コンクリート工学年次論文集 Vol.27

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "コンクリート工学年次論文集 Vol.27"

Transcription

1 論 文 浸 透 性 吸 水 防 止 材 で 被 覆 したポーラスコンクリートの 品 質 改 善 吉 田 知 弘 *1 国 枝 稔 *2 小 澤 淳 *3 *4 六 郷 恵 哲 要 旨 : 乾 湿 の 激 しい 環 境 下 での 劣 化 が 懸 念 されているポーラスコンクリートに 対 して, 2 種 類 の 浸 透 性 吸 水 防 止 材 で 被 覆 することにより 乾 湿 繰 返 しに 対 する 抵 抗 性 ( 水 分 の 急 激 な 吸 水 および 排 水 により 生 じる 劣 化 に 対 する 抵 抗 性 )を 向 上 させたポーラスコン クリートの 開 発 を 目 的 とし, 実 験 的 な 検 討 を 行 った その 結 果, 特 に 被 膜 タイプの 吸 水 防 止 材 を 用 いた 場 合 に, 乾 湿 繰 り 返 しに 対 する 抵 抗 性 は 向 上 すること, 吸 水 防 止 材 の 劣 化 が 乾 湿 繰 り 返 し 抵 抗 性 の 低 下 に 深 く 関 係 していることを 明 らかにした キーワード:ポーラスコンクリート, 浸 透 性 吸 水 防 止 材, 乾 湿 繰 り 返 し, 動 弾 性 係 数 1.はじめに ポーラスコンクリートは, 粗 骨 材 間 に 少 量 の セメントペーストをバインダーとして 構 成 させ るオコシ 状 のコンクリートであり, 物 性 や 適 用 性 等 これまでに 多 くの 研 究 が 行 われてきた 1) 一 方,ポーラスコンクリートの 耐 久 性 について は 明 らかになっていない 部 分 も 多 く, 特 に 乾 湿 繰 返 しによる 劣 化 ( 水 分 の 急 激 な 吸 水 および 排 水 により 生 じる 劣 化 に 対 する 抵 抗 性 )が 懸 念 さ れており, 実 験 室 レベルでは 経 時 的 に 劣 化 する 事 例 が 報 告 されている なお,ポーラスコンク リートの 耐 久 性 低 下 に 関 する 特 徴 には 例 えば 以 下 の 点 が 挙 げられる コンクリート 内 部 に 連 続 的 な 空 隙 を 持 つた め, 水 に 接 する 部 分 が 多 く, 表 層 面 で 吸 排 水 が 急 速 に 行 われる よって, 乾 湿 や 凍 結 融 解 の 激 しい 環 境 下 では,ペーストの 劣 化 を 早 める 可 能 性 がある 薄 層 のセメントペースト( 骨 材 間 )に 力 学 性 能 が 依 存 するため,ペーストのわずかな 劣 化 が, 材 料 劣 化 として 顕 在 化 する ポーラスコンクリートを 長 期 的 に 供 用 するた めにも, 劣 化 メカニズムを 定 量 化 し,さらには 耐 久 性 を 向 上 させることが 期 待 される ポーラ スコンクリートの 耐 久 性 を 向 上 させる 方 法 の1 つに,セメントペースト 量 (モルタル 量 )を 増 加 させ, 強 度 を 上 げることが 考 えられる しか し, 所 定 の 空 隙 率 が 確 保 できないことが 懸 念 さ れるため, 空 隙 率 や 骨 材 寸 法 を 変 えずに, 透 水 性 や 耐 久 性 を 向 上 させることが 望 ましい 本 研 究 では,セメントペースト 内 に 浸 透 し, 内 部 組 織 を 改 質 し,かつ 水 分 の 浸 透 を 防 ぐ 機 能 を 有 する 浸 透 性 吸 水 防 止 材 を 用 いて,ポーラス コンクリートの 乾 湿 繰 返 しに 対 する 抵 抗 性 を 向 上 させることを 目 的 とした 基 礎 実 験 を 実 施 した 表 -1 浸 透 性 吸 水 防 止 材 の 概 要 種 類 タイプ 主 成 分 含 有 量 (%) ph 密 度 (g/m 3 ) 液 色 防 水 形 態 吸 水 防 止 材 1 水 性 シリカを 含 むアクリル 酸 エステル 乳 白 色 造 膜 吸 水 防 止 材 2 水 性 アルキルアルコキシシランモノマー 無 色 疎 水 化 *1 岐 阜 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 土 木 工 学 専 攻 ( 正 会 員 ) *2 名 古 屋 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 社 会 基 盤 工 学 専 攻 助 教 授 博 士 ( 工 ) ( 正 会 員 ) *3 岐 阜 大 学 工 学 部 土 木 工 学 科 *4 岐 阜 大 学 工 学 部 社 会 基 盤 工 学 科 教 授 工 博 ( 正 会 員 )

2 コンクリートの 種 類 粗 骨 材 寸 法 (mm) 目 標 空 隙 率 (%) W/C (%) p/g *1 単 位 量 (kg/m 3 ) (%) W C *2 S G Ad POC 大 ( 骨 材 径 大 ) POC 小 ( 骨 材 径 小 ) 普 通 CONC * *4 *1 p/g(ペースト 粗 骨 材 比 ) *3 細 骨 材 ( 川 砂 ) 表 -2 各 種 コンクリートの 示 方 配 合 表 *2 早 強 ポルトランドセメント *4 AE 剤 POC1 POC2 写 真 -1 浸 透 性 吸 水 防 止 材 を 被 覆 したポーラスコンクリート 2. 実 験 概 要 2.1 浸 透 性 吸 水 防 止 材 および 使 用 材 料 浸 透 性 吸 水 防 止 材 の 概 要 を 表 -1 に 示 す 本 実 験 では 市 販 されている 2 種 類 の 浸 透 性 吸 水 防 止 材 ( 以 後, 吸 水 防 止 材 1, 吸 水 防 止 材 2 と 称 す)を 使 用 した 吸 水 防 止 材 1 は, 主 成 分 であ るコロイダルシリカ 微 粒 子 が 遊 離 アルカリと 反 応 して,コンクリート 表 面 の 空 隙 を 充 填 するこ とで 緻 密 化 し,アクリルウレタン 樹 脂 が 撥 水 性 のある 防 水 被 膜 を 形 成 する 吸 水 防 止 材 2 はア ルキルアルコキシシランが 加 水 分 解 および 脱 水 縮 合 反 応 を 起 こし, 生 成 したアルキルシロキサ ンポリマーにより 基 材 を 疎 水 化 する 吸 水 防 止 材 1 とは 異 なり 表 面 に 塗 膜 を 形 成 しないため, 外 観 の 変 化 は 見 られないが, 圧 力 下 での 透 水 に 対 する 抵 抗 性 は 乏 しい どちらの 吸 水 防 止 材 も 水 性 であり, 透 湿 性 にも 優 れる 特 性 を 持 つ 材 料 である 表 -2に, 本 実 験 で 用 いた 骨 材 径 の 異 なる 2 種 類 のポーラスコンクリート 及 び 比 較 用 の 普 通 コンクリートの 配 合 を 示 す いずれの 配 合 にお いても,セメントには 早 強 ポルトランドセメン トを 用 いた 粗 骨 材 には, 粒 径 13-2mm の 骨 材 ( 密 度 :2.61g/cm 3, 実 績 率 61.4%) 及 び,5-13mm の 径 の 骨 材 ( 密 度 :2.61g/cm 3, 実 績 率 6.9%) の 2 種 類 を 使 用 した 以 後,それぞれの 骨 材 を 用 いたポーラスコンクリートを POC 大,および POC 小 と 称 す 2.2 作 製 方 法 容 量 1 リットルの 強 制 練 パン 型 ミキサーに, あらかじめ 表 乾 状 態 に 調 整 しておいた 骨 材 など, 水 以 外 の 材 料 を 全 て 投 入 し 十 分 攪 拌 した 後, 水 を 投 入 し 練 り 混 ぜる 空 練 り 方 式 とした 試 料 は 所 定 の 型 枠 に 2 層 に 分 けて 詰 め, 各 層 ごとに 突 き 棒 ( 突 き 部 分 が 35 35mm)にて 十 分 に 締 め 固 めを 行 った すべての 供 試 体 は, 打 設 後 2 日 にて 脱 型 し, 2 の 恒 温 室 内 にて 湿 布 養 生 を 行 った その 後, 材 齢 14 日 にて 気 中 乾 燥 を 1 日 行 い, 吸 水 防 止 材 で 被 覆 した 被 覆 後 は, 屋 外 で 2 日 間 乾 燥 させ, 恒 温 室 内 にて 12 日 間 の 気 中 養 生 を 行 った 次 節 にて 説 明 する 各 種 物 性 試 験 は,すべて 材 齢 29 日 で 行 った

3 表 -3 物 性 試 験 結 果 *1 空 隙 率 *2 透 水 係 数 *2 圧 縮 強 度 *1 曲 げ 強 度 *2 静 弾 性 係 数 *1 動 弾 性 係 数 コンクリート (%) (cm/s) (MPa) (MPa) (GPa) (GPa) の 種 類 標 準 標 準 標 準 標 準 標 準 標 準 偏 差 偏 差 偏 差 偏 差 偏 差 偏 差 POC 小 POC 大 普 通 CONC *1 角 柱 供 試 体 (1 1 4mm) *2 円 柱 供 試 体 (φ1 2mm) 乾 燥 炉 へ 1 時 間 気 中 乾 燥 後 初 期 動 弾 性 係 数 を 測 定 4 気 中 乾 燥 (24 時 間 ) 2 水 中 湿 潤 (24 時 間 ) 2~4サイクル 毎 に 動 弾 性 係 数 及 び 質 量 測 定 水 槽 へ 図 -1 乾 湿 繰 り 返 し 試 験 フロー 吸 水 防 止 材 による 被 覆 は, 円 柱 供 試 体 (φ1 2mm) 及 び 角 柱 供 試 体 (1 1 4mm) が 完 全 に 浸 漬 できるボックスを 用 意 し, 吸 水 防 止 材 をそれぞれ 溜 め, 供 試 体 を 溶 液 中 に 浸 漬 さ せる 方 法 とした その 際,コンクリート 内 部 に まで 吸 水 防 止 材 が 行 き 渡 るよう, 浸 漬 中 に 供 試 体 を 反 転 させ, 十 分 に 空 気 を 取 り 除 いた 以 後, 吸 水 防 止 材 1,2 でそれぞれ 被 覆 したポーラスコ ンクリートを POC1,POC2, 無 被 覆 ポーラスコン クリートを POC と 称 し, 外 観 を 写 真 -1に 示 す 2.3 物 性 に 関 する 検 討 本 実 験 では, 空 隙 率, 透 水 係 数 および 強 度 等 の 力 学 特 性 を 求 める 試 験 を 行 った 空 隙 率 と 透 水 係 数 については,JCI エココンクリート 研 究 委 員 会 が 提 案 している ポーラスコンクリート の 空 隙 率 試 験 方 法 ( 案 ) の 容 積 法, ポーラス コンクリートの 透 水 試 験 方 法 ( 案 ) に 準 じて 行 った 空 隙 率, 透 水 係 数 を 計 測 後 に, 圧 縮 強 度, 曲 げ 強 度, 静 弾 性 係 数, 動 弾 性 係 数 も 併 せて 測 定 した なお, 供 試 体 寸 法 は,φ1 2mm の 円 柱 供 試 体 で 空 隙 率, 透 水 係 数, 圧 縮 強 度, 静 弾 性 係 数 を,1 1 4mm の 角 柱 供 試 体 で, 空 隙 率, 曲 げ 強 度, 動 弾 性 係 数 を 測 定 した 2.4 乾 湿 繰 り 返 し 試 験 試 験 方 法 を 図 -1に 示 す 材 齢 29 日 経 過 後, 1 1 4mm の 各 種 コンクリート 供 試 体 ( 各 3 体 )を, 先 ず 乾 燥 炉 (4 )に 24 時 間 置 いて 乾 燥 状 態 にし, 次 に 2 の 恒 温 室 内 の 水 中 ( 水 温 は 約 17 )に 24 時 間 浸 漬 して 湿 潤 状 態 にする この 操 作 を 乾 湿 繰 返 し 1 サイクルとし, 2~4 サイクル 毎 に 動 弾 性 係 数 及 び 質 量 を 測 定 する なお, 測 定 は 湿 潤 工 程 直 後 に 行 うことと し, 水 中 から 取 り 出 した 後, 約 1 時 間, 気 中 で 内 部 の 水 抜 きを 行 い,その 後, 表 面 の 水 をふき 取 り 速 やかに 測 定 した また, 試 験 条 件 は 供 試 体 を 作 製 する 際 に, 熱 電 対 を 供 試 体 中 心 部 に 埋 設 し, 温 度 履 歴 を 計 測 することで 一 定 とした 評 価 項 目 は 相 対 動 弾 性 係 数, 質 量 減 少 率 および マイクロスコープによる 表 面 観 察 の 3 項 目 とし た

