目 次 絵 で 見 る 目 次 1 安 全 なドライブのために お 車 を 安 全 に 運 転 していただくための 正 しい 取 り 扱 いについて 説 明 しています 環 境 にやさしく 快 適 なドライブのために 3 各 部 の 開 閉 4 安 全 装 備 5 メーター スイッチ 6 運 転 装

Size: px
Start display at page:

Download "目 次 絵 で 見 る 目 次 1 安 全 なドライブのために お 車 を 安 全 に 運 転 していただくための 正 しい 取 り 扱 いについて 説 明 しています 環 境 にやさしく 快 適 なドライブのために 3 各 部 の 開 閉 4 安 全 装 備 5 メーター スイッチ 6 運 転 装"

Transcription

1 このたびはランサーをお 買 い 上 げいただき,ありがとう ございます J この 取 扱 説 明 書 は,お 客 様 のお 車 をいつも 安 全 快 適 に 運 転 していただ くための 正 しい 取 り 扱 いについて 説 明 しています また,お 車 のお 手 入 れや 万 一 のときの 処 置 についても 記 載 してあります ので,ご 使 用 前 に 必 ずお 読 みください 安 全 なドライブのために は 重 要 ですので,しっかりお 読 みください 安 全 に 関 する 表 示 運 転 者 や 他 の 人 が 傷 害 を 受 けるおそれがあることと,その 回 避 方 法 をつぎの 表 示 で 記 載 しています 重 要 な 事 項 ですので 必 ず 読 んでお 守 りください 記 載 事 項 を 守 らないと, 死 亡 や 重 大 な 傷 害 につながるおそれがあるこ と 記 載 事 項 を 守 らないと, 傷 害 や 事 故 につながるおそれがあること 安 全 のためにしてはならない 行 為 (イラスト 内 に 表 示 されています) その 他 の 表 示 お 車 に 関 することやその 他 のは,つぎの 表 示 で 記 載 しています 取 扱 説 明 書 は 車 の 中 に 保 管 してください 保 証 および 点 検, 整 備 内 容 については, 別 冊 のメンテナンスノートをご 覧 ください 三 菱 マルチコミュニケーションシステムの 取 り 扱 い 要 領 については, 別 冊 の 取 扱 説 明 書 をご 覧 ください お 車 をゆずられるときは, 取 扱 説 明 書 およびメンテナンスノートを 車 につけておい てください お 車 のために 守 っていただきたいこと 知 っておくと 便 利 なこと グレードにより 異 なる 装 備 やオプション 装 備 に 表 示 していま す 装 備 仕 様 の 変 更 などにより, 本 書 の 内 容 がお 客 様 のお 車 と 合 わないことがあります ので,あらかじめご 了 承 ください ご 不 明 な 点 は, 担 当 営 業 スタッフにお 問 い 合 わせください

2 目 次 絵 で 見 る 目 次 1 安 全 なドライブのために お 車 を 安 全 に 運 転 していただくための 正 しい 取 り 扱 いについて 説 明 しています 環 境 にやさしく 快 適 なドライブのために 3 各 部 の 開 閉 4 安 全 装 備 5 メーター スイッチ 6 運 転 装 置 7 室 内 装 備 8 エアコン 9 オーディオ 10 簡 単 な 整 備 車 のお 手 入 れ 11 寒 冷 時 の 取 り 扱 い 12 もしものときの 処 置 13 サービスデータ 14 さくいん 15 2

3 絵 で 見 る 目 次 計 器 盤 まわり J ライトスイッチP. 6-9 方 向 指 示 レバーP エンジンスイッチP. 7-7 ドアミラー 調 整 スイッチ ( 除 く,セキュリティーアラーム 付 き 車 )P. 7-4 セキュリティーインジケーター (セキュリティーアラーム 付 き 車 )P メーターP. 6-2 表 示 灯 警 告 灯 P. 6-6 発 炎 筒 P グローブボックスP. 8-8 助 手 席 SRSエアバッグP ワイパー/ウォッシャースイッチP パーソナルボックス( 小 物 入 れ)P. 8-9 ヒューズボックスP エンジンフードレバーP 運 転 席 SRSエアバッグP ホーンスイッチP 装 備 仕 様 の 違 いやオプションなども 含 んでいます 1-1

4 絵 で 見 る 目 次 灰 皿 P. 8-3 セレクターレバー (CVT 車 )P シフトレバー(マニュアル 車 )P ドアミラー 調 整 スイッチ (セキュリティーアラーム 付 き 車 )P. 7-4 ヘッドライトレベリングダイヤルP 灰 皿 P. 8-3 フロアコンソールボックスP. 8-9 駐 車 ブレーキP. 7-2 カップホルダーP チルトステアリングレバーP. 7-3 装 備 仕 様 の 違 いやオプションなども 含 んでいます シガレットライターP

5 絵 で 見 る 目 次 センターパネル J < 除 く, 三 菱 マルチコミュニケーションシステム(MMCS) 付 き 車 > 吹 き 出 し 口 P. 9-2 時 計 P. 8-5 非 常 点 滅 灯 スイッチP オーディオP マニュアルエアコンP. 9-4 < 三 菱 マルチコミュニケーションシステム(MMCS) 付 き 車 > 吹 き 出 し 口 P. 9-2 MMCS 用 モニター* MMCS 用 操 作 パネル* 非 常 点 滅 灯 スイッチP オートエアコンP. 9-9 MMCS 用 ナビユニット* マニュアルエアコン オートエアコン リヤウインドウデフォッガー ( 曇 り 取 り)スイッチP 装 備 仕 様 の 違 いやオプションなども 含 んでいます * 別 冊 の 取 扱 説 明 書 をご 覧 ください 1-3

6 絵 で 見 る 目 次 室 内 J ルームミラーP. 7-3 マップランプP. 8-7 ルームランプP. 8-6 サンバイザーP. 8-2 パワーウインドウスイッチP ルームランプP. 8-6 SRSカーテンエアバッグP フューエルリッドオープナーP トランクリッドオープナーP. 4-7 バニティーミラーP. 8-3 装 備 仕 様 の 違 いやオプションなども 含 んでいます 1-4

7 絵 で 見 る 目 次 1 シートベルトP. 5-7 アジャスタブルシートベルトアンカーP ヘッドレストP. 5-6 フロントシートP. 5-3 SRSサイドエアバッグP リヤシートP. 5-5 装 備 仕 様 の 違 いやオプションなども 含 んでいます 1-5

8 絵 で 見 る 目 次 トランクルーム J 工 具 P スペアタイヤP ジャッキP 装 備 仕 様 の 違 いやオプションなども 含 んでいます 1-6

9 絵 で 見 る 目 次 外 まわり J フューエルリッド( 燃 料 補 給 口 )P ドアミラーP. 7-4 アンテナP フロントワイパーP エンジンフード(ボンネット)P 方 向 指 示 灯 P. 6-12,14-6 非 常 点 滅 灯 P. 6-13,14-6 ヘッドランプP. 6-9,14-6 車 幅 灯 P. 6-9,14-6 方 向 指 示 灯 P. 6-12,14-6 非 常 点 滅 灯 P. 6-13,14-6 ドアの 施 錠 解 錠 P. 4-4 キーレスエントリーP. 4-3 装 備 仕 様 の 違 いやオプションなども 含 んでいます 1-7

10 絵 で 見 る 目 次 トランクリッドP. 4-7 ハイマウントストップランプP.14-6 リヤワイパーP アンテナP タイヤ,ホイールのサイズP タイヤの 空 気 圧 P タイヤ 交 換 P タイヤローテーションP タイヤチェーンP 制 動 灯 / 尾 灯 P.14-6 方 向 指 示 灯 P. 6-12,14-6 非 常 点 滅 灯 P. 6-13,14-6 尾 灯 P.14-6 後 退 灯 P.14-6 番 号 灯 P.14-6 装 備 仕 様 の 違 いやオプションなども 含 んでいます 1-8

11 絵 で 見 る 目 次 エンジンルーム J ヒューズボックスP オートマチックトランスミッション(CVT) オイルレベルゲージ(CVT 車,オートマチック 車 ) エンジンオイル 注 入 キャップ ブレーキ 液 タンク (CVT 車,オートマチック 車 ) ブレーキ 液 クラッチ 液 タンク (マニュアル 車 ) パワーステアリングオイルタンク フロント リヤ ウォッシャータンクP エンジンオイルレベルゲージ ラジエーターキャップP コンデンスタンク( 冷 却 水 )P バッテリーP ,

12 安 全 なドライブのために 2 お 車 のご 使 用 前 に 知 っておいていただきたいこと, 守 っていただきたい 警 告 注 意 をまとめて 記 載 しています 重 要 ですので,しっかりお 読 みください 日 常 点 検 出 発 前 は お 子 さまを 乗 せるときは 走 行 するときは 走 行 中 に 異 常 に 気 づいたら CVT 車,オートマチック 車 の 取 り 扱 い 駐 停 車 するときは こんなことにも 注 意 セルフ 式 ガソリンスタンドを 利 用 するときは

13 安 全 なドライブのために 日 常 点 検 J 点 検, 整 備 を 忘 れずに 日 常 点 検 整 備 と 定 期 点 検 整 備 は,お 客 様 の 責 任 において 実 施 していただく ことが 法 律 で 義 務 付 けられています 事 故 や 故 障 を 未 然 に 防 ぐため 必 ず 実 施 してください 日 常 点 検 整 備 は, 長 距 離 を 走 行 すると きや, 洗 車, 給 油 時 などにお 客 様 自 身 で 行 う 点 検 整 備 です 日 常 点 検 整 備 の 項 目 および 点 検 のし かたについては, 別 冊 の メンテナン スノート に 記 載 してありますので 必 ずお 読 みください エンジンルームを 点 検 すると きは エンジン 回 転 中 はエンジンルームに 手 を 入 れないでください 手 や 衣 服 がドライブベルトなどに 巻 き 込 まれるおそれがあります エンジンルーム 内 の 部 品 には 高 温 に なるものがあります やけどをするおそれがありますので, 各 部 が 十 分 冷 えてから 点 検 してくだ さい 排 気 ガスなどが 定 められた 基 準 に 合 うように 調 整 されていますので,アイ ドリング 回 転 数 などのエンジン 調 整 は 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 で 行 ってくだ さい ラジエーターやコンデンスタ ンク( 冷 却 水 )が 熱 いときは ラジエーターやコンデンスタンク( 冷 却 水 )が 熱 いときは,ラジエーター キャップを 外 さないでください 蒸 気 や 熱 湯 が 吹 き 出 しやけどをする おそれがあります 2-2

14 安 全 なドライブのために 燃 料 は 指 定 されたものを 補 給 J 必 ず 無 鉛 ガソリンを 補 給 してくださ い 有 鉛 ガソリンや 粗 悪 ガソリン, 高 濃 度 アルコール 混 合 燃 料, 三 菱 自 動 車 純 正 部 品 以 外 のガソリン 添 加 剤 ( 含 む 水 分 除 去 剤 )を 使 用 しないでください 排 気 ガス 浄 化 装 置 や 燃 料 噴 射 装 置 が 損 傷 するおそれがあります メンテナンスデータ P 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 で 点 検 を 受 けて J つぎの 場 合 は 車 が 故 障 しているおそ れがあります そのままにしておくと 走 行 に 悪 影 響 をおよぼしたり, 思 わぬ 事 故 につなが るおそれがあります 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 で 点 検 を 受 けて ください いつもと 違 う 音, 臭 い, 振 動 がする とき ブレーキ 液 が 不 足 しているとき 地 面 に 油 の 漏 れたあとが 残 っている とき 2-3

15 安 全 なドライブのために 出 発 前 は J シートベルトは 必 ず 着 用 運 転 する 前 に 必 ずシートベルトを 着 用 してください シートベルト P. 5-7 同 乗 者 にもシートベルトを 着 用 させ てください 燃 料 の 入 った 容 器 やスプレー 缶 類 を 車 の 中 に 持 ち 込 まない 燃 料 の 入 った 容 器 やスプレー 缶 類 を 車 の 中 に 持 ち 込 まないでください 容 器 が 破 裂 したり, 蒸 発 ガスに 引 火 し 爆 発 するおそれがあります 窓 越 しにエンジンをかけない 窓 越 しなど 車 外 からエンジンをかけ ないでください 思 わぬ 事 故 につなが るおそれがあります 正 しい 運 転 姿 勢 で 運 転 席 に 座 り,エン ジンをかける 習 慣 をつけましょう マニュアル 車 は,シフトレバーを に 入 れ,クラッチペダルをいっぱいまで 踏 み 込 みます オートマチック 車 およびCVT 車 は,セ レクターレバーが の 位 置 にあるこ とを 確 認 します いずれの 場 合 も 思 わぬ 事 故 を 避 ける ため,ブレーキペダルを 右 足 でしっか り 踏 んでエンジンをかける 習 慣 をつ けてください エンジンのかけ 方 P. 7-8 マニュアル 車 はクラッチスタートシ ステムが 装 着 されています クラッチスタートシステムとは 誤 操 作 を 防 ぐため,クラッチペダルを いっぱいに 踏 み 込 まないとエンジン がかからない 装 置 です 2-4

16 安 全 なドライブのために 運 転 席 の 足 元 付 近 を 点 検 ブレーキペダルの 下 に 物 がころがり 込 むと,ブレーキ 操 作 ができなくなる おそれがあります 出 発 前 に 運 転 席 の 足 元 付 近 を 点 検 し てください 周 囲 が 囲 まれた 換 気 の 悪 い 場 所 でエンジンをかけたままに しない 周 囲 が 囲 まれた 換 気 の 悪 い 場 所 でエ ンジンをかけたままにしないでくだ さい 排 気 ガスが 車 内 や 建 物 内 などに 充 満 して,ガス 中 毒 になるおそれがありま す やむを 得 ないときは, 換 気 を 十 分 に 行 ってください 2 フロアマットはペダルに 引 っかから ないよう, 車 にあったものを 正 しく 敷 いてください また,ずれないようフックなどで 確 実 に 固 定 してください ペダルをおおったり, 重 ねて 敷 くとペ ダル 操 作 の 妨 げになり, 重 大 な 事 故 に つながるおそれがあります 2-5

17 安 全 なドライブのために お 子 さまを 乗 せるときは J お 子 さまはリヤシートに 座 ら せる 助 手 席 ではお 子 さまの 動 作 が 気 にな り 運 転 の 妨 げになるだけでなく,お 子 さまが 運 転 装 置 にふれて, 重 大 な 事 故 につながるおそれがあります やむを 得 ず 助 手 席 にお 子 さまを 乗 せ るときでも,つぎのことをお 守 りくだ さい 必 ずシートベルトを 着 用 する シートをできるだけ 後 方 に 下 げる シートに 深 く 腰 かけて, 背 もたれに 背 中 がついた 正 しい 姿 勢 で 座 らせる お 子 さまがシートベルトやチャイル ドシートを 使 用 せずにインストルメ ントパネルの 前 に 立 っていたり, 助 手 席 に 正 しい 姿 勢 で 座 っていなかった りすると,SRS エアバッグが 膨 らむ 際,SRSエアバッグにより, 命 にかか わる 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれがあ ります お 子 さまにもシートベルトを 必 ず 着 用 させる ひざの 上 にお 子 さまを 抱 かないでく ださい 急 ブレーキをかけたときや 衝 突 した ときなど, 腕 だけでは 十 分 に 支 えるこ とができず,お 子 さまが 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれがあります リヤシートでも 必 ずシートベルトを 着 用 してください 2-6

18 安 全 なドライブのために お 子 さまにはチャイルドシー トを 使 用 する シートベルトを 着 けたとき, 肩 のベル トが 首,あご, 顔 などに 当 たる 場 合 や, 腰 ベルトが 腰 骨 にかからないような 小 さなお 子 さまには, 体 格 に 合 った チャイルドシートを 使 用 してくださ い チャイルドシート P 通 常 のシートベルトでは, 衝 突 のとき 強 い 圧 迫 を 受 け,シートベルトにより 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれがありま す 6 才 未 満 のお 子 さまは,チャイルド シートの 使 用 が 法 律 で 義 務 付 けられ ています 乳 児 用 シート(ベビーシート)は 助 手 席 に 取 り 付 けないでください 助 手 席 に 取 り 付 けると 助 手 席 エア バッグが 膨 らむとき, 強 い 力 が 後 ろ 向 き 乳 児 用 シート(ベビーシート)の 上 部 にかかり, 背 もたれに 押 しつけられ て, 命 にかかわる 重 大 な 傷 害 を 受 ける おそれがあります 助 手 席 お 子 さまの 安 全 のための 装 備 お 子 さまの 安 全 のため,つぎのような 装 備 があります 使 い 方 を 一 度 お 読 みになって,お 子 さ まの 安 全 にお 役 立 てください ISO *1 FIX 対 応 チャイルド シート 固 定 専 用 バー A *1 ISO は International Standardization Organization( 国 際 標 準 化 機 構 )の 略 語 です ISO FIX 規 格 に 対 応 したチャイルド シート *2 を 取 り 付 けるための 固 定 専 用 バーです この 固 定 専 用 バーを 使 用 するときは, チャイルドシートを 車 両 のシートベ ルトで 固 定 する 必 要 はありません ISO FIX 対 応 チャイルドシート 固 定 専 用 バーでの 取 り 付 け 方 P *2 お 客 様 のお 車 用 として 認 可 を 受 けた チャイルドシートのみ 使 用 できます チャイルドシート 固 定 機 構 付 シートベルト シートベルトを 全 部 引 き 出 すと, 巻 き 戻 し 途 中 では 引 き 出 し 方 向 にベルト が 動 かない 状 態 となり,ISO FIX 対 応 していないチャイルドシートを 固 定 することができます チャイルドシート 固 定 機 構 付 シー トベルトでの 取 り 付 け 方 P

19 安 全 なドライブのために 2 セーフティー 機 構 付 パワーウ インドウ 万 一,お 子 さまが 手 や 首 などをはさん だとき, 自 動 的 にドアガラスが 少 し 下 がります セーフティー 機 構 P ロックスイッチ ロックスイッチを ON にすると, 助 手 席, 後 席 のパワーウインドウスイッチ を 操 作 してもドアガラスは 開 閉 でき なくなります ロックスイッチ P 窓 から 手 や 顔 を 出 させない 窓 から 手 や 顔 を 出 していると, 車 外 の 物 などに 当 たったり, 急 ブレーキをか けたとき, 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれ があります チャイルドプロテクション ドアにあるレバーを 施 錠 側 にしてお くと, 後 席 ドアが 車 内 から 開 けられな くなります チャイルドプロテクション( 後 席 ドア 安 全 施 錠 装 置 ) P. 4-7 ドア,ウインドウ,シートの 操 作 は 大 人 が 行 う 手 や 顔 などをはさまないよう 注 意 し て 操 作 してください お 子 さまが 誤 って 操 作 しないよう,パ ワーウインドウにはロックスイッチ をお 使 いください お 子 さまをシートベルトで 遊 ばせない お 子 さまをシートベルトで 遊 ばせな いでください 特 にチャイルドシート 固 定 機 構 付 シートベルトの 場 合,ベルトを 体 に 巻 きつけたりして 遊 んでいると, 誤 って チャイルドシート 固 定 機 構 が 作 動 し, ベルトが 引 き 出 せずに 窒 息 などの 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれがあります 万 一, 誤 ってチャイルドシート 固 定 機 構 を 作 動 させてしまい,シートベルト が 外 せなくなったときは,はさみなど でベルトを 切 断 してください 2-8

20 安 全 なドライブのために 車 から 離 れるときはキーを 抜 いてお 子 さまも 一 緒 に お 子 さまだけを 車 内 に 残 さないでく ださい 炎 天 下 での 車 内 は 高 温 となり, 熱 射 病 などのおそれがあります キーを 差 したままにしておくと,お 子 さまのいたずらにより,パワーウイン ドウなど 電 装 品 の 誤 操 作, 車 の 発 進, 火 災 など, 重 大 な 事 故 につながるおそ れがあります 2 2-9

21 安 全 なドライブのために 走 行 するときは J 発 進 するときは 駐 車 後 や 信 号 待 ちなどで 停 車 したあ とは, 子 どもや 障 害 物 など, 車 のまわ りの 安 全 を 十 分 確 認 してから 発 進 し てください 車 をバックさせるときは 目 で 後 方 を 確 認 してください バックミラーでは 確 認 できない 死 角 があります 同 乗 者 はシートを 倒 して 寝 こ ろばない 走 行 中, 同 乗 者 はシートを 倒 して 寝 こ ろばないでください シートを 倒 して 寝 ころんでいると, 急 ブレーキをかけたときや 衝 突 したと きなど, 身 体 がシートベルトの 下 にも ぐり 込 み,シートベルトにより 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれがあります 走 行 中 はエンジンを 止 めない 走 行 中 にエンジンを 止 めると,ブレー キの 効 きが 悪 くなったり,ハンドルが 非 常 に 重 くなるため, 思 わぬ 事 故 につ ながるおそれがあります 2-10

22 安 全 なドライブのために 急 発 進, 急 加 速, 急 ブレーキ, 急 ハンドルは 避 けて 急 ブレーキや 急 ハンドルは 車 両 のコ ントロールができなくなり, 思 わぬ 事 故 につながるおそれがあります スピードを 控 えめにし,ハンドルやブ レーキ 操 作 を 慎 重 に 行 い 安 全 運 転 に 心 がけてください 雨 天 時 や 水 たまりを 走 行 する ときは J 雨 天 時 やぬれた 道 路 ではスピードを 控 えめにし,ハンドルやブレーキ 操 作 を 慎 重 に 行 い 安 全 運 転 に 心 がけてく ださい 特 に 雨 の 降 りはじめは 路 面 が 滑 りや すいため 注 意 してください 水 たまり 走 行 後 や 洗 車 後,ブレーキに 水 がかかると 一 時 的 にブレーキの 効 きが 悪 くなることがあります ブレーキの 効 きが 悪 いときは, 前 後 の 車 や 道 路 状 況 に 十 分 注 意 して 低 速 で 走 行 しながらブレーキの 効 きが 回 復 するまで 数 回 ブレーキペダルを 軽 く 踏 み,ブレーキを 乾 かしてください わだちなど 水 のたまっている 場 所 を 高 速 で 走 行 すると,ハイドロプレーニ ング 現 象 を 起 こしやすくなります タイヤがすり 減 っていたり, 空 気 圧 が 適 正 でないと,スリップしたり,ハイ ドロプレーニング 現 象 を 起 こしやす くなります ハイドロプレーニング 現 象 とは 水 のたまっている 道 路 を 高 速 で 走 行 するとき,あるスピード 以 上 になると タイヤが 路 面 の 水 を 排 除 できず, 水 上 を 滑 走 する 状 態 になり, 車 のコント ロールが 効 かなくなる 現 象

