6.1 工 程 管 理 (ネットワーク 工 程 表 ) 159 VBA( 実 行 結 果 例 ) 出 力 結 果 シート 出 力 結 果 を 図 に 描 くと 下 図 のようになる. 図 6.3 ネットワーク 工 程 表 ( 出 力 結 果 より 作 図 )

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "6.1 工 程 管 理 (ネットワーク 工 程 表 ) 159 VBA( 実 行 結 果 例 ) 出 力 結 果 シート 出 力 結 果 を 図 に 描 くと 下 図 のようになる. 図 6.3 ネットワーク 工 程 表 ( 出 力 結 果 より 作 図 )"

Transcription

1 158 第 6 章 施 工 管 理 エクセル 例 題 6-1 ネットワーク 工 程 表 の 作 成 図 6.2 に 示 すネットワーク 工 程 表 の 作 業 時 刻, 余 裕 時 間 等 を 計 算 し,クリティ カルパスを 求 める. 図 6.2 ネットワーク 工 程 表 VBA( 実 行 結 果 例 ) データ 入 力 シート * A~K の 各 作 業 の 開 始 ノード(イベント), 終 了 ノード, 所 要 日 数 を 入 力 *ダミー 作 業 も 同 様 に 入 力 ( 作 業 日 数 は0とする)

2 6.1 工 程 管 理 (ネットワーク 工 程 表 ) 159 VBA( 実 行 結 果 例 ) 出 力 結 果 シート 出 力 結 果 を 図 に 描 くと 下 図 のようになる. 図 6.3 ネットワーク 工 程 表 ( 出 力 結 果 より 作 図 )

3 160 第 6 章 施 工 管 理 VBA プログラムソース Option Explicit Sub CMD 実 行 _Click() Dim 開 始 ノード () As Integer Dim 終 了 ノード () As Integer Dim 作 業 () As String Dim 所 要 日 数 () As Integer Dim アクティビティ () As Integer Dim 必 要 日 数 As Integer Dim 作 業 数 As Integer Dim I As Integer ' ノード 数 をカウント 作 業 数 = 0 Do Until IsEmpty(Range("_ 開 始 ノード ").Offset(0, 作 業 数 )) 作 業 数 = 作 業 数 + 1 Loop ReDim 開 始 ノード (1 To 作 業 数 ) ReDim 終 了 ノード (1 To 作 業 数 ) ReDim 作 業 (1 To 作 業 数 ) ReDim 所 要 日 数 (1 To 作 業 数 ) ReDim アクティビティ (1 To 作 業 数 ) ' 入 力 開 始 ノード (I) = Range("_ 開 始 ノード ").Offset(0, I - 1) 終 了 ノード (I) = Range("_ 終 了 ノード ").Offset(0, I - 1) 作 業 (I) = Range("_ 作 業 ").Offset(0, I - 1) 所 要 日 数 (I) = Range("_ 所 要 日 数 ").Offset(0, I - 1) Sheet2.Range("C3:O25") = "" Range("B10:AA10") = "" Call 土 木 _ クリティカルパス ( 開 始 ノード, 終 了 ノード, 作 業, _ 所 要 日 数, アクティビティ, 必 要 日 数 ) ' 出 力 Range("_ 必 要 日 数 ") = 必 要 日 数

4 6.1 工 程 管 理 (ネットワーク 工 程 表 ) 161 If ( アクティビティ (I) <> 0) Then Range("_ アクティビティ ").Offset(0, I - 1) = _ 作 業 ( アクティビティ (I)) Else Range("_ アクティビティ ").Offset(0, I - 1) = "" End Sub Sub 土 木 _ クリティカルパス ( 開 始 ノード () As Integer, _ 終 了 ノード () As Integer, _ 作 業 () As String, _ 所 要 日 数 () As Integer, _ ByRef アクティビティ () As Integer, _ ByRef 必 要 日 数 As Integer) Dim 作 業 数 As Integer Dim ノード 数 As Integer Dim I As Integer, J As Integer, 日 数 As Integer, ノード As Integer 作 業 数 = UBound( 開 始 ノード ) ノード 数 = 0 If ( ノード 数 < 開 始 ノード (I)) Then ノード 数 = 開 始 ノード (I) If ( ノード 数 < 終 了 ノード (I)) Then ノード 数 = 終 了 ノード (I) Dim 最 早 結 合 () As Integer Dim 最 遅 結 合 () As Integer Dim トータルフロート () As Integer Dim クリティカルパス () As Integer ReDim 最 早 結 合 (1 To ノード 数 ) ReDim 最 遅 結 合 (1 To ノード 数 ) ReDim トータルフロート (1 To 作 業 数 ) ReDim クリティカルパス (1 To 作 業 数 ) ' 各 ノードの 最 早 結 合 For I = 1 To ノード 数 最 早 結 合 (I) = 0 For J = 1 To 作 業 数 If 終 了 ノード (J) = I Then 日 数 = 最 早 結 合 ( 開 始 ノード (J)) + 所 要 日 数 (J)

5 162 第 6 章 施 工 管 理 If 日 数 > 最 早 結 合 (I) Then 最 早 結 合 (I) = 日 数 ' 各 ノードの 最 遅 結 合 For I = ノード 数 To 1 Step -1 最 遅 結 合 (I) = 最 早 結 合 ( ノード 数 ) For J = 1 To 作 業 数 If 開 始 ノード (J) = I Then 日 数 = 最 遅 結 合 ( 終 了 ノード (J)) - 所 要 日 数 (J) If 日 数 < 最 遅 結 合 (I) Then 最 遅 結 合 (I) = 日 数 ' トータルフロート トータルフロート (I) = 最 遅 結 合 ( 終 了 ノード (I)) - _ ( 最 早 結 合 ( 開 始 ノード (I)) + 所 要 日 数 (I)) ' クリティカルパスの 選 定 J = 0 If トータルフロート (I) = 0 Then J = J + 1 クリティカルパス (J) = I アクティビティ (J) = I I ' 必 要 日 数 ノード = 終 了 ノード ( クリティカルパス (1)) 必 要 日 数 = 所 要 日 数 ( クリティカルパス (1)) For I = 2 To J If ノード = 開 始 ノード ( クリティカルパス (I)) Then 必 要 日 数 = 必 要 日 数 + 所 要 日 数 ( クリティカルパス (I)) If 終 了 ノード ( クリティカルパス (I)) = ノード 数 Then Exit For Else ノード = 終 了 ノード ( クリティカルパス (I)) I = 1 ' 最 初 から

