図 表 2-1 所 得 階 層 別 国 ごとの 将 来 人 口 の 推 移 ( 億 人 ) 開 発 途 上 国 中 間 国 先 進 国

Size: px
Start display at page:

Download "20.0 10.0 0.0 20.7 図 表 2-1 所 得 階 層 別 国 ごとの 将 来 人 口 の 推 移 ( 億 人 ) 開 発 途 上 国 中 間 国 先 進 国 100.0 90.0 9.4 9.5 80.0 9.6 70.0 9.5 9.3 60.0 42.8 9.0 41.5 39."

Transcription

1 2. 前 提 条 件 2-1. 人 口 経 済 シナリオ 今 回 のベースライン 予 測 においては 今 後 の 気 候 変 動 の 影 響 を 踏 まえた 世 界 食 料 需 給 予 測 を 行 うことが 目 的 となっている そのため 気 候 変 動 に 関 する 政 府 間 パネル(IPCC 4 )で 提 示 されている 人 口 経 済 成 長 のシナリオと 気 候 変 動 の 影 響 を 一 体 のシナリオとして 扱 うこ とを 想 定 し IPCC の 気 候 変 動 影 響 分 析 の 前 提 として 用 いられている 人 口 経 済 シナリオの うち 有 識 者 などの 意 見 を 参 考 にベースライン 予 測 のシナリオとして B2 シナリオを 用 いる こととした 同 シナリオによれば 人 口 は 2050 年 に 92 億 人 に 達 し 世 界 全 体 の GDP は 2050 年 に 2000 年 比 3.7 倍 一 人 当 たり GDP は 世 界 全 体 で 2000 年 比 2.4 倍 に 達 するとしている 以 下 人 口 経 済 成 長 につき 所 得 階 層 別 国 グループ 5 地 域 別 に 将 来 の 状 況 を 整 理 する (1) 将 来 人 口 の 状 況 <2050 年 には 現 在 の 1.5 倍 の 92 億 人 に 達 する > 世 界 の 総 人 口 は 2000 年 時 点 の 60 億 人 から 2050 年 には 92 億 人 に 増 加 する 所 得 階 層 別 にみると 2000 年 時 点 で 開 発 途 上 国 グループ( 以 下 開 発 途 上 国 と 呼 ぶ) 中 間 国 グループ ( 以 下 中 間 国 )に 属 する 国 の 人 口 の 伸 びが 高 くなっており 世 界 人 口 に 占 めるシェアも 高 まっていく 2000 年 時 点 で 開 発 途 上 国 に 属 する 国 の 人 口 は 2000 年 の 20.8 億 人 から 2030 年 には 33.6 億 人 2050 年 には 40.3 億 人 (2000 年 比 1.94 倍 )と 大 きく 増 加 し 世 界 全 体 に 占 めるシェ アも 2000 年 の 34%から 2050 年 には 44%へと 増 加 する 2000 年 時 点 で 中 間 国 に 属 する 国 の 人 口 は 2000 年 の 30.6 億 人 2030 年 には 39.6 億 人 2050 年 には 42.8 億 人 に 達 し 2000 年 比 1.40 倍 と 高 くなる 世 界 人 口 に 占 めるシェアは 2000 年 には 51%であったが 2050 年 には 46%となる 一 方 2000 年 時 点 で 先 進 国 グループ( 以 下 先 進 国 )に 属 する 国 の 人 口 は 2000 年 の 9.0 億 人 から 2030 年 の 9.6 億 人 をピークに 減 少 し 2050 年 には 9.4 億 人 と 2000 年 比 1.04 倍 と 伸 びは 低 く 人 口 シェアも 2000 年 の 15%から 2050 年 には 10%に 低 下 する 4 Intergovernmental Panel on Climate Change: 気 候 変 動 に 関 する 政 府 間 パネル 5 世 界 銀 行 の "Data-How-we Classify Countries-A Short History"を 参 考 に 決 定 した 参 考 4 を 参 照 9

2 図 表 2-1 所 得 階 層 別 国 ごとの 将 来 人 口 の 推 移 ( 億 人 ) 開 発 途 上 国 中 間 国 先 進 国 図 表 2-2 所 得 階 層 別 国 ごとの 人 口 とシェアの 将 来 推 移 人 口 ( 億 人 ) 先 進 国 中 間 国 開 発 途 上 国 合 計 人 口 シェア 先 進 国 15% 14% 13% 12% 11% 10% 中 間 国 51% 50% 49% 48% 47% 46% 開 発 途 上 国 34% 37% 39% 41% 42% 44% 合 計 100% 100% 100% 100% 100% 100% 図 表 2-3 所 得 階 層 別 国 ごとの 将 来 人 口 の 推 移 (2000 年 =1) (2000 年 比 倍 ) 開 発 途 上 国 中 間 国 先 進 国 世 界 計

3 <アフリカ アジアの 人 口 増 加 > 将 来 人 口 について 地 域 別 にみると 2050 年 にはアジアが 47.2 億 人 と 全 体 の 半 数 超 アフ リカが 19.9 億 人 と 全 体 の 2 割 を 占 め 特 にアフリカの 人 口 は 2000 年 と 比 べると 2.49 倍 と 急 激 に 増 加 する また 中 東 の 人 口 の 伸 びも 2.17 倍 と 高 くなっている 一 方 欧 州 の 人 口 シ ェアは 13%から 8%に 低 下 する 図 表 2-4 地 域 別 の 将 来 人 口 の 推 移 ( 億 人 ) オセアニア 欧 州 中 東 アジア 中 南 米 北 米 アフリカ 図 表 2-5 地 域 別 の 人 口 とシェアの 将 来 推 移 人 口 ( 億 人 ) アフリカ 北 米 中 南 米 アジア 中 東 欧 州 オセアニア 合 計 人 口 シェア アフリカ 13% 15% 17% 19% 20% 21% 北 米 5% 5% 5% 5% 4% 4% 中 南 米 8% 8% 9% 9% 9% 9% アジア 55% 55% 54% 53% 52% 51% 中 東 4% 5% 5% 6% 6% 6% 欧 州 13% 12% 10% 9% 9% 8% オセアニア 0% 0% 0% 0% 0% 0% 合 計 100% 100% 100% 100% 100% 100% 11

4 図 表 2-6 地 域 別 の 将 来 人 口 の 推 移 (2000 年 =1) (2000 年 比 倍 ) アフリカ 北 米 中 南 米 アジア 中 東 欧 州 オセアニア 世 界 計 図 表 2-7 地 域 別 の 将 来 人 口 の 推 移 (2000 年 =1) 人 口 (2000 年 比 ) アフリカ 北 米 中 南 米 アジア 中 東 欧 州 オセアニア 世 界 計

5 (2) 将 来 の 経 済 成 長 <2050 年 には 現 在 の 先 進 国 の GDP シェアは 78%から 42%にまで 低 下 一 方 中 間 国 の GDP シェアは 20%から 47%と 急 増 > 世 界 全 体 の GDP は 2050 年 には 2000 年 比 3.8 倍 に 達 する 所 得 階 層 別 でみると 2000 年 時 点 の 開 発 途 上 国 の 伸 びが 著 しく 2000 年 比 では 16.0 倍 となる また 2000 年 時 点 の 中 間 国 では 2000 年 比 9.1 倍 となる 開 発 途 上 国 や 中 間 国 の GDP が 伸 びていくなかで 世 界 全 体 のシェアも 変 化 する 2000 年 時 点 でみると 先 進 国 の GDP シェアが 78%となっていたが 2050 年 には 42%に 低 下 その 一 方 で 開 発 途 上 国 の GDP シェアは 2000 年 時 点 では 3%に 過 ぎないが 2050 年 には 11%へと 伸 び また 中 間 国 のシェアは 2000 年 時 点 の 20%から 2050 年 には 47%と 先 進 国 のシェアを 上 回 る 図 表 2-8 所 得 階 層 別 国 ごとの GDP の 推 移 ( 兆 USドル) 開 発 途 上 国 中 間 国 先 進 国 図 表 2-9 所 得 階 層 別 国 ごとの GDP とシェアの 将 来 推 移 GDP( 兆 USドル) 先 進 国 中 間 国 開 発 途 上 国 世 界 計 GDPシェア 先 進 国 78% 73% 65% 57% 49% 42% 中 間 国 20% 24% 31% 38% 43% 47% 開 発 途 上 国 3% 3% 4% 6% 8% 11% 世 界 計 100% 100% 100% 100% 100% 100% 13

6 図 表 2-10 所 得 階 層 別 国 ごとの 将 来 GDP の 推 移 (2000 年 =1) (2000 年 比 倍 ) 開 発 途 上 国 中 間 国 先 進 国 世 界 計

7 < 中 間 国 の 一 人 当 たり GDP は 2050 年 には 2000 年 の 6.51 倍 (1 万 ドル/ 人 )を 突 破 > 一 人 当 たり GDP でみても 開 発 途 上 国 と 中 間 国 の 伸 びは 著 しい 2000 年 時 点 の 開 発 途 上 国 に 属 する 国 の 平 均 の 一 人 当 たり GDP は 367 ドル/ 人 であったが 2050 年 には 3,008 ド ル/ 人 と 8.19 倍 となる また 2000 年 時 点 の 中 間 国 に 属 する 国 の 平 均 の 一 人 当 たり GDP は 2000 年 で 1,885 ドル/ 人 であったが 2050 年 には 12,268 ドル/ 人 と 6.51 倍 となる 一 方 先 進 国 については 2000 年 の 25,191 ドル/ 人 から 2050 年 には 49,441 ドル/ 人 となるが 伸 びは 1.96 倍 にとどまる こうした 結 果 先 進 国 と 開 発 途 上 国 などとの 経 済 格 差 は 縮 小 する 図 表 2-11 所 得 階 層 別 国 ごとの 1 人 当 たり GDP の 推 移 60,000 50,000 40,000 (USドル/ 人 ) 開 発 途 上 国 中 間 国 先 進 国 世 界 平 均 30,000 20,000 10,000 0 図 表 2-12 所 得 階 層 別 国 の 1 人 当 たり GDP と 世 界 平 均 に 対 する 比 1 人 当 たりGDP(USドル) 先 進 国 25,191 30,980 35,357 39,391 44,274 49,441 中 間 国 1,885 2,832 4,291 6,370 9,006 12,268 開 発 途 上 国 ,143 1,925 3,008 世 界 平 均 4,831 5,802 6,807 8,087 9,820 11,992 世 界 平 均 に 対 する 比 率 先 進 国 5,214 5,340 5,194 4,871 4,508 4,123 中 間 国 ,023 開 発 途 上 国 世 界 平 均 1,000 1,000 1,000 1,000 1,000 1,000 15