23 安 全 なドライブのために 2 下 り 坂 ではエンジンブレーキ を 併 用 J ぬれた 道 路 や 凍 結 した 道 路 での 急 激 なエンジンブレーキは 避 けてくださ い スリップして 重 大 な 事 故 につながる おそれがあります 長 い 下 り 坂 でフットブレーキのみを 多 く 使 用 すると,ベーパロックや フェード 現 象 を 起 こし,ブレーキの 効 きが 悪 くなることがあります 坂 の 勾 配 に 応 じて 必 ずエンジンブ レーキを 併 用 してください ベーパロックとは ブレーキ 液 がブレーキの 摩 擦 熱 によ り 過 熱 されて 沸 騰 することにより 気 泡 が 発 生 し,ブレーキペダルを 踏 んで も 気 泡 を 圧 縮 するだけでブレーキが 効 かなくなる 現 象 フェード 現 象 とは ブレーキパッドまたは,ブレーキライ ニングの 摩 擦 面 が 過 熱 されることに より 摩 擦 力 が 低 下 し,ブレーキの 効 き が 悪 くなる 現 象 ブレーキペダルをフットレス トがわりにしない J ブレーキペダルに 常 に 足 をのせ,フッ トレストがわりにすることは 避 けて ください ブレーキ 部 品 が 早 く 摩 耗 したり,ブ レーキが 過 熱 して, 効 きが 悪 くなるお それがあります エンジンブレーキとは 走 行 中,アクセルペダルから 足 を 離 し たときにかかるブレーキ 力 のことで, 低 速 ギヤほどよく 効 きます オートマチック 車 はセレクターレ バーを, または に 入 れてくだ さい CVT 車 は,セレクターレバーを ま たは に 入 れてください マニュアル 車 はシフトレバーを, または に 入 れてください クラッチペダルに 足 をのせた まま 走 行 しない J クラッチペダルに 足 をのせたまま 走 行 したり, 必 要 以 上 に 長 い 時 間 半 ク ラッチ 状 態 を 続 けないでください クラッチが 早 く 摩 耗 したり, 過 熱 し て, 思 わぬ 事 故 につながるおそれがあ ります 2-12

24 安 全 なドライブのために スタック( 立 ち 往 生 )したと きは J スタックしたときは,タイヤを 高 速 で 回 転 させないでください タイヤがバースト( 破 裂 )したり, 異 常 過 熱 により, 思 わぬ 事 故 につながる おそれがあります タイヤがスリップして 発 進 できな い P.13-8 寒 冷 時 にブレーキの 効 きが 悪 くなったときは J 寒 冷 時 や 雪 道 走 行 ではブレーキ 装 置 に 付 着 した 雪 や 水 が 凍 結 し,ブレーキ の 効 きが 悪 くなることがあります ブレーキの 効 きが 悪 いときは, 前 後 の 車 や 道 路 状 況 に 十 分 注 意 して 低 速 で 走 行 しながらブレーキの 効 きが 回 復 するまで 数 回 ブレーキペダルを 軽 く 踏 み,ブレーキを 乾 かしてください 段 差 などを 通 過 するときは J 段 差 などを 通 過 するときは,できるだ けゆっくり 走 行 してください 段 差 や 凹 凸 のある 路 面 を 通 過 すると きの 衝 撃 によりタイヤおよびホイー ルを 損 傷 するおそれがあります またつぎのような 場 合, 車 体,バン パー,マフラーなどを 損 傷 するおそれ がありますので 十 分 注 意 してくださ い 駐 車 場 の 出 入 口 路 肩 や 車 止 めのある 場 所 勾 配 の 急 な 場 所 わだちのある 道 路

25 安 全 なドライブのために 走 行 中 に 異 常 に 気 づいたら J 走 行 中 にエンストしたときは 走 行 中 にエンストしたときは, 運 転 操 作 に 変 化 がおきますので,つぎの 方 法 で 車 を 安 全 な 場 所 に 止 めてください ブレーキ 倍 力 装 置 が 働 かなくなるた め,ブレーキの 効 きが 悪 くなります 通 常 よりブレーキペダルを 強 く 踏 ん でください 万 一,スピードが 落 ちないときは,エ ンジンブレーキでスピードを 落 とし てから, 駐 車 ブレーキをゆっくりか けてください このときも,ブレーキペダルは 強 く 踏 み 続 けてください パワーステアリング 装 置 が 働 かなく なるため,ハンドルが 非 常 に 重 くな ります 通 常 よりハンドルを 強 く 操 作 してく ださい 走 行 中 にタイヤがパンクまた はバースト( 破 裂 )したときは 走 行 中 にタイヤがパンクまたはバー ストすると, 車 両 のコントロールがで きなくなるおそれがあります ハンドルをしっかり 持 ち, 徐 々にブ レーキをかけてスピードを 落 として ください つぎのようなときは,パンクやバース トが 考 えられます ハンドルがとられるとき 異 常 な 振 動 があるとき 車 両 が 異 常 に 傾 いたとき 警 告 灯 が 点 灯 または 点 滅 した ときは 警 告 灯 が 点 灯 または 点 滅 したときは, 安 全 な 場 所 に 停 車 し, 適 切 な 処 置 をし てください 警 告 灯 が 点 灯 または 点 滅 したとき は! P 点 灯 または 点 滅 したまま 走 行 すると, 思 わぬ 事 故 を 引 き 起 こしたり,エンジ ンなどを 損 傷 するおそれがあります 車 体 床 下 に 強 い 衝 撃 を 受 けた ときは 車 体 床 下 に 強 い 衝 撃 を 受 けたときは, すぐに 安 全 な 場 所 に 車 を 止 めて 下 ま わりを 点 検 してください ブレーキ 液 や 燃 料 の 漏 れ, 損 傷 などが あると, 思 わぬ 事 故 につながるおそれ があります 漏 れや 損 傷 などが 見 つかったときは, そのまま 使 用 せず 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 にご 連 絡 ください 2-14

26 安 全 なドライブのために CVT 車,オートマチック 車 の 取 り 扱 い J CVT 車,オートマチック 車 の 特 性 クリープ 現 象 とは セレクターレバーを, 以 外 に 入 れ ると 動 力 がつながった 状 態 となり,ア クセルペダルを 踏 まなくても 車 が ゆっくりと 動 き 出 すオートマチック 車 およびCVT 車 特 有 の 現 象 キックダウンとは 走 行 中 にアクセルペダルを 深 く 踏 み 込 むと,オートマチック 車 は 自 動 的 に 低 速 ギヤに 切 り 換 わり(CVT 車 は, 自 動 的 に 変 速 比 が 切 り 換 わり) 急 加 速 が できます これをキックダウンといい ます エンジンをかける 前 に J アクセルペダルとブレーキペダルの 踏 みまちがいを 防 ぐため, 各 ペダルの 位 置 を 右 足 で 確 認 してください セレクターレバーが の 位 置 にある ことを 確 認 してください 2 ブレーキペダルは 右 足 で 左 足 でのブレーキ 操 作 は, 緊 急 時 の 反 応 が 遅 れるなど 適 切 な 操 作 ができず, 重 大 な 事 故 につながるおそれがあり ます エンジンをかけるときは J ブレーキペダルを 右 足 で 踏 んだまま エンジンをかけます アクセルペダルを 踏 まないとエンジ ンがかかりにくいときは,エンジンを かけてから 足 をブレーキペダルに 踏 みかえます エンジンのかけ 方 P

27 安 全 なドライブのために エンジン 始 動 後 発 進 するときは 2 J エンジン 始 動 直 後 は, 自 動 的 にエンジ ン 回 転 数 が 高 くなり,クリープ 現 象 が 強 くなります ブレーキペダルをしっかり 踏 んでく ださい J ブレーキペダルを 右 足 で 踏 んだまま セレクターレバーを 操 作 します ブレーキペダル アクセルペダルを 踏 み 込 みながらセ レクターレバーを 操 作 しないでくだ さい 急 発 進 し, 重 大 な 事 故 につながるおそ れがあります に 入 れるとブザーが 鳴 ります ブザーは 車 の 外 には 聞 こえませんの で 注 意 してください 発 進 するときは,ブレーキペダルから 徐 々に 足 を 離 し,アクセルペダルを ゆっくり 踏 み 込 んでください 2-16

28 安 全 なドライブのために 走 行 中 は J 走 行 中 は,セレクターレバーを に 入 れないでください 誤 って, に 入 れてしまったり,エ ンジンブレーキがまったく 効 かなく なり, 思 わぬ 事 故 の 原 因 になります また,トランスミッションの 故 障 の 原 因 になります 高 速 走 行 中 にセレクターレバーを に 入 れないでください 急 激 なエンジンブレーキがかかり, 思 わぬ 事 故 の 原 因 になります 停 車 中 は J エアコン 作 動 時 などは, 自 動 的 にエン ジン 回 転 数 が 高 くなり,クリープ 現 象 が 強 くなります ブレーキペダルをしっかり 踏 んでく ださい 停 車 中 は,むやみに 空 ぶかしをしない でください 万 一,セレクターレバーが, 以 外 に 入 っていた 場 合, 思 わぬ 急 発 進 の 原 因 になります 駐 車 するときは J 駐 車 するときは,ブレーキペダルを 踏 んだまま 駐 車 ブレーキを 確 実 にかけ, セレクターレバーを に 入 れます 車 が 完 全 に 止 まらないうちに に 入 れると, 急 停 止 してけがをするおそれ があります また,トランスミッションの 故 障 の 原 因 になります 車 から 離 れるときは, 必 ずエンジンを 止 め,キーを 抜 いてください エンジンをかけたままにしておくと, 万 一,セレクターレバーが, 以 外 に 入 っていた 場 合,クリープ 現 象 で 車 がひとりでに 動 き 出 したり, 乗 り 込 む ときに 誤 ってアクセルペダルを 踏 み, 急 発 進 するおそれがあります

29 安 全 なドライブのために その 他 に 気 をつけること 2 J 車 を 少 し 移 動 させるときでも, 正 しい 運 転 姿 勢 をとり,ブレーキペダルとア クセルペダルが 確 実 に 踏 めるように してください 少 しだけ 後 退 したときなどは,セレク ターレバーが に 入 っていることを 忘 れてしまうことがあります 後 退 した 後 は,すぐに から または に 戻 す 習 慣 をつけましょう 車 を 後 退 させるときは, 身 体 を 後 ろに ひねった 姿 勢 になり,ペダルの 操 作 が しにくくなります ブレーキペダルが 確 実 に 踏 めるよう に 注 意 してください 切 り 返 しなどで から, から と 何 度 もレバーを 操 作 するときは, そのつどブレーキペダルをしっかり と 踏 み, 車 を 完 全 に 止 めてから 行 って ください 車 が 動 いているうちに や に 入 れ ると,トランスミッションの 故 障 の 原 因 になります 2-18

30 安 全 なドライブのために 駐 停 車 するときは J 燃 えやすいものの 近 くには 車 を 止 めない 枯 草 や 紙 など 燃 えやすいものの 近 く には 車 を 止 めないでください 走 行 後 の 排 気 管 は 高 温 になっている ため, 火 災 になるおそれがあります 長 時 間 のアイドリングは 避 け る 長 く 停 車 するときは,エンジンを 止 め てください 燃 料 の 無 駄 使 いであると 同 時 に, 騒 音 や 排 気 ガスにより 周 辺 への 迷 惑 とな ります 車 から 離 れるときは 車 から 離 れるときは, 必 ず 駐 車 ブレー キをかけ,エンジンを 止 め,キーを 抜 き,ドアを 施 錠 してください 無 人 で 車 が 動 き 出 したり, 盗 難 のおそ れがあります また, 施 錠 していても 車 内 に 貴 重 品 を 置 いたままにしないでください 車 を 移 動 するときは 必 ずエン ジンを 始 動 する エンジンがかかっていないと,ブレー キの 効 きが 悪 くなったり,ハンドルが 非 常 に 重 くなるため, 思 わぬ 事 故 につ ながるおそれがあります 坂 道 で 車 を 移 動 させるときも, 必 ずエ ンジンをかけてください

31 安 全 なドライブのために 2 仮 眠 するときは 必 ずエンジン を 止 める 排 気 ガスが 車 内 に 侵 入 して,ガス 中 毒 になるおそれがあります 無 意 識 にシフトレバーやセレクター レバーを 動 かしたり,アクセルペダル の 踏 み 込 みにより, 不 用 意 な 発 進 な ど, 重 大 な 事 故 につながるおそれがあ ります 無 意 識 にアクセルペダルを 踏 み 続 け たときに,オーバーヒートを 起 こした り,エンジンや 排 気 管 などの 異 常 過 熱 により, 火 災 事 故 が 発 生 するおそれが あります 坂 道 に 駐 車 するときは 坂 道 に 駐 車 するときは, 駐 車 ブレーキ を 確 実 にかけ,マニュアル 車 はシフト レバーを または,CVT 車 はセレ クターレバーを に 入 れてください さらに 輪 止 めをすると 効 果 がありま す 輪 止 めは, 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 でお 買 い 求 めください 輪 止 めがないときは,タイヤを 固 定 で きる 大 きさの 石 などで 代 用 できます 急 な 坂 道 での 駐 車 は 避 けてください 無 人 で 車 が 動 き 出 すなど, 思 わぬ 事 故 につながるおそれがあります 雪 が 積 もった 場 所 や 降 雪 時 に 駐 車 するときは 必 ずエンジン を 止 める エンジンがかかった 状 態 で, 車 のまわ りに 雪 が 積 もると 排 気 ガスが 車 内 に 侵 入 して,ガス 中 毒 になるおそれがあ ります ハンドルをいっぱいにまわし た 状 態 を 長 く 続 けない パワーステアリング 装 置 が 損 傷 する おそれがあります 2-20

32 安 全 なドライブのために こんなことにも 注 意 J 運 転 中 に 携 帯 電 話 を 使 用 しな い 安 全 のため, 運 転 中 に 携 帯 電 話 を 使 用 しないでください オーディオなどの 操 作 は 停 車 してから 走 行 中 に CD プレーヤーやカセットプ レーヤー,カーナビゲーションなどの 操 作 をしないでください 操 作 に 気 をとられて, 思 わぬ 事 故 につ ながるおそれがあります 喫 煙 しながらの 運 転 は 控 える 喫 煙 しながらの 運 転 は 控 えてくださ い 注 意 がおろそかになり, 思 わぬ 事 故 を 招 くことがあります 車 内 にライター 炭 酸 飲 料 缶 メガネなどを 放 置 しない 強 い 直 射 日 光 にさらされると 車 内 が 高 温 になるため,ライター 炭 酸 飲 料 缶 メガネなどを 放 置 しないでくださ い ライターなどの 可 燃 物 は 自 然 発 火 し たり, 炭 酸 飲 料 やビールなどの 缶 は 破 裂 するおそれがあります また,プラ スチックレンズまたはプラスチック 素 材 のメガネは 変 形,ひび 割 れをおこ すおそれがあります 2 灰 皿 を 使 用 したあとは 灰 皿 を 使 用 したあとは,マッチやタバ コの 火 は 確 実 に 消 し, 必 ず 閉 めてくだ さい 万 一 の 場 合, 火 災 になるおそれがあり ます 2-21

33 安 全 なドライブのために 2 アクセサリー 取 り 付 け 時 の 注 意 ウインドウガラスなどにアクセサ リーをつけたり,インストルメントパ ネルの 上 に 芳 香 剤 などを 置 かないで ください 運 転 の 妨 げになったり, 吸 盤 や 芳 香 剤 の 容 器 がレンズの 働 きをして 火 災 な ど, 思 わぬ 事 故 の 原 因 となります 塗 装 が 施 されている 部 分 にはアクセ サリーなどをつけないでください 吸 盤 に 含 まれる 特 殊 な 成 分 により, 塗 装 面 がはがれたり, 変 色 したりするお それがあります タイヤ,ホイールは 指 定 サイ ズを 使 用 タイヤ,ホイールのサイズなどは 三 菱 自 動 車 工 業 が 国 土 交 通 省 に 届 け 出 を しています 指 定 サイズ 以 外 のタイヤを 使 用 した り, 種 類 の 異 なったタイヤを 混 ぜて 使 用 することは, 安 全 走 行 に 悪 影 響 をお よぼしますので, 避 けてください タイヤ,ホイールのサイズ P ホイールは,リムサイズやオフセット 量 が 同 じでも, 車 体 に 干 渉 するため 使 えないときがあります お 手 持 ちのものを 使 われるときは, 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 にご 相 談 ください ジャッキアップしたままエン ジンをかけない ジャッキアップしたままエンジンを かけると,ジャッキから 車 体 が 外 れ, 重 大 な 事 故 につながるおそれがあり ます 2-22

34 安 全 なドライブのために 違 法 改 造 はしない 法 律 で 認 められている 改 造 以 外 は 行 わないでください また, 三 菱 自 動 車 純 正 部 品 以 外 の 部 品 を 装 着 すると, 車 の 性 能 や 機 能 に 影 響 し, 思 いがけない 事 故 が 発 生 するおそ れがあります 2 電 装 品 や 無 線 機 などの 注 意 電 装 品 や 無 線 機 などを 取 り 付 けると きは, 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 にご 相 談 く ださい 配 線 が 車 体 に 干 渉 したり, 保 護 ヒュー ズがないなど 取 付 け 方 法 が 適 切 でな いと, 電 子 機 器 部 品 に 悪 影 響 をおよぼ したり, 火 災 など, 思 わぬ 事 故 につな がるおそれがあります 2-23

35 安 全 なドライブのために セルフ 式 ガソリンスタンドを 利 用 するときは J 燃 料 の 取 り 扱 いに 注 意 燃 料 を 補 給 するときは 火 気 厳 禁 です 燃 料 は 引 火 しやすいため 火 災 や 爆 発 のおそれがあります 必 ずエンジンを 止 めてください たばこ,ライター, 携 帯 電 話 などは 使 用 しないでください 気 化 した 燃 料 を 吸 わないように 注 意 してください 燃 料 には 有 毒 な 成 分 を 含 んでいるものもあります 給 油 中 はドアおよびドアガラスを 閉 めてください 車 内 に 気 化 した 燃 料 が 侵 入 するおそれがあります 燃 料 をこぼさないように 注 意 してく ださい 塗 装 の 変 色,シミ,ひび 割 れ の 原 因 になります 付 着 したときは, 柔 らかい 布 などでふき 取 ってくださ い 静 電 気 は 確 実 に 除 去 する フューエルキャップを 外 す 前 に 車 体 や 給 油 機 の 金 属 部 分 に 触 れて, 必 ず 身 体 の 静 電 気 を 除 去 してください 静 電 気 を 帯 びていると, 放 電 による 火 花 で 気 化 した 燃 料 に 引 火 するおそれ があります リッド( 補 給 口 )の 開 口,フューエル キャップの 取 り 外 しなど, 給 油 操 作 は 必 ず 一 人 で 行 い, 補 給 口 に 他 の 人 を 近 づけないでください 複 数 で 行 うと 他 の 人 が 帯 電 していた 場 合, 気 化 した 燃 料 に 引 火 するおそれ があります 給 油 が 終 わるまで 補 給 口 から 離 れな いでください 途 中,シートに 座 るな どすると, 再 帯 電 するおそれがありま す フューエルキャップの 取 り 扱 いに 注 意 フューエルキャップを 開 けるときは, 急 激 に 回 さないでください 燃 料 タン ク 内 の 圧 力 により, 補 給 口 から 燃 料 が 吹 き 返 すおそれがあります フューエルキャップをゆるめたとき にシューッという 音 がしたときは, 音 がしなくなるまで 待 ってから,フュー エルキャップをゆっくり 回 してくだ さい フューエルキャップを 閉 めたときは, 確 実 に 閉 まっていることを 確 認 して ください 確 実 に 閉 まっていないと 燃 料 が 漏 れ, 火 災 になるおそれがありま す 三 菱 自 動 車 純 正 部 品 以 外 のフューエ ルキャップは 使 用 しないでください ガソリンスタンドの 注 意 事 項 を 守 る ガソリンスタンドに 掲 示 されている 注 意 事 項 を 守 ってください 補 給 口 に 給 油 ノズルを 確 実 に 差 し 込 んでください 給 油 ノズルが 正 しく 差 し 込 まれてい ないと, 燃 料 がこぼれるおそれがあり ます 給 油 ノズルが 自 動 的 に 停 止 したら 給 油 を 終 了 してください つぎ 足 しを 繰 り 返 すと 燃 料 があふれ 出 るおそれがあります 給 油 方 法 についてご 不 明 な 点 は,ガソ リンスタンドの 係 員 にご 相 談 くださ い 2-24

36 環 境 にやさしく 快 適 なドライブのために 経 済 的 な 運 転 をするために 機 能 を 上 手 く 使 うために

37 環 境 にやさしく 快 適 なドライブのために 3 経 済 的 な 運 転 をするために 無 駄 な 荷 物 を 載 せない J 不 要 な 荷 物 を 降 ろして 重 量 を 軽 くし てください 発 進, 加 速 はスムーズに 不 必 要 な 急 発 進, 急 加 速, 急 減 速 など, アクセルペダルをバタつかせるよう な 運 転 は 避 け,アクセルペダルの 操 作 はゆるやかに 行 ってください スピードに 応 じた 変 速 位 置 に 変 速 位 置 は, 走 行 速 度 に 応 じた 正 しい 位 置 を 選 択 してください エアコンは 控 えめに エアコンは 燃 費 に 影 響 します 冷 やしすぎに 注 意 して 適 温 を 心 がけ てください その 他 に 気 を 付 けること 車 間 距 離 を 十 分 にとり, 不 必 要 なブ レーキをかけないようにしてくださ い 下 り 坂 では 早 めにアクセルペダルを 戻 し,エンジンブレーキを 使 用 してく ださい 高 速 道 路 でも 不 必 要 な 高 速 走 行 は 避 けてください 速 度 はできるだけ 一 定 に 法 定 速 度 を 守 り,できるだけ 一 定 のス ピードで 運 転 してください 空 ぶかしは 禁 物 空 ぶかしは, 燃 料 の 無 駄 使 いであると 同 時 に, 騒 音 や 排 気 ガスにより 周 辺 へ の 迷 惑 となりますので 避 けてくださ い 駐 車 時 はエンジンストップ 長 い 間, 車 を 止 めるときはエンジンを 止 めてください タイヤの 空 気 圧 は 定 期 的 に チェック タイヤの 空 気 圧 はこまめに 点 検 し, 常 に 規 定 の 空 気 圧 に 調 整 してください 3-2

38 環 境 にやさしく 快 適 なドライブのために 機 能 を 上 手 く 使 うために J 携 帯 電 話 やパソコンなどの 電 子 機 器 からの 影 響 車 内 で 携 帯 電 話 を 使 用 すると,オー ディオから 雑 音 が 出 ることがありま す このときは, 携 帯 電 話 をオーディオか らできるだけ 離 して 使 用 してくださ い 車 内 や 車 の 近 くでパソコンなどの 電 子 機 器 を 使 用 すると,カーナビゲー ションが 正 常 に 作 動 しないことがあ ります このときは, 電 子 機 器 を 車 からできる だけ 離 して 使 用 してください 3 3-3

39 MEMO

40 各 部 の 開 閉 キー キーレスエントリー ドア センタードアロック チャイルドプロテクション( 後 席 ドア 安 全 施 錠 装 置 ) トランクリッド セキュリティーアラーム パワーウインドウ エンジンフード(ボンネット) フューエルリッド( 燃 料 補 給 口 )

41 各 部 の 開 閉 キー Aタイプ キーが2 本 ついています J 万 一,キーを 紛 失 したときキーナンバー を 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 へ 連 絡 していただ ければ,キーを 作 ることができます キーナンバーはキーナンバープレートに 打 刻 してあります キーナンバープレー トは,キーとは 別 に 大 切 に 保 管 してくだ さい Bタイプ セキュリティーアラーム 付 き 車 は,セ キュリティーアラームを 作 動 する に 設 定 したときには,つぎの 点 にご 注 意 く ださい セキュリティーアラーム P. 4-8 セキュリティーアラームをシステム 作 動 可 能 状 態 にしているときは,キーや ロックノブを 使 って 解 錠 した 後 ドアを 開 けると 警 報 が 作 動 します セキュリティーアラームを 作 動 する に 設 定 していても,キーレスエントリー を 使 わないで 施 錠 した 場 合 はシステム 準 備 状 態 になりません 4-2

