Microsoft Word - Wordで楽に数式を作る.docx

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - Wordで楽に数式を作る.docx"

Transcription

1 Ver /1/11 門 馬 英 一 郎 Word 1

2 する必要がある Alt+=の後に Ctrl+i とセットで覚えておく 1.4. 変換が出来ない場合 ごく稀に以下で説明する変換機能が無効になる場合がある その際は Word を再起動するとまた使えるようになる 1.5. 独立数式と文中数式 数式のスタイルは独立数式 文中数式(2 次元)と文中数式(線形)の 3 種類があ り 数式モードの右端の矢印を選ぶとメニューが出てくる 𝑎+𝑏 𝑎+𝑏 = = 𝑎 𝑏 𝑛 𝑎 𝑏 独立数式 𝑘 (文中数式(二次元)) (𝑎 + 𝑏)^𝑛 = _(𝑘 = 0)^𝑛 (𝑛 𝑘) 𝑎^𝑘 𝑏^(𝑛 𝑘) (文中数式(線形)) 独立数式は見栄えが良いが行間が大きく開いてしまうので文中に挿入できな い仕様になっている その為 数式のある行中に文字 スペース 数式番号が 存在する場合は自動的に文中数式に変換される 文中数式(二次元)は 𝐴 の ように極力行間を変えない表記だが複雑な場合には上記のように 2 行に跨る 文中数式(線形)は 一旦変換した式を編集したい場合に用いる 分数に限れば 𝑎/(𝑎 + 𝑏)のように便利ではあるが 上記のような複雑な式の場合 レポート等 には使用しない 独立数式に数式番号を付けたい場合には 2 列の透明な表(例では線を残してい る)を作り各々に独立数式と数式番号を収める方法と 𝑎+𝑏 = 𝑛 𝑎 𝑏 𝑘 (数式 1) 数式内に番号を入れる方法がある 𝑎+𝑏 = 𝑛 𝑎 𝑏 1 𝑘 1.6. ギリシャ文字 " +読み方"の書式で入力できる 先頭の文字を大文字にすると大文字へ変換 される (Word:mac 2011 だとリボン上の該当文字にカーソルを合わせると入 力方法が表示されるが Word2007 だと読み方しか表示されない) gamma 𝛾 Gamma 𝛤 2

3 ξ Ξ >= +- ± << -+ >> :: ~= := -> <= a a a a a x dx a a 3

4 int _0^10 x dd x " 𝑥 𝑑𝑥 (行中数式) " 𝑥 𝑑𝑥 独立数式 (a+b)^n = sum_(k=0)^n (n atop k) a^k b^(n-k) 𝑎+𝑏 = 𝑛 𝑎 𝑏 𝑘 nabla times (Ctrl-b)E(Ctrl-b)+ partial (Ctrl-b)B(Ctrl-b)/ partial t =0 𝑬 + 𝑩 =0 𝑡 2.3. グルー(のり)の概念 前項の sum の後に薄いブルーの が表われた これが glue (のり)の概念 で そこに入力した内容は とペアとして扱われる その為 例えば 𝐴 + 𝑏の ように続けて入力をした場合 𝐴 + 𝑏までがのり付けされてしまう この glue を断ち切るにはカーソルキーで薄いブルーが消えるまで移動し その後に+𝑏を 入力する 誤: sum A_n +b 𝐴 + 𝑏 正: sum A_n 右カーソル +b 𝐴 + 𝑏 グルーを伴う記号は下記の通り 入力 表示 入力 表示 amalg aoing bigcap bigcup bigodot bigoplus bigotimes bigsqcup biguplus bigvee bigwedge coint iiiint iiint iint int oiiint oiint oint prod sum 4

5 sinx sin x sin(x + ωt) sin x + cos x sin cos x sin x + cos x x + cos x + b a + a "# ℵ α β ℶ 5

6 χ ℸ Δ δ ll ε η Γ γ ℷ ħ I ı ι ȷ κ Λ λ μ ν Ω ω 6

7 Φ φ Π π Ψ ψ : R ρ Σ σ τ Θ Υ υ ε φ π ρ ς θ Ξ ξ ζ 7

8 a a + b a + b a + b a + b a + b a + b 8

9 a + b a + b a + b a + b times x + + x x + y + z ) a c b d a b c d e f g h i 9

10 10x + 3y = 2 3x + 13y = 4 10x + 3y = 2 3x + 13y = 4 10x + 3y = 2 3x + 13y = 4 { } [ ] 10

11 a + b のように 複 数 の 文 字 に 跨 る 場 合 は 括 弧 で 括 る 記 号 の 変 換 と 前 式 への 反 映 の 為 にスペースを 2 回 打 つ a a a a a a a a a a a + b a + b E = mc # 30 11

第86回日本感染症学会総会学術集会後抄録(II)

第86回日本感染症学会総会学術集会後抄録(II) χ μ μ μ μ β β μ μ μ μ β μ μ μ β β β α β β β λ Ι β μ μ β Δ Δ Δ Δ Δ μ μ α φ φ φ α γ φ φ γ φ φ γ γδ φ γδ γ φ φ φ φ φ φ φ φ φ φ φ φ φ α γ γ γ α α α α α γ γ γ γ γ γ γ α γ α γ γ μ μ κ κ α α α β α

