(26) 三 國 遺 事 に お け る 神 の 受 戒 に つ い て ( 孫 ) う 1> 掌 天 窟 の 窟 神 は 蔚 珍 地 域 の 土 着 神 と し て 窟 神 信 仰 及 び, 重 要 な 祭 祀 の 対 象 と さ れ, 掌 天 窟 と そ の 帯 は 古 代, 蔚 珍 の 社 会

Size: px
Start display at page:

Download "(26) 三 國 遺 事 に お け る 神 の 受 戒 に つ い て ( 孫 ) う 1> 掌 天 窟 の 窟 神 は 蔚 珍 地 域 の 土 着 神 と し て 窟 神 信 仰 及 び, 重 要 な 祭 祀 の 対 象 と さ れ, 掌 天 窟 と そ の 帯 は 古 代, 蔚 珍 の 社 会"

Transcription

1 印 度 學 佛 敏 學 研 究 第 63 巻 第 2 号 平 成 27 年 3 月 (25) 三 國 遺 事 に お け る 神 の 受 戒 に つ い て 孫 眞 ( 政 完 ) 1. 始 め に 仏 教 は, 各 地 域 に 拡 大 す る 過 程 で 基 層 信 仰 の 様 々 な 神 と 遭 遇 した. こ れ は 東 ア ジ ア 仏 教 の 場 も 同 じで あ り, 南 北 朝 時 代 に 主 に 山 林 に 進 出 し 始 め た 中 国 仏 教 は 山 岳 神 と 出 会 うよ うに な っ た. こ の 時 期, 山 岳 神 を 仏 教 に 帰 依 さ せ 仏 教 を 守 護 す る た め の 思 想, す な わ ち, 神 仏 習 合 思 想 を 形 成 す る. こ れ は ま た 仏 教 の 伝 来 と 受 容 過 程 で 朝 鮮 半 島 と 日 本 に もそ の ま ま 伝 わ っ て き た. 三 國 遺 事 に は こ の よ うな 習 合 現 象 に 関 す る 記 事 が 散 在 し て い る の で, こ れ を も と に 韓 国 仏 教 の 中 に 現 れ た 神 の 特 徴 を 把 握 す る こ と が で き る. 外 来 宗 教 で あ る 仏 教 が 伝 来 さ れ た 地 域 の 基 層 信 仰 を 解 体 す る か, そ れ と も 包 摂 す る か に よ っ て, 仏 教 の 教 化 方 法 は 違 う 形 で 想 定 せ ざ る を 得 な か っ た. 神 に 対 す る 否 定 と 肯 定, ま た は, 基 層 信 仰 の 解 体 と 包 摂 と い う 二 つ の 範 疇 に つ き, 三 國 遺 事 で 語 る 神 の 様 子 と 性 格 は 多 少 異 な る. 三 國 遺 事 に お け る 神 の 受 戒 に つ い て の 用 例 は 以 下 の よ うで あ る. 2. 巻 三 塔 像 第 四 臺 山 五 萬 眞 身 条 寶 川 常 汲 服 其 靈 洞 之 水 故 晩 年 肉 身 飛 空 到 流 沙 江 外 蔚 珍 國 掌 天 窟 停 止 誦 隨 求 陀 羅 尼 日 夕 爲 課 窟 肺 現 身 白 云 我 爲 祕 已 二 千 年 今 日 始 聞 隨 求 眞 詮 請 受 菩 薩 戒 既 受 已 翌 日 窟 亦 無 形 寶 川 驚 異 留 二 十 日 乃 還 五 臺 山 紳 聖 窟 (T49,999b) こ の 記 事 の 内 容 に よ る と, 掌 天 窟 の 窟 神 が 菩 薩 戒 を 受 け て か ら 掌 天 窟 の 形 態 が 無 くな っ た と い う こ と で, 掌 天 窟 は も う 存 在 し な い と い え る. と こ ろ が, 掌 天 窟 は 慶 尚 北 道 の 蔚 珍 郡 近 南 面 九 山 里 に あ る 聖 留 窟 と 理 解 さ れ て い る. 三 國 遺 事 巻 三 塔 像 第 四 臺 山 五 萬 眞 身 条 の 掌 天 窟 の 窟 神 を 蔚 珍 の 聖 留 窟 の 土 着 的 な 信 仰 の 対 象 と し て 把 握 す る 見 解 が あ る. 掌 天 窟 の 窟 神 は 二 千 年 も 窟 神 で あ りなが ら も, 寶 川 太 子 が 来 て 随 求 陀 羅 尼 を 念 誦 す る 前 まで は 仏 の 名 を 聞 い た 事 が な か っ た とい うこ とか ら して, 掌 天 窟 の 窟 神 が 伝 統 的 な 土 着 神 で あ る こ と を 反 映 して い る と い 1070 Electronlc Llbrary Library Service

2 (26) 三 國 遺 事 に お け る 神 の 受 戒 に つ い て ( 孫 ) う 1> 掌 天 窟 の 窟 神 は 蔚 珍 地 域 の 土 着 神 と し て 窟 神 信 仰 及 び, 重 要 な 祭 祀 の 対 象 と さ れ, 掌 天 窟 と そ の 帯 は 古 代, 蔚 珍 の 社 会 で は 神 聖 な 地 域 と さ れ た と もい え る の で あ る. 3. 巻 四 義 解 第 五 慈 藏 定 律 条 然 の 慈 藏 の 行 蹟 を 伝 え る 代 表 的 な 中 世 資 料 と し て, 中 国 の 道 宣 の 續 高 僣 傳 と 三 國 遺 事 が あ る 2 ). 績 高 僭 傳 に は 唐 に 滞 在 し た 時 期 を 中 心 に 身 辺 を 記 録 した 方, 活 躍 を 多 方 面 に 提 示 し て い る. 三 國 遺 事 に は 叙 事 性 の 深 い 話 を 幅 広 く 受 用 し て お り, 慈 藏 の 資 料 A 擁 啓 表 入 終 南 雲 際 寺 之 東 鰐 架 甜 爲 室 居 三 年 人 祕 受 戒 靈 應 日 錯 辭 煩 不 載 遺 事 T49, 1005b) ( 三 國 資 料 B 啓 敕 入 山 於 終 南 雲 際 寺 東 懸 1 樗 之 上 架 室 居 焉 旦 夕 人 祕 歸 戒 又 集 時 染 少 疹 見 受 戒 禪 爲 摩 所 苦 尋 即 畫 像 除 愈 往 還 三 夏 常 在 此 山 將 事 東 蕃 辭 下 雲 際 見 大 鬼 紳 其 衆 無 數 帶 甲 持 仗 云 將 此 金 輿 迎 取 慈 藏 復 見 大 示 申 與 之 共 鬪 拒 不 許 迎 藏 聞 臭 氣 塞 谷 蓬 勃 即 就 繩 床 逋 告 訣 別 其 弟 子 又 被 鬼 打 躄 死 乃 蘇 藏 剴 亅 捨 諸 衣 財 行 僭 徳 施 又 聞 香 氣 遍 滿 身 心 禪 語 藏 日 今 者 不 死 八 十 餘 矣 ( 續 高 僭 傳 T50, 639b) 新 羅 の 律 宗 の 創 始 者 で あ る 慈 藏 は 善 徳 女 王 の 仁 平 三 年 (636) に 入 唐 し た. 上 の 資 料 B で は, 終 南 山 で 慈 藏 が 3 年 間 ( ) 終 南 山 雲 際 寺 の 東 側 に 庵 を 建 て, 修 行 し な が ら 経 験 し た こ とが, 比 較 的 詳 細 に 叙 述 さ れ て い る. しか し, 資 料 A で は こ の よ う な 事 実 に つ い て 煩 わ し い こ と と して 簡 略 に 述 べ て い る. 方, 資 料 B で は 戒 神 が 慈 藏 の 軽 い 病 を 治 し た と い う 3>. 續 高 僣 傳 で は, こ の よ うに 受 戒 し た 後, 神 に 見 え る 戒 神 と い う こ とが 現 れ る. 高 僣 傳 に 比 べ 績 高 僣 傳 で は 受 戒 し た 神 に 関 す る 記 事 が 増 え, こ れ ら は 戒 律 を 伝 え た 僧 侶 の 修 行 の 際, 守 護 の 役 割 を し て い た. そ し て, こ の 時 期 に 慈 藏 は 生 死 の 瀬 戸 際 に 立 た さ れ た との 記 録 が 残 っ て い る. 大 鬼 神 が 慈 藏 を 殺 しに 来 た 方, そ れ を 阻 む 大 鬼 神 も 存 在 して い た の で あ る. 各 々 の 対 立 項 と な っ て い る 大 鬼 神 が 象 徴 す る こ とに 対 し て は, 様 々 な 推 測 が 行 わ れ て い る. 例 え ば, 慈 藏 が 中 国 に 滞 在 した 際, 唐 太 宗 は 抑 仏 崇 道 的 な 立 場 を 貫 い て い た か ら, 續 高 信 傳 の 著 者 で あ る 道 宣 は 太 宗 の 道 教 優 先 政 策 に 対 し 批 判 的 な 立 場 を 示 した. 慈 藏 を 殺 そ う と した 勢 力 と こ れ を 阻 も うと し た 勢 力 は, 慈 藏 が こ の 当 時 の 道 教 と 仏 教 の 論 争 に 介 入 して い た 可 能 性 を 隠 喩 的 に 表 現 し た と 考 え られ る 4). ま た は, 慈 藏 とそ の 弟 子 が 終 南 山 で 実 際 に 病 を 得 て 死 に か け た こ と をそ の ま ま 伝 え よ う と した とも 考 え られ る 5 ) Electronlc Llbrary Library Service

3 三 國 遺 事 に お け る 神 の 受 戒 に つ い て ( 孫 ) (27) 4. 巻 四 義 解 第 五 心 地 繼 祀 条 遘 聞 俗 離 山 深 公 傳 表 律 師 佛 骨 簡 子 設 果 訂 法 會 決 意 披 尋 既 至 後 期 不 許 參 例 乃 席 地 扣 庭 隨 衆 禮 懺 經 七 日 天 大 雨 雪 所 立 地 方 十 尺 許 雪 飄 不 下 衆 見 其 神 異 許 引 入 堂 地 携 謙 稱 恙 退 畫 像 處 房 中 向 堂 潛 禮 肘 穎 倶 血 類 表 公 之 仙 溪 山 也 地 藏 菩 薩 日 來 問 慰 泊 席 罷 還 山 途 中 見 二 簡 子 貼 在 衣 褶 間 持 迴 告 於 深 深 日 簡 在 函 中 那 得 至 此 檢 之 封 題 依 舊 開 覗 亡 矣 深 深 異 之 重 襲 而 藏 之 又 行 如 初 再 迴 告 之 深 日 佛 意 在 子 子 其 奉 行 乃 授 簡 子 地 頂 戴 畋 山 嶽 禪 率 仙 子 迎 至 山 椒 引 地 坐 於 崑 上 畋 伏 崑 ド 謹 受 正 戒 (T49, 1009b) 眞 表 律 師 の 簡 子 を 受 け た と い う 永 深 が 果 証 法 会 を 開 い た が, こ れ に 参 加 した 心 地 が 修 行 して い た 山 に 帰 る 途 中, 白 身 の 襟 に 二 つ の 簡 子 が 挟 ま っ て い る こ と を 発 見 し た. こ れ を 仏 の 意 と 考 え た 永 深 は 簡 子 を 心 地 に 渡 し, 頭 に こ れ を 乗 せ た ま ま 山 に 帰 る 彼 の 前 に, 中 岳 の 山 神 が 現 れ 戒 律 を 受 け た と い う 話 で あ る. 伝 来 以 降, 仏 教 は 神 信 仰 の 領 域 を 含 め た 社 会 の 多 様 な 分 野 で 積 極 的 に 自 分 の 領 域 を 拡 大 し, 伝 来 地 域 の 固 有 な 信 仰 と の 緊 張 関 係 を 生 み 出 した. 習 合 現 象 が 現 れ た 後 に も こ の 緊 張 関 係 は 信 仰 と 思 想 の 問 題 を 含 め て 引 き 続 き, 神 と 仏 [ 僧 侶 ] の 様 々 な 伝 承 を 形 成 す る こ と に な っ た. こ れ は 神 信 仰 の 領 域 に 浸 透 し よ うと す る 活 動 を 始 め た 仏 教 徒 らが, こ の 状 況 を 克 服, ま た は 受 用 す る た め の 意 図 と し て 形 成 され た の で あ る. 心 地 繼 祀 の 記 事 で も 山 林 修 行 者 を 中 心 と した 仏 教 勢 力 が 既 存 の 山 神 信 仰 と 融 和 し な が ら 教 線 を 拡 大 し, 仏 教 を 守 護 す る 神 の 役 割 と 機 能 を 知 る こ とが で き る. そ れ は, 仏 の 簡 子 [ 聖 簡 ] を 奉 る 場 所 を 山 神 と 共 に 決 め, こ れ に 対 し て 山 神 が 賛 嘆 す る と 言 う 記 事 が 次 の よ うに 語 ら れ て い る た め で あ る. 地 日. 今 將 擇 地 奉 安 聖 簡 非 吾 輩 所 能 指 定 請 與 三 君 憑 高 擲 簡 以 卜 之 乃 與 紳 等 陟 峯 巓 向 西 擲 之 簡 乃 晝 像 風 颶 而 飛 時 紳 作 歌 日 礙 崑 遠 退 砥 平 兮 落 葉 飛 散 生 明 兮 覓 得 佛 骨 簡 子 兮 邀 於 淨 處 投 誠 兮 既 唱 而 得 簡 於 林 泉 中 自 卩 其 地 構 堂 安 之 今 桐 華 寺 籤 堂 北 有 小 井 是 也 (T49, 1009b) 周 知 の 通 り, 仏 教 は イ ン ドで 生 じ, 東 漸 した. 仏 教 が 伝 来 す る 過 程 で, 該 当 地 域 の 固 有 思 想 あ る い は 信 仰 との 軋 轢 相 剋 と い う 問 題 に 出 遭 っ た と 見 られ る. な お, 仏 教 は す で に 中 国 な ど の 各 地 で 固 有 信 仰 を 克 服 す る 経 験 を 積 ん で き た. 従 っ て, そ の 経 験 の 蓄 積 の つ で あ る 山 神 交 流 譚 の 伝 承 が 布 教 の 中 で 生 じた 可 能 性 も 想 定 で きる. 5. 巻 五 神 呪 第 六 惠 逋 降 龍 条 龍 既 報 寃 於 恭 往 機 張 山 爲 熊 神 慘 毒 滋 甚 民 多 梗 之 通 到 山 中 論 龍 授 不 殺 戒 神 害 乃 息 (T49, 1068 Electronlc Llbrary Library Service