8 図 表 2-13 所 得 階 層 別 国 の 1 人 当 たり GDP の 将 来 推 移 (2000 年 比 =1) (2000 年 比 倍 ) 開 発 途 上 国 中 間 国 先 進 国 世 界 平 均 図 表 2-14 所 得 階 層 別 国 の 1 人 当 たり GDP の 将 来 推 移 (2000 年 比 =1) 1 人 当 たりGDP(2000 年 比 ) 先 進 国 中 間 国 開 発 途 上 国 世 界 平 均

9 <アジアがリードする 世 界 > 2050 年 の 地 域 別 GDP をみるとアジアが 45.7 兆 ドル シェアでは 41%と 北 米 欧 州 を 抜 き 一 番 の 経 済 ブロックとなる また アフリカについては 2000 年 と 比 較 すると GDP が 12.4 倍 と 急 速 に 伸 びており 2000 年 に 2%だったシェアが 7%に 達 する 一 方 北 米 欧 州 は 2000 年 時 点 にそれぞれ 30% 35%だったシェアが 16% 20%へと 下 がる ( 兆 ドル) 図 表 2-15 地 域 別 の GDP の 推 移 オセアニア 欧 州 中 東 アジア 中 南 米 北 米 アフリカ 0.0 図 表 2-16 地 域 別 の GDP とシェアの 将 来 推 移 GDP( 兆 US$) アフリカ 北 米 中 南 米 アジア 中 東 欧 州 オセアニア 世 界 計 GDPシェア アフリカ 2% 2% 3% 3% 5% 7% 北 米 30% 28% 25% 22% 19% 16% 中 南 米 5% 5% 6% 8% 9% 10% アジア 24% 28% 33% 38% 40% 41% 中 東 3% 3% 3% 3% 4% 5% 欧 州 35% 32% 29% 25% 23% 20% オセアニア 2% 1% 1% 1% 1% 1% 世 界 計 100% 100% 100% 100% 100% 100% 17

10 図 表 2-17 地 域 別 の 将 来 GDP の 推 移 (2000 年 =1) (2000 年 比 倍 ) アフリカ 北 米 中 南 米 アジア 中 東 欧 州 オセアニア 世 界 計 図 表 2-18 地 域 別 の 将 来 GDP の 推 移 (2000 年 =1) GDP(2000 年 比 ) アフリカ 北 米 中 南 米 アジア 中 東 欧 州 オセアニア 世 界 計

11 < 縮 小 する 地 域 格 差 > 地 域 別 の 1 人 当 たり GDP では 北 米 が 4.7 万 ドル/ 人 と 依 然 高 水 準 ではあるが 全 世 界 平 均 に 対 する 比 は 2000 年 に 6 倍 近 かった 水 準 から 4 倍 弱 へと 低 下 している 一 方 アフ リカ 中 南 米 およびアジアでは 1 人 当 たり GDP は 2000 年 に 比 較 して 4 倍 以 上 と 高 く 伸 び ており アフリカなどでは 2000 年 には 世 界 平 均 の 16%の 水 準 だったものが 2050 年 には 33%の 水 準 となっている 図 表 2-19 地 域 別 の 1 人 当 たり GDP の 推 移 (USドル/ 人 ) アフリカ 北 米 中 南 米 アジア 50,000 45,000 40,000 35,000 30,000 25,000 20,000 15,000 10,000 5,000 0 中 東 欧 州 オセアニア 全 世 界 図 表 2-20 地 域 別 の 1 人 当 たり GDP と 世 界 平 均 に 対 する 比 の 推 移 1 人 当 たりGDP(US$) アフリカ ,030 1,476 2,416 3,902 北 米 28,140 33,787 36,576 38,872 42,917 47,015 中 南 米 3,172 3,715 4,963 7,215 10,425 14,175 アジア 2,085 2,985 4,243 5,815 7,582 9,680 中 東 2,911 3,080 3,422 4,329 6,161 8,777 欧 州 12,725 15,956 18,717 21,765 25,609 30,144 オセアニア 16,169 16,960 17,014 17,061 17,304 17,549 全 世 界 4,831 5,802 6,807 8,087 9,820 11,992 世 界 平 均 に 対 する 比 率 アフリカ 北 米 中 南 米 アジア 中 東 欧 州 オセアニア 全 世 界

12 図 表 2-21 地 域 別 の 1 人 当 たり GDP の 将 来 推 移 (2000 年 比 =1) (2000 年 比 倍 ) アフリカ 北 米 中 南 米 アジア 中 東 欧 州 オセアニア 全 世 界 図 表 2-22 地 域 別 の 1 人 当 たり GDP の 将 来 推 移 (2000 年 比 =1) 1 人 当 たりGDP(2000 年 比 ) アフリカ 北 米 中 南 米 アジア 中 東 欧 州 オセアニア 全 世 界

13 2-2 気候変動の見通し 本予測がターゲットとする 2050 年においては 地球温暖化が食料需給にも影響を及ぼす と考えられる そこで 本ベースライン予測では地球温暖化の影響を考慮するために 経 済 人口シナリオとの整合性を担保する観点から SRES シナリオに沿って計算された気候 モデルによる出力結果を利用する ただし 経済 人口シナリオとして採用した B2 シナリ オに対する出力結果は公表されていない そこで有識者意見などを踏まえ 2050 年時点で の二酸化炭素増加パターンが最も B2 シナリオに似ている B1 シナリオを利用することし 数ある気候モデルの出力結果の中から我が国の気候モデルの一つである MIROC6の出力結 果をベースラインシナリオとして採用した 気候のベースラインシナリオにおける 2050 年の平均気温や降水量の変化は以下の通りで ある (1) 気温への影響 全世界で気温が平均 2.2 程度上昇 高緯度帯では 4 以上の上昇となる地域も存在 2050 年では 2000 年と比較して全世界の平均気温上昇幅は 2.2 となる 高緯度帯での 温度上昇が高く グリーンランドなどで 4 以上上昇している地点が見られる また ブラ ジルにおいてもアマゾンの周辺で気温が 2 3 程度上昇する 日本をはじめとした温帯の地域での温度上昇は 2 程度である 図表 年から 2050 年までの気温変化 東京大学気候システム研究センター 国立環境研究所 海洋研究開発機構が開発した気候モデル Model for Interdisciplinary Research in Climate である MIROC の陸面における解像度は約 110km である 21

14

15 2-4.バイオ 燃 料 のシナリオ 今 後 の 食 料 需 給 を 考 える 上 で バイオ 燃 料 市 場 の 動 向 は 大 きな 影 響 を 与 える 可 能 性 があ る ただ 各 国 の 政 策 的 な 支 援 石 油 価 格 などエネルギー 市 場 との 関 係 などから 不 透 明 な 面 が 多 く 本 ベースライン 予 測 の 中 では OECD-FAO の 見 通 しなどを 参 考 に 今 後 の 技 術 発 展 として 食 料 市 場 に 影 響 を 与 えない 形 でのバイオ 燃 料 の 見 通 しなどについて 専 門 家 な どとの 議 論 を 行 い 2020 年 までのバイオ 燃 料 需 要 については OECD-FAO(2011)の Agricultural Outlook の 見 通 しを 用 い 2020 年 以 降 の 増 分 については 第 二 世 代 のバイオ 燃 料 が 賄 うことをベースライン 予 測 のシナリオとして 設 定 することとした 図 表 2-25 バイオ 燃 料 のシナリオの 考 え 方 総 需 要 技 術 進 展 2020 年 以 降 の 増 分 は 第 二 世 代 が 賄 う シナリオ1 (ベースライン) OECD/FAOの 各 国 別 見 通 し 2010~2020の 伸 び 率 が 継 続 第 一 世 代 で 2050 年 まで 賄 う シナリオ 年 までに 全 て 第 二 世 代 で 賄 う シナリオ3 ~2020 年 ~2050 年 図 表 2-26 バイオ 燃 料 用 作 物 需 要 のシナリオ 別 の 推 移 イメージ バイオ 燃 料 用 作 物 需 要 シナリオ2: 第 一 世 代 で2050 年 まで 賄 う いずれのシナリオも 総 需 要 は 増 加 シナリオ1:2020 年 以 降 の 増 分 は 第 二 世 代 が 賄 う (ベースライン) シナリオ3:2040 年 までに 全 て 第 二 世 代 で 賄 う 総 需 要 第 一 世 代 の 需 要 23

16 なお バイオ 燃 料 については 年 時 点 での 生 産 量 の 大 きい 国 を 対 象 として 設 定 した 対 象 国 は 以 下 の 通 り 図 表 2-27 バイオ 燃 料 用 作 物 需 要 シナリオの 設 定 対 象 国 EU 域 内 対 象 国 フランス ドイツ スペイン イタリア ポーランド オーストリア スウェーデン ポルトガル 英 国 ハンガリー ベルギー EU 域 外 対 象 国 米 国 中 国 マレーシア ブラジル アルゼンチン インド 24

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63> 世 界 50カ 国 潜 在 力 調 査 2007 年 ( 要 約 ) 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 センター Japan Center for Economic Research 2008 年 1 月 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 13 位 にやや 後 退 50 カ 国 を 対 象 に 潜 在 競 争 力 ランキングを 作 成 した 潜 在 競 争 力 とは

More information

ドがCO 2 等 排 出 国 の 上 位 を 占 めるようになり 地 球 温 暖 化 対 策 の 実 効 性 を 高 めるうえで 全 ての 国 が 参 加 する 枠 組 みを 構 築 することの 重 要 性 が 強 まってきた そこで 2010 年 にメキシコのカンクンで 開 催 されたCOP16で

ドがCO 2 等 排 出 国 の 上 位 を 占 めるようになり 地 球 温 暖 化 対 策 の 実 効 性 を 高 めるうえで 全 ての 国 が 参 加 する 枠 組 みを 構 築 することの 重 要 性 が 強 まってきた そこで 2010 年 にメキシコのカンクンで 開 催 されたCOP16で みずほインサイト 政 策 2015 年 12 月 18 日 COP21 がパリ 協 定 を 採 択 地 球 温 暖 化 抑 止 に 向 けた 今 後 の 課 題 政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 堀 千 珠 03-3591-1304 chizu.hori@mizuho-ri.co.jp 2015 年 11 月 末 からフランスで 開 催 された 気 候 変 動 枠 組 条 約 第 21 回 締

