6 言語障害

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "6 言語障害"

Transcription

1 Ⅵ 言 語 障 害 言 語 障 害 と は, 発 音 が 不 明 瞭 で あ っ た り, 話 し 言 葉 の リ ズ ム が ス ム ー ズ で な か っ た り す る た め, 話 し 言 葉 に よ る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン が 円 滑 に 進 ま な い 状 況 で あ る こ と, ま た, そ の た め 本 人 が 引 け 目 を 感 じ る な ど 社 会 生 活 上 不 都 合 な 状 態 で あ る こ と を い う 1 言 語 障 害 の あ る 子 供 の 教 育 的 ニ ー ズ ( 1 ) 早 期 か ら の 教 育 的 対 応 の 重 要 性 言 葉 の 発 達 の 遅 れ は 知 的 障 害, 難 聴, 肢 体 不 自 由 ( 特 に 脳 性 ま ひ ), 発 語 器 官 の ま ひ や 変 形, て ん か ん そ の 他 の 小 児 神 経 学 的 問 題, 自 閉 症 情 緒 障 害 な ど の ほ か, そ の 他 各 種 の 環 境 的 な 問 題 に 起 因 す る こ と が あ り, 原 因 の 特 定 は 難 し い 場 合 が あ る 早 期 の 相 談 の 主 訴 の 多 く が, 言 葉 が 出 な い, 言 葉 が 遅 い, 発 音 が 不 明 瞭 で あ る, 言 葉 が つ な が ら な い, 一 語 文 で あ る, 言 葉 が 少 な い, 表 現 が 幼 稚 で あ る な ど 言 葉 に 関 す る も の で あ る ま た, 言 語 障 害 以 外 の 障 害 に よ る 発 達 の 遅 れ の あ る 子 供 の 多 く も 言 葉 の 遅 れ を 伴 う こ と が 多 い 口 蓋 裂 の よ う に, 生 後 す ぐ に 医 療 を 必 要 と す る 場 合 や, 構 音 障 害 吃 音 ( き つ お ん ) の よ う に, 3 ~ 5 歳 く ら い に な る と 障 害 の 状 態 が 顕 著 に な る 場 合 が あ る 言 語 障 害 教 育 を 効 果 的 に 進 め て い く た め に は, 子 供 の 発 語 行 動 の 面 に ど の よ う な 問 題 が あ り, そ れ が ど の よ う な 性 質 の も の で あ り, ど の よ う な 手 段 で 解 決 で き そ う か, と い う 教 育 的 判 断 が ま ず 必 要 に な る 反 面, 言 語 障 害 は, 日 常 の 生 活 や 教 科 等 の 学 習 へ の 影 響 が 少 な い と 考 え ら れ や す く, 見 逃 さ れ や す か っ た り, 対 応 が 遅 れ た り し が ち に な っ た り す る こ と が あ る 単 に, お と な し い 子 供 と 思 わ れ た り, 困 っ て い る 状 況 が 理 解 さ れ な か っ た り す る こ と が あ る た め, 障 害 の 発 見 が 遅 れ た り, 発 見 さ れ て も 放 置 さ れ た り す る こ と が 少 な く な い し か し, 表 面 的 に 表 れ る 障 害 の 程 度 と は 異 な り, 子 供 自 身 が 感 じ て い る 苦 し み が 予 想 以 上 に 大 き か っ た り, 劣 等 感, 欲 求 不 満 な ど の 情 緒 面 へ の 影 響 が 甚 大 で あ っ た り す る こ と も あ る こ う し た こ と が, 本 人 の 自 己 肯 定 感 や 自 己 実 現 に 影 響 を 与 え た り す る こ と が 少 な く な い そ の た め, 指 導 内 容 を 考 え る 際 に は, 言 語 機 能 の 障 害 の 改 善 克 服 と と も に, 本 人 の 心 理 的 情 緒 的 な 側 面 に 対 す る 支 援 も 重 要 で あ る ( 2 ) 言 語 障 害 と 環 境 因 子 言 語 の 発 達 に は 環 境 と の 相 互 作 用 が 大 き く 影 響 す る そ の た め, 特 に 子 供 を 取 り 巻 く 人 的 な 環 境 の 在 り 方 が, 言 語 障 害 の 状 態 に 大 き な 影 響 を 与 え る ま た, 社 会 生 活 を 送 る 上 で, 言 語 が 果 た す 役 割 は 大 き く, 言 語 障 害 は 子 供 の 学 校 生 活 に も 大 き な 影 響 を 与 え る そ の た め, 指 導 内 容 を 検 討 す る 際 に は, 子 供 の 言 語 障 害 の 状 態 の み に と ら わ れ る こ と な く, 周 囲 の 人 々 と の 関 係 に つ い て も 情 報 を 収 集 す る こ と が 必 要 で あ る し た が っ て, 指 導 及 び そ の 評 価 に 当 た っ て は, 保 護 者 や 学 級 担 任 及 び 級 友 等 と の か か わ り の 状 態 な ど も 考 慮 に 入 れ て 行 う こ と が 必 要 で あ る

2 ( 3 ) 障 害 の 理 解 に 関 する 保 護 者 等 へ の 支 援 の 重 要 性 言 語 障 害 は, 直 接, 社 会 的 な ハ ン デ ィ キ ャ ッ プ に 結 び 付 き や す く, 二 次 的 な 障 害 と し て の 情 緒 面 や 行 動 面 の 問 題 に も 発 展 し が ち で あ る そ の た め, 言 語 障 害 の あ る 子 供 を 心 理 的 に 支 え る こ と は 言 語 障 害 教 育 に お け る 重 要 な 役 割 で あ る 心 理 的 に 支 え る 方 法 と し て は, カ ウ ン セ リ ン グ 等 の 心 理 療 法, 言 語 障 害 の 状 態 や 教 育, 学 習 方 法 等 に つ い て の 正 し い 情 報 の 提 供 に よ っ て 子 供 を 心 理 的 に 支 援 す る 方 法 が あ る ま た, 言 語 障 害 の 状 態 は 環 境 要 因 に 左 右 さ れ る と こ ろ が 大 き い そ の た め, 保 護 者 の 態 度 や 行 動 を 望 ま し い 方 向 に 促 す よ う に 働 き か け る こ と も, 言 語 障 害 の あ る 童 生 徒 に と っ て は 必 要 な 場 合 が 多 い そ こ で, 保 護 者 に 対 し て は, カ ウ ン セ リ ン グ 等 に よ っ て 心 理 的 に 支 え, そ の 養 育 態 度 の 改 善 や 情 緒 的 な 安 定 を 図 る よ う に す る ま た, 子 供 の 障 害 や 教 育 な ど に つ い て, 正 し い 情 報 を 提 供 す る こ と に よ り, 保 護 者 の 心 理 的 な 安 定 を 図 る よ う に 努 め る こ と も 大 切 で あ る ( 4 ) 個 別 の 指 導 計 画 の 作 成 言 語 障 害 の 状 態 は, 子 供 に よ っ て 様 々 で あ る そ の た め, 個 別 に 指 導 が 行 わ れ る の が 一 般 的 で あ る さ ら に, 通 級 に よ る 指 導 と い う 教 育 の 形 態 か ら, 少 な く と も 学 級 担 任 と 通 級 に よ る 指 導 の 担 当 者 と い う よ う に, 複 数 の 教 師 が 一 人 の 子 供 の 指 導 に か か わ る こ と に な る さ ら に, 保 護 者 や 医 療 機 関 等 を 含 め た 相 互 の 連 携 も 求 め ら れ る こ う し た こ と か ら, 通 常 は 個 別 の 指 導 計 画 を 作 成 し, そ の 共 通 理 解 を 図 る と と も に, そ れ ぞ れ が 分 担 し て か か わ る こ と に よ っ て, 適 切 か つ 必 要 な 指 導 を 進 め て い く こ と に な る 個 別 の 指 導 計 画 は, 関 係 す る 機 関 等 か ら 情 報 を 得 な が ら, 個 々 の 確 に 把 握 し て, 適 切 な 指 導 内 容 方 法 を 検 討 し た 上 で 作 成 す る こ と が 大 切 で あ る 2 言 語 障 害 の あ る 子 供 に 必 要 な 指 導 内 容 ( 1 ) 構 音 障 害 の あ る 子 供 の 指 導 1 実 態 把 握 ア 構 音 の 状 態 の 把 握 a 単 音 節 構 音 検 査 ( 語 音 明 瞭 度 検 査 ) 子 供 に 対 し て, 単 音 節 の 文 字 を 示 し, 発 語 さ せ る こ と に よ り 誤 り の 傾 向 を 把 握 す る 検 査 で あ る 発 語 の 状 態 を, 構 音 点 ( 唇, 舌, 歯 茎, 口 蓋 な ど の 音 を 作 る 位 置 ), 構 音 様 式 ( 破 裂, 摩 擦 な ど の 音 の 作 り 方 ) に よ っ て 整 理 し, 誤 り の 特 徴 や 傾 向 を 把 握 す る b 単 語 構 音 検 査 子 供 に 事 物 の 名 称 や 動 作 な ど の 絵 を 示 し, そ の 名 称 や 動 作 な ど を 呼 称 さ せ る 検 査 で あ る 構 音 の 誤 り を 把 握 す る た め, 検 査 で 用 い る 言 葉 に つ い て は,

3 対 象 と な る 子 供 の 実 態 に 応 じ て, 事 前 に 十 分 検 討 し て お く 必 要 が あ る 例 え ば, 特 定 の 音 の 誤 り は, 含 ま れ る 単 語 の 中 の 位 置 ( 語 頭, 語 中, 語 尾 ) に よ っ て 異 な る 場 合 が あ る の で, そ の 音 の 単 語 の 中 の 位 置 の 違 い を 考 慮 し た 単 語 を 用 い て 検 査 し, 誤 り の 特 徴 や 傾 向 を 把 握 す る c 会 話 明 瞭 度 検 査 検 査 者 と の 会 話 を 通 し て 構 音 の 全 体 的 な 特 徴 や 発 話 の 明 瞭 度 を 把 握 す る た め に 行 う 検 査 で あ る イ 音 の 聴 覚 的 な 記 銘 力 の 検 査 a 語 音 弁 別 検 査 正 し い 音 と 誤 っ た 音 を 聞 か せ, 正 誤 を 判 断 さ せ る 検 査 b 聴 覚 的 記 銘 力 検 査 複 数 の 無 意 味 音 節 つ づ り を 聞 か せ, 再 生 さ せ る 検 査 c 被 刺 激 性 の 検 査 誤 っ て 構 音 し て い る 音 に 対 し, 正 し い 音 を 聞 か せ て 復 唱 さ せ, 誤 り 方 の 変 化 を 見 る 検 査 ウ 発 語 器 官 の 運 動 機 能 の 状 態 の 把 握 噛 ( か ) む, 吸 う, 飲 み 込 む 等 の 摂 食 に か か わ る 運 動 の 可 否, 舌 や 口 唇 の 動 き, 軟 口 蓋 や 咽 頭 壁 の 動 き 等 を 観 察 す る 2 構 音 障 害 の 指 導 ア 発 語 器 官 の 運 動 機 能 の 向 上 構 音 障 害 の 中 に は, 構 音 器 官 の 運 動 機 能 が 不 十 分 で あ る こ と に 起 因 す る も の が あ る 特 に, 舌 運 動 機 能 の 不 全 及 び 口 蓋 裂 な ど の 場 合 に み ら れ る 呼 気 の 操 作 に 問 題 が あ る 場 合 が そ れ に 当 た る こ の よ う な 状 態 の 子 供 に 対 し て は, 構 音 器 官 の 運 動 に つ い て の 適 切 な 指 導 が 必 要 で あ る 構 音 器 官 の 運 動 と し て は, C S S 機 能 ( 噛 む こ と, 吸 う こ と, 飲 み 込 む こ と ) と い わ れ る 運 動 が あ り, そ の 適 否 を 調 べ, 必 要 な 運 動 機 能 の 習 得 を 目 指 し て 指 導 す る こ と が 必 要 で あ る と 考 え ら れ る が, 訓 練 と し て 舌 の 挙 上 等 個 々 の 運 動 を 取 り 出 し て 行 う の で は な く, 構 音 動 作 を 併 用 し て 進 め る こ と が 有 効 で あ る ま た, 口 唇 裂 を 含 め, 口 蓋 機 能 ( 鼻 腔 と 口 腔 を 隔 て て, 口 腔 に 内 圧 を つ く る 鼻 咽 腔 閉 鎖 機 能 等 ) が 適 切 に 働 か な い か 不 全 の 状 態 で あ る 場 合 に は, 構 音 時 の 呼 気 の 流 れ が 口 腔 の 前 方 に 向 か わ ず, 鼻 腔 方 向 に 向 か う こ と が あ り, 摩 擦 音 ( [ s ] 等 ), 破 擦 音 ( [ ts] 等 ), 破 裂 音 ( [ k ] [ p ] [ t ] 等 ) 等 の 構 音 に 必 要 な 口 腔 内 圧 が 得 ら れ な い こ と が あ る こ の 場 合 に は, 呼 気 流 を 口 腔 前 方 に 向 け る た め の 指 導 を 行 う 必 要 が あ る イ 音 の 聴 覚 的 な 認 知 力 の 向 上 構 音 障 害 の あ る 子 供 の 中 に は, 正 し い 構 音 と 自 分 の 構 音 と の 違 い が 弁 別 で き な か っ た り, 音 と 音 の 比 較, 照 合 が で き に く か っ た り, あ る い は 音 を 記 憶 し た り, 再 生 し た り す る 面 に 遅 れ や 偏 り が あ っ た り す る 者 が 少 な く な い こ の よ う

4 な 子 供 に 対 し て は, 聴 覚 的 な フ ィ - ド バ ッ ク を 成 立 さ せ る た め の 指 導 が 必 要 で あ る 具 体 的 な 指 導 内 容 と し て は 次 の 事 柄 が 挙 げ ら れ る a 特 定 の 音 を 聞 き 出 す 単 語 や 文 の 中 か ら 指 導 の 目 的 と な る 音 を 聞 き 出 す 教 師 が 単 語 や 文 を 示 し, 目 的 と な る 音 が あ れ ば 手 を 挙 げ る な ど の 方 法 を 通 し て, 音 の 認 知 力 を 高 め る b 音 と 音 の 比 較 を す る 単 音 や 単 語 な ど で, 正 し い 音 と 誤 っ た 音 の 違 い を 比 較 し, 判 断 す る c 誤 っ た 音 と 正 し い 音 と を 聞 き 分 け る 単 音 や 単 語 な ど で, 目 的 と な る 音 を 聞 き, 正 し い 音 か 誤 っ た 音 か を 判 断 す る d 複 数 の 音 を, ひ と ま と ま り と し て 記 憶 し 再 生 す る こ の よ う な 事 柄 に 関 す る 指 導 を, 遊 び の 中 で 継 続 し て 行 う 必 要 の あ る 子 供 が 少 な く な い ま た, 音 の 認 知 を 成 立 さ せ る た め に は, 文 字 を 併 用 す る こ と も 有 効 で あ る の で, 文 字 指 導 な ど と 並 行 し て 行 う よ う 配 慮 す る こ と も 大 切 で あ る ウ 構 音 の 指 導 誤 っ た 構 音 の 仕 方 を 覚 え て し ま っ た り, 適 切 な 構 音 の 仕 方 を 知 ら な か っ た り す る 子 供 に 対 し て は, 正 し い 構 音 の 仕 方 を 習 得 さ せ る た め の 指 導 が 必 要 で あ る そ こ で, 通 級 に よ る 指 導 等 で 通 常 用 い ら れ て い る 方 法 に つ い て 以 下 に 述 べ る a 構 音 可 能 な 音 か ら 誘 導 す る 方 法 [ ga] 音 を さ さ や き 声 で 無 声 化 し, [ ka] 音 に す る な ど の よ う に, 構 音 運 動 の 似 た 音 を 利 用 し て 誘 導 す る 方 法 b 構 音 器 官 の 位 置 や 動 き を 指 示 し て, 正 し い 構 音 運 動 を 習 得 さ せ る 方 法 c 結 果 的 に 正 し い 構 音 の 仕 方 に な る 運 動 を 用 い る 方 法 ま ず, う が い を 練 習 し, そ の 動 き を 基 に [ k ] 音 を 導 く 方 法 等 d 聴 覚 刺 激 法 聴 覚 的 に 正 し い 音 を 聞 か せ て, そ れ を 模 倣 さ せ る 方 法 e キ ー ワ ー ド 法 キ ー ワ ー ド ( 時 に 正 し く 構 音 で き る 音 を 含 む 単 語 ) を 用 い て, 目 的 の 音 を 獲 得 さ せ る 方 法 f 母 音 変 換 法 正 し く 構 音 で き る 音 に つ い て, そ の 母 音 を 変 え て 目 的 の 音 を 獲 得 す る 方 法 実 際 の 指 導 に お い て は, こ れ ら の 方 法 を 単 独 で 用 い る の で は な く, 子 供 の 実 態 に 応 じ て 幾 つ か の 方 法 を 併 用 す る こ と が 多 い ま た, 年 齢 が 上 が る に つ れ て, 習 慣 性 が 強 く な り, 誤 っ た 構 音 の 仕 方 が 定 着 し, 構 音 器 官 に 緊 張 が み ら れ る 子 供 も 多 い こ の よ う な 場 合 に は, い っ た ん そ の 構 音 に 関 す る 指 導 を 中 止 し, 構 音 器 官 の 緊 張 を 取 り 除 い た 後 に, 正 し い 構 音 の 仕 方 を 指 導 す る と い う 方 法 が 用 い ら れ る 場 合 が あ る

