諸外国における

Size: px
Start display at page:

Download "諸外国における"

Transcription

1 平 成 25 年 度 文 部 科 学 省 委 託 調 査 教 育 改 革 の 総 合 的 推 進 に 関 する 調 査 研 究 ~ 諸 外 国 における 学 制 に 関 する 改 革 の 状 況 調 査 報 告 書 平 成 26 年 3 月 20 日 WIPジャパン 株 式 会 社

2 目 次 調 査 の 概 要 件 名 目 的 調 査 内 容 調 査 対 象 国...2 各 国 調 査 結 果 の 要 約... 3 第 1 章 イタリア 現 在 の 学 制 の 概 要...7 (1) 初 等 教 育 中 等 教 育 後 期 中 等 教 育 高 等 教 育 の 年 齢 別 グレード 別 分 類... 7 (2)(1)のうち 義 務 教 育 段 階 義 務 教 育 年 齢 (3)(1)のうち 無 償 で 提 供 される 教 育 (4) 就 学 前 教 育 学 校 外 教 育 の 年 齢 別 グレード 別 分 類 (5) 地 域 による 学 制 の 違 い 国 内 における 義 務 教 育 期 間 の 違 い (6) 飛 び 級 制 度 の 導 入 撤 廃 状 況 飛 び 級 制 度 が 導 入 されている 教 育 段 階 (7) 留 年 制 度 の 導 入 撤 廃 状 況 留 年 制 度 が 導 入 されている 教 育 段 階 学 制 の 改 正 状 況 (1) 最 近 20 年 間 に 行 われた 学 制 の 改 正 の 概 要 ア 2000 年 2 月 10 日 付 け 法 律 第 30 号 イ 2003 年 3 月 28 日 付 け 法 律 第 53 号 (Legge 28 marzo 2003 n.53 通 称 モラッティ 法 (2) 現 在 の 学 制 を 規 定 している 法 律 その 根 拠 条 文 ア 2003 年 3 月 28 日 付 け 法 律 第 53 号 イ 2008 年 10 月 30 日 付 け 法 律 第 169 号 ウ 2009 年 6 月 22 日 付 け 大 統 領 令 第 122 号 エ 2010 年 1 月 13 日 付 けにて 国 家 評 議 会 (Consiglio di stato)により 承 認 された 後 期 中 等 教 育 改 革 案 オ 2010 年 12 月 30 日 付 け 法 律 第 240 号 (3) 学 制 改 正 前 の 法 律 その 根 拠 条 文 ア 2000 年 のべリングエル 法 による 学 制 改 正 以 前 の 法 律 イ 2008 年 以 降 のジェルミーニ 大 臣 による 学 制 改 正 前 との 内 容 比 較 (4) 学 校 段 階 別 学 制 の 改 正 状 況 ア 初 等 教 育 中 等 教 育 後 期 中 等 教 育 高 等 教 育 の 年 齢 区 分 の 改 正 i

3 イ 義 務 教 育 年 齢 年 数 の 改 正 ウ 特 定 教 育 段 階 での 無 償 化 導 入 変 更 エ 飛 び 級 制 度 の 導 入 撤 廃 オ 留 年 制 度 の 導 入 撤 廃 (5) 学 制 改 正 に 関 する 世 論 動 向 ア 学 制 改 正 に 関 連 した 世 論 動 向 特 に 改 正 当 時 のメディア 報 道 状 況 等 イ 改 正 に 関 する 賛 成 意 見 ウ 改 正 に 関 する 反 対 意 見 (6) 学 制 改 正 の 背 景 (7) 学 制 改 正 に 関 する 評 価 ア 教 育 規 制 庁 や 教 育 研 究 者 などによる 事 後 評 価 第 2 章 スペイン 現 在 の 学 制 の 概 要 (1) 初 等 教 育 中 等 教 育 後 期 中 等 教 育 高 等 教 育 の 年 齢 別 グレード 別 分 類 (2)(1)のうち 義 務 教 育 段 階 義 務 教 育 年 齢 (3)(1)のうち 無 償 で 提 供 される 教 育 (4) 就 学 前 教 育 学 校 外 教 育 の 年 齢 別 グレード 別 分 類 (5) 地 域 による 学 制 の 違 い 国 内 における 義 務 教 育 期 間 の 違 い (6) 飛 び 級 制 度 の 導 入 撤 廃 状 況 飛 び 級 制 度 が 導 入 されている 教 育 段 階 (7) 留 年 制 度 の 導 入 撤 廃 状 況 留 年 制 度 が 導 入 されている 教 育 段 階 学 制 の 改 正 状 況 (1) 最 近 20 年 間 に 行 われた 学 制 の 改 正 の 概 要 (2) 現 在 の 学 制 を 規 定 している 法 律 その 根 拠 条 文 ア 学 制 全 体 について イ 義 務 教 育 について (3) 学 制 改 正 前 の 法 律 その 根 拠 条 文 ア LOGSE イ LOCE (4) 学 校 段 階 別 学 制 の 改 正 状 況 ア 初 等 教 育 中 等 教 育 後 期 中 等 教 育 高 等 教 育 の 年 齢 区 分 の 改 正 イ 義 務 教 育 年 齢 年 数 の 改 正 ウ 特 定 教 育 段 階 での 無 償 化 導 入 変 更 エ 飛 び 級 制 度 の 導 入 撤 廃 オ 留 年 制 度 の 導 入 撤 廃 (5) 学 制 改 正 に 関 する 世 論 動 向 ア 国 民 党 政 権 による 改 正 の 試 み- 教 育 の 質 に 関 する 組 織 法 (LOCE) (2002) イ 社 会 党 政 権 による LOCE 廃 止 と LOE 制 定 ウ 政 権 交 代 と 新 たな 改 革 -LOMCEの 制 定 (6) 学 制 改 正 の 背 景 ii

4 (7) 学 制 改 正 に 関 する 評 価 ア 教 育 規 制 庁 や 教 育 研 究 者 などによる 事 後 評 価 第 3 章 オランダ 現 在 の 学 制 の 概 要 (1) 初 等 教 育 中 等 教 育 後 期 中 等 教 育 高 等 教 育 の 年 齢 別 グレード 別 分 類 ア 学 制 区 分 イ 教 育 の 概 要 (2)(1)のうち 義 務 教 育 段 階 義 務 教 育 年 齢 (3)(1)のうち 無 償 で 提 供 される 教 育 (4) 就 学 前 教 育 学 校 外 教 育 の 年 齢 別 グレード 別 分 類 (5) 地 域 による 学 制 の 違 い 国 内 における 義 務 教 育 期 間 の 違 い (6) 飛 び 級 制 度 の 導 入 撤 廃 状 況 飛 び 級 制 度 が 導 入 されている 教 育 段 階 (7) 留 年 制 度 の 導 入 撤 廃 状 況 留 年 制 度 が 導 入 されている 教 育 段 階 学 制 の 改 正 状 況 (1) 最 近 20 年 間 に 行 われた 学 制 の 改 正 の 概 要 (2) 現 在 の 学 制 を 規 定 している 法 律 その 根 拠 条 文 (3) 学 制 改 正 前 の 法 律 その 根 拠 条 文 (4) 学 校 段 階 別 学 制 の 改 正 状 況 ア 初 等 教 育 中 等 教 育 後 期 中 等 教 育 高 等 教 育 の 年 齢 区 分 の 改 正 イ 義 務 教 育 年 齢 年 数 の 改 正 ウ 特 定 教 育 段 階 での 無 償 化 導 入 変 更 エ 飛 び 級 制 度 の 導 入 撤 廃 オ 留 年 制 度 の 導 入 撤 廃 (5) 学 制 改 正 に 関 する 世 論 動 向 ア 学 制 改 正 に 関 連 した 世 論 動 向 特 に 改 正 当 時 のメディア 報 道 状 況 等 イ 改 正 に 関 する 賛 成 意 見 ウ 改 正 に 関 する 反 対 意 見 (6) 学 制 改 正 の 背 景 (7) 学 制 改 正 に 関 する 評 価 ア 教 育 規 制 庁 や 教 育 研 究 者 などによる 事 後 評 価 第 4 章 ノルウェー 現 在 の 学 制 の 概 要 (1) 初 等 教 育 中 等 教 育 後 期 中 等 教 育 高 等 教 育 の 年 齢 別 グレード 別 分 類 ア 学 制 区 分 イ 規 制 庁 ウ 私 立 学 校 (2)(1)のうち 義 務 教 育 段 階 義 務 教 育 年 齢 iii

5 (3)(1)のうち 無 償 で 提 供 される 教 育 ア 基 礎 学 校 教 育 イ 学 校 外 教 育 の 一 部 ウ 後 期 中 等 教 育 エ 高 等 教 育 (4) 就 学 前 教 育 学 校 外 教 育 の 年 齢 別 グレード 別 分 類 ア 就 学 前 教 育 イ 学 校 外 教 育 (5) 地 域 による 学 制 の 違 い 国 内 における 義 務 教 育 期 間 の 違 い (6) 飛 び 級 制 度 の 導 入 撤 廃 状 況 飛 び 級 制 度 が 導 入 されている 教 育 段 階 (7) 留 年 制 度 の 導 入 撤 廃 状 況 留 年 制 度 が 導 入 されている 教 育 段 階 学 制 の 改 正 状 況 (1) 最 近 20 年 間 に 行 われた 学 制 の 改 正 の 概 要 (2) 現 在 の 学 制 を 規 定 している 法 律 その 根 拠 条 文 ア 初 等 及 び 中 等 教 育 訓 練 法 ( 教 育 法 )(1998 年 ) イ 私 立 学 校 法 ( 助 成 金 対 象 私 立 学 校 に 関 する 法 )(2003 年 ) ウ 幼 稚 園 法 (2005 年 ) エ 職 業 訓 練 教 育 法 (2003 年 ) オ 大 学 法 (2005 年 ) (3) 学 制 改 正 前 の 法 律 その 根 拠 条 文 (4) 学 校 段 階 別 学 制 の 改 正 状 況 ア 初 等 教 育 中 等 教 育 後 期 中 等 教 育 高 等 教 育 の 年 齢 区 分 の 改 正 イ 義 務 教 育 年 齢 年 数 の 改 正 ウ 特 定 教 育 段 階 での 無 償 化 導 入 変 更 エ 飛 び 級 制 度 の 導 入 撤 廃 オ 留 年 制 度 の 導 入 撤 廃 (5) 学 制 改 正 に 関 する 世 論 動 向 ア 学 制 改 正 に 関 連 した 世 論 動 向 特 に 改 正 当 時 のメディア 報 道 状 況 等 イ 改 正 に 関 する 賛 成 意 見 ウ 改 正 に 関 する 反 対 意 見 (6) 学 制 改 正 の 背 景 (7) 学 制 改 正 に 関 する 評 価 第 5 章 アルゼンチン 現 在 の 学 制 の 概 要 (1) 初 等 教 育 中 等 教 育 後 期 中 等 教 育 高 等 教 育 の 年 齢 別 グレード 別 分 類 ア 学 制 区 分 イ 規 制 庁 ウ 私 立 学 校 (2)(1)のうち 義 務 教 育 段 階 義 務 教 育 年 齢 iv

6 (3)(1)のうち 無 償 で 提 供 される 教 育 (4) 就 学 前 教 育 学 校 外 教 育 の 年 齢 別 グレード 別 分 類 ア 就 学 前 教 育 イ 学 校 外 教 育 (5) 地 域 による 学 制 の 違 い 国 内 における 義 務 教 育 機 関 の 違 い (6) 飛 び 級 制 度 の 導 入 撤 廃 状 況 飛 び 級 制 度 が 導 入 されている 教 育 段 階 (7) 留 年 制 度 の 導 入 撤 廃 状 況 留 年 制 度 が 導 入 されている 教 育 段 階 学 制 の 改 正 状 況 (1) 最 近 20 年 間 に 行 われた 学 制 の 改 正 の 概 要 ア 学 制 区 分 の 再 編 及 び 義 務 教 育 期 間 の 拡 大 イ 連 邦 政 府 州 政 府 間 の 権 限 の 見 直 し (2) 現 在 の 学 制 を 規 定 している 法 律 その 根 拠 条 文 ア 1994 年 憲 法 イ 教 育 基 本 法 (2006 年 号 Ley de Educación Nacional) ウ 高 等 教 育 法 ( 号 Ley Nacional De Educacion Superior) エ 子 どもの 権 利 保 護 法 ( 号 2005 年 10 月 21 日 公 布 ) (3) 学 制 改 正 前 の 法 律 その 根 拠 条 文 ア 連 邦 教 育 法 ( 号 1993 年 ) イ 州 及 びブエノスアイレス 特 別 区 に 対 する 教 育 サービス 管 轄 委 譲 法 ( 号 1991 年 ) (4) 学 校 段 階 別 学 制 の 改 正 状 況 ア 初 等 教 育 中 等 教 育 後 期 中 等 教 育 高 等 教 育 の 年 齢 区 分 の 改 正 イ 義 務 教 育 年 齢 年 数 の 改 正 ウ 特 定 教 育 段 階 での 無 償 化 導 入 変 更 エ 飛 び 級 制 度 の 導 入 撤 廃 オ 留 年 制 度 の 導 入 撤 廃 (5) 学 制 改 正 に 関 する 世 論 動 向 ア 学 制 改 正 に 関 連 した 世 論 動 向 特 に 改 正 当 時 のメディア 報 道 状 況 等 イ 改 正 に 関 する 賛 成 意 見 ウ 改 正 に 関 する 反 対 意 見 (6) 学 制 改 正 の 背 景 (7) 学 制 改 正 に 関 する 評 価 ア 連 邦 教 育 法 (1993 年 )の 評 価 イ 教 育 基 本 法 の 評 価 第 6 章 ブラジル 現 在 の 学 制 の 概 要 (1) 初 等 教 育 中 等 教 育 高 等 教 育 の 年 齢 別 グレード 別 分 類 (2)(1)のうち 義 務 教 育 段 階 義 務 教 育 年 齢 (3)(1)のうち 無 償 で 提 供 される 教 育 (4) 就 学 前 教 育 学 校 外 教 育 の 年 齢 別 グレード 別 分 類 v

7 (5) 地 域 による 学 制 の 違 い 国 内 における 義 務 教 育 期 間 の 違 い (6) 飛 び 級 制 度 の 導 入 撤 廃 状 況 飛 び 級 制 度 が 導 入 されている 教 育 段 階 (7) 留 年 制 度 の 導 入 撤 廃 状 況 学 制 の 改 正 状 況 (1) 最 近 20 年 間 に 行 われた 学 制 の 改 正 の 概 要 (2) 現 在 の 学 制 を 規 定 している 法 律 その 根 拠 条 文 ア 2005 年 5 月 16 日 制 定 の 共 和 国 大 統 領 府 発 行 の 修 正 法 律 Lei nº イ 2006 年 2 月 6 日 制 定 の 共 和 国 大 統 領 府 発 行 の 修 正 法 律 Lei nº ウ 2013 年 4 月 4 日 制 定 の 共 和 国 大 統 領 府 発 行 の 修 正 法 律 Lei nº (3) 学 制 改 正 前 の 法 律 その 根 拠 条 文 (4) 学 校 段 階 別 学 制 の 改 正 状 況 ア 初 等 教 育 中 等 教 育 後 期 中 等 教 育 高 等 教 育 の 年 齢 区 分 の 改 正 イ 義 務 教 育 年 齢 年 数 の 改 正 ウ 特 定 教 育 段 階 での 無 償 化 導 入 変 更 エ 飛 び 級 制 度 の 導 入 撤 廃 オ 留 年 制 度 の 導 入 撤 廃 (5) 学 制 改 正 に 関 する 世 論 動 向 ア 学 制 改 正 に 関 連 した 世 論 動 向 特 に 改 正 当 時 のメディア 報 道 状 況 等 イ 改 正 に 関 する 賛 成 意 見 ウ 改 正 に 関 する 反 対 意 見 (6) 学 制 改 正 の 背 景 (7) 学 制 改 正 に 関 する 評 価 (8)その 他 ア 国 家 教 育 10カ 年 計 画 イ 義 務 教 育 と 財 政 ウ 公 立 校 と 私 立 校 の 配 分 第 7 章 インド 現 在 の 学 制 の 概 要 (1) 初 等 教 育 中 等 教 育 後 期 中 等 教 育 高 等 教 育 の 年 齢 別 グレード 別 分 類 (2)(1)のうち 義 務 教 育 段 階 義 務 教 育 年 齢 (3)(1)のうち 無 償 で 提 供 される 教 育 (4) 就 学 前 教 育 学 校 外 教 育 の 年 齢 別 グレード 別 分 類 ア 就 学 前 教 育 イ 学 校 外 教 育 (5) 地 域 による 学 制 の 違 い 国 内 における 義 務 教 育 期 間 の 違 い (6) 飛 び 級 制 度 の 導 入 撤 廃 状 況 飛 び 級 制 度 が 導 入 されている 教 育 段 階 (7) 留 年 制 度 の 導 入 撤 廃 状 況 留 年 制 度 が 導 入 されている 教 育 段 階 学 制 の 改 正 状 況 (1) 最 近 20 年 間 に 行 われた 学 制 の 改 正 の 概 要 vi

