船舶電気装備工事関係法令・規則集(無線)

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "船舶電気装備工事関係法令・規則集(無線)"

Transcription

1 平 成 27 年 度 船 舶 電 装 士 検 定 試 験 問 題 標 準 解 答 - 電 気 工 学 の 基 礎 編 - 問 1. 下 の 文 は 半 導 体 について 述 べた 文 章 である 語 句 を 選 び 記 入 せよ (3 点 ) の 部 分 に 下 記 の 用 語 より 適 切 な 半 導 体 は 通 常 の 状 態 では 導 体 と 不 導 体 との 中 間 的 な 電 気 抵 抗 をもっている 不 純 物 をまったく 含 まない 半 導 体 を 真 性 半 導 体 といい 例 えば 不 純 物 を 含 まないシリコ ンやゲルマニウムはこれに 属 する これと 違 って 不 純 物 を 加 えた 半 導 体 を 不 純 物 半 導 体 という 不 純 物 の 種 類 によって 電 気 伝 導 が 主 として 自 由 電 子 によって 行 われる 場 合 を N 型 半 導 体 また 正 孔 (ホール) による 場 合 を P 型 半 導 体 という 用 語 真 性 仮 性 拘 束 自 由 M 型 N 型 R 型 P 型 電 気 抵 抗 インピーダンス 正 孔 (ホール) 電 子 電 流 参 照 電 気 工 学 の 基 礎 編 1 電 気 の 基 本 概 念 1.2 電 子 から 見 た 導 体 不 導 体 半 導 体 半 導 体 (2~3 頁 ) 問 2. オ-ムの 法 則 について 右 図 をもとに 下 の 問 に 答 えよ (4 点 ) (1) オ-ムの 法 則 を 簡 単 に 述 べよ (1 点 ) a I b 導 体 a b 二 点 間 に 流 れる 電 流 I A の 大 きさは その 間 の 電 圧 V V に 比 例 し かつ 導 体 抵 抗 R Ω に 反 比 例 する R V R:a,b 間 の 導 体 抵 抗 Ω V:a,b 間 の 電 圧 V I: 電 流 A 参 照 電 気 工 学 の 基 礎 編 1 電 気 の 基 本 概 念 1.7オームの 法 則 と 電 気 回 路 オームの 法 則 (9 頁 ) (2) 導 体 a b 間 の 電 圧 Vが100 V 抵 抗 Rが8 Ω のときの 電 流 I A を 求 めよ (1 点 ) V 100 I A R 8 (3) 導 体 a b 間 に 流 れる 電 流 が 4.8 A 抵 抗 が 5 Ω のときの 電 圧 は V V を 求 めよ (1 点 ) V I R V (4) 導 体 a b 間 の 電 圧 が 100 V 流 れる 電 流 が 5 A のときの 抵 抗 は R Ω を 求 めよ (1 点 ) V 100 R 20 Ω I 5 参 照 電 気 工 学 の 基 礎 編 1 電 気 の 基 本 概 念 1.7 オームの 法 則 と 電 気 回 路 オームの 法 則 (1) (2) (3) (9-10 頁 ) 1

2 問 3. 下 の 文 は 金 属 腐 食 が 起 こる 過 程 を 説 明 したものである 文 中 の 中 から 適 切 な 語 句 を 選 んで 記 入 せよ (3 点 ) ( 同 一 用 語 を 複 数 回 使 用 しても 良 い ) 内 に 下 の 用 語 の 例 えば 亜 鉛 板 (Zn) 中 に 銅 (Cu)の 小 片 が 存 在 すれば 右 図 のように 亜 鉛 と 銅 との 間 に 局 部 電 池 ができ 電 流 が 矢 の 方 向 に 流 れ 亜 鉛 の 腐 食 は 銅 との 接 触 部 で 大 きく なる 右 図 のように 異 種 金 属 が 水 溶 液 中 で 接 触 してい れば 局 部 電 池 作 用 によって 一 方 が 腐 食 する 一 般 にイオン 化 傾 向 の 大 きい 金 属 の 方 が 腐 食 される イオン 化 傾 向 の 大 きいものは 卑 なる 金 属 と 呼 ばれ 陽 極 として 働 き これに 反 してイ オン 化 傾 向 の 小 なるものは 貴 なる 金 属 と 呼 ばれ 陰 極 として 働 く 一 つの 例 として 鉄 とアルミニウムの 接 触 では アルミニウムは 鉄 より 卑 であるから ア ルミニウムが 腐 食 する 用 語 陽 極 陰 極 腐 食 局 部 電 池 一 次 電 池 蓄 電 池 局 部 電 池 作 用 貴 異 種 金 属 同 種 金 属 卑 参 照 電 気 工 学 の 基 礎 編 3. 電 流 の 化 学 作 用 と 電 池 3.2 金 属 腐 食 (33 頁 ) 問 4.6 極 交 流 発 電 機 の 発 生 周 波 数 を 60 HZ とするための 毎 分 の 回 転 数 min -1 を 計 算 式 を 示 して 求 めよ (4 点 ) 周 波 数 を ƒ Hz 極 数 を P 極 毎 分 の 回 転 数 を N min -1 とする 120 f N =1200 min -1 P 6 参 照 電 気 工 学 の 基 礎 編 5 交 流 5.2 単 相 交 流 の 基 礎 電 気 角 と 周 波 数 (2) 周 波 数 (52 頁 ) 問 5. 下 図 の 回 路 において 抵 抗 Rが8 Ω 誘 導 リアクタンス ωl (XL) が 12 Ω 容 量 リアクタ ンス ωc 1 (XC) が6 Ω のときの 各 設 問 に 公 式 を 示 し 値 を 求 めよ (5 点 ) i R=8 Ω ωl=12 Ω 1 =6 Ω ωc (1) インピ-ダンス Z Ω Z R X L X C Ω ~ E=100 V (2) 電 流 I A E 100 I= 10 Z 10 A 2

3 (3) 皮 相 電 力 kva 皮 相 電 力 = E I , kva (4) 力 率 % R 8 力 率 ( cosθ) = 0. 8 Z 10 (5) 有 効 電 力 kw =80 % 有 効 電 力 = 皮 相 電 力 x 力 率 = E I cosθ = = 800 W 10-3 = 0.8 kw 参 照 電 気 工 学 の 基 礎 編 5 交 流 5.5 単 相 交 流 の 電 力 と 力 率 電 力 皮 相 電 力 無 効 電 力 ( 例 題 (3) ) (78 頁 ) 問 6. 船 舶 設 備 規 程 で 規 定 されている 絶 縁 抵 抗 値 の 中 で 下 記 の 機 器 や 電 路 に 対 する 最 低 限 の 値 につ いて 文 中 の 中 に 適 切 な 語 句 又 は 数 値 を 記 入 せよ (7 点 ) (1) 発 電 機 発 電 機 絶 縁 抵 抗 = 定 格 出 力 定 格 電 圧 kw 又 はkVA MΩ 以 上 (2) 配 電 盤 1 メグオ-ム 以 上 ( 接 地 灯 指 示 灯 電 圧 計 回 路 のヒュ-ズ 電 圧 コイルなどは 外 して よい ) (3) 照 明 設 備 動 力 設 備 及 び 電 熱 設 備 への 給 電 電 路 の 中 で 次 の 定 格 電 流 の 電 路 1) 10アンペア 以 上 25アンペア 未 満 の 電 路 0.4 MΩ 以 上 2) 25アンペア 以 上 50アンペア 未 満 の 電 路 0.35 MΩ 以 上 (4) 船 内 通 信 及 び 信 号 設 備 の 電 路 1) 100ボルト 以 上 の 電 路 1 MΩ 以 上 2) 100ボルト 未 満 の 電 路 0.35 MΩ 以 上 (5) 電 熱 設 備 1 MΩ 以 上 参 照 電 気 工 学 の 基 礎 編 6 電 気 材 料 6.4 絶 縁 材 絶 縁 材 料 の 特 性 (2) 絶 縁 材 料 の 絶 縁 抵 抗 (a)~(e) (88 頁 ) - 電 気 装 備 概 論 編 - 問 7. 下 記 は 小 型 船 舶 安 全 規 則 の 条 文 である 検 査 を 行 う 機 関 について 述 べよ (6 点 ) に 適 切 な 語 句 を 入 れ 文 章 を 完 成 させ また (1) 小 型 船 舶 安 全 規 則 の 関 連 条 項 が 平 成 15 年 5 月 30 日 付 の 国 土 交 通 省 令 第 72 号 により 改 正 された 従 来 は 船 舶 安 全 法 ( 第 6 条 の 5)と 同 じであったが 次 の 条 項 が 追 加 された (5 点 ) 3

4 小 型 船 舶 安 全 規 則 ( 第 二 条 ): 一 総 トン 数 20トン 未 満 のもの 二 総 トン 数 20トン 以 上 のものであって スポーツ 又 はレクリエーションの 用 のみ に 供 するものとして 告 示 で 定 める 要 件 に 適 合 する 船 体 長 さが 24 メートル 未 満 の もの 2 この 省 令 において 特 殊 小 型 船 舶 とは 次 に 掲 げる 要 件 を 満 たしている 小 型 船 舶 を いう 一 船 の 長 さ( 上 甲 板 の 下 面 における 船 首 材 の 前 面 から 船 尾 材 の 後 面 までの 水 平 距 離 をい う )が 4 メートル 未 満 で かつ 船 の 幅 ( 船 体 最 広 部 におけるフレームの 外 面 から 外 面 までの 水 平 距 離 をいう 以 下 同 じ )が 1.6 メートル 未 満 であること 二 最 大 搭 載 人 員 が 2 人 以 上 のものにあっては 操 縦 場 所 及 び 乗 船 者 を 搭 載 する 場 所 が 直 列 であること 三 ハンドルバー 方 式 の 操 縦 装 置 を 用 いるものその 他 の 身 体 のバランスを 用 いて 操 縦 を 行 うことが 必 要 なものであること 四 推 進 機 関 として 内 燃 機 関 を 使 用 したジェット 式 ポンプを 駆 動 させることによって 航 行 するものであること 解 説 平 成 15 年 5 月 30 日 付 の 国 土 交 通 省 令 第 72 号 により 小 型 船 舶 安 全 規 則 の 関 連 条 項 が 改 正 された 従 来 は 船 舶 安 全 法 ( 第 6 条 の 5)と 同 じであったが 上 記 のとおり 追 加 され た (2) 日 本 において 小 型 船 舶 の 検 査 や 検 定 を 管 海 官 庁 に 代 って 実 施 する 検 査 機 関 の 名 称 を 述 べよ (1 点 ) 日 本 小 型 船 舶 検 査 機 構 ( 第 7 条 の2) 参 照 電 気 装 備 概 論 編 1 船 舶 の 概 要 1.1 法 規 国 の 検 査 と 船 級 協 会 日 本 小 型 船 舶 検 査 機 構 との 関 係 (2~4 頁 ) 問 8. 船 舶 電 装 士 が 船 内 で 電 気 装 備 を 施 工 するに 当 たって 知 っておくべき 国 内 法 規 規 則 規 程 を 簡 単 に 解 説 した 文 から 下 記 の 語 群 より 正 しい 法 規 則 規 程 の 名 称 を 選 んで の 解 答 欄 に 記 入 せよ (3 点 ) 1) 船 舶 安 全 法 海 上 における 人 命 の 安 全 を 確 保 するための 船 舶 の 構 造 設 備 検 査 の 執 行 及 び 危 険 物 の 運 送 等 航 行 上 の 危 険 防 止 について 規 制 した 基 本 的 な 法 律 2) 船 舶 設 備 規 程 船 舶 に 施 設 する 設 備 に 対 する 規 定 小 型 船 舶 以 外 の 船 舶 の 電 気 関 係 に 対 する 基 準 はこれに 規 定 されている 3) 漁 船 特 殊 規 程 船 舶 安 全 法 第 二 条 第 一 項 漁 船 についての 施 設 すべき 事 項 の 標 準 に 関 する 特 例 規 定 4) 小 型 船 舶 安 全 規 則 漁 船 以 外 の 小 型 船 舶 に 関 し 施 設 しなければならない 事 項 及 びその 標 準 について 4