4 空 隙 比 空 隙 率 (%) 透 水 係 数 (cm/s) 前 後 2 3 空 隙 率 (%) 図 -2 空 隙 率 と 被 覆 後 の 空 隙 比 図 -3 空 隙 率 と 透 水 係 数 の 関 係 3. 実 験 結 果 および 考 察 3.1 物 性 試 験 結 果 今 回 作 製 したポーラスコンクリートの 物 性 試 験 結 果 を 表 -3に 示 す ただし, 各 データはそ れぞれの 平 均 値 とした (1) 強 度 表 -3の 結 果 から, 吸 水 防 止 材 による 被 覆 が 圧 縮 強 度, 曲 げ 強 度 に 及 ぼす 影 響 は 小 さい では, 圧 縮 強 度 はシリーズ 中 最 も 大 き いが, 曲 げ 強 度 は 最 も 小 さくなっているなど, ばらつきが 原 因 と 推 察 されるデータが 見 受 けら れる 吸 水 防 止 材 が 供 試 体 表 面 の 硬 度 を 上 げ, 微 細 なひび 割 れ 等 の 発 生 を 低 減 することで 圧 縮, 曲 げ 強 度 ともに 向 上 させることを 期 待 したが, 全 体 の 傾 向 としては, 本 実 験 ではその 効 果 はほ とんど 確 認 されなかった (2) 空 隙 率 図 -2に, 吸 水 防 止 材 での 被 覆 による 空 隙 率 の 変 化 を, 被 覆 前 の 空 隙 率 に 対 する 被 覆 後 の 空 隙 の 比 ( 空 隙 比 )で 示 した POC2 供 試 体 では, 被 覆 による 空 隙 率 の 変 動 は 見 られないが,POC1 供 試 体 においては, 供 試 体 の 空 隙 率 が 低 いほど, 被 覆 後 の 空 隙 比 が 低 下 する 傾 向 を 示 した 特 に, 空 隙 率 が 15% 程 度 の 供 試 体 では, 被 覆 後 の 空 隙 比 が 半 減 ( 空 隙 率 約 8%)しており, 空 隙 率 が 大 幅 に 下 がったことを 示 している これは,ア クリルウレタン 樹 脂 が 厚 みのある 防 水 被 膜 を 表 面 に 形 成 したため, 吸 水 防 止 材 の 付 着 量 が 見 か 動 弾 性 係 数 (GPa) POC 小 POC 大 空 隙 率 (%) 図 -4 空 隙 率 と 動 弾 性 係 数 の 関 係 けの 空 隙 率 を 低 下 させたと 考 えられる また, それは 骨 材 径 の 小 さなポーラスコンクリートで 顕 著 であり, 連 続 空 隙 の 細 分 化 により 吸 水 防 止 材 の 付 着 面 積 が 拡 大 したことが 影 響 を 及 ぼして いると 推 測 される さらに, 供 試 体 表 面 を 観 察 すると, 所 々で 吸 水 防 止 材 による 目 詰 まりも 確 認 された 既 往 の 研 究 結 果 においては,5-13mm の 砕 石 を 使 用 したポーラスコンクリートの 空 隙 径 は 約 3mm と 示 されており, 吸 水 防 止 材 が 空 隙 に 充 填 された 可 能 性 も 考 えられる 以 上 より, 被 膜 タイプの 吸 水 防 止 材 をポーラスコンクリー トに 適 用 する 場 合, 空 隙 径 が 空 隙 率 に 与 える 影 響 は 大 きく, 比 較 的 大 きな 骨 材 での 利 用 が 求 め られる 本 研 究 の 範 囲 内 では 骨 材 径 が 13-2mm, 空 隙 率 が 約 3% 程 度 のポーラスコンクリート において 望 ましい 結 果 となった

5 相 対 動 弾 性 係 数 (%) POC 小 POC 大 普 通 CONC 1 2 サイクル 数 ( 回 ) 図 -6 乾 湿 繰 り 返 しによる 相 対 動 弾 性 係 数 質 量 減 少 率 (%) POC 小 96 POC 大 普 通 CONC サイクル 数 ( 回 ) 図 -7 乾 湿 繰 り 返 しによる 質 量 減 少 サイクル 13 サイクル 25 サイクル 写 真 -2 乾 湿 繰 り 返 しによる 表 面 劣 化 ( 倍 率 25 倍 ) 温 度 ( ) 普 通 CONC POC 小 POC 大 雰 囲 気 温 度 ( 炉 水 中 ) 1サイクル 経 過 日 数 (day) 図 -5 温 度 の 経 時 変 化 1サイクル (3) 透 水 係 数 図 -3に 吸 水 防 止 材 の 被 覆 による 空 隙 率 と 透 水 係 数 の 関 係 を 示 す POC1 供 試 体 では, 吸 水 防 止 材 の 被 覆 による 空 隙 率 の 低 下 に 伴 い, 透 水 係 数 も 低 下 する 傾 向 を 示 した これは, 吸 水 防 止 材 が 連 続 空 隙 ( 透 水 に 関 わる 空 隙 )に 被 膜 す ることで,その 膜 厚 が 空 隙 径 を 小 さくしたり, 連 続 空 隙 を 閉 塞 させ 独 立 空 隙 や 半 独 立 空 隙 ( 透 水 に 関 係 の 無 い 空 隙 )に 変 えたことによると 推 察 される 一 方,POC2 供 試 体 では, 被 覆 後 の 透 水 係 数 に 変 化 は 現 れていない また,どの 供 試 体 も 空 隙 率 が 高 くなるにつれて 透 水 係 数 は 比 例 的 に 大 きくなり, 被 覆 後 においても, 空 隙 率 と 透 水 係 数 の 間 には 相 関 性 が 維 持 されていた (4) 動 弾 性 係 数 図 -4に 空 隙 率 と 動 弾 性 係 数 の 関 係 を 示 す 寸 法 の 異 なる 2 種 類 の 骨 材 を 用 いた 場 合 でも, 空 隙 率 の 増 加 に 伴 い 動 弾 性 係 数 は 低 下 し, 空 隙 率 と 動 弾 性 係 数 の 間 には 高 い 相 関 性 が 認 められ た 前 述 のとおり, 空 隙 率 と 圧 縮 強 度 には 高 い 相 関 性 があったことからも, 通 常 のコンクリー トと 同 様 にポーラスコンクリートにおいても, 空 隙 率 と 動 弾 性 係 数 の 間 には, 良 い 相 関 性 が 存 在 している 3.2 乾 湿 繰 返 し 試 験 結 果 (1) 供 試 体 内 部 の 温 度 変 化 図 -5に, 乾 湿 繰 返 し 試 験 において, 熱 電 対 による 供 試 体 内 部 の 温 度 と 外 部 の 温 度 変 化 の 経 時 変 化 を 示 す いずれの 供 試 体 においても, 平

6 衡 温 度 になるまでに, 加 熱 時 には 12 時 間 程 度, 冷 却 時 には 6 時 間 程 度 必 要 であった さらに, 乾 燥 炉 の 容 量 が 小 さいために, 局 所 的 な 温 度 の 差 が 見 受 けられる 場 合 もあった よって, 本 実 験 では, 各 供 試 体 が 同 一 の 場 所 に 配 置 されない ように 配 慮 することとした (2) 相 対 動 弾 性 係 数, 質 量 減 少 率 乾 湿 繰 り 返 しによる 相 対 動 弾 性 係 数, 質 量 減 少 率 とサイクル 数 の 関 係 をそれぞれ 図 -6,7 に 示 す また,POC1 供 試 体 の 表 層 を 写 真 -2 に 示 す サイクル 数 25 回 において,POC2 供 試 体 およ び POC 供 試 体 では, 動 弾 性 係 数 が 6%まで 低 下 した それに 比 べ,POC1 供 試 体 では 動 弾 性 係 数 および 質 量 減 少 率 ともにわずかに 低 下 する 程 度 であった POC2 供 試 体 では, 吸 水 防 止 性 能 としてシリコーンが 水 の 浸 透 とともにセメン トペースト 内 部 へ 浸 透 し, 表 面 に 撥 水 層 が 形 成 される しかしながら, 本 実 験 で 使 用 したポー ラスコンクリートは 水 セメント 比 3%と 緻 密 なマトリックスであることから, 内 部 への 浸 透 が 少 なく 液 ダレや 揮 発 を 起 こした 可 能 性 2) が 考 えられ,POC 供 試 体 と 同 程 度 の 乾 湿 繰 り 返 し に 対 する 抵 抗 性 を 示 したと 予 想 される POC1 供 試 体 においては,アクリルウレタン 樹 脂 の 層 が 水 分 の 吸 収 を 抑 制 したものと 考 えられる た だし,POC1 供 試 体 の 表 層 部 では, 試 験 開 始 直 後 から, 約 13 サイクルにかけては, 表 面 に 微 細 なひび 割 れが 発 生 するに 留 まっているが,その 後, 終 了 25 サイクルにかけて, 頻 繁 に 吸 水 防 止 材 の 剥 離 が 生 じていた これは, 動 弾 性 係 数 の 低 下 と 関 係 深 く, 吸 水 防 止 材 の 劣 化 ( 比 較 的 大 きなひび 割 れの 発 生 )が 乾 湿 繰 り 返 しに 対 する 抵 抗 性 の 低 下 を 促 進 したものと 推 察 される 以 上 より, 動 弾 性 係 数 の 低 下 により 評 価 されると 考 えられる 乾 湿 繰 返 しによるポーラスコンクリ ートの 劣 化 のメカニズムとして,セメントペー スト 表 面 での 微 細 なひび 割 れの 発 生,およびそ れに 起 因 して 生 じた 供 試 体 表 面 近 傍 の 骨 材 の 欠 落 ち( 質 量 減 少 で 表 される)が 考 えられる ま た, 乾 湿 繰 り 返 しに 対 する 抵 抗 性 の 向 上 には 被 膜 タイプの 吸 水 防 止 材 が 有 効 であるが,その 場 合 は, 吸 水 防 止 材 の 劣 化 が 耐 久 性 の 低 下 に 深 く 関 係 していると 予 想 される 4.おわりに 本 研 究 にて 得 られた 結 論 を 以 下 に 示 す 1) 吸 水 防 止 材 が,ポーラスコンクリートの 各 種 力 学 特 性 に 与 える 影 響 は 小 さく, 吸 水 防 止 材 の 種 類 によっては, 空 隙 率 及 び 透 水 係 数 が 低 下 する 傾 向 を 示 した 2) ポーラスコンクリート 供 試 体 内 に 熱 電 対 を 配 置 し, 供 試 体 内 部 の 温 度 変 化 を 計 測 した 結 果, 本 研 究 では 所 定 の 温 度 に 到 達 するま でに 時 間 差 が 生 じた 乾 燥 炉 を 用 いた 乾 湿 繰 返 し 試 験 においては,その 容 量 によって は 局 所 的 な 温 度 のばらつきが 認 められる 場 合 があるため, 供 試 体 の 配 置 等 には 注 意 す る 必 要 があった 供 試 体 内 部 の 昇 温 速 度 や 表 面 と 内 部 の 温 度 差 などが 劣 化 に 及 ぼす 影 響 等 についても 引 き 続 き 検 討 が 必 要 である 3) 本 実 験 の 条 件 においては, 内 部 に 含 浸 し 表 層 を 改 質 する 吸 水 防 止 材 ( 吸 水 防 止 材 2)で 被 覆 したポーラスコンクリートでは, 乾 湿 繰 返 しに 対 する 抵 抗 性 の 改 善 効 果 は 少 なく, 緻 密 なポーラスコンクリートのマトリックスに, 当 該 材 料 が 十 分 に 浸 透 していない 可 能 性 が 考 えられる 逆 に, 被 膜 タイプの 吸 水 防 止 材 ( 吸 水 防 止 材 1)が 効 果 的 であり,その 場 合 は, 吸 水 防 止 材 の 劣 化 がポーラスコンクリー トの 耐 久 性 の 低 下 に 深 く 関 係 していると 予 想 される 参 考 文 献 1) コンクリート 工 学 協 会 :ポーラスコンクリ ートの 設 計 施 工 法 の 確 立 に 関 する 研 究 委 員 会 報 告 書,pp.65-7,23 2) 林 大 介 他 :シラン シロキサン 系 撥 水 材 の 開 発,コンクリート 工 学 年 次 論 文 集, Vol.22,pp.31-36,2