4 (28) 三 國 遺 事 にお け る 神 の 受 戒 に つ い て ( 孫 ) 1011a) 中 国 の 蛟 竜 が 朝 鮮 半 島 に 来 て 竜 に 変 じ, また, 竜 か ら へ 熊 と 変 じた 複 雑 な 構 造 の 話 に な っ て い る. 仏 教 的 発 想 と 見 られ る 変 身 還 生 譚 に 民 間 信 仰 的 な 要 素 が 結 合 さ れ た 叙 事 形 式, す な わ ち, 仏 教 説 話 に 民 間 伝 承 が 加 味 さ れ た 話 で あ る 惠 通 と 蛟 竜 の 対 立 と 葛 藤 か ら, 結 局, 不 殺 戒 を 通 じ, 仏 教 優 位 の 叙 事 構 造 を 表 し て い る. 伝 統 的 な 竜 信 仰 に 対 し た 外 来 宗 教 と し て の 仏 教 が 優 位 構 図 で 伝 承 し た こ と は, 三 國 遺 事 の な か で, 巻 紀 異, 第 の 射 琴 匣 条 と 巻 二 紀 異, 第 二 の 眞 聖 女 王 居 隘 知 条 な ど で 確 認 で きる. こ こ で 注 目 す べ きは, 社 会 秩 序 を 維 持 す る た め, 仲 裁 の 役 割 を 果 た す 僧 侶 の 功 能 で あ る. 惠 通 は 人 間 の 問 で 発 した 問 題 に 対 し 調 停 に 乗 り 出 し た の で は な く, 顕 界 の 存 在 で あ る 人 間 と 冥 界 を 治 め る 竜 の 問 を 仲 裁 し た. 密 教 を 修 行 す る 仏 僧 の 役 割 だ けで は な く, 社 会 の 基 本 構 造 を 維 持 す る 任 務 を 任 され て 解 決 し, 客 観 的 な 仲 裁 者 と して の 役 割, 社 会 を 統 合 し, 維 持 す る 機 能 を 持 っ て い た と 認 識 さ れ て い た. 平 常 に は, 顕 界 の 存 在 で あ る 人 間 と 冥 界 の 存 在 ( 神, 山 神, 霊, 竜 等 )が 各 自 の 領 域 で 暮 ら す と 理 解 さ れ た. しか し, 顕 界 の 正 常 な 秩 序 を 弱 化 させ る 自 然 災 害 や 伝 染 病 な ど の よ うに 予 測 不 可 能 な 問 題 が 発 生 した 時 こ そ, 僧 侶 が 介 入 で きる 瞬 間 で あ っ た. こ う い う 場 合, 神 異 力 を 持 っ た 僧 侶 らが, そ の 力 を 以 っ て 問 題 を 解 決 で きる と 思 わ れ た. 仏 教 僧 侶 に 対 し て の こ の よ うな 仮 説 的 分 析 は, 僧 侶 の 神 異 な 能 力 へ の 絶 え ざ る 要 求 が あ っ た か ら だ と 考 え られ る. 自 然 災 害 や 伝 染 病 な ど の よ うに, こ の 世 の 秩 序 を 脅 か す 多 様 な 種 類 の 事 件 が あ っ た こ と は 当 然 の こ とで あ る. 人 々 は 仏 教 の 僧 侶 らが 様 々 な 問 題 を 解 決 で き る こ と に 期 待 を 持 っ て い た. そ し て, 僧 侶 らは そ の 要 求 に 対 して, 仏 教 が 初 め て 伝 来 した 中 心 地 域 の 外 郭 で あ る 地 方 と 山 岳 地 域 に そ の 影 響 を 拡 大 し な が ら, 期 待 に 応 えた. 然 の 三 國 遺 事 で 神 異 譚 は 篇 目 を 問 わ ず 全 体 に 及 ん で 述 べ ら れ て い る. こ れ は, 少 な くと も 然 が 考 え る に は, こ の よ うな 僧 侶 らが 神 異 な る 力 を 持 っ て い た こ と を 意 味 し, の 全 般 に 現 れ る 彼 らの 数 は, そ こ に 由 る と も 考 え られ る. 三 國 遺 事 6. むす び 仏 教 と 基 層 信 仰 で あ る 神 信 仰 の 関 係 の 変 化 は, 神 に 対 す る 仏 教 か らの 授 戒 の 中 に よ く 現 れ て い る. 三 國 遺 事 巻 三 塔 像, 第 四 の 五 臺 山 萬 眞 身 と 巻 四 義 解, 第 五 の 地 藏 定 律, 心 地 繼 租, 巻 五 祚 呪, 第 六 の 惠 逋 降 龍 で は, そ れ ぞ れ の 窟 神, 人 神, 山 神, 熊 神 に 変 わ っ た 毒 竜 な どが 仏 僧 か ら 受 戒 した. こ の よ うな 仏 教 と 神 の 1067 Electronlc Llbrary Library Service

5 三 國 遺 事 にお け る 神 の 受 戒 に つ い て ( 孫 ) (29) 関 係 は 中 国 仏 教 の 論 理 で も 考 え られ る こ と に な る. 高 僭 傳 巻 六 の 曇 邑 伝 で は 夢 見 山 禪 求 受 五 戒 爲 説 法 授 戒 (T50, 362c) と, 神 に 授 戒 して 以 来, 中 国 仏 教 の 神 は 表 層 的 な 意 味 と して の 仏 教 が 深 層 的 な 意 味 を 持 つ た め に 克 服 す る 対 象 と して 必 要 な 存 在 と い う 点 で そ の 意 味 を 持 つ よ うに な っ た. つ ま り, 山 林 に 進 出 して 山 神 に 出 会 い, そ れ を 仏 教 に 帰 依 させ て 仏 教 を 守 護 す る よ うに す る 思 想 を 形 成 させ た も の で あ る. そ の 具 体 的 な 方 法 の つ と して 神 に 戒 を 授 け た の だ. 1 ) 盧 重 國 (1999 ) を 参 照, 2 ) 慈 藏 の 生 涯 に つ い て の 基 本 資 料 と して は, 逍 宣 の 續 高 僭 傳 唐 新 羅 國 大 僭 統 釋 慈 藏 傳 (T50, 639a 640a), 唐 京 師 普 光 寺 釋 法 常 傳 (T50, 540c 541b) と 道 世 の 法 苑 珠 林 64 唐 沙 門 釋 慈 藏 傳 (T53, 779b c )ほ か に も 三 國 遺 事 慈 藏 定 律 (T49, 1005a 1006a) な ど を 参 照. 3 ) 長 坂 郎 (2004) を 参 照. 4 ) 南 東 信 (1992) を 参 照. 5 ) 南 武 熙 (2001) を 参 照. 参 考 文 献 盧 重 國 1999 古 代 蔚 珍 9 ] 歴 史 概 觀 韓 國 古 代 耐 會 斗 蔚 珍 地 方 韓 國 古 代 史 學 會. 吉 田 彦 1995 日 本 古 代 社 会 と 仏 教 吉 川 弘 文 館. 長 坂 郎 2004 神 仏 習 合 像 の 研 究 中 央 公 論 美 術 出 版. 南 東 信 1992 慈 藏 潮 佛 教 思 想 斗 佛 敏 治 國 策 韓 國 史 研 究 76. 南 武 煕 2001 績 高 僣 傳 慈 藏 傳 斗 史 學 哲 學 19. 三 國 遺 事 慈 藏 定 律 Pt 原 典 内 容 比 較 文 學 吉 川 忠 夫 2011 高 僧 伝 か ら 続 高 僧 伝 へ 図 書 744, 岩 波 書 店. Strickmann, Mi hel A Taoist Confirrnationof Liang Wu Ti s Suppression of Taoism..ノborrnal of the American OrientalSo ]iety98 (4). キ ー ワ ー ド 三 國 遺 事, 習 合 現 象, 基 層 信 仰 ( 東 國 大 學 校 大 学 院 ) 1066 Electronlc Llbrary Library Service

新竹市八十八學年度公私立幼稚園新生入園注意事項

新竹市八十八學年度公私立幼稚園新生入園注意事項 新 竹 市 北 區 載 熙 國 民 小 學 附 設 幼 兒 園 105 學 年 度 招 生 簡 章 一 依 據 : 新 竹 市 幼 兒 就 讀 公 立 幼 兒 園 及 非 營 利 幼 兒 園 優 先 入 園 辦 法 及 新 竹 市 105 學 年 度 公 立 幼 兒 園 新 生 入 園 登 記 實 施 計 畫 二 辦 理 時 間 : ( 一 ) 招 生 簡 章 公 告 日 期 地 點 及 諮 詢 電

More information

Taro-2-3.jtd

Taro-2-3.jtd -90- 点 課 井 岡 康 在 韓 金 権 氏 諸 機 構 庭 校 青 団 ほ ぼ 掌 握 メ カ ズ ム 官 僚 図 致 真 過 程 質 周 露 戦 争 帝 転 換 旧 来 然 秩 序 価 値 観 再 否 破 壊 創 先 点 金 氏 基 権 力 衆 域 前 提 前 統 過 程 位 づ 和 係 料 -91- 衆 在 角 欠 総 括 金 氏 批 判 監 容 経 済 質 援 助 叱 咤 激 励 与 権

More information

当 流 の 門 人 と 号 す る 輩 祖 師 先 徳 報 恩 謝 徳 の 集 会 の み ぎ り に あ り て 往 生 浄 土 の 信 心 に お い て は そ の 沙 汰 に お よ ば ず 没 後 葬 礼 を も っ て 本 と す べ き よ う に 衆 議 評 定 す る い わ れ

当 流 の 門 人 と 号 す る 輩 祖 師 先 徳 報 恩 謝 徳 の 集 会 の み ぎ り に あ り て 往 生 浄 土 の 信 心 に お い て は そ の 沙 汰 に お よ ば ず 没 後 葬 礼 を も っ て 本 と す べ き よ う に 衆 議 評 定 す る い わ れ 教 学 教 化 専 門 委 員 会 主 査 木 越 渉 宗 祖 親 鸞 聖 人 七 百 五 十 回 御 遠 忌 は 2011 年 3 月 11 日 に 発 生 し た 東 日 本 大 震 災 に よ り 法 要 の 第 一 期 が 中 止 さ れ 被 災 者 支 援 の つ ど い が 執 り 行 わ れ た こ の 決 定 か ら 御 遠 忌 そ の も の の 意 義 が 様 々 に 問 わ れ

More information

Microsoft Word - 1030925院會重要業務報告_12-004韓國日本司法制度_

Microsoft Word - 1030925院會重要業務報告_12-004韓國日本司法制度_ 考 試 院 第 12 屆 第 4 次 會 議 考 選 部 重 要 業 務 報 告 民 國 103 年 9 月 25 日 壹 考 選 行 政 從 德 國 日 本 司 法 考 試 制 度 看 我 國 司 法 官 及 律 師 考 試 制 度 改 進 方 向 一 前 言 本 部 於 102 年 10 月 辦 理 國 際 暨 兩 岸 學 術 研 討 會, 邀 請 多 國 學 者 針 對 該 國 之 公 務 人

More information

(Microsoft Word - \203j\203\205\201[\203Y\203\214\203^\201[5\215\206.docx)

(Microsoft Word - \203j\203\205\201[\203Y\203\214\203^\201[5\215\206.docx) 比 較 民 俗 研 究 会 NEWSLETTER 5 2013 年 2 月 発 行 目 次 比 較 民 俗 研 究 会 の 報 告 ( 114 回 ~ 118 回 ) ( 1 2 3 4 5 ) 比 較 民 俗 研 究 2 7 号 の 発 行 ( 6 ) 事 務 局 よ り お 知 ら せ ( 6 ) 比 較 民 俗 研 究 会 の 報 告 ( 114 回 ~ 118 回 ) 第 1 1 4 回 (

More information

公立各級學校專任教師兼職處理原則(草案)

公立各級學校專任教師兼職處理原則(草案) 公 立 各 級 學 校 專 任 教 師 兼 職 處 理 原 則 部 分 規 定 修 正 規 定 二 教 師 在 服 務 學 校 以 外 之 機 關 ( 構 ) 兼 職, 依 本 原 則 規 定 辦 理 但 兼 任 行 政 職 務 之 教 師, 其 兼 職 範 圍 及 許 可 程 序, 依 公 務 員 服 務 法 規 定 辦 理, 並 不 適 用 第 三 點 第 四 點 及 第 十 點 規 定 三 教