8 (2) 現 在 の 学 制 を 規 定 している 法 律 その 根 拠 条 文 (3) 学 制 改 正 前 の 法 律 その 根 拠 条 文 (4) 学 校 段 階 別 学 制 の 改 正 状 況 ア 初 等 教 育 中 等 教 育 後 期 中 等 教 育 高 等 教 育 の 年 齢 区 分 の 改 正 イ 義 務 教 育 年 齢 年 数 の 改 正 ウ 特 定 教 育 段 階 での 無 償 化 導 入 変 更 エ 飛 び 級 制 度 の 導 入 撤 廃 (5) 学 制 改 正 に 関 する 世 論 動 向 ア 学 制 改 正 に 関 連 した 世 論 動 向 特 に 改 正 当 時 のメディア 報 道 状 況 等 イ 改 正 に 関 する 賛 成 意 見 ウ 改 正 に 関 する 反 対 意 見 (6) 学 制 改 正 の 背 景 ア RTE 法 改 正 の 背 景 イ SSAの 背 景 (7) 学 制 改 正 に 関 する 評 価 ア RTE 法 改 正 に 関 する 教 育 規 制 庁 や 教 育 研 究 者 による 事 後 評 価 イ SSAに 関 する 教 育 規 制 庁 や 教 育 研 究 者 による 事 後 評 価 ウ Mid-day Meallに 関 する 教 育 規 制 庁 や 教 育 研 究 者 による 事 後 評 価 第 8 章 トルコ 現 在 の 学 制 の 概 要 (1) 初 等 教 育 中 等 教 育 後 期 中 等 教 育 高 等 教 育 の 年 齢 別 グレード 別 分 類 (2)(1)のうち 義 務 教 育 段 階 義 務 教 育 年 齢 (3)(1)のうち 無 償 で 提 供 される 教 育 (4) 就 学 前 教 育 学 校 外 教 育 の 年 齢 別 グレード 別 分 類 (5) 地 域 による 学 制 の 違 い 国 内 における 義 務 教 育 機 関 の 違 い 及 び 公 立 私 立 の 小 中 学 校 の 違 い ア 地 域 による 学 制 の 違 い イ 公 立 私 立 の 小 中 学 校 の 違 い (6) 飛 び 級 制 度 の 導 入 撤 廃 状 況 飛 び 級 制 度 が 導 入 されている 教 育 段 階 (7) 留 年 制 度 の 導 入 撤 廃 状 況 留 年 制 度 が 導 入 されている 教 育 段 階 ア 小 中 学 校 における 留 年 制 度 について イ 高 校 以 降 における 留 年 制 度 について (8) 学 制 改 正 についての 政 府 としての 公 式 見 解 学 制 の 改 正 状 況 (1) 最 近 20 年 間 に 行 われた 学 制 の 改 正 の 概 要 (2) 現 在 の 学 制 を 規 定 している 法 律 その 根 拠 条 文 ア 法 律 6287 号 初 等 教 育 法 の 一 部 改 正 イ 法 律 222 号 の 初 等 教 育 法 ウ 法 律 1739 号 国 民 教 育 基 本 法 vii

9 (3) 学 制 改 正 前 の 法 律 その 根 拠 条 文 (4) 学 校 段 階 別 学 制 の 改 正 状 況 ア 初 等 教 育 中 等 教 育 後 期 中 等 教 育 高 等 教 育 の 年 齢 区 分 の 改 正 イ 義 務 教 育 年 齢 年 数 の 改 正 ウ 特 定 教 育 段 階 での 無 償 化 導 入 変 更 エ 飛 び 級 制 度 の 導 入 撤 廃 オ 留 年 制 度 の 導 入 撤 廃 (5) 学 制 改 正 に 関 する 世 論 動 向 ア 学 制 改 正 に 関 連 した 世 論 動 向 特 に 改 正 当 時 のメディア 報 道 状 況 等 イ 改 正 に 関 する 賛 成 意 見 ウ 改 正 に 関 する 反 対 意 見 (6) 学 制 改 正 の 背 景 (7) 学 制 改 正 に 関 する 評 価 ア 教 育 規 制 庁 による 事 後 評 価 イ 教 育 研 究 者 による 事 後 評 価 第 9 章 ブルガリア 現 在 の 学 制 の 概 要 (1) 初 等 教 育 中 等 教 育 後 期 中 等 教 育 高 等 教 育 の 年 齢 別 グレード 別 分 類 ア 学 制 区 分 イ 規 制 庁 ウ 私 立 学 校 (2)(1)のうち 義 務 教 育 段 階 義 務 教 育 年 齢 (3)(1)のうち 無 償 で 提 供 される 教 育 ア 授 業 料 イ 教 科 書 ウ 通 学 交 通 費 等 (4) 就 学 前 教 育 学 校 外 教 育 の 年 齢 別 グレード 別 分 類 ア 就 学 前 教 育 イ 学 校 外 教 育 (5) 地 域 による 学 制 の 違 い 国 内 における 義 務 教 育 期 間 の 違 い (6) 飛 び 級 制 度 の 導 入 撤 廃 状 況 飛 び 級 制 度 が 導 入 されている 教 育 段 階 (7) 留 年 制 度 の 導 入 撤 廃 状 況 留 年 制 度 が 導 入 されている 教 育 段 階 学 制 の 改 正 状 況 (1) 最 近 20 年 間 に 行 われた 学 制 の 改 正 の 概 要 ア 義 務 教 育 期 間 の 拡 大 イ 就 学 前 教 育 の 義 務 化 ウ 教 科 書 無 償 化 の 拡 大 (2) 現 在 の 学 制 を 規 定 している 法 律 その 根 拠 条 文 ア 新 教 育 法 (The Public Education Act 又 は The National Education Act)1991 年 制 定 viii

10 イ 教 育 機 関 の 種 類 ( 第 26 条 (1) 項 ) ウ 憲 法 エ 私 立 学 校 令 オ 教 育 レベル 普 通 教 育 カリキュラム 法 (Level of Education, General Education Minimum and Curriculum Act) カ 高 等 教 育 法 (Higher Education Act) キ 大 学 の 独 立 性 に 関 する 法 (Academic Autonomy Act) (3) 学 制 改 正 前 の 法 律 その 根 拠 条 文 ア ブルガリア 人 民 共 和 国 憲 法 イ 高 等 教 育 法 (Law on Higher Education) 1958 年 制 定 ウ 新 教 育 法 の 制 定 による 過 去 の 法 令 の 廃 止 (4) 学 校 段 階 別 学 制 の 改 正 状 況 ア 初 等 教 育 中 等 教 育 後 期 中 等 教 育 高 等 教 育 の 年 齢 区 分 の 改 正 イ 義 務 教 育 年 齢 年 数 の 改 正 ウ 特 定 教 育 段 階 での 無 償 化 導 入 変 更 エ 飛 び 級 制 度 の 導 入 撤 廃 オ 留 年 制 度 の 規 定 (5) 学 制 改 正 に 関 する 世 論 動 向 ア 学 制 改 正 に 関 連 した 世 論 動 向 特 に 改 正 当 時 のメディア 報 道 状 況 等 イ 改 正 に 関 する 賛 成 意 見 ウ 改 正 に 関 する 反 対 意 見 (6) 学 制 改 正 の 背 景 (7) 学 制 改 正 に 関 する 評 価 ア 教 育 規 制 庁 や 教 育 研 究 者 などによる 事 後 評 価 イ 有 識 者 による 評 価 ウ 政 府 による 評 価 第 10 章 ルーマニア 現 在 の 学 制 の 概 要 (1) 初 等 教 育 中 等 教 育 後 期 中 等 教 育 高 等 教 育 の 年 齢 別 グレード 別 分 類 ア 学 制 区 分 イ 規 制 庁 ウ 私 立 学 校 (2)(1)のうち 義 務 教 育 段 階 義 務 教 育 年 齢 (3)(1)のうち 無 償 で 提 供 される 教 育 (4) 就 学 前 教 育 学 校 外 教 育 の 年 齢 別 グレード 別 分 類 ア 学 校 外 教 育 (5) 地 域 による 学 制 の 違 い 国 内 における 義 務 教 育 機 関 の 違 い (6) 飛 び 級 制 度 の 導 入 撤 廃 状 況 飛 び 級 制 度 が 導 入 されている 教 育 段 階 (7) 留 年 制 度 の 導 入 撤 廃 状 況 留 年 制 度 が 導 入 されている 教 育 段 階 ix

11 2 学 制 の 改 正 状 況 (1) 最 近 20 年 間 に 行 われた 学 制 の 改 正 の 概 要 ア 法 整 備 イ 義 務 教 育 期 間 の 拡 大 ウ 初 等 教 育 機 関 入 学 年 齢 の 引 き 下 げ エ 初 等 教 育 及 び 中 等 教 育 の 期 間 変 更 オ 高 等 教 育 の 段 階 設 定 (2) 現 在 の 学 制 を 規 定 している 法 律 その 根 拠 条 文 ア 国 家 教 育 法 (2011 年 2 月 発 効 ) イ 法 令 288/2004(2004 年 6 月 ) 及 び 法 令 346/2005(2005 年 11 月 ) ウ 教 育 の 質 保 証 法 87/ エ 憲 法 (3) 学 制 改 正 前 の 法 律 その 根 拠 条 文 ア 教 育 法 (1995 年 公 布 ) (4) 学 校 段 階 別 学 制 の 改 正 状 況 ア 初 等 教 育 中 等 教 育 後 期 中 等 教 育 高 等 教 育 の 年 齢 区 分 の 改 正 イ 義 務 教 育 年 齢 年 数 の 改 正 ウ 特 定 教 育 段 階 での 無 償 化 導 入 変 更 エ 飛 び 級 制 度 の 導 入 撤 廃 オ 留 年 制 度 の 導 入 撤 廃 (5) 学 制 改 正 に 関 する 世 論 動 向 ア 学 制 改 正 に 関 連 した 世 論 動 向 特 に 改 正 当 時 のメディア 報 道 状 況 等 イ 改 正 に 関 する 賛 成 意 見 ウ 改 正 に 関 する 反 対 意 見 (6) 学 制 改 正 の 背 景 (7) 学 制 改 正 に 関 する 評 価 ア 教 育 規 制 庁 による 事 後 評 価 イ 教 育 研 究 者 などによる 事 後 評 価 x

12 図 表 目 次 図 表 1 1:イタリアの 学 校 系 統 図... 7 図 表 1 2:イタリアの 学 制 区 分... 8 図 表 1 3:イタリアの 教 育 の 概 要... 9 図 表 1 4: 国 立 私 立 の 学 校 生 徒 数 図 表 1 5: 留 年 制 度 詳 細 図 表 2 1:スペインの 学 校 系 統 図 図 表 2 2:スペインの 学 制 区 分 図 表 2 3:スペインの 教 育 制 度 ( 一 般 制 度 )の 概 要 図 表 2 4: 特 別 制 度 教 育 の 種 類 図 表 2 5: 芸 術 教 育 詳 細 図 表 2 6: 芸 術 教 育 以 外 の 特 別 制 度 教 育 詳 細 図 表 2 7: 公 立 学 校 と 私 立 学 校 の 数 (2011~2012) 図 表 2 8: 公 立 学 校 と 私 立 学 校 の 生 徒 数 (2011~2012) 図 表 2 9: 留 年 制 度 の 導 入 教 育 段 階 図 表 2 10: 教 育 水 準 別 に 見 た 法 令 の 規 定 図 表 2 11:LOGSE 既 定 各 教 育 段 階 一 覧 図 表 2 12:LOCE 既 定 各 教 育 段 階 一 覧 図 表 2 13: 留 年 制 度 詳 細 図 表 3 1:オランダの 学 校 系 統 図 図 表 3 2:オランダの 学 制 区 分 図 表 3 3: 中 等 職 業 準 備 教 育 のコース 図 表 3 4: 中 等 職 業 教 育 のレベル 図 表 3 5: 義 務 教 育 と 基 礎 資 格 取 得 義 務 の 違 い 図 表 3 6:オランダの 学 制 関 連 法 及 び 根 拠 条 文 図 表 3 7: 改 正 前 の 条 文 図 表 3 8:オランダにおける 私 立 公 立 学 校 数 及 び 児 童 生 徒 数 ( 初 等 中 等 教 育 ) 図 表 4 1:ノルウェーの 学 校 系 統 図 図 表 4 2:ノルウェーの 学 制 区 分 図 表 5 1:アルゼンチンの 学 校 系 統 図 xi

13 図 表 5 2:アルゼンチンの 学 制 区 分 図 表 5 3: 各 教 育 段 階 の 年 齢 区 分 図 表 6 1:ブラジルの 学 校 系 統 図 図 表 6 2:ブラジルの 学 制 区 分 図 表 6 3:ブラジルの 教 育 の 概 要 図 表 6 4: 基 礎 学 校 教 育 の 年 齢 区 分 改 正 図 表 6 5:2007~2012 年 までの 基 礎 教 育 図 表 7 1:インドの 学 校 系 統 図 図 表 7 2:インドの 学 制 区 分 図 表 7 3:2011/2012 年 度 の 認 可 学 校 数 の 運 営 主 体 別 内 訳 図 図 表 7 4:2011/2012 年 度 の 認 可 学 校 数 図 表 7 5: 認 可 初 等 学 校 数 の 所 在 地 域 別 内 訳 図 図 表 7 6: 認 可 初 等 学 校 数 の 所 在 地 域 別 内 訳 図 表 7 7: 認 可 初 等 学 校 数 の 運 営 主 体 別 内 訳 図 図 表 7 8: 認 可 初 等 学 校 数 の 運 営 主 体 別 内 訳 図 表 7 9: 認 可 上 級 初 等 学 校 数 の 所 在 地 別 内 訳 図 図 表 7 10: 認 可 上 級 初 等 学 校 数 の 所 在 地 域 別 内 訳 図 表 7 11: 認 可 上 級 初 等 学 校 数 の 運 営 主 体 別 内 訳 図 図 表 7 12: 認 可 上 級 初 等 学 校 数 の 運 営 主 体 別 内 訳 図 表 7 13: 認 可 中 等 学 校 数 の 運 営 主 体 別 内 訳 図 図 表 7 14: 認 可 中 等 学 校 の 所 在 地 域 別 内 訳 図 表 7 15: 認 可 中 等 学 校 数 の 運 営 主 体 別 内 訳 図 図 表 7 16: 認 可 中 等 学 校 の 運 営 主 体 別 内 訳 図 表 7 17: 認 可 中 等 学 校 数 の 運 営 主 体 別 内 訳 図 図 表 7 18: 認 可 上 級 中 等 学 校 の 所 在 地 域 別 内 訳 図 表 7 19: 女 子 認 可 上 級 中 等 学 校 の 所 在 地 域 別 内 訳 図 図 表 7 20: 女 子 認 可 上 級 中 等 学 校 の 運 営 主 体 別 内 訳 図 表 7 21: 各 教 育 段 階 における 学 校 数 の 統 計 図 表 7 22: 各 学 校 段 階 における 生 徒 数 と 男 女 比 図 表 7 23: 各 学 校 段 階 における 生 徒 の 男 女 比 図 表 8 1:トルコの 学 校 系 統 図 図 表 8 2:トルコの 学 制 区 分 xii

14 図 表 8 3: 年 度 の 国 内 学 校 数 図 表 8 4: 学 校 段 階 別 学 制 の 改 正 状 況 表 図 表 9 1:ブルガリアの 学 校 系 統 図 図 表 9 2:ブルガリアの 学 制 区 分 図 表 10 1:ルーマニアの 学 校 系 統 図 図 表 10 2:ルーマニアの 学 制 区 分 図 表 10 3:ルーマニア 義 務 教 育 機 関 の 変 遷 図 表 10 4: 義 務 教 育 機 関 の 変 遷 詳 細 xiii

15 調 査 の 概 要 調 査 の 概 要 1 件 名 教 育 改 革 の 総 合 的 推 進 に 関 する 調 査 研 究 ~ 諸 外 国 における 学 制 に 関 する 改 革 の 状 況 調 査 2 目 的 近 時 教 育 に 関 する 様 々な 課 題 が 顕 在 化 し 学 校 制 度 やその 運 用 の 改 善 を 含 め 教 育 改 革 に 関 する 様 々な 施 策 を 推 進 することが 強 く 求 められている これらの 改 革 を 進 めるに 当 たっては ま ずは 諸 外 国 の 状 況 も 含 め 幅 広 く 情 報 収 集 を 行 い 施 策 の 検 討 に 活 用 することが 重 要 である とりわけ 日 本 の 学 校 制 度 の 枠 組 みに 関 しては 戦 後 の 制 度 設 計 から 60 年 以 上 経 っており そ の 間 子 どもの 発 達 の 早 期 化 等 も 進 んでいるものと 考 えられる このような 状 況 を 踏 まえ 諸 外 国 における 学 校 制 度 の 実 態 や 改 革 の 動 向 について 調 査 を 行 う と 共 に その 背 景 にある 課 題 や 国 内 情 勢 などを 研 究 分 析 することによって 今 後 の 日 本 の 学 校 制 度 の 改 善 改 革 の 論 点 を 抽 出 するための 基 礎 的 資 料 を 得 ることを 目 的 とする 3 調 査 内 容 調 査 内 容 は 以 下 のとおりである 1 現 在 の 学 制 の 概 要 (1) 初 等 教 育 中 等 教 育 後 期 中 等 教 育 高 等 教 育 の 年 齢 別 グレード 別 分 類 (2)(1)のうち 義 務 教 育 段 階 義 務 教 育 年 齢 (3)(1)のうち 無 償 で 提 供 される 教 育 (4) 就 学 前 教 育 学 校 外 教 育 の 年 齢 別 グレード 別 分 類 (5) 地 域 による 学 制 の 違 い 国 内 における 義 務 教 育 期 間 の 違 い (6) 飛 び 級 制 度 の 導 入 撤 廃 状 況 飛 び 級 制 度 が 導 入 されている 教 育 段 階 (7) 留 年 制 度 の 導 入 撤 廃 状 況 留 年 制 度 が 導 入 されている 教 育 段 階 2 学 制 の 改 正 状 況 (1) 最 近 20 年 間 に 行 われた 学 制 の 改 正 の 概 要 (2) 現 在 の 学 制 を 規 定 している 法 律 その 根 拠 条 文 (3) 学 制 改 正 前 の 法 律 その 根 拠 条 文 (4) 学 校 段 階 別 学 制 の 改 正 状 況 ア 初 等 教 育 中 等 教 育 後 期 中 等 教 育 高 等 教 育 の 年 齢 区 分 の 改 正 イ 義 務 教 育 年 齢 年 数 の 改 正 ウ 特 定 教 育 段 階 での 無 償 化 導 入 変 更 エ 飛 び 級 制 度 の 導 入 撤 廃 オ 留 年 制 度 の 導 入 撤 廃 1

16 調 査 の 概 要 (5) 学 制 改 正 に 関 する 世 論 動 向 ア 学 制 改 正 に 関 連 した 世 論 動 向 特 に 改 正 当 時 のメディア 報 道 状 況 等 イ 改 正 に 関 する 賛 成 意 見 ウ 改 正 に 関 する 反 対 意 見 (6) 学 制 改 正 の 背 景 学 制 改 正 に 関 する 社 会 的 背 景 (7) 学 制 改 正 に 関 する 評 価 教 育 規 制 庁 や 教 育 研 究 者 などによる 事 後 評 価 4 調 査 対 象 国 イタリア スペイン オランダ ノルウェー アルゼンチン ブラジル インド トルコ ブ ルガリア ルーマニア 2

