EST_  H.8.6.

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "EST_  H.8.6."

Transcription

1 医 薬 品 の 適 正 使 用 に 欠 かせない 情 報 です 必 ずお 読 みください H22-04 平 成 22 年 6 月 使 用 上 の 注 意 改 訂 のご 案 内 卵 胞 ホルモン 製 剤 エストリオール 製 剤 ( 日 局 エストリオール 素 錠 ) 持 続 性 卵 胞 ホルモン 製 剤 ( 日 局 エストリオール 腟 錠 ) 持 続 性 卵 胞 ホルモン 製 剤 (エストリオールプロピオン 酸 エステル 油 性 注 射 液 ) (エストラジオール 吉 草 酸 エステル 油 性 注 射 液 ) 男 性 卵 胞 ホルモン 混 合 製 剤 黄 体 卵 胞 ホルモン 混 合 製 剤 ( 日 局 テストステロンエナント 酸 エステル エストラジオール 吉 草 酸 エステル 油 性 注 射 液 ) (ヒドロキシプロゲステロンカプロン 酸 エステル 日 局 エストラジオール 安 息 香 酸 エステル 油 性 注 射 液 ) 持 続 性 男 性 ホルモン 製 剤 ( 日 局 テストステロンエナント 酸 エステル 油 性 注 射 液 ) ( 日 局 ヒト 絨 毛 性 性 腺 刺 激 ホルモン 注 射 液 ) 経 皮 吸 収 エストラジオール 製 剤 製 造 販 売 元 持 田 製 薬 株 式 会 社 (エストラジオール 軟 膏 (ゲル) 剤 ) 製 造 販 売 元 株 式 会 社 ポーラファルマ/ 販 売 持 田 製 薬 株 式 会 社 謹 啓 時 下 ますますご 清 祥 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 平 素 は 格 別 のご 愛 顧 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます さて この 度 上 記 9 薬 剤 につきまして 厚 生 労 働 省 医 薬 食 品 局 安 全 対 策 課 [ 事 務 連 絡 ] 及 び [ 自 主 改 訂 ]に 基 づ き を 次 頁 のとおり 改 訂 いたしましたので ご 案 内 申 し 上 げます 今 後 とも 引 き 続 きご 高 配 賜 りますようお 願 い 申 し 上 げます 敬 具 1. 禁 忌 の 項 は ホルモン 依 存 性 悪 性 腫 瘍 慎 重 投 与 の 項 は 主 に ホルモン 依 存 性 良 性 疾 患 について 見 直 しを 行 い 記 載 整 備 追 加 記 載 を 致 しました 2. 小 児 への 投 与 の 項 に 骨 成 長 が 終 了 していない 可 能 性 がある 患 者 を 追 加 記 載 致 しまし た この 使 用 上 の 注 意 改 訂 の 内 容 は 医 薬 品 安 全 対 策 情 報 (DSU)No に 掲 載 される 予 定 です

2 改 訂 理 由 等 1. 性 ホルモン 依 存 性 悪 性 疾 患 良 性 疾 患 の 記 載 の 見 直 し エストロゲンまたはテストステロンを 含 有 する 製 剤 エストロゲンおよびテストステロン 分 泌 促 進 作 用 を 有 す る 製 剤 の 禁 忌 及 び 慎 重 投 与 に 記 載 されている 性 ホルモン 依 存 性 の 悪 性 疾 患 ( 乳 癌 子 宮 内 膜 癌 前 立 腺 癌 等 ) 及 び 良 性 疾 患 ( 子 宮 内 膜 症 子 宮 筋 腫 )の 記 載 の 見 直 しが 行 われました 該 当 する 製 剤 の 使 用 上 の 注 意 の 改 訂 を 行 い 用 語 の 統 一 等 の 記 載 整 備 を 行 いました 改 訂 の 概 要 ( 詳 細 は 次 頁 以 降 参 照 ) 添 付 文 書 記 載 内 容 新 規 追 加 事 務 連 絡 記 載 整 備 自 主 改 訂 エストロゲン 依 存 性 悪 性 腫 瘍 ( 例 えば 乳 癌 子 宮 内 膜 癌 ) 及 びその 疑 いのある 患 者 乳 癌 の 既 往 歴 のある 患 者 乳 癌 家 族 素 因 が 強 い 患 者 乳 房 結 節 のある 患 者 乳 腺 症 の 患 者 又 は 乳 房 レントゲン 像 に 異 常 がみられた 患 者 慎 重 投 与 ( 次 の 患 者 に 慎 重 に 投 与 すること) HCG 製 剤 HCGモチダ 筋 注 用 腫 瘍 悪 性 腫 瘍 E3 含 有 製 剤 エストリール 錠 エストリール 腟 錠 エストリールデポー 注 E2 含 有 製 剤 ペラニンデポー 筋 注 ディビゲル1mg E2/T 含 有 製 剤 ダイホルモン デポー 注 E2/P 含 有 製 剤 ルテスデポー 注 慎 重 投 与 ( 次 の 患 者 に 慎 重 に 投 与 すること) E3 含 有 製 剤 エストリール 腟 錠 E2/P 含 有 製 剤 ルテスデポー 注 HCG 製 剤 HCGモチダ 筋 注 用 慎 重 投 与 ( 次 の 患 者 に 慎 重 に 投 与 すること) E3 含 有 製 剤 エストリール 腟 錠 E2/P 含 有 製 剤 ルテスデポー 注 HCG 製 剤 HCGモチダ 筋 注 用 子 宮 筋 腫 のある 患 者 慎 重 投 与 ( 次 の 患 者 に 慎 重 に 投 与 すること) 慎 重 投 与 ( 次 の 患 者 に 慎 重 に 投 与 すること) E3 含 有 製 剤 エストリール 腟 錠 を 有 する のある HCG 製 剤 HCGモチダ 筋 注 用 E2 含 有 製 剤 ディビゲル1mg 子 宮 内 膜 症 のある 患 者 慎 重 投 与 ( 次 の 患 者 に 慎 重 に 投 与 すること) 慎 重 投 与 ( 次 の 患 者 に 慎 重 に 投 与 すること) E3 含 有 製 剤 エストリール 腟 錠 ( 禁 忌 から 移 行 ) HCG 製 剤 HCGモチダ 筋 注 用 E2 含 有 製 剤 ペラニンデポー 筋 注 アンドロゲン 依 存 性 悪 性 腫 瘍 ( 例 えば 前 立 腺 癌 ) 及 びその 疑 いのあ る 患 者 腫 瘍 悪 性 腫 瘍 E2/T 含 有 製 剤 ダイホルモン デポー 注 T 含 有 製 剤 テスチノンデポー 筋 注 用 HCG 製 剤 HCGモチダ 筋 注 用 E3 エストリオール E2 エストラジオール T テストステロン P プロゲステロン HCG 絨 毛 性 性 腺 刺 激 ホルモン 2. 骨 成 長 が 終 了 していない 可 能 性 がある 患 者 の 追 加 記 載 禁 忌 の 項 慎 重 投 与 の 項 小 児 等 への 投 与 の 項 に 骨 端 の 早 期 閉 鎖 をきたすおそれのある 患 者 と して 思 春 期 前 の 患 者 を 記 載 していた 薬 剤 について 記 載 の 見 直 しを 行 いました その 結 果 思 春 期 前 の 患 者 を 骨 成 長 が 終 了 していない 可 能 性 がある 患 者 思 春 期 前 の 患 者 と 改 めました ( 該 当 製 剤 :エストリール 錠 エストリールデポー 注 ペラニンデポー 筋 注 ダイホルモン デポー 注 テスチ ノンデポー 筋 注 用 HCGモチダ 筋 注 用 ) また 今 回 の 改 訂 を 期 に 製 剤 の 薬 理 作 用 及 び 類 薬 との 記 載 の 整 合 性 を 考 慮 し エストリール 腟 錠 の 慎 重 投 与 の 項 に 骨 成 長 が 終 了 していない 可 能 性 がある 患 者 思 春 期 前 の 患 者 ルテスデポー 注 の 慎 重 投 与 の 項 に 骨 成 長 が 終 了 していない 可 能 性 がある 患 者 を 追 加 記 載 し 小 児 等 への 投 与 の 項 を 新 設 し 対 応 する 内 容 を 追 加 記 載 致 しました

3 改 訂 内 容 ( 変 更 部 抜 粋 )( 部 変 更 部 削 除 ) 1エストリール 錠 100γ 0.5mg 1mg( 日 局 エストリオール) 改 訂 後 ( 部 変 更 ) 改 訂 前 1.エストロゲン 依 存 性 悪 性 腫 瘍 ( 例 えば 乳 癌 子 宮 内 膜 癌 ) 及 び 2. 乳 癌 の 既 往 歴 のある 患 者 [ 乳 癌 が 再 発 するおそれが 1.エストロゲン 依 存 性 腫 瘍 ( 例 えば 乳 癌 子 宮 内 膜 癌 ) 及 びその 2. 乳 癌 の 既 往 歴 のある 患 者 [ 乳 癌 が 再 発 するおそれが (3) 子 宮 内 膜 症 のある 患 者 [ 症 状 が 増 悪 するおそれが (7) 骨 成 長 が 終 了 していない 可 能 性 がある 患 者 思 春 期 前 の 患 増 悪 するおそれが 卵 胞 ホルモン 剤 の 投 与 により 骨 端 の 早 期 閉 鎖 性 的 早 熟 をき たすおそれがあるので 骨 成 長 が 終 了 していない 可 能 性 がある 患 者 思 春 期 前 の 患 者 に 投 与 する 場 合 には 観 察 を 十 分 に 行 い 慎 重 に 投 与 すること (3) 子 宮 内 膜 症 のある 患 者 [ 症 状 が 増 悪 するおそれが (7) 思 春 期 前 の 患 増 悪 するおそれが 卵 胞 ホルモン 剤 の 投 与 により 骨 端 の 早 期 閉 鎖 性 的 早 熟 をき たすおそれがあるので 思 春 期 前 の 患 者 には 慎 重 に 投 与 するこ と 2エストリール 腟 錠 0.5mg( 日 局 エストリオール) 1.エストロゲン 依 存 性 悪 性 腫 瘍 ( 例 えば 乳 癌 子 宮 内 膜 癌 ) 及 びその 疑 いのある 患 者 [ 腫 瘍 の 悪 化 あるいは 顕 性 化 を 促 すこ とが 2.~3.( 省 略 ) 1.エストロゲン 依 存 性 腫 瘍 ( 例 えば 乳 癌 性 器 癌 ) 及 びその 疑 い のある 患 者 [ 腫 瘍 の 悪 化 あるいは 顕 性 化 を 促 すことが 2.~3.( 省 略 ) (1) 子 宮 筋 腫 のある 患 者 [ 子 宮 筋 腫 の 発 育 を 促 進 するおそれが (2) 子 宮 内 膜 症 のある 患 者 [ 症 状 が 増 悪 するおそれが (3) 乳 癌 の 既 往 歴 のある 患 者 [ 乳 癌 が 再 発 するおそれがあ (4) 乳 癌 家 族 素 因 が 強 い 患 者 乳 房 結 節 のある 患 者 乳 腺 症 の 増 悪 するおそれが (5) 骨 成 長 が 終 了 していない 可 能 性 がある 患 者 思 春 期 前 の 患 慎 重 投 与 :なし 2. 重 要 な 基 本 的 注 意 1. 重 要 な 基 本 的 注 意 3. 副 作 用 2. 副 作 用 4. 妊 婦 産 婦 授 乳 婦 等 への 投 与 3. 妊 婦 産 婦 授 乳 婦 等 への 投 与 5. 小 児 等 への 投 与 小 児 等 への 投 与 :なし 卵 胞 ホルモン 剤 の 投 与 により 骨 端 の 早 期 閉 鎖 性 的 早 熟 をきた すおそれがあるので 骨 成 長 が 終 了 していない 可 能 性 がある 患 者 思 春 期 前 の 患 者 に 投 与 する 場 合 には 観 察 を 十 分 に 行 い 慎 重 に 投 与 すること 6. 適 用 上 の 注 意 4. 適 用 上 の 注 意 7.その 他 の 注 意 5.その 他 の 注 意

