28

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "28"

Transcription

1 日 本 赤 十 字 社 27

2 28

3 日 本 赤 十 字 社 との 活 動 について 明 治 学 院 が 横 浜 にヘボン 塾 を 開 いてから 150 年 に 当 たる 2013 年 は 赤 十 字 の 歴 史 においても 五 人 委 員 会 が 誕 生 し 赤 十 字 規 約 赤 十 字 の 標 章 が 決 められた 節 目 の 年 でもあった 4 月 5 日 には 日 本 赤 十 字 社 明 治 学 院 大 学 共 同 宣 言 -ボランティア パートナーシップ ビヨンド というパートナーシ ップを 結 び 調 印 式 を 行 った 共 同 宣 言 文 の 序 文 は 次 のとおりである 共 同 宣 言 文 150 年 の 時 を 経 て 今 もなお 創 始 者 のボランティア 精 神 が 息 づく 日 本 赤 十 字 社 と 明 治 学 院 大 学 私 たちは 今 年 記 念 すべき 年 を 迎 え これからの 日 本 を 世 界 を 思 い ともに 力 を 合 わせて 行 動 を 起 こします 日 本 赤 十 字 社 が 展 開 する 人 道 支 援 活 動 は 地 震 台 風 火 災 などの 国 内 災 害 支 援 地 域 や 人 のニーズに 応 じた 社 会 福 祉 活 動 病 気 やけがの 治 療 のために 血 液 を 必 要 としている 人 に 対 して 献 血 活 動 を 通 じて 医 療 機 関 に 届 ける 血 液 事 業 国 外 で 災 害 病 気 戦 争 により 苦 しむ 人 々を 支 援 する 国 際 活 動 身 近 なところ で 発 生 する 事 故 けがに 対 応 すべく 知 識 技 能 を 学 ぶ 講 習 活 動 など 多 岐 にわたっている 赤 十 字 は 名 称 は 変 われども 世 界 各 国 で 同 様 の 活 動 を 展 開 している 日 本 では 東 日 本 大 震 災 発 生 後 国 民 の 多 くが 現 地 で 足 を 運 んだり 募 金 など 何 らかの 形 で 支 援 した しかし 震 災 後 3 年 になろうとする 今 復 興 半 ばの 現 状 にありながら 支 援 の 熱 は 冷 めているのが 現 状 であ る また 若 年 層 のボランティア 全 般 への 関 心 は 必 ずしも 高 いとはいえない しかし 大 勢 の 学 生 がボラ ンティア 活 動 を 行 っている 明 治 学 院 大 学 には 日 本 赤 十 字 社 が 求 めるニーズに 応 える 下 地 がある 昨 年 夏 に 開 催 された 北 海 道 ルスツリゾートを 会 場 に 行 われた サマーキャンプ ( 東 北 3 県 の 子 ども 約 2000 人 が 参 加 )は 共 同 宣 言 後 初 の 企 画 であったが 10 名 の 派 遣 枠 に 対 して 70 名 を 越 える 学 生 からの 応 募 があった 同 時 期 に 白 金 キャンパスで 開 催 された 若 者 向 けボランティア 啓 発 イベント JOIN! 赤 十 字 はあなたの 力 を 待 っている では AKB 48 グループのタレントとともに 30 名 を 越 える 学 生 が ボランティア 活 動 への 参 加 を 呼 びかけた このイベントではこうした 日 本 赤 十 字 社 の 活 動 に 携 わるため にボランティアセンターの 元 で 結 成 された 明 学 レッドクロス も 紹 介 された 明 学 レッドクロスのメ ンバーは 救 急 講 習 や 日 本 赤 十 字 社 本 部 見 学 などで 学 びながら 年 末 恒 例 の NHK 海 外 たすけあい 運 動 に 企 画 から 参 加 するなど 徐 々にではあるが 活 動 の 幅 を 広 げている 次 頁 からは 今 年 度 の 活 動 に 参 加 した 学 生 4 名 による 活 動 報 告 である いずれも 今 後 の 活 動 に 期 待 が 持 てる 内 容 である ご 一 読 いただきたい ( 波 多 野 ) ( 参 考 資 料 ) 赤 十 字 情 報 プラザ 図 書 史 料 展 示 情 報 公 開 [ ご 案 内 ] INTERNATIONAL RED CROSS 2013( 日 本 赤 十 字 社 ) 29

4 明 学 レッドクロス 明 学 レッドクロス 発 足 本 年 は 赤 十 字 思 想 が 誕 生 150 周 年 であり また 明 治 学 院 は 創 立 150 周 年 という 記 念 すべき 年 であっ た 日 本 赤 十 字 社 と 明 治 学 院 大 学 ( 以 下 明 学 )はボランティア パートナーシップを 結 び 今 後 ともに 活 動 を 行 っていく 事 を 宣 言 した これとともに 今 夏 に 発 足 したのが 明 学 レッドクロス である 初 期 メンバーは9 名 であったが 現 在 では 19 名 となり 活 動 のさらなる 活 性 化 を 目 標 としている 本 年 度 の 主 な 活 動 内 容 まず 今 夏 に 日 本 赤 十 字 社 の 2013 年 度 の 新 キャンペーン JOIN! 赤 十 字 は あなたの 力 を 待 って いる の 記 者 発 表 会 が 白 金 校 舎 で 行 われた この 記 者 会 見 には 震 災 当 初 から 継 続 的 に 東 北 支 援 を 行 っ ている AKB48 の 渡 辺 麻 友 さんと SKE48 の 木 崎 ゆりあさんが 参 加 し 多 数 のメディア 機 関 が 来 校 す るなど 大 々 的 な 記 者 会 見 となった また 二 人 は 学 生 とともに 炊 き 出 しを 行 い 塩 むすびと 復 興 支 援 活 動 を 展 開 している 岩 手 県 大 槌 町 吉 里 吉 里 地 区 の 郷 土 料 理 こまこま 汁 を 作 った 10 月 白 金 校 舎 で 行 われた 献 血 の 際 には 明 学 レッドクロスと 海 外 プログラム 事 業 部 がともに 献 血 促 進 のためプラカードを 持 って 宣 伝 活 動 を 行 った 白 金 キャンパスの 献 血 活 動 に 学 生 が 参 加 するのは 今 回 が 初 めてであり 今 後 も 若 者 の 献 血 活 動 促 進 に 努 めたいと 考 えている 12 月 には 大 森 支 社 での 講 習 会 と 日 本 赤 十 字 社 の 本 社 見 学 に 参 加 し 社 員 の 方 々から 赤 十 字 の 歴 史 や 今 までの 主 な 活 動 内 容 今 後 の 展 望 についての 説 明 をしていただいた メンバー 一 同 日 本 赤 十 字 社 に 対 する 知 識 を 深 め 今 後 の 活 動 におけるヒントを 得 る 事 ができたと 感 じている また 今 回 の 見 学 で 創 立 150 周 年 である 他 にも 多 数 の 共 通 点 がある 事 を 知 り 明 学 レッドクロスとして 活 動 する 事 の 使 命 感 を 再 認 識 できた 場 ともなった 新 しい 団 体 であるからこそ 明 学 レッドクロスの 今 後 の 可 能 性 は 無 限 大 で ある 今 後 も 知 名 度 普 及 活 動 のさらなる 貢 献 に 努 めたい 日 本 赤 十 字 社 本 部 社 員 との 集 合 写 真 日 本 赤 十 字 社 社 員 からの 説 明 を 受 ける 様 子 ( 経 済 学 部 国 際 経 営 学 科 2 年 中 島 由 葵 ) 30

5 サマーキャンプ 2013 年 8 月 に 東 北 3 県 の 子 ども 達 を 対 象 とし たサマーキャンプに 参 加 した 今 回 のサマーキャ ンプへの 参 加 は 非 常 に 責 任 感 を 感 じると 同 時 に 子 どもという 存 在 の 大 きさを 感 じるキャンプだった 震 災 を 経 験 した 子 ども 達 が 参 加 し また 心 に 傷 を 負 っている 子 がほとんどで その 中 での 彼 らへ の 接 し 方 には 慎 重 になった また 今 回 の 子 ども 達 の 参 加 は 彼 らの 家 族 の 思 いが 詰 まっているキャ ンプであり 子 ども 達 にとって 一 生 の 思 い 出 に 残 るようなキャンプにしたい そのような 思 いで 臨 んだ 最 初 子 ども 達 は 人 見 知 りが 激 しく 一 緒 のグループの 子 とも 打 ち 解 けずにいた しかし 時 間 が 経 つにつれて 子 ども 達 は 周 りに 多 くの 友 達 を 作 っていた それと 同 時 に 笑 顔 も 増 えていっ た 子 ども 達 が 笑 顔 で 無 邪 気 に 外 で 遊 ぶ 姿 を 今 でも 覚 えている 私 もその 姿 を 見 て 楽 しい 気 持 ちと 幸 せな 気 持 ちが 心 の 中 にあった そこで 震 災 の 被 害 にあった 子 ども 達 ではなく 無 邪 気 に 遊 ぶ 子 ども 達 に 気 持 ちが 変 わり 自 分 も 一 緒 になって 走 り 回 った 単 純 に 楽 しかったのを 覚 えている この 子 達 が 住 んでいる 町 の 方 達 も 同 じような 気 持 ちなのだろうな と 感 じた 子 ども 達 の 元 気 な 姿 を 見 ていると 楽 しくなり 幸 せな 気 持 ちになる その 気 持 ちが 町 の 人 の 元 気 にもつながるのかなと 感 じた 子 どもは 地 域 にとってかけがえのない 存 在 である 今 回 のキャンプでの 子 ども 達 の 笑 顔 や 思 い 出 は 彼 らの 住 んでいる 地 域 の 人 達 に 元 気 や 勇 気 を 与 えると 信 じている 震 災 からの 復 興 に 子 ども 達 の 笑 顔 は 欠 かせない このキャンプの 終 わり 際 子 ども 達 から 一 人 ひとりメッセージを 頂 いた メッセージには 一 緒 に 遊 んでくれてありがとう みんなを 笑 わせてくれてありがとう 仲 良 くなれてうれしかった と 書 いてあった 大 人 も 子 ども 達 と 一 緒 になって 楽 しむ それが 地 域 にとっても 子 どもにとっても 大 切 なことなのだと 感 じた ( 学 生 メンバー 国 際 学 部 国 際 学 科 2 年 若 松 健 太 ) 31

