スライド 1

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "スライド 1"

Transcription

1 農 業 の 新 技 術 No. No 農 業 総 合 試 験 場 耐 暑 性 に 優 れた 夏 秋 系 黄 一 輪 ギク 夏 のきらめき なつき 愛 の 特 性 と 栽 培 技 術 夏 のきらめき (2011 年 品 種 登 録 ) なつき 愛 (2012 年 品 種 登 録 ) ( 商 標 : 夏 のあゆみ) 愛 知 県 農 業 総 合 試 験 場 では 愛 知 県 花 き 温 室 園 芸 組 合 連 合 会 きく 部 会 と 共 同 で 夏 季 に 黄 色 の 花 を 咲 かせる 一 輪 ギク 夏 のきらめき と なつき 愛 ( 県 花 き 連 き く 部 会 が 夏 のあゆみ で2011 年 に 商 標 登 録 )を 育 成 しました 両 品 種 とも1 高 温 長 日 条 件 下 でも 開 花 が 早 く 2 切 り 花 の 日 持 ち 性 に 優 れ 3 無 側 枝 性 を 有 し 茎 の 伸 長 性 が 良 いキクです 特 に 夏 のきらめき は 花 が 大 きく なつき 愛 は 切 り 花 の 日 持 ちが 良 いといった 特 性 があります

2 特 性 比 較 夏 のきらめき なつき 愛 ( 商 標 : 夏 のあゆみ) 花 の 大 きさ 色 約 13cm 明 黄 色 約 11cm 明 黄 色 切 り 花 の 草 姿 ボリューム 感 あり 立 ち 葉 でスマート 生 育 生 育 旺 盛 で 茎 の 伸 長 性 がよい 無 側 枝 性 がある 電 照 打 ち 切 り~ 開 花 までの 日 数 45 日 程 度 45 日 ~49 日 日 長 管 理 シェード 不 要 ややヤナギ 芽 多 い シェードが 望 ましい 切 り 花 日 持 ち 日 数 良 い 19 日 とても 良 い 24 日

3 夏 のきらめき 主 な 特 性 自 然 開 花 ( 季 咲 き)は6 月 上 ~ 中 旬 頃 です 花 色 は 輝 くような 明 黄 色 で 他 の 品 種 より 大 きな 花 が 咲 きます 茎 の 伸 長 性 が 優 れ 茎 葉 にボリューム 感 があります 側 枝 ( 腋 芽 )の 発 生 が 少 なく 芽 かきが 省 力 化 できます 早 期 発 蕾 によるヤナギ 芽 が 発 生 しやすいです 高 温 期 には 下 葉 枯 れが 発 生 しやすいです 作 付 体 系 6~8 月 の 出 荷 に 適 しています 9 月 開 花 作 付 は 奇 形 花 が 発 生 しやすく あまり 適 していません 早 期 発 蕾 防 止 のため 必 ず 摘 心 処 理 をします 出 荷 時 期 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 発 蕾 率 (%) 時 間 消 灯 時 茎 長 目 安 6 月 中 旬 50cm ( 摘 心 から45 日 ) (45 日 ) 7 月 上 旬 ( 40 日 ) (45 日 ) 8 月 上 旬 40~ ( 35 日 ) (45 日 ) 定 植 親 株 育 成 摘 心 消 灯 収 穫 消 灯 時 茎 長 は 摘 心 位 置 から 茎 頂 までの 長 さ 7~8 月 開 花 の 切 り 下 株 を 収 穫 後 露 地 へ 仮 植 して 元 親 株 とし 十 分 な 低 温 に 遭 わせます 元 親 株 から 発 生 した 吸 枝 を1 月 頃 に 無 加 温 ハウス へ 親 株 として 植 え 付 けます 春 先 以 降 は ハウス 内 をあまり 蒸 し 込 まないよ うになるべく 涼 しい 環 境 で 管 理 します 本 圃 での 早 期 発 蕾 防 止 のため 親 株 床 では4 時 間 以 上 の 深 夜 電 照 を 行 います 栽 植 密 度 定 植 本 数 は3.3m2 当 たり65~75 本 とし 摘 心 によ り 株 当 たり2~3 本 仕 立 てとします 施 設 の 立 地 条 件 や 畝 幅 に 合 わせて 調 整 します あまり 密 植 し 過 ぎると 下 葉 枯 れが 発 生 しやすく 茎 が 軟 弱 になるので 注 意 が 必 要 です 消 灯 時 消 灯 14 後 14 日 後 目 無 電 照 4 時 間 無 加 温 15 無 電 照 親 株 の 加 温 電 照 の 有 無 と 消 灯 時 消 灯 後 14 日 目 の 発 蕾 率 (8 月 開 花 摘 心 栽 培 )

4 日 長 操 作 定 植 から 消 灯 までの 電 照 は 深 夜 4~5 時 間 行 います 短 日 処 理 (シェード)をしなくても 開 花 はほとんど 遅 れません 施 肥 かん 水 施 肥 量 は 慣 行 と 同 程 度 です 緩 効 性 肥 料 や 追 肥 主 体 の 施 肥 設 計 が 望 ましいです 活 着 後 はかん 水 をやや 控 えめに 管 理 し 根 を 深 くまで 張 らせるようにします 消 灯 後 は 土 壌 水 分 が 過 剰 にならない 程 度 に 適 宜 かん 水 します わい 化 剤 処 理 花 首 が 伸 長 しやすいので 摘 蕾 期 にダミノジット 剤 を 散 布 すると 草 姿 のバランスが 良 くなります 病 害 虫 対 策 ハモグリバエの 食 害 を 受 けやすいので 注 意 して 防 除 します その 他 アブラムシ アザミウマ ハダニ 白 さび 病 等 の 発 生 に 注 意 して 適 期 防 除 に 心 がけてください 早 期 発 蕾 (ヤナギ 芽 ) 対 策 1~3 月 の 気 温 が 比 較 的 高 い 年 は 3 月 末 までに 採 穂 をし てください また 採 穂 が4 月 以 降 になる 場 合 は 親 株 へ 採 穂 前 摘 心 時 にエテホン 剤 を 散 布 します 本 圃 では 摘 心 ~ 摘 心 後 10 日 目 くらいにエテホン 剤 を 散 布 すると 早 期 発 蕾 を 抑 えることができます ただし 開 花 が 少 し 遅 れる 場 合 があります 消 灯 時 までは 草 丈 を 伸 ばしすぎないようにします 極 端 に 土 壌 を 乾 燥 させないようにします 下 葉 枯 れの 発 生 原 因 と 対 策 高 温 多 湿 な 条 件 で 発 生 しやすいと 考 えられます 畝 の 内 部 で 発 生 が 多 く 通 路 側 ではあまり 発 生 しません 根 張 りが 悪 いと 発 生 が 多 いのではないかと 考 えられます 短 期 間 で 急 激 に 症 状 が 悪 化 するので 温 度 湿 度 日 照 な どの 急 激 な 環 境 変 化 が 引 き 金 となっていると 考 えられます ハウス 内 の 通 風 換 気 を 良 くし 高 温 多 湿 にならないよう に 努 めます ベッド 幅 を 狭 くしたり ベッド 中 央 を 広 めに 空 けて 植 える のが 望 ましいです 収 穫 出 荷 切 り 前 が 早 い 段 階 で 収 穫 した 切 り 花 は 蕾 の 花 色 が 薄 く 開 花 時 の 花 径 が 小 さくなってしまいます 花 色 が 出 始 めて 花 弁 が 緩 んできたら 収 穫 しましょう ヤナギ 芽 下 葉 枯 れ ( 奥 の 方 が 枯 れている) 夏 のきらめき 出 荷 時 の 蕾 のようす

5 主 な 特 性 なつき 愛 ( 商 標 : 夏 のあゆみ) 自 然 開 花 ( 季 咲 き)は6 月 下 旬 頃 です 花 色 は 艶 やかな 明 黄 色 で 花 はやや 小 振 りです 6~9 月 開 花 作 付 では 到 花 日 数 が45~50 日 で 安 定 して おり 開 花 揃 いもよいです 茎 の 伸 長 性 に 優 れています 節 間 が 長 く 茎 葉 のボリュー ム 感 はやや 少 なめです 水 揚 げ 日 持 ちが 特 に 良 い 品 種 です 側 枝 ( 腋 芽 )の 発 生 が 少 なく 芽 かきが 省 力 化 できます 作 付 体 系 6~10 月 の 出 荷 に 対 応 できます 6 月 開 花 では 低 温 遭 遇 により 開 花 遅 延 等 がみられ ますので 消 灯 後 夜 温 は16 以 上 に 確 保 するように 努 めます 6~9 月 開 花 作 付 では 摘 心 栽 培 無 摘 心 栽 培 とも 可 能 です 10 月 開 花 作 付 では 摘 心 後 不 萌 芽 になりやすいため 無 摘 心 栽 培 のほうが 向 いています 出 荷 時 期 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 消 灯 時 茎 長 目 安 6 月 下 旬 ( 摘 心 から45 日 ) (45 日 ) 50cm 7 月 上 旬 ( 40 日 ) (47 日 ) 8 月 上 旬 ( 35 日 ) (48 日 ) 40~ 9 月 中 旬 10 月 中 旬 定 植 親 株 育 成 ( 35 日 ) (47 日 ) ( 30 日 ) (45 日 ) 摘 心 消 灯 収 穫 シェード 消 灯 時 茎 長 は 摘 心 位 置 から 茎 頂 までの 長 さ 7~8 月 開 花 作 付 の 切 り 下 株 を 元 親 株 として 露 地 に 仮 植 します 6 月 開 花 作 付 の 親 株 は 開 花 遅 延 防 止 のため11 月 下 旬 ~12 月 上 旬 頃 吸 枝 が 見 え 始 めたらハウス 内 に 親 株 として 定 植 します その 後 は 幼 若 性 を 獲 得 させないよう 夜 温 12~15 で 管 理 します 7 月 開 花 作 付 以 降 の 親 株 は 夏 のきらめき と 同 様 に 育 成 します 一 株 当 たりの 採 穂 本 数 がやや 少 ないので 親 株 を 多 めに 準 備 します( 定 植 予 定 本 数 の12% 程 度 ) 無 側 枝 性 があるので 高 温 時 には 萌 芽 数 が 減 ります

6 栽 植 密 度 摘 心 栽 培 での 定 植 本 数 は3.3m2 当 たり65~75 本 とし 株 当 たり2~3 本 に 芽 を 整 理 し て 3.3m2 当 たり 仕 立 て 本 数 を150 本 とします 出 荷 規 格 M 級 を 主 体 に 出 荷 する 場 合 は3.3m2 当 たり180 本 程 度 でも 可 能 です 無 摘 心 栽 培 での 定 植 本 数 は3.3m2 当 た り150~180 本 です 日 長 操 作 定 植 から 消 灯 まで 深 夜 4 時 間 の 電 照 を 行 います 8~9 月 開 花 では 消 灯 後 は 日 長 時 間 が13 時 間 になる ようにシェードを 行 います 無 シェードでも 開 花 しま すが 開 花 の 遅 延 やばらつきが 起 こります 再 電 照 総 包 形 成 前 期 ~ 後 期 ( 消 灯 10 日 後 頃 )から4 ~5 日 間 3 時 間 程 度 行 うことで 上 位 葉 が 大 きくなります ただし 到 花 日 数 は5~6 日 遅 れます 8~9 月 出 荷 では 必 要 ありません 不 萌 芽 対 策 高 温 期 の 摘 心 栽 培 では 不 萌 芽 性 が 高 いため に 必 要 茎 数 が 確 保 できないことがあるため 念 のため 採 穂 した 穂 が 腋 芽 を 持 っているか 確 認 します 不 萌 芽 対 策 としては5 月 中 旬 頃 ま でに 採 穂 して 冷 蔵 するか 採 穂 前 摘 心 時 に 親 株 へのBA(ベンジルアミノプリン) 剤 散 布 をし ます 病 害 虫 対 策 ハダニの 発 生 は 他 の 品 種 に 比 べてやや 少 なめ ですが アブラムシ アザミウマ 白 さび 病 等 その 他 の 病 害 虫 の 発 生 にも 注 意 して 適 期 防 除 に 心 がけてください 収 穫 出 荷 切 り 前 が 早 い 段 階 で 収 穫 した 切 り 花 は 蕾 の 花 色 が 薄 く 開 花 時 の 花 径 が 小 さくなってしま います 花 色 が 出 始 めて 花 弁 が 緩 んできたら 収 穫 し ましょう 上 位 3 節 の 萌 芽 率 /29 5/7 5/21 5/28 5/28 採 穂 日 (BA 処 理 ) 採 穂 時 期 BA 処 理 による 萌 芽 率 の 違 い 平 成 22 年 6 月 16 日 定 植 23 日 摘 心 7 月 12 日 調 査 早 い ( 切 り 前 固 い) 花 径 小 さい 萌 芽 不 萌 芽 気 温 の 上 昇 により 萌 芽 率 が 低 下 不 萌 芽 高 温 期 に 摘 心 した 後 の 萌 芽 状 態 ( 上 位 節 からの 萌 芽 が 減 少 ) 収 穫 適 期 BA 処 理 で 萌 芽 率 UP 切 り 前 の 違 いによる 満 開 時 の 花 の 大 きさの 比 較

