目 次 絵 で 見 る 目 次 1 安 全 なドライブのために お 車 を 安 全 に 運 転 していただくための 正 しい 取 り 扱 いについて 説 明 しています 環 境 にやさしく 快 適 なドライブのために 3 各 部 の 開 閉 4 安 全 装 備 5 メーター スイッチ 6 運 転 装

Size: px
Start display at page:

Download "目 次 絵 で 見 る 目 次 1 安 全 なドライブのために お 車 を 安 全 に 運 転 していただくための 正 しい 取 り 扱 いについて 説 明 しています 環 境 にやさしく 快 適 なドライブのために 3 各 部 の 開 閉 4 安 全 装 備 5 メーター スイッチ 6 運 転 装"

Transcription

1 このたびはランサーをお 買 い 上 げいただき,ありがとう ございます J この 取 扱 説 明 書 は,お 客 様 のお 車 をいつも 安 全 快 適 に 運 転 していただ くための 正 しい 取 り 扱 いについて 説 明 しています また,お 車 のお 手 入 れや 万 一 のときの 処 置 についても 記 載 してあります ので,ご 使 用 前 に 必 ずお 読 みください 安 全 なドライブのために は 重 要 ですので,しっかりお 読 みください 安 全 に 関 する 表 示 運 転 者 や 他 の 人 が 傷 害 を 受 けるおそれがあることと,その 回 避 方 法 をつぎの 表 示 で 記 載 しています 重 要 な 事 項 ですので 必 ず 読 んでお 守 りください 記 載 事 項 を 守 らないと, 死 亡 や 重 大 な 傷 害 につながるおそれがあるこ と 記 載 事 項 を 守 らないと, 傷 害 や 事 故 につながるおそれがあること 安 全 のためにしてはならない 行 為 (イラスト 内 に 表 示 されています) その 他 の 表 示 お 車 に 関 することやその 他 のは,つぎの 表 示 で 記 載 しています 取 扱 説 明 書 は 車 の 中 に 保 管 してください 保 証 および 点 検, 整 備 内 容 については, 別 冊 のメンテナンスノートをご 覧 ください 三 菱 マルチコミュニケーションシステムの 取 り 扱 い 要 領 については, 別 冊 の 取 扱 説 明 書 をご 覧 ください お 車 をゆずられるときは, 取 扱 説 明 書 およびメンテナンスノートを 車 につけておい てください お 車 のために 守 っていただきたいこと 知 っておくと 便 利 なこと グレードにより 異 なる 装 備 やオプション 装 備 に 表 示 していま す 装 備 仕 様 の 変 更 などにより, 本 書 の 内 容 がお 客 様 のお 車 と 合 わないことがあります ので,あらかじめご 了 承 ください ご 不 明 な 点 は, 担 当 営 業 スタッフにお 問 い 合 わせください

2 目 次 絵 で 見 る 目 次 1 安 全 なドライブのために お 車 を 安 全 に 運 転 していただくための 正 しい 取 り 扱 いについて 説 明 しています 環 境 にやさしく 快 適 なドライブのために 3 各 部 の 開 閉 4 安 全 装 備 5 メーター スイッチ 6 運 転 装 置 7 室 内 装 備 8 エアコン 9 オーディオ 10 簡 単 な 整 備 車 のお 手 入 れ 11 寒 冷 時 の 取 り 扱 い 12 もしものときの 処 置 13 サービスデータ 14 さくいん 15 2

3 絵 で 見 る 目 次 計 器 盤 まわり J ライトスイッチP. 6-9 方 向 指 示 レバーP エンジンスイッチP. 7-7 ドアミラー 調 整 スイッチ ( 除 く,セキュリティーアラーム 付 き 車 )P. 7-4 セキュリティーインジケーター (セキュリティーアラーム 付 き 車 )P メーターP. 6-2 表 示 灯 警 告 灯 P. 6-6 発 炎 筒 P グローブボックスP. 8-8 助 手 席 SRSエアバッグP ワイパー/ウォッシャースイッチP パーソナルボックス( 小 物 入 れ)P. 8-9 ヒューズボックスP エンジンフードレバーP 運 転 席 SRSエアバッグP ホーンスイッチP 装 備 仕 様 の 違 いやオプションなども 含 んでいます 1-1

4 絵 で 見 る 目 次 灰 皿 P. 8-3 セレクターレバー (CVT 車 )P シフトレバー(マニュアル 車 )P ドアミラー 調 整 スイッチ (セキュリティーアラーム 付 き 車 )P. 7-4 ヘッドライトレベリングダイヤルP 灰 皿 P. 8-3 フロアコンソールボックスP. 8-9 駐 車 ブレーキP. 7-2 カップホルダーP チルトステアリングレバーP. 7-3 装 備 仕 様 の 違 いやオプションなども 含 んでいます シガレットライターP

5 絵 で 見 る 目 次 センターパネル J < 除 く, 三 菱 マルチコミュニケーションシステム(MMCS) 付 き 車 > 吹 き 出 し 口 P. 9-2 時 計 P. 8-5 非 常 点 滅 灯 スイッチP オーディオP マニュアルエアコンP. 9-4 < 三 菱 マルチコミュニケーションシステム(MMCS) 付 き 車 > 吹 き 出 し 口 P. 9-2 MMCS 用 モニター* MMCS 用 操 作 パネル* 非 常 点 滅 灯 スイッチP オートエアコンP. 9-9 MMCS 用 ナビユニット* マニュアルエアコン オートエアコン リヤウインドウデフォッガー ( 曇 り 取 り)スイッチP 装 備 仕 様 の 違 いやオプションなども 含 んでいます * 別 冊 の 取 扱 説 明 書 をご 覧 ください 1-3

6 絵 で 見 る 目 次 室 内 J ルームミラーP. 7-3 マップランプP. 8-7 ルームランプP. 8-6 サンバイザーP. 8-2 パワーウインドウスイッチP ルームランプP. 8-6 SRSカーテンエアバッグP フューエルリッドオープナーP トランクリッドオープナーP. 4-7 バニティーミラーP. 8-3 装 備 仕 様 の 違 いやオプションなども 含 んでいます 1-4

7 絵 で 見 る 目 次 1 シートベルトP. 5-7 アジャスタブルシートベルトアンカーP ヘッドレストP. 5-6 フロントシートP. 5-3 SRSサイドエアバッグP リヤシートP. 5-5 装 備 仕 様 の 違 いやオプションなども 含 んでいます 1-5

8 絵 で 見 る 目 次 トランクルーム J 工 具 P スペアタイヤP ジャッキP 装 備 仕 様 の 違 いやオプションなども 含 んでいます 1-6

9 絵 で 見 る 目 次 外 まわり J フューエルリッド( 燃 料 補 給 口 )P ドアミラーP. 7-4 アンテナP フロントワイパーP エンジンフード(ボンネット)P 方 向 指 示 灯 P. 6-12,14-6 非 常 点 滅 灯 P. 6-13,14-6 ヘッドランプP. 6-9,14-6 車 幅 灯 P. 6-9,14-6 方 向 指 示 灯 P. 6-12,14-6 非 常 点 滅 灯 P. 6-13,14-6 ドアの 施 錠 解 錠 P. 4-4 キーレスエントリーP. 4-3 装 備 仕 様 の 違 いやオプションなども 含 んでいます 1-7

10 絵 で 見 る 目 次 トランクリッドP. 4-7 ハイマウントストップランプP.14-6 リヤワイパーP アンテナP タイヤ,ホイールのサイズP タイヤの 空 気 圧 P タイヤ 交 換 P タイヤローテーションP タイヤチェーンP 制 動 灯 / 尾 灯 P.14-6 方 向 指 示 灯 P. 6-12,14-6 非 常 点 滅 灯 P. 6-13,14-6 尾 灯 P.14-6 後 退 灯 P.14-6 番 号 灯 P.14-6 装 備 仕 様 の 違 いやオプションなども 含 んでいます 1-8

11 絵 で 見 る 目 次 エンジンルーム J ヒューズボックスP オートマチックトランスミッション(CVT) オイルレベルゲージ(CVT 車,オートマチック 車 ) エンジンオイル 注 入 キャップ ブレーキ 液 タンク (CVT 車,オートマチック 車 ) ブレーキ 液 クラッチ 液 タンク (マニュアル 車 ) パワーステアリングオイルタンク フロント リヤ ウォッシャータンクP エンジンオイルレベルゲージ ラジエーターキャップP コンデンスタンク( 冷 却 水 )P バッテリーP ,

12 安 全 なドライブのために 2 お 車 のご 使 用 前 に 知 っておいていただきたいこと, 守 っていただきたい 警 告 注 意 をまとめて 記 載 しています 重 要 ですので,しっかりお 読 みください 日 常 点 検 出 発 前 は お 子 さまを 乗 せるときは 走 行 するときは 走 行 中 に 異 常 に 気 づいたら CVT 車,オートマチック 車 の 取 り 扱 い 駐 停 車 するときは こんなことにも 注 意 セルフ 式 ガソリンスタンドを 利 用 するときは

13 安 全 なドライブのために 日 常 点 検 J 点 検, 整 備 を 忘 れずに 日 常 点 検 整 備 と 定 期 点 検 整 備 は,お 客 様 の 責 任 において 実 施 していただく ことが 法 律 で 義 務 付 けられています 事 故 や 故 障 を 未 然 に 防 ぐため 必 ず 実 施 してください 日 常 点 検 整 備 は, 長 距 離 を 走 行 すると きや, 洗 車, 給 油 時 などにお 客 様 自 身 で 行 う 点 検 整 備 です 日 常 点 検 整 備 の 項 目 および 点 検 のし かたについては, 別 冊 の メンテナン スノート に 記 載 してありますので 必 ずお 読 みください エンジンルームを 点 検 すると きは エンジン 回 転 中 はエンジンルームに 手 を 入 れないでください 手 や 衣 服 がドライブベルトなどに 巻 き 込 まれるおそれがあります エンジンルーム 内 の 部 品 には 高 温 に なるものがあります やけどをするおそれがありますので, 各 部 が 十 分 冷 えてから 点 検 してくだ さい 排 気 ガスなどが 定 められた 基 準 に 合 うように 調 整 されていますので,アイ ドリング 回 転 数 などのエンジン 調 整 は 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 で 行 ってくだ さい ラジエーターやコンデンスタ ンク( 冷 却 水 )が 熱 いときは ラジエーターやコンデンスタンク( 冷 却 水 )が 熱 いときは,ラジエーター キャップを 外 さないでください 蒸 気 や 熱 湯 が 吹 き 出 しやけどをする おそれがあります 2-2

14 安 全 なドライブのために 燃 料 は 指 定 されたものを 補 給 J 必 ず 無 鉛 ガソリンを 補 給 してくださ い 有 鉛 ガソリンや 粗 悪 ガソリン, 高 濃 度 アルコール 混 合 燃 料, 三 菱 自 動 車 純 正 部 品 以 外 のガソリン 添 加 剤 ( 含 む 水 分 除 去 剤 )を 使 用 しないでください 排 気 ガス 浄 化 装 置 や 燃 料 噴 射 装 置 が 損 傷 するおそれがあります メンテナンスデータ P 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 で 点 検 を 受 けて J つぎの 場 合 は 車 が 故 障 しているおそ れがあります そのままにしておくと 走 行 に 悪 影 響 をおよぼしたり, 思 わぬ 事 故 につなが るおそれがあります 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 で 点 検 を 受 けて ください いつもと 違 う 音, 臭 い, 振 動 がする とき ブレーキ 液 が 不 足 しているとき 地 面 に 油 の 漏 れたあとが 残 っている とき 2-3

15 安 全 なドライブのために 出 発 前 は J シートベルトは 必 ず 着 用 運 転 する 前 に 必 ずシートベルトを 着 用 してください シートベルト P. 5-7 同 乗 者 にもシートベルトを 着 用 させ てください 燃 料 の 入 った 容 器 やスプレー 缶 類 を 車 の 中 に 持 ち 込 まない 燃 料 の 入 った 容 器 やスプレー 缶 類 を 車 の 中 に 持 ち 込 まないでください 容 器 が 破 裂 したり, 蒸 発 ガスに 引 火 し 爆 発 するおそれがあります 窓 越 しにエンジンをかけない 窓 越 しなど 車 外 からエンジンをかけ ないでください 思 わぬ 事 故 につなが るおそれがあります 正 しい 運 転 姿 勢 で 運 転 席 に 座 り,エン ジンをかける 習 慣 をつけましょう マニュアル 車 は,シフトレバーを に 入 れ,クラッチペダルをいっぱいまで 踏 み 込 みます オートマチック 車 およびCVT 車 は,セ レクターレバーが の 位 置 にあるこ とを 確 認 します いずれの 場 合 も 思 わぬ 事 故 を 避 ける ため,ブレーキペダルを 右 足 でしっか り 踏 んでエンジンをかける 習 慣 をつ けてください エンジンのかけ 方 P. 7-8 マニュアル 車 はクラッチスタートシ ステムが 装 着 されています クラッチスタートシステムとは 誤 操 作 を 防 ぐため,クラッチペダルを いっぱいに 踏 み 込 まないとエンジン がかからない 装 置 です 2-4

16 安 全 なドライブのために 運 転 席 の 足 元 付 近 を 点 検 ブレーキペダルの 下 に 物 がころがり 込 むと,ブレーキ 操 作 ができなくなる おそれがあります 出 発 前 に 運 転 席 の 足 元 付 近 を 点 検 し てください 周 囲 が 囲 まれた 換 気 の 悪 い 場 所 でエンジンをかけたままに しない 周 囲 が 囲 まれた 換 気 の 悪 い 場 所 でエ ンジンをかけたままにしないでくだ さい 排 気 ガスが 車 内 や 建 物 内 などに 充 満 して,ガス 中 毒 になるおそれがありま す やむを 得 ないときは, 換 気 を 十 分 に 行 ってください 2 フロアマットはペダルに 引 っかから ないよう, 車 にあったものを 正 しく 敷 いてください また,ずれないようフックなどで 確 実 に 固 定 してください ペダルをおおったり, 重 ねて 敷 くとペ ダル 操 作 の 妨 げになり, 重 大 な 事 故 に つながるおそれがあります 2-5

17 安 全 なドライブのために お 子 さまを 乗 せるときは J お 子 さまはリヤシートに 座 ら せる 助 手 席 ではお 子 さまの 動 作 が 気 にな り 運 転 の 妨 げになるだけでなく,お 子 さまが 運 転 装 置 にふれて, 重 大 な 事 故 につながるおそれがあります やむを 得 ず 助 手 席 にお 子 さまを 乗 せ るときでも,つぎのことをお 守 りくだ さい 必 ずシートベルトを 着 用 する シートをできるだけ 後 方 に 下 げる シートに 深 く 腰 かけて, 背 もたれに 背 中 がついた 正 しい 姿 勢 で 座 らせる お 子 さまがシートベルトやチャイル ドシートを 使 用 せずにインストルメ ントパネルの 前 に 立 っていたり, 助 手 席 に 正 しい 姿 勢 で 座 っていなかった りすると,SRS エアバッグが 膨 らむ 際,SRSエアバッグにより, 命 にかか わる 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれがあ ります お 子 さまにもシートベルトを 必 ず 着 用 させる ひざの 上 にお 子 さまを 抱 かないでく ださい 急 ブレーキをかけたときや 衝 突 した ときなど, 腕 だけでは 十 分 に 支 えるこ とができず,お 子 さまが 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれがあります リヤシートでも 必 ずシートベルトを 着 用 してください 2-6

18 安 全 なドライブのために お 子 さまにはチャイルドシー トを 使 用 する シートベルトを 着 けたとき, 肩 のベル トが 首,あご, 顔 などに 当 たる 場 合 や, 腰 ベルトが 腰 骨 にかからないような 小 さなお 子 さまには, 体 格 に 合 った チャイルドシートを 使 用 してくださ い チャイルドシート P 通 常 のシートベルトでは, 衝 突 のとき 強 い 圧 迫 を 受 け,シートベルトにより 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれがありま す 6 才 未 満 のお 子 さまは,チャイルド シートの 使 用 が 法 律 で 義 務 付 けられ ています 乳 児 用 シート(ベビーシート)は 助 手 席 に 取 り 付 けないでください 助 手 席 に 取 り 付 けると 助 手 席 エア バッグが 膨 らむとき, 強 い 力 が 後 ろ 向 き 乳 児 用 シート(ベビーシート)の 上 部 にかかり, 背 もたれに 押 しつけられ て, 命 にかかわる 重 大 な 傷 害 を 受 ける おそれがあります 助 手 席 お 子 さまの 安 全 のための 装 備 お 子 さまの 安 全 のため,つぎのような 装 備 があります 使 い 方 を 一 度 お 読 みになって,お 子 さ まの 安 全 にお 役 立 てください ISO *1 FIX 対 応 チャイルド シート 固 定 専 用 バー A *1 ISO は International Standardization Organization( 国 際 標 準 化 機 構 )の 略 語 です ISO FIX 規 格 に 対 応 したチャイルド シート *2 を 取 り 付 けるための 固 定 専 用 バーです この 固 定 専 用 バーを 使 用 するときは, チャイルドシートを 車 両 のシートベ ルトで 固 定 する 必 要 はありません ISO FIX 対 応 チャイルドシート 固 定 専 用 バーでの 取 り 付 け 方 P *2 お 客 様 のお 車 用 として 認 可 を 受 けた チャイルドシートのみ 使 用 できます チャイルドシート 固 定 機 構 付 シートベルト シートベルトを 全 部 引 き 出 すと, 巻 き 戻 し 途 中 では 引 き 出 し 方 向 にベルト が 動 かない 状 態 となり,ISO FIX 対 応 していないチャイルドシートを 固 定 することができます チャイルドシート 固 定 機 構 付 シー トベルトでの 取 り 付 け 方 P

19 安 全 なドライブのために 2 セーフティー 機 構 付 パワーウ インドウ 万 一,お 子 さまが 手 や 首 などをはさん だとき, 自 動 的 にドアガラスが 少 し 下 がります セーフティー 機 構 P ロックスイッチ ロックスイッチを ON にすると, 助 手 席, 後 席 のパワーウインドウスイッチ を 操 作 してもドアガラスは 開 閉 でき なくなります ロックスイッチ P 窓 から 手 や 顔 を 出 させない 窓 から 手 や 顔 を 出 していると, 車 外 の 物 などに 当 たったり, 急 ブレーキをか けたとき, 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれ があります チャイルドプロテクション ドアにあるレバーを 施 錠 側 にしてお くと, 後 席 ドアが 車 内 から 開 けられな くなります チャイルドプロテクション( 後 席 ドア 安 全 施 錠 装 置 ) P. 4-7 ドア,ウインドウ,シートの 操 作 は 大 人 が 行 う 手 や 顔 などをはさまないよう 注 意 し て 操 作 してください お 子 さまが 誤 って 操 作 しないよう,パ ワーウインドウにはロックスイッチ をお 使 いください お 子 さまをシートベルトで 遊 ばせない お 子 さまをシートベルトで 遊 ばせな いでください 特 にチャイルドシート 固 定 機 構 付 シートベルトの 場 合,ベルトを 体 に 巻 きつけたりして 遊 んでいると, 誤 って チャイルドシート 固 定 機 構 が 作 動 し, ベルトが 引 き 出 せずに 窒 息 などの 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれがあります 万 一, 誤 ってチャイルドシート 固 定 機 構 を 作 動 させてしまい,シートベルト が 外 せなくなったときは,はさみなど でベルトを 切 断 してください 2-8

20 安 全 なドライブのために 車 から 離 れるときはキーを 抜 いてお 子 さまも 一 緒 に お 子 さまだけを 車 内 に 残 さないでく ださい 炎 天 下 での 車 内 は 高 温 となり, 熱 射 病 などのおそれがあります キーを 差 したままにしておくと,お 子 さまのいたずらにより,パワーウイン ドウなど 電 装 品 の 誤 操 作, 車 の 発 進, 火 災 など, 重 大 な 事 故 につながるおそ れがあります 2 2-9

21 安 全 なドライブのために 走 行 するときは J 発 進 するときは 駐 車 後 や 信 号 待 ちなどで 停 車 したあ とは, 子 どもや 障 害 物 など, 車 のまわ りの 安 全 を 十 分 確 認 してから 発 進 し てください 車 をバックさせるときは 目 で 後 方 を 確 認 してください バックミラーでは 確 認 できない 死 角 があります 同 乗 者 はシートを 倒 して 寝 こ ろばない 走 行 中, 同 乗 者 はシートを 倒 して 寝 こ ろばないでください シートを 倒 して 寝 ころんでいると, 急 ブレーキをかけたときや 衝 突 したと きなど, 身 体 がシートベルトの 下 にも ぐり 込 み,シートベルトにより 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれがあります 走 行 中 はエンジンを 止 めない 走 行 中 にエンジンを 止 めると,ブレー キの 効 きが 悪 くなったり,ハンドルが 非 常 に 重 くなるため, 思 わぬ 事 故 につ ながるおそれがあります 2-10

22 安 全 なドライブのために 急 発 進, 急 加 速, 急 ブレーキ, 急 ハンドルは 避 けて 急 ブレーキや 急 ハンドルは 車 両 のコ ントロールができなくなり, 思 わぬ 事 故 につながるおそれがあります スピードを 控 えめにし,ハンドルやブ レーキ 操 作 を 慎 重 に 行 い 安 全 運 転 に 心 がけてください 雨 天 時 や 水 たまりを 走 行 する ときは J 雨 天 時 やぬれた 道 路 ではスピードを 控 えめにし,ハンドルやブレーキ 操 作 を 慎 重 に 行 い 安 全 運 転 に 心 がけてく ださい 特 に 雨 の 降 りはじめは 路 面 が 滑 りや すいため 注 意 してください 水 たまり 走 行 後 や 洗 車 後,ブレーキに 水 がかかると 一 時 的 にブレーキの 効 きが 悪 くなることがあります ブレーキの 効 きが 悪 いときは, 前 後 の 車 や 道 路 状 況 に 十 分 注 意 して 低 速 で 走 行 しながらブレーキの 効 きが 回 復 するまで 数 回 ブレーキペダルを 軽 く 踏 み,ブレーキを 乾 かしてください わだちなど 水 のたまっている 場 所 を 高 速 で 走 行 すると,ハイドロプレーニ ング 現 象 を 起 こしやすくなります タイヤがすり 減 っていたり, 空 気 圧 が 適 正 でないと,スリップしたり,ハイ ドロプレーニング 現 象 を 起 こしやす くなります ハイドロプレーニング 現 象 とは 水 のたまっている 道 路 を 高 速 で 走 行 するとき,あるスピード 以 上 になると タイヤが 路 面 の 水 を 排 除 できず, 水 上 を 滑 走 する 状 態 になり, 車 のコント ロールが 効 かなくなる 現 象

23 安 全 なドライブのために 2 下 り 坂 ではエンジンブレーキ を 併 用 J ぬれた 道 路 や 凍 結 した 道 路 での 急 激 なエンジンブレーキは 避 けてくださ い スリップして 重 大 な 事 故 につながる おそれがあります 長 い 下 り 坂 でフットブレーキのみを 多 く 使 用 すると,ベーパロックや フェード 現 象 を 起 こし,ブレーキの 効 きが 悪 くなることがあります 坂 の 勾 配 に 応 じて 必 ずエンジンブ レーキを 併 用 してください ベーパロックとは ブレーキ 液 がブレーキの 摩 擦 熱 によ り 過 熱 されて 沸 騰 することにより 気 泡 が 発 生 し,ブレーキペダルを 踏 んで も 気 泡 を 圧 縮 するだけでブレーキが 効 かなくなる 現 象 フェード 現 象 とは ブレーキパッドまたは,ブレーキライ ニングの 摩 擦 面 が 過 熱 されることに より 摩 擦 力 が 低 下 し,ブレーキの 効 き が 悪 くなる 現 象 ブレーキペダルをフットレス トがわりにしない J ブレーキペダルに 常 に 足 をのせ,フッ トレストがわりにすることは 避 けて ください ブレーキ 部 品 が 早 く 摩 耗 したり,ブ レーキが 過 熱 して, 効 きが 悪 くなるお それがあります エンジンブレーキとは 走 行 中,アクセルペダルから 足 を 離 し たときにかかるブレーキ 力 のことで, 低 速 ギヤほどよく 効 きます オートマチック 車 はセレクターレ バーを, または に 入 れてくだ さい CVT 車 は,セレクターレバーを ま たは に 入 れてください マニュアル 車 はシフトレバーを, または に 入 れてください クラッチペダルに 足 をのせた まま 走 行 しない J クラッチペダルに 足 をのせたまま 走 行 したり, 必 要 以 上 に 長 い 時 間 半 ク ラッチ 状 態 を 続 けないでください クラッチが 早 く 摩 耗 したり, 過 熱 し て, 思 わぬ 事 故 につながるおそれがあ ります 2-12

