Microsoft Word - 支援室:片桐.doc

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 支援室:片桐.doc"

Transcription

1 冷 戦 の 内 部 構 造 -ソ 連 ロシアに 内 在 する 冷 戦 産 業 の 実 態 - 片 桐 俊 浩 はじめに ソ 連 史 と 現 代 ロシア 史 との 間 には 大 きな 断 絶 が 存 在 する しかしロシア 連 邦 はソ 連 邦 から 主 要 な 国 土 基 盤 と 機 構 を 引 き 継 いだのであり その 継 続 性 にも 注 目 すべきであろう 本 稿 はソ 連 時 代 に 秘 密 裏 に 形 成 された 冷 戦 の 内 部 構 造 を 明 らかにし こうした 冷 戦 の 遺 産 である 諸 産 業 ( 以 下 に 冷 戦 産 業 と 略 記 )がロシア 連 邦 にどのように 引 き 継 がれたのか 今 日 のロシア 連 邦 の 内 外 情 勢 にどのように 影 響 しているかを 展 望 する 20 世 紀 の 冷 戦 の 過 程 で ソ 連 政 府 は 軍 需 産 業 拠 点 の 秘 匿 化 を 進 めた とりわけ 核 ミサイ ル 工 業 は 厳 格 に 機 密 が 保 たれ 開 発 製 造 拠 点 はロシア 国 内 の 閉 鎖 的 な 企 業 都 市 に 置 かれた これらは 一 般 に 秘 密 都 市 と 呼 ばれている 今 日 でも 核 ミサイルに 関 連 する 産 業 や 機 構 のか なりの 部 分 は ソ 連 時 代 からの 秘 密 都 市 に 集 約 されている 秘 密 都 市 は 兵 器 の 開 発 製 造 拠 点 となる 産 業 都 市 の 他 ミサイルや 原 子 力 潜 水 艦 が 配 備 さ れる 基 地 型 都 市 核 ミサイルの 実 験 を 行 う 実 験 場 都 市 に 分 かれる 本 稿 で 主 に 扱 うのは10 の 企 業 都 市 (アルザマス16 チェリャビンスク70 スヴェルドロフスク44 チェリャビン スク40 スヴェルドロフスク45 トムスク7 クラスノヤルスク26 ズラトウスト36 ペ ンザ19 クラスノヤルスク45)で 日 本 語 で 核 閉 鎖 都 市 などと 表 記 されることが 多 い 核 閉 鎖 都 市 も 企 業 活 動 の 実 態 からさらに 研 究 所 原 子 炉 工 場 に 分 けることができる ま ず 本 稿 で 分 析 対 象 となる 諸 都 市 と 産 業 の 概 略 を 以 下 に 示 す 核 閉 鎖 都 市 10 都 市 一 覧 企 業 都 市 の 旧 名 企 業 名 業 務 内 容 アルザマス16 全 連 邦 実 験 物 理 研 究 所 水 爆 とICBM 弾 頭 の 設 計 核 計 画 立 案 チェリャビンスク70 全 連 邦 技 術 物 理 研 究 所 SLBM 弾 頭 核 砲 弾 魚 雷 地 雷 設 計 スヴェルドロフスク44 ウラル 電 気 化 学 コンビ ウランの 濃 縮 と 成 型 大 型 車 両 製 造 ナート チェリャビンスク40 生 産 合 同 マヤーク プルトニウム 製 造 核 廃 棄 物 処 理 スヴェルドロフスク45 電 気 化 学 機 器 原 子 爆 弾 圧 縮 空 気 電 子 機 器 の 製 造 トムスク7 シベリア 化 学 コンビ ウランとプルトニウムの 濃 縮 と 成 型 ナート クラスノヤルスク26 鉱 山 化 学 コンビナート プルトニウム 製 造 核 廃 棄 物 処 理 人 工 衛 星 の 製 造 ズラトウスト36 機 器 製 造 工 場 原 子 爆 弾 (ミサイル 弾 頭 )の 大 量 生 産 ペンザ19 生 産 合 同 スタート 核 ミサイルなどの 軍 用 電 子 機 器 製 造 クラスノヤルスク45 電 気 化 学 工 場 ウラン 製 造 ミサイル 弾 頭 の 生 産 33

2 以 上 の 企 業 都 市 10 都 市 は それぞれ 研 究 所 原 子 炉 工 場 としての 役 割 を 受 け 持 ってい る A B C に 大 別 してこれを 示 す A.2ヶ 所 のロシア 連 邦 核 センター(РФЯЦ, Российский федеральный ядерный центр) 現 在 のロシアには 連 邦 核 センターが2ヶ 所 に 存 在 する 旧 アルザマス16には 全 連 邦 実 験 物 理 研 究 所 (РФЯЦ-ВНИИЭФ)が 旧 チェリャビンスク70には 全 連 邦 技 術 物 理 研 究 所 (РФЯЦ-ВНИИТФ)がそれぞれ 置 かれている 両 研 究 所 の 研 究 分 野 の 違 いとしては ア ルザマス16がスタンダードな 原 子 爆 弾 や 水 素 爆 弾 ICBM 弾 頭 の 開 発 を 行 っているのに 対 して チェリャビンスク70は 小 型 化 された 核 兵 器 など 技 術 的 に 応 用 された 分 野 に 特 化 し ていることが 挙 げられる 両 センターともソ 連 崩 壊 後 は 国 際 的 な 核 軍 縮 交 渉 と 核 弾 頭 解 体 の 中 心 となっており 研 究 所 には 国 務 長 官 級 の 米 国 要 人 がロシア 滞 在 中 にしばしば 訪 問 する 1990 年 代 を 通 して 米 国 のロスアラモス 及 びローレンス リヴァモア 研 究 所 と 交 流 を 深 めており 核 兵 器 の 管 理 や 一 部 の 新 規 プロジェクトを 共 有 している ソ 連 崩 壊 直 後 (1993 年 頃 )の 証 言 では 研 究 所 職 員 のアメリカへの 出 張 が 頻 繁 に 行 われていた 1 B. 兵 器 用 核 物 質 製 造 コンビナート( 原 子 炉 と 核 物 質 製 造 工 場 ) 兵 器 用 核 物 質 を 製 造 するコンビナートは6 都 市 に 存 在 する 第 二 次 世 界 大 戦 終 結 に 伴 い ソ 連 政 府 は 本 格 的 な 核 開 発 に 乗 り 出 し 1945 年 後 半 にプルトニウム 製 造 を 行 うチェリャビ ンスク40とウラン 製 造 のスヴェルドロフスク44の2 拠 点 を 建 設 した その 後 も1947 年 にス ヴェルドロフスク 年 にトムスク7 及 びクラスノヤルスク 年 にはクラスノ ヤルスク45が 増 設 された 核 物 質 の 大 量 生 産 を 最 優 先 するソ 連 政 府 の 方 針 は 結 果 的 に 安 全 対 策 をなおざりにし 表 立 って 報 道 されない 重 大 事 故 をしばしば 引 き 起 こした 最 初 の 死 亡 事 故 は1949 年 にアルザ マス16で 発 生 した 同 年 までにチェリャビンスク40でも 事 故 が 起 きていることから 原 子 力 事 故 はソ 連 核 開 発 の 黎 明 期 からの 問 題 であったと 言 えよう この 件 については 後 述 する コンビナートの 拡 大 と 軍 事 注 文 が 保 証 されていたため これらの 企 業 と 都 市 にとって 冷 戦 時 代 は 繁 栄 の 時 代 でもあった しかし 冷 戦 の 終 結 とソ 連 崩 壊 によって 軍 事 注 文 が 途 絶 え たことから 核 物 質 を 扱 う 企 業 と 都 市 は1990 年 代 に 経 済 危 機 の 直 撃 を 受 けた 1990 年 代 前 半 に 各 コンビナートは 日 用 品 の 製 造 や 建 設 労 働 者 の 他 都 市 への 派 遣 などで 失 業 者 救 済 を 図 った コンビナート 本 体 では 米 国 政 府 の 資 金 で 兵 器 用 核 物 質 や 核 廃 棄 物 の 処 理 を 進 めて きた 近 年 では 核 廃 棄 物 の 引 き 取 りや 核 物 質 の 販 売 において 世 界 各 国 に 市 場 を 有 する C. 核 ミサイル 弾 頭 製 造 工 場 ソ 連 で 核 ミサイル が 政 府 レベルの 課 題 となったのは 第 二 次 世 界 大 戦 末 期 であった 2 ソ 連 のミサイル 技 術 は 戦 前 からの 蓄 積 がある また1947 年 には 当 時 計 画 中 であった 原 子 爆 弾 と 同 じ 重 量 の 荷 を 搭 載 して 弾 道 ミサイル 発 射 実 験 を 実 施 するなど 3 核 ミサイル の 比 重 は 核 開 発 の 途 上 から 高 まっていた 1 «Научный руководитель Челябинска-70 академик Евгений Аврорин», с.16. Губарев, В.С., Челябинск-70, М., 1993, с 片 桐 俊 浩 第 3 回 アジア 冷 戦 史 研 究 会 報 告 2005 年 11 月 1 日 3 Атомный Проект СССР, Документы и материалы, Министерство Российской Федераций по атомной энергий, РАН. Том II часть М., 1998, с

3 1952 年 には 核 兵 器 の 大 量 生 産 とミサイル 弾 頭 化 を 目 的 に 原 爆 工 場 が 建 設 され 後 のズラ トウスト36となった 1954 年 に 建 設 されたペンザ19はミサイルのナビゲーションシステム を 中 心 とした 特 殊 な 電 子 機 器 を 製 造 した 1955 年 に 建 設 されたクラスノヤルスク45は 多 種 にわたる 放 射 性 物 質 特 殊 化 学 物 質 の 開 発 で 知 られている こうした 工 場 の 生 産 ラインに は 冷 戦 時 代 から 西 ドイツ イタリア 日 本 製 の 最 新 鋭 の 工 作 機 械 が 導 入 されていた 4 冷 戦 の 終 結 と 核 弾 頭 廃 棄 の 国 際 合 意 から ソ 連 崩 壊 後 の 諸 工 場 では 弾 頭 の 新 規 受 注 が 完 全 停 止 した 1990 年 代 は 核 弾 頭 の 解 体 現 場 として 機 能 してきたが 近 年 再 び 核 弾 頭 製 造 拠 点 としての 重 要 性 を 増 している 本 稿 では ソ 連 から 引 き 継 がれたロシア 国 内 の 冷 戦 の 遺 産 を 分 析 検 討 する 今 日 のロ シア 連 邦 に 基 礎 的 条 件 を 与 えるソ 連 の 冷 戦 産 業 は 1920 年 代 後 半 から1960 年 代 前 半 にかけ ての 長 期 のプロセスによって 形 成 された 後 の 核 閉 鎖 都 市 となる 拠 点 の 源 流 は1920 年 代 後 半 から 建 設 された 収 容 所 に 求 められ これらは 戦 前 戦 中 に 極 秘 の 軍 事 工 場 となった 戦 後 のソ 連 政 治 が 核 開 発 に 傾 斜 する 中 で 幾 つかの 極 秘 の 収 容 所 = 軍 事 工 場 は 核 関 連 の 研 究 所 や 工 場 へと 発 展 した 核 閉 鎖 都 市 の 歴 史 は 第 二 次 世 界 大 戦 を 挟 むソ 連 史 の 主 要 な 事 件 を 網 羅 している 即 ち 工 業 化 から 核 ミサイル 冷 戦 までの 連 続 した 歴 史 を 見 せている 1. 核 閉 鎖 都 市 の 企 業 と 都 市 核 閉 鎖 都 市 は 現 代 ロシアにそのまま 引 き 継 がれた 訳 であるが ここで 核 閉 鎖 都 市 10 都 市 に 本 拠 を 置 く 軍 需 産 業 についてソ 連 時 代 からの 成 り 立 ちを 個 別 にまとめる 必 要 があろう 核 閉 鎖 都 市 では 企 業 の 発 展 と 都 市 の 建 設 が 不 可 分 であったため 都 市 建 設 についても 簡 単 に 言 及 しておく 後 に 見 るように 都 市 建 設 の 過 程 はソ 連 崩 壊 後 も 引 き 継 がれる 他 産 業 と の 関 連 を 生 み 出 した 1 全 連 邦 実 験 物 理 研 究 所 (ニジニ ノヴゴロド 州 サロフ 市 旧 アルザマス16) < 企 業 の 概 要 > Российский федеральный ядерный центр Всероссийский Научно-Исследовательский Институт Экспериментальной Физики ニジニ ノヴゴロド 州 南 部 の 貯 水 池 に 面 した 森 林 中 モルドヴィア 共 和 国 との 境 界 にソ 連 ロシアの 核 開 発 を 牽 引 する ロシア 連 邦 核 センター 全 連 邦 実 験 物 理 研 究 所 (РФЯЦ-ВНИИЭФ) と 主 に 核 弾 頭 の 製 造 解 体 を 行 う アヴァンギャルド プラン トがある 実 験 物 理 研 究 所 は1946 年 の 設 立 からソ 連 崩 壊 後 の1992 年 まで 物 理 学 者 Ю.Б.ハ リトン( )が 指 導 した 研 究 所 は 核 開 発 の 事 実 を 米 国 に 伏 せるため 1946 年 1 月 以 降 モスクワから 現 地 に 移 動 し た 1940 年 代 のアルザマス16には 第 1から 第 3までの 工 場 が 存 在 したが その 後 の 工 場 増 設 政 策 により 諸 部 門 がロシア 各 地 に 移 転 分 散 した 電 気 化 学 産 業 を 中 心 に 様 々な 軍 需 企 業 や 研 究 所 がアルザマス16から 派 生 している 1947 年 に 水 爆 やミサイル 用 の 部 材 を 生 産 する 電 気 化 学 機 器 (スヴェルドロフスク45) 1952 年 に 原 子 爆 弾 量 産 工 場 部 品 製 造 工 場 (ズラトウスト36) 1954 年 にミサイルのためのナビゲーション 技 術 を 中 心 とした 軍 用 電 子 機 器 開 発 製 造 企 業 生 産 合 同 スタート(ペンザ19) 1955 年 に 第 2の 核 開 発 センター 技 術 物 理 研 究 所 (チェリャビンスク70) がそれぞれ 移 動 した 4 Шипулин, В., Митюков, А., Шипулина, Т., Рождение завода, с.99, 103. Лесной: история закрытого города, Екатеринбург, 1997, с

4 研 究 所 名 の 実 験 物 理 にある 通 り アルザマス16の 業 務 は 基 礎 研 究 から 核 戦 略 の 政 治 計 画 の 立 案 まで 幅 広 い 秘 密 都 市 やソ 連 の 国 境 警 備 の 技 術 開 発 で 知 られるペンザ19やチェ リャビンスク70には 事 実 上 アルザマス16と 同 一 の 業 務 が 重 複 して 存 在 する アルザマス16 の 電 子 技 術 はクレムリン 連 邦 保 安 局 国 防 省 内 務 省 中 央 銀 行 武 器 庫 ロシア 美 術 館 などの 警 備 に 応 用 されているが 5 これはペンザ19が 請 け 負 う 主 要 な 業 務 の 一 つでもあ る チェリャビンスク70 同 様 アルザマス16は 核 爆 発 を 利 用 した 運 河 ダム 建 設 地 震 探 査 法 による 地 質 調 査 の 研 究 と 現 地 での 爆 破 指 導 を 行 った 6 冷 戦 を 通 してアルザマス16( 実 験 物 理 研 究 所 )は 拡 大 の 一 途 を 辿 り 研 究 分 野 は 新 型 核 ミサイルの 開 発 から 現 代 物 理 における 素 粒 子 の 謎 の 解 明 やプラズマ 研 究 にまで 及 んだ ソ 連 崩 壊 を 境 に 核 閉 鎖 都 市 の 冷 戦 産 業 が 苦 境 に 陥 ると アルザマス16は 軍 需 生 産 ラインの 民 需 転 換 支 援 や 米 国 の 政 府 及 び 企 業 との 交 渉 を 行 った 研 究 所 と 分 離 したアルザマス16の アヴァンギャルド コンビナートは 食 器 やフォークなど 日 用 品 の 製 造 で 雇 用 の 確 保 を 目 論 んでいる 都 市 の 閉 鎖 環 境 を 利 用 したダイヤモンド 加 工 業 もコンビナートの 有 望 な 資 金 源 に 育 っており 販 売 を 受 け 持 つベルギーのパートナーとともに 増 産 計 画 を 進 めている < 都 市 の 沿 革 > г. Саров, Нижегородской области サロフ(アルザマス16)は16 世 紀 以 来 知 られる 有 名 な 修 道 院 の 跡 地 で 帝 政 ロシア 時 代 にはニコライ2 世 をはじめとする 皇 帝 一 家 もこの 地 を 訪 れている ボリシェヴィキによっ て1920 年 代 に 修 道 院 が 廃 止 された 後 も 労 働 コミューンや 収 容 所 が 置 かれた 収 容 所 は 1938 年 10 月 12 日 のソ 連 邦 人 民 委 員 会 議 決 議 により 機 械 製 造 人 民 委 員 部 へ 移 管 され 年 7 月 10 日 には ソ 連 邦 人 民 委 員 会 議 付 属 国 防 委 員 会 が サロフ 修 道 院 の 跡 地 に 152mm 砲 弾 工 場 の 建 設 を 決 めた 8 第 二 次 世 界 大 戦 中 サロフの 第 550 号 施 設 (サロフ 機 械 製 造 工 場 とも)では12 時 間 労 働 2 交 代 制 が 敷 かれ 9 この 工 場 で 製 造 されたロケット 弾 カチューシャ の 砲 弾 (M13)は 戦 争 終 結 までに20 万 発 に 達 した 10 第 二 次 世 界 大 戦 中 の 砲 弾 生 産 に 責 任 があったのは 弾 薬 人 民 委 員 のБ.Л.ヴァンニコフで カチューシャ 用 の 爆 薬 を 担 当 していたのがЮ.Б.ハリトンであった この2 人 は1946 年 にサロフを 核 セン ターに 改 造 する 際 候 補 地 を 選 定 する 役 割 を 果 たした アルザマス16はソ 連 崩 壊 後 もロシア 連 邦 の 内 外 で 重 要 な 位 置 を 占 めている 1992 年 2 月 のБ.Н.エリツィン 大 統 領 を 始 めとして(この 時 ロシア 連 邦 核 センター が 創 設 された) С.В.ステパシン(1995 年 ) В.С.チェルノムィルディン(1997 年 ) М.М.カシヤノフ(2000 年 )などロシアの 主 要 な 政 治 家 が 来 訪 している 11 ロシア 正 教 のアレクシー2 世 総 主 教 はソ 連 時 代 を 含 めてこれまでに 幾 度 もアルザマス16を 訪 れている 12 5 Министерство по Атомной Энергии Российской Федерации. Первый Серийный, Саров. Арзамас-16, с Попов, Ф.Д., Арзамас-16 Семь Лет с Андреем Сахаровым: Воспоминания Контрразветчика, Мурманск, 1998, с ГА РФ, Ф.8418, Оп.23, Д.715, Л.4. 8 ГА РФ, Ф.8418, Оп.23, Д.715, Л.1. 9 Саров Дивеево. Путеводитель, Саров. Саранск, 2002, с Попов, Ф.Д., Арзамас-16 Семь Лет с Андреем Сахаровым: Воспоминания Контрразветчика, Мурманск, 1998, с エリツィン 大 統 領 がアルザマス 16 を 訪 問 した 際 施 設 を 案 内 した Ю.К.ザヴァリーシン 実 験 物 理 研 究 所 長 は 大 統 領 とウラル 工 科 大 学 で 同 期 であった Завалишин, Ю.К., Встречи в Сарове, Саров. Саранск, 2002, с Веселовский, А.В., Ядерный щит (записки испитателя ядерного оружия), Саров, 36

