~ 連 続 講 座 ( 全 3 回 ) 開 催 にあたって~ 第 1 回 ( 平 成 27 年 4 月 18 日 開 催 ) 北 陸 地 域 経 済 の 今 北 陸 地 域 経 済 の 見 方 新 幹 線 開 業 と 観 光 第 2 回 ( 平 成 27 年 5 月 30 日 開 催 ) 北 陸 地

Size: px
Start display at page:

Download "~ 連 続 講 座 ( 全 3 回 ) 開 催 にあたって~ 第 1 回 ( 平 成 27 年 4 月 18 日 開 催 ) 北 陸 地 域 経 済 の 今 北 陸 地 域 経 済 の 見 方 新 幹 線 開 業 と 観 光 第 2 回 ( 平 成 27 年 5 月 30 日 開 催 ) 北 陸 地"

Transcription

1 金 沢 学 院 大 学 経 営 情 報 学 部 公 開 講 座 平 成 2 7 年 6 月 1 3 日 財 務 省 北 陸 財 務 局 長 竹 田 伸 一 ( 注 ) 以 下 の 資 料 において 意 見 にかかる 部 分 は 個 人 的 見 解 であって 財 務 省 又 は 北 陸 財 務 局 の 公 式 的 な 見 解 を 示 すものではありません

2 ~ 連 続 講 座 ( 全 3 回 ) 開 催 にあたって~ 第 1 回 ( 平 成 27 年 4 月 18 日 開 催 ) 北 陸 地 域 経 済 の 今 北 陸 地 域 経 済 の 見 方 新 幹 線 開 業 と 観 光 第 2 回 ( 平 成 27 年 5 月 30 日 開 催 ) 北 陸 地 域 経 済 の 課 題 と これから 人 口 減 少 高 齢 社 会 を 踏 まえて 考 える 第 3 回 ( 平 成 27 年 6 月 13 日 開 催 ) 北 陸 地 域 経 済 の 課 題 と これから 北 陸 経 済 をどう 考 える

3

4 北 陸 経 済 を 支 える 地 域 コミュニティ( 地 方 公 共 団 体 )の 課 題 1 人 口 動 態 産 業 構 造 分 析 強 み 外 的 要 因 弱 み 内 的 要 因 分 析 収 入 支 出 面 の 特 徴 地 域 産 業 の 動 向 法 人 税 増 減 将 来 にわたり 特 定 業 種 特 定 企 業 への 依 存 人 口 減 少 税 収 減 内 在 するリスク 高 齢 化 社 会 保 障 費 の 増 大 リスクに 対 応 した 財 政 運 営 公 営 企 業 へ の 財 政 負 担 地 域 社 会 の 安 定 的 継 続 的 な 住 民 サービスの 確 保 地 域 経 済 を 支 える 基 盤 の 維 持 拡 充 ( 公 的 資 金 の 貸 し 手 の 立 場 から 借 り 手 である ) 地 方 公 共 団 体 の 財 務 状 況 の 把 握 分 析 を 通 じて 内 在 するリスクを 明 らかにし 健 全 な 財 政 運 営 による 安 定 的 継 続 的 な 住 民 サービスを 将 来 的 にも 確 保!

5 〇 下 水 道 事 業 は 約 7 割 の 団 体 で 平 均 的 な 設 備 の 耐 用 年 数 (45 年 )を 超 過 料 金 収 入 だけでは 債 務 の 返 済 ができない 状 況 借 入 金 残 高 /1 年 間 の 営 業 収 支 病 院 32 団 体 グラフ 内 数 字 は 団 体 数 1 5 上 水 道 45 団 体 下 水 道 53 団 体 ~15 年 ~30 年 ~45 年 45 年 ~ キャッシュマイナス 2

6 事 例 1 人 口 減 少 が 続 き 高 齢 化 が 進 んでいる 企 業 誘 致 ( 助 成 金 )や 定 住 促 進 策 ( 奨 励 金 )に 取 り 組 む 人 口 動 態 による 財 政 面 への 影 響 は? 施 策 の 効 果 はどうか 内 在 リスク 人 口 減 少 に 伴 い 地 方 税 の 減 少 が 続 く 一 方 で 下 水 道 事 業 や 事 務 組 合 への 補 助 費 等 の 負 担 が 依 然 大 きい 経 常 収 支 (CF) 圧 縮 さらに 高 齢 化 の 進 展 により 後 期 高 齢 者 医 療 や 介 護 保 険 への 繰 出 金 が 増 加 する 見 込 み 企 業 誘 致 については 一 定 の 実 績 はあるものの 多 額 の 助 成 金 支 払 額 に 比 べ 税 収 に 反 映 されにくい 面 あり (1 租 税 減 免 措 置 2 企 業 は 売 上 が 良 ければ 投 資 に 回 す 傾 向 あり) 企 業 の 声 助 成 金 があるから 進 出 を 決 める 訳 ではない 事 例 事 例 2 ベッドタウンとして 人 口 は 増 加 傾 向 現 状 において 債 務 の 水 準 収 支 状 況 ともに 問 題 ない 人 口 が 増 加 していれば 財 務 上 も 問 題 ないか 将 来 的 にも 大 丈 夫 か 内 在 リスク 税 収 は 安 定 しているものの 子 どもの 増 加 による 保 育 所 運 営 費 負 担 金 など 扶 助 費 が 大 幅 に 増 えている CF( 償 還 原 資 ) 減 少 人 口 増 加 に 伴 い 必 要 となる 公 共 施 設 整 備 等 により 地 方 債 残 高 及 び 償 還 額 は 増 加 する 見 通 し 生 産 年 齢 人 口 は 鈍 化 傾 向 人 口 増 に 比 例 した 税 収 増 は 困 難 人 口 増 加 の 大 半 が 転 入 増 で 若 年 世 帯 が 多 く 持 ち 家 率 が 低 い 転 出 増 加 による 税 収 減 という 将 来 的 なリスクを 内 包 3 今 後 も 人 口 減 少 とともに 厳 しい 収 支 状 況 が 見 込 まれることから 施 策 の 費 用 対 効 果 の 検 証 を 踏 まえた 財 政 運 営 が 求 められる 人 口 増 加 に 伴 う 収 支 両 面 における 影 響 を 正 確 に 把 握 分 析 し 収 支 計 画 に 反 映 することが 重 要! 事 例 3 第 2 次 産 業 の 割 合 が 高 く 納 税 上 位 企 業 の 大 半 が 製 造 業 合 併 に 伴 い 旧 町 単 位 で 類 似 した 公 共 施 設 を 多 数 保 有 産 業 構 造 に 伴 うリスクは 何 か 公 共 施 設 の 再 編 は 進 んでいるか 内 在 リスク 法 人 住 民 税 の 割 合 が 高 いことや 特 定 企 業 の 進 出 など 税 収 面 で 景 気 変 動 や 企 業 の 動 向 による 影 響 を 受 けやすい 外 的 要 因 1 高 福 祉 高 サービスの 独 自 施 策 の 実 施 による 扶 助 費 の 増 加 2 旧 町 意 識 の 名 残 りから 統 廃 合 が 進 まない 公 共 施 設 の 経 年 劣 化 に 伴 う 維 持 管 理 費 や 改 修 費 の 増 大 内 的 要 因 事 例 4 大 規 模 事 業 が 続 いており 地 方 債 発 行 額 残 高 が 増 加 ただし 財 政 健 全 化 法 に 基 づく 健 全 化 判 断 比 率 ( 実 質 公 債 費 比 率 将 来 負 担 比 率 など)は 基 準 に 抵 触 していない キャッシュフロー ベースでみた 場 合 債 務 償 還 能 力 に 問 題 ないか 内 在 リスク 社 会 保 障 関 係 費 の 増 大 等 により 行 政 収 支 が 悪 化 している 中 で 元 金 償 還 額 の 増 加 が 続 き 地 方 債 の 償 還 を 行 政 収 支 で 賄 えない 状 況 ( 行 政 収 支 - 元 金 償 還 額 大 幅 赤 字 )が 続 いている 今 後 も 継 続 的 事 業 を 予 定 しており 地 方 債 残 高 は 増 加 見 込 み 公 共 施 設 等 総 合 管 理 計 画 の 早 急 な 策 定 と 着 実 な 実 施 とともに 施 策 の 効 果 の 事 後 検 証 と 評 価 結 果 の 財 政 運 営 への 反 映 が 必 要 事 業 の 優 先 順 位 を 踏 まえた 選 択 投 資 など 明 確 なビジョンを 持 った 実 効 性 ある 財 政 計 画 の 策 定 と 着 実 な 実 行 が 求 められる

7 事 例 病 院 事 業 事 例 過 疎 地 域 における 中 核 的 医 療 機 関 院 内 処 方 による 薬 価 差 益 により 収 益 を 確 保 下 水 道 事 業 事 例 1 事 業 開 始 後 40 年 が 経 過 するも 整 備 途 上 処 理 場 施 設 の 地 震 対 策 が 急 務 経 営 上 の 問 題 点 医 師 の 多 くを 派 遣 に 依 っており 専 門 性 の 違 いによる 患 者 の 増 減 が 病 院 経 営 の 不 安 定 要 因 高 齢 患 者 の 減 少 による 収 益 減 施 設 の 余 剰 発 生 収 益 確 保 策 の 着 実 な 取 り 組 みとともに 将 来 的 には 病 床 数 の 適 正 化 が 必 要 経 営 上 の 問 題 点 下 水 道 の 未 接 続 先 が 多 く 施 設 が 有 効 に 活 用 されていない 事 業 計 画 に 見 合 った 投 資 額 となっておらず 普 及 率 が 低 い 大 規 模 事 業 にかかる 費 用 が 収 支 計 画 に 反 映 されていない 下 水 道 への 接 続 向 上 のための 積 極 的 な 取 り 組 みとともに 投 資 見 通 しを 反 映 した 収 支 計 画 の 策 定 が 必 要 水 道 事 業 事 例 1 経 常 黒 字 だが 人 口 減 により 減 収 傾 向 ダム 建 設 に 伴 い 水 源 の 切 り 替 えを 予 定 下 水 道 事 業 事 例 2 コストに 比 較 して 低 い 料 金 水 準 農 村 下 水 道 を 公 共 下 水 道 に 順 次 統 合 予 定 経 営 上 の 問 題 点 市 の 推 計 を 下 回 って 人 口 減 少 が 進 展 多 額 の 建 設 投 資 を 計 画 しているが これを 踏 まえた 収 支 計 画 が なく 経 営 への 影 響 が 不 明 経 営 上 の 問 題 点 統 合 に 伴 い 処 理 場 の 増 設 工 事 を 予 定 している 料 金 改 定 が 必 要 と 認 識 しているが 実 施 に 踏 み 切 れていない 収 支 計 画 策 定 にあたり 人 口 動 態 や 建 設 投 資 による 経 営 への 影 響 を 勘 案 する 必 要 処 理 区 域 の 人 口 動 態 を 勘 案 して 統 合 事 業 を 進 めるとともに 一 般 会 計 との 費 用 負 担 の 在 り 方 について 留 意 が 必 要 水 道 事 業 事 例 2 契 約 により 割 高 な 水 源 を 利 用 環 境 変 化 を 踏 まえ 計 画 の 見 直 しを 予 定 下 水 道 事 業 事 例 3 人 口 密 度 が 低 く 高 コスト 体 質 料 金 水 準 が 高 く 利 用 者 の 負 担 は 大 経 営 上 の 問 題 点 水 道 料 金 軽 減 のためとして 市 税 により 補 てんしているが 結 果 として 受 益 者 以 外 の 市 民 に 負 担 が 発 生 将 来 の 資 金 繰 り 悪 化 により 施 設 更 新 にかかる 費 用 が 未 定 経 営 上 の 問 題 点 料 金 収 入 の2 倍 を 超 える 繰 入 金 により 下 水 道 経 営 を 維 持 借 入 金 返 済 による 繰 入 金 の 増 加 が 一 般 会 計 に 影 響 事 業 費 を 把 握 し 適 切 な 費 用 負 担 について 留 意 が 必 要 今 後 の 需 要 予 測 事 業 計 画 を 適 切 に 把 握 し 繰 入 金 の 動 向 を 市 の 財 政 計 画 に 反 映 させることが 求 められる 4

