高浜発電所2号機の安全性に関する総合評価に係る報告書の提出について 添付5-(4)

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "高浜発電所2号機の安全性に関する総合評価に係る報告書の提出について 添付5-(4)"

Transcription

1 添 付 5-(4)-1 (1/2) 電 源 構 成 概 要 図 (1/2) 500kV 送 電 系 統 新 綾 部 変 電 所 500kV 特 高 開 閉 所 母 線 主 変 圧 器 降 圧 変 圧 器 空 冷 式 非 常 用 発 電 装 置 77kV 高 浜 連 絡 線 A 所 内 変 圧 器 A 起 動 変 圧 器 B 起 動 変 圧 器 B 所 内 変 圧 器 予 備 変 圧 器 G A 系 列 6.6kV 安 全 系 高 圧 母 線 B 系 列 6.6kV 安 全 系 高 圧 母 線 常 用 高 圧 母 線 へ (4-2C1 2C2) 常 用 高 圧 母 線 へ (4-2D) (A) D/G 各 機 器 へ (B) D/G 各 機 器 へ A- 非 常 用 テ ィセ ル 発 電 機 B- 非 常 用 テ ィセ ル 発 電 機 (3-2A) (3-2B) 各 機 器 へ A 系 列 440V 安 全 系 低 圧 母 線 各 機 器 へ B 系 列 440V 安 全 系 低 圧 母 線

2 添 付 5-(4)-1 (2/2) 電 源 構 成 概 要 図 (2/2) (A) D/G A- 非 常 用 テ ィセ ル 発 電 機 440V 安 全 系 低 圧 母 線 (3-2A 母 線 ) 125V A 直 流 母 線 115V A 計 器 用 分 電 115V C 計 器 用 分 電 6.6kV 安 全 系 高 圧 母 線 (4-2A 母 線 ) 440V A2 原 子 炉 コトロルセタ 440V A1 原 子 炉 コトロルセタ A 海 A 余 熱 除 去 A 1 次 系 冷 却 A 充 電 器 蓄 電 池 パ ワ セ タ (3-2A ) A タ ビ 動 補 助 給 起 動 A 計 器 用 電 源 B 海 B 1 次 系 冷 却 A ア ニ ュ ラ ス 循 環 排 気 フ ァ 各 直 流 分 電 A デ ィ ゼ ル 発 電 機 励 磁 機 A デ ィ ゼ ル 発 電 機 制 御 (B) D/G B- 非 常 用 テ ィセ ル 発 電 機 440V 安 全 系 低 圧 母 線 (3-2B 母 線 ) 125V B 直 流 母 線 115V B 計 器 用 分 電 115V D 計 器 用 分 電 6.6kV 安 全 系 高 圧 母 線 (4-2B 母 線 ) 440V B2 原 子 炉 コトロルセタ 440V B1 原 子 炉 コトロルセタ C 海 B 余 熱 除 去 C 1 次 系 冷 却 C ほ う 酸 B タ ビ 動 補 助 給 起 動 C ア キ ュ ム レ タ 出 口 弁 D 海 D 1 次 系 冷 却 B ア ニ ュ ラ ス 循 環 排 気 フ ァ B デ ィ ゼ ル 発 電 機 励 磁 機 B デ ィ ゼ ル 発 電 機 制 御 A 1 次 系 純 B 1 次 系 純 B 充 電 器 蓄 電 池 B 計 器 用 電 源 イバタ C 計 器 用 電 源 イバタ D 計 器 用 電 源 イバタ A ほ う 酸 A ア キ ュ ム レ タ 出 口 弁 B ほ う 酸 B ア キ ュ ム レ タ 出 口 弁 イバタ 440V AB 原 子 炉 コトロルセタ 原 子 炉 保 護 系 計 器 ラ ッ ク (Ⅲ ) メ タ ク ラ (4-2A ) 各 直 流 分 電 パ ワ セ タ (3-2B ) メ タ ク ラ (4-2B ) 原 子 炉 保 護 系 計 器 ラ ッ ク (Ⅰ ) 原 子 炉 保 護 系 計 器 ラ ッ ク (Ⅱ ) 原 子 炉 保 護 系 計 器 ラ ッ ク (Ⅳ ) A 電 動 補 助 給 B 電 動 補 助 給 原 子 炉 保 護 リ レ (A B トレ ) 安 全 防 護 系 リ レ ラ ッ ク (A トレ ) 原 子 炉 保 護 リ レ (A B トレ ) 原 子 炉 保 護 リ レ (A B トレ ) 安 全 防 護 系 リ レ ラ ッ ク (B トレ ) 原 子 炉 保 護 リ レ (A B トレ )

3 添 付 5-(4)-2 非 常 用 ディゼル 発 電 機 の 継 続 運 転 時 間 外 部 電 源 喪 失 時 の 原 子 炉 冷 却 方 法 外 部 電 源 喪 失 事 象 発 生 不 要 機 器 停 止 非 常 停 止 操 作 開 始 冷 却 開 始 余 熱 除 去 イサビス (177 ) 2 次 系 冷 却 1 次 系 冷 却 冷 温 停 止 到 達 (60 ) ⅰ) 冷 温 停 止 に 移 行 ⅱ) 冷 却 維 持 冷 却 時 の 必 要 負 荷 ⅰ) 冷 温 停 止 に 移 行 外 部 電 源 喪 失 事 象 発 生 ~ 不 要 機 器 停 止 (1 時 間 ) 不 要 機 器 停 止 ~ 非 常 停 止 操 作 開 始 (0.5 時 間 ) 非 常 停 止 操 作 開 始 ~ 冷 却 開 始 (4 時 間 ) 冷 却 開 始 ~ 余 熱 除 去 ホ フ イサヒ ス (4.5 時 間 ) 余 熱 除 去 ホ フ イサヒ ス ~ 冷 温 停 止 到 達 (10 時 間 ) ⅱ) 冷 却 維 持 事 象 収 束 に 必 要 な 主 要 機 器 Aトレ Bトレ Aトレ Bトレ Aトレ Bトレ Aトレ Bトレ Aトレ Bトレ Aトレ Bトレ 充 てん/ 高 圧 注 入 海 電 動 補 助 給 次 系 冷 却 余 熱 除 去 その 他 の 負 荷 合 計 負 荷 容 量 (kw) , , ,540 2,485 1,870 1,870 1,590 1,500 1,510 1,500 2,370 2,030 2,540 0 必 要 な 負 荷 量 合 計 約 77MWh(20 時 間 ) 約 2.54MW(1 時 間 あたり) 非 常 用 ディゼル 発 電 機 の 継 続 運 転 時 間 計 算 非 常 用 ディゼル 発 電 機 の 燃 料 タク 容 量 は 約 82.4kLであり 燃 費 は 約 0.247kL/MWhである ⅰ). 冷 温 停 止 に 移 行 での 燃 料 消 費 量 は 以 下 のとおり 約 19kLとなる 燃 料 消 費 量 =0.247kL/MWh 77MWh= 約 19kL ⅱ). 冷 却 維 持 できる 時 間 は 以 下 のとおり 約 101 時 間 となる 時 間 =(82.4kL-19kL)/(0.247kL/MWh 2.54MW)= 約 101 時 間 よって 継 続 運 転 時 間 は ⅰ)+ⅱ)より 約 121 時 間 で 約 5.0 日 間 となる 時 間

4 添 付 5-(4)-3 (1/2) 蒸 気 発 生 器 への 給 機 能 設 備 の 概 要 及 び 保 全 内 容 ( 給 機 能 に 係 る 設 備 ) 設 備 分 類 設 備 概 要 保 全 頻 度 保 全 内 容 備 考 容 量 m 3 /h 定 検 に1 回 部 品 の 目 視 点 検, 取 替 など タビ 動 補 助 給 イ) 揚 程 m 950 1ヶ 月 間 に1 回 起 動 試 験 電 動 補 助 給 復 タク B-2 次 系 純 タク 1,2uB C- 淡 タク 消 防 屋 外 消 火 栓 ディゼル 消 火 (No.1/No.2) ロ) ハ) ハ) ハ) 使 用 済 燃 料 ピットへの 給 機 能 容 量 m 3 /h 揚 程 m 定 検 に1 回 部 品 の 目 視 点 検 取 替 など 950 1ヶ 月 間 に1 回 起 動 試 験 容 量 m 定 検 に1 回 各 部 の 外 観 点 検 ガスケットの 取 替 など 基 数 1 容 量 m 年 間 に1 回 タク 内 部 の 目 視 点 検 パッキ 類 の 取 替 など 基 数 1 容 量 m 年 間 に1 回 タク 内 部 の 目 視 点 検 パッキ 類 の 取 替 など 基 数 2 容 量 m 3 /h 46 1 年 間 に2 回 外 観 点 検 機 能 点 検 放 圧 力 MPa 年 間 に1 回 総 合 点 検 容 量 m 3 /h 34.8( 実 績 値 ) 1 年 間 に2 回 外 観 点 検 放 圧 力 MPa 0.25~0.6 容 量 m 3 /h 450/ 年 間 に1 回 部 品 の 目 視 点 検 取 替 など 揚 程 m 100/105 1ヶ 月 間 に1 回 起 動 試 験 設 備 分 類 設 備 概 要 保 全 頻 度 保 全 内 容 備 考 1,2uB C- 淡 タク 1 次 系 純 タク 1 次 系 純 ハ) ハ) ハ) 容 量 m 年 間 に1 回 タク 内 部 の 目 視 点 検 パッキ 類 の 取 替 など 基 数 2 容 量 m タク 内 部 の 目 視 点 検 パッキ 類 の 取 替 など 10 定 検 に1 回 ダイヤフラム 取 替 基 数 1 容 量 m 3 /h 40 - 状 態 監 視 保 全 空 冷 式 非 常 用 発 電 装 置 によ 揚 程 m 70 3ヶ 月 間 に1 回 定 期 切 替 る 電 源 供 給 消 防 燃 料 取 扱 建 屋 内 消 火 栓 屋 外 消 火 栓 ディゼル 消 火 (No.1/No.2) イ) イ) ハ) ハ) ハ) ハ) ハ) 容 量 m 3 /h 48 1 年 間 に2 回 外 観 点 検 機 能 点 検 放 圧 力 MPa 1.0/0.8 1 年 間 に1 回 総 合 点 検 放 量 m 3 /h 13.2( 実 績 値 ) 1 年 間 に2 回 外 観 点 検 放 圧 力 MPa 0.17~0.7 放 量 m 3 /h 22.2( 実 績 値 ) 1 年 間 に2 回 外 観 点 検 放 圧 力 MPa 0.25~0.6 容 量 m 3 /h 450/ 年 間 に1 回 部 品 の 目 視 点 検 取 替 など 揚 程 m 分 類 の 説 明 防 護 措 置 に 係 る 設 備 を 以 下 に 分 類 する 記 号 イ) ロ) ハ) ニ) 100/105 1ヶ 月 間 に1 回 起 動 試 験 分 類 工 事 計 画 で 対 象 とした 設 備 実 施 済 みのアクシデトマネジメト 設 備 緊 急 安 全 対 策 ( 短 期 ) 設 備 強 化 対 策 ( 緊 急 安 全 対 策 に 係 る 実 施 状 況 報 告 書 にて 計 画 されているもののう ち 設 置 済 みの 設 備 ) 空 冷 式 非 常 用 発 電 装 置 によ る 電 源 供 給 燃 料 :ガソリ 燃 料 : 重 油 燃 料 :ガソリ 燃 料 : 重 油 蒸 気 発 生 器 への 給 機 能 概 念 図 使 用 済 燃 料 ピット 給 機 能 概 念 図 蒸 気 発 生 器 消 防 海 1,2uB C- 淡 タク ディゼル 消 火 消 火 栓 空 冷 式 非 常 用 発 電 装 置 より 蓄 電 池 へ 1 次 系 純 タク 手 動 開 消 火 栓 消 防 1 次 系 純 電 動 補 助 給 (2 台 ) 復 タク 手 動 開 B-2 次 系 純 タク 1,2uB C- 淡 タク 海 使 用 済 燃 料 ピット タビ 動 補 助 給 ディゼル 消 火

5 添 付 5-(4)-3 (2/2) 設 備 の 概 要 及 び 保 全 内 容 ( 電 源 機 能 に 係 る 設 備 ) 電 源 機 能 設 備 分 類 設 備 概 要 保 全 頻 度 保 全 内 容 備 考 非 常 用 ディゼル 発 電 機 蓄 電 池 空 冷 式 非 常 用 発 電 装 置 イ) イ) ニ) 出 力 kw 定 検 に1 回 分 解 点 検 台 数 2 1ヶ 月 間 に1 回 起 動 試 験 負 荷 試 験 ( 各 1 回 ) 定 格 容 量 AH 2200 外 観 点 検 6ヶ 月 間 に1 回 電 圧 比 重 測 定 台 数 2 均 等 充 電 など 容 量 kva 週 間 に1 回 起 動 試 験 台 数 2 1 年 間 に1 回 外 観 点 検 絶 縁 抵 抗 測 定 補 助 ボイラ 燃 料 タク ハ) 容 量 m 基 数 1 10 年 間 に1 回 タク 内 部 の 目 視 点 検 パッキ 類 の 取 替 など 1 号 機 非 常 用 ディゼル 発 電 機 容 量 m 3 50 燃 料 油 貯 油 槽 ニ) 基 数 2 2 号 機 非 常 用 ディゼル 発 電 機 容 量 m 3 50 燃 料 油 貯 油 槽 ニ) 基 数 2 3 号 機 非 常 用 ディゼル 発 電 機 容 量 m 燃 料 油 貯 油 槽 ニ) 基 数 4 4 号 機 非 常 用 ディゼル 発 電 機 容 量 m 燃 料 油 貯 油 槽 ニ) 基 数 4 10 定 検 に1 回 10 定 検 に1 回 10 定 検 に1 回 10 定 検 に1 回 タク 内 部 の 目 視 点 検 パッキ 類 の 取 替 など タク 内 部 の 目 視 点 検 パッキ 類 の 取 替 など タク 内 部 の 目 視 点 検 パッキ 類 の 取 替 など タク 内 部 の 目 視 点 検 パッキ 類 の 取 替 など 燃 料 : 重 油 重 油 を 備 蓄 重 油 を 備 蓄 重 油 を 備 蓄 重 油 を 備 蓄 重 油 を 備 蓄 分 類 の 説 明 防 護 措 置 に 係 る 設 備 を 以 下 に 分 類 する 記 号 イ) ロ) ハ) ニ) 分 類 工 事 計 画 で 対 象 とした 設 備 実 施 済 みのアクシデトマネジメト 設 備 緊 急 安 全 対 策 ( 短 期 ) 設 備 強 化 対 策 ( 緊 急 安 全 対 策 に 係 る 実 施 状 況 報 告 書 にて 計 画 されている もののうち 設 置 済 みの 設 備 ) 電 源 系 統 概 要 図 外 部 電 源 非 常 用 ディゼル 発 電 機 補 助 ボイラ 燃 料 タク 非 常 用 ディゼル 発 電 機 燃 料 油 貯 油 槽 空 冷 式 非 常 用 発 電 装 置 1 次 系 純 等 の 機 器 へ 蓄 電 池 A 系 統 監 視 計 器 B 系 統 監 視 計 器 設 備 の 制 御