5 音 に つ い て は, 単 音 か ら 指 導 し, 単 語 の 指 導 を 経 て, 文 章, 会 話 で の 練 習 へ と 進 め る の が 一 般 的 で あ る が, こ の よ う な 方 法 だ け で は, 日 常 会 話 に お け る 習 熟 が 困 難 な こ と も あ る し た が っ て, 特 別 の 指 導 の 場 面 だ け で な く, 在 籍 す る 学 級 に お け る 日 常 生 活 場 面 で の 会 話 な ど を 含 め て, 柔 軟 に 指 導 を 進 め て い く よ う に 工 夫 す る 必 要 が あ る (2) 話 し 言 葉 の 流 暢 ( り ゅ う ち ょ う ) 性 に か か わ る 障 害 の 指 導 吃 音 や 脳 外 傷 の 後 遺 症, ま れ に は 早 口 症 ( ク ラ ッ タ リ ン グ ) 等 の た め に, 話 し 言 葉 の 流 暢 性 が 十 分 で な か っ た り, 緊 張 す る と 音 声 が 出 に く か っ た り す る よ う な 状 態 の 子 供 が 見 受 け ら れ る 場 合 が あ る こ こ で は, 吃 音 を 例 に 挙 げ て, そ の 指 導 方 法 に つ い て 述 べ る こ と に す る 1 実 態 把 握 会 話 の 中 や 音 読 の 際 に 吃 音 の 様 子 の 観 察 を し た り, 一 定 の 分 量 の 文 章 を 読 ま せ て, 吃 音 の 頻 度 を 調 べ た り す る ま た, 本 人 や 保 護 者 が 吃 音 に つ い て ど う 感 じ て い る か, ど う 悩 ん で い る か な ど, 面 談 等 を 通 し て 把 握 す る 2 吃 音 の 指 導 ア 自 由 な 雰 囲 気 で 楽 に 話 す こ と を 奨 励 す る 言 葉 の 話 し や す さ は, 本 人 の 気 持 ち や 周 囲 の 接 し 方 に よ っ て 変 化 す る も の で あ る 自 由 で 楽 な 雰 囲 気 の 中 で, 話 し や す い 人 を 相 手 に 話 す と き に, 子 供 は 流 暢 に, あ る い は 軽 い 連 発 伸 発 難 発 を 伴 い な が ら も, 楽 に 話 せ る こ と が 多 い こ の よ う な 状 況 を 設 定 し 楽 に 話 せ た と い う 感 触 を 得 さ せ る よ う に す る こ と が 大 切 で あ る 低 学 年 の 子 供 に お い て は, 自 由 な 遊 び や 身 近 な 生 活 の 場 を 用 意 し, 教 師 と の 間 で, 受 容 的 で 温 か な 関 係 を つ く り, そ こ で の 子 供 の 自 発 的 な 行 動 を 奨 励 す る こ と が 大 切 な 指 導 と な る 自 分 の 吃 音 や そ の 他 の 非 流 暢 性 に 対 し て 不 安 を 抱 い て い る よ う な 子 供 に つ い て は, 共 感 的 な 関 係 を 築 く 中 で 楽 に 話 せ た と い う 経 験 を 得 さ せ る よ う に す る こ と が 必 要 で あ る い ず れ に し て も, 教 師 は, 子 供 に と っ て よ い 聞 き 手 で あ る こ と が 求 め ら れ て お り, 子 供 の 話 を 興 味 を も っ て 聞 く と い う 態 度 が 重 要 で あ る つ ま り, 興 味 を も っ て 話 を 聞 い て く れ る 聞 き 手 に よ っ て, 子 供 は 話 し 方 に つ い て で は な く, 話 の 内 容 を 考 え な が ら 話 す と い う 態 度 が 育 つ と 考 え ら れ る し た が っ て, ほ と ん ど の 吃 音 の あ る 子 供 が こ の よ う な 指 導 を 必 要 と し て い る と い え る イ 楽 に 話 せ る こ と を 体 験 さ せ る 吃 音 に 悩 む 子 供 は 言 葉 が 出 な く な る こ と に 対 し て 不 安 を 強 く 感 じ て い る 場 合 が 多 い こ れ ら の 子 供 に は, 楽 に 話 せ た と い う 経 験 を も た せ る こ と で, 話 す 自 信 や 意 欲 に つ な が る こ と も あ る 音 読 で あ れ ば, 他 者 と 一 緒 に 声 を 合 わ せ て 読 む な ど の 方 法 に よ っ て 流 暢 性 が 得 ら れ る こ と が 多 い ま た, そ の ほ か に も, 子 供 の 聴 覚 的 フ ィ - ド バ ッ ク を 利 用 す る 方 法 等 も 一 時 的 な 流 暢 性 を 得 る 上 で は 有

6 効 な 場 合 が あ る し か し, こ れ ら の 方 法 で 得 ら れ る 流 暢 性 は, 一 時 的 な 体 験 に と ど ま る こ と が 多 い の で, 流 暢 に 話 す こ と を 強 調 し 過 ぎ る と, む し ろ, 非 流 暢 に し か 話 せ な い 自 分 を 恥 じ る こ と に も な り か ね な い の で, 注 意 が 必 要 で あ る ウ 難 発 か ら 抜 け 出 す 方 法 を 指 導 す る 吃 音 に 悩 む 子 供 は, 日 常 生 活 に お い て 急 に 話 せ な く な る と か, 声 が 出 な く な る と い う 経 験 を も っ て お り, そ の と き に ど う す る か で 悩 ん で い る こ と が 多 い こ の よ う な 状 態 に 対 し て は, 声 が 詰 ま っ て 出 て こ な く な っ た と き に ど う す れ ば よ い か を 指 導 す る こ と が 必 要 な 場 合 も あ る そ の 方 法 と し て は, 声 が 詰 ま っ た と き の 口 や 体 の 構 え を 一 度 解 消 し, は じ め か ら や り 直 す 声 を 少 し ず つ 吐 き 出 し な が ら 話 す 最 初 の 語 音 を ゆ っ く り と 引 き 伸 ば し て 発 語 す る な ど が 用 い ら れ て き て い る が, 個 々 の 事 例 で 異 な る こ と が 多 い の で, 子 供 と と も に 考 え て 適 切 な 練 習 を す る こ と が 大 切 で あ る エ 苦 手 な 場 面 や 語 音 に 対 す る 緊 張 を 解 消 す る 吃 音 に 悩 む 子 供 は, 実 際 の 生 活 で 失 敗 し た り, 困 っ た り し た 経 験 を も っ て い る 場 合 が あ る こ れ ら の 経 験 に よ り, 子 供 は 苦 手 な 場 面 や 特 定 の 語 音 に 対 す る 緊 張 を 抱 い て い る こ と が 多 い こ の よ う に し て 形 成 さ れ た 緊 張 を 解 消 す る こ と は, 子 供 の 社 会 生 活 の 充 実 や そ の 自 己 実 現 を 図 る 上 で 大 切 な こ と で あ る そ の た め の 方 法 と し て は, 教 師 と の 温 か な 人 間 関 係 の 中 で, イ メ - ジ の 世 界 や 現 実 場 面 に お い て 苦 手 な 場 面 を 想 定 し て 特 定 の 語 音 を 繰 り 返 し 練 習 し た り, 緊 張 の 低 い 場 面 か ら 高 い 場 面 へ と 段 階 的 に 練 習 し た り す る 方 法 が 挙 げ ら れ る オ 日 常 生 活 に おけるコミュニケ ー ション 態 度 を 育 てる こ こ ま で 述 べ て き た こ と は, 主 と し て 教 室 で の 指 導 で あ る が, 練 習 時 に は 流 暢 に 話 せ て も 実 際 の 生 活 場 面 で は う ま く い か な い こ と や, 効 果 が 一 時 的 で あ る こ と を 経 験 す る 子 供 も 多 い ま た 完 全 な 流 暢 性 は 得 ら れ な い こ と も あ る の で 実 際 の 生 活 場 面 を 利 用 し な が ら 学 校 生 活 を 含 め, 日 常 生 活 に お け る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン 態 度 を 育 て る 配 慮 が 必 要 と な る こ の た め に は, 吃 音 は 悪 い こ と で は な い と い う こ と を, 学 校 内 の 人 々 や 保 護 者 に 周 知 徹 底 し, 吃 音 が あ る 子 供 が 時 に ど も り な が ら で も 伝 え る メ ッ セ ー ジ を 受 け 取 る こ と, 話 し 方 で は な く, 話 の 中 身 に 耳 を 傾 け る こ と が 必 要 と な る カ 本 人 の 自 己 実 現 を 援 助 す る 話 し 言 葉 の 流 暢 性 は, 子 供 の 社 会 生 活 に 大 き な 影 響 を 与 え る だ け で な く, 本 人 の 自 己 意 識 に も 大 き な 影 響 を 与 え, ひ い て は 自 己 実 現 に も か か わ っ て く る つ ま り, 社 会 生 活 で の 失 敗 や, そ の 中 で 感 じ る 気 ま ず さ や 無 力 さ, あ る い は 失 敗 を 予 期 す る こ と が, 自 己 に 対 す る 見 方 を ゆ が め た り, 自 分 の 存 在 を 言 葉 の 障

7 害 に の み 重 ね 合 わ せ て と ら え た り す る こ と に つ な が る そ の 結 果, 自 分 自 身 が 本 来 も っ て い る 能 力 や 個 性, さ ら に は 自 分 の 指 向 す る 方 向 ま で も 見 誤 る こ と に も な る こ の よ う な 子 供 の 指 導 に お い て は, 温 か な 人 間 関 係 の 中 で, 自 分 自 身 や 吃 音 に つ い て 話 し 合 う な ど し て 吃 音 に 向 か い 合 い, 自 分 の 考 え や 見 方 を 整 理 し, 見 直 し, 本 来 の 自 己 を 再 発 見 す る よ う に 指 導 す る こ と が 大 切 で あ る ま た, 子 供 の 趣 味 を 生 か し た り, 特 技 を 伸 ば し た り す る こ と に よ っ て, 新 し い 自 分 を 発 見 さ せ る よ う に 指 導 す る こ と も 必 要 で あ る キ 周 囲 の 態 度 を 改 善 す る こ と 前 述 の よ う に, 話 し 言 葉 の 流 暢 性 は, 聞 き 手 側 の 態 度 に よ っ て 大 き く 変 化 す る 保 護 者 を 始 め 通 常 の 学 級 の 担 任 や 友 人 等 に 対 し て 理 解 を 促 す こ と は, 吃 音 症 状 や 吃 音 に か か わ る 問 題 悪 化 を 防 ぐ た め に も 必 要 で あ る 基 本 的 に は, 吃 音 に 対 す る 正 し い 知 識 や 情 報 を 伝 え る こ と 及 び 望 ま し い 態 度 を 育 て る こ と が 必 要 で あ る ( 3 ) 言 語 機 能 の 基 礎 的 事 項 の 発 達 の 遅 れ や 偏 り に 関 す る 障 害 の 指 導 言 語 機 能 の 基 礎 的 事 項 に 発 達 の 遅 れ や 偏 り の あ る 子 供 の 実 態 把 握 に つ い て は, 発 達 検 査 や 知 能 検 査 を 活 用 し た り, ま た, 視 覚 運 動 機 能 の 発 達 を 評 価 す る 検 査 や 質 問 紙 に よ る 性 格 検 査, 社 会 生 活 能 力 検 査 を 用 い た り す る さ ら に, 親 子 関 係 を 診 断 す る 検 査 や 言 語 発 達 の 状 態 を 調 べ る 検 査 等 を 活 用 す る こ と も 考 え ら れ る こ の よ う な 検 査 や 観 察 等 の 結 果 を 参 考 と し て, 個 々 の 子 供 の 言 語 機 能 に つ い て 的 確 に 把 握 す る よ う に 努 め る こ と が 大 切 で あ る 言 語 機 能 の 基 礎 的 事 項 に 発 達 の 遅 れ や 偏 り の あ る 子 供 に は 様 々 な タ イ プ が 考 え ら れ る が, そ れ ぞ れ に 必 要 な 指 導 と し て は, 次 の よ う な 事 柄 が 挙 げ ら れ る 1 コ ミ ュ ニ ケ - シ ョ ン 態 度 の 育 成 や コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン 意 欲 の 向 上 を 必 要 と す る 子 供 へ の 指 導 言 語 機 能 の 基 礎 的 事 項 を 学 習 す る た め に は, 他 者 と 一 緒 に い た り, 他 者 と や り と り を し た り す る こ と を 楽 し み, 喜 べ る 態 度 を 育 て る こ と が 必 要 で あ る し た が っ て, 温 か な 人 間 関 係 を 形 成 し, 子 供 の 興 味 関 心 に 即 し た 物 な ど を 教 師 が 提 示 す る こ と に よ っ て, 話 題 を 共 有 し た り, 言 語 的 な や り と り を 活 発 に し た り す る よ う 配 慮 し て 指 導 す る 2 言 語 活 動 の 楽 し さ を 学 ぶ 必 要 が あ る 子 供 へ の 指 導 子 供 の 中 に は, 語 彙 が あ る 程 度 豊 か で あ り, ま た 基 礎 的 な 文 法 を 知 っ て い て も, 実 際 の 生 活 の 中 で そ れ ら を 使 用 す る こ と が で き に く い 者 が い る こ の よ う な 子 供 に は, 文 字 や 言 葉 を 使 用 す る こ と の 楽 し さ や 便 利 さ を 教 え る こ と が 必 要 で あ る 例 え ば, 文 字 に 関 し て は, そ の 言 語 発 達 を 促 進 す る た め, お 手 紙 ご っ こ や 文 通 な ど の 方 法 を 活 用 す る こ と が で き る ま た, 買 物 ご っ

8 こ を し た り, パ ソ コ ン の 文 書 作 成 機 能 を 使 用 し た り し て, 文 字 を 使 用 す る こ と の 楽 し さ や 便 利 さ を 分 か ら せ る よ う に す る こ と も で き る 3 実 際 の 生 活 場 面 で の 使 用 を 課 題 と す る 子 供 へ の 指 導 学 習 場 面 等 に お い て 習 得 し た と 思 わ れ る 言 語 を, 実 際 の 生 活 で は 十 分 使 用 す る こ と が で き に く い 子 供 に 対 し て は, 実 際 の 生 活 で も 使 用 す る こ と が で き る よ う に す る た め の 指 導 を 工 夫 し て 行 う 必 要 が あ る つ ま り, で き る 限 り 子 供 の 日 常 生 活 の 場 か ら 題 材 を 得 た り, 実 際 の 生 活 の 場 に つ な げ る よ う な 工 夫 を し た り な ど し て 指 導 す る こ と に よ り, 他 者 と の 間 に 成 立 し た や り と り や, 子 供 の 認 知 力 を よ り 一 層 向 上 さ せ る よ う に す る こ と が 大 切 で あ る 4 話 す, 聞 く, 読 む, 書 く な ど の 言 語 ス キ ル の 向 上 を 図 る 必 要 の あ る 子 供 に 対 す る 指 導 自 分 の 気 持 ち を 話 し 言 葉 で 他 者 に 説 明 し た り, 文 字 で 表 現 し た り す る 能 力 や, 他 者 の 気 持 ち を 文 字 や 話 し 言 葉 に よ っ て 理 解 し た り す る 能 力 な ど が, 年 齢 相 応 に 十 分 発 達 し て い な い よ う な 子 供 に 対 し て は, 言 語 機 能 の 基 礎 的 事 項 に つ い て の 個 別 指 導 が 必 要 で あ る 例 え ば, 3 コ マ 漫 画 や 系 列 カ ー ド な ど を 使 い 場 面 の 理 解 や 人 物 の 気 持 ち を 考 え さ せ た り, 実 際 の 体 験 な ど を 照 合 さ せ て, 話 し た り, 書 い た り す る 活 動 を 行 う こ と に よ り, 基 礎 的 な 言 語 ス キ ル の 向 上 を 図 る よ う に す る な お, 言 語 の 表 出 が 困 難 な 子 供 に 対 し て は, AAC( 拡 大 代 替 コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン ) の 導 入 や ICT( 情 報 通 信 技 術 ) の 活 用 を 検 討 す る こ と も 必 要 で あ る 3 言 語 障 害 の あ る 子 供 の 教 育 の 場 と 提 供 可 能 な 教 育 機 能 言 語 障 害 の あ る 子 供 の 中 に は, 話 す, 聞 く 等 の 言 語 機 能 の 基 礎 的 事 項 に 発 達 の 遅 れ や 偏 り の あ る 者 が い る こ の よ う な 子 供 の 中 に は, 聴 覚 障 害 の あ る 者, 知 的 発 達 に 遅 れ の あ る 者 な ど も 含 ま れ て い る こ の よ う な 主 た る 障 害 に 伴 っ て 生 じ る 言 語 機 能 の 基 礎 的 事 項 に 遅 れ や 偏 り の あ る 子 供 に 対 し て は, 主 た る 障 害 に 対 応 し た 教 育 の 場 に お い て 適 切 な 指 導 を 行 う 必 要 が あ る 言 語 障 害 教 育 の 場 に お け る 教 育 が 適 切 と 考 え ら れ る 者 は, 前 述 し た 以 外 の 子 供 で, 言 語 機 能 の 基 礎 的 事 項 に 発 達 の 遅 れ や 偏 り の あ る 者 で あ る こ う し た 子 供 に つ い て は, 個 別 指 導 が 有 効 と 考 え ら れ, 系 統 的 な 言 語 指 導 等 を 必 要 と し て い る 場 合 も あ る 言 語 障 害 の あ る 子 供 を 対 象 と す る 言 語 障 害 特 別 支 援 学 級, 通 級 に よ る 指 導 ( 言 語 障 害 ) は, 次 の よ う な 障 害 の 程 度 の 子 供 を 対 象 に 設 置 さ れ て い る ( 1 ) 言 語 障 害 特 別 支 援 学 級 学 校 教 育 に お い て, 言 語 障 害 の あ る 子 供 に 対 す る 指 導 は, 例 え ば, 難 聴 に 基 づ く 言 語 障 害 に つ い て は 特 別 支 援 学 校 ( 聴 覚 障 害 ) 等, 脳 性 ま ひ に 基 づ く 言 語 障 害 に つ い て は 特 別 支 援 学 校 ( 肢 体 不 自 由 ) 等 と い う よ う に, そ の 主 た る 障 害 に 基 づ く 障 害 種 別 の 学 校 等 で 行 わ れ て い る し た が っ て, そ れ 以 外 の 言 語 障 害, 例 え ば 構 音 障 害 や 吃 音 等 の 話 し 言 葉 に 障 害 の あ る 子 供 に 対 す る 指 導 は, 一 般 に, そ の ほ と ん ど が 小 中 学 校 等 に お け る 通 級 に よ る 指 導 に よ り 行 わ れ て い る

