1. 検 証 概 要 目 的 及 びテスト 方 法 1.1 検 証 概 要 Oracle データベースクライアントは COBOL アプリケーションから Oracle データベ ースにアクセスするためのプログラミングツールとして Pro*COBOL というプリコンパ イラを 搭 載 しています 本 ツ

Size: px
Start display at page:

Download "1. 検 証 概 要 目 的 及 びテスト 方 法 1.1 検 証 概 要 Oracle データベースクライアントは COBOL アプリケーションから Oracle データベ ースにアクセスするためのプログラミングツールとして Pro*COBOL というプリコンパ イラを 搭 載 しています 本 ツ"

Transcription

1 Micro Focus Visual COBOL 2.2J for Windows Pro*COBOL による Oracle データベース 12.1c アクセス 動 作 検 証 検 証 結 果 報 告 書 2015 年 1 月 5 日 マイクロフォーカス 株 式 会 社 Copyright 2015 Micro Focus. All Rights Reserved. 記 載 の 会 社 名 製 品 名 は 各 社 の 商 標 または 登 録 商 標 です

2 1. 検 証 概 要 目 的 及 びテスト 方 法 1.1 検 証 概 要 Oracle データベースクライアントは COBOL アプリケーションから Oracle データベ ースにアクセスするためのプログラミングツールとして Pro*COBOL というプリコンパ イラを 搭 載 しています 本 ツールを 利 用 しますと COBOL プログラマは SQL 文 を 埋 め 込 み 形 式 でプログラムソース 中 に 記 述 できます Pro*COBOL プリコンパイラは COBOL プログラム 中 に 埋 め 込 まれた SQL 文 を 標 準 の Oracle ランタイム ライブラリ コール に 変 換 します この Pro*COBOL によるプリコンパイル 処 理 は Micro Focus の COBOL コンパイラを 含 めた 各 種 COBOL コンパイラで 翻 訳 可 能 な COBOL プログラムを 生 成 します Windows 版 の Pro*COBOL は 本 稿 執 筆 時 点 の 段 階 にて Visual COBOL より1つ 前 の 世 代 の Micro Focus COBOL 開 発 環 境 製 品 シリーズ Micro Focus Net Express5.1 をサ ポートするとマニュアルに 明 記 しています [Oracle Database クイック インストレーション ガイド 12c リリース 1 (12.1) for Microsoft Windows x64 (64-Bit)] https//docs.oracle.com/cd/e49329_01/install.121/e48235/toc.htm#bgbeebad (2015 年 1 月 5 日 リンク 確 認 ) しかしながら Pro*COBOL によってプリコンパイルされた COBOL プログラムは 極 めて 標 準 的 な COBOL 文 法 に 準 拠 したものであり 特 定 のコンパイラバージョンに 依 存 する 要 因 は 考 えられません 更 に Visual COBOL は 稼 働 保 証 環 境 として 指 定 された 製 品 Net Express 5.1 の 後 継 製 品 にあたるものであり コンパイラ 機 能 については 上 位 互 換 を 保 証 しています このため Net Express 5.1 向 けに 展 開 されるプリコンパイル 後 の COBOL ソースはそのまま Visual COBOL でも 稼 働 します 本 稿 では Pro*COBOL よりプリコンパイル 生 成 された COBOL プログラムを Visual COBOL でコンパイルし Oracle データベースへアクセスできることを 動 作 検 証 しまし た また Visual COBOL に 装 備 された COBSQL 統 合 プロセッサを 利 用 し Pro*COBOL によるプリコンパイル Visual COBOL によるコンパイルをワンステップで 処 理 できるこ とも 検 証 しました 1.2 目 的 及 びテスト 方 法 Micro Focus Visual COBOL は Pro*COBOL が 稼 働 保 証 対 象 とする Net Express 5.1 のコンパイラ 機 能 に 対 して 下 位 互 換 を 持 つ 最 新 鋭 の COBOL 言 語 開 発 実 行 環 境 製 品 で す Oracle は Pro*COBOL 用 のサンプルプログラムを 提 供 しています 本 検 証 ではまず 1 / 17

3 それを 使 って Pro*COBOL と Visual COBOL の 連 携 により 生 成 されたモジュールが 正 常 に Oracle データベースへアクセスし データ 操 作 をできることを 検 証 しました Visual COBOL はコンパイル 処 理 を 発 行 する 前 に Oracle, Sybase, Informix のプリコン パイラを 内 部 的 に 呼 び 出 し ワンステップでプリコンパイル 及 びコンパイルを 処 理 する COBSQL 統 合 プロセッサを 備 えます Oracle の 場 合 であれば Pro*COBOL を 利 用 し ます 本 機 能 を 利 用 すれば プリコンパイル 後 の 埋 め 込 み SQL 文 をライブラリコールに 置 き 換 えた COBOL ソースではなく 実 際 にプログラマがメンテナンスする 埋 め 込 み SQL 文 が 入 ったままのロジカルなソースを 使 って 管 理 できます 更 に Visual Studio 2010, Visual Studio 2012, Visual Studio 2013, Eclipse の IDE に COBOL 開 発 用 に 作 りこんだ Visual COBOL のエディタやデバッガでその 埋 め 込 み SQL 文 が 入 ったソース を 扱 うことができるため 開 発 作 業 の 生 産 性 を 著 しく 高 めることができます 本 稿 では Pro*COBOL の 検 証 に 使 用 した 埋 め 込 み SQL 文 が 入 ったままの 状 態 のサンプルプログ ラムを 使 って Visual Studio 2013 IDE 上 で COBSQL を 利 用 した 開 発 ができることも 検 証 確 認 しました 2. 検 証 環 境 Database サーバ ソフトウェア Windows 8 Enterprise(VM のゲスト OS として 稼 働 ) Oracle Database 12c Release 1( ) for Microsoft Windows(x64) Enterprise Edition をインストール Database 作 成 時 に sample schema を 作 成 Oracle Database 12c Release 1 Examples( ) for Microsoft Windows(x64) ハードウェア 機 種 CPU Memory Dell OPTIPLEX7010 Intel Core i GHz 3.00 Gbyte memory(ゲスト OS に 割 り 当 てたサイズ) 2 / 17

4 Database クライアント ソフトウェア Windows 8.1 Pro (VM のゲスト OS として 稼 働 ) Oracle Database 12c Release 1 Client( ) for Microsoft Windows(32 bit) Micro Focus Visual COBOL 2.2J Update 2 Microsoft Visual Studio Professional 2013 Version Update 2 ハードウェア 機 種 CPU Memory Dell LATITUDE E6530 Intel Core i GHz 3.00 Gbyte memory(ゲスト OS に 割 り 当 てたサイズ) 3. テスト 内 容 Oracle Database Examples には Pro*COBOL 用 のサンプルプログラム 及 び Micro Focus 製 品 向 けのコンパイル ビルドスクリプトが 含 まれます 本 検 証 ではこのサンプル プログラムのうち SAMPLE4.pco として 提 供 されるプログラムを 利 用 しました このプ ログラムには DDL 文 DML 文 DCL 文 が 含 まれこれらの 基 本 的 な 動 作 をテストできる ようになっています 初 めの Pro*COBOL を 直 接 使 った 検 証 では Oracle より 提 供 され る 同 プログラム 及 びビルドスクリプトを 使 用 してコンパイル ビルドしました 続 く COBSQL を 通 じた 検 証 においては ビルドスクリプトの 内 容 に 合 わせてコンパイル 及 び ビルドの 命 令 を 構 成 しました ビルドスクリプトは 実 行 形 式 へビルドするよう 記 述 されて いますが Micro Focus オリジナルの 動 的 ロードモジュール 形 式.gnt へのビルドも 検 証 しています 4. 結 果 4.1 サンプルアプリケーションの 取 得 Database Server にインストールした Oracle Database 12c Release 1 Examples( ) for Microsoft Windows(x64) より 該 当 のサンプルプログラム 及 び ビルドスクリプトファイルを 取 得 しました 3 / 17

5 4.2 サンプルアプリケーションの 確 認 本 検 証 で 利 用 したサンプルアプリケーションには 以 下 のような 処 理 が 含 まれます 1 Oracle データベースに 接 続 2 CREATE TABLE 文 にてテスト 用 のテーブルを 作 成 3 サンプルスキーマに 含 まれる EMP テーブルよりデータを CURSOR FETCH で 取 得 4 取 得 したデータ 及 びプログラム 中 で 加 工 したデータを INSERT 文 にてテスト 用 のテ ーブルにデータ 充 填 5 社 員 番 号 の 入 力 を 促 すプロンプトを 出 力 6 入 力 された 社 員 番 号 をキーに SELECT INTO 文 を 発 行 7 取 得 したデータを 表 示 8 テスト 用 のテーブルを DROP 9 Oracle データベースとの 接 続 を 切 断 4.3 サンプルアプリケーションの 実 行 結 果 サンプルアプリケーションを 正 常 に 実 行 できることを 確 認 しました 詳 細 は 付 録 の 通 りと なります 5. テスト 結 果 及 び 考 察 Oracle が 提 供 するプリコンパイラ Pro*COBOL が 生 成 する COBOL プログラムを Visual COBOL を 使 って 正 常 にコンパイルできることを 確 認 しました 実 行 形 式 動 的 ロ ードモジュール 形 式 問 わずコンパイルしたアプリケーションが 正 常 に 動 作 することも 確 認 しています 同 アプリケーションが 正 常 に 処 理 されたことにより 代 表 的 な DDL 文 DML 文 DCL 文 を Pro*COBOL と Visual COBOL の 組 み 合 わせで 問 題 なく 扱 えることが 検 証 できました また COBSQL を 使 ってシングルステップで 同 アプリケーションを 開 発 し 埋 め 込 み SQL 文 が 入 ったままのソースで 管 理 できることも 確 認 しました つまりこのプ リコンパイル 前 のソースに 対 して Visual COBOL が COBOL 開 発 用 に Visual Studio IDE に 作 りこんだ 開 発 補 助 機 能 を 駆 使 して 効 率 的 に Oracle データベースと 連 携 する COBOL アプリケーションの 開 発 ができることを 確 認 できています 以 上 4 / 17