More information

東 洋 文 化 研 究 所 紀 要 第 166 册 8 2 28 3 4 2 402 1975 3 577 1995 4 245 (40)

東 洋 文 化 研 究 所 紀 要 第 166 册 8 2 28 3 4 2 402 1975 3 577 1995 4 245 (40) 709-788 1 1 64 / 28 426 2008 246 (39) 東 洋 文 化 研 究 所 紀 要 第 166 册 8 2 28 3 4 2 402 1975 3 577 1995 4 245 (40) 759-820 11 5 1974 5 247 1987 244 (41) 東 洋 文 化 研 究 所 紀 要 第 166 册 -775 6 780-841 7 8 8 9 6 28 571

More information

室 內 空 氣 品 質 維 護 管 理 專 責 人 員 設 置 管 理 辦 法 修 正 第 一 條 條 文 對 照 表 修 正 條 文 現 行 條 文 說 明 本 辦 法 依 室 內 空 氣 品 質 管 理 法 ( 以 下 簡 稱 本 法 ) 第 九 條 第 三 項 規 定 訂 定 之 第 二 條

室 內 空 氣 品 質 維 護 管 理 專 責 人 員 設 置 管 理 辦 法 修 正 第 一 條 條 文 對 照 表 修 正 條 文 現 行 條 文 說 明 本 辦 法 依 室 內 空 氣 品 質 管 理 法 ( 以 下 簡 稱 本 法 ) 第 九 條 第 三 項 規 定 訂 定 之 第 二 條 室 內 空 氣 品 質 維 護 管 理 專 責 人 員 設 置 管 理 辦 法 修 正 總 說 明 室 內 空 氣 品 質 管 理 法 ( 以 下 簡 稱 本 法 ) 於 一 百 年 十 一 月 二 十 三 日 經 總 統 公 布, 並 自 公 布 後 一 年 施 行 為 有 效 推 動 本 法 施 行, 實 施 室 內 空 氣 品 質 專 責 人 員 制 度, 建 立 公 告 場 所 自 我 維

More information

這 些 日 常 業 務 所 需 的 商 用 範 例 都 可 以 直 接 套 用, 您 只 要 依 需 求 加 以 適 度 修 改 即 可, 使 用 起 來 非 常 方 便 除 此 之 外 還 有 練 習 題, 提 供 讀 者 做 反 饋 練 習 如 針 對 商 業 文 書 中 特 有 的

這 些 日 常 業 務 所 需 的 商 用  範 例 都 可 以 直 接 套 用, 您 只 要 依 需 求 加 以 適 度 修 改 即 可, 使 用 起 來 非 常 方 便 除 此 之 外 還 有 練 習 題, 提 供 讀 者 做 反 饋 練 習 如 針 對 商 業 文 書 中 特 有 的 @ 不 論 是 在 日 商 公 司 工 作, 或 是 與 日 本 公 司 有 貿 易 往 來 的 台 商 公 司 工 作, 都 有 機 會 使 用 日 文 商 業 文 書 在 貿 易 往 來 中, 合 宜 的 文 書 溝 通 可 以 讓 彼 此 的 合 作 關 係 更 為 順 暢, 減 少 雙 方 的 摩 擦 以 前 日 文 商 業 文 書 是 以 紙 張 文 書 方 式 寄 送, 但 隨 著 Email

More information

防災辦公室報告

防災辦公室報告 第 二 章 地 區 環 境 概 述 第 一 節 地 理 環 境 三 民 區 位 於 高 雄 市 的 中 央 地 帶, 東 接 高 雄 市 的 鳳 山 區 與 鳥 松 仁 武 兩 區 ; 西 至 鼓 山 鹽 埕 二 區, 以 仁 愛 河 為 界 ; 南 連 前 金 新 興 苓 雅 三 區, 以 仁 愛 河 南 支 線 ( 已 改 建 運 河 ) 為 界 ; 北 鄰 鼓 山 左 營 二 區, 以 仁 愛

More information

修正條文

修正條文 室 內 空 氣 品 質 維 護 管 理 專 責 人 員 設 置 管 理 辦 法 總 說 明 室 內 空 氣 品 質 管 理 法 ( 以 下 簡 稱 本 法 ) 業 於 一 百 年 十 一 月 二 十 三 日 公 布, 並 明 定 自 公 布 後 一 年 施 行 按 本 法 第 九 條 第 一 項 規 定, 公 告 場 所 所 有 人 管 理 人 或 使 用 人 應 置 室 內 空 氣 品 質 維 護

More information

日語漢字由來及演進探討

日語漢字由來及演進探討 投 稿 類 別 : 文 學 類 篇 名 : 日 語 漢 字 的 由 來 及 演 進 探 討 作 者 : 曾 昱 文 台 北 市 立 成 功 高 中 高 二 01 班 指 導 老 師 : 謝 紫 琳 老 師 游 麗 卿 老 師 壹 前 言 一 研 究 動 機 日 本 距 離 台 灣 並 不 遠, 日 本 製 的 商 品 及 日 本 品 牌 並 不 難 見, 近 日 來 哈 日 族 的 增 長 以 及

More information

照 案 核 備 照 案 核 備 1042-2-6 案 由 : 國 際 交 換 生 至 本 校 就 讀 事 宜 1. 應 日 系 交 換 生 修 讀 中 文 課 程 事 宜, 請 學 校 准 予 使 用 該 系 業 務 費 支 給 授 課 教 師 鐘 點 費, 或 請 學 校 核 撥 經 費 支 給

照 案 核 備 照 案 核 備 1042-2-6 案 由 : 國 際 交 換 生 至 本 校 就 讀 事 宜 1. 應 日 系 交 換 生 修 讀 中 文 課 程 事 宜, 請 學 校 准 予 使 用 該 系 業 務 費 支 給 授 課 教 師 鐘 點 費, 或 請 學 校 核 撥 經 費 支 給 國 立 臺 中 科 技 大 學 語 文 學 院 104 學 年 度 第 2 學 期 第 3 次 院 務 會 議 紀 錄 開 會 時 間 : 年 3 月 28 日 ( 星 期 一 ) 上 午 10 時 10 分 開 會 地 點 : 中 正 大 樓 4 樓 3401 院 辦 公 室 會 議 主 席 : 邱 院 長 出 席 列 席 人 員 : 如 簽 到 單 記 錄 : 林 壹 主 席 致 詞 ( 略 )

More information

壹 拾 參 加 經 費 : 一 參 加 人 員 所 需 經 費, 概 由 各 單 位 自 行 負 責 二 服 裝 由 各 單 位 自 備, 同 一 單 位 之 運 動 員, 除 男 女 服 裝 樣 式 可 以 不 同 外, 顏 色 質 料 均 須 劃 一 三 每 一 參 加 單 位 均 應 自 行

壹 拾 參 加 經 費 : 一 參 加 人 員 所 需 經 費, 概 由 各 單 位 自 行 負 責 二 服 裝 由 各 單 位 自 備, 同 一 單 位 之 運 動 員, 除 男 女 服 裝 樣 式 可 以 不 同 外, 顏 色 質 料 均 須 劃 一 三 每 一 參 加 單 位 均 應 自 行 新 竹 縣 105 年 全 縣 運 動 會 競 賽 計 畫 壹 主 旨 : 一 提 倡 本 縣 田 徑 運 動, 發 掘 優 秀 運 動 員 二 發 展 全 民 體 育, 提 高 運 動 技 術 水 準 貳 依 據 : 本 競 賽 計 畫 依 據 中 華 民 國 田 徑 協 會 審 定 之 最 新 規 則 訂 定 參 主 辦 單 位 : 新 竹 縣 政 府 肆 承 辦 單 位 : 新 竹 縣 立 新

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2039383039A1405F32335F20B3CCB0AAA6E6AC46AA6BB07C3938A67EABD737A4EBA5F7B2C431A6B8AE78AAF8AA6BA978C170AE75B77CC4B32E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2039383039A1405F32335F20B3CCB0AAA6E6AC46AA6BB07C3938A67EABD737A4EBA5F7B2C431A6B8AE78AAF8AA6BA978C170AE75B77CC4B32E646F63> 會 議 錄 最 高 行 政 法 院 98 年 度 7 月 份 第 1 次 庭 長 法 官 聯 席 會 議 會 議 日 期 :98 年 7 月 14 日 相 關 法 條 : 教 師 法 第 11 條 第 1 項 第 14 條 第 14 條 之 1 第 1 項 第 29 條 第 1 項 第 2 項 第 31 條 第 33 條 教 師 法 施 行 細 則 第 16 條 教 育 人 員 任 用 條 例 第

More information

98至100年戶政解釋函令彙整一覽表

98至100年戶政解釋函令彙整一覽表 86 至 102 年 戶 政 解 釋 函 令 彙 整 一 覽 表 ( 出 生 地 ) 內 政 部 發 文 函 釋 摘 要 函 釋 內 容 102/08/29 內 授 中 戶 字 第 1025830128 號 有 關 出 生 地 空 白 者 補 辦 出 生 地 登 記, 須 否 同 時 換 領 國 民 身 分 證 收 取 換 證 規 費 及 依 職 權 逕 行 登 記 案 一 依 據 本 部 102

More information

Taro-r61.jtd

Taro-r61.jtd -1- 吉 栄 郎 那 賀 草 牟 婁 せ 環 受 賤 視 1 対 追 々 討 取 げ 述 比 較 豊 富 蓄 積 2 批 証 整 序 行 み 巻 南 町 許 勢 界 慶 加 勢 対 勢 沿 接 勢 呼 至 勢 向 主 宇 智 縁 沿 最 端 最 端 位 置 県 問 題 セン -2- 最 示 被 賤 視 先 駆 広 代 献 即 佐 藤 及 び 陳 状 慶 目 録 改 称 述 べ 3 身 別 a 京

More information

制 度, 並 接 受 政 府 有 關 部 門 的 監 督 管 理 等 就 此 而 言, 此 法 一 方 面 提 供 誘 因 以 鼓 勵 慈 善 活 動 的 推 展, 另 一 方 面 也 加 強 相 關 工 作 的 監 督 與 管 理, 故 同 時 具 有 興 利 與 防 弊 的 目 的 在 興 利

制 度, 並 接 受 政 府 有 關 部 門 的 監 督 管 理 等 就 此 而 言, 此 法 一 方 面 提 供 誘 因 以 鼓 勵 慈 善 活 動 的 推 展, 另 一 方 面 也 加 強 相 關 工 作 的 監 督 與 管 理, 故 同 時 具 有 興 利 與 防 弊 的 目 的 在 興 利 二 大 陸 通 過 慈 善 法 之 觀 察 政 治 大 學 東 亞 研 究 所 教 授 王 信 賢 主 稿 大 陸 透 過 慈 善 法 立 法 鼓 勵 慈 善 活 動 推 展 加 強 相 關 監 督 與 管 理, 並 期 將 慈 善 資 源 挹 注 到 扶 貧 工 作, 以 助 達 成 2020 年 農 村 貧 困 人 口 全 脫 貧 之 目 標 深 究 慈 善 法 內 涵, 大 陸 當 局 主 導

More information

政府服務創新精進方案

政府服務創新精進方案 政 府 服 務 創 新 精 進 方 案 96 年 7 月 23 日 行 政 院 院 授 研 展 字 第 09600152471 號 函 頒 壹 緣 起 本 院 自 民 國 85 年 頒 行 全 面 提 升 服 務 品 質 方 案 以 來, 透 過 行 政 院 服 務 品 質 獎 相 互 競 賽 標 竿 學 習 之 機 制, 已 樹 立 大 量 政 府 機 關 服 務 典 範 方 案 推 動 迄 今,

More information

新竹市國民中學學生成績評量辦法修正草案條文對照表

新竹市國民中學學生成績評量辦法修正草案條文對照表 新 竹 市 國 民 中 學 學 生 成 績 評 量 辦 法 全 案 修 正 條 文 第 一 條 本 辦 法 依 國 民 教 育 法 第 十 三 條 第 一 項 及 國 民 小 學 及 國 民 中 學 學 生 成 績 評 量 準 則 規 定 訂 定 之 第 二 條 國 民 中 學 學 生 成 績 評 量, 以 協 助 學 生 德 智 體 群 美 五 育 均 衡 發 展 為 目 的, 並 具 有 下 列

More information

Microsoft Word - 修正對照表_1000105.doc

Microsoft Word - 修正對照表_1000105.doc 採 購 專 業 人 員 資 格 考 試 訓 練 發 證 及 管 理 辦 法 部 分 條 文 修 正 條 文 對 照 表 修 正 條 文 現 行 條 文 說 明 第 六 條 採 購 單 位 主 管 人 員 宜 取 得 採 購 專 業 人 員 進 階 資 格, 採 購 單 位 非 主 管 人 員 宜 取 得 採 購 專 業 人 員 基 本 資 格 前 項 主 管 及 非 主 管 人 員, 宜 於 其 就

More information

資 格 列 入 候 用 名 冊 之 增 額 錄 取 人 員, 因 服 兵 役 未 屆 法 定 役 期 或 因 養 育 三 足 歲 以 下 子 女, 無 法 立 即 接 受 分 配 訓 練 者, 得 於 規 定 時 間 內 檢 具 事 證 申 請 延 後 分 配 訓 練 增 額 錄 取 人 員 經 分