More information

第 1 章 書 類 の 作 成 倍 角 文 字 SGML 系 書 類 のみ 使 用 できます 文 字 修 飾 改 行 XML 系 書 類 では 文 字 修 飾 ( 半 角 / 下 線 / 上 付 / 下 付 )と 改 行 が 使 用 できます SGML 系 書 類 では 文 字 修 飾 ( 半 角

第 1 章 書 類 の 作 成 倍 角 文 字 SGML 系 書 類 のみ 使 用 できます 文 字 修 飾 改 行 XML 系 書 類 では 文 字 修 飾 ( 半 角 / 下 線 / 上 付 / 下 付 )と 改 行 が 使 用 できます SGML 系 書 類 では 文 字 修 飾 ( 半 角 1.2 HTML 文 書 の 作 成 基 準 1.2.2 手 続 書 類 で 使 用 できる 文 字 全 角 文 字 手 続 書 類 で 使 用 できる 文 字 種 類 文 字 修 飾 について 説 明 します 参 考 JIS コードについては 付 録 J JIS-X0208-1997 コード 表 をご 覧 ください XML 系 SGML 系 共 通 JIS-X0208-1997 情 報 交 換 用

More information

24.15章.微分方程式

24.15章.微分方程式 m d y dt = F m d y = mg dt V y = dy dt d y dt = d dy dt dt = dv y dt dv y dt = g dv y dt = g dt dt dv y = g dt V y ( t) = gt + C V y ( ) = V y ( ) = C = V y t ( ) = gt V y ( t) = dy dt = gt dy = g t dt

More information

0.,,., m Euclid m m. 2.., M., M R 2 ψ. ψ,, R 2 M.,, (x 1 (),, x m ()) R m. 2 M, R f. M (x 1,, x m ), f (x 1,, x m ) f(x 1,, x m ). f ( ). x i : M R.,,

0.,,., m Euclid m m. 2.., M., M R 2 ψ. ψ,, R 2 M.,, (x 1 (),, x m ()) R m. 2 M, R f. M (x 1,, x m ), f (x 1,, x m ) f(x 1,, x m ). f ( ). x i : M R.,, 2012 10 13 1,,,.,,.,.,,. 2?.,,. 1,, 1. (θ, φ), θ, φ (0, π),, (0, 2π). 1 0.,,., m Euclid m m. 2.., M., M R 2 ψ. ψ,, R 2 M.,, (x 1 (),, x m ()) R m. 2 M, R f. M (x 1,, x m ), f (x 1,, x m ) f(x 1,, x m ).

More information

一般演題(ポスター)

一般演題(ポスター) 6 5 13 : 00 14 : 00 A μ 13 : 00 14 : 00 A β β β 13 : 00 14 : 00 A 13 : 00 14 : 00 A 13 : 00 14 : 00 A β 13 : 00 14 : 00 A β 13 : 00 14 : 00 A 13 : 00 14 : 00 A β 13 : 00 14 : 00 A 13 : 00 14 : 00 A

More information

467 468 469 470 471 472 473 474 475 476 477 478 479 480 481 482 483 484 485 486 487 488 489 490 B =(1+R ) B +G τ C C G τ R B C = a R +a W W ρ W =(1+R ) B +(1+R +δ ) (1 ρ) L B L δ B = λ B + μ (W C λ B )

More information

日本糖尿病学会誌第58巻第1号

日本糖尿病学会誌第58巻第1号 α β β β β β β α α β α β α l l α l μ l β l α β β Wfs1 β β l l l l μ l l μ μ l μ l Δ l μ μ l μ l l ll l l l l l l l l μ l l l l μ μ l l l l μ l l l l l l l l l l μ l l l μ l μ l l l l l l l l l μ l l l l

More information

受賞講演要旨2012cs3

受賞講演要旨2012cs3 アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート α β α α α α α

More information

第88回日本感染症学会学術講演会後抄録(III)

第88回日本感染症学会学術講演会後抄録(III) !!!! β! !!μ μ!!μ μ!!μ! !!!! α!!! γδ Φ Φ Φ Φ! Φ Φ Φ Φ Φ! α!! ! α β α α β α α α α α α α α β α α β! β β μ!!!! !!μ !μ!μ!!μ!!!!! !!!!!!!!!! !!!!!!μ! !!μ!!!μ!!!!!! γ γ γ γ γ γ! !!!!!! β!!!! β !!!!!! β! !!!!μ!!!!!!

