ができたとしよう この 場 合 世 帯 数 要 因 は 東 京 での 増 加 と 秋 田 での 減 少 で 相 殺 されるためゼロと 考 える 同 時 に 住 居 を 必 要 としている 人 が 秋 田 県 に 引 っ 越 してその 住 宅 を 建 替 えた 場 合 には 建 替 え 要 因 として

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "ができたとしよう この 場 合 世 帯 数 要 因 は 東 京 での 増 加 と 秋 田 での 減 少 で 相 殺 されるためゼロと 考 える 同 時 に 住 居 を 必 要 としている 人 が 秋 田 県 に 引 っ 越 してその 住 宅 を 建 替 えた 場 合 には 建 替 え 要 因 として"

Transcription

1 みずほインサイト 日 本 経 済 216 年 1 月 4 日 今 後 の 住 宅 市 場 をどうみるか?1 住 宅 着 工 は22 年 代 に 6 万 戸 台 へ 経 済 調 査 部 エコノミスト 多 田 出 健 太 世 帯 数 建 替 え ミスマッチの3 要 因 から 住 宅 着 工 戸 数 の 長 期 予 測 を 行 った メインシナリオでは 213~18 年 が 年 間 84 万 戸 その 後 の1 年 間 は 概 ね 年 間 63 万 戸 となる 見 通 し サブシナリオとして 総 人 口 の 下 振 れ 上 振 れケースを 推 計 すると 219~28 年 の1 年 間 に 着 工 は それぞれ 年 間 55 万 戸 72 万 戸 となり メインシナリオから7~8 万 戸 程 度 上 下 に 振 れる なお 住 宅 残 存 率 を 低 めに 推 計 ( 建 替 え 需 要 の 増 加 )すると 219~28 年 の 着 工 は 最 大 で1 年 間 に 年 間 9 万 戸 まで 上 振 れるが 一 方 で 空 き 家 が 著 しく 増 加 することになる 1.はじめに 近 年 の 住 宅 着 工 戸 数 をみると 昨 年 の 消 費 税 率 引 き 上 げの 影 響 を 受 けて 振 れが 大 きくなっているほ か 215 年 1 月 の 相 続 税 改 正 も 貸 家 の 着 工 に 影 響 を 及 ぼしている 先 行 きについても 消 費 税 率 の 再 引 き 上 げ(217 年 4 月 )を 前 にした 駆 け 込 み 需 要 とその 後 の 反 動 から 変 動 が 増 幅 すると 予 想 される こ のように 税 制 の 影 響 で 住 宅 着 工 の 実 力 が 見 えにくい 状 況 が 続 くが 今 後 の 住 宅 市 場 を 展 望 する 上 では 潜 在 的 な 需 要 を 把 握 することが 不 可 欠 である 本 稿 では 住 宅 市 場 の 先 行 きに 関 する 分 析 の 第 一 弾 として 今 後 2 年 程 度 の 新 設 住 宅 着 工 の 長 期 予 測 を 行 う 2. 住 宅 着 工 の 長 期 予 測 (1) 住 宅 着 工 推 計 の 枠 組 み ある 時 期 の 住 宅 着 工 戸 数 は 1 前 期 からの 世 帯 数 の 変 化 ( 世 帯 数 要 因 )と 老 朽 化 などに 伴 う2 住 宅 ストックの 調 整 に 分 けて 考 えることができる さらに 住 宅 ストックの 調 整 は 取 り 壊 して 建 替 えら れる 場 合 ( 建 替 え 要 因 )と 住 宅 ストックと 居 住 ニーズとの 不 一 致 によって 新 たな 建 物 を 建 てる 場 合 (ミスマッチ 要 因 )の2つに 分 類 できる したがって 住 宅 着 工 戸 数 は(a) 世 帯 数 要 因 (b) 建 替 え 要 因 (c)ミスマッチ 要 因 の3つに 分 けられる( 次 ページ 図 表 1) 潜 在 的 な 需 要 を 考 えるにあたって は 人 口 動 態 すなわち 世 帯 数 要 因 の 影 響 が 強 く 意 識 されることが 多 いが 建 替 え 要 因 やミスマッチ 要 因 も 少 なからず 影 響 を 与 える 実 際 後 述 するように 今 後 の 住 宅 着 工 の 大 半 は 建 替 え 要 因 やミスマ ッチ 要 因 に 起 因 したものへと 変 わっていく 見 込 みである それぞれの 要 因 を 具 体 的 にみる 上 で 既 存 の 空 き 家 に 転 居 する 世 帯 はないと 仮 定 し 東 京 都 にいる 人 が 実 家 を 出 て 新 たに 住 居 を 必 要 としている 状 況 を 考 えよう この 人 が 東 京 都 に 新 築 住 宅 を 建 てた 場 合 着 工 は 世 帯 数 要 因 としてカウントする 同 じ 状 況 で 今 度 は 秋 田 県 で 高 齢 者 世 帯 の 住 宅 に 空 き 1

2 ができたとしよう この 場 合 世 帯 数 要 因 は 東 京 での 増 加 と 秋 田 での 減 少 で 相 殺 されるためゼロと 考 える 同 時 に 住 居 を 必 要 としている 人 が 秋 田 県 に 引 っ 越 してその 住 宅 を 建 替 えた 場 合 には 建 替 え 要 因 としてカウントする 一 方 秋 田 県 に 引 っ 越 すのが 難 しく 東 京 都 で 住 宅 を 建 築 した 場 合 にはミスマ ッチ 要 因 としてカウントする この 時 秋 田 県 の 住 宅 は 空 き 家 となる また 仮 に 秋 田 県 ではなく 東 京 都 で 住 宅 に 空 きが 出 た 場 合 でも その 住 宅 がワンルームの 間 取 りで 住 宅 を 必 要 としている 人 が2LDK を 望 むのであれば ワンルームの 住 宅 は 空 き 家 となり 新 たに2LDKの 住 宅 が 建 築 されることになる このように 住 宅 ストックが 住 宅 需 要 を 満 たしていても 需 要 と 供 給 の 不 一 致 から 生 じるミスマッチ 要 因 は 空 き 家 の 増 加 をもたらすことになる( 実 際 には 除 却 される 分 を 考 慮 する 必 要 がある) (2) 世 帯 数 の 変 化 個 々の 要 因 の 推 計 方 法 についてみていこう 世 帯 数 は 世 帯 人 員 ( 人 口 )と1 世 帯 当 たり 人 員 によって 決 まる 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 ( 以 下 社 人 研 )の 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 24 年 1 月 推 計 )による と 日 本 の 人 口 は 平 成 22(21) 年 国 勢 調 査 における1 億 2,86 万 人 から 22 年 に1 億 2,41 万 人 23 年 には1 億 1,662 万 人 になると 推 計 されている(ただし 出 生 中 位 ( 死 亡 中 位 ) 推 計 による) 平 成 27 年 国 勢 調 査 の 結 果 は 来 年 まで 待 たなければならないため 総 務 省 人 口 推 計 によって 足 元 の 状 況 を 確 認 すると 215 年 1 月 1 日 現 在 ( 概 算 値 )の 総 人 口 は1 億 2,69 万 人 となっている 社 人 研 の 予 測 をやや 上 回 っているものの 人 口 が 減 少 していることは 確 認 できる 一 方 社 人 研 の 世 帯 数 の 将 来 推 計 (213 年 1 月 推 計 )によれば 単 独 世 帯 の 増 加 に 伴 い 人 口 が 減 少 するなかでも 世 帯 総 数 は21 年 の5,184 万 世 帯 から 増 加 し 219 年 の5,37 万 世 帯 でピークを 迎 え る( 図 表 2) 単 独 世 帯 は23 年 まで 増 加 が 続 くと 予 測 されているが 核 家 族 世 帯 の 減 少 を 受 け 世 帯 総 数 は235 年 にかけてペースを 速 めながら 減 少 していく 見 通 しとなっている こうしたことから 世 帯 数 要 因 による 着 工 は28~13 年 の5 万 戸 から214~18 年 に 年 間 11 万 戸 へと 減 少 し 219~23 年 以 降 は これまでとは 逆 に 着 工 を 抑 制 する 要 因 となる 図 表 1 住 宅 着 工 推 計 の 枠 組 み 図 表 2 世 帯 数 の 見 通 し ( 万 世 帯 ) 5,5 世 帯 数 変 化 世 帯 数 要 因 5, 住 宅 着 工 住 宅 ストック 調 整 建 替 え 要 因 基 礎 的 需 要 4,5 4, 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 の 世 帯 数 の 将 来 推 計 (213 年 1 月 推 計 )よって 延 長 ミスマッチ 要 因 3,5 ( 資 料 )みずほ 総 合 研 究 所 3, ( 注 )5 年 ごとのデータは 線 形 補 完 で 各 年 の 値 を 算 出 ( 資 料 ) 国 土 交 通 省 住 宅 土 地 統 計 調 査 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 より みずほ 総 合 研 究 所 作 成 2

3 (3) 建 替 え 要 因 次 に 住 宅 ストックの 調 整 について 考 える 建 築 されてから 時 間 が 経 てば 住 宅 は 老 朽 化 などに 伴 い 建 替 える 必 要 が 生 じる 例 えば 198 年 代 に 建 てられた 居 住 世 帯 のある 木 造 住 宅 は 築 後 3~12 年 ( 平 均 7.5 年 ) 経 過 した 時 点 では699 万 戸 あったが その5 年 後 に 残 存 していたのは681 万 戸 であった 両 者 の 差 である18 万 戸 は この 間 に 建 替 えられたか 空 き 家 となったか 除 却 1 されたことになる ここでは 木 造 非 木 造 別 に 経 過 年 数 毎 の 残 存 率 を 算 出 し 残 存 率 が 過 去 15 年 間 のトレンドで 低 下 していくと 仮 定 して 将 来 の 残 存 戸 数 を 求 めた( 図 表 3 図 表 4) 残 存 戸 数 の 前 期 からの 減 少 分 はストック 調 整 によ る 着 工 戸 数 となるため そこからミスマッチ 要 因 ( 次 項 参 照 )を 控 除 したものが 建 替 え 要 因 となる 当 期 の 建 替 え 要 因 =( 前 期 の 残 存 戸 数 - 当 期 の 残 存 戸 数 )-ミスマッチ 要 因 建 替 え 要 因 に 関 しては 26 年 に 制 定 された 住 生 活 基 本 法 において 住 宅 政 策 が 量 から 質 へと 転 換 が 図 られ 29 年 6 月 に 長 期 優 良 住 宅 普 及 促 進 法 が 施 行 されたことが 注 目 される 質 の 高 い 住 宅 ストックを 形 成 し 適 切 な 管 理 維 持 補 修 を 継 続 的 に 行 い 超 長 期 にわたって 住 宅 を 利 用 する 方 針 が 掲 げられたため 211 年 以 降 の 物 件 については 233 年 まで 建 替 えは 行 われないとして 計 算 し た そのため 建 替 え 需 要 は 過 少 に 推 計 されている 可 能 性 がある なお 過 去 の 建 替 え 要 因 について も 上 記 と 同 様 の 方 法 で 求 めるのが 望 ましいが 残 存 率 のデータを 十 分 に 遡 ることが 難 しい 一 方 で 世 帯 数 や 空 き 家 数 の 変 化 は 正 確 に 把 握 できることから 過 去 分 については 世 帯 数 要 因 とミスマッチ 要 因 では 説 明 できない 部 分 を 建 替 え 要 因 とみなした (4)ミスマッチ 要 因 ミスマッチ 要 因 は 空 き 家 の 増 減 として 表 れるため 過 去 の 実 績 については 総 務 省 住 宅 土 地 統 計 調 査 から 空 き 家 数 の 前 期 差 を 計 算 すれば 良 い 一 方 将 来 分 の 推 計 については 総 住 宅 数 と 居 住 世 帯 の 差 として 求 められる ここで 総 住 宅 数 は 前 期 の 総 住 宅 数 に 住 宅 着 工 を 加 え 除 却 戸 数 を 引 い 図 表 3 住 宅 残 存 率 ( 木 造 ) 図 表 4 住 宅 残 存 率 ( 非 木 造 ) (%) 年 代 の 建 築 7 年 代 の 建 築 8 年 代 の 建 築 9 年 代 の 建 築 (%) 年 代 の 建 築 7 年 代 の 建 築 8 年 代 の 建 築 9 年 代 の 建 築 3~12 年 8~17 年 13~22 年 18~27 年 23~32 年 28~37 年 33~42 年 38~47 年 43~52 年 3~12 年 8~17 年 13~22 年 18~27 年 23~32 年 28~37 年 33~42 年 38~47 年 43~52 年 ( 経 過 年 数 ) ( 経 過 年 数 ) ( 注 ) 築 年 数 が3~12 年 の 残 存 率 を1とした 場 合 の 経 過 年 数 毎 の 残 存 率 ( 資 料 ) 総 務 省 住 宅 土 地 統 計 調 査 より みずほ 総 合 研 究 所 作 成 ( 注 ) 築 年 数 が3~12 年 の 残 存 率 を1とした 場 合 の 経 過 年 数 毎 の 残 存 率 ( 資 料 ) 総 務 省 住 宅 土 地 統 計 調 査 より みずほ 総 合 研 究 所 作 成 3

