Microsoft Word  年次総会資料(HP掲載用(税制効果額削除+新役員体制追加版))

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 20140523 年次総会資料(HP掲載用(税制効果額削除+新役員体制追加版))"

Transcription

1 広 報 用 資 料 2014 年 度 定 期 航 空 協 会 年 次 総 会 資 料 年 度 事 業 報 告 P 年 度 事 業 方 針 P.10 3 役 員 の 選 任 P 年 5 月 23 日

2 年 度 事 業 報 告 定 期 航 空 協 会 規 約 第 3 条 に 示 された 本 会 の 目 的 達 成 のため 2013 年 度 事 業 とし て 実 施 した 協 会 運 営 各 政 策 課 題 への 取 り 組 み 等 は 以 下 のとおりである Ⅰ. 協 会 主 催 の 会 議 1. 総 会 (1) 臨 時 総 会 開 催 日 2013 年 4 月 15 日 議 案 1 監 事 の 選 任 (2) 年 次 総 会 開 催 日 2013 年 5 月 20 日 議 案 年 度 事 業 報 告 年 度 収 支 決 算 年 度 事 業 方 針 年 度 収 支 予 算 5 役 員 の 選 任 2. 理 事 会 (1) 第 86 回 開 催 日 2013 年 4 月 8 日 議 案 1 監 事 候 補 者 の 推 薦 2 臨 時 総 会 の 開 催 3ANAホールディングス 株 式 会 社 の 入 会 4 常 任 委 員 会 委 員 の 交 代 (2) 第 87 回 開 催 日 2013 年 4 月 24 日 議 案 年 度 事 業 報 告 年 度 収 支 決 算 年 度 事 業 方 針 年 度 収 支 予 算 5 役 員 の 選 任 (3) 第 88 回 開 催 日 2014 年 4 月 10 日 議 案 1 株 式 会 社 ジェイエアの 入 会 2 常 任 委 員 会 委 員 の 交 代 -1-

3 Ⅱ. 各 政 策 課 題 への 対 応 1. 安 全 かつ 安 定 的 な 航 空 輸 送 サービスの 提 供 に 係 る 事 項 (1) 安 全 対 策 の 強 化 会 員 各 社 の 社 長 を 委 員 とする 安 全 委 員 会 を 開 催 し 東 日 本 大 震 災 の 経 験 を 踏 まえ 防 災 リスクマネジメントといったテーマについて 経 営 トップの 情 報 知 見 の 共 有 化 を 図 った (2) 危 険 物 輸 送 への 対 応 航 空 機 による 爆 発 物 等 の 輸 送 基 準 等 を 定 める 告 示 に 沿 った 運 用 につい て 国 土 交 通 省 航 空 局 国 内 定 期 航 空 保 安 協 議 会 航 空 保 安 事 業 センター を 中 心 とする 調 整 に 参 加 し 旅 客 への 周 知 においてもサポートを 実 施 した (3) 中 国 による 防 空 識 別 圏 設 定 空 域 を 航 行 する 際 の 対 応 2013 年 11 月 下 旬 の 中 国 当 局 による 防 空 識 別 圏 の 設 定 については 我 が 国 政 府 の 対 応 により 当 該 空 域 において 安 全 に 運 航 できることが 担 保 された ことから 当 協 会 として 政 府 方 針 及 び 協 力 要 請 のとおり 中 国 当 局 へ 飛 行 計 画 を 提 出 しないことを 決 め 会 員 会 社 に 周 知 した (4) 航 空 交 通 管 制 関 連 事 項 への 対 応 1 大 規 模 災 害 発 生 時 における 管 制 対 応 検 討 会 南 海 トラフ 地 震 や 首 都 圏 直 下 地 震 等 の 大 規 模 災 害 発 生 により 国 内 の 多 数 空 港 が 同 時 に 閉 鎖 した 場 合 を 想 定 し 航 行 中 の 航 空 機 が 安 全 に 着 陸 するための 管 制 運 用 について 検 討 する 国 土 交 通 省 航 空 局 主 催 の 大 規 模 災 害 発 生 時 における 管 制 対 応 検 討 会 に 参 画 し 当 該 事 態 発 生 時 の 管 制 運 用 に 対 する 留 意 点 等 について 意 見 を 述 べた 2 移 動 受 信 用 地 上 基 幹 放 送 等 に 係 る 制 度 整 備 ( 案 )に 対 する 意 見 募 集 総 務 省 による 移 動 受 信 用 地 上 基 幹 放 送 等 に 係 る 制 度 整 備 ( 案 )に 対 する 意 見 募 集 に 対 し 隣 接 周 波 数 帯 が 航 空 機 着 陸 時 の 精 密 進 入 に 使 用 されるILS 等 に 割 り 当 てられているため 当 該 運 用 において 混 信 等 が 発 生 しないよう 万 全 を 期 すことを 求 めるパブリックコメントを 提 出 した -2-

4 2. 利 用 者 利 便 の 向 上 に 係 る 事 項 (1) 空 域 航 空 路 再 編 への 対 応 1 CARATS 推 進 協 議 会 国 土 交 通 省 航 空 局 主 催 の 将 来 の 航 空 交 通 システムに 関 する 推 進 協 議 会 に 参 画 し ロードマップの 作 成 や 指 標 の 設 定 目 標 の 達 成 度 の 検 証 方 法 等 について 要 望 し 取 りまとめへの 反 映 を 行 った 2 東 京 国 際 空 港 の 航 空 機 船 舶 安 全 確 保 等 検 討 委 員 会 国 土 交 通 省 航 空 局 主 催 の 東 京 国 際 空 港 国 際 線 ネットワーク 拡 充 に 係 る 航 空 機 と 船 舶 の 安 全 確 保 等 検 討 委 員 会 に 参 画 し 東 京 湾 航 行 船 舶 に 伴 う 東 京 国 際 空 港 の 航 空 機 運 航 制 限 を 軽 減 させるための 運 用 方 式 に 関 し 国 土 交 通 省 航 空 局 等 の 関 係 者 と 意 見 交 換 を 行 った (2) 空 港 整 備 への 対 応 切 迫 性 の 高 い 地 震 に 対 して 津 波 による 浸 水 の 可 能 性 があると 考 えられ る 空 港 ( 仙 台 高 知 宮 崎 大 分 )を 対 象 とする 空 港 の 津 波 早 期 復 旧 対 策 検 討 委 員 会 に 委 員 として 参 加 した 津 波 被 害 を 受 けた 場 合 に 早 期 に 空 港 を 再 開 させるための 留 意 点 等 について 意 見 を 述 べ 4 空 港 における 津 波 早 期 復 旧 計 画 がとりまとめられた (3)インフルエンザ 等 対 策 特 別 措 置 法 への 対 応 新 型 インフル 特 措 法 において 指 定 公 共 機 関 が 作 成 すべきと 定 められて いる 業 務 計 画 を 策 定 するにあたり 民 間 事 業 者 としての 自 主 的 な 判 断 や 安 全 の 確 保 を 担 保 しながら 指 定 公 共 機 関 の 役 割 を 果 たすべく 国 土 交 通 省 航 空 局 や 大 臣 官 房 危 機 管 理 室 との 協 議 を 行 った (4) 電 子 機 器 の 使 用 制 限 見 直 しへの 対 応 安 全 阻 害 行 為 に 指 定 している 航 空 機 内 での 電 子 機 器 の 使 用 について 運 航 の 安 全 を 大 前 提 に 米 国 やEUにおけるルール 変 更 と 整 合 を 図 り 航 空 機 内 の 秩 序 を 乱 すことなく 航 空 機 内 における 電 子 機 器 の 使 用 拡 大 を 図 るた め 国 土 交 通 省 航 空 局 と 調 整 を 実 施 した -3-

5 3.わが 国 航 空 産 業 の 競 争 力 強 化 に 係 る 事 項 (1) 平 成 26 年 度 税 制 改 正 要 望 1 航 空 機 燃 料 税 軽 減 措 置 の 延 長 平 成 23 年 度 税 制 改 正 において 平 成 23~25 年 度 の 間 26,000 円 /キロリットル から18,000 円 /キロリットルへの 大 幅 な 軽 減 がはじめて 実 現 され 本 邦 航 空 会 社 の 自 己 改 革 とも 相 まって サービス 品 質 改 善 等 利 用 者 利 便 の 向 上 が 実 現 されてきているなど 本 邦 航 空 会 社 にとっては 欠 くことのできない 措 置 となってきた 本 税 の 創 設 趣 旨 である 空 港 整 備 等 の 財 源 としての 役 割 は 終 えている こと および 諸 外 国 では 極 めて 稀 な 税 制 であり 本 邦 航 空 会 社 の 国 際 競 争 力 を 高 める 上 での 大 きな 課 題 となっていることから 将 来 的 な 本 税 の 廃 止 または 大 幅 低 減 も 見 据 え 本 軽 減 措 置 の 延 長 について 主 張 し 協 会 要 望 が 実 現 されることとなった 国 内 路 線 ( 沖 縄 離 島 路 線 を 除 く): 平 成 26 年 4 月 1 日 から 平 成 29 年 3 月 31 日 まで1キロリットル 当 たり: 18,000 円 ( 本 則 :26,000 円 )< 継 続 > 沖 縄 路 線 : 平 成 26 年 4 月 1 日 から 平 成 29 年 3 月 31 日 まで1キロリットル 当 たり: 9,000 円 ( 本 則 :26,000 円 )< 継 続 > * 対 象 路 線 として 沖 縄 県 の 区 域 内 の 各 地 間 を 航 行 する 航 空 機 が 追 加 された < 拡 充 > 離 島 路 線 : 平 成 26 年 4 月 1 日 から 平 成 29 年 3 月 31 日 まで1キロリットル 当 たり: 13,500 円 ( 本 則 :26,000 円 )< 継 続 > 2 国 内 線 航 空 機 に 対 する 固 定 資 産 税 軽 減 措 置 の 延 長 国 際 線 離 島 運 航 航 空 機 に 対 しては 本 税 の 恒 久 措 置 として 軽 減 が 図 られており 主 にローカル 線 を 運 航 する 国 内 線 運 航 航 空 機 に 対 しても 暫 定 的 に 一 部 軽 減 が 図 られているところではあるが 航 空 機 に 固 定 資 産 税 を 課 している 国 は 稀 であり 本 邦 航 空 会 社 の 国 際 競 争 力 を 削 ぐ 要 因 と なっていることから 将 来 的 な 本 税 の 非 課 税 化 も 見 据 え 国 内 線 運 航 航 空 機 に 対 する 本 軽 減 措 置 の 延 長 について 主 張 し 協 会 要 望 が 実 現 された 国 内 線 就 航 機 : 最 大 離 陸 重 量 200t 以 上 または 地 方 就 航 時 間 割 合 2/3 未 満 の 航 空 機 : 平 成 26 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までの 間 新 たに 固 定 資 産 税 が 課 されることとなる 航 空 機 に 対 して 最 初 の3 年 度 の 課 税 標 準 を 本 則 の2/3に 軽 減 < 継 続 > -4-

