<4D F736F F D E AE98BC B18CA48B8689EF838C E5289BA816A81402E646F63>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D204832342E3181408AE98BC6964096B18CA48B8689EF838C8357838583813281698E5289BA816A81402E646F63>"

Transcription

1 第 17 回 企 業 法 務 研 究 会 ( 平 成 24 年 1 月 16 日 )レジュメ1 楽 天 対 TBS 株 式 買 取 価 格 決 定 申 立 事 件 最 高 裁 決 定 ( 最 高 裁 三 小 平 成 決 定 ) インテリジェンス 株 式 買 取 価 格 決 定 申 立 事 件 最 高 裁 決 定 ( 最 高 裁 三 小 平 成 決 定 ) ~ 株 式 買 取 請 求 権 に 係 る 公 正 な 価 格 の 意 義 ~ きっかわ 法 律 事 務 所 弁 護 士 今 城 智 徳 第 1 基 本 事 項 の 確 認 1 株 式 買 取 請 求 権 とは 会 社 の 基 礎 の 変 更 等 の 行 為 ( 組 織 再 編 事 業 譲 渡 等 )に 反 対 する 株 主 が 会 社 に 対 し 自 己 の 有 する 株 式 を 公 正 な 価 格 で 買 い 取 ることを 請 求 することにより 投 下 資 本 の 回 収 を 図 る 権 利 1 2 公 正 な 価 格 での 株 式 買 取 請 求 権 が 問 題 となる 場 面 全 部 取 得 条 項 譲 渡 制 限 等 の 定 款 変 更 ( 会 社 法 116 条 ) 事 業 譲 渡 ( 同 法 469 条 ) 組 織 再 編 ( 合 併 分 割 株 式 交 換 株 式 移 転 )( 同 法 785 条 797 条 806 条 ) 3 株 式 買 取 請 求 権 の 行 使 期 間 全 部 取 得 条 項 譲 渡 制 限 等 の 定 款 変 更 事 業 譲 渡 吸 収 型 再 編 ( 吸 収 合 併 吸 収 分 割 及 び 株 式 交 換 )( 会 社 法 116 条 469 条 785 条 797 条 ) 効 力 発 生 日 の20 日 前 の 日 から 効 力 発 生 日 の 前 日 までの 間 新 設 型 再 編 ( 新 設 合 併 新 設 分 割 及 び 株 式 移 転 )( 会 社 法 806 条 ) 新 設 合 併 等 の 通 知 公 告 の 日 から20 日 以 内 4 株 式 買 取 請 求 権 が 行 使 された 場 合 会 社 は 株 主 との 間 で 買 取 価 格 の 決 定 について 協 議 し 協 議 が 整 った 場 合 効 力 発 生 日 から60 日 以 内 にその 支 払 いをしなければならない 効 力 発 生 日 ( 新 設 型 再 編 の 場 合 は 設 立 会 社 の 成 立 の 日 )から30 日 以 内 にその 協 議 が 調 わないときは 株 主 また は 会 社 は その 期 間 の 満 了 の 後 30 日 以 内 に 裁 判 所 に 対 し 価 格 の 決 定 の 申 立 て 2 を することができる( 会 社 法 117 条 470 条 786 条 798 条 807 条 ) 1 江 頭 憲 治 郎 株 式 会 社 法 第 4 版 ( 有 斐 閣 )774 頁 2 他 に 裁 判 所 に 対 し 価 格 決 定 の 申 立 てを 行 う 場 合 として 新 株 予 約 券 権 買 取 請 求 権 全 部 取 得 条 項 付 き 種 類 株 式 の 取 得 などがある 1

2 第 2 楽 天 対 TBS 株 式 買 取 価 格 決 定 申 立 事 件 最 高 裁 決 定 ( 最 高 裁 三 小 平 成 決 定 判 例 タイムズ 1352 号 140 頁 ) 資 料 1 1 事 案 (1) 概 要 X( 株 式 会 社 東 京 放 送 ホールディングス)を 吸 収 分 割 株 式 会 社 A( 株 式 会 社 TBS テ レビ)を 吸 収 分 割 承 継 株 式 会 社 とする 吸 収 分 割 に 反 対 した X の 株 主 である Y( 楽 天 株 式 会 社 )が 相 手 方 に 対 し Y の 有 する 株 式 を 公 正 な 価 格 で 買 い 取 るよう 請 求 したが そ の 価 格 の 決 定 につき 協 議 が 調 わないため X 及 び Y が 会 社 法 786 条 2 項 に 基 づき そ れぞれ 価 格 の 決 定 の 申 立 てをした 事 案 (2) 事 実 関 係 の 概 要 ( 原 決 定 原 々 決 定 で 認 定 された 事 実 を 含 む ) H17.8~ Y グループが X の 株 式 の 取 得 を 開 始 H Y は X に 対 し 両 者 の 経 営 統 合 及 び 業 務 提 携 を 提 案 H X と Y は 両 者 の 経 営 統 合 及 び 業 務 提 携 につき 協 議 するため 覚 書 を 締 結 H 放 送 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 改 正 認 定 放 送 持 株 会 社 制 度 3 の 導 入 H 放 送 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 施 行 Y は 下 記 株 主 総 会 決 議 に 反 対 する 旨 を X に 通 知 H X 株 主 総 会 決 議 吸 収 分 割 の 方 法 により X がテレビ 放 送 事 業 及 び 映 像 文 化 事 業 に 関 して 有 する 権 利 義 務 を 完 全 子 会 社 である A に 承 継 させ A から X に 対 して 何 ら 対 価 を 交 付 しないこと 等 を 内 容 とする 吸 収 分 割 契 約 書 を 承 認 する 旨 の 決 議 Y 決 議 に 反 対 H Y は X に 対 し 保 有 株 式 3777 万 0800 株 (19.86%)の 株 式 買 取 請 求 H X が 認 定 放 送 持 株 会 社 の 認 定 を 受 ける 吸 収 分 割 の 効 力 発 生 Y 株 式 の 買 取 価 格 について XY 間 で 協 議 H X が 裁 判 所 に 対 し 価 格 決 定 の 申 立 て H Y が 裁 判 所 に 対 し 価 格 決 定 の 申 立 て 3 総 務 大 臣 の 認 定 を 受 けることで 複 数 の 事 業 者 を 子 会 社 とすることができるようになった( 放 送 法 159 条 1 項 参 照 ) 認 定 放 送 持 株 会 社 では 特 定 株 主 の 議 決 権 割 合 が 100 分 の 33 を 超 えることとなるときには 原 則 として その 割 合 を 超 える 部 分 に 相 当 する 株 式 は 議 決 権 を 有 しない 株 式 となる( 放 送 法 164 条 ) 2

3 2 原 決 定 の 判 断 東 京 高 裁 H 決 定 ( 判 例 タイムズ 1330 号 70 頁 ) 資 料 2 (1) 結 論 抗 告 棄 却 (1 株 につき 1294 円 とするのが 相 当 と 判 断 ) (2) 理 由 注 最 高 裁 判 決 の 中 では 以 下 のとおり 要 約 されている ⅰ 完 全 子 会 社 を 吸 収 分 割 承 継 株 式 会 社 とする 吸 収 分 割 に 際 し 吸 収 分 割 株 式 会 社 の 反 対 株 主 が 株 式 買 取 請 求 をした 場 合 における 株 式 の 公 正 な 価 格 は 吸 収 分 割 契 約 を 承 認 する 旨 の 株 主 総 会 の 決 議 がなかったとしたらその 株 式 が 有 していたであろう 価 格 を 基 礎 として 算 定 すべきであり 公 正 な 価 格 を 定 める 基 準 日 は 株 式 買 取 請 求 期 間 の 満 了 日 とするのが 相 当 である ⅱ そして 本 件 株 式 は 上 場 株 式 であるから 当 該 市 場 における 株 式 の 価 格 ( 以 下 市 場 株 価 という )が 企 業 の 客 観 的 価 値 を 反 映 しないなどの 特 段 の 事 情 がない 限 り 市 場 株 価 を 算 定 の 基 礎 に 用 いるのが 相 当 であり また 相 手 方 の 認 定 放 送 持 株 会 社 化 と 連 動 した 本 件 吸 収 分 割 が 相 手 方 の 企 業 価 値 又 は 株 主 価 値 を 毀 損 したものとは 認 められないから 本 件 における 公 正 な 価 格 は 株 式 買 取 請 求 期 間 の 満 了 日 の 市 場 株 価 を 上 回 るものではあり 得 ない 本 件 における 株 式 買 取 請 求 期 間 の 満 了 日 は 平 成 21 年 3 月 31 日 であるところ 東 京 証 券 取 引 所 における 相 手 方 の 株 式 の 同 日 の 終 値 は1 株 1294 円 であるから これをもって 本 件 株 式 の 公 正 な 価 格 と 認 め るのが 相 当 である 3 本 判 決 の 概 要 (1) 結 論 抗 告 棄 却 (2) 理 由 ⅰ 反 対 株 主 に 公 正 な 価 格 での 株 式 の 買 取 りを 請 求 する 権 利 が 付 与 された 趣 旨 は 吸 収 合 併 等 という 会 社 組 織 の 基 礎 に 本 質 的 変 更 をもたらす 行 為 を 株 主 総 会 の 多 数 決 により 可 能 とする 反 面 それに 反 対 する 株 主 に 会 社 からの 退 出 の 機 会 を 与 えるとと もに 退 出 を 選 択 した 株 主 には 吸 収 合 併 等 がされなかったとした 場 合 と 経 済 的 に 同 等 の 状 況 を 確 保 し さらに 吸 収 合 併 等 によりシナジーその 他 の 企 業 価 値 の 増 加 が 生 ずる 場 合 には 上 記 株 主 に 対 してもこれを 適 切 に 分 配 し 得 るものとすることに より 上 記 株 主 の 利 益 を 一 定 の 範 囲 で 保 障 することにある ⅱ 吸 収 合 併 等 によりシナジーその 他 の 企 業 価 値 の 増 加 が 生 じない 場 合 には 増 加 した 企 業 価 値 の 適 切 な 分 配 を 考 慮 する 余 地 はないから 吸 収 合 併 契 約 等 を 承 認 する 旨 の 株 主 総 会 の 決 議 がされることがなければその 株 式 が 有 したであろう 価 格 ( 以 下 ナ カリセバ 価 格 という )を 算 定 し これをもって 公 正 な 価 格 を 定 めるべきであ 3