6 添 付 5-(4)-4 (1/2) 高 浜 発 電 所 のタクの 使 用 割 り 当 て( 運 転 時 ) 1 号 機 2 号 機 3 号 機 4 号 機 復 タク 700m 3 ( 評 価 480m 3 ) 復 タク 700m 3 ( 評 価 480m 3 ) 復 タク 800m 3 ( 評 価 520m 3 ) 復 タク 800m 3 ( 評 価 520m 3 ) 蒸 気 発 生 器 A-2 次 系 純 タク 2700m 3 ( 評 価 1480m 3 ) B-2 次 系 純 タク 2700m 3 ( 評 価 1480m 3 ) A-2 次 系 純 タク 6000m 3 ( 評 価 4050m 3 ) 3,4u A- 淡 タク 6000m 3 ( 評 価 3290m 3 ) 3,4u B- 淡 タク 6000m 3 ( 評 価 3290m 3 ) B-2 次 系 純 タク 6000m 3 ( 評 価 4050m 3 ) 3,4u C- 淡 タク 6000m 3 ( 評 価 3290m 3 ) 評 価 4935m 3 評 価 4935m 3 1,2u A- 淡 タク 6000m 3 ( 評 価 3120m 3 ) 評 価 3900m 3 1,2u C- 淡 タク 6000m 3 の1/2 ( 評 価 1560m 3 ) 評 価 3900m 3 1,2u B- 淡 タク 6000m 3 ( 評 価 3120m 3 ) 1,2u D- 淡 タク 6000m 3 ( 評 価 3120m 3 ) 1,2u C- 淡 タク 6000m 3 の1/2 ( 評 価 1560m 3 ) 評 価 3900m 3 評 価 3900m 3 1,2u E- 淡 タク 6000m 3 ( 評 価 3120m 3 ) (SG 側 ) 2631m 3 (SG 側 ) 2631m 3 (SG 側 ) 844m 3 (SG 側 ) 844m 3 使 用 済 燃 料 ピ ッ ト (SFP 側 ) 1269m 3 1 次 系 純 タク 510m 3 ( 評 価 200m 3 ) (SFP 側 ) 1269m 3 1 次 系 純 タク 510m 3 ( 評 価 200m 3 ) (SFP 側 ) 3056m 3 1 次 系 純 タク 320m 3 ( 評 価 140m 3 ) (SFP 側 ) 3056m 3 1 次 系 純 タク 320m 3 ( 評 価 140m 3 ) ( ) 内 は 評 価 に 使 用 する 保 有 量 : 復 タクは 保 安 規 定 値 の 量 その 他 は 運 用 位 の 保 有 量 とした

7 添 付 5-(4)-4 (2/2) 高 浜 発 電 所 のタクの 使 用 割 り 当 て( 停 止 時 ) 1 号 機 2 号 機 3 号 機 4 号 機 使 用 済 燃 料 ピ ッ ト 1,2u A- 淡 タク 6000m 3 ( 評 価 3120m 3 ) 評 価 3900m 3900m 3 1 次 系 純 タク 510m 3 ( 評 価 200m 3 ) 1,2u C- 淡 タク 6000m 3 の1/2 ( 評 価 1560m 3 ) 1,2u B- 淡 タク 6000m 3 ( 評 価 3120m 3 ) 1 次 系 純 タク 510m 3 ( 評 価 200m 3 ) 1,2u D- 淡 タク 6000m 3 ( 評 価 3120m 3 ) 評 価 3900m 3 評 価 3900m 3 1 次 系 純 タク 320m 3 ( 評 価 140m 3 ) 1,2u C- 淡 タク 6000m 3 の1/2 ( 評 価 1560m 3 ) 評 価 3900m 3 1,2u E- 淡 タク 6000m 3 ( 評 価 3120m 3 ) 1 次 系 純 タク 320m 3 ( 評 価 140m 3 ) ( ) 内 は 評 価 に 使 用 する 保 有 量 : 運 用 位 の 保 有 量 とした

8 添 付 5-(4)-5 (1/4) 防 護 措 置 の 実 施 に 係 る 組 織 等 の 状 況 確 認 1) 組 織 実 施 体 制 連 絡 通 報 体 制 防 護 措 置 の 実 施 に 係 る 組 織 体 制 は 高 浜 発 電 所 において 電 源 機 能 等 喪 失 時 における 原 子 炉 施 設 の 保 全 のための 活 動 に 係 る 対 応 所 達 を 制 定 ( 平 成 23 年 4 月 12 日 )している 添 付 5-(4)-5(2/4)に 体 制 表 を 示 す この 電 源 機 能 等 喪 失 時 における 原 子 炉 施 設 の 保 全 のための 活 動 に 係 る 対 応 所 達 では 電 源 応 急 復 旧 のための 活 動 蒸 気 発 生 器 への 給 確 保 のための 活 動 および 使 用 済 燃 料 ピットへの 給 確 保 のための 活 動 を 遂 行 するための 体 制 役 割 分 担 要 員 配 置 手 順 訓 練 資 機 材 等 について 定 めている 2) 手 順 書 防 護 措 置 の 実 施 に 係 る 手 順 書 は 電 源 機 能 等 喪 失 時 における 原 子 炉 施 設 の 保 全 のための 活 動 に 係 る 対 応 所 達 および 高 浜 発 電 所 2 号 機 事 故 時 操 作 所 則 に 具 体 的 な 手 順 書 を 定 めている これら 社 内 標 準 は 防 護 措 置 の 実 施 に 必 要 な 資 機 材 の 追 加 変 更 または 実 施 手 順 の 追 加 変 更 等 がある 毎 に 適 切 に 改 正 している 3) 教 育 訓 練 の 状 況 防 護 措 置 の 実 施 に 係 る 教 育 訓 練 は 電 源 機 能 等 喪 失 時 における 原 子 炉 施 設 の 保 全 のための 活 動 に 係 る 対 応 所 達 および 運 転 員 教 育 訓 練 要 綱 指 針 に 実 施 項 目 対 象 者 頻 度 等 を 定 めている 電 源 機 能 等 喪 失 時 における 原 子 炉 施 設 の 保 全 のための 活 動 に 係 る 対 応 所 達 の 制 定 にあたっては 電 源 応 急 復 旧 のための 活 動 蒸 気 発 生 器 への 給 確 保 のための 活 動 および 使 用 済 燃 料 ピットへの 給 確 保 のための 活 動 に 関 する 全 ての 方 法 について 夜 間 や 照 明 が 使 えない 等 で 視 界 が 悪 い 場 合 をも 含 めた 訓 練 を 実 施 し 改 善 点 を 抽 出 し フィドバックを 行 った また 実 施 手 順 の 追 加 変 更 等 を 踏 まえて 社 内 標 準 を 改 正 する 際 にも 当 該 の 手 順 の 訓 練 を 実 施 したう えで 改 善 点 を 抽 出 し 改 正 している 添 付 5-(4)-5(3/4) (4/4)に 訓 練 の 実 績 を 示 す また 運 転 員 教 育 訓 練 要 綱 指 針 を 改 正 し これまでも 継 続 的 に 実 施 してい るシミュレタによる 地 震 対 応 訓 練 において 交 流 電 源 を 供 給 する 全 ての 設 備 の 機 能 海 を 使 用 して 原 子 炉 施 設 を 冷 却 する 全 ての 設 備 の 機 能 および 使 用 済 燃 料 ピットを 冷 却 する 全 ての 設 備 の 機 能 の 喪 失 を 想 定 した 教 育 訓 練 を 行 うこ とを 定 めている

9 添 付 5-(4)-5 (2/4) 出 典 : 高 浜 発 電 所 電 源 機 能 等 喪 失 時 における 原 子 炉 施 設 の 保 全 のための 活 動 に 係 る 対 応 所 達 ( 平 成 24 年 7 月 10 日 最 終 改 正 )

10 添 付 5-(4)-5 (3/4) 出 典 : 平 成 23 年 福 島 第 一 第 二 原 子 力 発 電 所 事 故 を 踏 まえた 緊 急 安 全 対 策 に 係 る 実 施 状 況 報 告 書 ( 改 訂 版 )( 高 浜 発 電 所 )( 平 成 23 年 4 月 27 日 提 出 )

11 添 付 5-(4)-5 (4/4) 訓 練 実 施 結 果 < 高 浜 2 号 機 > 訓 練 内 容 訓 練 実 施 日 所 要 時 間 訓 練 結 果 および 改 善 点 全 ユニット(1~4 号 機 ) 訓 練 結 果 : 良 好 空 冷 式 非 常 用 発 電 装 置 による 電 源 応 急 復 旧 が 同 時 に 全 交 流 電 源 喪 失 した 場 合 の 初 動 対 応 を 想 定 したケブルコ ネクタ 接 続 起 動 9 月 28 日 *1 9 月 30 日 137 分 *2 *1: 燃 料 補 給 訓 練 を 併 せて 実 施 *2: 全 ての 装 置 の 起 動 が 完 了 するまでの 時 間

12 蒸 気 発 生 器 への 給 機 能 ( 高 浜 2 号 機 ) 添 付 5-(4)-6 (1/3) 1. 蒸 気 発 生 器 への 給 方 法 全 交 流 電 源 喪 失 時 に 以 下 の 各 源 からタビ 動 補 助 給 により 蒸 気 発 生 器 2 次 側 へ 給 することにより 一 次 冷 却 材 系 統 の 除 熱 を 行 い ラトを 安 定 維 持 させる 1 復 タクからの 給 2 B-2 次 系 純 タクからの 給 3 1,2u B C- 淡 タクからの 給 4 海 ( 消 防 による 補 給 ) 消 防 海 ホス 4 消 火 栓 3 ディゼル 消 火 電 動 補 助 給 1 復 タク 700 B-2 次 系 純 タク ,2u B C- 淡 タク M M 2 タビ 動 補 助 給 手 動 開 2. 蒸 気 発 生 器 への 補 給 源 源 容 量 2 号 機 の 評 価 に 用 いた 保 有 量 復 タク 約 700 m m 3 : 保 安 規 定 値 B-2 次 系 純 タク 約 2700 m m 3 :タクの 運 用 位 容 量 とし た 1,2u B C- 淡 タク 約 6000 m 3 2 基 2631 m 3 :タクの 運 用 位 容 量 とし た 海 - -

13 3. 給 量 評 価 に 用 いた 崩 壊 熱 添 付 5-(4)-6 (2/3) 炉 心 崩 壊 熱 については 最 も 厳 しい 条 件 となるよう 55,000MWd/t(3 回 照 射 ) 36,700MWd/t (2 回 照 射 ) 及 び 18,300MWd/t(1 回 照 射 )の 燃 焼 度 のウラ 燃 料 ( 初 期 濃 縮 度 4.6wt%)が 1/3ずつ 存 在 するとし 約 1 年 間 運 転 した 状 態 を 想 定 した 崩 壊 熱 は 軽 型 動 力 炉 の 非 常 用 炉 心 冷 却 系 の 性 能 評 価 指 針 ( 昭 和 56 年 7 月 20 日 原 子 力 安 全 委 員 会 決 定 平 成 4 年 6 月 11 日 一 部 改 訂 ) において 使 用 が 認 められている 日 本 原 子 力 学 会 推 奨 値 ( 不 確 定 性 (3σ) 込 み)を 用 いた アクチニド 崩 壊 熱 に 関 しては 十 分 実 績 のある ORIGEN2 コド 評 価 値 ( 不 確 定 性 (20%) 込 み)を 用 いた MW 崩 壊 熱 [MW] MW 5.0MW 日 数 図 1 崩 壊 熱 の 変 化 図 1 崩 壊 熱 の 変 化 4. 給 流 量 の 評 価 全 蒸 気 発 生 器 (3ル 分 )へのトタル 必 要 補 給 量 は 以 下 の 式 にて 計 算 した 崩 壊 熱 [MW] S / G 必 要 補 給 量 [m 3 /h]= (S/G2 次 側 飽 和 蒸 気 比 エタルピ- 補 給 比 エタルピ)[kJ/kg] 補 給 密 度 [kg/m 3 ] 式 1 計 算 条 件 S/G2 次 側 飽 和 蒸 気 比 エタルピ(150 ) 補 給 比 エタルピ(40 ) 補 給 密 度 (40 ) : 2745 kj/kg *1 : 167 kj/kg *1 : 992 kg/m 3 *1 *1:1999 日 本 機 械 学 会 蒸 気 表 全 交 流 電 源 喪 失 直 後 から5 時 間 については 復 タクからタビ 動 補 助 給 を 用 いて 蒸 気 発 生 器 2 次 側 に 給 する 復 タクからの 給 により 一 次 冷 却 材 系 統 の 170 までの 冷 却 と 全 交 流 電 源 喪 失 からの 崩 壊 熱 除 去 を 行 う 復 タクの がなくなると B-2 次 系 純 タクを 源 とするよう 系 統 を 変 更 し 同 様 にタビ 動 補 助 給 により 給 を 行 なう この 時 点 での 崩 壊 熱 は 図 1から

14 添 付 5-(4)-6 (3/3) 20.4 MW であり この 崩 壊 熱 を 除 去 するのに 必 要 な 量 は 式 1より 約 29 m 3 /h である そ の 後 崩 壊 熱 量 の 低 下 とともに 補 給 量 についても 低 減 しながら 原 子 炉 冷 却 を 進 め B- 2 次 系 純 タク 保 有 量 がなくなる 事 象 発 生 後 約 3 日 後 には 崩 壊 熱 は 9.4 MW 必 要 量 は 約 14 m 3 /h となる その 後 源 を 1,2u B C- 淡 タクに 変 更 復 タクへ を 補 給 し 引 き 続 き 蒸 気 発 生 器 2 次 側 へ 給 を 行 なう 事 象 発 生 後 約 15 日 後 (B-2 次 系 純 タク 以 降 約 12 日 後 )には 1,2u B C- 淡 タ ク 内 の もなくなり 海 を 復 タクへ 補 給 し 蒸 気 発 生 器 2 次 側 に 給 することに なる この 時 点 での 崩 壊 熱 は 5.0 MW 必 要 となる 量 は 約 8 m 3 /h である SGへの 必 要 給 量 [m 3 /h] 流 量 29m 3 /h B-2 次 系 純 タク 1480m 3 流 量 14m 3 /h 1,2u B C- 淡 タク 2631m 3 (SFP 側 使 用 1269m 3 ) 流 量 8m 3 /h 日 数 海 +3 日 +12 日 約 5 時 間 復 タク 480m 3 3 日 15 日 B-2 次 系 純 タ ク 1,2u B C- 淡 タク 1,2u B C- 淡 タ ク 海 図 2 源 と 補 給 量 の 変 化 必 要 補 給 量 B-2 次 系 純 タク 1,2u B C- 淡 タク 海 への 切 替 時 への 切 替 時 への 切 替 時 必 要 補 給 量 約 29 m 3 /h 約 14 m 3 /h 約 8 m 3 /h 以 上 より 各 源 からの 補 給 の 供 給 可 能 時 間 は 下 表 のとおりとなる 補 給 供 給 可 能 時 間 復 タク 約 5 時 間 B-2 次 系 純 タク 約 3 日 1,2u B C- 淡 タク 約 12 日 海 燃 料 補 給 が 継 続 する 時 間

15 添 付 5-(4)-7 給 機 能 と 消 防 燃 料 (ガソリ) 消 費 量 の 関 係 (2 号 機 運 転 時 ) 海 等 の 補 給 に 用 いる 消 防 の 燃 料 (ガソリ)は 発 電 所 共 有 としており 2 号 機 以 外 (1,3,4 号 機 )にも 使 用 することから 全 号 機 同 時 に 全 交 流 電 源 喪 失 が 発 生 したと 仮 定 し 発 電 所 備 蓄 ガソリの 消 費 が 早 くなる 他 号 機 の 初 期 状 態 ( 運 転 時 又 は 停 止 時 )の 組 合 せを 設 定 して 評 価 を 行 った 評 価 の 結 果 下 表 のとおり 1,3,4 号 機 が 停 止 時 の 場 合 に 発 電 所 備 蓄 ガソリの 枯 渇 は 早 くなり 約 16 日 後 に 枯 渇 することとなる 起 因 事 象 発 生 からの 日 数 1 号 機 停 止 時 1 号 機 SFP 既 設 タク 等 で 補 給 ( 約 14 日 間 ) 消 防 を 用 い て 海 を 補 給 ( 約 2.5 日 間 ) 2 号 機 運 転 時 2 号 機 S/G 2 号 機 SFP 既 設 タク 等 で 補 給 ( 約 15 日 間 ) 既 設 タク 等 で 補 給 ( 約 17 日 間 ) 消 防 を 用 いて 海 を 補 給 ( 約 1.5 日 間 ) 高 浜 2 号 機 運 転 時 における 給 機 能 維 持 失 敗 3 号 機 停 止 時 3 号 機 SFP 既 設 タク 等 で 補 給 ( 約 9.7 日 間 ) 消 防 を 用 いて 海 を 補 給 ( 約 7.2 日 間 ) 4 号 機 停 止 時 4 号 機 SFP 既 設 タク 等 で 補 給 ( 約 9.7 日 間 ) 消 防 を 用 いて 海 を 補 給 ( 約 7.2 日 間 ) :ガソリを 消 費 しない 給 手 段 :ガソリを 消 費 する 給 手 段 燃 料 備 蓄 量 約 約 16 日 後 に 発 電 所 備 蓄 燃 料 (ガソリ)が 枯 渇 し 以 降 は 消 防 を 使 用 できない ( 参 考 )1,3,4 号 機 の 初 期 状 態 ( 運 転 時 又 は 停 止 時 )の 検 討 起 因 事 象 発 生 からの 日 数 号 機 運 転 時 1 号 機 S/G 1 号 機 SFP 既 設 タク 等 で 補 給 ( 約 15 日 間 ) 既 設 タク 等 で 補 給 ( 約 17 日 間 ) 消 防 を 用 いて 海 を 補 給 (15 日 目 以 降 ) 消 防 を 用 いて 海 を 補 給 (17 日 目 以 降 ) 1 号 機 停 止 時 1 号 機 SFP 既 設 タク 等 で 補 給 ( 約 14 日 間 ) 消 防 を 用 いて 海 を 補 給 (14 日 目 以 降 ) 1 号 機 が 停 止 時 の 方 がガソリ 消 費 は 早 い 起 因 事 象 発 生 からの 日 数 号 機 運 転 時 3 号 機 S/G 3 号 機 SFP 既 設 タク 等 で 補 給 ( 約 16 日 間 ) 既 設 タク 等 で 補 給 ( 約 16 日 間 ) 消 防 を 用 いて 海 等 を 補 給 (16 日 目 以 降 ) 消 防 を 用 いて 海 を 補 給 (16 日 目 以 降 ) 3 号 機 停 止 時 3 号 機 SFP 既 設 タク 等 で 補 給 ( 約 9.7 日 間 ) 消 防 を 用 いて 海 を 補 給 (9.7 日 目 以 降 ) 3 号 機 が 停 止 時 の 方 がガソリ 消 費 は 早 い 起 因 事 象 発 生 からの 日 数 号 機 運 転 時 4 号 機 S/G 4 号 機 SFP 既 設 タク 等 で 補 給 ( 約 16 日 間 ) 既 設 タク 等 で 補 給 ( 約 16 日 間 ) 消 防 を 用 いて 海 等 を 補 給 (16 日 目 以 降 ) 消 防 を 用 いて 海 を 補 給 (16 日 目 以 降 ) 4 号 機 停 止 時 4 号 機 SFP 既 設 タク 等 で 補 給 ( 約 9.7 日 間 ) 消 防 を 用 いて 海 を 補 給 (9.7 日 目 以 降 ) 4 号 機 が 停 止 時 の 方 がガソリ 消 費 は 早 い