5 冷 戦 時 代 のライバルであったロスアラモス 研 究 所 と 実 験 物 理 研 究 所 とはソ 連 崩 壊 後 に 提 携 関 係 に 移 り 学 校 生 徒 を 含 めた 市 民 的 な 交 流 が 深 められている 1994 年 9 月 28 日 には サロフ 市 ( 旧 アルザマス16)とアラモス 郡 との 間 で 姉 妹 都 市 提 携 の 正 式 調 印 が 行 われた 13 2 全 連 邦 技 術 物 理 研 究 所 (チェリャビンスク 州 スネジンスク 市 旧 チェリャビンスク70) < 企 業 の 概 要 >Российский федеральный ядерный центр Всероссийский научно-исследоватепьский институт технической физики この 研 究 所 はソ 連 時 代 から アルザマス16とともに 核 ミサイル 開 発 の2 大 センターの 一 つであった 研 究 所 では 現 在 も 新 型 核 ミサイル 開 発 を 推 し 進 めている 付 近 のカスリにあ る 水 中 発 射 式 弾 道 ミサイル(SLBM) 研 究 拠 点 マケーエフ 研 究 所 がミサイルの 開 発 を 担 当 している 152mm 核 砲 弾 用 の 最 小 の 核 爆 弾 最 軽 量 の 戦 略 核 弾 頭 核 物 質 を 最 小 限 に 使 用 した 経 済 的 な 核 爆 弾 核 物 質 の99.85%の 重 量 をエネルギーに 変 える 最 もきれいな 核 爆 弾 放 射 線 照 射 装 置 としての 最 も 威 力 の 小 さい 爆 弾 14 核 爆 発 による 石 油 採 掘 の 推 進 核 爆 発 による 空 洞 形 成 を 利 用 した 濃 縮 ガス 用 の 貯 蔵 所 建 設 核 爆 発 を 地 震 探 査 法 に 応 用 した 資 源 探 査 ガス 田 火 災 の 消 火 を 目 的 とした 地 中 核 爆 発 の 指 導 15 宇 宙 からの 物 体 や 巨 大 隕 石 の 落 下 を 核 爆 発 で 阻 止 する 方 法 の 研 究 などを 行 っている 16 実 際 に1960 年 代 から ソ 連 では 石 油 の 湧 出 促 進 ガス 田 や 油 田 の 火 災 消 火 ヤクートのウドカンやバムなどでの 地 質 調 査 に 原 子 爆 弾 が 使 用 され チェリャビンスク70の 技 術 物 理 研 究 所 は 計 画 の 監 督 と 指 導 員 派 遣 を 行 なった 17 ソ 連 崩 壊 後 にチェリャビンスク70への 軍 事 注 文 は 激 減 し 経 済 状 況 が 著 しく 悪 化 した 現 在 市 を 挙 げて 経 済 構 造 の 改 革 を 進 めている 1995 年 10 月 3 日 には 市 議 会 が 小 企 業 の 活 動 を 支 援 するためのフォンド 設 立 を 決 議 した 18 ベンチャー 企 業 の 創 設 支 援 新 興 企 業 のロ シア 国 内 外 国 企 業 との 資 本 技 術 提 携 が 行 われている < 都 市 の 沿 革 > г. Снежинск, Челябинской области チェリャビンスク70は1930 年 代 に 開 業 していたサナトリウム スングル を 接 収 して 建 設 された 第 二 次 世 界 大 戦 中 このサナトリウムは 軍 の 療 養 所 として 使 用 されていたが 1946 年 に 戦 争 捕 虜 としてソ 連 に 連 行 されたドイツ 人 科 学 者 を 雇 用 する ベー(Б) 研 究 室 が 設 置 された この 研 究 室 では 日 本 の 被 爆 経 験 を 中 心 に 生 物 と 放 射 線 の 関 係 を 研 究 して いた 1953 年 から1955 年 にかけて 核 兵 器 開 発 の 人 材 が 集 められ ソ 連 第 二 の 核 開 発 セン ターとなった 都 市 建 設 ではチェリャビンスク40から 移 された 収 容 所 や 軍 事 建 設 部 隊 が 作 1999, с Саров: Прошлое, настоящее, Агапов, А.А.(сост.), Саранск, 1999, с Рыкованов, Г.Н., Водолага, Б.К., Ситоненко, В.А., Из истории РФЯЦ-ВНИИТФ, с.424. Вопросы Современной Технической Физики: К 70 летию со дня рождения академика Е.Н.Аврорина: Избр. Тр. РФЯЦ-ВНИИТФ им. Академика Е.И.Забабахина, Снежинск, 2002, с Губарев, В.С., Ядерный век. Зеркало Урала, М., 1997, с Ядерный Центр России Саров, Саров. Саранск, 2001, с «Главный конструктор Борис Литвинов», Губарев, В.С., Челябинск-70, М., 1993, с Круглов, А.Г., Шаги, предпринимаемые администрацией Снежинска, в поддержку малых инновационных фирм, с.80. Доклады международного семинара. Малые инновационные формы в атомных городах, Обнинск, 2002, с

6 業 に 当 たった 逆 にバイコヌール 発 射 場 の 建 設 ではチェリャビンスク70から 建 設 要 員 が 派 遣 されている 技 術 物 理 研 究 所 本 体 の 業 務 はソ 連 時 代 から 大 きな 変 更 は 無 く コンピュータによる 核 爆 発 弾 道 計 算 兵 器 設 計 の 他 核 弾 頭 によるミサイル 迎 撃 システムや 核 爆 発 による 隕 石 の 軌 道 変 更 に 関 する 研 究 を 続 けている 19 3 生 産 合 同 マヤーク (チェリャビンスク 州 オジョルスク 市 旧 チェリャビンスク40) < 企 業 の 概 要 > ФГУП Производственное объединение Маяк チェリャビンスク40には1945 年 11 月 14 日 ソ 連 邦 人 民 委 員 会 議 決 議 により 建 設 が 開 始 されたプルトニウム 製 造 コンビナート マヤーク ( 旧 817コンビナート)がある 同 じ 決 議 でウラン 製 造 の813 工 場 ( 現 在 のウラル 電 気 化 学 コンビナート)も 建 設 されたが チェ リャビンスク40の 方 が 最 初 の 実 験 まで 優 先 されていた(これはソ 連 最 初 の 原 子 爆 弾 がプル トニウム 原 爆 だったことに 由 来 する) チェリャビンスク40は 戦 後 のソ 連 の 核 開 発 を 技 術 的 側 面 から 立 ち 上 げた 物 理 学 者 の И.В.クルチャトフが 指 導 居 住 した 都 市 でもある 1940 年 代 に 実 働 していた 核 閉 鎖 都 市 は こことアルザマス16だけであり この 点 からもソ 連 における マヤーク コンビナートの 比 重 の 高 さが 窺 い 知 れる 1950 年 代 にチェリャビンスク 州 内 で 建 設 されたズラトウスト36 とチェリャビンスク70はチェリャビンスク40の 人 員 と 資 材 が 移 動 することで 成 立 してい る コンビナートでは 何 度 か 重 大 事 故 が 起 こり 周 辺 の 汚 染 は 深 刻 である しかしコンビ ナートは 現 在 でも 使 用 済 み 核 燃 料 の 引 き 取 りを 行 うロシア 国 内 の 数 少 ない 施 設 であり 続 けている < 都 市 の 沿 革 > г. Озерск, Челябинской области 最 初 の 核 実 験 終 了 直 後 の1949 年 10 月 チェリャビンスク40には5 万 5 千 人 以 上 の 要 員 が 研 究 や 原 子 炉 の 操 業 建 設 作 業 に 従 事 していた 20 当 時 の 建 設 関 係 者 のほとんどが 囚 人 で あり 他 に 軍 事 建 設 部 隊 ドイツ 人 捕 虜 ドイツ 戦 線 からのソ 連 人 帰 還 者 を 動 員 していた 21 チェリャビンスク40は 最 初 に 建 設 された 核 閉 鎖 都 市 の 一 つであり この 都 市 で 培 われ た 建 設 の 手 法 は 他 の 核 閉 鎖 都 市 のみならずソ 連 全 土 に 影 響 を 与 えた 4 ウラル 電 気 化 学 コンビナート(スヴェルドロフスク 州 ノヴォウラルスク 市 旧 スヴェ ルドロフスク44) < 企 業 の 概 要 > ФГУП Уральский электрохимический комбинат この 工 場 は 第 二 次 世 界 大 戦 中 スヴェルドロフスク 州 ヴェルフ ネイヴィンスク (Вверх-Нейвинск)に 疎 開 してきた 航 空 機 工 場 を 基 に 建 設 された 工 場 の 建 設 は 囚 人 に よって 行 われ 工 場 の 操 業 にはレニングラード 包 囲 を 逃 れてきた 市 民 が 多 数 加 わった 戦 争 終 結 後 は1945 年 に 着 工 された 最 初 の 核 開 発 拠 点 の 一 つとなった 同 時 期 に 建 設 された 19 «Главный конструктор Борис Литвинов», Губарев, В.С., Челябинск-70, М., 1993, с Атомный Проект СССР. II , Москва. Саров, 2003, с.720, Черников, В., За завесой секретности или строительство 859. (страницы истории ЮУС), г. Озерск, 1995, с

7 チェリャビンスク40と 比 べてコンビナートより 規 模 の 小 さい 工 場 格 ではあったが 1949 年 10 月 頃 の813 工 場 では 既 に3 万 人 以 上 が 働 いていた 22 スヴェルドロフスク44にはソ 連 初 の 気 体 拡 散 法 によるウラン 濃 縮 工 場 ウラル 電 気 化 学 コンビナート が 建 設 された ソ 連 時 代 は 兵 器 用 ウランの 精 製 をしていたが 最 近 は 核 燃 料 を 欧 米 や 韓 国 などに 売 っている 年 3 月 に 秘 密 裏 に 市 制 が 施 行 され 現 在 はロシ ア 連 邦 法 に 基 づく 閉 鎖 行 政 領 域 スヴェルドロフスク 州 ノヴォウラルスク 市 である ソ 連 崩 壊 後 解 体 された 核 弾 頭 の 処 理 を 引 き 受 けている ウラン 製 造 以 外 に 原 子 力 軍 事 関 連 施 設 から 住 宅 までを 手 がける 建 設 会 社 やディーゼル 式 軍 用 大 型 積 載 車 の 工 場 もある < 都 市 の 沿 革 > г. Новоуральск, Свердловской области 都 市 建 設 の 現 場 となった 湖 畔 北 側 には19 世 紀 に 鉄 道 が 開 通 している ソ 連 建 国 から1930 年 代 末 にかけて ここには 鉄 道 労 働 者 のために 開 かれた 休 暇 施 設 が 営 業 していた 24 工 場 と 都 市 の 建 設 は 主 に 囚 人 が 行 っていたが スターリン 死 去 に 伴 う1950 年 代 の 囚 人 解 放 の 過 程 で 軍 事 建 設 部 隊 に 代 えられた 都 市 建 設 では 同 時 期 のチェリャビンスク40の 方 が 先 行 し ていたため 軍 事 建 設 部 隊 はチェリャビンスク40から 派 遣 された 1940 年 代 の 仮 設 居 住 地 建 設 から1970 年 代 の 水 道 管 工 事 まで 重 要 な 建 設 事 業 がチェリャビンスク40の 派 遣 した 建 設 部 隊 によって 行 われた 5 エレクトロヒムプリボール(スヴェルドロフスク 州 レスノイ 市 旧 スヴェルドロフス ク45) < 企 業 の 概 要 > ФГУП Комбинат Электрохимприбор スヴェルドロフスク45には 核 ミサイル 弾 頭 製 造 コンビナートの エレクトロヒムプリ ボール がある このコンビナートはもともとアルザマス16にあったプラントを1947 年 に 設 備 を 複 製 して 建 設 された ソ 連 が 初 の 核 実 験 を 成 功 させた1949 年 の 秋 頃 には2 万 人 以 上 の 要 員 が 働 いていた 25 スヴェルドロフスク45は 原 子 爆 弾 と 並 行 して 開 発 されていた 熱 核 融 合 爆 弾 の 施 設 であ り 現 在 まで 核 弾 頭 の 製 造 を 含 む 核 ミサイル 工 業 全 般 に 関 わっている 隣 接 するニージナ ヤ トゥーラにはミサイル 工 業 があり スヴェルドロフスク45でも1940 年 代 から 圧 縮 空 気 や 液 体 酸 素 の 出 荷 を 行 っていた またズラトウスト36やペンザ19に 先 んじて 電 子 機 器 工 場 が 置 かれた < 都 市 の 沿 革 > г. Лесной, Свердловской области ニージナヤ トゥーラは18 世 紀 に 建 設 された 鉄 製 品 工 場 とその 居 住 地 を 前 身 とする 19 世 紀 には 金 やプラチナなどの 希 少 金 属 を 採 鉱 する 採 掘 場 が 付 近 一 帯 に 設 けられ 鉄 製 品 工 場 は 刑 務 所 に 用 途 変 更 された この 刑 務 所 にはЯ.М.スヴェルドロフらが 収 監 されていた 革 命 後 は 収 容 所 が 置 かれ 水 力 発 電 所 の 建 設 を 行 っていた 1947 年 以 降 囚 人 が 中 心 と なってコンビナートと 都 市 の 建 設 が 推 進 された 住 宅 は 当 初 仮 設 建 築 が 使 用 されていたが 1950 年 以 降 に 石 炭 ガラブロック 次 いでパネル 建 材 を 使 用 するようになった スヴェルド 22 Атомный Проект СССР. II , Москва. Саров, 2003, с.721, Здесь другой календар..., Новоуральск, 2003, с Анурьев, Ю.П., Новоуральск. Годы и судьбы, Историческая летопись, Екатеринбург, 1995, с Атомный Проект СССР. II , Москва. Саров, 2003, с.721,

8 ロフスク45の 都 市 建 設 を 行 った 軍 事 建 設 部 隊 は 各 地 の 核 閉 鎖 都 市 やソ 連 の 他 の 都 市 の 建 設 に 動 員 された 6 シベリア 化 学 コンビナート(トムスク 州 セヴェルスク 市 旧 トムスク7) < 企 業 の 概 要 > ФГУП Сибирский химический комбинат ソ 連 ロシア 最 大 の 兵 器 用 核 物 質 製 造 企 業 シベリア 化 学 コンビナート( 旧 816コンビナー ト)は 核 実 験 の 約 半 年 前 1949 年 3 月 26 日 に 建 設 が 開 始 された 26 これはアルザマス16で 原 子 爆 弾 の 量 産 が 決 まったことを 受 けたもので ソ 連 政 府 が 実 験 前 に 核 兵 器 の 大 量 生 産 を 計 画 していたことを 示 している 核 物 質 の 製 造 を 行 うコンビナート 以 前 にこの 地 には 軍 事 工 場 が 存 在 した 1939 年 10 月 22 日 ソ 連 邦 人 民 委 員 会 議 防 衛 委 員 会 の 依 頼 を 受 けた 軍 備 人 民 委 員 Б.Л.ヴァンニコフの 現 地 調 査 によりトムスクが 重 砲 弾 工 場 の 予 定 地 に 挙 げられた 27 鉄 道 が 通 されておりトミ 河 の 豊 富 な 水 が 使 えること 国 境 からかなり 離 れていることが 立 地 上 の 利 点 とされたが この ときは 建 設 が 却 下 された 28 但 し 独 ソ 戦 の 開 始 直 後 に 砲 弾 工 場 が 建 設 されている トムスクは 国 境 から 遠 く 冷 却 用 のきれいで 冷 たい 水 を 利 用 できるとの 同 じ 理 由 から 29 核 開 発 開 始 後 に 原 子 炉 の 建 設 候 補 地 として 再 び 注 目 されることとなった 現 場 となった 収 容 所 には1949 年 春 から 多 数 の 囚 人 が 送 り 込 まれ 原 子 炉 と 工 場 が 急 速 に 建 設 された トム スク7のコンビナートは1953 年 8 月 7 日 最 初 の 兵 器 用 ウラン 製 造 に 成 功 した 30 以 後 ソ 連 を 代 表 する 軍 事 企 業 に 成 長 した 1960 年 代 からは 地 域 経 済 への 貢 献 を 求 められるようになった 研 究 開 発 の 分 野 でも1962 年 に トムスク7 郵 便 私 書 箱 153 が 特 別 研 究 を11 件 達 成 したとある 31 翌 1963 年 にも トムスク7が 再 び11 件 の 研 究 を 達 成 したとされていることから 32 地 域 との 継 続 的 な 契 約 が 存 在 したことであろう しかし 国 防 関 連 の 省 から 依 頼 を 受 けた これらの 研 究 結 果 は 学 術 上 重 要 な 意 義 を 持 つが 経 済 的 な 効 果 について 口 にしてはならない なぜなら それらは 特 別 な 性 質 を 持 つからだ 33 とされ 開 発 された 技 術 は 経 済 的 価 値 よりも 機 密 を 優 先 され た 軍 事 注 文 の 激 減 と 経 済 危 機 の 影 響 もあり ソ 連 崩 壊 後 は 積 極 的 に 民 需 転 換 海 外 市 場 開 拓 に 動 いている 現 在 のコンビナートは 世 界 の 数 十 カ 国 に 顧 客 を 持 ち その 品 質 はフラン ス アメリカ ドイツなど 各 国 から 表 彰 されている 34 < 都 市 の 沿 革 > г. Северск, Томской области トムスク7は 古 くから 農 村 や 修 道 院 などが 存 在 する トムスク 市 の 北 方 にある 森 林 一 帯 に 建 設 された 現 在 の 行 政 単 位 トムスク 州 セヴェルスク 市 は 地 図 にも 記 載 されているが 関 係 者 以 外 立 ち 入 り 禁 止 となっている 同 市 はトムスク 市 北 部 に 広 がる 森 林 とトミ 河 に 26 История Северска, Зиновиев, В.П.(ред.), Томск, 1999, с ГА РФ, Ф.8418, Оп.23, Д.730, Л ГА РФ, Ф.8418, Оп.23, Д.730, Л История Северска, Зиновиев, В.П.(ред.), Томск, 1999, с История Северска, Зиновиев, В.П.(ред.), Томск, 1999, с ГА НО, Ф.1677, Оп.1, Д.55, Л ГА НО, Ф.1677, Оп.1, Д.77, Л ГА НО, Ф.1677, Оп.1, Д.104, Л Северск. Томск-7, Северск, 1999, с.6. 40

9 沿 った トムスク 市 街 から15km 離 れた 地 域 にある 大 規 模 なウラン プルトニウム 製 造 工 場 があるため 周 辺 の 河 と 森 林 は 汚 染 されている トムスク7は 建 設 関 係 者 が 多 く コンビナートの 操 業 以 外 に 建 設 プロジェクトの 受 注 が 主 な 産 業 である 都 市 には 市 民 のための 複 数 の 劇 場 と 音 楽 スポーツ 学 校 スタジアム 動 物 園 スキー 場 が 存 在 し 市 外 でも 各 種 の 建 設 事 業 を 手 懸 けている 住 居 大 学 と 寮 ソ 連 科 学 アカデミー シベリア 支 部 (ノヴォシビルスク 州 のアカデムゴロドク) 空 港 農 業 施 設 ( 畜 舎 ジャガイモ 保 管 庫 ) 35 トムスク 石 油 化 学 コンビナート 36 などである ソ 連 崩 壊 直 後 のトムスク7は 兵 器 用 核 物 質 の 製 造 停 止 建 設 業 の 不 振 で 経 済 と 社 会 が 混 乱 に 陥 った これらは 出 生 率 の 低 下 死 亡 率 の 増 大 婚 姻 の 減 少 犯 罪 の 激 増 (ソ 連 崩 壊 直 前 に 比 べ 約 6 倍 ) 若 年 層 における 麻 薬 の 蔓 延 となって 表 れた 37 経 済 社 会 情 勢 は 近 年 改 善 に 向 かっている 7 鉱 山 化 学 コンビナート(クラスノヤルスク 地 方 ジェレズノゴルスク 市 旧 クラスノヤ ルスク26) < 企 業 の 概 要 > ФГУП Горно-химический комбинат ソ 連 時 代 の 鉱 山 化 学 コンビナートは 兵 器 用 プルトニウムの 製 造 と 発 電 を 行 っていた 現 在 は 使 用 済 み 核 燃 料 の 引 き 取 りと 発 電 のみを 行 っている 核 攻 撃 に 耐 えられるコンビナー トとして 1950 年 以 降 山 の 地 下 に 建 設 された 1960 年 からは 軍 用 の 偵 察 衛 星 通 信 衛 星 の 開 発 と 製 造 を 行 う 部 門 が 設 立 され これ 以 後 ソ 連 が 打 ち 上 げる 衛 星 の 事 実 上 全 ての 製 造 に 関 わっている バイコヌールでのロケット 打 ち 上 げを 管 理 することでも 知 られており 現 在 は 核 物 質 のコンビナートというより 衛 星 ビ ジネスの 拠 点 となっている ロシアが 保 有 する 人 工 衛 星 の 運 行 通 信 アンテナ 部 品 や 機 械 の 生 産 を 受 け 持 っている 年 11 月 にクラスノヤルスクで 行 われた 日 露 首 脳 会 談 の 模 様 を 中 継 したのも 同 市 の 衛 星 システム 会 社 プリマテレコム であった 39 < 都 市 の 沿 革 > г. Железногорск, Красноярского края コンビナートと 都 市 はクラスノヤルスク 市 からエニセイ 川 右 岸 の 流 れを 下 った60kmの 地 点 にあり 建 設 作 業 のため 大 規 模 な 収 容 所 が 建 設 された 始 めに 収 容 所 までの 鉄 道 次 いで 地 下 コンビナート 都 市 の 順 に 建 設 された いずれも 囚 人 が 建 設 労 働 の 中 心 を 担 って いる 住 宅 街 に 沿 ってレクリエーション 用 の 人 口 湖 が 建 設 され モータースポーツのため のヨットハーバーがある 都 市 には 中 等 学 校 スポーツ 学 校 大 学 と 大 学 の 支 部 劇 場 芸 術 学 校 文 化 の 家 図 書 館 博 物 展 示 センター 動 物 園 付 き 公 園 などがある История Северска, Зиновиев, В.П.(ред.), Томск, 1999, с Северск. Томск-7, Северск, 1999, с История Северска, Зиновиев, В.П.(ред.), Томск, 1999, с Якушин, П.В., Поддержка администрацией города инновационной деятельности. Обощение опыта деятельности инновационных фирм на территории города, с.61-62, Доклады международного семинара. Малые инновационные фирмы в Атомных городах, Обнинск, 2002, с Доклады международного семинара. Малые инновационные фирмы в Атомных городах, Обнинск, 2002, с Вся Россия. Города и населенные пункты. Энциклопедия, М., 2001, с

