本 保 証 の 適 用 除 外 本 保 証 は 以 下 のものに 適 用 されません a. 誤 用 (Lenovo が 文 書 にて 認 めた 容 量 および 能 力 を 超 えた 使 用 を 含 みますが これに 限 るものではありません) 事 故 改 変 Lenovo 所 定 の 設 備 条 件

Size: px
Start display at page:

Download "本 保 証 の 適 用 除 外 本 保 証 は 以 下 のものに 適 用 されません a. 誤 用 (Lenovo が 文 書 にて 認 めた 容 量 および 能 力 を 超 えた 使 用 を 含 みますが これに 限 るものではありません) 事 故 改 変 Lenovo 所 定 の 設 備 条 件"

Transcription

1 Lenovo 保 証 の 内 容 と 制 限 L /2014 第 1 章 共 通 条 項 本 保 証 の 内 容 と 制 限 ( 以 下 本 書 といいます) は 第 1 章 - 共 通 条 項 第 2 章 - 各 国 固 有 の 条 項 および 第 3 章 - 保 証 情 報 により 構 成 されています 第 2 章 には 第 1 章 記 載 の 条 項 を 置 き 換 えた または 変 更 した 条 項 が 記 載 されている 場 合 があります 第 3 章 ( 保 証 情 報 ともいいます) には 機 械 と 一 緒 に 出 荷 される 製 品 固 有 の 情 報 が 含 まれています 本 書 において Lenovo とは お 客 様 またはお 客 様 のビジネス パートナーに 機 械 を 提 供 した Lenovo 法 人 を 意 味 します 本 書 に 記 載 の 保 証 は お 客 様 が 再 販 売 の 目 的 ではなく 自 己 使 用 の 目 的 で 購 入 することを 条 件 に 第 3 章 - 保 証 情 報 に 記 載 する 機 械 に 適 用 されます 機 械 とは 種 類 機 能 改 変 版 またはアップグレード 版 などで 識 別 可 能 なハードウェア 製 品 を 意 味 します 機 械 には 機 械 に 事 前 に 組 み 込 まれていたか 後 にインストールされたかに かかわらず いかなるソフトウェア プログラムも 含 まれません 本 書 は 消 費 者 保 護 法 規 によるお 客 様 の 権 利 を 変 更 するものではありません 本 書 は Lenovo Web サイト (http://www.lenovo.com/warranty/) から 複 数 の 言 語 で 入 手 できます 本 保 証 の 適 用 対 象 Lenovo は 保 証 期 間 中 通 常 の 動 作 条 件 下 では 各 機 械 の 材 質 および 仕 上 がりに 欠 陥 がないことを 保 証 します Lenovo は 保 証 期 間 中 機 械 に 対 して 指 定 された 保 証 サービスの 種 類 に 応 じて 機 械 の 修 理 および 交 換 サービスを 提 供 します 機 械 と 一 緒 に 出 荷 される 保 証 情 報 で 特 定 されない 限 り 機 械 の 保 証 期 間 は 一 定 の 指 定 期 間 とします ( 例 えば 機 械 によっては 所 定 の 保 証 期 間 中 であっても 許 容 使 用 量 を 超 えると 保 証 が 無 効 となるものがあります) 機 械 に 適 用 される 保 証 期 間 保 証 サービスの 種 類 およびサービス レベルは 機 械 と 一 緒 に 出 荷 される 保 証 情 報 で 指 定 されます Lenovo は 保 証 サービスを 受 ける 権 利 があるかどうかを 確 認 するために お 客 様 に 購 入 証 明 書 ( 例 え ば 納 品 書 または 領 収 書 ) の 提 示 を 求 める 場 合 があります Lenovo が 据 付 責 任 を 負 う 機 械 について Lenovo からお 客 様 またはビジネス パートナーへの 出 荷 日 から 6 か 月 以 内 に Lenovo による 据 付 が 行 われなかった 場 合 その 後 の Lenovo による 据 付 作 業 は 有 料 サービスとなります Lenovo が 据 付 責 任 を 負 う 機 械 について お 客 様 ご 自 身 が 機 械 の 据 付 またはサービスを 行 う 場 合 またはお 客 様 が 機 械 を 再 配 置 するか 第 三 者 に 機 械 の 据 付 サービス または 再 配 置 を 委 ねる 場 合 Lenovo は 機 械 に 対 する 保 証 サービス を 提 供 する 前 に 機 械 を 検 査 する 権 利 を 留 保 します Lenovo は 独 自 の 判 断 により 検 査 に 要 する 費 用 を 請 求 するこ とがあります Lenovo の 独 自 の 判 断 により 機 械 が 保 証 サービスを 受 けられる 状 態 にないとされた 場 合 お 客 様 は サービスが 受 けられる 状 態 に 機 械 を 修 復 するよう Lenovo に 依 頼 することも 保 証 サービスの 要 求 を 取 り 下 げること もできます Lenovoは 独 自 の 判 断 により 修 復 が 可 能 かどうかを 決 定 します 修 復 は 有 料 サービスとして 提 供 さ れます 輸 送 費 用 や 特 別 処 理 費 用 などが 指 定 される 場 合 追 加 料 金 が 適 用 されます 多 くの 機 構 コンバージョン