More information

日本糖尿病学会誌第58巻第2号

日本糖尿病学会誌第58巻第2号 β γ Δ Δ β β β l l l l μ l l μ l l l l α l l l ω l Δ l l Δ Δ l l l l l l l l l l l l l l α α α α l l l l l l l l l l l μ l l μ l μ l l μ l l μ l l l μ l l l l l l l μ l β l l μ l l l l α l l μ l l

More information

第85 回日本感染症学会総会学術集会後抄録(III)

第85 回日本感染症学会総会学術集会後抄録(III) β β α α α µ µ µ µ α α α α γ αβ α γ α α γ α γ µ µ β β β β β β β β β µ β α µ µ µ β β µ µ µ µ µ µ γ γ γ γ γ γ µ α β γ β β µ µ µ µ µ β β µ β β µ α β β µ µµ β µ µ µ µ µ µ λ µ µ β µ µ µ µ µ µ µ µ

More information

7 9 7..................................... 9 7................................ 3 7.3...................................... 3 A A. ω ν = ω/π E = hω. E

7 9 7..................................... 9 7................................ 3 7.3...................................... 3 A A. ω ν = ω/π E = hω. E B 8.9.4, : : MIT I,II A.P. E.F.,, 993 I,,, 999, 7 I,II, 95 A A........................... A........................... 3.3 A.............................. 4.4....................................... 5 6..............................

More information

診療ガイドライン外来編2014(A4)/FUJGG2014‐01(大扉)

診療ガイドライン外来編2014(A4)/FUJGG2014‐01(大扉) !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

More information

チュートリアル:ノンパラメトリックベイズ

チュートリアル:ノンパラメトリックベイズ { x,x, L, xn} 2 p( θ, θ, θ, θ, θ, } { 2 3 4 5 θ6 p( p( { x,x, L, N} 2 x { θ, θ2, θ3, θ4, θ5, θ6} K n p( θ θ n N n θ x N + { x,x, L, N} 2 x { θ, θ2, θ3, θ4, θ5, θ6} log p( 6 n logθ F 6 log p( + λ θ F θ

More information

330

330 330 331 332 333 334 t t P 335 t R t t i R +(P P ) P =i t P = R + P 1+i t 336 uc R=uc P 337 338 339 340 341 342 343 π π β τ τ (1+π ) (1 βτ )(1 τ ) (1+π ) (1 βτ ) (1 τ ) (1+π ) (1 τ ) (1 τ ) 344 (1 βτ )(1

More information

一般演題 ポスター

一般演題 ポスター φ! " !!!!!!!!! ! !!!μ!! " α" !!!!!!!!!! "!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! " " " "!! " "! "!! "! "!! "!! "! "! " " "! "! " "!!!!!!!!!!!!!!!! " " " " " " " " " " " !! "!!!!!!! "! " " " "!!!!! χ " !!!!!! " " " " !!!!

More information

662/04-直立.indd

662/04-直立.indd l l q= / D s HTqq /L T L T l l ε s ε = D + s 3 K = αγk R 4 3 K αγk + ( α + β ) K 4 = 0 γ L L + K R K αβγ () ㅧ ర ㅧ ర (4) (5) ()ᑼ (6) (8) (9) (0) () () (3) (3) (7) Ƚˎȁ Ȇ ၑა FYDFM වႁ ޙ 䊶䊶 䊶 䊶䊶 䊶 Ƚˏȁζ υ ίυέρθ

More information

日本糖尿病学会誌第58巻第3号

日本糖尿病学会誌第58巻第3号 l l μ l l l l l μ l l l l μ l l l l μ l l l l l l l l l l l l l μ l l l l μ Δ l l l μ Δ μ l l l l μ l l μ l l l l l l l l μ l l l l l μ l l l l l l l l μ l μ l l l l l l l l l l l l μ l l l l β l l l μ

More information

3 - { } / f ( ) e nπ + f( ) = Cne n= nπ / Eucld r e (= N) j = j e e = δj, δj = 0 j r e ( =, < N) r r r { } ε ε = r r r = Ce = r r r e ε = = C = r C r e + CC e j e j e = = ε = r ( r e ) + r e C C 0 r e =

More information

第89回日本感染症学会学術講演会後抄録(I)

第89回日本感染症学会学術講演会後抄録(I) ! ! ! β !!!!!!!!!!! !!! !!! μ! μ! !!! β! β !! β! β β μ! μ! μ! μ! β β β β β β μ! μ! μ!! β ! β ! ! β β ! !! ! !!! ! ! ! β! !!!!! !! !!!!!!!!! μ! β !!!! β β! !!!!!!!!! !! β β β β β β β β !!

More information

5 36 5................................................... 36 5................................................... 36 5.3..............................

5 36 5................................................... 36 5................................................... 36 5.3.............................. 9 8 3............................................. 3.......................................... 4.3............................................ 4 5 3 6 3..................................................