6 付 録 1. Windows Pro*COBOL 1) プログラムの 先 頭 行 にてコンパイラオプションを 上 書 き E\work\WhitePaper\procob\cmd>more sample4.pco $SET CURRENCY-SIGN(36) 追 加 したコンパイ ラ 指 令 *************** * Sample Program 4 Datatype Equivalencing * * * * This program simulates the storage and retrieval of bitmap * * images into table IMAGE, which is created in the SCOTT * E\work\WhitePaper\procob\cmd> 日 本 語 ロケール 配 下 でコンパイルする 場 合 CURRECNY-SIGN コンパイラオプショ ンにはデフォルトでは (92 X'5C')が 指 定 されます Oracle から 提 供 されるサン プルプログラムでは 通 貨 記 号 に $ (36 X'24')を 使 用 しているため コンパイラに $ を 通 貨 記 号 として 認 識 させてあげるべくオプションを 上 書 きます 2) プログラム 中 の 接 続 処 理 部 分 を 検 証 環 境 に 合 わせて 書 き 換 え 編 集 前 E\work\WhitePaper\procob\cmd>more sample4.pco 01 USERNAME PIC X(10) VARYING. 01 PASSWD PIC X(10) VARYING. MOVE "scott" TO USERNAME-ARR. MOVE 5 TO USERNAME-LEN. MOVE "tiger" TO PASSWD-ARR. MOVE 5 TO PASSWD-LEN. EXEC SQL CONNECT USERNAME IDENTIFIED BY PASSWD END-EXEC. E\work\WhitePaper\procob\cmd> 編 集 後 E\work\WhitePaper\procob\cmd>more sample4.pco 01 CONNSTR PIC X(20) VARYING. MOVE TO CONNSTR-ARR. MOVE 16 TO CONNSTR-LEN. EXEC SQL 5 / 17

7 CONNECT CONNSTR END-EXEC. E\work\WhitePaper\procob\cmd> 3) Pro*COBOL のサンプル 中 含 まれるバッチファイル makeit.bat 中 の 97 行 目 及 び 105 行 目 をクライアント 環 境 に 合 わせたパスに 変 更 E\work\WhitePaper\procob\cmd>type makeit.bat cbllink %pcofile% /M%pcofile% %ORACLE_HOME%\precomp\lib\%SQLLIB_lib% cbllink %pcofile% /M%pcofile% %ORACLE_HOME%\precomp\lib\%SQLLIB_lib% E\work\WhitePaper\procob\cmd> 4) 3) で 編 集 した makeit.bat 使 って サンプルプログラムをプリコンパイル 及 びコンパ イル E\work\WhitePaper\procob\cmd>makeit SAMPLE4 E\work\WhitePaper\procob\cmd>procob iname=sample4.pco ireclen=132 Pro*COBOL Release Production on 木 12 月 Copyright (c) 1982, 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. システムのデフォルト オプション 値 C\app\client\tarot\product\12.1.0\client_1\ precomp\admin\pcbcfg.cfg E\work\WhitePaper\procob\cmd>echo Compiling SAMPLE4... Compiling SAMPLE E\work\WhitePaper\procob\cmd>cobol SAMPLE4 /anim /litlink /ibmcomp /NESTCALL ma kesyn "COMP-5" = "COMP"; Micro Focus COBOL Version Copyright (C) Micro Focus All rights reserved. * 無 視 - NESTCALL * チェック 終 了 エラーはありません- コード 生 成 を 開 始 します * Generating SAMPLE4 * Data Code 6392 Literals / 17

8 E\work\WhitePaper\procob\cmd>cbllink SAMPLE4 /MSAMPLE4 C\app\client\tarot\product\12.1.0\client_1\precomp\lib\orasql12.lib Micro Focus COBOL - CBLLINK utility Version Copyright (C) Micro Focus All rights reserved. 3 Microsoft (R) Incremental Linker Version Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved. SAMPLE4.obj cbllds00000cb0.obj Creating library SAMPLE4.lib and object SAMPLE4.exp Microsoft (R) Manifest Tool version Copyright (c) Microsoft Corporation All rights reserved. E\work\WhitePaper\procob\cmd> 1 Pro*COBOL によるプリコンパイル sample4.pco から sample4.cbl を 生 成 2 Visual COBOL のコマンドを 使 って sample4.cbl をコンパイル 3 Visual COBOL のコマンドを 使 って 生 成 されたオブジェクトをビルド 5) s5 スイッチの 有 効 化 E\work\WhitePaper\procob\cmd>set COBSW=/s5 E\work\WhitePaper\procob\cmd> 6) プログラムを 実 行 E\work\WhitePaper\procob\cmd>SAMPLE4.exe CONNECTED TO ORACLE VIA STMT OK TO DROP THE IMAGE TABLE? (Y/N) Y TABLE IMAGE DOES NOT EXIST - CREATING NEW TABLE. INSERTING BITMAPS INTO IMAGE FOR ALL EMPLOYEES... EMPLOYEE SMITH EMPLOYEE ALLEN EMPLOYEE WARD EMPLOYEE JONES EMPLOYEE MARTIN EMPLOYEE BLAKE EMPLOYEE CLARK EMPLOYEE KING EMPLOYEE TURNER EMPLOYEE JAMES EMPLOYEE FORD EMPLOYEE MILLER 7 / 17

9 DONE INSERTING BITMAPS. NEXT, LET'S DISPLAY SOME. ENTER EMPLOYEE NUMBER (0 TO QUIT) 7654 EMPLOYEE MARTIN HAS SALARY $ AND COMMISSION $ ENTER EMPLOYEE NUMBER (0 TO QUIT) 7900 EMPLOYEE JAMES HAS SALARY $ AND NO COMMISSION. ENTER EMPLOYEE NUMBER (0 TO QUIT) 0 HAVE A GOOD DAY. E\work\WhitePaper\procob\cmd> 全 て 正 常 に 処 理 できていることが 確 認 できます 8 / 17

10 付 録 2. Windows COBSQL( 実 行 形 式 へのビルド) 1) Visual Studio 2013 を 起 動 2) [ファイル(F)]メニュー > [ 新 規 作 成 (N)] > [プロジェクト(P)] から [テンプレート] > [COBOL プロジェクト] > [Native] を 選 択 し コンソールアプリケ ーション を 作 成 3) 自 動 で 生 成 されるテンプレートプログラム Program1.cbl をソリューションエクスプ ローラにて 右 クリックの 上 削 除 4) 作 成 したプロジェクトを 右 クリックし [ 追 加 (D)] > [ 既 存 の 項 目 (G)] を 選 択 し 付 録 1 で 使 用 した sample4.pco をプロジェクトにインポート インポート 後 の 画 面 プリコンパイル 前 のソースを COBOL プログラムとして 解 釈 しています 9 / 17

11 5) ソリューションエクスプローラにて [Properties] をダブルクリック 6) [アプリケーション]ページにてエントリポイントを 指 定 7) [COBOL]ページにて Oracle が 提 供 するバッチファイル makeit.bat に 記 載 された コンパイラオプション 及 び COBSQL を 有 効 にする 旨 のオプションを [ 追 加 指 令 ] 欄 に 指 定 1 2 P(cobsql) 以 降 の 指 定 が COBSQL 用 の 指 令 となりま す ここでは ORACLE 8 以 降 の Pro*COBOL 向 けに 処 理 す るよう 指 示 しています 1 ビルド 設 定 欄 で 表 示 されているように ANIM 指 令 に 相 当 する 命 令 は 同 ページ 中 の 設 定 項 目 デバッグ 用 にコンパイル で 既 に 有 効 となっているため ここでは 割 愛 しています 2 NESTCALL 指 令 は Server Express のあるバージョンで 廃 止 された 指 令 であり ここ での 指 定 の 有 無 は 挙 動 に 影 響 を 与 えません 10 / 17

12 8) [COBOL リンク] ページにおける [リンクする LIB] 欄 にて makeit.bat に 倣 い Oracle が 提 供 するライブラリ orasql12.lib をリンクイン 指 定 3 9) [ビルド(B)]メニュー > [ソリューションのリビルド(R)] を 選 択 し プログラムをビル ド 下 図 のように 正 常 にビルドされたことを 確 認 3 付 録 1でプリコンパイル 展 開 されたソース SAMPLE4.cbl を 確 認 すると SQLADR SQLBEX 等 をはじめとした Oracle API への CALL 文 が 多 数 追 加 されているのがわか ります 実 行 形 式 やダイナミックリンクライブラリへビルドする 際 は 本 ステップで 指 定 し たライブラリを 静 的 リンクしてこれらの API への 参 照 を 解 決 させます 11 / 17

13 10) [デバッグ(D)] メニュー > [ステップオーバー(O)] を 選 択 し ステップ 実 行 を 開 始 埋 め 込 み SQL 文 が 入 ったプリ コンパイル 前 のソースに 対 して ステップ 単 位 に 処 理 を 進 めてデ バッグ 実 行 できます ブレークポイントを 指 定 して 任 意 の 位 置 まで 自 動 で 処 理 を 進 めることができます ブレークする 条 件 を 変 数 を 使 って 指 定 したり 通 過 数 によって 制 御 する 等 ブレーク 条 件 をより 細 かく 制 御 す ることも 可 能 です 12 / 17

14 ホスト 変 数 であって もソース 上 で 格 納 値 を 確 認 できます 任 意 のホスト 変 数 をウォッチ 式 に 追 加 して 格 納 値 の 変 化 をモニタす ることも 可 能 です 16 進 表 示 にすることも 可 能 です 処 理 を 最 後 まで 進 めると 付 録 1 と 同 様 の 結 果 が 得 られ COBSQL を 使 った 場 合 であっ ても 正 常 に 処 理 できていること が 確 認 できます 13 / 17

15 付 録 3. Windows COBSQL( 動 的 ロードモジュールへのビルド) 1) 付 録 2で 用 意 した Visual Studio 2013 のソリューションを 起 動 2) ソリューションを 右 クリックし [ 追 加 ] > [ 新 しいプロジェクト] から Native のコンソールアプリケーションを 追 加 追 加 したプロジェクト 3) プロジェクトテンプレートに 含 まれる Program1.cbl を 削 除 4) SAMPLE4.pco を 付 録 2で 使 用 したプロジェクトからコピー ソリューションエクスプローラ 上 のコピー&ペーストの 操 作 で コピー 移 動 できます 5) ソリューションエクスプローラにて [Properties] をダブルクリック 6) [アプリケーション]ページにおける [ 出 力 の 種 類 ] 欄 にて [INT/GNT] を 指 定 14 / 17

16 7) [COBOL] ページにて GNT にコンパイルをチェック 8) [ 追 加 指 令 ] 欄 に 付 録 2で 追 加 したものと 同 じ 指 令 を 指 定 9) [ 追 加 指 令 ] 欄 に INITCALL(ORASQL12) を 追 加 4 4 付 録 2で 実 行 形 式 へビルドした 際 は SQLADR SQLBEX 等 の 参 照 を orasql12.lib を 静 的 リンクし 解 決 させました 動 的 ロードの 場 合 はライブラリを 静 的 リンクするのではな く %ORACLE_HOME% bin orasql12.dll をプログラム 実 行 前 にロードして 以 降 の Oracle API への 参 照 を 解 決 させるよう 本 ステップでは 指 定 しています 付 録 1でプリコンパイルされた SAMPLE4.cbl を 見 ると CONNECT 文 の 箇 所 で * EXEC SQL * CONNECT CONNSTR * END-EXEC. CALL "ORASQL8" のように ORASQL8 を CALL しています Oracle 12c クライアントをインストールす ると orasql12.dll に 加 え orasql8.dll もインストールされます しかし 今 回 の 検 証 で はこの orasql8.dll のロードだけでは Oracle API への 参 照 を 解 決 できず orasql12.dll を 使 用 する 必 要 があることがわかりました そのため 実 行 時 に 最 初 に 実 行 される SQL 文 が CONNECT であることを 確 認 できている 場 合 は orasql12.dll を orasql8.dll にリ ネームして 使 っても 理 論 上 は INITCALL(ORASQL12) と 同 じ 挙 動 が 得 られます 15 / 17

