ただし 本 提 案 は 技 術 的 検 討 結 果 であり 国 民 に 対 して 広 く 接 種 機 会 を 提 供 する 仕 組 みとして 実 施 するためには 前 提 として ワクチンの 供 給 実 施 体 制 の 確 保 必 要 となる 財 源 の 捻 出 方 法 等 の 検 討 を 行 った

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "ただし 本 提 案 は 技 術 的 検 討 結 果 であり 国 民 に 対 して 広 く 接 種 機 会 を 提 供 する 仕 組 みとして 実 施 するためには 前 提 として ワクチンの 供 給 実 施 体 制 の 確 保 必 要 となる 財 源 の 捻 出 方 法 等 の 検 討 を 行 った"

Transcription

1 資 料 1-1 B 型 肝 炎 ワクチンの 定 期 接 種 化 について これまでの 経 緯 1986 年 1 月 :B 型 肝 炎 母 子 感 染 防 止 事 業 において 乳 児 に 対 する 感 染 防 止 事 業 を 開 始 1992 年 3 月 : WHOがB 型 肝 炎 ワクチンのユニバーサル 化 を 推 奨 2012 年 5 月 : 厚 生 科 学 審 議 会 感 染 症 分 科 会 予 防 接 種 部 会 における 予 防 接 種 制 度 の 見 直 しについて( 第 二 次 提 言 )において 広 く 接 種 を 促 進 すべきワクチンとして 指 定 2013 年 3 月 : 予 防 接 種 法 改 正 案 に 対 する 衆 参 厚 労 委 での 附 帯 決 議 で 定 期 接 種 化 の 結 論 を 得 ることが 求 められた 2015 年 1 月 : 広 く 接 種 を 促 進 するための 技 術 的 検 討 結 果 が 予 防 接 種 分 科 会 で 取 りまとめられた( 別 添 参 照 ) 今 回 の 審 議 事 項 1.B 型 肝 炎 ワクチンの 定 期 接 種 化 の 可 否 について これまでの 技 術 的 検 討 等 を 踏 まえて 予 防 接 種 部 会 の 第 二 次 提 言 において 広 く 接 種 することが 望 ましい とされてきたB 型 肝 炎 ワクチンについて 平 成 28 年 10 月 に 定 期 の 予 防 接 種 に 導 入 してよいか 2.B 型 肝 炎 ワクチンの 定 期 接 種 化 に 伴 い 検 討 すべき 事 項 (1) 分 類 の 規 定 について 資 料 1-2 (2) 定 期 接 種 化 開 始 時 における 対 象 者 について 資 料 1-3 (3) 定 期 接 種 化 開 始 時 における 母 子 感 染 予 防 の 対 象 者 の 取 扱 いについて 資 料 1-4 (4) 長 期 療 養 特 例 について 資 料 1-5 (5) 定 期 接 種 化 開 始 時 における 既 接 種 者 の 取 扱 いについて 資 料 1-6 参 考 定 期 接 種 化 する 場 合 には 法 令 等 において 以 下 の 内 容 を 規 定 対 象 年 齢 生 後 1 歳 に 至 るまでの 間 にある 者 ( 施 行 令 ) 接 種 方 法 組 換 え 沈 降 B 型 肝 炎 ワクチンを 27 日 以 上 の 間 隔 をおいて 2 回 更 に 初 回 接 種 から140 日 以 上 を 経 過 した 後 に1 回 を 皮 下 に 注 射 するものとする 接 種 量 は0.25ミリリットル ( 実 施 規 則 ) 標 準 的 な 接 種 期 間 生 後 2 月 に 達 した 時 から 生 後 8 月 に 達 するまでの 期 間 ( 実 施 要 領 ( 健 康 局 長 通 知 ))

2 ただし 本 提 案 は 技 術 的 検 討 結 果 であり 国 民 に 対 して 広 く 接 種 機 会 を 提 供 する 仕 組 みとして 実 施 するためには 前 提 として ワクチンの 供 給 実 施 体 制 の 確 保 必 要 となる 財 源 の 捻 出 方 法 等 の 検 討 を 行 った 上 で 関 係 者 の 理 解 を 得 るとともに 副 反 応 も 含 めた 予 防 接 種 施 策 に 対 する 国 民 の 理 解 等 が 必 要 別 添 1 B 型 肝 炎 ワクチンに 関 する 技 術 的 検 討 結 果 平 成 27 年 1 月 第 6 回 予 防 接 種 ワクチン 分 科 会 に 提 出 これまでの 技 術 的 な 検 討 結 果 を 踏 まえ 仮 に 国 民 に 対 して 広 く 接 種 機 会 を 提 供 する 場 合 下 記 の 対 応 としては 如 何 か 予 防 接 種 対 象 年 齢 は 出 生 後 から 生 後 12 月 までとす る 標 準 的 には 生 後 2ヶ 月 からのB 型 肝 炎 ワクチン 接 種 を 実 施 する( 生 後 2ヶ 月 3ヶ 月 7-8ヶ 月 での 接 種 感 染 のリスクが 高 い 場 合 には 出 生 直 後 の 予 防 も 考 慮 する ) 使 用 するワクチン 製 剤 は 遺 伝 子 型 A 型 C 型 どちら のウイルス 由 来 の 製 剤 も 選 択 可 能 とする

3 資 料 1-2 B 型 肝 炎 ワクチンの 定 期 接 種 化 に 伴 う 分 類 の 規 定 について 1. 予 防 接 種 法 における 類 型 の 現 状 A 類 疾 病 については 人 から 人 に 伝 染 することによるその 発 生 及 びまん 延 を 予 防 するため 又 はかかった 場 合 の 病 状 の 程 度 が 重 篤 になり 若 しくは 重 篤 になるおそれがあることからその 発 生 及 びまん 延 を 予 防 するため 特 に 予 防 接 種 を 行 う 必 要 があると 認 められる 疾 病 (として 政 令 で 定 める 疾 病 ) と 定 義 されている B 類 疾 病 については 個 人 の 発 病 又 はその 重 症 化 を 防 止 し 併 せてこれに よりそのまん 延 の 予 防 に 資 するため 特 に 予 防 接 種 を 行 う 必 要 があると 認 め られる 疾 病 (として 政 令 で 定 める 疾 病 ) と 定 義 されている 2. これまでのB 型 肝 炎 の 分 類 に 関 する 検 討 B 型 肝 炎 については 予 防 接 種 制 度 の 見 直 しについて( 第 二 次 提 言 ) ( 厚 生 科 学 審 議 会 感 染 症 分 科 会 予 防 接 種 部 会 )において B 型 肝 炎 を 予 防 接 種 法 の 対 象 に 位 置 づけるこ ととした 場 合 の 疾 病 区 分 の 要 件 及 び 分 類 案 については 致 命 率 が 高 いこと 又 は 感 染 し 長 期 間 経 過 後 に 重 篤 になる 可 能 性 が 高 い 疾 病 になることによる 重 大 な 社 会 的 損 失 の 防 止 を 図 る 目 的 で 予 防 接 種 を 行 う 疾 病 として1 類 疾 病 ( 現 在 のA 類 疾 病 )とすることとされている 第 二 次 提 言 以 降 の 厚 生 科 学 審 議 会 予 防 接 種 ワクチン 分 科 会 等 における 検 討 において 少 数 ながら 小 児 における 水 平 感 染 が 生 じていることや 小 児 にお ける 集 団 感 染 が 報 告 されていること 等 から 予 防 接 種 によってヒトからヒト への 感 染 機 会 を 減 らすことによる 直 接 的 な 集 団 予 防 を 図 る 目 的 も 併 せ 持 つ 疾 病 であるとも 考 えられる ことから B 型 肝 炎 ワクチンの 定 期 接 種 においては 分 類 を 下 記 のとおり としてはどうか B 型 肝 炎 は 人 から 人 に 伝 染 することによるその 発 生 及 びまん 延 を 予 防 するため かつ かかった 場 合 の 病 状 の 程 度 が 重 篤 になり 若 しくは 重 篤 になるおそれがあることからその 発 生 及 びまん 延 を 予 防 するため 特 に 予 防 接 種 を 行 う 必 要 があると 認 められる 疾 病 であ ることから A 類 疾 病 とする

4 資 料 1-3 B 型 肝 炎 ワクチンの 定 期 接 種 開 始 時 における 対 象 者 について 1. これまでのB 型 肝 炎 ワクチンの 対 象 者 に 関 する 検 討 平 成 27 年 1 月 15 日 に 開 催 された 第 6 回 厚 生 科 学 審 議 会 予 防 接 種 ワクチン 分 科 会 において 技 術 的 な 検 討 結 果 として 仮 に 国 民 に 対 して 広 く 接 種 機 会 を 提 供 する 場 合 予 防 接 種 対 象 年 齢 は 生 後 1 歳 までとすること 標 準 的 には 生 後 2ヶ 月 からのB 型 肝 炎 ワクチン 接 種 を 実 施 する( 生 後 2ヶ 月 3ヶ 月 7-8ヶ 月 での 接 種 を 想 定 )ことが 了 承 された 2. B 型 肝 炎 ワクチンの 定 期 接 種 開 始 時 における 対 象 者 について B 型 肝 炎 ワクチンの 定 期 の 予 防 接 種 においては 必 要 となる 回 数 (3 回 )の 接 種 を 適 切 な 接 種 時 期 ( 生 後 1 歳 にいたるまで) に 完 了 することが 求 められる 平 成 28 年 10 月 に 定 期 接 種 を 開 始 する 場 合 同 年 4 月 以 降 に 出 生 する 者 であれば 適 切 な 接 種 期 間 にそれを 実 施 することが 可 能 である 以 上 のことから B 型 肝 炎 ワクチンの 定 期 接 種 開 始 時 における 対 象 者 を 下 記 のとおりとしてはどうか 平 成 28 年 4 月 以 降 に 出 生 した 者 平 成 28 年 4 月 生 まれの 者 の 接 種 スケジュール 例

5 資 料 1-4 B 型 肝 炎 の 定 期 接 種 化 に 伴 う 母 子 感 染 予 防 の 対 象 者 の 取 扱 いについて 母 子 感 染 予 防 の 目 的 は 母 子 感 染 によりキャリア 化 することを 予 防 することであり 将 来 的 な 感 染 を 予 防 する 通 常 の 予 防 接 種 の 目 的 とは 異 なる 定 期 の 予 防 接 種 の 対 象 者 については 標 準 的 には 生 後 2 ヶ 月 か らB 型 肝 炎 ワクチン 接 種 ( 第 1 回 目 )を 実 施 することとしてい るが 母 子 感 染 予 防 のためには その 対 象 者 に 対 し 生 後 12 時 間 以 内 を 目 安 としてB 型 肝 炎 ワクチンを 接 種 開 始 し 生 後 5 日 以 内 ( 生 後 12 時 間 以 内 が 望 ましい)に 抗 HBs 人 免 疫 グロブリ ンを 投 与 する 等 の 必 要 がある 以 上 のことから B 型 肝 炎 の 定 期 接 種 においては 母 子 感 染 予 防 の 対 象 者 の 取 扱 いを 下 記 のとおりとしてはどうか HBs 抗 原 陽 性 の 妊 婦 から 生 まれた 乳 児 として 健 康 保 険 の 給 付 によりB 型 肝 炎 ワクチンの 投 与 ( 抗 HBs 人 免 疫 グロブリンを 併 用 )の 全 部 又 は 一 部 を 受 けた 者 について は 定 期 の 予 防 接 種 の 対 象 者 から 除 くこととする