More information

NRIメディアフォーラム:中国人訪日旅行者の実態とニーズ①

NRIメディアフォーラム:中国人訪日旅行者の実態とニーズ① 第 228 回 メディア フォーラム 中 国 人 訪 日 旅 行 者 の 実 態 とニーズ1 - 統 計 等 からみた 概 況 - 2015 年 10 月 29 日 株 式 会 社 野 村 総 合 研 究 所 社 会 システムコンサルティング 部 産 業 インフラグループ グループマネージャー 岡 村 篤 100-0005 東 京 都 千 代 田 区 丸 の 内 1-6-5 丸 の 内 北 口 ビル

More information

リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 図 EU(7ヵ 国 )での 国 別 輸 入 シェアの 変 化 1 1 1 米 国 中 国 スイス ロシア ( 出 所 )E os より 作 成 日 本 ル 年 1 月 9 年 1 月 韓 国 インドブラジル 図 3 ASEAN 主 要 ヵ 国 の 輸 出 額

リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 図 EU(7ヵ 国 )での 国 別 輸 入 シェアの 変 化 1 1 1 米 国 中 国 スイス ロシア ( 出 所 )E os より 作 成 日 本 ル 年 1 月 9 年 1 月 韓 国 インドブラジル 図 3 ASEAN 主 要 ヵ 国 の 輸 出 額 リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 社 団 法 人 日 本 貿 易 会 調 査 グループ 米 国 での 金 融 不 安 の 発 生 とそれに 拍 車 を 掛 けた 年 9 月 のリーマンショックから1 年 が 経 過 した 米 国 経 済 の 急 速 な 景 気 後 退 は 米 国 と 相 互 依 存 関 係 を 深 める 世 界 各 国 の 実 体 経 済 にも 波 及 し 世 界 貿 易

More information

発 表 内 容 2 1. 世 界 のエネルギー 需 給 見 通 し 2. 25 年 の 日 本 のエネルギー 需 給

発 表 内 容 2 1. 世 界 のエネルギー 需 給 見 通 し 2. 25 年 の 日 本 のエネルギー 需 給 世 界 日 本 の 長 期 エネルギー 需 給 の 見 通 し 平 成 21 年 9 月 3 日 第 1 回 エネルギーベストミックス 研 究 会 財 団 法 人 日 本 エネルギー 経 済 研 究 所 計 量 分 析 ユニット 主 任 研 究 員 松 尾 雄 司 1 発 表 内 容 2 1. 世 界 のエネルギー 需 給 見 通 し 2. 25 年 の 日 本 のエネルギー 需 給 1. 世 界

More information

Microsoft Word - 本編2-3.doc

Microsoft Word - 本編2-3.doc 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 19 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 18 年 度 調 査 により 把

More information

スライド 1

スライド 1 ZESDAプロデュースカフェ 特 別 版 未 来 予 測 2014-2025 ~ 第 2 回 サスティナビリティ ~ 株 式 会 社 アクアビット 代 表 取 締 役 チーフ ビジネスプランナー 田 中 栄 1 未 来 予 測 レポート シリーズ 全 産 業 /マスター 版 2011 年 4 月 サスティナビリティ ( 環 境 資 源 エネルギー) 2013 年 7 月 ライフ イノベーション 食

More information

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次評価報告書第1作業部会報告書(自然科学的根拠)の公表について

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次評価報告書第1作業部会報告書(自然科学的根拠)の公表について 報 道 発 表 資 料 平 成 25 年 9 月 2 7 日 文 部 科 学 省 経 済 産 業 省 気 象 庁 環 境 省 気 候 変 動 に 関 する 政 府 間 パネル(IPCC) 第 5 次 評 価 報 告 書 第 1 作 業 部 会 報 告 書 ( 自 然 科 学 的 根 拠 )の 公 表 について 気 候 変 動 に 関 する 政 府 間 パネル(IPCC) 第 36 回 総 会 及 び

More information

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 平 成 22 年 (2010 年 ) 外 国 貿 易 年 表 長 崎 税 関 凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 月 まで)を 含 む )

More information

スライド 1

スライド 1 訪 日 旅 行 の 全 体 像 4 ( 単 位 : 千 人 ) 9, 8, 7, 6, 5, 4, 3, 2, 1, 訪 日 旅 行 者 数 訪 日 旅 行 マーケットの 全 体 像 -199 年 以 降 の 訪 日 旅 行 者 数 の 推 移 - 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO)がまとめた 訪 日 旅 行 者 数 の199 年 からの 推 移 をみると 24 年 から 急 速 に 訪 日

More information

Microsoft PowerPoint - 1_MOFA_rev_【再セット】160120外務省中野講演資料(COP21報告) .pptx

Microsoft PowerPoint - 1_MOFA_rev_【再セット】160120外務省中野講演資料(COP21報告) .pptx COP21の 概 要 について 2016 年 1 月 20 日 外 務 省 国 際 協 力 局 気 候 変 動 課 長 中 野 潤 也 2020 年 以 降 の 国 際 枠 組 みに 向 けた 国 際 交 渉 京 都 議 定 書 採 択 時 と 比 べ 世 界 のエネルギー 起 源 CO2 排 出 量 における 途 上 国 のシェ アが 急 速 に 拡 大 2010 年 時 点 において 京 都 議

More information

Microsoft Word - 09 P88~102 研究ノート 青木健.doc

Microsoft Word - 09  P88~102  研究ノート 青木健.doc 研 究 ノ ー ト 廃 プラスチックと 古 紙 にみる リサイクル 資 源 の 世 界 貿 易 青 木 健 Takeshi Aoki 杏 林 大 学 総 合 政 策 学 部 教 授 ( 財 ) 国 際 貿 易 投 資 研 究 所 客 員 研 究 員 東 アジア 諸 国 の 多 くは 世 界 平 均 を 上 回 る 経 済 成 長 を 遂 げている そのた め 中 国 を 筆 頭 に 東 アジア 諸

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203033332090A28A4582CC90CE96FB8E598BC68B7982D1974191979770945297BF82CC8FAB97889357965D2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203033332090A28A4582CC90CE96FB8E598BC68B7982D1974191979770945297BF82CC8FAB97889357965D2E646F63> ミニレポート 2010-033 平 成 23 年 2 月 21 日 世 界 の 石 油 産 業 及 び 輸 送 用 燃 料 の 将 来 展 望 ~ 米 ハート 社 による 2030 年 までの 長 期 予 測 ~ 本 レポートでは 2010 年 11 月 に 米 国 ハート エネルギー コンサルティング 社 が 発 表 した 2030 年 までの 世 界 の 石 油 需 給 と 精 製 業 界 輸

More information

ASEAN NOW (Vol.15)

ASEAN NOW (Vol.15) 東 南 アジア 経 済 1 年 月 日 全 13 頁 ASEAN NOW (Vol.) アセアンへの 外 国 人 観 光 客 事 情 経 済 調 査 部 佐 藤 清 一 郎 [ 要 約 ] 外 国 人 観 光 客 数 の 増 加 は 旅 行 サービス 輸 出 増 や 消 費 増 を 通 じて 訪 問 国 の 経 済 活 動 にプ ラスとなる 11 年 世 界 の 観 光 収 入 は 初 めて 1 兆

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208F4390B394C52D83438393836882CC8C6F8DCF90AC92B782C68E738FEA93AE8CFC>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208F4390B394C52D83438393836882CC8C6F8DCF90AC92B782C68E738FEA93AE8CFC> インドの 経 済 成 長 と 市 場 動 向 ~ 大 国 への 道 を 歩 む 静 かなる 聖 流 ~ 平 成 21 年 9 月 18 日 株 式 会 社 SBI 証 券 投 資 調 査 部 (ガンジス 川 ) 1.アジア アジアの 成 長 大 国 ( 概 略 ) 国 名 インド インド(India India) 首 都 ニューデリー ニューデリー(New Delhi)

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208179485094C5817A4E6F2E32353190BB91A28BC682CC8A438A4F90B68E5983568374836782C697418F6F82CC8D82957489C189BF926C89BB2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208179485094C5817A4E6F2E32353190BB91A28BC682CC8A438A4F90B68E5983568374836782C697418F6F82CC8D82957489C189BF926C89BB2E70707478> 今 月 のトピックス No.251-1(216 年 3 月 17 日 ) (21 年 =1) 95Q2 98Q2 14 実 質 実 効 為 替 レート( 右 目 盛 ) 12 1 8 製 造 業 の 海 外 生 産 シフトと 輸 出 の 高 付 加 価 値 化 1.リーマンショック 以 降 の 日 本 の 輸 出 の 弱 さの 背 景 には 構 造 的 要 因 日 本 の 輸 出 を 数 量 ベースでみると

More information

日本の国際観光発展のために

日本の国際観光発展のために 日 本 の 国 際 観 光 発 展 のために 地 方 の 観 光 地 特 徴 別 の 最 適 公 共 民 間 投 資 先 704077 松 波 利 明 2008 年 月 論 文 概 要 本 稿 では 我 が 国 の 国 際 観 光 の 発 展 について 考 察 する そして 本 稿 では 地 方 の 特 徴 に 合 った 観 光 政 策 とは 何 かを 探 る 本 稿 の 特 徴 は 観 光 の 現

More information

産業トピックス

産業トピックス 平 成 2 年 (28 年 )9 月 12 日 ~オリンピック 後 難 度 を 増 す 政 策 運 営 ~ 1. 経 済 動 向 (1)オリンピック 後 の 景 気 後 退 回 避 策 中 国 では 未 だ 実 質 GDP が 二 桁 成 長 ながら 景 気 は 減 速 傾 向 にあり オ リンピックという 節 目 を 経 て 景 気 後 退 に 陥 るのではないかという 危 惧 が 広 がっている

More information

] [ 6.0 5.0 4.0 MIROC-Nagano RCM-Nagano ] [ 6.0 5.0 4.0 MIROC-Japan RCM-Japan 3.0 0 2.0 0-2 1 8 1.0 9 1 3.0 0 2.0 0-2 1 8 1.0 9 1-2000 2010 2020 2030 2040 2050 2060 2070 2080 2090 2100-2000 2010 2020 2030

More information

210X297

210X297 Education at a Glance: OECD Indicators - 2004 Edition Summary in Japanese 図 表 でみる 教 育 OECD インディケータ(2004 年 版 ) まとめ 経 済 状 況 や 社 会 情 勢 の 変 化 に 伴 い 個 人 の 成 功 や 国 家 の 繁 栄 に 果 たす 教 育 の 役 割 はますます 重 要 になってきている

