<4D F736F F F696E74202D208A7793E08D758DC C87548AFA81698A7790B68E DB816A2E B8CDD8AB B83685D>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208A7793E08D758DC08370839383743135817C87548AFA81698A7790B68E78898789DB816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>"

Transcription

1 : : : 年 度 版 学 内 講 座 ガイド 未 来 の 自 分 のために! 採 ( 教 用 員 試 験 看 護 ) 師 等 の 講 座 名 15 小 論 文 対 策 講 座 秘 書 技 能 検 定 ( 級 ) 対 策 講 座 介 護 事 務 講 座 MOS (Word 010) 試 験 対 策 講 座 MOS (Excel 010) 試 験 対 策 講 座 医 療 事 務 講 座 公 務 員 試 験 対 策 講 座 < 基 礎 養 成 コース> 公 務 員 試 験 対 策 講 座 < 警 察 官 消 防 官 市 役 所 教 員 > 最 少 開 講 人 数 人 10 人 15 人 3 人 3 人 10 人 開 講 決 定 開 講 決 定 土 日 程 4/5 5/9 5/16 1:30~15:10> 教 室 4/15( 10 月 4/0 4/7 5/11 5/18 5/5 6/1 6/8 6/15 16:0~19:30> 教 教 室 4/15( : 06 6/6 6/0 6/7 7/4 7/11 13:00~17:00> 室 号 館 教 室 5/15( 土 曜 日 10 5/3 5/30 9:00~16:10> 7/18 7/5 9:00~16:10> 8/4~9 31 9/1~9/4 のみ13:30から 10:00~16:00> 教 室 7/4( 各 火 10 6/16~1/19 のみ17:50まで 曜 日 16:0~19:30> < 5/15( 教 初 毎 室 日 週 のみ 月 号 館 火 木 曜 金 教 : 101 5/7~3/9 16:0~19:30> 日 室 17:50まで 4/15( : 10 Ⅱ 期 学 内 講 座 の 予 定 未 来 の 自 分 のために! 申 込 締 切 水 ) 水 ) 金 ) 5/15( 金 ) 5/15( 金 ) 金 ) 金 ) 水 ) 介 護 職 員 初 任 者 研 修 講 座 (ヘルパー ヘルパー 級 の 後 継 資 格 ) 等 講 座 料 金 ( 税 込 ) 10,800 4/15( 水 )まで 3 19,000 4/10( 金 )まで 4 35,000 3,000 3,000 60,000 0,000 50,000 ページ

2 キャリア 課 の 利 用 時 間 と 問 合 せ 先

3 の3 講 座 受 講 申 込 み 方 法 と 開 講 までの 手 順 兵 1 自 庫 分 予 大 のID パスワードを 約 学 のタグをクリック のホームページ 入 力 教 し マイポータルサイトへアクセス 学 情 報 システム のバナーから 申 し 込 みを 行 う 4 3 現 資 在 格 募 講 集 座 中! 申 新 込 入 完 生 了 の ( 皆 各 の さんは オリエンテーションで 講 学 座 内 の 講 締 座 切 から 日 までに 受 講 申 したい 込 入 配 講 力 布 座 を された ユーザーマニュアル で 行 を 選 う) 択 確 認 してください Step 1 申 込 み 方 法 各 講 講 座 座 開 講 申 の 込 可 期 否 限 を 締 決 切 定 り 通 後 知 講 座 開 講 の 可 否 を 決 定 し メール 登 録 者 には 受 講 申 込 者 本 人 へ 通 知 します 講 < 受 座 講 座 開 料 開 講 方 の 講 法 納 の 決 入 可 >定 方 否 法 を の 通 場 は 知 合 1 以 後 下 号 館 受 教 講 通 学 料 りあり 部 納 にある 入 期 日 証 までに ごとに 明 書 発 受 異 行 講 なりますので 機 料 で を 納 入 料 してください 納 入 指 定 期 日 までに 指 定 の 振 込 用 紙 で 金 融 機 関 へ を 振 確 を 込 払 認 み い してください 3 サポート 開 始 までに 企 業 へは 資 格 座 資 サポート 料 講 座 企 振 業 込 に 用 受 紙 講 送 料 付 を 支 為 払 う(サポート 受 講 生 情 報 企 を 納 業 伝 入 より えます 証 納 書 入 (コピー)を を 者 学 に 生 納 支 入 援 学 方 課 生 法 へ 支 の 提 援 連 出 個 人 情 報 については 本 学 講 座 運 営 の 目 的 のみに 使 用 することを 定 めています 課 絡 へ があります) 提 出 1) 講 なお 一 座 旦 中 納 一 止 入 部 の された 講 場 座 合 によっては することはできません 学 外 にて 同 額 程 度 次 の 回 受 の 講 機 会 で をご 受 講 利 できる 用 下 さい 場 合 があります まで4 注 ) 金 融 機 関 へ 振 込 受 む 講 際 料 には は 返 手 還 数 されませんのでご 料 がかかります( 手 注 数 意 料 ください( は 自 己 但 負 し 担 になります) 開 講 中 止 の 場 合 は 返 還 いたします) ( 講 学 座 生 初 支 日 援 までに 課 に 各 座 自 使 必 用 ず 教 受 室 講 の する 一 覧 講 があります) 座 の 使 用 教 室 教 確 材 認 は を 講 行 座 ってください の 初 日 に 配 布 いたします ( 一 部 自 宅 郵 送 あり) 講 座 開 講 初 日 Step 講 座 開 講 の 可 否 を 決 定 通 知 Step 3 受 講 料 の 納 入 Step 4 1

4 受 講 上 の 注 意 < 講 座 の 申 し 込 み 前 に 必 ず 以 下 の 事 を 確 認 してください> 申 し 込 みは 先 着 順 で 受 け 付 けます 申 し 込 み 期 間 中 であっても 募 集 定 員 に 達 した 時 点 で 募 集 を 終 了 いたします 一 部 抽 選 での 募 集 があります その 場 合 は 事 前 に 通 知 いたします 一 旦 納 入 された 受 講 料 は 返 還 いたしません 但 し 開 講 が 中 止 になった 場 合 は 返 還 いたします 学 内 講 座 と 正 課 授 業 が 重 なった 場 合 正 課 授 業 の 公 欠 は 認 められません 受 講 申 込 者 が 最 低 開 講 人 数 に 達 していない 場 合 開 講 を 中 止 することがあります 中 止 になった 際 納 入 済 の 受 講 料 は 全 額 返 還 いたします 検 定 試 験 の 受 検 申 し 込 みは 個 人 での 申 し 込 みとなります 各 講 座 ごとの 説 明 を よく 聞 いて 期 日 に 遅 れないように 申 し 込 んでください なお 検 定 試 験 の 受 検 料 は 講 座 受 講 料 とは 別 途 必 要 です 講 座 中 貴 重 品 は 必 ず 手 元 に 置 き 各 自 の 責 任 において 管 理 してください 本 学 は 損 害 賠 償 等 の 責 任 は 一 切 負 いません 他 の 受 講 生 に 迷 惑 をかける 行 為 があった 場 合 は 受 講 をお 断 りすることがあります 受 講 生 の 理 解 度 等 により 授 業 内 容 を 変 更 する 場 合 があります 講 座 担 当 講 師 の 都 合 により 代 理 者 による 講 義 また 大 学 行 事 等 の 都 合 により 日 時 場 所 が 変 更 になる 場 合 があります 講 座 担 当 講 師 の 病 気 事 故 等 のやむを 得 ない 理 由 や 大 学 行 事 等 で 休 講 になる 場 合 があります その 際 に 通 常 は 補 講 によって 対 処 いたしますが 場 合 によっては 補 講 できないことがあります JR 神 戸 線 ( 大 阪 ~ 姫 路 間 )のいずれかが ストライキを 決 行 した 場 合 は 休 講 とします ただし ストライキが 解 除 された 場 合 の 講 座 の 取 り 扱 いは 下 表 の 通 りとします 兵 庫 県 南 部 に 暴 風 警 報 が 発 令 された 場 合 は 休 講 とします ただし 暴 風 警 報 が 解 除 された 場 合 の 取 り 扱 いは 下 表 の 取 りとします ストライキ 警 報 解 除 の 時 刻 午 前 6 時 までに 解 除 午 前 10 時 までに 解 除 午 前 10 時 を 過 ぎても 解 除 されない 場 合 講 座 の 取 り 扱 い 予 定 通 り 講 座 開 講 午 後 (13 時 ) 以 降 の 講 座 から 開 講 全 時 間 の 休 講

5 時 ~ 看 護 師 の 採 用 試 験 では 主 に 筆 記 面 接 小 論 文 試 験 があり 教 員 の 採 用 試 験 では 筆 記 試 験 ( 教 職 教 養 一 般 教 ID-1 養 小 対 策 講 座 準 特 備 に 専 小 が 門 論 必 試 文 要 験 試 となります など) 験 では 面 接 短 い 小 時 論 間 文 で 試 傾 験 向 等 と があります 攻 略 を 考 えなくてはならず 制 限 時 間 内 に 合 格 論 文 を 書 くことは 普 段 からの ~ 看 護 師 教 員 の 採 用 試 験 で 重 視 される 小 論 文 の 対 策 講 座 です ~ ここでは また 書 講 き 方 座 小 を 紹 論 学 介 出 来 る 実 践 添 文 習 を 削 の します 考 課 種 えた 題 類 や 講 表 座 回 現 内 実 技 容 施 法 となっています し などの 採 用 試 修 験 得 に により 向 けた 洗 合 練 格 された 論 作 文 の章 作 成 が 講 座 情 報 を 開 時 間 分 時 分 募 集 定 員 時 名 間 限 定 回 使 用 教 室 号 館 ( 最 低 開 講 人 ) 申 受 込 講 方 料 の 法 取 り 扱 教 10,800( 学 情 号 報 館 システムから 教 室 学 材 部 費 内 込 の 教 ) 証 室 申 明 し 込 書 みを 発 行 行 機 申 担 ってください で 込 当 証 期 講 書 間 師 を 購 入 4/4( 株 式 会 社 イング 講 師 /4( 土 土 )~4/15( )~4/15( 水 水 )まで 時 まで カリキュラム い 4 回 数 4/5( 日 教 程 室 土 ) 講 義 内 容 オリエンテーション 小 文 論 章 文 表 記 と 表 現 技 種 術 1 のタイプ 10 5/9( 土 ) 作 エッセイ 文 添 削 回 つき! 号 0 1 5/16( 館 土 教 ) 室 論 第 説 回 文 添 型 削 小 論 文 3 10 開 講 日 程 下 記 参 照 時 間 開 講 回 数 3 数 名 15 6 年 連 続 実 施 中 受 講 した 学 生 から は 大 変 好 評 を 受 けている 講 座 です 3

6 3 3 1 秘 この 書 資 技 格 能 は 検 定 社 は 会 就 人 職 に 活 必 動 要 にも な 職 役 務 立 知 つ 識 資 マナー 格 です! 接 遇 等 ビジネスの 基 本 的 な 常 識 を 審 査 するのが この 秘 書 技 ID- 秘 書 技 能 検 定 ( 級 ) 対 策 講 座 用 社 能 する 検 会 人 定 内 人 試 になるにあたっての 容 材 験 になることが です 企 業 によっては 出 来 一 ます 般 常 識 資 特 マナー 格 に 最 取 近 得 では を 文 義 章 務 男 作 付 性 成 けたり 受 能 力 者 等 も 能 について 増 力 えております 開 発 として 学 習 することで どんな 奨 励 したりするところも 企 業 多 職 く 見 種 られます でも 通 ~ 就 職 活 動 にも 有 効 な 講 座 です~ 試 面 験 接 試 験 があります 級 準 級 級 級 級 級 は 筆 記 試 験 のみ 準 級 級 は 筆 記 試 験 合 格 者 次 試 験 として 短 には1 1 があり 1 は 秘 本 講 期 書 座 間 検 紹 情 で 定 では 効 は 介 報 率 徹 学 底 よく 生 した に 受 人 験 実 気 指 技 の 導 指 資 をします 導 格 で 過 受 去 験 問 者 分 の 析 約 による 80%が 問 題 大 演 学 習 生 およびテストを 高 校 生 です 実 施 し 使 用 教 室 号 館 室 担 当 講 師 トータルマナー 回 名 ( 時 限 間 定 は ( 最 下 低 記 株 開 参 式 講 照 会 人 ) 受 講 料 の 取 り 扱 社 講 師 ) 試 験 情 報 06 19,000( 号 館 教 学 材 部 費 内 込 の 受 証 験 明 料 書 別 発 途 行 ) 機 申 で 込 証 締 書 切 を 購 日 入 ( 開 講 4/10( 決 定 金 後 4/11~4/18まで) 時 い 4 回 カリキュラム 本 講 座 は6 月 0 日 ( 土 ) 予 定 の 検 定 試 験 ( 本 学 会 場 予 定 ) 合 格 を 目 標 としています 数 日 程 時 間 科 目 講 義 内 容 受 験 には 別 途 受 験 料 ( 3,800 税 込 み)が 必 要 です 講 座 受 講 者 は 学 内 で 検 定 試 験 受 験 講 座 初 日 に 検 定 申 込 の 記 入 を 行 います 1 4/0( ガイダンス 資 質 検 定 資 格 の 概 要 秘 書 の 資 質 ( 求 められる 能 力 人 柄 ) 19:30 4/7( 職 務 秘 書 の 役 割 と 機 能 19:30 3 5/11( 一 般 知 識 社 会 知 識 ( 経 営 学 会 計 財 務 法 ) 19:30 4 5/18( マナー 接 遇 話 人 間 し 方 関 ( 係 と 説 秘 明 書 ( 説 来 得 客 等 受 ) 付 交 接 際 遇 業 等 務 ) ( 慶 話 事 し パーティー 方 1( 電 話 等 )) ) 19:30 5 5/5( 19:30 6 6/1( 19:30 7 6/8( 16:0~ 技 能 資 会 議 作 知 成 識 ( 社 ( 種 内 類 文 書 と 用 社 語 外 ) 過 文 料 去 書 問 管 の 演 理 取 習 り 日 扱 まとめ 程 い ファイリング 管 理 文 書 ) 19:30 8 6/15( 月 ) 16:0~ 19:30 開 講 日 時 程 間 下 記 参 照 募 時 集 間 定 開 員 講 回 数 数 名 10