10 8 電 気 化 学 工 場 (クラスノヤルスク 地 方 ゼレノゴルスク 市 旧 クラスノヤルスク45) < 企 業 の 概 要 > ФГУП ПО Электро-химический завод 1955 年 に 建 設 された 気 体 拡 散 法 によるウラン 濃 縮 工 場 電 気 化 学 工 場 ЭХЗ (クラスノ ヤルスク45)は クラスノヤルスク 地 方 ルィビンスク 地 区 ザオジョルヌィの 炭 鉱 跡 地 にあ る この 炭 鉱 は 日 本 人 抑 留 者 収 容 所 の 作 業 場 所 だった クラスノヤルスク 地 方 には 軍 事 施 設 が 数 多 くあり クラスノヤルスク45の 付 近 には クラスノヤルスク66 などのミサイル 基 地 ( 秘 密 都 市 )が 存 在 する クラスノヤルスク45ではSLBM 弾 頭 の 製 造 も 行 っている 41 クラスノヤルスク26 同 様 宇 宙 開 発 の 拠 点 でもある クラスノヤルスク45( 現 在 はゼレノ ゴルスクという)には 毎 年 米 国 日 本 中 国 ポーランドその 他 の 人 々が 宇 宙 に 関 する 国 際 プログラムに 訪 れる 42 < 都 市 の 沿 革 > г. Зеленогорск, Красноярского края 当 初 はテント 村 の 設 営 炭 鉱 宿 舎 の 間 借 り 仮 設 居 住 地 の 設 営 などで 住 宅 問 題 を 解 決 し ていたが 後 には 動 物 園 からスキー 場 までを 完 備 する ソ 連 でも 恵 まれた 都 市 となった クラスノヤルスク45の 建 設 業 は 伝 統 的 に ノヴォシビルスクやクラスノヤルスク26との 関 係 が 強 く 閉 鎖 都 市 外 部 の 案 件 を 多 数 受 注 している 9 機 器 製 造 工 場 (チェリャビンスク 州 トリョフゴールヌィ 市 旧 ズラトウスト36) < 企 業 の 概 要 > ФГУП Приборостроительный завод 核 ミサイル 時 代 の 代 表 的 な 核 閉 鎖 都 市 ズラトウスト36の 機 器 製 造 工 場 は ミサイル 開 発 の 黎 明 期 からスプートニク1 号 打 ち 上 げ キューバ 危 機 ソ 連 崩 壊 後 の 弾 頭 解 体 に 至 る 現 代 史 の 陰 の 主 役 である 工 場 はチェリャビンスク 州 ユリューザン 市 の 山 林 にあった 木 材 加 工 収 容 所 を 基 に 1952 年 に 建 設 された 最 初 の 工 場 長 にはアルザマス16で 原 子 爆 弾 組 立 工 場 ( 第 3 工 場 ) 長 とし て 実 績 のあったК.А.ヴォローディンが 就 任 した 工 場 は 今 日 に 至 るまでミサイル 弾 頭 製 造 の 中 心 地 であり 続 けている < 都 市 の 沿 革 > г. Трехгорный, Челябинской области チェリャビンスク40の 支 部 として 計 画 され 工 場 と 都 市 の 建 設 のためチェリャビンスク 40からは 収 容 所 と 軍 事 建 設 部 隊 が 大 規 模 に 移 された 1952 年 のうちに 工 場 と 仮 設 住 宅 街 が 形 成 された 1954 年 から 同 市 の 収 容 所 は 順 次 廃 止 されたが その 後 も 工 場 道 路 建 築 な ど 都 市 の 主 な 施 設 は 囚 人 によって 建 設 された 多 くの 囚 人 は 解 放 後 も 工 場 や 軍 事 建 設 部 隊 に 雇 用 され 閉 鎖 都 市 の 市 民 となった 10 生 産 合 同 スタート (ペンザ 州 ザレチヌィ 市 旧 ペンザ19) < 企 業 の 概 要 > ФГУП ПО СТАРТ ペンザ19には1954 年 に 建 設 を 開 始 した 軍 用 電 子 機 器 の 大 型 コンビナート 生 産 合 同 ス タート がある この 工 場 はアルザマス16 スヴェルドロフスク45 ズラトウスト36の 電 子 機 器 製 造 部 門 から 人 材 と 設 備 を 導 入 して 設 立 された 建 設 現 場 は 精 密 機 械 製 造 で 有 名 な 41 Атомная отрасль России. События. Взгляд в будущее, Михайлов, В.Н.(сост.) и др., М., 1998, с «Дорога к звездам», Красноярский край. Книга 1997 года, Красноярск, 1998, с

11 ペンザ 市 の 市 街 から15km 東 にあるセリクサ 駅 南 部 の 森 林 中 にあった 収 容 所 が 選 ばれた 主 な 製 品 は 核 ミサイルのナビゲーションシステムと 目 されており ペンザ19からミサイル 発 射 場 原 子 力 潜 水 艦 基 地 へ 出 張 したとの 記 録 が 数 多 い エネルギー 産 業 との 関 連 の 深 さ も 指 摘 できる 現 在 でもペンザ19の 製 品 は 旧 ソ 連 諸 国 の 石 油 ガス 企 業 600 社 以 上 で 採 用 されている 年 以 降 生 産 合 同 スタート には 軍 やKGBの 特 殊 注 文 を 遂 行 する 任 務 が 与 えら れた 中 ソ 国 境 紛 争 を 経 た1970 年 代 以 来 ペンザ19の 警 備 機 器 部 門 が 内 務 省 国 境 警 備 隊 の 監 視 装 置 機 器 を 独 占 的 に 受 注 している 44 この 他 にも 次 に 挙 げる 施 設 警 備 を 担 当 してき た;ソ 連 共 産 党 中 央 委 員 会 本 部 クレムリン 武 器 庫 にあるソ 連 邦 ダイヤモンドフォンド 45 中 央 銀 行 をはじめとする 各 種 の 銀 行 全 ての 外 務 省 海 外 施 設 ソ 連 時 代 の 全 国 境 線 46 国 防 省 をはじめとする 中 央 省 庁 原 子 力 発 電 所 47 ロシア 統 一 エネルギーシステム トラン スネフチ ガスプロム ロスアヴィアコスモ 48 その 他 石 油 ガス 施 設 とパイプライン ゴルバチョフの 別 荘 49 重 要 博 物 館 や 展 示 場 など < 都 市 の 沿 革 > г. Заречный Пензенской области もともとペンザ 市 の 一 部 であり ザレチヌィ 地 区 が 秘 密 都 市 ペンザ19 となるまで 数 年 間 を 要 した 建 設 開 始 年 が 収 容 所 の 廃 止 と 重 なっているものの 都 市 の 建 設 は 囚 人 に よって 行 われた 解 放 された 囚 人 は 現 地 の 軍 事 建 設 部 隊 に 雇 用 され ペンザ 州 を 中 心 にソ 連 の 重 要 施 設 建 設 に 参 加 した 1960 年 代 以 降 は 急 テンポで 工 場 が 増 設 され ブレジネフ 政 権 下 でも 各 部 門 の 独 立 諸 部 門 の 肥 大 化 が 進 んだ この 過 程 で 食 品 工 場 商 店 娯 楽 施 設 が 増 設 された 都 市 建 設 を 担 った 部 隊 は 現 在 住 宅 団 地 や 正 教 会 の 建 設 を 行 っている 2.ソ 連 国 内 の 原 子 力 事 故 ソ 連 の 核 ミサイルの 開 発 製 造 拠 点 となった 研 究 所 や 企 業 は 秘 密 都 市 に 存 在 したため 米 ソ 冷 戦 時 代 は 公 に 話 題 になることはなかった しかしながらそれらの 拠 点 はソ 連 の 内 外 政 策 の 要 となる 業 務 を 遂 行 していたのであり 明 確 に 報 道 されないまでも20 世 紀 を 象 徴 す る 数 々の 歴 史 的 事 件 に 関 係 してきた ここでは1957 年 9 月 のチェリャビンスク40 爆 発 事 故 43 Ушаков, И.С., Производственное объединение «СТАРТ» пензенский приборостроительный завод, с.194. Заречный. История закрытого города, кн.2. Заречный, 1998, с НИКИРЭТ 25 лет История и современность, Грушенков, Б.В.(сост.), Пенза, 2002, с НИКИРЭТ 25 лет История и современность, Грушенков, Б.В.(сост.), Пенза, 2002, с.8. Жуков, А.С., Заречный дела и люди, с.368. Заречный. История закрытого города, кн.2, Заречный, 1998, с Жуков, А.С., Заречный дела и люди, с.370. Заречный. История закрытого города, кн. 2, Заречный, 1998, с Ушаков, И.С., Производственное объединение «СТАРТ» пензенский приборостроительный завод, с.97. Заречный. История закрытого города, кн.2, Заречный, 1998, с НИКИРЭТ 25 лет История и современность, Грушенков, Б.В.(сост.), Пенза, 2002, с Оленин, Ю.А., Алаухов, С.Ф., Грушенков, Б.В., Протасов, Ю.К., Омельченко, П.П., Самочкин, Ю.В., с.94, Заречный. История закрытого города, кн.1, Заречный, 1998, с

12 同 年 10 月 4 日 のスプートニク1 号 の 製 造 と 打 ち 上 げ 1960 年 の 米 国 U2 機 撃 墜 事 件 1962 年 のキューバ 危 機 1986 年 のチェルノブィリ 原 発 事 故 とその 処 理 などを 具 体 例 に 冷 戦 下 の 諸 事 件 と 核 閉 鎖 都 市 との 関 係 を 考 えたい チェリャビンスク40 爆 発 事 故 ( ウラルの 核 惨 事 ) 1940 年 代 後 半 のソ 連 政 府 は 原 子 爆 弾 の 完 成 を 最 優 先 し 安 全 対 策 をほとんど 講 じなかっ た 1949 年 8 月 29 日 のソ 連 初 の 核 実 験 までに 稼 動 していた 核 開 発 の2 拠 点 アルザマス16と チェリャビンスク40ではいずれも 実 験 までに 事 故 が 起 こっており このうち1949 年 にアル ザマス16で 発 生 した 事 故 では 死 者 が 出 ている 50 後 者 のチェリャビンスク40では1940 年 代 以 降 も 度 々 重 大 事 故 が 生 じており 同 市 ではこれまでに260 名 以 上 が 被 爆 死 している 51 チェリャビンスク40で 起 きた 最 も 有 名 な 事 故 はЖ.メドベージェフによって 紹 介 された 1957 年 9 月 の 爆 発 事 故 で メドベージェフはその 著 ウラルの 核 惨 事 において 爆 発 の 場 所 が チェリャビンスク40 というコードを 付 けられたチェリャビンスク 州 のキシュティ ムであることを(ソ 連 時 代 に) 指 摘 している 年 9 月 29 日 16 時 20 分 チェリャビンスク 州 キシュティムの 極 秘 施 設 チェリャビンス ク40の Б 施 設 ( 第 25 工 場 )で 廃 液 処 理 中 に 爆 発 事 故 が 起 こった この 爆 発 による 直 接 の 死 者 は 出 なかったものの 160tの 重 量 がある 鉄 筋 コンクリート 製 の 覆 いが20m 以 上 も 吹 き 飛 ばされ 汚 染 された 塵 はチュメニ 州 にも 到 達 した 53 汚 染 された 数 キロ 塊 のコンクリ 片 が 爆 発 の 勢 いで 施 設 周 囲 約 400mにわたって 吹 き 飛 ばされた 54 事 故 翌 日 の9 月 30 日 にЕ.П.スラフスキー 中 型 機 械 製 造 相 を 中 心 とした 委 員 会 がモスクワ から 現 場 に 派 遣 され 住 民 の 避 難 が 開 始 された 10 月 3 日 には 事 故 処 理 のため200 人 規 模 の 部 隊 2 個 が 派 遣 されている 55 チェリャビンスク40 爆 発 事 故 の 処 理 作 業 には 全 体 で1000 名 以 上 の 部 隊 が 動 員 され 56 周 辺 23の 居 住 区 から 人 58が 他 地 域 へ 避 難 した 事 故 翌 年 の1958 年 1 月 にはズラトウスト36から 技 術 者 と 建 設 部 隊 が 派 遣 され 同 部 隊 は 退 去 した 村 落 住 民 のために60 棟 の 住 宅 からなる 居 住 地 を 建 設 した 59 事 故 処 理 に 活 躍 した 関 係 者 はペ ンザ19などにも 確 認 できる 60 一 部 の 住 民 はそのまま 他 の 閉 鎖 都 市 に 移 住 した Атомная отрасль России. События. Взгляд в будущее, Михайлов, В.Н.(сост.) и др., М., 1998, с Атомная отрасль России. События. Взгляд в будущее, Михайлов, В.Н.(сост.) и др., М., 1998, с ジョレス A メドベージェフ ウラルの 核 惨 事 梅 林 宏 道 訳 技 術 と 人 間 1982 年 p Кокшаров, А.И., Огнеборцы-55 лет, Озерск, 2003, с Кокшаров, А.И., Огнеборцы-55 лет, Озерск, 2003, с Новоселов, В.Н., Толстиков, В.С., Тайны «сороковки», Екатеринбург, 1995, с Толстиков, В.С., «Авария на хиткомбинате «Маяк»», с.10. Челябинск. Энциклопедия, Челябинск, 2001, с Кокшаров, А.И., Огнеборцы-55 лет, Озерск, 2003, с УВД г. Озерска. Хроника. Публицистика. Факты, Челябинск, 2000, с Атомная отрасль России. События. Взгляд в будущее, Михайлов, В.Н.(сост.) и др., М., 1998, с 村 1 万 200 人 退 去 217 市 村 27 万 2000 人 のうち 1 万 200 人 退 去 Атом без грифа «секретно». Книга вторая. Полвека с бомбой, М., 1996, с 居 住 地 人 Толстиков, В.С., «Авария на хиткомбинате «Маяк»», с.11. Челябинск. Энциклопедия, Челябинск, 2001, с 車 両 で 全 住 民 2 万 4000 人 のうち 1 万 2000 人 が 避 難 Кокшаров, А.И., Огнеборцы-55 лет, Озерск, 2003, с.81.などが 報 告 されている 59 Новицкий, С., Дороги стратегического назначения, с.46. Трехгорный: История. Публицистика. Литература, Николяй, Л.Г.(сост.), 2.изд., Челябинск, 2002, с Жуков, А.С., Слово о ветеранах, с.281. Заречный. История закрытого города, кн.1. 44

13 チェリャビンスク40では1967 年 4 月 にも 深 刻 な 汚 染 事 故 を 起 こしている 長 きにわたり チェリャビンスク40では 原 子 力 施 設 から 廃 液 をカラチャイ 湖 に 直 接 垂 れ 流 していたが 湖 が 乾 燥 により 干 上 がったため 汚 染 された 塵 が 広 範 囲 に 散 乱 した この 湖 にようやくコンク リートブロックが 導 入 されたのは チェルノブィリ 原 発 事 故 後 であった 62 チェリャビン スク40ではこうした 事 故 が 繰 り 返 されたため 周 辺 には 現 在 も 汚 染 された 立 ち 入 り 禁 止 区 域 が 設 定 されている 63 チェリャビンスク40とその 周 辺 には 警 告 された 汚 染 地 域 である にもかかわらず 現 在 も 住 み 続 ける 人 々や 未 就 学 の 年 齢 で 障 害 者 になる 児 童 が 多 い 64 大 規 模 な 越 境 汚 染 をソ 連 各 地 の 秘 密 都 市 から 動 員 した 部 隊 で 秘 密 裏 に 処 理 する 手 法 は 1957 年 のチェリャビンスク40 爆 発 事 故 以 来 制 度 的 な 性 格 を 帯 びた ソ 連 末 期 に 起 きた チェルノブィリ 原 発 事 故 でこのことを 確 認 できる チェルノブィリ 原 子 力 発 電 所 爆 発 事 故 1986 年 4 月 26 日 モスクワ 時 間 1 時 24 分 チェルノブィリ 原 発 4 号 炉 が 操 作 違 反 により 暴 走 し 爆 発 した ロシア 原 子 力 省 によると 爆 発 は マヤーク コンビナート 事 故 の 約 10 分 の1 ( マヤーク =チェリャビンスク40)であったが 直 撃 で2 人 が 死 亡 した 65 事 故 後 の 数 日 間 この 重 大 事 故 は 極 秘 裏 に 処 理 されつつあった 放 射 線 の 急 増 に 気 づい たソ 連 国 内 の 研 究 所 は 当 局 によって 研 究 結 果 の 公 表 を 差 し 止 められ ソ 連 政 府 による 各 国 政 府 からの 情 報 提 供 要 請 の 拒 否 は 幾 日 も 続 いた 66 この 事 故 が 公 になった 原 因 は 汚 染 が 国 境 を 越 えて 広 がりを 見 せたこと ソ 連 政 府 の 黙 殺 にもかかわらず 次 第 に 高 まる 国 際 的 な 世 論 が 大 きな 圧 力 を 発 揮 したことにある 事 故 の 公 表 は 国 際 的 なプロセスとして 進 行 した 国 際 的 な 関 心 の 高 まりの 裏 で この 事 故 でも 秘 密 都 市 の 建 設 企 業 と 部 隊 が 事 故 処 理 に 動 員 されていた 以 下 の 一 覧 はチェルノブィリで 爆 発 事 故 が 起 こった 直 後 事 故 処 理 のため に 核 閉 鎖 都 市 から 専 門 家 や 労 働 者 が 派 遣 された 様 子 の 一 端 を 示 したものである Заречный, 1998, с Слово о приборостроительном: Воспоминания, кн.3. Челябинск, 2001, с Атомная отрасль России. События. Взгляд в будущее, Михайлов, В.Н.(сост.) и др., М., 1998, с Атомная отрасль России. События. Взгляд в будущее, Михайлов, В.Н.(сост.) и др., М., 1998, с Атом без грифа «секретно». Книга вторая. Полвека с бомбой, М., 1996, с Атомная отрасль России. События. Взгляд в будущее, Михайлов, В.Н.(сост.) и др., М., 1998, с Иойрыш, А.И., Ядерный джин, М., 1994, с

14 派 遣 元 都 市 名 事 故 処 理 への 協 力 内 容 トムスク7 数 日 後 に 建 設 会 社 ヒミストロイの 要 員 を 派 遣 67 ペンザ19 医 療 チームの 他 68 鉄 道 部 門 と 69 建 設 会 社 が 事 故 処 理 に 協 力 70 ズラトウスト36 運 転 手 のグループを 派 遣 71 スヴェルドロフスク44 建 設 関 係 者 を 処 理 に 派 遣 72 スヴェルドロフスク45 建 設 関 係 者 を 処 理 に 派 遣 73 チェリャビンスク40 水 道 工 事 会 社 を 原 発 事 故 の 処 理 に 派 遣 74 秘 密 都 市 から 派 遣 した 部 隊 で 原 子 力 事 故 の 処 理 を 行 った 事 例 として チェルノブィリ 原 発 事 故 はソ 連 時 代 最 後 の 例 となった 30 年 近 くソ 連 の 原 子 力 を 牛 耳 ってきたЕ.П.スラフス キー 中 型 機 械 製 造 相 は 同 年 中 に 職 を 解 かれ ソ 連 における 原 子 力 史 は 一 つの 時 代 を 終 えた 旧 秘 密 都 市 で 原 子 力 に 関 連 する 事 故 や 汚 染 はソ 連 崩 壊 後 も 続 いている 1993 年 4 月 6 日 12 時 58 分 (モスクワ8 時 58 分 ) トムスク7で 作 業 規 則 違 反 が 原 因 となり 爆 発 事 故 が 起 こった 爆 発 は 建 物 の 石 炭 ガラブロックの 壁 を 破 壊 したが 75 直 接 の 死 者 は 出 なかった 76 トムス クの 住 民 にこの 事 故 を 知 らせたのはモスクワからのラジオ 放 送 だった 現 在 もトムスクの 住 民 は 汚 染 した 森 林 に 立 ち 入 らないように 注 意 されている 77 チェリャビンスク40 トムスク7 クラスノヤルスク26など 核 閉 鎖 都 市 には 汚 染 の 激 しい 地 域 が 多 い 汚 染 や 死 亡 事 故 の 発 生 は 原 子 炉 やコンビナートだけでなく 研 究 所 でも 発 生 している 78 プーチン 大 統 領 もスネジンスク(チェリャビンスク70) 来 訪 の 際 閉 鎖 67 История Северска, Зиновиев, В.П.(ред.), Томск, 1999, с Клюхов, С.И., Силантьева., Н.К., Куликова, Л.А., Становление санитарно-эпидемической службы города, с.392, Заречный, История закрытого города, кн.2, Заречный, 1998, с Ушаков, И.С., Производственное объединение «СТАРТ» пензенский приборостроительный завод, с.174, Заречный, История закрытого города, кн.2, Заречный, с Савальев, Б.Г., Попов, С.И., Попов, И.В., Помелов, Е.П., Юнушкин, Н.М.,Перовский, Д.И., Новинский, В.С., Кобозев, Ю.Г., Голдобеев, А.П., Перемышлин, К.А., Открытое акционерное общество «пензенское управление строительства, с.280, Заречный. История закрытого города, кн.2, Заречный, 1998, с Слово о приборостроительном: Воспоминания, кн.3, Челябинск, 2001, с Артемов, Е.Т., Бедель, А.Э., Укрощение Урана. Страницы истории уральского электрохимического комбината, Новоуральск, 1999, с Староверова, Е., «Нам доверили дело и мы его сделаем!...», с.160. Лесной: история закрытого города, Екатеринбург, 1997, с Елфимов, Ю.Н., Уралгидромонтаж Страницы истории, Озерск. Челябинск, 1998, с Булатов, В., Томск-7(Россия), с.259. Ядерная энциклопедия, М., 1996, с Буланов, В.И., Чирков, В.А., «Мог ли случиться Чернобыль в Сибири?», Атом без грифа «секретно», кн.2, Полвека с бомбой, М., 1996, с 市 川 富 士 夫 トムスク-7 再 処 理 施 設 爆 発 事 故 調 査 報 告 旧 ソ 連 の 放 射 能 汚 染 の 実 態 p.42 日 本 の 科 学 者 28 号 1993 年 12 月 pp 既 に 述 べたアルザマス 16 の 例 の 他 に 1968 年 4 月 5 日 のチェリャビンスク 70 でも 事 故 が あり 2 名 が 死 亡 している Леваков, Б.Г., Лукин, А.В., Магда, Э.П., Погребов, И.С. Импульсные Ядерные Реакторы РФЯЦ-ВНИИТФ. Снежинск, 2002, с