またはアップグレードは 部 品 の 取 り 外 しと Lenovo への 返 却 を 伴 います 機 械 の 初 期 導 入 時 に 取 り 付 けられた Lenovo の 部 品 または 機 構 に 対 する 保 証 期 間 は 機 械 の 保 証 期 間 に 従 うものとし 機 械 の 引 渡 日 ( 保 証 開 始 日 ともいいます) から 開 始 するものとします すでに 据 付 済 の 機 械 に 取 り 付 けられた 部 品 や 機 構 を 交 換 する 場 合 取 り 外 された Lenovo の 部 品 または 機 構 に 対 する 保 証 期 間 の 残 存 期 間 を 引 き 継 ぎます 部 品 また は 機 構 の 取 り 外 しを 伴 わずに 機 械 に 取 り 付 けられた Lenovo 部 品 または 機 構 に 対 する 保 証 期 間 は かかる 取 り 付 け 部 品 または 機 構 の 所 定 の 保 証 期 間 に 従 うものとし かかる 取 り 付 け 部 品 または 機 構 の 引 渡 日 ( 保 証 開 始 日 ともいい ます) から 開 始 するものとします かかる 部 品 または 機 構 に 対 する 保 証 期 間 保 証 サービスの 種 類 およびサービス レベルは Lenovo が 別 途 定 める 場 合 を 除 き その 部 品 または 機 構 が 取 り 付 けられる 機 械 と 同 じであるものとします Lenovo が 別 途 定 める 場 合 を 除 き 本 保 証 は お 客 様 が 機 械 を 購 入 された 国 または 地 域 においてのみ 適 用 されます 本 保 証 は お 客 様 に 提 供 される 保 証 のすべてを 規 定 したもので 法 律 上 の 瑕 疵 担 保 責 任 商 品 性 の 保 証 特 定 目 的 適 合 性 の 保 証 および 権 原 または 第 三 者 の 権 利 の 不 侵 害 の 保 証 を 含 む すべての 明 示 もしくは 黙 示 の 保 証 責 任 または 保 証 条 件 に 代 わるものとします 国 または 地 域 によっては 法 律 の 強 行 規 定 により すべての 明 示 もしくは 黙 示 の 保 証 責 任 の 制 限 が 禁 じられる 場 合 強 行 規 定 の 制 限 を 受 けるものとします この 場 の 保 証 も 機 械 の 保 証 期 間 内 に 限 定 され 当 該 保 証 期 間 終 了 後 は いかなる 保 証 も 適 用 されません 国 または 地 域 によっては 法 律 の 強 行 規 定 により 保 証 の 適 用 期 間 の 制 限 が 禁 じられている 場 合 強 行 規 定 の 制 限 を 受 けるものとします L Lenovo 保 証 の 内 容 と 制 限 /13

2 本 保 証 の 適 用 除 外 本 保 証 は 以 下 のものに 適 用 されません a. 誤 用 (Lenovo が 文 書 にて 認 めた 容 量 および 能 力 を 超 えた 使 用 を 含 みますが これに 限 るものではありません) 事 故 改 変 Lenovo 所 定 の 設 備 条 件 および 動 作 環 境 に 合 致 しない 環 境 での 稼 動 またはお 客 様 もしくは 第 三 者 によって なされた 不 適 切 な 修 理 や 改 造 から 生 じる 故 障 もしくは 損 害 b. 不 可 抗 力 による 故 障 c. Lenovo に 保 証 責 任 のない 製 品 により 引 き 起 こされた 故 障 d. すべての 他 社 製 品 ( 他 社 製 品 にはお 客 様 のご 要 望 により Lenovo が Lenovo 機 械 と 共 に 提 供 するか または Lenovo 機 械 に 導 入 する 製 品 を 含 みます) e. アクセサリー サプライ 品 目 消 耗 品 および 構 造 部 品 (フレームやカバーなど) 別 途 Lenovo が 定 める 場 合 を 除 き バッテリーは 消 耗 品 としてみなされ 保 証 の 対 象 ではありません 保 証 の 対 象 である 場 合 Lenovo は 製 品 の 発 表 および 機 械 と 一 緒 に 出 荷 されるサービス 関 連 文 書 にて 保 証 を 規 定 します f. 改 造 機 械 に 対 する 保 証 g. Lenovo が 文 書 にて 認 めた 容 量 および 能 力 を 超 えて 使 用 されている 機 械 に 対 する 保 証 h. 公 共 通 信 ネットワークへのインターフェースとなるいかなる 手 段 による 機 械 の 接 続 に 対 するお 客 様 の 国 における 認 定 ただし Lenovo が 製 品 発 表 および 機 械 とともに 出 荷 されるサービス 関 連 文 書 にて 別 途 定 める 場 合 を 除 きます か かる 接 続 を 行 うには 法 律 によるさらなる 認 証 が 事 前 に 要 求 される 場 合 があります 機 械 または 部 品 の ID ラベルが 変 更 もしくは 取 り 外 された 機 械 についての 保 証 は 無 効 となります Lenovo は 機 械 の 実 行 が 中 断 しないこと もしくはその 実 行 に 誤 りがないことを 保 証 するものではありません 保 証 期 間 中 の 機 械 に 対 し 提 供 される 技 術 的 またはその 他 のサポート ( 使 用 方 法 機 械 のセットアップや 導 入 に 関 する 問 い 