7 ,57) 化 題 介 の になっています ケアクラークの 護 進 給 行 付 金 に 伴 の い 増 現 大 場 で のニーズは 介 護 サービス 拡 活 大 躍 提 しています の 供 場 機 所 関 も では 様 々で 莫 大 介 な 護 給 保 付 険 費 適 を 用 処 の 理 病 する 院 介 診 護 療 事 所 務 での ケアクラーク の 仕 事 等 将 来 確 的 にも 保 が 高 課 齢 介 護 本 事 講 座 では 務 介 講 護 報 座 酬 請 求 の 技 能 に 加 え 福 祉 制 度 やケアマネ ID-3 ジャーのサポート す 訪 問 就 職 先 事 として 業 所 業 予 務 想 利 される 用 者 事 接 業 遇 所 などをより 等 実 践 的 に 学 習 様 々な 場 面 で 活 躍 できる 総 合 力 ある 人 材 を 養 成 しま ~ 介 護 事 居 宅 務 介 のエキスパート 護 支 援 センター 訪 資 問 格 入 浴 ケアクラーク ~ 特 有 別 料 養 老 護 人 老 ホーム( 人 ホーム 介 護 型 ) グループホーム 老 人 保 健 施 設 福 介 祉 護 用 療 具 養 貸 介 型 与 護 医 事 療 業 務 施 所 設 訪 通 問 所 看 介 護 ステーション 事 業 所 等 務 本 る 講 人 利 材 座 用 養 紹 では 情 者 成 介 報 接 めざした 介 遇 護 などをより 報 資 酬 格 請 取 求 実 得 の 践 対 技 的 策 能 に を 学 行 加 習 います え を 行 福 い 祉 制 様 度 々な やケアマネジャーのサポート 場 面 で 活 躍 できる 総 合 力 あ業 使 用 教 室 号 館 教 回 名 ( 時 限 間 定 は ( 最 下 低 記 開 参 講 照 人 ) 申 込 方 法 教 ) 受 講 料 の 取 り 扱 い 10 35,000( 学 講 情 座 報 開 システムから 別 始 途 時 教 に 材 資 費 格 申 講 し 座 込 委 みを 託 先 行 に 申 ってください 受 込 講 締 料 切 を 日 納 入 5/15( 金 時 まで 試 験 情 報 本 講 座 は8 月 実 施 予 定 の 認 定 試 験 合 格 を 目 標 としています カリキュラム 認 定 試 験 には 別 途 試 験 料 ( 6,700)が 必 要 です 認 定 試 験 名 :ケアクラーク 技 能 認 定 試 験 ( 財 ) 日 本 医 療 教 育 財 団 主 催 回 試 験 地 : 神 戸 偶 数 月 第 4 土 曜 日 13:05~15:15 実 施 数 日 程 時 間 講 義 内 容 受 験 対 策 セミナー 偶 数 月 第 3 土 曜 日 9:30~1:30( 別 途 4,10) 1 6/6( 支 保 援 険 専 制 門 度 員 の の 仕 組 役 割 み とケアプラン 介 護 保 険 制 度 作 の 成 仕 の 組 手 み順 13:00~17:00 6/0( の 算 定 と 請 求 方 法 13:00~17:00 3 6/7( 給 付 費 明 細 書 記 載 要 領 と 記 載 練 習 13:00~17:00 4 7/4( 社 会 福 祉 サービス 体 系 の 概 要 13:00~17:00 5 7/11( 土 ) 老 介 利 用 人 護 者 事 障 接 務 がい 職 遇 員 マナー 者 の 実 心 務 理 的 特 性 13:00~17:00 開 講 日 時 程 間 下 記 参 照 室 募 時 担 集 間 当 定 講 開 員 師 講 回 数 ニチイ 学 館 姫 路 校 5 0 数 名 15 5

8 6 6 ~16 ~16!Office010の ルやワードなどのマイクロソフトオフィス 講 座 紹 介 MOS(Word 010) 試 験 対 策 講 座 < 夏 期 講 座 > ~office010 Windows 7 使 用 の 方 限 定 ~ 歴 事 書 務 職 やエントリーシートにも には 欠 かせないPCスキルのアピールには 記 載 可 能 製 品 の 利 用 必 スキルを 須 受 の 験 資 人 格 証 数 です 明 も MOSとはマイクロソフトオフィススペシャリスト(Microsoft Office Specialist)の する 増 加 就 資 傾 職 格 向 活 です にあります 動 略 で 作 で エクセ 成 する 履 ID-4 時 講 間 座 日 情 開 程 報 募 開 集 定 時 員 間 講 回 数 右 記 時 名 参 間 限 照 定 ( 時 希 ( 回 最 望 低 分 があれば 開 講 人 数 申 出 名 担 使 当 用 教 師 室 講 株 座 式 開 会 講 決 定 講 後 師 代 要 ) ) 9 申 受 込 講 締 料 切 の 日 取 までに り 扱 い /15( 指 定 の 金 振 込 時 用 まで 紙 で 金 融 機 関 へ 振 込 ID-5 3,000(テキスト 社 10 JCN 回 カリキュラム 日 程 ビジュアルコンテンツの 作 成 とカスタマイズ 講 義 内 容 設 定 他 操 作 ( 土 ) 文 模 書 擬 を の 試 閲 験 整 覧 理 他 MOS(Excel 010) 試 験 対 策 講 座 < 夏 期 講 座 > 時 間 座 日 開 情 程 講 報 回 数 右 記 カリキュラム ~ 参 間 照 ( 希 office010 Windows 回 望 に 合 わせて 変 更 可 能 ) 回 日 7 使 程 用 の 方 限 定 講 ~ データの データと 内 容 の 操 書 義 作 式 内 設 容 担 開 募 使 当 集 用 時 定 教 師 間 員 室 講 株 時 座 式 名 開 会 限 講 社 定 時 決 ( 最 定 低 分 講 後 開 師 講 人 ) 数 式 の 作 成 編 集 他 定 ( 土 ) データの 模 擬 試 験 共 他 有 とセキュリティの 設 定 9 10 申 受 込 講 締 料 切 の 日 取 までに り 扱 い 3,000(テキスト 代 要 ) 10 7/18 1 JCN 5/15( 指 定 の 金 振 込 時 用 まで 紙 で 金 融 機 関 へ 振 込 7/5 数 名 3 1 5/3 5/30 最 低 開 講 人 数 に 満 たない 場 合 でも JCN 加 古 川 校 明 石 校 にて 受 講 することができます また その 場 合 受 講 日 時 も 調 整 検 討 します 最 低 開 講 人 数 に 満 たない 場 合 でも JCN 加 古 川 校 明 石 校 にて 受 講 することができます また その 場 合 受 講 日 時 も 調 整 検 討 します 試 験 情 報 随 時 試 験 ( 別 試 験 会 場 ) 可 能 です 試 験 費 用 は 1 科 目 10,584です 6

9 時 ~1 ~16 10,801) 11 健 < 夏 期 集 中 講 座 > 医 講 療 座 カルテの 医 康 療 保 事 険 務 事 務 紹 を 介 整 点 の 理 数 仕 といった におきかえて 事 は 仕 病 事 院 も で 行 診 います 療 費 を 受 用 けた の 計 患 算 者 を のカルテに 行 います また 記 載 された 受 付 情 会 報 計 を 知 り 尽 くした 専 門 講 師 が 医 療 現 場 の 最 新 情 報 を 盛 り 込 んだ 実 践 に 役 立 つ 指 導 を 行 います 開 講 座 日 時 情 程 間 報 下 記 時 参 照 時 分 時 間 開 講 回 数 時 間 回 受 使 講 用 料 教 の 室 取 り 扱 い 号 申 込 分 締 教 別 切 室 途 日 時 教 までに 材 費 指 定 の 振 込 用 申 募 担 紙 込 集 当 で 締 定 講 金 切 員 師 融 日 機 関 へ 振 ニチイ 名 限 定 ( 最 低 開 講 人 /4( 込 金 学 館 姫 時 路 まで 校 回 カリキュラム 日 程 なし なし( 午 後 から) 講 義 オリエンテーション 内 容 初 再 診 料 医 在 療 学 宅 保 管 医 険 理 療 制 等 度 1 処 検 置 査 1 手 麻 検 術 酔 リハビリテーション 病 理 診 断 医 療 査 医 療 保 険 制 度 3 患 者 保 接 険 遇 1制 度 患 注 者 射 接 遇 画 投 像 薬 記 載 のまとめ 医 事 診 システム 断 ) 明 細 書 点 検 明 修 細 了 書 式 点 等 検 ID-6 1 8/4( 月 8/5( 火 3 8/6( 水 4 8/7( 木 5 8/8( 金 6 8/9( 土 7 8/31( 月 8 9/1( 火 9 9/( 水 10 9/3( 木 11 9/4( 金 医 療 事 務 講 座 60,000( 館 :00~1:30 13:30~16:00 数 名 10 この 講 座 では 平 成 7 年 9 月 に 実 施 予 定 の 認 定 試 験 合 格 に 向 けての 講 座 となります 検 定 には 別 途 検 定 料 ( 7,500が 必 要 です ( 毎 月 第 4 土 曜 日 ) ) 7

10 時 ~19 50,000) を1 :68 35 )16 学 次 市 力 役 の 所 向 上 警 を 察 目 官 的 とした 消 防 官 講 座 公 です 立 保 育 所 公 立 幼 稚 園 等 の 地 方 行 政 職 や 地 方 教 育 職 採 用 試 験 合 格 のための 基 礎 力 可 原 市 第 公 能 則 役 効 三 々 務 な 所 学 紹 果 年 員 次 生 介 を 度 発 年 養 直 揮 生 成 前 するためには )でも のスケジュールは3ヵ 演 習 受 講 座 可 ( 能 面 大 それらの 接 等 年 ) の 生 を からの 対 最 予 策 終 定 講 学 しており 参 座 年 加 を 生 がベストとなりますが 実 は 施 本 講 し 座 最 料 終 金 合 格 万 を 年 目 円 最 指 に にあたります 終 します 減 学 額 年 し 受 ( 大 講 が 次 可 年 年 能 生 度 です 保 教 育 養 科 択 第 一 実 践 年 講 生 座 年 警 を 察 度 募 官 開 集 講 します ( 消 予 防 定 官 の 最 公 教 終 立 養 学 保 択 年 育 一 は 所 実 単 践 公 年 講 立 度 座 幼 受 稚 講 園 回 ) 継 等 直 続 の 前 して 地 演 方 講 習 行 はその1 座 講 政 を 採 受 用 次 試 することが 試 験 験 の 対 基 策 礎 公 講 学 務 座 力 員 ( を 講 試 身 座 験 につけます 料 合 金 格 に 繋 がります受 講 が 開 講 座 日 時 情 程 間 報 下 記 参 照 時 間 開 講 回 数 時 間 回 分 時 分 受 使 講 用 料 教 の 室 取 り 扱 初 決 回 定 次 号 第 館 掲 教 別 示 学 途 等 部 教 で 内 材 連 の 費 絡 証 要 明 ) 分 書 発 行 機 募 担 申 で 集 当 証 込 定 講 書 締 員 師 を 切 購 日 入 オリエンテーション90 0 6/6( 名 土 限 定 時 分 まで い 4 回 カリキュラム 日 程 館 教 室 オリエンテーション1 講 義 内 容 論 法 作 律 文 入 対 門 策 131 法 論 律 作 入 文 門 対 策 現 代 文 1 4現 代 文 104 号 教 室 文 章 理 解 英 文 131 文 章 理 解 英 文 数 的 処 理 基 礎 16 数 的 処 理 基 礎 経 済 入 門 3 経 済 入 門 418 ) 未 定 オリエンテーション 進 路 相 談 会 ID-7 部 3 1 6/16( 6/3( 3 6/30( 4 7/7( 5 7/1( 6 7/8( ) 7 10/6( 8 10/13( 9 10/0( 10 10/7( 11 11/10( 1 11/17( 13 11/4( 14 1/1( 15 1/8( 16 1/15( 17 1/1( 18 1/19( 火 公 務 員 試 験 対 策 講 座 < 基 礎 力 養 成 講 座 > 0,000( 0 館 学 30 門 :0~17:50 8 座 + (4/7~6/6まで) OVO 30 1.この 講 座 では 欠 席 する 場 合 DVD 受 講 が 可 能 です. 最 終 学 年 ( 大 学 4 年 生 保 育 科 一 部 年 生 三 部 3 年 生 ) 学 生 は 講 座 料 金 支 払 時 に 学 生 支 援 課 へ 申 し 出 てください 学 4 門 18:00~19:30 部