6 JOIN! 概 要 この 活 動 は 4 月 にボランティア パートナーシップを 結 んだ 本 学 が 日 本 赤 十 字 社 に 全 面 的 に 協 力 し 日 本 赤 十 字 社 による 若 者 へ 向 けたボランティア 啓 発 キャンペーンのPRの 他 炊 き 出 し 訓 練 を 白 金 キ ャンパスで 行 ったものである 新 たに 発 足 した 明 学 レッドクロスの 紹 介 をした 活 動 内 容 日 本 赤 十 字 社 のオフィシャルメッセンジャーを 務 めるAKB 48 グループの 渡 辺 麻 友 さんと 木 崎 ゆり あさんが 登 場 し ご 自 身 が 参 加 した 赤 十 字 でのボランティア 体 験 を 伝 えながら ボランティア 活 動 への 参 加 を 呼 びかけた 赤 十 字 と 連 携 しボランティア 活 動 を 行 うため 新 たに 結 成 された 私 たち 明 学 レッド クロス のメンバーも 登 壇 し 今 後 の 活 動 への 抱 負 と 意 気 込 みを 熱 く 語 った また 炊 き 出 し 訓 練 では 本 学 学 生 達 が 定 期 的 にボランティア 活 動 で 訪 れている 岩 手 県 大 槌 町 吉 里 吉 里 地 区 の 郷 土 料 理 こまこま 汁 と 塩 むすびを 配 り 日 ごろの 訓 練 の 重 要 性 を 互 いに 確 認 することができた 感 想 日 本 赤 十 字 社 との 連 携 ボランティア 活 動 の 為 の 決 意 表 明 の 場 であった 当 日 は 想 像 をはるかに 超 えた 報 道 陣 や 赤 十 字 社 の 社 員 の 方 々がおり しっかりと 活 動 していかなければならないと 感 じた 活 動 内 容 がはっきりしていない 中 での 決 意 表 明 であった 為 インタビュー 等 でははっきりしたことが 伝 えられず 残 念 だった ボランティア 活 動 には 今 後 さらに 若 者 の 力 が 必 要 とされていると 感 じるので 本 学 の 明 学 レッドクロスから 日 本 赤 十 字 社 のボランティア 活 動 その 他 ボランティア 活 動 を 若 者 に 呼 びかけていき たいと 感 じた 明 学 レッドクロスとして 今 後 積 極 的 に 活 動 していきたい JOIN! 集 合 写 真 炊 き 出 し 訓 練 塩 むすびを 作 っている 様 子 ( 社 会 学 部 社 会 福 祉 学 科 3 年 藤 田 好 美 ) 32

7 海 外 たすけあい 海 外 たすけあいボランティアのメンバーは 16 人 そのうち 明 学 生 はおよそ7 割 を 占 めていた 他 大 学 では 明 治 大 学 中 央 大 学 跡 見 女 子 学 園 大 学 などから 来 ており 日 本 赤 十 字 社 での 活 動 をサ ークルで 行 っている 人 が 多 く そのノウハウもあってか 活 動 はとてもスムーズに 行 われた 活 動 では 主 にチラシ 動 画 アンケート 募 金 チームなどに 分 かれ 掛 け 持 ちをしたり お 手 伝 い をしたり その 時 々で 楽 しみながら 活 動 ができた 特 に シンポジウムのお 手 伝 い 等 もメンバーへ 要 請 があった 為 チラシとアンケートは 多 く 配 布 され 回 収 できていた 印 象 に 残 っているのは 日 本 赤 十 字 社 の 近 衛 忠 煇 社 長 にインタビューする 機 会 を 持 てた 事 と 募 金 活 動 ができた 事 である インタビューでは 堅 苦 しいものだけでなく 学 生 生 活 や 仕 事 で 行 った 先 で 楽 しか った 国 やおいしかった 料 理 など さまざまなお 話 が 聞 けた 特 にワニを 食 べた 話 は 興 味 深 く 品 種 によ って 味 が 違 うのか 自 分 でも 確 かめに 行 きたくなるほどだった また 赤 新 月 などの 新 マーク 作 成 の 秘 話 など なかなか 聞 けない 話 をたくさん 聞 くことができ とても 楽 しかった ( 写 真 : 日 本 赤 十 字 社 提 供 ) 近 衛 社 長 とともに 記 念 撮 影 街 頭 で 募 金 を 呼 びかける 様 子 募 金 活 動 は 職 員 の 方 の 手 を 借 りながら 横 浜 駅 や 品 川 駅 などの 主 要 な 駅 で 土 日 13 時 から2 時 間 ほど 街 頭 募 金 を 行 った 人 通 りの 激 しい 中 声 をかけ 続 ける 気 力 や ちらりと 一 瞥 される 圧 力 に 耐 えな がら 立 つ2 時 間 は 大 変 だがとても 楽 しく どうすればより 募 金 がしやすく 気 持 ちよく 募 金 ができるの か とても 考 えさせられる 活 動 だった 日 本 赤 十 字 社 では 献 血 や 病 院 事 業 などがよく 知 られているが 海 外 への 人 道 支 援 はあまり 知 られてい ないようだ これをキッカケに 多 くの 人 に 海 外 たすけあいについて 知 ってもらい もっと 国 内 外 の 支 援 活 動 につ いて 知 ってもらえるよう 今 後 も 活 動 を 続 けていきたいと 思 う ( 社 会 学 部 社 会 福 祉 学 科 1 年 酒 井 昂 杜 ) 33

8 画 像 でふりかえるサマーキャンプ ルスツリゾートでの 活 動 の 様 子 をスタッフの 目 線 でまとめた キャンプ 前 日 スタッフ 対 象 の 事 前 講 習 第 1 日 入 村 式 の 様 子 第 2 日 毛 布 を 使 っての 担 架 搬 送 訓 練 の 様 子 第 3 日 選 択 プログラムでクライミングに 挑 戦 第 3 日 選 択 プログラムでレザーワークに 挑 戦 第 4 日 最 終 日 にスタッフとして 見 送 り 画 像 提 供 : 日 本 赤 十 字 社 34

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指 学 校 事 務 職 員 の 資 質 向 上 - 研 修 プログラムの 工 夫 - 事 務 指 導 員 西 田 邦 子 Nishida kuniko 要 旨 学 校 運 営 の 重 要 な 一 翼 を 担 っている 学 校 事 務 職 員 としての 重 要 性 を 認 識 し 教 育 行 政 の 専 門 家 として 学 校 経 営 に 主 体 的 にかかわるためには 学 校 事 務 職 員 の 資 質

More information

Microsoft Word - H20shimo52.doc

Microsoft Word - H20shimo52.doc モニタリング 結 果 報 告 書 施 設 三 浦 ふれあいの 村 指 定 管 理 者 横 浜 YMCA 施 設 所 管 課 子 ども 教 育 支 援 課 ( 平 成 20 年 度 下 半 期 ) 管 理 運 営 状 況 総 括 1 例 報 告 書 によるモニタリングの 概 況 報 告 受 理 確 認 通 知 備 考 ( 確 認 事 項 等 ) 10 11 7 11 27 適 正 に 行 われてい 11

More information

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震 Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 東 海 地 震 注 意 情 報 発 表 時 (1) 医 務 課 衛 生 薬 務 課 Ⅶ-1 Ⅶ-1 Ⅶ-2 2 病 院 診 療 所 の 対 応 (1) 院 内 の 安 全 確 保 等 (2) 医 療 救 護 活 動 の 準 備 Ⅶ-3 Ⅶ-4 Ⅶ-4 3 基 幹 災 害 拠 点 病 院 基

More information

山田副士長 予防課保安係(平成22年採用)

山田副士長 予防課保安係(平成22年採用) 桐 生 市 消 防 本 部 先 輩 インタビュー 星 野 消 防 士 ( 平 成 27 年 度 採 用 ) 高 島 消 防 士 ( 平 成 28 年 度 採 用 ) 樽 川 消 防 士 ( 平 成 28 年 度 採 用 ) 清 水 消 防 士 ( 平 成 25 年 度 採 用 ) 石 原 副 士 長 ( 平 成 22 年 度 採 用 ) 消 防 士 としてやりがいを 感 じることは 現 場 で 活

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 出 資 金 の 運 用 益 を 事 業 費 としており 出 資 金 の 利 払 いの 一 部 を 地 方 交 付 税 措 置 している ことから 復 興 基 金 の 事 業 費 を 地 方 交 付 税 で 支 える 仕 組 みということができる なお 図 表 6-3 にあるように 事 業 費 の 一 部 だけを 交 付 税 措 置 するのは 公 的 資 金 を 被 災 者 の 住 宅 再 建 や 個

More information

1. 事 業 方 針 平 成 26 年 度 の 市 川 市 の 高 齢 化 率 は 19.7%と 予 測 されており 人 口 の5 人 にひとり が65 歳 以 上 という 時 代 を 迎 えました 住 み 慣 れた 場 所 で 健 康 で 心 豊 かに 暮 らすこと ができる 地 域 社 会 の

1. 事 業 方 針 平 成 26 年 度 の 市 川 市 の 高 齢 化 率 は 19.7%と 予 測 されており 人 口 の5 人 にひとり が65 歳 以 上 という 時 代 を 迎 えました 住 み 慣 れた 場 所 で 健 康 で 心 豊 かに 暮 らすこと ができる 地 域 社 会 の 平 成 26 年 度 事 業 計 画 社 会 福 祉 法 人 市 川 市 社 会 福 祉 協 議 会 1. 事 業 方 針 平 成 26 年 度 の 市 川 市 の 高 齢 化 率 は 19.7%と 予 測 されており 人 口 の5 人 にひとり が65 歳 以 上 という 時 代 を 迎 えました 住 み 慣 れた 場 所 で 健 康 で 心 豊 かに 暮 らすこと ができる 地 域 社 会 の

More information

雪問題 待ったなし! 目指そう、雪だるま式に解決! 地域除雪活動☆実践ガイドブック 【自治体向け】

雪問題 待ったなし! 目指そう、雪だるま式に解決! 地域除雪活動☆実践ガイドブック 【自治体向け】 国 土 交 通 省 平 成 24 年 度 雪 国 の 安 全 安 心 な 暮 らし 確 保 のための 克 雪 体 制 推 進 調 査 除 雪 ボランティアセンターの 設 置 運 営 及 び 宮 沢 地 区 共 助 による 地 域 除 雪 活 動 報 告 資 料 1-2 3 尾 花 沢 市 民 雪 研 究 会 ( 山 形 県 尾 花 沢 市 ) 平 成 25 年 3 月 13 日 1 尾 花 沢 市

More information

年間行事

年間行事 第 1 章 自 主 防 災 組 織 とは 1. 自 主 防 災 組 織 の 必 要 性 東 海 地 震 を 含 む 南 海 トラフの 巨 大 地 震 等 から 自 分 や 家 族 の 命 を 守 るためには さまざまな 被 害 の 発 生 に 備 え 普 段 から 十 分 な 対 策 を 講 じておかなくてはなりません しかし ひとた び 大 地 震 が 発 生 すると 災 害 の 拡 大 を 防

More information

にどうなるかというときに 30 代 40 代 を 含 んで 教 育 会 として 家 庭 教 育 講 座 を やっていかなければならない そのため2つに 分 けている 確 かに 素 直 に 考 えたらそうであるが 特 に0 歳 児 の 親 は 核 家 族 化 になって 子 育 てに 悩 んで 地 域

にどうなるかというときに 30 代 40 代 を 含 んで 教 育 会 として 家 庭 教 育 講 座 を やっていかなければならない そのため2つに 分 けている 確 かに 素 直 に 考 えたらそうであるが 特 に0 歳 児 の 親 は 核 家 族 化 になって 子 育 てに 悩 んで 地 域 No5 0 歳 期 教 育 親 子 教 室 事 業 家 庭 教 育 講 座 事 業 ( 資 料 に 基 づき 事 業 説 明 ) 0 歳 期 教 育 は 1 講 座 30 人 で6 回 開 催 となっている 単 純 に 計 算 したら180 人 になる が 目 標 値 300というのはどのような 數 か 今 年 は50 人 くらい 申 し 込 みがあっているが 6 回 全 部 の 方 や1 回 だけしかでられないと