合 わせに 対 する 応 答 など) については いかなる 保 証 も 適 用 されません 保 証 サービスの 利 用 方 法 機 械 が 保 証 期 間 中 に 仕 様 どおりの 良 好 な 稼 動 状 態 でなくなった 場 合 には 機 械 と 一 緒 に 出 荷 され サポートと 問 題 判 別 手 順 について 記 されたサービス 関 連 文 書 を 参 照 してください ご 使 用 の 機 械 のサービス 関 連 文 書 は Lenovo Web サ イト (http://support.lenovo.com/) から 入 手 することもできます サービス 関 連 文 書 を 参 照 しても 問 題 を 解 決 できない 場 合 は Lenovo または Lenovo ビジネス パートナーに 連 絡 し 保 証 サービスを 受 けてください Lenovo の 連 絡 先 情 報 は 機 械 と 一 緒 に 出 荷 される 保 証 情 報 に 記 載 されています Lenovo への 製 品 登 録 を 行 っていない 場 合 は 保 証 サービスを 受 ける 権 利 の 証 として 購 入 証 明 書 の 提 示 を 求 められる 場 合 があります 問 題 を 解 決 するために Lenovo が 行 うこと Lenovo は 電 話 による 対 応 または Lenovo Web サイトを 通 じたやり 取 りにより お 客 様 の 問 題 を 判 別 し 解 決 を 図 り ます 特 定 の 機 械 には Lenovo に 直 接 障 害 報 告 を 行 い Lenovo が 遠 隔 地 から 問 題 判 別 および 解 決 を 行 う 遠 隔 支 援 の 機 能 が 備 わっています Lenovo にサービスを 依 頼 する 場 合 は Lenovo が 指 定 する 問 題 の 判 別 と 解 決 の 手 順 に 従 っ てください 問 題 判 別 の 後 オンサイト サービスが 必 要 であると Lenovo が 判 断 した 場 合 には 技 術 員 が 機 械 設 置 場 所 へ 伺 いサービスを 提 供 します 特 定 の 機 械 (および 該 当 する 場 合 にはアップグレード) は 機 械 コードを 含 む 場 合 があり また 別 途 使 用 許 諾 され るコード (SLC) を 含 む 場 合 もあります Lenovo Web サイト (http://support.lenovo.com/) では 取 得 された 機 械 (または 該 当 する 場 合 にはアップグレード) が 機 械 コードまたは SLC (もしくはその 両 方 ) を 含 むかどうかを 示 してい ます 別 途 Lenovo が 定 める 場 合 を 除 き Lenovo Web サイトまたは 他 の 電 子 メディアから 入 手 する 所 定 の 機 械 コード (Lenovo 機 械 とともに 提 供 されるマイクロコード BIOS ( 基 本 入 出 力 システム) ユーティリティー プログラム デ バイス ドライバー 診 断 プログラム) およびその 他 のソフトウェアのアップデートについては Lenovo が 提 供 する 取 扱 説 明 に 従 って お 客 様 の 責 任 でダウンロードするか または Lenovo から 入 手 し インストールしてください お 客 様 は 機 械 コードの 変 更 の 導 入 作 業 を Lenovo に 依 頼 することができますが これは 有 料 サービスとなります Lenovo 機 械 の 一 部 の 部 品 は カスタマー 交 換 可 能 ユニット ( 以 下 CRU といいます) として 指 定 されています キ ーボード メモリー ハード ディスク 等 の CRU を 使 用 して 問 題 を 解 決 できる 場 合 には Lenovo はお 客 様 がご 自 身 で 導 入 できるように CRU を 出 荷 します 機 械 が 保 証 期 間 中 に 仕 様 どおりの 稼 働 状 態 でなくなり かつ 電 話 または Web サイトを 通 じた 対 応 機 械 コードもしく はソフトウェア アップデートの 適 用 または CRU の 使 用 によって 問 題 を 解 決 できない 場 合 は Lenovo Lenovo の L Lenovo 保 証 の 内 容 と 制 限 /13

3 従 契 約 者 または Lenovo が 保 証 サービスを 提 供 することを 認 めたビジネス パートナーは その 判 断 により 1) 機 械 を 修 理 して 保 証 どおり 稼 働 させるか または 2) 少 なくとも 機 能 的 に 同 等 の 機 械 と 交 換 します Lenovo Lenovo の 従 契 約 者 または Lenovo ビジネス パートナーが 機 械 を 修 理 もしくは 交 換 できない 場 合 お 客 様 は この 機 械 を 購 入 元 に 返 却 することにより 支 払 い 済 み 代 金 の 返 金 を 受 けることができます さらに Lenovo Lenovo の 従 契 約 者 または Lenovo ビジネス パートナーは 機 械 に 対 して 適 切 であると 判 断 した 技 術 的 変 更 を 実 施 することがあります 機 械 または 部 品 の 交 換 保 証 サービスが 機 械 または 部 品 の 交 換 を 伴 う 場 合 Lenovo Lenovo の 従 契 約 者 または Lenovo ビジネス パートナ ーにより 