8 今 後 の 地 域 コミュニティの 課 題 ~ 北 陸 新 幹 線 開 業 を 踏 まえて~ 5 北 陸 新 幹 線 開 業 による 自 治 体 財 政 への 影 響 プラス 面 ( 上 振 れ 要 因 ) 1 新 幹 線 駅 周 辺 や 関 連 公 共 施 設 の 整 備 による まちづくり の 進 展 建 設 業 製 造 業 の 受 注 増 25ヶ 月 20ヶ 月 15ヶ 月 北 陸 管 内 市 町 村 の 債 務 水 準 の 推 移 駅 開 業 済 み (4 団 体 ) 駅 開 業 予 定 (6 団 体 ) 停 車 駅 なし (41 団 体 ) 2 観 光 客 ビジネス 客 など 交 流 人 口 増 加 による 地 元 消 費 の 増 加 3 移 動 時 間 短 縮 による 首 都 圏 からの 企 業 の 進 出 移 転 1~3による 税 収 増 10ヶ 月 5ヶ 月 - 実 質 債 務 月 収 倍 率 = 実 質 債 務 ( 行 政 経 常 収 入 12ヶ 月 ) 1ヶ 月 の 収 入 の 何 ヶ 月 分 の 債 務 があるか H21 H22 H23 H24 H25 管 内 全 団 体 (51 団 体 ) マイナス 面 ( 下 振 れ 要 因 ) ➊ 新 幹 線 関 連 の 大 規 模 建 設 事 業 による 借 入 金 残 高 の 増 加 元 利 償 還 金 の 増 加 による 収 支 圧 迫 将 来 負 担 の 増 大 ➋ 首 都 圏 から 日 帰 り 可 能 消 費 単 価 の 縮 小 定 住 人 口 を 期 待 した 税 収 増 には 限 界 ➌ ストロー 現 象 の 懸 念 ヒト モノ カネが 吸 い 取 られ 財 政 基 盤 が 縮 小 するリスク

9 6

10 北 陸 新 幹 線 の 影 響 ( 石 川 県 ) 足 もとの 成 長 率 は1% 程 度 で 推 移 7 1 経 済 効 果 石 川 県 富 山 県 経 済 効 果 124 億 円 88 億 円 増 加 訪 問 者 数 32.0 万 人 21.2 万 人 観 光 18.2 万 人 10.6 万 人 ビジネス 13.8 万 人 10.6 万 人 出 所 日 本 政 策 投 資 銀 行 3 石 川 県 の 名 目 経 済 成 長 率 の 推 移 % 県 内 総 生 産 ( 名 目 )の 推 移 0.8 石 川 県 金 額 ( 億 円 ) 年 度 47,148 47,240 46,881 47,358 47,942 46,126 43,142 43,632 43,706 44, 成 長 率 (%) 年 平 均 5 年 平 均 3 年 平 均 年 度 出 所 123とも 日 本 政 策 投 資 銀 行 資 料 石 川 県 石 川 県 県 民 経 済 計 算 年 報 より 当 局 作 成 備 考 2のうち 成 長 率 の10 年 平 均 は 直 近 10 年 間 の 成 長 率 を 単 純 平 均 したもの このほか 5 年 平 均 3 年 平 均 も 同 様 に 試 算

11 北 陸 新 幹 線 の 影 響 ( 富 山 県 ) 直 近 24 年 度 は 3 年 ぶりにマイナス 成 長 1 経 済 効 果 石 川 県 富 山 県 経 済 効 果 124 億 円 88 億 円 増 加 訪 問 者 数 32.0 万 人 21.2 万 人 観 光 18.2 万 人 10.6 万 人 ビジネス 13.8 万 人 10.6 万 人 出 所 日 本 政 策 投 資 銀 行 3 富 山 県 の 名 目 経 済 成 長 率 の 推 移 % 県 内 総 生 産 ( 名 目 )の 推 移 富 山 県 年 度 金 額 ( 億 円 ) 48,742 48,759 48,289 47,657 47,611 45,125 41,636 43,612 44,489 43, 成 長 率 (%) 年 平 均 5 年 平 均 年 度 3 年 平 均 出 所 123とも 日 本 政 策 投 資 銀 行 資 料 富 山 県 富 山 県 民 経 済 計 算 報 告 書 より 当 局 作 成 備 考 2のうち 成 長 率 の10 年 平 均 は 直 近 10 年 間 の 成 長 率 を 単 純 平 均 したもの このほか 5 年 平 均 3 年 平 均 も 同 様 に 試 算 8

12 個 人 消 費 ( 含 む 観 光 ) 9 ( 出 所 ): 石 川 県 金 沢 城 兼 六 園 管 理 事 務 所 ( 注 ): 外 国 人 客 は 無 料 入 園 者 を 除 く ( 出 所 ): 輪 島 市 観 光 課 ( 出 所 ): 香 島 津 ( 出 所 ): 北 陸 観 光 協 会 ( 出 所 ): 金 沢 中 央 卸 売 市 場

13 石 川 県 の 観 光 消 費 額 は 北 陸 3 県 のスーパー 販 売 額 に 匹 敵 石 川 県 の 観 光 消 費 額 等 (H24 年 ) 12,000 ( 億 円 ) 44, ,000 8,000 6,000 4,000 2, ,759 2, 観 光 消 費 額 石 川 百 貨 店 販 売 額 ( 北 陸 ) スーパー 販 売 額 ( 北 陸 ) 県 内 総 生 産 ( 名 目 ) 石 川 出 所 石 川 県 統 計 でみるいしかわ 石 川 県 県 民 経 済 計 算 年 報 中 部 経 済 産 業 局 備 考 県 内 総 生 産 ( 名 目 )は24 年 度 また 観 光 消 費 額 の は 県 内 総 生 産 ( 名 目 )を100とした 場 合 の 割 合 10

14 生 産 活 動 主 な 本 社 機 能 移 転 企 業 進 出 等 11 産 業 集 積 災 害 リス クの 低 さ 豊 富 な 経 営 資 源 + 新 幹 線 開 業 による 観 光 消 費 拡 大 効 果 新 幹 線 開 業 効 果 本 社 機 能 ( 一 部 ) 移 転 等 1 小 松 製 作 所 ( 本 社 : 東 京 都 東 証 一 部 上 場 ) 石 川 県 小 松 市 に 総 合 研 修 施 設 を 整 備 し 本 社 教 育 機 能 を 移 転 2YKK YKKAP ( 本 社 : 東 京 都 ) 平 成 26 年 度 末 までに 本 社 管 理 部 門 等 の 一 部 を 富 山 県 黒 部 工 場 に 移 転 ほか 3 加 賀 東 芝 エレクトロニクス 4 日 本 ゼオン 企 業 進 出 等 5ユースキン 製 薬 ( 本 社 : 神 奈 川 県 ) 6 日 機 装 ( 本 社 : 東 京 都 東 証 一 部 上 場 ) 7 ジャパンディスプレイ( 本 社 : 東 京 都 東 証 一 部 上 場 ) 8 日 本 ガイシ ( 本 社 : 愛 知 県 東 証 一 部 上 場 ) 9 ミスズライフ( 本 社 : 長 野 県 ) 10 三 井 アウトレットパーク( 本 社 : 東 京 都 東 証 一 部 上 場 ) 1112コストコ( 本 社 : 神 奈 川 県 ) 13 楽 天 ( 本 社 : 東 京 都 東 証 一 部 上 場 ) 14 大 和 ハウス 工 業 ( 本 社 : 大 阪 府 東 証 一 部 上 場 ) 15 ホテル 東 日 本 ( 本 社 : 岩 手 県 ) など ( 出 所 ): 経 済 産 業 省 工 場 立 地 動 向 調 査

15 雇 用 情 勢 ~ 北 陸 管 内 の 有 効 求 人 倍 率 は 全 国 を 上 回 る 高 水 準 で 推 移 なお サービス 業 販 売 業 を 中 心 に 人 手 不 足 感 がみられる~ 企 業 等 からの 生 の 声 観 光 消 費 関 連 を 中 心 に 人 手 不 足 感 の 強 まりを 懸 念 する 声 業 界 団 体 からは 人 手 不 足 が 企 業 誘 致 の 足 かせになっているとの 声 も 労 働 力 の 維 持 確 保 のための 課 題 労 働 生 産 性 の 向 上 女 性 の 登 用 活 用 高 齢 者 の 活 用 新 卒 者 の 人 材 確 保 移 住 定 住 の 促 進 12

16 住 宅 地 価 動 向 ~ 金 沢 駅 周 辺 で 地 価 が 上 昇 ~ 13 金 沢 駅 金 沢 港 口 の 商 業 地 上 昇 率 (+17.1%) は 全 国 トップ ( 出 所 ) 国 土 交 通 省 地 価 公 示 ( 時 点 ) 各 県 地 価 調 査 ( 注 ) 各 市 の 地 価 公 示 と 地 価 調 査 の 共 通 調 査 地 点 ( 商 業 地 住 宅 地 ) の 平 均 地 価 を 基 に 当 局 試 算 金 沢 駅 兼 六 園 口 金 沢 5-4( 本 町 2 丁 目 ) 26 年 625 千 円 (+5.9%) 27 年 680 千 円 (+8.8%) 金 沢 駅 金 沢 港 口 金 沢 5-13( 広 岡 1 丁 目 ) 26 年 293 千 円 (+11.4%) 27 年 343 千 円 (+17.1%) 富 山 駅 南 口 富 山 5-15( 桜 町 2 丁 目 ) 26 年 395 千 円 (+2.6%) 27 年 426 千 円 (+7.8%) ( 出 所 ) 国 土 交 通 省 地 価 公 示 ( 時 点 ) ( 注 1) 各 用 途 とも 上 段 :H27.1 下 段 :H26.1 ( 注 2) 各 都 市 等 における 標 準 地 価 格 の 変 動 率 オフィスビルの 収 益 環 境 の 改 善 金 沢 市 25 年 12 月 末 26 年 12 月 末 空 室 率 (%) 募 集 賃 料 ( 円 / 坪 ) 8,800 8,910 ( 出 所 ):CBRE 金 沢 市 内 は 空 室 率 が 改 善 ( 低 下 )し 賃 料 は 若 干 上 昇 傾 向

17 課 題 ~ 交 流 人 口 ~ 北 陸 三 県 の 人 口 動 態 ( 社 会 増 減 )の 減 少 幅 は 縮 小 傾 向 まち ひと しごと の 対 策 として 生 活 コストの 低 さ 等 を 魅 力 に 誘 客 から 移 住 定 住 促 進 に 向 けた 次 なるステップへ 管 外 からの 移 住 定 住 促 進 の 取 組 み 平 成 27 年 度 新 規 事 業 短 期 移 住 モデル 事 業 石 川 県 は 社 会 人 向 けのIターンを 支 援 短 期 間 実 際 に 働 きながら 住 むことで 魅 力 を 感 じてもらい 移 住 定 住 につなげる とやまで 就 職!UIJターンプロジェクト 富 山 県 は 県 内 企 業 による 合 同 企 業 説 明 会 を 首 都 圏 初 開 催 社 会 人 を 対 象 としたUIJターン 講 座 も 開 催 ふるさと 福 井 移 住 定 住 促 進 機 構 福 井 県 は 仕 事 や 住 まい 子 育 て 等 の 相 談 から 定 着 までワンストップで 支 援 する ふるさと 福 井 移 住 定 住 促 進 機 構 を 設 置 し 移 住 者 を 支 援 14

18 課 題 ~ 労 働 力 の 維 持 確 保 ~ 15 北 陸 管 内 の 有 効 求 人 倍 率 は 全 国 を 上 回 る 高 水 準 で 推 移 雇 用 情 勢 は 着 実 に 改 善 している 一 方 で 企 業 側 からは 新 幹 線 開 業 に 加 え 大 型 商 業 施 設 の 開 業 も 控 えていることから 人 手 不 足 感 がさらに 強 まるとの 声 が 聞 かれる 北 陸 の 労 働 生 産 性 は 製 造 業 サービス 業 等 において 低 位 また 女 性 有 業 率 が 高 く 女 性 が 働 きやすい 地 域 であるものの 女 性 の 管 理 職 比 率 は 低 い 業 務 工 程 の 見 直 しや 改 善 などによる 労 働 生 産 性 の 向 上 とともに 女 性 の 登 用 活 用 や 高 校 大 学 新 卒 者 の 人 材 確 保 に 加 え 管 外 からの 移 住 定 住 促 進 に 取 り 組 むなど 労 働 力 の 維 持 確 保 が 課 題 グローバルニッチトップ 企 業 や 世 界 シェアトップクラスの 企 業 が 多 数 ある など 観 光 のほか 北 陸 のものづくり 力 の 集 積 を 活 かし さらに 炭 素 繊 維 医 療 など 新 たな 産 業 企 業 の 創 業 成 長 支 援 本 社 機 能 移 転 への 取 組 みな ど 地 方 創 生 への 取 組 みを 加 速 化 サービス 産 業 や6 次 化 産 業 への 波 及 を 通 じて 産 業 基 盤 地 域 基 盤 がより 強 固 なものとなり 持 続 的 な 経 済 の 好 循 環 につながることを 期 待 ( 出 所 ): 総 務 省 平 成 24 年 就 業 構 造 基 本 調 査 ( 注 ): 出 所 資 料 を 基 に 当 局 試 算