9 し か し, 言 語 障 害 の 子 供 の 中 に は, 言 語 機 能 の 基 礎 的 事 項 に 発 達 の 遅 れ が あ り, か な り の 時 間, 特 別 な 指 導 を 必 要 と す る 者 が い た り, ま た 言 語 障 害 の 状 態 の 改 善 克 服 を 図 る た め 心 理 的 な 安 定 を 図 る 指 導 を 継 続 的 に 行 っ た り す る 必 要 性 が あ る こ と か ら, 通 級 に よ る 指 導 で は 十 分 で な く, よ り 配 慮 を 要 す る 障 害 の 状 態 の 者 が い る こ う し た 子 供 に 対 し て は 言 語 障 害 の 状 態 の 改 善 の 指 導 を 適 切 に 行 う と 同 時 に, 言 語 障 害 に か か わ る 教 科 指 導 等 の 配 慮 を, よ り 手 厚 く 充 実 さ せ て 指 導 す る こ と に な る 言 語 障 害 特 別 支 援 学 級 の 対 象 と な る 障 害 の 程 度 は 以 下 の よ う に 示 さ れ て い る 口 蓋 裂, 構 音 器 官 の ま ひ 等 器 質 的 又 は 機 能 的 な 構 音 障 害 の あ る 者, 吃 音 等 話 し 言 葉 に お け る リ ズ ム の 障 害 の あ る 者, 話 す, 聞 く 等 言 語 機 能 の 基 礎 的 事 項 に 発 達 の 遅 れ が あ る 者, そ の 他 こ れ に 準 じ る 者 ( こ れ ら の 障 害 が 主 と し て 他 の 障 害 に 起 因 す る も の で な い 者 に 限 る ) で, そ の 程 度 が 著 し い も の ( 平 成 2 5 年 1 0 月 4 日 付 け 2 5 文 科 初 第 号 初 等 中 等 教 育 局 長 通 知 ) ( 2 ) 通 級 に よる 指 導 ( 言 語 障 害 ) 言 語 障 害 の 程 度 が 比 較 的 軽 度 の 者 に 対 し て, 各 教 科 等 の 指 導 は 通 常 の 学 級 で 行 い つ つ, 障 害 に 応 じ た 特 別 の 指 導 を 特 別 の 指 導 の 場 で 行 う と い う 通 級 に よ る 指 導 が, 平 成 5 年 度 か ら 制 度 化 さ れ, 実 施 さ れ て い る 通 級 に よ る 指 導 ( 言 語 障 害 ) の 対 象 と な る 障 害 の 程 度 は 以 下 の よ う に 示 さ れ て い る 口 蓋 裂, 構 音 器 官 の ま ひ 等 器 質 的 又 は 機 能 的 な 構 音 障 害 の あ る 者, 吃 音 等 話 し 言 葉 に お け る リ ズ ム の 障 害 の あ る 者, 話 す, 聞 く 等 言 語 機 能 の 基 礎 的 事 項 に 発 達 の 遅 れ が あ る 者, そ の 他 こ れ に 準 じ る 者 ( こ れ ら の 障 害 が 主 と し て 他 の 障 害 に 起 因 す る も の で な い 者 に 限 る ) で, 通 常 の 学 級 で の 学 習 に お お む ね 参 加 で き, 一 部 特 別 な 指 導 を 必 要 と す る 程 度 の も の ( 平 成 2 5 年 1 0 月 4 日 付 け 2 5 文 科 初 第 号 初 等 中 等 教 育 局 長 通 知 ) 通 級 に よ る 指 導 ( 言 語 障 害 ) の 対 象 の 子 供 は, 通 常 の 学 級 に お い て 学 習 す る の が 適 切 で あ る が, 一 部 障 害 に 応 じ た 特 別 な 指 導 を 必 要 と す る 者 で あ る し た が っ て, 通 級 に よ る 指 導 に お い て は, 個 々 の 言 語 障 害 の 状 態 を 改 善 す る こ と を 目 的 と し た 特 別 な 指 導 が 行 わ れ る こ と に な る 指 導 の 内 容 は, 正 し い 音 の 認 知 や 模 倣, 構 音 器 官 の 運 動 の 調 整, 発 音 発 語 指 導 な ど の 構 音 の 改 善 に か か わ る 指 導, 遊 び の 指 導 劇 指 導 斉 読 法 な ど に よ る 話 し 言 葉 の 流 暢 性 を 改 善 す る 指 導, 遊 び や 日 常 生 活 の 体 験 と 結 び 付 け た 言 語 機 能 の 基 礎 的 事 項 に 関 す る 指 導 等 が 考 え ら れ る 指 導 に お い て は, 対 象 と な る 子 供 の 言 語 の 障 害 や コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン 上 の 困 難 を 改 善 又 は 軽 減 し た り, 周 囲 と の 望 ま し い 人 間 関 係 を 育 て た り す る こ と が 大 切 で あ る ま た, こ れ ら の 指 導 は 子 供 の 自 己 実 現 を 援 助 し, 適 切 に 自 己 を と ら え さ せ る よ う に す る こ と な ど を 目 標 と し て 行 わ れ る も の で あ り, 子 供 に 対 す る 指 導 内 容

10 方 法 に つ い て は, こ れ ら の 目 標 に 照 ら し て 考 え る よ う に す る こ と が 大 切 で あ る 言 語 の 障 害 は, 子 供 の 対 人 関 係 等 生 活 全 般 に 与 え る 影 響 が 大 き い こ と か ら, 話 す 意 欲 を 高 め る 指 導, カ ウ ン セ リ ン グ 等 の 指 導 も 必 要 に な る 言 語 障 害 の 改 善 克 服 の た め に は, 学 校 に お け る 特 別 な 指 導 の 下 に, 生 活 場 面 で 継 続 的 に 発 音 発 語 の 練 習 を 行 う 必 要 が あ り, 家 庭 や 在 籍 学 級 の 担 任 の 先 生 と 連 携 を 密 接 に 図 る こ と が 大 切 で あ る さ ら に, 器 質 的 な 障 害 の あ る 子 供 に つ い て は, 医 療 機 関 等 と の 連 携 を 密 に す る こ と も 大 切 で あ る ( 3 ) 通 常 の 学 級 に おける 指 導 言 語 障 害 の 程 度 が 軽 い 場 合 に は, 通 常 の 学 級 で 留 意 し て 指 導 す る こ と が 適 当 な 場 合 も あ る こ の 場 合, 言 語 障 害 に つ い て の 基 礎 知 識 を も っ て 正 し い 指 導 を 行 う こ と, 教 室 の 雰 囲 気 を 話 し や す い も の に す る こ と, 級 友 の 理 解 を 得 ら れ る 学 級 に す る こ と, 話 す こ と, 読 む こ と に つ い て 自 信 が も て る よ う な 指 導 を 行 う こ と 等 に 気 を つ け て 指 導 す る こ と が 大 切 で あ る 4 言 語 障 害 の あ る 子 供 の 就 学 先 決 定 に お け る 留 意 点 言 語 障 害 の あ る 子 供 の 就 学 先 決 定 に お け る 配 慮 事 項 は 次 の と お り で あ る ( 1 ) 通 級 に よ る 指 導 の 意 義 と 理 解 言 語 障 害 の あ る 子 供 の 教 育 は, 通 級 に よ る 指 導 と い う 教 育 の 形 態 で 行 わ れ る こ と が 多 い こ の 場 合, そ の 意 義 や 目 的 等 に つ い て 十 分 な 説 明 を 行 い, 保 護 者 の 理 解 を 得 て お く こ と が 重 要 で あ る ( 2 ) 保 護 者 の 気 持 ち の 尊 重 と 就 学 先 に 対 す る 理 解 啓 発 通 級 に よ る 指 導 や 子 供 の 教 育 上 必 要 な 指 導 内 容, 指 導 計 画 を 保 護 者 に 提 示 し, そ の 理 解 と 協 力 を 得 る よ う に 努 め る こ と が 大 切 で あ る ま た, 保 護 者 が い わ ゆ る 通 級 指 導 教 室 等 を 訪 問 し て 参 観 で き る よ う に す る こ と な ど も 必 要 で あ る ( 3 ) 指 導 計 画 の 作 成 就 学 の 場 を 決 定 す る に 当 た っ て は, 子 供 の 遅 れ た 点 や 障 害 の あ る 部 分 に つ い て 強 調 す る だ け で な く, 優 れ た 点 に も 着 目 す る な ど し て, 個 々 の 子 供 の 障 害 に 基 づ く 種 々 の 困 難 を 主 体 的 に 改 善 克 服 す る た め の 適 切 な 指 導 計 画 を 作 成 す る こ と が 必 要 で あ る 指 導 計 画 は, 収 集 し た 情 報 を 基 に, そ れ ぞ れ の 子 供 に 必 要 な 指 導 内 容 を 選 定 し, そ れ ら の 適 切 な 指 導 方 法 等 を 考 え, 教 育 的, 心 理 学 的 及 び 医 学 的 な 観 点 か ら 総 合 的 な 検 討 を 加 え て 作 成 す る こ と が 大 切 で あ る ( 4 ) 専 門 的 知 識 を 有 す る 者 か ら の 意 見 一 般 に, 就 学 の 場 の 決 定 の た め の 相 談 が 入 学 時 や 学 年 始 め に 集 中 す る の に 対 し て, 言 語 障 害 の あ る 子 供 の 相 談 は, 学 期 の 途 中 で そ の 必 要 性 が 生 じ た り す る こ と

11 が 少 な く な い し た が っ て, 就 学 先 決 定 に 関 し て, 言 語 障 害 の あ る 子 供 の 就 学 に 関 す る 専 門 的 知 識 を 有 す る 者 の 意 見 を 聴 き, 適 切 な 教 育 の 場 の 変 更 が 行 う こ と が で き る 体 制 を 整 備 す る こ と が 大 切 で あ る 5 実 態 把 握 の た め の 資 料 子 供 の 実 態 把 握 を 進 め て い く 上 で, 必 要 と さ れ る 資 料 に つ い て 挙 げ る と 以 下 の と お り で あ る こ れ ら の 資 料 に 基 づ い て, 対 象 と な る 子 供 の 教 育 上 必 要 な 指 導 内 容 方 法 を 設 定 し, そ の 指 導 計 画 を 作 成 し て い く こ と に な る が, そ の 際, 収 集 す る 情 報 に つ い て は, 教 育 上 必 要 な も の と し て, 教 育 的, 心 理 学 的, 医 学 的 な 観 点 を 基 に, 最 小 限 に と ど め る よ う 配 慮 す る こ と が 大 切 で あ る ( 1 ) 子 供 の 状 況 の 把 握 子 供 の 状 況 に つ い て, 本 人 や 学 級 担 任 等 及 び 保 護 者 か ら 情 報 を 得 る こ と で あ る ま た, そ の 情 報 に つ い て 確 認 し, 特 別 な 指 導 の 必 要 性 の 有 無 を 考 え る こ と が 大 切 で あ る ( 2 ) 本 人 の 言 語 行 動 に つ い て の 評 価 保 護 者 か ら の 説 明 に 加 え て, 子 供 の 言 語 行 動 を 客 観 的 か つ 全 般 的 に 評 価 し, 教 育 上 必 要 な 配 慮 事 項 や 指 導 内 容 を 検 討 す る ( 3 ) コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン 全 般 に 関 す る 評 価 人 や 物 と の か か わ り に つ い て は, 子 供 と の 遊 び や 会 話 の 中 で 評 価 し, そ の 印 象 や 問 題 点 を ま と め る ( 4 ) 音 声 の 評 価 平 常 時 の 音 声 を, 共 鳴 ( 鼻 に か か る な ど ), 音 質 ( ガ ラ ガ ラ 声, か す れ 声 な ど ), 音 声 の 大 小, 緊 張 の 有 無, 発 声 に 際 し て の 特 徴 的 随 伴 動 作 の 有 無 等 の 観 点 か ら 評 価 す る ( 5 ) 発 語 内 容 に つ い て の 評 価 会 話 場 面 な ど を 設 定 し, 発 語 の 内 容 な ど に つ い て は 文 法 的 に, あ る い は 文 脈 の 整 合 性 等 の 観 点 か ら 評 価 す る そ の 際 に は, 年 齢 段 階 を 考 慮 し て 行 う よ う に す る な お, こ の 項 目 に つ い て は, 発 達 検 査 の 言 語 発 達 の 項 目 を 利 用 す る こ と が で き る ( 6 ) 構 音 に つ い て の 評 価 日 本 語 に 含 ま れ る す べ て の 音 韻 に つ い て, 例 え ば, 絵 カ ー ド を 提 示 し て 発 語 さ せ る な ど の 方 法 で 評 価 す る ま た, 日 常 会 話 時 や 音 読 時 の 構 音 に つ い て も, そ れ ぞ れ の 音 が ど の よ う に 誤 っ て 構 音 さ れ て い る か を 記 録 す る さ ら に, 誤 っ て い る 構 音 に つ い て は, 先 に 述 べ た 正 し い 構 音 と の 聴 覚 的 な 弁 別 が 可 能 か 又 は 聴 覚 的 に

12 刺 激 を 加 え る と 構 音 が 変 化 す る か ど う か を 見 極 め て お く こ と も 大 切 で あ る ( 7 ) 構 音 器 官 の 運 動 に つ い て の 評 価 舌, 口 唇, 軟 口 蓋 ( 図 3 - Ⅵ - (1 )) 等 の 運 動 の 適 否 に つ い て の 評 価 が 必 要 で あ る が, 実 際 に は 通 常 の 食 事 動 作 に お け る C S S 機 能 ( 噛 む こ と, 吸 う こ と, 飲 み 込 む こ と ) が, 通 常 行 わ れ て い る か ど う か を み れ ば 十 分 で あ る ( 8 ) 話 し 言 葉 の 流 暢 性 に つ い て の 評 価 会 話 や 音 読 の 場 面 等 で, 話 し 言 葉 の 流 暢 性 に つ い て の 評 価 を し て お く こ と が 必 要 で あ る 観 点 と し て は, 吃 音 の パ タ ー ン, 頻 度 等 で あ る ま た, 流 暢 性 の 問 題 に つ い て は, 本 人 か ら の 苦 手 と す る 場 面 や 音 等 に つ い て の 申 出 に よ る 情 報 も 必 要 で あ る ( 9 ) 認 知 等 に 関 す る 評 価 言 語 障 害 に 対 す る 適 切 な 指 導 を 行 う た め に は, 必 要 に 応 じ て 言 語 に か か わ る 知 能 及 び 認 知, あ る い は 情 緒 面 に 関 す る 観 点 か ら 評 価 す る 図 3 - Ⅵ- (1 ) ( 10) 環 境 に つ い て の 評 価 保 護 者 や 在 籍 す る 学 級 等 の 子 供 に 対 す る 態 度 や 意 見 及 び 実 際 の か か わ り 方 等 に つ い て も 評 価 し て お く こ と が 必 要 で あ る ま た, 子 供 の 教 育 上 あ る い は 養 育 上 困 っ て い る こ と な ど に つ い て の 情 報 を 得 て お く こ と も 大 切 で あ る 学 級 全 体 の 雰 囲 気 や 対 象 と な る 子 供 に 対 す る 級 友 の 態 度 な ど, あ る い は そ れ ら に 対 す る そ の 子 供 の 反 応 の 仕 方 等 も 大 切 な 情 報 で あ る ( 11) 関 係 諸 機 関 か ら の 情 報 対 象 と な る 子 供 が, 就 学 ま で に か か わ っ て き た 教 育, 福 祉, 医 療 機 関 等 か ら の 情 報 も 重 要 で あ る 成 長 過 程 の ど の 時 点 で, だ れ が ど の よ う に 判 断 し, ど の よ う に か か わ り, ど う 変 化 し た か な ど に つ い て の 情 報 を 得 て お く こ と も 大 切 で あ る ( 12) 発 達 全 体 に つ い て の 情 報 子 供 の 発 達 の 状 態 に つ い て, 出 生 か ら 現 在 に 至 る ま で の 生 育 歴 な ど の 中 か ら 指 導 上 必 要 な 情 報 を 把 握 し て お く こ と が 大 切 で あ る ま た, 現 在 の 言 語 障 害 の 状 態 に つ い て は, そ の 子 供 の 成 長 過 程 や 将 来 を 見 通 し た 上 で, 適 切 に 判 断 す る よ う に 努 め る こ と も 必 要 で あ る