6 6.1 工 程 管 理 (ネットワーク 工 程 表 ) 163 I ' 出 力 For I = 1 To ノード 数 Sheet2.Range("_ 最 早 結 合 点 時 刻 ").Offset(I - 1, 0) = 最 早 結 合 (I) Sheet2.Range("_ 最 遅 結 合 点 時 刻 ").Offset(I - 1, 0) = 最 遅 結 合 (I) Sheet2.Range("_ スラック ").Offset(I - 1, 0) = 最 遅 結 合 (I) - _ 最 早 結 合 (I) If ( 所 要 日 数 (I) > 0) Then Sheet2.Range("_ 作 業 名 ").Offset(I - 1, 0) = 作 業 (I) Sheet2.Range("_ 最 早 開 始 時 刻 ").Offset(I - 1, 0) = _ 最 早 結 合 ( 開 始 ノード (I)) Sheet2.Range("_ 最 早 完 了 時 刻 ").Offset(I - 1, 0) = _ 最 早 結 合 ( 開 始 ノード (I)) + 所 要 日 数 (I) Sheet2.Range("_ 最 遅 開 始 時 刻 ").Offset(I - 1, 0) = _ 最 遅 結 合 ( 終 了 ノード (I)) - 所 要 日 数 (I) Sheet2.Range("_ 最 遅 完 了 時 刻 ").Offset(I - 1, 0) = _ 最 遅 結 合 ( 終 了 ノード (I)) Sheet2.Range("_ 全 余 裕 ").Offset(I - 1, 0) = _ 最 遅 結 合 ( 終 了 ノード (I)) - ( 最 早 結 合 ( 開 始 ノード (I)) _ + 所 要 日 数 (I)) Sheet2.Range("_ 自 由 余 裕 ").Offset(I - 1, 0) = _ 最 早 結 合 ( 終 了 ノード (I)) - ( 最 早 結 合 ( 開 始 ノード (I)) _ + 所 要 日 数 (I)) Sheet2.Range("_ 干 渉 余 裕 ").Offset(I - 1, 0) = _ 最 遅 結 合 ( 終 了 ノード (I)) - 最 早 結 合 ( 終 了 ノード (I)) Dim 独 立 余 裕 As Integer 独 立 余 裕 = 最 早 結 合 ( 終 了 ノード (I)) - _ ( 最 遅 結 合 ( 開 始 ノード (I)) + 所 要 日 数 (I)) If ( 独 立 余 裕 < 0) Then 独 立 余 裕 = 0 Sheet2.Range("_ 独 立 余 裕 ").Offset(I - 1, 0) = 独 立 余 裕 End Sub

7 164 第 6 章 施 工 管 理 6.2 品 質 管 理 (x - -R 管 理 図 ) x - -R 管 理 図 は,コンクリート 強 度 試 験 の 供 試 体 のような 一 組 のデータの 平 均 値 x - の 変 化 とそのデータの 範 囲 R をグラフ 表 示 したものであり, 安 定 な 管 理 状 態 にあるか, 見 逃 せない 原 因 による 変 動 があるかを 知 るために 非 常 に 重 要 なもの である. 品 質 のばらつきが 偶 然 起 きたのか,または 見 逃 せない 原 因 によるものか 見 分 けるための 限 界 線 を 管 理 限 界 線 といい, 中 心 線 をはさんでその 上 方 にあるも のを 上 方 管 理 限 界 線 (UCL), 下 方 にあるものを 下 方 管 理 限 界 線 (LCL)と 呼 ぶ. x - 管 理 図 中 心 線 上 方 管 理 限 界 下 方 管 理 限 界 CL = x = = x - i/k i=1 UCL = x = + A 2 R - LCL = x = - A 2 R - k R 管 理 図 中 心 線 CL = R - = R i /k 上 方 管 理 限 界 上 方 管 理 限 界 k:データ( 群 )の 数 UCL = D 4 R - LCL = D 3 R - k i=1 A 2 :3 シグマ 法 の 場 合 A 2 = 3σ 2 シグマ 法 の 場 合 A 2 = 2σ 3 シグマ 法 の 場 合 の 係 数 A 2,D 3,D 4 は 下 表 で 与 えられる. 試 料 の 大 きさ n x - 管 理 図 R 管 理 図 UCL = x = + A 2 R - UCL = D 4 R - LCL = x = - A 2 R - LCL = D 3 R - A 2 D 3 D

8 6.2 品 質 管 理 (x - -R 管 理 図 ) 165 エクセル 例 題 6-2 コンクリート 圧 縮 強 度 試 験 の 管 理 図 の 作 成 エクセルにてコンクリート 圧 縮 強 度 試 験 の x - -R 管 理 データシートおよび 管 理 図 を 作 成 する. ワークシート( 実 行 結 果 )

9 166 第 6 章 施 工 管 理 ワークシート( 実 行 結 果 )

10 167 付 録 プログラムの 使 い 方 1 例 題 の 基 本 構 成 入 出 力 データの 取 扱 い 本 書 に 掲 載 されるすべての 例 題 は,エクセルのワークシート 上 で 実 際 に 計 算 す ることができます. 使 用 の 際, 入 力 データがワークシートのセルより 少 ない 場 合 は,セルを 増 やし て 入 力 してください. 入 力 値 のあるセルの 数 を 数 えるように 設 定 してありますの で, 入 力 数 は 自 由 に 設 定 できます. また, 入 力 数 値 の 入 るセルは 緑 色 で, 計 算 結 果 の 入 るセルは 黄 色 でセル 自 体 に 着 色 (この 本 では 灰 色 の 濃 淡 で 区 別 できます)してあります. 出 力 : 黄 色 入 力 : 緑 色 データ 数 は 増 やせます

11 168 付 録 2 プログラムの 作 成 変 更 2.1 セルの 名 前 他 のセルとの 判 別 をしやすくするため, 本 書 に 載 せられているほとんどの 例 題 の 入 出 力 のセルには, _ ( 半 角 アンダーバー)で 始 まる 文 字 の 名 前 がついてい ます. 名 前 ボックス エクセルで 実 際 にセルに 名 前 をつける 場 合 は, 以 下 の 手 順 で 行 います. セル C3 に _ はり 全 長 という 名 前 をつける 場 合 には 1 C3 をアクティブセルにします. 2 名 前 ボックスをクリックします. 3 _ はり 全 長 と 入 力 します. 4[Enter]を 押 します. 本 書 では,プログラムの 可 読 性 を 考 えて,ほとんどのセルに 日 本 語 の 名 前 がつけら れていますが, 実 際 に 作 成 する 際 には, 標 準 でつけられているセル 名 を 使 用 していた だいてもかまいません.