19 企 業 活 力 の 維 持 拡 大 のための10の 提 言 (まとめ) 16

20 北 陸 は 三 世 代 世 帯 割 合 が 高 いほか 1 万 人 あたり 保 育 所 数 が 多 く 仕 事 と 子 育 ての 両 立 ができる 環 境 にある 17 参 考 保 育 所 待 機 児 童 数 H H 北 陸 0 0 四 国 北 海 道 中 国 東 海 福 岡 九 州 東 北 近 畿 1,467 1,274 沖 縄 1,777 1,721 関 東 10,858 11,409 全 国 計 16,167 16,545 出 所 厚 生 労 働 省 保 育 所 入 所 待 機 児 童 数

21 トピック : 最 近 の 北 陸 経 済 動 向 (6 月 : 法 人 企 業 景 気 予 測 調 査 ( 平 成 27 年 4-6 月 期 )) 企 業 の 景 況 感 現 状 (27 年 4-6 月 期 全 産 業 )は 全 国 が 下 降 超 となっているなか 北 陸 は26 年 1-3 月 期 以 来 5 四 半 期 振 りに 上 昇 超 4-6 月 期 に 上 昇 超 となるのは 調 査 開 始 以 降 初 めて 北 陸 新 幹 線 開 業 による 企 業 活 動 への 波 及 効 果 の 声 も 聞 かれる 先 行 き 見 通 しについても 27 年 7-9 月 期 月 期 ともに 上 昇 超 となる 見 通 し 個 人 消 費 生 産 活 動 鉱 工 業 生 産 指 数 が 上 昇 26 年 4 月 年 3 月 年 1 月 -3 月 平 均 は 過 去 4 番 目 の 高 水 準 大 型 小 売 店 販 売 26 年 4 月 1.3% 27 年 4 月 p6.1% 増 一 昨 年 比 ではp4.6% 増 コンビニは 堅 調 ドラッグストアは 好 調 新 幹 線 が 開 業 し 消 費 観 光 関 連 で 明 るい 声 北 陸 新 幹 線 開 業 が 追 い 風 経 済 の 好 循 環 雇 用 情 勢 現 状 先 行 きとも 大 幅 な 不 足 気 味 超 4-6 月 期 調 査 では 最 大 企 業 収 益 27 年 度 増 収 増 益 見 通 し 売 上 高 5.1% 増 3 年 連 続 の 増 収 見 通 し 26 年 度 4.4% 増 25 年 度 4.2% 増 経 常 利 益 10.9% 増 3 年 連 続 の2 桁 の 増 益 見 通 し 26 年 度 15.1% 増 25 年 度 19.9% 増 設 備 投 資 計 画 27 年 度 増 加 見 通 し 17.1% 増 2 年 連 続 の2 桁 の 増 加 見 通 し 26 年 度 19.2% 増 25 年 度 1.8% 減 出 所 総 務 省 厚 生 労 働 省 中 部 経 済 産 業 局 北 陸 財 務 局 石 川 県 27 年 4 月 の 有 効 求 人 倍 率 が1.49 倍 26 年 4 月 -27 年 3 月 平 均 の 常 用 雇 用 者 数 が0.8% 増 26 年 4 月 -27 年 3 月 平 均 の 現 金 給 与 総 額 が2.4% 増 26 年 4 月 -27 年 3 月 平 均 の 雇 用 者 所 得 が3.3% 増 参 考 消 費 者 物 価 上 昇 率 ( 金 沢 市 ) ~ 地 方 への 好 循 環 拡 大 へ~ 27 年 4 月 0.4% 増 地 方 への 好 循 環 拡 大 に 向 けた 緊 急 経 済 対 策 につ 26 年 4 月 - 27 年 3 月 平 均 3.0% 増 いて (12/27 閣 議 決 定 ) 18

22 北 陸 3 県 の 大 学 等 進 学 率 (H26 年 春 ) (%) 高 校 生 の 半 数 以 上 が 大 学 等 へ 進 学 北 陸 計 高 等 学 校 卒 業 者 数 ( 人 ) A 大 学 等 進 学 者 数 ( 人 ) B 大 学 等 進 学 率 (B/A) 26,682 14, % 石 川 10,093 5, % 富 山 9,106 4, % 福 井 7,483 3, % 全 国 1,047, , % 近 畿 関 東 東 海 ( 全 国 ) 北 陸 中 国 出 所 文 部 科 学 省 学 校 基 本 調 査 (26 年 度 ) から 当 局 作 成 備 考 高 等 学 校 卒 業 者 数 は 全 日 制 定 時 制 の 合 計 大 学 等 進 学 者 数 は 大 学 短 期 大 学 高 等 学 校 ( 専 攻 科 ) 特 別 支 援 学 校 高 等 部 ( 専 攻 科 )の 合 計 四 国 福 岡 東 北 九 州 北 海 道 沖 縄

23 北 陸 3 県 の 管 外 大 学 への 進 学 率 (H26 年 春 ) 高 校 生 の 半 数 以 上 が 管 外 へ 流 出 進 学 者 数 A 北 陸 外 B 北 陸 内 C 進 学 先 の 所 在 地 to 石 川 to 富 山 to 福 井 北 陸 管 外 進 学 率 (B/A) ( 参 考 ) 県 外 進 学 率 (%) 北 陸 内 13,657 7,522 6,135 3,435 1,312 1, % 69.5% f r o m 石 川 5,330 2,536 2,794 2, % 58.1% 富 山 4,584 2,789 1, % 81.8% 福 井 3,743 2,197 1, , % 70.6% 北 陸 外 594, ,301 4,289 2,394 1, 総 計 608, ,823 10,424 5,829 2,357 2,238 純 流 入 3, 四 国 九 州 北 陸 沖 縄 東 北 中 国 福 岡 東 海 北 海 道 近 畿 関 東 出 所 文 部 科 学 省 学 校 基 本 調 査 (26 年 度 ) から 当 局 作 成 20

24 北 陸 3 県 の 高 校 新 卒 者 の 就 職 内 定 状 況 高 校 生 の 就 職 内 定 率 は 高 水 準 で 推 移 21 (%) 100 全 国 富 山 県 石 川 県 福 井 県 富 山 99.9 福 井 99.9 石 川 99.8 全 国 ( 単 位 :%) 全 国 前 年 差 石 川 前 年 差 富 山 前 年 差 福 井 前 年 差 14/3 卒 /3 卒 H 各 年 3 月 卒 出 所 文 部 科 学 省 高 校 新 卒 者 の 就 職 内 定 状 況 等 から 当 局 作 成 備 考 各 年 3 月 末 に 卒 業 する 高 校 生 について 各 年 3 月 末 現 在 の 内 定 状 況 を 示 したもの

25 北 陸 3 県 における 高 校 生 の 管 外 就 職 率 (H26 年 春 ) 高 校 生 の9 割 以 上 が 地 元 に 就 職 出 所 文 部 科 学 省 学 校 基 本 調 査 (26 年 度 ) から 当 局 作 成 22

26 23 北 陸 新 幹 線 の 波 及 ~ 北 陸 地 域 経 済 の 新 たな 時 代 の 幕 開 け~ ~ 平 成 27 年 3 月 14 日 北 陸 新 幹 線 ( 東 京 - 金 沢 間 )が 堂 々 開 業 ( 金 沢 - 敦 賀 間 は 平 成 35 年 春 開 業 予 定 )~ 管 内 への 観 光 客 が 増 加 交 流 人 口 が 増 加 持 続 的 な 地 域 経 済 の 好 循 環 が 期 待 能 登 地 域 や 金 沢 以 西 等 への 地 域 的 波 及 ものづくりなど 観 光 業 以 外 の 関 連 産 業 への 波 及 本 社 機 能 移 転 や 企 業 進 出 地 元 企 業 の 新 たな 展 開 各 自 治 体 での 移 住 定 住 など 地 方 創 生 への 取 り 組 み が 加 速 化 地 域 経 済 活 性 化 に 繋 がる 地 方 創 生 のモデルケース として 期 待

27 観 光 関 連 業 への 波 及 効 果 や 企 業 進 出 による 北 陸 地 域 全 体 の 活 性 化 に 期 待 一 方 人 手 不 足 能 登 地 域 や 金 沢 以 西 福 井 への 地 域 的 波 及 ものづくりなどの 観 光 業 以 外 への 波 及 2 年 目 以 降 の 反 動 減 対 策 リピーターの 確 保 策 空 港 施 設 との 共 存 誘 客 から 移 住 定 住 への 取 組 み などの 課 題 にも 注 視 ( 主 な 視 点 ) 企 業 や 商 業 施 設 の 動 向 ( 生 産 量 販 売 額 など) 労 働 生 産 性 産 業 構 造 の 変 化 人 口 動 態 観 光 の 動 向 と 地 域 的 波 及 や 過 不 足 自 治 体 財 政 の 変 化 雇 用 所 得 地 価 動 向 ほか いろいろ 24

28 コラム 戦 後 の 日 本 経 済 の 変 遷 25 経 済 人 口 戦 後 復 興 高 度 経 済 成 長 安 定 成 長 低 成 長 年 代 平 均 成 長 率 ( 実 質 ) % 100% 朝 鮮 戦 争 ( 生 産 年 齢 人 口 比 率 :%) 東 京 五 輪 大 阪 万 博 石 油 シ ョ ッ ク 7.7% 10.4% 5.0% 4.3% 1.5% 1.0% 人 口 ボーナスによる 成 長 の 享 受 生 産 年 齢 人 口 比 率 ( 左 軸 ) 製 造 業 の 拡 大 による 成 長 の 牽 引 日 米 貿 易 摩 擦 プ ラ ザ 合 意 バ ブ ル 崩 壊 高 齢 化 率 ( 右 軸 ) 金 融 危 機 不 良 債 権 処 理 就 業 人 口 減 による 成 長 の 鈍 化 ク リ ー 金 マ 融 ン 危 シ 機 ョ ッ 東 日 本 大 震 災 ( 高 齢 化 率 :%) 就 業 構 造 80% 60% 40% 20% 32% 23% 41% 48% 34% 第 一 次 産 業 第 二 次 産 業 第 三 次 産 業 14% 0% 5% ( 出 所 ) 総 務 省 国 勢 調 査 労 働 力 調 査 人 口 推 計 財 務 省 法 人 企 業 統 計 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 日 本 の 将 来 推 計 人 口 59% 26% 28

29 北 海 道 は 大 半 が 東 京 圏 へ 転 出 超 過 大 阪 圏 名 古 屋 圏 東 京 圏 東 北 圏 その 他 地 域 4,129 3,126 22,255 6,407 10,637 北 海 道 ( 8,942 人 ) 転 入 計 46,554 人 転 出 計 55,496 人 4,365 3,456 29,710 6,755 11,210 大 阪 圏 名 古 屋 圏 東 京 圏 東 北 圏 その 他 地 域 ( 236 人 ) ( 330 人 ) ( 7,455 人 ) ( 348 人 ) ( 573 人 ) 出 所 総 務 省 住 民 基 本 台 帳 人 口 移 動 報 告 2014 年 結 果 備 考 東 京 圏 を 東 京 都 埼 玉 県 千 葉 県 神 奈 川 県 大 阪 圏 を 大 阪 府 京 都 府 兵 庫 県 奈 良 県 名 古 屋 圏 を 愛 知 県 岐 阜 県 三 重 県 東 北 圏 を 青 森 県 岩 手 県 宮 城 県 秋 田 県 山 形 県 福 島 県 その 他 地 域 は 東 京 圏 大 阪 圏 名 古 屋 圏 及 び 東 北 圏 以 外 とした 26

30 宮 城 県 は 東 日 本 大 震 災 の 影 響 もあって 東 北 圏 から 転 入 超 過 27 大 阪 圏 名 古 屋 圏 東 京 圏 東 北 圏 北 海 道 その 他 地 域 2,259 1,557 15,442 19,281 2,369 8,043 転 入 計 48,951 人 宮 城 県 (+2,437 人 ) 転 出 計 46,514 人 2,397 1,609 19,017 14,415 2,042 7,034 大 阪 圏 名 古 屋 圏 東 京 圏 東 北 圏 北 海 道 その 他 地 域 ( 138 人 ) ( 52 人 ) ( 3,575 人 ) (+4,866 人 ) (+327 人 ) (+1,009 人 ) 出 所 総 務 省 住 民 基 本 台 帳 人 口 移 動 報 告 2014 年 結 果 備 考 東 京 圏 を 東 京 都 埼 玉 県 千 葉 県 神 奈 川 県 大 阪 圏 を 大 阪 府 京 都 府 兵 庫 県 奈 良 県 名 古 屋 圏 を 愛 知 県 岐 阜 県 三 重 県 東 北 圏 を 青 森 県 岩 手 県 秋 田 県 山 形 県 福 島 県 その 他 地 域 は 東 京 圏 大 阪 圏 名 古 屋 圏 東 北 圏 及 び 北 海 道 以 外 とした