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し

More information

第3節 重点的な取り組み

第3節 重点的な取り組み 第 4 節 高 齢 者 の 生 きがいづくりと 社 会 参 加 の 促 進 1 生 きがいづくり 活 動 等 への 参 加 団 塊 の 世 代 が 定 年 退 職 し さまざまな 価 値 観 を 持 った 高 齢 者 が 増 えてきました 社 会 の 中 で 高 齢 者 の 占 める 割 合 が 高 くなるにつれて 高 齢 者 が 社 会 的 弱 者 である というイメージは 徐 々に 変 わりつつあり

More information

( 資 料 )

( 資 料 ) 読 書 活 動 の 推 進 に 向 けた 取 り 組 み ~ 学 校 図 書 館 支 援 員 の 有 効 活 用 ~ 越 前 市 王 子 保 小 学 校 本 年 度 より 学 校 図 書 館 支 援 事 業 として 本 校 に 毎 週 月 曜 日 と1 3 5 週 の 木 曜 日 に 図 書 支 援 員 を 迎 えることになった 本 校 の 支 援 員 さんは 図 書 ボ ランティアとしての 経 歴

More information

( 総 務 対 策 部 ) 市 災 害 対 策 本 部 総 務 対 策 部 本 部 連 絡 班 では, 県 や 自 衛 隊, 海 上 保 安 部, 警 察 等 の 関 係 機 関 と 連 携 し 円 滑 な 災 害 復 旧 の 支 援 体 制 を 確 立 した さらに 現 地 での 災 害 復 旧

( 総 務 対 策 部 ) 市 災 害 対 策 本 部 総 務 対 策 部 本 部 連 絡 班 では, 県 や 自 衛 隊, 海 上 保 安 部, 警 察 等 の 関 係 機 関 と 連 携 し 円 滑 な 災 害 復 旧 の 支 援 体 制 を 確 立 した さらに 現 地 での 災 害 復 旧 5. 各 種 被 災 者 支 援 ⑴ 奄 美 市 市 では 奄 美 豪 雨 災 害 発 生 時 に 被 災 地 での 救 助 救 援 活 動 等 を 実 施 した そして 災 害 発 生 時 の 混 乱 した 状 況 が 収 拾 してからは, 被 災 者 に 災 害 前 の 生 活 をいち 早 く 取 り 戻 してもらうよう 早 期 の 復 旧 復 興 を 目 指 し 各 種 支 援 策 を 実 施

More information

第 1 章 動 物 愛 護 センター 整 備 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 人 とペットの 共 存 や 終 生 飼 養 等 の 飼 い 主 責 任 などを 考 えていけるような 親 しみやすい 動 物 愛 護 センターになってほし 殺 処 分 しない 捨 てさせない 虐

第 1 章 動 物 愛 護 センター 整 備 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 人 とペットの 共 存 や 終 生 飼 養 等 の 飼 い 主 責 任 などを 考 えていけるような 親 しみやすい 動 物 愛 護 センターになってほし 殺 処 分 しない 捨 てさせない 虐 香 川 県 高 松 市 動 物 愛 護 センター( 仮 称 ) 基 本 構 想 ( 素 案 ) についてのパブリックコメント 実 施 結 果 本 市 では 平 成 27 年 3 月 16 日 から4 月 15 日 までの 期 間 香 川 県 高 松 市 動 物 愛 護 センター( 仮 称 ) 基 本 構 想 ( 素 案 ) についてのパブリック コメントを 実 施 しました いただきました 御 意

More information

地 区 の 特 徴 成 田 新 田 地 区 の 開 村 は 古 く 平 成 20 年 には 開 村 360 年 を 迎 えている 過 去 には 明 治 21 年 に 集 落 のほとんどを 焼 失 してしまう 大 火 が あり そのことから 火 伏 せの 神 社 として 古 峰 神 社 を 祀 り 初

地 区 の 特 徴 成 田 新 田 地 区 の 開 村 は 古 く 平 成 20 年 には 開 村 360 年 を 迎 えている 過 去 には 明 治 21 年 に 集 落 のほとんどを 焼 失 してしまう 大 火 が あり そのことから 火 伏 せの 神 社 として 古 峰 神 社 を 祀 り 初 モデル 取 組 地 区 三 川 町 成 田 新 田 地 区 ~ 自 分 たちの 地 域 は 自 分 たちの 手 で~ 三 川 町 成 田 新 田 地 区 地 区 の 位 置 人 口 世 帯 の 状 況 三 川 町 は 山 形 県 の 北 西 部 庄 内 平 野 の ほぼ 中 央 部 に 位 置 し 北 に 鳥 海 山 東 に 月 山 湯 殿 山 羽 黒 山 の 出 羽 三 山 南 に 金 峰 山 母

More information

社団法人 青森県宅地建物取引業協会

社団法人 青森県宅地建物取引業協会 公 益 社 団 法 人 青 森 県 宅 地 建 物 取 引 業 協 会 平 成 28 年 度 事 業 計 画 書 自 : 平 成 28 年 4 月 1 日 至 : 平 成 29 年 3 月 31 日 昨 年 の 日 本 経 済 は 2014 年 4 月 の 消 費 税 率 引 上 げや 輸 入 物 価 の 上 昇 等 の 影 響 を 受 けて 景 気 の 回 復 力 に 弱 さがみられた 局 面 もありましたが

More information

平 成 2 年 度 評 価 表 [ 2 / ] 平 成 26 年 0 月 05 日 18 時 分 0 秒 作 成 担 当 部 局 市 民 部 人 権 同 和 対 策 課 記 入 年 月 日 平 成 25 年 07 月 16 日 浦 川 哲 也 ( 連 絡 先 ) 291 名

平 成 2 年 度 評 価 表 [ 2 / ] 平 成 26 年 0 月 05 日 18 時 分 0 秒 作 成 担 当 部 局 市 民 部 人 権 同 和 対 策 課 記 入 年 月 日 平 成 25 年 07 月 16 日 浦 川 哲 也 ( 連 絡 先 ) 291 名 平 成 2 年 度 評 価 表 [ 1 / ] 平 成 26 年 0 月 05 日 18 時 分 0 秒 作 成 担 当 部 局 00200 市 民 部 人 権 同 和 対 策 課 記 入 年 月 日 平 成 25 年 07 月 16 日 浦 川 哲 也 政 策 / 経 常 / 義 / 臨 時 経 常 的 新 規 / 継 続 継 続 ( 連 絡 先 ) 291 名 0000515 社 会 福 祉 施

More information

2 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 1. 概 況 総 務 省 の 人 口 推 計 並 びに 厚 生 労 働 省 の 人 口 動 態 統 計 によると 2007 年 以 降 人 口 減 少 社 会 となっていますが その 中 でも 65 歳 から 74 歳 までの 前 期 高 齢 者 の 比 率 と 75 歳 以 上 の 後 期 高 齢 者 の 絶 対 数 がまもなく 入 れ 替 わる 更 なる

More information

2011紀要論文(大谷)

2011紀要論文(大谷) 災 害 支 援 ボランティアと 地 域 防 災 Disaster support volunteer and regional disaster prevention はじめに 才 田 春 夫 SAIDA Haruo 2011 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 は 歴 史 上 類 を 見 ない 大 災 害 となった 地 震 規 模 が M9.0 と 日 本 史 上 最

More information

<4D F736F F D F95AA82C582C582AB82E9944E93788E6E82DF82CC8EA98CC88FD089EE8A8893AE8F575B315D>

<4D F736F F D F95AA82C582C582AB82E9944E93788E6E82DF82CC8EA98CC88FD089EE8A8893AE8F575B315D> 楽 しみながら 人 間 関 係 づくりに 役 立 つ 10 分 でできる 年 度 始 めの 自 己 紹 介 活 動 集 新 年 度 のスタートは,どの 子 も 楽 しみや 期 待 とともに, 不 安 や 緊 張 でいっぱいです この 時 期 の 人 間 関 係 づくりは, 不 登 校 の 未 然 防 止 の 視 点 からも, 極 めて 重 要 なものです そこで,1 子 ども 同 士 の 人 間 関

More information

3月31日をもちまして無事定年退職となりました

3月31日をもちまして無事定年退職となりました 4 月 16 日 ( 金 ) 離 任 式 退 職 異 動 された 先 生 主 事 さん 方 か らメッセージをいただきました 3 月 31 日 をもちまして 無 事 定 年 退 職 とな りました 25 日 最 後 の 授 業 には お 母 様 方 が かけつけてくださり 子 どもたちと 共 に 涙 ぐんでいただいたことを 有 難 く 終 生 忘 れません 皆 様 方 からもらった 花 束 が 枯

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

<91E63489F18E9197BF332E786477>

<91E63489F18E9197BF332E786477> 第 4 回 大 隅 地 域 の 公 立 高 校 の 在 り 方 検 討 委 員 会 ( 資 料 ) 目 次 日 程 1 当 該 高 校 の 在 り 方 案 に 対 する 検 討 委 員 会 意 見 2 各 地 区 検 討 会 からの 当 該 高 校 の 在 り 方 ( 案 ) 鹿 屋 地 区 ( 鹿 屋 市 内 5 校 ) 3 肝 付 地 区 ( 高 山 高 校 ) 4 南 大 隅 錦 江 地 区

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 28 年 度 第 4 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 28 年 6 月 30 日 ( 木 ) 午 前 10 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 台 湾 で 開 催 された 日 本 の 観 光 物 産 博 2016 への 出 展 の 報 告 青 少 年 宿 泊 施 設 あかたにの 家 オープン 土 曜 学 習 教 室 を 豊 浦 地 区 紫 雲 寺

More information

塩 竈 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 日 時 平 成 27 年 7 月 17 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 午 後 2 時 30 分 場 所 壱 番 館 3 階 共 用 会 議 室 出 席 委 員 委 員 長 柴 田 仁 市 郎 委 員 長 職 務 代 行 者 太

塩 竈 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 日 時 平 成 27 年 7 月 17 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 午 後 2 時 30 分 場 所 壱 番 館 3 階 共 用 会 議 室 出 席 委 員 委 員 長 柴 田 仁 市 郎 委 員 長 職 務 代 行 者 太 平 成 27 年 7 月 定 例 会 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 書 記 菊 池 亮 書 記 鈴 木 和 賀 子 塩 竈 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 日 時 平 成 27 年 7 月 17 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 午 後 2 時 30 分 場 所 壱 番 館 3 階 共 用 会 議 室 出 席 委 員 委 員 長 柴 田 仁 市 郎 委 員

More information

変更後最終 27事業計画書

変更後最終 27事業計画書 平 成 27 年 度 計 画 書 Ⅰ 基 本 方 針 公 益 財 団 法 人 群 馬 県 青 少 年 育 成 団 ( 以 下 団 という )の 目 的 は 青 少 年 の 健 全 育 成 に 関 する 諸 及 び 青 少 年 団 体 の 育 成 並 びにその を 行 う 施 設 の 管 理 運 営 を 行 い もって 本 県 の 次 代 を 担 う 青 少 年 の 健 全 な 育 成 に 寄 与 する