6 参 考 B 型 肝 炎 ウイルス 母 子 感 染 の 予 防 に 関 する 現 状 HBs 抗 原 陽 性 の 妊 婦 から 生 まれた 乳 児 に 対 する HBs 人 免 疫 グロ ブリン 注 射 沈 降 B 型 肝 炎 ワクチン 注 射 及 びHBs 抗 原 抗 体 検 査 等 は 健 康 保 険 の 給 付 の 対 象 となっている 上 記 を 目 的 としたB 型 肝 炎 ワクチンの 用 法 用 量 については 平 成 25 年 10 月 18 日 に 発 出 された 通 知 新 たに 薬 事 食 品 衛 生 審 議 会 において 公 知 申 請 に 関 する 事 前 評 価 を 受 けた 医 薬 品 の 適 応 外 使 用 について( 薬 食 審 査 発 1018 第 1 号 及 び 薬 食 安 発 1018 第 1 号 ) において 通 常 0.25mL を 1 回 生 後 12 時 間 以 内 を 目 安 に 皮 下 に 注 射 する 更 に0.25mLずつを 初 回 注 射 の1 箇 月 後 及 び6 箇 月 後 の2 回 同 様 の 用 法 で 注 射 する ただし 能 動 的 HBs 抗 体 が 獲 得 されていない 場 合 には 追 加 接 種 する とされている

7 資 料 1-5 B 型 肝 炎 ワクチンの 定 期 接 種 化 に 伴 う 長 期 療 養 特 例 について B 型 肝 炎 ワクチンについては 罹 患 歴 又 は 予 防 接 種 歴 がない 場 合 には どの 年 齢 においても 感 染 のリスクがある 一 方 添 付 文 書 上 ビームゲン ヘプタバックス いずれも10 歳 未 満 の 者 への 接 種 量 を0.25mL 10 歳 以 上 の 者 への 接 種 量 を 0.5mLと 規 定 しており 上 限 年 齢 は 記 載 されていない ことから B 型 肝 炎 ワクチンの 定 期 接 種 については 長 期 療 養 特 例 について 下 記 のとおり 扱 うこととしてはどうか 接 種 の 対 象 年 齢 の 上 限 は 設 けない なお 10 歳 以 上 の 者 に 対 する 接 種 量 は 0.5 ミリリットル とする

8 参 考 長 期 療 養 特 例 制 度 について 制 度 の 概 要 免 疫 機 能 の 異 常 など 長 期 にわたり 療 養 を 必 要 とする 疾 患 等 により 接 種 対 象 年 齢 の 間 に 定 期 接 種 を 受 けられなかった 者 が 当 該 事 由 が 消 滅 してから 2 年 以 内 に 接 種 をすれば 定 期 接 種 として 接 種 を 受 けることができるよう 予 防 接 種 法 施 行 令 に 特 例 措 置 が 設 けられている 特 例 措 置 が 適 用 される 要 件 根 拠 法 令 : 予 防 接 種 法 施 行 令 第 1 条 の3 第 2 項 1. 接 種 の 対 象 年 齢 の 間 に 2. 疾 患 による 予 防 接 種 不 適 当 要 因 が 生 じ 接 種 期 間 が 十 分 に 確 保 できず 特 別 な 事 情 により 予 防 接 種 を 受 けることができなかったと 認 められる 場 合 であ って 3. 当 該 特 別 の 事 情 が 解 消 された 後 2 年 以 内 ( 高 齢 者 の 肺 炎 球 菌 感 染 症 につい ては1 年 )に 接 種 した 場 合 は 定 期 の 予 防 接 種 として 取 り 扱 う (ただし 薬 事 承 認 で 対 象 が 限 定 されているものや 医 学 的 に 限 定 が 必 要 なも のについては 個 別 に 接 種 年 齢 の 上 限 を 設 定 ) 特 別 の 事 情 根 拠 法 令 : 予 防 接 種 法 施 行 規 則 第 2 条 の5 1. 長 期 にわたり 療 養 を 必 要 とする 疾 病 にかかったこと 1 重 症 複 合 免 疫 不 全 症 無 ガンマグロブリン 血 症 その 他 免 疫 の 機 能 に 支 障 を 生 じさせる 重 篤 な 疾 病 2 白 血 病 再 生 不 良 性 貧 血 重 症 筋 無 力 症 若 年 性 関 節 リウマチ 全 身 性 エリテマトーデス 潰 瘍 性 大 腸 炎 ネフローゼ 症 候 群 その 他 免 疫 の 機 能 を 抑 制 する 治 療 を 必 要 とする 重 篤 な 疾 病 3 1 又 は2の 疾 病 に 準 ずると 認 められるもの 2. 臓 器 の 移 植 を 受 けた 後 免 疫 の 機 能 を 抑 制 する 治 療 を 受 けたこと(やむを 得 ず 定 期 接 種 を 受 けることができなかった 場 合 に 限 る ) 3. 医 学 的 知 見 に 基 づき1 又 は2に 準 ずると 認 められるもの

9 参 考 予 防 接 種 法 施 行 令 ( 昭 和 23 年 政 令 第 197 号 )( 抄 ) ( 市 町 村 長 が 予 防 接 種 を 行 う 疾 病 及 びその 対 象 者 ) 第 一 条 の 三 ( 略 ) 2 前 項 の 表 の 上 欄 に 掲 げる 疾 病 (インフルエンザを 除 く 以 下 この 項 におい て 特 定 疾 病 という )についてそれぞれ 同 表 の 下 欄 に 掲 げる 者 であった 者 ( 当 該 特 定 疾 病 にかかっている 者 又 はかかったことのある 者 その 他 厚 生 労 働 省 令 で 定 める 者 を 除 く )であって 当 該 掲 げる 者 であった 間 に 長 期 に わたり 療 養 を 必 要 とする 疾 病 で 厚 生 労 働 省 令 で 定 めるものにかかったことそ の 他 の 厚 生 労 働 省 令 で 定 める 特 別 の 事 情 があることにより 当 該 特 定 疾 病 に 係 る 法 第 五 条 第 一 項 の 規 定 による 予 防 接 種 を 受 けることができなかったと 認 め られるものについては 当 該 特 別 の 事 情 がなくなった 日 から 起 算 して 二 年 ( 肺 炎 球 菌 感 染 症 ( 高 齢 者 がかかるものに 限 る )に 係 る 同 項 の 規 定 による 予 防 接 種 を 受 けることができなかったと 認 められるものについては 当 該 特 別 の 事 情 がなくなった 日 から 起 算 して 一 年 )を 経 過 する 日 までの 間 ( 厚 生 労 働 省 令 で 定 める 特 定 疾 病 にあっては 厚 生 労 働 省 令 で 定 める 年 齢 に 達 するまでの 間 にある 場 合 に 限 る ) 当 該 特 定 疾 病 に 係 る 同 項 の 政 令 で 定 める 者 とする 予 防 接 種 法 施 行 規 則 ( 昭 和 23 年 厚 生 省 令 第 36 号 )( 抄 ) ( 特 別 の 事 情 ) 第 二 条 の 五 令 第 一 条 の 三 第 二 項 に 規 定 する 厚 生 労 働 省 令 で 定 める 特 別 の 事 情 は 次 のとおりとする 一 前 条 に 規 定 する 疾 病 にかかったこと(これによりやむを 得 ず 法 第 五 条 第 一 項 の 規 定 による 予 防 接 種 を 受 けることができなかった 場 合 に 限 る ) 二 臓 器 の 移 植 術 ( 臓 器 の 移 植 に 関 する 法 律 ( 平 成 九 年 法 律 第 百 四 号 ) 第 一 条 に 規 定 する 移 植 術 をいう )を 受 けた 後 免 疫 の 機 能 を 抑 制 する 治 療 を 受 けたこと (これによりやむを 得 ず 法 第 五 条 第 一 項 の 規 定 による 予 防 接 種 を 受 けることがで きなかった 場 合 に 限 る ) 三 前 二 号 に 掲 げるもののほか 医 学 的 知 見 に 基 づきこれらに 準 ずると 認 められる もの

10 参 考 長 期 療 養 特 例 に 関 する 疾 病 別 の 対 応 疾 病 ( 又 はワクチン 名 ) 予 防 接 種 法 施 行 令 に 規 定 している 定 期 の 予 防 接 種 の 対 象 者 上 限 年 齢 ジフテリア 1 期 : 生 後 3 月 から 生 後 90 月 に 至 るまでの 間 にある 者 2 期 :11 歳 以 上 13 歳 未 満 の 者 破 傷 風 百 日 せき 1 期 : 生 後 3 月 から 生 後 90 月 に 至 るまでの 間 にある 者 2 期 :11 歳 以 上 13 歳 未 満 の 者 生 後 3 月 から 生 後 90 月 に 至 るまでの 間 にある 者 x+2 年 (ただし 4 種 混 合 ワクチンを 使 用 す る 場 合 は 小 児 (15 歳 未 満 )) ポリオ ( 急 性 灰 白 髄 炎 ) 生 後 3 月 から 生 後 90 月 に 至 るまでの 間 にある 者 日 本 脳 炎 1 期 : 生 後 6 月 から 生 後 90 月 に 至 るまでの 間 にある 者 2 期 :9 歳 以 上 13 未 満 の 者 麻 疹 1 期 : 生 後 12 月 から 生 後 24 月 に 至 るまでの 間 にある 者 2 期 :5 歳 以 上 7 歳 未 満 の 者 であって 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 する 日 の1 年 前 から 当 該 始 期 に 達 する 日 の 前 日 までの 間 にあるもの 風 疹 1 期 : 生 後 12 月 から 生 後 24 月 に 至 るまでの 間 にある 者 2 期 :5 歳 以 上 7 歳 未 満 の 者 であって 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 する 日 の1 年 前 から 当 該 始 期 に 達 する 日 の 前 日 までの 間 にあるもの x+2 年 水 痘 生 後 12 月 から 生 後 36 月 に 至 るまでの 間 にある 者 子 宮 頸 がん 予 防 ワクチン 12 歳 となる 日 の 属 する 年 度 の 初 日 から16 歳 となる 日 の 属 する 年 度 の 末 日 までの 間 にある 女 子 結 核 生 後 1 歳 に 至 るまでの 間 にある 者 x+2 年 (ただし 4 歳 未 満 ) ヒブワクチン 生 後 2 月 から 生 後 60 月 に 至 るまでの 間 にある 者 x+2 年 (ただし 10 歳 未 満 ) 小 児 用 肺 炎 球 菌 ワクチン 生 後 2 月 から 生 後 60 月 に 至 るまでの 間 にある 者 x+2 年 (ただし 6 歳 未 満 ) 高 齢 者 用 肺 炎 球 菌 ワクチン 1 65 歳 以 上 の 者 2 60 歳 以 上 65 歳 未 満 x+1 年 x: 接 種 不 適 当 要 因 解 消 時 点