13 6 言 語 障 害 の あ る 子 供 の 教 育 に お け る 合 理 的 配 慮 の 観 点 言 語 障 害 の あ る 子 供 の 教 育 に 当 た っ て は, ど の よ う な 場 で 教 育 を す る に し て も 次 の よ う な 観 点 の 配 慮 を 検 討 す る 必 要 が あ る 1 教 育 内 容 方 法 1-1 教 育 内 容 学 習 上 又 は 生 活 上 の 困 難 を 改 善 克 服 す る た め の 配 慮 話 す こ と に 自 信 を も ち 積 極 的 に 学 習 等 に 取 り 組 む こ と が で き る よ う に す る た め の 発 音 の 指 導 を 行 う ( 一 斉 指 導 に お け る 個 別 的 な 発 音 の 指 導, 個 別 指 導 に よ る 音 読, 九 九 の 発 音 等 の 指 導 ) 学 習 内 容 の 変 更 調 整 発 音 の し に く さ 等 を 考 慮 し た 学 習 内 容 の 変 更 調 整 を 行 う ( 教 科 書 の 音 読 や 音 楽 の 合 唱 等 に お け る 個 別 的 な 指 導, 書 く こ と に よ る 代 替, 構 音 指 導 を 意 識 し た 教 科 指 導 等 ) 1-2 教 育 方 法 情 報 コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン 及 び 教 材 の 配 慮 発 音 が 不 明 瞭 な 場 合 に は, 代 替 手 段 に よ る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン を 行 う ( 筆 談, I C T 機 器 の 活 用 等 ) 学 習 機 会 や 体 験 の 確 保 発 音 等 の 不 明 瞭 さ に よ る 自 信 の 喪 失 を 軽 減 す る た め に, 個 別 指 導 の 時 間 等 を 確 保 し, 音 読, 九 九 の 発 音 等 の 指 導 を 行 う 心 理 面 健 康 面 の 配 慮 言 語 障 害 の あ る 子 供 が 集 ま る 交 流 の 機 会 の 情 報 提 供 を 行 う 2 支 援 体 制 2-1 専 門 性 の あ る 指 導 体 制 の 整 備 言 語 障 害 の 専 門 家 (S T 等 )と の 連 携 に よ る 指 導 の 充 実 を 図 る 3-2 子 供, 教 職 員, 保 護 者, 地 域 の 理 解 推 進 を 図 る た め の 配 慮 言 語 障 害 に つ い て, 子 供, 教 職 員, 保 護 者 へ の 理 解 啓 発 に 努 め る 2-3 災 害 時 等 の 支 援 体 制 の 整 備 発 語 に よ る 連 絡 が 難 し い 場 合 に は, そ の 代 替 手 段 に よ り 安 否 を 伝 え る 方 法 等 を 取 り 入 れ た 避 難 訓 練 に 取 り 組 む 3 施 設 設 備 3-1 校 内 環 境 の バ リ ア フ リ ー 化 3-2 発 達, 障 害 の 状 態 及 び 特 性 等 に 応 じ た 指 導 が で き る 施 設 設 備 の 配 慮 3-3 災 害 時 等 へ の 対 応 に 必 要 な 施 設 設 備 の 配 慮 施 設 設 備 に つ い て は 基 本 的 に は 他 の 子 供 と 共 通 の 配 慮 を 要 す る

14 7 言 語 障 害 の 理 解 と 障 害 の 状 態 の 把 握 ( 1 ) 言 語 障 害 の 概 要 言 語 障 害 は, 言 語 情 報 の 伝 達 及 び 処 理 過 程 に お け る 様 々 な 障 害 を 包 括 す る 広 範 な 概 念 で あ る 一 般 的 に は, 言 語 の 受 容 か ら 表 出 に 至 る ま で の い ず れ か 又 は 複 数 の 過 程 に お い て 障 害 が あ る 状 態 で あ り, そ の 実 態 は 複 雑 多 岐 に わ た っ て い る 言 語 の 機 能 に か か わ る 要 素 は 広 範 で, 運 動 機 能 や 思 考, 社 会 性 の 発 達 な ど と の か か わ り も 深 い し た が っ て, 言 語 障 害 を 単 一 の 機 能 の 障 害 と し て 定 義 す る こ と は 困 難 で あ る し か し な が ら, 具 体 的 に そ の 状 態 を 示 す と す れ ば, そ の 社 会 の 一 般 の 聞 き 手 に と っ て, 言 葉 そ の も の に 注 意 が 引 か れ る よ う な 話 し 方 を す る 状 態 及 び そ の た め に 本 人 が 社 会 的 不 都 合 を 来 す よ う な 状 態 で あ る と い え る こ の よ う な 状 態 は, 言 語 の 表 出 に 関 す る こ と だ け で は な く, 言 語 の 意 味 理 解 や 言 語 概 念 の 形 成 な ど の 面 に 困 難 を 伴 う こ と も 考 え ら れ る (2) 言 語 障 害 の 分 類 言 語 障 害 に つ い て は, 一 般 に, 次 の よ う な 基 準 で 分 類 さ れ る こ と が 多 い 1 耳 で 聞 いた 特 徴 に 基 づく 分 類 発 音 の 誤 り, 吃 音 な ど 2 言 葉 の 発 達 という 観 点 か らの 分 類 話 す, 聞 く 等 言 語 機 能 の 基 礎 的 事 項 に お け る 発 達 の 遅 れ や 偏 り な ど 3 原 因 に よる 分 類 口 蓋 裂, 聴 覚 障 害, 脳 性 ま ひ な ど ( 3 ) 言 語 障 害 の 状 態 等 の 把 握 言 語 障 害 に つ い て は, 前 述 し た よ う に 分 類 さ れ る こ と が 多 い 適 切 な 就 学 の 場 を 検 討 す る た め に は, 障 害 の 状 態, 本 人 の 教 育 的 ニ ー ズ, 本 人 保 護 者 の 意 見 等 を 踏 ま え 総 合 的 な 観 点 か ら 検 討 を 行 う 必 要 が あ る 小 中 学 校 等 に お け る 通 級 に よ る 指 導 の 対 象 と し て 適 切 な も の は, 構 音 障 害 や 話 し 言 葉 の 流 暢 性 に 関 わ る 障 害, 話 す, 聞 く 等 言 語 機 能 の 基 礎 的 事 項 の 発 達 の 遅 れ や 偏 り 等 で あ る 言 語 障 害 の 特 性 上, そ れ ら の 障 害 の 状 態 の 把 握 と そ れ に 基 づ く 指 導 は, 一 体 と な っ て 行 わ れ る 必 要 が あ る ( 4 ) 原 因 か ら の 分 類 1 器 質 性 機 能 性 ( 発 達 性 ) 構 音 障 害 構 音 障 害 と は 話 し 言 葉 の 使 用 に お い て, さ か な を た か な, あ る い は た い こ を た い と な ど の よ う に, 一 定 の 音 を ほ ぼ 習 慣 的 に 誤 っ て 発 音 す る 状 態 を 指 し て い る 構 音 障 害 は 原 因 と な る 事 柄 か ら, 次 の よ う に 分 類 で き る ア 器 質 性 構 音 障 害

15 口 唇, 舌, 歯 等 の 構 音 器 官 の 構 造 や, そ れ ら の 器 官 の 機 能 の 異 常 が 原 因 と な っ て 生 ず る 構 音 障 害 で あ る 言 語 障 害 教 育 の 対 象 と し て よ く 見 受 け ら れ る の は 口 蓋 裂 に よ る 構 音 障 害 で あ る 口 蓋 裂 は 胎 生 期 に お け る, 口 蓋 ( 場 合 に よ っ て は 口 唇 ) の 形 成 が 不 完 全 な た め に 呼 気 が 鼻 に 漏 れ 共 鳴 異 常 を 起 こ し た り, 発 語 時 に 必 要 な 口 腔 の 内 圧 が 得 ら れ な い こ と か ら 構 音 に 異 常 が 生 じ た り, 口 腔 の 内 圧 が 得 ら れ な い ま ま で 学 習 し た 結 果 誤 っ た 構 音 が 習 慣 化 し て い た り す る こ と が あ る イ 機 能 性 ( 発 達 性 ) 構 音 障 害 聴 覚, 構 音 器 官 な ど に 器 質 的 疾 患 が な く, 成 長 過 程 で の 構 音 の 習 得 に お い て 誤 っ た 構 音 が 固 定 し た と 考 え ら れ る 障 害 で あ る 音 韻 障 害 と 呼 ば れ る こ と も あ る 構 音 の 仕 方 を 習 得 す る 過 程 の 幼 児 に つ い て は, 誤 っ た 構 音 の 状 態 を 示 す こ と が あ り, 構 音 障 害 と 判 断 で き な い こ と も あ る ( 5 ) 音 声 的 な 特 徴 か ら の 分 類 耳 で 聞 い た 際 の 音 声 的 な 特 徴 か ら 分 類 す る と, 構 音 障 害 の タ イ プ と し て は 次 の よ う な も の が 挙 げ ら れ る 1 置 換 置 換 と は, 例 え ば さ か な ( [sakana]) を た か な ( [ takana] ) と 間 違 え る よ う に, あ る 音 が 他 の 音 に 置 き 換 わ る 構 音 障 害 の タ イ プ を 指 す こ の 例 で は [s] 音 が [t] 音 に 置 き 換 わ っ て い る 2 省 略 省 略 と は, 例 え ば ラ ッ パ ( [rappa]) を ア ッ パ ( [ appa] ) 等 と 発 音 す る よ う に, 必 要 な 音 を 省 略 し て 発 音 す る 構 音 障 害 の タ イ プ を 指 す こ の 場 合 は, [r] 音 が 省 略 さ れ て い る 3 ひずみ あ る 音 が 不 正 確 に 発 音 さ れ て い る 状 態 で, 日 本 語 に な い 音 と し て 発 音 さ れ る 音 声 記 号 で 表 す こ と は 難 し い [ ta] と [ ka] の 中 間 な ど の 場 合 が あ る ( 6 ) 吃 音 吃 音 と は, 自 分 で 話 し た い 内 容 が 明 確 に あ る の に も か か わ ら ず, ま た 構 音 器 官 の ま ひ 等 が な い に も か か わ ら ず, 話 そ う と す る と き に, 同 じ 音 の 繰 り 返 し や, 引 き 伸 ば し, 声 が 出 な い な ど, い わ ゆ る 流 暢 さ に 欠 け る 話 し 方 を す る 状 態 を 指 す 現 在 の と こ ろ, 原 因 は 不 明 で あ る 吃 音 の あ る 子 供 は, 話 す と き に, 身 体 全 体 を 硬 直 さ せ た り, 身 体 の 一 部 を 動 か す な ど の 随 伴 症 状 を 呈 し た り, 自 分 の 話 し 方 を 恥 じ, そ れ を 隠 そ う と し た り, 回 避 し よ う と し て 他 者 と 話 そ う と し な く な り, 結 果 的 に ひ き こ も っ て し ま っ た り す る な ど, 吃 音 が 情 緒 的 発 達 や 社 会 性 の 発 達 に 大 き な 影 響 を 与 え る こ と が あ る 1 吃 音 の 状 態 の 把 握

16 吃 音 の あ る 子 供 の 話 し 言 葉 の 状 態 に は, 次 の よ う な も の が あ り, こ れ ら は 総 称 し て 中 核 症 状 と 呼 ば れ る ア 語 頭 音 の 繰 り 返 し ( 連 発 ) 話 す と き の 最 初 の 音 や, 文 の は じ め の 音 を ぼ, ぼ, ぼ ぼ, ぼ く は と い う よ う に 何 回 も 繰 り 返 す 話 し 方 で, 吃 音 の 初 期 の 段 階 に 多 く, 幼 児 期 に よ く 見 ら れ る 話 し 方 で あ る イ 語 頭 音 の 引 き 伸 ば し ( 伸 発 ) 話 す と き の 最 初 の 音 や, 文 の は じ め の 音 を ぼ お ー ー ー く は と い う よ う に 引 き 伸 ば す 話 し 方 で あ る ウ 語 頭 音 の 阻 止 ( 難 発 ) 話 の は じ め だ け で な く, 途 中 で も 生 じ る 場 合 も あ り, 声 や 語 音 が 非 常 に 出 に く い 状 態 で あ る 比 較 的 進 行 し た 吃 音 に 多 い と い わ れ て い る 声 を 出 そ う と し て 表 情 を ゆ が め た り, 手 や 足 を 必 要 以 上 に 動 か し た り す る 随 伴 症 状 を 伴 う こ と も あ る こ の よ う な 状 態 が あ る と, 自 分 の 話 し 方 を 隠 そ う と し て, あ の ー と か え ー と な ど の 間 投 詞 を 非 常 に 多 く 挿 入 し た り, 単 語 の 言 い 換 え を し た り, 長 過 ぎ る 沈 黙 が あ っ た り す る こ と も あ る ま た, 子 供 自 身 が こ の よ う な 状 態 が 生 じ る こ と を 予 期 し た り, 恐 れ た り す る 場 合 も あ り, こ の よ う な 心 理 状 態 の 解 消 に つ い て の 指 導 も 重 要 で あ る 2 吃 音 の 特 性 ア 吃 音 の 状 態 に 変 動 が み ら れ る こ と 前 述 し た 中 核 症 状 の 状 態 は, 一 人 一 人 異 な る こ と は も ち ろ ん で あ る が, 個 々 の 子 供 の 状 態 は, 日 に よ っ た り, 場 の 状 況 や 相 手, 話 の 内 容 に よ り 変 動 す る も の で あ る あ る と き は, 友 達 と 変 わ り な く 話 せ る の に, 全 く 同 じ 状 況 で あ っ て も 吃 音 の 頻 度 が 多 く な る 場 合 が あ る 吃 音 の 波 現 象 と 呼 ば れ て い る 吃 音 に つ い て の 知 識 を 有 し な い 人 に と っ て は, 理 解 し 難 い こ と で あ り, 誤 解 さ れ や す い し た が っ て, 吃 音 の あ る 子 供 の 実 態 把 握 に 当 た っ て は, 本 人 の 様 々 な 状 況 で の 発 語 行 動 ( 発 語 に 伴 っ て 生 じ る 随 伴 症 状 も 含 め て ) を 観 察 し, 検 討 し な け れ ば な ら な い イ 人 や 場 面 に 対 す る 恐 怖 や 回 避 を 生 じ や す い こ と 吃 音 の あ る 子 供 の 中 に は, 自 分 が 苦 手 で あ る と か, 避 け て 通 り た い と 思 っ て い る 特 定 の 場 面 ( 音 読 や, 電 話 を か け る 場 面 な ど ) を 意 識 的 に 又 は 無 意 識 的 に 避 け よ う と す る こ と が あ る こ れ ら は, そ れ ま で の 本 人 自 身 の 経 験 の 中 で, 特 に 失 敗 し た こ と の 積 み 重 ね の 結 果 で あ ろ う と 思 わ れ る 例 え ば, 国 語 の 時 間 に 順 番 に 回 っ て く る 音 読 や, 電 話 を か け る 場 面, あ る い は 窓 口 で 何 か を 申 し 込 む 場 面 な ど で あ る こ の よ う な 行 動 上 の 特 徴 に つ い て も 十 分 把 握 す る こ と が 必 要 で あ る

17 ウ 随 伴 症 状 が み ら れ る こ と 前 述 し た よ う に, 発 語 に 伴 っ て 生 じ る 身 体 運 動 ( ま ば た き を す る, 体 を ゆ す る, 足 踏 み を す る, 首 を 振 る な ど ) に つ い て も, 吃 音 症 状 が 進 展 し た 子 供 に 特 徴 的 な も の で あ る エ 社 会 性 の 発 達 や 自 己 肯 定 感 に 対 す る 影 響 が み ら れ る こ と 吃 音 は, 子 供 の 社 会 性 の 発 達 や 自 己 肯 定 感 に も 重 大 な 影 響 を 与 え る こ と に な り や す い も の で あ る し た が っ て, 話 し 言 葉 の 障 害 の 程 度 と と も に, 本 人 の 吃 音 に 対 す る 受 け 止 め 方 に も 留 意 す る こ と が 必 要 で あ る さ ら に, 本 人 の 感 じ 方 を 取 り 上 げ る 際 に は, 保 護 者 や 学 級 担 任, 級 友 等 の 吃 音 に 対 す る 感 じ 方, 本 人 に 対 す る 感 じ 方 及 び 態 度 な ど も 考 慮 に 入 れ て 吃 音 を と ら え る こ と が 必 要 で あ る 表 3 - Ⅱ - ( 1 ) 就 学 先 決 定 に 際 し て の 調 査 事 項 の 例 ( 言 語 障 害 ) 以 下 に 掲 げ る 項 目, 内 容 は あ く ま で 障 害 の 程 度, 状 態 を 正 確 に 把 握 す る 上 で 有 益 と 思 わ れ る も の を 参 考 例 と し て 示 し た も の で あ る 実 際 の 調 査 に お い て は, 障 害 の 状 態, 地 域 の 実 情 等 に 応 じ て 適 切 な 事 項 を 選 択 し, 又 は 追 加 す る 等 に よ り 独 自 の 調 査 事 項 を 定 め る こ と が 大 切 で あ る 観 点 項 目 内 容 教 育 的 観 点 こ れ ま で に 受 け た 教 教 育 相 談, 生 育 歴, 前 籍 校 等 育 等 学 級 集 団 で の 学 習 の 配 慮 教 育 課 程 小 中 学 校 の 教 育 課 程, 特 別 の 教 育 課 程 障 害 に 応 じ た 個 別 の 構 音 指 導 の 要 否 指 導 流 暢 性 に 関 す る 指 導 の 要 否 対 人 関 係 等 状 況 に 応 じ た コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン の 要 否 教 科 の 補 充 指 導 等 医 学 的 観 点 言 語 障 害 の 原 因 等 口 蓋 裂, 構 音 障 害 ( 器 質 的 機 能 的 ), リ ズ ム の 障 害, 言 語 の 基 礎 的 事 項 の 発 達 の 遅 れ 心 理 学 的 観 点 障 害 の 理 解 本 人 と 保 護 者 の 理 解 障 害 の 改 善 克 服 へ の 意 欲 社 会 性 の 状 況 感 覚 活 用 の 状 態 視 覚 聴 覚 触 覚 振 動 覚 運 動 動 作 の 状 態 日 常 生 活 の 状 態 言 語 理 解 の 程 度