取 り 外 された 旧 部 品 または 機 械 は Lenovo の 所 有 とし 取 り 付 けられた 交 換 部 品 または 機 械 はお 客 様 の 所 有 となります お 客 様 は 取 り 外 されたすべての 部 品 が Lenovo 純 正 部 品 であり 改 変 されていないことを 保 証 するも のとします 取 り 付 けられた 交 換 部 品 または 機 械 は 新 品 でない 場 合 もありますが 良 好 に 稼 働 し 少 なくとも 交 換 さ れた 旧 部 品 または 機 械 と 機 能 的 に 同 等 のものとします 取 り 付 けられた 部 品 または 機 械 は 取 り 外 された 部 品 または 機 械 に 対 する 保 証 サービスの 条 件 を 引 き 継 ぎます お 客 様 のその 他 の 責 任 お 客 様 は 次 の 各 項 に 同 意 するものとします a. Lenovo Lenovo の 従 契 約 者 または Lenovo ビジネス パートナーが 機 械 または 部 品 の 交 換 を 行 う 前 に 保 証 が 適 用 されないすべての 機 構 部 品 オプション 改 造 物 付 加 物 を 取 り 外 すものとし 機 械 に 交 換 を 妨 げる 担 保 等 の 法 的 な 制 約 がないことを 保 証 すること b. お 客 様 の 所 有 に 属 さない 機 械 に Lenovo Lenovo の 従 契 約 者 または Lenovo ビジネス パートナーがサービス を 提 供 することについて 機 械 の 所 有 者 から 承 諾 を 得 ること c. 該 当 する 場 合 は サービスを 受 ける 前 に: (1) Lenovo Lenovo の 従 契 約 者 または Lenovo ビジネス パートナーが 提 供 するサービス 要 求 の 手 順 書 に 従 うこと (2) 機 械 に 含 まれるすべてのプログラム データ 現 金 および 有 価 証 券 等 を 安 全 に 保 管 すること (3) 機 械 の 設 置 場 所 の 変 更 を Lenovo Lenovo の 従 契 約 者 または Lenovo ビジネス パートナーに 知 らせること d. Lenovo Lenovo の 従 契 約 者 または Lenovo ビジネス パートナーが 保 証 サービスのために 適 時 かつ 安 全 に 作 業 を 行 うことができるようにすること e. Lenovo Lenovo の 従 契 約 者 または Lenovo ビジネス パートナーが 安 全 性 を 確 保 する 等 の 目 的 で 必 要 不 可 欠 な 技 術 変 更 を 適 用 すること f. 保 証 サービスの 種 類 によっては お 客 様 が 故 障 した 機 械 を Lenovo が 指 定 する 方 法 で 適 切 に 梱 包 し Lenovo 指 定 の 場 所 に 送 る 必 要 があります Lenovo は 別 段 の 定 めがない 限 り 修 理 後 の 機 械 または 交 換 機 械 を Lenovo の 負 担 でお 客 様 にお 届 けします お 客 様 の 機 械 が 1) Lenovo の 占 有 下 にある 場 合 または 2) Lenovo の 費 用 負 担 で 輸 送 中 の 場 合 における 滅 失 破 損 については Lenovo の 責 任 とします g. お 客 様 は Lenovo へ 返 却 する 機 械 から かかる 機 械 と 共 に 提 供 されたのではないすべてのプログラムおよびデー タを 理 由 を 問 わず 完 全 に 消 去 するものとします かかるデータには 1) 個 人 または 法 人 を 特 定 する あるいは 個 人 または 法 人 を 特 定 し 得 るすべての 情 報 ( 以 下 個 人 情 報 といいます) 2) お 客 様 の 機 密 情 報 専 有 情 報 を 含 みま すが これに 限 るものではありません 個 人 情 報 を 削 除 または 消 去 できない 場 合 お 客 様 はかかる 情 報 を 適 用 法 に おける 個 人 情 報 に 該 当 することがないよう ( 例 えば 匿 名 化 やコード 化 等 により) 変 換 するものとします また お 客 様 は Lenovo へ 返 却 する 機 械 からすべての 現 金 有 価 証 券 等 を 取 り 除 くものとします Lenovo は お 客 様 が Lenovo に 返 却 した 機 械 に 含 まれる 現 金 や 有 価 証 券 Lenovo が 機 械 と 共 に 提 供 したのではないプログラムまたはデ ータについては いかなる 責 任 も 負 いません Lenovo は 本 書 に 基 づく 義 務 を 履 行 するために 機 械 の 一 部 もしくはす べて または 機 械 のソフトウェアを 海 外 の Lenovo や 第 三 者 のサービス ロケーションへ 送 ることがあります その 場 合 お 客 様 は これを 了 承 するものとします 責 任 の 制 限 お 客 様 が Lenovo の 責 に 帰 すべき 事 由 ( 契 約 不 履 行 過 失 不 実 表 示 または 不 法 行 為 等 を 含 みます) に 基 づく 損 害 に 対 して 救 済 を 求 める 場 合 適 用 法 によって 放 棄 または 制 限 が 禁 じられている 責 任 を 除 き 各 機 械 に 起 因 または 関 連 する Lenovo の 賠 償 責 任 の 全 ては 請 求 原 因 を 問 わず 累 積 で 次 の 各 項 に 定 めるものに 限 られます a. 生 命 身 体 または 有 体 物 に 対 する 賠 償 責 任 b. お 客 様 に 現 実 に 発 生 した 通 常 かつ 直 接 の 損 害 に 対 し 損 害 発 生 の 直 接 原 因 となった 当 該 機 械 の 売 買 価 格 相 当 額 (ただし 定 期 払 料 金 には 12 か 月 分 相 当 分 ) の 金 額 を 限 度 とする 金 銭 賠 償 責 任 本 条 項 において 機 械 には 機 械 コードを 含 みます L Lenovo 保 証 の 内 容 と 制 限 /13