コンクリート工学年次論文集 Vol.33

コンクリート工学年次論文集 Vol.33 論 文 コンクリートの 表 層 と 内 部 の 湿 度 の 相 違 が 乾 燥 収 縮 と 耐 久 性 に 与 える 影 響 井 ノ 口 公 寛 *1 歌 川 紀 之 *2 *3 伊 代 田 岳 史 要 旨 :トンネルの 覆 工 コンクリートに 発 生 しているひび 割 れの 原 因 はさまざまであると 考 えられるが, 養 生 不 足 や 貫 通 前 後 における 急 激 な 湿 度 低 下 による

More information

Microsoft Word - H24_技研論文130110

Microsoft Word - H24_技研論文130110 平 成 24 年 度 凍 害 および 塩 分 環 境 下 における 埋 設 型 枠 工 法 の 耐 久 性 について ( 独 ) 土 木 研 究 所 寒 地 土 木 研 究 所 耐 寒 材 料 チーム 嶋 田 久 俊 田 口 史 雄 吉 田 行 塩 分 環 境 下 において 凍 害 を 受 けるコンクリート 構 造 物 への 有 効 な 対 策 として, 種 々の 表 面 被 覆 工 法 が 適 用

More information

アルカリ 骨 材 反 応 コンクリートの 劣 化 要 因 セメントペースト 中 の 微 細 な 孔 に 存 在 する 高 いアルカリ 濃 度 の 水 酸 化 溶 液 と 骨 材 中 に 含 まれるシリカ 成 分 が 反 応 し ゲルが 生 成 生 成 したゲルは コンクリート 中 や 外 気 の 水

アルカリ 骨 材 反 応 コンクリートの 劣 化 要 因 セメントペースト 中 の 微 細 な 孔 に 存 在 する 高 いアルカリ 濃 度 の 水 酸 化 溶 液 と 骨 材 中 に 含 まれるシリカ 成 分 が 反 応 し ゲルが 生 成 生 成 したゲルは コンクリート 中 や 外 気 の 水 無 機 リチウム 系 ミックスタイプ 浸 透 シーラ コンクリートキーパー 説 明 資 料 営 業 担 当 : 津 波 直 樹 TEL:098-878-7878 FAX:098-870-1587 1 アルカリ 骨 材 反 応 コンクリートの 劣 化 要 因 セメントペースト 中 の 微 細 な 孔 に 存 在 する 高 いアルカリ 濃 度 の 水 酸 化 溶 液 と 骨 材 中 に 含 まれるシリカ

More information

コンクリート工学年次論文集 Vol.30

コンクリート工学年次論文集 Vol.30 論 文 スケーリングに 及 ぼすコンクリート 中 の 塩 化 物 イオン 量 の 影 響 遠 藤 裕 丈 *1 田 口 史 雄 *2 *3 名 和 豊 春 要 旨 : 凍 結 融 解 と 塩 化 物 の 複 合 作 用 によって 促 進 されるコンクリートのスケーリングに 対 する 耐 久 性 の 照 査 手 法 は, 未 だ 確 立 されていない スケーリング 促 進 の 要 因 の 一 つに,コンクリートに

More information

Microsoft PowerPoint - 09:耐久性2014web.pptx

Microsoft PowerPoint - 09:耐久性2014web.pptx 耐 久 設 計 施 工 指 針 (AIJ) 耐 久 性 ( 中 性 化 を 例 に) 鉄 筋 コンクリート 造 建 築 物 の 耐 久 設 計 施 工 指 針 ( 案 ) 同 解 説 要 求 性 能 耐 用 年 数 の 確 保 型 設 計 法 構 造 詳 細 配 筋 設 計 かぶり 厚 さ コンクリートの 品 質 コンクリートの 材 料 鉄 筋 コンクリートの 調 合 仕 上 げ 材 などの 仕 様

More information

コンクリート工学年次論文集 Vol.29

コンクリート工学年次論文集 Vol.29 論 文 細 片 化 した 木 材 を 混 合 したコンクリートの 基 礎 的 性 状 *1 *2 *3 新 藤 健 太 平 松 靖 宮 武 敦 要 旨 : 木 材 とセメントを 混 練 する 場 合, 木 材 の 樹 種 や 部 位 によってはセメントの 硬 化 を 阻 害 することが 知 られている 本 研 究 では, 細 片 化 した 木 材 =スギ 心 材 をコンクリート( 本 研 究 ではモルタルに

More information

コンクリート工学年次論文集 Vol.30

コンクリート工学年次論文集 Vol.30 論 文 孔 内 局 部 載 荷 試 験 によるコンクリート 強 度 推 定 に 関 する 一 考 察 皿 井 剛 典 *1 田 中 徹 *2 北 山 穂 高 *3 *4 金 子 勝 比 古 要 旨 : 本 稿 は, 構 造 物 の 任 意 の 深 度 におけるコンクリート 強 度 を 推 定 するために 開 発 した 孔 内 局 部 載 荷 試 験 装 置 を 用 いた,コンクリートへの 局 部 載

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF097AC89EF94AD955C985F95B681698AA38EAE9081957482C692599166914088DB834F838A8362836882F095B9977082B582BD91CF906B95E28BAD8D489640816A88C48C8F817C82502E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF097AC89EF94AD955C985F95B681698AA38EAE9081957482C692599166914088DB834F838A8362836882F095B9977082B582BD91CF906B95E28BAD8D489640816A88C48C8F817C82502E646F63> 乾 式 吹 付 工 法 と 炭 素 繊 維 グリッドを 併 用 した 耐 震 補 強 工 法 発 表 者 : 早 田 和 紀 所 属 協 会 名 : 建 設 業 協 会 中 国 ブロック 協 議 会 発 表 会 社 名 : 株 式 会 社 加 藤 組 土 木 課 ( 728-0013 広 島 県 三 次 市 十 日 市 東 一 丁 目 8-13). 1.はじめに 半 永 久 構 造 物 として 考

More information

第 8 章 コンクリート 工 事 crete:コンクリート)という 3 コンクリートの 種 類 コンクリートの 種 類 は 主 に 使 用 材 料 ( 使 用 骨 材 ) 要 求 性 能 施 工 条 件 構 造 形 式 などの 違 いにより 区 分 される 区 分 使 用 材 料 ( 使 用 骨 材

第 8 章 コンクリート 工 事 crete:コンクリート)という 3 コンクリートの 種 類 コンクリートの 種 類 は 主 に 使 用 材 料 ( 使 用 骨 材 ) 要 求 性 能 施 工 条 件 構 造 形 式 などの 違 いにより 区 分 される 区 分 使 用 材 料 ( 使 用 骨 材 第 8 章 コンクリート 工 事 コンクリート 工 事 は 組 み 立 てられた 型 枠 に 固 まっていないコンクリート(フ レッシュコンクリート)を 打 ち 込 む 工 事 である 所 定 の 強 度 と 耐 久 性 を 有 するコ ンクリートとなるように 調 合 計 画 後 コンクリートの 調 合 を 行 い その 品 質 を 保 持 したまま 現 場 へと 運 搬 打 設 を 行 う コンクリート

More information

<4D F736F F D F4390B35F96688E4B8BA689EF817A976E975A889F899482DF82C182AB93538BD882C E838A815B836782CC AB945C2E646F63>

<4D F736F F D F4390B35F96688E4B8BA689EF817A976E975A889F899482DF82C182AB93538BD882C E838A815B836782CC AB945C2E646F63> 溶 融 亜 鉛 めっき 鉄 筋 とコンクリートの 付 着 性 能 について デンロコーポレーション 今 野 貴 史 那 須 電 機 鉄 工 盛 永 康 文 森 純 一 郎 横 浜 ガルバー 渡 会 竹 志 田 中 剣 治 シーケー 金 属 大 橋 一 善 西 田 雄 治 ガルバ 興 業 菊 川 美 仁 1.はじめに 我 が 国 の 社 会 資 本 は 今 一 斉 に 更 新 時 期 を 迎 えているが

More information

<4D F736F F D C834C E838A815B836790BB C A8D658CB48D652E646F63>

<4D F736F F D C834C E838A815B836790BB C A8D658CB48D652E646F63> 資 料 FPR 製 防 食 パネルを 装 着 したプレキャストコクリート 製 品 への 適 用 につ いて 柄 澤 英 明 *1 新 居 隆 *2 要 旨 : 従 来, 新 構 造 物 の 防 食 工 法 として, 現 場 で 防 食 材 を 塗 布 する 工 法 が 用 いられてきた しかし,これらの 工 法 をプレキャストコクリート 製 品 ( 以 下 PCa 製 品 )に 適 用 する 場 合,

More information

Microsoft Word - comment18.doc

Microsoft Word - comment18.doc 屋 外 用 木 材 塗 料 1. 屋 外 用 木 材 塗 料 の 定 義 屋 外 用 木 材 塗 料 とは 羽 目 板 窓 枠 ウッドデッキおよび 門 扉 などの 屋 外 木 部 に 適 用 され 高 耐 候 性 防 腐 性 防 かび 性 および 防 蟻 性 などの 性 能 を 有 することを 謳 ったものと 定 義 する 2. 調 査 対 象 商 品 の 選 定 方 法 調 査 対 象 商 品 は

More information

Microsoft Word 印刷ver 本編最終no1(黒字化) .doc

Microsoft Word 印刷ver 本編最終no1(黒字化) .doc 3 目 標 使 用 年 数 の 設 定 3-1. 耐 用 年 数 と 目 標 使 用 年 数 の 考 え 方 1. 目 標 使 用 年 数 の 考 え 方 (1) 台 東 区 施 設 白 書 ( 平 成 26 年 7 月 ) における 使 用 年 数 ( 更 新 周 期 ) 台 東 区 施 設 白 書 ( 平 成 26 年 7 月 ) においては 国 が 示 す 試 算 基 準 ( 地 方 公 共

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 鉄 筋 腐 食 抑 制 タイプ RC 構 造 物 用 含 浸 系 表 面 保 護 材 取 扱 : 関 西 ペイント 株 式 会 社 国 内 総 代 理 店 :BASFジャパン 株 式 会 社 建 設 化 学 品 事 業 部 プロテクトシルCITの 効 果 鉄 筋 コンクリート 構 造 物 全 般 の 長 寿 命 化 対 策 として 有 効 コンクリート 表 面 に 塗 布 するだけで 鉄 筋 の 腐

More information

長 野 工 業 高 等 専 門 学 校 紀 要 第 49 号 (2015) 1-6 鉄 筋 コンクリート 柱 の 部 材 軸 直 角 方 向 に 圧 縮 力 を 作 用 させることによる 補 強 効 果 の 研 究 丸 山 健 太 郎 *1 遠 藤 典 男 *2 山 口 広 暉 * 3 Study

長 野 工 業 高 等 専 門 学 校 紀 要 第 49 号 (2015) 1-6 鉄 筋 コンクリート 柱 の 部 材 軸 直 角 方 向 に 圧 縮 力 を 作 用 させることによる 補 強 効 果 の 研 究 丸 山 健 太 郎 *1 遠 藤 典 男 *2 山 口 広 暉 * 3 Study 長 野 工 業 高 等 専 門 学 校 紀 要 第 49 号 (2015) 1-6 鉄 筋 コンクリート 柱 の 部 材 軸 直 角 方 向 に 圧 縮 力 を 作 用 させることによる 補 強 効 果 の 研 究 丸 山 健 太 郎 *1 遠 藤 典 男 *2 山 口 広 暉 * 3 Study of failure properties of RC column reinforced with

More information

Microsoft Word - コンクリート工学(鹿島坂田)20140925.doc

Microsoft Word - コンクリート工学(鹿島坂田)20140925.doc テクニカルレポート 2014/09/25 目 視 調 査 に 基 づくコンクリート 構 造 物 の 表 層 品 質 評 価 手 法 の 実 績 と 調 査 結 果 を 反 映 した 表 層 品 質 向 上 技 術 坂 田 昇 *1 渡 邉 賢 三 *2 *3 細 田 暁 要 旨 :コンクリート 構 造 物 の 表 層 部 分 は, 構 造 物 の 耐 久 性 に 大 きな 影 響 を 及 ぼす 重