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DEC90AC837D836A83858341838B81698F4390B394C5816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DEC90AC837D836A83858341838B81698F4390B394C5816A2E646F63> + = 付 録 Ⅰ マクロのフローチャート 開 始 キーワード 数 と 文 章 数 をカウントする Yes 全 ての 文 章 番 号 (1 0) を 照 合 したか No 全 ての 文 章 番 号 (data) を 照 合 したか Yes No 文 章 番 号 (1 0) が 文 章 番 号 (data) と 等 しいか Yes No 値 を 一 行 全 て 0にする 値 を 一

More information

untitled

untitled ST0001-1- -2- -3- -4- BorderStyle ControlBox, MinButton, MaxButton True False True False Top Left Height,Width Caption Icon True/False -5- Basic Command1 Click MsgBox " " Command1 Click Command1 Click

More information

Excel Excel Excel 20132 20 = 1048576 Excel 201316 100 III 7 (2014 11 18 ) 1

Excel Excel Excel 20132 20 = 1048576 Excel 201316 100 III 7 (2014 11 18 ) 1 III 7 VBA / III 7 (2014 11 18 ) Excel Excel Excel 20132 20 = 1048576 Excel 201316 100 III 7 (2014 11 18 ) 1 Excel VBA Excel Excel 2 20 Excel QR Excel R QR QR BLASLAPACK III 7 (2014 11 18 ) 2 VBA VBA (Visual

More information

動的串刺し計算のコツ

動的串刺し計算のコツ 動 的 串 刺 し 計 算 のコツ MENU > 動 的 串 刺 し 計 算 のコツ 複 数 シートにまたがるリスト 形 式 データの 動 的 串 刺 し 計 算 を 基 本 操 作 で 考 えてみました 項 目 による 統 合 機 能 を 利 用 します 項 目 動 的 串 刺 し 計 算 のイメージ 動 的 の 意 味 は? 標 準 の 項 目 による 統 合 の 結 果 と 問 題 点 項 目

More information

AccessVBA−‹ŠpŁÒ-flO“Z

AccessVBA−‹ŠpŁÒ-flO“Z Microsoft Access 1 2 Private Sub After5days_Click( ) msg = Date + 5 MsgBox mag End Sub 3 Me.Filter = " =' " & Me! & "'" 4 5 Private Sub _Click() If IsNull(Me!) Then MsgBox " " Me!.SetFocus Me!.Dropdown

More information

情報処理実習(工基3)

情報処理実習(工基3) 情 報 ( 実 習 )( 芸 術 1 班 ) 第 10 回 エクセル 篇 3 VBA を 使 ったプログラムによる 関 数 のシミュレーション これまでの2 回 で Excel の 表 計 算 ソフトとしての 機 能 及 び 統 計 機 能 の 初 歩 を 実 習 しました Excel にはこれ 以 外 にも 大 変 有 用 な 機 能 があります 今 日 はその 中 から VBA(Visual Basic

More information

45 VBA Fortran, Pascal, C Windows OS Excel VBA Visual Basic Excel VBA VBA Visual Basic For Application Microsoft Office Office Excel VBA VBA Excel Acc

45 VBA Fortran, Pascal, C Windows OS Excel VBA Visual Basic Excel VBA VBA Visual Basic For Application Microsoft Office Office Excel VBA VBA Excel Acc \n Title 文 系 学 生 のための VBA プログラミング 教 育 についての 考 察 Author(s) 五 月 女, 仁 子 ; Soutome, Hiroko Citation 商 経 論 叢, 46(1): 45-60 Date 2010-10-31 Type Departmental Bulletin Paper Rights publisher KANAGAWA University

More information

2X Y Y X θ 1, θ 2,... Y = f(x, θ 1, θ 2,...) θ k III 8 (2013 05 28 ) 1 / 39

2X Y Y X θ 1, θ 2,... Y = f(x, θ 1, θ 2,...) θ k III 8 (2013 05 28 ) 1 / 39 III 8 (3) VBA, R / III 8 (2013 05 28 ) / 39 2X Y Y X θ 1, θ 2,... Y = f(x, θ 1, θ 2,...) θ k III 8 (2013 05 28 ) 1 / 39 Y X 1, X 2,..., X n Y = f(x 1, X 2,..., X n, θ 1, θ 2,...) (y k, x 1,k, x 2,k,...)

More information

ii

ii Excel VBA VBA 2002 ii CONTENTS 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 1 2 2 EXVBA2_2002 1-2 1-2.xls 12 Sub () Dim FstValue(6) As Integer Dim NextValue(6) As Integer Dim TtlValue(6) As Integer Dim i As Integer Set WS =

More information

コンピュータ概論

コンピュータ概論 5.1 VBA VBA Check Point 1. 2. 5.1.1 ( bug : ) (debug) On Error On Error On Error GoTo line < line > 5.1.1 < line > Cells(i, j) i, j 5.1.1 MsgBox Err.Description Err1: GoTo 0 74 Visual Basic VBA VBA Project

More information

2 1 F M m r G F = GMm r 2 (1.1) (1.1) (r = r ) F = GMmr r 3 (1.2) a F m F = kma k 1 F = ma (1.3) (1.2) (1.3) ma = GMmr r 3 (1.4)

2 1 F M m r G F = GMm r 2 (1.1) (1.1) (r = r ) F = GMmr r 3 (1.2) a F m F = kma k 1 F = ma (1.3) (1.2) (1.3) ma = GMmr r 3 (1.4) 1 1 1.1 2 1 F M m r G F = GMm r 2 (1.1) (1.1) (r = r ) F = GMmr r 3 (1.2) a F m F = kma k 1 F = ma (1.3) (1.2) (1.3) ma = GMmr r 3 (1.4) 1.1 3 M m r a a = d2 r dt 2 (1.4) r d 2 r dt 2 = GM r 3 r (1.5)