4 本 責 任 の 制 限 は Lenovo のサプライヤー 従 契 約 者 および Lenovo ビジネス パートナーに 対 する 損 害 賠 償 請 求 に も 適 用 されるものとします お 客 様 は Lenovo Lenovo のサプライヤー 従 契 約 者 または Lenovo ビジネス パー トナーに 対 して 重 複 して 損 害 賠 償 を 請 求 することはできません いかなる 場 合 においても Lenovo Lenovo のサプライヤー 従 契 約 者 または Lenovo ビジネス パートナーは その 予 見 の 有 無 を 問 わず 発 生 した 以 下 のものについては 賠 償 責 任 を 負 いません 1) 第 三 者 からの 賠 償 請 求 に 基 づく 損 害 ( 本 条 項 の 上 記 a 項 の 賠 償 責 任 の 場 合 を 除 きます) 2) データの 喪 失 または 損 傷 3) 特 別 損 害 付 随 的 損 害 間 接 損 害 およびその 他 の 拡 大 損 害 4) 逸 失 した 利 益 ビジネス 上 の 収 益 信 用 または 節 約 すべかりし 費 用 国 ま たは 地 域 によっては 法 律 の 強 行 規 定 により 上 記 の 責 任 の 制 限 が 適 用 されない 場 合 があります 準 拠 法 お 客 様 と Lenovo の 両 当 事 者 は 法 原 理 の 矛 盾 に 関 する 場 合 を 除 き 本 書 から 生 じる または 本 書 に 関 連 する 両 当 事 者 のすべての 権 利 義 務 を 規 律 解 釈 実 施 するために お 客 様 が 機 械 を 購 入 された 国 の 法 律 を 適 用 することに 同 意 するものとします 以 上 の 保 証 は お 客 様 に 一 定 の 法 的 権 利 を 与 えておりますが 国 または 地 域 によって 異 なる 場 合 があります 裁 判 管 轄 権 両 当 事 者 の 権 利 および 義 務 については お 客 様 が 機 械 を 購 入 された 国 の 裁 判 所 を 管 轄 裁 判 所 とします 第 2 章 - 各 国 固 有 の 条 項 アメリカ 裁 判 管 轄 権 : 本 条 項 に 次 のような 文 を 追 加 します これは 下 記 の 太 字 で 印 刷 されている 国 に 適 用 されます 本 書 に 起 因 するすべての 訴 訟 は 専 ら 以 下 の 司 法 機 関 / 司 法 担 当 者 によって 解 決 されるものとします 1) アルゼン チン: ブエノスアイレス 市 直 轄 商 事 裁 判 所 2) ボリビア: ラパス 市 の 裁 判 所 3) ブラジル: リオデジャネイロ 州 リオデジャネイロの 裁 判 所 4) チリ: サンティアゴの 民 事 裁 判 所 5) コロンビア: コロンビア 共 和 国 の 裁 判 官 6) エクアドル: 未 履 行 または 略 式 の 審 理 に 対 して ( 規 定 に 沿 って) キトの 民 事 裁 判 官 7) メキシコ: メキシコシ ティー 連 邦 区 の 連 邦 裁 判 所 8) パラグアイ: アスンシオン 市 の 裁 判 所 9) ペルー: リマ 司 法 管 轄 区 セルカドの 裁 判 官 および 裁 判 所 10) ウルグアイ: モンテビデオ 市 の 裁 判 所 11) ベネズエラ: カラカス 首 都 圏 の 裁 判 所 ブラジル 機 械 または 部 品 の 交 換 : 最 後 の 文 を 削 除 します 取 り 付 けられた 部 品 または 機 械 は 取 り 外 された 部 品 または 機 械 に 対 する 保 証 サービスの 条 件 を 引 き 継 ぎます カナダ 本 条 項 の 2 番 目 の 段 落 を 次 のように 置 き 換 えます Lenovo は 保 証 期 間 中 機 械 に 対 して 指 定 された 保 証 サービスの 種 類 に 応 じて 機 械 の 修 理 および 交 換 サービスを 提 供 します 機 械 と 一 緒 に 出 荷 される 保 証 情 報 で 指 定 されない 限 り 機 械 の 保 証 期 間 は 一 定 の 指 定 期 間 で 機 械 の 引 渡 日 ( 保 証 開 始 日 ともいいます) から 開 始 するものとします ( 例 えば 所 定 の 保 証 期 間 中 に 使 用 制 限 を 超 えた 機 械 についての 保 証 は 無 効 となります) 機 械 に 適 用 される 保 証 期 間 保 証 サービスの 種 類 およびサービス レベルは 機 械 と 一 緒 に 出 荷 される 保 証 情 報 で 指 定 されます Lenovo は 保 証 サービスを 受 ける 権 利 があるかどうかを 確 認 するために お 客 様 に 購 入 証 明 書 ( 例 えば 