4 る ⅲ 消 滅 株 式 会 社 等 の 反 対 株 主 が 株 式 買 取 請 求 をすれば 消 滅 株 式 会 社 等 の 承 諾 を 要 す ることなく 法 律 上 当 然 に 反 対 株 主 と 消 滅 株 式 会 社 等 との 間 に 売 買 契 約 が 成 立 した のと 同 様 の 法 律 関 係 が 生 じ 消 滅 株 式 会 社 等 には その 株 式 を 公 正 な 価 格 で 買 い 取 るべき 義 務 が 生 ずる 反 面 ( 前 掲 最 高 裁 昭 和 48 年 3 月 1 日 第 一 小 法 廷 決 定 参 照 ) 反 対 株 主 は 消 滅 株 式 会 社 等 の 承 諾 を 得 なければ その 株 式 買 取 請 求 を 撤 回 するこ とができないことになる( 会 社 法 785 条 6 項 )ことからすれば 売 買 契 約 が 成 立 したのと 同 様 の 法 律 関 係 が 生 ずる 時 点 であり かつ 株 主 が 会 社 から 退 出 する 意 思 を 明 示 した 時 点 である 株 式 買 取 請 求 がされた 日 を 基 準 日 として 公 正 な 価 格 を 定 めるのが 合 理 的 である 仮 に 反 対 株 主 が 株 式 買 取 請 求 をした 日 より 後 の 日 を 基 準 として 公 正 な 価 格 を 定 めるものとすると 反 対 株 主 は 自 らの 意 思 で 株 式 買 取 請 求 を 撤 回 することができないにもかかわらず 株 式 買 取 請 求 後 に 生 ずる 市 場 の 一 般 的 な 価 格 変 動 要 因 による 市 場 株 価 への 影 響 等 当 該 吸 収 合 併 等 以 外 の 要 因 による 株 価 の 変 動 によるリスクを 負 担 することになり 相 当 ではないし また 上 記 決 議 が された 日 を 基 準 として 公 正 な 価 格 を 定 めるものとすると 反 対 株 主 による 株 式 買 取 請 求 は 吸 収 合 併 等 の 効 力 を 生 ずる 日 の20 日 前 の 日 からその 前 日 までの 間 に しなければならないこととされているため( 会 社 法 785 条 5 項 ) 上 記 決 議 の 日 か ら 株 式 買 取 請 求 がされるまでに 相 当 の 期 間 が 生 じ 得 るにもかかわらず 上 記 決 議 の 日 以 降 に 生 じた 当 該 吸 収 合 併 等 以 外 の 要 因 による 株 価 の 変 動 によるリスクを 反 対 株 主 は 一 切 負 担 しないことになり 相 当 ではない そうすると 会 社 法 782 条 1 項 所 定 の 吸 収 合 併 等 によりシナジーその 他 の 企 業 価 値 の 増 加 が 生 じない 場 合 に 同 項 所 定 の 消 滅 株 式 会 社 等 の 反 対 株 主 がした 株 式 買 取 請 求 に 係 る 公 正 な 価 格 は 原 則 として 当 該 株 式 買 取 請 求 がされた 日 におけ るナカリセバ 価 格 をいうものと 解 するのが 相 当 である ⅵ ナカリセバ 価 格 を 算 定 するに 当 たり 吸 収 合 併 等 による 影 響 を 排 除 するために 吸 収 合 併 等 を 行 う 旨 の 公 表 等 がされる 前 の 市 場 株 価 ( 以 下 参 照 株 価 という )を 参 照 してこれを 算 定 することや その 際 上 記 公 表 がされた 日 の 前 日 等 の 特 定 の 時 点 の 市 場 株 価 を 参 照 するのか それとも 一 定 期 間 の 市 場 株 価 の 平 均 値 を 参 照 するのか 等 については 当 該 事 案 における 消 滅 株 式 会 社 等 や 株 式 買 取 請 求 をした 株 主 に 係 る 事 情 を 踏 まえた 裁 判 所 の 合 理 的 な 裁 量 に 委 ねられているものというべきである ま た 上 記 公 表 等 がされた 後 株 式 買 取 請 求 がされた 日 までの 間 に 当 該 吸 収 合 併 等 以 外 の 市 場 の 一 般 的 な 価 格 変 動 要 因 により 当 該 株 式 の 市 場 株 価 が 変 動 している 場 合 に これを 踏 まえて 参 照 株 価 に 補 正 を 加 えるなどして 同 日 のナカリセバ 価 格 を 算 定 する についても 同 様 である 吸 収 合 併 等 により 企 業 価 値 が 増 加 も 毀 損 もしないため 当 該 吸 収 合 併 等 が 消 滅 株 式 会 社 等 の 株 式 の 価 値 に 変 動 をもたらすものではなかったときは その 市 場 株 価 は 4

5 当 該 吸 収 合 併 等 による 影 響 を 受 けるものではなかったとみることができるから 株 式 買 取 請 求 がされた 日 のナカリセバ 価 格 を 算 定 するに 当 たって 参 照 すべき 市 場 株 価 として 同 日 における 市 場 株 価 やこれに 近 接 する 一 定 期 間 の 市 場 株 価 の 平 均 値 を 用 いることも 当 該 事 案 に 係 る 事 情 を 踏 まえた 裁 判 所 の 合 理 的 な 裁 量 の 範 囲 内 にある ものというべきである 原 審 が 本 件 買 取 請 求 がされた 平 成 21 年 3 月 31 日 のナカリセバ 価 格 を 算 定 し たことは その 合 理 的 な 裁 量 の 範 囲 内 にあるものということができる 第 3 インテリジェンス 株 式 買 取 価 格 決 定 申 立 事 件 最 高 裁 決 定 ( 最 高 裁 三 小 平 成 決 定 判 例 タイムズ 1352 号 140 頁 ) 資 料 3 1 事 案 (1) 概 要 Y( 株 式 会 社 インテリジェンス)を 株 式 交 換 完 全 子 会 社 A( 株 式 会 社 USEN) を 株 式 交 換 完 全 親 会 社 とする 株 式 交 換 に 反 対 した Y の 株 主 である X らが Y に 対 し X らが 各 保 有 する 株 式 を 公 正 な 価 格 で 買 い 取 るよう 請 求 したが その 価 格 の 決 定 に つき 協 議 が 調 わないため X ら 及 び Y が 会 社 法 786 条 2 項 に 基 づき それぞれ 価 格 の 決 定 の 申 立 てをした 事 案 (2) 事 実 関 係 の 概 要 ( 原 決 定 原 々 決 定 で 認 定 された 事 実 を 含 む ) H A 及 び Y は A を 株 式 交 換 完 全 親 会 社 Y を 株 式 交 換 完 全 子 会 社 とする 株 式 交 換 を 行 う こと 等 を 内 容 とする 基 本 合 意 書 を 締 結 市 場 取 引 終 了 後 に 公 表 H A 及 び Y は 株 式 交 換 比 率 の 約 定 を 含 む 株 式 交 換 に 関 する 契 約 を 締 結 市 場 取 引 終 了 後 に 公 表 Y は 下 記 株 主 総 会 決 議 に 反 対 する 旨 を X に 通 知 H Y 株 主 総 会 決 議 A を 株 式 交 換 完 全 親 会 社 Y を 株 式 交 換 完 全 子 会 社 とする 株 式 交 換 を 行 うこと 等 を 内 容 とする 株 式 交 換 契 約 を 承 認 する 旨 の 決 議 X 決 議 に 反 対 X らは Y に 対 し 保 有 株 式 の 株 式 買 取 請 求 H 株 式 交 換 の 効 力 発 生 Y 株 式 の 買 取 価 格 について XY 間 で 協 議 H20.11 X 及 び Y は それぞれ 裁 判 所 に 対 し 価 格 決 定 の 申 立 て 5

6 2 原 決 定 の 判 断 東 京 高 裁 H 決 定 ( 判 例 タイムズ 1341 号 186 頁 ) 資 料 4 (1) 結 論 原 決 定 を 変 更 1 株 につき 6 万 7791 円 とする (2) 理 由 注 最 高 裁 判 決 の 中 では 以 下 のとおり 要 約 されている ⅰ 株 式 交 換 により 企 業 価 値 ないし 株 主 価 値 が 毀 損 された 場 合 において 株 式 交 換 完 全 子 会 社 の 株 主 による 株 式 買 取 請 求 に 係 る 公 正 な 価 格 は 裁 判 所 の 裁 量 により 株 式 交 換 の 効 力 発 生 日 を 基 準 として 株 式 交 換 がなければ 上 記 完 全 子 会 社 の 株 式 が 有 していたであろう 客 観 的 価 値 を 基 礎 として 算 定 するのが 相 当 である そして 相 手 方 の 企 業 価 値 ないし 株 主 価 値 は 本 件 株 式 交 換 により 毀 損 されている 4 から 公 正 な 価 格 は 本 件 株 式 交 換 の 効 力 発 生 日 を 基 準 として 本 件 株 式 交 換 がなければ 相 手 方 の 株 式 が 有 していたであろう 客 観 的 価 値 を 基 礎 として 算 定 すべきである ⅱ 上 記 の 客 観 的 価 値 は 上 記 効 力 発 生 日 にできるだけ 近 接 し かつ 本 件 株 式 交 換 の 影 響 を 排 除 できる 市 場 株 価 である 本 件 株 式 交 換 の 計 画 公 表 前 の 市 場 株 価 を 参 照 して 算 定 するのが 相 当 であるが 同 計 画 公 表 後 も 上 記 の 市 場 株 価 には 市 場 の 一 般 的 な 価 格 変 動 要 因 による 影 響 が 及 んでいる 以 上 同 計 画 公 表 後 における 市 場 全 体 業 界 全 体 の 動 向 その 他 を 踏 まえた 補 正 を 加 えるなどして 上 記 の 客 観 的 価 値 を 算 定 す るのが 合 理 的 である そこで 回 帰 分 析 の 手 法 を 用 いて 上 記 補 正 をした 上 で 偶 発 的 要 素 による 影 響 を 排 除 するために 本 件 株 式 交 換 の 効 力 発 生 日 前 1か 月 間 の 補 正 後 の 株 式 価 格 の 平 均 値 をもって 相 手 方 の 株 式 の 有 する 効 力 発 生 日 の 客 観 的 価 値 を 判 断 すると 本 件 における 公 正 な 価 格 は 1 株 につき6 万 7791 円 とするのが 相 当 である 3 本 判 決 の 概 要 (1) 結 論 破 棄 差 戻 し (2) 理 由 ⅰ ( 楽 天 対 TBS 事 件 理 由 ⅰ 及 びⅱと 同 旨 を 述 べた 上 で ) 以 上 と 異 なる 原 審 の 前 記 判 断 には 裁 判 に 影 響 を 及 ぼすことが 明 らかな 法 令 の 違 反 がある この 趣 旨 をい う 論 旨 は 理 由 がある ⅱ なお 上 場 されている 株 式 について 反 対 株 主 が 株 式 買 取 請 求 をした 日 のナカリセ 4 変 数 間 の 相 関 関 係 を 分 析 して 定 量 化 する 統 計 的 手 法 であり 上 場 株 価 の 予 測 変 動 率 を 求 めるとすれば 日 経 平 均 株 価 等 の 市 場 インデックス 等 を 用 いてこれと 当 該 株 式 の 株 価 との 相 関 関 係 を 分 析 することにより 株 価 の 変 動 につき 市 場 の 一 般 的 価 格 要 因 に 起 因 する 当 該 株 式 の 変 動 率 を 算 定 するというもの 6