More information

一般的なプログラムの実行

一般的なプログラムの実行 Excel VBA によるプログラミング 教 育 用 環 境 の 創 製 木 原 寛 目 的 Excel VBAのモジュールとして 基 本 グラフィックス 機 能 やタートルグラフィックス 機 能 を 用 意 し 昔 の N88-BASIC のように 誰 でも 手 軽 に 利 用 できる 環 境 を 提 供 する Excel は 大 多 数 のパソコンで 利 用 可 能 であり Macintosh

More information

ギリシャ文字の読み方を教えてください

ギリシャ文字の読み方を教えてください 埼 玉 工 業 大 学 技 術 資 料 ( 小 西 克 享 ) Excel によるデジタルフィルタ-1/14 テーマ: Excel によるデジタルフィルタ 観 測 波 形 をフーリエ 変 換 してフーリエ スペクトルを 求 めたのち, 成 分 の 一 部 を 減 衰 さ せたスペクトルを 逆 フーリエ 変 換 すると, 元 の 観 測 波 形 にフィルタを 掛 けた 波 形 が 得 られ る.これをデジタルフィルタという.Excel

More information

(Microsoft Word - \220S\227\235\212w\202\314\202\275\202\337\202\314ExcelVBA.doc)

(Microsoft Word - \220S\227\235\212w\202\314\202\275\202\337\202\314ExcelVBA.doc) 資 料 心 理 学 における Excel VBA の 利 用 その1 VBA の 基 本 文 法 久 本 博 行 Applications of Excel VBA for the Psychology (1) VBA Programming Hiroyuki HISAMOTO Abstract An experimental systems in psychology using Excel VBA(Visual

More information

Module1 には 損 益 入 力 シートのデータに 関 連 するマクロが 格 納 されている( 表 1) 以 下 に Module1 を 構 成 するマクロを 掲 載 する 表 1 Module1 の 構 成 Module 設 置 されたシート 名 登 録 されたマクロ 作 業 内 容 データの

Module1 には 損 益 入 力 シートのデータに 関 連 するマクロが 格 納 されている( 表 1) 以 下 に Module1 を 構 成 するマクロを 掲 載 する 表 1 Module1 の 構 成 Module 設 置 されたシート 名 登 録 されたマクロ 作 業 内 容 データの 青 色 申 告 決 算 書 の 所 得 解 析 用 ファイルに 組 み 込 まれたマクロについて (ファイル 名 :DB 解 析 マクロ) 青 色 申 告 決 算 書 の 所 得 解 析 用 ファイルに 組 み 込 まれたマクロ(ファイル 名 :DB 解 析 マ クロ)では 付 随 する 作 業 についてボタン 操 作 のみで 対 応 させている ここでは ブック に 組 み 込 まれたマクロについて

More information

Lesson 1 1 EXVBA2000 Lesson01 Lesson01.xls 2

Lesson 1 1 EXVBA2000 Lesson01 Lesson01.xls 2 Excel2000VBA L e a r n i n g S c h o o l 1 Lesson 1 1 EXVBA2000 Lesson01 Lesson01.xls 2 3 Module1:(General)- Public Sub () Dim WS As Object Dim DiffDate As Integer Dim MaxRows As Integer, CopyRows As Integer

More information

「エクセルで遊ぼう」

「エクセルで遊ぼう」 エクセルについて エクセルで 遊 ぼう エクセルに 慣 れる:カレンダーの 作 成 エクセルの 画 面 エクセルの 画 面 はメニューとシートの2つの 部 分 から 出 来 ています 1つは 画 面 の 上 にある ファイル 編 集 表 示 という 文 字 の 部 分 と アイコン (ボタン)が 並 んでいる 部 分 のことです ここにある 文 字 やアイコンで エクセルのシートに 対 していろいろな

More information

これらの 型 を 使 い 分 けるために 型 宣 言 文 字 があり 整 数 型 の 型 宣 言 文 字 はパーセント 記 号 (%) 長 整 数 型 長 整 数 型 はアンパサンド(&) 単 精 度 浮 動 小 数 点 数 型 はエクスクラメーションマーク(!) 倍 精 度 浮 動 小 数 点 数

これらの 型 を 使 い 分 けるために 型 宣 言 文 字 があり 整 数 型 の 型 宣 言 文 字 はパーセント 記 号 (%) 長 整 数 型 長 整 数 型 はアンパサンド(&) 単 精 度 浮 動 小 数 点 数 型 はエクスクラメーションマーク(!) 倍 精 度 浮 動 小 数 点 数 Excel マクロ -Visual Basic の 文 法 - Excel マクロは Visual Basic( 以 下 VBA という )というプログラミング 言 語 によって 記 述 され る VBA は Excel とは 異 なるアプリケーションソフトであり 独 自 の 世 界 を 構 成 している 作 成 さ れた Excel マクロを 実 行 することは Excel の 操 作 を VBA

More information

-34-

-34- -33- -34- ! -35- ! -36- ! -37- -38- -39- -40- -41- -42- -43- -44- -45- -46- -47- -48- -49- -50- ! -51- -52- !! -53- -54- ! -55- -56- -57- !!!!! "" "!!! " "" " -58- -59- !!! -60- -61- -62- -63- ! -64- !

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832378347834E835A838B837D834E838D8CA48F4389F0939A95D22E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832378347834E835A838B837D834E838D8CA48F4389F0939A95D22E646F6378> エクセルマクロ 研 修 H27 版 解 答 編 問 2-1 次 の 文 字 列 のうち 変 数 名 として 使 えるものに 使 えないものに をつけなさい abcdefg アルファベットのみ 3.141592 先 頭 が 数 字 クラスの 平 均 漢 字 は 使 える database_ 読 み 込 み 漢 字 アルファベット _は 使 える 混 在 できる 3nen 先 頭 が 数 字 三 年 漢

More information

untitled

untitled StiLL StiLL Excel VBA IT Excel2000 2003 StiLL StiLL! Excel2007 StiLL -- -- Excel!!!! DB CSV VBA VBA ' VBA Public Sub SampleProgramDAO1() Dim SheetName As String Dim strname As String SheetName = "Sheet2"

More information

1. 分 布 図 作 成 の 手 順 (1) 手 順 概 要 ; MT4(チャート)からデータを 出 力 し エクセルで 分 布 図 を 作 るまで MT4 チャート テキスト ファイル mytext.txt experts\files\ フォルダ 内 に 作 成 される エクセル シート 分 布