18 発 音 の 明 瞭 度 の 指 導 の 要 否 併 せ 有 す る 他 の 障 害 の 有 無 と 障 害 種 本 人 保 護 者 の 希 望 す る 教 育 の 場 言 語 障 害 特 別 支 援 学 級, 通 級 に よ る 指 導, 通 常 希 望 の 学 級 希 望 す る 通 学 方 法 公 共 交 通 機 関 ( 徒 歩 ), 保 護 者 の 送 迎, 設 置 者 の 受 け 入 提 供 可 能 な 配 慮 に つ 学 習 上 又 は 生 活 上 の 困 難 を 改 善 克 服 す る た れ 体 制 い て め の 配 慮 学 習 内 容 の 変 更 調 整 情 報 コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン 及 び 教 材 の 配 慮 学 習 機 会 や 体 験 の 確 保 心 理 面 健 康 面 の 配 慮 専 門 性 の あ る 指 導 体 制 の 整 備 子 供, 教 職 員, 保 護 者, 地 域 の 理 解 啓 発 を 図 る た め の 配 慮 災 害 時 等 の 支 援 体 制 の 整 備 校 内 環 境 の バ リ ア フ リ ー 化 発 達, 障 害 の 状 態 及 び 特 性 等 に 応 じ た 指 導 が で き る 施 設 設 備 の 配 慮 災 害 時 等 へ の 対 応 に 必 要 な 施 設 設 備 の 配 慮 小 中 学 校 の 状 況 言 語 障 害 特 別 支 援 学 級 の 設 置 の 有 無 通 級 に よ る 指 導 の 実 施 の 有 無

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464>

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464> 災 害 発 生 後 における 児 童 生 徒 の 健 康 管 理 の 手 引 き 北 海 道 教 育 庁 学 校 教 育 局 健 康 体 育 課 ま え が き こ の た び の 東 日 本 大 震 災 で は 児 童 生 徒 を 含 む 多 く の 尊 い 命 が 失 わ れ 現 在 も 安 否 が 不 明 な 方 や 被 災 さ れ 避 難 所 等 で の 生 活 を 余 儀 な く さ れ

More information

001-014.indd

001-014.indd 0 0 6 版 始 バ ブ 日 本 取 巻 済 向 伴 市 変 化 対 応 0 0 8 版 0 0 版 0 版 ご 改 重 ね 回 第 5 弾 版 0 版 バ ブ 異 功 97 コ セ 見 開 ペ タ 97 項 目 説 明 将 来 次 視 野 入 ど ざ 状 況 ビ ネ パ ソ 皆 役 立 月 ダ ボ 議 参 加 竹 平 蔵 慶 應 義 塾 学 教 授 六 本 木 ヒ ズ 月 末 開 催 セ ミ ナ

More information

○小林会長:只今会長に仰せ遣いました小林と申します。よろしくお願いいたします。委員の皆様方の御意見を尊重しながら,柏市民の健康増進に努めていきたいと思います。

○小林会長:只今会長に仰せ遣いました小林と申します。よろしくお願いいたします。委員の皆様方の御意見を尊重しながら,柏市民の健康増進に努めていきたいと思います。 平 成 2 7 年 度 柏 市 保 健 衛 生 審 議 会 健 康 増 進 専 門 分 科 会 会 議 録 1 開 催 日 時 平 成 2 7 年 8 月 2 7 日 ( 木 ) 午 後 1 時 3 0 分 ~ 午 後 3 時 3 0 分 2 開 催 場 所 ウ ェ ル ネ ス 柏 4 階 大 会 議 室 3 出 席 者 (1 ) 委 員 小 林 正 之 ( 会 長 ), 佐 藤 紀 子 ( 副 会

More information

平成27年度 教育行政執行方針

平成27年度 教育行政執行方針 平 成 2 8 年 度 教 育 行 政 執 行 方 針 Ⅰ はじめに 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 の 開 会 に あ た り 名 寄 市 教 育 委 員 会 の 教 育 行 政 の 執 行 に 関 す る 基 本 的 な 方 針 に つ い て 申 し 上 げ ま す 現 在 国 に お い て は 第 2 期 教 育 振 興 基 本 計 画 の も と 教 育 改 革 を 着 実 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

目 次 は じ め に... 1 Ⅰ 研 究 主 題... 2 Ⅱ 主 題 設 定 の 理 由... 2 Ⅲ 研 究 の 視 点... 3 Ⅳ 研 究 の 仮 説 研 究 の 方 法... 4 Ⅴ 実 践... 5 1 小 学 校 ( 1) 第 2 学 年 学 級 活 動... 5 ( 2) 第 3

目 次 は じ め に... 1 Ⅰ 研 究 主 題... 2 Ⅱ 主 題 設 定 の 理 由... 2 Ⅲ 研 究 の 視 点... 3 Ⅳ 研 究 の 仮 説 研 究 の 方 法... 4 Ⅴ 実 践... 5 1 小 学 校 ( 1) 第 2 学 年 学 級 活 動... 5 ( 2) 第 3 平 成 19 年 度 教 育 論 文 児 童 生 徒 のライフスキル 育 成 に 関 する 研 究 第 二 報 ~ 小 中 学 生 のセルフエスティームを 育 てる 実 践 を 通 して~ 熊 本 市 立 桜 木 小 学 校 桑 田 奈 津 子 熊 本 市 立 城 北 小 学 校 澤 栄 美 熊 本 市 立 桜 木 小 学 校 濱 本 泰 平 熊 本 市 立 松 尾 北 小 学 校 桝 本 典 明

More information

Microsoft Word - 【第3班】研究報告書.doc

Microsoft Word - 【第3班】研究報告書.doc 茨 城 県 域 に お け る 自 治 体 職 員 情 報 共 有 シ ス テ ム の 構 築 ~ つ な が っ ぺ! い ば ら き ~ 平 成 2 4 年 度 行 政 課 題 研 究 講 座 第 3 班 笠 間 市 行 政 経 営 課 主 事 石 塚 貴 則 筑 西 市 生 涯 学 習 課 主 事 齋 川 亮 つ く ば み ら い 市 税 務 課 主 事 井 砂 浩 次 茨 城 県 企 業

More information

ス ト の 結 果 で は, 本 県 は, 体 力 運 動 能 力 テ ス ト に お い て 得 点 合 計, 種 目 別 で も 小 学 校 5 年 生 男 子 の ソ フ ト ボ ー ル 投 げ を 除 く, す べ て の 種 目 に お い て 1 0 位 以 内 に 位 置 し て お

ス ト の 結 果 で は, 本 県 は, 体 力 運 動 能 力 テ ス ト に お い て 得 点 合 計, 種 目 別 で も 小 学 校 5 年 生 男 子 の ソ フ ト ボ ー ル 投 げ を 除 く, す べ て の 種 目 に お い て 1 0 位 以 内 に 位 置 し て お 保 健 体 育 科 投 動 作 の 習 得 と 投 力 ア ッ プ を 目 指 し た 運 動 の 実 践 と 指 導 の 在 り 方 - 楽 し く 活 動 で き る 場 の 設 定 と 教 材 の 工 夫 を 通 し て - ひ た ち な か 市 立 那 珂 湊 第 二 小 学 校 矢 吹 美 左 子 1 は じ め に ( 1 ) 子 ど も た ち の 日 常 の 遊 び 近 年, 運

More information

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 4 回 ) 議 事 概 要 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 1 日 時 平 成 1 7 年 5 月 2 7 日 ( 金 ) 午 後 1 時 1 5 分 か ら 午 後 4 時 0 0 分 ま で 2 場 所 千 葉 地 方 裁 判 所 第 1 会 議 室 3 出 席 者 委 員 ( 1 号 委 員 9 人 ) 青 木 佐 登 至 ( 千 葉 テ

More information

(Microsoft Word - \216\213\222\256\212o\214\264\215e.doc)

(Microsoft Word - \216\213\222\256\212o\214\264\215e.doc) S D B(SchoolDataBase)に よ る データ( 教 務 事 務 保 健 ) 処 理 の 一 元 化 宇 部 市 立 黒 石 中 学 校 教 諭 小 柴 成 吾 1 は じ め に S D B (SchoolDataBase) 構 想 の 最 初 の 芽 生 え は お よ そ 1 9 8 0 年 代 前 半 で 第 一 世 代 S D B 1 は 生 徒 氏 名 住 所 定 期 テ

More information

ことばだより

ことばだより 高 校 十 六 歳 歌 デ ビ ュ テ ビ 番 女 優 ナ シ ョ 楽 曲 供 衣 装 デ ザ ジ ャ ル ご 縁 篠 原 今 芸 能 十 切 ぁ 日 々 歌 唄 好 ラ ヴ 唄 嬉! 緒 歌 詞 景 色 追 験 切 切 届 番 呼 鮮 選 楽 親 近 女 優 演 役 声 音 色 呼 吸 稽 古 ナ シ ョ 響 テ ポ 聞 渡 覚 衣 装 デ ザ 世 界 衣 装 ル キ ワ ド ス ッ フ 共 有

More information

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万 第 6 章 子 育 て 支 援 課 1 児 童 福 祉 (1) 概 要 少 子 化 や 核 家 族 化 が 進 み 在 宅 で 子 育 て を 行 う 親 等 の 育 児 不 安 や 孤 立 感 が 増 大 し ま た 地 域 社 会 と の つ な が り が 希 薄 化 す る な ど 子 育 て に 不 安 や 負 担 を 感 じ て い る 親 が 多 く な っ て い ま す こ う し

More information

目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有 知 識 や 験 掘 起 5 3 教 材

目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有 知 識 や 験 掘 起 5 3 教 材 PISA 型 読 解 力 向 上 へ 授 業 改 善 説 明 的 文 章 取 組 み 通 熊 本 市 立 壺 川 小 学 校 佐 藤 俊 幸 目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有

More information

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科 06. 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 Ⅰ 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 の 教 育 目 標 と 特 徴 06-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 06-4 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 06-4 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 06-6 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 06-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 06-10 分 析

More information

22 610407487 ロ ペ ミ ッ ク 小 児 用 0. 0 5 % 2319001C1072 23 610412059 ゲ シ ン L 錠 5 0 m g 2478001G1046 24 610412105 ソ レ ル モ ン S R カ プ セ ル 3 7. 5 m g 1147002N1

22 610407487 ロ ペ ミ ッ ク 小 児 用 0. 0 5 % 2319001C1072 23 610412059 ゲ シ ン L 錠 5 0 m g 2478001G1046 24 610412105 ソ レ ル モ ン S R カ プ セ ル 3 7. 5 m g 1147002N1 お 知 ら せ ( 薬 ) 0 0 5 平 成 2 0 年 8 月 2 9 日 医 薬 品 マ ス タ ー の 改 定 に つ い て 今 般 下 記 の と お り 医 薬 品 マ ス タ ー を 改 定 し ま し た の で お 知 ら せ し ま す 記 次 の 医 薬 品 に つ い て は 平 成 2 0 年 3 月 5 日 付 け 厚 生 労 働 省 告 示 第 7 2 号 に 基 づ

More information

bunko_shinrai_bp_0108.indd

bunko_shinrai_bp_0108.indd 1 2 3 じ じ 誰 法 突 然 質 問? ド キ ッ 多 豊 築 切 理 解 構 築 音 約 〇 年 様 々 グ ロ バ ル 企 業 秘 外 国 エ グ ゼ 4 5 じ 二 エ グ ゼ ア ス タ ( 秘 ) 対 等 ビ ジ ネ ス パ ナ 三 日 在 住 数 年 契 約 赴 任 決 期 ミ ッ ョ 達 成 緊 迫 ね 環 境 三 理 由 心 同 体 げ 聞 深 パ ナ ッ プ 二 三 脚 エ

More information

Taro-平成27年度事業計画.jtd

Taro-平成27年度事業計画.jtd 平 成 2 7 年 度 事 業 計 画 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 平 成 2 7 年 度 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 事 業 計 画 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 に 関 す る 事 業 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 児 童 青 少 年 の 健 全 育 成 勤 労 者 の 福 祉 の 増 進 及 び

More information

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc)

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc) 1 月 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 年 月 日 平 成 2 6 年 1 月 3 1 日 ( 金 ) 開 催 時 間 午 前 1 0 時 0 0 分 開 催 場 所 本 館 6 階 6 0 4 会 議 室 出 席 委 員 百 瀨 委 員 長 安 藤 委 員 長 職 務 代 理 者 木 下 委 員 御 喜 田 委 員 浦 上 委 員 ( 教 育 長 ) 出 席 職 員 伊 藤 教 育

More information

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378>

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378> 1 2 じ 夢 マ イ ホ ム 家 放 2 0 0 9 年 度 急 増 ゆ 破 綻 破 綻 招 大 要 因 2 0 0 8 年 秋 始 世 界 大 況 倒 ラ 家 働 激 減 貯 切 崩 消 ろ じ ず 始 シ ナ オ 見 全 国 調 査 銀 強 制 裁 判 戸 建 マ シ ョ 急 増 3 苦 全 国 多 ゃ ょ 家 失 離 婚 自 己 破 少 負 連 鎖 見 聞 び 心 痛 み 避 生 再 タ 苦

More information

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超 6 岡 内 丸 番 号 療 局 電 話 -6-8 F A X -6-8 URL http://www.iwate-ken-irou.org/ 編 集 発 野 毎 回 発 8 号 刊 号 青 ボ 交 流 青 ボ 交 流 比 高 原 目 P 回 事 異 P 東 北 地 協 討 論 集 ニュ P 万 署 結. 議 要 請 P 女 性 ニュ P 青 ニュ 6P ぶ 当 発 表 P 退 ぎ 集 共 地 震 特

More information

モテる男は知っている 女が夢中になるセックス _立ち読み版

モテる男は知っている 女が夢中になるセックス _立ち読み版 3 ~ じ ~ 夢 中 理 想 教 体 心 近 づ 方 法 ラ フ ワ 多 般 観 観 取 材 社 会 本 音 伝 取 材 べ 2 万 超 ょ 分 ほ 本 音 知 書 負 同 時 身 恋 愛 経 験 並 外 多 書 恋 愛 書 上 得 意 ジ ャ 興 味 身 近 キ 多 実 体 験 発 端 要 遊 ネ 豊 富 4 趣 味 15 歳 じ 合 コ 3 千 回 以 上 経 験 合 コ 職 種 死 体 洗

More information

jouhoukyouikubukai

jouhoukyouikubukai 情 報 教 育 部 会 の 取 組 に つ い て 1 は じ め に 旧 各 市 町 で 推 進 し て き た 情 報 教 育 に つ い て の 調 査 研 究 を 行 い 新 生 栃 木 市 の 情 報 教 育 の 方 向 性 を 検 討 す る と と も に 新 規 導 入 情 報 機 器 の 使 用 法 に つ い て の 周 知 を 図 り 各 学 校 で の 効 果 的 な 活 用

More information

1 検 討 経 過 及 び 目 的 について 平 成 2 4 年 12 月 に 調 布 市 立 小 学 校 で 発 生 し た 食 物 レ ル ギ ー 死 亡 事 故 を 踏 まえ, 調 布 市 で は, 食 物 レ ル ギ ー 事 故 の 再 発 防 止 に 向 け て 調 布 市 食 物 レルギ

1 検 討 経 過 及 び 目 的 について 平 成 2 4 年 12 月 に 調 布 市 立 小 学 校 で 発 生 し た 食 物 レ ル ギ ー 死 亡 事 故 を 踏 まえ, 調 布 市 で は, 食 物 レ ル ギ ー 事 故 の 再 発 防 止 に 向 け て 調 布 市 食 物 レルギ 福 祉 健 康 部 食 物 レルギー 対 策 ワーキングチーム 検 討 結 果 報 告 書 福 祉 健 康 部 食 物 レルギー 対 策 ワーキングチーム 平 成 26 年 3 月 1 検 討 経 過 及 び 目 的 について 平 成 2 4 年 12 月 に 調 布 市 立 小 学 校 で 発 生 し た 食 物 レ ル ギ ー 死 亡 事 故 を 踏 まえ, 調 布 市 で は, 食 物 レ ル

More information

ま た 加 害 者 に な ら な い た め に 以 下 の こ と も 認 識 し て お き ま し ょ う ( 1 ) 自 分 が 持 っ て い る 優 位 的 な 立 場 を 認 識 す る た と え ば 大 学 教 員 と 学 生 は 共 に 意 見 交 換 や 議 論 を す る

ま た 加 害 者 に な ら な い た め に 以 下 の こ と も 認 識 し て お き ま し ょ う ( 1 ) 自 分 が 持 っ て い る 優 位 的 な 立 場 を 認 識 す る た と え ば 大 学 教 員 と 学 生 は 共 に 意 見 交 換 や 議 論 を す る 尚 絅 学 院 ハラスメント 防 止 のためのガイドライン 尚 絅 学 院 ハ ラ ス メ ン ト 防 止 宣 言 学 校 法 人 尚 絅 学 院 尚 絅 学 院 は す べ て の 学 生 生 徒 園 児 お よ び 教 職 員 が 個 人 と し て 尊 重 さ れ 互 い の 信 頼 を も と に 修 学 や 研 究 就 労 に 励 め る よ う 環 境 を 整 え こ れ を 維 持 し