7 バ 価 格 を 算 定 するに 当 たり 株 式 交 換 を 行 う 旨 の 公 表 等 がされる 前 の 市 場 株 価 を 参 照 することや 上 記 公 表 等 がされた 後 株 式 買 取 請 求 がされた 日 までの 間 に 当 該 吸 収 合 併 等 以 外 の 市 場 の 一 般 的 な 価 格 変 動 要 因 により 当 該 株 式 の 市 場 株 価 が 変 動 して いる 場 合 に これを 踏 まえて 参 照 した 株 価 に 補 正 を 加 えるなどして 同 日 のナカリセ バ 価 格 を 算 定 することは 裁 判 所 の 合 理 的 な 裁 量 の 範 囲 内 にあるものというべきで ある そして このことは 株 式 買 取 請 求 期 間 中 に 当 該 株 式 の 上 場 が 廃 止 されたと しても 変 わるところはない 第 4 本 判 決 の 検 討 1 公 正 な 価 格 の 意 義 について 公 正 な 価 格 とは 1 株 主 総 会 の 決 議 がされることがなければその 株 式 が 有 したであろう 価 格 ( 以 下 ナカリセバ 価 格 という ) 2 組 織 再 編 によるシナジーその 他 の 企 業 価 値 の 増 加 を 適 切 に 反 映 した 価 格 ( 以 下 シナジー 適 正 分 配 価 格 という ) 1と2の 具 体 的 な 適 用 場 面 については 吸 収 合 併 等 によりシナジーその 他 の 企 業 価 値 の 増 加 が 生 じない 5 場 合 1 吸 収 合 併 等 によりシナジーその 他 の 企 業 価 値 の 増 加 が 生 じる 場 合 ナカリセバ 価 格 の 算 定 基 準 日 (1) 基 準 日 に 関 する 学 説 裁 判 例 の 状 況 1 組 織 再 編 行 為 の 承 認 決 議 がされた 日 を 基 準 日 とする 見 解 2 株 式 買 取 請 求 権 が 行 使 された 日 であるとする 見 解 3 株 式 買 取 請 求 期 間 の 満 了 日 であるとする 見 解 4 組 織 再 編 行 為 の 効 力 発 生 日 であるとする 見 解 5 裁 判 所 が 裁 量 的 に 基 準 日 を 定 めること ができるとする 見 解 など (2) 本 決 定 株 式 買 取 請 求 権 が 行 使 された 日 を 基 準 日 (2の 見 解 ) (3) 基 準 日 を 議 論 する 意 義 いつ 時 点 の 市 場 株 価 で 公 正 な 価 格 を 算 定 するのかという 問 題 か? 企 業 再 編 がなかった 場 合 に 当 該 株 式 がどの 時 点 で 有 していたであろう 価 格 を 問 題 とすべきかという 問 題 5 企 業 価 値 の 増 加 が 生 じない 場 合 とは 企 業 価 値 が 増 加 が 存 在 しない(ゼロ) 場 合 と 企 業 価 値 が 毀 損 されている (マイナス) 場 合 を 含 む TBS 対 楽 天 事 件 は 前 者 であり インテリジェンス 事 件 は 後 者 であった 6 こちらについては 明 示 的 には 述 べられていないが 公 正 な 価 格 を1と2に 分 けるのであれば このようになるも のと 推 測 される 7

8 3 ナカリセバ 価 格 の 具 体 的 算 定 方 法 (1) 算 定 方 法 についての 前 提 裁 判 所 による 買 取 価 格 の 決 定 は 裁 判 所 の 合 理 的 な 裁 量 に 委 ねられている( 最 判 昭 和 48 年 3 月 1 日 民 集 27 巻 2 号 161 頁 ) 合 理 的 な 算 定 方 法 が 一 つしかないわけではない (2) 具 体 的 な 算 定 方 法 の 例 7 上 場 されている 株 式 について 市 場 株 価 が 企 業 の 客 観 的 価 値 を 反 映 していないこと をうかがわせる 事 情 がない 場 合 に 市 場 株 価 を 算 定 に 用 いること 株 式 買 取 請 求 がされた 日 の 市 場 株 価 株 式 買 取 請 求 がされた 日 に 近 接 する 一 定 期 間 の 市 場 株 価 の 平 均 値 吸 収 合 併 等 を 行 う 旨 の 公 表 等 がされる 前 の 市 場 株 価 を 参 照 4 本 決 定 の 射 程 範 囲 について (1) 吸 収 分 割 株 式 交 換 以 外 の 場 合 の 株 式 買 取 請 求 ( 上 記 1 2 3の 射 程 ) 吸 収 合 併 消 滅 会 社 について 決 定 文 に 明 文 の 記 載 あり 組 織 再 編 事 業 譲 渡 について 本 決 定 の 射 程 外 とする 理 由 はないのではないか ただ 新 設 型 再 編 の 場 合 には 株 式 買 取 請 求 権 の 行 使 期 間 が 異 なっているため 射 程 外 となる 可 能 性 もある 定 款 変 更 について これが 単 独 で 行 われる 場 合 には 企 業 価 値 の 増 減 が 想 定 しにくく 本 決 定 の 射 程 外 か ただ 上 記 2についてはあてはまる 可 能 性 (2) シナジー 適 正 分 配 価 格 の 算 定 基 準 日 ( 上 記 2の 射 程 ) 楽 天 対 TBS 事 件 理 由 ⅲはシナジー 適 正 分 配 価 格 の 場 合 にも 当 てはまる 可 能 性 (3) 組 織 再 編 の 前 に 株 式 の 公 開 買 付 けが 行 われていた 場 合 ( 二 段 階 買 収 ) 公 正 な 価 格 は 公 開 買 付 け 価 格 を 下 回 ることはないとする 見 解 8 公 開 買 付 け 価 格 を 下 回 らないとすると 株 主 はその 後 の 公 開 買 付 け 及 び 組 織 再 編 以 外 の 要 因 による 価 格 変 動 のリスクを 負 担 しないことになるか( 楽 天 対 TBS 事 件 理 7 裁 判 例 では シナジーが 生 じている 事 案 において 基 準 時 に 近 接 した 効 力 発 生 日 前 1 ヶ 月 間 の 終 値 出 来 高 加 重 平 均 値 をもって 算 定 したもの( 東 京 地 決 平 成 及 び 東 京 地 決 平 成 金 判 1320 号 31 頁 協 和 発 酵 キリン 事 件 ) 企 業 価 値 が 毀 損 されている 事 案 において 組 織 再 編 計 画 公 表 日 前 1 か 月 間 の 終 値 出 来 高 加 重 平 均 値 をもって 算 定 した もの( 東 京 地 決 平 成 金 判 1344 号 35 頁 テクモ 事 件 )などがある ただ これらの 裁 判 例 の 中 は 買 取 請 求 の 時 点 を 基 準 日 としていないものが 多 く これらの 方 法 が 今 後 も 妥 当 するかは 検 討 の 余 地 がある 8 公 開 買 付 け 価 格 は 組 織 再 編 から 生 ずるシナジーを 織 り 込 んだものとして 設 定 されたものと 推 認 されること 公 開 買 付 け 価 格 を 下 回 ると 公 開 買 付 けに 応 じるように 強 いられるおそれがあること( 強 圧 性 ) 等 が 根 拠 とされる 経 済 産 業 省 の 企 業 価 値 の 向 上 及 び 公 正 な 手 続 確 保 のための 経 営 者 による 企 業 買 収 (MBO)に 関 する 指 針 も 強 圧 性 を 理 由 に 同 様 の 指 摘 をしている 裁 判 例 としては 東 京 地 決 平 成 判 タ 1296 号 118 頁 ( 日 興 コーディアルグルー プ 株 式 買 取 価 格 決 定 申 立 事 件 ) 等 8

9 由 ⅲに 反 するか) 5 本 決 定 の 問 題 点 本 決 定 のように 基 準 日 を 株 式 買 取 請 求 権 の 行 使 日 とする 場 合 反 対 株 主 が 複 数 存 在 す る 場 合 その 株 式 買 取 請 求 権 の 行 使 日 ごとに 別 個 の 買 取 価 格 が 観 念 されうる その 場 合 各 株 主 の 納 得 感 を 得 つつ 買 取 価 格 の 協 議 を 調 えることは 困 難 であるとの 指 摘 そもそも 買 取 価 格 を 個 別 に 算 定 するのは 煩 瑣 であるとの 指 摘 がなされている 参 考 資 料 資 料 1 資 料 2 資 料 3 資 料 4 最 高 裁 三 小 平 成 平 成 23 年 4 月 19 日 決 定 東 京 高 裁 平 成 22 年 7 月 7 日 決 定 最 高 裁 三 小 平 成 23 年 4 月 26 日 決 定 東 京 高 裁 平 成 22 年 10 月 19 日 決 定 9

10 第 17 回 企 業 法 務 研 究 会 ( 平 成 24 年 1 月 16 日 )レジュメ2 きっかわ 法 律 事 務 所 弁 護 士 山 下 惠 美 第 1 信 用 組 合 関 西 興 銀 事 件 最 高 裁 二 小 平 成 判 決 ( 最 高 裁 平 成 20 年 ( 受 ) 第 1940 号 判 時 2116 号 53 頁 資 料 5 53 頁 ) 1 事 案 (1) 概 要 中 小 企 業 等 協 同 組 合 法 に 基 づいて 設 立 された 信 用 協 同 組 合 であるYに 対 して 各 50 0 万 円 の 出 資 をしたXら( 法 人 2 名 個 人 2 名 )が Yが Xらの 出 資 の 約 1 年 9か 月 後 に 金 融 機 能 の 再 生 のための 緊 急 措 置 に 関 する 法 律 8 条 に 基 づく 金 融 整 理 管 財 人 によ る 業 務 及 び 財 産 の 管 理 を 命 ずる 処 分 を 受 けて 経 営 が 破 綻 し 出 資 金 の 払 い 戻 しを 受 けら れなくなったことについて 出 資 勧 誘 の 際 の 説 明 義 務 違 反 等 を 主 張 して Yに 対 し 出 資 金 相 当 額 及 び 遅 延 損 害 金 の 支 払 いを 求 めた 事 案 (2) 事 実 の 経 過 ( 本 件 における 認 定 事 実 以 外 の 事 実 を 含 む 資 料 6 29 頁 以 下 参 照 ) H6 監 督 官 庁 の 立 入 検 査 資 産 の 回 収 可 能 性 等 を 基 に 査 定 された 欠 損 見 込 額 を 前 提 とする 自 己 資 本 比 率 の 低 下 を 指 摘 される H8 監 督 官 庁 の 立 入 検 査 資 産 の 大 部 分 を 占 める 貸 出 金 について 欠 損 見 込 額 が 巨 額 になってお り 自 己 資 本 比 率 が-1.80%であって 実 質 的 な 債 務 超 過 の 状 態 にある 等 の 指 摘 を 受 ける Y 自 己 資 本 比 率 増 強 のための 出 資 勧 誘 H Xらが 各 500 万 円 の 出 資 H H11 年 3 月 末 を 基 準 日 とする 監 督 官 庁 の 立 入 検 査 結 果 受 領 同 検 査 結 果 に 基 づく 追 加 償 却 引 当 て 額 をふまえれば Y は780 億 円 の 債 務 超 過 である ことが 見 込 まれ その 自 己 資 本 比 率 は 早 期 是 正 措 置 制 度 における 業 務 停 止 の 対 象 (0% 未 満 )に 該 当 する 自 己 資 本 充 実 策 につき 報 告 を 求 める H 金 融 機 能 の 再 生 のための 緊 急 措 置 に 関 する 法 律 8 条 に 基 づく 金 融 整 理 管 財 人 による 業 務 及 び 財 産 の 管 理 を 命 ずる 処 分 を 受 け 経 営 破 綻 H13.7~ 出 資 者 99 名 が 順 次 Y には 出 資 勧 誘 時 に 大 幅 な 債 務 超 過 があることについて 説 明 義 務 違 反 があったとして 損 害 賠 償 請 求 訴 訟 を 提 起 H13 末 までには 集 団 訴 訟 も 提 起 された H13.7~H13.9 主 要 全 国 紙 5 社 他 において 出 資 者 らの 提 訴 の 動 きにつき 新 聞 報 道 10

