2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経 "

Transcription

1 1 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : 会 社 名 : 石 川 金 属 株 式 会 社 住 所 : 大 阪 府 堺 市 西 区 築 港 浜 寺 西 町 7-21 担 当 部 署 : 品 質 保 証 部 電 話 番 号 : 緊 急 連 絡 電 話 番 号 : FAX 番 号 : 使 用 用 途 : 鉛 フリーやに 入 りはんだ 2. 危 険 有 害 性 の 要 約 GHS 分 類 物 理 化 学 的 危 険 性 : 火 薬 類 可 燃 性 引 火 性 ガス 可 燃 性 引 火 性 エアゾール 支 燃 性 酸 化 性 ガス 高 圧 ガス 引 火 性 液 体 可 燃 性 固 体 自 己 反 応 性 化 学 品 自 然 発 火 性 液 体 自 然 発 火 性 固 体 自 己 発 熱 性 化 学 品 水 反 応 可 燃 性 化 学 品 酸 化 性 液 体 酸 化 性 固 体 有 機 過 酸 化 物 金 属 腐 食 性 物 質 健 康 に 対 する 有 害 性 : 急 性 毒 性 経 口 区 分 外 急 性 毒 性 経 皮 区 分 5 急 性 毒 性 吸 入 ガス 急 性 毒 性 吸 入 蒸 気 急 性 毒 性 吸 入 粉 じん 区 分 4 急 性 毒 性 吸 入 ミスト 皮 膚 腐 食 性 刺 激 性 区 分 3 眼 に 対 する 重 篤 な 損 傷 眼 刺 激 性 区 分 2B 呼 吸 器 感 作 性 区 分 1 皮 膚 感 作 性 区 分 1 生 殖 細 胞 変 異 原 性 発 がん 性 生 殖 毒 性 特 定 標 的 臓 器 全 身 毒 性 単 回 ばく 露 特 定 標 的 臓 器 全 身 毒 性 反 復 ばく 露 区 分 1 吸 引 性 呼 吸 器 有 害 性 環 境 に 対 する 有 害 性 : 水 生 環 境 急 性 有 害 性 区 分 2 水 生 環 境 慢 性 有 害 性 区 分 2

2 2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経 系 腎 臓 全 身 毒 性 の 障 害 呼 吸 器 への 刺 激 のおそれ 長 期 又 は 反 復 ばく 露 による 血 管 肝 臓 脾 臓 の 障 害 のおそれ 飲 み 込 み 気 道 に 侵 入 すると 有 害 のおそれ 遺 伝 性 疾 患 のおそれの 疑 い 発 がんのおそれの 疑 い 注 意 書 き: 予 防 策 : すべての 安 全 注 意 を 読 み 理 解 するまで 取 り 扱 わないこと 使 用 前 に 取 扱 説 明 書 を 入 手 すること この 製 品 を 使 用 する 時 に 飲 食 又 は 喫 煙 をしないこと 個 人 用 保 護 具 や 換 気 装 置 を 使 用 し ばく 露 を 避 けること 保 護 手 袋 保 護 眼 鏡 保 護 面 を 着 用 すること 屋 外 又 は 換 気 の 良 い 区 域 でのみ 使 用 すること ミスト 蒸 気 スプレーを 吸 入 しないこと 取 扱 い 後 はよく 手 を 洗 うこと 容 器 を 密 閉 しておくこと 対 応 : 保 管 : 廃 棄 : 火 災 の 場 合 には 適 切 な 消 火 方 法 をとること 吸 入 した 場 合 : 空 気 の 新 鮮 な 場 所 に 移 動 し 呼 吸 しやすい 姿 勢 で 休 息 させること 飲 み 込 んだ 場 合 : 無 理 して 吐 かせないこと 眼 に 入 った 場 合 : 水 で 数 分 間 注 意 深 く 洗 うこと コンタクトレンズを 容 易 に 外 せる 場 合 には 外 して 洗 うこと 皮 膚 を 流 水 シャワーで 洗 うこと 皮 膚 ( 又 は 毛 髪 )に 付 着 した 場 合 : 直 ちに すべての 汚 染 された 衣 類 を 脱 ぐこと 取 り 除 くこと ばく 露 又 はその 懸 念 がある 場 合 : 医 師 の 診 断 手 当 てを 受 けること 飲 み 込 んだ 場 合 : 直 ちに 医 師 の 診 断 手 当 てを 受 けること 眼 の 刺 激 が 持 続 する 場 合 は 医 師 の 診 断 手 当 てを 受 けること 気 分 が 悪 い 時 は 医 師 の 診 断 手 当 てを 受 けること 容 器 を 密 閉 して 涼 しく 換 気 の 良 いところで 施 錠 して 保 管 すること 内 容 物 や 容 器 を 都 道 府 県 知 事 の 許 可 を 受 けた 専 門 の 廃 棄 物 処 理 業 者 に 業 務 委 託 すること

3 火 製 品 安 全 データシート 3 3. 組 成 成 分 情 報 単 一 混 合 物 の 区 分 混 合 物 化 学 式 または 一 般 名 含 有 量 (%) CAS No. 官 報 告 示 整 理 番 号 PRTR 指 定 化 学 物 質 Sn(スズ) 対 象 外 Ag( 銀 ) 対 象 外 82( 第 一 種 ) Cu( 銅 ) 対 象 外 ロジン 対 象 外 4. 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 : 皮 膚 に 付 着 した 場 合 : 目 に 入 った 場 合 : 飲 み 込 んだ 場 合 : 予 想 される 急 性 症 状 : 最 も 重 要 な 兆 候 : 5. 火 災 時 の 措 置 消 火 剤 : 特 有 の 危 険 有 害 性 : 特 有 の 消 火 方 法 : 消 火 を 行 う 者 の 保 護 : 被 災 者 を 新 鮮 な 空 気 のある 場 所 に 移 動 し 呼 吸 しやすい 姿 勢 で 休 息 させること 医 師 の 手 当 診 断 を 受 けること 皮 膚 を 速 やかに 洗 浄 すること 医 師 の 手 当 診 断 を 受 けること 汚 染 された 衣 類 を 脱 ぎ 再 使 用 する 前 に 洗 濯 すること 水 で 数 分 間 注 意 深 く 洗 うこと 次 に コンタクトレンズを 着 用 していて 容 易 に 外 せる 場 合 は 外 すこと その 後 も 洗 浄 を 続 けること 眼 の 刺 激 が 持 続 する 場 合 は 医 師 の 診 断 手 当 てを 受 けること 医 師 の 手 当 診 断 を 受 けること 口 をすすぐこと 皮 膚 への 長 期 のばく 露 では 脱 脂 性 があり 皮 膚 炎 を 引 き 起 こす 医 学 的 な 経 過 観 察 が 必 要 である 小 火 災 : 特 殊 粉 末 消 火 薬 剤 乾 燥 砂 大 火 災 : 特 殊 粉 末 消 火 薬 剤 粉 末 状 の 場 合 は 粉 じん 爆 発 の 危 険 性 がある 危 険 でなければ 火 災 区 域 から 容 器 を 移 動 する 大 量 の 水 で 容 器 を 冷 却 する 消 火 作 業 の 際 は 適 切 な 空 気 呼 吸 器 化 学 用 保 護 衣 を 着 用 する 火 火

4 4 6. 漏 出 時 の 措 置 人 体 に 対 する 注 意 事 項 : 環 境 に 対 する 注 意 事 項 : 回 収 中 和 : 封 じ 込 め 及 び 浄 化 方 法 : 直 ちに 全 ての 方 向 に 適 切 な 距 離 を 漏 洩 区 域 として 隔 離 する 関 係 者 以 外 の 立 入 りを 禁 止 する 作 業 者 は 適 切 な 保 護 具 ( 8.ばく 露 防 止 及 び 保 護 措 置 の 項 を 参 照 )を 着 用 し 眼 皮 膚 へ の 接 触 やガスの 吸 入 を 避 ける 適 切 な 防 護 衣 を 着 けていないときは 破 損 した 容 器 あるいは 漏 洩 物 に 触 れてはいけない 漏 洩 しても 火 災 が 発 生 していない 場 合 密 閉 性 の 高 い 不 浸 透 性 の 保 護 衣 を 着 用 する 密 閉 された 場 所 は 換 気 する 低 地 から 離 れる 風 上 に 留 まる 低 地 から 離 れる 河 川 等 に 排 出 され 環 境 へ 影 響 を 起 こさないように 注 意 する 環 境 中 に 放 出 してはならない 漏 洩 物 を 掃 き 集 めて 空 容 器 に 回 収 する 危 険 でなければ 漏 れを 止 める 二 次 災 害 の 防 止 策 : すべての 発 火 源 を 速 やかに 取 除 く( 近 傍 での 喫 煙 火 花 や 火 炎 の 禁 止 ) 床 面 に 残 るとすべる 危 険 性 があるため こまめに 処 理 する 7. 取 り 扱 い 及 び 保 管 上 の 注 意 取 扱 い 技 術 的 対 策 : 8.ばく 露 防 止 及 び 保 護 措 置 に 記 載 の 設 備 対 策 を 行 い 保 護 具 を 着 用 する 局 所 全 体 排 気 : 8.ばく 露 防 止 及 び 保 護 措 置 に 記 載 の 局 所 排 気 全 体 換 気 を 行 なう 安 全 取 扱 い 注 意 : すべての 安 全 注 意 を 読 み 理 解 するまで 取 扱 わないこと 周 辺 での 高 温 物 スパーク 火 気 の 使 用 を 禁 止 する 容 器 を 転 倒 落 下 衝 撃 を 加 える 又 は 引 きずるなどの 取 扱 いをしては ならない ミスト 蒸 気 スプレーを 吸 入 しないこと 取 扱 い 後 はよく 手 を 洗 うこと 眼 に 入 れないこと 接 触 吸 入 又 は 飲 み 込 まないこと 屋 外 又 は 換 気 の 良 い 区 域 でのみ 使 用 すること 保 管 接 触 回 避 : 10. 安 定 性 及 び 反 応 性 を 参 照 技 術 的 対 策 : 保 管 場 所 は 壁 柱 床 を 耐 火 構 造 とし かつ はりを 不 燃 材 料 で 作 ること 保 管 場 所 は 屋 根 を 不 燃 材 料 で 作 るとともに 金 属 板 その 他 の 軽 量 な 不 燃 材 料 でふき かつ 天 井 を 設 けないこと 保 管 場 所 の 床 は 床 面 に 水 が 浸 入 し 又 は 浸 透 しない 構 造 とすること 保 管 場 所 の 床 は 危 険 物 が 浸 透 しない 構 造 とするとともに 適 切 な 傾 斜 を つけ かつ 適 切 なためますを 設 けること 保 管 場 所 には 危 険 物 を 貯 蔵 し 又 は 取 り 扱 うために 必 要 な 採 光 照 明 及 び 換 気 の 設 備 を 設 ける 保 管 条 件 : 熱 火 花 裸 火 のような 着 火 源 から 離 して 保 管 すること - 禁 煙 冷 所 換 気 の 良 い 場 所 で 保 管 すること 酸 化 剤 から 離 して 保 管 する 容 器 は 直 射 日 光 や 火 気 を 避 けること 容 器 を 密 閉 して 換 気 の 良 い 場 所 で 保 管 すること 施 錠 して 保 管 すること 混 触 危 険 物 質 : 10. 安 定 性 及 び 反 応 性 を 参 照 容 器 包 装 材 料 : 規 制 無 し