納 品 書 または 領 収 書 ) の 提 示 を 求 める 場 合 があります 本 条 項 の a 項 および b 項 を 次 のように 置 き 換 えます a. Lenovo の 過 失 によってお 客 様 に 生 じた 身 体 生 命 または 有 体 物 に 対 する 賠 償 責 任 b. お 客 様 に 現 実 に 発 生 した 通 常 かつ 直 接 の 損 害 に 対 し 10 万 ドルか または 損 害 発 生 の 直 接 原 因 となった 当 該 機 械 の 売 買 価 格 相 当 額 (ただし 定 期 払 料 金 の 場 合 には 12 か 月 相 当 分 ) の 高 い 方 の 金 額 を 限 度 とする 金 銭 賠 償 責 任 本 条 項 において 機 械 には 機 械 コードを 含 みます 準 拠 法 : 最 初 の 文 の 機 械 を 購 入 した 国 の 法 律 の 部 分 を 次 のように 置 き 換 えます L Lenovo 保 証 の 内 容 と 制 限 /13

5 オンタリオ 州 の 法 律 ペルー 本 条 項 の 最 後 に 次 のように 追 加 します ペルーの 民 法 第 1328 条 に 基 づき 本 条 で 指 定 された 制 限 と 適 用 除 外 は Lenovo の 故 意 の 不 法 行 為 ("dolo") または 重 大 な 過 失 ("culpa inexcusable") には 適 用 されません アメリカ 合 衆 国 準 拠 法 : 最 初 の 文 の 機 械 を 購 入 した 国 の 法 律 の 部 分 を 次 のように 置 き 換 えます ニューヨーク 州 の 法 律 アジア 太 平 洋 オーストラリア 本 条 項 に 次 の 段 落 を 追 加 します 本 条 の 保 証 条 件 は Australian Consumer Law またはその 他 の 同 様 の 法 規 に 基 づくお 客 様 の 権 利 に 追 加 するものであ り 適 用 される 法 規 によって 認 められる 範 囲 においてのみ 制 限 されます 本 書 において Australian Consumer Law は Competition and Consumer Act 2010 の Schedule 2 を 意 味 します お 客 様 に 提 供 する 製 品 が Competition and Consumer Act 2010 の 目 的 において 消 費 者 取 引 (Australian Consumer Law の 定 義 による) とみなされる 場 合 本 契 約 におけるその 他 の 権 利 に 加 えて 以 下 が 適 用 されることがあ ります 製 品 には Australian Consumer Law において 除 外 することができない 保 証 が 付 いています お 客 様 は 重 大 な 故 障 に 対 する 交 換 または 返 金 およびその 他 の 合 理 的 に 予 見 可 能 な 損 失 または 損 害 に 対 する 補 償 を 受 ける 権 利 を 有 します また 製 品 が 許 容 できる 品 質 でなく 故 障 が 重 大 な 故 障 には 達 しない 場 合 に 製 品 の 修 理 または 交 換 を 受 ける 権 利 も 有 します 本 条 項 に 以 下 を 追 加 します 法 律 で 認 められている 範 囲 において Lenovo が Australian Consumer Law またはその 他 の 同 様 の 法 規 に 基 づく 保 証 に 違 反 した 場 合 Lenovo の 損 害 賠 償 責 任 は 以 下 の 選 択 肢 に 限 定 されます a. サービスの 場 合 : (1) サービスの 再 度 の 提 供 または (2) 再 度 提 供 されたサービスの 費 用 の 支 払 い およびb. 製 品 の 場 合 : (1) 製 品 の 修 理 または 交 換 あるいは 同 等 の 製 品 の 提 供 または (2) 再 度 提 供 されたサービスの 費 用 の 支 払 い ただし 当 該 保 証 が 個 人 的 または 家 庭 用 に 使 用 あるいは 消 費 する 目 的 の 商 品 に 対 する 販 売 権 平 穏 的 占 有 権 または 明 示 的 所 有 権 に 関 連 する 場 合 は 本 条 記 載 の 責 任 の 制 限 は 適 用 されません 準 拠 法 : 最 初 の 文 の 機 械 を 購 入 した 国 の 法 律 の 部 分 を 次 のように 置 き 換 えます 州 または 地 域 の 法 律 カンボジア インドネシア およびラオス 準 拠 法 : 最 初 の 文 の 機 械 を 購 入 した 国 の 法 律 の 部 分 を 次 のように 置 き 換 えます シンガポールの 法 律 カンボジア インドネシア およびラオス 仲 裁 : L Lenovo 保 証 の 内 容 と 制 限 /13