11 H14.1~2 H17.2~ H18.3~ H Y の 代 表 理 事 ら 背 任 罪 で 告 訴 され 一 部 は 起 訴 された 先 行 訴 訟 に 関 する 第 一 審 判 決 先 行 訴 訟 に 関 する 控 訴 審 判 決 X ら 本 件 訴 訟 提 起 H18.9~H 先 行 訴 訟 とは 別 の 出 資 者 12 グループ 24 名 (X ら 含 む)が 訴 訟 提 起 ( 資 料 頁 参 照 ) (3)Xらの 主 張 の 根 拠 主 位 的 請 求 不 法 行 為 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 ( 出 資 契 約 の 詐 欺 取 消 し 又 は 錯 誤 無 効 を 理 由 とする 不 当 利 得 返 還 請 求 ) 予 備 的 請 求 債 務 不 履 行 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 契 約 締 結 上 の 過 失 責 任 契 約 の 準 備 交 渉 過 程 において 交 渉 当 事 者 の 一 方 の 責 めに 帰 すべき 行 為 によって 相 手 方 に 損 害 が 発 生 した 場 合 に 信 義 則 に 基 づき 契 約 責 任 と 同 様 の 法 的 保 護 を 認 める 考 え 方 想 定 されている 事 例 契 約 交 渉 が 行 われたが それが 中 途 で 破 棄 され 無 用 な 出 費 をまねいた 契 約 締 結 過 程 で 不 当 な 勧 誘 が 行 われ 本 来 望 まない 契 約 をさせられた etc 法 的 性 質 契 約 責 任 説 契 約 規 範 を 契 約 締 結 未 了 段 階 にまで 拡 張 する 考 え 方 不 法 行 為 責 任 説 ドイツほど 不 法 行 為 の 要 件 が 厳 格 でない 我 が 国 においては わざわざ 契 約 責 任 とする 必 要 なし 従 前 の 裁 判 例 契 約 準 備 段 階 における 信 義 則 上 の 注 意 義 務 違 反 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 を 認 める 最 高 裁 判 例 下 級 審 判 例 は 多 数 あり その 法 的 性 質 に 関 しては 不 法 行 為 責 任 と 構 成 するものが 多 数 信 義 則 上 の 義 務 違 反 とだけ 説 示 して 不 法 行 為 責 任 であるか 契 約 責 任 であるか 明 示 しない ものも 少 なくない 契 約 責 任 とするものも 少 数 ながら 存 在 最 高 裁 においては 不 法 行 為 責 任 を 認 めた 原 審 の 判 断 を 是 認 したものがある が 契 約 責 任 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 の 発 生 がありうるかについて 正 面 から 判 断 したものはなし 11

12 2 原 審 の 判 断 大 阪 高 判 H 判 決 (3) 結 論 控 訴 棄 却 ( 出 資 者 らの 請 求 一 部 認 容 ) 契 約 責 任 を 認 めるも 法 人 の 請 求 については 商 事 消 滅 時 効 が 成 立 するとし 個 人 の 債 務 不 履 行 に 基 づく 請 求 についてのみ 認 容 した 一 審 判 決 を 是 認 法 人 不 法 行 為 ( 時 効 ) 個 人 不 法 行 為 ( 時 効 ) 債 務 不 履 行 ( 時 効 ) 債 務 不 履 行 (4) 理 由 注 最 高 裁 判 決 の 中 では 以 下 のとおり 要 約 されている ⅰ Yが 実 質 的 な 債 務 超 過 の 状 態 にあって 経 営 破 綻 の 現 実 的 な 危 険 があることを 説 明 しないまま Xらに 対 して 本 件 各 出 資 を 勧 誘 したことは 信 義 則 上 の 説 明 義 務 に 違 反 する ⅱ 本 件 説 明 義 務 違 反 は 本 件 各 出 資 契 約 が 締 結 される 前 の 段 階 において 生 じたもので あるが およそ 社 会 の 中 から 特 定 の 者 を 選 んで 契 約 関 係 に 入 ろうとする 当 事 者 が 社 会 の 一 般 人 に 対 する 不 法 行 為 上 の 責 任 よりも 一 層 強 度 の 責 任 を 課 されることは 当 然 の 事 理 というべきであり 当 該 当 事 者 が 契 約 関 係 に 入 った 以 上 は 契 約 上 の 信 義 則 は 契 約 締 結 前 の 段 階 まで 遡 って 支 配 するに 至 るとみるべきであるから 本 件 説 明 義 務 違 反 は 不 法 行 為 を 構 成 するのみならず 本 件 各 出 資 契 約 上 の 付 随 義 務 違 反 として 債 務 不 履 行 をも 構 成 する 3 本 判 決 の 概 要 (3) 結 論 破 棄 自 判 Y 敗 訴 部 分 を 取 り 消 す ( 興 銀 側 勝 訴 ) (4) 理 由 ⅰ 契 約 の 一 方 当 事 者 が 当 該 契 約 の 締 結 に 先 立 ち 信 義 則 上 の 説 明 義 務 に 違 反 して 当 該 契 約 を 締 結 するか 否 かに 関 する 判 断 に 影 響 を 及 ぼすべき 情 報 を 相 手 方 に 提 供 し なかった 場 合 には 9 上 記 一 方 当 事 者 は 相 手 方 が 当 該 契 約 を 締 結 したことにより 被 った 損 害 につき 不 法 行 為 による 賠 償 責 任 を 負 うことがあるのは 格 別 当 該 契 約 上 の 債 務 の 不 履 行 による 賠 償 責 任 を 負 うことはないというべきである ⅱ なぜなら 上 記 のように 一 方 当 事 者 が 信 義 則 上 の 説 明 義 務 に 違 反 したために 相 手 方 が 本 来 であれば 締 結 しなかったはずの 契 約 を 締 結 するに 至 り 損 害 を 被 った 場 合 に 9 従 前 契 約 締 結 上 の 過 失 責 任 の 問 題 として 例 示 的 に 挙 げられてきた 事 例 の 全 てについて 債 務 不 履 行 責 任 は 発 生 し 得 ないとする 趣 旨 かは 不 明 と 考 えられる 千 葉 勝 美 裁 判 官 の 補 足 意 見 参 照 契 約 交 渉 過 程 にお いて 提 供 される 情 報 のうち 契 約 を 締 結 するか 否 かの 判 断 にかかわらない 情 報 を 誤 って 伝 えたような 場 合 には 債 務 不 履 行 責 任 を 認 める 余 地 ありか?( 資 料 6 38 頁 参 照 ) 12

13 は 後 に 締 結 された 契 約 は 上 記 説 明 義 務 違 反 によって 生 じた 結 果 と 位 置 づけられ るのであって 上 記 説 明 義 務 をもって 上 記 契 約 に 基 づいて 生 じた 義 務 であるという ことは それを 契 約 上 の 本 来 的 な 債 務 というか 付 随 義 務 というかにかかわらず 一 種 の 背 理 といわざるを 得 ないからである 契 約 締 結 の 準 備 段 階 においても 信 義 則 が 当 事 者 間 の 法 律 関 係 を 規 律 し 信 義 則 上 の 義 務 が 発 生 するからといって その 義 務 が 当 然 にその 後 に 締 結 された 契 約 に 基 づくものであるということにならないこと はいうまでもない 4 本 件 で 法 的 性 質 を 論 じる 意 義 (1) 不 法 行 為 責 任 と 契 約 責 任 の 差 異 ~ 時 効 期 間 不 法 行 為 の 場 合 3 年 債 務 不 履 行 の 場 合 10 年 ( 商 事 5 年 ) 本 件 では 不 法 行 為 を 根 拠 にすると 消 滅 時 効 が 成 立! (2) 不 法 行 為 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 の 消 滅 時 効 の 起 算 点 別 件 - 最 高 裁 ニ 小 平 成 判 決 ( 最 高 裁 平 成 21 年 ( 受 ) 第 131 号 判 時 2116 号 61 頁 資 料 5 61 頁 ) H 出 資 H 訴 訟 提 起 の 事 案 同 事 件 の 控 訴 審 が 不 法 行 為 に 基 づく 請 求 に 関 し 消 滅 時 効 の 成 立 を 否 定 するとい う 同 種 案 件 の 他 の 控 訴 審 と 異 なる 判 断 をし 債 務 不 履 行 に 基 づく 請 求 が 可 能 かに ついては 触 れなかったため 不 法 行 為 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 の 消 滅 時 効 の 起 算 点 が 争 点 となった 損 害 及 び 加 害 者 を 知 った 時 ( 民 法 第 724 条 前 段 )とは? 控 訴 審 被 害 者 において 単 に 加 害 者 の 行 為 により 損 害 が 発 生 したことを 知 った だけではなく その 加 害 行 為 が 不 法 行 為 を 構 成 することをも 知 った 時 先 行 訴 訟 の 一 部 において 別 件 刑 事 事 件 の 訴 訟 記 録 の 写 しが 書 証 と して 提 出 された 平 成 16 年 1 月 から 相 当 期 間 経 過 した 後 最 高 裁 被 害 者 において 加 害 者 に 対 する 賠 償 請 求 をすることが 事 実 上 可 能 な 状 況 の 下 に それが 可 能 な 程 度 に 損 害 及 び 加 害 者 を 知 った 時 同 種 の 集 団 訴 訟 が 提 起 された 後 の 平 成 13 年 末 第 2 採 用 内 々 定 の 取 消 福 岡 高 裁 平 成 判 決 ( 判 時 2121 号 137 頁 資 料 7 ) 労 働 契 約 締 結 過 程 の 問 題 1 事 案 (1) 概 要 Yからいわゆる 内 々 定 を 受 けたXが Yにおいて その 後 内 々 定 を 取 消 したこ 13