42 各 部 の 開 閉 キーレスエントリー A J リモコンスイッチですべてのドアの 施 錠 解 錠 をすることができます また,ドアミラーやパワーウインドウを 操 作 することもできます LOCKスイッチ 作 動 表 示 灯 ドアの 施 錠 解 錠 UNLOCK スイッチ LOCK スイッチを 押 すとすべてのドアが 施 錠 し,UNLOCKスイッチを 押 すとすべ てのドアが 解 錠 します UNLOCKスイッチを 押 して 解 錠 しても 約 30 秒 以 内 にドアを 開 けなければ 自 動 的 に 施 錠 されます スイッチを 押 すと 作 動 表 示 灯 が 点 灯 しま す セキュリティーアラーム 付 き 車 は,セ キュリティーアラームを 作 動 する に 設 定 しているときは, 施 錠 と 同 時 にシス テム 準 備 状 態, 続 いてシステム 作 動 可 能 状 態 になります 詳 しくは セキュリティーアラーム を お 読 みください P. 4-8 UNLOCKスイッチを 押 した 後, 自 動 的 に 施 錠 されるまでの 時 間 を 調 整 することが できます 詳 しくは 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 にご 相 談 ください 施 錠 解 錠 時 の 作 動 確 認 つぎの 通 り 作 動 を 確 認 することができま す ただし,ルームランプの 点 滅 点 灯 はルームランプのスイッチが 中 間 ( ) 位 置 のときに 限 られます 施 錠 時 : ルームランプと 非 常 点 滅 灯 が 2 回 点 滅 解 錠 時 : ルームランプが 約 15 秒 間 点 灯 し, 非 常 点 滅 灯 が1 回 点 滅 つぎの 機 能 を 変 更 することができます 詳 しくは 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 にご 相 談 く ださい 作 動 確 認 の 機 能 ( 非 常 点 滅 灯 の 点 滅 )を 施 錠 時 のみまたは 解 錠 時 のみにする 作 動 確 認 の 機 能 ( 非 常 点 滅 灯 の 点 滅 )を 働 かなくする ドアミラーの 格 納 復 帰 LOCK スイッチを 押 して 施 錠 した 後, 約 30 秒 以 内 に LOCK スイッチをさらに 続 け て2 回 押 すとドアミラーが 格 納 されます UNLOCK スイッチを 押 して 解 錠 した 後, 約 30 秒 以 内 に UNLOCK スイッチをさら に 続 けて 2 回 押 すとミラーは 元 の 位 置 に 戻 ります 4 4-3

43 各 部 の 開 閉 4 パワーウインドウの 閉 じ 方 LOCK スイッチを 押 して 施 錠 した 後, 約 30 秒 以 内 に LOCK スイッチを 再 度 約 1 秒 以 上 押 し 続 けるとすべてのドアガラスが 閉 まります 途 中 で 止 めたいときは LOCK または UNLOCKスイッチを 押 します リモコンスイッチによるつぎの 操 作 を 変 更 することができます 詳 しくは 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 にご 相 談 ください パワーウインドウの 閉 じる 操 作 をで きなくする パワーウインドウの 開 ける 機 能 を 追 加 する ドアミラーの 格 納 復 帰 をドアの 施 錠 解 錠 と 連 動 させる リモコンスイッチは 車 から 約 1m 以 内 で 作 動 します 近 くにTV 塔 や 変 電 所, 放 送 局 があるなど 周 囲 の 状 況 により 作 動 距 離 が 変 わること があります つぎのようなときはリモコンスイッチは 作 動 しません エンジンスイッチにキーが 差 してある とき ドアが 開 いている,または 半 ドアのとき ダッシュボードの 上 など 直 射 日 光 が 当 た る 場 所 にはリモコンスイッチを 放 置 しな いでください リモコンスイッチが 故 障 するおそれがあります リモコンスイッチを 紛 失 したときや, 新 しいリモコンスイッチを 作 りたいときは 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 にご 相 談 ください 最 大 4 個 まで 作 ることができます リモコンスイッチ 内 部 は 精 密 なためつぎ の 点 に 留 意 してください 衝 撃 を 与 えない 水 にぬらさない 分 解, 改 造 をしない つぎのときは 電 池 の 消 耗 が 考 えられま す 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 で 電 池 を 交 換 し てください 正 しい 距 離 でリモコンスイッチを 押 し ても 施 錠 解 錠 しないとき 作 動 表 示 灯 が 暗 い,または 点 灯 しないと き ドア J 警 告 車 から 離 れるときは, 火 災 や 盗 難 など を 未 然 に 防 ぐため, 必 ずエンジンを 止 めドアを 施 錠 してください 法 的 にも 義 務 づけられています お 子 さま 連 れのときは 必 ずお 子 さまも 一 緒 に 連 れて 出 てください また 車 内 に 貴 重 品 を 置 いたままにしな いでください 注 意 ドアを 閉 めるときは, 確 実 に 閉 め,メー ター 内 の 半 ドア 警 告 灯 が 消 灯 している ことを 確 認 してください 半 ドアでは, 走 行 中 にドアが 開 き 思 わぬ 事 故 につな がるおそれがあります センタードアロック 付 き 車 は, 運 転 席 ド アのキーまたはロックノブの 操 作 で 運 転 席 とすべてのドアを 施 錠 解 錠 すること ができます センタードアロック P. 4-6 センタードアロック 付 き 車 は, 施 錠 と 解 錠 を 交 互 に 連 続 操 作 すると 保 護 回 路 が 働 いてセンタードアロックが 一 時 的 に 作 動 しなくなることがあります このようなときはしばらくしてから( 約 1 分 後 ) 操 作 してください 4-4

44 各 部 の 開 閉 車 外 から 施 錠 解 錠 するとき は J キーを 使 って 施 錠 解 錠 する ときは(フロントドア) キーを 車 両 前 方 に 回 すと 施 錠, 車 両 後 方 に 回 すと 解 錠 されます キー 抜 き 忘 れ 防 止 機 構 J エンジンスイッチを 切 り,キーを 差 した まま 運 転 席 ドアを 開 くとキー 抜 き 忘 れ 警 告 ブザー(ポーンポーン)が 断 続 的 に 鳴 り,キーの 抜 き 忘 れを 知 らせます 車 内 から 施 錠 解 錠 するとき は J ロックノブを 車 両 前 方 へ 倒 すと 施 錠 し, 車 両 後 方 へ 戻 すと 解 錠 します 4 解 錠 施 錠 施 錠 キーを 使 わずに 施 錠 するとき は( 助 手 席, 後 席 ドア) 1. ドア 内 側 のロックノブを 車 両 前 方 に 倒 し, 2. ドアを 閉 じます オーバーライド 機 構 解 錠 運 転 席 ドアはロックノブを 車 両 前 方 に 倒 したままでも, 室 内 側 のドアハンドルを 引 くとドアを 開 けることができます センタードアロック 付 き 車 は, 同 時 にす べてのドアが 解 錠 されます 運 転 席 ドアは,ロックノブを 車 両 前 方 に 倒 して 施 錠 をしようとしても 施 錠 されま せん 4-5

45 各 部 の 開 閉 4 センタードアロック A J つぎの 操 作 ですべてのドアの 施 錠 解 錠 ができます 施 錠 と 解 錠 を 交 互 に 連 続 操 作 すると 保 護 回 路 が 働 いてセンタードアロックが 一 時 的 に 作 動 しなくなることがあります このようなときはしばらくしてから( 約 1 分 後 ) 操 作 してください キーを 使 って 施 錠 解 錠 する ときは ロックノブを 使 って 施 錠 解 錠 するときは 運 転 席 ドア 内 側 のロックノブを 車 両 前 方 へ 倒 すとすべてのドアが 施 錠 し, 車 両 後 方 へ 倒 すとすべてのドアが 解 錠 します 施 錠 解 錠 運 転 席 ドアのキーを 車 両 前 方 に 回 すとす べてのドアが 施 錠 し, 車 両 後 方 に 回 すと すべてのドアが 解 錠 します 解 錠 施 錠 4-6

46 各 部 の 開 閉 チャイルドプロテクション ( 後 席 ドア 安 全 施 錠 装 置 ) トランクリッド J J レバーを 施 錠 側 (1) にしてドアを 閉 める と,ドアのロックノブの 位 置 に 関 係 なく, 車 内 からはドアが 開 けられなくなりま す お 子 さまを 乗 せるときにご 使 用 くださ い 警 告 トランクは 中 から 開 けることはできま せん お 子 さまが 入 らないように 注 意 してく ださい 閉 じ 込 められると 重 大 な 事 故 につながるおそれがあります 走 行 前 に 必 ずトランクリッドが 確 実 に 閉 じていることを 確 認 してください 開 けたまま 走 行 すると, 車 内 に 排 気 ガス が 侵 入 し, 一 酸 化 炭 素 中 毒 になるおそ れがあります 4 注 意 トランクルームの 荷 物 を 出 し 入 れする ときは, 排 気 管 の 後 方 に 立 たないでく ださい 排 気 熱 によりやけどをするお それがあります 1- 施 錠 2- 解 錠 ドアを 開 けるときは 車 外 のドアハンドル で 開 けます 万 一 のときなど 車 内 からドアを 開 けたい ときは,ドアのロックノブを 解 錠 状 態 に してドアガラスを 下 げ, 窓 から 手 を 出 し て 車 外 のドアハンドルを 引 いてくださ い 車 内 から 開 けるときは 運 転 席 右 下 のレバーを 引 き 上 げるとトラ ンクリッドが 開 きます トランクリッドを 開 くとトランクルーム ランプが 点 灯 し, 閉 じると 消 灯 します 4-7

47 各 部 の 開 閉 4 キーレスエントリー 付 き 車 は,バッテ リー 上 がりを 防 止 するため,トランク ルームランプを 長 く 放 置 すると 自 動 消 灯 します インテリアランプオートカット 機 能 ( 自 動 消 灯 ) P. 8-8 車 外 から 開 けるときは キーを 差 し 込 み 右 に 回 します 閉 めるときは トランクリッドをおろして 少 し 勢 いをつ けて 押 しつけると 施 錠 されます 注 意 トランクリッドを 閉 じた 後 は 必 ずトラ ンクリッドが 確 実 に 閉 じていることを 確 認 してください 走 行 中 に 開 くと, 荷 物 が 落 ちることがあります セキュリティーアラーム A J セキュリティーアラームは, 車 両 内 への 不 正 侵 入 防 止 のため,キーレスエント リーで 解 錠 せずにドアを 開 けたとき,ま たはエンジンフードを 開 けたときに 警 報 を 作 動 させ, 周 囲 に 異 常 を 知 らせるシス テムです キーレスエントリー 以 外 の 操 作 で(キーやドアのロックノブを 使 って) ドアを 施 錠 したときは,このシステムは 働 きません 工 場 出 荷 時 は,セキュリティーアラーム が 作 動 しない に 設 定 されています 設 定 を 変 更 するときは システム 作 動 の 設 定 変 更 のしかた の 手 順 に 従 って 操 作 してください P 三 菱 自 動 車 純 正 部 品 以 外 の 部 品 を 装 着 す ると,セキュリティーアラームに 影 響 を およぼすおそれがあります 4-8

48 各 部 の 開 閉 システムの 基 本 状 態 セキュリティーアラームには 準 備 状 態, 作 動 可 能 状 態, 警 報 作 動, 作 動 解 除 の4つ の 状 態 があります それぞれの 状 態 に 応 じて,ブザー,セキュ リティーインジケーター, 非 常 点 滅 灯 ま たはホーンがつぎの 通 り 作 動 します 準 備 状 態, 作 動 可 能 状 態, 車 内 警 報 車 外 警 報 セキュリティー インジケーター 作 動 可 能 状 態 (ブザーは 停 止 し,セキュリティーインジ ケーターがゆっくりと 点 滅 し 続 ける) システム 準 備 状 態 が 過 ぎると,システム 作 動 可 能 状 態 になります このとき,キーレスエントリー 以 外 の 操 作 で(キーやドアのロックノブを 使 って) 解 錠 し,いずれかのドアまたはエンジン フードを 開 けると 警 報 が 作 動 し, 周 囲 に 異 常 を 知 らせます 警 報 作 動 車 内 警 報 の 後, 車 外 警 報 が 作 動 します 車 内 警 報 ( 約 10 秒 間 ): ブザーが 鳴 り, 車 内 に 異 常 を 知 らせま す 車 外 警 報 ( 約 30 秒 間 ): 非 常 点 滅 灯 が 点 滅 し,ホーンが 鳴 り, 周 囲 に 異 常 を 知 らせます 警 報 作 動 P 準 備 状 態 : 約 20 秒 間 (ブザーが 断 続 的 に 鳴 り,セキュリティー インジケーターが 点 滅 する) キーレスエントリーの LOCK スイッチを 押 してすべてのドアを 施 錠 した 後,シス テム 作 動 可 能 状 態 になるまでの 準 備 時 間 です 車 内 に 荷 物 を 忘 れたり,ドアガラスを 閉 め 忘 れたのに 気 がついて, 一 時 的 にキー レスエントリーを 使 わずにドアを 開 けた ときに 警 報 しないよう,この 状 態 を 設 定 しています 作 動 解 除 システム 準 備 状 態,システム 作 動 可 能 状 態 のときにシステムの 作 動 を 解 除 するこ とができます また, 警 報 が 作 動 しているときも 警 報 作 動 を 解 除 することができます システム 作 動 の 解 除 のしかた P 警 報 作 動 の 解 除 のしかた P 他 の 人 にお 車 を 貸 されるときや,セキュ リティーアラームの 作 動 について 知 らな い 人 が 運 転 されるときは,セキュリ ティーアラームについて 十 分 ご 説 明 いた だくか,セキュリティーアラームを 作 動 しない に 設 定 してください セキュ リティーアラームについて 知 らない 人 が 誤 って 解 錠 すると, 警 報 が 作 動 し, 周 囲 への 迷 惑 となります 4-9

49 各 部 の 開 閉 4 システム 作 動 の 設 定 変 更 のし かた J 警 報 作 動 の 設 定 状 態 を 選 択 することがで きます つぎの 手 順 に 従 って 設 定 を 変 更 してください 1. エンジンスイッチからキーを 抜 きま す 2. ライトスイッチを (OFF) 位 置 に して, 運 転 席 ドアを 開 いたままにしま す 3. フロントワイパー ウォッシャース イッチを 手 前 に 引 いたまま 保 持 しま す (エンジンスイッチが LOCK にあるた め,ウォッシャー 液 は 出 ません ) 4. 約 10 秒 経 過 するとブザーが ピー と 鳴 りますが,フロントワイパー ウォッシャースイッチは 手 前 に 引 い たまま 保 持 してください (フロントワイパー ウォッシャース イッチを 離 すと, 設 定 変 更 モードが 無 効 になります やり 直 すときは 手 順 3.からもう 一 度 操 作 してください ) 4-10

50 各 部 の 開 閉 5. ブザーが 鳴 り 止 んだら,フロントワイ パー ウォッシャースイッチを 手 前 に 引 いたままキーレスエントリーの UNLOCK スイッチを 押 してセキュリ ティーアラームの 設 定 状 態 を 選 択 し ます 設 定 状 態 は UNLOCK スイッチを 押 す ごとに 切 り 換 わり,ブザーの 回 数 に よって 確 認 できます セキュリティーアラームの 設 定 変 更 がわ かりにくいときは 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 に ご 相 談 ください セキュリティーアラームを 作 動 する に 設 定 した 場 合 も, 万 一 のため, 車 を 離 れ るときは 車 内 に 貴 重 品 を 置 いたままにし ないでください UNLOCK スイッチ 4 ブザー の 回 数 セキュリティーアラーム の 設 定 状 態 1 回 警 報 作 動 しない 3 回 ホーンと 非 常 点 滅 灯 で 警 報 作 動 する 6. つぎのいずれかの 操 作 でシステム 設 定 変 更 モードが 終 了 します フロントワイパー ウォッシャース イッチを 離 す 運 転 席 ドアを 閉 じる エンジンスイッチにキーを 差 す ライトスイッチを (OFF) 以 外 にする 設 定 を 変 更 しないまま 約 30 秒 経 過 す る 4-11

51 各 部 の 開 閉 システム 作 動 のセットのしか た J あらかじめセキュリティーアラームを 作 動 する に 設 定 した 後,つぎの 手 順 で システム 作 動 可 能 状 態 にセットします UNLOCKスイッチ キーレスエントリー 以 外 の 操 作 で(キー やドアのロックノブを 使 って)すべての ドアを 施 錠 したときは,システム 準 備 状 態 になりません エンジンフードが 開 いているときは,セ キュリティーインジケーターが 点 灯 し, システム 作 動 可 能 状 態 になりません エンジンフードを 閉 めるとシステム 準 備 状 態 になり, 約 20 秒 後 にシステム 作 動 可 能 状 態 になります 4 LOCKスイッチ 1. エンジンスイッチからキーを 抜 きま す 2. 車 両 から 出 てすべてのドアを 閉 じま す 3. キーレスエントリーのLOCKスイッチ を 押 してすべてのドアを 施 錠 します キーレスエントリーによる 施 錠 操 作 で,システム 準 備 状 態 になります こ のとき 確 認 のためのブザーが 断 続 的 に ピー,ピー と 鳴 り,インストル メントパネルのセキュリティーイン ジケーターが 点 滅 します セキュリティー インジケーター 4. 約 20 秒 後,ブザーが 止 まり,セキュリ ティーインジケーターの 点 滅 速 度 が 遅 くなり 始 めたらシステム 作 動 可 能 状 態 です システム 作 動 可 能 状 態 中 は,セキュリティーインジケーターは 点 滅 し 続 けます 車 内 に 人 が 乗 っている 状 態,またはドア ガラスが 開 いた 状 態 でもセキュリティー アラームは 作 動 します 警 報 の 思 わぬ 作 動 を 防 ぐため, 車 内 に 人 が 乗 っている 状 態 ではシステム 作 動 可 能 状 態 にしないで ください システム 作 動 可 能 状 態 中 は,キーレスエ ントリー 以 外 の 操 作 で(キーやドアの ロックノブを 使 って) 解 錠 してドアを 開 けてもルームランプは 点 灯 しません システム 作 動 の 解 除 のしかた J システム 準 備 状 態 またはシステム 作 動 可 能 状 態 のときに,つぎの 方 法 でシステム 作 動 を 解 除 することができます キーレスエントリーの UNLOCK ス イッチを 押 す エンジンスイッチをONまたはACCに する システム 準 備 状 態 のとき,いずれかの ドアを 開 けるか,エンジンスイッチに キーを 差 し 込 む 4-12

52 各 部 の 開 閉 システム 準 備 状 態 中 にエンジンフードを 開 けるとシステム 準 備 状 態 が 中 断 し,エ ンジンフードを 閉 めるとシステム 準 備 状 態 に 戻 ります システム 準 備 状 態 のときにバッテリー 端 子 を 外 すと 記 憶 は 消 去 されます リモコンスイッチは4 個 まで 登 録 できま す 登 録 済 みのリモコンスイッチであれば, セットしたリモコンスイッチと 別 のリモ コンスイッチを 使 ってもシステムを 解 除 することができます リモコンスイッチの 追 加 登 録 については 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 にお 問 い 合 わせくだ さい キーレスエントリーの 作 動 距 離 は 約 1m です 正 しい 距 離 でスイッチを 押 しても 施 錠, 解 錠 およびセキュリティーアラー ムのセット, 解 除 ができないときには 電 池 の 消 耗 が 考 えられます 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 で 電 池 を 交 換 してください UNLOCKスイッチを 押 して 解 錠 しても 約 30 秒 以 内 にドアを 開 けなければ 自 動 的 に 施 錠 されます このときもシステム 準 備 状 態 になります UNLOCKスイッチを 押 した 後, 自 動 的 に 施 錠 されるまでの 時 間 を 調 整 することが できます 詳 しくは 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 にご 相 談 く ださい 警 報 作 動 J システム 作 動 可 能 状 態 のときに,キーレ スエントリーのUNLOCKスイッチを 押 す 以 外 の 操 作 で 解 錠 し,いずれかのドアま たはエンジンフードを 開 けるとつぎのよ うに 警 報 作 動 します 1. 約 10 秒 間 ブザーが 断 続 的 に 鳴 ります ( 車 内 警 報 ) 作 動 可 能 状 態 中 にエンジンフードを 開 け ると 車 内 警 報 は 作 動 せず,すぐに 車 外 警 報 が 作 動 します 2. 車 内 警 報 の 後, 設 定 した 車 外 警 報 が 約 30 秒 間 作 動 します 非 常 点 滅 灯 が 点 滅 しホーンが 断 続 的 に 鳴 ります

53 各 部 の 開 閉 4 3. 警 報 が 停 止 した 後 もドアまたはエン ジンフードを 開 くと 車 外 警 報 が 再 び 作 動 します 警 報 作 動 中 はルームランプは 点 灯 しませ ん 警 報 作 動 の 解 除 のしかた J つぎの 方 法 で 警 報 作 動 を 止 めることがで きます キーレスエントリーの LOCK または UNLOCKスイッチを 押 す LOCKスイッチを 押 したとき,すべて のドアが 閉 じていれば 施 錠 し, 再 びシ ステム 準 備 状 態 になります エンジンスイッチをONまたはACCに する 車 内 警 報 中 にドアを 閉 じても 警 報 作 動 は 解 除 されません エンジンスイッチを ON にしたときブ ザーが4 回 鳴 り,セキュリティーインジ ケーターが4 回 点 滅 したときは, 駐 車 中 に 警 報 が 作 動 したことを 示 しています 盗 難 にあっていないかお 車 の 中 を 確 認 し てください バッテリーを 外 しても 警 報 作 動 の 記 憶 は 消 去 されません 一 時 的 にバッテリーを 外 して 警 報 作 動 し ないようにしても,バッテリーを 再 び 接 続 するとすぐに 警 報 し, 周 囲 に 異 常 を 知 らせます 4-14

54 各 部 の 開 閉 パワーウインドウ 運 転 席 スイッチ J 開 ける 閉 じる 運 転 席 側 助 手 席 側 後 席 右 側 後 席 左 側 4 警 告 パワーウインドウを 閉 じるときは, 安 全 のため 同 乗 者 が 窓 から 顔 や 手 を 出 し ていないことを 確 認 してください 安 全 のためパワーウインドウの 操 作 は お 子 さまではなく 大 人 が 行 ってくださ い 車 を 離 れるときは 必 ずキーを 抜 い て,お 子 さまも 一 緒 に 連 れて 出 てくだ さい キーを 差 したままだとお 子 さまがいた ずらをして 手 や 首 をはさむおそれがあ ります キーレスエントリー 付 き 車 は,リモコン スイッチでもパワーウインドウを 閉 じる ことができます キーレスエントリー P. 4-3 運 転 席 スイッチで 全 席 のドアガラスの 開 閉 をすることができます エンジンス イッチが ON のときにスイッチを 押 すと 開 き, 引 き 上 げると 閉 まります スイッチを 強 く 押 したり, 強 く 引 き 上 げ ると 自 動 的 に 全 開, 全 閉 します 途 中 で 止 めたいときはスイッチを 軽 く 操 作 します 助 手 席, 後 席 スイッチ エンジンスイッチが ON のときにスイッ チを 押 すと 開 き, 引 き 上 げると 閉 まりま す 後 席 ドアガラスは 全 開 しません 4-15

