これらプログラムの 実 行 は 普 通 はハードウェア 上 で 行 うのですが Java の 場 合 は 特 殊 なことを 行 っています 難 しい 理 屈 はここでは 説 明 しませんが ハードウェア 上 で 直 接 動 作 するのではなく ソフトウェアで 実 現 された 仮 想 のハードウェアが

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "これらプログラムの 実 行 は 普 通 はハードウェア 上 で 行 うのですが Java の 場 合 は 特 殊 なことを 行 っています 難 しい 理 屈 はここでは 説 明 しませんが ハードウェア 上 で 直 接 動 作 するのではなく ソフトウェアで 実 現 された 仮 想 のハードウェアが"

Transcription

1 1 Java の 基 礎 知 識 1.1 プログラミング プログラミング(programming) とは プログラム(program ある 一 連 の 処 理 をコンピュータへ 指 示 するもの)を 作 成 すること をいいます このプログラムを 記 述 (コーディング coding)する 際 に 使 用 する 専 用 の 言 語 を プログラミング 言 語 (programming language) といいます プログラミング 言 語 を 使 って 記 述 されたプログ ラムを ソースコード(source code) と 呼 び 普 通 はテキストファイルに 保 存 します ソースコードが 保 存 されたファイルを ソースファイル(source file) と 呼 びます 1.2 コンパイル Java 言 語 とは プログラミング 言 語 の 一 種 です Java 言 語 を 使 うと 人 間 にと って 比 較 的 分 かりやすくプログラムを 記 述 できます Java 言 語 のように 人 間 が 解 釈 しや すい 言 語 を 高 級 言 語 または 高 水 準 言 語 と 呼 びます Java 言 語 で 書 かれたプログ ラムは 人 間 にとっては 読 みやすいのですが 2 進 数 値 しか 解 釈 できないコンピュータ では そのまま 実 行 できません コンピュータが 実 行 できるようにするためには ソースコードに 対 して コンパ イル(compile) という 処 理 を 行 い オブジェクトコード(object code) と 呼 ばれる ものを 生 成 します このコードは コンピュータが 解 釈 実 行 できるものです( 図 1) 図 1 コンパイル オブジェクトコードは コンピュータが 解 釈 実 行 できるものです Java の 場 合 オブジェクトコードを Java バイトコード(byte code) と 呼 びます オブジェクトコ ードは バイナリファイル(binary file) として 保 存 されます Java の 場 合 そのフ ァイルを クラスファイル(class file) と 呼 びます 1.3 プログラムの 動 く 実 際 にこのプログラムを 動 作 させるには 補 助 記 憶 装 置 ( 通 常 は ハードディスク) に 保 存 されているファイルを 読 み 込 んで 主 記 憶 装 置 (メインメモリ)へロード(load) して 実 行 させます( 図 2) 図 2 プログラムを 実 行 1

2 これらプログラムの 実 行 は 普 通 はハードウェア 上 で 行 うのですが Java の 場 合 は 特 殊 なことを 行 っています 難 しい 理 屈 はここでは 説 明 しませんが ハードウェア 上 で 直 接 動 作 するのではなく ソフトウェアで 実 現 された 仮 想 のハードウェアがあって その 上 で 動 作 する と 覚 えておいてください( 仮 想 のハードウェアを Java 仮 想 マシ ン(Java Virtual Machine) と 呼 びます) Java Virtual Machine は JVM と 略 されま す 1.4 Eclipse でコンパイルをやってみる 前 の 説 明 にとおり HelloWorld クラスを 作 ったら Java のワークスペースの 中 ( pleiades workspace helloworld src helloworld)に HelloWorld.java というファイルとし て 保 存 します これは Java のソースファイルです Eclipse でプログラムを 実 行 すると バイトコードを 生 成 します 保 存 場 所 ( pleiades workspace helloworld bin helloworld)で HelloWorld.class が 見 えます これ は 生 成 した Java バイトコードです 2

3 2 Java プログラミング 基 礎 2.1 Java プログラムの 基 本 形 作 成 した HelloWorld プログラをみながら Java のプログラムの 基 本 形 について 見 ていきましょう コンソール 上 で 実 行 可 能 な Java4 のプログラムを 作 るには 次 のような 形 でコードを 記 述 します class HelloWorld { public static void main(string[] args) { System.out.print("Hello World!") ; Class クラス 宣 言 Java のプログラムは ほとんどの 場 合 class プログラム 名 という 形 で 書 き 始 め ます Class は クラス と 読 み Java のプログラムの1つの 単 位 を 表 すものです このようにしてプログラムを 書 き 始 めることを クラスの 宣 言 と 呼 びます HelloWorld クラス 名 Java のクラスには1つひとつ 固 有 の 名 前 をつけてやります この 名 前 のことをクラ ス 名 と 言 います クラス 名 には 半 角 英 数 字 及 びいくつかの 記 号 が 使 えますが クラス 名 の 先 頭 は 英 字 もしくは$ _のいずれかで 始 める 必 要 があります また Java プログ ラマの 間 の 暗 黙 の 了 解 として クラス 名 の 先 頭 及 び 単 語 の 区 切 りを 大 文 字 にすること になっています { クラスの 範 囲 どこからどこまでが クラス の 範 囲 なのかを 示 すため クラス 宣 言 文 からプログ ラムの 末 尾 までを{ で 囲 みます Public static void main(string[] args) メソッド 宣 言 そのプログラムが 持 つ 機 能 つまり 動 作 にあたるものは メソッドという 形 で 定 義 します 3

4 まず クラス という 大 きな 殻 を 作 り そのあとに 動 作 をつかさどるメソッド を 入 れていくようなイメージです コンソール 画 面 上 などで 動 作 するプログラムを 作 るときには 常 にこのような 形 で main という 名 前 のメソッドを 宣 言 し この 中 にプログラムの 内 容 を 書 き 込 んでいきま す このようなメソッドを main メソッドと 呼 びます { メソッドの 範 囲 クラスと 同 様 メソッドも 始 まりと 終 わりを 中 カッコで 囲 みます ここからここ までがメソッドです ということ 示 すためです 始 まりのカッコと 終 わりのカッコが 正 しく 対 になっていないと プログラムは 正 し くコンパイルされません System.out.println( Hello World! ); 命 令 文 コンピュータに 実 行 させたい 作 業 の 内 容 は 命 令 文 として 記 述 していきます 命 令 文 にはいろいろなものがあり それぞれに 書 き 方 が 決 めっています ここに 登 場 しているのは 画 面 上 に Hello World と 表 示 しなさい という 意 味 の 命 令 文 です これを 一 般 に println メソッドと 呼 んでいます 画 面 上 になんらかのメッセージなどを 表 示 させたいときは println メソッドを 使 っ て 次 のような 形 で 命 令 文 を 記 述 します System.out.println( [ 表 示 させたいメッセージの 内 容 ] ); ()のなかには 表 示 させたいメッセージの 内 容 を ( 半 角 )で 括 って 書 き 込 みます 例 えば こんにちは と 表 示 させたい 場 合 は 次 のようになります System.out.println( こんにちは ); 命 令 文 の 終 了 のしるし 命 令 文 の 終 わりには この 命 令 はここで 終 わりです ということを 示 すために;( 半 角 セミコロン)を 記 述 します Println メソッドなどの 命 令 文 を1 行 書 いたら 忘 れずに セミコロンを 入 力 しておきましょう ただし クラス 宣 言 文 やメソッド 宣 言 文 中 カッコなどの 行 にはセミコロンは 不 要 です 4

5 2.2 Java のコメント プログラムを 作 成 していく 時 に このメソッドはどんなメソッドなのかや 誰 がいつ 記 述 したものなのかといった 情 報 を 残 しておくと 後 で 見 なした 時 に 便 利 です このよう にプログラムの 中 に 説 明 を 記 述 する 時 に 使 うのがコメントです コメントはプログラムが 実 行 される 際 に 無 視 されますのでプログラムの 動 作 には 何 の 影 響 もしません 行 コメント プログラム 中 に // が 現 れた 場 合 // から 行 末 までをコメントとして 扱 います // は 行 の 先 頭 に 記 述 しその 行 を 全 てコメントとしてもいいですし 行 の 途 中 で 記 述 してその 位 置 より 右 側 をコメントとしてもいいです // 作 成 日 class sample{ public static void main(string args[]){ System.out.println("こんにちは"); // 画 面 出 力 ブロックコメント プログラム 中 に /* が 現 れた 場 合 次 に */ が 現 れるまでの 部 分 を 全 てコメン トとして 扱 います この 形 式 を 使 う 場 合 には 複 数 行 に 渡 ったコメントを 記 述 することが できます /* 作 成 日 バージョン クラス 名 sample */ class sample{ public static void main(string args[]){ System.out.println("こんにちは"); /* 画 面 出 力 */ 5

6 2.3 Java の 識 別 子 識 別 子 とは 今 まで 出 てきたクラス 名 やメソッド 名 これから 出 てくる 変 数 名 など を 識 別 するための 名 前 です 識 別 子 のルール: 使 える 文 字 は a~z, A~Z, 0~9, _(アンダーバー), $ ( 例 ) name, old, no32 0~9 先 頭 の 文 字 に 使 えない ( 例 ) 12point などは Java の 予 約 語 (キーワード)と 同 名 は 不 可 ( 例 ) char や class などの 予 約 語 は 使 用 できない 大 文 字 と 小 文 字 は 識 別 される ( 例 ) old と Old は 別 の 変 数 2.4 Java の 予 約 語 Java の 言 語 仕 様 として 何 らかの 意 味 を 持 つ 単 語 を 予 約 語 として 登 録 してあります 例 えば 条 件 分 岐 を 記 述 する 時 に 使 用 される if などが 予 約 語 です 今 後 変 数 やクラス などの 名 前 を 自 分 で 付 ける 時 には Java の 予 約 語 は 使 用 することができません 予 約 語 の 一 覧 は 次 の 通 りです abstract assert boolean break byte case catch char class const continue default do double else enum extends final finally float for goto if implements import instanceof int interface long native new package private protected public return short static strictfp super switch synchrnized this throw throws transient try void volatile while なお 下 記 の 3 つは 予 約 語 ではなく 予 め 用 意 された 定 数 です true false null 6

7 2.5 Java の 定 数 値 (リテラル) リテラル( 英 : literal)は 文 字 どおり 字 義 どおり を 意 味 する 語 である プ ログラムの 中 には 定 数 値 という 意 味 です 各 データ 型 のリテラルを 型 名 を 先 頭 につけて 文 字 列 リテラル 整 数 リテラル 日 付 リテラル などと 呼 びます Java で 定 数 値 ( 固 定 の 値 即 値 )を 表 現 するには 以 下 のようにします リテラル 名 形 式 型 例 整 数 リテラル 数 0 で 始 めると 八 進 数 0x で 始 めると 十 六 進 数 0b で 始 めると 二 進 数 (JDK1.7 以 降 ) int x7b 0b 末 尾 に L を 付 けると long 型 long 123L 浮 動 小 数 リテラル 小 数 点 付 きの 数 double 末 尾 に F を 付 けると float 型 末 尾 に D を 付 けると double 型 float double 123f 123d 文 字 リテラル シングルクォーテーションで 囲 む char 'A' 文 字 列 リテラル ダブルクォーテーションで 囲 む String "abc" 論 理 値 リテラル true 又 は false boolean true false 空 リテラル null 空 型 null 特 殊 な 文 字 の 入 力 (エスケープシーケンス) 文 字 と 文 字 列 を 値 として 使 用 する 場 合 キーボードから 入 力 できないような 文 字 が あります 例 えば 改 行 です 文 字 列 の 中 で 改 行 をキーボードから 入 力 した 場 合 は 次 のよ うになります class sample{ public static void main(string args[]){ System.out.println("こんにちは お 元 気 ですか"); 上 記 の 例 では こんにちは と お 元 気 ですか の 間 で 改 行 を 入 力 しようとしまし たがキーボードで Enter キーを 押 してもプログラムが 改 行 されるだけです 7

8 そこで 改 行 などキーボードから 入 力 できない 文 字 などは + 特 定 の 文 字 の 組 み 合 わせで 表 現 します 例 えば 改 行 は n という と n の 組 み 合 わせによって 表 すことができます class sample{ public static void main(string args[]){ System.out.println("こんにちは n お 元 気 ですか"); 上 記 では こんにちは と お 元 気 ですか の 間 に n が 記 述 されています n は 改 行 を 表 しますので 実 際 に 実 行 してみるとダイアログが 開 き 次 のように 表 示 されま す このようにキーボードから 入 力 できない 文 字 を 他 の 文 字 の 組 み 合 わせで 表 現 した ものをエスケープシーケンスといいます エスケープシーケンス 意 味 b バックスペース f 改 ページ n 改 行 r 復 帰 ( 行 頭 にカーソルを 戻 す) t 水 平 タブ ' ' " " 8

9 2.6 Java の 変 数 変 数 とは 変 数 とは プログラムのソースコードにおいて 扱 われるデータを 一 定 期 間 記 憶 し 必 要 なときに 利 用 できるようにするために データに 固 有 の 名 前 を 与 えたものである 変 数 は 値 を 保 存 しておくための 箱 のようによく 言 われます この 箱 には 数 値 や 文 字 列 などの 値 を 保 存 することができ そしていつでも 取 り 出 したり 改 めて 違 う 値 を 保 存 す ることができます 整 数 整 数 文 字 文 字 変 数 変 数 変 数 のデータ 型 変 数 宣 言 するときには 変 数 名 と 同 時 に 変 数 のデータ 型 を 指 定 する 必 要 があります 型 にはプログラマが 拡 張 できない 基 本 型 (プリミティブ 型 )と プログラマが 拡 張 できる 参 照 型 (リファレンス 型 )があります 整 数 型 (byte,short,int,long) 数 値 型 浮 動 小 数 点 数 (float,double) 基 本 型 (プリミティブ 型 ) 文 字 (char) boolean 型 (boolean) データ 型 クラス(class) 参 照 型 (リファレンス 型 ) インターフェース(interface) 配 列 9

10 整 数 や 浮 動 小 数 点 数 そして 文 字 などです Java で 用 意 されているデータ 型 は 次 の 通 りです データ 型 メモリ 領 域 をどのような 値 に 使 用 するか( 取 り 得 る 値 ) boolean char true or false 16 ビット Unicode 文 字 u0000~ uffff byte 8 ビット 整 数 -128~127 short 16 ビット 整 数 ~32767 int 32 ビット 整 数 ~ long 64 ビット 整 数 ~ float double 32 ビット 単 精 度 浮 動 小 数 点 数 64 ビット 倍 精 度 浮 動 小 数 点 数 2.7 メソッドとフィールド 計 算 機 に 必 要 なものは 加 算 や 減 算 といったデータを 処 理 する 機 能 と 計 算 対 象 や 計 算 結 果 などの データ に 分 けることができます Java では 機 能 をメソッドと 呼 び データ をフィールドと 呼 びます クラスには そのクラスから 作 り 出 されるモノが 持 つ 機 能 (メソッド)とデータ(フィ ールド)を 記 述 していきます class クラス 名 { フィールド 1 フィールド 2 メソッド 1 メソッド 2 どんなメソッドとフィールドを 用 意 するかでそのクラスから 作 り 出 されるものが 決 まります 目 的 の 処 理 を 行 わせるために 適 切 なメソッドとフィールドを 設 計 しなけ ればなりません 10

11 2.7.1 メソッド メソッドの 書 式 は 次 のようになっています [ 修 飾 子 ] 戻 り 値 のデータ 型 メソッド 名 ( 引 数 1, 引 数 2,.){ ここでは 詳 しく 解 説 はいたしませんが メソッドは 呼 び 出 す 時 単 に 呼 び 出 すだけ ではなく 値 を 指 定 することもできます 例 えテレビに 対 して チャンネルを 変 えろ と いうメソッドを 呼 び 出 すことも 出 来 ますが チャンネルを"1"に 変 えろ と 何 か 値 を 指 定 して 呼 び 出 す 場 合 もあります また 現 在 のチャンネルを 教 えろ というメソッドを 呼 び 出 せばテレビが 持 っているデータを 参 照 して 呼 び 出 し 元 に 値 を 返 してきます ここでは 説 明 のために 一 番 簡 単 な 構 成 のメソッドを 見 てみます void メソッド 名 (){ 引 数 も 戻 り 値 もないメソッドです クラスの 場 合 { から の 間 にメソッドや フィールドを 記 述 しましたが メソッドの 場 合 も { から の 間 にメソッドが 行 い たい 処 理 を 記 述 します では 挨 拶 だけをする 簡 単 なクラスを 作 成 してみます class Robot{ void hello(){ System.out.println("こんにちは"); void bye(){ System.out.println("さようなら"); Robot クラスの 中 に hello メソッドと bye メソッドを 用 意 しました hello メソッド は 呼 び 出 されると こんにちは と 表 示 します また bye メソッドは 呼 び 出 されると さ ようなら と 表 示 します このように 必 要 な 機 能 をメソッドとして 追 加 しくことで そ のクラスから 作 成 されるモノが 持 つ 機 能 が 増 えていくことになります 11

