Microsoft Word - 3-(2)-0表紙

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 3-(2)-0表紙"

Transcription

1 3-(2) 3(2) 事 業 内 容 について 3-(2)-1 土 砂 3-(2)-2 美 謝 川 切 替 3-(2)-3 海 上 ヤード

2 3-(2)-1 知 事 意 見 への 対 応 方 針 知 事 の 意 見 対 応 方 針 備 考 分 類 土 砂 について (1) 土 砂 の 調 達 計 画 については 沖 縄 県 はも とより 県 外 も 対 象 として 検 討 していますが 現 時 点 において 具 体 的 に 示 すことは 困 難 としている ため 土 砂 運 搬 船 の 運 航 による 大 気 質 騒 音 の 影 響 に 係 る 予 測 結 果 の 不 確 実 性 の 程 度 は 大 きいと 考 える また 土 砂 ( 調 達 先 の 土 砂 )の 有 害 物 質 の 有 無 などの 性 状 が 示 されていないことから 地 の 土 壌 汚 染 の 影 響 について 示 す 必 要 がある (2) 土 砂 の 調 達 計 画 について 土 量 の 約 80%が 調 達 先 未 定 となっていることから 工 事 に 要 する 期 間 の 設 定 が 適 切 なものと 判 断 できな い (5) 土 砂 の 調 達 により 環 境 への 影 響 がない ようにするとあるが 供 給 元 における 環 境 配 慮 を 確 認 すること 以 外 にも 例 えば 現 場 におい て 受 け 入 れ 時 に 土 砂 中 の 外 来 動 植 物 混 入 の 有 無 について 目 視 検 査 や 土 壌 汚 染 物 質 などを 抽 出 検 査 することも 考 えられるが そのような 措 置 に ついての 記 範 はない (9) 建 設 残 土 の 受 け 入 れも 検 討 するとあるが 県 内 の 公 共 事 業 等 から 発 生 する 建 設 残 土 の 利 用 につ いて 調 査 計 画 し 土 砂 発 生 区 域 の 環 境 保 全 の 見 地 から 可 能 な 限 り 改 変 面 積 の 低 減 が 図 られるよ う 検 討 結 果 を 示 す 必 要 があり その 際 の 環 境 影 響 にかかる 予 測 評 価 項 目 についても 適 切 に 示 す 必 要 がある (11) 沖 縄 県 の 公 共 事 業 においては 環 境 負 荷 の 低 減 に 寄 与 することを 目 的 に 建 設 副 産 物 を 活 用 し た 再 生 材 の 優 先 使 用 について 工 事 の 特 記 仕 様 書 等 に 明 示 し 新 材 の 使 用 を 抑 制 することで 環 境 負 荷 の 回 避 低 減 に 可 能 な 限 り 努 めているところであ るが 本 事 業 においても 可 能 な 限 りの 再 生 材 使 用 について 計 画 する 必 要 がある 等 に 使 用 する 土 砂 について 現 時 点 に おける 調 達 計 画 を 評 価 書 に 記 載 しました 土 砂 の 運 搬 については 基 本 的 に 海 上 輸 送 を 前 提 に 予 測 評 価 を 実 施 しており 土 砂 運 搬 に 伴 う 予 測 結 果 の 不 確 実 性 は 小 さいと 思 われるものの 速 度 制 限 等 の 環 境 保 全 措 置 の 実 効 性 を 確 保 するために 工 事 中 の 大 気 質 騒 音 振 動 について 環 境 監 視 を 行 います なお 建 設 残 土 等 を 用 いるなどのために 埋 立 土 砂 の 調 達 計 画 が 変 更 になり 予 測 の 前 提 条 件 である 運 搬 方 法 等 が 確 定 した 場 合 には 事 後 調 査 で 対 応 することとします また 土 砂 については 土 壌 汚 染 に 係 る 環 境 基 準 について *) の 規 定 を 満 足 する 土 砂 を 用 いることとし 当 該 土 砂 の 搬 入 に 当 た っても 定 期 的 に 確 認 することとします *: 平 成 3 年 8 月 23 日 環 境 庁 告 示 第 46 号 ( 最 終 改 正 平 成 22 年 6 月 16 日 ) 詳 細 は 第 3 章 法 令 等 の 規 制 の 内 容 に 示 しま した 等 に 使 用 する 土 砂 について 現 時 点 に おける 調 達 計 画 を 評 価 書 に 記 載 しました なお 工 事 に 要 する 施 工 期 間 について は 土 砂 の 調 達 先 を 県 内 だけではなく 気 象 海 象 運 行 距 離 等 の 運 搬 に 係 る 条 件 が 厳 しい 県 外 とした 場 合 の 海 上 運 搬 能 力 と の 施 工 能 力 を 考 慮 した 上 で の 施 工 能 力 から 設 定 しています 更 に これらの 施 工 能 力 については 悪 天 候 による 運 搬 工 事 休 止 日 を 考 慮 して 設 定 しています したがって 調 達 先 如 何 により 工 事 工 程 へ 影 響 を 及 ぼすことはないものと 考 えてい ます 土 砂 の 有 害 物 質 や 外 来 動 植 物 の 混 入 に ついては 対 象 とする 化 学 物 質 や 動 植 物 種 ご とに 検 証 し 対 策 を 検 討 することを 記 載 しま した 沖 縄 県 内 においては 公 共 工 事 残 土 利 用 調 整 計 画 等 に 基 づき 県 内 の 公 共 事 業 等 から 発 生 する 建 設 残 土 のリサイクルに 取 り 組 んでい るものと 認 識 しています 本 事 業 においても 建 設 残 土 等 については 優 先 して 使 用 していき たいと 考 えます 事 業 者 が 発 注 する 工 事 においては 環 境 負 荷 の 低 減 に 寄 与 することを 目 的 とする 建 設 副 産 物 を 活 用 した 再 生 材 の 優 先 使 用 について 概 ね 以 下 に 示 すとおり 工 事 の 特 記 仕 様 書 等 に 明 示 し 新 材 の 使 用 を 抑 制 することで 環 境 負 荷 の 回 避 低 減 に 可 能 な 限 り 努 めており 本 事 業 においても 可 能 な 限 りの 再 生 材 使 用 につ いて 計 画 します 2(1) 2(2) 2(5) 2(9) 2(11)

3 3-(2)-1 知 事 の 意 見 対 応 方 針 備 考 分 類 建 設 工 事 に 係 る 資 材 の 再 資 源 化 等 に 関 する 法 律 ( 建 設 リサイクル 法 )に 基 づく 特 定 建 設 資 材 の 分 別 解 体 等 及 び 再 資 源 化 の 実 施 に ついての 適 正 な 措 置 建 設 工 事 に 係 る 資 材 の 再 資 源 化 等 に 関 す る 法 律 に 基 づく 特 定 建 設 資 材 廃 棄 物 の 再 資 源 化 への 措 置 建 設 工 事 に 係 る 資 材 の 再 資 源 化 等 に 関 す る 法 律 及 び 告 示 : 特 定 建 設 資 材 に 係 る 分 別 解 体 等 及 び 特 定 建 設 資 材 廃 棄 物 の 再 資 源 化 等 の 促 進 等 に 関 する 基 本 方 針 ( 建 設 リ サイクル 法 基 本 方 針 ) に 基 づく 再 生 資 源 から 製 造 した 建 設 資 材 を 利 用 する 措 置 分 類 1 評 価 書 の 内 容 をより 丁 寧 に 説 明 することで 対 応 するもの 2 追 加 的 な 調 査 解 析 知 見 等 を 増 やして 対 応 するもの 3 環 境 保 全 措 置 を 新 たに( 更 に) 行 うことで 対 応 するもの 4 事 後 調 査 又 は 環 境 監 視 調 査 を 続 けて その 結 果 に 応 じた 措 置 を 講 じるもの

4 3-(2)-1 補 正 評 価 書 ( 案 ) 第 2 章 事 業 計 画 2.3 事 業 計 画 の 検 討 土 砂 (3) 土 量 てに 用 いる 土 砂 の 量 については 辺 野 古 ダム 周 辺 から 採 取 を 予 定 している 概 ね200 万 m 3 の 他 さらに 飛 行 場 事 業 区 域 のうち 既 存 陸 上 部 の 整 地 により 発 生 する 土 砂 の 概 ね200 万 m 3 程 度 についても 有 効 に 利 用 出 来 ることから これを 差 し 引 いた 概 ね1,700 万 m 3 程 度 になるものと 見 積 もっているところです 概 ね1,700 万 m 3 の 土 砂 の 調 達 については 供 給 元 において 土 砂 の 採 取 によ り 環 境 へ 著 しい 影 響 を 与 えないとの 基 本 的 な 考 えの 下 本 事 業 の 有 無 に 係 わらず 発 生 する 砕 石 生 産 に 伴 い 生 ずる 岩 ずり( 購 入 土 砂 ) ダム 堆 積 土 砂 や 浚 渫 土 を 含 む 建 設 残 土 リサイクル 材 等 を 優 先 して 使 用 することとします なお ダム 堆 積 土 砂 や 浚 渫 土 を 含 む 建 設 残 土 リサイクル 材 等 については 今 後 これらの 発 生 状 況 を 踏 まえながら 受 入 れについて 検 討 を 行 います 現 時 点 で 想 定 している 土 砂 は 以 下 のとおりです 土 砂 の 種 類 採 取 量 備 考 山 土 岩 ずり( 購 入 土 砂 ) 約 400 万 m3 約 1,640 万 m3 キャンプ シュワブ 既 存 陸 上 部 の 整 地 及 び 辺 野 古 ダム 周 辺 からの 採 取 を 想 定 沖 縄 九 州 瀬 戸 内 周 辺 からの 購 入 を 想 定 購 入 砂 約 60 万 m3 沖 縄 島 周 辺 からの 購 入 を 想 定 計 約 2,100 万 m3 また 本 事 業 における 土 砂 調 達 にあたっては て 土 砂 の 供 給 元 が 土 砂 の 採 取 による 環 境 への 影 響 に 配 慮 していることを 確 認 するなど 土 砂 の 調 達 に 伴 う 環 境 への 著 しい 影 響 がないよう 慎 重 に 判 断 することとします なお 土 砂 調 達 に 係 る 有 害 物 質 混 入 等 の 土 壌 汚 染 への 対 策 としては 土 壌 汚 染 に 係 る 環 境 基 準 について *) の 規 定 を 本 工 事 の 発 注 仕 様 に 設 定 し 当 該 規 定 を 満 足 する 土 砂 を 用 いることとするとともに 外 来 種 混 入 等 の 対 策 としては 生 態 系 に 対 する 影 響 を 及 ぼさない 旨 の 規 定 を 同 様 に 発 注 仕 様 書 に 設 定 し 配 慮 すること とします これらを 担 保 するため 具 体 的 には 土 砂 供 給 元 を 決 定 する 際 にこれ らの 状 況 を 確 実 に 確 認 するとともに 当 該 土 砂 の 搬 入 に 当 たっても 定 期 的 に 試 験 等 により 確 認 することとします *: 平 成 3 年 8 月 23 日 環 境 庁 告 示 第 46 号 ( 最 終 改 正 平 成 22 年 6 月 16 日 )

5 3-(2)-1 第 7 章 環 境 保 全 措 置 7.1 工 事 に 係 る 環 境 保 全 措 置 海 域 生 物 海 域 生 態 系 (1) 環 境 保 全 措 置 の 検 討 てに 用 いる 砂 材 等 の 供 給 元 などの 詳 細 を 決 定 する 段 階 で 生 態 系 に 対 する 影 響 を 及 ぼさない 材 料 を 選 定 することなどによって 環 境 保 全 に 配 慮 することと します なお 土 砂 の 種 類 ごとに 注 意 すべき 生 態 系 への 影 響 と それぞれ について 検 討 のための 手 順 を 以 下 に 示 します なお これらの 検 討 は 専 門 家 の 助 言 を 得 ながら 行 うこととします 1. 使 用 する 土 砂 が 陸 域 起 源 の 場 合 1 海 域 生 物 生 態 系 への 影 響 はないか 若 しくは 非 常 に 小 さな 影 響 で 無 視 できるものと 考 えられます 2 陸 域 生 物 生 態 系 への 影 響 として 陸 産 外 来 生 物 種 ( 国 外 起 源 国 内 起 源 を 含 む)の 混 入 のおそれがあります 陸 域 起 源 の 土 砂 を 使 用 する 場 合 には 以 下 の 検 討 及 び 対 策 を 講 じます 供 給 元 における 現 地 調 査 等 により 事 業 実 施 区 域 に 導 入 され た 場 合 周 辺 の 生 物 相 生 態 系 に 影 響 を 及 ぼすと 考 えられる 種 類 が 生 育 生 息 しているかどうかを 調 査 し 影 響 を 及 ぼす ことのない 安 全 性 の 高 い 資 材 であることを 確 認 します 導 入 した 場 合 外 来 種 として 当 該 地 域 に 影 響 が 及 ぼされる 可 能 性 が 残 される 場 合 には 供 給 元 で 適 切 に 駆 除 等 対 策 された ことを 確 認 し 用 いることとします 土 砂 導 入 造 成 後 現 地 モニタリング 調 査 を 行 って 外 来 生 物 が 記 録 された 場 合 には 適 切 に 駆 除 除 去 します 2. 使 用 する 土 砂 が 海 域 起 源 の 場 合 1 陸 域 生 物 生 態 系 への 影 響 はないかは 若 しくは 非 常 に 小 さな 影 響 で 無 視 できるものと 考 えられます 2 海 域 生 物 生 態 系 への 影 響 として 有 害 化 学 物 質 の 含 有 有 害 微 生 物 の 混 入 海 産 外 来 生 物 種 ( 国 外 起 源 国 内 起 源 を 含 む)の 混 入 のおそ れがあります このため 海 産 起 源 の 土 砂 を 使 用 する 場 合 には 浚 渫 土 砂 の 海 洋 投 入 及 び 有 効 利 用 に 関 する 技 術 指 針 ( 国 交 省 港 湾 局 平 成 18 年 6 月 )に 基 づき 海 洋 環 境 への 影 響 を 検 討 し 軽 減 すること とします