5 は 他 の 国 土 交 通 省 令 の 規 定 ( 船 舶 安 全 法 施 行 規 則 ( 昭 和 38 年 運 輸 省 令 第 41 号 ) 第 2 章 の3 の 規 定 を 除 く )にかかわらず この 規 則 による 5) 小 型 漁 船 安 全 規 則 小 型 漁 船 に 関 し 施 設 しなければならない 事 項 及 びその 標 準 については 他 の 国 土 交 通 省 令 又 は 国 土 交 通 省 令 農 林 水 産 省 令 の 規 定 にかかわらず この 規 則 による 6) 無 線 設 備 規 則 無 線 関 係 機 器 及 び 高 周 波 利 用 設 備 に 関 する 条 件 を 定 めることを 目 的 とする 規 則 語 群 船 舶 法, 船 舶 安 全 法, 船 舶 安 全 法 施 行 規 則, 船 舶 設 備 規 程, 船 舶 機 関 規 則, 船 舶 区 画 規 程, 漁 船 特 殊 規 則, 小 型 船 舶 規 則, 漁 船 特 殊 規 程, 小 型 船 舶 安 全 規 則, 小 型 船 舶 登 録 規 則, 小 型 漁 船 安 全 規 則, 海 上 衝 突 予 防 法, 電 波 法, 無 線 設 備 規 則, 海 上 交 通 安 全 法 参 照 電 気 装 備 概 論 編 1 船 舶 の 概 要 国 内 関 係 法 規 類 (1 2 頁 ) 問 9. 船 舶 の 航 行 中 に 使 用 される 主 な 船 灯 について 次 の 問 に 答 えよ (5 点 ) (1) 主 な 船 灯 名 をあげよ (3 点 ) 1 マスト 灯 2 舷 灯 3 船 尾 灯 解 説 船 灯 (58 頁 ) では 装 備 すべき 船 灯 の 種 類 として マスト 灯 舷 灯 船 尾 灯 白 灯 紅 灯 緑 灯 黄 灯 引 き 船 灯 三 色 灯 をあげているが そのうち 航 海 中 に 使 用 される 主 な 船 灯 はマスト 灯 舷 灯 及 び 船 尾 灯 である (2) 2 重 式 ( 電 気 式 ) 船 灯 の 設 置 を 要 求 される 船 舶 はどのような 船 舶 かを 記 せ (2 点 ) 1 遠 洋 区 域 又 は 近 海 区 域 を 航 行 する 船 舶 ( 船 舶 設 備 規 程 第 271 条 第 2 項 ) 2 総 トン 数 500トン 以 上 の 漁 船 ( 漁 船 特 殊 規 定 第 66 条 ) 参 照 電 気 装 備 概 論 編 4 電 気 機 器 類 4.6 照 明 器 具 船 灯 信 号 灯 その 他 船 灯 (58 頁 ) 問 10. 次 の 表 は NK 鋼 船 規 則 で 規 定 されている 電 気 機 器 類 の 周 囲 温 度 を 示 したものである 表 中 の 中 に 適 切 な 数 値 又 は 語 句 を 記 入 せよ (2 点 ) 周 囲 温 度 (NK 鋼 船 規 則 ) 設 置 場 所 温 度 ( ) 空 気 閉 囲 区 域 内 45 を 超 える 区 域 又 は 0 を 下 回 る 区 域 内 暴 露 甲 板 上 0~45 計 画 条 件 による -25~45 海 水 32 参 照 電 気 装 備 概 論 編 4 電 気 機 器 類 定 格 と 温 度 (3) NK 規 則 における 周 囲 温 度 は 次 のよう に 定 めてある (43 頁 ) 5

6 問 11. 蓄 電 池 充 電 の 下 記 の 充 電 方 式 と 機 器 装 置 について 答 えよ (4 点 ) (1) 浮 動 充 電 方 式 の 方 法 と 特 徴 を 簡 単 に 述 べよ (2 点 ) 電 池 を 充 電 用 機 器 と 並 列 に 接 続 し 電 池 1 個 あたり2.15~2.20 V の 電 圧 を 加 え 自 己 放 電 を 補 う 程 度 すなわち 10 時 間 率 の0.3~1%の 電 流 で 充 電 し 常 に 充 電 状 態 とする 連 続 負 荷 と 電 池 の 自 己 放 電 は 充 電 器 から 供 給 し 瞬 間 的 な 大 電 流 は 電 池 から 供 給 する 船 舶 ではこの 方 法 が 広 く 採 用 される (2) 右 図 の 雲 形 図 形 で 囲 んで 示 した 電 圧 ドロッパーの 役 割 について 簡 単 に 述 ベよ (2 点 ) 均 等 充 電 時 に 蓄 電 池 の 端 子 電 圧 が 定 格 値 (24V)より 高 くなるので 負 荷 に 悪 影 響 を 与 える 危 険 がある 負 荷 へ の 給 電 電 圧 を 定 格 値 に 保 つように 電 圧 を 降 下 させる 目 的 で 装 備 されたものである 従 って 均 等 充 電 が 終 了 し 浮 動 充 電 に 戻 した 場 合 はド ロッパーに 並 列 に 挿 入 された 接 点 は 閉 とし 電 圧 ドロ ッパーをバイパスさせなければならない 参 照 電 気 装 備 概 論 編 5 電 気 艤 装 設 計 5.2 電 気 設 備 の 設 計 配 電 装 置 (2) 配 電 盤 (b) 充 放 電 盤 (ニ) 浮 動 充 電 方 式 (85-86 頁 ) 問 12. 船 舶 電 気 艤 装 工 事 を 施 行 するに 当 り 心 得 ておくべき 船 内 保 安 における 電 気 工 事 上 の 心 得 を 4つ 記 述 せよ (4 点 ) (1) 電 気 が 生 きたままの 状 態 のとき その 機 器 の 作 業 はしてはいけない (2) 非 常 の 際 には 加 害 及 び 被 害 回 路 の 電 源 を 切 るよう 常 に 心 掛 けること (3) 可 燃 性 ガス 又 は 可 燃 性 液 体 を 積 載 している 船 での 作 業 は 危 険 性 のある 場 所 であるか ど うかを 確 かめてから 行 うこと (4) 作 業 後 はその 機 器 のカバーは 必 ず 閉 めておくこと (5) 防 水 機 器 でないものは 作 業 後 雨 水 及 び 油 気 が 掛 からないように 覆 いをかぶすか 適 切 な 処 置 を 施 すこと (6) 防 振 ゴムを 設 けた 電 気 機 器 の 接 地 工 事 は 忘 れがちであるから 作 業 後 これを 確 かめること (7) 電 気 溶 接 作 業 は 火 花 が 散 るものであるから 付 近 の 可 燃 物 を 取 除 くか 又 は 防 護 してから 行 うこと (8) 仮 置 き 状 態 でボルト ナットの 締 め 忘 れがないようにすること 参 照 電 気 装 備 概 論 編 10 船 内 保 安 電 気 工 事 上 の 心 得 (124 頁 ) 6

7 - 電 気 機 器 編 - 問 13. 下 の 文 章 は 電 気 機 器 の 代 表 的 な 防 爆 構 造 の 特 徴 について 説 明 したものである 説 明 文 を 読 んで 防 爆 構 造 の 名 称 を 説 明 文 の 該 当 下 線 の 解 答 欄 に 記 入 せよ ( 計 4 点 ) 1) 常 時 使 用 中 に 火 花 やアークを 生 じたり 又 は 高 温 を 生 じて 点 火 源 となる 恐 れのないように これらの 発 生 防 止 のために 構 造 上 又 は 温 度 上 昇 について 非 防 爆 の 普 通 形 式 のものよりも 安 全 性 を 高 めた 形 式 のもの 1) 安 全 増 防 爆 構 造 2) 容 器 の 内 部 に 空 気 窒 素 炭 酸 ガスなどの 保 護 ガスを 送 入 し 又 は 封 入 することにより 容 器 の 内 部 に 爆 発 性 ガスが 侵 入 するのを 防 止 した 構 造 のもの 2) 内 圧 防 爆 構 造 3) 常 時 使 用 中 及 び 事 故 時 ( 短 絡 地 絡 断 線 等 )に 発 生 する 火 花 アーク 又 は 熱 が 爆 発 性 ガ スに 点 火 する 恐 れがないことが 点 火 試 験 などにより 確 認 された 構 造 のもの 3) 本 質 安 全 防 爆 構 造 4) 全 閉 構 造 で 容 器 ( 電 気 機 器 の 外 被 構 造 ) 内 部 において 指 定 された 爆 発 性 ガスの 爆 発 が 起 こ っても その 圧 力 に 耐 え かつ 爆 発 による 火 炎 が 容 器 の 外 部 の 爆 発 性 ガスに 引 火 する 恐 れの ない 構 造 のもの 4) 耐 圧 防 爆 構 造 参 照 電 気 機 器 編 1 電 気 機 器 に 対 する 一 般 的 要 求 事 項 1.1 一 般 事 項 防 爆 構 造 の 種 類 (8 頁 ) 問 14. 下 の 文 は 電 気 機 器 に 対 する 一 般 要 求 について 説 明 したものである 文 中 の 内 に 下 欄 の 用 語 の 中 から 適 切 なものを 選 んで 記 入 せよ ( 同 一 用 語 を 複 数 回 使 用 しても 良 い ) (3 点 ) JEM 規 格 に 規 定 されている 線 端 識 別 のための 端 子 の 表 示 色 は 三 相 交 流 回 路 では R 相 ( 又 はU 相 )は 赤 S 相 ( 又 はV 相 )は 白 T 相 ( 又 はW 相 )は 青 絶 縁 中 性 線 は 黒 接 地 線 は 緑 又 は 緑 / 黄 の 縞 である また 直 流 回 路 では P 極 は 赤 N 極 は 青 接 地 線 は 緑 又 は 緑 / 黄 の 縞 である 用 語 白, 赤, 橙, 黄, 青, 黒, 緑 又 は 緑 / 白 の 縞, 緑 又 は 緑 / 黄 の 縞 参 照 電 気 機 器 編 端 子 等 の 配 列 及 び 表 示 (2) 端 子 の 表 示 (12 頁 ) 問 15. 次 の 図 は 交 流 発 電 機 の 励 磁 方 式 の 概 略 結 線 図 である この 励 磁 方 式 について 次 の 問 に 答 えよ (6 点 ) (a) この 励 磁 方 式 の 名 称 を 記 述 せよ (2 点 ) ブラシレス 式 7

8 (b) 励 磁 方 式 の 概 要 を 述 べよ (4 点 ) 交 流 発 電 機 Gの 励 磁 は Gに 直 結 した 交 流 励 磁 機 E X が 発 電 した 交 流 電 力 を 回 転 子 上 に 取 付 けた 整 流 器 Sにより 直 流 に 変 換 して 供 給 される 一 方 E X の 発 生 電 力 は 励 磁 機 界 磁 巻 線 F 1 への 励 磁 入 力 を G: 交 流 発 電 機 F: 主 界 磁 巻 線 自 動 電 圧 調 整 器 AVRにおいて サイリスタS 1 の S: 主 界 磁 整 流 器 AVR: 自 動 電 圧 調 整 器 出 力 を 自 動 調 整 することにより 制 御 される EX: 交 流 励 磁 機 ( 回 転 電 機 子 形 ) F1: 励 磁 機 界 磁 巻 線 S1: 励 磁 機 界 磁 整 流 器 (サイリスタ) 参 照 電 気 機 器 編 2 電 気 機 器 種 類 (10) 励 磁 方 式 による 分 類 (a)-2 ブラシレス 式 (27 頁 ) 問 16. 下 の 単 相 変 圧 器 を 接 続 した 接 続 図 である 上 に 正 しい 接 続 名 称 を 記 入 せよ (5 点 ) (1) デルタ - デルタ 接 続 (Δ-Δ) (2) デルタ - スター 接 続 (Δ-Y) (3) ブイ - ブイ 接 続 (V-V) (4) スター - デルタ 接 続 (Y-Δ) (5) スター - スター 接 続 (Y-Y) 参 照 電 気 機 器 編 2 電 気 機 器 2.3 変 圧 器 変 圧 器 の 接 続 (4) 単 相 変 圧 器 の 三 相 接 続 (60 頁 ) 8