12 2.7.2 フィールド フィールドの 書 式 は 次 のようになっています [ 修 飾 子 ] データ 型 変 数 名 ; ここでは 詳 しく 解 説 はいたしませんが フィールドには 変 数 を 記 述 します 変 数 と いうのは 値 を 一 時 的 に 保 管 する 場 所 のことで 値 のデータ 型 と 名 前 を 指 定 します デー タ 型 とは 値 の 種 類 のことで 例 えば 数 値 とか 文 字 列 などがあります 名 前 は 保 管 場 所 を 識 別 するために 付 けられた 名 前 です 例 えば 次 のように 記 述 します int old; String name; 整 数 を 扱 う old という 名 前 の 変 数 と 文 字 列 を 扱 う name という 名 前 の 変 数 を 記 述 しました では 数 値 をカウントするクラスを 作 成 してみます class Counter{ int num; void init(){ num = 0; void count(){ num = num + 1; void printnum(){ System.out.println(num); Counter クラスの 中 に 1 つのフィールドと 3 つのメソッドを 用 意 しました init メソ ッドを 呼 び 出 すと num 変 数 に 0 を 格 納 し count メソッドを 呼 び 出 すと num 変 数 に 格 納 されている 値 に 1 を 加 えて 再 度 num 変 数 に 格 納 します そして printnum メソッドを 呼 び 出 すと num 変 数 に 格 納 されている 値 を 出 力 します このようにフィールドは 同 じクラスのメソッドによって 値 を 設 定 したり 取 り 出 し たりして 使 われます メソッドもフィールドも 詳 細 に 説 明 するのはまた 別 のページで 行 いますので ここ ではどのように 使 われるのかを 覚 えておいてください 12

13 2.8 Java の 演 算 子 算 術 演 算 子 算 術 演 算 子 は 数 値 を 計 算 する 場 合 に 使 用 します 次 のようなものが 用 意 されていま す 演 算 子 使 用 例 意 味 + a + b a に b を 加 える - a - b a から b を 引 く * a * b a に b をかける / a / b a を b で 割 る % a % b a を b で 割 った 余 り 単 項 マイナス 演 算 子 単 項 演 算 子 は 数 値 の 正 と 負 を 反 転 させるために 使 用 します 次 のようなものが 用 意 されています 演 算 子 使 用 例 意 味 + +a a の 正 負 をそのまま - -a a の 正 と 負 を 反 転 インクリメント デクリメント 演 算 子 演 算 の 中 でも 数 値 を 1 つだけ 増 加 することと 1 つだけ 減 少 させる 処 理 は 比 較 的 多 く 使 用 されます + 演 算 子 や - 演 算 子 を 使 って 記 述 すると 次 のようになります int num = 7; num = num + 1; 変 数 num に 代 入 されている 値 と 1 を 加 算 し その 結 果 を 改 めて 変 数 num に 格 納 しています 1 つだけ 減 らす 場 合 も - 演 算 子 を 使 って 同 じように 記 述 することが できます このように 1 だけ 増 加 する 又 は 1 だけ 減 算 するために 用 意 された 演 算 子 がインク リメント 演 算 子 (++)とデクリメント 演 算 子 (--)です 演 算 子 使 用 例 意 味 ++ a++ 又 は ++a a の 値 を 1 増 加 する -- a-- 又 は --a a の 値 を 1 減 らす 13

14 例 えば 先 ほどの 例 は 次 のように 書 き 換 えることができます int num = 7; num++; 同 じように 変 数 の 値 を 1 つだけ 減 らす 場 合 には 次 のように 記 述 することができま す int num = 7; num--; ++ 演 算 子 や -- 演 算 子 は 対 象 となる 変 数 の 値 を 変 化 させますので 演 算 結 果 を 変 数 に 代 入 する 必 要 はありません なお a++ と 記 述 する 代 わりに ++a と 記 述 することもできますが 結 果 が 異 な る 場 合 があります 前 置 と 後 置 インクリメント 演 算 子 とデクリメント 演 算 子 にはそれぞれ 前 置 と 後 置 の 二 種 類 が 用 意 されています インクリメント 演 算 子 の 前 置 きと 後 置 きは 次 のようになります 前 置 : ++ 変 数 後 置 : 変 数 ++ デクリメント 演 算 子 の 前 置 きと 後 置 きは 次 のようになります 前 置 : -- 変 数 後 置 : 変 数 -- 前 置 であっても 後 置 であってもインクリメント 演 算 子 は 対 象 の 変 数 の 値 を 1 だけ 増 加 させ デクリメント 演 算 子 の 場 合 は 対 象 の 変 数 の 値 を 1 だけ 減 少 させることに 違 い はありません 次 の 例 を 見 て 下 さい int a = 7; a++; System.out.println(a); // 8 ++a; System.out.println(a); // 9 前 置 であっても 後 置 であってもこのような 使 い 方 の 場 合 には 同 じ 結 果 となります 14

15 前 置 と 後 置 で 結 果 が 異 なる 場 合 前 置 と 後 置 で 結 果 が 異 なる 場 合 について 確 認 します 次 の 例 を 見 て 下 さい int a = 7; int b; b = a++; System.out.println(a); System.out.println(b); 後 置 のインクリメント 演 算 子 を 使 っています この 場 合 は 次 のように 実 行 されます int a = 7; int b; b = a; a = a + 1; System.out.println(a); // 8 System.out.println(b); // 7 後 置 のインクリメント 演 算 子 の 場 合 まずインクリメント 演 算 子 が 書 かれていない かのように 文 が 実 行 されます 今 回 の 場 合 であれば 変 数 b に 変 数 a を 代 入 してい ますので 数 値 の 7 が 変 数 b に 代 入 されます それから 変 数 a の 値 を 1 だけ 増 加 さ せます 次 の 例 を 見 て 下 さい int a = 7; int b; b = ++a; System.out.println(a); System.out.println(b); 前 置 のインクリメント 演 算 子 を 使 っています この 場 合 は 次 のように 実 行 されます int a = 7; int b; a = a + 1; b = a; System.out.println(a); // 8 System.out.println(b); // 8 前 置 のインクリメント 演 算 子 の 場 合 まず 対 象 の 変 数 を 1 だけ 増 加 させます よっ て 変 数 a の 値 が 8 となります それからインクリメント 演 算 子 を 除 いた 文 の 実 行 を します 今 回 の 場 合 であれば 変 数 b に 変 数 a を 代 入 していますので 数 値 の 8 が 変 15

16 数 b に 代 入 されます 今 回 の 場 合 はインクリメント 演 算 子 と 代 入 が 含 まれる 場 合 でしたが a++; や --b; などのよう 文 でない 場 合 には 前 置 と 後 置 で 結 果 が 異 なる 場 合 がありますので 注 意 して 下 さい ビット 演 算 子 整 数 の 値 に 対 してビット 単 位 で 処 理 を 行 うために 用 意 されているのがビット 演 算 子 です 次 の 演 算 子 が 用 意 されています 演 算 子 使 用 例 意 味 & a & 0xFF00FF00 a と 0xFF00FF00 のビット AND a 0xFF00FF00 a と OxFF00FF00 のビット OR ^ a ^ 0xFF00FF00 a と OxFF00FF00 のビット XOR ~ ~a a のビット 反 転 (ビット NOT) << a << 3 a を 左 へ 3 ビットシフト >> a >> 3 a を 右 へ 3 ビットシフト( 符 号 有 り) >>> a >>> 3 a を 右 へ 3 ビットシフト( 符 号 無 し) 数 値 を 2 進 数 の 形 式 で 表 示 し 各 ビットに 対 して 演 算 を 行 います シフト 演 算 子 ビット 演 算 子 の 中 でも 下 記 の 3 つはシフト 演 算 子 と 呼 ばれることもあります 演 算 子 使 用 例 意 味 << a << 3 a を 左 へ 3 ビットシフト >> a >> 3 a を 右 へ 3 ビットシフト( 符 号 有 り) >>> a >>> 3 a を 右 へ 3 ビットシフト( 符 号 無 し) これらの 3 つの 演 算 子 は 対 象 の 値 の 各 ビットを 右 または 左 へシフトします 10 進 数 で 右 または 左 へ 数 値 をシフトした 場 合 それは 数 値 を 1/10 にしたり 10 倍 す ることを 意 味 します 例 えば 1230 を 左 へシフトして とす れば 10 倍 したことに なりますし 右 へシフトして 123 とすれば 1/10 になったこととなります 同 じように 2 進 数 でシフトした 場 合 は 1/2 にしたり 2 倍 したりすることを 意 味 します 代 入 演 算 子 変 数 に 値 を 代 入 する 時 に 使 用 する 代 入 演 算 子 (=)はこれまでのサンプルなどでも 使 用 してきました 演 算 子 使 用 例 意 味 = a = b a に b を 代 入 する = の 右 辺 に 書 かれた 値 や 変 数 などを 左 辺 に 書 かれた 変 数 に 代 入 します 16

17 代 入 演 算 子 は = の 他 に 別 の 演 算 子 と 組 み 合 わせた 次 のものが 用 意 されています 演 算 子 使 用 例 意 味 += a += b a = a + b と 同 じ -= a -= b a = a - b と 同 じ *= a *= b a = a * b と 同 じ /= a /= b a = a / b と 同 じ %= a %= b a = a % b と 同 じ &= a &= b a = a & b と 同 じ = a = b a = a b と 同 じ ^= a ^= b a = a ^ b と 同 じ <<= a <<= b a = a << b と 同 じ >>= a >>= b a = a >> b と 同 じ >>>= a >>>= b a = a >>> b と 同 じ これらの 演 算 子 は 変 数 に 代 入 する 値 に 何 らかの 演 算 を 行 って その 結 果 を 再 度 同 じ 変 数 に 代 入 する 場 合 に 便 利 です 関 係 演 算 子 今 後 処 理 を 制 御 するための 様 々な 方 法 が 出 てきます その 中 でもある 条 件 を 満 た している 時 だけ 実 行 する 条 件 分 岐 や 条 件 が 満 たされている 間 は 繰 り 返 し 同 じ 処 理 を 行 う 繰 り 返 し 処 理 などが 多 く 利 用 する 機 会 が 多 いと 思 います 詳 しい 解 説 は 別 のページで 行 いますので 下 記 のサンプルだけ 簡 単 に 見 てください int old = 10; if (old >= 20){ System.out.println("20 歳 以 上 です"); else{ System.out.println("20 歳 未 満 です"); 変 数 old に 代 入 された 値 を 20 と 比 較 します 大 きいか 等 しければ 20 歳 以 上 で す と 画 面 に 出 力 し 小 さい 場 合 には 20 歳 未 満 です と 画 面 に 出 力 します このような 条 件 式 で 使 用 されるのが 関 係 演 算 子 です 関 係 演 算 子 は 2 つの 値 を 比 べ ます 大 きいか 小 さいかまたは 等 しいかなどを 評 価 し 結 果 として 式 全 体 が true 又 は false となります 左 辺 関 係 演 算 子 右 辺 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ 式 が 評 価 され 結 果 として 式 が true か false となる 17

18 関 係 演 算 子 として 用 意 されているのは 次 の 通 りです 演 算 子 使 用 例 意 味 < a < b a は b よりも 小 さい <= a <= b a は b よりも 小 さいか 等 しい > a > b a は b よりも 大 きい >= a > b a は b よりも 大 きいか 等 しい == a == b a と b は 等 しい!= a!= b a は b は 等 しくない instanceof a instanceof b 参 照 型 変 数 a が b クラス/インターフェース/ 配 列 のインス タンスかどうか 関 係 演 算 子 を 含 む 式 が 正 しければ true となり 間 違 っていれば false となります 例 えば 10 < 20 は 正 しいので 10 < 20 という 式 が true となります 論 理 演 算 子 関 係 演 算 子 を 使 うことで 様 々な 条 件 を 記 述 することができますが さらに 論 理 演 算 子 を 使 うことで 10 より 大 きく かつ 30 より 小 さい や x が 10 と 等 しい 又 は y が 20 と 等 しい などのように 複 数 の 条 件 式 を 組 み 合 わせたより 複 雑 な 条 件 式 を 記 述 でき ます 論 理 演 算 子 を 使 った 場 合 も 結 果 として 式 が boolean 型 の true( 真 )か false( 偽 )のいずれ かとなります 論 理 演 算 子 として 用 意 されているのは 次 の 通 りです 演 算 子 使 用 例 意 味 && a && b a と b が 共 に true の 時 に true a b a か b の 少 なくとも 1 つが true の 場 合 に true!!a a が true の 場 合 に false a が false の 場 合 に true 論 理 演 算 子 の 場 合 には 対 象 となる 値 が boolean 型 の 値 です これは boolean 型 の 値 を 指 定 する 場 合 もありますが 通 常 は 関 係 演 算 子 を 使 った 条 件 式 などを 記 述 します ではそれぞれ 確 認 してみます 論 理 積 && は 論 理 積 とも 呼 ばれ 演 算 子 の 左 辺 及 び 右 辺 の 値 が 共 に true の 場 合 だけ 全 体 も true となります 左 辺 && 右 辺 18

19 左 辺 と 右 辺 の 値 による 全 体 の 値 の 一 覧 は 次 の 通 りです 左 辺 右 辺 全 体 true true true true false false false true false false false false 次 の 例 を 見 てください int num = 10; boolean b; b = num > 5 && num <= 20; この 場 合 まず num > 5 について 判 定 します 結 果 は true です 次 に num <= 20 を 判 定 します 結 果 は true です そして&& 演 算 子 の 両 端 の 値 が 共 に true ですので 式 num > 5 && num <= 20 は true となります なお 最 後 に && 演 算 子 が 判 定 されるのは > 演 算 子 や <= 演 算 子 と 比 べて 優 先 順 位 が 低 いためです 論 理 和 は 論 理 和 とも 呼 ばれ 演 算 子 の 左 辺 または 右 辺 の 値 の 少 なくとも 一 つが true の 場 合 に 全 体 が true となります 左 辺 右 辺 左 辺 と 右 辺 の 値 による 全 体 の 値 の 一 覧 は 次 の 通 りです 左 辺 右 辺 全 体 true true true true false true false true true false false false 次 の 例 を 見 てください int num1 = 10; int num2 = 20; boolean b; b = num1 > 20 num2 < 30; 19

20 この 場 合 まず num1 > 20 について 判 定 します 結 果 は false です 次 に num2 < 30 を 判 定 します 結 果 は true です そして 演 算 子 の 両 端 の 値 の 少 なくとも 一 つが true ですので 式 num1 > 20 num2 < 30 は true となります なお && 演 算 子 と 演 算 子 の 優 先 順 位 は 同 じではなく && の 方 が 優 先 順 位 が 高 くなっています 次 の 例 を 見 てください int num1 = 30; int num2 = 10; boolean b; b = num1 > 20 num2 < 30 && num2 > 20; この 場 合 先 に num2 < 30 && num2 > 20 が 判 定 されます これは false となりま す 次 に num1 > 20 false が 判 定 されますので 全 体 としては true となります もし 先 に num1 > 20 num2 < 30 から 判 定 された 場 合 は 次 に true && num2 > 20 が 判 定 されるため 全 体 としては false となり 本 当 の 結 果 とは 変 わってしまいます このように 論 理 演 算 子 が 複 数 含 まれるような 式 の 場 合 には 優 先 順 位 に 注 意 して 下 さい 論 理 否 定! は 論 理 否 定 とも 呼 ばれ 演 算 子 の 右 辺 の 値 を 反 転 します! 右 辺 右 辺 の 値 による 全 体 の 値 の 一 覧 は 次 の 通 りです 右 辺 true false 全 体 false true 次 の 例 を 見 てください int num = 10; boolean b; b =!(num > 20); この 場 合 まず num > 20 について 判 定 します 結 果 は false です そして! 演 算 子 によっての 式!(num > 20) は true となります なお! 演 算 子 は 優 先 順 位 がかなり 高 いので 必 要 に 応 じて 括 弧 を 使 って 下 さい 20

21 判 定 される 順 番 && 演 算 子 や 演 算 子 では 左 辺 及 び 右 辺 の 値 を 使 って 全 体 の 判 定 を 行 いますが どち らの 演 算 子 もまず 左 辺 から 判 定 します 左 辺 && 右 辺 && 演 算 子 の 場 合 で 考 えてみると まず 左 辺 を 判 定 します ここで 左 辺 が false だっ た 場 合 には 全 体 が false と 確 定 するため 右 辺 の 判 定 は 行 いません 左 辺 右 辺 演 算 子 の 場 合 もまず 左 辺 を 判 定 します ここで 左 辺 が true だった 場 合 には 全 体 が true と 確 定 するため 右 辺 の 判 定 は 行 いません ここで 順 番 を 何 故 気 にするのかと 言 えば まず 左 辺 から 先 に 判 定 されるため 左 辺 と 右 辺 のどちらに 何 を 記 述 するのかによって 処 理 効 率 が 変 わる 場 合 があります 左 辺 だけ で 結 果 が 確 定 する 場 合 が 多 いようにしておけば 右 辺 を 判 定 する 必 要 がなく 効 率 的 です また 左 辺 で 結 果 が 確 定 した 場 合 に 右 辺 は 判 定 されませんので 右 辺 にインクリメン ト 演 算 子 を 含 む 式 が 記 述 されていた 場 合 など 式 そのものが 処 理 されない 場 合 もありま す 次 の 例 を 見 てください int num1 = 30; int num2 = 25; boolean b; b = num1 > 10 ++num2 < 40; この 場 合 演 算 子 の 左 辺 だけで 全 体 が true となることが 確 定 するため 右 辺 はまっ たく 処 理 されません その 為 変 数 num2 の 値 も 1 増 えることはあ りません もしも 左 辺 が false だった 場 合 には 右 辺 も 判 定 されるため 変 数 num2 の 値 が 式 を 判 定 後 に 1 だけ 増 加 します このように 論 理 演 算 子 を 使 用 する 場 合 には 注 意 が 必 要 となります 条 件 演 算 子 ( 三 項 演 算 子 ) 条 件 演 算 子 は 三 項 演 算 子 とも 呼 ばれる 演 算 子 で 条 件 によって 処 理 を 分 けることが できます 書 式 は 次 の 通 りです す 条 件 式? 式 1 : 式 2 条 件 式 の 値 が true だった 場 合 に 式 1 を 処 理 し false だった 場 合 に 式 2 を 処 理 しま 21