14 とから その 違 法 を 理 由 に Yに 対 し 慰 謝 料 等 の 損 害 賠 償 を 求 めた 事 案 (2) 事 実 の 経 過 H H H X 会 社 説 明 会 に 参 加 最 終 面 接 内 々 定 通 知 X 入 社 承 諾 書 に 記 名 押 印 して 返 送 H 人 事 担 当 者 が X に 架 電 内 定 式 は 行 わないが 採 用 内 定 通 知 の 授 与 を Y 事 務 所 で 行 うこ とを 伝 えて X の 都 合 を 尋 ね 内 定 通 知 の 授 与 は 同 年 10 月 2 日 に 行 われることとなった H H Y において 内 々 定 取 消 を 決 定 内 々 定 取 消 通 知 2 判 断 (1) 結 論 一 部 認 容 (2) 理 由 ⅰ 本 件 内 々 定 は 内 定 とは 明 らかにその 性 質 を 異 にするものであって 内 定 までの 間 企 業 が 新 卒 者 をできるだけ 囲 い 込 んで 他 の 企 業 に 流 れることを 防 ごうとする 事 実 上 の 活 動 の 域 を 出 るものではないというべきである したがって Y が 確 定 的 な 採 用 の 意 思 表 示 をしたと 解 することはできず また X はこれを 十 分 理 解 していたと いえるから X 及 び Y が 本 件 内 々 定 によって 確 定 的 な 拘 束 関 係 に 入 っていないこと が 明 らかといえる 本 件 において 始 期 付 解 約 権 留 保 付 労 働 契 約 が 成 立 したとはいえ ない ⅱ 契 約 当 事 者 は 契 約 締 結 のための 交 渉 を 開 始 した 時 点 から 信 頼 関 係 に 立 ち 契 約 締 結 という 共 同 目 的 に 向 かって 協 力 関 係 にあるから 契 約 締 結 に 至 る 過 程 は 契 約 上 の 信 義 則 の 適 用 をうけるものと 解 すべきである かかる 法 理 は 労 働 契 約 の 締 結 過 程 に おいても 異 ならない ⅲ 労 働 契 約 締 結 過 程 の 一 方 当 事 者 である Y としては X らにつき 内 々 定 取 消 しの 可 能 性 がある 旨 を 人 事 担 当 者 である に 伝 えて X ら 内 々 定 者 への 対 応 につき 慰 労 な きよう 期 すべきものといえるところ Y はかかる 事 情 を に 告 知 せず このため 同 人 において 従 前 の 計 画 に 基 づき 本 件 連 絡 をなしたもので かかる Y の 対 応 は 労 働 契 約 締 結 過 程 における 信 義 則 に 照 らし 不 誠 実 といわざるを 得 ない ( 不 法 行 為 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 を 認 める ) 14

15 3 検 討 (1) 採 用 内 定 について 始 期 付 解 約 権 留 保 付 労 働 契 約 成 立 説 ( 最 判 昭 和 判 決 資 料 8 最 判 昭 和 判 決 ) 採 用 内 定 取 消 は 既 に 成 立 した 労 働 契 約 の 解 約 (2) 内 々 定 について 東 京 高 判 H 判 決 資 料 9 採 用 内 々 定 の 段 階 では 被 控 訴 人 が 確 定 的 な 採 用 の 意 思 表 示 をしたと 解 することは できず それ 故 採 用 内 々 定 時 に 被 控 訴 人 と 控 訴 人 の 間 において 控 訴 人 の 採 用 に 関 し 労 働 契 約 の 予 約 あるいは 解 約 権 の 留 保 付 労 働 契 約 その 他 いかなる 法 的 効 力 の 合 意 も 成 立 したと 認 めることはできない [ 参 考 資 料 ] 資 料 5 最 高 裁 平 成 23 年 4 月 22 日 判 決 ( 判 時 2116 号 53 頁 61 頁 ) 資 料 6 石 井 教 文 桐 山 昌 己 信 用 組 合 関 西 興 銀 訴 訟 判 決 の 概 要 ( 金 融 法 務 事 情 1928 号 29 頁 ) 資 料 7 福 岡 高 裁 平 成 23 年 2 月 16 日 判 決 ( 判 時 2121 号 137 頁 ) 資 料 8 最 高 裁 昭 和 54 年 7 月 20 日 判 決 ( 判 時 938 号 3 頁 ) 資 料 9 東 京 高 判 平 成 16 年 1 月 22 日 判 決 15

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資 固 定 資 産 税 等 の 過 納 金 に 係 る 国 家 賠 償 請 求 - 本 判 決 の 射 程 が 申 告 納 税 方 式 に 及 ぶか- 平 成 23 年 度 筑 波 大 学 大 学 院 ビジネス 科 学 研 究 科 租 税 手 続 争 訟 法 学 籍 番 号 201153433 氏 名 藤 井 裕 士 < 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年

More information

スター報酬規定

スター報酬規定 第 1 章 総 則 スター 綜 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 程 平 成 27 年 1 月 1 日 施 行 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 当 事 務 所 所 属 の 弁 護 士 が,その 職 務 に 関 して 受 ける 弁 護 士 の 受 託 業 務 の 対 価 等 に 関 する 基 準 を 示 すことを 目 的 とする ( 個 別 契 約 による 修 正 ) 第

More information

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 令 等 の 司 法 審 査 8 (4) 特 定 独 立 行 政 法 人 等 に 係 る 不 当 労

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概 裁 決 評 釈 源 泉 徴 収 制 度 と 確 定 申 告 制 度 - 取 り 消 された 配 当 に 係 る 所 得 税 の 源 泉 徴 収 と 申 告 等 の 手 続 との 関 係 裁 判 上 の 和 解 により 取 り 消 された 配 当 に 係 る 源 泉 所 得 税 について 申 告 等 の 手 続 により 還 付 を 求 めることはできないとした 事 例 ( 平 成 18 年 分 の 所

More information

弁護士が精選! 重要労働判例 - 第7回 学校法人専修大学(地位確認等反訴請求控訴)事件 | WEB労政時報(WEB限定記事)

弁護士が精選! 重要労働判例 - 第7回 学校法人専修大学(地位確認等反訴請求控訴)事件 | WEB労政時報(WEB限定記事) 大 第 7 回 学 校 法 人 専 修 大 学 ( 地 位 確 認 等 反 訴 請 求 控 訴 ) 事 件 学 校 法 人 専 修 大 学 ( 地 位 確 認 等 反 訴 請 求 控 訴 ) 事 件 ( 東 京 高 裁 平 25.7.10 判 決 ) 業 務 上 疾 病 ( 頸 肩 腕 症 候 群 )により 休 職 中 で 労 災 保 険 給 付 ( 療 養 補 償 給 付 休 業 補 償 給 付

More information

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド)

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド) 投 資 契 約 書 目 次 第 1 章 本 契 約 の 目 的 払 込 手 続 等... - 1 - 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 )... - 1 - 第 2 条 ( 本 株 式 の 発 行 及 び 取 得 )... - 1 - 第 3 条 ( 払 込 手 続 き)... - 1 - 第 4 条 ( 前 提 条 件 )... - 1 - 第 2 章 発 行 会 社 及 び 経 営 株 主

More information

弁護士報酬規定(抜粋)

弁護士報酬規定(抜粋) はなみずき 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 定 ( 抜 粋 ) 2008 年 10 月 改 訂 2014 年 4 月 * 以 下 の 弁 護 士 報 酬 は いずれも 税 込 です ただし D E L の2の 表 に 基 づき 算 出 さ れた 金 額 については 消 費 税 を 上 乗 せした 額 を 弁 護 士 報 酬 とします 目 次 A 法 律 相 談 料 B 顧 問 料 C 手

More information

匿名組合出資契約

匿名組合出資契約 匿 名 組 合 契 約 書 SBIソーシャルレンディング 株 式 会 社 ( 以 下 営 業 者 と 言 う )と ( 以 下 本 匿 名 組 合 員 と 言 う )は 20 年 月 日 付 で 以 下 のとおり 匿 名 組 合 契 約 ( 以 下 本 契 約 と 言 う )を 締 結 する ( 目 的 ) 第 1 条 本 契 約 は 本 匿 名 組 合 員 が 営 業 者 に 対 し 本 契 約

More information

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター 建 築 物 調 査 業 務 約 款 ( 趣 旨 ) 第 1 条 建 築 物 調 査 申 請 者 ( 以 下 甲 という ) 及 び 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター( 以 下 乙 という )は エネルギーの 使 用 の 合 理 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 54 年 法 律 第 49 号 以 下 法 という ) 第 76

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

請求内容は、「平成17年6月20日に仮契約を合意解除したが、狭山市は契約解除により損害を被っているから損害賠償請求権があるのに、この合意解除により違約金(損害賠償)をとることとしてないことから、違法な契約であり、この損害賠償請求権の不行使をもって「財産の管理を怠っている事実」とし、住民監査請求を求める」との請求内容のように解される

請求内容は、「平成17年6月20日に仮契約を合意解除したが、狭山市は契約解除により損害を被っているから損害賠償請求権があるのに、この合意解除により違約金(損害賠償)をとることとしてないことから、違法な契約であり、この損害賠償請求権の不行使をもって「財産の管理を怠っている事実」とし、住民監査請求を求める」との請求内容のように解される 狭 監 発 第 25 号 平 成 28 年 6 月 14 日 様 狭 山 市 監 査 委 員 磯 野 和 夫 狭 山 市 職 員 措 置 請 求 書 について( 通 知 ) 平 成 28 年 4 月 6 日 付 けで 提 出 された 地 方 自 治 法 ( 以 下 法 という ) 第 242 条 第 1 項 の 規 定 による 監 査 請 求 について 請 求 内 容 を 監 査 した 結 果 を

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

一 被 害 者 又 はその 法 定 代 理 人 が 損 害 及 び 加 害 者 を 知 った 時 から3 年 間 行 使 しないとき 二 不 法 行 為 の 時 から20 年 間 行 使 しないとき ( 人 の 生 命 又 は 身 体 を 害 する 不 法 行 為 による 損 害 賠 償 請 求 権

一 被 害 者 又 はその 法 定 代 理 人 が 損 害 及 び 加 害 者 を 知 った 時 から3 年 間 行 使 しないとき 二 不 法 行 為 の 時 から20 年 間 行 使 しないとき ( 人 の 生 命 又 は 身 体 を 害 する 不 法 行 為 による 損 害 賠 償 請 求 権 民 法 改 正 論 点 の 検 討 ~ 消 滅 時 効 制 度 その1~ 平 成 27 年 10 月 26 日 弁 護 士 法 人 ほくと 総 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 平 岡 弘 次 弁 護 士 井 田 大 輔 第 1 はじめに 平 成 27 年 2 月 10 日 開 催 の 民 法 ( 債 権 関 係 ) 部 会 第 99 回 会 議 において 民 法 ( 債 権 関 係 ) の 改

More information

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月 税 務 訴 訟 資 料 第 263 号 -64( 順 号 12188) 名 古 屋 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 消 費 税 更 正 処 分 等 取 消 請 求 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 昭 和 税 務 署 長 ) 平 成 25 年 3 月 28 日 棄 却 上 告 上 告 受 理 申 立 ( 第 一 審 名 古 屋 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号

More information

(1)

(1) (1) (2) (1) (3) 企 業 が 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 指 針 に 関 する 解 説 (1) 本 指 針 の 対 象 や 法 的 性 格 本 指 針 は あらゆる 企 業 を 対 象 として 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 基 本 的 な 理 念 や 具 体 的 な 対 応 を 定 めたものであり 法 的 拘 束

More information

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW WAON 利 用 加 盟 店 規 約 第 1 条 目 的 1. 本 規 約 は 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)と 利 用 者 間 の 取 引 代 金 の 決 済 に WAON を 利 用 することに 関 し 甲 とイオンクレジットサービス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という) との 間 におけるWAONの 取 扱 い 及 びWAONに 係 る 契 約 関 係 ( 以 下 本 契 約 という)に

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information

160801TOKYO 辰 已 法 律 研 究 所 &リーダーズ 総 合 研 究 所 行 政 法 実 力 診 断 テスト 試 験 問 題 試 験 開 始 の 合 図 があるまで 開 いてはいけません ( 注 意 事 項 ) 1 問 題 は 1 ページから 9 ページまで 10 問 あり 時 間 は 30 分 です 2 解 答 は 別 紙 の 答 案 用 紙 に 記 入 してください 3 答 案 用

More information

目 次 Ⅰ. 金 融 商 品 取 引 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 概 要 1 Ⅱ. 投 資 型 クラウドファンディングの 利 用 促 進 2 Ⅲ. 新 たな 非 上 場 株 式 の 取 引 制 度 3 Ⅳ. 金 商 業 者 の 事 業 年 度 規 制 の 見 直 し 4 Ⅴ.