1. 分 布 図 作 成 の 手 順 (1) 手 順 概 要 ; MT4(チャート)からデータを 出 力 し エクセルで 分 布 図 を 作 るまで MT4 チャート テキスト ファイル mytext.txt experts\files\ フォルダ 内 に 作 成 される エクセル シート 分 布 エクセルVBAの 活 用 ; 分 布 測 定 アメンボです これから 擬 似 トレード 用 の 少 しマシな EA を 検 討 するのですが 急 がば 回 れで チョット 道 草 をします これから EA を 検 討 する 上 で 様 々なデータ 分 布 を 測 定 する 必 要 があります MT4(MQL4)は 元 々 エクセルとの 連 携 を 考 慮 して 作 られていますが アメンボ 流 の

More information

1 次 の 枠 で 囲 まれた 部 分 のデータを 入 力 しましょう 1データ 入 力 後 のセル 移 動 ア 下 方 向 への 移 動 は Enter キーを 使 います Enter イ 右 方 向 への 移 動 は Tab キーを 使 います Tab ウ 左 端 からデータを 入 力 し 右

1 次 の 枠 で 囲 まれた 部 分 のデータを 入 力 しましょう 1データ 入 力 後 のセル 移 動 ア 下 方 向 への 移 動 は Enter キーを 使 います Enter イ 右 方 向 への 移 動 は Tab キーを 使 います Tab ウ 左 端 からデータを 入 力 し 右 表 計 算 ソフトの 基 礎 Excel 2010 の 起 動 画 面 と 画 面 構 成 クイックアクセスツールバー タブ リボン 数 式 バー :アクティブセル :ダイアログボックス 起 動 ツール 列 名 :A~Z AA~ZZ AAA~XFD 列 行 番 号 :1~1048576 行 碁 盤 の 目 のような 小 部 屋 セル セルの 集 まり ワークシート ワークシートの 集 まり ファイル

More information

橡Taro9-生徒の活動.PDF

橡Taro9-生徒の活動.PDF 3 1 4 1 20 30 2 2 3-1- 1 2-2- -3- 18 1200 1 4-4- -5- 15 5 25 5-6- 1 4 2 1 10 20 2 3-7- 1 2 3 150 431 338-8- 2 3 100 4 5 6 7 1-9- 1291-10 - -11 - 10 1 35 2 3 1866 68 4 1871 1873 5 6-12 - 1 2 3 4 1 4-13

More information

untitled

untitled コンピュータリテラシ B での VBA 教 育 内 容 の 共 有 化 永 井 喜 則 同 時 開 講 に 至 った 経 緯 理 工 学 部 1 年 生 の 履 修 科 目,コンピュータリテラシ A, B は 学 系 によって 必 修 になっている 学 生 の 履 修 が 特 定 の 時 間 に 集 中 し, 教 育 用 端 末 室 の 人 数 を 大 幅 に 超 過 して 学 年 初 めの 調 整

More information

「NDL書誌データ検索シート」のカスタマイズマニュアル

「NDL書誌データ検索シート」のカスタマイズマニュアル NDL 書 誌 データ 検 索 シート のカスタマイズマニュアル 国 立 国 会 図 書 館 サーチリンク 集 で 紹 介 しています NDL 書 誌 データ 取 得 検 索 シート ( 同 志 社 大 学 原 田 隆 史 氏 )の 中 から NDL 書 誌 データ 検 索 シート のカスタマイズ 方 法 について 説 明 します NDL 書 誌 データ 取 得 検 索 シート( 同 志 社 大 学

More information

Microsoft Word - 第4章.doc

Microsoft Word - 第4章.doc 第 4 章 その 他 の 機 能 この 章 では 絶 対 参 照 と 関 数 (さまざまな 数 式 を 作 成 するときに 必 要 となるセル 参 照 の 使 い 分 けと 関 数 の 使 い 方 ) ワークシートの 操 作 方 法 ( 行 や 列 セルの 挿 入 と 削 除 方 法 ワークシート 間 でのデータの 移 動 とコピーの 方 法 ) 図 形 の 作 成 と 編 集 (オートシェイプの

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2097D58FB082C596F097A782C28347834E835A838B8D758DC05F82B288C493E0816A82502E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2097D58FB082C596F097A782C28347834E835A838B8D758DC05F82B288C493E0816A82502E646F63> 動 作 解 析 を 学 ぶ 会 主 催 のセミナーのご 案 内 拝 啓 盛 夏 の 候 ますます 御 健 勝 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 平 素 は より 動 作 解 析 を 学 ぶ 会 の 活 動 につきまして ご 高 配 を 賜 り 感 謝 いた しております このたび 動 作 解 析 技 術 のさらなる 普 及 をめざし 動 作 解 析 を 行 う 際 に 必 要 なエクセル(Microsoft

More information

ケミカルエンジニアのためのExcelを用いた化学工学計算法

ケミカルエンジニアのためのExcelを用いた化学工学計算法 VBA 7.1 f ()= ( f ( )) y = f ()(1) y = f ( )( ) + f ( ) (1) 1 1 1 = f ( ) f ( ) (2) 1 n = = y = f() y = () 1 n+1 = n (f( n )f( n )) 1.7 1 2 log()2 145 7.2 f ( ) 1-1 -1 f ( ) (3) (4) 34 5 1 1) ( ) ( ) '(

More information

4 1.EXCEL の 説 明 と 起 動 情 報 メディア 演 習 (5) 1EXCEL には3つの 機 能 があります 計 算 機 能 グラフ 機 能 データベース 機 能 < 計 算 機 能 > EXCEL の 代 表 的 な 機 能 です 四 則 演 算 ( 足 し 算 + 引 き 算 - 掛 け 算 x 割 り 算 )や 関 数 機 能 を 使 っ て 複

More information

aisatu.pdf

aisatu.pdf 1 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71

More information

OpenOffice.org の 表 計 算 機 能 表 計 算 ツールの 基 本 操 作 OpenOffice.org の 表 計 算 ツール Calc(カルク)の 基 本 操 作 を 紹 介 します ここでは 請 求 書 の 作 り 方 を 通 し て 基 本 操 作 を 学 びます サンプルフ