22 文 字 列 の 連 結 + 演 算 子 は 算 術 演 算 子 の 加 算 や 単 項 演 算 子 としても 使 われていますが 文 字 列 に 対 して 使 用 すると 文 字 列 と 文 字 列 を 連 結 する 演 算 子 となります 文 字 列 1 + 文 字 列 2 次 の 例 を 見 てください System.out.println(" 目 覚 まし" + " 時 計 "); 上 記 では 目 覚 まし と 時 計 という 2 つの 文 字 列 を 連 結 しています 文 字 列 を 連 結 するというのは 左 側 の 文 字 列 の 後 ろに 右 側 の 文 字 列 をつなげた 文 字 列 となります よって 目 覚 まし 時 計 という 文 字 列 を 画 面 に 出 力 することになります 演 算 子 の 優 先 順 位 演 算 子 の 優 先 順 位 と 結 合 規 則 は 次 の 通 りです 優 先 順 位 高 演 算 子. [] () { ;, ~! * / % + - << >> >>> < > <= >= ==!= & ^ && 低?: = *= /= %= += -= <<= >>= >>>= &= ^= = たとえば int a =2; int b = a + 3*a; 3 * a を 先 に 計 算 しますから + より * の 方 が 優 先 順 位 が 高 いといいます 22

23 上 記 の 演 算 子 の 表 は 上 にかかれている 演 算 子 のほうが 優 先 順 位 が 高 くなっていま す 優 先 順 位 と 異 なる 順 に 計 算 したい 場 合 は 丸 カッコを 用 いて 計 算 順 序 を 明 示 します (a+ 3) * a 2.9 制 御 構 造 複 雑 な 処 理 を 行 うプログラムを 作 成 するためには 制 御 構 造 (control structure) を 用 いる すなわち さまざまな 制 御 構 造 を 組 み 合 わせてプログラムを 作 成 することが できます これは いわゆる 構 造 化 プログラミングの 発 想 です 制 御 構 造 は 選 択 と 繰 り 返 しに 分 類 されます If 選 択 文 If 文 の 処 理 一 : 条 件 式 を 評 価 した 結 果 に 応 じて 処 理 を 分 けたい 場 合 に 使 われるのが if 文 です 書 式 は 次 のようになっています if ( 条 件 式 ){ 実 行 する 文 1; 実 行 する 文 2; 条 件 式 が false だった 場 合 にはブロック 内 の 処 理 は 何 も 行 わず if 文 の 次 の 文 へ 処 理 が 移 ります 実 際 には 次 のように 記 述 します int x=0; if (x==1) System.out.println("x=1"); 上 位 の 例 では 変 数 x は1の 場 合 にはブロック 内 の 処 理 を 実 行 して x=1 と 画 面 に 表 示 します 23

24 If 文 の 処 理 二 : if 文 を 使 えば 条 件 式 が true の 時 だけ 行 う 処 理 を 記 述 できますが 条 件 式 が false だ った 場 合 の 処 理 も 合 わせて 記 述 することができます その 場 合 の 書 式 は 次 の 通 りです if ( 条 件 式 ){ true の 時 に 実 行 する 文 1; true の 時 に 実 行 する 文 2; else{ false の 時 に 実 行 する 文 1; false の 時 に 実 行 する 文 2; 条 件 式 を 評 価 し true だった 場 合 には 条 件 式 の 後 のブロック 内 の 文 を 実 行 し false だった 場 合 には else の 後 のブロック 内 の 文 を 実 行 します 条 件 式 の 評 価 は 必 ず true か false になるためどちらか 一 方 のブロック 内 の 文 だけを 実 行 することになります 実 際 には 次 のように 記 述 します int x=0; if(x==1) System.out.println("X=1"); else System.out.println("X!=1"); 上 位 の 例 では 変 数 x の 値 が 1 の 場 合 には x=1 と 画 面 に 表 示 します そして 変 数 x の 値 が 1 ではない 場 合 には x!=1 と 画 面 に 表 示 します この 処 理 流 れは 条 件 演 算 子 ( 三 項 演 算 子 )と 同 じです たとえば if(x>0) y=x; else y=-x; 条 件 演 算 子 で 書 き 換 えて 下 記 とおりです y = x>0?x:-x; 24

25 If 文 の 処 理 三 : ここまでは 一 つの 条 件 式 を 使 って 条 件 分 岐 を 行 ってきましたが 今 度 は 複 数 の 条 件 式 を 使 いより 複 雑 な 条 件 文 を 行 ってみます 書 式 は 次 の 通 りです if ( 条 件 式 1){ 条 件 式 1 が true の 時 に 実 行 する 文 1; 条 件 式 1 が true の 時 に 実 行 する 文 2; else if ( 条 件 式 2) { 条 件 式 1 が false で 条 件 式 2 が true の 時 に 実 行 する 文 1; 条 件 式 1 が false で 条 件 式 2 が true の 時 に 実 行 する 文 2; else if ( 条 件 式 3) { else{ 全 ての 条 件 式 が 共 に false の 時 に 実 行 する 文 1; 全 ての 条 件 式 が 共 に false の 時 に 実 行 する 文 2; 複 数 の 条 件 式 が 使 われている 場 合 は 上 の 条 件 式 から 順 に 評 価 していきます まず 条 件 式 1 を 評 価 し true だった 場 合 は 直 後 のブロック 内 の 処 理 を 実 行 して if 文 を 終 了 しま す 条 件 式 1 の 評 価 が false だった 場 合 だけ 次 の 条 件 式 2 を 評 価 します 条 件 式 2 が true だった 場 合 には 直 後 のブロック 内 の 処 理 を 実 行 し て if 文 を 終 了 します このように 順 に 条 件 式 を 評 価 し 全 ての 条 件 式 が false だった 場 合 に else の 後 のブロック 内 の 文 を 実 行 します 実 際 には 次 のように 記 述 します if (x==1) { System.out.println("X=1"); else if (x==2) { System.out.println("X=2"); else if (x==3){ System.out.println("X=3"); else { System.out.println("other"); 25

26 If 文 の 処 理 四 : もう 1 つもっと 複 雑 の 条 件 式 使 われている 場 合 があります if 文 のネスト( 入 れ 子 構 造 )といいます if( 条 件 式 1){ if( 条 件 式 2){ 条 件 式 2 が true の 場 合 の 処 理 else{ 条 件 式 1 が true で 条 件 式 2 が false の 場 合 else{ if( 条 件 式 3){ 条 件 式 1 が false で 条 件 式 3 が true の 場 合 else{ 条 件 式 1 も 条 件 式 3 も false の 場 合 このような 記 述 になります それぞれ if 文 の 中 にさらに if else 文 を else 文 の 中 にさらに if else 文 を 記 述 して ネストしています では 実 際 にサンプルプログラムを 見 ていきます if (x == 1) { if(y == 1) System.out.println("x = 1,y = 1"); else System.out.println("x = 1,y!= 1"); else if(x!=1) { if(y == 1) System.out.println("x!= 1,y = 1"); else System.out.println("x!= 1,y!= 1"); 26

27 2.9.2 Switch 選 択 文 ある 変 数 の 値 を 複 数 の 値 と 比 較 し 値 に 応 じた 処 理 を 行 うような 場 合 を 考 えてみま す if 文 を 使 って 記 述 すると 次 のようになります int num = 3; if (num == 1){ System.out.println(" 非 常 に 不 満 "); else if (num == 2){ System.out.println(" 少 し 不 満 "); else if (num == 3){ System.out.println("どちらとも 言 えない"); else if (num == 4){ System.out.println(" 少 し 満 足 "); else if (num == 5){ System.out.println(" 大 変 満 足 "); このように if 文 を 使 っても 記 述 できますが 対 象 となる 値 毎 に 処 理 を 分 けるには switch 文 を 使 って 記 述 することもできます switch 文 の 利 用 switch 文 は 対 象 の 式 を 評 価 した 結 果 の 値 に 応 じ 値 に 一 致 するラベルの 位 置 へ 処 理 を 移 すために 使 います 条 件 分 岐 とは 厳 密 には 少 し 違 いますが 同 じような 使 い 方 ができ る 文 ですす switch 文 の 書 式 は 次 のようになっています switch ( 式 ){ case 定 数 1: 実 行 する 文 1; 実 行 する 文 2; break; case 定 数 2: 実 行 する 文 1; 実 行 する 文 2; break; 27

28 switch 文 ではまず 式 を 評 価 します 式 には 単 に 整 数 の 値 が 代 入 された 変 数 などを 単 に 記 述 してもいいですし 計 算 式 などを 記 述 することも 可 能 です ただ いずれの 場 合 であっても 式 の 評 価 した 結 果 が 整 数 でなければなりません 浮 動 小 数 点 数 や 文 字 列 など は 記 述 できません また 整 数 であっても long 型 の 値 は 使 用 できません 式 には 例 えば 次 のように 記 述 します int num = 3; switch (num){ // 変 数 の 値 が 式 を 評 価 した 値 switch (num % 2){ // 演 算 結 果 が 式 を 評 価 した 値 次 に switch 文 の { から のブロック 内 に 実 行 したい 処 理 を 羅 列 していきます int num = 3; switch (num){ System.out.println(" 非 常 に 不 満 "); System.out.println(" 少 し 不 満 "); System.out.println("どちらとも 言 えない"); System.out.println(" 少 し 満 足 "); System.out.println(" 大 変 満 足 "); switch 文 は 式 を 評 価 した 値 に 一 致 するラベルへ 処 理 を 移 動 させるために 使 われま す そこでどの 値 だったらどの 処 理 を 行 うのかを 指 定 するためにブロック 内 にラベルを 記 述 していきます ラベルは 次 のような 形 式 となっています case 定 数 : ブロック 内 にラベルを 記 述 すると 式 を 評 価 した 値 と 一 致 するラベルのところへ 処 理 を 移 すことができます 28

29 例 えば 5 つのラベルを 記 述 すると 次 のようになります int num = 3; switch (num){ case 1: System.out.println(" 非 常 に 不 満 "); case 2: System.out.println(" 少 し 不 満 "); case 3: System.out.println("どちらとも 言 えない"); case 4: System.out.println(" 少 し 満 足 "); case 5: System.out.println(" 大 変 満 足 "); ラベルに 書 いた 値 が ですので 式 の 値 が 1 から 5 の 場 合 に 対 応 するラベルの 位 置 へ 処 理 が 移 ります 今 回 の 場 合 変 数 num の 値 が 3 ですの で case 3: のラベルの 位 置 に 処 理 が 移 ります そしてその 後 に 記 述 された System.out.println("どちらとも 言 えない"); が 実 行 されます 注 意 して 頂 きたいのはあくまでラベルが 書 かれた 位 置 に 処 理 が 移 るだけというこ とです ラベルの 位 置 へ 移 動 した 後 は switch 文 の 最 後 までそれ 以 降 の 文 を 順 に 実 行 し ていきます よって System.out.println("どちらとも 言 えない"); が 実 行 された 後 は System.out.println(" 少 し 満 足 "); と System.out.println(" 大 変 満 足 "); が 実 行 されます もしもラベルの 位 置 へ 移 動 した 後 に 次 のラベルの 前 まで 来 たら switch 文 を 終 了 さ せたい 場 合 には break 文 を 使 います break 文 についてはまた 別 のページで 詳 しく 解 説 しますが switch 文 の 中 で break 文 が 実 行 されると switch 文 を 終 了 します 具 体 的 には 次 のように 記 述 します int num = 3; switch (num){ case 1: System.out.println(" 非 常 に 不 満 "); break; case 2: System.out.println(" 少 し 不 満 "); break; case 3: 29

30 System.out.println("どちらとも 言 えない"); break; case 4: System.out.println(" 少 し 満 足 "); break; case 5: System.out.println(" 大 変 満 足 "); break; 上 記 のように break 文 を 記 述 すると break 文 を 実 行 した 時 点 で switch 文 は 終 了 しま す よって 上 記 の 場 合 では System.out.println("どちらとも 言 えない"); が 実 行 された 後 に break; が 実 行 されて switch 文 は 終 了 します 以 上 が switch 文 の 大 まかな 使 い 方 です if 文 を 使 えば 同 じようなことが 記 述 できる 場 合 が 多 いのですが 一 つの 変 数 の 値 に 応 じて 処 理 を 分 けたい 場 合 には switch 文 の 方 が 見 やすく 記 述 できる 場 合 があります default 句 式 の 値 と 一 致 するラベルが 無 かった 場 合 は 何 も 実 行 せずに switch 文 を 終 了 します が 一 致 するラベルが 無 かった 場 合 に 何 か 実 行 させたい 処 理 がある 場 合 には default 句 を 使 います 書 式 は 次 の 通 りです switch ( 式 ){ case 定 数 1: 実 行 する 文 ; break; case 定 数 2: 実 行 する 文 ; break; default: 実 行 する 文 1; 実 行 する 文 2; 上 記 の 場 合 式 を 評 価 した 結 果 の 値 が 定 数 1 にも 定 数 2 にも 一 致 しなかった 場 合 には default: の 位 置 に 処 理 が 移 ります そしてその 後 に 書 かれた 文 が 順 に 実 行 されて いきます 例 えば 次 のように 記 述 します 30

31 int num = 3; switch (num){ case 4: System.out.println(" 少 し 満 足 "); break; case 5: System.out.println(" 大 変 満 足 "); break; default: System.out.println(" 満 足 していない"); 上 記 の 場 合 変 数 num の 値 が 4 または 5 以 外 の 場 合 には 全 て System.out.println(" 満 足 していない"); の 文 を 実 行 します while 繰 り 返 し 文 主 に 指 定 した 回 数 だけ 繰 り 返 し 目 的 で 利 用 される for 文 に 対 して 条 件 が 満 たされ ている 間 は 何 度 でも 繰 り 返 す 目 的 で 利 用 されるのが while 文 です 書 式 は 次 の 通 りです while ( 条 件 式 ){ 実 行 する 文 1; 実 行 する 文 2; while 文 では 条 件 式 を 評 価 し true だった 場 合 には { から のブロック 内 に 記 述 された 文 を 実 行 します では 簡 単 な 例 を 使 い while 文 がどのように 処 理 されるのかを 確 認 してみます int x=1; while(x<3) { System.out.println("x="+x); x++; 注 意 :while( 条 件 式 )の 後 には;(セミコロン)は 不 要 です 31

32 do while 文 while 文 ではまず 条 件 式 を 評 価 してから 1 回 目 の 繰 り 返 しを 行 います その 為 場 合 によっては 一 度 も 繰 り 返 し 処 理 を 行 わないことがあります それ に 対 してまず 繰 り 返 しを 一 度 行 ってから 条 件 式 を 評 価 したい 場 合 に 利 用 されるのが do..while 文 です 書 式 は 次 の 通 りです do{ 実 行 する 文 1; 実 行 する 文 2; while ( 条 件 式 ); do..while 文 ではまず { から のブロック 内 に 記 述 された 文 を 実 行 します そ して 条 件 式 を 評 価 し true だった 場 合 には 再 度 ブロック 内 の 処 理 を 行 いますが false だっ た 場 合 には do..while 文 を 終 了 して 次 の 文 へ 処 理 が 移 ります 注 意 すべき 点 は 最 後 にセミコロン(;)を 付 ける 必 要 がある 点 です for for 文 は 指 定 した 回 数 だけ 処 理 を 繰 り 返 す 時 に 使 われます 書 式 は 次 の 通 りです for ( 初 期 化 式 ; 条 件 式 ; 変 化 式 ){ 実 行 する 文 1; 実 行 する 文 2; for 文 では 条 件 式 を 評 価 し true だった 場 合 には { から のブロック 内 に 記 述 された 文 を 実 行 します そしてブロック 内 の 処 理 が 一 通 り 終 わると 改 めて 条 件 式 を 評 価 します そしてまた true だった 場 合 にはブロック 内 の 文 の 実 行 し false だった 場 合 には for 文 を 終 了 します ではまず 条 件 式 だけを 使 って for 文 を 記 述 してみます 次 の 例 を 見 て 下 さい for (int i = 0; i < 2; i++){ System.out.println(i); 32

