<4D F736F F D E FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A E646F63>

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D2087453237944E937892868FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A5497762E646F63>"

Transcription

1 平 成 27 年 度 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 予 算 財 政 投 融 資 計 画 の 概 要 平 成 27 年 4 月 中 小 企 業 庁 中 小 企 業 対 策 費 の 予 算 及 び 財 政 投 融 資 計 画 1. 中 小 企 業 対 策 費 27 年 度 予 算 額 ( 注 1) 26 年 度 予 算 額 ( 注 2) 対 前 年 比 政 府 全 体 1,856 億 円 1,853 億 円 +3 億 円 うち 経 済 産 業 省 分 1,111 億 円 1,111 億 円 ±0 億 円 ( 注 1) 政 府 全 体 の 中 小 企 業 対 策 費 は 経 済 産 業 省 の 他 財 務 省 及 び 厚 生 労 働 省 が 計 上 ( 注 2)この 他 地 方 への 好 循 環 拡 大 に 向 けた 緊 急 経 済 対 策 ( 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 )に 基 づく 平 成 26 年 度 補 正 予 算 として 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 3,013 億 円 (うち 財 務 省 計 上 709 億 円 )を 計 上 2. 財 政 投 融 資 計 画 ( 貸 付 規 模 ) 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 向 け 業 務 27 年 度 計 画 26 年 度 当 初 計 画 25 年 度 実 績 日 本 政 策 金 融 公 庫 ( 中 小 企 業 事 業 部 分 ) 日 本 政 策 金 融 公 庫 ( 国 民 生 活 事 業 部 分 ) 2 兆 3,401 億 円 ( 注 3) 2 兆 6,231 億 円 1 兆 9,503 億 円 2 兆 6,600 億 円 ( 注 4) 2 兆 7,500 億 円 2 兆 2,246 億 円 (うちマル 経 融 資 ) 2,600 億 円 2,500 億 円 1,983 億 円 ( 注 3) 予 想 しがたい 経 済 事 業 の 変 動 その 他 やむを 得 ない 事 情 により 計 画 額 に 不 足 が 生 じる 見 込 みが 明 らか になった 場 合 には 財 政 投 融 資 特 別 会 計 からの 借 入 及 び 財 投 機 関 債 等 の 社 債 の 限 度 額 について 5 割 を 限 度 に 増 額 することができる( 弾 力 条 項 )ため 最 大 3 兆 857 億 円 の 事 業 規 模 を 確 保 することが 可 能 ( 注 4) 国 民 生 活 事 業 部 分 は 普 通 貸 付 ベース 上 記 弾 力 条 項 に 基 づき 仮 に 弾 力 性 の 効 果 を 全 て 普 通 貸 付 に 振 り 向 ければ 最 大 3 兆 8,150 億 円 の 事 業 規 模 を 確 保 することが 可 能 平 成 26 年 度 補 正 予 算 及 び 平 成 27 年 度 予 算 の 執 行 にあたっては 引 き 続 き 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 の 補 助 金 等 申 請 書 類 の 削 減 簡 素 化 を 行 い 利 便 性 を 向 上 させる また 賃 上 げや 人 材 育 成 等 に 積 極 的 な 企 業 を 優 先 的 に 採 択 する 1

2 < 主 な 事 業 の 概 要 > 1. 福 島 被 災 地 の 復 旧 復 興 中 小 企 業 組 合 等 共 同 施 設 等 災 害 復 旧 事 業 (グループ 補 助 金 )< 復 興 > 億 円 (220.7 億 円 ) - 中 小 企 業 等 グループの 復 興 事 業 計 画 に 基 づく 施 設 復 旧 等 を 支 援 する その 際 従 前 の 施 設 復 旧 等 では 事 業 再 開 や 継 続 売 上 回 復 が 困 難 な 場 合 これに 代 えて 新 分 野 需 要 開 拓 等 を 見 据 えた 新 たな 取 組 ( 新 商 品 製 造 ラインへの 転 換 や 市 場 調 査 等 )を 支 援 する 被 災 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 等 への 再 生 支 援 < 復 興 > 30.6 億 円 (35.5 億 円 ) - 事 業 者 の 二 重 債 務 問 題 のほか 震 災 の 影 響 により 業 況 が 悪 化 している 被 災 事 業 者 の 再 生 支 援 に 対 応 するため 被 災 6 県 に 設 置 された 産 業 復 興 相 談 センター において 被 災 事 業 者 からの 相 談 を 受 け 付 け 相 談 者 の 状 況 に 応 じて 再 生 計 画 策 定 支 援 や 産 業 復 興 機 構 に 対 する 債 権 の 買 取 要 請 等 を 実 施 する 被 災 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 等 への 資 金 繰 り 支 援 < 復 興 > 億 円 <うち 財 務 省 計 上 億 円 >(105.0 億 円 ) - 東 日 本 大 震 災 により 被 害 を 受 けた 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 等 に 対 して 日 本 政 策 金 融 公 庫 の 東 日 本 大 震 災 復 興 特 別 貸 付 による 低 利 融 資 等 を 実 施 する 2. 円 安 による 原 材 料 エネルギーコスト 高 対 策 や 消 費 税 転 嫁 対 策 等 きめ 細 かな 資 金 繰 り 支 援 億 円 <うち 財 務 省 計 上 億 円 >(950.7 億 円 ) - 政 策 金 融 信 用 保 証 制 度 により 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 に 対 する 資 金 供 給 の 円 滑 化 を 図 る 消 費 税 転 嫁 状 況 監 視 検 査 体 制 強 化 等 事 業 38.7 億 円 (46.3 億 円 ) - 取 引 上 の 立 場 の 弱 い 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 は 取 引 相 手 から 転 嫁 拒 否 等 の 違 反 行 為 を 受 けている 旨 を 自 ら 申 し 出 にくいという 実 態 があることから 昨 年 度 と 同 様 に 悉 皆 的 な 書 面 調 査 を 実 施 し 474 人 体 制 で 万 全 な 情 報 収 集 取 締 りを 実 施 する 中 小 企 業 再 生 支 援 協 議 会 事 業 44.8 億 円 の 内 数 (44.4 億 円 の 内 数 ) - 事 業 の 収 益 性 はあるものの 財 務 上 の 問 題 を 抱 えている 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 の 経 営 改 善 事 業 再 生 を 支 援 するため 中 小 企 業 再 生 支 援 協 議 会 の 常 駐 専 門 家 による 窓 口 相 談 再 生 計 画 策 定 支 援 及 びモニタリング 等 を 行 う 経 営 者 保 証 ガイドラインの 周 知 普 及 事 業 1.0 億 円 ( 新 規 ) - 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン の 周 知 普 及 により 個 人 保 証 に 依 存 してきた 融 資 慣 行 を 改 善 し 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 の 思 い 切 った 事 業 展 開 や 早 期 の 事 業 再 生 等 を 促 進 する 2

3 中 小 企 業 取 引 適 正 化 対 策 事 業 委 託 費 5.5 億 円 (5.7 億 円 ) - 下 請 代 金 支 払 遅 延 等 防 止 法 の 厳 正 な 運 用 や 周 知 徹 底 また 全 国 48 カ 所 に 設 置 されてい る 下 請 かけこみ 寺 における 相 談 体 制 の 強 化 を 行 うとともに 官 公 需 情 報 の 提 供 を 行 うことで 取 引 の 適 正 化 を 図 る 下 請 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 自 立 化 支 援 対 策 費 補 助 金 5.0 億 円 (7.5 億 円 ) - 特 定 の 親 事 業 者 との 取 引 に 依 存 する 経 営 から 脱 するために 小 規 模 事 業 者 等 のグループ が 行 う 自 立 化 に 向 けた 取 組 を 支 援 する また 親 事 業 者 の 生 産 拠 点 閉 鎖 縮 小 に 直 面 する 下 請 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 が 行 う 新 分 野 の 需 要 開 拓 活 動 等 を 支 援 する 平 成 26 年 12 月 16 日 の 政 労 使 会 議 で 確 認 された 経 済 の 好 循 環 の 継 続 に 向 けた 政 労 使 の 取 組 について に 基 づき 政 労 使 が 一 致 協 力 して 仕 入 価 格 の 上 昇 などを 踏 まえた 取 引 の 適 正 化 に 総 合 的 に 取 り 組 む 原 材 料 エネルギーコストの 適 正 な 価 格 への 上 乗 せなど 取 引 の 適 正 化 について 様 々な 機 会 を 活 用 して 要 請 する 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 の 資 金 繰 り 事 業 再 生 支 援 事 業 1,380.0 億 円 - 政 府 系 金 融 機 関 が 原 材 料 エネルギーコスト 高 などの 影 響 を 受 ける 事 業 者 への 資 金 繰 りを 支 援 するとともに 女 性 等 による 創 業 や 事 業 承 継 など 地 域 の 前 向 きな 取 組 や NPO 等 への 融 資 を 促 進 する また 信 用 保 証 協 会 による 経 営 支 援 を 強 化 するとともに 引 き 続 き 借 換 保 証 を 推 進 する さらに 信 用 保 証 における 自 然 災 害 への 対 応 を 強 化 する 加 えて 中 小 企 業 再 生 支 援 協 議 会 が 事 業 者 に 対 する 抜 本 的 な 再 生 計 画 の 策 定 支 援 を 加 速 する 消 費 税 転 嫁 対 策 窓 口 相 談 等 事 業 37.4 億 円 - 消 費 税 の 円 滑 かつ 適 正 な 転 嫁 に 向 け 相 談 窓 口 の 設 置 や 巡 回 指 導 等 を 行 う 3. 小 規 模 事 業 者 支 援 対 策 の 強 化 小 規 模 事 業 対 策 推 進 事 業 46.5 億 円 (18.8 億 円 ) 関 連 26 補 正 億 円 - 改 正 小 規 模 支 援 法 に 基 づき 商 工 会 商 工 会 議 所 が 取 り 組 む 伴 走 型 の 小 規 模 事 業 者 支 援 を 推 進 し 小 規 模 事 業 者 の 需 要 を 見 据 えた 事 業 計 画 の 策 定 や 販 路 開 拓 等 を 支 援 するとと もに 地 域 一 体 となって 取 り 組 む 特 産 品 の 開 発 や 販 路 開 拓 等 を 支 援 する 小 規 模 事 業 者 経 営 改 善 資 金 融 資 事 業 (マル 経 融 資 ) 等 40.0 億 円 (40.0 億 円 ) - 日 本 政 策 金 融 公 庫 が 商 工 会 商 工 会 議 所 等 の 経 営 指 導 等 を 受 けた 小 規 模 事 業 者 に 対 し 無 担 保 無 保 証 人 低 利 で 融 資 を 行 う また 認 定 経 営 発 達 支 援 計 画 に 基 づく 事 業 計 画 策 定 支 援 等 を 受 けた 小 規 模 事 業 者 に 対 し 低 利 で 融 資 を 行 う 3