6 最 大 離 陸 重 量 200t 未 満 かつ 地 方 路 線 時 間 割 合 2/3 以 上 の 航 空 機 : 平 成 26 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までの 間 新 たに 固 定 資 産 税 が 課 されることとなる 航 空 機 に 対 して 最 初 の5 年 度 の 課 税 標 準 を 本 則 の2/5に 軽 減 < 継 続 > 国 内 線 就 航 機 ( 最 大 離 陸 重 量 50t 未 満 かつ 羽 田 / 伊 丹 発 着 路 線 を 除 く 路 線 の 就 航 時 間 割 合 2/3 以 上 の 航 空 機 ): 最 大 離 陸 重 量 30t 以 上 50t 未 満 の 航 空 機 : 平 成 26 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までの 間 新 たに 固 定 資 産 税 が 課 されることとなる 航 空 機 に 対 して 最 初 の1 年 度 の 課 税 標 準 を 本 則 の3/8 その 後 の4 年 度 の 課 税 標 準 を 本 則 の2/5に 軽 減 < 拡 充 > 最 大 離 陸 重 量 30t 未 満 の 航 空 機 : 平 成 26 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までの 間 新 たに 固 定 資 産 税 が 課 されることとなる 航 空 機 に 対 して 最 初 の5 年 度 の 課 税 標 準 を 本 則 の1/4に 軽 減 < 拡 充 > 3 地 球 温 暖 化 対 策 税 還 付 措 置 の 延 長 国 内 線 航 空 機 燃 料 に 対 しては 暫 定 的 に 本 税 の 還 付 措 置 が 図 られてい るところではあるが 航 空 機 燃 料 には 代 替 物 が 存 在 せず 本 課 税 は 使 用 燃 料 削 減 のインセンティブとはなりえない また すでに 化 石 燃 料 課 税 として 航 空 機 燃 料 税 が 課 せられているほか 本 税 同 様 の 環 境 税 を 課 して いる 欧 州 諸 国 においては 航 空 輸 送 は 非 課 税 とされており 更 なる 負 担 は 国 際 競 争 力 の 阻 害 要 因 となることから 本 還 付 措 置 の 延 長 について 主 張 し 協 会 要 望 が 実 現 されることとなった 国 内 線 航 空 機 燃 料 : 平 成 26 年 4 月 1 日 から 平 成 29 年 3 月 31 日 まで: 還 付 < 継 続 ( 期 間 は3 年 間 となり 拡 充 )> * 国 際 線 航 空 機 燃 料 は 本 税 課 税 対 象 外 4 航 空 機 部 分 品 等 に 対 する 関 税 免 税 の 延 長 本 邦 で 使 用 されているほぼ 全 ての 航 空 機 は 外 国 製 であるため 航 空 機 の 整 備 修 理 に 使 用 する 部 分 品 等 についても 航 空 局 認 可 規 程 に 定 めら れた 外 国 からの 輸 入 品 の 使 用 が 求 められている 航 空 機 整 備 修 理 の 円 滑 な 実 施 と 航 空 機 の 安 全 性 確 保 のため 航 空 機 の 部 分 品 等 に 関 して 本 免 税 措 置 の 延 長 について 主 張 し 協 会 要 望 が 実 現 されることとなった 航 空 機 部 分 品 等 に 対 する 関 税 : 平 成 26 年 4 月 1 日 から 平 成 29 年 3 月 31 日 まで: 免 税 < 継 続 > -5-

7 5 航 空 券 連 帯 税 ( 仮 称 )の 導 入 反 対 国 際 連 帯 税 が 法 制 化 された 場 合 に 新 たな 課 税 として 検 討 されている 国 際 航 空 券 に 対 する 課 税 については わが 国 航 空 産 業 の 競 争 力 を 阻 害 する ものであり 国 土 交 通 省 航 空 局 とも 歩 調 を 合 わせ 関 係 者 一 体 となった 強 い 導 入 反 対 の 取 り 組 みの 結 果 平 成 26 年 度 における 導 入 は 見 送 られた (2) 着 陸 料 軽 減 措 置 に 係 る 対 応 2014 年 度 より 全 体 の 歳 入 規 模 は 維 持 しながら 国 内 線 着 陸 料 の 一 部 を 旅 客 数 連 動 とする 体 系 へ 移 行 されることに 対 し パブリックコメントを 提 出 し 今 後 低 需 要 時 の 航 空 会 社 による 固 定 費 負 担 リスクへの 対 応 に 留 ま らず 抜 本 的 な 利 用 者 負 担 軽 減 につながる 政 策 を 推 進 するよう 要 望 した (3) 那 覇 空 港 滑 走 路 増 設 事 業 の 予 算 措 置 2014 年 1 月 に 着 工 し 2019 年 末 までの 完 成 が 予 定 されている 那 覇 空 港 滑 走 路 増 設 事 業 に 要 する 経 費 への 予 算 措 置 につき 国 土 交 通 省 航 空 局 との 打 ち 合 わせやエアライン 連 絡 調 整 会 議 を 通 じて 情 報 収 集 や 意 見 交 換 を 行 っ てきたところ 2014 年 度 から2018 年 度 までの5 年 間 総 事 業 費 1993 億 円 に 対 し 国 費 330 億 円 ( 空 整 勘 定 150 億 円 一 般 会 計 180 億 円 )を 計 上 する 措 置 が 講 じられた (4) 国 管 理 空 港 等 における 空 港 経 営 改 革 推 進 への 対 応 民 活 空 港 運 営 法 の 成 立 を 受 け 基 本 方 針 が 策 定 されるにあたっては 国 土 交 通 省 航 空 局 との 協 議 やパブリックコメントを 通 じて 利 用 者 負 担 の 適 正 化 や 利 用 者 意 見 が 尊 重 される 制 度 を 要 望 し その 方 向 性 が 基 本 方 針 に 盛 り 込 まれた (5) 国 土 交 通 省 交 通 政 策 審 議 会 航 空 分 科 会 基 本 政 策 部 会 への 対 応 第 6 回 から 第 14 回 まで 合 計 9 回 開 催 された 基 本 政 策 部 会 に 関 して 国 土 交 通 省 航 空 局 との 情 報 共 有 等 を 通 じて 動 向 を 注 視 し 特 に 中 間 とりまとめに 向 けては 利 用 者 利 便 の 向 上 や 利 用 者 負 担 の 軽 減 について 協 議 を 重 ねた (6) 航 空 機 無 線 設 備 の 検 査 等 に 関 する 規 制 緩 和 への 対 応 総 務 省 航 空 機 局 の 定 期 検 査 等 に 関 する 評 価 会 における 作 業 チームの 構 成 員 として 航 空 機 無 線 設 備 の 検 査 等 に 係 る 規 制 見 直 しの 検 討 に 参 画 し 安 全 性 確 保 を 前 提 に 業 界 要 望 の 反 映 に 取 り 組 んだ -6-