6 3-(2)-1 また 沖 縄 島 の 種 々の 場 所 で 水 産 養 殖 業 が 営 まれており 事 業 実 施 区 域 と 同 じ 沖 縄 島 東 岸 でもクルマエビ 養 殖 が 行 われています クルマ エビ 養 殖 では 感 染 症 の 病 原 体 ウィルスの 導 入 が 心 配 される 場 合 があ ります 土 砂 の 供 給 元 を 調 査 し このような 海 産 魚 介 類 への 疾 病 の 感 染 が 懸 念 される 場 合 には 特 定 疾 病 等 対 策 ガイドライン ( 農 林 水 産 省 平 成 21 年 6 月 最 終 改 正 )に 基 づいた 検 討 及 び 検 査 を 実 施 し 対 策 を 講 じます なお 上 述 のように 使 用 する 土 砂 が 陸 域 起 源 海 域 起 源 に 関 わらず 本 事 業 では 外 来 種 の 混 入 に 注 意 することとします 特 に 特 定 外 来 生 物 のように 生 態 系 人 の 生 命 身 体 農 林 水 産 業 に 被 害 をもたらす 生 物 の 導 入 を 防 止 するため 外 来 生 物 法 ) に 準 拠 した 対 策 を 講 じることと します ) 特 定 外 来 生 物 による 生 態 系 等 に 係 る 被 害 の 防 止 に 関 する 法 律

7 3-(2)-2 美 謝 川 の 切 替 えについて 知 事 意 見 への 対 応 方 針 知 事 の 意 見 対 応 方 針 備 考 分 類 (1) 美 謝 川 の 切 替 えで 選 定 したB 案 につい て 辺 野 古 ダムから 下 流 側 の 美 謝 川 に 生 息 して いる 生 物 への 影 響 をどのように 考 慮 したのか とした 準 備 書 への 知 事 意 見 に 対 し 生 物 への 影 響 も 踏 まえた 選 定 理 由 を 評 価 書 に 記 載 しまし た とあるが 暗 渠 水 路 区 間 が 最 も 短 く 環 境 への 影 響 を 低 減 でき 辺 野 古 ダム 貯 水 池 利 用 にも 影 響 を 及 ぼさない 案 (B 案 )を 選 定 しまし た との 理 由 のみで 比 較 検 討 において 下 流 側 に 生 息 している 生 物 への 影 響 をどのように 考 慮 したのか 示 されていない (2) 美 謝 川 の 切 替 え 後 の 水 路 は 自 然 環 境 に 配 慮 した 工 法 を 採 用 し 生 物 の 生 息 環 境 を 創 出 します とあるが 切 替 え 水 路 のイメージ 図 はブロック 式 の 画 一 断 面 の 護 岸 となっているこ とや 河 床 に 横 断 構 造 物 ( 落 差 工 )を 設 ける 考 え があるなど 本 来 河 川 の 有 する 自 然 豊 かな 多 様 性 の 創 出 が 十 分 に 期 待 できるとは 言 い 難 い 河 川 整 備 に 当 たっては 国 土 交 通 省 より 多 自 然 川 づくりを 目 的 とした 中 小 河 川 の 河 道 計 画 に 関 する 技 術 基 準 が 示 されたところであり 当 該 基 準 を 踏 まえ 既 存 の 良 好 な 自 然 環 境 や 河 畔 林 の 保 全 を 基 本 とした 法 線 の 見 直 し 及 びコンクリ ート 護 岸 等 構 造 物 の 設 置 は 最 小 限 にすることが 原 則 であるなど より 環 境 に 配 慮 した 河 道 計 画 となるよう 検 討 する 必 要 がある (3) 土 砂 発 生 区 域 における 赤 土 等 流 出 防 止 対 策 は SS 濃 度 25ppm 以 下 で 濁 水 処 理 を 行 い 美 謝 川 へ 放 流 する 計 画 としているが 保 全 が 重 要 な 大 浦 湾 西 岸 海 域 側 河 口 部 海 域 に 新 たに 環 境 影 響 が 増 加 すること また 処 理 能 力 を 超 えた 降 雨 ( 洪 水 )が 発 生 した 場 合 は 高 濃 度 の 濁 水 が 当 該 海 域 へ 影 響 を 及 ぼすことになるため 河 道 の 切 替 え 時 期 については 工 事 工 程 の 工 夫 な ど 可 能 な 限 り 回 避 低 減 を 図 る 観 点 から 慎 重 な 検 討 が 必 要 である B 案 は 開 渠 の 延 長 が 長 いことから 他 の 案 の 構 造 に 比 べて 自 然 光 の 照 射 による 植 物 の 生 育 やそれに 伴 う 動 物 の 生 息 場 の 形 成 海 域 と 河 川 との 行 き 来 に 有 利 と 考 えられます このことを 評 価 書 の 記 載 に 追 加 しました 自 然 環 境 に 配 慮 する 構 造 として 土 砂 の 流 出 に 配 慮 するとともに 水 生 植 物 等 が 生 育 で きるような 構 造 を 構 築 し 現 在 の 美 謝 川 が 持 つ 機 能 を 再 現 するような 河 道 計 画 とすること を 記 載 しました 赤 土 等 流 出 防 止 対 策 については 沖 縄 県 赤 土 等 流 出 防 止 条 例 施 行 規 則 において 機 械 的 若 しくは 化 学 的 な 処 理 をした 場 合 は 施 設 の 容 量 の 算 定 に 当 たっては 2 年 確 率 降 雨 強 度 に よるものとされており 同 施 行 規 則 に 基 づき 赤 土 等 流 出 防 止 対 策 技 術 指 針 ( 案 ) において 排 水 施 設 の 濁 水 処 理 工 の 施 設 の 容 量 算 定 に 際 して 凝 集 沈 澱 方 式 の 場 合 2 年 確 率 降 雨 強 度 ( 長 時 間 降 雨 強 度 )を 用 いるものとされてい ます 本 事 業 では 計 画 段 階 において 予 期 できな い 不 測 の 事 態 (2 年 降 雨 確 率 強 度 よりも 多 い 降 雨 が 発 生 し 流 出 する 濁 水 が 予 想 値 を 超 える 場 合 等 )に 対 し 濁 水 処 理 施 設 の 能 力 に 余 裕 を 持 たせておくことに 配 慮 し 2 年 降 雨 確 率 強 度 よりも 条 件 が 厳 しくなる( 濁 水 処 理 工 の 施 設 の 能 力 が 大 きくなる)10 年 降 雨 確 率 強 度 ( 長 期 間 降 雨 強 度 )を 用 いて 濁 水 処 理 工 の 施 設 の 容 量 を 算 定 する 等 赤 土 等 流 出 防 止 に 対 し 慎 重 な 検 討 を 実 施 しています なお 10 年 降 雨 確 率 強 度 ( 長 期 間 降 雨 強 度 )については 赤 土 等 流 出 防 止 対 策 技 術 指 針 ( 案 ) では 示 されていないことから 計 画 地 点 近 傍 にお ける 名 護 観 測 所 の 既 往 降 雨 データ(1999 年 ~ 2008 年 )を 用 いて 新 たに 設 定 しています また 河 道 切 り 替 え 時 期 については 切 り 替 え 水 路 工 事 の 進 捗 状 況 及 び 完 成 時 期 を 念 頭 におき 土 砂 発 生 区 域 の 切 土 工 事 との 十 分 な 連 携 調 整 を 図 ります 分 類 1 評 価 書 の 内 容 をより 丁 寧 に 説 明 することで 対 応 するもの 2 追 加 的 な 調 査 解 析 知 見 等 を 増 やして 対 応 するもの 3 環 境 保 全 措 置 を 新 たに( 更 に) 行 うことで 対 応 するもの 4 事 後 調 査 又 は 環 境 監 視 調 査 を 続 けて その 結 果 に 応 じた 措 置 を 講 じるもの 6(1) 6(2) 6(3)

8 3-(2)-2 補 正 評 価 書 ( 案 ) 第 2 章 2.3 事 業 計 画 の 検 討 美 謝 川 の 切 替 え キャンプ シュワブ 内 を 流 れる 美 謝 川 については 代 替 施 設 の 建 設 に 伴 い 大 浦 湾 西 岸 域 に 流 れる 河 口 部 に 影 響 が 及 ぶことから 切 替 えが 必 要 となるものです 方 法 書 の 追 加 修 正 資 料 に 示 していた6 案 のうち 河 口 位 置 を 現 状 の 大 浦 湾 側 から 外 海 側 に 移 すため 環 境 影 響 が 大 きいと 考 えられた2 案 を 除 き 代 替 施 設 内 の 施 設 配 置 を 考 慮 して 見 直 しを 行 った3 案 (A~C 案 )について 表 に 示 す ように 比 較 検 討 を 行 った 結 果 暗 渠 水 路 区 間 が 最 も 短 く 環 境 への 影 響 を 低 減 で き 辺 野 古 ダム 貯 水 池 利 用 にも 影 響 を 及 ぼさない 案 (B 案 )を 選 定 しました B 案 は 水 路 延 長 に 占 める 開 水 路 の 比 率 が3 案 の 中 で 最 も 大 きいため 自 然 光 の 照 射 による 植 物 の 生 育 やそれに 伴 う 動 物 の 生 息 場 の 形 成 海 域 と 河 川 域 との 行 き 来 に 有 利 と 考 えられます また C 案 よりも 勾 配 が 小 さくなることからも 生 物 への 影 響 が 小 さく かつ 新 設 のルートに 存 在 する 既 存 の 水 路 を 最 大 限 に 活 用 することから 環 境 上 の 影 響 も 他 案 に 比 べて 小 さいと 考 えられます なお 切 替 え 水 路 の 形 状 決 定 にあたっては 多 自 然 川 づくりにも 配 慮 すること とし 国 交 省 の 中 小 河 川 の 河 道 計 画 に 関 する 技 術 基 準 にできるだけ 準 拠 する ように 配 慮 することとします この 切 替 え 水 路 に 対 する 中 小 河 川 の 河 道 計 画 に 関 する 技 術 基 準 の 反 映 については 表 に 示 す 事 項 を 考 慮 しています また 現 在 の 美 謝 川 河 口 部 は ラグーン( 潟 湖 ) 状 の 地 形 を 形 成 しており 流 速 が 遅 くなる 範 囲 が 形 成 され これが 陸 域 からの 土 砂 を 堆 積 させ 海 域 への 拡 散 を 防 ぐ 機 能 を 果 たしていると 考 えられます このことから 有 識 者 の 指 導 助 言 をいただき 構 造 の 詳 細 設 計 段 階 において 以 下 のような 工 夫 を 行 って 可 能 な 範 囲 でラグーンのもつ 機 能 を 再 現 できるよう 配 慮 します <ラグーンのもつ 機 能 を 有 するための 工 夫 > 下 流 部 の 川 幅 をできる 限 り 広 くします 河 床 には 淵 を 形 成 し 流 速 が 遅 くなるよう 配 慮 します 開 水 路 部 の 河 床 川 岸 は 自 然 の 土 砂 が 堆 積 する 構 造 とし 抽 水 植 物 が 生 育 で きるように 配 慮 します 汀 線 近 くの 感 潮 域 ではマングローブ 類 淡 水 域 では 当 該 地 域 に 生 育 する 水 生 植 物 が 生 育 できるように 配 慮 します 上 記 のことから 河 口 沖 側 の 藻 場 -サンゴ 礁 と 連 続 する 生 態 系 を 確 保 できるよ うに 配 慮 します

9 3-(2)-2 概 要 図 表 美 謝 川 の 切 替 え 案 比 較 検 討 表 項 目 A 案 B 案 C 案 2- 流 域 面 積 5.34 km km km 2 基 本 高 水 (1/30 流 量 ) 設 計 流 量 概 算 数 量 開 水 路 部 :95m3/s 暗 渠 部 :125m3/s 93.8 m 3 /s 91.0 m 3 /s 92.1 m 3 /s 開 水 路 : 622m 暗 渠 : 909m 洪 水 吐 : 1 式 水 路 延 長 : 1,531m 開 水 路 部 :95m3/s 暗 渠 部 :120m3/s 開 水 路 : 412m 暗 渠 : 240m 洪 水 吐 : 1 式 水 路 延 長 : 652m 開 水 路 部 :95m3/s 暗 渠 部 :120m3/s トンネル: 190m 開 水 路 : 217m 暗 渠 : 165m 洪 水 吐 : 1 式 水 路 延 長 : 572m 概 略 工 期 2 年 10ヶ 月 (34ヶ 月 ) 1 年 8ヶ 月 (20ヶ 月 ) 1 年 8ヶ 月 (20ヶ 月 ) その 他 特 徴 水 路 延 長 が 最 も 長 く 工 事 数 量 施 工 期 間 が 他 案 に 比 べて 大 きい 一 部 既 存 水 路 を 活 用 した 案 であり 環 境 上 の 影 響 が 比 較 的 小 さい 開 水 路 の 占 める 比 率 が 最 も 大 きく 他 案 に 比 べて 生 物 への 影 響 が 小 さい 新 設 水 路 のルートに 存 在 する 既 存 の 水 路 を 最 大 限 に 活 用 した 案 であり 環 境 上 の 影 響 が 他 案 に 比 べて 小 さい 区 間 の 大 半 がトンネル 暗 渠 であり 他 案 に 比 べて 生 物 への 影 響 が 大 きい 全 線 が 新 川 であり 環 境 上 の 影 響 が 他 案 に 比 べて 大 きい 総 合 評 価