7 栽 培 許 諾 夏 のきらめき なつき 愛 は いずれも 愛 知 県 と 愛 知 県 花 き 温 室 園 芸 組 合 連 合 会 きく 部 会 が 共 同 育 成 した 種 苗 法 に 基 づく 登 録 品 種 であり 栽 培 には 許 諾 契 約 が 必 要 です 問 い 合 わせ 先 愛 知 県 花 き 温 室 園 芸 組 合 連 合 会 事 務 局 ( 愛 知 県 農 林 水 産 部 園 芸 農 産 課 内 ) 電 話 (ダイヤルイン) 夏 のきらめき 栽 培 ほ 場 なつき 愛 ( 夏 のあゆみ) 栽 培 ほ 場 編 集 発 行 愛 知 県 農 業 総 合 試 験 場 愛 知 県 長 久 手 市 岩 作 三 ケ 峯 1-1 TEL 内 線 323 ( 企 画 普 及 部 ) FAX 問 い 合 わせ 東 三 河 農 業 研 究 所 花 きグループ TEL 豊 橋 市 飯 村 町 字 高 山 11-48

技術資料 一段密植栽培による高糖度トマトの周年安定生産技術

技術資料 一段密植栽培による高糖度トマトの周年安定生産技術 技 術 資 料 九 州 の 温 暖 な 気 象 条 件 を 活 用 し 冬 季 生 産 を 可 能 にする アスパラガス 伏 せ 込 み 栽 培 2011 年 3 月 独 立 行 政 法 人 農 業 食 品 産 業 技 術 総 合 研 究 機 構 九 州 沖 縄 農 業 研 究 センター 暖 地 施 設 野 菜 花 き 研 究 チーム アスパラガス 伏 せ 込 み 栽 培 とは アスパラガスの 伏

More information

Taro-03.長雨(大雨・豪雨)対策(花き)

Taro-03.長雨(大雨・豪雨)対策(花き) 長 雨 ( 大 雨 豪 雨 ) 対 策 3. 花 き 水 害 ( 大 雨 ) 大 雨 ( 短 時 闘 に 集 中 的 に 降 るもの)だけでなく 長 時 間 降 り 続 くものや 長 時 間 降 り 続 く 中 で 短 時 間 に 集 中 する 雨 などがあり 特 に 最 後 の 例 で 大 災 害 が 起 きやすい 被 害 は 洪 水 による 冠 水 土 砂 の 流 入 や 施 設 の 破 壊 と

More information

<5461726F2D303039308356839383658362837C83458386838A2E6A7464>

<5461726F2D303039308356839383658362837C83458386838A2E6A7464> シンテッポユリ Lilium formolongi hort.ユリ 科 1 経 営 的 特 徴 と 導 入 方 法 テッポユリのような 球 根 による 栄 養 繁 殖 でなく 実 生 による 繁 殖 で 播 種 後 810ヶ 月 で 開 花 する 性 質 を 持 っているので 冬 季 に 播 種 して 春 に 定 植 すれば 1 年 以 内 に 切 り 花 ができる 球 根 養 成 期 間 が 必

More information

Ⅱ 大 豆 1 播 種 前 ほ 場 の 対 策 播 種 前 ほ 場 は 排 水 溝 を 設 置 し できるだけ 早 い 時 期 に 播 種 できるように す 2 播 種 後 出 芽 前 の 冠 水 による 発 芽 障 害 への 対 策 (1) 冠 水 時 間 と 発 芽 率 の 低 下 播 種 直

Ⅱ 大 豆 1 播 種 前 ほ 場 の 対 策 播 種 前 ほ 場 は 排 水 溝 を 設 置 し できるだけ 早 い 時 期 に 播 種 できるように す 2 播 種 後 出 芽 前 の 冠 水 による 発 芽 障 害 への 対 策 (1) 冠 水 時 間 と 発 芽 率 の 低 下 播 種 直 大 雨 時 の 農 作 物 被 害 軽 減 対 策 平 成 18 年 (2006 年 )6 月 26 日 農 業 振 興 課 Ⅰ 水 稲 1 大 雨 時 の 対 策 (1) 移 植 後 分 げつ 初 期 の 水 稲 は 深 水 となると 著 しい 分 げつ 抑 制 を 受 けるの で 深 水 状 態 が 長 く 続 かないようにす (2) 大 雨 が 予 想 される 場 合 は 除 草 剤 の 使

More information

<5461726F2D8963945F8B5A8F7082B582A882E82882A982DA82BF82E1292E6A>

<5461726F2D8963945F8B5A8F7082B582A882E82882A982DA82BF82E1292E6A> かぼちゃ 栽 培 マニュアル 1 作 物 特 性 (1) 気 象 条 件 ア ウリ 科 の 植 物 で 原 産 はアメリカ 熱 帯 アジアとされている イ 生 育 適 温 は 17 ~ 20 かぼちゃの 中 でも 道 内 で 一 般 的 に 栽 培 されている 西 洋 かぼちゃは 比 較 的 低 温 を 好 むため 冷 涼 な 地 域 での 栽 培 が 多 い (2) 土 壌 条 件 ア 他 のウリ

More information

<5461726F2D8B438FDB8DD08A5182CC8EED97DE82C691CE8DF42E6A7464>

<5461726F2D8B438FDB8DD08A5182CC8EED97DE82C691CE8DF42E6A7464> (1) ア 凍 害 厳 寒 ( 時 期 成 期 葉 に 発 と 生 冬 芽 することが )= 赤 枯 れ多 いが 初 冬 や 春 先 に 発 生 する 場 合 もある 5. 気 象 災 害 の 種 類 と 対 策 イ する 発 茶 生 樹 要 組 因 の 度 限 は 織 界 組 や であるが 織 細 器 胞 官 が 耐 えられない 品 冬 種 芽 の 時 場 期 合 低 によって はもう 温 に 遭

More information

鳥 カラス たぬき 等 ) 発 生 しやすい 病 害 虫 は 次 のとおり ヨトウムシ アブラムシ ハダニ アザミウマ センチュウ うどんこ 病 灰 かび 病 イオウ 病 炭 そ 病 プランターによる 栽 培 注 意! 追 肥 は2~3 月 に 行 います 培 養 土 はもともと 肥 料 が 入 っ

鳥 カラス たぬき 等 ) 発 生 しやすい 病 害 虫 は 次 のとおり ヨトウムシ アブラムシ ハダニ アザミウマ センチュウ うどんこ 病 灰 かび 病 イオウ 病 炭 そ 病 プランターによる 栽 培 注 意! 追 肥 は2~3 月 に 行 います 培 養 土 はもともと 肥 料 が 入 っ いちご 苗 の 育 て 方 プロ 農 家 が 解 説 するおいしいいちごの 育 て 方 いちご 苗 の 栽 培 スケジュール( 普 通 栽 培 ) 苗 の 定 植 追 肥 葉 欠 き 及 びマルチ 脇 芽 取 り 敷 き 藁 収 穫 10 月 中 旬 ~12 月 中 旬 2 月 ~3 月 4 月 中 旬 5 月 ~6 月 < 参 考 >その 他 の 栽 培 方 法 (プロ 農 家 の 栽 培 方 法

More information

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ 特 集 緑 の カ ー テ ン 最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ っ た り と 張 り 付 い て 競 い 合 う よ う に 天

More information

病害虫発生予察情報(11月予報)

病害虫発生予察情報(11月予報) 1. 予 報 概 況 作 物 名 イチゴ 病 害 虫 発 生 予 察 情 報 (4 月 予 報 ) 病 害 虫 名 うどんこ 病 灰 色 かび 病 炭 疽 病 アブラムシ 類 ハダニ 類 アザミウマ 類 予 報 ( 県 平 均 平 年 値 ) 発 生 量 :やや 少 発 生 量 :やや 少 但 し 中 部 地 域 は 多 発 生 量 : 多 発 生 量 :やや 少 発 生 量 :やや 少 発 生 量

More information

ロータリ 耕 起 と 同 様 に 作 業 後 雨 が 降 ると 播 種 作 業 が 困 難 になるので 播 種 同 時 作 業 が 望 ましい 4 播 種 (1) 播 種 期 近 年 品 種 の 早 生 化 地 球 温 暖 化 の 影 響 で 麦 の 播 種 適 期 は 以 前 より 遅 くなってい

ロータリ 耕 起 と 同 様 に 作 業 後 雨 が 降 ると 播 種 作 業 が 困 難 になるので 播 種 同 時 作 業 が 望 ましい 4 播 種 (1) 播 種 期 近 年 品 種 の 早 生 化 地 球 温 暖 化 の 影 響 で 麦 の 播 種 適 期 は 以 前 より 遅 くなってい Ⅱ 麦 栽 培 技 術 1 ほ 場 の 準 備 麦 類 は 元 来 乾 燥 した 気 候 に 適 した 畑 作 物 であるため 転 換 畑 では 栽 培 期 間 を 通 して 湿 害 が 最 大 の 減 収 要 因 である したがって 地 表 水 の 排 除 透 水 性 改 善 地 下 水 位 低 下 等 の 排 水 対 策 は 麦 類 の 安 定 栽 培 における 必 須 要 件 であり 前 述

More information

<5461726F31322D82518DCD947C817C8250814091A290AC814589FC90418145>

<5461726F31322D82518DCD947C817C8250814091A290AC814589FC90418145> 2. 栽 培 (1) 茶 の 特 性 茶 は 亜 熱 帯 性 の 常 緑 作 物 で 生 育 の 温 度 限 界 は 年 平 均 気 温 が12.5 ~13.0 の 範 囲 にあり 年 間 降 水 量 は1,300mm 以 上 が 望 ましい 栽 培 適 地 は 広 く 酸 性 土 壌 (ph4.0~5.0)に 適 している 土 壌 の 物 理 性 ( 通 気 性 透 水 性 保 水 性 )が 良

More information

目 次 はじめに 発 芽 出 芽 障 害 1. 出 芽 不 良 の 現 地 事 例 2 2. 発 芽 出 芽 障 害 3 3. 出 芽 安 定 化 に 向 けた 試 験 と 調 査 7 4. 高 温 による 発 芽 不 良 高 温 ヤケ 12 5. 早 期 異 常 出 穂 をなくすための 育 苗 管

目 次 はじめに 発 芽 出 芽 障 害 1. 出 芽 不 良 の 現 地 事 例 2 2. 発 芽 出 芽 障 害 3 3. 出 芽 安 定 化 に 向 けた 試 験 と 調 査 7 4. 高 温 による 発 芽 不 良 高 温 ヤケ 12 5. 早 期 異 常 出 穂 をなくすための 育 苗 管 26 3 目 次 はじめに 発 芽 出 芽 障 害 1. 出 芽 不 良 の 現 地 事 例 2 2. 発 芽 出 芽 障 害 3 3. 出 芽 安 定 化 に 向 けた 試 験 と 調 査 7 4. 高 温 による 発 芽 不 良 高 温 ヤケ 12 5. 早 期 異 常 出 穂 をなくすための 育 苗 管 理 13 6. 播 種 前 からの 栽 培 技 術 15 育 苗 障 害 1. 生 理 的