More information

【PC】

【PC】 190mm 加 振 ボックス 充 塡 試 験 による 高 密 度 配 筋 部 位 に 充 填 されるコンクリートの 品 質 徳 島 大 学 大 学 院 三 木 佑 介 徳 島 大 学 大 学 院 正 会 員 工 博 橋 本 親 典 徳 島 大 学 大 学 院 博 ( 工 ) 渡 辺 健 徳 島 大 学 大 学 院 石 丸 啓 輔 Abstract:In the prestressed concrete

More information

VISAについて

VISAについて 住 宅 建 設 技 術 設 計 書 I. 工 事 全 般 1. 工 事 は 以 下 を 含 む a. 土 壌 掘 下 げ 工 事 は 以 下 を 含 む: 基 礎 浄 化 槽 上 下 水 道 トイレ 排 水 / 家 庭 排 水 b. 基 礎 の 隙 間 に 土 砂 を 戻 し 平 地 化 する 工 事 c. 基 礎 の 敷 石 工 事 d. レンガ 積 み 工 事 e. モルタル 作 業 f. ドア

More information

<81699056816A838D815B8368834E815B8389815B8DEC8BC68EE88F878F91816932372E352E313689FC90B3816A342E786C73>

<81699056816A838D815B8368834E815B8389815B8DEC8BC68EE88F878F91816932372E352E313689FC90B3816A342E786C73> [ 作 業 手 順 書 ] 松 岡 コンクリート 工 業 株 式 会 社 岐 阜 県 大 垣 市 神 田 町 1 丁 目 6 番 地 TEL 0584-6-7837 FAX 0584-6-565 問 い 合 わせ 先 テクノ 事 業 部 戸 島 和 茂 携 帯 080-3669-800 1 7.5.16 改 [ 作 業 手 順 書 ] ロードクーラーの 施 工 には 下 記 の 商 品 を 使 用

More information

鋼 橋 の 損 傷 1 腐 食 2 疲 労 2

鋼 橋 の 損 傷 1 腐 食 2 疲 労 2 国 土 交 通 省 関 東 地 方 整 備 局 道 路 の 老 朽 化 対 策 に 関 する 講 演 会 道 路 橋 の 劣 化 損 傷 と 対 策 - 既 設 橋 の 主 な 損 傷 と 対 応 の 考 え 方 - 国 立 研 究 開 発 法 人 土 木 研 究 所 構 造 物 メンテナンス 研 究 センター(CAESAR) 鋼 橋 の 損 傷 1 腐 食 2 疲 労 2 鋼 橋 の 損 傷 ~1

More information

アスファルトルーフィングフェルト

アスファルトルーフィングフェルト RK 改 質 アスファルトルーフィング 下 葺 き 材 RK 04 s -03 :2006 平 成 17 年 3 月 18 日 制 定 平 成 18 年 3 月 17 日 改 定 平 成 18 年 12 月 22 日 改 定 アスファルトルーフィング 工 業 会 ( 日 本 規 格 協 会 発 行 ) (1) 目 次 ページ 1. 適 用 範 囲 3 2. 引 用 規 格 3 3. 種 類 3 4.

More information

第 5 章 配 管 工 事 第 節 配 管 基 準 事 1 給 水 管 及 給 水 用 具 最 終 水 機 構 流 出 側 設 置 給 水 用 具 耐 圧 性 能 有 用 い 省 第 条 第 2 減 圧 弁 逃 弁 逆 弁 空 気 弁 及 電 磁 弁 耐 久 性 能 有 用 い 省 第 条 3 家 屋 主 配 管 配 管 経 路 い 構 物 通 過 避 等 漏 水 時 修 理 容 易 行 う う

More information

小粒径薄層排水性舗装の街路への適用

小粒径薄層排水性舗装の街路への適用 排 水 性 舗 装 における 凍 結 抑 制 技 術 の 向 上 と 凍 結 抑 制 性 能 評 価 方 法 に 関 する 検 討 大 林 道 路 技 術 研 究 所 鈴 木 徹 同 上 東 本 崇 大 林 道 路 本 店 エンジニアリング 部 稲 葉 行 則 国 土 交 通 省 北 陸 地 方 整 備 局 道 路 部 岡 田 茂 彦 同 上 吉 田 健 一 同 上 徳 橋 良 幸 1.はじめに 排

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2089BA908593B982C982A882AF82E995FA8ECB90AB95A88EBF91CE8DF48C9F93A282CC8A54977682C690AC89CA>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2089BA908593B982C982A882AF82E995FA8ECB90AB95A88EBF91CE8DF48C9F93A282CC8A54977682C690AC89CA> 下 水 道 における 放 射 性 物 質 対 策 検 討 の 概 要 と 成 果 ~ 平 成 23 年 度 3 次 補 正 予 算 調 査 ~ < 目 的 > 下 水 道 における 放 射 性 物 質 対 策 に 活 用 しうる 技 術 を 広 く 募 集 し 実 証 試 験 等 により 実 用 性 を 評 価 して 対 策 の 促 進 を 図 る < 実 施 概 要 > 対 象 : 下 水 汚 泥

More information

スライド 1

スライド 1 セラミックス 研 究 所 研 究 推 進 計 画 平 成 28~32 年 度 1. 岐 阜 県 の 陶 磁 器 産 業 の 現 状 と 今 後 の 展 望 2.セラミックス 研 究 所 の 重 点 方 針 3. 研 究 所 の 固 有 技 術 と 課 題 今 後 5 年 間 の 技 術 開 発 の 方 向 4. 技 術 開 発 ロードマップ 5. 技 術 支 援 6. 人 材 育 成 1. 岐 阜

More information

ロータリ 耕 起 と 同 様 に 作 業 後 雨 が 降 ると 播 種 作 業 が 困 難 になるので 播 種 同 時 作 業 が 望 ましい 4 播 種 (1) 播 種 期 近 年 品 種 の 早 生 化 地 球 温 暖 化 の 影 響 で 麦 の 播 種 適 期 は 以 前 より 遅 くなってい

ロータリ 耕 起 と 同 様 に 作 業 後 雨 が 降 ると 播 種 作 業 が 困 難 になるので 播 種 同 時 作 業 が 望 ましい 4 播 種 (1) 播 種 期 近 年 品 種 の 早 生 化 地 球 温 暖 化 の 影 響 で 麦 の 播 種 適 期 は 以 前 より 遅 くなってい Ⅱ 麦 栽 培 技 術 1 ほ 場 の 準 備 麦 類 は 元 来 乾 燥 した 気 候 に 適 した 畑 作 物 であるため 転 換 畑 では 栽 培 期 間 を 通 して 湿 害 が 最 大 の 減 収 要 因 である したがって 地 表 水 の 排 除 透 水 性 改 善 地 下 水 位 低 下 等 の 排 水 対 策 は 麦 類 の 安 定 栽 培 における 必 須 要 件 であり 前 述

More information

Ni=1(Aθ+B) (5) ここで,Ni: 破 壊 サイクル 数,θ: 最 低 温 度 ( ), A,B: 回 帰 係 数 で 次 式 による A=.14ln(C/W)+.4 B=3.15ln(C/W)+1.43 (6) φ=nd([c/w]st,[θ]st)/nd([c/w],[θ]) (7)

Ni=1(Aθ+B) (5) ここで,Ni: 破 壊 サイクル 数,θ: 最 低 温 度 ( ), A,B: 回 帰 係 数 で 次 式 による A=.14ln(C/W)+.4 B=3.15ln(C/W)+1.43 (6) φ=nd([c/w]st,[θ]st)/nd([c/w],[θ]) (7) コンクリート 工 学 年 次 論 文 集,Vol.37,No.1,215 報 告 コンクリートの 凍 害 劣 化 を 対 象 とした 劣 化 予 測 手 法 および 気 象 デー タの 違 いによる 耐 用 年 数 の 比 較 長 谷 川 拓 哉 *1 千 歩 修 *2 *3 福 山 智 子 要 旨 : 凍 害 劣 化 の 予 測 手 法 として 代 表 的 な4つの 手 法 を 対 象 とし, 気

More information

水道用ゴム輪形硬質ポリ塩化ビニル管 検査施行要項(案) 対比表

水道用ゴム輪形硬質ポリ塩化ビニル管 検査施行要項(案) 対比表 水 道 用 ポリエチレン 被 覆 方 法 検 査 施 行 要 項 対 比 表 改 正 前 改 正 後 備 考 日 本 水 道 協 会 水 道 用 ポリエチレン 被 覆 方 法 検 査 施 行 要 項 平 成 12 年 3 月 31 日 制 定 平 成 19 年 12 月 6 日 改 正 日 本 水 道 協 会 水 道 用 ポリエチレン 被 覆 方 法 検 査 施 行 要 項 平 成 12 年 3 月

More information

土 木 工 事 共 通 仕 様 書 ( 平 成 27 年 8 月 ) 改 訂 比 較 表 共 通 編 第 1 章 総 則 現 行 ( 平 成 26 年 8 月 ) 改 訂 ( 平 成 27 年 8 月 ) 第 14 節 技 術 者 の 配 置 1 受 注 者 は 工 事 を 適 正 に 実 施 する

土 木 工 事 共 通 仕 様 書 ( 平 成 27 年 8 月 ) 改 訂 比 較 表 共 通 編 第 1 章 総 則 現 行 ( 平 成 26 年 8 月 ) 改 訂 ( 平 成 27 年 8 月 ) 第 14 節 技 術 者 の 配 置 1 受 注 者 は 工 事 を 適 正 に 実 施 する 土 木 工 事 共 通 仕 様 書 ( 平 成 27 年 8 月 ) 改 訂 比 較 表 共 通 編 第 1 章 総 則 現 行 ( 平 成 26 年 8 月 ) 改 訂 ( 平 成 27 年 8 月 ) 第 2 節 用 語 の 定 義 6 監 督 員 とは 工 事 が 確 実 に 施 工 されるよう 監 督 し 工 事 の 受 注 者 に 対 する 指 示 承 諾 又 は 協 議 の 処 理 を

More information

TCT H22-4(ホクエツ).xdw

TCT H22-4(ホクエツ).xdw 話 題 の 構 成 1. 当 社 の 紹 介 および 関 連 する 主 なプレキャスト 製 品 プレキャストコンクリート 製 品 について 2010.11.30 2. プレキャストコンクリート 製 品 の 一 般 的 な 特 徴 3. プレキャストコンクリート 製 品 の 今 後 の 課 題 4. プレキャストコンクリート 製 品 に 関 わるJIS 5. JCIにおけるプレキャストコンクリート 製

More information

<4D F736F F D2092B28DB895F18D908F918DEC90AC82CC8EE888F882AB E352E332E646F63>

<4D F736F F D2092B28DB895F18D908F918DEC90AC82CC8EE888F882AB E352E332E646F63> 植 栽 基 盤 調 査 報 告 書 作 成 の 手 引 き (Ver.5.3) 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 -1- 目 次 Ⅰ. 本 書 の 使 い 方 Ⅱ. 記 入 方 法 の 手 引 き 表 紙 1. 調 査 実 施 者 2. 調 査 の 目 的 3. 調 査 報 告 書 の 概 要 4. 調 査 の 手 順 5. 設 計 図 書 の 確 認 (1) 計 画 地

More information

研究報告20年度(ai配置).indd

研究報告20年度(ai配置).indd 経 常 研 究 無 機 材 料 の 遠 赤 外 線 放 射 特 性 と 応 用 製 品 に 関 する 研 究 研 究 開 発 科 山 口 典 男 高 松 宏 行 九 州 大 学 栃 原 裕 要 約 遠 赤 外 線 放 射 率 が 高 い 材 料 の 開 発 および 遠 赤 外 線 が 及 ぼす 生 体 への 生 理 学 的 作 用 の 解 明 を 目 的 に セメント と 釉 薬 の 遠 赤 外 線

More information

1. 総 説 1.1 背 景 橋 梁 コンクリート 床 版 の 防 水 層 として 2010 年 より 技 術 基 準 化 された 床 版 防 水 層 グレ ードⅡ 上 の 舗 装 に 対 して 従 前 のものより 施 工 性 を 向 上 させることが 求 められたことを 背 景 に,NEXCO 総