5 5 8.ばく 露 防 止 及 び 保 護 措 置 管 理 濃 度 : 未 設 定 許 容 濃 度 (ばく 露 限 界 値 生 物 学 的 ばく 露 指 標 ) 日 本 産 業 衛 生 学 会 : Ag:0.01mg/m 3 8 ACGIH: Sn:TLV-TWA 2mg/m 3,Ag:TLV-TWA 0.1mg/m 3,Cu:TLV-TWA 1mg/m 3 設 備 対 策 : この 物 質 を 貯 蔵 ないし 取 扱 う 作 業 場 には 洗 眼 器 と 安 全 シャワーを 設 置 する こと 取 扱 いについては 全 体 換 気 装 置 を 設 置 した 場 所 で 行 う 粉 じんが 発 生 する 場 合 は 局 所 排 気 装 置 を 設 置 する 保 護 具 : 呼 吸 器 の 保 護 具 : 換 気 が 不 十 分 な 場 合 には 適 切 な 呼 吸 器 保 護 具 を 着 用 すること 手 の 保 護 具 : 適 切 な 保 護 手 袋 を 着 用 すること 眼 の 保 護 具 : 適 切 な 眼 の 保 護 具 を 着 用 すること 保 護 眼 鏡 ( 普 通 眼 鏡 型 側 板 付 き 普 通 眼 鏡 型 ゴーグル 型 ) 皮 膚 及 び 身 体 の 保 護 具 : 適 切 な 保 護 衣 を 着 用 すること 衛 生 対 策 : 9. 物 理 的 及 び 化 学 的 性 質 外 観 臭 い ph 融 点 凝 固 点 沸 点 引 火 点 爆 発 範 囲 蒸 気 圧 蒸 気 密 度 比 重 溶 解 度 オクタノール/ 水 分 配 係 数 自 然 発 火 温 度 分 解 温 度 臭 いの 閾 値 蒸 発 速 度 燃 焼 性 粘 度 10. 安 定 性 及 び 反 応 性 取 扱 後 は よく 手 を 洗 う 汚 染 された 作 業 衣 は 作 業 場 から 出 さないこと 安 定 性 : 危 険 有 害 反 応 可 能 性 : 避 けるべき 条 件 : 粉 じんの 拡 散 銀 白 色 の 光 沢 のある 金 属 なし はんだ: 217~220 ロジン: 約 70 ( 軟 化 開 始 点 ) ロジン: 約 260 約 7.4 水 に 不 溶 該 当 なし 該 当 なし 通 常 の 取 り 扱 い 条 件 下 では 安 定 である 200 以 上 で 酸 化 皮 膜 を 生 じる 強 酸 化 剤 酸 類 強 塩 基 類 ハロゲン イオウ 等 と 反 応 する 混 蝕 危 険 物 質 : 強 酸 化 剤 酸 類 強 塩 基 類 ハロゲン イオウ 等 危 険 有 害 分 解 生 成 物 : 1

6 6 11. 有 害 性 情 報 急 性 毒 性 : 経 口 :ラットLD50 値 :7800mg/kg 8400mg/kg 及 び7600mg/kg に 基 づき 区 分 外 とした 経 皮 :ウサギLD50 値 : 約 2500mg/kg 及 び>2500mg/kg に 基 づき 約 2500mg/kgを 採 用 して 区 分 5とした 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 入 ( 粉 じん):ラットLC50 (6 時 間 ) 値 : 約 1.5mg/L(4 時 間 換 算 値 : 約 2.3mg/L)1) に 基 づき 区 分 4とした 吸 入 すると 有 害 ( 粉 じん) 皮 膚 腐 食 性 刺 激 性 : 眼 に 対 する 重 篤 な 損 傷 : ラットを 用 いた 皮 膚 刺 激 性 試 験 において 軽 度 刺 激 性 であったとの 記 述 から 区 分 3とした 軽 度 の 皮 膚 刺 激 ラットを 用 いた 眼 刺 激 性 試 験 において 軽 度 刺 激 性 であったとの 記 述 から 区 分 2Bとした 眼 刺 激 呼 吸 器 感 作 性 : 皮 膚 感 作 性 : 生 殖 細 胞 変 異 原 性 : 日 本 職 業 環 境 アレルギー 学 会 で 感 作 性 化 学 物 質 にリストアップされている ことから 区 分 1とした なお 日 本 産 業 衛 生 学 会 では 気 道 感 作 性 物 質 第 1 群 に 分 類 されている 日 本 接 触 皮 膚 炎 学 会 でロジン(Rosin Colophony)を 皮 膚 感 作 性 物 質 に 分 類 しているほか ACGIHでSEN 日 本 産 業 衛 生 学 会 で 皮 膚 感 作 性 物 質 第 1 群 DFGでSh に 分 類 されており アレルギー 性 接 触 皮 膚 炎 の 症 例 報 告 があることから 区 分 1とした 発 がん 性 : 生 殖 毒 性 : 確 定 できる 情 報 なし 情 報 なし 特 定 標 的 臓 器 全 身 毒 性 単 回 ばく 露 : 確 定 できる 情 報 なし 特 定 標 的 臓 器 全 身 毒 性 反 復 ばく 露 : 金 属 スズを 扱 う 労 働 者 にじん 肺 症 がみられた この 物 質 の 長 期 ばく 露 により 肺 に 良 性 じん 肺 症 を 引 き 起 こすおそれあり 長 期 又 は 反 復 ばく 露 による 臓 器 の 損 傷 ( 区 分 1) 吸 引 性 呼 吸 器 有 害 性 :

7 7 12. 環 境 影 響 情 報 水 生 環 境 急 性 有 害 性 : 13. 廃 棄 上 の 注 意 甲 殻 類 (オオミジンコ)の48 時 間 EC50 =4.5mg/Lから 区 分 2とした 水 生 生 物 に 毒 性 水 生 環 境 慢 性 有 害 性 : 急 性 毒 性 が 区 分 2 急 速 分 解 性 がなく(BODによる 分 解 度 :36-48%) 生 物 蓄 積 性 が 不 明 であることから 区 分 2とした 残 余 廃 棄 物 : 廃 棄 においては 関 連 法 規 ならびに 地 方 自 治 体 の 基 準 に 従 うこと 都 道 府 県 知 事 などの 許 可 を 受 けた 産 業 廃 棄 物 処 理 業 者 もしくは 地 方 公 共 団 体 が その 処 理 を 行 っている 場 合 にはそこに 委 託 して 処 理 する 廃 棄 物 の 処 理 を 委 託 する 場 合 処 理 業 者 等 に 危 険 性 有 害 性 を 十 分 告 知 の 上 処 理 を 委 託 する 汚 染 容 器 及 び 包 装 : 14. 輸 送 上 の 注 意 容 器 は 清 浄 にしてリサイクルするか 関 連 法 規 ならびに 地 方 自 治 体 の 基 準 に 従 って 適 切 な 処 分 を 行 う 空 容 器 を 廃 棄 する 場 合 内 容 物 を 完 全 に 除 去 する 国 際 規 制 : 海 上 規 制 情 報 国 連 番 号 品 名 国 連 分 類 容 器 等 級 航 空 規 制 情 報 国 連 番 号 品 名 国 連 分 類 等 級 国 内 規 制 : 陸 上 規 制 情 報 特 別 な 安 全 対 策 : 海 上 規 制 情 報 国 連 番 号 品 名 国 連 分 類 容 器 等 級 航 空 規 制 情 報 国 連 番 号 品 名 国 連 分 類 等 級 輸 送 に 際 しては 直 射 日 光 を 避 け 容 器 の 破 損 腐 食 漏 れのないように 積 み 込 み 荷 崩 れの 防 止 を 確 実 に 行 う 食 品 や 飼 料 と 一 緒 に 輸 送 してはならない 重 量 物 を 上 積 みしない

8 8 15. 適 用 法 令 労 働 安 全 衛 生 法 特 定 化 学 物 質 障 害 予 防 規 則 労 働 安 全 衛 生 法 有 機 溶 剤 中 毒 予 防 規 則 労 働 安 全 衛 生 法 鉛 中 毒 予 防 規 則 労 働 安 全 衛 生 法 第 57 条 表 示 対 象 物 質 労 働 安 全 衛 生 法 第 57 条 通 知 対 象 物 質 化 学 物 質 排 出 把 握 管 理 促 進 法 PRTR 法 廃 棄 物 の 処 理 および 清 掃 に 関 する 法 律 大 気 汚 染 防 止 法 水 質 汚 濁 防 止 法 土 壌 汚 染 対 策 法 毒 物 および 劇 物 取 締 法 消 防 法 船 舶 安 全 法 航 空 法 海 洋 汚 染 防 止 法 政 令 番 号 :322(すず 及 びその 化 合 物 ),137( 銀 ),379( 銅 ),632(ロ ジン) 銀 ( 第 1 種 :No.82) 施 行 令 第 2 条 金 属 屑 16.その 他 の 情 報 記 載 内 容 は 現 時 点 で 入 手 できる 資 料 データに 基 づいて 作 成 しており 新 しい 知 見 により 改 定 される ことがあります 又 注 意 事 項 は 通 常 の 取 扱 いを 対 象 としたものであって 特 殊 な 取 扱 いの 場 合 は 用 途 用 法 に 適 した 安 全 対 策 を 実 施 の 上 ご 利 用 下 さい 記 載 内 容 は 情 報 提 供 であって 保 証 するものではありません

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に 1/7 安 全 データシート(SDS) 1 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : N2タッピングスプレー (N2-TSE) 会 社 名 : トラスコ 中 山 株 式 会 社 住 所 : 105-0004 東 京 都 港 区 新 橋 4 丁 目 28 番 1 号 担 当 部 門 : 東 京 本 社 商 品 部 PB 品 質 保 証 課 電 話 : 0120-509-849 FAX : 0120-509-839

More information

<8366835D838C815B8367826081699085976E8DDC816A8169333033312D3034816A2E786C73>

<8366835D838C815B8367826081699085976E8DDC816A8169333033312D3034816A2E786C73> デゾレートA( 水 溶 剤 ), 北 興 化 学 工 業 株 式 会 社, 3031-04, 015/10/06, 1/6 作 成 日 014 年 08 月 05 日 改 訂 日 015 年 10 月 06 日 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 整 理 番 号 供 給 者 の 会 社 名 称 住 所 担 当 部 門 電 話 番 号 FAX 番 号 緊 急 連 絡 電

More information

Microsoft Word - SDS No.1-6

Microsoft Word - SDS No.1-6 1/7 安 全 データシート [SDS No. 1-6] 作 成 日 :1993 年 04 月 01 日 改 訂 日 :2016 年 07 月 01 日 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 製 品 名 :エレファクスエッチ 液 Fエッチ 液 会 社 情 報 会 社 名 : 岩 崎 通 信 機 株 式 会 社 住 所 : 東 京 都 杉 並 区 久 我 山 1-7-41

More information

注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 引 火 性 の 高 い 液 体 及 び 蒸 気 吸 入 すると 有 害 重 篤 な 眼 への 刺 激 生 殖 能 または 胎 児 への 悪 影 響 のおそれ 水 生 生 物 に 毒 性 単 回 長 期 または 反 復 暴 露 による 臓

注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 引 火 性 の 高 い 液 体 及 び 蒸 気 吸 入 すると 有 害 重 篤 な 眼 への 刺 激 生 殖 能 または 胎 児 への 悪 影 響 のおそれ 水 生 生 物 に 毒 性 単 回 長 期 または 反 復 暴 露 による 臓 作 成 日 平 成 26 年 5 月 14 日 安 全 データシート SDS 1 製 品 及 び 会 社 情 報 2 危 険 有 害 性 の 要 約 GHS 分 類 製 品 名 : 製 品 コード: 会 社 名 : 住 所 : 担 当 部 門 : 担 当 者 名 : 電 話 番 号 : 06-6301-4631 緊 急 時 の 電 話 番 号 06-6301-4631 ファックス 番 号 : 06-6306-0831