目 次 Ⅰ. 金 融 商 品 取 引 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 概 要 1 Ⅱ. 投 資 型 クラウドファンディングの 利 用 促 進 2 Ⅲ. 新 たな 非 上 場 株 式 の 取 引 制 度 3 Ⅳ. 金 商 業 者 の 事 業 年 度 規 制 の 見 直 し 4 Ⅴ. 金 融 商 品 取 引 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 26 年 法 律 第 44 号 )に 係 る 説 明 資 料 平 成 2 6 年 5 月 金 融 庁 目 次 Ⅰ. 金 融 商 品 取 引 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 概 要 1 Ⅱ. 投 資 型 クラウドファンディングの 利 用 促 進 2 Ⅲ. 新 たな 非 上 場 株 式 の 取 引 制 度

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

№ 平 成 26 年 度 保 険 事 例 研 究 会 実 施 予 定 ( 東 京 ) 平 成 26 年 4 月 実 施 日 報 告 者 研 究 課 題 内 容 備 考 1 平 成 26 年 5 月 14 日 ( 水 ) 複 数 の 保 険 契 約 に 1 事 件 複 数 の 保 険 契 約 に 基 づく 解 約 返 戻 金 請 求 権 他 を 弁 護 士 濱 口 善 紀 氏 (1 事 件 ) 東 京 高

More information

<4D F736F F D20378C8E3393FA838C834E B B B5F92C78B4C94C52E646F6378>

<4D F736F F D20378C8E3393FA838C834E B B B5F92C78B4C94C52E646F6378> 2013 年 7 月 3 日 新 潟 大 学 職 員 組 合 委 員 長 新 潟 大 学 未 払 い 賃 金 請 求 大 学 自 治 侵 害 損 害 賠 償 請 求 訴 訟 原 告 団 長 世 取 山 洋 介 (よとりやま ようすけ) 本 日 新 潟 地 裁 に 提 訴 した 新 潟 大 学 未 払 い 賃 金 請 求 大 学 自 治 侵 害 損 害 賠 償 請 求 訴 訟 について 1. 給 与

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6318FCD814088E397C38AD6984182CC964097DF8F858EE78B7982D190458BC697CF979D2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6318FCD814088E397C38AD6984182CC964097DF8F858EE78B7982D190458BC697CF979D2E646F63> 第 1 章 医 療 関 連 の 法 令 遵 守 及 び 職 業 倫 理 1. 医 師 歯 科 医 師 のプロフェショナリズム 我 が 国 では 医 学 の 進 歩 に 伴 い 平 均 寿 命 は 男 性 78 歳 女 性 85 歳 に 達 し 乳 児 死 亡 率 新 生 児 死 亡 率 周 産 期 死 亡 率 の 低 下 妊 産 婦 死 亡 率 の 低 下 心 疾 患 による 年 齢 調 整 死 亡

More information

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) の 公 表 について 平 成 27 年 1 月 8 日 本 規 定 案 ( 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) )は 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 す るための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 27 号 )に 基 づき 特 定 個 人 情 報 の 適

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

記 事 座 談 会 裁 判 員 裁 判 における 弁 護 活 動 の 日 本 司 法 支 援 セン 現 状 と 課 題 ター( 法 テラス) 3 現 代 型 取 引 をめぐる 裁 判 例 (350) 升 田 純 26 判 決 録 行 政 一 繰 越 控 除 限 度 額 に 係 る 最 も 古 い 年

記 事 座 談 会 裁 判 員 裁 判 における 弁 護 活 動 の 日 本 司 法 支 援 セン 現 状 と 課 題 ター( 法 テラス) 3 現 代 型 取 引 をめぐる 裁 判 例 (350) 升 田 純 26 判 決 録 行 政 一 繰 越 控 除 限 度 額 に 係 る 最 も 古 い 年 判 例 時 報 平 成 26 年 6 月 21 日 号 座 談 会 裁 判 員 裁 判 における 弁 護 活 動 の 日 本 司 法 支 援 セ 現 状 と 課 題 ンター( 法 テラス) 3 現 代 型 取 引 をめぐる 裁 判 例 (350) 升 田 純 26 判 決 録 < 行 政 > 1 件 33 < 民 事 > 6 件 46 < 知 の 財 産 権 > 2 件 100 < 商 事 > 1

More information

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮)

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮) 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 平 成 25 年 12 月 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 研 究 会 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン はじめに 1. 目 的 2. 経 営 者 保 証 の 準 則 3. ガイドラインの 適 用 対 象 となり 得 る 保 証 契 約 4. 経 営 者 保 証 に 依 存 しない 融 資 の 一 層 の 促 進 (1) 主 たる

More information

僅 追 加 型 証 券 投 資 信 託 パン パシフィック 外 国 債 券 オープン 約 款 明 治 安 田 アセットマネジメント 株 式 会 社 運 用 の 基 本 方 針 約 款 第 22 条 に 基 づき 委 託 者 の 定 める 運 用 の 基 本 方 針 は 次 のものとします 1. 基 本 方 針 この 投 資 信 託 は 安 定 した 収 益 の 確

More information

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA>

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA> 要 旨 現 行 日 米 地 位 協 定 と 意 見 の 趣 旨 との 対 照 表 日 米 地 位 協 定 ( 要 旨 ) 意 見 の 趣 旨 2 条 1 施 設 区 域 の 提 供 と 返 還 (2 条 関 係 ) 1(a) 合 衆 国 は, 安 保 条 約 6 条 に 基 づき, 日 本 (1) 施 設 区 域 の 提 供 について 国 内 の 施 設 区 域 の 使 用 を 許 与 される 個

More information

Microsoft Word - 監査結果 H24.9.27 最終.doc

Microsoft Word - 監査結果 H24.9.27 最終.doc 広 監 第 100027 号 平 成 24 年 9 月 27 日 請 求 人 ( 略 ) 広 島 市 監 査 委 員 南 部 盛 一 同 井 上 周 子 同 谷 口 修 同 平 木 典 道 広 島 市 職 員 に 関 する 措 置 請 求 に 係 る 監 査 結 果 について( 通 知 ) 平 成 24 年 8 月 13 日 付 けで 受 け 付 けた 広 島 市 職 員 に 関 する 措 置 請

More information

(3) 裁 判 所 の 判 断 1 損 害 賠 償 の 対 象 となる 違 反 行 為 の 範 囲 について 独 占 禁 止 法 25 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 の 発 生 要 件 等 が 民 法 709 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 とは 大 きく 異 なるもの

(3) 裁 判 所 の 判 断 1 損 害 賠 償 の 対 象 となる 違 反 行 為 の 範 囲 について 独 占 禁 止 法 25 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 の 発 生 要 件 等 が 民 法 709 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 とは 大 きく 異 なるもの 独 禁 法 事 例 研 究 第 8 回 ( 平 成 26 年 12 月 10 日 ) 1 セブンイレブン ジャパンに 対 する 独 占 禁 止 法 25 条 訴 訟 論 点 紹 介 役 から 以 下 のとおり 事 案 の 概 要 と 問 題 点 の 発 表 が 行 われた 1. 事 案 概 要 (1) 経 緯 公 正 取 引 委 員 会 は 平 成 21 年 6 月 22 日 被 告 (P5 セブン-イレブン

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判 判 例 時 報 平 成 25 年 12 月 1 日 号 < 最 新 判 例 批 判 > 箱 井 崇 史 西 川 佳 代 外 川 英 明 松 原 久 利 黒 澤 睦 斎 藤 司 判 決 録 < 行 政 > 1 件 3 < 民 事 > 7 件 17 < 知 的 財 産 権 > 1 件 79 < 労 働 > 1 件 126 < 刑 事 > 1 件 142 最 高 裁 判 例 要 旨 ( 平 成 25 年

More information

第 4 条 ( 加 盟 店 の 遵 守 事 項 ) 加 盟 店 は 次 に 掲 げる 事 項 について 遵 守 するものとします (1) 加 盟 店 サイト 上 に 当 社 が 定 める 加 盟 店 マークの 表 示 ガイドライン に 従 い 加 盟 店 マークを 表 示 するものとします (2)

第 4 条 ( 加 盟 店 の 遵 守 事 項 ) 加 盟 店 は 次 に 掲 げる 事 項 について 遵 守 するものとします (1) 加 盟 店 サイト 上 に 当 社 が 定 める 加 盟 店 マークの 表 示 ガイドライン に 従 い 加 盟 店 マークを 表 示 するものとします (2) WebMoney 加 盟 店 規 約 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 約 は 株 式 会 社 ウェブマネー( 以 下 当 社 という)と WebMoney 加 盟 店 契 約 ( 以 下 加 盟 店 契 約 という)を 締 結 した 加 盟 店 との 契 約 関 係 について 定 めることを 目 的 とします 第 2 条 ( 定 義 ) 本 規 約 において 次 の 用 語 は 以 下 に 規

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63> 民 法 ( 債 権 関 係 ) 部 会 資 料 51 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 論 点 の 補 充 的 な 検 討 (2) ~ 中 間 試 案 のたたき 台 ( 概 要 付 き)のサンプルを 兼 ねて~ 目 次 第 1 債 権 者 代 位 権... 1 1 責 任 財 産 の 保 全 を 目 的 とする 債 権 者 代 位 権... 1 2 代 位 行 使 の 範 囲...