1. 総 説 1.1 背 景 橋 梁 コンクリート 床 版 の 防 水 層 として 2010 年 より 技 術 基 準 化 された 床 版 防 水 層 グレ ードⅡ 上 の 舗 装 に 対 して 従 前 のものより 施 工 性 を 向 上 させることが 求 められたことを 背 景 に,NEXCO 総 高 性 能 床 版 防 水 に 適 合 した 新 たな 橋 梁 レベリング 層 用 アスファルト 混 合 物 設 計 施 工 暫 定 要 領 平 成 26 年 12 月 東 日 本 高 速 道 路 1. 総 説 1.1 背 景 橋 梁 コンクリート 床 版 の 防 水 層 として 2010 年 より 技 術 基 準 化 された 床 版 防 水 層 グレ ードⅡ 上 の 舗 装 に 対 して 従 前

More information

高濃度硫化水素削減のための汚泥脱気装置の開発

高濃度硫化水素削減のための汚泥脱気装置の開発 5-(1)-2 高 濃 度 硫 化 水 素 削 減 のための 汚 泥 脱 気 装 置 の 開 発 計 画 調 整 部 技 術 開 発 課 廣 繁 直 治 山 下 博 史 ( 現 経 理 部 業 務 管 理 課 ) 1. 目 的 東 京 都 区 部 で は 汚 泥 処 理 の 効 率 化 を 図 る た め に 集 約 処 理 を 進 め て い る 汚 泥 の 集 約 処 理 の 進 展 と と も

More information

(3) 施 設 の 維 持 管 理 方 法 について a.モニタリング 方 法 既 に 整 理 されている 事 項 測 定 の 考 え 方 ( 測 定 項 目 測 定 位 置 )( 参 考 6) 今 後 の 課 題 測 定 の 考 え 方 ( 測 定 頻 度 ) 漏 えい 検 知 システム b. 点

(3) 施 設 の 維 持 管 理 方 法 について a.モニタリング 方 法 既 に 整 理 されている 事 項 測 定 の 考 え 方 ( 測 定 項 目 測 定 位 置 )( 参 考 6) 今 後 の 課 題 測 定 の 考 え 方 ( 測 定 頻 度 ) 漏 えい 検 知 システム b. 点 資 料 1 安 全 な 施 設 管 理 に 向 けた 技 術 的 検 討 課 題 ( 案 ) 指 定 廃 棄 物 処 理 施 設 の 構 造 維 持 管 理 による 安 全 性 の 確 保 に 関 する 対 策 等 については これまでの 有 識 者 会 議 で 整 理 されたところであるが 今 後 実 際 に 指 定 廃 棄 物 を 処 理 施 設 において 安 全 に 長 期 管 理 していくにあたり

More information

PROJECT

PROJECT 添 付 資 料 JAPAN INTERNATIONAL COOPERATION AGENCY インドネシア 国 西 スマトラ 州 パダン 沖 地 震 被 災 地 復 興 支 援 ( 学 校 再 建 )プロジェクト (ファスト トラック 制 度 適 用 案 件 ) 鉄 筋 コンクリート 工 事 品 質 管 理 マニュアル 2011 年 8 月 Part 1. 基 礎 知 識... 1-1 1-1.コンクリートとは?...

More information

2. 上 尾 市 における 公 共 施 設 マネジメントの 原 則 公 共 建 築 物 (ハコモノ)における 原 則 施 設 の 複 合 化 や 多 機 能 化 及 び 更 新 の 際 に 必 要 とされる 機 能 の 峻 別 と 補 完 により 総 量 を 縮 減 し 新 規 整 備 は 抑 制

2. 上 尾 市 における 公 共 施 設 マネジメントの 原 則 公 共 建 築 物 (ハコモノ)における 原 則 施 設 の 複 合 化 や 多 機 能 化 及 び 更 新 の 際 に 必 要 とされる 機 能 の 峻 別 と 補 完 により 総 量 を 縮 減 し 新 規 整 備 は 抑 制 第 3 章 公 共 施 設 マネジメントの 方 針 1. 現 状 や 課 題 に 関 する 基 本 認 識 上 尾 市 が 置 かれている 人 口 や 財 政 などの 現 状 を 踏 まえると 公 共 施 設 等 をこれまでと 同 じ 規 模 や 手 法 で 整 備 維 持 管 理 していくことは 現 実 的 ではありません 公 共 建 築 物 の 更 新 費 用 予 測 から 建 替 えや 大 規

More information

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 衛 生 管 理 センター 適 正 管 理 計 画 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 アルミニウム 及 びその 化 合 物 TKフロック 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の

More information

施 工 の 合 理 化 記 述 例 1( 工 程 短 縮 による 施 工 の 合 理 化 ) 問 題 あなたが 経 験 した 建 築 工 事 のうち, 施 工 の 合 理 化 を 行 った 工 事 を1つ 選 び, 工 事 概 要 を 記 入 した 上 で, 次 の 問 いに 答 えなさい なお, 建 築 工 事 とは, 建 築 基 準 法 に 定 める 建 築 物 に 係 る 工 事 とする ただし,

More information

「設備機器の保守・点検のポイント」

「設備機器の保守・点検のポイント」 施 設 管 理 に 役 立 つ 点 検 のポイント ( 公 社 ) 全 国 ビルメンテナンス 協 会 建 築 物 の 機 能 や 性 能 を 良 好 な 状 態 に 保 ち 利 用 者 に 安 全 で 衛 生 的 な 環 境 を 提 供 し 更 に 建 物 の 長 寿 命 化 を 図 るためには 適 切 な 維 持 保 全 が 重 要 である 建 築 設 備 の 維 持 保 全 は 日 常 の 点

More information

Microsoft Word - 3-1 空港舗装への再生材の利用促進(米倉)H22.8.修正

Microsoft Word - 3-1 空港舗装への再生材の利用促進(米倉)H22.8.修正 再 生 材 の 利 用 促 進 並 びにアスファルト 舗 装 耐 久 性 向 上 に 関 する 研 究 報 告 米 倉 亜 州 夫 1 PM 研 究 会 空 港 舗 装 WG 1: 広 島 大 学 名 誉 教 授 ( 元 広 島 工 業 大 学 教 授 ) ( 73-49 広 島 市 中 区 南 竹 屋 町 5-1-31) : 多 相 材 料 (PM:Polyphase Materials) 研 究

More information

整 理 件 名 ( 協 定 名 ) 研 究 期 間 共 同 研 究 者 頁 99 超 微 細 気 泡 (マイクロバブル)を 用 いた 新 たな 下 水 処 理 技 術 の 開 発 H17~19 日 立 製 作 所 52 114 石 炭 火 力 発 電 所 に 適 した 下 水 汚 泥 炭 化 燃 料

整 理 件 名 ( 協 定 名 ) 研 究 期 間 共 同 研 究 者 頁 99 超 微 細 気 泡 (マイクロバブル)を 用 いた 新 たな 下 水 処 理 技 術 の 開 発 H17~19 日 立 製 作 所 52 114 石 炭 火 力 発 電 所 に 適 した 下 水 汚 泥 炭 化 燃 料 3.2 平 成 19 年 度 完 了 共 同 研 究 の 概 要 平 成 19 年 度 は 7テーマ14 件 の 共 同 研 究 が 完 了 しました 整 理 件 名 ( 協 定 名 ) 研 究 期 間 共 同 研 究 者 頁 87-1 耐 硫 酸 性 を 持 つコンクリートおよびコン クリート 補 修 材 料 の 開 発 H16~19 宇 部 興 産 44 87-2 耐 硫 酸 性 を 持 つコンクリートおよびコン

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

コンクリート工学年次論文集Vol.35

コンクリート工学年次論文集Vol.35 論 文 斜 めひび 割 れを 生 じた RC 梁 の 修 復 効 果 に 関 する 研 究 深 澤 優 一 *1 斉 藤 成 彦 *2 *2 高 橋 良 輔 要 旨 : 地 震 により 被 災 した RC 構 造 物 の 早 期 かつ 適 切 な 復 旧 には, 部 材 損 傷 量 の 定 量 的 把 握 に 基 づく 効 果 的 な 修 復 の 実 施 が 要 求 される 樹 脂 注 入 によるひび

More information

<4D F736F F F696E74202D2092B78EF596BD82CC8D5C91A295A882C682B782E982C982CD82518FE32E B8CDD8AB B83685D>

<4D F736F F F696E74202D2092B78EF596BD82CC8D5C91A295A882C682B782E982C982CD82518FE32E B8CDD8AB B83685D> メンテナンスからの 情 報 が 構 造 物 の 長 寿 命 化 を 可 能 とする (コンクリート 構 造 物 ) 石 橋 忠 良 1 報 告 内 容 1. 鉄 道 構 造 物 の 経 年 2. 主 な 劣 化 事 例 と 対 策 2.1 コンクリート 片 の 剥 落 2.2 アルカリ 骨 材 反 応 2.3 塩 害 2.4 凍 害 2.5 支 承 部 2.6 PC 鋼 棒 破 断 による 突 出

More information

まえがき 広 島 高 速 道 路 公 社 の 舗 装 設 計 基 準 は アスファルト 舗 装 要 綱 ( 平 成 4 年 12 月 ) セメントコンクリート 舗 装 要 綱 ( 昭 和 59 年 2 月 ) 排 水 性 舗 装 技 術 指 針 ( 案 ) ( 平 成 8 年 10 月 )などの 一

まえがき 広 島 高 速 道 路 公 社 の 舗 装 設 計 基 準 は アスファルト 舗 装 要 綱 ( 平 成 4 年 12 月 ) セメントコンクリート 舗 装 要 綱 ( 昭 和 59 年 2 月 ) 排 水 性 舗 装 技 術 指 針 ( 案 ) ( 平 成 8 年 10 月 )などの 一 舗 装 設 計 基 準 平 成 21 年 8 月 広 島 高 速 道 路 公 社 まえがき 広 島 高 速 道 路 公 社 の 舗 装 設 計 基 準 は アスファルト 舗 装 要 綱 ( 平 成 4 年 12 月 ) セメントコンクリート 舗 装 要 綱 ( 昭 和 59 年 2 月 ) 排 水 性 舗 装 技 術 指 針 ( 案 ) ( 平 成 8 年 10 月 )などの 一 般 的 技 術 基

More information

<88C4814090EC8DE88E738FAC8CFB8C618AC782AB82E58D5890B68D4896408DCC91F0905C90BF977697CC>

<88C4814090EC8DE88E738FAC8CFB8C618AC782AB82E58D5890B68D4896408DCC91F0905C90BF977697CC> 川 崎 市 小 口 径 管 きょ 更 生 工 法 採 択 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 川 崎 市 上 下 水 道 事 業 管 理 者 ( 以 下 管 理 者 という ) が 発 注 する 管 きょ 改 築 事 業 で 使 用 する 管 きょ 更 生 工 法 ( 内 径 700ミリメー トル 以 下 の 下 水 道 管 に 係 るものに 限 る 以 下 更 生 工 法 という

More information

           目    次

           目    次 第 10 章 維 持 管 理 第 10 章 維 持 管 理 1 給 水 装 置 の 維 持 管 理 給 水 装 置 は 年 月 の 経 過 に 伴 う 材 質 の 劣 化 により 故 障 漏 水 等 の 事 故 が 発 生 す ることがある 事 故 を 未 然 に 防 止 するため 又 は 最 小 限 に 抑 えるためには 維 持 管 理 を 行 うことが 重 要 である (1) 給 水 装 置 工

More information

Taro 公表用表紙・トビラ

Taro 公表用表紙・トビラ 平 成 2 4 年 度 公 共 工 事 設 計 資 材 単 価 表 ( H 2 4. 4 月 定 期 改 訂 ) 島 根 県 農 林 水 産 部 土 木 部 公 共 工 事 設 計 資 材 単 価 表 に つ い て 1. こ の 設 計 資 材 単 価 表 は 島 根 県 農 林 水 産 部 及 び 土 木 部 が 発 注 す る 土 木 工 事 に 係 る 設 計 資 材 単 価 の う ち 県

More information

<955C8E86>

<955C8E86> 簡 易 な 水 路 補 修 の 手 引 き 平 成 22 年 11 月 ( 全 国 土 地 改 良 事 業 団 体 連 合 会 ) は じ め に 農 業 水 利 施 設 は 農 業 用 水 路 だけでも 全 国 で 約 40 万 kmに 及 び 膨 大 なストックを 形 成 しています その 管 理 については 全 国 の 土 地 改 良 区 等 に 委 託 されておりますが その 機 能 を 適