More information

213-229woks.indd

213-229woks.indd グラフの挿入 グラフや表は Excel を使って簡単に作 れます Word で作ったレポートに Excel で作 成したグラフを挿入し 分かりやすいレ ポートにしましょう まず Excel ファイルを開きグラフ内 で右クリックし [ コピー ] を選択します 次 に Word を 開 き [ 編 集 (E)] [ 形 式を選択して貼り付け (S)] をクリックし ます 図や表の番号 レポートや報告書などを作成する場合

More information

ポケモンフォントのグリフ一覧

ポケモンフォントのグリフ一覧 ポケモンフォント Version 2.0 のグリフ 覧 (Unicode 順 ) は Version 1.0 と Version 2.0 とで 字 形 が 異 なるもの * は Version 2.0 で 新 たに 追 加 したもの * は Version 1.0 では Regular 版 のみに 収 録 していたが 新 たに Strict 版 にもグリフを 追 加 したもの コードポイント 字 Regular

More information

日本糖尿病学会誌第58巻第7号

日本糖尿病学会誌第58巻第7号 l l l l β μ l l l l l l α l l l l l l l μ l l l α l l l l l μ l l l l l l l l l l l l l μ l l l l l β l μ l μ l μ l μ l l l l l μ l l l μ l l μ l l l α α l μ l l μ l α l μ l α l l l μ l l l μ l l μ l

More information

プリント

プリント l l l l ll l l l l l l l l l l l 𩸽 l l l l l ll l l l l l l l l l ll l l l l l l l l ll ll l l l l l l ll ll ll l

More information

E B m e ( ) γma = F = e E + v B a m = 0.5MeV γ = E e m =957 E e GeV v β = v SPring-8 γ β γ E e [GeV] [ ] NewSUBARU.0 957 0.999999869 SPring-8 8.0 5656

E B m e ( ) γma = F = e E + v B a m = 0.5MeV γ = E e m =957 E e GeV v β = v SPring-8 γ β γ E e [GeV] [ ] NewSUBARU.0 957 0.999999869 SPring-8 8.0 5656 SPring-8 PF( ) ( ) UVSOR( HiSOR( SPring-8.. 3. 4. 5. 6. 7. E B m e ( ) γma = F = e E + v B a m = 0.5MeV γ = E e m =957 E e GeV v β = v SPring-8 γ β γ E e [GeV] [ ] NewSUBARU.0 957 0.999999869 SPring-8

More information

4

4 4 5 6 7 + 8 = ++ 9 + + + + ++ 10 + + 11 12 WS LC VA L WS = LC VA = LC L L VA = LC L VA L 13 i LC VA WS WS = LC = VA LC VA VA = VA α WS α = VA VA i WS = LC VA i t t+1 14 WS = α WS + WS α WS = WS WS WS =

More information

http://www2.math.kyushu-u.ac.jp/~hara/lectures/lectures-j.html 2 N(ε 1 ) N(ε 2 ) ε 1 ε 2 α ε ε 2 1 n N(ɛ) N ɛ ɛ- (1.1.3) n > N(ɛ) a n α < ɛ n N(ɛ) a n

http://www2.math.kyushu-u.ac.jp/~hara/lectures/lectures-j.html 2 N(ε 1 ) N(ε 2 ) ε 1 ε 2 α ε ε 2 1 n N(ɛ) N ɛ ɛ- (1.1.3) n > N(ɛ) a n α < ɛ n N(ɛ) a n http://www2.math.kyushu-u.ac.jp/~hara/lectures/lectures-j.html 1 1 1.1 ɛ-n 1 ɛ-n lim n a n = α n a n α 2 lim a n = 1 n a k n n k=1 1.1.7 ɛ-n 1.1.1 a n α a n n α lim n a n = α ɛ N(ɛ) n > N(ɛ) a n α < ɛ

More information

note01

note01 γ 5 J, M α J, M α = c JM JM J, M c JM e ipr p / M p = 0 M J(J + 1) / Λ p / M J(J + 1) / Λ ~ 1 / m π m π ~ 138 MeV J P,I = 0,1 π 1, π, π 3 ( ) ( π +, π 0, π ) ( ), π 0 = π 3 π ± = m 1 π1 ± iπ ( ) π ±,

More information

1 1 1 1 1 1 2 f z 2 C 1, C 2 f 2 C 1, C 2 f(c 2 ) C 2 f(c 1 ) z C 1 f f(z) xy uv ( u v ) = ( a b c d ) ( x y ) + ( p q ) (p + b, q + d) 1 (p + a, q + c) 1 (p, q) 1 1 (b, d) (a, c) 2 3 2 3 a = d, c = b

More information

Microsoft Word - Word.docx

Microsoft Word - Word.docx 愛 知 県 高 等 学 校 数 学 研 究 会 数 学 科 教 育 情 報 委 員 会 Word 2007 による 数 式 入 力 マニュアル (H20.10.31 版 ) はじめに P.01 基 本 操 作 入 力 形 式 の 相 互 変 換 P.02 文 中 の 数 式 のサイズについて P.03 数 式 の 位 置 調 整 P.04 数 学 記 号 の 入 力 P.08 記 号 の 追 加 登

More information

ron04-02/ky768450316800035946

ron04-02/ky768450316800035946 β α β α β β β α α α Bugula neritina α β β β γ γ γ γ β β γ β β β β γ β β β β β β β β! ! β β β β μ β μ β β β! β β β β β μ! μ! μ! β β α!! β γ β β β β!! β β β β β β! β! β β β!! β β β β β β β β β β β β!