16 添 付 5-(4)-8 (1/5) 使 用 済 燃 料 ピット(SFP)への 給 機 能 ( 高 浜 2 号 機 ) 1.SFPへの 給 方 法 全 交 流 電 源 喪 失 時 に 使 用 済 燃 料 ピット 冷 却 系 統 が 使 用 不 能 となった 場 合 に SFP 保 有 の 蒸 散 量 を 補 うために 以 下 の 源 からSFPへ 給 を 行 う なお SFPへの 給 はSFP 位 を 維 持 する 形 で 行 う 1 1,2uB C- 淡 タクからの 給 ( 燃 料 取 扱 建 屋 内 消 火 栓 ) 2 1,2uB C- 淡 タクからの 給 ( 屋 外 消 火 栓 ) 3 1 次 系 純 タクからの 給 (1 次 系 純 ) 4 海 ( 消 防 による 補 給 ) 1,2uB C- 淡 タク ディゼル 消 火 1 燃 料 取 扱 建 屋 内 消 火 栓 2 屋 外 消 火 栓 空 冷 式 非 常 用 発 電 装 置 より 4 海 消 防 ホス 蓄 電 池 へ 使 用 済 燃 料 ピット 1 次 系 純 3 1 次 系 純 タク SFPへの 補 給 源 源 容 量 評 価 に 用 いた 保 有 量 1,2uB C- 淡 タク 6,000 m 3 2 基 停 止 時 3,900 m 3 運 転 時 1,269 m 3 : (タク 1 基 の 運 用 管 理 値 3,120 m 3 ) 2 基 のうち 2 号 機 用 評 価 量 1 次 系 純 タク 510 m 3 1 基 200 m 3 :タクの 運 用 位 海 - -

17 3. 給 量 評 価 に 用 いた 崩 壊 熱 SFPの 崩 壊 熱 評 価 条 件 としては 原 子 炉 運 転 停 止 中 ( 停 止 時 )と 原 子 炉 運 転 中 ( 運 転 時 ) の2つの 条 件 を 設 定 し 評 価 した 停 止 時 については 原 子 炉 の 運 転 停 止 後 全 ての 燃 料 が 原 子 炉 からSFPに 移 送 された 状 態 とし 過 去 の 許 認 可 におけるSFPの 崩 壊 熱 除 去 に 係 る 評 価 に 使 用 した 条 件 を 用 いた 評 価 条 件 を 表 1に 示 す 運 転 時 については 上 記 評 価 に 対 し 運 転 中 の 状 態 を 考 慮 し 以 下 の 条 件 を 追 加 した 停 止 時 に 一 時 的 に 取 り 出 された1 回 及 び2 回 照 射 燃 料 については 炉 心 に 装 荷 されてい るためSFPの 評 価 ではこれらは 考 慮 しない 使 用 済 燃 料 の 冷 却 期 間 については 運 転 開 始 ( 停 止 期 間 30 日 ) 直 後 とする なお 核 分 裂 生 成 物 崩 壊 熱 に 関 しては 軽 型 動 力 炉 の 非 常 用 炉 心 冷 却 系 の 性 能 評 価 指 針 ( 昭 和 56 年 7 月 20 日 原 子 力 安 全 委 員 会 平 成 4 年 6 月 11 日 一 部 改 訂 ) においてその 使 用 が 認 められている 日 本 原 子 力 学 会 推 奨 値 ( 不 確 定 性 (3σ) 込 み)を 用 いて 評 価 を 行 い ア クチニド 崩 壊 熱 に 関 しては 十 分 実 績 のある ORIGEN2 コド 評 価 値 ( 不 確 定 性 (20%) 込 み) を 用 いて 両 評 価 を 行 った 表 1 崩 壊 熱 評 価 条 件 高 浜 2 号 機 添 付 5-(4)-8 (2/5) 燃 料 条 件 運 転 期 間 停 止 期 間 燃 料 取 出 期 間 ウラ 燃 料 燃 焼 度 :3 回 照 射 燃 料 55,000MWd/t 2 回 照 射 燃 料 36,700MWd/t 1 回 照 射 燃 料 18,300MWd/t ウラ 濃 縮 度 :4.6wt% 13ヶ 月 30 日 8.5 日 注 : 高 浜 1,2 号 機 55GWd/t 燃 料 使 用 等 に 伴 う 原 子 炉 設 置 変 更 許 可 申 請 ( 平 成 20 年 8 月 申 請 ) 安 全 審 査 におけるSFP 冷 却 設 備 の 評 価 条 件 4. 給 流 量 の 評 価 SFPへの 必 要 補 給 量 は SFP 保 管 の 燃 料 の 崩 壊 熱 Qによる 保 有 の 蒸 散 量 ΔV/Δt (m 3 /h)として 下 記 式 1で 計 算 した ΔV/Δt(m 3 /h)=q(kw) 3600/(ρ(kg/m 3 ) h fg (kj/kg))*1 式 1 ρ( 飽 和 密 度 ) :958kg/m 3 *2(ラト 共 通 ) h fg ( 飽 和 蒸 発 潜 熱 ) :2,257kJ/kg *2(ラト 共 通 ) Q(SFP 崩 壊 熱 ) :7,134kW *3( 高 浜 2(1) 号 機, 停 止 時 ) :2,060kW *3( 高 浜 2(1) 号 機, 運 転 時 )

18 添 付 5-(4)-8 (3/5) *1:(ρ ΔV)(kg)の 飽 和 が 蒸 気 に 変 わるための 熱 量 は h fg (ρ ΔV)(kJ)で 使 用 済 燃 料 の Δt 時 間 あたりの 崩 壊 熱 量 QΔt に 等 しい なお 保 有 は 保 守 的 に 大 気 圧 下 での 飽 和 (100 )として 評 価 している *2: 物 性 値 の 出 典 : 国 立 天 文 台 編 理 科 年 表 *3: 表 3 参 照 SFP 崩 壊 熱 については 時 間 の 経 過 とともに 低 下 していくが 保 守 的 に 一 定 として 評 価 している 以 上 から 崩 壊 熱 による 保 有 の 蒸 散 を 補 うために 必 要 な 補 給 量 は 蒸 散 量 ΔV/Δt (m 3 /h)と 等 しく 全 炉 心 取 出 しを 考 慮 する 停 止 時 については 11.88m 3 /h 運 転 時 について は 3.43m 3 /h となる 各 源 からの 補 給 の 供 給 可 能 時 間 は 源 の 容 量 と 上 記 補 給 量 から 求 められ 表 2の とおりである 表 2 各 源 からの 補 給 の 供 給 可 能 時 間 停 止 時 運 転 時 1,2uB C- 淡 タク 約 14 日 約 15 日 1 次 系 純 タク 約 16 時 間 約 58 時 間 海 燃 料 補 給 が 継 続 する 期 間 燃 料 補 給 が 継 続 する 期 間 以 上

19 添 付 5-(4)-8 (4/5) 表 3-1 停 止 時 に 想 定 するSFP 保 管 燃 料 と 崩 壊 熱 ( 高 浜 2(1) 号 機 ) 取 出 燃 料 高 浜 2(1) 号 機 からの 発 生 分 冷 却 期 間 燃 料 数 崩 壊 熱 (MW) * 6サイクル 冷 却 済 燃 料 6 (13ヶ 月 +30 日 )+8.5 日 サイクル 冷 却 済 燃 料 5 (13ヶ 月 +30 日 )+8.5 日 1/3 炉 心 サイクル 冷 却 済 燃 料 4 (13ヶ 月 +30 日 )+8.5 日 1/3 炉 心 サイクル 冷 却 済 燃 料 3 (13ヶ 月 +30 日 )+8.5 日 1/3 炉 心 サイクル 冷 却 済 燃 料 2 (13ヶ 月 +30 日 )+8.5 日 1/3 炉 心 サイクル 冷 却 済 燃 料 1 (13ヶ 月 +30 日 )+8.5 日 1/3 炉 心 定 検 時 取 出 燃 料 日 1/3 炉 心 定 検 時 取 出 燃 料 日 1/3 炉 心 定 検 時 取 出 燃 料 日 1/3 炉 心 小 計 崩 壊 熱 合 計 (MW) 崩 壊 熱 :7.134MW ( 燃 料 体 数 :424 体 ) *: 崩 壊 熱 の 合 計 は 四 捨 五 入 の 関 係 で 個 々の 発 生 熱 量 の 合 計 とはならない 場 合 がある 注 1: 高 浜 1,2 号 機 55,000MWd/t 燃 料 使 用 等 に 伴 う 原 子 炉 設 置 変 更 許 可 申 請 ( 平 成 20 年 8 月 申 請 ) 安 全 審 査 におけるSFP 冷 却 設 備 の 評 価 条 件 注 2: 高 浜 2(1) 号 機 のSFPの 燃 料 保 管 容 量 は424 体

20 添 付 5-(4)-8 (5/5) 表 3-2 運 転 時 に 想 定 するSFP 保 管 燃 料 と 崩 壊 熱 ( 高 浜 2(1) 号 機 ) 取 出 燃 料 高 浜 2(1) 号 機 からの 発 生 分 冷 却 期 間 燃 料 数 崩 壊 熱 (MW) * 6サイクル 冷 却 済 燃 料 6 (13ヶ 月 +30 日 )+30 日 サイクル 冷 却 済 燃 料 5 (13ヶ 月 +30 日 )+30 日 1/3 炉 心 サイクル 冷 却 済 燃 料 4 (13ヶ 月 +30 日 )+30 日 1/3 炉 心 サイクル 冷 却 済 燃 料 3 (13ヶ 月 +30 日 )+30 日 1/3 炉 心 サイクル 冷 却 済 燃 料 2 (13ヶ 月 +30 日 )+30 日 1/3 炉 心 サイクル 冷 却 済 燃 料 1 (13ヶ 月 +30 日 )+30 日 1/3 炉 心 定 検 時 取 出 燃 料 3 30 日 1/3 炉 心 定 検 時 取 出 燃 料 2 ( 炉 心 ) 0 0 定 検 時 取 出 燃 料 1 ( 炉 心 ) 0 0 小 計 崩 壊 熱 合 計 (MW) 崩 壊 熱 :2.060MW ( 燃 料 体 数 :320 体 ) *: 崩 壊 熱 の 合 計 は 四 捨 五 入 の 関 係 で 個 々の 発 生 熱 量 の 合 計 とはならない 場 合 がある

21 添 付 5-(4)-9 (1/5) 電 源 容 量 と 継 続 時 間 評 価 1. 蓄 電 池 高 浜 2 号 機 の 直 流 電 源 装 置 は 蓄 電 池 及 び 充 電 器 で 構 成 されており 直 流 母 線 に 接 続 されて いる 安 全 系 蓄 電 池 は 容 量 2200AH のものが 2 系 列 あり 440V 安 全 系 交 流 母 線 より 各 々 充 電 器 を 介 して 接 続 されている 全 交 流 電 源 喪 失 後 電 源 車 による 給 電 が 開 始 されるまでの 間 は 蓄 電 池 により 直 流 母 線 へ 給 電 されるが 現 状 の 蓄 電 池 定 格 容 量 と 5 時 間 給 電 必 要 容 量 を 比 較 した 結 果 5 時 間 の 給 電 が 可 能 であることを 確 認 している なお 容 量 評 価 については 据 置 蓄 電 池 の 容 量 算 出 法 ( 電 池 工 業 会 規 格 SBA-S-0601:2001) に 基 づき 算 出 した 2200AH( 定 格 容 量 ) > 2132AH(5 時 間 必 要 容 量 )

22 添 付 5-(4)-9 (2/5) 蓄 電 池 負 荷 パタ 2A 蓄 電 池 負 荷 リスト 負 荷 名 称 0~10 秒 10~60 秒 1~5 分 5~30 分 30~60 分 60~299 分 299~300 分 3-2Aパワセタ A 計 器 用 イバタ 2C 計 器 用 イバタ 2Aタビ 建 屋 直 流 分 電 メタクラ 遮 断 器 試 験 (1 次 系 ) 素 密 封 油 Aディゼル 発 電 機 Aディゼル 発 電 機 界 磁 A 電 動 補 助 FWP 起 動 Aタビ 動 補 助 FWP 起 動 直 流 非 常 灯 分 電 励 磁 機 A500kVリレ 室 直 流 分 電 CRDF 電 磁 ブレキ 電 源 A Aメタクラ GIS 直 流 分 電 ( 東 )(B 系 ) GIS 直 流 分 電 ( 西 )(B 系 列 ) 中 央 制 御 室 直 流 分 電 A 補 助 建 屋 直 流 分 電 中 間 建 屋 直 流 分 電 合 計 (A) B 蓄 電 池 負 荷 リスト 負 荷 名 称 0~ 10 秒 10~ 60 秒 1~5 分 5~ 30 分 30~60 分 60~299 分 299~300 分 3-2Bパワセタ B 計 器 用 イバタ 2D 計 器 用 イバタ 2 警 報 表 示 装 置 変 圧 器 室 直 流 分 電 界 磁 しゃ 断 器 引 外 し 回 路 (Bトレ) Bディゼル 発 電 機 Bディゼル 発 電 機 界 磁 B 電 動 補 助 FWP 起 動 B500kVリレ 室 直 流 分 電 Bタビ 動 補 助 FWP 起 動 メタクラ 遮 断 器 試 験 (2 次 系 ) Bメタクラ B 補 助 建 屋 直 流 分 電 リレ 室 直 流 分 電 B1-500kVリレ 室 直 流 分 電 CRDF 電 磁 ブレキ 電 源 B 合 計 (A)

23 評 価 条 件 蓄 電 池 形 式 :CS 2200Ah 最 低 許 容 電 圧 :1.75V 周 囲 温 度 :25 添 付 5-(4)-9 (3/5) 評 価 結 果 [2A 蓄 電 池 ] C 300 = {1/0.9}*{536.0*6.28+( )*6.24+( )*5.85 +( )*1.14} = 2132Ah よって 2200Ah > 2132Ah となり 5 時 間 の 給 電 は 可 能 である [2B 蓄 電 池 ] C 300 = {1/0.9}*{478.9*6.28+( )*6.24+( )*5.85 +( )*1.14} = 2132Ah よって 2200Ah > 2132Ah となり 5 時 間 の 給 電 は 可 能 である