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089CE8DD082F08EF382AF82BD8BB497C082CC91B98F9D82C682BB82CC91CE899E2E444F43>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089CE8DD082F08EF382AF82BD8BB497C082CC91B98F9D82C682BB82CC91CE899E2E444F43> 火 災 を 受 けた 橋 梁 の 損 傷 とその 対 応 久 田 宗 昌 1 1 名 古 屋 市 緑 政 土 木 局 道 路 建 設 課 ( 460-8508 名 古 屋 市 中 区 三 の 丸 3 丁 目 1-1) 本 稿 は, 主 要 地 方 道 名 古 屋 中 環 状 線 の 庄 内 川 に 架 かる 明 徳 橋 の 桁 下 にて 平 成 25 年 6 月 に 発 生 した 火 災 への 対

More information

12

12 12. 維 持 管 理 12.1 維 持 管 理 1 給 水 装 置 は 水 道 使 用 者 に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 であり その 維 持 管 理 の 適 否 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えることから 水 が 汚 染 し 又 は 漏 れないように 的 確 に 管 理 を 行 うことが 必 要 である 2 給 水 装 置 は 水 道 使 用 者 等 が

More information

<5461726F2D303830333331817990568B8C2D8AAE915394C5817A819A202474>

<5461726F2D303830333331817990568B8C2D8AAE915394C5817A819A202474> 食 品 添 加 物 等 の 規 格 基 準 の 一 部 を 改 正 する 件 新 旧 対 照 条 文 食 品 添 加 物 等 の 規 格 基 準 ( 昭 和 34 年 厚 生 省 告 示 第 370 号 ) 平 成 0 年 3 月 31 日 改 正 改 正 後 改 正 前 ( 傍 線 部 分 は 改 正 部 分 ) 第 4 おもちや 第 4 おもちや A おもちや 又 はその 原 材 料 の 規 格

More information

147

147 第 8 章 維 持 管 理 1. 維 持 管 理 給 水 装 置 は 需 用 者 に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 でありその 維 持 管 理 の 適 否 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えることから 水 が 汚 染 し 又 は 漏 れないように 的 確 に 管 理 を 行 う 必 要 がある 給 水 用 具 によっては 間 違 った 使 用 方 法 や 適 切

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション コンポジットレジン 1.コンポジットレジンの 構 成 フィラー ガラス( 無 機 質 ) ガラスとレジンの 混 合 レジン ( 間 質 マトリックス) ジメタクリレート (Bis-GMA TEGDMA,UDMAなど) シランカップリング 剤 (γ-mpts) 重 合 開 始 剤 ( 化 学 重 合 型 はBPO 光 重 合 型 はCQ + 第 三 級 アミン) 重 合 禁 止 剤 2 MW: 470

More information

乙種第1、2、3、4、5、6類(危険物取扱者試験)

乙種第1、2、3、4、5、6類(危険物取扱者試験) 過 去 に 出 題 された 問 題 乙 種 第 1 2 3 5 6 類 危 険 物 取 扱 者 試 験 解 答 は 最 後 のページに 記 載 されています ( 注 ) 問 題 中 に 使 用 した 略 語 は 次 のとおりです 法 令 消 防 法 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 又 は 危 険 物 の 規 制 に 関 する 規 則 法 消 防 法 政 令 危 険 物 の 規 制 に

More information

<4D F736F F D DC58F4994C5816A8AC B E646F63>

<4D F736F F D DC58F4994C5816A8AC B E646F63> 静 岡 県 土 木 施 設 長 寿 命 化 計 画 下 水 道 管 路 ガイドライン 平 成 21 年 3 月 建 設 部 都 市 局 生 活 排 水 室 はじめに 本 ガイドラインは 静 岡 県 土 木 部 ( 当 時 )が 平 成 15 年 度 にとりまとめた 土 木 施 設 長 寿 命 化 行 動 方 針 ( 案 ) を 受 け 県 が 管 理 している 流 域 下 水 道 幹 線 をはじめとする

More information

長 期 保 証 保 証 対 象 部 分 内 容 屋 根 外 壁 壁 柱 梁 床 基 礎 構 造 強 度 に 支 障 を 及 ぼす 著 しい 亀 裂 破 損 変 形 室 内 への 雨 漏 り 保 証 期 間 ( 年 ) 10 年 適 用 除 外 コンクリート 木 材 の 材 質 的 な 収 縮 に 起

長 期 保 証 保 証 対 象 部 分 内 容 屋 根 外 壁 壁 柱 梁 床 基 礎 構 造 強 度 に 支 障 を 及 ぼす 著 しい 亀 裂 破 損 変 形 室 内 への 雨 漏 り 保 証 期 間 ( 年 ) 10 年 適 用 除 外 コンクリート 木 材 の 材 質 的 な 収 縮 に 起 アフターサービス 基 準 ( 新 築 戸 建 対 象 ) 第 1 条 アフターサービス 売 主 は 買 主 に 対 しアフターサービス 基 準 に 基 づいてアフターサービスを 行 います 第 条 アフターサービス 期 間 アフターサービス 期 間 は 引 渡 し 日 に 始 まり アフターサービス 内 容 に 記 載 された 期 間 が 経 過 した 時 に 終 了 いたします 第 3 条 補 修

More information

<8E7B8D738AEE8F80955C8E86814597A0955C8E862E786C73>

<8E7B8D738AEE8F80955C8E86814597A0955C8E862E786C73> 第 14 章 維 持 管 理 第 14 章 維 持 管 理 14.1 給 水 装 置 の 維 持 管 理 14.1.1 基 本 事 項 1. 水 道 使 用 者 等 は 水 が 汚 染 又 は 漏 水 しないように 給 水 装 置 を 管 理 し 異 常 を 認 めたときは 直 ちに 管 理 者 に 届 け 出 なければならない ( 給 水 条 例 第 21 条 第 1 項 ) 2. 前 項 において

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 第 1 回 繊 維 分 野 におけるエネルギー 使 用 合 理 化 技 術 開 発 費 補 助 金 プロジェクト 事 後 評 価 検 討 会 資 料 5-2 アクリル 樹 脂 製 造 エネルギー 低 減 技 術 の 研 究 開 発 工 業 生 産 レベルで 実 用 可 能 な PMMAのMMAモノマーへのリサイクルシステムの 開 発 平 成 17 年 4 月 ~ 平 成 20 年 3 月 三 菱 レイヨン

More information

盛 土 底 部 は 泥 炭 層 の 中 にめり 込 み 地 下 水 位 以 下 に 飽 和 した 状 態 で 存 在 しており この 部 分 が 液 状 化 したとして いる なお 被 災 後 の 地 盤 調 査 によって 地 下 水 位 以 下 に 盛 土 材 料 が 存 在 したことが 確 認

盛 土 底 部 は 泥 炭 層 の 中 にめり 込 み 地 下 水 位 以 下 に 飽 和 した 状 態 で 存 在 しており この 部 分 が 液 状 化 したとして いる なお 被 災 後 の 地 盤 調 査 によって 地 下 水 位 以 下 に 盛 土 材 料 が 存 在 したことが 確 認 泥 炭 地 盤 における 盛 土 の 地 震 時 沈 下 の 簡 易 予 測 と 補 強 技 術 - 盛 土 底 部 の 液 状 化 による 沈 下 の 発 生 機 構 から 対 策 まで- 寒 地 土 木 研 究 所 寒 地 地 盤 チーム 同 上 同 上 林 宏 親 西 本 聡 橋 本 聖 北 海 道 において 発 生 したいくつかの 大 規 模 地 震 によって 泥 炭 地 盤 上 の 道 路

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

コンクリート工学年次論文集 Vol.32

コンクリート工学年次論文集 Vol.32 論 文 損 傷 を 受 けた 鋼 板 巻 き 立 て 補 強 RC 柱 の 補 修 効 果 に 関 する 研 究 松 枝 修 平 *1 田 所 敏 弥 *2 岡 本 大 *3 *4 谷 村 幸 裕 要 旨 : 兵 庫 県 南 部 地 震 以 降, 鋼 板 巻 き 立 て 補 強 が 実 施 されてきた 今 後,これらの 構 造 物 が 被 災 することも 想 定 されるが, 耐 震 補 強 した 柱

More information

イオン交換樹脂の試験方法

イオン交換樹脂の試験方法 イオン 交 換 樹 脂 の 試 験 方 法 三 菱 化 学 株 式 会 社 機 能 化 学 本 部 イオン 交 換 樹 脂 事 業 部 100-8251 東 京 都 千 代 田 区 丸 の 内 1-1-1ハ レスヒ ル TEL 03-6748-7146 FAX 03-3286-1209-1 - イオン 交 換 樹 脂 の 試 験 方 法 1. 原 液 の 調 整 イオン 交 換 樹 脂 に 接 触

More information

Ⅰ 第 6 章 公 共 施 等 の 管 理 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 1. 公 共 施 公 共 施 の 総 合 的 かつ 計 画 的 な 管 理 は, 図 表 6-1 に 示 す 通 り, 概 ね4つの 段 階 で 構 成 され, 中 長 期 保 全 計 画 を 策 定 実 行 することにあります まず, 実 態 把 握 として, 構 造 躯 体 の 健 全 性 を 把 握 することで

More information

Microsoft PowerPoint - 06床・床材料

Microsoft PowerPoint - 06床・床材料 床 の 機 能 床 床 材 料 野 口 貴 文 構 築 機 能 積 載 荷 重 の 支 持 振 動 などの 障 害 に 対 する 十 分 な 耐 力 居 住 機 能 人 に 対 する 安 全 性 快 適 性 下 階 に 対 する 防 音 防 振 防 水 精 密 機 器 に 対 する 障 害 防 止 床 に 対 する 要 求 条 件 床 に 対 する 要 求 と 材 料 性 能 (1) 安 全 性 居

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095698EBF8AC7979D8ECA905E8E42896589D38F8A88EA9797955C2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095698EBF8AC7979D8ECA905E8E42896589D38F8A88EA9797955C2E646F63> 章 種 河 川 海 岸 ( 施 ) 質 毎 に の 含 水 比 試 含 水 比 に 変 化 が 認 められ た コー 指 数 の 測 定 ラフィカビリティが 悪 い 砂 防 質 毎 に ( 施 ) 質 毎 に プルフローリグ 種 毎 に 平 板 載 荷 試 現 場 CBR 試 質 毎 に コ ク リ ー セメ コクリー ( 転 圧 コクリー コ クリーダム 覆 コ クリー 吹 付 けコク リーを 除

More information

Microsoft Word - コンクリート系床版.doc

Microsoft Word - コンクリート系床版.doc 鋼 橋 の Q&A コンクリート 系 床 版 編 平 成 24 年 8 月 一 般 社 団 法 人 日 本 橋 梁 建 設 協 会 床 版 一 般 平 成 24 年 3 月 作 成 Q6-116(No.128) 大 きな 縦 断 勾 配 や 横 断 勾 配 を 有 する 床 版 の 施 工 実 績 はどの 程 度 ですか また この 場 合 のコンクリート 打 込 み 時 の 留 意 点 にはどのようなものがありますか?