OpenOffice.org の 表 計 算 機 能 表 計 算 ツールの 基 本 操 作 OpenOffice.org の 表 計 算 ツール Calc(カルク)の 基 本 操 作 を 紹 介 します ここでは 請 求 書 の 作 り 方 を 通 し て 基 本 操 作 を 学 びます サンプルフ オープンオフィス 3 入 門 ガイド - Calc:OpenOffice.org の 表 計 算 機 能 編 このドキュメントは クリエイティブ コモンズに 表 示 される 帰 属 - 2.1 日 本 のライセンスのもと 提 供 し ています このドキュメントの Web 版 を OpenOffice.org 日 本 ユーザー 会 のドキュメントで 公 開 しています http://openoffice-docj.sourceforge.jp/wiki/documentation/beginers_guide3

More information

74 No.3 0999500 999500 ACCESS

74 No.3 0999500 999500 ACCESS Mar.2003 73 ACCESS ACCESS EXCEL EXCEL 74 No.3 0999500 999500 ACCESS Mar.2003 75 76 No.3 Mar.2003 77 temp EXCEL EXCEL No.3 78 seikika.txt Mar.2003 79 EXCEL Personal.xls Visual Basic Editor VBA Project(PERSONAL.XLS)

More information

PR300 電力モニタ 通信インタフェース (RS-485通信,Ethernet通信)

PR300 電力モニタ 通信インタフェース (RS-485通信,Ethernet通信) User s Manual 1 2 3 1 2 3 Ethernet 1 2 3 4 Ethernet (ST-NO) (PCLK1) (PCLK2) (COMM) (M ASC) (M RTU) (M TCP) (RS-485) (B-RT) (PR201) (NONE) (PRI) (EVEN) (ODD) (STP) (DLN) (RS-485) (Ethernet) (IP-1)

More information

.AddItem " 埼 玉 ":.AddItem " 茨 城 ":.AddItem " 栃 木 ":.AddItem " 群 馬 ".AddItem " 山 梨 ":.AddItem " 静 岡 ":.AddItem " 岐 阜 ":.AddItem " 愛 知 ".AddItem " 三 重 "

.AddItem  埼 玉 :.AddItem  茨 城 :.AddItem  栃 木 :.AddItem  群 馬 .AddItem  山 梨 :.AddItem  静 岡 :.AddItem  岐 阜 :.AddItem  愛 知 .AddItem  三 重 エクセルによる 無 線 機 の 制 御 プログラム Appendix 1 データ 入 力 ボタンに 割 り 付 ける VBA の 記 述 Private Sub cmddatainput_click() Unload frmmenu log.show Sheets("ALL").Select Application.DisplayFullScreen = True Application.WindowState

More information

エクセルを 起 動 します [スタート]をクリックします [すべてのプログラム]をポイントします [Microsoft Office]を クリックします [Microsoft Office Excel 2007]をクリックします 1 [Office ボタン]をクリックして [ 開 く]を 選 択 し

エクセルを 起 動 します [スタート]をクリックします [すべてのプログラム]をポイントします [Microsoft Office]を クリックします [Microsoft Office Excel 2007]をクリックします 1 [Office ボタン]をクリックして [ 開 く]を 選 択 し NPO 法 人 いきいきネットとくしま 第 26 回 定 期 勉 強 会 森 の 日 県 南 平 成 22 年 9 月 9 日 ( 木 ) 担 当 和 泉 雅 子 エクセルで 贈 答 品 リスト 作 成 エクセルの 起 動 ワークシート 名 の 変 更 文 字 の 入 力 と 書 式 設 定 表 の 作 成 タイトル 名 の 入 力 と 書 式 設 定 クリップアートの 挿 入 名 前 をつけて 保

More information

Taro-Excel-VBA入門(表紙).jtd

Taro-Excel-VBA入門(表紙).jtd 1 第 1 章 Visual Basicプログラミングの 概 要 1 Visual Basicとは Visual Basicとは,Windows 上 で 動 作 するアプリケーションソフトウェ アを 開 発 するためのオブジェクト 指 向 プログラミング 言 語 です Visual Basicの 特 徴 は, GUI(Graphical User Interface) 開 発 ツールで 作 成 したオブジェクト(コマンド

More information

橡WINAPLI.PDF

橡WINAPLI.PDF Windows Visual Basic 2.0 8 7 29 8 2 Windows 1. Windows 1 1.1. Windows 1 1.2. 1 2. Visual Basic 2 2.1. VisualBasic 2 2.2. Visual Basic 2 2.2.1. 2 2.2.2. 2 2.2.3. 2 2.2.4. 2 2.2.5. 2 2.3. Visual Basic 3

More information

エクセル マクロ 言 語 とは エクセルのマクロとは 手 番 をあらかじめ 記 述 しておくことにより 通 常 手 操 作 している 処 理 を 自 動 化 すること 自 動 化 したものです マクロで 手 番 を 記 録 すれば 繰 り 返 し 作 業 を 自 動 化 できます また 連 続 的

エクセル マクロ 言 語 とは エクセルのマクロとは 手 番 をあらかじめ 記 述 しておくことにより 通 常 手 操 作 している 処 理 を 自 動 化 すること 自 動 化 したものです マクロで 手 番 を 記 録 すれば 繰 り 返 し 作 業 を 自 動 化 できます また 連 続 的 エクセルの マクロ 言 語 (VBA)に 慣 れるためのメモ 2014/1/31~ ~2015/12/31 作 成 : 縁 木 精 史 エクセル マクロ 言 語 とは エクセルのマクロとは 手 番 をあらかじめ 記 述 しておくことにより 通 常 手 操 作 している 処 理 を 自 動 化 すること 自 動 化 したものです マクロで 手 番 を 記 録 すれば 繰 り 返 し 作 業 を 自 動

More information

Microsoft Word - ExcelVBA.doc

Microsoft Word - ExcelVBA.doc 7 EXCEL VBA Ⅰ VBA(Microsoft Visual Basic for Applications)の 基 礎 1 VBAとは 1 2 VBAでできること 1 3 マクロを 利 用 する 理 由 1 4 VBEの 画 面 構 成 2 Ⅱ マクロの 記 録 1 マクロの 記 録 機 能 3 2 記 録 したマクロの 実 行 5 3 記 録 したマクロの 内 容 確 認 5 4 記 録