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074> 東 海 地 震 対 策 について 東 海 地 震 の 切 迫 性 について 九 州 四 国 紀 伊 半 島 南 海 トラフ 東 海 地 震 東 海 地 震 の 想 定 震 源 域 では 概 ね100~150 年 の 間 隔 で 大 規 模 な 地 震 が 発 生 しているが 東 南 海 地 震 (1944)でひず みが 解 放 されず 安 政 東 海 地 震 (1854)から157 年 間 大 地

More information

限 られた 時 間 ではありますが 活 発 なご 議 論 をしていただきますようお 願 いいたし まして 挨 拶 とさせていただきます 3 協 議 調 整 事 項 ⑴ 沼 津 市 教 育 大 綱 の 決 定 について 資 料 2 沼 津 市 教 育 大 綱 ( 案 ) に 関 する 意 見 募 集

限 られた 時 間 ではありますが 活 発 なご 議 論 をしていただきますようお 願 いいたし まして 挨 拶 とさせていただきます 3 協 議 調 整 事 項 ⑴ 沼 津 市 教 育 大 綱 の 決 定 について 資 料 2 沼 津 市 教 育 大 綱 ( 案 ) に 関 する 意 見 募 集 第 4 回 沼 津 市 総 合 教 育 会 議 議 事 録 〇 開 催 日 時 平 成 28 年 2 月 9 日 ( 火 曜 日 )10 時 00 分 ~11 時 30 分 〇 開 催 場 所 水 道 部 庁 舎 3 階 会 議 室 〇 出 席 者 市 長 栗 原 裕 康 教 育 委 員 長 細 沼 早 希 子 委 員 長 職 務 代 理 者 三 好 勝 晴 教 育 委 員 土 屋 葉 子 教 育

More information

協 力 : 愛 光 ルミエール 志 津 南 部 地 域 包 括 支 援 センター 第 4 回 障 害 者 作 品 展 ふれあいギャラリー 運 営 協 力 ( 実 行 委 員 ) 2012.12.7( 金 )~9( 日 ) 佐 倉 市 美 術 館 来 館 者 :907 人 2012.12.9( 日 )

協 力 : 愛 光 ルミエール 志 津 南 部 地 域 包 括 支 援 センター 第 4 回 障 害 者 作 品 展 ふれあいギャラリー 運 営 協 力 ( 実 行 委 員 ) 2012.12.7( 金 )~9( 日 ) 佐 倉 市 美 術 館 来 館 者 :907 人 2012.12.9( 日 ) 2012 年 度 活 動 報 告 2012 年 度 は 仲 間 づくり をテーマに 活 動 を 行 いました 第 31 回 ボランティアのつどい は 5 月 に 実 行 委 員 会 を 立 ち 上 げ 仲 間 づくり で 新 しい 風 をおこそうよ! をテーマに 2 月 に 開 催 しました 広 報 紙 はらっぱ 39 号 も 編 集 委 員 会 で 企 画 取 材 し 1 月 に 発 行 しました

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 立 教 大 学 経 済 学 部 2014 年 度 スタディサポートプログラム 実 施 報 告 Ⅰ. 実 施 概 要 キャリア 教 育 運 営 委 員 会 実 施 目 的 : 1. 新 入 生 が 高 校 までの 学 び 方 と 大 学 での 学 び 方 の 違 いを 知 り 大 学 での 学 びに 期 待 と 意 欲 を 持 つ 2. 新 入 生 が 経 済 学 部 の 先 輩 の 姿 を 見 て

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 26 年 度 職 務 経 験 者 採 用 試 験 申 込 結 果 について 平 成 26 年 11 月 4 日 職 務 経 験 者 採 用 試 験 導 入 の 経 緯 津 市 へのU J Iターン 就 職 や 転 職 を 望 む 声 新 規 職 員 採 用 試 験 には 年 齢 制 限 が 存 在 職 務 経 験 者 採 用 試 験 の 導 入 幅 広 い 年 齢 層 の 人 が 受 験 できる

More information

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会 宮 城 県 の 任 用, 給 与, 勤 務 条 件 等 の 人 事 行 政 運 営 の 全 般 を 明 らかにし, 人 事 行 政 における 公 正 性 及 び 透 明 性 を 確 保 するため, 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 宮 城 県 条 例 第 20 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき, 宮 城 県 の 平 成 26

More information

ごあいさつ 弘 前 大 学 理 事 ( 総 務 担 当 ) 加 藤 健 本 学 は 平 成 22 年 度 から 平 成 27 年 度 における 第 2 期 中 期 目 標 期 間 においては 本 学 が 立 地 している 青 森 県 の 特 性 すなわち エネルギーに 関 わる 豊 富 なポテンシ

ごあいさつ 弘 前 大 学 理 事 ( 総 務 担 当 ) 加 藤 健 本 学 は 平 成 22 年 度 から 平 成 27 年 度 における 第 2 期 中 期 目 標 期 間 においては 本 学 が 立 地 している 青 森 県 の 特 性 すなわち エネルギーに 関 わる 豊 富 なポテンシ 財 務 レポート 215 平 成 26 事 業 年 度 弘 前 大 学 HIROSAKI UNIVERSITY - 1 - ごあいさつ 弘 前 大 学 理 事 ( 総 務 担 当 ) 加 藤 健 本 学 は 平 成 22 年 度 から 平 成 27 年 度 における 第 2 期 中 期 目 標 期 間 においては 本 学 が 立 地 している 青 森 県 の 特 性 すなわち エネルギーに 関 わる

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

(3) 国 県 支 出 金 22 億 9,950 万 8 千 円 (715,189 千 円 45.1 45.1% 増 ) 国 庫 支 出 金 は 安 全 安 心 な 学 校 づくり 交 付 金 の 減 はあるものの 下 釜 山 岸 線 整 備 事 業 費 補 助 金 の 増 や 子 ども 手 当 交

(3) 国 県 支 出 金 22 億 9,950 万 8 千 円 (715,189 千 円 45.1 45.1% 増 ) 国 庫 支 出 金 は 安 全 安 心 な 学 校 づくり 交 付 金 の 減 はあるものの 下 釜 山 岸 線 整 備 事 業 費 補 助 金 の 増 や 子 ども 手 当 交 平 成 22 年 度 寒 河 江 市 一 般 会 計 当 初 予 算 ( 案 )の 概 要 予 算 規 模 (22 年 2 月 19 日 現 在 ) 一 般 会 計 当 初 予 算 額 対 前 年 度 比 147 億 6 千 万 円 7 億 円 5.0% 増 (3 年 連 続 で 増 ) 平 成 22 年 度 予 算 のポイント 予 算 編 成 上 の 重 点 テーマ 緊 急 雇 用 創 出 事 業

More information

のびのび塩竈っ子プラン

のびのび塩竈っ子プラン 第 2 章 子 どもがのびのびと 健 やかに 育 つまち Ⅳ 計 画 の 内 容 ( 第 2 章 ) 第 1 節 多 様 な 生 涯 学 習 の 推 進 現 状 と 課 題 幼 稚 園 の 教 育 幼 稚 園 は 保 育 所 と 並 び 子 どもたちが 集 団 で 生 活 を 経 験 する 最 初 の 場 です 子 どもたち は 家 族 以 外 の 友 だちや 先 生 とのふれあいや 遊 び 体 験

More information

2013大京グループお住まいに関するアンケート

2013大京グループお住まいに関するアンケート 各 位 2013 年 4 月 10 日 大 京 グループ -お 住 まいに 関 するアンケート 調 査 - 2013 年 1 月 調 査 では 住 まいに 対 し 今 後 充 実 させたいのは 安 心 安 全 快 適 などで +α の 精 神 的 な 満 足 度 を 高 める 要 素 が 重 視 されている 大 京 グループでは このたびグループ 各 社 にお 問 い 合 わせいただいたお 客 さまを

More information

洲本市地域防災計画

洲本市地域防災計画 第 1 節 基 本 方 針 総 務 部 消 防 防 災 課 健 康 福 祉 部 健 康 増 進 課 サービス 事 業 所 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 海 上 災 害 が 発 生 した 場 合 における 人 命 救 助 消 火 活 動 流 出 した 重 油 等 への 対 応 付 近 の 船 舶 の 航 行 安 全 措 置 沿 岸 住 民 の 安 全 及 び 漁 業 等 への 被 害

More information

前世リーディングと古典西洋占星術で紐解くあなたのカルマ~より幸せな人生にシフトする~

前世リーディングと古典西洋占星術で紐解くあなたのカルマ~より幸せな人生にシフトする~ あなたのカルマ 鑑 定 書 ~ 前 世 の 課 題 を 今 生 で 昇 華 するには? より 幸 せな 人 生 にシフトする 方 法 ~ Ms. Nxxxx.Txxxx N さん こんにちは N さんに 対 する 私 の 印 象 は すごいエネルギッシュな 女 性 だなと 思 いました でもちょっと 疲 れていらっしゃる 感 じで シルバージョーでお 話 を 聞 いていたら そりゃ 疲 れるわと ^^

More information

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 般 論... 決... 平 般, 誌 臨... NO.! 春 ド 花 ウォキグ 何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 セ 毎 木 曜 各 約

More information

が 決 定 されました ~ 兵 庫 県 連 と 兵 庫 県 連 各 組 合 から 義 捐 金 持 参 し 激 励 ~ 小 雨 がぱらつく 19 日 兵 庫 県 連 から 貴 田 博 明 会 長 ( 全 建 総 連 副 委 員 長 兵 庫 土 建 委 員 長 ) 岡 本 勝 事 務 局 長 と 県 連

が 決 定 されました ~ 兵 庫 県 連 と 兵 庫 県 連 各 組 合 から 義 捐 金 持 参 し 激 励 ~ 小 雨 がぱらつく 19 日 兵 庫 県 連 から 貴 田 博 明 会 長 ( 全 建 総 連 副 委 員 長 兵 庫 土 建 委 員 長 ) 岡 本 勝 事 務 局 長 と 県 連 2 0 1 1 年 4 月 2 0 日 全 建 総 連 支 援 対 策 本 部 ニュース(No.33 全 建 総 連 東 日 本 大 震 災 支 援 対 策 本 部 全 建 総 連 では 4 月 14 日 原 発 事 故 に 起 因 する 様 々な 被 害 を 受 けた 地 域 の 産 業 及 び 住 民 に 対 して 充 分 な 補 償 を 行 うこと 等 を 主 旨 とした 要 請 を 東 京

More information

戦略的な広報、情報発信

戦略的な広報、情報発信 支 所 改 革 とまちづくり ~テーマから 見 えてきたもの~ 鉞 創 塾 : 金 太 郎 チーム 渡 邊 理 絵 杉 山 貞 亮 瀬 戸 大 輔 小 宮 山 智 士 1 課 題 整 理 1 コスト ランニングコスト> 事 務 効 果 支 所 運 営 経 費 計 :75,095 千 円 支 所 窓 口 業 務 ( 相 談 含 ) 件 数 :35,502 件 1サービス 当 単 価 :2,115 円

More information

平成14年度財団法人武蔵野市福祉公社事業報告

平成14年度財団法人武蔵野市福祉公社事業報告 平 成 6 年 度 事 業 計 画 書 公 益 財 団 法 人 武 蔵 野 市 福 祉 公 社 目 次 Ⅰ 平 成 6 年 度 運 営 方 針 ( 重 点 項 目 ) 1 中 長 期 事 業 計 画 及 び 財 政 健 全 化 計 画 の 策 定 有 償 在 宅 福 祉 サ ー ビ ス と 権 利 擁 護 事 業 の 事 業 変 更 及 び 体 制 整 備 Ⅱ 本 部 事 業 有 償 在 宅 福 祉