資 格 列 入 候 用 名 冊 之 增 額 錄 取 人 員, 因 服 兵 役 未 屆 法 定 役 期 或 因 養 育 三 足 歲 以 下 子 女, 無 法 立 即 接 受 分 配 訓 練 者, 得 於 規 定 時 間 內 檢 具 事 證 申 請 延 後 分 配 訓 練 增 額 錄 取 人 員 經 分 訊 息 摘 要 : 修 正 公 務 人 員 考 試 法 公 ( 發 ) 布 日 期 :103-01-22 內 文 : 中 華 民 國 一 百 零 三 年 一 月 二 十 二 日 總 統 華 總 一 義 字 第 10300008971 號 令 修 正 公 布 全 文 28 條 ; 並 自 公 布 日 施 行 第 1 條 公 務 人 員 之 任 用, 依 本 法 以 考 試 定 其 資 格 第 2 條

More information

五 外 幣 存 款 存 放 於 國 內 外 金 融 機 構 之 信 用 評 等 等 級, 依 勞 工 退 休 金 條 例 退 休 基 金 存 放 外 幣 存 款 作 業 要 點 辦 理 六 以 貸 放 方 式 供 各 級 政 府 或 公 營 事 業 機 構 ( 以 下 簡 稱 申 借 單 位 ) 辦

五 外 幣 存 款 存 放 於 國 內 外 金 融 機 構 之 信 用 評 等 等 級, 依 勞 工 退 休 金 條 例 退 休 基 金 存 放 外 幣 存 款 作 業 要 點 辦 理 六 以 貸 放 方 式 供 各 級 政 府 或 公 營 事 業 機 構 ( 以 下 簡 稱 申 借 單 位 ) 辦 勞 動 部 勞 動 基 金 運 用 局 令 中 華 民 國 103 年 7 月 9 日 勞 金 企 字 第 10315602962 號 訂 定 勞 動 基 金 運 用 作 業 要 點, 並 自 即 日 起 生 效 附 勞 動 基 金 運 用 作 業 要 點 局 長 黃 肇 熙 勞 動 基 金 運 用 作 業 要 點 勞 動 部 103 年 6 月 24 日 勞 動 福 4 字 第 1030135632

More information

町 には 私 たちの 祖 先 が 生 活 の 中 で 作 りだしたもの 残 してくれたものなど 貴 重 な が たくさんあります その 中 で 国 県 町 指 定 重 要 遺 跡 ( 埋 蔵 包 蔵 地 )があり その 保 存 や 保 護 に 努 め ております ( 下 記 一 覧 は 平 成 24

町 には 私 たちの 祖 先 が 生 活 の 中 で 作 りだしたもの 残 してくれたものなど 貴 重 な が たくさんあります その 中 で 国 県 町 指 定 重 要 遺 跡 ( 埋 蔵 包 蔵 地 )があり その 保 存 や 保 護 に 努 め ております ( 下 記 一 覧 は 平 成 24 奥 会 津 博 物 館 TEL 0241-66 66-3077 3077 奥 会 津 博 物 館 は 私 たちの 祖 先 が 何 百 年 もの 間 使 用 してきた 民 具 や 道 具 約 15,000 点 を 収 蔵 し ています これらの 中 には 昭 和 57 年 と 平 成 2 年 に 国 の 重 要 民 俗 奥 会 津 の 山 村 生 産 用 具 に 指 定 された 5,058 点 の 資

More information

4 何 百 万 ピ レ シ ョ 今 銭 的 状 況 ど ろ 功 導 シ ャ ロ レ タ 父 貧 乏 父 共 同 著 科 魂 揺 ぶ 名 著 ビ ネ 運 営 や 稼 ぎ 方 留 ず 内 的 育 方 説 薦 韓 文 高 中 国 経 済 日 報 出 版 社 社 長 素 晴 コ サ タ 顧 客 驚 ィ ブ

4 何 百 万 ピ レ シ ョ 今 銭 的 状 況 ど ろ 功 導 シ ャ ロ レ タ 父 貧 乏 父 共 同 著 科 魂 揺 ぶ 名 著 ビ ネ 運 営 や 稼 ぎ 方 留 ず 内 的 育 方 説 薦 韓 文 高 中 国 経 済 日 報 出 版 社 社 長 素 晴 コ サ タ 顧 客 驚 ィ ブ 3 科 及 び 著 誉 々 科 及 び 著 誉 々 私 ア メ リ カ 合 衆 国 統 領 キ ナ 私 上 席 顧 問 違 ャ キ ャ フ ィ ろ チ キ 共 同 著 私 三 年 前 幸 方 わ 結 果 グ 1 0 0 億 円 企 業 毎 日 楽 送 文 科 省 科 認 定 日 G D P 必 ず 三 倍 ろ 相 川 佳 之 S B C メ デ ィ カ グ C E O 4 何 百 万 ピ レ シ ョ

More information

Microsoft Word - 星埜由尚全文

Microsoft Word - 星埜由尚全文 日 本 地 圖 的 數 位 化 星 埜 由 尚 社 團 法 人 日 本 測 量 協 會 副 會 長 一 日 本 地 圖 繪 製 史 述 略 在 日 本, 地 圖 的 歷 史 源 遠 流 長 根 據 日 本 書 紀 中 大 化 2 年 (646) 八 月 詔 書 裡 所 記 載 的 宜 觀 各 國 持 來 疆 界 圖 以 定 將 來 國 縣 之 名, 可 知 曾 對 各 封 國 要 求 提 出 地 圖

More information

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 月 党 現 照 草 草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 我 々 ん じ 美 土 然 環 境 守 や 科 学 技 術 振 興 活 済 活 通

More information

15 2 樹 孝 啓 探 題 僧 就 任 昨 森 宏 映 探 題 僧 座 主 ご 上 任 裁 ご 就 任 そ め 開 催 理 樹 孝 啓 探 題 僧 致 推 薦 受 け 就 任 樹 つ 自 分 わ 幸 せ め 尽 く そ う う 気 持 ち 持 く 己 忘 他 利 忘 己 利 他 精 そ 根 も 語

15 2 樹 孝 啓 探 題 僧 就 任 昨 森 宏 映 探 題 僧 座 主 ご 上 任 裁 ご 就 任 そ め 開 催 理 樹 孝 啓 探 題 僧 致 推 薦 受 け 就 任 樹 つ 自 分 わ 幸 せ め 尽 く そ う う 気 持 ち 持 く 己 忘 他 利 忘 己 利 他 精 そ 根 も 語 4 15 2 樹 孝 啓 探 題 僧 就 任 昨 森 宏 映 探 題 僧 座 主 ご 上 任 裁 ご 就 任 そ め 開 催 理 樹 孝 啓 探 題 僧 致 推 薦 受 け 就 任 樹 つ 自 分 わ 幸 せ め 尽 く そ う う 気 持 ち 持 く 己 忘 他 利 忘 己 利 他 精 そ 根 も 語 樹 歳 昭 書 写 住 職 百 世 吏 拝 探 題 補 任 対 策 設 置 被 々 め 継 続

More information

申請される前に

申請される前に 学 校 法 人 佐 藤 学 園 大 阪 生 物 醫 療 工 學 専 門 学 校 日 本 語 學 科 招 生 簡 介 繁 體 版 本 日 語 本 科 課 程 課 程 介 紹 申 請 報 名 時 間 1. 課 程 和 報 名 時 間 課 程 年 限 入 學 時 間 報 名 期 間 2 年 課 程 毎 年 4 月 10 月 1 日 ~11 月 30 日 1 年 6 個 月 課 程 毎 年 10 月 2 月

More information

(Microsoft Word - 101.08.28\246\333\263\254\257g\301`\267|\244\266\262\320.doc)

(Microsoft Word - 101.08.28\246\333\263\254\257g\301`\267|\244\266\262\320.doc) 中 華 民 國 自 閉 症 總 會 緣 起 本 會 於 民 國 八 十 五 年 元 月 二 十 日 舉 行 成 立 大 會, 同 年 二 月 二 十 六 日 獲 內 政 部 頒 發 立 案 證 書 ( 字 號 : 台 內 社 字 第 8504979 號 ), 正 式 成 立 社 團 法 人 中 華 民 國 自 閉 症 總 會 本 會 是 以 服 務 全 國 自 閉 症 家 庭 為 主 的 人 民 團

More information

而 空 姐 所 面 對 的 是 變 動 率 高 不 固 定 的 一 群 人, 而 老 師 則 是 能 夠 照 看 著 同 一 群 人, 與 之 一 同 學 習 成 長, 對 於 她 而 言, 這 是 兩 種 截 然 不 同 的 刺 激 3. 您 是 什 麼 時 候 修 習 師 培 課 程? 在 當

而 空 姐 所 面 對 的 是 變 動 率 高 不 固 定 的 一 群 人, 而 老 師 則 是 能 夠 照 看 著 同 一 群 人, 與 之 一 同 學 習 成 長, 對 於 她 而 言, 這 是 兩 種 截 然 不 同 的 刺 激 3. 您 是 什 麼 時 候 修 習 師 培 課 程? 在 當 東 海 大 學 中 等 教 育 學 程 師 資 生 實 地 學 習 紀 錄 表 學 生 姓 名 : 邱 鎂 玲 學 號 :1021649 科 目 : 教 育 哲 學 日 期 時 間 :104 年 12 月 24 日 ( 星 期 五 ) 14 時 00 分 至 16 時 30 分 ( 教 師 訪 談 ) 104 年 12 月 25 日 ( 星 期 五 ) 09 時 00 分 至 11 時 30 分 (

More information

内 隣 家 む つ ま し く 法 筋 よ り 正 路 交 り 先 祖 名 跡 子 孫 養 裏 粕 屋 郡 触 次 西 光 寺 合 宗 旨 法 式 為 聴 聞 成 慥 は 方 角 宜 敷 寺 へ 参 詣 い た し 蒙 教 化 家 徒 中 教 化 筋 麁 抹 仕 間 敷 仍 て 請 印 形 指 上 已 上 弁 仕 旨 兼 被 示 尤 家 業 筋 障 時 分 は 家 内 隣 家 時 節 は 勿 論 農

More information

ISSN 1029-6271

ISSN 1029-6271 ISSN 1029-6271 銘 傳 日 本 語 教 育 日 文 目 次 はしがき 第 17 期 銘 傳 日 本 語 教 育 編 集 委 員 会 [ 寄 稿 論 文 ] ワークショップ 日 本 語 アカデミック ライティングの 核 心 をつかむ 実 施 報 告 および 受 講 者 へのアンケート 調 査 の 結 果 と 考 察 村 岡 貴 子 因 京 子 1 [ 研 究 論 文 ] 日 本 語 教

More information

2 期 持 総 持 浄 義 信 挟 ん? 律 律 亮 間 置 将 務 続 2 降 嫡 歴 沢 3 祖 祖 如 来 数 太 夫 夫 又 釈 迦 ず 朔 円 於 濯 悉 瀉 瓶 此 外 無 歟 權 亮 猶 池 宝 濯 ず 肥 閣 ず 随 濯 寂 於 濯 将 又 濯 舎 就 又 南 随 濯

2 期 持 総 持 浄 義 信 挟 ん? 律 律 亮 間 置 将 務 続 2 降 嫡 歴 沢 3 祖 祖 如 来 数 太 夫 夫 又 釈 迦 ず 朔 円 於 濯 悉 瀉 瓶 此 外 無 歟 權 亮 猶 池 宝 濯 ず 肥 閣 ず 随 濯 寂 於 濯 将 又 濯 舎 就 又 南 随 濯 1 苫 米 地 誠 じ 創 鳥 羽 や 美 得 帰 依 的 地 占 祖 広 沢 随 就 善 巧 頭 密 浄 嫡 釈 迦 嫡 異 密 頭 乗 繋 多 嫡 1 期 嫡 数 繋 今 彼 等 述 べ み 2 期 持 総 持 浄 義 信 挟 ん? 律 律 亮 間 置 将 務 続 2 降 嫡 歴 沢 3 祖 祖 如 来 数 太 夫 夫 又 釈 迦 ず 朔 円 於 濯 悉 瀉 瓶 此 外 無 歟 權 亮 猶 池

More information

Taro-r72.jtd

Taro-r72.jtd -10- ぐ 康 世 理 解 深 掲 拙 薬 師 寺 周 辺 開 発 ぐ 件 添 矢 争 論 発 基 礎 実 確 業 ぎ 結 論 得 至 続 世 農 デ 加 察 積 重 ね 標 接 今 現 区 群 1 親 戚 交 際 録 安 維 注 紹 介 若 干 察 加 象 横 長 紙 綴 紙 綴 破 存 箇 読 情 報 得 Regional 7 -11- 破 読 若 干 虫 ぼ 把 握 紹 介 祭 礼 特 噌

More information

し て 支 払 っ た も の に 該 当 す る か ら 経 費 と し て 認 め ら れ な い こ と 等 を 理 由 と し て 各 更 正 の 決 定 ( 以 下 本 件 各 更 正 決 定 と い う ) を し た そ こ で 原 告 は こ れ を 不 服 と し て 審 査 請

し て 支 払 っ た も の に 該 当 す る か ら 経 費 と し て 認 め ら れ な い こ と 等 を 理 由 と し て 各 更 正 の 決 定 ( 以 下 本 件 各 更 正 決 定 と い う ) を し た そ こ で 原 告 は こ れ を 不 服 と し て 審 査 請 File.4 < 判 決 原 文 > 生 計 を 一 に す る 妻 へ の 税 理 士 報 酬 と 必 要 経 費 - 宮 岡 事 件 - 第 1 審 : 東 京 地 裁 平 成 13 年 ( 行 ウ ) 第 423 号 平 成 15 年 7 月 16 日 判 決 ( TAINS 判 例 検 索 Z253-9393 税 務 訴 訟 資 料 253 号 順 号 9393 判 例 時 報 1891 号