6 この 見 出 しの 下 に 以 下 を 追 加 します 本 書 に 起 因 する あるいは 本 書 に 関 連 した 紛 争 は 紛 争 発 生 時 に 有 効 な Singapore International Arbitration Center の 仲 裁 規 則 ( 以 下 SIAC 規 則 といいます) に 従 ってシンガポールにおける 仲 裁 により 最 終 的 に 解 決 される ものとします 仲 裁 の 裁 定 は 最 終 的 なものであり 異 議 申 し 立 てなく 当 事 者 双 方 に 対 する 拘 束 力 を 持 つことになりま す 仲 裁 の 裁 定 は 書 面 にされ 事 実 認 定 と 法 律 の 結 論 が 記 述 されます 仲 裁 人 は 3 名 とし 紛 争 のそれぞれの 側 は 1 名 の 仲 裁 人 を 任 ずる 権 利 があります 各 当 事 者 により 任 命 される 2 名 の 仲 裁 人 は 第 3 の 仲 裁 人 を 任 命 し この 第 3 の 仲 裁 人 は 仲 裁 手 続 きの 議 長 を 務 めるものとします 議 長 のポスト に 空 席 が 生 じた 場 合 議 長 は SIAC の 議 長 により 指 名 されます 他 の 欠 員 が 生 じた 場 合 は それぞれ 指 名 権 を 持 つ 当 事 者 の 指 名 により 欠 員 を 埋 めるものとします 議 事 進 行 は 欠 員 が 生 じた 時 点 における 段 階 から 継 続 するものとし ます 当 事 者 の 一 方 が 他 方 が 仲 裁 人 を 任 命 してから 30 日 以 内 に 自 己 の 仲 裁 人 を 任 命 することを 拒 んだ 場 合 あるいは 任 命 できなかった 場 合 は 他 方 の 側 がそれを 任 じ 最 初 に 任 命 された 仲 裁 人 が 有 効 かつ 適 正 に 任 命 されたことを 条 件 と して 最 初 に 任 命 された 仲 裁 人 が 唯 一 の 仲 裁 人 になります すべての 議 事 進 行 は 提 示 されたすべての 文 書 を 含 め 英 語 で 執 り 行 われるものとします 本 書 の 英 語 版 の 効 力 は 他 の 言 語 版 よりも 優 先 されます 香 港 特 別 行 政 区 香 港 特 別 行 政 区 で 着 手 および 実 施 される 取 引 に 対 しては 本 書 に 含 まれる 国 という 語 を 含 む 句 ( 購 入 した 国 や 導 入 した 国 など) を 香 港 特 別 行 政 区 に 置 き 換 えます インド 本 条 項 の a 項 および b 項 を 次 のように 置 き 換 えます a. お 客 様 に 生 じた 身 体 生 命 または 有 体 物 の 損 害 に 対 する 賠 償 責 任 は Lenovo の 過 失 の 場 合 に 限 られます b. 本 保 証 の 内 容 と 制 限 に 基 づく あるいはこれに 関 連 する Lenovo の 契 約 不 履 行 により お 客 様 に 現 実 に 発 生 し た 通 常 かつ 直 接 の 損 害 に 対 し 損 害 発 生 の 直 接 原 因 となった 機 械 の 支 払 済 みの 売 買 価 格 相 当 額 本 条 項 において 機 械 には 機 械 コードを 含 みます 仲 裁 : この 見 出 しの 下 に 以 下 を 追 加 します 本 書 に 起 因 する あるいは 本 書 に 関 連 した 紛 争 は 紛 争 発 生 時 に 有 効 なインドの 法 律 に 従 って インド 共 和 国 バンガ ロールにおける 仲 裁 により 最 終 的 に 解 決 されるものとします 仲 裁 の 裁 定 は 最 終 的 なものであり 異 議 申 し 立 てなく 当 事 者 双 方 に 対 する 拘 束 力 を 持 つことになります 仲 裁 の 裁 定 は 書 面 にされ 事 実 認 定 と 法 律 の 結 論 が 記 述 されます 仲 裁 人 は 3 名 とし 紛 争 のそれぞれの 側 は 1 名 の 仲 裁 人 を 任 ずる 権 利 があります 各 当 事 者 により 任 命 される 2 名 の 仲 裁 人 は 第 3 の 仲 裁 人 を 任 命 し この 第 3 の 仲 裁 人 は 仲 裁 手 続 きの 議 長 を 務 めるものとします 議 長 のポスト に 空 席 が 生 じた 場 合 議 長 は Bar Council of India の 議 長 により 指 名 されます 他 の 欠 員 が 生 じた 場 合 は それぞ れ 指 名 権 を 持 つ 当 事 者 の 指 名 により 欠 員 を 埋 めるものとします 議 事 進 行 は 欠 員 が 生 じた 時 点 における 段 階 から 継 続 するものとします 当 事 者 の 一 方 が 他 方 が 仲 裁 人 を 任 命 してから 30 日 以 内 に 自 己 の 仲 裁 人 を 任 命 することを 拒 んだ 場 合 あるいは 任 命 できなかった 場 合 は 他 方 の 側 がそれを 任 じ 最 初 に 任 命 された 仲 裁 人 が 有 効 かつ 適 正 に 任 命 されたことを 条 件 と して 最 初 に 任 命 された 仲 裁 人 が 唯 一 の 仲 裁 人 になります すべての 議 事 進 行 は 提 示 されたすべての 文 書 を 含 め 英 語 で 執 り 行 われるものとします 本 書 の 英 語 版 の 効 力 は 他 の 言 語 版 よりも 優 先 されます 日 本 準 拠 法 : 本 条 項 に 次 の 文 を 追 加 します 本 書 に 関 する 疑 義 が 生 じた 場 合 は 当 事 者 双 方 が 信 義 誠 実 の 原 則 に 従 って 協 議 するものとします マカオ 特 別 行 政 区 L Lenovo 保 証 の 内 容 と 制 限 /13