More information

日程第3号・一般質問・一覧表

日程第3号・一般質問・一覧表 3 月 定 例 会 一 般 質 問 予 定 者 一 覧 平 成 28 年 3 月 4 日 ( 金 ) 午 前 10 時 開 議 日 程 第 1. 一 般 質 問 質 問 順 位 1 藤 村 郁 人 議 員 1. 火 葬 場 共 同 整 備 方 針 の 町 民 説 明 会 の 開 催 を (1) 火 葬 炉 の 必 要 数 が 予 備 を 含 め て 4 基 と し た 根 拠 は (2) 平 成 25

More information

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残 交 通 事 故 防 止 ガ イ ド ラ イ ン 平 成 1 8 年 度 は じ め に 大 磯 町 教 育 委 員 会 ( 平 成 1 8 年 1 0 月 3 1 日 改 正 ) 神 奈 川 県 全 国 の 教 職 員 の 交 通 事 故 が 多 発 し て い ま す 文 部 科 学 省 の 2 0 0 2 年 度 調 査 に よ る と, 交 通 事 故 に 関 わ る 懲 戒 処 分 を 受

More information

開議           (9時45分)

開議           (9時45分) 松 下 議 長 通 告 7 番 目 15 番 増 田 浩 二 議 員 一 問 一 答 方 式 で 質 問 願 い ま す 増 田 浩 二 議 員 増 田 議 員 15 番 増 田 浩 二 議 長 の 許 可 を 得 ま し た の で 一 般 質 問 を 行 い ま す 今 議 会 は 平 和 行 政 に つ い て 大 池 公 園 の 整 備 公 共 施 設 の 考 え 方 と 投 票 所 に つ

More information

大学と学生第543号大学メンタルヘルスにおける連携_広島大学(岡本 百合)-JASSO

大学と学生第543号大学メンタルヘルスにおける連携_広島大学(岡本 百合)-JASSO 特 集 2~ 制 働 ~ 10 2009.7 じ イ デ テ ィ テ ィ 立 親 立 春 青 課 直 面 際 実 際 親 離 暮 始 卒 業 後 業 選 択 現 実 迫 中 春 青 統 失 調 疾 患 好 家 族 離 ひ ち 活 気 づ 深 刻 近 複 雑 様 解 鍵 抱 遭 遇 少 友 ち 特 殊 身 周 囲 身 追 二 拡 被 抑 制 ~ 点 ~ 岡 百 広 島 健 准 授 特 集 2~ 制 働

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6353589F194AA93738CA78E738EF1945D89EF8B6389EF8B638B4C985E81698A6D92E894C55F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6353589F194AA93738CA78E738EF1945D89EF8B6389EF8B638B4C985E81698A6D92E894C55F2E646F63> 第 5 5 回 八 都 県 市 首 脳 会 議 会 議 記 録 平 成 21 年 4 月 23 日 ( 木 ) 第 5 5 回 八 都 県 市 首 脳 会 議 概 要 Ⅰ 日 時 平 成 2 1 年 4 月 2 3 日 ( 木 ) 午 後 1 時 3 0 分 ~ 午 後 3 時 3 0 分 Ⅱ 場 所 都 道 府 県 会 館 1 階 1 0 1 大 会 議 室 Ⅲ 会 議 次 第 1 開 会 2 座

More information

Taro-補助資料1.jtd

Taro-補助資料1.jtd 平 成 22 年 度 ( 第 54 回 ) 岩 手 県 教 育 研 究 発 表 会 ( 補 助 資 料 ) 中 学 校 道 徳 に お け る 情 報 モ ラ ル 指 導 に 関 す る 研 究 - 疑 似 体 験 を 取 り 入 れ た 授 業 展 開 例 の 作 成 を と お し て - 補 助 資 料 目 次 補 助 資 料 1 研 究 協 力 校 に け る 授 業 実 践 に 関 わ る

More information

2 各 グ ル ー プ の 実 践 報 告 (1) 1 2 年 グ ル ー プ ア は じ め に ~ グ ル ー プ の 目 標 1 2 年 の じ り つ の 学 習 内 容 の 情 報 交 換 と 事 例 学 習 入 学 し た ば か り の 1 年 生 は ま ず は 実 態 を 把 握

2 各 グ ル ー プ の 実 践 報 告 (1) 1 2 年 グ ル ー プ ア は じ め に ~ グ ル ー プ の 目 標 1 2 年 の じ り つ の 学 習 内 容 の 情 報 交 換 と 事 例 学 習 入 学 し た ば か り の 1 年 生 は ま ず は 実 態 を 把 握 小 学 部 の 実 践 テーマ 個 々 の 目 標 の 達 成 に 向 け た 自 立 活 動 の 時 間 に お け る 指 導 の あり 方 1 は じ め に (1)テ ー マ に つ い て 昨 年 度 は 先 進 校 や 他 校 の 実 践 を 聞 き 自 立 活 動 に つ い て 理 解 を 深 め た り 各 グ ル ー プ ご と に 数 名 を 抽 出 し 自 立 指 導 計 画

More information

地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀 行 と は P4 第 二 節 : 地 方 証 券 会 社 と は P4 第 二 章 現 在 の 地 方

地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀 行 と は P4 第 二 節 : 地 方 証 券 会 社 と は P4 第 二 章 現 在 の 地 方 平 成 23 年 度 春 季 セ ミ ナー 大 会 地 域 金 融 機 関 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 1 2 文 責 者 日 本 大 学 経 済 学 部 証 券 研 究 会 1 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀

More information

秘 訣 可 能 終 身 雇 用 時 代 幕 閉 ず ぶ 前 資 格 キ 身 転 職 高 収 入 視 野 入 副 業 モ ビ ネ 立 げ 二 束 副 収 入 得 ビ ネ ソ 仕 事 勉 強 明 暮 毎 過 ご 近 当 見 ラ フ ワ 違 切 口 ユ ニ 目 指 個 的 幸 福 追 求

秘 訣 可 能 終 身 雇 用 時 代 幕 閉 ず ぶ 前 資 格 キ 身 転 職 高 収 入 視 野 入 副 業 モ ビ ネ 立 げ 二 束 副 収 入 得 ビ ネ ソ 仕 事 勉 強 明 暮 毎 過 ご 近 当 見 ラ フ ワ 違 切 口 ユ ニ 目 指 個 的 幸 福 追 求 フ ォ ガ プ 期 会 開 み ョ コ 箱 秘 訣 可 能 終 身 雇 用 時 代 幕 閉 ず ぶ 前 資 格 キ 身 転 職 高 収 入 視 野 入 副 業 モ ビ ネ 立 げ 二 束 副 収 入 得 ビ ネ ソ 仕 事 勉 強 明 暮 毎 過 ご 近 当 見 ラ フ ワ 違 切 口 ユ ニ 目 指 個 的 幸 福 追 求 多 ビ ネ ソ ふ ざ ハ グ ぶ 多 簡 単 ふ 書 籍 時 代 多 哲

More information

7 情緒障害

7 情緒障害 Ⅶ 情 緒 障 害 情 緒 障 害 と は, 状 況 に 合 わ な い 感 情 気 分 が 持 続 し, 不 適 切 な 行 動 が 引 き 起 こ さ れ, そ れ ら を 自 分 の 意 思 で は コ ン ト ロ ー ル で き な い こ と が 継 続 し, 学 校 生 活 や 社 会 生 活 に 適 応 で き な くな る 状 態 を い う 1 情 緒 障 害 の ある 子 供 の

More information

服務規律確保のための取組事例集(H27.9)

服務規律確保のための取組事例集(H27.9) 服 務 規 律 確 保 のための 取 組 事 例 集 平 成 27 年 9 月 群 馬 県 教 育 委 員 会 学 校 人 事 課 1 体 罰 2 個 人 情 報 の 盗 難 3 交 通 違 反 4 交 通 死 亡 事 故 5 飲 酒 運 転 6 校 務 用 パソコンの 目 的 外 使 用 7 Web 上 の 信 用 失 墜 行 為 8 不 適 切 なインターネット スマートフォンの 使 用 9 児

More information

001-010 はじめに.indd

001-010 はじめに.indd 00 手 取 大 丈 夫 誰 言 実 最 近 型 仕 ご 頑 張 出 疲 布 団 入 ぜ 眠 不 規 則 生 活 レ 便 秘 下 痢 生 活 習 慣 病 恐 生 活 習 慣 変 診 断 ろ ろ 言 勉 強 調 002 一 度 一 当 項 目 役 立 ぜ 対 一 倍 考 挙 句 改 善 製 薬 会 社 入 社 取 組 言 ぎ 研 究 私 ぎ 研 究 お お 説 明 ろ 突 然 聞 よ ジ 持 私 製

More information

/インタビュー.indd

/インタビュー.indd 未 踏 遂 度 遥 伺 放 送 タ 駆 ホ ム 庭 好 校 映 画 字 幕 翻 訳 訳 戸 奈 津 憧 仕 就 友 誘 春 ホ ム 機 恵 ホ ム 庭 ホ フ ァ 遊 浮 ズ タ 表 職 員 遥 ひ 国 際 ニ ケ シ ョ 部 卒 6 権 高 校 未 踏 0 連 7 位 入 賞 在 普 及 動 幅 広 三 フ ウ 名 古 屋 短 期 客 員 36 05.9 報 遊 魅 器 械 床 運 動 転 高 3

More information

島 根 大 学 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 法 文 学 部 は, 尐 子 高 齢 化 過 疎 化 が 深 刻 な 問 題 と な る 一 方, 豊 か な 自 然 や 文 化 を 有 し て い る 山 陰 地 域 唯 一 の 人 文 科 学 社 会 科 学

島 根 大 学 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 法 文 学 部 は, 尐 子 高 齢 化 過 疎 化 が 深 刻 な 問 題 と な る 一 方, 豊 か な 自 然 や 文 化 を 有 し て い る 山 陰 地 域 唯 一 の 人 文 科 学 社 会 科 学 島 根 大 学 法 文 学 部 1. 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 1-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 1-4 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 1-4 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 1-6 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 1-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 1-10 分 析 項 目 Ⅴ 進 路 就 職 の

More information

永田3.indd

永田3.indd 状 77 状 共 要 衰 退 食 止 可 能 永 尚 西 社 准 教 授 じ 要 住 近 高 齢 減 少 平 八 点 九 七 万 平 八 七 万 減 少 背 景 都 コ ミ ニ ィ 崩 壊 モ リ ゼ シ ョ 発 達 農 若 近 隣 都 昼 働 社 環 境 変 解 決 困 難 総 省 庁 女 増 能 別 能 別 創 ハ ド 下 げ 増 試 根 解 決 繋 78 状 況 追 打 ち 東 震 東 震 被

More information

一般資料選定基準

一般資料選定基準 一 般 資 料 選 定 基 準 平 成 13 年 3 月 30 日 館 長 決 定 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 平 成 28 年 3 月 31 日 改 正 1 図 書 資 料 (1) 一 般 図 書 国 内 で 出 版 さ れ る 一 般 図 書 に つ い て は 基 礎 的 入 門 的 な も の か ら 専 門 的 な も の ま で 各 分 野 に わ た り 広 範 囲 に

More information

はじめに 2 1 世 紀 は 生 命 科 学 ( ラ イ フ サ イ エ ン ス ) の 時 代 と も い わ れ て お り 近 年 の ラ イ フ サ イ エ ン ス 研 究 の 発 展 に は 目 覚 ま し い も の が あ り ま す 我 が 国 に お い て も 2 0 0 7 年

はじめに 2 1 世 紀 は 生 命 科 学 ( ラ イ フ サ イ エ ン ス ) の 時 代 と も い わ れ て お り 近 年 の ラ イ フ サ イ エ ン ス 研 究 の 発 展 に は 目 覚 ま し い も の が あ り ま す 我 が 国 に お い て も 2 0 0 7 年 はじめに 2 1 世 紀 は 生 命 科 学 ( ラ イ フ サ イ エ ン ス ) の 時 代 と も い わ れ て お り 近 年 の ラ イ フ サ イ エ ン ス 研 究 の 発 展 に は 目 覚 ま し い も の が あ り ま す 我 が 国 に お い て も 2 0 0 7 年 の i P S 細 胞 の 作 製 法 発 な ど 画 期 的 な 研 究 成 果 が 次 々 と

More information

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意 1 概 最 新 動 向 向 井 治 紀 じ 御 紹 介 向 井 ざ 私 財 省 身 ぼ 五 前 主 党 権 時 代 担 ウ 以 担 財 省 超 ロ グ 有 名 ぜ 府 I T 総 戦 略 主 党 権 時 代 討 始 菅 総 非 常 御 熱 心 時 古 川 内 閣 官 房 副 長 官 呼 五 前 担 内 閣 官 房 主 党 権 消 費 引 げ 推 進 元 化 図 加 消 費 引 げ 時 低 策 給 額

More information

東京都立産業技術高等専門学校

東京都立産業技術高等専門学校 東 京 都 立 産 業 技 術 高 等 専 門 学 校 卒 業 生 を 対 象 とした 調 査 (OB OG アンケート)の 結 果 について 1 は じ め に 東 京 都 立 産 業 技 術 高 等 専 門 学 校 で は 本 校 の 教 育 水 準 の 向 上 や 教 育 内 容 の 充 実 と 改 善 を 目 的 と し て 本 校 の 前 身 校 で あ る 東 京 都 立 工 業 高 等

More information

稲 穂 談 8 万 6 万 悩 種 赤 労 災 志 向 床 結 果 迫 若 老 々 夫 婦 ひ 施 運 営 財 政 難 小 規 模 施 従 員 確 市 立 和 輝 山 赤 公 立 程 余 裕 モ デ ル 市 立 心 ざ 得 音 難 面 近 邦 慈 恵 慶 応 研 難 密 着 職 動 塊 75 歳 5

稲 穂 談 8 万 6 万 悩 種 赤 労 災 志 向 床 結 果 迫 若 老 々 夫 婦 ひ 施 運 営 財 政 難 小 規 模 施 従 員 確 市 立 和 輝 山 赤 公 立 程 余 裕 モ デ ル 市 立 心 ざ 得 音 難 面 近 邦 慈 恵 慶 応 研 難 密 着 職 動 塊 75 歳 5 稲 穂 談 恭 6 8 転 換 膨 ゆ 背 景 死 到 迫 二 向 課 話 書 密 着 材 サ マ 谷 工 労 働 ず 差 男 独 舎 努 力 工 営 労 働 独 酒 ぼ 体 貧 困 陥 差 観 点 典 舎 距 離 遠 南 北 5キ ロ 司 : ゆ 9 回 稲 穂 編 集 委 員 子 背 景 膨 続 抑 制 塊 75 歳 5 向 改 革 急 ピ チ 進 舵 切 包 括 ア シ ム づ 続 機 床 削

More information

001-008_cs4.indd

001-008_cs4.indd 001 じ モ モ 問 目 プ 言 物 儲 む 放 勝 手 無 世 競 山 ほ 与 受 入 側 容 量 限 消 財 布 ヒ モ 相 当 側 戦 略 構 築 効 果 販 狙 魅 力 開 発 価 格 販 チ 用 意 ュ ニ ョ 気 購 起 存 在 特 徴 解 他 違 認 店 頭 足 運 通 販 サ へ セ 購 入 首 尾 成 功 目 達 成 疑 問 提 出 002 世 界 優 安 良 び 購 入 言 残

More information

電子マネーと企業ポイントの新たな交換システムの構築

電子マネーと企業ポイントの新たな交換システムの構築 優 秀 賞 電 子 マネーと 企 業 ポイントの 新 たな 交 換 システムの 構 築 明 治 大 学 商 学 部 角 野 充 笹 島 康 平 末 吉 紘 季 鈴 木 奈 穂 美 ( 応 募 論 文 の 要 約 ) 近 年 様 々 な 電 子 マ ネ ー や 企 業 ポ イ ン ト が 登 場 し て き て い る が そ れ ら 相 互 間 で の 交 換 性 に は 強 い 制 約 が あ る

More information

集 景 気 復 8 余 優 秀 材 獲 州 商 品 差 既 確 資 コ 嫁 維 選 択 良 横 並 根 残 値 型 底 流 慣 影 響 逃 契 約 務 ズ 背 景 州 北 ツ 紹 訓 練 公 セ ィ 充 達 契 約 仕 勤 務 共 員 際 責 任 待 セ ィ 伴 許 状 況 降 遅 激 グ バ 抗

集 景 気 復 8 余 優 秀 材 獲 州 商 品 差 既 確 資 コ 嫁 維 選 択 良 横 並 根 残 値 型 底 流 慣 影 響 逃 契 約 務 ズ 背 景 州 北 ツ 紹 訓 練 公 セ ィ 充 達 契 約 仕 勤 務 共 員 際 責 任 待 セ ィ 伴 許 状 況 降 遅 激 グ バ 抗 集 景 気 復 7 季 控 関 心 寄 末 次 倍 閣 足 却 ノ ミ 融 円 円 消 着 家 減 却 水 浮 評 脈 昨 官 邸 立 六 興 盛 込 標 供 留 復 ひ 豊 感 将 希 望 従 膝 虚 心 坦 懐 建 述 包 括 共 通 認 速 各 有 当 初 倍 首 相 界 待 言 通 刻 早 貢 献 言 含 例 差 底 例 積 極 針 明 無 雰 気 明 記 小 零 細 績 厳 ろ 多 ろ 少

More information

Microsoft Word - No13.doc

Microsoft Word - No13.doc 海 外 と の 日 本 文 化 日 本 文 学 交 流 史 展 望 伊 井 春 樹 ( 国 文 学 研 究 資 料 館 ) 1 海 外 と の 交 流 始 発 中 国 か ら 日 本 に 文 字 が も た ら さ れ た の は 三 世 紀 か ら 五 世 紀 の 頃 6 世 紀 に な る と 仏 教 も 伝 来 し そ れ ま で の 自 然 崇 拝 と し て 形 成 さ れ て い た 神