More information

変 丘 陵 戦 時 前 変 起 点 戦 時 府 滅 亡 鎌 倉 享 徳 乱 交 通 路 変 北 条 領 下 交 通 路 お 集 落 徳 康 東 首 都 建 設 6 徳 康 東 青 梅 街 石 灰 輸 送 五 日 街 薪 炭 輸 送 削 丘 陵 山 岸 岸 岸 豪 乗 豪 章 き 七 紀 ひ 七 紀

変 丘 陵 戦 時 前 変 起 点 戦 時 府 滅 亡 鎌 倉 享 徳 乱 交 通 路 変 北 条 領 下 交 通 路 お 集 落 徳 康 東 首 都 建 設 6 徳 康 東 青 梅 街 石 灰 輸 送 五 日 街 薪 炭 輸 送 削 丘 陵 山 岸 岸 岸 豪 乗 豪 章 き 七 紀 ひ 七 紀 目 次 口 絵 序 凡 例 目 次 じ 序 章 き ひ 南 北 伸 古 都 府 結 ぶ イ メ ー ジ 最 も 古 痕 跡 東 山 路 遺 跡 鎌 倉 各 結 ぶ 7 士 団 鎌 倉 府 鎌 倉 街 鎌 倉 街 承 変 丘 陵 戦 時 前 変 起 点 戦 時 府 滅 亡 鎌 倉 享 徳 乱 交 通 路 変 北 条 領 下 交 通 路 お 集 落 徳 康 東 首 都 建 設 6 徳 康 東 青 梅 街

More information

<966B94A98CB089C6944E955C202D2083528373815B2E786C73>

<966B94A98CB089C6944E955C202D2083528373815B2E786C73> 北 畠 顕 家 年 譜 和 暦 西 暦 月 日 出 来 事 史 料 文 保 2 年 1318 北 畠 親 房 の 子 として 誕 生 元 応 3 年 1321 1 月 1 日 顕 家 従 五 位 下 となる 正 中 2 年 1325 12 月 30 日 顕 家 侍 従 となる 嘉 暦 3 年 1328 3 月 16 日 顕 家 少 納 言 となる 嘉 暦 3 年 1328 4 月 19 日 顕 家

More information

<4456494F55542D90B98BB396DA>

<4456494F55542D90B98BB396DA> 西 古 聖 録 宇 宮 啓 吾 凡 例 稿 資 研 究 的 西 所 さ 世 南 北 朝 聖 類 代 降 も 国 学 的 研 究 資 す え ら 血 脈 辞 類 加 え 載 録 で あ 尚 世 加 資 主 な も 拙 稿 西 資 小 林 芳 規 博 士 喜 寿 念 平 汲 古 お そ 性 格 や 持 流 布 巡 問 述 べ こ ろ で あ そ ち ら も 参 照 さ 録 載 項 標 所 在 版 別 刊

More information

G Q 建 義 追 放 ャ バ 禁 止 刀 棒 使 雄 決 ク ク ピ 深 足 極 端 仲 森 変 苦 先 雄 並 べ 座 元 元 士 族 腕 へ 協 依 頼 他 馬 利 路 材 置 馬 妨 つ 空 怪 獣 ダ 沼 猪 特 技 円 谷 英 由 美 ゴ ジ ゴ ジ 逆 続 怪 解 説 注 頃 祭 夜

G Q 建 義 追 放 ャ バ 禁 止 刀 棒 使 雄 決 ク ク ピ 深 足 極 端 仲 森 変 苦 先 雄 並 べ 座 元 元 士 族 腕 へ 協 依 頼 他 馬 利 路 材 置 馬 妨 つ 空 怪 獣 ダ 沼 猪 特 技 円 谷 英 由 美 ゴ ジ ゴ ジ 逆 続 怪 解 説 注 頃 祭 夜 正 ネ 支 厳 環 境 災 多 暗 採 掘 酷 暑 酷 寒 続 輸 送 呼 独 特 風 荒 プ 男 つ 典 筆 保 除 極 限 範 囲 紹 ィ ク ョ 世 界 録 問 採 掘 輸 送 衆 表 的 世 界 整 理 意 考 架 ぐ 輸 送 独 占 決 ひ 呼 性 往 姿 想 助 蒸 観 光 態 保 困 難 史 思 都 キ ネ 倶 楽 ダ 岩 俊 森 41 榊 正 澄 調 査 報 告 G Q 建 義 追

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

Microsoft Word - 全文.doc

Microsoft Word - 全文.doc 引 用 文 献 ( 一 ) 史 料 ( 五 十 音 順 ) I. 一 般 史 料 1. 日 本 史 籍 協 会 編 会 津 藩 庁 記 録 1-6 東 京 学 出 版 会 1969 2. 鹿 児 島 県 歴 史 資 料 センター 黎 明 館 編 鹿 児 島 県 史 料 玉 里 島 津 家 史 料 2 鹿 児 島 県 1993 3. 玉 虫 左 夫 官 武 通 記 確 定 幕 末 史 資 料 成 国

More information

7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足 遅 ぱ 動 能 層 厚 W B A W B C ゲ ナ ゴ 凄 仕 凄 腕 モ 契 約 ぱ 相 魅 ブ 得 ブ C E O 務 社 史 階 制 ニ 契 約 社 奪 快 黄 ユ 南 陸 被 災 地 室 開 勇 夢

7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足 遅 ぱ 動 能 層 厚 W B A W B C ゲ ナ ゴ 凄 仕 凄 腕 モ 契 約 ぱ 相 魅 ブ 得 ブ C E O 務 社 史 階 制 ニ 契 約 社 奪 快 黄 ユ 南 陸 被 災 地 室 開 勇 夢 . 月 刊 公 論 八 重 樫 尚 弥 熱 解 説 N P O 法 デ 理 務 政 次 越 頂 役 所 属 エ DeN A 奈 県 民 市 民 愛 程 牧 元 集 ネ デ ョ 親 頂 好 若 観 頂 観 ビ 観 迫 魅 小 観 際 ほ 興 味 坂 輔 愛 猛 騒 ぎ 根 性 基 異 政 次 氏 ( 解 説 ) 7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足

More information

資 料 番 号 表 題 作 成 年 月 日 作 成 差 出 など 宛 名 1 松 代 城 廓 絵 図 明 治 五 壬 申 年 浦 野 季 邦 控 2 信 濃 国 河 中 嶋 松 代 城 ( 享 保 二 丁 酉 年 四 月 ) ( 真 田 伊 豆 守 ) 形 態 備 考 紙 袋 御 城 内 御 絵 図 壱 同 明 治 五 壬 申 年 長 野 県 江 引 渡 建 物 絵 図 面 壱 枚 浦 野 姓 本

More information

不 動 明 王 像 降 三 世 明 王 像 軍 荼 利 明 王 像 江 戸 時 代 慶 長 13 年 (1608)/ 34 重 文 五 大 明 王 像 ( 五 大 堂 安 置 ) 5 軀 木 造 彩 色 金 剛 夜 叉 明 王 像 頭 部 鎌 倉 時 代 (14 世 紀 ) 体 部 江 戸 時 代

不 動 明 王 像 降 三 世 明 王 像 軍 荼 利 明 王 像 江 戸 時 代 慶 長 13 年 (1608)/ 34 重 文 五 大 明 王 像 ( 五 大 堂 安 置 ) 5 軀 木 造 彩 色 金 剛 夜 叉 明 王 像 頭 部 鎌 倉 時 代 (14 世 紀 ) 体 部 江 戸 時 代 第 1 章 醍 醐 寺 のなりたち - 理 源 大 師 聖 宝 - 1 重 文 理 源 大 師 坐 像 1 軀 木 造 彩 色 鎌 倉 時 代 13 世 紀 京 都 醍 醐 寺 2 理 源 大 師 像 1 幅 絹 本 著 色 室 町 時 代 14~15 世 紀 京 都 醍 醐 寺 3 重 文 醍 醐 根 本 僧 正 略 伝 1 巻 紙 本 墨 書 平 安 時 代 10 世 紀 京 都 醍 醐 寺 4

More information

fence2.indd

fence2.indd 2 3 久 仁 彦 / 5 8 阪 市 パ ソ セ チ 基 践 遊 士 情 緒 最 限 組 織 枯 渇 発 創 造 続 2 龍 谷 談 室 ウ セ 8 龍 谷 ウ セ グ 課 程 講 兼 職 国 際 ァ 席 己 性 3 2 月 龍 谷 退 職 在 デ 研 究 普 及 注 日 講 客 参 加 験 ぐ 即 興 演 独 創 即 興 演 芸 術 面 演 客 > 久 仁 彦 久 仁 彦 2 8 月 末 阪 應

More information

世界の光 83号

世界の光 83号 83 号 18 1 6-1 - 製 鈴 清 流 末 洗 秋 ぼ 如 ほ 空 春 迎 謹 室 弥 栄 祈 念 奉 幸 希 求 巻 頭 辞 太 后 百 亘 徳 幕 鎖 維 富 強 兵 策 英 列 強 加 百 正 振 餘 厳 占 領 経 迎 広 崎 惨 状 凄 覚 求 滅 祖 訳 反 対 押 存 守 マ サ 帥 託 責 任 助 マ サ 帥 感 ア メ リ マ サ 帥 尊 敬 士 官 校 マ サ 帥 銅 像

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

Microsoft Word - 2010th_j.doc

Microsoft Word - 2010th_j.doc 1/12 c 特 訓 予 備 校 養 賢 ゼミナール 〇 〇 東 北 学 期 試 験 国 及 予 想 国 100 満 学 部 学 科 満 異 共 現 代 1 循 環 2 慕 3 支 障 4 懸 念 5 妥 当 性 順 同 葛 藤 我 危 機 抑 圧 恋 愛 転 換 保 十 己 統 在 十 八 何 提 転 換 両 提 六 十 九 予 想 5 両 正 八 葛 藤 我 危 機 原 因 抑 圧 恋 愛 2/12

More information

ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始 干 約 ケ 渡 雨 異 象 べ 割 ほ 干 枯 ざ 品 質 面 悪 干 芽 不 芽 枯 雨 更

ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始 干 約 ケ 渡 雨 異 象 べ 割 ほ 干 枯 ざ 品 質 面 悪 干 芽 不 芽 枯 雨 更 6 花 ハナ ナナカド / 098-69 紋 郡 旭 TEL0588- FAX0588-990 編 集 / 6 剣 ポツ 少 団 キ ジュニアクブ P P 5 遠 紋 P6 P6 7 編 集 P8 ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始

More information

H26全中県予選全種目結果.xlsx

H26全中県予選全種目結果.xlsx 男 子 団 体 黒 石 中 学 校 ( 宇 部 市 ) bye 3 山 の 田 中 学 校 ( 下 関 市 ) 高 森 みどり 中 学 校 ( 岩 国 市 ) 5 下 関 中 等 教 育 学 校 ( 下 関 市 ) bye 7 bye 8 西 岐 波 中 学 校 ( 宇 部 市 ) 第 回 全 国 中 学 生 テニス 選 手 権 大 会 山 口 県 予 選 大 会 団 体 戦..7 宇 部 マテ フレッセラ

More information

<89EF92B794748367815B83698381839383678AAE90AC2E786C73>

<89EF92B794748367815B83698381839383678AAE90AC2E786C73> 第 44 回 会 長 杯 争 奪 卓 球 大 会 結 果 日 時 会 場 平 成 22 年 度 2 月 5 日 ( 土 ) 近 畿 大 学 記 念 会 館 2 月 6 日 ( 日 ) 近 畿 大 学 記 念 会 館 男 子 団 体 女 子 団 体 優 勝 大 阪 商 業 大 優 勝 武 庫 川 女 子 大 準 優 勝 甲 南 大 準 優 勝 天 理 大 位 天 理 大 位 京 都 女 子 大 位 大

More information

統 合 幕 僚 監 部 首 席 法 務 官 付 法 務 班 長 を 命 ずる ( 東 北 方 面 総 監 部 装 備 部 後 方 運 用 課 長 ) 1 等 陸 佐 長 野 晃 統 合 幕 僚 監 部 首 席 後 方 補 給 官 付 後 方 補 給 官 を 命 ずる ( 南 西 航 空 混 成 団

統 合 幕 僚 監 部 首 席 法 務 官 付 法 務 班 長 を 命 ずる ( 東 北 方 面 総 監 部 装 備 部 後 方 運 用 課 長 ) 1 等 陸 佐 長 野 晃 統 合 幕 僚 監 部 首 席 後 方 補 給 官 付 後 方 補 給 官 を 命 ずる ( 南 西 航 空 混 成 団 防 衛 省 発 令 防 衛 大 学 校 訓 練 部 訓 練 課 長 を 命 ずる ( 第 4 地 対 艦 ミサイル 連 隊 長 兼 八 戸 駐 屯 地 司 令 ) 1 等 陸 佐 水 落 嘉 彦 防 衛 大 学 校 教 授 を 命 ずる ( 富 士 教 導 団 副 団 長 ) 1 等 陸 佐 藤 原 修 ( 防 衛 研 究 所 主 任 研 究 官 ) 1 等 海 佐 鈴 木 秀 文 防 衛 研 究

More information

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の ひ と め で わ か る キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 目 次 キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ キ リ ス ト 教 会 葬 儀 研 究 所 ( CCFI= Christ Church Funeral Institute) は 日 本 に お け る キ リ ス ト 教 信 仰 共 同 体 の 葬 儀 を よ り 豊 か な も の と す る た め に キ リ ス ト 教 諸

More information

区 間 記 録 第 37 回 竹 田 市 少 年 少 女 駅 伝 ロードレース 大 会 ( 駅 伝 男 子 の 部 ) 6 区 間 8.98km 2010 年 12 月 4 日 ( 土 ) 1 区 2 区 3 区 4 区 5 区 6 区 総 合 6 年 5 年 5 年 6 年 5 年 6 年 順 位