31 福 岡 県 は 大 半 が 九 州 圏 から 転 入 超 過 大 阪 圏 名 古 屋 圏 東 京 圏 九 州 圏 山 陽 圏 その 他 地 域 9,998 4,028 20,036 41,840 9,186 11,500 転 入 計 96,588 人 福 岡 県 (+3,900 人 ) 転 出 計 92,688 人 10,470 4,709 25,837 32,622 7,898 11,152 大 阪 圏 名 古 屋 圏 東 京 圏 九 州 圏 山 陽 圏 その 他 地 域 ( 472 人 ) ( 681 人 ) ( 5,801 人 ) (+9,218 人 )(+1,288 人 )(+348 人 ) 出 所 総 務 省 住 民 基 本 台 帳 人 口 移 動 報 告 2014 年 結 果 備 考 東 京 圏 を 東 京 都 埼 玉 県 千 葉 県 神 奈 川 県 大 阪 圏 を 大 阪 府 京 都 府 兵 庫 県 奈 良 県 名 古 屋 圏 を 愛 知 県 岐 阜 県 三 重 県 九 州 圏 を 佐 賀 県 長 崎 県 熊 本 県 大 分 県 宮 崎 県 鹿 児 島 県 山 陽 圏 を 岡 山 県 広 島 県 山 口 県 その 他 地 域 は 東 京 圏 大 阪 圏 名 古 屋 圏 九 州 圏 及 び 山 陽 圏 以 外 とした 28

32 能 登 地 域 のと 里 山 海 道 29 人 口 174,109 人 (H ) 面 積 1,784km2 (H ) 製 造 品 出 荷 額 等 1,794 億 円 (H24 年 ) 財 政 力 指 数 0.36 (H24 年 度 ) 一 人 当 たりの 所 得 963 千 円 (H24 年 度 ) のと 鉄 道 のと 里 山 里 海 号 能 越 自 動 車 道 ( 太 線 部 分 は 七 尾 氷 見 道 路 ) 至 長 野 北 陸 自 動 車 道 北 陸 新 幹 線 金 沢 - 長 野 間 ( 破 線 部 分 は 延 伸 予 定 区 間 ) 至 敦 賀 当 資 料 の 能 登 地 域 は 七 尾 市 輪 島 市 珠 洲 市 志 賀 町 中 能 登 町 穴 水 町 能 登 町 とする H 能 越 自 動 車 道 七 尾 氷 見 道 路 開 通 H 北 陸 新 幹 線 金 沢 - 長 野 間 開 業 H NHK 連 続 ドラマ 小 説 まれ 放 送 開 始 H のと 鉄 道 のと 里 山 里 海 号 運 行 開 始 H27.10 JR 西 日 本 花 嫁 のれん 号 運 行 開 始

33 人 口 1 石 川 県 の 人 口 (26 年 10 月 1 日 現 在 ) 能 登 地 域 は 石 川 県 の 人 口 の14%を 占 めている 人 口 減 少 が 続 いている 県 内 他 地 域 では 横 ばいとなっている 出 所 石 川 県 石 川 県 の 年 齢 別 推 計 人 口 備 考 当 資 料 の 能 登 地 域 は 上 記 地 域 ( 七 尾 市 輪 島 市 珠 洲 市 志 賀 町 中 能 登 町 穴 水 町 能 登 町 ) とする 以 下 同 じ 2 能 登 地 域 の 人 口 推 移 3 能 登 及 び 他 地 域 の 人 口 推 移 (H17=100) 出 所 石 川 県 国 勢 調 査 結 果 による 補 間 補 正 人 口 推 計 ( 確 定 値 版 ) 及 び 石 川 県 の 年 齢 別 推 計 人 口 出 所 左 記 資 料 より 当 局 算 定 30

34 1. 人 口 1 自 然 動 態 社 会 動 態 ともに 減 少 が 続 いている W 2 高 校 卒 業 後 の 高 度 教 育 機 関 ( 大 学 短 大 )が 無 い W 3 H52 年 までに 若 年 女 性 人 口 が 約 6 割 減 少 する W 4 都 市 居 住 若 年 層 には 地 方 移 住 に 抵 抗 が 少 ない O S 強 み W 弱 み O 機 会 T 脅 威 2. 雇 用 1 第 1 次 産 業 への 就 業 割 合 が 高 く 第 3 次 産 業 ( 特 に 卸 小 売 業 )は 低 い 2 有 効 求 人 倍 率 は 足 下 では1 倍 を 超 えているが 県 内 では 相 対 的 には 低 い W 3. 農 業 等 1 農 業 産 出 額 は 減 少 傾 向 にある W 2 天 然 のふぐ 類 ぶり 類 の 一 大 産 地 となっている S 4. 製 造 業 1 製 造 品 出 荷 額 等 は 横 ばいで 推 移 しており 県 内 他 地 域 に 成 長 力 で 劣 る W 2 事 業 所 数 従 業 者 数 を 併 せみると 繊 維 工 業 食 料 品 製 造 業 が 集 積 している S 5. 観 光 1 金 沢 地 域 に 次 ぐ 誘 客 実 績 があり 一 人 あたりの 観 光 消 費 額 は 県 内 最 大 である S 2 旅 行 者 目 的 を 満 たす 多 様 な 観 光 資 源 を 有 する S 3 隣 県 隣 市 に 食 をメインとした 施 設 隣 県 新 駅 に 自 然 を 売 りとした 地 域 がある O T 4 北 陸 新 幹 線 金 沢 開 業 七 尾 氷 見 道 路 開 通 など 交 通 インフラの 整 備 が 進 行 している O 5 NHK 連 続 ドラマ 小 説 まれ 放 送 が 開 始 される O 6 観 光 資 源 は 広 域 に 点 在 し 相 応 のアクセスを 要 する W 7 関 西 中 京 方 面 からの 観 光 客 は 伸 び 悩 んでいる T 31

35 内 部 要 因 ( 能 登 の 里 山 里 海 豊 かな 漁 場 S ) 繊 維 食 料 品 製 造 業 の 集 積 強 バラエティに 富 む 観 光 み 資 源 ( 人 口 減 少 流 出 W 乏 しい 小 売 業 ) 伸 び 悩 む 製 造 業 弱 能 登 イン 後 の2 次 み 交 通 網 (O) 機 会 北 陸 新 幹 線 金 沢 開 業 七 尾 氷 見 道 路 開 通 NHK 連 続 ドラマ まれ 放 送 都 市 若 年 層 の 田 舎 志 向 外 部 要 因 (T) 脅 威 関 西 中 京 からの 訪 問 客 伸 び 悩 み 金 沢 +1 の 競 争 激 化 1 観 光 資 源 の 活 用 食 温 泉 自 然 の 通 年 PR まつりツアーのスポット 実 施 能 登 イン 後 の2 次 交 通 網 の 整 備 による 回 遊 2 自 然 食 ブランドの 推 進 6 次 産 業 化 水 産 資 源 のPR 食 品 農 業 関 連 業 種 の 誘 致 3 若 年 能 登 ファンの 獲 得 スポーツ 合 宿 の 誘 致 農 業 体 験 ツアーの 強 化 ❶ 広 域 連 携 首 都 圏 関 西 中 京 からの 訪 問 客 のほか 外 国 人 には 県 境 概 念 が 無 い 新 幹 線 新 駅 周 辺 の 自 然 食 地 域 との 連 携 能 越 自 動 車 道 周 辺 のアウトレットモール 高 山 朝 市 との 連 携 ❷ 地 域 連 携 大 型 観 光 地 や 温 泉 地 を 有 し 金 沢 市 からの 公 共 交 通 も 比 較 的 確 保 されている 七 尾 市 輪 島 市 能 登 の 観 光 拠 点 玄 関 口 である 両 市 間 及 び 両 市 と 他 市 町 村 間 の 連 携 による 足 の 確 保 32

36 1. 客 観 的 な 現 状 認 識 現 状 分 析 による 地 域 特 性 の 把 握 目 標 設 定 実 行 検 証 見 直 し 3. 連 携 産 官 学 金 労 地 域 間 業 種 企 業 間 4. 住 民 の 理 解 協 力 ( 直 接 関 与 ) 危 機 意 識 の 共 有 8. 地 域 での 生 涯 生 活 コストなど を 示 して 定 住 のメリット や 魅 力 を 広 報 の 活 用 定 住 人 口 交 流 人 口 の 確 保 産 業 の 維 持 拡 大 労 働 力 確 保 生 産 性 向 上 7. 既 存 資 源 (ストック) の 活 用

37 今 後 とも 金 沢 学 院 大 学 との 連 携 を 進 め 北 陸 地 域 の 皆 様 にとって 付 加 価 値 の 高 い 情 報 を 提 供 する など 北 陸 財 務 局 と 職 員 は 持 てる 力 の 全 てを 発 揮 して これからも 北 陸 地 域 経 済 の 発 展 のために 貢 献 して 参 ります 石 川 県 そして 北 陸 地 域 が 益 々 発 展 するこ とを 願 っております 御 清 聴 ありがとうございました 平 成 2 7 年 6 月 1 3 日 財 務 省 北 陸 財 務 局 長 竹 田 伸 一 34

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

1 UR 賃 貸 住 宅 の 現 状 1

1 UR 賃 貸 住 宅 の 現 状 1 第 2 回 第 4WG 資 料 6 UR 賃 貸 住 宅 の 現 状 と 今 後 の 方 向 性 について 平 成 25 年 10 月 18 日 1 UR 賃 貸 住 宅 の 現 状 1 1-1 UR 賃 貸 住 宅 ストックの 特 性 事 業 経 営 上 の 特 徴 一 定 年 数 で 出 口 戦 略 を 想 定 している 民 間 に 対 し 70 年 という 長 いタームで 事 業 実 施 減

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2031363035313048323795E290B3814548323893968F89837C834383938367816994928D9588F38DFC82C582B7816A2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2031363035313048323795E290B3814548323893968F89837C834383938367816994928D9588F38DFC82C582B7816A2E70707478> 中 企 業 規 模 事 業 者 関 係 予 算 税 制 改 正 のポイント 詳 しい 情 報 は ミラサポ の 施 策 マップでご 覧 いただけます ミラサポ 検 索 1. 中 企 業 の 産 性 向 上 を 援 します 1 ものづくり サービスの 新 展 開 (ものづくり 補 助 ) ものづくり 商 業 サービス 新 展 開 援 補 助 1020.5 億 円 < 平 成 27 年 度 補 正 >

More information

平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優

平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優 平 成 27 年 度 予 算 のポイント 平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優 先 課 題 推 進 枠 や 地 財 政 計 画 における

More information

1 2 3 4 5

1 2 3 4 5 1 2 3 4 5 1 人 口 及 び 世 帯 数 の 推 移 (3 月 末 現 在 ) 年 別 世 帯 数 人 口 男 女 人 口 伸 指 数 人 口 密 度 平 成 13 年 20,991 43,184 19,620 23,564 100.0 701.6 14 20,931 42,740 19,441 23,299 99.0 694.4 15 21,087 42,582 19,318 23,264

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

平成20年3月4日

平成20年3月4日 212 年 7 月 13 日 日 本 銀 行 福 島 支 店 NHK 大 河 ドラマ 八 重 の 桜 の 放 映 に 伴 う 内 経 済 への 波 及 効 果 ~ 大 河 ドラマ 効 果 を 足 掛 かりに 内 観 光 の 復 活 を 目 指 して~ 本 件 に 関 する 問 い 合 わせ 先 日 本 銀 行 福 島 支 店 総 務 課 電 話 :24-521- 6353 本 稿 の 内 容 について

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087453237944E937892868FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A5497762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087453237944E937892868FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A5497762E646F63> 平 成 27 年 度 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 予 算 財 政 投 融 資 計 画 の 概 要 平 成 27 年 4 月 中 小 企 業 庁 中 小 企 業 対 策 費 の 予 算 及 び 財 政 投 融 資 計 画 1. 中 小 企 業 対 策 費 27 年 度 予 算 額 ( 注 1) 26 年 度 予 算 額 ( 注 2) 対 前 年 比 政 府 全 体 1,856 億

More information

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花 尾 花 沢 まち ひと しごと 創 生 尾 花 沢 人 口 ビ ジ ョ ン 平 成 27 年 10 月 尾 花 沢 目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14