More information

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進 第 2 節 安 定 成 長 を 模 索 する 中 国 経 済 中 国 経 済 が 大 規 模 な 景 気 刺 激 策 に 頼 ることなく 自 律 的 かつ 安 定 的 な 成 長 を 実 現 するた めには 過 剰 投 資 過 剰 生 産 過 剰 信 用 の 調 整 と 投 資 から 消 費 への 移 行 を 進 めるとと もに 人 口 減 少 高 齢 化 の 進 展 に 伴 う 問 題 に 対 処

More information

調 査 期 間 : 特 許 文 献 : 4 ~ ( 優 先 権 主 張 ) (PCT/パリルート 及 び 国 内 優 先 権 ) 非 特 許 文 献 : 4 ~ ( 発 行 ) 調 査 対 象 : 特 許 文 献 を 含 むファミリー: 約 3, 件 外 国 特 許 文 献 のみのファミリー: 約

調 査 期 間 : 特 許 文 献 : 4 ~ ( 優 先 権 主 張 ) (PCT/パリルート 及 び 国 内 優 先 権 ) 非 特 許 文 献 : 4 ~ ( 発 行 ) 調 査 対 象 : 特 許 文 献 を 含 むファミリー: 約 3, 件 外 国 特 許 文 献 のみのファミリー: 約 平 成 4 度 特 許 出 願 技 術 動 向 調 査 - 太 陽 電 池 - 平 成 5 4 月 特 許 庁 問 い 合 わせ 先 特 許 庁 総 務 部 企 画 調 査 課 技 術 動 向 班 電 話 :3-358-( 内 線 55) 調 査 期 間 : 特 許 文 献 : 4 ~ ( 優 先 権 主 張 ) (PCT/パリルート 及 び 国 内 優 先 権 ) 非 特 許 文 献 : 4 ~

More information

しての 使 用 を 抑 制 する 法 律 が 制 定 されて いる 2 エタノールとバイオディーゼル 油 のバイオ 燃 料 については 予 測 期 間 を 通 じてガソリン 混 合 に 対 する 税 控 除 と 輸 入 関 税 が 残 ると 見 込 んだ この 結 果 エ タノールの 生 産 は 予

しての 使 用 を 抑 制 する 法 律 が 制 定 されて いる 2 エタノールとバイオディーゼル 油 のバイオ 燃 料 については 予 測 期 間 を 通 じてガソリン 混 合 に 対 する 税 控 除 と 輸 入 関 税 が 残 ると 見 込 んだ この 結 果 エ タノールの 生 産 は 予 海 外 情 報 2016 年 までの 農 業 予 測 米 国 農 務 省 局 間 農 業 予 測 委 員 会 米 国 農 務 省 (USDA) の 局 間 農 業 予 測 委 員 会 (Interagency Agricultural Projections Committee) は 2007 年 2 月 2016 年 ま で の 農 業 予 測 米 国 農 務 省 (USDA Agricultural

More information

平 成 26 年 訪 日 外 客 数 出 国 日 本 人 数 2014 Visitor Arrivals & Japanese Overseas Travelers 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO) Japan National Tourism Organization(JNTO) 訪 日

平 成 26 年 訪 日 外 客 数 出 国 日 本 人 数 2014 Visitor Arrivals & Japanese Overseas Travelers 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO) Japan National Tourism Organization(JNTO) 訪 日 PRESS RELEASE( 報 道 発 表 資 料 ) 経 営 戦 略 部 総 務 広 報 グループ TEL:03-3216-1905 FAX:03-3214-7680 http://www.jnto.go.jp 本 リリースは 国 土 交 通 記 者 会 交 通 運 輸 記 者 会 に 配 布 しております 平 成 27 年 1 月 20 日 理 事 長 松 山 良 一 2014 年 過 去 最

More information

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 23 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 22 年 度 調 査 により 把

More information

1. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 現 状 2. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 特 性 3. 拡 大 するグローバル 市 場 と 熾 烈 な 誘 致 競 争 4. 訪 日 外 国 人 誘 致 に 向 けたJNTOの 取 り 組 み 首 都 大 学 東 京 観 光 経 営 トップセ

1. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 現 状 2. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 特 性 3. 拡 大 するグローバル 市 場 と 熾 烈 な 誘 致 競 争 4. 訪 日 外 国 人 誘 致 に 向 けたJNTOの 取 り 組 み 首 都 大 学 東 京 観 光 経 営 トップセ 首 都 大 学 東 京 観 光 経 営 トップセミナー 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 現 状 と 日 本 政 府 観 光 局 の 取 り 組 み 2012 年 7 月 23 日 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO) 理 事 長 松 山 良 一 首 都 大 学 東 京 観 光 経 営 トップセミナー 2012.07.23 作 成 :JNTO 1. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の

More information

議論の前提

議論の前提 第 1 章 の 補 足 資 料 ( 消 費 税 はだれが 負 担 するのか) 消 費 税 のしくみ 日 本 の 消 費 税 は 付 加 価 値 税 (value added tax VAT)と 呼 ばれる 税 の 一 種 であり 卸 売 り 小 売 りの 各 段 階 で 生 み 出 された 付 加 価 値 に 対 して 課 税 する 売 り 手 が 納 税 の 義 務 を 負 っているので 消 費

More information

Microsoft Word - GBI欧米 doc

Microsoft Word - GBI欧米 doc September 12, 2014 1.ブラジルの 貸 出 金 利 はなぜ 高 いのか 2.ドバイの 財 政 状 態 は 依 然 ぜい 弱 と 診 断 した IMF 1.ブラジルの 貸 出 金 利 はなぜ 高 いのか 1.ブラジル 民 間 銀 行 の 高 い 貸 出 金 利 ブラジルが 高 金 利 の 国 であることはよく 知 られていることである ブラジル 国 立 銀 行 の 政 策 金 利 であるSelic

More information

(ホームページ掲載用原稿)

(ホームページ掲載用原稿) 米 国 の 新 政 権 の 通 商 政 策 に 関 する 調 査 研 究 第 Ⅰ 報 告 市 場 の 上 向 き 傾 向 の 継 続 12 月 上 旬 機 関 投 資 家 やアセットマネージャーは 年 末 をネガティブな 打 撃 に 見 舞 わ れずに 迎 えることばかりを 考 えているように 見 える 彼 らの 関 心 は 主 に その 年 の 利 益 を 計 上 することと 賞 与 を 確 保

More information

216 年 2 月 3 日 1. インドネシア 消 費 者 物 価 上 昇 率 が 6 年 ぶりの 低 水 準 に 止 まるなかで 高 まる 追 加 利 下 げ 期 待 1 月 1 日 インドネシア 中 銀 は 政 策 金 利 であるBIレートを7.%から7.2%へ.2% ポイント 引 き 下 げた

216 年 2 月 3 日 1. インドネシア 消 費 者 物 価 上 昇 率 が 6 年 ぶりの 低 水 準 に 止 まるなかで 高 まる 追 加 利 下 げ 期 待 1 月 1 日 インドネシア 中 銀 は 政 策 金 利 であるBIレートを7.%から7.2%へ.2% ポイント 引 き 下 げた 216 年 2 月 3 日 ASEAN インド 月 報 (216 年 2 月 ) 目 次 ASEAN インドのマクロ 経 済 動 向 インドネシア 1 マレーシア 2 フィリピン 3 シンガポール タイ ベトナム 6 インド 7 アジア 主 要 国 地 域 の 主 要 経 済 指 標 ( 国 地 域 別 ) 8 アジア 主 要 国 地 域 の 主 要 経 済 指 標 比 較 13 経 済 調 査 室

More information

ができないという 問 題 点 がある 足 元 一 年 の 投 融 資 等 の 増 加 については 株 高 や 円 安 による 時 価 上 昇 が 含 まれており その 点 は 割 り 引 いてみる 必 要 があろう 長 期 的 な 視 点 から 足 元 の 動 きを 評 価 するため 年 度 ベース

ができないという 問 題 点 がある 足 元 一 年 の 投 融 資 等 の 増 加 については 株 高 や 円 安 による 時 価 上 昇 が 含 まれており その 点 は 割 り 引 いてみる 必 要 があろう 長 期 的 な 視 点 から 足 元 の 動 きを 評 価 するため 年 度 ベース みずほインサイト 日 本 経 済 13 年 1 月 7 日 日 本 企 業 のマネーフローに 変 化 は みられるか みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 市 場 調 査 部 金 融 調 査 部 3-3591-18/3-3591-1351 13 年 7~9 月 期 における 日 本 企 業 の 資 金 運 用 ( 資 金 の 使 い 途 )は 大 企 業 では 投 融 資 の 増 加 を 背

More information

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し わが 国 製 造 業 企 業 の 海 外 事 業 展 開 に 関 する 調 査 報 告 -2013 年 度 海 外 直 接 投 資 アンケート 結 果 ( 第 25 回 )- 2013 年 11 月 国 際 協 力 銀 行 業 務 企 画 室 調 査 課 本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの

More information

世 界 平 均 地 上 気 温 の 上 昇 量 の 予 測 出 典 : 平 成 19 年 度 国 土 交 通 白 書 各 温 室 効 果 ガスの 地 球 温 暖 化 への 影 響 地 球 温 暖 化 の 原 因 となっている 温 室 効 果 ガスには 二 酸 化 炭 素 以 外 にも メタン 一 酸

世 界 平 均 地 上 気 温 の 上 昇 量 の 予 測 出 典 : 平 成 19 年 度 国 土 交 通 白 書 各 温 室 効 果 ガスの 地 球 温 暖 化 への 影 響 地 球 温 暖 化 の 原 因 となっている 温 室 効 果 ガスには 二 酸 化 炭 素 以 外 にも メタン 一 酸 Ⅱ. 運 輸 部 門 における 主 要 な 環 境 問 題 の 現 状 1 地 球 環 境 問 題 の 現 状 わたしたちの 住 む 地 球 は 地 球 温 暖 化 やオゾン 層 の 破 壊 等 深 刻 な 環 境 問 題 に 直 面 しています 次 世 代 の 人 々に 安 心 した 生 活 を 営 める 惑 星 を 受 け つぐため わたしたちの 世 代 が 早 急 な 対 策 を 講 じ ることが