17 各 国 調 査 結 果 の 要 約 各 国 調 査 結 果 の 要 約 イタリア イタリアの 学 校 制 度 は 就 学 前 教 育 初 等 教 育 中 等 教 育 後 期 中 等 教 育 高 等 教 育 の 大 きく5 つから 構 成 される 義 務 教 育 期 間 は 初 等 教 育 の5 年 間 と 後 期 中 等 教 育 の 最 初 の2 年 間 にあたる6 歳 から 16 歳 の 計 10 年 間 となる 最 近 の 学 制 の 改 正 の 代 表 的 動 向 は 2000 年 2 月 10 日 付 け 法 律 第 30 号 による 義 務 教 育 年 齢 の 引 き 上 げや 2003 年 3 月 28 日 付 け 法 律 第 53 号 により 初 等 教 育 5 年 間 + 中 等 教 育 3 年 間 を 第 一 教 育 サイクル 後 期 中 等 教 育 5 年 間 を 第 二 教 育 サイクル として 再 定 義 したことが 挙 げられる 学 制 改 正 の 背 景 としては 生 涯 学 習 のための 教 育 強 化 の 必 要 性 出 生 率 の 減 少 国 家 財 政 問 題 が 挙 げられている スペイン スペインの 学 校 制 度 は 幼 児 教 育 初 等 教 育 中 等 教 育 ( 義 務 中 等 教 育 高 等 学 校 中 級 職 業 教 育 ) 高 等 教 育 ( 上 級 職 業 教 育 大 学 教 育 )から 成 る 一 般 制 度 と 芸 術 教 育 語 学 教 育 スポーツ 教 育 から 成 る 特 別 制 度 に 大 別 される 義 務 教 育 期 間 は 初 等 教 育 の6 年 間 と 義 務 中 等 教 育 (ESO)の4 年 間 にあたる6 歳 から 16 歳 の 計 10 年 間 となる 最 近 20 年 間 において スペインでは 革 新 系 の 社 会 労 働 党 と 保 守 系 の 国 民 党 という 二 大 政 党 の 間 で 何 度 か 政 権 交 代 が 繰 り 返 され その 度 に 教 育 制 度 改 革 が 行 われている 学 制 の 改 正 の 代 表 的 動 向 は 1990 年 の 教 育 制 度 の 一 般 整 備 に 関 する 組 織 法 による 義 務 教 育 10 年 制 の 導 入 2002 年 の 教 育 の 質 に 関 する 組 織 法 による 1990 年 法 の4 年 制 義 務 中 等 教 育 等 の 問 題 点 改 善 2013 年 の 教 育 の 質 向 上 のための 組 織 法 による 特 定 条 項 の 改 正 といった 目 まぐるしい 法 改 正 が 挙 げられる 1990 年 教 育 制 度 の 一 般 整 備 に 関 する 組 織 法 以 降 の 学 制 改 正 の 背 景 としては 義 務 中 等 教 育 修 了 資 格 をとれないまま 学 校 教 育 を 離 れる 生 徒 が 全 体 の4 分 の1に 達 すること あるいは 作 文 や 読 解 数 学 などの 基 礎 的 学 力 が 周 辺 諸 国 の 平 均 を 下 回 っていることに 対 する 危 機 感 が 挙 げられている 世 論 動 向 には 包 括 的 教 育 か 差 別 的 教 育 か 全 国 の 児 童 生 徒 に 共 通 の 内 容 の 教 育 を 保 証 すべ きか 自 治 州 のより 広 い 権 限 を 尊 重 すべきか 教 育 ( 学 校 )を 選 ぶ 自 由 をめぐる 議 論 宗 教 教 育 の 扱 い 等 の 主 要 な 争 点 が 含 まれる 例 えば 2002 年 の 教 育 の 質 に 関 する 組 織 法 制 定 の 際 には 社 会 党 政 権 による 激 しい 反 対 運 動 が 沸 き 起 こったが 論 争 の 背 景 に 宗 教 問 題 も 含 まれて いる 点 がカトリック 国 ならではの 現 象 であると 言 える オランダ オランダの 学 校 制 度 は 就 学 前 教 育 初 等 教 育 中 等 教 育 中 等 職 業 教 育 高 等 教 育 ( 高 等 職 業 教 育 及 び 大 学 教 育 )から 構 成 される 義 務 教 育 については 1969 年 義 務 教 育 法 において 子 供 が5 歳 になった 月 の 翌 月 最 初 の 通 学 日 から 始 まり 終 了 するのは 子 供 が 16 歳 になった 学 年 の 終 わり 又 は 義 務 教 育 を 12 年 間 受 け たら 修 了 と 定 められている 3

18 各 国 調 査 結 果 の 要 約 最 近 の 学 制 の 改 正 の 代 表 的 な 動 向 としては 1999 年 の 中 等 教 育 法 改 正 による 中 等 一 般 教 育 と 職 業 準 備 教 育 の 統 合 と 現 行 の 中 等 職 業 準 備 教 育 確 立 2007 年 の 1969 年 義 務 教 育 法 改 正 による 通 常 義 務 教 育 への 基 礎 資 格 取 得 義 務 追 加 が 挙 げられる 1999 年 の 改 革 の 目 的 は 職 業 準 備 教 育 が 持 っていた 悪 いイメージを 払 拭 すること そして 実 践 中 心 だった 職 業 準 備 教 育 に 理 論 的 教 育 の 比 重 を 増 やし 理 論 中 心 だった 中 級 一 般 教 育 に 実 践 的 教 育 の 比 重 を 増 やすことによって 中 等 職 業 教 育 への 進 学 がスムースになり 中 退 者 が 減 ることを 期 待 し てのことであった また 2007 年 の 改 革 の 目 的 は 16 歳 になって 義 務 教 育 が 終 了 しても 基 礎 資 格 を 取 得 するまで 又 は 18 歳 になるまでは 通 学 し 続 けられるようにすることであった 学 制 改 正 の 背 景 としては 90 年 代 の 初 めより 中 退 者 の 削 減 という 課 題 や 2010 年 までに 18 歳 か ら 24 歳 の 低 学 歴 者 を 2002 年 の 半 分 にまで 減 少 させるという 課 題 があった 改 正 の 評 価 としては 中 退 者 の 減 少 数 に 焦 点 が 当 てられているが 教 育 段 階 の 違 いによって 成 果 が 異 なるという 見 方 がある ノルウェー ノルウェーの 学 校 制 度 は 幼 児 教 育 基 礎 学 校 教 育 ( 初 等 教 育 および 前 期 中 等 教 育 ) 後 期 中 等 教 育 高 等 教 育 から 構 成 される 後 期 中 等 教 育 段 階 で 普 通 教 育 と 職 業 訓 練 にコース 分 岐 し それぞ れ 教 育 期 間 も 異 なり 普 通 教 育 コースの 場 合 10(7+3)+3 制 となる 義 務 教 育 期 間 は 基 礎 学 校 教 育 期 間 (1 年 生 ~10 年 生 )にあたる6 歳 から 16 歳 の 10 年 間 であ る ノルウェーでは 教 育 政 策 に 関 し 教 育 機 会 の 均 等 を 原 則 としてきたが 1990 年 代 に 入 ると 技 術 経 済 社 会 の 変 化 に 伴 う 教 育 改 革 が 政 策 課 題 となり 1994/1995 年 度 の 改 革 1997/1998 年 度 の 改 革 2002 年 の 学 士 修 士 博 士 課 程 の 年 数 統 一 2004 年 のカリキュラム 改 革 などの 改 革 が 実 施 された 改 革 の 評 価 としては ノルウェーの 政 府 系 研 究 機 関 が 行 った 義 務 教 育 改 革 の 1997 年 事 後 評 価 報 告 が 代 表 的 なものである 改 革 で 掲 げられた 措 置 ( 義 務 教 育 を 10 年 間 に 拡 大 少 数 民 族 の 文 化 を 尊 重 した 教 育 の 実 施 第 1 学 年 における 英 語 教 育 開 始 など)はおおむね 実 施 に 移 され 教 員 や 保 護 者 もその 内 容 を 支 持 しているが カリキュラムの 内 容 水 準 が 高 く 年 度 内 にこなしきれないという 教 員 の 不 満 が 発 生 していることや 自 治 体 による 取 り 組 みに 差 がある 等 課 題 も 指 摘 されている アルゼンチン アルゼンチンの 学 校 制 度 は 初 期 教 育 初 等 教 育 中 等 教 育 高 等 教 育 から 構 成 される 義 務 教 育 期 間 は 初 期 教 育 の 最 終 年 初 等 教 育 中 等 教 育 の 合 計 13 年 間 である 最 近 の 学 制 の 改 正 の 代 表 的 動 向 は 1993 年 の 連 邦 教 育 法 および 2006 年 の 教 育 基 本 法 の 制 定 であ る 学 制 改 正 の 背 景 としては アルゼンチンが 1990 年 代 以 前 に 経 験 したクーデター 国 際 間 紛 争 経 済 危 機 などの 政 治 的 経 済 的 不 安 定 に 対 して 国 家 発 展 のための 教 育 制 度 改 革 の 必 要 性 が 認 識 され 1993 年 の 連 邦 教 育 法 制 定 により 教 育 制 度 の 管 轄 が 各 州 に 権 限 委 譲 されたことが 挙 げられる 上 記 改 革 は 地 域 ニーズに 沿 った 教 育 制 度 を 整 備 することができると 期 待 されたが 逆 に 制 度 の 州 間 格 差 が 生 まれて 混 乱 を 招 く 結 果 に 陥 った そこで 連 邦 政 府 の 権 限 を 再 強 化 するため 2006 年 には 教 育 基 本 法 が 制 定 された 本 報 告 書 執 筆 中 の 2014 年 3 月 時 点 では 2006 年 教 育 基 本 法 制 定 に 関 する 事 後 評 価 の 十 分 な 資 料 は 得 られていない 4

19 各 国 調 査 結 果 の 要 約 ブラジル ブラジルの 学 校 制 度 は 児 童 教 育 基 礎 学 校 教 育 中 等 教 育 高 等 教 育 の4つに 大 別 される こ れらのうち 義 務 教 育 期 間 は6 歳 ~14 歳 までの9 年 間 である 義 務 教 育 段 階 は 基 礎 教 育 1( 第 1 学 年 ~ 第 5 学 年 6 歳 ~10 歳 )と 基 礎 教 育 2( 第 6 学 年 ~ 第 9 学 年 11 歳 ~14 歳 )から 成 る 最 近 の 学 制 の 改 正 の 代 表 的 動 向 は 1996 年 の 国 家 教 育 基 本 法 では8 年 間 と 定 められた 義 務 教 育 期 間 が 共 和 国 大 統 領 府 発 行 の 修 正 法 律 Lei nº により 2010 年 までに9 年 間 に 移 行 する ことが 定 められたことが 挙 げられる 学 制 改 正 の 背 景 には ブラジル 地 理 統 計 院 の 世 帯 調 査 結 果 で 明 らかになった 4~5 歳 の 児 童 における 低 就 学 率 (72.8%) の 改 善 中 等 教 育 における 低 就 学 率 (84%) の 改 善 が 挙 げられ る インド インドの 学 校 制 度 は 就 学 前 教 育 初 等 教 育 ( 初 等 学 校 上 級 初 等 学 校 及 びノンフォーマル 教 育 センター) 中 等 教 育 ( 中 等 学 校 及 び 上 級 中 等 学 校 ) 高 等 教 育 ( 大 学 カレッジ 修 士 博 士 )から 構 成 される 中 等 教 育 段 階 で 中 等 教 育 と 職 業 訓 練 にコース 分 岐 する 義 務 教 育 段 階 は 初 等 教 育 である 初 等 学 校 ( 第 1 学 年 ~ 第 5 学 年 )および 上 級 初 等 学 校 ( 第 6 学 年 ~ 第 8 学 年 )であり 義 務 教 育 年 齢 は6 歳 から 14 歳 である そして 6~14 歳 の 児 童 全 てが 無 償 で 初 等 教 育 を 受 けることを 義 務 付 けられている 最 近 の 学 制 の 改 正 の 代 表 的 動 向 は 1986 年 基 本 教 育 計 画 の 一 環 としての 国 家 教 育 政 策 (National Policy on Education1986/1992) の 策 定 に 基 づく 国 民 全 員 が 教 育 を 平 等 に 受 けること のできる 権 利 を 強 める 普 遍 化 初 等 教 育 への 注 力 化 1994 年 の 郡 初 等 教 育 計 画 (DPEP)の 導 入 によ る 初 等 教 育 の 活 性 化 に 向 けた 取 組 の 開 始 1996 年 の 女 子 教 育 の 重 視 や 初 等 教 育 の 質 改 善 を 目 的 と する NPE 改 正 が 挙 げられる 1996 年 の 改 革 には 州 政 府 との 連 携 のもと 2001 年 までの 実 現 を 目 指 す 全 国 初 等 教 育 完 全 普 及 計 画 が 含 まれた 具 体 的 には 1 億 9200 万 の 児 童 に 教 育 を 受 けさせること 6 歳 ~14 歳 まで の 児 童 全 てが 無 償 で 初 等 教 育 を 受 けることの 義 務 付 け 男 女 社 会 的 階 層 の 違 いによらない8 年 間 の 修 学 修 了 する 権 利 を 保 障 し 初 等 教 育 の 学 習 の 質 を 向 上 させることを 目 指 した 同 時 に 新 学 校 の 設 立 それに 代 わる 学 校 教 育 機 関 や 教 室 トイレ 飲 み 水 などのインフラ 整 備 にも 努 めており 既 存 の 学 校 においても 十 分 な 教 員 数 の 確 保 教 育 学 習 教 材 の 開 発 学 習 支 援 教 科 書 の 提 供 及 び 学 習 成 績 への 支 援 も 組 み 込 まれている トルコ トルコの 学 校 制 度 は 2012 年 より4 年 +4 年 +4 年 の 教 育 システムが 導 入 され 初 等 教 育 第 一 段 階 4 年 (5または6 歳 ~9または 10 歳 ) 初 等 教 育 第 二 段 階 4 年 (9または 10 歳 ~13または 14 歳 ) 後 期 中 等 教 育 4 年 (14 歳 ~18 歳 ) 高 等 教 育 (18 歳 ~)に 分 かれる 上 記 改 革 に 伴 い 初 等 教 育 第 一 段 階 4 年 ( 小 学 校 ) 初 等 教 育 第 二 段 階 4 年 ( 中 学 校 ) 後 期 中 等 教 育 4 年 ( 高 校 )の 計 12 年 が 義 務 教 育 となり 義 務 教 育 の 開 始 年 齢 は 66ヶ 月 となった 2012 年 の 学 制 改 正 については 2012 年 の 文 部 省 作 成 文 書 12 年 間 義 務 教 育 の 質 問 と 回 答 の 中 で 説 明 されており 先 進 諸 国 との 教 育 年 数 高 校 卒 業 者 数 の 違 い 民 主 的 かつ 柔 軟 な 教 育 実 現 そ のための 教 育 課 程 の 分 割 の 必 要 性 などが 背 景 にあるとされている 5

20 各 国 調 査 結 果 の 要 約 また トルコでは 1972 年 文 部 省 初 等 教 育 条 例 :23 条 により 飛 び 級 が 認 められている 点 が 特 筆 される ブルガリア ブルガリアの 学 校 制 度 は 1989 年 の 社 会 主 義 体 制 崩 壊 後 に 制 定 された 新 教 育 法 に 基 づいて 構 築 されており 幼 児 教 育 基 本 教 育 ( 初 等 教 育 及 び 前 期 中 等 教 育 を 統 合 ) 後 期 中 等 教 育 中 等 後 教 育 高 等 教 育 から 構 成 されている 新 教 育 法 第 7 条 で 定 められた 義 務 教 育 年 齢 は 16 歳 までである また その 期 間 は 11 年 間 ( 就 学 準 備 教 育 2 年 間 基 本 教 育 初 等 教 育 及 び 前 期 中 等 教 育 8 年 間 及 び 後 期 中 等 教 育 期 間 のうち 1 年 間 第 9 学 年 まで )である 就 学 準 備 教 育 (5 歳 ~7 歳 )の2 年 間 は 2010/2011 年 度 より 義 務 化 されている ブルガリアでは 1989 年 の 社 会 主 義 体 制 崩 壊 から2 年 を 経 て 新 教 育 法 が 制 定 され 学 校 制 度 改 革 への 取 り 組 みが 行 われてきたが 同 法 は 20 回 以 上 の 改 定 が 行 われ それに 伴 い 教 育 制 度 も 頻 繁 に 変 更 が 行 われ 安 定 した 制 度 が 確 立 していないのが 現 状 である 最 近 の 学 制 の 代 表 的 な 改 正 動 向 としては 義 務 教 育 期 間 の 拡 大 (2009 年 に 10 年 間 2012 年 に 11 年 間 )と 就 学 準 備 教 育 の 義 務 化 (2002 年 /2003 年 は6~7 歳 児 対 象 2010 年 /2011 年 度 は5~6 歳 児 対 象 )が 挙 げられる 学 制 改 正 の 背 景 としては 1989 年 の 社 会 主 義 体 制 崩 壊 後 の 民 主 化 市 場 経 済 移 行 EU 加 盟 の プロセスにおいて 教 育 制 度 改 革 による 良 質 な 労 働 力 の 育 成 確 保 持 続 可 能 な 経 済 発 展 達 成 のた めの 教 育 の 質 効 率 向 上 社 会 の 変 化 に 対 応 できる 良 質 な 労 働 力 の 提 供 少 数 民 族 ロマの 低 教 育 水 準 の 改 善 が 挙 げられる ルーマニア ルーマニアの 学 校 制 度 は 幼 児 教 育 初 等 教 育 中 等 教 育 中 等 後 非 高 等 教 育 高 等 教 育 に 分 けら れているが 1989 年 の 共 産 党 独 裁 制 崩 壊 後 とくに 初 等 中 等 教 育 の 段 階 で 継 続 的 に 教 育 改 革 が 実 施 されている 義 務 教 育 期 間 は 1 初 等 教 育 5 年 間 ( 入 学 準 備 年 及 び 第 1 学 年 ~ 第 4 学 年 ) 中 等 教 育 5 年 間 ( 第 5 学 年 ~ 第 9 学 年 )の 10 年 間 で 5(1 4) 5 制 が 採 用 されている 最 近 学 制 の 改 正 の 代 表 的 動 向 としては 共 産 党 独 裁 体 制 の 廃 止 後 の 1995 年 の 教 育 法 制 定 生 涯 教 育 を 含 む 教 育 全 般 について 定 めた 2011 年 の 国 家 教 育 法 制 定 がある また 義 務 教 育 期 間 は 過 去 20 年 間 で8 年 間 から 10 年 間 に 拡 大 されている 学 制 改 正 の 背 景 には 1989 年 の 共 産 党 体 制 の 崩 壊 に 伴 う 教 育 制 度 の 混 乱 EU 加 盟 を 目 指 すにあ たっての 教 育 制 度 改 革 がある EU 加 盟 に 際 しては EU 諸 国 内 での 学 生 交 流 高 度 人 材 を 含 む 労 働 者 の 交 流 が 求 められるため EU 諸 国 に 準 じた 教 育 制 度 及 び 職 業 訓 練 制 度 の 改 革 ( 初 等 中 等 教 育 の 質 構 造 改 革 や 少 数 民 族 に 対 する 教 育 機 会 保 証 など)や 法 整 備 が 必 要 となった 2001 年 の 政 府 報 告 書 では 1990 年 代 の 学 制 改 正 の 改 善 点 として カリキュラム 整 備 や 教 育 の 地 域 密 着 化 を 挙 げている 一 方 課 題 としては 経 済 社 会 の 混 乱 による 生 活 水 準 の 低 下 教 育 へ の 関 心 の 低 下 が 中 退 者 の 増 加 や 就 学 率 の 減 少 を 招 いたこと こうした 状 況 下 で 優 秀 な 学 生 が 海 外 流 出 していること 等 を 挙 げている 6