More information

1 1 ( ) ( 1.1 1.1.1 60% mm 100 100 60 60% 1.1.2 A B A B A 1

1 1 ( ) ( 1.1 1.1.1 60% mm 100 100 60 60% 1.1.2 A B A B A 1 1 21 10 5 1 E-mail: qliu@res.otaru-uc.ac.jp 1 1 ( ) ( 1.1 1.1.1 60% mm 100 100 60 60% 1.1.2 A B A B A 1 B 1.1.3 boy W ID 1 2 3 DI DII DIII OL OL 1.1.4 2 1.1.5 1.1.6 1.1.7 1.1.8 1.2 1.2.1 1. 2. 3 1.2.2

More information

ATTENTION TO GOLF CLUB LAUNCHER DST DRIVER 04 05 LAUNCHER DST TOUR DRIVER LAUNCHER DST DRIVER LAUNCHER DST TOUR DRIVER LAUNCHER DST DRIVER LAUNCHER DST TOUR DRIVER 06 07 LAUNCHER DST FAIRWAY WOOD LAUNCHER

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 第 回 の 演 習 問 題 1. シリコン Si は 原 子 番 号 14の 原 子 である シリコンの 原 子 軌 道 を 記 せ. 近 似 的 波 動 関 数 ψ を 用 いて 見 積 もった 基 底 状 態 エネルギー E r * ψ Hψdr r dr = * ψψ と 厳 密 な 基 底 状 態 エネルギー E 0 を 比 べるとき 常 に E E 0 となることを 証 明 せよ. 3.

More information

ボールねじ

ボールねじ A A 506J A15-6 A15-8 A15-8 A15-11 A15-11 A15-14 A15-19 A15-20 A15-24 A15-24 A15-26 A15-27 A15-28 A15-30 A15-32 A15-35 A15-35 A15-38 A15-38 A15-39 A15-40 A15-43 A15-43 A15-47 A15-47 A15-47 A15-47 A15-49

More information

168 13 Maxwell ( H ds = C S rot H = j + D j + D ) ds (13.5) (13.6) Maxwell Ampère-Maxwell (3) Gauss S B 0 B ds = 0 (13.7) S div B = 0 (13.8) (4) Farad

168 13 Maxwell ( H ds = C S rot H = j + D j + D ) ds (13.5) (13.6) Maxwell Ampère-Maxwell (3) Gauss S B 0 B ds = 0 (13.7) S div B = 0 (13.8) (4) Farad 13 Maxwell Maxwell Ampère Maxwell 13.1 Maxwell Maxwell E D H B ε 0 µ 0 (1) Gauss D = ε 0 E (13.1) B = µ 0 H. (13.2) S D = εe S S D ds = ρ(r)dr (13.3) S V div D = ρ (13.4) ρ S V Coulomb (2) Ampère C H =

More information

untitled

untitled 10 log 10 W W 10 L W = 10 log 10 W 10 12 10 log 10 I I 0 I 0 =10 12 I = P2 ρc = ρcv2 L p = 10 log 10 p 2 p 0 2 = 20 log 10 p p = 20 log p 10 0 2 10 5 L 3 = 10 log 10 10 L 1 /10 +10 L 2 ( /10 ) L 1 =10

More information

untitled

untitled Y = Y () x i c C = i + c = ( x ) x π (x) π ( x ) = Y ( ){1 + ( x )}( 1 x ) Y ( )(1 + C ) ( 1 x) x π ( x) = 0 = ( x ) R R R R Y = (Y ) CS () CS ( ) = Y ( ) 0 ( Y ) dy Y ( ) A() * S( π ), S( CS) S( π ) =

More information

untitled

untitled 1 1 1. 2. 3. 2 2 1 (5/6) 4 =0.517... 5/6 (5/6) 4 1 (5/6) 4 1 (35/36) 24 =0.491... 0.5 2.7 3 1 n =rand() 0 1 = rand() () rand 6 0,1,2,3,4,5 1 1 6 6 *6 int() integer 1 6 = int(rand()*6)+1 1 4 3 500 260 52%

More information

dvipsj.4131.dvi

dvipsj.4131.dvi 7 1 7 : 7.1 3.5 (b) 7 2 7.1 7.2 7.3 7 3 7.2 7.4 7 4 x M = Pw (7.3) ρ M (EI : ) M = EI ρ = w EId2 (7.4) dx 2 ( (7.3) (7.4) ) EI d2 w + Pw =0 (7.5) dx2 P/EI = α 2 (7.5) w = A sin αx + B cos αx 7.5 7.6 :

More information

A9R799F.tmp

A9R799F.tmp !!!!! !!! " !!! ! "!!" " " ! ! " "!! "! " "!! !! !!! !!! ! !!!!! α ! "α!! "!! ! "α!! !! " " ! "! β ! ! "β " "! " " ! α λ !!!! ! """ ""! ! "!β"!!" ! ! "" ""! "!! !!!! ! " !! ! ! !"! "!! " ! ! α"!