More information

<92C789C182502E786C73>

<92C789C182502E786C73> 様 式 Z156 承 認 確 認 作 改 版 定 理 由 定 符 号 改 定 発 所 成 日 行 属 者 改 定 年 内 容 月 承 日 (..) 認 確 認 担 当 エクセルにカスタムコマンドを 第 エクセルは ものです コマンドをVBAで エクセルの 一 段 階 非 常 にたくさんのコマンドが 作 り 登 録 有 する りますが ここで 方 法 について するコマンドはエクセルの する 標 準

More information

グラフの 作 成 タイトルを 含 めたデータの 範 囲 と 系 列 の 設 定 をしてグラフを 作 成 する *データ 範 囲 の 設 定 データ 範 囲 タイトルを 含 む SetSourceData:=データ 範 囲 * 系 列 の 指 定 引 数 PlotBy:= xlcolumns 系 列

グラフの 作 成 タイトルを 含 めたデータの 範 囲 と 系 列 の 設 定 をしてグラフを 作 成 する *データ 範 囲 の 設 定 データ 範 囲 タイトルを 含 む SetSourceData:=データ 範 囲 * 系 列 の 指 定 引 数 PlotBy:= xlcolumns 系 列 グラフの 作 成 と 操 作 現 場 で 測 定 されたデータを 見 える 化 (グラフ 化 )して 全 体 像 を 把 握 するためには グラフツールが 重 要 であり Excel には 有 用 なグラフツールが 搭 載 されている Excel VBA では このグラフの 操 作 を 取 り 扱 うことができるステートメントが 用 意 されているので 以 下 にその 要 点 を 解 説 する 目

More information

I

I 2011 年 4 月 5 日 アド 設 計 Revit と addcad の 連 携 I. Revit と 意 匠 図 A. Revit から 作 成 した 平 面 図 を addcad で 修 正 Revit から 書 き 出 した 平 面 図 (DWG ファイル)の 柱 壁 開 口 を addcad で 修 正 す る 例 をとりあげます まず addcad で Revit から 書 き 出 された

More information

n=360 28.6% 34.4% 36.9% n=360 2.5% 17.8% 19.2% n=64 0.8% 0.3% n=69 1.7% 3.6% 0.6% 1.4% 1.9% < > n=218 1.4% 5.6% 3.1% 60.6% 0.6% 6.9% 10.8% 6.4% 10.3% 33.1% 1.4% 3.6% 1.1% 0.0% 3.1% n=360 0% 50%

More information

http://banso.cocolog-nifty.com/ 100 100 250 5 1 1 http://www.banso.com/ 2009 5 2 10 http://www.banso.com/ 2009 5 2 http://www.banso.com/ 2009 5 2 http://www.banso.com/ < /> < /> / http://www.banso.com/

More information

初級エクセル

初級エクセル 第 3 章 家 計 簿 の 作 成 1. 作 成 イメージ 家 計 簿 には 様 々な 形 式 がありますが ここでは 次 のような 家 計 簿 を 作 成 し さらに エクセルの 持 っている 便 利 な 機 能 を 使 って 見 ましょう あらかじめ 用 意 してあるエクセルのブックを 使 って 表 の 体 裁 や 家 計 簿 に 必 要 な 機 能 をいれ ていきます - 24 - 2. データの

More information

す 選 択 範 囲 を 移 動 する エクセルでは 選 択 したセル 範 囲 の 境 界 をドラッグして 移 動 するのに 対 して Calc では 選 択 範 囲 そのものをドラッグして 移 動 できます そのため マウスポインタの 位 置 合 わせが 少 し 簡 単 になっ ています ただし 1

す 選 択 範 囲 を 移 動 する エクセルでは 選 択 したセル 範 囲 の 境 界 をドラッグして 移 動 するのに 対 して Calc では 選 択 範 囲 そのものをドラッグして 移 動 できます そのため マウスポインタの 位 置 合 わせが 少 し 簡 単 になっ ています ただし 1 OpenOffice.org の 表 計 算 機 能 表 計 算 ツールの 基 本 操 作 OpenOffice.org の 表 計 算 ツール Calc(カルク)の 基 本 操 作 を 紹 介 します ここでは 請 求 書 の 作 り 方 を 通 して 基 本 操 作 を 学 びます サンプルファイル :calc calc_basic_01.odt 完 成 版 ファイル :calc calc_basic.odt

More information

Microsoft Word - VBA業務記録簿-2008.docx

Microsoft Word - VBA業務記録簿-2008.docx Excel VBA 電 子 業 務 記 録 簿 の 改 良 とその 設 計 事 例 九 州 大 学 応 用 力 学 研 究 所 技 術 室 石 井 大 輔 1. 緒 言 技 術 職 員 における 日 々の 勤 務 実 態 の 把 握 や 業 務 報 告 の 徹 底 それら 情 報 の 入 力 や 報 告 の 効 率 化 を 図 る 目 的 として 石 井 (2006)は 業 務 内 容 のデータ 入

More information

卒業論文.PDF

卒業論文.PDF 234 1 1 1.1 1 1.2 4 1.3 4 2 5 2.1 5 2.2 6 2.3 7 2.3.1 7 2.3.2 8 2.3.3 9 2.3.4 9 2.3.5 9 2.3.6 9 3 1 3.1 3.2 3.3 11 3.4 14 3.4.1 14 3.4.2 15 3.5 16 3.6 17 i 4 2 18 4.1 18 4.2 19 4.2.1 2m/sec 2 4.2.2 3m/sec

More information

Excel と Excel_VBA との 関 係 を 見 るには Excel システム 上 で Alt-F11 で 現 れる VBE(Visual Basic Editor) で Project を 見 ればよく 次 のように 示 される 全 体 は VBAProject となっており 例 えば V

Excel と Excel_VBA との 関 係 を 見 るには Excel システム 上 で Alt-F11 で 現 れる VBE(Visual Basic Editor) で Project を 見 ればよく 次 のように 示 される 全 体 は VBAProject となっており 例 えば V JAPLA 研 究 会 資 料 2007/3/24 Excel_VBAでいろいろな OLEを 実 験 する - 日 付 時 間 電 卓 メモ 帳 Wordから Jまで- 西 川 利 男 0.はじめに J を 含 めたいろいろなアプリケーションとの 間 の OLE について 最 近 例 会 の 話 題 を 賑 わ している [1,2,3] 先 月 鳥 邊 錬 太 郎 氏 は VBA の 元 になる Visual