15 都 市 の 環 境 問 題 について 言 及 している 79 しかし 核 閉 鎖 都 市 の 住 民 が 個 人 的 な 都 合 で 自 由 に 都 市 を 離 れることは 法 的 に 認 められない 冷 戦 期 に 核 閉 鎖 都 市 が 国 際 的 な 話 題 となった 例 米 ソ 米 ロ 間 の 諜 報 活 動 や 外 交 交 渉 では 一 般 に 明 示 されないまでも 兵 器 の 開 発 製 造 配 備 について 具 体 的 なケースが 扱 われている 冷 戦 史 における 幾 つかの 事 件 は 核 閉 鎖 都 市 と 関 係 していた ここに 具 体 例 を 検 討 する スプートニク1 号 の 製 造 と 打 ち 上 げ ソ 連 ロシアの 宇 宙 開 発 は 軍 事 的 な 関 心 から 研 究 されたミサイル 兵 器 に 源 流 を 求 められ る ロシア 革 命 から1938 年 に 至 るまで ミサイルはモスクワとレニングラードで 研 究 が 行 われた 複 数 のミサイルが 第 二 次 世 界 大 戦 勃 発 までに 赤 軍 に 実 戦 配 備 された その 後 第 二 次 世 界 大 戦 が 始 まると ソ 連 政 府 は カチューシャ などの 実 用 的 ミサイル 兵 器 の 量 産 に のみ 産 業 の 重 点 を 置 くようになった しかし 政 治 的 なレベルでは 大 戦 中 から 核 ミサイル の 可 能 性 が 検 討 されていた ソ 連 における 長 距 離 弾 道 ミサイル 開 発 は 核 との 共 同 の 枠 組 みで 戦 後 に 本 格 化 した 1946 年 にはアストラハン 州 に カプスティン ヤール ミサイル 実 験 場 が 建 設 され 翌 年 から ドイツ 人 科 学 者 とドイツ 資 産 を 基 にしたミサイル 実 験 が 開 始 された 1949 年 にソ 連 で 核 実 験 が 成 功 すると 核 の 量 産 弾 頭 化 ミサイルの 長 距 離 化 に 政 策 の 比 重 が 移 された 1951 年 12 月 アルザマス16の 第 3 工 場 から3 基 の 原 子 爆 弾 が 軍 に 出 荷 され ソ 連 の 核 兵 器 産 業 はシリーズ 化 された 原 子 爆 弾 の 大 量 生 産 という 新 たな 段 階 に 達 した 1ヵ 月 後 の 1952 年 1 月 24 日 ソ 連 邦 閣 僚 会 議 はチェリャビンスク 州 ユリューザンに 原 子 爆 弾 工 場 を 建 設 する 決 議 を 出 した 81 工 場 建 設 と 操 業 はアルザマス16で 第 3 工 場 長 を 務 めたК.А.ヴォロー ディンに 任 され 1955 年 8 月 1 日 には 原 子 爆 弾 タチアナ の 初 出 荷 を 果 たした 82 ユリューザンの 原 爆 工 場 は ズラトウスト36 と 呼 ばれるミサイル 弾 頭 製 造 の 企 業 都 市 に 発 展 した 1950 年 代 に 工 場 長 を 務 めたヴォローディンの 時 代 ズラトウスト36では 既 に 戦 略 ミサイル 核 弾 頭 の 出 荷 テストをカプスティン ヤール 実 験 場 で 行 っている Молчанов, В.А., Некоторые вопросы экологической безопасности ЗАТО г. Снежинска, с.328. Министерство Российской Федерации по Атомной Энергии. Снежинский физико-технический институт. Межотраслевая научно-практическая конференция. Снежинск и наука. 29 мая 2 июня 2000 года, Снежинск. Тезисы, Снежинск, 2000, с ロシア 連 邦 体 制 下 においても 閉 鎖 行 政 領 域 に 関 しては 情 報 制 限 と 市 民 権 の 制 限 がある Миронова, Н.И., ЗАТО и современные тенденции устойчивого развития, с.541. Министерство Российской Федерации по Атомной Энергии. Снежинский физико-технический институт. Межотраслевая научно-практическая конференция. Снежинск и наука. 29 мая 2 июня 2000 года. Снежинск. Тезисы, Снежинск, 2000, с Беляев, Ю., О чем говорят архивы, с.22. Родное Трехгорье г. Трехгорный, Челябинской области: Историко-литературный альманах, Трехгорный, 1996, с Трехгорный. История, Публицистика, Литература, Николяй, Л.Г.(сост.), Челябинск, 2003, с.8, Беляев, Ю., «Становление», с.89. Родное Трехгорье г. Трехгорный, Челябинской области. : Историко-литературный альманах, Трехгорный, 1996, с Слово о приборостроительном: Воспоминания, кн.3, Челябинск, 2001, с

16 ズラトウスト36はミサイル 弾 頭 の 有 力 な 製 造 企 業 となると 同 時 に ソ 連 におけるミサイ ル 製 造 の 拠 点 ともなった さらに 世 界 初 の 宇 宙 機 器 スプートニク1 号 の 製 造 にも 関 わっている ズラトウスト36で 技 術 者 だったВ.クズネツォフは 工 場 で スプートニク1 号 を 目 撃 したときのことを 次 のように 語 る それは1957 年 の8 月 のことだった 私 と 一 緒 に 働 いていた 設 計 者 が 観 覧 に 連 れ 出 してく れた 彼 は 私 を 閉 鎖 部 門 の 職 場 に 通 し そこには 理 想 的 な 清 潔 さに 保 たれた300mmほどの 輝 いた 玉 が 横 たわっていた 彼 は それが 未 来 の 人 工 衛 星 だと 言 った 10 月 4 日 に 全 世 界 が 最 初 の 人 工 衛 星 について 知 ることとなった 84 8 月 にズラトウスト36で 加 工 された スプートニク1 号 は 周 知 の 通 り2ヵ 月 後 の1957 年 10 月 4 日 にカザフスタンのバイコヌール 発 射 場 から 打 ち 上 げられた これは5 日 前 の9 月 29 日 にチェリャビンスク40で 重 大 事 故 が 発 生 し ソ 連 の 原 子 力 を 管 轄 する 中 型 機 械 製 造 省 が 混 乱 していた 時 期 に 当 たる Л.シチェドリンは10 月 4 日 にズラトウスト36で 幹 部 例 会 を していたときのことを 書 いている 工 場 長 秘 書 のリータ シェスタコヴァがドアを 開 けて 駆 け 入 り スプートニクが 打 ち 上 げられました! と 叫 ぶと 拍 手 が 沸 き 起 こり 工 場 長 の ヴォローディンは 涙 を 流 したという 85 核 ミサイルの 開 発 に 直 結 する 宇 宙 開 発 は ソ 連 では 秘 密 都 市 での 極 秘 事 業 としてのみ 可 能 であった この 件 についてニューヨークで 取 材 攻 勢 に 遭 遇 した 当 時 のグロムイコ ソ 連 外 相 も 政 府 から 事 前 に 何 も 知 らされていなかったとしている 86 バイコヌール 発 射 場 自 体 が 当 時 は 極 秘 施 設 だった 1950 年 代 後 半 のバイコヌールには セミョルカ 他 配 備 中 や 開 発 中 の 最 新 型 ミサイルが 集 結 していたからである 1960 年 4 月 バイコヌールには 米 国 の 偵 察 機 を 撃 墜 する 任 務 を 帯 びて 高 射 ミサイル 部 隊 が 配 備 された 87 このとき 冷 戦 史 でも 有 名 なU2 撃 墜 事 件 が 起 きた U2 撃 墜 事 件 ソ 連 がミサイルに 重 点 を 置 いた 理 由 の 一 つには 航 空 力 で 米 国 に 太 刀 打 ちできないとい う 事 情 があった 米 国 のロッキード 社 はソ 連 の 対 空 ミサイルが 届 かない 高 度 を 飛 行 する 偵 察 機 U2を 開 発 し 1956 年 7 月 4 日 にはソ 連 領 空 での 同 機 による 初 の 偵 察 飛 行 を 果 たした 米 国 の 目 論 見 通 り 当 時 のソ 連 が 配 備 していた 移 動 式 対 空 ミサイルС-75では 高 度 20kmの 機 体 を 打 ち 落 とすことができなかった 88 米 国 はソ 連 領 空 で 偵 察 飛 行 を 繰 り 返 し アルザ マス16をも 写 真 に 収 めた 89 ソ 連 側 はこれに 対 抗 して 新 型 対 空 ミサイルを 開 発 し この 兵 器 をソ 連 全 土 に 配 備 した 1960 年 5 月 1 日 モスクワ 時 間 午 前 5 時 米 国 の 偵 察 機 U2はパキスタン 北 部 のペシャワール 基 地 からソ 連 領 に 向 けて 飛 び 立 った U2の 偵 察 活 動 については 各 地 の 核 閉 鎖 都 市 に 記 録 が 84 Кузнецов, В., Государственные задания, с.93. Ядерный щит родины. Приборостроительний завод. г. Трехгорный, Челябинск, 2000, с Щедрин, Л., Директор с большой буквы, с.180. Ядерный щит родины. Приборостроительний завод. г. Трехгорный, Челябинск, 2000, с アンドレイ グロムイコ グロムイコ 回 顧 録 ソ 連 外 交 秘 史 読 売 新 聞 社 外 報 部 訳 読 売 新 聞 社 1989 年 p レニングラードから 移 動 した 部 隊 Герчик, К.В., Взгляд сквозь годы. О сослуживцах и однополчанах : Жизнь и судьбы, М., 2001, с Альперович, К.С., Так рождалось новое оружие, М., 1999, с Попов, Ф.Д., Арзамас-16 Семь Лет с Андреем Сахаровым: Воспоминания Контрразведчика, Мурманск, 1998, с

17 残 っているため ある 程 度 の 航 路 を 追 うことが 可 能 である U2は 始 めにクラスノヤルスク 地 方 の 上 空 に 入 り クラスノヤルスク26の 偵 察 を 行 った 状 況 から 判 断 すると 近 辺 にあ るクラスノヤルスク45も 偵 察 したと 考 えることが 出 来 る クラスノヤルスク 方 面 からス ヴェルドロフスクに 抜 けるにはトムスク7の 上 空 を 通 過 することになる この 後 チェリャ ビンスク 州 のズラトウスト36を 偵 察 したことが 知 られており 証 言 によるとズラトウスト 36 偵 察 後 にスヴェルドロフスク 方 面 に 向 かった 90 シベリアからの 通 り 道 にチェリャビン スク40が 存 在 することから この 施 設 も 撮 影 されたと 見 ることが 妥 当 であろう 撃 墜 が チェリャビンスク70の 上 空 であったとの 説 もある 91 こうして 証 言 をつなぎ 合 わせていく と U2の 航 路 は 事 実 上 核 閉 鎖 都 市 を 網 羅 するものであったことが 分 かる U2はソ 連 が 配 備 していた 対 空 ミサイルコンプレックス(С-75 デスナ )から 発 射 され たミサイル(В Д )によって 撃 墜 された ミサイルは 同 機 尾 部 に 命 中 92 U2 機 は 墜 落 を 始 めたが 93 フランシス グレイ パワーズ 操 縦 士 は 墜 落 中 に 脱 出 して 一 命 を 取 り 留 め 後 に 米 国 で 捕 まったKGB 要 員 と 交 換 で 帰 国 した パワーズは 本 来 任 務 終 了 後 ノル ウェーに 到 着 の 予 定 であった 94 キューバ 危 機 1953 年 から1989 年 まで 存 在 した 核 ミサイル 弾 頭 の 製 造 を 行 なう 中 型 機 械 製 造 省 の36 年 間 の 歴 史 の 中 で チェルノブィリ 原 発 事 故 まで 約 30 年 間 にわたって 省 を 率 いたのがЕ.П. スラフスキーだった モスクワでの 省 の 業 務 に 移 る 前 スラフスキーはチェリャビンスク 40で 初 代 コンビナート 長 を 務 めていた スラフスキーはチェリャビンスク40の 支 部 として 核 ミサイル 弾 頭 の 製 造 を 行 うズラトウスト36を 建 設 した 後 にモスクワで 中 型 機 械 製 造 相 に 就 任 すると スラフスキーは 業 務 を 大 幅 に 加 速 させる 命 令 を 発 した スラフスキーのこ の 判 断 が 中 型 機 械 製 造 省 の 業 務 の 地 理 上 の 拡 大 を 進 め 結 果 としてキューバ 危 機 を 引 き 起 こしたと 言 われている 95 キューバ 危 機 で 問 題 となった 核 ミサイル 弾 頭 を 製 造 したのは ズラトウスト36の 機 器 製 造 工 場 だった ズラトウスト36で 製 造 された 製 品 はキューバ に 送 られ これによってキューバ 危 機 が 始 まった 96 ソ 連 は 当 初 キューバへ5 部 隊 40 基 を 派 遣 する 計 画 を 立 案 していた 1962 年 10 月 末 まで にキューバには34 基 のР-12ミサイルが 到 着 した 97 この 時 点 までに 配 備 されたミサイル 部 隊 の 破 壊 力 の 合 計 は ヒロシマ 型 原 爆 の3000 倍 に 達 した 98 米 国 はソ 連 側 の 動 きを 探 るため 偵 察 機 U2をキューバ 領 空 に 放 った 持 ち 帰 った 情 報 を ソ 連 領 空 での 偵 察 結 果 と 照 合 した 結 果 ソ 連 のミサイル 発 射 場 の 特 徴 と 一 致 した 99 米 国 90 Дорогов, Г., Этыды о новостройках, с Трехгорный: История. Публицистика. Литература, Николяй, Л.Г.(сост.), 2 изд., Челябинск, 2002, с Новоселов, В.Н., Толстиков, В.С., Тайны «сороковки», Екатеринбург, 1995, с Альперович, К.С., Так рождалось новое оружие, М., 1999, с Первов, М., Межконтинентальные Баллистические Ракеты СССР и России, М., 1998, с Первов, М., Зенитное ракетное оружие противовоздушной обороны страны, М., 2001, с Слово о приборостроительном: Воспоминания, кн.3, Челябинск, 2001, с Слово о приборостроительном: Воспоминания, кн.3, Челябинск, 2001, с Первов, М., Межконтинентальные Баллистические Ракеты СССР и России, М., 1998, с Первов, М., Межконтинентальные Баллистические Ракеты СССР и России, М., 1998, с

18 側 はこの 結 果 をソ 連 に 突 きつけ われわれは 何 でも 知 っている と 伝 えた 100 ソ 連 側 はこ れに 先 立 つ1962 年 9 月 11 日 13 時 00 分 付 けで 米 国 との 核 戦 争 の 準 備 に 踏 み 切 っており 大 陸 間 弾 道 ミサイルР-7(セミョルカ)の 配 備 されたソ 連 のアルハンゲリスク 州 プレセツク 発 射 場 ( 秘 密 都 市 ミールニー12 レニングラード300などのコードがある)は 核 ミサイル 発 射 の 臨 戦 態 勢 を 命 じられた 1962 年 10 月 27 日 事 態 は 一 層 緊 迫 した ソ 連 は 同 日 に 米 国 の 放 ったキューバ 上 空 のU2 を 対 空 ミサイル(С-75 デスナ В-750ВН(13Д))で 撃 墜 し 乗 員 のルドルフ アンダー ソンはバネス 市 近 郊 で 墜 落 死 した 101 U2 撃 墜 翌 日 の10 月 28 日 からニューヨークでキュー バ 危 機 の 協 議 が 始 まり ソ 連 は 最 終 的 にミサイルの 回 収 を 決 めた プレセツクの 核 ミサイ ル 部 隊 に 敷 かれた 臨 戦 態 勢 が 解 除 されたのは11 月 22 日 9 時 00 分 であった 102 キューバから 核 ミサイルを 回 収 する 任 務 は 核 閉 鎖 都 市 から 派 遣 された 要 員 が 行 った ズ ラトウスト36から 派 遣 されたА.シャムストゥディノフは 回 収 後 のミサイルがアルザマス 16のあるゴーリキー 州 に 運 ばれたとしている キューバを 訪 れた 後 我 々は 欠 陥 商 品 と 共 に 帰 国 してゴーリキー 州 ジェルジンスク 市 に 行 った 103 キューバ 危 機 の 経 験 者 は 核 ミサイルの 電 気 系 統 を 製 造 するペンザ19などでも 確 認 できる 104 キューバ 危 機 の 主 役 と なった 核 ミサイルは 核 閉 鎖 都 市 で 設 計 され 組 み 立 てられ 回 収 されたのである 4.ソ 連 邦 からロシア 連 邦 への 引 継 ぎ 核 閉 鎖 都 市 に 蓄 積 された 冷 戦 産 業 は 時 間 とともにソ 連 の 体 制 と 政 策 の 根 幹 となって いった ここからはソ 連 の 冷 戦 産 業 がどのように 現 代 ロシアの 体 制 に 移 行 したのかを 考 え る ソ 連 の 軍 事 工 業 経 済 から 市 場 経 済 への 移 行 ソ 連 崩 壊 に 伴 い 計 画 経 済 による 冷 戦 産 業 への 国 家 注 文 の 保 証 は 突 然 消 失 した 核 閉 鎖 都 市 の 企 業 は 自 力 で 市 場 を 開 拓 することを 余 儀 なくされた 1990 年 代 の 核 閉 鎖 都 市 では 失 業 者 が 増 大 し 都 市 の 治 安 は 悪 化 した 未 成 年 者 の 不 良 化 麻 薬 の 蔓 延 強 盗 殺 人 事 件 の 増 加 孤 児 の 問 題 が 深 刻 化 した アルザマス16などソ 連 時 代 の 頭 脳 と 労 働 力 の 粋 を 集 めた 旧 秘 密 都 市 でストライキやデモが 起 こり 企 業 と 都 市 は 混 乱 した 1996 年 10 月 30 日 には 技 術 物 理 研 究 所 (チェリャビンスク70)のВ.З.ネチャイ 所 長 が 所 員 への 給 料 未 払 いを 苦 に して 執 務 室 で 自 殺 するという 事 件 まで 起 きた グレアム T アリソン 決 定 の 本 質 キューバ ミサイル 危 機 の 分 析 宮 里 政 玄 訳 中 央 公 論 社 1977 年 pp ニキータ フルシチョフ フルシチョフ 封 印 されていた 証 言 ジェロルド シェクター ヴャチェスラフ ルチコフ 編 福 島 正 光 訳 草 思 社 1991 年 p Первов, М., Зенитное ракетное оружие противовоздушной обороны страны, М., 2001, с Космодром «Плесецк», М., с.22. Полигон особой важности. 40-летию Государственного испытательного полигона Министерства Обороны Российской Федерации, М., 1997, с Шамсутдинов, А., «Задание выполнено, товарищ директор!», с.127. Слово о приборостроительном: Воспоминания, кн.3, Челябинск, 2001, с Кондрашов, Ю.А., Воробьев, А.М., "Испитатели," с.400. Заречный. История закрытого города, кн.2, Заречный, 1998, с この 事 件 は 日 本 でも 報 道 された 朝 日 新 聞 1996 年 11 月 1 日 給 料 未 払 いの 窮 状 に 絶 望 50