More information

○○施設指定管理者募集要項(例)

○○施設指定管理者募集要項(例) 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 教 育 委 員 会 - 0 - 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 大 分 市 情 報 学 習 センターは 本 市 の 情 報 学 習 の 支 援 及 び 生 涯 学 習 の 振 興 を 図 るため 設 置 されました 今 般 大 分 市 情 報 学

More information

賠償責任保険普通保険約款

賠償責任保険普通保険約款 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 この 普 通 保 険 約 款 およびこの 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 使 用 される 用 語 の 説 明 は 次 のとおりとします ただし この 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 別 途 用 語 の 説 明 がある 場 合 は その 説 明 に 従 います 用 語 説

More information

Microsoft Word リスク説明書(HP掲載用:消費税対応)

Microsoft Word リスク説明書(HP掲載用:消費税対応) 家 賃 返 済 特 約 付 きフラット35に 関 する 覚 書 に 関 する 制 度 リスク 説 明 Ⅰ 制 度 内 容 について< 住 宅 金 融 支 援 機 構 が 実 施 する 内 容 の 説 明 > 1~17は 住 宅 金 融 支 援 機 構 が 実 施 する 家 賃 返 済 特 約 付 きフラット35 の 制 度 内 容 留 意 点 等 についての 説 明 です なお 本 内 容 については

More information

序 JICA は 1996 年 以 降 ベトナム 司 法 省 をカウンター パートとして 法 司 法 制 度 改 革 支 援 事 業 を 行 ってきたが ベトナム 民 法 2005 年 改 正 法 ( 以 下 現 行 法 )の 立 法 時 と 同 様 に 今 回 の 2015 年 民 法 改 正 に

序 JICA は 1996 年 以 降 ベトナム 司 法 省 をカウンター パートとして 法 司 法 制 度 改 革 支 援 事 業 を 行 ってきたが ベトナム 民 法 2005 年 改 正 法 ( 以 下 現 行 法 )の 立 法 時 と 同 様 に 今 回 の 2015 年 民 法 改 正 に 2015.9.1 2015 年 ベトナム 民 法 改 正 ドラフトに 対 する JICA 民 法 共 同 研 究 会 見 解 (エグゼクティブ サマリー) JICA 法 司 法 制 度 改 革 支 援 プロジェクト(フェーズ 2) 民 法 共 同 研 究 会 序 JICA は 1996 年 以 降 ベトナム 司 法 省 をカウンター パートとして 法 司 法 制 度 改 革 支 援 事 業 を 行

More information

あっせんの申立て事案の概要とその結果 平成23年度第2四半期 その他

あっせんの申立て事案の概要とその結果 平成23年度第2四半期 その他 別 冊 あっせんの 申 立 て 事 案 の 概 要 とその 結 果 ( 平 成 23 年 度 第 2 四 半 期 ) 1 その 他 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 事 案 番 号 22 年 度 (あ) 第 200 号 申 立 ての 概 要 外 国 為 替 予 約 が 延 長 されなかったことによる 損 害 賠 償 要 求 申 立 人 の 属 性 法 人 B 銀 行 との 為 替 予

More information

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の 期 間 制 及 び 短 時 間 勤 労 者 保 護 等 に 関 する 法 律 ( 制 定 2006.12.21) ( 法 律 第 12469 号 2014.3.18, 一 部 改 正 ) 翻 訳 : 新 谷 眞 人 日 本 大 学 法 学 部 教 授 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 法 律 は 期 間 制 勤 労 者 及 び 短 時 間 勤 労 者 に 対 する 不 合 理 な

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63> Ⅱ 整 備 法 第 119 条 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 計 画 等 について ( 一 般 社 団 法 人 一 般 財 団 法 人 への 移 行 関 係 ) 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

「知る前契約」に関するインサイダー見直し

「知る前契約」に関するインサイダー見直し 証 券 金 融 取 引 の 法 制 度 2015 年 9 月 18 日 全 14 頁 知 る 前 契 約 に 関 するインサイダー 見 直 し 金 融 調 査 部 主 任 研 究 員 横 山 淳 [ 要 約 ] 2015 年 9 月 2 日 インサイダー 取 引 規 制 の 適 用 除 外 規 定 に 関 する 内 閣 府 令 及 びガイド ラインの 改 正 が 行 われた 具 体 的 には いわゆる

More information

183761DAD5529296492570DF001A2E9

183761DAD5529296492570DF001A2E9 主 文 1 本 件 控 訴 をいずれも 棄 却 する 2 控 訴 費 用 は, 控 訴 人 らの 負 担 とする 事 実 及 び 理 由 第 1 控 訴 の 趣 旨 1 原 判 決 を 取 り 消 す 2 被 控 訴 人 玉 川 税 務 署 長 が 控 訴 人 P1に 対 して 平 成 14 年 1 月 31 日 付 けでし た, 控 訴 人 P1の 平 成 12 年 分 所 得 税 についての 過

More information

60CFD054E61908ED49256D41000B0F6

60CFD054E61908ED49256D41000B0F6 主 文 一 被 告 栃 木 県 宇 都 宮 県 税 事 務 所 長 が 原 告 に 対 し 別 紙 目 録 記 載 の 建 物 につき 昭 和 五 一 年 一 二 月 一 〇 日 付 けでした 課 税 標 準 を 金 三 億 一 五 六 一 万 九 〇 〇 〇 円 税 額 を 金 九 四 六 万 八 五 七 〇 円 とする 不 動 産 取 得 税 賦 課 決 定 を 取 り 消 す 二 被 告 栃

More information

発 表 集 本 文 構 成 構 成 印 刷 色 頁 枚 数 備 考 局 長 挨 拶 3 両 面 モノクロ 目 次 5 (ページ 番 号 はつけない) 発 表 会 写 真 両 面 6 (ページ 番 号 はつけない)3 枚 目 の 裏 白 紙 Ⅰ 森 林 技 術 部 門 片 面 2 (ページ 番 号 は

発 表 集 本 文 構 成 構 成 印 刷 色 頁 枚 数 備 考 局 長 挨 拶 3 両 面 モノクロ 目 次 5 (ページ 番 号 はつけない) 発 表 会 写 真 両 面 6 (ページ 番 号 はつけない)3 枚 目 の 裏 白 紙 Ⅰ 森 林 技 術 部 門 片 面 2 (ページ 番 号 は 仕 様 書 1, 件 名 平 成 27 年 度 北 の 国 森 林 づくり 技 術 交 流 発 表 集 印 刷 2, 規 格 A4 版 簡 易 製 本 無 線 綴 じ 300 部 表 紙 :モノクロ 印 刷 表 表 紙 2 頁 裏 表 紙 2 頁 計 4 頁 本 文 :モノクロ 14 頁 ( 白 紙 片 面 印 刷 の 裏 面 1 頁 ) カラー 232 頁 ( 白 紙 片 面 印 刷 の 裏 面

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

民法(債権関係)の改正

民法(債権関係)の改正 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 要 綱 仮 案 が 決 定 通 常 国 会 にも 法 案 提 出 の 可 能 性 法 務 委 員 会 調 査 室 菱 沼 誠 一 1.はじめに 法 制 審 議 会 民 法 ( 債 権 関 係 ) 部 会 ( 以 下 部 会 という )は 平 成 26 年 8 月 26 日 に 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 要 綱 仮 案 1 ( 以

More information

5 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 乙 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 乙 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知

5 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 乙 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 乙 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知 税 務 訴 訟 資 料 第 259 号 -7( 順 号 11120) 東 京 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 更 正 処 分 の 義 務 付 け 等 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 千 葉 西 税 務 署 長 ) 平 成 21 年 1 月 22 日 棄 却 確 定 ( 第 一 審 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 平 成 19 年 10 月 30 日

More information

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 73 号 ) 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 10 規 程 第 74 号 改 正 平 成 25 年 2 月 19 日 12 規 程 第 44 号 改 正 平 成 26 年 6 月 3 日 14 規 程 第 01 号 改 正

More information

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に 法 制 WG19-2-4 参 考 資 料 平 成 19 年 10 月 31 日 金 融 庁 目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 における 課

More information

第8 犯罪被害者負担額 1 犯罪被害者負担額の定義法第9条第2項に定める犯罪被害者負担額は、犯罪行為により負傷し、又は疾

第8 犯罪被害者負担額 1 犯罪被害者負担額の定義法第9条第2項に定める犯罪被害者負担額は、犯罪行為により負傷し、又は疾 審 査 基 準 平 成 26 年 11 月 6 日 作 成 法 令 名 : 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 等 による 犯 罪 被 害 者 等 の 支 援 に 関 する 法 律 根 拠 条 項 : 第 11 条 第 1 項 処 分 の 概 要 : 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 についての 裁 定 原 権 者 ( 委 任 先 ): 京 都 府 公 安 委 員 会 法

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

01

01 業 務 契 約 書 ( 案 ) 1 業 務 名 国 有 財 産 分 筆 測 量 業 務 ( 釧 路 市 千 歳 町 ほか) 2 業 務 場 所 釧 路 市 千 歳 町 58-1 58-8 川 上 郡 弟 子 屈 町 泉 1 丁 目 51 3 履 行 期 間 平 成 28 年 月 日 から ( 契 約 締 結 の 翌 日 から) 平 成 28 年 3 月 16 日 まで 4 契 約 金 額 円 (うち

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相 平 成 28 年 4 月 1 日 日 本 教 文 社 及 び 教 団 による 著 作 権 侵 害 の 違 法 出 版 差 止 め 請 求 の 訴 訟 に ついて 公 益 財 団 法 人 生 長 の 家 社 会 事 業 団 ⑴ 株 式 会 社 日 本 教 文 社 による 生 命 の 實 相 の 類 纂 生 命 の 教 育 の 違 法 出 版 の 差 止 請 求 について 平 成

More information

第 1 請 求 1 主 位 的 請 求 新 宿 税 務 署 長 が 平 成 23 年 11 月 28 日 付 けで 原 告 に 対 してした 別 紙 1の 事 業 年 度 欄 記 載 の 各 事 業 年 度 ( 以 下 総 称 するときは 本 件 各 事 業 年 度 といい 同 別 紙 における 事

第 1 請 求 1 主 位 的 請 求 新 宿 税 務 署 長 が 平 成 23 年 11 月 28 日 付 けで 原 告 に 対 してした 別 紙 1の 事 業 年 度 欄 記 載 の 各 事 業 年 度 ( 以 下 総 称 するときは 本 件 各 事 業 年 度 といい 同 別 紙 における 事 税 務 訴 訟 資 料 第 263 号 -200( 順 号 12324) 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 更 正 すべき 理 由 がない 旨 の 通 知 処 分 取 消 等 請 求 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 新 宿 税 務 署 長 事 務 承 継 者 日 本 橋 税 務 署 長 ) 平 成 25 年 10 月 30 日 棄 却 控 訴 判 決 原 告 更 生 会 社

More information

㈱FESTIVAL PLAZA APPに対する違約金等請求訴訟の提起について

㈱FESTIVAL PLAZA APPに対する違約金等請求訴訟の提起について 費 用 補 償 請 求 事 件 及 び 事 業 配 当 金 請 求 事 件 判 決 概 要 (オスカードリーム) < 判 決 概 要 ( 平 成 23 年 12 月 9 日 )> 費 用 補 償 請 求 事 件 に 係 るみずほ 信 託 銀 行 株 式 会 社 の 請 求 を 認 容 する 事 業 配 当 金 請 求 事 件 に 係 る 大 阪 市 の 請 求 を 棄 却 する この 判 決 は 大