11 資 料 1-6 B 型 肝 炎 ワクチンの 定 期 接 種 開 始 時 における 既 接 種 者 の 取 扱 いについて 1. これまでの 新 規 ワクチンの 定 期 接 種 開 始 時 における 既 接 種 者 の 取 扱 い 平 成 25 年 度 以 降 に 定 期 の 予 防 接 種 に 導 入 された 全 てのA 類 疾 病 の 対 象 ワクチン(Hib 感 染 症 小 児 の 肺 炎 球 菌 感 染 症 ヒトパピロ ーマウイルス 感 染 症 水 痘 )については 定 期 の 予 防 接 種 導 入 前 に 行 われた 接 種 であっても 同 様 の 接 種 に 相 当 するものについては 定 期 の 予 防 接 種 を 受 けたものとみなしてきた 2. B 型 肝 炎 ワクチンの 既 接 種 者 への 対 応 B 型 肝 炎 ワクチンについては 必 要 な 接 種 回 数 である3 回 の 接 種 を 受 けていない 場 合 にお いては 残 りの 回 数 (1 回 既 接 種 であれば2 回 2 回 既 接 種 で あれば1 回 )の 接 種 を 受 ける 必 要 がある 一 方 で B 型 肝 炎 ワクチンについても その 他 のワクチン と 同 様 に 極 めてまれではあるが 予 防 接 種 の 副 反 応 による 健 康 被 害 が 不 可 避 的 に 発 生 するという 特 殊 性 に 鑑 み 必 要 回 数 以 上 の 接 種 は 避 けることが 望 ましい ことから B 型 肝 炎 ワクチンの 定 期 接 種 においては 導 入 に 伴 う 既 接 種 者 の 取 扱 いを 下 記 のとおりとしてはどうか 定 期 の 予 防 接 種 が 導 入 される 以 前 に 定 期 の 予 防 接 種 の 規 定 に 相 当 する 方 法 でB 型 肝 炎 ワクチンの 接 種 を 受 けた 対 象 者 については 定 期 接 種 に 規 定 された 接 種 を 受 けた 者 とみな すこととする

12 参 考 予 防 接 種 法 施 行 規 則 及 び 予 防 接 種 実 施 規 則 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 25 年 厚 生 労 働 省 令 第 100 号 )( 抄 ) 附 則 ( 施 行 期 日 ) 第 一 条 この 省 令 は 平 成 二 十 五 年 四 月 一 日 から 施 行 する (Hib 感 染 症 の 予 防 接 種 に 係 る 特 例 ) 第 三 条 平 成 二 十 二 年 十 一 月 二 十 六 日 から 平 成 二 十 五 年 三 月 三 十 一 日 までの 間 に 市 町 村 長 が 行 った 注 射 であって この 省 令 による 改 正 後 の 予 防 接 種 実 施 規 則 ( 以 下 新 規 則 という ) 第 十 七 条 第 一 項 に 規 定 するHib 感 染 症 の 注 射 に 相 当 するものについては 当 該 注 射 を 同 項 に 規 定 するHib 感 染 症 の 注 射 と 当 該 注 射 を 受 けた 者 については 同 項 の 規 定 による 注 射 を 受 けた 者 とみなし 同 条 の 規 定 を 適 用 する ( 小 児 の 肺 炎 球 菌 感 染 症 の 予 防 接 種 に 係 る 特 例 ) 第 四 条 平 成 二 十 二 年 十 一 月 二 十 六 日 から 平 成 二 十 五 年 三 月 三 十 一 日 までの 間 に 市 町 村 長 が 行 った 注 射 であって 新 規 則 第 十 八 条 第 一 項 に 規 定 する 肺 炎 球 菌 感 染 症 ( 小 児 がかかるものに 限 る )の 注 射 に 相 当 するものについては 当 該 注 射 を 同 項 に 規 定 す る 肺 炎 球 菌 感 染 症 ( 小 児 がかかるものに 限 る )の 注 射 と 当 該 注 射 を 受 けた 者 につい ては 同 項 の 規 定 による 注 射 を 受 けた 者 とみなし 同 条 の 規 定 を 適 用 する (ヒトパピローマウイルス 感 染 症 の 予 防 接 種 に 係 る 特 例 ) 第 五 条 平 成 二 十 二 年 十 一 月 二 十 六 日 から 平 成 二 十 五 年 三 月 三 十 一 日 までの 間 に 市 町 村 長 が 行 った 注 射 であって 新 規 則 第 十 九 条 第 一 項 に 規 定 するヒトパピローマウイル ス 感 染 症 の 注 射 に 相 当 するものについては 当 該 注 射 を 同 項 に 規 定 するヒトパピローマ ウイルス 感 染 症 の 注 射 と 当 該 注 射 を 受 けた 者 については 同 項 の 規 定 による 注 射 を 受 けた 者 とみなし 同 条 の 規 定 を 適 用 する 予 防 接 種 法 施 行 規 則 及 び 予 防 接 種 実 施 規 則 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 26 年 厚 生 労 働 省 令 第 80 号 )( 抄 ) 附 則 ( 施 行 期 日 ) 1 この 省 令 は 予 防 接 種 法 施 行 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 二 十 六 年 政 令 第 二 百 四 十 七 号 以 下 改 正 令 という )の 施 行 の 日 から 施 行 する ( 水 痘 の 予 防 接 種 に 係 る 特 例 ) 2 生 後 三 十 六 月 に 至 った 日 の 翌 日 から 生 後 六 十 月 に 至 るまでの 間 にある 者 に 係 る 改 正 令 附 則 第 二 項 において 読 み 替 えて 適 用 する 予 防 接 種 法 施 行 令 ( 昭 和 二 十 三 年 政 令 第 百 九 十 七 号 ) 第 一 条 の 三 第 一 項 の 規 定 による 水 痘 の 予 防 接 種 は この 省 令 による 改 正 後 の 予 防 接 種 実 施 規 則 第 二 十 条 の 規 定 にかかわらず 乾 燥 弱 毒 生 水 痘 ワクチンを 一 回 皮 下 に 注 射 するものとし 接 種 量 は 〇 五 ミリリットルとする 3 この 省 令 の 施 行 前 の 注 射 であって この 省 令 による 改 正 後 の 予 防 接 種 実 施 規 則 第 二 十 条 に 規 定 する 水 痘 の 注 射 に 相 当 するものについては 当 該 注 射 を 同 条 に 規 定 する 水 痘 の 注 射 と 当 該 注 射 を 受 けた 者 については 同 条 の 規 定 による 注 射 を 受 けた 者 とみな し 同 条 の 規 定 を 適 用 する

ワクチンとは? ヒトが 本 来 持 っている 病 原 体 に 対 する 抵 抗 力 ( 免 疫 ) の システムを 利 用 して 病 原 性 を 弱 めた( 無 くした) 病 原 体 (の 一 部 )(= 抗 原 )により あらかじめ 病 気 ( 抗 原 )に 対 す る 免 疫 を 作 っておくた

ワクチンとは? ヒトが 本 来 持 っている 病 原 体 に 対 する 抵 抗 力 ( 免 疫 ) の システムを 利 用 して 病 原 性 を 弱 めた( 無 くした) 病 原 体 (の 一 部 )(= 抗 原 )により あらかじめ 病 気 ( 抗 原 )に 対 す る 免 疫 を 作 っておくた 平 成 26 年 10 月 15 日 感 染 症 危 機 管 理 研 修 会 予 防 接 種 政 の 動 向 について 厚 生 労 働 省 健 康 局 結 核 感 染 症 課 ワクチンとは? ヒトが 本 来 持 っている 病 原 体 に 対 する 抵 抗 力 ( 免 疫 ) の システムを 利 用 して 病 原 性 を 弱 めた( 無 くした) 病 原 体 (の 一 部 )(= 抗 原 )により あらかじめ

More information

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc 肝 炎 対 策 の 推 進 に 関 する 基 本 的 な 指 針 平 成 23 年 5 月 16 日 目 次 第 1 第 2 第 3 第 4 第 5 第 6 第 7 第 8 第 9 肝 炎 の 予 防 及 び 肝 炎 医 療 の 推 進 の 基 本 的 な 方 向 肝 炎 の 予 防 のための 施 策 に 関 する 事 項 肝 炎 検 査 の 実 施 体 制 及 び 検 査 能 力 の 向 上 に

More information

注 本 スケジュール 案 は 2013 年 11 月 現 在 乳 幼 児 に 可 能 な 主 なワクチンをすべて 受 けると 仮 して1 例 を 示 したものです の 順 番 や 受 けるワクチンの 類 については お 子 様 の 体 調 や 周 りの 感 染 症 発 生 状 況 によって 異 なっ

注 本 スケジュール 案 は 2013 年 11 月 現 在 乳 幼 児 に 可 能 な 主 なワクチンをすべて 受 けると 仮 して1 例 を 示 したものです の 順 番 や 受 けるワクチンの 類 については お 子 様 の 体 調 や 周 りの 感 染 症 発 生 状 況 によって 異 なっ 注 1 本 スケジュール 案 は 2013 年 11 月 現 在 可 能 な 主 なワクチンをすべて 受 けると 仮 して1 例 を 示 したものです の 順 番 や 受 けるワクチンの 類 については お 子 様 の 体 調 や 周 りの 感 染 症 発 生 状 況 によって 異 なってきます 注 2 に 際 しては 次 の 決 まりがあります スケジュールを 立 てるときの 参 考 にしてください

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

外科外来を受診される方へ(問診票)

外科外来を受診される方へ(問診票) ワクチンで 予 防 可 能 な 病 気 (VPD)について 第 1 版 2013 年 4 月 1 日 作 成 VPD とは Vaccine=ワクチン Preventable= 予 防 可 能 な Diseases= 病 気 の 略 で 文 字 通 り ワ クチンで 予 防 可 能 な 病 気 のことです 主 な VPD には 次 のようなものがあります B 型 肝 炎 破 傷 風 おたふく 風 邪

More information

<4D F736F F D F834E B B408D5C88C4465F91CC8DD995CF8D58295F F44534A564394C55F966B97A291E688EA8E4F8BA45F B E646F6378>

<4D F736F F D F834E B B408D5C88C4465F91CC8DD995CF8D58295F F44534A564394C55F966B97A291E688EA8E4F8BA45F B E646F6378> ワクチン 接 種 を 受 ける 人 へのガイド 2014 年 6 月 作 成 沈 降 精 製 百 日 せきジフテリア このワクチンの 名 前 は? 破 傷 風 混 合 ワクチン 販 売 名 一 般 名 沈 降 精 製 百 日 せきジフテリア 沈 降 精 製 百 日 せきジフテリア 破 傷 風 混 合 ワクチン 破 傷 風 混 合 ワクチン 北 里 第 一 三 共 北 里 第 一 三 共 シリンジ 沈