More information

閣議版-第3章

閣議版-第3章 第 節 日 本 的 雇 用 システムと 今 後 の 課 題 前 節 では 企 業 が 若 手 正 社 員 として 求 める 人 材 とは 何 かを 中 心 にみてきたが 企 業 を 取 り 巻 く 環 境 が 大 きく 変 化 する 中 で 正 社 員 の 雇 用 システムも 変 化 を 求 められている 日 本 では 大 企 業 を 中 心 に 長 期 雇 用 やいわゆる 年 功 賃 金 という

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 参 考 資 料 観 光 を 取 り 巻 く 現 状 平 成 28 年 5 月 11 日 東 京 都 目 次 世 界 の 旅 行 者 数 の 推 移 ( 今 後 の 予 測 ) 1 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 の 推 移 2 国 地 域 別 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 の 内 訳 (2015 年 ) 3 外 国 人 旅 行 者 受 入 数 の 国 際 比 較 (2014 年 ) 4 空

More information

月 16 日 英 労 働 党 の 下 院 議 員 で 残 留 派 として 活 動 していたジョー コックス 氏 が 極 右 思 想 に 影 響 されたとみられる 人 物 に 殺 害 される 事 件 が 発 生 した 同 事 件 が EU 離 脱 をめぐる 議 論 に 与 える 影 響 は 判 断 が

月 16 日 英 労 働 党 の 下 院 議 員 で 残 留 派 として 活 動 していたジョー コックス 氏 が 極 右 思 想 に 影 響 されたとみられる 人 物 に 殺 害 される 事 件 が 発 生 した 同 事 件 が EU 離 脱 をめぐる 議 論 に 与 える 影 響 は 判 断 が 2016 年 6 月 22 日 BTMU Economic Brief, London 経 済 調 査 室 ロンドン 駐 在 情 報 The Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ, Ltd Economic Research Office (London) Shin Takayama 髙 山 真 (shin.takayama@uk.mufg.jp) 英 国 の EU 離 脱 問

More information

Microsoft Word - 201210613.docx

Microsoft Word - 201210613.docx 年 月 期 GDP 速 報 (1 次 速 報 )の 概 要 ~ 後 退 局 面 の 早 期 脱 却 の 可 否 を 占 う 世 界 経 済 底 打 ちのタイミング~ 調 査 情 報 担 当 室 竹 田 智 哉 1. 後 退 局 面 入 りしたと 見 られる 我 が 国 経 済 年 月 期 のGDP 成 長 率 (1 次 速 報 値 年 11 月 12 日 公 表 )は 名 実 ともに 0.9%( 年

More information

香 港 & 中 国 中 国 紙 新 京 報 などは10 月 に 続 き11 月 も 資 金 が 海 外 へ 流 出 したとみられると 伝 えた 高 成 長 を 続 けてきた 中 国 経 済 の 減 速 と 欧 州 債 務 危 機 の 影 響 により 投 資 家 が 保 有 株 を 減 らす 後 押

香 港 & 中 国 中 国 紙 新 京 報 などは10 月 に 続 き11 月 も 資 金 が 海 外 へ 流 出 したとみられると 伝 えた 高 成 長 を 続 けてきた 中 国 経 済 の 減 速 と 欧 州 債 務 危 機 の 影 響 により 投 資 家 が 保 有 株 を 減 らす 後 押 2011 年 12 月 26 日 米 国 新 規 失 業 保 険 申 請 件 数 は36.4 万 件 に 減 少 08 年 4 月 以 来 の 低 水 準 となった 11 月 の 中 古 住 宅 販 売 件 数 は 前 月 比 で4% 増 を 示 し 10か 月 ぶりの 高 水 準 となった 米 議 会 が 給 与 減 税 の2ヶ 月 延 長 で 合 意 に 達 し オバマ 大 統 領 の 支 持

More information

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書 1 1 21 22 23 2 2 2 2 2 2 30 31 32 33 3 3 3 3 3 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 別 紙 様 式 第 三 十 三 財 務 大 臣 殿 ( 日 本 銀 行 経 由 ) 責 任 者 氏 名 担 当 者 の 氏 名 電 話 番 号 短 期 債 権 国 ( 地 域 ) 別 ミャンマー 中 国 香

More information

海外たばこ事業実績補足資料(2015 年1-3 月期)

海外たばこ事業実績補足資料(2015 年1-3 月期) 2015 年 0 月 30 日日本たばこ産業株式会社 Japan Tobacco International (JTI) 海外たばこ事業実績補足資料 (2015 年 1-3 月期 ) JTI 力強いプライシングにより為替一定ベースで増収増益 1-3 月 前年同期比 総販売数量 1 881 877 0.5% GFB 販売数量 1 600 553 8.% 自社たばこ製品売上収益 2 2,369 2,761-1.2%

More information

目 次 Ⅰ.2015 年 3 月 期 決 算 概 要 2015 年 3 月 期 全 社 業 績 P.4 損 益 計 算 書 P.5 営 業 利 益 増 減 分 析 ( 対 前 年 比 較 ) P.6 貸 借 対 照 表 P.7 部 門 別 売 上 高 / 営 業 利 益 P.8 地 域 別 売 上

目 次 Ⅰ.2015 年 3 月 期 決 算 概 要 2015 年 3 月 期 全 社 業 績 P.4 損 益 計 算 書 P.5 営 業 利 益 増 減 分 析 ( 対 前 年 比 較 ) P.6 貸 借 対 照 表 P.7 部 門 別 売 上 高 / 営 業 利 益 P.8 地 域 別 売 上 2015 年 3 月 期 ( 平 成 26 年 度 ) 決 算 説 明 資 料 2015 年 5 月 13 日 目 次 Ⅰ.2015 年 3 月 期 決 算 概 要 2015 年 3 月 期 全 社 業 績 P.4 損 益 計 算 書 P.5 営 業 利 益 増 減 分 析 ( 対 前 年 比 較 ) P.6 貸 借 対 照 表 P.7 部 門 別 売 上 高 / 営 業 利 益 P.8 地 域 別

More information

海外たばこ事業実績補足資料2015年1-12月期及び10-12月期

海外たばこ事業実績補足資料2015年1-12月期及び10-12月期 2016 年 2 月 4 日 日 本 たばこ 産 業 株 式 会 社 Japan Tobacco International (JTI) 海 外 たばこ 事 業 実 績 補 足 資 料 (2015 年 1-12 月 期 及 び 10-12 月 期 ) JTI GFB 好 調 とプライシングにより 二 桁 の 利 益 成 長 前 年 同 期 比 1-12 月 10-12 月 ( 億 本 百 万 ドル)

More information

スライド 1

スライド 1 総 合 資 源 エネルギー 調 査 会 総 合 部 会 第 1 回 会 合 参 考 資 料 1-4 我 が 国 のエネルギー 情 勢 4 < 消 費 > 平 成 25 年 3 月 15 日 資 源 エネルギー 庁 目 次 < 最 近 の 環 境 変 化 > 1. 東 日 本 大 震 災 と 東 電 福 島 原 発 事 故 2. 国 際 情 勢 の 変 化 3. 安 定 供 給 不 安 4. エネルギーコストの

More information

経済百葉箱 第48号

経済百葉箱 第48号 第 4 号 ( ) 公 益 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 センター Japan Center for Economic Research 2 年 3 月 2 日 公 表 資 源 高 のもたらす 消 費 者 物 価 への 影 響 原 油 高 は 農 産 物 高 よりも 転 嫁 が 進 むが デフレ 脱 却 には 要 時 間 問 題 意 識 資 源 高 の 物 価 への 影 響 短 期 予 測

More information

2009年度調査国際結果の要約

2009年度調査国際結果の要約 OECD 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 Programme for International Student Assessment ~2009 年 調 査 国 際 結 果 の 要 約 ~ PISA 調 査 の 概 要 参 加 国 が 共 同 して 国 際 的 に 開 発 し 実 施 している 15 歳 児 を 対 象 とする 学 習 到 達 度 調 査 読 解 力 数 学 的 リテラシー

More information

1 29 + + + + + 15 1625 8 3933 6 2304 15 7862 6.7 15 + + + 2003 16 1 2

1 29 + + + + + 15 1625 8 3933 6 2304 15 7862 6.7 15 + + + 2003 16 1 2 28 1999 2002 12 GDP 2.7 GDP 4 4.5 5 10 5 2001-2005 10 5 2001 2010 GDP 10 7% 2005 GDP 12 5000 GDP 9400 10 5 2010 GDP 2 2001 3 5 10 5 1 29 + + + + + 15 1625 8 3933 6 2304 15 7862 6.7 15 + + + 2003 16 1 2

More information

①表紙201506.xdw

①表紙201506.xdw 平 成 7 年 (15 年 )6 月 11 日 見 通 しの 概 要 ~ 世 界 経 済 の 回 復 ペースは 依 然 緩 やかにとどまる 見 通 し~ 日 本 ~ 企 業 の 前 向 きな 支 出 行 動 の 明 確 化 を 起 点 に 景 気 は 底 堅 さを 増 す 見 通 し~ 米 国 ~ 一 時 的 な 下 押 し 影 響 の 解 消 後 は 家 計 需 要 の 拡 大 を 軸 とした 緩

More information

タイトル

タイトル Economic Trends マクロ 経 済 分 析 レポート テーマ: 原 油 2ドル/バレルの 衝 撃 発 表 日 :8 年 5 月 23 日 ( 金 ) ~ 今 年 度 1ドル=1 円 想 定 で 家 計 負 担 増 74,756 円 / 年 経 常 利 益 13.3% 押 下 げ~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 主 席 エコノミスト 永 濱 利 廣 (3-5221-4531)

More information

スライド 1

スライド 1 摂 南 大 学 講 演 会 資 料 テーマ 税 の 役 割 と 税 務 署 の 仕 事 平 成 24 年 6 月 27 日 枚 方 税 務 署 税 の 役 割 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ 財 政 の 現 状 社 会 資 本 整 備 と 公 共 サービスの 費 用 教 育 費 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ ~ 支 え 合 いにより 成 り 立 っている 社 会 ~ 公

More information

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 2004 年 11 月 26 日 発 行 地 方 税 の 国 際 比 較 ~ 三 位 一 体 の 改 革 の 税 源 移 譲 に 向 けての 留 意 点 ~ 本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 はじめに 地 方 税 財 政 における 三 位 一 体 の 改 革 の 具 体 像 を 固 める