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6> 東 京 大 学 固 定 資 産 管 理 規 程 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 東 大 規 則 第 178 号 ) 改 正 : 平 成 17 年 2 月 8 日 東 大 規 則 第 289 号 改 正 : 平 成 18 年 9 月 26 日 東 大 規 則 第 33 号 改 正 : 平 成 19 年 7 月 1 日 東 大 規 則 第 15 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 30 日

More information

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い 実 務 対 応 報 告 第 23 号 信 託 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 平 成 19 年 8 月 2 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 20 年 12 月 26 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている (1) 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に

More information

無罪判決後の勾留に関する意見書

無罪判決後の勾留に関する意見書 無 罪 判 決 後 の 勾 留 に 関 する 意 見 書 2015 年 ( 平 成 27 年 )10 月 21 日 日 本 弁 護 士 連 合 会 第 1 意 見 の 趣 旨 刑 事 訴 訟 法 第 345 条 に, 第 2 項 として, 判 決 で 無 罪 の 言 渡 しがあったときは, 上 訴 審 において 原 判 決 が 破 棄 されるまで, 新 たに 勾 留 状 を 発 することはできな い

More information

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め 民 法 ( 相 続 関 係 ) 部 会 資 料 8 遺 留 分 制 度 の 見 直 し 第 1 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 法 的 性 質 についての 見 直 し 甲 案 1 遺 留 分 を 侵 害 された 者 は, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 に 対 し, 相 当 の 期 間 を 定 めて, 遺 留 分 侵 害 額 に 相 当 する 金 銭 の 支 払 を 求 めることができる( 注

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

はファクシミリ 装 置 を 用 いて 送 信 し 又 は 訪 問 する 方 法 により 当 該 債 務 を 弁 済 す ることを 要 求 し これに 対 し 債 務 者 等 から 直 接 要 求 しないよう 求 められたにもかか わらず 更 にこれらの 方 法 で 当 該 債 務 を 弁 済 するこ

はファクシミリ 装 置 を 用 いて 送 信 し 又 は 訪 問 する 方 法 により 当 該 債 務 を 弁 済 す ることを 要 求 し これに 対 し 債 務 者 等 から 直 接 要 求 しないよう 求 められたにもかか わらず 更 にこれらの 方 法 で 当 該 債 務 を 弁 済 するこ 求 償 権 の 管 理 回 収 に 関 する 事 例 研 究 (その2) - 平 成 23 年 度 求 償 権 管 理 回 収 等 事 務 研 修 会 から- 農 業 第 二 部 前 号 に 引 き 続 き 昨 年 9 月 に 開 催 された 求 償 権 管 理 回 収 等 事 務 研 修 会 で 求 償 権 の 管 理 回 収 事 例 研 究 として 掲 げられたテーマから4つの 事 例 について

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

【個人情報の取扱い】

【個人情報の取扱い】 リース 契 約 条 項 第 1 条 東 洋 自 動 車 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)は 契 約 書 (1) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 自 動 車 という)をお 客 様 ( 以 下 甲 という)に リースし 甲 はこれを 借 受 けます 第 2 条 リース 期 間 はリース 契 約 書 (2) 記 載 の 期 間 とします 甲 は 契 約 締 結 の 日 からリース 期 間 が

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

会社法施行規則及び会社計算規則による株式会社の各種書類のひな型(改訂版)

会社法施行規則及び会社計算規則による株式会社の各種書類のひな型(改訂版) 会 社 法 施 行 規 則 及 び 会 社 計 算 規 則 による 株 式 会 社 の 各 種 書 類 のひな 型 ( 改 訂 版 ) 2010 年 12 月 17 日 社 団 法 人 日 本 経 済 団 体 連 合 会 経 済 法 規 委 員 会 企 画 部 会 会 社 法 施 行 規 則 及 び 会 社 計 算 による 株 式 会 社 の 各 種 書 類 のひな 型 ( 改 訂 版 ) 目 次

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F3039313132368DB791D682A65F5B46494E414C5D836A8385815B8358838C835E815B5F8E918BE08C888DCF82C98AD682B782E9964097A52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F3039313132368DB791D682A65F5B46494E414C5D836A8385815B8358838C835E815B5F8E918BE08C888DCF82C98AD682B782E9964097A52E646F63> 資 金 決 済 に 関 する 法 律 の 制 定 について 平 成 21 年 6 月 24 日 資 金 決 済 に 関 する 法 律 ( 平 成 21 年 法 律 第 59 号 ) 1 ( 以 下 資 金 決 済 法 とい う )が 公 布 された 本 法 律 は 公 布 の 日 から 起 算 して1 年 を 超 えない 範 囲 内 において 政 令 で 定 め る 日 から 施 行 される( 資

More information

会社再生サンプル資料

会社再生サンプル資料 経 営 調 査 研 究 会 セミナー 成 功 する 会 社 再 生 スキームと 税 務 上 の 注 意 点 ~ 法 的 な 整 理 のみならず 銀 行 交 渉 や 私 的 な 方 法 による 成 功 実 例 も 紹 介 ~ 平 成 21 年 6 月 19 日 株 式 会 社 日 本 中 央 会 計 事 務 所 / 日 本 中 央 税 理 士 法 人 代 表 取 締 役 / 代 表 社 員 公 認 会

More information

24-1-本文-中表紙.indd

24-1-本文-中表紙.indd 弁 護 士 会 照 会 に 対 する 回 答 報 告 と 守 秘 義 務 違 反 論 説 弁 護 士 会 照 会 に 対 する 回 答 報 告 と 守 秘 義 務 違 反 岩 﨑 政 明 Ⅰ はじめに 本 稿 は 弁 護 士 法 23 条 の 2 に 定 める いわゆる 弁 護 士 会 照 会 に 対 して 顧 客 情 報 について 守 秘 義 務 を 負 う 税 理 士 等 の 専 門 家 がその

More information

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 組 合 は 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 共 済 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行 によって 他 人

More information

た 滞 納 処 分 の 効 力 には 影 響 がないこ (2) 賦 課 処 分 のかしが 明 白 かつ 重 大 であり 第 5 賦 課 処 分 が 無 効 である 場 合 の 滞 納 処 分 は そ の 前 提 を 欠 く 処 分 と な り 無 効 と な る こ 滞 納 情 報 の 管 理 1

た 滞 納 処 分 の 効 力 には 影 響 がないこ (2) 賦 課 処 分 のかしが 明 白 かつ 重 大 であり 第 5 賦 課 処 分 が 無 効 である 場 合 の 滞 納 処 分 は そ の 前 提 を 欠 く 処 分 と な り 無 効 と な る こ 滞 納 情 報 の 管 理 1 第 5 章 第 1 意 義 滞 納 処 分 事 務 第 1 節 通 則 滞 納 処 分 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 納 付 ( 納 入 )が 遅 滞 した 場 合 において 原 則 として 督 促 を 前 提 条 件 とし て 徴 税 吏 員 が 滞 納 者 の 財 産 を 差 し 押 さえ その 換 価 代 金 等 を 地 方 団 体 の 徴 収 金 に 充 てる 行 政 処 分 をいい

More information

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 事 故 受 付 サービス 東 京 海 上 日 動 のサービス 体 制 なら 安 心 です 365 日 24 時 間 のサポート 体 制 医 師 賠 償 責 任 保 険 約 款 東 京 海 上 日 動 安 心 110 番 事 故 の 報 告 ご 相 談 をフリーダイヤルで 承 ります いざというとき 全 国 どこからでも ご 利 用 頂 けます 事 故 の 受 付 ご 相 談 受 付 時 間 :365

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 平 成 26 年 度 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 集 団 指 導 資 料 熊 本 市 障 がい 保 健 福 祉 課 目 次 Ⅰ 指 導 監 査 について 1~ 5 Ⅱ 平 成 26 年 度 指 導 監 査 方 針 6~13 Ⅲ 過 去 の 実 地 指 導 の 結 果 14~36 Ⅳ 請 求 関 係 について 37~43 Ⅴ その 他 44~49 Ⅰ 指 導 監 査 について 1

More information

特 定 が 必 要 であり, 法 7 条 の 裁 量 的 開 示 を 求 める 第 3 諮 問 庁 の 説 明 の 要 旨 1 本 件 開 示 請 求 について 本 件 開 示 請 求 は, 処 分 庁 に 対 して, 特 定 法 人 が 大 森 税 務 署 に 提 出 した, 特 定 期 間 の

特 定 が 必 要 であり, 法 7 条 の 裁 量 的 開 示 を 求 める 第 3 諮 問 庁 の 説 明 の 要 旨 1 本 件 開 示 請 求 について 本 件 開 示 請 求 は, 処 分 庁 に 対 して, 特 定 法 人 が 大 森 税 務 署 に 提 出 した, 特 定 期 間 の 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 23 年 5 月 19 日 ( 平 成 23 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 247 号 ) 答 申 日 : 平 成 24 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 25 号 ) 事 件 名 : 特 定 会 社 に 係 る 売 掛 金 内 訳 書 等 の 不 開 示 決 定 ( 存 否 応 答 拒 否 )に

More information

インサイダー取引規制と自己株式

インサイダー取引規制と自己株式 金 融 商 品 取 引 法 研 究 会 (2015 年 5 月 20 日 ) インサイダー 取 引 規 制 と 自 己 株 式 京 都 大 学 大 学 院 法 学 研 究 科 前 田 雅 弘 Ⅰ はじめに 自 己 株 式 の 取 得 インサイダー 取 引 の 危 険 平 成 13 年 改 正 前 商 法 が 自 己 株 式 取 得 を 原 則 禁 止 した 理 由 の1つ 平 成 13 年 商 法

More information

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2 業 務 委 託 契 約 書 ( 案 ) 収 入 印 紙 1 委 託 業 務 名 北 部 処 理 区 浄 化 センター 等 運 転 管 理 業 務 委 託 2 業 務 履 行 場 所 いわき 市 平 下 神 谷 他 35 箇 所 地 内 3 契 約 期 間 平 成 28 年 月 日 から 平 成 31 年 3 月 31 日 まで 4 業 務 履 行 期 間 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平

More information

PMK220プライバシーマーク付与適格性審査の実施基準

PMK220プライバシーマーク付与適格性審査の実施基準 プライバシーマーク 付 与 適 格 性 審 査 の 実 施 基 準 一 般 財 団 法 人 日 本 情 報 経 済 社 会 推 進 協 会 プライバシーマーク 推 進 センター 改 廃 履 歴 版 制 定 改 定 日 改 定 箇 所 理 由 施 行 日 1.0 平 成 22 年 10 月 15 日 プライバシーマーク 制 度 設 置 及 び 運 営 要 平 成 23 年 3 月 1 日 領 の 全

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031333032313920959489EF8E9197BF8254825881798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031333032313920959489EF8E9197BF8254825881798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63> 民 法 ( 債 権 関 係 ) 部 会 資 料 59 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 中 間 試 案 のたたき 台 (4)(5) ( 概 要 付 き) 改 訂 版 目 次 第 26 契 約 に 関 する 基 本 原 則 等... 1 1 契 約 内 容 の 自 由... 1 2 原 始 的 に 履 行 請 求 権 の 限 界 事 由 が 生 じていた 契 約 の 効 力...

More information