4 たものとして 計 算 出 来 る 総 住 宅 数 = 前 期 の 総 住 宅 数 + 当 期 の 住 宅 着 工 戸 数 - 除 却 戸 数 着 工 戸 数 は 世 帯 数 変 化 と 住 宅 ストック 要 因 で 算 出 し 除 却 戸 数 は 除 却 率 (( 着 工 - ストック 数 )/ 前 期 ストック)の 過 去 1 年 平 均 が 今 後 も 続 くと 仮 定 して 求 めた また 居 住 世 帯 のある 住 宅 は 概 ね 世 帯 数 と 一 致 するため 将 来 の 居 住 世 帯 については 世 帯 数 と 同 一 とした こうして 求 めた 空 き 家 数 の 増 減 が 将 来 のミスマッチ 要 因 による 着 工 戸 数 となる ミスマッチ 要 因 による 着 工 は 若 干 振 れが 大 きくトレンドが 読 みにくいが 過 去 年 と 比 べて 着 工 に 占 めるミスマッチ 要 因 の 割 合 が 高 まることは 間 違 いなさそうだ 過 去 年 平 均 は 12.8%だったが 今 後 2 年 平 均 は 57.7%まで 上 昇 し 224 年 以 降 は 65% 以 上 をミスマッチ 要 因 が 占 めることになる( 図 表 5) (5) 新 設 住 宅 着 工 予 測 上 記 3つの 要 因 を 足 し 合 わせると 将 来 の 住 宅 着 工 戸 数 が 求 まる 世 帯 数 要 因 に 建 替 え 要 因 を 加 えた ものを 新 設 住 宅 の 基 礎 的 需 要 とすると 過 去 においては 基 礎 的 需 要 に 起 因 するものが 着 工 戸 数 の 大 部 分 を 占 めていた( 図 表 6) しかし 22 年 以 降 は 世 帯 数 が 減 少 することに 伴 い 基 礎 的 需 要 は 大 きく 減 少 していく 一 方 で 高 齢 化 が 進 展 する 中 地 方 から 大 都 市 圏 への 人 口 流 入 が 続 くことで 住 宅 着 工 に 占 めるミスマッチ 要 因 は 拡 大 していくことになる 具 体 的 にみると 214~18 年 の 新 設 住 宅 着 工 は 年 間 84 万 戸 となり 28~13 年 の 86 万 戸 からほぼ 横 ばいとなりそうだ だが 22 年 から 世 帯 数 の 減 少 が 始 まることにより 219~23 年 以 降 は 新 設 住 宅 着 工 が 大 幅 に 減 少 する 見 通 しである 219~28 年 の 1 年 間 は 概 ね 年 間 6 万 戸 台 前 半 で 推 移 し 229 ~33 年 には 3 万 戸 台 前 半 まで 一 段 と 減 少 すると 予 測 される なお このシナリオの 下 では 空 き 家 数 が 213 年 の 82 万 戸 から 233 年 には 1,495 万 戸 に 達 し 同 じ 期 間 に 空 き 家 率 は 13.5%から 23.1% へ 上 昇 する 図 表 5 ミスマッチ 要 因 の 割 合 図 表 6 住 宅 着 工 予 測 (メインシナリオ) ( 万 戸 / 年 ) ミスマッチ 要 因 構 成 比 予 測 (%) ( 万 戸 / 年 ) ミスマッチ 要 因 基 礎 的 需 要 新 設 住 宅 着 工 予 測 ( 資 料 ) 国 土 交 通 省 住 宅 土 地 統 計 調 査 より みずほ 総 合 研 究 所 作 成 ( 資 料 ) 国 土 交 通 省 住 宅 土 地 統 計 調 査 より みずほ 総 合 研 究 所 作 成 4

5 3.ケース 分 けによる 住 宅 着 工 のサブシナリオ 以 上 が 住 宅 着 工 のメインシナリオだが 様 々な 前 提 を 置 いていることから 将 来 の 予 測 は 幅 を 持 って みる 必 要 がある ここでは 前 提 をいくつか 変 更 したサブシナリオについてシミュレーションしてみ たい 本 稿 のメインシナリオに 用 いた 世 帯 数 の 見 通 しは 社 人 研 の 世 帯 数 の 将 来 推 計 (213 年 1 月 推 計 ) である 世 帯 数 の 将 来 推 計 では 総 人 口 は 一 般 世 帯 人 員 と 施 設 等 の 世 帯 人 員 2 に 分 けられ 一 般 世 帯 人 員 を 平 均 世 帯 人 員 で 除 したものが 一 般 世 帯 数 となっている 推 計 の 前 提 となる 総 人 口 は 日 本 の 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 24 年 1 月 推 計 )の 出 生 中 位 ( 死 亡 中 位 ) 推 計 が 用 いられており ここでは 将 来 の 総 人 口 が 最 小 となる 出 生 低 位 ( 死 亡 高 位 )と 最 大 となる 出 生 高 位 ( 死 亡 低 位 )のケースを 考 える( 図 表 7) な お 総 人 口 に 占 める 一 般 世 帯 人 員 の 割 合 と 平 均 世 帯 人 員 については 出 生 中 位 ( 死 亡 中 位 ) 推 計 と 同 じ とする 出 生 低 位 ( 死 亡 高 位 )で 推 計 された 総 人 口 は 出 生 中 位 ( 死 亡 中 位 ) 推 計 と 比 べて22 年 が172 万 人 23 年 が344 万 人 一 般 世 帯 数 はそれぞれ79 万 世 帯 153 万 世 帯 減 少 する この 世 帯 数 見 通 しを 用 いて 住 宅 着 工 を 予 測 すると 214~18 年 は 年 間 74 万 戸 となり メインシナリオから1 万 戸 縮 小 する( 図 表 8) 219~28 年 の1 年 間 は 年 間 55 万 戸 229~33 年 には24 万 戸 となり メインシナリオから 年 間 7~8 万 戸 下 振 れする 結 果 となる 出 生 高 位 ( 死 亡 低 位 )で 推 計 された 総 人 口 は 出 生 中 位 ( 死 亡 中 位 ) 推 計 と 比 べて22 年 が169 万 人 23 年 が36 万 人 一 般 世 帯 数 はそれぞれ66 万 世 帯 156 万 世 帯 増 加 する この 世 帯 数 見 通 しを 用 いる と 214~18 年 は 年 間 9 万 戸 となり メインシナリオと 比 べて6 万 戸 拡 大 する 219~28 年 の1 年 間 は 年 間 72 万 戸 229~33 年 には38 万 戸 となり メインシナリオから 年 間 7~8 万 戸 程 度 上 振 れする 結 果 と なる 最 後 に 出 生 高 位 ( 死 亡 低 位 )の 世 帯 数 見 通 しを 用 いた 上 で 住 宅 残 存 率 を 低 めに 推 計 し より 多 く 図 表 7 シナリオ 別 世 帯 数 見 通 し 図 表 8 シナリオ 別 住 宅 着 工 予 測 (1 世 帯 ) 55, 54, 53, 52, 51, 5, 49, 出 生 中 位 ( 死 亡 中 位 ) 48, 出 生 低 位 ( 死 亡 高 位 ) 47, 出 生 高 位 ( 死 亡 低 位 ) 46, 45, ( 資 料 ) 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 より みずほ 総 合 研 究 所 作 成 ( 万 戸 / 年 ) メインシナリオ 6 世 帯 数 少 ない 世 帯 数 多 い 2 世 帯 数 多 い+ 残 存 率 低 い ( 資 料 ) 国 土 交 通 省 住 宅 土 地 統 計 調 査 より みずほ 総 合 研 究 所 作 成 5

6 の 建 替 えが 必 要 になる( 住 宅 需 要 が 一 段 と 増 加 する)ケースを 示 す メインシナリオでは 木 造 非 木 造 別 の 残 存 率 が 過 去 15 年 間 のトレンドで 低 下 していくと 仮 定 したが 2 年 代 に 入 ってから 住 宅 の 建 替 えが 低 迷 し 残 存 率 の 低 下 が 緩 やかになった 住 宅 寿 命 が 長 期 化 していることもあるが 所 得 の 伸 び 悩 みやリーマンショックによる 景 気 後 退 なども 影 響 して 建 替 えが 先 送 りされた 可 能 性 がある 各 年 代 の 建 築 において 木 造 非 木 造 別 の 残 存 率 が 経 過 年 数 の 全 期 間 におけるトレンド 3 で 低 下 して いくと 仮 定 すると 将 来 の 残 存 戸 数 が 減 少 し その 分 建 替 え 需 要 が 増 加 することになる この 場 合 214~18 年 の 着 工 は 年 間 124 万 戸 219~28 年 の1 年 間 は 年 間 88 万 戸 229~33 年 には54 万 戸 となり メインシナリオから 大 幅 に 上 振 れする 特 に 214~18 年 の 大 幅 増 が 目 立 つが これは6 年 代 ~8 年 代 に 建 築 された 大 量 の 木 造 住 宅 が 建 替 えられることになるためである 6 年 代 の 住 宅 は 築 5 年 以 上 が 経 過 していることなどから 膨 大 な 建 替 え 需 要 が 顕 在 化 しても 不 思 議 ではないが 問 題 はミスマッチ 要 因 つまり 空 き 家 が 著 しく 増 加 することである この 規 模 での 着 工 が 行 われた 場 合 除 却 率 を 高 めなければ233 年 の 空 き 家 数 は1,874 万 戸 となり 空 き 家 率 は26.7%まで 上 昇 することになる こうした 空 き 家 の 詳 しい 状 況 や 問 題 点 については 住 宅 市 場 の 先 行 きに 関 する 分 析 の 第 二 弾 として 議 論 する 1 取 り 壊 した 後 に 新 たに 住 宅 が 建 築 された 場 合 は 含 まず 取 り 壊 して 更 地 とされたり ほかの 用 途 に 転 換 された 場 合 のみの 戸 数 2 施 設 等 の 世 帯 人 員 とは 寮 寄 宿 舎 の 学 生 病 院 療 養 所 の 入 院 者 老 人 ホームの 入 所 者 などである 3 例 えば 6 年 代 に 建 てられた 住 宅 であれば 196 年 から 213 年 までのトレンドで 残 存 率 が 低 下 していくと 仮 定 した 一 方 メインシナリオでは いずれの 年 代 の 住 宅 も 直 近 15 年 間 のトレンドで 残 存 率 が 低 下 していくと 仮 定 した < 参 考 文 献 > 竹 内 一 雅 (2) 住 宅 需 要 の 長 期 予 測 世 帯 数 減 少 により 住 宅 需 要 鈍 化 へ ニッセイ 基 礎 REPORT ニッセイ 基 礎 研 究 所 2 年 9 月 当 レポートは 情 報 提 供 のみを 目 的 として 作 成 されたものであり 商 品 の 勧 誘 を 目 的 としたものではありません 本 資 料 は 当 社 が 信 頼 できると 判 断 した 各 種 データに 基 づき 作 成 されておりますが その 正 確 性 確 実 性 を 保 証 するものではありません また 本 資 料 に 記 載 された 内 容 は 予 告 なしに 変 更 されることもあります 6