8 4. 社 会 的 な 役 割 の 遂 行 に 係 る 事 項 (1) 環 境 対 策 1 地 球 温 暖 化 防 止 への 対 応 日 本 経 済 団 体 連 合 会 ( 以 下 経 団 連 ) 国 土 交 通 省 が 各 々 取 りまとめ を 行 っている 温 室 効 果 ガス 対 策 に 係 る 自 主 行 動 計 画 に 航 空 分 野 の 進 捗 状 況 を 反 映 させた 提 供 座 席 キロあたりCO2 排 出 量 は 2008~2012 年 度 の 平 均 で1990 年 度 比 16.7% 削 減 となり 目 標 の13.5% 削 減 を 達 成 す ることができた (*) 目 標 : 提 供 座 席 キロあたりCO2 排 出 量 を2008~2012 年 度 の 平 均 で1990 年 度 比 13.5% 削 減 : 2 循 環 型 社 会 形 成 への 対 応 経 団 連 が 取 りまとめを 行 っている 廃 棄 物 削 減 に 向 けた 自 主 行 動 計 画 に 航 空 分 野 の 進 捗 状 況 を 反 映 させた 2012 年 度 実 績 は179トンで あり 航 空 分 野 の 目 標 (*) 達 成 に 向 けて 順 調 に 推 移 している (*) 目 標 : 2015 年 における 産 業 廃 棄 物 最 終 処 分 量 を202トンまで 削 減 3 バイオジェット 燃 料 等 代 替 燃 料 への 対 応 バイオジェット 燃 料 等 代 替 燃 料 への 対 応 について 国 土 交 通 省 経 済 産 業 省 石 油 業 界 と 協 議 を 開 始 した 2020 年 にはバイオジェット 燃 料 を 本 格 導 入 できるよう 2015 年 度 から 官 民 一 体 となった 実 証 試 験 を 実 施 す るための 調 整 を 実 施 している 4 エコエアポート ガイドライン 改 訂 への 対 応 エコエアポート ガイドライン(*) 検 討 会 に 参 画 し 航 空 会 社 の 取 り 組 み 事 例 を 紹 介 するなかで バイオジェット 燃 料 等 代 替 燃 料 の 普 及 に 向 けた 取 り 組 み 強 化 の 重 要 性 を 紹 介 した (*)2003 年 策 定 2006 年 改 訂 5 ICAOへの 対 応 ( 国 際 航 空 分 野 における 温 室 効 果 ガス 排 出 削 減 対 策 ) 国 際 航 空 分 野 における 気 候 変 動 対 策 について 国 土 交 通 省 と 連 携 して 対 応 を 図 ってきたが 2013 年 のICAO 総 会 において 市 場 メカニズムを 活 用 した 世 界 的 な 排 出 削 減 制 度 (グローバルMBM)の 構 築 が 決 定 され 2020 年 から 実 施 するための 仕 組 みを2016 年 の 次 回 ICAO 総 会 に 提 案 されるこ ととなった また 2020 年 までの 間 に 地 域 的 なMBMを 実 施 する 場 合 は 領 空 内 であっても 関 係 国 の 相 互 合 意 の 取 り 付 けが 必 要 になることと 少 量 排 出 国 を 除 外 して 適 用 するとされた 引 き 続 き 国 土 交 通 省 と 連 携 し て 仕 組 みの 調 整 を 図 っている -7-

9 6 欧 州 排 出 権 取 引 (EU-ETS)への 対 応 2013 年 のICAO 総 会 を 受 けて 欧 州 委 員 会 から2014 年 から 範 囲 をEU 領 空 に 限 定 してEU-ETSを 導 入 するとともに 少 量 排 出 国 を 除 外 する 制 度 変 更 の 提 案 を 受 け 国 土 交 通 省 と 連 携 して 導 入 延 期 に 向 けた 対 応 を 図 った 結 果 2014 年 4 月 3 日 の 欧 州 会 議 において 2016 年 ICAO 総 会 でグローバルMBM が 提 案 されることを 前 提 として 2016 年 まではEU 域 外 とEU 域 内 を 結 ぶ 路 線 は 引 き 続 きEU-ETSの 対 象 から 除 外 されることが 決 議 された 7 低 炭 素 価 値 向 上 に 向 けた 社 会 システム 構 築 支 援 基 金 への 対 応 国 土 交 通 省 と 連 携 して 対 応 を 図 った 結 果 2014 年 度 から 空 港 内 特 殊 車 両 のエコ 化 等 航 空 分 野 の 低 炭 素 促 進 事 業 に 対 して 要 件 を 満 たすことで 費 用 の1/2の 補 助 が 認 められることとなった (2) 情 報 セキュリティ 対 策 強 化 への 対 応 国 の 重 要 インフラ 事 業 者 として 情 報 セキュリティ 対 策 の 強 化 が 求 めら れている 中 セプターカウンシルおよび 重 要 インフラ 専 門 委 員 会 に 参 加 し 各 種 ワーキンググループの 活 動 等 を 通 じて 関 連 情 報 の 収 集 や 業 界 横 断 的 な 情 報 共 有 体 制 の 構 築 を 進 めた また セプター 訓 練 分 野 横 断 的 演 習 ワークショップ にも 参 加 し 標 的 型 をはじめとするサイバー 攻 撃 への 対 応 力 向 上 を 図 った (3)バリアフリーへの 対 応 障 害 者 差 別 解 消 法 が 成 立 し 今 後 は 政 府 の 基 本 方 針 及 び 各 省 庁 の 対 応 要 領 が 策 定 されることを 踏 まえ 全 国 バリアフリーネットワーク 会 議 への 委 員 としての 出 席 や 国 土 交 通 省 航 空 局 との 情 報 共 有 を 通 じて 今 後 の 進 め 方 を 確 認 すると 同 時 に 会 員 各 社 における 障 害 者 対 応 の 実 態 等 を 把 握 する よう 努 めた (4) 消 費 税 増 税 への 対 応 2014 年 度 からの 消 費 税 増 税 に 先 立 ち 財 務 省 公 正 取 引 委 員 会 消 費 者 庁 より 講 師 を 招 き 消 費 税 転 嫁 対 策 特 別 措 置 法 の 趣 旨 運 用 上 の 留 意 点 等 に 関 する 会 員 各 社 担 当 者 に 対 する 説 明 会 を 実 施 したほか 適 宜 消 費 税 増 税 に 向 けての 情 報 提 供 を 行 った -8-

10 Ⅲ. 総 務 広 報 関 連 事 項 国 土 交 通 省 をはじめとした 関 係 省 庁 機 関 等 からの 通 達 連 絡 事 項 の 周 知 お よび 各 種 照 会 事 項 に 関 し 速 やかに 対 応 するとともに ホームページを 活 用 し た 情 報 公 開 に 努 め 会 員 サービスの 充 実 を 図 った Ⅳ. 役 員 及 び 会 員 会 社 の 現 況 (2013 年 度 末 現 在 ) 1. 役 員 会 長 理 事 植 木 義 晴 日 本 航 空 代 表 取 締 役 社 長 理 事 長 辻 岡 明 理 事 伊 東 信 一 郎 ANAホールディングス 代 表 取 締 役 社 長 監 事 坂 本 深 日 本 貨 物 航 空 代 表 取 締 役 社 長 監 事 齋 藤 貞 夫 AIRDO 代 表 取 締 役 社 長 2. 会 員 会 社 ( 全 12 社 ) 日 本 航 空 ANAホールディングス 全 日 本 空 輸 日 本 貨 物 航 空 日 本 トランスオーシャン 航 空 日 本 エアコミューター ジャルエクスプレス AIRDO エアージャパン スカイネットアジア 航 空 スターフライヤー ANAウイングス -9-

11 年 度 事 業 方 針 定 期 航 空 協 会 規 約 第 3 条 に 示 された 本 会 の 目 的 達 成 のため 2014 年 度 事 業 とし て 予 定 している 政 策 課 題 協 会 運 営 への 取 り 組 み 等 は 以 下 のとおり Ⅰ. 航 空 を 取 り 巻 く 情 勢 と 基 本 方 針 わが 国 経 済 は 株 価 の 上 昇 上 向 きな 個 人 消 費 や 雇 用 環 境 などの 回 復 基 調 が 見 られる 一 方 消 費 税 率 の 引 き 上 げや 不 安 定 な 海 外 情 勢 などの 懸 念 要 素 もあり 企 業 の 景 況 感 や 国 民 の 生 活 実 感 にはばらつきが 見 られるなど 本 格 的 安 定 的 な 経 済 成 長 は 未 だ 見 通 しきれない 状 況 にある 航 空 業 界 においては わが 国 の 国 内 線 旅 客 貨 物 航 空 輸 送 量 は 回 復 傾 向 にあ り 昨 年 の 訪 日 外 国 人 旅 行 者 は 初 めて 1,000 万 人 を 超 えるなど 明 るい 兆 しも みられつつある また 世 界 の 需 要 予 測 では 特 にアジア 太 平 洋 地 域 における 大 幅 な 成 長 が 予 測 されているが オープンスカイの 進 展 や 海 外 LCCの 参 入 等 に よって グローバルな 競 争 環 境 は 早 いスピードで 変 化 し より 厳 しさを 増 して いる さらに 燃 油 価 格 の 高 止 まりと 円 安 基 調 の 継 続 は 本 邦 航 空 会 社 の 経 営 には 大 きな 課 題 となっている こうした 環 境 下 税 制 上 の 軽 減 措 置 が 軒 並 み 期 限 を 迎 えた 昨 年 度 は 会 員 会 社 の 協 力 のもと 関 係 各 所 への 精 力 的 な 働 きかけを 実 施 し 航 空 機 燃 料 税 に 対 する 3 年 間 の 軽 減 措 置 延 長 など 利 用 者 負 担 の 軽 減 に 向 けた 協 会 の 要 望 が 実 現 された わが 国 が 日 本 再 興 戦 略 に 掲 げられた 観 光 立 国 の 実 現 を 通 じて アジア をはじめとする 世 界 の 成 長 を 取 り 込 み 日 本 経 済 と 地 域 経 済 の 再 生 を 果 たすに は 首 都 圏 空 港 のさらなる 機 能 強 化 に 加 え 本 邦 航 空 会 社 の 一 層 の 競 争 力 強 化 が 必 要 である 本 邦 航 空 会 社 が よりグローバルかつ 厳 しいステージでの 戦 い に 臨 むにあたっての 環 境 整 備 として 今 年 度 においても 利 用 者 負 担 の 軽 減 を さらに 進 めるよう 積 極 的 な 取 り 組 みを 行 っていく 利 用 者 利 便 の 向 上 を 図 り 経 済 産 業 活 動 や 国 民 生 活 を 支 える 社 会 基 盤 として 航 空 を 取 り 巻 く 情 勢 に 迅 速 かつ 的 確 に 対 応 し 会 員 各 社 の 期 待 に 応 えるべく 以 下 の 重 点 課 題 に 取 り 組 む Ⅱ. 重 点 課 題 1. 安 全 かつ 安 定 的 な 航 空 輸 送 サービスの 提 供 に 係 る 事 項 公 共 交 通 機 関 の 重 要 な 責 務 である 安 全 な 航 空 輸 送 サービスを 提 供 するため 安 全 委 員 会 での 議 論 等 を 通 じ 業 界 全 体 の 安 全 文 化 の 醸 成 や 安 全 マネジメント システムの 充 実 に 取 り 組 むとともに 航 空 の 安 全 についての 啓 発 活 動 を 行 う -10-