More information

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4>

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4> 別 表 第 一 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 [ 目 次 ] 第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 通 則 第 1 節 初 診 料 第 2 節 再 診 料 第 2 部 入 院 料 等 通 則 第 1 節 入 院 基 本 料 第 2 節 入 院 基 本 料 等 加 算 第 3 節 特 定 入 院 料 第 4 節 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 第 2 章 特 掲 診 療

More information

Taro13-160510HBVワクチンパブコ

Taro13-160510HBVワクチンパブコ B 型 肝 炎 ワクチンの 定 期 接 種 化 等 に 関 する 意 見 書 厚 生 労 働 大 臣 塩 崎 恭 久 殿 薬 害 オンブズパースン 会 議 代 表 鈴 木 利 廣 160-0022 東 京 都 新 宿 区 新 宿 1-14-4 AM ビル4 階 電 話 03(3350)0607 FAX 03(5363)7080 e-mail yakugai@t3.rim.or.jp URL://www.yakugai.gr.jp

More information

診療行為コード

診療行為コード 別 添 5 オンライン 又 は 光 ディスク 等 による 請 求 に 係 る 診 療 行 為 コード ( 医 科 用 DPC 用 ) 平 成 20 年 4 月 版 凡 例 1 診 療 行 為 コードは 次 により 設 定 している (1) コードの 設 定 対 象 範 囲 コードの 設 定 対 象 範 囲 は 診 療 報 酬 の 算 定 方 法 ( 平 成 20 年 3 月 5 日 厚 生 労 働

More information

003-00個人の健康増進・疾病予防の推進のための所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用)

003-00個人の健康増進・疾病予防の推進のための所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用) 平 成 28 年 度 地 方 税 制 改 正 ( 税 負 担 軽 減 措 置 等 ) 要 望 事 項 ( 新 設 拡 充 延 長 その 他 ) No 3 府 省 庁 名 厚 生 労 働 省 対 象 税 目 要 望 項 目 名 要 望 内 容 ( 概 要 ) 個 人 住 民 税 法 人 住 民 税 事 業 税 不 動 産 取 得 税 固 定 資 産 税 事 業 所 税 その 他 ( ) 個 人 の 健

More information

ア イ 以 外 の 者 在 職 期 間 年 次 有 給 休 暇 日 数 表 付 与 日 数 9 月 を 超 え1 年 未 満 の 期 間 20 日 6 月 を 超 え9 月 に 達 するまでの 期 間 15 日 3 月 を 超 え6 月 に 達 するまでの 期 間 10 日 3 月 に 達 するまで

ア イ 以 外 の 者 在 職 期 間 年 次 有 給 休 暇 日 数 表 付 与 日 数 9 月 を 超 え1 年 未 満 の 期 間 20 日 6 月 を 超 え9 月 に 達 するまでの 期 間 15 日 3 月 を 超 え6 月 に 達 するまでの 期 間 10 日 3 月 に 達 するまで 休 暇 の 取 扱 いについて ( 平 成 7 年 3 月 24 日 甲 通 達 警 第 18 号 ) みだしのことについては 静 岡 県 警 察 職 員 の 勤 務 休 日 休 暇 等 の 管 理 に 関 する 訓 令 ( 平 成 7 年 県 本 部 訓 令 第 7 号 以 下 勤 務 訓 令 という ) 第 18 条 の 規 定 に 基 づき 次 のとおり 定 め 平 成 7 年 4 月 1 日

More information

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記 載 要 領 について ( 平 成 九 年 四 月 二 五 日 ) ( 薬 発 第 六 〇 七 号 ) ( 各 都 道 府 県 知 事 あて 厚 生 省 薬 務 局 長 通 知 ) 標 記 については 昭 和 五 一 年 二 月 二 〇 日 薬 発 第 一 五 三 号 薬 務 局 長 通 知 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記

More information

アフターケア.indd

アフターケア.indd 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 中 の 方 治 った 方 へ アフターケア 制 度 のご 案 内 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 されている 方 は そのケガ や 病 気 が 治 った 後 も 再 発 や 後 遺 障 害 に 伴 う 新 たな 病 気 を 防 ぐため 労 災 指 定 医 療 機 関 でアフターケア( 診 察 や 保 健 指 導 検 査 など)を 無 料 で 受 診

More information

は 1 時 間 ( 年 次 有 給 休 暇 5 日 を 限 度 )とすることができる 2 1 時 間 を 単 位 として 使 用 した 年 次 有 給 休 暇 を 日 に 換 算 する 場 合 は 8 時 間 をもって1 日 とする ( 病 気 有 給 休 暇 ) 第 4 条 規 則 第 20 条

は 1 時 間 ( 年 次 有 給 休 暇 5 日 を 限 度 )とすることができる 2 1 時 間 を 単 位 として 使 用 した 年 次 有 給 休 暇 を 日 に 換 算 する 場 合 は 8 時 間 をもって1 日 とする ( 病 気 有 給 休 暇 ) 第 4 条 規 則 第 20 条 公 益 社 団 法 人 全 国 市 有 物 件 災 害 共 済 会 職 員 の 休 暇 に 関 する 規 程 平 成 24 年 10 月 15 日 制 定 平 成 26 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 27 年 10 月 1 日 一 部 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 別 に 定 めるもののほか 職 員 就 業 規

More information

(5) 適 用 方 法 及 び 用 量 アセトアミノフェンの 使 用 対 象 動 物 及 び 使 用 方 法 等 を 以 下 に 示 す 対 象 動 物 及 び 使 用 方 法 使 用 国 休 薬 期 間 となっているものについては 今 回 薬 事 法 ( 昭 和 35 年 法 律 第 145 号

(5) 適 用 方 法 及 び 用 量 アセトアミノフェンの 使 用 対 象 動 物 及 び 使 用 方 法 等 を 以 下 に 示 す 対 象 動 物 及 び 使 用 方 法 使 用 国 休 薬 期 間 となっているものについては 今 回 薬 事 法 ( 昭 和 35 年 法 律 第 145 号 アセトアミノフェン 今 般 の 残 留 基 準 の 検 討 については 本 剤 について 動 物 用 医 薬 品 としての 製 造 販 売 の 承 認 申 請 がなされたこと 及 び 使 用 禁 止 期 間 の 変 更 について 要 望 書 が 提 出 されたことに 伴 い 薬 事 法 に 基 づく 使 用 基 準 の 変 更 について 農 林 水 産 大 臣 から 意 見 聴 取 があったことから

More information

がん治療(放射線療法、化学療法の評価)

がん治療(放射線療法、化学療法の評価) 平 成 22 年 2 月 12 日 厚 生 労 働 大 臣 長 妻 昭 殿 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 会 長 遠 藤 久 夫 答 申 書 ( 平 成 22 年 度 診 療 報 酬 改 定 について) 平 成 22 年 1 月 15 日 付 け 厚 生 労 働 省 発 保 0115 第 1 号 をもって 諮 問 のあった 件 について 別 紙 1から 別 紙 6までの 改 正 案 を

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 び に 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相

More information

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 (

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 ( 年 金 手 当 など 1 各 種 障 害 年 金 制 度 障 害 基 礎 年 金 支 給 要 件 国 民 年 金 に 加 入 中 又 は 加 入 していた 方 が 病 気 やけがによって65 歳 の 誕 生 日 の 前 々 日 までに 障 害 者 となり 医 療 機 関 を 受 診 していたとき また20 歳 前 に 障 害 者 となった 方 は20 歳 から 障 害 等 級 表 のいずれかの 状

More information

Taro-02 基本診療料施設基準通知

Taro-02 基本診療料施設基準通知 保 医 発 0 3 0 5 第 2 号 平 成 2 4 年 3 月 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 厚

More information

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H )

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H ) 平 成 25 年 10 月 22 日 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 保 健 統 計 室 室 長 瀧 村 佳 代 室 長 補 佐 岩 﨑 容 子 ( 担 当 ) 患 者 統 計 係 ( 内 線 7516,7517) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2958 平 成 2 4 年 (2012) 福

More information

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要 保 医 発 0325 第 8 号 平 成 28 年 3 月 25 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 ( 公

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最 平 成 25 年 度 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 58 条 の 2 及 び 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 世 羅 町 条 例 第 3 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 平 成 25 年 度 の

More information

産業医の職務資料

産業医の職務資料 産 業 医 の 職 務 資 料 健 康 管 理 健 康 診 断 の 種 類 について 健 康 診 断 は 労 働 安 全 衛 生 法 などで 事 業 者 に 実 施 が 義 務 付 けられている 一 般 健 康 診 断 ( 労 働 安 全 衛 生 法 第 66 条 第 1 項 )と 特 殊 健 康 診 断 ( 労 働 安 全 衛 生 法 第 66 条 第 2 3 項 )の 2 種 類 に 加 え 行

More information

KT6 定年制職員就業規程

KT6 定年制職員就業規程 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 第 2 条 適 用 範 囲 第 2 章 勤 務 第 1 節 勤 務 心 得 第 3 条 職 務 の 遂 行 第 4 条 禁 止 事 項 第 5 条 許 可 及 び 届 出 事 項 第 2 節 勤 務 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 6

More information

保 健 事 業 医 療 1. 母 子 保 健 事 業 2. 成 人 及 び 老 人 保 健 事 業 3. 感 染 症 対 策 4. 予 防 接 種 5. 精 神 保 健 6. 被 爆 者 援 護 7. 難 病 対 策 8.その 他 の 保 健 事 業 等 9. 医 務 薬 務 10. 救 急 医 療 11. 子 ども 発 達 相 談 事 業 保 健 事 業 医 療 1. 母 子 保 健 事 業 大

More information

Q2 熱 1 風 邪 で 咳 と 鼻 水 が 少 しでていますが 熱 もなく 元 気 です 予 防 接 種 をうけても いいでしょうか? 2 突 発 性 発 疹 や 麻 疹 にかかったあと どのくらい 経 てば 予 防 接 種 をうけられますか? 3 熱 性 けいれんを 起 こしてからまだ1ヶ 月

Q2 熱 1 風 邪 で 咳 と 鼻 水 が 少 しでていますが 熱 もなく 元 気 です 予 防 接 種 をうけても いいでしょうか? 2 突 発 性 発 疹 や 麻 疹 にかかったあと どのくらい 経 てば 予 防 接 種 をうけられますか? 3 熱 性 けいれんを 起 こしてからまだ1ヶ 月 Q A? 平 成 26 年 度 第 3 回 学 術 講 演 会 彩 の 国 予 防 接 種 推 進 協 議 会?! ワクチン/ 副 反 応 / 感 染 症 に 関 する 疑 問 に 答 えます! 平 成 27 年 4 月 11 日 ( 土 ) 浦 和 コミュニティーセンター 第 15 会 議 室 にて Q1 母 子 健 康 手 帳 を 持 参 するのを 忘 れた 母 親 が 子 どもを 連 れて 予