More information

注 記 事 項 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ): 有 新 規 1 社 ( 社 名 ) 日 本 電 力 株 式 会 社 除 外 - 社 ( 社 名 )- (2) 会 計 方 針 の 変 更 会

注 記 事 項 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ): 有 新 規 1 社 ( 社 名 ) 日 本 電 力 株 式 会 社 除 外 - 社 ( 社 名 )- (2) 会 計 方 針 の 変 更 会 平 成 28 年 6 月 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 8 月 12 日 上 場 会 社 名 穴 吹 興 産 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 8928 URL http://www.anabuki.ne.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 穴 吹 忠 嗣 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役

More information

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状 横 市 浜 の 財 状 政 況 25 年 度 決 算 財 政 状 況 1 - 横 浜 市 - - 財 政 局 - 平 成 26 年 11 月 横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成

More information

資 料 10 山 梨 県 まち ひと し ごと 創 生 人 口 ビジョン ( 中 間 報 告 ) 山 梨 県 まち ひと しごと 創 生 人 口 ビジョン 中 間 報 告 山 梨 県 人 口 減 少 対 策 戦 略 本 部 平 成 27 年 6 月 目 次 1 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 1 2 人 口 の 現 状 分 析 (1) 人 口 動 向 分 析 総 人 口 2 自 然 増 減

More information

平 成 24 年 度 若 狭 路 観 光 実 態 調 査 業 務 報 告 書 平 成 24 年 1 月 嶺 南 広 域 行 政 組 合 目 次 Ⅰ. 調 査 概 要 ------------------------------------------------- 1 Ⅱ. 調 査 結 果 のまとめ----------------------------------------- 2 1. 若 狭

More information

目 次 ページ 1. 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 2. 予 算 規 模 1 3. 予 算 総 括 表 2 4. 歳 入 の 状 況 3 5. 市 税 の 状 況 4 6. 目 的 別 の 状 況 5 7. 性 質 別 の 状 況 6 8. 予 算 の 特 徴 7 9. 地 方

目 次 ページ 1. 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 2. 予 算 規 模 1 3. 予 算 総 括 表 2 4. 歳 入 の 状 況 3 5. 市 税 の 状 況 4 6. 目 的 別 の 状 況 5 7. 性 質 別 の 状 況 6 8. 予 算 の 特 徴 7 9. 地 方 平 成 28 年 度 当 初 予 算 日 向 市 目 次 ページ 1. 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 2. 予 算 規 模 1 3. 予 算 総 括 表 2 4. 歳 入 の 状 況 3 5. 市 税 の 状 況 4 6. 目 的 別 の 状 況 5 7. 性 質 別 の 状 況 6 8. 予 算 の 特 徴 7 9. 地 方 債 残 高 の 状 況 9 10. 基 金 の 状

More information

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7 平 成 28 年 8 月 31 日 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 書 1. 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 額 区 分 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 %) 対 前 年 度 比 金 額 伸 率 (1) 財 政 融 資 7,668 7,944 276 3.5 (2) 産 業

More information

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関 所 得 税 確 定 申 告 等 ( 平 成 23 年 分 ) 手 続 名 所 得 税 申 告 帳 票 名 平 成 年 分 の 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 B( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 ( 分 離 課 税 用 )( 第 三 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081A193878DAA8CA78DE090AD82CC8CBB8BB581A18169506F776572506F696E74816A81408255815E8250825189EF8B6397708169826F826382658CB48D65816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081A193878DAA8CA78DE090AD82CC8CBB8BB581A18169506F776572506F696E74816A81408255815E8250825189EF8B6397708169826F826382658CB48D65816A> 参 考 資 料 資 料 No.5 財 政 制 度 財 政 用 語 目 次 地 方 交 付 税 について 1 普 通 交 付 税 における 財 源 調 整 機 能 2 財 政 力 指 数 3 標 準 財 政 規 模 4 地 方 債 について 5 地 方 債 の 効 果 6 地 方 債 の 償 還 7 人 事 委 員 会 勧 告 制 度 8 民 間 給 与 との 比 較 方 法 9 地 方 財 政 をめぐる

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63> 釜 石 市 復 興 推 進 計 画 平 成 25 年 3 月 12 日 平 成 28 年 3 月 4 日 変 更 岩 手 県 釜 石 市 1 計 画 の 区 域 岩 手 県 釜 石 市 2 計 画 の 目 標 東 日 本 大 震 災 により 沿 岸 部 の 全 域 にわたり 壊 滅 的 な 被 害 を 受 け 店 舗 事 業 所 住 宅 などが 津 波 により 流 出 した また 震 災 の 被 害

More information

Cross functional Team-2 地域経済活性化対策

Cross functional Team-2  地域経済活性化対策 Cross functional Team-2 地 域 経 済 活 性 化 対 策 ~ 中 間 報 告 ~ 平 成 27 年 3 月 30 日 1 CFT-2の 構 成 リーダー 黄 瀬 信 之 ( 企 画 財 政 部 企 業 立 地 情 報 化 推 進 室 ) サブリーダー 大 内 規 裕 ( 総 務 部 秘 書 課 秘 書 係 ) メンバー 森 本 紗 緒 里 ( 総 務 部 市 民 連 携 室

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

注 記 事 項 (1) 会 計 方 針 の 変 更 会 計 上 の 見 積 りの 変 更 修 正 再 表 示 1 会 計 基 準 等 の 改 正 に 伴 う 会 計 方 針 の 変 更 : 無 2 1 以 外 の 会 計 方 針 の 変 更 3 会 計 上 の 見 積 りの 変 更 4 修 正 再

注 記 事 項 (1) 会 計 方 針 の 変 更 会 計 上 の 見 積 りの 変 更 修 正 再 表 示 1 会 計 基 準 等 の 改 正 に 伴 う 会 計 方 針 の 変 更 : 無 2 1 以 外 の 会 計 方 針 の 変 更 3 会 計 上 の 見 積 りの 変 更 4 修 正 再 平 成 28 年 3 月 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 非 連 結 ) 平 成 28 年 5 月 10 日 上 場 会 社 名 株 式 会 社 大 谷 工 業 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 5939 URL http://www.otanikogyo.com 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 芝 崎 安 宏 問 合 せ 先 責 任 者 (

More information

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477>

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477> 平 成 26 年 度 (2014 年 度 ) 豊 島 区 当 初 予 算 の 概 要 平 成 26 年 3 月 豊 島 区 - 目 次 - 1 編 成 方 針 1 2 財 政 規 模 2 3 26 年 度 予 算 の 特 徴 3 4 歳 入 の 概 要 4 5 歳 出 の 概 要 6 6 消 費 税 率 引 き 上 げに 伴 う 区 財 政 への 影 響 12 7 基 金 と 起 債 の 残 高 15

More information

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 資 料 3 復 興 関 係 について 平 成 28 年 4 月 4 日 0 - 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 平 成 23 年

More information

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表 法 人 単 位 連 結 財 務 諸 表 -1- ( 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ) ( 単 位 : 円 ) 連 結 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 資 産 の 部 Ⅰ 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 383,930,868,159 代 理 店 勘 定 50,479,456,400 有 価 証 券 759,499,383,243

More information

<8E9197BF8252>

<8E9197BF8252> 資 料 3 市 税 収 入 の 確 保 について 1 1 市 税 収 入 の 現 状, 点 検 京 都 市 の 税 収 構 造 市 税 のあらまし, 市 税 収 入 の 内 訳 個 人 市 民 税, 法 人 市 民 税, 固 定 資 産 税 の3 税 目 で 約 85% 市 税 収 入 の 推 移 市 民 一 人 当 たりの 税 収 から 見 る 本 市 の 特 徴 ( 他 都 市 比 較 ) 2

More information

資 料 3 新 たな 沖 縄 振 興 の 枠 組 みと 展 開 について 平 成 26 年 2 月 7 日 沖 縄 県 企 画 部 沖 縄 21 世 紀 ビジョン 基 本 計 画 ( 沖 縄 振 興 計 画 )の 進 捗 について 平 成 24 年 3 月 28 日 第 63 回 沖 縄 県 振 興 審 議 会 沖 縄 21 世 紀 ビジョン 基 本 計 画 ( 仮 称 )( 案 ) の 答 申

More information

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 ---------------------------------------

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 --------------------------------------- 戸 田 都 市 計 画 ( 戸 田 市 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 25 年 11 月 22 日 から 平 成 25 年 12 月 6 日 まで 平 成 26 年 3 月 28 日 埼 玉 県 目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的

More information

はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 1 財 務 書 類 作 成 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 2 貸 借 対 照 表 (B/S)とは 3 3 行 政 コスト 計 算 書 (P/L)

はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 1 財 務 書 類 作 成 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 2 貸 借 対 照 表 (B/S)とは 3 3 行 政 コスト 計 算 書 (P/L) 平 成 24 年 度 稚 内 市 財 務 書 類 報 告 書 ( 新 地 方 公 会 計 制 度 - 総 務 省 方 式 改 訂 モデル) 貸 借 対 照 表 行 政 コ ス ト 計 算 書 純 資 産 変 動 計 算 書 資 金 収 支 計 算 書 北 海 道 稚 内 市 平 成 26 年 3 月 はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する

More information

経 営 戦 略 プ ラ ン

経 営 戦 略 プ ラ ン 経 営 戦 略 プ ラ ン ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) 平 成 26 年 3 月 職 業 訓 練 法 人 青 森 情 報 処 理 開 発 財 団 目 次 第 1 はじめに... P 1 1 経 営 戦 略 プラン 策 定 の 趣 旨... P 1 2 計 画 期 間... P 1 第 2 経 営 理 念 等... P 2 1 法 人 の 設 立 目 的 とこれまでの 取

More information

北陸地域における住宅投資動向

北陸地域における住宅投資動向 213 年 3 月 25 日 日 本 銀 行 金 沢 支 店 北 陸 地 域 における 住 宅 投 資 動 向 [ 要 旨 ] 1. 北 陸 地 域 の 住 宅 投 資 動 向 をみると 新 設 住 宅 着 工 戸 数 は 211 年 度 下 期 以 降 弱 い 動 きが 続 いてきたものの 足 もとでは 214 年 4 月 および 215 年 1 月 の 消 費 引 き 上 げを 見 据 え た

More information

目 次 第 1 部 メディカルタウン 構 想 の 策 定 にあたって 1 構 想 策 定 の 意 義 1 2 地 域 の 特 徴 強 み 2 3 構 想 の 目 指 すところ 4 第 2 部 構 想 実 現 に 向 けた 取 組 み 5 1 医 療 機 器 の 研 究 開 発 の 促 進 6 2 地

目 次 第 1 部 メディカルタウン 構 想 の 策 定 にあたって 1 構 想 策 定 の 意 義 1 2 地 域 の 特 徴 強 み 2 3 構 想 の 目 指 すところ 4 第 2 部 構 想 実 現 に 向 けた 取 組 み 5 1 医 療 機 器 の 研 究 開 発 の 促 進 6 2 地 延 岡 市 メディカルタウン 構 想 平 成 23 年 2 月 21 日 宮 崎 県 延 岡 市 目 次 第 1 部 メディカルタウン 構 想 の 策 定 にあたって 1 構 想 策 定 の 意 義 1 2 地 域 の 特 徴 強 み 2 3 構 想 の 目 指 すところ 4 第 2 部 構 想 実 現 に 向 けた 取 組 み 5 1 医 療 機 器 の 研 究 開 発 の 促 進 6 2 地 場

More information

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集 平 成 28 年 度 主 な 税 制 改 正 要 望 の 概 要 平 成 27 年 8 月 厚 生 労 働 省 目 次 セルフメディケーション 推 進 のための 一 般 用 医 薬 品 等 に 関 する 所 得 控 除 制 度 の 創 設 1 セルフメディケーション 推 進 に 資 する 薬 局 に 係 る 税 制 措 置 の 創 設 2 個 人 の 健 康 増 進 疾 病 予 防 の 推 進 のための

More information

市況トレンド

市況トレンド ( 公 社 ) 近 畿 圏 不 動 産 流 通 機 構 市 況 レポート 市 況 トレンド 1 ~ 月 期 の 近 畿 圏 市 場 1 ~ 月 期 の 近 畿 圏 市 場 は 中 古 マンション 成 約 件 数 が 減 少 する 一 方 中 古 戸 建 は 件 数 価 格 ともプラスとなり 堅 調 に 推 移 した 売 り 出 し 価 格 の 上 昇 傾 向 が 強 まる 中 古 マンションに 対

More information

スライド 1

スライド 1 第 1 回 生 活 保 護 制 度 に 関 する 国 と 地 方 協 議 平 成 23 年 5 月 30 日 資 料 3 生 活 保 護 制 度 現 状 等 について 厚 生 労 働 省 - 目 次 - 頁 1 生 活 保 護 制 度 概 要 1 被 保 護 世 帯 数 等 動 向 2 被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 年 次 推 移 3 3 世 帯 類 型 別 保 護 世 帯