17 10) [ビルド(B)]メニュー > [ソリューションのリビルド(R)] を 選 択 し プログラムをビル ド 下 図 のように 正 常 にビルドされたことを 確 認 11) ソリューションエクスプローラにて 動 的 ロードモジュール 開 発 用 に 追 加 したプロジェ クトを 右 クリックして [スタートアップ プロジェクトに 設 定 ] を 選 択 16 / 17

18 12) 付 録 2と 同 じ 要 領 でデバッグ 実 行 ができることを 確 認 デバッグ 実 行 イメージ 以 上 17 / 17

1. 検証概要 目的及びテスト方法 1.1 検証概要 既に Red Hat Enterprise Linux 5.5 for x86-64 で動作保証されている Micro Focus Server Express 5.1 J を Red Hat Enterprise Linux 6.1 for x

1. 検証概要 目的及びテスト方法 1.1 検証概要 既に Red Hat Enterprise Linux 5.5 for x86-64 で動作保証されている Micro Focus Server Express 5.1 J を Red Hat Enterprise Linux 6.1 for x Micro Focus Server Express 5.1 J Red Hat Enterprise Linux 6.1 for x86-64 動作検証結果報告書 2011 年 6 月 14 日 マイクロフォーカス株式会社 Copyright 2011 Micro Focus. All Rights Reserved. 記載の会社名 製品名は 各社の商標または登録商標です 1. 検証概要 目的及びテスト方法

More information

検証報告書

検証報告書 Micro Focus Visual COBOL R4 InterSystems CACHÉ データベースアクセス 動作検証結果報告書 2011 年 7 月 27 日 マイクロフォーカス株式会社 Copyright 2011 Micro Focus. All Rights Reserved. 記載の会社名 製品名は 各社の商標または登録商標です 1. 検証概要 目的及びテスト方法 1.1 検証概要

More information

Enterprise Architect日本語版 モデリング操作ガイド (データベースモデリング編)

Enterprise Architect日本語版 モデリング操作ガイド (データベースモデリング編) Tutorial by SparxSystems Japan Enterprise Architect 日 本 語 版 モデリング 操 作 ガイド(データベースモデリング 編 ) (2016/01/13 最 終 更 新 ) 1. はじめに このモデリング 操 作 ガイドでは 個 別 の 図 や 機 能 について Enterprise Architect の 機 能 の 紹 介 や 操 作 方 法 について

More information

intra-mart Accel GroupMail 2016 Spring — リリースノート   初版 2016-04-01  

intra-mart Accel GroupMail 2016 Spring — リリースノート   初版 2016-04-01   intra-mart Accel GroupMail 2016 Spring リリースノート 初 版 2016-04-01 Copyright 2016 NTT DATA INTRAMART CORPORATION 1 Top 目 次 intra-mart Accel GroupMail 2016 Spring リリースノート 初 版 2016-04-01 1. 改 訂 情 報 2. はじめに 3.

More information

WebOTXマニュアル

WebOTXマニュアル WebOTX アプリケーション 開 発 ガイド WebOTX アプリケーション 開 発 ガイド バージョン: 7.1 版 数 : 第 2 版 リリース: 2008 年 11 月 Copyright (C) 1998-2008 NEC Corporation. All rights reserved. 1-1 目 次 1. 初 期 設 定...3 1.1. Developer s Studio...

More information

KeySQL R8.0 Release Note

KeySQL R8.0 Release Note KeySQL R8.0リリース ノート 2014 年 05 月 1 目 次 動 作 環 境... 3 インストール アンインストールに 関 して... 5 インストール... 5 ライセンスキーの 登 録... 5 修 正 パッチのインストール... 6 アンインストール... 6 KeySQL R7.0 からの 変 更 点 および 互 換 性 について... 7 新 機 能 と 変 更 点...

More information

目 次 本 ガイドの 目 的... 1 1. 電 源 冷 却 ファン 温 度 等 の 異 常 通 知... 2 1.1 BMC ネットワーク 設 定... 2 1.2 BMC の 操 作 ( 初 めてのログインと 言 語 設 定 パスワードの 変 更 )... 4 1.3 BMC のメール 通 知

目 次 本 ガイドの 目 的... 1 1. 電 源 冷 却 ファン 温 度 等 の 異 常 通 知... 2 1.1 BMC ネットワーク 設 定... 2 1.2 BMC の 操 作 ( 初 めてのログインと 言 語 設 定 パスワードの 変 更 )... 4 1.3 BMC のメール 通 知 TECHNICAL GUIDE: ARCSERVE UDP 7000 SERIES Arcserve UDP 7000 シリーズ ハードウェアエラーの メール 通 知 設 定 2016 年 2 月 REV: 1.0 目 次 本 ガイドの 目 的... 1 1. 電 源 冷 却 ファン 温 度 等 の 異 常 通 知... 2 1.1 BMC ネットワーク 設 定... 2 1.2 BMC の 操 作

More information

SCTM12.0_Product Release Notice_V1

SCTM12.0_Product Release Notice_V1 製 品 リリース 案 内 製 品 名 : SilkCentral Test Manager 12.0 出 荷 開 始 日 : 2012 年 4 月 16 日 1. はじめに マイクロフォーカスは テスト 管 理 ツールの 新 バージョンである SilkCentral Test Manager 12.0 をリリー スいたします 2. システム 要 件 SilkCentral Test Manger 12.0

More information

節 実 施 期 間 実 施 級 実 施 期 間 情 報 処 理 第 回 は 級 と 級 のみ 実 施 各 期 間 内 回 の 受 験 となります C 言 語 Java Visual Basic ワードプロセッサ 第 回 は 級 のみ 実 施 第 回 は 級 のみ 実 施 第 回 は 級 と 級 のみ

節 実 施 期 間 実 施 級 実 施 期 間 情 報 処 理 第 回 は 級 と 級 のみ 実 施 各 期 間 内 回 の 受 験 となります C 言 語 Java Visual Basic ワードプロセッサ 第 回 は 級 のみ 実 施 第 回 は 級 のみ 実 施 第 回 は 級 と 級 のみ 第 章 試 験 の 構 成 実 施 期 間 PC 環 境 節 試 験 の 構 成 試 験 情 報 処 理 C 言 語 Java 級 受 験 料 ( 税 込 ) 一 般 受 験 料 会 場 割 引 料 試 験 時 間 退 室 可 能 時 間 合 否 基 準 第 部 第 部 第 部 60% 以 上 かつ 級 6,00 円 4,500 円 90 分 90 分 第 部 60% 以 上 の 試 験 開 始 40

More information

- 2 Copyright (C) 2006. All Rights Reserved.

- 2 Copyright (C) 2006. All Rights Reserved. - 2 Copyright (C) 2006. All Rights Reserved. 2-3 Copyright (C) 2006. All Rights Reserved. 70-4 Copyright (C) 2006. All Rights Reserved. ...1...3...7...8 1...9...14...16 2...18...20...21 3...22...23...23...24

More information

Microsoft Word - サンプル _データベースアクセス_.doc

Microsoft Word - サンプル _データベースアクセス_.doc データベースアクセスコンポーネント 1. 概 要 データベースアクセスコンポーネントとは SQL データベースにアクセスして SQL 文 を 実 行 することによりデータベース 検 索 を 行 う 機 能 を 提 供 するコ ンポーネントです また データベースアクセスコンポーネントでは データベースの 構 成 情 報 接 続 情 報 エラー 情 報 等 を 取 得 することも 可 能 です デ ータベースアクセスコンポーネントは

More information

PGECons技術ドキュメントテンプレート Ver.3

PGECons技術ドキュメントテンプレート Ver.3 PostgreSQL エンタープライズ コンソーシアム 技 術 部 会 WG#2 アプリケーション 移 行 調 査 編 製 作 者 担 当 企 業 名 TIS 株 式 会 社 2013 PostgreSQL Enterprise Consortium 改 訂 履 歴 版 改 訂 日 変 更 内 容 1.0 2013/04/22 新 規 作 成 ライセンス 本 作 品 は CC-BY ライセンスによって

More information

Enterprise Architect8.0機能ガイド

Enterprise Architect8.0機能ガイド Enterprise Architect 8.0 feature guide by SparxSystems Japan Enterprise Architect8.0 機 能 ガイド (2010/4/16 最 終 更 新 ) Copyright (c) 2010 SparxSystems Japan 1 このドキュメントでは Enterprise Architect8.0 で 追 加 改 善 される

More information

目 次 1 はじめに... 1 1.1 本 文 書 の 概 要... 1 1.2 PVF ソフトウェアのプロダクト ファミリと VISUAL STUDIO... 1 1.3 PVF ソフトウェアの 種 類... 1 1.4 VISUAL STUDIO の 日 本 語 化 について... 2 1.5

目 次 1 はじめに... 1 1.1 本 文 書 の 概 要... 1 1.2 PVF ソフトウェアのプロダクト ファミリと VISUAL STUDIO... 1 1.3 PVF ソフトウェアの 種 類... 1 1.4 VISUAL STUDIO の 日 本 語 化 について... 2 1.5 PGI Visual Fortran のための Microsoft Visual Studio 導 入 ガイド 日 本 語 環 境 の Visual Studio の 構 築 について 2009 年 8 月 版 (Rev. 9.0-B) 株 式 会 社 ソフテック HPC ソリューション 部 (http://www.softek.co.jp/spg/) SofTek 目 次 1 はじめに... 1

More information

お 知 らせ Anko DRS Manual Version 1.0.0 c2014-2015 Ankosoft Inc. 本 マニュアルに 記 載 されている 事 柄 は 製 品 の 性 能 向 上 または 機 能 改 善 などにより 将 来 予 告 なしに 変 更 する 場 合 があります An

お 知 らせ Anko DRS Manual Version 1.0.0 c2014-2015 Ankosoft Inc. 本 マニュアルに 記 載 されている 事 柄 は 製 品 の 性 能 向 上 または 機 能 改 善 などにより 将 来 予 告 なしに 変 更 する 場 合 があります An Anko DRS マニュアル Ver.1.0.0 株 式 会 社 Ankosoft c2014-2015 Ankosoft Inc. お 知 らせ Anko DRS Manual Version 1.0.0 c2014-2015 Ankosoft Inc. 本 マニュアルに 記 載 されている 事 柄 は 製 品 の 性 能 向 上 または 機 能 改 善 などにより 将 来 予 告 なしに 変 更