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817989CD91BA8F4390B3817A8183955C8E86818420323031312D392D3231208B4C8ED295D78BAD89EF977081698D918DC294AD8D7382C68DE090AD895E8963816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817989CD91BA8F4390B3817A8183955C8E86818420323031312D392D3231208B4C8ED295D78BAD89EF977081698D918DC294AD8D7382C68DE090AD895E8963816A2E707074> わが 国 の 国 債 発 行 と 財 政 運 営 の 先 行 きをどうみるか 2011 年 9 月 21 日 株 式 会 社 日 本 総 合 研 究 所 調 査 部 ビジネス 戦 略 研 究 センター http://www.jri.co.jp/ Copyright (C) 2011 The Japan Research Institute, Limited. All Rights Reserved.[tv1.0]

More information

Microsoft Word - J_20120613エンゲル.docx

Microsoft Word - J_20120613エンゲル.docx Economic Trends マ クロ 経 済 分 析 レポート テーマ:エンゲル 係 数 上 昇 で 広 がる 生 活 格 差 212 年 6 月 13 日 ( 水 ) ~ 食 料 エネルギー 価 格 上 昇 と 所 得 減 で 必 要 となるインフレ 目 標 の 見 直 し~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 主 席 エコノミスト 永 濱 利 廣 (3-5221-4531)

More information

Microsoft PowerPoint _Promotional_i_44号-3 中古住宅平成25年1月・住宅着工見通し

Microsoft PowerPoint _Promotional_i_44号-3 中古住宅平成25年1月・住宅着工見通し 213. 2. 22 ( 第 45 号 -1) 新 設 住 宅 着 工 見 通 し 213. 2. 15 ( 第 44 号 -3) 中 古 住 宅 平 成 25 年 1 月 の 動 向 213.2.22 ( 第 45 号 ) 新 設 住 宅 着 工 戸 数 の 見 通 し 1~12 月 期 GDP1 次 速 報 後 ( 注 ) 前 回 の 予 測 はPromotional i 33 号 (11/22)

More information

野村資本市場研究所|地方金融機関の連携と保険サービスの提供(PDF)

野村資本市場研究所|地方金融機関の連携と保険サービスの提供(PDF) 地 域 金 融 機 関 のビジネスモデル 改 革 地 方 金 融 機 関 の 連 携 と 保 険 サービスの 提 供 地 方 金 融 機 関 の 連 携 と 保 険 サービスの 提 供 井 上 武 要 約 1. 日 本 では 少 子 高 齢 化 とともに 年 金 や 医 療 介 護 といった 自 助 努 力 による 老 後 の 準 備 や 生 前 の 保 障 に 対 するニーズが 拡 大 している

More information

1 世 界 のICT/ 通 信 インフラ 市 場 の 動 向 1. 世 界 のICT( 情 報 通 信 技 術 ) 投 は 増 加 傾 向 世 界 のICT 投 規 模 予 測 ( 単 位 : 百 万 ドル) 5,000,000 4,500,000 4,000,000 3,500,000 全 世 界

1 世 界 のICT/ 通 信 インフラ 市 場 の 動 向 1. 世 界 のICT( 情 報 通 信 技 術 ) 投 は 増 加 傾 向 世 界 のICT 投 規 模 予 測 ( 単 位 : 百 万 ドル) 5,000,000 4,500,000 4,000,000 3,500,000 全 世 界 料 2 株 式 会 社 海 外 通 信 放 送 郵 便 事 業 支 援 機 構 について 平 成 27 年 7 月 総 務 省 1 世 界 のICT/ 通 信 インフラ 市 場 の 動 向 1. 世 界 のICT( 情 報 通 信 技 術 ) 投 は 増 加 傾 向 世 界 のICT 投 規 模 予 測 ( 単 位 : 百 万 ドル) 5,000,000 4,500,000 4,000,000 3,500,000

More information

平 成 28 年 版 労 働 経 済 分 析 誰 もが 活 躍 できる 社 会 実 現 と 労 働 生 産 性 向 上 に 向 けた 課 題 平 成 28 年 9 月 厚 生 労 働 省 目 次 平 成 28 年 版 労 働 経 済 分 析 誰 もが 活 躍 できる 社 会 実 現 と 労 働 生 産 性 向 上 に 向 けた 課 題 はじめに 1 凡 例 2 第 1 章 労 働 経 済 推 移

More information

自動車産業の現状

自動車産業の現状 産 業 の 現 状 2013 年 8 月 一 般 社 団 法 人 日 本 工 業 会 我 が 国 の 経 済 雇 用 を 支 える 産 業 産 業 は 広 範 な 関 連 産 業 を 持 ち 日 本 経 済 や 雇 用 確 保 に 大 きく 貢 献 する 基 幹 産 業 である 関 連 : 548 万 人 (8.8%) * 国 内 就 業 人 口 中 の 割 合 就 業 人 口 うち 製 造 部 門

More information

スライド 1

スライド 1 資 料 2 観 光 の 現 状 と 政 府 の 取 組 平 成 28 年 2 月 17 日 観 光 庁 長 官 田 村 明 比 古 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 の 推 移 万 人 2000 1900 1800 1700 1600 1973.7 万 人 (47.1% 増 ) 12 月 :177.3 万 人 (43.4% 増 ) 11 月 :164.8 万 人 (41.0% 増 ) 10 月 :182.9

More information

EU離脱で危機に瀕するロンドン国際金融センター

EU離脱で危機に瀕するロンドン国際金融センター 2016 年 6 月 30 日 経 済 レポート EU 離 脱 で 危 機 に 瀕 するロンドン 国 際 金 融 センター ~7 万 人 の 雇 用 が 英 国 から 移 転 し バーゼル 規 制 の 行 方 にも 影 響 か~ 調 査 部 主 席 研 究 員 廉 了 英 国 (ロンドン)は 米 国 (ニューヨーク)と 並 び 金 融 取 引 を 多 く 抱 える 国 際 金 融 センターとして 圧

More information

本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590

本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590 2004 年 10 月 22 日 発 行 来 港 中 国 人 旅 行 者 の 増 加 と 香 港 経 済 本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590 E-mail hiroshi.inagaki@mizuho-cb.com 活 気 を 取 り 戻 す 香 港 観 光 セクター 香 港

More information

平成25年版厚生労働白書 若者の現状と課題

平成25年版厚生労働白書 若者の現状と課題 平 成 25 年 版 厚 生 労 働 白 書 若 者 の 意 識 を 探 る 概 要 厚 生 労 働 省 平 成 25 年 版 厚 生 労 働 白 書 の 全 体 像 第 1 部 (テーマ 編 ) 若 者 の 意 識 を 探 る 若 者 を 取 り 巻 く 社 会 経 済 の 現 状 と 変 化 を 踏 まえ 若 者 の 意 識 やライフコースにおける 様 々な 課 題 について 分 析 併 せて

More information

経済・物価情勢の展望(2016年7月)

経済・物価情勢の展望(2016年7月) 2016 年 7 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 7 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 先 行 きを 展 望 すると 暫 くの 間 輸 出 生 産 面

More information

9:30 9:45 4 11:00 12:30 13:30 (1) (2) 15:00 15:15 (3) (4) 16:45 17:5 17:30

9:30 9:45 4 11:00 12:30 13:30 (1) (2) 15:00 15:15 (3) (4) 16:45 17:5 17:30 9:30 9:45 4 11:00 12:30 13:30 (1) (2) 15:00 15:15 (3) (4) 16:45 17:5 17:30 1. 2010 2. 21 FAO 4 (CCAMLR) EU 3. CCAMLR 4. 1) 2) 3) (RMP) EEZ 1 2 20 3 10 800-2,500m 5,000m 1,300-1,700m 1,000m 2015 2030

More information

資 料 3 第 4 回 日 本 の 稼 ぐ 力 創 出 研 究 会 雇 用 システム 改 革 事 務 局 説 明 資 料 2014 年 6 月 10 日 経 済 産 業 省 経 済 産 業 政 策 局 ( ) 本 分 析 における 試 算 は 一 定 の 仮 定 を 置 いて 推 計 を 行 ったものであり 種 々の 不 確 実 性 に 鑑 み 相 当 程 度 の 幅 を 持 って 理 解 される

More information

省CO2型都市づくりのための自転車利用促進策にかかる調査報告書

省CO2型都市づくりのための自転車利用促進策にかかる調査報告書 2 3 4 5 11 6 コペンハーゲン ( デンマーク. 約 135 万人 ) 30.1% 大阪市 ( 日本 約 265 万人 ) ロッテルダム ( オランダ 約 58 万人 ) ローマ ( イタリア 約 270 万人 ) マルメ ( スウェーデン 約 27 万人 ) 東京 23 区 ( 日本 約 872 万人 ) ケルン ( ドイツ 約 98 万人 ) ヘルシンキ ( フィンランド 約 56 万人

More information

今 月 のトピックス No.223-2(215 年 1 月 21 日 ) 2.イタリアのガスインフラ 概 要 イタリアのガスインフラ:イタリアには 総 延 長 33,kmのガスパイプラインと3ヵ 所 のLNG 基 地 15.9Bcmの 貯 蔵 容 量 を 有 する 地 下 貯 蔵 設 備 がある ガ

今 月 のトピックス No.223-2(215 年 1 月 21 日 ) 2.イタリアのガスインフラ 概 要 イタリアのガスインフラ:イタリアには 総 延 長 33,kmのガスパイプラインと3ヵ 所 のLNG 基 地 15.9Bcmの 貯 蔵 容 量 を 有 する 地 下 貯 蔵 設 備 がある ガ 今 月 のトピックス No.223-1(215 年 1 月 21 日 ) 1.イタリアのガス 業 界 の 概 要 イタリアのガスインフラ 整 備 イタリアのエネルギー 構 成 :イタリアは ガス 火 力 の 利 用 が 盛 んであり 一 次 エネルギー 電 源 構 成 共 にガスの 比 率 が 高 い 国 である( 図 表 1-1) 日 本 と 同 様 にエネルギー 自 給 率 が 低 いことから

More information

目 次 Ⅰ.2014 年 3 月 期 決 算 概 要 2014 年 3 月 期 全 社 業 績 P.4 2014 年 3 月 期 決 算 のポイント P.5 損 益 計 算 書 P.6 営 業 利 益 増 減 分 析 ( 対 前 年 比 較 ) P.7 貸 借 対 照 表 P.8 部 門 別 売 上

目 次 Ⅰ.2014 年 3 月 期 決 算 概 要 2014 年 3 月 期 全 社 業 績 P.4 2014 年 3 月 期 決 算 のポイント P.5 損 益 計 算 書 P.6 営 業 利 益 増 減 分 析 ( 対 前 年 比 較 ) P.7 貸 借 対 照 表 P.8 部 門 別 売 上 2014 年 3 月 期 ( 平 成 25 年 度 ) 決 算 説 明 資 料 2014 年 5 月 9 日 目 次 Ⅰ.2014 年 3 月 期 決 算 概 要 2014 年 3 月 期 全 社 業 績 P.4 2014 年 3 月 期 決 算 のポイント P.5 損 益 計 算 書 P.6 営 業 利 益 増 減 分 析 ( 対 前 年 比 較 ) P.7 貸 借 対 照 表 P.8 部 門 別

More information

目 次 はじめに/ 調 査 について...3 第 一 章 : 新 たな 需 要 の 牽 引 者 に 接 触 する 方 法... 5 新 車 / 中 古 車 とも 枠 にとらわれない 販 売 戦 略 を 考 える... 6 感 情 的 な 要 素 を 強 調 して 購 入 を 促 進 ( 特 にミレニ

目 次 はじめに/ 調 査 について...3 第 一 章 : 新 たな 需 要 の 牽 引 者 に 接 触 する 方 法... 5 新 車 / 中 古 車 とも 枠 にとらわれない 販 売 戦 略 を 考 える... 6 感 情 的 な 要 素 を 強 調 して 購 入 を 促 進 ( 特 にミレニ これからの 需 要 と マーケティング 世 界 の 需 要 拡 大 に 応 える4つの 戦 略 2014 年 4 月 Copyright 2014 The Nielsen Company 目 次 はじめに/ 調 査 について...3 第 一 章 : 新 たな 需 要 の 牽 引 者 に 接 触 する 方 法... 5 新 車 / 中 古 車 とも 枠 にとらわれない 販 売 戦 略 を 考 える...