4 小 規 模 事 業 者 等 人 材 支 援 人 材 育 成 事 業 4.5 億 円 (4.7 億 円 ) - 次 世 代 の 経 営 人 材 を 育 成 したい 中 小 サービス 事 業 者 等 に 対 し 優 れた 取 組 を 行 う 企 業 や 成 功 地 域 へのインターンシップを 組 成 する また 小 規 模 事 業 者 を 支 援 する 経 営 指 導 員 に 対 し 事 業 者 に 応 じた 伴 走 型 支 援 を 実 行 するための 研 修 を 実 施 する 小 規 模 事 業 者 統 合 データベース 事 業 2.0 億 円 ( 新 規 ) - 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 に 整 備 した 統 合 データベースと 支 援 機 関 等 が 蓄 積 している 情 報 を 統 合 することで 支 援 機 関 が 小 規 模 事 業 者 に 対 して 経 営 指 導 を 実 施 する 際 の 基 礎 となる データベースを 整 備 する 小 規 模 事 業 者 支 援 パッケージ 事 業 億 円 - 商 工 会 商 工 会 議 所 と 取 り 組 む 販 路 開 拓 を 支 援 し( 小 規 模 事 業 者 持 続 化 補 助 金 ) 複 数 の 事 業 者 が 連 携 した 取 組 も 支 援 する 他 雇 用 増 加 や 買 い 物 弱 者 対 策 に 取 り 組 む 事 業 者 を 重 点 支 援 する また 物 産 展 やアンテナショップ 等 の 販 路 開 拓 支 援 や 商 工 会 商 工 会 議 所 の 伴 走 型 支 援 の 推 進 等 パッケージで 小 規 模 事 業 者 支 援 を 実 施 する 4. 地 域 の 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 の 活 性 化 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 人 材 対 策 事 業 10.0 億 円 ( 新 規 ) 関 連 26 補 正 60.1 億 円 - 地 域 の 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 のニーズを 把 握 し 都 市 部 の 若 手 人 材 等 を 発 掘 し 地 域 事 業 者 とのマッチングを 行 う 拠 点 を 整 備 するとともに 地 域 事 業 者 への 定 着 までを 一 貫 支 援 する また ものづくり 現 場 でのカイゼン 活 動 指 導 者 の 育 成 派 遣 を 実 施 する ふるさと 名 物 応 援 事 業 16.1 億 円 ( 新 規 ) 関 連 26 補 正 40.0 億 円 - 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 が 地 域 資 源 の 活 用 や 農 商 工 連 携 により 行 う ふるさと 名 物 等 の 新 商 品 新 サービスの 開 発 販 路 開 拓 等 を 支 援 する また ふるさと 名 物 等 の 地 域 の 魅 力 を 活 かした 海 外 展 開 を 支 援 する ふるさと 名 物 については あわせて 地 域 住 民 生 活 等 緊 急 支 援 のための 交 付 金 により ふるさと 名 物 商 品 券 として 消 費 を 喚 起 する 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 海 外 展 開 戦 略 支 援 事 業 25.0 億 円 (22.8 億 円 ) - JETRO 及 び 中 小 機 構 が 連 携 し 海 外 情 報 提 供 や 国 内 外 展 示 会 出 展 支 援 輸 出 準 備 を 含 めた 海 外 展 開 の 実 現 可 能 性 調 査 (F/S 調 査 ) 支 援 を 行 う また 海 外 現 地 の 官 民 支 援 機 関 が 連 携 した 支 援 体 制 を 整 備 し 進 出 後 の 課 題 や 事 業 再 編 等 を 支 援 する 企 業 取 引 情 報 等 に 基 づく 地 域 活 性 化 事 業 2.2 億 円 ( 新 規 ) 関 連 26 補 正 5.0 億 円 - 地 域 経 済 分 析 システム ( 民 間 調 査 会 社 等 や 政 府 が 保 有 するビッグデータを 活 用 して 地 4

5 域 における 産 業 構 造 や 人 モノの 流 れをマップ 形 式 で 可 視 化 するシステム)の 運 用 データ の 更 新 及 びユーザーの 要 望 を 踏 まえた 改 良 を 行 う 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 ワンストップ 総 合 支 援 事 業 39.0 億 円 (41.2 億 円 ) - 地 域 の 支 援 機 関 等 と 連 携 しながら 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 が 抱 える 売 上 拡 大 等 の 様 々 な 経 営 課 題 に 対 して 最 適 な 手 法 を 選 択 して 支 援 を 行 う 拠 点 を 各 都 道 府 県 に 整 備 する また 専 門 的 な 経 営 課 題 等 の 相 談 に 対 応 するため 専 門 家 派 遣 を 実 施 する 地 域 商 業 自 立 促 進 事 業 23.0 億 円 (39.0 億 円 ) - 少 子 高 齢 化 や 外 国 人 への 対 応 創 業 支 援 など 社 会 構 造 の 変 化 の 中 で 商 店 街 が 中 長 期 的 に 発 展 していくための 取 組 に 対 して 支 援 する 中 小 企 業 連 携 組 織 対 策 推 進 事 業 7.1 億 円 (5.6 億 円 ) - 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 の 連 携 組 織 化 の 推 進 等 を 図 るため 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 の 集 合 体 である 組 合 等 への 支 援 を 行 う また 外 国 人 技 能 実 習 生 受 入 事 業 を 行 う 組 合 ( 監 理 団 体 ) 等 の 事 業 の 適 性 化 を 支 援 する 地 域 を 支 える 中 核 企 業 に 対 する 貸 付 制 度 財 政 投 融 資 80.0 億 円 ( 新 規 ) - 地 域 の 中 核 企 業 となる 中 堅 中 小 企 業 に 対 し 商 工 中 金 が 新 市 場 開 拓 新 事 業 展 開 研 究 開 発 経 営 改 善 再 編 等 へ 取 り 組 む 際 に 必 要 となる 長 期 性 資 金 ( 長 期 一 括 返 済 成 功 利 払 い)を 供 給 する グローバルニッチトップ 企 業 を 目 指 した 海 外 展 開 支 援 財 政 投 融 資 億 円 (135.0 億 円 ) - グローバルニッチトップを 目 指 す 中 堅 中 小 企 業 に 対 し 商 工 中 金 が 海 外 市 場 に 乗 り 出 す 際 に 必 要 となる 長 期 性 資 金 ( 長 期 一 括 返 済 成 功 利 払 い)を 供 給 する ふるさと 名 物 応 援 事 業 40.0 億 円 - 地 域 資 源 を 活 用 した ふるさと 名 物 の 開 発 販 路 開 拓 について 商 工 会 商 工 会 議 所 地 域 金 融 機 関 大 学 専 門 学 校 などを 巻 き 込 み 地 域 一 体 となって 行 う 取 組 等 を 支 援 する ふるさと 名 物 については あわせて 地 域 住 民 生 活 等 緊 急 支 援 のための 交 付 金 により ふるさと 名 物 商 品 券 として 消 費 を 喚 起 する 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 人 材 対 策 事 業 60.1 億 円 - 地 域 内 外 の 多 様 な 人 材 から 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 が 即 戦 力 として 必 要 とする 人 材 を 発 掘 し 紹 介 定 着 までを 一 貫 支 援 する また 複 数 の 事 業 者 間 での 出 向 等 を 通 じた 人 材 の 育 成 ものづくり 現 場 における 中 核 人 材 の 育 成 を 支 援 する 5