12 2. 利 用 者 利 便 の 向 上 に 係 る 事 項 利 用 者 利 便 の 向 上 を 図 るために 会 員 会 社 共 通 の 課 題 を 解 決 すべく 積 極 的 且 つ 的 確 に 対 応 する 特 に 航 空 機 内 における 電 子 機 器 の 使 用 拡 大 については 安 全 阻 害 行 為 に 指 定 されていることもあり 安 全 を 大 前 提 に 米 国 や EUとルールの 整 合 を 図 るべく 積 極 的 且 つ 的 確 に 対 応 する あわせて 利 用 者 への 啓 発 活 動 や 対 策 を 適 宜 実 施 する 3.わが 国 航 空 産 業 の 競 争 力 強 化 に 係 る 事 項 日 本 経 済 および 地 域 経 済 再 生 のためには 航 空 ネットワークを 担 う 本 邦 航 空 会 社 の 国 際 競 争 力 強 化 という 視 点 が 必 須 である 国 土 交 通 省 交 通 政 策 審 議 会 航 空 分 科 会 基 本 政 策 部 会 での 議 論 を 踏 まえ 利 用 者 負 担 の 軽 減 を 図 るべく 空 港 使 用 料 をはじめとした 公 租 公 課 のあり 方 に 関 する 課 題 に 積 極 的 に 取 り 組 む 4. 社 会 的 な 役 割 の 遂 行 に 係 る 事 項 当 協 会 としては 引 き 続 き 社 会 経 済 を 支 える 基 本 インフラとしての 役 割 と 環 境 との 共 生 を 考 え 温 暖 化 対 策 への 議 論 に 積 極 的 に 参 加 するとともに 国 内 外 の 状 況 を 踏 まえ 意 見 発 信 を 行 う 特 に 国 際 航 空 分 野 におけるグローバル MBM やバイオジェット 燃 料 等 代 替 燃 料 については 2014 年 度 に 積 極 的 且 つ 的 確 な 対 応 が 求 められるため 国 土 交 通 省 と 密 に 連 携 を 図 っていく Ⅲ.その 他 1. 総 務 広 報 関 連 事 項 国 土 交 通 省 はじめ 関 係 省 庁 等 からの 通 知 意 見 照 会 各 課 題 の 検 討 に 際 し 会 員 各 社 とのコミュニケーションを 密 にし 情 報 の 周 知 や 意 見 反 映 等 の 充 実 を 図 る また 協 会 及 び 航 空 業 界 へのより 広 範 な 理 解 が 得 られるよう ホームペー ジ 等 を 活 用 した 情 報 発 信 を 促 進 する -11-

13 3 役 員 の 選 任 役 職 役 員 名 会 長 篠 辺 修 ( 全 日 本 空 輸 代 表 取 締 役 社 長 ) 理 事 長 辻 岡 明 理 監 監 事 事 事 植 木 義 晴 ( 日 本 航 空 代 表 取 締 役 社 長 ) 坂 本 深 ( 日 本 貨 物 航 空 代 表 取 締 役 社 長 ) 齋 藤 貞 夫 ( AIRDO 代 表 取 締 役 社 長 ) 以 上 -12-

資料 72     日米地位協定の抜本的見直しに関する意見書

資料 72     日米地位協定の抜本的見直しに関する意見書 平 成 24 年 度 国 の 予 算 編 成 に 対 する 東 京 都 の 提 案 要 求 ( 平 成 23 年 11 月 ) 提 案 要 求 先 内 閣 官 房 総 務 省 法 務 省 外 務 省 財 務 省 厚 生 労 働 省 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 環 境 省 防 衛 省 都 所 管 局 知 事 本 局 総 務 局 都 市 整 備 局 環 境 局 福 祉 保 健 局 建 設 局

More information

平 成 27 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 平 成 26 年 7 月 名 古 屋 商 工 会 議 所 我 が 国 の 経 済 情 勢 は 安 倍 政 権 下 での 金 融 財 政 政 策 が 功 を 奏 し 極 端 な 円 高 水 準 の 是 正 や 株 価 の 上 昇 とともに 本 年 4 月 以 降 の 消 費 増 税 の 影 響 を 吸 収 しつ つ 経 済 再 生 とデフレ

More information

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 ( 概 要 ) Ⅰ 策 定 の 趣 旨 今 後 の 我 が 国 の 防 衛 の 在 り 方 について 国 家 安 全 保 障 戦 略 (NSS) を 踏 まえ 新 たな 指 針 を 示 す Ⅱ 我 が 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 グローバルな 安 全 保 障 環 境 国 家 間 の 相 互 依 存 関 係 が

More information

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5>

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5> 1 技 能 実 習 制 度 の 見 直 し 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014 抜 粋 第 一 ( 総 論 ) Ⅱ. 改 定 戦 略 における 鍵 となる 施 策 2. 担 い 手 を 生 み 出 す ~ 女 性 の 活 躍 促 進 と 働 き 方 改 革 (3) 外 国 人 材 の 活 用 多 様 な 価 値 観 や 経 験, 技 術 を 持 った 海 外 からの 人 材 がもっと 日 本

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー 沖 縄 県 国 民 保 護 計 画 の 概 要 沖 縄 県 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 対 処 に 関 する 基 本 理 念 国 地 方 公 共 団 体 及 び 指 定 公 共 機 関 が 国 民 の 協 力 を 得 つつ 相 互 に 連 携 協 力 し 万 全 の 措 置 が 講 じられなければならない 日 本 国 憲 法 の 保 障 する 国 民 の 自 由 と 権 利 が 尊 重 されなければならず

More information

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 速 報 1. 改 正 の 概 要 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 1 復 興 特 別 法 人 税 の 課 される 期 間 が1 年 前 倒 しで 廃 止 とされます 法 人 が 受 け 取 る 利 子 及 び 配 当 等 に 課 される 復 興 特 別 所 得 税 の 額 は 所 得 税 と 合 せて 法 人 税 の

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

参 考 資 料 国 土 強 靱 化 基 本 計 画 - 強 くて しなやかなニッポンへ- 平 成 26 年 6 月 3 日 目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 国 土 強 靱 化 の 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 脆 弱 性 評 価 10 第 3 章 国 土 強 靱 化 の 推 進 方 針 14 第 4 章 計 画 の 推 進 と 不 断 の 見 直 し 30 おわりに 34

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 に 関 する 要 望 項 目 制 度 改 正 の 要 望 第 1 酒 税 の 減 税 要 望 等 について 1ページ 1 今 日 の 酒 類 業 界 の 厳 しい 現 状 を 勘 案 し 酒 税 の 大 幅 な 減 税 をしてもらいたい 2 酒 類 は 酒

平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 に 関 する 要 望 項 目 制 度 改 正 の 要 望 第 1 酒 税 の 減 税 要 望 等 について 1ページ 1 今 日 の 酒 類 業 界 の 厳 しい 現 状 を 勘 案 し 酒 税 の 大 幅 な 減 税 をしてもらいたい 2 酒 類 は 酒 平 成 27 年 8 月 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 に 関 する 要 望 書 酒 類 業 中 央 団 体 連 絡 協 議 会 幹 事 日 本 洋 酒 酒 造 組 合 日 本 酒 造 組 合 中 央 会 日 本 蒸 留 酒 酒 造 組 合 ビ ー ル 酒 造 組 合 全 国 卸 売 酒 販 組 合 中 央 会 全 国 小 売 酒 販 組 合 中 央 会 日 本 ワ イ ナ リ ー 協

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 要 望 事 項 の 内 容 及 び 説 明 - 15 - 1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 還 等 の 促 進 > ア 基 地 の 整

More information

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温 平 成 24 平 年 成 度 23 年 環 度 境 環 省 境 税 省 制 税 改 制 正 改 要 正 望 要 の 望 結 の 果 概 について 要 平 成 23 年 12 月 1 地 球 温 暖 化 対 策 ( 低 炭 素 化 促 進 )のための 税 制 全 体 のグリーン 化 (1) 地 球 温 暖 化 対 策 のための 税 の 導 入 平 成 24 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し) 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 Ⅰ. 防 衛 協 力 と 指 針 の 目 的 平 時 から 緊 急 事 態 までのいかなる 状 況 においても 日 本 の 平 和 及 び 安 全 を 確 保 するため また アジア 太 平 洋 地 域 及 びこれを 越 えた 地 域 が 安 定 し 平 和 で 繁 栄 したものとなるよう 日 米 両 国 間 の 安 全 保

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 東 京 の 湾 計 画 等 の 策 定 1 節 湾 計 画 の 系 譜 71 2 節 東 京 7 次 改 訂 湾 計 画 ( 東 京 から 発 信 する 日 本 のみなと 改 革 ) 74 節 東 京 ベイエリア 21 80-69 - 東 京 の 湾 計 画 等 の 策 定 1 節 湾 計 画 の 系 譜 湾 整 備 部 計 画 課 湾 計 画 は その 必 要 性 目 的 計 画 事 項 作 成