9 問 17. 下 の 文 は 右 図 の 交 流 電 流 の 測 定 について 説 明 したものである 文 中 の 空 欄 を 適 切 な 語 句 を 記 入 し 下 記 の 説 明 文 を 完 成 させよ (6 点 ) 測 定 範 囲 を 拡 大 するためには 計 器 用 変 流 器 ( 通 称 CT:Current Transformerと 呼 んでいる)を 使 用 する CTでは 一 次 電 流 I 1 の 一 部 が 励 磁 電 流 として 磁 束 をつくり 普 通 二 次 側 電 流 I 2 は 標 準 とし5 A が 流 れるようにできている ここで 二 次 側 が 開 放 状 態 になれば I 1 は 全 部 励 磁 電 流 として 働 き I 1 N 1 相 応 する 多 くの 磁 束 が 生 じ 鉄 損 が 増 すのもならず 二 次 巻 線 に 高 電 圧 が 誘 起 されて 危 険 である 故 に 二 次 側 は 常 時 短 絡 しておく 必 要 がある したがって 電 流 計 を 取 外 すとき は 導 体 で 短 絡 した 後 に すべきである また 右 図 のように 鉄 心 と 二 次 側 巻 線 の 一 部 を 接 地 する 必 要 がある 参 照 電 気 機 器 編 3 指 示 電 気 計 器 と 計 測 3.13 電 気 諸 量 測 定 法 交 流 電 流 の 測 定 (165 頁 ) - 電 気 艤 装 工 事 編 - 問 18. 安 全 五 原 則 を 述 べよ (5 点 ) 1. 安 全 はすべてに 優 先 する 2. 危 険 な 作 業 はしない させない 3. 災 害 要 因 の 先 取 り 4.ルールを 守 る 5. 自 ら 努 力 する 参 照 電 気 艤 装 工 事 編 1 一 般 1.1 安 全 守 則 (1 頁 ) 問 19.ケーブルのわん 曲 と 固 定 の 規 程 規 則 及 び 注 意 事 項 に 関 する 記 述 及 び 表 の 空 欄 に 適 切 な 語 句 を 記 入 せよ (8 点 ) (1) ケーブルのわん 曲 については 船 舶 設 備 規 程 ( 第 251 条 ) 及 びNK 鋼 船 規 則 (H 編 2.910) で それぞれ 規 定 があるので 作 業 にあたって その 値 を 超 えるもの とする 配 線 された 状 態 はもちろん 配 線 作 業 時 にも 規 定 された 値 を 超 えるものでなければならない すなわち 規 定 値 以 下 に 曲 げたりすると ケーブル 構 成 材 料 の 特 性 の 低 下 や 絶 縁 破 壊 の 原 因 となるからである 表 ケーブルのわん 曲 ( 単 位 : 外 径 の 倍 数 ) ケーブルの 種 類 船 舶 設 備 規 程 NK 鋼 船 規 則 がい 装 のないゴム 外 径 25mm 以 下 4 倍 未 満 又 はビニル 絶 縁 外 径 25mm 超 過 6 倍 未 満 がい 装 のあるゴム 又 はビニル 絶 縁 6 倍 未 満 無 機 絶 縁 6 倍 未 満 がい 装 鉛 被 8 倍 以 下 - その 他 6 倍 以 下 - 9

10 (2) 船 体 伸 縮 部 におけるケーブルのたるみ 部 分 の 曲 げ 半 径 は 最 大 ケーブルの 外 径 の 12 倍 以 上 とする (3) ケーブルを 曲 げて 布 設 する 場 合 は バンドに 大 きな 力 がかからないように ケーブルとバンド は 直 角 とする 参 照 電 気 艤 装 工 事 編 4ケーブル 布 設 4.3ケーブル 布 設 要 領 4.3.4ケーブルのわん 曲 (50~51 頁 ) 問 20. 次 の 文 は 誘 導 障 害 に 関 するケーブル 布 設 時 の 注 意 点 を 述 べたものである 文 中 の 下 の 用 語 の 中 から 適 切 なものを 選 んで 記 入 せよ (6 点 ) に 一 般 電 路 と 妨 害 電 路 又 は 敏 感 電 路 が 並 行 する 場 合 は 妨 害 電 路 は 450mm 以 上 敏 感 電 路 は 50mm 以 上 一 般 電 路 から 離 して 布 設 する ただし 一 般 電 路 と 直 交 する 場 合 は この 限 りではないが 機 器 メーカと 十 分 に 協 議 す ること なお 妨 害 電 路 とは レーダー 変 調 器 のパルス 電 路 送 信 空 中 線 電 路 及 び 水 中 音 響 機 器 の 送 波 器 電 路 サイリスタ 応 用 機 器 電 路 などをいい 敏 感 電 路 とは 受 信 空 中 線 電 路 水 中 音 響 機 器 受 波 器 電 路 などをいう 用 語 敏 感, 妨 害,50mm 以 下,50mm 以 上,450mm 以 下,450mm 以 上, 直 交 する, 並 行 する 参 照 電 気 艤 装 工 事 編 4 ケーブル 布 設 4.5 特 殊 工 事 危 険 場 所 のケーブル 布 設 (6) 誘 導 障 害 に 関 するケーブル 布 設 (63 頁 ) 問 21. 下 の 文 及 び 図 は 防 水 機 器 電 線 貫 通 金 物 (グランド)の 防 水 処 理 の 一 部 を 説 明 したものである 説 明 文 の 内 に 下 の 用 語 から 適 切 な 語 句 を 選 んで 記 入 せよ (3 点 ) 図 のように ケーブル 径 にあったゴムガスケットを シース 部 分 に 挿 入 する 緩 い 場 合 は 粘 着 ビニールテープ を 巻 き 付 け 少 しきつい 程 度 とする また あまり 緩 い 場 合 は ゴムガスケット を 取 り 替 える 用 語 : ゴムガスケット,シ-ス 部 分, 締 付 グランド,グランド 本 体, 粘 着 ビニルテ-プ 座 金 参 照 電 気 艤 装 工 事 編 5 結 線 5.1 線 端 処 理 の 方 法 ケーブルの 導 入 (2) 導 入 部 構 造 と 導 入 処 理 要 領 (a) 防 水 導 入 の 場 合 (ⅰ) 電 線 貫 通 金 物 (73 頁 ) 10

11 問 22. 下 の 船 舶 に 関 する 検 査 について 簡 単 に 述 べよ (4 点 ) (1) 定 期 検 査 船 舶 を 初 めて 航 行 の 用 に 供 するとき 及 び 船 舶 検 査 証 書 の 有 効 期 間 が 満 了 したときに 船 体 機 関 電 気 設 備 等 について 行 う 精 密 な 検 査 である (2) 中 間 検 査 定 期 検 査 と 定 期 検 査 との 中 間 において 行 う 簡 易 な 検 査 で 第 1 種 中 間 第 2 種 中 間 第 3 種 中 間 検 査 がある 参 照 電 気 艤 装 工 事 編 13 試 験 検 査 13.3 船 舶 安 全 法 及 び 関 係 政 省 令 検 査 (164 頁 ) 11

Microsoft Word - h4ki26.htm

Microsoft Word - h4ki26.htm 消 防 危 第 26 号 平 成 4 年 3 月 25 日 各 都 道 府 県 消 防 主 管 部 長 殿 消 防 庁 危 険 物 規 制 課 長 内 燃 機 関 を 原 動 機 とする 加 圧 送 水 装 置 の 構 造 及 び 性 能 の 基 準 について( 通 知 ) 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 第 20 条 の 規 定 に 基 づき 製 造 所 等 に 設 ける 消 火 設

More information

船舶電気装備工事関係法令・規則集(無線)

船舶電気装備工事関係法令・規則集(無線) 平 成 26 年 度 航 海 用 無 線 設 備 整 備 士 検 定 試 験 問 題 標 準 解 答 法 規 編 問 1. 次 の 表 は 漁 船 の 漁 業 形 態 を 述 べたものである 表 中 の の 中 に 適 切 な 用 語 を 記 入 し それぞれの 漁 業 形 態 に 応 じた 従 業 制 限 の 種 類 を( )に 記 入 せよ (6 点 ) 漁 船 の 種 類 漁 業 形 態 従

More information

Ordinance for Enforcement of the Civil Aeronautics Act

Ordinance for Enforcement of the Civil Aeronautics Act 航 空 法 施 行 規 則 ( 昭 和 二 十 七 年 七 月 三 十 一 日 運 輸 省 令 第 五 十 六 号 ) 第 一 章 総 則 ( 航 空 保 安 施 設 ) 第 一 条 航 空 法 ( 昭 和 二 十 七 年 法 律 第 二 百 三 十 一 号 以 下 法 という ) 第 二 条 第 五 項 の 規 定 による 航 空 保 安 施 設 は 次 のとおりとする 一 航 空 保 安 無 線

More information

乙種第4類(危険物取扱者試験)

乙種第4類(危険物取扱者試験) 過 去 に 出 題 された 問 題 乙 種 第 4 類 危 険 物 取 扱 者 試 験 解 答 は 最 後 のページに 記 載 されています ( 注 ) 問 題 中 に 使 用 した 略 語 は 次 のとおりです 法 令 消 防 法 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 又 は 危 険 物 の 規 制 に 関 する 規 則 法 消 防 法 政 令 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令

More information

乙種第1、2、3、4、5、6類(危険物取扱者試験)

乙種第1、2、3、4、5、6類(危険物取扱者試験) 過 去 に 出 題 された 問 題 乙 種 第 1 2 3 5 6 類 危 険 物 取 扱 者 試 験 解 答 は 最 後 のページに 記 載 されています ( 注 ) 問 題 中 に 使 用 した 略 語 は 次 のとおりです 法 令 消 防 法 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 又 は 危 険 物 の 規 制 に 関 する 規 則 法 消 防 法 政 令 危 険 物 の 規 制 に

More information

Microsoft PowerPoint - JSIA講習会スイッチギヤ2011-07-19.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - JSIA講習会スイッチギヤ2011-07-19.ppt [互換モード] 社 団 法 人 日 本 配 電 制 御 システム 工 業 会 / 一 般 社 団 法 人 日 本 電 機 工 業 会 技 術 交 流 会 JEM 1425 ( 金 属 閉 鎖 形 スイッチギヤ 及 びコントロールギヤ ) 第 4 回 (2011 年 版 ) 改 正 のポイント 一 般 社 団 法 人 日 本 電 機 工 業 会 スイッチギヤ 技 術 専 門 委 員 会 東 京 ( 蜂 須 賀 清 )

More information

<8E518D6C8E9197BF2E786477>

<8E518D6C8E9197BF2E786477> 参 考 1 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 123 2 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 施 行 令 ( 抄 ) 140 3 愛 知 県 石 油 コンビナート 等 防 災 本 部 条 例 154 4 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 第 28 条 第 5 項 第 6 号 の 規 定 に 基 づく 市 町 村 の 指 定 155 5 愛 知 県 石 油 コンビナート

More information

直 ちに 飛 行 停 止 飛 行 制 限 その 他 の 適 切 な 措 置 をとるとともに 当 該 措 置 の 内 容 を 防 衛 大 臣 に 報 告 しなければならない 3 幕 僚 長 等 は 第 1 項 又 は 前 項 の 措 置 の 全 部 又 は 一 部 を 解 除 したときは 直 ちに そ

直 ちに 飛 行 停 止 飛 行 制 限 その 他 の 適 切 な 措 置 をとるとともに 当 該 措 置 の 内 容 を 防 衛 大 臣 に 報 告 しなければならない 3 幕 僚 長 等 は 第 1 項 又 は 前 項 の 措 置 の 全 部 又 は 一 部 を 解 除 したときは 直 ちに そ 防 衛 庁 訓 令 第 32 号 自 衛 隊 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 165 号 ) 第 107 条 第 5 項 の 規 定 に 基 づき 航 空 機 の 安 全 性 の 確 保 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 平 成 7 年 4 月 17 日 防 衛 庁 長 官 玉 沢 徳 一 郎 航 空 機 の 安 全 性 の 確 保 に 関 する 訓 令 改 正 平 成 19

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798DC58F498F4390B3817A8E9197BF87408F848E8B914492F882CC8D8290AB945C89BB82C982C282A282C42E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798DC58F498F4390B3817A8E9197BF87408F848E8B914492F882CC8D8290AB945C89BB82C982C282A282C42E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 予 算 事 業 名 担 当 部 局 庁 会 計 区 分 根 拠 法 令 ( 具 体 的 な 条 項 も 記 載 ) 事 業 の 目 的 ( 目 指 す 姿 を 簡 潔 に 3 行 程 度 以 内 ) 巡 視 船 艇 の 整 備 に 関 する 経 費 海 上 保 安 庁 は 海 難 救 助 犯 罪 の 予 防 及 び 鎮 圧 海 上 防 災 海 上 交 通 安 全 海 洋 汚 染 防 止 等 に 係

More information

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計 山 口 県 港 湾 施 設 維 持 管 理 点 検 マニュアル( 案 ) 平 成 25 年 8 月 山 口 県 土 木 建 築 部 港 湾 課 目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書