More information

3. 各 項 目 別 の 結 果 (1) 組 織 マネジメント 平 成 26 年 度 2 経 営 における 社 会 的 責 任 カテゴリー2 サブカテゴリー1(2-1) 社 会 人 福 祉 サービス 事 業 者 として 守 るべきことを 明 確 にし その 達 成 に 取 り 組 んでいる 項 目

3. 各 項 目 別 の 結 果 (1) 組 織 マネジメント 平 成 26 年 度 2 経 営 における 社 会 的 責 任 カテゴリー2 サブカテゴリー1(2-1) 社 会 人 福 祉 サービス 事 業 者 として 守 るべきことを 明 確 にし その 達 成 に 取 り 組 んでいる 項 目 3. 各 項 目 別 の 結 果 (1) 組 織 マネジメント 平 成 26 年 度 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 サブカテゴリー1(1-1) 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 項 目 1 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 して いる 1. 事 業 所 が

More information

目 次 1 関 西 広 域 救 急 医 療 連 携 計 画 の 策 定 1 2 広 域 的 ドクターヘリの 配 置 運 航 2 3 東 日 本 大 震 災 における 医 療 支 援 活 動 4

目 次 1 関 西 広 域 救 急 医 療 連 携 計 画 の 策 定 1 2 広 域 的 ドクターヘリの 配 置 運 航 2 3 東 日 本 大 震 災 における 医 療 支 援 活 動 4 資 料 2 広 域 医 療 の 推 進 について 平 成 23 年 12 月 10 日 広 域 医 療 局 目 次 1 関 西 広 域 救 急 医 療 連 携 計 画 の 策 定 1 2 広 域 的 ドクターヘリの 配 置 運 航 2 3 東 日 本 大 震 災 における 医 療 支 援 活 動 4 1 関 西 広 域 救 急 医 療 連 携 計 画 の 策 定 (1)

More information

3. 利 用 者 への 支 援 3-1 個 別 支 援 計 画 利 用 者 の 自 立 支 援 を 促 進 するために 個 別 支 援 計 画 の 見 直 し 推 進 強 化 を 図 り 日 常 生 活 の 中 に 可 能 な 限 り 自 己 選 択 できるシステムを 取 り 入 れ その 人 らし

3. 利 用 者 への 支 援 3-1 個 別 支 援 計 画 利 用 者 の 自 立 支 援 を 促 進 するために 個 別 支 援 計 画 の 見 直 し 推 進 強 化 を 図 り 日 常 生 活 の 中 に 可 能 な 限 り 自 己 選 択 できるシステムを 取 り 入 れ その 人 らし 平 成 26 年 度 救 護 施 設 りんくうみなと 事 業 計 画 書 社 会 福 祉 法 人 みなと 寮 1. 目 的 りんくうみなとは 生 活 保 護 法 第 38 条 第 2 項 に 定 められた 救 護 施 設 であり 保 護 の 実 施 機 関 より 依 頼 された 身 体 や 精 神 に 障 がいがあり 経 済 的 な 課 題 も 含 めて 日 常 生 活 を 送 ることが 困 難 な

More information

目 次 Ⅰ 基 本 方 針 1 Ⅱ 事 業 体 系 図 2 Ⅲ 重 点 目 標 3 Ⅳ 実 施 計 画 < 1 > 法 人 運 営 7 < 2 > 地 域 福 祉 活 動 推 進 事 業 8 < 3 > 福 祉 サービス 利 用 支 援 事 業 13 < 4 > 在 宅 福 祉 サービス 事 業 1

目 次 Ⅰ 基 本 方 針 1 Ⅱ 事 業 体 系 図 2 Ⅲ 重 点 目 標 3 Ⅳ 実 施 計 画 < 1 > 法 人 運 営 7 < 2 > 地 域 福 祉 活 動 推 進 事 業 8 < 3 > 福 祉 サービス 利 用 支 援 事 業 13 < 4 > 在 宅 福 祉 サービス 事 業 1 平 成 26 年 度 事 業 計 画 書 社 会 福 祉 法 人 浜 松 市 社 会 福 祉 協 議 会 目 次 Ⅰ 基 本 方 針 1 Ⅱ 事 業 体 系 図 2 Ⅲ 重 点 目 標 3 Ⅳ 実 施 計 画 < 1 > 法 人 運 営 7 < 2 > 地 域 福 祉 活 動 推 進 事 業 8 < 3 > 福 祉 サービス 利 用 支 援 事 業 13 < 4 > 在 宅 福 祉 サービス 事 業

More information

<593A5C918D96B18C575C95DB88E7898096AF8AD488DA8FF75C82CD82DC82C882B75C323031343037914992E888CF88F589EF5C32303134303889EF8B638A4A8DC35C323031343039303391E63189F15C32362E392E388DC58F49814097768D808145976C8EAE5C32362E392E31318E968BC68ED295E58F5

<593A5C918D96B18C575C95DB88E7898096AF8AD488DA8FF75C82CD82DC82C882B75C323031343037914992E888CF88F589EF5C32303134303889EF8B638A4A8DC35C323031343039303391E63189F15C32362E392E388DC58F49814097768D808145976C8EAE5C32362E392E31318E968BC68ED295E58F5 施 設 を 設 置 運 営 する 場 合 の 諸 条 件 施 設 類 型 認 可 保 育 所 1 建 設 等 の 条 件 (1) 設 置 場 所 等 当 該 施 設 の 用 に 供 する 土 地 については 事 前 に 次 の 事 項 が 分 かる 資 料 を 用 意 し 市 に 相 談 すること 所 在 地 地 積 用 途 地 域 と 防 火 準 防 火 地 域 の 区 分 建 ぺい 率 容 積

More information

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい 総 行 公 第 59 号 平 成 26 年 7 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 ( 人 事 担 当 課 市 町 村 担 当 課 区 政 課 扱 い) 各 指 定 都 市 市 長 ( 人 事 担 当 課 扱 い) 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 現 在

More information

総務関係  4名

総務関係  4名 小 田 原 市 社 会 福 祉 協 議 会 の 概 要 Ⅰ 社 会 福 祉 協 議 会 とは Ⅱ 設 置 目 的 役 職 員 構 成 重 点 目 標 等 Ⅲ 平 成 27 年 度 小 田 原 市 社 会 福 祉 協 議 会 主 要 事 業 Ⅳ 平 成 27 年 度 小 田 原 市 社 会 福 祉 協 議 会 予 算 概 要 Ⅴ 社 会 福 祉 協 議 会 の 組 織 体 制 Ⅰ 社 会 福 祉 協

More information

週間情報(2812号)

週間情報(2812号) 週 間 情 報 2812 発 行 日 平 成 28 年 3 月 22 日 発 行 所 全 国 消 防 長 会 一 般 財 団 法 人 全 国 消 防 協 会 担 当 企 画 部 企 画 課 電 話 03(3234)1321 行 事 消 防 本 部 の 動 き 火 災 予 防 キャンペーンを 実 施 埼 玉 西 部 消 防 局 ( 埼 玉 ) 埼 玉 西 部 消 防 局 所 沢 東 消 防 署 では

More information

会 議 を 開 催 し 市 町 村 との 連 携 を 強 化 して 人 口 問 題 に 対 する 取 り 組 み を 始 めました このような 国 県 の 新 たな 動 きにいち 早 く 対 応 するため 本 市 にお きましても 先 月 18 日 私 を 本 部 長 として 安 来 市 人 口 対

会 議 を 開 催 し 市 町 村 との 連 携 を 強 化 して 人 口 問 題 に 対 する 取 り 組 み を 始 めました このような 国 県 の 新 たな 動 きにいち 早 く 対 応 するため 本 市 にお きましても 先 月 18 日 私 を 本 部 長 として 安 来 市 人 口 対 第 70 回 安 来 市 議 会 定 例 会 の 開 会 にあたり 諸 議 案 の 説 明 に 先 立 ち まして 諸 般 の 事 項 についてご 報 告 申 し 上 げます はじめに 先 月 19 日 深 夜 から20 日 未 明 にかけて 広 島 市 を 襲 った 局 地 的 な 豪 雨 は 広 範 囲 にわたり 大 規 模 な 土 石 流 が 発 生 するなど 死 者 行 方 不 明 者 あわせて70

More information

公 認 心 理 師 法 案 の 第 一 条 にあります 国 民 の 心 の 健 康 の 保 持 増 進 に 寄 与 すること を 目 的 とした 心 理 援 助 の 専 門 職 の 国 家 資 格 化 は 私 どもが 長 年 その 実 現 を 願 い 努 力 したものですが 実 現 を 目 前 に

公 認 心 理 師 法 案 の 第 一 条 にあります 国 民 の 心 の 健 康 の 保 持 増 進 に 寄 与 すること を 目 的 とした 心 理 援 助 の 専 門 職 の 国 家 資 格 化 は 私 どもが 長 年 その 実 現 を 願 い 努 力 したものですが 実 現 を 目 前 に 民 主 党 文 部 科 学 部 門 厚 生 労 働 部 門 合 同 会 議 平 成 26 年 6 月 5 日 ( 木 )8:00~ ( 参 議 院 議 員 会 館 101 会 議 室 ) 公 益 財 団 法 人 日 本 臨 床 心 理 士 資 格 認 定 協 会 からの 意 見 報 告 平 素 より 国 民 の 心 のケア 心 の 健 康 に 関 する 広 汎 な 連 携 による 臨 床 心 理 活

More information

応 募 書 類 5-1(2/6) (3) 送 迎 サービス 及 び 入 浴 サービス(5 点 ) 市 より 貸 与 される 車 両 と 法 人 車 両 の 計 4 台 体 制 で 送 迎 を 実 施 し 乗 車 時 間 を 短 縮 しご 利 用 者 ご 家 族 への 負 担 を 軽 減 し 安 全

応 募 書 類 5-1(2/6) (3) 送 迎 サービス 及 び 入 浴 サービス(5 点 ) 市 より 貸 与 される 車 両 と 法 人 車 両 の 計 4 台 体 制 で 送 迎 を 実 施 し 乗 車 時 間 を 短 縮 しご 利 用 者 ご 家 族 への 負 担 を 軽 減 し 安 全 社 会 福 祉 法 人 千 葉 県 福 祉 援 護 会 応 募 書 類 5-1(1/6) 船 橋 市 西 老 人 デイサービスセンター 事 業 計 画 書 ( 朋 松 苑 デイサービスセンター 除 く) 以 下 の 項 目 について 指 定 期 間 全 体 の 計 画 を 記 載 して 下 さい 記 載 漏 れの 無 いよう 枠 内 の 着 眼 点 を 参 考 に 全 ての 項 目 について 記 載

More information

<88EE91F28E738E9F90A291E388E790AC8E7889875F955C8E8630332E786477>

<88EE91F28E738E9F90A291E388E790AC8E7889875F955C8E8630332E786477> 資 料 編 1 意 見 提 案 の 内 容 ニーズ 調 査 における 主 な 意 見 ニーズ 調 査 において 子 育 て 支 援 に 関 する 意 見 をうかがったところ 就 学 前 児 童 の 保 護 者 から 1,355 件 小 学 生 の 保 護 者 から 1,300 件 が 得 られました 主 な 意 見 は 次 のとおりです 分 類 意 見 提 案 ( 概 要 ) 保 育 園 親 の 就