19 このような 混 乱 の 中 大 量 破 壊 兵 器 の 拡 散 や 暴 発 を 危 惧 した 米 国 政 府 はロシアの 核 ミサ イル 産 業 への 支 援 に 乗 り 出 した 米 国 企 業 で 核 閉 鎖 都 市 の 企 業 との 関 係 を 深 めたのはGE である 同 社 はソ 連 の 核 ミサイル 産 業 と 伝 統 的 に 関 係 が 深 く 核 開 発 の 初 期 の1946 年 1 月 28 日 にも 対 外 貿 易 人 民 委 員 のミコヤンが 核 開 発 目 的 でGEの 製 品 を 手 配 している 106 アル ザマス16が 経 済 的 苦 境 に 陥 った1990 年 代 GEは 実 験 物 理 研 究 所 の 製 品 の 大 量 購 入 を 申 し 出 るなど アルザマス16と 外 国 企 業 との 付 き 合 いにおいて 代 表 として 動 いている 107 ソ 連 崩 壊 から1990 年 代 前 半 にかけて 核 閉 鎖 都 市 内 部 には 外 資 との 提 携 を 含 め 数 多 くの ベンチャー 企 業 が 設 立 された 現 在 の 核 閉 鎖 都 市 では 当 局 企 業 ともベンチャービジネス の 育 成 に 一 貫 して 力 を 入 れており マネジメントやマーケティングを 学 ぶことの 出 来 る 学 校 が 人 気 を 博 している 108 H.H.ベーカー 米 国 務 長 官 がチェリャビンスク70を 訪 れた 際 も ロシアの 科 学 者 と 西 側 の 投 資 家 とのジョイントベンチャーの 可 能 性 を 指 摘 している 109 チェリャビンスク70で 給 水 機 やベンチを 生 産 する ドーム 社 は 韓 国 の オリンピア 社 と 提 携 している 110 また 同 市 の 技 術 物 理 研 究 所 では 核 爆 発 の 解 析 シミュレーションで 培 った 演 算 能 力 を 生 かして 薬 用 化 学 物 質 やHIV 等 のウィルスの 分 子 構 造 の 解 明 にも 取 り 組 んでいる 111 アルザマス16やクラスノヤルスク26はダイヤモンド 加 工 業 に 参 入 し これは 特 にアルザ マス16にとって 雇 用 確 保 の 有 力 手 段 に 育 ってきている ダイヤモンド 産 業 には 施 設 の 完 全 閉 鎖 が 必 要 であり 閉 鎖 都 市 にある 軍 事 産 業 拠 点 はその 要 件 を 非 常 によく 満 たしている 112 アルザマス16は 加 工 したダイヤモンドをベルギーのパートナー 企 業 に 卸 している 113 雇 用 対 策 として アルザマス16ではスプーン フォーク ナイフ コップ ティーカップなど の 製 造 も 行 っている 114 クラスノヤルスク45やトムスク7では1990 年 代 の 一 時 期 テレビを 造 っていたものの 市 場 競 争 に 勝 てず 生 産 から 撤 退 した 115 ズラトウスト36では 靴 トロ 核 センター 所 長 自 殺 陳 情 報 われず ロシア 9 面 106 Атомный Проект СССР. II , Москва. Саров, 2002, с Ядерный Центр России Саров, Саров. Саранск, 2001, с Анализ социально-экономического развития малых научных городов, Обнинск, , с ザックリー デービス ジョナサン メダリア 米 国 議 会 調 査 局 報 告 書 ロシアからの 核 拡 散 危 険 性 とその 防 止 策 C-NET 1992 年 p.7(crs4-5). 110 Холодов, А.А., Румянцев, Ю.В., Развитие малых инновационных фирм г. Снежинск для обслуживания российского рынка. Доклады международного семинара. Малые инновационные фирмы в атомных городах, с.41, Обнинск, 2002, с Анализ социально-экономического развития малых научных городов, Обнинск, , с Анализ социально-экономического развития малых научных городов, Обнинск, , с Ядерный Центр России Саров, Саров. Саранск, 2001, с.185. Архипкина, О.Н., Белугин, А.В., Дьякова, Е.С., Жиганов, В.И., Смирнов, П.Г., Шаги, предпринимаемые администрацией г. Саров, и градообразующими предприятиями, в поддержку деятельности малых инновационных фирм, с.86. Доклады международного семинара. Малые инновационные фирмы в атомных городах, Обнинск, 2002, с Ядерный Центр России Саров, Саров. Саранск, 2001, с Архипкина, О.Н., Белугин, А.В., Дьякова, Е.С., Жиганов, В.И., Смирнов, П.Г., Шаги, предпринимаемые администрацией г. Саров,и градообразующими предприятиями, в поддержку деятельности малых инновационных фирм, с.88. Доклады международного семинара. Малые инновационные фирмы в атомных городах, Обнинск, 2002, с История Северска, Зиновиев, В.П.(ред.), Томск, 1999, с

20 リーバス バスタブ スポーツ 用 具 の 製 造 116 ダイヤのレーザーカット スキー 場 の 運 営 水 道 管 や 積 層 処 理 加 工 の 袋 製 造 製 薬 業 (HIV 等 のウィルスの 研 究 も)への 多 角 化 を 進 め ている 117 プーチン 政 権 ソ 連 崩 壊 後 の 経 済 的 な 混 乱 の 中 で 連 邦 政 府 は 核 閉 鎖 都 市 の 軍 需 企 業 を 救 済 する 意 図 に 基 づき 税 法 上 の 特 典 を 旧 秘 密 都 市 に 与 えた しかしこの 政 策 は 予 算 を 連 邦 持 ちにした 閉 鎖 都 市 の 企 業 が 大 散 財 に 走 る 結 果 をもたらしている 118 閉 鎖 都 市 を 利 用 したオイルマネー の 不 正 な 流 れは 連 邦 政 府 の 徴 税 を 著 しく 阻 害 した このような 背 景 の 故 に 武 力 官 庁 を 重 視 する 現 プーチン 政 権 も 冷 戦 時 代 の 軍 事 産 業 拠 点 閉 鎖 行 政 領 域 に 対 しては 厳 しい 見 方 をしている 2000 年 8 月 12 日 の 原 子 力 潜 水 艦 クルスク 沈 没 事 故 に 関 連 して 閉 鎖 行 政 領 域 (ЗАТО) 119 について 問 われた 大 統 領 は ソ 連 時 代 の 旧 秘 密 都 市 が 石 油 企 業 や 金 融 業 界 の 不 正 の 温 床 になっていると 非 難 した 私 が 全 てお 答 えしましょう 貴 方 の 質 問 は 閉 鎖 行 政 領 域 を 設 置 することについてで したね 閉 鎖 行 政 領 域 とは 何 であるのか 説 明 したいと 思 います それは 企 業 が 法 人 登 記 している 地 域 であり そこでは 税 法 特 典 が 与 えられます そしてそれらの 企 業 は 連 邦 予 算 には 金 を 払 わず その 地 域 より 少 し 多 い 額 を 払 い 込 みます その 代 わり 彼 らは つまり 地 域 に 少 しだけ 払 う そうでしょう? それで 自 分 のポケットには 数 十 億 入 れ るのです 要 するに 今 何 の 話 をしているのか そのスケールを 分 かりやすく 言 うと 昨 年 5 人 によって 登 記 されたある 閉 鎖 行 政 領 域 の 企 業 が ざっと80 億 を7ヶ 月 で 使 い 込 みました 別 の 閉 鎖 行 政 領 域 では15 人 の 使 い 込 みで7ヶ 月 に150 億 が 消 えました これ らのカネを 連 邦 で 刈 り 取 って 艦 隊 でも 進 水 させたほうが 良 かった こういった 閉 鎖 行 政 領 域 は 大 体 覚 えていませんが 20くらい 議 会 は 法 律 を 通 さなかった ( 発 言 聞 き 取 れず) 我 々はこのことに 同 意 しなければならなかったのです 二 者 は 残 されたまま 我 らの 金 融 機 関 や 石 油 企 業 は 全 てわれ 先 にとそこで 登 記 しました こういうわけで 閉 鎖 行 政 諸 領 域 には 二 者 の 全 てが 居 ついています 連 邦 予 算 にはほんの 少 しも 払 わず ま たもやポケットにせっせと 運 び 込 んでいる 閉 鎖 行 政 領 域 を 設 立 するやいなや 蜂 蜜 に たかるハエやら 何 やら 貴 方 が 見 たこともないものが 人 民 大 衆 にたかるのです そして カネは 一 瞥 も 出 来 ません まあ 多 少 は ご 婦 人 方 済 みません ペタペタ 化 粧 できるか もしれない 国 家 はそこから 失 い 艦 隊 を 喪 失 する 120 プーチン 大 統 領 は 閉 鎖 行 政 領 域 で 認 められた 税 法 特 典 が 金 融 機 関 や 石 油 企 業 二 者 の 全 て によって 悪 用 されているとの 認 識 を 示 し 不 正 な 資 金 の 流 れが 存 在 することを 認 116 Газета «Атомпресс», апрель, 1999 г., с.252. Ядерный щит родины. Приборостроительный завод. г. Трехгорный, Челябинск, 2000, с О.Силин. Инвестиционные проекты города, с.142. Трехгорный:История. Публицистика. Литература, Николяй, Л.Г.(сост.), 2 изд., Челябинск, 2002, с Железнов, М.И., Зацепин, В.Н., О проблемах предприятий, финансируемых из федерального бюджета, Снежинск, 2000, с 年 にアルザマス 16 で 立 案 され 条 文 が 書 かれた 閉 鎖 行 政 領 域 に 関 するロシア 連 邦 法 が 初 出 毎 年 度 の 予 算 や 大 統 領 令 で 変 化 するが 約 43 都 市 ある Закон РФ от N О закрытом административно-территориальном образовании. 120 Трудный разговор. Атомная подлодка «Курск», Хроника гибели. М., с «Коммерсант Власть», 25 августа. 52

21 めた このような 閉 鎖 行 政 領 域 に 対 するエリツィン 政 権 とプーチン 政 権 との 相 違 は 連 邦 予 算 からの 補 助 金 支 出 の 動 向 の 変 化 によって 確 認 することが 出 来 る 1994 年 代 から2004 年 に 至 るまでの 10 年 間 のロシア 連 邦 予 算 と 閉 鎖 行 政 領 域 への 補 助 金 をまとめたのが 次 の 表 である 121 ロシア 連 邦 予 算 の 中 の 旧 秘 密 都 市 ( 閉 鎖 行 政 領 域 ) 会 計 年 度 連 邦 支 出 連 邦 収 入 閉 鎖 行 政 領 域 へ 閉 鎖 行 政 領 域 補 助 金 の (10 億 ルーブル) (10 億 ルーブル) の 補 助 金 (100 万 ルーブル) 連 邦 支 出 に 占 める 割 合 (%) % % % % % 連 邦 支 出 連 邦 収 入 (1000ルーブル) (100 万 ルーブル) (100 万 ルーブル) % % % % % % % % 閉 鎖 行 政 領 域 補 助 金 の 連 邦 支 出 に 占 める 割 合 (%)は 小 数 点 以 下 第 三 位 で 四 捨 五 入 121 Собрание Законодательства Российской Федерации июля 1994 г., Официальное Издание. Ст с Собрание Законодательства Российской Федерации апреля 1995 г., Официальное Издание. Ст с Собрание Законодательства Российской Федерации. 21. декабря 1996 г., Официальное Издание. Ст. 21. с Собрание Законодательства Российской Федерации марта 1997 г., Официальное Издание. Ст с Собрание Законодательства Российской Федерации марта 1998 г., Официальное Издание. Ст с Собрание Законодательства Российской Федерации марта 1999 г., Официальное Издание. Ст с Собрание Законодательства Российской Федерации января 2000 г., Официальное Издание. Ст.10. с Собрание Законодательства Российской Федерации января 2001 г., Официальное Издание. Ст.2. с Собрание Законодательства Российской Федерации декабря 2001 г. (часть 1), Официальное Издание. Ст с Собрание Законодательства Российской Федерации декабря 2002 г. (часть 1), Официальное Издание. Ст с Собрание Законодательства Российской Федерации декабря 2003 г. (часть 1),Официальное Издание. Ст с Собрание Законодательства Российской Федерации декабря 2004 г. (часть 1),Официальное Издание. Ст с Собрание Законодательства Российской Федерации декабря 2005 г. (часть 2), Официальное Издание. Ст с

22 この 表 から 次 のことがわかる ソ 連 崩 壊 から1998 年 の 経 済 危 機 までのエリツィン 政 権 下 において 連 邦 予 算 からの 旧 秘 密 都 市 への 補 助 金 は 一 貫 して 増 額 されてきた 原 因 の 一 つには ソ 連 崩 壊 後 の 軍 事 注 文 の 激 減 によって 冷 戦 時 代 の 産 業 が 連 邦 の 補 助 金 に 頼 らざる を 得 なかったことが 挙 げられる 別 の 側 面 から 分 析 すれば 補 助 金 は 石 油 産 業 と 金 融 機 関 の 不 正 な 納 税 回 避 がどのくらいの 規 模 で 行 われたかを 推 測 する 材 料 になる 即 ち 閉 鎖 行 政 領 域 補 助 金 への 連 邦 支 出 は 石 油 産 業 と 金 融 機 関 による 納 税 回 避 の 穴 埋 め 額 に 当 たる 122 この 差 額 がソ 連 崩 壊 後 のロシア 連 邦 における 徴 税 能 力 の 低 下 となって 表 れたのであり そ の 原 因 は 旧 秘 密 都 市 に 認 められた 税 法 上 の 特 典 を 目 的 に 他 の 地 域 で 活 動 する 企 業 が 法 人 登 記 を 閉 鎖 行 政 領 域 で 行 うようになったことにある 123 徴 税 能 力 の 強 化 を 目 指 すプーチン 政 権 下 において 旧 秘 密 都 市 への 補 助 金 はほぼ 一 貫 し て 減 額 されている 連 邦 法 で 定 められた 閉 鎖 行 政 領 域 ( 旧 秘 密 都 市 ) 約 40 都 市 の 財 務 担 当 者 を 集 めて 徴 税 能 力 の 強 化 に 関 する 財 務 省 主 催 のセミナーが 毎 年 のように 行 われている 税 法 上 の 特 典 が 悪 用 された 例 としては かつてのアルザマス16に 設 定 された サロフ 投 資 ゾーンИЗС が 挙 げられる 1999 年 から2000 年 にかけて サロフ(アルザマス16) 市 内 で 登 録 された 法 人 数 は1649 法 人 から1747 法 人 へと6% 弱 増 えた しかし 税 収 は3360 万 ドル から7295 万 ドルへと2 倍 以 上 に 急 増 している 124 この 根 源 的 な 影 響 は そこに 新 たに 登 記 した 法 人 の 影 響 にある と 実 験 物 理 研 究 所 は 分 析 している 125 プーチン 大 統 領 の 説 明 から すれば 脱 税 のために 石 油 産 業 や 金 融 機 関 がサロフ(アルザマス16)に 紛 れ 込 んで 登 記 し たことが 原 因 であろう アルザマス16での 税 収 の 急 増 がこれらの 企 業 からもたらされるは ずの 連 邦 収 入 に 全 く 見 合 わない 少 額 であることは 想 像 に 難 くない 税 法 上 の 特 典 は 最 終 的 に 連 邦 予 算 に 繰 り 込 まれるため 126 ロシア 連 邦 政 府 の 税 収 が 結 果 的 に 減 ることになる このように 閉 鎖 都 市 への 税 法 特 典 は 対 象 となる 都 市 に 経 済 的 利 益 をもたらさなかった 127 政 府 はこの 問 題 を 周 知 させるため 閉 鎖 都 市 から 行 政 担 当 者 を 集 めて 近 年 何 度 もセミ ナーを 開 いている プーチン 政 権 は 違 反 がまかり 通 っている 閉 鎖 行 政 領 域 の 予 算 を チェックすることを 徴 税 上 の 重 要 な 課 題 と 位 置 づけている プーチン 大 統 領 と 税 務 当 局 の 認 識 では 補 助 金 = 石 油 産 業 と 金 融 機 関 の 不 正 な 税 金 逃 れ 123 Худякова, И.В., Правовое положение Закрытых административно-территориальных образовании, Дис. кан. Казань, 2003, с Ядерный центр России Саров, Саров. Саранск, 2001, с Ядерный центр России Саров, Саров. Саранск, 2001, с Семенова, Т.В. О взаимоотношении федерального бюджета с бюджетами ЗАТО и перспективы на 2002 год, с.16. Проблемы взаимодействия участников бюджетного процесса в закрытых административно-территориальных образований, с Вышебаба, А.М., Завьялова, А.М., Левина, И.Л., Специальный Налоговый Режим ЗАТО г. Северск, с Мизин, В.А., Левина, И.Л., Деятельность Официального Агента Инвестиционной Зоны в ЗАТО (на примере г. Северска), с Технология и Автоматизация Атомной Энергитики, Северск, 1999, с.83-84, Максимова, Н.С., Основные направления развития бюджетной и совершенствования бюджетного процесса в закрытых административно-территориальных образованиях, с.32. Финансово-экономические проблемы функционирования закрытых административно-территориальных образований, М., 2001, с

…“…V…A’l”m−¯‡Æ†c™ƒž−¥‰{“è

…“…V…A’l”m−¯‡Æ†c™ƒž−¥‰{“è Временный брак между русскими офицерами и японскими «женами» в Инаса 1 1. 1. 1. 2. 1. 3. 60 60 2 2. 1. Madame de Chrysantème à la Boulangèà la Capoule 2. 2. анати атакосисуки дазо амакчь аната копому

More information

Microsoft Word - 20120316horiuchi.docx

Microsoft Word - 20120316horiuchi.docx 1 2007 11 2013 2 2012 9 APEC 2009 12 2025 3 2013 2007 2009-2018 4 2009 9 1990 1 1. 1.1 2013 5 2013 2007 11 1996 2002 2007 2 7 8 75 1996 6 APEC 2012 APEC 26 2008 2012 APEC APEC 2 APEC ESPO LNG Sollers APEC

More information

プロットとキャラクターの 類 型 3 5 Борисов С.Б. (сост.) Рукописный девичий рассказ. М.: ОГИ, Вацуро В

プロットとキャラクターの 類 型 3 5 Борисов С.Б. (сост.) Рукописный девичий рассказ. М.: ОГИ, Вацуро В ソ 連 の 学 校 における 少 女 の 物 語 文 化 越 野 剛 10 1998 1 2 90 1995 1 3 2003 4 рукописный девичий рассказ 80 1 Белоусов А.Ф. (сост.) Русский школьный фольклор: От «вызываний» Пиковой Дамы до семейных рассказов. М.,

More information

087-104_−~flö

087-104_−~flö 51 2008 87 103 Он пришел Он сейчас здесь 51 2008 этот 2 я-сейчас-здесь целостность предел 3 51 2008 целостность Сталин понял, что боязнь коммунистической заразы будет сильнее голоса рассудка. И он не ошибся.

More information

Sawada

Sawada A. I. A. S. Y. M. C. A. P. P. S. M. I. L. A. D. E. A. Мамонов А. И. Пушкин в Японии. М.: Наука, Главная редакция восточной литературы, 1984. 326 с. P. P. V. D. G. I. A. S. K. M. Русское национальное общество

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093E0955C8E86814594E08145899C957491E682528D5A824F8254824F8252825182512E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093E0955C8E86814594E08145899C957491E682528D5A824F8254824F8252825182512E646F63> 1904 1905 * M I 1930 35 1300 V I 800 10 15 80 10 15 1905 1917 12 1917 1906 * Historiography 9 V I 3 11 20 35 4 1 2000 16 1910 500 P N 1990 1 1908 1917 1904 1905 2 3 4 5 6 7 1 Россия и Япония на заре ХХ

More information

354 1 1924 1889-1974 1968 200-204 2 1980 3 1926 1930 1931 4

354 1 1924 1889-1974 1968 200-204 2 1980 3 1926 1930 1931 4 1920-1930 0. 1920 1920 14-4 353 376 2012. 354 1 1924 1889-1974 1968 200-204 2 1980 3 1926 1930 1931 4 1920-1930 355 1. 1885-1942 1889-1939 1889-1962 1915 200 A. I. 356 1922 5 1920 S. 6 1920-1930 357 I.

More information

untitled

untitled 1874 1940 1920 1 1 1 18 19 5 200 1903 1907 2 1 5 2 231 1920 1 20 1910 2 2 1910 3 3 1925 4 5 6 4 1917 1929 10 10 1931 1935 1954 7 2 1 55 1905 8 В Э 1960 9 5 1968 4 2 177 180 5 2 233 234 10 1970 1973 11

More information

Japan.indd

Japan.indd УДК 070(520)(075) ББК 65.497(5Япо) Ф44 ОГЛАВЛЕНИЕ Фесюн, А. Ф44 Язык японских СМИ [Текст] / Нац. исслед. ун-т «Высшая школа экономики». М.: Изд. дом Высшей школы экономики, 2013. 216 с. 1000 экз. ISBN

More information

09_後藤_p126-143(720-737).indd

09_後藤_p126-143(720-737).indd В. И. Ленин, Заметки публициста -О восхождении на высокие горы, о вреде уныния, о пользе торговли, об отношении к меньшевикам и т.п.-, Полн. собр. соч. т. стр. фундамент социалистической экономики, начинание

More information

調査レポート

調査レポート WTO 18 16 14 12 1 8 6 4 2 1 7.28% 1.3% 9.35% 17.72% ЦЕНТРАЛЬНАЯ ИЗБИРАТЕЛЬНАЯ КОМИССИЯ РОССИЙСКОЙ ФЕДЕРАЦИИ 8.4%.4% 12.7% 8.7% 69.8% 1 2 2% 15% 1% 5% % -5% -1% -15% Федеральная служба государственной статистики

More information

Поетанопка "rx)()лсi\f Прсдисловис СОДЕРЖАНИЕ 3 7 Глава r И. А. ГОНЧАРОl3 И ЯПОНИЯ ПС!"С'lитыван Фреzam "Паллаг)а" И. А. ГОНfщ!"ова. --Сrавнснис с НllOнеКИl\flf и иностранны~нf ИСТОРИflССКИI\fИ ИСТО'll/Ifка~IIf--

More information

untitled

untitled Discussion Paper Series BNo.33 ロシア 国 立 経 済 文 書 館 資 料 を 利 用 した ソ 連 経 済 研 究 へのアプローチ 杉 浦 史 和 編 December 2005 INSTITUTE OF ECONOMIC RESEARCH HITOTSUBASHI UNIVERSITY IER Discussion Paper Series (B) ロシア 国 立

More information

Александровская колонна 3 Алёнушка 3 Андрей Рублёв 3 Андроников монастырь 4 Аргументы и факты 5 ВАЗ 5 Владимирская икона Божией Матери 5 ГАИ 6 генсек

Александровская колонна 3 Алёнушка 3 Андрей Рублёв 3 Андроников монастырь 4 Аргументы и факты 5 ВАЗ 5 Владимирская икона Божией Матери 5 ГАИ 6 генсек 2005 1 2005 Александровская колонна 3 Алёнушка 3 Андрей Рублёв 3 Андроников монастырь 4 Аргументы и факты 5 ВАЗ 5 Владимирская икона Божией Матери 5 ГАИ 6 генсек 6 ГОЭРЛО 7 ГРУ 7 Грызлов, Борис Вячеславович

More information

Œ]„”’æ’¶Ÿ_Ł¶

Œ]„”’æ’¶Ÿ_Ł¶ Т. Мотидзуки. Играя со словами классики: Достоевский в современной литературе // Т. Мотидзуки (ред.). Русская литература на пороге нового века. Саппоро: Центр славянских исследований, 2001. С. 159-177.