11 木 金 月 火 月 月 水 月 火 116 開 講 作 警 座 文 察 日 時 情 や 官 程 間 報 面 接 消 指 防 導 官 等 市 実 役 践 所 的 教 な 員 講 採 座 用 を 試 展 験 開 の します 教 養 科 目 の 対 策 を 行 月 次 試 験 対 策 講 座 として 論 下 記 参 照 時 募 間 集 定 開 員 講 回 数 時 間 回 います また 1 名 からは 受 使 講 用 料 教 の 室 取 り 扱 号 号 館 教 別 室 学 途 他 部 教 内 材 の 費 証 要 明 ) 書 発 行 機 担 申 で 当 証 込 講 書 締 師 を 切 購 日 入 限 定 /15( 水 時 まで い 4 回 カリキュラム 日 時 間 教 室 務 員 研 究 科 会 目 1 回 日 時 間 教 室 的 然 処 理 演 科 生 目 物 判 ) 断 推 理 ) 政 章 理 習 現 英 ( 社 代 会 1 5/7( 30 断 推 作 然 文 対 法 法 律 生 物 ) 社 章 理 解 会 学 ( 経 習 ( 政 治 文 会 断 数 地 経 済 )) 作 然 文 科 対 学 化 学 数 学 物 理 地 ) 的 処 理 演 学 ) 文 科 推 料 的 理 解 処 推 ) 理 演 習 数 的 接 然 事 指 科 対 然 科 生 物 1) 学 演 公 務 物 員 理 研 究 化 学 ) 1.( 57 ID-8 公 ) 16:0~17: /11( ) 16:0~19: /1( ) 16:0~19: /15( ) 16:0~19: /18( ) 16:0~19:30-04 判 6 5/19( ) 16:0~19: /( ) 16:0~19: /5( ) 16:0~19:30-04 社 9 5/6( ) 16:0~19: /9( ) 16:0~19: /1( ) 16:0~19: /( ) 16:0~19:30-04 判 13 6/8( ) 16:0~19: /9( ) 16:0~19: /15( ) 16:0~19: /16( ) 16:0~19: /( ) 16:0~19: /3( ) 16:0~19:30-04 人 19 6/9( ) 16:0~19: /30( ) 16:0~19: /6( ) 16:0~19:30-04 資 7/7( ) 16:0~19:30-04 数 3 7/13( ) 16:0~19: /14( ) 16:0~19:30-04 自 5 7/1( ) 16:0~19: /18( ) 10:00~13: /5( ) 10:00~13: /15( ) 10:00~13:10 9 9/8( ) 16:0~19:30 公 務 員 試 験 対 策 講 座 < 警 察 官 消 防 官 市 役 所 教 員 > 50,000( 館 10 数 9/9( ) 16:0~19:30 自 治 31 10/5( ) 16:0~19: /6( ) 16:0~19:30 1.) 33 10/13( ) 16:0~19:30 文 理 34 10/19( ) 16:0~19: /0( ) 16:0~19:30 3.4) 論 律 36 10/7( ) 16:0~19:30 1.) 自 37 11/9( ) 16:0~19: /10( ) 16:0~19:30 5.6) 会 39 11/16( ) 16:0~19:30 3.4) 文 済 40 11/17( ) 16:0~19:30 1.) 41 11/4( ) 16:0~19: /30( ) 16:0~19:30 3.4) 人 社 43 1/1( ) 16:0~19: /8( ) 16:0~19:30 論 自 /15( ) 16:0~19: /1( ) 16:0~19: /19( ) 16:0~19:30 学 数 /6( ) 16:0~19: /16( ) 10:00~13: /3( ) 10:00~13:10 釈 理 時 /1( ) 10:00~13: /( ) 10:00~13:10 学 面 自 /7( ) 10:00~13: /8( ) 10:00~15: /15( ) 10:00~15: /8( ) 10:00~15:40 3/9( ) 10:00~13:10 1.( 9 (4/4~4/15まで) OVO 1.この 講 座 ではDVD 受 講 が 可 能 です. 最 終 学 年 ( 大 学 4 年 生 保 育 科 一 部 年 生 三 部 3 年 生 ) 学 生 は 講 座 料 金 支 払 時 に 学 生 支 援 課 へ 申 し 出 てください 学 習 3.4( 解 1.( 3.4( 文 1.) 1.) 策 文 5.6( 3.4) 1. 1.( ( 学 ( 5.6( 7.8( 策 9.10( 3.4( 習 3.4 導 策 習 会 5.6(

12 ~16 は17 模 擬 試 験 等 教 員 採 用 試 験 受 験 予 定 者 教 員 採 用 試 験 対 策 模 擬 試 験 5 月 8 日 ( 金 ) 実 施 申 込 締 切 4/4( 金 ) ( 学 生 負 担 : 1,500) 公 立 保 育 士 幼 稚 園 教 諭 受 験 予 定 者 公 立 幼 稚 園 保 育 士 採 用 試 験 模 擬 試 験 5 月 16 日 ( 土 ) 実 施 申 込 締 切 5/8( 金 ) ( 学 生 負 担 : 1,000) 公 務 員 ( 警 察 消 防 市 役 所 等 ) 受 験 予 定 者 公 務 員 試 験 採 用 模 擬 試 験 1 月 実 施 予 定 11 月 掲 示 メールでお 知 らせ 国 家 試 験 対 策 模 擬 試 験 は 各 学 科 で 実 施 します 上 記 の 申 込 問 い 合 わせは 学 生 支 援 課 まで 受 講 料 の 納 入 日 程 等 の 変 更 は 決 定 次 第 掲 示 メールでお 知 らせしています 受 講 者 は 教 学 情 報 システムのメール 配 信 に 登 録 設 定 してください 平 テスト 日 期 時 間 中 授 時 業 のない 分 土 期 曜 間 日 中 の 平 時 日 時 までです 分 < 兵 教 庫 学 県 加 古 川 市 平 岡 町 新 在 9 部 学 ~19 生 支 援 課 > 9 家 TEL ( 直 )FAX 学 生 支 援 課 の 利 用 時 間 と 問 合 せ 先 利 用 時 間 問 合 せ 先 10

募 集 学 科 募 集 定 員 募 集 学 科 衛 生 看 護 科 (5 年 一 貫 看 護 師 養 成 課 程 ) ( 募 集 定 員 200 名 40 名 160 名 ) 40 名 計 240 名 出 願 に 必 要 な 書 類 の 請 求 について 生 徒 募 集 要 項 ( 入 学 願 書

募 集 学 科 募 集 定 員 募 集 学 科 衛 生 看 護 科 (5 年 一 貫 看 護 師 養 成 課 程 ) ( 募 集 定 員 200 名 40 名 160 名 ) 40 名 計 240 名 出 願 に 必 要 な 書 類 の 請 求 について 生 徒 募 集 要 項 ( 入 学 願 書 平 成 2 5 年 度 生 徒 募 集 要 項 学 校 法 人 加 茂 暁 星 学 園 加 茂 暁 星 高 等 学 校 959-1322 新 潟 県 加 茂 市 学 校 町 16 番 18 号 TEL(0256)52 2000( 代 表 ) FAX(0256)52 2003 募 集 学 科 募 集 定 員 募 集 学 科 衛 生 看 護 科 (5 年 一 貫 看 護 師 養 成 課 程 ) ( 募

More information

8

8 平 成 28 年 度 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 事 業 所 整 備 事 業 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 八 尾 市 地 域 福 祉 部 高 齢 介 護 課 1 0 1. 募 集 の 趣 旨 八 尾 市 ( 以 下 市 という )では 第 6 期 八 尾 市 高 齢 者 保 健 福 祉 計 画 及 び 介 護 保 険 事 業 計 画 ( 以 下 第 6 期 計

More information

03-全学部入試一般入学試験p27-.indd

03-全学部入試一般入学試験p27-.indd 平 成 27 年 度 全 学 部 入 試 一 般 入 学 試 験 試 験 日 と 実 施 学 部 2 月 試 験 ( 前 期 ) 特 別 奨 学 生 採 用 対 象 試 験 - 成 績 上 位 者 100 名 に 奨 学 金 を 給 付 - 試 験 会 場 熊 谷 キャンパス 横 浜 さいたま 柏 高 崎 札 幌 仙 台 新 潟 静 岡 福 岡 2 月 試 験 ( 後 期 ) 試 験 会 場 熊 谷

More information

平 成 28 度 秋 入 学 福 井 工 業 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 博 士 前 期 課 程 社 会 人 入 学 試 験 要 項 1. 趣 旨 大 学 院 への 社 会 人 入 学 制 度 は 企 業 官 公 庁 等 の 在 職 者 または 一 定 期 間 実 践 的 な 社 会 人

平 成 28 度 秋 入 学 福 井 工 業 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 博 士 前 期 課 程 社 会 人 入 学 試 験 要 項 1. 趣 旨 大 学 院 への 社 会 人 入 学 制 度 は 企 業 官 公 庁 等 の 在 職 者 または 一 定 期 間 実 践 的 な 社 会 人 平 成 28 度 秋 入 学 福 井 工 業 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 博 士 前 期 課 程 入 学 試 験 要 項 社 会 人 入 試 福 井 工 業 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 アドミッションポリシー 21 世 紀 の 知 識 基 盤 社 会 において 大 学 院 における 高 い 専 門 的 知 識 能 力 をもつ 高 度 専 門 職 業 人 の 養 成 や 産 業

More information

税務事務業務委託仕様書

税務事務業務委託仕様書 別 紙 1 税 務 事 務 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 委 託 期 間 平 成 28 年 8 月 1 日 から 平 成 33 年 7 月 31 日 まで 単 年 度 契 約 であるが 初 年 度 を 含 み5 年 間 ( 予 定 )の 継 続 委 託 を 原 則 とする ただし 事 業 評 価 を 行 ったうえで 継 続 の 可 否 を 決 める また 番 号 制 度 における 情 報

More information

1. 入 試 概 要 募 集 人 員 高 松 大 学 男 女 共 学 : 修 業 年 限 4 年 高 松 短 期 大 学 男 女 共 学 : 修 業 年 限 2 年 高 松 大 学 入 試 区 分 発 達 科 学 部 子 ども 発 達 学 科 経 営 学 部 経 営 学 科 保 育 学 科 高 松

1. 入 試 概 要 募 集 人 員 高 松 大 学 男 女 共 学 : 修 業 年 限 4 年 高 松 短 期 大 学 男 女 共 学 : 修 業 年 限 2 年 高 松 大 学 入 試 区 分 発 達 科 学 部 子 ども 発 達 学 科 経 営 学 部 経 営 学 科 保 育 学 科 高 松 社 会 人 入 学 について( 授 業 時 間 9:00~17:50) 高 松 大 学 発 達 科 学 部 子 ども 発 達 学 科 学 校 を 卒 業 して 社 会 人 として 仕 事 をしている 方 で もう 一 度 大 学 生 となって 勉 強 したいという 方 々のために 社 会 人 入 試 を 実 施 しています 近 年 少 子 化 が 進 んでいますが 子 育 て 支 援 の 方 策 も

More information

教 育 目 標 本 学 では 医 学 領 域 を 主 にした 学 問 を 基 盤 に 理 学 療 法 士 として 必 要 な 高 い 専 門 知 識 と 技 術 の 修 得 学 問 への 探 求 心 の 育 成 患 者 の 心 理 の 理 解 と 援 助 に 努 め 多 様 な 職 種 及 び 社

教 育 目 標 本 学 では 医 学 領 域 を 主 にした 学 問 を 基 盤 に 理 学 療 法 士 として 必 要 な 高 い 専 門 知 識 と 技 術 の 修 得 学 問 への 探 求 心 の 育 成 患 者 の 心 理 の 理 解 と 援 助 に 努 め 多 様 な 職 種 及 び 社 目 次 教 育 目 標 養 成 する 人 材 像 アドミッションポリシー 1 選 抜 方 式 募 集 人 員 1 入 学 検 定 料 1 A O 入 試 2 社 会 人 / 大 卒 者 入 試 3 推 薦 入 試 4 一 般 入 試 5 出 願 手 続 6 出 願 上 の 注 意 8 試 験 当 日 の 注 意 事 項 8 合 格 発 表 通 知 の 方 法 8 学 納 金 等 9 入 学 辞 退

More information

1. 目 的 社 会 福 祉 主 事 として 必 要 な 基 礎 的 知 識 および 技 術 について 通 信 教 育 ( 面 接 授 業 4 日 間 を 含 む)の 方 法 により 教 授 し 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )に 定 める 社 会 福 祉 主 事

1. 目 的 社 会 福 祉 主 事 として 必 要 な 基 礎 的 知 識 および 技 術 について 通 信 教 育 ( 面 接 授 業 4 日 間 を 含 む)の 方 法 により 教 授 し 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )に 定 める 社 会 福 祉 主 事 厚 生 労 働 省 委 託 公 務 員 課 程 2016[ 平 成 28] 年 度 受 講 案 内 受 講 申 込 締 切 日 2016 年 4 月 1 日 ( 金 ) 1. 目 的 社 会 福 祉 主 事 として 必 要 な 基 礎 的 知 識 および 技 術 について 通 信 教 育 ( 面 接 授 業 4 日 間 を 含 む)の 方 法 により 教 授 し 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26

More information

2017大学院入試要項.indd

2017大学院入試要項.indd CONTENTS 1 大 院 概 要 入 者 受 け 入 れ 方 針 2 2 募 集 人 員 入 試 日 程 3 1. 募 集 人 員 3 2. 入 試 日 程 3 3 入 試 験 概 要 3 1. 一 般 選 抜 出 願 資 格 3 2. 内 進 出 願 資 格 5 3. 選 抜 方 法 と 試 験 時 間 割 5 4. 出 願 書 類 6 5. 入 検 定 料 7 6. 出 願 について 7 7.

More information

表1-4out_ilCS2.eps

表1-4out_ilCS2.eps 4 履 修 方 法 [] 時 間 割 の 作 成 所 属 学 部 学 科 課 程 等 が 定 める 履 修 基 準 に 基 づいて 各 科 目 の 履 修 に 関 する 説 明 及 びシラバス( 授 業 案 内 ) 等 を 参 考 にしながら 各 自 で 時 間 割 を 作 成 してください. Guidance0 及 び 所 属 学 部 の 履 修 案 内 で 必 修 科 目 を 確 認 し 履 修

More information

豊中市立特別養護老人ホームほづみ

豊中市立特別養護老人ホームほづみ 豊 中 市 立 介 護 老 人 保 健 施 設 指 定 管 理 者 提 案 要 項 平 成 27 年 (2015 年 )5 月 豊 中 市 健 康 福 祉 部 保 健 所 保 健 医 療 課 1. 基 本 的 事 項... 1 (1) 指 定 管 理 者 選 定 の 趣 旨... 1 (2) 基 本 条 件 運 営 方 針... 2 (3) 施 設 の 概 要... 3 2. 管 理 運 営 業 務

More information

1 試 験 区 分 採 用 予 定 人 員 勤 務 先 及 び 勤 務 内 容 並 びに 受 験 資 格 試 験 区 分 事 務 大 学 卒 病 院 事 務 大 学 卒 土 木 大 学 卒 採 用 予 定 人 員 3 名 程 度 1 名 程 度 1 名 程 度 勤 務 先 及 び 勤 務 内 容 さ

1 試 験 区 分 採 用 予 定 人 員 勤 務 先 及 び 勤 務 内 容 並 びに 受 験 資 格 試 験 区 分 事 務 大 学 卒 病 院 事 務 大 学 卒 土 木 大 学 卒 採 用 予 定 人 員 3 名 程 度 1 名 程 度 1 名 程 度 勤 務 先 及 び 勤 務 内 容 さ 平 成 28 年 度 さぬき 市 職 員 募 集 要 項 A 事 務 大 学 卒 病 院 事 務 大 学 卒 土 木 大 学 卒 建 築 大 学 卒 税 務 専 門 職 保 健 師 保 育 士 幼 稚 園 教 諭 申 込 受 付 平 成 28 年 7 月 19 日 火 ~ 8 月 15 日 月 第 1 次 試 験 平 成 28 年 9 月 18 日 日 1 試 験 区 分 採 用 予 定 人 員 勤