More information

安全データシート

安全データシート 2016.06.01 1/7 安 全 データシート(SDS) 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 :プリンス スーパー NET 130g 会 社 名 :スタイル 株 式 会 社 住 所 : 東 京 都 墨 田 区 両 国 4-31-11ヒューリック 両 国 ビル5F 担 当 部 門 :SMG 部 電 話 番 号 :03-5625-8180 FAX :03-5625-8185 緊 急 連

More information

発行日 2010/12/28

発行日 2010/12/28 日 立 ISE 用 洗 浄 液 (N), 日 立 ハイテクノロジーズ, 1/7 発 行 日 2011/7/10 製 品 安 全 データシート 1. 化 学 物 質 等 及 び 会 社 情 報 化 学 物 質 等 の 名 称 製 品 コード 986-8008 整 理 番 号 会 社 名 住 所 担 当 部 門 日 立 ISE 用 洗 浄 液 (N) MSM0003 日 立 ハイテクノロジーズ 電 話

More information

5. 火 災 時 の 措 置 消 火 剤 : 周 辺 の 貯 蔵 品 に 適 用 される 消 火 剤 消 火 を 行 う 者 の 保 護 : 適 切 な 保 護 具 を 着 用 し 安 全 な 場 所 から 消 火 活 動 を 行 う 6. 漏 出 時 の 措 置 人 体 に 対 する 注 意 事

5. 火 災 時 の 措 置 消 火 剤 : 周 辺 の 貯 蔵 品 に 適 用 される 消 火 剤 消 火 を 行 う 者 の 保 護 : 適 切 な 保 護 具 を 着 用 し 安 全 な 場 所 から 消 火 活 動 を 行 う 6. 漏 出 時 の 措 置 人 体 に 対 する 注 意 事 安 全 データシート 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 製 品 番 号 :AB5174 PURIFIED POLYCLONAL ANTIBODY 製 品 和 名 :RABBIT ANTI-Kv1.1, VOLTAGE GATED POTASSIUM CHANNEL AFFINITY PURIFIED POLYCLONAL ANTIBODY 会 社 名 :メルク 株 式 会 社 住 所 : 東

More information

化 学 名 : セスキ 炭 酸 ナトリウム 二 水 和 物 別 ( 名 )トロナ 二 水 和 物 英 ( 名 )Sodium sesquicarbonate Trona dihydrate Trisodium hydrogendicarbonate ( 無 水 物 として EINECS 名 称 )

化 学 名 : セスキ 炭 酸 ナトリウム 二 水 和 物 別 ( 名 )トロナ 二 水 和 物 英 ( 名 )Sodium sesquicarbonate Trona dihydrate Trisodium hydrogendicarbonate ( 無 水 物 として EINECS 名 称 ) 安 全 データシート(SDS) 1. 化 学 物 質 及 び 会 社 情 報 化 学 物 質 等 のコード : 1953-8350 1953-8280 化 学 物 質 等 の 名 称 : セスキ 炭 酸 ナトリウム 二 水 和 物 昭 和 化 学 株 式 会 社 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 本 町 4-3-8 担 当 TEL(03)3270-2701 FAX(03)3270-2720 緊 急

More information

Microsoft Word jis.rtf

Microsoft Word jis.rtf 1/8 作 成 日 : 2015 年 02 月 16 日 安 全 データシート 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 : 製 品 名 称 : アリルアルコール 製 品 番 号 (SDS NO) : 65020jis_J-1 供 給 者 情 報 詳 細 供 給 者 : 純 正 化 学 株 式 会 社 住 所 : 埼 玉 県 越 谷 市 大 間 野 町 1-6 担 当 部 署

More information

Microsoft Word - キシロール SDS-16.doc

Microsoft Word - キシロール SDS-16.doc 三 協 化 学 株 式 会 社 SDS キシロール 1 安 全 データシート(SDS) キシロール 作 成 日 2015 年 11 月 1 日 1. 化 学 物 質 等 及 び 会 社 情 報 化 学 物 質 等 の 名 称 :キシロール 会 社 名 住 所 : 三 協 化 学 株 式 会 社 : 461-0011 愛 知 県 名 古 屋 市 東 区 白 壁 4 丁 目 68 番 地 電 話 番 号

More information

クサトールFP水溶剤

クサトールFP水溶剤 製 品 安 全 データシート 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 整 理 番 号 クサトールFP 水 溶 剤 GG-6 会 社 名 株 式 会 社 日 本 グリーンアンドガーデン 住 所 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 小 伝 馬 町 10 番 11 号 担 当 部 門 研 究 開 発 部 担 当 者 電 話 番 号 03-3669-5888 FAX 番 号 03-3669-5889

More information

3. 組 成 成 分 情 報 単 一 製 品 混 合 物 の 区 別 : 混 合 物 (20% 塩 化 チタン(Ⅲ)の 希 塩 酸 溶 液 ) 化 学 名 : 塩 化 チタン(Ⅲ) 溶 液 ( 別 名 ) 三 塩 化 チタン 溶 液 ( 英 名 )Titanium(Ⅲ) choride soutio

3. 組 成 成 分 情 報 単 一 製 品 混 合 物 の 区 別 : 混 合 物 (20% 塩 化 チタン(Ⅲ)の 希 塩 酸 溶 液 ) 化 学 名 : 塩 化 チタン(Ⅲ) 溶 液 ( 別 名 ) 三 塩 化 チタン 溶 液 ( 英 名 )Titanium(Ⅲ) choride soutio 安 全 データシート(SDS) 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 等 のコード : 2020-5250 昭 和 化 学 株 式 会 社 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 本 町 4-3-8 担 当 TEL(03)3270-2701 FAX(03)3270-2720 緊 急 連 絡 同 上 改 訂 平 成 26 年 10 月 21 日 SDS 整 理 番 号 20205250 製 品 等

More information

2 / 5 4. 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 皮 膚 に 付 着 した 場 合 目 に 入 った 場 合 飲 み 込 んだ 場 合 応 急 措 置 をする 者 の 保 護 5. 火 災 時 の 措 置 消 火 剤 使 ってはならない 消 火 剤 特 有 の 消 火 方 法 消 火 を 行

2 / 5 4. 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 皮 膚 に 付 着 した 場 合 目 に 入 った 場 合 飲 み 込 んだ 場 合 応 急 措 置 をする 者 の 保 護 5. 火 災 時 の 措 置 消 火 剤 使 ってはならない 消 火 剤 特 有 の 消 火 方 法 消 火 を 行 1 / 5 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 安 全 データシート 製 品 名 RDF-F1/FX KIT (F) PART B 用 途 医 療 用 X-レイ 処 理 剤 テ ンタルF1/FX 用 処 理 液 キット 定 着 液 B 液 ; 内 容 量 約 125ml X 2 会 社 名 住 所 106-8620 東 京 都 港 区 西 麻 布 2-26-30 担 当 部 門 富 士 フイルムメディカル

More information

(Microsoft Word - \216O\203t\203b\211\273\203z\203E\221f doc)

(Microsoft Word - \216O\203t\203b\211\273\203z\203E\221f doc) TKSD-40308G 1/7 安 全 データシート 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 : 三 フッ 化 ホウ 素 化 学 名 : 三 フッ 化 ホウ 素 / BF 3 ガスコード : 308 会 社 名 : 高 千 穂 化 学 工 業 株 式 会 社 住 所 : 150-0012 東 京 都 渋 谷 区 広 尾 1 丁 目 4 番 地 6 号 担 当 部 門 : 品

More information

MSDS - INK HEAD CLEANING SOLUTION_ref 5096.indd

MSDS - INK HEAD CLEANING SOLUTION_ref 5096.indd MSDS MATERIAL SAFETY DATA SHEET 安 全 データシート 指 令 CEE 201/58 MSDS n 38 改 訂 : 30/06/2010 製 品 1. 製 品 および 会 社 情 報 製 品 名 : INKJET HEAD CLEANING SOLUTION - Ref: 5096 Product application : JET series 製 造 元 / 供

More information

Microsoft Word - MSDS A3H.doc

Microsoft Word - MSDS A3H.doc Mediracs P/N MPH090015 Co.,Ltd. MS090015_201004ver2 別 化 学 物 質 等 安 全 データシート (MSDS MSDS) 製 名 : 4%テトラヒドロフラン 溶 液 MSDS 称 品 : 番 整 号 N 理 : 末 番 端 MPH090015 号 プロテインシーケンス : MS090015_201004ver2 用 試 薬 A3H 1. 製 品 及

More information

環 境 有 害 性 水 生 環 境 有 害 性 ( 急 性 ) 区 分 2 水 生 環 境 有 害 性 ( 慢 性 ) 区 分 外 オゾン 層 への 有 害 性 分 類 できない GHSラベル 要 素 絵 表 示 又 はシンボル 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 火 災

環 境 有 害 性 水 生 環 境 有 害 性 ( 急 性 ) 区 分 2 水 生 環 境 有 害 性 ( 慢 性 ) 区 分 外 オゾン 層 への 有 害 性 分 類 できない GHSラベル 要 素 絵 表 示 又 はシンボル 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 火 災 作 成 日 :1995 年 08 月 28 日 最 終 改 訂 日 ;2015 年 01 月 13 日 安 全 デ ー タ シ ー ト 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 : 過 酸 化 水 素 会 社 名 :キシダ 化 学 株 式 会 社 住 所 : 兵 庫 県 三 田 市 テクノパーク14 番 10 担 当 部 門 : 環 境 保 全 グループ 電 話 番 号 :(079)568-1531

More information

Microsoft Word - 1234yf_JFMA20110713 by HON.doc

Microsoft Word - 1234yf_JFMA20110713 by HON.doc HFO-1234yf 2011 年 7 月 13 日 Page 1 of 8 化 学 物 質 等 安 全 データシート(MSDS) 作 成 2010 年 12 月 24 日 改 定 2011 年 6 月 6 日 最 新 改 定 2011 年 7 月 13 日 1. 化 学 物 質 等 及 び 情 報 提 供 者 化 学 物 質 等 の 名 称 :HFO-1234yf (2,3,3,3-テトラフルオロ-1-プロペン)

More information

<826C827282638272816990AE82528253816A8250824F825382532E786C7378>

<826C827282638272816990AE82528253816A8250824F825382532E786C7378> ページ 1/7 SECTION1: 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 製 品 の 用 途 フリーズショック ラストリムーバー 自 動 車 用 急 冷 衝 撃 サビ 取 り 剤 安 全 データシートの 通 知 者 の 詳 細 輸 入 販 売 会 社 の 詳 細 会 社 名 CTP-GmbH 会 社 名 Matsuura Construction Co.,Ltd. 住 所 ( 国 ) ドイツ

More information

3. 組 成 成 分 情 報 単 一 製 品 混 合 物 の 区 別 : 単 一 製 品 化 学 名 :テトラクロロ 金 (Ⅲ) 酸 四 水 和 物 ( 別 名 ) 塩 化 金 (Ⅲ) 酸 四 水 和 物 塩 化 金 酸 四 水 和 物 ( 英 名 )Hydrogen Tetrachoroaurat

3. 組 成 成 分 情 報 単 一 製 品 混 合 物 の 区 別 : 単 一 製 品 化 学 名 :テトラクロロ 金 (Ⅲ) 酸 四 水 和 物 ( 別 名 ) 塩 化 金 (Ⅲ) 酸 四 水 和 物 塩 化 金 酸 四 水 和 物 ( 英 名 )Hydrogen Tetrachoroaurat 安 全 データシート(SDS) 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 昭 和 化 学 株 式 会 社 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 本 町 4-3-8 担 当 TEL(03)3270-2701 FAX(03)3270-2720 緊 急 連 絡 同 上 改 訂 平 成 26 年 2 月 24 日 SDS 整 理 番 号 07078120 製 品 等 のコード : 0707-8120 0707-9120