More information

一太郎 12/11/10/9/8 文書

一太郎 12/11/10/9/8 文書 7 月 の 技 術 対 策 平 成 28 年 7 月 5 日 新 潟 県 農 林 水 産 部 7 月 の 技 術 対 策 のポイント 水 稲 1 中 干 しは 遅 くても 出 穂 1か 月 前 までに 終 了 し 終 了 後 は 田 面 が 強 く 乾 く ことのないよう 浅 水 の 間 断 かん 水 を 行 い 徐 々に 飽 水 管 理 へ 移 行 して 土 壌 水 分 を 維 持 しましょう 2

More information

一太郎 12/11/10/9/8 文書

一太郎 12/11/10/9/8 文書 7 月 の 技 術 対 策 平 成 27 年 6 月 26 日 新 潟 県 農 林 水 産 部 7 月 の 技 術 対 策 のポイント 水 稲 1 中 干 しは 田 面 に 小 ひびが 入 る 程 度 で 終 了 し 終 了 後 は 田 面 が 強 く 乾 くこ とのないよう 浅 水 の 間 断 かん 水 を 行 い 徐 々に 飽 水 管 理 へ 移 行 して 土 壌 水 分 を 適 切 に 保 ちましょう

More information

2. 摘 花 の 実 施 早 期 の 摘 花 摘 果 は 良 好 な 果 実 肥 大 や 翌 年 の 花 芽 確 保 の た め に ま た 適 正 樹 勢 の 維 持 の た め に 重 要 な 作 業 と な る 仕 上 げ 摘 果 を 満 開 30 日 後 ま で に 終 了 す る こ と

2. 摘 花 の 実 施 早 期 の 摘 花 摘 果 は 良 好 な 果 実 肥 大 や 翌 年 の 花 芽 確 保 の た め に ま た 適 正 樹 勢 の 維 持 の た め に 重 要 な 作 業 と な る 仕 上 げ 摘 果 を 満 開 30 日 後 ま で に 終 了 す る こ と 5 月 の 栽 培 管 理 リ ン ゴ 平 成 28 年 4 月 28 日 ふ じ の 生 育 状 況 < 県 南 部 ( 果 樹 試 験 場 本 場 ) > 注 発 芽 始 め ( 確 定 ) 4 月 1 日 ( 平 年 1 : 4 月 9 日 平 年 - 8 日 ) 展 葉 ( 確 定 ) 4 月 13 日 ( 平 年 : 4 月 20 日 平 年 - 7 日 ) 開 花 始 め ( 予 測 )

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030325F816988C431816A82BD82A294EC82F08FE38EE882C99798977082B582E682A4819435>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030325F816988C431816A82BD82A294EC82F08FE38EE882C99798977082B582E682A4819435> 堆 肥 の 利 用 ガイド 堆 肥 の 施 用 効 果 堆 肥 は 作 物 への 養 分 供 給 だけでなく 土 壌 の 化 学 性 物 理 性 生 物 性 を 総 合 的 に 改 善 し 地 力 の 向 上 を 図 ることができます 1 養 分 供 給 土 壌 化 学 性 の 改 善 効 果 窒 素 リン 酸 カリの 他 石 灰 苦 土 等 の 多 量 要 素 やホウ 素 鉄 等 の 微 量 要

More information

花 きの 高 温 障 害 を 軽 減 する 短 時 間 夜 間 冷 房 の 栽 培 指 針 広 島 県 立 総 合 技 術 研 究 所 農 業 技 術 センター 農 業 食 品 産 業 技 術 総 合 研 究 機 構 花 き 研 究 所 岡 山 大 学 静 岡 県 農 林 技 術 研 究 所 静 岡 県 農 林 技 術 研 究 所 伊 豆 農 業 研 究 センター 兵 庫 県 立 農 林 水 産 技

More information

1. 気 象 経 過 1) 融 雪 期 以 降 の 経 過 Ⅱ 作 4 月 : 上 旬 の 平 均 気 温 は 平 年 より 高 く 中 旬 はや や 高 く 下 旬 は 極 めて 低 かった 4 月 の 日 平 均 気 温 は4.3 で 平 年 並 であった(+0.2 ) 上 中 旬 の 降 水 量 は 少 なく 下 旬 は 極 めて 多 く 月 合 計 は56.5mmで 平 年 並 であった 上

More information

とれ 農 林 水 産 物 だけでなく 国 内 外 の 産 地 から 運 びこまれ 多 様 な 農 林 水 産 物 が 季 節 を 問 わず 手 に 入 ようになってい しかし BSE 問 題 を 発 端 に 一 方 で 食 品 の 虚 偽 表 示 無 認 可 の 食 品 添 加 物 の 混 入 輸

とれ 農 林 水 産 物 だけでなく 国 内 外 の 産 地 から 運 びこまれ 多 様 な 農 林 水 産 物 が 季 節 を 問 わず 手 に 入 ようになってい しかし BSE 問 題 を 発 端 に 一 方 で 食 品 の 虚 偽 表 示 無 認 可 の 食 品 添 加 物 の 混 入 輸 第 二 学 年 技 術 家 庭 科 ( 技 術 分 野 ) 学 習 指 導 案 期 日 平 成 26 年 0 月 2 日 ( 火 ) 学 校 名 美 郷 町 立 大 和 中 学 校 授 業 者 教 諭 立 木 光 史 題 材 名 生 物 育 成 に 関 す 技 術 2 題 材 の 目 標 生 物 育 成 に 関 す 基 礎 的 基 本 的 な 知 識 及 び 技 術 を 習 得 すとともに 生 物

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208358815B8370815B834F838A815B83939056837D836A83858341838B82502E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208358815B8370815B834F838A815B83939056837D836A83858341838B82502E646F63> 環 境 に 優 しく 土 壌 植 物 を 活 性 化 キトサン 溶 液 スーパーグリーン キトサン 土 壌 改 良 溶 液 スーパーグリーン 活 用 基 本 マニュアル 当 社 は25 年 の 経 験 とお 客 様 から 寄 せられるご 意 見 使 用 結 果 を 参 考 にし 他 社 には 見 られない 独 自 の 商 品 を 開 発 し 皆 様 に 永 年 にわたり 愛 好 されております これまでも

More information

Taro-稲作生産情報第1号

Taro-稲作生産情報第1号 稲 作 生 産 情 報 第 1 号 平 成 28 年 3 月 7 日 青 森 県 攻 めの 農 林 水 産 業 推 進 本 部 高 品 質 で 良 食 味 な 米 づくりに 向 け 健 康 な 土 づくりと 健 苗 育 成 に 努 めよう! 適 期 田 植 えに 向 け 苗 づくりの 準 備 を 計 画 的 に 行 おう! 1 育 苗 計 画 適 正 な 育 苗 日 数 ( 中 苗 :30 日 ~35

More information

●有色馬鈴薯の加工技術確立試験(1)

●有色馬鈴薯の加工技術確立試験(1) 枝 豆 の 冷 凍 加 工 技 術 と 品 質 評 価 に 関 する 試 験 ( 平 成 26 年 度 ) 研 究 開 発 課 川 原 美 香 共 同 研 究 : 中 札 内 村 農 業 協 同 組 合 1. 研 究 の 目 的 と 概 要 十 勝 中 札 内 村 は 枝 豆 の 生 産 量 が 北 海 道 一 であり 中 札 内 村 農 業 協 同 組 合 の 農 産 物 加 工 処 理 施 設

More information

Microsoft Word - 160224べんモリマニュアル.doc

Microsoft Word - 160224べんモリマニュアル.doc 水 稲 べんモリ 直 播 マニュアル 2016 年 版 水 稲 湛 水 直 播 の 苗 立 ちの 安 定 化 を 目 的 とした 安 価 で 簡 易 な 種 子 被 覆 法 国 立 研 究 開 発 法 人 農 業 食 品 産 業 技 術 総 合 研 究 機 構 九 州 沖 縄 農 業 研 究 センター 水 稲 直 播 の 問 題 苗 作 りを 行 わず 水 田 に 直 接 播 種 する 直 播 は

More information

< F2D D312D AC28BAB95DB9153>

< F2D D312D AC28BAB95DB9153> Ⅵ 環 境 保 全 型 農 業 と 土 壌 管 理 1 有 機 質 肥 料 の 利 用 技 術 (1) 水 田 での 利 用 技 術 ア 有 機 質 肥 料 の 種 類 と 特 性 (ア) 有 機 質 肥 料 の 施 用 効 果 有 機 質 肥 料 は 肥 料 取 締 法 では 植 物 油 かす 類 魚 肥 類 骨 粉 類 肉 かす 粉 末 等 の 動 植 物 質 の 普 通 肥 料 をいう 土 壌

More information

06調査研究.indd

06調査研究.indd 調 査 研 究 豆 類 の 収 穫 乾 燥 調 製 に 関 する 機 械 化 鈴 木 剛 はじめに 従 来 の 豆 類 収 穫 は ビーンハーベスタや ビーンカッタで 刈 り 取 りした 後 にお 積 み を 行 い 圃 場 で 子 実 の 乾 燥 が 進 んでか ら 脱 穀 を 行 うのが 一 般 的 な 体 系 であった しかし この 体 系 では 作 業 工 程 数 が 多 く 労 働 力 が

More information

<5461726F2D89D495B291CE8DF4826F827382DC82C682DF8169967B91CC816A>

<5461726F2D89D495B291CE8DF4826F827382DC82C682DF8169967B91CC816A> 今 後 の 花 粉 発 生 源 対 策 の 推 進 方 策 について ~ 花 粉 発 生 源 対 策 プロジェクトチーム 検 討 報 告 ~ 1 プロジェクトチームの 設 置 と 任 務 我 が 国 のスギ 人 工 林 は 約 452 万 haで 森 林 面 積 の2 割 を 占 め これらの 森 林 は 木 材 供 給 はもとより 国 土 の 保 全 水 源 のかん 養 地 球 温 暖 化 の 防

More information

病 虫 害 は アフ ラムシ,ヨトウムシを 少 数 確 認 したが 予 防 的 に 行 った 防 除 でほぼ 防 ぐことが 出 来 た 本 年 は 同 品 種 同 ハウス 内 であっても 天 候 定 植 場 所 排 水 灌 水 等 管 理 によって 変 化 が 大 き く その 品 種 毎 にあった

病 虫 害 は アフ ラムシ,ヨトウムシを 少 数 確 認 したが 予 防 的 に 行 った 防 除 でほぼ 防 ぐことが 出 来 た 本 年 は 同 品 種 同 ハウス 内 であっても 天 候 定 植 場 所 排 水 灌 水 等 管 理 によって 変 化 が 大 き く その 品 種 毎 にあった トルコギキョウ 平 成 23 年 度 トルコギキョウ 新 品 種 現 地 適 応 性 比 較 試 験 和 寒 町 農 業 活 性 化 センター 上 西 孝 明 1 試 験 設 置 場 所 和 寒 町 農 業 活 性 化 センター 第 1ハウス 連 携 機 関 旭 川 市 農 業 センター 2 供 試 品 種 標 準 品 種 北 斗 星,エクローサホワイト 他 6 品 種, ミヨシ 4 品 種, 住

More information

2.VSあかきん( 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 ) 荷 姿 :10kg/ 袋 VSあかきんはバーミキュライトに 光 合 成 細 菌 を 培 養 吸 着 した 土 壌 改 良 材 です 1 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 2 有 害 ガス 毒 素 の 分 解 3 色 素 発 現 高

2.VSあかきん( 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 ) 荷 姿 :10kg/ 袋 VSあかきんはバーミキュライトに 光 合 成 細 菌 を 培 養 吸 着 した 土 壌 改 良 材 です 1 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 2 有 害 ガス 毒 素 の 分 解 3 色 素 発 現 高 1.VS34( 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 ) 荷 姿 :10kg/ 袋 VS34は 生 きた 微 生 物 群 で バーミキュライト( 蛭 石 )に 放 線 菌 細 菌 糸 状 菌 酵 母 等 の 有 効 微 生 物 を 培 養 吸 着 した 総 合 的 土 壌 改 良 材 です 1 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 2 堆 肥 ボカシ 肥 料 づくり 3 連 作 障 害 対 策