More information

Microsoft Word - 666.doc

Microsoft Word - 666.doc 効 果 補 助 簿 在 方 () か 補 助 簿 教 師 は 計 画 基 づ 授 業 実 施, 具 体 規 準 基 づ 生 徒 習 状 況 そ,そ 結 果 記 録 残 おかけば そ 結 果 適 切 記 録 残 め 補 助 簿 成 必 要 不 可 欠 あ 従 来, 名 簿 形 式 帳 簿 使 っ 生 徒 習 状 況 記 録 そは, 習 動 あっも, 具 体 規 準 生 徒 ん か 明 記 も 多 かっか,か

More information

1 平 成 24 年 度 夏 期 コンピュータ 講 座 Microsoft Excel( 初 級 ) このテキストは Microsoft Excel 2007 の 解 説 文 書 です 浦 添 市 立 教 育 研 究 所 エクセルの 基 本 1. 画 面 の 構 成 Office ボタン 数 式 バー タブ リボン 全 セ ル 選 択 ボ タン アクティブセル 2.セルと 行 列 名 前 ボックス 行

More information

研究紀要 第5号

研究紀要 第5号 3 4 5 6 7 8 a s d f a 9 10 s d a 11 12 s d f g 13 h j a d s 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 a 35 s 36 a 37 s 38 a 39 s 40 a 41 s d 42 f 43 44 46 47 48 49 50 a s d as d 51

More information

(Microsoft Word - Excel\223\374\226\3456\217\3150523.docx)

(Microsoft Word - Excel\223\374\226\3456\217\3150523.docx) この 章 では さまざまな 数 式 を 作 成 するときに 必 要 となるセルの 参 照 の 使 い 分 けと IF 関 数 IFERROR 関 数 について 学 習 します また 関 数 の 作 成 では [ 関 数 の 引 数 ]ダイアログボックスと 関 数 オートコンプリートの 使 い 方 を 学 習 します 1 セルの 参 照 数 式 が 入 力 されているセルを 移 動 したり コピーするときに

More information

Microsoft Word - 第3章.doc

Microsoft Word - 第3章.doc 第 3 章 関 数 この 章 では 日 付 と 時 刻 を 扱 う 関 数 や 検 索 条 件 に 一 致 するデータを 取 り 出 す 関 数 の 使 い 方 また 複 数 の 関 数 を 組 み 合 わせてエラー 値 を 非 表 示 にする 方 法 を 学 習 します STEP 1: 日 付 / 時 刻 関 数 TODAY 関 数 NOW 関 数 TODAY 関 数 は パソコンの 内 蔵 時

More information

管 理 図 とは 目 次 へ 管 理 図 は, 工 程 を 管 理 または 解 析 する 道 具 として,アメリカの 統 計 学 者 であるシューハート (W.A.Shewhart)によって 考 案 された.これは, 工 程 の 異 常 を 検 出 するため, 工 程 が 偶 然 原 因 によっての

管 理 図 とは 目 次 へ 管 理 図 は, 工 程 を 管 理 または 解 析 する 道 具 として,アメリカの 統 計 学 者 であるシューハート (W.A.Shewhart)によって 考 案 された.これは, 工 程 の 異 常 を 検 出 するため, 工 程 が 偶 然 原 因 によっての 管 理 図 目 次 管 理 図 とは 工 程 のバラツキについて 管 理 図 の 種 類 (1) 統 計 量 による 分 類 (2) 使 用 目 的 による 分 類 データの 性 質 と 管 理 図 の 選 択 管 理 図 の 見 方 (1) 統 計 的 管 理 状 態 の 判 断 (2) 統 計 的 管 理 状 態 にない 場 合 の 判 定 基 準 (3) 工 程 の 変 化 と 管 理 図 の

More information

P072-076.indd

P072-076.indd 3 STEP0 STEP1 STEP2 STEP3 STEP4 072 3STEP4 STEP3 STEP2 STEP1 STEP0 073 3 STEP0 STEP1 STEP2 STEP3 STEP4 074 3STEP4 STEP3 STEP2 STEP1 STEP0 075 3 STEP0 STEP1 STEP2 STEP3 STEP4 076 3STEP4 STEP3 STEP2 STEP1

More information

STEP1 STEP3 STEP2 STEP4 STEP6 STEP5 STEP7 10,000,000 2,060 38 0 0 0 1978 4 1 2015 9 30 15,000,000 2,060 38 0 0 0 197941 2016930 10,000,000 2,060 38 0 0 0 197941 2016930 3 000 000 0 0 0 600 15

More information

1

1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 6 3 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 5 4 STEP 02 STEP 01 STEP 03 STEP 04 1F 1F 2F 2F 2F 1F 1 2 3 4 5 http://smarthouse-center.org/sdk/ http://smarthouse-center.org/inquiries/ http://sh-center.org/

More information

-----------------------------------------------------------------------------------------1 --------------------------------------------------------------------------------------1 -------------------------------------------------------------------------------------1

More information

›¼’à”v“lŠÍ1−ª

›¼’à”v“lŠÍ1−ª 3 1 1 2 3 4 5 6 7 8 8 10 12 14 16 18 20 22 24 2 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 26 28 30 32 34 36 38 40 42 44 46 48 50 4 3 1 2 3 4 5 52 54 56 58 60 6 62 7 8 9 10 64 66 68 70 72 5 1 1 4 2 5 6 6 7 1 8 1 9 2 10

More information

1 2 3 4 1 2 3 4 1 2 3 4 12 3 4

1 2 3 4 1 2 3 4 1 2 3 4 12 3 4 1 2 3 4 5 6 1 2 3 4 5 6 1 2 1 2 1 2 1 2 1 2 3 4 12 3 4 1 2 3 4 1 2 3 4 1 2 3 4 1 2 3 4 1 2 3 4 12 3 4 1 2 3 4 5 6 7 8 1 2 3 46 7 1 2 3 4 5 6 7 1 2 3 4 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 16 7 8 92 3 46 7 :

More information

- 1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 - 7 - 8 - 9 - 10 - 11 2-12 - 1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 - 7 - 1 - 2 - 3 6 1 1-4 - 5 - 6 - 1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 - 7 - 8 130 3 130 5 2 50 1.5 48 59 62 63-9 - 1 - 2 - 3 () - 4 - 5 -

More information