More information

電 力 システム 改 革 ( 電 力 自 由 化 ) 1

電 力 システム 改 革 ( 電 力 自 由 化 ) 1 資 料 2 電 力 システム 改 革 ( 電 力 自 由 化 ) と 原 子 力 発 電 について 平 成 26 年 10 月 資 源 エネルギー 庁 電 力 システム 改 革 ( 電 力 自 由 化 ) 1 電 力 システム 改 革 の 目 的 2 1. 安 定 供 給 を 確 保 する 震 災 以 降 多 様 な 電 源 の 活 用 が 不 可 避 な 中 で 送 配 電 部 門 の 中 立 化

More information

Microsoft PowerPoint - 【速報版】図解 平成26年度税制改正大綱.pptx

Microsoft PowerPoint - 【速報版】図解 平成26年度税制改正大綱.pptx 平 成 26 年 度 税 制 改 正 大 綱 速 報 版 情 報 提 供 税 理 士 法 人 名 南 経 営 広 報 室 平 成 26 年 度 税 制 改 正 の 全 体 像 ~ 主 要 項 目 一 覧 ~ 個 人 所 得 税 高 所 得 層 の 給 与 所 得 控 除 の 上 限 の 引 下 げ ゴルフ 会 員 権 等 の 損 益 通 算 の 廃 止 金 融 証 券 税 制 NISA( 少 額 投

More information

要 望 事 項

要 望 事 項 平 成 28 年 度 自 動 車 関 係 諸 税 に 関 する 要 望 書 平 成 2 7 年 7 月 自 動 車 総 連 ( 全 日 本 自 動 車 産 業 労 働 組 合 総 連 合 会 ) 会 長 相 原 康 伸 目 次 < 要 望 事 項 > 1. 車 体 課 税 を 抜 本 的 に 見 直 し 簡 素 化 負 担 の 軽 減 を 図 る 1) 自 動 車 取 得 税 を 廃 止 する 2)

More information

平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 一 般 社 団 法 人 地 方 税 電 子 化 協 議 会 は じ め に 一 般 社 団 法 人 地 方 税 電 子 化 協 議 会 ( 以 下 協 議 会 という )は 地 方 公 共 団 体 の 相 互 協 力 を 基 本 理 念 とし 納 税 者 の 利 便 性 の 向 上 と 地 方 税 務 行 政 の 高 度 化 及 び 効 率 化 に 寄 与

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information

Microsoft Word - 基地協211117表紙重点要望.doc

Microsoft Word - 基地協211117表紙重点要望.doc 基 地 対 策 関 係 施 策 の 充 実 強 化 に 関 する 要 望 我 々 基 地 関 係 市 町 村 議 会 は 基 地 に 対 する 周 辺 住 民 の 十 分 な 理 解 と 協 力 を 得 るため 生 活 環 境 の 整 備 や 住 民 福 祉 の 向 上 等 に 鋭 意 努 力 しているところである しかしながら 基 地 関 係 市 町 村 は 基 地 所 在 に 伴 う 特 殊 な

More information

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251>

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251> 入 札 公 告 ( 建 築 のためのサービスその 他 の 技 術 的 サービス( 建 設 工 事 を 除 く)) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 する なお 本 業 務 に 係 る 落 札 及 び 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 25 年 度 本 予 算 が 成 立 し 予 算 示 達 がなされることを 条 件 とするものである 今 回 の 業 務 に 参 加

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

減 することとし 計 画 期 間 末 の 編 成 定 数 については おおむね16 万 6 千 人 程 度 常 備 自 衛 官 定 員 につ いてはおおむね15 万 6 千 人 程 度 即 応 予 備 自 衛 官 員 数 については おおむね1 万 人 程 度 をめどとする なお 陸 上 自 衛 隊

減 することとし 計 画 期 間 末 の 編 成 定 数 については おおむね16 万 6 千 人 程 度 常 備 自 衛 官 定 員 につ いてはおおむね15 万 6 千 人 程 度 即 応 予 備 自 衛 官 員 数 については おおむね1 万 人 程 度 をめどとする なお 陸 上 自 衛 隊 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 13 年 度 平 成 17 年 度 ) I 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 13 年 度 平 成 17 年 度 )について 平 成 12 年 12 月 15 日 安 全 保 障 会 議 決 定 平 成 12 年 12 月 15 日 閣 議 決 定 平 成 13 年 度 から 平 成 17 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛

More information

第29回税制調査会 総29-2

第29回税制調査会 総29-2 平 28. 1.28 総 29-2 説 明 資 料 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 について( 地 方 税 ) 平 成 28 年 1 月 28 日 ( 木 ) 法 人 税 改 革 1 2 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 引 下 げと 外 形 標 準 課 税 の 拡 大 ( 案 ) 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 を 引 き 下 げ 外 形 標 準 課 税 を5/8に

More information

目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割 16 Ⅶ. 産 学 界 の 役 割 17 Ⅷ.その 他

目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割 16 Ⅶ. 産 学 界 の 役 割 17 Ⅷ.その 他 インフラ 長 寿 命 化 基 本 計 画 平 成 25 年 11 月 インフラ 老 朽 化 対 策 の 推 進 に 関 する 関 係 省 庁 連 絡 会 議 目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割

More information

第5号議案 平成24年度事業計画及び予算案

第5号議案 平成24年度事業計画及び予算案 平 成 24 年 度 事 業 計 画 1. 租 研 をめぐる 環 境 わが 国 は 内 外 の 経 済 社 会 構 造 の 激 しい 変 化 の 中 で 短 期 中 長 期 共 に 多 くの 問 題 に 直 面 し ている 昨 年 発 生 した 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 については 政 府 による 復 興 対 策 や 税 制 特 例 措 置 等 により 今 後 の 日 本 経

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 25 年 度 税 制 改 正 について ( 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 税 制 ) 平 成 25 年 2 月 中 小 企 業 庁 1. 事 業 承 継 税 制 の 拡 充 1 ( 相 続 税 贈 与 税 ) 拡 充 中 小 企 業 経 営 者 の 平 均 年 齢 が 約 60 歳 となっており 事 業 承 継 の 円 滑 化 は 喫 緊 の 課 題 事 業 承 継 税 制

More information

JSA2001/ごあいさつ

JSA2001/ごあいさつ 2007 年 12 月 20 日 海 事 記 者 会 各 位 社 団 法 人 日 本 船 主 協 会 2007 年 海 運 界 10 大 ニュースについて 当 協 会 は 本 年 の 海 運 界 10 大 ニュースを 別 紙 のとおり 選 定 いたしましたので お 知 らせいたします 以 上 本 件 に 関 する 問 い 合 わせ 先 ( 社 ) 日 本 船 主 協 会 総 務 部 (TEL:03-3264-7181

More information

<4D F736F F D2095BD90AC E C590A789FC90B382C98AD682B782E D8F A6D92E894C5817A E31302E3037>

<4D F736F F D2095BD90AC E C590A789FC90B382C98AD682B782E D8F A6D92E894C5817A E31302E3037> 平 成 28 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 書 平 成 27 年 10 月 一 般 社 団 法 人 日 本 自 動 車 会 議 所 は じ め に 一 般 社 団 法 人 日 本 自 動 車 会 議 所 は 自 動 車 の 生 産 販 売 使 用 の 各 段 階 にわたる 総 合 団 体 として クルマ 社 会 の 健 全 な 発 展 に 貢 献 し 持 続 可 能 な 社 会 の

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

調査報告書のご案内

調査報告書のご案内 各 位 平 成 22 年 3 月 25 日 更 生 会 社 株 式 会 社 日 本 航 空 更 生 会 社 株 式 会 社 日 本 航 空 インターナショナル 更 生 会 社 株 式 会 社 ジャルキャピタル 管 財 人 株 式 会 社 企 業 再 生 支 援 機 構 管 財 人 片 山 英 二 調 査 報 告 書 のご 案 内 更 生 会 社 各 社 の 更 生 手 続 につきましては 関 係 者

More information

Taro-資料編2

Taro-資料編2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 るための 基 本 的 な 方 針 平 成 25 年 10 月 29 日 告 示 1055 号 平 成 七 年 一 月 の 阪 神 淡 路 大 震 災 では 地 震 により 六 千 四 百 三 十 四 人 の 尊 い 命 が 奪 われ た このうち 地 震 による 直 接 的 な 死 者 数 は 五 千 五 百 二 人 であり

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

Microsoft PowerPoint - 【セット版】261119 小笠原警戒監視等(会計課追加)

Microsoft PowerPoint - 【セット版】261119 小笠原警戒監視等(会計課追加) 防 衛 省 自 衛 隊 の 警 戒 監 視 態 勢 について 平 成 6 年 11 月 防 衛 省 警 戒 監 視 活 動 海 上 自 衛 隊 は P-3C 哨 戒 機 により 北 海 道 の 周 辺 海 域 日 本 海 並 びに 東 シナ 海 を 航 行 する 船 舶 などの 状 況 を それ ぞれの 海 域 において 監 視 している 航 空 自 衛 隊 においても レーダーサイトによる 常 時

More information

行 役 員 等 の 意 思 決 定 機 関 及 び 意 思 決 定 者 が 行 使 しうる 決 裁 審 議 承 認 等 に 関 する 権 限 を 明 確 に 定 めております 原 則 4-8 独 立 社 外 取 締 役 の 有 効 な 活 用 当 社 には 社 外 取 締 役 1 名 社 外 監 査