More information

Microsoft Word - h doc

Microsoft Word - h doc 8 保 安 第 12 号 消 防 特 第 39 号 平 成 8 年 3 月 29 日 関 係 都 道 府 県 消 防 防 災 主 管 部 長 殿 通 商 産 業 省 環 境 立 地 局 保 安 課 長 自 治 省 消 防 庁 特 殊 災 害 室 長 新 設 等 の 計 画 の 届 出 に 係 る 審 査 事 務 の 簡 素 合 理 化 に ついて( 通 知 ) 改 正 平 成 10 年 1 月 19

More information

消防法等施行細則(H26.8.1改正後HP掲載用全文)

消防法等施行細則(H26.8.1改正後HP掲載用全文) 消 防 法 等 施 行 細 則 昭 和 48 年 7 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 1 号 改 正 昭 和 50 年 4 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 2 号 昭 和 55 年 5 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 1 号 昭 和 59 年 4 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 2 号 平 成 2 年 5 月 23 日 消 防 組 合 規 則 第 1 号 平 成 4

More information

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当 四 日 市 港 ポートビル 自 家 用 電 気 工 作 物 保 安 管 理 業 務 仕 様 書 1 目 的 本 仕 様 書 は 委 託 者 ( 以 下 甲 という )が 設 置 した 自 家 用 電 気 工 作 物 の 保 安 管 理 業 務 に 係 わる 委 託 契 約 の 内 容 について 当 該 業 務 のみを 内 容 とし 統 一 的 な 解 釈 及 び 運 用 を 図 るととも に その

More information

出 力 6,620キロワット (2) 設 備 及 び 性 能 等 ア おおいた おおいたは, 平 成 15 年 9 月 に 進 水 した, 航 行 区 域 を 沿 海 区 域 とする 全 通 二 層 甲 板 型 でバウバ イザー 及 びバウスラスターを 有 する 鋼 製 旅 客 船 兼 自 動 車

出 力 6,620キロワット (2) 設 備 及 び 性 能 等 ア おおいた おおいたは, 平 成 15 年 9 月 に 進 水 した, 航 行 区 域 を 沿 海 区 域 とする 全 通 二 層 甲 板 型 でバウバ イザー 及 びバウスラスターを 有 する 鋼 製 旅 客 船 兼 自 動 車 平 成 20 年 門 審 第 9 号 旅 客 船 おおいた 防 波 堤 衝 突 事 件 言 渡 年 月 日 平 成 20 年 6 月 27 日 審 判 庁 門 司 地 方 海 難 審 判 庁 ( 井 上 卓, 伊 東 由 人, 蓮 池 力 ) 理 事 官 中 井 勤 受 審 人 A 職 名 おおいた 船 長 海 技 免 許 三 級 海 技 士 ( 航 海 ) 受 審 人 B 職 名 おおいた 機 関

More information

Microsoft Word - 第3回模擬問題.doc

Microsoft Word - 第3回模擬問題.doc 第 3 種 電 力 第 2 回 A 問 題 ( 配 点 は1 問 題 当 たり5 点 ) 問 1 最 大 使 用 水 量 20[m 3 /s], 総 落 差 110[m], 損 失 落 差 10[m]の 水 力 発 電 所 がある. 年 平 均 使 用 水 量 を 最 大 使 用 水 量 の65[%]とするとき,この 発 電 所 の 年 間 発 電 電 力 量 [GWh]の 値 として, 最 も 近

More information

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に 1/7 安 全 データシート(SDS) 1 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : N2タッピングスプレー (N2-TSE) 会 社 名 : トラスコ 中 山 株 式 会 社 住 所 : 105-0004 東 京 都 港 区 新 橋 4 丁 目 28 番 1 号 担 当 部 門 : 東 京 本 社 商 品 部 PB 品 質 保 証 課 電 話 : 0120-509-849 FAX : 0120-509-839

More information

1 2

1 2 1 2 仕 様 備 考 規 JEM1225-2007 及 び 最 小 外 形 寸 法 W700 H23 D1300mm 700 /23 / 1300 保 守 スペース 前 面 10 背 面 600(mm) 注 1 最 大 段 積 み 数 5 段 3.3 / 6.6kV 共 通 使 用 圧 (kv) 3.3 / 6.6 雷 インパルス( 標 準 波 形 ) 大 地 間 相 間 60 耐 圧 (kv)

More information

安 全 にご 使 用 いただくために お 使 いになる 人 や 他 の 人 への 危 害 財 産 への 損 害 を 未 然 に 防 止 するため 必 ずお 守 りいただくことを 次 のよう に 説 明 しています 表 示 内 容 を 無 視 して 誤 った 使 い 方 をしたときに 生 じる 危 害

安 全 にご 使 用 いただくために お 使 いになる 人 や 他 の 人 への 危 害 財 産 への 損 害 を 未 然 に 防 止 するため 必 ずお 守 りいただくことを 次 のよう に 説 明 しています 表 示 内 容 を 無 視 して 誤 った 使 い 方 をしたときに 生 じる 危 害 熱 風 工 具 ファン 付 きダクトヒーター ( 寒 冷 地 タイプ) HFD3075 HFD3100 HFD3150 HFD3200 HFD3300 取 扱 説 明 書 お 買 いあげいただき ありがとうございます ファン 付 きダクトヒーター を 安 全 にご 使 用 いただくため お 使 いになる 前 にこの 取 扱 説 明 書 をお 読 みください お 読 みになった 後 は 後 日 お 役

More information

Microsoft Word - SK00-4802-DC-001-02_ヒーター交換要領書_ULK-10、14_油拡散…

Microsoft Word - SK00-4802-DC-001-02_ヒーター交換要領書_ULK-10、14_油拡散… ヒーター 交 換 要 領 書 油 拡 散 ポンプ 型 番 ULK-10A ULK-14A 株 式 会 社 アルバック 規 格 品 事 業 部 http://www.ulvac.co.jp/ はじめに この 度 は ULVAC の ULK-10A および ULK-14A をご 使 用 いただき ありがとうございます この はじめに には 本 ポンプのヒーター 交 換 要 領 書 の 内 容 の 記 述

More information

目 次 1. 適 用 範 囲 2. 製 品 仕 様 3. 配 光 曲 線 / 直 下 照 度 図 4. 製 品 外 形 寸 法 外 観 及 び 名 称 5. 使 用 環 境 及 び 条 件 6. 安 全 のための 注 意 事 項 7. 誤 使 用 の 事 例 8. 設 置 時 の 注 意 事 項 9

目 次 1. 適 用 範 囲 2. 製 品 仕 様 3. 配 光 曲 線 / 直 下 照 度 図 4. 製 品 外 形 寸 法 外 観 及 び 名 称 5. 使 用 環 境 及 び 条 件 6. 安 全 のための 注 意 事 項 7. 誤 使 用 の 事 例 8. 設 置 時 の 注 意 事 項 9 製 品 仕 様 書 PLS (Plasma Lighting System) 投 光 灯 (PSF1871A) 2015. 4 目 次 1. 適 用 範 囲 2. 製 品 仕 様 3. 配 光 曲 線 / 直 下 照 度 図 4. 製 品 外 形 寸 法 外 観 及 び 名 称 5. 使 用 環 境 及 び 条 件 6. 安 全 のための 注 意 事 項 7. 誤 使 用 の 事 例 8. 設 置

More information

3. 暴 露 試 験 3-1 暴 露 試 験 方 法 大 気 暴 露 試 験 は JIS Z 2381 大 気 暴 露 試 験 方 法 通 則 に 準 じた 直 接 暴 露 試 験 方 法 暴 露 試 験 片 は 45 度 の 角 度 で 架 台 に 取 り 付 けた ( 写 真 4~5 参 照 )

3. 暴 露 試 験 3-1 暴 露 試 験 方 法 大 気 暴 露 試 験 は JIS Z 2381 大 気 暴 露 試 験 方 法 通 則 に 準 じた 直 接 暴 露 試 験 方 法 暴 露 試 験 片 は 45 度 の 角 度 で 架 台 に 取 り 付 けた ( 写 真 4~5 参 照 ) 溶 融 亜 鉛 めっきの 耐 食 性 に 対 する 火 山 ガスの 影 響 一 般 社 団 法 人 日 本 溶 融 亜 鉛 鍍 金 協 会 技 術 標 準 化 委 員 会 耐 食 性 グループ 1.はじめに 鋼 材 の 腐 食 に 大 きく 影 響 を 与 える 要 因 として 海 塩 粒 子 とともに 硫 化 水 素 ガ ス 亜 硫 酸 ガスが 挙 げられる 日 本 は 火 山 国 であり 全 国

More information

公共建築設備数量積算基準 平成15年版

公共建築設備数量積算基準 平成15年版 公 共 建 築 設 備 数 量 積 算 基 準 平 成 15 年 版 平 成 15 年 3 月 31 日 国 営 計 第 196 号 この 基 準 は 国 土 交 通 省 官 庁 営 繕 部 及 び 地 方 整 備 局 等 営 繕 部 が 官 庁 施 設 の 営 繕 を 実 施 するための 基 準 として 制 定 したものです また この 基 準 は 官 庁 営 繕 関 係 基 準 類 等 の 統

More information

(1) 船 舶 の 堪 航 能 力 が 不 十 分 であるとき (2) 天 候 本 船 の 状 態 積 荷 の 種 類 又 は 水 路 等 の 状 況 に 照 らし 運 航 に 危 険 のおそれがあるとき (3) 水 先 船 の 航 行 に 危 険 のおそれがあるとき (4) 水 先 人 の 乗 下

(1) 船 舶 の 堪 航 能 力 が 不 十 分 であるとき (2) 天 候 本 船 の 状 態 積 荷 の 種 類 又 は 水 路 等 の 状 況 に 照 らし 運 航 に 危 険 のおそれがあるとき (3) 水 先 船 の 航 行 に 危 険 のおそれがあるとき (4) 水 先 人 の 乗 下 内 海 水 先 区 水 先 約 款 第 1 章 総 則 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 ) ( 本 約 款 の 適 用 ) 第 1 条 水 先 人 の 締 結 する 水 先 に 関 する 契 約 については この 約 款 の 定 めると ころによる 2 この 約 款 に 定 めていない 事 項 については 法 令 及 び 慣 習 による ( 水 先 人 の 地 位 ) 第 2 条 水 先 人

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 商 仕 様 書 1 本 仕 様 書 適 用 一 覧 表 1. 型 式 商 WK4603Q WK4603W WK4603B 1-1 定 格 15 A 125 V 1-2 適 合 法 規 電 気 用 安 法 ( 特 定 電 気 用 ) 1-3 適 合 規 格 JIS C 8303 配 線 用 差 込 接 続 器 に 適 合 1-4 極 数 及 び 極 配 置 2 極 ( 接 地 極 付 ) 1-5 結

More information

歩 行 距 離 20m 以 下

歩 行 距 離 20m 以 下 歩 行 距 離 20m 以 下 1 2 4 3 5 6 8 7 9 蓄 圧 式 消 火 器 の 指 示 圧 力 計 緑 色 範 囲 NEW 水 系 消 火 器 粉 末 消 火 器 別 記 様 式 第 1 名 所 称 在 消 火 器 具 点 検 票 防 火 管 理 者 立 会 者 (その1) 点 検 種 別 機 器 点 検 点 検 年 月 日 年 月 日 ~ 年 月 日 資 格 番 号 社 名

More information

<303034205F8CBB8D735F93DF94658E73918D8D8790DD8C768B9689C28EE681453F>

<303034205F8CBB8D735F93DF94658E73918D8D8790DD8C768B9689C28EE681453F> 那 覇 市 総 合 設 計 許 可 取 扱 要 綱 平 成 8 年 4 月 目 次 第 1 総 合 設 計 制 度 1. 総 合 設 計 制 度 の 目 的 2. 許 可 取 扱 要 綱 の 制 定 第 2 総 合 設 計 許 可 取 扱 要 綱 1. 基 本 目 標 2. 運 用 に 当 たっての 基 本 姿 勢 第 3 技 術 基 準 1. 用 語 の 定 義 2. 基 本 要 件 (1) 法

More information

スライド 1

スライド 1 電 気 用 品 に 起 因 した 製 品 事 故 & 原 因 解 析 事 例 の 紹 介 電 気 用 品 安 全 法 セミナー 資 料 ( 平 成 26 年 11 月 14 日 : 広 島 市 ) ( 独 ) 製 品 評 価 技 術 基 盤 機 構 中 国 支 所 ウォーターサーバーからの 出 火 事 例 ー1 事 故 発 生 は2011 年 11 月 使 用 期 間 は 約 3 年 出 火 箇 所

More information

(2)3 月 2 日 の 県 北 低 空 飛 行 井 口 さん 方 の 土 蔵 崩 壊 学 校 幼 稚 園 などを 襲 った 恐 怖 (3)9 月 26 日 の 県 南 低 空 飛 行 (4) 抗 議 要 請 申 し 入 れ 日 本 共 産 党 民 主 団 体 の 調 査 と 要 請 行 動 津 山