More information

Microsoft Word - 通知 _2_.doc

Microsoft Word - 通知  _2_.doc 医 政 発 第 0331042 号 平 成 20 年 3 月 31 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 長 広 告 可 能 な 診 療 科 名 の 改 正 について 平 成 18 年 の 良 質 な 医 療 を 提 供 する 体 制 の 確 立 を 図 るための 医 療 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法 律 第 84 号 以 下

More information

伝 染 病 予 防 法 ( 以 下 法 という ) 第 一 条 第 二 項 の 規 定 に 基 づき 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 感 染 症 が 予 防 方 法 を 施 行 す べき 伝 染 病 として 指 定 されたこと これにより 病 原 性 大 腸 菌 O 一 五 七 を 含 め 腸 管

伝 染 病 予 防 法 ( 以 下 法 という ) 第 一 条 第 二 項 の 規 定 に 基 づき 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 感 染 症 が 予 防 方 法 を 施 行 す べき 伝 染 病 として 指 定 されたこと これにより 病 原 性 大 腸 菌 O 一 五 七 を 含 め 腸 管 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 感 染 症 に 係 る 水 道 法 第 二 一 条 に 規 定 する 健 康 診 断 の 実 施 等 について( 平 成 八 年 八 月 六 日 )( 衛 水 第 二 三 七 号 ) ( 各 都 道 府 県 水 道 行 政 主 管 部 ( 局 ) 長 あて 厚 生 省 生 活 衛 生 局 水 道 環 境 部 水 道 整 備 課 長 通 知 ) 伝 染 病 予 防 法

More information

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下 雇 児 母 発 1211 第 2 号 平 成 26 年 12 月 11 日 都 道 府 県 各 指 定 都 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 中 核 市 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 母 子 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 指 定 医 の 指 定 について 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 )

More information

薬 物 乱 用 等 も 感 染 の 一 因 となり 得 るため 薬 物 乱 用 者 についても 個 別 施 策 層 として 対 応 す る 必 要 がある なお 具 体 的 な 個 別 施 策 層 については 状 況 の 変 化 に 応 じて 適 切 な 見 直 し がなされるべきである さらに 施

薬 物 乱 用 等 も 感 染 の 一 因 となり 得 るため 薬 物 乱 用 者 についても 個 別 施 策 層 として 対 応 す る 必 要 がある なお 具 体 的 な 個 別 施 策 層 については 状 況 の 変 化 に 応 じて 適 切 な 見 直 し がなされるべきである さらに 施 後 天 性 免 疫 不 全 症 候 群 に 関 する 特 定 感 染 症 予 防 指 針 感 染 症 の 予 防 及 び 感 染 症 の 患 者 に 対 する 医 療 に 関 する 法 律 ( 平 成 10 年 法 律 第 114 号 ) 第 11 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 後 天 性 免 疫 不 全 症 候 群 に 関 する 特 定 感 染 症 予 防 指 針 ( 平 成 18 年

More information

は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切 に 抗 HIV 薬 の 予 防 内 服 を 行 うことができるように,それぞ

は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切 に 抗 HIV 薬 の 予 防 内 服 を 行 うことができるように,それぞ 医 療 従 事 者 等 における 体 液 曝 露 事 故 後 の HIV 感 染 防 止 マニュアル 徳 島 県 エイズ 連 携 会 議 ( 平 成 28 年 4 月 改 訂 ) は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 びに 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相 談

More information

<90B3967B816930393330816A81798E9096E291E63139308D86817A939A905C2E786477>

<90B3967B816930393330816A81798E9096E291E63139308D86817A939A905C2E786477> 静 情 審 第 2 1 号 平 成 26 年 9 月 30 日 静 岡 県 知 事 様 静 岡 県 情 報 公 開 審 査 会 会 長 興 津 哲 雄 静 岡 県 情 報 公 開 条 例 第 19 条 の 規 定 に 基 づく 諮 問 について( 答 申 ) 平 成 26 年 1 月 29 日 付 け 医 疾 第 1330 号 による 下 記 の 諮 問 について 別 紙 のとおり 答 申 し ます

More information

01

01 保 医 発 0 3 2 5 第 6 号 平 成 2 8 年 3 月 2 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長

More information

Taro-(全文)通則と補助基準(26

Taro-(全文)通則と補助基準(26 別 添 感 染 症 予 防 事 業 費 等 国 庫 負 担 ( 補 助 ) 金 交 付 要 綱 厚 生 労 働 省 発 健 第 1219002 号 平 成 2 0 年 1 2 月 1 9 日 一 部 改 正 平 成 21 年 8 月 31 日 一 部 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 一 部 改 正 平 成 23 年 6 月 16 日 一 部 改 正 平 成 2 4 年 9 月 7 日 一

More information

の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章

の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章 駐 労 規 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 3 号 改 正 改 正 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 11 号 平 成 18 年 6 月 29 日 駐 労 規 第 13 号 平 成 19 年 7 月 27 日 駐 労 規 第 12 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 駐 労 規 第 8 号 改 正 平 成 22 年 3

More information

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正)

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正) 国 立 大 学 法 人 熊 本 大 学 年 俸 制 適 用 職 員 給 与 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 7 条 ) 第 2 章 基 本 年 俸 給 の 決 定 ( 第 8 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 業 績 給 ( 第 12 条 第 13 条 ) 第 4 章 手 当 ( 第 14 条 - 第 40 条 ) 第 5 章 給 与 の 特 例 等 ( 第 41 条

More information

<4832332E338B8B975E8CF6955C8169967B92A1816A2E786C73>

<4832332E338B8B975E8CF6955C8169967B92A1816A2E786C73> 総 括 () 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 塩 竈 市 の 給 与 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 22 年 度 末 ) A B B/A 平 成 2 年 度 の 人 件 費 率 平 成 22 年 度 57,266 人 2,59,774 486,43 3,398,0 5.7% 6.2%

More information

前橋市軽自動車税減免要綱(案)1

前橋市軽自動車税減免要綱(案)1 前 橋 市 軽 自 動 車 税 減 免 事 務 取 扱 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 前 橋 市 市 税 条 例 ( 昭 和 26 年 前 橋 市 条 例 第 302 号 以 下 条 例 という ) 第 89 条 及 び 第 90 条 に 規 定 する 軽 自 動 車 税 の 減 免 の 取 扱 いに 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする ( 減 免 要 件 の

More information

untitled

untitled 予 防 接 種 制 度 の 抜 本 的 な 見 直 しに 向 けて 予 防 接 種 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 厚 生 労 働 委 員 会 調 査 室 新 井 賢 治 はじめに 予 防 接 種 は 1 1796 年 イギリスの 医 学 者 エドワード ジェンナー(Edward Jenner) による 牛 種 痘 法 の 発 見 以 来 天 然 痘 の 根 絶 を 始 め 2 感 染

More information

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例 東 近 江 行 政 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 改 正 平 成 6 年 12 月 27 日 条 例 第 5 号 平 成 10 年 3 月 12 日 条 例 第 1 号 平 成 11 年 12 月 24 日 条 例 第 7 号 平 成 13 年 3 月 19 日 条 例 第 3 号 平 成 14 年 3 月 11 日 条 例 第 5 号 平 成 18 年 3 月 16

More information

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 平 成 25 年 度 高 額 レセプト 上 位 の 概 要 健 保 連 が 行 う 平 成 25 年 度 の 高 額 医 療 交 付 金 交 付 事 業 に 申 請 された 医 療 費 のうち 1ヵ 月 の 医 療 費 が1,000 万 円 以 上 のものは 前 年 度 比 82 件 増 (32.28% 増 )の336 件 で 過 去 最 高 となった 全 336 件 のうち 先 天 性 疾 患 が125

More information

Microsoft Word - H25人事行政公表(最終)

Microsoft Word - H25人事行政公表(最終) 亀 岡 市 公 告 第 60 号 亀 岡 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 亀 岡 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 3 月 29 日 条 例 第 5 号 ) の 規 定 に 基 づき 平 成 24 年 度 における 亀 岡 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 次 のと おり 公 表 する 平

More information

目 次 予 防 服 用 フローチャート 1 マニュアル 使 用 上 の 注 意 2 1 曝 露 発 生 時 の 対 応 2 < 曝 露 事 故 の 発 生 した 医 療 機 関 での 対 応 > 2 < 拠 点 病 院 での 対 応 > 4 < 専 門 医 への 相 談 が 推 奨 される 状 況

目 次 予 防 服 用 フローチャート 1 マニュアル 使 用 上 の 注 意 2 1 曝 露 発 生 時 の 対 応 2 < 曝 露 事 故 の 発 生 した 医 療 機 関 での 対 応 > 2 < 拠 点 病 院 での 対 応 > 4 < 専 門 医 への 相 談 が 推 奨 される 状 況 HIV への 職 業 上 曝 露 後 の 感 染 防 止 予 防 服 用 マニュアル 一 般 医 療 機 関 用 平 成 26 年 10 月 < 兵 庫 県 エイズ 拠 点 病 院 連 絡 協 議 会 編 > 兵 庫 県 健 康 福 祉 部 健 康 局 疾 病 対 策 課 目 次 予 防 服 用 フローチャート 1 マニュアル 使 用 上 の 注 意 2 1 曝 露 発 生 時 の 対 応 2

More information

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 )

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 嘱 託 等 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 17 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 37 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 4 号 平 成 18 年 11 月 27 日 18

More information

再 生 医 療 について ips 細 胞 など 幹 細 胞 は 再 生 医 療 への 応 用 はもちろん 創 薬 への 利 用 も 期 待 され 医 療 分 野 に 大 きな 革 新 をもたらす 可 能 性 特 に 再 生 医 療 は 根 本 治 療 や 他 に 治 療 法 のない 疾 患 の 治

再 生 医 療 について ips 細 胞 など 幹 細 胞 は 再 生 医 療 への 応 用 はもちろん 創 薬 への 利 用 も 期 待 され 医 療 分 野 に 大 きな 革 新 をもたらす 可 能 性 特 に 再 生 医 療 は 根 本 治 療 や 他 に 治 療 法 のない 疾 患 の 治 1 規 制 制 度 改 革 委 員 会 集 中 討 議 再 生 細 胞 医 療 の 現 状 及 び 課 題 平 成 24 年 11 月 29 日 厚 生 労 働 省 1 再 生 医 療 について ips 細 胞 など 幹 細 胞 は 再 生 医 療 への 応 用 はもちろん 創 薬 への 利 用 も 期 待 され 医 療 分 野 に 大 きな 革 新 をもたらす 可 能 性 特 に 再 生 医 療