24 安 全 なドライブのために スタック( 立 ち 往 生 )したと きは J スタックしたときは,タイヤを 高 速 で 回 転 させないでください タイヤがバースト( 破 裂 )したり, 異 常 過 熱 により, 思 わぬ 事 故 につながる おそれがあります タイヤがスリップして 発 進 できな い P.13-8 寒 冷 時 にブレーキの 効 きが 悪 くなったときは J 寒 冷 時 や 雪 道 走 行 ではブレーキ 装 置 に 付 着 した 雪 や 水 が 凍 結 し,ブレーキ の 効 きが 悪 くなることがあります ブレーキの 効 きが 悪 いときは, 前 後 の 車 や 道 路 状 況 に 十 分 注 意 して 低 速 で 走 行 しながらブレーキの 効 きが 回 復 するまで 数 回 ブレーキペダルを 軽 く 踏 み,ブレーキを 乾 かしてください 段 差 などを 通 過 するときは J 段 差 などを 通 過 するときは,できるだ けゆっくり 走 行 してください 段 差 や 凹 凸 のある 路 面 を 通 過 すると きの 衝 撃 によりタイヤおよびホイー ルを 損 傷 するおそれがあります またつぎのような 場 合, 車 体,バン パー,マフラーなどを 損 傷 するおそれ がありますので 十 分 注 意 してくださ い 駐 車 場 の 出 入 口 路 肩 や 車 止 めのある 場 所 勾 配 の 急 な 場 所 わだちのある 道 路

25 安 全 なドライブのために 走 行 中 に 異 常 に 気 づいたら J 走 行 中 にエンストしたときは 走 行 中 にエンストしたときは, 運 転 操 作 に 変 化 がおきますので,つぎの 方 法 で 車 を 安 全 な 場 所 に 止 めてください ブレーキ 倍 力 装 置 が 働 かなくなるた め,ブレーキの 効 きが 悪 くなります 通 常 よりブレーキペダルを 強 く 踏 ん でください 万 一,スピードが 落 ちないときは,エ ンジンブレーキでスピードを 落 とし てから, 駐 車 ブレーキをゆっくりか けてください このときも,ブレーキペダルは 強 く 踏 み 続 けてください パワーステアリング 装 置 が 働 かなく なるため,ハンドルが 非 常 に 重 くな ります 通 常 よりハンドルを 強 く 操 作 してく ださい 走 行 中 にタイヤがパンクまた はバースト( 破 裂 )したときは 走 行 中 にタイヤがパンクまたはバー ストすると, 車 両 のコントロールがで きなくなるおそれがあります ハンドルをしっかり 持 ち, 徐 々にブ レーキをかけてスピードを 落 として ください つぎのようなときは,パンクやバース トが 考 えられます ハンドルがとられるとき 異 常 な 振 動 があるとき 車 両 が 異 常 に 傾 いたとき 警 告 灯 が 点 灯 または 点 滅 した ときは 警 告 灯 が 点 灯 または 点 滅 したときは, 安 全 な 場 所 に 停 車 し, 適 切 な 処 置 をし てください 警 告 灯 が 点 灯 または 点 滅 したとき は! P 点 灯 または 点 滅 したまま 走 行 すると, 思 わぬ 事 故 を 引 き 起 こしたり,エンジ ンなどを 損 傷 するおそれがあります 車 体 床 下 に 強 い 衝 撃 を 受 けた ときは 車 体 床 下 に 強 い 衝 撃 を 受 けたときは, すぐに 安 全 な 場 所 に 車 を 止 めて 下 ま わりを 点 検 してください ブレーキ 液 や 燃 料 の 漏 れ, 損 傷 などが あると, 思 わぬ 事 故 につながるおそれ があります 漏 れや 損 傷 などが 見 つかったときは, そのまま 使 用 せず 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 にご 連 絡 ください 2-14

26 安 全 なドライブのために CVT 車,オートマチック 車 の 取 り 扱 い J CVT 車,オートマチック 車 の 特 性 クリープ 現 象 とは セレクターレバーを, 以 外 に 入 れ ると 動 力 がつながった 状 態 となり,ア クセルペダルを 踏 まなくても 車 が ゆっくりと 動 き 出 すオートマチック 車 およびCVT 車 特 有 の 現 象 キックダウンとは 走 行 中 にアクセルペダルを 深 く 踏 み 込 むと,オートマチック 車 は 自 動 的 に 低 速 ギヤに 切 り 換 わり(CVT 車 は, 自 動 的 に 変 速 比 が 切 り 換 わり) 急 加 速 が できます これをキックダウンといい ます エンジンをかける 前 に J アクセルペダルとブレーキペダルの 踏 みまちがいを 防 ぐため, 各 ペダルの 位 置 を 右 足 で 確 認 してください セレクターレバーが の 位 置 にある ことを 確 認 してください 2 ブレーキペダルは 右 足 で 左 足 でのブレーキ 操 作 は, 緊 急 時 の 反 応 が 遅 れるなど 適 切 な 操 作 ができず, 重 大 な 事 故 につながるおそれがあり ます エンジンをかけるときは J ブレーキペダルを 右 足 で 踏 んだまま エンジンをかけます アクセルペダルを 踏 まないとエンジ ンがかかりにくいときは,エンジンを かけてから 足 をブレーキペダルに 踏 みかえます エンジンのかけ 方 P

27 安 全 なドライブのために エンジン 始 動 後 発 進 するときは 2 J エンジン 始 動 直 後 は, 自 動 的 にエンジ ン 回 転 数 が 高 くなり,クリープ 現 象 が 強 くなります ブレーキペダルをしっかり 踏 んでく ださい J ブレーキペダルを 右 足 で 踏 んだまま セレクターレバーを 操 作 します ブレーキペダル アクセルペダルを 踏 み 込 みながらセ レクターレバーを 操 作 しないでくだ さい 急 発 進 し, 重 大 な 事 故 につながるおそ れがあります に 入 れるとブザーが 鳴 ります ブザーは 車 の 外 には 聞 こえませんの で 注 意 してください 発 進 するときは,ブレーキペダルから 徐 々に 足 を 離 し,アクセルペダルを ゆっくり 踏 み 込 んでください 2-16

28 安 全 なドライブのために 走 行 中 は J 走 行 中 は,セレクターレバーを に 入 れないでください 誤 って, に 入 れてしまったり,エ ンジンブレーキがまったく 効 かなく なり, 思 わぬ 事 故 の 原 因 になります また,トランスミッションの 故 障 の 原 因 になります 高 速 走 行 中 にセレクターレバーを に 入 れないでください 急 激 なエンジンブレーキがかかり, 思 わぬ 事 故 の 原 因 になります 停 車 中 は J エアコン 作 動 時 などは, 自 動 的 にエン ジン 回 転 数 が 高 くなり,クリープ 現 象 が 強 くなります ブレーキペダルをしっかり 踏 んでく ださい 停 車 中 は,むやみに 空 ぶかしをしない でください 万 一,セレクターレバーが, 以 外 に 入 っていた 場 合, 思 わぬ 急 発 進 の 原 因 になります 駐 車 するときは J 駐 車 するときは,ブレーキペダルを 踏 んだまま 駐 車 ブレーキを 確 実 にかけ, セレクターレバーを に 入 れます 車 が 完 全 に 止 まらないうちに に 入 れると, 急 停 止 してけがをするおそれ があります また,トランスミッションの 故 障 の 原 因 になります 車 から 離 れるときは, 必 ずエンジンを 止 め,キーを 抜 いてください エンジンをかけたままにしておくと, 万 一,セレクターレバーが, 以 外 に 入 っていた 場 合,クリープ 現 象 で 車 がひとりでに 動 き 出 したり, 乗 り 込 む ときに 誤 ってアクセルペダルを 踏 み, 急 発 進 するおそれがあります

29 安 全 なドライブのために その 他 に 気 をつけること 2 J 車 を 少 し 移 動 させるときでも, 正 しい 運 転 姿 勢 をとり,ブレーキペダルとア クセルペダルが 確 実 に 踏 めるように してください 少 しだけ 後 退 したときなどは,セレク ターレバーが に 入 っていることを 忘 れてしまうことがあります 後 退 した 後 は,すぐに から または に 戻 す 習 慣 をつけましょう 車 を 後 退 させるときは, 身 体 を 後 ろに ひねった 姿 勢 になり,ペダルの 操 作 が しにくくなります ブレーキペダルが 確 実 に 踏 めるよう に 注 意 してください 切 り 返 しなどで から, から と 何 度 もレバーを 操 作 するときは, そのつどブレーキペダルをしっかり と 踏 み, 車 を 完 全 に 止 めてから 行 って ください 車 が 動 いているうちに や に 入 れ ると,トランスミッションの 故 障 の 原 因 になります 2-18

30 安 全 なドライブのために 駐 停 車 するときは J 燃 えやすいものの 近 くには 車 を 止 めない 枯 草 や 紙 など 燃 えやすいものの 近 く には 車 を 止 めないでください 走 行 後 の 排 気 管 は 高 温 になっている ため, 火 災 になるおそれがあります 長 時 間 のアイドリングは 避 け る 長 く 停 車 するときは,エンジンを 止 め てください 燃 料 の 無 駄 使 いであると 同 時 に, 騒 音 や 排 気 ガスにより 周 辺 への 迷 惑 とな ります 車 から 離 れるときは 車 から 離 れるときは, 必 ず 駐 車 ブレー キをかけ,エンジンを 止 め,キーを 抜 き,ドアを 施 錠 してください 無 人 で 車 が 動 き 出 したり, 盗 難 のおそ れがあります また, 施 錠 していても 車 内 に 貴 重 品 を 置 いたままにしないでください 車 を 移 動 するときは 必 ずエン ジンを 始 動 する エンジンがかかっていないと,ブレー キの 効 きが 悪 くなったり,ハンドルが 非 常 に 重 くなるため, 思 わぬ 事 故 につ ながるおそれがあります 坂 道 で 車 を 移 動 させるときも, 必 ずエ ンジンをかけてください

31 安 全 なドライブのために 2 仮 眠 するときは 必 ずエンジン を 止 める 排 気 ガスが 車 内 に 侵 入 して,ガス 中 毒 になるおそれがあります 無 意 識 にシフトレバーやセレクター レバーを 動 かしたり,アクセルペダル の 踏 み 込 みにより, 不 用 意 な 発 進 な ど, 重 大 な 事 故 につながるおそれがあ ります 無 意 識 にアクセルペダルを 踏 み 続 け たときに,オーバーヒートを 起 こした り,エンジンや 排 気 管 などの 異 常 過 熱 により, 火 災 事 故 が 発 生 するおそれが あります 坂 道 に 駐 車 するときは 坂 道 に 駐 車 するときは, 駐 車 ブレーキ を 確 実 にかけ,マニュアル 車 はシフト レバーを または,CVT 車 はセレ クターレバーを に 入 れてください さらに 輪 止 めをすると 効 果 がありま す 輪 止 めは, 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 でお 買 い 求 めください 輪 止 めがないときは,タイヤを 固 定 で きる 大 きさの 石 などで 代 用 できます 急 な 坂 道 での 駐 車 は 避 けてください 無 人 で 車 が 動 き 出 すなど, 思 わぬ 事 故 につながるおそれがあります 雪 が 積 もった 場 所 や 降 雪 時 に 駐 車 するときは 必 ずエンジン を 止 める エンジンがかかった 状 態 で, 車 のまわ りに 雪 が 積 もると 排 気 ガスが 車 内 に 侵 入 して,ガス 中 毒 になるおそれがあ ります ハンドルをいっぱいにまわし た 状 態 を 長 く 続 けない パワーステアリング 装 置 が 損 傷 する おそれがあります 2-20

32 安 全 なドライブのために こんなことにも 注 意 J 運 転 中 に 携 帯 電 話 を 使 用 しな い 安 全 のため, 運 転 中 に 携 帯 電 話 を 使 用 しないでください オーディオなどの 操 作 は 停 車 してから 走 行 中 に CD プレーヤーやカセットプ レーヤー,カーナビゲーションなどの 操 作 をしないでください 操 作 に 気 をとられて, 思 わぬ 事 故 につ ながるおそれがあります 喫 煙 しながらの 運 転 は 控 える 喫 煙 しながらの 運 転 は 控 えてくださ い 注 意 がおろそかになり, 思 わぬ 事 故 を 招 くことがあります 車 内 にライター 炭 酸 飲 料 缶 メガネなどを 放 置 しない 強 い 直 射 日 光 にさらされると 車 内 が 高 温 になるため,ライター 炭 酸 飲 料 缶 メガネなどを 放 置 しないでくださ い ライターなどの 可 燃 物 は 自 然 発 火 し たり, 炭 酸 飲 料 やビールなどの 缶 は 破 裂 するおそれがあります また,プラ スチックレンズまたはプラスチック 素 材 のメガネは 変 形,ひび 割 れをおこ すおそれがあります 2 灰 皿 を 使 用 したあとは 灰 皿 を 使 用 したあとは,マッチやタバ コの 火 は 確 実 に 消 し, 必 ず 閉 めてくだ さい 万 一 の 場 合, 火 災 になるおそれがあり ます 2-21

33 安 全 なドライブのために 2 アクセサリー 取 り 付 け 時 の 注 意 ウインドウガラスなどにアクセサ リーをつけたり,インストルメントパ ネルの 上 に 芳 香 剤 などを 置 かないで ください 運 転 の 妨 げになったり, 吸 盤 や 芳 香 剤 の 容 器 がレンズの 働 きをして 火 災 な ど, 思 わぬ 事 故 の 原 因 となります 塗 装 が 施 されている 部 分 にはアクセ サリーなどをつけないでください 吸 盤 に 含 まれる 特 殊 な 成 分 により, 塗 装 面 がはがれたり, 変 色 したりするお それがあります タイヤ,ホイールは 指 定 サイ ズを 使 用 タイヤ,ホイールのサイズなどは 三 菱 自 動 車 工 業 が 国 土 交 通 省 に 届 け 出 を しています 指 定 サイズ 以 外 のタイヤを 使 用 した り, 種 類 の 異 なったタイヤを 混 ぜて 使 用 することは, 安 全 走 行 に 悪 影 響 をお よぼしますので, 避 けてください タイヤ,ホイールのサイズ P ホイールは,リムサイズやオフセット 量 が 同 じでも, 車 体 に 干 渉 するため 使 えないときがあります お 手 持 ちのものを 使 われるときは, 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 にご 相 談 ください ジャッキアップしたままエン ジンをかけない ジャッキアップしたままエンジンを かけると,ジャッキから 車 体 が 外 れ, 重 大 な 事 故 につながるおそれがあり ます 2-22

34 安 全 なドライブのために 違 法 改 造 はしない 法 律 で 認 められている 改 造 以 外 は 行 わないでください また, 三 菱 自 動 車 純 正 部 品 以 外 の 部 品 を 装 着 すると, 車 の 性 能 や 機 能 に 影 響 し, 思 いがけない 事 故 が 発 生 するおそ れがあります 2 電 装 品 や 無 線 機 などの 注 意 電 装 品 や 無 線 機 などを 取 り 付 けると きは, 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 にご 相 談 く ださい 配 線 が 車 体 に 干 渉 したり, 保 護 ヒュー ズがないなど 取 付 け 方 法 が 適 切 でな いと, 電 子 機 器 部 品 に 悪 影 響 をおよぼ したり, 火 災 など, 思 わぬ 事 故 につな がるおそれがあります 2-23

35 安 全 なドライブのために セルフ 式 ガソリンスタンドを 利 用 するときは J 燃 料 の 取 り 扱 いに 注 意 燃 料 を 補 給 するときは 火 気 厳 禁 です 燃 料 は 引 火 しやすいため 火 災 や 爆 発 のおそれがあります 必 ずエンジンを 止 めてください たばこ,ライター, 携 帯 電 話 などは 使 用 しないでください 気 化 した 燃 料 を 吸 わないように 注 意 してください 燃 料 には 有 毒 な 成 分 を 含 んでいるものもあります 給 油 中 はドアおよびドアガラスを 閉 めてください 車 内 に 気 化 した 燃 料 が 侵 入 するおそれがあります 燃 料 をこぼさないように 注 意 してく ださい 塗 装 の 変 色,シミ,ひび 割 れ の 原 因 になります 付 着 したときは, 柔 らかい 布 などでふき 取 ってくださ い 静 電 気 は 確 実 に 除 去 する フューエルキャップを 外 す 前 に 車 体 や 給 油 機 の 金 属 部 分 に 触 れて, 必 ず 身 体 の 静 電 気 を 除 去 してください 静 電 気 を 帯 びていると, 放 電 による 火 花 で 気 化 した 燃 料 に 引 火 するおそれ があります リッド( 補 給 口 )の 開 口,フューエル キャップの 取 り 外 しなど, 給 油 操 作 は 必 ず 一 人 で 行 い, 補 給 口 に 他 の 人 を 近 づけないでください 複 数 で 行 うと 他 の 人 が 帯 電 していた 場 合, 気 化 した 燃 料 に 引 火 するおそれ があります 給 油 が 終 わるまで 補 給 口 から 離 れな いでください 途 中,シートに 座 るな どすると, 再 帯 電 するおそれがありま す フューエルキャップの 取 り 扱 いに 注 意 フューエルキャップを 開 けるときは, 急 激 に 回 さないでください 燃 料 タン ク 内 の 圧 力 により, 補 給 口 から 燃 料 が 吹 き 返 すおそれがあります フューエルキャップをゆるめたとき にシューッという 音 がしたときは, 音 がしなくなるまで 待 ってから,フュー エルキャップをゆっくり 回 してくだ さい フューエルキャップを 閉 めたときは, 確 実 に 閉 まっていることを 確 認 して ください 確 実 に 閉 まっていないと 燃 料 が 漏 れ, 火 災 になるおそれがありま す 三 菱 自 動 車 純 正 部 品 以 外 のフューエ ルキャップは 使 用 しないでください ガソリンスタンドの 注 意 事 項 を 守 る ガソリンスタンドに 掲 示 されている 注 意 事 項 を 守 ってください 補 給 口 に 給 油 ノズルを 確 実 に 差 し 込 んでください 給 油 ノズルが 正 しく 差 し 込 まれてい ないと, 燃 料 がこぼれるおそれがあり ます 給 油 ノズルが 自 動 的 に 停 止 したら 給 油 を 終 了 してください つぎ 足 しを 繰 り 返 すと 燃 料 があふれ 出 るおそれがあります 給 油 方 法 についてご 不 明 な 点 は,ガソ リンスタンドの 係 員 にご 相 談 くださ い 2-24

36 環 境 にやさしく 快 適 なドライブのために 経 済 的 な 運 転 をするために 機 能 を 上 手 く 使 うために

37 環 境 にやさしく 快 適 なドライブのために 3 経 済 的 な 運 転 をするために 無 駄 な 荷 物 を 載 せない J 不 要 な 荷 物 を 降 ろして 重 量 を 軽 くし てください 発 進, 加 速 はスムーズに 不 必 要 な 急 発 進, 急 加 速, 急 減 速 など, アクセルペダルをバタつかせるよう な 運 転 は 避 け,アクセルペダルの 操 作 はゆるやかに 行 ってください スピードに 応 じた 変 速 位 置 に 変 速 位 置 は, 走 行 速 度 に 応 じた 正 しい 位 置 を 選 択 してください エアコンは 控 えめに エアコンは 燃 費 に 影 響 します 冷 やしすぎに 注 意 して 適 温 を 心 がけ てください その 他 に 気 を 付 けること 車 間 距 離 を 十 分 にとり, 不 必 要 なブ レーキをかけないようにしてくださ い 下 り 坂 では 早 めにアクセルペダルを 戻 し,エンジンブレーキを 使 用 してく ださい 高 速 道 路 でも 不 必 要 な 高 速 走 行 は 避 けてください 速 度 はできるだけ 一 定 に 法 定 速 度 を 守 り,できるだけ 一 定 のス ピードで 運 転 してください 空 ぶかしは 禁 物 空 ぶかしは, 燃 料 の 無 駄 使 いであると 同 時 に, 騒 音 や 排 気 ガスにより 周 辺 へ の 迷 惑 となりますので 避 けてくださ い 駐 車 時 はエンジンストップ 長 い 間, 車 を 止 めるときはエンジンを 止 めてください タイヤの 空 気 圧 は 定 期 的 に チェック タイヤの 空 気 圧 はこまめに 点 検 し, 常 に 規 定 の 空 気 圧 に 調 整 してください 3-2

38 環 境 にやさしく 快 適 なドライブのために 機 能 を 上 手 く 使 うために J 携 帯 電 話 やパソコンなどの 電 子 機 器 からの 影 響 車 内 で 携 帯 電 話 を 使 用 すると,オー ディオから 雑 音 が 出 ることがありま す このときは, 携 帯 電 話 をオーディオか らできるだけ 離 して 使 用 してくださ い 車 内 や 車 の 近 くでパソコンなどの 電 子 機 器 を 使 用 すると,カーナビゲー ションが 正 常 に 作 動 しないことがあ ります このときは, 電 子 機 器 を 車 からできる だけ 離 して 使 用 してください 3 3-3

39 MEMO

40 各 部 の 開 閉 キー キーレスエントリー ドア センタードアロック チャイルドプロテクション( 後 席 ドア 安 全 施 錠 装 置 ) トランクリッド セキュリティーアラーム パワーウインドウ エンジンフード(ボンネット) フューエルリッド( 燃 料 補 給 口 )

41 各 部 の 開 閉 キー Aタイプ キーが2 本 ついています J 万 一,キーを 紛 失 したときキーナンバー を 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 へ 連 絡 していただ ければ,キーを 作 ることができます キーナンバーはキーナンバープレートに 打 刻 してあります キーナンバープレー トは,キーとは 別 に 大 切 に 保 管 してくだ さい Bタイプ セキュリティーアラーム 付 き 車 は,セ キュリティーアラームを 作 動 する に 設 定 したときには,つぎの 点 にご 注 意 く ださい セキュリティーアラーム P. 4-8 セキュリティーアラームをシステム 作 動 可 能 状 態 にしているときは,キーや ロックノブを 使 って 解 錠 した 後 ドアを 開 けると 警 報 が 作 動 します セキュリティーアラームを 作 動 する に 設 定 していても,キーレスエントリー を 使 わないで 施 錠 した 場 合 はシステム 準 備 状 態 になりません 4-2

42 各 部 の 開 閉 キーレスエントリー A J リモコンスイッチですべてのドアの 施 錠 解 錠 をすることができます また,ドアミラーやパワーウインドウを 操 作 することもできます LOCKスイッチ 作 動 表 示 灯 ドアの 施 錠 解 錠 UNLOCK スイッチ LOCK スイッチを 押 すとすべてのドアが 施 錠 し,UNLOCKスイッチを 押 すとすべ てのドアが 解 錠 します UNLOCKスイッチを 押 して 解 錠 しても 約 30 秒 以 内 にドアを 開 けなければ 自 動 的 に 施 錠 されます スイッチを 押 すと 作 動 表 示 灯 が 点 灯 しま す セキュリティーアラーム 付 き 車 は,セ キュリティーアラームを 作 動 する に 設 定 しているときは, 施 錠 と 同 時 にシス テム 準 備 状 態, 続 いてシステム 作 動 可 能 状 態 になります 詳 しくは セキュリティーアラーム を お 読 みください P. 4-8 UNLOCKスイッチを 押 した 後, 自 動 的 に 施 錠 されるまでの 時 間 を 調 整 することが できます 詳 しくは 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 にご 相 談 ください 施 錠 解 錠 時 の 作 動 確 認 つぎの 通 り 作 動 を 確 認 することができま す ただし,ルームランプの 点 滅 点 灯 はルームランプのスイッチが 中 間 ( ) 位 置 のときに 限 られます 施 錠 時 : ルームランプと 非 常 点 滅 灯 が 2 回 点 滅 解 錠 時 : ルームランプが 約 15 秒 間 点 灯 し, 非 常 点 滅 灯 が1 回 点 滅 つぎの 機 能 を 変 更 することができます 詳 しくは 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 にご 相 談 く ださい 作 動 確 認 の 機 能 ( 非 常 点 滅 灯 の 点 滅 )を 施 錠 時 のみまたは 解 錠 時 のみにする 作 動 確 認 の 機 能 ( 非 常 点 滅 灯 の 点 滅 )を 働 かなくする ドアミラーの 格 納 復 帰 LOCK スイッチを 押 して 施 錠 した 後, 約 30 秒 以 内 に LOCK スイッチをさらに 続 け て2 回 押 すとドアミラーが 格 納 されます UNLOCK スイッチを 押 して 解 錠 した 後, 約 30 秒 以 内 に UNLOCK スイッチをさら に 続 けて 2 回 押 すとミラーは 元 の 位 置 に 戻 ります 4 4-3