区 間 記 録 第 37 回 竹 田 市 少 年 少 女 駅 伝 ロードレース 大 会 ( 駅 伝 男 子 の 部 ) 6 区 間 8.98km 2010 年 12 月 4 日 ( 土 ) 1 区 2 区 3 区 4 区 5 区 6 区 総 合 6 年 5 年 5 年 6 年 5 年 6 年 順 位 第 37 回 竹 田 市 少 年 少 女 駅 伝 ロードレース 大 会 駅 伝 の 部 男 子 学 校 名 タイム 優 勝 豊 岡 小 学 校 0 時 35 分 09 秒 準 優 勝 竹 田 小 学 校 0 時 35 分 27 秒 第 3 位 直 入 小 学 校 0 時 35 分 30 秒 区 間 賞 学 校 名 選 手 名 タイム 第 1 区 豊 岡 小 学 校 池 田 航 05 分 26 秒 第

More information

漢 節 主 公 閣 戸 初 期 民 俗 物 森 庁 陵 猪 熊 國 學 學 藤 波 祇 庁 陵 戸 末 期 岡 料 纂 影 岡 惣 介 岡 惣 介 昭 和 影 ち 備 石 英 世 北 持 戸 初 期 忠 教 隆 北 へ 授 教 隆 授 俊 隆 北 へ 授 俊 隆 授 豊 奉 持 豊 奉 重 転 豊

漢 節 主 公 閣 戸 初 期 民 俗 物 森 庁 陵 猪 熊 國 學 學 藤 波 祇 庁 陵 戸 末 期 岡 料 纂 影 岡 惣 介 岡 惣 介 昭 和 影 ち 備 石 英 世 北 持 戸 初 期 忠 教 隆 北 へ 授 教 隆 授 俊 隆 北 へ 授 俊 隆 授 豊 奉 持 豊 奉 重 転 豊 ノ 髙 宗 平 じ 筆 常 象 絞 主 敦 煌 外 籍 常 察 間 敦 煌 察 続 養 老 公 的 け 受 容 斑 天 長 纂 象 誰 詳 だ 残 ち 現 最 民 俗 物 従 遅 成 過 ろ 漢 節 主 公 閣 戸 初 期 民 俗 物 森 庁 陵 猪 熊 國 學 學 藤 波 祇 庁 陵 戸 末 期 岡 料 纂 影 岡 惣 介 岡 惣 介 昭 和 影 ち 備 石 英 世 北 持 戸 初 期 忠 教 隆

More information

日本精神科医学会 認定看護師 認定者リスト

日本精神科医学会 認定看護師 認定者リスト 日 本 精 神 科 医 学 会 認 定 看 護 師 平 成 27 年 度 新 規 認 定 者 (44 名 ) 勤 務 先 医 療 機 関 に 変 更 がある 場 合 は 日 本 精 神 科 病 院 協 会 事 務 局 までご 連 絡 をお 願 いいたします (TEL:03-5232-3311 FAX:03-5232-3315) 認 定 期 限 : 平 成 33 年 3 月 31 日 都 道 府 県

More information

21 足 尾 銅 山 鉱 毒 事 件 仲 裁 意 見 書 横 尾 輝 吉 他 横 尾 輝 吉 1896 m612-4 00044442 22 足 尾 銅 山 鉱 業 停 止 請 願 ニ 対 スル 告 白 書 高 岩 安 太 郎 高 岩 安 太 郎 1897 m612-5 00044443 23 足

21 足 尾 銅 山 鉱 毒 事 件 仲 裁 意 見 書 横 尾 輝 吉 他 横 尾 輝 吉 1896 m612-4 00044442 22 足 尾 銅 山 鉱 業 停 止 請 願 ニ 対 スル 告 白 書 高 岩 安 太 郎 高 岩 安 太 郎 1897 m612-5 00044443 23 足 田 中 正 造 関 係 所 蔵 リスト ( 平 成 25 年 12 月 現 在 ) 防 災 専 門 図 書 館 1 田 中 正 造 全 集 全 19 巻, 別 巻 1 2 田 中 正 造 全 集 編 纂 会 義 人 全 集 第 一 編 ~ 第 五 編 田 中 翁 遺 跡 保 存 ( 演 説 集, 鉱 毒 事 件, 自 叙 伝 書 簡 遺 稿 集 ) 会 編 纂 部 3 田 中 正 造 と 足 尾 鉱

More information

広川町議会だより15号

広川町議会だより15号 号 / 責 / 樫 原 淳 奈 編 集 / 編 集 / - 和 歌 山 有 田 郡 TEL -- FAX -- ホムペジ 検 索 http://www.town.hirogawa.wakayama.jp/gikai/index.html 催 少 相 撲 室 P~ 連 程 件 賛 可 承 環 境 特 サポ 養 座 環 境 特 梶 原 副 井 豆 P~ 般 奥 井 堀 岡 﨑 野 氏 P 厚 変 更 路

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

陸 上 幕 僚 監 部 監 理 部 総 務 課 監 理 班 長 を 命 ずる ( 中 央 即 応 集 団 司 令 部 人 事 部 長 ) 1 等 陸 佐 島 守 英 次 陸 上 幕 僚 監 部 監 理 部 会 計 課 会 計 監 査 班 長 を 命 ずる ( 西 部 方 面 総 監 部 総 務 部

陸 上 幕 僚 監 部 監 理 部 総 務 課 監 理 班 長 を 命 ずる ( 中 央 即 応 集 団 司 令 部 人 事 部 長 ) 1 等 陸 佐 島 守 英 次 陸 上 幕 僚 監 部 監 理 部 会 計 課 会 計 監 査 班 長 を 命 ずる ( 西 部 方 面 総 監 部 総 務 部 防 衛 省 発 令 防 衛 研 究 所 主 任 研 究 官 を 命 ずる ( 第 3 高 射 特 科 群 長 ) 1 等 陸 佐 山 口 尚 彦 統 合 幕 僚 監 部 総 務 部 総 務 課 勤 務 を 命 ずる ( 航 空 幕 僚 監 部 監 理 監 察 官 付 ) 2 等 空 佐 泉 山 正 司 統 合 幕 僚 監 部 防 衛 計 画 部 防 衛 課 付 を 命 ずる ( 第 7 高 射 特

More information

助 理 教 授 陳 英 進 美 國 維 吉 尼 亞 大 學 課 程 教 學 與 特 殊 教 育 博 士 助 理 教 授 黃 湃 翔 高 雄 師 範 大 學 科 學 教 育 博 士 講 師 周 裕 惠 美 國 肯 特 大 學 課 程 與 教 學 博 士 講 師 龔 仁 棉 中 國 文 化 大 學 兒

助 理 教 授 陳 英 進 美 國 維 吉 尼 亞 大 學 課 程 教 學 與 特 殊 教 育 博 士 助 理 教 授 黃 湃 翔 高 雄 師 範 大 學 科 學 教 育 博 士 講 師 周 裕 惠 美 國 肯 特 大 學 課 程 與 教 學 博 士 講 師 龔 仁 棉 中 國 文 化 大 學 兒 本 院 100 學 年 度 專 任 教 師 專 長 一 覽 表 級 職 姓 名 最 高 學 歷 任 課 科 目 專 長 助 理 教 授 兼 幼 保 系 主 任 教 授 兼 幼 兒 科 學 教 育 中 心 主 任 陳 志 賢 張 靜 儀 高 雄 師 範 大 學 輔 導 與 諮 商 研 究 所 哲 學 博 士 美 國 東 密 西 根 大 學 物 理 研 究 所 碩 士 教 授 薛 梨 真 國 立 高 雄

More information

11 今 別 町 入 江 篤 北 尾 孝 公 成 田 博 川 村 達 夫 藤 田 久 川 崎 守 木 村 務 嶋 中 幸 男 鹿 内 行 雄 小 野 孝 志 12 鯵 ケ 沢 町 平 田 衛 塚 本 武 範 田 附 俊 治 長 谷 川 誠 千 泥 忠 幸 沢 田 賢 治 長 谷 川 一 志 長 谷

11 今 別 町 入 江 篤 北 尾 孝 公 成 田 博 川 村 達 夫 藤 田 久 川 崎 守 木 村 務 嶋 中 幸 男 鹿 内 行 雄 小 野 孝 志 12 鯵 ケ 沢 町 平 田 衛 塚 本 武 範 田 附 俊 治 長 谷 川 誠 千 泥 忠 幸 沢 田 賢 治 長 谷 川 一 志 長 谷 1 青 森 市 秋 元 良 幸 二 本 柳 主 高 橋 勇 佐 々 木 芳 春 石 橋 修 豊 川 良 一 成 田 守 俊 吉 川 主 山 田 文 夫 葛 西 金 徳 2 弘 前 市 桜 庭 義 則 岡 本 洋 外 崎 美 智 幸 岩 崎 和 弘 野 口 幸 喜 渋 谷 鉄 五 郎 中 村 慎 二 相 馬 親 志 奈 良 道 明 長 内 力 3 八 戸 市 福 田 馨 田 中 勝 芳 風 張 清 志

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20A470BDD7A4E52DA4E9A5BBB3B1B6A7B944AABAB1B4AFB55FB3CCB2D7AAA95F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20A470BDD7A4E52DA4E9A5BBB3B1B6A7B944AABAB1B4AFB55FB3CCB2D7AAA95F2E646F63> 壹 前 言 在 西 方 有 巫 師 東 方 有 道 士, 這 些 已 逐 漸 成 為 很 多 小 說 漫 畫 的 流 行 主 題, 而 除 了 眾 所 皆 知 的 巫 師 道 士 外, 日 本 的 陰 陽 師 也 具 有 深 刻 的 影 響 力, 值 得 研 究! 陰 陽 的 概 念, 源 自 古 代 中 國 人 的 自 然 觀 古 人 觀 察 到 自 然 界 中 各 種 對 立 又 相 連 的 大

More information

九州大学キャンパス内の埋蔵文化財資料について

九州大学キャンパス内の埋蔵文化財資料について 平 成 22 年 度 貴 重 文 物 講 習 会 101217 九 州 大 学 キャンパスに 眠 る 埋 蔵 文 化 財 ー 元 寇 防 塁 を 中 心 にー 九 州 大 学 埋 蔵 文 化 財 調 査 室 学 術 研 究 員 田 尻 義 了 はじめに 1. 埋 蔵 文 化 財 調 査 室 の 紹 介 2. 各 キャンパスにおける 埋 蔵 文 化 財 資 料 の 紹 介 a. 筑 紫 キャンパス b.

More information

飯 島 健 弘 佐 倉 市 立 臼 井 中 学 校 教 諭 四 街 道 市 立 四 街 道 北 中 学 校 教 諭 鈴 木 章 江 佐 倉 市 立 臼 井 中 学 校 主 査 四 街 道 市 立 旭 中 学 校 主 査 安 元 留 美 佐 倉 市 立 臼 井 中 学 校 専 門 員 佐 倉 市 教

飯 島 健 弘 佐 倉 市 立 臼 井 中 学 校 教 諭 四 街 道 市 立 四 街 道 北 中 学 校 教 諭 鈴 木 章 江 佐 倉 市 立 臼 井 中 学 校 主 査 四 街 道 市 立 旭 中 学 校 主 査 安 元 留 美 佐 倉 市 立 臼 井 中 学 校 専 門 員 佐 倉 市 教 平 成 28 年 4 月 1 日 付 人 事 異 動 発 令 氏 名 新 所 属 職 旧 所 属 職 主 幹 教 諭 / 新 任 千 葉 県 教 育 委 員 会 松 井 毅 夫 四 街 道 市 立 四 街 道 西 中 学 校 主 幹 教 諭 四 街 道 市 立 四 街 道 西 中 学 校 教 諭 教 諭 養 護 教 諭 等 / 異 動 名 古 屋 章 佐 倉 市 立 佐 倉 中 学 校 教 諭 佐

More information

1 暑 寒 言 葉 期 迎 季 節 移 変 過 増? 盆 数 候 ぞ 捉 盆 帰 迎 戚 毎 賑 少 比 べ 体 少 子 列 以 話 今 両 父 母 脈 続 繋 づ 秋 春 秋 春 太 陽 真 東 昇 真 沈 昼 長 ほ ぼ 同 交 供 養 丹 羽 タ ビ ュ

1 暑 寒 言 葉 期 迎 季 節 移 変 過 増? 盆 数 候 ぞ 捉 盆 帰 迎 戚 毎 賑 少 比 べ 体 少 子 列 以 話 今 両 父 母 脈 続 繋 づ 秋 春 秋 春 太 陽 真 東 昇 真 沈 昼 長 ほ ぼ 同 交 供 養 丹 羽 タ ビ ュ 解 説 Saiganji Sainomiyako Memorial Park News 2015 9 月 第 22 4 回 発 秋 発 部 数 3 千 部 内 陣 天 蓋 / / 丹 羽 義 昭 タビュ シズ / ツ 辿 Ⅰ 実 践 室 / 1 暑 寒 言 葉 期 迎 季 節 移 変 過 増? 盆 数 候 ぞ 捉 盆 帰 迎 戚 毎 賑 少 比 べ 体 少 子 列 以 話 今 両 父 母 脈 続 繋

More information

「にちぎん」NO.47 2016年秋号

「にちぎん」NO.47 2016年秋号 4 取 材 文 小 堂 敏 郎 写 谷 山 實 Yoshiharu Habu 治 小 宇 宙 深 広 治 氏 々 記 録 打 立 君 緊 迫 進 氏 原 頂 極 飾 柄 垣 5 破 竹 勢 進 第 者 座 君 俊 英 ぞ 役 毎 引 退 谷 川 浩 司 佐 藤 康 光 永 聖 内 俊 之 公 式 ぞ 以 事 異 転 職 基 競 争 山 康 晴 仲 切 仲 格 付 悪 深 疑 心 暗 鬼 有 利 働