33 この 例 では 条 件 式 i < 2 が true となる 間 繰 り 返 し 処 理 を 実 行 します 繰 り 返 し 処 理 を 1 度 実 行 するために 条 件 を 変 化 させなければ 無 限 に 繰 り 返 しを 行 ってしまいます ので 今 回 の 例 では 繰 り 返 しの 中 で 実 行 される 文 の 一 つとして 変 数 i の 値 を 1 ずつ 増 加 させています この 例 では 次 のように 文 が 実 行 されていきます 1)i = 0; 2) 条 件 式 を 評 価 i は 2 よりも 小 さいので 繰 り 返 しを 実 行 3) System.out.println(i); 4)i++; 5) 条 件 式 を 評 価 i は 2 よりも 小 さいので 繰 り 返 しを 実 行 6) System.out.println(i); 7)i++; 8) 条 件 式 を 評 価 count は 2 よりも 小 さくないので 繰 り 返 しを 終 了 このように for 文 ではまず 最 初 に 条 件 式 が 評 価 されます もしも 条 件 式 がいきなり false となった 場 合 には 繰 り 返 し 処 理 は 実 行 されません 条 件 式 が true だった 場 合 には for 文 の { から までのブロック 内 の 文 を 順 に 実 行 していきます ブロック 内 の 最 後 の 文 を 実 行 したら 1 回 目 の 繰 り 返 しが 終 了 です そして for 文 の 最 初 に 戻 り 改 めて 条 件 式 を 評 価 します true なら 再 度 ブロック 内 の 文 を 実 行 し false だ った 場 合 には for 文 の 次 の 文 へ 処 理 が 移 ります for 文 はこのように 条 件 式 の 評 価 とブロック 内 の 処 理 の 実 行 を 繰 り 返 す 為 のもので す break break 文 は for 文 while 文 do..while 文 switch 文 のブロック 内 で 使 用 され break 文 が 実 行 されるとブロックを 抜 けて 次 の 処 理 へ 移 ります break 文 の 書 式 は 次 のように なっています break; switch 文 の 中 で break 文 をどのように 使 うのかについては switch 文 を 説 明 する 部 分 を 参 照 して 下 さい まずは for 文 での 使 い 方 を 確 認 します for 文 は 条 件 式 が true の 間 ブロック 内 の 処 理 を 繰 り 返 し 実 行 しますが break 文 が 実 行 されると for 文 を 終 了 し 次 の 処 理 へ 移 ります 33

34 for ( 初 期 化 式 ; 条 件 式 ; 変 化 式 ){ if ( 条 件 式 ){ break; if 文 などと 組 み 合 わせて break 文 を 記 述 します (if 文 などと 組 み 合 わせなければ 必 ず 1 回 目 の 繰 り 返 しの 途 中 で break 文 が 実 行 され for 文 が 終 了 してしまいます) 実 際 には 次 のように 記 述 します int sum = 0; for (int i = 1; i <= 100; i++){ sum += i; if (sum > 100){ break; System.out.println("sum = " + sum); この 場 合 1 から 100 までの 数 値 を 順 に 加 算 していきますが 合 計 が 100 を 超 えた 時 点 で break 文 を 実 行 し for 文 を 終 了 し 次 の 文 へ 処 理 が 移 ります while 文 の 場 合 も 基 本 的 に 同 じです 繰 り 返 しの 途 中 で break 文 が 実 行 されると while 文 を 終 了 し 次 の 処 理 へ 移 ります while ( 条 件 式 ){ if ( 条 件 式 ){ break; 実 際 には 次 のように 記 述 します 34

35 int num = 1; while(true){ System.out.println(num); num++; if (num > 100){ break; この 場 合 while 文 の 条 件 式 が true となっていますので 条 件 式 を 評 価 した 結 果 は 常 に true となりこのままでは 無 限 ループとなります ただし 変 数 num の 値 が 100 を 越 えたら break 文 が 実 行 され while 文 が 終 了 します do..while 文 の 場 合 も 基 本 的 には 同 じです continue 文 continue 文 は break 文 と 同 じく for 文 while 文 do..while 文 のブロック 内 で 使 用 さ れ continue 文 が 実 行 されると 実 行 された 位 置 からブロックの 最 後 まで 残 りの 処 理 をス キップします continue 文 の 書 式 は 次 のようになっています continue; スキップという 意 味 が 分 かりにくいかもしれませんが 次 の 例 を 見 て 下 さい for (int i = 0; i < 10; i++){ if (i == 3){ continue; System.out.println(i); 上 記 では 変 数 i の 値 が 3 の 時 に continue 文 が 実 行 されます continue 文 が 実 行 さ れるとブロック 内 でそれ 以 降 に 記 述 された 処 理 を 全 て 行 わずに 次 の 繰 り 返 しの 条 件 判 断 に 進 みます つまり 上 記 の 場 合 は 変 数 i の 値 が 3 の 時 だけ System.out.println(i); が 実 行 されません なお for 文 の 場 合 は 変 化 式 が 別 途 用 意 されているので 気 にしなくても 大 丈 夫 ですが while 文 などでは 条 件 式 の 値 を 変 化 させる 処 理 も 含 めてスキップさせてしまわないよう 35

36 に 気 をつけて 下 さい 例 えば 次 のように 記 述 してしまうと 変 数 i が 3 になると 変 数 i の 値 を 変 化 さ せる 処 理 もスキップしてしまうため 次 の 繰 り 返 し 処 理 になっても 変 数 i の 値 が 変 化 せずに 無 限 ループとなってしまいます int i = 0; while(i < 10){ if (i == 3){ continue; i++; System.out.println(i); なお break 文 と 同 じく 繰 り 返 し 処 理 が 多 重 になっている 場 合 には continue 文 を 含 む 一 番 内 側 の 繰 り 返 し 処 理 をスキップして 次 の 繰 り 返 しへ 移 ります 任 意 の 繰 り 返 し 処 理 をスキップさせるには 次 のページで 解 説 するラベル 付 き continue を 使 って 下 さい 36

37 2.10 配 列 概 念 同 じ 基 本 データ 型 のデータをいくつかまとめて 一 方 向 または 多 方 向 に 並 べたデー タ 型 は 配 列 (array)と 呼 ばれます 配 列 には 要 素 を 一 方 向 に 並 べた1 次 元 配 列 (one-dimensional array)と 多 方 向 に 並 べた 多 次 元 配 列 (multi-dimensional array)があります 配 列 宣 言 配 列 を 使 用 するには まず 最 初 に 使 用 する 配 列 を 宣 言 しなくてはいけません 宣 言 は 次 のように 行 います 型 名 配 列 変 数 名 []; 変 数 の 場 合 と 同 じく 格 納 される 値 のデータ 型 と 配 列 を 区 別 するための 配 列 変 数 名 を 指 定 します 一 つの 配 列 には 同 じデータ 型 の 値 しか 格 納 することはできません 変 数 の 場 合 は 宣 言 するだけで 一 つの 値 を 格 納 できる 場 所 が 確 保 されましたが 配 列 の 場 合 では 値 を 格 納 する 場 所 を 必 要 な 数 だけ 後 から 確 保 する 必 要 があります 場 所 を 確 保 するには new 演 算 子 を 使 って 次 のように 行 います 型 名 配 列 変 数 名 []; 配 列 変 数 名 = new 型 名 [ 要 素 数 ]; 一 つの 配 列 に 確 保 される 一 つ 一 つの 場 所 を 要 素 と 呼 びます new 演 算 子 では 型 名 の 後 の [ から ] の 間 に 要 素 の 数 である 要 素 数 を 指 定 して 格 納 する 場 所 である 要 素 を 確 保 し それを 配 列 変 数 に 代 入 します これで 配 列 は 要 素 数 の 数 だけの 値 を 格 納 するこ とができるようになります なお 配 列 の 宣 言 と 要 素 の 確 保 はまとめて 次 のように 記 述 することもできます 型 名 配 列 変 数 名 [] = new 型 名 [ 要 素 数 ]; 例 えば int 型 の 値 を 5 つ 格 納 できる 配 列 を 用 意 するには 次 のように 記 述 します int a[]; a = new int[5]; int b[] = new int[5]; 上 は 配 列 の 宣 言 と 要 素 の 確 保 を 別 々に 行 った 場 合 下 は 要 素 の 宣 言 と 配 列 の 確 保 を まとめて 行 った 場 合 です 配 列 の 宣 言 の 別 の 方 法 Java では 先 に 記 述 した 記 述 方 法 の 他 に 次 の 書 式 を 使 うことができます 型 名 [] 配 列 変 数 名 ; 37

38 どちらの 書 式 であっても 配 列 の 宣 言 に 違 いはありません どちらかの 方 法 で 統 一 し て 使 うようにしていればいいと 思 います ただどちらかの 書 式 では 記 述 しにくい 時 もあ りますので 二 つの 記 述 方 法 があることは 覚 えておいて 下 さい この 書 式 を 使 って int 型 の 値 を 5 つ 格 納 できる 配 列 を 用 意 するには 次 のように 記 述 します int[] a; a = new int[5]; int[] b = new int[5]; 初 期 化 変 数 では 次 のように 宣 言 と 同 時 に 初 期 値 を 代 入 することができました 型 名 変 数 名 = 初 期 値 ; 配 列 の 場 合 で 配 列 の 宣 言 と 要 素 の 確 保 そして 各 要 素 への 初 期 値 の 代 入 をまとめて 行 うには 次 の 書 式 を 使 います 型 名 配 列 変 数 名 [] = { 値 1, 値 2, ; 配 列 の 各 要 素 に 代 入 する 初 期 値 を { から の 間 にカンマ(,)で 区 切 って 記 述 し ます 要 素 の 確 保 が 行 われていませんが 値 を 記 述 した 数 と 同 じ 要 素 を 自 動 的 に 確 保 し ます 実 際 には 次 のように 記 述 します int n[] = {18, 29, 36, 12; この 場 合 int 型 のデータを 扱 い 4 つの 要 素 を 持 つ 配 列 を 作 成 し 各 要 素 には と 言 う 値 を 代 入 するということになります これは 次 のように 記 述 した 事 と 同 じです int n[]; n = new int[4]; n[0] = 18; n[1] = 29; n[2] = 36; n[3] = 12; この 書 式 はとても 便 利 ですが 配 列 の 要 素 数 の 分 だけ 必 ず 値 を 指 定 する 必 要 があり ます 8 個 の 要 素 が 必 要 だが 初 期 化 の 時 点 では 4 つ 要 素 だけ 初 期 値 を 代 入 したいといっ た 場 合 にはこの 書 式 ではなく 配 列 の 宣 言 を 行 って 要 素 を 確 保 してから 一 つ 一 つ 初 期 値 38

39 を 代 入 していくしかありません 配 列 の 長 さ 配 列 で 確 保 されている 要 素 の 数 を 調 べたい 場 合 があります 要 素 の 数 は 配 列 の 長 さ とも 呼 ばれますが 次 の 書 式 で 取 得 することができます 配 列 変 数 名.length 調 べたい 配 列 変 数 の 後 にドット(.)+length と 記 述 することで 配 列 の 長 さを 取 得 でき ます (なお length はフィールドではなく 特 別 な 構 文 です フィールドについてはクラ スの 説 明 の 時 に 行 います) 実 際 には 次 のように 記 述 します int n[] = {18, 29, 36, 12; System.out.println(n.length); 配 列 には 4 つの 要 素 が 確 保 されていますので 画 面 には 4 と 表 示 されます 配 列 の 長 さは 配 列 と 繰 り 返 し 処 理 を 組 み 合 わせて 使 用 する 場 合 によく 使 用 されま す 配 列 の 全 ての 要 素 を 順 に 処 理 したい 時 要 素 の 数 を 取 得 して 繰 り 返 しを 行 う 回 数 を 決 めます 次 の 例 を 見 てください int n[] = {18, 29, 36, 12; for (int i = 0; i < n.length; i++){ System.out.println(n[i]); 条 件 式 の 箇 所 で 配 列 変 数.length を 使 い 繰 り 返 し 回 数 を 決 めています 配 列 の 要 素 数 が 確 定 していれば 数 値 を 直 接 記 述 した 方 が 効 率 がいいのですが 配 列 変 数.length を 使 っておけば 後 で 配 列 の 要 素 の 数 が 変 更 になった 場 合 でも 修 正 は 必 要 ありません ま た 数 値 が 記 述 されているとなぜこの 数 値 なのか 後 から 分 からなくなる 可 能 性 もあり ますが 数 値 の 代 わりに 配 列 変 数.length が 記 述 されていれば 配 列 の 長 さだけ 処 理 したか っということがはっきりと 分 かります 多 次 元 配 列 配 列 は 複 数 の 値 をまとめて 管 理 できる 便 利 なものですが 配 列 の 各 要 素 に 代 入 する 値 に 別 の 配 列 を 使 うことができます 次 の 例 を 見 てください int kokugo[] = {80, 92, 45; int sansu[] = {75, 89, 54; 39

40 国 語 と 算 数 の 成 績 をそれぞれ 3 人 分 管 理 しています 3 人 分 の 国 語 の 成 績 を 管 理 す るの 配 列 を 一 つ 利 用 し 3 人 分 の 算 数 の 成 績 を 管 理 するのに 配 列 を 1 つ 利 用 しています ここでこの 二 つの 配 列 を 値 として 考 え 配 列 を 値 として 格 納 するような 別 の 配 列 を 用 意 します 配 列 の 宣 言 は 次 のようになっていました 型 名 配 列 変 数 名 []; 作 成 しようとする 配 列 に 格 納 されるデータ 型 は int 型 の 値 を 持 つ 配 列 です つまり データ 型 は int[]となります よって 配 列 を 値 として 持 つ 配 列 は 次 のように 記 述 すること ができます int[] seiseki[]; この 配 列 は 名 前 が seiseki で 型 名 が int[]です ただこの 記 述 方 法 でもエラーとは なりませんが 通 常 は 次 のいずれかの 記 述 方 法 を 使 います int seiseki[][]; int[][] seiseki; この 配 列 変 数 は 値 として 配 列 を 格 納 する 配 列 です この 配 列 変 数 を 使 うことで 3 人 分 の 成 績 を 格 納 した 配 列 を 値 として 持 つことができます このような 配 列 は 多 次 元 配 列 と 呼 ばれるます 多 次 元 配 列 の 要 素 の 確 保 多 次 元 配 列 であっても 配 列 と 違 いはないので 利 用 する 前 に 要 素 の 確 保 が 必 要 であ り 次 のように 記 述 します 型 名 配 列 変 数 名 [][]; 配 列 変 数 名 = new 型 名 [ 要 素 数 ][]; 例 えば 2 つの 要 素 を 持 つ 場 合 には 次 のようになります int seiseki[][]; seiseki = new int[2][]; これで 多 次 元 配 列 の 要 素 が 確 保 されました 次 に 要 素 に 値 を 格 納 していきますが 値 として 格 納 するのは 別 の 配 列 です 例 えば 次 のように 記 述 します int seiseki[][]; seiseki = new int[2][]; int kokugo[]; kokugo = new int[3]; kokugo[0] = 80; kokugo[1] = 92; kokugo[2] = 45; 40

41 int sansu[]; sansu = new int[3]; sansu[0] = 75; sansu[1] = 89; sansu[2] = 54; seiseki[0] = kokugo; seiseki[1] = sansu; 丁 寧 に 記 述 するとこのようになりますが 多 次 元 代 入 に 値 として 代 入 する 配 列 を 別 に 作 らなくても 次 のように 記 述 することができます int seiseki[][]; seiseki = new int[2][]; seiseki[0] = new int[3]; seiseki[1] = new int[3]; seiseki[0][0] = 80; seiseki[0][1] = 92; seiseki[0][2] = 45; seiseki[1][0] = 75; seiseki[1][1] = 89; seiseki[1][2] = 54; 慣 れないと 分 かりにくいと 思 いますが seiseki[0]を kokugo に seiseki[1]を sansu に 置 き 換 えてみて 頂 ければ 分 かると 思 います さらにまとめて 次 のように 記 述 することができます int seiseki[][]; seiseki = new int[2][3]; seiseki[0][0] = 80; seiseki[0][1] = 92; seiseki[0][2] = 45; seiseki[1][0] = 75; 41

42 seiseki[1][1] = 89; seiseki[1][2] = 54; この 場 合 int 型 の 値 を 持 つことができる 要 素 を 3 つ 分 確 保 した 配 列 を 値 として 持 つことができる 要 素 を 2 つ 確 保 した 配 列 を 作 成 します 結 局 のところ 多 次 元 配 列 におけ る 要 素 の 確 保 は 次 のように 記 述 できます 型 名 配 列 変 数 名 [][]; 配 列 変 数 名 = new 型 名 [ 要 素 数 ][ 値 の 配 列 の 要 素 数 ]; また 通 常 の 配 列 と 同 じように 配 列 の 宣 言 と 要 素 の 確 保 はまとめて 次 のように 記 述 することもできます 型 名 配 列 変 数 名 [][] = new 型 名 [ 要 素 数 ][ 値 の 配 列 の 要 素 数 ]; よって 先 ほどまでのサンプルは 次 のように 記 述 できます int seiseki[][] = new int[2][3]; seiseki[0][0] = 80; seiseki[0][1] = 92; seiseki[0][2] = 45; seiseki[1][0] = 75; seiseki[1][1] = 89; seiseki[1][2] = 54; 多 次 元 配 列 は 配 列 を 値 として 持 つような 配 列 であり 複 数 の 変 数 を 使 用 することで 繰 り 返 し 処 理 と 組 み 合 わせて 多 くの 値 をまとめて 処 理 することができるようになりま す なお 今 回 の 多 次 元 配 列 は 2 次 元 の 配 列 でしたが 2 次 元 の 配 列 を 値 として 持 つよう な 3 次 元 の 配 列 など 何 次 元 の 配 列 でも 作 成 は 可 能 です 多 次 元 配 列 の 初 期 化 配 列 の 各 要 素 に 初 期 値 を 設 定 する 方 法 は 次 のような 書 式 を 使 いました 型 名 配 列 変 数 名 [] = { 値 1, 値 2,..; 多 次 元 配 列 の 場 合 は 要 素 に 代 入 される 値 が 別 の 配 列 となりますので 次 のような 書 式 となります 型 名 配 列 変 数 名 1[] = { 値 1, 値 2,..; 型 名 配 列 変 数 名 2[] = { 値 1, 値 2,..; 型 名 配 列 変 数 名 [][] = { 配 列 変 数 名 1, 配 列 変 数 名 2; 別 途 作 成 された 配 列 を 値 のように 記 述 しています またさらに 次 のように 記 述 する 42