More information

構 造 物 の 維 持 管 理 と 検 査 技 術 へ の 期 待 2010 年 6 月 30 日 長 岡 技 術 科 学 大 学 丸 山 久 一 長 岡 技 術 科 学 大 学 Nagaoka University of Technology 内 容 1.コンクリートの 略 歴 2. 塩 害 環

構 造 物 の 維 持 管 理 と 検 査 技 術 へ の 期 待 2010 年 6 月 30 日 長 岡 技 術 科 学 大 学 丸 山 久 一 長 岡 技 術 科 学 大 学 Nagaoka University of Technology 内 容 1.コンクリートの 略 歴 2. 塩 害 環 構 造 物 の 維 持 管 理 と 検 査 技 術 への 期 待 * 丸 山 久 一 * 長 岡 技 術 科 学 大 学 環 境 建 設 系 kmaru@vos.nagaokaut.ac.jp 要 旨 : セメントあるいはコンクリートの 歴 史 は 古 く 今 から 2000 年 前 の 古 代 ローマ 帝 国 の 時 代 には 既 に コンクリートで 構 造 物 が 建 造 されていた 現 在 のセメントに

More information

Ⅱ 大 豆 1 播 種 前 ほ 場 の 対 策 播 種 前 ほ 場 は 排 水 溝 を 設 置 し できるだけ 早 い 時 期 に 播 種 できるように す 2 播 種 後 出 芽 前 の 冠 水 による 発 芽 障 害 への 対 策 (1) 冠 水 時 間 と 発 芽 率 の 低 下 播 種 直

Ⅱ 大 豆 1 播 種 前 ほ 場 の 対 策 播 種 前 ほ 場 は 排 水 溝 を 設 置 し できるだけ 早 い 時 期 に 播 種 できるように す 2 播 種 後 出 芽 前 の 冠 水 による 発 芽 障 害 への 対 策 (1) 冠 水 時 間 と 発 芽 率 の 低 下 播 種 直 大 雨 時 の 農 作 物 被 害 軽 減 対 策 平 成 18 年 (2006 年 )6 月 26 日 農 業 振 興 課 Ⅰ 水 稲 1 大 雨 時 の 対 策 (1) 移 植 後 分 げつ 初 期 の 水 稲 は 深 水 となると 著 しい 分 げつ 抑 制 を 受 けるの で 深 水 状 態 が 長 く 続 かないようにす (2) 大 雨 が 予 想 される 場 合 は 除 草 剤 の 使

More information

(3) 冷 却 塔 管 理 の 調 査 現 状 の 冷 却 塔 の 洗 浄 方 法 洗 浄 回 数 薬 注 の 有 無 薬 注 している 場 合 はその 目 的 を 調 べる ま たレジオネラ 属 菌 検 査 の 状 況 およびその 結 果 を 調 べ 記 録 する 22

(3) 冷 却 塔 管 理 の 調 査 現 状 の 冷 却 塔 の 洗 浄 方 法 洗 浄 回 数 薬 注 の 有 無 薬 注 している 場 合 はその 目 的 を 調 べる ま たレジオネラ 属 菌 検 査 の 状 況 およびその 結 果 を 調 べ 記 録 する 22 図 1-Ⅱ-2 冷 却 塔 の 例 ( 左 : 開 放 型 右 : 密 閉 型 ) < 維 持 管 理 方 法 > 1. 維 持 管 理 の 留 意 点 建 築 物 の 冷 却 水 は 空 調 用 冷 凍 機 などの 熱 を 発 生 する 機 器 と 冷 却 塔 の 間 を 循 環 して 発 生 した 熱 を 冷 却 塔 から 放 出 するのに 用 いられる 冷 却 水 は 夏 期 に 水 温 25~35

More information

清水建設技術研究所 所報 Vol.92

清水建設技術研究所 所報 Vol.92 膨 張 材 を 収 縮 低 減 剤 によってスラリー 化 した 混 和 材 料 によるひび 割 れ 低 減 方 法 辻 埜 真 人 湯 浅 竜 貴 橋 田 浩 ( 技 術 研 究 所 ) ( 技 術 研 究 所 ) ( 技 術 研 究 所 ) Cracking Reduction Method Using Admixture Slurried with Expansive Additive and

More information

untitled

untitled アウトブレース 工 法 1. 工 法 の 概 要 アウトブレース 工 法 は 既 存 RC 建 物 の 外 側 に 鉄 骨 ブレースを 取 り 付 け PC 鋼 棒 を 用 いて 既 存 建 物 と 一 体 化 を 図 り 耐 震 性 能 を 向 上 させる 補 強 工 法 です ブレースの 取 り 付 けに 際 しては 既 存 梁 側 面 に 削 孔 し 鉄 骨 の 交 差 部 分 ( 以 下 台

More information

香 川 高 等 専 門 学 校 研 究 紀 要 4(2013) 2. 試 料, 実 験 装 置, 実 験 の 概 要 模 型 は 木 製 で 作 成 し, 中 詰 材 ( 礫 5mm 以 下 )は 現 場 での 1/10 スケールをそれぞれ 想 定 している 模 型 にはコンクリートと 比 重 を

香 川 高 等 専 門 学 校 研 究 紀 要 4(2013) 2. 試 料, 実 験 装 置, 実 験 の 概 要 模 型 は 木 製 で 作 成 し, 中 詰 材 ( 礫 5mm 以 下 )は 現 場 での 1/10 スケールをそれぞれ 想 定 している 模 型 にはコンクリートと 比 重 を 抵 抗 板 を 設 置 した 空 積 みブロックの 動 的 変 形 特 性 向 谷 光 彦 *, 末 松 吉 生 **, 水 越 睦 視 ***, 乃 村 智 子 *, 岡 崎 芳 行 *** Seismic Characteristics of Dry Masonry Block Retaining Wall Structure with a Resistance Plate Mitsuhiko

More information

道 路 を 維 持 管 理 するための 手 引 札 幌 市 建 設 局 土 木 部 道 路 維 持 課 まえがき 道 路 は 社 会 経 済 活 動 や 地 域 生 活 を 支 える 社 会 基 盤 として また 自 動 車 や 歩 行 者 の 通 行 を 確 保 する 交 通 機 能 等 とともに 災 害 発 生 時 の 防 災 空 間 や 地 下 鉄 上 下 水 道 等 の 収 容 空 間 として

More information

-170-

-170- 第 10 章 水 路 再 生 レジンコンクリート 工 法 の 開 発 -169- -170- 第 10 章 水 路 再 生 レジンコンクリート 工 法 新 技 術 名 水 路 再 生 レジンコンクリート 工 法 新 技 術 番 号 新 技 術 担 当 官 民 連 携 開 発 ( 農 業 工 学 研 究 所 他 ) 都 道 府 県 名 新 技 術 特 許 有 り の 区 分 先 進 的 技 術 従 来

More information

<30325F9574985E2D315F91B98F9D955D89BF8AEE8F80816988C4816A5F48323289FC92F994C5>

<30325F9574985E2D315F91B98F9D955D89BF8AEE8F80816988C4816A5F48323289FC92F994C5> 付 録 1 損 傷 評 価 基 準 目 次 1 1 腐 食...1 2 2 亀 裂...3 3 3ゆるみ 脱 落...8 4 4 破 断... 10 5 5ひび 割 れ 漏 水 遊 離 石 灰... 11 6 6 剥 離 鉄 筋 露 出... 15 7 7 床 版 ひび 割 れ 遊 離 石 灰... 16 8 8 床 版 抜 け 落 ち... 18 9 9コンクリート 補 強 材 の 損 傷...

More information

(2)その 他 項 目 1 施 設 内 外 の 定 期 清 掃 及 び 環 境 整 備 等 業 務 2 完 成 図 書 及 び 関 係 貸 与 書 類 の 保 管 及 び 台 帳 作 成 業 務 3 休 日 夜 間 等 の 連 絡 業 務 4 警 報 発 報 時 火 災 大 雨 及 び 台 風 等

(2)その 他 項 目 1 施 設 内 外 の 定 期 清 掃 及 び 環 境 整 備 等 業 務 2 完 成 図 書 及 び 関 係 貸 与 書 類 の 保 管 及 び 台 帳 作 成 業 務 3 休 日 夜 間 等 の 連 絡 業 務 4 警 報 発 報 時 火 災 大 雨 及 び 台 風 等 伊 賀 市 浄 化 センター 第 1 処 理 場 委 託 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 伊 賀 市 ( 以 下 市 という ) 浄 化 センター 第 1 処 理 場 の 運 転 管 理 業 務 に 関 し 適 正 に 委 託 業 務 を 行 うため 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とする ( 業 務 の 名 称 及 び 履 行

More information

Microsoft Word - 第3版_201209_KCX使用説明書.doc

Microsoft Word - 第3版_201209_KCX使用説明書.doc 脱 灰 液 K-CX 使 用 ガイド 使 用 説 明 書 K-CX を 使 用 される 前 に 必 ず 本 書 をお 読 み 下 さい 目 次 1. はじめに 1 2. K-CX について 1 3. K-CX を 用 いた 一 般 的 な 脱 灰 手 順 2 4. K-CX の 利 用 法 について 4 5. イヌ 硬 組 織 標 本 作 製 における K-CX 低 温 希 釈 脱 灰 法 7 6.

More information

3. 暴 露 試 験 3-1 暴 露 試 験 方 法 大 気 暴 露 試 験 は JIS Z 2381 大 気 暴 露 試 験 方 法 通 則 に 準 じた 直 接 暴 露 試 験 方 法 暴 露 試 験 片 は 45 度 の 角 度 で 架 台 に 取 り 付 けた ( 写 真 4~5 参 照 )

3. 暴 露 試 験 3-1 暴 露 試 験 方 法 大 気 暴 露 試 験 は JIS Z 2381 大 気 暴 露 試 験 方 法 通 則 に 準 じた 直 接 暴 露 試 験 方 法 暴 露 試 験 片 は 45 度 の 角 度 で 架 台 に 取 り 付 けた ( 写 真 4~5 参 照 ) 溶 融 亜 鉛 めっきの 耐 食 性 に 対 する 火 山 ガスの 影 響 一 般 社 団 法 人 日 本 溶 融 亜 鉛 鍍 金 協 会 技 術 標 準 化 委 員 会 耐 食 性 グループ 1.はじめに 鋼 材 の 腐 食 に 大 きく 影 響 を 与 える 要 因 として 海 塩 粒 子 とともに 硫 化 水 素 ガ ス 亜 硫 酸 ガスが 挙 げられる 日 本 は 火 山 国 であり 全 国

More information

Microsoft Word - 漬物の衛生規範

Microsoft Word - 漬物の衛生規範 漬 物 の 衛 生 規 範 ( 平 成 24 年 10 月 12 日 改 正 ) 第 1 目 的 及 び 趣 旨 本 規 範 は 漬 物 に 係 る 衛 生 上 の 危 害 の 発 生 を 防 止 するため その 原 材 料 の 受 入 れから 製 品 の 販 売 までの 各 工 程 における 取 扱 い 等 の 指 針 を 示 し 漬 物 に 関 する 衛 生 の 確 保 及 び 向 上 を 図

More information

第 1 節 実 験 装 置 設 備 の 確 認 1.1 実 験 装 置 本 実 験 では 業 務 用 ガスコンロ(FUJIMAK 製 ガスローレンジ PGTL6-75A 14kw) 業 務 用 IH クッキングヒーター(FUJIMAK 製 電 磁 ローレンジ FICL5A 5kw) および IH 対

第 1 節 実 験 装 置 設 備 の 確 認 1.1 実 験 装 置 本 実 験 では 業 務 用 ガスコンロ(FUJIMAK 製 ガスローレンジ PGTL6-75A 14kw) 業 務 用 IH クッキングヒーター(FUJIMAK 製 電 磁 ローレンジ FICL5A 5kw) および IH 対 第 二 章 IH 加 熱 時 の 伝 熱 特 性 調 理 は 単 に 食 材 を 加 熱 するだけではなく 食 材 出 来 上 がりのこげ 加 減 など 視 覚 的 に 食 欲 を 促 進 させるためには 加 熱 性 能 も 重 要 な 要 素 になる IH とガス 加 熱 で 調 理 した 場 合 に 味 が 変 わると 言 われているが IH とガス 加 熱 で 直 接 味 に 影 響 す ることは

More information

耐震改修評定委員会での検討事項                 2000,4,13

耐震改修評定委員会での検討事項                 2000,4,13 平 成 24 年 6 月 耐 震 改 修 計 画 評 定 審 査 委 員 会 での 留 意 事 項 耐 震 改 修 計 画 評 定 審 査 委 員 会 の 説 明 用 資 料 の 作 成 にあたり これまでの 審 査 委 員 会 での 指 摘 の 多 い 事 項 について 以 下 の 通 りとりまとめましたので 留 意 願 います 1. 対 象 1-1. 耐 震 診 断 耐 震 改 修 計 画 評

More information

2

2 1 2 3 4 5 種 類 ( 高 品 質 ) 再 生 骨 材 H ( 中 品 質 ) 再 生 骨 材 M ( 低 品 質 ) 再 生 骨 材 L JIS 番 号 名 称 制 定 時 期 JISの 性 格 主 な 用 途 JIS A5021(コンクリート 用 再 生 骨 材 H) 平 成 17 年 3 月 20 日 制 定 解 体 コンクリート 塊 に 対 し 破 砕 磨 砕 等 の 高 度 な 処

More information

<4D F736F F D C835894AD955C8E9197BF81698F4390B394C5816A2E646F63>

<4D F736F F D C835894AD955C8E9197BF81698F4390B394C5816A2E646F63> ドライクリーニング 工 場 に 係 る 調 査 状 況 並 びに 引 火 性 溶 剤 を 用 いるドライクリーニング 工 場 に 係 る 建 築 基 準 法 用 途 規 制 違 反 への 対 応 及 び 同 法 第 48 条 の 規 定 に 基 づく 許 可 の 運 用 に 関 する 技 術 的 助 言 について 平 成 22 年 9 月 10 日 国 土 交 通 省 引 火 性 溶 剤 を 用 いるドライクリーニング