21 第 1 章 イタリア 諸 外 国 における 学 制 に 関 する 改 革 の 状 況 調 査 第 1 章 イタリア 1 現 在 の 学 制 の 概 要 (1) 初 等 教 育 中 等 教 育 後 期 中 等 教 育 高 等 教 育 の 年 齢 別 グレード 別 分 類 学 年 歳 27 図 表 1 1:イタリアの 学 校 系 統 図 高 等 23 芸 術 22 大 学 音 楽 21 舞 踏 20 機 関 高 等 技 術 教 育 機 関 義 務 教 育 高 校 ( 普 通 高 校 第 二 教 育 サイクル) 技 術 専 門 学 校 職 業 専 門 学 校 ( 第 二 教 育 サイクル) 中 学 校 ( 第 一 教 育 サイクル) 小 学 校 ( 第 一 教 育 サイクル) 7 州 立 職 業 専 門 学 校 ( 第 二 教 育 サイクル) 高 等 教 育 中 等 教 育 初 等 教

22 第 1 章 イタリア か 月 幼 稚 園 保 育 園 育 就 学 前 教 育 イタリアの 学 校 制 度 は 就 学 前 教 育 初 等 教 育 中 等 教 育 後 期 中 等 教 育 高 等 教 育 の 大 き く5つに 分 けられる 2013/2014 年 度 の 学 制 区 分 ( 学 校 年 度 開 始 月 :9 月 )は 以 下 のとおりである 図 表 1 2:イタリアの 学 制 区 分 区 分 期 間 学 年 年 齢 就 学 前 教 育 3か 月 ~3 歳 3 歳 ~6 歳 保 育 園 幼 稚 園 初 等 教 育 5 年 間 第 1 学 年 ~ 第 5 学 年 6 歳 ~11 歳 第 一 教 育 サイクルに 属 す る 日 本 の 小 学 校 に 相 当 中 等 教 育 3 年 間 第 1 学 年 ~ 第 3 学 年 後 期 中 等 教 育 3~5 年 間 第 1 学 年 ~ 第 5 学 年 11 歳 ~14 歳 第 一 教 育 サイクルに 属 す る 日 本 の 中 学 校 に 相 当 14 歳 ~19 歳 第 二 教 育 サイクルに 属 す る 日 本 の 高 校 高 専 に 相 当 普 通 高 校 技 術 専 門 学 校 職 業 専 門 学 校 が あり 州 立 職 業 専 門 学 校 のみ 3 年 間 あるいは4 年 間 のコースがあり 他 はすべて5 年 間 高 等 教 育 1~8 年 間 19 歳 ~ 上 限 なし 日 本 の 大 学 に 相 当 大 学 :3 5 8 年 間 高 等 芸 術 音 楽 舞 踏 機 関 : 3あるいは5 年 間 高 等 技 術 教 育 期 間 :1あ るいは2 年 間 8

23 第 1 章 イタリア イタリアの 教 育 の 概 要 は 以 下 のとおりである 初 等 教 育 : 日 本 の 小 学 校 に 相 当 (6 歳 ~11 歳 ) 中 等 教 育 : 日 本 の 中 学 校 に 相 当 (11 歳 ~14 歳 ) 後 期 中 等 教 育 : 日 本 の 高 校 専 門 学 校 に 相 当 (14 歳 ~19 歳 ) 図 表 1 3:イタリアの 教 育 の 概 要 就 学 年 齢 は 入 学 年 の 12 月 31 日 までに6 歳 になる 子 供 た だし 入 学 年 の 翌 年 4 月 30 日 までに6 歳 になる 子 供 も 学 校 側 の 席 に 空 きがある 場 合 には 入 学 が 可 能 となる 期 間 は5 年 間 で 最 初 の1 年 間 と2 年 間 プラス2 年 間 の3 期 間 として 構 成 さ れる 2 学 期 制 で 1 学 期 は9 月 初 中 旬 から1 月 下 旬 2 学 期 は2 月 初 旬 から6 月 初 中 旬 までとなる 1 週 間 の 授 業 時 間 は 24 時 間 27 時 間 30 時 間 40 時 間 という4つの 選 択 肢 があ り 入 学 時 に 両 親 が 希 望 する 時 間 を 申 請 するが 30 時 間 の 場 合 には 学 校 側 の 対 応 能 力 や 申 請 者 数 により 可 否 が 判 断 され 40 時 間 の 場 合 には 学 生 食 堂 がある 等 の 適 切 な 施 設 を 有 する 学 校 の み 実 施 が 可 能 となる 卒 業 のための 国 家 試 験 (Esame di stato) は 実 施 されない 期 間 は3 年 間 初 等 教 育 の5 年 間 を 合 わせた8 年 間 が 第 一 教 育 サイクル(Primo ciclo scolastico)と 呼 ばれる 2 学 期 制 で 1 学 期 は9 月 初 中 旬 から1 月 下 旬 2 学 期 は2 月 初 旬 から6 月 初 中 旬 までとなる 1 週 間 の 授 業 時 間 は 30 時 間 が 基 本 である が 学 校 に 学 生 食 堂 がある 等 の 適 切 な 施 設 を 有 する 場 合 で 両 親 からの 申 請 数 が 多 数 である 場 合 36 時 間 あるいは 40 時 間 と いう3つの 選 択 肢 がある 卒 業 して 後 期 中 等 教 育 課 程 に 進 むた めには 国 家 試 験 に 合 格 する 必 要 がある 後 期 中 等 教 育 に 属 する 学 校 として 普 通 高 校 (Liceo) 技 術 専 門 学 校 ( Istruzione tecnica) 職 業 専 門 学 校 ( (Istruzione professionale)) 州 立 職 業 訓 練 専 門 学 校 (Percorsi regionali di istruzione e formazione professionale)の4 種 類 が 存 在 する この 後 期 中 等 教 育 の5 年 間 は 第 二 教 育 サイクル(Secondo ciclo scolastico)と 呼 ばれる すべて2 学 期 制 で 1 学 期 は9 月 初 中 旬 から1 月 下 旬 2 学 期 は2 月 初 旬 から6 月 初 中 旬 までとな る 普 通 高 校 : 5 年 間 の 就 学 期 間 で 文 系 高 校 (Liceo classico)) 理 系 高 校 (Liceo scientifico) 語 学 高 校 (Liceo linguistico) 芸 術 高 校 (Liceo artistico) 音 楽 舞 踏 高 校 (Liceo musicale e coreutico) 人 文 科 学 高 校 (Liceo delle scienze umane)の6つに 分 類 され る 1 週 間 の 授 業 時 間 は 最 初 の2 年 間 が 27 時 間 で 後 の3 年 間 が 30 時 間 技 術 専 門 学 校 職 業 専 門 学 校 : 技 術 専 門 学 校 は テクノロジー 分 野 に9コース 経 済 分 野 に 2コースの 合 計 11 コースから 選 択 し 職 業 専 門 学 校 は 産 業 手 工 業 分 野 に2コース サービス 分 野 に4コースの 合 計 6 コースから 選 択 を 行 う 技 術 専 門 学 校 及 び 職 業 専 門 学 校 とも5 年 間 の 就 学 期 間 で 最 初 の2 年 間 次 の2 年 間 最 後 の1 年 間 の3 期 間 として 構 成 されている 1 週 間 の 授 業 時 間 は 双 方 と 9

24 第 1 章 イタリア 高 等 教 育 : 日 本 の 大 学 に 相 当 (19 歳 ~) も 32 時 間 技 術 専 門 学 校 と 職 業 専 門 学 校 との 違 いは 職 業 専 門 学 校 がよ り 仕 事 に 直 結 した 内 容 であるのに 対 して 技 術 専 門 学 校 は 大 学 等 の 高 等 教 育 で 学 ぶための 各 専 門 に 対 する 理 論 と 実 践 を 学 ぶこ とにある 高 等 教 育 課 程 に 進 学 するには 国 家 試 験 に 合 格 する 必 要 がある 州 立 職 業 訓 練 専 門 学 校 : 3 年 修 了 時 での 専 門 資 格 の 交 付 あるいはその 後 1 年 間 就 学 で 専 門 学 位 の 交 付 をおこなっている 専 門 資 格 は 農 業 機 械 木 工 など 21の 分 野 がある これは 国 立 職 業 専 門 学 校 が 2009 年 までは3 年 修 了 時 において 専 門 資 格 を 得 て 労 働 を 始 めるか あ るいはその 後 2 年 間 の 就 学 で 専 門 学 位 を 得 るかの 選 択 が 可 能 で あったのが 2010 年 以 降 は5 年 間 の 就 学 期 間 のみの 選 択 とな り 3 年 修 了 時 に 労 働 を 開 始 できなくなったことを 補 うもので あった 州 立 職 業 訓 練 専 門 学 校 から 高 等 教 育 に 進 むためには 4 年 間 就 学 による 専 門 学 位 の 取 得 後 に 国 立 の 職 業 専 門 学 校 に 転 籍 し 最 終 学 年 にあたる1 年 間 ( 合 計 5 年 間 )の 就 学 後 に 国 家 試 験 に 合 格 する 必 要 がある 高 等 教 育 に 属 する 機 関 を 大 別 すると 大 学 (Università) 高 等 技 術 教 育 機 関 (Istruzione e formazione tecnica superiore) 高 等 芸 術 音 楽 舞 踏 機 関 ( Alta formazione artistica, musicale e coreutica)がある 大 学 : 第 一 サイクルとしての3 年 間 の 課 程 を 修 了 すると 学 士 号 が 与 えられ 第 二 サイクルとしての2 年 間 を 各 専 門 コースで 修 了 す ることにより 専 門 学 位 が 与 えられ 第 三 サイクルとしての3 年 間 の 修 了 で 博 士 号 を 与 えられる 高 等 技 術 教 育 機 関 : 専 門 技 術 の 習 得 を 目 的 としたもので 6か 月 間 を2 期 あるい は4 期 の2コースがある 最 低 1,200 時 間 最 高 2,400 時 間 の 授 業 時 間 のうち 30%にあたる 時 間 を 実 際 の 職 場 での 研 修 にあて なければならない 高 等 芸 術 音 楽 舞 踏 機 関 : 美 術 ダンス 演 劇 インダストリアル アート 音 楽 を 第 一 レベルの3 年 間 第 二 レベルの2 年 間 で 学 ぶ 卒 業 者 は 大 学 卒 業 者 と 同 じ 卒 業 資 格 を 得 る (2)(1)のうち 義 務 教 育 段 階 義 務 教 育 年 齢 義 務 教 育 期 間 は 第 一 教 育 サイクル 全 期 間 と 第 二 教 育 サイクルの 最 初 の2 年 間 つまり 初 等 教 育 から 後 期 中 等 教 育 の 最 初 の2 年 間 にあたる6 歳 から 16 歳 の 10 年 間 が 義 務 教 育 となる (3)(1)のうち 無 償 で 提 供 される 教 育 教 科 書 代 や 少 額 の 入 学 金 や 試 験 代 などを 除 き 国 立 学 校 の 初 等 教 育 中 等 教 育 及 び 後 期 中 等 教 育 の 最 初 の3 年 間 の 授 業 は 無 償 で 提 供 される また 高 等 技 術 教 育 機 関 における 教 育 も 無 償 提 供 される 10

25 第 1 章 イタリア (4) 就 学 前 教 育 学 校 外 教 育 の 年 齢 別 グレード 別 分 類 就 学 前 教 育 としては 3か 月 から3 歳 を 対 象 とした 保 育 園 (Asilo nido) 3 歳 から6 歳 を 対 象 とした 幼 稚 園 (Scuola dell infanzia)がある 学 校 外 教 育 としては 普 通 高 校 技 術 専 門 学 校 職 業 専 門 学 校 といった 第 二 教 育 サイクルに 属 する 生 徒 で 15 歳 から 18 歳 の 希 望 者 に 対 して 授 業 時 間 の 一 部 を 実 際 の 職 場 での 研 修 にあて 授 業 による 知 識 と 職 場 での 実 践 の 統 合 を 図 ることができるような 制 度 (Alternanza scuolalavoro)がある (5) 地 域 による 学 制 の 違 い 国 内 における 義 務 教 育 期 間 の 違 い 学 期 の 開 始 終 了 日 が 州 により 異 なるが 地 域 による 学 制 の 違 い 及 び 義 務 教 育 期 間 の 違 いは ない 国 内 における 義 務 教 育 機 関 の 違 いとしては 国 立 学 校 (Scuola statale) 私 立 学 校 (Scuola privata) 認 定 私 立 学 校 (Scuola privata paritaria)の 3 種 類 が 存 在 する 認 定 私 立 学 校 は 国 立 学 校 ではないが 国 の 教 育 計 画 規 則 に 沿 った 運 営 をおこない 学 校 運 営 に 関 して 補 助 金 を 受 けられる 仕 組 みとなっている 少 し 古 い 資 料 になるが イタリア 国 家 統 計 局 (ISTAT) 発 表 1 の 2007/2008 年 度 における 国 立 学 校 と 私 立 学 校 ( 認 定 私 立 学 校 を 含 む)の 数 と 生 徒 数 は 以 下 のとおりである 図 表 1 4: 国 立 私 立 の 学 校 生 徒 数 国 立 学 校 数 国 立 生 徒 数 私 立 学 校 数 私 立 生 徒 数 初 等 学 校 18,101 2,830,056 1, ,226 中 等 学 校 7,939 1,727, ,424 後 期 中 等 教 育 6,719 2,747,530 1, ,840 (6) 飛 び 級 制 度 の 導 入 撤 廃 状 況 飛 び 級 制 度 が 導 入 されている 教 育 段 階 飛 び 級 制 度 は 存 在 しない (7) 留 年 制 度 の 導 入 撤 廃 状 況 留 年 制 度 が 導 入 されている 教 育 段 階 留 年 制 度 は 初 等 教 育 中 等 教 育 後 期 中 等 教 育 高 等 教 育 のすべての 段 階 で 導 入 されてい る 図 表 1 5: 留 年 制 度 詳 細 初 等 教 育 先 生 達 の 満 場 一 致 により 相 当 な 理 由 により 進 級 が 認 められないと 判 断 された 場 合 のみ 留 年 となる 中 等 教 育 後 期 中 等 教 育 高 等 教 育 2 学 制 の 改 正 状 況 (1) 最 近 20 年 間 に 行 われた 学 制 の 改 正 の 概 要 素 行 点 が 10 点 満 点 中 6 点 に 満 たない 場 合 や すべての 教 科 における 成 績 が 10 点 満 点 中 6 点 以 上 でなければ 留 年 となる また 中 等 教 育 及 び 後 期 中 等 教 育 の 卒 業 の 際 に 国 家 試 験 に 合 格 しなければ 留 年 と なる 大 学 等 などでは 卒 業 のため 取 得 すべき 各 教 科 での 試 験 に 合 格 しな ければ 留 年 となる 1 イタリア 国 家 統 計 局 (ISTAT):http://en.istat.it/lavoro/sistema_istruzione/tavolescolastico.html 11