(2)3 月 2 日 の 県 北 低 空 飛 行 井 口 さん 方 の 土 蔵 崩 壊 学 校 幼 稚 園 などを 襲 った 恐 怖 (3)9 月 26 日 の 県 南 低 空 飛 行 (4) 抗 議 要 請 申 し 入 れ 日 本 共 産 党 民 主 団 体 の 調 査 と 要 請 行 動 津 山 安 保 破 棄 岡 山 県 実 行 委 員 会 学 習 会 2011 年 10 月 17 日 ( 岡 山 市 勤 労 者 福 祉 センター) 米 軍 機 の 低 空 飛 行 を 許 さないために 中 尾 元 重 1. 低 空 飛 行 の 被 害 とその 後 (1) 全 国 の 低 空 飛 行 (2)3 月 2 日 の 県 北 低 空 飛 行 (3)9 月 26 日 の 県 南 低 空 飛 行 (4)

More information

図面審査指導基準

図面審査指導基準 ビル 衛 生 管 理 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 基 準 第 1 目 的 この 基 準 は 特 定 建 築 物 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 について 必 要 な 事 項 を 定 め 適 正 かつ 統 一 性 のある 指 導 を 行 うことにより 特 定 建 築 物 の 良 好 な 衛 生 的 環 境 を 確 保 し もって 町 田 市

More information

5 法 第 32 条 の 規 定 が 適 用 される 電 気 設 備 6 法 第 33 条 の 規 定 が 適 用 される 避 雷 設 備 電 気 設 備 の 構 造 詳 細 図 付 近 見 取 図 二 面 以 上 の 立 面 図 小 屋 伏 図 避 雷 設 備 の 構 造 詳 細 図 避 雷 設

5 法 第 32 条 の 規 定 が 適 用 される 電 気 設 備 6 法 第 33 条 の 規 定 が 適 用 される 避 雷 設 備 電 気 設 備 の 構 造 詳 細 図 付 近 見 取 図 二 面 以 上 の 立 面 図 小 屋 伏 図 避 雷 設 備 の 構 造 詳 細 図 避 雷 設 1 建 築 設 備 第 1 条 の3 第 4 項 ( 建 築 物 の 計 画 に 建 築 設 備 が 含 まれる 場 合 の 確 認 申 請 ) 表 1 い 法 第 28 条 第 2 項 から 第 4 項 までの 規 定 が 適 用 され る 換 気 設 備 ( 居 室 の 採 光 及 び 換 気 ) 換 気 設 備 の 使 用 材 料 2 法 第 28 条 の2 第 3 号 の 規 定 が 適 用

More information

3 技術資料

3 技術資料 3-2 東 京 都 における 制 度 住 民 が 地 域 社 会 における 生 活 環 境 の 保 全 のために 企 業 に 対 して 公 害 防 止 をはじめとす る 々の 要 求 を 行 うことは いわば 住 民 の 基 本 的 な 権 利 です また 企 業 が 地 域 において 安 定 な 事 業 活 動 を 行 うには 公 害 防 止 や 環 境 管 理 に 関 する 活 動 について 住

More information

輸出用フマキラーベープマットf

輸出用フマキラーベープマットf 2014 年 1 月 27 日 ( 第 2 版 ) 1/5 安 全 データシート 作 成 日 ( 初 版 ) 改 訂 日 ( 第 2 版 ) 2011 年 12 月 27 日 2014 年 1 月 27 日 1. 及 び 会 社 情 報 名 スキンベープミスト 200mL スキンベープミスト ハローキティ 200mL ( 販 売 名 :スキンベープB2) 会 社 名 フマキラー 株 式 会 社 所

More information

Microsoft Word - 01_むつ小川原港BCP160302-1(公表用).docx

Microsoft Word - 01_むつ小川原港BCP160302-1(公表用).docx むつ 小 川 原 港 BCP 平 成 28 年 3 月 むつ 小 川 原 港 港 湾 機 能 継 続 協 議 会 改 訂 履 歴 改 訂 年 月 改 訂 ページ 改 訂 内 容 H28.3.2 新 規 策 定 目 次 1. 港 湾 機 能 継 続 計 画 策 定 の 必 要 性 1 2. 想 定 地 震 津 波 の 規 模 及 び 回 復 目 標 の 設 定 4 2-1 想 定 地 震 津 波 の

More information

Taro 公表用表紙・トビラ

Taro 公表用表紙・トビラ 平 成 2 4 年 度 公 共 工 事 設 計 資 材 単 価 表 ( H 2 4. 4 月 定 期 改 訂 ) 島 根 県 農 林 水 産 部 土 木 部 公 共 工 事 設 計 資 材 単 価 表 に つ い て 1. こ の 設 計 資 材 単 価 表 は 島 根 県 農 林 水 産 部 及 び 土 木 部 が 発 注 す る 土 木 工 事 に 係 る 設 計 資 材 単 価 の う ち 県

More information

平成18年第二審第37号

平成18年第二審第37号 平 成 20 年 門 審 第 13 号 漁 船 日 進 丸 油 送 船 センタム ケミスト 衝 突 事 件 公 益 財 団 法 海 難 審 判 船 舶 事 故 調 査 協 会 言 渡 年 月 日 平 成 20 年 6 月 24 日 審 判 庁 門 司 地 方 海 難 審 判 庁 ( 小 金 沢 重 充, 井 上 卓, 阿 部 直 之 ) 理 事 官 内 藤 優 治 受 審 人 A 職 名 日 進 丸

More information

Microsoft Word - yousetu01.doc

Microsoft Word - yousetu01.doc 第 8 章 溶 接 1 溶 接 8-2 1 1 溶 接 の 長 所 と 欠 点 8-2 1 2 現 在 の 溶 接 法 8-2 1 3 融 接 8-4 1 4 アーク 溶 接 による 実 習 8-4 1 5 目 的 8-4 1 6 使 用 機 器 8-4 1 7 原 理 8-5 1 8 アーク 現 象 8-5 1 9 垂 下 特 性 8-5 1 10 ホルダ 8-6 1 11 アーク 溶 接 棒 8-6

More information

裁決録

裁決録 平 成 17 年 広 審 第 66 号 油 送 船 第 三 八 宝 丸 火 災 事 件 言 渡 年 月 日 平 成 17 年 10 月 18 日 審 判 庁 広 島 地 方 海 難 審 判 庁 ( 吉 川 進, 黒 田 均, 道 前 洋 志 ) 理 事 官 河 本 和 夫 指 定 海 難 関 係 人 A 社 業 種 名 船 舶 修 繕 業 指 定 海 難 関 係 人 B 職 名 A 社 現 業 グループ

More information

地球温暖化対策推進法に基づく

地球温暖化対策推進法に基づく 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 25(2013) 温 の 集 計 結 果 平 成 28 年 6 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 は 温 スを 相 当 程 度 多 く する

More information

クサトールFP水溶剤

クサトールFP水溶剤 製 品 安 全 データシート 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 整 理 番 号 クサトールFP 水 溶 剤 GG-6 会 社 名 株 式 会 社 日 本 グリーンアンドガーデン 住 所 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 小 伝 馬 町 10 番 11 号 担 当 部 門 研 究 開 発 部 担 当 者 電 話 番 号 03-3669-5888 FAX 番 号 03-3669-5889

More information

職 員 給 与 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-28 号 改 正 平 成 15 年 12 月 1 日 規 程 第 15-103 号 改 正 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 16-31 号 改 正 平 成 16 年 10 月 28 日 規 程 第 16-54

職 員 給 与 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-28 号 改 正 平 成 15 年 12 月 1 日 規 程 第 15-103 号 改 正 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 16-31 号 改 正 平 成 16 年 10 月 28 日 規 程 第 16-54 職 員 給 与 規 程 国 立 研 究 開 発 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-28 号 改 正 平 成 15 年 12 月 1 日 規 程 第 15-103 号 改 正 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 16-31 号 改 正 平 成 16 年 10 月 28 日 規 程 第 16-54 号

More information

表紙差し替え_H22公表資料_1本編_130911修正版

表紙差し替え_H22公表資料_1本編_130911修正版 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 室 効 果 ガス 排 出 量 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 22(2010) 年 度 温 室 効 果 ガス 排 出 量 の 集 計 結 果 平 成 25 年 9 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 室 効

More information

目 次 1. 総 則 2. 機 能 3. 性 能 4. 外 形 寸 法 5. 端 子 構 造 6. 電 線 接 続 図 7. 表 示 例

目 次 1. 総 則 2. 機 能 3. 性 能 4. 外 形 寸 法 5. 端 子 構 造 6. 電 線 接 続 図 7. 表 示 例 目 次 1. 総 則 2. 機 能 3. 性 能 4. 外 形 寸 法 5. 端 子 構 造 6. 電 線 接 続 図 7. 表 示 例 1. 総 則 1.1 適 用 範 囲 この 規 格 は 計 器 用 変 成 器 または 計 器 用 変 圧 器 および 計 器 用 変 流 器 ( 二 次 側 三 相 3 線 式 110V 5A)とともに 取 付 ける 電 子 式 複 合 計 器 ( 以 下 計

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E591BA8E7393B9984888CA92758E7792E8905C90BF8EE891B182AB82CC8EE888F882AB>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E591BA8E7393B9984888CA92758E7792E8905C90BF8EE891B182AB82CC8EE888F882AB> 大 村 市 位 置 指 定 申 請 手 続 きの 手 引 き 平 成 23 年 4 月 1 日 大 村 市 建 築 住 宅 課 目 次 1. 適 用 1 2. 事 前 協 議 及 び 取 扱 基 準 について (1) 事 前 協 議 1 (2) 取 扱 基 準 1 1) の 位 置 指 定 から 指 定 を 延 長 する 場 合 の 取 り 扱 い 1 2) 関 係 規 定 の 適 用 における 指

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089CE8B438E67977090DD94F58E7793B18AEE8F80816988F38DFC90BB967B9770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089CE8B438E67977090DD94F58E7793B18AEE8F80816988F38DFC90BB967B9770816A2E646F63> 第 4 厨 房 設 備 1 用 語 の 定 義 (1) 厨 房 設 備 とは 調 理 を 目 的 として 使 用 する 火 を 使 用 する 設 備 及 び 当 該 設 備 に 附 属 する 設 備 の 全 体 をいう (2) 業 務 用 厨 房 設 備 とは 営 業 用 及 び 一 般 事 業 所 の 従 業 員 食 堂 学 校 病 院 の 給 食 用 等 の 厨 房 設 備 をいう (3) グリスフィルターとは

More information

2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経

2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経 1 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : 会 社 名 : 石 川 金 属 株 式 会 社 住 所 : 592-8352 大 阪 府 堺 市 西 区 築 港 浜 寺 西 町 7-21 担 当 部 署 : 品 質 保 証 部 電 話 番 号 : 072-268-1155 緊 急 連 絡 電 話 番 号 : 072-268-1155 FAX 番 号 : 072-268-1159 使 用 用

More information

DT-03取扱説明書

DT-03取扱説明書 はじめに 壁 掛 / 卓 上 型 温 度 調 節 計 デジサーモ DT-03 取 扱 説 明 書 この 度 は 東 邦 電 子 製 品 デジサーモ(DT-03)をご 購 入 頂 きまして 誠 にありがとうございます 本 製 品 をご 使 用 になる 前 に 本 書 を 良 くお 読 み 頂 き 内 容 をご 理 解 した 上 で ご 使 用 をお 願 い 致 します 尚 本 書 は 大 切 に 保

More information

裁決録

裁決録 平 成 16 年 仙 審 第 70 号 貨 物 船 第 八 あきつ 丸 貨 物 船 ミハイル ルコニン 衝 突 事 件 言 渡 年 月 日 平 成 17 年 7 月 28 日 審 判 庁 仙 台 地 方 海 難 審 判 庁 ( 原 清 澄, 半 間 俊 士, 大 山 繁 樹 ) 理 事 官 今 泉 豊 光 受 審 人 A 職 名 ミハイル ルコニン 水 先 人 水 先 免 許 小 名 浜 水 先 区

More information

1 道 路 位 置 指 定 申 請 の 手 引 き 平 成 28 年 4 月 横 須 賀 市 都 市 部 目 次 位 置 指 定 編 道 路 の 位 置 の 指 定 とは 1 目 的 1 道 路 位 置 指 定 申 請 と 関 係 手 続 きの 流 れ 2 道 路 位 置 指 定 の 手 続 き 事 前 審 査 3 道 路 位 置 指 定 の 手 続 き 本 申 請 5 道 路 の 位 置 の 表 示