4 3エストリールデポー 注 10mg(エストリオールプロピオン 酸 エステル) 改 訂 後 ( 部 変 更 ) 改 訂 前 1. エストロゲン 依 存 性 悪 性 腫 瘍 ( 例 えば 乳 癌 子 宮 内 膜 癌 ) 及 び 2. 乳 癌 の 既 往 歴 のある 患 者 [ 乳 癌 が 再 発 するおそれが 1.エストロゲン 依 存 性 腫 瘍 ( 例 えば 乳 癌 子 宮 内 膜 癌 ) 及 びその 2. 乳 癌 の 既 往 歴 のある 患 者 [ 乳 癌 が 再 発 するおそれが (3) 子 宮 内 膜 症 のある 患 者 [ 症 状 が 増 悪 するおそれが (7) 骨 成 長 が 終 了 していない 可 能 性 がある 患 者 思 春 期 前 の 患 増 悪 するおそれが 卵 胞 ホルモン 剤 の 投 与 により 骨 端 の 早 期 閉 鎖 性 的 早 熟 を きたすおそれがあるので 骨 成 長 が 終 了 していない 可 能 性 が ある 患 者 思 春 期 前 の 患 者 に 投 与 する 場 合 には 観 察 を 十 分 に 行 い 慎 重 に 投 与 すること (3) 子 宮 内 膜 症 のある 患 者 [ 症 状 が 増 悪 するおそれが (7) 思 春 期 前 の 患 増 悪 するおそれが (9)~ (10)( 省 略 ) 卵 胞 ホルモン 剤 の 投 与 により 骨 端 の 早 期 閉 鎖 性 的 早 熟 をき たすおそれがあるので 思 春 期 前 の 患 者 には 慎 重 に 投 与 するこ と 4ペラニンデポー 筋 注 5mg 10mg(エストラジオール 吉 草 酸 エステル) 1.エストロゲン 依 存 性 悪 性 腫 瘍 ( 例 えば 乳 癌 子 宮 内 膜 癌 ) 及 び 2. 乳 癌 の 既 往 歴 のある 患 者 [ 乳 癌 が 再 発 するおそれが 3.( 省 略 ) 4.~7.( 省 略 ) 1.エストロゲン 依 存 性 腫 瘍 ( 例 えば 乳 癌 子 宮 内 膜 癌 ) 及 びその 2. 乳 癌 の 既 往 歴 のある 患 者 [ 乳 癌 が 再 発 するおそれが 3.( 省 略 ) 4. 子 宮 内 膜 症 のある 患 者 [ 症 状 が 増 悪 するおそれが 5.~8.( 省 略 ) (3) 子 宮 内 膜 症 のある 患 者 [ 症 状 が 増 悪 するおそれが (4)~(7)( 省 略 ) (8) 骨 成 長 が 終 了 していない 可 能 性 がある 患 者 思 春 期 前 の 患 (9) 乳 癌 家 族 素 因 が 強 い 患 者 乳 房 結 節 のある 患 者 乳 腺 症 の 増 悪 するおそれが (10)~(11)( 省 略 ) 骨 端 の 早 期 閉 鎖 性 的 早 熟 をきたすおそれがあるので 骨 成 長 が 終 了 していない 可 能 性 がある 患 者 思 春 期 前 の 患 者 に 投 与 する 場 合 には 観 察 を 十 分 に 行 い 慎 重 に 投 与 すること (3)~(6)( 省 略 ) (7) 思 春 期 前 の 患 増 悪 するおそれが 骨 端 の 早 期 閉 鎖 性 的 早 熟 をきたすおそれがあるので 思 春 期 前 の 患 者 には 慎 重 に 投 与 すること

5 5ダイホルモン デポー 注 ( 日 局 テストステロンエナント 酸 エステル エストラジオール 吉 草 酸 エステル) 1.アンドロゲン 依 存 性 悪 性 腫 瘍 ( 例 えば 前 立 腺 癌 ) 及 びその 疑 いの ある 患 者 [ 腫 瘍 の 悪 化 あるいは 顕 性 化 を 促 すことが 2. エストロゲン 依 存 性 悪 性 腫 瘍 ( 例 えば 乳 癌 子 宮 内 膜 癌 ) 及 び その 3. 乳 癌 の 既 往 歴 のある 患 者 [ 乳 癌 が 再 発 するおそれが 4.~8.( 省 略 ) 9. 小 児 等 ( 小 児 等 への 投 与 の 項 参 照 ) 1.アンドロゲン 依 存 性 腫 瘍 ( 例 えば 前 立 腺 癌 ) 及 びその 疑 いのある 患 者 [ 腫 瘍 の 悪 化 あるいは 顕 性 化 を 促 すことが 2.エストロゲン 依 存 性 腫 瘍 ( 例 えば 乳 癌 子 宮 内 膜 癌 ) 及 びその 3. 乳 癌 の 既 往 歴 のある 患 者 [ 乳 癌 が 再 発 するおそれが 4.~8.( 省 略 ) 9. 小 児 等 ( 小 児 等 への 投 与 の 項 参 照 ) (2) 前 立 腺 肥 大 のある 患 者 [ 前 立 腺 はアンドロゲン 依 存 性 であ るため 症 状 が 増 悪 することが (3) 子 宮 筋 腫 のある 患 者 [ 子 宮 筋 腫 の 発 育 を 促 進 するおそれが (4) 子 宮 内 膜 症 のある 患 者 [ 症 状 が 増 悪 するおそれが (5)~(8)( 省 略 ) (9) 乳 癌 家 族 素 因 が 強 い 患 者 乳 房 結 節 のある 患 者 乳 腺 症 の 増 悪 するおそれが (10)~(12)( 省 略 ) 骨 端 の 早 期 閉 鎖 性 的 早 熟 をきたすことがあるので 骨 成 長 が 終 了 していない 可 能 性 がある 患 者 思 春 期 前 の 患 者 には 投 与 しないこと (2) 前 立 腺 肥 大 のある 患 者 [ 前 立 腺 はアンドロゲン 依 存 性 であ るため 症 状 が 増 悪 することが (3) 子 宮 筋 腫 のある 患 者 [ 子 宮 筋 腫 の 発 育 を 促 進 するおそれが (4) 子 宮 内 膜 症 のある 患 者 [ 症 状 が 増 悪 するおそれが (5)~(8)( 省 略 ) (9) 乳 癌 家 族 素 因 が 強 い 患 者 乳 房 結 節 のある 患 者 乳 腺 症 の 増 悪 するおそれが (10)~(12)( 省 略 ) 骨 端 の 早 期 閉 鎖 性 的 早 熟 をきたすことがあるので 小 児 等 には 投 与 しないこと 6ルテスデポー 注 ( ヒドロキシプロゲステロンカプロン 酸 エステル 日 局 エストラジオール 安 息 香 酸 エステル ) 1.エストロゲン 依 存 性 悪 性 腫 瘍 ( 例 えば 乳 癌 子 宮 内 膜 癌 ) 及 びその 疑 いのある 患 者 [ 腫 瘍 の 悪 化 あるいは 顕 性 化 を 促 すこ とが 2.~5.( 省 略 ) 1.エストロゲン 依 存 性 腫 瘍 ( 例 えば 乳 癌, 性 器 癌 ) 及 びその 疑 い のある 患 者 [ 腫 瘍 の 悪 化 あるいは 顕 性 化 を 促 すことが 2.~5.( 省 略 ) (1) 子 宮 筋 腫 のある 患 者 [ 子 宮 筋 腫 の 発 育 を 促 進 するおそれが (2) 乳 癌 の 既 往 歴 のある 患 者 [ 乳 癌 が 再 発 するおそれが (3) 乳 癌 家 族 素 因 が 強 い 患 者 乳 房 結 節 のある 患 者 乳 腺 症 の 増 悪 するおそれが (7) 骨 成 長 が 終 了 していない 可 能 性 がある 患 者 ( 小 児 等 への 投 与 の 項 参 照 ) (1) 子 宮 筋 腫 のある 患 者 [ 子 宮 筋 腫 の 発 育 を 促 進 するおそれが (2)~(4)( 省 略 ) 骨 端 の 早 期 閉 鎖 をきたすおそれがあるので 骨 成 長 が 終 了 し ていない 可 能 性 がある 患 者 に 投 与 する 場 合 には 観 察 を 十 分 に 行 い 慎 重 に 投 与 すること 小 児 等 への 投 与 :なし 7. 適 用 上 の 注 意 6. 適 用 上 の 注 意 8.その 他 の 注 意 7.その 他 の 注 意

6 7テスチノンデポー 筋 注 用 125mg 250mg( 日 局 テストステロンエナント 酸 エステル) 改 訂 後 ( 部 変 更 ) 改 訂 前 1.アンドロゲン 依 存 性 悪 性 腫 瘍 ( 例 えば 前 立 腺 癌 ) 及 びその 疑 いの ある 患 者 [ 腫 瘍 の 悪 化 あるいは 顕 性 化 を 促 すことが 1.アンドロゲン 依 存 性 腫 瘍 ( 例 えば 前 立 腺 癌 ) 及 びその 疑 いのある 患 者 [ 腫 瘍 の 悪 化 あるいは 顕 性 化 を 促 すことが (1) 前 立 腺 肥 大 のある 患 者 [ 前 立 腺 はアンドロゲン 依 存 性 であ るため 症 状 が 増 悪 することが (2)~(4)( 省 略 ) (5) 骨 成 長 が 終 了 していない 可 能 性 がある 患 者 思 春 期 前 の 患 骨 端 の 早 期 閉 鎖 性 的 早 熟 をきたすことがあるので 骨 成 長 が 終 了 していない 可 能 性 がある 患 者 思 春 期 前 の 患 者 に 投 与 する 場 合 には 観 察 を 十 分 に 行 い 慎 重 に 投 与 すること (1) 前 立 腺 肥 大 のある 患 者 [ 前 立 腺 はアンドロゲン 依 存 性 であ るため 症 状 が 増 悪 することが (2)~(4)( 省 略 ) (5) 思 春 期 前 の 患 骨 端 の 早 期 閉 鎖 性 的 早 熟 をきたすことがあるので 思 春 期 前 の 患 者 に 投 与 する 場 合 には 観 察 を 十 分 に 行 い 慎 重 に 投 与 すること 8HCGモチダ 筋 注 用 3 千 単 位 5 千 単 位 1 万 単 位 ( 日 局 ヒト 絨 毛 性 性 腺 刺 激 ホルモン) 1.アンドロゲン 依 存 性 悪 性 腫 瘍 ( 例 えば 前 立 腺 癌 ) 及 びその 疑 い のある 患 者 [アンドロゲン 産 生 を 促 進 するため 腫 瘍 の 悪 化 あ るいは 顕 性 化 を 促 すことが 3. 性 早 熟 症 の 患 者 [アンドロゲン 産 生 を 促 進 するため 性 早 熟 を 早 め 骨 端 の 早 期 閉 鎖 をきたすことが 1. 前 立 腺 癌 又 は 他 のアンドロゲン 依 存 性 腫 瘍 及 びその 疑 いのある 患 者 [アンドロゲン 産 生 を 促 進 するため 腫 瘍 の 悪 化 あるいは 顕 性 化 を 促 すことが 3. 性 早 熟 症 の 患 者 [アンドロゲン 産 生 を 促 進 するため 性 早 熟 を 早 め 骨 端 の 早 期 閉 鎖 をきたすことが (1) 前 立 腺 肥 大 のある 患 者 [アンドロゲン 産 生 を 促 進 するた め 症 状 が 増 悪 するおそれが (2) エストロゲン 依 存 性 悪 性 腫 瘍 ( 例 えば 乳 癌 子 宮 内 膜 癌 ) 及 びその 疑 いのある 患 者 [ 腫 瘍 の 悪 化 あるいは 顕 性 化 を 促 すこ とが (3) 子 宮 筋 腫 のある 患 者 [ 子 宮 筋 腫 の 発 育 を 促 進 するおそれが (4) 子 宮 内 膜 症 のある 患 者 [ 症 状 が 増 悪 するおそれが (5) 乳 癌 の 既 往 歴 のある 患 者 [ 乳 癌 が 再 発 するおそれがあ (6) 乳 癌 家 族 素 因 が 強 い 患 者 乳 房 結 節 のある 患 者 乳 腺 症 の 増 悪 するおそれが (7)~(8)( 省 略 ) (9) 骨 成 長 が 終 了 していない 可 能 性 がある 患 者 思 春 期 前 の 患 4. 副 作 用 (2) その 他 の 副 作 用 頻 度 不 明 注 2) 内 分 泌 性 早 熟 症 ( 省 略 ) 注 1)( 省 略 ) 注 2) 徴 候 があらわれた 場 合 には 投 与 を 中 止 すること ( 小 児 等 への 投 与 の 項 参 照 ) 注 3)( 省 略 ) 骨 端 の 早 期 閉 鎖 性 的 早 熟 をきたすことがあるので 骨 成 長 が 終 了 していない 可 能 性 がある 患 者 思 春 期 前 の 患 者 に 投 与 す る 場 合 には 観 察 を 十 分 に 行 い 慎 重 に 投 与 すること (1) 前 立 腺 肥 大 のある 患 者 [アンドロゲン 産 生 を 促 進 するた め 症 状 が 増 悪 するおそれが (2)~(3)( 省 略 ) (4) 思 春 期 前 の 患 4. 副 作 用 (2) その 他 の 副 作 用 頻 度 不 明 注 2) 内 分 泌 性 早 熟 症 ( 省 略 ) 注 1)( 省 略 ) 注 2) 思 春 期 前 の 患 者 への 投 与 中 に 徴 候 があらわれた 場 合 には 投 与 を 中 止 すること( 小 児 等 への 投 与 の 項 参 照 ) 注 3)( 省 略 ) 骨 端 の 早 期 閉 鎖 性 的 早 熟 をきたすことがあるので 思 春 期 前 の 患 者 に 投 与 する 場 合 には 観 察 を 十 分 に 行 い 慎 重 に 投 与 すること