24 添 付 5-(4)-9 (4/5) 2. 空 冷 式 非 常 用 発 電 装 置 全 交 流 電 源 喪 失 後 は 直 流 電 源 装 置 の 蓄 電 池 により 中 央 制 御 室 の 監 視 機 器 等 に 電 気 を 供 給 す るが 蓄 電 池 が 枯 渇 する 前 に 空 冷 式 非 常 用 発 電 装 置 を 安 全 系 母 線 に 接 続 し 継 続 的 に 電 気 を 供 給 する 必 要 がある ラト 監 視 機 能 を 維 持 しつつ 原 子 炉 及 び 使 用 済 燃 料 ピットを 冷 却 するために 必 要 となる 電 源 容 量 は 約 403kVA と 評 価 しており その 容 量 を 上 回 る 空 冷 式 非 常 用 発 電 装 置 を 配 備 してい る 原 子 炉 除 熱 運 転 監 視 継 続 のために 必 要 な 機 器 類 の 電 源 容 量 ラト 緊 急 安 全 対 策 に 必 要 な 容 量 [kva] *1 シビアアクシデト 対 応 で の 追 加 対 策 に 必 要 な 容 量 [kva] *2 必 要 容 量 [kva] 配 備 容 量 [kva] 高 浜 1 号 機 約 390 約 162 約 高 浜 2 号 機 約 390 約 13 約 高 浜 3 号 機 約 258 約 104 約 高 浜 4 号 機 約 258 約 44 約 *1 平 成 23 年 福 島 第 一 第 二 原 子 力 発 電 所 事 故 を 踏 まえた 緊 急 安 全 対 策 に 係 る 実 施 状 況 報 告 書 ( 改 訂 版 )( 高 浜 発 電 所 )( 平 成 23 年 4 月 ) にて 給 電 するとした 設 備 ( 直 流 電 源 計 器 用 電 源 1 次 系 純 ほう 酸 ) *2 平 成 23 年 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 事 故 を 踏 まえたシビアアクシデトへの 対 応 に 関 する 措 置 に 係 る 実 施 状 況 報 告 書 ( 平 成 23 年 6 月 ) にて 給 電 するとした 設 備 (アニュラス 排 気 設 備 中 央 制 御 室 空 調 設 備 ) また 空 冷 式 非 常 用 発 電 装 置 は 発 電 所 構 内 にある 補 助 ボイラ 燃 料 と 非 常 用 ディゼル 発 電 機 燃 料 を 消 費 しつつ 発 電 するが 高 浜 1~4 号 機 の 各 々に 配 備 された 空 冷 式 非 常 用 発 電 装 置 が 同 時 に 燃 料 を 消 費 することを 想 定 すると 1 時 間 当 たり 約 リットルの 燃 料 が 必 要 となる 一 方 補 助 ボイラ 燃 料 タク 容 量 (60%)は 約 276m 3 非 常 用 ディゼル 発 電 機 燃 料 貯 蔵 タ ク 容 量 ( 使 用 可 能 量 )は 約 1004m 3 であるが ディゼル 消 火 が 消 費 する 重 油 約 80.0m 3 を 除 き 燃 料 が 枯 渇 する 時 間 ( 給 油 可 能 連 続 日 数 )を 約 100 日 と 評 価 している 空 冷 式 非 常 用 発 電 装 置 の 運 転 継 続 時 間 必 要 な 配 備 容 量 実 負 荷 時 の 燃 費 ラト 電 源 容 量 [kva] [L/h] [kva] 非 常 用 ディゼ 補 助 ボイラ ル 発 電 機 燃 料 貯 燃 料 タク 蔵 タク 容 量 容 量 (60%) ( 使 用 可 能 量 ) [m 3 ] [m 3 ] 高 浜 1 号 機 約 約 約 80 高 浜 2 号 機 約 約 約 80 約 約 276 高 浜 3 号 機 約 約 約 422 継 続 運 転 日 数 [ 日 ] 約 100* 高 浜 4 号 機 約 約 約 422 * 運 転 継 続 日 数 は ディゼル 消 火 が 消 費 する 重 油 を 除 いた 日 数 以 上

25 添 付 5-(4)-9 (5/5) 交 流 電 源 と 直 流 電 源 および 計 器 用 電 源 負 荷 のイメジ( 高 浜 2 号 機 の 例 ) 1825kVA 空 冷 式 非 常 用 発 電 装 置 安 全 系 母 線 ( 約 403kVA) 1 次 系 純 ア ニ ュ ラ ス 排 気 設 備 そ の 他 直 流 電 源 装 置 充 電 器 蓄 電 池 計 器 用 電 源 装 置 整 流 器 直 流 母 線 イバタ 安 全 保 護 装 置 原 子 炉 制 御 装 置 計 器 用 母 線 その 他 ( 放 射 線 監 視 装 置 など) 中 央 制 御 室 D G 励 磁 機 制 御 タ ビ 動 補 助 給 起 動 そ の 他 警 報 監 視 計 器 操 作 スイッチ 必 要 な 電 源 容 量 約 403kVA 配 備 した 空 冷 式 非 常 用 発 電 装 置 容 量 1825kVA 中 央 制 御 室 にて 監 視 可 能 な 計 器 ( 保 安 規 定 に 定 める 事 故 時 監 視 計 装 ) 1 次 冷 却 材 圧 力 温 度 / 加 圧 器 位 /ほう 酸 タク 位 / 蒸 気 ライ 圧 力 / 復 タク 位 蒸 気 発 生 器 位 / 補 助 給 流 量 / 燃 料 取 替 用 タク 位 / 格 納 容 器 位 / 格 納 容 器 内 圧 力 格 納 容 器 内 エリアモニタ/1 次 系 冷 却 タク 位 / 制 御 用 空 気 圧 力 / 安 全 注 入 流 量

26 添 付 5-(4)-10 給 機 能 と 消 防 燃 料 (ガソリ) 消 費 量 の 関 係 (2 号 機 停 止 時 ) 海 等 の 補 給 に 用 いる 消 防 の 燃 料 (ガソリ)は 発 電 所 共 有 としており 2 号 機 以 外 (1,3,4 号 機 )にも 使 用 することから 全 号 機 同 時 に 全 交 流 電 源 喪 失 が 発 生 したと 仮 定 し 発 電 所 備 蓄 ガソリの 消 費 が 早 くなる 他 号 機 の 初 期 状 態 ( 運 転 時 又 は 停 止 時 )の 組 合 せを 設 定 して 評 価 を 行 った 評 価 の 結 果 下 表 のとおり 1,3,4 号 機 が 停 止 時 の 場 合 に 発 電 所 備 蓄 ガソリの 枯 渇 は 早 くなり 約 16 日 後 に 枯 渇 することとなる 起 因 事 象 発 生 からの 日 数 1 号 機 停 止 時 2 号 機 停 止 時 1 号 機 SFP 2 号 機 SFP 既 設 タク 等 で 補 給 ( 約 14 日 間 ) 既 設 タク 等 で 補 給 ( 約 14 日 間 ) 消 防 を 用 いて 海 を 補 給 ( 約 2.2 日 間 ) 消 防 を 用 いて 海 を 補 給 ( 約 2.2 日 間 ) 高 浜 2 号 機 停 止 時 における 給 機 能 維 持 失 敗 3 号 機 停 止 時 3 号 機 SFP 既 設 タク 等 で 補 給 ( 約 9.7 日 間 ) 消 防 を 用 いて 海 を 補 給 ( 約 6.8 日 間 ) 4 号 機 停 止 時 4 号 機 SFP 既 設 タク 等 で 補 給 ( 約 9.7 日 間 ) 消 防 を 用 いて 海 を 補 給 ( 約 6.8 日 間 ) :ガソリを 消 費 しない 給 手 段 :ガソリを 消 費 する 給 手 段 燃 料 備 蓄 量 約 約 16 日 後 に 発 電 所 備 蓄 燃 料 (ガソリ)が 枯 渇 し 以 降 は 消 防 を 使 用 できない ( 参 考 )1,3,4 号 機 の 初 期 状 態 ( 運 転 時 又 は 停 止 時 )の 検 討 起 因 事 象 発 生 からの 日 数 号 機 運 転 時 1 号 機 S/G 1 号 機 SFP 既 設 タク 等 で 補 給 ( 約 15 日 間 ) 既 設 タク 等 で 補 給 ( 約 17 日 間 ) 消 防 を 用 いて 海 を 補 給 (15 日 目 以 降 ) 消 防 を 用 いて 海 を 補 給 (17 日 目 以 降 ) 1 号 機 停 止 時 1 号 機 SFP 既 設 タク 等 で 補 給 ( 約 14 日 間 ) 消 防 を 用 いて 海 を 補 給 (14 日 目 以 降 ) 1 号 機 が 停 止 時 の 方 がガソリ 消 費 は 早 い 起 因 事 象 発 生 からの 日 数 号 機 運 転 時 3 号 機 S/G 3 号 機 SFP 既 設 タク 等 で 補 給 ( 約 16 日 間 ) 既 設 タク 等 で 補 給 ( 約 16 日 間 ) 消 防 を 用 いて 海 等 を 補 給 (16 日 目 以 降 ) 消 防 を 用 いて 海 を 補 給 (16 日 目 以 降 ) 3 号 機 停 止 時 3 号 機 SFP 既 設 タク 等 で 補 給 ( 約 9.7 日 間 ) 消 防 を 用 いて 海 を 補 給 (9.7 日 目 以 降 ) 3 号 機 が 停 止 時 の 方 がガソリ 消 費 は 早 い 起 因 事 象 発 生 からの 日 数 号 機 運 転 時 4 号 機 S/G 4 号 機 SFP 既 設 タク 等 で 補 給 ( 約 16 日 間 ) 既 設 タク 等 で 補 給 ( 約 16 日 間 ) 消 防 を 用 いて 海 等 を 補 給 (16 日 目 以 降 ) 消 防 を 用 いて 海 を 補 給 (16 日 目 以 降 ) 4 号 機 停 止 時 4 号 機 SFP 既 設 タク 等 で 補 給 ( 約 9.7 日 間 ) 消 防 を 用 いて 海 を 補 給 (9.7 日 目 以 降 ) 4 号 機 が 停 止 時 の 方 がガソリ 消 費 は 早 い

27 添 付 5-(4)-11 (1/2) 設 備 強 化 対 策 で 今 後 設 置 を 計 画 している 設 備 の 効 果 添 付 4-1 に 示 す 設 備 強 化 対 策 のうち 外 部 電 源 喪 失 事 象 や 全 交 流 電 源 喪 失 事 象 に 対 して 効 果 が 期 待 できる 以 下 の 項 目 について その 効 果 を 評 価 した 1. 恒 設 非 常 用 発 電 機 の 設 置 外 部 電 源 喪 失 事 象 が 発 生 した 場 合 非 常 用 発 電 機 が 起 動 し バックアッ 電 源 として 事 象 収 束 に 必 要 な 機 器 に 電 源 を 供 給 する 非 常 用 発 電 機 の 燃 料 の 枯 渇 等 により 非 常 用 発 電 機 が 停 止 した 場 合 には 全 交 流 電 源 喪 失 事 象 に 至 るこ とになる 恒 設 非 常 用 発 電 機 は 既 設 の2 台 の 非 常 用 発 電 機 に 加 えてさらなるバックア ッ 電 源 として 機 能 することから 外 部 電 源 喪 失 から 全 交 流 電 源 喪 失 に 至 る までのバックアッ 電 源 の 継 続 時 間 が 増 えることになる ( 対 策 の 概 要 は (2/2) 参 照 )

28 添 付 5-(4)-11 (2/2) 出 典 : 平 成 23 年 福 島 第 一 第 二 原 子 力 発 電 所 事 故 を 踏 まえた 緊 急 安 全 対 策 に 係 る 実 施 状 況 報 告 書 ( 改 訂 版 )( 高 浜 発 電 所 )( 平 成 23 年 4 月 27 日 提 出 )

東京電力株式会社福島第一原子力発電所における事故を踏まえた泊発電所1号機の安全性に関する総合評価(一次評価)の結果について(報告) 添付5-(4)

東京電力株式会社福島第一原子力発電所における事故を踏まえた泊発電所1号機の安全性に関する総合評価(一次評価)の結果について(報告) 添付5-(4) 添 付 5-(4)-1 泊 発 電 所 1 号 機 電 源 構 成 概 要 図 275kV 泊 幹 線 (2 回 線 ) 275kV 後 志 幹 線 (2 回 線 ) 66kV 泊 支 線 (2 回 線 ) 主 変 圧 器 1 号 発 電 機 起 動 変 圧 器 所 内 変 圧 器 予 備 変 圧 器 6.6kV 常 用 高 圧 C 母 線 6.6kV 常 用 高 圧 D 母 線 6.6kV 非 常

More information

原 子 力 発 電 所 の 新 規 制 基 準 適 合 性 に 係 る 審 査 会 合 第 168 回 議 事 録 1. 日 時 平 成 2 6 年 12 月 4 日 ( 木 ) 10: 01~ 17: 51 2. 場 所 原 子 力 規 制 委 員 会 13 階 会 議 室 A 3. 出 席 者

原 子 力 発 電 所 の 新 規 制 基 準 適 合 性 に 係 る 審 査 会 合 第 168 回 議 事 録 1. 日 時 平 成 2 6 年 12 月 4 日 ( 木 ) 10: 01~ 17: 51 2. 場 所 原 子 力 規 制 委 員 会 13 階 会 議 室 A 3. 出 席 者 原 子 力 発 電 所 の 新 規 制 基 準 適 合 性 に 係 る 審 査 会 合 第 168 回 平 成 26 年 12 月 4 日 ( 木 ) 原 子 力 規 制 委 員 会 原 子 力 発 電 所 の 新 規 制 基 準 適 合 性 に 係 る 審 査 会 合 第 168 回 議 事 録 1. 日 時 平 成 2 6 年 12 月 4 日 ( 木 ) 10: 01~ 17: 51 2. 場

More information

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 2 8 年 3 月 2 2 日 2 7 小 市 安 第 7 5 7 号 ( 通 則 ) 第 1 条 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 と い う )の 交 付 に つ い て は 市 費 補 助 金 等 の 予 算 執 行 に 関 す る 規 則 ( 昭 和

More information

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc 国 土 交 通 省 告 示 第 三 百 十 七 号 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 ( 平 成 十 八 年 法 律 第 四 十 号 ) 及 び 自 動 車 点 検 基 準 の 一 部 を 改 正 す る 省 令 ( 平 成 十 九 年 国 土 交 通 省 令 第 十 一 号 ) の 施 行 に 伴 い 自 動 車 の 点 検 及 び 整 備 に 関 す る 手 引 の

More information

◇◆県営住宅◇◆

◇◆県営住宅◇◆ 知 っておきたい!! 住 宅 制 度 ~ 公 営 住 宅 等 を 借 りたい 貸 したい 方 へ~ ~ 融 資 を 受 けたい 方 へ~ ~ 建 物 の 改 造 改 築 を 考 えている 方 へ~ 新 座 市 都 市 整 備 部 まちづくり 計 画 課 住 宅 制 度 のご 案 内 公 営 住 宅 等 を 借 りたい 方 貸 したい 方 県 営 住 宅 1 特 定 優 良 賃 貸 住 宅 3 UR

More information

目 次 論 点 1: 炉 心 に 燃 料 が 無 い 期 間 における 体 制 について< 検 討 中 > 論 点 2: 成 立 性 確 認 訓 練 の 実 施 方 法 について 論 点 3: 原 子 炉 主 任 技 術 者 の 職 位 の 拡 大 について 論 点 4: 新 規 制 基 準 適 合

目 次 論 点 1: 炉 心 に 燃 料 が 無 い 期 間 における 体 制 について< 検 討 中 > 論 点 2: 成 立 性 確 認 訓 練 の 実 施 方 法 について 論 点 3: 原 子 炉 主 任 技 術 者 の 職 位 の 拡 大 について 論 点 4: 新 規 制 基 準 適 合 2015.8.7 R7 2015.8.18 R8 高 浜 発 電 所 原 子 炉 施 設 保 安 規 定 の 変 更 に 係 る 主 要 な 論 点 の 考 え 方 について 平 成 27 年 8 月 関 西 電 力 株 式 会 社 枠 囲 みの 範 囲 は 機 密 に 係 る 事 項 ですので 公 開 することはできません 目 次 論 点 1: 炉 心 に 燃 料 が 無 い 期 間 における 体