More information

3 月 22 日 ~23 日 22 日 10:30~19: 30 23 日 10:30~18: 00 ショッピングセンター ジョー ルティー ウーゴル ТЦ «Желтый угол» Маршала Говорова ул., 35,корпус 2 第 8 回 視 点 カップ 剣 道 大 会 剣

3 月 22 日 ~23 日 22 日 10:30~19: 30 23 日 10:30~18: 00 ショッピングセンター ジョー ルティー ウーゴル ТЦ «Желтый угол» Маршала Говорова ул., 35,корпус 2 第 8 回 視 点 カップ 剣 道 大 会 剣 第 14 回 日 本 の 春 行 事 予 定 表 在 ク 日 本 国 総 領 事 日 時 会 場 行 事 備 考 東 洋 大 学 北 東 中 等 学 校 東 洋 大 学 Средние общеобразовате 第 10 回 東 洋 学 オリ 2 月 ~3 月 льные школы Северо-Зап ンピック tel:320-9733,336-7674 ада 後 援 12 月 28 日

More information

リテラ では 語 学 文 学 から 自 然 科 学 まで 幅 広 く ロシアの 出 版 情 報 を 毎 月 お 届 けしてまいります ご 注 文 は 同 封 のハガキのほか 電 話 ファクス で 承 ります カタログ 番 号 ポジション 番 号 を お 知 らせ 下 さい ( 例 -12

リテラ では 語 学 文 学 から 自 然 科 学 まで 幅 広 く ロシアの 出 版 情 報 を 毎 月 お 届 けしてまいります ご 注 文 は 同 封 のハガキのほか 電 話 ファクス  で 承 ります カタログ 番 号 ポジション 番 号 を お 知 らせ 下 さい ( 例 -12 Nauka Japan ロシア 出 版 情 報 カタログ Литера リテラ Nov. 2014 Cat.No. 総 記 出 版 メディア 2 ロシア 語 学 習 3 ロシア 語 スラヴ 語 研 究 4 言 語 6 文 学 フォークロア 7 美 術 映 画 演 劇 バレエ 音 楽 14 哲 学 思 想 宗 教 16 ロシア 史 中 東 欧 史 世 界 史 18 考 古 学 民 族 学 地 理 地

More information

ix Ross Wetzsteon, Nabokov as Teacher, in Alfred Appel, Jr. and Charles Newman, eds., Nabokov: Criticis

ix Ross Wetzsteon, Nabokov as Teacher, in Alfred Appel, Jr. and Charles Newman, eds., Nabokov: Criticis No. 55 2008 世 界 は 注 釈 でできている ナボコフ エヴゲーニイ オネーギン 注 釈 と 騙 られた 記 憶 秋 草 俊 一 郎 序 The Mezzanine Z House of Leaves The Sorge Spy Ring La caverna de las ideas Pisen mladi 10 100 700 Бесконечный тупик 1 1 2001 363-91

More information

立 系 新 聞 が 誕 生 し また 郵 便 報 知 新 聞 のように 企 業 経 営 を 重 視 し 政 論 紙 から 大 衆 的 な 報 道 中 心 の 新 聞 へと 転 換 する 大 新 聞 が 現 れた 一 方 朝 日 新 聞 をは じめとする 小 新 聞 の 側 でも 社 説 など 政 治

立 系 新 聞 が 誕 生 し また 郵 便 報 知 新 聞 のように 企 業 経 営 を 重 視 し 政 論 紙 から 大 衆 的 な 報 道 中 心 の 新 聞 へと 転 換 する 大 新 聞 が 現 れた 一 方 朝 日 新 聞 をは じめとする 小 新 聞 の 側 でも 社 説 など 政 治 5. США призвали КНДР воздержаться от провокаций [Електронний ресурс] / Алексей Богдановский // РИА Новости 17 марта 2014. Режим доступу до джерела: http://ria.ru/ world/20140317/999748490.html. 6. Япония

More information

18-19 1920 30 2 18-19 - i - 1920-30 4 2003 1 5 Andrei Malchukov 10 4 - ii - Melnikova Irina 18 Fiala Karel 2003 11 8 2004 6 12 2004 11 13 17 - iii - Andrei Malchukov Russian interference in Tungusic languages

More information

Михайлович Щуров CD PAN Records CD Мелодия LP CDBoheme MusicCD LP CD LP I.I. Изалий Иосифович Земцовский I.V. Игорь Владимирович Мациевский A.M. Анато

Михайлович Щуров CD PAN Records CD Мелодия LP CDBoheme MusicCD LP CD LP I.I. Изалий Иосифович Земцовский I.V. Игорь Владимирович Мациевский A.M. Анато 査 読 付 き 研 究 ノート 森 田 稔 先 生 蒐 集 スラヴ 系 諸 民 族 民 俗 音 楽 聴 覚 資 料 について 要 旨 LP キーワード 英 文 要 旨 A Research note which is a list of LP phonograph records of the Slavic folkloric ethnic music that was collected by Prof.MORITA

More information

あれ то いい хороший いいえ нет いいですね хорошо (согласие) いいます сказать いえ 家 дом いきましょう пойдём いきます 行 きます идти イギリス Англия いくつ сколько (количество) いくらですか сколь

あれ то いい хороший いいえ нет いいですね хорошо (согласие) いいます сказать いえ 家 дом いきましょう пойдём いきます 行 きます идти イギリス Англия いくつ сколько (количество) いくらですか сколь あお 青 синий あか 赤 красный あかるい 明 るい светлый あきはばら Акихабара (район Токио) アクション боевик アクセサリー украшения, бижутерия あげます 上 げます давать, дарить あさ 朝 утро あさくさ 浅 草 Асакуса (район Токио) あさごはん 朝 ごはん завтрак アジア

More information

第 1 部 第 1 課 だい ぶ 第 1 部 第 1 課 ぶん り い 1 文 を 理 解 するストラテジー ご 語 のまとまりをとらえましょう まずは 挑 戦 オンパレード все вместе, один за другим サイズ размер 本 日 ほんじつ форм.: сегодня

第 1 部 第 1 課 だい ぶ 第 1 部 第 1 課 ぶん り い 1 文 を 理 解 するストラテジー ご 語 のまとまりをとらえましょう まずは 挑 戦 オンパレード все вместе, один за другим サイズ размер 本 日 ほんじつ форм.: сегодня ご い 語 彙 リスト ご -ロシア 語 ば ん 版 - Приведенный в данном словаре перевод лексики отображает значение слов в конкретном контексте, т. е. часто не являющееся наиболее часто встречающимся или распространенным. (この

More information

不定詞文について

不定詞文について SLAVISTIKA XXVIII (2012) まるで 魔 法 使 いのように ホダセヴィチ 詩 篇 バッカス とプーシキン 三 好 俊 介 はじめに 本 稿 の 目 的 は,ヴラジスラフ ホダセヴィチの 詩 篇 バッカス Вакх ( 1921)を 読 みな がら, 盛 期 ホダセヴィチ 詩 学 の 特 徴 について 考 察 し, 詩 人 への 理 解 を 深 めることにある 上 記 作 品 に

More information

今 回 のおすすめ: L9479 ダヴイドフ: 同 韻 語 辞 典 同 音 異 綴 語 からヘテログラムまで (21 世 紀 辞 典 シリー ズ) Давыдов М. Г. - Словарь однозвучных рифм. (Словари XXI века). М.: АСТ-Пресс

今 回 のおすすめ: L9479 ダヴイドフ: 同 韻 語 辞 典 同 音 異 綴 語 からヘテログラムまで (21 世 紀 辞 典 シリー ズ) Давыдов М. Г. - Словарь однозвучных рифм. (Словари XXI века). М.: АСТ-Пресс いつも 日 ソをご 利 用 頂 き ありがとうございます 夏 らしい 季 節 がやってきましたが 皆 さまいかがお 過 ごしでしょうか? NISSO NEWS No.180(260 タイトル)をお 送 りいたします 今 回 のニュースも 予 約 書 (お 取 り 寄 せ 書 )と 入 荷 済 みで 在 庫 のあるものが 含 まれて います 予 約 書 は M1382 のように 書 籍 番 号 の 前

More information

ロシア語はどんな言葉?

ロシア語はどんな言葉? 上 智 大 学 外 国 語 学 部 ロシア 語 学 科 教 授 上 野 俊 彦 ロシアの 一 人 当 たり 国 民 総 生 産 ( 名 目 GDP) 12,000 10,000 米 ド ル 8,000 6,000 4,000 ロシア ブラジル 中 国 インド 2,000 0 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 Department of

More information

ロシア語教育関係書・論文・活動リスト09

ロシア語教育関係書・論文・活動リスト09 ロシア 語 教 育 関 係 書 論 文 活 動 リスト 2009 年 版 日 本 ロシア 文 学 会 ロシア 語 教 育 委 員 会 2009.12.13 ロシア 語 教 育 委 員 会 では 1 ロシア 語 参 考 書 学 習 書 など( 日 本 人 とロシア 語 ( 日 本 ロシア 文 学 会 編, 2000) 掲 載 分 以 降 ) 2 ロシア 語 教 育 に 関 する 論 文 報 告 ( 原

More information

Ассорти закусок 前 菜 盛 合 せ 1. Ассорти из 5 холодных закусок Заказ от 2 порции по 980 с человека 冷 たい 前 菜 盛 合 せ5 品 (2 人 前 以 上 )1 人 前 980 特 に 希 望 の 品 (2~

Ассорти закусок 前 菜 盛 合 せ 1. Ассорти из 5 холодных закусок Заказ от 2 порции по 980 с человека 冷 たい 前 菜 盛 合 せ5 品 (2 人 前 以 上 )1 人 前 980 特 に 希 望 の 品 (2~ 旅 行 気 分 でロシア 語 を 話 してみませんか? -Здравствуйте! [ズドゥラーストゥヴイチェ] こんにちは! -Извините! [イズヴィニーチェ] すみません! -Что будете? [シュト ブーディチェ] 何 にしますか? -Я буду (борщ, бефстроганов, чай...) [ヤァ ブゥドゥ(ボルシ ビフストローガノフ チャイ )] 私 は(ボルシチ

More information

ターリンといったロシア 史 上 の 偉 大 な 改 革 者 の 伝 統 を 引 き 継 ぐ 指 導 者 であることを 国 民 に 理 解 させたという 見 解 もある (5) 次 に 外 交 政 策 との 関 連 からロシアの 歴 史 政 策 を 分 析 した 研 究 も 2000 年 代 半 ば

ターリンといったロシア 史 上 の 偉 大 な 改 革 者 の 伝 統 を 引 き 継 ぐ 指 導 者 であることを 国 民 に 理 解 させたという 見 解 もある (5) 次 に 外 交 政 策 との 関 連 からロシアの 歴 史 政 策 を 分 析 した 研 究 も 2000 年 代 半 ば No. 62 2015 現 代 ロシアの 歴 史 教 育 と 第 二 次 世 界 大 戦 の 記 憶 立 石 洋 子 はじめに 本 稿 の 課 題 は 1990 年 代 から 現 在 までのロシアにおける 第 二 次 世 界 大 戦 の 記 憶 をめぐる 政 治 を 歴 史 教 育 と 教 科 書 を 題 材 として 分 析 することである 現 代 ロシアにおいて 第 二 次 世 界 大 戦 の 記

More information

Microsoft Word - yellowdicfull2.docx

Microsoft Word - yellowdicfull2.docx あいさつ приветствие アイスクリーム мороженое アイスティー холодный чай あいます 会 います встречаться アイロン утюг あお 青 голубой あかい 赤 い красный あかるい 明 るい светлый あき 秋 осень あきます открываться あきまつり 秋 まつり осенний фестиваль アクセサリー аксессуары

More information

представлено як об єкти аналізу на основі цих понять перекладознавчих. На закінчення, я вважаю, що роль, потенціал і межа перекладу і транслатологіі в

представлено як об єкти аналізу на основі цих понять перекладознавчих. На закінчення, я вважаю, що роль, потенціал і межа перекладу і транслатологіі в 4. Корнилов О.А. Языковые картины мира как производные национальных менталитетов. М.: ЧеРо, 2003. 349 с. 5. Радченко О.А. Язык как миросозидание: Лингвофилософская концепция неогумбольтианства. М.: КомКнига,

More information

1 はじめに 1 ZERO DRIVE RAZER 作 成 の 経 緯 ZERO DRIVE チャートシステムを 一 般 公 開 (2014 年 4 月 )して 以 来 たくさんのお 客 様 から 高 い 評 価 を 頂 きました 有 難 うございます! 私 は 120 年 以 上 の 歴 史 を

1 はじめに 1 ZERO DRIVE RAZER 作 成 の 経 緯 ZERO DRIVE チャートシステムを 一 般 公 開 (2014 年 4 月 )して 以 来 たくさんのお 客 様 から 高 い 評 価 を 頂 きました 有 難 うございます! 私 は 120 年 以 上 の 歴 史 を 目 次 1 はじめに 2 MetaTrader4 のインストールと 取 引 方 法 について 3 ZERO DRIVE RAZER のインストールと 設 定 4 ZERO DRIVE RAZER のシステム 構 成 と 説 明 5 ZERO DRIVE RAZER の 使 用 方 法 6 お 知 らせ 機 能 について サポートメールアドレス info@zero-drive.net 購 入 者 専

More information

iii iv á pmf tns ó ú íé v kx ɨ ʃ ʦ vb z d g ʒ g l vi sʼzʼtʼdʼ ʼ ʼ ʼ ʼ ʼ ʼ lʼ r rʼ ʼ kʼgʼxʼ ʼgʼ ʼ ʧʼ vii ʃʼʃʼ Скорогово рки. viii Section 17 [d] [z] TRACK2-9 TRACK2-10 [z] [s] [d] [d] [n] [z] [z] [z] [z]

More information

目 次 Содержание Contents ご 挨 拶 ちょっと 見 てごらんなさいよ 若 いわねえ まったく!!! ほら 見 てごらんなさい アグレッシヴねえ ほんとに!!! 不 屈 の 芸 術 若 さと 挑 発 Body-corpse 境 界 外 の 芸 術 のための 急 進 的 な 若 者 文 化 なめらかな 皮 膚 の 裂 けるとき ヤング アグレッシヴ におけるイメージと 暴 力 性

More information

2. 先 行 研 究 2.1.ロシアでの 先 行 研 究 2.1.1.クン(2006) ハ と ガ は 動 作 主 属 性 の 持 ち 主 を 表 す 格 助 詞 と 説 明 している ハ を 使 う 場 合 は 述 語 の 意 味 を 強 調 し 否 定 文 であれば ハ を 使 う 一 方 ガ

2. 先 行 研 究 2.1.ロシアでの 先 行 研 究 2.1.1.クン(2006) ハ と ガ は 動 作 主 属 性 の 持 ち 主 を 表 す 格 助 詞 と 説 明 している ハ を 使 う 場 合 は 述 語 の 意 味 を 強 調 し 否 定 文 であれば ハ を 使 う 一 方 ガ 新 潟 大 学 国 際 センター 紀 要 第 7 号 86-103,2011 年 JournaloftheInternationalExchangeSupportCenter 2011,Vol.7:86-103,N igatauniversity ハ と ガ の 使 い 分 けの 問 題 について ロシア 語 母 語 話 者 の 場 合 UsageofJapaneseParticles wa and

More information

日 本 図 書 館 文 化 史 研 究 会 はこだて 外 国 人 居 留 地 研 究 会 2009 年 3 月 20 日 イワン マホフ ろしやのいろは をめぐって 兎 内 勇 津 流 幕 末 の 1861 年 に 函 館 で 製 作 された ロシア 語 学 習 用 小 冊 子 ろしやのいろは は

日 本 図 書 館 文 化 史 研 究 会 はこだて 外 国 人 居 留 地 研 究 会 2009 年 3 月 20 日 イワン マホフ ろしやのいろは をめぐって 兎 内 勇 津 流 幕 末 の 1861 年 に 函 館 で 製 作 された ロシア 語 学 習 用 小 冊 子 ろしやのいろは は Titleイワン マホフ ろしやのいろは をめぐって Author(s) 兎 内, 勇 津 流 Citation はこだて 外 国 人 居 留 地 研 究 会 会 報, 6: 10-14 Issue Date 2009-07-01 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/40196 Right Type article (author version) Additional

More information

Microsoft Word - 01 収集資料 表紙鑑.doc

Microsoft Word - 01 収集資料 表紙鑑.doc 6.Regional Statistics(2007): 計 画 対 象 地 域 4 件 の 抜 粋 ( 英 語 SADSMEE 2008 年 ) Statistics on number of entrepreneurs (crafts, traders, small stores, micro business) and registered companies in 4 regions (September

More information

津山高専紀要第56号

津山高専紀要第56号 モンゴル 語 日 本 語 変 換 に 関 する 基 礎 的 検 討 * 大 平 栄 二 ** 上 谷 恵 里 奈 Nurul Sakinah Binti Kamaruddin *** A basic study on Mongolian-Japanese translation Eiji OHIRA, Erina JOTANI and Nurul Sakinah Binti Kamaruddin From

More information

Microsoft Word - 1306Goi

Microsoft Word - 1306Goi あいさつ aisatsu Приветствие おはようございます Ohayoogozaimas. Доброе утро. こんにちは Kon nichiwa. Добрый день. こんばんは Konbanwa. Добрый вечер. さようなら Sayoonara. До свидания. おやすみなさい Oyasuminasai. Спокойной ночи. どうもありがとうございます

More information

CW3_A1204D07.indd

CW3_A1204D07.indd tuuli tuuli 111 tuuli tuuli tuuli =irad-monggol-un tobci teuke 112 Д.Жагдарбарам М.Ганболод 113 Н.Намсрай 114 115 tuuli tuuli tuuli tuuli tuuli tuuli tuuli tuuli tuuli tuuli 116 tuuli tuuli tuuli tuuli

More information

創 価 教 育 ( 第 9 号 ) 目 次 特 別 講 演 第 41 回 創 価 大 学 第 29 回 創 価 女 子 短 期 大 学 卒 業 式 祝 辞 創 価 大 学 卒 業 生 が 継 承 すべき 遺 産 と 厳 粛 な 責 務 と 明 白 なる 使 命 ヒラリオ G ダビデ ( 1) 第 4

創 価 教 育 ( 第 9 号 ) 目 次 特 別 講 演 第 41 回 創 価 大 学 第 29 回 創 価 女 子 短 期 大 学 卒 業 式 祝 辞 創 価 大 学 卒 業 生 が 継 承 すべき 遺 産 と 厳 粛 な 責 務 と 明 白 なる 使 命 ヒラリオ G ダビデ ( 1) 第 4 ISSN 1882-7179 創 価 教 育 第 9 号 2 0 1 6 年 3 月 創 価 教 育 ( 第 9 号 ) 目 次 特 別 講 演 第 41 回 創 価 大 学 第 29 回 創 価 女 子 短 期 大 学 卒 業 式 祝 辞 創 価 大 学 卒 業 生 が 継 承 すべき 遺 産 と 厳 粛 な 責 務 と 明 白 なる 使 命 ヒラリオ G ダビデ ( 1) 第 45 回 創 価

More information

ロシア語ロシア文学研究第45号

ロシア語ロシア文学研究第45号 日 本 ロシア 文 学 会 会 誌 規 定 1. 本 誌 は ロシア 語 ロシア 文 学 研 究 と 称 する 2. 日 本 ロシア 文 学 会 会 員 ( 以 下 会 員 とする) はすべて 本 誌 に 投 稿 することができ る 3. 本 誌 の 発 行 は 毎 年 度 一 回 以 上 とする 4. 本 誌 の 編 集 は 編 集 委 員 会 がおこなう (イ) 編 集 委 員 会 は 委 員

More information

Microsoft Word - 05…“…V…A‡Ì‚Î…A…W…A’�“ô†i‹Éfi¡‘¯‹ê†j.doc

Microsoft Word - 05…“…V…A‡Ì‚Î…A…W…A’�“ô†i‹Éfi¡‘¯‹ê†j.doc 第 五 章 ロシアの 対 アジア 政 策 : 中 国 北 朝 鮮 インド 日 本 伊 藤 庄 一 はじめに 2000 年 7 月 V. プーチン 大 統 領 は 国 家 元 首 就 任 後 最 初 の 連 邦 議 会 への 大 統 領 年 次 教 書 の 中 で ロシアの 対 外 政 策 の 基 礎 がプラグマティズムと 経 済 的 効 率 性 に 置 かれることを 訴 えた (1 ) 同 月 公

More information

平 成 22 年 度 厚 生 労 働 科 学 研 究 費 補 助 金 ( 厚 生 労 働 科 学 特 別 研 究 事 業 ) 国 際 医 療 交 流 ( 外 国 人 患 者 の 受 入 れ)への 対 応 に 関 する 研 究 分 担 研 究 外 国 人 患 者 受 入 れに 必 要 な 医 療 機