43 こともできます 型 名 配 列 変 数 名 [][] = {{ 値 1_1, 値 1_2,.., { 値 2_1, 値 2_2,..; 具 体 的 には 次 のように 記 述 します int num[][] = {{10, 8, 5, {9, 16, 4, {3, 7, 5; 通 常 の 配 列 では 値 をカンマ(,)で 区 切 って 記 述 していましたが 多 次 元 配 列 の 場 合 は 値 の 場 所 に 別 の 配 列 を 記 述 しています これは 次 のように 記 述 した 場 合 と 同 じです int num[][] = new int[2][3]; num[0][0] = 10; num[0][1] = 8; num[0][2] = 5; num[1][0] = 9; num[1][1] = 16; num[1][2] = 4; num[2][0] = 3; num[2][1] = 7; num[2][2] = 5; Java ではプログラムの 途 中 で 空 白 や 改 行 を 入 れることができますので 初 期 値 が 長 くなった 場 合 には 例 えば 次 のように 記 述 すると 分 かりやすいかもしれません int num[][] = { {10, 8, 5, {9, 16, 4, {3, 7, 5 ; 注 意 点 としては 通 常 の 配 列 と 同 じく 必 要 な 要 素 の 分 だけ 全 て 値 を 指 定 する 必 要 が あります 多 次 元 配 列 の 長 さ 多 次 元 配 列 の 場 合 も 配 列 変 数 名.length で 配 列 の 長 さを 取 得 することができます 配 列 変 数 名.length では 多 次 元 配 列 の 場 合 に 取 得 できる 値 を 確 認 してみます 次 の 例 を 見 てください int num[][] = {{1, 3, 5, {2, 4, 6; System.out.println(num.length); 43

44 多 次 元 配 列 における 要 素 の 数 なので この 場 合 は 2 と 出 力 されます もしも 要 素 として 代 入 されている 個 々の 配 列 の 要 素 数 を 取 得 したい 場 合 には 次 のように 要 素 に 対 して.length を 付 けて 取 得 して 下 さい 配 列 変 数 名 [インデックス].length 具 体 的 には 次 のように 記 述 します int num[][] = {{1, 3, 5, {2, 4, 6; System.out.println(num[0].length); System.out.println(num[1].length); この 場 合 は 多 次 元 配 列 の 要 素 に 代 入 されている 配 列 の 要 素 数 をそれぞれ 出 力 して いるため どちらも 3 と 出 力 されます 多 次 元 配 列 では 次 のページで 解 説 するように 要 素 に 代 入 する 配 列 の 長 さは 同 じで ある 必 要 がないため 各 要 素 に 代 入 されてる 配 列 の 長 さを 個 々に 取 得 する 必 要 がある 場 合 はこのように 多 次 元 配 列 名 [インデックス].length で 取 得 して 下 さい 参 考 資 料 (1) 丸 の 内 とら,いちばんやさしい Java 入 門, 技 術 評 論 社,2006 年 (2) 赤 間 世 紀,Java プログラミングの 基 礎 知 識, 技 報 堂,2002 年 インターネット (3) TATSUO IKURA,Java 入 門,JavaDrive( (4) Eclipse で Java プログラミング 超 入 門, 44

プログラミング基礎I(再)

プログラミング基礎I(再) 山 元 進 1 度 は 講 義 を 受 けたことを 念 頭 に 置 いて 講 義 遠 慮 なく 質 問 せよ 質 問 で 授 業 を 止 めたくないならば TA の 人 を 呼 んで 質 問 すると 良 い 前 期 講 義 の 欠 席 者 は 特 に 注 意 せよ 4 限 座 学 +5 限 演 習 出 席 をとる( 前 期 同 様 のシステム) 中 間 試 験 を 行 う 期 末 試 験 の 範 囲

More information

計算式の取り扱い

計算式の取り扱い 4.データ 入 力 と 表 計 算 4-1 計 算 式 の 取 り 扱 い 1) 数 式 の 基 本 Excelのような 表 計 算 ソフトでは セルに 入 力 されたデータ( 定 数 )を 計 算 式 ( 数 式 )によって 計 算 することで さまざまな 処 理 が 行 えます 数 式 バーには 数 式 の 内 容 が 表 示 されます セルには 計 算 結 果 が 表 示 されます 数 式 の

More information

2016 年 度 情 報 リテラシー 三 科 目 合 計 の 算 出 関 数 を 用 いて 各 教 科 の 平 均 点 と 最 高 点 を 求 めることにする この2つの 計 算 は [ホーム]タブのコマ ンドにも 用 意 されているが 今 回 は 関 数 として 作 成 する まず 表 に 三 科

2016 年 度 情 報 リテラシー 三 科 目 合 計 の 算 出 関 数 を 用 いて 各 教 科 の 平 均 点 と 最 高 点 を 求 めることにする この2つの 計 算 は [ホーム]タブのコマ ンドにも 用 意 されているが 今 回 は 関 数 として 作 成 する まず 表 に 三 科 ( 第 9 回 )2016/06/13 Excel 関 数 の 基 礎 この 回 では Excel での 数 値 処 理 に 役 立 つ 関 数 について 解 説 する 1. 課 題 の 確 認 成 績 の 集 計 について 関 数 を 利 用 して 行 う 利 用 するソフトウェア:Microsoft Excel 1.1. 演 習 の 内 容 関 数 は 表 計 算 ソフトで 数 値 処 理 を

More information

1. 表 から 値 を 抽 出 する 説 明 1.1. 表 から 値 を 抽 出 するための 関 数 について 説 明 します LOOKUP VLOOKUP HLOOKUP 関 数 は 検 索 値 に 対 応 する 値 を 検 索 値 を 含 む 一 覧 表 から 抽 出 し てくれる 関 数 です

1. 表 から 値 を 抽 出 する 説 明 1.1. 表 から 値 を 抽 出 するための 関 数 について 説 明 します LOOKUP VLOOKUP HLOOKUP 関 数 は 検 索 値 に 対 応 する 値 を 検 索 値 を 含 む 一 覧 表 から 抽 出 し てくれる 関 数 です Lookup 関 数 Vlookup 関 数 Index 関 数 等 で 表 からデータを 抽 出 する1 目 次 Rev070924 こうすればできる 研 究 所 1. 表 から 値 を 抽 出 する 説 明... 3 2. Lookup 関 数 1( 検 査 値 配 列 を 選 択 )... 5 3. Lookup 関 数 2 検 査 値 検 査 範 囲 対 応 範 囲 を 選 択 して 扶 養

More information

縦 計 横 計 をSUM 関 数 で 一 度 に 計 算 する 縦 横 の 合 計 を 表 示 するセルが 計 算 対 象 となる セルと 隣 接 している 場 合 は 一 度 に 合 計 を 求 め ることができます 1 計 算 対 象 となるセル 範 囲 と 合 計 を 表 示 する セル 範

縦 計 横 計 をSUM 関 数 で 一 度 に 計 算 する 縦 横 の 合 計 を 表 示 するセルが 計 算 対 象 となる セルと 隣 接 している 場 合 は 一 度 に 合 計 を 求 め ることができます 1 計 算 対 象 となるセル 範 囲 と 合 計 を 表 示 する セル 範 数 式 や 関 数 を 利 用 する 合 計 を 計 算 するには 数 式 を 使 って 計 算 する 数 式 を 入 力 する 時 は 必 ず 半 角 英 数 字 で 入 力 し = から 入 力 を 開 始 します 1 合 計 を 表 示 したいセルを 選 択 します 2 = を 入 力 します 3 国 語 の 点 数 のセル(C4)をクリックします 4 + を 入 力 します 5 算 数 の

More information

Microsoft Word - tb01.doc

Microsoft Word - tb01.doc 第 1 章 プログラムを 動 かそう 概 要 ここでは 情 報 処 理 センターの 計 算 機 環 境 を 使 用 してプログラミングを 勉 強 するために 覚 えておかなければならな い 種 々のソフトウェアの 使 用 方 法 について 学 びます また C 言 語 を 用 いて 書 いたプログラムのソースコードをコンパイルし 実 行 する 方 法 について 学 びます この 章 の 目 標 テキストエディタを

More information

している 5. これに 対 して 親 会 社 の 持 分 変 動 による 差 額 を 資 本 剰 余 金 として 処 理 した 結 果 資 本 剰 余 金 残 高 が 負 の 値 となるような 場 合 の 取 扱 いの 明 確 化 を 求 めるコメントが 複 数 寄 せられた 6. コメントでは 親

している 5. これに 対 して 親 会 社 の 持 分 変 動 による 差 額 を 資 本 剰 余 金 として 処 理 した 結 果 資 本 剰 余 金 残 高 が 負 の 値 となるような 場 合 の 取 扱 いの 明 確 化 を 求 めるコメントが 複 数 寄 せられた 6. コメントでは 親 第 265 回 企 業 会 計 基 準 委 員 会 資 料 番 号 日 付 審 議 事 項 (3) 2013 年 5 月 29 日 プロジェクト 項 目 企 業 結 合 (ステップ2) 公 開 草 案 に 対 するコメントへの 対 応 I. 検 討 の 経 緯 1. 平 成 25 年 1 月 に 企 業 会 計 基 準 公 開 草 案 第 49 号 企 業 結 合 に 関 する 会 計 基 準 (

More information

2.4 箇 条 書 のスタイルを 変 更 する 右 クリックして 箇 条 書 と 番 号 付 け を 選 択 する. あとは 少 し 遊 べば, このようなことをやりたい 人 は 理 解 できると 思 います 3 いろいろな 入 力 ワープロを 使 う 上 で 肝 心 な 点 は, 空 白 調 整

2.4 箇 条 書 のスタイルを 変 更 する 右 クリックして 箇 条 書 と 番 号 付 け を 選 択 する. あとは 少 し 遊 べば, このようなことをやりたい 人 は 理 解 できると 思 います 3 いろいろな 入 力 ワープロを 使 う 上 で 肝 心 な 点 は, 空 白 調 整 目 次 1 標 準 の 行 間 隔...1 2 箇 条 書 き...1 2.1 箇 条 書 を 開 始 する...1 2.2 箇 条 書 を 終 了 する...1 2.3 箇 条 書 のレベルを 変 更 する...1 2.4 箇 条 書 のスタイルを 変 更 する...2 3 いろいろな 入 力...2 3.1 段 落 を 指 定 する...2 3.2 強 制 的 に 改 ページをする...2 3.3

More information

Microsoft Word - 第3章.doc

Microsoft Word - 第3章.doc 第 3 章 関 数 この 章 では 日 付 と 時 刻 を 扱 う 関 数 や 検 索 条 件 に 一 致 するデータを 取 り 出 す 関 数 の 使 い 方 また 複 数 の 関 数 を 組 み 合 わせてエラー 値 を 非 表 示 にする 方 法 を 学 習 します STEP 1: 日 付 / 時 刻 関 数 TODAY 関 数 NOW 関 数 TODAY 関 数 は パソコンの 内 蔵 時

More information

2 県 公 立 高 校 の 合 格 者 は このように 決 まる (1) 選 抜 の 仕 組 み 選 抜 の 資 料 選 抜 の 資 料 は 主 に 下 記 の3つがあり 全 高 校 で 使 用 する 共 通 の ものと 高 校 ごとに 決 めるものとがあります 1 学 力 検 査 ( 国 語 数

2 県 公 立 高 校 の 合 格 者 は このように 決 まる (1) 選 抜 の 仕 組 み 選 抜 の 資 料 選 抜 の 資 料 は 主 に 下 記 の3つがあり 全 高 校 で 使 用 する 共 通 の ものと 高 校 ごとに 決 めるものとがあります 1 学 力 検 査 ( 国 語 数 2 県 公 立 高 校 の 合 格 者 は このように 決 まる (1) 選 抜 の 仕 組 み 選 抜 の 資 料 選 抜 の 資 料 は 主 に 下 記 の3つがあり 全 高 校 で 使 用 する 共 通 の ものと 高 校 ごとに 決 めるものとがあります 1 学 力 検 査 ( 国 語 数 学 社 会 理 科 英 語 の5 教 科 ) すべての 高 校 で 資 料 とする 2 調 査 書 (

More information

4. 発 注 者 コード 及 び 成 績 評 定 8 (Q4-1) 該 当 の 発 注 者 コードが 付 与 されていないので 追 加 してください... 8 (Q4-2) 発 注 者 コードが 不 正 確 空 白 のものがあり 点 数 を 入 力 できません 成 績 評 定 の 入 力 ができませ

4. 発 注 者 コード 及 び 成 績 評 定 8 (Q4-1) 該 当 の 発 注 者 コードが 付 与 されていないので 追 加 してください... 8 (Q4-2) 発 注 者 コードが 不 正 確 空 白 のものがあり 点 数 を 入 力 できません 成 績 評 定 の 入 力 ができませ 2012.06.26 検 索 システムFAQ( 目 次 ) 1.PUBDIS 登 録 ( 対 象 等 ) 3 (Q1-1)PFI のテクニカルアドバイザリー 業 務 のような 調 査 業 務 は 登 録 できますか... 3 (Q1-2) 業 務 カルテは 受 注 金 額 によって 受 付 けているのですか また 業 務 受 注 時 に PUBDIS センターから 何 か 書 類 を 出 していますか...

More information

養 老 保 険 の 減 額 払 済 保 険 への 変 更 1. 設 例 会 社 が 役 員 を 被 保 険 者 とし 死 亡 保 険 金 及 び 満 期 保 険 金 のいずれも 会 社 を 受 取 人 とする 養 老 保 険 に 加 入 してい る 場 合 を 解 説 します 資 金 繰 りの 都

養 老 保 険 の 減 額 払 済 保 険 への 変 更 1. 設 例 会 社 が 役 員 を 被 保 険 者 とし 死 亡 保 険 金 及 び 満 期 保 険 金 のいずれも 会 社 を 受 取 人 とする 養 老 保 険 に 加 入 してい る 場 合 を 解 説 します 資 金 繰 りの 都 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 Up Newsletter 養 老 保 険 の 減 額 逓 増 定 期 保 険 の 取 扱 い 変 更 介 護 費 用 保 険 の 導 入 企 業 の 保 険 のポイント http://www.up-firm.com 1 養 老 保 険 の 減 額 払 済 保 険 への 変 更 1. 設 例 会 社 が 役 員 を 被 保 険 者

More information

H28記入説明書(納付金・調整金)8

H28記入説明書(納付金・調整金)8 1 常 用 雇 用 労 働 者 の 総 数 の 把 握 ( STEP1 ) (1) 常 用 雇 用 労 働 者 とは 障 害 者 雇 用 納 付 金 制 度 における 常 用 雇 用 労 働 者 とは あなたの 企 業 で の 形 式 の 如 何 を 問 わず 1 雇 用 ( 契 約 ) の 定 めがなく 雇 用 されている 労 働 者 及 び 一 定 の 雇 用 ( 契 約 ) を 定 めて 雇

More information

SXF 仕 様 実 装 規 約 版 ( 幾 何 検 定 編 ) 新 旧 対 照 表 2013/3/26 文 言 変 更 p.12(1. 基 本 事 項 ) (5)SXF 入 出 力 バージョン Ver.2 形 式 と Ver.3.0 形 式 および Ver.3.1 形 式 の 入 出 力 機 能 を

SXF 仕 様 実 装 規 約 版 ( 幾 何 検 定 編 ) 新 旧 対 照 表 2013/3/26 文 言 変 更 p.12(1. 基 本 事 項 ) (5)SXF 入 出 力 バージョン Ver.2 形 式 と Ver.3.0 形 式 および Ver.3.1 形 式 の 入 出 力 機 能 を SXF 仕 様 実 装 規 約 版 ( 幾 何 検 定 編 ) 新 旧 対 照 表 2013/3/26 改 訂 の 要 因 旧 新 (2013 年 4 月 版 ) 文 言 削 除 p.11(1. 基 本 事 項 ) (2) 保 証 すべき 実 数 の 精 度 p.5(1. 基 本 事 項 ) (2) 保 証 すべき 実 数 の 精 度 1. 用 紙 系 ( 線 種 ピッチ 等 用 紙 上 の 大 きさで

More information

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Ⅱ 国 地 方 公 共 団 体 公 共 公 益 法 人 等 の 消 費 税 Q&A ( 問 1) 免 税 期 間 における 起 債 の 償 還 元 金 に 充 てるための 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 Q 地 方 公 共 団 体 の 特 別 会 計 が 消 費 税 の 納 税 義 務 が 免 除 される 課 税 期 間

More information

本 試 験 模 範 解 答 固 定 資 産 税 第 一 問 問 1 1 住 宅 用 地 に 対 する 課 税 標 準 の 特 例 (1) 宅 地 のうち 住 宅 用 地 については 住 宅 政 策 上 の 見 地 から 次 のような 課 税 標 準 の 特 例 が 認 められている 小 規 模 住

本 試 験 模 範 解 答 固 定 資 産 税 第 一 問 問 1 1 住 宅 用 地 に 対 する 課 税 標 準 の 特 例 (1) 宅 地 のうち 住 宅 用 地 については 住 宅 政 策 上 の 見 地 から 次 のような 課 税 標 準 の 特 例 が 認 められている 小 規 模 住 第 66 回 税 理 士 試 験 解 答 速 報 固 定 資 産 税 本 解 答 は 平 成 28 年 8 月 12 日 16 時 に 学 校 法 人 大 原 学 園 が 独 自 に 作 成 したもので 予 告 なしに 内 容 を 変 更 する 場 合 が あります また 本 解 答 は 学 校 法 人 大 原 学 園 が 独 自 の 見 解 で 作 成 / 提 供 しており 試 験 機 関 による