More information

出 願 から 入 学 手 続 までの 流 れ 受 験 する 専 攻 入 試 の 種 類 及 び 日 程 の 決 定 2 日 程 一 覧 を 参 照 出 願 書 類 の 準 備 出 願 受 付 開 始 ( 第 2 期 ) 8 月 10 日 ( 水 )~ 入 学 志 願 票 調 査 票 証 明 書 類

出 願 から 入 学 手 続 までの 流 れ 受 験 する 専 攻 入 試 の 種 類 及 び 日 程 の 決 定 2 日 程 一 覧 を 参 照 出 願 書 類 の 準 備 出 願 受 付 開 始 ( 第 2 期 ) 8 月 10 日 ( 水 )~ 入 学 志 願 票 調 査 票 証 明 書 類 平 成 28(2016) 年 度 10 月 入 学 平 成 29(2017) 年 度 4 月 入 学 産 業 技 術 大 学 院 大 学 産 業 技 術 研 究 科 ( 専 門 職 学 位 課 程 ) 情 報 アーキテクチャ 専 攻 創 造 技 術 専 攻 AIIT 単 位 バンク 登 録 生 ( 科 目 等 履 修 生 ) 向 け 入 試 学 生 募 集 要 項 第 2 期 AIIT 単 位 バンク

More information

公 益 社 団 法 人 兵 庫 県 看 護 協 会 認 定 看 護 師 教 育 課 程 1. 兵 庫 県 看 護 協 会 における 認 定 看 護 師 教 育 の 沿 革 日 本 看 護 協 会 は 特 定 の 看 護 分 野 において 熟 練 した 看 護 技 術 と 知 識 を 用 いて 水 準

公 益 社 団 法 人 兵 庫 県 看 護 協 会 認 定 看 護 師 教 育 課 程 1. 兵 庫 県 看 護 協 会 における 認 定 看 護 師 教 育 の 沿 革 日 本 看 護 協 会 は 特 定 の 看 護 分 野 において 熟 練 した 看 護 技 術 と 知 識 を 用 いて 水 準 2016 年 度 認 定 看 護 師 教 育 課 程 募 集 要 項 認 知 症 看 護 慢 性 心 不 全 看 護 公 益 社 団 法 人 兵 庫 県 看 護 協 会 公 益 社 団 法 人 兵 庫 県 看 護 協 会 認 定 看 護 師 教 育 課 程 1. 兵 庫 県 看 護 協 会 における 認 定 看 護 師 教 育 の 沿 革 日 本 看 護 協 会 は 特 定 の 看 護 分 野 において

More information

2 出 願 資 格 平 成 27 年 4 月 1 日 以 降 に 本 学 に 在 学 する 者 以 外 の 者 で 次 に 該 当 するものとします (1) 一 般 高 等 学 校 又 は 中 等 教 育 学 校 を 卒 業 した 者 ( 見 込 みの 者 を 含 む) (2) 特 例 制 度 を

2 出 願 資 格 平 成 27 年 4 月 1 日 以 降 に 本 学 に 在 学 する 者 以 外 の 者 で 次 に 該 当 するものとします (1) 一 般 高 等 学 校 又 は 中 等 教 育 学 校 を 卒 業 した 者 ( 見 込 みの 者 を 含 む) (2) 特 例 制 度 を 平 成 27 年 度 岡 山 県 立 大 学 科 目 等 履 修 生 募 集 要 項 1 募 集 人 員 (1) 一 般 学 部 名 保 健 福 祉 学 部 情 報 工 学 部 デザイン 学 部 募 集 人 員 ( 注 )1 正 規 課 程 の 学 生 の 教 育 に 支 障 のない 範 囲 内 とします 2 保 健 福 祉 学 部 の 授 業 科 目 によっては 次 の(2)の 者 の 履 修 を

More information

2 出 願 資 格 審 査 前 記 1の 出 願 資 格 (5) 又 は(6) により 出 願 を 希 望 する 者 には, 出 願 に 先 立 ち 出 願 資 格 審 査 を 行 いますので, 次 の 書 類 を 以 下 の 期 間 に 岡 山 大 学 大 学 院 自 然 科 学 研 究 科 等

2 出 願 資 格 審 査 前 記 1の 出 願 資 格 (5) 又 は(6) により 出 願 を 希 望 する 者 には, 出 願 に 先 立 ち 出 願 資 格 審 査 を 行 いますので, 次 の 書 類 を 以 下 の 期 間 に 岡 山 大 学 大 学 院 自 然 科 学 研 究 科 等 Ⅱ 入 学 者 選 抜 試 験 学 生 募 集 要 項 ( 自 然 科 学 研 究 科 環 境 学 研 究 科 共 通 ) ( 入 学 時 期 : 平 成 18 年 10 月 又 は 平 成 19 年 4 月 ) 1 出 願 資 格 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 者 です (1) 修 士 の 学 位 若 しくは 専 門 職 学 位 を 有 する 者 又 は 平 成 19 年 3 月 (

More information

日 本 学 生 支 援 機 構 申 し 込 みから 採 用 までの 流 れ (おおよその 目 安 です) すべての 連 絡 は 掲 示 板 で 行 います 見 落 としのないように!! 1 掲 示 4 月 2 日 に 掲 示 板 にて 募 集 の 案 内 をいたします 2 出 願 説 明 会 説 明

日 本 学 生 支 援 機 構 申 し 込 みから 採 用 までの 流 れ (おおよその 目 安 です) すべての 連 絡 は 掲 示 板 で 行 います 見 落 としのないように!! 1 掲 示 4 月 2 日 に 掲 示 板 にて 募 集 の 案 内 をいたします 2 出 願 説 明 会 説 明 < 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 旧 日 本 育 英 会 ) 奨 学 金 > 日 本 学 生 支 援 機 構 への 奨 学 金 事 業 の 引 継 ぎについてのおしらせ 日 本 育 英 会 は 平 成 16 年 3 月 31 日 をもって 廃 止 され 奨 学 金 事 業 は4 月 1 日 から 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 に 移 管 されることになりました 奨 学

More information

1 の 方 法 種 目 方 法 内 容 配 点 時 間 1 2 基 教 礎 養 自 己 P R シート 論 人 文 物 択 一 式 知 識 分 野 20 問 必 須 解 答 知 能 分 野 20 問 必 須 解 答 記 述 式 記 述 式 1 題 必 須 解 答 1,2 0 字 程 度 ( 1 日

1 の 方 法 種 目 方 法 内 容 配 点 時 間 1 2 基 教 礎 養 自 己 P R シート 論 人 文 物 択 一 式 知 識 分 野 20 問 必 須 解 答 知 能 分 野 20 問 必 須 解 答 記 述 式 記 述 式 1 題 必 須 解 答 1,2 0 字 程 度 ( 1 日 平 成 26 年 度 (2014 年 度 ) 神 奈 川 チャレンジ 早 期 枠 のお 知 らせ 神 奈 川 県 職 員 採 用 Ⅰ 種 行 政 ( 神 奈 川 チャレンジ 早 期 枠 ) 民 間 企 業 志 望 だけど 公 務 員 にも 興 味 がある そんな 方 にもチャレンジしていただきたい です 専 門 はありません 自 己 PRシートやプレゼンテーションで 意 欲 向 上 心 行 動 力

More information

TOHOKU FUKUSHI UNIVERSITY 28 度 東 北 福 祉 大 学 大 学 院 入 学 試 験 要 項 総 合 福 祉 学 研 究 科 東 北 福 祉 大 学 目 次 Ⅰ 1 Ⅱ 5 Ⅲ 9 Ⅳ 13 Ⅴ 17 Ⅵ 21 Ⅶ 23 Ⅷ 25 Ⅸ 27 Ⅹ 30 Ⅺ 30 Ⅻ 31 Ⅻ 39 1 3 3 5 6 10 13 16 16 17 1 5 9 28 度 東 北 福 祉

More information

個 人 情 報 の 取 り 扱 いについて 出 願 および 入 学 手 続 にあたってお 知 らせいただいた 氏 名 住 所 その 他 の 個 人 情 報 は 1 入 学 試 験 実 施 ( 出 願 処 理 試 験 実 施 )2 合 格 発 表 3 入 学 手 続 と これらに 付 随 する 事 項

個 人 情 報 の 取 り 扱 いについて 出 願 および 入 学 手 続 にあたってお 知 らせいただいた 氏 名 住 所 その 他 の 個 人 情 報 は 1 入 学 試 験 実 施 ( 出 願 処 理 試 験 実 施 )2 合 格 発 表 3 入 学 手 続 と これらに 付 随 する 事 項 2016 年 度 ( 平 成 28 年 度 ) 上 智 大 学 大 学 院 入 試 要 項 ( 共 通 ) 文 学 研 究 科 ( 哲 学 専 攻 ) 実 践 宗 教 学 研 究 科 ( 死 生 学 専 攻 ) 含 む この 入 試 要 項 ( 共 通 )には 上 智 大 学 大 学 院 入 学 試 験 における 全 専 攻 共 通 事 項 ( 出 願 資 格 出 願 手 続 入 試 日 程 奨 学

More information

Ⅰ 事 業 の 概 要 急 速 に 過 疎 化 が 進 んでいる 丸 岡 町 竹 田 地 域 に 活 力 を 与 え 定 住 促 進 及 び 地 域 間 交 流 を 促 進 するため 平 成 26 年 3 月 に 廃 校 となった 旧 竹 田 小 学 校 の 校 舎 の 利 活 用 について 地 区

Ⅰ 事 業 の 概 要 急 速 に 過 疎 化 が 進 んでいる 丸 岡 町 竹 田 地 域 に 活 力 を 与 え 定 住 促 進 及 び 地 域 間 交 流 を 促 進 するため 平 成 26 年 3 月 に 廃 校 となった 旧 竹 田 小 学 校 の 校 舎 の 利 活 用 について 地 区 坂 井 市 旧 竹 田 小 学 校 校 舎 等 利 活 用 改 修 工 事 設 計 者 選 定 プロポーザル 募 集 要 領 平 成 26 年 7 月 7 日 平 成 26 年 8 月 20 日 一 部 修 正 坂 井 市 役 所 総 務 部 企 画 情 報 課 Ⅰ 事 業 の 概 要 急 速 に 過 疎 化 が 進 んでいる 丸 岡 町 竹 田 地 域 に 活 力 を 与 え 定 住 促 進 及

More information

平成27年度日本赤十字北海道看護大学 学生募集要項

平成27年度日本赤十字北海道看護大学 学生募集要項 目 次 はじめに/アドミッションポリシー/ 特 待 生 制 度 1 平 成 27 年 度 入 学 試 験 の 概 要 2 推 薦 入 学 試 験 4 一 般 入 学 試 験 ( 前 期 ) 6 一 般 入 学 試 験 ( 後 期 ) 8 大 学 入 試 センター 試 験 利 用 入 学 試 験 10 社 会 人 入 学 試 験 12 授 業 料 等 の 納 付 金 14 奨 学 金 15 注 意 事

More information

平成22年度

平成22年度 平 成 27 年 度 横 浜 市 職 員 採 用 試 験 受 験 案 内 ( 高 校 卒 程 度 免 許 資 格 職 など) 平 成 27 年 6 月 横 浜 市 人 事 委 員 会 募 集 職 種 事 務 土 木 機 械 電 気 保 育 士 司 書 学 校 栄 養 職 員 ( 救 急 救 命 士 ) 第 一 次 試 験 日 平 成 27 年 9 月 27 日 ( 日 ) 24 時 間 申 込 可

More information

5. 個 ロッカー 下 箱 入 学 と 同 時 に 個 人 用 ロッカー 下 足 箱 を 各 1 個 貸 与 します その 使 用 管 理 は 学 生 本 人 に 責 任 を 持 ち 行 ってもら います 鍵 を 使 用 する 場 合 は 各 自 で 南 京 錠 ( 生 協 購 買 で 販 売 して

5. 個 ロッカー 下 箱 入 学 と 同 時 に 個 人 用 ロッカー 下 足 箱 を 各 1 個 貸 与 します その 使 用 管 理 は 学 生 本 人 に 責 任 を 持 ち 行 ってもら います 鍵 を 使 用 する 場 合 は 各 自 で 南 京 錠 ( 生 協 購 買 で 販 売 して 6 学 生 生 活 について 1. 原 付 転 通 学 原 付 自 転 車 による 通 学 は 学 生 課 に 所 定 の 用 紙 で 駐 輪 場 使 用 届 を 提 出 し 使 用 ステッカーの 交 付 を 受 け 原 付 自 転 車 のよくわかる 部 分 に 貼 付 してください 駐 輪 場 の 収 容 台 数 の 都 合 により 受 付 台 数 には 制 限 があります 使 用 上 の 確 認

More information

目 次 1 基 本 理 念 1 2 教 育 目 標 1 3 アドミッション ポリシー 1 4 カリキュラム ポリシー 1 5 ディプロマ ポリシー 2 6 募 集 人 員 3 7 出 願 資 格 3 8 出 願 手 続 4 9 入 学 者 の 選 抜 方 法 6 10 合 格 発 表 7 11 入

目 次 1 基 本 理 念 1 2 教 育 目 標 1 3 アドミッション ポリシー 1 4 カリキュラム ポリシー 1 5 ディプロマ ポリシー 2 6 募 集 人 員 3 7 出 願 資 格 3 8 出 願 手 続 4 9 入 学 者 の 選 抜 方 法 6 10 合 格 発 表 7 11 入 目 次 1 基 本 理 念 1 2 教 育 目 標 1 3 アドミッション ポリシー 1 4 カリキュラム ポリシー 1 5 ディプロマ ポリシー 2 6 募 集 人 員 3 7 出 願 資 格 3 8 出 願 手 続 4 9 入 学 者 の 選 抜 方 法 6 10 合 格 発 表 7 11 入 学 手 続 等 8 12 ホームページ 10 13 問 い 合 わせ 先 10 願 書 等 の 記 入

More information

花園大学院入試要項_福祉.indd

花園大学院入試要項_福祉.indd 2 0 1 7 ( 平 成 29) 年 度 大 学 院 社 会 福 祉 学 研 究 科 入 学 試 験 要 項 ( 修 士 課 程 ) 秋 季 春 季 募 集 一 般 入 学 試 験 社 会 人 入 学 試 験 ( 臨 床 心 理 学 領 域 を 除 く) 留 学 生 入 学 試 験 ( 臨 床 心 理 学 領 域 を 除 く) 花 園 大 学 目 次 1. 研 究 科 専 攻 領 域 募 集 定