経 済 調 査 部 エコノミスト 齋 藤 周 3-3591-1283 当 レポートは 情 報 提 供 のみを 目 的 として 作 成 されたものであり 商 品 の 勧 誘 を 目 的 としたものではあり ません 本 資 料 は 当 社 が 信

経 済 調 査 部 エコノミスト 齋 藤 周 3-3591-1283 当 レポートは 情 報 提 供 のみを 目 的 として 作 成 されたものであり 商 品 の 勧 誘 を 目 的 としたものではあり ません 本 資 料 は 当 社 が 信 みずほリポート 214 年 6 月 9 日 相 続 税 法 改 正 と 貸 家 着 工 税 制 改 正 が 貸 家 着 工 に 与 える 影 響 試 算 213 年 の 貸 家 着 工 は 前 年 比 +11.8%と 大 幅 に 増 加 低 金 利 や 住 宅 価 格 の 先 高 観 消 費 税 率 引 き 上 げに 伴 う 駆 け 込 みに 加 えて 213 年 度 税 制 改 正 で 決 定 した

More information

経済・物価情勢の展望(2015年4月)

経済・物価情勢の展望(2015年4月) 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2015 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > 2015 年 4 月 30 日 日 本 銀 行 2017 年 度 までの 日 本 経 済 を 展 望 すると 2015 年 度 から 2016 年 度 にか けて 潜 在 成 長 率 を 上 回 る 成 長 を 続 けると 予 想 される 2017 年 度 にかけ ては 消 費 税 率 引 き 上

More information

経済・物価情勢の展望(2015年10月)

経済・物価情勢の展望(2015年10月) 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2015 年 10 月 ) 2015 年 10 月 30 日 日 本 銀 行 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > 2017 年 度 までの 日 本 経 済 を 展 望 すると 2015 年 度 から 2016 年 度 にかけて 潜 在 成 長 率 を 上 回 る 成 長 を 続 けると 予 想 される 2017 年 度 にかけては 消 費 税 率 引 き 上

More information

Microsoft Word - エコノミスト便り 渡邊 160622.docx

Microsoft Word - エコノミスト便り 渡邊 160622.docx エコノミスト 便 り 6 年 6 三 井 住 友 アセットマネジメント シニアエコノミスト 渡 邊 誠 本 経 済 消 費 低 迷 の 背 景 を 探 る 浮 かび 上 がる 5 つの 要 因 雇 所 得 環 境 が 堅 調 な 割 に 個 消 費 が 冴 えないのは 何 故 か 個 消 費 低 迷 の 背 景 を 探 った 様 々な 経 済 統 計 を 分 析 していくと 可 処 分 所 得 の

More information

経済・物価情勢の展望(2016年1月)

経済・物価情勢の展望(2016年1月) 2016 年 1 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 1 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 輸 出 生 産 面 に 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 がみられるもの の 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2017 年 度 までを 展 望 すると 家 計 企 業 の 両 部 門 において 所 得 から

More information

公営地下鉄の建設資金と収益状況

公営地下鉄の建設資金と収益状況 Economic Report 公 営 地 下 鉄 の 建 設 資 金 と 収 益 状 況 ネットワーク 拡 大 から 収 益 向 上 へ 2012 年 5 月 17 日 全 14 頁 金 融 調 査 部 中 里 幸 聖 [ 要 約 ] わが 国 の 地 下 鉄 は 地 方 公 営 企 業 として 運 営 されている 場 合 がほとんどであり 札 幌 市 仙 台 市 東 京 都 横 浜 市 名 古

More information

Microsoft Word - N-20081110容積率.doc

Microsoft Word - N-20081110容積率.doc Economic Trends マクロ 経 済 分 析 レポート テーマ: 容 積 率 緩 和 が 住 宅 投 資 に 及 ぼす 影 響 発 表 日 :08 年 11 月 12 日 ( 水 ) ~20%の 緩 和 で 名 目 GDP1.3 兆 円 分 の 潜 在 需 要 創 出 ~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 主 席 エコノミスト 永 濱 利 廣 (03-5221-4531)

More information

Economic Indicators   定例経済指標レポート

Economic Indicators	  定例経済指標レポート Economic Trends マクロ 経 済 分 析 レポート 2014 年 度 新 車 販 売 の 行 方 発 表 日 :2014 年 1 月 24 日 ( 金 ) ~ 車 体 課 税 の 見 直 しの 効 果 はいかに?~ ( 要 旨 ) 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 担 当 エコノミスト 大 塚 崇 広 TEL:03-5221-4525 昨 年 12 月 に 平 成

More information

経済・物価情勢の展望(2016年7月)

経済・物価情勢の展望(2016年7月) 2016 年 7 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 7 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 先 行 きを 展 望 すると 暫 くの 間 輸 出 生 産 面

More information

経済・物価情勢の展望(2016年4月)

経済・物価情勢の展望(2016年4月) 2016 年 4 月 28 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2018 年 度 まで を 展 望 すると 当 面 輸 出 生

More information

日本経済見通し:何故、個人消費は低迷しているのか?

日本経済見通し:何故、個人消費は低迷しているのか? 日 本 経 済 予 測 Monthly 216 年 6 月 21 日 全 頁 日 本 経 済 見 通 し: 何 故 個 人 消 費 は 低 迷 して いるのか? 国 内 要 因 が 景 気 下 支 え 役 となるが 海 外 発 の 景 気 下 振 れリスクは 残 存 エコノミック インテリジェンス チーム 執 行 役 員 チーフエコノミスト 熊 谷 亮 丸 シニアエコノミスト 長 内 智 エコノミスト

More information

タイトル

タイトル Economic Trends マクロ 経 済 分 析 レポート テーマ:エンゲル 係 数 から 見 た 食 品 値 上 げの 影 響 発 表 日 :7 年 月 6 日 ( 火 ) ~ 家 計 負 担 増 +6,79 円 / 年 や 輸 入 増 を 通 じて 名 目 GDP 9,55 億 円 押 下 げ~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 担 当 永 濱 利 廣 (3-5-453)

More information

Microsoft Word - 103第Ⅱ章第2節.docx

Microsoft Word - 103第Ⅱ章第2節.docx 平 成 21 間 回 顧 住 宅 投 資 の 動 向 について 以 降 建 設 投 資 は 低 迷 しており その 中 で 住 宅 投 資 の 下 落 は 顕 著 である 21 12 月 の 新 設 住 宅 着 工 戸 数 は 前 同 月 比.7% 減 の 6.9 万 戸 と 前 比 マイナス は13カ 月 続 いており 21 では 前 比 27.9%の 78 万 841 戸 であった 8 万 戸

More information

Microsoft Word - 102第Ⅱ章第1節.docx

Microsoft Word - 102第Ⅱ章第1節.docx 悪 化 した 企 業 収 益 が 雇 用 と 所 得 に 与 える 影 響 国 内 の 消 費 は 政 府 の 景 気 対 策 の 効 果 もあって このところ 持 ち 直 しの 動 きが 続 いている が 雇 用 所 得 環 境 は 依 然 として 厳 しい 情 勢 が 続 いている 以 下 では 昨 年 末 以 降 の 景 気 後 退 による 製 造 業 を 中 心 とした 企 業 収 益 の

More information

減 少 率 ) と 平 均 余 命 の 伸 びを 勘 案 した 一 定 率 (0.3%) の 合 計 である スライド 調 整 率 を 差 し 引 いて 年 金 額 の 改 定 が 行 われる( 図 表 ) ただし マクロ 経 済 スライドが 完 全 に 実 施 されるのは 賃 金 や 物 価 があ

減 少 率 ) と 平 均 余 命 の 伸 びを 勘 案 した 一 定 率 (0.3%) の 合 計 である スライド 調 整 率 を 差 し 引 いて 年 金 額 の 改 定 が 行 われる( 図 表 ) ただし マクロ 経 済 スライドが 完 全 に 実 施 されるのは 賃 金 や 物 価 があ みずほインサイト 政 策 05 年 3 月 5 日 マクロ 経 済 スライド 初 めて 実 施 へ 05 年 度 の 年 金 額 は 0.9% 引 き 上 げ 政 策 調 査 部 上 席 主 任 研 究 員 堀 江 奈 保 子 03-359-308 naoko.horie@mizuho-ri.co.jp 05 年 度 の 年 金 改 定 率 は 現 役 人 口 の 減 少 や 平 均 余 命 の 伸

More information

1 福 岡 市 の 将 来 人 口 推 計 ( 基 礎 資 料 ) 平 成 24 年 3 月 福 岡 市 総 務 企 画 局 企 画 調 整 部 目 次 1 福 岡 市 の 人 口 動 向 1-1 人 口 及 び 世 帯 の 概 況 1 (1) 総 人 口 男 女 別 人 口 1 (2) 人 口 動 態 2 (3) 区 別 人 口 4 (4) 年 齢 階 層 別 (3 区 分 ) 人 口 5 (5) 昼

More information

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の 平 成 22 年 度 決 算 行 田 市 の 財 務 書 類 4 表 総 務 省 方 式 改 訂 モデル 平 成 24 年 3 月 行 田 市 目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体

More information

申 請 免 除 申 請 免 除 ( 学 生 以 外 ) 学 生 納 付 特 例 制 度 若 年 者 納 付 猶 予 制 度 法 定 免 除 世 帯 構 成 図 表 1 国 民 年 金 保 険 料 の 免 除 の 種 類 と 所 得 基 準 本 人 世 帯 主 配 偶 者 の 所 得 に 応 じて 免

申 請 免 除 申 請 免 除 ( 学 生 以 外 ) 学 生 納 付 特 例 制 度 若 年 者 納 付 猶 予 制 度 法 定 免 除 世 帯 構 成 図 表 1 国 民 年 金 保 険 料 の 免 除 の 種 類 と 所 得 基 準 本 人 世 帯 主 配 偶 者 の 所 得 に 応 じて 免 みずほインサイト 政 策 2014 年 3 月 6 日 国 民 年 金 保 険 料 の 免 除 者 が 増 加 懸 念 される 将 来 の 低 年 金 者 の 増 加 政 策 調 査 部 上 席 主 任 研 究 員 堀 江 奈 保 子 03-3591-1308 naoko.horie@mizuho-ri.co.jp 国 民 年 金 保 険 料 の 免 除 者 の 増 加 が 続 いており 2012