More information

<4D F736F F F696E74202D FA967B82C98B8182DF82E782EA82E990DA8EED D834F C68DAC8D87838F834E E707074>

<4D F736F F F696E74202D FA967B82C98B8182DF82E782EA82E990DA8EED D834F C68DAC8D87838F834E E707074> 日 本 に 求 められるワクチネーション プログラムと 混 合 ワクチン 日 本 赤 十 字 社 医 療 センター 小 児 科 顧 問 NPO 法 人 VPDを 知 って 子 どもを 守 ろうの 会 薗 部 友 良 130117バイオロジクスフォーラム 日 本 の 子 どもは このよう に 保 護 柵 のない 公 園 で 遊 んでいるようなものです もしヒブワクチンと 小 児 用 肺 炎 球 菌 ワクチンが

More information

平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 ( 確 定 数 )の 概 況 ( 福 島 県 ) 目 次 調 査 の 概 要 結 果 の 概 要 ( 統 計 表 ) 第 1 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 第 2 表 主 な 死 因 の 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 第 3 表 主 な 死 因 の 死 亡 率 対 全 国 比 較 第 4 表 生 活 習 慣 病

More information

岩手県獣医師会災害時被災動物救護活動細則改正(新旧対照表)

岩手県獣医師会災害時被災動物救護活動細則改正(新旧対照表) 岩 手 県 獣 医 師 会 災 害 時 動 物 救 護 活 動 細 則 ( 目 的 ) 第 1 この 細 則 は 岩 手 県 獣 医 師 会 災 害 時 動 物 救 護 対 策 要 領 ( 以 下 救 護 対 策 要 領 と いう )に 基 づき 被 災 した 動 物 の 救 護 活 動 を 円 滑 に 行 うための 具 体 的 な 対 応 につい て 定 める ( 対 象 動 物 ) 第 2 救

More information

部 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) 参 事 官 首 席 監 察 官 警 務 部 長 参 事 所 属 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) そ の 他 の 職 員 所 属 長 2 指 定 権 者 は 勤 務 指 定 を 行 ったときは 職 員 に 対 し 速 やかにこれを 明 示 す

部 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) 参 事 官 首 席 監 察 官 警 務 部 長 参 事 所 属 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) そ の 他 の 職 員 所 属 長 2 指 定 権 者 は 勤 務 指 定 を 行 ったときは 職 員 に 対 し 速 やかにこれを 明 示 す 山 口 県 警 察 に 勤 務 する 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 訓 令 平 成 7 年 3 月 31 日 本 部 訓 令 第 1 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 訓 令 は 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 条 例 ( 昭 和 28 年 山 口 県 条 例 第 11 号 以 下 勤 務 時 間 条 例 という ) 及

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

HIV感染防止マニュアル(出力用).indd

HIV感染防止マニュアル(出力用).indd ( 別 紙 1) 紹 介 状 病 院 担 当 医 様 この 度, 患 者 様 の 体 液 によって, 当 院 の 職 員 が, 皮 内 粘 膜 及 び 傷 のある 皮 膚 への 曝 露 事 故 を 起 こしました ついては, 必 要 な 検 査, 予 防 内 服 の 処 方 及 び 指 導 について, 御 検 討 いただきますようお 願 いしま す 職 員 名 所 属 部 署 連 絡 先 平 成 年

More information

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例 共 立 蒲 原 総 合 病 院 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 平 成 4 年 3 月 2 6 日 条 例 第 1 号 改 正 平 成 7 年 3 月 16 日 条 例 第 2 号 平 成 13 年 3 月 26 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年 12 月 24 日 条 例 第 8 号 平 成 21 年 3 月 19 日 条 例 第 5 号 平 成 22 年 9

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131368140938C8B9E8C7C8F7091E58A77904588F582CC8BCE96B18E9E8AD481418B7889C9939982C98AD682B782E98B4B91A5814089FC32303130303632322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131368140938C8B9E8C7C8F7091E58A77904588F582CC8BCE96B18E9E8AD481418B7889C9939982C98AD682B782E98B4B91A5814089FC32303130303632322E646F63> 東 京 芸 術 大 学 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 21 年 5 月 11 日 平 成 21 年 7 月 17 日 平 成 22 年 3 月 30 日 平 成 22 年 6 月 22 日 第 1 章 総

More information

B 型 肝 炎 ワクチン; 本 日 の 話 題 1. 水 平 感 染 予 防 のための 定 期 接 種 導 入 2. B 型 肝 炎 の 母 子 感 染 予 防 法 改 訂 について 3. 接 種 の 具 体 的 方 法 と 今 後 の 課 題 小 児 のB 型 肝 炎 ウイルス 感 染 キャリア

B 型 肝 炎 ワクチン; 本 日 の 話 題 1. 水 平 感 染 予 防 のための 定 期 接 種 導 入 2. B 型 肝 炎 の 母 子 感 染 予 防 法 改 訂 について 3. 接 種 の 具 体 的 方 法 と 今 後 の 課 題 小 児 のB 型 肝 炎 ウイルス 感 染 キャリア 2015 年 10 月 14 日 於 国 立 感 染 症 研 究 所 平 成 27 年 度 感 染 症 危 機 管 理 研 修 会 B 型 肝 炎 ワクチンの 定 期 接 種 導 入 をめぐる 話 題 厚 生 労 働 省 肝 炎 等 克 服 政 策 研 究 事 業 小 児 におけるB 型 肝 炎 の 水 平 感 染 の 実 態 把 握 と ワクチン 戦 略 の 再 構 築 に 関 する 研 究 班

More information

<4D F736F F D2089DB92B792CA926D81698EA98EA191CC8E7B8D73816A E646F63>

<4D F736F F D2089DB92B792CA926D81698EA98EA191CC8E7B8D73816A E646F63> 健 感 発 第 1116003 号 平 成 18 年 11 月 16 日 都 道 府 県 各 政 令 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 特 別 区 厚 生 労 働 省 健 康 局 結 核 感 染 症 課 長 狂 犬 病 の 流 行 地 域 より 帰 国 し 当 該 疾 病 への 感 染 が 疑 われる 患 者 の 診 療 等 に 関 する 周 知 の 徹 底 について 今 般 別 添 のとおり

More information

<4D F736F F F696E74202D AB28DD F A282E997D58FB08CA48B8682C98AD682B782E98E77906A C982C282A282C4>

<4D F736F F F696E74202D AB28DD F A282E997D58FB08CA48B8682C98AD682B782E98E77906A C982C282A282C4> 再 生 医 療 / 細 胞 組 織 加 工 製 品 実 用 化 のための 薬 事 講 習 会 平 成 21 年 7 月 3 日 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 会 議 室 ヒト 幹 細 胞 を 用 いる 臨 床 研 究 に 関 する 指 針 等 について 厚 生 労 働 省 医 政 局 研 究 開 発 振 興 課 ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 対 策 専 門 官 田 邊 裕 貴 1

More information

Microsoft Word - 動愛条例施行規則(改正後)

Microsoft Word - 動愛条例施行規則(改正後) 千 葉 県 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 に 関 する 条 例 施 行 規 則 ( 平 成 27 年 3 月 13 日 規 則 第 4 号 ) 千 葉 県 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 に 関 する 条 例 施 行 規 則 改 正 平 成 二 七 年 一 二 月 四 日 規 則 第 七 一 号 平 成 二 十 七 年 三 月 十 三 日 規 則 第 四 号 千 葉 県 動 物 の 愛 護

More information

4 接 種 の 受 け 方 (1) 指 定 医 療 機 関 へ 予 約 (2) 持 ち 物 次 のものを 持 参 のうえ 体 調 の 良 いときに 接 種 を 受 けてください 母 子 健 康 手 帳 ( 他 の 予 防 接 種 との 間 隔 等 の 確 認 接 種 の 記 録 をします) 予 診

4 接 種 の 受 け 方 (1) 指 定 医 療 機 関 へ 予 約 (2) 持 ち 物 次 のものを 持 参 のうえ 体 調 の 良 いときに 接 種 を 受 けてください 母 子 健 康 手 帳 ( 他 の 予 防 接 種 との 間 隔 等 の 確 認 接 種 の 記 録 をします) 予 診 ~ 予 防 接 種 に 欠 かせない 情 報 です 必 ずお 読 みください~ 子 宮 頸 がんワクチン 予 防 接 種 をご 希 望 の 方 へ 市 では 平 成 23 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 法 律 に 基 づかない 任 意 接 種 と して 子 宮 頸 がんワクチン 予 防 接 種 費 用 の 約 9 割 を 助 成 していましたが 予 防 接 種

More information

目 次 香 川 大 学 医 学 部 の 基 本 理 念 教 育 目 標 人 材 養 成 上 の 目 的 香 川 大 学 医 学 部 履 修 要 項 香 川 大 学 医 学 部 医 学 科 編 入 学 生 の 在 学 期 間 の 通 算 等 の 取 扱 いに 関 する 要 項 香 川 大 学 医 学

目 次 香 川 大 学 医 学 部 の 基 本 理 念 教 育 目 標 人 材 養 成 上 の 目 的 香 川 大 学 医 学 部 履 修 要 項 香 川 大 学 医 学 部 医 学 科 編 入 学 生 の 在 学 期 間 の 通 算 等 の 取 扱 いに 関 する 要 項 香 川 大 学 医 学 目 次 香 川 大 学 医 学 部 の 基 本 理 念 教 育 目 標 人 材 養 成 上 の 目 的 香 川 大 学 医 学 部 履 修 要 項 香 川 大 学 医 学 部 医 学 科 編 入 学 生 の 在 学 期 間 の 通 算 等 の 取 扱 いに 関 する 要 項 香 川 大 学 医 学 部 開 設 科 目 に 係 る 欠 席 取 扱 い 申 合 せ GPAによる 成 績 評 価 について

More information

serbarikkusu

serbarikkusu サーバリックスまたはガーダシルを 受 けられる 方 へ やまもとクリニック サーバリックスまたはガーダシルを 受 けられる 方 へ 発 行 日 :2013.6.30 平 成 25 年 度 は 定 期 予 防 接 種 となり 小 学 6 年 から 高 校 1 年 相 当 の 女 子 は 公 費 助 成 が 受 けられます 注 サーバリックスおよびガーダシル 接 種 の 際 非 常 にまれに 注 射 後

More information

1 学 校 保 健 安 全 法 の 規 定 学 校 において 予 防 すべき 感 染 症 分 類 第 一 種 感 染 症 法 の 一 類 感 染 症 と 結 核 を 除 く 二 類 感 染 症 を 規 定 している 第 二 種 空 気 感 染 または 飛 沫 感 染 するも ので 学 校 におい て

1 学 校 保 健 安 全 法 の 規 定 学 校 において 予 防 すべき 感 染 症 分 類 第 一 種 感 染 症 法 の 一 類 感 染 症 と 結 核 を 除 く 二 類 感 染 症 を 規 定 している 第 二 種 空 気 感 染 または 飛 沫 感 染 するも ので 学 校 におい て 学 校 における 感 染 症 発 生 時 の 対 応 学 校 保 健 法 が 学 校 保 健 安 全 法 に 改 正 され 平 成 21 年 4 月 1 日 から 施 行 されました その 後 学 校 保 健 安 全 法 施 行 規 則 の 学 校 において 予 防 すべき 感 染 症 の 種 類 や 出 席 停 止 の 期 間 の 基 準 が 見 直 されました 本 資 料 は 長 野 県 における