More information

目 次 1. 電 子 記 録 債 権 とは? 3 2. 電 子 債 権 記 録 機 関 5 3. でんさい の 概 要 7 4. でんさい のメリット 10 5. 現 在 の 普 及 状 況 12 6. 今 後 の 課 題 15 7.おわりに 26 2

目 次 1. 電 子 記 録 債 権 とは? 3 2. 電 子 債 権 記 録 機 関 5 3. でんさい の 概 要 7 4. でんさい のメリット 10 5. 現 在 の 普 及 状 況 12 6. 今 後 の 課 題 15 7.おわりに 26 2 資 料 2 決 済 業 務 等 の 高 度 化 に 関 するスタディ グループ でんさい の 現 状 と 課 題 2014 年 12 月 16 日 株 式 会 社 全 銀 電 子 債 権 ネットワーク 1 目 次 1. 電 子 記 録 債 権 とは? 3 2. 電 子 債 権 記 録 機 関 5 3. でんさい の 概 要 7 4. でんさい のメリット 10 5. 現 在 の 普 及 状 況 12

More information

P01.AI

P01.AI グ 紹 介 ブ No. 号 0 0 般 予 算 歳 算 剰 余 繰 越 普 通 交 税 交 増 ほ 経 済 交 復 旧 庫 支 増 歳 職 期 異 職 給 与 道 整 備 交 増 配 分 橋 梁 寿 命 道 舗 追 加 火 水 槽 領 漁 港 増 陸 競 技 レ 整 備 図 書 館 テ 更 ほ 8 豪 雨 農 林 土 木 復 旧 追 加 歳 歳 億 増 予 算 総 9 億 ギ ヨ ァ 管 ぎ 験 農

More information

平 成 28 年 第 1 回 尾 鷲 市 議 会 定 例 会 所 信 表 明 ( 附 提 案 説 明 ) 尾 鷲 市 ( 登 壇 ) 平 成 2 8 年 第 1 回 定 例 会 の 開 会 に あ た り 平 成 2 8 年 度 当 初 予 算 並 び に そ の 他 の 諸 議 案 に つ い て の ご 説 明 に 先 立 ち ま し て 所 信 の 一 端 を 申 し 述 べ 議 員 各 位

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378> UR 賃 貸 住 宅 ストック 再 生 再 編 方 針 に 基 づく 実 施 計 画 平 成 27 年 3 月 目 次 1. 実 施 計 画 を 策 定 する 背 景 目 的 1 2.ストック 再 生 再 編 方 針 ( 平 成 19 年 12 月 26 日 策 定 )の 概 要 2 (1) 団 地 の 類 型 化 及 び 団 地 別 整 備 方 針 の 策 定 2 (2) 居 住 の 安 定 の

More information

Microsoft Word - 150327NO0098

Microsoft Word - 150327NO0098 2015.3.27 No.0098 発 行 / 毎 週 金 曜 日 一 般 社 団 法 人 全 国 住 宅 産 業 協 会 102-0083 東 京 都 千 代 田 区 麹 町 5-3 TEL03-3511-0611 FAX03-3511-0616 全 住 協 HP http://www.zenjukyo.jp/ 発 売 戸 数 は 首 都 圏 2% 減 近 畿 圏 15% 増 ~ 不 動 産 経

More information

スライド 1

スライド 1 資 料 2 参 考 資 料 ( 都 市 農 地 に 係 る 土 地 利 用 計 画 制 度 について) 平 成 2 4 年 4 月 1. 土 地 利 用 計 画 制 度 における 都 市 農 地 の 位 置 付 けの 変 化 (1) 新 都 市 計 画 法 の 制 定 現 行 の 新 都 市 計 画 法 は 昭 和 43 年 高 度 経 済 成 長 に 伴 い 都 市 への 急 激 な 人 口 流

More information

H27施行通知

H27施行通知 総 税 企 第 3 9 号 平 成 27 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 議 会 議 長 各 指 定 都 市 市 長 殿 各 指 定 都 市 議 会 議 長 総 務 大 臣 地 方 税 法 同 法 施 行 令 同 法 施 行 規 則 の 改 正 等 について 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 2 号 ) 地

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

目 次 高 山 市 連 結 財 務 諸 表 について 1 連 結 貸 借 対 照 表 2 連 結 行 政 コスト 計 算 書 4 連 結 純 資 産 変 動 計 算 書 6 連 結 資 金 収 支 計 算 書 7

目 次 高 山 市 連 結 財 務 諸 表 について 1 連 結 貸 借 対 照 表 2 連 結 行 政 コスト 計 算 書 4 連 結 純 資 産 変 動 計 算 書 6 連 結 資 金 収 支 計 算 書 7 平 成 22 年 度 高 山 市 貸 借 対 照 表 ( 連 結 ) 行 政 コスト 計 算 書 ( 連 結 ) 純 資 産 変 動 計 算 書 ( 連 結 ) 資 金 収 支 計 算 書 ( 連 結 ) 平 成 24 年 3 月 岐 阜 県 高 山 市 目 次 高 山 市 連 結 財 務 諸 表 について 1 連 結 貸 借 対 照 表 2 連 結 行 政 コスト 計 算 書 4 連 結 純 資

More information

国有財産レポート

国有財産レポート 国 有 財 産 レ ポ ー ト 平 成 28 年 7 月 財 務 省 理 財 局 目 次 はじめに ~ 国 有 財 産 及 び 国 有 財 産 行 政 とは~ 第 一 部 総 論 第 1 章 国 有 財 産 の 概 要 P 4 1 国 有 財 産 の 範 囲 分 類 2 国 有 財 産 価 格 面 積 3 国 有 財 産 台 帳 第 2 章 国 有 財 産 行 政 の 概 要 1 国 有 財 産 行

More information

Taro-04【まとめ】H28住民負担の軽減

Taro-04【まとめ】H28住民負担の軽減 3. 住 民 負 担 の 軽 減 とサービスの 向 上 事 業 名 軽 減 額 等 内 容 住 民 負 担 の 軽 減 1. 保 育 料 の 据 置 - 保 育 料 を18 年 連 続 で 据 置 ( 市 費 持 ち 出 し 額 1,746,376 千 円 ) 国 の 公 定 価 格 の 増 額 に 伴 い 保 育 料 率 の 引 き 上 げが 避 けられない 中 子 育 て 支 援 の 充 実 や

More information

0300072008520000E001.xls

0300072008520000E001.xls ( 平 成 年 度 調 査 ) 道 府 県 税 の 課 税 状 況 等 に 関 する 調 調 査 表 一 覧 表 頁 番 号 表 番 号 調 査 表 類 法 人 の 道 府 県 民 税 等 に 関 する 調 P () 道 府 県 民 税 額 等 に 関 する 調 法 人 県 民 税 5P 7 () 業 種 別 及 び 割 基 準 別 に 関 する 調 法 人 県 民 税 7P 9 () 資 本 金

More information

mizuho-REMR-2015-6-CC.indd

mizuho-REMR-2015-6-CC.indd 6 June,215 賃 貸 共 同 住 宅 の 空 室 率 と 人 口 移 動 の 関 係 2 経 済 トレンド ウォッチ 4 不 動 産 場 トレンド ウォッチ 6 京 圏 京 都 神 奈 埼 玉 千 葉 の の 状 況 8 本 レポートに 関 するお 問 い 合 わせ 先 みずほ 信 託 銀 行 株 式 会 社 不 動 産 業 務 部 金 伸 幸 TEL.3-3274-979 代 表 賃 貸

More information

目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 損 益 計 算 書 3 7. 指 定 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 個 別 注 記 表 4 8. 附 帯 事 業 損 益 明 細 表 固 定 資 産

目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 損 益 計 算 書 3 7. 指 定 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 個 別 注 記 表 4 8. 附 帯 事 業 損 益 明 細 表 固 定 資 産 電 気 通 信 役 務 に 関 する 収 支 の 状 況 その 他 会 計 に 関 する 事 項 ( 電 気 通 信 事 業 法 第 30 条 第 5 項 による) 第 16 期 平 成 2 6 年 4 月 1 日 から 平 成 2 7 年 3 月 31 日 まで 西 日 本 電 信 電 話 株 式 会 社 目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明

More information

Microsoft Word - 01 原稿

Microsoft Word - 01 原稿 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 千 葉 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 平 成 26 年 度 普 通 会 計 ( 決 算 額 )に 占 める 件 費 の 状 況 は 次 のとおりです ( 平 成 27 年 度 ) 件 費 の 内 訳 は 教 育 関 係 職 員 ( 市 町 村 立 小 中 学 校 の 教 員 を 含 む)が 67.5% 警 察 関

More information

地域経済分析システム(RESAS) 2期システムについて

地域経済分析システム(RESAS) 2期システムについて 地 域 経 済 分 析 システム(RESAS) 第 Ⅱ 期 2 次 リリースについて 平 成 27 年 12 月 内 閣 官 房 まち ひと しごと 創 生 本 部 事 務 局 2 1. 産 業 マップ 1-1. 全 産 業 花 火 図 ( 1) 1-2. 産 業 別 花 火 図 ( 1) 1-3. 企 業 別 花 火 図 ( 1) 1-4. 稼 ぐ 力 分 析 1-5. 特 許 分 布 図 1-6.

More information

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の 平 成 22 年 度 決 算 行 田 市 の 財 務 書 類 4 表 総 務 省 方 式 改 訂 モデル 平 成 24 年 3 月 行 田 市 目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体

More information

(2) 歳 入 ( 一 般 会 計 ) 市 税 は 前 年 度 比 2 億 9,877 万 円 率 にして 3.8%の 減 の 74 億 8,924 万 円 を 見 込 んだ 中 でも 法 人 市 民 税 は 税 率 の 引 き 下 げが 通 年 に 及 ぶことに 加 え 新 興 国 経 済 の 景

(2) 歳 入 ( 一 般 会 計 ) 市 税 は 前 年 度 比 2 億 9,877 万 円 率 にして 3.8%の 減 の 74 億 8,924 万 円 を 見 込 んだ 中 でも 法 人 市 民 税 は 税 率 の 引 き 下 げが 通 年 に 及 ぶことに 加 え 新 興 国 経 済 の 景 定 例 記 者 懇 談 会 資 料 3-1 平 成 28 年 2 月 22 日 政 策 協 働 部 財 政 課 0548-23-0054 平 成 28 年 度 牧 之 原 市 当 初 予 算 案 について 1 当 初 予 算 案 の 総 額 予 算 額 ( 前 年 度 比 伸 び 率 ) 一 般 会 計 ( 歳 入 歳 出 ) 194 億 円 ( 6 億 円 3.0%) 特 別 会 計 ( 歳 入

More information

川 辺 町 総 合 戦 略 平 成 28 年 2 月 岐 阜 県 川 辺 町 目 次 第 1 章 総 合 戦 略 の 概 要... 1 1. 目 的... 1 2. 計 画 期 間... 1 3. 総 合 戦 略 の 位 置 づけ... 2 4. 推 進 検 証 体 制... 3 第 2 章 総 合 戦 略 の 基 本 方 針... 4 1. 基 本 方 針... 4 2. 基 本 的 方 向 性...