More information

ご 注 意 下 さい 1. 本 ガイドに 記 載 している 内 容 の 一 部 又 は 全 部 を 無 断 で 転 記 することは 禁 止 します 2. 本 ガイドに 記 載 している 内 容 は サービス 内 容 の 変 更 に 伴 い 訂 正 する 場 合 があります また 記 載 している 内

ご 注 意 下 さい 1. 本 ガイドに 記 載 している 内 容 の 一 部 又 は 全 部 を 無 断 で 転 記 することは 禁 止 します 2. 本 ガイドに 記 載 している 内 容 は サービス 内 容 の 変 更 に 伴 い 訂 正 する 場 合 があります また 記 載 している 内 第 1.0 版 2013 年 12 月 東 京 大 学 情 報 基 盤 センター ご 注 意 下 さい 1. 本 ガイドに 記 載 している 内 容 の 一 部 又 は 全 部 を 無 断 で 転 記 することは 禁 止 します 2. 本 ガイドに 記 載 している 内 容 は サービス 内 容 の 変 更 に 伴 い 訂 正 する 場 合 があります また 記 載 している 内 容 についての 修

More information

目 次 フリーランスシンプル 会 計 Excel 版 の 起 動 方 法 マクロプログラムの 確 認 方 法 使 用 上 の 注 意 メインメニュー 最 初 のデータ 登 録 までの 手 順 経 費 データの 登 録 請 求 入 金 データの 登 録 入 力 支 援 語 句 の 登 録 編 集 削

目 次 フリーランスシンプル 会 計 Excel 版 の 起 動 方 法 マクロプログラムの 確 認 方 法 使 用 上 の 注 意 メインメニュー 最 初 のデータ 登 録 までの 手 順 経 費 データの 登 録 請 求 入 金 データの 登 録 入 力 支 援 語 句 の 登 録 編 集 削 フリーランスシンプル 会 計 (Excel 版 )マニュアル Version 1.11 2015/3/4 このソフトの 実 行 環 境 について このソフト フリーランスシンプル 会 計 (Excel 版 )を 実 行 するには マイクロソフト(Microsoft) 社 のOffice 製 品 に 含 まれるExcel( 表 計 算 ソフト)が 必 要 です Excelの 操 作 ができる 方 を

More information

SQL Server データベース接続設定 マニュアル

SQL Server データベース接続設定 マニュアル 2013/06 SQL Server (MSDE) データベース 接 続 設 定 マニュアル アルファテック 株 式 会 社 本 マニュアルについて このマニュアルは SQL Server (MSDE) データベースへの 接 続 設 定 などについて 説 明 するものです 設 定 作 業 を 始 める 前 に Windows やネットワーク 環 境 などが 正 しく 動 作 することを あらかじめ

More information

Microsoft Word - InSite_6.1_ClientConfiguration_JA.doc

Microsoft Word - InSite_6.1_ClientConfiguration_JA.doc コダック 株 式 会 社 101-0062 東 京 都 千 代 田 区 神 田 駿 河 台 2-9 KDX 御 茶 ノ 水 ビル 電 話 :0120-327-326 FAX:03-3820-2527 発 行 日 : 2010 年 11 月 4 日 リクエスト サポート: http://graphics.kodak.com ecentral.graphics.kodak.com/jp Technical

More information

橡ExCtrlPDF.PDF

橡ExCtrlPDF.PDF THE Database FOR Network Computing Oracle Oracle Oracle Oracle Oracle Oracle (Oracle Object for OLE Oracle Developer) SQL Oracle8 Enterprise Edition R8.0.5 for Windows NT Oracle8 Enterprise Edition R8.0.5

More information

3.1 チュートリアルの 準 備 サンプルプログラムに 関 連 する 資 源 を 用 意 します 1) Eclipse のワークスペースで 使 用 する work フォルダを C ディレクトリ 直 下 に 作 成 します 2) 製 品 をインストールしたフォルダ 配 下 に 含 まれているサンプルプ

3.1 チュートリアルの 準 備 サンプルプログラムに 関 連 する 資 源 を 用 意 します 1) Eclipse のワークスペースで 使 用 する work フォルダを C ディレクトリ 直 下 に 作 成 します 2) 製 品 をインストールしたフォルダ 配 下 に 含 まれているサンプルプ Micro Focus Enterprise Developer チュートリアル メインフレーム PL/I 開 発 :JCL Eclipse 編 1. 目 的 本 チュートリアルでは PL/I 言 語 で 書 かれたソースをオープン 環 境 へ 移 行 後 Eclipse を 使 用 したプロジェクトの 作 成 コンパイル JCL の 実 行 デバッグまでを 行 い その 手 順 の 習 得 を 目

More information

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 標 又 は

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 標 又 は 書 類 閲 覧 用 端 末 要 件 平 成 25 年 4 月 金 融 庁 総 務 企 画 局 企 業 開 示 課 Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商

More information

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 標 又 は

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 標 又 は 書 類 閲 覧 用 端 末 要 件 平 成 28 年 3 月 金 融 庁 総 務 企 画 局 企 業 開 示 課 Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商

More information

20050314_02-4.ppt

20050314_02-4.ppt Oracle Database 10g Oracle XML DB 2005 3 14 1 Agenda Oracle XML DB XML SQL Oracle Database 10g Release 2 Copyright Oracle Corporation, 2005 All right reserved. 2 XML Oracle Database 10g Release 2 Oracle

More information

スライド 1

スライド 1 KeySQL 使 い 慣 れたExcelやCalcへ 簡 単 にデータを 取 り 込 める データベース 検 索 / 更 新 ツール Microsoft Excel や OpenOffice.org Calc から データベースのデータを 気 軽 に 参 照 / 更 新 マウスで 検 索 条 件 を 設 定 するだけで ExcelやCalcのワークシートにデータベースのデータを 取 り 込 め 難

More information

2008 Microsoft Corporation. All rights reserved. 本 書 に 記 載 した 情 報 は 本 書 各 項 目 に 関 する 発 行 日 現 在 の Microsoft の 見 解 を 表 明 するものです Microsoft は 絶 えず 変 化 する

2008 Microsoft Corporation. All rights reserved. 本 書 に 記 載 した 情 報 は 本 書 各 項 目 に 関 する 発 行 日 現 在 の Microsoft の 見 解 を 表 明 するものです Microsoft は 絶 えず 変 化 する Microsoft Office Visio 2007 自 習 書 ネットワーク 図 でデータ 連 携 第 二 版 (2009 年 7 月 10 日 更 新 ) 2008 Microsoft Corporation. All rights reserved. 本 書 に 記 載 した 情 報 は 本 書 各 項 目 に 関 する 発 行 日 現 在 の Microsoft の 見 解 を 表 明 するものです

More information

テキスト 中 の 表 記 について 画 面 中 に 表 示 される 文 字 の 表 記 ウィンドウ ボタン メニューなど 画 面 に 表 示 される 文 字 は[]で 囲 んで 表 記 しています 画 面 上 に 表 示 される 選 択 肢 や 入 力 する 文 字 については で 囲 んで 表 記

テキスト 中 の 表 記 について 画 面 中 に 表 示 される 文 字 の 表 記 ウィンドウ ボタン メニューなど 画 面 に 表 示 される 文 字 は[]で 囲 んで 表 記 しています 画 面 上 に 表 示 される 選 択 肢 や 入 力 する 文 字 については で 囲 んで 表 記 はじめに コース 概 要 と 目 的 本 コースはWebFOCUSの 開 発 者 の 方 を 対 象 に 基 本 的 なアプリケーション 開 発 についてご 覧 いただくコースです App Studioという 開 発 ツールを 使 用 して レポートの 作 成 方 法 を 習 得 し WebFOCUSの 基 本 的 なアプリケーショ ン 開 発 手 順 を 身 に 付 けることを 目 的 としております

More information

(Microsoft Word - opensource COBOL \202\314Windows\221\316\211\236\202\311\202\302\202\242\202\304.docx)

(Microsoft Word - opensource COBOL \202\314Windows\221\316\211\236\202\311\202\302\202\242\202\304.docx) opensource COBOL の Windows 対応について 東京システムハウス株式会社 発行 :2015 年 3 月 31 日 目次 1 はじめに... 1 1.1 opensource COBOL とは... 1 1.2 opensource COBOL の Windows 対応... 1 1.3 opensource COBOL 動作イメージ... 2 2 パッケージ概要... 3 2.1

More information

Microsoft Word - TechSmith Deployment Tool Documentation.docx

Microsoft Word - TechSmith Deployment Tool Documentation.docx TechSmith Deployment Tool マニュアル TechSmith Deployment Tool は Snagit や Camtasia Studio の 組 織 全 体 への 展 開 を 担 当 する Windows IT 管 理 者 のために 設 計 されたツールです このツールのイン ターフェイスを 使 用 することで 効 率 的 かつエラーのない 方 法 で MST ( 変

More information

PACSPLUS Clinic Viewer Free Install Manual

PACSPLUS Clinic Viewer Free Install Manual フィルムレス 環 境 への 第 一 歩 PACSPLUS Clinic Viewer Single User 無 料 配 布 版 インストールガイド! このユーザガイドをよくお 読 みのうえ 正 しくご 使 用 ください フィルムレス 環 境 への 第 一 歩 株 式 会 社 PACSPLUS 所 在 地 : 東 京 都 中 央 区 八 丁 堀 1-11-3 八 重 洲 YSビル8F TEL:(03)3553-1201(

More information

Microsoft Word - Developer_Tools

Microsoft Word - Developer_Tools Developer Tools : Windows Internet Explorer 8 Beta 1 for Developers Web 作 業 の 操 作 性 を 向 上 2008 年 3 月 詳 細 の 問 い 合 わせ 先 ( 報 道 関 係 者 専 用 ) : Rapid Response Team Waggener Edstrom Worldwide (503) 443 7070 rrt@waggeneredstrom.com

More information

ハピタス のコピー.pages

ハピタス のコピー.pages Copyright (C) All Rights Reserved. 10 12,500 () ( ) ()() 1 : 2 : 3 : 2 4 : 5 : Copyright (C) All Rights Reserved. Copyright (C) All Rights Reserved. Copyright (C) All Rights Reserved. Copyright (C) All

More information

Copyright 2008 All Rights Reserved 2

Copyright 2008 All Rights Reserved 2 Copyright 2008 All Rights Reserved 1 Copyright 2008 All Rights Reserved 2 Copyright 2008 All Rights Reserved 3 Copyright 2008 All Rights Reserved 4 Copyright 2008 All Rights Reserved 5 Copyright 2008 All