行 役 員 等 の 意 思 決 定 機 関 及 び 意 思 決 定 者 が 行 使 しうる 決 裁 審 議 承 認 等 に 関 する 権 限 を 明 確 に 定 めております 原 則 4-8 独 立 社 外 取 締 役 の 有 効 な 活 用 当 社 には 社 外 取 締 役 1 名 社 外 監 査 コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです All About,Inc. 最 終 更 新 日 :2016 年 6 月 30 日 株 式 会 社 オールアバウト 代 表 取 締 役 社 長 江 幡 哲 也 問 合 せ 先 :03-6362-1300 証 券 コード:2454 http://corp.allabout.co.jp/

More information

H27施行通知

H27施行通知 総 税 企 第 3 9 号 平 成 27 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 議 会 議 長 各 指 定 都 市 市 長 殿 各 指 定 都 市 議 会 議 長 総 務 大 臣 地 方 税 法 同 法 施 行 令 同 法 施 行 規 則 の 改 正 等 について 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 2 号 ) 地

More information

写 26 人 委 給 第 546 号 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 県 議 会 議 長 加 地 邦 雄 殿 福 岡 県 知 事 小 川 洋 殿 福 岡 県 人 事 委 員 会 委 員 長 簑 田 孝 行 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 について 福 岡 県 人 事 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 第 8 条 第 14 条 及 び 第

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A83628367817A91E58D6A8169955C8E86816A816988C48367838C816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A83628367817A91E58D6A8169955C8E86816A816988C48367838C816A2E646F63> 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 平 成 22 年 12 月 17 日 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 別 紙 のとおり 定 める これに 伴 い 平 成 16 年 12 月 10 日 付 け 閣 議 決 定 平 成 17 年 度 以 降 に 係 る 防 衛

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 19 年 4 月 昭 島 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想 定

More information

ぞれの 能 力 に 基 づいて 適 切 な 貢 献 を 行 い 実 効 的 な 態 勢 確 立 のために 必 要 な 措 置 をとる 迅 速 かつ 実 効 的 な 対 応 のためには 柔 軟 な 能 力 が 必 要 緊 密 な 日 米 間 の 協 力 及 び 政 策 調 整 が 有 益 定 期 的

ぞれの 能 力 に 基 づいて 適 切 な 貢 献 を 行 い 実 効 的 な 態 勢 確 立 のために 必 要 な 措 置 をとる 迅 速 かつ 実 効 的 な 対 応 のためには 柔 軟 な 能 力 が 必 要 緊 密 な 日 米 間 の 協 力 及 び 政 策 調 整 が 有 益 定 期 的 日 米 同 盟 : 未 来 のための 変 革 と 再 編 ( 骨 子 ) Ⅰ. 概 観 日 米 同 盟 は 日 本 の 安 全 とアジア 太 平 洋 地 域 の 平 和 と 安 定 のために 不 可 欠 な 基 礎 同 盟 に 基 づいた 緊 密 かつ 協 力 的 な 関 係 は 世 界 における 課 題 に 対 処 する 上 で 重 要 な 役 割 を 果 たす 閣 僚 は 役 割 任 務 能 力

More information

~ 危 機 管 理 としての 新 型 インフルエンザ 及 び 全 国 的 かつ 急 速 なまん 延 のおそれのある 新 感 染 症 対 策 のために~ 1. 体 制 整 備 等 新 型 インフルエンザ 等 対 策 特 別 措 置 法 の 体 系 (1) 行 動 計 画 の 作 成 等 の 体 制 整

~ 危 機 管 理 としての 新 型 インフルエンザ 及 び 全 国 的 かつ 急 速 なまん 延 のおそれのある 新 感 染 症 対 策 のために~ 1. 体 制 整 備 等 新 型 インフルエンザ 等 対 策 特 別 措 置 法 の 体 系 (1) 行 動 計 画 の 作 成 等 の 体 制 整 資 料 2 指 定 公 共 機 関 関 係 説 明 資 料 平 成 25 年 1 月 9 日 内 閣 官 房 新 型 インフルエンザ 等 対 策 室 ~ 危 機 管 理 としての 新 型 インフルエンザ 及 び 全 国 的 かつ 急 速 なまん 延 のおそれのある 新 感 染 症 対 策 のために~ 1. 体 制 整 備 等 新 型 インフルエンザ 等 対 策 特 別 措 置 法 の 体 系 (1)

More information

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 *ゴシック 字 体 の 箇 所 につきましては 追 加 変 更 箇 所 となっております ( 社 ) 三 重 県 法 人 会 連 合 会 1 総 論 我 が 国 の 国 内 経 済 は 高 い 失 業 率 や 下 落 傾 向 にある 物 価 水 準 など 国 民 生 活 を 取 り 巻 く 情 勢 は 厳 しく 雇 用 環 境 の 悪 化 や 円

More information

税制抜本改革に伴う車体課税及び地方法人課税の見直し

税制抜本改革に伴う車体課税及び地方法人課税の見直し 税 制 抜 本 改 革 に 伴 う 車 体 課 税 及 び 地 方 法 人 課 税 の 見 直 し 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 総 務 委 員 会 調 査 室 星 友 佳 1.はじめに 平 成 24 年 8 月 社 会 保 障 税 一 体 改 革 の 一 環 として 消 費 税 率 の 引 上 げ 等 を 内 容 とす る 税 制 抜 本 改 革 法 1 が 成 立

More information

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈 平 成 26 年 度 神 奈 川 県 政 に 関 する 要 望 書 平 成 25 年 9 月 横 浜 商 工 会 議 所 神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26

More information

行政機関ガイドブック(平成26年度版)・関東管区行政評価局/防衛省の機関

行政機関ガイドブック(平成26年度版)・関東管区行政評価局/防衛省の機関 北 関 東 防 衛 局 330-9721 埼 玉 県 さいたま 市 中 央 区 新 都 心 2-1 さいたま 新 都 心 合 同 庁 舎 2 号 館 TEL(048)600-1800 FAX(048)600-1831 http://www.mod.go.jp/rdb/n-kanto/ 防 衛 局 防 衛 省 設 置 法 第 33 条 防 衛 省 組 織 令 第 211 条 防 衛 事 務 所 防 衛

More information

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会 1 税 目 1. 国 税 ( 所 得 税 ) 要 望 カテゴリー 1 69. その 他 所 得 税 ( 国 税 ) 不 動 産 所 得 と 事 業 所 得 を 統 合 すること 事 業 所 得 と 不 動 産 所 得 の 区 分 は 資 産 所 得 の 合 算 課 税 が 行 われていたころの 名 残 であり 不 動 産 所 得 にも 一 定 の 労 務 の 提 供 及 びリスクの 負 担 があり

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気 別 添 2 て 電 気 事 業 法 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 の 設 立 の 認 可 の 基 準 につい 電 気 事 業 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 170 号 ) 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 推 進 機 関 という )の 設 立 の 認 可 に 係 る 審 査 基 準 については

More information

第1章(総則)第1節~第5節       01~07

第1章(総則)第1節~第5節       01~07 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 大 阪 府 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 ( 以 下 防 災 計 画 という )は 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 84 号 以 下 石 災 法 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき 特 別 防 災 区 域 に 指 定 された 大 阪 北 港 地 区 堺 泉 北 臨 海 地 区 関 西

More information

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 資 料 3 復 興 関 係 について 平 成 28 年 4 月 4 日 0 - 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 平 成 23 年

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 24 年 度 税 制 改 正 等 に 関 する 要 望 と 政 府 税 制 改 正 大 綱 の 結 果 詳 細 版 ( 社 ) 全 日 本 トラック 協 会 平 成 23 年 12 月 20 日 要 望 事 項 政 府 税 制 改 正 大 綱 の 結 果 ( ) 内 は 大 綱 の 該 当 ページ 1. 自 動 車 関 係 諸 税 の 簡 素 化 軽 減 の 実 現 (1) 一 般 財 源

More information

6(文書法務)【指摘箇所修正後】6 第3部監査結果 (3)以下 原稿

6(文書法務)【指摘箇所修正後】6 第3部監査結果 (3)以下 原稿 (3) 観 光 交 通 アクセス インフラ 等 に 関 する 課 題 本 県 への 観 光 のための 交 通 アクセス インフラ 等 に 関 する 空 路 陸 路 及 び 海 路 は 震 災 後 地 震 被 害 津 波 被 害 に 加 え 原 発 事 故 被 害 と 風 評 被 害 により 現 在 においても 休 止 不 通 等 の 障 害 が 生 じており 本 県 観 光 利 用 状 況 の 復

More information

要 望 事 項 (1) 緊 急 の 経 済 対 策 としての 住 宅 政 策 の 実 施 について 1 省 エネ 住 宅 ポイントの 再 実 施 この 場 合 長 期 優 良 住 宅 等 の 場 合 はポイント 加 算 を 実 施 2 フラット 35S 拡 充 による 優 良 等 住 宅 取 得 の

要 望 事 項 (1) 緊 急 の 経 済 対 策 としての 住 宅 政 策 の 実 施 について 1 省 エネ 住 宅 ポイントの 再 実 施 この 場 合 長 期 優 良 住 宅 等 の 場 合 はポイント 加 算 を 実 施 2 フラット 35S 拡 充 による 優 良 等 住 宅 取 得 の 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 平 成 28 年 7 月 26 日 一 般 社 団 法 人 プレハブ 建 築 協 会 会 長 樋 口 武 男 平 成 28 年 度 補 正 予 算 並 びに 平 成 29 年 度 住 宅 関 連 税 制 及 び 予 算 制 度 改 正 要 望 昨 年 政 府 は 新 三 本 の 矢 として 希 望 を 生 み 出 す 経 済 夢 をつなぐ 子 育 て 支