43 各 部 の 開 閉 4 パワーウインドウの 閉 じ 方 LOCK スイッチを 押 して 施 錠 した 後, 約 30 秒 以 内 に LOCK スイッチを 再 度 約 1 秒 以 上 押 し 続 けるとすべてのドアガラスが 閉 まります 途 中 で 止 めたいときは LOCK または UNLOCKスイッチを 押 します リモコンスイッチによるつぎの 操 作 を 変 更 することができます 詳 しくは 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 にご 相 談 ください パワーウインドウの 閉 じる 操 作 をで きなくする パワーウインドウの 開 ける 機 能 を 追 加 する ドアミラーの 格 納 復 帰 をドアの 施 錠 解 錠 と 連 動 させる リモコンスイッチは 車 から 約 1m 以 内 で 作 動 します 近 くにTV 塔 や 変 電 所, 放 送 局 があるなど 周 囲 の 状 況 により 作 動 距 離 が 変 わること があります つぎのようなときはリモコンスイッチは 作 動 しません エンジンスイッチにキーが 差 してある とき ドアが 開 いている,または 半 ドアのとき ダッシュボードの 上 など 直 射 日 光 が 当 た る 場 所 にはリモコンスイッチを 放 置 しな いでください リモコンスイッチが 故 障 するおそれがあります リモコンスイッチを 紛 失 したときや, 新 しいリモコンスイッチを 作 りたいときは 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 にご 相 談 ください 最 大 4 個 まで 作 ることができます リモコンスイッチ 内 部 は 精 密 なためつぎ の 点 に 留 意 してください 衝 撃 を 与 えない 水 にぬらさない 分 解, 改 造 をしない つぎのときは 電 池 の 消 耗 が 考 えられま す 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 で 電 池 を 交 換 し てください 正 しい 距 離 でリモコンスイッチを 押 し ても 施 錠 解 錠 しないとき 作 動 表 示 灯 が 暗 い,または 点 灯 しないと き ドア J 警 告 車 から 離 れるときは, 火 災 や 盗 難 など を 未 然 に 防 ぐため, 必 ずエンジンを 止 めドアを 施 錠 してください 法 的 にも 義 務 づけられています お 子 さま 連 れのときは 必 ずお 子 さまも 一 緒 に 連 れて 出 てください また 車 内 に 貴 重 品 を 置 いたままにしな いでください 注 意 ドアを 閉 めるときは, 確 実 に 閉 め,メー ター 内 の 半 ドア 警 告 灯 が 消 灯 している ことを 確 認 してください 半 ドアでは, 走 行 中 にドアが 開 き 思 わぬ 事 故 につな がるおそれがあります センタードアロック 付 き 車 は, 運 転 席 ド アのキーまたはロックノブの 操 作 で 運 転 席 とすべてのドアを 施 錠 解 錠 すること ができます センタードアロック P. 4-6 センタードアロック 付 き 車 は, 施 錠 と 解 錠 を 交 互 に 連 続 操 作 すると 保 護 回 路 が 働 いてセンタードアロックが 一 時 的 に 作 動 しなくなることがあります このようなときはしばらくしてから( 約 1 分 後 ) 操 作 してください 4-4

44 各 部 の 開 閉 車 外 から 施 錠 解 錠 するとき は J キーを 使 って 施 錠 解 錠 する ときは(フロントドア) キーを 車 両 前 方 に 回 すと 施 錠, 車 両 後 方 に 回 すと 解 錠 されます キー 抜 き 忘 れ 防 止 機 構 J エンジンスイッチを 切 り,キーを 差 した まま 運 転 席 ドアを 開 くとキー 抜 き 忘 れ 警 告 ブザー(ポーンポーン)が 断 続 的 に 鳴 り,キーの 抜 き 忘 れを 知 らせます 車 内 から 施 錠 解 錠 するとき は J ロックノブを 車 両 前 方 へ 倒 すと 施 錠 し, 車 両 後 方 へ 戻 すと 解 錠 します 4 解 錠 施 錠 施 錠 キーを 使 わずに 施 錠 するとき は( 助 手 席, 後 席 ドア) 1. ドア 内 側 のロックノブを 車 両 前 方 に 倒 し, 2. ドアを 閉 じます オーバーライド 機 構 解 錠 運 転 席 ドアはロックノブを 車 両 前 方 に 倒 したままでも, 室 内 側 のドアハンドルを 引 くとドアを 開 けることができます センタードアロック 付 き 車 は, 同 時 にす べてのドアが 解 錠 されます 運 転 席 ドアは,ロックノブを 車 両 前 方 に 倒 して 施 錠 をしようとしても 施 錠 されま せん 4-5

45 各 部 の 開 閉 4 センタードアロック A J つぎの 操 作 ですべてのドアの 施 錠 解 錠 ができます 施 錠 と 解 錠 を 交 互 に 連 続 操 作 すると 保 護 回 路 が 働 いてセンタードアロックが 一 時 的 に 作 動 しなくなることがあります このようなときはしばらくしてから( 約 1 分 後 ) 操 作 してください キーを 使 って 施 錠 解 錠 する ときは ロックノブを 使 って 施 錠 解 錠 するときは 運 転 席 ドア 内 側 のロックノブを 車 両 前 方 へ 倒 すとすべてのドアが 施 錠 し, 車 両 後 方 へ 倒 すとすべてのドアが 解 錠 します 施 錠 解 錠 運 転 席 ドアのキーを 車 両 前 方 に 回 すとす べてのドアが 施 錠 し, 車 両 後 方 に 回 すと すべてのドアが 解 錠 します 解 錠 施 錠 4-6

46 各 部 の 開 閉 チャイルドプロテクション ( 後 席 ドア 安 全 施 錠 装 置 ) トランクリッド J J レバーを 施 錠 側 (1) にしてドアを 閉 める と,ドアのロックノブの 位 置 に 関 係 なく, 車 内 からはドアが 開 けられなくなりま す お 子 さまを 乗 せるときにご 使 用 くださ い 警 告 トランクは 中 から 開 けることはできま せん お 子 さまが 入 らないように 注 意 してく ださい 閉 じ 込 められると 重 大 な 事 故 につながるおそれがあります 走 行 前 に 必 ずトランクリッドが 確 実 に 閉 じていることを 確 認 してください 開 けたまま 走 行 すると, 車 内 に 排 気 ガス が 侵 入 し, 一 酸 化 炭 素 中 毒 になるおそ れがあります 4 注 意 トランクルームの 荷 物 を 出 し 入 れする ときは, 排 気 管 の 後 方 に 立 たないでく ださい 排 気 熱 によりやけどをするお それがあります 1- 施 錠 2- 解 錠 ドアを 開 けるときは 車 外 のドアハンドル で 開 けます 万 一 のときなど 車 内 からドアを 開 けたい ときは,ドアのロックノブを 解 錠 状 態 に してドアガラスを 下 げ, 窓 から 手 を 出 し て 車 外 のドアハンドルを 引 いてくださ い 車 内 から 開 けるときは 運 転 席 右 下 のレバーを 引 き 上 げるとトラ ンクリッドが 開 きます トランクリッドを 開 くとトランクルーム ランプが 点 灯 し, 閉 じると 消 灯 します 4-7

47 各 部 の 開 閉 4 キーレスエントリー 付 き 車 は,バッテ リー 上 がりを 防 止 するため,トランク ルームランプを 長 く 放 置 すると 自 動 消 灯 します インテリアランプオートカット 機 能 ( 自 動 消 灯 ) P. 8-8 車 外 から 開 けるときは キーを 差 し 込 み 右 に 回 します 閉 めるときは トランクリッドをおろして 少 し 勢 いをつ けて 押 しつけると 施 錠 されます 注 意 トランクリッドを 閉 じた 後 は 必 ずトラ ンクリッドが 確 実 に 閉 じていることを 確 認 してください 走 行 中 に 開 くと, 荷 物 が 落 ちることがあります セキュリティーアラーム A J セキュリティーアラームは, 車 両 内 への 不 正 侵 入 防 止 のため,キーレスエント リーで 解 錠 せずにドアを 開 けたとき,ま たはエンジンフードを 開 けたときに 警 報 を 作 動 させ, 周 囲 に 異 常 を 知 らせるシス テムです キーレスエントリー 以 外 の 操 作 で(キーやドアのロックノブを 使 って) ドアを 施 錠 したときは,このシステムは 働 きません 工 場 出 荷 時 は,セキュリティーアラーム が 作 動 しない に 設 定 されています 設 定 を 変 更 するときは システム 作 動 の 設 定 変 更 のしかた の 手 順 に 従 って 操 作 してください P 三 菱 自 動 車 純 正 部 品 以 外 の 部 品 を 装 着 す ると,セキュリティーアラームに 影 響 を およぼすおそれがあります 4-8

48 各 部 の 開 閉 システムの 基 本 状 態 セキュリティーアラームには 準 備 状 態, 作 動 可 能 状 態, 警 報 作 動, 作 動 解 除 の4つ の 状 態 があります それぞれの 状 態 に 応 じて,ブザー,セキュ リティーインジケーター, 非 常 点 滅 灯 ま たはホーンがつぎの 通 り 作 動 します 準 備 状 態, 作 動 可 能 状 態, 車 内 警 報 車 外 警 報 セキュリティー インジケーター 作 動 可 能 状 態 (ブザーは 停 止 し,セキュリティーインジ ケーターがゆっくりと 点 滅 し 続 ける) システム 準 備 状 態 が 過 ぎると,システム 作 動 可 能 状 態 になります このとき,キーレスエントリー 以 外 の 操 作 で(キーやドアのロックノブを 使 って) 解 錠 し,いずれかのドアまたはエンジン フードを 開 けると 警 報 が 作 動 し, 周 囲 に 異 常 を 知 らせます 警 報 作 動 車 内 警 報 の 後, 車 外 警 報 が 作 動 します 車 内 警 報 ( 約 10 秒 間 ): ブザーが 鳴 り, 車 内 に 異 常 を 知 らせま す 車 外 警 報 ( 約 30 秒 間 ): 非 常 点 滅 灯 が 点 滅 し,ホーンが 鳴 り, 周 囲 に 異 常 を 知 らせます 警 報 作 動 P 準 備 状 態 : 約 20 秒 間 (ブザーが 断 続 的 に 鳴 り,セキュリティー インジケーターが 点 滅 する) キーレスエントリーの LOCK スイッチを 押 してすべてのドアを 施 錠 した 後,シス テム 作 動 可 能 状 態 になるまでの 準 備 時 間 です 車 内 に 荷 物 を 忘 れたり,ドアガラスを 閉 め 忘 れたのに 気 がついて, 一 時 的 にキー レスエントリーを 使 わずにドアを 開 けた ときに 警 報 しないよう,この 状 態 を 設 定 しています 作 動 解 除 システム 準 備 状 態,システム 作 動 可 能 状 態 のときにシステムの 作 動 を 解 除 するこ とができます また, 警 報 が 作 動 しているときも 警 報 作 動 を 解 除 することができます システム 作 動 の 解 除 のしかた P 警 報 作 動 の 解 除 のしかた P 他 の 人 にお 車 を 貸 されるときや,セキュ リティーアラームの 作 動 について 知 らな い 人 が 運 転 されるときは,セキュリ ティーアラームについて 十 分 ご 説 明 いた だくか,セキュリティーアラームを 作 動 しない に 設 定 してください セキュ リティーアラームについて 知 らない 人 が 誤 って 解 錠 すると, 警 報 が 作 動 し, 周 囲 への 迷 惑 となります 4-9

49 各 部 の 開 閉 4 システム 作 動 の 設 定 変 更 のし かた J 警 報 作 動 の 設 定 状 態 を 選 択 することがで きます つぎの 手 順 に 従 って 設 定 を 変 更 してください 1. エンジンスイッチからキーを 抜 きま す 2. ライトスイッチを (OFF) 位 置 に して, 運 転 席 ドアを 開 いたままにしま す 3. フロントワイパー ウォッシャース イッチを 手 前 に 引 いたまま 保 持 しま す (エンジンスイッチが LOCK にあるた め,ウォッシャー 液 は 出 ません ) 4. 約 10 秒 経 過 するとブザーが ピー と 鳴 りますが,フロントワイパー ウォッシャースイッチは 手 前 に 引 い たまま 保 持 してください (フロントワイパー ウォッシャース イッチを 離 すと, 設 定 変 更 モードが 無 効 になります やり 直 すときは 手 順 3.からもう 一 度 操 作 してください ) 4-10

50 各 部 の 開 閉 5. ブザーが 鳴 り 止 んだら,フロントワイ パー ウォッシャースイッチを 手 前 に 引 いたままキーレスエントリーの UNLOCK スイッチを 押 してセキュリ ティーアラームの 設 定 状 態 を 選 択 し ます 設 定 状 態 は UNLOCK スイッチを 押 す ごとに 切 り 換 わり,ブザーの 回 数 に よって 確 認 できます セキュリティーアラームの 設 定 変 更 がわ かりにくいときは 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 に ご 相 談 ください セキュリティーアラームを 作 動 する に 設 定 した 場 合 も, 万 一 のため, 車 を 離 れ るときは 車 内 に 貴 重 品 を 置 いたままにし ないでください UNLOCK スイッチ 4 ブザー の 回 数 セキュリティーアラーム の 設 定 状 態 1 回 警 報 作 動 しない 3 回 ホーンと 非 常 点 滅 灯 で 警 報 作 動 する 6. つぎのいずれかの 操 作 でシステム 設 定 変 更 モードが 終 了 します フロントワイパー ウォッシャース イッチを 離 す 運 転 席 ドアを 閉 じる エンジンスイッチにキーを 差 す ライトスイッチを (OFF) 以 外 にする 設 定 を 変 更 しないまま 約 30 秒 経 過 す る 4-11

51 各 部 の 開 閉 システム 作 動 のセットのしか た J あらかじめセキュリティーアラームを 作 動 する に 設 定 した 後,つぎの 手 順 で システム 作 動 可 能 状 態 にセットします UNLOCKスイッチ キーレスエントリー 以 外 の 操 作 で(キー やドアのロックノブを 使 って)すべての ドアを 施 錠 したときは,システム 準 備 状 態 になりません エンジンフードが 開 いているときは,セ キュリティーインジケーターが 点 灯 し, システム 作 動 可 能 状 態 になりません エンジンフードを 閉 めるとシステム 準 備 状 態 になり, 約 20 秒 後 にシステム 作 動 可 能 状 態 になります 4 LOCKスイッチ 1. エンジンスイッチからキーを 抜 きま す 2. 車 両 から 出 てすべてのドアを 閉 じま す 3. キーレスエントリーのLOCKスイッチ を 押 してすべてのドアを 施 錠 します キーレスエントリーによる 施 錠 操 作 で,システム 準 備 状 態 になります こ のとき 確 認 のためのブザーが 断 続 的 に ピー,ピー と 鳴 り,インストル メントパネルのセキュリティーイン ジケーターが 点 滅 します セキュリティー インジケーター 4. 約 20 秒 後,ブザーが 止 まり,セキュリ ティーインジケーターの 点 滅 速 度 が 遅 くなり 始 めたらシステム 作 動 可 能 状 態 です システム 作 動 可 能 状 態 中 は,セキュリティーインジケーターは 点 滅 し 続 けます 車 内 に 人 が 乗 っている 状 態,またはドア ガラスが 開 いた 状 態 でもセキュリティー アラームは 作 動 します 警 報 の 思 わぬ 作 動 を 防 ぐため, 車 内 に 人 が 乗 っている 状 態 ではシステム 作 動 可 能 状 態 にしないで ください システム 作 動 可 能 状 態 中 は,キーレスエ ントリー 以 外 の 操 作 で(キーやドアの ロックノブを 使 って) 解 錠 してドアを 開 けてもルームランプは 点 灯 しません システム 作 動 の 解 除 のしかた J システム 準 備 状 態 またはシステム 作 動 可 能 状 態 のときに,つぎの 方 法 でシステム 作 動 を 解 除 することができます キーレスエントリーの UNLOCK ス イッチを 押 す エンジンスイッチをONまたはACCに する システム 準 備 状 態 のとき,いずれかの ドアを 開 けるか,エンジンスイッチに キーを 差 し 込 む 4-12

52 各 部 の 開 閉 システム 準 備 状 態 中 にエンジンフードを 開 けるとシステム 準 備 状 態 が 中 断 し,エ ンジンフードを 閉 めるとシステム 準 備 状 態 に 戻 ります システム 準 備 状 態 のときにバッテリー 端 子 を 外 すと 記 憶 は 消 去 されます リモコンスイッチは4 個 まで 登 録 できま す 登 録 済 みのリモコンスイッチであれば, セットしたリモコンスイッチと 別 のリモ コンスイッチを 使 ってもシステムを 解 除 することができます リモコンスイッチの 追 加 登 録 については 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 にお 問 い 合 わせくだ さい キーレスエントリーの 作 動 距 離 は 約 1m です 正 しい 距 離 でスイッチを 押 しても 施 錠, 解 錠 およびセキュリティーアラー ムのセット, 解 除 ができないときには 電 池 の 消 耗 が 考 えられます 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 で 電 池 を 交 換 してください UNLOCKスイッチを 押 して 解 錠 しても 約 30 秒 以 内 にドアを 開 けなければ 自 動 的 に 施 錠 されます このときもシステム 準 備 状 態 になります UNLOCKスイッチを 押 した 後, 自 動 的 に 施 錠 されるまでの 時 間 を 調 整 することが できます 詳 しくは 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 にご 相 談 く ださい 警 報 作 動 J システム 作 動 可 能 状 態 のときに,キーレ スエントリーのUNLOCKスイッチを 押 す 以 外 の 操 作 で 解 錠 し,いずれかのドアま たはエンジンフードを 開 けるとつぎのよ うに 警 報 作 動 します 1. 約 10 秒 間 ブザーが 断 続 的 に 鳴 ります ( 車 内 警 報 ) 作 動 可 能 状 態 中 にエンジンフードを 開 け ると 車 内 警 報 は 作 動 せず,すぐに 車 外 警 報 が 作 動 します 2. 車 内 警 報 の 後, 設 定 した 車 外 警 報 が 約 30 秒 間 作 動 します 非 常 点 滅 灯 が 点 滅 しホーンが 断 続 的 に 鳴 ります

53 各 部 の 開 閉 4 3. 警 報 が 停 止 した 後 もドアまたはエン ジンフードを 開 くと 車 外 警 報 が 再 び 作 動 します 警 報 作 動 中 はルームランプは 点 灯 しませ ん 警 報 作 動 の 解 除 のしかた J つぎの 方 法 で 警 報 作 動 を 止 めることがで きます キーレスエントリーの LOCK または UNLOCKスイッチを 押 す LOCKスイッチを 押 したとき,すべて のドアが 閉 じていれば 施 錠 し, 再 びシ ステム 準 備 状 態 になります エンジンスイッチをONまたはACCに する 車 内 警 報 中 にドアを 閉 じても 警 報 作 動 は 解 除 されません エンジンスイッチを ON にしたときブ ザーが4 回 鳴 り,セキュリティーインジ ケーターが4 回 点 滅 したときは, 駐 車 中 に 警 報 が 作 動 したことを 示 しています 盗 難 にあっていないかお 車 の 中 を 確 認 し てください バッテリーを 外 しても 警 報 作 動 の 記 憶 は 消 去 されません 一 時 的 にバッテリーを 外 して 警 報 作 動 し ないようにしても,バッテリーを 再 び 接 続 するとすぐに 警 報 し, 周 囲 に 異 常 を 知 らせます 4-14

54 各 部 の 開 閉 パワーウインドウ 運 転 席 スイッチ J 開 ける 閉 じる 運 転 席 側 助 手 席 側 後 席 右 側 後 席 左 側 4 警 告 パワーウインドウを 閉 じるときは, 安 全 のため 同 乗 者 が 窓 から 顔 や 手 を 出 し ていないことを 確 認 してください 安 全 のためパワーウインドウの 操 作 は お 子 さまではなく 大 人 が 行 ってくださ い 車 を 離 れるときは 必 ずキーを 抜 い て,お 子 さまも 一 緒 に 連 れて 出 てくだ さい キーを 差 したままだとお 子 さまがいた ずらをして 手 や 首 をはさむおそれがあ ります キーレスエントリー 付 き 車 は,リモコン スイッチでもパワーウインドウを 閉 じる ことができます キーレスエントリー P. 4-3 運 転 席 スイッチで 全 席 のドアガラスの 開 閉 をすることができます エンジンス イッチが ON のときにスイッチを 押 すと 開 き, 引 き 上 げると 閉 まります スイッチを 強 く 押 したり, 強 く 引 き 上 げ ると 自 動 的 に 全 開, 全 閉 します 途 中 で 止 めたいときはスイッチを 軽 く 操 作 します 助 手 席, 後 席 スイッチ エンジンスイッチが ON のときにスイッ チを 押 すと 開 き, 引 き 上 げると 閉 まりま す 後 席 ドアガラスは 全 開 しません 4-15

55 各 部 の 開 閉 タイマー 機 構 セーフティー 機 構 4 J エンジンスイッチを 切 った 後 でも 約 30 秒 間 はガラスを 開 閉 することができます この 時 間 内 に 運 転 席 ドアを 開 けるとさら に 約 30 秒 間 ガラスを 開 閉 できます ただ し, 一 旦 運 転 席 ドアを 閉 めるとガラスの 開 閉 はできなくなります つぎの 機 能 を 変 更 することができます 詳 しくは 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 にご 相 談 く ださい タイマー 時 間 を 調 整 する タイマー 機 能 をなくす ロックスイッチ J お 子 さまを 乗 せるときはロックスイッチ をONにしてください 助 手 席, 後 席 スイッチを 操 作 してもドア ガラスは 開 閉 できなくなります 解 除 するときはもう 一 度 押 します J 万 一, 手 や 首 などをはさんだ 場 合 は 安 全 のため 自 動 的 にドアガラスが 少 し 下 がり ます ドアガラスが 下 がった 後, 再 度 スイッチ を 引 き 上 げるとドアガラスを 閉 めること ができます 注 意 ドアガラスを 確 実 に 閉 めるため, 閉 め 切 り 直 前 ではセーフティー 機 構 が 働 か ないようになっています 指 などをは さまないように 注 意 してください 環 境 や 走 行 条 件 により, 手 や 首 などをは さんだときと 同 じ 衝 撃 が 加 わると,セー フティー 機 構 が 働 くことがあります 3 回 以 上 連 続 してセーフティー 機 構 が 働 いたときは,セーフティー 機 構 が 解 除 さ れ,ドアガラスが 正 常 に 閉 まらなくなり ます つぎの 方 法 でドアガラスを 処 置 してくだ さい ドアガラスが 開 いているときは,パワー ウインドウスイッチを 繰 り 返 し 引 き 上 げ て,ドアガラスを 一 度 全 閉 します 全 閉 後, 一 旦 スイッチから 手 を 離 し, 再 度 約 1 秒 間 スイッチを 引 き 上 げてください こ れにより, 元 通 りドアガラスの 開 閉 操 作 ができるようになります 運 転 席 スイッチでは 全 席 のドアガラスを 開 閉 することができます 運 転 席 スイッチで 助 手 席, 後 席 のドアガ ラスを 開 閉 できないようにすることがで きます 詳 しくは 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 にご 相 談 く ださい 4-16