More information

第 4 条 会 員 登 録 1. CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 は 無 審 査 で 会 員 登 録 されます 2. 会 員 登 録 ができるのは CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 および CNCP サポーターと CNCP か

第 4 条 会 員 登 録 1. CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 は 無 審 査 で 会 員 登 録 されます 2. 会 員 登 録 ができるのは CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 および CNCP サポーターと CNCP か CNCP マッチングサイト 利 用 規 約 (2016.7.27) 第 1 条 総 則 1. 本 利 用 規 約 は 特 定 非 営 利 活 動 法 人 シビル NPO 連 携 プラットフォーム( 以 下 CNCP と 称 する)が 提 供 する インターネットサイトで 業 務 委 託 者 ( 以 下 クライアントと 称 する)と 業 務 受 託 者 ( 以 下 メンバーと 称 する)の マッチングを

More information

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 改 案 旧 照 文 昭 和 1 0 自 治 昭 和 54 安 昭 和 55 昭 和 56 労 働 昭 和 6 昭 和 6 警 察 昭 和 66 運 昭 和 68 大 期 7 併 7 1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 根

More information

[静岡大学の理念]

[静岡大学の理念] 各 位 静 岡 大 学 大 学 院 人 文 社 会 科 学 研 究 科 本 研 究 科 経 済 専 攻 第 2 次 募 集 要 項 については 次 項 以 降 に 掲 載 しておりますが 実 際 の 出 願 にあたっては 下 記 の 請 求 方 法 により 学 生 募 集 要 項 を 入 手 し 所 定 の 様 式 により 出 願 をお 願 いします 記 学 生 募 集 要 項 の 請 求 方 法

More information

Microsoft Word - 【最終】28民間-受験案内_280421

Microsoft Word - 【最終】28民間-受験案内_280421 この 試 験 は 文 化 芸 術 スポーツ 分 野 又 は 地 域 おこし 協 力 隊 等 での 経 験 等 を 活 かし 意 欲 を 持 って 本 県 の 地 方 創 生 元 気 づくりの 展 開 に 向 けた 取 組 に 貢 献 していただけるかた 鳥 取 県 へのIターン Jターン Uターンを 希 望 しているかた 民 間 企 業 等 で 培 った 経 験 を 活 かし 鳥 取 県 職 員 として

More information

( 投 票 会 員 ) 第 4 条 指 定 金 融 機 関 の 普 通 預 金 口 座 から 入 金 し 電 話 投 票 等 を 利 用 するには 本 規 約 及 びOP 所 定 の 手 続 きに 従 い 申 込 み 投 票 会 員 ( 以 下 投 票 会 員 といいます )となる 必 要 がありま

( 投 票 会 員 ) 第 4 条 指 定 金 融 機 関 の 普 通 預 金 口 座 から 入 金 し 電 話 投 票 等 を 利 用 するには 本 規 約 及 びOP 所 定 の 手 続 きに 従 い 申 込 み 投 票 会 員 ( 以 下 投 票 会 員 といいます )となる 必 要 がありま オッズパーク 投 票 会 員 規 約 (ジャパンネット 銀 行 会 員 用 ) 私 は ジャパンネット 銀 行 株 式 会 社 ( 以 下 指 定 金 融 機 関 といいます )の 普 通 預 金 口 座 を 用 い たオッズパーク 在 宅 投 票 システムによる 電 話 投 票 及 びインターネット 投 票 ( 以 下 併 せて 電 話 投 票 等 といいます )を 利 用 するにあたり この 投

More information

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の 伊 勢 原 市 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 仕 様 書 1 件 名 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 2 業 務 に 関 する 基 本 方 針 (1) 市 役 所 において 日 常 特 に 多 くの 市 民 が 訪 れる 窓 口 であり 様 々な 権 利 義 務 を 伴 う 手 続 きにあたって 必 要 となる 重 要 な 業 務 であることを 認 識 し 適 正

More information

目 次 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 事 務 手 続 きの 標 準 的 な 流 れ 1 2 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 について 2-1 法 人 設 立 認 可 申 請 提 出 書 類 の 作 成 要 領 2 はじめに 書 類 作 成 上 の 留 意 点 1

目 次 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 事 務 手 続 きの 標 準 的 な 流 れ 1 2 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 について 2-1 法 人 設 立 認 可 申 請 提 出 書 類 の 作 成 要 領 2 はじめに 書 類 作 成 上 の 留 意 点 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 の 手 引 き 横 浜 市 健 康 福 祉 局 監 査 課 電 話 045(671)4195 FAX 045(662)1658 E- mail kf-kansa-shomu@city.yokohama.jp 平 成 25 年 7 月 改 訂 目 次 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 事 務 手 続 きの 標 準 的 な 流 れ 1 2

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

2 昼 課 程 要 項 ( 理 容 科 美 容 科 ) 要 項 納 金 について 要 項 一 覧 区 分 特 待 生 推 薦 ( 特 待 自 動 採 用 ) 推 薦 ( 特 待 自 動 採 用 ) 自 己 推 薦 ( 特 待 自 動 採 用 ) 一 般 前 期 後 期 資 1 高 卒 以 上 の 方

2 昼 課 程 要 項 ( 理 容 科 美 容 科 ) 要 項 納 金 について 要 項 一 覧 区 分 特 待 生 推 薦 ( 特 待 自 動 採 用 ) 推 薦 ( 特 待 自 動 採 用 ) 自 己 推 薦 ( 特 待 自 動 採 用 ) 一 般 前 期 後 期 資 1 高 卒 以 上 の 方 募 集 要 項 平 成 29 度 生 用 CONTENTS 1 八 戸 理 容 美 容 専 門 校 教 育 方 針 定 員 カリキュラム 2 昼 課 程 要 項 ( 理 容 科 美 容 科 ) 要 項 納 金 について 3 夜 課 程 要 項 ( 社 会 人 コース 美 容 科 ) 要 項 納 金 について 4 特 待 生 制 度 各 種 優 遇 制 度 その 他 5 奨 金 及 び 教 育 ローン

More information

「μ star 会員」めいてつWeb会員特約

「μ star 会員」めいてつWeb会員特約 μstar 会 員 めいてつ Web 会 員 特 約 第 1 条 ( 本 特 約 ) 1. 本 特 約 は 次 条 に 定 める 会 員 に 対 し 株 式 会 社 名 鉄 百 貨 店 ( 以 下 名 鉄 百 貨 店 とい います )が 定 める めいてつ Web 会 員 規 約 ( 以 下 Web 規 約 といいます )の 特 約 とし て 定 めるものであり 本 特 約 と Web 規 約 が

More information

(18) 教 育 保 育 給 付 費 国 庫 負 担 金 に 関 する 業 務 (19) 子 ども 子 育 て 支 援 交 付 金 に 関 する 業 務 (20) 保 育 対 策 総 合 支 援 事 業 費 補 助 金 教 育 支 援 体 制 整 備 事 業 費 交 付 金 に 関 する 業 務 (

(18) 教 育 保 育 給 付 費 国 庫 負 担 金 に 関 する 業 務 (19) 子 ども 子 育 て 支 援 交 付 金 に 関 する 業 務 (20) 保 育 対 策 総 合 支 援 事 業 費 補 助 金 教 育 支 援 体 制 整 備 事 業 費 交 付 金 に 関 する 業 務 ( 堺 市 子 育 て 支 援 業 務 事 務 処 理 センター 運 営 業 務 仕 様 書 1 業 務 名 称 堺 市 子 育 て 支 援 業 務 事 務 処 理 センター 運 営 業 務 2 業 務 目 的 堺 市 役 所 本 庁 区 役 所 においては 児 童 手 当 や 児 童 扶 養 手 当 等 を 含 め 膨 大 な 事 務 処 理 を 行 っている さらに 平 成 27 年 度 からの 子

More information

スライド 1

スライド 1 院 内 IT 情 報 セキュリティの ご 提 案 株 式 会 社 プロアス 1 弊 社 のご 紹 介 名 称 設 立 代 表 取 締 役 所 在 地 : 株 式 会 社 プロアス :1978 年 10 月 : 伊 藤 泰 充 : 大 阪 市 淀 川 区 西 宮 原 1-5-33 新 大 阪 飯 田 ビル 医 療 機 関 様 向 け 主 な 事 業 案 内 医 事 会 計 システム Ultima-HP/CL

More information

のとする 第 6 条 (ポイントの 取 消 消 減 ) 1. 当 社 がポイントを 付 与 した 後 に 対 象 取 引 について 返 品 キャンセルその 他 当 社 がポイン トの 付 与 を 取 り 消 すことが 適 当 と 判 断 する 事 由 があった 場 合 当 社 は 対 象 取 引 に

のとする 第 6 条 (ポイントの 取 消 消 減 ) 1. 当 社 がポイントを 付 与 した 後 に 対 象 取 引 について 返 品 キャンセルその 他 当 社 がポイン トの 付 与 を 取 り 消 すことが 適 当 と 判 断 する 事 由 があった 場 合 当 社 は 対 象 取 引 に ライフティポイント 利 用 規 約 第 1 条 ( 目 的 ) ライフティ 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という)は ライフティポイント 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 という)に 基 づき 当 社 指 定 の 方 法 により 当 社 に 対 して 登 録 を 行 ったお 客 様 ( 以 下 会 員 と いう)に 対 して 当 社 が 発 行 するポイントである ライフティポイント に

More information

奈 良 市 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン 第 1 公 有 財 産 売 却 の 参 加 について 1. 公 有 財 産 売 却 の 参 加 条 件 ( 以 下 のいずれかに 該 当 する 方 は 公 有 財 産 売 却 へ 参 加 することができません) (1) 地 方 自 治

奈 良 市 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン 第 1 公 有 財 産 売 却 の 参 加 について 1. 公 有 財 産 売 却 の 参 加 条 件 ( 以 下 のいずれかに 該 当 する 方 は 公 有 財 産 売 却 へ 参 加 することができません) (1) 地 方 自 治 奈 良 市 インターネット 公 有 財 産 売 却 ( 以 下 公 有 財 産 売 却 といいます)をご 利 用 いただくには 以 下 の 誓 約 書 および 奈 良 市 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン をよくお 読 みいただき 同 意 してい ただくことが 必 要 です また 公 有 財 産 売 却 の 手 続 きなどに 関 して 奈 良 市 インターネット 公 有 財 産

More information

Ⅰ 募 集 人 員 入 試 日 程 入 試 区 分 学 部 人 間 心 理 社 会 学 部 メディアコミュニケーション 学 部 現 代 社 会 経 営 社 会 マス コミュニケーション 情 報 文 化 こどもコミュニケーション 推 薦 入 試 1 1 期 23 名 15 名 20 名 20 名 15

Ⅰ 募 集 人 員 入 試 日 程 入 試 区 分 学 部 人 間 心 理 社 会 学 部 メディアコミュニケーション 学 部 現 代 社 会 経 営 社 会 マス コミュニケーション 情 報 文 化 こどもコミュニケーション 推 薦 入 試 1 1 期 23 名 15 名 20 名 20 名 15 Ⅰ 募 集 人 員 入 試 日 程 入 試 区 分 学 部 人 間 心 理 社 会 学 部 メディアコミュニケーション 学 部 現 代 社 会 経 営 社 会 マス コミュニケーション 情 報 文 化 こどもコミュニケーション 推 薦 入 試 1 1 期 23 名 15 名 20 名 20 名 15 名 2 期 7 名 6 名 6 名 6 名 6 名 20 名 一 般 入 試 1 期 17 名 10

More information

Ⅰ 単 位 制 学 位 大 学 における 授 業 科 目 の 履 修 は 単 位 制 によって 行 われる 単 位 制 とは 一 定 の 基 準 により 単 位 を 付 与 された 各 授 業 科 目 を 履 修 要 領 にしたがって 履 修 し 所 定 の 春 期 秋 期 の 試 験 (またはこれ

Ⅰ 単 位 制 学 位 大 学 における 授 業 科 目 の 履 修 は 単 位 制 によって 行 われる 単 位 制 とは 一 定 の 基 準 により 単 位 を 付 与 された 各 授 業 科 目 を 履 修 要 領 にしたがって 履 修 し 所 定 の 春 期 秋 期 の 試 験 (またはこれ 履 修 試 験 進 級 及 び 卒 業 Contents - 29 - Ⅰ 単 位 制 学 位 30 1. 授 業 日 数 と 単 位 算 定 の 基 準 30 2. 履 修 登 録 32 3. 授 業 時 間 33 Ⅱ 授 業 34 1. 出 席 欠 席 公 欠 34 2. 休 講 35 3. 補 講 35 Ⅲ 試 験 35 1. 定 期 試 験 35 2. 小 試 験 レポート 35 3. 追

More information

【介護保険給付費等にかかる請求要領】

【介護保険給付費等にかかる請求要領】 介 護 保 険 給 付 費 等 にかかる 請 求 要 領 平 成 27 年 4 月 改 定 版 8 京 都 府 国 民 健 康 保 険 団 体 連 合 会 目 次 Ⅰ. 審 査 支 払 業 務 について 1 Ⅰ-1 取 扱 事 業 ( 概 要 ) 3 Ⅰ-2 請 求 支 払 の 流 れ 3 Ⅰ-3 介 護 給 付 費 請 求 書 の 提 出 4 Ⅰ-4 介 護 給 付 費 の 請 求 および 受 領

More information

(1) 多 言 語 においては 日 本 語 英 語 韓 国 語 中 国 語 ( 繁 体 字 簡 体 字 )の4 言 語 以 上 に 対 応 し て 選 択 表 示 選 択 音 声 を 可 能 とすること 音 声 ガイダンス 用 のデータは 発 注 者 より 提 供 する (2)PC スマートフォン

(1) 多 言 語 においては 日 本 語 英 語 韓 国 語 中 国 語 ( 繁 体 字 簡 体 字 )の4 言 語 以 上 に 対 応 し て 選 択 表 示 選 択 音 声 を 可 能 とすること 音 声 ガイダンス 用 のデータは 発 注 者 より 提 供 する (2)PC スマートフォン 宇 城 市 観 光 情 報 WEB アプリケーション 設 計 構 築 保 守 運 用 委 託 業 務 公 募 型 プロポーザルに 係 る 仕 様 書 1 業 務 名 宇 城 市 観 光 情 報 WEB アプリケーション 設 計 構 築 保 守 運 用 委 託 業 務 ( 以 下 本 業 務 という ) 2 業 務 の 目 的 世 界 遺 産 三 角 西 港 をはじめとした 宇 城 市 の 魅 力 をPRして