More information

アジアビーチゲームズ 大 会 誘 致 の 検 討 説 明 資 料 P.36 41 万 円 年 中 にぎわう 日 本 一 の 浜 辺 づくり 及 び 海 の 京 都 構 想 の 推 進 を 図 るため 2018 年 に 開 催 される 第 6 回 アジアビーチゲームズ について 本 市 を 中 心 に

アジアビーチゲームズ 大 会 誘 致 の 検 討 説 明 資 料 P.36 41 万 円 年 中 にぎわう 日 本 一 の 浜 辺 づくり 及 び 海 の 京 都 構 想 の 推 進 を 図 るため 2018 年 に 開 催 される 第 6 回 アジアビーチゲームズ について 本 市 を 中 心 に 2 報 道 資 料 平 成 26 年 京 丹 後 市 議 会 9 月 定 例 会 提 出 補 正 予 算 一 般 会 計 及 び2 特 別 会 計 1 企 業 会 計 の 補 正 予 算 を 編 成 し 9 月 2 日 議 案 提 出 ( 会 期 :10 月 1 日 までの30 日 間 ( 予 定 )) 一 般 会 計 補 正 予 算 ( 第 3 号 ) 補 正 額 7 億 1,038 万 円 の

More information

第29回税制調査会 総29-2

第29回税制調査会 総29-2 平 28. 1.28 総 29-2 説 明 資 料 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 について( 地 方 税 ) 平 成 28 年 1 月 28 日 ( 木 ) 法 人 税 改 革 1 2 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 引 下 げと 外 形 標 準 課 税 の 拡 大 ( 案 ) 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 を 引 き 下 げ 外 形 標 準 課 税 を5/8に

More information

都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義

都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義 コンサルティングレポート 2013 年 10 月 11 日 全 13 頁 都 市 鉄 道 利 便 増 進 事 業 の 現 状 と 政 策 的 意 義 コンサルティング ソリューション 第 一 部 主 任 コンサルタント 米 川 誠 [ 要 約 ] 本 年 3 月 20 日 阪 神 三 宮 駅 の 全 面 改 良 工 事 が 完 成 した これにより アクセス 性 向 上 乗 り 換 え 時 間 短

More information

1 公 営 企 業 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 2 企 業 会 計 基 準 の 見 直 しの 進 展 事 業 サービスの 拡 充 期 から 人 口 減 少 社 会 インフラ 更 新 縮 小 時 代 へ 民 間 企 業 との 比 較 分 析 を 容 易 にするために 整 合 を 図 る 必

1 公 営 企 業 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 2 企 業 会 計 基 準 の 見 直 しの 進 展 事 業 サービスの 拡 充 期 から 人 口 減 少 社 会 インフラ 更 新 縮 小 時 代 へ 民 間 企 業 との 比 較 分 析 を 容 易 にするために 整 合 を 図 る 必 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 し 概 要 について 約 半 世 紀 ぶりに 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 が 改 正 されました この 会 計 制 度 は 全 国 約 3,000の 地 方 公 営 企 業 法 の 財 務 適 用 企 業 の 経 営 管 理 ツールの 一 つです 新 制 度 への 移 行 により 貸 借 対 照 表 や 損 益 計 算 書 など 予 算

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 広 域 巨 大 災 害 に 備 えた 仮 設 期 の 住 まいづくりガイドライン ~ 概 要 版 ~ 平 成 25 年 2 月 国 土 交 通 省 中 部 地 方 整 備 局 建 政 部 住 宅 整 備 課 ガイドラインの 背 景 問 題 意 識 等 背 景 問 題 意 識 東 日 本 大 震 災 の 教 訓 (P21) 迅 速 な 対 応 と 同 時 に 長 期 化 に 備 えたきめ 細 かい 配

More information

<3034204832358EE597768E968BC688EA97972D372E786477>

<3034204832358EE597768E968BC688EA97972D372E786477> (2) 生 活 再 建 支 援 プロジェクト 全 県 民 が 将 来 の 生 活 設 計 を 描 くことができ 生 活 再 建 を 進 めることができるようにするため 早 期 に 帰 還 する 避 難 者 長 期 避 難 者 など 被 災 者 それぞれのおかれた 状 況 に 応 じた よりきめ 細 かな 支 援 を 行 う 取 組 を 進 め 1 県 内 避 難 者 支 援 一 新 1 里 山 いきいき

More information

.

. 成 7 度 015 度 の 業 務 の 実 施 状 況 評 価 ついて 成 8 8 月 地 域 経 済 活 性 化 支 援 機 構. 成 7 度 の 業 務 実 施 の 背 景 等. 機 構 の 設 立 改 組 の 経 緯 0 秋 降 金 融 経 情 勢 急 大 幅 悪 等 国 地 域 経 迷 余 儀 く 中 地 域 経 再 建 図 用 経 営 資 源 過 大 債 い 事 業 者 事 業 再 生 支

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031392D30955C8E8682A982E796DA8E9F82DC82C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031392D30955C8E8682A982E796DA8E9F82DC82C52E646F63> 平 成 19 年 度 京 都 府 公 営 企 業 会 計 決 算 審 査 意 見 書 京 都 府 監 査 委 員 20 監 第 202 号 平 成 20 年 9 月 2 日 京 都 府 知 事 山 田 啓 二 様 京 都 府 監 査 委 員 田 坂 幾 太 同 小 巻 實 司 同 道 林 邦 彦 同 村 山 佳 也 平 成 19 年 度 京 都 府 公 営 企 業 会 計 の 決 算 審 査 について

More information

4. 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 特 例 の 延 長 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 以 下 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 ( 平 成 28 年 3 月 31 日 )を 延 長 する 1 登 録 免 許 税 の 特 例 ( 所 有 権 の 保 存 登 記 : 本 則 0.4%

4. 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 特 例 の 延 長 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 以 下 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 ( 平 成 28 年 3 月 31 日 )を 延 長 する 1 登 録 免 許 税 の 特 例 ( 所 有 権 の 保 存 登 記 : 本 則 0.4% 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 平 成 27 年 9 月 17 日 一 般 社 団 法 人 不 動 産 協 会 我 が 国 の 経 済 は 緩 やかな 回 復 を 続 けているが 少 子 化 高 齢 化 を 伴 う 人 口 減 少 社 会 の 到 来 や 産 業 構 造 の 転 換 グローバル 化 の 急 激 な 進 展 等 著 しい 構 造 変 化 に 直 面 している そのような

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

また 機 構 の 経 営 の 柱 である 賃 貸 住 宅 事 業 におけるメインストックは 昭 和 40 年 代 に 大 量 供 給 されたものであり 将 来 の 人 口 動 態 等 を 踏 まえた 需 給 バラ ンスを 想 定 しつつ 計 画 的 に 投 資 や 再 生 再 編 を 行 っていかな

また 機 構 の 経 営 の 柱 である 賃 貸 住 宅 事 業 におけるメインストックは 昭 和 40 年 代 に 大 量 供 給 されたものであり 将 来 の 人 口 動 態 等 を 踏 まえた 需 給 バラ ンスを 想 定 しつつ 計 画 的 に 投 資 や 再 生 再 編 を 行 っていかな 平 成 26 年 3 月 31 日 経 営 改 善 に 向 けた 取 組 みについて 1 策 定 の 背 景 及 び 目 的 機 構 の 改 革 については これまで 数 次 の 見 直 しが 行 われてきたが その 集 大 成 として 行 政 改 革 推 進 会 議 独 立 行 政 法 人 改 革 等 に 関 する 分 科 会 第 4ワーキン ググループ 報 告 書 ( 平 成 25 年 12 月

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798D5A97B994C5817A91E598618FD88C94976C5F837D8343838B836883578383837083935F8376838C837E834183578383837083935F94CC948497708E9197BF5F32303136303531322E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798D5A97B994C5817A91E598618FD88C94976C5F837D8343838B836883578383837083935F8376838C837E834183578383837083935F94CC948497708E9197BF5F32303136303531322E70707478> 投 資 者 の 皆 さまへ ( 販 売 用 資 料 ) (2016 年 5 月 作 成 ) 課 税 上 は 株 式 投 資 信 託 として 取 扱 われます 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 )のご 請 求 お 申 込 み 設 定 運 用 < 販 売 会 社 > 商 号 等 大 和 証 券 株 式 会 社 金 融 商 品 取 引 業 者 関 東 財 務 局 長 ( 金 商 )

More information

村 山 の 概 要 2) 人 口 動 向 (1) 人 口 世 帯 数 平 成 27 年 1 月 1 日 現 在 の 村 山 の 人 口 は15 万 1,412 人 であり 平 成 7 年 の13 万 6,095 人 と 比 べて 約 1.1 倍 に 増 加 しました その 推 移 を 見 ると 総

村 山 の 概 要 2) 人 口 動 向 (1) 人 口 世 帯 数 平 成 27 年 1 月 1 日 現 在 の 村 山 の 人 口 は15 万 1,412 人 であり 平 成 7 年 の13 万 6,095 人 と 比 べて 約 1.1 倍 に 増 加 しました その 推 移 を 見 ると 総 村 山 の 概 要 村 山 の 概 要 1) 位 置 及 び 地 勢 村 山 は 京 都 の 北 西 部 北 緯 35 度 45 分 経 139 度 28 分 に 位 置 し 荒 川 から 多 摩 川 に かけて 広 がる 洪 積 層 武 蔵 野 台 地 のほぼ 中 央 部 京 都 心 部 から 約 30kmの 圏 内 に 位 置 してい ます 域 の 北 側 は 埼 玉 県 所 沢 側 は 清 瀬

More information

<819A328175926E88E68F5A91EE8C7689E6816991E6313189F195CF8D58816A81762E786C73>

<819A328175926E88E68F5A91EE8C7689E6816991E6313189F195CF8D58816A81762E786C73> 佐 賀 県 全 域 地 域 住 宅 計 画 ( 第 11 回 変 更 ) 佐 賀 県 佐 賀 市 唐 津 市 鳥 栖 市 多 久 市 伊 万 里 市 武 雄 市 鹿 島 市 小 城 市 嬉 野 市 神 埼 市 みやき 町 基 山 町 有 田 町 上 峰 町 大 町 町 江 北 町 白 石 町 太 良 町 佐 賀 県 住 宅 行 政 連 絡 協 議 会 ( 地 域 住 宅 協 議 会 ) 平 成 27

More information

地 方 自 治 法 第 252 条 の19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 ( 昭 和 31 年 政 令 第 254 号 )により 指 定 都 市 に 指 定 された 新 潟 市 に 平 成 19 年 4 月 1 日 付 け で 新 潟 県 から 引 き 継 ぐ 事

地 方 自 治 法 第 252 条 の19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 ( 昭 和 31 年 政 令 第 254 号 )により 指 定 都 市 に 指 定 された 新 潟 市 に 平 成 19 年 4 月 1 日 付 け で 新 潟 県 から 引 き 継 ぐ 事 事 務 引 継 書 新 潟 県 新 潟 市 地 方 自 治 法 第 252 条 の19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 ( 昭 和 31 年 政 令 第 254 号 )により 指 定 都 市 に 指 定 された 新 潟 市 に 平 成 19 年 4 月 1 日 付 け で 新 潟 県 から 引 き 継 ぐ 事 項 は 次 のとおりです 1 引 き 継 ぐ 事 務 別

More information

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の 相 馬 市 人 口 ビジョン 平 成 27 年 9 月 25 日 相 馬 市 地 方 創 生 総 合 戦 略 会 議 目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析

More information

平成28年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)

平成28年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結) 平 成 28 年 3 月 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 4 月 28 日 上 場 会 社 名 京 成 電 鉄 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 9009 URL http://www.keisei.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 三 枝 紀 生 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役

More information

関連データ及び参考資料(1)

関連データ及び参考資料(1) 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 71 72 目 次 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 1. 学 校 を 取 り 巻 く 状 況 公 共 施 設 における 学 校 施 設 の 割 合... 74 学 校 数 幼 児 児 童 生 徒 数 の 推 移... 74 小 中 学 校 数 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 一 校 当 たりの 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 公

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

Microsoft Word - 様式(H22)[1].rtf

Microsoft Word - 様式(H22)[1].rtf 別 紙 3 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 (21 年 度 末 ) 21 年 度 18,774 当 別 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 A B B/A 9,004,766 161,383 1,749,847 19.4 ( 参 考 ) 20 年 度 の 件 費 率

More information

目 次 1 予 算 規 模 等 1 (1) 一 般 会 計 1 (2) 特 別 会 計 1 (3) 企 業 会 計 1 2 会 計 別 予 算 概 要 2 (1) 一 般 会 計 2 1 款 別 予 算 額 2 2 性 質 別 予 算 額 4 3 事 業 等 別 予 算 額 5 4 繰 越 明 許

目 次 1 予 算 規 模 等 1 (1) 一 般 会 計 1 (2) 特 別 会 計 1 (3) 企 業 会 計 1 2 会 計 別 予 算 概 要 2 (1) 一 般 会 計 2 1 款 別 予 算 額 2 2 性 質 別 予 算 額 4 3 事 業 等 別 予 算 額 5 4 繰 越 明 許 平 成 27 年 度 3 月 補 正 予 算 概 要 常 滑 市 目 次 1 予 算 規 模 等 1 (1) 一 般 会 計 1 (2) 特 別 会 計 1 (3) 企 業 会 計 1 2 会 計 別 予 算 概 要 2 (1) 一 般 会 計 2 1 款 別 予 算 額 2 2 性 質 別 予 算 額 4 3 事 業 等 別 予 算 額 5 4 繰 越 明 許 費 9 5 各 事 業 概 要 10

More information

: 1 () () () () 5013,000 () 55 14,300 () 95 152,000 70 () 35 () 17,965 () () () 75 72,100 30 () 55,558 2 () () 33,630 35,780 () 1/240,253 ()75% 85,200 50 () 75% 7,000 ()1,531 () 21,340 () 3 () () 100%190,000