More information

2. 住 宅 の 建 て 方 構 造 中 野 区 と 23 区 の 住 宅 の 建 て 方 構 造 階 級 別 の 住 宅 割 合 ( 平 成 15 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 ) 中 野 区 中 野 区 23 区 平 均 23 区 平 均 木 造 防 火 木 造 非 木 造 木 造 防 火

2. 住 宅 の 建 て 方 構 造 中 野 区 と 23 区 の 住 宅 の 建 て 方 構 造 階 級 別 の 住 宅 割 合 ( 平 成 15 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 ) 中 野 区 中 野 区 23 区 平 均 23 区 平 均 木 造 防 火 木 造 非 木 造 木 造 防 火 1. 住 宅 数 居 住 世 帯 の 有 無 別 住 宅 数 ( 住 宅 土 地 統 計 調 査 ) 戸 200,000 150,000 171,990 21,230 (12.3%) 177,020 21,750 (12.3%) 179,620 20,820 (11.6%) 居 住 世 帯 なし 居 住 世 帯 あり 100,000 150,760 155,280 158,810 50,000 0

More information

No.26_蜂屋氏cs5.indd

No.26_蜂屋氏cs5.indd 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 調 査 部 主 任 研 究 員 蜂 屋 勝 弘 目 次 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 3. 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影

More information

資 料 10 山 梨 県 まち ひと し ごと 創 生 人 口 ビジョン ( 中 間 報 告 ) 山 梨 県 まち ひと しごと 創 生 人 口 ビジョン 中 間 報 告 山 梨 県 人 口 減 少 対 策 戦 略 本 部 平 成 27 年 6 月 目 次 1 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 1 2 人 口 の 現 状 分 析 (1) 人 口 動 向 分 析 総 人 口 2 自 然 増 減

More information

Microsoft Word - 16_2

Microsoft Word - 16_2 三 井 住 友 信 託 銀 行 調 査 月 報 213 年 8 月 号 ユーロ 圏 中 核 国 に 広 がる 経 済 悪 化 の 影 響 < 要 旨 > 昨 年 9 月 以 降 ユーロ 圏 の 金 融 市 場 は 落 ち 着 いているが 周 縁 国 のみならず 中 核 国 においても 実 体 経 済 の 悪 化 が 長 引 くと 銀 行 の 経 営 状 況 ひいては 金 融 システムの 安 定 性

More information

就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年

就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年 第 3 章 就 労 促 進 に 向 けた 労 働 市 場 の 需 給 面 及 び 質 面 の 課 題 には 解 雇 などの 在 職 者 に 対 する 雇 用 調 整 ではなく 所 定 外 労 働 時 間 の 削 減 とともに 新 規 採 用 をは じめとする 入 職 抑 制 を 選 択 する 傾 向 にあり この 傾 向 は 基 本 的 には 変 わっていないと 考 えられる こ のため バブル 崩

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63> 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 < 概 要 版 > 平 成 22 年 3 月 北 海 道 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 の 背 景 国 では 公 的 直 接 供 給 やフローを 重 視 する 住 宅 建 設 計 画 法 を 廃 止 し 平 成 18 年 6 月 に 新 たな 時 代 の

More information

Microsoft PowerPoint _Promotional_i_44号-3 中古住宅平成25年1月・住宅着工見通し

Microsoft PowerPoint _Promotional_i_44号-3 中古住宅平成25年1月・住宅着工見通し 213. 2. 22 ( 第 45 号 -1) 新 設 住 宅 着 工 見 通 し 213. 2. 15 ( 第 44 号 -3) 中 古 住 宅 平 成 25 年 1 月 の 動 向 213.2.22 ( 第 45 号 ) 新 設 住 宅 着 工 戸 数 の 見 通 し 1~12 月 期 GDP1 次 速 報 後 ( 注 ) 前 回 の 予 測 はPromotional i 33 号 (11/22)

More information

1 資 料 5 平 成 19 年 (2007 年 )12 月 11 日 中 野 区 の 住 宅 住 環 境 の 動 向 目 次 1. 人 口 と 世 帯 -1-2. 世 帯 の 構 成 -2-3.5 歳 階 級 別 人 口 の 構 成 -3-4. 年 少 人 口 の 推 移 -4-5.65 歳 以 上 人 口 の 推 移 -5-6. 転 入 転 出 世 帯 の 状 況 1 単 身 世 帯 -6-7. 転

More information

第 4 章 基 本 的 な 方 針 1 課 題 ⑴ 希 望 する 市 営 住 宅 に 入 居 できる 世 帯 は 限 られており 住 宅 困 窮 者 の 入 居 機 会 の 向 上 や 入 居 者 と 住 宅 困 窮 者 間 の 公 平 性 の 確 保 世 帯 人 員 数 と 住 戸 規 模 のミス

第 4 章 基 本 的 な 方 針 1 課 題 ⑴ 希 望 する 市 営 住 宅 に 入 居 できる 世 帯 は 限 られており 住 宅 困 窮 者 の 入 居 機 会 の 向 上 や 入 居 者 と 住 宅 困 窮 者 間 の 公 平 性 の 確 保 世 帯 人 員 数 と 住 戸 規 模 のミス 広 島 市 市 営 住 宅 マネジメント 計 画 基 本 方 針 編 ( 素 案 )< 概 要 版 > 平 成 26 年 8 月 広 島 市 住 宅 政 策 課 第 1 章 計 画 の 目 的 等 1 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 人 口 減 少 社 会 の 到 来 や 一 層 の 高 齢 化 の 進 展 が 見 込 まれること また 高 度 経 済 成 長 期 に 建 設 された 市 営

More information

ができないという 問 題 点 がある 足 元 一 年 の 投 融 資 等 の 増 加 については 株 高 や 円 安 による 時 価 上 昇 が 含 まれており その 点 は 割 り 引 いてみる 必 要 があろう 長 期 的 な 視 点 から 足 元 の 動 きを 評 価 するため 年 度 ベース

ができないという 問 題 点 がある 足 元 一 年 の 投 融 資 等 の 増 加 については 株 高 や 円 安 による 時 価 上 昇 が 含 まれており その 点 は 割 り 引 いてみる 必 要 があろう 長 期 的 な 視 点 から 足 元 の 動 きを 評 価 するため 年 度 ベース みずほインサイト 日 本 経 済 13 年 1 月 7 日 日 本 企 業 のマネーフローに 変 化 は みられるか みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 市 場 調 査 部 金 融 調 査 部 3-3591-18/3-3591-1351 13 年 7~9 月 期 における 日 本 企 業 の 資 金 運 用 ( 資 金 の 使 い 途 )は 大 企 業 では 投 融 資 の 増 加 を 背

More information

untitled

untitled 平 成 25 年 (213 年 )9 月 2 日 ローン 減 税 の 拡 充 と 消 費 税 率 引 き 上 げが 着 工 に 与 える 影 響 について 要 旨 214 年 4 月 に 予 定 される 消 費 税 率 引 き 上 げの 最 終 決 定 が いよいよ 1 月 の 初 旬 に 迫 ってきた 消 費 税 率 引 き 上 げは その 前 後 に 発 生 する 駆 け 込 み 需 要 と 反

More information

年収1,000万円前後の層に負担増が集中する

年収1,000万円前後の層に負担増が集中する 税 制 A to Z 2014 年 1 月 28 日 全 12 頁 年 収 1,000 万 円 前 後 の 層 に 負 担 増 が 集 中 する 平 成 26 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 所 得 税 )と 家 計 関 連 の 予 算 の 解 説 金 融 調 査 部 研 究 員 是 枝 俊 悟 [ 要 約 ] 本 稿 は 平 成 26 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 以 下 大 綱 )のうち

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義

都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義 コンサルティングレポート 2013 年 10 月 11 日 全 13 頁 都 市 鉄 道 利 便 増 進 事 業 の 現 状 と 政 策 的 意 義 コンサルティング ソリューション 第 一 部 主 任 コンサルタント 米 川 誠 [ 要 約 ] 本 年 3 月 20 日 阪 神 三 宮 駅 の 全 面 改 良 工 事 が 完 成 した これにより アクセス 性 向 上 乗 り 換 え 時 間 短

More information

Microsoft Word - 目次.doc

Microsoft Word - 目次.doc 宮 崎 県 の 住 宅 事 情 2010 年 宮 崎 県 県 土 整 備 部 建 築 住 宅 課 は じ め に 本 県 の 住 宅 事 情 は 量 的 には 概 ね 充 足 していますが 統 計 調 査 の 結 果 をみます と 様 々な 要 因 から 現 在 の 住 まいに 不 満 を 持 つ 世 帯 が28.1% 存 在 し バリアフリ ー 化 された 住 宅 の 割 合 が5.3% 新 耐

More information

昭 和 40 年 の 給 食 開 始 以 来 朝 霞 市 で は 共 同 調 理 場 方 式 により 給 食 業 務 を 行 っ てきたが 平 成 17 年 3 月 の 市 長 選 にお ける 現 市 長 の 選 挙 公 約 や 国 から 平 成 17 年 7 月 施 工 の 食 育 基 本 法 に

昭 和 40 年 の 給 食 開 始 以 来 朝 霞 市 で は 共 同 調 理 場 方 式 により 給 食 業 務 を 行 っ てきたが 平 成 17 年 3 月 の 市 長 選 にお ける 現 市 長 の 選 挙 公 約 や 国 から 平 成 17 年 7 月 施 工 の 食 育 基 本 法 に 総 務 文 教 常 任 委 員 会 行 政 視 察 報 告 書 平 成 25 年 7 月 17 日 焼 津 市 議 会 議 長 石 田 昭 夫 様 総 務 文 教 常 任 委 員 会 報 告 者 池 谷 和 正 下 記 の 通 り 視 察 調 査 を 行 いましたので 概 要 につきましてご 報 告 致 します 1 期 間 : 平 成 25 年 5 月 14 日 ( 火 )~15 日 ( 水 ) 2

More information

Microsoft Word - Ⅱ章.doc

Microsoft Word - Ⅱ章.doc Ⅱ. 公 営 住 宅 需 要 の 把 握 1. 公 営 住 宅 の 需 要 予 測 (1) 公 営 住 宅 需 要 予 測 ここでは 将 来 必 要 となる 公 営 住 宅 の 整 備 目 標 量 を 算 出 する なお 本 市 における 公 営 住 宅 の 需 要 予 測 を 行 うに 当 たっては 平 成 20 年 を 基 準 年 次 として 目 標 年 次 を 平 成 29 年 とする 以 下

More information

世 田 谷 区 将 来 人 口 の 推 計 26 年 2 月 世 田 谷 区 目 次 1 人 口 推 計 の 方 法 2 1.1 人 口 推 計 にあたり 2 1.2 推 計 方 法 3 2 世 田 谷 区 全 域 の 将 来 人 口 推 計 ( 日 本 人 のみ) 4 2.1 3つの 変 動 要 因 ( 出 生 死 亡 移 動 )の 将 来 値 設 定 4 2.2 総 人 口 と 男 女 別 人