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション キュービクル 式 高 圧 受 電 設 備 老 朽 化 省 エネ 耐 震 対 策 平 成 27 年 10 月 制 定 盤 標 準 化 協 議 会 キュービクル 技 術 部 会 近 年 生 産 設 備 や 情 報 機 器 の 高 度 化 に 伴 い 受 配 電 設 備 への 信 頼 性 の 要 求 は 益 々 高 まってきており 事 故 による 停 電 はもとより 瞬 時 の 電

More information

Microsoft Word - 一般仕様書(H27)

Microsoft Word - 一般仕様書(H27) 一 般 仕 様 書 ( 目 的 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 旧 吉 野 川 浄 化 センターの 運 転 管 理 業 務 を 円 滑 に 実 施 するため 業 務 の 内 容 等 を 定 めることを 目 的 とする ( 業 務 の 履 行 ) 第 2 条 受 託 者 ( 以 下 乙 という )は 下 水 道 法 水 質 汚 濁 防 止 法 電 気 事 業 法 及 びその 他 の 関 係 法 令

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089CE8DD082F08EF382AF82BD8BB497C082CC91B98F9D82C682BB82CC91CE899E2E444F43>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089CE8DD082F08EF382AF82BD8BB497C082CC91B98F9D82C682BB82CC91CE899E2E444F43> 火 災 を 受 けた 橋 梁 の 損 傷 とその 対 応 久 田 宗 昌 1 1 名 古 屋 市 緑 政 土 木 局 道 路 建 設 課 ( 460-8508 名 古 屋 市 中 区 三 の 丸 3 丁 目 1-1) 本 稿 は, 主 要 地 方 道 名 古 屋 中 環 状 線 の 庄 内 川 に 架 かる 明 徳 橋 の 桁 下 にて 平 成 25 年 6 月 に 発 生 した 火 災 への 対

More information

11使用済燃料輸送安対書(案)

11使用済燃料輸送安対書(案) 平 成 26 年 度 伊 方 発 電 所 放 射 性 固 体 廃 棄 物 輸 送 安 全 対 策 書 ( 要 約 ) 平 成 26 年 12 月 愛 媛 県 目 次 1 概 要 1 2 輸 送 物 件 2 3 輸 送 物 の 安 全 対 策 3 4 事 故 発 生 の 未 然 防 止 対 策 5 5 法 令 に 基 づく 輸 送 時 の 安 全 確 認 10 6 安 全 評 価 11 7 結 論 13

More information

< 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第

< 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第 島 根 県 県 有 施 設 長 寿 命 化 指 針 平 成 27 年 3 月 島 根 県 < 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第 3 長 寿

More information

目 次 1 償 却 資 産 とは (1) 償 却 資 産 の 種 類 と 具 体 例 2 (2) 家 屋 との 区 分 2 2 課 税 の 仕 組 み (1) 申 告 から 課 税 までの 流 れ 4 (2) 評 価 額 等 の 計 算 Ⅰ 評 価 額 の 計 算 方 法 5 Ⅱ 課 税 標 準 額

目 次 1 償 却 資 産 とは (1) 償 却 資 産 の 種 類 と 具 体 例 2 (2) 家 屋 との 区 分 2 2 課 税 の 仕 組 み (1) 申 告 から 課 税 までの 流 れ 4 (2) 評 価 額 等 の 計 算 Ⅰ 評 価 額 の 計 算 方 法 5 Ⅱ 課 税 標 準 額 固 定 資 産 税 償 却 資 産 申 告 の 手 引 き 茨 城 県 鉾 田 市 役 所 税 務 課 目 次 1 償 却 資 産 とは (1) 償 却 資 産 の 種 類 と 具 体 例 2 (2) 家 屋 との 区 分 2 2 課 税 の 仕 組 み (1) 申 告 から 課 税 までの 流 れ 4 (2) 評 価 額 等 の 計 算 Ⅰ 評 価 額 の 計 算 方 法 5 Ⅱ 課 税 標 準

More information

この約款は、この組合が漁船損害等補償法(昭和27年法律第28号

この約款は、この組合が漁船損害等補償法(昭和27年法律第28号 保 険 約 款 山 口 県 漁 船 保 険 組 合 目 次 第 1 部 漁 船 保 険 ( 第 1 条 - 第 68 条 ) -------------------------------------------------- 1 第 1 章 保 険 契 約 ( 第 1 条 - 第 47 条 ) -------------------------------------------------- 1

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 及 び 適 用 海 域 ) 第 1 条 この 法 律 は 船 舶 交 通 がふくそうする 海 域 における 船 舶 交 通 について 特 別 の 交 通 方 法 を 定 めるとともに その 危 険 を 防 止 するための 規 制 を 行 うことにより 船 舶 交 通

第 1 章 総 則 ( 目 的 及 び 適 用 海 域 ) 第 1 条 この 法 律 は 船 舶 交 通 がふくそうする 海 域 における 船 舶 交 通 について 特 別 の 交 通 方 法 を 定 めるとともに その 危 険 を 防 止 するための 規 制 を 行 うことにより 船 舶 交 通 日 本 国 内 の 船 舶 交 通 が 輻 輳 する 特 殊 な 海 域 ( 東 京 湾 伊 勢 湾 大 阪 湾 を 含 む 瀬 戸 内 海 )では 船 舶 交 通 について 特 別 の 交 通 方 法 を 定 めるとともに その 危 険 を 防 止 するための 規 制 を 行 うことにより 船 舶 交 通 の 安 全 を 図 ることを 目 的 とした 海 上 衝 突 予 防 法 の 特 則 として

More information

<4D F736F F D C835894AD955C8E9197BF81698F4390B394C5816A2E646F63>

<4D F736F F D C835894AD955C8E9197BF81698F4390B394C5816A2E646F63> ドライクリーニング 工 場 に 係 る 調 査 状 況 並 びに 引 火 性 溶 剤 を 用 いるドライクリーニング 工 場 に 係 る 建 築 基 準 法 用 途 規 制 違 反 への 対 応 及 び 同 法 第 48 条 の 規 定 に 基 づく 許 可 の 運 用 に 関 する 技 術 的 助 言 について 平 成 22 年 9 月 10 日 国 土 交 通 省 引 火 性 溶 剤 を 用 いるドライクリーニング

More information

アレスタの 電 気 的 特 性 劣 化 により 損 傷 し 貫 通 導 体 間 で 短 絡 に 至 ったと 推 定 モールドケースの 経 年 的 絶 縁 劣 化 により 取 付 け 板 を 介 し 短 絡 に 至 ったと 推 定 配 線 用 遮 断 器 油 入 変 圧 器 絶 縁 物 の 経 年 的

アレスタの 電 気 的 特 性 劣 化 により 損 傷 し 貫 通 導 体 間 で 短 絡 に 至 ったと 推 定 モールドケースの 経 年 的 絶 縁 劣 化 により 取 付 け 板 を 介 し 短 絡 に 至 ったと 推 定 配 線 用 遮 断 器 油 入 変 圧 器 絶 縁 物 の 経 年 的 日 立 受 配 電 機 器 リニューアルの ご 提 案 アレスタの 電 気 的 特 性 劣 化 により 損 傷 し 貫 通 導 体 間 で 短 絡 に 至 ったと 推 定 モールドケースの 経 年 的 絶 縁 劣 化 により 取 付 け 板 を 介 し 短 絡 に 至 ったと 推 定 配 線 用 遮 断 器 油 入 変 圧 器 絶 縁 物 の 経 年 的 熱 劣 化 により 電 磁 機 械 力 に

More information

( 第 二 面 ) 第 一 種 特 定 建 築 主 等 又 は 第 二 種 特 定 建 築 主 の 概 要 1. 第 一 種 特 定 建 築 主 等 又 は 第 二 種 特 定 建 築 主 イ. 氏 名 のフリガナ ロ. 氏 名 ハ. 郵 便 番 号 ニ. 住 所 ホ. 電 話 番 号 2. 代 理

( 第 二 面 ) 第 一 種 特 定 建 築 主 等 又 は 第 二 種 特 定 建 築 主 の 概 要 1. 第 一 種 特 定 建 築 主 等 又 は 第 二 種 特 定 建 築 主 イ. 氏 名 のフリガナ ロ. 氏 名 ハ. 郵 便 番 号 ニ. 住 所 ホ. 電 話 番 号 2. 代 理 第 一 号 様 式 ( 第 一 条 又 は 第 二 条 関 係 )(A4) 届 出 書 ( 第 一 面 ) エネルギーの 使 用 の 合 理 化 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 75 条 第 1 項 前 段 又 は 法 第 75 条 の2 第 1 項 前 段 の 規 定 による 届 出 をします この 届 出 書 に 記 載 の 事 項 は 事 実 に 相 違 ありません

More information

損害保険商品販売時における「契約概要」「注意喚起情報」に関する表示ガイドライン

損害保険商品販売時における「契約概要」「注意喚起情報」に関する表示ガイドライン 損 害 保 険 商 品 販 売 時 における 契 約 概 要 注 意 喚 起 情 報 に 関 する 表 示 ガイドライン ( 自 動 車 保 険 ) 本 ガイドラインは 会 員 各 社 が 損 害 保 険 商 品 の 募 集 に 際 し 使 用 する 契 約 概 要 注 意 喚 起 情 報 を 作 成 する 際 の 参 考 の 用 に 供 するために 策 定 したものである 本 ガイドラインは 各

More information

都計法等講習会における説明メモ

都計法等講習会における説明メモ 国 住 街 第 1 4 5 号 平 成 2 6 年 12 月 5 日 各 都 道 府 県 建 築 行 政 主 務 部 長 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 市 街 地 建 築 課 長 マンションの 建 替 え 等 の 円 滑 化 に 関 する 法 律 第 105 条 の 規 定 の 運 用 について 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 ) 第 59 条 の2に 基 づくいわゆる

More information

耐震改修評定委員会での検討事項                 2000,4,13

耐震改修評定委員会での検討事項                 2000,4,13 平 成 24 年 6 月 耐 震 改 修 計 画 評 定 審 査 委 員 会 での 留 意 事 項 耐 震 改 修 計 画 評 定 審 査 委 員 会 の 説 明 用 資 料 の 作 成 にあたり これまでの 審 査 委 員 会 での 指 摘 の 多 い 事 項 について 以 下 の 通 りとりまとめましたので 留 意 願 います 1. 対 象 1-1. 耐 震 診 断 耐 震 改 修 計 画 評

More information

広島駅新幹線口周辺地区における用途地域及び容積率の見直し等の都市計画に関する運用方針

広島駅新幹線口周辺地区における用途地域及び容積率の見直し等の都市計画に関する運用方針 広 島 駅 新 幹 線 口 周 辺 地 区 における 用 途 地 域 及 び 容 積 率 の 見 直 し 等 の 都 市 計 画 に 関 する 運 用 方 針 平 成 21 年 (2009 年 )12 月 広 島 市 都 市 整 備 局 都 市 計 画 課 目 次 第 1 総 則 1 1 目 的 1 2 本 運 用 方 針 の 位 置 づけ 1 3 本 運 用 方 針 の 適 用 範 囲 1 4 用

More information

指 定 - 第 2 表 エネルギー 管 理 指 定 工 場 等 のエネルギーの 使 用 量 及 び 販 売 した 副 生 エネルギーの 量 平 成 27 年 度 エネルギーの 種 類 単 位 使 用 量 販 売 した 副 生 エネルギーの 量 数 値 熱 量 GJ 数 値 熱 量 GJ 原 油 (コ

指 定 - 第 2 表 エネルギー 管 理 指 定 工 場 等 のエネルギーの 使 用 量 及 び 販 売 した 副 生 エネルギーの 量 平 成 27 年 度 エネルギーの 種 類 単 位 使 用 量 販 売 した 副 生 エネルギーの 量 数 値 熱 量 GJ 数 値 熱 量 GJ 原 油 (コ 指 定 工 場 等 定 期 報 告 書 (エクセル 形 式 支 援 ツールによる 記 載 例 ) エネルギー 管 理 指 定 工 場 等 単 位 の 報 告 指 定 - 第 1 表 エネルギー 管 理 指 定 工 場 等 の 名 称 等 工 業 株 式 会 社 には 三 つの 指 定 工 場 等 が 存 在 しますが 本 記 載 例 は 高 岡 工 場 の 例 を 示 したものです エネルギー 管