More information

Microsoft PowerPoint - KeySQL50_10g_vlo3.ppt

Microsoft PowerPoint - KeySQL50_10g_vlo3.ppt Oracle データベースとMicrosoft Excelの 連 携 ツール KeySQL 5.0 操 作 概 要 Vol. 3 更 新 マクロ 応 用 編 2004 年 7 月 テニック 株 式 会 社 はじめに > 本 資 料 の 目 的 本 資 料 では KeySQLをはじめてお 使 いになる 方 を 対 象 として Oracleクライアントのインストールから KeySQL の 基 本 的 な

More information

Microsoft Word - idnExcelVbaVisaCom01.docx

Microsoft Word - idnExcelVbaVisaCom01.docx Excel 2010 / VBA による 測 定 器 制 御 プログラム 入 門 VISA COM ライブラリ 編 Excel 2010 / VBA からアジレント IO Libraries Suite に 含 まれている VISA COM ライブラリ を 呼 び 出 すことにより 測 定 器 を 制 御 することが 可 能 です 本 アプリケーション ノートでは 測 定 器 にコマンドを 送 り

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2053504331305F415049835483938376838B8376838D834F838983808AC888D5837D836A83858341838B5F3136303331342E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2053504331305F415049835483938376838B8376838D834F838983808AC888D5837D836A83858341838B5F3136303331342E646F63> PC ラベルソフト SPC10 SPC10-API 機 能 サンプルプログラム 簡 易 マニュアル Copyright 2014-2016 KING JIM CO.,LTD. 目 次 はじめに... 2 サンプルプログラム 動 作 環 境... 3 サンプルプログラム 使 用 方 法... 4 開 発 者 様 向 けのご 案 内... 6 1 はじめに 本 書 は SPC10-API 機 能 サンプルプログラムの

More information

untitled

untitled ALTIRIS DEPLOYMENT SOLUTION 6.9 Quick Startup Guide Rev. 1.2 2008 7 11 1.... 2 DEPLOYMENT SERVER... 2 DEPLOYMENT CONSOLE... 2 DEPLOYMENT DATABASE... 2 DEPLOYMENT SHARE... 3 PXE SERVER... 3 DEPLOYMENT AGENT...

More information

intra-mart EX申請システム version.7.2 提出依頼機能 リリースノート

intra-mart EX申請システム version.7.2 提出依頼機能 リリースノート intra-mart EX 申 請 システム ver.7.2 提 出 依 頼 機 能 リリース ノート 第 二 版 2015/12/22 1. システム 要 件 システム 要 件 intra-mart EX 申 請 システム Version.7.2 提 出 依 頼 機 能 は 以 下 の 製 品 上 で 動 作 します 動 作 環 境 については 以 下 の 製 品 のリリース ノートを 参 照 してください

More information

(OnePoint) ( URL Web Copyright 2005 Microsoft Corporation. All rights reserved. Microsoft Windows Visual Basic Visual Studio Microsoft Corporation

(OnePoint) ( URL Web Copyright 2005 Microsoft Corporation. All rights reserved. Microsoft Windows Visual Basic Visual Studio Microsoft Corporation Microsoft Microsoft Visual Basic.NET (OnePoint) ( URL Web Copyright 2005 Microsoft Corporation. All rights reserved. Microsoft Windows Visual Basic Visual Studio Microsoft Corporation Microsoft Microsoft

More information

2 / 26 平成 26 年 4 月 11 日 ( 金 ) 午後 1 時 9 分 Visual C Express の使用法 ( 東海大学理学部物理学科 ) 無償で利用できる開発環境 (Windows XP 以降 ) Visual Studio 2010 Express

2 / 26 平成 26 年 4 月 11 日 ( 金 ) 午後 1 時 9 分 Visual C Express の使用法 ( 東海大学理学部物理学科 ) 無償で利用できる開発環境 (Windows XP 以降 ) Visual Studio 2010 Express 1 / 26 平成 26 年 4 月 11 日 ( 金 ) 午後 1 時 9 分 Visual C++ 2010 Express の使用法 ( 安江正樹 @ 東海大学理学部物理学科 ) Visual C++ 2010 Express の使用法 コンソールプログラムの作成方法と実行 コンピュータ物理学演習 Ⅱ 東海大学理学部物理学科 安江正樹 yasue@keyaki.cc.u-tokai.ac.jp

More information

PoINT Storage ManagerのWindows Failover Clusterでの動作設定

PoINT Storage ManagerのWindows Failover Clusterでの動作設定 PoINT Storage Manager の Windows Failover Cluster での 動 作 設 定 (2016/5/6) 有 限 会 社 オプティカルエキスパート PoINT Storage Manager には Windows Failover Cluster での 稼 動 を 前 提 とした Cluster Option のライセンスがあり ます これは ハードウェアとソフトウェアをクラスター

More information

Maple 18 スタンドアロン版インストール手順

Maple 18 スタンドアロン版インストール手順 インストール アンインストール手順書 更新日製品バージョン OS 利用形態 2014/04/21 Maple 18 Windows 64-bit スタンドアロン SECTION 1: Maple 18 のインストール Page 1 Page 11 SECTION 2: コンパイラの設定 Page 12 Page 14 SECTION 3: コンパイラの設定の確認 Page 15 SECTION 4:

More information

2

2 DX Simulator Copyright 2001-2002 Yamaha Corporation. All rights reserved. Version 1.2, 2002 YAMAHA CORPORATION 2 z x z x c 3 z Windows Macintosh Windows Macintosh x 4 z Windows Macintosh Windows Macintosh

More information

GOT機能サンプル ドキュメント表示機能説明書

GOT機能サンプル ドキュメント表示機能説明書 GOT 機 能 サンプル ドキュメント 表 示 機 能 説 明 書 三 菱 電 機 株 式 会 社 1 2 システムの システムの 異 常 発 生 時 など GOT など GOT 上 にチェックシートやマニュアルを 表 示 させて させて 復 旧 方 法 を 確 認 でき ダウンタイム でき ダウンタイム 短 縮 につながります につながります 操 作 ガイダンスや ガイダンスや 作 業 指 示 書

More information

2007 Microsoft Corporation. All rights reserved. 本 書 に 記 載 した 情 報 は 本 書 各 項 目 に 関 する 発 行 日 現 在 の Microsoft の 見 解 を 表 明 するものです Microsoft は 絶 えず 変 化 する

2007 Microsoft Corporation. All rights reserved. 本 書 に 記 載 した 情 報 は 本 書 各 項 目 に 関 する 発 行 日 現 在 の Microsoft の 見 解 を 表 明 するものです Microsoft は 絶 えず 変 化 する Microsoft Office Visio 2007 自 習 書 データリンク 2007 Microsoft Corporation. All rights reserved. 本 書 に 記 載 した 情 報 は 本 書 各 項 目 に 関 する 発 行 日 現 在 の Microsoft の 見 解 を 表 明 するものです Microsoft は 絶 えず 変 化 する 市 場 に 対 応

More information

Windows Server2003環境向け Deep Security 推奨ポリシーの考え方 と適用イメージ

Windows Server2003環境向け Deep Security 推奨ポリシーの考え方 と適用イメージ トレンドマイクロ 推 奨 Windows Server 2003(32bit) 用 ポリシー を 利 用 される 前 に 必 ず 本 資 料 をご 確 認 ください Windows Server 2003 (32bit)に Deep Security Agentを 導 入 する 際 の 注 意 点 と トレンドマイクロ 推 奨 ポリシーの 考 え 方 について トレンドマイクロ 株 式 会 社 2014

More information

送信アイコン操作ガイド

送信アイコン操作ガイド 送 信 アイコン 操 作 ガイド 日 本 ワムネット 株 式 会 社 技 術 部 2016 年 6 月 第 2.12 版 1 目 次 1 はじめに... 3 2 インストール... 4 Windows でのインストール 方 法... 5 MacOS X でのインストール 方 法... 6 3 アンインストール... 8 Windows でのアンインストール 方 法... 8 MacOS X でのアンインストール

More information

インストールガイド

インストールガイド Visual Mining Studio 7.0 インストールガイド 2010/12/10 更 新 バージョンアップについての 注 意 Text Mining Stuidio(TMSudio) またはテキストモジュールをご 利 用 いただいている 場 合 VMStudio のみをバージョンアップすると TMStudio テキストモジュールが 正 常 に 動 作 しないこ とがあります VMStudio

More information

DreamSpark とは 学 生 や 教 員 のみなさまの 技 術 的 な 学 習 や 教 育 研 究 をサポートする 年 間 制 のサブスクリプションプログラムです マイクロソフトの 開 発 ツールやサーバー 製 品 を 全 学 でご 利 用 いただけます すでに 多 くの 大 学 の 皆 さま

DreamSpark とは 学 生 や 教 員 のみなさまの 技 術 的 な 学 習 や 教 育 研 究 をサポートする 年 間 制 のサブスクリプションプログラムです マイクロソフトの 開 発 ツールやサーバー 製 品 を 全 学 でご 利 用 いただけます すでに 多 くの 大 学 の 皆 さま 日 本 マイクロソフト 株 式 会 社 デベロッパー&プラットフォーム 統 括 本 部 本 内 容 は 予 告 なく 変 更 される 場 合 があります 何 卒 ご 了 承 ください DreamSpark とは 学 生 や 教 員 のみなさまの 技 術 的 な 学 習 や 教 育 研 究 をサポートする 年 間 制 のサブスクリプションプログラムです マイクロソフトの 開 発 ツールやサーバー 製

More information

後 述 の Force.com( 機 能 説 明 ) に 機 能 の 補 足 説 明 を 記 載 してあります ユーザインターフェイスか らのApexの 削 除 と 編 集 (トライアル 組 織 ) (トライアル 組 織 ) 実 行 されるスクリプトの 最 大 行 数 200,000 200,000

後 述 の Force.com( 機 能 説 明 ) に 機 能 の 補 足 説 明 を 記 載 してあります ユーザインターフェイスか らのApexの 削 除 と 編 集 (トライアル 組 織 ) (トライアル 組 織 ) 実 行 されるスクリプトの 最 大 行 数 200,000 200,000 後 述 の Force.com( 機 能 説 明 ) に 機 能 の 補 足 説 明 を 記 載 してあります 月 額 無 料 (0 円 ) 1,500 円 ( 月 額 1,575 円 ) 6,000 円 ( 月 額 6,300 円 ) 3,000 円 ( 月 額 3,150 円 ) 9,000 円 ( 月 額 9,450 円 ) 最 大 使 用 ユーザ 数 100ユーザ 上 限 なし 上 限 なし

More information

テキスト 中 の 表 記 について 画 面 中 に 表 示 される 文 字 の 表 記 ウィンドウ ボタン メニューなど 画 面 に 表 示 される 文 字 は[]で 囲 んで 表 記 しています 画 面 上 に 表 示 される 選 択 肢 や 入 力 する 文 字 については で 囲 んで 表 記