6 企 業 取 引 情 報 等 による 地 域 活 性 化 事 業 5.0 億 円 - 平 成 27 年 度 運 用 開 始 予 定 の 地 域 産 業 分 析 システム ( 前 掲 )を 地 方 自 治 体 の 現 状 把 握 や 地 方 版 総 合 戦 略 の 立 案 に 役 立 つものとしていくため 農 林 業 センサスや 観 光 関 連 統 計 などの 新 たなデータの 追 加 や 機 能 の 強 化 を 行 う 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 情 報 プラットフォーム 活 用 支 援 事 業 4.9 億 円 - 中 小 企 業 支 援 施 策 及 びその 成 果 等 を 中 小 企 業 や 支 援 機 関 の 隅 々まで 普 及 するため 支 援 ポータルサイト ミラサポ の 機 能 を 強 化 する 商 店 街 の 活 性 化 のため 地 方 公 共 団 体 が 地 域 住 民 生 活 等 緊 急 支 援 のための 交 付 金 により プレミアム 付 商 品 券 の 発 行 や 創 業 支 援 等 を 実 施 可 能 5. 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 のイノベーションの 推 進 革 新 的 ものづくり 産 業 創 出 連 携 促 進 事 業 億 円 ( 新 規 ) 関 連 26 補 正 1,020.4 億 円 - 中 小 ものづくり 高 度 化 法 に 基 づく 特 定 ものづくり 基 盤 技 術 に デザイン 開 発 技 術 を 加 え 中 小 企 業 が 産 学 官 連 携 して 行 う 技 術 開 発 等 を 支 援 する また 中 小 企 業 が 大 企 業 や 大 学 等 の 知 見 を 活 用 して 行 う 研 究 開 発 も 支 援 する 商 業 サービス 競 争 力 強 化 連 携 支 援 事 業 9.9 億 円 ( 新 規 ) - 中 小 企 業 が 新 連 携 の 認 定 を 受 け 1 中 小 サービス 事 業 者 の 生 産 性 向 上 のためのガ イドライン に 沿 って 行 う 又 は 2 産 業 競 争 力 強 化 法 に 基 づく 企 業 実 証 特 例 制 度 若 しく は グレーゾーン 解 消 制 度 を 活 用 して 行 う 革 新 的 なサービス 開 発 を 支 援 する ものづくり 商 業 サービス 革 新 事 業 1,020.4 億 円 - 中 小 企 業 の 革 新 的 な 設 備 投 資 やサービス 開 発 試 作 品 の 開 発 を 支 援 共 同 体 で 行 う 設 備 投 資 等 を 対 象 に 追 加 する 6. 創 業 事 業 承 継 の 促 進 創 業 第 二 創 業 促 進 補 助 金 7.6 億 円 ( 新 規 ) 関 連 26 補 正 50.4 億 円 - 地 域 活 性 化 に 向 け 地 域 経 済 の 新 陳 代 謝 を 図 るため 新 たに 起 業 を 目 指 す 女 性 若 者 等 の 創 業 者 や 事 業 承 継 を 契 機 に 既 存 事 業 を 廃 業 し 新 分 野 に 挑 戦 する 第 二 創 業 者 が 行 う 取 組 を 支 援 する 中 小 企 業 再 生 支 援 協 議 会 事 業 ( 事 業 引 継 ぎ 支 援 事 業 44.8 億 円 の 内 数 (44.4 億 円 の 内 数 ) - M&A を 促 進 するため 後 継 者 不 在 企 業 と 中 小 企 業 等 のマッチングを 支 援 する 事 業 引 継 ぎ 支 援 センター を 拡 充 する( 現 在 16 箇 所 27 年 度 :47 箇 所 )とともに 後 継 者 不 在 企 業 と 起 6

7 業 意 欲 あふれる 個 人 とのマッチングを 支 援 する 後 継 者 バンク を 新 たに 設 置 する 地 域 創 業 促 進 支 援 委 託 事 業 4.4 億 円 (7.5 億 円 ) - 全 国 で 創 業 スクール を 開 催 し 創 業 予 備 軍 の 掘 り 起 こしから 起 業 創 業 に 関 する 基 本 的 知 識 スキルの 習 得 ビジネスプラン 策 定 までを 支 援 する また 大 学 等 の 起 業 家 教 育 の 普 及 や 小 中 学 校 を 対 象 にした 地 元 起 業 家 等 との 交 流 等 の 取 組 を 支 援 する 地 域 課 題 解 決 ビジネス 普 及 事 業 0.6 億 円 ( 新 規 ) - 介 護 保 育 などの 地 域 が 抱 える 課 題 をビジネスの 手 法 により 解 決 する 中 小 企 業 NPO 等 の 取 組 を 支 援 する 創 業 第 二 創 業 促 進 補 助 金 50.4 億 円 - 創 業 に 要 する 費 用 及 び 既 存 事 業 の 廃 業 コストを 含 む 第 二 創 業 に 要 する 費 用 を 支 援 する また 産 業 競 争 力 強 化 法 に 基 づき 認 定 を 受 けた 創 業 支 援 事 業 者 が 行 う 創 業 支 援 の 取 組 を 支 援 する 中 小 企 業 新 陳 代 謝 円 滑 化 普 及 等 事 業 23.9 億 円 - 事 業 承 継 廃 業 等 にかかる 施 策 等 の 周 知 広 報 個 別 相 談 員 の 派 遣 等 を 実 施 する 7

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 資 料 1 平 成 28 年 度 中 小 企 業 関 係 概 算 要 求 等 の 概 要 平 成 27 年 9 月 中 小 企 業 庁 今 後 の 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 政 策 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 予 算 等 の 推 移 今 後 の 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 政 策 の 柱 1. 中 小 企 業 対 策 費 の 推 移 26 年 度 27

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2031363035313048323795E290B3814548323893968F89837C834383938367816994928D9588F38DFC82C582B7816A2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2031363035313048323795E290B3814548323893968F89837C834383938367816994928D9588F38DFC82C582B7816A2E70707478> 中 企 業 規 模 事 業 者 関 係 予 算 税 制 改 正 のポイント 詳 しい 情 報 は ミラサポ の 施 策 マップでご 覧 いただけます ミラサポ 検 索 1. 中 企 業 の 産 性 向 上 を 援 します 1 ものづくり サービスの 新 展 開 (ものづくり 補 助 ) ものづくり 商 業 サービス 新 展 開 援 補 助 1020.5 億 円 < 平 成 27 年 度 補 正 >

More information

目 次 CONTENTS 平 成 26 年 度 において 講 じようとする 中 小 企 業 施 策 1 章 地 域 に 眠 るリソースを 最 大 限 に 活 用 結 集 ブランド 化 する 600 1 節 地 域 資 源 の 活 用 601 2 節 商 店 街 中 心 市 街 地 の 活 性 化 6

目 次 CONTENTS 平 成 26 年 度 において 講 じようとする 中 小 企 業 施 策 1 章 地 域 に 眠 るリソースを 最 大 限 に 活 用 結 集 ブランド 化 する 600 1 節 地 域 資 源 の 活 用 601 2 節 商 店 街 中 心 市 街 地 の 活 性 化 6 平 成 26 年 度 において 講 じようとする 中 小 企 業 施 策 目 次 CONTENTS 平 成 26 年 度 において 講 じようとする 中 小 企 業 施 策 1 章 地 域 に 眠 るリソースを 最 大 限 に 活 用 結 集 ブランド 化 する 600 1 節 地 域 資 源 の 活 用 601 2 節 商 店 街 中 心 市 街 地 の 活 性 化 602 3 節 その 他 の

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7 平 成 28 年 8 月 31 日 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 書 1. 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 額 区 分 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 %) 対 前 年 度 比 金 額 伸 率 (1) 財 政 融 資 7,668 7,944 276 3.5 (2) 産 業

More information

1.24 年 度 補 正 及 び25 年 度 本 予 算 における 主 な 国 の 海 外 展 開 支 援 施 策 1

1.24 年 度 補 正 及 び25 年 度 本 予 算 における 主 な 国 の 海 外 展 開 支 援 施 策 1 国 の 海 外 展 開 販 路 拡 大 支 援 施 策 について 東 北 経 済 産 業 局 産 業 部 国 際 課 1.24 年 度 補 正 及 び25 年 度 本 予 算 における 主 な 国 の 海 外 展 開 支 援 施 策 1 中 小 企 業 海 外 展 開 一 環 支 援 事 業 (F/S( ) 支 援 事 業 ) F/S(フィージビリティ スタディ) : 新 規 事 業 への 参 入

More information

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉 第 3 期 障 がい 者 就 労 支 援 推 進 計 画 北 海 道 働 く 障 がい 者 応 援 プラン 第 Ⅲ 章 の 概 要 第 1 計 画 の 基 本 事 項 1 計 画 策 定 の 趣 旨 北 海 道 障 がい 者 及 び 障 がい 児 の 権 利 擁 護 並 びに 障 がい 者 及 び 障 がい 児 が 暮 ら しやすい 地 域 づくりの 推 進 に 関 する 条 例 ( 以 下 北 海

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

東 大 震 災 から 復 旧 復 興 を 支 援 しています は 全 国 支 店 に 特 別 相 談 窓 口 を 設 置 すると ともに 東 大 震 災 復 興 特 別 貸 付 及 び 震 災 特 例 資 な ど 各 種 支 援 を 実 施 し 皆 さま 資 相 談 返 済 相 談 に 迅 速 かつ

東 大 震 災 から 復 旧 復 興 を 支 援 しています は 全 国 支 店 に 特 別 相 談 窓 口 を 設 置 すると ともに 東 大 震 災 復 興 特 別 貸 付 及 び 震 災 特 例 資 な ど 各 種 支 援 を 実 施 し 皆 さま 資 相 談 返 済 相 談 に 迅 速 かつ 9 取 組 み 震 災 へ 対 応 実 施 総 合 力 を 発 揮 したお 客 さまサービス 向 上 取 組 み 3 平 成 3 年 度 業 務 概 況 及 び 決 算 概 要 5 資 調 達 7 JFC 東 大 震 災 から 復 旧 復 興 を 支 援 しています は 全 国 支 店 に 特 別 相 談 窓 口 を 設 置 すると ともに 東 大 震 災 復 興 特 別 貸 付 及 び 震 災 特

More information

目 1. 前 経 営 強 化 計 画 の 総 括 P.1 (1) 信 用 供 与 の 円 滑 化 に 向 けた 取 り 組 み P.2 (2) 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 向 けた 取 り 組 み P.3 (3) 経 済 の 活 性 化 に 向 けた 取 り 組 み P.6 (4)

目 1. 前 経 営 強 化 計 画 の 総 括 P.1 (1) 信 用 供 与 の 円 滑 化 に 向 けた 取 り 組 み P.2 (2) 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 向 けた 取 り 組 み P.3 (3) 経 済 の 活 性 化 に 向 けた 取 り 組 み P.6 (4) 経 営 強 化 計 画 (ダイジェスト 版 ) ( 金 融 機 能 の 強 化 のための 特 別 措 置 に 関 する 法 律 第 12 条 ) 平 成 28 年 6 月 目 1. 前 経 営 強 化 計 画 の 総 括 P.1 (1) 信 用 供 与 の 円 滑 化 に 向 けた 取 り 組 み P.2 (2) 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 向 けた 取 り 組 み P.3 (3)