More information

0520表紙.pdf

0520表紙.pdf - 197 - 平 成 24 年 度 精 神 保 健 福 祉 資 料 調 査 作 業 要 領 1. 調 査 の 目 的 この 調 査 は 精 神 科 病 院 及 び 精 神 科 診 療 所 等 を 利 用 する 患 者 の 実 態 等 を 把 握 し 精 神 保 健 福 祉 施 策 推 進 のための 資 料 を 得 ることを 目 的 とし 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福

More information

Q26 予 約 を 完 了 した 講 習 を 他 の 講 習 に 振 替 えたいのですが 受 講 申 込 書 編 Q27 受 講 申 込 書 はいつまでに 送 付 すれば 良 いのですか Q28 受 講 申 込 書 の 印 刷 ができません Q29 受 講 申 込 書 の 証 明 者 は 誰 でしょ

Q26 予 約 を 完 了 した 講 習 を 他 の 講 習 に 振 替 えたいのですが 受 講 申 込 書 編 Q27 受 講 申 込 書 はいつまでに 送 付 すれば 良 いのですか Q28 受 講 申 込 書 の 印 刷 ができません Q29 受 講 申 込 書 の 証 明 者 は 誰 でしょ 筑 波 大 学 教 員 免 許 状 更 新 講 習 Q & A(よくある 質 問 ) 平 成 27 年 1 月 15 日 現 在 目 次 受 講 者 登 録 編 項 目 をクリックすると 各 回 答 にジャンプします Q 1 受 講 者 登 録 の 方 法 Q 2 受 講 者 登 録 の 時 期 Q 3 User ID のメールが 届 かない 場 合 Q 4 パソコンが 出 来 ない(パソコンを 持

More information

1 倉 敷 市 立 児 島 市 民 病 院 医 事 関 係 運 営 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 名 と 病 院 の 概 要 業 務 名 倉 敷 市 立 児 島 市 民 病 院 医 事 関 係 運 営 業 務 委 託 履 行 場 所 岡 山 県 倉 敷 市 児 島 駅 前 2 丁 目 39 番 地 倉 敷 市 立 児 島 市 民 病 院 病 床 数 198 床 一 般 病 床 165 床, 療

More information

<83548365838983438367955C8E8632303135944E8DC48D5A904682A982A66373342E6169>

<83548365838983438367955C8E8632303135944E8DC48D5A904682A982A66373342E6169> 2015 千 葉 科 学 大 学 大 学 院 社 会 人 対 象 (サテライト) 入 学 試 験 要 項 修 士 課 程 博 士 課 程 ( 後 期 ) 危 機 管 理 学 研 究 科 危 機 管 理 学 専 攻 目 次 大 学 院 修 士 課 程 入 学 試 験 入 試 日 程 募 集 人 員 出 願 資 格 入 学 資 格 審 査 について 選 考 方 法 入 試 時 間 割 出 願 書 類 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092C091DD8ED88C5F96F18F91976C8EAE816990D891D68C5F96F192F78C8B977082518252824F8258824F82505F2E646F632E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092C091DD8ED88C5F96F18F91976C8EAE816990D891D68C5F96F192F78C8B977082518252824F8258824F82505F2E646F632E646F63> 賃 貸 借 契 約 書 貸 主 ( 以 下 甲 という )と 借 主 神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 ( 以 下 乙 という )と 入 居 者 ( 東 日 本 大 震 災 により 被 災 した 者 のうち 本 契 約 により 入 居 する 者 以 下 丙 という )とは 別 紙 の(1)に 記 載 する 賃 貸 借 契 約 の 目 的 物 ( 以 下 本 物 件 という )について 居 住

More information

1. 対 象 サービス 種 類 サービスの 名 称 内 容 訪 問 系 居 宅 介 護 重 度 訪 問 介 護 同 行 援 護 居 宅 での 入 浴 排 せつ 又 は 食 事 の 介 護 または 調 理 洗 濯 掃 除 などを 行 う ( 身 体 介 護 家 事 援 助 通 院 介 助 通 院 等

1. 対 象 サービス 種 類 サービスの 名 称 内 容 訪 問 系 居 宅 介 護 重 度 訪 問 介 護 同 行 援 護 居 宅 での 入 浴 排 せつ 又 は 食 事 の 介 護 または 調 理 洗 濯 掃 除 などを 行 う ( 身 体 介 護 家 事 援 助 通 院 介 助 通 院 等 北 見 市 障 害 福 祉 サービス 請 求 等 ( 地 域 生 活 支 援 事 業 除 く)の 手 引 き - 目 次 - 1. 対 象 サービス -2-2. 障 害 福 祉 サービスの 流 れ( 概 要 ) -3-3. 契 約 -4- 受 給 者 証 への 記 載 契 約 内 容 報 告 書 についてはこちら 4. サービス 提 供 -5- 計 画 サービス 提 供 の 確 認 についてはこちら

More information

ファイザープログラム

ファイザープログラム ファイザープログラム 応 募 企 画 書 作 成 の 手 引 き < 企 画 内 容 のご 検 討 にあたって> 企 画 内 容 が 中 堅 世 代 の 心 とからだのヘルスケア にふさわしいものであり 応 募 要 項 の 助 成 対 象 プロジェクトについて に 該 当 しているかどうかをご 確 認 下 さい 企 画 内 容 をご 検 討 の 際 応 募 要 項 の プログラムのねらい にある 保

More information

お 知 らせ MOS は 学 内 の キャリアアップ 奨 学 金 対 象 資 格 です 詳 細 は 本 館 2 階 キャリアサポートセンター 掲 示 板 等 を 確 認 してください みなさんの 就 活 を 応 援 します! MOS()は 社 会 人 にとって 必 須 のWord Excel Pow

お 知 らせ MOS は 学 内 の キャリアアップ 奨 学 金 対 象 資 格 です 詳 細 は 本 館 2 階 キャリアサポートセンター 掲 示 板 等 を 確 認 してください みなさんの 就 活 を 応 援 します! MOS()は 社 会 人 にとって 必 須 のWord Excel Pow MOS 試 験 対 策 講 座 Word/Excel/PowerPoint キャリアアップ 奨 学 金 対 象 資 格 平 成 27 年 夏 休 み(8 月 ~9 月 ) 開 催 コース 案 内 &お 申 込 ガイド 帝 京 大 学 キャリアサポートセンター ( 協 力 :NEC マネジメントパートナー) お 知 らせ MOS は 学 内 の キャリアアップ 奨 学 金 対 象 資 格 です 詳 細

More information

業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は 網 走 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 事 業 という )の 委 託 する 水 道 メーター の 検 針 及 び 水 道 料 金 簡 易 水 道 料 金 並 びに 下 水 道 使 用 料 ( 以 下 水

業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は 網 走 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 事 業 という )の 委 託 する 水 道 メーター の 検 針 及 び 水 道 料 金 簡 易 水 道 料 金 並 びに 下 水 道 使 用 料 ( 以 下 水 網 走 市 水 道 事 業 検 針 収 納 等 業 務 委 託 業 務 仕 様 書 網 走 市 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は 網 走 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 事 業 という )の 委 託 する 水 道 メーター の 検 針 及 び 水 道 料 金 簡 易 水 道 料 金 並 びに 下 水 道 使 用 料 ( 以 下 水 道

More information

6 設 計 業 務 委 託 契 約 の 締 結 に 関 する 支 援 (3) 設 計 者 の 指 導 及 び 調 整 1 設 計 スケジュールの 管 理 2 設 計 進 捗 の 確 認 3 設 計 内 容 のチェック 及 び 改 善 指 導 4 工 事 費 積 算 書 のチェック 及 び 改 善 指

6 設 計 業 務 委 託 契 約 の 締 結 に 関 する 支 援 (3) 設 計 者 の 指 導 及 び 調 整 1 設 計 スケジュールの 管 理 2 設 計 進 捗 の 確 認 3 設 計 内 容 のチェック 及 び 改 善 指 導 4 工 事 費 積 算 書 のチェック 及 び 改 善 指 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 産 業 技 術 総 合 研 究 所 施 設 改 修 工 事 等 に 関 する コンストラクション マネジメント 業 務 委 託 事 業 者 募 集 要 項 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 産 業 技 術 総 合 研 究 所 は 平 成 25 年 度 から 平 成 27 年 度 において 実 施 が 予 定 される 施 設 改 修 工 事

More information

参 考 介 護 保 険 3 施 設 の 概 要 特 別 養 護 老 人 ホーム 老 人 保 健 施 設 介 護 療 養 型 医 療 施 設 基 本 的 性 格 要 介 護 高 齢 者 のための 生 活 施 設 要 介 護 高 齢 者 にリハビリ 等 を 提 供 し 在 宅 復 帰 を 目 指 す 施

参 考 介 護 保 険 3 施 設 の 概 要 特 別 養 護 老 人 ホーム 老 人 保 健 施 設 介 護 療 養 型 医 療 施 設 基 本 的 性 格 要 介 護 高 齢 者 のための 生 活 施 設 要 介 護 高 齢 者 にリハビリ 等 を 提 供 し 在 宅 復 帰 を 目 指 す 施 参 考 資 料 1 第 1 回 検 討 委 員 会 資 料 平 成 25 年 度 老 人 保 険 健 康 増 進 等 事 業 養 護 老 人 ホーム 軽 費 老 人 ホーム の 現 状 等 について 高 齢 者 の 住 まいについて 1サービス 付 き 齢 者 向 け 住 宅 2 有 料 ホーム 3 養 護 ホーム 4 軽 費 ホーム 5 認 知 症 高 齢 者 グループホーム 根 拠 法 高 齢

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション Ver...5 ZEHビルダー ポータルサイト マニュアル はじめにお 読 みください 公 募 要 領 およびSIIホームページの よくあるご 質 問 をご 確 認 ください ID 取 得 申 込 を 行 う 前 に 公 募 要 領 (P6~) およびSIIホームページの よくあるご 質 問 を 必 ずご 確 認 ください 支 社 支 店 フランチャイズ 等 登 録 単 位 や 地 域 による 区

More information

2014

2014 (1) () (2) 240 332 (3) 432-8561 0534781010 2014 e-learning 静 岡 大 学 のビジョン 自 由 啓 発 未 来 創 成 静 岡 大 学 は 質 の 高 い 教 育 と 創 造 的 な 研 究 を 推 進 し, 社 会 と 連 携 し,ともに 歩 む 存 在 感 のある 大 学 を 目 指 します ( 詳 しくは http://www.shizuoka.ac.jp/outline/vision/mission/index.html

More information

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 25(2013) 年 3 月 31 日 までとする 条 件 特 になし Ⅱ 総 評 建 学 の 精

More information

Ⅰ 就 職 進 学 支 援 体 制 学 生 に 対 する 就 職 進 学 支 援 は キャリアセンター が 方 策 等 の 企 画 立 案 を 行 い 実 務 を 就 職 支 援 室 が 担 当 しています また 学 生 への 直 接 的 な 指 導 は 各 学 科 コースの 担 当 教 員 が 行 っています 就 職 支 援 室 では 学 内 専 任 カウンセラーによる 相 談 ハローワ ークによる

More information

<967B95B62E656337>

<967B95B62E656337> 募 集 する 墓 所 イ 鵯 越 墓 園 新 規 貸 付 墓 地 (39 区 画 /きりしま) 場 所 の 指 定 はできません 釈 錫 錫 錫 錫 錫 錫 錫 錫 錫 錫 錫 錫 錫 錫 錫 錫 若 面 積 :3.00m2 当 初 使 用 料 :720,000 円 年 間 使 用 料 :3,900 円 新 規 造 成 の 地 区 で 区 画 面 積 3.00m2 の 墓 地 39 区 画 を 募

More information

目 次 1. 法 学 既 者 コース 学 生 募 集 要 項 1 2. 法 学 未 者 コース 学 生 募 集 要 項 法 曹 実 務 専 攻 案 内 入 学 資 格 認 定 申 請 所 定 用 紙 ( 別 紙 1~4)( 該 当 者 のみ) 出 願 所 定 用

目 次 1. 法 学 既 者 コース 学 生 募 集 要 項 1 2. 法 学 未 者 コース 学 生 募 集 要 項 法 曹 実 務 専 攻 案 内 入 学 資 格 認 定 申 請 所 定 用 紙 ( 別 紙 1~4)( 該 当 者 のみ) 出 願 所 定 用 平 成 28 年 度 (2016 年 度 ) 横 浜 国 立 大 学 大 学 院 国 際 社 会 科 学 府 専 門 職 学 位 課 法 曹 実 務 専 攻 ( 法 科 大 学 院 ) 法 学 既 者 コース 法 学 未 者 コース 学 生 募 集 要 項 このPDF 版 募 集 要 項 ( 抜 粋 )は 見 本 です 出 願 する 際 は 必 ず 冊 子 の 募 集 要 項 を 請 求 し 出 願

More information

年月日

年月日 2017 度 法 政 大 学 大 学 院 理 工 学 研 究 科 募 集 要 項 Ⅰ. 一 般 入 試 学 内 推 薦 入 試 要 項 Ⅱ. 一 般 推 薦 入 試 要 項 Ⅲ. 社 会 人 特 別 入 試 要 項 法 政 大 学 大 学 院 理 工 学 研 究 科 - 0 - 内 容 入 試 要 項 社 会 人 特 別 入 試 要 項 入 学 試 験 出 願 書 類 注 意 このPDFデータは 参

More information

沖縄キリスト教短期大学学則(新)

沖縄キリスト教短期大学学則(新) 沖 縄 キリスト 教 短 期 大 学 学 則 第 1 章 総 則 ( 的 ) 第 1 条 沖 縄 キリスト 教 短 期 大 学 ( 以 下 本 短 大 という )は 教 育 基 本 法 及 び 学 校 教 育 法 に 従 い キリスト 教 精 神 に 基 づいた 学 校 教 育 を 施 し 人 格 の 完 成 をめざし 社 会 に 有 用 なる 人 材 を 育 成 することを 的 とする ( 自 己