More information

平成21年9月29日

平成21年9月29日 新 潟 県 介 護 職 員 処 遇 改 善 補 助 金 Q&A 平 成 22 年 4 月 新 潟 県 高 齢 福 祉 保 健 課 ( 問 1) 国 の 介 護 職 員 処 遇 改 善 交 付 金 事 業 実 施 要 領 では 交 付 金 とされているが 新 潟 県 介 護 職 員 処 遇 改 善 補 助 金 では 補 助 金 と 名 称 が 異 なる 理 由 はなにか また 承 認 申 請 書 等

More information

一 括 登 録 方 法 一 括 登 録 をするには 予 め 専 用 の CSV ファイルを 作 成 する 必 要 があります 普 段 エクセルファイルで 管 理 をされている 方 は, 以 下 の 3 列 のみのデータとなるようにデータを 加 工 して CSV ファイルとして 保 存 して 下 さ

一 括 登 録 方 法 一 括 登 録 をするには 予 め 専 用 の CSV ファイルを 作 成 する 必 要 があります 普 段 エクセルファイルで 管 理 をされている 方 は, 以 下 の 3 列 のみのデータとなるようにデータを 加 工 して CSV ファイルとして 保 存 して 下 さ 採 点 方 法 採 点 は 学 ナビ 上 よりご 登 録 頂 きます 登 録 は 個 別 登 録 と 一 括 登 録 の 2 種 類 がございます 登 録 は 普 段 の 受 講 者 名 簿 の 管 理 状 況 に 合 わせてやりや すい 方 法 で 作 業 して 頂 ければと 思 いますが,セッションタイムアウトエラー(*1)などの 都 合 より, 一 括 登 録 に よる 登 録 をお 奨 め

More information

(Microsoft Word - Excel\211\236\227p2\217\315.docx)

(Microsoft Word - Excel\211\236\227p2\217\315.docx) この 章 では 日 付 と 時 刻 を 扱 う 関 数 や 複 数 の 関 数 を 組 み 合 わせてエラーを 非 表 示 にする 方 法 また 検 索 条 件 に 一 致 するデータを 取 り 出 す 関 数 の 使 い 方 などについて 学 習 します 1 日 付 と 時 刻 の 関 数 TODAY 関 数 NOW 関 数 TODAY 関 数 は パソコンの 内 蔵 時 計 を 利 用 して 現

More information

Taro-2220(修正).jtd

Taro-2220(修正).jtd 株 式 会 社 ( 募 集 株 式 の 発 行 ) 株 式 会 社 変 更 登 記 申 請 書 1. 商 号 商 事 株 式 会 社 1. 本 店 県 市 町 丁 目 番 号 1. 登 記 の 事 由 募 集 株 式 発 行 ( 情 報 番 号 2220 全 25 頁 ) 1. 登 記 すべき 事 項 変 更 ( 注 ) 変 更 の 年 月 日 は, 払 込 期 日 又 は 払 込 期 間 の 末

More information

KINGSOFT Office 2016 動 作 環 境 対 応 日 本 語 版 版 共 通 利 用 上 記 動 作 以 上 以 上 空 容 量 以 上 他 接 続 環 境 推 奨 必 要 2

KINGSOFT Office 2016 動 作 環 境 対 応 日 本 語 版 版 共 通 利 用 上 記 動 作 以 上 以 上 空 容 量 以 上 他 接 続 環 境 推 奨 必 要 2 目 次 動 作 環 境 特 長 方 法 方 法 起 動 終 了 方 法 方 法 操 作 方 法 使 方 使 方 使 方 詳 細 設 定 使 方 KINGSOFT Office 2016 動 作 環 境 対 応 日 本 語 版 版 共 通 利 用 上 記 動 作 以 上 以 上 空 容 量 以 上 他 接 続 環 境 推 奨 必 要 2 KINGSOFT Office 2016 特 長 主 特 長 以

More information

Java演習(4) -- 変数と型 --

Java演習(4)   -- 変数と型 -- 50 20 20 5 (20, 20) O 50 100 150 200 250 300 350 x (reserved 50 100 y 50 20 20 5 (20, 20) (1)(Blocks1.java) import javax.swing.japplet; import java.awt.graphics; (reserved public class Blocks1 extends

More information

Taro-1-14A記載例.jtd

Taro-1-14A記載例.jtd 募 集 株 式 の 発 行 ( 非 公 開 会 社 のうち 非 取 締 役 会 設 置 会 社 ) 受 付 番 号 票 貼 付 欄 株 式 会 社 変 更 登 記 申 請 書 1. 会 社 法 人 等 番 号 0000-00 - 000000 分 かる 場 合 に 記 載 してください 1. 商 号 1. 本 店 1. 登 記 の 事 由 商 事 株 式 会 社 県 市 町 丁 目 番 号 募 集

More information

( 別 紙 ) 以 下 法 とあるのは 改 正 法 第 5 条 の 規 定 による 改 正 後 の 健 康 保 険 法 を 指 す ( 施 行 期 日 は 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 1. 標 準 報 酬 月 額 の 等 級 区 分 の 追 加 について 問 1 法 改 正 により 追 加

( 別 紙 ) 以 下 法 とあるのは 改 正 法 第 5 条 の 規 定 による 改 正 後 の 健 康 保 険 法 を 指 す ( 施 行 期 日 は 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 1. 標 準 報 酬 月 額 の 等 級 区 分 の 追 加 について 問 1 法 改 正 により 追 加 別 添 事 務 連 絡 平 成 27 年 12 月 18 日 日 本 年 金 機 構 厚 生 年 金 保 険 部 長 殿 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 長 持 続 可 能 な 医 療 保 険 制 度 を 構 築 するための 国 民 健 康 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 による 健 康 保 険 法 及 び 船 員 保 険 法 改 正 内 容 の 一 部 に

More information

やさしいJavaプログラミング -Great Ideas for Java Programming サンプルPDF

やさしいJavaプログラミング -Great Ideas for Java Programming サンプルPDF pref : 2004/6/5 (11:8) pref : 2004/6/5 (11:8) pref : 2004/6/5 (11:8) 3 5 14 18 21 23 23 24 28 29 29 31 32 34 35 35 36 38 40 44 44 45 46 49 49 50 pref : 2004/6/5 (11:8) 50 51 52 54 55 56 57 58 59 60 61

More information

解きながら学ぶJava入門編

解きながら学ぶJava入門編 44 // class Negative { System.out.print(""); int n = stdin.nextint(); if (n < 0) System.out.println(""); -10 Ÿ 35 Ÿ 0 n if statement if ( ) if i f ( ) if n < 0 < true false true false boolean literalboolean

More information

Ver 改 訂 日 付 改 訂 内 容 1

Ver 改 訂 日 付 改 訂 内 容 1 大 学 評 価 データベースシステム 一 括 登 録 マニュアル ( 第 1.00 版 ) SRA 東 北 Ver 改 訂 日 付 改 訂 内 容 1 目 次 1. 大 学 評 価 データベースの 使 用 方 法 について...3 1.1.データ 一 括 登 録...3 1.1.1. 一 括 登 録 の 目 的...3 1.1.2. 一 括 登 録 の 利 用 上 での 注 意 点...3 1.1.3.

More information

01_07_01 データのインポート_エクスポート_1

01_07_01 データのインポート_エクスポート_1 データのインポート/エクスポートについて 概 要 スタッフエクスプレスでは 他 のソフトウェアで 作 成 されたスタッフデータ 得 意 先 データなどを 取 り 込 む(インポートする)ことができます また スタッフエクスプレスに 登 録 済 みのデータを Excel 形 式 CSV 形 式 で 出 力 (エクスポート)す ることができます 注 意 インポートできるデータは 次 の 条 件 を 満

More information

R4財務対応障害一覧

R4財務対応障害一覧 1 仕 訳 入 力 仕 訳 入 力 時 摘 要 欄 で. + Enter を 押 すと アプリケーションでエラーが 発 生 しまインデックスが 配 列 の 境 界 外 です が 出 る 場 合 がある 問 題 に 対 応 しま 2 仕 訳 入 力 仕 訳 入 力 主 科 目 と 補 助 科 目 を 固 定 にすると2 行 目 以 降 の 補 助 科 目 コピーが 動 作 しない 問 題 に 対 応

More information

決 算 時 の 流 れ-1 1 年 間 の 仕 訳 入 力 が 終 了 したら 以 下 の 手 順 で 決 算 書 を 作 成 します Step1 精 算 表 を 印 刷 する 1.[F2 入 力 ]タブより 合 計 表 を 選 択 し 月 度 の 指 定 で 期 首 ~12ヶ 月 目 を 指 定

決 算 時 の 流 れ-1 1 年 間 の 仕 訳 入 力 が 終 了 したら 以 下 の 手 順 で 決 算 書 を 作 成 します Step1 精 算 表 を 印 刷 する 1.[F2 入 力 ]タブより 合 計 表 を 選 択 し 月 度 の 指 定 で 期 首 ~12ヶ 月 目 を 指 定 財 務 応 援 決 算 時 の 処 理 財 務 応 援 の 決 算 時 の 処 理 について 説 明 します (C) EPSON SALES JAPAN CORPORATION, All rights reserved.2012 1 決 算 時 の 流 れ-1 1 年 間 の 仕 訳 入 力 が 終 了 したら 以 下 の 手 順 で 決 算 書 を 作 成 します Step1 精 算 表 を 印

More information

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い 実 務 対 応 報 告 第 23 号 信 託 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 平 成 19 年 8 月 2 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 20 年 12 月 26 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている (1) 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に

More information

労働時間と休日は、労働条件のもっとも基本的なものの一つです

労働時間と休日は、労働条件のもっとも基本的なものの一つです 36 協 定 作 成 マニュアル 労 働 時 間 と 休 日 は 労 働 条 件 のもっとも 基 本 的 なものの 一 つです 労 働 基 準 法 では まず 第 32 条 第 1 項 で 使 用 者 は 労 働 者 に 休 憩 時 間 を 除 き 1 週 間 に 40 時 間 を 超 えて 労 働 させてはならない とし 法 定 労 働 時 間 が 1 週 40 時 間 であること を 掲 げ 次

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030322090AC90D1955D92E8977697CC82CC895E9770816990DD8C76939995D2816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030322090AC90D1955D92E8977697CC82CC895E9770816990DD8C76939995D2816A2E646F63> 土 木 部 建 築 設 計 及 び 工 事 監 理 等 委 託 業 務 成 績 評 定 要 領 の 運 用 ( 建 築 設 計 等 委 託 業 務 編 ) ( 評 定 の 方 法 ) 第 1 評 定 者 は 評 定 を 行 おうとする 業 務 ( 以 下 対 象 業 務 という )について 別 添 の 採 点 表 により 評 定 を 行 うものとし 評 価 項 目 評 価 の 視 点 及 び 評 価

More information

学 力 家 計 とも 基 準 内 です 申 込 みをすれば 必 ず 採 用 されますか? 奨 学 生 の 採 用 は 日 本 学 生 支 援 機 構 が 定 める 採 用 枠 の 範 囲 内 で 行 いますので 基 準 内 なら 必 ず 採 用 されるとのお 約 束 はできません 下 宿 しています

学 力 家 計 とも 基 準 内 です 申 込 みをすれば 必 ず 採 用 されますか? 奨 学 生 の 採 用 は 日 本 学 生 支 援 機 構 が 定 める 採 用 枠 の 範 囲 内 で 行 いますので 基 準 内 なら 必 ず 採 用 されるとのお 約 束 はできません 下 宿 しています 日 本 学 生 支 援 機 構 奨 学 金 に 関 する & 集 2016 年 4 月 学 生 支 援 課 これから 申 請 される 方 へ 奨 学 金 を 受 けたいのですが 手 続 きはどうしたらよいのでしょうか? 毎 年 4 月 初 旬 に 行 われる 奨 学 金 の 募 集 説 明 会 に 参 加 してください 家 計 の 急 変 により 早 急 に 奨 学 金 を 必 要 とする 場 合

More information

治 験 実 施 管 理 システム NMGCP 向 け Excel 形 式 プロトコール 作 成 手 順 書 V4.0.3 対 応 版 第 1 版 株 式 会 社 富 士 通 アドバンストエンジニアリング All Rights Reserved,Copyright 株 式 会 社 富 士 通 アドバン

治 験 実 施 管 理 システム NMGCP 向 け Excel 形 式 プロトコール 作 成 手 順 書 V4.0.3 対 応 版 第 1 版 株 式 会 社 富 士 通 アドバンストエンジニアリング All Rights Reserved,Copyright 株 式 会 社 富 士 通 アドバン 2014 年 1 月 7 日 治 験 依 頼 者 各 位 新 潟 市 民 病 院 治 験 管 理 室 Excel 形 式 の 電 子 プロトコール 提 出 の 御 依 頼 当 院 では 効 率 的 で 正 確 な 治 験 の 実 施 のため 電 子 カルテ 内 に 専 用 の Excel 形 式 による 電 子 プロトコールを 導 入 しております つきましては 治 験 依 頼 の 際 に 下 記

More information

MetaMoJi ClassRoom/ゼミナール 授業実施ガイド

MetaMoJi ClassRoom/ゼミナール 授業実施ガイド 本 書 では 管 理 者 向 けに MetaMoJi ClassRoom/ゼミナールで 年 度 更 新 を 実 施 する 手 順 について 説 明 して います 管 理 者 ガイドと 合 わせてご 覧 ください Excelは 米 国 Microsoft Corporationの 米 国 およびその 他 の 国 における 登 録 商 標 または 商 標 です Apache OpenOffice Apache

More information

経 理 上 くん db(version 8.001)の 変 更 点 概 要 Ⅰ. 消 費 税 /リバースチャージ 方 式 の 申 告 に 対 応 1 特 定 課 税 仕 入 特 定 課 税 仕 入 返 還 区 分 を 追 加 しました Ⅱ.その 他 の 改 良 修 正 詳 細 は 後 述 を 参 照

経 理 上 くん db(version 8.001)の 変 更 点 概 要 Ⅰ. 消 費 税 /リバースチャージ 方 式 の 申 告 に 対 応 1 特 定 課 税 仕 入 特 定 課 税 仕 入 返 還 区 分 を 追 加 しました Ⅱ.その 他 の 改 良 修 正 詳 細 は 後 述 を 参 照 経 理 上 手 くんdbNL(Vers 6.001) バージョンアップ 変 更 点 概 要 財 務 処 理 db 導 入 更 新 Version 8.001 当 プログラムは マイクロソフト 社 のサポート 対 応 終 了 に 伴 い Windows XP 搭 載 機 へのインストールは 不 可 と なっています 消 費 税 /リバースチャージ 方 式 の 申 告 に 対 応 特 定 課 税 仕 入

More information

目 次 1. 論 理 関 数 IF... 1 2. IF の 概 要... 1 3. 論 理 式 の 種 類... 2 3.1.1. 等 号... 2 3.1.2. 不 等 号... 2 4. 具 体 的 な 使 い 方... 2 5. ネスト... 3 6. 複 数 の 条 件 を 記 述...