10 3-(2)-2 表 切 替 え 水 路 における 中 小 河 川 の 河 道 計 画 に 関 する 技 術 基 準 の 反 映 技 術 基 準 当 事 業 への 反 映 備 考 1 法 線 は 極 力 変 更 しない 基 本 的 に 現 状 の 地 形 の 凹 凸 に 即 した 箇 所 に 法 線 を 設 定 している 2 川 らしい 良 好 な 自 然 環 境 を 形 成 するため 河 床 幅 を 十 分 確 保 する 限 られた 区 間 でもスペース があれば 可 能 な 限 り 川 幅 を 広 げる 3 用 地 制 限 のある 場 合 の り 勾 配 は 5 分 勾 配 を 基 本 とする 用 地 制 限 内 で 河 床 幅 を 極 力 確 保 するため 河 岸 のり 勾 配 は5 分 勾 配 とする 4 上 下 流 の 連 続 性 を 考 慮 し 横 断 構 造 物 は 原 則 と して 採 用 しない 地 形 条 件 より 流 水 の 流 速 低 減 のための 落 差 工 が 不 可 欠 そのため 魚 道 の 採 用 により 上 下 流 の 連 続 性 を 確 保 する 5 現 況 と 同 程 度 の 粗 度 係 数 を 設 定 する 河 岸 に 用 いる 護 岸 材 料 の 選 択 により 美 謝 川 と 同 程 度 の 粗 度 係 数 を 確 保 する 6 川 幅 を 確 保 する 目 的 か ら 管 理 用 通 路 の 必 要 性 を 検 討 する 管 理 用 通 路 は 片 側 設 置 を 基 本 とする 場 合 によっては 管 理 用 通 路 を 設 けないこともありま す 7 順 応 的 に 河 道 を 管 理 し 改 善 していく 工 事 完 成 後 の 河 道 の 状 態 周 辺 自 然 環 境 の 変 化 等 を 監 視 し 順 応 的 に 河 道 を 管 理 し 改 善 していく 注 ) 本 事 業 は 一 般 の 中 小 河 川 整 備 とは 異 なるものですが 上 記 のように 中 小 河 川 の 河 道 計 画 に 関 する 技 術 基 準 に 可 能 な 限 り 準 拠 する 方 針 としました

11 3-(2)-2 切 替 え 水 路 ( 開 渠 部 ) 全 体 の 平 面 的 イメージを 図 に 示 します 美 謝 川 の 切 り 替 え 平 面 図 凡 例 Phase-1 Phase-2 Phase-3 1ダム 洪 水 吐 ヨシノボリ 類 エビ 類 を 対 象 魚 種 とする 魚 道 を 検 討 する 2 落 差 工 オオクチユゴイを 対 象 魚 種 とする 魚 道 を 検 討 する 3 横 断 構 造 物 河 口 付 近 の 岩 盤 層 を 利 用 した 横 断 構 造 を 確 保 し 現 美 謝 川 のラグー ンの 再 現 を 図 る また 魚 類 や 甲 殻 類 等 の 海 と 川 の 行 き 来 が 可 能 な 構 造 を 検 討 する 辺 野 古 ダ ム 貯 水 池 計 画 施 設 計 画 施 設 砂 浜 海 域 4 河 道 拡 幅 沿 川 の 計 画 施 設 ( 建 物 道 路 等 ) 間 の 空 きスペースを 利 用 して 河 道 拡 幅 を 行 い 河 幅 に 変 化 を 与 える 図 切 替 え 水 路 ( 開 渠 部 )の 平 面 的 イメージ

12 3-(2)-3 知 事 意 見 への 対 応 方 針 知 事 の 意 見 対 応 方 針 備 考 分 類 海 上 ヤードについて (7) 海 上 ヤードについては 工 事 完 了 後 の 5 年 次 5ヶ 月 目 以 降 の 撤 去 となっているが ケ ーソンの 仮 置 きは -6.0m マウンドは3 年 次 4 ヶ 月 目 -10.0m マウンドは4 年 次 9ヶ 月 目 -17.0m マウンドは3 年 次 1ヶ 月 目 までの 使 用 であることから それぞれの 仮 置 きマウンドの 使 用 後 に 随 時 撤 去 することにより 水 象 ( 流 れ 波 浪 ) 水 の 濁 り 等 への 影 響 の 回 避 低 減 を 図 る 必 要 がある 海 域 生 物 について 海 上 ヤード 撤 去 後 の 海 底 地 形 に 関 する 環 境 保 全 措 置 は 周 辺 と 同 等 の 環 境 となるよう 努 めま す とし 海 上 ヤード 撤 去 後 に 実 施 する 事 後 調 査 の 結 果 を 踏 まえ 必 要 に 応 じ 対 策 を 検 討 する としており 現 時 点 で 具 体 的 な 手 法 が 示 されて おらず 環 境 保 全 措 置 の 効 果 が 明 らかではない 海 上 ヤード( 仮 置 きマウンド)の 撤 去 につ いては まとめて 撤 去 した 場 合 の 方 が 作 業 効 率 が 高 く 環 境 に 与 える 影 響 も 小 さいと 考 え られ また 海 上 ヤードの 使 用 後 に 随 時 撤 去 すると ヤードの 撤 去 作 業 と 使 用 中 のヤー ドに 対 するケーソン 据 付 作 業 等 とが 輻 輳 し 作 業 船 舶 の 安 全 確 保 が 困 難 となることも 懸 念 さ れるため ヤードをまとめて 撤 去 することが 妥 当 と 判 断 しました なお 撤 去 後 には 事 後 調 査 を 実 施 し 跡 地 と 周 辺 の 海 域 生 物 の 生 育 状 況 を 確 認 し 必 要 に 応 じて 対 策 を 検 討 します この 場 合 ヤードの 存 在 に 伴 う 環 境 への 影 響 その 周 辺 域 の 生 物 の 生 息 状 況 ヤード( 捨 石 マウンド)の 生 物 の 生 息 状 況 を 事 後 調 査 す るとともに その 結 果 とヤード 撤 去 に 伴 う 環 境 へのインパクトを 総 合 的 に 検 討 し 撤 去 す るのか 生 物 の 生 息 場 として 存 置 するのかを 専 門 家 の 意 見 助 言 を 踏 まえて 改 めて 判 断 する こととします 海 上 ヤードを 撤 去 する 場 合 海 上 ヤード 周 辺 の 海 底 は 平 坦 な 砂 質 であることから 撤 去 後 は 特 段 の 措 置 をとらなくても 原 状 の 環 境 に 回 復 するものと 想 定 していますが 撤 去 後 においてもその 跡 地 及 び 周 辺 の 海 域 生 物 の 生 息 状 況 を 事 後 調 査 し その 状 況 を 踏 まえ 必 要 に 応 じ 対 策 を 検 討 します なお 海 上 ヤードについては 基 本 的 に 埋 立 工 事 の 竣 工 後 に 撤 去 することとしますが 海 上 ヤードには 生 物 が 生 息 することも 考 えら れ さらに ヤードの 設 置 に 加 え 撤 去 に 伴 う 環 境 へのインパクトを 与 えることが 適 切 か 否 かについても 考 慮 する 必 要 があります このことから ヤードの 存 在 に 伴 う 環 境 へ の 影 響 その 周 辺 域 の 生 物 の 生 息 状 況 ヤー ド( 捨 石 マウンド)の 生 物 の 生 息 状 況 を 事 後 調 査 するとともに その 結 果 とヤード 撤 去 に 伴 う 環 境 へのインパクトを 総 合 的 に 検 討 し 撤 去 するのか 生 物 の 生 息 場 として 存 置 するの かを 専 門 家 の 意 見 助 言 を 踏 まえて 改 めて 判 断 することとします 分 類 1 評 価 書 の 内 容 をより 丁 寧 に 説 明 することで 対 応 するもの 2 追 加 的 な 調 査 解 析 知 見 等 を 増 やして 対 応 するもの 3 環 境 保 全 措 置 を 新 たに( 更 に) 行 うことで 対 応 するもの 4 事 後 調 査 又 は 環 境 監 視 調 査 を 続 けて その 結 果 に 応 じた 措 置 を 講 じるもの 7(7) 第 3 10(3)オ

13 3-(2)-3 補 正 評 価 書 ( 案 ) 第 2 章 2.3 事 業 計 画 の 検 討 作 業 ヤード 及 び 海 上 ヤード (4) 海 上 ヤード 製 作 済 みケーソンを 仮 置 きする 目 的 として 大 浦 湾 中 央 海 域 付 近 の 海 底 に 海 上 ヤードを 計 画 しています 海 上 ヤードは 施 工 計 画 を 踏 まえ 検 討 した 結 果 (2.4.2(3) 参 照 ) 約 3haの 面 積 を 必 要 とし またその 配 置 は 予 定 地 では 作 業 船 の 航 行 が 多 く 作 業 時 のア ンカー 配 置 及 び 材 の 揚 土 バースとしての 使 用 により 作 業 が 輻 輳 することから 困 難 であり 大 浦 湾 内 に 計 画 するものです 具 体 的 な 位 置 については 環 境 調 査 において 当 該 海 域 に 生 息 が 確 認 された 塊 状 ハマサンゴ 属 群 生 やユビエダハマサン ゴ 群 生 への 影 響 を 考 慮 し 塊 状 ハマサンゴ 属 群 生 から 出 来 る 限 り 離 すこととし 海 底 地 形 等 を 踏 まえつつ 検 討 した 結 果 これから 約 300m 離 れた 図 に 示 す 砂 泥 質 海 底 上 の 深 さの 異 なる3 箇 所 に 設 置 することとしました 海 上 ヤードの 施 工 前 には 底 生 生 物 等 の 生 息 確 認 を 行 い 重 要 な 種 やサンゴ 類 が 確 認 された 場 合 には 移 植 することとします また 海 上 ヤードの 存 在 により 当 該 区 域 に 生 息 するウミヒルモ 等 の 生 息 生 育 域 が 消 失 するほか ヤード 周 辺 の 流 れに 影 響 が 及 ぼされることから 基 本 的 に 工 事 の 竣 工 後 に 撤 去 することと します 海 上 ヤード 撤 去 後 は 周 辺 の 海 底 の 状 況 は 平 坦 な 砂 質 であることから 外 力 ( 流 れ 波 浪 )が 設 置 前 の 状 況 に 戻 れば 特 段 の 対 策 を 執 らなくても 原 状 の 環 境 に 回 復 するものと 想 定 していますが 跡 地 及 び 周 辺 の 海 域 生 物 の 生 息 状 況 等 につい て 事 後 調 査 を 実 施 し その 状 況 を 踏 まえ 必 要 に 応 じ 対 策 を 検 討 し 講 じることと します なお 海 上 ヤードは 上 記 のように 深 さの 異 なる3 箇 所 の 自 然 石 の 捨 石 を 積 み 重 ねたマウンドで 構 成 されており 捨 石 表 面 に 新 たな 付 着 生 物 の 定 着 や 捨 石 間 の 空 隙 に 生 物 が 生 息 することも 考 えられます さらに 生 態 系 の 豊 かな 大 浦 湾 にお いて ヤードの 設 置 に 伴 う 環 境 へのインパクトに 加 え 撤 去 に 伴 う 環 境 へのイン パクトを 与 えることが 適 切 か 否 かについて)も 考 慮 する 必 要 があります このことから 海 上 ヤードについては 基 本 的 に 撤 去 することとしているもの の ヤード 周 辺 域 の 生 物 の 生 息 状 況 3 箇 所 それぞれの 捨 石 マウンドに 着 生 蝟 集 する 生 物 の 生 息 状 況 を 事 後 調 査 するとともに その 結 果 とヤードの 撤 去 に 伴 う 環 境 へのインパクトを 総 合 的 に 検 討 し 撤 去 するのか 生 物 の 生 息 場 として 存 置 す るのかを 専 門 家 の 意 見 助 言 を 踏 まえて 改 めて 判 断 することとします

14 3-(2)-3 塊 状 ハマサンゴ 属 群 生 ユビエダハマサンゴ 群 生 海 上 ヤード 設 置 位 置 の 海 底 面 図 海 上 ヤード 位 置 図 注 ) 当 初 の で 示 した 位 置 から で 示 した 位 置 とすることにより 塊 状 ハマサンゴ 属 群 生 への 影 響 を 回 避 しました