7 9ディビゲル1mg(エストラジオール 軟 膏 (ゲル) 剤 ) (1)エストロゲン 依 存 性 悪 性 腫 瘍 ( 例 えば 乳 癌 子 宮 内 膜 癌 ) 及 び (2) 乳 癌 の 既 往 歴 のある 患 者 (3)~(9) ( 省 略 ) (1)エストロゲン 依 存 性 腫 瘍 ( 例 えば 乳 癌 子 宮 内 膜 癌 ) 及 びその (2) 乳 癌 の 既 往 歴 のある 患 者 (3)~(9) ( 省 略 ) (1) 子 宮 筋 腫 のある 患 者 [ 子 宮 筋 腫 の 発 育 を 促 進 するおそれがあ (2) 子 宮 内 膜 症 のある 患 者 [ 症 状 が 増 悪 するおそれが (3) 乳 癌 家 族 素 因 が 強 い 患 者 乳 房 結 節 のある 患 者 乳 腺 症 の 患 者 又 は 乳 房 レントゲン 像 に 異 常 がみられた 患 者 [ 症 状 を 悪 化 させるおそれが (4)~(9) ( 省 略 ) (1) 子 宮 筋 腫 を 有 する 患 者 [ 子 宮 筋 腫 の 発 育 を 促 進 するおそれが (2) 子 宮 内 膜 症 のある 患 者 [ 症 状 が 増 悪 するおそれが (3) 乳 癌 家 族 素 因 が 強 い 患 者 乳 房 結 節 のある 患 者 乳 腺 症 の 患 者 又 は 乳 房 レントゲン 像 に 異 常 がみられた 患 者 [ 症 状 を 悪 化 させるおそれが (4)~(9) ( 省 略 )

2 製 品 概 要 有 効 成 分 (1 錠 中 含 量 ) 製 造 販 売 承 認 番 号 薬 価 基 準 収 載 医 薬 品 コード レセプト 電 算 処 理 システム 用 コード 薬 価 薬 価 基 準 収 載 日 規 制 区 分 使 用 期 限 貯 法 注 意 ピートル チュアブル 錠 25

2 製 品 概 要 有 効 成 分 (1 錠 中 含 量 ) 製 造 販 売 承 認 番 号 薬 価 基 準 収 載 医 薬 品 コード レセプト 電 算 処 理 システム 用 コード 薬 価 薬 価 基 準 収 載 日 規 制 区 分 使 用 期 限 貯 法 注 意 ピートル チュアブル 錠 25 2015.11 No. 475 高 リン 血 症 治 療 剤 注 ) 処 方 箋 医 薬 品 注 ) 注 意 - 医 師 等 の 処 方 箋 により 使 用 すること 新 発 売 のお 知 らせ 謹 啓 時 下 ますますご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 平 素 は 弊 社 製 品 に 格 別 のお 引 き 立 てを 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます この 度 高 リン 血

More information

5 月 27 日 4 子 宮 頸 癌 1 GIO: 子 宮 頸 癌 の 病 態 診 断 治 療 について 理 解 する SBO: 1. 子 宮 頸 癌 の 発 癌 のメカニズムや 発 癌 過 程 について 説 明 できる 2. 子 宮 頸 癌 および 前 癌 病 変 の 分 類 ついて 説 明 でき

5 月 27 日 4 子 宮 頸 癌 1 GIO: 子 宮 頸 癌 の 病 態 診 断 治 療 について 理 解 する SBO: 1. 子 宮 頸 癌 の 発 癌 のメカニズムや 発 癌 過 程 について 説 明 できる 2. 子 宮 頸 癌 および 前 癌 病 変 の 分 類 ついて 説 明 でき 日 付 時 限 内 4 月 8 日 4 婦 人 科 腫 瘍 学 総 論 GIO: 女 性 に 特 有 の 腫 瘍 疾 患 を 総 論 的 に 捉 え 理 解 する 容 SBO: 1. 生 殖 器 の 解 剖 生 殖 器 腫 瘍 の 病 理 細 胞 診 断 画 像 診 断 などについて 説 明 ができる 2. 子 宮 頸 部 悪 性 腫 瘍 の 発 癌 メカニズム( 特 にHPV) 診 断 治 療 について

More information

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4 2015 年 6 月 改 訂 薬 価 基 準 収 載 処 方 箋 医 薬 品 : 注 意 - 医 師 等 の 処 方 箋 により 使 用 すること - 医 薬 品 の 適 正 使 用 に 欠 かせない 情 報 です 使 用 前 に 必 ずお 読 みください - 新 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 の 解 説 禁 忌 ( 次 の 患 者 には 投 与 しないこと) 本 剤 の 成 分 に 対

More information

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4 日 付 時 限 内 容 4 月 6 日 2 総 論 GIO: 耳 鼻 咽 喉 科 疾 患 を 持 つ 患 者 の 診 断 と 治 療 ができるようになるために これらの 系 の 基 本 的 知 識 特 性 を 理 解 する SBO: 1. 耳 疾 患 について 説 明 できる 2. 鼻 疾 患 について 説 明 できる 3. 咽 頭 喉 頭 疾 患 について 説 明 できる 4 月 13 日 2 鼻

More information

メノエイドコンビパッチ

メノエイドコンビパッチ メノエイドコンビパッチ 患 者 向 医 薬 品 ガイド 2013 年 2 月 更 新 この 薬 は? 販 売 名 一 般 名 含 有 量 (1 枚 中 ) メノエイドコンビパッチ MENOAID COMBIPATCH エストラジオール Estradiol 酢 酸 ノルエチステロン Norethisterone Acetate エストラジオール 0.62mg 酢 酸 ノルエチステロン 2.70mg 患

More information

研修計画

研修計画 産 婦 人 科 Ⅰ プログラムの 名 称 日 野 市 立 病 院 産 婦 人 科 初 期 臨 床 研 修 プログラム Ⅱ プログラムの 運 営 日 野 市 立 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 を 中 心 として 運 営 管 理 し 産 婦 人 科 に 配 属 された 研 修 医 に 対 しては, 臨 床 経 験 4 年 以 上 の 上 級 医 が 各 々 組 み 合 わせとなり, 直 接

More information

IF_HCG_MOCHIDA_N34

IF_HCG_MOCHIDA_N34 ##2013 年 2 月 ( 改 訂 第 3 版 ) 日 本 標 準 商 品 分 類 番 号 #2010 年 6 月 872413 医 薬 品 インタビューフォーム 日 本 病 院 薬 剤 師 会 のIF 記 載 要 領 (1998 年 9 月 )に 準 拠 して 作 成 日 本 薬 局 方 注 射 用 ヒト 絨 毛 性 性 腺 刺 激 ホルモン 生 物 由 来 製 品 処 方 せん 医 薬 品 剤

More information

アプルウェイ 市販直後調査 発売4ヵ月間の副作用発現状況

アプルウェイ 市販直後調査 発売4ヵ月間の副作用発現状況 市 販 直 後 調 査 平 成 26 年 5 月 ~ 平 成 26 年 11 月 製 造 販 売 :サノフィ 株 式 会 社 163-1488 東 京 都 新 宿 区 西 新 宿 三 丁 目 20 番 2 号 発 売 4 ヵ 月 間 の 副 作 用 発 現 状 況 謹 啓 先 生 方 におかれましては 時 下 ますますご 清 祥 のことと お 慶 び 申 し 上 げます 平 素 は 弊 社 が 製

More information

続 発 性 無 月 経 の 原 因 別 分 類 と 鑑 別 診 断 チャートを 説 明 できる 原 発 性 無 月 経 の 治 療 法 の 概 略 を 説 明 できる 続 発 性 無 月 経 の 治 療 法 の 概 略 を 説 明 できる 月 経 前 症 候 群 の 病 態 と 治 療 法 について

続 発 性 無 月 経 の 原 因 別 分 類 と 鑑 別 診 断 チャートを 説 明 できる 原 発 性 無 月 経 の 治 療 法 の 概 略 を 説 明 できる 続 発 性 無 月 経 の 治 療 法 の 概 略 を 説 明 できる 月 経 前 症 候 群 の 病 態 と 治 療 法 について 生 殖 系 D9 オーガナイザー 産 科 婦 人 科 井 箟 一 彦 泌 尿 器 科 原 勲 Ⅰ 一 般 学 習 目 標 内 科 学 外 科 学 などの 臨 床 医 学 が 個 体 維 持 治 療 医 学 を 主 たる 目 的 とするのに 対 し 生 殖 医 学 は 治 療 医 学 に 加 え 種 族 保 存 リプロダクションを 含 むことを 理 解 し 基 礎 的 知 識 のもと 診 断 治 療

More information

デュアック 配 合 ゲル に 係 る 医 薬 品 リスク 管 理 計 画 書 (RMP)の 概 要 販 売 名 デュアック 配 合 ゲル 有 効 成 分 クリンダマイシンリン 酸 エステ ル 水 和 物 / 過 酸 化 ベンゾイル 製 造 販 売 業 者 株 式 会 社 ポーラファルマ 薬 効 分

デュアック 配 合 ゲル に 係 る 医 薬 品 リスク 管 理 計 画 書 (RMP)の 概 要 販 売 名 デュアック 配 合 ゲル 有 効 成 分 クリンダマイシンリン 酸 エステ ル 水 和 物 / 過 酸 化 ベンゾイル 製 造 販 売 業 者 株 式 会 社 ポーラファルマ 薬 効 分 デュアック 配 合 ゲルに 係 る 医 薬 品 リスク 管 理 計 画 書 本 資 料 に 記 載 された 情 報 に 係 る 権 利 及 び 内 容 についての 責 任 は 株 式 会 社 ポーラファルマ にあります 当 該 製 品 の 適 正 使 用 に 利 用 する 以 外 の 営 利 目 的 に 本 資 料 を 利 用 することは できません 株 式 会 社 ポーラファルマ デュアック 配

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20BEC1D8BCDEDD82A8926D82E782B95F38505F838D83532E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20BEC1D8BCDEDD82A8926D82E782B95F38505F838D83532E646F63> - 医 薬 品 の 適 正 使 用 に 欠 かせない 情 報 です 必 ずお 読 み 下 さい - 使 用 上 の 注 意 改 訂 のお 知 らせ 2011 年 7 月 販 売 マルホ 株 式 会 社 製 造 販 売 高 田 製 薬 株 式 会 社 この 度 セチリジン 塩 酸 塩 錠 5 mg タカタ セチリジン 塩 酸 塩 錠 10 mg タカタ の 添 付 文 書 使 用 上 の 注 意 を

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE38F428140967B959489F1939A814081408B638E96985E>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE38F428140967B959489F1939A814081408B638E96985E> 九 州 ブロック 医 療 保 険 協 議 会 社 会 保 険 委 員 協 議 会 議 事 録 平 成 26 年 10 月 25 日 15:00~17:30 場 所 : 別 府 ロイヤルホテル 4. 協 議 事 項 1) 提 案 事 項 1. 超 音 波 の 算 定 について 1 子 宮 内 胎 児 死 亡 で 自 然 流 産 を 待 つ 場 合 経 過 観 察 として 超 音 波 断 層 法 を1

More information

vol.54.pmd

vol.54.pmd 平 成 25 年 度 神 奈 川 県 立 がんセンター がん 臨 床 講 座 予 定 表 ( 毎 週 水 曜 日 18:30-19:30 管 理 医 局 棟 3 階 総 合 診 断 室 ) 日 付 曜 日 演 題 名 所 属 講 師 名 ( 敬 称 略 ) 平 成 25 年 4 月 17 日 水 病 理 診 断 の ABC 病 理 診 断 科 横 瀬 智 之 24 日 水 放 射 線 治 療 総 論

More information

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2.