More information

Microsoft Word - 用語の説明.doc

Microsoft Word - 用語の説明.doc 用 語 の 解 説 1 世 帯 に 関 す る 事 項 (1 ) 二 人 以 上 の 世 帯 単 身 世 帯 こ の 調 査 で は 世 帯 を 二 人 以 上 の 世 帯 と 単 身 世 帯 と に 分 け て い る こ の 両 方 を 合 わ せ た も の を 総 世 帯 と い う 二 人 以 上 の 世 帯 と は 住 居 及 び 生 計 を 共 に し て い る 二 人 以 上 の

More information

雇用保険被保険者資格取得届(様式)編

雇用保険被保険者資格取得届(様式)編 平 成 2 8 年 3 月 1 日 第 4 版 発 行 e-gov 電 子 申 請 実 務 マ ニ ュ ア ル 香 川 県 社 会 保 険 労 務 士 会 目 次 1. 手 続 検 索 1 2. 申 請 書 の 作 成 3 3. 被 保 険 者 資 格 取 得 届 の 作 成 7 4. 提 出 代 行 証 明 書 の 添 付 8 5. 署 名 の 実 施 1 0 6. 申 請 書 の 送 信 1 1

More information

5. 4. 4 ノ イ ズ の 限 度 ノ イ ズ レ ベ ル の 測 定 は 競 技 に 先 立 っ て な る べ く 公 式 練 習 日 の 間 に 行 う こ と を 推 奨 す る ノ イ ズ レ ベ ル は ヘ リ コ プ タ ー が 直 径 2 m の サ ー ク ル の 中 心 上

5. 4. 4 ノ イ ズ の 限 度 ノ イ ズ レ ベ ル の 測 定 は 競 技 に 先 立 っ て な る べ く 公 式 練 習 日 の 間 に 行 う こ と を 推 奨 す る ノ イ ズ レ ベ ル は ヘ リ コ プ タ ー が 直 径 2 m の サ ー ク ル の 中 心 上 ( 訳 小 森 一 郎 ) 2010 F A I F 3 C 競 技 ル ー ル 2 0 1 0 年 版 ( 適 用 開 始 2010.1) 5. 4 ク ラ ス F 3 C ラ ジ オ コ ン ト ロ ー ル ヘ リ コ プ タ ー 5. 4. 1 ラ ジ オ コ ン ト ロ ー ル ヘ リ コ プ タ ー の 定 義 ヘ リ コ プ タ ー と は 名 目 的 垂 直 軸 ( 1 本 ま た は

More information

南九州市○○○施設指定管理者募集要項

南九州市○○○施設指定管理者募集要項 南 九 州 市 熊 ヶ 谷 放 牧 場 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 南 九 州 市 熊 ヶ 谷 放 牧 場 ( 以 下 放 牧 場 と い う )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は, こ の 仕 様 書 に よ る も の と する 1 趣 旨 本 仕 様 書 は, 指 定 管 理 者 が 行 う 放 牧 場 の 業 務 内 容 及 び 履 行

More information

(Microsoft Word - \203A \225\345\217W\227v\227\314 .doc)

(Microsoft Word - \203A  \225\345\217W\227v\227\314 .doc) ま ち づ く り 推 進 の た め の ア ン ケ ー ト 調 査 及 び 分 析 業 務 委 託 プ ロ ポ ー ザ ル 募 集 要 領 1 趣 旨 本 要 領 は, ま ち づ く り 推 進 の た め の ア ン ケ ー ト 調 査 及 び 分 析 業 務 委 託 の 受 託 者 を 特 定 す る た め, 企 画 提 案 型 プ ロ ポ ー ザ ル 方 式 ( 以 下 プ ロ ポ ー

More information

建 築 設 備 設 計 監 理 業 務 委 託 料 算 定 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 福 島 県 土 木 部 が 所 掌 する 建 築 物 及 びその 附 帯 施 設 ( 以 下 県 有 建 築 物 とい う )に 係 る 設 計 等 の 業 務 ( 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業

More information

はじめに 21 世 紀 の 文 京 区 の 新 しいま ち づ く り の 核 と な り 区 民 が 誇 り と 愛 着 を 持 つことができる 文 京 区 のシンボルとして 建 設 さ れ た シ ビ ッ ク セ ン タ ー は 区 民 サービス 活 動 の 一 大 拠 点 と し て ま た

はじめに 21 世 紀 の 文 京 区 の 新 しいま ち づ く り の 核 と な り 区 民 が 誇 り と 愛 着 を 持 つことができる 文 京 区 のシンボルとして 建 設 さ れ た シ ビ ッ ク セ ン タ ー は 区 民 サービス 活 動 の 一 大 拠 点 と し て ま た 文 京 シビックセンター 改 修 方 針 平 成 26 年 3 月 はじめに 21 世 紀 の 文 京 区 の 新 しいま ち づ く り の 核 と な り 区 民 が 誇 り と 愛 着 を 持 つことができる 文 京 区 のシンボルとして 建 設 さ れ た シ ビ ッ ク セ ン タ ー は 区 民 サービス 活 動 の 一 大 拠 点 と し て ま た 災 害 時 に お け る 防 災

More information

P1-25表紙

P1-25表紙 も く じ 滋 賀 県 の 財 政 1 市 町 税 の あ ら ま し 4 国 税 の あ ら ま し 4 税 金 に つ い て 5 貯 蓄 株 式 投 資 等 と 税 県 民 税 利 子 割 56 県 民 税 配 当 割 56 県 民 税 株 式 等 譲 渡 所 得 割 57 仕 事 と 税 住 民 税 8 ( 個 人 県 民 税 市 町 民 税 ) 所 得 税 22 個 人 事 業 税 25

More information

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月 青 警 組 8 5 4 8 月 3 0 属 長 殿 青 森 警 察 本 長 布 4 53 180 回 本 8 月 1 別 添 1 新 旧 照 文 別 添 布 ろ 概 遺 憾 1 運 留 意 別 途 示 市 民 活 危 険 整 備 1 抗 争 危 険 措 置 1 抗 争 発 抗 争 凶 器 身 体 危 害 加 方 抗 争 更 様 危 害 加 3 月 期 間 警 戒 域 抗 争 抗 争 15 抗 争 警

More information

22 610407487 ロ ペ ミ ッ ク 小 児 用 0. 0 5 % 2319001C1072 23 610412059 ゲ シ ン L 錠 5 0 m g 2478001G1046 24 610412105 ソ レ ル モ ン S R カ プ セ ル 3 7. 5 m g 1147002N1

22 610407487 ロ ペ ミ ッ ク 小 児 用 0. 0 5 % 2319001C1072 23 610412059 ゲ シ ン L 錠 5 0 m g 2478001G1046 24 610412105 ソ レ ル モ ン S R カ プ セ ル 3 7. 5 m g 1147002N1 お 知 ら せ ( 薬 ) 0 0 5 平 成 2 0 年 8 月 2 9 日 医 薬 品 マ ス タ ー の 改 定 に つ い て 今 般 下 記 の と お り 医 薬 品 マ ス タ ー を 改 定 し ま し た の で お 知 ら せ し ま す 記 次 の 医 薬 品 に つ い て は 平 成 2 0 年 3 月 5 日 付 け 厚 生 労 働 省 告 示 第 7 2 号 に 基 づ

More information

Microsoft Word - 【第3班】研究報告書.doc

Microsoft Word - 【第3班】研究報告書.doc 茨 城 県 域 に お け る 自 治 体 職 員 情 報 共 有 シ ス テ ム の 構 築 ~ つ な が っ ぺ! い ば ら き ~ 平 成 2 4 年 度 行 政 課 題 研 究 講 座 第 3 班 笠 間 市 行 政 経 営 課 主 事 石 塚 貴 則 筑 西 市 生 涯 学 習 課 主 事 齋 川 亮 つ く ば み ら い 市 税 務 課 主 事 井 砂 浩 次 茨 城 県 企 業

More information

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当 四 日 市 港 ポートビル 自 家 用 電 気 工 作 物 保 安 管 理 業 務 仕 様 書 1 目 的 本 仕 様 書 は 委 託 者 ( 以 下 甲 という )が 設 置 した 自 家 用 電 気 工 作 物 の 保 安 管 理 業 務 に 係 わる 委 託 契 約 の 内 容 について 当 該 業 務 のみを 内 容 とし 統 一 的 な 解 釈 及 び 運 用 を 図 るととも に その

More information

もくじ 1. 概 要 1 2. 作 成 で き る 帳 票 ( 付 は 新 帳 票 ) 2 3. 所 得 税 の 達 人 の 起 動 方 法 4 3-1. 最 新 年 度 版 の 起 動 4 3-2. 過 年 度 版 の 起 動 4 4. 関 与 先 割 付 手 順 5 4-1. 翌 機 繰 越 と

もくじ 1. 概 要 1 2. 作 成 で き る 帳 票 ( 付 は 新 帳 票 ) 2 3. 所 得 税 の 達 人 の 起 動 方 法 4 3-1. 最 新 年 度 版 の 起 動 4 3-2. 過 年 度 版 の 起 動 4 4. 関 与 先 割 付 手 順 5 4-1. 翌 機 繰 越 と 達 人 シ ス テ ム 所 得 税 の 達 人 平 成 26 年 版 東 京 地 方 税 理 士 会 デ ー タ 通 信 協 同 組 合 2015/1/30 もくじ 1. 概 要 1 2. 作 成 で き る 帳 票 ( 付 は 新 帳 票 ) 2 3. 所 得 税 の 達 人 の 起 動 方 法 4 3-1. 最 新 年 度 版 の 起 動 4 3-2. 過 年 度 版 の 起 動 4 4. 関

More information

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科 06. 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 Ⅰ 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 の 教 育 目 標 と 特 徴 06-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 06-4 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 06-4 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 06-6 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 06-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 06-10 分 析

More information

イ ン チ ー ザ ヴ ィ チ ェ ン ツ ァ ヴ ィ ッ ロ ル バ ( ト レ ビ ゾ 近 郊 ) ヴ ィ ン チ ヴ ェ ル バ ニ ア ヴ ェ ロ ー ナ エ リ チ ェ カ タ ー ニ ャ ( 3 月 ~ 1 0 月 ) ( 1 1 月 ~ 2 月 ) 5 0 ユ ー ロ 以 上 介 護

イ ン チ ー ザ ヴ ィ チ ェ ン ツ ァ ヴ ィ ッ ロ ル バ ( ト レ ビ ゾ 近 郊 ) ヴ ィ ン チ ヴ ェ ル バ ニ ア ヴ ェ ロ ー ナ エ リ チ ェ カ タ ー ニ ャ ( 3 月 ~ 1 0 月 ) ( 1 1 月 ~ 2 月 ) 5 0 ユ ー ロ 以 上 介 護 イタリア 各 都 市 における 滞 在 税 ( 宿 泊 税 )の に 関 して 平 素 は 格 別 の お 引 き 立 て を 賜 り 誠 に 有 難 う ご ざ い ま す こ の 度 2 0 1 1 年 1 月 1 日 よ り ロ ー マ に お い て ご 宿 泊 の お 客 様 を 対 象 に 滞 在 寄 付 金 ( C o n t r i b u t o d i S o g g i o r

More information

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万 第 6 章 子 育 て 支 援 課 1 児 童 福 祉 (1) 概 要 少 子 化 や 核 家 族 化 が 進 み 在 宅 で 子 育 て を 行 う 親 等 の 育 児 不 安 や 孤 立 感 が 増 大 し ま た 地 域 社 会 と の つ な が り が 希 薄 化 す る な ど 子 育 て に 不 安 や 負 担 を 感 じ て い る 親 が 多 く な っ て い ま す こ う し

More information

目 次 は じ め に 地 球 環 境 の 保 全 と 平 成 3 0 年 長 野 広 域 新 ご み 焼 却 施 設 稼 働 に 向 け た 取 り 組 み 1 Ⅰ G30プランと は 2 1 可 燃 ご み の 減 量 2 ( 1 ) 目 標 年 2 ( 2 ) 減 量 目 標 量 2 ( 3

目 次 は じ め に 地 球 環 境 の 保 全 と 平 成 3 0 年 長 野 広 域 新 ご み 焼 却 施 設 稼 働 に 向 け た 取 り 組 み 1 Ⅰ G30プランと は 2 1 可 燃 ご み の 減 量 2 ( 1 ) 目 標 年 2 ( 2 ) 減 量 目 標 量 2 ( 3 待 ったなし! 飯 綱 町 ごみ 減 量 化 計 画 (いいづなG30プラン) 平 成 26 年 11 月 飯 綱 町 目 次 は じ め に 地 球 環 境 の 保 全 と 平 成 3 0 年 長 野 広 域 新 ご み 焼 却 施 設 稼 働 に 向 け た 取 り 組 み 1 Ⅰ G30プランと は 2 1 可 燃 ご み の 減 量 2 ( 1 ) 目 標 年 2 ( 2 ) 減 量 目 標

More information

1 検 討 経 過 及 び 目 的 について 平 成 2 4 年 12 月 に 調 布 市 立 小 学 校 で 発 生 し た 食 物 レ ル ギ ー 死 亡 事 故 を 踏 まえ, 調 布 市 で は, 食 物 レ ル ギ ー 事 故 の 再 発 防 止 に 向 け て 調 布 市 食 物 レルギ

1 検 討 経 過 及 び 目 的 について 平 成 2 4 年 12 月 に 調 布 市 立 小 学 校 で 発 生 し た 食 物 レ ル ギ ー 死 亡 事 故 を 踏 まえ, 調 布 市 で は, 食 物 レ ル ギ ー 事 故 の 再 発 防 止 に 向 け て 調 布 市 食 物 レルギ 福 祉 健 康 部 食 物 レルギー 対 策 ワーキングチーム 検 討 結 果 報 告 書 福 祉 健 康 部 食 物 レルギー 対 策 ワーキングチーム 平 成 26 年 3 月 1 検 討 経 過 及 び 目 的 について 平 成 2 4 年 12 月 に 調 布 市 立 小 学 校 で 発 生 し た 食 物 レ ル ギ ー 死 亡 事 故 を 踏 まえ, 調 布 市 で は, 食 物 レ ル

More information

平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務 単 価 という )は 農 林 水 産 省 及 び 国 土 交

平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務 単 価 という )は 農 林 水 産 省 及 び 国 土 交 平 成 2 8 年 2 月 か ら 適 用 す る 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 表 平 成 2 8 年 1 月 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務

More information

電子マネーと企業ポイントの新たな交換システムの構築

電子マネーと企業ポイントの新たな交換システムの構築 優 秀 賞 電 子 マネーと 企 業 ポイントの 新 たな 交 換 システムの 構 築 明 治 大 学 商 学 部 角 野 充 笹 島 康 平 末 吉 紘 季 鈴 木 奈 穂 美 ( 応 募 論 文 の 要 約 ) 近 年 様 々 な 電 子 マ ネ ー や 企 業 ポ イ ン ト が 登 場 し て き て い る が そ れ ら 相 互 間 で の 交 換 性 に は 強 い 制 約 が あ る

More information

TRIレポート第170号

TRIレポート第170号 メディア 情 報 工 作 全 開 総 選 挙 後 日 本 の 不 安 禁 複 写 金 利 為 替 株 価 特 報 ( 2012 年 12 月 14 日 号 )170 < 目 次 > 1. 概 観 公 共 事 業 バ ラ マ キ 金 融 緩 和 強 制 の 連 想 ゲ ー ム 2. 政 局 メ デ ィ ア 情 報 工 作 は 何 を 目 的 に 動 い た か 3. 政 策 行 き は よ い よ い

More information

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378>

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378> 1 2 じ 夢 マ イ ホ ム 家 放 2 0 0 9 年 度 急 増 ゆ 破 綻 破 綻 招 大 要 因 2 0 0 8 年 秋 始 世 界 大 況 倒 ラ 家 働 激 減 貯 切 崩 消 ろ じ ず 始 シ ナ オ 見 全 国 調 査 銀 強 制 裁 判 戸 建 マ シ ョ 急 増 3 苦 全 国 多 ゃ ょ 家 失 離 婚 自 己 破 少 負 連 鎖 見 聞 び 心 痛 み 避 生 再 タ 苦

More information

目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 損 益 計 算 書 3 7. 指 定 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 個 別 注 記 表 4 8. 附 帯 事 業 損 益 明 細 表 固 定 資 産