26 第 1 章 イタリア ア 2000 年 2 月 10 日 付 け 法 律 第 30 号 (Legge 10 febbraio 2000 n.30 通 称 べリングエル 法 2 ) 1 義 務 教 育 を 15 歳 までの9 年 間 に 引 き 上 げ 2 国 は 義 務 教 育 期 間 ではない3 歳 から6 歳 までのすべての 幼 児 が 幼 稚 園 へ 通 園 す る 権 利 を 保 証 する 3 初 等 教 育 5 年 間 を7 年 間 に 変 更 初 等 教 育 の 終 了 は 国 家 試 験 の 合 格 をもって 成 さ れる (この 規 定 は 初 等 教 育 中 等 教 育 教 師 の 反 発 もあり 実 現 していない) 4 初 等 教 育 5 年 間 中 等 教 育 3 年 間 後 期 中 等 教 育 5 年 間 から 第 一 教 育 サイクルと しての 初 等 教 育 7 年 間 と 第 二 教 育 サイクルとしての 中 等 教 育 6 年 間 への 変 更 (この 規 定 は 初 等 教 育 の7 年 間 への 変 更 が 成 されず 実 現 していない) イ 2003 年 3 月 28 日 付 け 法 律 第 53 号 (Legge 28 marzo 2003 n.53 通 称 モラッティ 法 3 ) 1 幼 稚 園 の 名 称 が Scuola materna から Scuola dell infanzia に 初 等 教 育 機 関 が Scuola elementareから Scuola primariaへ 中 等 教 育 機 関 が Scuola mediaから Scuola secondaria di primo grado へ 後 期 中 等 教 育 機 関 が Scuola superiore から Scuola secondaria di secondo gradoへ 名 称 変 更 された 2すべての 生 徒 に 対 して 教 育 と 職 業 訓 練 の 権 利 を 最 低 12 年 間 保 証 する(1つの 資 格 取 得 に 向 けた 教 育 訓 練 を 受 ける 権 利 を 18 歳 まで 保 証 する) 3 教 育 サイクルの 確 立 初 等 教 育 5 年 間 プラス 中 等 教 育 3 年 間 が 第 一 教 育 サイク ル 後 期 中 等 教 育 5 年 間 が 第 二 教 育 サイクル 4 各 教 育 サイクル 最 終 年 度 における 国 家 試 験 の 実 施 100 点 満 点 で 60 点 未 満 は 楽 第 515 歳 になった 者 は 学 校 側 の 計 画 と 企 業 の 協 力 に 基 づき 第 二 教 育 サイクルにおい て 学 校 での 授 業 と 職 場 での 実 践 研 修 のための 行 き 来 ができる (2) 現 在 の 学 制 を 規 定 している 法 律 その 根 拠 条 文 現 在 の 学 制 を 規 定 している 法 律 は 前 述 のモラッティ 法 及 びベルルスコーニ 政 権 時 代 の 2008 年 5 月 から 2011 年 11 月 まで 教 育 大 学 研 究 省 (Ministro dell'istruzione, Università e Ricerca) 大 臣 であったジェルミーニ(Gelmini) 主 導 による 一 連 の 改 革 が 基 礎 となっている ア 2003 年 3 月 28 日 付 け 法 律 第 53 号 (Legge 28 marzo 2003 n.53) 1 幼 稚 園 の 名 称 が Scuola materna から Scuola dell infanzia に 初 等 教 育 機 関 が Scuola elementareから Scuola primariaへ 中 等 教 育 機 関 が Scuola mediaから Scuola secondaria di primo grado へ 後 期 中 等 教 育 機 関 が Scuola superiore から Scuola secondaria di secondo grado へ 名 称 変 更 された= 条 文 による 規 定 なし 当 該 法 律 内 での 呼 称 変 更 2すべての 生 徒 に 対 して 教 育 と 職 業 訓 練 の 権 利 を 最 低 12 年 間 保 証 する (1つの 資 格 取 得 に 向 けた 教 育 訓 練 を 受 ける 権 利 を 18 歳 まで 保 証 する) = 第 2 条 第 1 項 C 教 育 サイクルの 確 立 初 等 教 育 5 年 間 プラス 中 等 教 育 3 年 間 が 第 一 教 育 サイクル 後 期 中 等 教 育 5 年 間 が 第 二 教 育 サイクル= 第 2 条 第 1 項 D 3 各 教 育 サイクル 最 終 年 度 における 国 家 試 験 の 実 施 100 点 満 点 で 60 点 未 満 は 落 第 = 第 3 条 第 1 項 C 年 2 月 10 日 付 け 法 律 第 30 号 (Legge 10 febbraio 2000 n.30) : 年 3 月 28 日 付 け 法 律 第 53 号 (Legge 28 marzo 2003 n.53) : 12

27 第 1 章 イタリア 415 歳 になった 者 は 学 校 側 の 計 画 と 企 業 の 協 力 に 基 づき 第 二 教 育 サイクルにおい て 学 校 での 授 業 と 職 場 での 実 践 研 修 のための 行 き 来 ができる= 第 4 条 第 1 項 イ 2008 年 10 月 30 日 付 け 法 律 第 169 号 (Legge 30 ottobre 2008, n ) 1 第 一 教 育 サイクルと 第 二 教 育 サイクルにおいて 市 民 権 と 憲 法 に 関 する 学 習 の 導 入 = 第 1 条 第 1 項 2 中 等 教 育 及 び 後 期 中 等 教 育 における 素 行 評 価 の 導 入 評 価 は 10 点 満 点 で 6 点 に 満 たない 場 合 は 留 年 となる= 第 2 条 第 項 3 初 等 教 育 における 学 業 成 績 を 10 点 満 点 による 評 価 で 行 う= 第 3 条 第 1 項 3 初 等 教 育 においては 先 生 達 の 満 場 一 致 により 相 当 な 理 由 により 進 級 が 認 められ ないと 判 断 された 場 合 のみ 留 年 となる= 第 3 条 第 1 項 補 足 5 中 等 教 育 における 学 業 成 績 を 10 点 満 点 による 評 価 で 行 う= 第 3 条 第 2 項 6 中 等 教 育 において 学 業 成 績 が1つでも6 点 に 満 たない 教 科 がある 場 合 は 留 年 とな る= 第 3 条 第 3 項 7 初 等 教 育 においては 1 人 の 教 師 が1クラスのすべての 授 業 を 受 け 持 つ= 第 4 条 第 1 項 8 初 等 教 育 用 の 教 科 書 は5 年 間 中 等 及 び 後 期 中 等 教 育 用 の 教 科 書 は6 年 間 その 内 容 を 改 訂 しない 補 足 版 としての 教 科 書 はこの 限 りではない= 第 5 条 第 1 項 ウ 2009 年 6 月 22 日 付 け 大 統 領 令 第 122 号 (DECRETO DEL PRESIDENTE DELLA REPUBBLICA 22 giugno 2009, n ) 後 期 中 等 教 育 において 学 業 成 績 が1つでも6 点 に 満 たない 教 科 がある 場 合 は 留 年 となる= 第 4 条 第 5 項 エ 2010 年 1 月 13 日 付 けにて 国 家 評 議 会 (Consiglio di stato)により 承 認 された 後 期 中 等 教 育 改 革 案 (Riordino dei licei e riforma degli istituti tecnici e professionali 6 1 普 通 高 校 において 数 多 くの 分 野 があったものを 文 系 高 校 (Liceo classico) 理 系 高 校 ( Liceo scientifico) 語 学 高 校 ( Liceo linguistico) 芸 術 高 校 ( Liceo artistico) 音 楽 舞 踏 高 校 (Liceo musicale e coreutico) 人 文 科 学 高 校 (Liceo delle scienze umane)の 6つに 集 約 化 = 第 5 条 2 技 術 専 門 学 校 において 10 分 野 39コースあった 選 択 肢 を 2 分 野 11コースに 削 減 = 第 6 条 3 職 業 専 門 学 校 において 5 分 野 27 コースあった 選 択 肢 を 2 分 野 6コースに 削 減 = 第 7 条 オ 2010 年 12 月 30 日 付 け 法 律 第 240 号 (Legge 30 dicembre 2010, n ) 1 教 育 研 究 活 動 の 質 や 効 率 の 向 上 のため 2 以 上 の 大 学 で 大 学 連 合 を 形 成 するこ とができる 連 合 内 容 は 一 部 の 活 動 だけでもよい= 第 3 条 第 1 項 年 10 月 30 日 付 け 法 律 第 169 号 (Legge 30 ottobre 2008, n.169)):http://www.camera.it/parlam/leggi/08169l.htm 年 6 月 22 日 付 け 大 統 領 令 第 122 号 (DECRETO DEL PRESIDENTE DELLA REPUBBLICA 22 giugno 2009, n.122): 年 1 月 13 日 付 け 後 期 中 等 教 育 改 革 案 (Riordino dei licei e riforma degli istituti tecnici e professionali): 年 12 月 30 日 付 け 法 律 第 240 号 (Legge 30 dicembre 2010, n.240): 13

28 第 1 章 イタリア (3) 学 制 改 正 前 の 法 律 その 根 拠 条 文 ア 2000 年 のべリングエル 法 による 学 制 改 正 以 前 の 法 律 2000 年 のべリングエル 法 による 学 制 改 正 以 前 の 法 律 については 以 下 のとおりである 年 7 月 8 日 付 法 律 第 407 号 (Legge 5 luglio 1904, n.407 通 称 オルランド 法 )に より 義 務 教 育 年 齢 を 12 歳 までに 引 き 上 げ 初 等 学 校 の 設 立 運 営 を 各 市 町 村 の 責 任 とした 年 6 月 4 日 付 け 法 律 第 487 号 (Legge 4 giugno 1911, n.487 通 称 ダネオ-クレ ダオ 法 )により 初 等 学 校 の 設 立 運 営 を 国 の 責 任 とした 年 10 月 1 日 付 け 国 王 令 第 2185 号 第 1 条 (Regi Decreti 1 ottobre 1923, n.2185 art.1 通 称 ジェンティーレ 改 革 )による 初 等 教 育 期 間 の4 年 間 から5 年 間 への 引 き 上 げ 同 法 律 第 13 条 による 初 等 教 育 卒 業 資 格 取 得 のための 卒 業 試 験 の 導 入 年 交 付 イタリア 国 憲 法 第 34 条 第 2 項 (Costituzione Italiana art.34 com.2 ) に より 義 務 教 育 期 間 は8 年 間 で 14 歳 までと 定 められた 年 12 月 31 日 付 け 法 律 第 1859 号 第 16 条 (Legge 31 dicembre 1962, n.1859 art.16 )により 普 通 中 等 学 校 と 職 業 専 門 中 等 学 校 が 存 在 した 中 等 教 育 を 統 一 化 イ 2008 年 以 降 のジェルミーニ 大 臣 による 学 制 改 正 前 との 内 容 比 較 2008 年 以 降 のジェルミーニ 大 臣 による 学 制 改 正 前 との 内 容 比 較 については 以 下 のとおり である 1 初 等 教 育 における1クラス1 教 師 制 は 1990 年 6 月 5 日 付 け 法 律 第 148 号 (Legge 5 giugno 1990, n.148 ) 第 4 条 第 3 項 により 2クラス3 教 師 と 規 定 され ていた 2 第 一 教 育 サイクルにおける 学 期 年 間 の 素 行 学 業 評 価 については 2004 年 12 月 3 日 付 け 教 育 省 令 第 85 号 (Circolare ministeriale 03 dicembre 2004, n.85)にて 点 数 制 ではなく 責 任 教 師 の 判 断 に 任 されていた 成 績 は 大 変 良 い かなり 良 い 良 い 悪 い 大 変 悪 いに 分 類 3 第 二 教 育 サイクルにおける 学 期 年 間 の 素 行 学 業 評 価 については 2005 年 10 月 17 日 付 け 政 令 第 226 号 (Decreto Legislativo 17 ottobre 2005, n. 226) 第 13 条 第 1 項 により 点 数 制 ではなく 責 任 教 師 の 判 断 に 任 されていた 大 変 良 い かなり 良 い 良 い 悪 い 大 変 悪 いに 分 類 (4) 学 校 段 階 別 学 制 の 改 正 状 況 ア 初 等 教 育 中 等 教 育 後 期 中 等 教 育 高 等 教 育 の 年 齢 区 分 の 改 正 1923 年 のジェンティーレ(Gentile) 教 育 大 臣 による 改 正 により 初 等 教 育 が4 年 間 から5 年 間 に 延 長 8 されて 以 降 各 教 育 段 階 における 年 齢 区 分 の 改 正 はなし 2000 年 のべリングエ ル 法 による 初 等 教 育 の7 年 間 への 変 更 は 実 現 していない イ 義 務 教 育 年 齢 年 数 の 改 正 1948 年 交 付 イタリア 国 憲 法 第 34 条 第 2 項 (Costituzione Italiana art.34 com.2 9 )により 義 務 教 育 期 間 は8 年 間 で 14 歳 までと 定 められた 2000 年 のべリングエル 法 により 9 年 間 15 歳 年 10 月 1 日 付 け 国 王 令 第 2185 号 第 1 条 (Regio Decreto 01 ottobre 1923 art.1)に 規 定 : 年 交 付 イタリア 国 憲 法 第 34 条 第 2 項 (Costituzione Italiana art.34 com.2): https://www.senato.it/1025?sezione=121&articolo_numero_articolo=34 14

29 第 1 章 イタリア までに 引 き 上 げられ 2006 年 12 月 27 日 付 け 法 律 第 296 号 第 1 条 第 622 項 - 通 称 2007 年 財 政 法 (Legge 27 dicembre 2006 art.1 com )により 10 年 間 16 歳 に 再 度 引 き 上 げされた ウ 特 定 教 育 段 階 での 無 償 化 導 入 変 更 なし エ 飛 び 級 制 度 の 導 入 撤 廃 飛 び 級 制 度 の 導 入 実 績 はない オ 留 年 制 度 の 導 入 撤 廃 モラッティ(Moratti) 法 として 知 られる 2003 年 3 月 28 日 付 け 法 律 第 53 号 により 初 等 教 育 卒 業 のための 試 験 が 廃 止 されたため 初 等 教 育 卒 業 試 験 不 合 格 による 留 年 はなくなった (5) 学 制 改 正 に 関 する 世 論 動 向 ( 改 正 規 模 の 大 きかったジェルミーニ 改 革 に 対 する 世 論 動 向 ) ア 学 制 改 正 に 関 連 した 世 論 動 向 特 に 改 正 当 時 のメディア 報 道 状 況 等 ラ レプッブリカ(La Repubblica) イタリア 最 大 3 紙 のひとつ( 中 道 左 派 )は 初 等 教 育 における 1クラス 1 教 師 制 及 び 教 科 書 の 5 年 間 不 改 訂 に 対 して 驚 愕 と のタイトルでの 報 道 コッリエレ デッラ セーラ(Corriere della Sera)イタリア 最 大 3 紙 のひとつ( 右 派 )は 学 制 改 革 は 必 要 であるとのイタリア 産 業 連 盟 (Confindustoria) 会 長 の 発 言 を 載 せるなど 同 調 的 な 報 道 ラ スタンパ(La Stampa)イタリア 最 大 3 紙 の1つ( 左 派 )は 初 等 教 育 におけ る1クラス1 教 師 制 には 懐 疑 的 な 報 道 イ 改 正 に 関 する 賛 成 意 見 前 述 のコッリエレ デッラ セーラ 紙 の 記 事 には イタリア 産 業 連 盟 会 長 である エンマ マルチェガリア(Emma Marcegaglia) 氏 の 発 言 として 予 算 を 削 減 して 適 正 な 人 数 を 配 置 する 規 定 であり これで 立 ち 止 まるのではなく クオリティー 利 点 効 果 性 の 視 点 で 本 当 の 改 革 を 始 めるべき と 賛 同 している 元 ミラノ 県 顧 問 で ジャーナリストのマックス ブルスキ(Max Bruschi) 氏 の 意 見 として 元 々1クラス1 教 師 制 であったシステムを 1990 年 の 法 律 第 148 号 は 教 師 の 給 与 を 上 げる 代 わりに 教 師 の 数 を 増 やしたため ほとんどの 教 師 が 安 い 給 与 に 苦 しんだ 初 等 教 育 という 児 童 生 徒 にとって 非 常 に 大 切 な 時 期 の 教 育 は 良 い 給 与 をもらい 教 育 に 対 する 準 備 のできている1 人 の 教 師 が 5 年 間 児 童 に 寄 り 添 い 一 貫 した 教 育 方 針 で 成 された 方 が 良 い と 述 べている ウ 改 正 に 関 する 反 対 意 見 (ア) 反 対 意 見 の 概 要 改 正 に 関 する 反 対 意 見 の 主 要 なものを 以 下 にまとめた 11クラス1 教 師 制 に 対 する 野 党 イタリア 民 主 党 (Partito Democratico)マリアピア ガラ 11 バレィア(Mariapia Garavaglia) 議 員 の 反 対 意 見 年 財 政 法 (Legge 27 dicembre 2006 art.1 com.622): 11 マリアピア ガラバレィア(Mariapia Garavaglia) 議 員 の 反 対 意 見 : 15

30 第 1 章 イタリア イタリアでは 学 校 が 常 に 貧 弱 なものへと 近 づいている 人 間 形 成 のため に 最 も 重 要 な 時 期 である 初 等 教 育 に 1クラス1 教 師 制 が 再 導 入 された 社 会 が 課 す 多 くの 変 化 に 対 応 してすべての 教 科 を1 人 の 教 師 が 教 えなければな らない 週 24 時 間 授 業 でも 大 変 なのに 40 時 間 授 業 の 場 合 どうなってしまう のか 21クラス1 教 師 制 に 関 する 2008 年 12 月 3 日 第 7 回 上 院 常 任 委 員 会 (Commissione permanente del Senato)の 勧 告 12 初 等 教 育 において 専 門 の 英 語 教 師 が 必 要 なのは 明 らかである 充 分 な 専 門 性 を 持 った 教 師 体 制 を 作 ってでも 対 応 するべきである 31クラス1 教 師 制 に 対 するイタリア3 大 労 働 組 合 の1つであるイタリア 労 働 連 盟 (UIL: Unione Italiana del Lavoro) 学 校 部 会 の 反 対 意 見 13 初 等 学 校 において 6 万 人 にも 及 ぶ 教 師 のポストが 無 くなる 可 能 性 がある 重 大 な 警 告 である 4 教 科 書 の 初 等 教 育 5 年 間 中 等 及 び 後 期 中 等 教 育 6 年 間 不 改 訂 に 対 するイタリア 出 版 協 会 教 育 グループ(Gruppo Educazione dell'associazione Italiana degli editori) 長 である ウリッセ ジャコムッツィ(Ulisse Jacomuzzi) 氏 の 反 対 意 見 14 教 科 書 の 値 段 は 不 変 ではなく 多 くの 要 素 により 変 化 する 例 えば 2008 年 に 教 科 書 を 印 刷 し 翌 年 あるいは2 年 後 に 再 印 刷 しなければならない 場 合 原 材 料 費 の 新 たな 価 格 を 考 慮 しなければならない 改 訂 しなくとも 教 科 書 の 価 格 を 据 え 置 くことはできないとしている 5 中 等 教 育 及 び 後 期 中 等 教 育 における 素 行 評 価 の 再 導 入 に 対 する 野 党 イタリア 中 道 連 合 (Unione di Centro)のルイーザ カピタニオ(Luisa Capitanio ) 議 員 の 反 対 意 見 15 素 行 評 価 の 再 導 入 では 学 校 の 悲 惨 な 状 況 を 改 善 できない 現 場 責 任 者 の 同 意 もなしに 広 範 な 議 論 を 持 ちかけることもなく 前 任 者 達 の 約 束 に 反 し て 教 育 大 臣 の 顔 だけが 変 わるという 事 実 が 残 るのみである (イ) 反 対 意 見 に 対 する 政 府 の 公 式 抗 弁 反 対 意 見 に 対 する 政 府 の 公 式 抗 弁 の 主 要 なものを 以 下 にまとめた クラス1 教 師 制 に 関 するジェルミーニ 教 育 大 臣 の 抗 弁 年 12 月 3 日 第 7 回 上 院 常 任 委 員 会 (Commissione permanente del Senato)の 勧 告 : 13 イタリア 労 働 連 盟 (UIL: Unione Italiana del Lavoro) 学 校 部 会 の 反 対 意 見 : _indietro_di_ventanni/notizie/30334.shtml 14 ウリッセ ジャコムッツィ(Ulisse Jacomuzzi) 氏 の 反 対 意 見 : 15 ルイーザ カピタニオ(Luisa Capitanio ) 議 員 の 反 対 意 見 : 16 1クラス1 教 師 制 に 関 するジェルミーニ(Gelmini) 教 育 大 臣 の 抗 弁 : _indietro_di_ventanni/notizie/30334.shtml 16