湛 江 漁 港 公 有 水 面 埋 立 出 願 の 概 要 1. 出 願 人 笠 岡 市 長 高 木 直 矢 2. 埋 立 位 置 A 区 域 B 区 域 C 区 域 岡 山 県 笠 岡 市 六 島 字 湛 江 浦 7495 番 の 地 先 公 有 水 面 岡 山 県 笠 岡 市 六 島 字 湛 江

湛 江 漁 港 公 有 水 面 埋 立 出 願 の 概 要 1. 出 願 人 笠 岡 市 長 高 木 直 矢 2. 埋 立 位 置 A 区 域 B 区 域 C 区 域 岡 山 県 笠 岡 市 六 島 字 湛 江 浦 7495 番 の 地 先 公 有 水 面 岡 山 県 笠 岡 市 六 島 字 湛 江 事 業 者 資 料 湛 江 漁 港 ( 笠 岡 市 六 島 ) 公 有 水 面 埋 立 出 願 について 出 願 者 : 笠 岡 市 湛 江 漁 港 公 有 水 面 埋 立 出 願 の 概 要 1. 出 願 人 笠 岡 市 長 高 木 直 矢 2. 埋 立 位 置 A 区 域 B 区 域 C 区 域 岡 山 県 笠 岡 市 六 島 字 湛 江 浦 7495 番 の 地 先 公 有 水 面 岡 山 県

More information

Microsoft Word - 5-(1)-0表紙

Microsoft Word - 5-(1)-0表紙 5-1 51 海 域 生 物 について 5-1-1 ウミガメ 類 の 上 陸 産 卵 孵 化 5-1-2 事 業 実 施 に 伴 うウミガメ 類 の 他 域 への 逃 避 5-1-3 環 境 保 全 措 置 5-1-1 知 事 意 見 への 対 応 方 針 知 事 の 意 見 対 応 方 針 備 考 分 類 ウミガメ 類 に 係 る 予 測 について エ ウミガメ 類 に 係 る 予 測 について

More information

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業 第 4 部 災 害 種 別 対 策 計 画 第 1 章 海 上 災 害 対 策 第 1 節 周 辺 海 域 の 状 況 及 び 海 上 災 害 の 態 様 1 本 市 周 辺 海 域 の 状 況 本 市 の 海 岸 及 び 周 辺 海 域 は 本 市 港 湾 区 域 を 含 む 東 京 湾 側 と 5 つの 漁 港 区 域 を 含 む 相 模 湾 側 に 分 かれる 東 京 湾 側 は その 正 面

More information

複 数 案 の 設 定 1.1 計 画 段 階 配 慮 を 実 施 する 時 期 < 基 本 的 事 項 > (1) ( 基 本 的 事 項 には 記 述 なし) < 配 慮 書 作 成 にあたっての 留 意 点 > 1) 計 画 段 階 配 慮 の 目 的 は 重 大 な 影 響 の 回 避 低

複 数 案 の 設 定 1.1 計 画 段 階 配 慮 を 実 施 する 時 期 < 基 本 的 事 項 > (1) ( 基 本 的 事 項 には 記 述 なし) < 配 慮 書 作 成 にあたっての 留 意 点 > 1) 計 画 段 階 配 慮 の 目 的 は 重 大 な 影 響 の 回 避 低 資 料 2-2 Ⅱ 技 術 ガイド 総 論 編 11 複 数 案 の 設 定 1.1 計 画 段 階 配 慮 を 実 施 する 時 期 < 基 本 的 事 項 > (1) ( 基 本 的 事 項 には 記 述 なし) < 配 慮 書 作 成 にあたっての 留 意 点 > 1) 計 画 段 階 配 慮 の 目 的 は 重 大 な 影 響 の 回 避 低 減 である このことから 計 画 段 階 配 慮

More information

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 要 望 事 項 の 内 容 及 び 説 明 - 15 - 1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 還 等 の 促 進 > ア 基 地 の 整

More information

工 事 設 計 書 施 行 年 度 平 成 26 年 度 契 約 番 号 4261000060 工 事 名 平 成 26 年 度 水 道 広 域 化 促 進 事 業 舗 装 復 旧 工 事 ( 佐 那 具 工 業 団 地 工 区 ) 施 工 場 所 千 歳 地 内 課 長 係 長 工 種 開 削 工 事 及 び 小 口 径 推 進 工 事 積 算 者 検 算 者 設 計 金 額 円 内 消 費 税

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798E9197BF322D312D32817A95E291AB90E096BE8E9197BF816982DE82C28FAC90EC8CB4816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798E9197BF322D312D32817A95E291AB90E096BE8E9197BF816982DE82C28FAC90EC8CB4816A2E646F6378> 資 料 2-1-2 平 成 27 年 11 月 10 日 風 力 部 会 資 料 むつ 小 川 原 港 洋 上 風 力 発 電 事 業 環 境 影 響 評 価 準 備 書 補 足 説 明 資 料 平 成 27 年 11 月 むつ 小 川 原 港 洋 上 風 力 開 発 株 式 会 社 目 次 1. 超 低 周 波 音 の 予 測 結 果 について 1 2. 水 底 の 底 質 のCODの 単 位 について

More information

<874681408E9197BF34814088DB8E9D8AC7979D8C7689E68F9181602E786477>

<874681408E9197BF34814088DB8E9D8AC7979D8C7689E68F9181602E786477> 土 地 改 良 区 の 維 持 管 理 計 画 の 変 更 について 1 土 地 改 良 区 の 維 持 管 理 計 画 とは 平 成 28 年 2 月 4 日 ( 木 ) 熊 本 県 農 村 計 画 課 土 地 改 良 指 導 班 土 地 改 良 法 の 中 には 実 は 維 持 管 理 計 画 という 表 記 はありません 土 地 改 良 法 第 7 条 第 1 項 などに 登 場 する 土 地

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988F38DFC8A6D92E88CB48D65817A819A81798E9197BF312D32817A819F8CE38AFA8AEE967B8C7689E6816995AA96EC95CA8C7689E6816A313230333136>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988F38DFC8A6D92E88CB48D65817A819A81798E9197BF312D32817A819F8CE38AFA8AEE967B8C7689E6816995AA96EC95CA8C7689E6816A313230333136> 第 基 本 方 針 2 快 適 でうるおいのあるまちづくり 復 興 計 画 にかかわる 施 策 を 含 むもの 施 策 施 策 の 展 開 1 環 境 保 全 対 策 の 充 実 2 循 環 型 社 会 の 構 築 1 住 み 良 い 環 境 の 確 保 2 きれいなまちづくりの 推 進 3 省 エネルギー 新 エネルギーの 促 進 4 保 安 林 の 整 備 5 海 岸 浸 食 対 策 1 廃 棄

More information

工 事 の 施 工 のための 詳 細 図 等 をいう (17) JIS とは, 工 業 標 準 化 法 ( 昭 和 24 年 法 律 第 185 号 ) に 基 づく 日 本 工 業 規 格 をいう (18) JAS とは, 農 林 物 資 の 規 格 化 及 び 品 質 表 示 の 適 正 化 に

工 事 の 施 工 のための 詳 細 図 等 をいう (17) JIS とは, 工 業 標 準 化 法 ( 昭 和 24 年 法 律 第 185 号 ) に 基 づく 日 本 工 業 規 格 をいう (18) JAS とは, 農 林 物 資 の 規 格 化 及 び 品 質 表 示 の 適 正 化 に 資 料 -3 公 共 建 築 工 事 標 準 仕 様 書 ( 建 築 工 事 編 ) 平 成 22 年 版 公 共 建 築 工 事 標 準 仕 様 書 ( 建 築 工 事 編 ) 平 成 25 年 版 ( 案 ) 備 考 1 章 一 般 共 通 事 項 1 章 一 般 共 通 事 項 1 節 一 般 事 項 1.1.1 適 用 範 囲 (a) 公 共 建 築 工 事 標 準 仕 様 書 ( 建 築

More information

箇 所 図 S=1:5,000 5. 7 5. 9 ル 5. 9 4. 5 八 橋 鯲 沼 町 泉 小 学 校 サ ノ 一 丁 目 八 橋 小 学 校 5. 2 秋 操 八 橋 大 沼 町 4. 9 4. 9 プ ール 近 隣 公 4. 2 5. 8 泉 中 央 一 丁 目 泉 中 央 六 丁 目

箇 所 図 S=1:5,000 5. 7 5. 9 ル 5. 9 4. 5 八 橋 鯲 沼 町 泉 小 学 校 サ ノ 一 丁 目 八 橋 小 学 校 5. 2 秋 操 八 橋 大 沼 町 4. 9 4. 9 プ ール 近 隣 公 4. 2 5. 8 泉 中 央 一 丁 目 泉 中 央 六 丁 目 設 計 書 工 種 道 舗 修 課 副 主 担 設 計 担 当 者 道 路 維 持 課 維 持 第 二 担 当 当 席 リー 工 事 番 号 第 2 号 参 内 線 (55 245) 主 ダー 長 事 査 印 年 度 平 成 27 年 度 作 成 年 月 日 平 成 工 事 名 施 工 箇 所 設 計 金 額 市 道 秋 田 環 状 2 号 線 舗 装 道 改 良 工 事 および 交 通 安 全 施

More information

目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 8 条 ) 第

目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 8 条 ) 第 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 平 成 27 年 8 月 佐 世 保 市 目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章

More information

2. 予 測 2.1. 予 測 項 目 予 測 項 目 は 以 下 のとおりとした 1 埋 設 廃 棄 物 の 掘 削 除 去 に 伴 う 廃 棄 物 2 造 成 等 の 施 工 の 一 時 的 な 影 響 による 建 設 工 事 に 伴 う 副 産 物 ( 建 設 発 生 土 建 設 廃 棄 物

2. 予 測 2.1. 予 測 項 目 予 測 項 目 は 以 下 のとおりとした 1 埋 設 廃 棄 物 の 掘 削 除 去 に 伴 う 廃 棄 物 2 造 成 等 の 施 工 の 一 時 的 な 影 響 による 建 設 工 事 に 伴 う 副 産 物 ( 建 設 発 生 土 建 設 廃 棄 物 第 12 節 廃 棄 物 等 1. 調 査 1.1. 調 査 する 情 報 調 査 する 情 報 は 以 下 のとおりとする 1 埋 設 廃 棄 物 の 状 況 1.2. 調 査 手 法 (1) 埋 設 廃 棄 物 の 状 況 埋 設 廃 棄 物 の 状 況 については 現 在 業 務 実 施 中 である 今 治 市 新 ごみ 処 理 施 設 に 係 る 環 境 影 響 評 価 および 施 設 発

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483234966B8CA98E738AC28BAB94928F918A54977694C591E682508D862E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483234966B8CA98E738AC28BAB94928F918A54977694C591E682508D862E646F63> 24 年 度 の 北 見 市 の 主 な 出 来 事 節 電 実 施 平 成 23 年 3 月 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 を 機 にエネルギー 問 題 が 国 民 的 議 論 を 呼 び 政 府 は 改 めて 原 子 力 発 電 のあり 方 や 今 後 のエネルギー 政 策 について 協 議 を 始 めま した また 国 内 全 ての 原 子 力 発 電 所 の 稼 動 停 止 に

More information

Taro-①【各種基準】建設副産物の

Taro-①【各種基準】建設副産物の 建 設 副 産 物 の 処 理 基 準 及 び 再 生 資 材 の 利 用 基 準 平 成 22 年 4 月 改 正 千 葉 県 目 次 建 設 副 産 物 について 1 建 設 副 産 物 とは 1 2 建 設 副 産 物 と 再 生 資 源 廃 棄 物 との 関 係 1 建 設 副 産 物 の 処 理 基 準 及 び 再 生 資 材 の 利 用 基 準 1 目 的 3 2 対 象 事 業 3 3

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030365F819A8E9197BF342D325F8A4388E690B695A882CC8F87899E93498AC7979D81698CF6955C9770816A313430353232>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030365F819A8E9197BF342D325F8A4388E690B695A882CC8F87899E93498AC7979D81698CF6955C9770816A313430353232> 第 2 回 那 覇 空 港 滑 走 路 増 設 事 業 環 境 監 視 委 員 会 資 料 4-2 海 域 生 物 の 順 応 的 管 理 (カサノリ 類 ) 平 成 26 年 6 月 5 日 内 閣 府 沖 縄 総 合 事 務 局 国 土 交 通 省 大 阪 航 空 局 < 目 次 > 1. これまでの 検 討 内 容... 1 1.1 順 応 的 管 理 の 概 要... 1 1.2 評 価

More information

電気設備自然災害等対策WG 水力設備に係る検討項目及び検討の進め方

電気設備自然災害等対策WG 水力設備に係る検討項目及び検討の進め方 資 料 5 水 力 発 電 設 備 についての 検 討 に 係 る 考 え 方 平 成 26 年 2 月 18 日 商 務 流 通 保 安 グループ 電 力 安 全 課 - 目 次 - Ⅰ. 検 討 範 囲 3 Ⅱ. 水 力 設 備 に 関 する 検 討 項 目 4 Ⅲ.L2 地 震 動 に 対 するダムの 耐 性 評 価 5 Ⅳ. 洪 水 に 対 するダムの 耐 性 評 価 8 Ⅴ. 大 規 模

More information

NO. 46 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-17-3 総 交 付 対 象 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 全 体 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目