More information

ips 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 研 究 等 国 際 的 に 注 目 され 競 争 が 激 化 しているiPS 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 創 薬 をいち 早 く 推 進 する ための 基 盤 整 備 を 行 うことにより 再 生 医 療 創 薬 をわが 国 のリーディ

ips 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 研 究 等 国 際 的 に 注 目 され 競 争 が 激 化 しているiPS 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 創 薬 をいち 早 く 推 進 する ための 基 盤 整 備 を 行 うことにより 再 生 医 療 創 薬 をわが 国 のリーディ 住 宅 建 築 物 省 エネ 改 修 等 緊 急 推 進 事 業 住 宅 建 築 物 ストックの 省 エネ 改 修 等 を 促 進 するため 民 間 等 が 行 う 省 エネ 改 修 工 事 バリアフリー 改 修 工 事 に 対 して 支 援 を 行 う 事 業 の 要 件 以 下 の 要 件 を 満 たす 住 宅 建 築 物 の 改 修 工 事 1 躯 体 ( 壁 天 井 等 )の 省 エネ 改

More information

(2) 経 営 改 善 目 標 項 目 名 1 顧 客 視 点 での 経 営 に 向 けた 改 革 の 継 続 1 顧 客 満 足 度 2 職 員 満 足 度 2 組 織 と 職 員 個 人 の 能 力 の 向 上 : 職 員 研 修 の 実 施 件 数 3 業 務 の 改 善 改 革 :リスク 管

(2) 経 営 改 善 目 標 項 目 名 1 顧 客 視 点 での 経 営 に 向 けた 改 革 の 継 続 1 顧 客 満 足 度 2 職 員 満 足 度 2 組 織 と 職 員 個 人 の 能 力 の 向 上 : 職 員 研 修 の 実 施 件 数 3 業 務 の 改 善 改 革 :リスク 管 No.13 公 益 財 団 法 人 いわて 産 業 振 興 センター Ⅰ 法 人 の 概 要 平 成 25 年 7 月 1 日 現 在 2 所 管 部 局 1 法 人 の 名 称 公 益 財 団 法 人 いわて 産 業 振 興 センター 商 工 労 働 観 光 部 室 課 商 工 企 画 室 3 設 立 の 根 拠 法 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC82518253944E93788E968BC68C7689E62E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC82518253944E93788E968BC68C7689E62E646F63> 平 成 24 年 度 事 業 計 画 社 団 法 人 全 国 競 輪 施 行 者 協 議 会 方 針 我 が 国 の 経 済 は 東 日 本 大 震 災 や 世 界 的 金 融 危 機 などの 影 響 を 受 け 未 だに 景 気 回 復 が 見 えない 状 況 が 続 いている 競 輪 業 界 においても 競 輪 の 認 知 度 向 上 新 た な 市 場 創 設 に 向 けた 企 画 立 案 等

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 の 年 次 推 移 生 活 保 護 受 給 者 数 は 約 217 万 人 であり 平 成 23 年 に 過 去 最 高 を 更 新 して 以 降 増 加 傾 向 が 続 いている 260 ( 万 ) 2.50 被 保 護 世 帯 数 ( 世

被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 の 年 次 推 移 生 活 保 護 受 給 者 数 は 約 217 万 人 であり 平 成 23 年 に 過 去 最 高 を 更 新 して 以 降 増 加 傾 向 が 続 いている 260 ( 万 ) 2.50 被 保 護 世 帯 数 ( 世 平 成 27 年 度 居 住 支 援 全 国 サミット 資 料 1(7) 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 制 度 について 平 成 28 年 1 月 25 日 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 地 域 福 祉 課 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 室 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 制 度 ホームページ( 厚 生 労 働 省 ) http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000059425.html

More information

<3034204832358EE597768E968BC688EA97972D372E786477>

<3034204832358EE597768E968BC688EA97972D372E786477> (2) 生 活 再 建 支 援 プロジェクト 全 県 民 が 将 来 の 生 活 設 計 を 描 くことができ 生 活 再 建 を 進 めることができるようにするため 早 期 に 帰 還 する 避 難 者 長 期 避 難 者 など 被 災 者 それぞれのおかれた 状 況 に 応 じた よりきめ 細 かな 支 援 を 行 う 取 組 を 進 め 1 県 内 避 難 者 支 援 一 新 1 里 山 いきいき

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 平 成 28 年 度 税 制 改 正 について ( 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 ) 平 成 27 年 12 月 中 小 企 業 庁 < 主 な 改 正 事 項 > 新 たな 機 械 装 置 の 投 資 に 係 る 固 定 資 産 税 の 特 例 の 創 設 中 小 企 業 者 等 の 少 額 減 価 償 却 資 産 の 取 得 価 額 の 損 金 算 入 の 特 例 の 延 長

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈 平 成 26 年 度 神 奈 川 県 政 に 関 する 要 望 書 平 成 25 年 9 月 横 浜 商 工 会 議 所 神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26

More information

第5号議案 平成24年度事業計画及び予算案

第5号議案 平成24年度事業計画及び予算案 平 成 24 年 度 事 業 計 画 1. 租 研 をめぐる 環 境 わが 国 は 内 外 の 経 済 社 会 構 造 の 激 しい 変 化 の 中 で 短 期 中 長 期 共 に 多 くの 問 題 に 直 面 し ている 昨 年 発 生 した 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 については 政 府 による 復 興 対 策 や 税 制 特 例 措 置 等 により 今 後 の 日 本 経

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 10 月 大 分 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 想 定 する 事 態 2 第 2 編 平

More information

特 定 事 業 者 ( 買 手 側 )への 指 導 強 化 として 消 費 税 の 円 滑 かつ 適 正 な 転 嫁 の 順 守 を 位 置 づける 等 の 改 訂 を 実 施 した 下 請 取 引 適 正 化 ガイドラインについて ガイドライン 説 明 会 ( 計 379 回 平 成 27 年 3

特 定 事 業 者 ( 買 手 側 )への 指 導 強 化 として 消 費 税 の 円 滑 かつ 適 正 な 転 嫁 の 順 守 を 位 置 づける 等 の 改 訂 を 実 施 した 下 請 取 引 適 正 化 ガイドラインについて ガイドライン 説 明 会 ( 計 379 回 平 成 27 年 3 平 成 27 年 4 月 13 日 平 成 27 年 3 月 末 までの 消 費 税 転 嫁 対 策 の 取 組 状 況 を 公 表 します 平 成 26 年 4 月 の 消 費 税 率 引 上 げを 踏 まえ 経 済 産 業 省 では 消 費 税 の 円 滑 かつ 適 正 な 転 嫁 を 確 保 する 観 点 から 様 々な 転 嫁 対 策 を 実 施 しています 今 般 平 成 27 年 3 月

More information

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外 2016 年 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 自 2016 年 ( 平 成 28 年 )4 月 1 日 至 2017 年 ( 平 成 29 年 )3 月 31 日 公 益 財 団 法 人 国 際 研 修 協 力 機 構 2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の

More information

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割 16 Ⅶ. 産 学 界 の 役 割 17 Ⅷ.その 他

目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割 16 Ⅶ. 産 学 界 の 役 割 17 Ⅷ.その 他 インフラ 長 寿 命 化 基 本 計 画 平 成 25 年 11 月 インフラ 老 朽 化 対 策 の 推 進 に 関 する 関 係 省 庁 連 絡 会 議 目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割

More information

平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優

平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優 平 成 27 年 度 予 算 のポイント 平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優 先 課 題 推 進 枠 や 地 財 政 計 画 における

More information

平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会 計 決 算 審 査 意 見 書 室 蘭 市 土 地 開 発 基 金 の 運 用 状 況 審 査 意 見 書 室 蘭 市 監 査 委 員 室 監 査 第 133 号 平 成 26 年 9 月 30 日 室 蘭 市 長 青 山 剛 様 室 蘭 市 監 査 委 員 土 倉 崇 室 蘭 市 監 査 委 員 羽 立 秀 光 平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378> UR 賃 貸 住 宅 ストック 再 生 再 編 方 針 に 基 づく 実 施 計 画 平 成 27 年 3 月 目 次 1. 実 施 計 画 を 策 定 する 背 景 目 的 1 2.ストック 再 生 再 編 方 針 ( 平 成 19 年 12 月 26 日 策 定 )の 概 要 2 (1) 団 地 の 類 型 化 及 び 団 地 別 整 備 方 針 の 策 定 2 (2) 居 住 の 安 定 の

More information

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 名 古 屋 市 アセットマネジメント 基 本 方 針 平 成 21 年 3 月 名 古 屋 市 目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 備 保

More information

Microsoft Word - ★資料編28年21~44.docx

Microsoft Word - ★資料編28年21~44.docx 意 見 書 案 第 7 号 最 低 賃 金 の 改 定 等 に 関 する 意 見 書 日 本 経 済 の 先 行 きについては 雇 用 所 得 環 境 の 改 善 が 続 く 中 で 緩 やかな 回 復 に 向 かう ことが 期 待 される 一 方 昨 年 11 月 に 国 が 発 表 した 一 億 総 活 躍 社 会 の 実 現 に 向 けて 緊 急 に 実 施 すべき 対 策 では 最 低 賃

More information

窓口支援担当者募集要項

窓口支援担当者募集要項 平 成 27 年 2 月 窓 口 相 談 支 援 事 業 における 窓 口 支 援 担 当 者 募 集 要 項 一 般 社 団 法 人 発 明 推 進 協 会 次 により 全 国 各 地 域 の 知 財 総 合 支 援 窓 口 において 中 小 企 業 等 における 知 的 財 産 の 活 用 事 業 化 促 進 のための 支 援 を 行 う 窓 口 支 援 担 当 者 を 募 集 します 1. 事

More information

国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 防 災 業 務 計 画 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 25 年 3 月 8 日 修 正 平 成 26 年 6 月 19 日 修 正 平 成 27 年 12 月 1 日 修 正 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力