31 第 1 章 イタリア 3 人 教 師 チームの 導 入 は 教 育 するということの 必 要 事 項 に 対 応 できなか った 個 人 的 には 単 に 教 師 の 数 を 増 やすということだけに 役 に 立 った 印 象 を 持 っている 出 生 率 の 低 下 から 子 供 が 減 っていることから 見 ても 論 理 的 で はない 3 人 教 師 チームの 学 校 に 未 来 はない 何 故 なら 支 出 の 97%を 給 与 で 費 やしており 改 革 をしようとする 分 野 では ギプスで 固 めたような 費 用 は 認 められない 少 ない 教 師 で より 良 い 給 与 を 払 うようにしたい クラス1 教 師 制 に 関 するジェルミーニ 教 育 大 臣 による 他 の 抗 弁 初 等 教 育 における 人 間 形 成 と 教 育 の 責 任 が 最 初 から 最 後 まで1 人 の 教 師 により 全 うされる このシステムは 教 師 複 数 制 よりも 優 るものである 3 教 科 書 の 初 等 教 育 5 年 間 中 等 及 び 後 期 中 等 教 育 6 年 間 不 改 訂 に 関 するジェルミーニ 教 育 大 臣 の 抗 弁 18 内 容 的 には 80% 同 じで 毎 年 毎 年 単 に 段 落 をずらしただけの 教 科 書 で 1 家 族 に 年 間 800 ユーロもの 出 費 を 強 いる 出 版 社 によって 巧 妙 に 膨 張 させられ た 教 科 書 制 度 はもうやめる 時 である 4 中 等 教 育 及 び 後 期 中 等 教 育 における 素 行 評 価 の 再 導 入 に 関 するジェルミーニ 教 育 大 臣 の 抗 弁 19 いじめ 事 件 の 増 加 が 両 親 や 教 師 を 心 配 させている 素 行 評 価 の 導 入 は 生 徒 の 人 格 形 成 に 素 行 が 重 要 な 要 素 となる 厳 格 な 学 校 に 戻 ることになる (ウ) 財 政 面 を 根 拠 にした 反 対 意 見 の 有 無 ジェルミーニ 大 臣 による 学 制 改 正 は 財 政 引 き 締 めを 理 由 におこなわれており 財 政 面 を 根 拠 にした 反 対 意 見 は 無 い 野 党 価 値 あるイタリア 党 (Italia dei valori)のシルヴァー ナ ムーラ(Silvana Mura) 議 員 が ジェルミーニ 改 革 は 予 算 削 減 があるだけ 20 と 批 判 している (エ) 上 記 の 抗 弁 に 対 して 政 府 が 行 った 抗 弁 なし (6) 学 制 改 正 の 背 景 学 制 改 正 に 関 する 主 要 な 社 会 的 背 景 を 以 下 にまとめた 年 財 政 法 による 義 務 教 育 期 間 の 10 年 間 16 歳 までへの 引 き 上 げは 2007 年 時 点 で 20.6%もの 生 徒 が 何 の 学 位 も 資 格 も 得 ずに 退 学 している 状 況 を 受 け 2006 年 12 月 18 日 に 欧 州 議 会 により 採 択 された 生 涯 学 習 のために 鍵 となる 能 力 に 関 する 指 針 21 への 対 応 も 含 めて 決 定 された 出 版 社 サイト 記 事 内 のジェルミーニ 大 臣 発 言 部 分 参 照 :http://www.guaraldi.it/archivio.aspx?id= シルヴァーナ ムーラ(Silvana Mura) 議 員 の 発 言 : 21 生 涯 学 習 のために 鍵 となる 能 力 (competenze chiave per l'apprendimento permanente): 22 教 育 大 学 研 究 省 (Ministero dell'istruzione, dell'universita e della Ricerca)サイト 参 照 : 17

32 第 1 章 イタリア 2 初 等 教 育 における1クラス1 教 師 制 は 前 述 のように 出 生 率 の 減 少 も 理 由 の1つとし て 挙 げられている 年 以 降 の 一 連 のジェルミーニ 改 革 は 2008 年 6 月 25 日 付 け 暫 定 措 置 法 第 112 号 第 64 条 第 6 項 で 規 定 された 2009 年 度 から 2012 年 度 の4 年 間 で 公 立 学 校 の 支 出 の 最 低 78 億 3,200 万 ユーロ 削 減 という 内 容 に 沿 ったものであり 国 家 財 政 的 背 景 がある (7) 学 制 改 正 に 関 する 評 価 ア 教 育 規 制 庁 や 教 育 研 究 者 などによる 事 後 評 価 (ア) 教 科 書 の 不 改 訂 に 関 する 事 後 評 価 教 科 書 の 不 改 訂 ( 初 等 教 育 用 は 5 年 間 中 等 及 び 後 期 中 等 教 育 用 の 教 科 書 は 6 年 間 )に 関 しては モンティ(Monti) 政 権 時 に 各 分 野 の 自 由 化 を 規 定 した 2013 年 1 月 15 日 付 け 教 育 大 学 研 究 省 令 24 により 2014/2015 学 期 から 当 該 法 律 は 廃 止 され 改 正 前 のように 毎 年 の 改 定 へと 戻 された 期 待 された 効 果 ( 教 科 書 の 譲 り 受 けあるいは 古 本 市 場 での 廉 価 購 入 による 家 庭 の 負 担 軽 減 )よりは 長 期 間 改 訂 しないことの 弊 害 が 大 きかったことによる (イ)ラ レプッブリカ 紙 による 評 価 2012 年 5 月 6 日 付 けラ レプッブリカ(La Repubblica) 紙 のサイトに ジェルミーニ 改 革 から3 年 経 過 した 初 等 教 育 における1クラス1 教 師 制 の 現 状 についての 記 事 25 があり モニタリングによると5 校 に1 校 は1クラス3 名 以 上 の 教 師 が 残 りは3 名 の 教 師 が 教 え ているとのことで 1クラス1 教 師 制 が 機 能 していない 結 果 となっている (ウ)ロンバルディア 州 教 育 局 による 事 後 評 価 学 制 改 正 に 関 する 評 価 について ロンバルディア 州 教 育 局 26 へのヒアリングを 実 施 した ので 質 問 項 目 ごとに 以 下 にヒアリング 結 果 をまとめた 実 施 日 時 実 施 場 所 担 当 者 ロンバルディア 州 教 育 局 へのヒアリング 2014 年 2 月 14 日 11:00~12:30 27 ロンバルディア 州 教 育 局 ミラノ 事 務 所 ジュセッペ ぺトラリア(Giuseppe Petralia) 氏 局 幹 部 1 学 校 制 度 についての 評 価 制 度 全 般 について イタリアでは 短 期 間 に 数 多 くの 学 校 制 度 改 革 が 成 されているが 重 要 なの は 何 回 制 度 改 革 をおこなったかではなく 政 府 としてどのような 国 を 目 指 し ているのかという 指 針 をはっきりと 示 した 上 で その 指 針 に 向 かうために 学 23 経 済 発 展 財 政 の 簡 素 化 強 化 安 定 化 と 税 の 公 平 化 のための 緊 急 措 置 (Disposizioni urgenti per lo sviluppo economico, la semplificazione, la competitività, la stabilizzazione della finanza pubblica e la perequazione Tributaria): 年 1 月 15 日 付 け 教 育 大 学 研 究 省 令 (Decreto Ministeriale 15 gennaio 2013): 州 教 育 局 (Ufficio scolastico)は 教 育 大 学 研 究 省 の 管 轄 化 にあり 政 府 で 決 定 された 学 校 制 度 に 関 する 県 や 市 町 村 との 調 整 各 学 校 が 政 府 決 定 事 項 の 導 入 を 行 うに 際 しての 支 援 をする 機 関 であり イタリア 各 州 に 配 置 されてい る 27 ロンバルディア 州 教 育 局 ミラノ 事 務 所 (Ufficio scolastico per la Lombardia Milano): 18

33 第 1 章 イタリア 校 教 育 はどうあるべきかを 考 えた 後 に 学 校 制 度 改 革 があるべきである 個 人 的 に 今 一 番 憂 慮 しているのは 中 等 教 育 ( 中 学 校 )の 年 代 である 年 齢 的 に も 大 人 と 子 供 の 中 間 で 指 導 が 難 しく コンピュータを 使 えば 綴 りや 文 法 的 な 誤 りを 自 動 的 に 直 してくれる 今 の 時 代 に なぜ 正 しい 言 語 を 勉 強 しなければ いけないのかの 動 機 付 けに 苦 慮 している イタリアは 芸 術 文 化 大 国 であり ながら この 中 等 教 育 時 期 に 芸 術 に 興 味 を 持 つ 生 徒 が 少 なくなっており 結 果 的 に 後 期 中 等 教 育 ( 高 校 )で 芸 術 を 学 ぶ 生 徒 が 減 少 しているのも 憂 慮 す べき 状 況 である 現 行 の 義 務 教 育 について 現 行 の 義 務 教 育 期 間 については 妥 当 であると 考 えており 初 等 教 育 5 年 間 中 等 教 育 3 年 間 後 期 中 等 教 育 5 年 間 という5 3 5 制 についても 初 等 教 育 期 間 を 短 くしてその 分 中 等 教 育 に 充 てることも 考 えられるが 差 し 迫 った 必 要 性 がないため 今 のところは 問 題 ないと 考 えている 2 モラッティ 及 びジェルミーニ 改 革 についての 評 価 現 行 制 度 の 基 礎 となっている モラッティ 及 びジェルミーニ 改 革 の 評 価 について 以 下 のとおりまとめた 国 家 試 験 の 実 施 について 各 教 育 サイクル 最 終 年 度 における 国 家 試 験 の 実 施 については 政 府 として 定 めた 目 標 達 成 度 を 数 字 で 検 証 できる 制 度 であり 次 の 教 育 課 程 に 進 むため の 準 備 が 整 っているか 否 かを 見 極 める 意 味 においても 必 要 なものである 中 等 教 育 及 び 後 期 中 等 教 育 における 素 行 評 価 の 導 入 について 中 等 教 育 及 び 後 期 中 等 教 育 における 素 行 評 価 の 導 入 については いじめ 撲 滅 という 目 的 にも 適 い 各 個 人 の 権 利 を 重 んじる 社 会 へと 変 貌 した 現 代 にお いては 各 家 庭 での 躾 と 学 校 での 素 行 教 育 という 循 環 の 中 で 生 徒 の 素 行 改 善 が 期 待 できることからも 評 価 できる 改 革 である ちなみに イタリアの 学 校 では 食 事 時 間 も 教 育 の 時 間 という 考 え 方 であり 学 生 食 堂 において 料 理 を 除 きその 他 の 準 備 をするのは 教 師 になっており 食 事 時 間 中 の 振 る 舞 いに 対 しても 教 育 している 1クラス1 教 師 制 について 1クラス1 教 師 制 については 確 かに 学 校 制 度 の 改 正 という 側 面 より 国 家 予 算 削 減 というものが 大 前 提 になっていたことは 否 めない 多 くの 人 が 反 対 したが 賛 成 だった 人 も 勿 論 いる 学 校 制 度 に 限 らずイタリアで 導 入 される 新 たな 改 革 に 関 しては 川 を 例 に 取 って 例 えるなら イタリアに 流 れる 川 は 枯 渇 しているか 豊 かに 満 ち 溢 れているかであり 中 間 は 存 在 しない つま り 改 革 は 見 る 人 の 立 場 により とても 良 いものかあるいはとても 酷 いものか のどちらかになる 1クラス 1 教 師 制 に 関 して 見 れば 現 状 ではすでに 英 語 や 宗 教 といった 授 業 のための 専 任 教 師 の 存 在 もあり 1 教 師 (Insegnante unico)とは 呼 ばずに 主 任 教 師 (Insegnante prevalente)と 呼 ばれる 教 師 を 中 心 とした 複 数 教 師 制 となっていることから 実 務 レベルでは 少 し 無 理 があっ た 改 革 と 言 える 教 科 書 不 改 訂 について 初 等 教 育 用 は5 年 間 中 等 及 び 後 期 中 等 教 育 用 の 教 科 書 は6 年 間 その 内 容 を 改 訂 しないという 改 革 についても 実 際 は 既 に 毎 年 の 改 定 が 可 能 となって いる 事 実 から 見 て 家 庭 の 支 出 負 担 削 減 という 目 的 があったものの 必 須 の 改 革 であったとは 言 えない 19

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料 資 料 6 地 方 教 育 行 政 の 現 状 等 に 関 する 資 料 平 成 25 年 5 月 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 1. 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 みと 趣 旨 1 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 み 教 育 委 員 会 は 首 長 から 独 立 した 行 政 委 員 会 として 全 ての 都 道 府 県 及 び 市 町 村 等 に 設 置 教

More information

義務教育費国庫負担制度について

義務教育費国庫負担制度について 義 務 教 育 費 国 庫 負 担 制 度 について 1. 義 務 教 育 費 国 庫 負 担 制 度 の 概 要 意 義 憲 法 の 要 請 に 基 づく 義 務 教 育 の 根 幹 ( 機 会 均 等 水 準 確 保 無 償 制 )を 支 えるため 国 は 必 要 な 制 度 を 整 備 するこ とが 必 要 教 育 は 人 なり と 言 われるように 義 務 教 育 の 成 否 は 教 職 員

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

パソコン機能ガイド

パソコン機能ガイド PART12 ii iii iv v 1 2 3 4 5 vi vii viii ix P A R T 1 x P A R T 2 xi P A R T 3 xii xiii P A R T 1 2 3 1 4 5 1 6 1 1 2 7 1 2 8 1 9 10 1 11 12 1 13 1 2 3 4 14 1 15 1 2 3 16 4 1 1 2 3 17 18 1 19 20 1 1

More information

パソコン機能ガイド

パソコン機能ガイド PART2 iii ii iv v 1 2 3 4 5 vi vii viii ix P A R T 1 x P A R T 2 xi P A R T 3 xii xiii P A R T 1 2 1 3 4 1 5 6 1 2 1 1 2 7 8 9 1 10 1 11 12 1 13 1 2 3 14 4 1 1 2 3 15 16 1 17 1 18 1 1 2 19 20 1 21 1 22

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) 平 成 6 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 ()

More information

Microsoft Word - 20120601003.docx

Microsoft Word - 20120601003.docx 18 兆 円 に 達 した 東 日 本 大 震 災 の 復 旧 復 興 経 費 求 められる 震 災 からの 復 旧 復 興 と 財 政 規 律 の 維 持 予 算 委 員 会 調 査 室 さきやま 﨑 山 たてき 建 樹 甚 大 な 被 害 をもたらした 東 日 本 大 震 災 から1 年 余 りが 経 ち これまでの 間 被 災 地 の 復 旧 復 興 に 向 けて 累 次 の 補 正 予 算

More information

4 告 発 等 の 受 付 (1) 告 発 等 の 受 付 窓 口 1 研 究 活 動 の 不 正 行 為 に 関 する 告 発 等 を 受 付 ける 窓 口 ( 以 下 通 報 窓 口 という )は 不 正 行 為 に 関 す る 全 学 通 報 窓 口 及 び 不 正 行 為 に 関 する 部

4 告 発 等 の 受 付 (1) 告 発 等 の 受 付 窓 口 1 研 究 活 動 の 不 正 行 為 に 関 する 告 発 等 を 受 付 ける 窓 口 ( 以 下 通 報 窓 口 という )は 不 正 行 為 に 関 す る 全 学 通 報 窓 口 及 び 不 正 行 為 に 関 する 部 研 究 活 動 における 不 正 行 為 への 対 応 ガイドライン 平 成 19 年 3 月 1 日 研 究 推 進 審 議 会 研 究 倫 理 専 門 委 員 会 目 次 1 ガイドラインの 目 的 2 不 正 行 為 対 応 に 関 する 体 制 3 対 象 とする 不 正 行 為 4 告 発 等 の 受 付 5 告 発 等 に 係 る 事 案 の 調 査 を 行 う 機 関 6 告 発 等

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

教 育 の 質 1. 識 字 レベルは 低 く 一 部 の 地 域 では 著 しく 低 い 女 子 は 英 語 やスワヒリ 語 の 読 解 に 優 れ 男 子 は 数 学 に 優 れている 傾 向 が 見 られる 2. 識 字 レベルは 私 立 学 校 に 比 べて 公 立 学 校 で 低 い 3.