56 各 部 の 開 閉 エンジンフード(ボンネッ ト) J 支 持 棒 をエンジンフードの 穴 に 差 し 込 みエンジンフードを 確 実 に 固 定 し ます 開 けるときは 1. ワイパーアームが 立 っているときは ワイパーアームを 倒 します ワイパーアームが 立 った 状 態 でエンジン フードを 開 けるとエンジンフードに 傷 が つくおそれがあります 4 2. 計 器 盤 右 下 にあるレバーを 引 くとエ ンジンフードが 少 し 浮 き 上 がります 注 意 風 の 強 いときにエンジンフードを 開 け ていると, 風 にあおられて 支 持 棒 が 外 れることがあります 特 に 風 の 強 いと きはご 注 意 ください 支 持 棒 は 必 ず 所 定 の 穴 に 差 し 込 んでく ださい 所 定 以 外 の 箇 所 に 掛 けると 支 持 棒 が 外 れ, 思 わぬ 事 故 につながるお それがあります 3. エンジンフードのすき 間 に 手 を 入 れ, 前 端 中 央 部 のレバーを 左 へ 押 しなが らエンジンフードを 持 ち 上 げます レバー 4-17

57 各 部 の 開 閉 4 閉 めるときは 1. エンジンフードを 支 えながら 支 持 棒 を 穴 から 外 してクリップに 固 定 しま す 2. エンジンフードを 少 し 持 ち 上 げた 位 置 ( 約 30cm)から 離 します 注 意 手 や 物 をはさまないように 注 意 してく ださい 3. エンジンフードが 完 全 に 閉 じている ことを 確 認 します 注 意 走 行 前 に 必 ずエンジンフードが 確 実 に 閉 じていることを 確 認 してください 完 全 に 閉 じていないまま 走 行 するとエ ンジンフードが 開 くおそれがありま す エンジンフードを 手 で 強 く 押 しつけない でください 力 のかけぐあいや 場 所 に よっては, 万 一 の 場 合, 車 体 がへこむお それがあります フューエルリッド( 燃 料 補 給 口 ) J フューエルリッド( 燃 料 補 給 口 )は 車 両 の 左 側 後 方 にあります 警 告 燃 料 を 補 給 するときは 火 気 厳 禁 です 燃 料 は 引 火 しやすいため 火 災 や 爆 発 の おそれがあります 必 ずエンジンを 止 めてください たばこ,ライター, 携 帯 電 話 などは 使 用 しないでください フューエルキャップを 外 す 前 に 車 体 や 給 油 機 の 金 属 部 分 に 触 れて, 必 ず 身 体 の 静 電 気 を 除 去 してください 静 電 気 を 帯 びていると, 放 電 による 火 花 で 気 化 した 燃 料 に 引 火 するおそれが あります リッド( 補 給 口 )の 開 口,フューエル キャップの 取 り 外 しなど, 給 油 操 作 は 必 ず 一 人 で 行 い, 補 給 口 に 他 の 人 を 近 づけないでください 複 数 で 行 うと 他 の 人 が 帯 電 していた 場 合, 気 化 した 燃 料 に 引 火 するおそれが あります 給 油 が 終 わるまで 補 給 口 から 離 れない でください 途 中,シートに 座 るなど すると, 再 帯 電 するおそれがあります 燃 料 は 必 ず 指 定 された 燃 料 をご 使 用 くだ さい 燃 料 は 指 定 されたものを 補 給 P. 2-3 メンテナンスデータ: 燃 料 P

58 各 部 の 開 閉 開 けるときは J 運 転 席 右 下 のレバーを 引 き 上 げて リッド( 補 給 口 )を 開 けます 警 告 フューエルキャップをゆるめたときに シューッという 音 がしたときは, 音 が しなくなるまで 待 ってから,フューエ ルキャップをゆっくり 回 してくださ い 閉 めるときは J フューエルキャップをカチッカチッ と 音 がするまで 右 に 回 して 閉 めます 4 警 告 フューエルキャップが 確 実 に 閉 まって いることを 確 認 してください 確 実 に 閉 まっていないと 燃 料 がもれ, 火 災 に なるおそれがあります 2. フューエルリッドを 手 で 軽 く 押 して 閉 めます 2. フューエルキャップのつまみを 持 ち, ゆっくり 左 に 回 して 外 します フューエルキャップ 警 告 急 激 にフューエルキャップを 回 さない でください 燃 料 タンク 内 の 圧 力 によ り, 補 給 口 から 燃 料 が 吹 き 返 すおそれ があります 4-19

59 MEMO

60 安 全 装 備 シート シート シート 調 整 フロントシート リヤシート ヘッドレスト シートベルト シートベルト プリテンショナー 機 構 /フォースリミッター 機 構 付 シートベルト チャイルドシート チャイルドシート SRSエアバッグ SRSエアバッグ

61 安 全 装 備 シート J フロントシート リヤシート 5 フロントシート 前 後 調 整 P. 5-4 背 もたれの 角 度 調 整 P. 5-4 クッションの 上 下 調 整 ( 運 転 席 ) P. 5-5 リヤシート リヤシートクッションP

62 安 全 装 備 シート 調 整 J シート 各 部 の 調 整 は 走 行 前 に 行 ってくだ さい 警 告 シートの 調 整 は 必 ず 走 行 前 に 行 ってく ださい 走 行 中 にシートを 調 整 すると 必 要 以 上 に 動 くことがあり, 重 大 な 事 故 につながるおそれがあります シートの 調 整 をした 後 は,シートが 確 実 に 固 定 されていることを 確 認 してく ださい シートが 固 定 されていないと シートが 動 き, 重 大 な 事 故 につながる おそれがあります シートの 背 もたれを 必 要 以 上 に 倒 して 走 行 しないでください 急 ブレーキを かけたときや 衝 突 したときなどに, 身 体 がシートベルトの 下 にもぐり, 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれがあります フロントシート J 正 しい 運 転 姿 勢 がとれるように,つぎの 点 に 注 意 してシートを 調 整 してくださ い ヘッドレストの 中 央 部 を できるだけ 目 の 高 さにする ハンドルが 楽 に 操 作 できる ペダルが 十 分 に 踏 み 込 める 5 注 意 シートの 調 整 は 必 ず 大 人 が 行 ってくだ さい お 子 さまが 操 作 すると 思 わぬ 事 故 を 起 こすおそれがあります シートを 操 作 しているときは,シート の 下 や 動 いている 部 分 に 手 足 を 近 づけ ないでください シートベルトが 正 しく 着 用 できる P. 5-7 背 すじをのばし 背 もたれに 軽 くつける 警 告 背 もたれと 背 中 の 間 にクッションなど を 入 れないでください 正 しい 運 転 姿 勢 がとれないため, 思 わ ぬ 事 故 につながるおそれがあります 注 意 後 方 へシートを 移 動 したり, 背 もたれ を 倒 すときは 乗 員 に 注 意 してくださ い 5-3

63 安 全 装 備 前 後 調 整 J レバーを 引 いたまま 調 整 します 調 整 後 はシートを 前 後 に 軽 くゆすり, シートが 確 実 に 固 定 されたことを 確 認 し ます 背 もたれの 角 度 調 整 J レバーを 引 いたまま 調 整 します 調 整 後 は 背 もたれを 軽 くゆすり, 背 もた れが 確 実 に 固 定 されたことを 確 認 しま す 5 注 意 レバーを 操 作 するときは, 背 もたれに 身 体 を 添 わせるか, 手 を 添 えて 行 って ください 背 もたれが 急 に 戻 り 顔 などにあたるお それがあります 5-4

64 安 全 装 備 クッションの 上 下 調 整 J リヤシート J 運 転 席 ノブを 回 して 調 整 します 上 がる 下 がる リヤシートクッション J リヤシートのシートクッションは 取 り 外 すことができます シートカバーをつけ るときなどにご 利 用 ください 取 り 外 すときは シートクッションの 両 端 を 持 ち 上 げて, 取 り 外 します 5 シートクッション 取 り 付 けるときは 1. バックルと 中 央 のプレートをシート クッションの 切 り 欠 きに 通 します バックル,プレート 切 り 欠 き 5-5

65 5 安 全 装 備 2. 左 右 のプレートがシートクッション の 上 に 出 ていることを 確 認 し,シート クッション 後 方 のフックが 背 もたれ の 下 側 に 入 るようにシートクッショ ンを 押 し 込 みます プレート 3. シートクッション 下 側 の 固 定 用 フッ クを 左 右 の 取 り 付 け 穴 にカチッと 音 がするまで 押 し 込 みます 固 定 用 フック 取 り 付 け 穴 プレート フック ヘッドレスト J 警 告 ヘッドレストの 固 定 できる 高 さを 超 え て 使 用 しないでください 万 一 のとき 安 全 確 保 に 役 立 ちません 背 もたれと 背 中 の 間 にクッションなど を 入 れると 安 全 確 保 に 役 立 ちません ヘッドレストを 取 り 外 したままで 走 行 しないでください 走 行 前 に 必 ず 取 り 付 けてください 衝 突 したときなどに 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれがありま す 上 下 調 整 ヘッドレストの 中 央 部 ができるだけ 目 の 高 さになるように 調 整 します 目 の 高 さに 届 かない 場 合 ( 特 に 背 の 高 い 人 など)は, 固 定 できる 範 囲 で 一 番 高 い 位 置 に 調 整 してください 上 げるときはそのまま 引 き 上 げ, 下 げる ときは 固 定 ボタンを 押 しながら 下 げま す 4. 取 り 付 け 後 はシートクッションを 軽 くゆすり,シートクッションが 確 実 に 固 定 されていることを 確 認 します 固 定 ボタン 5-6

66 安 全 装 備 取 り 外 すときは 固 定 ボタンを 押 したまま,いっぱいに 引 き 上 げて 取 り 外 します 取 り 付 けるときは 固 定 ボタンを 押 しながら 差 し 込 みます シートベルト J シートベルトは 万 一 の 場 合, 運 転 者 と 同 乗 者 の 安 全 を 守 ります シートベルトは つぎの 使 用 方 法, 注 意 を 守 り, 運 転 する 前 に 必 ず 着 用 してください 注 意 ヘッドレストを 取 り 付 けた 後, 固 定 ボ タンがロックされていることを 確 認 し てください ロックされた 状 態 肩 に 十 分 かかるように 上 体 を 起 こし 深 く 座 り シートを 正 しい 位 置 に 調 整 する ねじれて いない ように 5 固 定 ボタン 固 定 ボタン 腰 部 ベルトは 必 ず 腰 骨 の できるだけ 低 い 位 置 にかける 警 告 肩 部 ベルトは 脇 の 下 を 通 さないで, 肩 に 十 分 かかるように 着 用 してくださ い ベルトが 肩 に 十 分 かかっていない と 衝 突 したときなどに 身 体 が 前 方 に 投 げ 出 され, 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれ があります 腰 部 ベルトは 腹 部 にかけないでくださ い 衝 突 したときなどに 腹 部 などに 強 い 圧 迫 を 受 け,シートベルトにより 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれがあります ベルトは1 人 用 です 2 人 以 上 で 使 用 し ないでください 衝 突 のときなどにベ ルトが 正 常 に 働 かず, 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれがあります シートの 背 もたれを 必 要 以 上 に 倒 して 走 行 しないでください 急 ブレーキを かけたときや 衝 突 したときなどに, 身 体 がシートベルトの 下 にもぐり, 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれがあります 5-7

67 安 全 装 備 5 警 告 車 に 乗 るときは 必 ず 全 員 がシートベル トを 着 用 してください ベルトを 着 用 しないと 急 ブレーキをかけたときや 衝 突 したときなどに 身 体 がシートに 保 持 されず, 車 外 に 投 げ 出 されたりして, 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれがあります シートベルトは 上 体 を 起 こして,シー トに 深 く 腰 かけた 状 態 で 着 用 してくだ さい 正 しい 姿 勢 で 着 用 しないと 十 分 な 効 果 を 発 揮 しないおそれがありま す 正 しい 姿 勢 については フロント シート を 参 照 してください P. 5-3 シートベルトはねじれのないように 着 用 してください ねじれがあるとベル トの 幅 が 狭 くなり, 衝 突 したときなど に 局 部 的 に 強 い 力 を 受 けてシートベル トにより 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれが あります ハンドルやインストルメントパネルに 必 要 以 上 に 近 づいて 運 転 しないでくだ さい 衝 突 したときなどにシートベル トが 十 分 な 効 果 を 発 揮 しないおそれが あります お 子 さまでもシートベルトを 必 ず 着 用 させてください ひざの 上 でお 子 さま を 抱 いていても, 急 ブレーキをかけた ときや 衝 突 したときなどに 十 分 に 支 え ることができず,お 子 さまが 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれがあります 警 告 ほつれや 切 り 傷 ができたり, 金 具 部 な どが 正 常 に 動 かなくなったときは, シートベルトを 交 換 してください 異 常 がある 状 態 で 使 用 すると 衝 突 時 に 正 常 に 動 かず, 性 能 を 十 分 発 揮 できない おそれがあります 万 一, 事 故 にあって,シートベルトに 強 い 衝 撃 を 受 けた 場 合 は, 外 観 に 異 常 がなくても 必 ず 交 換 してください 軽 い 事 故 の 場 合 も 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 で 点 検 を 受 けてください ベルト 自 体 が 壊 れている 場 合 があり, 性 能 を 十 分 発 揮 できないおそれがあります シートベルトを 修 理 または 交 換 する 場 合 は 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 へご 相 談 くだ さい バックルや 巻 き 取 り 装 置 の 内 部 に 異 物 などを 入 れないようにしてください またシートベルトの 改 造 や 取 り 付 け, 取 り 外 しをしないでください 衝 突 し たときなどに 十 分 な 効 果 を 発 揮 できな いおそれがあります ベルトが 汚 れた 場 合 は, 中 性 洗 剤 を 使 用 してください ベンジンやガソリン などの 有 機 溶 剤 の 使 用 や 漂 白, 染 色 は 絶 対 にしないでください シートベルトの 性 能 が 落 ち, 十 分 な 効 果 を 発 揮 できなくなるおそれがありま す 妊 娠 中 の 女 性 や 疾 患 のある 方 も, 万 一 のときのためにシートベルトを 着 用 し てください ただし, 局 部 的 に 強 い 圧 迫 を 受 けるおそれがありますので, 医 師 にご 相 談 のうえ 注 意 事 項 を 確 認 して からご 使 用 ください 妊 娠 中 の 方 は, 腰 部 ベルトを 腹 部 を 避 けて 腰 部 のできるだけ 低 い 位 置 にぴっ たりと 着 用 してください 肩 部 ベルト は 確 実 に 肩 を 通 し, 腹 部 を 避 けて 胸 部 にかかるように 着 用 してください シートベルトを 着 用 する 場 合 は 洗 たく ばさみやクリップなどでベルトにたる みをつけないでください ベルトにた るみがあると 十 分 な 効 果 を 発 揮 しない おそれがあります 5-8

68 安 全 装 備 3 点 式 シートベルト J ベルトの 長 さを 調 整 する 必 要 はありませ ん ベルトは 身 体 の 動 きに 合 わせて 伸 縮 しますが, 強 い 衝 撃 を 受 けたときは,ベ ルトが 自 動 的 にロックされ 身 体 を 固 定 し ます 着 用 するときは J プレートを 持 ってシートベルトを ゆっくりと 引 き 出 します シートベルトがロックしたまま 引 き 出 せ ないときは, 一 度 ベルトを 強 く 引 いてか らベルトをゆるめ, 再 度 ゆっくりと 引 き 出 してください 2. ベルトがねじれていないか 確 認 した 後,プレートをバックルにカチッと 音 がするまではめ 込 みます 3. 腰 部 ベルトを 腰 骨 のできるだけ 低 い 位 置 にかけ,ベルトを 引 いて 腰 部 に 密 着 させます 腰 骨 のできるだけ 低 い 位 置 外 すときは 引 く J プレートを 持 ってバックルのボタンを 押 します ベルトは 自 動 的 に 巻 き 取 られますので, プレートに 手 を 添 えて,ゆっくり 戻 して ください 5 ボタン プレート バックル 5-9

69 安 全 装 備 5 警 告 お 子 さまをシートベルトで 遊 ばせない でください 特 にチャイルドシート 固 定 機 構 付 シー トベルトの 場 合,ベルトを 体 に 巻 き 付 けたりして 遊 んでいると, 誤 ってチャ イルドシート 固 定 機 構 が 作 動 し,ベル トが 引 き 出 せずに 窒 息 などの 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれがあります 万 一, 誤 ってチャイルドシート 固 定 機 構 を 作 動 させてしまい,シートベルト が 外 せなくなったときは,はさみなど でベルトを 切 断 してください チャイルドシート 固 定 機 構 付 シートベル トは,シートベルトを 着 用 した 状 態 で 上 体 を 大 きく 動 かしたときに,シートベル トが 引 き 出 せなくなることがあります これはチャイルドシート 固 定 機 構 が 作 動 しているためです このときは,シートベルトをすべて 巻 き 取 らせてチャイルドシート 固 定 機 構 を 解 除 してから 再 度 シートベルトを 着 用 して ください チャイルドシート 固 定 機 構 付 シート ベルトでの 取 り 付 け 方 P ベルトが 首, 顔 に 当 たるとき は(アジャスタブルシートベ ルトアンカー) フロントシート J 肩 部 ベルトの 高 さを 調 整 することができ ます ベルトが 首, 顔 に 当 たったり, 肩 から 外 れて 腕 にかかってしまうときに 調 整 して ください 上 げるときはアンカーをそのまま 押 し 上 げ, 下 げるときはロックノブを 押 したま まアンカーを 下 げます 調 整 後 はアンカーが 固 定 されていること を 確 認 します ロックノブ アンカー シートベルト 警 告 灯 J エンジンスイッチが ON で 運 転 席 のシー トベルトを 着 用 していないと 点 灯 し, 運 転 者 にシートベルトの 着 用 をうながしま す シートベルトを 着 用 すると 消 灯 します 注 意 アンカーはできるだけ 高 い 位 置 でご 使 用 ください ベルトが 首 に 当 たったり, 肩 に 十 分 かからないときは,アンカー を 一 段 ずつ 下 げて 調 整 してください 5-10

70 安 全 装 備 2 点 式 シートベルト J 体 格 に 合 わせてベルトの 長 さを 調 整 しま す 外 すときは バックルのボタンを 押 します 着 用 するときは 1. シートベルトがねじれていないか 確 認 した 後,ベルトをプレートと 直 角 に して,ベルトを 着 けたときに 腰 部 とベ ルトの 間 に 手 のひらが 入 る 程 度 の 長 さに 調 整 します 短 く 長 く ボタン 5 直 角 2. プレートをバックルにカチッと 音 が するまではめ 込 みます ベルトは 腰 部 のできるだけ 低 い 位 置 にかけ,ベルトを 引 いて 腰 部 に 密 着 さ せます プレート バックル 5-11

71 安 全 装 備 5 プリテンショナー 機 構 / フォースリミッター 機 構 付 シートベルト J プリテンショナー 付 シートベルトは, 運 転 席 および 助 手 席 に 装 備 されています プリテンショナー 機 構 プリテンショナー 機 構 は,エンジンス イッチが ON のときに 運 転 者 または 助 手 席 同 乗 者 に 重 大 な 危 害 がおよぶような 強 い 衝 撃 を 車 両 前 方 より 受 けたときに, シートベルトを 瞬 時 に 引 き 込 み,シート ベルトの 効 果 をいっそう 高 める 装 置 で す 警 告 プリテンショナー 付 シートベルトの 効 果 を 十 分 に 発 揮 させるため,つぎのこ とをお 守 りください シートを 正 しい 位 置 に 調 整 してくだ さい フロントシート P. 5-3 シートベルトを 正 しく 着 用 してくだ さい シートベルト P. 5-7 注 意 プリテンショナー 付 シートベルトやフ ロアコンソール 付 近 の 修 理,カーオー ディオ 等 の 取 り 付 けをする 場 合 はプリ テンショナー 機 構 に 影 響 をおよぼすお それがありますので, 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 にご 相 談 ください 廃 車 するときは 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 へ ご 相 談 ください プリテンショナー 付 シートベルトが 思 いがけなく 作 動 し, けがをするおそれがあります プリテンショナー 付 シートベルトは 一 度 作 動 すると 再 使 用 できません 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 で 運 転 席, 助 手 席 側 を 同 時 に 交 換 してください SRS エアバッグ/プリテン ショナー 機 構 警 告 灯 正 常 なときはエンジンスイッチを ON に すると 点 灯 し, 数 秒 後 に 消 灯 します また,SRS エアバッグおよびプリテン ショナー 機 構 が 作 動 すると, 点 灯 したま まとなります SRS エアバッグ 警 告 灯 はプリテンショ ナー 警 告 灯 と 兼 用 しています 注 意 警 告 灯 がつぎのようになったときはシ ステムの 異 常 が 考 えられます 衝 突 したときなどに SRS エアバッグお よびプリテンショナー 付 シートベルト が 正 常 に 作 動 せずけがをするおそれが ありますので 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 で 点 検 を 受 けてください エンジンスイッチを ON にしても 警 告 灯 が 点 灯 しない,または 点 灯 したまま 走 行 中 に 警 告 灯 が 点 灯 する プリテンショナー 付 シートベルトはシー トベルトを 装 着 していなくても, 前 方 か らの 強 い 衝 撃 を 受 けると 作 動 します フォースリミッター 機 構 衝 突 時 に,シートベルトにかかる 荷 重 を 効 果 的 に 吸 収 し, 乗 員 への 衝 撃 をやわら げる 装 置 です 5-12

72 安 全 装 備 チャイルドシート J 警 告 シートベルトを 着 けたとき 肩 部 ベルト が 首,あご, 顔 などに 当 たる 場 合 や, 腰 部 ベルトが 腰 骨 にかからないような 小 さなお 子 さまは 通 常 のシートベルトで は 衝 突 のとき 強 い 圧 迫 を 受 け,シート ベルトにより 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそ れがあります 体 格 に 合 ったチャイル ドシートを 使 用 してください 6 才 未 満 のお 子 さまはチャイルドシー トの 使 用 が 法 律 で 義 務 付 けられていま す チャイルドシートには 乳 児 用 (ベビー シート), 幼 児 用 (チャイルドシート), 学 童 用 (ジュニアシート)の3 種 類 がありま す チャイルドシートはお 子 さまの 体 格 によりお 使 いになれる 種 類 が 異 なりま す 詳 しくは 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 にご 相 談 ください ISO *1 FIX 対 応 チャイルドシー ト J チャイルドシート 固 定 専 用 バーが 装 備 さ れた 座 席 専 用 のチャイルドシート *2 です 専 用 バーを 使 用 してチャイルドシートを 固 定 します 車 両 のシートベルトでチャ イルドシートを 固 定 する 必 要 はありませ ん *1 ISO は International Standardization Organization( 国 際 標 準 化 機 構 )の 略 語 です *2 お 客 様 のお 車 用 として 認 可 を 受 けた チャイルドシートのみ 使 用 できます 警 告 お 客 様 のお 車 用 として 認 可 を 受 けてい ないチャイルドシート(サポートレッ グなしのもの, 三 菱 自 動 車 純 正 指 定 以 外 のものなど)を 使 用 すると,チャイ ルドシートが 適 切 に 固 定 されずお 子 さ まが 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれがあり ます 必 ずお 客 様 のお 車 専 用 のチャイ ルドシートを 使 用 してください