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE38F428140967B959489F1939A814081408B638E96985E>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE38F428140967B959489F1939A814081408B638E96985E> 九 州 ブロック 医 療 保 険 協 議 会 社 会 保 険 委 員 協 議 会 議 事 録 平 成 26 年 10 月 25 日 15:00~17:30 場 所 : 別 府 ロイヤルホテル 4. 協 議 事 項 1) 提 案 事 項 1. 超 音 波 の 算 定 について 1 子 宮 内 胎 児 死 亡 で 自 然 流 産 を 待 つ 場 合 経 過 観 察 として 超 音 波 断 層 法 を1

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819989BC96F35F4865616C74685F8F9096BC93FC82E897705F83548343839393FC82E88DC58F4994C55F5265762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819989BC96F35F4865616C74685F8F9096BC93FC82E897705F83548343839393FC82E88DC58F4994C55F5265762E646F63> 母 子 の 健 康 の 推 進 ( 仮 訳 ) 問 題 の 大 きさとその 重 要 性 地 域 格 差 家 庭 地 域 社 会 そして 経 済 の 健 全 性 は 女 性 の 健 康 と 密 接 不 可 分 な 関 係 にある しかし 今 なお 世 界 のどこかでは 妊 娠 や 出 産 のために 女 性 が 100 秒 間 に 1 人 の 割 合 で 命 を 落 としてい る 母 親 と 子 供 の

More information

スライド 1

スライド 1 保 医 発 0305 第 1 号 平 成 26 年 3 月 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 厚 生 労

More information

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 条 例 施 行 規 則 平 成 11 年 7 月 1 日 規 則 第 8 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 事 項 については 別 に 定 めるもののほ か この 規 則 に 定 めるところによる ( 特 別 の 形 態 によって 勤 務 する 必 要 のある 職 員 の 週 休 日

More information

動 を 生 じた 者 には その 日 から 新 たに 定 められた 給 料 を 支 給 する 2 職 員 が 離 職 した 時 は その 日 まで 給 料 を 支 給 する 3 職 員 が 死 亡 した 時 は その 月 まで 給 料 を 支 給 する 4 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定

動 を 生 じた 者 には その 日 から 新 たに 定 められた 給 料 を 支 給 する 2 職 員 が 離 職 した 時 は その 日 まで 給 料 を 支 給 する 3 職 員 が 死 亡 した 時 は その 月 まで 給 料 を 支 給 する 4 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定 地 方 独 立 行 政 法 人 山 形 県 酒 田 市 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 山 形 県 酒 田 市 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう ) 第 21 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 同 規 則 第 3 条 第 1 項 の 規 定 により 任 命 された 者 (

More information

病児保育室 ぞうさん

病児保育室 ぞうさん 病 児 保 育 室 ぞうさん お 子 さんが 病 気 で 保 育 所 への 通 園 等 ができず かつ 保 護 者 の 仕 事 の 都 合 等 で 家 庭 での 保 育 が 困 難 な 場 合 に 院 内 保 育 所 ぞうさんで 一 時 的 にお 子 さんをお 預 かりします 病 気 等 の 回 復 期 に 至 らない 病 状 からお 預 かりできます < 施 設 概 要 > 保 育 日 月 曜 日

More information

untitled

untitled 昭 和 年 月 日 第 種 郵 便 物 承 認 広 島 県 医 師 会 速 報 ( 第 号 ) 年 ( 平 成 年 ) 月 日 () 新 医 薬 品 の 再 審 査 結 果 平 成 年 度 (その)について 薬 食 審 査 発 第 号 厚 生 労 働 省 医 薬 食 品 局 審 査 管 理 課 長 今 般 別 表 の 品 目 の 薬 事 法 第 条 の 第 項 の 規 定 による 再 審 査 が 終

More information

技 能 労 務 職 高 校 卒 137,200 円 146,700 円 中 学 卒 129,200 円 137,200 円 (3) 職 員 の 経 験 年 数 別 平 均 給 料 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 区 分 経 験 年 数 15 年 以 上 経 験 年 数 2

技 能 労 務 職 高 校 卒 137,200 円 146,700 円 中 学 卒 129,200 円 137,200 円 (3) 職 員 の 経 験 年 数 別 平 均 給 料 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 区 分 経 験 年 数 15 年 以 上 経 験 年 数 2 上 北 山 村 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 1. 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 平 成 25 年 4 月 1 日 現 平 成 25 年 度 中 の 退 平 成 25 年 度 中 及 び 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 職 員 数 A 職 者 数 平 成 26 年 4 月 1 日 採 在 の 職 員 数 B B-A 用 者 数 36 人 0

More information

⑶ 受 動 喫 煙 防 止 さっぽろMU 煙 デー 受 動 喫 煙 のない 空 気 のきれいな 街 を 目 指 し 毎 月 3 日 を さっぽろMU 煙 デー と 定 め 受 動 喫 煙 防 止 キャンペーンを 実 施 している 平 成 26 年 度 実 績 :9イベント 等 でパネル 展 啓 発

⑶ 受 動 喫 煙 防 止 さっぽろMU 煙 デー 受 動 喫 煙 のない 空 気 のきれいな 街 を 目 指 し 毎 月 3 日 を さっぽろMU 煙 デー と 定 め 受 動 喫 煙 防 止 キャンペーンを 実 施 している 平 成 26 年 度 実 績 :9イベント 等 でパネル 展 啓 発 Ⅰ がん 予 防 札 幌 市 の 課 題 全 国 と 比 較 してがんによる 死 亡 率 が 高 い 他 政 令 市 と 比 較 して 喫 煙 率 が 高 い 若 い 世 代 の 運 動 習 慣 のある 人 の 割 合 が 少 ない 1 感 染 に 起 因 するがんへの 対 策 項 目 肝 炎 ウイルス ヘリコバクター ピロリ HPV (ヒトパピローマウイルス) HTLV-1 (ヒト T 細 胞 白

More information

様式S−1−11 応募内容ファイル

様式S−1−11 応募内容ファイル リウマチ 膠 原 病 内 科 (2) 概 要 リウマチ 膠 原 病 内 科 (2)では, 関 節 リウマチ,その 他 の 膠 原 病 疾 患 を 通 して, 全 人 的 医 療 を 目 標 と して 日 々の 診 療 に 当 たっております 関 節 リウマチ, 全 身 性 エリテマトーデスといった 膠 原 病 は 全 身 に 多 彩 な 合 併 症 を 来 すことが 特 徴 です 当 科 はこのような

More information

(3) 費 用 の 負 担 組 合 員 や 被 扶 養 者 が 保 険 医 療 機 関 において 療 養 家 族 療 養 の 給 付 を 受 けるときには 次 により 一 部 負 担 金 ( 自 己 負 担 額 )を 当 該 医 療 機 関 に 支 払 う 必 要 があります ア 組 合 員 の 場

(3) 費 用 の 負 担 組 合 員 や 被 扶 養 者 が 保 険 医 療 機 関 において 療 養 家 族 療 養 の 給 付 を 受 けるときには 次 により 一 部 負 担 金 ( 自 己 負 担 額 )を 当 該 医 療 機 関 に 支 払 う 必 要 があります ア 組 合 員 の 場 第 2 章 短 期 給 付 の 内 容 と 請 求 手 続 第 1 節 傷 病 等 に 係 る 給 付 組 合 員 及 び 被 扶 養 者 が 病 気 や 負 傷 をしたときは 通 常 の 場 合 組 合 員 証 を 保 険 医 療 機 関 に 提 示 する ことによって 療 養 の 給 付 や 家 族 療 養 費 の 現 物 給 付 を 受 けることができます しかし 緊 急 その 他 やむを 得

More information

マイコプラズマ肺炎

マイコプラズマ肺炎 マイコプラズマ 肺 炎 マイコプラズマ 肺 炎 [ 日 本 での 感 染 症 発 生 動 向 調 査 ] 晩 秋 から 早 春 にかけて 多 い 患 者 の 年 齢 は 幼 児 期 学 童 期 青 年 期 (5 歳 から35 歳 )が 中 心 流 行 は 学 童 から 始 まり 家 庭 内 感 染 へと 広 まる 病 原 体 分 離 例 でみると7 歳 から8 歳 にピーク 5 歳 未 満 の 幼

More information

Microsoft Word - 01表紙・目次.doc

Microsoft Word - 01表紙・目次.doc 平 成 20 年 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 秋 田 県 康 福 祉 部 平 成 20 年 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 目 次 利 用 される 方 のために 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 の 解 説 解 -1 管 轄 区 域 図 解 -7 管 轄 一 覧 解 -8 市 町 村 別 人 口 及 び 世 帯 数 解 -9 年 齢 (5 歳 階 級 ) 別 人 口 解 -10 各

More information

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正)

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正) 独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 38 号 最 終 改 正 平 成 26 年 12 月 18 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 任 免 ( 第 5 条 第 29 条 ) 第 1 節 採 用 ( 第 5 条 第 9 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 等

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2 個 人 市 民 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 平 成 25 年 5 月 23 日 平 成 25 年 8 月 30 日 改 正 平 成 26 年 1 月 27 日 改 正 平 成 27 年 3 月 12 日 改 正 財 政 局 税 務 部 課 税 課 ( 個 人 課 税 G) 内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨...