教 育 の 質 1. 識 字 レベルは 低 く 一 部 の 地 域 では 著 しく 低 い 女 子 は 英 語 やスワヒリ 語 の 読 解 に 優 れ 男 子 は 数 学 に 優 れている 傾 向 が 見 られる 2. 識 字 レベルは 私 立 学 校 に 比 べて 公 立 学 校 で 低 い 3. 教 育 事 情 1. ケ ニ ア 教 育 制 度 の 概 要 変 遷 1963 年 の 独 立 後 ケニアは 初 等 教 育 無 償 化 の 取 り 組 みを 開 始 した それ 以 来 教 育 システムは2 度 にわたる 変 革 を 経 てきた 独 立 前 の 初 等 教 育 は 植 民 地 政 策 のシステムに 基 づいており 7-4-2-3 制 の 単 一 のシステムが 採 用 されて いた

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

平成26年試験問題AP-4.indd

平成26年試験問題AP-4.indd a 0 7 0 4 0 0 0 0 a 平 成 26 年 保 育 士 試 験 問 題 児 童 家 庭 福 祉 ( 選 択 式 20 問 ) 指 示 があるまで 開 かないこと 解 答 用 紙 記 入 上 の 注 意 事 項 1 解 答 用 紙 と 受 験 票 の 受 験 番 号 が 同 じであるか カナ 氏 名 科 目 名 を 確 認 し 誤 り がある 場 合 は 手 を 挙 げて 監 督 員 に

More information

プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO

プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO 今 後 の 幼 児 教 育 の 動 向 と 課 題 子 ども 子 育 て 新 システムと 保 育 の 質 国 立 特 別 支 援 教 育 総 合 研 究 所 小 田 豊 プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の

More information

(審42)資料2 地方公共団体等からの主な要望事項について

(審42)資料2 地方公共団体等からの主な要望事項について ( 審 42) 資 料 2 地 方 公 共 団 体 等 からの 主 な 要 望 事 項 について 平 成 28 年 1 月 本 資 料 は 第 40 回 審 査 会 ( 平 成 27 年 1 月 28 日 ) 以 降 現 時 点 までに 文 部 科 学 省 に 寄 せられた 要 望 のうち 主 な 項 目 をまとめたものである 1. 精 神 的 損 害 に 係 る 賠 償 被 害 者 が 被 った

More information

™…

™… i 1 1 1 2 3 5 5 6 7 9 10 11 13 13 14 15 15 16 17 18 20 20 20 21 22 ii CONTENTS 23 24 26 27 2 31 31 32 32 33 34 37 37 38 39 39 40 42 42 43 44 45 48 50 51 51 iii 54 57 58 60 60 62 64 64 67 69 70 iv 70 71

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208A4F8A73926391CC82CC91DE90458EE893968DE08CB995E2935594708E7E82C994BA82A48F9590AC8BE08E788B8B82C982C282A282C45F482E32302E312E31365F>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208A4F8A73926391CC82CC91DE90458EE893968DE08CB995E2935594708E7E82C994BA82A48F9590AC8BE08E788B8B82C982C282A282C45F482E32302E312E31365F> 外 郭 団 体 の 退 職 手 当 財 源 補 填 廃 止 に 伴 う 助 成 金 支 給 について ~ 見 直 し 方 針 ~ 第 1 背 景 外 郭 団 体 ( 以 下 団 体 )は 高 度 化 複 雑 化 する 市 民 ニーズに 対 し 本 市 が 直 接 実 施 するより 機 動 的 かつ 柔 軟 に 公 共 サービスが 提 供 できるよう 設 立 され 高 い 専 門 性 を 発 揮 しつつ

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 出 資 金 の 運 用 益 を 事 業 費 としており 出 資 金 の 利 払 いの 一 部 を 地 方 交 付 税 措 置 している ことから 復 興 基 金 の 事 業 費 を 地 方 交 付 税 で 支 える 仕 組 みということができる なお 図 表 6-3 にあるように 事 業 費 の 一 部 だけを 交 付 税 措 置 するのは 公 的 資 金 を 被 災 者 の 住 宅 再 建 や 個

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) 平 成 5 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 人 材 育 成 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力

More information

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進 第 2 節 安 定 成 長 を 模 索 する 中 国 経 済 中 国 経 済 が 大 規 模 な 景 気 刺 激 策 に 頼 ることなく 自 律 的 かつ 安 定 的 な 成 長 を 実 現 するた めには 過 剰 投 資 過 剰 生 産 過 剰 信 用 の 調 整 と 投 資 から 消 費 への 移 行 を 進 めるとと もに 人 口 減 少 高 齢 化 の 進 展 に 伴 う 問 題 に 対 処

More information

(1)

(1) (1) (2) (1) (3) 企 業 が 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 指 針 に 関 する 解 説 (1) 本 指 針 の 対 象 や 法 的 性 格 本 指 針 は あらゆる 企 業 を 対 象 として 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 基 本 的 な 理 念 や 具 体 的 な 対 応 を 定 めたものであり 法 的 拘 束

More information

3-表紙(大内)-se8mm.ai

3-表紙(大内)-se8mm.ai Ⅱ. 我 が 国 における 学 校 マネジメントに 関 する 取 組 の 概 要 1.はじめに 本 稿 では 学 校 マネジメントの 研 究 を 進 めるにあたり 我 が 国 における 学 校 マネジメン トに 関 する 取 組 について 現 在 までの 経 緯 をたどりその 概 要 を 整 理 する なお 本 研 究 では 学 校 マネジメントを 学 校 における 資 源 ヒト モノ 時 間 などを

More information

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 VL. 8.7 矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 答 弁 衛 隊 海 外 派 兵 恒 久 般 早 成 米 権 九 条 携 割 公 正 等

More information

スポーツ庁の設置形態に関する研究

スポーツ庁の設置形態に関する研究 5-4 文 部 科 学 省 外 局 型 ( 観 光 庁 型 ) 5-4-1 権 限 ( 政 策 および 法 律 ) (1) 観 光 庁 のケース 前 節 までは 省 庁 横 断 型 スポーツ 庁 と 他 組 織 融 合 型 スポーツ 庁 ( 文 化 観 光 スポーツ 庁 )を 検 討 したが これらはいずれもその 形 態 から 内 閣 府 に 設 置 することを 想 定 して いた これらのパターンは

More information

し て 支 払 っ た も の に 該 当 す る か ら 経 費 と し て 認 め ら れ な い こ と 等 を 理 由 と し て 各 更 正 の 決 定 ( 以 下 本 件 各 更 正 決 定 と い う ) を し た そ こ で 原 告 は こ れ を 不 服 と し て 審 査 請

し て 支 払 っ た も の に 該 当 す る か ら 経 費 と し て 認 め ら れ な い こ と 等 を 理 由 と し て 各 更 正 の 決 定 ( 以 下 本 件 各 更 正 決 定 と い う ) を し た そ こ で 原 告 は こ れ を 不 服 と し て 審 査 請 File.4 < 判 決 原 文 > 生 計 を 一 に す る 妻 へ の 税 理 士 報 酬 と 必 要 経 費 - 宮 岡 事 件 - 第 1 審 : 東 京 地 裁 平 成 13 年 ( 行 ウ ) 第 423 号 平 成 15 年 7 月 16 日 判 決 ( TAINS 判 例 検 索 Z253-9393 税 務 訴 訟 資 料 253 号 順 号 9393 判 例 時 報 1891 号

More information

参考資料

参考資料 インクルーシブ 教 育 システム 構 築 事 業 1.インクルーシブ 教 育 システムについて P. 1 2. 事 業 概 要 P. 9 3. 関 係 法 令 条 約 計 画 P.13 4.データ 等 P.27 文 部 科 省 初 等 中 等 教 育 局 特 別 支 援 教 育 課 1.インクルーシブ 教 育 システムについて -1- 障 害 ある 子 供 へ 教 育 的 支 援 必 要 性 全 て

More information

子育て世帯に対する手当等と扶養控除縮減の影響

子育て世帯に対する手当等と扶養控除縮減の影響 子 育 て 世 帯 に 対 する 手 当 等 と 扶 養 控 除 縮 減 の 影 響 ~ 最 近 の 制 度 改 変 に 伴 う 所 得 別 の 影 響 試 算 ~ 調 査 情 報 担 当 室 鈴 木 克 洋 1.はじめに 子 育 て 世 帯 に 対 する 支 援 ( 子 育 て 支 援 )の 充 実 が 政 策 課 題 の 一 つとなってい る この 子 育 て 支 援 は 次 代 の 社 会 を

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意 1 概 最 新 動 向 向 井 治 紀 じ 御 紹 介 向 井 ざ 私 財 省 身 ぼ 五 前 主 党 権 時 代 担 ウ 以 担 財 省 超 ロ グ 有 名 ぜ 府 I T 総 戦 略 主 党 権 時 代 討 始 菅 総 非 常 御 熱 心 時 古 川 内 閣 官 房 副 長 官 呼 五 前 担 内 閣 官 房 主 党 権 消 費 引 げ 推 進 元 化 図 加 消 費 引 げ 時 低 策 給 額

More information

Taro 宮崎県営住宅指定管理

Taro 宮崎県営住宅指定管理 愛 媛 県 県 営 住 宅 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 愛 媛 県 目 次 第 1 県 営 住 宅 の 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 事 項 1 1 管 理 に 係 る 基 本 理 念 1 2 関 係 規 定 の 遵 守 1 3 管 理 運 営 を 行 うにあたっての 留 意 事 項 2 第 2 指 定 管 理 者 が 管 理 を 行 う 県 営 住 宅 3 第 3 業 務

More information

H27 資料2

H27 資料2 指 導 監 査 における 主 な 指 導 事 項 について 資 料 2 ~ 目 次 ~ Ⅰ 実 地 指 導 における 主 な 指 摘 事 項 の 内 訳 ( 平 成 26 度 ) Ⅱ 運 営 に 関 する 事 項 1 運 営 規 程 及 び 重 要 事 項 説 明 書 2 各 種 規 則 や 規 程 3 衛 生 管 理 等 4 虐 待 苦 情 事 故 5 非 常 災 害 対 策 6 個 別 支 援

More information

産業トピックス

産業トピックス 平 成 2 年 (28 年 )9 月 12 日 ~オリンピック 後 難 度 を 増 す 政 策 運 営 ~ 1. 経 済 動 向 (1)オリンピック 後 の 景 気 後 退 回 避 策 中 国 では 未 だ 実 質 GDP が 二 桁 成 長 ながら 景 気 は 減 速 傾 向 にあり オ リンピックという 節 目 を 経 て 景 気 後 退 に 陥 るのではないかという 危 惧 が 広 がっている

More information

経産省の総会運営ガイドライン

経産省の総会運営ガイドライン Legal and Tax Report 経 産 省 の 総 会 運 営 ガイドライン 震 災 対 応 も 含 めて 2011 年 5 月 31 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 2011 年 4 月 28 日 経 産 省 は 当 面 の 株 主 総 会 の 運 営 について を 公 表 した これは 有 識 者 や 実 務 担 当 者 によるタスクフォースでの

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

Microsoft Word - 税_0110.doc

Microsoft Word - 税_0110.doc 第 4 固 定 資 産 税 Ⅰ 概 要 1 固 定 資 産 税 の 概 要 固 定 資 産 税 は 毎 年 1 月 1 日 ( 賦 課 期 日 ) 現 在 において 土 地 家 屋 償 却 資 産 を 所 有 している 者 がその 固 定 資 産 の 価 格 を 基 に 算 定 された 税 額 をその 固 定 資 産 の 所 在 す る 市 町 村 に 納 める 税 金 である 1 申 告 固 定

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

目 次 I 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 1 採 用 選 考 の 状 況 1 2 昇 任 選 考 の 状 況 3 3 職 員 数 6 4 新 規 採 用 職 員 数 10 5 退 職 者 数 10 6 区 内 在 住 職 員 数 11 7 定 員 適 正 化 計 画

目 次 I 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 1 採 用 選 考 の 状 況 1 2 昇 任 選 考 の 状 況 3 3 職 員 数 6 4 新 規 採 用 職 員 数 10 5 退 職 者 数 10 6 区 内 在 住 職 員 数 11 7 定 員 適 正 化 計 画 平 成 2 6 年 度 新 宿 区 の 人 事 行 政 の 運 営 状 況 平 成 27 年 11 月 新 宿 区 目 次 I 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 1 採 用 選 考 の 状 況 1 2 昇 任 選 考 の 状 況 3 3 職 員 数 6 4 新 規 採 用 職 員 数 10 5 退 職 者 数 10 6 区 内 在 住 職 員 数 11 7 定 員 適 正

More information

i

i i ii iii iv v vi vii viii ix x xi ( ) 854.3 700.9 10 200 3,126.9 162.3 100.6 18.3 26.5 5.6/s ( ) ( ) 1949 8 12 () () ア イ ウ ) ) () () () () BC () () (

More information

平成24年度兵庫県公立高等学校入学者選抜要綱

平成24年度兵庫県公立高等学校入学者選抜要綱 平 成 28 年 度 兵 庫 県 公 立 高 等 学 校 入 学 者 選 抜 要 綱 兵 庫 県 教 育 委 員 会 目 次 第 1 入 学 者 選 抜 の 対 象 となる 学 校 等 p 1 第 2 入 学 者 選 抜 の 基 本 方 針 p 1 第 3 調 査 書 学 年 学 習 評 定 一 覧 表 等 p 3 第 4 学 力 検 査 実 施 要 領 ( 多 部 制 については 第 7による)

More information

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録 徹 底 マスター 社 労 士 過 去 問 10 年 分 2015 年 版 追 録 サービス 改 正 情 報 のまとめ 2015/06/15 労 働 基 準 法 ( 第 1 章 )に 関 する 改 正 契 約 期 間 等 の 例 外 に 係 る 厚 生 労 働 省 告 示 の 改 正 ( 平 成 27 年 3 月 18 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 68 号 ) 有 期 労 働 契 約 の 契

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 2004 年 11 月 26 日 発 行 地 方 税 の 国 際 比 較 ~ 三 位 一 体 の 改 革 の 税 源 移 譲 に 向 けての 留 意 点 ~ 本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 はじめに 地 方 税 財 政 における 三 位 一 体 の 改 革 の 具 体 像 を 固 める

More information

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の 伊 勢 原 市 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 仕 様 書 1 件 名 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 2 業 務 に 関 する 基 本 方 針 (1) 市 役 所 において 日 常 特 に 多 くの 市 民 が 訪 れる 窓 口 であり 様 々な 権 利 義 務 を 伴 う 手 続 きにあたって 必 要 となる 重 要 な 業 務 であることを 認 識 し 適 正

More information

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当 1 玉 木 林 太 郎 証 皆 様 協 構 D 勤 玉 木 申 ぞ 願 証 研 究 与 私 九 八 六 夏 八 八 夏 ブ 差 時 蔵 省 証 局 補 佐 務 当 時 証 館 建 物 当 時 名 前 風 何 回 聞 損 ぜ ひ 耳 傾 昨 春 京 へ 応 少 般 形 証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感

More information

7 i 7 1 2 3 4 5 6 ii 7 8 9 10 11 1 12 13 14 iii.......................................... iv................................................ 21... 1 v 3 6 7 3 vi vii viii ix x xi xii xiii xiv xv 26 27

More information

<30315F3030348D738E9695CA93FA92F628323031328A778A4F97702981693132303131348A9993638F4390B3816A2E786C73>

<30315F3030348D738E9695CA93FA92F628323031328A778A4F97702981693132303131348A9993638F4390B3816A2E786C73> 1 工 学 院 大 学 学 則 第 1 章 目 的 第 1 条 本 学 は 教 育 基 本 法 および 学 校 教 育 法 に 則 り 大 学 として 広 く 知 識 を 授 け 人 格 の 完 成 をはかるとともに 工 学 に 関 する 高 等 の 理 論 とその 応 用 を 教 授 ならびに 研 究 し 人 類 の 福 祉 に 貢 献 し 得 る 人 材 を 育 成 することを 目 的 とする

More information

i ii iii iv v vi vii viii ix x xi xii xiii xiv xv xvi 2 3 4 5 6 7 $ 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 $ $ $ 18 19 $ 20 21 22 23 24 25 26 27 $$ 28 29 30 31 $ $ $ 32 33 34 $ 35 $ 36 $ 37 38 39 40 $ 41 42 43 44

More information

私 立 学 校 関 係 事 務 の 手 引 ( 平 成 23 年 3 月 改 訂 ) 青 森 県 総 務 部 総 務 学 事 課 は じ め に 私 立 学 校 は 私 人 の 寄 附 財 産 によって 設 立 運 営 され 設 立 者 の 建 学 の 精 神 や 独 自 の 校 風 のもと 自 律 性 自 主 性 が 重 んじられていますが 公 教 育 の 一 翼 を 担 っている 点 において

More information

平 成 26 年 度 厚 生 労 働 省 障 害 者 総 合 福 祉 推 進 事 業 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調 査 報 告 書 平 成 27 年 3 月 公 益 社 団 法 人 日 本 精 神 科 病 院 協 会 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調

More information

Microsoft Word - wako.doc

Microsoft Word - wako.doc 和 歌 山 工 業 高 等 学 校 施 設 整 備 の 基 本 方 針 平 成 18 年 6 月 和 歌 山 県 教 育 委 員 会 目 次 はじめに 第 1 章 施 設 整 備 の 基 本 理 念 キーワード ものづくり を 中 心 とした 技 術 教 育 と 地 域 産 業 に 貢 献 できる 人 づくり 第 2 章 施 設 設 備 の 基 本 的 な 考 え 方 1 安 全 安 心 な 学 校

More information

写 26 人 委 給 第 546 号 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 県 議 会 議 長 加 地 邦 雄 殿 福 岡 県 知 事 小 川 洋 殿 福 岡 県 人 事 委 員 会 委 員 長 簑 田 孝 行 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 について 福 岡 県 人 事 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 第 8 条 第 14 条 及 び 第

More information

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額 ISSN 2187-1329 税 務 事 例 研 究 Vol. 148 2015/11 法 人 税 みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 所 得 税 必 要 経 費 判 定 における 債 務 の 確 定 の 意 義 田 中 治 資 産 税 重 婚 的 内 縁 関 係 をめぐる 相 続 税 法 上 の 課 税 関 係 高 野 幸 大 公 益 財 団 法 人 日 本

More information

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中)