More information

L-Ascorbic acid(tsca 名 称 ) 成 分 及 び 含 有 量 : L(+)-アスコルビン 酸 99.0% 以 上 ( 乾 燥 後 ) 化 学 式 及 び 構 造 式 : C6H8O6 構 造 式 は 上 図 参 照 (1ページ 目 ) 分 子 量 : 176.13 官 報 公 示

L-Ascorbic acid(tsca 名 称 ) 成 分 及 び 含 有 量 : L(+)-アスコルビン 酸 99.0% 以 上 ( 乾 燥 後 ) 化 学 式 及 び 構 造 式 : C6H8O6 構 造 式 は 上 図 参 照 (1ページ 目 ) 分 子 量 : 176.13 官 報 公 示 安 全 データシート(S) 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 等 のコード : 0157-6450 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 本 町 4-3-8 担 当 TEL(03)3270-2701 FAX(03)3270-2720 緊 急 連 絡 同 上 改 訂 平 成 28 年 04 月 27 日 S 整 理 番 号 01576450 製 品 等 の 名 称 : L(+)-アスコルビン

More information

官 報 公 示 整 理 番 号 官 報 公 示 整 理 番 号 化 学 名 又 は 一 般 名 含 有 率 化 学 式 ( 化 審 法 ) ( 安 衛 法 ) CAS 番 号 EC 番 号 水 酸 化 カリウム 3.3% KOH (1)-369 公 表 メタノ

官 報 公 示 整 理 番 号 官 報 公 示 整 理 番 号 化 学 名 又 は 一 般 名 含 有 率 化 学 式 ( 化 審 法 ) ( 安 衛 法 ) CAS 番 号 EC 番 号 水 酸 化 カリウム 3.3% KOH (1)-369 公 表 メタノ 安 全 データシート 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 製 品 番 号 :109351 製 品 和 名 : 水 酸 化 カリウムメタノール 溶 液 c(koh) = 0.5 mol/l (0.5 N) チトリピュア 会 社 名 :メルク 株 式 会 社 住 所 : 東 京 都 目 黒 区 下 目 黒 1-8-1 アルコタワー 製 品 取 扱 部 門 :メルクミリポア 事 業 本 部 MSDS

More information

Microsoft Word doc

Microsoft Word doc 作 成 日 :1995 年 07 月 18 日 最 終 改 訂 日 ;2016 年 06 月 01 日 安 全 デ ー タ シ ー ト 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 :りん 酸 会 社 名 :キシダ 化 学 株 式 会 社 住 所 : 兵 庫 県 三 田 市 テクノパーク14 番 10 担 当 部 門 : 環 境 保 全 グループ 電 話 番 号 :(079)568-1531

More information

安 全 データシート 2/6 グレード 化 学 名 又 は 一 般 名 濃 度 又 は 濃 度 範 囲 (%) UB 70 超 20 未 満 SX 50 超 50 未 満 官 報 公 示 整 理 番 号 ( 化 審 法, 安 衛 法 ) CAS No. 危 険 有 害 成 分 : 鉱 油 ( 労 働

安 全 データシート 2/6 グレード 化 学 名 又 は 一 般 名 濃 度 又 は 濃 度 範 囲 (%) UB 70 超 20 未 満 SX 50 超 50 未 満 官 報 公 示 整 理 番 号 ( 化 審 法, 安 衛 法 ) CAS No. 危 険 有 害 成 分 : 鉱 油 ( 労 働 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 SDS 整 理 番 号 供 給 者 の 会 社 名 称 住 所 担 当 部 門 電 話 番 号 :03-3296-3274 FAX 番 号 :03-3296-3458 安 全 データシート :アサクリン 本 SDSはアサクリン 製 品 の 次 のグレードに 適 用 される アサクリン UP,newUP,HP,UF2,UL2,UB,SX

More information

成 分 CAS 番 号 重 量 % 酸 化 アルミニ 1344-28-1 35-45 フィラー 13983-17-0 0-15 二 酸 化 チタン 13463-67-7 0-2 硬 化 レジン 混 合 物 10-30 フィルムバッキング 混 合 物 20-50 PSA 混 合 物 0-5 フックイッ

成 分 CAS 番 号 重 量 % 酸 化 アルミニ 1344-28-1 35-45 フィラー 13983-17-0 0-15 二 酸 化 チタン 13463-67-7 0-2 硬 化 レジン 混 合 物 10-30 フィルムバッキング 混 合 物 20-50 PSA 混 合 物 0-5 フックイッ 安 全 データシート Copyright,2016,3M Company All right reserved. 本 情 報 は 3Mの 製 品 を 適 切 にご 使 用 頂 くために 作 成 したものです 複 製 ないしダウンロードする 場 合 には 以 下 の 条 件 をお 守 り 下 さい (1) 当 社 から 書 面 による 事 前 承 認 を 得 ることなく 情 報 を 変 更 したり 一

More information

3. 組 成 成 分 情 報 単 一 製 品, 混 合 物 の 区 別 化 学 名 5. 火 災 時 の 処 置 消 火 剤 : 本 製 品 は 可 燃 性 である 粉 末 消 火 剤 泡 消 火 剤 水 噴 霧 二 酸 化 炭 素 乾 燥 砂 大 火 災 の 場 合 空 気 を 遮 断 できる 泡

3. 組 成 成 分 情 報 単 一 製 品, 混 合 物 の 区 別 化 学 名 5. 火 災 時 の 処 置 消 火 剤 : 本 製 品 は 可 燃 性 である 粉 末 消 火 剤 泡 消 火 剤 水 噴 霧 二 酸 化 炭 素 乾 燥 砂 大 火 災 の 場 合 空 気 を 遮 断 できる 泡 安 全 データシート(SDS) 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 等 のコード : 1956-1350 1956-1380 製 品 等 の 名 称 : ステアリン 酸 ナトリウム 推 奨 用 途 : 試 薬 昭 和 化 学 株 式 会 社 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 本 町 4-3-8 担 当 TEL(03)3270-2701 FAX(03)3270-2720 緊 急 連 絡 同

More information

3. 組 成 成 分 情 報 単 一 製 品, 混 合 物 の 区 別 : 単 一 製 品 化 学 名 : ステアリン 酸 ( 別 名 )オクタデカン 酸 1-ヘプタデカンカルボン 酸 セチル 酢 酸 英 ( 名 )Stearic(EINECS acid 名 称 ) Octadecanoic (TS

3. 組 成 成 分 情 報 単 一 製 品, 混 合 物 の 区 別 : 単 一 製 品 化 学 名 : ステアリン 酸 ( 別 名 )オクタデカン 酸 1-ヘプタデカンカルボン 酸 セチル 酢 酸 英 ( 名 )Stearic(EINECS acid 名 称 ) Octadecanoic (TS 安 全 データシート(SDS) 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 等 のコード : 1964-9250 1964-9280 製 品 等 の 名 称 : ステアリン 酸 推 奨 用 途 : 試 薬 昭 和 化 学 株 式 会 社 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 本 町 4-3-8 担 当 TEL(03)3270-2701 FAX(03)3270-2720 緊 急 連 絡 同 上 改 訂

More information

輸出用フマキラーベープマットf

輸出用フマキラーベープマットf 2014 年 1 月 27 日 ( 第 2 版 ) 1/5 安 全 データシート 作 成 日 ( 初 版 ) 改 訂 日 ( 第 2 版 ) 2011 年 12 月 27 日 2014 年 1 月 27 日 1. 及 び 会 社 情 報 名 スキンベープミスト 200mL スキンベープミスト ハローキティ 200mL ( 販 売 名 :スキンベープB2) 会 社 名 フマキラー 株 式 会 社 所

More information

安 全 データシート(SDS) 1/4 作 成 日 :2013( 平 成 25 年 )12 月 17 日 ( 改 訂 0) 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 :1)ステンレス 鋼 製 差 し 込 み 溶 接 継 手 突 合 せ 溶 接 継 手 溶 接 フランジ 参 考 規 格 ( 以

安 全 データシート(SDS) 1/4 作 成 日 :2013( 平 成 25 年 )12 月 17 日 ( 改 訂 0) 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 :1)ステンレス 鋼 製 差 し 込 み 溶 接 継 手 突 合 せ 溶 接 継 手 溶 接 フランジ 参 考 規 格 ( 以 お 取 引 先 様 各 位 平 成 25 年 12 月 R1 イハラサイエンス 株 式 会 社 特 定 化 学 物 質 へのコバルト 追 加 指 定 とその 対 応 について 拝 啓 時 下 益 々 御 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 又 平 素 は 格 別 の 御 高 配 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げ ます さて 労 働 安 全 衛 生 法 施 行 令 の 一 部 改 正

More information

アルゴンガス 整 理 番 号 05Ar 2009 年 12 月 15 日 1/6 化 学 物 質 等 安 全 データシート 1. 化 学 物 質 等 及 び 会 社 情 報 化 学 物 質 等 の 名 称 : アルゴンガス 化 学 名 : アルゴン(Argon) 会 社 名 : 鈴 商 総 合 ガス

アルゴンガス 整 理 番 号 05Ar 2009 年 12 月 15 日 1/6 化 学 物 質 等 安 全 データシート 1. 化 学 物 質 等 及 び 会 社 情 報 化 学 物 質 等 の 名 称 : アルゴンガス 化 学 名 : アルゴン(Argon) 会 社 名 : 鈴 商 総 合 ガス 化 学 物 質 等 安 全 データシート 整 理 番 号 05 Ar 作 成 平 成 5 年 3 月 31 日 改 訂 平 成 11 年 10 月 1 日 改 訂 平 成 21 年 12 月 15 日 [ 連 絡 先 ] 製 品 名 アルゴンガス アルゴンガス 整 理 番 号 05Ar 2009 年 12 月 15 日 1/6 化 学 物 質 等 安 全 データシート 1. 化 学 物 質 等 及

More information

Microsoft Word - ケミシュート S、504530、120509G.doc

Microsoft Word - ケミシュート S、504530、120509G.doc 製 品 安 全 データシート 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : 整 理 番 号 : 504530 会 社 名 : 東 邦 化 学 工 業 株 式 会 社 事 業 所 : 千 葉 工 場 住 所 : 千 葉 県 袖 ヶ 浦 市 北 袖 10 担 当 部 門 : 品 質 保 証 部 電 話 番 号 : 0438-62-5761 FAX 番 号 : 0438-62-3215 緊 急 時

More information

2/8 注 意 書 き: 原 料 および 加 工 で 生 じる 粉 塵 等 安 全 対 策 使 用 前 に 安 全 パンフレットを 入 手 し 参 照 す ること すべての 安 全 注 意 を 読 み 理 解 するまで 取 扱 わないこと 適 切 な 個 人 用 保 護 具 や 換 気 装 置 を

2/8 注 意 書 き: 原 料 および 加 工 で 生 じる 粉 塵 等 安 全 対 策 使 用 前 に 安 全 パンフレットを 入 手 し 参 照 す ること すべての 安 全 注 意 を 読 み 理 解 するまで 取 扱 わないこと 適 切 な 個 人 用 保 護 具 や 換 気 装 置 を 1/8 安 全 データシート(SDS) 作 成 改 訂 2003 年 04 月 10 日 2013 年 04 月 27 日 製 品 名 セラミック( 酸 化 アルミニウム 炭 化 チタン 系 ) 1. 化 学 物 質 等 および 会 社 情 報 製 品 化 学 物 質 等 の 名 称 : セラミック 被 覆 セラミック セラミック 工 具 被 覆 セラミック 工 具 ( 酸 化 アルミニウム 炭 化