More information

財 政 問 題 の 長 期 展 望 1 6 4 2-2 -4-6 -8-1 基 礎 的 財 政 収 支 の 長 期 予 測 中 央 政 府 地 方 政 府 ベース 一 般 政 府 ベース -12 198 199 2 21 22 23 24 ( 注 )マクロモデルによる 予 測 値 超 高 齢 日 本

財 政 問 題 の 長 期 展 望 1 6 4 2-2 -4-6 -8-1 基 礎 的 財 政 収 支 の 長 期 予 測 中 央 政 府 地 方 政 府 ベース 一 般 政 府 ベース -12 198 199 2 21 22 23 24 ( 注 )マクロモデルによる 予 測 値 超 高 齢 日 本 資 料 2 財 政 制 度 等 審 議 会 財 政 制 度 分 科 会 報 告 超 高 齢 日 本 における 政 府 財 政 の 課 題 と 長 期 展 望 株 式 会 社 大 和 総 研 調 査 提 言 企 画 室 長 鈴 木 準 hitoshi.suzuki@dir.co.jp 214 年 3 月 1 日 Japanese Economic Research 財 政 問 題 の 長 期 展 望

More information

以 降 はほぼ 横 ばいで 推 移 している( 図 表 1) 平 成 20 年 度 から 平 成 25 年 度 までの 過 去 6 年 間 の 医 療 法 人 の 経 営 状 況 について 収 支 の 状 況 をみてみると 医 業 収 益 対 医 業 利 益 率 ( 以 下 医 業 利 益 率 とい

以 降 はほぼ 横 ばいで 推 移 している( 図 表 1) 平 成 20 年 度 から 平 成 25 年 度 までの 過 去 6 年 間 の 医 療 法 人 の 経 営 状 況 について 収 支 の 状 況 をみてみると 医 業 収 益 対 医 業 利 益 率 ( 以 下 医 業 利 益 率 とい Research Report 2015 年 8 月 7 日 経 営 サポートセンター リサーチグループ 主 査 浅 野 俊 医 療 法 人 の 経 営 状 況 について( 平 成 20 年 度 - 平 成 25 年 度 ) 福 祉 医 療 機 構 のデータに 基 づき 平 成 20 年 度 から 平 成 25 年 度 までにわたる 医 療 法 人 の 経 営 状 況 について 経 年 分 析 を

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

債 務 の 変 動 による 後 発 債 務 として 基 金 発 足 直 後 から 5 年 ごとの 厚 生 年 金 保 険 本 体 の 改 正 による 死 亡 率 の 改 正 が 課 題 とされていたが これは 厚 生 年 金 基 金 持 ちとされ 利 差 益 など で 埋 め 合 わせるべきものとさ

債 務 の 変 動 による 後 発 債 務 として 基 金 発 足 直 後 から 5 年 ごとの 厚 生 年 金 保 険 本 体 の 改 正 による 死 亡 率 の 改 正 が 課 題 とされていたが これは 厚 生 年 金 基 金 持 ちとされ 利 差 益 など で 埋 め 合 わせるべきものとさ 厚 生 年 金 基 金 の 免 除 保 険 料 率 に 関 する 一 考 察 三 井 住 友 信 託 銀 行 ペンション リサーチ センター 研 究 理 事 杉 田 健 要 旨 厚 生 年 金 基 金 の 免 除 保 険 料 は 将 来 部 分 の 均 衡 のみによって 計 算 されており 予 定 利 率 の 引 下 げ 等 の 後 発 債 務 の 償 却 を 反 映 していないが 本 稿 では 後

More information

<4D F736F F D2091E682518FCD F5A91EE81458F5A8AC28BAB82CC8FF38BB52E646F63>

<4D F736F F D2091E682518FCD F5A91EE81458F5A8AC28BAB82CC8FF38BB52E646F63> 第 2 章 豊 中 市 の 住 宅 住 環 境 をとりまく 現 状 1 住 宅 住 環 境 の 状 況 1-1 人 口 世 帯 の 状 況 (1) 人 口 世 帯 数 人 口 は 今 後 減 少 傾 向 が 見 込 まれている 世 帯 数 は 緩 やかな 増 加 傾 向 がまだ 続 いているが 世 帯 の 小 規 模 化 が 進 行 している 人 口 は 昭 和 60 年 をピークに 漸 減 または

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208179485094C5817A4E6F2E32353295C48D9182C58D4C82AA82E98F8A93BE8A698DB782C697CD8BAD82B382F08C8782AD8CC2906C8FC194EF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208179485094C5817A4E6F2E32353295C48D9182C58D4C82AA82E98F8A93BE8A698DB782C697CD8BAD82B382F08C8782AD8CC2906C8FC194EF2E70707478> 今 月 のトピックス No.-( 年 月 日 ) 米 国 で 広 がる 所 得 格 差 と 力 強 さを 欠 く 個 人 消 費. 景 気 回 復 の 中 でも 米 国 の 個 人 消 費 は 力 強 さを 欠 く 米 国 の 個 人 消 費 は GDPの 割 を 占 め 経 済 成 長 を 牽 引 してきた しかし 9 年 第 四 半 期 に 始 ま る 現 在 の 景 気 拡 大 期 の 消 費

More information

市況トレンド

市況トレンド ( 公 社 ) 近 畿 圏 不 動 産 流 通 機 構 市 況 レポート 市 況 トレンド 1 ~ 月 期 の 近 畿 圏 市 場 1 ~ 月 期 の 近 畿 圏 市 場 は 中 古 マンション 成 約 件 数 が 減 少 する 一 方 中 古 戸 建 は 件 数 価 格 ともプラスとなり 堅 調 に 推 移 した 売 り 出 し 価 格 の 上 昇 傾 向 が 強 まる 中 古 マンションに 対

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63> 相 模 原 市 -20- 目 次 Ⅰ 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 2 計 画 の 位 置 付 けと 計 画 期 間 2 Ⅱ 保 育 所 の 現 状 と 課 題 3 1 保 育 需 要 の 増 加 3 2 保 育 需 要 の 多 様 化 3 3 地 域 の 子 育 て 支 援 4 4 施 設 老 朽 化 への 対 応 と 近 代 化 4 5 保 育

More information

(表紙)

(表紙) リーマンショック 前 後 における 横 浜 市 の 不 動 産 取 引 及 び 不 動 産 競 売 の 動 向 小 林 隆 志 小 林 隆 志 不 動 産 鑑 定 事 務 所 ( 表 紙 ) おはようございます 全 体 会 議 2にご 出 席 いただいた 多 くの 聴 衆 の 前 で 発 表 させてい ただけて 大 変 光 栄 に 存 じます 私 は 日 本 の 不 動 産 鑑 定 士 で 小 林

More information

Microsoft Word - 303 新季調方法.doc

Microsoft Word - 303 新季調方法.doc 所 得 階 級 別 にみる 消 費 の 変 化 について 家 計 の 所 得 を 勤 労 者 の 現 金 給 与 総 額 でみると 9 年 月 期 をピクに 減 少 に 転 じ た 後 年 79 月 期 を 底 にやや 持 ち 直 していたが 8 年 になって 伸 び 悩 みがみられ る 同 様 に 家 計 の 最 終 消 費 支 出 は 概 ね 右 肩 上 がりの 増 加 が 続 いていたが 8

More information

1. 消 費 の 低 迷 を 背 景 とした 日 本 経 済 の 停 滞 の 見 方 を 維 持 : 成 長 の 微 修 正 2015 年 度 は 前 年 度 の 落 ち 込 みを 回 復 せ ず 景 気 の 現 状 をみると 2015 年 度 の 実 質 GDP 1 は+0.8%となり 2 年 振

1. 消 費 の 低 迷 を 背 景 とした 日 本 経 済 の 停 滞 の 見 方 を 維 持 : 成 長 の 微 修 正 2015 年 度 は 前 年 度 の 落 ち 込 みを 回 復 せ ず 景 気 の 現 状 をみると 2015 年 度 の 実 質 GDP 1 は+0.8%となり 2 年 振 2016 年 5 月 24 日 新 生 銀 行 金 融 調 査 部 MRFRD-20160004 消 費 の 実 態 は 弱 く 景 気 は 停 滞 との 見 方 を 維 持 ~2016 2017 年 度 の 日 本 経 済 の 見 通 し~ 実 質 GDP の 予 想 2016 年 度 ( 増 税 あり) 0.5% ( 増 税 なし) 0.5% 2017 年 度 ( 増 税 あり) 0.3% (

More information

39_1

39_1 三 井 住 友 信 託 銀 行 調 査 月 報 215 年 7 月 号 高 齢 化 財 政 悪 化 が 変 える 個 人 消 費 構 造 < 要 旨 > 日 本 では 年 金 受 給 者 数 が 給 与 所 得 者 数 の 約 7 割 に 達 し 高 齢 者 が 消 費 全 体 に 与 え る 影 響 は 年 々 増 してきている 214 年 は 給 与 所 得 環 境 が 改 善 したにもかかわらず

More information

企業年金の先行きは縮小か、普及・拡大か

企業年金の先行きは縮小か、普及・拡大か 金 融 資 本 市 場 215 年 9 月 3 日 全 1 頁 企 業 年 金 の 先 行 きは 縮 小 か 普 及 拡 大 か 厚 生 年 金 基 金 と 同 時 に DB DC においても 全 体 的 な 見 直 しが 進 む 金 融 調 査 部 研 究 員 佐 川 あぐり [ 要 約 ] 214 年 4 月 に 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための

More information

これまでに 策 定 された 地 方 人 口 ビジョン と 地 方 版 総 合 戦 略 をみると 総 じて 2060 年 に1 億 人 程 度 の 人 口 を 維 持 するという 国 の 方 針 を 踏 まえた 内 容 となっている すなわち 長 期 的 に 各 自 治 体 の 人 口 流 出 に 歯

これまでに 策 定 された 地 方 人 口 ビジョン と 地 方 版 総 合 戦 略 をみると 総 じて 2060 年 に1 億 人 程 度 の 人 口 を 維 持 するという 国 の 方 針 を 踏 まえた 内 容 となっている すなわち 長 期 的 に 各 自 治 体 の 人 口 流 出 に 歯 みずほインサイト 政 策 2015 年 11 月 27 日 地 方 圏 での 戦 略 型 企 業 誘 致 地 場 産 業 と 連 携 した 誘 致 による 自 立 的 発 展 が 有 効 政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 上 村 未 緒 03-3591-1336 mio.uemura@mizuho-ri.co.jp 地 方 創 生 の 一 環 として 推 進 される 雇 用 創 出 の 代 表

More information

2 本 市 における 最 低 居 住 面 積 水 準 未 満 世 帯 の 割 合 は 6.1%です 借 家 では 13.7%となっ ており 高 い 割 合 を 占 めています 最 低 居 住 面 積 水 準 誘 導 居 住 面 積 水 準 状 況 別 主 世 帯 の 割 合 最 低 居 住 面 積

2 本 市 における 最 低 居 住 面 積 水 準 未 満 世 帯 の 割 合 は 6.1%です 借 家 では 13.7%となっ ており 高 い 割 合 を 占 めています 最 低 居 住 面 積 水 準 誘 導 居 住 面 積 水 準 状 況 別 主 世 帯 の 割 合 最 低 居 住 面 積 第 2 章 佐 賀 市 の 住 宅 の 現 状 と 課 題 1. 住 宅 住 環 境 の 現 状 (1) 人 口 世 帯 数 と 住 宅 事 情 1 本 市 の 人 口 は 7 年 の 246,674 人 をピークに 減 尐 に 転 じており 15 年 間 で 約 9,000 人 減 尐 しています 今 後 も 減 尐 傾 向 と 推 計 されています また 本 市 の 世 帯 数 は 27 年 まで