More information

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波 お 客 様 のニーズに 対 して 弊 社 は 多 種 のコースを 作 成 し ました ご 覧 ください 人 間 ドックコース( 一 般 ) その 他 り 聴 診 や 打 診 を 行 う 252,000 円 / 税 込 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 難 聴 腹 部

More information

4)アウトブレイクに 介 入 している 5) 検 査 室 データが 疫 学 的 に 集 積 され, 介 入 の 目 安 が 定 められている 4. 抗 菌 薬 適 正 使 用 1) 抗 菌 薬 の 適 正 使 用 に 関 する 監 視 指 導 を 行 っている 2) 抗 MRSA 薬 の 使 用 に

4)アウトブレイクに 介 入 している 5) 検 査 室 データが 疫 学 的 に 集 積 され, 介 入 の 目 安 が 定 められている 4. 抗 菌 薬 適 正 使 用 1) 抗 菌 薬 の 適 正 使 用 に 関 する 監 視 指 導 を 行 っている 2) 抗 MRSA 薬 の 使 用 に 別 紙 24 基 準 感 染 防 止 対 策 地 域 連 携 加 算 チェック 項 目 表 A: 適 切 に 行 われている あるいは 十 分 である B: 適 切 に 行 われているが 改 善 が 必 要 あるいは 十 分 ではない C: 不 適 切 である あるいは 行 われていない X: 判 定 不 能 ( 当 該 医 療 機 関 では 実 施 の 必 要 性 がない 項 目 確 認 が 行

More information

第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 試 用 期 間 ( 採 用 の 方 法 ) 第 3 条 職 員 の 採 用 は 公 募 により 行 うものとし 公 募 に 応 じた 採 用 希 望 者 の 中 から 試 験 又 は 選 考 に 合 格 し 所 定 の 手 続 きを 経 たものを 職 員 とし

第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 試 用 期 間 ( 採 用 の 方 法 ) 第 3 条 職 員 の 採 用 は 公 募 により 行 うものとし 公 募 に 応 じた 採 用 希 望 者 の 中 から 試 験 又 は 選 考 に 合 格 し 所 定 の 手 続 きを 経 たものを 職 員 とし 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 2 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 15 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 36 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 3 号 平 成 20 年 12 月 25 日 20 規 程

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

Microsoft PowerPoint - (中止バージョン)HPVリーフレット (2)

Microsoft PowerPoint - (中止バージョン)HPVリーフレット (2) 子 宮 頸 がん 予 防 ワクチンの 接 種 を 受 ける 皆 さまへ 資 料 4 けい 現 在 子 宮 頸 がん 予 防 ワクチンの 接 種 を 積 極 的 にはお 勧 めしていません 接 種 に 当 たっては 有 効 性 と リスク を 理 解 した 上 で 受 けてください 子 宮 頸 がん 予 防 ワクチンの 有 効 性 とリスクについて お 知 らせします ワクチンの 接 種 は その 有

More information

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用)

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用) 診 療 報 酬 の 内 容 および 算 定 の 方 法 ( 新 入 会 員 用 ) 従 事 者 1 人 / 日 の 実 施 単 位 上 限 の 緩 和 従 事 者 1 人 1 日 18 単 位 を 標 準 週 に108 単 位 まで 実 施 可 能 1 日 あたり24 単 位 を 上 限 1 単 位 : 個 別 PT OT ST 20 分 患 者 1 人 1 日 当 たり 算 定 単 位 数 の 上

More information

2. 前 項 の 規 定 にかかわらず 証 券 会 社 等 又 は 機 構 を 通 じた 届 出 の 対 象 となっていない 事 項 については 当 会 社 の 定 める 書 式 により 株 主 名 簿 管 理 人 宛 に 届 け 出 るものとす る ( 法 人 株 主 等 の 代 表 者 ) 第

2. 前 項 の 規 定 にかかわらず 証 券 会 社 等 又 は 機 構 を 通 じた 届 出 の 対 象 となっていない 事 項 については 当 会 社 の 定 める 書 式 により 株 主 名 簿 管 理 人 宛 に 届 け 出 るものとす る ( 法 人 株 主 等 の 代 表 者 ) 第 日 本 ユニシス 株 式 会 社 株 式 取 扱 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 当 会 社 における 株 主 権 行 使 手 続 きその 他 株 式 に 関 する 取 扱 い 及 びその 手 数 料 につい ては 株 式 会 社 証 券 保 管 振 替 機 構 ( 以 下 機 構 という) 又 は 株 主 が 振 替 口 座 を 開 設 している 証 券 会 社 銀 行 又

More information

hyoushi

hyoushi 序 昨 年 度 から 表 題 を 年 報 改 めます 年 報 を 発 行 す る 目 的 は 実 績 を 公 表 することであり また 記 録 することよっ 歴 史 を 記 述 しることもなります しかし 年 報 を 発 行 する 社 会 的 意 義 とし を 公 表 する 事 が 重 要 である と 考 え 積 極 的 力 を 注 できました をどう 捉 えるかは ろろな 観 点 や 意 見 があると

More information

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5>

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5> 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 64 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 50 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき, 職 員 の 給 与

More information

付録2192.ec9

付録2192.ec9 広 島 県 医 師 会 速 報 ( 第 号 ) 付 録 年 ( 平 成 年 ) 月 日 ( ) 鳥 インフルエンザ(H N )の 指 定 感 染 症 指 定 後 の 医 療 提 供 体 制 について 広 島 県 医 師 会 常 任 理 事 渡 邊 弘 司 本 県 における 鳥 インフルエンザ(H N )の 指 定 感 染 症 指 定 後 の 医 療 提 供 体 制 につきましては すでにお 知 らせしておりますが

More information

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 平 成 26 年 3 月 25 日 ) 改 正 平 26 規 程 第 16 号 平 成 26 年 11 月 28 日 平 26 規 程 第 41 号 平 成 27 年 1 月 28 日 平 26 規 程 第 67 号 平 成 27 年 3 月 31 日 平 27 規 程 第 28 号 平 成 28 年 3 月

More information

<4D F736F F D B382EA82E995FB82CC82BD82DF82C9815C82502E646F63>

<4D F736F F D B382EA82E995FB82CC82BD82DF82C9815C82502E646F63> 平 成 15 年 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 秋 田 県 康 福 祉 部 平 成 15 年 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 目 次 利 用 される 方 のために 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 の 解 説 管 轄 区 域 図 管 轄 一 覧 市 町 村 別 人 口 及 び 世 帯 数 年 齢 (5 歳 階 級 ) 別 人 口 各 種 統 計 調 査 の 概 略 図 主 な 統 計

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63> 東 京 芸 術 大 学 教 育 研 究 等 非 常 勤 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 12 月 15 日 制 定 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 平 成 18 年 6 月 15 日 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 20 年 1 月 29 日 平 成 20 年 3 月 21 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 12 月 1 日 平 成 22 年

More information

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 16 年 7 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 総 則 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 については この 規 程 の 定 めるところによる

More information

相 談 窓 口 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 救 済 制 度 相 談 窓 口 0120-149-931(フリーダイヤル) IP 電 話 等 の 方 でフリーダイヤルが 御 利 用 になれない 場 合 は 03-3506-9411( 有 料 )を 御 利 用 くだ

相 談 窓 口 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 救 済 制 度 相 談 窓 口 0120-149-931(フリーダイヤル) IP 電 話 等 の 方 でフリーダイヤルが 御 利 用 になれない 場 合 は 03-3506-9411( 有 料 )を 御 利 用 くだ 事 務 連 絡 平 成 27 年 10 月 22 日 各 都 道 府 県 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 健 康 局 健 康 課 医 薬 生 活 衛 生 局 安 全 対 策 課 子 宮 頸 がん 等 ワクチン 接 種 緊 急 促 進 事 業 に 基 づく 接 種 に 係 る 医 薬 品 副 作 用 被 害 救 済 制 度 の 請 求 期 限 の 周 知 について( 依 頼

More information

ワクチン 定 期 接 種 化 への 道 ワクチン 開 発 にあたって 考 えることは 1その 感 染 症 の 感 染 力 や 顕 性 感 染 率 がどのく らいあるか 2 発 症 した 時 の 重 篤 度 はどのくらいか 3 発 症 した 時 に 適 切 な 治 療 法 があ るか 4 社 会 的

ワクチン 定 期 接 種 化 への 道 ワクチン 開 発 にあたって 考 えることは 1その 感 染 症 の 感 染 力 や 顕 性 感 染 率 がどのく らいあるか 2 発 症 した 時 の 重 篤 度 はどのくらいか 3 発 症 した 時 に 適 切 な 治 療 法 があ るか 4 社 会 的 2015 年 9 月 23 日 放 送 定 期 接 種 化 が 期 待 される おたふくかぜワクチン 国 立 病 院 機 構 三 重 病 院 名 誉 院 長 庵 原 俊 昭 はじめに おたふくかぜは 臨 床 症 状 からみた 通 称 名 で 医 学 的 にはムンプスや 流 行 性 耳 下 腺 炎 と 呼 ばれています パラミクソウイルス 科 ルブラウイルス 属 に 属 するムンプスウイルスに よる

More information

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63>

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63> 非 常 勤 職 員 取 扱 要 領 昭 和 32 年 3 月 1 日 制 定 平 成 24 年 11 月 1 日 最 終 改 正 第 1 趣 旨 この 要 領 は 非 常 勤 職 員 に 関 する 取 扱 いについて 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 第 2 非 常 勤 職 員 の 任 免 本 庁 にあっては 各 課 長 地 域 振 興 局 にあっては 企 画 振 興 部 長 又 は 各

More information

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 )

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 ) 任 期 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 16 規 程 第 10 号 平 成 16 年 4 月 1 日 ) 改 正 平 17 規 程 第 4 号 平 成 17 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 57 号 平 成 19 年 3 月 13 日 平 18 規 程 第 101 号 平 成 19 年 3 月 30 日 平 19 規 程 第 20 号 平 成 19 年 8 月 23 日 平 19 規

More information

取 り 消 された 後 当 該 産 前 の 休 業 又 は 出 産 に 係 る 子 若 しくは 同 号 に 規 定 する 承 認 に 係 る 子 が 死 亡 し 又 は 養 子 縁 組 等 により 職 員 と 別 居 することとなったこと (2) 育 児 休 業 をしている 職 員 が 休 職 又

取 り 消 された 後 当 該 産 前 の 休 業 又 は 出 産 に 係 る 子 若 しくは 同 号 に 規 定 する 承 認 に 係 る 子 が 死 亡 し 又 は 養 子 縁 組 等 により 職 員 と 別 居 することとなったこと (2) 育 児 休 業 をしている 職 員 が 休 職 又 群 馬 県 市 町 村 会 館 管 理 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 平 成 5 年 4 月 1 日 条 例 第 2 号 改 正 平 成 5 年 6 月 8 日 条 例 第 1 号 平 成 7 年 3 月 31 日 条 例 第 4 号 平 成 12 年 2 月 15 日 条 例 第 1 号 平 成 12 年 11 月 10 日 条 例 第 2 号 平 成 14 年 2

More information

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464> 独 立 行 政 法 人 海 技 教 育 機 構 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 9 号 改 正 平 成 20 年 3 月 19 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 14 号 改 正 平 成 21 年 2 月 27 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 8 号 改 正 平 成 21 年 7 月 9 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 2

More information

1 国 民 医 療 費 増 減 率 の 要 因 別 内 訳 の 年 次 推 移 ( 単 位 :%) 要 因 増 減 率 診 療 報 酬 改 定 及 び 薬 価 基 準 改 正 による 影 響 人 口 増 人 口 の 高 齢 化 そ の 他 昭 和 60 年 度 (1985) 6.1 1.2 0.7

1 国 民 医 療 費 増 減 率 の 要 因 別 内 訳 の 年 次 推 移 ( 単 位 :%) 要 因 増 減 率 診 療 報 酬 改 定 及 び 薬 価 基 準 改 正 による 影 響 人 口 増 人 口 の 高 齢 化 そ の 他 昭 和 60 年 度 (1985) 6.1 1.2 0.7 Ⅴ 参 考 資 料 1 国 民 医 療 費 増 減 率 の 要 因 別 内 訳 の 年 次 推 移 ( 単 位 :%) 要 因 増 減 率 診 療 報 酬 改 定 及 び 薬 価 基 準 改 正 による 影 響 人 口 増 人 口 の 高 齢 化 そ の 他 昭 和 60 年 度 (1985) 6.1 1.2 0.7 1.2 3.0 61 ( '86) 6.6 0.7 0.5 1.2 4.1 62

More information