More information

Microsoft Word - SDS No.1-1

Microsoft Word - SDS No.1-1 1/10 安 全 データシート [SDS No. 1-1] 作 成 日 :1993 年 04 月 01 日 改 訂 日 :2016 年 07 月 01 日 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 製 品 名 :エレファクスエッチ 液 エレファクス エッチ 液 会 社 情 報 会 社 名 : 岩 崎 通 信 機 株 式 会 社 担 当 部 署 : 第 一 営 業 本 部 第

More information

図面審査指導基準

図面審査指導基準 ビル 衛 生 管 理 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 基 準 第 1 目 的 この 基 準 は 特 定 建 築 物 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 について 必 要 な 事 項 を 定 め 適 正 かつ 統 一 性 のある 指 導 を 行 うことにより 特 定 建 築 物 の 良 好 な 衛 生 的 環 境 を 確 保 し もって 町 田 市

More information

ぺ ー ジ : 2/9 注 意 喚 起 語 危 険 有 害 性 情 報 注 意 書 き 安 全 対 策 応 急 措 置 警 告 可 燃 性 又 は 引 火 性 の 高 いエアゾール 高 圧 容 器 : 熱 すると 破 裂 のおそれ 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 眠

ぺ ー ジ : 2/9 注 意 喚 起 語 危 険 有 害 性 情 報 注 意 書 き 安 全 対 策 応 急 措 置 警 告 可 燃 性 又 は 引 火 性 の 高 いエアゾール 高 圧 容 器 : 熱 すると 破 裂 のおそれ 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 眠 ぺ ー ジ : 1/9 安 全 データシート 1. 化 学 品 ( 製 品 ) 及 び 会 社 情 報 化 学 品 ( 製 品 )の 名 称 リペHFC 製 品 コード 29010160 整 理 番 号 - 改 訂 番 号 29010160-06 供 給 者 の 会 社 名 称 カネダ 株 式 会 社 住 所 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 本 町 1-4-12 連 絡 先 品 質 保 証 室

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 硫 化 水 素 住 友 精 化 株 式 会 社 3249-01-0-01Z 2008 年 5 月 21 日 PAGE 1/9 化 学 物 質 等 安 全 データシート 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 化 学 物 質 等 の 名 称 硫 化 水 素 化 学 名 硫 化 水 素 (hydrogen sulfide) 会 社 名 住 友 精 化 株 式 会 社 住 所 大 阪 市 中 央 区 北 浜

More information

Cellufine MAX AminoButyl, SDS# CPS-F-0053M 2/9 応 急 措 置 ( 対 応 ) 保 管 ( 貯 蔵 ) 廃 棄 静 電 気 放 電 に 対 する 予 防 措 置 を 講 ずること ミスト 蒸 気 スプレーを 吸 入 しないこと 取 扱 い 後 は 手 を

Cellufine MAX AminoButyl, SDS# CPS-F-0053M 2/9 応 急 措 置 ( 対 応 ) 保 管 ( 貯 蔵 ) 廃 棄 静 電 気 放 電 に 対 する 予 防 措 置 を 講 ずること ミスト 蒸 気 スプレーを 吸 入 しないこと 取 扱 い 後 は 手 を Cellufine MAX AminoButyl, SDS# CPS-F-0053M 1/9 安 全 データシート (SDS) 作 成 2016 年 8 月 9 日 改 訂 ---- 年 -- 月 -- 日 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 Cellufine MAX AminoButyl SDS 整 理 番 号 CPS-F-0053M 会 社 名 JNC 株 式 会

More information

JAPANESE Pop Flux 8.9HF-LV.rtf

JAPANESE Pop Flux 8.9HF-LV.rtf INDIUM CORPORATION OF AMERICA \EUROPE EUROPE \ASIA ASIA-PACIFIC INDIUM CORPORATION( 蘇 州 ) 安 全 データシート 免 責 事 項 : ご 使 用 の 際 は 本 MSDS(SDS) SDS)の 健 康 及 び 安 全 項 目 を 確 認 して 各 国 で 該 当 する 法 律 を 確 認 の 上 適 宜 適 用

More information

ラベル 要 素 絵 表 示 又 はシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 火 災 又 は 爆 発 のおそれ; 強 酸 化 性 飲 み 込 むと 有 害 ( 経 口 ) 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 入 すると 有 毒 ( 蒸 気

ラベル 要 素 絵 表 示 又 はシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 火 災 又 は 爆 発 のおそれ; 強 酸 化 性 飲 み 込 むと 有 害 ( 経 口 ) 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 入 すると 有 毒 ( 蒸 気 製 品 安 全 データシート 過 酸 化 水 素 日 本 ジェネティクス 株 式 会 社 作 成 日 :2016 年 3 月 23 日 改 定 日 :2016 年 7 月 13 日 (Rev.2) 1. 化 学 物 質 等 及 び 会 社 情 報 化 学 物 質 等 の 名 称 : 過 酸 化 水 素 水 製 造 者 の 名 称 : CONTEC INC.(コンテック 社 / 米 国 ) 製 品 名

More information

(Microsoft Word - \220V\227v\215j\221S\225\266.DOC)

(Microsoft Word - \220V\227v\215j\221S\225\266.DOC) ( 目 的 ) 広 島 コインランドリー 営 業 施 設 衛 生 指 導 要 綱 第 の 管 1 確 理 条 保 及 この 及 び びその 利 要 用 綱 に は, 適 関 正 する 県 な 内 利 基 ( 用 準 県 の 等 保 普 を 健 及 定 所 を めることにより,コインランドリー が 図 管 り,もって 轄 する 区 域 公 )のコインランドリー 衆 衛 生 の 向 上 に 寄 与 営

More information

2/8 注 意 書 き: 原 料 および 加 工 で 生 じる 粉 塵 等 安 全 対 策 使 用 前 に 安 全 パンフレットを 入 手 し 参 照 す ること すべての 安 全 注 意 を 読 み 理 解 するまで 取 扱 わないこと 適 切 な 個 人 用 保 護 具 や 換 気 装 置 を

2/8 注 意 書 き: 原 料 および 加 工 で 生 じる 粉 塵 等 安 全 対 策 使 用 前 に 安 全 パンフレットを 入 手 し 参 照 す ること すべての 安 全 注 意 を 読 み 理 解 するまで 取 扱 わないこと 適 切 な 個 人 用 保 護 具 や 換 気 装 置 を 1/8 安 全 データシート(SDS) 作 成 2003 年 3 月 1 日 第 6 回 改 訂 2013 年 1 月 1 日 1. 化 学 物 質 等 および 会 社 情 報 製 品 化 学 物 質 等 の 名 称 超 硬 合 金 及 び 被 覆 超 硬 合 金 供 給 者 情 報 会 社 名 : サンアロイ 工 業 株 式 会 社 住 所 : 兵 庫 県 神 崎 郡 福 崎 町 高 橋 290-44

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139303731318A7795948C9A95A889FC8F43984A88C0836083468362834E8356815B83672E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139303731318A7795948C9A95A889FC8F43984A88C0836083468362834E8356815B83672E646F63> 平 成 19 年 7 月 版 安 全 衛 生 チェックリスト 総 務 部 労 務 課 安 全 衛 生 係 学 部 名 棟 名 称 階 室 名 室 番 記 入 者 氏 名 記 入 日 該 当 記 入 文 字 : 対 応 済 項 目 マーク: 未 対 応 項 目 X マーク 第 1 章 実 験 室 等 の 安 全 衛 生 チェック 1. 化 学 物 質 ( 化 学 的 危 険 等 ) 等 を 取 り 扱

More information

乙種第1、2、3、4、5、6類(危険物取扱者試験)

乙種第1、2、3、4、5、6類(危険物取扱者試験) 過 去 に 出 題 された 問 題 乙 種 第 1 2 3 5 6 類 危 険 物 取 扱 者 試 験 解 答 は 最 後 のページに 記 載 されています ( 注 ) 問 題 中 に 使 用 した 略 語 は 次 のとおりです 法 令 消 防 法 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 又 は 危 険 物 の 規 制 に 関 する 規 則 法 消 防 法 政 令 危 険 物 の 規 制 に

More information

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 衛 生 管 理 センター 適 正 管 理 計 画 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 アルミニウム 及 びその 化 合 物 TKフロック 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の

More information

絵 表 示 又 はシンボル : 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : H225 引 火 性 の 高 い 液 体 及 び 蒸 気 H302 飲 み 込 むと 有 害 H315 皮 膚 刺 激 H318 重 篤 な 眼 の 損 傷 H330 吸 入 すると 生 命 に 危 険

絵 表 示 又 はシンボル : 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : H225 引 火 性 の 高 い 液 体 及 び 蒸 気 H302 飲 み 込 むと 有 害 H315 皮 膚 刺 激 H318 重 篤 な 眼 の 損 傷 H330 吸 入 すると 生 命 に 危 険 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 : 製 品 番 号 : 518491758 供 給 者 情 報 供 給 者 の 会 社 名 称 : ロシュ ダイアグノスティックス 株 式 会 社 - 住 所 : 東 京 都 港 区 芝 2-6-1 1050014 電 話 番 号 : 03-5443-5128 FAX 番 号 : 03-5443-5299 電 子 メールアドレス :

More information

ページ2/6 (1ページの 続 き) 4: 応 急 措 置 4.1 応 急 手 当 処 置 に 関 する 説 明 吸 い 込 んだ 場 合 : 外 気 を 送 る つらい 場 合 には 医 師 を 呼 ぶ 眼 に 入 った 場 合 : 瞼 を 開 けたまま 流 水 で 何 分 間 か 眼 をすすぐ

ページ2/6 (1ページの 続 き) 4: 応 急 措 置 4.1 応 急 手 当 処 置 に 関 する 説 明 吸 い 込 んだ 場 合 : 外 気 を 送 る つらい 場 合 には 医 師 を 呼 ぶ 眼 に 入 った 場 合 : 瞼 を 開 けたまま 流 水 で 何 分 間 か 眼 をすすぐ ページ1/6 1: 化 学 物 質 等 及 び 会 社 情 報 1.1 製 品 識 別 子 製 品 番 号 : 10030934 1.2 該 当 純 物 質 または 混 合 物 の 関 連 特 定 用 途 及 び 使 用 禁 止 用 途 追 加 的 な 関 連 情 報 は 得 られていません 成 分 の 利 用 / 調 合 実 験 用 化 学 物 質 1.3 安 全 データシートの 供 給 元 の

More information

(2)その 他 項 目 1 施 設 内 外 の 定 期 清 掃 及 び 環 境 整 備 等 業 務 2 完 成 図 書 及 び 関 係 貸 与 書 類 の 保 管 及 び 台 帳 作 成 業 務 3 休 日 夜 間 等 の 連 絡 業 務 4 警 報 発 報 時 火 災 大 雨 及 び 台 風 等

(2)その 他 項 目 1 施 設 内 外 の 定 期 清 掃 及 び 環 境 整 備 等 業 務 2 完 成 図 書 及 び 関 係 貸 与 書 類 の 保 管 及 び 台 帳 作 成 業 務 3 休 日 夜 間 等 の 連 絡 業 務 4 警 報 発 報 時 火 災 大 雨 及 び 台 風 等 伊 賀 市 浄 化 センター 第 1 処 理 場 委 託 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 伊 賀 市 ( 以 下 市 という ) 浄 化 センター 第 1 処 理 場 の 運 転 管 理 業 務 に 関 し 適 正 に 委 託 業 務 を 行 うため 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とする ( 業 務 の 名 称 及 び 履 行