目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 損 益 計 算 書 3 7. 指 定 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 個 別 注 記 表 4 8. 附 帯 事 業 損 益 明 細 表 固 定 資 産 電 気 通 信 役 務 に 関 する 収 支 の 状 況 その 他 会 計 に 関 する 事 項 ( 電 気 通 信 事 業 法 第 30 条 第 5 項 による) 第 16 期 平 成 2 6 年 4 月 1 日 から 平 成 2 7 年 3 月 31 日 まで 西 日 本 電 信 電 話 株 式 会 社 目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明

More information

jouhoukyouikubukai

jouhoukyouikubukai 情 報 教 育 部 会 の 取 組 に つ い て 1 は じ め に 旧 各 市 町 で 推 進 し て き た 情 報 教 育 に つ い て の 調 査 研 究 を 行 い 新 生 栃 木 市 の 情 報 教 育 の 方 向 性 を 検 討 す る と と も に 新 規 導 入 情 報 機 器 の 使 用 法 に つ い て の 周 知 を 図 り 各 学 校 で の 効 果 的 な 活 用

More information

Taro-平成27年度事業計画.jtd

Taro-平成27年度事業計画.jtd 平 成 2 7 年 度 事 業 計 画 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 平 成 2 7 年 度 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 事 業 計 画 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 に 関 す る 事 業 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 児 童 青 少 年 の 健 全 育 成 勤 労 者 の 福 祉 の 増 進 及 び

More information

柏市防犯灯LED化事業

柏市防犯灯LED化事業 柏 市 防 犯 灯 LED 化 リース 事 業 募 集 要 領 平 成 27 年 4 柏 市 1 募 集 目 的 本 市 の 防 犯 灯 は, 町 会 自 治 会 区 等 ( 以 下 町 会 等 と い う ) が 維 持 管 理 を し て お り, 平 成 2 6 年 度 末 時 点 で は, 約 3 3, 0 0 0 灯 設 置 さ れ て い る 本 市 は, 省 エ ネ 対 策 や 電 気

More information

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464>

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464> 災 害 発 生 後 における 児 童 生 徒 の 健 康 管 理 の 手 引 き 北 海 道 教 育 庁 学 校 教 育 局 健 康 体 育 課 ま え が き こ の た び の 東 日 本 大 震 災 で は 児 童 生 徒 を 含 む 多 く の 尊 い 命 が 失 わ れ 現 在 も 安 否 が 不 明 な 方 や 被 災 さ れ 避 難 所 等 で の 生 活 を 余 儀 な く さ れ

More information

の た め 委 託 事 業 者 の 選 定 に あ た っ て は こ れ ら C M 業 務 の 遂 行 能 力 及 び 業 務 実 績 に つ い て も 本 業 務 の 審 査 項 目 と し て 重 視 す る も の と す る 3 参 加 資 格 提 案 書 を 提 出 す る も の(

の た め 委 託 事 業 者 の 選 定 に あ た っ て は こ れ ら C M 業 務 の 遂 行 能 力 及 び 業 務 実 績 に つ い て も 本 業 務 の 審 査 項 目 と し て 重 視 す る も の と す る 3 参 加 資 格 提 案 書 を 提 出 す る も の( 三 田 市 民 病 院 増 築 及 び 改 修 工 事 基 本 構 想 等 策 定 支 援 業 務 委 託 に 係 る 公 募 型 プ ロポーザル 実 施 要 領 1 趣 旨 こ の 実 施 要 領 は 三 田 市 民 病 院 増 築 及 び 改 修 工 事 基 本 構 想 等 策 定 支 援 業 務 ( 以 下 本 業 務 と い う ) の 委 託 事 業 者 を 公 募 型 プ ロ ポ ー ザ

More information

附 則 この 規 程 は 平 成 25 年 7 月 8 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 7 月 9 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 8 月 6 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 11 月 12

附 則 この 規 程 は 平 成 25 年 7 月 8 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 7 月 9 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 8 月 6 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 11 月 12 制 定 平 成 25 年 6 月 19 日 原 規 技 発 第 1306194 号 原 子 力 規 制 委 員 会 決 定 改 正 平 成 26 年 7 月 9 日 原 規 技 発 第 1407092 号 原 子 力 規 制 委 員 会 決 定 改 正 平 成 26 年 8 月 6 日 原 規 技 発 第 1408062 号 原 子 力 規 制 委 員 会 決 定 改 正 平 成 26 年 11 月

More information

浜 3 4 号 機 の 審 査 状 況 について 1 新 規 制 基 準 施 に 伴 う 審 査 状 況 T3 4 (H25.7.8) 申 請 T3 4 T3 4 (H25.7.8)(H25.8.5) 追 加 申 申 請 請 1 原 炉 設 置 変 更 許 可 申 請 の 審 査 補 正 1 1:H

浜 3 4 号 機 の 審 査 状 況 について 1 新 規 制 基 準 施 に 伴 う 審 査 状 況 T3 4 (H25.7.8) 申 請 T3 4 T3 4 (H25.7.8)(H25.8.5) 追 加 申 申 請 請 1 原 炉 設 置 変 更 許 可 申 請 の 審 査 補 正 1 1:H 資 料 No.1-1 高 浜 発 電 所 3 4 号 機 工 事 計 画 の 概 要 について 平 成 27 年 9 月 3 日 関 西 電 力 株 式 会 社 浜 3 4 号 機 の 審 査 状 況 について 1 新 規 制 基 準 施 に 伴 う 審 査 状 況 T3 4 (H25.7.8) 申 請 T3 4 T3 4 (H25.7.8)(H25.8.5) 追 加 申 申 請 請 1 原 炉 設

More information

Taro-学校だより学力調査号.jtd

Taro-学校だより学力調査号.jtd 第 5 号 ( H2 7. 1 1. 1 7 ) 舞 鶴 小 学 校 ま い づ る 発 行 人 大 澤 正 史 本 校 の 学 習 状 況 に つ い て ( 今 年 度 6 年 生 が 実 施 し た 全 国 学 力 学 習 状 況 調 査 の 結 果 ) 今 年 度 の 全 国 学 A1 2007 年 よ り 日 本 全 国 の 小 中 学 校 の 最 高 学 年 ( 小 学 6 年 力 学

More information

委託契約書

委託契約書 業 務 委 託 仕 様 書 第 章 総 則 ( 目 的 ) 第 条 この 仕 様 書 は 焼 津 市 水 道 部 ( 以 下 委 託 者 という )が 管 理 する 配 水 場 及 び 水 源 井 戸 導 水 送 水 施 設 ポンプ 所 調 整 池 の 各 施 設 ( 以 下 配 水 場 等 という )の 設 備 及 び 装 置 等 の 運 転 管 理 及 び 維 持 管 理 業 務 ( 以 下 本

More information

1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 について 決 定 した 都 道 府 県 別 職 種 別 の 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 一 覧 を 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 に 示 す

1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 について 決 定 した 都 道 府 県 別 職 種 別 の 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 一 覧 を 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 に 示 す 平 成 28 年 1 月 20 日 土 地 建 設 産 業 局 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 について 農 林 水 産 省 及 び 国 土 交 通 省 が 平 成 27 年 10 月 に 実 施 した 公 共 事 業 労 務 費 調 査 に 基 づき 平 成 28 年 2 月 からの 公 共 工 事 の 工 事 費 の 積 算 に 用 いるための

More information

永田3.indd

永田3.indd 状 77 状 共 要 衰 退 食 止 可 能 永 尚 西 社 准 教 授 じ 要 住 近 高 齢 減 少 平 八 点 九 七 万 平 八 七 万 減 少 背 景 都 コ ミ ニ ィ 崩 壊 モ リ ゼ シ ョ 発 達 農 若 近 隣 都 昼 働 社 環 境 変 解 決 困 難 総 省 庁 女 増 能 別 能 別 創 ハ ド 下 げ 増 試 根 解 決 繋 78 状 況 追 打 ち 東 震 東 震 被

More information

3 会 場 使 用 費 の 支 払 い 大 会 当 日, 会 場 使 用 費 を 各 学 校 ご と に ま と め て 大 会 本 部 に 納 め る 4 各 地 区 主 任 に よ る 手 続 き 各 地 区 主 任 は, 参 加 校 分 の 大 会 申 込 書 地 区 大 会 結 果 を 代

3 会 場 使 用 費 の 支 払 い 大 会 当 日, 会 場 使 用 費 を 各 学 校 ご と に ま と め て 大 会 本 部 に 納 め る 4 各 地 区 主 任 に よ る 手 続 き 各 地 区 主 任 は, 参 加 校 分 の 大 会 申 込 書 地 区 大 会 結 果 を 代 平 成 2 8 年 度 栃 木 県 中 学 校 春 季 体 育 大 会 水 競 技 大 会 要 項 1. 日 時 7 月 8 日 ( 金 ) 9 日 ( 土 ) 雨 天 決 行 8 時 1 0 分 受 付 完 了 ( 学 校 受 付 及 び 競 技 役 員 受 付 ) 2. 会 場 栃 木 県 立 温 水 プ ー ル 館 3. 参 加 資 格 栃 木 県 中 学 校 体 育 連 盟 の 学 校 に

More information

平成27年度 教育行政執行方針

平成27年度 教育行政執行方針 平 成 2 8 年 度 教 育 行 政 執 行 方 針 Ⅰ はじめに 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 の 開 会 に あ た り 名 寄 市 教 育 委 員 会 の 教 育 行 政 の 執 行 に 関 す る 基 本 的 な 方 針 に つ い て 申 し 上 げ ま す 現 在 国 に お い て は 第 2 期 教 育 振 興 基 本 計 画 の も と 教 育 改 革 を 着 実 に

More information

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ 特 集 緑 の カ ー テ ン 最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ っ た り と 張 り 付 い て 競 い 合 う よ う に 天

More information

Microsoft Word - 養生学研究投稿規定(改)

Microsoft Word - 養生学研究投稿規定(改) よ う せ い 養 生 学 研 究 投 稿 規 定 2000 年 3 月 11 日 施 行 2006 年 5 月 01 日 改 正 1. 養 生 学 研 究 ( 以 下 本 誌 と い う ) の 編 集 及 び 発 行 に 関 し て は こ の 規 定 の 定 め る と こ ろ に よ る. 2. 投 稿 資 格 本 誌 に 原 稿 を 投 稿 で き る 筆 頭 著 者 は, 原 則 と し

More information

島 根 大 学 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 法 文 学 部 は, 尐 子 高 齢 化 過 疎 化 が 深 刻 な 問 題 と な る 一 方, 豊 か な 自 然 や 文 化 を 有 し て い る 山 陰 地 域 唯 一 の 人 文 科 学 社 会 科 学

島 根 大 学 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 法 文 学 部 は, 尐 子 高 齢 化 過 疎 化 が 深 刻 な 問 題 と な る 一 方, 豊 か な 自 然 や 文 化 を 有 し て い る 山 陰 地 域 唯 一 の 人 文 科 学 社 会 科 学 島 根 大 学 法 文 学 部 1. 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 1-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 1-4 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 1-4 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 1-6 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 1-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 1-10 分 析 項 目 Ⅴ 進 路 就 職 の

More information

・モニター広告運営事業仕様書

・モニター広告運営事業仕様書 秋 田 市 新 庁 舎 動 画 広 告 放 映 事 業 仕 様 書 1 目 的 多 く の 市 民 の 目 に 触 れ る 市 役 所 の 特 性 を 活 か し 映 像 や 音 声 を 活 用 し た モ ニ タ ー に よ る 動 画 広 告 を 新 庁 舎 内 に 導 入 し 新 庁 舎 の 主 要 機 能 の 一 つ で あ る 情 報 発 信 拠 点 と し て の 役 割 を 果 た す

More information

第1回

第1回 やすだ 社 会 学 研 究 法 a( 2015 年 度 春 学 期 担 当 : 保 田 ) 基 礎 分 析 ( 1): 一 変 量 / 二 変 量 の 分 析 SPSSの 基 礎 テ キ ス ト pp.1-29 pp.255-257 デ ー タ の 入 力 [ デ ー タ ビ ュ ー ] で Excelの よ う に 直 接 入 力 で き る [ 変 数 ビ ュ ー ] で 変 数 の 情 報 を

More information

平成14年度財団法人武蔵野市福祉公社事業報告

平成14年度財団法人武蔵野市福祉公社事業報告 平 成 6 年 度 事 業 計 画 書 公 益 財 団 法 人 武 蔵 野 市 福 祉 公 社 目 次 Ⅰ 平 成 6 年 度 運 営 方 針 ( 重 点 項 目 ) 1 中 長 期 事 業 計 画 及 び 財 政 健 全 化 計 画 の 策 定 有 償 在 宅 福 祉 サ ー ビ ス と 権 利 擁 護 事 業 の 事 業 変 更 及 び 体 制 整 備 Ⅱ 本 部 事 業 有 償 在 宅 福 祉

More information

地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀 行 と は P4 第 二 節 : 地 方 証 券 会 社 と は P4 第 二 章 現 在 の 地 方

地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀 行 と は P4 第 二 節 : 地 方 証 券 会 社 と は P4 第 二 章 現 在 の 地 方 平 成 23 年 度 春 季 セ ミ ナー 大 会 地 域 金 融 機 関 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 1 2 文 責 者 日 本 大 学 経 済 学 部 証 券 研 究 会 1 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀

More information

はじめに 2 1 世 紀 は 生 命 科 学 ( ラ イ フ サ イ エ ン ス ) の 時 代 と も い わ れ て お り 近 年 の ラ イ フ サ イ エ ン ス 研 究 の 発 展 に は 目 覚 ま し い も の が あ り ま す 我 が 国 に お い て も 2 0 0 7 年

はじめに 2 1 世 紀 は 生 命 科 学 ( ラ イ フ サ イ エ ン ス ) の 時 代 と も い わ れ て お り 近 年 の ラ イ フ サ イ エ ン ス 研 究 の 発 展 に は 目 覚 ま し い も の が あ り ま す 我 が 国 に お い て も 2 0 0 7 年 はじめに 2 1 世 紀 は 生 命 科 学 ( ラ イ フ サ イ エ ン ス ) の 時 代 と も い わ れ て お り 近 年 の ラ イ フ サ イ エ ン ス 研 究 の 発 展 に は 目 覚 ま し い も の が あ り ま す 我 が 国 に お い て も 2 0 0 7 年 の i P S 細 胞 の 作 製 法 発 な ど 画 期 的 な 研 究 成 果 が 次 々 と

More information

平 成 2 3 年 度 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 東 海 市 立 富 木 島 中 学 校 長 谷 川 敦 史 本 年 度 の 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 は, 8 月 6 日 ( 土 ) 武 豊 町 民 会 館 ( ゆ め た ろ う プ ラ ザ )

平 成 2 3 年 度 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 東 海 市 立 富 木 島 中 学 校 長 谷 川 敦 史 本 年 度 の 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 は, 8 月 6 日 ( 土 ) 武 豊 町 民 会 館 ( ゆ め た ろ う プ ラ ザ ) 知 多 理 科 同 好 会 広 報 部 会 報 第 29 号 平 成 23 年 11 月 18 日 流 星 今 か ら 1 0 年 前, 2 0 0 1 年 1 1 月 小 学 生 2 年 生 の 息 子 と と も に 夜 中 に 起 き 出 し て, 庭 に シ ー ト を 引 き, 東 の 空 を 見 て い た こ と が あ り ま す 一 つ の 寝 袋 に 二 人 で 潜 り 込 ん

More information

19 610406260 フ ェ ネ ル ミ ン 錠 鉄 5 0 m g 3222013F1068 20 610406267 プ リ ン ド リ ル 細 粒 1 % 1179028C1031 21 610406339 リ ザ ス ト 錠 3 m g 4420001F1040 22 610406350

19 610406260 フ ェ ネ ル ミ ン 錠 鉄 5 0 m g 3222013F1068 20 610406267 プ リ ン ド リ ル 細 粒 1 % 1179028C1031 21 610406339 リ ザ ス ト 錠 3 m g 4420001F1040 22 610406350 お 知 ら せ ( 薬 ) 0 0 9 平 成 2 1 年 3 月 3 1 日 医 薬 品 マ ス タ ー の 改 定 に つ い て 今 般 下 記 の と お り 医 薬 品 マ ス タ ー を 改 定 し ま し た の で お 知 ら せ し ま す 記 次 の 医 薬 品 に つ い て は 平 成 2 0 年 3 月 5 日 付 け 厚 生 労 働 省 告 示 第 7 2 号 に 基 づ