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2. 日 付 時 限 4 月 7 日 5 小 児 医 療 GIO: 小 児 科 学 とは 何 か を 学 ぶ SBO: 1. 小 児 疾 病 の 特 徴 について 概 説 できる 内 容 2. 新 生 児 幼 児 学 童 思 春 期 青 年 期 の 発 育 発 達 を 説 明 できる 発 育 過 程 の 各 年 齢 におけるエネルギー 蛋 白 質 所 要 量 を 説 明 できる 小 児 薬 用 量 について

More information

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波 お 客 様 のニーズに 対 して 弊 社 は 多 種 のコースを 作 成 し ました ご 覧 ください 人 間 ドックコース( 一 般 ) その 他 り 聴 診 や 打 診 を 行 う 252,000 円 / 税 込 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 難 聴 腹 部

More information

Microsoft PowerPoint - H23疾患と治療1008配

Microsoft PowerPoint - H23疾患と治療1008配 生 殖 器 系 の 疾 患 平 成 22 年 10 月 8 日 不 妊 症 (Sterility) 疾 患 概 念 定 義 疫 学 通 常 夫 婦 間 で 避 妊 をしなければ1 年 間 で80% 2 年 間 で90%が 妊 娠 することが 統 計 学 的 に 示 されている し たがって 挙 児 を 希 望 し 通 常 の 性 生 活 を 送 りながら ( ) 経 過 しても 妊 娠 が 成 立

More information

監 修 北 辰 会 有 澤 総 合 病 院 内 科 大 八 木 秀 和 1 時 間 目 子 宮 内 膜 症 名 古 屋 大 学 大 学 院 医 学 系 研 究 科 産 婦 人 科 中 原 辰 夫 NAKAHARA Tatsuo 月 経 困 腎 難 不 を 全 訴 とはどのような えて 来 院 される

監 修 北 辰 会 有 澤 総 合 病 院 内 科 大 八 木 秀 和 1 時 間 目 子 宮 内 膜 症 名 古 屋 大 学 大 学 院 医 学 系 研 究 科 産 婦 人 科 中 原 辰 夫 NAKAHARA Tatsuo 月 経 困 腎 難 不 を 全 訴 とはどのような えて 来 院 される お 詫 びと 訂 正 本 誌 2014 年 7 月 号 連 載 医 師 とのmutual respectに 必 要 な 臨 床 医 学 知 識 中 に 誤 りが ございました 著 者 の 中 原 辰 夫 先 生 はじめ 読 者 の 方 々にお 詫 びして 訂 正 いたします( 編 集 部 ) また, 以 下 に 全 文 を 掲 載 いたします 127 頁 誤 正 監 修 北 辰 会 有 澤 総 合

More information

Microsoft Word Fix_ルナベルLD・ULD 患者向医薬品ガイド2014年9月更新(日本新薬)

Microsoft Word Fix_ルナベルLD・ULD 患者向医薬品ガイド2014年9月更新(日本新薬) この 薬 は? 販 売 名 一 般 名 含 有 量 (1 錠 中 ) 患 者 向 医 薬 品 ガイド 2014 年 9 月 更 新 ルナベル 配 合 錠 LD ルナベル 配 合 錠 ULD ルナベル 配 合 錠 LD LUNABELL tablets LD ノルエチステロン 1mg エチニルエストラジオール 0.035mg ノルエチステロン (Norethisterone) エチニルエストラジオール

More information

女性と運動

女性と運動 女 性 と 運 動 国 立 病 院 機 構 西 別 府 病 院 スポーツ 医 学 センター センター 長 松 田 貴 雄 性 差 性 機 能 ( 月 経 妊 娠 出 産 閉 経 ) 生 理 学 的 な 性 差 体 型 生 理 学 神 経 筋 心 血 管 系 呼 吸 器 系 女 > 甴 成 熟 体 脂 肪 率 女 = 甴 体 温 調 節 各 種 筋 線 維 の 割 合 女 < 甴 体 重 有 酸 素

More information

北海道医療大学歯学部シラバス

北海道医療大学歯学部シラバス 病 理 学 口 腔 病 理 学 口 腔 病 理 学 [ 講 義 ] 第 3 学 年 後 期 必 修 担 当 者 名 教 授 / 安 彦 善 裕 講 師 / 講 師 / 佐 藤 惇 助 教 / 非 常 勤 講 師 / 下 野 正 基 非 常 勤 講 師 / 松 原 茂 非 常 勤 講 師 / 浜 野 弘 規 概 要 口 腔 病 理 学 は 歯 をはじめ 口 腔 領 域 に 発 生 する 疾 病 や 病

More information

福島赤十字病院産婦人科における内視鏡下手術

福島赤十字病院産婦人科における内視鏡下手術 1 福 島 赤 十 字 病 院 産 婦 人 科 内 視 鏡 下 手 術 について はじめに: 内 視 鏡 下 手 術 は 患 者 様 の 体 の 負 担 をできるだけ 少 なくする 手 術 ( 低 侵 襲 手 術 :minimally invasive surgery)として 外 科 系 各 科 において 広 く 実 施 されるようになってきております 産 婦 人 科 領 域 でも 近 年 急 速

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208356839383748346815B83595432388FF95F32303130944E30378C8E8D58905681698B408D5C97B98FB3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208356839383748346815B83595432388FF95F32303130944E30378C8E8D58905681698B408D5C97B98FB3816A2E646F63> この 薬 は? 販 売 名 一 般 名 含 有 量 (1 錠 中 ) シンフェーズ T28 錠 患 者 向 医 薬 品 ガイド 2010 年 7 月 更 新 シンフェーズ T28 錠 Synphase T28 Tab. ノルエチステロン Norethisterone エチニルエストラジオール Ethinylestradiol 淡 青 色 の 錠 剤 白 色 の 錠 剤 だいだい 色 の 錠 剤 ノルエチステロン

More information

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4>

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4> 別 表 第 一 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 [ 目 次 ] 第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 通 則 第 1 節 初 診 料 第 2 節 再 診 料 第 2 部 入 院 料 等 通 則 第 1 節 入 院 基 本 料 第 2 節 入 院 基 本 料 等 加 算 第 3 節 特 定 入 院 料 第 4 節 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 第 2 章 特 掲 診 療

More information

20) 学 術 論 文 の 刊 行 3.わが 国 の 母 体, 胎 児 及 び 新 生 児 に,より 高 い 水 準 の 医 学 医 療 を 提 供 し, 全 人 的 医 療 を 実 践 できる 母 体 胎 児 専 門 医 になるために, 周 産 期 領 域 における 横 断 的 な 医 学 医 療

20) 学 術 論 文 の 刊 行 3.わが 国 の 母 体, 胎 児 及 び 新 生 児 に,より 高 い 水 準 の 医 学 医 療 を 提 供 し, 全 人 的 医 療 を 実 践 できる 母 体 胎 児 専 門 医 になるために, 周 産 期 領 域 における 横 断 的 な 医 学 医 療 ( 母 体 胎 児 専 門 医 ) 第 7 条 一 般 目 標 母 体 胎 児 専 門 医 は 正 常 及 び 異 常 な 妊 娠 分 娩 ならびに 合 併 症 妊 娠 に 対 する 診 療 を 行 い, 助 言 を 提 供 する 母 体 胎 児 医 療 の 専 門 医 であり, 以 下 の 知 識 と 技 能 を 習 得 することが 必 要 である. (1) 妊 娠 分 娩 経 過 の 正 常 及

More information

<355F8389837E836D83938FF98DC58F495F835F834383672E786477>

<355F8389837E836D83938FF98DC58F495F835F834383672E786477> ラノミン 錠 50 ラノミン 錠 100 患 者 向 医 薬 品 ガイド 2006 年 3 月 作 成 この 薬 は? 販 売 名 一 般 名 含 有 量 (1 錠 中 ) ラノミン 錠 50 RANOMIN TABLETS 50mg cilostazol 50mg ラノミン 錠 100 RANOMIN TABLETS 100mg cilostazol 100mg 患 者 向 医 薬 品 ガイドについて

More information

● 外科初期研修プログラム 

● 外科初期研修プログラム  外 科 臨 床 研 修 プログラム Ⅰ 研 修 スケジュール 1. 研 修 期 間 は 原 則 として1 年 目 の4 週 間 とする ただし 可 能 な 範 囲 で 選 択 のため 希 望 に 応 じる < 研 修 方 法 > 1 一 般 外 科 研 修 中 に 消 化 器 外 科 呼 吸 器 ( 胸 部 ) 心 臓 血 管 外 科 内 分 泌 外 科 症 例 も 研 修 する 2 指 導 医 のもとに

More information

不妊症

不妊症 症 例 検 討 会 平 成 24 年 4 月 八 代 店 2 月 2 日 岩 砂 病 院 の 移 転 に 伴 い 各 診 療 科 の 処 方 箋 を 応 需 するようになりました 婦 人 科 では 毎 週 月 曜 日 の 午 後 診 不 妊 外 来 が 行 われております 不 妊 症 と 思 われる 患 者 の 処 方 について 検 討 しました H.24.2.6 41 歳 女 性 Rp. プレマリン

More information

スライド 1

スライド 1 1. すい 臓 の 生 理 学 血 糖 値 を 下 げる 唯 一 のホルモン : インスリン すい 臓 から 分 泌 される すい 臓 の 働 き 消 化 液 の 分 泌 ホルモンの 分 泌 すい 臓 のホルモン 分 泌 に 関 わる 細 胞 の 集 まり 食 物 の 消 化 を 助 ける 血 糖 値 に 関 係 する ランゲルハンス 島 細 胞 の 名 称 分 泌 されるホルモン ホルモンの 役

More information

2. 改 訂 内 容 ( ) 薬 食 安 通 知 による 改 訂 ( ) 自 主 改 訂 <トランサミン 注 > 改 訂 後 改 訂 前 (1) 重 大 な 副 作 用 ( 頻 度 不 明 ) 1)ショック:ショックを 起 こすことがあるので 観 察 を 十 分 に 行 い 異 常 が 認 められた

2. 改 訂 内 容 ( ) 薬 食 安 通 知 による 改 訂 ( ) 自 主 改 訂 <トランサミン 注 > 改 訂 後 改 訂 前 (1) 重 大 な 副 作 用 ( 頻 度 不 明 ) 1)ショック:ショックを 起 こすことがあるので 観 察 を 十 分 に 行 い 異 常 が 認 められた 医 薬 品 の 適 正 使 用 に 欠 かせない 情 報 です 必 ずお 読 みください 使 用 上 の 注 意 改 訂 のお 知 らせ 抗 プラスミン 剤 日 本 薬 局 方 トラネキサム 酸 注 射 液 日 本 薬 局 方 トラネキサム 酸 錠 日 本 薬 局 方 トラネキサム 酸 カプセル トラネキサム 酸 散 製 造 販 売 元 トラネキサム 酸 シロップ 製 造 販 売 元 販 売 元 2013

More information

安全性情報302.indd

安全性情報302.indd 3 重 要 な 副 作 用 等 に 関 する 情 報 平 成 25 年 4 月 23 日 及 び 同 年 5 月 17 日 に 改 訂 を 指 導 した 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 のうち 重 要 な 副 作 用 等 について, 改 訂 内 容 等 とともに 改 訂 の 根 拠 となった 症 例 の 概 要 等 に 関 する 情 報 を 紹 介 いたします 1 アンブリセンタン 販 売