目 次 1. 論 理 関 数 IF... 1 2. IF の 概 要... 1 3. 論 理 式 の 種 類... 2 3.1.1. 等 号... 2 3.1.2. 不 等 号... 2 4. 具 体 的 な 使 い 方... 2 5. ネスト... 3 6. 複 数 の 条 件 を 記 述... 平 成 26 年 12 月 6 日 跡 見 学 園 女 子 大 学 公 開 講 座 パソコンセミナー Excel 入 門 第 1 回 応 用 編 文 学 部 現 代 文 化 表 現 学 科 准 教 授 伊 藤 穣 j-ito@atomi.ac.jp http://www2.mmc.atomi.ac.jp/~j-ito/ 目 次 1. 論 理 関 数 IF... 1 2. IF の 概 要... 1

More information

情報処理技能検定試験 表計算2級 手順書

情報処理技能検定試験 表計算2級 手順書 日 本 情 報 処 理 検 定 協 会 主 催 情 報 処 理 技 能 検 定 試 験 ( 表 計 算 ) ワンポイント 2 級 (Microsoft Excel 2010 対 応 ) 2012 年 4 月 日 本 情 報 処 理 検 定 協 会 練 習 をはじめる 前 に 3 試 験 前 にすること 4 受 験 番 号 名 前 の 入 力 4 試 験 本 番 4 注 意 すること 4 試 験 後

More information

t検定

t検定 2 つ 平 均 を 比 べる(t 検 定 ) 1. 対 応 のない t 検 定 (1 つのテストを 2 つのグループが 受 けた 場 合 ) 同 じグループ( 組 )の 生 徒 が 2 回 受 験 した 場 合 には 対 応 がある t 検 定 を 行 ったが, ここでは 対 応 のない( 対 象 としているグループが 別 である) 場 合 の t 検 定 を 行 ってみよう 例 60 点 満 点

More information

事 業 税 の 外 形 標 準 課 税 事 業 税 は 都 道 府 県 が 所 得 ( 利 益 )に 対 して 課 税 します 1. 個 人 事 業 税 業 種 区 分 税 率 ( 標 準 税 率 ) 第 1 種 事 業 ( 物 品 販 売 業 製 造 業 金 銭 貸 付 業 飲 食 店 業 不 動

事 業 税 の 外 形 標 準 課 税 事 業 税 は 都 道 府 県 が 所 得 ( 利 益 )に 対 して 課 税 します 1. 個 人 事 業 税 業 種 区 分 税 率 ( 標 準 税 率 ) 第 1 種 事 業 ( 物 品 販 売 業 製 造 業 金 銭 貸 付 業 飲 食 店 業 不 動 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 UP!Consulting Up Newsletter 事 業 税 の 外 形 標 準 課 税 減 資 による 欠 損 填 補 と 資 本 金 等 の 額 http://www.up-firm.com 1 事 業 税 の 外 形 標 準 課 税 事 業 税 は 都 道 府 県 が 所 得 ( 利 益 )に 対 して 課 税 します

More information

JavaプログラミングⅠ

JavaプログラミングⅠ Java プログラミング Ⅰ 3 回目変数 今日の講義で学ぶ内容 変数とは 変数の使い方 キーボード入力の仕方 変 数 変 数 一時的に値を記憶させておく機能です 変数は 型 ( データ型ともいいます ) と識別子をもちます 2 型 変数に記憶できる値の種類です型は 値の種類に応じて次の 8 種類があり これを基本型といいます 基本型値の種類値の範囲または例 boolean 真偽値 true または

More information

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定 資 料 10 減 損 損 失 及 び 資 本 金 の 変 動 に 関 する 調 査 記 載 上 の 注 意 事 項 当 調 査 は 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 資 本 金 の の 変 動 等 を 把 握 するために 調 査 する ものである 調 査 対 象 は 地 方 公 営 企 業 状 況 調 査 の 対 象 となっている 法 適 用 企 業 とする Ⅰ 提 出 物 について

More information

c. 投 資 口 の 譲 渡 に 係 る 税 務 個 人 投 資 主 が 投 資 口 を 譲 渡 した 際 の 譲 渡 益 は 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 として 原 則 20%( 所 得 税 15% 住 民 税 5%)の 税 率 による 申 告 分 離 課 税 の 対 象 となりま

c. 投 資 口 の 譲 渡 に 係 る 税 務 個 人 投 資 主 が 投 資 口 を 譲 渡 した 際 の 譲 渡 益 は 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 として 原 則 20%( 所 得 税 15% 住 民 税 5%)の 税 率 による 申 告 分 離 課 税 の 対 象 となりま (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 以 下 のとおりです な お 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

[2] 控 除 限 度 額 繰 越 欠 損 金 を 有 する 法 人 において 欠 損 金 発 生 事 業 年 度 の 翌 事 業 年 度 以 後 の 欠 損 金 の 繰 越 控 除 にあ たっては 平 成 27 年 度 税 制 改 正 により 次 ページ 以 降 で 解 説 する の 特 例 (

[2] 控 除 限 度 額 繰 越 欠 損 金 を 有 する 法 人 において 欠 損 金 発 生 事 業 年 度 の 翌 事 業 年 度 以 後 の 欠 損 金 の 繰 越 控 除 にあ たっては 平 成 27 年 度 税 制 改 正 により 次 ページ 以 降 で 解 説 する の 特 例 ( 相 談 ~ 改 正 に 伴 い 改 めて 整 理 しておきたい~ 法 人 税 における 繰 越 欠 損 金 制 度 米 澤 潤 平 部 東 京 室 平 成 27 年 度 および28 年 度 の 税 制 改 正 による 法 人 税 率 引 き 下 げに 伴 う 課 税 ベース 拡 大 の 一 環 として 繰 越 欠 損 金 制 度 についても 大 改 正 が 行 われました 今 回 は 繰 越 欠 損

More information

募集新株予約権(有償ストック・オプション)の発行に関するお知らせ

募集新株予約権(有償ストック・オプション)の発行に関するお知らせ 各 位 平 成 28 年 6 月 24 日 会 社 名 株 式 会 社 モバイルファクトリー 代 表 者 名 代 表 取 締 役 宮 嶌 裕 二 (コード 番 号 3912 東 証 マザーズ) 問 合 せ 先 執 行 役 員 計 数 管 理 部 長 谷 本 洋 (TEL. 03-3447-1181) 募 集 新 株 予 約 権 ( 有 償 ストック オプション)の 発 行 に 関 するお 知 らせ

More information

関数の構造

関数の構造 Microsoft Excel ~ 関 数 編 ~ 2008 年 5 月 更 新 明 治 大 学 目 次 1. 関 数 の 入 力 2 1.1. 関 数 とは 2 1.2. 関 数 の 基 本 構 造 2 1.3. 関 数 の 入 力 方 法 3 2. よく 使 う 関 数 4 2.1. SUM 関 数 4 2.2. AVERAGE 関 数 5 2.3. RANK 関 数 5 2.4. IF 関 数

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

Taro-役員退職手当規程(H27.10改正)HP版

Taro-役員退職手当規程(H27.10改正)HP版 役 員 退 職 手 当 規 程 目 次 第 1 条 総 則 第 2 条 退 職 手 当 の 受 給 者 第 2 条 の2 遺 族 の 範 囲 及 び 順 位 第 3 条 退 職 手 当 の 額 第 4 条 在 職 期 間 の 計 算 第 5 条 再 任 等 の 場 合 の 取 り 扱 い 第 6 条 解 任 された 場 合 の 退 職 手 当 の 支 給 制 限 第 7 条 退 職 手 当 の 支

More information

スライド 1

スライド 1 本 資 料 は 学 会 代 議 員 との 意 見 交 換 を 踏 まえて 多 数 意 見 をまとめたものです しかし 学 術 団 体 として 多 様 な 意 見 があります これを 契 機 に 議 論 が 活 性 化 することを 期 待 します マンション 建 替 えに 関 する 意 見 ( 第 2 版 ) 当 日 の 口 頭 説 明 を 一 部 加 筆 千 葉 大 学 小 林 秀 樹 < 一 般

More information

GRIDY SFA カスタム 項 目 操 作 ガイド 用 本 書 はに 必 要 な 操 作 を 解 説 しております は GRIDY SFA ののことです GRIDY SFA へ 申 し 込 み 最 初 に 登 録 を 行 った 方 がそのままとなります カスタム 項 目 はの 方 のみ 操 作 可

GRIDY SFA カスタム 項 目 操 作 ガイド 用 本 書 はに 必 要 な 操 作 を 解 説 しております は GRIDY SFA ののことです GRIDY SFA へ 申 し 込 み 最 初 に 登 録 を 行 った 方 がそのままとなります カスタム 項 目 はの 方 のみ 操 作 可 GRIDY SFA カスタム 項 目 操 作 ガイド 2016 年 1 月 20 日 ナレッジスイート 株 式 会 社 1 GRIDY SFA カスタム 項 目 操 作 ガイド 用 本 書 はに 必 要 な 操 作 を 解 説 しております は GRIDY SFA ののことです GRIDY SFA へ 申 し 込 み 最 初 に 登 録 を 行 った 方 がそのままとなります カスタム 項 目 はの

More information

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す 9 退 職 金 事 務 に 関 する 注 意 事 項 1 労 務 管 理 の 観 点 から( 労 働 契 約 法 労 働 基 準 法 関 係 ) そもそも 退 職 金 の 支 給 は 法 人 の 任 意 で 必 ず 支 払 わなくてはならないものではありませんが 賃 金 の 後 払 いとして あるいは 長 年 の 功 労 への 報 償 や 退 職 後 の 生 活 保 障 として 制 度 を 設 ける

More information

新・明解Java入門

新・明解Java入門 537,... 224,... 224,... 32, 35,... 188, 216, 312 -... 38 -... 38 --... 102 --... 103 -=... 111 -classpath... 379 '... 106, 474!... 57, 97!=... 56 "... 14, 476 %... 38 %=... 111 &... 240, 247 &&... 66,

More information

1

1 Excelファイルアクセス 1. 概 要 Excel ファイルアクセスコンポーネントは Microsoft Excel のファイルを 開 いてセルの 値 や 書 式 を 取 得 変 更 したり テーブル 全 体 を 新 しいファイルと して 保 存 したりするために 用 います Excel ファイルアクセスコンポーネントは アプリケーションビルダーのメニューから 以 下 のように 選 びます [コンポーネント

More information

WebMail ユーザーズガイド

WebMail ユーザーズガイド ニフティクラウド ビジネスメール メール 共 有 サービス ユーザーズガイド 第 1.1 版 平 成 26 年 5 月 19 日 ニフティ 株 式 会 社 目 次 はじめに... 3 1. 共 有 メールボックスとは... 4 2. 共 有 メールボックスを 表 示 する... 5 3. 閲 覧 履 歴 操 作 履 歴 を 表 示 する... 8 4. 共 有 メールボックスからメールを 送 信 する...

More information

[Q20] 扶 養 控 除 等 申 告 書 が 提 出 された 際 に その 申 告 書 に 記 載 された 国 外 居 住 親 族 に 係 る 親 族 関 係 書 類 が 提 示 されず 事 後 に 提 示 された 場 合 いつから 扶 養 控 除 等 を 適 用 して 源 泉 徴 収 税 額 を

[Q20] 扶 養 控 除 等 申 告 書 が 提 出 された 際 に その 申 告 書 に 記 載 された 国 外 居 住 親 族 に 係 る 親 族 関 係 書 類 が 提 示 されず 事 後 に 提 示 された 場 合 いつから 扶 養 控 除 等 を 適 用 して 源 泉 徴 収 税 額 を 国 外 居 住 親 族 に 係 る 扶 養 控 除 等 Q&A( 源 泉 所 得 税 関 係 ) 平 成 27 年 9 月 国 税 庁 所 得 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 9 号 )により 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 支 払 うべき 給 与 等 及 び 公 的 年 金 等 から 国 外 居 住 親 族 に 係 る 扶 養 控

More information

JavaプログラミングⅠ

JavaプログラミングⅠ Java プログラミング Ⅰ 3 回目変数 今日の講義で学ぶ内容 変数とは 変数の使い方 キーボード入力の仕方 変 数 変 数 一時的に値を記憶させておく機能です 変数は 型 ( データ型ともいいます ) と識別子をもちます 2 型 変数に記憶できる値の種類です型は 値の種類に応じて次の 8 種類があり これを基本型といいます 基本型値の種類値の範囲または例 boolean 真偽値 true または

More information

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議 第 6 回 税 理 士 試 験 固 定 資 産 税 はじめに 第 一 問 については 個 別 理 論 題 の 出 題 であった 1については 固 定 資 産 評 価 員 及 び 固 定 資 産 評 価 補 助 員 に 関 する 出 題 であったが 個 別 理 論 での 出 題 であり 判 断 に 迷 う 点 もなく 高 得 点 を 取 ることが 可 能 な 問 題 であった については 区 分 所

More information

Microsoft Word - 不動産賃貸業における事業的規模とは?

Microsoft Word - 不動産賃貸業における事業的規模とは? 不 動 産 賃 貸 業 における 事 業 的 規 模 とは? 個 人 で 商 売 をして 儲 けを 出 せば 所 得 税 や 住 民 税 が 課 されます その 商 売 を 事 業 とし て 行 っていれば 事 業 所 得 として 事 業 以 外 で 行 っていれば 雑 所 得 としての 課 税 となり 税 金 計 算 上 の 取 り 扱 いが 異 なります 不 動 産 賃 貸 業 の 場 合 は

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 株 式 会 社 化 に 伴 う から 特 定 の 員 への 株 式 譲 渡 に 係 る 課 税 関 係 と 手 続 きについて 平 成 20 年 2 月 商 工 中 金 当 資 料 は 貴 において 本 件 取 引 に 関 する 検 討 をされるに 際 して ご 参 考 のための 情 報 提 供 のみを 目 的 として 国 税 庁 の 確 認 を 受 けた 内 容 に 基 づき 商 工 中 金 が

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

(Microsoft Word - Excel\223\374\226\3452\217\3150523.docx)

(Microsoft Word - Excel\223\374\226\3452\217\3150523.docx) この 章 では 新 しい 表 を 作 成 する 作 業 過 程 の 中 で 最 初 の 作 業 となるデータの 入 力 から 数 式 の 作 成 までを 学 習 します 新 しいブックの 作 成 連 続 データの 入 力 データのコピーや 移 動 の 方 法 基 本 的 な 関 数 の 入 力 方 法 などを 学 習 します 1 新 しいブック ブックの 作 成 新 規 ブックを 作 成 するには

More information

国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平

国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平 平 成 23 年 度 改 正 関 係 参 考 資 料 ( 国 税 通 則 法 関 係 ) 国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平 成 25

More information

平成27年度大学改革推進等補助金(大学改革推進事業)交付申請書等作成・提出要領

平成27年度大学改革推進等補助金(大学改革推進事業)交付申請書等作成・提出要領 平 成 7 年 度 大 学 改 革 推 進 等 補 助 金 ( 大 学 改 革 推 進 事 業 ) 交 付 申 請 書 等 作 成 提 出 要 領 交 付 申 請 等 に 当 たっては 大 学 改 革 推 進 等 補 助 金 ( 大 学 改 革 推 進 事 業 ) 取 扱 要 領 ( 以 下 取 扱 要 領 という ) も 参 照 の 上 以 下 の 関 係 書 類 を 作 成 し 各 大 学 短

More information

Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果 課 題 を 検 証 し その 改 善 を 図 るもに 学 校 におけ

Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果 課 題 を 検 証 し その 改 善 を 図 るもに 学 校 におけ Ⅰ 調 査 の 概 要 Ⅱ 札 幌 の 子 どもの 学 力 学 習 意 欲 等 について Ⅲ 学 力 調 査 の 結 果 概 要 及 び 改 善 の 方 向 等 について Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果

More information

1

1 精 華 町 個 人 情 報 保 護 条 例 改 正 に 向 けての 考 え 方 ( 案 ) 平 成 27 年 4 月 精 華 町 0 1 目 次 1 個 人 情 報 保 護 に 関 する 法 体 系 と 番 号 法 における 特 定 個 人 情 報 の 保 護 措 置... 1 2 番 号 法 と 精 華 町 個 人 情 報 保 護 条 例 における 個 人 情 報 の 定 義 上 の 差 異...

More information

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1 1 育 児 休 業 について Q1 育 児 休 業 とはどのような 制 度 ですか? A1 子 が 満 3 歳 に 達 する 日 まで, 一 定 の 要 件 を 満 たした 職 員 が 任 命 権 者 ( 宮 城 県 教 育 委 員 会 )の 承 認 を 受 けて,その3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 するため, 職 務 に 従 事 しな いことを 可 能 とする 制 度 です 仕 事 と 育

More information

目 次 年 度 更 新 の 事 前 準 備 3 事 前 準 備 4 2016 年 度 に 更 新 後 2015 年 度 を 訂 正 するには 8 一 括 有 期 10 メニュー 画 の 年 度 について 11 STEP1 確 定 保 険 料 の 対 象 事 を 集 計 12 STEP2 報 告 書

目 次 年 度 更 新 の 事 前 準 備 3 事 前 準 備 4 2016 年 度 に 更 新 後 2015 年 度 を 訂 正 するには 8 一 括 有 期 10 メニュー 画 の 年 度 について 11 STEP1 確 定 保 険 料 の 対 象 事 を 集 計 12 STEP2 報 告 書 一 括 有 期 事 業 年 度 更 新 マニュアル 2016 年 度 版 2015 年 度 確 定 2016 年 度 概 算 Cells 485-0014 愛 知 県 小 牧 市 安 田 町 190 サポートセンターお 問 合 せ E-mail info@cells.co.jp FAX 0568-76-7432 本 マニュアルは 平 成 28 年 6 月 1 日 時 点 で 公 開 されている 情

More information

やさしく名刺ファイリング v.3.0 操作マニュアル

やさしく名刺ファイリング v.3.0 操作マニュアル 操 作 マニュアル やさしく 名 刺 ファイリング 基 本 操 作 目 次 1. はじめに 2. やさしく 名 刺 ファイリングの 起 動 2-1.データベースの 作 成 2-2.スキャナの 設 定 3. 名 刺 の 読 み 込 み 3-1. 専 用 スキャナでの 読 み 込 み 3-2. 市 販 スキャナでの 読 み 込 み 4. 名 刺 の 認 識 修 正 登 録 4-1. 名 刺 の 認 識

More information

2 課 題 管 理 ( 科 学 研 究 費 補 助 金 ) 画 面 が 表 示 されます 補 助 事 業 期 間 終 了 後 欄 の[ 入 力 ] をクリックします [ 入 力 ]ボタンが 表 示 されていない 場 合 には 所 属 する 研 究 機 関 の 事 務 局 等 へお 問 い 合 わせく

2 課 題 管 理 ( 科 学 研 究 費 補 助 金 ) 画 面 が 表 示 されます 補 助 事 業 期 間 終 了 後 欄 の[ 入 力 ] をクリックします [ 入 力 ]ボタンが 表 示 されていない 場 合 には 所 属 する 研 究 機 関 の 事 務 局 等 へお 問 い 合 わせく 2.6. 研 究 成 果 報 告 書 の 作 成 2.6.1 研 究 成 果 報 告 内 容 ファイルを 作 成 1 科 学 研 究 費 助 成 事 業 の Web ページ 等 から 研 究 成 果 報 告 内 容 ファイル 様 式 をダウンロードし ます 2 ダウンロードした 研 究 成 果 報 告 内 容 ファイル 様 式 に 報 告 内 容 を 記 入 し 保 存 します 所 定 の 様 式

More information

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か 別 表 五 ( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 等 の 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に 規 定 する 利 益 積 立 金 額 を 計 算 するために 使 用

More information

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の 別 表 五 別 ( 表 一 五 )( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 金 等 等 の 額 の 額 計 の 算 計 に 算 関 に する 関 明 する 細 書 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に