More information

打 てなくなり 血 液 を 送 り 出 す 心 室 が 細 動 を 起 こし 極 めて 危 険 な 状 態 となり 死 亡 することが 多 い このときの 電 流 を 特 に 心 室 細 動 電 流 と 呼 ぶ 表 2.1 通 電 電 流 の 周 波 数 電 流 値 と 症 状 の 関 係 電 流

打 てなくなり 血 液 を 送 り 出 す 心 室 が 細 動 を 起 こし 極 めて 危 険 な 状 態 となり 死 亡 することが 多 い このときの 電 流 を 特 に 心 室 細 動 電 流 と 呼 ぶ 表 2.1 通 電 電 流 の 周 波 数 電 流 値 と 症 状 の 関 係 電 流 第 2 章 電 気 の 取 扱 いについて 電 気 は 我 々の 生 活 と 密 接 なかかわりを 持 ち 重 要 なライフラインの 一 つになっている しかしながら 身 近 でありながら 目 に 見 えない 存 在 であるため 安 全 への 配 慮 が 忘 れがち となり ちょっとした 油 断 が 感 電 事 故 や 電 気 火 災 を 引 き 起 こすことになる この 章 では 感 電 死 傷

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 富 里 市 地 域 防 災 計 画 大 規 模 事 故 編 平 成 26 年 修 正 富 里 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 論 第 1 節 計 画 の 方 針 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 対 象 1 第 3 計 画 の 修 正 1 第 2 節 対 策 の 基 本 方 針 2 第 1 対 策 の 実 施 者 及 び 役 割 2 第 2 市 の 配 備 体 制

More information

Ⅰ 交 通 法 規 (40 問 ) 次 の 設 問 について 正 しいと 思 うものについては 解 答 用 紙 の の 欄 に 誤 っていると 思 うもの については 解 答 用 紙 の の 欄 に マークを 付 けなさい 問 1. 車 両 通 行 帯 が 設 けられていない 道 路 を 通 行 中

Ⅰ 交 通 法 規 (40 問 ) 次 の 設 問 について 正 しいと 思 うものについては 解 答 用 紙 の の 欄 に 誤 っていると 思 うもの については 解 答 用 紙 の の 欄 に マークを 付 けなさい 問 1. 車 両 通 行 帯 が 設 けられていない 道 路 を 通 行 中 第 44 回 全 国 トラックドライバー コンテスト 学 科 競 技 問 題 用 紙 ( 制 限 時 間 :60 分 間 ) 平 成 24 年 10 月 27 日 実 施 注 意 事 項 1 2 3 解 答 はすべて 別 紙 の 解 答 用 紙 (マークシート 方 式 )に 記 入 すること 解 答 用 紙 (マークシート 方 式 )は 鉛 筆 を 使 用 して 必 要 な 箇 所 にマークし 誤

More information

直 接 謝 罪 するなど 異 例 の 事 態 となった 2. 本 件 事 故 の 海 難 審 判 及 び 刑 事 裁 判 (1) 主 な 争 点 漁 船 清 徳 丸 の 航 跡 と 護 衛 艦 あたご の 避 航 義 務 注 意 義 務 が 争 点 となった これは あたごの 避 航 義 務 の 有

直 接 謝 罪 するなど 異 例 の 事 態 となった 2. 本 件 事 故 の 海 難 審 判 及 び 刑 事 裁 判 (1) 主 な 争 点 漁 船 清 徳 丸 の 航 跡 と 護 衛 艦 あたご の 避 航 義 務 注 意 義 務 が 争 点 となった これは あたごの 避 航 義 務 の 有 海 難 事 故 調 査 について 海 上 自 衛 隊 護 衛 艦 あたご 漁 船 清 徳 丸 衝 突 事 故 を 例 に 掲 載 誌 掲 載 年 月 : 日 本 海 事 新 聞 1310 日 本 海 事 センター 企 画 研 究 部 首 席 研 究 員 池 田 敏 郎 ポイント 小 型 船 を 巻 き 込 んだ 海 難 事 故 調 査 は 必 ずしも 容 易 ではない 海 難 審 判 と 刑 事 裁

More information

Microsoft Word - ②270717【お知らせ】原因調査報告について(局HP用)

Microsoft Word - ②270717【お知らせ】原因調査報告について(局HP用) 平 成 27 年 7 月 17 日 中 国 四 国 防 衛 局 お 知 らせ 岩 国 飛 行 場 内 で 発 生 した 航 空 機 用 燃 料 の 油 漏 れ 事 案 に 関 する 原 因 調 査 の 報 告 について 平 成 27 年 1 月 20 日 岩 国 飛 行 場 内 において 燃 料 配 管 工 事 に 関 して 配 管 に 燃 料 を 通 す 試 験 中 に 発 生 した 漏 油 事

More information

Microsoft PowerPoint - 06床・床材料

Microsoft PowerPoint - 06床・床材料 床 の 機 能 床 床 材 料 野 口 貴 文 構 築 機 能 積 載 荷 重 の 支 持 振 動 などの 障 害 に 対 する 十 分 な 耐 力 居 住 機 能 人 に 対 する 安 全 性 快 適 性 下 階 に 対 する 防 音 防 振 防 水 精 密 機 器 に 対 する 障 害 防 止 床 に 対 する 要 求 条 件 床 に 対 する 要 求 と 材 料 性 能 (1) 安 全 性 居

More information

附 則 この 規 程 は 平 成 25 年 7 月 8 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 7 月 9 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 8 月 6 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 11 月 12

附 則 この 規 程 は 平 成 25 年 7 月 8 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 7 月 9 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 8 月 6 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 11 月 12 制 定 平 成 25 年 6 月 19 日 原 規 技 発 第 1306194 号 原 子 力 規 制 委 員 会 決 定 改 正 平 成 26 年 7 月 9 日 原 規 技 発 第 1407092 号 原 子 力 規 制 委 員 会 決 定 改 正 平 成 26 年 8 月 6 日 原 規 技 発 第 1408062 号 原 子 力 規 制 委 員 会 決 定 改 正 平 成 26 年 11 月

More information

幡豆工業株式会社平成28年度標準価格表

幡豆工業株式会社平成28年度標準価格表 1: 異 形 管 の 内 面 塗 装 はエポキシ 樹 脂 粉 体 塗 装 外 面 塗 装 は 耐 食 仕 様 ( 亜 鉛 系 合 金 溶 射 + 封 孔 処 理 + 合 成 樹 脂 塗 料 グレー 色 )です 2: 異 形 管 は ロックリング ロックリングストッパを 含 む 価 格 です 3:GX 接 合 部 品 は 押 輪 ゴム 輪 SUS304T 頭 ボルト 受 口 1 組 分 の 価 格 です

More information

<4D F736F F D D38F8A92F990B A DC58F4994C5817A8EA58B DB88EC08E7B977697CC816988C4816A2E646F63>

<4D F736F F D D38F8A92F990B A DC58F4994C5817A8EA58B DB88EC08E7B977697CC816988C4816A2E646F63> 磁 気 探 査 実 施 要 領 ( 案 ) 平 成 24 年 10 月 沖 縄 総 合 事 務 局 開 発 建 設 部 目 次 1 総 則 1 1-1 目 的 1 1-2 適 用 範 囲 1 1-3 用 語 の 定 義 1 1-3-1 磁 気 探 査 1 1-3-2 不 発 弾 不 発 弾 等 1 1-3-3 不 発 弾 貫 入 深 度 1 1-3-4 磁 気 量 2 2 探 査 計 画 3 2-1

More information

別 紙 火 力 設 備 における 電 気 事 業 法 施 行 規 則 第 94 条 の2 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 定 期 事 業 者 検 査 の 時 期 変 更 承 認 に 係 る 標 準 的 な 審 査 基 準 例 及 び 申 請 方 法 等 に ついて 1. 審 査 基 準 電

別 紙 火 力 設 備 における 電 気 事 業 法 施 行 規 則 第 94 条 の2 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 定 期 事 業 者 検 査 の 時 期 変 更 承 認 に 係 る 標 準 的 な 審 査 基 準 例 及 び 申 請 方 法 等 に ついて 1. 審 査 基 準 電 別 紙 火 力 設 備 における 電 気 事 業 法 施 行 規 則 第 94 条 の2 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 定 期 事 業 者 検 査 の 時 期 変 更 承 認 に 係 る 標 準 的 な 審 査 基 準 例 及 び 申 請 方 法 等 に ついて 1. 審 査 基 準 電 気 事 業 法 施 行 規 則 ( 平 成 7 年 通 商 産 業 省 令 第 77 号 ) 第 94

More information

2 避 難 安 全 検 証 法 適 用 無 階 避 難 安 全 検 証 ( 階 ) 全 館 避 難 安 全 検 証 避 難 安 全 検 証 法 により 適 用 しない 規 定 種 類 エレベーター( 基 ) エスカレーター( 基 ) [ ( 基 )] 確 認 年 月 日 確 認 番 号 年 月 日

2 避 難 安 全 検 証 法 適 用 無 階 避 難 安 全 検 証 ( 階 ) 全 館 避 難 安 全 検 証 避 難 安 全 検 証 法 により 適 用 しない 規 定 種 類 エレベーター( 基 ) エスカレーター( 基 ) [ ( 基 )] 確 認 年 月 日 確 認 番 号 年 月 日 別 記 様 式 1-11 給 排 水 区 分 概 要 給 水 源 水 道 水 井 水 排 水 再 利 用 水 ( ) 給 水 方 式 直 結 方 式 直 結 増 圧 方 式 受 水 タンク 方 式 ( 受 水 タンク 高 置 タンク) 受 水 タンク 置 場 所 地 下 室 内 (B F) 地 上 階 室 内 ( F) 屋 外 排 水 方 法 公 共 下 水 道 合 併 処 理 浄 化 槽 ( 放

More information

調達要求番号:

調達要求番号: 仕 様 書 番 号 GLT-CG-Z500002F 作 成 平 成 19 年 3 月 30 日 変 更 平 成 27 年 4 月 1 日 補 給 統 制 本 部 陸 上 自 衛 隊 一 般 外 注 整 備 共 通 仕 様 書 陸 上 自 衛 隊 一 般 外 注 整 備 共 通 仕 様 書 目 次 1 総 則 1 1.1 適 用 範 囲 1 1.2 用 語 及 び 定 義 1 1.3 引 用 文 書

More information

<30325F9574985E2D315F91B98F9D955D89BF8AEE8F80816988C4816A5F48323289FC92F994C5>

<30325F9574985E2D315F91B98F9D955D89BF8AEE8F80816988C4816A5F48323289FC92F994C5> 付 録 1 損 傷 評 価 基 準 目 次 1 1 腐 食...1 2 2 亀 裂...3 3 3ゆるみ 脱 落...8 4 4 破 断... 10 5 5ひび 割 れ 漏 水 遊 離 石 灰... 11 6 6 剥 離 鉄 筋 露 出... 15 7 7 床 版 ひび 割 れ 遊 離 石 灰... 16 8 8 床 版 抜 け 落 ち... 18 9 9コンクリート 補 強 材 の 損 傷...