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208742208CBB8BB55F8CA48B865F33335F30315F90AD8DF48CA48B8691E58A77894091E58A775F90AD8DF48CA48B8689C82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208742208CBB8BB55F8CA48B865F33335F30315F90AD8DF48CA48B8691E58A77894091E58A775F90AD8DF48CA48B8689C82E646F63> 学 部 研 究 科 等 の 現 況 調 査 表 研 究 平 成 20 年 6 月 政 策 研 究 大 学 院 大 学 目 次 1. 政 策 研 究 科 1-1 政 策 研 究 大 学 院 大 学 政 策 研 究 科 1. 政 策 研 究 科 Ⅰ 政 策 研 究 科 の 研 究 目 的 と 特 徴 1-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 1-3 分 析 項 目 Ⅰ 研 究 活 動 の

More information

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の ひ と め で わ か る キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 目 次 キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ キ リ ス ト 教 会 葬 儀 研 究 所 ( CCFI= Christ Church Funeral Institute) は 日 本 に お け る キ リ ス ト 教 信 仰 共 同 体 の 葬 儀 を よ り 豊 か な も の と す る た め に キ リ ス ト 教 諸

More information

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc 国 土 交 通 省 告 示 第 三 百 十 七 号 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 ( 平 成 十 八 年 法 律 第 四 十 号 ) 及 び 自 動 車 点 検 基 準 の 一 部 を 改 正 す る 省 令 ( 平 成 十 九 年 国 土 交 通 省 令 第 十 一 号 ) の 施 行 に 伴 い 自 動 車 の 点 検 及 び 整 備 に 関 す る 手 引 の

More information

gakusen 2

gakusen 2 1 gakusen gakusen 2 頑 張 自 覚 誇 胸 自 家 族 家 庭 築 卒 長 女 幼 稚 園 少 長 男 4 明 楽 プ ラ イ ベ 8 前 結 婚 小 校 1 活 躍 所 勤 務 目 指 頑 張 回込み設定用ボックス 平成 14 度卒 コミュニティ政策 古池 友美 張 族 山 谷 切 磋 琢 磨 頑 共 働 親 少 家 自 笑 ば 供 笑 何 気 3 gakusen 増 供 想

More information

NGO イ ン タ ー ン シ ッ プ イ ン タ ー ン の 費 用 の 支 援 な ど 年 間 20 名 3 対 話 の 強 化 外 務 省 と NGO の 会 議 一 般 の 方 の 参 加 可 能 提 起 協 議 会 ( 年 1 回 ) 連 携 推 進 委 員 会 ( 年 間 7 回 ) N

NGO イ ン タ ー ン シ ッ プ イ ン タ ー ン の 費 用 の 支 援 な ど 年 間 20 名 3 対 話 の 強 化 外 務 省 と NGO の 会 議 一 般 の 方 の 参 加 可 能 提 起 協 議 会 ( 年 1 回 ) 連 携 推 進 委 員 会 ( 年 間 7 回 ) N 2013 年 2 月 1 日 公 益 社 団 法 人 日 本 環 境 教 育 フ ォ ー ラ ム 外 務 省 主 催 セ ミ ナ ー 平 成 24 年 度 NGO 研 究 会 国 際 協 力 NGO の フ ァ ン ド レ イ ジ ン グ ~ 資 金 調 達 の 真 髄 を 探 る!~ 1. 日 時 : 2013 年 2 月 1 日 12 時 00 分 ~ 17 時 00 分 2. 場 所 : TKP

More information

目 次 は じ め に... 3 第 1 章 先 行 研 究 の サ ー ベ イ... 4 第 2 章 金 融 リ テ ラ シ ー 金 融 教 育 の 必 要 性... 8 第 1 節 金 融 リ テ ラ シ ー と は... 8 第 2 節 金 融 教 育 の 目 的 現 状... 第 3 章 各

目 次 は じ め に... 3 第 1 章 先 行 研 究 の サ ー ベ イ... 4 第 2 章 金 融 リ テ ラ シ ー 金 融 教 育 の 必 要 性... 8 第 1 節 金 融 リ テ ラ シ ー と は... 8 第 2 節 金 融 教 育 の 目 的 現 状... 第 3 章 各 平 成 27 年 度 証 券 ゼ ミ ナ ー ル 大 会 第 1 テ ー マ A ブ ロ ッ ク 日 本 において 今 後 必 要 とされる 金 融 リテラシーについて 1 2 和 歌 山 大 学 簗 田 ゼ ミ ナ ー ル ( A 班 ) 1 目 次 は じ め に... 3 第 1 章 先 行 研 究 の サ ー ベ イ... 4 第 2 章 金 融 リ テ ラ シ ー 金 融 教 育 の 必

More information

は じ め に 本 校 の 子 ど も た ち に む し 歯 は 病 気 で す か? と 聞 く と 病 気 と は 違 う み た い で す と か ど う か な あ と い う 答 え が 多 く 返 っ て き た こ れ が 本 校 の 実 態 だ っ た さ ら に 校 区 内 に

は じ め に 本 校 の 子 ど も た ち に む し 歯 は 病 気 で す か? と 聞 く と 病 気 と は 違 う み た い で す と か ど う か な あ と い う 答 え が 多 く 返 っ て き た こ れ が 本 校 の 実 態 だ っ た さ ら に 校 区 内 に 平 成 18 年 度 教 育 論 文 生 きる 力 をはぐくむ 歯 口 の 健 康 教 育 ~よりよい 自 分 を 目 指 して 行 動 する 子 どもを 求 めて~ 熊 本 市 立 弓 削 小 学 校 は じ め に 本 校 の 子 ど も た ち に む し 歯 は 病 気 で す か? と 聞 く と 病 気 と は 違 う み た い で す と か ど う か な あ と い う 答 え

More information

プルプルした提督 ID:76778

プルプルした提督 ID:76778 ぅぅ 注 意 項 P D F フ ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ イ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 新 レ フ ガ 鎮 府 着 任 正 体 一 体 目 的... 週 1 ~ 回 更 新 1 文 章 量 少 私 友 ニ コ ニ コ 動 画 u p M

More information

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ 平 成 2 8 年 度 施 政 方 針 安 中 市 本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじめに 私 は 市 長 と し て 安 中 市 の

More information

はじめに

はじめに 主 題 移 行 期 の 連 携 に おける 教 育 的 ニーズに 応 じた 支 援 の 充 実 ~ 小 学 校 から 中 学 校 に 効 果 的 な 支 援 を 引 き 継 ぐ た めに ~ 熊 本 市 立 山 ノ 内 小 学 校 教 諭 森 川 義 幸 要 約 小 学 校 から 中 学 校 へと 児 童 のライフステージが 変 化 する 際 それぞれの 機 関 が 一 貫 性 のない 支 援 をしてしまえば

More information

1. 研 修 会 参 加 報 告 国 立 病 院 理 学 療 法 士 協 議 会 九 州 部 会 研 修 会 ~ 職 場 力 を 高 め る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン ~ 南 九 州 病 院 主 任 理 学 療 法 士 榎 木 大 介 平 成 26 年 7 月 26 日 熊 本 医 療 セ

1. 研 修 会 参 加 報 告 国 立 病 院 理 学 療 法 士 協 議 会 九 州 部 会 研 修 会 ~ 職 場 力 を 高 め る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン ~ 南 九 州 病 院 主 任 理 学 療 法 士 榎 木 大 介 平 成 26 年 7 月 26 日 熊 本 医 療 セ 1 7 号 2014.10 国 立 病 院 理 学 療 法 士 協 議 会 九 州 部 会 会 報 誌 1. 研 修 会 参 加 報 告 国 立 病 院 理 学 療 法 士 協 議 会 九 州 部 会 研 修 会 ~ 職 場 力 を 高 め る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン ~ 2. 学 会 参 加 報 告 第 49 回 日 本 理 学 療 法 学 術 大 会 in 横 浜 の 学 会 発 表

More information

二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ

二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ 終 二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ 003 夏 暑 過 ぎ 去 秋 気 配 空 見 上 げ 立 空 青 澄 み 切 風 心 良 ひ ガ イ ガ ウ ン タ 手 目 見 恐 怖 感 悲 痛 思 風 景 福 島 県 飯 館 村 美 然 眺 半 深 絶 望 突 落 3 11 経 過 未 復 旧 復 興

More information

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04 HR News Letter 2011 年 4 月 号 平 澤 国 際 社 労 士 事 務 所 東 京 都 港 区 芝 大 門 1-3-5 山 田 ビル 3 階 TEL 03-5402-8491 http://www.jp-hrpayroll.com/ ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

More information

南海蒼空戦記4

南海蒼空戦記4 Nobuyoshi Yokoyama 立 ち 読 み 専 用 立 ち 読 み 版 は 製 品 版 の1 20 頁 までを 収 録 したものです ページ 操 作 につて 頁 をめくるには 画 面 上 の ( 次 ページ)をクリックするか キー ボード 上 の キーを 押 して 下 さ もし 誤 操 作 などで 表 示 画 面 が 頁 途 中 で 止 まって 見 にくときは 上 記 の 操 作 をすることで

More information

平 成 26 年 度 厚 生 労 働 省 障 害 者 総 合 福 祉 推 進 事 業 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調 査 報 告 書 平 成 27 年 3 月 公 益 社 団 法 人 日 本 精 神 科 病 院 協 会 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調

More information

Taro-学校だより学力調査号.jtd

Taro-学校だより学力調査号.jtd 第 5 号 ( H2 7. 1 1. 1 7 ) 舞 鶴 小 学 校 ま い づ る 発 行 人 大 澤 正 史 本 校 の 学 習 状 況 に つ い て ( 今 年 度 6 年 生 が 実 施 し た 全 国 学 力 学 習 状 況 調 査 の 結 果 ) 今 年 度 の 全 国 学 A1 2007 年 よ り 日 本 全 国 の 小 中 学 校 の 最 高 学 年 ( 小 学 6 年 力 学

More information

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 2 8 年 3 月 2 2 日 2 7 小 市 安 第 7 5 7 号 ( 通 則 ) 第 1 条 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 と い う )の 交 付 に つ い て は 市 費 補 助 金 等 の 予 算 執 行 に 関 す る 規 則 ( 昭 和

More information

TRIレポート第170号

TRIレポート第170号 メディア 情 報 工 作 全 開 総 選 挙 後 日 本 の 不 安 禁 複 写 金 利 為 替 株 価 特 報 ( 2012 年 12 月 14 日 号 )170 < 目 次 > 1. 概 観 公 共 事 業 バ ラ マ キ 金 融 緩 和 強 制 の 連 想 ゲ ー ム 2. 政 局 メ デ ィ ア 情 報 工 作 は 何 を 目 的 に 動 い た か 3. 政 策 行 き は よ い よ い

More information

会議開催のお知らせ

会議開催のお知らせ 富 津 市 青 少 年 問 題 協 議 会 会 議 録 1 会 議 の 名 称 平 成 27 年 度 富 津 市 青 少 年 問 題 協 議 会 会 議 2 開 催 日 時 平 成 27 年 7 月 15 日 午 後 3 時 0 0 分 ~ 午 後 4 時 45 分 3 開 催 場 所 第 2 委 員 会 室 4 審 議 等 事 項 5 出 席 者 名 6 公 開 又 は 非 公 開 の 別 ( 1

More information

は じ め に Ⅰ 研 究 の 共 有 化 活 性 化 1 ワ ー ク シ ョ ッ プ 型 研 修 の 具 体 的 事 例 1 K J 法 2 2 た す き が け K J 法 4 3 次 時 の 指 導 案 作 成 ワ ー ク シ ョ ッ プ 6 4 単 元 計 画 作 成 ワ ー ク シ ョ

は じ め に Ⅰ 研 究 の 共 有 化 活 性 化 1 ワ ー ク シ ョ ッ プ 型 研 修 の 具 体 的 事 例 1 K J 法 2 2 た す き が け K J 法 4 3 次 時 の 指 導 案 作 成 ワ ー ク シ ョ ッ プ 6 4 単 元 計 画 作 成 ワ ー ク シ ョ 三 次 市 立 三 和 小 学 校 平 成 22 年 2 月 Web 版 1 は じ め に Ⅰ 研 究 の 共 有 化 活 性 化 1 ワ ー ク シ ョ ッ プ 型 研 修 の 具 体 的 事 例 1 K J 法 2 2 た す き が け K J 法 4 3 次 時 の 指 導 案 作 成 ワ ー ク シ ョ ッ プ 6 4 単 元 計 画 作 成 ワ ー ク シ ョ ッ プ 7 2 校 内

More information

目 次 1. サ ッ カ ー ビ ジ ネ ス の 基 礎 知 識 射 場 本 綾 2. 地 域 密 着 が 成 功 の 鍵! 日 本 一 の チ ー ム を つ く る 米 田 真 3. ス ポ ー ツ を 仕 事 に す る! 関 航 4. オ タ ク の 行 動 経 済 学 者 ス ポ ー ツ

目 次 1. サ ッ カ ー ビ ジ ネ ス の 基 礎 知 識 射 場 本 綾 2. 地 域 密 着 が 成 功 の 鍵! 日 本 一 の チ ー ム を つ く る 米 田 真 3. ス ポ ー ツ を 仕 事 に す る! 関 航 4. オ タ ク の 行 動 経 済 学 者 ス ポ ー ツ 2012 年 同 志 社 大 学 スポーツ 健 康 科 学 部 二 宮 ゼミ 3 期 生 スポーツ マネジメント 関 連 図 書 書 評 目 次 1. サ ッ カ ー ビ ジ ネ ス の 基 礎 知 識 射 場 本 綾 2. 地 域 密 着 が 成 功 の 鍵! 日 本 一 の チ ー ム を つ く る 米 田 真 3. ス ポ ー ツ を 仕 事 に す る! 関 航 4. オ タ ク の 行

More information

Taro10-H27 年学校だより4月.号j

Taro10-H27 年学校だより4月.号j 平 成 2 7 年 4 月 1 9 日 ( 日 ) 4 月 号 横 浜 市 立 港 南 中 学 校 233-0004 横 浜 市 港 南 区 港 南 中 央 通 6 番 1 号 0 4 5-8 4 2-2 3 5 5 学 校 教 育 目 標 の よ り よ い 実 現 を 目 指 し て 校 長 上 田 篤 也 平 成 2 7 年 度 が ス タ ー ト し ま し た 2 6 4 名 の 新 入

More information

暇 次 暇 与 準 繰 越 範 囲 残 率 % 勧 奨 普 能 労 初 歴 初 万 万 万 万 主 末 勉 末 勉 再 経 験 歴 経 験 歴 未 満 万 万 未 満 万 万 未 満 万 万 全 算 出 再 除 営 状 況 例 第 規 づ 営 齢 齢 万 歳 万 歳 能 労 万 歳 全 算 出 再

暇 次 暇 与 準 繰 越 範 囲 残 率 % 勧 奨 普 能 労 初 歴 初 万 万 万 万 主 末 勉 末 勉 再 経 験 歴 経 験 歴 未 満 万 万 未 満 万 万 未 満 万 万 全 算 出 再 除 営 状 況 例 第 規 づ 営 齢 齢 万 歳 万 歳 能 労 万 歳 全 算 出 再 広 報 暇 次 暇 与 準 繰 越 範 囲 残 率 % 勧 奨 普 能 労 初 歴 初 万 万 万 万 主 末 勉 末 勉 再 経 験 歴 経 験 歴 未 満 万 万 未 満 万 万 未 満 万 万 全 算 出 再 除 営 状 況 例 第 規 づ 営 齢 齢 万 歳 万 歳 能 労 万 歳 全 算 出 再 除 与 訳 男 性 下 女 性 現 在 現 在 そ 他 件 新 規 報 酬 末 万 万 副 万

More information

103 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 位 得 ぜ 全 展 開 選 択 肢 独 立 系 続 選 択 点 カ ギ 肥 沃 ビ チ ャ 存 在 求 号 掲 載 何 度 コ 管 理 身 丈 肥 沃 ビ チ ャ 背 景 維 色 機 投 家 圧 倒 的 少 個 預 好 む 傾 向 指 摘 色 顧 転

103 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 位 得 ぜ 全 展 開 選 択 肢 独 立 系 続 選 択 点 カ ギ 肥 沃 ビ チ ャ 存 在 求 号 掲 載 何 度 コ 管 理 身 丈 肥 沃 ビ チ ャ 背 景 維 色 機 投 家 圧 倒 的 少 個 預 好 む 傾 向 指 摘 色 顧 転 102 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 平 成 月 始 史 談 目 オ ラ ヒ リ 掲 載 六 月 号 九 治 氏 オ ラ ヒ リ 掲 載 界 彩 登 頂 正 敏 氏 氏 日 協 理 区 評 議 評 議 務 所 理 議 長 締 役 要 職 務 平 成 第 ベ 章 平 成 七 月 旭 日 双 光 章 章 界 表 重 鎮 論 点 伺 歩 み 界 歩 み 号 掲 載 明 治 創 創 七 老 舗 動

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832352E392E3488EA94CA8EBF96E292CA8D9093E097652081698AAE90AC94C5816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832352E392E3488EA94CA8EBF96E292CA8D9093E097652081698AAE90AC94C5816A> 平 成 25 年 9 月 市 議 会 定 例 会 一 般 質 問 質 問 す る 議 員 名 及 び 質 問 内 容 個 人 質 問 1 議 員 成 田 芳 雄 ⑴ 都 市 内 ま た は 地 域 内 分 権 制 度 の 創 設 に つ い て こ れ ま で の 一 般 質 問 で の 答 弁 で は 市 民 の 底 力 を 支 援 す る 事 業 は 行 政 と 市 民 あ る い は 市 民