More information

<87548F8788CA8C8892E890ED838A835883672E786C73>

<87548F8788CA8C8892E890ED838A835883672E786C73> 関 西 大 Ⅰ 1 6 辻 井 雄 佑 1 174 68 MF 関 西 大 学 第 一 高 : 大 阪 2 7 新 保 聡 太 朗 1 180 68 FW 市 立 尼 崎 高 : 兵 庫 3 11 中 村 祐 哉 2 172 63 MF 大 分 トリニータU-18: 大 分 4 15 石 黒 覚 大 3 176 68 DF 東 海 大 仰 星 : 大 阪 5 23 小 坂 翔 1 181 70 DF

More information

滋 賀 県 山 村 甲 賀 市 2 2 水 口 町 ( 伴 谷 村 ) 水 口 町 ( 柏 木 村 ) 水 口 町 ( 水 口 町 ) 水 口 町 ( 大 野 村 2-2) 水 口 町 ( 佐 山 村 2-1) 水 口 町 ( 貴 生 川 町 ) 土 山 町 ( 大 野 村 2-1) 土 山 町 (

滋 賀 県 山 村 甲 賀 市 2 2 水 口 町 ( 伴 谷 村 ) 水 口 町 ( 柏 木 村 ) 水 口 町 ( 水 口 町 ) 水 口 町 ( 大 野 村 2-2) 水 口 町 ( 佐 山 村 2-1) 水 口 町 ( 貴 生 川 町 ) 土 山 町 ( 大 野 村 2-1) 土 山 町 ( 滋 賀 県 地 域 振 興 立 法 (5 法 ) 指 定 一 覧 山 村 大 津 市 2 大 津 市 ( 葛 川 村 ) 大 津 市 ( 伊 香 立 村 ) 大 津 市 ( 真 野 村 ) 大 津 市 ( 堅 田 町 ) 大 津 市 ( 仰 木 村 ) 大 津 市 ( 雄 琴 村 ) 大 津 市 ( 坂 本 村 ) 大 津 市 ( 下 阪 本 村 ) 大 津 市 ( 大 津 市 ) 大 津 市 (

More information

採 用 昇 任 岩 出 市 立 山 崎 小 学 校 校 長 岩 出 市 立 山 崎 小 学 校 教 頭 竪 邦 康 岩 出 市 立 中 央 小 学 校 校 長 岩 出 市 立 山 崎 北 小 学 校 教 頭 小 山 幸 作 紀 の 川 市 立 粉 河 中 学 校 校 長 紀 の 川 市 立 粉 河

採 用 昇 任 岩 出 市 立 山 崎 小 学 校 校 長 岩 出 市 立 山 崎 小 学 校 教 頭 竪 邦 康 岩 出 市 立 中 央 小 学 校 校 長 岩 出 市 立 山 崎 北 小 学 校 教 頭 小 山 幸 作 紀 の 川 市 立 粉 河 中 学 校 校 長 紀 の 川 市 立 粉 河 平 成 26 年 度 末 和 歌 山 県 教 職 員 人 事 異 動 表 学 校 人 事 課 < 小 中 学 校 > 校 長 の 部 平 成 27 年 4 月 1 日 区 分 新 任 校 新 職 名 旧 任 校 旧 職 名 氏 名 採 用 昇 任 和 歌 山 市 立 大 新 小 学 校 校 長 和 歌 山 市 立 中 之 島 小 学 校 教 頭 松 田 晃 和 歌 山 市 立 砂 山 小 学 校 校

More information

Taro-【会議録】H27第5回(定

Taro-【会議録】H27第5回(定 千 葉 県 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 2 7 年 度 第 5 回 会 議 ( 定 例 会 ) 1 期 日 平 成 2 7 年 7 月 1 5 日 ( 水 ) 開 会 午 前 1 0 時 3 0 分 閉 会 午 前 1 1 時 5 7 分 2 教 育 長 及 び 出 席 委 員 教 育 長 内 藤 敏 也 委 員 金 本 正 武 野 口 芳 宏 佐 藤 眞 理 上 西 京 一 郎 3 出

More information

⑦第6章伊勢原市の関連文化財群_最終

⑦第6章伊勢原市の関連文化財群_最終 第 6 章 1. 関 連 文 化 財 群 の 設 定 これまで 見 落 とされがちであった 市 域 にある 多 種 多 様 な 文 化 財 等 について そ れらの 魅 力 を 高 め あらためてその 価 値 を 捉 え 直 すために 有 形 無 形 指 定 や 登 録 未 指 定 を 問 わず 地 域 の 文 化 財 や 歴 史 をパッケージとして 捉 え ストーリ ー 化 する 関 連 文 化

More information

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道 2 月 14 日 から 16 日 の 大 雪 等 の 被 害 状 況 等 について( 第 2 報 ) これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 平 成 26 年 2 月 16 日 19 時 00 分 現 在 内 閣 府 1. 気 象 概 況 ( 気 象 庁 ) (1) 気 象 の 概 況 (2 月 16 日 現 在 ) 前 線 を 伴 った 低 気 圧 が 14 日 (

More information



 104 年 專 門 職 業 及 技 術 人 員 普 通 考 試 導 遊 人 員 領 隊 人 員 考 試 試 題 代 號 :2701 頁 次 :8-1 等 別 : 普 通 考 試 類 科 : 華 語 領 隊 人 員 科 目 : 領 隊 實 務 ( 包 括 觀 光 法 規 入 出 境 相 關 法 規 外 匯 常 識 民 法 債 編 旅 遊 專 節 與 國 外 定 型 化 旅 遊 契 約 臺 灣 地 區

More information

研究紀要 第17号(横組:定源(王招國)).pdf

研究紀要 第17号(横組:定源(王招國)).pdf 国 際 仏 教 学 大 学 院 大 学 研 究 紀 要 第 17 号 ( 平 成 25 年 ) Journal of the International College for Postgraduate Buddhist Studies Vol. XVII, 2013 南 宋 における 俊 芿 の 行 歴 定 源 ( 王 招 國 ) 国 際 仏 教 学 大 学 院 大 学 研 究 紀 要 第 17

More information

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409 注 項 P D F ァ ハ メ 掲 載 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 ハ メ 運 営 断 P D F ァ 及 び 作 品 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ゴ ク エ 作 名 ハ ゴ ク エ I 物 語 ゴ ク エ I 主 公 物 語 ゲ プ 読 想 定 詩 元 1 6 求 応 ガ 的 遥 遠 昔 伝 説 英 雄 幼 頃 有 備 鍛 錬 恐 敵 脅 我

More information

腫瘤病人的中西醫結合治療常見問題

腫瘤病人的中西醫結合治療常見問題 腫 瘤 病 人 的 中 西 醫 結 合 治 療 常 見 問 題 一, 腫 瘤 病 人 要 不 要 服 中 藥? 中 醫 藥 在 癌 腫 治 療 方 面 是 整 體 的 看 待 人 體 的 疾 病 兩 個 方 面, 有 它 自 己 固 有 的 特 點 因 為 腫 瘤 雖 只 有 生 長 在 身 體 的 某 一 局 部, 但 實 際 上 不 少 腫 瘤 的 反 應 的 是 一 個 全 身 性 的 疾 病,

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083528373815B2081602091538379815B835788EA8A8781798ED093E08DEC8BC6939D8D87817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083528373815B2081602091538379815B835788EA8A8781798ED093E08DEC8BC6939D8D87817A2E646F63> 1 和 歌 山 県 和 歌 山 市 戦 災 殉 難 者 供 養 塔 2 和 歌 山 市 戦 災 死 者 追 悼 法 要 追 悼 写 真 提 供 和 歌 山 市 汀 公 園 和 歌 山 県 和 歌 山 市 西 汀 丁 27 (JR 南 海 電 鉄 和 歌 山 市 駅 徒 歩 15 分 ) 和 歌 山 市 昭 和 28 年 5 月 歳 事 名 : 和 歌 山 市 戦 災 死 者 追 悼 法 要 会 場

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030312D30372091CE93FA8D5291888AFA8BAD90A793AE88F594ED8A5192B28DB88B7982D18D918A4F8BAD90A793AE88F58B5D90B58ED293998E78898782C98AD682B782E993C195CA96402E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030312D30372091CE93FA8D5291888AFA8BAD90A793AE88F594ED8A5192B28DB88B7982D18D918A4F8BAD90A793AE88F58B5D90B58ED293998E78898782C98AD682B782E993C195CA96402E646F63> 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 調 査 及 び 国 外 強 制 動 員 犠 牲 者 等 支 援 に 関 する 特 別 法 ( 法 律 第 10986 号 2011.8.4 一 部 改 正 2011.8.4 施 行 ) 仮 訳 第 1 条 ( 目 的 ) この 法 は 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 の 真 相 を 究 明 し 歴 史 の 真 実 を 明 らかにするとともに 1965

More information

2012年第九回日本語教育・日本研究シンポジウム

2012年第九回日本語教育・日本研究シンポジウム 香 港 の 中 学 生 用 体 験 交 流 型 日 本 語 教 材 プロジェクト 日 本 語 を 必 修 科 目 として 学 習 している 中 学 生 へのアンケート 調 査 結 果 から 得 られた 示 唆 The Ninth Symposium for Japanese Language Education and Japanese Studies: Interactivity, Praxis

More information

重 要 文 化 財 三 明 寺 防 雷 工 事 愛 知 県 重 要 文 化 財 性 海 寺 多 宝 塔 防 雷 工 事 愛 知 県 重 要 文 化 財 太 山 寺 防 雷 工 事 兵 庫 県 重 要 文 化 財 瑠 璃 光 寺 五 重 塔 防 雷 工 事 山 口 県 浄 国 寺 防 雷 工 事 千

重 要 文 化 財 三 明 寺 防 雷 工 事 愛 知 県 重 要 文 化 財 性 海 寺 多 宝 塔 防 雷 工 事 愛 知 県 重 要 文 化 財 太 山 寺 防 雷 工 事 兵 庫 県 重 要 文 化 財 瑠 璃 光 寺 五 重 塔 防 雷 工 事 山 口 県 浄 国 寺 防 雷 工 事 千 国 宝 法 隆 寺 西 室 三 経 院 避 雷 針 工 事 奈 良 市 国 宝 法 隆 寺 東 大 門 避 雷 針 工 事 奈 良 市 国 宝 法 隆 寺 大 講 堂 避 雷 針 工 事 奈 良 市 国 宝 法 隆 寺 夢 殿 外 院 避 雷 針 工 事 奈 良 市 金 峰 山 寺 蔵 王 堂 避 雷 針 工 事 奈 良 県 国 宝 東 大 寺 南 大 門 避 雷 針 工 事 奈 良 市 国 宝 東

More information

(語文研究)119-ほんぶん.indb

(語文研究)119-ほんぶん.indb 1 事 及 び 照 誘 試 顕 談 漢 字 施 託 宣 描 写 何 必 然 乏 方 献 漢 字 数 種 類 認 異 漢 字 漢 字 ル ツ 蓋 然 高 区 別 べ ル ツ 異 含 得 広 交 件 関 別 献 外 細 検 証 困 難 最 飾 藤 崎 祐 再 2 挽 児 失 親 痛 切 悲 吐 露 左 容 風 憶 快 復 運 委 節 焦 点 絞 検 証 欠 掲 1 戀 短 貴 慕 種 寶 何 爲 産 玉

More information

学 年 度 米 山 奨 学 生 名 簿 氏 名 大 学 性 別 国 籍 頁 王 一 萍 林 浩 安 畢 露 超 熊 本 学 園 大 学 熊 本 学 園 大 学 熊 本 県 立 大 学 女 性 中 国 菊 池 山 田 純 策 女 性 台 湾 宇 城 土 谷 壮 司 女 性 中 国 熊 本 城 東 田

学 年 度 米 山 奨 学 生 名 簿 氏 名 大 学 性 別 国 籍 頁 王 一 萍 林 浩 安 畢 露 超 熊 本 学 園 大 学 熊 本 学 園 大 学 熊 本 県 立 大 学 女 性 中 国 菊 池 山 田 純 策 女 性 台 湾 宇 城 土 谷 壮 司 女 性 中 国 熊 本 城 東 田 年 度 国 際 第 地 区 米 山 奨 学 生 紹 介 将 来 日 本 母 国 世 界 結 懸 橋 運 動 良 理 解 者 人 材 育 成 平 和 国 際 理 解 推 進 米 山 記 念 奨 学 会 部 門 学 年 度 米 山 奨 学 生 名 簿 氏 名 大 学 性 別 国 籍 頁 王 一 萍 林 浩 安 畢 露 超 熊 本 学 園 大 学 熊 本 学 園 大 学 熊 本 県 立 大 学 女 性 中

More information

學 2 6 交 敷 鮮 栄 謳 謳 又 奏 奏 此 7 帝 紹 介 携 引 契 樹 宴 坐 夜 過 ぎ 端 殊 掌 双 足 頂 退 面 処 愛 娯 承 衣 服 飲 食 珍 翫 浴 8 幻 衣 服 セ 創 詩 馬 鳴 母 弟 主 題 語 妻 引 離 連 妻 描 9 代 払 購 疲 遊 10 33 森