More information

平成19年度水稲・園芸作物振興計画

平成19年度水稲・園芸作物振興計画 平 成 28 年 度 水 稲 園 芸 作 物 振 興 計 画 島 根 おおち 地 区 本 部 1. 水 稲 の 生 産 振 興 平 成 27 年 における 全 国 の 水 稲 作 付 け 面 積 は 140 万 6 千 ha で 飼 料 米 等 の 新 規 需 要 米 が 増 えた ことが 影 響 し 前 年 産 に 比 べ 6 万 8 千 ha の 減 少 となっています 米 の 全 国 作 況

More information

(Microsoft Word - \203u\203h\203E\222\205\220F\214\374\217\343\213Z\217p.doc)

(Microsoft Word - \203u\203h\203E\222\205\220F\214\374\217\343\213Z\217p.doc) 瀬 戸 内 沿 岸 部 におけるブドウ 安 芸 クイーン の 着 色 向 上 技 術 の 開 発 広 島 県 立 総 合 技 術 研 究 所 農 業 技 術 センター 果 樹 研 究 部 山 根 崇 嘉 はじめに ブドウ 安 芸 クイーン の 特 徴 近 年 は 種 なしに 対 する 需 要 が 高 まっており ジベレリン 処 理 によって 容 易 に 種 なし 果 実 を 生 産 できる ピオーネ

More information

Microsoft Word - Ⅶ防暑対策.doc

Microsoft Word - Ⅶ防暑対策.doc Ⅶ. 防 暑 対 策 について 鶏 は 幼 雛 時 の 保 温 を 必 要 とする 時 期 を 経 過 した 後 は 高 い 環 境 温 度 に 対 して 弱 く 食 下 量 の 減 少 体 重 の 停 滞 ついには 熱 射 病 にまで 至 りますので 被 害 を 最 小 限 に 抑 えるための 防 暑 対 策 を 行 う 必 要 があります 夏 場 において 肥 育 成 績 で 高 い 収 益 性

More information

「あたらしい農業技術・あたらしい林業技術・あたらしい水産技術」記載要領

「あたらしい農業技術・あたらしい林業技術・あたらしい水産技術」記載要領 あたらしい 農 業 技 術 No.6 台 を 用 いた 不 知 火 の 安 定 産 平 成 26 度 - 静 岡 県 経 済 産 業 部 - 要 旨 技 術 情 報 の 内 容 及 び 特 徴 () 中 晩 性 カンキツ 不 知 火 の 台 木 として 強 勢 の を 用 いると 樹 が 大 きくなるのが 早 く 樹 容 積 は7 で 台 の.4 倍 程 度 となりますが 8 以 降 は 成 育

More information

北海道の森林・林業・木材産業の 現状と課題

北海道の森林・林業・木材産業の  現状と課題 参 考 資 料 北 海 道 の 森 林 林 業 木 材 産 業 の 主 なデータ 214 年 7 月 北 海 道 水 産 林 務 部 目 次 1 森 林 資 源 等. (1) 森 林 資 源 の 状 況 2p (2) 森 林 に 期 待 する 役 割.. 4p 2 林 業 及 び 木 材 産 業. (1) 森 林 所 有 者 の 状 況 ( 林 業 経 営 の 状 況 ) 5p (2) 林 業 労

More information

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 一 般 社 団 法 人 全 国 農 業 経 営 コンサルタント 協 会 公 益 社 団 法 人 日 本 農 業 法 人 協 会 1 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が

More information

< 肝 属 中 部 地 区 の 畑 地 かんがい 営 農 推 進 の 紹 介 > ~ 台 地 に 畑 かん 潤 う 農 業 ~ 肝 属 地 域 では, 笠 野 原 地 区 や 肝 属 南 部 地 区, 曽 於 南 部 地 区 ( 鹿 屋 市 輝 北 町 )にて 畑 地 かんがい 施 設 が 整 備

< 肝 属 中 部 地 区 の 畑 地 かんがい 営 農 推 進 の 紹 介 > ~ 台 地 に 畑 かん 潤 う 農 業 ~ 肝 属 地 域 では, 笠 野 原 地 区 や 肝 属 南 部 地 区, 曽 於 南 部 地 区 ( 鹿 屋 市 輝 北 町 )にて 畑 地 かんがい 施 設 が 整 備 普 及 だ よ り 編 集 発 行 大 隅 地 域 振 興 局 農 林 水 産 部 農 政 普 及 課 連 絡 先 鹿 屋 市 打 馬 2 丁 目 16-6 肝 属 地 域 農 業 改 良 普 及 事 業 協 議 会 電 話 0994-52-2143 FAX0994-52-2147 ホームページ http://www.pref.kagoshima.jp/chiiki/osumi/index.html

More information

シャインマスカット栽培指針.docx

シャインマスカット栽培指針.docx シャインマスカット の 栽 培 マニュアル 平 成 28 年 3 月 大 阪 府 目 次 1 シャインマスカットの 特 徴 1 (1) 来 歴 (2) 樹 果 実 の 特 性 2 ぶどうの 植 付 け 方 法 と 初 年 度 の 管 理 2 (1) 植 付 け 方 法 (2) 初 年 度 の 管 理 方 法 ( 棚 栽 培 の 場 合 ) (3) 新 植 幼 木 期 の 管 理 3 シャインマスカットの

More information

H12 正

H12 正 平 成 26 年 度 県 内 優 良 果 樹 技 術 経 営 事 例 第 16 回 全 国 果 樹 技 術 経 営 コンクール 全 国 果 樹 研 究 連 合 会 会 長 賞 受 賞 者 鳥 取 西 部 農 業 協 同 組 合 米 子 梨 果 実 部 長 谷 川 彰 一 氏 長 谷 川 美 保 子 氏 1. 推 薦 要 旨 長 谷 川 彰 一 氏 は 大 山 山 系 である 孝 霊 山 の 麓 という

More information

(Microsoft PowerPoint - \202R\201`15)

(Microsoft PowerPoint - \202R\201`15) 露 地 ショウガの 安 定 生 産 と 産 地 振 興 策 の 実 践 実 施 地 区 高 知 市 対 象 :JA 高 知 市 朝 生 姜 生 産 組 合 23 年 度 の 目 標 1 環 境 に 配 慮 した 生 産 体 制 の 構 築 2 産 地 振 興 ビジョンの 実 現 に 向 けた 実 践 活 動 3 加 工 用 仕 向 け 量 の 拡 大 取 り 組 み 結 果 現 地 検 討 会 1

More information

Taro-H27果振計画3.30

Taro-H27果振計画3.30 計 画 期 間 平 成 28 年 度 ~ 平 成 32 年 度 栃 木 県 果 樹 農 業 振 興 計 画 平 成 28 年 3 月 栃 木 県 目 次 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 2 本 県 果 樹 農 業 の 現 状 と 課 題 2 (1) 果 樹 経 営 (2) 果 実 の 生 産 販 売 (3) 担 い 手 (4) 加 工 (5) 輸 出 の 取 組 3 果 樹 農 業 の 振 興

More information

不 作 付 地 の 解 消 に 向 けて 取 り 組 む イ 飼 料 用 米 主 食 用 米 の 需 要 減 が 見 込 まれる 中 平 成 26 年 度 より 飼 料 用 米 の 取 組 を 開 始 し た 平 成 27 年 度 以 降 は 多 収 品 種 に 取 組 を 拡 大 し 生 産 性

不 作 付 地 の 解 消 に 向 けて 取 り 組 む イ 飼 料 用 米 主 食 用 米 の 需 要 減 が 見 込 まれる 中 平 成 26 年 度 より 飼 料 用 米 の 取 組 を 開 始 し た 平 成 27 年 度 以 降 は 多 収 品 種 に 取 組 を 拡 大 し 生 産 性 斐 川 町 地 域 農 業 再 生 協 議 会 水 田 フル 活 用 ビジョン 1 地 域 の 作 物 作 付 の 現 状 地 域 が 抱 える 課 題 当 地 域 は 全 耕 地 面 積 に 占 める 主 食 用 米 面 積 の 割 合 が 約 61%で 転 作 作 物 については 大 麦 大 豆 加 工 用 米 ハトムギ 飼 料 作 物 を 中 心 として 作 付 が 行 われている また 農

More information

熊本のカンキツ栽培 のあり方について

熊本のカンキツ栽培 のあり方について カンキツ 不 知 火 類 の 長 期 貯 蔵 農 業 研 究 センター 果 樹 研 究 所 常 緑 果 樹 研 究 室 相 川 博 志 講 義 内 容 カンキツ 不 知 火 の 生 産 販 売 状 況 カンキツの 貯 蔵 方 法 およびMA 包 装 について MA 個 装 (Pプラス) 不 知 火 果 実 の 収 穫 及 び 貯 蔵 中 の 品 質 区 分 MA 個 装 不 知 火 果 実 の 長

More information

目 次 1 北 海 道 農 業 の 現 状 1 2 北 海 道 の 農 業 農 村 整 備 を 取 り 巻 く 状 況 8 3 農 業 農 村 整 備 における 新 たな 技 術 の 導 入 15 4 農 業 農 村 整 備 の 地 域 経 済 等 への 波 及 17

目 次 1 北 海 道 農 業 の 現 状 1 2 北 海 道 の 農 業 農 村 整 備 を 取 り 巻 く 状 況 8 3 農 業 農 村 整 備 における 新 たな 技 術 の 導 入 15 4 農 業 農 村 整 備 の 地 域 経 済 等 への 波 及 17 資 料 2 北 海 道 における 農 業 農 村 整 備 の 概 況 等 について 平 成 27 年 11 月 13 日 国 土 交 通 省 北 海 道 開 発 局 目 次 1 北 海 道 農 業 の 現 状 1 2 北 海 道 の 農 業 農 村 整 備 を 取 り 巻 く 状 況 8 3 農 業 農 村 整 備 における 新 たな 技 術 の 導 入 15 4 農 業 農 村 整 備 の 地 域

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20949E814591E593A48DCD947C837D836A83858341838B2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20949E814591E593A48DCD947C837D836A83858341838B2E646F63> 麦 大 豆 栽 培 マニュアル 平 成 26 年 10 月 麦 大 豆 等 生 産 推 進 協 議 会 はじめに 米 の 需 要 が 減 少 していく 中 で 水 田 を 有 効 に 活 用 する 手 段 として 麦 や 大 豆 等 の 生 産 振 興 が 重 要 となっております しかし 麦 や 大 豆 は 水 田 転 作 の 主 力 作 物 として 栽 培 されてきましたが ここ 10 年 ほどを

More information

農業収支ノート(25年分)

農業収支ノート(25年分) 平 成 年 分 農 業 収 支 ノ ー ト 氏 名 : 住 所 : 電 話 番 号 : このノートに 記 載 した 金 額 を 収 支 内 訳 書 ( 農 業 所 得 用 ) に 転 記 することで 収 支 内 訳 書 ( 農 業 所 得 用 ) を 作 成 することができます 農 産 物 の 棚 卸 高 など 別 に 計 算 が 必 要 な 項 目 もあります 記 載 されている 項 目 や 事

More information

目 次 1.はじめに 2.キウイフルーツかいよう 病 とは 3. 防 除 対 策 の 基 本 的 な 考 え 方 4. 侵 入 防 止 対 策 5. 予 防 対 策 ( 年 間 の 防 除 対 策 ) ( 耕 種 的 防 除 ) 6. 早 期 発 見 7. 発 生 園 における 防 除 対 策 8.