テキスト 中 の 表 記 について 画 面 中 に 表 示 される 文 字 の 表 記 ウィンドウ ボタン メニューなど 画 面 に 表 示 される 文 字 は[]で 囲 んで 表 記 しています 画 面 上 に 表 示 される 選 択 肢 や 入 力 する 文 字 については で 囲 んで 表 記 はじめに コース 概 要 と 目 的 本 コースはQlikViewの 開 発 者 の 方 を 対 象 に QlikViewの 製 品 概 要 と 基 本 的 なアプリケーション 開 発 についてご 覧 頂 くコースです QlikViewの 製 品 概 要 データベースからデータを 取 り 込 む 方 法 ユーザーインターフェース( 画 面 )の 作 成 方 法 に ついて 身 に 付 けることを 目

More information

FusionPlace をセットアップする > 02.セットアップ 手 続 き > 04. FusionPlace をバージョンアップする 際 の 手 続 き 今 まで 1.6.0 以 前 のバージョンをお 使 いの 場 合 インストール 後 ユーザが FusionPlace にログインする 最 初

FusionPlace をセットアップする > 02.セットアップ 手 続 き > 04. FusionPlace をバージョンアップする 際 の 手 続 き 今 まで 1.6.0 以 前 のバージョンをお 使 いの 場 合 インストール 後 ユーザが FusionPlace にログインする 最 初 お 客 様 各 位 FusionPlace 1.7.0 リリースのご 案 内 2012 年 8 月 22 日 有 限 会 社 ウォーターマーク アプリケーションズ 平 素 は 格 別 のご 高 配 を 賜 り 厚 くお 礼 を 申 し 上 げます 本 日 FusionPlace の 新 バージョン 1.7.0 をリリース 致 しましたことをお 知 らせ 申 し 上 げます 記 1. ご 提 供 方

More information

Untitled

Untitled VPN 接 続 の 設 定 AnyConnect 設 定 の 概 要, 1 ページ AnyConnect 接 続 エントリについて, 2 ページ ハイパーリンクによる 接 続 エントリの 追 加, 2 ページ 手 動 での 接 続 エントリの 追 加, 3 ページ ユーザ 証 明 書 について, 4 ページ ハイパーリンクによる 証 明 書 のインポート, 5 ページ 手 動 での 証 明 書 のインポート,

More information

1

1 DevPartner Studio 大 規 模 プロジェクトに 対 するの 活 用 DevPartner Studio Professional Edition ( 以 降 DPS と 記 す)の 静 的 ソースコード 解 析 ( 以 降 と 記 す) 機 能 は ソースコードの 問 題 点 を 文 法 的 に 分 析 する 機 能 です テストフェーズに 進 む 前 にコーディングレベルでの 問

More information

IMA&Cシステムの概要

IMA&Cシステムの概要 DC Visor v.2.0 システムの 概 要 2013/06/01 基 準 DC VISOR(デシ バイザー)は Data Center と advisor 又 は supervisor の 合 成 語 で IT 機 器 の 導 入 から 移 動 変 更 廃 棄 など 一 連 の 管 理 をデータとビジュアル 情 報 が 連 動 した( 常 に 整 合 性 を 取 った) 分 かりやすい 管 理

More information

IBM SPSS Statistics for Linux のインストール手順 (ネットワーク ライセンス)

IBM SPSS Statistics for Linux のインストール手順 (ネットワーク ライセンス) IBM SPSS Statistics for Linux のイ ンストール 手 順 (ネットワーク ライ センス) 以 下 に 示 すのは ネットワーク ライセンス を 使 用 したIBM SPSS Statistics バー ジョン 21 のインストール 手 順 です この 文 書 は デスクトップ コンピュータに SPSS Statistics をインストールするエンド ユーザーが 対 象 です

More information

1. 検証概要 目的及びテスト方法 1.1 検証概要 PostgreSQL はカルフォニア大学バークレー校で開発された POSTGRES, Version 4.2 をベースにしたオープンソースのリレーショナルデータベース管理システムです PostgreSQL はオープンソースでありながら 商用リレー

1. 検証概要 目的及びテスト方法 1.1 検証概要 PostgreSQL はカルフォニア大学バークレー校で開発された POSTGRES, Version 4.2 をベースにしたオープンソースのリレーショナルデータベース管理システムです PostgreSQL はオープンソースでありながら 商用リレー Micro Focus Visual COBOL 2.2J for Windows PostgreSQL データアクセス 動作検証検証結果報告書 2014 年 5 月 2 日 マイクロフォーカス株式会社 Copyright 2014 Micro Focus. All Rights Reserved. 記載の会社名 製品名は 各社の商標または登録商標です 1. 検証概要 目的及びテスト方法 1.1 検証概要

More information

Ver.30 改 版 履 歴 版 数 日 付 内 容 担 当 V..00 007/09/5 初 版 発 行 STS V..0 009/0/8 証 明 書 バックアップ 作 成 とインストール 手 順 追 加 STS V..0 009/0/7 文 言 と 画 面 修 正 STS V..30 0//6

Ver.30 改 版 履 歴 版 数 日 付 内 容 担 当 V..00 007/09/5 初 版 発 行 STS V..0 009/0/8 証 明 書 バックアップ 作 成 とインストール 手 順 追 加 STS V..0 009/0/7 文 言 と 画 面 修 正 STS V..30 0//6 Ver.30 証 明 書 発 行 マニュアル Mozilla Firefox 0 年 月 6 日 セコムトラストシステムズ 株 式 会 社 Copyright 0 SECOM Trust Systems CO.,LTD. All Rights Reserved i Ver.30 改 版 履 歴 版 数 日 付 内 容 担 当 V..00 007/09/5 初 版 発 行 STS V..0 009/0/8

More information

ArcGIS Desktop 10 インストールガイド

ArcGIS Desktop 10 インストールガイド ArcGIS Desktop 10 インストール ガイド (DVD 用 ) はじめに このたびは ArcGIS Desktop(ArcView ArcEditor ArcInfo) 製 品 をご 購 入 いただきま して 誠 にありがとうございます 本 ガイドはインストールガイドの 簡 易 版 となっており ます また 詳 細 設 定 によるインストールは ArcGIS_Desktop10 製 品

More information

目 次 1. Monaca Localkitとは 1.1. 概 要 1.2. 動 作 環 境 2. セットアップ 2.1. Monaca Localkitの 入 手 方 法 2.2. Monaca Localkitのインストール 2.3. ファイアウォール 設 定 (windows8.1) 2.4.

目 次 1. Monaca Localkitとは 1.1. 概 要 1.2. 動 作 環 境 2. セットアップ 2.1. Monaca Localkitの 入 手 方 法 2.2. Monaca Localkitのインストール 2.3. ファイアウォール 設 定 (windows8.1) 2.4. Monaca Localkit β 版 利 用 マニュアル Copyright 2014 Asial Corporation. All rights reserved. 1 目 次 1. Monaca Localkitとは 1.1. 概 要 1.2. 動 作 環 境 2. セットアップ 2.1. Monaca Localkitの 入 手 方 法 2.2. Monaca Localkitのインストール

More information

1.SqlCtl クラスリファレンス SqlCtl クラスのリファレンスを以下に示します メソッドの実行中にエラーが発生した場合は標準エラー出力にメッセージを出力します (1)Connect() メソッド データベースへ connect 要求を行います boolean Connect(String

1.SqlCtl クラスリファレンス SqlCtl クラスのリファレンスを以下に示します メソッドの実行中にエラーが発生した場合は標準エラー出力にメッセージを出力します (1)Connect() メソッド データベースへ connect 要求を行います boolean Connect(String 目次 1.SqlCtl クラスリファレンス 2 (1)Connect() メソッド 2 (2)DisConnect() メソッド 3 (3)Commit() メソッド 3 (4)Rollback() メソッド 4 2.SqlStm クラスリファレンス 5 (1)Prepare() メソッド 5 (2)Execute() メソッド 6 (3)Release() メソッド 6 (4)Immediate()

More information

クーポン販売かんたんインストールガイド

クーポン販売かんたんインストールガイド インストールガイド 目 次 セットアップの 流 れ... 3 シリアル 番 号 の 登 録... 4 M2Plus 会 員 に 登 録 していない 方... 4 すでに M2Plus 会 員 の 方... 6 M2Plus Launcher のダウンロード... 7 ipod touch/iphone/ipad から 直 接 ダウンロードする 場 合... 7 コンピュータからダウンロードする 場

More information

ーがサーバーにファイルをアップロードしたり ファイルを 電 子 メールで 送 信 したために) 利 用 できるようになった 場 合 手 動 で 転 送 されたこれらのファイルにアクセスするユーザーまたはデバイスに CAL は 必 要 ありません 以 下 の 例 では 特 定 の 製 品 について 説

ーがサーバーにファイルをアップロードしたり ファイルを 電 子 メールで 送 信 したために) 利 用 できるようになった 場 合 手 動 で 転 送 されたこれらのファイルにアクセスするユーザーまたはデバイスに CAL は 必 要 ありません 以 下 の 例 では 特 定 の 製 品 について 説 ボリューム ライセンス 簡 易 ガイド マルチプレキシング ( 多 重 化 ) クライアント アクセス ライセンス (CAL) の 要 件 この 簡 易 ガイドは すべてのマイクロソフト ボリューム ライセンス プログラムに 適 用 されます 目 次 概 要... 1 この 簡 易 ガイドの 更 新 内 容... 1 詳 細... 1 Microsoft SQL Server... 2 Microsoft

More information

VASDAQTV_

VASDAQTV_ VASDAQ.TV 本 体 インストールマニュアル Ver1.1.0 1 目 次 目 次... 2 第 1 章 はじめに... 4 (1) 本 書 の 目 的... 4 (2) 用 語 説 明... 4 第 2 章 必 要 構 成... 5 (1) ハードウェア 要 件... 5 (2) ソフトウェア 要 件... 5 第 3 章 ソフトウェアの 取 得... 6 (1) ソフトウェアのダウンロード...

More information

Exadata MAAベスト・プラクティス

Exadata MAAベスト・プラクティス Exadata MAAベスト プラクティス Oracle Databaseの 移 行 Doug Utzig ExadataおよびMAAベスト プラクティス 2012 年 8 月 おもなポイント 2 Exadataへの 移 行 1. 移 行 の 準 備 が 重 要 2. 正 しい 移 行 方 法 を 選 択 3. 高 速 ネットワークによる 移 行 時 間 の 削 減 3 おもなポイント 1 移 行

More information

アプリケーション補足説明書(Office2003)

アプリケーション補足説明書(Office2003) 目 次 はじめに................................................... 2 1 Office 2003 について...................................... 4 プレインストールソフトウェア................................. 4 プレインストールソフトウェアの 起 動 について....................