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203133935393B995748BDF82C582CC8D488E968169503139378160323033816A8169938C966B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203133935393B995748BDF82C582CC8D488E968169503139378160323033816A8169938C966B816A2E646F63> 第 13 章 鉄 道 付 近 での 工 事 第 1 節 事 前 協 議 及 び 事 前 調 査 1. 適 用 線 路 に 近 接 して 列 車 運 転 に 影 響 を 及 ぼすおそれのある 土 木 工 事 に 適 用 する なお 鉄 道 の 線 路 内 で 土 木 工 事 を 施 工 する 場 合 は 鉄 道 事 業 者 と 十 分 協 議 のうえ その 指 示 に 従 うこと 2. 事 前 協 議

More information

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477>

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477> 開 発 許 可 審 査 基 準 平 成 24 年 8 月 春 日 部 市 目 次 総 則 第 01 目 的 1 第 02 法 令 の 略 称 規 定 1 第 03 開 発 行 為 の 定 義 1 都 市 計 画 法 第 29 条 開 発 行 為 の 許 可 3 都 市 計 画 法 第 33 条 開 発 許 可 の 基 準 5 都 市 計 画 法 第 34 条 市 街 化 調 整 区 域 の 許 可

More information

<826C827282638272816990AE82528253816A8250824F825382532E786C7378>

<826C827282638272816990AE82528253816A8250824F825382532E786C7378> ページ 1/7 SECTION1: 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 製 品 の 用 途 フリーズショック ラストリムーバー 自 動 車 用 急 冷 衝 撃 サビ 取 り 剤 安 全 データシートの 通 知 者 の 詳 細 輸 入 販 売 会 社 の 詳 細 会 社 名 CTP-GmbH 会 社 名 Matsuura Construction Co.,Ltd. 住 所 ( 国 ) ドイツ

More information

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業 第 4 部 災 害 種 別 対 策 計 画 第 1 章 海 上 災 害 対 策 第 1 節 周 辺 海 域 の 状 況 及 び 海 上 災 害 の 態 様 1 本 市 周 辺 海 域 の 状 況 本 市 の 海 岸 及 び 周 辺 海 域 は 本 市 港 湾 区 域 を 含 む 東 京 湾 側 と 5 つの 漁 港 区 域 を 含 む 相 模 湾 側 に 分 かれる 東 京 湾 側 は その 正 面

More information

2 2016 年 3 月 13 日 発 行

2 2016 年 3 月 13 日 発 行 1/100 スケール 駆 逐 艦 長 波 建 造 中 間 公 開 書 1 2 2016 年 3 月 13 日 発 行 本 報 告 書 の 目 的 この 発 行 物 はサークル 主 ツバサが 1/100 スケールで 再 現 している 駆 逐 艦 長 波 最 終 予 想 姿 の 製 作 進 行 状 況 を 端 的 に 解 説 するものである 建 造 しているモデルは 図 面 発 行 元 である 深 雪

More information

製造業

製造業 神 戸 発 優 れた 技 術 認 定 制 度 種 分 類 コード 表 14 パルプ 紙 紙 加 工 品 製 造 141 パルプ 製 造 1411 パルプ 製 造 142 紙 製 造 1421 洋 紙 製 造 1422 板 紙 製 造 1423 機 械 すき 和 紙 製 造 1424 手 すき 和 紙 製 造 143 加 工 紙 製 造 1431 塗 工 紙 製 造 ( 印 刷 用 紙 を 除 1432

More information

JLIA基準(圧力調整器)/選定と設置

JLIA基準(圧力調整器)/選定と設置 JLIA-B-2 圧 力 調 整 器 H23 改 正 第 4 章 圧 力 調 整 器 の 選 定 と 設 置 4.1 圧 力 調 整 器 の 選 定 LP ガス 用 圧 力 調 整 器 に 求 められる 機 能 は 燃 焼 器 具 を 使 用 する 時 に 要 求 されるガス 量 とガス 圧 を 供 給 し 正 常 な 燃 焼 を 保 つことである この 機 能 を 満 足 させるため 4.1.1~4.1.3

More information

安全データシート

安全データシート 2016.06.01 1/7 安 全 データシート(SDS) 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 :プリンス スーパー NET 130g 会 社 名 :スタイル 株 式 会 社 住 所 : 東 京 都 墨 田 区 両 国 4-31-11ヒューリック 両 国 ビル5F 担 当 部 門 :SMG 部 電 話 番 号 :03-5625-8180 FAX :03-5625-8185 緊 急 連

More information

Microsoft Word - MSDS A3H.doc

Microsoft Word - MSDS A3H.doc Mediracs P/N MPH090015 Co.,Ltd. MS090015_201004ver2 別 化 学 物 質 等 安 全 データシート (MSDS MSDS) 製 名 : 4%テトラヒドロフラン 溶 液 MSDS 称 品 : 番 整 号 N 理 : 末 番 端 MPH090015 号 プロテインシーケンス : MS090015_201004ver2 用 試 薬 A3H 1. 製 品 及

More information

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc 国 土 交 通 省 告 示 第 三 百 十 七 号 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 ( 平 成 十 八 年 法 律 第 四 十 号 ) 及 び 自 動 車 点 検 基 準 の 一 部 を 改 正 す る 省 令 ( 平 成 十 九 年 国 土 交 通 省 令 第 十 一 号 ) の 施 行 に 伴 い 自 動 車 の 点 検 及 び 整 備 に 関 す る 手 引 の

More information

神戸市防火基準適合表示要綱

神戸市防火基準適合表示要綱 防 火 基 準 適 合 表 示 制 度 実 施 要 綱 運 用 要 領 第 1 目 的 ( 第 1 条 関 係 ) この 要 領 は 防 火 基 準 適 合 表 示 制 度 実 施 要 綱 ( 以 下 実 施 要 綱 という )の 運 用 について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 第 2 表 示 対 象 物 の 範 囲 ( 第 2 条 関 係 ) 1 ホテル 旅 館 等 ( 消 防 法

More information

アルゴンガス 整 理 番 号 05Ar 2009 年 12 月 15 日 1/6 化 学 物 質 等 安 全 データシート 1. 化 学 物 質 等 及 び 会 社 情 報 化 学 物 質 等 の 名 称 : アルゴンガス 化 学 名 : アルゴン(Argon) 会 社 名 : 鈴 商 総 合 ガス

アルゴンガス 整 理 番 号 05Ar 2009 年 12 月 15 日 1/6 化 学 物 質 等 安 全 データシート 1. 化 学 物 質 等 及 び 会 社 情 報 化 学 物 質 等 の 名 称 : アルゴンガス 化 学 名 : アルゴン(Argon) 会 社 名 : 鈴 商 総 合 ガス 化 学 物 質 等 安 全 データシート 整 理 番 号 05 Ar 作 成 平 成 5 年 3 月 31 日 改 訂 平 成 11 年 10 月 1 日 改 訂 平 成 21 年 12 月 15 日 [ 連 絡 先 ] 製 品 名 アルゴンガス アルゴンガス 整 理 番 号 05Ar 2009 年 12 月 15 日 1/6 化 学 物 質 等 安 全 データシート 1. 化 学 物 質 等 及

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 105 2 節 防 災 事 業 計 画 10 3 節 施 設 の 現 況 と 管 理 110 参 考 東 京 都 の 災 害 対 策 分 掌 事 務 及 び 組 織 113-103 - 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 港 湾 整 備 部 計 画 課 東 京 港 の 臨 海 部 は 東 京 湾 の 最 奥

More information

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464>

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464> 国 住 街 第 64 号 平 成 19 年 6 月 20 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 建 築 基 準 法 道 路 関 係 規 定 運 用 指 針 の 策 定 について( 技 術 的 助 言 ) 建 築 基 準 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 19 年 国 土 交 通 省 令 第 66 号 以 下 改 正 省 令 という

More information

裁決録

裁決録 平 成 19 年 那 審 第 10 号 貨 物 船 りゅうなん 機 関 損 傷 事 件 言 渡 年 月 日 平 成 19 年 7 月 20 日 審 判 庁 門 司 地 方 海 難 審 判 庁 那 覇 支 部 ( 西 林 眞, 岩 渕 三 穂, 黒 田 敏 幸 ) 理 事 官 上 原 直 受 審 人 A 職 名 りゅうなん 機 関 長 海 技 免 許 四 級 海 技 士 ( 機 関 )( 機 関 限

More information

令 第 129 条 の4(エレベーターの 構 造 上 主 要 な 部 分 ) 1) 強 度 計 算 の 規 定 例 示 仕 様 による 強 度 の 確 認 (ガイドレール 等 はグラフによって 判 断 ) エレベーター 強 度 検 証 法 による 強 度 の 確 認 安 全 率 等 については 告

令 第 129 条 の4(エレベーターの 構 造 上 主 要 な 部 分 ) 1) 強 度 計 算 の 規 定 例 示 仕 様 による 強 度 の 確 認 (ガイドレール 等 はグラフによって 判 断 ) エレベーター 強 度 検 証 法 による 強 度 の 確 認 安 全 率 等 については 告 昇 降 機 法 令 の 規 定 は 主 に 例 示 仕 様 性 能 規 定 に 分 類 されます それぞれの 定 義 については 下 記 の 通 りです 例 示 仕 様 条 文 に 書 かれている 寸 法 重 量 等 を 遵 守 することで 成 立 する 法 令 性 能 規 定 条 文 に 書 かれている 性 能 上 の 規 定 を 遵 守 すれば その 範 囲 内 で 自 由 な 設 計 が 可

More information

附 則 別 表 生 物 化 学 的 酸 素 要 求 量 化 学 的 酸 素 要 求 量 項 目 /16 甲 水 域 備 考 1 甲 水 域 とは 次 に 掲 げる 河 川 (その 支 派 川 を 含 む ) 及 びこれに 接 続 し 流 入 する 水 路 の 水 域 をいう 千 歳 川

附 則 別 表 生 物 化 学 的 酸 素 要 求 量 化 学 的 酸 素 要 求 量 項 目 /16 甲 水 域 備 考 1 甲 水 域 とは 次 に 掲 げる 河 川 (その 支 派 川 を 含 む ) 及 びこれに 接 続 し 流 入 する 水 路 の 水 域 をいう 千 歳 川 大 気 汚 染 防 止 法 第 4 条 第 1 項 の 規 定 による 排 出 基 準 及 び 水 質 汚 濁 防 止 法 第 3 条 第 3 項 の 規 定 による 排 水 基 準 を 定 める 条 例 ( 昭 和 46 年 月 15 日 条 例 第 5 号 ) 改 正 昭 和 48 年 月 19 日 条 例 第 59 号 昭 和 50 年 月 1 日 条 例 第 33 号 昭 和 55 年 3

More information

岡崎市建築物耐震改修促進計画

岡崎市建築物耐震改修促進計画 平 成 20 年 3 月 ( 平 成 26 年 3 月 一 部 改 訂 ) ( 平 成 28 年 3 月 一 部 改 訂 ) 岡 崎 市 目 次 第 1 章 はじめに... 1 1. 計 画 策 定 の 背 景 改 訂 の 概 要... 1 2. 岡 崎 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 目 的 と 位 置 付 け... 3 3. 岡 崎 市 における 地 震 被 害 の 想 定...

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

目 次 第 1 章 総 則 第 1 総 則 1 1 趣 旨 1 2 基 本 目 標 1 3 運 用 方 針 2 第 2 用 語 の 定 義 2 第 2 章 計 画 要 件 第 1 計 画 の 基 本 要 件 6 1 共 通 事 項 6 第 2 種 類 別 要 件 6 1 市 街 地 住 宅 型 総

目 次 第 1 章 総 則 第 1 総 則 1 1 趣 旨 1 2 基 本 目 標 1 3 運 用 方 針 2 第 2 用 語 の 定 義 2 第 2 章 計 画 要 件 第 1 計 画 の 基 本 要 件 6 1 共 通 事 項 6 第 2 種 類 別 要 件 6 1 市 街 地 住 宅 型 総 千 代 田 区 総 合 設 計 許 可 要 綱 千 代 田 区 平 成 27 年 9 月 ( 平 成 28 年 1 月 一 部 改 正 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 総 則 1 1 趣 旨 1 2 基 本 目 標 1 3 運 用 方 針 2 第 2 用 語 の 定 義 2 第 2 章 計 画 要 件 第 1 計 画 の 基 本 要 件 6 1 共 通 事 項 6 第 2 種 類 別 要 件

More information

01

01 業 務 契 約 書 ( 案 ) 1 業 務 名 国 有 財 産 分 筆 測 量 業 務 ( 釧 路 市 千 歳 町 ほか) 2 業 務 場 所 釧 路 市 千 歳 町 58-1 58-8 川 上 郡 弟 子 屈 町 泉 1 丁 目 51 3 履 行 期 間 平 成 28 年 月 日 から ( 契 約 締 結 の 翌 日 から) 平 成 28 年 3 月 16 日 まで 4 契 約 金 額 円 (うち

More information

2 高 圧 ガス 要 件 車 両 の 種 項 目 品 名 積 載 数 量 容 器 の 内 容 積 その 他 亜 酸 化 窒 素 及 圧 縮 ガ ス の 120 リットル アセチレン び 四 輪 以 上 の 場 合 は ガス 未 満 アンモニア 小 型 自 容 積 60 立 方 エタン メ ー ト ル

2 高 圧 ガス 要 件 車 両 の 種 項 目 品 名 積 載 数 量 容 器 の 内 容 積 その 他 亜 酸 化 窒 素 及 圧 縮 ガ ス の 120 リットル アセチレン び 四 輪 以 上 の 場 合 は ガス 未 満 アンモニア 小 型 自 容 積 60 立 方 エタン メ ー ト ル 別 表 2( 通 行 制 限 品 目 ) 1 薬 及 びがん 具 煙 車 両 の 種 項 目 品 名 積 載 数 量 その 他 黒 色 薬 及 10 キログラム 以 下 薬 取 締 法 その 他 関 無 煙 薬 び 四 輪 以 上 の 係 法 令 に 定 を その 他 薬 取 締 法 に 小 型 自 遵 守 す 規 定 する 薬 薬 爆 薬 工 品 が 煙 ん 具 カーリット 硝 安 爆 薬 ダイナマイト

More information