More information

会議顛末書

会議顛末書 件 名 第 6 次 総 合 計 画 策 定 に 関 す る 第 1 回 市 民 懇 談 会 ( 長 山 中 学 校 区 ) 年 月 日 平 成 2 2 年 1 1 月 2 1 日 ( 日 ) 時 間 午 後 1 時 0 0 分 ~2 時 4 5 分 場 所 松 葉 地 区 公 民 館 市 民 3 8 名 ( 男 性 3 2 名 女 性 6 名 ) 出 席 者 川 村 企 画 財 務 部 長 企 画

More information

1 ア ケ ト 結 果 科 算 答 中 嫌 勉 苦 手 科 算 嫌 圧 倒 的 増 下 科 離 根 底 状 況 母 保 護 者 々 不 安 身 付 情 報 求 東 西 南 北 奔 走 母 保 護 者 々 助 気 持 ぱ

1 ア ケ ト 結 果 科 算 答 中 嫌 勉 苦 手 科 算 嫌 圧 倒 的 増 下 科 離 根 底 状 況 母 保 護 者 々 不 安 身 付 情 報 求 東 西 南 北 奔 走 母 保 護 者 々 助 気 持 ぱ 山 野 辺 久 著 1 1 ア ケ ト 結 果 科 算 答 中 嫌 勉 苦 手 科 算 嫌 圧 倒 的 増 下 科 離 根 底 状 況 母 保 護 者 々 不 安 身 付 情 報 求 東 西 南 北 奔 走 母 保 護 者 々 助 気 持 ぱ 3 2 過 ぎ 続 涯 間 ゾ 時 期 教 育 起 言 下 六 中 如 実 俗 昔 神 童 今 反 対 ぜ 考 対 合 教 育 法 解 触 合 文 科 省 齢

More information

南九州市○○○施設指定管理者募集要項

南九州市○○○施設指定管理者募集要項 南 九 州 市 熊 ヶ 谷 放 牧 場 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 南 九 州 市 熊 ヶ 谷 放 牧 場 ( 以 下 放 牧 場 と い う )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は, こ の 仕 様 書 に よ る も の と する 1 趣 旨 本 仕 様 書 は, 指 定 管 理 者 が 行 う 放 牧 場 の 業 務 内 容 及 び 履 行

More information

Diet00a.indd

Diet00a.indd じ 今 本 手 過 去 何 度 ろ ろ 挑 戦 経 験 ょ 今 経 験 ふ 感 じ タ 時 チ ベ シ ョ 続 思 結 果 出 途 中 挫 折 次 第 ラ ラ 自 ヤ 原 因 過 去 途 中 2 ぜ! 意 気 込 選 択 時 点 失 敗 ぜ 今 挑 戦 努 力 足 努 力 向 違 思 出 ブ ム ざ 種 類 単 品 品 タ プ 朝 バ ナ ナ ャ ベ ツ 運 動 呼 吸 骨 盤 矯 グ ブ 手 軽

More information

『環境元年』施策

『環境元年』施策 平 成 26 年 度 予 算 主 要 事 業 抜 粋 単 位 千 円 印 は 新 規 事 業 基 本 目 標 1 魅 力 と 活 力 にあふれるにぎわいのあるまちづくり 観 光 宣 伝 対 策 事 業 イ ン タ ー ネ ッ ト を 活 用 し た 誘 客 宣 伝 パ ン フ レ ッ ト な ど の 印 刷 ポ ス タ ー 観 光 宣 伝 箱 根 駅 伝 で の 誘 客 キ ャ ラ バ ン の 委

More information

Taro-【222】H23表紙.jtd

Taro-【222】H23表紙.jtd 律 ま 律 律 律 百 号 ま 左 記 ま 記 経 緯 律 以 麻 原 彰 晃 智 津 夫 教 祖 創 始 者 オ ウ ム 真 教 教 義 広 現 目 主 宰 教 義 従 者 以 付 以 ぞ 号 掲 ず 引 続 継 続 聴 上 後 段 付 以 予 根 拠 令 由 陳 述 先 限 陳 述 機 付 与 陳 述 ど 遂 由 示 効 力 1 加 え 中 計 わ 有 管 土 建 延 べ 箇 箇 ち 備 帳 簿

More information

青葉酒

青葉酒 ゅ ふ 懐 忘 不 意 過 ぎ 去 間 切 押 寄 居 屋 夜 受 現 実 世 界 へ 引 戻 酔 忘 頭 理 不 尽 司 笑 来 間 解 決 待 抱 夜 街 歩 軒 寄 帰 探 路 地 少 看 板 掲 げ B a r 字 面 涼 身 体 々 茂 初 夏 吹 抜 吹 足 踏 扉 開 途 端 爽 鼻 び 腔 抜 ふ 甘 酸 ぱ 回 ゃ 席 脚 長 拭 ふ 促 飴 色 カ ウ タ 席 腰 決 声 メ ニ

More information

森田草平_「三四郎」

森田草平_「三四郎」 5 猫 今 数 年 前 最 手 近 周 囲 描 昨 今 周 囲 描 白 主 猫 材 料 取 扱 多 少 相 違 形 式 猫 無 責 任 6 損 益 有 親 炙 ゃ 方 観 察 数 物 猫 二 つ 挙 げ ざ 得 吾 輩 猫 猫 役 勤 福 岡 県 京 都 郡 真 崎 村 小 川 今 み や 年 熊 本 高 等 学 校 卒 業 東 京 文 科 大 学 へ 青 年 間 猫 存 在 無 視 せ 心 使 周

More information

第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 山 崎 破 損 ホ 周 面 沈 車 両 損 故 伴 損 賠 償 余 払 和. 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 栗 側 溝

第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 山 崎 破 損 ホ 周 面 沈 車 両 損 故 伴 損 賠 償 余 払 和. 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 栗 側 溝 - 第 号 - 編 広 / 緑 村 引 渡 訓 練 治 稲 刈 城 東 フレ 伊 讃 覧 表... ~ペジ... ペジ... ペジ 陳... ペジ... ~ ペジ 誌... ペジ 編 記... ペジ 否 条 件 慎 正 第 催 件 ~ ~ 第 主 第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和

More information

2) 構 音 について 口 唇 舌 などの 発 語 器 官 を 用 いて 音 を 作 っています このこと を 構 音 と い い ま す た と え ば パ 行 バ 行 を 産 生 す る 時 は 口 唇 を 使 っています( 図 3 1) タ 行 の 場 合 は 舌 の 前 が 前 歯 の 上

2) 構 音 について 口 唇 舌 などの 発 語 器 官 を 用 いて 音 を 作 っています このこと を 構 音 と い い ま す た と え ば パ 行 バ 行 を 産 生 す る 時 は 口 唇 を 使 っています( 図 3 1) タ 行 の 場 合 は 舌 の 前 が 前 歯 の 上 口 唇 口 蓋 裂 の 言 語 治 療 九 州 大 学 病 院 顎 顔 面 口 腔 外 科 言 語 療 法 室 長 谷 川 幸 代 口 唇 口 蓋 裂 の お 子 さ ん に は 哺 乳 齲 蝕 ( 虫 歯 ) 歯 並 び 咬 合 中 耳 炎 ことばなどいろいろな 心 配 なことがあるため 治 療 に は 言 語 聴 覚 士 の みでな く 口 腔 外 科 小 児 歯 科 矯 正 歯 科 耳 鼻 科

More information

ベ ス 対 処 法 知 じ 改 訂 版 せ ) 大 変 時 代 本 書 オ ジ ナ 版 ニ ュ 世 9 9 8 平 成 0) 十 ひ 昔 以 上 前 支 持 競 争 厳 げ 版 重 ね 理 由 向 減 ず 働 活 安 定 下 降 終 身 雇 前 提 サ 今 個 人 自 営 プ ロ 野 球 選 変 プ

ベ ス 対 処 法 知 じ 改 訂 版 せ ) 大 変 時 代 本 書 オ ジ ナ 版 ニ ュ 世 9 9 8 平 成 0) 十 ひ 昔 以 上 前 支 持 競 争 厳 げ 版 重 ね 理 由 向 減 ず 働 活 安 定 下 降 終 身 雇 前 提 サ 今 個 人 自 営 プ ロ 野 球 選 変 プ ベ ス 対 処 法 知 じ 改 訂 版 せ ) 大 変 時 代 本 書 オ ジ ナ 版 ニ ュ 世 9 9 8 平 成 0) 十 ひ 昔 以 上 前 支 持 競 争 厳 げ 版 重 ね 理 由 向 減 ず 働 活 安 定 下 降 終 身 雇 前 提 サ 今 個 人 自 営 プ ロ 野 球 選 変 プ ロ 野 球 選 成 績 落 ち 軍 行 契 約 更 改 拒 否 要 解 雇 待 サ 場 合 能 力

More information

224kugikai1-8.indd

224kugikai1-8.indd 8 6 5 丁 番 号 電 話 54- 代 ホムペジ http://www.kugikai.city.chuo.lg.jp/ ゅ 情 8 程 企 画 常 8 休 企 画 7 福 祉 広 連 合 約 変 約 8 程 休 終 8 常 7 個 情 6 印 鑑 次 酬 弁 償 陳 料 答 弁 旨 ~ 常 旨 石 川 島 4 4 撮 影 8 6 4 間 矢 信 派 ほ 8 7 命 同 4 同 件 6 矢 信

More information

N E W S H I G A S H I K A G A W A Nice Shot 同 暴 力 団 資 格 現 在 同 同 親 族 決 カ 婚 姻 届 提 出 含 む 離 婚 前 提 別 せ 収 基 準 世 帯 全 体 得 算 諸 控 除 差 収 営 万 千 下 裁 量 万 千 下 特 万 千 超 え 万 千 下 そ 他 東 わ 営 住 宅 条 例 等 規 条 件 備 え 必 書 類 書 住 票

More information

雇用保険被保険者資格取得届(様式)編

雇用保険被保険者資格取得届(様式)編 平 成 2 8 年 3 月 1 日 第 4 版 発 行 e-gov 電 子 申 請 実 務 マ ニ ュ ア ル 香 川 県 社 会 保 険 労 務 士 会 目 次 1. 手 続 検 索 1 2. 申 請 書 の 作 成 3 3. 被 保 険 者 資 格 取 得 届 の 作 成 7 4. 提 出 代 行 証 明 書 の 添 付 8 5. 署 名 の 実 施 1 0 6. 申 請 書 の 送 信 1 1

More information

Taro-ニュース206 年末号

Taro-ニュース206 年末号 国 交 職 組 2013. 12. 24 No.206 発 行 国 土 交 通 省 職 員 組 合 100-8918 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 2-1-3 03-5501-3377 Fax 03-5501-3388 マイクロ 80-59663 https://j-union.com/-/kokkoushokuso/ 今 年 は こ ん な こ と が あ り ま し た 加 藤 委 員

More information

001-014扉〜目次.indd

001-014扉〜目次.indd 嘘 1 枚 紙 知 装 丁 bookwall 診 断 タ イ プ 同 著 名 誰!? 診 断 結 果 次 ペ ジ へ 林 田 子 様 6 22 タ イ プ 003 3ペジ 特 徴 下 探 ょ 同 ぐ 持 著 名 診 断 結 果 ペジ 記 載 ペジ 内 ご 覧 華 や 志 向 タイプ 左 払 長 芥 川 龍 之 介 P74 林 リダ 気 質 横 線 大 突 出 エジソ P102 突 出 石 川 遼 P39

More information

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ 特 集 緑 の カ ー テ ン 最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ っ た り と 張 り 付 い て 競 い 合 う よ う に 天

More information

平 成 28 年 第 1 回 尾 鷲 市 議 会 定 例 会 所 信 表 明 ( 附 提 案 説 明 ) 尾 鷲 市 ( 登 壇 ) 平 成 2 8 年 第 1 回 定 例 会 の 開 会 に あ た り 平 成 2 8 年 度 当 初 予 算 並 び に そ の 他 の 諸 議 案 に つ い て の ご 説 明 に 先 立 ち ま し て 所 信 の 一 端 を 申 し 述 べ 議 員 各 位

More information

5 影 響 義 初 背 筋 伸 前 霧 晴 公 益 団 ( 下 ) 圧 倒 嫌 眠 刺 激 漠 葉 爽 快 湧 完 魅 了 登 録 5 在 就 約 半 数 7 万 遠 数 頂 ル 軸 物 壮 組 織 牽 引 取 材 席 員 腑 落 振 返 世 界 ダ 物 名 前 即 答 疑 少 影 響 及 ぼ ダ

5 影 響 義 初 背 筋 伸 前 霧 晴 公 益 団 ( 下 ) 圧 倒 嫌 眠 刺 激 漠 葉 爽 快 湧 完 魅 了 登 録 5 在 就 約 半 数 7 万 遠 数 頂 ル 軸 物 壮 組 織 牽 引 取 材 席 員 腑 落 振 返 世 界 ダ 物 名 前 即 答 疑 少 影 響 及 ぼ ダ MY OPIIO 公 益 団 取 材 / 武 田 宏 文 / 及 川 佐 枝 撮 影 / 木 内 博 4 5 影 響 義 初 背 筋 伸 前 霧 晴 公 益 団 ( 下 ) 圧 倒 嫌 眠 刺 激 漠 葉 爽 快 湧 完 魅 了 登 録 5 在 就 約 半 数 7 万 遠 数 頂 ル 軸 物 壮 組 織 牽 引 取 材 席 員 腑 落 振 返 世 界 ダ 物 名 前 即 答 疑 少 影 響 及 ぼ

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

3 ウ ワ ミ ズ ザ ク ラ 幹 の 樹 皮 に は 横 縞 の 模 様 も な く 花 も 桜 の 概 念 か ら は ほ ど 遠 い 形 を し て い る が こ れ も 桜 の 仲 間 で あ る 20 メートル に も な る 大 木 で 4 月 の 中 頃 新 葉 が ひ ら い て

3 ウ ワ ミ ズ ザ ク ラ 幹 の 樹 皮 に は 横 縞 の 模 様 も な く 花 も 桜 の 概 念 か ら は ほ ど 遠 い 形 を し て い る が こ れ も 桜 の 仲 間 で あ る 20 メートル に も な る 大 木 で 4 月 の 中 頃 新 葉 が ひ ら い て 河 辺 い き も の の 森 の 植 物 そ の 3 樹 の 花 河 辺 い き も の の 森 に は 約 100 種 類 の 樹 木 が 生 育 し て い る 整 備 さ れ る 以 前 の 森 は そ の 見 か け 上 の 違 い か ら ケ ヤ キ 林 コ ナ ラ 林 ア ラ カ シ 林 ス ギ 林 竹 林 の 5 種 類 の 林 か ら 成 り 立 つ と さ れ て い た が 手

More information

提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神

提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神 提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神 揮 帯 共 ふ 輪 広 担 ゆ ぎ 満 誰 気 軽 楽 自 由 集 指 次 重 標 広 護 90 号

More information

プルプルした提督 ID:76778

プルプルした提督 ID:76778 ぅぅ 注 意 項 P D F ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 的 P D F 化 小 作 ハ メ 運 営 無 断 P D F ァ イ 及 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 再 配 布 販 売 禁 新 ガ 任 正 的... 週 ~ 回 更 新 文 章 量 私 友 ニ コ ニ コ 画 u p M M D 作 品 許 可 得 小 化 嬉 ( ネ タ バ 可 能 大 ) 次 7 世 門 立

More information

untitled

untitled nibankan@ r.dion.ne.jp 平 号 鮎 或 粟 容 袷 対 象 定 安 参 加 費 入 庵 持 ち 物 按 申 込 暗 問 粗 ご 辺 チ 収 集 - ご ゼロ ゼ ロ 各 機 電 連 絡 え 西 院 - 恩 -/ 小 新 世 紀 脳 神 経 外 科 - 船 渡 -/ 脳 神 むろ 歯 科 ニッ - 弥 十 郎 -/ 歯 小 歯 石 川 院 - 北 --/ 小 循 消 産 婦

More information

Microsoft Word - 養生学研究投稿規定(改)

Microsoft Word - 養生学研究投稿規定(改) よ う せ い 養 生 学 研 究 投 稿 規 定 2000 年 3 月 11 日 施 行 2006 年 5 月 01 日 改 正 1. 養 生 学 研 究 ( 以 下 本 誌 と い う ) の 編 集 及 び 発 行 に 関 し て は こ の 規 定 の 定 め る と こ ろ に よ る. 2. 投 稿 資 格 本 誌 に 原 稿 を 投 稿 で き る 筆 頭 著 者 は, 原 則 と し

More information

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7 併 60 周 記 念 文 コ 優 秀 品 テ マ! ロマ 併 60 周 記 念 制 定 希 望 太 陽 輝 春 埜 菰 張 本 宮 八 形 天 城 跡 太 倉 吉 渓 谷 葛 布 背 景 文 字 北 部 林 部 商 南 部 域 遠 州 鎬 羽 闊 歩 遠 州 石 松 遠 州 舞 組 環 境 理 歴 史 文 芸 能 観 光 ベ 特 産 品 モチフ 明 姿 誰 目 広 親 愛 デザ 又 21 世 紀 リド

More information

(Microsoft Word - \215u\213`\216\300\230^)

(Microsoft Word - \215u\213`\216\300\230^) 報 道 ニ ュ - ス の 場 面 ( ア ナ ウ ン サ - を 中 村 様 ) 道 内 の ニ ュ ー ス を お 伝 え し ま す 本 日 8 月 20 日 の 午 後 2 時 ご ろ 札 幌 中 央 高 校 で の 運 動 会 の 入 場 行 進 練 習 中 に 数 名 の 生 徒 が 体 調 不 良 を 訴 え て 救 急 車 で 搬 送 さ れ う ち 1 名 の 生 徒 が 死 亡

More information