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169303132398F4390B3816A8179967B95B6835A83628367817A48323890C596B18BC78E9696B19841978D20303131392D313130302E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169303132398F4390B3816A8179967B95B6835A83628367817A48323890C596B18BC78E9696B19841978D20303131392D313130302E646F6378> 平 成 28 年 1 月 20 日 平 成 28 年 度 地 方 税 制 改 正 地 方 税 務 行 政 の 運 営 に 当 たっての 留 意 事 項 等 平 成 27 年 12 月 24 日 に 閣 議 決 定 された 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 等 に 関 連 して 現 段 階 における 平 成 28 年 度 地 方 税 制 改 正 地 方 税 務 行 政 の 運 営 に

More information

資 料 1 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 ( 抜 粋 ) 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 四 消 費 課 税 2 車 体 課 税 の 見 直 し ( 地 方 税 ) (1) 自 動 車 の 廃 止 自 動 車 は 平 成 29 年 3 月 31 日 をもって

資 料 1 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 ( 抜 粋 ) 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 四 消 費 課 税 2 車 体 課 税 の 見 直 し ( 地 方 税 ) (1) 自 動 車 の 廃 止 自 動 車 は 平 成 29 年 3 月 31 日 をもって 平 成 28 年 度 税 制 改 正 結 果 概 要 ( 車 体 課 税 関 係 ) 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 ( 抜 粋 ) 資 料 1 ( 参 考 ) 平 成 28 年 度 与 党 税 制 改 正 大 綱 ( 抜 粋 ) < 基 本 的 な 考 え 方 > 資 料 2 ( 参 考 ) 平 成 27 年 度 与 党 税 制 改 正 大 綱 ( 抜 粋 ) < 基 本 的 な

More information

は5% 制 限 税 率 は6% 市 町 村 税 の 標 準 税 率 は 12.3% 制 限 税 率 は 14.7%となって いる また 都 道 府 県 税 である 法 人 事 業 税 ( 所 得 課 税 部 分 )の 標 準 税 率 は 5%~ 9.6% 制 限 税 率 は 1.1 倍 などとなって

は5% 制 限 税 率 は6% 市 町 村 税 の 標 準 税 率 は 12.3% 制 限 税 率 は 14.7%となって いる また 都 道 府 県 税 である 法 人 事 業 税 ( 所 得 課 税 部 分 )の 標 準 税 率 は 5%~ 9.6% 制 限 税 率 は 1.1 倍 などとなって 平 成 16 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 書 は じ め に わが 国 経 済 の 喫 緊 の 課 題 は デフレの 克 服 内 需 拡 大 特 に GDPの6 割 を 占 める 個 人 消 費 を 中 心 とした 民 間 需 要 の 回 復 にある 税 制 の 見 直 しは これらの 課 題 を 解 決 するうえで 多 くの 企 業 を 活 性 化 さ せ また 個 人 の 消

More information

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め 政 府 全 体 における 外 国 人 材 の 受 入 れ 活 用 に 関 する 動 き 等 日 本 語 小 委 (H27.04.17) 参 考 資 料 4 経 済 財 政 運 営 と 改 革 の 基 本 方 針 2014 ~デフレから 好 循 環 拡 大 へ~ ( 抄 ) 平 成 26 年 6 月 24 日 閣 議 決 定 第 2 章 2.イノベーションの 促 進 等 による 民 需 主 導 の 成

More information

2016/8/3 自 動 車 局 環 境 政 策 地 域 交 通 グリーン 化 事 業 の 公 募 について~バス タクシー トラックにおける 電 気 自 動 車 の 導 入 を 支 援 します~ 2016/8/3 航 空 局 交 通 管 制 部 交 通 管 制 企 画 交 通 管 制 部 の 所

2016/8/3 自 動 車 局 環 境 政 策 地 域 交 通 グリーン 化 事 業 の 公 募 について~バス タクシー トラックにおける 電 気 自 動 車 の 導 入 を 支 援 します~ 2016/8/3 航 空 局 交 通 管 制 部 交 通 管 制 企 画 交 通 管 制 部 の 所 発 表 年 月 日 担 当 部 局 件 名 2016/8/1 総 合 政 策 局 国 際 物 流 第 6 回 日 中 韓 物 流 大 臣 会 合 の 開 催 結 果 について 2016/8/1 水 管 理 国 土 保 全 局 河 川 計 画 第 36 回 今 後 の 治 水 対 策 のあり 方 に 関 する 有 識 者 会 議 の 開 催 について 2016/8/1 海 事 局 総 務 等 2016/8/1

More information

Microsoft Word - 01_むつ小川原港BCP160302-1(公表用).docx

Microsoft Word - 01_むつ小川原港BCP160302-1(公表用).docx むつ 小 川 原 港 BCP 平 成 28 年 3 月 むつ 小 川 原 港 港 湾 機 能 継 続 協 議 会 改 訂 履 歴 改 訂 年 月 改 訂 ページ 改 訂 内 容 H28.3.2 新 規 策 定 目 次 1. 港 湾 機 能 継 続 計 画 策 定 の 必 要 性 1 2. 想 定 地 震 津 波 の 規 模 及 び 回 復 目 標 の 設 定 4 2-1 想 定 地 震 津 波 の

More information

無 料 化 など あらゆる 政 策 を 見 直 し 選 択 と 集 中 による 大 幅 な 予 算 の 組 み 替 えを 行 うべきである 不 足 する 財 源 は 大 震 災 で 大 きな 影 響 を 受 けているわが 国 経 済 の 動 向 に 十 分 留 意 しつつ 税 制 措 置 により 安

無 料 化 など あらゆる 政 策 を 見 直 し 選 択 と 集 中 による 大 幅 な 予 算 の 組 み 替 えを 行 うべきである 不 足 する 財 源 は 大 震 災 で 大 きな 影 響 を 受 けているわが 国 経 済 の 動 向 に 十 分 留 意 しつつ 税 制 措 置 により 安 東 日 本 大 震 災 の 復 旧 復 興 に 関 する 要 望 平 成 23 年 3 月 31 日 日 本 商 工 会 議 所 去 る3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 は 巨 大 な 津 波 を 伴 い 沿 海 部 を 壊 滅 的 に 破 壊 するとともに 東 北 から 関 東 にわたる 広 い 範 囲 に 甚 大 な 被 害 をもたらした 地 震 津 波 原 発 事 故

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 広 域 巨 大 災 害 に 備 えた 仮 設 期 の 住 まいづくりガイドライン ~ 概 要 版 ~ 平 成 25 年 2 月 国 土 交 通 省 中 部 地 方 整 備 局 建 政 部 住 宅 整 備 課 ガイドラインの 背 景 問 題 意 識 等 背 景 問 題 意 識 東 日 本 大 震 災 の 教 訓 (P21) 迅 速 な 対 応 と 同 時 に 長 期 化 に 備 えたきめ 細 かい 配

More information

社 会 還 元 加 速 プロジェクト 情 報 通 信 技 術 を 用 いた 安 全 で 効 率 的 な 道 路 交 通 システムの 実 現 報 告 書 平 成 25 年 3 月 目 次 1.はじめに 1-1. 社 会 還 元 加 速 プロジェクト 1 1-2. 本 プロジェクトが 目 指 す 道 路 交 通 社 会 の 姿 と 目 標 2 1-3. 具 体 的 な 取 り 組 みと 実 施 計 画

More information

震 災 の 経 済 効 果 2

震 災 の 経 済 効 果 2 東 日 本 大 震 災 からの 経 済 復 興 の 課 題 と 提 言 佐 藤 主 光 一 橋 大 学 1 震 災 の 経 済 効 果 2 震 災 の3つの 影 響 第 1 次 災 害 第 2 次 災 害 第 3 次 災 害 インフラ 住 宅, 工 場 等 の 震 災 の 直 接 的 被 害 内 閣 府 の 試 算 ( 平 成 23 年 3 月 23 日 ) 約 16 兆 円 ~ 最 大 25 兆

More information

最近10年間の動き(平成11年7月~21年6月)

最近10年間の動き(平成11年7月~21年6月) 第 11 章 税 務 協 力 体 制 第 1 節 関 係 民 間 団 体 1 日 本 税 理 士 会 連 合 会 (1) 組 織 等 の 状 況 日 本 税 理 士 会 連 合 会 ( 以 下 この 節 において 日 税 連 という )は 原 則 として 国 税 局 ( 沖 縄 国 税 事 務 所 を 含 む 以 下 この 章 において 国 税 局 ( 所 ) という )の 管 轄 区 域 ごとに

More information

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録 徹 底 マスター 社 労 士 過 去 問 10 年 分 2015 年 版 追 録 サービス 改 正 情 報 のまとめ 2015/06/15 労 働 基 準 法 ( 第 1 章 )に 関 する 改 正 契 約 期 間 等 の 例 外 に 係 る 厚 生 労 働 省 告 示 の 改 正 ( 平 成 27 年 3 月 18 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 68 号 ) 有 期 労 働 契 約 の 契

More information

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する 資 料 4 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 に 関 する 論 点 等 ( 第 1 回 意 見 交 換 会 資 料 3) 平 成 24 年 3 月 22 日 国 家 公 務 員 制 度 改 革 推 進 本 部 事 務 局 論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平

More information

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

実施状況(市ヶ谷地区(防衛省)に係る施設の管理・運営業務)