More information

Microsoft Word - 成田市給水装置工事施行基準(H27改定版)(黒)

Microsoft Word - 成田市給水装置工事施行基準(H27改定版)(黒) 第 7 章 維 持 管 理 138 第 7 章 維 持 管 理 7.1 維 持 管 理 給 水 装 置 はお 客 様 ( 需 要 者 )に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 であり 給 水 装 置 の 的 確 な 維 持 管 理 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えるため 水 を 汚 染 し 又 は 漏 水 のない よう 随 時 又 は 定 期 的 に 行 うこと 給

More information

SLR-343 : LED

SLR-343 : LED 特 長 外 観 図 指 向 角 2θ 1/2 : 直 付 け 対 応 Color Type V D Y M P E B WB 外 形 寸 法 図 はんだ 付 け 推 奨 パターン ±0.1 2.0 2.5 or 5.0 Tolerance : 0.2 (unit : mm) (unit : mm) 製 品 仕 様 指 向 角 2θ 1/2( 素 子 タイプ) / : スタンダード 品 名 素 子 材

More information

WACKER HDK の 表 面 状 態 親 水 性 シリカ( 右 図 )は 粒 子 表 面 が 水 酸 基 (Si-OH)で 覆 われているため 親 水 性 を 示 し ます 親 水 性 シリカ 表 面 の 水 酸 基 をメチルシ ラン 等 で 置 換 することにより 疎 水 化 され 疎 水 性

WACKER HDK の 表 面 状 態 親 水 性 シリカ( 右 図 )は 粒 子 表 面 が 水 酸 基 (Si-OH)で 覆 われているため 親 水 性 を 示 し ます 親 水 性 シリカ 表 面 の 水 酸 基 をメチルシ ラン 等 で 置 換 することにより 疎 水 化 され 疎 水 性 WACKER HDK 高 分 散 シリカ 特 徴 WACKER HDK は 日 本 で 3 年 以 上 の 実 績 があり 塗 料 インキ 不 飽 和 ポリエ ステル ゲルコート 接 着 剤 シーリング 剤 等 の 幅 広 い 用 途 で 使 用 されております WACKER HDK は 乾 式 製 法 の 微 粉 末 シリカで 表 面 処 理 をしていない 親 水 性 シ リカと アルキルシラン

More information

想 像 思 行 ず 消 毒 擦 む 薄 血 混 じ 滲 み ぶ 痂 ぶ 取 下 薄 来 経 験 沢 山 お 思 健 常 人 間 元 々 備 能 力 中 具 的 何 起 ょ 簡 単 説 明 ず 人 間 負 部 リ ン パ 球 血 小 板 マ ク ロ フ ァ ジ 悪 食 べ 集 死 溶 食 べ 清 浄

想 像 思 行 ず 消 毒 擦 む 薄 血 混 じ 滲 み ぶ 痂 ぶ 取 下 薄 来 経 験 沢 山 お 思 健 常 人 間 元 々 備 能 力 中 具 的 何 起 ょ 簡 単 説 明 ず 人 間 負 部 リ ン パ 球 血 小 板 マ ク ロ フ ァ ジ 悪 食 べ 集 死 溶 食 べ 清 浄 想 像 思 行 ず 消 毒 擦 む 薄 血 混 じ 滲 み ぶ 痂 ぶ 取 下 薄 来 経 験 沢 山 お 思 健 常 人 間 元 々 備 能 力 中 具 的 何 起 ょ 簡 単 説 明 ず 人 間 負 部 リ ン パ 球 血 小 板 マ ク ロ フ ァ ジ 悪 食 べ 集 死 溶 食 べ 清 浄 一 肉 作 線 維 芽 作 表 活 発 肉 芽 コ ラ ゲ ン 線 維 呼 増 殖 埋 縮 併 進 先

More information

< A90EC817A95DB91538BA689EF835A837E B >

< A90EC817A95DB91538BA689EF835A837E B > 道 路 橋 床 板 の 長 寿 命 化 対 策 に 関 わる 技 術 講 習 会 第 4 部 アクリルゴム 系 表 面 被 覆 材 による コンクリート 構 造 物 の 劣 化 剥 離 防 止 工 法 平 成 27 年 5 月 8 日 ( 金 ) 名 古 屋 国 際 センター 東 亞 合 成 株 式 会 社 博 士 ( 工 学 ) 谷 川 伸 1 講 演 内 容 1. 鉄 筋 コンクリート 構 造

More information

Taro-稲作生産情報第1号

Taro-稲作生産情報第1号 稲 作 生 産 情 報 第 1 号 平 成 28 年 3 月 7 日 青 森 県 攻 めの 農 林 水 産 業 推 進 本 部 高 品 質 で 良 食 味 な 米 づくりに 向 け 健 康 な 土 づくりと 健 苗 育 成 に 努 めよう! 適 期 田 植 えに 向 け 苗 づくりの 準 備 を 計 画 的 に 行 おう! 1 育 苗 計 画 適 正 な 育 苗 日 数 ( 中 苗 :30 日 ~35

More information

アルゴンガス 整 理 番 号 05Ar 2009 年 12 月 15 日 1/6 化 学 物 質 等 安 全 データシート 1. 化 学 物 質 等 及 び 会 社 情 報 化 学 物 質 等 の 名 称 : アルゴンガス 化 学 名 : アルゴン(Argon) 会 社 名 : 鈴 商 総 合 ガス

アルゴンガス 整 理 番 号 05Ar 2009 年 12 月 15 日 1/6 化 学 物 質 等 安 全 データシート 1. 化 学 物 質 等 及 び 会 社 情 報 化 学 物 質 等 の 名 称 : アルゴンガス 化 学 名 : アルゴン(Argon) 会 社 名 : 鈴 商 総 合 ガス 化 学 物 質 等 安 全 データシート 整 理 番 号 05 Ar 作 成 平 成 5 年 3 月 31 日 改 訂 平 成 11 年 10 月 1 日 改 訂 平 成 21 年 12 月 15 日 [ 連 絡 先 ] 製 品 名 アルゴンガス アルゴンガス 整 理 番 号 05Ar 2009 年 12 月 15 日 1/6 化 学 物 質 等 安 全 データシート 1. 化 学 物 質 等 及

More information

セメント 系 材 料 の 水 和 反 応 に 依 存 する 体 積 変 化 に 関 する 研 究 (Study on volume change of cementitious materials under hydration process) 寺 本 篤 史 (TERAMOTO, Atsushi) 名 古 屋 大 学 大 学 院 環 境 学 研 究 科 博 士 ( 工 学 ) 212 年 第

More information

高松市水道局工事写真撮影要綱

高松市水道局工事写真撮影要綱 事 写 真 管 理 および 撮 影 基 準 ( 案 ) [ 高 松 市 上 下 水 道 局 ] ( 本 仕 様 書 は, 上 水 道 事 に 適 用 する) 第 1 回 平 成 20 年 4 月 1 日 発 行 第 2 回 平 成 22 年 6 月 1 日 改 訂 第 3 回 平 成 23 年 5 月 1 日 部 分 改 訂 目 次 1. 事 写 真 管 理 および 撮 影 基 準... 3 1-1.

More information

アスファルトモルタルのG*/sinδ (kpa) アスファルトモルタルのS 値 (MPa) 2.アスファルトモルタルによるポーラスアスファルト 舗 装 発 生 材 の 品 質 評 価 方 法 の 検 討 2.1 アスファルトモルタル 評 価 の 適 用 性 2.1.1 検 討 の 概 要 アスファル

アスファルトモルタルのG*/sinδ (kpa) アスファルトモルタルのS 値 (MPa) 2.アスファルトモルタルによるポーラスアスファルト 舗 装 発 生 材 の 品 質 評 価 方 法 の 検 討 2.1 アスファルトモルタル 評 価 の 適 用 性 2.1.1 検 討 の 概 要 アスファル 劣 化 アスファルト 舗 装 の 再 生 利 用 に 関 する 研 究 (2) 研 究 予 算 : 運 営 交 付 金 研 究 期 間 : 平 18~ 平 21 担 当 チーム: 材 料 地 盤 研 究 グループ( 新 材 料 ) 研 究 担 当 者 : 西 崎 到 新 田 弘 之 佐 々 木 厳 要 旨 近 年 繰 り 返 し 再 生 されたアスファルトやポリマーを 含 むアスファルトの 増 加

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E968BC690AC89CA95F18D9089EF816948508CF68A4A9770816A207070745B93C782DD8EE682E890EA97705D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E968BC690AC89CA95F18D9089EF816948508CF68A4A9770816A207070745B93C782DD8EE682E890EA97705D> 5. 石 炭 利 用 技 術 振 興 費 補 助 金 石 炭 灰 有 効 利 用 促 進 調 査 事 業 平 成 23 年 度 JCOAL 事 業 成 果 報 告 会 日 時 : 平 成 24 年 7 月 26 日 場 所 :JCOAL 大 会 議 室 石 炭 灰 有 効 利 用 促 進 調 査 事 業 と 体 制 H23 年 度 石 炭 灰 有 効 利 用 促 進 調 査 事 業 石 炭 灰 基

More information

スライド 1

スライド 1 電 気 用 品 に 起 因 した 製 品 事 故 & 原 因 解 析 事 例 の 紹 介 電 気 用 品 安 全 法 セミナー 資 料 ( 平 成 26 年 11 月 14 日 : 広 島 市 ) ( 独 ) 製 品 評 価 技 術 基 盤 機 構 中 国 支 所 ウォーターサーバーからの 出 火 事 例 ー1 事 故 発 生 は2011 年 11 月 使 用 期 間 は 約 3 年 出 火 箇 所

More information

短 工 期 で 耐 久 性 の 高 い はく 落 防 止 工 法 短 工 期 高 耐 久 性 用 途 はく 落 防 止 防 蝕 防 水 防 錆 耐 磨 耗 耐 衝 撃 強 靭 な 材 料 性 能 ( 耐 衝 撃 落 下 試 験 ) 特 長 速 乾 性 耐 久 性 に 優 れたポリウレア 樹 脂 を

短 工 期 で 耐 久 性 の 高 い はく 落 防 止 工 法 短 工 期 高 耐 久 性 用 途 はく 落 防 止 防 蝕 防 水 防 錆 耐 磨 耗 耐 衝 撃 強 靭 な 材 料 性 能 ( 耐 衝 撃 落 下 試 験 ) 特 長 速 乾 性 耐 久 性 に 優 れたポリウレア 樹 脂 を 短 工 期 で 耐 久 性 の 高 い はく 落 防 止 工 法 短 工 期 高 耐 久 性 用 途 はく 落 防 止 防 蝕 防 水 防 錆 耐 磨 耗 耐 衝 撃 強 靭 な 材 料 性 能 ( 耐 衝 撃 落 下 試 験 ) 特 長 速 乾 性 耐 久 性 に 優 れたポリウレア 樹 脂 を 使 用 吹 付 け 施 工 のため 複 雑 な 形 状 にも 対 応 できる 足 場 仮 設 道 路

More information

目 次 1 計 画 導 入 に 至 る 背 景 1 (1) 県 人 口 の 動 向 1 (2) 財 政 状 況 3 (3) 職 員 数 の 推 移 3 (4) 普 通 建 事 業 費 維 持 修 繕 費 の 推 移 4 2 県 有 施 の 現 状 と 課 題 5 (1) 県 有 施 の 現 状 5

目 次 1 計 画 導 入 に 至 る 背 景 1 (1) 県 人 口 の 動 向 1 (2) 財 政 状 況 3 (3) 職 員 数 の 推 移 3 (4) 普 通 建 事 業 費 維 持 修 繕 費 の 推 移 4 2 県 有 施 の 現 状 と 課 題 5 (1) 県 有 施 の 現 状 5 県 有 施 の 中 長 期 修 繕 計 画 ~ 中 長 期 修 繕 経 費 の 推 計 ~ 県 有 資 産 マネジメント 検 討 委 員 会 1 目 次 1 計 画 導 入 に 至 る 背 景 1 (1) 県 人 口 の 動 向 1 (2) 財 政 状 況 3 (3) 職 員 数 の 推 移 3 (4) 普 通 建 事 業 費 維 持 修 繕 費 の 推 移 4 2 県 有 施 の 現 状 と 課

More information