學 2 6 交 敷 鮮 栄 謳 謳 又 奏 奏 此 7 帝 紹 介 携 引 契 樹 宴 坐 夜 過 ぎ 端 殊 掌 双 足 頂 退 面 処 愛 娯 承 衣 服 飲 食 珍 翫 浴 8 幻 衣 服 セ 創 詩 馬 鳴 母 弟 主 題 語 妻 引 離 連 妻 描 9 代 払 購 疲 遊 10 33 森 1 西 則 述 1 違 全 員 献 カ キ パ ニ ャ 指 摘 向 抹 豪 油 鬘 2 ハ 登 様 魅 ガ ル ヴ ァ 舞 踊 器 娯 3 グ チ 略 ゥ ヴ ァ 及 踊 眼 腰 尻 揺 乳 房 媚 甘 奪 乱 4 踊 奉 仕 妖 艶 官 乱 珍 述 何 去 去 礙 礙 皮 膚 骨 筋 脈 血 小 疲 産 目 眴 則 則 赤 此 5 何 障 害 障 害 皮 膚 骨 筋 血 管 小 疲 労 産 瞬 由

More information

福 祉 保 健 部 長 末 釜 由 紀 夫 君 生 活 環 境 部 長 梶 川 幸 正 君 建 設 部 長 河 中 健 治 君 向 洋 駅 周 辺 区 画 整 理 事 務 所 長 土 手 澄 治 君 消 防 長 中 川 和 幸 君 教 育 部 長 金 藤 賢 二 君 総 務 課 長 榎 並 隆 浩

福 祉 保 健 部 長 末 釜 由 紀 夫 君 生 活 環 境 部 長 梶 川 幸 正 君 建 設 部 長 河 中 健 治 君 向 洋 駅 周 辺 区 画 整 理 事 務 所 長 土 手 澄 治 君 消 防 長 中 川 和 幸 君 教 育 部 長 金 藤 賢 二 君 総 務 課 長 榎 並 隆 浩 平 成 2 6 年 第 3 回 府 中 町 議 会 定 例 会 会 議 録 ( 第 3 号 ) 1. 開 会 年 月 日 平 成 2 6 年 9 月 1 2 日 ( 金 ) 2. 招 集 の 場 所 府 中 町 議 会 議 事 堂 3. 開 議 年 月 日 平 成 2 6 年 9 月 1 7 日 ( 水 ) ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

More information

Microsoft Word - bunkenitiran.doc

Microsoft Word - bunkenitiran.doc 授 業 を 進 めるにあたって 必 要 な 辞 書 事 典 類 参 考 文 献 位 参 考 邦 文 生 献 ( 宮 貞 看 成 聞 の 日 文 記 学 関 清 係 文 ) 看 堂 聞 1991.2 日 記 ゼミ 加 聖 藤 母 次 郎 院 短 伏 期 見 大 学 桃 伏 山 見 の 学 文 研 化 究 史 会 編 私 伏 家 見 版 学 1953 女 学 院 歴 短 史 期 大 文 学 化 伏 見

More information

<915391539286959F88E4914994B291E6825083588365815B83578169975C9149838A815B834F816A91678D8782B92E786C73>

<915391539286959F88E4914994B291E6825083588365815B83578169975C9149838A815B834F816A91678D8782B92E786C73> 男 子 団 体 戦 第 1ステージ リーグ 戦 1 A ブロック 1 青 森 山 田 2 天 竜 3 双 葉 勝 敗 順 位 1 青 森 山 田 ( 青 森 県 ) 2 天 竜 ( 静 岡 県 ) 3 双 葉 ( 滋 賀 県 ) B ブロック 1 桐 花 2 相 陽 3 加 津 佐 勝 敗 順 位 1 桐 花 ( 北 海 道 ) 2 相 陽 ( 神 奈 川 県 ) 3 加 津 佐 ( 長 崎 県 )

More information

平 成 23 度 ー48kg 平 成 23 9 月 1 日 1 玉 置 桃 2 木 山 楓 3 山 崎 珠 美 4 山 田 樹 5 野 美 咲 藤 村 女 子 等 校 2 夙 川 院 等 校 三 浦 苑 等 校 3 宮 崎 商 業 等 校 1 沼 田 等 校 3 比 叡 山 柔 道 クラ 7 蓬 田

平 成 23 度 ー48kg 平 成 23 9 月 1 日 1 玉 置 桃 2 木 山 楓 3 山 崎 珠 美 4 山 田 樹 5 野 美 咲 藤 村 女 子 等 校 2 夙 川 院 等 校 三 浦 苑 等 校 3 宮 崎 商 業 等 校 1 沼 田 等 校 3 比 叡 山 柔 道 クラ 7 蓬 田 平 成 23 度 ー44kg 平 成 23 9 月 1 日 1 濵 田 早 萌 2 東 川 梨 奈 3 齊 藤 望 4 酒 井 瞳 大 成 等 校 2 奈 良 育 英 等 校 2 秋 田 商 業 等 校 1 牛 久 等 校 3 袈 裟 固 1 濵 上 四 方 固 11 田 大 成 1 11 等 GS 袈 裟 固 早 1 11 1 11 校 1 11 2 萌 袖 釣 込 腰 1 安 達 沙 緒 里 11

More information

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc)

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc) 1 月 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 年 月 日 平 成 2 6 年 1 月 3 1 日 ( 金 ) 開 催 時 間 午 前 1 0 時 0 0 分 開 催 場 所 本 館 6 階 6 0 4 会 議 室 出 席 委 員 百 瀨 委 員 長 安 藤 委 員 長 職 務 代 理 者 木 下 委 員 御 喜 田 委 員 浦 上 委 員 ( 教 育 長 ) 出 席 職 員 伊 藤 教 育

More information

2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路

2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路 YAMAGA 2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路 志 望 験 難 突 破 ぱ 格 小 当 小 右 柔 部 所 属 怪 我 柔 練 習 休

More information

< E93788DCC91F090528DB882C98C5782ED82E98F9197DE90528DB890EA96E588CF88F52E786C7378>

< E93788DCC91F090528DB882C98C5782ED82E98F9197DE90528DB890EA96E588CF88F52E786C7378> 1 阿 江 教 治 酪 農 学 園 大 学 2 青 木 恭 彦 三 重 大 学 3 青 木 孝 良 鹿 児 島 大 学 4 秋 田 修 実 践 女 子 大 学 5 秋 山 康 紀 大 阪 府 立 大 学 6 朝 岡 潔 ( 独 ) 農 業 生 物 資 源 研 究 所 7 浅 野 行 蔵 北 海 道 大 学 8 東 善 行 北 里 大 学 9 安 達 修 二 京 都 大 学 10 足 立 吉 數 茨

More information

★最終校/12-綜合討論.indd

★最終校/12-綜合討論.indd 綜 合 討 論 綜 合 討 論 主 持 人 : 林 鎮 國 ( 台 灣 國 立 政 治 大 學 教 授 ) 林 鎮 國 教 授 歡 迎 大 家 再 次 回 到 研 討 會, 現 在 進 行 最 後 一 場 的 綜 合 座 談 我 是 林 鎮 國, 現 任 政 治 大 學 哲 學 系 及 宗 教 研 究 所 的 老 師 因 為 今 天 研 究 所 有 課, 所 以 現 在 才 來 到 會 場, 在 此

More information

スライド 1

スライド 1 2006 2 13 2026 3 2746 1950 4 4758 5 59 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 a 22 b 23 a 24 b 25 a 26 b 27 c 28 29 昭 和 20 年 (1945) 8 月 14.ポツダム 宣 言 受 諾 15. 鈴 木 貫 太 郎 内 閣 総 辞 職 9 月 02.ミズーリ 号 上 で 降

More information

2 真 田 丸 の 時 代 の 領 主 国 衆 から 徳 川 大 名 へ 箕 輪 城 内 藤 昌 月 直 矩 武 田 氏 織 田 氏 北 条 氏 (1575~90) 内 藤 氏 は 甲 斐 国 の 国 衆 武 田 信 虎 ( 信 玄 の 父 )に 滅 ぼされるが 昌 秀 の 時 に 晴 信 の 重

2 真 田 丸 の 時 代 の 領 主 国 衆 から 徳 川 大 名 へ 箕 輪 城 内 藤 昌 月 直 矩 武 田 氏 織 田 氏 北 条 氏 (1575~90) 内 藤 氏 は 甲 斐 国 の 国 衆 武 田 信 虎 ( 信 玄 の 父 )に 滅 ぼされるが 昌 秀 の 時 に 晴 信 の 重 高 崎 学 検 定 講 座 / 高 崎 市 市 民 活 動 センター ソシアス/ 平 成 28 年 5 月 21 日 ( 土 ) 真 田 丸 時 代 の 高 崎 群 馬 県 立 歴 史 博 物 館 簗 瀬 大 輔 1 真 田 丸 の 時 代 - 戦 国 時 代 の 最 終 段 階 - 戦 国 時 代 前 期 (15 世 紀 後 半 ) 中 期 (16 世 紀 前 半 ) 後 期 (16 世 紀 後

More information

<4D F736F F D E93788E968BC695F18D FEE95F18CF68A4A816A2E646F63>

<4D F736F F D E93788E968BC695F18D FEE95F18CF68A4A816A2E646F63> 平 成 26 年 度 事 業 報 告 書 1 一 般 財 団 法 人 としての 新 組 織 体 制 のもとでの 円 滑 な 事 業 運 営 を 推 進 する 2 看 護 教 育 看 護 業 務 への 協 力 3 積 極 的 に 会 員 を 確 保 する の 三 事 業 に 重 点 的 に 取 り 組 んだ 1 一 般 財 団 法 人 としての 新 組 織 体 制 のもとでの 円 滑 な 事 業 運

More information

1 葬 メ ジ 強 普 段 何 想 像 多 屋 学 び 域 ミ ュ ニ テ ィ 流 昔 変 通 化 変 例 幼 稚 園 園 丹 ロ タ ラ ブ 南 無 動 他 ゃ 犯 罪 非 更 支 援 主 2 回 面 談 就 業 調 整 身 分 国 公 務 員 俸 給 支 払 ボ ラ テ ィ 動 取 組 務 省

1 葬 メ ジ 強 普 段 何 想 像 多 屋 学 び 域 ミ ュ ニ テ ィ 流 昔 変 通 化 変 例 幼 稚 園 園 丹 ロ タ ラ ブ 南 無 動 他 ゃ 犯 罪 非 更 支 援 主 2 回 面 談 就 業 調 整 身 分 国 公 務 員 俸 給 支 払 ボ ラ テ ィ 動 取 組 務 省 発 部 数 3 千 部 2014 9 第 18 4 回 発 彼 岸 解 説 Saiganji Sainomiyako Memorial Park News 丹 義 昭 タ ビ ュ シ ズ 実 践 室 マ ナ 木 魚 1 葬 メ ジ 強 普 段 何 想 像 多 屋 学 び 域 ミ ュ ニ テ ィ 流 昔 変 通 化 変 例 幼 稚 園 園 丹 ロ タ ラ ブ 南 無 動 他 ゃ 犯 罪 非 更 支 援

More information

<504446977020513037208E8E919695CE8DB788EA97972E786C73>

<504446977020513037208E8E919695CE8DB788EA97972E786C73> 試 走 偏 差 一 覧 データ 抽 出 条 件 12011 年 4 月 1 日 ~2012 年 3 月 31 日 2 良 走 路 の 成 績 3 妨 害 を 受 けた 競 走 事 故 不 成 立 の 成 績 は 除 く 4 試 走 偏 差 が 0.2 以 上 の 成 績 は 除 く 試 走 偏 差 : 競 走 タイム( 秒 /100m)と 試 走 タイムの 差 ( 競 走 タイム- 試 走 タイム)

More information

Microsoft Word - 劉月菊_課程新知_.doc

Microsoft Word - 劉月菊_課程新知_.doc 日 本 與 臺 灣 的 餐 桌 文 化 劉 月 菊 0 前 言 在 日 本 與 臺 灣 的 飲 食 文 化 中, 筷 子 是 吃 飯 時 普 遍 被 使 用 的 工 具 但 是, 由 於 文 化 地 域 的 不 同, 在 餐 桌 上 的 飲 食 文 化 自 然 也 會 有 許 多 不 同 的 差 異 性 例 如 說 在 臺 灣, 我 們 通 常 比 較 習 慣 在 餐 桌 上 擺 個 三 菜 一 湯

More information

16 日 ( 土 ) 午 前 仁 礼 町 高 仁 神 社 御 柱 祭 高 仁 神 社 小 山 町 秋 葉 社 養 蚕 社 春 祭 り 秋 葉 社 養 蚕 社 祭 事 高 仁 神 社 一 の 鳥 居 まで 御 柱 曳 きを 行 い 境 内 で 建 て 御 柱 を 行 う( 一 の 鳥 居 では 出 発

16 日 ( 土 ) 午 前 仁 礼 町 高 仁 神 社 御 柱 祭 高 仁 神 社 小 山 町 秋 葉 社 養 蚕 社 春 祭 り 秋 葉 社 養 蚕 社 祭 事 高 仁 神 社 一 の 鳥 居 まで 御 柱 曳 きを 行 い 境 内 で 建 て 御 柱 を 行 う( 一 の 鳥 居 では 出 発 1 日 ( 金 ) 午 後 4 時 中 島 町 春 祭 り 中 島 諏 訪 神 社 祭 事 2 日 ( 土 ) 境 沢 町 三 峰 神 社 祭 典 三 峰 神 社 祭 事 祈 祷 米 子 町 御 柱 祭 米 子 神 社 3 日 ( 日 ) 亀 倉 町 亀 倉 神 社 春 季 大 祭 亀 倉 神 社 神 事 大 日 向 町 大 日 向 神 社 祈 念 祭 春 季 祭 大 日 向 神 社 祭 事 9 日

More information