More information

治 療 手 術 をしない 方 法 としてホルモン 療 法 があります これには GnRH アゴニストと 呼 ばれる 薬 があります これは 月 経 周 期 を 止 めて 子 宮 内 膜 を 衰 退 させてしまう 治 療 法 ですが 骨 粗 鬆 症 や 骨 粗 鬆 症 や 更 年 期 症 状 などが

治 療 手 術 をしない 方 法 としてホルモン 療 法 があります これには GnRH アゴニストと 呼 ばれる 薬 があります これは 月 経 周 期 を 止 めて 子 宮 内 膜 を 衰 退 させてしまう 治 療 法 ですが 骨 粗 鬆 症 や 骨 粗 鬆 症 や 更 年 期 症 状 などが 女 性 気 胸 ( 月 経 随 伴 性 気 胸 LAM) 月 経 随 伴 性 気 胸 女 性 の 気 胸 には 大 きく 分 けて 原 発 性 気 胸 と 続 発 性 気 胸 があり 後 者 には 月 経 随 伴 性 気 胸 やリンパ 脈 管 筋 腫 症 など 女 性 特 有 の 疾 患 が 挙 げられます ここでは 月 経 随 伴 性 気 胸 をとりあげましょう 月 経 随 伴 性 気 胸 は 子

More information

療 を 受 ける 者 に 厳 格 に 強 いるべき 規 則 ではなく 当 事 者 がガイドラインを 遵 守 しなければ その 後 の 治 療 を 受 けられないといった 懲 罰 的 な 対 応 を 強 制 するための 規 則 でもない 柔 軟 性 のない 厳 格 な 規 則 として 受 け 止 めら

療 を 受 ける 者 に 厳 格 に 強 いるべき 規 則 ではなく 当 事 者 がガイドラインを 遵 守 しなければ その 後 の 治 療 を 受 けられないといった 懲 罰 的 な 対 応 を 強 制 するための 規 則 でもない 柔 軟 性 のない 厳 格 な 規 則 として 受 け 止 めら 性 同 一 性 障 害 に 関 する 診 断 と 治 療 のガイドライン( 第 3 版 )の 実 地 診 療 の 手 引 き 日 本 精 神 神 経 学 会 性 同 一 性 障 害 に 関 する 委 員 会 はじめに 本 稿 は 性 同 一 性 障 害 に 関 する 診 断 と 治 療 のガイドライン( 第 3 版 ) ( 以 下 ガイド ラインと 記 す)に 沿 って 実 地 診 療 に 当 たろうとする

More information

国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の 中 で 臨 床 研 修 は 個 人 のみならず 社 会 的 必 要 性 の 強 いものである その 社

国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の 中 で 臨 床 研 修 は 個 人 のみならず 社 会 的 必 要 性 の 強 いものである その 社 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プ ログラ ム 平 成 25 年 度 版 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の

More information

抗 剤 解 熱 鎮 痛 消 炎 剤 精 神 神 経 用 剤 骨 格 筋 弛 緩 剤 鎮 剤 抗 ン 薬 血 管 拡 張 剤 強 心 剤 系 強 心 剤 昇 剤 利 剤 気 管 支 拡 張 剤 消 化 性 潰 瘍 用 剤 脳 垂 体 ン 剤 腎 ン 剤 昇 交 換 神 経 薬 腎 ン 剤 ンン 製 剤

抗 剤 解 熱 鎮 痛 消 炎 剤 精 神 神 経 用 剤 骨 格 筋 弛 緩 剤 鎮 剤 抗 ン 薬 血 管 拡 張 剤 強 心 剤 系 強 心 剤 昇 剤 利 剤 気 管 支 拡 張 剤 消 化 性 潰 瘍 用 剤 脳 垂 体 ン 剤 腎 ン 剤 昇 交 換 神 経 薬 腎 ン 剤 ンン 製 剤 ~ 度 成 作 成 : 薬 剤 科 医 薬 品 情 報 室 青 医 薬 品 発 品 称 用 法 用 量 欄 注 釈 用 ] 適 ] 添 付 文 記 載 い 用 法 用 量 当 院 適 応 中 心 記 載 禁 ] 投 禁 忌 患 者 状 態 併 用 禁 忌 薬 示 い ] 重 篤 作 用 頻 度 高 い 作 用 中 心 注 意 代 表 的 い 記 載 い 特 ] 薬 剤 特 長 薬 剤 系 統 利 使

More information

前立腺癌の診断と治療

前立腺癌の診断と治療 Prostate Cancer 泌 尿 器 科 畠 山 真 吾 弘 前 大 学 泌 尿 器 科 における 前 立 腺 癌 の 診 断 と 治 療 前 立 腺 癌 はゆっくり 進 行 する 病 気 です 前 立 腺 癌 と 診 断 されても 慌 てる 必 要 はありません ゆっくり 治 療 法 を 選 択 し 治 療 に 向 かいましょう はじめに 前 立 腺 癌 は 世 界 的 に 罹 患 率 の

More information

目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8 7 画 像 診 断 8 8 投 薬 注 射 8 9 リハビリテーション 精 神 科 専 門

目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8 7 画 像 診 断 8 8 投 薬 注 射 8 9 リハビリテーション 精 神 科 専 門 平 成 24 年 度 に 実 施 した 個 別 指 導 において 保 険 医 療 機 関 ( 医 科 )に 改 善 を 求 めた 主 な 指 摘 事 項 四 国 厚 生 支 局 平 成 26 年 2 月 目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8

More information

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H )

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H ) 平 成 25 年 10 月 22 日 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 保 健 統 計 室 室 長 瀧 村 佳 代 室 長 補 佐 岩 﨑 容 子 ( 担 当 ) 患 者 統 計 係 ( 内 線 7516,7517) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2958 平 成 2 4 年 (2012) 福

More information

Microsoft PowerPoint - 20160421北大工藤ハンドアウト

Microsoft PowerPoint - 20160421北大工藤ハンドアウト 日 本 産 科 婦 人 科 学 会 第 68 回 学 術 講 演 会 専 攻 医 教 育 プログラム 子 宮 内 膜 症 / 子 宮 腺 筋 症 の 診 断 と 治 療 北 海 道 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 生 殖 内 分 泌 腫 瘍 学 分 野 工 藤 正 尊 第 68 回 日 本 産 科 婦 人 科 学 会 学 術 講 演 会 利 益 相 反 状 態 の 開 示 筆 頭 演 者 氏

More information

女 性 のライフステージ 女 性 は 生 理 的 ライフステージによって ホルモンの 状 態 が 大 きく 変 化 する 女 性 には ホルモンの 変 化 にともなう 病 気 が 多 い 近 年 女 性 の 社 会 進 出 が 進 み 女 性 の 病 気 が 変 化 して 来 た 小 児 期 思 春

女 性 のライフステージ 女 性 は 生 理 的 ライフステージによって ホルモンの 状 態 が 大 きく 変 化 する 女 性 には ホルモンの 変 化 にともなう 病 気 が 多 い 近 年 女 性 の 社 会 進 出 が 進 み 女 性 の 病 気 が 変 化 して 来 た 小 児 期 思 春 市 民 公 開 講 座 女 性 のライフサイクルと 健 康 管 理 慶 應 義 塾 大 学 医 学 部 産 婦 人 科 教 授 吉 村 𣳾 典 女 性 のライフステージ 女 性 は 生 理 的 ライフステージによって ホルモンの 状 態 が 大 きく 変 化 する 女 性 には ホルモンの 変 化 にともなう 病 気 が 多 い 近 年 女 性 の 社 会 進 出 が 進 み 女 性 の 病 気 が

More information

p681) b. 治 療 時 については 記 載 なし ただし 治 療 がなされない 場 合 30%が 回 復 し 40%が 軽 度 20%が 中 等 度 10%が 不 変 か 悪 化 する c. 外 傷 的 体 験 の 再 体 験 回 避 が 本 質 的 症 状 である d. HPA の 過 剰

p681) b. 治 療 時 については 記 載 なし ただし 治 療 がなされない 場 合 30%が 回 復 し 40%が 軽 度 20%が 中 等 度 10%が 不 変 か 悪 化 する c. 外 傷 的 体 験 の 再 体 験 回 避 が 本 質 的 症 状 である d. HPA の 過 剰 51. d 自 己 の 身 体 及 び 周 囲 の 事 物 について 現 実 感 が 感 じられず 自 動 化 されているように 感 じる 事 をいう 単 独 で 出 現 することは 少 なく うつ 病 恐 怖 症 性 障 害 強 迫 性 障 害 などに 伴 って 起 こることが 多 い( 現 代 臨 床 p287) d は 作 為 体 験 である 52.d a. 低 カルシウム 血 症 は 副 甲

More information

Microsoft Word - 通知 _2_.doc

Microsoft Word - 通知  _2_.doc 医 政 発 第 0331042 号 平 成 20 年 3 月 31 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 長 広 告 可 能 な 診 療 科 名 の 改 正 について 平 成 18 年 の 良 質 な 医 療 を 提 供 する 体 制 の 確 立 を 図 るための 医 療 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法 律 第 84 号 以 下

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E718B7B8C7A82AA82F182CD838F834E8360839382C5975C966882C582AB82E92E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E718B7B8C7A82AA82F182CD838F834E8360839382C5975C966882C582AB82E92E646F6378> 子 宮 頚 がんはワクチンで 予 防 できる 50 歳 代 に 多 い 子 宮 体 がん 子 宮 体 がんは 女 性 ホルモンのエストロゲンの 割 合 がプロゲステロンより 高 くなる 状 態 が 長 く 続 くと 発 生 します ちょうど 更 年 期 から 閉 経 期 がその 時 期 に 一 致 するので 50 歳 代 がピークとなるわけです エストロゲンは 卵 巣 だけ でなく 脂 肪 からも

More information

<B3D8D3AFB8BD955C8E862697A0955C8E86572E786C73>

<B3D8D3AFB8BD955C8E862697A0955C8E86572E786C73> 2009 年 9 月 ( 新 様 式 第 1 版 ) 日 本 標 準 商 品 分 類 番 号 8 7 2 6 6 9 医 薬 品 イ ン タ ビュ ー フォ ー ム 日 本 病 院 薬 剤 師 会 のIF 記 載 要 領 2008に 準 拠 して 作 成 剤 形 クリーム 剤 製 剤 の 規 制 区 分 該 当 なし 規 格 含 量 1g 中 に 尿 素 100mgを 含 有 する 一 般 名 和

More information

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記 載 要 領 について ( 平 成 九 年 四 月 二 五 日 ) ( 薬 発 第 六 〇 七 号 ) ( 各 都 道 府 県 知 事 あて 厚 生 省 薬 務 局 長 通 知 ) 標 記 については 昭 和 五 一 年 二 月 二 〇 日 薬 発 第 一 五 三 号 薬 務 局 長 通 知 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記

More information

日産婦誌60巻10号研修コーナー

日産婦誌60巻10号研修コーナー α α ( 図 D-19-4)-1) 新 生 児 黄 疸 の 診 断 手 順 ( 文 献 1より 引 用 ) ( 表 D-19-5)-1) 新 生 児 痙 攣 の 原 因 ( 文 献 2より 引 用 ) 1. 周 産 期 脳 障 害 1) 低 酸 素 性 虚 血 性 脳 症 2) 頭 蓋 内 出 血 1クモ 膜 下 出 血 2 脳 室 内 出 血 3 硬 膜 下 出 血 3) 脳 梗 塞 2. 代

More information

EA_O_IF_1308_04.indb

EA_O_IF_1308_04.indb 2013 年 10 月 作 成 ( 改 訂 第 4 版 ) 日 本 標 準 商 品 分 類 番 号 872649 医 薬 品 インタビューフォーム IF 2013 外 用 ビタミンE A 剤 ビタミンE A 製 剤 剤 形 製 剤 の 規 制 区 分 規 格 含 量 一 般 名 製 造 販 売 承 認 年 月 日 薬 価 基 準 収 載 発 売 年 月 日 開 発 製 造 販 売 ( 輸 入 ) 提