More information

補 正 予 算 手 順 は 各 部 見 積 もり 政 策 経 営 部 調 整 理 事 者 査 定 議 案 ( 予 算 書 ) 作 成 議 決 後 公 表 現 状 把 握 の 部 (DO) () 事 務 事 業 の 目 的 と 指 標 手 段 ( 主 な 活 動 ) 4 年 度 実 績 (4 年 度 に 行 った 主 な 活 動 ) 当 初 予 算 に 関 しては 行 政 システムにより 策 定 した

More information

6 27 年 度 外 務 省 在 外 公 館 課 在 外 公 館 用 の 日 本 産 酒 類 関 連 経 費 在 外 公 館 での 任 国 要 人 との 会 食 やレセションにおいて 日 本 産 酒 類 をPRするための 酒 類 購 入 輸 送 費 7 27 年 度 外 務 省 地 方 連 携 推

6 27 年 度 外 務 省 在 外 公 館 課 在 外 公 館 用 の 日 本 産 酒 類 関 連 経 費 在 外 公 館 での 任 国 要 人 との 会 食 やレセションにおいて 日 本 産 酒 類 をPRするための 酒 類 購 入 輸 送 費 7 27 年 度 外 務 省 地 方 連 携 推 平 成 27 年 度 の 日 本 産 酒 類 の 輸 出 促 進 関 係 事 業 取 組 等 一 覧 実 施 年 度 省 庁 担 当 課 名 事 業 名 等 事 業 概 要 内 閣 官 房 ( 日 本 産 酒 類 の 輸 出 促 進 連 絡 会 議 担 当 ) 調 べ ( 平 成 27 年 9 月 17 日 現 在 ) 1 27 年 度 沖 縄 県 ( 商 工 労 働 部 国 際 物 流 商 業 課

More information

第 一 の 矢 の 600 兆 円 経 済 の 実 現 を 通 じて 生 産 性 革 命 イノベーションが 促 され 健 康 長 寿 や 子 育 て 支 援 サービス 分 野 などで 国 民 のニーズに 応 える 付 加 価 値 の 高 い 財 サービス 新 たな 投 資 質 の 高 い 雇 用 が

第 一 の 矢 の 600 兆 円 経 済 の 実 現 を 通 じて 生 産 性 革 命 イノベーションが 促 され 健 康 長 寿 や 子 育 て 支 援 サービス 分 野 などで 国 民 のニーズに 応 える 付 加 価 値 の 高 い 財 サービス 新 たな 投 資 質 の 高 い 雇 用 が 骨 太 方 針 に 向 けて ~600 兆 円 経 済 の 実 現 ~ 平 成 28 年 4 月 4 日 伊 藤 元 重 榊 原 定 征 高 橋 資 料 1 新 浪 剛 史 1. 現 状 と 課 題 アベノミクスの 取 組 の 下 企 業 収 益 は 過 去 最 高 水 準 となり 3 年 連 続 でベースアップ の 流 れも 広 がりつつある 中 で 賃 金 等 の 上 昇 や 世 帯 収 入 の

More information

参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例 19 中 期 目 標

参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例 19 中 期 目 標 資 料 1-2 参 考 資 料 ( 財 政 規 律 情 報 公 開 報 酬 給 与 ) 平 成 25 年 4 月 2 日 参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FEE95F1814583568358836583808CA48B868B408D5C9640906C95B68F918AC7979D8B4B92F6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FEE95F1814583568358836583808CA48B868B408D5C9640906C95B68F918AC7979D8B4B92F6> 情 報 システム 研 究 機 構 法 人 文 書 管 理 規 程 平 成 2 4 月 1 日 制 定 目 次 第 1 章 総 則 第 2 章 管 理 体 制 第 3 章 作 成 第 4 章 整 理 第 5 章 保 存 第 6 章 法 人 文 書 ファイル 管 理 簿 第 7 章 移 管, または 保 存 期 間 の 延 長 第 8 章 点 検 監 査 及 び 管 理 状 況 の 報 告 等 第 9

More information

スライド 1

スライド 1 第 1 回 生 活 保 護 制 度 に 関 する 国 と 地 方 協 議 平 成 23 年 5 月 30 日 資 料 3 生 活 保 護 制 度 現 状 等 について 厚 生 労 働 省 - 目 次 - 頁 1 生 活 保 護 制 度 概 要 1 被 保 護 世 帯 数 等 動 向 2 被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 年 次 推 移 3 3 世 帯 類 型 別 保 護 世 帯

More information

1. 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 の 目 的 (1) 生 産 性 向 上 の 必 要 性 (3) 業 種 別 の 経 営 課 題 への 対 応 少 子 高 齢 化 人 手 不 足 等 の 状 況 において 効 果 的 に 付 加 価 値 を 生 み 出 せるよう 製 造 業 はもとより

1. 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 の 目 的 (1) 生 産 性 向 上 の 必 要 性 (3) 業 種 別 の 経 営 課 題 への 対 応 少 子 高 齢 化 人 手 不 足 等 の 状 況 において 効 果 的 に 付 加 価 値 を 生 み 出 せるよう 製 造 業 はもとより 資 料 5 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 について 平 成 28 年 6 月 1. 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 の 目 的 (1) 生 産 性 向 上 の 必 要 性 (3) 業 種 別 の 経 営 課 題 への 対 応 少 子 高 齢 化 人 手 不 足 等 の 状 況 において 効 果 的 に 付 加 価 値 を 生 み 出 せるよう 製 造 業 はもとより 相 対 的 により

More information

平 成 20 年 度

平 成 20 年 度 議 案 第 9 号 滋 賀 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 歳 入 歳 出 決 算 の 認 定 について 滋 賀 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 歳 入 歳 出 決 算 は 別 冊 決 算 書 のとおりであるので 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 233 条 第 3 項 の 規 定 により 滋 賀

More information

年度経営計画書

年度経営計画書 平 成 23 年 度 経 営 計 画 の 評 価 滋 賀 県 信 用 保 証 協 会 は 公 的 な 保 証 機 関 として 中 小 企 業 者 の 資 金 調 達 の 円 滑 化 を 図 り 中 小 企 業 者 の 健 全 な 育 成 と 地 域 経 済 の 発 展 に 貢 献 してきました 平 成 23 年 度 の 年 度 経 営 計 画 に 対 する 実 施 評 価 は 以 下 のとおりです

More information

対 ( 136,340 ) (1) 指 定 職 (3 泊 4 日 ) 2 人 8 136,360 182 2, ( 181 2, ) ( 120,040 ) (2) 指 定 職 (2 泊 3 日 ) 2 人 4 120,060 960 ( 960 ) (3)10 級 ~7 級 (3

対 ( 136,340 ) (1) 指 定 職 (3 泊 4 日 ) 2 人 8 136,360 182 2, ( 181 2, ) ( 120,040 ) (2) 指 定 職 (2 泊 3 日 ) 2 人 4 120,060 960 ( 960 ) (3)10 級 ~7 級 (3 平 成 歳 出 明 細 表 要 求 19 内 閣 府 所 管 ( 沖 縄 振 興 局 ) 対 ( 単 位 : 千 円 ) 010 内 閣 本 府 189, 647 239, 682, 941 214, 506, 706 24, 010 内 閣 本 府 共 通 費 832 76, 342 77, 510 1 01-95 内 閣 本 府 一 般 行 政 に 必 要 な 経 費 176 沖 縄 振 興 局

More information

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 資 料 3 復 興 関 係 について 平 成 28 年 4 月 4 日 0 - 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 平 成 23 年

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 21 年 5 月 苫 小 牧 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想

More information

07_住宅バウチャー(家賃補助)制度の表紙.doc

07_住宅バウチャー(家賃補助)制度の表紙.doc 資 料 2 大 阪 府 における 住 宅 バウチャー( 家 賃 補 助 ) 制 度 の 検 討 経 過 等 について 安 心 して 暮 らせる 住 宅 とまちの 形 成 ( 今 後 の 住 宅 セーフティネット 施 策 の 展 開 について) 今 後 の 住 宅 セーフティネットの 構 築 の 方 向 性 施 策 の 構 築 にあたっては 府 民 の 生 活 実 態 や 市 場 の 状 況 把 握

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

整 備 業 界 については 整 備 技 術 の 高 度 化 人 材 の 確 保 育 成 事 業 の 継 承 存 続 問 題 等 を 抱 えながらも 27 年 度 並 の 検 査 台 数 は 確 保 できる ものと 見 込 まれる 当 会 議 所 の 28 年 度 の 収 益 事 業 は 県 内 自

整 備 業 界 については 整 備 技 術 の 高 度 化 人 材 の 確 保 育 成 事 業 の 継 承 存 続 問 題 等 を 抱 えながらも 27 年 度 並 の 検 査 台 数 は 確 保 できる ものと 見 込 まれる 当 会 議 所 の 28 年 度 の 収 益 事 業 は 県 内 自 平 成 28 年 度 事 業 計 画 第 1 概 況 昨 年 の 県 内 自 動 車 市 場 は 26 年 4 月 の 消 費 税 増 税 による 反 動 減 の 長 期 化 エコカー 減 税 見 直 しによる 実 質 的 な 増 税 軽 自 動 車 税 の 増 税 等 の 影 響 を 受 け 登 録 車 軽 自 動 車 ともに 前 年 割 れの 状 況 であり 自 動 車 業 界 にとっては 厳

More information

厚 生 年 金 基 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 たる 厚 生 年 金 の 一 部 を 国 に 代 わって 支 給 ( 代 行 給 付 )しており 当 該 支 給 を 行 うための 費 用 として 事 業 主 から 保 険 料 を 徴 収 している 加 えて 各 基 金 ごとに 上 乗 せ

厚 生 年 金 基 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 たる 厚 生 年 金 の 一 部 を 国 に 代 わって 支 給 ( 代 行 給 付 )しており 当 該 支 給 を 行 うための 費 用 として 事 業 主 から 保 険 料 を 徴 収 している 加 えて 各 基 金 ごとに 上 乗 せ 参 考 資 料 厚 生 年 金 基 金 等 の 現 状 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 たる 厚 生 年 金 の 一 部 を 国 に 代 わって 支 給 ( 代 行 給 付 )しており 当 該 支 給 を 行 うための 費 用 として 事 業 主 から 保 険 料 を 徴 収 している 加 えて 各 基 金 ごとに 上 乗 せ 給