More information

人見知りを克服する方法

人見知りを克服する方法 - 1 著 作 権 に つ い て 本 教 材 の 著 作 権 は 発 行 者 に あ り ま す 発 行 者 の 書 面 に よ る 事 前 許 可 無 く 本 教 材 の 一 部 ま た は 全 部 を あ ら ゆ る デ ー タ 蓄 積 手 段 ( 印 刷 物 電 子 フ ァ イ ル な ど ) に よ り 複 製 流 用 お よ び 転 売 ( オ ー ク シ ョ ン 含 む ) す る こ

More information

2 シ ス テ ム が 2 4 時 間 3 6 5 日 安 定 的 に 稼 働 す る 機 材 と 設 置 環 境 を 整 え る こ と ( 2 ) ソ フ ト ウ ェ ア 1 既 に 導 入 実 績 の あ る CMS で あ る こ と 2 Windows7(Windows IE1 1 ) で

2 シ ス テ ム が 2 4 時 間 3 6 5 日 安 定 的 に 稼 働 す る 機 材 と 設 置 環 境 を 整 え る こ と ( 2 ) ソ フ ト ウ ェ ア 1 既 に 導 入 実 績 の あ る CMS で あ る こ と 2 Windows7(Windows IE1 1 ) で 結 の 故 郷 匠 の 技 体 験 観 光 事 業 ウ ェ ブ サ イ ト 構 築 保 守 管 理 業 務 仕 様 書 1. 業 務 名 結 の 故 郷 匠 の 技 体 験 観 光 事 業 ウ ェ ブ サ イ ト 構 築 保 守 管 理 業 務 2. 目 的 こ の 業 務 は 越 前 お お の 雇 用 創 造 推 進 協 議 会 ( 以 下 協 議 会 と い う )が 実 施 す る 実 践

More information

『環境元年』施策

『環境元年』施策 平 成 26 年 度 予 算 主 要 事 業 抜 粋 単 位 千 円 印 は 新 規 事 業 基 本 目 標 1 魅 力 と 活 力 にあふれるにぎわいのあるまちづくり 観 光 宣 伝 対 策 事 業 イ ン タ ー ネ ッ ト を 活 用 し た 誘 客 宣 伝 パ ン フ レ ッ ト な ど の 印 刷 ポ ス タ ー 観 光 宣 伝 箱 根 駅 伝 で の 誘 客 キ ャ ラ バ ン の 委

More information

7 9 8 6 5 9 8 7 6 5 章 9 G 6 8 7 5 6 9 8 7 6 5 5 内 装 工 塗 装 工 建 具 工 左 官 工 金 属 工 木 工 石 工 防 水 工 鉄 骨 工 コ ン ク リ ー ト 工 鉄 筋 工 ユ ニ ッ ト 及 び そ の 他 の 工 カ ー テ ン ウ

7 9 8 6 5 9 8 7 6 5 章 9 G 6 8 7 5 6 9 8 7 6 5 5 内 装 工 塗 装 工 建 具 工 左 官 工 金 属 工 木 工 石 工 防 水 工 鉄 骨 工 コ ン ク リ ー ト 工 鉄 筋 工 ユ ニ ッ ト 及 び そ の 他 の 工 カ ー テ ン ウ 日 向 市 学 校 給 食 共 同 調 理 場 建 設 業 設 計 図 ( 調 理 棟 建 設 工 ) 図 面 目 録 図 書 NO. 図 番 採 用 工 区 採 用 工 区 採 用 工 区 採 用 工 区 図 名 図 番 図 名 図 番 図 名 図 番 図 名 A-0-0 -0-0 -05-06 -07-08 -09-0 - - - - -5-6 -7-8 -9-0 - - - - -5-6 -7-8

More information

x 別 驚 ず 正 確 何 ひ ち 販 売 終 財 サ ビ 流 フ 得 有 用 質 ネ ギ サ ブ シ テ ム 産 費 廃 棄 吸 収 装 置 ふ び 取 込 謝 流 ノ 注 近 無 視 規 模 関 無 数 恩 恵 与 活 枯 渇 源 再 排 廃 棄 吸 収 サ 謝 流 規 模 答 重 指 標 サ

x 別 驚 ず 正 確 何 ひ ち 販 売 終 財 サ ビ 流 フ 得 有 用 質 ネ ギ サ ブ シ テ ム 産 費 廃 棄 吸 収 装 置 ふ び 取 込 謝 流 ノ 注 近 無 視 規 模 関 無 数 恩 恵 与 活 枯 渇 源 再 排 廃 棄 吸 収 サ 謝 流 規 模 答 重 指 標 サ ix 序 ハ E 序 ケ ネ ボ ィ み 述! 基 公 ノ 皆 訊 a 正 確 何 b 在 c d 優 先 事 項 考 教 科 扱 ず 思 際 b c d 三 扱 ず a 満 足 答 示 欠 落 埋 貢 献 昔 者 ち 外 言 事 鑑 み 報 告 政 府 格 x 別 驚 ず 正 確 何 ひ ち 販 売 終 財 サ ビ 流 フ 得 有 用 質 ネ ギ サ ブ シ テ ム 産 費 廃 棄 吸 収 装 置

More information

消防法等施行細則(H26.8.1改正後HP掲載用全文)

消防法等施行細則(H26.8.1改正後HP掲載用全文) 消 防 法 等 施 行 細 則 昭 和 48 年 7 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 1 号 改 正 昭 和 50 年 4 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 2 号 昭 和 55 年 5 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 1 号 昭 和 59 年 4 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 2 号 平 成 2 年 5 月 23 日 消 防 組 合 規 則 第 1 号 平 成 4

More information

開議           (9時45分)

開議           (9時45分) 松 下 議 長 通 告 7 番 目 15 番 増 田 浩 二 議 員 一 問 一 答 方 式 で 質 問 願 い ま す 増 田 浩 二 議 員 増 田 議 員 15 番 増 田 浩 二 議 長 の 許 可 を 得 ま し た の で 一 般 質 問 を 行 い ま す 今 議 会 は 平 和 行 政 に つ い て 大 池 公 園 の 整 備 公 共 施 設 の 考 え 方 と 投 票 所 に つ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090568A838CA79286897A926E906B8DD08A518FF38BB595FA91978C8083568369838A83498A818BE0874020323031303231322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090568A838CA79286897A926E906B8DD08A518FF38BB595FA91978C8083568369838A83498A818BE0874020323031303231322E646F63> 越 放 送 劇 編 1 二 〇 〇 九 年 〇 月 八 曜 午 七 源 越 規 模 グ ニ ュ 八 度 強 最 セ 温 約 度 課 直 内 可 秋 休 午 八 ご 岡 市 直 下 型 度 強 宅 奥 居 娘 ベ 担 達 協 力 乗 切 第 1 登 物 メ 立 父 娘 妻 炊 ツ 足 不 由 寝 主 最 高 責 任 A 第 B C 暮 老 斎 藤 解 説 毎 共 独 立 政 法 科 技 術 研 究 主

More information

日程第3号・一般質問・一覧表

日程第3号・一般質問・一覧表 3 月 定 例 会 一 般 質 問 予 定 者 一 覧 平 成 28 年 3 月 4 日 ( 金 ) 午 前 10 時 開 議 日 程 第 1. 一 般 質 問 質 問 順 位 1 藤 村 郁 人 議 員 1. 火 葬 場 共 同 整 備 方 針 の 町 民 説 明 会 の 開 催 を (1) 火 葬 炉 の 必 要 数 が 予 備 を 含 め て 4 基 と し た 根 拠 は (2) 平 成 25

More information

必 要 な 場 合 には 保 安 業 務 の 従 事 者 に 対 して 指 示 することが 想 定 される こうした 職 務 の 実 効 性 を 確 保 する 観 点 から モデル 保 安 業 務 規 程 第 3 条 第 2 項 では 保 安 業 務 監 督 者 に 業 務 を 統 括 管 理 する

必 要 な 場 合 には 保 安 業 務 の 従 事 者 に 対 して 指 示 することが 想 定 される こうした 職 務 の 実 効 性 を 確 保 する 観 点 から モデル 保 安 業 務 規 程 第 3 条 第 2 項 では 保 安 業 務 監 督 者 に 業 務 を 統 括 管 理 する 資 料 4-4 ガス 小 売 事 業 者 が 保 安 業 務 規 程 を 定 める 際 の 留 意 点 1. 総 論 平 成 28 年 5 月 経 済 産 業 省 ガス 安 全 室 モデル 保 安 業 務 規 程 は ガス 事 業 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 51 号 ) 第 160 条 第 1 項 の 規 定 により ガス 小 売 事 業 者 が 保 安 業 務 規 程 を 作 成 するに

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208742208CBB8BB55F8CA48B865F33335F30315F90AD8DF48CA48B8691E58A77894091E58A775F90AD8DF48CA48B8689C82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208742208CBB8BB55F8CA48B865F33335F30315F90AD8DF48CA48B8691E58A77894091E58A775F90AD8DF48CA48B8689C82E646F63> 学 部 研 究 科 等 の 現 況 調 査 表 研 究 平 成 20 年 6 月 政 策 研 究 大 学 院 大 学 目 次 1. 政 策 研 究 科 1-1 政 策 研 究 大 学 院 大 学 政 策 研 究 科 1. 政 策 研 究 科 Ⅰ 政 策 研 究 科 の 研 究 目 的 と 特 徴 1-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 1-3 分 析 項 目 Ⅰ 研 究 活 動 の

More information

Microsoft Word - 第3回模擬問題.doc

Microsoft Word - 第3回模擬問題.doc 第 3 種 電 力 第 2 回 A 問 題 ( 配 点 は1 問 題 当 たり5 点 ) 問 1 最 大 使 用 水 量 20[m 3 /s], 総 落 差 110[m], 損 失 落 差 10[m]の 水 力 発 電 所 がある. 年 平 均 使 用 水 量 を 最 大 使 用 水 量 の65[%]とするとき,この 発 電 所 の 年 間 発 電 電 力 量 [GWh]の 値 として, 最 も 近

More information

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意 1 概 最 新 動 向 向 井 治 紀 じ 御 紹 介 向 井 ざ 私 財 省 身 ぼ 五 前 主 党 権 時 代 担 ウ 以 担 財 省 超 ロ グ 有 名 ぜ 府 I T 総 戦 略 主 党 権 時 代 討 始 菅 総 非 常 御 熱 心 時 古 川 内 閣 官 房 副 長 官 呼 五 前 担 内 閣 官 房 主 党 権 消 費 引 げ 推 進 元 化 図 加 消 費 引 げ 時 低 策 給 額

More information

業界トップのCOP4

業界トップのCOP4 空 冷 ヒ ー ト ポ ン プ 式 熱 源 機 ユ ニ バ ー サ ル ス マ ー ト エックス X の 開 発 販 売 に つ い て ~ C O P 6. 3 0 と い う 高 効 率 を 達 成 す る と と も に お 客 さ ま の 様 々 な ニ ー ズ に ス マ ー ト に フ ィ ッ ト ~ 平 成 22 年 7 月 14 日 東 芝 キヤリア 株 式 会 社 東 京 電 力

More information

総合カタログ1.indd

総合カタログ1.indd 移 動 ラ ッ 2 移 動 ラ ッ 3 移 動 ラ ッ 4 移 動 ラ ッ 5 移 動 ラ ッ 6 移 動 ラ ッ 7 移 動 ラ ッ 8 移 動 ラ ッ 9 移 動 ラ ッ 10 移 動 ラ ッ 11 移 動 ラ ッ 12 移 動 ラ ッ 13 ボ ル ト レ ス ラ ッ 14 ボ ル ト レ ス ラ ッ 15 ボ ル ト レ ス ラ ッ 16 ボ ル ト レ ス ラ ッ 17 ボ ル ト レ ス

More information

予 防 防 火 救 急 救 命 弁 論 大 会 一 目 統 計 H26.4.1 管 内 防 火 対 象 物 総 数 1,465 棟 男 鹿 市 889 棟 潟 上 市 ( 旧 天 王 町 区 域 )427 棟 大 潟 村 149 棟 4 階 以 上 防 火 対 象 物 数 最 高 階 数 防 火 管 理 者 選 任 義 務 対 象 物 26 棟 8 階 417 施 設 平 成 2 5 年 度 消

More information

理数科1年校外研修しおり

理数科1年校外研修しおり 理 数 科 1 年 生, 蒜 山 研 修 に 行 っ て き ま し た 8 月 1 日 ( 木 ) 最 初 の 研 修 : 岡 山 大 学 地 球 物 質 科 学 研 究 セ ン タ ー ( 鳥 取 県 三 朝 ) 研 究 セ ン タ ー の 研 究 に つ い て の 講 演 の 後, 班 別 に 分 か れ, 隕 石 や 地 球 を つ く る 物 質 の 観 察, 超 高 圧 発 生 装 置

More information

2014GM58_h1

2014GM58_h1 Dec.2014 No.58 GM ハ イ 留 学 生 ち ん ホ ム ス テ イ は ど う? 困 て な い? あ ら 和 食 苦 手 な ん? え? パ ン で 伝 統? そ れ は ア ニ メ の お 約 束 て や つ で パ ン 朝 食 デ ア ノ 伝 統 的 日 本 文 化 ヲ 体 験 シ テ ミ タ イ! 納 豆 モ 焼 魚 モ ダ イ ス キ! デ モ ネ 一 度 デ イ イ カ

More information

P 1~14

P 1~14 平 成 26 年 度 中 津 川 市 防 災 会 議 目 次 共 通 編 第 1 章 災 害 予 防 対 策 1 第 1 節 自 発 的 な 防 災 活 動 の 促 進 1 第 1 項 防 災 思 想 の 普 及 1 第 2 項 自 主 防 災 組 織 の 強 化 育 成 4 第 3 項 ボランティア 活 動 の 環 境 整 備 8 第 4 項 防 災 協 働 社 会 の 形 成 推 進 10 第

More information

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残 交 通 事 故 防 止 ガ イ ド ラ イ ン 平 成 1 8 年 度 は じ め に 大 磯 町 教 育 委 員 会 ( 平 成 1 8 年 1 0 月 3 1 日 改 正 ) 神 奈 川 県 全 国 の 教 職 員 の 交 通 事 故 が 多 発 し て い ま す 文 部 科 学 省 の 2 0 0 2 年 度 調 査 に よ る と, 交 通 事 故 に 関 わ る 懲 戒 処 分 を 受

More information

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温 平 成 24 平 年 成 度 23 年 環 度 境 環 省 境 税 省 制 税 改 制 正 改 要 正 望 要 の 望 結 の 果 概 について 要 平 成 23 年 12 月 1 地 球 温 暖 化 対 策 ( 低 炭 素 化 促 進 )のための 税 制 全 体 のグリーン 化 (1) 地 球 温 暖 化 対 策 のための 税 の 導 入 平 成 24 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成

More information

ATOK Syncの設定方法と使い方(Mac用)

ATOK Syncの設定方法と使い方(Mac用) ATOK Sync ア ド バ ン ス 設 定 方 法 と 使 い 方 ~ Mac 版 を お 使 い の 方 へ ~ ATOK Sync ア ド バ ン ス と は 単 語 登 録 や 学 習 し た 内 容 を 保 存 す る ユ ー ザ ー 辞 書 や お 気 に 入 り 文 書 省 入 力 デ ー タ 確 定 履 歴 の デ ー タ な ど を イ ン タ ー ネ ッ ト 上 の サ ー バ

More information

0807.indd

0807.indd 世 界 選 手 権 ボラティア 募 集 宝 くじスポツフェア ドリム ベスボ 平 成 20 年 度 スポツ 教 室 受 講 生 募 集 今 月 の 話 題 Monthly Topics バ ベ キ ュ 交 流 開 催 ボ ラ テ ィ ア に よ る 横 穴 付 近 の 環 境 整 備 を 実 施 バ ボ 7/13 7/13 7/12 7/12 7/6 7/6 7/11 7/11 第 3 回 親 子

More information

会 津 大 学 短 期 大 学 部 研 究 年 報 第 68 号 2011 ス ラ イ ド 率 抑 制 装 置 の 次 の 課 題 は 何 か? - ド イ ツ 年 金 改 革 の 諸 論 点 - 石 光 真 平 成 23 年 1 月 10 日 受 付 要 旨 ド イ ツ で は 日 本 に お け