55 各 部 の 開 閉 タイマー 機 構 セーフティー 機 構 4 J エンジンスイッチを 切 った 後 でも 約 30 秒 間 はガラスを 開 閉 することができます この 時 間 内 に 運 転 席 ドアを 開 けるとさら に 約 30 秒 間 ガラスを 開 閉 できます ただ し, 一 旦 運 転 席 ドアを 閉 めるとガラスの 開 閉 はできなくなります つぎの 機 能 を 変 更 することができます 詳 しくは 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 にご 相 談 く ださい タイマー 時 間 を 調 整 する タイマー 機 能 をなくす ロックスイッチ J お 子 さまを 乗 せるときはロックスイッチ をONにしてください 助 手 席, 後 席 スイッチを 操 作 してもドア ガラスは 開 閉 できなくなります 解 除 するときはもう 一 度 押 します J 万 一, 手 や 首 などをはさんだ 場 合 は 安 全 のため 自 動 的 にドアガラスが 少 し 下 がり ます ドアガラスが 下 がった 後, 再 度 スイッチ を 引 き 上 げるとドアガラスを 閉 めること ができます 注 意 ドアガラスを 確 実 に 閉 めるため, 閉 め 切 り 直 前 ではセーフティー 機 構 が 働 か ないようになっています 指 などをは さまないように 注 意 してください 環 境 や 走 行 条 件 により, 手 や 首 などをは さんだときと 同 じ 衝 撃 が 加 わると,セー フティー 機 構 が 働 くことがあります 3 回 以 上 連 続 してセーフティー 機 構 が 働 いたときは,セーフティー 機 構 が 解 除 さ れ,ドアガラスが 正 常 に 閉 まらなくなり ます つぎの 方 法 でドアガラスを 処 置 してくだ さい ドアガラスが 開 いているときは,パワー ウインドウスイッチを 繰 り 返 し 引 き 上 げ て,ドアガラスを 一 度 全 閉 します 全 閉 後, 一 旦 スイッチから 手 を 離 し, 再 度 約 1 秒 間 スイッチを 引 き 上 げてください こ れにより, 元 通 りドアガラスの 開 閉 操 作 ができるようになります 運 転 席 スイッチでは 全 席 のドアガラスを 開 閉 することができます 運 転 席 スイッチで 助 手 席, 後 席 のドアガ ラスを 開 閉 できないようにすることがで きます 詳 しくは 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 にご 相 談 く ださい 4-16

56 各 部 の 開 閉 エンジンフード(ボンネッ ト) J 支 持 棒 をエンジンフードの 穴 に 差 し 込 みエンジンフードを 確 実 に 固 定 し ます 開 けるときは 1. ワイパーアームが 立 っているときは ワイパーアームを 倒 します ワイパーアームが 立 った 状 態 でエンジン フードを 開 けるとエンジンフードに 傷 が つくおそれがあります 4 2. 計 器 盤 右 下 にあるレバーを 引 くとエ ンジンフードが 少 し 浮 き 上 がります 注 意 風 の 強 いときにエンジンフードを 開 け ていると, 風 にあおられて 支 持 棒 が 外 れることがあります 特 に 風 の 強 いと きはご 注 意 ください 支 持 棒 は 必 ず 所 定 の 穴 に 差 し 込 んでく ださい 所 定 以 外 の 箇 所 に 掛 けると 支 持 棒 が 外 れ, 思 わぬ 事 故 につながるお それがあります 3. エンジンフードのすき 間 に 手 を 入 れ, 前 端 中 央 部 のレバーを 左 へ 押 しなが らエンジンフードを 持 ち 上 げます レバー 4-17

57 各 部 の 開 閉 4 閉 めるときは 1. エンジンフードを 支 えながら 支 持 棒 を 穴 から 外 してクリップに 固 定 しま す 2. エンジンフードを 少 し 持 ち 上 げた 位 置 ( 約 30cm)から 離 します 注 意 手 や 物 をはさまないように 注 意 してく ださい 3. エンジンフードが 完 全 に 閉 じている ことを 確 認 します 注 意 走 行 前 に 必 ずエンジンフードが 確 実 に 閉 じていることを 確 認 してください 完 全 に 閉 じていないまま 走 行 するとエ ンジンフードが 開 くおそれがありま す エンジンフードを 手 で 強 く 押 しつけない でください 力 のかけぐあいや 場 所 に よっては, 万 一 の 場 合, 車 体 がへこむお それがあります フューエルリッド( 燃 料 補 給 口 ) J フューエルリッド( 燃 料 補 給 口 )は 車 両 の 左 側 後 方 にあります 警 告 燃 料 を 補 給 するときは 火 気 厳 禁 です 燃 料 は 引 火 しやすいため 火 災 や 爆 発 の おそれがあります 必 ずエンジンを 止 めてください たばこ,ライター, 携 帯 電 話 などは 使 用 しないでください フューエルキャップを 外 す 前 に 車 体 や 給 油 機 の 金 属 部 分 に 触 れて, 必 ず 身 体 の 静 電 気 を 除 去 してください 静 電 気 を 帯 びていると, 放 電 による 火 花 で 気 化 した 燃 料 に 引 火 するおそれが あります リッド( 補 給 口 )の 開 口,フューエル キャップの 取 り 外 しなど, 給 油 操 作 は 必 ず 一 人 で 行 い, 補 給 口 に 他 の 人 を 近 づけないでください 複 数 で 行 うと 他 の 人 が 帯 電 していた 場 合, 気 化 した 燃 料 に 引 火 するおそれが あります 給 油 が 終 わるまで 補 給 口 から 離 れない でください 途 中,シートに 座 るなど すると, 再 帯 電 するおそれがあります 燃 料 は 必 ず 指 定 された 燃 料 をご 使 用 くだ さい 燃 料 は 指 定 されたものを 補 給 P. 2-3 メンテナンスデータ: 燃 料 P

58 各 部 の 開 閉 開 けるときは J 運 転 席 右 下 のレバーを 引 き 上 げて リッド( 補 給 口 )を 開 けます 警 告 フューエルキャップをゆるめたときに シューッという 音 がしたときは, 音 が しなくなるまで 待 ってから,フューエ ルキャップをゆっくり 回 してくださ い 閉 めるときは J フューエルキャップをカチッカチッ と 音 がするまで 右 に 回 して 閉 めます 4 警 告 フューエルキャップが 確 実 に 閉 まって いることを 確 認 してください 確 実 に 閉 まっていないと 燃 料 がもれ, 火 災 に なるおそれがあります 2. フューエルリッドを 手 で 軽 く 押 して 閉 めます 2. フューエルキャップのつまみを 持 ち, ゆっくり 左 に 回 して 外 します フューエルキャップ 警 告 急 激 にフューエルキャップを 回 さない でください 燃 料 タンク 内 の 圧 力 によ り, 補 給 口 から 燃 料 が 吹 き 返 すおそれ があります 4-19

59 MEMO

60 安 全 装 備 シート シート シート 調 整 フロントシート リヤシート ヘッドレスト シートベルト シートベルト プリテンショナー 機 構 /フォースリミッター 機 構 付 シートベルト チャイルドシート チャイルドシート SRSエアバッグ SRSエアバッグ

61 安 全 装 備 シート J フロントシート リヤシート 5 フロントシート 前 後 調 整 P. 5-4 背 もたれの 角 度 調 整 P. 5-4 クッションの 上 下 調 整 ( 運 転 席 ) P. 5-5 リヤシート リヤシートクッションP

62 安 全 装 備 シート 調 整 J シート 各 部 の 調 整 は 走 行 前 に 行 ってくだ さい 警 告 シートの 調 整 は 必 ず 走 行 前 に 行 ってく ださい 走 行 中 にシートを 調 整 すると 必 要 以 上 に 動 くことがあり, 重 大 な 事 故 につながるおそれがあります シートの 調 整 をした 後 は,シートが 確 実 に 固 定 されていることを 確 認 してく ださい シートが 固 定 されていないと シートが 動 き, 重 大 な 事 故 につながる おそれがあります シートの 背 もたれを 必 要 以 上 に 倒 して 走 行 しないでください 急 ブレーキを かけたときや 衝 突 したときなどに, 身 体 がシートベルトの 下 にもぐり, 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれがあります フロントシート J 正 しい 運 転 姿 勢 がとれるように,つぎの 点 に 注 意 してシートを 調 整 してくださ い ヘッドレストの 中 央 部 を できるだけ 目 の 高 さにする ハンドルが 楽 に 操 作 できる ペダルが 十 分 に 踏 み 込 める 5 注 意 シートの 調 整 は 必 ず 大 人 が 行 ってくだ さい お 子 さまが 操 作 すると 思 わぬ 事 故 を 起 こすおそれがあります シートを 操 作 しているときは,シート の 下 や 動 いている 部 分 に 手 足 を 近 づけ ないでください シートベルトが 正 しく 着 用 できる P. 5-7 背 すじをのばし 背 もたれに 軽 くつける 警 告 背 もたれと 背 中 の 間 にクッションなど を 入 れないでください 正 しい 運 転 姿 勢 がとれないため, 思 わ ぬ 事 故 につながるおそれがあります 注 意 後 方 へシートを 移 動 したり, 背 もたれ を 倒 すときは 乗 員 に 注 意 してくださ い 5-3

63 安 全 装 備 前 後 調 整 J レバーを 引 いたまま 調 整 します 調 整 後 はシートを 前 後 に 軽 くゆすり, シートが 確 実 に 固 定 されたことを 確 認 し ます 背 もたれの 角 度 調 整 J レバーを 引 いたまま 調 整 します 調 整 後 は 背 もたれを 軽 くゆすり, 背 もた れが 確 実 に 固 定 されたことを 確 認 しま す 5 注 意 レバーを 操 作 するときは, 背 もたれに 身 体 を 添 わせるか, 手 を 添 えて 行 って ください 背 もたれが 急 に 戻 り 顔 などにあたるお それがあります 5-4

64 安 全 装 備 クッションの 上 下 調 整 J リヤシート J 運 転 席 ノブを 回 して 調 整 します 上 がる 下 がる リヤシートクッション J リヤシートのシートクッションは 取 り 外 すことができます シートカバーをつけ るときなどにご 利 用 ください 取 り 外 すときは シートクッションの 両 端 を 持 ち 上 げて, 取 り 外 します 5 シートクッション 取 り 付 けるときは 1. バックルと 中 央 のプレートをシート クッションの 切 り 欠 きに 通 します バックル,プレート 切 り 欠 き 5-5

65 5 安 全 装 備 2. 左 右 のプレートがシートクッション の 上 に 出 ていることを 確 認 し,シート クッション 後 方 のフックが 背 もたれ の 下 側 に 入 るようにシートクッショ ンを 押 し 込 みます プレート 3. シートクッション 下 側 の 固 定 用 フッ クを 左 右 の 取 り 付 け 穴 にカチッと 音 がするまで 押 し 込 みます 固 定 用 フック 取 り 付 け 穴 プレート フック ヘッドレスト J 警 告 ヘッドレストの 固 定 できる 高 さを 超 え て 使 用 しないでください 万 一 のとき 安 全 確 保 に 役 立 ちません 背 もたれと 背 中 の 間 にクッションなど を 入 れると 安 全 確 保 に 役 立 ちません ヘッドレストを 取 り 外 したままで 走 行 しないでください 走 行 前 に 必 ず 取 り 付 けてください 衝 突 したときなどに 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれがありま す 上 下 調 整 ヘッドレストの 中 央 部 ができるだけ 目 の 高 さになるように 調 整 します 目 の 高 さに 届 かない 場 合 ( 特 に 背 の 高 い 人 など)は, 固 定 できる 範 囲 で 一 番 高 い 位 置 に 調 整 してください 上 げるときはそのまま 引 き 上 げ, 下 げる ときは 固 定 ボタンを 押 しながら 下 げま す 4. 取 り 付 け 後 はシートクッションを 軽 くゆすり,シートクッションが 確 実 に 固 定 されていることを 確 認 します 固 定 ボタン 5-6

66 安 全 装 備 取 り 外 すときは 固 定 ボタンを 押 したまま,いっぱいに 引 き 上 げて 取 り 外 します 取 り 付 けるときは 固 定 ボタンを 押 しながら 差 し 込 みます シートベルト J シートベルトは 万 一 の 場 合, 運 転 者 と 同 乗 者 の 安 全 を 守 ります シートベルトは つぎの 使 用 方 法, 注 意 を 守 り, 運 転 する 前 に 必 ず 着 用 してください 注 意 ヘッドレストを 取 り 付 けた 後, 固 定 ボ タンがロックされていることを 確 認 し てください ロックされた 状 態 肩 に 十 分 かかるように 上 体 を 起 こし 深 く 座 り シートを 正 しい 位 置 に 調 整 する ねじれて いない ように 5 固 定 ボタン 固 定 ボタン 腰 部 ベルトは 必 ず 腰 骨 の できるだけ 低 い 位 置 にかける 警 告 肩 部 ベルトは 脇 の 下 を 通 さないで, 肩 に 十 分 かかるように 着 用 してくださ い ベルトが 肩 に 十 分 かかっていない と 衝 突 したときなどに 身 体 が 前 方 に 投 げ 出 され, 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれ があります 腰 部 ベルトは 腹 部 にかけないでくださ い 衝 突 したときなどに 腹 部 などに 強 い 圧 迫 を 受 け,シートベルトにより 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれがあります ベルトは1 人 用 です 2 人 以 上 で 使 用 し ないでください 衝 突 のときなどにベ ルトが 正 常 に 働 かず, 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれがあります シートの 背 もたれを 必 要 以 上 に 倒 して 走 行 しないでください 急 ブレーキを かけたときや 衝 突 したときなどに, 身 体 がシートベルトの 下 にもぐり, 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれがあります 5-7

67 安 全 装 備 5 警 告 車 に 乗 るときは 必 ず 全 員 がシートベル トを 着 用 してください ベルトを 着 用 しないと 急 ブレーキをかけたときや 衝 突 したときなどに 身 体 がシートに 保 持 されず, 車 外 に 投 げ 出 されたりして, 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれがあります シートベルトは 上 体 を 起 こして,シー トに 深 く 腰 かけた 状 態 で 着 用 してくだ さい 正 しい 姿 勢 で 着 用 しないと 十 分 な 効 果 を 発 揮 しないおそれがありま す 正 しい 姿 勢 については フロント シート を 参 照 してください P. 5-3 シートベルトはねじれのないように 着 用 してください ねじれがあるとベル トの 幅 が 狭 くなり, 衝 突 したときなど に 局 部 的 に 強 い 力 を 受 けてシートベル トにより 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれが あります ハンドルやインストルメントパネルに 必 要 以 上 に 近 づいて 運 転 しないでくだ さい 衝 突 したときなどにシートベル トが 十 分 な 効 果 を 発 揮 しないおそれが あります お 子 さまでもシートベルトを 必 ず 着 用 させてください ひざの 上 でお 子 さま を 抱 いていても, 急 ブレーキをかけた ときや 衝 突 したときなどに 十 分 に 支 え ることができず,お 子 さまが 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれがあります 警 告 ほつれや 切 り 傷 ができたり, 金 具 部 な どが 正 常 に 動 かなくなったときは, シートベルトを 交 換 してください 異 常 がある 状 態 で 使 用 すると 衝 突 時 に 正 常 に 動 かず, 性 能 を 十 分 発 揮 できない おそれがあります 万 一, 事 故 にあって,シートベルトに 強 い 衝 撃 を 受 けた 場 合 は, 外 観 に 異 常 がなくても 必 ず 交 換 してください 軽 い 事 故 の 場 合 も 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 で 点 検 を 受 けてください ベルト 自 体 が 壊 れている 場 合 があり, 性 能 を 十 分 発 揮 できないおそれがあります シートベルトを 修 理 または 交 換 する 場 合 は 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 へご 相 談 くだ さい バックルや 巻 き 取 り 装 置 の 内 部 に 異 物 などを 入 れないようにしてください またシートベルトの 改 造 や 取 り 付 け, 取 り 外 しをしないでください 衝 突 し たときなどに 十 分 な 効 果 を 発 揮 できな いおそれがあります ベルトが 汚 れた 場 合 は, 中 性 洗 剤 を 使 用 してください ベンジンやガソリン などの 有 機 溶 剤 の 使 用 や 漂 白, 染 色 は 絶 対 にしないでください シートベルトの 性 能 が 落 ち, 十 分 な 効 果 を 発 揮 できなくなるおそれがありま す 妊 娠 中 の 女 性 や 疾 患 のある 方 も, 万 一 のときのためにシートベルトを 着 用 し てください ただし, 局 部 的 に 強 い 圧 迫 を 受 けるおそれがありますので, 医 師 にご 相 談 のうえ 注 意 事 項 を 確 認 して からご 使 用 ください 妊 娠 中 の 方 は, 腰 部 ベルトを 腹 部 を 避 けて 腰 部 のできるだけ 低 い 位 置 にぴっ たりと 着 用 してください 肩 部 ベルト は 確 実 に 肩 を 通 し, 腹 部 を 避 けて 胸 部 にかかるように 着 用 してください シートベルトを 着 用 する 場 合 は 洗 たく ばさみやクリップなどでベルトにたる みをつけないでください ベルトにた るみがあると 十 分 な 効 果 を 発 揮 しない おそれがあります 5-8

68 安 全 装 備 3 点 式 シートベルト J ベルトの 長 さを 調 整 する 必 要 はありませ ん ベルトは 身 体 の 動 きに 合 わせて 伸 縮 しますが, 強 い 衝 撃 を 受 けたときは,ベ ルトが 自 動 的 にロックされ 身 体 を 固 定 し ます 着 用 するときは J プレートを 持 ってシートベルトを ゆっくりと 引 き 出 します シートベルトがロックしたまま 引 き 出 せ ないときは, 一 度 ベルトを 強 く 引 いてか らベルトをゆるめ, 再 度 ゆっくりと 引 き 出 してください 2. ベルトがねじれていないか 確 認 した 後,プレートをバックルにカチッと 音 がするまではめ 込 みます 3. 腰 部 ベルトを 腰 骨 のできるだけ 低 い 位 置 にかけ,ベルトを 引 いて 腰 部 に 密 着 させます 腰 骨 のできるだけ 低 い 位 置 外 すときは 引 く J プレートを 持 ってバックルのボタンを 押 します ベルトは 自 動 的 に 巻 き 取 られますので, プレートに 手 を 添 えて,ゆっくり 戻 して ください 5 ボタン プレート バックル 5-9

69 安 全 装 備 5 警 告 お 子 さまをシートベルトで 遊 ばせない でください 特 にチャイルドシート 固 定 機 構 付 シー トベルトの 場 合,ベルトを 体 に 巻 き 付 けたりして 遊 んでいると, 誤 ってチャ イルドシート 固 定 機 構 が 作 動 し,ベル トが 引 き 出 せずに 窒 息 などの 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれがあります 万 一, 誤 ってチャイルドシート 固 定 機 構 を 作 動 させてしまい,シートベルト が 外 せなくなったときは,はさみなど でベルトを 切 断 してください チャイルドシート 固 定 機 構 付 シートベル トは,シートベルトを 着 用 した 状 態 で 上 体 を 大 きく 動 かしたときに,シートベル トが 引 き 出 せなくなることがあります これはチャイルドシート 固 定 機 構 が 作 動 しているためです このときは,シートベルトをすべて 巻 き 取 らせてチャイルドシート 固 定 機 構 を 解 除 してから 再 度 シートベルトを 着 用 して ください チャイルドシート 固 定 機 構 付 シート ベルトでの 取 り 付 け 方 P ベルトが 首, 顔 に 当 たるとき は(アジャスタブルシートベ ルトアンカー) フロントシート J 肩 部 ベルトの 高 さを 調 整 することができ ます ベルトが 首, 顔 に 当 たったり, 肩 から 外 れて 腕 にかかってしまうときに 調 整 して ください 上 げるときはアンカーをそのまま 押 し 上 げ, 下 げるときはロックノブを 押 したま まアンカーを 下 げます 調 整 後 はアンカーが 固 定 されていること を 確 認 します ロックノブ アンカー シートベルト 警 告 灯 J エンジンスイッチが ON で 運 転 席 のシー トベルトを 着 用 していないと 点 灯 し, 運 転 者 にシートベルトの 着 用 をうながしま す シートベルトを 着 用 すると 消 灯 します 注 意 アンカーはできるだけ 高 い 位 置 でご 使 用 ください ベルトが 首 に 当 たったり, 肩 に 十 分 かからないときは,アンカー を 一 段 ずつ 下 げて 調 整 してください 5-10

70 安 全 装 備 2 点 式 シートベルト J 体 格 に 合 わせてベルトの 長 さを 調 整 しま す 外 すときは バックルのボタンを 押 します 着 用 するときは 1. シートベルトがねじれていないか 確 認 した 後,ベルトをプレートと 直 角 に して,ベルトを 着 けたときに 腰 部 とベ ルトの 間 に 手 のひらが 入 る 程 度 の 長 さに 調 整 します 短 く 長 く ボタン 5 直 角 2. プレートをバックルにカチッと 音 が するまではめ 込 みます ベルトは 腰 部 のできるだけ 低 い 位 置 にかけ,ベルトを 引 いて 腰 部 に 密 着 さ せます プレート バックル 5-11

71 安 全 装 備 5 プリテンショナー 機 構 / フォースリミッター 機 構 付 シートベルト J プリテンショナー 付 シートベルトは, 運 転 席 および 助 手 席 に 装 備 されています プリテンショナー 機 構 プリテンショナー 機 構 は,エンジンス イッチが ON のときに 運 転 者 または 助 手 席 同 乗 者 に 重 大 な 危 害 がおよぶような 強 い 衝 撃 を 車 両 前 方 より 受 けたときに, シートベルトを 瞬 時 に 引 き 込 み,シート ベルトの 効 果 をいっそう 高 める 装 置 で す 警 告 プリテンショナー 付 シートベルトの 効 果 を 十 分 に 発 揮 させるため,つぎのこ とをお 守 りください シートを 正 しい 位 置 に 調 整 してくだ さい フロントシート P. 5-3 シートベルトを 正 しく 着 用 してくだ さい シートベルト P. 5-7 注 意 プリテンショナー 付 シートベルトやフ ロアコンソール 付 近 の 修 理,カーオー ディオ 等 の 取 り 付 けをする 場 合 はプリ テンショナー 機 構 に 影 響 をおよぼすお それがありますので, 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 にご 相 談 ください 廃 車 するときは 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 へ ご 相 談 ください プリテンショナー 付 シートベルトが 思 いがけなく 作 動 し, けがをするおそれがあります プリテンショナー 付 シートベルトは 一 度 作 動 すると 再 使 用 できません 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 で 運 転 席, 助 手 席 側 を 同 時 に 交 換 してください SRS エアバッグ/プリテン ショナー 機 構 警 告 灯 正 常 なときはエンジンスイッチを ON に すると 点 灯 し, 数 秒 後 に 消 灯 します また,SRS エアバッグおよびプリテン ショナー 機 構 が 作 動 すると, 点 灯 したま まとなります SRS エアバッグ 警 告 灯 はプリテンショ ナー 警 告 灯 と 兼 用 しています 注 意 警 告 灯 がつぎのようになったときはシ ステムの 異 常 が 考 えられます 衝 突 したときなどに SRS エアバッグお よびプリテンショナー 付 シートベルト が 正 常 に 作 動 せずけがをするおそれが ありますので 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 で 点 検 を 受 けてください エンジンスイッチを ON にしても 警 告 灯 が 点 灯 しない,または 点 灯 したまま 走 行 中 に 警 告 灯 が 点 灯 する プリテンショナー 付 シートベルトはシー トベルトを 装 着 していなくても, 前 方 か らの 強 い 衝 撃 を 受 けると 作 動 します フォースリミッター 機 構 衝 突 時 に,シートベルトにかかる 荷 重 を 効 果 的 に 吸 収 し, 乗 員 への 衝 撃 をやわら げる 装 置 です 5-12