More information

中綴じ2級.ren

中綴じ2級.ren 98 2 筆記問題 機械 機械操作 検定問題 1 2 に出題される内容 分野 用 語 般 解 説 な は ルビ 漢字などに付けるふりがなのこと 文字ピッチ 1行の中で 左右に隣り合う文字間の距離のこ と その長さは文字の中心を基準としている 行ピッチ 一 青字部分を特に注意して覚えよう 例 那覇 上下に隣接する行間の距離のこと その長さは 文字の中心を基準としている 文字ピッチ も じ 文 字 行

More information

A. Fresnel) 19 1900 (M. Planck) 1905 (A. Einstein) X (A. Ampère) (M. Faraday) 1864 (C. Maxwell) 1871 (H. R. Hertz) 1888 2.2 1 7 (G. Galilei) 1638 2

A. Fresnel) 19 1900 (M. Planck) 1905 (A. Einstein) X (A. Ampère) (M. Faraday) 1864 (C. Maxwell) 1871 (H. R. Hertz) 1888 2.2 1 7 (G. Galilei) 1638 2 1 2012.8 e-mail: tatekawa (at) akane.waseda.jp 1 2005-2006 2 2009 1-2 3 x t x t 2 2.1 17 (I. Newton) C. Huygens) 19 (T. Young) 1 A. Fresnel) 19 1900 (M. Planck) 1905 (A. Einstein) X (A. Ampère) (M. Faraday)

More information

木オートマトン•トランスデューサによる 自然言語処理

木オートマトン•トランスデューサによる   自然言語処理 木オートマトン トランスデューサによる 自然言語処理 林 克彦 NTTコミュニケーション科学基礎研究所 hayashi.katsuhiko@lab.ntt.co.jp n I T 1 T 2 I T 1 Pro j(i T 1 T 2 ) (Σ,rk) Σ rk : Σ N {0} nσ (n) rk(σ) = n σ Σ n Σ (n) Σ (n)(σ,rk)σ Σ T Σ (A) A

More information

目 次 押印ツールによる電子印鑑の押印 Word 編 1 枠内に押印する 3 2 社名の上に重ねて 角印 を押印する 5 3 クリップボード経由で押印する 9 4 印影の角度を変える 13 押印ツールによる電子印鑑の押印 Excel 編 1 ドラッグ & ドロップで押印する 14 2 クリップボード

目 次 押印ツールによる電子印鑑の押印 Word 編 1 枠内に押印する 3 2 社名の上に重ねて 角印 を押印する 5 3 クリップボード経由で押印する 9 4 印影の角度を変える 13 押印ツールによる電子印鑑の押印 Excel 編 1 ドラッグ & ドロップで押印する 14 2 クリップボード We 電子印操作マニュアル Microsoft Word/Excel で 押印! Copyright (C) SUNSALE Inc. All rights reserved. 1 目 次 押印ツールによる電子印鑑の押印 Word 編 1 枠内に押印する 3 2 社名の上に重ねて 角印 を押印する 5 3 クリップボード経由で押印する 9 4 印影の角度を変える 13 押印ツールによる電子印鑑の押印

More information

6 6. 構 造 を 持 つ 合 祖 過 程 6. 地 理 的 構 造 を 持 つ 集 団 における 遺 伝 子 系 図 生 物 集 団 は 全 集 団 が 一 つの 任 意 交 配 集 団 と 見 なされることは 稀 であり 地 理 的 な 隔 た りが 交 配 のチャンスについて 制 限 を 与 え その 生 物 種 の 遺 伝 的 多 様 性 や 進 化 に 大 きな 影 響 を 与 える 遺 伝

More information

204 / CHEMISTRY & CHEMICAL INDUSTRY Vol.69-1 January 2016 047

204 / CHEMISTRY & CHEMICAL INDUSTRY Vol.69-1 January 2016 047 9 π 046 Vol.69-1 January 2016 204 / CHEMISTRY & CHEMICAL INDUSTRY Vol.69-1 January 2016 047 β γ α / α / 048 Vol.69-1 January 2016 π π π / CHEMISTRY & CHEMICAL INDUSTRY Vol.69-1 January 2016 049 β 050 Vol.69-1

More information

平成18年度弁理士試験本試験問題とその傾向

平成18年度弁理士試験本試験問題とその傾向 CBA CBA CBA CBA CBA CBA Vol. No. CBA CBA CBA CBA a b a bm m swkmsms kgm NmPa WWmK σ x σ y τ xy θ σ θ τ θ m b t p A-A' σ τ A-A' θ B-B' σ τ B-B' A-A' B-B' B-B' pσ σ B-B' pτ τ l x x I E Vol. No. w x xl/ 3

More information

イ 一太郎 1 JS 数式作成ツールを起動する 数式を挿入したい位置にカーソルを合わせる [ 挿入 -オブジェクト枠- 作成 ] の [ 新規作成 ] シートを選択する [ オブジェクトの種類 ] から JS 数式作成ツールを選択して [OK] する ( 表示 - ツールボックス - 表示切替 -