目 次 1.はじめに 2.キウイフルーツかいよう 病 とは 3. 防 除 対 策 の 基 本 的 な 考 え 方 4. 侵 入 防 止 対 策 5. 予 防 対 策 ( 年 間 の 防 除 対 策 ) ( 耕 種 的 防 除 ) 6. 早 期 発 見 7. 発 生 園 における 防 除 対 策 8. キウイフルーツかいよう 病 防 除 対 策 マニュアル 平 成 26 年 8 月 和 歌 山 県 農 林 水 産 部 目 次 1.はじめに 2.キウイフルーツかいよう 病 とは 3. 防 除 対 策 の 基 本 的 な 考 え 方 4. 侵 入 防 止 対 策 5. 予 防 対 策 ( 年 間 の 防 除 対 策 ) ( 耕 種 的 防 除 ) 6. 早 期 発 見 7. 発 生 園 における 防

More information

2 主 要 品 目 の 概 要 (1)キク 昭 和 30 年 頃 から 急 激 な 生 産 拡 大 が 図 ら れたが 昭 和 50 年 代 をピークに 作 付 面 積 は 減 少 を 続 けている 平 成 24 年 の 作 付 面 積 は133ha( 前 年 比 9 8%) 生 産 量 は3,60

2 主 要 品 目 の 概 要 (1)キク 昭 和 30 年 頃 から 急 激 な 生 産 拡 大 が 図 ら れたが 昭 和 50 年 代 をピークに 作 付 面 積 は 減 少 を 続 けている 平 成 24 年 の 作 付 面 積 は133ha( 前 年 比 9 8%) 生 産 量 は3,60 Ⅳ 花 き 1 振 興 方 針 (1) 生 産 販 売 の 現 況 本 県 の 花 き 生 産 は 夏 期 の 冷 涼 な 気 候 や 南 北 に 長 く 標 高 差 のあるほ 場 の 立 地 条 件 等 を 活 かして 多 種 多 様 な 切 花 鉢 花 が 栽 培 されていることが 特 徴 である 切 花 類 では 出 荷 量 全 国 第 1 位 のカーネーション トルコギキョウ アルストロメリ

More information

untitled

untitled みんなで 止 めよう 温 暖 化 チーム マイナス6% ガイドブック CONTENTS 緑 のカーテンで 涼 しい 夏 を! 1 なぜ 涼 しいの? 緑 のカーテン 2 育 ててみよう! 緑 のカーテン 3 準 備 するもの ゴーヤ 作 業 暦 3 ネット 張 り 支 柱 立 て 設 置 裏 技 4 土 作 り 苗 の 植 え 付 け 5 水 やり 雨 水 タンク 利 用 6 ツルの 誘 引 追 肥

More information

Microsoft Word - P1

Microsoft Word - P1 ( 1) 平 成 26 年 5 月 1 日 第 63 巻 5 号 千 葉 の園 芸 園 芸 産 出 額 全 国 第 1 位 の 奪 還 に 向 けた 力 強 い 産 地 づくり の 推 進 千 葉 県 農 林 水 産 部 生 産 振 興 課 課 長 飯 田 秀 雄 平 成 26 年 度 全 農 千 葉 県 本 部 園 芸 事 業 の 取 り 組 み 全 農 千 葉 県 本 部 園 芸 部 長 木 村

More information

椊物とイオンの関係

椊物とイオンの関係 植 物 とイオンの 関 係 青 木 慶 和 田 代 裕 慶 野 口 俊 介 指 導 教 諭 千 葉 先 生 Ⅰ 動 機 と 目 的 私 たちは まずスポーツドリンクに 含 まれる 様 々なイオンが 体 にどのような 影 響 を 与 えるかに 興 味 を 持 った さらに 先 輩 たちが 行 った メダカの 耐 塩 性 の 研 究 を 読 んでイオンが 生 物 に 対 して 与 える 影 響 についてより

More information

■ 準備するもの

■ 準備するもの 緑 のカーテンの 作 り 方 第 5 版 姫 路 市 環 境 政 策 室 監 修 姫 路 市 農 業 振 興 センター 緑 のカーテンとは 緑 のカーテンとは つるが 伸 びる 植 物 を 育 てて 壁 や 窓 をカーテンのように 覆 うこ とで 夏 の 暑 さをやわらげようとするものです 葉 っぱでできた 自 然 のカーテンは 植 物 の 力 をうまく 利 用 することで すだれや 布 のカーテン

More information

目 次 1 趣 旨 1 2 現 状 1 (1) 少 花 粉 スギ 2 ア 発 根 率 改 善 等 イ 民 間 苗 木 生 産 者 の 採 穂 園 整 備 ウ 民 間 苗 木 生 産 者 による 苗 木 の 生 産 (2) 少 花 粉 ヒノキ 4 ア 採 種 園 の 改 良 等 イ 挿 し 木 試 験

目 次 1 趣 旨 1 2 現 状 1 (1) 少 花 粉 スギ 2 ア 発 根 率 改 善 等 イ 民 間 苗 木 生 産 者 の 採 穂 園 整 備 ウ 民 間 苗 木 生 産 者 による 苗 木 の 生 産 (2) 少 花 粉 ヒノキ 4 ア 採 種 園 の 改 良 等 イ 挿 し 木 試 験 岡 山 県 少 花 粉 スギ ヒノキ 普 及 推 進 計 画 平 成 27 年 3 月 岡 山 県 目 次 1 趣 旨 1 2 現 状 1 (1) 少 花 粉 スギ 2 ア 発 根 率 改 善 等 イ 民 間 苗 木 生 産 者 の 採 穂 園 整 備 ウ 民 間 苗 木 生 産 者 による 苗 木 の 生 産 (2) 少 花 粉 ヒノキ 4 ア 採 種 園 の 改 良 等 イ 挿 し 木 試 験

More information

( 2 ) 平 成 28 年 1 月 1 日 茨 城 県 穀 物 改 良 第 258 号 2. 平 成 27 年 産 水 稲 の 作 柄 と 平 成 28 年 産 に 向 けた 対 策 について 農 業 総 合 センター 専 門 技 術 指 導 員 室 眞 部 徹 平 成 27 年 産 の 気 象

( 2 ) 平 成 28 年 1 月 1 日 茨 城 県 穀 物 改 良 第 258 号 2. 平 成 27 年 産 水 稲 の 作 柄 と 平 成 28 年 産 に 向 けた 対 策 について 農 業 総 合 センター 専 門 技 術 指 導 員 室 眞 部 徹 平 成 27 年 産 の 気 象 第 258 号 平 成 28 年 1 月 1 日 ( 1 ) 1 月 号 2016 公 益 社 団 法 人 茨 城 県 農 林 振 公 社 穀 物 改 良 部 311-4203 水 戸 市 上 国 井 町 3118-1 TEL 029-239 - 6300 FAX 029-239 - 6880 http://www.ibanourin.or.jp 1. 理 事 長 年 頭 のごあいさつ 公 益 社

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation ~ 花 粉 症 ~ 今 年 の 花 粉 情 報 と 治 療 セルフケア 花 粉 症 基 礎 知 識 花 粉 症 とは? 花 粉 症 とは スギやヒノキなどの 植 物 の 花 粉 が 原 因 となって 目 のかゆみ 鼻 水 な どのアレルギー 症 状 を 起 こす 病 気 です なぜ 花 粉 症 でくしゃみや 涙 が 出 るの? 身 体 が 花 粉 を 敵 だと 判 断 するために 花 粉 を 自 分

More information

4 床 土 の 代 替 資 材 市 販 されている 人 工 床 土 人 工 成 型 培 地 は 原 材 料 により それぞれ 保 水 性 保 肥 力 などが 異 なるのでそれに 対 応 した 育 苗 管 理 が 必 要 である 人 工 床 土 人 工 成 型 培 地 は 消 毒 され 無 菌 状 態

4 床 土 の 代 替 資 材 市 販 されている 人 工 床 土 人 工 成 型 培 地 は 原 材 料 により それぞれ 保 水 性 保 肥 力 などが 異 なるのでそれに 対 応 した 育 苗 管 理 が 必 要 である 人 工 床 土 人 工 成 型 培 地 は 消 毒 され 無 菌 状 態 4 栽 培 基 本 技 術 1) 育 苗 ( 床 土 の 準 備 ~ 育 苗 管 理 ) (1) 床 土 及 び 代 替 資 材 育 苗 に 好 適 な 床 土 の 条 件 は 床 土 の ph は 5 程 度 であり 腐 植 を 適 度 に 含 み 排 水 性 保 水 性 に 優 れていることである しかも 病 原 菌 やカビ 類 に 汚 染 されて いないことも 大 切 な 条 件 の 一 つである

More information

飼 料 用 イネ 専 用 の 上 手 な 栽 培 方 法 と 利 用 1 と 播 種 量 など [ 栽 培 の 基 本 は 食 用 イネに 準 ずるが 以 下 の 点 に 留 意 ] の 千 粒 重 に 応 じて 播 種 量 を 増 やしましょう 食 用 イネ より 多 めに 必 要 です 飼 料

飼 料 用 イネ 専 用 の 上 手 な 栽 培 方 法 と 利 用 1 と 播 種 量 など [ 栽 培 の 基 本 は 食 用 イネに 準 ずるが 以 下 の 点 に 留 意 ] の 千 粒 重 に 応 じて 播 種 量 を 増 やしましょう 食 用 イネ より 多 めに 必 要 です 飼 料 飼 料 用 イネ 専 用 の 上 手 な 栽 培 方 法 と 利 用 1 と 播 種 量 など [ 栽 培 の 基 本 は 食 用 イネに 準 ずるが 以 下 の 点 に 留 意 ] の 千 粒 重 に 応 じて 播 種 量 を 増 やしましょう 食 用 イネ より 多 めに 必 要 です 飼 料 用 イネ 専 用 は 食 用 よりも 種 子 の 大 きな が 多 く 食 用 と 同 じ 播 種 量

More information

穫 7 日 前 ) ハダニ 対 策 : 発 生 が 見 られれば サンマイトフロアブル( 収 穫 21 日 前 ) 等 で 防 除 する 4. 白 ねぎ 春 まき 夏 秋 秋 冬 どり 土 寄 せ: 梅 雨 に 備 え 土 寄 せを 行 いうね 間 に 排 水 溝 を 設 ける 但 し 土 寄 せ

穫 7 日 前 ) ハダニ 対 策 : 発 生 が 見 られれば サンマイトフロアブル( 収 穫 21 日 前 ) 等 で 防 除 する 4. 白 ねぎ 春 まき 夏 秋 秋 冬 どり 土 寄 せ: 梅 雨 に 備 え 土 寄 せを 行 いうね 間 に 排 水 溝 を 設 ける 但 し 土 寄 せ 平 成 28 年 6 月 14 日 高 岡 農 林 振 興 センター 野 菜 の 病 害 虫 防 除 および 当 面 の 技 術 対 策 本 情 報 に 記 載 された 農 薬 および 使 用 方 法 は 平 成 28 年 5 月 末 日 現 在 の 内 容 です 実 際 の 使 用 にあたっては ラベルを 確 認 して 使 用 して 下 さい 1.ほうれんそう アブラムシ 対 策 : 成 虫 の

More information

 

  小 ぎく J J 1. 子 ぎくの 魅 力 夏 ~ 秋 まで 長 く 出 荷 が 可 能 です 色 はバラエティに 富 み 仏 花 を 始 めとした 広 い 用 途 があります 露 地 栽 培 を 基 本 にします なお 12 月 出 しの 寒 ぎくはハウス 栽 培 となります 栽 培 に 必 要 な 施 設 機 械 (パイプハウス) 動 力 噴 霧 器 管 理 機 その 他 支 柱 ネットなど かき

More information

. 川 内 6 丁 目 ~1 丁 目 の 農 業 (1 995) 年 における 川 内 6 丁 目 ~1 丁 目 の 農 業 類 型..125 の 実 地 調 査 地 として 広 島 市 安 佐 南 区 川 内 地 区 ( 川 内 1 丁 目 ~6 丁 目 )を 選 島 菜 の 特 産 団 地 として1O ~12 月 は, 耕 地 全 体 が 広 島 菜 一 色 に 埋 められる C,ナイアシンなどの

More information

TK25_P02-P19_final.indd

TK25_P02-P19_final.indd 02 栄 養 豊 富 で 食 卓 に 彩 りを 添 える ホウレンソウ ホウレンソウの 原 産 地 はイランと 言 われています 7 世 紀 には 中 国 へ 11 世 紀 にはヨーロッパへ 伝 わったとの 記 録 が 残 っています これらヨーロッパの 品 種 は 約 100 年 前 に 日 本 へ 伝 わり 洋 種 ( 西 洋 種 )と 呼 ばれました これより 古 く 約 400 年 前 に