More information

N1011(pNL1_2_[NlucP]_Vector)J(JA)

N1011(pNL1_2_[NlucP]_Vector)J(JA) 06/29/2016 Kit Components Product code N1011 Components: N101 Description pnl1.2 [NlucP] Vector pnl PEST Vector ページ1/7 * 1 化 学 物 質 等 及 び 会 社 情 報 製 品 識 別 子 製 品 番 号 : N101 該 当 純 物 質 または 混 合 物 の 関 連 特 定

More information

第 5 編 大 規 模 事 故 対 策 編 第 1 章 計 画 の 前 提 5-1 5-2 第 1 節 計 画 の 目 的 本 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 大 網 白 里 市 防 災 会 議 ( 以 下 防 災 会 議 という )が 策 定 する 計 画 であり 大 網 白 里 市 の 地 域 に

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 富 里 市 地 域 防 災 計 画 大 規 模 事 故 編 平 成 26 年 修 正 富 里 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 論 第 1 節 計 画 の 方 針 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 対 象 1 第 3 計 画 の 修 正 1 第 2 節 対 策 の 基 本 方 針 2 第 1 対 策 の 実 施 者 及 び 役 割 2 第 2 市 の 配 備 体 制

More information

(Microsoft Word - WM-O92R3_\202\353\202\244\215\336\223\235\215\207\224\305.doc)

(Microsoft Word - WM-O92R3_\202\353\202\244\215\336\223\235\215\207\224\305.doc) 製 品 安 全 データシート(MSDS) 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 称 : 溶 接 材 料 (ろう 付 け 材 料 ) Low Melt(ロウ メルト),Free Flow(フリー フロー),SY 銀 ロウ,ステンレス 鋼 用 ハンダ 会 社 名 : 株 式 会 社 タセト 住 所 : 251-0014 神 奈 川 県 藤 沢 市 宮 前 100-1 担 当 部 門 : 品

More information

Microsoft Word - TNS11121(4) エチレンオキシド

Microsoft Word - TNS11121(4) エチレンオキシド 2015 年 12 月 1 日 TNS 11121 エチレンオキシト ( 第 4 版 )[1/10] 安 全 データシート 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 : エチレンオキシド 化 学 名 : エチレンオキシド (ethylene oxide) 会 社 名 : 大 陽 日 酸 株 式 会 社 住 所 : 142-8558 東 京 都 品 川 区 小 山 1-3-26

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 び に 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

( 服 務 従 事 者 ) 9 従 事 者 数 および 資 格 等 区 分 人 員 用 件 など 管 理 栄 養 士 または 栄 養 士 調 理 指 導 責 任 者 調 理 師 又 は 調 理 員 調 理 員 洗 浄 作 業 員 1 人 以 上 ( 常 勤 ) 常 時 1 人 以 上 勤 務 ( 常

( 服 務 従 事 者 ) 9 従 事 者 数 および 資 格 等 区 分 人 員 用 件 など 管 理 栄 養 士 または 栄 養 士 調 理 指 導 責 任 者 調 理 師 又 は 調 理 員 調 理 員 洗 浄 作 業 員 1 人 以 上 ( 常 勤 ) 常 時 1 人 以 上 勤 務 ( 常 熊 本 市 民 病 院 給 食 調 理 業 務 等 委 託 に 関 する 仕 様 書 熊 本 市 民 病 院 給 食 調 理 業 務 等 委 託 の 実 施 については この 仕 様 書 の 定 めるところによる ( 総 則 ) 1 件 名 熊 本 市 民 病 院 給 食 調 理 業 務 等 委 託 2 履 行 場 所 施 設 名 熊 本 市 立 熊 本 市 民 病 院 所 在 地 熊 本 市 東

More information

乙種第4類(危険物取扱者試験)

乙種第4類(危険物取扱者試験) 過 去 に 出 題 された 問 題 乙 種 第 4 類 危 険 物 取 扱 者 試 験 解 答 は 最 後 のページに 記 載 されています ( 注 ) 問 題 中 に 使 用 した 略 語 は 次 のとおりです 法 令 消 防 法 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 又 は 危 険 物 の 規 制 に 関 する 規 則 法 消 防 法 政 令 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令

More information

申出書記載に当たっての注意事項(中間物)

申出書記載に当たっての注意事項(中間物) 申 出 書 記 載 に 当 たっての 注 意 事 項 ( 輸 出 専 用 品 ) Ⅰ. 全 体 を 通 しての 注 意 事 項 申 出 書 及 び 確 認 書 の 様 式 は 新 規 化 学 物 質 の 製 造 又 は 輸 入 に 係 る 届 出 等 に 関 する 省 令 で 定 められているため 項 目 の 名 称 等 が 様 式 と 異 なる 場 合 に は 軽 微 なものであっても 受 け 付

More information

12

12 12. 維 持 管 理 12.1 維 持 管 理 1 給 水 装 置 は 水 道 使 用 者 に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 であり その 維 持 管 理 の 適 否 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えることから 水 が 汚 染 し 又 は 漏 れないように 的 確 に 管 理 を 行 うことが 必 要 である 2 給 水 装 置 は 水 道 使 用 者 等 が

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378>

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378> 香 川 県 立 丸 亀 病 院 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 目 的 病 院 給 食 関 係 法 令 に 基 づき 医 療 の 一 環 として 入 院 患 者 等 の 病 態 に 応 じた 適 切 な 食 事 を 提 供 し 治 療 又 は 回 復 を 図 るとともに その 生 活 の 質 の 向 上 に 資 することを 目 的 とする 2 基 本 的 運 営 方 針 患 者 給 食 は

More information

に 眼 入 った 場 合 : 水 で15 分 以 上 注 意 深 く 洗 うこと コンタクトレンズを 容 易 に 外 せる 場 合 には 外 して 洗 うこと 皮 を 膚 流 水 シャワーで 洗 うこと 皮 ( 膚 又 は 毛 髪 )に 付 着 した 場 合 : 直 ちに すべての 汚 染 された

に 眼 入 った 場 合 : 水 で15 分 以 上 注 意 深 く 洗 うこと コンタクトレンズを 容 易 に 外 せる 場 合 には 外 して 洗 うこと 皮 を 膚 流 水 シャワーで 洗 うこと 皮 ( 膚 又 は 毛 髪 )に 付 着 した 場 合 : 直 ちに すべての 汚 染 された 安 全 データシート(SDS) 1. 化 学 物 質 及 び 会 社 情 報 昭 和 化 学 株 式 会 社 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 本 町 4-3-8 担 当 TEL(03)3270-2701 FAX(03)3270-2720 緊 急 連 絡 同 上 改 訂 平 成 25 年 11 月 11 日 SDS 整 理 番 号 04251150 化 学 物 質 等 のコード : 0425-1150

More information

エアコンフィルター清掃業務仕様書

エアコンフィルター清掃業務仕様書 国 保 京 丹 波 町 病 院 清 掃 業 務 仕 様 書 1 目 的 当 業 務 は 単 に 施 設 の 美 観 維 持 のためだけではなく 院 内 感 染 防 止 及 び 衛 生 管 理 上 の 観 点 から 極 めて 重 要 な 業 務 であることを 認 識 し 患 者 サービスについても 最 大 限 配 慮 し 国 保 京 丹 波 町 病 院 の 運 営 に 寄 与 することを 目 的 とする

More information

2 この 条 例 の 施 行 前 に 法 に 基 づく 規 則 の 規 定 により 営 業 者 がしたふぐの 処 理 又 はふぐの 塩 蔵 処 理 に 係 る 届 出 は 第 四 条 第 一 項 又 は 第 四 項 の 規 定 によってした 届 出 とみなす 附 則 ( 平 成 十 四 年 十 二

2 この 条 例 の 施 行 前 に 法 に 基 づく 規 則 の 規 定 により 営 業 者 がしたふぐの 処 理 又 はふぐの 塩 蔵 処 理 に 係 る 届 出 は 第 四 条 第 一 項 又 は 第 四 項 の 規 定 によってした 届 出 とみなす 附 則 ( 平 成 十 四 年 十 二 食 品 衛 生 法 施 行 条 例 ( 趣 旨 ) 第 一 条 この 条 例 は 食 品 衛 生 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 二 百 三 十 三 号 以 下 法 という )の 施 行 に ついて 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする ( 食 品 衛 生 検 査 施 設 の 設 備 及 び 職 員 の 配 置 の 基 準 ) 第 二 条 食 品 衛 生 法 施 行 令 ( 昭 和

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208C9A927A95A882CC838C83578349836C838991CE8DF42E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208C9A927A95A882CC838C83578349836C838991CE8DF42E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 平 成 24 年 度 埼 玉 県 建 築 物 衛 生 管 理 研 修 会 日 時 : 平 成 25 年 2 月 4 日 ( 月 ) 場 所 : 埼 玉 会 館 小 ホール 彩 の 国 埼 玉 県 保 健 医 療 部 生 活 衛 生 課 埼 玉 県 のマスコット コバトン 1 開 会 平 成 24 年 度 埼 玉 県 建 築 物 衛 生 管 理 研 修 会 次 第 日 時 : 平 成 25 年 2

More information

長 野 県 における 熱 中 症 の 主 な 発 生 事 例 業 種 発 生 状 況 の 概 要 道 路 貨 物 運 送 業 工 場 内 で アルミ 合 金 の 鋳 造 作 業 中 に 脱 水 状 態 になり 同 僚 が 臥 床 させ 身 体 を 冷 却 して 病 院 へ 搬 送 した ボイラのばい

長 野 県 における 熱 中 症 の 主 な 発 生 事 例 業 種 発 生 状 況 の 概 要 道 路 貨 物 運 送 業 工 場 内 で アルミ 合 金 の 鋳 造 作 業 中 に 脱 水 状 態 になり 同 僚 が 臥 床 させ 身 体 を 冷 却 して 病 院 へ 搬 送 した ボイラのばい 長 野 県 における 熱 中 症 の 発 生 状 況 熱 中 症 の 発 生 件 数 の 推 移 ( 休 業 4 日 以 上 単 位 : 人 ) 長 野 労 働 局 8 9(1) 5 5 1 平 成 21 年 平 成 22 年 平 成 23 年 平 成 24 年 平 成 25 年 ( ) 内 は 死 亡 者 で 内 数 熱 中 症 の 業 種 別 年 別 発 生 状 況 ( 休 業 4 日 以 上

More information

Microsoft Word - ”‚Š¿…V…−†[…YNo19-7.doc

Microsoft Word - ”‚Š¿…V…−†[…YNo19-7.doc じん 臓 機 能 障 害 (1 級 3 級 4 級 ) じん 臓 は 体 の 適 切 な 水 分 量 や 必 要 な 塩 分 量 の 調 節 老 廃 物 の 排 泄 血 圧 や 血 液 成 分 の 数 時 間 から 数 日 にわたる 比 較 的 緩 やかな 継 続 的 な 調 節 を 主 な 機 能 としてしている この 機 能 に 障 害 があると 体 内 の 水 分 量 や 塩 分 の 調 節

More information

構造設備、機器及び衛生管理

構造設備、機器及び衛生管理 構 造 設 備 機 器 及 び 衛 生 管 理 構 造 設 備 4.1 原 則 構 造 設 備 は 次 のように 設 置 し 設 計 し 建 設 し 利 用 す a) 製 品 の 保 護 を 確 保 する b) 効 率 的 に 清 掃 衛 生 管 理 及 び 保 守 が 行 えるよ うにする c) 製 品 原 料 及 び 包 装 材 料 の 混 同 のリスクを 最 小 限 にする 区 域 の 種 類