More information

第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 等 対 策 ) 第 1 章 第 1 節 応 急 活 動 体 制 の 確 立 活 動 体 制 の 確 立 市 県 NTT 西 日 本 山 口 支 店 災 害 応 急 対 策 を 迅 速 かつ 効 果 的 に 実 施 するため 本 防 災 計 画 に 定 める 組 織 所 掌 事 務 により 諸 活 動 を 実 施 するものとする このため

More information

第 1 回 きいちごパーティー 5 月 23 日 に 開 催 された きいちごパーティー に 学 生 教 員 8 名 がボランティアとして 参 加 しました きいちごパーティーとは 鶴 ヶ 島 市 立 障 害 者 地 域 活 動 支 援 センター きいちご において 開 設 27 年 目 で 初 め

第 1 回 きいちごパーティー 5 月 23 日 に 開 催 された きいちごパーティー に 学 生 教 員 8 名 がボランティアとして 参 加 しました きいちごパーティーとは 鶴 ヶ 島 市 立 障 害 者 地 域 活 動 支 援 センター きいちご において 開 設 27 年 目 で 初 め 2015 さいたまシティマラソン 救 護 ボランティア 2 月 22 日 に 開 催 された 2015 さいたまシティ マラソンに 学 生 教 員 19 名 が 昨 年 度 に 引 き 続 きランナーの 見 守 りなどの 救 護 ボランティ アで 参 加 しました この 大 会 は 今 年 11 月 の 第 1 回 さいたま 国 際 マラソン 兼 第 31 回 オリン ピック 競 技 大 会 (2016/リオデジャネイロ)

More information

再 犯 防 止 に 向 けた 総 合 対 策 平 成 24 年 7 月 犯 罪 対 策 閣 僚 会 議 はじめに 1 第 1 再 犯 の 現 状 と 課 題 3 1 全 般 的 状 況 3 (1) 再 犯 者 率 の 上 昇 3 (2) 再 入 者 率 の 上 昇 3 (3) 仮 釈 放 率 の 低 下 3 2 対 象 者 の 特 性 別 に 見 た 現 状 3 (1) 早 期 対 策 が 必 要

More information

平成16年度埼玉県NPO活動促進助成事業

平成16年度埼玉県NPO活動促進助成事業 様 式 第 8 号 別 紙 1 法 人 名 NPO 法 人 ふうせん 事 業 実 施 報 告 書 事 業 名 枠 の 種 類 子 育 てだって 立 派 なスキル! 保 育 サポーター 講 座 ウーマノミクス 1. 事 業 の 目 的 結 婚 出 産 などで 離 職 後 社 会 復 帰 へ 消 極 的 な 女 性 に 社 会 復 帰 のフ 2. 事 業 で 取 り 組 んだ 地 域 や 社 会 の 課

More information

区 長 新 年 挨 拶

区 長 新 年 挨 拶 山 本 議 員 の ご 質 問 に お 答 え い た し ま す 最 初 に 平 成 22 年 度 普 通 会 計 決 算 に 関 す る ご 質 問 に お 答 え し ま す まず 全 体 的 な 評 価 に つ い て の お 尋 ね で すが 22 年 度 決 算 で は 前 年 度 と 比 較 し て 特 別 区 民 税 が 約 20 億 円 7.1%の 大 幅 な 減 収 となる など

More information

週間情報(2717号)

週間情報(2717号) 週 間 情 報 2717 発 行 日 平 成 27 年 4 月 28 日 発 行 所 全 国 消 防 長 会 一 般 財 団 法 人 全 国 消 防 協 会 担 当 企 画 部 企 画 課 電 話 03(3234)1321 行 事 消 防 本 部 の 動 き 新 入 社 員 防 火 教 室 を 実 施 堺 市 消 防 局 ( 大 阪 ) 堺 市 消 防 局 では 平 成 27 年 4 月 23 日

More information

本 校 10 年 間 の 歴 史 を 振 り 返 る( 後 半 ) 学 校 だより12 月 号 に 続 き 本 校 開 校 十 周 年 行 事 の 折 の 式 辞 をもとに 本 校 の 歴 史 を 振 り 返 り 本 校 のあゆみを 掲 載 させていただきます 4 高 岡 正 見 校 長 先 生 時

本 校 10 年 間 の 歴 史 を 振 り 返 る( 後 半 ) 学 校 だより12 月 号 に 続 き 本 校 開 校 十 周 年 行 事 の 折 の 式 辞 をもとに 本 校 の 歴 史 を 振 り 返 り 本 校 のあゆみを 掲 載 させていただきます 4 高 岡 正 見 校 長 先 生 時 千 寿 常 東 小 だより1 月 号 第 9 号 平 成 24 年 1 月 10 日 ( 火 ) 発 行 足 立 区 立 千 寿 常 東 小 学 校 長 山 田 誠 平 成 24 年 を 迎 えて 千 寿 常 東 小 学 校 長 山 田 誠 あけましておめでとうございます 昨 年 中 は 本 校 の 教 育 活 動 につきまして 大 変 ご 理 解 とご 協 力 をいただきまして ありがとうござ いました

More information

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 産 業 競 争 力 会 議 実 行 実 現 点 検 会 合 ( 女 性 の 活 躍 推 進 ) 資 料 2-2 平 成 27 年 5 月 26 日 厚 生 労 働 省 提 出 資 料 待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 待 機 児 童 解 消 加 速 化 プラン 2 平 成 25 26 年 度 の2か 年 の 保 育 拡 大 量 は 約 19.1 万 人 となり

More information

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc)

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc) 1 月 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 年 月 日 平 成 2 6 年 1 月 3 1 日 ( 金 ) 開 催 時 間 午 前 1 0 時 0 0 分 開 催 場 所 本 館 6 階 6 0 4 会 議 室 出 席 委 員 百 瀨 委 員 長 安 藤 委 員 長 職 務 代 理 者 木 下 委 員 御 喜 田 委 員 浦 上 委 員 ( 教 育 長 ) 出 席 職 員 伊 藤 教 育

More information

目 次 Ⅰ.メインテーマと 宣 言 事 項 の 実 践 -------------------------------------------- 1 Ⅱ. 全 国 的 な 取 り 組 みの 重 点 --------------------------------------------------

目 次 Ⅰ.メインテーマと 宣 言 事 項 の 実 践 -------------------------------------------- 1 Ⅱ. 全 国 的 な 取 り 組 みの 重 点 -------------------------------------------------- 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 公 益 財 団 法 人 全 国 老 人 クラブ 連 合 会 目 次 Ⅰ.メインテーマと 宣 言 事 項 の 実 践 -------------------------------------------- 1 Ⅱ. 全 国 的 な 取 り 組 みの 重 点 --------------------------------------------------

More information

平成26年度坂出市防災女性チーム 活動報告

平成26年度坂出市防災女性チーム 活動報告 平 成 26 年 度 坂 出 市 防 災 女 性 チーム 活 動 報 告 書 内 容 1. 設 置 目 的 2. 今 年 度 の 目 標 3. 活 動 体 制 4. 活 動 内 容 5. 成 果 課 題 等 6. 来 年 度 の 目 標 1. 設 置 目 的 災 害 は, 地 震 や 洪 水 が 起 こることではなく,それまで 営 んでいた 生 活 が 壊 されること 日 常 生 活, 特 に 家

More information

本 当 のまちづくりということを 都 市 計 画 のところから 考 えないと 難 しいので はないか 〇 地 域 における 支 えあい 推 進 のための 会 議 について 家 事 援 助 等 の 支 援 を 行 っ ている 団 体 事 業 者 の 意 見 も 参 考 になるのではないか 〇 地 域

本 当 のまちづくりということを 都 市 計 画 のところから 考 えないと 難 しいので はないか 〇 地 域 における 支 えあい 推 進 のための 会 議 について 家 事 援 助 等 の 支 援 を 行 っ ている 団 体 事 業 者 の 意 見 も 参 考 になるのではないか 〇 地 域 差 替 保 健 福 祉 審 議 会 2014/6/19 第 5 回 介 護 地 域 包 括 ケア 部 会 資 料 3 第 4 回 介 護 地 域 包 括 ケア 部 会 までの 意 見 整 理 介 護 保 険 基 盤 整 備 について 〇 地 域 密 着 型 サービスの 基 盤 整 備 が 進 んでいない 公 有 地 の 有 効 活 用 やすでに 特 別 養 護 老 人 ホームを 運 営 している 法

More information

3月議会一般答弁内容(HP用)

3月議会一般答弁内容(HP用) 平 成 27 年 3 月 議 会 一 般 質 問 の 答 弁 内 容 について 目 次 1 井 上 博 明 議 員 1ページ 2 小 倉 英 嗣 議 員 3ページ 3 渡 辺 基 議 員 5ページ 4 小 林 敬 子 議 員 8ページ 5 玉 利 優 議 員 12ページ 6 井 出 一 己 議 員 14ページ 7 木 下 眞 樹 子 議 員 16ページ 8 佐 藤 り え 議 員 18ページ 9 熊

More information

具 体 的 内 容 佐 賀 県 のコンピンテンシー 評 価 は まずコンピテンシーモデルに 記 載 された 具 体 的 な 行 動 例 に 照 らし 合 わせて 自 分 がそのような 行 動 をとっているかどうかをチェックして 自 己 評 価 を 行 う その 後 自 己 評 価 を 提 出 し 上

具 体 的 内 容 佐 賀 県 のコンピンテンシー 評 価 は まずコンピテンシーモデルに 記 載 された 具 体 的 な 行 動 例 に 照 らし 合 わせて 自 分 がそのような 行 動 をとっているかどうかをチェックして 自 己 評 価 を 行 う その 後 自 己 評 価 を 提 出 し 上 職 員 能 力 開 発 モデルによる 取 組 佐 賀 県 人 口 :864,738 人 面 積 :2,439.58km2 担 当 部 署 : 職 員 課 概 要 求 められる 人 物 像 を コンピテンシーモデル として 公 開 し これを 評 価 に 活 用 して 職 員 の 能 力 開 発 を 促 進 するとともに コンピテンシーモデル を 軸 に 採 用 から 退 職 までの 総 合 的 な

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031814048323892B789AA8E7396A2978882CC8B4E8BC689C6899E89878E968BC695E28F958BE08CF695E5977697CC202E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031814048323892B789AA8E7396A2978882CC8B4E8BC689C6899E89878E968BC695E28F958BE08CF695E5977697CC202E646F63> 平 成 28 年 度 長 岡 市 未 来 の 起 業 家 応 援 事 業 補 助 金 公 募 要 領 長 岡 市 商 工 部 商 業 振 興 課 1 制 度 の 概 要 長 岡 市 内 への 新 たな 進 出 を 伴 う 起 業 の 促 進 及 び 起 業 後 の 事 業 の 定 着 並 びにこれらによる 地 域 経 済 の 活 性 化 を 図 るため 将 来 的 に 事 業 の 成 長 が 見 込