More information

産 業 が 1,003 人 ( 人 口 比 54.2%)となっている < 第 一 次 産 業 > 農 業 を 取 り 巻 く 環 境 が 厳 しさを 増 している 中 で 今 後 も 農 家 戸 数 の 減 少 や 高 齢 化 の 進 行 が 見 込 まれることから 経 営 の 体 質 強 化 や

産 業 が 1,003 人 ( 人 口 比 54.2%)となっている < 第 一 次 産 業 > 農 業 を 取 り 巻 く 環 境 が 厳 しさを 増 している 中 で 今 後 も 農 家 戸 数 の 減 少 や 高 齢 化 の 進 行 が 見 込 まれることから 経 営 の 体 質 強 化 や 地 域 再 生 計 画 1 地 域 再 生 計 画 の 名 称 乙 部 町 の 魅 力 ある 地 域 資 源 を 活 用 した 産 業 活 性 化 事 業 2 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 北 海 道 爾 志 郡 乙 部 町 3 地 域 再 生 計 画 の 区 域 北 海 道 爾 志 郡 乙 部 町 の 全 域 4 地 域 再 生 計 画 の 目 標 4-1 乙 部 町 の

More information

平成28年熊本地震被災者の皆様への生活支援

平成28年熊本地震被災者の皆様への生活支援 平 成 28 年 熊 本 地 震 被 災 者 の 皆 様 への 生 活 支 援 平 成 28 年 4 月 22 日 平 成 28 年 熊 本 地 震 で 被 災 された 皆 様 には 心 よりお 見 舞 い 申 し 上 げます 熊 本 行 政 評 価 事 務 所 では 今 回 の 震 災 に 関 して いろいろなお 問 合 せや 相 談 を 受 け 付 けております また 支 援 措 置 を 講 じている

More information

1 草 津 市 の 報 酬 等 改 定 状 況 民 間 春 闘 等 のベースアップ 議 員 特 別 職 報 酬 関 係 1 草 津 市 の 報 酬 等 改 定 状 況 ( 据 置 きは 除 く) 昭 和 63 年 1 月 1 日 平 成 2 年 1 月 1 日 平 成 2 年 2 月 1 日 平 成

1 草 津 市 の 報 酬 等 改 定 状 況 民 間 春 闘 等 のベースアップ 議 員 特 別 職 報 酬 関 係 1 草 津 市 の 報 酬 等 改 定 状 況 ( 据 置 きは 除 く) 昭 和 63 年 1 月 1 日 平 成 2 年 1 月 1 日 平 成 2 年 2 月 1 日 平 成 草 津 市 議 員 報 酬 および 特 別 職 給 料 審 ( 平 成 26 年 度 ) 資 料 < 改 定 状 況 > 1 草 津 市 の 報 酬 等 改 定 状 況 民 間 春 闘 等 のベースアップ < 類 団 比 較 > 2 類 似 都 市 および 県 内 市 一 覧 3 類 似 都 市 および 県 内 各 市 の 概 要 4 報 酬 等 の 現 状 5 期 末 手 当 支 給 率 一 覧

More information

平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 決 算 審 査 意 見 書 愛 知 県 監 査 委 員 27 監 査 第 71 号 平 成 27 年 9 月 7 日 愛 知 県 知 事 大 村 秀 章 殿 愛 知 県 監 査 委 員 西 川 洋 二 同 青 山 學 同 後 藤 貞 明 同 中 野 治 美 同 神 戸 洋 美 平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 の 決

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2_20151218木材需給会議資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 資料2_20151218木材需給会議資料.pptx 資 料 2 最 近 の 住 宅 着 工 動 向 等 に 関 する 資 料 平 成 27 年 12 月 ( 独 ) 住 宅 金 融 支 援 機 構 調 査 部 新 設 住 宅 着 工 戸 数 (2015 年 10 月 )は 8か 月 ぶりにマイナス 2015 年 10 月 の 新 設 住 宅 着 工 戸 数 は77,153 戸 前 年 同 月 比 伸 び 率 は 2.5%で 8か 月 ぶりにマイナスに

More information

mizuho-topics cc.indd

mizuho-topics cc.indd 215 7July トピック1 賃 料 上 昇 の 動 きが 弱 いビル 市 況 2 トピック2 J-REITにおける 物 件 売 却 の 動 向 6 マンリーウォッチャー 国 立 大 学 法 人 が 不 要 土 地 等 の 資 産 処 分 を 推 進 8 東 京 都 心 5 区 のビルの 空 室 率 は212 年 6 月 をピークに 低 下 が 続 いていますが 賃 料 上 昇 の 動 きは 弱

More information

平成10年6月定例市議会

平成10年6月定例市議会 平 成 28 年 3 月 市 議 会 定 例 会 平 成 28 年 2 月 15 日 ( 月 ) 午 前 10 時 から 市 長 記 者 会 見 資 料 ( 要 旨 ) 1 あいさつ 議 案 は 合 計 56 件 条 例 案 23 件 ( 新 設 6 件 一 部 改 正 16 件 廃 止 1 件 ) 予 算 案 28 件 [ 内 訳 ] 補 正 14 件 ( 一 般 会 計 特 別 会 計 8 件

More information

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減 平 成 22 年 度 健 保 組 合 決 算 見 込 の 概 要 平 成 23 年 9 月 8 日 健 康 保 険 組 合 連 合 会 問 い 合 わせ 先 : 健 保 連 企 画 部 調 査 分 析 グループ :03-3403-0926 本 概 要 は 平 成 23 年 3 月 末 に 存 在 した 1,458 組 合 の 22 年 度 決 算 見 込 状 況 を 集 計 した 結 果 をまとめたものである

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

国 有 財 産 とは 国 有 財 産 の 現 在 額 など 国 は 不 動 産 動 産 債 券 など 多 種 多 様 な 財 産 を 所 有 していますが 国 が 国 有 財 産 というときは 国 有 財 産 法 に 定 められている 財 産 例 えば 土 地 や 建 物 などの 不 動 産 船 舶

国 有 財 産 とは 国 有 財 産 の 現 在 額 など 国 は 不 動 産 動 産 債 券 など 多 種 多 様 な 財 産 を 所 有 していますが 国 が 国 有 財 産 というときは 国 有 財 産 法 に 定 められている 財 産 例 えば 土 地 や 建 物 などの 不 動 産 船 舶 私 たちの 国 有 財 産 ご 存 知 ですか? 国 有 財 産 わが 国 には 国 の 行 政 機 関 や 国 会 などの 庁 舎 や 国 道 港 湾 公 園 さらには 国 有 林 など 多 くの 国 有 財 産 があり そのひとつひとつが 私 たちの 生 活 に 関 係 する 大 切 なものになっていま 財 務 省 では 国 民 共 有 の 財 産 である 国 有 財 産 が 有 効 に 活 用

More information

犬山市公共施設マネジメント基本計画

犬山市公共施設マネジメント基本計画 犬 山 市 公 共 施 設 マネジメント 基 本 計 画 概 要 版 平 成 27 年 3 月 犬 山 市 企 画 財 政 部 財 政 課 - 0 - 目 次 第 1 章 はじめに... 1 1. 公 共 施 設 マネジメントの 必 要 性... 2. 公 共 施 設 の 定 義... 3. 公 共 施 設 マネジメント 計 画 の 手 順... 4. 本 基 本 計 画 の 位 置 づけ... 5.

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 議 題 資 料 1 Company Logo 若 者 の 流 出 防 止 策 平 成 26 年 度 第 1 回 三 重 県 経 営 戦 略 会 議 平 成 26 年 5 月 20 日 目 次 ( 頁 ) 1.はじめに 1 2. 人 口 の 社 会 移 動 について 2 3. 学 ぶ 5 4. 働 く 12 5. 暮 らす 16 6. 若 者 の 意 識 について 19 1.はじめに 平 成 25 年

More information

Microsoft PowerPoint - 140825_各種取組事例(部長指摘版).pptx

Microsoft PowerPoint - 140825_各種取組事例(部長指摘版).pptx (2) 地 域 内 経 済 循 環 の 取 組 あ ま ち ょ う 地 域 内 経 済 循 環 の 取 組 事 例 島 根 県 海 士 町 平 成 23 年 から25 年 の 社 会 増 減 をみると 24 年 25 年 は 転 入 超 過 に 転 じてい る 平 成 20 年 と25 年 の 年 齢 階 層 別 の 人 口 を 比 較 すると 25 歳 から44 歳 の 年 齢 層 ( 平 成 25

More information

特別企画コンファレンス

特別企画コンファレンス 地 域 資 源 としての 空 き 家 の 利 活 用 と これからのまちづくり 2014 年 10 月 6 日 富 士 通 総 研 経 済 研 究 所 上 席 主 任 研 究 員 米 山 秀 隆 yoneyama.hide@jp.fujitsu.com 本 日 の 内 容 1. 空 き 家 の 現 状 2. 空 き 家 の 利 活 用 促 進 策 3. コンパクトシティ 化 と 空 き 家 の 利

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203281408F4390B336338D8682CD82B682DF82C92E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203281408F4390B336338D8682CD82B682DF82C92E646F6378> 一 般 財 団 法 人 建 設 経 済 研 究 所 は1982 年 ( 昭 和 57 年 )9 月 1 日 に 設 立 され 我 が 国 の 国 民 生 活 の 安 全 安 心 や 社 会 経 済 情 勢 の 変 化 に 対 応 した 国 土 づくりや 経 済 基 盤 整 備 の 担 い 手 として 今 後 益 々 重 要 になると 思 われる 建 設 産 業 の 役 割 について その 内 容 を

More information

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378>

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378> 財 務 諸 表 の 見 方 岡 山 大 学 目 次 財 務 諸 表 について 財 務 諸 表 の 作 成 意 義 財 務 諸 表 の 体 系 貸 借 対 照 表 表 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 負 債 の 部 純 資 産 の 部 損 益 計 算 書 経 常 費 用 経 常 収 益 臨 時 損 益 等 固 定 資 産 等 ( 償 却 資 産 )を 購 入 した 場 合 の 貸 借 対 照 表

More information

Microsoft PowerPoint - ④まちづくりにおける福祉施設について

Microsoft PowerPoint - ④まちづくりにおける福祉施設について まちづくりにおける 福 祉 施 設 について 都 市 再 生 特 別 措 置 法 と 建 築 基 準 法 厚 生 労 働 省 老 健 局 高 齢 者 支 援 課 振 興 課 課 長 補 佐 ( 高 齢 者 居 住 福 祉 担 当 ) 山 口 義 敬 都 市 再 生 特 別 措 置 法 建 築 基 準 法 の 改 正 について( 情 報 提 供 ) 都 市 再 生 特 別 措 置 法 等 の 改 正

More information

位置図

位置図 平 成 28 年 地 価 公 示 価 格 形 成 要 因 等 の 概 要 千 葉 県 代 表 幹 事 佐 藤 元 彦 Ⅰ. 地 価 動 向 の 特 徴 と 要 因 < 住 宅 地 > 1 千 葉 県 全 体 の 地 価 動 向 住 宅 地 の 平 均 地 価 変 動 率 は +0.2%(+0.1)と 若 干 上 昇 しており 上 昇 下 落 地 点 数 に 関 しては 公 示 地 の 上 昇 地 点

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 年 月 1 日 ) ( 単 位 : ) 1 級 級 級 級 5 級 級 1 号 給 の 給 料 月 額 15, 185,8,9 1,9 89,, 最 高 号 給 の 給 料 月 額,7 9, 5, 9,1,5, ( 注 ) 給 料 月 額 は

一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 年 月 1 日 ) ( 単 位 : ) 1 級 級 級 級 5 級 級 1 号 給 の 給 料 月 額 15, 185,8,9 1,9 89,, 最 高 号 給 の 給 料 月 額,7 9, 5, 9,1,5, ( 注 ) 給 料 月 額 は 野 沢 温 泉 村 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 1 年 度 の 人 件 費 率 年 度,98 人,59,1 千 1,17 千 551,95 千 1. % 1. % () 職 員

More information

1 資 料 5 平 成 19 年 (2007 年 )12 月 11 日 中 野 区 の 住 宅 住 環 境 の 動 向 目 次 1. 人 口 と 世 帯 -1-2. 世 帯 の 構 成 -2-3.5 歳 階 級 別 人 口 の 構 成 -3-4. 年 少 人 口 の 推 移 -4-5.65 歳 以 上 人 口 の 推 移 -5-6. 転 入 転 出 世 帯 の 状 況 1 単 身 世 帯 -6-7. 転

More information

事務引継書

事務引継書 事 務 引 継 書 神 奈 川 県 相 模 原 市 地 方 自 治 法 第 252 条 の 19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 21 年 政 令 第 251 号 )により 平 成 22 年 4 月 1 日 に 相 模 原 市 が 政 令 指 定 都 市 に 指 定 されることに 伴 い 地 方 自 治 法 ( 昭

More information