72 安 全 装 備 チャイルドシート J 警 告 シートベルトを 着 けたとき 肩 部 ベルト が 首,あご, 顔 などに 当 たる 場 合 や, 腰 部 ベルトが 腰 骨 にかからないような 小 さなお 子 さまは 通 常 のシートベルトで は 衝 突 のとき 強 い 圧 迫 を 受 け,シート ベルトにより 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそ れがあります 体 格 に 合 ったチャイル ドシートを 使 用 してください 6 才 未 満 のお 子 さまはチャイルドシー トの 使 用 が 法 律 で 義 務 付 けられていま す チャイルドシートには 乳 児 用 (ベビー シート), 幼 児 用 (チャイルドシート), 学 童 用 (ジュニアシート)の3 種 類 がありま す チャイルドシートはお 子 さまの 体 格 によりお 使 いになれる 種 類 が 異 なりま す 詳 しくは 三 菱 自 動 車 販 売 会 社 にご 相 談 ください ISO *1 FIX 対 応 チャイルドシー ト J チャイルドシート 固 定 専 用 バーが 装 備 さ れた 座 席 専 用 のチャイルドシート *2 です 専 用 バーを 使 用 してチャイルドシートを 固 定 します 車 両 のシートベルトでチャ イルドシートを 固 定 する 必 要 はありませ ん *1 ISO は International Standardization Organization( 国 際 標 準 化 機 構 )の 略 語 です *2 お 客 様 のお 車 用 として 認 可 を 受 けた チャイルドシートのみ 使 用 できます 警 告 お 客 様 のお 車 用 として 認 可 を 受 けてい ないチャイルドシート(サポートレッ グなしのもの, 三 菱 自 動 車 純 正 指 定 以 外 のものなど)を 使 用 すると,チャイ ルドシートが 適 切 に 固 定 されずお 子 さ まが 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれがあり ます 必 ずお 客 様 のお 車 専 用 のチャイ ルドシートを 使 用 してください

73 安 全 装 備 ISO FIX 対 応 サポートレッグ サポートレッグ 除 く,ISO FIX 対 応 チャイルド シート J 車 両 のシートベルトを 使 用 して 固 定 する チャイルドシートです シートの 形 状,サ イズによっては 固 定 できない 場 合 があり ます 5 A- 乳 児 用 (ベビーシート) B- 幼 児 用 (チャイルドシート) ベース 部 ( 斜 線 部 分 )は, 各 シートと 別 体 となります < 選 択 の 目 安 > 乳 児 用 (ベビー シート) *3 幼 児 用 (チャイル ドシート) 体 重 (kg) 身 長 (cm) 9 未 満 75 以 下 9~25 未 満 75~115 参 考 年 齢 新 生 児 ~9ヶ 月 9ヶ 月 ~6 才 *3 幼 児 用 (チャイルドシート)は 学 童 用 (ジュニアシート)としても 使 用 でき ます 詳 しくはチャイルドシートに 添 付 の 取 扱 説 明 書 をお 読 みください A- 乳 児 用 (ベビーシート) B- 幼 児 用 (チャイルドシート) C- 学 童 用 (ジュニアシート) < 選 択 の 目 安 > 体 重 (kg) 身 長 (cm) 乳 児 用 (ベビー 10 未 満 75 以 下 シート) 参 考 年 齢 新 生 児 ~12ヶ 月 幼 児 用 (チャイ ルド 18 未 満 105 以 下 4 才 以 下 シート) 学 童 用 (ジュニ アシー ト) 15~36 100~135 4 才 ~ 10 才 上 記 の 表 は 体 重 身 長 年 齢 の 目 安 を 示 しています 各 製 品 により 使 用 条 件 が 異 なりますので, 必 ず 確 認 してください 5-14

74 安 全 装 備 警 告 助 手 席 に 乳 児 用 シート(ベビーシート) など 後 ろ 向 き 装 着 のチャイルドシート は 絶 対 に 取 り 付 けないでください また, 幼 児 用 シート(チャイルドシー ト)など 前 後 向 きとも 装 着 可 能 なシー トでも 後 ろ 向 きには 絶 対 に 取 り 付 けな いでください 助 手 席 SRS エアバッグが 膨 らむとき, 強 い 力 が 後 ろ 向 きチャイルドシートの 上 部 にかかり, 背 もたれに 押 しつけら れて 命 にかかわる 重 大 な 傷 害 を 受 ける おそれがあります 助 手 席 ISO FIX 対 応 チャイルドシー ト 固 定 専 用 バーでの 取 り 付 け 方 J A リヤシートの 図 の 位 置 にISO *4 FIX 対 応 の チャイルドシートを 固 定 するための 専 用 バーが 装 備 されています *4 ISO は International Standardization Organization( 国 際 標 準 化 機 構 )の 略 語 です 5 やむを 得 ず 助 手 席 に 前 向 き 装 着 のチャ イルドシートを 取 り 付 ける 場 合 は, 助 手 席 を 一 番 後 ろの 位 置 にして 取 り 付 け てください 5-15

75 安 全 装 備 5 取 り 付 けるときは 1. シートクッションと 背 もたれのすき まを 手 で 少 し 広 げて, 固 定 専 用 バーの 位 置 を 確 認 します 固 定 専 用 バー 2. チャイルドシートに 添 付 の 取 扱 説 明 書 にしたがって,チャイルドシートを 取 り 付 けます 3. チャイルドシートを 前 後 左 右 にゆす り, 確 実 に 固 定 されたことを 確 認 しま す 警 告 チャイルドシートを 取 り 付 けるとき は, 固 定 専 用 バー 周 辺 に 異 物 がないこ とを 確 認 してください 異 物 があると チャイルドシートが 固 定 されず, 衝 突 したときなどに 重 大 な 傷 害 を 受 けるお それがあります また,チャイルドシートが 取 り 付 けら れているときは,シートの 調 整 はしな いでください チャイルドシート 固 定 機 構 付 シートベルトでの 取 り 付 け 方 J リヤシートの 3 点 式 シートベルトには チャイルドシート 固 定 機 構 がついていま す シートベルトを 全 部 引 き 出 すとチャイル ドシート 固 定 機 構 が 作 動 します ベルト を 巻 き 戻 す 途 中 で 手 を 止 めると 引 き 出 し 方 向 にベルトが 動 かない 状 態 となって, チャイルドシートを 固 定 することができ ます チャイルドシートを 取 り 付 けるときはつ ぎの 手 順 で 確 実 に 取 り 付 けてください 取 り 付 け 可 能 位 置 取 り 外 すときは チャイルドシートに 添 付 の 取 扱 説 明 書 に したがって,チャイルドシートを 取 り 外 します 5-16

76 安 全 装 備 取 り 付 けるときは 以 下 に 説 明 する 取 り 付 け 方 は, 一 般 的 な チャイルドシートの 取 り 付 け 方 を 例 に 記 載 しています 取 り 付 けるときは 必 ず チャイルドシートに 添 付 の 取 扱 説 明 書 に したがって 正 しく 取 り 付 けてください 1. チャイルドシートをリヤシートに 置 きます 2. チャイルドシートに 添 付 の 取 扱 説 明 書 にしたがってチャイルドシートの ベルトガイドにシートベルトを 通 し てから,プレートをバックルにカチッ と 音 がするまで 差 し 込 みます 4. ベルトを 巻 き 取 らせます このとき, ベルトが 引 き 出 し 方 向 に 動 かないこ とを 確 認 します ベルトが 引 き 出 し 方 向 に 動 く 場 合 は, 再 度 ベルトを 最 後 ま で 引 き 出 してください 5. チャイルドシートにひざを 置 き, 体 重 をかけてシートに 押 しつけながら, バックル 側 のベルトを 引 き 上 げて シートベルト 全 体 のたるみがなくな るまで 肩 部 ベルトを 巻 き 取 らせます 5 6. チャイルドシートを 前 後 左 右 にゆす り, 確 実 に 固 定 されていることを 確 認 します 3. 肩 部 ベルトをゆっくりと 最 後 まで 引 き 出 すとチャイルドシート 固 定 機 構 が 作 動 します 取 り 外 すときは 1. プレートをバックルから 外 して,シー トベルトをチャイルドシートから 取 り 外 します 2. シートベルトを 最 後 まで 巻 き 取 らせ チャイルドシート 固 定 機 構 を 解 除 し ます 5-17

77 安 全 装 備 5 チャイルドシート 固 定 機 構 付 シートベルト 以 外 のシートベ ルトでの 取 り 付 け 方 J チャイルドシート 固 定 機 構 付 シートベル トで 取 り 付 けることをおすすめします やむを 得 ずチャイルドシート 固 定 機 構 付 シートベルト 以 外 で 取 り 付 けるときはつ ぎの 手 順 で 確 実 に 取 り 付 けてください 取 り 付 け 可 能 位 置 リヤシート 警 告 シートベルトの 種 類 によってチャイル ドシートの 取 り 付 け 方 法 が 異 なりま す 各 シートベルトに 合 わせて 正 しく 取 り 付 けてください チャイルドシート 固 定 機 構 付 シート ベルト 以 外 の 3 点 式 シートベルトを 使 うときも, 必 ずチャイルドシートの 取 扱 説 明 書 にしたがって 正 しく 取 り 付 けてください タイプによってはチャイルドシート に 付 属 のロッキングクリップでの 固 定 が 必 要 です ロッキングクリップ 助 手 席 2 点 式 シートベルト 2 点 式 シートベルト( 長 さ 調 整 式 )は チャイルドシートに 合 わせて 長 さを 調 整 してください 取 り 付 けるときは 1. チャイルドシートを 取 り 付 けたい 位 置 に 置 きます 2. チャイルドシートに 添 付 の 取 扱 説 明 書 にしたがって,チャイルドシートを シートベルトで 固 定 します 固 定 後 は,チャイルドシートを 前 後 左 右 にゆすり, 確 実 に 固 定 されているこ とを 確 認 してください 取 り 外 すときは プレートをバックルから 外 して,シート ベルトをチャイルドシートから 取 り 外 し ます 5-18

78 安 全 装 備 SRSエアバッグ J SRSとはSupplemental Restraint System の 略 語 で 補 助 拘 束 装 置 の 意 味 です 運 転 席, 助 手 席 SRS エアバッ グ エンジンスイッチが ON のときに 運 転 者 または 助 手 席 同 乗 者 に 重 大 な 危 害 がおよ ぶような 強 い 衝 撃 を 車 両 前 方 より 受 けた ときに,シートベルトの 働 きを 補 って, 運 転 者 または 助 手 席 同 乗 者 の 頭 部 や 胸 部 へ の 衝 撃 をやわらげる 装 置 です SRSサイドエアバッグ A エンジンスイッチがONのときに, 運 転 者 または 助 手 席 同 乗 者 に 重 大 な 危 害 がおよ ぶような 強 い 衝 撃 を 車 両 側 面 から 受 けた ときに 膨 らみ, 運 転 者 または 助 手 席 同 乗 者 の 胸 などの 上 体 への 衝 撃 をやわらげる 装 置 です SRSカーテンエアバッグ A 警 告 SRS エアバッグはシートベルトに 代 わ るものではありません シートベルト は 必 ず 着 用 してください シートベルトをしていないと 急 ブレー キなどで 身 体 が 前 方 へ 放 り 出 されるこ とがあり,その 際 に SRS エアバッグが 膨 らむとその 強 い 衝 撃 で 命 にかかわる 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそれがありま す シートベルトはつぎの 理 由 により 必 ず 着 用 してください SRSエアバッグが 膨 らんだとき,シー トベルトがあなたの 身 体 を 正 しい 位 置 に 保 ちます SRS エアバッグが 作 動 しないときで も,シートベルトによりけがを 軽 減 す ることができます シートは 正 しい 位 置 に 調 整 し, 背 もた れに 背 中 をつけた 正 しい 姿 勢 でシート に 座 ってください SRS エアバッグは 非 常 に 速 い 速 度 で 膨 らむため,SRS エアバッグに 近 づきす ぎた 姿 勢 で 乗 車 していると SRS エア バッグが 膨 らむ 際,エアバッグにより 命 にかかわる 重 大 な 傷 害 を 受 けるおそ れがあります SRS エアバッグ 構 成 部 品 およびその 周 辺 は 膨 らんだ 後, 高 温 になりますので さわらないでください やけどをする おそれがあります 5 エンジンスイッチがONのときに, 運 転 者 および 同 乗 者 に 重 大 な 危 害 がおよぶよう な 強 い 衝 撃 を 車 両 側 面 から 受 けたときに 膨 らみ, 運 転 者 および 同 乗 者 の 主 に 頭 部 への 衝 撃 をやわらげる 装 置 です 5-19

BK0149800JA.book

BK0149800JA.book このたびはミニキャブバンをお 買 い 上 げいただき,あり がとうございます J09200101184 この 取 扱 説 明 書 は,お 客 様 のお 車 をいつも 安 全 快 適 に 運 転 していただ くための 正 しい 取 り 扱 いについて 説 明 しています また,お 車 のお 手 入 れや 万 一 のときの 処 置 についても 記 載 してあります ので,ご 使 用 前 に 必 ずお 読

More information

BK0113800JA.book

BK0113800JA.book このたびはタウンボックス,ミニキャブバンをお 買 い 上 げいただき,ありがとうございます J09200101054 この 取 扱 説 明 書 は,お 客 様 のお 車 をいつも 安 全 快 適 に 運 転 していただ くための 正 しい 取 り 扱 いについて 説 明 しています また,お 車 のお 手 入 れや 万 一 のときの 処 置 についても 記 載 してあります ので,ご 使 用 前 に

More information

Ⅰ 交 通 法 規 (40 問 ) 次 の 設 問 について 正 しいと 思 うものについては 解 答 用 紙 の の 欄 に 誤 っていると 思 うもの については 解 答 用 紙 の の 欄 に マークを 付 けなさい 問 1. 車 両 通 行 帯 が 設 けられていない 道 路 を 通 行 中

Ⅰ 交 通 法 規 (40 問 ) 次 の 設 問 について 正 しいと 思 うものについては 解 答 用 紙 の の 欄 に 誤 っていると 思 うもの については 解 答 用 紙 の の 欄 に マークを 付 けなさい 問 1. 車 両 通 行 帯 が 設 けられていない 道 路 を 通 行 中 第 44 回 全 国 トラックドライバー コンテスト 学 科 競 技 問 題 用 紙 ( 制 限 時 間 :60 分 間 ) 平 成 24 年 10 月 27 日 実 施 注 意 事 項 1 2 3 解 答 はすべて 別 紙 の 解 答 用 紙 (マークシート 方 式 )に 記 入 すること 解 答 用 紙 (マークシート 方 式 )は 鉛 筆 を 使 用 して 必 要 な 箇 所 にマークし 誤

More information

BK0121100JA.book

BK0121100JA.book このたびはコルト プラスをお 買 い 上 げいただき, あり がとうございます J09200100565 この 取 扱 説 明 書 は,お 客 様 のお 車 をいつも 安 全 快 適 に 運 転 していただ くための 正 しい 取 り 扱 いについて 説 明 しています また,お 車 のお 手 入 れや 万 一 のときの 処 置 についても 記 載 してあります ので,ご 使 用 前 に 必 ずお

More information

窓 や 網 戸 の 開 閉 時 の 注 意 事 項 窓 網 戸 のすき 間 やアーム 部 分 で 手 や 指 をはさまないようご 注 意 ください 特 にお 子 様 にはご 注 意 ください 窓 や 網 戸 を 開 閉 する 際 は 開 閉 位 置 に 手 や 足 を 出 さないでください 手 や

窓 や 網 戸 の 開 閉 時 の 注 意 事 項 窓 網 戸 のすき 間 やアーム 部 分 で 手 や 指 をはさまないようご 注 意 ください 特 にお 子 様 にはご 注 意 ください 窓 や 網 戸 を 開 閉 する 際 は 開 閉 位 置 に 手 や 足 を 出 さないでください 手 や 安 全 上 のご 注 意 下 記 は 商 品 を 安 全 にご 使 用 いただくために 必 ず 守 っていただきたい 事 項 です なお 個 々の 商 品 の 注 意 事 項 については 各 商 品 の 説 明 ページにも 記 載 されていますので 併 せてご 確 認 ください 窓 や 網 戸 シャッターについての 注 意 事 項 注 意 ご 使 用 中 窓 や 網 戸 のはずれ 止 めがずれることがあります

More information

230 カメラシステムについて カメラシステムについて 安 全 にお 使 いになるために 注 意. カメラシステムは 障 害 物 などの 確 認 を 補 助 するシステムです 車 両 の 操 作 を するときは 周 囲 の 安 全 をミラーや 目 視 で 直 接 確 認 してください. 目 安 ライ

230 カメラシステムについて カメラシステムについて 安 全 にお 使 いになるために 注 意. カメラシステムは 障 害 物 などの 確 認 を 補 助 するシステムです 車 両 の 操 作 を するときは 周 囲 の 安 全 をミラーや 目 視 で 直 接 確 認 してください. 目 安 ライ 音 声 操 作 の 使 い 方 を 覚 える 229 カメラシステム カ メ ラ シ ス テ ム : 車 種 グレード オプションなどにより 装 着 の 有 無 が 異 なります :ディーラーオプションです 230 カメラシステムについて カメラシステムについて 安 全 にお 使 いになるために 注 意. カメラシステムは 障 害 物 などの 確 認 を 補 助 するシステムです 車 両 の 操 作

More information

平成27年度健康保険委員研修 知っておきたい健康保険のポイント

平成27年度健康保険委員研修  知っておきたい健康保険のポイント 1 目 次 1. 健 康 保 険 証 について(4~6ページ) 2. 交 通 事 故 について(7~9ページ) 3. 出 産 に 関 する 健 康 保 険 の 給 付 について(10~19ページ) 4. 健 康 保 険 の 給 付 に 関 わるよくある 相 談 Q&A(20~23ページ) 5. 退 職 後 の 健 康 保 険 について(24~28ページ) 6. 今 後 の 制 度 改 正 について(29ページ)

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139303731318A7795948C9A95A889FC8F43984A88C0836083468362834E8356815B83672E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139303731318A7795948C9A95A889FC8F43984A88C0836083468362834E8356815B83672E646F63> 平 成 19 年 7 月 版 安 全 衛 生 チェックリスト 総 務 部 労 務 課 安 全 衛 生 係 学 部 名 棟 名 称 階 室 名 室 番 記 入 者 氏 名 記 入 日 該 当 記 入 文 字 : 対 応 済 項 目 マーク: 未 対 応 項 目 X マーク 第 1 章 実 験 室 等 の 安 全 衛 生 チェック 1. 化 学 物 質 ( 化 学 的 危 険 等 ) 等 を 取 り 扱

More information

図面審査指導基準

図面審査指導基準 ビル 衛 生 管 理 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 基 準 第 1 目 的 この 基 準 は 特 定 建 築 物 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 について 必 要 な 事 項 を 定 め 適 正 かつ 統 一 性 のある 指 導 を 行 うことにより 特 定 建 築 物 の 良 好 な 衛 生 的 環 境 を 確 保 し もって 町 田 市

More information

1. 千 歳 市 の 概 要 (1) 人 口 94,820 人 (H27.4.1 現 在 ) (2) 世 帯 数 46,338 世 帯 (H27.4.1 現 在 ) (3) 面 積 594.50km 2 (4) 市 道 延 長 車 道 総 延 長 802.4km(H27.4.1 現 在 ) 車 道

1. 千 歳 市 の 概 要 (1) 人 口 94,820 人 (H27.4.1 現 在 ) (2) 世 帯 数 46,338 世 帯 (H27.4.1 現 在 ) (3) 面 積 594.50km 2 (4) 市 道 延 長 車 道 総 延 長 802.4km(H27.4.1 現 在 ) 車 道 平 成 27 年 度 千 歳 市 の 除 雪 ~パートナーシップ 除 雪 排 雪 支 援 制 度 の 利 用 風 景 ~ 千 歳 市 建 設 部 道 路 管 理 課 1. 千 歳 市 の 概 要 (1) 人 口 94,820 人 (H27.4.1 現 在 ) (2) 世 帯 数 46,338 世 帯 (H27.4.1 現 在 ) (3) 面 積 594.50km 2 (4) 市 道 延 長 車 道

More information

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc 国 土 交 通 省 告 示 第 三 百 十 七 号 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 ( 平 成 十 八 年 法 律 第 四 十 号 ) 及 び 自 動 車 点 検 基 準 の 一 部 を 改 正 す る 省 令 ( 平 成 十 九 年 国 土 交 通 省 令 第 十 一 号 ) の 施 行 に 伴 い 自 動 車 の 点 検 及 び 整 備 に 関 す る 手 引 の

More information

1510新宮町2(SG13)行政最終.indd

1510新宮町2(SG13)行政最終.indd 保 国 民 健 康 保 制 度 問 住 民 課 963-1733 国 民 健 康 保 健 康 保 制 度 とは 病 気 やケガをしたときに 安 心 して 医 療 機 関 などにかかることができるように みなさんが 納 めた 保 税 などで みんなで 助 け 合 おうという 制 度 で す 日 本 では 国 民 皆 保 制 度 になっています この 健 康 保 制 度 のなかで 国 民 健 康 保 はみなさん

More information

アルゴンガス 整 理 番 号 05Ar 2009 年 12 月 15 日 1/6 化 学 物 質 等 安 全 データシート 1. 化 学 物 質 等 及 び 会 社 情 報 化 学 物 質 等 の 名 称 : アルゴンガス 化 学 名 : アルゴン(Argon) 会 社 名 : 鈴 商 総 合 ガス

アルゴンガス 整 理 番 号 05Ar 2009 年 12 月 15 日 1/6 化 学 物 質 等 安 全 データシート 1. 化 学 物 質 等 及 び 会 社 情 報 化 学 物 質 等 の 名 称 : アルゴンガス 化 学 名 : アルゴン(Argon) 会 社 名 : 鈴 商 総 合 ガス 化 学 物 質 等 安 全 データシート 整 理 番 号 05 Ar 作 成 平 成 5 年 3 月 31 日 改 訂 平 成 11 年 10 月 1 日 改 訂 平 成 21 年 12 月 15 日 [ 連 絡 先 ] 製 品 名 アルゴンガス アルゴンガス 整 理 番 号 05Ar 2009 年 12 月 15 日 1/6 化 学 物 質 等 安 全 データシート 1. 化 学 物 質 等 及

More information

54300269.fm

54300269.fm 目 次 ETCをご 利 用 いただく 前 に 必 ずお 読 みください... 3 はじめに... 4 ETCのしくみ 安 全 にお 使 いいただくために... 6 本 書 に 使 用 している 記 号 について ETCカードについての 注 意 事 項 走 行 中 の 注 意 事 項 ETC 車 載 器 についての 注 意 事 項 各 部 の 名 称 とはたらき... 9 本 体 アンテナ ETC 車