NO. 46 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-17-3 総 交 付 対 象 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 全 体 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目 NO. 40 道 路 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-2-1 総 交 付 対 象 事 業 費 14,247,860( 千 円 ) 全 体 事 業 費 14,247,860( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目 標 である 防 災 減 災 によるまちづくり の 柱 として 集 団 移 転 事 業 を 掲 げている 今 次 津 波 により 被 災 した 沿 岸

More information

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎 重 要 事 項 調 査 シート( 法 令 に 基 づく 限 の 調 べ 方 ) 尾 張 旭 市 版 1. 都 市 計 画 法 に 基 づく 限 項 目 市 内 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 区 都 市 計 画 区 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計 画 道 路 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計

More information

(新)瀬戸内海環境保全特別措置法(一部改正後).xlsx

(新)瀬戸内海環境保全特別措置法(一部改正後).xlsx 瀬 戸 内 海 環 境 保 全 特 別 措 置 法 ( 昭 和 四 十 八 年 十 月 二 日 法 律 第 百 十 号 ) 第 章 総 則 ( 第 条 - 第 二 条 の 二 ) 第 二 章 瀬 戸 内 海 の 環 境 の 保 全 に 関 する 計 画 ( 第 三 条 - 第 四 条 の 二 ) 第 三 章 瀬 戸 内 海 の 環 境 の 保 全 に 関 する 特 別 の 措 置 第 節 特 定 施

More information

<90DD8C768F91955C8E868169967B92AC93EC9594816A2D32>

<90DD8C768F91955C8E868169967B92AC93EC9594816A2D32> ( 建 設 リサイクル 法 に 関 する 条 件 明 示 等 ) 1. 本 工 事 は 建 設 工 事 に 係 る 資 材 の 再 資 源 化 等 に 関 する 法 律 (( 平 成 12 年 法 律 第 104 号 ) 以 下 建 設 リサイクル 法 という )に 基 づき 特 定 建 設 資 材 の 分 別 解 体 等 及 び 再 資 源 化 等 の 実 施 について 適 正 な 措 置 を 講

More information

< F2D81698E9197BF33816A926E8BE695CA8E9197BF955C8E862E6A74>

< F2D81698E9197BF33816A926E8BE695CA8E9197BF955C8E862E6A74> 資 料 2 かんがい 排 水 事 業 南 酒 出 地 区 1. 第 二 次 評 価 対 象 地 区 となった 要 因 ウ-1 工 期 の 著 しい 変 更 計 画 工 期 : 平 成 6 年 度 から 平 成 16 年 度 実 施 工 期 : 平 成 6 年 度 から 平 成 23 年 度 完 成 予 定 : 平 成 23 年 度 平 成 20 年 度 までの 進 捗 率 ( 事 業 費 ベース):94.7%

More information

<32342D945F2D313597A2907B936393C18B4C8E64976C8F91816948323481443481443189FC90B3816A2E786C73>

<32342D945F2D313597A2907B936393C18B4C8E64976C8F91816948323481443481443189FC90B3816A2E786C73> 特 記 仕 様 書 工 事 番 号 工 事 名 24- 農 -15 里 須 田 取 水 施 設 整 備 工 事 施 工 箇 所 木 津 川 市 加 茂 町 里 地 内 工 期 平 成 25 年 1 月 11 日 ~ 平 成 25 年 3 月 29 日 第 1 章 総 則 1-1 ( 総 則 ) 1 本 工 事 は 土 木 工 事 共 通 仕 様 書 ( 平 成 24 年 3 月 農 林 水 産 省

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63> 都 市 計 画 全 般 7 8 Ⅱ 八 王 子 市 の 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 全 般 (1) 都 市 計 画 の 内 容 と 決 定 状 況 都 市 計 画 は 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するために 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街

More information

下 北 八 戸 沿 岸 海 岸 保 全 基 本 計 画 平 成 26 年 3 月 青 森 県 青 い 海 はみんなの 宝 下 北 八 戸 沿 岸 の 基 本 理 念 本 州 最 北 の 幾 多 の 自 然 美 と 風 土 を 守 り 水 産 都 市 の 発 展 を 支 えてきた 山 海 の 豊 かな 恵 みを 後 世 へ 受 け 継 ぎ 海 と 共 に 活 きる 下 北 八 戸 沿 岸 の 海 岸

More information

資料3 その2 

資料3 その2  (3) 取 組 1 東 京 都 による 対 策 と 現 況 東 京 都 下 水 道 局 では 平 成 25~27 年 度 までに 皇 居 外 苑 濠 への 雨 天 時 の 下 水 道 からの 越 流 を 50mm/ 時 以 上 の 豪 雨 時 を 除 き 防 止 する 措 置 を 行 う 予 定 である 2 環 境 省 による 水 質 改 善 計 画 に 基 づく 取 組 環 境 省 では 下 水

More information

Microsoft Word - 01_むつ小川原港BCP160302-1(公表用).docx

Microsoft Word - 01_むつ小川原港BCP160302-1(公表用).docx むつ 小 川 原 港 BCP 平 成 28 年 3 月 むつ 小 川 原 港 港 湾 機 能 継 続 協 議 会 改 訂 履 歴 改 訂 年 月 改 訂 ページ 改 訂 内 容 H28.3.2 新 規 策 定 目 次 1. 港 湾 機 能 継 続 計 画 策 定 の 必 要 性 1 2. 想 定 地 震 津 波 の 規 模 及 び 回 復 目 標 の 設 定 4 2-1 想 定 地 震 津 波 の

More information

Ⅱ 点 検 項 目. 費 用 対 効 果 分 析 の 算 定 基 礎 となった 要 因 の 変 化 直 前 の 評 価 今 回 の 評 価 総 費 用 ( ) 総 便 益 ( ),8,7,99,7,8,,0,9 別 紙 費 用 対 効 果 分 析 集 計 表 の とおり 費 用 便 益 費 (B/C

Ⅱ 点 検 項 目. 費 用 対 効 果 分 析 の 算 定 基 礎 となった 要 因 の 変 化 直 前 の 評 価 今 回 の 評 価 総 費 用 ( ) 総 便 益 ( ),8,7,99,7,8,,0,9 別 紙 費 用 対 効 果 分 析 集 計 表 の とおり 費 用 便 益 費 (B/C 事 業 評 価 書 ( 期 中 の 評 価 ) 整 理 番 号 都 道 府 県 名 千 葉 県 関 係 市 町 村 フッツ 富 津 シ 市 期 中 評 価 実 施 の 理 由 事 業 名 水 産 物 供 給 基 盤 整 備 事 業 ( 水 産 流 通 基 盤 整 備 事 業 ) フッツ 地 区 名 事 業 主 体 千 葉 県 Ⅰ 基 本 事 項. 地 区 概 要 フッツ 漁 港 名 ( 種 別 )

More information

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地 仕 様 書 1 業 務 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 における 土 壌 汚 染 調 査 にかかる 土 地 履 歴 調 査 業 務 委 託 2 業 務 期 間 契 約 日 ~ 平 成 27 年 3 月 20 日 3 実 施 場 所 ( 対 象 地 ) (1) 用 地 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 (2) 地 番 大 阪 市 浪 速 区 恵 美 須 西 3 丁 目 13 番 5 (3) 面 積

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C91E5924A90EC90858C6E89CD90EC90AE94F58AEE967B95FB906A5F4832332E338C8E8DF492E8>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C91E5924A90EC90858C6E89CD90EC90AE94F58AEE967B95FB906A5F4832332E338C8E8DF492E8> 東 大 谷 川 水 系 河 川 整 備 基 本 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 第 1 河 川 の 総 合 的 な 保 全 と 利 用 に 関 する 基 本 方 針 1 1 河 川 及 び 流 域 の 現 状 1 (1) 河 川 及 び 流 域 の 概 要 1 (2) 治 水 事 業 の 沿 革 と 現 状 1 (3) 河 川 の 利 用 及 び 住 民 との 関 わり 2 (4)

More information

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計 山 口 県 港 湾 施 設 維 持 管 理 点 検 マニュアル( 案 ) 平 成 25 年 8 月 山 口 県 土 木 建 築 部 港 湾 課 目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書

More information

秋 田 県 河 川 概 要 図 浅 内 海 岸 能 代 北 秋 田 大 館 鹿 角 琴 浜 海 岸 男 鹿 秋 田 岩 城 二 古 海 岸 窪 堰 川 本 荘 海 岸 大 仙 横 手 由 利 本 湯 沢 - 72 -

秋 田 県 河 川 概 要 図 浅 内 海 岸 能 代 北 秋 田 大 館 鹿 角 琴 浜 海 岸 男 鹿 秋 田 岩 城 二 古 海 岸 窪 堰 川 本 荘 海 岸 大 仙 横 手 由 利 本 湯 沢 - 72 - 第 6 章 河 川 海 岸 第 1 節 河 川 海 岸 の 概 要 秋 田 県 を 流 れる 河 川 は 雄 物 川 米 代 川 子 吉 川 の 一 級 水 系 302 河 川 馬 場 目 川 などの 二 級 水 系 51 河 川 で 合 計 353 河 川 となっており 総 延 長 は3,189kmに 及 んでいます また 海 岸 については 総 延 長 264kmのうち 国 土 交 通 省 で169kmを

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63> 海 洋 汚 染 の 準 備 対 応 に 関 する 国 家 防 除 基 本 計 画 目 次 Ⅰ. 総 則 1. 計 画 の 目 的...1 2. 適 用 の 範 囲...1 3.その 他 の 計 画 と 関 係...1 Ⅱ. 油 汚 染 の 防 除 体 制 1. 防 除 体 制 等...2 2. 防 除 対 策 本 部...2 3. 海 洋 汚 染 防 除 対 策 委 員 会...5 4. 地 域 海

More information

漁 獲 の 不 良 が 続 く 漁 場 が 顕 在 化 してきた 特 に, 三 国 川 合 流 点 より 下 流 側 で 大 きく 減 少 し, 上 流 側 と 比 較 して 減 少 の 程 度 が 著 し い( 図 ) 河 川 生 態 系 は, 様 々な 要 因 の 複 雑 な 相 互 作 用 に

漁 獲 の 不 良 が 続 く 漁 場 が 顕 在 化 してきた 特 に, 三 国 川 合 流 点 より 下 流 側 で 大 きく 減 少 し, 上 流 側 と 比 較 して 減 少 の 程 度 が 著 し い( 図 ) 河 川 生 態 系 は, 様 々な 要 因 の 複 雑 な 相 互 作 用 に -- 魚 野 川 におけるアユ 不 振 原 因 の 解 明 伊 藤 陽 人 小 池 利 通 樋 口 正 仁 野 上 泰 宏 森 直 也 新 潟 県 内 水 面 水 産 試 験 場 要 旨 魚 野 川 では,アユ 種 苗 の 放 流 を 行 っているにも 関 わらずアユの 漁 獲 が 不 良 な 漁 場 が 顕 在 化 してい る このため,アユの 漁 獲 が 良 好 な 漁 場 と 不 良 な 漁

More information

目 次 1 策 定 見 直 しの 背 景 と 目 的 1 2 市 街 化 調 整 区 域 の 役 割 性 格 2 3 市 街 化 調 整 区 域 の 現 状 と 課 題 2 3-1 現 状 2 3-2 課 題 2 4 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 形 成 に 関 する 基 本 方 針 3

目 次 1 策 定 見 直 しの 背 景 と 目 的 1 2 市 街 化 調 整 区 域 の 役 割 性 格 2 3 市 街 化 調 整 区 域 の 現 状 と 課 題 2 3-1 現 状 2 3-2 課 題 2 4 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 形 成 に 関 する 基 本 方 針 3 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 形 成 に 関 する 基 本 方 針 ~ 自 然 環 境 等 や 景 観 の 保 全 と 適 切 な 都 市 的 土 地 利 用 の 誘 導 に 向 けて~ 平 成 16 年 3 月 ( 平 成 24 年 3 月 改 正 ) 函 館 市 目 次 1 策 定 見 直 しの 背 景 と 目 的 1 2 市 街 化 調 整 区 域 の 役 割 性 格 2 3 市 街

More information

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー 沖 縄 県 国 民 保 護 計 画 の 概 要 沖 縄 県 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 対 処 に 関 する 基 本 理 念 国 地 方 公 共 団 体 及 び 指 定 公 共 機 関 が 国 民 の 協 力 を 得 つつ 相 互 に 連 携 協 力 し 万 全 の 措 置 が 講 じられなければならない 日 本 国 憲 法 の 保 障 する 国 民 の 自 由 と 権 利 が 尊 重 されなければならず

More information

開 発 事 業 の 内 容 研 究 施 設 研 究 開 発 型 施 設 又 は 研 修 施 設 の 建 設 教 育 施 設 又 は 文 化 施 設 の 建 設 開 発 事 業 の 区 域 の 面 積 の 基 準 1 5ヘクタール 以 上 2 研 修 施 設 は 20ヘクタール 未 満 ただし 研 究

開 発 事 業 の 内 容 研 究 施 設 研 究 開 発 型 施 設 又 は 研 修 施 設 の 建 設 教 育 施 設 又 は 文 化 施 設 の 建 設 開 発 事 業 の 区 域 の 面 積 の 基 準 1 5ヘクタール 以 上 2 研 修 施 設 は 20ヘクタール 未 満 ただし 研 究 第 3 節 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 利 用 行 為 の 基 準 ( 開 発 事 業 の 遵 守 基 準 ) 第 30 条 市 街 化 調 整 区 域 内 において 開 発 事 業 ( 区 域 の 面 積 が 3,000 平 方 メートル 以 上 の 建 築 物 系 の 開 発 事 業 又 は 非 建 築 物 系 の 開 発 事 業 に 限 る 以 下 この 条 において 同 じ