More information

Microsoft Word - 2柴原-F1.doc

Microsoft Word - 2柴原-F1.doc 環 境 負 荷 低 減 をめざした 水 稲 栽 培 技 術 の 体 系 化 と GIS を 利 用 した 負 荷 予 測 モデルによる 検 証 - 先 端 技 術 を 活 用 した 農 林 水 産 研 究 高 度 化 事 業 の 研 究 成 果 報 告 - 滋 賀 県 農 業 技 術 振 興 センター( 研 究 総 括 者 ) 柴 原 藤 善. 研 究 の 概 要 近 畿 地 域 では 4 万 人

More information

H21年度担い手情報誌                     平成21年8月25日

H21年度担い手情報誌                     平成21年8月25日 Re Start No.133 JA 全 農 山 形 農 業 支 援 統 括 部 米 穀 部 つや 姫 はえぬきの 生 育 情 報 -2 園 芸 部 庄 内 メロン 生 産 出 荷 状 況 畜 産 部 平 岡 肥 育 農 場 いよいよ 稼 働 生 産 資 材 部 園 芸 品 目 紹 介 25 31 1. 本 年 5 月 ~7 月 の 気 象 と 生 育 概 況 ~ 本 年 も 変 動 の 大 きい

More information

Taro-P0-表紙.jtd

Taro-P0-表紙.jtd 道 きのこ 生 履 歴 管 理 フォローアップ 調 査 報 告 書 ( 平 成 21 年 度 ) 北 海 道 水 林 務 部 林 務 局 林 業 木 材 課 - は じ め に - 本 報 告 書 は 道 が 策 定 した 道 きのこ 生 履 歴 管 理 の 手 引 -トレーサビリティシステムの 導 入 に 向 けて- を 活 用 した 道 内 きのこ 生 者 の 自 主 的 な 取 組 を 支

More information

名称未設定

名称未設定 多 岐 にわたるの 栽 培 地 域 子 芋 用 品 種 ( 土 垂 ) 生 産 の 歴 史 的 由 来 親 子 兼 用 品 種 ( 唐 芋 ) は ンド 付 近 など 熱 帯 の 南 アジア 原 産 で 寒 さに 耐 える 品 種 が 中 国 をとおって 日 本 に 伝 えられま した 稲 作 と 同 じ 頃 か それより 古 く 縄 文 時 代 の 中 期 には 渡 来 したと 考 えられています

More information

「節電に対する生活者の行動・意識

「節電に対する生活者の行動・意識 節 電 に 対 する 生 活 者 の 行 動 意 識 に 関 する 調 査 -2014 年 調 査 - みずほ 情 報 総 研 株 式 会 社 環 境 エネルギー 第 1 部 2015 年 3 月 9 日 目 次 要 旨 調 査 の 背 景 と 目 的 調 査 方 法 調 査 の 主 な 結 果 調 査 結 果 1. 回 答 者 の 基 本 属 性 2. 電 力 不 足 地 球 温 暖 化 への 意

More information

Microsoft Word - 第2章 桑の栽培-2_p31-40_

Microsoft Word - 第2章 桑の栽培-2_p31-40_ 30 第 2 章 桑 の 栽 培 ている 品 種 は, 一 ノ 瀬 が 約 半 数 をしめ, 次 いで はやてさかり が 多 くそのほかに し んいちのせ みなみさかり 改 良 鼠 返 し などがあげられる 2 5 表 主 要 な 品 種 項 目 主 要 な 品 種 名 やまぐわ 型 剣 持, 赤 木, 島 ノ 内, 五 郎 治 早 生, 市 平, 根 小 屋 高 助, 新 桑 1 号 ~2 号,

More information

Ⅲ 麦 1 赤 かび 病 (1) 予 報 の 内 容 発 生 量 :やや 多 発 生 時 期 ( 感 染 時 期 ): 早 1 大 麦 小 麦 の 生 育 は 平 年 より 10 日 程 度 進 んでいる 2 5 月 10~11 日 に 降 雨 があり 気 温 も 高 めで 開 花 期 に 遭 遇

Ⅲ 麦 1 赤 かび 病 (1) 予 報 の 内 容 発 生 量 :やや 多 発 生 時 期 ( 感 染 時 期 ): 早 1 大 麦 小 麦 の 生 育 は 平 年 より 10 日 程 度 進 んでいる 2 5 月 10~11 日 に 降 雨 があり 気 温 も 高 めで 開 花 期 に 遭 遇 Ⅰ 総 括 表 病 害 虫 発 生 予 報 第 2 号 ( 向 こう1ヶ 月 間 の 発 生 予 報 ) 平 成 28 年 (2016 年 )5 月 16 日 長 野 県 病 害 虫 防 除 所 作 物 名 病 害 虫 名 地 域 発 生 量 発 生 時 期 摘 要 赤 かび 病 全 域 やや 多 早 麦 さび 病 全 域 やや 多 早 うどんこ 病 全 域 やや 多 やや 早 ニカメイチュウ 全

More information

第 93 号 2 平 成 25 1 月 広 報 功 労 5 名 授 与 励 発 展 尽 方 対 贈 功 労 彰 授 与 式 10 月 28 設 ス テ ジ 行 式 各 功 績 受 賞 5 名 端 代 彰 状 記 念 贈 受 賞 皆 次 不 動 外 白 ね ぎ 谷 内 賢 正 甘 薯 前 光 行 明

第 93 号 2 平 成 25 1 月 広 報 功 労 5 名 授 与 励 発 展 尽 方 対 贈 功 労 彰 授 与 式 10 月 28 設 ス テ ジ 行 式 各 功 績 受 賞 5 名 端 代 彰 状 記 念 贈 受 賞 皆 次 不 動 外 白 ね ぎ 谷 内 賢 正 甘 薯 前 光 行 明 発 行 / 同 編 集 / 総 務 課 TEL 32-1155 編 集 / ハクイ 印 刷 93 第 93 号 2 平 成 25 1 月 広 報 功 労 5 名 授 与 励 発 展 尽 方 対 贈 功 労 彰 授 与 式 10 月 28 設 ス テ ジ 行 式 各 功 績 受 賞 5 名 端 代 彰 状 記 念 贈 受 賞 皆 次 不 動 外 白 ね ぎ 谷 内 賢 正 甘 薯 前 光 行 明 清

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF322D342D31815190B682B282DD8E918CB989BB82C98AD682B782E992F188C45F8CE393A188CF88F582E682E85F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF322D342D31815190B682B282DD8E918CB989BB82C98AD682B782E992F188C45F8CE393A188CF88F582E682E85F2E646F63> 生 ごみ 資 源 化 に 関 する 提 案 資 料 2-4-1 東 京 農 業 大 学 後 藤 逸 男 Ⅰ. 生 ごみの 資 源 化 に 関 する 基 本 原 則 1. 資 源 化 方 法 : 生 ごみの 資 源 化 方 法 には 肥 料 化 ( 厳 密 には 堆 肥 化 と 肥 料 化 に 区 別 すべき) 飼 料 化 エネルギー 化 炭 化 などがある いずれも 設 備 に 多 額 の 経 費

More information

季 節 の 行 事 で 食 べる 料 理 餅 餅 柏 餅 山 菜 寿 司 小 麦 饅 頭 饅 頭 巻 揚 栗 茶 碗 蒸 雑 煮 黒 豆 煮 物 七 草 粥 旬 の 食 材 を 使 った 料 理 保 存 食 山 実 梅 柿 栗 芋 大 根 餅 献 立 編 集 委 員 名 簿 発 刊

季 節 の 行 事 で 食 べる 料 理 餅 餅 柏 餅 山 菜 寿 司 小 麦 饅 頭 饅 頭 巻 揚 栗 茶 碗 蒸 雑 煮 黒 豆 煮 物 七 草 粥 旬 の 食 材 を 使 った 料 理 保 存 食 山 実 梅 柿 栗 芋 大 根 餅 献 立 編 集 委 員 名 簿 発 刊 伝 えたいふる 里 の 味 美 作 市 栄 養 委 員 会 季 節 の 行 事 で 食 べる 料 理 餅 餅 柏 餅 山 菜 寿 司 小 麦 饅 頭 饅 頭 巻 揚 栗 茶 碗 蒸 雑 煮 黒 豆 煮 物 七 草 粥 旬 の 食 材 を 使 った 料 理 保 存 食 山 実 梅 柿 栗 芋 大 根 餅 献 立 編 集 委 員 名 簿 発 刊 季 節 の 行 事 で 食 べる 料 理 ぼた 餅 米 A

More information

KM_654e-20160108143111

KM_654e-20160108143111 ~ I ブナオガ 粉 20%, 特 殊 基 材 20%, 芝 芽 土 35%, 粉 炭 5%~ 米 ヌカ 20% ~ 表 ~ 6 に 示 したように 栄 養 源 としては 米 ヌカを 用 いた 培 地 3 よりも 専 管 フスマ+ 特 殊 栄 養 剤 ~ 10/ 11~11/ 15 ~10/ 15 ~ ~1l/ 16 /21~31 ~10 /11~20 /21~30 ~10 10/11~20 菌

More information

Microsoft Word - 好カルシウム植物.docx

Microsoft Word - 好カルシウム植物.docx 人 や 動 物 にとってカルシウムは 骨 や 細 胞 をつくる 上 で 欠 かすことのできない 成 分 ですが 植 物 にとってカルシウムはどのような 役 目 をするのでしょうか? 植 物 には 骨 はありませんが 細 胞 と 細 胞 を 強 固 に 結 びつけることでしっかりと 体 を 支 えています ここで 重 要 なはたらきをするのが カルシウムなのです カルシウムは 三 大 栄 養 素 に

More information

用 語 解 説 75 都 市 計 画 区 域 市 街 化 区 域 用 途 地 域 の 指 定 の 変 遷 78 都 市 計 画 図 の 変 遷 80 都 市 計 画 マスタープランの 変 遷 82 参 考 資 料 用 語 解 説 あ 行 ITS NPO Intelligent Transport Systems の 略 で 高 度 道 路 交 通 システムのこと 最 先 端 の 情 報 通 信 技

More information

特 定 農 作 業 従 事 者 とは 次 の1~3の 全 てに 該 当 する 人 をいいます 1 年 間 の 農 業 生 産 物 ( 畜 産 及 び 養 蚕 に 係 るものを 含 む)の 総 販 売 額 が300 万 円 以 上 または 経 営 耕 地 面 積 が2ヘクタール 以 上 の 規 模 (

特 定 農 作 業 従 事 者 とは 次 の1~3の 全 てに 該 当 する 人 をいいます 1 年 間 の 農 業 生 産 物 ( 畜 産 及 び 養 蚕 に 係 るものを 含 む)の 総 販 売 額 が300 万 円 以 上 または 経 営 耕 地 面 積 が2ヘクタール 以 上 の 規 模 ( のしおり 農 業 者 の 方 も 労 災 保 険 に 加 入 できます 労 災 保 険 は 本 来 労 働 者 の 業 務 または 通 勤 による 負 傷 疾 病 障 害 死 亡 に 対 して 保 険 給 付 を 行 う 制 度 で す が 労 働 者 以 外 で も そ の 業 務 の 実 情 災 害 の 発 生 状 況 などからみて 特 に 労 働 者 に 準 じて 保 護 すること が 適 当

More information

平成21年度 緑のカーテンモデル事業アンケート結果

平成21年度 緑のカーテンモデル事業アンケート結果 平 成 27 年 度 霧 島 市 緑 のカーテン 普 及 啓 発 事 業 アンケート 結 果 報 告 書 鹿 児 島 県 霧 島 市 生 活 環 境 部 環 境 衛 生 課 平 成 27 年 11 月 < 目 次 > 1 普 及 啓 発 事 業 の 目 的 について P1 2 普 及 啓 発 事 業 について P1 3 アンケート 結 果 P3 4 末 永 先 生 ワンポイントアドバイス P8 5

More information

委 託 業 務 総 括 表 委 託 業 務 名 : 小 松 島 市 本 庁 舎 (S 棟 ) 耐 震 補 強 その 他 工 事 のうち 耐 震 補 強 工 事 設 計 委 託 業 務 委 託 箇 所 構 造 及 び 延 床 面 積 : : 小 松 島 市 横 須 町 1 番 1 号 (S 棟 ) 鉄