実施状況(市ヶ谷地区(防衛省)に係る施設の管理・運営業務) 資 料 2 28.6.16 防 衛 省 民 間 競 争 入 札 実 施 事 業 防 衛 省 市 ヶ 谷 地 区 における 施 設 管 理 業 務 の 実 施 状 況 について ( 平 成 26 年 度 及 び27 年 度 ) Ⅰ 事 業 の 概 要 1. 委 託 業 務 内 容 防 衛 省 市 ヶ 谷 地 区 の 施 設 管 理 業 務 建 築 設 備 点 検 保 守 業 務 電 気 設 備 点 検

More information

男鹿市耐震改修促進計画

男鹿市耐震改修促進計画 男 鹿 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 第 2 期 計 画 ) 平 成 28 年 3 月 男 鹿 市 男 鹿 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 目 次 男 鹿 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 1 1 計 画 策 定 の 背 景 1 2 計 画 の 目 的 2 3 計 画 の 位 置 づけ 2 第 1 章 想 定 される 地 震 の 規 模 及 び 被 害 の 状 況 3 1 男 鹿 市

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必 要 な 電 気 ガス 燃 料 を 供 給 東 日 本 大 震 災

現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必 要 な 電 気 ガス 燃 料 を 供 給 東 日 本 大 震 災 資 料 5 平 成 28 年 熊 本 地 震 における 緊 急 石 油 供 給 について 平 成 28 年 5 月 17 日 資 源 エネルギー 庁 資 源 燃 料 部 現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必

More information

Microsoft PowerPoint - 〔資料2〕①総括資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 〔資料2〕①総括資料.pptx 地 方 法 人 課 税 関 係 資 料 資 料 1 成 長 志 向 に 重 点 を 置 いた 法 人 税 改 革 改 革 の 趣 旨 欧 米 各 国 も 行 ってきたように 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる ことにより 法 人 課 税 を 成 長 志 向 型 の 構 造 に 変 える より 広 く 負 担 を 分 かち 合 い 稼 ぐ 力 のある 企 業 等 の 税 負

More information

成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手

成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手 参 考 資 料 1 ( 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 ) 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手 した 成 長 志 向 の 法 人

More information

電 気 自 動 車 等 : 電 気 自 動 車 天 然 ガス 自 動 車 (H21 年 排 出 ガス 10% 以 上 低 減 ) ガソリン 車 ハイブリッド 車 はいずれも 平 成 17 年 排 出 ガス 基 準 75% 低 減 達 成 車 ( )に 限 ります 各 燃 費 基 準 の 達 成 状

電 気 自 動 車 等 : 電 気 自 動 車 天 然 ガス 自 動 車 (H21 年 排 出 ガス 10% 以 上 低 減 ) ガソリン 車 ハイブリッド 車 はいずれも 平 成 17 年 排 出 ガス 基 準 75% 低 減 達 成 車 ( )に 限 ります 各 燃 費 基 準 の 達 成 状 平 成 26 27 年 度 税 制 改 正 に 係 る 軽 自 動 車 税 の 税 率 について 三 輪 及 び 四 輪 以 上 の 軽 自 動 車 について 新 規 税 率 重 課 税 率 等 三 輪 及 び 四 輪 以 上 の 軽 自 動 車 については, 新 規 検 査 年 月 ( 車 検 証 に 記 載 )により 税 率 が 変 わります また, 最 初 の 新 規 検 査 以 降 13 年

More information

復興特別法人税の前倒し廃止の検討

復興特別法人税の前倒し廃止の検討 税 制 A to Z 2013 年 11 月 25 日 全 6 頁 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 の 検 討 民 間 投 資 活 性 化 等 のための 税 制 改 正 大 綱 の 解 説 その 4( 最 終 回 ) 金 融 調 査 部 研 究 員 是 枝 俊 悟 [ 要 約 ] 平 成 25 年 10 月 1 日 自 由 民 主 党 および 公 明 党 は 民 間 投 資 活

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

平成28年度税制改正に関する要望

平成28年度税制改正に関する要望 平 成 28 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 日 証 協 平 成 27 年 9 月 本 協 会 投 資 信 託 協 会 全 国 証 券 取 引 所 は 今 般 平 成 28 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 を 取 りまとめた 本 要 望 は 我 が 国 が 経 済 の 好 循 環 を 維 持 し 持 続 的 な 成 長 を 実 現 するためには 日 本 再 興 戦 略 (

More information

平成14年度

平成14年度 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 一 般 社 団 法 人 愛 媛 県 法 人 会 連 合 会 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 について 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 における 目 的 は 大 きく2つある 1つは 社 会 保 障 の 機 能 強 化 で あり もう1つは 財 政 の 健 全 化 である 一 見 すると 相 反 する 目 的 のようにも 見

More information

国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平

国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平 平 成 23 年 度 改 正 関 係 参 考 資 料 ( 国 税 通 則 法 関 係 ) 国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平 成 25

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 21 年 5 月 苫 小 牧 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想

More information

生活路線維持と安全輸送の確保に向けて~2013年度私鉄バス関係予算概算要求の拡充を要請~

生活路線維持と安全輸送の確保に向けて~2013年度私鉄バス関係予算概算要求の拡充を要請~ 交 通 政 策 ニュース 2016.8.23 総 合 政 策 局 私 鉄 総 連 は8 月 22 日 各 省 庁 が 2017 年 度 予 算 概 算 要 求 を 編 成 するにあた り 私 鉄 バス ハイヤー タクシー 産 業 の 健 全 な 発 展 や 地 域 公 共 交 通 の 活 性 化 生 活 路 線 維 持 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 対 策 強 化 安 全 輸 送 の 確

More information

00_改正税法の概要_白表紙

00_改正税法の概要_白表紙 所 得 税 法 等 ( 扶 養 控 除 関 係 )の 改 正 1 年 少 扶 養 親 族 に 対 する 扶 養 控 除 の 廃 止 ⑴ 年 少 扶 養 親 族 ( 扶 養 親 族 のうち 年 齢 16 歳 未 満 の 者 をいいます )に 対 す る 扶 養 控 除 が 廃 止 されました ( 平 成 23 年 分 以 降 適 用 ) ⑵ 上 記 ⑴の 改 正 にあわせて 扶 養 控 除 の 対 象

More information

(<例1>政府税制調査会:3月)

(<例1>政府税制調査会:3月) 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 24 年 10 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 1 2 地 方 法 人 課 税 の 拡 充 強 化 3 3 地 方 消 費 税 ( 現 行 分 )の 充 実 4 4 地 方 消 費 税 税 率 引 上 げ 分 の 使 途 及 び 地 方 の 役 割 の 拡 大 について 5 5 地 球

More information

Microsoft Word - 【第17期】有価証券報告書(課税上の取り扱い)

Microsoft Word - 【第17期】有価証券報告書(課税上の取り扱い) (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 の 通 りです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに 1 現 行 の 電 気 料 金 制 度 と 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 平 成 24 年 2 月 3 日 2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報

More information

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd 6 章 広 域 的 な 視 点 からの 応 急 対 応 力 の 強 化 基 本 方 針 予 防 対 策 1 節 初 動 対 応 体 制 の 整 備 2 節 事 業 継 続 体 制 の 確 保 3 節 消 火 救 助 救 急 活 動 体 制 の 整 備 4 節 応 急 活 動 拠 点 の 整 備 応 急 対 策 1 節 初 動 態 勢 2 節 消 火 救 助 救 急 活 動 3 節 応 援 協 力 派

More information

( 国 連 平 和 維 持 活 動 人 道 支 援 災 害 救 援 等 の 非 伝 統 的 安 全 保 障 問 題 への 対 応 を 始 め 国 際 的 な 安 全 保 障 環 境 を 改 善 するために 国 際 社 会 が 協 力 して 行 う 活 動 をいう 以 下 同 じ ) 等 への 対 応

( 国 連 平 和 維 持 活 動 人 道 支 援 災 害 救 援 等 の 非 伝 統 的 安 全 保 障 問 題 への 対 応 を 始 め 国 際 的 な 安 全 保 障 環 境 を 改 善 するために 国 際 社 会 が 協 力 して 行 う 活 動 をいう 以 下 同 じ ) 等 への 対 応 抜 粋 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 )について 平 成 25 年 12 月 17 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 について 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について

More information

観光立国・地域活性化戦略

観光立国・地域活性化戦略 通 訳 案 内 士 制 度 の 見 直 し 報 酬 を 受 けて 外 国 人 に 付 き 添 い 外 国 語 を 用 いて 旅 行 に 関 する 案 内 をする 通 訳 案 内 士 になるには 観 光 庁 長 官 が 実 施 する 通 訳 案 内 士 試 験 に 合 格 して 都 道 府 県 に 氏 名 住 所 等 を 登 録 する 必 要 がある この 手 続 きを 踏 まずに 上 記 の 業 務

More information

第8回貿易・投資ワーキング・グループ 参考資料1

第8回貿易・投資ワーキング・グループ 参考資料1 規 制 改 革 ホットライン へ 提 案 内 容 と 官 回 答 参 考 資 料 1 提 案 官 制 度 現 状 寄 港 地 上 陸 許 可 手 続 運 用 改 善 とトランジット ビザ 発 給 方 法 見 直 し 要 望 具 体 的 内 容 観 光 立 国 実 現 観 点 から わが 国 主 要 国 際 空 港 等 において 自 動 化 ゲート 活 用 混 雑 時 既 存 ブ ースフル 運 用 を

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健 1 第 1 章 関 係 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン( 平 成 4 年 7 月 4 日 ) 国 土 交 通 省 土 地 建 設 産 業 局 建 設 市 場 整 備 課 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない

More information