More information

肝機能検査の基礎

肝機能検査の基礎 肝 機 能 検 査 の 基 礎 刈 谷 豊 田 総 合 病 院 臨 床 検 査 科 大 島 彩 肝 臓 の 特 徴 と 働 き 特 徴 人 体 の 代 謝 能 の 中 枢 大 きな 予 備 能 と 再 生 能 を 有 する ( 正 常 肝 の 場 合 6/7を 切 除 しても 肝 機 能 は 正 常 に 働 く!!) 働 き 1 代 謝 機 能 (グルコース アミノ 酸 脂 肪 酸 など) 2 胆

More information

1 月 経 周 期 と 妊 娠 女 性 の 体 について どれくらい 知 っています か? ホルモンの 働 きと 月 経 周 期 ホルモンには 体 のいろいろな 臓 器 や 器 官 に 働 きかけ 機 能 を 調 節 する 働 きがあります 女 性 に 毎 月 訪 れる 月 経 も 脳 から 分 泌

1 月 経 周 期 と 妊 娠 女 性 の 体 について どれくらい 知 っています か? ホルモンの 働 きと 月 経 周 期 ホルモンには 体 のいろいろな 臓 器 や 器 官 に 働 きかけ 機 能 を 調 節 する 働 きがあります 女 性 に 毎 月 訪 れる 月 経 も 脳 から 分 泌 コウノトリ からの アドバ イス 不 妊 治 療 について 知 っておいていただきたいこと 監 修 埼 玉 医 科 大 学 産 科 婦 人 科 学 教 室 教 授 石 原 理 先 生 フェリング ファーマ 株 式 会 社 1 月 経 周 期 と 妊 娠 女 性 の 体 について どれくらい 知 っています か? ホルモンの 働 きと 月 経 周 期 ホルモンには 体 のいろいろな 臓 器 や 器 官

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF825389D4936388CF88F582BB82CC82502E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF825389D4936388CF88F582BB82CC82502E707074> 新 健 康 フロンティア 戦 略 賢 人 会 議 働 き 盛 りと 高 齢 者 の 健 康 安 心 分 科 会 提 出 資 料 国 立 保 健 医 療 科 学 院 口 腔 保 健 部 花 田 信 弘 1. 口 腔 の 保 健 医 療 および 介 護 の 現 状 分 析 平 成 17 年 に 行 われた 歯 科 疾 患 実 態 調 査 では 80 歳 で 自 分 の 歯 を20 歯 以 上 有 する

More information

スライド 1

スライド 1 2014 Jun. vol.23 No.6 DI NEWS 熊 本 総 合 病 院 医 薬 品 情 報 誌 担 当 藤 井 市 川 CONTENTS サビーン 点 滴 静 注 用 500mgについて 医 薬 品 医 療 機 器 安 全 性 情 報 312(モーラ ス 等 の 妊 娠 後 期 女 性 への 使 用 禁 忌 ) DSU229 疥 癬 用 スミスリンローション の 紹 介 電 子 カルテ

More information

ラノビス注250㎎・1000㎎ IF

ラノビス注250㎎・1000㎎ IF 2015 年 7 月 改 訂 ( 第 3 版 ) 日 本 標 準 商 品 分 類 番 号 873327 874490 医 薬 品 インタビューフォーム 日 本 病 院 薬 剤 師 会 のIF 記 載 要 領 2008に 準 拠 して 作 成 抗 プラスミン 剤 日 本 薬 局 方 トラネキサム 酸 注 射 液 ラノビス 注 250 mg ラノビス 注 1000mg RANOBIS Injection

More information

第5回Mindsセミナー

第5回Mindsセミナー Mindsの 概 要 説 明 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 EBM 医 療 情 報 部 部 長 国 際 医 療 福 祉 大 学 臨 床 医 学 研 究 センター 教 授 吉 田 雅 博 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 の 事 業 1) 医 療 情 報 サービス 事 業 Minds ( 平 成 15 年 度 より) 厚 生 労 働 省 の 補 助 金 事 業 医 療 関 係 者 患

More information

KITASATO  UNIVERSITY EAST  HOSPITAL

KITASATO  UNIVERSITY   EAST  HOSPITAL KITASATO UNIVERSITY EAST HOSPITAL DRUG NEWS 目 次 Vol.25-2 2014 年 4 月 発 行 薬 剤 部 医 薬 品 情 報 室 (2008 2619) 医 薬 品 医 療 機 器 等 安 全 性 情 報 No.311 P.1~4 1. 医 薬 部 外 品 及 び 化 粧 品 の 副 作 用 報 告 制 度 の 改 正 について 2. 重 要 な 副

More information

使 用 上 の 注 意 1. 慎 重 投 与 ( 次 の 患 者 には 慎 重 に 投 与 すること) 1) 次 に 掲 げる 患 者 又 は 状 態 (1) 心 不 全 発 症 のおそれのある 心 筋 梗 塞 狭 心 症 心 筋 症 高 血 圧 性 心 疾 患 の 心 疾 患 のある 患 者 [

使 用 上 の 注 意 1. 慎 重 投 与 ( 次 の 患 者 には 慎 重 に 投 与 すること) 1) 次 に 掲 げる 患 者 又 は 状 態 (1) 心 不 全 発 症 のおそれのある 心 筋 梗 塞 狭 心 症 心 筋 症 高 血 圧 性 心 疾 患 の 心 疾 患 のある 患 者 [ 2014 年 1 月 改 訂 ( 部 分 : 第 4 版 重 要 な 基 本 的 注 意 の 項 ) 2013 年 4 月 改 訂 ( 部 分 : 第 3 版 ) インスリン 抵 抗 性 改 善 剤 -2 型 糖 尿 病 治 療 剤 - 注 1) 処 方 せん 医 薬 品 PIOGLITAZONE TABLETS 15mg TOWA / TABLETS 30mg TOWA 貯 法 : 室 温 保 存

More information

平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 ( 確 定 数 )の 概 況 ( 福 島 県 ) 目 次 調 査 の 概 要 結 果 の 概 要 ( 統 計 表 ) 第 1 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 第 2 表 主 な 死 因 の 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 第 3 表 主 な 死 因 の 死 亡 率 対 全 国 比 較 第 4 表 生 活 習 慣 病

More information

■難病医療費助成制度の御案内

■難病医療費助成制度の御案内 制 度 の 趣 旨 難 病 医 療 費 助 成 制 度 の 御 案 内 [ 新 規 申 請 の 方 へ] 難 病 医 療 費 助 成 制 度 が 平 成 27 年 1 月 1 日 から 新 しくなります この 制 度 は 効 果 的 な 治 療 方 法 が 確 立 されるまでの 間 長 期 の 療 養 による 医 療 費 の 経 済 的 な 負 担 が 大 きい 方 を 支 援 するという 目 的

More information

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学 科 目 名 解 剖 学 Ⅱa 単 講 師 名 渡 邊 利 明 開 講 期 前 期 後 期 通 位 人 体 を 構 成 する 細 胞 組 織 器 官 の 位 置 機 能 及 び 形 態 を 理 解 させ 医 療 従 事 者 として 必 要 な 解 剖 学 的 知 識 を 習 得 させる 国 家 試 験 対 策 として 出 題 基 準 に 関 係 ある 部 分 に 重 点 をおいて 授 業 を 進 め

More information

前 置 胎 盤 や 前 置 癒 着 胎 盤 の 帝 王 切 開 は 産 科 医 にとって 最 もストレスを 感 じる 手 術 の 一 つと 言 える. 前 置 胎 盤 の 発 症 率 は1000 出 生 に 対 し5~13.9と 諸 外 国 に 比 較 して 日 本 人 では 比 較 的 高 い.

前 置 胎 盤 や 前 置 癒 着 胎 盤 の 帝 王 切 開 は 産 科 医 にとって 最 もストレスを 感 じる 手 術 の 一 つと 言 える. 前 置 胎 盤 の 発 症 率 は1000 出 生 に 対 し5~13.9と 諸 外 国 に 比 較 して 日 本 人 では 比 較 的 高 い. 専 攻 医 教 育 プログラム 2. 前 置 胎 盤 の 管 理 北 海 道 大 学 産 婦 人 科 山 田 崇 弘 2013/05/9 第 65 回 日 本 産 科 婦 人 科 学 会 学 術 講 演 会 1 前 置 胎 盤 や 前 置 癒 着 胎 盤 の 帝 王 切 開 は 産 科 医 にとって 最 もストレスを 感 じる 手 術 の 一 つと 言 える. 前 置 胎 盤 の 発 症 率 は1000

More information

H1_4

H1_4 HANSHIN CANCER CONFERENCE 04 No. Issue : July 2015 Journal of Kansai Rosai Hospital Cancer Center 2 Message 7 9 11 13 2 3 5 21 23 25 26 15 17 19 Contents Facility 3 4 肺 疾 患 上 気 道 疾 患 閉 塞 性 換 気 障 害 :COPDなど

More information

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性 別 表 4 手 術 支 払 割 合 表 手 術 の 保 障 が 付 帯 されているコースの 手 術 共 済 金 額 は 下 記 のとおりで す ジュニア20コース J1000 円 コース J1600 円 コース J2000 円 コース J1900 円 コース 5,000 円 7,000 円 10,000 円 4,000 円 女 性 コース 医 療 コース L2000 円 コース L3000 円 コース

More information

【参考資料1】副作用症例_set

【参考資料1】副作用症例_set 平 成 25 年 5 月 24 日 一 般 用 医 薬 品 のインターネット 販 売 等 の 新 たな ルールに 関 する 検 討 会 ( 第 10 回 ) ( 第 9 回 資 料 2) 参 考 資 料 1 第 1 類 医 薬 品 が 医 療 用 として 販 売 されていた 時 の 副 作 用 発 生 状 況 について 第 1 類 医 薬 品 は そのほとんどが 医 療 用 から 一 般 用 医 薬

More information

ユナシン ファイザー 錠 剤 ( 粉 砕 不 可 ):375mg(\61.9) トシル 酸 スルタミシリン SBTPC 用 法 用 量 1 回 375mg,1 日 2~3 回 禁 忌 (1) 本 剤 の 成 分 に 対 し 過 敏 の 既 往 歴 (2) 伝 染 性 単 核 重 大 な 副 作 用

ユナシン ファイザー 錠 剤 ( 粉 砕 不 可 ):375mg(\61.9) トシル 酸 スルタミシリン SBTPC 用 法 用 量 1 回 375mg,1 日 2~3 回 禁 忌 (1) 本 剤 の 成 分 に 対 し 過 敏 の 既 往 歴 (2) 伝 染 性 単 核 重 大 な 副 作 用 病 原 微 生 物 に 対 する 剤 1 抗 菌 ペニシリン 系 バイシリンG MSD 顆 粒 剤 :40 万 U/g(\31) ベンジルペニシリンベンザチン 水 和 物 Aus:A, 用 法 用 量 1 回 40 万 単 位,1 日 2~4 回, 梅 毒 :1 回 40 万 単 位,1 日 3~4 回 重 大 な 副 作 用 1)ショック,2) 溶 血 性 貧 血,3) 間 質 性 腎 炎 急 性

More information

スライド 1

スライド 1 QLife 漢 方 がん 治 療 における 漢 方 薬 の 処 方 状 況 に 関 する 医 師 調 査 結 果 報 告 書 平 成 25 年 11 月 1 日 株 式 会 社 QLife(キューライフ) 調 査 の 背 景 ここ 数 年 漢 方 薬 の 効 能 について 科 学 的 医 学 的 解 明 が 進 み エビデンスに 基 づいた 医 薬 品 と しての 認 知 が 広 まっている 特 にがん

More information

PM2.5による健康影響

PM2.5による健康影響 中 国 におけるPM2.5に 関 する 説 明 相 談 会 PM2.5による 健 康 影 響 京 都 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 金 谷 久 美 子 kanatani.kumiko.2r@kyotou.ac.jp 1 本 日 の 内 容 1. どんな 疾 患 の 可 能 性?(15 分 ) 1. 過 去 の 事 例 から 2. 実 験 結 果 から 3. 疫 学 調 査 から 2. どんな

More information

一般用漢方製剤の添付文書等に記載する使用上の注意の一部改正について_3

一般用漢方製剤の添付文書等に記載する使用上の注意の一部改正について_3 143. 十 全 大 補 湯 添 付 文 書 等 に 記 載 すべき 事 項 してはいけないこと ( 守 らないと 現 在 の 症 状 が 悪 化 したり 副 作 用 が 起 こりやすくなる) 次 の 人 は 服 用 しないこと 相 談 すること 1. 次 の 人 は 服 用 前 に 医 師 薬 剤 師 又 は 登 録 販 売 者 に 相 談 すること (3) 胃 腸 の 弱 い 人 (4) 高 齢