平 成 22 年 度 厚 生 労 働 科 学 研 究 費 補 助 金 ( 厚 生 労 働 科 学 特 別 研 究 事 業 ) 国 際 医 療 交 流 ( 外 国 人 患 者 の 受 入 れ)への 対 応 に 関 する 研 究 分 担 研 究 外 国 人 患 者 受 入 れに 必 要 な 医 療 機 外国人患者受入れのための病院用マニュアル案 平成 22 年度厚生労働科学研究費補助金 厚生労働科学特別研究事業 国際医療交流 外国人患者の受入れ への対応に関する研究 分担研究 外国人患者受入れに必要な医療機関の条件に関する研究 外国人患者受入れのための 病院用マニュアル案 平 成 22 年 度 厚 生 労 働 科 学 研 究 費 補 助 金 ( 厚 生 労 働 科 学 特 別 研 究 事 業 )

More information

untitled

untitled トロイツカヤ Н. A.( 訳 : 有 泉 和 子 ) ロシア 極 東 アルヒーフ 文 書 に 見 られる 日 本 および 日 本 人 ロシア 極 東 は ロシア 国 家 機 構 の 辺 境 で 国 境 沿 いに 位 置 していることから 国 際 的 な 地 域 相 互 関 係 の 舞 台 となる 19 世 紀 半 ばには 太 平 洋 沿 岸 においてヨーロッパとアジアの 国 々 とりわけロシア 中

More information

秋 草 俊 一 郎 こに 瑕 瑾 があるにしても 4 ただただ 圧 倒 されてしまってもおかしくない もちろんナボコフの ベビーベッド 発 言 を 真 に 受 けるならば, 私 たちが 読 者 として 成 熟 しひとり 立 ちできるようになったあかつきには,この 注 釈 書 は 登 りきった 梯 子

秋 草 俊 一 郎 こに 瑕 瑾 があるにしても 4 ただただ 圧 倒 されてしまってもおかしくない もちろんナボコフの ベビーベッド 発 言 を 真 に 受 けるならば, 私 たちが 読 者 として 成 熟 しひとり 立 ちできるようになったあかつきには,この 注 釈 書 は 登 りきった 梯 子 SLAVISTIKA XXIII (2007) ナボコフが 付 けなかった 注 釈 ナボコフ 訳 注 エヴゲーニイ オネーギン を 貫 く 政 治 的 姿 勢 について 秋 草 俊 一 郎 1 オネーギン 翻 訳 と 注 釈,この 仕 事 によってナボコフは 自 身 の 名 をただの 作 家 として ではなく, 優 れた 文 学 研 究 者 としても 文 学 史 に 刻 み 込 むことに 成 功 した

More information

ロシア語ロシア文学研究第44号

ロシア語ロシア文学研究第44号 日 本 ロシア 文 学 会 会 誌 規 定 1. 本 誌 は ロシア 語 ロシア 文 学 研 究 と 称 する 2. 日 本 ロシア 文 学 会 会 員 ( 以 下 会 員 とする) はすべて 本 誌 に 投 稿 することができ る 3. 本 誌 の 発 行 は 毎 年 度 一 回 以 上 とする 4. 本 誌 の 編 集 は 編 集 委 員 会 がおこなう (イ) 編 集 委 員 会 は 委 員

More information

Yahoo! Yahoo! 2013 1 Yahoo! Yahoo! Yahoo! 2013 1 2013 1 Yahoo! 2

Yahoo! Yahoo! 2013 1 Yahoo! Yahoo! Yahoo! 2013 1 2013 1 Yahoo! 2 Yahoo! 1 Yahoo! Yahoo! 2013 1 Yahoo! Yahoo! Yahoo! 2013 1 2013 1 Yahoo! 2 1... 4 1.... 4 2.... 4 2... 5 3 PC... 6 1.... 6 2.... 7 3.... 7 4.... 7 5.... 8 4... 9 1.... 9 2.... 10 3.... 10 4.... 10 5....

More information

丸 山 葉 ONE PIECE における< 泣 き>... 25 三 浦 琴 未 宮 崎 駿 監 督 作 品 における 固 体 と 流 動 体... 26 三 留 茜 有 川 浩 論 その 文 体 をめぐって... 27 峯 田 翔 子 山 口 百 恵 論... 28 湯 田 美 怜 現 代 の 食

丸 山 葉 ONE PIECE における< 泣 き>... 25 三 浦 琴 未 宮 崎 駿 監 督 作 品 における 固 体 と 流 動 体... 26 三 留 茜 有 川 浩 論 その 文 体 をめぐって... 27 峯 田 翔 子 山 口 百 恵 論... 28 湯 田 美 怜 現 代 の 食 新 潟 大 学 人 文 学 部 情 報 文 化 課 程 文 化 コミュニケーション 履 修 コース 2011 年 度 卒 業 論 文 概 要 岩 井 遼 祐 巨 大 ロボットアニメ 史 におけるガンダムシリーズ ~ 富 野 由 悠 季 がもたらした 変 化 と 発 展 ~... 1 尹 成 哲 水 城 せとな 作 品 における 生 と 性... 2 澁 川 亜 樹 ロシア アニメーション 研 究 Р.カチャーノフ

More information

Microsoft Word - ★2010-07_(P075-P086)4.藤原克美.docx

Microsoft Word - ★2010-07_(P075-P086)4.藤原克美.docx 満 洲 国 における 各 国 企 業 の 共 存 関 係 ロシア 企 業 の 生 き 残 り 戦 略 を 中 心 に 研 究 代 表 者 : 藤 原 克 美 ( 大 阪 大 学 言 語 文 化 研 究 科 准 教 授 ) 1. 研 究 の 目 的 満 洲 ( 帝 ) 国 では 日 本 人 の 優 位 が 思 想 の 面 でも 実 生 活 の 面 でも 支 配 的 であったことは 言 う までもないが

More information

2 ガブリエル シャネルの名を冠したシャネル香水 類の試作品の中から シャネルが 5 の番号を振ら 会社が製造するフランス香水の代表作である な れた香水を選び出し それを発売することに決め ぜそのシャネル 5 がロシアと関係しているのだ たということである ろうか この情報の典拠はエルネスト ボー

2 ガブリエル シャネルの名を冠したシャネル香水 類の試作品の中から シャネルが 5 の番号を振ら 会社が製造するフランス香水の代表作である な れた香水を選び出し それを発売することに決め ぜそのシャネル 5 がロシアと関係しているのだ たということである ろうか この情報の典拠はエルネスト ボー 1 宇都宮大学国際学部研究論集 2014 第37号, 1 12 シャネル 5 と帝政ロシアの香水産業 序 2 現代香水の基礎としてのシャネル 5 1 帝政ロシアの香水産業 シャネル 5 が現代香水において大きな存在と 帝政時代のロシアには香水産業が栄えていた なっているのは 人気のためばかりではない こ モスクワには大規模な工場を有する香水会社がい の香水の重要性は 現代香水のカテゴリーの一つ くつも存在し

More information

2 である モンゴル 語 の 格 語 尾 は 名 詞 や 動 詞 ( 動 詞 形 動 詞 語 尾 )に 結 合 するが その 際 に 母 音 調 和 による 格 の 母 音 変 化 や 単 語 末 の 母 音 子 音 の 影 響 による 格 の 先 頭 部 分 の 音 声 変 化 が 生 じるのであ

2 である モンゴル 語 の 格 語 尾 は 名 詞 や 動 詞 ( 動 詞 形 動 詞 語 尾 )に 結 合 するが その 際 に 母 音 調 和 による 格 の 母 音 変 化 や 単 語 末 の 母 音 子 音 の 影 響 による 格 の 先 頭 部 分 の 音 声 変 化 が 生 じるのであ 1 モンゴル 語 学 習 者 に 対 する 効 果 的 な 格 語 尾 の 指 導 法 研 究 表 を 多 用 した 理 解 促 進 の 試 み 内 田 孝 (UCHIDA Takashi) 滋 賀 県 立 大 学 非 常 勤 講 師 要 旨 モンゴル 語 格 語 尾 と 日 本 語 格 助 詞 の 用 法 には 共 通 性 が 見 られるため 日 本 語 話 者 にとってモンゴル 語 が 学 びやすい

More information

まえがき この 小 辞 典 は,2008 年 度 東 京 外 国 語 大 学 アジア アフリカ 言 語 文 化 研 究 所 主 催 のトゥヴァ 語 研 修 に 際 し,その 教 材 の 一 つとして 編 纂 したものである. 従 来 わが 国 において,トゥヴァ 語 に 対 する 関 心 は, 残

まえがき この 小 辞 典 は,2008 年 度 東 京 外 国 語 大 学 アジア アフリカ 言 語 文 化 研 究 所 主 催 のトゥヴァ 語 研 修 に 際 し,その 教 材 の 一 つとして 編 纂 したものである. 従 来 わが 国 において,トゥヴァ 語 に 対 する 関 心 は, 残 平 成 20 年 度 言 語 研 修 トゥヴァ 語 研 修 テキスト 6 ТЫВА-ЯПОН БИЧЕ СЛОВАРЬ トゥヴァ 語 日 本 語 小 辞 典 中 嶋 善 輝 著 東 京 外 国 語 大 学 アジア アフリカ 言 語 文 化 研 究 所 2008 まえがき この 小 辞 典 は,2008 年 度 東 京 外 国 語 大 学 アジア アフリカ 言 語 文 化 研 究 所 主 催 のトゥヴァ

More information

開 催 した 筆 者 もそれらの 展 覧 会 のうち ネパール チベットへの 旅 から 生 まれた 方 角 は 東 展 (2000 年 ) 3 を 見 たが 個 々の 作 品 の 強 度 もさることながら 文 化 接 触 がもたらす 創 造 性 を 提 示 し た 展 覧 会 全 体 が 第 2 次

開 催 した 筆 者 もそれらの 展 覧 会 のうち ネパール チベットへの 旅 から 生 まれた 方 角 は 東 展 (2000 年 ) 3 を 見 たが 個 々の 作 品 の 強 度 もさることながら 文 化 接 触 がもたらす 創 造 性 を 提 示 し た 展 覧 会 全 体 が 第 2 次 大 地 の 作 家 ウラジーミル ナセトキン 1 The Artist of the Earth: Vladimir Nasedkin 鴻 野 わか 菜 KONO Wakana 電 線 のあいだには 星 たちのファルセットだけがある そこではペルミ 市 民 が 深 い 眠 りについている だが 水 は 拍 手 している そして 岸 辺 は ドレミに 合 わせて 降 りる 霜 のようだ ヨシフ ブロツキー

More information

2

2 No.6 39 10 1 1 2 3 1994.2.18 2004.5.11 4 320 100 80 60 80 240 5 GEO CENTEREURO-CITY MAP 1:15000ST PETERSBURG2000 1.2 2003.7.7 EBPOKAPTA, «KPOHШТАГТ 3». 1.2 6 [ ]A.A.Paэдголгин, Ю.А.Скориков, «КРОНШТАДТСКАЯ

More information

1969 1750 1810 1754 1766 69 21 1772 1766 1775 1778 1779 1781 3 1775 1786 1775 1787 1789 1782 16 7 4 7 1787 3 1789 1791 4 1792 1973 1794 1990 1799 2

1969 1750 1810 1754 1766 69 21 1772 1766 1775 1778 1779 1781 3 1775 1786 1775 1787 1789 1782 16 7 4 7 1787 3 1789 1791 4 1792 1973 1794 1990 1799 2 A-2 E-mail: uenot@mc.neweb.ne.jp; URL: http://www.geocities.co.jp/collegelife/9354/index.html 1999 1993 2000 1991 2004 1990 Курильские острова kur 1695 or 6 1697 1701 1702 2 1710 or 1711 13 2 1729 11 1736

More information

01_江口泰生.indd

01_江口泰生.indd ペトロワの レキシコン 研 究 について( 後 ) 江 口 泰 生 レキシコン は 非 常 にサイズが 小 さいが 完 成 している その 原 稿 は51 枚 102ページで 構 成 され ている レキシコン は ロシアのアルファベット 順 に 配 置 され аからяまですべての 文 字 を 含 んでいる 文 字 юとэで 始 まる 語 彙 は 編 集 されておらず 18 世 紀 教 会 語 で 用

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D835683418BC9938C5F328FCD5F95BA93AA90E690B62E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D835683418BC9938C5F328FCD5F95BA93AA90E690B62E646F6378> 第 2 章 ロシアの 影 響 圏 的 発 想 と 北 極 極 東 地 域 兵 頭 慎 治 はじめに 1991 年 にソ 連 邦 が 崩 壊 して 20 年 以 上 が 経 過 したが 21 世 紀 の 今 日 において ロシア 連 邦 の 領 土 が 拡 張 されるとは 誰 が 予 測 できたであろうか ロシアによるクリミア 編 入 は 実 力 行 使 により 現 状 変 更 を 迫 るという 既

More information

13626_023Final_Charity Folder POR_RUS_ CHI_JAP 21x21_Letzter stand.indd

13626_023Final_Charity Folder POR_RUS_ CHI_JAP 21x21_Letzter stand.indd W E G I V E H O P E! Klaus Peter Ochs Presidente da Intercoiffure Mondial e Iniciador da Education for Life Jens Dagné Presidente do Comité da Education for Life, Intercoiffure Mondial Paris & Intercoiffure

More information

Lotte Plaza,office 938, Novinskiy Bld., 8,Moscow, 121099,Russia +7-495-228-5902 info@starts.com.ru www.starts.co.jp/russia www.facebook.com/starts.rus

Lotte Plaza,office 938, Novinskiy Bld., 8,Moscow, 121099,Russia +7-495-228-5902 info@starts.com.ru www.starts.co.jp/russia www.facebook.com/starts.rus Lotte Plaza,office 938, Novinskiy Bld., 8,Moscow, 121099,Russia +7-495-228-5902 info@starts.com.ru www.starts.co.jp/russia www.facebook.com/starts.russia モスクワの 中 心 ビジネスセンター 兼 ショッピングセンターの 複 合 施 設 ロッテ プラザ

More information

三浦_本文25巻

三浦_本文25巻 電 気 通 信 大 学 紀 要 25 巻 1 号 pp.61-71(2013) 研 究 資 料 中 世 ロシア 文 学 図 書 館 (IV) アポクリファ1 三 浦 清 美 The Medieval Russian Library(IV) Apocrypha 1 Kiyoharu MIURA Abstract The author in this bulletin provides the translations

More information

JICインフォメーション第104号 (1995年5月29日第3種郵便物認可) 2000年5月10日発行(2)

JICインフォメーション第104号 (1995年5月29日第3種郵便物認可)                                    2000年5月10日発行(2) JIC インフォメーション 第 181 号 (1995 年 5 月 29 日 第 3 種 郵 便 物 認 可 ) 2014 年 11 月 10 日 発 行 (1) 第 181 号 2014 年 11 月 10 日 年 4 回 1 4 7 11 月 の 10 日 発 行 1 部 500 円 発 行 所 :JIC 国 際 親 善 交 流 センター 発 行 責 任 者 : 伏 田 昌 義 http://www.jic-web.co.jp

More information

世紀型 イノベートジャパン 人材創出のプラットフォーム 21 CONTENTS グローバルプロフェッショナルズ 創造戦略プロジェクト 趣旨 01 ( 資料 ) ヤングレポート概略 / パルミサーノレポート概略 06 第 7 期スクールプログラム 07 のコメンテーション 09 受講生の声 15 マス

世紀型 イノベートジャパン 人材創出のプラットフォーム 21 CONTENTS グローバルプロフェッショナルズ 創造戦略プロジェクト 趣旨 01 ( 資料 ) ヤングレポート概略 / パルミサーノレポート概略 06 第 7 期スクールプログラム 07 のコメンテーション 09 受講生の声 15 マス 世紀型 イノベートジャパン 人材創出のプラットフォーム 21 CONTENTS グローバルプロフェッショナルズ 創造戦略プロジェクト 趣旨 01 ( 資料 ) ヤングレポート概略 / パルミサーノレポート概略 06 第 7 期スクールプログラム 07 のコメンテーション 09 受講生の声 15 マスターオブ GP が振り返る Global Professionals そして今 19 特集 山本校長インタビュー

More information

神岡 理恵子 <1950 年代の若者文化の伝播と現代における再受容の問題 ソ連の スチリャーギ をめぐって > シーンで知られていたくらいであろう 図2 こうしたなか その登場からおよそ半世 紀を経て スチリャーギはトドロフスキイ監督の映画により鮮烈に視覚化された存在 として 彼らを知らない若い世代

神岡 理恵子 <1950 年代の若者文化の伝播と現代における再受容の問題 ソ連の スチリャーギ をめぐって > シーンで知られていたくらいであろう 図2 こうしたなか その登場からおよそ半世 紀を経て スチリャーギはトドロフスキイ監督の映画により鮮烈に視覚化された存在 として 彼らを知らない若い世代 1950年代の若者文化の伝播と現代における再受容の問題 ソ連の スチリャーギ をめぐって 神岡 理恵子 はじめに 2008 年末 ロシアで スチリャーギ «Стиляги»1 という映画が公開され 若者たちを中心に人気を 博し大きな話題を呼んだ ヴァレリイ トドロフス 2 キイ監督 Валерий Тодоровский, 1962- のこの 映画は 1950 年代のモスクワの街並を背景に ス チリャーギ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095F18D908F57875588E48AC08D5A97B92E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095F18D908F57875588E48AC08D5A97B92E646F63> 1 井 澗 裕 ウラジミロフカから 豊 原 へ -ユジノ サハリンスク( 旧 豊 原 )における 初 期 市 街 地 の 形 成 過 程 とその 性 格 - はじめに ユジノ-サハリンスク(Южно-Сахалинск)は 日 本 とロシアにとって 大 きな 歴 史 的 意 味 を もつ 街 である この 街 は 19 世 紀 の 末 に 成 立 した 帝 政 ロシア 時 代 の 開 拓 集 落 ウラジミロフ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20345F9286838D8D918BAB8DC58F498C8892852E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20345F9286838D8D918BAB8DC58F498C8892852E646F63> 中 ロ 国 境 問 題 の 最 終 決 着 に 関 する 覚 え 書 岩 下 明 裕 2004 年 10 月 半 ば 北 京 を 訪 れたプーチン 大 統 領 は 胡 錦 濤 主 席 と 会 談 し ロシアと 中 国 がその 国 境 問 題 を 最 終 的 完 全 に 解 決 したことを 高 らかに 宣 言 し 世 界 を 驚 愕 させた 1991 年 の 東 部 国 境 協 定 締 結 により(

More information

9

9 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 Война и мур Броненосец Потёмкин 48 49 Social Orders & Social Classes in Europe since

More information

「ペテルブルグと音楽-オペラ《スペードの女王》について」

「ペテルブルグと音楽-オペラ《スペードの女王》について」 ペテルブルグと 音 楽 オペラ スペードの 女 王 について 浅 岡 宣 彦 大 阪 市 立 大 学 大 学 院 文 学 研 究 科 表 現 文 化 教 室 * チャイコフスキイはプーシキンの 作 品 を 題 材 にして 三 つのオペラを 作 曲 した エヴゲーニ イ オネーギン マゼッパ スペードの 女 王 である それぞれ 韻 文 小 説 叙 事 詩 散 文 小 説 と 異 なるジャンルからオペラ

More information

マトリョーシカ 目 次 教 科 書 ロシア 語 会 話 編 導 入 部 ロシア 語 のアルファベット Русский алфавит 1 第 1 部 さあ 始 めよう Начнём! 第 1 課 3 第 2 課 7 第 3 課 春 ですね сна! 11 第 4 課 どれがおいしいの т вку с

マトリョーシカ 目 次 教 科 書 ロシア 語 会 話 編 導 入 部 ロシア 語 のアルファベット Русский алфавит 1 第 1 部 さあ 始 めよう Начнём! 第 1 課 3 第 2 課 7 第 3 課 春 ですね сна! 11 第 4 課 どれがおいしいの т вку с マトリョーシカ 目 次 教 科 書 ロシア 語 会 話 編 導 入 部 ロシア 語 のアルファベット Русский алфавит 1 第 1 部 さあ 始 めよう Начнём! 第 1 課 3 第 2 課 7 第 3 課 春 ですね сна! 11 第 4 課 どれがおいしいの т вку сн? 14 第 5 課 友 だちになれますか н с а ми нак мит с? 18 第 2 部

More information

児童の権利条約の国家報告制度の効果と問題点 小澤有希

児童の権利条約の国家報告制度の効果と問題点 小澤有希 児 童 の 権 利 条 約 の 国 家 報 告 制 度 の 効 果 と 問 題 点 教 養 学 部 国 際 関 係 論 コース 03LL192 小 澤 有 希 ( 論 文 指 導 山 本 良 ) 5 要 旨 はじめに 人 権 条 約 の 場 合 条 約 によって 利 益 を 享 受 するのは 通 常 は 締 約 国 自 身 の 国 民 で あって 他 国 の 利 益 には 直 接 結 びついていないことから

More information

研究体制

研究体制 はしがき 本 報 告 書 は 当 研 究 所 が 平 成 20 年 度 以 来 2 年 間 に 亘 って 行 ってきた 研 究 会 事 業 ロシ アの 政 策 決 定 政 治 的 諸 勢 力 の 政 策 決 定 に 及 ぼす 影 響 の 議 論 に 基 づき 昨 年 度 の 中 間 報 告 書 も 踏 まえた 上 で 最 終 的 な 研 究 成 果 として 取 りまとめたものです ロシアはソ 連 崩