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中) 平 成 26 年 公 的 年 金 財 政 検 証 と 今 後 の 年 金 制 度 改 正 の 行 方 ( 中 ) 厚 生 労 働 委 員 会 調 査 室 棱 野 佑 希 1.はじめに 2. 財 政 検 証 の 意 義 3. 平 成 16 年 改 正 財 政 フレームの 完 成 4. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 前 提 5. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 結 果 6.オプション 試

More information

岡山県公安委員会事務決裁規程

岡山県公安委員会事務決裁規程 岡 山 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 規 程 ( 平 成 11 年 3 月 23 日 公 安 委 員 会 規 程 第 1 号 ) 改 正 平 成 12 年 11 月 24 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 13 年 10 月 4 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 14 年 3 月 29 日 公 安 委 員 会 規 程 第 5 号 平 成 15 年 10

More information

した このような 分 析 を 有 する 本 論 文 の 意 義 は 2 つある 第 一 に 現 代 中 国 政 治 研 究 において 従 来 あまり 論 じられてこなかった 党 と 司 法 機 関 の 指 導 関 係 を 取 り 上 げていることである 従 来 の 研 究 において 人 民 法 院

した このような 分 析 を 有 する 本 論 文 の 意 義 は 2 つある 第 一 に 現 代 中 国 政 治 研 究 において 従 来 あまり 論 じられてこなかった 党 と 司 法 機 関 の 指 導 関 係 を 取 り 上 げていることである 従 来 の 研 究 において 人 民 法 院 2011 年 度 森 泰 吉 郎 記 念 研 究 振 興 基 金 研 究 成 果 報 告 書 学 籍 番 号 :80926027 政 策 メディア 研 究 科 修 士 課 程 2 年 内 藤 寛 子 0. 森 泰 吉 郎 記 念 研 究 振 興 基 金 申 請 時 の 研 究 題 目 中 国 共 産 党 と 司 法 機 関 の 領 導 関 係 -1980 年 代 後 半 の 政 法 委 員 会 の

More information

給付減額を行った厚生年金基金数

給付減額を行った厚生年金基金数 論 点 3 厚 生 年 金 基 金 制 度 等 の 在 り 方 関 係 資 料 資 料 2-2 代 行 制 度 の 意 義 役 割 と 変 遷 1 1. 代 行 制 度 の 性 格 代 行 制 度 は 公 的 年 金 の 一 部 を 基 金 という 国 以 外 の 者 が 管 理 運 用 する 仕 組 み イギリスの 適 用 除 外 制 度 とは 異 なり 公 的 年 金 としての 性 格 を 持

More information

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ の 保 守 管 理 問 題 原 子 力 規 制 委 員 会 の 勧 告 までの 経 緯 環 境 委 員 会 調 査 室 大 嶋 健 志 1. はじめに 平 成 27 年 11 月 13 日 原 子 力 規 制 委 員 会 は 馳 浩 文 部 科 学 大 臣 に 対 して 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ に 関 連 して 勧 告 を 行 った この 勧 告

More information

ま え が き 我 が 国 は 急 速 な 少 子 高 齢 化 が 進 行 しているが 国 民 の 老 後 の 生 活 設 計 の 柱 である 公 的 年 金 制 度 については 今 後 ともその 役 割 を 果 たしていけるよう 将 来 にわたり 揺 るぎのない 信 頼 されるものとしていくことが

ま え が き 我 が 国 は 急 速 な 少 子 高 齢 化 が 進 行 しているが 国 民 の 老 後 の 生 活 設 計 の 柱 である 公 的 年 金 制 度 については 今 後 ともその 役 割 を 果 たしていけるよう 将 来 にわたり 揺 るぎのない 信 頼 されるものとしていくことが 厚 生 年 金 国 民 年 金 平 成 16 年 財 政 再 計 算 結 果 厚 生 労 働 省 年 金 局 数 理 課 ま え が き 我 が 国 は 急 速 な 少 子 高 齢 化 が 進 行 しているが 国 民 の 老 後 の 生 活 設 計 の 柱 である 公 的 年 金 制 度 については 今 後 ともその 役 割 を 果 たしていけるよう 将 来 にわたり 揺 るぎのない 信 頼 されるものとしていくことが

More information

平成21年2月17日

平成21年2月17日 平 成 26 年 12 月 18 日 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 公 益 社 団 法 人 福 岡 中 部 法 人 会 福 岡 地 区 の5 公 益 社 団 法 人 会 は 平 成 28 年 度 の 税 制 改 正 に 関 して 中 小 企 業 に 係 る 税 制 を 中 心 に 下 記 のとおり その 実 現 を 強 く 要 望 します 記 1 重 点 要 望 事 項 1

More information

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資 固 定 資 産 税 等 の 過 納 金 に 係 る 国 家 賠 償 請 求 - 本 判 決 の 射 程 が 申 告 納 税 方 式 に 及 ぶか- 平 成 23 年 度 筑 波 大 学 大 学 院 ビジネス 科 学 研 究 科 租 税 手 続 争 訟 法 学 籍 番 号 201153433 氏 名 藤 井 裕 士 < 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年

More information

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する 資 料 4 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 に 関 する 論 点 等 ( 第 1 回 意 見 交 換 会 資 料 3) 平 成 24 年 3 月 22 日 国 家 公 務 員 制 度 改 革 推 進 本 部 事 務 局 論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平

More information

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター 指 定 管 理 業 務 業 務 仕 様 書 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター( 以 下 センター という )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は この 仕 様 書 による 1 施 設 の 設 置 目 的 運 営 方 針 (1) 設 置 目 的 映 像 音 楽 デザイン コンピュータゲーム 等 の 分 野

More information

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損 経 済 学 部 開 設 100 周 年 記 念 奨 学 金 応 募 論 文 中 小 企 業 における 現 行 消 費 税 制 度 の 実 態 立 教 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 4 年 橋 本 浩 平 はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3

More information

中央競技団体のガバナンスの確立、強化に関する調査研究

中央競技団体のガバナンスの確立、強化に関する調査研究 8 NF の 危 機 管 理 に 関 するフェアプレーガイドライン NF は スポーツ 基 本 法 第 5 条 第 1 項 により スポーツの 普 及 及 び 競 技 水 準 の 向 上 に 果 た すべき 重 要 な 役 割 にかんがみ 基 本 理 念 にのっとり スポーツを 行 う 者 の 権 利 利 益 の 保 護 心 身 の 健 康 の 保 持 増 進 及 び 安 全 の 確 保 に 配 慮

More information

Taro-委託マニュアル【H27

Taro-委託マニュアル【H27 委 託 業 務 に 係 る 事 務 処 理 マニュアル 平 成 2 5 年 3 月 平 成 2 6 年 2 月 改 定 平 成 2 7 年 4 月 改 定 沖 縄 県 商 工 労 働 部 雇 用 政 策 課 目 次 1 本 マニュアルの 位 置 づけ 1 2 委 託 業 務 について 2 3 人 件 費 に 関 する 経 理 処 理 4 4 謝 金 に 関 する 経 理 処 理 7 5 旅 費 に

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら 独 立 行 政 法 人 造 幣 局 が 平 成 27 年 度 に 達 成 すべき 目 標 Ⅰ. 政 策 体 系 における 法 人 の 位 置 付 けおよび 役 割 (ミッション) 通 貨 は 経 済 活 動 国 民 生 活 の 基 盤 であり 通 貨 に 対 する 信 頼 の 維 持 は 財 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 95 号 )に 定 められた 財 務 省 の 任 務

More information

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について 精 神 障 害 者 の 地 域 移 行 について 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 精 神 保 健 医 療 福 祉 の 現 状 について 2 精 神 疾 患 の 患 者 数 ( 医 療 機 関 にかかっている 患 者 ) ( 万 人 ) 350 300 250 200 218.1 204.1 258.4 302.8 323.3 320.1

More information

エクセルカバー入稿用.indd

エクセルカバー入稿用.indd i 1 1 2 3 5 5 6 7 7 8 9 9 10 11 11 11 12 2 13 13 14 15 15 16 17 17 ii CONTENTS 18 18 21 22 22 24 25 26 27 27 28 29 30 31 32 36 37 40 40 42 43 44 44 46 47 48 iii 48 50 51 52 54 55 59 61 62 64 65 66 67 68

More information

公 務 員 の 労 働 基 本 権 等 資 料 4 1 労 働 基 本 権 ( 労 働 3 権 )について 憲 法 28 条 で 労 働 者 の 基 本 的 権 利 を 規 定 労 働 基 本 権 は 団 結 権 団 体 交 渉 権 争 議 権 の3つの 権 利 から 構 成 1 団 結 権 勤 労

公 務 員 の 労 働 基 本 権 等 資 料 4 1 労 働 基 本 権 ( 労 働 3 権 )について 憲 法 28 条 で 労 働 者 の 基 本 的 権 利 を 規 定 労 働 基 本 権 は 団 結 権 団 体 交 渉 権 争 議 権 の3つの 権 利 から 構 成 1 団 結 権 勤 労 公 務 員 の 種 類 と 数 公 務 員 は 国 家 公 務 員 が 約 64 万 人 地 方 公 務 員 が 約 286 万 人 大 臣 副 大 臣 大 臣 政 務 官 大 使 公 使 等 ( 約 500 人 ) 給 与 決 定 の 方 法 特 別 職 ( 約 300,000 人 ) 裁 判 官 裁 判 所 職 員 ( 約 26,000 人 ) 人 事 院 勧 告 に 準 じて 措 置 国 会

More information

目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費 13 下 水 道 費 14 その 他 の 土 木 費 16

目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費 13 下 水 道 費 14 その 他 の 土 木 費 16 普 通 交 付 税 算 定 事 務 の 手 引 きについて 平 成 26 年 12 月 改 訂 岐 阜 県 清 流 の 国 推 進 部 市 町 村 課 税 政 係 目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費

More information

新国立競技場整備の財源確保に向けて

新国立競技場整備の財源確保に向けて 新 国 立 競 技 場 整 備 の 財 源 確 保 に 向 けて 独 立 行 政 法 人 日 本 スポーツ 振 興 センター 法 及 びスポーツ 振 興 投 票 の 実 施 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 成 立 文 教 科 学 委 員 会 調 査 室 渡 辺 直 哉 1.はじめに 第 190 回 国 会 ( 常 会 )に 提 出 された 独 立 行 政 法 人

More information

知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した経費の返還を求める住民監査請求監査結果

知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した経費の返還を求める住民監査請求監査結果 平 成 2 8 年 7 月 8 日 問 い 合 わ せ 先 監 査 事 務 局 監 査 事 務 局 総 務 課 電 話 03-5320-7011 知 事 専 用 車 の 使 用 を 違 法 不 当 と し て そ の 使 用 に 要 し た 経 費 の 返 還 を 求 める 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 について 第 1 請 求 の 受 付 東 京 都 監 査 委 員 同 同 同 同 山

More information

<81798E9197BF8250817A2E786C73>

<81798E9197BF8250817A2E786C73> 生 活 者 としての 外 国 人 に 関 する 総 合 的 対 応 策 の 実 施 状 況 について 総 合 的 対 応 策 における 対 策 実 施 状 況 1. 外 国 人 が 暮 らしやすい 地 域 社 会 づくり (1) 日 本 語 教 育 の 充 実 地 域 の 日 本 語 教 育 の 充 実 を 図 るため 平 成 18 年 度 より 人 材 育 本 年 度 中 に 成 果 をホームページ

More information

<5461726F2D979D9573907382C881758CF696B188F5836F836283568393834F>

<5461726F2D979D9573907382C881758CF696B188F5836F836283568393834F> 理 不 尽 な 公 務 員 バッシング に 対 して 反 論 します 2012 年 1 月 全 労 働 省 労 働 組 合 多 くのメディアが 連 日 のように 公 務 員 バッシング を 続 けています 日 本 社 会 が 抱 える 諸 問 題 は すべて 公 務 員 のせいと 言 わんばかりの 論 調 も 少 なくあ りません もとより 多 様 なメディアが 公 務 や 公 務 員 を 厳 しく

More information

博士論文

博士論文 論 文 要 約 伊 関 友 伸 自 治 体 病 院 の 歴 史 住 民 医 療 の 歩 みとこれから ( 三 輪 書 店 ) 本 論 文 は はじめに おわりに のほか 全 7 章 で 構 成 する はじめに は 研 究 の 動 機 研 究 目 的 研 究 の 視 点 などについて 記 述 している 本 論 文 の 主 要 なテーマは 自 治 体 病 院 の 存 在 意 義 である 自 治 体 病

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031362E30342E30315F91E5924A91E58A77925A8AFA91E58A7795948A7791A5>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031362E30342E30315F91E5924A91E58A77925A8AFA91E58A7795948A7791A5> 大 谷 大 学 短 期 大 学 部 学 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 大 谷 大 学 短 期 大 学 部 ( 以 下 本 学 という )は 教 育 基 本 法 及 び 学 校 教 育 法 による 短 期 大 学 として 仏 教 の 精 神 に 基 づき 職 業 に 必 要 な 専 門 教 育 を 施 し 教 養 ある 有 能 な 社 会 人 を 育 成 することを 目 的 とする

More information

SC-85X2取説

SC-85X2取説 I II III IV V VI .................. VII VIII IX X 1-1 1-2 1-3 1-4 ( ) 1-5 1-6 2-1 2-2 3-1 3-2 3-3 8 3-4 3-5 3-6 3-7 ) ) - - 3-8 3-9 4-1 4-2 4-3 4-4 4-5 4-6 5-1 5-2 5-3 5-4 5-5 5-6 5-7 5-8 5-9 5-10 5-11

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208376838C835B83938365815B835683878393312E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208376838C835B83938365815B835683878393312E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> i i vi ii iii iv v vi vii viii ix 2 3 4 5 6 7 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60

More information

1... 1 2... 1 1... 1 2... 2 3... 2 4... 4 5... 4 6... 4 7... 22 8... 22 3... 22 1... 22 2... 23 3... 23 4... 24 5... 24 6... 25 7... 31 8... 32 9... 3

1... 1 2... 1 1... 1 2... 2 3... 2 4... 4 5... 4 6... 4 7... 22 8... 22 3... 22 1... 22 2... 23 3... 23 4... 24 5... 24 6... 25 7... 31 8... 32 9... 3 3 2620149 3 6 3 2 198812 21/ 198812 21 1 3 4 5 JISJIS X 0208 : 1997 JIS 4 JIS X 0213:2004 http://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/monjokan/ 1... 1 2... 1 1... 1 2... 2 3... 2 4... 4 5... 4 6... 4 7... 22

More information

Microsoft Word - 1-①.運用の手引き.doc

Microsoft Word - 1-①.運用の手引き.doc 京 都 市 民 間 保 育 園 職 員 給 与 等 運 用 事 業 実 施 要 綱 ( 昭 和 47 年 4 月 1 日 実 施 ) 改 正 昭 和 58 年 3 月 16 日, 昭 和 60 年 3 月 15 日, 昭 和 61 年 3 月 13 日, 昭 和 63 年 5 月 11 日, 平 成 2 年 5 月 24 日, 平 成 3 年 5 月 24 日, 平 成 4 年 5 月 21 日,

More information

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378>

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378> 1 2 じ 夢 マ イ ホ ム 家 放 2 0 0 9 年 度 急 増 ゆ 破 綻 破 綻 招 大 要 因 2 0 0 8 年 秋 始 世 界 大 況 倒 ラ 家 働 激 減 貯 切 崩 消 ろ じ ず 始 シ ナ オ 見 全 国 調 査 銀 強 制 裁 判 戸 建 マ シ ョ 急 増 3 苦 全 国 多 ゃ ょ 家 失 離 婚 自 己 破 少 負 連 鎖 見 聞 び 心 痛 み 避 生 再 タ 苦

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

01_.g.r..

01_.g.r.. I II III IV V VI VII VIII IX X XI I II III IV V I I I II II II I I YS-1 I YS-2 I YS-3 I YS-4 I YS-5 I YS-6 I YS-7 II II YS-1 II YS-2 II YS-3 II YS-4 II YS-5 II YS-6 II YS-7 III III YS-1 III YS-2

More information

東京都教育庁配布・説明資料

東京都教育庁配布・説明資料 都 立 小 中 高 一 貫 教 育 校 基 本 構 想 検 討 委 員 会 中 間 まとめについて 1 都 立 小 中 高 一 貫 教 育 校 の 設 置 の 基 本 的 な 考 え 方 4 都 立 小 中 高 一 貫 教 育 校 の 設 置 の 基 本 的 な 枠 組 み 理 数 を 中 心 に 世 界 に 伍 して 活 躍 できる 人 間 を 育 成 するため 児 童 生 徒 一 人 一 人 の

More information

文部科学省規制に関する評価書-平成19年度- 学校安全に関する規制(評価結果)

文部科学省規制に関する評価書-平成19年度- 学校安全に関する規制(評価結果) 学 校 安 全 に 関 する 規 制 ( 学 校 保 健 安 全 法 案 第 27 条 第 28 条 第 29 条 ) 主 管 課 ( 課 長 名 ) 文 部 科 学 省 スポーツ 青 少 年 局 学 校 健 康 教 育 課 ( 課 長 : 作 花 文 雄 ) 関 係 課 ( 課 長 名 ) 施 策 目 標 及 び 達 成 目 標 施 策 目 標 2-5 健 やかな 体 の 育 成 児 童 生 徒

More information

対 ( 136,340 ) (1) 指 定 職 (3 泊 4 日 ) 2 人 8 136,360 182 2, ( 181 2, ) ( 120,040 ) (2) 指 定 職 (2 泊 3 日 ) 2 人 4 120,060 960 ( 960 ) (3)10 級 ~7 級 (3

対 ( 136,340 ) (1) 指 定 職 (3 泊 4 日 ) 2 人 8 136,360 182 2, ( 181 2, ) ( 120,040 ) (2) 指 定 職 (2 泊 3 日 ) 2 人 4 120,060 960 ( 960 ) (3)10 級 ~7 級 (3 平 成 歳 出 明 細 表 要 求 19 内 閣 府 所 管 ( 沖 縄 振 興 局 ) 対 ( 単 位 : 千 円 ) 010 内 閣 本 府 189, 647 239, 682, 941 214, 506, 706 24, 010 内 閣 本 府 共 通 費 832 76, 342 77, 510 1 01-95 内 閣 本 府 一 般 行 政 に 必 要 な 経 費 176 沖 縄 振 興 局

More information