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B8C8D8293638FAC8A778D5A8CF689808C7689E692F18CBE8F91>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B8C8D8293638FAC8A778D5A8CF689808C7689E692F18CBE8F91> 旧 高 田 小 学 校 跡 地 公 園 計 画 についての 提 言 書 平 成 26 年 3 月 27 日 旧 高 田 小 学 校 公 園 づくり 検 討 会 はじめに 豊 島 区 におかれましては 日 頃 から 雑 司 が 谷 南 池 袋 地 区 のまちづくりにご 理 解 とご 協 力 をい ただきありがとうございます ご 存 知 のように 当 地 区 は 東 京 の 防 災 都 市 づくり 推

More information

Microsoft Word - 東京都北区有料老人ホーム等設置指導要綱

Microsoft Word - 東京都北区有料老人ホーム等設置指導要綱 東 京 都 北 区 有 料 老 人 ホーム 設 置 指 導 要 綱 1 8 北 福 健 第 2 1 4 号 平 成 18 年 7 月 20 日 区 長 決 裁 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 北 区 内 において 有 料 老 人 ホームの 事 業 を 計 画 する 者 等 に 対 し 遵 守 すべき 事 項 を 定 め 必 要 な 指 導 及 び 協 力 要 請 を 行 うことにより

More information

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63>

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63> 指 定 管 理 業 務 マニュアル 平 成 22 年 10 月 栗 山 町 1. 目 的 本 マニュアルは 指 定 管 理 者 制 度 の 運 用 における 町 の 考 え 方 や 事 務 処 理 等 について 町 と 指 定 管 理 者 で 締 結 する 協 定 の 内 容 に 沿 って 整 理 したもので 指 定 管 理 者 が 指 定 管 理 業 務 を 実 施 するに 当 たり 理 解 することによって

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最 平 成 25 年 度 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 58 条 の 2 及 び 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 世 羅 町 条 例 第 3 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 平 成 25 年 度 の

More information

事業提案書 相模原市民あんしん家計相談の新設

事業提案書 相模原市民あんしん家計相談の新設 第 1 号 様 式 -2 市 民 提 案 型 行 政 提 案 型 協 働 事 業 提 案 書 A 事 業 の 名 称 B 提 案 事 業 の 概 要 キーワード: 協 働 相 模 原 市 民 あんしん 家 計 相 談 の 新 設 1. 現 状 課 題 (150 文 字 程 度 ) 経 済 危 機 の 影 響 や 景 気 が 回 復 しない 状 況 から 収 入 減 やリストラ 等 により 毎 月 の

More information

5. 政 策 目 標 の 達 成 ( 進 捗 ) 状 況 達 成 状 況 A 概 ね 順 調 犯 罪 に 強 い 安 全 なまちづくりの 推 進 については 住 民 自 身 の 防 犯 活 動 として 民 間 パトロール 隊 や 青 色 回 転 灯 装 備 車 両 によるパトロール 活 動 が 県

5. 政 策 目 標 の 達 成 ( 進 捗 ) 状 況 達 成 状 況 A 概 ね 順 調 犯 罪 に 強 い 安 全 なまちづくりの 推 進 については 住 民 自 身 の 防 犯 活 動 として 民 間 パトロール 隊 や 青 色 回 転 灯 装 備 車 両 によるパトロール 活 動 が 県 政 策 評 価 表 政 策 とりまとめ 課 : 知 事 政 策 局 防 災 危 機 管 理 課 TEL( 直 通 ):076-444-4124 政 策 の 柱 安 心 とやま 政 策 名 19 防 犯 交 通 安 全 対 策 の 推 進 による 安 全 なまちづくり 政 策 目 標 犯 罪 や 交 通 事 故 の 発 生 しにくい 環 境 づくりが 進 み 県 民 が 安 全 で 安 心 して 暮

More information

平 成 施 策 マネジメントシート2 ( 平 成 22 年 度 目 標 達 成 度 評 価 ) 3 計 画 期 間 で 解 決 すべき 施 策 の 課 題 ( 総 合 計 画 書 より) 商 工 会 議 所 商 工 会 に 対 し 商 工 業 者 のアドバイザーとしての 役 割 強 化 を 働 きか

平 成 施 策 マネジメントシート2 ( 平 成 22 年 度 目 標 達 成 度 評 価 ) 3 計 画 期 間 で 解 決 すべき 施 策 の 課 題 ( 総 合 計 画 書 より) 商 工 会 議 所 商 工 会 に 対 し 商 工 業 者 のアドバイザーとしての 役 割 強 化 を 働 きか 政 策 体 系 平 成 政 策 No. 3 政 策 名 施 策 マネジメントシート1 ( 平 成 22 年 度 目 標 達 成 度 評 価 ) 活 力 ある 産 業 のまちづくり 重 点 施 策 No. 2 商 工 業 の 振 興 〇 施 策 施 策 観 光 課 関 係 課 名 1 計 画 期 間 ( 平 成 20 年 度 ~ 平 成 )における 施 策 の 方 針 商 工 業 者 の 安 定 経

More information

情報公開事務処理状況(2001年4月分)

情報公開事務処理状況(2001年4月分) 平 成 25 年 度 中 野 区 区 政 の 公 開 に 関 する 条 例 の 運 営 状 況 の 報 告 について 中 野 区 区 政 の 公 開 に 関 する 条 例 第 17 条 の 規 定 により 運 営 状 況 を 報 告 する 中 野 区 長 田 中 大 輔 目 次 平 成 25 年 度 区 政 の 公 開 に 関 する 条 例 の 運 営 状 況 1 公 開 状 況 及 び 公 開 非

More information

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ 2015 ことばの 森 教 室 第 1 回 優 秀 作 品 紹 介 < 中 学 校 1 年 生 > 作 文 課 題 中 学 生 になった 感 想 と 決 意 中 1 年 生 -1 今 からチャレンジ 勉 強 が 難 しくなるのかな 部 活 動 も6 時 頃 までやっていて 勉 強 する 時 間 はあるの かな 中 学 校 に 入 学 する 前 はそんな 不 安 でいっぱいだった 4 月 7 日 中

More information

平 成 24 年 度 埼 玉 県 民 生 委 員 児 童 委 員 協 議 会 事 業 報 告 ( 案 ) 1 福 祉 相 談 推 進 事 業 Ⅰ 公 益 目 的 ( 実 施 ) 事 業 生 活 相 談 等 活 動 推 進 事 業 (1) 各 市 町 村 における 研 修 会 等 への 講 師 派 遣 各 市 町 村 における 各 種 民 生 委 員 児 童 委 員 研 修 会 等 へ 次 のとおり

More information

2010 年 度 事 業 計 画 [ 事 業 一 覧 ] 団 体 数 事 業 数 助 成 金 額 2010 年 度 事 業 計 画 公 益 ボランティア 改 修 による 地 域 福 祉 拠 点 整 備 168 170 587,870,000 福 祉 車 両 の 整 備 23 26 62,110,000 ホスピスケア 充 実 のための 活 動 29 37 289,690,000 社 会 福 祉 の 増

More information

Microsoft Word - 002 28年度事業計画書案.doc

Microsoft Word - 002 28年度事業計画書案.doc 平 成 28 年 度 公 益 財 団 法 人 富 山 県 文 化 振 興 財 団 事 業 計 画 公 益 目 的 事 業 1 文 化 及 び 芸 術 を 振 興 するための 文 化 施 設 の 貸 与 芸 術 文 化 事 業 の 展 開 及 び 美 術 館 博 物 館 施 設 の 運 営 (1) 施 設 の 管 理 運 営 ( 文 化 施 設 の 貸 与 及 び 美 術 館 博 物 館 施 設 の

More information

目 次 1 がんばる 地 域 応 援 事 業 補 助 金 の 概 要 1 (1) 趣 旨 1 (2) 補 助 対 象 事 業 1 (3) 補 助 対 象 外 事 業 2 (4) 補 助 対 象 事 業 者 2 (5) 補 助 金 額 等 3 (6) 広 報 表 示 4 (7) 経 費 内 訳 4 2

目 次 1 がんばる 地 域 応 援 事 業 補 助 金 の 概 要 1 (1) 趣 旨 1 (2) 補 助 対 象 事 業 1 (3) 補 助 対 象 外 事 業 2 (4) 補 助 対 象 事 業 者 2 (5) 補 助 金 額 等 3 (6) 広 報 表 示 4 (7) 経 費 内 訳 4 2 この 事 務 手 引 きは がんばる 地 域 応 援 事 業 補 助 金 に 申 請 される 方 申 請 を 検 討 される 方 のためのものです 申 請 される 前 に 必 ずお 読 みください 唐 津 市 目 次 1 がんばる 地 域 応 援 事 業 補 助 金 の 概 要 1 (1) 趣 旨 1 (2) 補 助 対 象 事 業 1 (3) 補 助 対 象 外 事 業 2 (4) 補 助 対 象

More information

震災予防計画

震災予防計画 第 5 編 第 1 節 概 要 第 5 編 広 域 応 援 編 第 1 節 概 要 1 都 6 県 と 県 境 を 接 する 本 県 は 関 東 の 中 央 に 位 置 し さいたま 新 都 心 には 国 の 行 政 機 関 等 が 集 積 してい5つの 高 速 道 路 と 主 要 国 道 が 縦 横 に 設 けられ 東 北 や 上 信 越 から 首 都 への 玄 関 口 でもあ 首 都 圏 同 時

More information

分 科 会 3 会 場 にて 開 催 日 ごろの 活 動 の 工 夫 や 困 りごとについて 活 発 な 意 見 交 換 となりました 主 な 意 見 をご 紹 介 します 参 加 者 合 計 97 人 11 月 14 日 : 城 山 保 健 福 祉 センター 11 月 27 日 :あじさい 会 館

分 科 会 3 会 場 にて 開 催 日 ごろの 活 動 の 工 夫 や 困 りごとについて 活 発 な 意 見 交 換 となりました 主 な 意 見 をご 紹 介 します 参 加 者 合 計 97 人 11 月 14 日 : 城 山 保 健 福 祉 センター 11 月 27 日 :あじさい 会 館 サロン 担 い 手 の 皆 様 へ 全 体 会 と 分 科 会 を 開 催 しました! 21.3 相 模 原 市 社 会 福 祉 協 議 会 全 大 会 10/29 会 場 :あじさい 会 館 参 加 者 合 計 160 人 第 1 部 講 演 その 一 言 をキャッチする! 講 師 : 長 渕 晃 二 さん( 茅 ヶ 崎 リハビリテーション 専 門 学 校 専 任 教 員 ) サロンの 意 義 効

More information

目 次 1 まちづくり 計 画 の 必 要 性 1 2 まちづくり 計 画 の 役 割 1 3 まちづくり 計 画 の 期 間 1 4 人 口 の 将 来 推 計 1 5 作 手 地 域 の 課 題 2 6 まちづくり 計 画 3 まちづくりの 目 標 3 まちづくりのスローガン 3 まちづくりの

目 次 1 まちづくり 計 画 の 必 要 性 1 2 まちづくり 計 画 の 役 割 1 3 まちづくり 計 画 の 期 間 1 4 人 口 の 将 来 推 計 1 5 作 手 地 域 の 課 題 2 6 まちづくり 計 画 3 まちづくりの 目 標 3 まちづくりのスローガン 3 まちづくりの 作 手 地 域 まちづくり 計 画 ~ 手 をつなぎ 作 ろう 未 来 の ふるさと 作 手 ~ 手 前 鬼 久 保 ふれあい 広 場 から 北 に 広 がる 作 手 高 原 平 成 27 年 10 月 新 城 市 作 手 地 域 自 治 区 目 次 1 まちづくり 計 画 の 必 要 性 1 2 まちづくり 計 画 の 役 割 1 3 まちづくり 計 画 の 期 間 1 4 人 口 の 将 来 推