More information

様 式 2-1) [ 経 済 局 誘 致 推 進 課 ] 名 特 記 項 5 款 1 項 2 目 中 期 計 画 - 戦 略 中 期 計 画 - 1 企 誘 致 促 進 新 規 拡 充 1) 企 誘 致 促 進 活 動 区 分 金 額 平 成 28 年 度 計 画 書 局 統 括 本 部 ) 国 財

様 式 2-1) [ 経 済 局 誘 致 推 進 課 ] 名 特 記 項 5 款 1 項 2 目 中 期 計 画 - 戦 略 中 期 計 画 - 1 企 誘 致 促 進 新 規 拡 充 1) 企 誘 致 促 進 活 動 区 分 金 額 平 成 28 年 度 計 画 書 局 統 括 本 部 ) 国 財 様 式 1) 計 画 書 目 次 [ 経 済 局 ] 5 款 1 項 2 目 単 位 : 千 円 ) 計 画 書 頁 名 28 年 度 27 年 度 増 減 28-27) 総 額 一 財 + 市 債 総 額 一 財 + 市 債 総 額 一 財 + 市 債 戦 略 基 本 政 策 新 規 拡 充 1 企 誘 致 促 進 3,174,89 3,173,552 3,158,145 3,157,191 15,944

More information

平成28年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)

平成28年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結) 平 成 28 年 3 月 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 4 月 28 日 上 場 会 社 名 京 成 電 鉄 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 9009 URL http://www.keisei.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 三 枝 紀 生 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208A4F8A73926391CC82CC91DE90458EE893968DE08CB995E2935594708E7E82C994BA82A48F9590AC8BE08E788B8B82C982C282A282C45F482E32302E312E31365F>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208A4F8A73926391CC82CC91DE90458EE893968DE08CB995E2935594708E7E82C994BA82A48F9590AC8BE08E788B8B82C982C282A282C45F482E32302E312E31365F> 外 郭 団 体 の 退 職 手 当 財 源 補 填 廃 止 に 伴 う 助 成 金 支 給 について ~ 見 直 し 方 針 ~ 第 1 背 景 外 郭 団 体 ( 以 下 団 体 )は 高 度 化 複 雑 化 する 市 民 ニーズに 対 し 本 市 が 直 接 実 施 するより 機 動 的 かつ 柔 軟 に 公 共 サービスが 提 供 できるよう 設 立 され 高 い 専 門 性 を 発 揮 しつつ

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 19 年 4 月 昭 島 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想 定

More information

Microsoft Word - H27 競走馬要綱.doc

Microsoft Word - H27 競走馬要綱.doc 競 走 馬 生 産 振 興 事 業 補 助 実 施 要 綱 ( 平 成 27 年 度 ) 地 方 競 馬 全 国 協 会 1 地 方 競 馬 全 国 協 会 競 走 馬 生 産 振 興 事 業 補 助 実 施 要 綱 変 更 ( 平 成 17 年 3 月 24 日 16 地 全 協 畜 第 128 号 ) 平 成 22 年 2 月 22 日 21 地 全 協 畜 第 82 号 平 成 22 年 4

More information

横 須 賀 市 中 小 企 業 振 興 プラン ( 横 須 賀 市 中 小 企 業 振 興 基 本 条 例 に 基 づく 実 行 計 画 ) 平 成 25 年 (2013 年 )2 月 策 定 の 趣 旨 総 務 省 平 成 21 年 経 済 センサス- 基 礎 調 査 の 結 果 では 本 市 の 民 営 事 業 所 数 ( 非 農 林 漁 業 )は 14,593 従 業 者 100 人 未 満

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) 平 成 5 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 人 材 育 成 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力

More information

(1) 自 立 相 談 支 援 事 業 生 活 困 窮 者 に 対 して 広 く 相 談 を 行 うとともに 生 活 困 窮 者 が 抱 えている 課 題 を 多 面 的 に 把 握 し 本 人 の 状 況 や 意 思 を 十 分 に 確 認 ( 以 下 アセスメント という )した 上 で 対 象

(1) 自 立 相 談 支 援 事 業 生 活 困 窮 者 に 対 して 広 く 相 談 を 行 うとともに 生 活 困 窮 者 が 抱 えている 課 題 を 多 面 的 に 把 握 し 本 人 の 状 況 や 意 思 を 十 分 に 確 認 ( 以 下 アセスメント という )した 上 で 対 象 平 成 27 年 度 名 護 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 委 託 仕 様 書 1. 事 業 名 名 護 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 2. 事 業 の 目 的 本 事 業 は 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 105 号 )に 基 づき 生 活 困 窮 者 が 困 窮 状 態 から 早 期 に 脱 却 することを 支 援

More information

<5461726F2D819A8B638E968E9197BF82528E968BC68C7689E68F918145975C>

<5461726F2D819A8B638E968E9197BF82528E968BC68C7689E68F918145975C> 平 成 25年 度 事 業 計 画 書 1. 基 本 方 針 観 光 立 国 の 実 現 を 図 るためには 観 光 の 主 体 である 地 域 におけ る 観 光 振 興 のための 活 動 を 支 援 し その 促 進 を 図 るとともに 地 域 と 産 業 界 の 幅 広 い 連 携 を 促 進 し 提 言 活 動 や 各 種 の 事 業 等 を 行 うことが 重 要 である 今 年 度 より

More information

(2) 教 育 の 実 施 体 制 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 引 き 続 き 学 術 院 及 び 人 事 調 整 委 員 会 が 中 心 となり 人 事 活 性 化 大 綱 人 事 計 画 策 定 指 針 に 基 づき 教 育 プログラムの 目 的 に 即 した

(2) 教 育 の 実 施 体 制 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 引 き 続 き 学 術 院 及 び 人 事 調 整 委 員 会 が 中 心 となり 人 事 活 性 化 大 綱 人 事 計 画 策 定 指 針 に 基 づき 教 育 プログラムの 目 的 に 即 した 平 成 23 年 度 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 年 度 計 画 Ⅰ 大 学 の 教 育 研 究 等 の 質 の 向 上 に 関 する 目 標 を 達 成 するためにとるべき 措 置 1 教 育 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 (1) 教 育 の 内 容 及 び 教 育 の 成 果 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 学 士 課

More information

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め 政 府 全 体 における 外 国 人 材 の 受 入 れ 活 用 に 関 する 動 き 等 日 本 語 小 委 (H27.04.17) 参 考 資 料 4 経 済 財 政 運 営 と 改 革 の 基 本 方 針 2014 ~デフレから 好 循 環 拡 大 へ~ ( 抄 ) 平 成 26 年 6 月 24 日 閣 議 決 定 第 2 章 2.イノベーションの 促 進 等 による 民 需 主 導 の 成

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 日 通 グループの 新 経 営 計 画 パワーアップ3カ 年 計 画 - 改 革 へ の 挑 戦 お 客 様 と と も に - 日 通 グループ パワーアップ3カ 年 計 画 - 改 革 への 挑 戦 お 客 様 とともに - 目 次 頁 現 経 営 計 画 の 総 括 2-5 足 元 の 状 況 とその 打 開 6 パワーアップ3カ 年 計 画 その 方 向 性 7 五 つのパワーアップ 8 営

More information

人 財 の 確 保 と 育 成 14 有 用 な 人 財 確 保 と 人 財 育 成 戦 略 の 実 行 効 果 的 な 採 用 活 動 により 有 用 な 人 財 を 確 保 する 住 宅 事 業 のプロフェッショナル として 高 い 専 門 性 と 実 践 力 を 持 った 人 財 を 育 成

人 財 の 確 保 と 育 成 14 有 用 な 人 財 確 保 と 人 財 育 成 戦 略 の 実 行 効 果 的 な 採 用 活 動 により 有 用 な 人 財 を 確 保 する 住 宅 事 業 のプロフェッショナル として 高 い 専 門 性 と 実 践 力 を 持 った 人 財 を 育 成 財 務 基 盤 の 強 化 Ⅳ 経 営 基 盤 の 強 化 13 長 期 的 安 定 経 営 の 実 現 に 向 けた 財 務 基 盤 の 強 化 賃 貸 事 業 の 収 益 性 確 保 財 務 管 理 の 強 化 及 び 借 入 金 残 高 の 圧 縮 により 経 営 環 境 の 変 化 にも 耐 えうる 強 固 な 財 務 基 盤 を 構 築 する 金 融 市 場 動 向 等 の 把 握 やIR(

More information

senryaku2013original.doc

senryaku2013original.doc 大 阪 バイオ 戦 略 2013 大 阪 バイオ 戦 略 推 進 会 議 構 成 団 体 ( 構 成 員 ) 50 音 順 独 立 行 政 法 人 医 薬 基 盤 研 究 所 ( 理 事 長 米 田 悦 啓 ) 大 阪 医 薬 品 協 会 ( 会 長 相 良 暁 ) 大 阪 市 ( 市 長 橋 下 徹 ) 大 阪 商 工 会 議 所 ( 会 頭 佐 藤 茂 雄 ) 公 立 大 学 法 人 大 阪 市

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

13年度事業計画書の作成について

13年度事業計画書の作成について 平 成 28 年 度 事 業 計 画 書 Ⅰ. 計 画 の 概 要 政 府 は TPP( 環 太 平 洋 連 携 協 定 )の 大 筋 合 意 を 受 け 平 成 27 年 11 月 に 閣 議 決 定 した 総 合 的 なTPP 関 連 政 策 大 綱 に 基 づき 農 業 者 の 不 安 払 拭 と 再 生 産 を 可 能 とする 経 営 安 定 対 策 の 充 実 強 化 を 図 るとともに