委 託 業 務 総 括 表 委 託 業 務 名 : 小 松 島 市 本 庁 舎 (S 棟 ) 耐 震 補 強 その 他 工 事 のうち 耐 震 補 強 工 事 設 計 委 託 業 務 委 託 箇 所 構 造 及 び 延 床 面 積 : : 小 松 島 市 横 須 町 1 番 1 号 (S 棟 ) 鉄 平 成 27 年 度 小 松 島 市 本 庁 舎 (S 棟 ) 耐 震 補 強 その 他 工 事 のうち 耐 震 補 強 工 事 設 計 委 託 業 務 小 松 島 市 委 託 業 務 総 括 表 委 託 業 務 名 : 小 松 島 市 本 庁 舎 (S 棟 ) 耐 震 補 強 その 他 工 事 のうち 耐 震 補 強 工 事 設 計 委 託 業 務 委 託 箇 所 構 造 及 び 延 床 面 積

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2083438347838D815B837B815B8368338C8E8D86205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2083438347838D815B837B815B8368338C8E8D86205B8CDD8AB78382815B83685D> 花 粉 症 と 微 小 粒 子 状 物 質 (PM2.5) 参 考 文 献 : 環 境 省 ホームページ http://www.env.go.jp/air/osen/pm/info.html 微 小 粒 子 状 物 質 (PM2.5)とは1 大 気 中 に 漂 う 粒 径 2.5μm (1μm=0.001mm) 以 下 の 小 さな 粒 子 の ことで 従 来 から 環 境 基 準 を 定 めて 対

More information

白 ねぎ 1. 白 ねぎ 栽 培 の 魅 力 2. 白 ねぎ 栽 培 導 入 のメリット 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 ねぎたん 夏 秋 どり 秋 冬 どり ねぎたん の 紹 介!(こんな 白 ねぎもあります) 7

白 ねぎ 1. 白 ねぎ 栽 培 の 魅 力 2. 白 ねぎ 栽 培 導 入 のメリット 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 ねぎたん 夏 秋 どり 秋 冬 どり ねぎたん の 紹 介!(こんな 白 ねぎもあります) 7 経 営 複 合 化 に 向 けた 取 り 組 みを 進 めましょう! ~ 特 色 ある 園 芸 作 物 生 産 のすすめ ~ 10aあたりの 売 上 が 大 きい 一 連 の 省 力 機 械 が 整 備 されている 多 様 な 作 型 の 組 み 合 わせで 継 続 出 荷 ができる 周 年 的 な 労 働 力 活 用 ができる ( 大 麦 枝 豆 ) 後 作 の 高 度 利 用 に 最 適 県 産

More information

4( 北 諸 県 ) 肉 用 牛 肥 育 における 産 地 改 革 支 援 活 動 に 係 る 検 討 会 の 開 催 16 日 JA 都 城 肥 育 牛 課 の 営 農 指 導 班 会 議 において 産 地 改 革 支 援 活 動 に 係 る 検 討 会 を 行 いました 2 年 目 の 分 析

4( 北 諸 県 ) 肉 用 牛 肥 育 における 産 地 改 革 支 援 活 動 に 係 る 検 討 会 の 開 催 16 日 JA 都 城 肥 育 牛 課 の 営 農 指 導 班 会 議 において 産 地 改 革 支 援 活 動 に 係 る 検 討 会 を 行 いました 2 年 目 の 分 析 平 成 25 年 8 月 普 及 活 動 月 報 西 臼 杵 支 庁 各 農 林 振 興 局 ( 農 業 改 良 普 及 センター)の 主 な 普 及 活 動 を 紹 介 します I 主 な 普 及 指 導 活 動 等 の 取 組 1( 中 部 ) みんなで 取 り 組 む 鳥 獣 被 害 対 策 プロジェクト 23 日 宮 崎 市 加 江 田 萩 原 集 落 において 事 業 により 電 気 柵

More information

森 林 管 理 の 歴 史 1897 森 林 法 治 山 治 水 ( 保 安 林 制 度 ) 森 林 監 督 1964 林 業 基 本 法 林 業 林 産 業 の 発 展 2001 森 林 林 業 基 本 法 森 林 の 多 面 的 機 能 の 持 続 的 発 揮 2

森 林 管 理 の 歴 史 1897 森 林 法 治 山 治 水 ( 保 安 林 制 度 ) 森 林 監 督 1964 林 業 基 本 法 林 業 林 産 業 の 発 展 2001 森 林 林 業 基 本 法 森 林 の 多 面 的 機 能 の 持 続 的 発 揮 2 第 3 回 [ミネラルウォーターに 関 する 税 ] 検 討 会 2005.11.15 森 林 の 水 源 涵 養 機 能 森 林 と 地 下 水 の 関 係 を 中 心 に 東 京 農 業 大 学 太 田 猛 彦 1 森 林 管 理 の 歴 史 1897 森 林 法 治 山 治 水 ( 保 安 林 制 度 ) 森 林 監 督 1964 林 業 基 本 法 林 業 林 産 業 の 発 展 2001

More information

「あたらしい農業技術・あたらしい林業技術・あたらしい水産技術」記載要領

「あたらしい農業技術・あたらしい林業技術・あたらしい水産技術」記載要領 あたらしい 農 業 技 術 No.605 在 来 シバ 等 を 活 用 した グランドカバー 作 り 平 成 26 年 度 - 静 岡 県 経 済 産 業 部 - 要 旨 1 技 術 情 報 の 内 容 及 び 特 徴 (1) 管 理 労 力 不 足 等 の 理 由 で 雑 草 が 繁 茂 しやすい 耕 作 放 棄 地 では 外 来 シバを 利 用 したグラン ドカバー 植 物 による 被 覆 管

More information

<5461726F2D92B98F628A5191CE8DF48E9197BF288354838B95D28250292E6A>

<5461726F2D92B98F628A5191CE8DF48E9197BF288354838B95D28250292E6A> 平 成 20 年 3 月 福 岡 県 はじめに 本 県 の 野 生 鳥 獣 による 農 林 水 産 被 害 金 額 を 加 害 鳥 獣 別 割 合 でみると イノシシが34% カ ラス 類 が24% シカが14%となっており この3 大 鳥 獣 で70%を 越 えています しかし 3 鳥 獣 とも 前 年 比 では 減 少 し 被 害 対 策 等 が 各 地 の 研 修 会 などで 伝 えられ 地

More information

3 ウ ワ ミ ズ ザ ク ラ 幹 の 樹 皮 に は 横 縞 の 模 様 も な く 花 も 桜 の 概 念 か ら は ほ ど 遠 い 形 を し て い る が こ れ も 桜 の 仲 間 で あ る 20 メートル に も な る 大 木 で 4 月 の 中 頃 新 葉 が ひ ら い て

3 ウ ワ ミ ズ ザ ク ラ 幹 の 樹 皮 に は 横 縞 の 模 様 も な く 花 も 桜 の 概 念 か ら は ほ ど 遠 い 形 を し て い る が こ れ も 桜 の 仲 間 で あ る 20 メートル に も な る 大 木 で 4 月 の 中 頃 新 葉 が ひ ら い て 河 辺 い き も の の 森 の 植 物 そ の 3 樹 の 花 河 辺 い き も の の 森 に は 約 100 種 類 の 樹 木 が 生 育 し て い る 整 備 さ れ る 以 前 の 森 は そ の 見 か け 上 の 違 い か ら ケ ヤ キ 林 コ ナ ラ 林 ア ラ カ シ 林 ス ギ 林 竹 林 の 5 種 類 の 林 か ら 成 り 立 つ と さ れ て い た が 手

More information

(2) 第 16 号 平 成 24 年 5 月 発 行 < 指 導 農 業 士 女 性 農 業 経 営 士 青 年 農 業 士 認 定 者 の 紹 介 > 指 導 農 業 士 女 性 農 業 経 営 士 優 れた 農 業 経 営 を 実 践 し, 青 年 農 業 者 育 成 に 対 する 熱 意 と

(2) 第 16 号 平 成 24 年 5 月 発 行 < 指 導 農 業 士 女 性 農 業 経 営 士 青 年 農 業 士 認 定 者 の 紹 介 > 指 導 農 業 士 女 性 農 業 経 営 士 優 れた 農 業 経 営 を 実 践 し, 青 年 農 業 者 育 成 に 対 する 熱 意 と 平 成 24 年 5 月 発 行 第 16 号 (1) 普 及 だ よ り 編 集 発 行 鹿 屋 市 打 馬 2 丁 目 16-6 大 隅 地 域 振 興 局 農 林 水 産 部 農 政 普 及 課 TEL:0994-52-2145 肝 属 地 域 農 業 改 良 普 及 事 業 協 議 会 FAX:0994-52-2147 ホームページ http://www.pref.kagoshima.jp/chiiki/osumi/index.html

More information

中山間地域ってなあに?

中山間地域ってなあに? 農 業 水 利 施 設 を 活 用 した 小 水 力 発 電 等 発 電 施 設 導 入 のポイント 農 村 振 興 課 環 境 対 策 担 当 平 成 27 年 3 月 6 日 目 次 1 農 業 農 村 の 概 況 1 2 再 生 可 能 エネルギーの 利 用 可 能 量 2 3 農 村 地 域 における 太 陽 光 発 電 の 手 引 ( 抜 粋 ) 5 4 農 業 用 水 を 活 用 した

More information

untitled

untitled 平 成 25 年 (213 年 )9 月 2 日 ローン 減 税 の 拡 充 と 消 費 税 率 引 き 上 げが 着 工 に 与 える 影 響 について 要 旨 214 年 4 月 に 予 定 される 消 費 税 率 引 き 上 げの 最 終 決 定 が いよいよ 1 月 の 初 旬 に 迫 ってきた 消 費 税 率 引 き 上 げは その 前 後 に 発 生 する 駆 け 込 み 需 要 と 反

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2097CE82CC834A815B83658393837D836A83858341838B8169483234944E937894C5816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2097CE82CC834A815B83658393837D836A83858341838B8169483234944E937894C5816A2E646F63> 敦 賀 市 ゴーヤのカーテンを 作 って この 夏 を 涼 しく 過 ごしましょう 1. 涼 しい( 省 エネ) 日 差 しがやわらぎ 室 温 の 上 昇 が 抑 えられるので エアコンの 使 用 を 控 えたり 設 定 温 度 を 上 げることができます 2. 楽 しみ( 観 賞 ) 緑 の 癒 しにもなり 育 てる 楽 しみがあります 3. 環 境 に 優 しい 光 合 成 による 二 酸 化

More information

(Microsoft Word - H25\224N\202W\214\216\215\330\211\200\212\307\227\235.doc)

(Microsoft Word - H25\224N\202W\214\216\215\330\211\200\212\307\227\235.doc) JA 小 松 市 ふれあい 園 芸 相 談 8 月 の 菜 園 管 理 今 月 のポイント 秋 冬 野 菜 の 種 まき 秋 まき 野 菜 は 種 まきが1 日 遅 れると 収 穫 が5~7 日 遅 れると 言 います 作 業 は 計 画 的 に 行 い 適 期 に 行 いましょう 土 は 細 かくしすぎない 特 に 土 が 地 中 深 くまで 乾 燥 している 時 に 耕 起 すると 土 が 細

More information

ベルグアース株式会社

ベルグアース株式会社 株 主 の 皆 様 へ 第 12 期 事 業 のご 報 告 2011 年 11 月 1 日 ~2012 年 10 月 31 日 ベルグアース 株 式 会 社 証 券 コード:1383 トップインタビュー 代 表 取 締 役 社 長 山 口 一 彦 さ ら に 邁 進 し ま す 夢 が 語 れ る 農 業 の 実 現 に 向 け 上 場 は あ く ま で も 通 過 点 株 式 上 場 後 約 1

More information

* * 春 迎 豊 催 セ 先 立 ち 昨 3 東 震 災 災 害 遭 々 対 黙 祷 捧 げ 設 式 じ 設 県 高 橋 副 東 震 災 伴 原 故 放 射 性 セ シ ム 肉 汚 染 食 毒 問 題 環 太 洋 連 携 T P P 交 渉 参 加 等 影 響 肉 消 費 低 迷 枝 肉 格 落