73 安 全 装 備 ISO FIX 対 応 サポートレッグ サポートレッグ 除 く,ISO FIX 対 応 チャイルド シート J 車 両 のシートベルトを 使 用 して 固 定 する チャイルドシートです シートの 形 状,サ イズによっては 固 定 できない 場 合 があり ます 5 A- 乳 児 用 (ベビーシート) B- 幼 児 用 (チャイルドシート) ベース 部 ( 斜 線 部 分 )は, 各 シートと 別 体 となります < 選 択 の 目 安 > 乳 児 用 (ベビー シート) *3 幼 児 用 (チャイル ドシート) 体 重 (kg) 身 長 (cm) 9 未 満 75 以 下 9~25 未 満 75~115 参 考 年 齢 新 生 児 ~9ヶ 月 9ヶ 月 ~6 才 *3 幼 児 用 (チャイルドシート)は 学 童 用 (ジュニアシート)としても 使 用 でき ます 詳 しくはチャイルドシートに 添 付 の 取 扱 説 明 書 をお 読 みください A- 乳 児 用 (ベビーシート) B- 幼 児 用 (チャイルドシート) C- 学 童 用 (ジュニアシート) < 選 択 の 目 安 > 体 重 (kg) 身 長 (cm) 乳 児 用 (ベビー 10 未 満 75 以 下 シート) 参 考 年 齢 新 生 児 ~12ヶ 月 幼 児 用 (チャイ ルド 18 未 満 105 以 下 4 才 以 下 シート) 学 童 用 (ジュニ アシー ト) 15~36 100~135 4 才 ~ 10 才 上 記 の 表 は 体 重 身 長 年 齢 の 目 安 を 示 しています 各 製 品 により 使 用 条 件 が 異 なりますので, 必 ず 確 認 してください 5-14

74 安 全 装 備 警 告 助 手 席 に 乳 児 用 シート(ベビーシート) など 後 ろ 向 き 装 着 のチャイルドシート は 絶 対 に 取 り 付 けないでください また, 幼 児 用 シート(チャイルドシー ト)など 前 後 向 きとも 装 着 可 能 なシー トでも 後 ろ 向 きには 絶 対 に 取 り 付 けな いでください 助 手 席 SRS エアバッグが 膨 らむとき, 強 い 力 が 後 ろ 向 きチャイルドシートの 上 部 にかかり, 背 もたれに 押 しつけら れて 命 にかかわる 重 大 な 傷 害 を 受 ける おそれがあります 助 手 席 ISO FIX 対 応 チャイルドシー ト 固 定 専 用 バーでの 取 り 付 け 方 J A リヤシートの 図 の 位 置 にISO *4 FIX 対 応 の チャイルドシートを 固 定 するための 専 用 バーが 装 備 されています *4 ISO は International Standardization Organization( 国 際 標 準 化 機 構 )の 略 語 です 5 やむを 得 ず 助 手 席 に 前 向 き 装 着 のチャ イルドシートを 取 り 付 ける 場 合 は, 助 手 席 を 一 番 後 ろの 位 置 にして 取 り 付 け てください 5-15

75 安 全 装 備 5 取 り 付 けるときは 1. シートクッションと 背 もたれのすき まを 手 で 少 し 広 げて, 固 定 専 用 バーの 位 置 を 確 認 します 固 定 専 用 バー 2. チャイルドシートに 添 付 の 取 扱 説 明 書 にしたがって,チャイルドシートを 取 り 付 けます 3. チャイルドシートを 前 後 左 右 にゆす り, 確 実 に 固 定 されたことを 確 認 しま す 警 告 チャイルドシートを 取 り 付 けるとき は, 固 定 専 用 バー 周 辺 に 異 物 がないこ とを 確 認 してください 異 物 があると チャイルドシートが 固 定 されず, 衝 突 したときなどに 重 大 な 傷 害 を 受 けるお それがあります また,チャイルドシートが 取 り 付 けら れているときは,シートの 調 整 はしな いでください チャイルドシート 固 定 機 構 付 シートベルトでの 取 り 付 け 方 J リヤシートの 3 点 式 シートベルトには チャイルドシート 固 定 機 構 がついていま す シートベルトを 全 部 引 き 出 すとチャイル ドシート 固 定 機 構 が 作 動 します ベルト を 巻 き 戻 す 途 中 で 手 を 止 めると 引 き 出 し 方 向 にベルトが 動 かない 状 態 となって, チャイルドシートを 固 定 することができ ます チャイルドシートを 取 り 付 けるときはつ ぎの 手 順 で 確 実 に 取 り 付 けてください 取 り 付 け 可 能 位 置 取 り 外 すときは チャイルドシートに 添 付 の 取 扱 説 明 書 に したがって,チャイルドシートを 取 り 外 します 5-16

76 安 全 装 備 取 り 付 けるときは 以 下 に 説 明 する 取 り 付 け 方 は, 一 般 的 な チャイルドシートの 取 り 付 け 方 を 例 に 記 載 しています 取 り 付 けるときは 必 ず チャイルドシートに 添 付 の 取 扱 説 明 書 に したがって 正 しく 取 り 付 けてください 1. チャイルドシートをリヤシートに 置 きます 2. チャイルドシートに 添 付 の 取 扱 説 明 書 にしたがってチャイルドシートの ベルトガイドにシートベルトを 通 し てから,プレートをバックルにカチッ と 音 がするまで 差 し 込 みます 4. ベルトを 巻 き 取 らせます このとき, ベルトが 引 き 出 し 方 向 に 動 かないこ とを 確 認 します ベルトが 引 き 出 し 方 向 に 動 く 場 合 は, 再 度 ベルトを 最 後 ま で 引 き 出 してください 5. チャイルドシートにひざを 置 き, 体 重 をかけてシートに 押 しつけながら, バックル 側 のベルトを 引 き 上 げて シートベルト 全 体 のたるみがなくな るまで 肩 部 ベルトを 巻 き 取 らせます 5 6. チャイルドシートを 前 後 左 右 にゆす り, 確 実 に 固 定 されていることを 確 認 します 3. 肩 部 ベルトをゆっくりと 最 後 まで 引 き 出 すとチャイルドシート 固 定 機 構 が 作 動 します 取 り 外 すときは 1. プレートをバックルから 外 して,シー トベルトをチャイルドシートから 取 り 外 します 2. シートベルトを 最 後 まで 巻 き 取 らせ チャイルドシート 固 定 機 構 を 解 除 し ます 5-17

77 安 全 装 備 5 チャイルドシート 固 定 機 構 付 シートベルト 以 外 のシートベ ルトでの 取 り 付 け 方 J チャイルドシート 固 定 機 構 付 シートベル トで 取 り 付 けることをおすすめします やむを 得 ずチャイルドシート 固 定 機 構 付 シートベルト 以 外 で 取 り 付 けるときはつ ぎの 手 順 で 確 実 に 取 り 付 けてください 取 り 付 け 可 能 位 置 リヤシート 警 告 シートベルトの 種 類 によってチャイル ドシートの 取 り 付 け 方 法 が 異 なりま す 各 シートベルトに 合 わせて 正 しく 取 り 付 けてください チャイルドシート 固 定 機 構 付 シート ベルト 以 外 の 3 点 式 シートベルトを 使 うときも, 必 ずチャイルドシートの 取 扱 説 明 書 にしたがって 正 しく 取 り 付 けてください タイプによってはチャイルドシート に 付 属 のロッキングクリップでの 固 定 が 必 要 です ロッキングクリップ 助 手 席 2 点 式 シートベルト 2 点 式 シートベルト( 長 さ 調 整 式 )は チャイルドシートに 合 わせて 長 さを 調 整 してください 取 り 付 けるときは 1. チャイルドシートを 取 り 付 けたい 位 置 に 置 きます 2. チャイルドシートに 添 付 の 取 扱 説 明 書 にしたがって,チャイルドシートを シートベルトで 固 定 します 固 定 後 は,チャイルドシートを 前 後 左 右 にゆすり, 確 実 に 固 定 されているこ とを 確 認 してください 取 り 外 すときは プレートをバックルから 外 して,シート ベルトをチャイルドシートから 取 り 外 し ます 5-18

78 安 全 装 備 SRSエアバッグ J SRSとはSupplemental Restraint System の 略 語 で 補 助 拘 束 装 置 の 意 味 です 運 転 席, 助 手 席 SRS エアバッ グ エンジンスイッチが ON のときに 運 転 者 または 助 手 席 同 乗 者 に 重 大 な 危 害 がおよ ぶような 強 い 衝 撃 を 車 両 前 方 より 受 けた ときに,シートベルトの 働 きを 補 って, 運 転 者 または 助 手 席 同 乗 者 の 頭 部 や 胸 部 へ の 衝 撃 をやわらげる 装 置 です SRSサイドエアバッグ A エンジンスイッチがONのときに, 運 転 者 または 助 手 席 同 乗 者 に 重 大 な 危 害 がおよ ぶような 強 い 衝 撃 を 車 両 側 面 から 受 けた ときに 膨 らみ, 運 転 者 または 助 手 席 同 乗 者 の 胸 などの 上 体 への 衝 撃 をやわらげる 装 置 です SRSカーテンエアバッグ A 警 告 SRS エアバッグはシートベルトに 代 わ るものではありません シートベルト は 必 ず 着 用 してください シートベルトをしていないと 急 ブレー キなどで 身 体 が 前 方 へ 放 り 出 されるこ とがあり,その 際 に SRS エアバッグが 膨 らむとその 強 い 衝 撃 で 命 にかかわる 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれがありま す シートベルトはつぎの 理 由 により 必 ず 着 用 してください SRSエアバッグが 膨 らんだとき,シー トベルトがあなたの 身 体 を 正 しい 位 置 に 保 ちます SRS エアバッグが 作 動 しないときで も,シートベルトによりけがを 軽 減 す ることができます シートは 正 しい 位 置 に 調 整 し, 背 もた れに 背 中 をつけた 正 しい 姿 勢 でシート に 座 ってください SRS エアバッグは 非 常 に 速 い 速 度 で 膨 らむため,SRS エアバッグに 近 づきす ぎた 姿 勢 で 乗 車 していると SRS エア バッグが 膨 らむ 際,エアバッグにより 命 にかかわる 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそ れがあります SRS エアバッグ 構 成 部 品 およびその 周 辺 は 膨 らんだ 後, 高 温 になりますので さわらないでください やけどをする おそれがあります 5 エンジンスイッチがONのときに, 運 転 者 および 同 乗 者 に 重 大 な 危 害 がおよぶよう な 強 い 衝 撃 を 車 両 側 面 から 受 けたときに 膨 らみ, 運 転 者 および 同 乗 者 の 主 に 頭 部 への 衝 撃 をやわらげる 装 置 です 5-19

BK0149800JA.book

BK0149800JA.book このたびはミニキャブバンをお 買 い 上 げいただき,あり がとうございます J09200101184 この 取 扱 説 明 書 は,お 客 様 のお 車 をいつも 安 全 快 適 に 運 転 していただ くための 正 しい 取 り 扱 いについて 説 明 しています また,お 車 のお 手 入 れや 万 一 のときの 処 置 についても 記 載 してあります ので,ご 使 用 前 に 必 ずお 読

More information

BK0113800JA.book

BK0113800JA.book このたびはタウンボックス,ミニキャブバンをお 買 い 上 げいただき,ありがとうございます J09200101054 この 取 扱 説 明 書 は,お 客 様 のお 車 をいつも 安 全 快 適 に 運 転 していただ くための 正 しい 取 り 扱 いについて 説 明 しています また,お 車 のお 手 入 れや 万 一 のときの 処 置 についても 記 載 してあります ので,ご 使 用 前 に

More information

BK0121100JA.book

BK0121100JA.book このたびはコルト プラスをお 買 い 上 げいただき, あり がとうございます J09200100565 この 取 扱 説 明 書 は,お 客 様 のお 車 をいつも 安 全 快 適 に 運 転 していただ くための 正 しい 取 り 扱 いについて 説 明 しています また,お 車 のお 手 入 れや 万 一 のときの 処 置 についても 記 載 してあります ので,ご 使 用 前 に 必 ずお

More information

Ⅰ 交 通 法 規 (40 問 ) 次 の 設 問 について 正 しいと 思 うものについては 解 答 用 紙 の の 欄 に 誤 っていると 思 うもの については 解 答 用 紙 の の 欄 に マークを 付 けなさい 問 1. 車 両 通 行 帯 が 設 けられていない 道 路 を 通 行 中

Ⅰ 交 通 法 規 (40 問 ) 次 の 設 問 について 正 しいと 思 うものについては 解 答 用 紙 の の 欄 に 誤 っていると 思 うもの については 解 答 用 紙 の の 欄 に マークを 付 けなさい 問 1. 車 両 通 行 帯 が 設 けられていない 道 路 を 通 行 中 第 44 回 全 国 トラックドライバー コンテスト 学 科 競 技 問 題 用 紙 ( 制 限 時 間 :60 分 間 ) 平 成 24 年 10 月 27 日 実 施 注 意 事 項 1 2 3 解 答 はすべて 別 紙 の 解 答 用 紙 (マークシート 方 式 )に 記 入 すること 解 答 用 紙 (マークシート 方 式 )は 鉛 筆 を 使 用 して 必 要 な 箇 所 にマークし 誤

More information

無印良品マイナスイオンヘアーアイロンIMH-50

無印良品マイナスイオンヘアーアイロンIMH-50 IMH-50 マイナスイオン ヘアーアイロン 形 名 IMH-50 取 扱 説 明 書 お 買 い 上 げありがとうございました ご 使 用 になる 前 に この 取 扱 説 明 書 を 必 ずお 読 みいただき 正 しくご 使 用 ください この 説 明 書 は 必 ず 保 管 してください 安 全 上 のご 注 意 1 各 部 のなまえとはたらき 3 使 いかた 4 髪 のクセの 伸 ばしかた

More information

洗 浄 液 の 液 量 について 洗 浄 槽 に 半 分 以 上 洗 浄 液 が 入 っていることを 確 認 してください 洗 浄 液 が 少 なかったり 空 の 状 態 で 動 作 させますと 異 常 に 発 熱 し 火 災 の 原 因 となります アース 線 の 接 続 について 電 源 プラグ

洗 浄 液 の 液 量 について 洗 浄 槽 に 半 分 以 上 洗 浄 液 が 入 っていることを 確 認 してください 洗 浄 液 が 少 なかったり 空 の 状 態 で 動 作 させますと 異 常 に 発 熱 し 火 災 の 原 因 となります アース 線 の 接 続 について 電 源 プラグ 取 扱 説 明 書 Instruction Manual 超 音 波 洗 浄 器 取 -07564101 VS-F100 この 度 は 本 製 品 をお 買 い 求 め 頂 き 誠 にありがとうございます ご 使 用 の 前 に 本 取 扱 説 明 書 をよくお 読 みになり 末 永 くご 愛 用 くださいますようお 願 い 申 し 上 げます また お 読 み 頂 きました 後 も 大 切 に 保

More information

230 カメラシステムについて カメラシステムについて 安 全 にお 使 いになるために 注 意. カメラシステムは 障 害 物 などの 確 認 を 補 助 するシステムです 車 両 の 操 作 を するときは 周 囲 の 安 全 をミラーや 目 視 で 直 接 確 認 してください. 目 安 ライ

230 カメラシステムについて カメラシステムについて 安 全 にお 使 いになるために 注 意. カメラシステムは 障 害 物 などの 確 認 を 補 助 するシステムです 車 両 の 操 作 を するときは 周 囲 の 安 全 をミラーや 目 視 で 直 接 確 認 してください. 目 安 ライ 音 声 操 作 の 使 い 方 を 覚 える 229 カメラシステム カ メ ラ シ ス テ ム : 車 種 グレード オプションなどにより 装 着 の 有 無 が 異 なります :ディーラーオプションです 230 カメラシステムについて カメラシステムについて 安 全 にお 使 いになるために 注 意. カメラシステムは 障 害 物 などの 確 認 を 補 助 するシステムです 車 両 の 操 作

More information

冷 熱 衝 撃 装 置 基 本 編 第 5 章 点 検 保 守 テストエリア 扉 パッキン ダンパーパッキン シリコンコードヒーター (ダンパー 用 ) シリコンコードヒーター (ドレーン 用 ) 扉 駆 動 用 ベルト 扉 スイッチ 温 度 検 出 端 温 度 スイッチ (OHP3(TS1) TS

冷 熱 衝 撃 装 置 基 本 編 第 5 章 点 検 保 守 テストエリア 扉 パッキン ダンパーパッキン シリコンコードヒーター (ダンパー 用 ) シリコンコードヒーター (ドレーン 用 ) 扉 駆 動 用 ベルト 扉 スイッチ 温 度 検 出 端 温 度 スイッチ (OHP3(TS1) TS 基 本 編 第 5 章 点 検 保 守 冷 熱 衝 撃 装 置 第 5 章 点 検 保 守 本 装 置 をより 長 く 快 適 にお 使 いいただくために 定 期 的 に 行 っていただきたい 点 検 と 保 守 について 説 明 しま す お 願 い 取 扱 説 明 書 に 示 す 使 用 方 法 での 機 器 の 使 用 自 主 定 期 点 検 の

More information

注 意 事 項 ルーツは 置 くだけで 使 える 安 心 感 安 全 性 を 向 上 した 床 置 き 型 手 すりです 下 記 内 容 を 必 ず 守 ってご 使 用 ください 1ルーツは 単 独 で 使 用 する 製 品 です 絶 対 に 他 社 製 品 と 組 み 合 わせたり 連 結 して

注 意 事 項 ルーツは 置 くだけで 使 える 安 心 感 安 全 性 を 向 上 した 床 置 き 型 手 すりです 下 記 内 容 を 必 ず 守 ってご 使 用 ください 1ルーツは 単 独 で 使 用 する 製 品 です 絶 対 に 他 社 製 品 と 組 み 合 わせたり 連 結 して 床 置 き 型 手 すり ルーツ ア ウトドア 段 差 タイプ 目 次 ステップ 台 付 き 注 意 事 項 P1 各 部 名 称 P2 組 み 立 ておよび 設 置 方 法 P3 フィッティングおよび 高 さ 調 整 方 法 P6 運 搬 保 管 方 法 P7 お 手 入 れ 方 法 P8 点 検 項 目 P8 このようなときには P9 各 部 寸 法 および 仕 様 P10 この 度 は 当 社

More information

SoftBank 108SH 取扱説明書

SoftBank 108SH 取扱説明書 ... -2 について...-2 音 声... - 音 声 を 利 用 する...- テレビ... -7 テレビ を 利 用 する...-7 楽 ともボタン 利 用... -8 楽 ともボタンで をかける...-8 短 縮 ダイヤル... -9 短 縮 ダイヤルで をかける...-9 通 情 報 確 認... -10 発 着 信 履 歴 や 通 時 間 / 通 信 量 を 確 認 する... -10

More information

54300269.fm

54300269.fm 目 次 ETCをご 利 用 いただく 前 に 必 ずお 読 みください... 3 はじめに... 4 ETCのしくみ 安 全 にお 使 いいただくために... 6 本 書 に 使 用 している 記 号 について ETCカードについての 注 意 事 項 走 行 中 の 注 意 事 項 ETC 車 載 器 についての 注 意 事 項 各 部 の 名 称 とはたらき... 9 本 体 アンテナ ETC 車

More information

1. 千 歳 市 の 概 要 (1) 人 口 94,820 人 (H27.4.1 現 在 ) (2) 世 帯 数 46,338 世 帯 (H27.4.1 現 在 ) (3) 面 積 594.50km 2 (4) 市 道 延 長 車 道 総 延 長 802.4km(H27.4.1 現 在 ) 車 道

1. 千 歳 市 の 概 要 (1) 人 口 94,820 人 (H27.4.1 現 在 ) (2) 世 帯 数 46,338 世 帯 (H27.4.1 現 在 ) (3) 面 積 594.50km 2 (4) 市 道 延 長 車 道 総 延 長 802.4km(H27.4.1 現 在 ) 車 道 平 成 27 年 度 千 歳 市 の 除 雪 ~パートナーシップ 除 雪 排 雪 支 援 制 度 の 利 用 風 景 ~ 千 歳 市 建 設 部 道 路 管 理 課 1. 千 歳 市 の 概 要 (1) 人 口 94,820 人 (H27.4.1 現 在 ) (2) 世 帯 数 46,338 世 帯 (H27.4.1 現 在 ) (3) 面 積 594.50km 2 (4) 市 道 延 長 車 道

More information

EPS20_H1_4.indd

EPS20_H1_4.indd 一 般 家 庭 用 ヘアーアイロン 形 名 :EPS20 取 扱 説 明 書 保 証 書 付 き 保 証 書 は 裏 表 紙 に 付 いております 販 売 店 にて 必 ず 記 入 を 受 け 大 切 に 保 管 してください も く じ 安 全 上 のご 注 意 1 2 各 部 のなまえとはたらき 3 お 買 い 上 げありがとうござい ました ご 使 用 になる 前 に この 取 扱 説 明 書

More information

製 品 型 番 :MEF-01WH 取 扱 説 明 書 必 ずお 読 みください 本 製 品 の 仕 様 は 改 良 改 善 のため 予 告 なく 変 更 になる 場 合 がありますので あらかじめご 了 承 ください お 買 い 上 げいただき 誠 にありがとうございます 本 製 品 をより 効 果 的 にお 使 い いただくために ご 使 用 前 に 必 ずこの 取 扱 説 明 書 を 最 後

More information

目 次 01. はじめに 3 02. サーモファインダーPro の 活 用 法 3 03. 作 動 原 理 3 04. 機 能 4 05. 使 用 上 の 注 意 5 06. 警 告 5 07. 製 品 概 要 6 08. 使 用 方 法 7 09. 電 池 交 換 11 10. 製 品 仕 様 1

目 次 01. はじめに 3 02. サーモファインダーPro の 活 用 法 3 03. 作 動 原 理 3 04. 機 能 4 05. 使 用 上 の 注 意 5 06. 警 告 5 07. 製 品 概 要 6 08. 使 用 方 法 7 09. 電 池 交 換 11 10. 製 品 仕 様 1 Thermofinder Pro 取 扱 説 明 書 皮 膚 赤 外 線 体 温 計 型 式 FS-300 管 理 医 療 機 器 医 療 機 器 承 認 番 号 22400BZX00011000 Ver 1.0 1001 サーモファインダーPro 取 扱 説 明 書 1 目 次 01. はじめに 3 02. サーモファインダーPro の 活 用 法 3 03. 作 動 原 理 3 04. 機 能

More information

取扱説明書

取扱説明書 東 芝 ハンガースチーマー( 家 庭 用 ) 取 扱 説 明 書 形 名 TAS-2 保 証 書 付 保 証 書 はこの 取 扱 説 明 書 の 裏 表 紙 についていますのでお 買 い 上 げ 日 販 売 店 名 などの 記 入 をお 確 かめください このたびは 東 芝 ハンガースチーマーをお 買 い 上 げいた だきまして まことにありがとうございました この 商 品 を 安 全 に 正 しく

More information

30

30 M5000/M5600 M7000 リモコンアップグレードについて EZ7000リモコンをEZ5000/EZ5600でご 使 用 いただく 場 合 EZ7000 独 自 の 機 能 (スマートドア 機 能 メンテナンス 時 期 表 示 機 能 )はご 使 用 いただけません 機 能 設 定 (FUNCTION)モードでスマートドア 機 能 (Smart)をONに 設 定 した 場 合 自 動 警 戒

More information

基 本 契 約 受 託 PL ( 生 産 物 責 ) 施 設 責 がセットされています 受 託 対 人 対 物 責 + 損 事 故 整 備 修 理 点 検 等 ( 以 下 整 備 作 業 といいます )のため お 客 様 からお 預 かりしたお ( 以 下 受 託 といいます )で 事 故 を 起

基 本 契 約 受 託 PL ( 生 産 物 責 ) 施 設 責 がセットされています 受 託 対 人 対 物 責 + 損 事 故 整 備 修 理 点 検 等 ( 以 下 整 備 作 業 といいます )のため お 客 様 からお 預 かりしたお ( 以 下 受 託 といいます )で 事 故 を 起 日 整 連 加 入 資 格 各 整 備 振 興 会 の 会 員 である 整 備 事 業 者 が 加 入 できます 平 成 27 年 10 月 1 日 ~ 平 成 28 年 9 月 1 日 加 入 用 SINCE1971 整 備 業 共 済 おもな 特 徴 会 員 の 皆 様 ( 整 備 事 業 者 )の 業 務 遂 行 中 の 事 故 は お 客 様 が 付 する 意 の が 適 用 されません 万