More information

医療法人等に係る所得金額の計算書

医療法人等に係る所得金額の計算書 (お 知 らせ) 本 手 引 きは 平 成 25 年 度 に 改 正 しました 変 更 点 は 赤 文 字 となっています 申 告 書 作 成 に あたっては 変 更 点 に 留 意 いただきますようお 願 いします なお 平 成 25 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 分 から 適 用 します ( 主 な 変 更 点 ) 各 種 補 助 金 助 成 金 の 取 扱 い(P9~10)や

More information

1 趣 旨 目 的 尾 道 市 しまなみ 海 道 レンタサイクル 貸 出 事 業 ( 以 下 事 業 という )は サイクリン グを 通 じた 地 域 間 交 流 の 促 進 及 び 観 光 誘 客 による 地 域 振 興 を 目 的 とした 公 的 事 業 として 平 成 19 年 4 月 1 日

1 趣 旨 目 的 尾 道 市 しまなみ 海 道 レンタサイクル 貸 出 事 業 ( 以 下 事 業 という )は サイクリン グを 通 じた 地 域 間 交 流 の 促 進 及 び 観 光 誘 客 による 地 域 振 興 を 目 的 とした 公 的 事 業 として 平 成 19 年 4 月 1 日 尾 道 市 しまなみ 海 道 レンタサイクル 貸 出 事 業 運 営 事 業 者 公 募 要 項 平 成 28 年 2 月 10 日 尾 道 市 1 趣 旨 目 的 尾 道 市 しまなみ 海 道 レンタサイクル 貸 出 事 業 ( 以 下 事 業 という )は サイクリン グを 通 じた 地 域 間 交 流 の 促 進 及 び 観 光 誘 客 による 地 域 振 興 を 目 的 とした 公 的 事

More information

ていること 5 必 須 入 力 項 目 が 画 面 上 で 識 別 できること 6 誤 操 作 防 止 の 為 処 理 ボタンの2 度 押 し 防 止 ( 処 理 ボタン 押 下 後 次 画 面 表 示 までボ タンを 非 活 性 化 )を 行 うこと 7 画 面 上 に 入 力 エラーが 複 数

ていること 5 必 須 入 力 項 目 が 画 面 上 で 識 別 できること 6 誤 操 作 防 止 の 為 処 理 ボタンの2 度 押 し 防 止 ( 処 理 ボタン 押 下 後 次 画 面 表 示 までボ タンを 非 活 性 化 )を 行 うこと 7 画 面 上 に 入 力 エラーが 複 数 下 関 市 小 児 慢 性 特 定 疾 病 事 業 管 理 システム 仕 様 書 第 1 章 全 体 事 項 1. 名 称 下 関 市 小 児 慢 性 特 定 疾 病 事 業 管 理 システム 2. 目 的 下 関 市 小 児 慢 性 特 定 疾 病 事 業 管 理 システム( 以 下 小 慢 管 理 システム という)を 構 築 し 申 請 状 況 の 管 理 受 給 者 の 管 理 指 定 医

More information

子 ども 子 育 て 新 制 度 について 子 ども 子 育 て 新 制 度 が 平 成 27 年 4 月 から 始 まります 新 制 度 のスタートに 伴 い 教 育 保 育 施 設 を 利 用 する 際 には 支 給 認 定 を 受 ける 必 要 があ ります 保 育 所 への 入 所 を 希

子 ども 子 育 て 新 制 度 について 子 ども 子 育 て 新 制 度 が 平 成 27 年 4 月 から 始 まります 新 制 度 のスタートに 伴 い 教 育 保 育 施 設 を 利 用 する 際 には 支 給 認 定 を 受 ける 必 要 があ ります 保 育 所 への 入 所 を 希 平 成 27 年 度 入 所 用 生 駒 市 保 育 所 入 所 案 内 保 育 所 ( 保 育 園 )とは 保 育 所 ( 保 育 園 )は 保 護 者 が 働 いたり 病 気 の 状 態 にあったりして 家 庭 において 十 分 保 育 することができない 児 童 を 保 護 者 にかわって 保 育 することを 目 的 とした 児 童 福 祉 施 設 です 保 護 者 が 希 望 する 保 育

More information

1304_jyuusetu_riturin.xls

1304_jyuusetu_riturin.xls 別 紙 様 式 重 要 事 項 説 明 書 記 入 者 名 武 田 博 文 記 入 年 月 日 所 属 職 名 平 成 25 年 4 月 4 日 マネジメント 本 部 長 1. 事 業 主 体 概 要 事 業 主 体 の 名 称 主 たる 事 務 所 の 所 在 地 及 び 電 話 番 号 その 他 の 連 絡 先 事 業 主 体 の 名 称 法 人 等 の 種 類 営 利 法 人 名 称 (ふりがな)

More information

修正案_Yahoo!_H26.9

修正案_Yahoo!_H26.9 群 馬 県 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン(Yahoo! 版 ) 第 1 公 有 財 産 売 却 の 参 加 条 件 など 1 公 有 財 産 売 却 の 参 加 条 件 以 下 のいずれかに 該 当 する 方 は 公 有 財 産 売 却 へ 参 加 することができません (1) 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の4 第 1 項 または 第 2 項 各 号 に

More information

(2) 家 庭 調 書 ( 第 2 号 様 式 ) 5ページの 家 庭 調 書 の 記 入 について を 参 照 してください (3) 世 帯 全 員 の 住 民 票 別 居 同 居 を 問 わず 生 計 を 一 つにする 家 族 について, 市 役 所 等 で 発 行 する申 請 者 本 人 を

(2) 家 庭 調 書 ( 第 2 号 様 式 ) 5ページの 家 庭 調 書 の 記 入 について を 参 照 してください (3) 世 帯 全 員 の 住 民 票 別 居 同 居 を 問 わず 生 計 を 一 つにする 家 族 について, 市 役 所 等 で 発 行 する申 請 者 本 人 を 平 成 27 度 授 業 料 免 除 授 業 料 徴 収 猶 予 申 請 要 領 1. 提 出 書 類 平 成 27 度 免 除 ( 猶 予 ) 申 請 書 類 確 認 票 の1~25 項 目 中 の1~6 項 目 は 必 ず 提 出 し,7~25 項 目 は 該 当 する 全 ての 書 類 を 提 出 してください 2. 提 出 期 限 授 業 料 免 除, 授 業 料 徴 収 猶 予 申 請 の

More information

S16-386・ソフトウェアの調達に関する入札実施の件

S16-386・ソフトウェアの調達に関する入札実施の件 入 札 公 告 ( 件 名 :S16-386 ソフトウェアの 調 達 に 関 する 入 札 実 施 の 件 ) 2016 年 9 月 30 日 日 本 銀 行 では 下 記 の 要 領 によるソフトウェアの 調 達 を 一 般 競 争 入 札 に 付 します 日 本 銀 行 システム 情 報 局 記 1. 電 子 入 札 システムの 利 用 本 入 札 案 件 は 原 則 として 日 本 銀 行 電

More information

<4D F736F F D D328C4B96BC8E E815B836C CF6974C8DE08E B70834B C2E646F63>

<4D F736F F D D328C4B96BC8E E815B836C CF6974C8DE08E B70834B C2E646F63> 桑 名 市 インターネット 公 有 財 産 売 却 ( 以 下 公 有 財 産 売 却 といいます)をご 利 用 いただくには 以 下 の 誓 約 書 および 桑 名 市 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン( 以 下 ガイドライン とい います) をよくお 読 みいただき 同 意 していただくことが 必 要 です また 公 有 財 産 売 却 の 手 続 きな どに 関 して ガイドラインとヤフオク!ガイドラインなどとの

More information

6 出 願 書 類 (1)2017 年 度 朝 日 大 学 出 願 確 認 票 大 学 提 出 用 ( 本 学 所 定 の 用 紙 ) (2) 写 真 ( 正 面 上 半 身 脱 帽 で3カ 月 以 内 に 撮 影 した 背 景 無 地 の 写 真 縦 4cm 横 3cm) 出 願 確 認 票 の

6 出 願 書 類 (1)2017 年 度 朝 日 大 学 出 願 確 認 票 大 学 提 出 用 ( 本 学 所 定 の 用 紙 ) (2) 写 真 ( 正 面 上 半 身 脱 帽 で3カ 月 以 内 に 撮 影 した 背 景 無 地 の 写 真 縦 4cm 横 3cm) 出 願 確 認 票 の 歯 学 部 AO 入 学 試 験 ( Ⅰ 期 Ⅱ 期 ) 本 学 専 願 インターネット 出 願 1 出 願 資 格 本 学 専 願 で 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 者 (1) 高 等 学 校 ( 中 等 教 育 学 校 を 含 む 以 下 同 じ)を 卒 業 した 者 または2017 年 3 月 卒 業 見 込 みの 者 (2) 通 常 の 課 程 による12 年 の 学 校 教

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20615F95DB88E78F8A93FC8F8A82CC82B288C493E02E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20615F95DB88E78F8A93FC8F8A82CC82B288C493E02E646F6378> 平 成 26 年 度 保 育 所 入 所 のご 案 内 目 次 1 保 育 所 とは P1 2 申 込 みができる 方 は P1 3 申 込 受 付 の 時 期 P2 4 市 内 保 育 所 及 び 申 込 み 可 能 児 童 一 覧 P3 5 入 所 までの 流 れ P4 6 保 育 時 間 について P5 7 申 込 みに 必 要 な 書 類 P6 8 申 込 み 時 の 注 意 P7~P8 9

More information

千葉市認可保育所

千葉市認可保育所 認 可 保 育 所 整 備 手 引 き 平 成 28 年 1 月 千 葉 市 こども 未 来 局 こども 未 来 部 保 育 支 援 課 目 次 はじめに... 2 1 施 設 概 要 について... 2 (1) 保 育 所 とは... 2 2 認 可 保 育 所 整 備 について... 4 (1) 募 集 形 態 について... 4 (2) 募 集 地 域... 4 (3) 運 営 主 体...

More information

1) 父 母 は 別 居 離 別 死 別 等 を 問 わず 記 入 してください 2) 祖 父 母 兄 弟 姉 妹 は 同 居 別 居 を 問 わず 記 入 してください ただし 経 済 的 に 独 立 している 場 合 は 記 入 の 必 要 はありません 家 族 欄 の 年 収 : 平 成 27

1) 父 母 は 別 居 離 別 死 別 等 を 問 わず 記 入 してください 2) 祖 父 母 兄 弟 姉 妹 は 同 居 別 居 を 問 わず 記 入 してください ただし 経 済 的 に 独 立 している 場 合 は 記 入 の 必 要 はありません 家 族 欄 の 年 収 : 平 成 27 2016 年 度 上 智 大 学 大 学 院 新 入 生 奨 学 金 出 願 要 項 上 智 大 学 大 学 院 新 入 生 奨 学 金 は 本 学 大 学 院 への 入 学 を 第 一 志 望 とする 者 で 経 済 的 理 由 により 入 学 が 困 難 かつ 大 学 の 成 績 が 優 秀 な 者 に 対 して 学 資 金 の 給 付 を 行 い 人 材 の 育 成 に 資 することを 目 的

More information

連 がある 者 でないこと (5) 自 己 又 は 自 己 の 役 員 等 が 次 のいずれにも 該 当 しない 者 であること 及 び 次 に 掲 げる 者 が その 経 営 に 実 質 的 に 関 与 していない 者 であること ア 暴 力 団 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の

連 がある 者 でないこと (5) 自 己 又 は 自 己 の 役 員 等 が 次 のいずれにも 該 当 しない 者 であること 及 び 次 に 掲 げる 者 が その 経 営 に 実 質 的 に 関 与 していない 者 であること ア 暴 力 団 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 平 成 28 年 3 月 8 日 社 会 医 療 法 人 社 団 大 久 保 病 院 理 事 長 大 久 保 健 作 大 久 保 病 院 救 急 外 来 等 増 改 築 工 事 請 負 契 約 に 係 る 制 限 付 き 一 般 競 争 入 札 について ( 公 告 ) 大 久 保 病 院 救 急 外 来 等 増 改 築 工 事 請 負 契 約 に 係 る 制 限 付 き 一 般 競 争 入 札 を

More information

IC カードリーダライタ 本 サービスを 利 用 するためのソフトウェアが 提 供 された 非 接 触 通 信 にて IC チッ プにデータの 読 み 書 きを 行 うための 当 社 所 定 の 装 置 パスワード 登 録 会 員 が 本 サービスを 利 用 するために 当 社 が 登 録 会 員

IC カードリーダライタ 本 サービスを 利 用 するためのソフトウェアが 提 供 された 非 接 触 通 信 にて IC チッ プにデータの 読 み 書 きを 行 うための 当 社 所 定 の 装 置 パスワード 登 録 会 員 が 本 サービスを 利 用 するために 当 社 が 登 録 会 員 楽 天 Edy ユーザー 情 報 登 録 規 約 第 1 条 ( 目 的 ) 1. 本 規 約 は 楽 天 Edy 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )が 提 供 する 第 3 条 に 定 めるサービス( 以 下 本 サービス といいます )の 利 用 について 規 定 するものです 2. 登 録 会 員 は Edy の 発 行 者 がバリュー 発 行 会 社 であること 及 び Edy

More information

Microsoft Word - 01編入募集案内.doc

Microsoft Word - 01編入募集案内.doc 各 種 資 料 請 求 方 法 第 3 年 次 編 入 学 学 生 募 集 要 項 請 求 方 法 (6 月 中 旬 より 発 送 開 始 ) 封 筒 の 表 に 第 3 年 次 編 入 学 学 生 募 集 要 項 大 学 案 内 医 学 部 案 内 請 求 と 朱 書 きし 返 信 用 封 筒 角 形 2 号 (24.0 cm 33.3 cm)に 郵 便 番 号 住 所 氏 名 を 明 記 し 390

More information

(Microsoft Word - \216\221\227\277\202S \213\217\216x\216\221\227\277.doc)

(Microsoft Word - \216\221\227\277\202S \213\217\216x\216\221\227\277.doc) 資 料 4 平 成 24 年 度 介 護 サービス 事 業 所 集 団 指 導 ~ 居 宅 介 護 支 援 ~ 香 川 県 健 康 福 祉 部 長 寿 社 会 対 策 課 在 宅 サービスグループ 高 松 市 健 康 福 祉 局 介 護 保 険 課 平 成 25 年 3 月 18 日 - 0 - 1 平 成 24 年 度 介 護 サービス 事 業 所 実 地 指 導 等 における 主 な 指 導 内