* * 春 迎 豊 催 セ 先 立 ち 昨 3 東 震 災 災 害 遭 々 対 黙 祷 捧 げ 設 式 じ 設 県 高 橋 副 東 震 災 伴 原 故 放 射 性 セ シ ム 肉 汚 染 食 毒 問 題 環 太 洋 連 携 T P P 交 渉 参 加 等 影 響 肉 消 費 低 迷 枝 肉 格 落 ふ 広 報 誌 Kusukokonoe 4 盛 様 竹 尾 左 端 録 渡 井 稲 研 究 甘 酒 振 舞 グザ 売 次 Vol 8 P 庭 菜 園 コナ P 6 稲 研 究 寄 贈 P 3 廃 薬 回 知 P 8 グザ 売 P 4 住 宅 ロ P http:// www jaoita net /ja-kusukokonoe/ * * 春 迎 豊 催 セ 先 立 ち 昨 3 東 震 災 災 害 遭

More information

銀 閣 寺 山 のマツ 林 再 生 - 抵 抗 性 アカマツ 植 栽 試 験 - 育 種 課 育 種 研 究 室 長 磯 田 圭 哉 関 西 育 種 場 では 里 山 のマツ 林 再 生 への 取 組 みとし て 京 都 市 内 の 数 ヶ 所 でマツノザイセンチュウ 抵 抗 性 アカマツの 植 栽

銀 閣 寺 山 のマツ 林 再 生 - 抵 抗 性 アカマツ 植 栽 試 験 - 育 種 課 育 種 研 究 室 長 磯 田 圭 哉 関 西 育 種 場 では 里 山 のマツ 林 再 生 への 取 組 みとし て 京 都 市 内 の 数 ヶ 所 でマツノザイセンチュウ 抵 抗 性 アカマツの 植 栽 ISSN 1882-5877 独 立 行 政 法 人 森 林 総 合 研 究 所 林 木 育 種 センター 関 西 育 種 場 関 西 育 種 場 だより 70 2013.3 京 都 御 苑 ( 京 都 府 京 都 市 ) 延 寿 院 ( 三 重 県 名 張 市 ) 成 山 和 紙 の 里 公 園 ( 高 知 県 いの 町 ) 林 木 遺 伝 子 銀 行 110 番 の 里 帰 り( 関 連 記 事

More information

特 用 林 産 物 13 施 設 ハウスフル 活 用 プロジェクト 水 産 14 ズワイガニ 活 魚 特 産 物 化 プロジェクト 事 業 実 施 主 体 : 有 限 会 社 後 藤 農 場 ( 飯 豊 町 ) 既 存 の 花 きハウスを 活 用 し 新 たにシイタケ 栽 培 を 導 入 して ハウ

特 用 林 産 物 13 施 設 ハウスフル 活 用 プロジェクト 水 産 14 ズワイガニ 活 魚 特 産 物 化 プロジェクト 事 業 実 施 主 体 : 有 限 会 社 後 藤 農 場 ( 飯 豊 町 ) 既 存 の 花 きハウスを 活 用 し 新 たにシイタケ 栽 培 を 導 入 して ハウ 11 転 作 田 を 活 用 した 枝 豆 の 長 期 出 荷 体 制 の 確 立 による 所 得 向 上 12 新 たに 取 り 組 むハウスのフル 活 用 事 業 実 施 主 体 :イズミ 共 同 農 産 ( 長 井 市 ) 事 業 実 施 主 体 : 五 十 川 生 産 組 合 ( 長 井 市 ) 地 域 の 転 作 地 を 借 り 受 けて 枝 豆 の 栽 培 面 積 を 拡 大 するとともに

More information

分 類 28 年 度 試 算 額 円 項 目 内 容 仕 様 実 頻 度 考 棟 棟 内 外 壁 床 面 窓 ガラス 外 観 点 エネルギー 電 気 水 道 ガス 点 針 記 録 日 誌 作 成 ア 品 イス 机 映 像 装 置 コインロッカー 維 持 各 種 機 械 装 置 空 調 機 運 転 及

分 類 28 年 度 試 算 額 円 項 目 内 容 仕 様 実 頻 度 考 棟 棟 内 外 壁 床 面 窓 ガラス 外 観 点 エネルギー 電 気 水 道 ガス 点 針 記 録 日 誌 作 成 ア 品 イス 机 映 像 装 置 コインロッカー 維 持 各 種 機 械 装 置 空 調 機 運 転 及 仮 称 多 賀 地 区 多 目 的 運 動 場 分 類 天 然 芝 球 技 場 28 年 度 試 算 額 円 項 目 内 容 仕 様 天 然 芝 球 技 場 観 客 席 倉 庫 フェンス 外 観 点 実 頻 度 考 ア 日 常 点 人 工 芝 球 技 場 芝 生 維 持 体 育 器 具 サッカーゴール ベンチ 品 維 持 放 送 機 器 音 響 装 置 を 含 む 弱 電 用 マンホール 点 整 大

More information

Microsoft Word - 130306_●甲州市甘草活用ビジョン.docx

Microsoft Word - 130306_●甲州市甘草活用ビジョン.docx 地 域 の 歴 史 文 化 資 源 を 活 用 した ~ 甘 草 の 里 づくりビジョン~ 日 本 甘 草 のふるさと 重 要 文 化 財 旧 高 野 家 住 宅 甘 草 屋 敷 と 付 属 の 薬 草 園 で 栽 培 され る 江 戸 時 代 から 伝 わるウラルカンゾウ 平 成 25 年 2 月 甲 州 市 甲 州 市 甘 草 の 里 づくり 研 究 会 1 目 次 第 1 章 計 画 策 定

More information

新 規 就 農 者 新 たなチャレンジ!~ 飛 騨 地 域 トマト 研 修 所 入 所 式 ~ 4 月 1 日 JAひだが 運 営 する 飛 騨 地 域 トマト 研 修 所 の 第 2 期 生 の 入 所 式 がJAひだ 及 び 飛 騨 市 の 共 催 によりJAひだ 古 川 支 店 で 開 催 さ

新 規 就 農 者 新 たなチャレンジ!~ 飛 騨 地 域 トマト 研 修 所 入 所 式 ~ 4 月 1 日 JAひだが 運 営 する 飛 騨 地 域 トマト 研 修 所 の 第 2 期 生 の 入 所 式 がJAひだ 及 び 飛 騨 市 の 共 催 によりJAひだ 古 川 支 店 で 開 催 さ 今 月 の 重 点 活 動 飛 騨 農 林 事 務 所 の 普 及 活 動 状 況 平 成 28 年 4 月 28 日 現 在 担 い 手 経 営 改 善 と 地 域 発 展 への 尽 力 が 認 められる ~ 大 西 洋 介 さん 中 日 農 業 賞 受 賞 ~ 3 月 26 日 に 名 古 屋 市 の 中 日 パレスで 第 75 回 中 日 農 業 賞 の 贈 呈 式 が 開 催 され 高 山

More information

0 目 次 1. 畑 のあしあとの 使 い 方 P.3 2.オプション P.6 3.モバイルデバイスより 履 歴 取 得 P.8 4. 基 本 情 報 管 理 P.11 5. 栽 培 計 画 P.22 6.ドキュメント 出 力 P.25 7. 栽 培 履 歴 管 理 P.28 8.モバイルでの 栽

0 目 次 1. 畑 のあしあとの 使 い 方 P.3 2.オプション P.6 3.モバイルデバイスより 履 歴 取 得 P.8 4. 基 本 情 報 管 理 P.11 5. 栽 培 計 画 P.22 6.ドキュメント 出 力 P.25 7. 栽 培 履 歴 管 理 P.28 8.モバイルでの 栽 畑 のあしあと 詳 細 マニュアル 1 0 目 次 1. 畑 のあしあとの 使 い 方 P.3 2.オプション P.6 3.モバイルデバイスより 履 歴 取 得 P.8 4. 基 本 情 報 管 理 P.11 5. 栽 培 計 画 P.22 6.ドキュメント 出 力 P.25 7. 栽 培 履 歴 管 理 P.28 8.モバイルでの 栽 培 履 歴 登 録 P.31 2 1 畑 のあしあとの 使 い

More information

譛画ゥ滓ス蝓ケ譛ャ譁・pwd

譛画ゥ滓ス蝓ケ譛ャ譁・pwd Ⅰ.キャベツ 1.キャベツの 有 機 栽 培 を 成 功 させるポイント 2.キャベツの 生 理 生 態 的 特 性 1) 原 産 地 と 気 候 的 土 壌 的 特 性 2) 生 理 生 態 的 特 性 3. 作 型 品 種 の 選 択 1) 作 付 時 期 の 設 定 2) 品 種 の 選 択 4. 播 種 育 苗 1)セル 成 形 育 苗 の 方 法 と 留 意 点 2) 地 床 育 苗 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F4D8FF38D9C8D9C90DC82CC88EA8FC797E181408FBC93878EFC95BD8140985F95B68CB48D6581408ECA905E93FC82E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F4D8FF38D9C8D9C90DC82CC88EA8FC797E181408FBC93878EFC95BD8140985F95B68CB48D6581408ECA905E93FC82E82E646F63> 舟 状 骨 骨 折 の 一 症 例 ~ 肘 関 節 固 定 は 必 要 か?~ まつしま 整 骨 院 松 島 周 平 (はじめに) 舟 状 骨 骨 折 は 手 根 骨 骨 折 のなかで 最 も 発 生 頻 度 が 高 く 全 骨 折 の 75%を 占 める 我 々 柔 道 整 復 師 の 日 常 診 療 においても 遭 遇 しやすい 骨 折 の 一 つである 初 診 時 診 断 を 誤 れば 診 断

More information

<5461726F2D303336308356834E8389838183932E6A7464>

<5461726F2D303336308356834E8389838183932E6A7464> シクラメン Cyclamenspp. サクラソウ 科 1 経 営 的 特 徴 と 導 入 方 法 シクラメンは わが 国 における 最 も 重 要 な 鉢 物 で 年 間 出 荷 量 は 2,000 万 鉢 近 くなっており( 平 成 10 年 実 績 ) 売 金 額 とともに 王 座 を 占 めている 本 県 では 夏 季 冷 涼 な 気 候 を 生 かし 草 姿 花 容 の 揃 った 高 品 質

More information

緑 のカーテンに 適 したいろいろな 植 物 実 を 収 穫 して 楽 しみたい!というあなたは ゴーヤ ヘチマ ヒョウタン カボチャ キウイなど 花 や 緑 を 楽 しみたい!というあなたは アサガオ フウセンカズラ ハゴロモジャスミン ツタ ツルバラなど 用 意 するもの 種 や 苗 緑 のカー

緑 のカーテンに 適 したいろいろな 植 物 実 を 収 穫 して 楽 しみたい!というあなたは ゴーヤ ヘチマ ヒョウタン カボチャ キウイなど 花 や 緑 を 楽 しみたい!というあなたは アサガオ フウセンカズラ ハゴロモジャスミン ツタ ツルバラなど 用 意 するもの 種 や 苗 緑 のカー 緑 のカーテンをつくりましょう 窓 の 外 や 壁 際 に 植 物 をカーテンのように 配 置 することで 直 射 日 光 をさえぎり 部 屋 の 温 度 の 上 昇 を 防 ぐ 植 物 でつくるカーテンです 緑 のカーテンは 普 通 のカーテンと 違 い 植 物 の 蒸 散 作 用 により 空 気 が 冷 却 されることが 大 きな 特 徴 です まずは 土 づくり! 土 はふるいにかけ 残 った

More information

マルク・テンペ1

マルク・テンペ1 Domaine Marc Tempé 現 地 でも 日 本 国 内 でも 絶 大 評 価 のビオディナミスト ジャポン 大 好 き 陽 気 でタフな 巨 人 の 繊 細 な 造 り 定 番 商 品 に 加 え 見 逃 せない 超 レアキュヴェも 随 時 リリース アルザス 地 方 ドメーヌ マルク テンペ 2004 年 東 京 渋 谷 の 小 さなオフィスにアルザスからサンプルが 届 きました それがマルク

More information