More information

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 名 古 屋 市 アセットマネジメント 基 本 方 針 平 成 21 年 3 月 名 古 屋 市 目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 備 保

More information

わが国生命保険会社のバランスシート構造と国債投資

わが国生命保険会社のバランスシート構造と国債投資 日 銀 レビュー -J- わが 国 生 命 会 社 のバランスシート 構 造 と 国 債 投 資 Bank of Japan Review 金 融 機 構 局 菅 和 聖 倉 知 善 行 福 田 善 之 * 西 岡 慎 一 年 月 生 命 会 社 ( 生 )では 長 期 有 を 目 的 とした 国 債 投 資 が 多 い とりわけ 最 近 では 生 の 超 長 期 国 債 有 が 大 きく 増 加

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63> 平 成 26 年 度 和 歌 山 市 各 会 計 歳 入 歳 出 決 算 審 査 意 見 書 ( 公 営 企 業 会 計 を 除 く ) 和 歌 山 市 監 査 委 員 和 監 査 第 6 6 号 平 成 27 年 8 月 27 日 (2015 年 ) 和 歌 山 市 長 尾 花 正 啓 様 和 歌 山 市 監 査 委 員 伊 藤 隆 通 同 上 森 田 昌 伸 同 上 寒 川 篤 同 上 奥 山

More information

Microsoft Word - 20160407 経済 インド・利下げ.docx

Microsoft Word - 20160407 経済 インド・利下げ.docx グローバル マクロ トピックス 01/ /7 投 資 情 報 部 シニアエコノミスト 折 原 豊 水 インド 中 銀 は 利 下 げ 実 施 底 堅 いルピー インド 準 備 銀 行 は 月 会 合 で 政 策 金 利 (レポ)を0.% 引 き 下 げ.0%に 事 前 の 市 場 予 想 通 りの 結 果 利 下 げの 理 由 として 物 価 見 通 しの 安 定 や 投 資 等 の 弱 含 み 1

More information

<926E88E68F5A91EE8C7689E6816990E591E48E7381408356815B8367825081608253816A816993C192E88C7689E6816A2E786C73>

<926E88E68F5A91EE8C7689E6816990E591E48E7381408356815B8367825081608253816A816993C192E88C7689E6816A2E786C73> 社 会 資 本 総 合 整 備 計 画 ( 特 定 計 画 ) 地 域 住 宅 計 画 ( 第 11 回 変 更 ) せ ん だ い ち い き 仙 台 地 域 せんだい 平 成 24 年 1 月 地 域 住 宅 計 画 計 画 の 名 称 仙 台 地 域 都 道 府 県 名 宮 城 県 作 成 主 体 名 計 画 期 間 平 成 17 年 度 ~ 24 年 度 1. 地 域 の 住 宅 政 策 の

More information

広角視点: 名目マイナス金利のプラス効果; ホセ・ビニャルス、 サイモン・グレイ、 ケリー・エコールド; 2016年4月10日

広角視点: 名目マイナス金利のプラス効果; ホセ・ビニャルス、 サイモン・グレイ、 ケリー・エコールド; 2016年4月10日 広 角 視 点 : 名 目 マイナス 金 利 のプラス 効 果 ホセ ビニャルス サイモン グレイ ケリー エコールド 2016 年 4 月 10 日 成 長 見 通 しとインフレ 率 への 重 大 なリスクが 認 識 される 中 で IMF は 一 部 の 中 央 銀 行 が 実 施 した マイナス 政 策 金 利 を 支 持 しています このような 大 胆 な 政 策 は 過 去 に 例 がなく

More information

子ども手当見直しによる家計への影響~高所得者層の可処分所得は大幅減少に

子ども手当見直しによる家計への影響~高所得者層の可処分所得は大幅減少に ニッセイ 基 礎 研 究 所 No.2011-02 Aug 2011 見 直 しによる 家 への 影 響 ~ 高 所 得 者 層 の 可 処 分 所 得 は 大 幅 減 少 に 経 済 調 査 部 門 研 究 員 桑 畠 滋 (くわはた しげる) (03)3512-1838 kuwahata@nli-research.co.jp [ 要 旨 ] 民 主 自 民 公 明 3 党 は を 見 直 し 2012

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203281408F4390B336338D8682CD82B682DF82C92E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203281408F4390B336338D8682CD82B682DF82C92E646F6378> 一 般 財 団 法 人 建 設 経 済 研 究 所 は1982 年 ( 昭 和 57 年 )9 月 1 日 に 設 立 され 我 が 国 の 国 民 生 活 の 安 全 安 心 や 社 会 経 済 情 勢 の 変 化 に 対 応 した 国 土 づくりや 経 済 基 盤 整 備 の 担 い 手 として 今 後 益 々 重 要 になると 思 われる 建 設 産 業 の 役 割 について その 内 容 を

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3236944E926E89BF8CF68EA682CC93AE8CFC816998418D8789EF92F18F6F8CB48D65816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3236944E926E89BF8CF68EA682CC93AE8CFC816998418D8789EF92F18F6F8CB48D65816A> 平 成 26 年 地 価 公 示 における 県 内 の 地 価 動 向 ( 大 分 県 ) 1. 大 分 県 の 経 済 概 況 大 分 県 内 の 景 気 は 一 部 に 弱 めの 動 きもみられるが 緩 やかに 持 ち 直 しの 動 きが 広 が りつつあ 最 終 需 要 面 をみると 個 人 消 費 は 雇 用 所 得 環 境 において 厳 しい 情 勢 が 続 く 中 株 価 上 昇 に 伴

More information

最近における中国の不動産価格の上昇について

最近における中国の不動産価格の上昇について -J- 最 近 における 中 国 の 不 動 産 価 格 の 上 昇 について 国 際 局 武 藤 一 郎 松 永 美 幸 上 山 聡 子 福 本 智 之 年 月 最 近 の 中 国 の 不 動 産 価 格 は 都 市 部 を 中 心 として 上 昇 が 顕 著 であり 中 国 政 府 も 過 熱 の 抑 制 に 向 け た 取 組 みを 強 化 してきている 不 動 産 取 引 の 実 需 動 向

More information

Microsoft Word - 20074501.doc

Microsoft Word - 20074501.doc 制 度 の 持 続 可 能 性 と 世 代 間 格 差 が 問 われる 年 金 財 政 -2004 年 年 金 制 度 改 革 の 再 評 価 - 前 予 算 委 員 会 調 査 室 渡 邊 啓 輝 1.はじめに 近 年 高 齢 化 の 進 展 等 の 要 因 により 社 会 保 障 給 付 費 の 増 加 が 続 いており 社 会 保 障 財 政 は 逼 迫 の 一 途 を 辿 っている とりわけ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E5959D82C889FC915082AA8CA98D9E82DC82EA82E98CD9977095DB8CAF8DE090AD8169936EE7B28C5B8B50816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E5959D82C889FC915082AA8CA98D9E82DC82EA82E98CD9977095DB8CAF8DE090AD8169936EE7B28C5B8B50816A2E646F63> 大 幅 な 改 善 が 見 込 まれる 雇 用 保 険 財 政 ~ 弾 力 条 項 発 動 による 保 険 料 率 引 下 げの 可 能 性 ~ 予 算 委 員 会 調 査 室 渡 邊 啓 輝 1.はじめに 現 在 第 14 循 環 の 景 気 拡 張 局 面 は4 年 を 経 過 し 平 成 景 気 ( 谷 : 昭 和 61 年 11 月 山 : 平 成 3 年 2 月 )を 超 える 息 の 長

More information

<32303135313130355F8BD595BD92AC906C8CFB83728357838783932E786477>

<32303135313130355F8BD595BD92AC906C8CFB83728357838783932E786477> 琴 平 町 人 口 ビジョン 平 成 27 年 1 月 琴 平 町 目 次 1 章 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 1 1.1 人 口 ビジョンの 策 定 の 目 的... 1 1.2 人 口 ビジョンの 期 間... 1 2 章 人 口 の 現 状 分 析... 2 2.1 人 口 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移 と 将 来 推 計... 2 (2) 年 齢 3

More information

192 1925 193 1935 194 1945 195 1955 196 1965 197 1975 198 1985 199 1995 2 25 21 215 22 225 23 235 24 245 25 255 26 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 1 人

192 1925 193 1935 194 1945 195 1955 196 1965 197 1975 198 1985 199 1995 2 25 21 215 22 225 23 235 24 245 25 255 26 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 1 人 北 海 道 人 口 ビジョン 骨 子 全 体 構 成 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 1 人 口 動 向 分 析 (1) 時 系 列 による 人 口 動 向 分 析 1 年 齢 3 区 分 別 人 口 の 推 移 と 将 来 推 計 2 自 然 増 減 ( 出 生 死 亡 )の 推 移 (ⅰ) 出 生 数 死 亡 数 の 推 移 (ⅱ) 出 生 数 合 計 特 殊 出 生 率 の 推 移 3 社 会

More information

日本における介護保険の現状と課題

日本における介護保険の現状と課題 日 本 における 介 護 保 険 の 現 状 とアクチュアリー 的 な 課 題 要 旨 近 年 日 本 では 医 療 技 術 の 進 歩 などにより 平 均 寿 命 が 伸 び 続 けており 現 在 世 界 で 最 も 平 均 寿 命 が 長 い 国 となっている しかし 高 齢 者 の 数 が 増 加 する 一 方 ライフスタイルの 変 化 など により 出 生 率 は 減 少 傾 向 にあり 人

More information

消費増税及び相続税強化による住宅市場への影響~市場に多大な影響を及ぼさない課税のあり方を模索すべき~

消費増税及び相続税強化による住宅市場への影響~市場に多大な影響を及ぼさない課税のあり方を模索すべき~ ニッセイ 基 礎 研 究 所 基 礎 研 レポート -- 消 費 税 及 び 相 続 税 強 化 による 住 宅 市 場 への 影 響 ~ 市 場 に 多 大 な 影 響 を 及 ぼさない 課 税 のあり 方 を 模 索 すべき ~ 社 会 研 究 部 上 席 研 究 員 篠 原 二 三 夫 -79 fshino@nli-research.co.jp はじめに 社 会 保 障 の 安 定 財 源 の

More information

2000 年 12 月 輸 出 の 減 速 によりテンポはやや 鈍 化 しているものの 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2001 年 1 月 緩 やかな 回 復 を 続 けているが そのテンポは 輸 出 の 減 速 により 鈍 化 している 2001 年 2 月 緩 やかな 回 復 を 続 け

2000 年 12 月 輸 出 の 減 速 によりテンポはやや 鈍 化 しているものの 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2001 年 1 月 緩 やかな 回 復 を 続 けているが そのテンポは 輸 出 の 減 速 により 鈍 化 している 2001 年 2 月 緩 やかな 回 復 を 続 け 景 気 総 括 判 断 の 推 移 東 京 短 資 株 式 会 社 市 場 調 査 室 前 月 に 比 べ 上 方 修 正 下 方 修 正 不 変 をそれぞれ に 対 応 させてある 2016/7/29 修 正 景 気 の 総 括 判 断 金 融 市 場 の 調 節 方 針 等 1998 年 1 月 停 滞 色 の 強 い 状 況 にある 1998 年 2 月 景 気 は 停 滞 を 続 けている