More information

USER S MANUAL INTRODUCTION Congratulations on your purchase of the Phanteks Enthoo Series Case and welcome to the User s Guide. Phanteks believes that meaningful designs are created through the fusion

More information

No. 134 2013 13 13 夏 期 国 際 シンポジウムの 開 催 サマースクールに 引 き 続 き 8 月 2 ~ 3 日 に センター 大 会 議 室 で GCOE 国 際 シンポジウム 境 界 研 究 :21 世 紀 のチャレンジと 展 望 が 開 催 されました テーマ 地 域 毎

No. 134 2013 13 13 夏 期 国 際 シンポジウムの 開 催 サマースクールに 引 き 続 き 8 月 2 ~ 3 日 に センター 大 会 議 室 で GCOE 国 際 シンポジウム 境 界 研 究 :21 世 紀 のチャレンジと 展 望 が 開 催 されました テーマ 地 域 毎 スラブ 研 究 センターニュース 季 刊 2013 年 夏 号 S R LAVIC ESEARCH CENTER NEWS No. 134 August 2013 第 4 回 国 際 サマースクールの 開 催 北 大 GCOE 境 界 研 究 の 拠 点 形 成 は 若 手 研 究 者 の 育 成 教 育 と 国 際 化 を 目 的 の 一 つとしてお り 毎 夏 短 期 集 中 の 教 育 プログ

More information

ca_no303

ca_no303 关 于 在 全 国 组 织 实 施 知 识 工 程 的 通 知 倡 导 全 民 读 书 建 设 阅 读 社 会 全 民 读 书 月 关 于 开 展 全 民 阅 读 活 动 的 倡 议 书 爱 读 书 读 好 书 关 于 进 一 步 推 动 全 民 阅 读 活 动 的 通 知 全 民 阅 读 基 地 关 于 开 展 2009 年 全 民 阅 读 活 动 的 通 知 让 我 们 在 阅 读 中 一 起

More information

DFQW5515ZA_VEB531U_OI.indb

DFQW5515ZA_VEB531U_OI.indb Port Replicator / Portreplikator / Le duplicateur de ports / Порт-реплікатор / Model No./Modell-Nr./Numéro de modèle/ Модель / CF-VEB531U Printed in Taiwan ENGLISH DEUTSCH *DFQW5515ZA* OPERATING INSTRUCTIONS

More information

鴻 野 わか 菜 ったが 大 勢 の 詩 人 達 が 代 わる 代 わる 壇 上 に 現 れて 詩 を 朗 読 し ヴィンニクが 本 書 刊 行 の 意 図 を 力 説 した 会 場 の 熱 気 は ロシア 現 代 詩 壇 のチェチェン 戦 争 への 関 心 の 深 さを 証 言 し ていた 会 場

鴻 野 わか 菜 ったが 大 勢 の 詩 人 達 が 代 わる 代 わる 壇 上 に 現 れて 詩 を 朗 読 し ヴィンニクが 本 書 刊 行 の 意 図 を 力 説 した 会 場 の 熱 気 は ロシア 現 代 詩 壇 のチェチェン 戦 争 への 関 心 の 深 さを 証 言 し ていた 会 場 千 葉 大 学 比 較 文 化 研 究 2 [ 研 究 ノート] 新 生 ロシア 映 画 におけるチェチェンの 表 象 鴻 野 わか 菜 戦 争 と 虚 構 コーカサスは ロシア ユーラシアと 中 東 アラブを 分 ける 緩 衝 地 であり 軍 事 的 にも 通 商 のための 陸 路 産 油 地 帯 としても 重 要 な 地 域 である そのため 17 世 紀 末 にシベリア 全 域 を 併 合 したロシア

More information

<90AE94F590AD97DF874090568B8C81698250814582518FF0816A8169313831323237816A>

<90AE94F590AD97DF874090568B8C81698250814582518FF0816A8169313831323237816A> 1 織 傍 線 今 回 案 現 織 織 目 目 章 章 節 秘 節 参 節 参 節 節 款 房 款 房 款 款 款 款 目 房 目 房 目 目 目 目 節 節 節 節 節 節 款 款 款 款 章 章 章 章 附 則 附 則 章 章 節 秘 秘 秘 節 参 節 参 参 参 参 参 節 節 款 房 款 房 房 房 房 ほ 策 策 運 企 画 運 企 画 装 装 削 削 削 房 房 房 ど 房 ど 印 印

More information

Ⅰ キ エ フ 案 内 平 成 27 年 5 月 在 ウクライナ 日 本 国 大 使 館 目 次 Ⅰ. 概 観 1.ウクライナ 概 要... 1 Ⅱ. 一 般 情 報 1. 基 本 情 報... 2 2. 入 国... 3 3. 出 国... 4 4.その 他 注 意 事 項... 5 5. 現 況 気 候... 7 6. 略 史... 8 Ⅲ. 観 光 1. 寺 院 修 道 院... 9 2. 博 物

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CBE977437398D86814689DD95BC82CC93B92E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CBE977437398D86814689DD95BC82CC93B92E646F63> 古 代 文 字 資 料 館 発 行 KOTONOHA 79 号 (2009 年 6 月 ) 貨 幣 の 道 吉 池 孝 一 1. 貨 幣 の 道 シルクロード( 絹 の 道 )という 言 葉 は 狭 義 には タリム 盆 地 周 辺 を 経 由 して ユーラ シアの 東 と 西 を 結 ぶ 交 易 路 を 指 わけであるが この 道 は 東 西 の 貨 幣 の 様 式 が 伝 播 した 道 すなわち

More information

Taro-14-49-浜①.jtd

Taro-14-49-浜①.jtd 津 田 塾 大 学 国 際 関 係 研 究 所 所 報 49 号 1 オリエント/オクシデントを 越 えて -ロシアの オリエンタリズム 研 究 によせて- 浜 由 樹 子 はじめに 1978 年 に 発 表 されたエドワード サイード の 著 書 オリエンタリズム 1 が 学 界 に 与 えた インパクトは 深 甚 かつ 広 範 にわたるもので あった ヨーロッパ(その 後 にはアメリカ) は オリエント

More information

ISSN 1347-3689 - - -- - - - 1 2 - a a a b b 3 b- c c d- Bartók Béla- Manuel de Falla- e e d 4 5 - [ ] 6 - - [] [] [] 7 Olivier Messiaen- 8 Alexander Tcherepnin- --- b- [] - [] [] - c c c c --- --- --

More information

胸 人 文 科 学 研 究 第 138 輯 1929 年 までに12 年 間 教 育 人 民 委 員 としてプロレタリア 文 化 の 育 成 に 努 めたが, エストラーダを 偏 向 的 な 芸 術 とみなし,ジャズも 高 く 評 価 していない ジャ ズ 音 楽 について (1927)で 彼 はこ

胸 人 文 科 学 研 究 第 138 輯 1929 年 までに12 年 間 教 育 人 民 委 員 としてプロレタリア 文 化 の 育 成 に 努 めたが, エストラーダを 偏 向 的 な 芸 術 とみなし,ジャズも 高 く 評 価 していない ジャ ズ 音 楽 について (1927)で 彼 はこ 戦 時 下 ソ 連 のジャズと 大 衆 歌 謡 における 声 胸 戦 時 下 ソ 連 のジャズと 大 衆 歌 謡 における 声 スターリン 体 制 下 のジャズと 大 衆 歌 謡 (4) 鈴 木 正 美 ジャズに 対 する 論 評 ソビエト ジャズはマーチ,ワルツ,シャンソン,タンゴ,ロマ 音 楽,クレ ズマーなどの 様 々な 音 楽 スタイルを 独 自 に,そして 貪 欲 に 消 化 吸 収 した

More information

研究紀要24_表1

研究紀要24_表1 リハチョフ イヴァン フョードロヴィチ一八二六 一九〇七 艦隊司令長官 学者 人間 リハチョフ イヴァン フョードロヴィチの名は 日本では一九世紀 ンキに移り住んだフョードル セミョーノヴィチは父親の管理が悪い み重ねた職務を捨てる一八二二年 この若い夫婦はカザン県のポリャ ラ イワノヴナ パナエヴァの執拗なまでの求めにより 長年上々に積 ワジム クリモフ 後半の極東の国際関係を研究する歴史学者の間

More information

Microsoft Word - 02小林.doc

Microsoft Word - 02小林.doc 日 本 人 の 宗 教 意 識 とドストエフスキー 研 究 小 林 銀 河 はじめに 現 在 ロシアにおけるドストエフスキー 研 究 は 大 変 活 発 であり 学 会 研 究 会 の 度 に 多 くの 研 究 者 による 活 発 な 討 論 を 目 の 当 たりにし 本 場 ロシアの 研 究 の 圧 倒 的 な 層 の 厚 さを 見 せつけられる 思 いをする と 同 時 に 彼 らの 興 味 は

More information

 パラオ基地物語 ID:45749

 パラオ基地物語 ID:45749 注 意 事 項 P D F フ ァ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ト ラ オ 物 語 作 者 名 香 夢 学 生 青 年 軍 少 佐! ラ オ 運 営 娘 常 楽 島 人 々 生 活 助 物 語 学 生 自 分 自 分 司 令

More information

スラブ ユーラシア 研 究 センターへの 改 称 後 最 初 の 国 際 シンポジウムにふさわしく ロシ ア ソ 連 を 中 心 としながらも 東 は 日 本 朝 鮮 ベトナムから 西 はオスマン 帝 国 バルカン ドイツに 至 るユーラシア 諸 地 域 の 歴 史 を 縦 横 に 議 論 する 場

スラブ ユーラシア 研 究 センターへの 改 称 後 最 初 の 国 際 シンポジウムにふさわしく ロシ ア ソ 連 を 中 心 としながらも 東 は 日 本 朝 鮮 ベトナムから 西 はオスマン 帝 国 バルカン ドイツに 至 るユーラシア 諸 地 域 の 歴 史 を 縦 横 に 議 論 する 場 スラブ ユーラシア 研 究 センターニュース 季 刊 2014 年 号 SLAVIC- URASIAN R E ESEARCH 夏 CENTER NEWS No. 138 August 2014 2014 年 度 夏 期 国 際 シンポジウム 危 機 の 30 年 開 催 される センターは 2014 年 7 月 10 ~ 11 日 に 夏 期 国 際 シンポジウム 危 機 の 30 年 : 第 一

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EA9897191E082CC91CE8365838D90ED81698365838D91CE8DF4816A82CC8CBB8FF382C689DB91E82E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EA9897191E082CC91CE8365838D90ED81698365838D91CE8DF4816A82CC8CBB8FF382C689DB91E82E646F6378> 自 衛 隊 の 対 テロ 戦 (テロ 対 策 )の 現 状 と 課 題 ( 概 要 ) 樋 口 譲 次 1 テロリズム(テロ)の 定 義 アメリカ 陸 軍 の 研 究 (1988 年 )によれば これまで テロリズム(テロ)には1 00 以 上 の 定 義 付 けが 行 われており 普 遍 的 に 認 められたテロリズムの 定 義 はない と されている その 前 提 の 上 で 一 般 的 に テロとは

More information

(1)表紙

(1)表紙 博 士 論 文 ( 要 約 ) 擦 文 土 器 の 編 年 的 研 究 榊 田 朋 広 目 次 序 章 擦 文 土 器 研 究 の 今 日 的 意 義 と 本 論 の 目 的 1 第 1 節 擦 文 時 代 の 考 古 学 研 究 における 土 器 研 究 の 位 置 づけ 1 第 2 節 本 論 の 目 的 2 第 3 節 本 論 の 構 成 6 第 1 章 擦 文 土 器 研 究 史 からみた

More information

『サハリン・樺太史研究』の発刊に寄せて

『サハリン・樺太史研究』の発刊に寄せて サハリン 樺 太 史 研 究 の 発 刊 に 寄 せて 宗 谷 海 峡 を 挟 んで 日 本 列 島 の 北 方 間 宮 海 峡 を 挟 んでユーラシア 大 陸 の 東 方 に 横 たわる 南 北 に 細 長 い 島 前 近 代 においては 先 住 民 を 担 い 手 とする 環 日 本 海 交 易 ルートをなし 近 代 に 入 ってからは 日 本 とロシアの 接 触 地 域 をなすがゆえに 日 本

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089CE96F297DE905C90BF8EE891B1939982CC8EE888F882AB32322E332E3330>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089CE96F297DE905C90BF8EE891B1939982CC8EE888F882AB32322E332E3330> 火 薬 類 申 請 手 続 等 の 手 引 ( 平 成 22 年 3 月 30 日 一 部 改 正 ) 鳥 取 県 目 次 第 1 使 用 するに 当 たって 1 第 2 用 語 1 第 3 申 請 書 等 の 提 出 先 等 1 第 4 火 薬 類 譲 渡 又 は 譲 受 許 可 を 受 ける 場 合 2 第 5 火 薬 類 譲 受 消 費 の 許 可 を 受 ける 場 合 4 第 6 煙 火 消

More information

松 田 邦 子 それを 行 う 身 体 のおかれる 文 化 社 会 によって 異 なるものであろう そうした 意 味 におい て,モンゴルにおいて ボフ の 身 体 はどのように 捉 えられ, 受 け 入 れられているのか, また,どのようなイメージが 与 えられ 理 解 されているのか,を 当 該

松 田 邦 子 それを 行 う 身 体 のおかれる 文 化 社 会 によって 異 なるものであろう そうした 意 味 におい て,モンゴルにおいて ボフ の 身 体 はどのように 捉 えられ, 受 け 入 れられているのか, また,どのようなイメージが 与 えられ 理 解 されているのか,を 当 該 椙 山 女 学 園 大 学 研 究 論 集 第 28 号 ( 社 会 科 学 篇 )1997 モンゴル 相 撲 の 基 層 をなす 身 体 イメージの 復 活 松 田 邦 子 A Study on Revival of Body Image in Foundation of Mongolian Style Wrestling Kuniko MATSUDA 1. はじめに デカルト 以 来, 身 体

More information

使 用 さ れ る 過 酸 化 水 素 の 製 造 施 設 も 設 け ら れ た 2 敗 戦 直 後 の 燃 料 廠 第 一 海 軍 燃 料 廠 で は 敗 戦 と 同 時 に 重 要 書 類 の 焼 却 と 液 体 燃 料 薬 品 類 の 廃 棄 処 分 が 行 わ れ 所 員 た ち の 多

使 用 さ れ る 過 酸 化 水 素 の 製 造 施 設 も 設 け ら れ た 2 敗 戦 直 後 の 燃 料 廠 第 一 海 軍 燃 料 廠 で は 敗 戦 と 同 時 に 重 要 書 類 の 焼 却 と 液 体 燃 料 薬 品 類 の 廃 棄 処 分 が 行 わ れ 所 員 た ち の 多 本 郷 台 の 歴 史 軍 用 地 の 返 還 と 再 開 発 神 奈 川 県 立 柏 陽 高 等 学 校 矢 野 慎 一 は じ め に 2011 年 秋 に 栄 区 役 所 地 域 振 興 課 か ら 栄 の 歴 史 ( 2013 年 3 月 刊 )の 原 稿 執 筆 を 依 頼 さ れ た 与 え ら れ た テ ー マ は 旧 第 一 海 軍 燃 料 廠 の 返 還 で あ っ た 以 前

More information

( 目 次 ) 発 刊 の 言 葉 ---------- 1 巻 頭 言 ---------- 2 研 究 論 文 審 査 論 文 :Original 色 彩 表 現 から 見 た 指 輪 物 語 における 戦 い ---------- 3 川 原 有 加 ロシアの 対 外 政 策 構 想 と 特

( 目 次 ) 発 刊 の 言 葉 ---------- 1 巻 頭 言 ---------- 2 研 究 論 文 審 査 論 文 :Original 色 彩 表 現 から 見 た 指 輪 物 語 における 戦 い ---------- 3 川 原 有 加 ロシアの 対 外 政 策 構 想 と 特 ( 目 次 ) 発 刊 の 言 葉 ---------- 1 巻 頭 言 ---------- 2 研 究 論 文 審 査 論 文 :Original 色 彩 表 現 から 見 た 指 輪 物 語 における 戦 い ---------- 3 川 原 有 加 ロシアの 対 外 政 策 構 想 と 特 権 的 利 害 地 域 ---------- 15 -グルジア 紛 争 にみるロシア 安 全 保 障

More information

モンゴルの教育事情について

モンゴルの教育事情について モンゴルの 教 育 事 情 について - 国 際 スタンダードとの 一 致 - The Current Situation of Education in Mongolia: To Match the International Standard 東 北 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 井 場 麻 美 IBA Asami (Graduate School of Education, Tohoku

More information

113 ロシア 人 捕 虜 の 著 書 における 日 本 人 女 性 の 表 象 F クプチンスキーの おいくさん を 中 心 に リンダ ガルワーネ キーワード: 日 露 戦 争, 捕 虜,ロシア 文 学, 日 本 人 の 表 象, 混 血 児 日 露 戦 争 に 際 して 最 初 のロシア 人

113 ロシア 人 捕 虜 の 著 書 における 日 本 人 女 性 の 表 象 F クプチンスキーの おいくさん を 中 心 に リンダ ガルワーネ キーワード: 日 露 戦 争, 捕 虜,ロシア 文 学, 日 本 人 の 表 象, 混 血 児 日 露 戦 争 に 際 して 最 初 のロシア 人 Title ロシア 人 捕 虜 の 著 書 における 日 本 人 女 性 の 表 象 : F ク プチンスキーの おいくさん を 中 心 に Author(s) ガルワーネ, リンダ Citation 待 兼 山 論 叢. 文 学 篇. 46 P.113-P.130 Issue 2012-12-25 Date Text Version publisher URL http://hdl.handle.net/11094/27222

More information

どを 実 施 することで 日 本 に 圧 力 を 加 えてくることが 予 想 される これに 対 し 日 本 は 海 上 保 安 庁 が 主 体 となって 領 海 侵 入 に 対 処 するとともに 海 空 自 衛 隊 による 警 戒 監 視 を 強 化 していくことになるだろう そういう 動 きに

どを 実 施 することで 日 本 に 圧 力 を 加 えてくることが 予 想 される これに 対 し 日 本 は 海 上 保 安 庁 が 主 体 となって 領 海 侵 入 に 対 処 するとともに 海 空 自 衛 隊 による 警 戒 監 視 を 強 化 していくことになるだろう そういう 動 きに 尖 閣 問 題 で 武 力 紛 争 が 起 こったら 石 垣 島 はどうなるか 2015 年 9 月 14 日 FB に 投 稿 石 垣 市 新 川 在 住 笹 尾 哲 夫 最 近 自 衛 隊 は 尖 閣 紛 争 をどう 戦 うか ( 西 村 金 一 岩 切 成 夫 末 次 富 美 雄 共 著 祥 伝 社 新 書 2014 年 刊 )という 本 を 読 みました 西 村 さんは 元 防 衛 省 自

More information

イパーチイ 年 代 記 翻 訳 と 注 釈 (3) キエフ 年 代 記 集 成 (1146 ~ 1149 年 ) イパーチイ 年 代 記 翻 訳 と 注 釈 (3) キエフ 年 代 記 集 成 (1146 ~ 1149 年 ) 中 沢 敦 夫, 吉 田 俊 則, 藤 田 英 実 香 (6654 11

イパーチイ 年 代 記 翻 訳 と 注 釈 (3) キエフ 年 代 記 集 成 (1146 ~ 1149 年 ) イパーチイ 年 代 記 翻 訳 と 注 釈 (3) キエフ 年 代 記 集 成 (1146 ~ 1149 年 ) 中 沢 敦 夫, 吉 田 俊 則, 藤 田 英 実 香 (6654 11 イパーチイ 年 代 記 翻 訳 と 注 釈 (3) キエフ 年 代 記 集 成 (1146 ~ 1149 年 ) 中 沢 敦 夫, 吉 田 俊 則, 藤 田 英 実 香 富 山 大 学 人 文 学 部 紀 要 第 63 号 抜 刷 2015 年 8 月 イパーチイ 年 代 記 翻 訳 と 注 釈 (3) キエフ 年 代 記 集 成 (1146 ~ 1149 年 ) イパーチイ 年 代 記 翻 訳 と

More information

イパーチイ 年 代 記 翻 訳 と 注 釈 (2) キエフ 年 代 記 集 成 (1118 ~ 1146 年 ) イパーチイ 年 代 記 翻 訳 と 注 釈 (2) キエフ 年 代 記 集 成 (1118 ~ 1146 年 ) 中 沢 敦 夫, 藤 田 英 実 香 6626 1118 年 ヤロスラフ

イパーチイ 年 代 記 翻 訳 と 注 釈 (2) キエフ 年 代 記 集 成 (1118 ~ 1146 年 ) イパーチイ 年 代 記 翻 訳 と 注 釈 (2) キエフ 年 代 記 集 成 (1118 ~ 1146 年 ) 中 沢 敦 夫, 藤 田 英 実 香 6626 1118 年 ヤロスラフ イパーチイ 年 代 記 翻 訳 と 注 釈 (2) キエフ 年 代 記 集 成 (1118 ~ 1146 年 ) 中 沢 敦 夫, 藤 田 英 実 香 富 山 大 学 人 文 学 部 紀 要 第 62 号 抜 刷 2015 年 2 月 イパーチイ 年 代 記 翻 訳 と 注 釈 (2) キエフ 年 代 記 集 成 (1118 ~ 1146 年 ) イパーチイ 年 代 記 翻 訳 と 注 釈 (2)

More information