イ 一太郎 1 JS 数式作成ツールを起動する 数式を挿入したい位置にカーソルを合わせる [ 挿入 -オブジェクト枠- 作成 ] の [ 新規作成 ] シートを選択する [ オブジェクトの種類 ] から JS 数式作成ツールを選択して [OK] する ( 表示 - ツールボックス - 表示切替 - 問題作成ソフトの研究 愛媛県立松山西中等教育学校髙田修和 1 はじめに問題作成にあたり 多くのソフトが活用されている どのソフトを選択するかによって 作成時間等に大きな違いが出てくる また 生徒にとって 見やすく分かりやすい問題作成は重要なことである 現在 主に活用されているソフトとして Word 一太郎 Studyaid D.B. 等が挙げられる それぞれの機能を確認し その上でどのソフトを選択するか判断する材料としてくれればと考え

More information

Microsoft Word - Word1.doc

Microsoft Word - Word1.doc Word 2007 について ( その 1) 新しくなった Word 2007 の操作法について 従来の Word との相違点を教科書に沿って説明する ただし 私自身 まだ Word 2007 を使い込んではおらず 間違いなどもあるかも知れない そうした点についてはご指摘いただければ幸いである なお 以下において [ ] で囲った部分は教科書のページを意味する Word の起動 [p.47] Word

More information

AQUOS ケータイ ユーザーガイド

AQUOS ケータイ ユーザーガイド 文字を入力する 本機の文字入力は ボタン操作で行います お買い上げ時の入力方 法 (S-Shoin) で説明します 変換候補を引用する ひらがなを入力 引用 連携 項目を選択 変換候補を選択 文字入力の基本操作 文字入力にはダイヤルボタンを利用します 1つのボタンには ボタンに表示されているような複数の文字が割り当てられており 押す回数によって表示される文字が変わります ダイヤルボタンに割り当てられた文字について詳しくは

More information

Untitled

Untitled 23 1 11 A 2 A.1..................................... 2 A.2.................................. 4 A.3............................... 5 A.4.................................... 6 A.5.......................

More information

X-FUNX ワークシート関数リファレンス

X-FUNX ワークシート関数リファレンス X-FUNX Level.4a xn n pt 1+ 1 sd npt Bxn3 cin + si + sa ( sd xn) 3 n t1 + n pt xn sd ( t1+ n pt) Bt t t cin + xn si sa ( sd xn) n 1 + +

More information

Microsoft Word - 第58回日本脂質生化学会プログラムv1.doc

Microsoft Word - 第58回日本脂質生化学会プログラムv1.doc 1 2 3 4 i-bac 1 1 2 2 3 2 3 2,4 1 2 3 i-bac 1 2 1 2 1 1,3 1 2 Wake Forest School of Medicine 1,2 1 1 Lawrence L. Rudel 2 1 1 2 1 1 1 1 2 2 1 1 2 3 4 1 2 3 2 2 2 2 4 1 2 1 2 1 1 2 1 1 1 1 2 3 1 1 1 1 3

More information

サイバニュース-vol134-CS3.indd

サイバニュース-vol134-CS3.indd NEWS 2012 WINTER 134 No. F=maF ma m af Contents N, X θ 1,θ 2 θ N 0θ i π/2 X i X 0 Θ i Θ 1 = 2θ 1 Θ 2 = 2(θ 1 θ 2) NX N X 0 Θ N N Θ N = 2{θ 1 θ 2θ 3 θ N } Θ N = 2π A 1A 2B 2B 1 mm 3 α α = π /m A 1A

More information

問題 1 次の文章は 作業環境について述べたものである を解答群 { } より選び その記号で答えよ にあてはまる適切なもの 設問 1. < 図 1>はルーラーの一部である 1に示されるインデントマーカーを移動することにより を設定することができる < 図 1> { ア. 1 行目のインデントイ.

問題 1 次の文章は 作業環境について述べたものである を解答群 { } より選び その記号で答えよ にあてはまる適切なもの 設問 1. < 図 1>はルーラーの一部である 1に示されるインデントマーカーを移動することにより を設定することができる < 図 1> { ア. 1 行目のインデントイ. Microsoft PowerPoint プレゼンテーション技能認定試験 上級 2007 サンプル問題 知識試験 制限時間 30 分 受験会場 受験番号 氏 名 問題 1 次の文章は 作業環境について述べたものである を解答群 { } より選び その記号で答えよ にあてはまる適切なもの 設問 1. < 図 1>はルーラーの一部である 1に示されるインデントマーカーを移動することにより を設定することができる

More information

EndoPaper.pdf

EndoPaper.pdf Research on Nonlinear Oscillation in the Field of Electrical, Electronics, and Communication Engineering Tetsuro ENDO.,.,, (NLP), 1. 3. (1973 ),. (, ),..., 191, 1970,. 191 1967,,, 196 1967,,. 1967 1. 1988

More information

(interval estimation) 3 (confidence coefficient) µ σ/sqrt(n) 4 P ( (X - µ) / (σ sqrt N < a) = α a α X α µ a σ sqrt N X µ a σ sqrt N 2

(interval estimation) 3 (confidence coefficient) µ σ/sqrt(n) 4 P ( (X - µ) / (σ sqrt N < a) = α a α X α µ a σ sqrt N X µ a σ sqrt N 2 7 2 1 (interval estimation) 3 (confidence coefficient) µ σ/sqrt(n) 4 P ( (X - µ) / (σ sqrt N < a) = α a α X α µ a σ sqrt N X µ a σ sqrt N 2 (confidence interval) 5 X a σ sqrt N µ X a σ sqrt N - 6 P ( X