More information

無印良品マイナスイオンヘアーアイロンIMH-50

無印良品マイナスイオンヘアーアイロンIMH-50 IMH-50 マイナスイオン ヘアーアイロン 形 名 IMH-50 取 扱 説 明 書 お 買 い 上 げありがとうございました ご 使 用 になる 前 に この 取 扱 説 明 書 を 必 ずお 読 みいただき 正 しくご 使 用 ください この 説 明 書 は 必 ず 保 管 してください 安 全 上 のご 注 意 1 各 部 のなまえとはたらき 3 使 いかた 4 髪 のクセの 伸 ばしかた

More information

洗 浄 液 の 液 量 について 洗 浄 槽 に 半 分 以 上 洗 浄 液 が 入 っていることを 確 認 してください 洗 浄 液 が 少 なかったり 空 の 状 態 で 動 作 させますと 異 常 に 発 熱 し 火 災 の 原 因 となります アース 線 の 接 続 について 電 源 プラグ

洗 浄 液 の 液 量 について 洗 浄 槽 に 半 分 以 上 洗 浄 液 が 入 っていることを 確 認 してください 洗 浄 液 が 少 なかったり 空 の 状 態 で 動 作 させますと 異 常 に 発 熱 し 火 災 の 原 因 となります アース 線 の 接 続 について 電 源 プラグ 取 扱 説 明 書 Instruction Manual 超 音 波 洗 浄 器 取 -07564101 VS-F100 この 度 は 本 製 品 をお 買 い 求 め 頂 き 誠 にありがとうございます ご 使 用 の 前 に 本 取 扱 説 明 書 をよくお 読 みになり 末 永 くご 愛 用 くださいますようお 願 い 申 し 上 げます また お 読 み 頂 きました 後 も 大 切 に 保

More information

6.1 点 検 保 守 項 目 リスト 点 検 項 目 リスト 各 項 目 の 説 明 については 6.2 点 検 を 参 照 してください 以 下 の 点 検 項 目 リストにあげた 項 目 が 正 常 に 動 作 しないときは お 買 い 上 げ 店 または 当 社 にご 連 絡 ください 表

6.1 点 検 保 守 項 目 リスト 点 検 項 目 リスト 各 項 目 の 説 明 については 6.2 点 検 を 参 照 してください 以 下 の 点 検 項 目 リストにあげた 項 目 が 正 常 に 動 作 しないときは お 買 い 上 げ 店 または 当 社 にご 連 絡 ください 表 本 装 置 をより 長 く 快 適 にお 使 いいただくために 定 期 的 に 行 っていただきたい 点 検 と 保 守 について 説 明 します 111 6.1 点 検 保 守 項 目 リスト 点 検 項 目 リスト 各 項 目 の 説 明 については 6.2 点 検 を 参 照 してください 以 下 の 点 検 項 目 リストにあげた 項 目 が 正 常 に 動 作 しないときは お 買 い 上

More information

乙種第4類(危険物取扱者試験)

乙種第4類(危険物取扱者試験) 過 去 に 出 題 された 問 題 乙 種 第 4 類 危 険 物 取 扱 者 試 験 解 答 は 最 後 のページに 記 載 されています ( 注 ) 問 題 中 に 使 用 した 略 語 は 次 のとおりです 法 令 消 防 法 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 又 は 危 険 物 の 規 制 に 関 する 規 則 法 消 防 法 政 令 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令

More information

30

30 M5000/M5600 M7000 リモコンアップグレードについて EZ7000リモコンをEZ5000/EZ5600でご 使 用 いただく 場 合 EZ7000 独 自 の 機 能 (スマートドア 機 能 メンテナンス 時 期 表 示 機 能 )はご 使 用 いただけません 機 能 設 定 (FUNCTION)モードでスマートドア 機 能 (Smart)をONに 設 定 した 場 合 自 動 警 戒

More information

EPS20_H1_4.indd

EPS20_H1_4.indd 一 般 家 庭 用 ヘアーアイロン 形 名 :EPS20 取 扱 説 明 書 保 証 書 付 き 保 証 書 は 裏 表 紙 に 付 いております 販 売 店 にて 必 ず 記 入 を 受 け 大 切 に 保 管 してください も く じ 安 全 上 のご 注 意 1 2 各 部 のなまえとはたらき 3 お 買 い 上 げありがとうござい ました ご 使 用 になる 前 に この 取 扱 説 明 書

More information

冷 熱 衝 撃 装 置 基 本 編 第 5 章 点 検 保 守 テストエリア 扉 パッキン ダンパーパッキン シリコンコードヒーター (ダンパー 用 ) シリコンコードヒーター (ドレーン 用 ) 扉 駆 動 用 ベルト 扉 スイッチ 温 度 検 出 端 温 度 スイッチ (OHP3(TS1) TS

冷 熱 衝 撃 装 置 基 本 編 第 5 章 点 検 保 守 テストエリア 扉 パッキン ダンパーパッキン シリコンコードヒーター (ダンパー 用 ) シリコンコードヒーター (ドレーン 用 ) 扉 駆 動 用 ベルト 扉 スイッチ 温 度 検 出 端 温 度 スイッチ (OHP3(TS1) TS 基 本 編 第 5 章 点 検 保 守 冷 熱 衝 撃 装 置 第 5 章 点 検 保 守 本 装 置 をより 長 く 快 適 にお 使 いいただくために 定 期 的 に 行 っていただきたい 点 検 と 保 守 について 説 明 しま す お 願 い 取 扱 説 明 書 に 示 す 使 用 方 法 での 機 器 の 使 用 自 主 定 期 点 検 の

More information

SoftBank 108SH 取扱説明書

SoftBank 108SH 取扱説明書 ... -2 について...-2 音 声... - 音 声 を 利 用 する...- テレビ... -7 テレビ を 利 用 する...-7 楽 ともボタン 利 用... -8 楽 ともボタンで をかける...-8 短 縮 ダイヤル... -9 短 縮 ダイヤルで をかける...-9 通 情 報 確 認... -10 発 着 信 履 歴 や 通 時 間 / 通 信 量 を 確 認 する... -10

More information

基 本 契 約 受 託 PL ( 生 産 物 責 ) 施 設 責 がセットされています 受 託 対 人 対 物 責 + 損 事 故 整 備 修 理 点 検 等 ( 以 下 整 備 作 業 といいます )のため お 客 様 からお 預 かりしたお ( 以 下 受 託 といいます )で 事 故 を 起

基 本 契 約 受 託 PL ( 生 産 物 責 ) 施 設 責 がセットされています 受 託 対 人 対 物 責 + 損 事 故 整 備 修 理 点 検 等 ( 以 下 整 備 作 業 といいます )のため お 客 様 からお 預 かりしたお ( 以 下 受 託 といいます )で 事 故 を 起 日 整 連 加 入 資 格 各 整 備 振 興 会 の 会 員 である 整 備 事 業 者 が 加 入 できます 平 成 27 年 10 月 1 日 ~ 平 成 28 年 9 月 1 日 加 入 用 SINCE1971 整 備 業 共 済 おもな 特 徴 会 員 の 皆 様 ( 整 備 事 業 者 )の 業 務 遂 行 中 の 事 故 は お 客 様 が 付 する 意 の が 適 用 されません 万

More information

ナスコ人工肛門シミュレータ表紙

ナスコ人工肛門シミュレータ表紙 NM19 OSTOMY CARE SIMULATOR 取 扱 説 明 書 ご 使 用 の 前 に ご 使 用 の 前 の 確 認 とご 注 意 P1 準 備 P2 実 習 P3 後 片 付 け P4 はじめに このたびは 人 工 肛 門 シミュレータ をお 買 い 上 げいただき まことにありがとうございます 本 製 品 は 患 者 さんや 学 生 研 修 生 に 人 工 肛 門 の 術 後 ケアの

More information

inst_manual_2.ai

inst_manual_2.ai 保 管 用 保 証 書 付 DBX-AZR DBX-AZE もくじ 安 全 上 のご 注 意 1 ~ 2 取 扱 説 明 書 コンデンス 除 湿 機 AZシリーズ CONDENSE この 度 はコンデンス 除 湿 機 AZをお 買 い 上 げいただき 誠 にありがとう ございます ご 使 用 になる 前 にこの 取 扱 説 明 書 をよくお 読 みいただき 正 しく お 使 いください お 読 みになった

More information

基 本 契 約 受 託 自 動 車 PL ( 生 産 物 ) 施 設 がセットされています 受 託 自 動 車 対 人 対 物 + 自 損 事 故 整 備 修 理 点 検 等 ( 以 下 整 備 作 業 といいます )のため お 客 様 からお 預 かりしたお 車 ( 以 下 受 託 車 といいます

基 本 契 約 受 託 自 動 車 PL ( 生 産 物 ) 施 設 がセットされています 受 託 自 動 車 対 人 対 物 + 自 損 事 故 整 備 修 理 点 検 等 ( 以 下 整 備 作 業 といいます )のため お 客 様 からお 預 かりしたお 車 ( 以 下 受 託 車 といいます 日 整 連 加 入 資 格 各 自 動 車 整 備 振 興 会 の 会 員 である 整 備 事 業 者 が 加 入 できます 自 動 車 整 備 業 共 済 平 成 26 年 10 月 1 日 ~ 平 成 27 年 9 月 1 日 加 入 用 SINCE 1971 会 員 の 皆 様 ( 整 備 事 業 者 )の 業 務 遂 行 中 の 事 故 は お 客 様 が 付 する 意 の 自 動 車 が

More information

製 品 型 番 :MEF-01WH 取 扱 説 明 書 必 ずお 読 みください 本 製 品 の 仕 様 は 改 良 改 善 のため 予 告 なく 変 更 になる 場 合 がありますので あらかじめご 了 承 ください お 買 い 上 げいただき 誠 にありがとうございます 本 製 品 をより 効 果 的 にお 使 い いただくために ご 使 用 前 に 必 ずこの 取 扱 説 明 書 を 最 後

More information

千代田区

千代田区 千 代 田 区 ワンルームマンション 等 建 築 物 に 関 する 指 導 要 綱 良 好 な 近 隣 関 係 及 び 地 域 の 健 全 な 生 活 環 境 の 保 持 向 上 のために 千 代 田 区 ワンルームマンション 等 建 築 物 を 建 築 される 方 へ 千 代 田 区 は 多 様 な 人 々が 住 み 働 き 集 う 心 豊 かなまち 千 代 田 の 実 現 をめざして 景 観 まちづくりを

More information

この 度 は 本 製 品 をお 買 い 求 め 頂 き 誠 にありがとうございます ご 使 用 の 前 に 本 取 扱 説 明 書 を 良 くお 読 みになり 末 永 くご 愛 用 くださいますようお 願 い 申 し 上 げます また お 読 み 頂 きました 後 も 大 切 に 保 管 してくださ

この 度 は 本 製 品 をお 買 い 求 め 頂 き 誠 にありがとうございます ご 使 用 の 前 に 本 取 扱 説 明 書 を 良 くお 読 みになり 末 永 くご 愛 用 くださいますようお 願 い 申 し 上 げます また お 読 み 頂 きました 後 も 大 切 に 保 管 してくださ 1-7483-21 Instruction Manual ELECTRIC ASPIRATOR アスピレータ GAS-1 取 扱 説 明 書 この 度 は 本 製 品 をお 買 い 求 め 頂 き 誠 にありがとうございます ご 使 用 の 前 に 本 取 扱 説 明 書 を 良 くお 読 みになり 末 永 くご 愛 用 くださいますようお 願 い 申 し 上 げます また お 読 み 頂 きました

More information

乙種第1、2、3、4、5、6類(危険物取扱者試験)

乙種第1、2、3、4、5、6類(危険物取扱者試験) 過 去 に 出 題 された 問 題 乙 種 第 1 2 3 5 6 類 危 険 物 取 扱 者 試 験 解 答 は 最 後 のページに 記 載 されています ( 注 ) 問 題 中 に 使 用 した 略 語 は 次 のとおりです 法 令 消 防 法 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 又 は 危 険 物 の 規 制 に 関 する 規 則 法 消 防 法 政 令 危 険 物 の 規 制 に

More information

目 次 01. はじめに 3 02. サーモファインダーPro の 活 用 法 3 03. 作 動 原 理 3 04. 機 能 4 05. 使 用 上 の 注 意 5 06. 警 告 5 07. 製 品 概 要 6 08. 使 用 方 法 7 09. 電 池 交 換 11 10. 製 品 仕 様 1

目 次 01. はじめに 3 02. サーモファインダーPro の 活 用 法 3 03. 作 動 原 理 3 04. 機 能 4 05. 使 用 上 の 注 意 5 06. 警 告 5 07. 製 品 概 要 6 08. 使 用 方 法 7 09. 電 池 交 換 11 10. 製 品 仕 様 1 Thermofinder Pro 取 扱 説 明 書 皮 膚 赤 外 線 体 温 計 型 式 FS-300 管 理 医 療 機 器 医 療 機 器 承 認 番 号 22400BZX00011000 Ver 1.0 1001 サーモファインダーPro 取 扱 説 明 書 1 目 次 01. はじめに 3 02. サーモファインダーPro の 活 用 法 3 03. 作 動 原 理 3 04. 機 能

More information

ミニ統計平成27年(HP用 訂正版)

ミニ統計平成27年(HP用 訂正版) 平 成 2 7 年 宮 崎 県 の 交 通 事 故 平 成 28 年 宮 崎 県 交 通 安 全 スローガン 高 齢 者 事 故 抑 止 部 門 ま だ 行 け る! 若 い つ も り は 事 故 の も と 脇 見 安 全 不 確 認 等 の 漫 然 運 転 追 放 部 門 一 瞬 の 脇 見 や 油 断 が 事 故 の も と 飲 酒 運 転 根 絶 部 門 あ ぶ ね え が! 飲 ん で

More information

1 基 本 事 項 佐 用 町 が 主 催 するイベントを 支 える 一 員 として 全 ての 来 場 者 にご 満 足 いただけるよ う 安 全 衛 生 及 びサービス モラルなど 徹 底 するよう 心 がけてください この 要 項 に 定 める 出 店 条 件 や 規 定 などを 逸 脱 するよ

1 基 本 事 項 佐 用 町 が 主 催 するイベントを 支 える 一 員 として 全 ての 来 場 者 にご 満 足 いただけるよ う 安 全 衛 生 及 びサービス モラルなど 徹 底 するよう 心 がけてください この 要 項 に 定 める 出 店 条 件 や 規 定 などを 逸 脱 するよ 佐 用 町 露 店 出 店 募 集 要 項 1 基 本 事 項 佐 用 町 が 主 催 するイベントを 支 える 一 員 として 全 ての 来 場 者 にご 満 足 いただけるよ う 安 全 衛 生 及 びサービス モラルなど 徹 底 するよう 心 がけてください この 要 項 に 定 める 出 店 条 件 や 規 定 などを 逸 脱 するような 行 為 が 見 受 けられる 店 舗 につ いては

More information

安全データシート

安全データシート 2016.06.01 1/7 安 全 データシート(SDS) 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 :プリンス スーパー NET 130g 会 社 名 :スタイル 株 式 会 社 住 所 : 東 京 都 墨 田 区 両 国 4-31-11ヒューリック 両 国 ビル5F 担 当 部 門 :SMG 部 電 話 番 号 :03-5625-8180 FAX :03-5625-8185 緊 急 連

More information

<5461726F2D8376838C8358967B95B6816988C4816A31323035323476657231>

<5461726F2D8376838C8358967B95B6816988C4816A31323035323476657231> 平 成 年 5 月 日 製 品 安 全 セ ン タ ー 乾 燥 機 及 び 除 湿 機 による 故 の 防 止 について( 注 意 喚 起 ) NITE 製 品 安 全 センターに 通 知 された 製 品 故 情 報 のうち 乾 燥 機 ( 1) 及 び 除 湿 機 ( )の 故 は 故 発 生 日 で 見 ると 平 成 18 年 度 から 年 度 に61 件 ( ) ありました 被 害 状 況 は

More information

11. 東 北. 大 学 応 急 応 学 生 寄 急 宿 舎 の 概 学 要 生 寄 宿 舎 の 概 要 Ⅰ. 名 称 東 北 大 学 応 急 学 生 寄 宿 舎 原 則 として 東 日 本 大 震 災 で 被 災 した 学 生 が 入 居 する 施 設 ただし 施 設 の 有 効 利 用 の 観

11. 東 北. 大 学 応 急 応 学 生 寄 急 宿 舎 の 概 学 要 生 寄 宿 舎 の 概 要 Ⅰ. 名 称 東 北 大 学 応 急 学 生 寄 宿 舎 原 則 として 東 日 本 大 震 災 で 被 災 した 学 生 が 入 居 する 施 設 ただし 施 設 の 有 効 利 用 の 観 東 北 大 学 応 急 学 生 寄 宿 舎 入 居 案 内 11. 東 北. 大 学 応 急 応 学 生 寄 急 宿 舎 の 概 学 要 生 寄 宿 舎 の 概 要 Ⅰ. 名 称 東 北 大 学 応 急 学 生 寄 宿 舎 原 則 として 東 日 本 大 震 災 で 被 災 した 学 生 が 入 居 する 施 設 ただし 施 設 の 有 効 利 用 の 観 点 から 日 本 人 学 生 及 び 外

More information

注 意 事 項 ルーツは 置 くだけで 使 える 安 心 感 安 全 性 を 向 上 した 床 置 き 型 手 すりです 下 記 内 容 を 必 ず 守 ってご 使 用 ください 1ルーツは 単 独 で 使 用 する 製 品 です 絶 対 に 他 社 製 品 と 組 み 合 わせたり 連 結 して

注 意 事 項 ルーツは 置 くだけで 使 える 安 心 感 安 全 性 を 向 上 した 床 置 き 型 手 すりです 下 記 内 容 を 必 ず 守 ってご 使 用 ください 1ルーツは 単 独 で 使 用 する 製 品 です 絶 対 に 他 社 製 品 と 組 み 合 わせたり 連 結 して 床 置 き 型 手 すり ルーツ ア ウトドア 段 差 タイプ 目 次 ステップ 台 付 き 注 意 事 項 P1 各 部 名 称 P2 組 み 立 ておよび 設 置 方 法 P3 フィッティングおよび 高 さ 調 整 方 法 P6 運 搬 保 管 方 法 P7 お 手 入 れ 方 法 P8 点 検 項 目 P8 このようなときには P9 各 部 寸 法 および 仕 様 P10 この 度 は 当 社

More information

安 全 にご 使 用 いただくために お 使 いになる 人 や 他 の 人 への 危 害 財 産 への 損 害 を 未 然 に 防 止 するため 必 ずお 守 りいただくことを 次 のよう に 説 明 しています 表 示 内 容 を 無 視 して 誤 った 使 い 方 をしたときに 生 じる 危 害

安 全 にご 使 用 いただくために お 使 いになる 人 や 他 の 人 への 危 害 財 産 への 損 害 を 未 然 に 防 止 するため 必 ずお 守 りいただくことを 次 のよう に 説 明 しています 表 示 内 容 を 無 視 して 誤 った 使 い 方 をしたときに 生 じる 危 害 熱 風 工 具 ファン 付 きダクトヒーター ( 寒 冷 地 タイプ) HFD3075 HFD3100 HFD3150 HFD3200 HFD3300 取 扱 説 明 書 お 買 いあげいただき ありがとうございます ファン 付 きダクトヒーター を 安 全 にご 使 用 いただくため お 使 いになる 前 にこの 取 扱 説 明 書 をお 読 みください お 読 みになった 後 は 後 日 お 役

More information

TL220_本文.indd

TL220_本文.indd 一 般 家 庭 用 フェイスシェーバー 形 名 :TL220 取 扱 説 明 書 保 証 書 付 き 保 証 書 は 裏 表 紙 に 付 いております 販 売 店 にて 必 ず 記 入 を 受 け 大 切 に 保 管 してください も く じ 各 部 のなまえとはたらき 1 安 全 上 のご 注 意 8 9 お 買 い 上 げありがとうございました ご 使 用 になる 前 に この 取 扱 説 明

More information

12

12 12. 維 持 管 理 12.1 維 持 管 理 1 給 水 装 置 は 水 道 使 用 者 に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 であり その 維 持 管 理 の 適 否 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えることから 水 が 汚 染 し 又 は 漏 れないように 的 確 に 管 理 を 行 うことが 必 要 である 2 給 水 装 置 は 水 道 使 用 者 等 が

More information

(適用範囲)第1条 この運送約款は、当社が経営する航路で行う旅客及び手回り品の運送に適用されます

(適用範囲)第1条 この運送約款は、当社が経営する航路で行う旅客及び手回り品の運送に適用されます 種 子 屋 久 高 速 船 株 式 会 社 運 送 約 款 旅 客 運 送 の 部 第 1 章 総 則 ( 適 用 範 囲 ) 第 1 条 この 運 送 約 款 は 当 社 が 経 営 する 航 路 で 行 う 旅 客 及 び 手 回 り 品 の 運 送 に 適 用 され ます 2 この 運 送 約 款 に 定 めのない 事 項 については 法 令 の 規 定 又 は 一 般 の 慣 習 によります

More information

2 避 難 安 全 検 証 法 適 用 無 階 避 難 安 全 検 証 ( 階 ) 全 館 避 難 安 全 検 証 避 難 安 全 検 証 法 により 適 用 しない 規 定 種 類 エレベーター( 基 ) エスカレーター( 基 ) [ ( 基 )] 確 認 年 月 日 確 認 番 号 年 月 日

2 避 難 安 全 検 証 法 適 用 無 階 避 難 安 全 検 証 ( 階 ) 全 館 避 難 安 全 検 証 避 難 安 全 検 証 法 により 適 用 しない 規 定 種 類 エレベーター( 基 ) エスカレーター( 基 ) [ ( 基 )] 確 認 年 月 日 確 認 番 号 年 月 日 別 記 様 式 1-11 給 排 水 区 分 概 要 給 水 源 水 道 水 井 水 排 水 再 利 用 水 ( ) 給 水 方 式 直 結 方 式 直 結 増 圧 方 式 受 水 タンク 方 式 ( 受 水 タンク 高 置 タンク) 受 水 タンク 置 場 所 地 下 室 内 (B F) 地 上 階 室 内 ( F) 屋 外 排 水 方 法 公 共 下 水 道 合 併 処 理 浄 化 槽 ( 放

More information

Microsoft PowerPoint - 06床・床材料

Microsoft PowerPoint - 06床・床材料 床 の 機 能 床 床 材 料 野 口 貴 文 構 築 機 能 積 載 荷 重 の 支 持 振 動 などの 障 害 に 対 する 十 分 な 耐 力 居 住 機 能 人 に 対 する 安 全 性 快 適 性 下 階 に 対 する 防 音 防 振 防 水 精 密 機 器 に 対 する 障 害 防 止 床 に 対 する 要 求 条 件 床 に 対 する 要 求 と 材 料 性 能 (1) 安 全 性 居

More information

<90EC8DE88E738FC196688BC78ED497BC8AC7979D97768D6A81758E7B8D7381762E786477>

<90EC8DE88E738FC196688BC78ED497BC8AC7979D97768D6A81758E7B8D7381762E786477> 川 崎 市 消 防 局 車 両 管 理 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 崎 市 消 防 局 車 両 管 理 規 程 ( 平 成 21 年 消 防 局 訓 令 第 3 号 以 下 規 程 という )に 基 づき 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする ( 用 語 の 意 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当

More information

医局医・勤務医のための医師賠償責任保険のご案内(2010/4/1以降用)

医局医・勤務医のための医師賠償責任保険のご案内(2010/4/1以降用) 医 局 医 勤 務 医 のための 医 師 賠 償 責 任 保 険 のご 案 内 2010 年 4 月 91545.2010.2/A3E13/A 目 次 1. 医 師 賠 償 責 任 保 険 とは P.3 2.お 支 払 いする 保 険 金 の 種 類 P.4 3. 保 険 金 をお 支 払 いしない 主 な 場 合 P.5 4.ご 契 約 のしくみ P.6~7 5.ご 注 意 いただきたいこと P.8~11

More information

本 書 の 見 かた 表 示 やマークについて 安 全 に 関 する 表 示 車 に 乗 っている 人 や 歩 行 者 を 含 めた 他 の 人 が 傷 害 を 受 ける 可 能 性 のあることや 車 体 が 損 傷 する 可 能 性 があることを 回 避 法 とともに 示 しています 警 告 指

本 書 の 見 かた 表 示 やマークについて 安 全 に 関 する 表 示 車 に 乗 っている 人 や 歩 行 者 を 含 めた 他 の 人 が 傷 害 を 受 ける 可 能 性 のあることや 車 体 が 損 傷 する 可 能 性 があることを 回 避 法 とともに 示 しています 警 告 指 このたびは を お 買 い 上 げいただき ありがとうございます 本 書 は 車 両 の 取 り 扱 いかたについて 必 要 事 項 重 要 事 項 をご 説 明 しています 安 全 で 快 適 にお 使 いいただくために ご 使 用 の 前 に 必 ずお 読 みください また 法 律 で 使 用 者 に 点 検 整 備 の 義 務 が 規 定 されており 使 用 者 の 保 守 管 理 責 任 が

More information

1. 安 全 に 関 するご 注 意 この 製 品 は 産 業 機 器 に 使 用 する 電 子 除 湿 器 です 本 来 の 目 的 以 外 では 絶 対 に 使 用 しないでください ご 使 用 になる 前 に 安 全 に 関 するご 注 意 をよくお 読 みの 上 正 しくお 使 いください

1. 安 全 に 関 するご 注 意 この 製 品 は 産 業 機 器 に 使 用 する 電 子 除 湿 器 です 本 来 の 目 的 以 外 では 絶 対 に 使 用 しないでください ご 使 用 になる 前 に 安 全 に 関 するご 注 意 をよくお 読 みの 上 正 しくお 使 いください ( 電 子 除 湿 器 ) ODE-F110-AW ODE-F122-AW ODE-N103-AW ODE-N105-AW 取 扱 説 明 書 ご 使 用 になる 前 に 必 ずこの 取 扱 説 明 書 をよくお 読 みください いつも 側 に 置 いてお 使 いください 目 次 1. 安 全 に 関 するご 注 意 2 2. 各 部 の 名 称 3 3. 取 付 方 法 4 4. 配 線 6 5.