More information

mizuho-topics cc.indd

mizuho-topics cc.indd 215 7July トピック1 賃 料 上 昇 の 動 きが 弱 いビル 市 況 2 トピック2 J-REITにおける 物 件 売 却 の 動 向 6 マンリーウォッチャー 国 立 大 学 法 人 が 不 要 土 地 等 の 資 産 処 分 を 推 進 8 東 京 都 心 5 区 のビルの 空 室 率 は212 年 6 月 をピークに 低 下 が 続 いていますが 賃 料 上 昇 の 動 きは 弱

More information

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477>

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477> 平 成 26 年 度 (2014 年 度 ) 豊 島 区 当 初 予 算 の 概 要 平 成 26 年 3 月 豊 島 区 - 目 次 - 1 編 成 方 針 1 2 財 政 規 模 2 3 26 年 度 予 算 の 特 徴 3 4 歳 入 の 概 要 4 5 歳 出 の 概 要 6 6 消 費 税 率 引 き 上 げに 伴 う 区 財 政 への 影 響 12 7 基 金 と 起 債 の 残 高 15

More information

超高齢社会に向けた家計金融資産運用

超高齢社会に向けた家計金融資産運用 特 集 超 高 齢 日 本 の 再 構 想 中 里 幸 聖 / 佐 川 あぐり/ 中 田 理 惠 要 約 超 高 齢 社 会 となるわが 国 は 家 計 の 金 融 資 産 の 減 少 要 因 を 抱 えている 家 計 の 金 融 資 産 の 減 少 は 最 終 需 要 にマイナス 要 素 であると 同 時 に 実 物 投 資 の 原 資 減 少 という 形 で 生 産 活 動 にもマイナス 要 素

More information

第1章 甘楽町人口ビジョン

第1章 甘楽町人口ビジョン 第 1 章 甘 楽 町 口 ビジョン 1. 甘 楽 町 口 ビジョンの 位 置 づけ 国 県 の 口 ビジョンを 勘 案 しつつ 甘 楽 町 における 口 の 現 状 を 分 析 し 口 に 関 する 町 民 の 認 識 を 共 有 し 今 後 目 指 すべき 将 来 の 方 向 と 口 の 将 来 展 望 を 掲 示 する ものです この 甘 楽 町 口 ビジョンは 甘 楽 町 版 総 合 戦 略

More information

はじめに 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 では 学 校 施 設 が 子 どもの 命 を 守 っただ けでなく 多 くの 施 設 が 避 難 所 としても 機 能 しました 学 校 は 地 域 のコミュニティの 中 心 であり 防 災 拠 点 の 役 割

はじめに 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 では 学 校 施 設 が 子 どもの 命 を 守 っただ けでなく 多 くの 施 設 が 避 難 所 としても 機 能 しました 学 校 は 地 域 のコミュニティの 中 心 であり 防 災 拠 点 の 役 割 学 校 施 設 整 備 計 画 ( 第 3 次 ) 丹 波 市 立 新 井 小 学 校 完 成 予 想 図 丹 波 市 教 育 委 員 会 丹 波 市 建 設 部 はじめに 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 では 学 校 施 設 が 子 どもの 命 を 守 っただ けでなく 多 くの 施 設 が 避 難 所 としても 機 能 しました 学 校 は 地 域

More information

目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章

目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章 九 度 山 町 人 口 ビジョン 平 成 28 年 3 月 和 歌 山 県 九 度 山 町 目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章 将 来

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

小山市保育所整備計画

小山市保育所整備計画 第 1 章 計 画 策 定 にあたり 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 (1) 本 格 的 な 少 子 化 時 代 の 到 来 近 年 合 計 特 殊 出 生 率 の 急 速 な 低 下 とともに 総 人 口 が 減 少 傾 向 にあるなど 我 が 国 は 本 格 的 な 少 子 化 時 代 を 迎 えようとしています 少 子 化 の 進 行 は 家 族 生 活 や 地 域 社 会 の 変 容 のほか

More information

1 不 動 産 天 気 予 報 1 概 況 全 用 途 ベースでの213 年 12 月 末 時 点 の 天 気 は くもり だが 214 年 は 上 期 下 期 ともに 晴 れ 時 々くもり となり 回 復 に 向 かう 予 報 となっ た 用 途 別 では レジデンス 物 流 施 設 は 前 回

1 不 動 産 天 気 予 報 1 概 況 全 用 途 ベースでの213 年 12 月 末 時 点 の 天 気 は くもり だが 214 年 は 上 期 下 期 ともに 晴 れ 時 々くもり となり 回 復 に 向 かう 予 報 となっ た 用 途 別 では レジデンス 物 流 施 設 は 前 回 不 動 産 市 場 動 向 RealEstate Market Status 214 Spring 1 不 動 産 天 気 予 報 1 概 況 全 用 途 ベースでの213 年 12 月 末 時 点 の 天 気 は くもり だが 214 年 は 上 期 下 期 ともに 晴 れ 時 々くもり となり 回 復 に 向 かう 予 報 となっ た 用 途 別 では レジデンス 物 流 施 設 は 前 回 に

More information

はじめに 我 が 国 の 精 神 障 害 者 を 巡 る 状 況 は ノーマライゼーション 理 念 の 浸 透 のもと 精 神 病 院 における 入 院 治 療 を 主 とした 処 遇 から 早 期 社 会 復 帰 の 支 援 へと 大 きく 転 換 しようとしています また 現 代 は こころの

はじめに 我 が 国 の 精 神 障 害 者 を 巡 る 状 況 は ノーマライゼーション 理 念 の 浸 透 のもと 精 神 病 院 における 入 院 治 療 を 主 とした 処 遇 から 早 期 社 会 復 帰 の 支 援 へと 大 きく 転 換 しようとしています また 現 代 は こころの 県 立 友 部 病 院 改 築 整 備 検 討 委 員 会 検 討 結 果 報 告 平 成 15 年 9 月 県 立 友 部 病 院 改 築 整 備 検 討 委 員 会 はじめに 我 が 国 の 精 神 障 害 者 を 巡 る 状 況 は ノーマライゼーション 理 念 の 浸 透 のもと 精 神 病 院 における 入 院 治 療 を 主 とした 処 遇 から 早 期 社 会 復 帰 の 支 援 へと

More information

第2部-6.indd

第2部-6.indd 第 6 章 金 融 保 険 業 第 6 章 金 融 保 険 業 1 金 融 保 険 業 の 概 況 (1) 再 編 が 進 む 金 融 保 険 業 金 融 保 険 業 は 金 融 取 引 の 規 制 緩 和 を 背 景 に 銀 行 業 や 証 券 業 保 険 業 等 の 業 態 の 垣 根 を 越 えて 収 益 力 の 高 い 金 融 コングロマリット( 複 合 企 業 )を 目 指 す 時 代 に

More information

目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 本 町 の 人 口 の 現 状 1 人 口 の 推 移 (1) 総 人 口 年 齢 3 区 分 別 人 口 2 (2) 自 然 増 減 3 (3) 社 会 増 減 5 2 将 来 推 計 人 口 の 分 析 (1) 人 口 減 少 段 階 9 (2) 人 口 減 少 率

目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 本 町 の 人 口 の 現 状 1 人 口 の 推 移 (1) 総 人 口 年 齢 3 区 分 別 人 口 2 (2) 自 然 増 減 3 (3) 社 会 増 減 5 2 将 来 推 計 人 口 の 分 析 (1) 人 口 減 少 段 階 9 (2) 人 口 減 少 率 まち ひと しごと 創 生 三 戸 町 長 期 人 口 ビジョン 平 成 27 年 10 月 三 戸 町 目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 本 町 の 人 口 の 現 状 1 人 口 の 推 移 (1) 総 人 口 年 齢 3 区 分 別 人 口 2 (2) 自 然 増 減 3 (3) 社 会 増 減 5 2 将 来 推 計 人 口 の 分 析 (1) 人 口 減 少 段 階 9 (2) 人 口 減 少

More information

Microsoft Word - 中間報告書【平成26年9月】

Microsoft Word - 中間報告書【平成26年9月】 定 住 促 進 及 び 空 き 家 対 策 への 取 組 について ( 中 間 報 告 ) 平 成 26 年 9 月 あ き る 野 市 定 住 促 進 及 び 空 き 家 対 策 への 取 組 について( 中 間 報 告 ) 目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 中 間 報 告 1 定 住 促 進 について 1 (1) 今 後 の 人 口 推 移 について 1 図 1: 後 期 基 本 計 画 による 人

More information

2 1. 交 易 条 件 の 改 善 の 影 響 輸 出 輸 入 デフレーターの 動 向 と 交 易 条 件 まずは GDP デフレーターの 動 向 を 見 ていこう GDP デフレー ターは 前 期 の 94.2 から 94.6 へと 0.4% 増 加 している GDP デフレーター 14 年 I

2 1. 交 易 条 件 の 改 善 の 影 響 輸 出 輸 入 デフレーターの 動 向 と 交 易 条 件 まずは GDP デフレーターの 動 向 を 見 ていこう GDP デフレー ターは 前 期 の 94.2 から 94.6 へと 0.4% 増 加 している GDP デフレーター 14 年 I 1 2015 年 8 月 18 日 2015 年 第 2 四 半 期 の SNA について( 修 正 版 ) 齊 藤 誠 要 旨 1 日 本 経 済 全 体 で 見 ると 石 油 価 格 を 中 心 に 一 次 産 品 価 格 の 下 落 と 円 安 の 恩 恵 を 受 けてきた 1.1 石 油 価 格 の 下 落 を 中 心 として 一 次 産 品 価 格 が 低 下 したことから 交 易 条 件

More information

活力ある健康長寿社会の実現 -新たな政策パッケージの創造-

活力ある健康長寿社会の実現 -新たな政策パッケージの創造- 活 力 ある 健 康 長 寿 社 会 の 実 現 - 新 たな 政 策 パッケージの 創 造 - 自 民 党 国 際 保 健 医 療 戦 略 特 命 委 員 会 委 員 長 参 議 院 議 員 武 見 敬 三 これまでの 教 訓 医 療 政 策 は 経 済 政 策 労 働 政 策 社 会 福 祉 政 策 など 包 括 的 な 国 家 運 営 の 中 で 計 画 実 施 される 必 要 がある また

More information

業 種 別 業 況 は 製 造 業 が 46.2 で 前 期 より 12.3 ポイント 低 下 ( 前 期 33.9) し 建 設 業 が 48.1 で 13.1 ポイントの 低 下 商 業 サービス 業 が 65.1 で 3.4 ポイントの 低 下 となりました 製 造 業 のポイントの 低 下

業 種 別 業 況 は 製 造 業 が 46.2 で 前 期 より 12.3 ポイント 低 下 ( 前 期 33.9) し 建 設 業 が 48.1 で 13.1 ポイントの 低 下 商 業 サービス 業 が 65.1 で 3.4 ポイントの 低 下 となりました 製 造 業 のポイントの 低 下 平 成 23 年 6 月 24 日 参 考 資 料 送 付 平 成 23 年 4~6 月 期 中 小 企 業 景 気 動 向 調 査 結 果 全 業 種 で 業 況 DIが 悪 化 輸 送 用 機 械 は 過 去 最 大 の 落 ち 込 み 業 況 判 断 DI は 総 合 で 前 期 比 7.5 ポイント 低 下 の 56.3 となりました 業 種 別 では 製 造 業 が 46.2 と 前 期