会 津 大 学 短 期 大 学 部 研 究 年 報 第 68 号 2011 ス ラ イ ド 率 抑 制 装 置 の 次 の 課 題 は 何 か? - ド イ ツ 年 金 改 革 の 諸 論 点 - 石 光 真 平 成 23 年 1 月 10 日 受 付 要 旨 ド イ ツ で は 日 本 に お け ス ラ イ ド 率 抑 制 装 置 の 次 の 課 題 は 何 か? - ド イ ツ 年 金 改 革 の 諸 論 点 - 会 津 大 学 短 期 大 学 部 産 業 情 報 学 科 石 光 真 会 津 大 学 短 期 大 学 部 研 究 年 報 第 68 号 2011 ス ラ イ ド 率 抑 制 装 置 の 次 の 課 題 は 何 か? - ド イ ツ 年 金 改 革 の 諸 論 点 - 石 光 真

More information

目 次 第 1 章 は じ め に... 3 第 2 章 基 本 的 な キ ー 操 作... 4 第 3 章 メ ニ ュ ー 画 面... 6 第 4 章 入 荷 業 務... 7 第 5 章 出 荷 業 務... 9 第 6 章 商 品 照 会...11 第 7 章 棚 卸 業 務...12 第

目 次 第 1 章 は じ め に... 3 第 2 章 基 本 的 な キ ー 操 作... 4 第 3 章 メ ニ ュ ー 画 面... 6 第 4 章 入 荷 業 務... 7 第 5 章 出 荷 業 務... 9 第 6 章 商 品 照 会...11 第 7 章 棚 卸 業 務...12 第 入 出 荷 棚 卸 収 集 Biz スタートパック 操 作 説 明 書 目 次 第 1 章 は じ め に... 3 第 2 章 基 本 的 な キ ー 操 作... 4 第 3 章 メ ニ ュ ー 画 面... 6 第 4 章 入 荷 業 務... 7 第 5 章 出 荷 業 務... 9 第 6 章 商 品 照 会...11 第 7 章 棚 卸 業 務...12 第 8 章 パ ソ コ ン の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832352E392E3488EA94CA8EBF96E292CA8D9093E097652081698AAE90AC94C5816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832352E392E3488EA94CA8EBF96E292CA8D9093E097652081698AAE90AC94C5816A> 平 成 25 年 9 月 市 議 会 定 例 会 一 般 質 問 質 問 す る 議 員 名 及 び 質 問 内 容 個 人 質 問 1 議 員 成 田 芳 雄 ⑴ 都 市 内 ま た は 地 域 内 分 権 制 度 の 創 設 に つ い て こ れ ま で の 一 般 質 問 で の 答 弁 で は 市 民 の 底 力 を 支 援 す る 事 業 は 行 政 と 市 民 あ る い は 市 民

More information

【様式1】

【様式1】 様 式 1 避 難 施 設 運 営 組 織 ( 事 前 対 策 ) < 運 営 管 理 責 任 者 > 氏 名 所 属 又 は 住 所 TEL 備 考 会 長 副 会 長 避 難 施 設 従 事 職 員 ( 市 職 員 ) 施 設 管 理 者 < 避 難 施 設 運 営 班 > ( 印 : 班 長 印 : 副 班 長 ) 氏 名 自 治 会 名 住 所 TEL 備 考 総 務 班 名 簿 班 食 料

More information

教育委員会会議録

教育委員会会議録 2 月 定 例 教 育 委 員 会 報 告 1 開 催 日 時 平 成 2 8 年 2 月 17 日 ( 水 ) 1 3 : 3 0 ~ 1 6 : 0 0 2 出 席 者 委 員 永 田 政 信 江 口 真 由 美 渡 邊 敬 佐 古 順 子 村 川 一 恵 溝 江 宏 俊 事 務 局 山 下 健 一 郎 教 育 総 務 西 村 隆 教 育 総 務 課 参 事 畑 田 憲 一 教 育 総 務 課

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 10 月 大 分 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 想 定 する 事 態 2 第 2 編 平

More information

NGO イ ン タ ー ン シ ッ プ イ ン タ ー ン の 費 用 の 支 援 な ど 年 間 20 名 3 対 話 の 強 化 外 務 省 と NGO の 会 議 一 般 の 方 の 参 加 可 能 提 起 協 議 会 ( 年 1 回 ) 連 携 推 進 委 員 会 ( 年 間 7 回 ) N

NGO イ ン タ ー ン シ ッ プ イ ン タ ー ン の 費 用 の 支 援 な ど 年 間 20 名 3 対 話 の 強 化 外 務 省 と NGO の 会 議 一 般 の 方 の 参 加 可 能 提 起 協 議 会 ( 年 1 回 ) 連 携 推 進 委 員 会 ( 年 間 7 回 ) N 2013 年 2 月 1 日 公 益 社 団 法 人 日 本 環 境 教 育 フ ォ ー ラ ム 外 務 省 主 催 セ ミ ナ ー 平 成 24 年 度 NGO 研 究 会 国 際 協 力 NGO の フ ァ ン ド レ イ ジ ン グ ~ 資 金 調 達 の 真 髄 を 探 る!~ 1. 日 時 : 2013 年 2 月 1 日 12 時 00 分 ~ 17 時 00 分 2. 場 所 : TKP

More information

は じ め に この 年 報 は 平 成 27 年 中 における 郡 上 市 消 防 本 部 の 消 防 現 勢 及 び 火 災 救 急 救 助 等 の 活 動 状 況 を 収 録 したもので 将 来 の 消 防 行 政 に 役 立 て 災 害 の ない 明 るい 街 づくりを 実 現 することを

は じ め に この 年 報 は 平 成 27 年 中 における 郡 上 市 消 防 本 部 の 消 防 現 勢 及 び 火 災 救 急 救 助 等 の 活 動 状 況 を 収 録 したもので 将 来 の 消 防 行 政 に 役 立 て 災 害 の ない 明 るい 街 づくりを 実 現 することを < 平 成 27 年 統 版 > 郡 上 市 消 防 本 部 は じ め に この 年 報 は 平 成 27 年 中 における 郡 上 市 消 防 本 部 の 消 防 現 勢 及 び 火 災 救 急 救 助 等 の 活 動 状 況 を 収 録 したもので 将 来 の 消 防 行 政 に 役 立 て 災 害 の ない 明 るい 街 づくりを 実 現 することを 目 的 として 編 集 しました 平 成

More information

Microsݯft Word - 91 forܠ2009November.docx

Microsݯft Word - 91 forܠ2009November.docx 特 集 : Query & Analysis の 仕 訳 転 送 機 能 SunSystems と 連 携 し て 使 用 す る こ と が で き る Infor Performance Management Query&Analysis( 以 下 Q&A) ( 旧 : SunSystems Vision ) と い う 製 品 が あ り ま す Q&A は Microsoft Excel の

More information

46 変 始 人 生 幸 手 入!? 第 章 ダ メ 人 間 運 命 本 導 出 会 章 出 会 変 始? 海 外? 向 空 港 到 着 最 初 何 ょ 荷 受 取? 確 ず 国 使 替 ょ E C H A N G E!

46 変 始 人 生 幸 手 入!? 第 章 ダ メ 人 間 運 命 本 導 出 会 章 出 会 変 始? 海 外? 向 空 港 到 着 最 初 何 ょ 荷 受 取? 確 ず 国 使 替 ょ E C H A N G E! 第 章 -Jin 出 会 46 変 始 人 生 幸 手 入!? 第 章 ダ メ 人 間 運 命 本 導 出 会 章 出 会 変 始? 海 外? 向 空 港 到 着 最 初 何 ょ 荷 受 取? 確 ず 国 使 替 ょ E C H A N G E! 47 第 章 -Jin 出 会 書 看 板 探 本 通 貨 別 通 貨 替 ア メ リ カ $ ( ) ヨ ロ ッ パ ( ユ ロ ) 中 国 元 ( げ

More information

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04 HR News Letter 2011 年 4 月 号 平 澤 国 際 社 労 士 事 務 所 東 京 都 港 区 芝 大 門 1-3-5 山 田 ビル 3 階 TEL 03-5402-8491 http://www.jp-hrpayroll.com/ ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

More information

添 付 資 料 平 成 28 年 度 経 営 の 基 本 計 画 平 成 28 年 3 月 日 本 原 子 力 発 電 株 式 会 社

添 付 資 料 平 成 28 年 度 経 営 の 基 本 計 画 平 成 28 年 3 月 日 本 原 子 力 発 電 株 式 会 社 平 成 28 年 3 月 17 日 日 本 原 子 力 発 電 株 式 会 社 平 成 28 年 度 経 営 の 基 本 計 画 について 当 社 の 平 成 28 年 度 経 営 の 基 本 計 画 についてお 知 らせいたします 添 付 資 料 : 平 成 28 年 度 経 営 の 基 本 計 画 以 上 添 付 資 料 平 成 28 年 度 経 営 の 基 本 計 画 平 成 28 年 3 月

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6353589F194AA93738CA78E738EF1945D89EF8B6389EF8B638B4C985E81698A6D92E894C55F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6353589F194AA93738CA78E738EF1945D89EF8B6389EF8B638B4C985E81698A6D92E894C55F2E646F63> 第 5 5 回 八 都 県 市 首 脳 会 議 会 議 記 録 平 成 21 年 4 月 23 日 ( 木 ) 第 5 5 回 八 都 県 市 首 脳 会 議 概 要 Ⅰ 日 時 平 成 2 1 年 4 月 2 3 日 ( 木 ) 午 後 1 時 3 0 分 ~ 午 後 3 時 3 0 分 Ⅱ 場 所 都 道 府 県 会 館 1 階 1 0 1 大 会 議 室 Ⅲ 会 議 次 第 1 開 会 2 座

More information

44-94

44-94 詳 細 条 件 審 査 型 一 般 競 争 入 札 ( 総 合 評 価 方 式 ) の 実 施 に 係 る 掲 示 電 子 入 札 対 象 案 件 標 記 に つ い て 参 加 を 希 望 する 者 は 下 記 に よ り 競 争 参 加 資 格 確 認 申 請 書 等 を 提 出 さ れ た く 掲 示 す る 1 掲 示 日 平 成 28 年 4 月 11 日 ( 月 ) 2 掲 示 責 任

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

指 定 - 第 2 表 エネルギー 管 理 指 定 工 場 等 のエネルギーの 使 用 量 及 び 販 売 した 副 生 エネルギーの 量 平 成 27 年 度 エネルギーの 種 類 単 位 使 用 量 販 売 した 副 生 エネルギーの 量 数 値 熱 量 GJ 数 値 熱 量 GJ 原 油 (コ

指 定 - 第 2 表 エネルギー 管 理 指 定 工 場 等 のエネルギーの 使 用 量 及 び 販 売 した 副 生 エネルギーの 量 平 成 27 年 度 エネルギーの 種 類 単 位 使 用 量 販 売 した 副 生 エネルギーの 量 数 値 熱 量 GJ 数 値 熱 量 GJ 原 油 (コ 指 定 工 場 等 定 期 報 告 書 (エクセル 形 式 支 援 ツールによる 記 載 例 ) エネルギー 管 理 指 定 工 場 等 単 位 の 報 告 指 定 - 第 1 表 エネルギー 管 理 指 定 工 場 等 の 名 称 等 工 業 株 式 会 社 には 三 つの 指 定 工 場 等 が 存 在 しますが 本 記 載 例 は 高 岡 工 場 の 例 を 示 したものです エネルギー 管

More information

は じ め に 懸 賞 フ ァ ン の 皆 さ ん 毎 日 応 募 し て い ま す か? 成 果 は い か が で す か? イ ン タ ー ネ ッ ト で は 毎 日 非 常 に た く さ ん の ホ ー ム ペ ー ジ で 膨 大 な 数 の 懸 賞 プ レ ゼ ン ト が 実 施 さ

は じ め に 懸 賞 フ ァ ン の 皆 さ ん 毎 日 応 募 し て い ま す か? 成 果 は い か が で す か? イ ン タ ー ネ ッ ト で は 毎 日 非 常 に た く さ ん の ホ ー ム ペ ー ジ で 膨 大 な 数 の 懸 賞 プ レ ゼ ン ト が 実 施 さ 無 料 レポート 懸 賞 プレゼント 超 効 率 的 で 安 全 な 応 募 の 裏 ワザ 懸 賞 プレゼント 当 選 研 究 会 Copyright (C) 2006 Interface All Rights Reserved 許 可 な く 本 書 の 一 部 ま た は 全 部 を 複 製 転 載 す る こ と を 禁 じ ま す - 1 - は じ め に 懸 賞 フ ァ ン の 皆 さ

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

名 称 処 分 制 限 財 名 称 処 分 制 限 期 間 年 種 類 構 途 細 目 放 送 大 園 建 骨 筋 務 美 術 左 記 外 放 送 大 園 筋 住 宅 寄 宿 舎 宿 泊 校 育 校 家 庭 地 域 連 携 協 力 推 進 飲 食 店 貸 席 劇 演 奏 映 画 舞 踏 校 情 報

名 称 処 分 制 限 財 名 称 処 分 制 限 期 間 年 種 類 構 途 細 目 放 送 大 園 建 骨 筋 務 美 術 左 記 外 放 送 大 園 筋 住 宅 寄 宿 舎 宿 泊 校 育 校 家 庭 地 域 連 携 協 力 推 進 飲 食 店 貸 席 劇 演 奏 映 画 舞 踏 校 情 報 者 よ り 取 得 効 増 加 財 ち 処 分 制 限 財 よ り 取 得 効 増 加 財 処 分 制 限 期 間 定 め 件 平 成 年 月 日 文 部 科 省 告 示 改 正 : 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 百 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 百 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年

More information

永田3.indd

永田3.indd 課 19 課 永 田 尚 西 学 社 会 安 学 准 教 授 じ 金 福 島 子 電 所 併 岩 手 宮 城 福 島 青 森 茨 城 栃 木 千 葉 京 区 適 受 言 特 津 波 受 岩 手 宮 城 例 外 元 々 他 他 野 ん 歴 史 代 前 登 録 模 然 下 各 編 駆 20 態 手 足 意 味 良 他 野 類 近 小 模 治 済 側 面 治 垂 直 同 じ レ ベ ル 性 則 考 注 目

More information

6 言語障害

6 言語障害 Ⅵ 言 語 障 害 言 語 障 害 と は, 発 音 が 不 明 瞭 で あ っ た り, 話 し 言 葉 の リ ズ ム が ス ム ー ズ で な か っ た り す る た め, 話 し 言 葉 に よ る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン が 円 滑 に 進 ま な い 状 況 で あ る こ と, ま た, そ の た め 本 人 が 引 け 目 を 感 じ る な ど 社 会 生 活

More information

Taro-i04.jtd

Taro-i04.jtd 別 記 9 営 業 調 査 及 び 補 償 金 額 算 定 要 領 Ⅰ 営 業 調 査 区 分 事 項 内 容 基 本 調 査 事 項 基 本 的 調 査 事 項 として 次 の 事 項 を 調 査 し 又 は 資 料 収 集 を 行 う ものとする ( 法 人 の 場 合 ) イ ) 営 業 所 の 所 在 営 業 所 の 所 在 地 社 名 代 表 者 名 業 種 及 び 開 設 年 月 日 地

More information

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の ひ と め で わ か る キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 目 次 キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ キ リ ス ト 教 会 葬 儀 研 究 所 ( CCFI= Christ Church Funeral Institute) は 日 本 に お け る キ リ ス ト 教 信 仰 共 同 体 の 葬 儀 を よ り 豊 か な も の と す る た め に キ リ ス ト 教 諸

More information

循 環 式 浴 槽 におけるレジオネラ 症 防 止 対 策 マニュアル 目 次 はじめに ------------------------------------------------------------------------------------- 1 I. レジオネラ 症 とは ---

循 環 式 浴 槽 におけるレジオネラ 症 防 止 対 策 マニュアル 目 次 はじめに ------------------------------------------------------------------------------------- 1 I. レジオネラ 症 とは --- 循 環 式 浴 槽 におけるレジオネラ 症 防 止 対 策 マニュアル 循 環 式 浴 槽 におけるレジオネラ 症 防 止 対 策 マニュアル 目 次 はじめに ------------------------------------------------------------------------------------- 1 I. レジオネラ 症 とは ------------------------------------------------------------------------

More information

第  号

第  号 第 8 2 3 号 ( 平 成 2 3 年 1 1 月 15 日 発 行 ) 発 行 日 横 浜 市 報 発 行 所 横 浜 市 役 所 5 日 15 日 25 日 横 浜 市 中 区 港 町 1 丁 目 1 番 地 目 次 頁 [ 規 則 ] 横 浜 市 地 域 ケアプラザ 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 一 部 の 施 行 期 日 を 定 める 規 則 健 康 福 祉 3 局

More information