More information

NYT1553-1.indd

NYT1553-1.indd 点 検 整 備 チェックリスト お 知 らせ 保 証 書 別 添 付 もくじ 取 扱 説 明 書 スポーツ 車 B-PKT38 B-PKT43 B-PKT48 安 全 上 のご 注 意 (2 ~7 ページ)を ずお 読 みください 安 全 上 のご 注 意 (1) 改 造 や 分 解 た 指 定 以 外 の 注 油 はしい 調 整 後 の 締 め 付 けを 確 認 せず らい( 車 輪 の 脱 着

More information

147

147 第 8 章 維 持 管 理 1. 維 持 管 理 給 水 装 置 は 需 用 者 に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 でありその 維 持 管 理 の 適 否 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えることから 水 が 汚 染 し 又 は 漏 れないように 的 確 に 管 理 を 行 う 必 要 がある 給 水 用 具 によっては 間 違 った 使 用 方 法 や 適 切

More information

入 浴 補 助 下 肢 又 は 体 幹 機 能 に 障 害 を 有 し 入 浴 に 介 護 を 要 す る 身 体 障 害 者 入 浴 に 介 護 をが 必 要 な 難 病 患 者 等 入 浴 時 の 移 動 座 位 の 保 持 浴 槽 への 入 水 等 を 補 助 でき 対 象 者 又 は 介 護

入 浴 補 助 下 肢 又 は 体 幹 機 能 に 障 害 を 有 し 入 浴 に 介 護 を 要 す る 身 体 障 害 者 入 浴 に 介 護 をが 必 要 な 難 病 患 者 等 入 浴 時 の 移 動 座 位 の 保 持 浴 槽 への 入 水 等 を 補 助 でき 対 象 者 又 は 介 護 日 常 生 活 給 付 品 目 一 覧 表 種 目 品 目 対 象 者 障 害 の 種 別 及 び 程 度 対 象 年 齢 ( 原 則 ) 性 能 等 基 準 額 ( 円 ) 耐 年 数 等 介 護 特 殊 寝 台 下 肢 又 は 体 幹 機 能 障 害 2 級 以 上 の 身 体 障 害 者 寝 たきりの 状 態 にある 難 病 患 者 等 腕 脚 等 の 訓 練 ができる 器 を 備 え 原 則

More information

< 目 次 > 種 別 手 続 き 窓 口 ページ 救 援 物 資 等 救 援 物 資 弔 慰 金 の 支 給 ( 日 赤 ) - 1 災 害 見 舞 金 の 支 給 社 会 福 祉 協 議 会 1 証 明 り 災 証 明 書 の 交 付 消 防 本 部 予 防 課 2 国 民 健 康 保 険 被

< 目 次 > 種 別 手 続 き 窓 口 ページ 救 援 物 資 等 救 援 物 資 弔 慰 金 の 支 給 ( 日 赤 ) - 1 災 害 見 舞 金 の 支 給 社 会 福 祉 協 議 会 1 証 明 り 災 証 明 書 の 交 付 消 防 本 部 予 防 課 2 国 民 健 康 保 険 被 火 災 で 被 災 さ れ た か た へ の 各 種 手 続 き 支 援 の ご 案 内 火 災 の 被 害 に 遭 われました 皆 様 に 対 しまし て 心 よりお 見 舞 い 申 し 上 げます 被 災 後 の 手 続 きや 受 けられる 支 援 等 につ いてまとめましたので ご 利 用 ください この 冊 子 は 被 災 後 の 手 続 き 支 援 のすべてを 網 羅 して いるものではありませんのでご

More information

<8AEE91628E9197BF2E786C73>

<8AEE91628E9197BF2E786C73> エアコン 分 解 洗 浄 エアコンフィルター 清 掃 マニュアル 目 次 Ⅰ. 現 調 A. エアコン 台 数 確 認 a. 室 内 機 b. 室 外 機 c. リモコン 確 認 d. 室 内 機 室 外 機 の 台 数 一 致 確 認 * EHPとGHPの 違 い B. 電 源 位 置 容 量 確 認 C. 水 場 ( 洗 い 場 )の 確 認 D. 入 店 方 法 作 業 時 間 帯 の 確 認

More information

富 田 林 市

富 田 林 市 ファミリー サポート センターを 上 手 に 活 用 するために 援 助 活 動 補 償 保 険 Q&A 富 田 林 市 ファミリー サポート センター 平 成 27 年 6 月 -1- 富 田 林 市 ファミリー サポート センター ファミリー サポート センターは 子 育 てを 援 助 したい 会 員 と 援 助 を 受 けたい 会 員 の 相 互 援 助 の 会 です ファミリー サポート センター

More information

<4D F736F F D E9697E195D281458E9197BF95D22E646F6378>

<4D F736F F D E9697E195D281458E9197BF95D22E646F6378> 事 例 編 1 主 な 火 災 事 例 (1) たばこ 事 例 1 寝 たばこ 部 分 焼 死 者 あり 住 宅 用 火 災 警 報 器 未 設 置 居 住 者 の 男 性 (80 代 )がソファーで 喫 煙 した 際 に たばこの 火 種 がソファーの 座 布 団 に 落 下 したことに 気 づかずに 就 寝 してしまった その 後 無 炎 燃 焼 を 継 続 し 近 くの 収 容 物 にも 延

More information

           目    次

           目    次 第 10 章 維 持 管 理 第 10 章 維 持 管 理 1 給 水 装 置 の 維 持 管 理 給 水 装 置 は 年 月 の 経 過 に 伴 う 材 質 の 劣 化 により 故 障 漏 水 等 の 事 故 が 発 生 す ることがある 事 故 を 未 然 に 防 止 するため 又 は 最 小 限 に 抑 えるためには 維 持 管 理 を 行 うことが 重 要 である (1) 給 水 装 置 工

More information

<4D F736F F F696E74202D EE688B590E096BE8F AAE8C8B82F095CF8D5829>

<4D F736F F F696E74202D EE688B590E096BE8F AAE8C8B82F095CF8D5829> デッキ 施 工 取 扱 説 明 書 14.01 版 1. 安 全 上 のご 注 意 本 製 品 はデッキ 用 途 として 設 計 製 品 化 されたものであり 本 書 はその 施 工 取 扱 いのガイドラインを 提 供 するものです よって 他 の 用 途 に 使 用 して 不 具 合 を 起 こした 場 合 や 当 社 ガイドラインよる 標 準 施 工 法 以 外 の 施 工 の 場 合 は 当

More information

目 次 ETCをご 利 用 いただく 前 に 必 ずお 読 みください... 3 はじめに... 4 ETCのしくみ 安 全 にお 使 いいただくために... 6 本 書 に 使 用 している 記 号 について ETCカードについての 注 意 事 項 走 行 中 の 注 意 事 項 ETC 車 載

目 次 ETCをご 利 用 いただく 前 に 必 ずお 読 みください... 3 はじめに... 4 ETCのしくみ 安 全 にお 使 いいただくために... 6 本 書 に 使 用 している 記 号 について ETCカードについての 注 意 事 項 走 行 中 の 注 意 事 項 ETC 車 載 目 次 ETCをご 利 用 いただく 前 に 必 ずお 読 みください... 3 はじめに... 4 ETCのしくみ 安 全 にお 使 いいただくために... 6 本 書 に 使 用 している 記 号 について ETCカードについての 注 意 事 項 走 行 中 の 注 意 事 項 ETC 車 載 器 についての 注 意 事 項 各 部 の 名 称 とはたらき... 9 本 体 アンテナ ETC 車

More information

情 報 ホーム 安 全 対 策 車 両 等 触 知 板 で 男 女 を 一 緒 に 表 示 してあるとわかりにくいため 改 善 が 望 まれてい る 視 覚 障 がい 者 には ICOCA 専 用 の 改 札 機 の 見 分 けができないので 改 札 機 は 全 国 統 一 にすることが 望 わかり

情 報 ホーム 安 全 対 策 車 両 等 触 知 板 で 男 女 を 一 緒 に 表 示 してあるとわかりにくいため 改 善 が 望 まれてい る 視 覚 障 がい 者 には ICOCA 専 用 の 改 札 機 の 見 分 けができないので 改 札 機 は 全 国 統 一 にすることが 望 わかり 第 5 章 バリアフリー 化 の 現 況 把 握 と 主 な の 整 理 3. 重 点 整 備 地 区 におけるバリアフリー 上 の (1) 旅 客 施 設 移 動 経 路 視 覚 障 が い 者 誘 導 等 階 段 の 両 側 に2 段 手 すりを 設 けるとともに 段 を 見 えやすくするなど 利 用 者 の 安 全 性 を 高 めることが 必 要 また 階 段 幅 が 広 い 場 合 は 中

More information

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に 1/7 安 全 データシート(SDS) 1 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : N2タッピングスプレー (N2-TSE) 会 社 名 : トラスコ 中 山 株 式 会 社 住 所 : 105-0004 東 京 都 港 区 新 橋 4 丁 目 28 番 1 号 担 当 部 門 : 東 京 本 社 商 品 部 PB 品 質 保 証 課 電 話 : 0120-509-849 FAX : 0120-509-839

More information

浴 室 ご 利 用 の 際 のご 注 意 事 項 温 泉 療 養 を 始 める 場 合 は 最 初 の 数 日 の 入 浴 回 数 を 日 あたり 1 回 程 度 としてくださその 後 1 日 あ たり 2 回 ないし 3 回 までとしてくださ 温 泉 療 養 のための 必 要 時 間 は おおむね

浴 室 ご 利 用 の 際 のご 注 意 事 項 温 泉 療 養 を 始 める 場 合 は 最 初 の 数 日 の 入 浴 回 数 を 日 あたり 1 回 程 度 としてくださその 後 1 日 あ たり 2 回 ないし 3 回 までとしてくださ 温 泉 療 養 のための 必 要 時 間 は おおむね 屋 内 プールご 利 用 の 際 のご 注 意 事 項 営 業 時 間 内 でのご 利 用 をお 願 いいたします 悪 天 候 またはその 他 の 理 由 により 営 業 を 休 止 したり 入 場 を 制 限 させていただく 場 合 がございます ので ご 了 承 くださ 小 学 生 以 下 のお 子 様 は 必 ず 保 護 者 同 伴 でのご 利 用 をお 願 いいたします 身 長 130cm

More information

具 体 的 には 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 は 所 得 税 の 源 泉 徴 収 の 際 に 併 せて 行 うこととされ ているため 源 泉 徴 収 の 対 象 となる 支 払 金 額 等 に 対 して 源 泉 徴 収 税 率 ( 合 計 税 率 )を 乗 じ て 計 算 した

具 体 的 には 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 は 所 得 税 の 源 泉 徴 収 の 際 に 併 せて 行 うこととされ ているため 源 泉 徴 収 の 対 象 となる 支 払 金 額 等 に 対 して 源 泉 徴 収 税 率 ( 合 計 税 率 )を 乗 じ て 計 算 した 年 金 Q&A( 年 金 と 税 金 ) < 日 本 年 金 機 構 の HP より> Q. 申 告 書 を 提 出 した 場 合 の 源 泉 徴 収 税 額 は どのように 計 算 するのですか 日 本 年 金 機 構 よりお 支 払 いしている 厚 生 年 金 等 にかかる 所 得 税 および 復 興 特 別 所 得 税 につ きましては 申 告 書 を 提 出 された 場 合 以 下 の 計

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3235944E93788FAC93638CB48E7395DB88E78F8A93FC8F8A82CC8EE888F882AB81694832342E382E3133816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3235944E93788FAC93638CB48E7395DB88E78F8A93FC8F8A82CC8EE888F882AB81694832342E382E3133816A2E646F63> 25 平 成 25 年 度 小 田 原 市 1. 認 可 保 育 所 とは 保 護 者 の 方 の 就 労 や 病 気 などの 理 由 で 家 庭 でお 子 様 を 保 育 できないときに 保 護 者 の 方 に 代 わっ てある 一 定 時 間 の 保 育 を 行 う お 子 様 のため の 福 祉 施 設 です 小 田 原 市 には 公 立 が8 施 設 民 間 が23 施 設 あります 2.

More information

はじめに 本 マニュアルは お 客 様 ご 自 身 でメンテナンスいただける 内 容 を 集 めた 事 例 集 です お 手 入 れや 商 品 に 備 わっている 調 整 機 能 により 改 善 できる 現 象 をまとめています 難 しい 場 合 はお 買 い 上 げの 販 売 店 もしくは 裏 表

はじめに 本 マニュアルは お 客 様 ご 自 身 でメンテナンスいただける 内 容 を 集 めた 事 例 集 です お 手 入 れや 商 品 に 備 わっている 調 整 機 能 により 改 善 できる 現 象 をまとめています 難 しい 場 合 はお 買 い 上 げの 販 売 店 もしくは 裏 表 はじめに 本 マニュアルは お 客 様 ご 自 身 でメンテナンスいただける 内 容 を 集 めた 事 例 集 です お 手 入 れや 商 品 に 備 わっている 調 整 機 能 により 改 善 できる 現 象 をまとめています 難 しい 場 合 はお 買 い 上 げの 販 売 店 もしくは 裏 表 紙 の 修 理 ご 相 談 窓 口 へご 用 命 ください パナソニック 住 まいの 設 備 と 建

More information

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 事 故 受 付 サービス 東 京 海 上 日 動 のサービス 体 制 なら 安 心 です 365 日 24 時 間 のサポート 体 制 医 師 賠 償 責 任 保 険 約 款 東 京 海 上 日 動 安 心 110 番 事 故 の 報 告 ご 相 談 をフリーダイヤルで 承 ります いざというとき 全 国 どこからでも ご 利 用 頂 けます 事 故 の 受 付 ご 相 談 受 付 時 間 :365

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179826782518254837083938374838C83628367817A8F4390B38DCF2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179826782518254837083938374838C83628367817A8F4390B38DCF2E646F63> 神 奈 川 県 保 険 医 協 会 会 員 の 先 生 へ 医 師 賠 償 責 任 保 険 個 人 賠 償 責 任 保 険 のおすすめ 医 師 賠 償 責 任 保 険 : 団 体 割 引 20% 適 用 個 人 賠 償 責 任 保 険 : 団 体 割 引 15% 適 用 神 奈 川 県 保 険 医 協 会 では 三 井 住 友 海 上 火 災 保 険 株 式 会 社 と 医 師 賠 償 責 任 保

More information

(Microsoft Word - \216Q\215l\227l\216\256\202\331\202\251.doc)

(Microsoft Word - \216Q\215l\227l\216\256\202\331\202\251.doc) Ⅱ チェックシート 1 平 常 時 のチェックシート 地 震 風 水 害 等 に 対 する 備 えが 十 分 かどうかを 定 期 的 に 少 なくとも 防 災 訓 練 時 にチェックして 万 全 の 体 制 を 整 える (その1) 立 地 条 件 と 災 害 予 測 地 盤 地 形 などの 立 地 環 境 と 起 こりうる 災 害 予 測 の 確 認 1 1 1 情 報 伝 達 強 化 館 内 一

More information

< 火 災 等 被 災 者 のための 支 援 マニュアル 目 次 > ページ 1 災 害 お 見 舞 い 1 2 生 活 資 金 の 貸 付 3 3 応 急 仮 設 住 宅 4 4 市 営 住 宅 の 特 定 入 居 5 5 火 災 廃 棄 物 の 処 理 6 6 罹 災 証 明 書 の 交 付 8

< 火 災 等 被 災 者 のための 支 援 マニュアル 目 次 > ページ 1 災 害 お 見 舞 い 1 2 生 活 資 金 の 貸 付 3 3 応 急 仮 設 住 宅 4 4 市 営 住 宅 の 特 定 入 居 5 5 火 災 廃 棄 物 の 処 理 6 6 罹 災 証 明 書 の 交 付 8 火 災 等 被 災 者 の 方 のための 支 援 マニュアル 秩 父 市 平 成 25 年 4 月 < 火 災 等 被 災 者 のための 支 援 マニュアル 目 次 > ページ 1 災 害 お 見 舞 い 1 2 生 活 資 金 の 貸 付 3 3 応 急 仮 設 住 宅 4 4 市 営 住 宅 の 特 定 入 居 5 5 火 災 廃 棄 物 の 処 理 6 6 罹 災 証 明 書 の 交 付 8

More information

1 2 3 4 15.2 80 95 5 15 GL 15 GL 10 GL 20 GL 20 15 10 GL JFE NISC NISC NISC 6 7 8 オプション 仕 様 驚 異 の 熱 伝 導 率 0019w/m k 10dB 1 の 低 減 で 約 の 音 に 聞 こえます! 9 ダントツの 断 熱 性 能! 10 遮 熱 について 特 殊 顔 料 の 遮 熱 効 果 ~ 熱 反 射

More information

< 火 災 被 災 者 の 支 援 について 目 次 > 1 災 害 見 舞 い 社 会 福 祉 課 1 ヘ ーシ 2 生 活 資 金 の 貸 付 社 会 福 祉 協 議 会 3 3 市 営 住 宅 の 特 定 入 居 ( 一 時 使 用 ) 都 市 整 備 課 4 4 火 災 廃 棄 物 の 処

< 火 災 被 災 者 の 支 援 について 目 次 > 1 災 害 見 舞 い 社 会 福 祉 課 1 ヘ ーシ 2 生 活 資 金 の 貸 付 社 会 福 祉 協 議 会 3 3 市 営 住 宅 の 特 定 入 居 ( 一 時 使 用 ) 都 市 整 備 課 4 4 火 災 廃 棄 物 の 処 火 災 被 災 者 の 支 援 について 宇 城 市 平 成 27 年 4 月 < 火 災 被 災 者 の 支 援 について 目 次 > 1 災 害 見 舞 い 社 会 福 祉 課 1 ヘ ーシ 2 生 活 資 金 の 貸 付 社 会 福 祉 協 議 会 3 3 市 営 住 宅 の 特 定 入 居 ( 一 時 使 用 ) 都 市 整 備 課 4 4 火 災 廃 棄 物 の 処 理 衛 生 環 境 課

More information

安 全 上 のご 注 意 必 ずお 守 りください 安 全 上 のご 注 意 必 ずお 守 りください 人 への 危 害 財 産 への 損 害 を 防 止 するため 必 ずお 守 りいただくことを 説 明 しています 誤 った 使 いかたをしたときに 生 じる 内 容 を 次 のように 区 分 して

安 全 上 のご 注 意 必 ずお 守 りください 安 全 上 のご 注 意 必 ずお 守 りください 人 への 危 害 財 産 への 損 害 を 防 止 するため 必 ずお 守 りいただくことを 説 明 しています 誤 った 使 いかたをしたときに 生 じる 内 容 を 次 のように 区 分 して 品 名 品 番 ストレート&カール ヘアアイロン FHI-910 お 買 い 上 げ 日 年 月 日 保 証 期 間 お 買 い 上 げ 日 より1 年 間 ( 本 体 ) お 客 様 販 売 店 ご 住 所 お 名 前 お 電 話 住 所 店 名 電 話 販 売 店 様 へ 本 保 証 書 に 必 ず 明 記 の 上 お 渡 し 下 さい 様 ストレート&カール ヘアアイロン 家 庭 用 FHI-910

More information

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378>

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378> 香 川 県 立 丸 亀 病 院 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 目 的 病 院 給 食 関 係 法 令 に 基 づき 医 療 の 一 環 として 入 院 患 者 等 の 病 態 に 応 じた 適 切 な 食 事 を 提 供 し 治 療 又 は 回 復 を 図 るとともに その 生 活 の 質 の 向 上 に 資 することを 目 的 とする 2 基 本 的 運 営 方 針 患 者 給 食 は

More information

は じ め に

は じ め に 第 9 次 庄 内 町 交 通 安 全 計 画 平 成 23 年 度 ~ 平 成 27 年 度 庄 内 町 ま え が き 交 通 安 全 対 策 の 総 合 的 かつ 計 画 的 な 推 進 を 図 るため 交 通 安 全 対 策 基 本 法 ( 昭 和 45 年 法 律 第 110 号 )に 基 づき 国 においては 交 通 安 全 基 本 計 画 を また 山 形 県 および 本 町 においては

More information

取扱説明書

取扱説明書 東 芝 ハンガースチーマー( 家 庭 用 ) 取 扱 説 明 書 形 名 TAS-2 保 証 書 付 保 証 書 はこの 取 扱 説 明 書 の 裏 表 紙 についていますのでお 買 い 上 げ 日 販 売 店 名 などの 記 入 をお 確 かめください このたびは 東 芝 ハンガースチーマーをお 買 い 上 げいた だきまして まことにありがとうございました この 商 品 を 安 全 に 正 しく