More information

日本分子第4巻2号_10ポスター発表.indd

日本分子第4巻2号_10ポスター発表.indd JSMI Report 62 63 JSMI Report γ JSMI Report 64 β α 65 JSMI Report JSMI Report 66 67 JSMI Report JSMI Report 68 69 JSMI Report JSMI Report 70 71 JSMI Report JSMI Report 72 73 JSMI Report JSMI Report 74

More information

国土技術政策総合研究所 研究資料

国土技術政策総合研究所 研究資料 5 章 慣 性 航 法 複 合 演 算 処 理 5- 処 理 フロー 慣 性 航 法 複 合 演 算 処 理 の 全 体 処 理 フローを 図 5-- に 示 す GPS 観 測 データの 取 得 取 得 取 得 できず RK-GPS IMU 観 測 データの 取 得 慣 性 航 法 演 算 誤 差 方 程 式 の 導 出 位 置 オフセット 処 理 アンビギュイティの 状 態 決 定 未 決 定

More information

46 Y 5.1.1 Y Y Y 3.1 R Y Figures 5-1 5-3 3.2mm Nylon Glass Y (X > X ) X Y X Figure 5-1 X min Y Y d Figure 5-3 X =X min Y X =10 Y Y Y 5.1.2 Y Figure 5-

46 Y 5.1.1 Y Y Y 3.1 R Y Figures 5-1 5-3 3.2mm Nylon Glass Y (X > X ) X Y X Figure 5-1 X min Y Y d Figure 5-3 X =X min Y X =10 Y Y Y 5.1.2 Y Figure 5- 45 5 5.1 Y 3.2 Eq. (3) 1 R [s -1 ] ideal [s -1 ] Y [-] Y [-] ideal * [-] S [-] 3 R * ( ω S ) = ω Y = ω 3-1a ideal ideal X X R X R (X > X ) ideal * X S Eq. (3-1a) ( X X ) = Y ( X ) R > > θ ω ideal X θ =

More information

1. マイピクチャの中に [ 講習用 ] フォルダーを作成し その中に上記の図のような階層構造のフォルダーを作成します (1) まず マイピクチャの中に [ 講習用 ] フォルダーを作成します [ コンピューター ] [ マイピクチャ ]1 [ マイピクチャ ] フォルダ内 ( 右枠 ) の空白部分

1. マイピクチャの中に [ 講習用 ] フォルダーを作成し その中に上記の図のような階層構造のフォルダーを作成します (1) まず マイピクチャの中に [ 講習用 ] フォルダーを作成します [ コンピューター ] [ マイピクチャ ]1 [ マイピクチャ ] フォルダ内 ( 右枠 ) の空白部分 H28.4.21 IT ふたば会 - 水島講座 [ 注 1 ] : [ 付属資料 ] フォルダーの中に [2015-01-01] 使用する主な操作 [2015-01-15] と [matuyama_jyou.jpg] と [program] が入っています 1. フォルダの作成 2. 縮専の使用法 ( ヘ ーシ 番号 ) は [ 速効! パソコン講 3.JTrimの使い方座 ] 教本ワート 2010

More information

" " " " "!!

    !! ""!!!!! "! "! " " " " " " " "!! !!!!!!!!! ! !!!!! "β!"β"! " " "!! "! "!!! "!! !!! "! "!!!! "! !!!!! !!! " "!! "!!! " " "!!! ! "!! !!!!!!! " " " " "!! α!!!!! ! "! " " !!!!!!! "! ! ""!!!! !!!!!! " "! "!

More information

ベクトル B Vector Vector B ベクトルエー ベクトルエービー Scalar スカラー エー Magnitude of vector 長 さベクトルエー B Magnitude of vector B 長 さベクトルエービー B B dot B ; Dot product of vec

ベクトル B Vector Vector B ベクトルエー ベクトルエービー Scalar スカラー エー Magnitude of vector 長 さベクトルエー B Magnitude of vector B 長 さベクトルエービー B B dot B ; Dot product of vec 機 械 工 学 で 使 う 数 式 公 式 の 読 み 方 (2013.11.05) S. Miwa English (US) 分 数 小 数 数 の 読 み 方 (Decimal, Fraction) Japanese 2 3 Two-thirds Two over three 3 分 の2 1 One and a sixth 1と6 分 の1 1 6 One and one over sixth

More information

レポート作成に役立つWord2013の機能

レポート作成に役立つWord2013の機能 レポート作成に役立つ Word2013 の機能 神戸親和女子大学情報処理教育センター 2015 年 10 月版 目次 1 文字数や行数を指定する... 2 2 ページ番号... 3 2.1 ページ番号をつける... 3 2.2 先頭ページだけページ番号を非表示にする... 4 2.3 3 ページ目からページ番号をつける... 5 2.4 ページ番号の開始番号を指定する... 7 3 目次の作成 更新...

More information