More information

目 次 第 1 章 はじめに 第 2 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 第 3 章 家 庭 地 域 学 校 等 及 び 行 政 における 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 1 家 庭 地 域 学 校 等 及 び 行 政 の 役 割 2 協 力 連 携 による 活 動 第 4 章 各

目 次 第 1 章 はじめに 第 2 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 第 3 章 家 庭 地 域 学 校 等 及 び 行 政 における 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 1 家 庭 地 域 学 校 等 及 び 行 政 の 役 割 2 協 力 連 携 による 活 動 第 4 章 各 第 2 次 北 上 市 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 北 上 市 教 育 委 員 会 目 次 第 1 章 はじめに 第 2 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 第 3 章 家 庭 地 域 学 校 等 及 び 行 政 における 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 1 家 庭 地 域 学 校 等 及 び 行 政 の 役 割 2 協 力 連 携 による 活 動 第 4 章 各 世

More information

那 智 心 案 審 登 壇 例 那 智 舎 太 陽 電 別 昨 使 果 証 善 点 反 省 項 把 握 役 立 側 求 意 義 疑 約 伝 歳 漁 港 使 昨 減 漁 港 係 留 空 ス ペ ス 募 集 不 係 留 充 不 係 留 監 視 充 努 寄 付 ふ 納 税 ふ 納 税 ウ ェ ブ サ 登

那 智 心 案 審 登 壇 例 那 智 舎 太 陽 電 別 昨 使 果 証 善 点 反 省 項 把 握 役 立 側 求 意 義 疑 約 伝 歳 漁 港 使 昨 減 漁 港 係 留 空 ス ペ ス 募 集 不 係 留 充 不 係 留 監 視 充 努 寄 付 ふ 納 税 ふ 納 税 ウ ェ ブ サ 登 那 智 第 号 H. : 那 智 / 編 集 : 編 集 / : - 歌 山 東 牟 婁 郡 那 智 字 築 -- TEL -- 例 家 簿 徹 底 チェ P~ P~ P~ 元 気 笑 顔 輝 P 宇 久 井 スポツ 少 団 写 真 : 市 野 々 秋 季 同 心 輝 市 那 智 心 案 審 登 壇 例 那 智 舎 太 陽 電 別 昨 使 果 証 善 点 反 省 項 把 握 役 立 側 求 意 義

More information

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いFAQ 平 成 23 年 4 月 国 税 庁 この 度 の 東 日 本 大 震 災 の 発 生 に 伴 い 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いについて よくある 質 問 を 取 りまとめましたので 参 考 にしてください ( 注 )このFAQは 平 成 23

More information

沼津市戸田温泉施設 指定管理者の仕様書

沼津市戸田温泉施設 指定管理者の仕様書 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 指 定 管 理 者 仕 様 書 平 成 24 年 10 月 沼 津 市 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 指 定 管 理 者 仕 様 書 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 ( 以 下 温 泉 施 設 という )の 指 定 管 理 業 務 は 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 条 例 ( 以 下 条 例 という ) 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 条 例

More information

第1 防 災 計 画

第1 防 災 計 画 第 5 章 消 防 計 画 消 防 計 画 は 下 記 のとおり 定 める 1. 消 防 組 織 及 び 編 成 (1) 有 明 広 域 行 政 事 務 組 合 の 組 織 理 事 会 議 会 消 防 本 部 事 務 局 会 計 管 理 者 監 査 委 員 玉 名 消 防 署 荒 尾 消 防 署 第 一 衛 生 セ ン タ ー 第 二 衛 生 セ ン タ ー 第 一 清 掃 セ ン タ ー 第 二

More information

みどりと 環 境 誯 よ り 経 過 説 明 公 園 管 理 の 現 状 と し て 市 内 に は 約 150 か 所 の 公 園 が あ り 緊 急 性 等 に 応 じ て 優 先 順 位 を つ け て 整 備 し て い る が 日 常 の 管 理 は 行 政 だ け で は 困 難 現 在

みどりと 環 境 誯 よ り 経 過 説 明 公 園 管 理 の 現 状 と し て 市 内 に は 約 150 か 所 の 公 園 が あ り 緊 急 性 等 に 応 じ て 優 先 順 位 を つ け て 整 備 し て い る が 日 常 の 管 理 は 行 政 だ け で は 困 難 現 在 市 民 活 動 のはじめ 方 ~ 地 域 のためになにから 始 める? ~ 開 催 日 時 1 平 成 24 年 9 月 2 日 ( 日 ) 10:00~ 12:00 2 平 成 24 年 9 月 16 日 ( 日 ) 13:30~16:30 3 平 成 24 年 10 月 14 日 ( 日 ) 10:00~11:30 開 催 場 所 1 3 東 村 山 市 役 所 北 庁 舎 第 2 会 議 室

More information

2011 年 3 月 ~の 歩 み 震 災 後 直 ちに 被 災 地 へ 入 り 宮 城 県 南 三 陸 町 登 米 市 に 拠 点 を 置 き 支 援 活 動 を 開 始 ベイサイドアリーナ ベースキャンプ 登 米 市 オフィス 社 会 福 祉 協 議 会 と 連 動 し 南 三 陸 町 災 害

2011 年 3 月 ~の 歩 み 震 災 後 直 ちに 被 災 地 へ 入 り 宮 城 県 南 三 陸 町 登 米 市 に 拠 点 を 置 き 支 援 活 動 を 開 始 ベイサイドアリーナ ベースキャンプ 登 米 市 オフィス 社 会 福 祉 協 議 会 と 連 動 し 南 三 陸 町 災 害 2011 年 ユナイテッド アース 震 災 支 援 活 動 記 録 主 な 活 動 2011 年 3 月 ~2011 年 12 月 まで 産 業 の 復 興 と 雇 用 の 創 出 のために 南 三 陸 町 へ 義 援 金 1000 万 円 を 寄 付 日 本 再 生 のモデルとなる 発 信 基 地 コンテナ 名 店 街 設 置 計 画 を 提 案 プロデュース (2012 年 2 月 25 日 志

More information

3 質 問 議 員 松 任 中 中 村 澄 答 弁 者 竹 内 茂 市 民 生 活 部 長 西 尾 実 玲 奈 質 問 内 容 道 路 での 自 動 車 と 自 転 車 による 接 触 事 故 が 増 えてきて おり これらを 解 消 するため 自 転 車 専 用 道 路 をつくっ てはどうか また

3 質 問 議 員 松 任 中 中 村 澄 答 弁 者 竹 内 茂 市 民 生 活 部 長 西 尾 実 玲 奈 質 問 内 容 道 路 での 自 動 車 と 自 転 車 による 接 触 事 故 が 増 えてきて おり これらを 解 消 するため 自 転 車 専 用 道 路 をつくっ てはどうか また 白 山 市 子 ども 議 会 一 般 質 問 1 質 問 議 員 笠 間 中 塚 田 梨 奈 答 弁 者 山 田 憲 昭 市 長 江 下 唯 華 質 問 内 容 現 在 過 疎 が 進 んでいる 白 山 ろく 地 域 は 少 子 高 齢 化 も 進 んでおり 10 年 後 にはさらに 深 刻 化 していると 思 われ る そういった 地 域 に 若 い 人 たちを 呼 び 込 むため 空 き 家 バンクを

More information

目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2 課 題 6

目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2 課 題 6 豊 橋 市 女 性 職 員 の 活 躍 推 進 のための 取 組 指 針 平 成 27 年 3 月 豊 橋 市 目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2

More information

函館の空

函館の空 2014 年 発 行 所 石 井 記 念 友 愛 園 3 月 10 日 宮 崎 県 児 湯 郡 木 城 町 椎 木 644 番 地 ゆうあい 通 信 第 264 号 884-0102 0983-32-2025 子 ども 達 の 出 会 い 園 長 児 嶋 草 次 郎 あでやかな 河 津 桜 は 盛 りをすぎ 現 在 園 庭 のあちこちで 花 桃 が 満 開 です 山 桜 も 負 けじと 咲 き 始

More information

特別区人事委員会の業務状況の報告

特別区人事委員会の業務状況の報告 平 成 19 年 度 文 京 区 人 事 行 政 の 運 営 状 況 等 の 公 表 平 成 19 年 12 月 文 京 区 総 務 部 職 員 課 目 次 文 京 区 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 1 1 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 2 2 職 員 の 給 与 の 状 況 4 3 職 員 の 勤 務 時 間 その 他 の 勤 務 条 件 の

More information

1 会 長 あいさつ 本 日 はご 多 忙 の 中 ご 参 集 いただき 感 謝 申 し 上 げる 本 協 議 会 は 昨 年 4 月 11 日 の 設 置 以 来 銚 子 電 鉄 の 運 行 維 持 に 対 する 支 援 のあ り 方 について 協 議 し 市 長 に 対 して 意 見 及 び 助

1 会 長 あいさつ 本 日 はご 多 忙 の 中 ご 参 集 いただき 感 謝 申 し 上 げる 本 協 議 会 は 昨 年 4 月 11 日 の 設 置 以 来 銚 子 電 鉄 の 運 行 維 持 に 対 する 支 援 のあ り 方 について 協 議 し 市 長 に 対 して 意 見 及 び 助 第 5 回 銚 子 電 気 鉄 道 運 行 維 持 対 策 協 議 会 概 要 開 催 日 時 平 成 26 年 3 月 27 日 ( 木 ) 午 後 3 時 30 分 から 午 後 5 時 30 分 まで 開 催 場 所 銚 子 市 役 所 1 階 市 民 ホール 出 席 者 員 吉 原 正 己 ( 銚 子 市 観 光 協 会 会 長 銚 子 地 区 ハイタク 運 営 協 議 会 会 長 ) 唐

More information

テーマを 決 定 し これに 沿 って 様 々な 盛 り 沢 山 の 内 容 を 持 つ 大 会 といたしました 大 会 にご 参 加 いただいた 皆 さんからは 概 ね 高 いご 評 価 をいただいており 本 当 にこれを 新 たな 発 展 へのスタートにしなければなりません 2 大 会 プログラ

テーマを 決 定 し これに 沿 って 様 々な 盛 り 沢 山 の 内 容 を 持 つ 大 会 といたしました 大 会 にご 参 加 いただいた 皆 さんからは 概 ね 高 いご 評 価 をいただいており 本 当 にこれを 新 たな 発 展 へのスタートにしなければなりません 2 大 会 プログラ 消 防 団 120 年 自 治 体 消 防 65 周 年 記 念 大 会 について 財 団 法 人 日 本 消 防 協 会 1 記 念 大 会 の 開 催 趣 旨 平 成 25 年 11 月 25 日 日 本 消 防 協 会 と 全 国 消 防 長 会 の 共 催 により 東 京 ドームに 天 皇 皇 后 両 陛 下 をお 迎 えし 消 防 団 120 年 自 治 体 消 防 65 周 年 記 念

More information