More information

Microsoft PowerPoint - 【速報】図解・平成27年度税制改正大綱(1月6日時点).pptx

Microsoft PowerPoint - 【速報】図解・平成27年度税制改正大綱(1月6日時点).pptx 図 解 平 成 27 年 度 税 制 改 正 大 綱 速 報 版 税 理 士 法 人 名 南 経 営 平 成 27 年 1 月 6 日 時 点 情 報 平 成 27 年 度 税 制 改 正 の 全 体 像 ~ 主 要 項 目 一 覧 ~ 個 人 所 得 税 医 療 用 機 器 等 の 特 別 償 却 制 度 の 延 長 縮 減 ふるさと 納 税 制 度 の 拡 充 等 NISA( 少 額 投 資 非

More information

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477>

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477> 平 成 26 年 度 (2014 年 度 ) 豊 島 区 当 初 予 算 の 概 要 平 成 26 年 3 月 豊 島 区 - 目 次 - 1 編 成 方 針 1 2 財 政 規 模 2 3 26 年 度 予 算 の 特 徴 3 4 歳 入 の 概 要 4 5 歳 出 の 概 要 6 6 消 費 税 率 引 き 上 げに 伴 う 区 財 政 への 影 響 12 7 基 金 と 起 債 の 残 高 15

More information

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や 1 平 成 25 年 度 水 産 関 係 補 正 予 算 の 概 要 平 成 25 年 12 月 水 産 庁 総 額 556 億 円 1 漁 業 コストの 低 減 対 策 230 億 円 漁 業 コスト 構 造 改 革 緊 急 対 策 事 業 228 億 円 1 省 燃 油 活 動 推 進 事 業 80 億 円 燃 油 消 費 量 を 削 減 するために 漁 業 者 グループが 行 う 省 燃 油

More information

基 本 的 な 考 え 方 -4つの 課 題 目 次 1 Ⅰ. 中 小 中 堅 企 業 の 成 長 を 喚 起 後 押 しする 法 人 税 改 革 1. 法 人 実 効 税 率 は 海 外 主 要 国 並 み 20% 台 へ 引 き 下 げるべき 2. 代 替 財 源 課 税 ベースの 拡 大 につ

基 本 的 な 考 え 方 -4つの 課 題 目 次 1 Ⅰ. 中 小 中 堅 企 業 の 成 長 を 喚 起 後 押 しする 法 人 税 改 革 1. 法 人 実 効 税 率 は 海 外 主 要 国 並 み 20% 台 へ 引 き 下 げるべき 2. 代 替 財 源 課 税 ベースの 拡 大 につ 平 成 27 年 度 税 制 改 正 に 関 する 意 見 平 成 26 年 9 月 17 日 日 本 商 工 会 議 所 基 本 的 な 考 え 方 -4つの 課 題 ( 成 長 戦 略 の 担 い 手 である 企 業 の 競 争 力 強 化 による 持 続 的 な 経 済 成 長 の 実 現 ) わが 国 経 済 は 大 胆 な 金 融 政 策 機 動 的 な 財 政 政 策 により 民 間 活

More information

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する 資 料 4 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 に 関 する 論 点 等 ( 第 1 回 意 見 交 換 会 資 料 3) 平 成 24 年 3 月 22 日 国 家 公 務 員 制 度 改 革 推 進 本 部 事 務 局 論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

調査報告書のご案内

調査報告書のご案内 各 位 平 成 22 年 3 月 25 日 更 生 会 社 株 式 会 社 日 本 航 空 更 生 会 社 株 式 会 社 日 本 航 空 インターナショナル 更 生 会 社 株 式 会 社 ジャルキャピタル 管 財 人 株 式 会 社 企 業 再 生 支 援 機 構 管 財 人 片 山 英 二 調 査 報 告 書 のご 案 内 更 生 会 社 各 社 の 更 生 手 続 につきましては 関 係 者

More information

Microsoft Word - 20120601003.docx

Microsoft Word - 20120601003.docx 18 兆 円 に 達 した 東 日 本 大 震 災 の 復 旧 復 興 経 費 求 められる 震 災 からの 復 旧 復 興 と 財 政 規 律 の 維 持 予 算 委 員 会 調 査 室 さきやま 﨑 山 たてき 建 樹 甚 大 な 被 害 をもたらした 東 日 本 大 震 災 から1 年 余 りが 経 ち これまでの 間 被 災 地 の 復 旧 復 興 に 向 けて 累 次 の 補 正 予 算

More information

目 次 ものづくり 商 業 サービス 革 新 補 助 金 に 係 る 事 務 手 続 き 2 ものづくり 商 業 サービス 革 新 補 助 金 取 扱 要 綱 3 ものづくり 商 業 サービス 革 新 補 助 金 交 付 規 程 12 規 程 に 定 める 様 式 20 様 式 第 1 補 助 金

目 次 ものづくり 商 業 サービス 革 新 補 助 金 に 係 る 事 務 手 続 き 2 ものづくり 商 業 サービス 革 新 補 助 金 取 扱 要 綱 3 ものづくり 商 業 サービス 革 新 補 助 金 交 付 規 程 12 規 程 に 定 める 様 式 20 様 式 第 1 補 助 金 平 成 26 年 度 補 正 ものづくり 商 業 サービス 革 新 補 助 金 補 助 事 業 の 手 引 き (1 次 公 募 分 ) 本 手 引 きは 補 助 事 業 採 択 後 から 事 業 完 了 までの 各 種 手 続 や 準 備 しなければならない 資 料 等 に ついて 説 明 しています 本 手 引 きを 通 じ 適 正 に 補 助 事 業 を 実 施 くださいますようお 願 い 申

More information

スライド 1

スライド 1 元 気 な 日 本 復 活 予 算 5つのポイント メリハリ/ 従 来 型 の 配 分 を 大 胆 に 組 み 替 えます 拡 充 社 会 保 障 5% 増 科 学 研 究 費 補 助 金 3 割 増 重 点 化 別 枠 で 成 長 と 雇 用 に 重 点 化 見 直 し 公 共 事 業 を 実 質 5% 削 減 税 制 措 置 法 人 減 税 ( 以 降 別 枠 関 連 予 算 は と 表 示 )

More information

障害者保健福祉施策の基本的な方向

障害者保健福祉施策の基本的な方向 発 達 障 害 者 支 援 施 策 関 係 資 料 ~ 平 成 21 年 度 予 算 の 概 要 ~ 厚 生 労 働 省 Ⅰ ね ら い 発 達 障 害 の 定 義 と 発 達 障 害 への 理 解 の 促 進 発 達 障 害 者 に 対 する 生 活 全 般 にわたる 支 援 の 促 進 発 達 障 害 者 支 援 を 担 当 する 部 局 相 互 の 緊 密 な 連 携 の 確 保 Ⅱ 概 要

More information

事 会 ( 以 下 幹 事 会 という )を 置 き これらをガイドラインに 基 づいて 定 期 的 な 検 証 を 行 う 場 として 位 置 づけることとする なお 閣 僚 会 議 及 び 幹 事 会 での 検 証 は 閣 僚 会 議 の 構 成 員 となる 各 府 省 の 大 臣 が 所 管

事 会 ( 以 下 幹 事 会 という )を 置 き これらをガイドラインに 基 づいて 定 期 的 な 検 証 を 行 う 場 として 位 置 づけることとする なお 閣 僚 会 議 及 び 幹 事 会 での 検 証 は 閣 僚 会 議 の 構 成 員 となる 各 府 省 の 大 臣 が 所 管 官 民 ファンドの 運 営 に 係 るガイドライン 平 成 2 5 年 9 月 2 7 日 官 民 ファンドの 活 用 推 進 に 関 する 関 係 閣 僚 会 議 決 定 平 成 2 6 年 6 月 2 7 日 平 成 2 6 年 1 2 月 2 2 日 平 成 2 7 年 7 月 3 1 日 平 成 2 7 年 1 2 月 1 8 日 日 本 経 済 を 停 滞 から 再 生 へ そして 成 長

More information

1. 資 金 供 給 源 の 拡 大 我 が 国 には 多 額 の 家 計 金 融 資 産 があるものの その 資 産 構 成 においては 現 預 金 での 保 有 割 合 が 突 出 しており 諸 外 国 と 比 較 しても 特 異 ともいえる 状 況 成 長 に 向 けた 資 金 供 給 源 の

1. 資 金 供 給 源 の 拡 大 我 が 国 には 多 額 の 家 計 金 融 資 産 があるものの その 資 産 構 成 においては 現 預 金 での 保 有 割 合 が 突 出 しており 諸 外 国 と 比 較 しても 特 異 ともいえる 状 況 成 長 に 向 けた 資 金 供 給 源 の 資 料 2 成 長 ファイナンス 推 進 会 議 - 中 間 報 告 - 2012 年 5 月 8 日 我 が 国 の 経 済 は 良 質 な 労 働 力 高 い 技 術 力 および 円 滑 な 資 金 供 給 の 下 に 成 長 を 続 けてきた しかしながら 足 もとでは 資 金 は 存 在 するものの 必 要 な 主 体 に 十 分 に 行 き 届 いていない 状 況 にある こうした 状 況

More information

犬山市公共施設マネジメント基本計画

犬山市公共施設マネジメント基本計画 犬 山 市 公 共 施 設 マネジメント 基 本 計 画 概 要 版 平 成 27 年 3 月 犬 山 市 企 画 財 政 部 財 政 課 - 0 - 目 次 第 1 章 はじめに... 1 1. 公 共 施 設 マネジメントの 必 要 性... 2. 公 共 施 設 の 定 義... 3. 公 共 施 設 マネジメント 計 画 の 手 順... 4. 本 基 本 計 画 の 位 置 づけ... 5.