More information

cet_di_1 [更新済み]

cet_di_1 [更新済み] 医 薬 品 の 適 正 使 用 に 欠 かせない 情 報 です 必 ずお 読 み 下 さい 使 用 上 の 注 意 改 訂 のお 知 らせ 持 続 性 選 択 H1 受 容 体 拮 抗 アレルギー 性 疾 患 治 療 剤 No.11-17 日 本 薬 局 方 セチリジン 塩 酸 塩 錠 2011 年 7 月 製 造 販 売 このたび 標 記 製 品 の 使 用 上 の 注 意 を 改 訂 いたしましたので

More information

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 平 成 25 年 度 高 額 レセプト 上 位 の 概 要 健 保 連 が 行 う 平 成 25 年 度 の 高 額 医 療 交 付 金 交 付 事 業 に 申 請 された 医 療 費 のうち 1ヵ 月 の 医 療 費 が1,000 万 円 以 上 のものは 前 年 度 比 82 件 増 (32.28% 増 )の336 件 で 過 去 最 高 となった 全 336 件 のうち 先 天 性 疾 患 が125

More information

医薬品情報№430.201604.indd

医薬品情報№430.201604.indd 430 2016 4 一 般 発 行 編 集 ( 社 団 ) 香 川 県 薬 剤 師 会 760-0006 高 松 市 亀 岡 町 9 番 20 号 087 831 3093 087 831 0508 http://www.kagayaku.jp/ ( 本 号 目 次 ) 最 近 話 題 の 副 作 用 トピックス 他 2 主 な 使 用 上 の 注 意 改 訂 情 報 ( 平 成 28 年 02

More information

<4040208D918E8E89DF8B8E96E22D826C828F82948288828582922D82638261>

<4040208D918E8E89DF8B8E96E22D826C828F82948288828582922D82638261> 過 去 問 クラブ 回 ~8 回 kakomon-club.com 柔 整 鍼 灸 あマ 指 共 通 科 目 Hyper-Mix [ 科 目 名 ]=0 解 剖 学 [ 章 名 ]=08 内 分 泌 系 < > 005 H08 00 H07 H06 00 J00 J08 009 J05 下 垂 体 について 誤 っている 記 述 はどれか トルコ 鞍 の 中 に 位 置 する 腺 性 下 垂 体 と

More information

hyoushi

hyoushi 序 昨 年 度 から 表 題 を 年 報 改 めます 年 報 を 発 行 す る 目 的 は 実 績 を 公 表 することであり また 記 録 することよっ 歴 史 を 記 述 しることもなります しかし 年 報 を 発 行 する 社 会 的 意 義 とし を 公 表 する 事 が 重 要 である と 考 え 積 極 的 力 を 注 できました をどう 捉 えるかは ろろな 観 点 や 意 見 があると

More information

分 娩 時 に 胎 盤 が 娩 出 されるとプロゲステロンの 急 激 な 低 下 が 引 き 金 となって 分 娩 後 36~96 時 間 目 より 乳 汁 分 泌 が 本 格 的 となるが 乳 管 の 開 通 が 十 分 でないことが 多 く 乳 房 は 緊 満 し しばしば 疼 痛 を 伴 う

分 娩 時 に 胎 盤 が 娩 出 されるとプロゲステロンの 急 激 な 低 下 が 引 き 金 となって 分 娩 後 36~96 時 間 目 より 乳 汁 分 泌 が 本 格 的 となるが 乳 管 の 開 通 が 十 分 でないことが 多 く 乳 房 は 緊 満 し しばしば 疼 痛 を 伴 う 乳 腺 炎 (121024) 30 代 女 性 2 日 前 より 倦 怠 感 と 微 熱 を 認 めた その 他 には 特 に 症 状 は 無 い 上 気 道 炎 症 状 や 尿 路 の 症 状 もなし 2 か 月 の 児 に 授 乳 中 症 状 は 微 熱 だけで 原 因 がはっきりしないため 対 症 薬 で 経 過 観 察 し 症 状 が 出 現 したときに 再 来 を 指 示 した のちに 右

More information

1322-04465トポテシン.indd

1322-04465トポテシン.indd 警 告 1. 本 剤 使 用 にあたっては 患 者 又 はその 家 族 に 有 効 性 及 び 危 険 性 を 十 分 説 明 し 同 意 を 得 てから 投 与 を 開 始 すること 2. 本 剤 の 臨 床 試 験 において 骨 髄 機 能 抑 制 あるいは 下 痢 に 起 因 したと 考 えられる 死 亡 例 が 認 められている 本 剤 の 投 与 は 緊 急 時 に 十 分 に 措 置 できる

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 糖 尿 病 眼 合 併 症 と 治 療 について 糖 尿 病 とは? 糖 尿 病 とは 尿 に 糖 が 混 じるだけの 病 気 ではない 血 糖 値 上 昇 により 全 身 の 血 管 障 害 を 引 き 起 こし ます 製 鉄 記 念 広 畑 病 院 眼 科 藤 井 誠 士 郎 日 本 人 の 糖 尿 病 疫 学 調 査 眼 の 構 造 と 機 能 糖 尿 病 患 者 数 :820 万 人 (2007

More information

Microsoft Word - 骨粗鬆症③.doc

Microsoft Word - 骨粗鬆症③.doc B. 医 療 関 係 者 の 皆 様 へ 医 薬 品 によって 起 こる 骨 粗 鬆 症 の 原 因 として 最 も 頻 度 が 高 いのは 副 腎 皮 質 ステロイド 薬 ( 以 下 経 口 ステロイド 薬 )である 他 の 医 薬 品 として は 抗 てんかん 薬 メトトレキサート ヘパリン 製 剤 ワルファリン 性 腺 刺 激 ホルモン(GnRH) 作 動 薬 タモキシフェン アロマターゼ 阻

More information

目 次 予 防 服 用 フローチャート 1 マニュアル 使 用 上 の 注 意 2 1 曝 露 発 生 時 の 対 応 2 < 曝 露 事 故 の 発 生 した 医 療 機 関 での 対 応 > 2 < 拠 点 病 院 での 対 応 > 4 < 専 門 医 への 相 談 が 推 奨 される 状 況

目 次 予 防 服 用 フローチャート 1 マニュアル 使 用 上 の 注 意 2 1 曝 露 発 生 時 の 対 応 2 < 曝 露 事 故 の 発 生 した 医 療 機 関 での 対 応 > 2 < 拠 点 病 院 での 対 応 > 4 < 専 門 医 への 相 談 が 推 奨 される 状 況 HIV への 職 業 上 曝 露 後 の 感 染 防 止 予 防 服 用 マニュアル 一 般 医 療 機 関 用 平 成 26 年 10 月 < 兵 庫 県 エイズ 拠 点 病 院 連 絡 協 議 会 編 > 兵 庫 県 健 康 福 祉 部 健 康 局 疾 病 対 策 課 目 次 予 防 服 用 フローチャート 1 マニュアル 使 用 上 の 注 意 2 1 曝 露 発 生 時 の 対 応 2

More information

医 療 での 乳 腺 炎 の 診 断 と 治 療 の 実 際 される うっ 滞 性 乳 腺 炎 は 物 理 的 な 炎 症 が 主 体 であるが 時 として 発 赤 熱 感 微 熱 などを 呈 することがある しかしながら 次 に 述 べる 化 膿 性 乳 腺 炎 に 比 べるとその 臨 床 症 状

医 療 での 乳 腺 炎 の 診 断 と 治 療 の 実 際 される うっ 滞 性 乳 腺 炎 は 物 理 的 な 炎 症 が 主 体 であるが 時 として 発 赤 熱 感 微 熱 などを 呈 することがある しかしながら 次 に 述 べる 化 膿 性 乳 腺 炎 に 比 べるとその 臨 床 症 状 Clinical management of mastitis 総 説 医 療 での 乳 腺 炎 の 診 断 と 治 療 の 実 際 竹 下 茂 樹 帝 京 大 学 医 学 部 産 婦 人 科 学 教 室 (173-8606 東 京 都 板 橋 区 加 賀 2-11-1) 電 話 :03-3964-1211(モバイル 7155) Fax:03-5375-1274 e-mail:stake@med.teikyo-u.ac.jp

More information

8.2 重 大 なハザードに 対 するリスク 分 析 及 びリスク 低 減 措 置 の 結 果 本 品 について JIS T14971 を 参 照 してリスクマネジメントを 実 施 した 結 果 そのリスク 分 析 において 特 定 したハザードのうち リスク 低 減 が 必 要 である 重 大 な

8.2 重 大 なハザードに 対 するリスク 分 析 及 びリスク 低 減 措 置 の 結 果 本 品 について JIS T14971 を 参 照 してリスクマネジメントを 実 施 した 結 果 そのリスク 分 析 において 特 定 したハザードのうち リスク 低 減 が 必 要 である 重 大 な 8. リスク 分 析 8.1 リスク 分 析 実 施 の 体 制 本 品 のリスクマネジメントは 申 請 者 である 製 造 販 売 業 者 テルモ 株 式 会 社 にて JIS T 14971: 2007 医 療 機 器 -リスクマネジメントの 医 療 機 器 への 適 用 (ISO14971:Application of Risk Management to Medical Devices)に

More information

5 公 害 報 酬 の 額 の 算 定 (1) 公 害 疾 患 特 掲 費 公 害 疾 患 特 掲 報 酬 は 全 て1 点 あたり10 の 単 価 を 乗 じて 算 定 します 名 称 点 数 摘 要 公 害 疾 患 相 談 料 28 点 初 料 を 算 定 する 初 の には 算 定 できない

5 公 害 報 酬 の 額 の 算 定 (1) 公 害 疾 患 特 掲 費 公 害 疾 患 特 掲 報 酬 は 全 て1 点 あたり10 の 単 価 を 乗 じて 算 定 します 名 称 点 数 摘 要 公 害 疾 患 相 談 料 28 点 初 料 を 算 定 する 初 の には 算 定 できない 公 害 報 酬 のご 請 求 について( 病 院 所 の 皆 さまへ) 1 公 害 医 手 帳 公 害 医 手 帳 は 被 認 定 者 の 資 格 を 判 断 するものであり 被 認 定 者 がその 認 定 疾 病 に 係 る 養 の 給 付 を 受 けるための 証 明 書 としての 役 割 を 果 たしています 被 認 定 者 は そ の 認 定 疾 病 に 係 る 養 の 給 付 を 受 けるために

More information

Microsoft Word - IF25new.DOC

Microsoft Word - IF25new.DOC 2007 年 8 月 作 成 ( 第 3 版 ) インタビューフォーム 日 本 標 準 商 品 分 類 番 号 875200 医 療 用 漢 方 製 剤 ケイシブクリョウガンリョウ 本 草 桂 枝 茯 苓 丸 料 エキス 顆 粒 -M H25 剤 形 顆 粒 剤 含 量 規 格 一 般 名 桂 枝 茯 苓 丸 製 造 会 社 名 本 草 製 薬 株 式 会 社 販 売 会 社 名 本 草 製 薬 株

More information

東 海 大 学 電 子 情 報 学 部 情 報 メディア 学 科 濱 本 和 彦 1. 高 周 波 探 触 子 のスライス 方 向 分 解 能 の 検 討 2. 乳 腺 甲 状 腺 疾 患 における B 3. 簡 易 DICOM 環 境 の 構 築 東 京 医 科 大 学 乳 腺 科 植 野 芙 英

東 海 大 学 電 子 情 報 学 部 情 報 メディア 学 科 濱 本 和 彦 1. 高 周 波 探 触 子 のスライス 方 向 分 解 能 の 検 討 2. 乳 腺 甲 状 腺 疾 患 における B 3. 簡 易 DICOM 環 境 の 構 築 東 京 医 科 大 学 乳 腺 科 植 野 芙 英 第 16 回 日 本 乳 腺 甲 状 腺 超 音 波 診 断 会 議 プログラム 6 月 3 日 ( 土 ) 12:00 開 会 の 辞 会 長 : 筑 波 大 学 大 学 院 人 間 総 合 科 学 研 究 科 東 野 英 利 子 12:10シンポジウム 1 エラストグラフィのすべて 1 12:10-12:25S1-1. 原 理 および 開 発 の 道 のり 座 長 : 筑 波 大 学 大 学 院