More information

147

147 第 8 章 維 持 管 理 1. 維 持 管 理 給 水 装 置 は 需 用 者 に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 でありその 維 持 管 理 の 適 否 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えることから 水 が 汚 染 し 又 は 漏 れないように 的 確 に 管 理 を 行 う 必 要 がある 給 水 用 具 によっては 間 違 った 使 用 方 法 や 適 切

More information

IF 利 用 の 手 引 きの 概 要 - 日 本 病 院 薬 剤 師 会 - 1. 医 薬 品 インタビューフォーム 作 成 の 経 緯 当 該 医 薬 品 について 製 薬 企 業 の 医 薬 情 報 担 当 者 ( 以 下 MRと 略 す) 等 にインタビュ ーし 当 該 医 薬 品 の 評

IF 利 用 の 手 引 きの 概 要 - 日 本 病 院 薬 剤 師 会 - 1. 医 薬 品 インタビューフォーム 作 成 の 経 緯 当 該 医 薬 品 について 製 薬 企 業 の 医 薬 情 報 担 当 者 ( 以 下 MRと 略 す) 等 にインタビュ ーし 当 該 医 薬 品 の 評 2015 年 4 月 改 訂 ( 第 5 版 ) 日 本 標 準 商 品 分 類 番 号 873311 医 薬 品 インタビューフォーム 日 本 病 院 薬 剤 師 会 の IF 記 載 要 領 (1998 年 9 月 )に 準 拠 して 作 成 処 方 箋 医 薬 品 日 本 薬 局 方 生 理 食 塩 液 生 理 食 塩 液 ヒカリ Isotonic Sodium Chloride Solution

More information

平成28年度 南但広域行政事務組合・一般廃棄物処理実施計画

平成28年度 南但広域行政事務組合・一般廃棄物処理実施計画 平 成 28 年 度 一 般 廃 棄 物 (ごみ) 処 理 実 施 計 画 書 平 成 28 年 3 月 31 日 第 1 版 平 成 28 年 3 月 南 但 広 域 行 政 事 務 組 合 平 成 28 年 度 一 般 廃 棄 物 (ごみ) 処 理 実 施 計 画 平 成 28 年 3 月 1 基 本 的 事 項 (1) 計 画 区 域 南 但 地 域 全 域 ( 養 父 市 朝 来 市 の 全

More information

Microsoft Word - 漬物の衛生規範

Microsoft Word - 漬物の衛生規範 漬 物 の 衛 生 規 範 ( 平 成 24 年 10 月 12 日 改 正 ) 第 1 目 的 及 び 趣 旨 本 規 範 は 漬 物 に 係 る 衛 生 上 の 危 害 の 発 生 を 防 止 するため その 原 材 料 の 受 入 れから 製 品 の 販 売 までの 各 工 程 における 取 扱 い 等 の 指 針 を 示 し 漬 物 に 関 する 衛 生 の 確 保 及 び 向 上 を 図

More information

4)アウトブレイクに 介 入 している 5) 検 査 室 データが 疫 学 的 に 集 積 され, 介 入 の 目 安 が 定 められている 4. 抗 菌 薬 適 正 使 用 1) 抗 菌 薬 の 適 正 使 用 に 関 する 監 視 指 導 を 行 っている 2) 抗 MRSA 薬 の 使 用 に

4)アウトブレイクに 介 入 している 5) 検 査 室 データが 疫 学 的 に 集 積 され, 介 入 の 目 安 が 定 められている 4. 抗 菌 薬 適 正 使 用 1) 抗 菌 薬 の 適 正 使 用 に 関 する 監 視 指 導 を 行 っている 2) 抗 MRSA 薬 の 使 用 に 別 紙 24 基 準 感 染 防 止 対 策 地 域 連 携 加 算 チェック 項 目 表 A: 適 切 に 行 われている あるいは 十 分 である B: 適 切 に 行 われているが 改 善 が 必 要 あるいは 十 分 ではない C: 不 適 切 である あるいは 行 われていない X: 判 定 不 能 ( 当 該 医 療 機 関 では 実 施 の 必 要 性 がない 項 目 確 認 が 行

More information

Microsoft Word - 第3版_201209_KCX使用説明書.doc

Microsoft Word - 第3版_201209_KCX使用説明書.doc 脱 灰 液 K-CX 使 用 ガイド 使 用 説 明 書 K-CX を 使 用 される 前 に 必 ず 本 書 をお 読 み 下 さい 目 次 1. はじめに 1 2. K-CX について 1 3. K-CX を 用 いた 一 般 的 な 脱 灰 手 順 2 4. K-CX の 利 用 法 について 4 5. イヌ 硬 組 織 標 本 作 製 における K-CX 低 温 希 釈 脱 灰 法 7 6.

More information

(3) 冷 却 塔 管 理 の 調 査 現 状 の 冷 却 塔 の 洗 浄 方 法 洗 浄 回 数 薬 注 の 有 無 薬 注 している 場 合 はその 目 的 を 調 べる ま たレジオネラ 属 菌 検 査 の 状 況 およびその 結 果 を 調 べ 記 録 する 22

(3) 冷 却 塔 管 理 の 調 査 現 状 の 冷 却 塔 の 洗 浄 方 法 洗 浄 回 数 薬 注 の 有 無 薬 注 している 場 合 はその 目 的 を 調 べる ま たレジオネラ 属 菌 検 査 の 状 況 およびその 結 果 を 調 べ 記 録 する 22 図 1-Ⅱ-2 冷 却 塔 の 例 ( 左 : 開 放 型 右 : 密 閉 型 ) < 維 持 管 理 方 法 > 1. 維 持 管 理 の 留 意 点 建 築 物 の 冷 却 水 は 空 調 用 冷 凍 機 などの 熱 を 発 生 する 機 器 と 冷 却 塔 の 間 を 循 環 して 発 生 した 熱 を 冷 却 塔 から 放 出 するのに 用 いられる 冷 却 水 は 夏 期 に 水 温 25~35

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2083438347838D815B837B815B8368338C8E8D86205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2083438347838D815B837B815B8368338C8E8D86205B8CDD8AB78382815B83685D> 花 粉 症 と 微 小 粒 子 状 物 質 (PM2.5) 参 考 文 献 : 環 境 省 ホームページ http://www.env.go.jp/air/osen/pm/info.html 微 小 粒 子 状 物 質 (PM2.5)とは1 大 気 中 に 漂 う 粒 径 2.5μm (1μm=0.001mm) 以 下 の 小 さな 粒 子 の ことで 従 来 から 環 境 基 準 を 定 めて 対

More information

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業 第 4 部 災 害 種 別 対 策 計 画 第 1 章 海 上 災 害 対 策 第 1 節 周 辺 海 域 の 状 況 及 び 海 上 災 害 の 態 様 1 本 市 周 辺 海 域 の 状 況 本 市 の 海 岸 及 び 周 辺 海 域 は 本 市 港 湾 区 域 を 含 む 東 京 湾 側 と 5 つの 漁 港 区 域 を 含 む 相 模 湾 側 に 分 かれる 東 京 湾 側 は その 正 面

More information

1

1 -------------------------------------------------------------------------------- 別 添 5-4 事 後 調 査 の 計 画 -------------------------------------------------------------------------------- 1 事 後 調 査 項 目 の 選

More information

-4- 他 照 射 録 診 療 放 射 線 技 師 は 放 射 線 を 人 体 に 対 して 照 射 したときは 遅 滞 なく 必 要 事 項 を 記 載 した 照 射 録 を 作 成 し その 照 射 について 指 示 をした 医 師 又 は 歯 科 医 師 の 署 名 を 受 けているか ( 診

-4- 他 照 射 録 診 療 放 射 線 技 師 は 放 射 線 を 人 体 に 対 して 照 射 したときは 遅 滞 なく 必 要 事 項 を 記 載 した 照 射 録 を 作 成 し その 照 射 について 指 示 をした 医 師 又 は 歯 科 医 師 の 署 名 を 受 けているか ( 診 病 院 医 療 監 視 チェック 表 ( 放 射 線 関 係 ) 病 院 名 検 査 日 検 査 者 管 理 調 査 項 目 - 医 療 法 の 手 続 --5 診 療 放 射 線 機 器 の 届 出 - 患 者 入 院 状 況 --5 器 具 同 位 元 素 治 療 患 者 の 放 射 線 治 療 室 以 外 の 入 院 禁 止 --6 放 射 線 治 療 室 への 他 の 患 者 の 入 院 防

More information

環 境 方 針 < 環 境 理 念 > 我 々 八 幡 鍍 金 工 業 株 式 会 社 は 金 属 表 面 処 理 の 事 業 活 動 の 中 で 環 境 保 全 を 重 要 課 題 として 再 認 識 し10 年,50 年,100 年 後 も 自 然 と 共 存 できる 企 業 体 制 を 構 築

環 境 方 針 < 環 境 理 念 > 我 々 八 幡 鍍 金 工 業 株 式 会 社 は 金 属 表 面 処 理 の 事 業 活 動 の 中 で 環 境 保 全 を 重 要 課 題 として 再 認 識 し10 年,50 年,100 年 後 も 自 然 と 共 存 できる 企 業 体 制 を 構 築 2013 年 度 環 境 活 動 レポート (2013 年 4 月 ~2014 年 3 月 ) 認 証 登 録 番 号 0004215 (2009 年 10 月 2 日 登 録 ) (2013 年 10 月 2 日 更 新 ) 作 成 : 改 訂 : 2014 年 3 月 31 日 環 境 方 針 < 環 境 理 念 > 我 々 八 幡 鍍 金 工 業 株 式 会 社 は 金 属 表 面 処 理 の

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 大 規 模 事 故 編 目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 大 規 模 事 故 への 体 制 1 第 1 防 災 体 制 の 確 立 1 第 2 報 告 2 第 3 災 害 救 助 法 の 適 用 3 第 2 章 大 規 模 事 故 対 策 計 画 第 1 節 航 空 機 災 害 対 策 5 第 1 基 本 方 針 5 第 2 予 防 計 画 5 第 3 応 急 対 策 計 画 6 第 2 節

More information

89892(JP)

89892(JP) ペ ー ジ 1/9 1 化 学 品 及 び 会 社 情 報 製 品 識 別 子 製 品 番 号 : 89892 CAS 番 号 : 70693-62-8 EC 番 号 : 274-778-7 該 当 純 物 質 または 混 合 物 の 関 連 特 定 用 途 及 び 使 用 禁 止 用 途. 特 定 された 用 途 : SU24 科 学 研 究 と 開 発 の 供 給 元 の 詳 細 情 報 製 造

More information

LGWAN(エルジーワン) 総 合 行 政 ネットワーク( Local Government )の Wide 略 称 Area Network 地 方 公 共 団 体 の 組 織 内 ネットワークを 相 互 に 接 続 し 地 方 公 共 団 体 間 のコミュニケーションの 円 滑 化 情 報 共

LGWAN(エルジーワン) 総 合 行 政 ネットワーク( Local Government )の Wide 略 称 Area Network 地 方 公 共 団 体 の 組 織 内 ネットワークを 相 互 に 接 続 し 地 方 公 共 団 体 間 のコミュニケーションの 円 滑 化 情 報 共 参 考 茂 原 市 国 民 保 護 計 画 用 語 集 あ 行 安 定 ヨウ 素 剤 原 子 力 施 設 等 の 事 故 に 備 えて 服 用 するために 調 合 した 放 射 能 をもたないヨウ 素 をいう 被 ばく 前 に 安 定 ヨウ 素 剤 を 服 用 することにより 甲 状 腺 (ヨウ 素 が 濃 集 しやすい )をヨウ 素 で 飽 和 して おくと 被 ばくしても 放 射 性 ヨウ 素