More information

法 人 認 可 申 請 提 出 書 類 1 設 立 認 可 申 請 書 2 定 款 3 添 付 書 類 目 録 4 設 立 当 初 の 財 産 目 録 (1) 財 産 目 録 (2) 土 地 の 評 価 額 を 証 明 する 書 類 (3) 不 動 産 目 録 5 設 立 当 初 の 財 産 が 法

法 人 認 可 申 請 提 出 書 類 1 設 立 認 可 申 請 書 2 定 款 3 添 付 書 類 目 録 4 設 立 当 初 の 財 産 目 録 (1) 財 産 目 録 (2) 土 地 の 評 価 額 を 証 明 する 書 類 (3) 不 動 産 目 録 5 設 立 当 初 の 財 産 が 法 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 の 手 引 平 成 25 年 4 月 都 留 市 市 民 厚 生 部 福 祉 課 法 人 認 可 申 請 提 出 書 類 1 設 立 認 可 申 請 書 2 定 款 3 添 付 書 類 目 録 4 設 立 当 初 の 財 産 目 録 (1) 財 産 目 録 (2) 土 地 の 評 価 額 を 証 明 する 書 類 (3) 不 動 産 目 録 5 設 立

More information

5) 予 約 患 者 の 受 付 準 備 (リスト 出 力 及 び 必 要 に 応 じて 個 人 ファイル 紙 カルテの 準 備 ) 6) 受 付 の 問 い 合 わせ 苦 情 案 件 の 初 期 対 応 7) 医 師 への 書 類 作 成 依 頼 ( 診 断 書 証 明 書 等 ) 8) 健 診

5) 予 約 患 者 の 受 付 準 備 (リスト 出 力 及 び 必 要 に 応 じて 個 人 ファイル 紙 カルテの 準 備 ) 6) 受 付 の 問 い 合 わせ 苦 情 案 件 の 初 期 対 応 7) 医 師 への 書 類 作 成 依 頼 ( 診 断 書 証 明 書 等 ) 8) 健 診 東 御 市 民 病 院 等 の 医 事 業 務 等 委 託 における 仕 様 書 1. 目 的 東 御 市 民 病 院 及 び 助 産 所 とうみの 医 事 業 務 等 について 円 滑 に 業 務 を 処 理 することを 目 的 とし 患 者 サービスの 向 上 経 営 及 び 業 務 の 効 率 化 を 図 るため 次 の 仕 様 に 基 づき 忠 実 に 業 務 を 遂 行 するものとする 2.

More information

総合口座取引規定

総合口座取引規定 総 合 口 座 取 引 規 定 1.( 総 合 口 座 取 引 ) (1) 次 の 各 取 引 は おきぎん 総 合 口 座 として 利 用 すること( 以 下 この 取 引 という ) ができます 1 普 通 預 金 2 新 型 期 日 指 定 定 期 預 金 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M 型 )(スーパー 定 期 ) および 自 由 金 利 型 定 期 定 期 預 金 ( 大 口 定

More information

各種申請手続及び届出の手引きQ&A

各種申請手続及び届出の手引きQ&A 各 種 申 請 手 続 及 び 届 出 に 関 するQ&A 1 研 修 事 業 者 指 定 申 請 研 修 事 業 指 定 申 請 (Q1-1) 通 学 形 式 の 事 業 者 として 指 定 を 受 けましたが 新 たに 通 信 形 式 での 研 修 を 計 画 した 場 合 研 修 事 業 の 指 定 申 請 のみを 行 えばよいですか (A1-1) 違 います 事 業 者 指 定 された 形

More information

平成21年度

平成21年度 平 成 28 年 度 北 海 道 情 報 大 学 教 員 免 許 状 更 新 講 習 受 講 案 内 ( 更 新 :2016 年 7 月 5 日 ) 免 許 状 更 新 講 習 ホームページ http://www.do-johodai.ac.jp/menjyou/ 対 面 講 習 ( 本 学 会 場 札 幌 サテライト 会 場 ) 選 択 必 修 領 域 選 択 領 域 インターネットを 利 用 した

More information

☆実施案内(H28.9)

☆実施案内(H28.9) 28 年 度 羽 曳 野 市 職 員 採 用 試 験 実 施 案 内 羽 曳 野 市 職 員 任 用 試 験 委 員 会 発 行 ~ 羽 曳 野 市 は こんな 人 財 を 求 めています ~ 1 全 体 の 奉 仕 者 としての 公 務 員 の 使 命 を 正 しく 認 識 し 自 治 行 政 に 生 きがいを 求 める 人 2 常 に 問 題 意 識 をもって 現 状 にとらわれない 柔 軟 な

More information

は 本 業 務 には 含 まない 10. 引 継 ぎ 1 従 前 受 注 者 からの 引 継 ぎ 本 業 務 の 履 行 期 間 の 開 始 前 に 本 業 務 と 同 様 の 業 務 を 受 注 している 者 ( 以 下 従 前 受 注 者 という )が いるので 本 業 務 の 履 行 に 支

は 本 業 務 には 含 まない 10. 引 継 ぎ 1 従 前 受 注 者 からの 引 継 ぎ 本 業 務 の 履 行 期 間 の 開 始 前 に 本 業 務 と 同 様 の 業 務 を 受 注 している 者 ( 以 下 従 前 受 注 者 という )が いるので 本 業 務 の 履 行 に 支 西 日 本 支 社 宅 地 募 集 等 に 関 するホームページ 運 用 更 新 等 業 務 仕 様 書 1. 業 務 名 西 日 本 支 社 宅 地 募 集 等 に 関 するホームページ 運 用 更 新 等 業 務 2. 業 務 の 目 的 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 西 日 本 支 社 募 集 販 売 センターにおいて 個 人 及 び 民 間

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030342D31208EF38CB188C493E0816994438AFA9574904588F5816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030342D31208EF38CB188C493E0816994438AFA9574904588F5816A2E646F63> 平 成 28 年 度 堺 市 職 員 採 用 試 験 受 験 案 内 保 育 士 ( 任 期 付 職 員 ) 試 験 日 : 平 成 28 年 6 月 26 日 ( 日 ) 受 付 期 間 : インターネットによる 受 験 申 込 み 平 成 28 年 5 月 9 日 ( 月 ) 午 前 9 時 ~ 5 月 23 日 ( 月 ) 午 後 5 時 までの 受 信 分 有 効 郵 送 による 受 験 申

More information

4. 私 は 御 代 田 町 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン 入 札 説 明 書 入 札 公 告 等 の 各 条 項 をよく 読 み 入 札 物 件 の 状 況 など これらについてすべて 承 知 のうえ 参 加 しますので 後 日 これらの 事 柄 について 御 代 田 町

4. 私 は 御 代 田 町 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン 入 札 説 明 書 入 札 公 告 等 の 各 条 項 をよく 読 み 入 札 物 件 の 状 況 など これらについてすべて 承 知 のうえ 参 加 しますので 後 日 これらの 事 柄 について 御 代 田 町 御 代 田 町 インターネット 公 有 財 産 売 却 ( 以 下 公 有 財 産 売 却 といいます)をご 利 用 いた だくには 以 下 の 誓 約 書 および 御 代 田 町 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン ( 以 下 本 ガイドライン といいます) をよくお 読 みいただき 同 意 していただくことが 必 要 です また 公 有 財 産 売 却 の 手 続 きなどに 関

More information

Microsoft Word - マニュアル2014.doc

Microsoft Word - マニュアル2014.doc 1.はじめに 1-1 WEB 履 修 登 録 システムについて 1-2 予 備 登 録 と 本 登 録 について 2.ログインの 方 法 2-1 ユーザーID パスワード 2-2 学 内 (インターネットルーム)で 利 用 する 場 合 2-3 学 外 から 利 用 する 場 合 2-4 操 作 上 の 諸 注 意 2-5 タイムアウトについて 2-6 登 録 作 業 の 途 中 で 利 用 可 能

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法 目 次 第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 2ページ 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 2ページ 2. 社 会 福 祉 法 人 が 行 うことができる 事 業 は 2ページ (1) 社 会 福 祉 事 業 とは 2ページ (2) 公 益 事 業 とは 6ページ (3) 収 益 事 業 とは 7ページ 3. 社 会 福 祉 法 人 となる 要 件 は 7ページ (1) 資 産 について

More information

4. 支 給 内 容 採 用 後 願 書 の 情 報 に 基 づき 奨 学 生 区 分 を 決 定 し 下 記 の 奨 学 金 を 支 給 する なお 支 給 開 始 後 は 原 則 として 奨 学 生 区 分 は 変 更 しない 学 校 納 付 金 相 当 額 として 入 学 金 相 当 30 万

4. 支 給 内 容 採 用 後 願 書 の 情 報 に 基 づき 奨 学 生 区 分 を 決 定 し 下 記 の 奨 学 金 を 支 給 する なお 支 給 開 始 後 は 原 則 として 奨 学 生 区 分 は 変 更 しない 学 校 納 付 金 相 当 額 として 入 学 金 相 当 30 万 日 本 国 際 教 育 支 援 協 会 冠 奨 学 金 事 業 2016 年 度 JT 国 内 大 学 奨 学 金 ( 大 学 推 薦 ) 募 集 推 薦 要 項 公 益 財 団 法 人 日 本 国 際 教 育 支 援 協 会 ( 以 下 本 協 会 という )では 日 本 たばこ 産 業 株 式 会 社 のご 支 援 により JT 国 内 大 学 奨 学 金 ( 大 学 推 薦 ) ( 以 下 本

More information

大阪芸術大学 WEB履修登録システム操作マニュアル

大阪芸術大学 WEB履修登録システム操作マニュアル 2016( 平 成 28) 年 度 WEB 履 修 登 録 システム 操 作 マニュアル 大 阪 芸 術 大 学 - 1 - 1.はじめに 1-1 WEB 履 修 登 録 システムについて 1-2 予 備 登 録 と 本 登 録 について 2.ログインの 方 法 2-1 ユーザーID パスワード 2-2 学 内 (インターネットルーム)で 利 用 する 場 合 2-3 学 外 から 利 用 する 場

More information

平成26 年度港区立図書館窓口等業務委託仕様書

平成26 年度港区立図書館窓口等業務委託仕様書 平 成 26 年 度 港 区 立 図 書 館 窓 口 等 業 務 委 託 仕 様 書 1 目 的 港 区 立 図 書 館 業 務 の 一 部 を 民 間 事 業 者 へ 委 託 することによって 柔 軟 で 効 率 的 な 図 書 館 運 営 を 行 い 図 書 資 料 の 充 実 など 利 用 者 サービスを 充 実 させることにより 区 民 サー ビスの 向 上 を 図 ることを 目 的 とする

More information

目 次 1. 保 育 申 込 みにあたって 2 2. 申 込 み 手 続 きについて 3~4 3. 申 込 み 後 に 必 要 な 類 5~6 4. 保 育 料 について 7~8 ( 平 成 25 年 度 保 育 費 用 一 覧 表 参 考 ) 5. 亀 山 市 保 育 について 9~10 資 料

目 次 1. 保 育 申 込 みにあたって 2 2. 申 込 み 手 続 きについて 3~4 3. 申 込 み 後 に 必 要 な 類 5~6 4. 保 育 料 について 7~8 ( 平 成 25 年 度 保 育 費 用 一 覧 表 参 考 ) 5. 亀 山 市 保 育 について 9~10 資 料 平 成 26 年 度 亀 山 市 保 育 ご 案 内 亀 山 市 健 康 福 祉 部 子 ども 総 合 センター 子 ども 家 庭 室 ( 亀 山 市 総 合 保 健 福 祉 センター あいあい 内 ) TEL 0595-84-3315 FAX 0595-82-8180 保 育 手 続 きやそ 他 詳 しいことについては こちらへお 問 い 合 わせください H26.2.20 版 目 次 1. 保

More information

日本育英会

日本育英会 2016 年 度 奨 学 金 ガイドブック 目 次 学 内 奨 学 金 P. 1 ( 上 野 奨 学 金 富 士 通 育 英 基 金 奨 学 金 立 石 信 雄 外 国 人 留 学 生 奨 学 金 奨 学 留 学 制 度 後 援 会 奨 学 金 ) 日 本 学 生 支 援 機 構 奨 学 金 P. 4 地 方 公 共 団 体 民 間 団 体 等 の 奨 学 金 P. 7 掲 示 連 絡 について 学

More information

1 平 成 28 年 度 特 定 施 設 入 居 者 生 活 介 護 事 業 者 募 集 要 項 平 成 28 年 3 月 高 崎 市 福 祉 部 長 寿 社 会 課 1. 募 集 の 趣 旨 本 市 では 施 設 入 所 を 必 要 とする 人 に 対 して 幅 広 い 選 択 肢 の 中 から 必 要 なサービスを 提 供 できる 体 制 を 整 備 するため 特 定 施 設 入 居 者 生 活 介

More information

名古屋医療センターに おけるIRBのIT化の現状

名古屋医療センターに おけるIRBのIT化の現状 第 12 回 CRCと 臨 床 試 験 のあり 方 を 考 える 会 議 セッション7 立 ち 見 御 免!ここから 始 まるIRBの 電 子 化 ~あなたのIRBは 大 丈 夫?~ ipadを 利 用 したIRB 審 査 資 料 の 電 子 化 の 実 践 独 立 行 政 法 人 国 立 機 構 名 古 屋 医 療 センター 臨 床 研 究 センター 政 策 医 療 企 画 研 究 部 臨 床 研

More information

4. 本 サービスを 利 用 するために 必 要 な 通 信 費 等 は 本 サービス 利 用 者 の 負 担 とします 第 5 条 ( 利 用 料 金 ) 1. 本 サービスの 利 用 料 金 ( 以 下 本 料 金 といいます )は 当 社 が 別 途 定 めるとおりとします 2. 本 サービス

4. 本 サービスを 利 用 するために 必 要 な 通 信 費 等 は 本 サービス 利 用 者 の 負 担 とします 第 5 条 ( 利 用 料 金 ) 1. 本 サービスの 利 用 料 金 ( 以 下 本 料 金 といいます )は 当 社 が 別 途 定 めるとおりとします 2. 本 サービス 第 1 条 ( 本 サービスの 内 容 ) いつでも 書 店 ( 以 下 本 サービス といいます )は いつでも 書 店 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )がお 客 様 に 対 し いつでも 書 店 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 といいます )に 基 づき 提 供 するサービスをいいます 第 2 条 ( 本 サービスの 利 用 ) 1. 本 サービスの 利 用 を 希 望

More information