More information

(審42)資料2 地方公共団体等からの主な要望事項について

(審42)資料2 地方公共団体等からの主な要望事項について ( 審 42) 資 料 2 地 方 公 共 団 体 等 からの 主 な 要 望 事 項 について 平 成 28 年 1 月 本 資 料 は 第 40 回 審 査 会 ( 平 成 27 年 1 月 28 日 ) 以 降 現 時 点 までに 文 部 科 学 省 に 寄 せられた 要 望 のうち 主 な 項 目 をまとめたものである 1. 精 神 的 損 害 に 係 る 賠 償 被 害 者 が 被 った

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6328FCD5F8E968BC682CC96DA93498B7982D193E097652E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6328FCD5F8E968BC682CC96DA93498B7982D193E097652E646F6378> 第 2 章 事 業 の 目 的 及 び 内 容 第 2 章 事 業 の 目 的 及 び 内 容 2.1 事 業 の 目 的 我 が 国 のエネルギー 政 策 のグランドデザインは 慎 重 に 描 く 必 要 性 がある 一 方 で 国 内 の 電 力 需 給 は 今 後 数 年 間 厳 しい 状 況 が 継 続 する 見 通 しであり 一 日 も 早 い 新 規 電 源 の 開 発 が 求 められている

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

Ⅱ 工 事 一 時 中 止 に 係 る 手 続 き 1 工 事 の 一 時 中 止 に 係 る 手 続 きフロー 発 注 者 受 注 者 工 事 発 注 工 事 施 工 不 可 要 因 ( 受 注 者 の 責 めに 帰 すことができないものにより 工 事 目 的 物 等 に 損 害 を 生 じ 若

Ⅱ 工 事 一 時 中 止 に 係 る 手 続 き 1 工 事 の 一 時 中 止 に 係 る 手 続 きフロー 発 注 者 受 注 者 工 事 発 注 工 事 施 工 不 可 要 因 ( 受 注 者 の 責 めに 帰 すことができないものにより 工 事 目 的 物 等 に 損 害 を 生 じ 若 別 紙 2 工 事 一 時 中 止 ガイドライン Ⅰ 策 定 の 目 的 森 林 整 備 保 全 事 業 の 工 事 の 実 施 において 自 然 的 人 為 的 な 事 象 や 地 元 調 整 各 種 協 議 の 状 況 等 により 準 備 工 本 体 工 事 に 着 手 できない 事 態 や 工 事 の 施 工 途 中 で 中 断 を 余 儀 なくされる 事 態 が 生 じることがある このような

More information

三浦市地域防災計画

三浦市地域防災計画 三 浦 市 地 域 防 災 計 画 ( 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 編 ) 新 旧 対 照 表 平 成 25 年 度 平 成 25 年 度 修 正 三 浦 市 防 災 会 議 三 浦 市 地 域 防 災 計 画 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 編 目 次 第 1 編 風 水 害 等 災 害 対 策 の 計 画 的 推 進 1 第 1 章 計 画 の 目 的 及 び 性 格 1 第

More information

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 地 震 津 波 対 策 編 第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 2014 年 3 月 31 日 の 74 年 間 のうち 稚 内 市 で

More information

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流 . 本 部 員 会 議 平 成 23 年 6 月 15 日 部 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 津 波 の 発 生 に 伴 う 課 題 と 対 応 1 区 分 課 題 対 応 畜 1 飼 料 や 燃 油 不 足 による 生 乳 廃 棄 や 家 畜 死 亡 に 対 する 支 援 地 用 2 津 波 により 冠 した 地 の 塩 害 土 砂 堆 積 への 技 術 対 策

More information

<955C8E86814597A0955C8E862E6169>

<955C8E86814597A0955C8E862E6169> 徳 島 県 の 海 岸 保 全 基 本 計 画 改 定 ( 概 要 版 ) ~ 自 然 と 人 が 息 づく 阿 波 の 海 岸 づくり ~ 徳 島 県 1. 海 岸 保 全 基 本 計 画 とは 海 岸 保 全 基 本 計 画 とは 海 岸 法 の 改 正 ( 平 成 11 年 )に 伴 い 美 しく 安 全 で いきい きとした 海 岸 の 継 承 を 基 本 理 念 とする 国 の 定 めた

More information

平 成 説 シート 務 総 点 新 規 / 継 続 継 続 ポンプ 場 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 施 設 課 (0)934-345 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 昭 和 5 ポンプ 場 下 水 道

平 成 説 シート 務 総 点 新 規 / 継 続 継 続 ポンプ 場 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 施 設 課 (0)934-345 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 昭 和 5 ポンプ 場 下 水 道 新 規 / 継 続 継 続 管 渠 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 管 理 課 (0)934-963 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 不 管 渠 下 水 道 法 要 綱 等 5-6 下 水 道 整 備 個 別 計 画 下 水 道 中 期 ビジョン あかし 下 水 道 計 画 ガイド 委 託 指 定 管 理

More information

様式第5 法第48条第1項第6号関係(地域森林計画区域の変更関係)

様式第5 法第48条第1項第6号関係(地域森林計画区域の変更関係) 様 式 第 17 法 第 49 条 第 4 項 第 8 号 関 係 ( 特 別 地 域 内 工 作 物 の 新 ( 改 増 ) 築 の 許 可 等 ) 目 場 行 為 地 及 びその 付 近 の 状 況 自 然 公 園 法 第 20 条 第 3 項 の 許 可 等 に 関 する 事 項 的 工 作 物 の 種 類 施 行 方 法 敷 地 面 積 規 構 行 為 者 住 所 宮 城 県 牡 鹿 郡 女

More information

工 事 に 伴 う 伐 採 木 量 を 表 5163 に 示 す 伐 採 木 量 は 340.2tと 予 測 する 発 生 する 木 くずについては 樹 木 の 状 態 により 処 理 が 異 なるため できる 限 り 有 効 利 用 が 図 れる 方 法 で 処 理 を 行 う 区 分 表 516

工 事 に 伴 う 伐 採 木 量 を 表 5163 に 示 す 伐 採 木 量 は 340.2tと 予 測 する 発 生 する 木 くずについては 樹 木 の 状 態 により 処 理 が 異 なるため できる 限 り 有 効 利 用 が 図 れる 方 法 で 処 理 を 行 う 区 分 表 516 第 16 節 廃 棄 物 等 161 予 測 及 び 評 価 の 結 果 1. 工 事 中 における 発 生 土 量 建 設 廃 棄 物 伐 採 木 による 影 響 1) 予 測 結 果 工 事 に 伴 う 建 設 発 生 土 量 場 内 再 利 用 量 及 び 場 外 搬 出 量 を 表 5161 に 示 す 建 設 発 生 土 については 工 事 計 画 において 盛 土 作 業 と 掘 削 作

More information

◆安全と安心

◆安全と安心 第 6 章 地 域 別 の 環 境 配 慮 宇 土 市 を 分 割 した7 地 区 について,それぞれの 特 性 を 踏 まえた 計 画 の 方 向 性 について, 地 域 別 の 環 境 配 慮 指 針 として 明 らかにします なお, 地 区 区 分 は 上 位 計 画 である 宇 土 市 総 合 計 画 や 関 連 計 画 である 宇 土 市 都 市 計 画 マス タープラン * の 考 え

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

( 水 害 の 歴 史 と 治 水 事 業 の 沿 革 ) 下 流 部 では 享 保 15 年 (1730 年 ) 新 発 田 藩 により 松 ヶ 崎 を 分 水 路 として 開 削 したことを 契 機 に 信 濃 から 分 離 大 正 4 年 から 昭 和 8 年 にかけ 新 潟 市 周 辺 地

( 水 害 の 歴 史 と 治 水 事 業 の 沿 革 ) 下 流 部 では 享 保 15 年 (1730 年 ) 新 発 田 藩 により 松 ヶ 崎 を 分 水 路 として 開 削 したことを 契 機 に 信 濃 から 分 離 大 正 4 年 から 昭 和 8 年 にかけ 新 潟 市 周 辺 地 阿 賀 野 水 系 河 整 備 基 本 方 針 の 骨 子 1. 河 の 総 合 的 な 保 全 と 利 用 に 関 する 基 本 方 針 (1) 流 域 及 び 河 の 概 要 ( 概 要 ) 水 源 から 河 口 までの 概 要 河 流 路 延 長 流 域 面 積 流 域 の 土 地 利 用 本 州 日 本 海 側 初 の 政 令 指 定 都 市 である 新 潟 市 や 福 島 県 の 地 方

More information

271030_表紙-2.xdw

271030_表紙-2.xdw 空 中 給 油 機 KC-130の 鹿 屋 基 地 への 訓 練 移 転 に 係 るこれまでの 対 応 と 防 衛 省 との 協 議 について 平 成 27 年 10 月 30 日 鹿 屋 市 目 次 Ⅰ 鹿 屋 基 地 に 係 る 在 日 米 軍 再 編 について P1 P1 Ⅱ 空 中 給 油 機 KC-130の 鹿 屋 基 地 に おける 訓 練 概 要 P4 P2 Ⅲ 防 衛 省 への 主

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208370836C838A835883678DB289EA8CA781458D5D938789DB92B7707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208370836C838A835883678DB289EA8CA781458D5D938789DB92B7707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 佐 賀 県 の 災 害 廃 棄 物 対 策 平 成 27 年 11 月 6 日 循 環 型 社 会 推 進 課 県 内 の 有 感 地 震 ( 震 度 1 以 上 ) 回 数 佐 賀 地 方 気 象 台 資 料 提 供 ( 単 位 : 回 ) 震 度 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 1 3 85 5 3 3 7 1 6 5 4 2

More information

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温 平 成 24 平 年 成 度 23 年 環 度 境 環 省 境 税 省 制 税 改 制 正 改 要 正 望 要 の 望 結 の 果 概 について 要 平 成 23 年 12 月 1 地 球 温 暖 化 対 策 ( 低 炭 素 化 促 進 )のための 税 制 全 体 のグリーン 化 (1) 地 球 温 暖 化 対 策 のための 税 の 導 入 平 成 24 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成

More information

別 添 1 中 間 検 査 実 施 基 準 ( 目 的 ) 第 1 この 基 準 は 静 岡 県 建 設 工 事 検 査 要 領 に 基 づく 中 間 検 査 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め るものとする ( 中 間 検 査 の 指 定 ) 第 2 中 間 検 査 の 対 象

別 添 1 中 間 検 査 実 施 基 準 ( 目 的 ) 第 1 この 基 準 は 静 岡 県 建 設 工 事 検 査 要 領 に 基 づく 中 間 検 査 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め るものとする ( 中 間 検 査 の 指 定 ) 第 2 中 間 検 査 の 対 象 静 岡 県 建 設 工 事 検 査 要 領 の 運 用 について 1 中 間 検 査 について( 第 3 条 ) 中 間 検 査 の 実 施 は 別 添 1 中 間 検 査 実 施 基 準 によるものとする 2 検 査 の 対 象 について( 第 4 条 ) (1) 本 庁 検 査 の 対 象 となる 検 査 は 知 事 部 局 に 係 る 建 設 工 事 の 検 査 であるが 教 育 委 員 会

More information

平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 平 成 2 8 年 4 月 室 蘭 開 発 建 設 部

平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 平 成 2 8 年 4 月 室 蘭 開 発 建 設 部 平 成 2 8 年 4 月 1 日 報 道 機 関 各 位 室 蘭 開 発 建 設 部 広 報 官 お 知 ら せ 件 名 平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 について お 知 らせ 内 容 平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 について 別 紙 のとおりお

More information

Microsoft Word - 090512通常版.doc

Microsoft Word - 090512通常版.doc ~ 都 市 計 画 見 直 し 方 針 について~ 都 市 計 画 とは? 都 市 計 画 は 人 や 自 動 車 交 通 など 移 動 を 支 える 交 通 機 能 をはじめ 都 市 構 造 や 街 区 形 成 等 を 担 う 市 街 地 形 成 機 能 さらには 都 市 防 災 性 向 上 や 上 下 水 道 施 設 共 同 溝 等 ライフライン 収 容 等 を 担 う 空 間 機 能 など 多

More information

Microsoft Word - 05-01.doc

Microsoft Word - 05-01.doc 第 8 節 港 湾 施 設 の 復 旧 1 港 湾 施 設 の 復 旧 事 例 柏 崎 港 港 湾 災 害 復 旧 事 業 - 港 湾 施 設 の 被 災 状 況 と 復 旧 工 事 - 新 潟 港 湾 事 務 所 庭 山 真 一 山 﨑 慎 矢 栗 原 健 太 ( 平 成 19 年 10 月 1 日 から 平 成 20 年 11 月 30 日 まで 交 代 で 応 援 派 遣 ) 庭 山 山 﨑