More information

最近における中国の不動産価格の上昇について

最近における中国の不動産価格の上昇について -J- 最 近 における 中 国 の 不 動 産 価 格 の 上 昇 について 国 際 局 武 藤 一 郎 松 永 美 幸 上 山 聡 子 福 本 智 之 年 月 最 近 の 中 国 の 不 動 産 価 格 は 都 市 部 を 中 心 として 上 昇 が 顕 著 であり 中 国 政 府 も 過 熱 の 抑 制 に 向 け た 取 組 みを 強 化 してきている 不 動 産 取 引 の 実 需 動 向

More information

Microsoft Word - 56.2016GWの旅行動向.doc

Microsoft Word - 56.2016GWの旅行動向.doc JTB 広 報 室 140-8602 東 京 都 品 川 区 東 品 川 2-3-11 TEL.03-5796-5833 FAX.03-5796-5848 http://jtb.jp/ 2016 年 ゴールデンウィークの 旅 行 動 向 2016 年 第 56 号 (2016.4.5) 節 約 志 向 はあるものの 旅 行 の 意 欲 は 堅 調 海 外 旅 行 人 数 は 昨 年 より 2.8%

More information

経済・物価情勢の展望(2016年4月)

経済・物価情勢の展望(2016年4月) 2016 年 4 月 28 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2018 年 度 まで を 展 望 すると 当 面 輸 出 生

More information

TOPICs 南 北 アメリカ 大 陸 は 石 油 と 天 然 ガスの 貿 易 にとって 重 要 な 市 場 となっている by EIA 1 月 20 日 北 米 中 米 カリブ 海 南 米 をまとめてアメリカとすれば 世 界 の 石 油 と 天 然 ガスの 貿 易 にはアメリカは 大 きな 割 合

TOPICs 南 北 アメリカ 大 陸 は 石 油 と 天 然 ガスの 貿 易 にとって 重 要 な 市 場 となっている by EIA 1 月 20 日 北 米 中 米 カリブ 海 南 米 をまとめてアメリカとすれば 世 界 の 石 油 と 天 然 ガスの 貿 易 にはアメリカは 大 きな 割 合 週 刊 原 油 世 界 の 原 油 情 報 がここに 凝 縮 されています 毎 週 木 曜 日 午 後 発 行 NY 原 油 価 格 100ドル 超 え 発 行 日 : 2014/2/13 12 日 のNY 原 油 3 月 限 は+0.43ドル 高 の100.37ドル 米 エネルギー 情 報 局 (EIA) 統 計 でのガソリン 在 庫 の 予 想 外 の 減 少 や 受 渡 場 所 となるオクラホマ

More information

JCER 世 界 50ヶ 国 潜 在 力 調 査 2006 年 ( 要 約 ) 別 紙 1-1 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 セ ン タ ー Japan Center for Economic Research 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 12 位 に 浮

JCER 世 界 50ヶ 国 潜 在 力 調 査 2006 年 ( 要 約 ) 別 紙 1-1 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 セ ン タ ー Japan Center for Economic Research 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 12 位 に 浮 都 市 力 について 考 えましょう H20.3.21 春 夏 秋 冬 本 音 クラブ 話 題 提 供 者 安 達 司 郎 あなたは 今 の 日 本 を 東 京 をどんな 街 にしたいですか 都 市 力 とは 将 来 に 向 かっての 都 市 の 競 争 力 や 社 会 資 本 の 充 実 度 その 都 市 の 多 様 な 魅 力 の 総 合 力 と 仮 定 します 1. 今 日 の 議 論 のポイント

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378> 経 済 産 業 省 20140304 貿 局 第 4 号 輸 出 注 意 事 項 26 第 6 号 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 包 括 承 認 取 扱 要 領 を 次 のとおり 制 定 する 平 成 26 年 3 月 14 日 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 長 横 尾 英 博 包 括 承 認 取 扱 要 領 の 制 定 について 包 括 承 認 取 扱 要 領

More information

第 3 四 半 期 運 用 状 況 の 概 要 第 3 四 半 期 末 の 運 用 資 産 額 は 2,976 億 円 となりました 第 3 四 半 期 の 修 正 総 合 収 益 率 ( 期 間 率 )は +1.79%となりました なお 実 現 収 益 率 は +0.67%です 第 3 四 半 期

第 3 四 半 期 運 用 状 況 の 概 要 第 3 四 半 期 末 の 運 用 資 産 額 は 2,976 億 円 となりました 第 3 四 半 期 の 修 正 総 合 収 益 率 ( 期 間 率 )は +1.79%となりました なお 実 現 収 益 率 は +0.67%です 第 3 四 半 期 第 3 四 半 期 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 運 用 状 況 東 京 都 職 員 共 済 組 合 第 3 四 半 期 運 用 状 況 の 概 要 第 3 四 半 期 末 の 運 用 資 産 額 は 2,976 億 円 となりました 第 3 四 半 期 の 修 正 総 合 収 益 率 ( 期 間 率 )は +1.79%となりました なお 実 現 収 益 率 は +0.67%です

More information

北陸地域における住宅投資動向

北陸地域における住宅投資動向 213 年 3 月 25 日 日 本 銀 行 金 沢 支 店 北 陸 地 域 における 住 宅 投 資 動 向 [ 要 旨 ] 1. 北 陸 地 域 の 住 宅 投 資 動 向 をみると 新 設 住 宅 着 工 戸 数 は 211 年 度 下 期 以 降 弱 い 動 きが 続 いてきたものの 足 もとでは 214 年 4 月 および 215 年 1 月 の 消 費 引 き 上 げを 見 据 え た

More information

経済・物価情勢の展望(2016年1月)

経済・物価情勢の展望(2016年1月) 2016 年 1 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 1 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 輸 出 生 産 面 に 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 がみられるもの の 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2017 年 度 までを 展 望 すると 家 計 企 業 の 両 部 門 において 所 得 から

More information

見 通 し 株 式 債 券 為 替 [ 4 月 の 金 融 市 場 ] 4 月 の 日 経 平 均 株 価 は 前 月 比 -0.55%と 小 幅 安 となりました 月 末 の 日 銀 政 策 決 定 会 合 にて 新 たな 緩 和 策 が 検 討 さ れているとの 報 道 があったことから 日 経

見 通 し 株 式 債 券 為 替 [ 4 月 の 金 融 市 場 ] 4 月 の 日 経 平 均 株 価 は 前 月 比 -0.55%と 小 幅 安 となりました 月 末 の 日 銀 政 策 決 定 会 合 にて 新 たな 緩 和 策 が 検 討 さ れているとの 報 道 があったことから 日 経 Monthly Market Review 2016 年 5 月 KOSEI SECURITIES 4 月 マーケット 概 況 資 産 クラス 指 数 2 月 3 月 4 月 当 月 リターン 年 初 来 リターン 国 内 株 式 日 経 平 均 株 価 16,026.76 16,758.67 16,666.05-0.55% -12.44% マザーズ 指 数 838.67 1,020.80 1,131.56

More information

0 平 成 21 年 (2009 年 )4 月 9 日 NO.2009-6 無 利 子 国 債 について 考 える ~ 賛 否 両 論 あるなか 財 源 活 用 を 明 示 し 国 民 的 議 論 を わが 国 経 済 は 戦 後 最 悪 の 景 気 後 退 局 面 にあり 機 動 的 な 財 政 出 動 によって 景 気 の 更 なる 落 ち 込 みを 食 い 止 めることが 求 められている こうしたなか

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817993FA967B8CEA81698DC48DB791D694C5816A817A8A6D92E85F8DE096B18FC85F93FA8FD88BA6835A837E8369815B8E9197BF>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817993FA967B8CEA81698DC48DB791D694C5816A817A8A6D92E85F8DE096B18FC85F93FA8FD88BA6835A837E8369815B8E9197BF> 日 本 国 債 市 場 と 国 債 管 理 政 策 2012 年 10 月 12 日 ( 金 ) 財 務 省 大 臣 官 房 審 議 官 ( 理 財 局 担 当 ) 美 並 義 人 JGB 発 行 残 高 の 推 移 1990 年 代 の 公 共 事 業 費 の 増 加 近 年 の 社 会 保 障 費 の 増 加 による 歳 出 増 景 気 悪 化 や 減 税 による 税 収 減 により 国 の 債

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20975C966888E397C394C781408376838C835B83938E9197BF5F8DC58F49>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20975C966888E397C394C781408376838C835B83938E9197BF5F8DC58F49> 長 寿 大 国 日 本 の 予 防 医 療 ~ 健 康 に 長 生 きしよう~ ( 資 料 )http://www.sakucci.or.jp/pinkoro/index.html 公 益 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 センター 岡 圭 佑 ( 日 本 生 命 保 険 ) 松 木 拓 ( 八 十 二 銀 行 ) 皆 川 篤 (JR 東 海 ) 綿 貫 剛 ( 横 浜 銀 行 ) 高 齢 化