More information

<8DC4837D83588A54977694C58A6D92E85F907D94928D953130303231322E78>

<8DC4837D83588A54977694C58A6D92E85F907D94928D953130303231322E78> 三 田 市 公 営 住 宅 再 生 マスタープラン 概 要 版 平 成 22 年 3 月 三 田 市 --------------------------------------------------------------------- 1 (1) 計 画 の 目 的 ----------------------------------------------------------------------------------------------------

More information

Microsoft Word - 2016-03 Buy-to-let(JP).doc

Microsoft Word - 2016-03 Buy-to-let(JP).doc 海 外 駐 在 情 報 BTMU Focus, London Akiko Darvell 44-20-7577-1591 akiko.darvell@uk.mufg.jp March, 24, 2016 英 国 における 賃 貸 用 住 宅 融 資 の 増 加 とリスク < 要 旨 > 英 国 では 賃 貸 用 物 件 購 入 を 目 的 とした 住 宅 ローン 貸 付 (Buy-to-Let Mortgage

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE0975A8CA48B8681698F5A91EE838D815B8393816A838A837C815B8367727272722E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE0975A8CA48B8681698F5A91EE838D815B8393816A838A837C815B8367727272722E646F63> 公 益 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 センター Japan Center for Economic Research 1 年 12 月 28 日 公 表 低 金 利 の 住 宅 ローンに 潜 む 金 利 上 昇 リスク 1 減 税 効 果 切 れる 返 済 11 年 目 に 家 計 負 担 急 増 の 恐 れ 日 本 経 済 研 究 センター 金 融 研 究 班 2 ( 要 旨 ) リーマン

More information

1

1 第 3 章 大 規 模 修 繕 及 び 建 替 えにかかる 将 来 用 3. 大 規 模 修 繕 及 び 建 替 えにかかる 将 来 用 1 将 来 用 試 算 のための 条 件 現 在 市 が 保 有 している 建 物 借 用 物 件 は 除 くについて 将 来 もそのまま 保 有 し 続 け るために 必 要 となる 用 を 試 算 します ア 建 替 えコストの 考 え 方 1 建 替 え

More information

平成27年度企業年金税制改正に関する要望.PDF

平成27年度企業年金税制改正に関する要望.PDF 平 成 27 年 度 企 業 年 金 税 制 改 正 に 関 する 要 望 平 成 26 年 8 月 8 日 企 業 年 金 連 合 会 少 子 高 齢 化 の 進 展 を 背 景 に 公 的 年 金 がスリム 化 していく 中 で 高 齢 期 における 所 得 保 障 としての 企 業 年 金 には 公 的 年 金 を 補 完 する 重 要 な 役 割 が 求 められている 企 業 年 金 連 合

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082A982D982AD8E738F5A91EE837D8358835E815B8376838983932E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082A982D982AD8E738F5A91EE837D8358835E815B8376838983932E646F63> 第 3 章 宅 環 境 をめぐる 課 題 整 理 1 現 況 特 性 まとめ 1 現 況 特 性 まとめ 項 目 現 況 まとめ 課 題 人 口 と 世 帯 数 人 口 世 帯 総 数 推 移 2005 年 国 勢 調 査 によるかほく 市 総 人 口 は 34,847 人 人 口 伸 び 悩 みが 見 られ 世 帯 数 は 増 加 傾 向 にあり 1 世 帯 当 たり 人 員 は 減 少 2005

More information

目 次 1. 趣 旨... 1 2. 人 口 の 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 数 や 死 亡 数 の 推 移... 5 (3) 転 入 数 や 転 出 数 の 推 移... 6 (4)ライフステージから 見 た 市 の 現 状 と 課 題...

目 次 1. 趣 旨... 1 2. 人 口 の 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 数 や 死 亡 数 の 推 移... 5 (3) 転 入 数 や 転 出 数 の 推 移... 6 (4)ライフステージから 見 た 市 の 現 状 と 課 題... 資 料 2 木 更 津 市 人 口 ビジョン 素 案 木 更 津 市 目 次 1. 趣 旨... 1 2. 人 口 の 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 数 や 死 亡 数 の 推 移... 5 (3) 転 入 数 や 転 出 数 の 推 移... 6 (4)ライフステージから 見 た 市 の 現 状 と 課 題... 9 1 就 職 段 階 における

More information

1.トピック: 二 極 化 が 進 展 する 中 国 の 住 宅 市 場 回 復 の 色 を 増 す 中 国 の 住 宅 市 場 1 級 都 市 や 一 部 の 2 級 都 市 ではバブルの 恐 れも 3 級 都 市 などの 地 方 の 中 小 都 市 では 住 宅 市 場 の 回 復 ペースは 緩

1.トピック: 二 極 化 が 進 展 する 中 国 の 住 宅 市 場 回 復 の 色 を 増 す 中 国 の 住 宅 市 場 1 級 都 市 や 一 部 の 2 級 都 市 ではバブルの 恐 れも 3 級 都 市 などの 地 方 の 中 小 都 市 では 住 宅 市 場 の 回 復 ペースは 緩 みずほ 中 国 経 済 情 報 216 年 5 月 号 トピック 二 極 化 が 進 展 する 中 国 の 住 宅 市 場 中 国 の 住 宅 市 場 は 足 元 回 復 の 色 を 濃 くしているが 著 しい 二 極 化 が 進 展 しており 大 都 市 ではバブルが 懸 念 される 一 方 地 方 の 中 小 都 市 では 過 剰 在 庫 が 住 宅 市 場 の 回 復 の 重 し になっている

More information

Microsoft Word - 2-13-3-2-20080902.doc

Microsoft Word - 2-13-3-2-20080902.doc 非 営 利 法 人 委 員 会 研 究 資 料 第 3 号 非 営 利 法 人 会 計 の 現 状 と 展 望 平 成 20 年 9 月 2 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1. 非 営 利 法 人 会 計 の 現 状 認 識 と 問 題 点... 1 (1) 設 立 根 拠 法 令 ごとの 会 計 基 準... 1 (2) 所 轄 庁 の 指 導 監 督 目 的 と 会 計 基 準...

More information

Economic Indicators   定例経済指標レポート

Economic Indicators	  定例経済指標レポート Economic Trends 経 済 関 連 レポート 孫 への 贈 与 非 課 税 の 潜 在 効 果 と 課 題 発 表 日 :2013 年 2 月 13 日 ( 水 ) ~ 利 用 されるために 必 要 な 制 度 見 直 し~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 担 当 熊 野 英 生 ( :03-5221-5223) 今 回 の 緊 急 経 済 対 策 では 祖 父

More information

TA S 1.2012 年 7 月 期 1 都 3 県 賃 貸 住 宅 指 標 東 京 都 全 域 23 区 市 部 2012 年 9 月 27 日 発 行 神 奈 川 県 埼 玉 県 千 葉 県 空 室 率 TVI(ポイント) 11.84 11.67 14.93 12.49 15.73 12.85

TA S 1.2012 年 7 月 期 1 都 3 県 賃 貸 住 宅 指 標 東 京 都 全 域 23 区 市 部 2012 年 9 月 27 日 発 行 神 奈 川 県 埼 玉 県 千 葉 県 空 室 率 TVI(ポイント) 11.84 11.67 14.93 12.49 15.73 12.85 首 都 圏 版 2012 年 9 月 September 2012 1.2012 年 7 月 期 1 都 3 県 賃 貸 住 宅 指 標 2.2012 年 第 2 四 半 期 1 都 3 県 賃 貸 住 宅 市 況 図 3. 賃 料 下 落 の 原 因 は 単 身 者 向 け 賃 貸 住 宅 の 供 給 過 剰 TA S 1.2012 年 7 月 期 1 都 3 県 賃 貸 住 宅 指 標 東 京

More information

野村資本市場研究所|教育資金に見る早期世代間資産移転とリバース・モーゲージ(PDF)

野村資本市場研究所|教育資金に見る早期世代間資産移転とリバース・モーゲージ(PDF) 特 集 : 貯 蓄 から 投 へ 新 たな 展 開 教 育 に 見 る 早 期 世 代 間 産 移 転 とリバース モーゲージ 教 育 に 見 る 早 期 世 代 間 産 移 転 とリバース モーゲージ 小 島 俊 郎 要 約 1. 我 が 国 大 学 短 大 進 学 率 は 1992 年 に 38.9%だったが 2014 年 には 56.7% と 高 専 専 門 学 校 を 加 えた 高 等 教

More information

Microsoft Word - J_20120613エンゲル.docx

Microsoft Word - J_20120613エンゲル.docx Economic Trends マ クロ 経 済 分 析 レポート テーマ:エンゲル 係 数 上 昇 で 広 がる 生 活 格 差 212 年 6 月 13 日 ( 水 ) ~ 食 料 エネルギー 価 格 上 昇 と 所 得 減 で 必 要 となるインフレ 目 標 の 見 直 し~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 主 席 エコノミスト 永 濱 利 廣 (3-5221-4531)

More information

マンション市場の今後の展望

マンション市場の今後の展望 1 マンション 特 集 マンション 市 場 の 今 後 の 展 望 株 式 会 社 不 動 産 経 済 研 究 所 企 画 調 査 部 主 任 研 究 員 松 田 忠 司 (まつだ ただし) 2004 年 に 株 式 会 社 不 動 産 経 済 研 究 所 に 入 社 以 後 一 貫 して 新 築 マンションの 調 査 に 携 わる 昨 年 から 毎 月 首 都 圏 マンション 市 場 動 向 の

More information

Microsoft Word - 【150304】4 第1章p3-19.doc

Microsoft Word - 【150304】4 第1章p3-19.doc 逗 子 市 市 営 住 宅 管 理 計 画 平 成 27 年 3 月 逗 子 市 逗 子 市 市 営 住 宅 管 理 計 画 目 次 序 計 画 の 目 的 等... 1 (1) 計 画 の 目 的... 1 (2) 計 画 の 対 象... 1 (3) 計 画 の 期 間... 1 第 1 章 逗 子 市 の 住 宅 事 情 の 把 握... 3 (1)まちの 状 況... 3 1 位 置 と 地

More information

枚 監 査 第 5 7 号 平 成 23 年 8 月 27 日 請 求 人 様 枚 方 市 監 査 委 員 監 査 委 員 監 査 委 員 勝 山 武 彦 岡 沢 龍 一 大 塚 光 央 枚 方 市 職 員 措 置 請 求 に 係 る 監 査 結 果 について ( 枚 方 市 在 日 外 国 人 等

枚 監 査 第 5 7 号 平 成 23 年 8 月 27 日 請 求 人 様 枚 方 市 監 査 委 員 監 査 委 員 監 査 委 員 勝 山 武 彦 岡 沢 龍 一 大 塚 光 央 枚 方 市 職 員 措 置 請 求 に 係 る 監 査 結 果 について ( 枚 方 市 在 日 外 国 人 等 枚 方 市 職 員 措 置 請 求 監 査 結 果 報 告 書 ( 枚 方 市 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 給 付 金 返 還 差 止 に 係 る 住 民 監 査 請 求 ) 枚 方 市 監 査 委 員 枚 監 査 第 5 7 号 平 成 23 年 8 月 27 日 請 求 人 様 枚 方 市 監 査 委 員 監 査 委 員 監 査 委 員 勝 山 武 彦 岡 沢 龍 一 大 塚 光 央 枚

More information