More information

5 法 第 32 条 の 規 定 が 適 用 される 電 気 設 備 6 法 第 33 条 の 規 定 が 適 用 される 避 雷 設 備 電 気 設 備 の 構 造 詳 細 図 付 近 見 取 図 二 面 以 上 の 立 面 図 小 屋 伏 図 避 雷 設 備 の 構 造 詳 細 図 避 雷 設

5 法 第 32 条 の 規 定 が 適 用 される 電 気 設 備 6 法 第 33 条 の 規 定 が 適 用 される 避 雷 設 備 電 気 設 備 の 構 造 詳 細 図 付 近 見 取 図 二 面 以 上 の 立 面 図 小 屋 伏 図 避 雷 設 備 の 構 造 詳 細 図 避 雷 設 1 建 築 設 備 第 1 条 の3 第 4 項 ( 建 築 物 の 計 画 に 建 築 設 備 が 含 まれる 場 合 の 確 認 申 請 ) 表 1 い 法 第 28 条 第 2 項 から 第 4 項 までの 規 定 が 適 用 され る 換 気 設 備 ( 居 室 の 採 光 及 び 換 気 ) 換 気 設 備 の 使 用 材 料 2 法 第 28 条 の2 第 3 号 の 規 定 が 適 用

More information

伊勢崎市障害者社会参加促進事業実施要綱

伊勢崎市障害者社会参加促進事業実施要綱 別 表 第 1 日 常 生 活 給 付 事 業 重 度 障 害 者 の 日 常 生 活 の 種 目 等 区 分 種 目 対 象 者 性 能 耐 年 数 介 護 訓 練 特 殊 寝 台 下 肢 又 は 体 幹 機 能 障 害 2 級 以 上 の 身 体 障 害 者 ( 寝 返 りや 起 き 上 がりが 困 難 な 者 に 限 る ) 特 殊 マ ッ ト 下 肢 又 は 体 幹 機 能 障 害 1 級

More information

カーシェア TOP24 基 本 事 項 一 覧 1 ID パスワード 6 桁 ( 以 下 PW)について 会 員 様 ( 会 員 様 で 登 録 運 転 者 様 でもある 場 合 ) 会 員 ID8 桁 PW(PC 用 モハ イル スマホ 会 員 サイトでは 使 用 不 可 )と 運 転 者 ID1

カーシェア TOP24 基 本 事 項 一 覧 1 ID パスワード 6 桁 ( 以 下 PW)について 会 員 様 ( 会 員 様 で 登 録 運 転 者 様 でもある 場 合 ) 会 員 ID8 桁 PW(PC 用 モハ イル スマホ 会 員 サイトでは 使 用 不 可 )と 運 転 者 ID1 ご 利 用 にあたって このたびはカーシェア@TOP24にご 入 会 頂 き 誠 にありがとうございます 了 承 事 項 複 数 の 会 員 で 車 両 を 共 同 利 用 するカーシェアリングのシステム 上 ご 予 約 された 時 間 の 前 利 用 者 様 が 何 らかの 理 由 で 時 間 内 にご 返 却 できず ご 予 約 された 時 間 からの 利 用 開 始 ができない 場 合 が ございます

More information

01 小 諸 市 の 水 道 について 02 引 っ 越 しのときは 小 諸 市 の 水 道 の 歴 史 は 古 く 小 諸 町 時 代 の 大 正 13 年 近 隣 市 町 村 に 先 駆 けて 創 設 されました これまで 未 給 水 地 区 の 解 消 給 水 区 域 の 拡 張 施 設 の

01 小 諸 市 の 水 道 について 02 引 っ 越 しのときは 小 諸 市 の 水 道 の 歴 史 は 古 く 小 諸 町 時 代 の 大 正 13 年 近 隣 市 町 村 に 先 駆 けて 創 設 されました これまで 未 給 水 地 区 の 解 消 給 水 区 域 の 拡 張 施 設 の 小 諸 市 上 水 道 課 保 存 版 01 小 諸 市 の 水 道 について 02 引 っ 越 しのときは 小 諸 市 の 水 道 の 歴 史 は 古 く 小 諸 町 時 代 の 大 正 13 年 近 隣 市 町 村 に 先 駆 けて 創 設 されました これまで 未 給 水 地 区 の 解 消 給 水 区 域 の 拡 張 施 設 の 整 備 改 善 を 図 ることにより 地 域 の 発 展 と

More information

輸出用フマキラーベープマットf

輸出用フマキラーベープマットf 2014 年 1 月 27 日 ( 第 2 版 ) 1/5 安 全 データシート 作 成 日 ( 初 版 ) 改 訂 日 ( 第 2 版 ) 2011 年 12 月 27 日 2014 年 1 月 27 日 1. 及 び 会 社 情 報 名 スキンベープミスト 200mL スキンベープミスト ハローキティ 200mL ( 販 売 名 :スキンベープB2) 会 社 名 フマキラー 株 式 会 社 所

More information

国立大学法人東京医科歯科大学湯島地区お茶の水門側駐車整理要項

国立大学法人東京医科歯科大学湯島地区お茶の水門側駐車整理要項 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 湯 島 地 区 構 内 駐 車 場 管 理 運 営 要 項 平 成 1 7 年 9 月 2 6 日 制 定 ( 目 的 ) 第 1 条 こ の 要 項 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 ( 以 下 本 学 と い う ) の 湯 島 地 区 構 内 駐 車 場 ( 以 下 駐 車 場 と い う ) の 管 理 運 営

More information

身体障害者日常生活用具要綱(1 6.4.1)

身体障害者日常生活用具要綱(1 6.4.1) 介 護 訓 練 用 自 立 生 活 用 種 目 対 象 者 性 能 基 準 額 特 殊 寝 台 特 殊 マット 特 殊 尿 器 体 位 変 換 器 移 動 用 リフ ト 訓 練 いす 入 浴 補 助 用 以 上 者 で 原 則 として 学 校 教 育 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 26 号 ) 第 18 条 に 規 定 する 学 齢 児 童 ( 以 下 学 齢 児 と い う ) 以 上 も

More information

1. 簡 易 専 用 水 道 とは 水 道 事 業 者 から 供 給 を 受 ける 水 のみが 水 源 であり マンションや 大 型 店 舗 など 受 水 槽 を 経 由 して 建 物 に 水 道 水 を 供 給 する 施 設 ( 貯 水 槽 水 道 )のうち 受 水 槽 の 有 効 容 量 の 合

1. 簡 易 専 用 水 道 とは 水 道 事 業 者 から 供 給 を 受 ける 水 のみが 水 源 であり マンションや 大 型 店 舗 など 受 水 槽 を 経 由 して 建 物 に 水 道 水 を 供 給 する 施 設 ( 貯 水 槽 水 道 )のうち 受 水 槽 の 有 効 容 量 の 合 太 田 市 簡 易 専 用 水 道 の 手 引 き 問 い 合 わせ 先 太 田 市 役 所 環 境 政 策 課 電 話 : 0276-47-1893 FAX : 0276-47-1881 1. 簡 易 専 用 水 道 とは 水 道 事 業 者 から 供 給 を 受 ける 水 のみが 水 源 であり マンションや 大 型 店 舗 など 受 水 槽 を 経 由 して 建 物 に 水 道 水 を 供 給

More information

共 同 生 活 とは 集 合 住 宅 は 家 族 が 生 活 単 位 の 独 立 した 住 宅 とは 異 なり 家 族 に 加 え 棟 又 はその 団 地 が 密 接 な 生 活 単 位 となります このような 集 合 住 宅 には 多 くの 方 々が 生 活 していますので 自 分 では 何 とも 感 じないことでも 周 囲 にお 住 まいの 方 には 不 快 なことであったり 迷 惑 に 感 じることであったりします

More information

5. 個 ロッカー 下 箱 入 学 と 同 時 に 個 人 用 ロッカー 下 足 箱 を 各 1 個 貸 与 します その 使 用 管 理 は 学 生 本 人 に 責 任 を 持 ち 行 ってもら います 鍵 を 使 用 する 場 合 は 各 自 で 南 京 錠 ( 生 協 購 買 で 販 売 して

5. 個 ロッカー 下 箱 入 学 と 同 時 に 個 人 用 ロッカー 下 足 箱 を 各 1 個 貸 与 します その 使 用 管 理 は 学 生 本 人 に 責 任 を 持 ち 行 ってもら います 鍵 を 使 用 する 場 合 は 各 自 で 南 京 錠 ( 生 協 購 買 で 販 売 して 6 学 生 生 活 について 1. 原 付 転 通 学 原 付 自 転 車 による 通 学 は 学 生 課 に 所 定 の 用 紙 で 駐 輪 場 使 用 届 を 提 出 し 使 用 ステッカーの 交 付 を 受 け 原 付 自 転 車 のよくわかる 部 分 に 貼 付 してください 駐 輪 場 の 収 容 台 数 の 都 合 により 受 付 台 数 には 制 限 があります 使 用 上 の 確 認

More information

1 飲 食 店 における 労 働 災 害 の 発 生 状 況 労 働 災 害 による 休 業 4 日 以 上 の 死 傷 者 数 は 全 産 業 では 減 少 傾 向 にありますが 飲 食 店 における 死 傷 者 数 は ほぼ 横 ばいで 推 移 している 状 況 にあり 平 成 23 年 の 休

1 飲 食 店 における 労 働 災 害 の 発 生 状 況 労 働 災 害 による 休 業 4 日 以 上 の 死 傷 者 数 は 全 産 業 では 減 少 傾 向 にありますが 飲 食 店 における 死 傷 者 数 は ほぼ 横 ばいで 推 移 している 状 況 にあり 平 成 23 年 の 休 飲 食 店 を 経 営 する 皆 さまへ 労 働 災 害 の 防 止 のためのポイント 労 働 災 害 による 死 傷 者 数 は 昭 和 53 年 の 348,826 人 をピークに 減 少 傾 向 にありま すが 小 売 業 社 会 福 祉 施 設 飲 食 店 といった 第 三 次 産 業 では 増 加 傾 向 にあり ます 労 働 災 害 を 減 少 させるために 厚 生 労 働 省 では 重

More information

Q1-25 市 県 民 税 と 所 得 税 の 控 除 額 に 差 があるのはどうしてですか? 回 答 Q1-1 転 出 したとき 市 県 民 税 はどこへ 支 払 う? 質 問 : 転 出 したとき 市 県 民 税 はどこへ 支 払 うのですか? 答 : 個 人 の 市 県 民 税 は 毎 年 1

Q1-25 市 県 民 税 と 所 得 税 の 控 除 額 に 差 があるのはどうしてですか? 回 答 Q1-1 転 出 したとき 市 県 民 税 はどこへ 支 払 う? 質 問 : 転 出 したとき 市 県 民 税 はどこへ 支 払 うのですか? 答 : 個 人 の 市 県 民 税 は 毎 年 1 税 に 関 するQ&A 質 問 と 回 答 1. 個 人 市 県 民 税 編 質 問 一 覧 Q1-1 転 出 したとき 市 県 民 税 はどこへ 支 払 う? Q1-2 死 亡 した 夫 に 市 県 民 税 の 納 税 通 知 書 が 届 きました? Q1-3 昨 年 退 職 時 に 市 県 民 税 を 一 括 して 納 めたのに 納 税 通 知 書 がきましたが? Q1-4 家 屋 敷 課 税

More information

整 水 モードについて スイッチ 整 水 モード レベル 用 途 ph 目 安 レベル 表 示 整 水 ランプ ( 通 水 時 ) 4 調 理 用 9.0 ~ 10.5 黄 色 点 灯 1 水 素 水. スイッチ 電 解 水 素 水 モード 3 飲 用 8.5 ~ 飲 用 8.0 ~ 9

整 水 モードについて スイッチ 整 水 モード レベル 用 途 ph 目 安 レベル 表 示 整 水 ランプ ( 通 水 時 ) 4 調 理 用 9.0 ~ 10.5 黄 色 点 灯 1 水 素 水. スイッチ 電 解 水 素 水 モード 3 飲 用 8.5 ~ 飲 用 8.0 ~ 9 分 岐 水 栓 について 切 り 替 えレバーを 回 して 原 水 シャワー 整 水 に 切 り 替 えることができます p p 水 道 水 を 使 う 場 合 は 原 水 または シャワー に 切 り 替 えてお 使 いください p p 整 水 ( 電 解 水 素 水 / 浄 水 / 酸 性 水 )を 使 う 場 合 は 整 水 に 切 り 替 えてお 使 いください 切 り 替 え レ バ ー

More information

1. LEDとは LEDとは LightEmitingDiodeの 略 で 光 を 発 生 する 半 導 体 (ダイオード) のことである 順 方 向 に 電 気 を 流 すことで 発 光 する 半 導 体 素 子 であり 第 4の 明 かりとも 呼 ばれています 最 近 では 交 通 信 号 機

1. LEDとは LEDとは LightEmitingDiodeの 略 で 光 を 発 生 する 半 導 体 (ダイオード) のことである 順 方 向 に 電 気 を 流 すことで 発 光 する 半 導 体 素 子 であり 第 4の 明 かりとも 呼 ばれています 最 近 では 交 通 信 号 機 照 明 から 始 めるECO 改 革 省 エネLED 照 明 環 境 を 守 るため 未 来 を 照 らすクリーンな 照 明 です Miyu 株 式 会 社 ミュウテック 1. LEDとは LEDとは LightEmitingDiodeの 略 で 光 を 発 生 する 半 導 体 (ダイオード) のことである 順 方 向 に 電 気 を 流 すことで 発 光 する 半 導 体 素 子 であり 第 4の

More information

アルカリ 骨 材 反 応 コンクリートの 劣 化 要 因 セメントペースト 中 の 微 細 な 孔 に 存 在 する 高 いアルカリ 濃 度 の 水 酸 化 溶 液 と 骨 材 中 に 含 まれるシリカ 成 分 が 反 応 し ゲルが 生 成 生 成 したゲルは コンクリート 中 や 外 気 の 水

アルカリ 骨 材 反 応 コンクリートの 劣 化 要 因 セメントペースト 中 の 微 細 な 孔 に 存 在 する 高 いアルカリ 濃 度 の 水 酸 化 溶 液 と 骨 材 中 に 含 まれるシリカ 成 分 が 反 応 し ゲルが 生 成 生 成 したゲルは コンクリート 中 や 外 気 の 水 無 機 リチウム 系 ミックスタイプ 浸 透 シーラ コンクリートキーパー 説 明 資 料 営 業 担 当 : 津 波 直 樹 TEL:098-878-7878 FAX:098-870-1587 1 アルカリ 骨 材 反 応 コンクリートの 劣 化 要 因 セメントペースト 中 の 微 細 な 孔 に 存 在 する 高 いアルカリ 濃 度 の 水 酸 化 溶 液 と 骨 材 中 に 含 まれるシリカ

More information

中部析水苑他運転管理業務委託特記仕様書

中部析水苑他運転管理業務委託特記仕様書 姫 路 市 コミュニティ プラント 等 運 転 管 理 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 姫 路 市 下 水 道 管 理 センター 姫 路 市 コミュニティ プラント 等 運 転 管 理 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 仕 様 書 は 姫 路 市 が 発 注 するコミュニティ プラント 上 菅 処 理 場 城 山 浄 化 センター 及 びマ

More information

ワ-プロ用起案用紙

ワ-プロ用起案用紙 NOSAI Q&A CONTENTS Ⅵ ( 建 物 共 済 農 機 具 共 済 ) 農 業 共 済 新 聞 より( 一 部 再 編 集 ) Q1. NOSAIの 建 物 共 済 とはどういう 内 容 ですか? A1. 答 え NOSAIの 建 物 共 済 NOSAIで 実 施 している 共 済 事 業 の 一 つに 組 合 員 の 住 宅 納 屋 農 作 業 場 などの 建 物 を 補 償 の 対

More information

(Microsoft Word - \211^\215s\212\307\227\235\213K\222\366)

(Microsoft Word - \211^\215s\212\307\227\235\213K\222\366) 運 行 管 理 規 程 平 成 制 定 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 規 程 は ( 事 業 者 名 ) 運 行 管 理 規 程 と 称 する ( 目 的 ) 第 2 条 この 規 程 は 旅 客 自 動 車 運 送 事 業 運 輸 規 則 ( 以 下 運 輸 規 則 という ) 第 48 条 の2の 定 めに 基 づき 運 行 管 理 者 の 職 務 及 び 権 限 並 びに

More information

(Microsoft Word - ROKU\227\230\227p\227v\215j.docx)

(Microsoft Word - ROKU\227\230\227p\227v\215j.docx) ボートレース 鳴 門 特 別 観 覧 施 設 ROKU 利 用 要 綱 平 成 28 年 4 月 鳴 門 市 企 業 局 1 ( 本 要 綱 の 範 囲 および 変 更 等 ) 第 1 条 本 要 綱 は ボートレース 鳴 門 特 別 観 覧 施 設 ROKU ( 以 下 RO KU といいます )を 利 用 する 際 の 鳴 門 市 企 業 局 長 ( 以 下 施 設 管 理 者 といいます )とROKU

More information

【様式1】

【様式1】 様 式 1 避 難 施 設 運 営 組 織 ( 事 前 対 策 ) < 運 営 管 理 責 任 者 > 氏 名 所 属 又 は 住 所 TEL 備 考 会 長 副 会 長 避 難 施 設 従 事 職 員 ( 市 職 員 ) 施 設 管 理 者 < 避 難 施 設 運 営 班 > ( 印 : 班 長 印 : 副 班 長 ) 氏 名 自 治 会 名 住 所 TEL 備 考 総 務 班 名 簿 班 食 料

More information

クサトールFP水溶剤

クサトールFP水溶剤 製 品 安 全 データシート 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 整 理 番 号 クサトールFP 水 溶 剤 GG-6 会 社 名 株 式 会 社 日 本 グリーンアンドガーデン 住 所 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 小 伝 馬 町 10 番 11 号 担 当 部 門 研 究 開 発 部 担 当 者 電 話 番 号 03-3669-5888 FAX 番 号 03-3669-5889

More information

この 薬 を 使 う 前 に 確 認 すべきことは? 次 の 人 は この 薬 を 使 用 することはできません 高 カルシウム 血 症 の 人 次 に 掲 げる 骨 肉 腫 の 発 生 リスクが 高 いと 考 えられる 人 骨 ページェット 病 の 人 原 因 不 明 のアルカリフォスファターゼ

この 薬 を 使 う 前 に 確 認 すべきことは? 次 の 人 は この 薬 を 使 用 することはできません 高 カルシウム 血 症 の 人 次 に 掲 げる 骨 肉 腫 の 発 生 リスクが 高 いと 考 えられる 人 骨 ページェット 病 の 人 原 因 不 明 のアルカリフォスファターゼ この 薬 は? フォルテオ 皮 下 注 キット 600μg 患 者 向 医 薬 品 ガイド 2015 年 1 月 更 新 販 売 名 一 般 名 含 有 量 [1 キット (2.4mL) 中 ] フォルテオ 皮 下 注 キット 600μg テリパラチド( 遺 伝 子 組 換 え) Teriparatide (Genetical Recombination) 600μg 患 者 向 医 薬 品 ガイドについて

More information

2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経

2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経 1 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : 会 社 名 : 石 川 金 属 株 式 会 社 住 所 : 592-8352 大 阪 府 堺 市 西 区 築 港 浜 寺 西 町 7-21 担 当 部 署 : 品 質 保 証 部 電 話 番 号 : 072-268-1155 緊 急 連 絡 電 話 番 号 : 072-268-1155 FAX 番 号 : 072-268-1159 使 用 用

More information

はじめに 当 院 は 障 害 者 病 棟 の 病 院 です 障 害 者 病 棟 とは 障 害 者 ( 重 度 の 肢 体 不 自 由 者 意 識 障 害 者 脊 髄 損 傷 の 重 度 障 害 者 及 び 神 経 難 病 患 者 を 指 します)を 対 象 とした 病 棟 で 長 期 入 院 を 受

はじめに 当 院 は 障 害 者 病 棟 の 病 院 です 障 害 者 病 棟 とは 障 害 者 ( 重 度 の 肢 体 不 自 由 者 意 識 障 害 者 脊 髄 損 傷 の 重 度 障 害 者 及 び 神 経 難 病 患 者 を 指 します)を 対 象 とした 病 棟 で 長 期 入 院 を 受 入 院 中 のご 案 内 医 療 法 人 社 団 聖 寿 会 足 立 十 全 病 院 はじめに 当 院 は 障 害 者 病 棟 の 病 院 です 障 害 者 病 棟 とは 障 害 者 ( 重 度 の 肢 体 不 自 由 者 意 識 障 害 者 脊 髄 損 傷 の 重 度 障 害 者 及 び 神 経 難 病 患 者 を 指 します)を 対 象 とした 病 棟 で 長 期 入 院 を 受 けることができる

More information

本 書 は 東 京 都 認 証 保 育 所 事 業 実 施 要 綱 ( 以 下 要 綱 という )に 規 定 する 建 物 設 備 の 基 準 及 び 職 員 配 置 の 基 準 について 解 説 するものです 1 建 物 設 備 の 基 準 ( 要 綱 6) 基 本 的 な 考

本 書 は 東 京 都 認 証 保 育 所 事 業 実 施 要 綱 ( 以 下 要 綱 という )に 規 定 する 建 物 設 備 の 基 準 及 び 職 員 配 置 の 基 準 について 解 説 するものです 1 建 物 設 備 の 基 準 ( 要 綱 6) 基 本 的 な 考 H25.4.1 版 認 証 保 育 所 施 設 基 準 解 説 平 成 22 年 10 月 東 京 都 福 祉 保 健 局 少 子 社 会 対 策 部 保 育 支 援 課 0/15 本 書 は 東 京 都 認 証 保 育 所 事 業 実 施 要 綱 ( 以 下 要 綱 という )に 規 定 する 建 物 設 備 の 基 準 及 び 職 員 配 置 の 基 準 について 解 説 するものです 1 建

More information

避難所についての内閣府等のこれまでの対応

避難所についての内閣府等のこれまでの対応 ( 資 料 5 関 連 : 参 考 資 料 ) 避 難 所 の 確 保 と 質 の 向 上 に 関 する 検 討 会 について 平 成 27 年 7 月 22 日 内 閣 府 ( 防 災 担 当 ) 1. 取 組 指 針 での トイレ に 関 する 主 な 規 定 P9 第 1-2-(2) 福 祉 避 難 所 の 整 備 福 祉 避 難 所 とは 要 配 慮 者 のために 特 別 の 配 慮 がなされた

More information

目 次 ETCをご 利 用 いただく 前 に 必 ずお 読 みください... 3 はじめに... 4 ETCのしくみ 安 全 にお 使 いいただくために... 6 本 書 に 使 用 している 記 号 について ETCカードについての 注 意 事 項 走 行 中 の 注 意 事 項 ETC 車 載

目 次 ETCをご 利 用 いただく 前 に 必 ずお 読 みください... 3 はじめに... 4 ETCのしくみ 安 全 にお 使 いいただくために... 6 本 書 に 使 用 している 記 号 について ETCカードについての 注 意 事 項 走 行 中 の 注 意 事 項 ETC 車 載 目 次 ETCをご 利 用 いただく 前 に 必 ずお 読 みください... 3 はじめに... 4 ETCのしくみ 安 全 にお 使 いいただくために... 6 本 書 に 使 用 している 記 号 について ETCカードについての 注 意 事 項 走 行 中 の 注 意 事 項 ETC 車 載 器 についての 注 意 事 項 各 部 の 名 称 とはたらき... 9 本 体 アンテナ ETC 車

More information