More information

( 消 防 法 の 一 部 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 施 行 対 応 ) 全 体 についての 消 防 計 画 作 成 例 ( 統 括 防 火 管 理 者 の 選 任 が 必 要 となる 対 象 物 の 建 物 全 体 についての 消 防 計 画 作 成 例 ) 第 1 章 総 則 第

( 消 防 法 の 一 部 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 施 行 対 応 ) 全 体 についての 消 防 計 画 作 成 例 ( 統 括 防 火 管 理 者 の 選 任 が 必 要 となる 対 象 物 の 建 物 全 体 についての 消 防 計 画 作 成 例 ) 第 1 章 総 則 第 全 体 についての 消 防 計 画 作 成 について 作 成 例 は 統 括 防 火 管 理 義 務 対 象 物 における 基 本 的 な 全 体 についての 防 火 管 理 に 係 る 消 防 計 画 の 作 成 例 であ ることから 次 の 点 に 留 意 する 1 統 括 防 火 管 理 者 が 作 成 する 建 物 全 体 についての 消 防 計 画 は 当 該 防 火 対 象 物 の 各

More information

本 書 の 見 かた 表 示 やマークについて 安 全 に 関 する 表 示 車 に 乗 っている 人 や 歩 行 者 を 含 めた 他 の 人 が 傷 害 を 受 ける 可 能 性 のあることや 車 体 が 損 傷 する 可 能 性 があることを 回 避 法 とともに 示 しています 警 告 指

本 書 の 見 かた 表 示 やマークについて 安 全 に 関 する 表 示 車 に 乗 っている 人 や 歩 行 者 を 含 めた 他 の 人 が 傷 害 を 受 ける 可 能 性 のあることや 車 体 が 損 傷 する 可 能 性 があることを 回 避 法 とともに 示 しています 警 告 指 このたびは を お 買 い 上 げいただき ありがとうございます 本 書 は 車 両 の 取 り 扱 いかたについて 必 要 事 項 重 要 事 項 をご 説 明 しています 安 全 で 快 適 にお 使 いいただくために ご 使 用 の 前 に 必 ずお 読 みください また 法 律 で 使 用 者 に 点 検 整 備 の 義 務 が 規 定 されており 使 用 者 の 保 守 管 理 責 任 が

More information

inst_manual_2.ai

inst_manual_2.ai 保 管 用 保 証 書 付 DBX-AZR DBX-AZE もくじ 安 全 上 のご 注 意 1 ~ 2 取 扱 説 明 書 コンデンス 除 湿 機 AZシリーズ CONDENSE この 度 はコンデンス 除 湿 機 AZをお 買 い 上 げいただき 誠 にありがとう ございます ご 使 用 になる 前 にこの 取 扱 説 明 書 をよくお 読 みいただき 正 しく お 使 いください お 読 みになった

More information

窓 や 網 戸 の 開 閉 時 の 注 意 事 項 窓 網 戸 のすき 間 やアーム 部 分 で 手 や 指 をはさまないようご 注 意 ください 特 にお 子 様 にはご 注 意 ください 窓 や 網 戸 を 開 閉 する 際 は 開 閉 位 置 に 手 や 足 を 出 さないでください 手 や

窓 や 網 戸 の 開 閉 時 の 注 意 事 項 窓 網 戸 のすき 間 やアーム 部 分 で 手 や 指 をはさまないようご 注 意 ください 特 にお 子 様 にはご 注 意 ください 窓 や 網 戸 を 開 閉 する 際 は 開 閉 位 置 に 手 や 足 を 出 さないでください 手 や 安 全 上 のご 注 意 下 記 は 商 品 を 安 全 にご 使 用 いただくために 必 ず 守 っていただきたい 事 項 です なお 個 々の 商 品 の 注 意 事 項 については 各 商 品 の 説 明 ページにも 記 載 されていますので 併 せてご 確 認 ください 窓 や 網 戸 シャッターについての 注 意 事 項 注 意 ご 使 用 中 窓 や 網 戸 のはずれ 止 めがずれることがあります

More information

ナスコ人工肛門シミュレータ表紙

ナスコ人工肛門シミュレータ表紙 NM19 OSTOMY CARE SIMULATOR 取 扱 説 明 書 ご 使 用 の 前 に ご 使 用 の 前 の 確 認 とご 注 意 P1 準 備 P2 実 習 P3 後 片 付 け P4 はじめに このたびは 人 工 肛 門 シミュレータ をお 買 い 上 げいただき まことにありがとうございます 本 製 品 は 患 者 さんや 学 生 研 修 生 に 人 工 肛 門 の 術 後 ケアの

More information

安 全 上 のご 注 意 必 ずお 守 りください 安 全 上 のご 注 意 必 ずお 守 りください 人 への 危 害 財 産 への 損 害 を 防 止 するため 必 ずお 守 りいただくことを 説 明 しています 誤 った 使 いかたをしたときに 生 じる 内 容 を 次 のように 区 分 して

安 全 上 のご 注 意 必 ずお 守 りください 安 全 上 のご 注 意 必 ずお 守 りください 人 への 危 害 財 産 への 損 害 を 防 止 するため 必 ずお 守 りいただくことを 説 明 しています 誤 った 使 いかたをしたときに 生 じる 内 容 を 次 のように 区 分 して 品 名 品 番 ストレート&カール ヘアアイロン FHI-910 お 買 い 上 げ 日 年 月 日 保 証 期 間 お 買 い 上 げ 日 より1 年 間 ( 本 体 ) お 客 様 販 売 店 ご 住 所 お 名 前 お 電 話 住 所 店 名 電 話 販 売 店 様 へ 本 保 証 書 に 必 ず 明 記 の 上 お 渡 し 下 さい 様 ストレート&カール ヘアアイロン 家 庭 用 FHI-910

More information

<4D F736F F D E9697E195D281458E9197BF95D22E646F6378>

<4D F736F F D E9697E195D281458E9197BF95D22E646F6378> 事 例 編 1 主 な 火 災 事 例 (1) たばこ 事 例 1 寝 たばこ 部 分 焼 死 者 あり 住 宅 用 火 災 警 報 器 未 設 置 居 住 者 の 男 性 (80 代 )がソファーで 喫 煙 した 際 に たばこの 火 種 がソファーの 座 布 団 に 落 下 したことに 気 づかずに 就 寝 してしまった その 後 無 炎 燃 焼 を 継 続 し 近 くの 収 容 物 にも 延

More information

<4D F736F F F696E74202D EE688B590E096BE8F AAE8C8B82F095CF8D5829>

<4D F736F F F696E74202D EE688B590E096BE8F AAE8C8B82F095CF8D5829> デッキ 施 工 取 扱 説 明 書 14.01 版 1. 安 全 上 のご 注 意 本 製 品 はデッキ 用 途 として 設 計 製 品 化 されたものであり 本 書 はその 施 工 取 扱 いのガイドラインを 提 供 するものです よって 他 の 用 途 に 使 用 して 不 具 合 を 起 こした 場 合 や 当 社 ガイドラインよる 標 準 施 工 法 以 外 の 施 工 の 場 合 は 当

More information

目 次 1. はじめに... 1 2. 安 全 に 関 する 基 本 方 針 ( 安 全 方 針 安 全 重 点 施 策 )... 2 3. 安 全 確 保 のための 具 体 的 取 り 組 み( 安 全 重 点 施 策 の 進 捗 状 況 ) (1) 本 社 現 業 一 体 での 問 題 等 早

目 次 1. はじめに... 1 2. 安 全 に 関 する 基 本 方 針 ( 安 全 方 針 安 全 重 点 施 策 )... 2 3. 安 全 確 保 のための 具 体 的 取 り 組 み( 安 全 重 点 施 策 の 進 捗 状 況 ) (1) 本 社 現 業 一 体 での 問 題 等 早 2015 安 全 報 告 書 目 次 1. はじめに... 1 2. 安 全 に 関 する 基 本 方 針 ( 安 全 方 針 安 全 重 点 施 策 )... 2 3. 安 全 確 保 のための 具 体 的 取 り 組 み( 安 全 重 点 施 策 の 進 捗 状 況 ) (1) 本 社 現 業 一 体 での 問 題 等 早 期 把 握 による 事 故 防 止... 3 (2) 事 故 情 報 の

More information

6.1 点 検 保 守 項 目 リスト 点 検 項 目 リスト 各 項 目 の 説 明 については 6.2 点 検 を 参 照 してください 以 下 の 点 検 項 目 リストにあげた 項 目 が 正 常 に 動 作 しないときは お 買 い 上 げ 店 または 当 社 にご 連 絡 ください 表

6.1 点 検 保 守 項 目 リスト 点 検 項 目 リスト 各 項 目 の 説 明 については 6.2 点 検 を 参 照 してください 以 下 の 点 検 項 目 リストにあげた 項 目 が 正 常 に 動 作 しないときは お 買 い 上 げ 店 または 当 社 にご 連 絡 ください 表 本 装 置 をより 長 く 快 適 にお 使 いいただくために 定 期 的 に 行 っていただきたい 点 検 と 保 守 について 説 明 します 111 6.1 点 検 保 守 項 目 リスト 点 検 項 目 リスト 各 項 目 の 説 明 については 6.2 点 検 を 参 照 してください 以 下 の 点 検 項 目 リストにあげた 項 目 が 正 常 に 動 作 しないときは お 買 い 上

More information

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc 国 土 交 通 省 告 示 第 三 百 十 七 号 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 ( 平 成 十 八 年 法 律 第 四 十 号 ) 及 び 自 動 車 点 検 基 準 の 一 部 を 改 正 す る 省 令 ( 平 成 十 九 年 国 土 交 通 省 令 第 十 一 号 ) の 施 行 に 伴 い 自 動 車 の 点 検 及 び 整 備 に 関 す る 手 引 の

More information

はじめにお 読 みください 仕 様 一 覧 この 度 は ケルヒャー 家 庭 用 乾 湿 両 用 バキュームクリーナーをお 買 い 上 げいただき 誠 にありがとうございます ご 使 用 前 に 取 扱 説 明 書 をよくお 読 みいただき 正 しく 安 全 にご 使 用 ください この 製 品 は

はじめにお 読 みください 仕 様 一 覧 この 度 は ケルヒャー 家 庭 用 乾 湿 両 用 バキュームクリーナーをお 買 い 上 げいただき 誠 にありがとうございます ご 使 用 前 に 取 扱 説 明 書 をよくお 読 みいただき 正 しく 安 全 にご 使 用 ください この 製 品 は ケルヒャー 家 庭 用 乾 湿 両 用 バキュームクリーナー MV 3 取 扱 説 明 書 はじめにお 読 みください ご 使 用 の 注 意 点 組 み 立 て 方 使 い 方 お 手 入 れ 点 検 保 管 故 障 かな?と 思 ったら 補 修 部 品 オプション 保 証 アフターサービス MV 3 / 2015.03 5.965-415.0 はじめにお 読 みください 仕 様 一 覧 この 度

More information

XL-C7400G 設置ガイド

XL-C7400G 設置ガイド B5WY-1121-02 XL-C7400G このたびは ページプリンタ XL-C7400G をご 購 入 いただき まことにありがとうございます 本 書 では ご 購 入 されたプリンタを 梱 包 箱 から 取 り 出 し 使 用 できるようにするまでを 説 明 しています プリンタの 設 置 からプリンタドライバのインストールに 関 する 詳 細 は XL-C7400G オンラインマニュアル の

More information

ProVariManual_pall1

ProVariManual_pall1 ProVari オーナーズ マニュアル ProVari 電 子 タバコを 購 入 してくださって ありがとうございます! あなたの 電 子 タバコを 使 う 前 に このマニュアルをお 読 みください www.provape.com 1 電 子 タバコ(あるいはpersonal vaporizerとして 知 られている)はバッテリーを 動 力 とする 蒸 気 化 された 溶 液 によりニコチンを 吸

More information

普 通 火 災 保 険 ( 工 場 物 件 用 )の 補 償 内 容 普 通 火 災 保 険 ( 工 場 物 件 用 )は さ ま ざ ま な 事 故 による 建 物 や 機 械 設 備 などの 損 害 を 補 償 します 損 害 保 険 金 をお 支 払 いする 事 故 1 失 火 やもらい 火

普 通 火 災 保 険 ( 工 場 物 件 用 )の 補 償 内 容 普 通 火 災 保 険 ( 工 場 物 件 用 )は さ ま ざ ま な 事 故 による 建 物 や 機 械 設 備 などの 損 害 を 補 償 します 損 害 保 険 金 をお 支 払 いする 事 故 1 失 火 やもらい 火 2015年10月1日以降始期契約用 普通火災保険 工場物件用 普 通 火 災 保 険 ( 工 場 物 件 用 )の 補 償 内 容 普 通 火 災 保 険 ( 工 場 物 件 用 )は さ ま ざ ま な 事 故 による 建 物 や 機 械 設 備 などの 損 害 を 補 償 します 損 害 保 険 金 をお 支 払 いする 事 故 1 失 火 やもらい 火 による 火 災 消 防 活 動 による

More information

乙種第1、2、3、4、5、6類(危険物取扱者試験)

乙種第1、2、3、4、5、6類(危険物取扱者試験) 過 去 に 出 題 された 問 題 乙 種 第 1 2 3 5 6 類 危 険 物 取 扱 者 試 験 解 答 は 最 後 のページに 記 載 されています ( 注 ) 問 題 中 に 使 用 した 略 語 は 次 のとおりです 法 令 消 防 法 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 又 は 危 険 物 の 規 制 に 関 する 規 則 法 消 防 法 政 令 危 険 物 の 規 制 に

More information

目 まず 始 めに 必 ずお 読 みください 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 財 形 住 宅 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 4 財 形 年 金 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 7 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険

目 まず 始 めに 必 ずお 読 みください 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 財 形 住 宅 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 4 財 形 年 金 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 7 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 財 形 住 宅 傷 害 保 険 財 形 年 金 傷 害 保 険 ご 契 約 のしおり 03 年 0 月 日 以 降 用 ご 契 約 者 の 皆 様 へ この ご 契 約 のしおり( 約 款 ) は 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 財 形 住 宅 傷 害 保 険 および 財 形 年 金 傷 害 保 険 についての 大 切 なことがらを 記 載 したものです 保 険 約

More information

アルゴンガス 整 理 番 号 05Ar 2009 年 12 月 15 日 1/6 化 学 物 質 等 安 全 データシート 1. 化 学 物 質 等 及 び 会 社 情 報 化 学 物 質 等 の 名 称 : アルゴンガス 化 学 名 : アルゴン(Argon) 会 社 名 : 鈴 商 総 合 ガス

アルゴンガス 整 理 番 号 05Ar 2009 年 12 月 15 日 1/6 化 学 物 質 等 安 全 データシート 1. 化 学 物 質 等 及 び 会 社 情 報 化 学 物 質 等 の 名 称 : アルゴンガス 化 学 名 : アルゴン(Argon) 会 社 名 : 鈴 商 総 合 ガス 化 学 物 質 等 安 全 データシート 整 理 番 号 05 Ar 作 成 平 成 5 年 3 月 31 日 改 訂 平 成 11 年 10 月 1 日 改 訂 平 成 21 年 12 月 15 日 [ 連 絡 先 ] 製 品 名 アルゴンガス アルゴンガス 整 理 番 号 05Ar 2009 年 12 月 15 日 1/6 化 学 物 質 等 安 全 データシート 1. 化 学 物 質 等 及

More information

お 知 りになりたいことをさがすときは 次 のような 方 法 で 検 索 されますと すばやくさがせます タイトルからさがす 総 合 目 次 各 章 のはじめの 目 次 ヘッダー 取 り 付 け 位 置 警 告 灯 表 示 灯 からさがす イラスト 目 次 1-2ページ ブザー 音 からさがす 警

お 知 りになりたいことをさがすときは 次 のような 方 法 で 検 索 されますと すばやくさがせます タイトルからさがす 総 合 目 次 各 章 のはじめの 目 次 ヘッダー 取 り 付 け 位 置 警 告 灯 表 示 灯 からさがす イラスト 目 次 1-2ページ ブザー 音 からさがす 警 本 書 の 見 かた 操 作 説 明 (3 章 ~7 章 )の 基 本 的 な 読 みかたについて 説 明 しています 3 お 知 りになりたいことをさがすときは 次 のような 方 法 で 検 索 されますと すばやくさがせます タイトルからさがす 総 合 目 次 各 章 のはじめの 目 次 ヘッダー 取 り 付 け 位 置 警 告 灯 表 示 灯 からさがす イラスト 目 次 1-2ページ ブザー

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EE688B590E096BE8F915F8CC592E846445F41315F88F38DFC97702E727466>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EE688B590E096BE8F915F8CC592E846445F41315F88F38DFC97702E727466> 三 菱 有 圧 換 気 扇 用 システム 部 材 固 定 式 防 火 ダンパー 取 付 工 事 取 扱 説 明 書 この 製 品 は 当 社 製 ウェザーカバーと 併 用 して 使 用 するものです 厨 房 など 高 温 になる 場 所 では120 がセットされた 厨 房 等 高 温 場 所 用 の 防 火 タイプを 使 用 してください この 製 品 の 性 能 機 能 を 十 分 に 発 揮 させ

More information

目 次 この 普 通 保 険 約 款 特 約 ( 以 下 本 約 款 といいます ) は 保 険 契 約 者 と 当 社 との 間 に 締 結 された 保 険 契 約 の 内 容 としてあらかじめ 定 められた 約 束 事 を 記 載 したも のです 実 際 のご 契 約 につきましては 本 約 款

目 次 この 普 通 保 険 約 款 特 約 ( 以 下 本 約 款 といいます ) は 保 険 契 約 者 と 当 社 との 間 に 締 結 された 保 険 契 約 の 内 容 としてあらかじめ 定 められた 約 束 事 を 記 載 したも のです 実 際 のご 契 約 につきましては 本 約 款 目 次 この 普 通 保 険 約 款 特 約 ( 以 下 本 約 款 といいます ) は 保 険 契 約 者 と 当 社 との 間 に 締 結 された 保 険 契 約 の 内 容 としてあらかじめ 定 められた 約 束 事 を 記 載 したも のです 実 際 のご 契 約 につきましては 本 約 款 および 保 険 証 券 保 険 契 約 継 続 証 をあわせてご 確 認 ください また ご 不 明

More information

大 家 さん 向 け GK すまいの 保 険 建 物 の 補 償 建 物 のリスクに 対 応 した 契 約 プランをお 選 びください : 補 償 さ れ ま す( 保 険 金 をお 支 払 いする 事 故 ) : 補 償 されません マンション アパートの 主 なリスク 契 約 プラン オススメ

大 家 さん 向 け GK すまいの 保 険 建 物 の 補 償 建 物 のリスクに 対 応 した 契 約 プランをお 選 びください : 補 償 さ れ ま す( 保 険 金 をお 支 払 いする 事 故 ) : 補 償 されません マンション アパートの 主 なリスク 契 約 プラン オススメ 2015 年 10 月 1 日 以 降 始 期 契 約 用 家 庭 用 火 災 保 険 GK すまいの 保 険 ( 保 険 期 間 5 年 以 下 用 ) GK すまいの 保 険 スーパーロング GK すまいの 保 険 ローン 団 体 扱 用 すま い の 保 険 大 家 さん 向 け 大 家 さん 向 け GK すまいの 保 険 建 物 の 補 償 建 物 のリスクに 対 応 した 契 約 プランをお

More information

平成27年度健康保険委員研修 知っておきたい健康保険のポイント

平成27年度健康保険委員研修  知っておきたい健康保険のポイント 1 目 次 1. 健 康 保 険 証 について(4~6ページ) 2. 交 通 事 故 について(7~9ページ) 3. 出 産 に 関 する 健 康 保 険 の 給 付 について(10~19ページ) 4. 健 康 保 険 の 給 付 に 関 わるよくある 相 談 Q&A(20~23ページ) 5. 退 職 後 の 健 康 保 険 について(24~28ページ) 6. 今 後 の 制 度 改 正 について(29ページ)

More information

薬 剤 師 賠 償 責 任 保 険 は 日 薬 正 会 員 である 薬 剤 師 の 皆 様 が 安 心 して 日 々の 業 務 に 専 念 できるよう 薬 剤 師 業 務 における 偶 然 な 事 故 によって 被 害 者 に 対 して 法 律 上 の 賠 償 責 任 を 負 うことにより 被 る

薬 剤 師 賠 償 責 任 保 険 は 日 薬 正 会 員 である 薬 剤 師 の 皆 様 が 安 心 して 日 々の 業 務 に 専 念 できるよう 薬 剤 師 業 務 における 偶 然 な 事 故 によって 被 害 者 に 対 して 法 律 上 の 賠 償 責 任 を 負 うことにより 被 る 日 薬 正 会 員 各 位 公 益 社 団 法 人 日 本 薬 剤 師 会 薬 剤 師 賠 償 責 任 保 険 加 入 のご 案 内 団 体 認 証 番 号 :jpa 薬 剤 師 賠 償 責 任 保 険 は 日 薬 正 会 員 である 薬 剤 師 の 皆 様 が 安 心 して 日 々の 業 務 に 専 念 できるよう 薬 剤 師 業 務 における 偶 然 な 事 故 によって 被 害 者 に 対 して

More information

1510新宮町2(SG13)行政最終.indd

1510新宮町2(SG13)行政最終.indd 保 国 民 健 康 保 制 度 問 住 民 課 963-1733 国 民 健 康 保 健 康 保 制 度 とは 病 気 やケガをしたときに 安 心 して 医 療 機 関 などにかかることができるように みなさんが 納 めた 保 税 などで みんなで 助 け 合 おうという 制 度 で す 日 本 では 国 民 皆 保 制 度 になっています この 健 康 保 制 度 のなかで 国 民 健 康 保 はみなさん

More information

基 本 契 約 受 託 自 動 車 PL ( 生 産 物 ) 施 設 がセットされています 受 託 自 動 車 対 人 対 物 + 自 損 事 故 整 備 修 理 点 検 等 ( 以 下 整 備 作 業 といいます )のため お 客 様 からお 預 かりしたお 車 ( 以 下 受 託 車 といいます

基 本 契 約 受 託 自 動 車 PL ( 生 産 物 ) 施 設 がセットされています 受 託 自 動 車 対 人 対 物 + 自 損 事 故 整 備 修 理 点 検 等 ( 以 下 整 備 作 業 といいます )のため お 客 様 からお 預 かりしたお 車 ( 以 下 受 託 車 といいます 日 整 連 加 入 資 格 各 自 動 車 整 備 振 興 会 の 会 員 である 整 備 事 業 者 が 加 入 できます 自 動 車 整 備 業 共 済 平 成 26 年 10 月 1 日 ~ 平 成 27 年 9 月 1 日 加 入 用 SINCE 1971 会 員 の 皆 様 ( 整 備 事 業 者 )の 業 務 遂 行 中 の 事 故 は お 客 様 が 付 する 意 の 自 動 車 が

More information

目 次 ETCをご 利 用 いただく 前 に 必 ずお 読 みください... 3 はじめに... 4 ETCのしくみ 安 全 にお 使 いいただくために... 6 本 書 に 使 用 している 記 号 について ETCカードについての 注 意 事 項 走 行 中 の 注 意 事 項 ETC 車 載

目 次 ETCをご 利 用 いただく 前 に 必 ずお 読 みください... 3 はじめに... 4 ETCのしくみ 安 全 にお 使 いいただくために... 6 本 書 に 使 用 している 記 号 について ETCカードについての 注 意 事 項 走 行 中 の 注 意 事 項 ETC 車 載 目 次 ETCをご 利 用 いただく 前 に 必 ずお 読 みください... 3 はじめに... 4 ETCのしくみ 安 全 にお 使 いいただくために... 6 本 書 に 使 用 している 記 号 について ETCカードについての 注 意 事 項 走 行 中 の 注 意 事 項 ETC 車 載 器 についての 注 意 事 項 各 部 の 名 称 とはたらき... 9 本 体 アンテナ ETC 車

More information

はじめに この 無 料 レポートは 主 に 運 転 初 心 者 やクルマが 苦 手 な 方 はもちろん 運 転 歴 の 長 い 方 にも 少 しでも 愛 車 をいたわる 気 持 ちをもっていただき 長 く 愛 車 と 付 き 合 っていただくために 最 低 限 しっておきたい 基 本 的 なメンテナ