More information

Microsoft Word - 09d0306.DOC

Microsoft Word - 09d0306.DOC 09-D-0306 2009 年 6 月 10 日 タイヤ 業 界 の 動 向 と 格 付 けの 視 点 需 要 が 急 減 する 下 原 材 料 価 格 低 下 で 収 益 確 保 できるか はじめに 世 界 的 な 需 要 拡 大 を 背 景 に 原 材 料 価 格 高 騰 への 対 応 に 苦 慮 しつつも 高 成 長 を 享 受 してきたタイヤ 業 界 は 金 融 危 機 と 景 気 後 退

More information

明 治 大 学 2/5, 全 学 部 統 一 経 営 国 際 日 本 商 情 報 コミュニケーション 政 治 経 済 農 (1) 第 二 次 世 界 大 戦 の 戦 場 となったヨーロッパの 戦 後 復 興 は, 新 たな 国 家 間 の 枠 組 みの 形 成 と 並 行 して 進 め

明 治 大 学 2/5, 全 学 部 統 一 経 営 国 際 日 本 商 情 報 コミュニケーション 政 治 経 済 農 (1) 第 二 次 世 界 大 戦 の 戦 場 となったヨーロッパの 戦 後 復 興 は, 新 たな 国 家 間 の 枠 組 みの 形 成 と 並 行 して 進 め 1 2010 学 習 院 大 学 2/7 文 問 1 下 図 の 空 欄 1~3に 適 する 国 際 経 済 組 織 名 をアルファベットを 用 いた 略 称 で 答 えなさい また, 空 欄 4 ~8に 適 する 加 盟 国 名 を 答 えなさい 解 答 用 紙 記 述 問 2 EEC に 対 抗 して 発 足 し た EFTA の 現 在 の 加 盟 国 は, 設 立 当 時 と 大 きく 異

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション カンボジア 投 資 セミナー( 日 本 アセアンセンター 駐 日 カンボジア 王 国 大 使 館 主 催 ) カンボジアでのビジネスの 可 能 性 ~カンボジアへの 投 資 促 進 に 関 する 調 査 結 果 を 踏 まえて~ 2006 年 11 月 15 日 : 名 古 屋 11 月 17 日 : 東 京 JICAカンボジア 国 経 済 政 策 支 援 調 査 団 1 目 次 1. 調 査 の

More information

Microsoft Word - レポートフォーマット1

Microsoft Word - レポートフォーマット1 NYマーケットレポート(2015 年 3 月 13 日 ) NY 市 場 では 序 盤 に 発 表 された 米 生 産 者 物 価 指 数 が 予 想 外 の 悪 化 となり 4ヵ 月 連 続 のマイナスとなったことや ミシガン 大 学 消 費 者 信 頼 感 指 数 が 昨 年 11 月 以 来 4ヵ 月 ぶりの 低 水 準 となったことを 受 けて 米 経 済 に 対 する 楽 観 的 な 見

More information

Microsoft Word - insight0410jp[1]

Microsoft Word - insight0410jp[1] 2008 年 4 月 4 日 イーストヒル ジャパン 株 式 会 社 から ある 上 有 海 名 総 な 合 株 指 ストラテジストはある 数 はせいぜい4000 番 点 組 で でこう 底 打 ちと 言 った 思 ったが まさか 中 国 株 式 市 場 底 は の 今 下 ブルトレンドだろう だ ドル 円 100 割 れ G7 が 介 入 するか の 下 これは に 地 最 獄 近 があるとは 流

More information

平 成 の 全 国 の 税 関 における 関 税 法 違 反 事 件 の 取 締 り 状 況. 不 正 薬 物 等 不 正 薬 物 全 体 の 押 収 量 は 約 5kg( 前 比 8% 減 )と 連 続 で 減 少 したものの 5 連 続 で 5kg を 超 えた また 指 定 薬 物 が 関 税

平 成 の 全 国 の 税 関 における 関 税 法 違 反 事 件 の 取 締 り 状 況. 不 正 薬 物 等 不 正 薬 物 全 体 の 押 収 量 は 約 5kg( 前 比 8% 減 )と 連 続 で 減 少 したものの 5 連 続 で 5kg を 超 えた また 指 定 薬 物 が 関 税 平 成 8 月 日 財 務 省 財 務 省 は 平 成 の 間 に 全 国 の 税 関 が 空 港 や 港 湾 等 において 不 正 薬 物 の 密 輸 入 その 他 の 関 税 法 違 反 事 件 を 取 り 締 まった 実 績 をまとめましたのでお 知 らせします. 不 正 薬 物 等 報 道 発 表 指 定 薬 物 の 輸 入 してはならない 貨 物 への 追 加 に 伴 い 摘 発 件 数

More information

中国造船業における各国舶用品のシェアに関する調査報告書

中国造船業における各国舶用品のシェアに関する調査報告書 刊 行 によせて 一 般 社 団 法 人 日 本 舶 用 工 業 会 では 我 が 国 の 造 船 関 係 事 業 の 振 興 に 資 するために ボートレース 事 業 の 交 付 金 による 日 本 財 団 の 助 成 金 を 受 けて 造 船 関 連 海 外 情 報 収 集 及 び 海 外 業 務 協 力 事 業 を 実 施 しております その 一 環 としてジェトロ 関 係 海 外 事 務 所

More information

2030年までのエネルギー需給展望の見直し-2010年度改訂版総合エネルギー統計に準拠した試算結果の概要-

2030年までのエネルギー需給展望の見直し-2010年度改訂版総合エネルギー統計に準拠した試算結果の概要- ( 一 財 ) 電 力 中 央 研 究 所 社 会 経 済 研 究 所 ディスカッションペーパー(SERC Discussion Paper): SERC15001 2030 年 までのエネルギー 需 給 展 望 の 見 直 し -2010 年 度 改 訂 版 総 合 エネルギー 統 計 に 準 拠 した 試 算 結 果 の 概 要 - 星 野 優 子 永 田 豊 浜 潟 純 大 社 会 経 済 研

More information

<4D F736F F D D8282C692CA89DD93968BC782CC C D2E646F6378>

<4D F736F F D D8282C692CA89DD93968BC782CC C D2E646F6378> http://www.jbic.go.jp/ja/report/reference/index.html 2010 年 12 月 7 日 株 式 会 社 日 本 政 策 金 融 公 庫 国 際 協 力 銀 行 ロンドン 駐 在 員 事 務 所 ランド 高 と 通 貨 当 局 のジレンマ( 南 アフリカ) ~ 金 融 市 場 の 動 向 ~ 南 アフリカ 国 内 では ズマ 政 権 発 足 直 後 から

More information

2012 No

2012 No http://www.jri.co.jp グローバル 化 の 進 展 と 日 中 韓 自 動 車 産 業 013 年 7 月 19 日 No.013-1 円 安 ウォン 高 と 現 代 自 動 車 世 界 市 場 の 影 響 は 軽 微 韓 国 で 崩 れる 圧 倒 的 優 位 調 査 部 上 席 主 任 研 究 員 向 山 英 彦 要 点 円 安 ウォン 高 が 急 ピッチで 進 んだ 時 期 現

More information

次 にこれら 報 告 書 よりは 政 治 的 にも 経 済 的 にも 大 きな 影 響 を 与 えているものがブッシュ 大 統 領 の 一 般 教 書 である ブッシュ 大 統 領 は 昨 年 の 一 般 教 書 に 続 いて 今 年 の 一 般 教 書 でも 化 石 燃 料 である 石 油 への

次 にこれら 報 告 書 よりは 政 治 的 にも 経 済 的 にも 大 きな 影 響 を 与 えているものがブッシュ 大 統 領 の 一 般 教 書 である ブッシュ 大 統 領 は 昨 年 の 一 般 教 書 に 続 いて 今 年 の 一 般 教 書 でも 化 石 燃 料 である 石 油 への 2007 3 2 国 産 バイオ 燃 料 の 本 格 的 導 入 に 向 けて 水 田 の 活 用 推 進 をー 東 京 農 業 大 学 客 員 教 授 白 岩 宏 {Ⅰ} 地 球 温 暖 化 加 速 と 国 際 世 論 の 変 化 アメリカの 気 象 学 者 の 最 高 権 威 といわれるNASAのジェームス ハンセン 氏 は 地 球 温 暖 化 による 壊 滅 的 な 事 態 を 避 けるのに

More information

No.26_蜂屋氏cs5.indd

No.26_蜂屋氏cs5.indd 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 調 査 部 主 任 研 究 員 蜂 屋 勝 弘 目 次 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 3. 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影

More information

経済・物価情勢の展望(2015年10月)

経済・物価情勢の展望(2015年10月) 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2015 年 10 月 ) 2015 年 10 月 30 日 日 本 銀 行 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > 2017 年 度 までの 日 本 経 済 を 展 望 すると 2015 年 度 から 2016 年 度 にかけて 潜 在 成 長 率 を 上 回 る 成 長 を 続 けると 予 想 される 2017 年 度 にかけては 消 費 税 率 引 き 上

More information

平成24年度 業務概況書

平成24年度 業務概況書 平 成 27 年 度 第 3 四 半 期 厚 生 年 金 保 険 給 付 調 整 積 立 金 運 用 状 況 ( 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 ) 平 成 27 年 度 第 3 四 半 期 運 用 状 況 の 概 要 第 3 四 半 期 末 の 運 用 資 産 額 は 10 兆 1,895 億 円 となりました 第 3 四 半 期 の 修 正 総 合 収 益 率 ( 期 間 率 )は

More information

160603 World Employment and Social Outlook 2016(EJ)

160603 World Employment and Social Outlook 2016(EJ) WORLD EMPLOYMENT SOCIAL OUTLOOK 2016 Transforming jobs to end poverty 世 界 の 雇 用 及 び 社 会 の 見 通 し 2016 仕 事 を 変 化 させて 貧 困 を 終 わらせる International Labour Office Geneva 要 旨 大 半 の 国 では 過 去 20 年 間 に 貧 困 が 減 少

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20838A815B8367837D83938358838A815B32303136944E328C8E8D862E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20838A815B8367837D83938358838A815B32303136944E328C8E8D862E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> M リート マーケット マンスリー リート 不 動 産 を 中 心 に 運 用 を 行 う 投 資 信 託 正 式 英 語 名 称 は Real Estate Investment Trusts( 略 語 REIT) 情 報 提 供 資 料 2016 年 2 月 号 図 1 リート 市 場 動 向 S&P 先 進 国 REIT 指 数 ( 配 当 込 み) : 先 進 国 円 ベース 0 年 以 降

More information