More information

11年11月 治験審査委員会 会議の記録の概要

11年11月 治験審査委員会 会議の記録の概要 2015 年 5 月 治 験 審 査 委 員 会 会 議 の 記 録 の 開 催 日 時 : 2015 年 5 月 20 日 ( 水 ) 16:00~17:45 開 催 場 所 : 獨 協 医 科 大 学 越 谷 病 院 第 3 会 議 室 委 員 名 簿 及 び 出 欠 氏 名 職 業 資 格 及 び 所 属 委 員 区 分 出 欠 委 員 長 鈴 木 利 根 医 師 眼 科 専 門 副 委 員

More information

OPD添付文書-1512(8)イJ

OPD添付文書-1512(8)イJ 資 料 1-2 薬 生 安 発 0 1 2 8 第 1 号 平 成 28 年 1 月 28 日 ( 別 記 1) 殿 厚 生 労 働 省 医 薬 生 活 衛 生 局 安 全 対 策 課 長 ( 公 印 省 略 ) ニボルマブ( 遺 伝 子 組 換 え) 製 剤 使 用 時 の 劇 症 1 型 糖 尿 病 に 関 する 周 知 について( 依 頼 ) 医 薬 品 の 適 正 使 用 安 全 対 策 につきましては

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

この 薬 を 使 う 前 に 確 認 すべきことは? 次 の 人 は この 薬 を 使 用 することはできません 高 カルシウム 血 症 の 人 次 に 掲 げる 骨 肉 腫 の 発 生 リスクが 高 いと 考 えられる 人 骨 ページェット 病 の 人 原 因 不 明 のアルカリフォスファターゼ

この 薬 を 使 う 前 に 確 認 すべきことは? 次 の 人 は この 薬 を 使 用 することはできません 高 カルシウム 血 症 の 人 次 に 掲 げる 骨 肉 腫 の 発 生 リスクが 高 いと 考 えられる 人 骨 ページェット 病 の 人 原 因 不 明 のアルカリフォスファターゼ この 薬 は? フォルテオ 皮 下 注 キット 600μg 患 者 向 医 薬 品 ガイド 2015 年 1 月 更 新 販 売 名 一 般 名 含 有 量 [1 キット (2.4mL) 中 ] フォルテオ 皮 下 注 キット 600μg テリパラチド( 遺 伝 子 組 換 え) Teriparatide (Genetical Recombination) 600μg 患 者 向 医 薬 品 ガイドについて

More information

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2 1. 診 療 圏 直 近 12ヶ 月 分 1 年 間 の 診 療 圏 ( 市 ) 東 大 和 市 4% 国 分 寺 市 1% 府 中 市 2% 小 金 井 市 3% 清 瀬 市 3% 立 川 市 1% その 他 7% 東 村 山 市 41% 東 村 山 市 小 平 市 西 東 京 市 東 久 留 米 市 東 大 和 市 清 瀬 市 小 金 井 市 東 久 留 米 市 7% 府 中 市 国 分 寺 市

More information

先行研究のサマリー

先行研究のサマリー 健 診 事 後 措 置 就 業 上 の 措 置 に 関 する 医 師 の 意 見 就 業 判 定 について( 産 業 医 バージョン) 想 定 : 産 業 医 が 就 業 判 定 を 行 う 際 に 参 照 するマニュアル Ⅰ はじめに 職 場 における 健 康 診 断 の 目 的 は 健 診 結 果 を 基 に 健 康 状 態 を 評 価 し 有 所 見 者 には 受 診 勧 奨 や 保 健 指

More information

321カルシウム 剤 < 企 業 提 案 例 > L-アスパラギン 酸 カルシウム 水 和 物 くすりのしおり 3200000A0000 333333333 内 服 剤 2009 年 7 月 作 成 薬 には 効 果 (ベネフィット)だけでなく 副 作 用 (リスク)があります 副 作 用 をなるべ

321カルシウム 剤 < 企 業 提 案 例 > L-アスパラギン 酸 カルシウム 水 和 物 くすりのしおり 3200000A0000 333333333 内 服 剤 2009 年 7 月 作 成 薬 には 効 果 (ベネフィット)だけでなく 副 作 用 (リスク)があります 副 作 用 をなるべ 滋 養 強 壮 薬 薬 効 中 分 類 及 び 事 例 321 カルシウム 剤 L-アスパラギン 酸 カルシウム 水 和 物 322 無 機 質 製 剤 剤 クエン 酸 第 一 鉄 ナトリウム 323 糖 類 剤 ブドウ 糖 324 有 機 酸 製 剤 なし 325 タンパクアミノ 酸 製 剤 アミノ 酸 糖 質 脂 質 ほか 326 臓 器 製 剤 なし 327 乳 幼 児 製 剤 なし 329

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 び に 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相

More information

Zoladex新規治療ガイド.indd

Zoladex新規治療ガイド.indd 副 作 用 のケア DVD 付 き も く じ はじめに 前 立 腺 がんの 内 分 泌 療 法 について ゾラデックス について ゾラデックス とはどのような 薬 ですか? ゾラデックス の 治 療 効 果 は? ゾラデックス 3.6mgデポの 主 な 副 作 用 を 教 えてください ゾラデックス LA10.8mgデポの 主 な 副 作 用 を 教 えてください ゾラデックス の 投 与 法 投

More information

IF 利 用 の 手 引 きの 概 要 日 本 病 院 薬 剤 師 会 1. 医 薬 品 インタビューフォーム 作 成 の 経 緯 当 該 医 薬 品 について 製 薬 企 業 の 医 薬 情 報 担 当 者 ( 以 下 MRと 略 す) 等 にインタビュ ーし 当 該 医 薬 品 の 評 価 を

IF 利 用 の 手 引 きの 概 要 日 本 病 院 薬 剤 師 会 1. 医 薬 品 インタビューフォーム 作 成 の 経 緯 当 該 医 薬 品 について 製 薬 企 業 の 医 薬 情 報 担 当 者 ( 以 下 MRと 略 す) 等 にインタビュ ーし 当 該 医 薬 品 の 評 価 を 2006 年 11 月 ( 改 訂 第 1 版 ) 日 本 標 準 商 品 分 類 番 号 872669 医 薬 品 インタビューフォーム 日 本 病 院 薬 剤 師 会 のIF 記 載 要 領 (1998 年 )に 準 処 して 作 成 角 化 症 治 療 剤 ウレアクリーム 20% イワキ Urea Cream 20% IWAKI 剤 形 クリーム 剤 規 格 含 量 1g 中 日 本 薬 局

More information

(4) 研 修 手 当 月 手 当 248,000 円 夏 期 及 び 年 末 には 謝 礼 として それぞれ 150,000 円 支 給 住 居 手 当 として 最 高 28,500 円 まで 該 当 者 に 支 給 通 勤 手 当 を 該 当 者 に 支 給 臨 時 服 務 手 当 (5) 社

(4) 研 修 手 当 月 手 当 248,000 円 夏 期 及 び 年 末 には 謝 礼 として それぞれ 150,000 円 支 給 住 居 手 当 として 最 高 28,500 円 まで 該 当 者 に 支 給 通 勤 手 当 を 該 当 者 に 支 給 臨 時 服 務 手 当 (5) 社 京 都 第 一 赤 十 字 病 院 看 護 職 員 募 集 要 項 (2 次 募 集 ) 京 都 第 一 赤 十 字 病 院 研 修 歯 科 医 師 募 集 要 項 募 集 職 種 研 修 歯 科 医 師 募 集 人 員 1 名 試 験 日 平 成 28 年 8 月 10 日 ( 水 ) 受 験 票 試 験 日 の 案 内 を 応 募 期 間 終 了 後 別 途 送 付 選 考 方 法 筆 記 試

More information

2005年10月作成(改訂第3版)

2005年10月作成(改訂第3版) 2014 年 3 月 作 成 ( 改 訂 第 6 版 ) 日 本 標 準 商 品 分 類 番 号 87219 医 薬 品 インタビューフォーム 日 本 病 院 薬 剤 師 会 のIF 記 載 要 領 (1998 年 9 月 )に 準 拠 して 作 成 微 小 循 環 系 賦 活 剤 ニコ 200ソフトカプセル NICO 200softcapsules 剤 形 軟 カプセル 剤 規 格 含 量 1カプセル

More information

Microsoft Word - 眼科学2008試験問題.doc

Microsoft Word - 眼科学2008試験問題.doc 眼 科 試 験 問 題 2008.12.10 答 えは 1 つとは 限 らない 1 加 齢 により 色 素 上 皮 に 集 積 する 物 質 は 以 下 のどれか 1 キサントフィル 2 リポフスチン 3 ルテイン 4 A2e 2 色 素 上 皮 症 はどれか 1 中 心 性 網 膜 症 2 MPPE 3 網 膜 剥 離 4 色 素 上 皮 裂 孔 3 眼 科 手 術 を 過 去 に 受 けたことがない

More information

Microsoft Word - 2.妊娠期の管理.doc

Microsoft Word - 2.妊娠期の管理.doc 2. 妊 娠 期 の 管 理 1) 妊 娠 鑑 定 超 音 波 検 査 による 妊 娠 鑑 定 の 実 施 時 期 1 妊 娠 ( 交 配 後 )14 日 目 受 胎 および 双 胎 の 有 無 の 確 認 2 妊 娠 ( 交 配 後 )16 日 目 胚 胞 の 発 育 状 態 の 確 認 シストとの 識 別 双 胎 の 有 無 の 確 認 不 受 胎 の 場 合 は 卵 胞 の 発 育 状 態 を

More information

【不妊外来問診票2012版】

【不妊外来問診票2012版】 記 入 した 日 付 ( 年 月 日 ) 血 圧 測 定 ( / )mmhg 氏 名 ( ) 様 年 齢 ( ) 歳 夫 (またはパートナー)の 氏 名 ( ) 様 年 齢 ( ) 歳 1 本 日 はどのようなことで 受 診 されましたか?( 心 配 な 点 やご 希 望 など) 該 当 項 目 があれば 印 を 付 けて 下 さい ( ) 話 相 談 のみ 希 望 ( ) 不 妊 検 査 を 希

More information

2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経

2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経 1 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : 会 社 名 : 石 川 金 属 株 式 会 社 住 所 : 592-8352 大 阪 府 堺 市 西 区 築 港 浜 寺 西 町 7-21 担 当 部 署 : 品 質 保 証 部 電 話 番 号 : 072-268-1155 緊 急 連 絡 電 話 番 号 : 072-268-1155 FAX 番 号 : 072-268-1159 使 用 用

More information

ヨーピス内用液0.75% IF

ヨーピス内用液0.75% IF 2015 年 7 月 改 訂 ( 第 5 版 ) 日 本 標 準 商 品 分 類 番 号 872359 医 薬 品 インタビューフォーム 日 本 病 院 薬 剤 師 会 のIF 記 載 要 領 2008に 準 拠 して 作 成 滴 剤 型 緩 下 剤 大 腸 検 査 前 処 置 用 下 剤 ヨーピス 内 用 液 0.75% YOUPIS Oral Solution 0.75% 剤 形 経 口 液 剤

More information

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用)

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用) 診 療 報 酬 の 内 容 および 算 定 の 方 法 ( 新 入 会 員 用 ) 従 事 者 1 人 / 日 の 実 施 単 位 上 限 の 緩 和 従 事 者 1 人 1 日 18 単 位 を 標 準 週 に108 単 位 まで 実 施 可 能 1 日 あたり24 単 位 を 上 限 1 単 位 : 個 別 PT OT ST 20 分 患 者 1 人 1 日 当 たり 算 定 単 位 数 の 上

More information

<88A4926D8CA782AA82F1835A E815B815E82AA82F1835A E815B836A B835891E6398D86>

<88A4926D8CA782AA82F1835A E815B815E82AA82F1835A E815B836A B835891E6398D86> 第 9 号 平 成 16 年 7 月 1 日 発 行 愛 知 県 がんセンター Tel.052-762-6111 代 私 たちは 病 む 人 の 立 場 にたって 最 新 の 研 究 成 果 に 基 づく 最 良 の 心 あるがん 医 療 を 提 供 します The mission of Aichi Cancer Center is to provide patients suffering from

More information