More information

4) 下 記 項 目 を 入 力 して Add ボタンをクリックします 名 前 Browse ボタンをクリックすると 認 識 可 能 なプリンタが 表 示 されますので 選 択 して 指 定 します クラス どのクラスの 出 力 結 果 をプリンタへ 送 るのか 指 定 します 説 明 任 意 に

4) 下 記 項 目 を 入 力 して Add ボタンをクリックします 名 前 Browse ボタンをクリックすると 認 識 可 能 なプリンタが 表 示 されますので 選 択 して 指 定 します クラス どのクラスの 出 力 結 果 をプリンタへ 送 るのか 指 定 します 説 明 任 意 に Micro Focus メインフレームソリューション スターターズキット 13. Enterprise Developer:スプールのプリンタ 出 力 チュートリアル 13.1 目 的 当 チュートリアルでは JOB 実 行 後 に 出 力 されるスプール 内 容 を 直 接 プリンタへ 出 力 する 手 順 と SYSOUT リソース 制 御 方 法 の 習 得 を 目 的 としています 13.2

More information

この 文 章 に 含 まれる 情 報 は 公 表 の 日 付 の 時 点 での Microsoft Corporation の 考 え 方 を 表 しています 市 場 の 変 化 に 応 える 必 要 があるため Microsoft は 記 載 されている 内 容 を 約 束 しているわけではありま

この 文 章 に 含 まれる 情 報 は 公 表 の 日 付 の 時 点 での Microsoft Corporation の 考 え 方 を 表 しています 市 場 の 変 化 に 応 える 必 要 があるため Microsoft は 記 載 されている 内 容 を 約 束 しているわけではありま Visual Studio 自 習 書 シリーズ Team Foundation Server の インストールと 最 初 の 一 歩 発 行 日 :2013 年 6 月 4 日 最 終 更 新 日 :2013 年 6 月 4 日 日 本 マイクロソフト 株 式 会 社 この 文 章 に 含 まれる 情 報 は 公 表 の 日 付 の 時 点 での Microsoft Corporation の 考

More information

Yahooサービス(Yahooニュース Yahooメール Yahooオークション 等 ) ソーシャルネットワークサービス(Facebook,twitter,mixi 等 ) オンラインショッピングサイト 定 額 動 画 サービス 動 画 投 稿 サイト ブログ 投 稿 サイト 等 3. サポート 内

Yahooサービス(Yahooニュース Yahooメール Yahooオークション 等 ) ソーシャルネットワークサービス(Facebook,twitter,mixi 等 ) オンラインショッピングサイト 定 額 動 画 サービス 動 画 投 稿 サイト ブログ 投 稿 サイト 等 3. サポート 内 リモートヘルプサービス サポート 範 囲 サポート 対 応 範 囲 1. サポート 範 囲 本 サービスにおける 主 なサポート 対 象 機 器 ソフトウェア 及 びサービスとサポート 範 囲 について 以 下 に 記 載 致 します 2. 主 なサポート 対 象 (1) 主 なサポート 対 象 機 器 パソコン 本 体 モニター キーボード マウス ルーター 無 線 LAN 接 続 機 器 プリンター

More information

Taro-uscr説明書.jtd

Taro-uscr説明書.jtd uscr.exe USTREAM チャット 簡 易 クライアント( 読 み 上 げ) 目 次 初 期 導 入 2 uscr とは 2 インストールと 起 動 2 初 期 設 定 2 入 退 室 2 接 続 入 室 退 室 切 断 読 み 上 げ 2 設 定 保 存 3 チャット 発 言 など 3 終 了 3 機 能 詳 細 4 設 定 に 関 する 項 目 (タブ 設 定 など) 4 ユーザー&パスワード

More information

SUSE Linux Enterprise Serverマニュアル

SUSE Linux Enterprise Serverマニュアル クイックスタートのインストール SUSE Linux Enterprise Server 11 SP1 クイックスタートのインストール SUSE Linux Enterprise Server 11 SP1 NOVELL クイックスタートカード SUSE Linux Enterprise Server 11 SP1の 新 バージョンをインストールするには 次 の 手 順 に 従 います このマ ニュアルでは

More information

現 状 の 確 認

現 状 の 確 認 Oracle Developerの Web 化 に 関 する 資 料 2005 年 日 本 オラクル 株 式 会 社 現 状 の 確 認 Ver.Upにおける 懸 念 移 行 コスト/リスク DeveloperのWeb 化 はコスト 高? UIに 変 更 が 出 てくるのでは? Developer6iのフルサポート 切 れ クライアント/サーバ 版 の 最 終 製 品 ( 通 常 出 荷 終 了 )

More information

Excel 2010 の 使 用 を 開 始 する 長 い 間 Microsoft Excel 2003 を 使 用 していたユーザーが Excel 2010 に 移 行 する と Excel 2003 のコマンドやツール バー ボタンがどこにあるのかわからなくなることがよ くあります そのため ト

Excel 2010 の 使 用 を 開 始 する 長 い 間 Microsoft Excel 2003 を 使 用 していたユーザーが Excel 2010 に 移 行 する と Excel 2003 のコマンドやツール バー ボタンがどこにあるのかわからなくなることがよ くあります そのため ト このガイドの 内 容 Microsoft Excel 2010 の 外 観 は Excel 2003 と 大 きく 異 なるため Excel 2003 のユーザーが 少 しでも 早 く 慣 れることができるようにこのガイドが 作 られました このガイドを 読 むと 新 しいインターフェイスの 主 な 要 素 について 学 んだり Excel 2010 の 無 償 のトレーニングを 見 つけたり *

More information

Oracle Forms 11g についてのよくある質問

Oracle Forms 11g についてのよくある質問 Oracle ホワイト ペーパー 2009 年 10 月 Oracle Forms 11g についての よくある 質 問 免 責 事 項 本 書 は オラクルの 一 般 的 な 製 品 の 方 向 性 を 示 すことが 目 的 です 情 報 を 提 供 することだけが 目 的 であり 契 約 と は 一 切 関 係 がありません 商 品 コード または 機 能 を 提 供 するものではなく 購 入

More information

IBM SPSS Statistics for Mac OS のインストール手順 (シングル ユーザー)

IBM SPSS Statistics for Mac OS のインストール手順 (シングル ユーザー) IBMSPSSStatisticsforMacOSの インストール 手 順 (シングル ユー ザー) 以 下 に 示 すのは シングル ユーザー ライセンス を 使 用 した IBM SPSS Statistics バージョン 20 のインストール 手 順 です シングルユーザー ライセンス を 使 用 すると 最 大 2 台 のコンピュータに SPSS Statistics をインストールできま

More information

入札情報サービスシステム(職員)

入札情報サービスシステム(職員) 那 須 塩 原 市 電 子 入 札 システム 受 注 者 向 け クライアント 設 定 マニュアル 目 次 1. はじめに...1 1.1. 設 定 手 順...1 1.2. 準 備...1 2. 環 境 設 定...2 2.1. 機 器 等 の 準 備...2 2.2. 電 子 証 明 書 (IC カード)の 準 備...2 2.3. IC カード 等 のセットアップ...2 2.4. Java

More information

目 次 1. はじめに 3 2. システム 要 件 4 3. HDD Password Tool のインストール 5 Windows の 場 合 5 Mac の 場 合 8 4. HDD Password Tool の 使 い 方 10 4-1 HDD Password Tool を 起 動 する

目 次 1. はじめに 3 2. システム 要 件 4 3. HDD Password Tool のインストール 5 Windows の 場 合 5 Mac の 場 合 8 4. HDD Password Tool の 使 い 方 10 4-1 HDD Password Tool を 起 動 する HDD Password Tool USB3.0/2.0 東 芝 製 外 付 けハードディスク CANVIO 用 パスワードツールソフトウェア 取 扱 説 明 書 1.10 版 - 1 - 目 次 1. はじめに 3 2. システム 要 件 4 3. HDD Password Tool のインストール 5 Windows の 場 合 5 Mac の 場 合 8 4. HDD Password Tool

More information

Microsoft Word - 20160417_RSS365FX_intro(最終版).doc

Microsoft Word - 20160417_RSS365FX_intro(最終版).doc 導 入 操 作 マニュアル 2016 年 4 月 17 日 版 当 サービスは 当 社 または 情 報 提 供 元 が 信 頼 できると 判 断 した 情 報 に 基 づき 構 成 されておりま すが その 情 報 の 正 確 性 完 全 性 適 時 性 を 当 社 および 情 報 提 供 元 が 保 証 するものではありま せん ネットトレーダー365FX 及 び RSS 365FX 利 用 規

More information

Mac OS Xでの利用設定 マニュアル

Mac OS Xでの利用設定 マニュアル Enterprise Architect on Mac OS X setup guide by SparxSystems Japan Mac OS X 環 境 での 利 用 設 定 マニュアル (2015/12/01 最 終 更 新 ) 1. はじめに このドキュメントでは Enterprise Architect を Mac OS X で 動 作 させるための 設 定 につ いて 説 明 したドキュメントです

More information

Android開発 インストールマニュアル

Android開発 インストールマニュアル Android 開 発 ARM CPU BOARD Install Manual Rev 1.0 ダイジェスト 版 ALPHAPROJECT Copyright 2012 ALPHAPROJECT Co.,LTD. All right reserved ご 使 用 になる 前 に 本 製 品 をお 役 立 て 頂 くために このマニュアルを 十 分 お 読 みいただき 正 しくお 使 い 下 さい

More information

屋外広告物管理システム システムフロー

屋外広告物管理システム システムフロー 屋 外 広 告 物 管 理 システムASPサービス 提 供 業 務 仕 様 書 目 次 1 屋 外 広 告 物 システムフロー 1 2 屋 外 広 告 物 管 理 システム 機 能 要 件 3 1 屋 外 広 告 物 管 理 3 (1) 屋 外 広 告 物 許 可 申 請 等 処 理 3 (2) 屋 外 広 告 物 データ 管 理 4 (3) 屋 外 広 告 物 催 促 管 理 5 (4) 屋 外

More information

1. システム 要 件 について OneSight をインストールするマシンは 以 下 の 要 件 を 満 たしていることを 推 奨 します 使 用 される 監 視 設 定 などの 条 件 により 変 動 する 場 合 がありますので ご 留 意 下 さい A. 全 て 別 の Server 構 成

1. システム 要 件 について OneSight をインストールするマシンは 以 下 の 要 件 を 満 たしていることを 推 奨 します 使 用 される 監 視 設 定 などの 条 件 により 変 動 する 場 合 がありますので ご 留 意 下 さい A. 全 て 別 の Server 構 成 Empirix OneSight 8.1SR2 インストールガイド 1. システム 要 件 について OneSight をインストールするマシンは 以 下 の 要 件 を 満 たしていることを 推 奨 します 使 用 される 監 視 設 定 などの 条 件 により 変 動 する 場 合 がありますので ご 留 意 下 さい A. 全 て 別 の Server 構 成 の 場 合 A-1. OneSight

