Foundry ServerIron

More information

............................................................................................................................. 3.......................

............................................................................................................................. 3....................... Xeon Microsoft* System Center Virtual Machine Manager Self-Service Portal 2.0 Microsoft* System Center Virtual Machine Manager Self-Service Portal 2.0 Xeon 5500 Xeon 5600 IT IT Xeon Windows Server* Hyper-V*

More information

_念3)医療2009_夏.indd

_念3)医療2009_夏.indd Evaluation of the Social Benefits of the Regional Medical System Based on Land Price Information -A Hedonic Valuation of the Sense of Relief Provided by Health Care Facilities- Takuma Sugahara Ph.D. Abstract

More information

The Japanese economy in FY2015 suffered from sluggish growth in individual consumption, while the foreign exchange market remained unstable with high volatility. Even in such an economic environment, MSF

More information

検 索 結 果 一 覧 列 の 中 央 に 表 示 されます 検 索 結 果 の 絞 り 込 み 列 の 左 側 に 表 示 されます 現 在 の 検 索 式 について 検 索 条 件 の 確 認 変 更 ができます 現 在 の 検 索 検 索 条 件 ( 使 用 キーワード)などを 表 示 します

検 索 結 果 一 覧 列 の 中 央 に 表 示 されます 検 索 結 果 の 絞 り 込 み 列 の 左 側 に 表 示 されます 現 在 の 検 索 式 について 検 索 条 件 の 確 認 変 更 ができます 現 在 の 検 索 検 索 条 件 ( 使 用 キーワード)などを 表 示 します 基 本 検 索 画 面 機 能 タブ キーワード 以 外 の 検 索 モードや 図 書 館 OPAC 電 子 ジャーナルカタログへのリンクなどが 表 示 されます 検 索 ボックス 検 索 する 語 句 を 入 力 します 検 索 オプション クリックすることで 詳 細 画 面 と 同 様 検 索 オプション( 検 索 モードおよび 拡 張 検 索 条 件 の 限 定 )が 展 開 します 論 理

More information

鹿大広報149号

鹿大広報149号 No.149 Feb/1999 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 Learned From Japanese Life and Experiences in Kagoshima When I first came to Japan I was really surprised by almost everything, the weather,

More information

Upload path ファイル送信先ディレクトリのパスを指定します ホームディレクトリに画像を送信する場合は空白のまま サブディレクトリに画像を送信する場合はディレクトリ名を指定します さらに下位のディレクトリを指定する場合は \ マークを利用します 例 ) ホームディレクトリ以下の camera

Upload path ファイル送信先ディレクトリのパスを指定します ホームディレクトリに画像を送信する場合は空白のまま サブディレクトリに画像を送信する場合はディレクトリ名を指定します さらに下位のディレクトリを指定する場合は \ マークを利用します 例 ) ホームディレクトリ以下の camera はじめに 本ドキュメントでは AXIS ネットワークカメラ / ビデオエンコーダのファームウエアバージョン 5.4x 以降で 定期的に画像を FTP サーバへ送信するための設定手順を説明します 設定手順手順 1:AXIS ネットワークカメラ / ビデオエンコーダの設定ページにアクセスする 1. Internet Explorer などの Web ブラウザを起動します 2. Web ブラウザの URL

More information

0 Speedy & Simple Kenji, Yoshio, and Goro are good at English. They have their ways of learning. Kenji often listens to English songs and tries to remember all the words. Yoshio reads one English book every

More information

15717 16329 2

15717 16329 2 2 161012 1 15717 16329 2 3 4 5 1980 55 1991 16 6 m 1.32m/0.88m 35m 1.32m 0.88m 0.88m 27m 1.5m 2.1m/1.32m 10.9m 10.9m 16m 12m 7 km 1km 1,000km 3km( 9 km 1,000km ( 1,000km 300km 6 10 250kg500kg 200 1t B291

More information

untitled

untitled Junaio 2011 11/4 Location Base AR GLUE AR www.junaio.com Junaio.com www.junaio.com JunaioDevelopper JunaioDevelopper Public Description public metaio Private D D D OK Create Junaio 3D Description

More information

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 標 又 は

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 標 又 は 書 類 閲 覧 用 端 末 要 件 平 成 25 年 4 月 金 融 庁 総 務 企 画 局 企 業 開 示 課 Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商

More information