はじめに この 無 料 レポートは 主 に 運 転 初 心 者 やクルマが 苦 手 な 方 はもちろん 運 転 歴 の 長 い 方 にも 少 しでも 愛 車 をいたわる 気 持 ちをもっていただき 長 く 愛 車 と 付 き 合 っていただくために 最 低 限 しっておきたい 基 本 的 なメンテナ 愛 車 に 長 く 乗 りたければコレを 読 め! 誰 でもできる 愛 車 の 健 康 診 断! 自 動 車 メンテナンスかんたんガイド はじめに この 無 料 レポートは 主 に 運 転 初 心 者 やクルマが 苦 手 な 方 はもちろん 運 転 歴 の 長 い 方 にも 少 しでも 愛 車 をいたわる 気 持 ちをもっていただき 長 く 愛 車 と 付 き 合 っていただくために 最 低 限 しっておきたい

More information

キーレスアクセス&プッシュスタート キーレスアクセス&プッシュスタートについて キーレスアクセス & プッシュスタートはアク セスキーを 携 帯 することにより 全 てのドア とリヤゲートの 施 錠 および 解 錠 エンジンの 始 動 および 停 止 が 行 えるシステムです また 施 錠 解 錠

キーレスアクセス&プッシュスタート キーレスアクセス&プッシュスタートについて キーレスアクセス & プッシュスタートはアク セスキーを 携 帯 することにより 全 てのドア とリヤゲートの 施 錠 および 解 錠 エンジンの 始 動 および 停 止 が 行 えるシステムです また 施 錠 解 錠 2 運 転 す る 前 に キーレスアクセス&プッシュスタート キーレスアクセス&プッシュスタートについて 2-2 キーレスアクセス 機 能 を 使 用 してのドアの 施 錠 解 錠 2-5 電 波 式 リモコンドアロックによるドアの 施 錠 解 錠 (ボタン 操 作 による 施 錠 解 錠 ) 2-10 エンジンの 始 動 停 止 2-12 警 告 音 および 警 告 表 示 による 警 報 2-19

More information

Microsoft Word - 漬物の衛生規範

Microsoft Word - 漬物の衛生規範 漬 物 の 衛 生 規 範 ( 平 成 24 年 10 月 12 日 改 正 ) 第 1 目 的 及 び 趣 旨 本 規 範 は 漬 物 に 係 る 衛 生 上 の 危 害 の 発 生 を 防 止 するため その 原 材 料 の 受 入 れから 製 品 の 販 売 までの 各 工 程 における 取 扱 い 等 の 指 針 を 示 し 漬 物 に 関 する 衛 生 の 確 保 及 び 向 上 を 図

More information

取扱説明書

取扱説明書 卓 上 封 かん 機 EF-100 取 扱 説 明 書 目 次 1. 必 ずお 読 みください... 1 1.1. はじめに... 1 1.2. ご 使 用 上 の 注 意... 1 1.3. ご 使 用 上 のお 願 い... 3 2. 同 梱 品 をご 確 認 ください... 3 3. 本 体 各 部 の 名 称 と 働 き... 4 4. お 使 いになる 前 に(ご 使 用 前 の 準 備

More information

この 度 は 本 製 品 をお 買 い 求 め 頂 き 誠 にありがとうございます ご 使 用 の 前 に 本 取 扱 説 明 書 を 良 くお 読 みになり 末 永 くご 愛 用 くださいますようお 願 い 申 し 上 げます また お 読 み 頂 きました 後 も 大 切 に 保 管 してくださ

この 度 は 本 製 品 をお 買 い 求 め 頂 き 誠 にありがとうございます ご 使 用 の 前 に 本 取 扱 説 明 書 を 良 くお 読 みになり 末 永 くご 愛 用 くださいますようお 願 い 申 し 上 げます また お 読 み 頂 きました 後 も 大 切 に 保 管 してくださ 1-7483-21 Instruction Manual ELECTRIC ASPIRATOR アスピレータ GAS-1 取 扱 説 明 書 この 度 は 本 製 品 をお 買 い 求 め 頂 き 誠 にありがとうございます ご 使 用 の 前 に 本 取 扱 説 明 書 を 良 くお 読 みになり 末 永 くご 愛 用 くださいますようお 願 い 申 し 上 げます また お 読 み 頂 きました

More information

財形傷害保険 普通保険約款(2015年3月以前)_損保ジャパン日本興亜

財形傷害保険 普通保険約款(2015年3月以前)_損保ジャパン日本興亜 平 成 26 年 9 月 1 日 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 まで 適 用 ) 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 財 形 年 金 傷 害 保 険 財 形 住 宅 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 < 目 次 > ページ 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 2 財 形 年 金 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 15 財 形 住 宅 傷 害 保 険 普 通 保

More information

15炎月CT 取扱説明書

15炎月CT 取扱説明書 このたびは シマノ 製 品 をお 買 い 上 げいただきまして まことにありがとうごさいます 本 製 品 の 機 能 を 十 分 に 引 き 出 し 末 永 くご 愛 用 いただくためにも 使 用 前 にこの 取 扱 説 明 書 をお 読 みいた だき リール 同 様 大 切 に 保 存 して 頂 きますようお 願 い 申 しあげます 各 部 の 名 称 2 仕 様 3 糸 巻 き 学 習 方 法

More information

Microsoft Word - ★楢原斎場利用案内表紙 26年度8月改

Microsoft Word - ★楢原斎場利用案内表紙 26年度8月改 楢 原 斎 場 利 用 のご 案 内 平 成 26 年 8 月 楢 原 斎 場 は 一 般 財 団 法 人 八 王 子 市 まちづくり 公 社 が 設 置 し 管 理 運 営 する 施 設 です 当 施 設 を 利 用 される 方 は この 案 内 書 に 記 載 された 注 意 事 項 をお 守 りください 八 王 子 市 暴 力 団 排 除 条 例 の 施 行 に 伴 い 当 施 設 の 利 用

More information

団体汎用_医師賠償責任保険のご案内_勤務医

団体汎用_医師賠償責任保険のご案内_勤務医 2015 年 度 募 集 用 北 海 道 臨 床 工 学 技 士 会 団 体 賠 償 責 任 保 険 制 度 のご 案 内 昨 今 の 高 度 な 医 療 技 術 の 進 歩 に 伴 う 医 療 機 器 の 高 度 化 複 雑 化 がいっそう 進 むな か 臨 床 工 学 技 士 の 役 割 期 待 は 益 々 高 まっています 私 たち 医 療 機 器 の 専 門 医 療 職 である 臨 床 工

More information

TL220_本文.indd

TL220_本文.indd 一 般 家 庭 用 フェイスシェーバー 形 名 :TL220 取 扱 説 明 書 保 証 書 付 き 保 証 書 は 裏 表 紙 に 付 いております 販 売 店 にて 必 ず 記 入 を 受 け 大 切 に 保 管 してください も く じ 各 部 のなまえとはたらき 1 安 全 上 のご 注 意 8 9 お 買 い 上 げありがとうございました ご 使 用 になる 前 に この 取 扱 説 明

More information

危 険 物 : 刃 物 類 火 器 類 アルコール 類 なお 爪 切 りや 果 物 ナイフ ハ サミ 等 はナースステーションでお 預 かり 及 び 貸 出 します 貴 重 品 : 盗 難 事 故 防 止 のため 多 額 の 現 金 やその 他 の 貴 重 品 については 病 棟 内 への 持 ち

危 険 物 : 刃 物 類 火 器 類 アルコール 類 なお 爪 切 りや 果 物 ナイフ ハ サミ 等 はナースステーションでお 預 かり 及 び 貸 出 します 貴 重 品 : 盗 難 事 故 防 止 のため 多 額 の 現 金 やその 他 の 貴 重 品 については 病 棟 内 への 持 ち 1 精 神 科 の 入 院 は 精 神 保 健 福 祉 法 により 次 のいずれかの 同 意 書 が 必 要 です 任 意 入 院 (ご 本 人 の 意 思 で 入 院 される 場 合 ) 任 意 入 院 同 意 書 医 療 保 護 入 院 ( 保 護 者 の 同 意 を 得 て 入 院 される 場 合 ) 医 療 保 護 入 院 同 意 書 保 護 者 となるには 家 庭 裁 判 所 の 審 判

More information

5. 釜 で 煮 る 搾 ったジュースを 釜 に 入 れ 85 まで 煮 る アクを 取 り 除 き こし 布 でこしてバケツに 入 れる ( 5. 釜 での 煮 方 P12 参 照 ) 6.ビンに 詰 める ビンの 口 から 5~6cm まで 詰 めて 打 栓 機 で 王 冠 を 打 栓 する (

5. 釜 で 煮 る 搾 ったジュースを 釜 に 入 れ 85 まで 煮 る アクを 取 り 除 き こし 布 でこしてバケツに 入 れる ( 5. 釜 での 煮 方 P12 参 照 ) 6.ビンに 詰 める ビンの 口 から 5~6cm まで 詰 めて 打 栓 機 で 王 冠 を 打 栓 する ( 準 備 するもの リンゴ ビン ビタミンC(コンテナ1 箱 当 り1 袋 程 度 ) 作 り 方 1.ビンを 洗 浄 する ビンを 洗 い 殺 菌 槽 にならべ 水 を 入 れて 沸 騰 してから5 分 殺 菌 する ( 1. 殺 菌 槽 の 使 い 方 P3 参 照 ) 2.リンゴを 洗

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139303731318A7795948C9A95A889FC8F43984A88C0836083468362834E8356815B83672E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139303731318A7795948C9A95A889FC8F43984A88C0836083468362834E8356815B83672E646F63> 平 成 19 年 7 月 版 安 全 衛 生 チェックリスト 総 務 部 労 務 課 安 全 衛 生 係 学 部 名 棟 名 称 階 室 名 室 番 記 入 者 氏 名 記 入 日 該 当 記 入 文 字 : 対 応 済 項 目 マーク: 未 対 応 項 目 X マーク 第 1 章 実 験 室 等 の 安 全 衛 生 チェック 1. 化 学 物 質 ( 化 学 的 危 険 等 ) 等 を 取 り 扱

More information

継 続 登 録 ガイドライン 1. 登 録 案 内 の 到 着 2. 申 込 書 類 の 記 入 またはWEB 申 込 A-1)2015 度 チーム 登 録 申 込 書 継 続 用 A-2)2015 度 マスターズ 度 個 人 登 録 申 込 書 継 続 用 A-3)2015 度 100 才 登 録

継 続 登 録 ガイドライン 1. 登 録 案 内 の 到 着 2. 申 込 書 類 の 記 入 またはWEB 申 込 A-1)2015 度 チーム 登 録 申 込 書 継 続 用 A-2)2015 度 マスターズ 度 個 人 登 録 申 込 書 継 続 用 A-3)2015 度 100 才 登 録 一 般 社 団 法 人 日 本 マスターズ 水 泳 協 会 2015 度 継 続 登 録 案 内 継 続 登 録 ガイドライン 1ページ 1. 登 録 について 2ページ 2. 登 録 の 申 込 方 法 3ページ 3. 登 録 の 完 了 7ページ 4.その 他 10ページ 5. 申 込 書 原 紙 および 記 入 例 10ページ 継 続 登 録 ガイドライン 1. 登 録 案 内 の 到 着 2.

More information

スーパー 二 輪 自 動 車 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 賠 償 責 任 条 項 1 第 1 節 対 人 賠 償 責 任 条 項 1 第 2 節 対 人 臨 時 費 用 条 項 3 第 3 節 対 物 賠 償 責 任 条 項 4 第 4 節 他 車 運 転 賠 償 責 任 条 項 6

スーパー 二 輪 自 動 車 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 賠 償 責 任 条 項 1 第 1 節 対 人 賠 償 責 任 条 項 1 第 2 節 対 人 臨 時 費 用 条 項 3 第 3 節 対 物 賠 償 責 任 条 項 4 第 4 節 他 車 運 転 賠 償 責 任 条 項 6 スーパー 二 輪 自 動 車 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 賠 償 責 任 条 項 1 第 1 節 対 人 賠 償 責 任 条 項 1 第 2 節 対 人 臨 時 費 用 条 項 3 第 3 節 対 物 賠 償 責 任 条 項 4 第 4 節 他 車 運 転 賠 償 責 任 条 項 6 第 2 章 人 身 傷 害 条 項 7 第 3 章 搭 乗 者 傷 害 条 項 16 第 4 章 車

More information

Microsoft Word _葬祭業者の皆様へ(全ページ)_3.doc

Microsoft Word _葬祭業者の皆様へ(全ページ)_3.doc 葬 祭 業 者 の 方 へ 南 多 摩 斎 場 式 場 火 葬 室 ご 利 用 の 手 引 き 平 成 27 年 4 月 町 田 市 上 小 山 田 町 2147 番 地 電 話 042-797-7641 式 場 使 用 について 1 利 用 できる 方 亡 くなられた 方 又 は 火 葬 許 可 証 の 申 請 者 が 組 織 市 ( 八 王 子 市 町 田 市 多 摩 市 稲 城 市 日 野 市

More information

1 基 本 事 項 佐 用 町 が 主 催 するイベントを 支 える 一 員 として 全 ての 来 場 者 にご 満 足 いただけるよ う 安 全 衛 生 及 びサービス モラルなど 徹 底 するよう 心 がけてください この 要 項 に 定 める 出 店 条 件 や 規 定 などを 逸 脱 するよ

1 基 本 事 項 佐 用 町 が 主 催 するイベントを 支 える 一 員 として 全 ての 来 場 者 にご 満 足 いただけるよ う 安 全 衛 生 及 びサービス モラルなど 徹 底 するよう 心 がけてください この 要 項 に 定 める 出 店 条 件 や 規 定 などを 逸 脱 するよ 佐 用 町 露 店 出 店 募 集 要 項 1 基 本 事 項 佐 用 町 が 主 催 するイベントを 支 える 一 員 として 全 ての 来 場 者 にご 満 足 いただけるよ う 安 全 衛 生 及 びサービス モラルなど 徹 底 するよう 心 がけてください この 要 項 に 定 める 出 店 条 件 や 規 定 などを 逸 脱 するような 行 為 が 見 受 けられる 店 舗 につ いては

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817C313431323034948590D38BA48DCF8370839383748FB3944694C5283135944E348C8E313593FA8E6E8AFA82A982E79770816A3189AD897E959495AA8F4390B39770905689EF8ED09770816A838C834383418345836795CF8D5888C42E70707

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817C313431323034948590D38BA48DCF8370839383748FB3944694C5283135944E348C8E313593FA8E6E8AFA82A982E79770816A3189AD897E959495AA8F4390B39770905689EF8ED09770816A838C834383418345836795CF8D5888C42E70707 賠 償 責 任 共 済 石 油 製 品 の 流 出 による 海 水 汚 染 事 故 や 土 壌 汚 染 事 故 に 係 わる 損 害 賠 償 金 は 企 業 経 営 を 脅 かすほどの 規 模 になることがあります 全 石 連 の 賠 償 責 任 共 済 は SS 油 槽 所 の 施 設 で 発 生 する 損 害 賠 償 事 故 と 施 設 自 体 の 火 災 事 故 をあわせて 補 償 します 油

More information

目 次 船 橋 市 内 の 保 育 所 等 について P1 支 給 認 定 について P2 保 育 を 必 要 とする 事 由 について P3 利 用 申 込 み 手 続 きの 流 れ P4 利 用 申 込 みの 注 意 事 項 P6 利 用 申 込 み 後 について P7 利 用 開 始 後 につ

目 次 船 橋 市 内 の 保 育 所 等 について P1 支 給 認 定 について P2 保 育 を 必 要 とする 事 由 について P3 利 用 申 込 み 手 続 きの 流 れ P4 利 用 申 込 みの 注 意 事 項 P6 利 用 申 込 み 後 について P7 利 用 開 始 後 につ 船 橋 市 保 育 所 等 利 用 のご 案 内 大 切 なお 知 らせです 利 用 申 込 みの 際 は 必 ずお 読 みください 平 成 27 年 10 月 発 行 273-8501 船 橋 市 湊 町 2 丁 目 10 番 25 号 船 橋 市 役 所 子 育 て 支 援 部 保 育 認 定 課 電 話 FAXN 047-436-2330 047-436-2332 1 目 次 船 橋 市 内

More information

千代田区

千代田区 千 代 田 区 ワンルームマンション 等 建 築 物 に 関 する 指 導 要 綱 良 好 な 近 隣 関 係 及 び 地 域 の 健 全 な 生 活 環 境 の 保 持 向 上 のために 千 代 田 区 ワンルームマンション 等 建 築 物 を 建 築 される 方 へ 千 代 田 区 は 多 様 な 人 々が 住 み 働 き 集 う 心 豊 かなまち 千 代 田 の 実 現 をめざして 景 観 まちづくりを

More information

<90EC8DE88E738FC196688BC78ED497BC8AC7979D97768D6A81758E7B8D7381762E786477>

<90EC8DE88E738FC196688BC78ED497BC8AC7979D97768D6A81758E7B8D7381762E786477> 川 崎 市 消 防 局 車 両 管 理 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 崎 市 消 防 局 車 両 管 理 規 程 ( 平 成 21 年 消 防 局 訓 令 第 3 号 以 下 規 程 という )に 基 づき 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする ( 用 語 の 意 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当

More information

<3695CA8E8682A082E782DC82B52E786C73>

<3695CA8E8682A082E782DC82B52E786C73> 平 成 28 年 度 一 般 財 団 法 人 日 本 建 築 設 備 昇 降 機 センター 情 報 交 流 会 会 員 準 会 員 対 象 建 築 設 備 定 期 検 査 業 務 に 携 わる 方 々のための 賠 償 責 任 保 険 のご 案 内 ( 請 負 業 者 賠 償 責 任 保 険 + 受 託 者 賠 償 責 任 保 険 + 生 産 物 賠 償 責 任 保 険 ) 保 険 契 約 者 一 般

More information

P 2 初 期 登 録 設 定 ハンズフリー/カーウイングスを 使 用 するには はじめに 初 期 登 録 ( 携 帯 電 話 の 登 録 )をする 必 要 があ ります また 音 量 調 整 / 登 録 削 除 /データ 通 信 端 末 設 定 ハンズフリー 設 定 /アドレス 帳 の 転 送 /

P 2 初 期 登 録 設 定 ハンズフリー/カーウイングスを 使 用 するには はじめに 初 期 登 録 ( 携 帯 電 話 の 登 録 )をする 必 要 があ ります また 音 量 調 整 / 登 録 削 除 /データ 通 信 端 末 設 定 ハンズフリー 設 定 /アドレス 帳 の 転 送 / P ハンズフリーを 使 う P 初 期 登 録 設 定 P 2 携 帯 電 話 を 登 録 する P 2 登 録 した 携 帯 電 話 の 詳 細 情 報 を 見 る/ 削 除 する P 5 携 帯 電 話 の 割 り 当 てを 切 り 替 える P 8 携 帯 電 話 接 続 確 認 案 内 の 設 定 をする P 0 ハンズフリーの 通 話 設 定 をする P 2 通 話 中 の 着 信 を 拒

More information

安 全 にご 使 用 いただくために お 使 いになる 人 や 他 の 人 への 危 害 財 産 への 損 害 を 未 然 に 防 止 するため 必 ずお 守 りいただくことを 次 のよう に 説 明 しています 表 示 内 容 を 無 視 して 誤 った 使 い 方 をしたときに 生 じる 危 害

安 全 にご 使 用 いただくために お 使 いになる 人 や 他 の 人 への 危 害 財 産 への 損 害 を 未 然 に 防 止 するため 必 ずお 守 りいただくことを 次 のよう に 説 明 しています 表 示 内 容 を 無 視 して 誤 った 使 い 方 をしたときに 生 じる 危 害 熱 風 工 具 ファン 付 きダクトヒーター ( 寒 冷 地 タイプ) HFD3075 HFD3100 HFD3150 HFD3200 HFD3300 取 扱 説 明 書 お 買 いあげいただき ありがとうございます ファン 付 きダクトヒーター を 安 全 にご 使 用 いただくため お 使 いになる 前 にこの 取 扱 説 明 書 をお 読 みください お 読 みになった 後 は 後 日 お 役

More information

お 知 りになりたいことをさがすときは 次 のような 方 法 で 検 索 されますと すばやくさがせます タイトルからさがす 総 合 目 次 各 章 のはじめの 目 次 ヘッダー 取 り 付 け 位 置 警 告 灯 表 示 灯 からさがす イラスト 目 次 1-2ページ ブザー 音 からさがす 警

お 知 りになりたいことをさがすときは 次 のような 方 法 で 検 索 されますと すばやくさがせます タイトルからさがす 総 合 目 次 各 章 のはじめの 目 次 ヘッダー 取 り 付 け 位 置 警 告 灯 表 示 灯 からさがす イラスト 目 次 1-2ページ ブザー 音 からさがす 警 本 書 の 見 かた 本 ページは 見 本 を 使 って 本 書 の 基 本 的 な 読 みかたを 説 明 しています (1) 3 お 知 りになりたいことをさがすときは 次 のような 方 法 で 検 索 されますと すばやくさがせます タイトルからさがす 総 合 目 次 各 章 のはじめの 目 次 ヘッダー 取 り 付 け 位 置 警 告 灯 表 示 灯 からさがす イラスト 目 次 1-2ページ

More information

目 次 ETCをご 利 用 いただく 前 に 必 ずお 読 みください... 3 はじめに... 4 ETCのしくみ 安 全 にお 使 いいただくために... 6 本 書 に 使 用 している 記 号 について ETCカードについての 注 意 事 項 走 行 中 の 注 意 事 項 ETC 車 載

目 次 ETCをご 利 用 いただく 前 に 必 ずお 読 みください... 3 はじめに... 4 ETCのしくみ 安 全 にお 使 いいただくために... 6 本 書 に 使 用 している 記 号 について ETCカードについての 注 意 事 項 走 行 中 の 注 意 事 項 ETC 車 載 目 次 ETCをご 利 用 いただく 前 に 必 ずお 読 みください... 3 はじめに... 4 ETCのしくみ 安 全 にお 使 いいただくために... 6 本 書 に 使 用 している 記 号 について ETCカードについての 注 意 事 項 走 行 中 の 注 意 事 項 ETC 車 載 器 についての 注 意 事 項 各 部 の 名 称 とはたらき... 9 本 体 アンテナ ETC 車

More information

LANアダプターは プラスチック 金 属 部 品 などで 構 成 されています 燃 やすと 危 険 ですので 廃 棄 する 場 合 は 各 自 治 体 の 指 示 に 従 ってください 使 用 上 のおねがい 本 体 以 外 の 機 器 (パソコンなど)には 接 続 しないでください 故 障 の 原

LANアダプターは プラスチック 金 属 部 品 などで 構 成 されています 燃 やすと 危 険 ですので 廃 棄 する 場 合 は 各 自 治 体 の 指 示 に 従 ってください 使 用 上 のおねがい 本 体 以 外 の 機 器 (パソコンなど)には 接 続 しないでください 故 障 の 原 Wii LANアダプター RVL-015 取 扱 説 明 書 MAA-RVL-A-UE-JPN-C0 このたびはお 買 い 上 げいただきまして 誠 にありがとうございます ご 使 用 になる 前 に この 取 扱 説 明 書 をよくお 読 みいただき 正 しくお 使 いください 特 に 安 全 に 使 用 す るために は ご 使 用 になる 前 に 必 ずお 読 みください ご 使 用 になる

More information

ご 加 入 いただける 方 医 局 に 所 属 する 次 のような 方 々はご 加 入 いただくことが 可 能 です 1 それぞれの 医 局 の 先 生 または 病 院 に 勤 務 して 医 療 に 直 接 従 事 されている 方 2 病 院 に 勤 務 して 直 接 医 療 行 為 に 従 事 し

ご 加 入 いただける 方 医 局 に 所 属 する 次 のような 方 々はご 加 入 いただくことが 可 能 です 1 それぞれの 医 局 の 先 生 または 病 院 に 勤 務 して 医 療 に 直 接 従 事 されている 方 2 病 院 に 勤 務 して 直 接 医 療 行 為 に 従 事 し 研 修 医 勤 務 医 のための 医 師 賠 償 責 任 保 険 のご 案 内 ( 医 師 賠 償 責 任 保 険 ) 1 ご 加 入 いただける 方 医 局 に 所 属 する 次 のような 方 々はご 加 入 いただくことが 可 能 です 1 それぞれの 医 局 の 先 生 または 病 院 に 勤 務 して 医 療 に 直 接 従 事 されている 方 2 病 院 に 勤 務 して 直 接 医 療