More information

ESET Smart Security 8 リリースノート

ESET Smart Security 8 リリースノート ================================================================== ESET Smart Security 8 リリースノート キヤノンITソリューションズ 株 式 会 社 ================================================================== はじめに キヤノンITソリューションズ

More information

MadCap Flare V6 クイック スタート ガイド

MadCap Flare V6 クイック スタート ガイド クイック スタート ガイド Version 6.0 エクセルソフト 株 式 会 社 はじめに はじめに このたびは MadCap Software 社 製 品 をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます このクイック スタート ガイドでは 初 めてこの 製 品 を 使 用 される 方 を 対 象 に インストールの 手 順 およ びサンプル プロジェクトの 使 用 方 法 について 説 明

More information

目 次 第 1 章 はじめに 1 1.1 電 子 入 札 システムを 使 用 するまでの 流 れ 1 第 2 章 Java ポリシーを 設 定 する 前 に 2 2.1 前 提 条 件 の 確 認 2 第 3 章 Java のバージョンについて 4 3.1 Java バージョン 確 認 方 法 5

目 次 第 1 章 はじめに 1 1.1 電 子 入 札 システムを 使 用 するまでの 流 れ 1 第 2 章 Java ポリシーを 設 定 する 前 に 2 2.1 前 提 条 件 の 確 認 2 第 3 章 Java のバージョンについて 4 3.1 Java バージョン 確 認 方 法 5 電 子 入 札 サービス IC カードを 利 用 しない 事 業 者 向 け Java ポリシー 設 定 マニュアル (Windows Vista/Windows 7/ Windows 8.1 用 ) 平 成 28 年 6 月 目 次 第 1 章 はじめに 1 1.1 電 子 入 札 システムを 使 用 するまでの 流 れ 1 第 2 章 Java ポリシーを 設 定 する 前 に 2 2.1 前

More information

Microsoft Word - MyWebPortalOffice_BackupRestore2012.doc

Microsoft Word - MyWebPortalOffice_BackupRestore2012.doc イントラネット 超 簡 単 構 築 ツール MyWeb PortalOffice 1.3 バックアップ 復 元 (Windows Server 2012 R2 / 2012 用 ) 第 1.1 版 2013 年 12 月 11 日 目 次 1. 概 要... 1 2.Windows Server バックアップをする... 2 (1) Windows Server バックアップをインストールする...

More information

HEWの設定

HEWの設定 第 4 版 2007 年 4 月 CS0001(E)1107 HEW の 設 定 目 次 HEW の 設 定 資 料 構 成 Chapter 1. はじめに 3 1-1 資 料 内 容 3 1-2 注 意 事 項 3 Chapter 2. HEWの 設 定 4 2-1 HEW3/HEW4 の 設 定 5 2-2 HEW2/HEW3 の 設 定 12 2-3 HEWの 設 定 16 Chapter 3.

More information

3. システム 要 件 IM- 社 内 便 Ver.7.2 は 以 下 の 製 品 上 で 動 作 します サーバ 要 件 Windows Server 2003 R2 Windows Server 2008 Windows Server 2008 R2 Red Hat Enterprise Lin

3. システム 要 件 IM- 社 内 便 Ver.7.2 は 以 下 の 製 品 上 で 動 作 します サーバ 要 件 Windows Server 2003 R2 Windows Server 2008 Windows Server 2008 R2 Red Hat Enterprise Lin IM- 社 内 便 ver7.2 リリース ノート 第 2 版 2016/06/02 1. はじめに (1) IM- 社 内 便 が 動 作 するには intra-mart WebPlatform / AppFramework Ver.7.2(パッチ 3) 以 上 ワークフロー 連 携 を 行 うには intra-mart WebPlatform / AppFramework advanced 以

More information

ご 注 意 1. 本 ソフトウェアの 著 作 権 は 株 式 会 社 サトーにあります 2. 本 ソフトウェアおよびマニュアルの 一 部 または 全 部 を 無 断 で 使 用 複 製 することはできません 3. 本 ソフトウェアは コンピュータ 1 台 につき 1セット 購 入 が 原 則 となっ

ご 注 意 1. 本 ソフトウェアの 著 作 権 は 株 式 会 社 サトーにあります 2. 本 ソフトウェアおよびマニュアルの 一 部 または 全 部 を 無 断 で 使 用 複 製 することはできません 3. 本 ソフトウェアは コンピュータ 1 台 につき 1セット 購 入 が 原 則 となっ Multi LABELIST V5 練 習 マニュアル - - 2014.3 第 2 版 2014 年 3 月 18 日 株 式 会 社 サトー ご 注 意 1. 本 ソフトウェアの 著 作 権 は 株 式 会 社 サトーにあります 2. 本 ソフトウェアおよびマニュアルの 一 部 または 全 部 を 無 断 で 使 用 複 製 することはできません 3. 本 ソフトウェアは コンピュータ 1 台

More information

Microsoft Word - 430_15_Developing_Stored_Procedure.doc

Microsoft Word - 430_15_Developing_Stored_Procedure.doc Java Oracle 1998 11 Java 3 Java Web GUI Java Java Java Oracle Java Oracle8i Oracle / Oracle Java Virtual Machine VM CORBA Enterprise JavaBeans Oracle Java Java Java Oracle Oracle Java Virtual Machine Oracle

More information

Quick Setup Guide_vfoglight_v4.book

Quick Setup Guide_vfoglight_v4.book Foglight for Virtualization Enterprise Edition 6.8 Version 4 Doc Release Date 2013/06 Copyrights 著 作 権 2013 Dell Software Foglight for Virtualization Enterprise Edition 6.8 簡 単 設 定 ガイ ド Version 4 本 ガイ

More information

目 次 Visual Studio 2013 による コード 複 製 検 出 を 使 用 した 重 複 コードの 検 出... 1 1. ソリューションのコード クローン 分 析 の 実 行 と コードの 比 較... 4 2. コントローラーとビューへのコード 追 加... 8 3. 重 複 コー

目 次 Visual Studio 2013 による コード 複 製 検 出 を 使 用 した 重 複 コードの 検 出... 1 1. ソリューションのコード クローン 分 析 の 実 行 と コードの 比 較... 4 2. コントローラーとビューへのコード 追 加... 8 3. 重 複 コー Visual Studio 2013 による コード 複 製 検 出 を 使 用 した 重 複 コードの 検 出 2014 Microsoft Corporation. All rights reserved. 1 目 次 Visual Studio 2013 による コード 複 製 検 出 を 使 用 した 重 複 コードの 検 出... 1 1. ソリューションのコード クローン 分 析 の 実

More information

注 )メモリ 容 量 は 本 機 能 と OS 動 作 のみの 容 量 です 別 途 アプリケーションを 導 入 される 場 合 は 必 要 に 応 じて 追 加 してください メモリが 少 ない 場 合 OS が 起 動 しなくなる 場 合 があります (3) 必 要 ディスク 容 量 本 機 能

注 )メモリ 容 量 は 本 機 能 と OS 動 作 のみの 容 量 です 別 途 アプリケーションを 導 入 される 場 合 は 必 要 に 応 じて 追 加 してください メモリが 少 ない 場 合 OS が 起 動 しなくなる 場 合 があります (3) 必 要 ディスク 容 量 本 機 能 1. 動 作 環 境 1.1 クライアント 機 能 環 境 (1) サポート OS 本 機 能 がサポートする OS は 以 下 のとおりです OS バージョン 情 報 可 否 Windows 7 Starter Windows 7 Home Basic Windows 7 Home Premium Windows 7 Professional Windows 7 Enterprise Windows

More information

(シン クライアントなど) については VDA サブスクリプションを 通 じて 仮 想 マシン (VM) を 使 用 するためのライ センスを 別 途 取 得 し これらの 特 典 を 利 用 することができます この 簡 易 ガイドでは マイクロソフト ボリューム ライセンスのお 客 様 に 提

(シン クライアントなど) については VDA サブスクリプションを 通 じて 仮 想 マシン (VM) を 使 用 するためのライ センスを 別 途 取 得 し これらの 特 典 を 利 用 することができます この 簡 易 ガイドでは マイクロソフト ボリューム ライセンスのお 客 様 に 提 ボリューム ライセンス 簡 易 ガイド 仮 想 マシンを 使 用 した Windows デスクトップ オペレーティング システムのライセンス この 簡 易 ガイドは すべてのマイクロソフト ボリューム ライセンス プログラムに 適 用 されます 目 次 概 要... 1 詳 細... 1 Windows VDA の 権 利 を 取 得 する 方 法... 2 Windows VDA の 権 利 の

More information

改 版 履 歴 版 数 日 付 履 歴 1 2015/11/30 新 規 作 成 目 次 1 はじめに...3 1-1. 対 象 Windows OS...3 1-2. 本 書 で 使 う 表 記...3 2 Hyper-V を 使 用 するための 準 備...4 2-1. Hyper-V セットア

改 版 履 歴 版 数 日 付 履 歴 1 2015/11/30 新 規 作 成 目 次 1 はじめに...3 1-1. 対 象 Windows OS...3 1-2. 本 書 で 使 う 表 記...3 2 Hyper-V を 使 用 するための 準 備...4 2-1. Hyper-V セットア Express5800 シリーズ Windows 10 Pro Hyper-V インストール 手 順 書 第 1 版 2015/11/30 Microsoft Windows Windows Server Active Directory および Hyper-V は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 およびその 他 の 国 における 登 録 商 標 または 商 標 です

More information

Windows Server リモート デスクトップ サービスを 使 用 した Microsoft デスクトップ アプリケーションのライセンス マイクロソフトは デスクトップ アプリケーションのライセンスをデバイス 単 位 で 供 与 します デバイス 単 位 のライセンス 供 与 とは 製 品 を

Windows Server リモート デスクトップ サービスを 使 用 した Microsoft デスクトップ アプリケーションのライセンス マイクロソフトは デスクトップ アプリケーションのライセンスをデバイス 単 位 で 供 与 します デバイス 単 位 のライセンス 供 与 とは 製 品 を ボリューム ライセンス 簡 易 ガイド Windows Server リモート デスクトップ サービスを 使 用 した Microsoft デスクトップ アプリケーション ソフトウェアのライセンス 目 次 この 簡 易 ガイドは すべてのマイクロソフト ボリューム ライセンス プログラムに 適 用 されます 概 要... 1 この 簡 易 ガイドの 更 新 内 容... 1 詳 細... 1 変 更

More information

ITF Finder ヘルプ

ITF Finder ヘルプ もくじ 1.はじめに 1-1.ITF Finder について 1-2. 動 作 環 境 2.ITF Finder の 起 動 と 終 了 2-1.ITF Finder を 起 動 する 2-2.ITF Finder を 終 了 する 3.ITF Finder の 画 面 概 要 4.ITFファイルを 閲 覧 する 5.ITFファイルを 印 刷 する 6.ITFファイルをメールに 添 付 する 7.NETセキュリティのセキュリティ

More information