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) 平 成 6 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 ()

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

地域産業の活性化

地域産業の活性化 1 事 業 体 系 兵 庫 の 元 気 の 創 出 ~ 挑 戦 する 企 業 をトータルサポート ~ の 中 小 支 企 援 業 推 の 進 創 業 連 携 の 支 援 ひょうご 産 業 活 性 化 センター 平 成 2 8 年 度 事 業 計 画 創 業 及 び 新 事 業 の 創 出 育 成 主 な 実 施 事 業 ひょうご 神 戸 チャレンジマーケットの 開 催 創 業 者 等 取 引 拡 大

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

1. 補 正 予 算 規 模 議 案 番 号 会 計 補 正 前 予 算 額 補 正 予 算 額 ( 単 位 : 千 円 ) 補 正 後 予 算 額 29 一 般 会 計 ( 第 6 号 ) 61,573,579 241,319 61,332,260 後 期 高 齢 者 医 療 事 業 特 30 2

1. 補 正 予 算 規 模 議 案 番 号 会 計 補 正 前 予 算 額 補 正 予 算 額 ( 単 位 : 千 円 ) 補 正 後 予 算 額 29 一 般 会 計 ( 第 6 号 ) 61,573,579 241,319 61,332,260 後 期 高 齢 者 医 療 事 業 特 30 2 平 成 26 年 度 宇 治 市 3 月 補 正 予 算 の 概 要 今 回 の 補 正 予 算 は 国 補 正 予 算 による 交 付 金 などを 活 用 し 平 成 27 年 度 予 算 の 先 行 実 施 に 伴 う 宇 治 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 に 関 する 事 業 やプレミアム 付 商 品 券 の 発 行 保 育 所 幼 稚 園 における 第 三 子 以 降 の

More information

Ⅰ 地 方 創 生 の 推 進 を 支 える 地 方 税 財 政 基 盤 の 充 実 強 化 1 地 方 一 般 財 源 総 額 の 確 保 社 会 保 障 関 係 費 の 財 源 や 臨 時 財 政 対 策 債 の 償 還 財 源 はもとより 地 方 団 体 が 地 域 の 実 情 に 沿 った

Ⅰ 地 方 創 生 の 推 進 を 支 える 地 方 税 財 政 基 盤 の 充 実 強 化 1 地 方 一 般 財 源 総 額 の 確 保 社 会 保 障 関 係 費 の 財 源 や 臨 時 財 政 対 策 債 の 償 還 財 源 はもとより 地 方 団 体 が 地 域 の 実 情 に 沿 った 地 方 創 生 の 推 進 に 向 けて Ⅰ 地 方 創 生 の 推 進 を 支 える 地 方 税 財 政 基 盤 の 充 実 強 化 1 地 方 一 般 財 源 総 額 の 確 保 2 税 源 の 偏 在 性 が 小 さく 税 収 が 安 定 的 な 地 方 税 体 系 の 構 築 Ⅱ 思 い 切 った 施 策 の 展 開 と 必 要 な 財 源 の 確 保 等 1 地 方 創 生 人 口 減 少

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E968BC68C7689E68F91816991E682529269816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E968BC68C7689E68F91816991E682529269816A> 平 成 24 年 度 事 業 計 画 書 自 平 成 24 年 4 月 1 日 至 平 成 25 年 3 月 31 日 社 会 福 祉 法 人 神 奈 川 県 匡 済 会 平 成 24 年 度 事 業 計 画 第 1 横 浜 市 ホームレス 自 立 支 援 施 設 はまかぜ 第 2 横 浜 市 ホームレス 巡 回 相 談 指 導 事 業 第 3 横 浜 市 ホームレス 保 健 サービス 支 援 事

More information

東京電力に関する経営・財務調査委員会報告書を踏まえた経営合理化策等の対処方針

東京電力に関する経営・財務調査委員会報告書を踏まえた経営合理化策等の対処方針 東 京 電 力 に 関 する 経 営 財 務 調 査 委 員 会 報 告 書 を 踏 まえた 経 営 合 理 化 策 等 の 対 処 方 針 平 成 23 年 10 月 28 日 原 子 力 損 害 賠 償 支 援 機 構 東 京 電 力 株 式 会 社 東 京 電 力 に 関 する 経 営 財 務 調 査 委 員 会 ( 委 員 会 )は 本 年 10 月 3 日 東 京 電 力 が 経 営 合

More information

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 要 望 事 項 の 内 容 及 び 説 明 - 15 - 1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 還 等 の 促 進 > ア 基 地 の 整

More information

目 次 Ⅰ 基 本 方 針 1 Ⅱ 事 業 体 系 図 2 Ⅲ 重 点 目 標 3 Ⅳ 実 施 計 画 < 1 > 法 人 運 営 7 < 2 > 地 域 福 祉 活 動 推 進 事 業 8 < 3 > 福 祉 サービス 利 用 支 援 事 業 13 < 4 > 在 宅 福 祉 サービス 事 業 1

目 次 Ⅰ 基 本 方 針 1 Ⅱ 事 業 体 系 図 2 Ⅲ 重 点 目 標 3 Ⅳ 実 施 計 画 < 1 > 法 人 運 営 7 < 2 > 地 域 福 祉 活 動 推 進 事 業 8 < 3 > 福 祉 サービス 利 用 支 援 事 業 13 < 4 > 在 宅 福 祉 サービス 事 業 1 平 成 26 年 度 事 業 計 画 書 社 会 福 祉 法 人 浜 松 市 社 会 福 祉 協 議 会 目 次 Ⅰ 基 本 方 針 1 Ⅱ 事 業 体 系 図 2 Ⅲ 重 点 目 標 3 Ⅳ 実 施 計 画 < 1 > 法 人 運 営 7 < 2 > 地 域 福 祉 活 動 推 進 事 業 8 < 3 > 福 祉 サービス 利 用 支 援 事 業 13 < 4 > 在 宅 福 祉 サービス 事 業

More information

社団法人 青森県宅地建物取引業協会

社団法人 青森県宅地建物取引業協会 公 益 社 団 法 人 青 森 県 宅 地 建 物 取 引 業 協 会 平 成 28 年 度 事 業 計 画 書 自 : 平 成 28 年 4 月 1 日 至 : 平 成 29 年 3 月 31 日 昨 年 の 日 本 経 済 は 2014 年 4 月 の 消 費 税 率 引 上 げや 輸 入 物 価 の 上 昇 等 の 影 響 を 受 けて 景 気 の 回 復 力 に 弱 さがみられた 局 面 もありましたが

More information

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報 災 害 発 生 時 には 職 員 及 び 関 係 機 関 との 間 で 1 現 状 がどうなっているか 2 今 後 の 見 通 しはどうか 3 今 後 何 をするべきか について 状 況 認 識 の 統 一 を 図 ることが 最 も 重 要 である このことを 常 に 心 掛 ければ ほとんどの 課 題 は 解 決 できる 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 1 章 災 害 応 急 活 動 組

More information

財 務 局 の 地 域 経 済 社 会 への 貢 献 2 北 陸 地 域 連 携 プラットフォーム の 設 置 金 沢 市 では 北 陸 経 済 連 合 会 日 本 政 策 投 資 銀 行 北 陸 支 店 などの 協 力 を 得 て 北 陸 財 務 局 の 呼 び 掛 けで 北 陸 地 域 連 携

財 務 局 の 地 域 経 済 社 会 への 貢 献 2 北 陸 地 域 連 携 プラットフォーム の 設 置 金 沢 市 では 北 陸 経 済 連 合 会 日 本 政 策 投 資 銀 行 北 陸 支 店 などの 協 力 を 得 て 北 陸 財 務 局 の 呼 び 掛 けで 北 陸 地 域 連 携 財 務 局 の 地 域 経 済 社 会 への 貢 献 大 臣 官 房 地 方 課 長 保 井 俊 之 財 務 局 の 機 能 強 化 プロジェクトチーム *1 1.はじめに 財 務 局 は 地 域 における 財 務 省 の 総 合 出 先 機 関 として また 金 融 庁 からの 法 令 に 基 づく 事 務 委 任 を 受 けて 財 政 国 有 財 産 金 融 等 に 関 する 施 策 を 実 施

More information

< 公 益 目 的 事 業 > 1 地 方 税 財 政 制 度 に 関 する 調 査 (1) 調 査 研 究 専 門 研 究 員 等 が 地 方 税 財 政 制 度 及 び 税 務 行 政 の 運 営 に 関 して 調 査 研 究 を 行 うもの で その 内 容 を 適 宜 機 関 誌 東 京 税

< 公 益 目 的 事 業 > 1 地 方 税 財 政 制 度 に 関 する 調 査 (1) 調 査 研 究 専 門 研 究 員 等 が 地 方 税 財 政 制 度 及 び 税 務 行 政 の 運 営 に 関 して 調 査 研 究 を 行 うもの で その 内 容 を 適 宜 機 関 誌 東 京 税 平 成 26 年 度 事 業 計 画 書 我 が 国 の 経 済 状 況 は 円 高 の 是 正 や 株 価 の 回 復 等 により 企 業 収 益 の 改 善 が 進 むと 共 に 2020 年 オリンピック パラリンピックの 東 京 開 催 決 定 による 経 済 効 果 への 期 待 なども あり 明 るい 兆 しが 見 え 始 めている 一 方 で 欧 州 債 務 危 機 の 再 燃 や 新

More information

大阪府住宅供給公社定款

大阪府住宅供給公社定款 大 阪 府 住 宅 供 給 公 社 定 款 ( 認 可 昭 和 40 年 11 月 1 日 ) 一 部 変 更 認 可 平 成 19 年 9 月 3 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 地 方 住 宅 供 給 公 社 は 住 宅 を 必 要 とする 勤 労 者 に 対 し 住 宅 の 積 立 分 譲 等 の 方 法 により 居 住 環 境 の 良 好 な 集 団 住 宅 及 びその

More information

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 計 画 独 立 行 政 法 人 通 則 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 103 号 ) 第 29 条 第 1 項 に 基 づき 平 成 26 年 3 月 14 日 付 けをもって 厚 生 労 働 大 臣 から 指 示 のあった 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 目 標 を 達 成 するため 同 法 第 30 条 の

More information