More information

ジャッキ 工 具 スペアタイヤ ジャッキ ジャッキハンドル カーゴルームの 床 下 に 収 められています 1 サブトランクの 中 央 のリッド(フタ)と 左 側 のリッド(フタ)を 開 けます 700725 2 サブトランクを 取 り 出 します 700650 3 ジャッキホルダーからジャッキを

ジャッキ 工 具 スペアタイヤ ジャッキ ジャッキハンドル カーゴルームの 床 下 に 収 められています 1 サブトランクの 中 央 のリッド(フタ)と 左 側 のリッド(フタ)を 開 けます 700725 2 サブトランクを 取 り 出 します 700650 3 ジャッキホルダーからジャッキを 7 万 一 の と き ジャッキ 工 具 スペアタイヤ ジャッキ ジャッキハンドル 7-2 工 具 7-3 応 急 用 スペアタイヤ 7-4 パンクしたタイヤの 交 換 タイヤ 交 換 手 順 7-8 発 炎 筒 について 7-13 故 障 したとき 踏 切 で 動 けなくなったとき 7-15 高 速 道 路 自 動 車 専 用 道 路 で 動 けなくなったとき 7-15 路 上 でエンジンがかからなくなったとき

More information

お 知 りになりたいことをさがすときは 次 のような 方 法 で 検 索 されますと すばやくさがせます タイトルからさがす 総 合 目 次 各 章 のはじめの 目 次 ヘッダー 取 り 付 け 位 置 警 告 灯 表 示 灯 からさがす イラスト 目 次 1-2ページ ブザー 音 からさがす 警

お 知 りになりたいことをさがすときは 次 のような 方 法 で 検 索 されますと すばやくさがせます タイトルからさがす 総 合 目 次 各 章 のはじめの 目 次 ヘッダー 取 り 付 け 位 置 警 告 灯 表 示 灯 からさがす イラスト 目 次 1-2ページ ブザー 音 からさがす 警 本 書 の 見 かた 本 ページは 見 本 を 使 って 本 書 の 基 本 的 な 読 みかたを 説 明 しています (1) 3 お 知 りになりたいことをさがすときは 次 のような 方 法 で 検 索 されますと すばやくさがせます タイトルからさがす 総 合 目 次 各 章 のはじめの 目 次 ヘッダー 取 り 付 け 位 置 警 告 灯 表 示 灯 からさがす イラスト 目 次 1-2ページ

More information

整 水 モードについて スイッチ 整 水 モード レベル 用 途 ph 目 安 レベル 表 示 整 水 ランプ ( 通 水 時 ) 4 調 理 用 9.0 ~ 10.5 黄 色 点 灯 1 水 素 水. スイッチ 電 解 水 素 水 モード 3 飲 用 8.5 ~ 飲 用 8.0 ~ 9

整 水 モードについて スイッチ 整 水 モード レベル 用 途 ph 目 安 レベル 表 示 整 水 ランプ ( 通 水 時 ) 4 調 理 用 9.0 ~ 10.5 黄 色 点 灯 1 水 素 水. スイッチ 電 解 水 素 水 モード 3 飲 用 8.5 ~ 飲 用 8.0 ~ 9 分 岐 水 栓 について 切 り 替 えレバーを 回 して 原 水 シャワー 整 水 に 切 り 替 えることができます p p 水 道 水 を 使 う 場 合 は 原 水 または シャワー に 切 り 替 えてお 使 いください p p 整 水 ( 電 解 水 素 水 / 浄 水 / 酸 性 水 )を 使 う 場 合 は 整 水 に 切 り 替 えてお 使 いください 切 り 替 え レ バ ー

More information

NYT1553-1.indd

NYT1553-1.indd 点 検 整 備 チェックリスト お 知 らせ 保 証 書 別 添 付 もくじ 取 扱 説 明 書 スポーツ 車 B-PKT38 B-PKT43 B-PKT48 安 全 上 のご 注 意 (2 ~7 ページ)を ずお 読 みください 安 全 上 のご 注 意 (1) 改 造 や 分 解 た 指 定 以 外 の 注 油 はしい 調 整 後 の 締 め 付 けを 確 認 せず らい( 車 輪 の 脱 着

More information

目 次 1. 市 営 住 宅 とは 1ページ 2. 市 営 住 宅 管 理 のしくみ 2ページ 1 建 築 住 宅 課 の 市 営 住 宅 に 関 する 業 務 2 市 営 住 宅 管 理 人 3. 入 居 までの 手 続 3ページ 1 請 書 の 提 出 2 カギ 渡 し 3 電 気 ガス 水 道

目 次 1. 市 営 住 宅 とは 1ページ 2. 市 営 住 宅 管 理 のしくみ 2ページ 1 建 築 住 宅 課 の 市 営 住 宅 に 関 する 業 務 2 市 営 住 宅 管 理 人 3. 入 居 までの 手 続 3ページ 1 請 書 の 提 出 2 カギ 渡 し 3 電 気 ガス 水 道 延 岡 市 市 営 住 宅 住 まいのしおり 延 岡 市 都 市 建 設 部 建 築 住 宅 課 :22-7023 目 次 1. 市 営 住 宅 とは 1ページ 2. 市 営 住 宅 管 理 のしくみ 2ページ 1 建 築 住 宅 課 の 市 営 住 宅 に 関 する 業 務 2 市 営 住 宅 管 理 人 3. 入 居 までの 手 続 3ページ 1 請 書 の 提 出 2 カギ 渡 し 3 電 気

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B90A78CC0957488EA94CA8BA3918893FC8E44899E95E588C493E08140816993648E71313030373035816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B90A78CC0957488EA94CA8BA3918893FC8E44899E95E588C493E08140816993648E71313030373035816A2E646F63> 制 限 付 一 般 競 争 入 札 の 応 募 案 内 ( 工 事 電 子 方 式 ) 明 石 市 財 務 部 契 約 課 この 応 募 案 内 は 明 石 市 財 務 部 契 約 課 及 び 明 石 市 水 道 部 ( 以 下 契 約 課 という )の 発 注 する 工 事 の 制 限 付 一 般 競 争 入 札 ( 電 子 方 式 )の 参 加 にあたり 必 要 な 手 続 きや 注 意 事 項

More information

自動車保険のしおり・約款【しおり(目次Ⅰ〜Ⅳ)】(保険開始日(始期日)が2012年7月1日以降のご契約)

自動車保険のしおり・約款【しおり(目次Ⅰ〜Ⅳ)】(保険開始日(始期日)が2012年7月1日以降のご契約) 保 険 開 始 日 が 平 成 24 年 7 月 1 日 以 降 のご 契 約 に 適 用 となります 自 動 車 保 険 のしおり 約 款 自 動 車 保 険 普 通 保 険 約 款 特 約 条 項 この 自 動 車 保 険 のしおり 約 款 には ご 契 約 上 の 大 切 なことがらが 記 載 されて おりますので ご 一 読 ください ご 契 約 者 と 補 償 の 対 象 となる 方 が

More information

図面審査指導基準

図面審査指導基準 ビル 衛 生 管 理 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 基 準 第 1 目 的 この 基 準 は 特 定 建 築 物 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 について 必 要 な 事 項 を 定 め 適 正 かつ 統 一 性 のある 指 導 を 行 うことにより 特 定 建 築 物 の 良 好 な 衛 生 的 環 境 を 確 保 し もって 町 田 市

More information

は じ め に この 手 帳 は 道 路 運 送 車 両 法 で 義 務 づけられている 自 動 車 の 日 常 点 検 整 備 及 び 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 法 で 義 務 づけられている 点 呼 について 要 点 を 取 りまとめた ものです 内 容 は 1 日 常 の 点 検 管

は じ め に この 手 帳 は 道 路 運 送 車 両 法 で 義 務 づけられている 自 動 車 の 日 常 点 検 整 備 及 び 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 法 で 義 務 づけられている 点 呼 について 要 点 を 取 りまとめた ものです 内 容 は 1 日 常 の 点 検 管 は じ め に この 手 帳 は 道 路 運 送 車 両 法 で 義 務 づけられている 自 動 車 の 日 常 点 検 整 備 及 び 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 法 で 義 務 づけられている 点 呼 について 要 点 を 取 りまとめた ものです 内 容 は 1 日 常 の 点 検 管 理 2 車 両 の 点 検 不 良 による 事 故 事 例 3 点 呼 の 実 施 の3つの 基 本

More information

後期高齢医療.indd

後期高齢医療.indd 平 成 28 年 度 版 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 のしくみ も く じ 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 とは 1 保 険 証 3 医 療 機 関 等 にかかるときの 自 己 負 担 の 割 合 5 自 己 負 担 の 限 度 額 ( 高 額 療 養 費 など) 7 医 療 費 の 払 い 戻 しを 受 けられる 場 合 11 整 骨 院 接 骨 院 ( 柔 道 整 復 )の 正 しいかかり

More information

DIGNO® C 404KC ユーザーガイド Chapter1

DIGNO® C 404KC ユーザーガイド Chapter1 ご 利 用 にあたって 各 部 の 名 称 とはたらき...8 USIMカードについて...9 内 部 ストレージ/SDカードについて...12 充 電 する... 16 電 源 を 入 れる/ 切 る...17 タッチパネルの 使 いかた...18 初 期 設 定 について...19 8 各 部 の 名 称 とはたらき 本 体 について 名 称 説 明 ノイズキャ ンセル 用 マイク 周 囲 の

More information

職員のための

職員のための 職 員 のための 子 育 てサポートQ&A 平 成 27 年 8 月 改 訂 総 務 政 策 局 総 務 課 総 務 政 策 局 教 職 員 課 ~ 目 次 ~ 特 定 事 業 主 行 動 計 画 P6 Q1 Q2 北 海 道 教 育 委 員 会 職 員 子 育 て 支 援 行 動 計 画 とは 職 員 に 対 して どの 様 な 休 暇 や 給 付 等 の 支 援 を 行 っていますか 女 性 職

More information

はじめに 本 マニュアルは お 客 様 ご 自 身 でメンテナンスいただける 内 容 を 集 めた 事 例 集 です お 手 入 れや 商 品 に 備 わっている 調 整 機 能 により 改 善 できる 現 象 をまとめています 難 しい 場 合 はお 買 い 上 げの 販 売 店 もしくは 裏 表

はじめに 本 マニュアルは お 客 様 ご 自 身 でメンテナンスいただける 内 容 を 集 めた 事 例 集 です お 手 入 れや 商 品 に 備 わっている 調 整 機 能 により 改 善 できる 現 象 をまとめています 難 しい 場 合 はお 買 い 上 げの 販 売 店 もしくは 裏 表 はじめに 本 マニュアルは お 客 様 ご 自 身 でメンテナンスいただける 内 容 を 集 めた 事 例 集 です お 手 入 れや 商 品 に 備 わっている 調 整 機 能 により 改 善 できる 現 象 をまとめています 難 しい 場 合 はお 買 い 上 げの 販 売 店 もしくは 裏 表 紙 の 修 理 ご 相 談 窓 口 へご 用 命 ください パナソニック 住 まいの 設 備 と 建

More information

IP Video 9100(A)

IP Video 9100(A) 人 感 センサー 付 きドアスコープカメラ (SDカード 録 画 暗 視 機 能 付 き) 取 扱 説 明 書 型 番 :BSC-006N 目 次 1. 概 要...2 2. 注 意...2 3. 各 部 の 名 称 と 機 能...2 4. 取 付 方 法...3 5. 操 作 方 法... 5 6.パラメータ...6 7. 付 属 品...6 保 証 書...7 本 取 扱 説 明 書 にある

More information

目 次 1 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 の 概 要 P1 2 2 号 3 号 認 定 を 受 けて 保 育 の 利 用 申 込 みができる 方 P 2 3 申 込 み 方 法 P4 4 申 込 みに 必 要 な 書 類 P4 5 利 用 調 整 ( 選 考 )について P6 6 結 果

目 次 1 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 の 概 要 P1 2 2 号 3 号 認 定 を 受 けて 保 育 の 利 用 申 込 みができる 方 P 2 3 申 込 み 方 法 P4 4 申 込 みに 必 要 な 書 類 P4 5 利 用 調 整 ( 選 考 )について P6 6 結 果 平 成 2 7 年 度 龍 ケ 崎 市 役 所 健 康 福 祉 部 こども 課 TEL:0297-64-1111 ( 内 270 271) ( 注 意 ) 国 等 の 動 向 により,この 案 内 に 記 載 された 内 容 が 今 後 変 更 になる 場 合 が ありますので,ご 了 承 ください 目 次 1 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 の 概 要 P1 2 2 号 3 号 認 定

More information

GM-A5200

GM-A5200 ブリッジャブル 2 チャンネルパワーアンプ GM-A5200 取 扱 説 明 書 車 への 取 り 付 けは 必 ずこの 取 扱 説 明 書 と 別 冊 の 安 全 上 のご 注 意 に 従 って 正 しく 行 ってください 指 定 以 外 の 取 り 付 け 方 法 や 指 定 以 外 の 部 品 を 使 用 すると 事 故 やケガの 原 因 となる 場 合 がありま す この 場 合 は 当 社

More information

目 次 ETCをご 利 用 いただく 前 に 必 ずお 読 みください... 3 はじめに... 4 ETCのしくみ 安 全 にお 使 いいただくために... 6 本 書 に 使 用 している 記 号 について ETCカードについての 注 意 事 項 走 行 中 の 注 意 事 項 ETC 車 載

目 次 ETCをご 利 用 いただく 前 に 必 ずお 読 みください... 3 はじめに... 4 ETCのしくみ 安 全 にお 使 いいただくために... 6 本 書 に 使 用 している 記 号 について ETCカードについての 注 意 事 項 走 行 中 の 注 意 事 項 ETC 車 載 目 次 ETCをご 利 用 いただく 前 に 必 ずお 読 みください... 3 はじめに... 4 ETCのしくみ 安 全 にお 使 いいただくために... 6 本 書 に 使 用 している 記 号 について ETCカードについての 注 意 事 項 走 行 中 の 注 意 事 項 ETC 車 載 器 についての 注 意 事 項 各 部 の 名 称 とはたらき... 9 本 体 アンテナ ETC 車

More information

はじめに ごあいさつ この 度 は イマセン 車 いす 電 動 ユニット デイリープ ラス をお 買 い 上 げいただきましてありがとうございま す この 取 扱 説 明 書 には 正 しい 取 扱 いや 簡 単 な 手 入 れの 方 法 について 記 載 してあります ご 使 用 前 にご 本 人

はじめに ごあいさつ この 度 は イマセン 車 いす 電 動 ユニット デイリープ ラス をお 買 い 上 げいただきましてありがとうございま す この 取 扱 説 明 書 には 正 しい 取 扱 いや 簡 単 な 手 入 れの 方 法 について 記 載 してあります ご 使 用 前 にご 本 人 車 いす 用 電 動 ユニット 機 種 名 (DPS シリーズ) DPS-L20 DPS-L22 DPS-L24 DPS-M22 DPS-M24 取 扱 説 明 書 この 取 扱 説 明 書 は ご 使 用 前 にご 本 人 及 び 介 助 者 が 必 ずよ くお 読 みください また いつも 身 近 において 分 からな いことがありましたらこの 取 扱 説 明 書 をお 読 みください また 手

More information

(Microsoft Word - \211^\215s\212\307\227\235\213K\222\366)

(Microsoft Word - \211^\215s\212\307\227\235\213K\222\366) 運 行 管 理 規 程 平 成 制 定 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 規 程 は ( 事 業 者 名 ) 運 行 管 理 規 程 と 称 する ( 目 的 ) 第 2 条 この 規 程 は 旅 客 自 動 車 運 送 事 業 運 輸 規 則 ( 以 下 運 輸 規 則 という ) 第 48 条 の2の 定 めに 基 づき 運 行 管 理 者 の 職 務 及 び 権 限 並 びに

More information

目 次 1.はじめに 2 2. 使 用 上 の 注 意 2 3. 保 守 点 検 要 領 3 4. 処 理 工 程 (フローシート) 4 5. 各 槽 のはたらき 4 6. 試 運 転 時 の 確 認 事 項 5 7. 種 汚 泥 の 投 入 について 8 8. 清 掃 の 注 意 事 項 8 9.

目 次 1.はじめに 2 2. 使 用 上 の 注 意 2 3. 保 守 点 検 要 領 3 4. 処 理 工 程 (フローシート) 4 5. 各 槽 のはたらき 4 6. 試 運 転 時 の 確 認 事 項 5 7. 種 汚 泥 の 投 入 について 8 8. 清 掃 の 注 意 事 項 8 9. 第 3.1 版 (H23.9 改 訂 ) 維 持 管 理 要 領 書 コ ン パ ク ト タ イ プ ダイキ 小 規 模 合 併 処 理 浄 化 槽 TRB-14~35 型 TRB 2-40~50 型 注 意 維 持 管 理 要 領 書 本 文 に 出 てくる 警 告 および 注 意 表 示 の 部 分 は 浄 化 槽 を 使 用 する 前 に 特 に 注 意 深 く 読 み よく 理 解 してください

More information

加 古 川 まつり 実 行 委 員 会 は 来 る8 月 7 日 の 加 古 川 まつり 花 火 大 会 の 実 施 に 向 けて 諸 準 備 を 整 えているところです また 花 火 大 会 の 観 覧 者 の 皆 様 にお 楽 しみいただき 夏 の 風 物 詩 ともいえる 露 店 の 賑 わいが

加 古 川 まつり 実 行 委 員 会 は 来 る8 月 7 日 の 加 古 川 まつり 花 火 大 会 の 実 施 に 向 けて 諸 準 備 を 整 えているところです また 花 火 大 会 の 観 覧 者 の 皆 様 にお 楽 しみいただき 夏 の 風 物 詩 ともいえる 露 店 の 賑 わいが 第 45 回 加 古 川 まつり 花 火 大 会 露 店 出 店 者 募 集 要 項 平 成 28 年 6 月 加 古 川 まつり 実 行 委 員 会 加 古 川 まつり 実 行 委 員 会 は 来 る8 月 7 日 の 加 古 川 まつり 花 火 大 会 の 実 施 に 向 けて 諸 準 備 を 整 えているところです また 花 火 大 会 の 観 覧 者 の 皆 様 にお 楽 しみいただき 夏

More information

01 小 諸 市 の 水 道 について 02 引 っ 越 しのときは 小 諸 市 の 水 道 の 歴 史 は 古 く 小 諸 町 時 代 の 大 正 13 年 近 隣 市 町 村 に 先 駆 けて 創 設 されました これまで 未 給 水 地 区 の 解 消 給 水 区 域 の 拡 張 施 設 の

01 小 諸 市 の 水 道 について 02 引 っ 越 しのときは 小 諸 市 の 水 道 の 歴 史 は 古 く 小 諸 町 時 代 の 大 正 13 年 近 隣 市 町 村 に 先 駆 けて 創 設 されました これまで 未 給 水 地 区 の 解 消 給 水 区 域 の 拡 張 施 設 の 小 諸 市 上 水 道 課 保 存 版 01 小 諸 市 の 水 道 について 02 引 っ 越 しのときは 小 諸 市 の 水 道 の 歴 史 は 古 く 小 諸 町 時 代 の 大 正 13 年 近 隣 市 町 村 に 先 駆 けて 創 設 されました これまで 未 給 水 地 区 の 解 消 給 水 区 域 の 拡 張 施 設 の 整 備 改 善 を 図 ることにより 地 域 の 発 展 と

More information

1. LEDとは LEDとは LightEmitingDiodeの 略 で 光 を 発 生 する 半 導 体 (ダイオード) のことである 順 方 向 に 電 気 を 流 すことで 発 光 する 半 導 体 素 子 であり 第 4の 明 かりとも 呼 ばれています 最 近 では 交 通 信 号 機

1. LEDとは LEDとは LightEmitingDiodeの 略 で 光 を 発 生 する 半 導 体 (ダイオード) のことである 順 方 向 に 電 気 を 流 すことで 発 光 する 半 導 体 素 子 であり 第 4の 明 かりとも 呼 ばれています 最 近 では 交 通 信 号 機 照 明 から 始 めるECO 改 革 省 エネLED 照 明 環 境 を 守 るため 未 来 を 照 らすクリーンな 照 明 です Miyu 株 式 会 社 ミュウテック 1. LEDとは LEDとは LightEmitingDiodeの 略 で 光 を 発 生 する 半 導 体 (ダイオード) のことである 順 方 向 に 電 気 を 流 すことで 発 光 する 半 導 体 素 子 であり 第 4の

More information

情 報 ホーム 安 全 対 策 車 両 等 触 知 板 で 男 女 を 一 緒 に 表 示 してあるとわかりにくいため 改 善 が 望 まれてい る 視 覚 障 がい 者 には ICOCA 専 用 の 改 札 機 の 見 分 けができないので 改 札 機 は 全 国 統 一 にすることが 望 わかり

情 報 ホーム 安 全 対 策 車 両 等 触 知 板 で 男 女 を 一 緒 に 表 示 してあるとわかりにくいため 改 善 が 望 まれてい る 視 覚 障 がい 者 には ICOCA 専 用 の 改 札 機 の 見 分 けができないので 改 札 機 は 全 国 統 一 にすることが 望 わかり 第 5 章 バリアフリー 化 の 現 況 把 握 と 主 な の 整 理 3. 重 点 整 備 地 区 におけるバリアフリー 上 の (1) 旅 客 施 設 移 動 経 路 視 覚 障 が い 者 誘 導 等 階 段 の 両 側 に2 段 手 すりを 設 けるとともに 段 を 見 えやすくするなど 利 用 者 の 安 全 性 を 高 めることが 必 要 また 階 段 幅 が 広 い 場 合 は 中

More information

医局医・勤務医のための医師賠償責任保険のご案内(2010/4/1以降用)

医局医・勤務医のための医師賠償責任保険のご案内(2010/4/1以降用) 医 局 医 勤 務 医 のための 医 師 賠 償 責 任 保 険 のご 案 内 2010 年 4 月 91545.2010.2/A3E13/A 目 次 1. 医 師 賠 償 責 任 保 険 とは P.3 2.お 支 払 いする 保 険 金 の 種 類 P.4 3. 保 険 金 をお 支 払 いしない 主 な 場 合 P.5 4.ご 契 約 のしくみ P.6~7 5.ご 注 意 いただきたいこと P.8~11

More information

1. 安 全 に 関 するご 注 意 この 製 品 は 産 業 機 器 に 使 用 する 電 子 除 湿 器 です 本 来 の 目 的 以 外 では 絶 対 に 使 用 しないでください ご 使 用 になる 前 に 安 全 に 関 するご 注 意 をよくお 読 みの 上 正 しくお 使 いください

1. 安 全 に 関 するご 注 意 この 製 品 は 産 業 機 器 に 使 用 する 電 子 除 湿 器 です 本 来 の 目 的 以 外 では 絶 対 に 使 用 しないでください ご 使 用 になる 前 に 安 全 に 関 するご 注 意 をよくお 読 みの 上 正 しくお 使 いください ( 電 子 除 湿 器 ) ODE-F110-AW ODE-F122-AW ODE-N103-AW ODE-N105-AW 取 扱 説 明 書 ご 使 用 になる 前 に 必 ずこの 取 扱 説 明 書 をよくお 読 みください いつも 側 に 置 いてお 使 いください 目 次 1. 安 全 に 関 するご 注 意 2 2. 各 部 の 名 称 3 3. 取 付 方 法 4 4. 配 線 6 5.

More information

乙種第4類(危険物取扱者試験)

乙種第4類(危険物取扱者試験) 過 去 に 出 題 された 問 題 乙 種 第 4 類 危 険 物 取 扱 者 試 験 解 答 は 最 後 のページに 記 載 されています ( 注 ) 問 題 中 に 使 用 した 略 語 は 次 のとおりです 法 令 消 防 法 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 又 は 危 険 物 の 規 制 に 関 する 規 則 法 消 防 法 政 令 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令

More information