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第 2 章

目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第 2 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 25 年 4 月 狛 江 市 目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D836A83858341838B94AD936494C5816991E693F194C5816A814691E688EA90DF815131333033323720816995B68E9A904690AE979D816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D836A83858341838B94AD936494C5816991E693F194C5816A814691E688EA90DF815131333033323720816995B68E9A904690AE979D816A> 水 力 発 電 水 利 審 査 マニュアル( 案 ) 平 成 25 年 4 月 第 二 版 掲 載 web: http://www.mlit.go.jp/river/shishin_guideline/suirisinsa/pdf/manual.pdf 国 土 交 通 省 水 管 理 国 土 保 全 局 水 政 課 河 川 環 境 課 目 次 本 マニュアルについて 2 第 一 節 許 可 に 当

More information

. 曖 昧 な 表 現 は 評 価 しません ません 原 則 として するように 努 める 必 要 に 応 じ する 出 来 る 限 り する などの 表 現 は 記 載 内 容 について 履 行 するのかしないのか 不 明 確 ですので 評 価 しません 解 体 工 事 にあたっては 振 動 の

. 曖 昧 な 表 現 は 評 価 しません ません 原 則 として するように 努 める 必 要 に 応 じ する 出 来 る 限 り する などの 表 現 は 記 載 内 容 について 履 行 するのかしないのか 不 明 確 ですので 評 価 しません 解 体 工 事 にあたっては 振 動 の ( 別 紙 ) 簡 易 型 総 合 評 価 落 札 方 式 における 施 工 計 画 評 価 に 関 する 留 意 事 項 について 施 工 計 画 型 では 技 術 的 な 工 夫 の 余 地 の 小 さい 工 事 において 工 事 の 条 件 や 現 場 条 件 等 を 踏 まえて 目 標 を 達 成 するための 施 工 上 の 配 慮 を 評 価 します 施 工 計 画 を 作 成 する 場

More information

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 27(2015) 年 4 月 立 川 市 はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施

More information

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備 松 原 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 地 区 計 画 は 市 街 化 調 整 区 域 における 大 規 模 な 開 発 や 広 域 的 な 都 市 機 能 の 立 地 などを 可 能 とするものであり その 内 容 によっては 都 市 機 能 の 拡 散 により 都 市 施 設 の 維 持 管 理 福 祉 施 設 等 の 行 政 コストの 増 大 自

More information

<5461726F2D3238303330315F97D18BC690EA977093B98DEC90DD8E77906A>

<5461726F2D3238303330315F97D18BC690EA977093B98DEC90DD8E77906A> 16 林 業 専 用 道 作 設 指 針 北 海 道 スタンダ-ド 平 成 23 年 3 月 31 日 各 振 興 局 長 あて 森 林 第 1280 号 水 産 林 務 部 長 [ 沿 革 ] 平 成 26 年 3 月 28 日 森 整 第 1331 号 改 正 平 成 27 年 1 月 13 日 森 整 第 915 号 改 正 平 成 27 年 3 月 30 日 森 整 第 1201 号 改 正

More information

競 争 性 が 確 保 されているなど 選 定 は 妥 当 か 所 管 部 局 による 点 検 項 目 評 価 評 価 に 関 する 説 明 国 広 く 国 民 ニーズがあるか 国 費 を 投 入 しなければ 目 的 が 達 成 できないか 必 費 要 投 地 方 自 治 体 民 間 等 に 委 ね

競 争 性 が 確 保 されているなど 選 定 は 妥 当 か 所 管 部 局 による 点 検 項 目 評 価 評 価 に 関 する 説 明 国 広 く 国 民 ニーズがあるか 国 費 を 投 入 しなければ 目 的 が 達 成 できないか 必 費 要 投 地 方 自 治 体 民 間 等 に 委 ね 名 地 層 処 分 に 係 る 地 質 評 価 手 法 等 整 備 番 号 (57,91) 平 成 5 年 行 政 レビューシート ( 環 境 省 ) 担 当 部 局 庁 原 子 力 規 制 委 員 会 原 子 力 規 制 庁 作 成 責 任 者 開 始 終 了 ( 予 定 ) 年 度 平 成 年 度 平 成 6 年 度 会 計 区 分 エネルギー 対 策 特 別 会 計 ( 電 源 開 発 促 進

More information

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 *

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 * 市 街 化 調 整 区 域 における 計 画 開 発 ( 地 区 計 画 )の 取 扱 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 別 表 に 掲 げるものに 限 る 以 下 対 象 開 発 行 為 という )が 見 込 まれる 地 区 計 画 の 決 定 又 は 変 更 ( 以 下 決 定 等 という )については 土

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037208DE096B18FC8816993C18BE691E631368E9F208DC48C9F93A2977690BF89F1939A208CC2955B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037208DE096B18FC8816993C18BE691E631368E9F208DC48C9F93A2977690BF89F1939A208CC2955B816A2E646F63> 07 財 務 省 特 区 第 16 次 再 検 討 要 請 回 答 管 理 コード 070010 プロジェクト 名 要 望 事 項 土 地 区 画 整 理 事 業 における 公 共 施 設 充 当 用 地 につ 都 道 府 県 愛 媛 県 ( 事 項 名 ) 提 案 主 体 名 いての 事 業 施 行 者 の 証 明 書 の 発 行 要 件 の 見 直 し 提 案 事 項 管 理 番 号 1006010

More information

<4D F736F F D F8CF08FC295FB8EAE834B CA982A68FC182B594C5816A>

<4D F736F F D F8CF08FC295FB8EAE834B CA982A68FC182B594C5816A> 国 土 交 通 省 直 轄 工 事 における 技 術 提 案 交 渉 方 式 の 運 用 ガイドライン 平 成 27 年 6 月 国 土 交 通 省 大 臣 官 房 地 方 課 大 臣 官 房 技 術 調 査 課 大 臣 官 房 官 庁 営 繕 部 計 画 課 目 次 1. 本 運 用 ガイドラインの 位 置 付 け... 1 1.1 背 景 及 び 目 的... 1 1.2 本 運 用 ガイドラインの

More information

Microsoft Word - 05編_建築物被害.doc

Microsoft Word - 05編_建築物被害.doc 第 5 編 建 築 物 被 害 の 想 定 5-1 5.1 被 害 基 準 5-1 5.2 現 況 データ 5-5 5.3 揺 れによる 被 害 5-13 5.3.1 予 測 方 針 5-13 5.3.2 予 測 手 法 5-14 5.3.3 予 測 結 果 5-16 5.4 液 状 化 による 被 害 5-20 5.4.1 予 測 方 針 5-20 5.4.2 予 測 手 法 5-21 5.4.3

More information

目 次 環 境 方 針 環 境 方 針 行 動 指 針 会 社 概 要 取 組 の 対 象 範 囲 会 社 概 要 認 証 登 録 の 対 象 範 囲 ( 組 織 活 動 ) 3 組 織 図 実 施 体 制 3 組 織 図 実 施 体 制 4 平 成 6 年 度 及 び 中 期 環 境 目 標 と

目 次 環 境 方 針 環 境 方 針 行 動 指 針 会 社 概 要 取 組 の 対 象 範 囲 会 社 概 要 認 証 登 録 の 対 象 範 囲 ( 組 織 活 動 ) 3 組 織 図 実 施 体 制 3 組 織 図 実 施 体 制 4 平 成 6 年 度 及 び 中 期 環 境 目 標 と 平 成 6 年 度 版 梅 田 クリーン 工 業 株 式 会 社 発 行 : 平 成 7 年 7 月 目 次 環 境 方 針 環 境 方 針 行 動 指 針 会 社 概 要 取 組 の 対 象 範 囲 会 社 概 要 認 証 登 録 の 対 象 範 囲 ( 組 織 活 動 ) 3 組 織 図 実 施 体 制 3 組 織 図 実 施 体 制 4 平 成 6 年 度 及 び 中 期 環 境 目 標 と

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 105 2 節 防 災 事 業 計 画 10 3 節 施 設 の 現 況 と 管 理 110 参 考 東 京 都 の 災 害 対 策 分 掌 事 務 及 び 組 織 113-103 - 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 港 湾 整 備 部 計 画 課 東 京 港 の 臨 海 部 は 東 京 湾 の 最 奥

More information

目 次 Ⅰ はじめに... 5 Ⅱ 東 京 湾 再 生 のための 行 動 計 画 の 概 要 東 京 湾 の 水 環 境 の 現 状 東 京 湾 再 生 に 向 けての 目 標...6 (1) 目 標 の 設 定... 6 (2) 重 点 エリア 及 びアピールポイント

目 次 Ⅰ はじめに... 5 Ⅱ 東 京 湾 再 生 のための 行 動 計 画 の 概 要 東 京 湾 の 水 環 境 の 現 状 東 京 湾 再 生 に 向 けての 目 標...6 (1) 目 標 の 設 定... 6 (2) 重 点 エリア 及 びアピールポイント ( 案 ) 東 京 湾 再 生 のための 行 動 計 画 ( 第 一 期 ) 期 末 評 価 報 告 書 ( 案 ) 平 成 25 年 月 東 京 湾 再 生 推 進 会 議 目 次 Ⅰ はじめに... 5 Ⅱ 東 京 湾 再 生 のための 行 動 計 画 の 概 要... 6 1. 東 京 湾 の 水 環 境 の 現 状...6 2. 東 京 湾 再 生 に 向 けての 目 標...6 (1) 目

More information

Microsoft PowerPoint - (資料2)2UP印刷.pptx

Microsoft PowerPoint - (資料2)2UP印刷.pptx 熊 本 地 震 による 農 地 農 業 用 施 設 の 被 災 状 況 と 対 応 について 目 次 熊 本 地 震 の 概 要 2 熊 本 地 震 による 農 林 水 産 関 係 被 害 の 概 要 5 農 地 農 業 用 施 設 の 被 害 の 状 況 6 被 災 後 の 対 応 ( 職 員 等 の 派 遣 ) 13 被 災 後 の 対 応 ( 災 害 復 旧 事 業 の 実 施 ) 15 1

More information

第1編

第1編 平 成 27 年 6 月 9 日 糸 島 市 防 災 会 議 資 料 -4 糸 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 ) 修 正 ( 新 旧 対 照 表 ) 抜 粋 記 述 の 凡 例 下 線 : 災 害 対 策 基 本 法 改 正 防 災 基 本 計 画 改 正 による 福 岡 県 地 域 防 災 計 画 の 見 直 しに 基 づく 修 正 部 分 二

More information

目 次 第 1 基 本 的 考 え 方 1. 計 画 の 背 景 と 目 的 1 2. 計 画 の 対 象 等 3 3. 計 画 のフォローアップ 5 第 2 具 体 的 施 策 の 概 要 1. 建 設 リサイクル 推 進 にあたっての 課 題 6 2. 個 別 課 題 に 対 する 取 り 組

目 次 第 1 基 本 的 考 え 方 1. 計 画 の 背 景 と 目 的 1 2. 計 画 の 対 象 等 3 3. 計 画 のフォローアップ 5 第 2 具 体 的 施 策 の 概 要 1. 建 設 リサイクル 推 進 にあたっての 課 題 6 2. 個 別 課 題 に 対 する 取 り 組 栃 木 県 建 設 リサイクル 推 進 計 画 2012 平 成 24 年 4 月 栃 木 県 建 設 副 産 物 対 策 協 議 会 目 次 第 1 基 本 的 考 え 方 1. 計 画 の 背 景 と 目 的 1 2. 計 画 の 対 象 等 3 3. 計 画 のフォローアップ 5 第 2 具 体 的 施 策 の 概 要 1. 建 設 リサイクル 推 進 にあたっての 課 題 6 2. 個 別

More information

目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第 2 章 被 害 状 況 と 災 害 廃 棄 物 の 量 1 被 害 状 況 2

目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第 2 章 被 害 状 況 と 災 害 廃 棄 物 の 量 1 被 害 状 況 2 平 成 28 年 4 月 熊 本 地 震 に 係 る 熊 本 市 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 平 成 28 年 6 月 14 日 ( 第 1 版 ) 熊 本 市 1 目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第

More information

<3038937996D894EF>

<3038937996D894EF> 土 木 総 務 費 建 設 課 1. 各 種 申 請 状 況 (1) 道 路 占 用 掘 削 に 関 する 申 請 状 況 道 路 法 第 32 条 に 基 づき 道 路 工 作 物 物 件 又 は 施 設 を 設 け 継 続 して 道 路 を 使 用 する 場 合 においては 道 路 管 理 者 の 許 可 を 得 なければならない 平 成 25 年 度 における 申 請 件 数 は 次 のとおりである

More information

申出書記載に当たっての注意事項(中間物)

申出書記載に当たっての注意事項(中間物) 申 出 書 記 載 に 当 たっての 注 意 事 項 ( 輸 出 専 用 品 ) Ⅰ. 全 体 を 通 しての 注 意 事 項 申 出 書 及 び 確 認 書 の 様 式 は 新 規 化 学 物 質 の 製 造 又 は 輸 入 に 係 る 届 出 等 に 関 する 省 令 で 定 められているため 項 目 の 名 称 等 が 様 式 と 異 なる 場 合 に は 軽 微 なものであっても 受 け 付

More information

REP02_01.exe

REP02_01.exe 第 1 編 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 及 び 構 成 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 姶 良 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であって 市 防 災 関 係 機 関 住 民 等 がその 全 機 能 を 発 揮 し 相 互 に 有 機 的 な

More information

第1章 総  論

第1章 総  論 下 水 道 地 震 対 策 緊 急 整 備 計 画 策 定 の 手 引 き( 案 ) 平 成 18 年 4 月 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 下 水 道 部 社 団 法 人 日 本 下 水 道 協 会 下 水 道 施 設 の 耐 震 対 策 指 針 等 改 定 調 査 専 門 委 員 会 マニュアル 計 画 小 委 員 会 緊 急 整 備 計 画 策 定 作 業 部 会 委 員 名