More information

本 ガイドラインの 策 定 経 緯 位 置 付 け 平 成 22 年 4 月 1 日 より 改 正 土 壌 汚 染 対 策 法 ( 以 下 改 正 法 という )が 全 面 施 行 されたことを 受 け 実 務 に 従 事 する 地 方 公 共 団 体 及 び 事 業 者 の 方 が 改 正 法 に

本 ガイドラインの 策 定 経 緯 位 置 付 け 平 成 22 年 4 月 1 日 より 改 正 土 壌 汚 染 対 策 法 ( 以 下 改 正 法 という )が 全 面 施 行 されたことを 受 け 実 務 に 従 事 する 地 方 公 共 団 体 及 び 事 業 者 の 方 が 改 正 法 に 汚 染 土 壌 の 処 理 業 に 関 するガイドライン ( 改 訂 第 2 版 ) 平 成 24 年 5 月 環 境 省 水 大 気 環 境 局 土 壌 環 境 課 本 ガイドラインの 策 定 経 緯 位 置 付 け 平 成 22 年 4 月 1 日 より 改 正 土 壌 汚 染 対 策 法 ( 以 下 改 正 法 という )が 全 面 施 行 されたことを 受 け 実 務 に 従 事 する 地

More information

アフターケア.indd

アフターケア.indd 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 中 の 方 治 った 方 へ アフターケア 制 度 のご 案 内 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 されている 方 は そのケガ や 病 気 が 治 った 後 も 再 発 や 後 遺 障 害 に 伴 う 新 たな 病 気 を 防 ぐため 労 災 指 定 医 療 機 関 でアフターケア( 診 察 や 保 健 指 導 検 査 など)を 無 料 で 受 診

More information

Microsoft Word - ★【通知】「大量調理施設衛生管理マニュアル」の改正について(番号入り)

Microsoft Word - ★【通知】「大量調理施設衛生管理マニュアル」の改正について(番号入り) 食 安 発 1022 第 10 号 平 成 25 年 10 月 22 日 都 道 府 県 知 事 各 保 健 所 設 置 市 長 殿 特 別 区 長 厚 生 労 働 省 医 薬 食 品 局 食 品 安 全 部 長 ( 公 印 省 略 ) 大 量 調 理 施 設 衛 生 管 理 マニュアル の 改 正 について 大 量 調 理 施 設 衛 生 管 理 マニュアル については 大 規 模 食 中 毒 対

More information

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4 2015 年 6 月 改 訂 薬 価 基 準 収 載 処 方 箋 医 薬 品 : 注 意 - 医 師 等 の 処 方 箋 により 使 用 すること - 医 薬 品 の 適 正 使 用 に 欠 かせない 情 報 です 使 用 前 に 必 ずお 読 みください - 新 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 の 解 説 禁 忌 ( 次 の 患 者 には 投 与 しないこと) 本 剤 の 成 分 に 対

More information

1. 簡 易 専 用 水 道 とは 水 道 事 業 者 から 供 給 を 受 ける 水 のみが 水 源 であり マンションや 大 型 店 舗 など 受 水 槽 を 経 由 して 建 物 に 水 道 水 を 供 給 する 施 設 ( 貯 水 槽 水 道 )のうち 受 水 槽 の 有 効 容 量 の 合

1. 簡 易 専 用 水 道 とは 水 道 事 業 者 から 供 給 を 受 ける 水 のみが 水 源 であり マンションや 大 型 店 舗 など 受 水 槽 を 経 由 して 建 物 に 水 道 水 を 供 給 する 施 設 ( 貯 水 槽 水 道 )のうち 受 水 槽 の 有 効 容 量 の 合 太 田 市 簡 易 専 用 水 道 の 手 引 き 問 い 合 わせ 先 太 田 市 役 所 環 境 政 策 課 電 話 : 0276-47-1893 FAX : 0276-47-1881 1. 簡 易 専 用 水 道 とは 水 道 事 業 者 から 供 給 を 受 ける 水 のみが 水 源 であり マンションや 大 型 店 舗 など 受 水 槽 を 経 由 して 建 物 に 水 道 水 を 供 給

More information

           目    次

           目    次 第 10 章 維 持 管 理 第 10 章 維 持 管 理 1 給 水 装 置 の 維 持 管 理 給 水 装 置 は 年 月 の 経 過 に 伴 う 材 質 の 劣 化 により 故 障 漏 水 等 の 事 故 が 発 生 す ることがある 事 故 を 未 然 に 防 止 するため 又 は 最 小 限 に 抑 えるためには 維 持 管 理 を 行 うことが 重 要 である (1) 給 水 装 置 工

More information

目 次 予 防 服 用 フローチャート 1 マニュアル 使 用 上 の 注 意 2 1 曝 露 発 生 時 の 対 応 2 < 曝 露 事 故 の 発 生 した 医 療 機 関 での 対 応 > 2 < 拠 点 病 院 での 対 応 > 4 < 専 門 医 への 相 談 が 推 奨 される 状 況

目 次 予 防 服 用 フローチャート 1 マニュアル 使 用 上 の 注 意 2 1 曝 露 発 生 時 の 対 応 2 < 曝 露 事 故 の 発 生 した 医 療 機 関 での 対 応 > 2 < 拠 点 病 院 での 対 応 > 4 < 専 門 医 への 相 談 が 推 奨 される 状 況 HIV への 職 業 上 曝 露 後 の 感 染 防 止 予 防 服 用 マニュアル 一 般 医 療 機 関 用 平 成 26 年 10 月 < 兵 庫 県 エイズ 拠 点 病 院 連 絡 協 議 会 編 > 兵 庫 県 健 康 福 祉 部 健 康 局 疾 病 対 策 課 目 次 予 防 服 用 フローチャート 1 マニュアル 使 用 上 の 注 意 2 1 曝 露 発 生 時 の 対 応 2

More information

中部析水苑他運転管理業務委託特記仕様書

中部析水苑他運転管理業務委託特記仕様書 姫 路 市 コミュニティ プラント 等 運 転 管 理 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 姫 路 市 下 水 道 管 理 センター 姫 路 市 コミュニティ プラント 等 運 転 管 理 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 仕 様 書 は 姫 路 市 が 発 注 するコミュニティ プラント 上 菅 処 理 場 城 山 浄 化 センター 及 びマ

More information

マニュアル 使 用 上 の 注 意 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 ( 事 象 ) 後 のHIV 感 染 を 防 止 するためには 事 象 発 生 後 できるだけ 早 く 抗 HIV 薬 の 服 用 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 発 生 後 速 やかに 服 用 するために 医

マニュアル 使 用 上 の 注 意 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 ( 事 象 ) 後 のHIV 感 染 を 防 止 するためには 事 象 発 生 後 できるだけ 早 く 抗 HIV 薬 の 服 用 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 発 生 後 速 やかに 服 用 するために 医 熊 本 県 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 後 の 抗 HIV 薬 服 用 マニュアル 平 成 25 年 3 月 マニュアル 使 用 上 の 注 意 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 ( 事 象 ) 後 のHIV 感 染 を 防 止 するためには 事 象 発 生 後 できるだけ 早 く 抗 HIV 薬 の 服 用 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 発 生 後 速 やかに

More information

地球温暖化対策推進法に基づく

地球温暖化対策推進法に基づく 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 25(2013) 温 の 集 計 結 果 平 成 28 年 6 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 は 温 スを 相 当 程 度 多 く する

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 19 年 4 月 昭 島 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想 定

More information

は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切 に 抗 HIV 薬 の 予 防 内 服 を 行 うことができるように,それぞ

は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切 に 抗 HIV 薬 の 予 防 内 服 を 行 うことができるように,それぞ 医 療 従 事 者 等 における 体 液 曝 露 事 故 後 の HIV 感 染 防 止 マニュアル 徳 島 県 エイズ 連 携 会 議 ( 平 成 28 年 4 月 改 訂 ) は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切

More information

循 環 式 浴 槽 におけるレジオネラ 症 防 止 対 策 マニュアル 目 次 はじめに ------------------------------------------------------------------------------------- 1 I. レジオネラ 症 とは ---

循 環 式 浴 槽 におけるレジオネラ 症 防 止 対 策 マニュアル 目 次 はじめに ------------------------------------------------------------------------------------- 1 I. レジオネラ 症 とは --- 循 環 式 浴 槽 におけるレジオネラ 症 防 止 対 策 マニュアル 循 環 式 浴 槽 におけるレジオネラ 症 防 止 対 策 マニュアル 目 次 はじめに ------------------------------------------------------------------------------------- 1 I. レジオネラ 症 とは ------------------------------------------------------------------------

More information

Microsoft Word - 成田市給水装置工事施行基準(H27改定版)(黒)

Microsoft Word - 成田市給水装置工事施行基準(H27改定版)(黒) 第 7 章 維 持 管 理 138 第 7 章 維 持 管 理 7.1 維 持 管 理 給 水 装 置 はお 客 様 ( 需 要 者 )に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 であり 給 水 装 置 の 的 確 な 維 持 管 理 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えるため 水 を 汚 染 し 又 は 漏 水 のない よう 随 時 又 は 定 期 的 に 行 うこと 給

More information

産業医の職務資料

産業医の職務資料 産 業 医 の 職 務 資 料 健 康 管 理 健 康 診 断 の 種 類 について 健 康 診 断 は 労 働 安 全 衛 生 法 などで 事 業 者 に 実 施 が 義 務 付 けられている 一 般 健 康 診 断 ( 労 働 安 全 衛 生 法 第 66 条 第 1 項 )と 特 殊 健 康 診 断 ( 労 働 安 全 衛 生 法 第 66 条 第 2 3 項 )の 2 種 類 に 加 え 行

More information

院内肺炎予防策

院内肺炎予防策 3-3. 院 内 肺 炎 予 防 策 Ⅰ. 病 院 感 染 肺 炎 (Nosocomial Pneumonia ; NP) なんらかの 基 礎 疾 患 のため 入 院 治 療 を 行 っている 患 者 が, 入 院 後 48 時 間 から 72 時 間 後 に 発 症 する 下 気 道 の 肺 炎 である Ⅱ. 肺 炎 の 疫 学 米 国 では, 肺 炎 は 尿 路 感 染 についで 多 く 全 病

More information

の 流 出 が 妨 げられないようにするこ (6) 加 湿 水 の 補 給 水 槽 がある 場 合 には, 定 期 的 に 清 掃 するこ (7) 気 化 式 加 湿 器 については, 加 湿 材 の 汚 れ 及 び 加 湿 能 力 を 点 検 し, 必 要 に 応 じて 洗 浄 又 は 交 換 を

の 流 出 が 妨 げられないようにするこ (6) 加 湿 水 の 補 給 水 槽 がある 場 合 には, 定 期 的 に 清 掃 するこ (7) 気 化 式 加 湿 器 については, 加 湿 材 の 汚 れ 及 び 加 湿 能 力 を 点 検 し, 必 要 に 応 じて 洗 浄 又 は 交 換 を 別 添 茨 城 県 建 築 物 環 境 衛 生 維 持 管 理 要 領 第 1 空 気 環 境 の 調 整 1 空 気 調 和 設 備 等 の 運 転 操 作 空 気 調 和 設 備 等 ( 空 気 調 和 設 備 又 は 機 械 換 気 設 備 をいう )の 運 転 操 作 については, 気 象 条 件, 各 居 室 の 使 用 状 況, 過 去 における 空 気 環 境 の 測 定 結 果 等

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information