More information

8 顧 問 料 管 理 支 援 ソフト 報 酬 名 人 操 作 マニュアル 第 1 版 報 酬 名 人 操 作 の 流 れ 報 酬 名 人 では 煩 雑 になりがちな 顧 問 料 の 請 求 処 理 入 金 処 理 を 一 括 管 理 顧 問 先 の 様 々な 請 求 形 態 ( 毎 月 請 求 各 月 請 求 等 )にも 対 応 しています 請 求 書 領 収 書 はもちろん 支 払 調 書 や 所

More information

1. 前 払 式 支 払 手 段 サーバ 型 の 前 払 式 支 払 手 段 に 関 する 利 用 者 保 護 等 発 行 者 があらかじめ 利 用 者 から 資 金 を 受 け 取 り 財 サービスを 受 ける 際 の 支 払 手 段 として 前 払 式 支 払 手 段 が 発 行 される 場 合

1. 前 払 式 支 払 手 段 サーバ 型 の 前 払 式 支 払 手 段 に 関 する 利 用 者 保 護 等 発 行 者 があらかじめ 利 用 者 から 資 金 を 受 け 取 り 財 サービスを 受 ける 際 の 支 払 手 段 として 前 払 式 支 払 手 段 が 発 行 される 場 合 決 済 WG 7-1 論 点 の 整 理 1. 前 払 式 支 払 手 段 サーバ 型 の 前 払 式 支 払 手 段 に 関 する 利 用 者 保 護 等 発 行 者 があらかじめ 利 用 者 から 資 金 を 受 け 取 り 財 サービスを 受 ける 際 の 支 払 手 段 として 前 払 式 支 払 手 段 が 発 行 される 場 合 紙 ICチップ 等 の 有 体 物 にその 価 値 が 記

More information

K227 Java 2

K227 Java 2 1 K227 Java 2 3 4 5 6 Java 7 class Sample1 { public static void main (String args[]) { System.out.println( Java! ); } } 8 > javac Sample1.java 9 10 > java Sample1 Java 11 12 13 http://java.sun.com/j2se/1.5.0/ja/download.html

More information

育休代替任期付職員制度について

育休代替任期付職員制度について 市 原 市 育 休 代 替 任 期 付 職 員 制 度 の 手 引 き 1 制 度 の 趣 旨 について Q1. 育 休 代 替 任 期 付 職 員 とは どのような 職 員 ですか? A1. 育 休 代 替 任 期 付 職 員 とは 育 児 休 業 を 取 得 する 職 員 にかわって 期 間 限 定 で 勤 務 する 職 員 です もう 少 し 解 説 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等

More information

kyoukai.indd

kyoukai.indd 個 人 投 資 家 の 皆 さまへ 主 なポイント 株 式 の 売 買 益 については 特 定 口 座 ( 源 泉 徴 収 選 択 口 座 ) の 利 用 で 税 務 署 に 申 告 しなくてもよくなり 預 貯 金 並 みの 手 軽 さで 株 式 投 資 を 行 うことができます 株 式 売 買 益 税 率 ( 平 成 15 年 1 月 1 日 ~ 平 成 19 年 12 月 31 日 ) 年 間

More information

給与R4 年末調整のポイント

給与R4 年末調整のポイント 給 与 R4 年 末 調 整 のポイント 給 与 R4シリーズの 年 末 調 整 の 流 れに 沿 ってポイントをご 説 明 いたし ます 1 年 末 調 整 のポイント ここからは 給 与 R4システムの 年 末 調 整 の 流 れに 沿 ってポイントをご 説 明 いたします 年 末 調 整 の 流 れ 1. 年 末 調 整 の 使 用 方 法 の 選 択 年 末 調 整 の 計 算 方 法 の

More information

戦略担当者のための

戦略担当者のための アーカイブに 登 録 するための ナレッジ 作 成 方 法 1.ナレッジの 整 理 2.ナレッジの 文 章 化 (1)タイトルと 目 次 の 設 定 (2) 本 文 の 作 成 (3) 体 裁 の 整 備 と 校 正 (4)PDFの 作 成 2008 年 8 月 http://www.darecon.com 1.ナレッジの 整 理 初 めにナレッジ( 知 識 ノウハウ)を 整 理 します 以 下 の4

More information

Microsoft PowerPoint - 特別徴収制度説明会資料(県央版.pptx

Microsoft PowerPoint - 特別徴収制度説明会資料(県央版.pptx 特 別 徴 収 制 度 説 明 会 H25.10.30~11.1 新 潟 県 三 条 市 燕 市 加 茂 市 田 上 町 弥 彦 村 作 成 1. 特 別 徴 収 制 度 とは 個 人 住 民 税 の 特 別 徴 収 とは 事 業 主 が 毎 月 従 業 員 に 支 払 う 給 与 から 個 人 住 民 税 を 天 引 きし 従 業 員 に 代 わり 納 入 する 制 度 です 一 方 給 与 から

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

TIPS - 棚 割 りを 開 始 するまで Liteを 起 動 し 企 業 情 報 の 追 加 を 行 い 棚 割 を 行 う 企 業 の 追 加 をして 下 さい 企 業 情 報 の 追 加 時 に エラーメッセージが 表 示 された 場 合 別 途 TIPS トラブルが 発 生 した 場 合

TIPS - 棚 割 りを 開 始 するまで Liteを 起 動 し 企 業 情 報 の 追 加 を 行 い 棚 割 を 行 う 企 業 の 追 加 をして 下 さい 企 業 情 報 の 追 加 時 に エラーメッセージが 表 示 された 場 合 別 途 TIPS トラブルが 発 生 した 場 合 TIPS 目 次 TIPS 項 目 棚 割 りを 開 始 するまで 商 品 画 像 の 追 加 方 法 商 品 情 報 の 一 括 更 新 登 録 方 法 棚 割 情 報 の 連 携 方 法 小 売 様 棚 割 ソフトとの 棚 割 情 報 連 携 について 他 棚 割 ソフトとの 棚 割 情 報 連 携 について 棚 割 情 報 のExcel 取 込 について 棚 板 設 定 の 詳 細 商 品 設

More information

特別徴収封入送付作業について

特別徴収封入送付作業について 特 別 徴 収 の 事 務 概 要 ( 説 明 資 料 ) 新 居 浜 市 役 所 総 務 部 市 民 税 課 電 話 (0897)65-1224( 直 通 ) 特 別 徴 収 について 所 得 税 の 源 泉 徴 収 義 務 者 は 市 の 指 定 により 市 県 民 税 の 特 別 徴 収 しなければならないと 義 務 付 け られています ( 地 方 税 法 第 321 条 の 4 新 居 浜

More information

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の 3 月 1 日 ( 火 )HP 公 表 基 本 関 係 社 会 保 険 等 未 加 入 対 策 に 関 する 想 定 問 答 問 1 社 会 保 険 等 とは 何 か 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 )と 労 働 保 険 ( 雇 用 保 険 )を 指 します 問 2 どのような 場 合 でも 元 請 と 未 加 入 業 者 との 一 次 下 請 契 約 が 禁 止

More information

083-089_ZEI-0329_特集(朝倉)_プ2.indd

083-089_ZEI-0329_特集(朝倉)_プ2.indd PART2 別 表 はココを 確 認 しよう! 法 人 税 申 告 書 の 提 出 前 チェック 外 国 税 額 控 除 103,681,500 税 理 士 法 人 トーマツ 税 理 士 朝 倉 歩 3,500,000 25,800,000 20,000,000 23,888,655 3,500,000 Check4 93,681,500 Check1 10,000,000 A 国 事 業 所 得

More information

容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保 することを 目 的 として 行 われており 市 街 地 環

容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保 することを 目 的 として 行 われており 市 街 地 環 資 料 2-2 容 積 率 規 制 等 について Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保

More information

Ⅱ 義 援 金 を 募 集 する 募 金 団 体 の 確 認 手 続 [Q7] 当 団 体 は 関 係 する 個 人 法 人 から 義 援 金 を 預 かり これを 取 りまとめた 上 で 一 括 して 地 方 公 共 団 体 に 対 して 支 払 います 預 かった 義 援 金 が 国 等 に 対

Ⅱ 義 援 金 を 募 集 する 募 金 団 体 の 確 認 手 続 [Q7] 当 団 体 は 関 係 する 個 人 法 人 から 義 援 金 を 預 かり これを 取 りまとめた 上 で 一 括 して 地 方 公 共 団 体 に 対 して 支 払 います 預 かった 義 援 金 が 国 等 に 対 義 援 金 に 関 する 税 務 上 の 取 扱 いFAQ 平 成 28 年 4 月 国 税 庁 平 成 28 年 4 月 の 熊 本 地 震 により 被 害 を 受 けられた 方 を 支 援 するために 熊 本 県 下 や 大 分 県 下 の 災 害 対 策 本 部 等 に 義 援 金 や 寄 附 金 ( 以 下 義 援 金 といいます )を 支 払 った 場 合 の 税 務 上 の 取 扱 いや

More information

目 次 1.はじめに... 3 2. 書 式 の 説 明... 3 3. 表 紙... 4 4.スケジュール... 5 5. 組 入 れ 基 準... 9 6. 併 用 禁 止 薬... 10 7. 併 用 注 意 薬... 10 8. 同 種 同 効 薬... 10 9. 医 師 モニタリング..

目 次 1.はじめに... 3 2. 書 式 の 説 明... 3 3. 表 紙... 4 4.スケジュール... 5 5. 組 入 れ 基 準... 9 6. 併 用 禁 止 薬... 10 7. 併 用 注 意 薬... 10 8. 同 種 同 効 薬... 10 9. 医 師 モニタリング.. 治 験 実 施 管 理 システム NMGCP 向 け Excel 形 式 プロトコール 作 成 手 順 書 V4.0.4 対 応 版 第 1 版 株 式 会 社 富 士 通 アドバンストエンジニアリング All Rights Reserved,Copyright 株 式 会 社 富 士 通 アドバンストエンジニアリング 2010 目 次 1.はじめに... 3 2. 書 式 の 説 明... 3 3.

More information

4 応 募 者 向 けメニュー 画 面 が 表 示 されます 応 募 者 向 けメニュー 画 面 で [ 交 付 内 定 時 の 手 続 を 行 う] [ 交 付 決 定 後 の 手 続 を 行 う]をクリックします 10

4 応 募 者 向 けメニュー 画 面 が 表 示 されます 応 募 者 向 けメニュー 画 面 で [ 交 付 内 定 時 の 手 続 を 行 う] [ 交 付 決 定 後 の 手 続 を 行 う]をクリックします 10 2 科 学 研 究 費 助 成 事 業 のトップページ 画 面 が 表 示 されます [ 研 究 者 ログイン]をクリック します 掲 載 している 画 面 は 例 示 です 随 時 変 更 されます 3 科 研 費 電 子 申 請 システムの 応 募 者 ログイン 画 面 が 表 示 されます e-rad の ID パ ス ワード を 入 力 し [ログイン]をクリックします 9 4 応 募 者

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

< 現 在 の 我 が 国 D&O 保 険 の 基 本 的 な 設 計 (イメージ)> < 一 般 的 な 補 償 の 範 囲 の 概 要 > 請 求 の 形 態 会 社 の 役 員 会 社 による 請 求 に 対 する 損 免 責 事 由 の 場 合 に 害 賠 償 請 求 は 補 償 されず(

< 現 在 の 我 が 国 D&O 保 険 の 基 本 的 な 設 計 (イメージ)> < 一 般 的 な 補 償 の 範 囲 の 概 要 > 請 求 の 形 態 会 社 の 役 員 会 社 による 請 求 に 対 する 損 免 責 事 由 の 場 合 に 害 賠 償 請 求 は 補 償 されず( 別 紙 2 会 社 役 員 賠 償 責 任 保 険 (D&O 保 険 )の 実 務 上 の 検 討 ポイント 第 1 会 社 役 員 賠 償 責 任 保 険 (D&O 保 険 )の 概 要 会 社 役 員 賠 償 責 任 保 険 ( 以 下 D&O 保 険 ) とは 保 険 契 約 者 である 会 社 と 保 険 者 である 保 険 会 社 の 契 約 により 被 保 険 者 とされている 役 員

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20457863656C97F195CF8AB72091808DEC90E096BE8F912091E6312E313294C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20457863656C97F195CF8AB72091808DEC90E096BE8F912091E6312E313294C52E646F63> Excel 列 変 換 Ver.1.0.3 操 作 説 明 書 第 1.1 版 Copyright (C) 2008 株 式 会 社 恒 河 沙 変 更 履 歴 版 作 成 日 作 成 者 主 な 変 更 点 第 1.0 版 2008/10/29 ( 株 ) 恒 河 沙 東 野 貴 行 新 規 作 成 第 1.1 版 2008/11/04 ( 株 ) 恒 河 沙 東 野 貴 行 - 2 - 目 次

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

* 解 雇 の 合 理 性 相 当 性 は 整 理 解 雇 の 場 合 には 1 整 理 解 雇 の 必 要 性 2 人 員 選 択 の 相 当 性 3 解 雇 回 避 努 力 義 務 の 履 行 4 手 続 きの 相 当 性 の 四 要 件 ( 要 素 )で 判 断 され る 部 門 閉 鎖 型

* 解 雇 の 合 理 性 相 当 性 は 整 理 解 雇 の 場 合 には 1 整 理 解 雇 の 必 要 性 2 人 員 選 択 の 相 当 性 3 解 雇 回 避 努 力 義 務 の 履 行 4 手 続 きの 相 当 性 の 四 要 件 ( 要 素 )で 判 断 され る 部 門 閉 鎖 型 一 問 題 状 況 1) 平 成 24 年 度 労 働 契 約 法 改 正 (18~20 条 の 新 設 ) 5 年 ルール( 無 期 転 換 ルール)の 導 入 判 例 による 雇 止 め 規 制 の 立 法 化 有 期 契 約 の 差 別 禁 止 規 定 の 新 設 2) 関 連 法 令 の 改 正 (5 年 ルール 関 係 ) 任 期 法 の 改 正 特 例 についての 法 律 案 3) 有

More information

税金読本(8-5)特定口座と確定申告

税金読本(8-5)特定口座と確定申告 と 確 申 告 8-5 複 数 の 証 券 会 社 で 源 泉 徴 収 を 開 設 している 場 合 の 損 益 通 算 の 方 法 における 株 式 債 券 投 資 信 託 と 税 金 源 泉 徴 収 と 確 申 告 源 泉 徴 収 の 場 合 内 の 譲 するか 否 かは 1つの ごとに 選 渡 益 については 確 申 告 は 不 要 です 択 することができます つまり 投 資 家 が 内 の

More information

<5461726F31322D325F81798ED0984A8E6D817A944E8BE08D8E959E814593BE>

<5461726F31322D325F81798ED0984A8E6D817A944E8BE08D8E959E814593BE> 社 労 士 講 座 資 格 の 大 原 年 金 克 服 得 点 アップセミナー 第 2 回 目 ( 年 金 克 服 得 点 アップセミナー 全 3 回 ) 第 1 回 国 民 年 金 法 第 2 回 厚 生 年 金 保 険 法 第 3 回 確 認 テスト 社 労 士 試 験 の 最 大 の 難 関 は 年 金 科 目 です これは1 仕 組 みについて 理 解 が 必 要 であるこ と2 他 の 科

More information

N 一 般 の 住 宅 について 控 除 の 対 象 となる 借 入 金 は 平 成 26 年 4 月 平 成 31 年 6 月 30 日 までの 入 居 の 場 合 は4,000 万 円 ( 平 成 26 年 3 月 までの 入 居 の 場 合 は2,000 万 円 )までとなります 建 物 や

N 一 般 の 住 宅 について 控 除 の 対 象 となる 借 入 金 は 平 成 26 年 4 月 平 成 31 年 6 月 30 日 までの 入 居 の 場 合 は4,000 万 円 ( 平 成 26 年 3 月 までの 入 居 の 場 合 は2,000 万 円 )までとなります 建 物 や 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 100 40 50 年 の12 月 31 日 まで 引 き 続 き 居 住 の 用 に 供 するこ とが 条 件 です) N 日 本 に 居 住 する 者 が 借 入 金 で 自 己 の 居 住 用 住 宅 の 取 得 等 をしたときに 次 の 要 件 に 該 当 する 場 合 には その 年 の12 月 31 日 の 借 入 金 の 残 高 に 応 じて 一

More information

WEB版「新・相続対策マスター」(ご利用の手引き)

WEB版「新・相続対策マスター」(ご利用の手引き) WEB 版 新 相 続 対 策 マスター ご 利 用 の 手 引 き 株 式 会 社 シャフト MG-16-0412 はじめに WEB 版 新 相 続 対 策 マスター( 以 下 本 シミュレーション)をご 利 用 にあたり 下 記 についてあらかじめ 承 諾 をいただいた 上 で 本 シミュレーションを 利 用 いただくものとします 本 シミュレーションの 計 算 結 果 はあくまでも 概 算 です

More information

贈与税 faq

贈与税 faq 電 子 申 告 に 関 するよくあるお 問 い 合 わせ 贈 与 税 の 電 子 申 告 に 関 する 概 要 と よくあるお 問 い 合 わせについて 説 明 します 26 年 分 の 贈 与 税 の 電 子 申 告 について 2015 年 1 月 21 日 1 目 次 確 認 したい 項 目 の 場 所 でクリックしてください 例 ) 対 応 プログラム 対 応 帳 票 他 の 税 目 と 異

More information