More information

<4D F736F F D208E9197BF C8E86816A88C4>

<4D F736F F D208E9197BF C8E86816A88C4> 事 業 計 画 5. 港 湾 八 戸 港 1 応 急 復 旧 により 11 月 24 日 現 在 で 公 共 岸 壁 44バース( 水 深 4.5m 以 深 ) のうち 41バースが 喫 水 制 限 や 上 載 荷 重 制 限 があるものの 利 用 可 能 2 八 太 郎 地 区 コンテナターミナル 等 基 幹 的 輸 送 を 担 う 施 設 製 紙 製 鉄 飼 料 等 の 産 業 復 興 に 必

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095CA8E8632312D303181408DC490B68E918CB997989770816991A39069816A8C7689E68F918B7982D18EC08E7B8F9182C68145814581452E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095CA8E8632312D303181408DC490B68E918CB997989770816991A39069816A8C7689E68F918B7982D18EC08E7B8F9182C68145814581452E646F63> 再 生 資 源 利 用 ( 促 進 ) 計 画 書 及 び 実 施 書 と 再 資 源 化 等 関 係 書 類 の 作 成 について 請 負 金 額 書 類 の 名 称 提 出 時 期 留 意 事 項 100 万 円 再 生 資 源 利 用 計 画 書 ( 様 式 1 イ) 施 工 計 画 書 に 再 生 資 材 の 利 用 及 び 副 以 上 ( 対 (クレダスにより 作 成 ) 含 めて 提 出

More information

付 属 資 料 1. 事 業 事 前 評 価 表 ( 開 発 調 査 ) 2. 実 施 細 則 (S/W)( 和 文 中 文 ) 付 属 資 料 1 事 業 事 前 評 価 表 ( 開 発 調 査 ) 1. 案 件 名 首 都 周 辺 風 砂 被 害 地 域 植 生 回 復 モデル 計 画 調 査 2. 協 力 概 要 (1) 事 業 の 目 的 本 事 業 の 目 的 は 北 京 や 天 津 周

More information

(2) 請 負 代 金 の 額 が100 万 円 以 上 の 場 合 には 次 項 Ⅲ.に 基 づき 再 生 資 源 利 用 促 進 計 画 書 及 び 再 生 資 源 利 用 計 画 書 を 作 成 し 監 督 員 に 提 出 すること 特 に 対 象 建 設 工 事 においては 契 約 前 に

(2) 請 負 代 金 の 額 が100 万 円 以 上 の 場 合 には 次 項 Ⅲ.に 基 づき 再 生 資 源 利 用 促 進 計 画 書 及 び 再 生 資 源 利 用 計 画 書 を 作 成 し 監 督 員 に 提 出 すること 特 に 対 象 建 設 工 事 においては 契 約 前 に 建 設 廃 棄 物 の 取 扱 い 及 び 建 設 副 産 物 実 態 調 査 に 係 る 特 記 仕 様 書 本 特 記 仕 様 書 は 建 設 工 事 から 発 生 する 廃 棄 物 についての 取 扱 い 及 び 建 設 副 産 物 実 態 調 査 に 関 する 事 項 を 定 めるものであり 鎌 倉 市 が 発 注 する 工 事 に 適 用 する Ⅰ. 総 則 1 用 語 の 定 義 本 特

More information

別 紙 共 通 仮 設 費 算 定 基 準 1. 総 則 この 算 定 基 準 は, 間 接 工 事 費 のうち 共 通 仮 設 費 の 算 定 に 係 る 必 要 な 事 項 を 定 めたものである 共 通 仮 設 費 の 構 成 は, 下 記 のとおりとする 運 搬 費 準 備 費 事 業 損

別 紙 共 通 仮 設 費 算 定 基 準 1. 総 則 この 算 定 基 準 は, 間 接 工 事 費 のうち 共 通 仮 設 費 の 算 定 に 係 る 必 要 な 事 項 を 定 めたものである 共 通 仮 設 費 の 構 成 は, 下 記 のとおりとする 運 搬 費 準 備 費 事 業 損 5. 土 木 請 負 工 事 の 共 通 仮 設 費 算 定 基 準 各 地 方 整 備 局 長 北 海 道 開 発 局 長 あて 国 土 技 術 政 策 総 合 研 究 所 長 最 終 改 正 国 官 技 第 276 号 平 成 26 年 3 月 14 日 国 土 交 通 省 大 臣 官 房 技 術 審 議 官 土 木 請 負 工 事 の 共 通 仮 設 費 算 定 基 準 の 一 部 改 定 について

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6> 東 京 大 学 固 定 資 産 管 理 規 程 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 東 大 規 則 第 178 号 ) 改 正 : 平 成 17 年 2 月 8 日 東 大 規 則 第 289 号 改 正 : 平 成 18 年 9 月 26 日 東 大 規 則 第 33 号 改 正 : 平 成 19 年 7 月 1 日 東 大 規 則 第 15 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 30 日

More information

福島第一原発事故による放射性物質の除染等について

福島第一原発事故による放射性物質の除染等について 玉 川 村 除 染 実 施 計 画 < 第 2 版 > 平 成 24 年 7 月 13 日 玉 川 村 改 正 の 履 歴 年 月 日 内 容 備 考 平 成 24 年 2 月 10 日 玉 川 村 除 染 計 画 第 1 版 の 策 定 内 閣 府 除 染 に 関 する 緊 急 実 施 基 本 方 針 に 基 づく 除 染 計 画 平 成 24 年 7 月 13 日 玉 川 村 除 染 実 施 計

More information

名 概 要 主 体 期 間 進 捗 状 況 7 河 川 改 修 堤 防 のかさ 上 げの 検 討 護 岸 の 改 修 な ど 盛 川 須 崎 川 大 立 川 など 県 管 理 河 川 茶 屋 前 水 路 ほか 市 管 理 河 川 県 市 23~ 着 手 済 3 須 崎 川 河 川 改 修 の 設 計

名 概 要 主 体 期 間 進 捗 状 況 7 河 川 改 修 堤 防 のかさ 上 げの 検 討 護 岸 の 改 修 な ど 盛 川 須 崎 川 大 立 川 など 県 管 理 河 川 茶 屋 前 水 路 ほか 市 管 理 河 川 県 市 23~ 着 手 済 3 須 崎 川 河 川 改 修 の 設 計 名 概 要 主 体 期 間 進 捗 状 況 方 針 1 被 災 した 都 市 基 盤 施 設 を 早 期 に 復 旧 するとともに 防 災 機 能 向 上 のために 必 要 な 整 備 を 行 います 施 策 ア 道 路 河 川 港 湾 施 設 などを 復 旧 します 1 道 路 復 旧 被 災 した 道 路 の 復 旧 主 要 地 方 道 大 船 渡 綾 里 三 陸 線 主 要 地 方 道 大 船

More information

具 体 的 な 取 組 内 容 第 1 節 市 の 活 動 体 制 災 害 応 急 対 策 を 円 滑 に 展 開 するため 次 の 事 項 を 中 心 に マニュアル 性 も 考 慮 しつつ 対 策 内 容 を 点 検 整 備 の 上 明 示 する なお 災 害 応 急 活 動 の 実 施 に 当

具 体 的 な 取 組 内 容 第 1 節 市 の 活 動 体 制 災 害 応 急 対 策 を 円 滑 に 展 開 するため 次 の 事 項 を 中 心 に マニュアル 性 も 考 慮 しつつ 対 策 内 容 を 点 検 整 備 の 上 明 示 する なお 災 害 応 急 活 動 の 実 施 に 当 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 Ⅰ 風 水 害 等 対 策 編 第 1 章 応 急 活 動 計 画 基 本 的 な 考 え 方 市 の 地 域 に 災 害 が 発 生 し 又 は 発 生 のおそれがある 場 合 は 市 県 国 防 災 関 係 機 関 及 び 市 民 は 一 致 協 力 して 災 害 応 急 対 策 に 従 事 する 者 の 安 全 の 確 保 を 図 るよう 十 分 配

More information

古賀市土地対策指導要綱に関する公共・公益施設整備の手引き

古賀市土地対策指導要綱に関する公共・公益施設整備の手引き 古 賀 市 土 地 対 策 指 導 要 綱 に 関 する 公 共 公 益 施 設 整 備 の 手 引 き ( 平 成 25 年 4 月 1 日 ) 本 書 は 古 賀 市 土 地 対 策 指 導 要 綱 に 定 められた 公 共 公 益 施 設 の 各 整 備 指 導 基 準 を 要 約 したものです この 他 各 基 準 の 詳 細 については 各 担 当 課 にお 尋 ねください 1. 道 路

More information

分譲要項&申込書(平成28年6月)

分譲要項&申込書(平成28年6月) 郡 山 西 部 第 一 工 業 団 地 ( 第 1 期 工 区 ) 分 譲 要 項 平 成 28 年 6 月 郡 山 市 産 業 観 光 部 産 業 創 出 課 目 次 1 団 地 概 要 P1 2 分 譲 地 P2 3 応 募 資 格 P4 4 分 譲 申 し 込 み P4 5 分 譲 企 業 等 の 審 査 及 び 決 定 P5 6 売 買 契 約 等 P5 7 土 地 利 用 協 定 P5 8

More information

建 設 リサイクル 法 その 他 の 法 令 を 遵 守 するとともに 発 注 者 との 連 絡 調 整 管 理 及 び 施 工 体 制 の 整 備 等 を 行 うこと 管 理 及 び 施 工 体 制 の 整 備 (1) 工 事 現 場 における 建 設 副 産 物 対 策 の 責 任 者 を 明

建 設 リサイクル 法 その 他 の 法 令 を 遵 守 するとともに 発 注 者 との 連 絡 調 整 管 理 及 び 施 工 体 制 の 整 備 等 を 行 うこと 管 理 及 び 施 工 体 制 の 整 備 (1) 工 事 現 場 における 建 設 副 産 物 対 策 の 責 任 者 を 明 建 設 廃 棄 物 の 取 扱 い 及 び 建 設 副 産 物 実 態 調 査 に 係 る 特 記 仕 様 書 本 特 記 仕 様 書 は 建 設 工 事 から 発 生 する 廃 棄 物 についての 取 り 扱 い 及 び 建 設 副 産 物 実 態 調 査 に 関 す る 事 項 を 定 めるものであり 開 成 町 が 発 注 する 工 事 に 適 用 する Ⅰ. 総 則 1 用 語 の 定 義

More information

用 途 地 域 等 に 関 す る 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 4 月 昭 島 市 は じ め に 平 成 23 年 8 月 地 域 の 自 主 性 及 び 自 立 性 を 高 めるための 改 革 の 推 進 を 図 る ための 関 係 法 律 の 整 備 に 関 する 法 律 ( 分 権 一 括 法 ) の 公 布 に 伴 い 都 市 計 画 法 が 一 部 改 正

More information

洲本市地域防災計画

洲本市地域防災計画 第 1 節 基 本 方 針 総 務 部 消 防 防 災 課 健 康 福 祉 部 健 康 増 進 課 サービス 事 業 所 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 海 上 災 害 が 発 生 した 場 合 における 人 命 救 助 消 火 活 動 流 出 した 重 油 等 への 対 応 付 近 の 船 舶 の 航 行 安 全 措 置 沿 岸 住 民 の 安 全 及 び 漁 業 等 への 被 害

More information

タ イ ト ル

タ イ ト ル 海 の 森 づくり 第 9 回 シンポジウム 鉄 鋼 スラグによる 海 域 環 境 再 生 2012 年 6 月 2 日 新 日 本 製 鐵 株 式 會 社 1 海 域 環 境 の 変 化 ( 漁 場 の 消 失 ) 海 岸 線 の 変 化 埋 立 等 による 人 工 海 岸 の 増 加 浅 場 干 潟 藻 場 の 消 失 浚 渫 窪 地 の 出 現 土 砂 採 取 跡 干 潟 面 積 の 推 移

More information

出 水 時 の 予 測 対 象 は ダムサイト 濁 水 とダムの 堤 体 の 工 事 原 石 の 採 取 の 工 事 建 設 発 生 土 の 処 理 の 工 事 施 工 設 備 及 び 工 事 用 道 路 の 設 置 の 工 事 道 路 の 付 替 の 工 事 に おいて 降 雨 時 に 発 生 す

出 水 時 の 予 測 対 象 は ダムサイト 濁 水 とダムの 堤 体 の 工 事 原 石 の 採 取 の 工 事 建 設 発 生 土 の 処 理 の 工 事 施 工 設 備 及 び 工 事 用 道 路 の 設 置 の 工 事 道 路 の 付 替 の 工 事 に おいて 降 雨 時 に 発 生 す 6.1.4.3 予 測 の 結 果 (1) 工 事 の 実 施 (1-1) 試 験 湛 水 以 外 の 期 間 (1-1-1) 土 砂 による 水 の 濁 り 1) 予 測 の 手 法 予 測 対 象 とする 影 響 要 因 を 表 6.1.4-16 及 び 図 6.1.4-27に 示 す 工 事 の 実 施 影 響 要 因 ダムの 堤 体 の 工 事 導 水 施 設 の 建 設 の 工 事 ダムの

More information