7 マカオ 特 別 行 政 区 で 着 手 および 実 施 される 取 引 に 対 しては 本 書 に 含 まれる 国 という 語 を 含 む 句 ( 購 入 した 国 や 導 入 した 国 など) を マカオ 特 別 行 政 区 に 置 き 換 えます マレーシア 最 後 の 段 落 の 第 3 項 の 特 別 損 害 という 語 を 削 除 します ニュージーランド 本 条 項 に 次 の 段 落 を 追 加 します 本 条 に 規 定 される 保 証 条 件 は Consumer Guarantees Act 1993 またはその 他 の 強 行 法 規 に 基 づくお 客 様 の 権 利 に 追 加 するものです ただし Consumer Guarantees Act 1993 は 同 法 で 定 義 するビジネスの 目 的 として Lenovo が 提 供 し た 製 品 についてはいかなる 場 合 も 適 用 されません 本 条 項 に 以 下 を 追 加 します お 客 様 が Consumer Guarantees Act 1993 で 規 定 するビジネスの 目 的 以 外 で 機 械 を 取 得 した 場 合 には 本 条 の 責 任 の 制 限 は 当 該 法 律 の 適 用 を 受 けるものとします フィリピン 最 後 の 段 落 の 第 3 項 を 次 のように 置 き 換 えます 特 別 損 害 ( 名 目 的 損 害 および 懲 罰 的 損 害 を 含 む) 道 徳 的 損 害 付 随 的 損 害 間 接 損 害 およびその 他 の 拡 大 損 害 仲 裁 : この 見 出 しの 下 に 以 下 を 追 加 します 本 書 に 起 因 する あるいは 本 書 に 関 連 した 紛 争 は 紛 争 発 生 時 に 有 効 なフィリピンの 法 律 に 従 って フィリピン 共 和 国 首 都 マニラにおける 仲 裁 により 最 終 的 に 解 決 されるものとします 仲 裁 の 裁 定 は 最 終 的 なものであり 異 議 申 し 立 てなく 当 事 者 双 方 に 対 する 拘 束 力 を 持 つことになります 仲 裁 の 裁 定 は 書 面 にされ 事 実 認 定 と 法 律 の 結 論 が 記 述 さ れます 仲 裁 人 は 3 名 とし 紛 争 のそれぞれの 側 は 1 名 の 仲 裁 人 を 任 ずる 権 利 があります 各 当 事 者 により 任 命 される 2 名 の 仲 裁 人 は 第 3 の 仲 裁 人 を 任 命 し この 第 3 の 仲 裁 人 は 仲 裁 手 続 きの 議 長 を 務 めるものとします 議 長 のポスト に 空 席 が 生 じた 場 合 議 長 は Philippine Dispute Resolution Center, Inc. の 議 長 により 指 名 されます 他 の 欠 員 が 生 じた 場 合 それぞれ 指 名 権 を 持 つ 当 事 者 の 指 名 により 欠 員 を 埋 めるものとします 議 事 進 行 は 欠 員 が 生 じた 時 点 における 段 階 から 継 続 するものとします 当 事 者 の 一 方 が 他 方 が 仲 裁 人 を 任 命 してから 30 日 以 内 に 自 己 の 仲 裁 人 を 任 命 することを 拒 んだ 場 合 あるいは 任 命 できなかった 場 合 は 他 方 の 側 がそれを 任 じ 最 初 に 任 命 された 仲 裁 人 が 有 効 かつ 適 正 に 任 命 されたことを 条 件 と して 最 初 に 任 命 された 仲 裁 人 が 唯 一 の 仲 裁 人 になります すべての 議 事 進 行 は 提 示 されたすべての 文 書 を 含 め 英 語 で 執 り 行 われるものとします 本 書 の 英 語 版 の 効 力 は 他 の 言 語 版 よりも 優 先 されます シンガポール 最 後 の 段 落 の 第 3 項 の 特 別 損 害 および 拡 大 損 害 という 語 を 削 除 します ヨーロッパ 中 東 およびアフリカ (EMEA) 以 下 の 事 項 がすべての EMEA 諸 国 に 適 用 されます 本 書 の 各 条 項 は Lenovo または Lenovo ビジネス パートナーより 購 入 された 機 械 に 適 用 されます 保 証 サービスの 利 用 方 法 : 西 ヨーロッパ (アンドラ オーストリア ベルギー ブルガリア キプロス チェコ 共 和 国 デンマーク エストニ ア フィンランド フランス ドイツ ギリシャ ハンガリー アイスランド アイルランド イタリア ラトビア リヒテンシュタイン リトアニア ルクセンブルグ マルタ モナコ オランダ ノルウェー ポーランド ポルト L Lenovo 保 証 の 内 容 と 制 限 /13

8 ガル ルーマニア サンマリノ スロバキア スロベニア スペイン スウェーデン スイス 英 国 バチカン 市 国 および 本 書 の 送 付 日 以 降 に EU に 加 盟 したすべての 国 ) に 次 の 段 落 を 追 加 します 西 ヨーロッパで 購 入 された 機 械 の 保 証 は Lenovo がその 国 でかかる 機 械 を 発 表 し かつ 販 売 していることを 条 件 に すべての 西 ヨーロッパ 諸 国 で 有 効 であり 適 用 されます お 客 様 が 機 械 を 上 記 の 西 ヨーロッパ 諸 国 で 購 入 された 場 合 は お 客 様 が 保 証 サービスの 提 供 を 望 む 国 で Lenovo が かかる 機 械 を 発 表 し 販 売 していることを 条 件 に これらのいずれかの 国 においても Lenovo により 保 証 サービスを 提 供 することが 認 められた Lenovo ビジネス パートナーまたは 現 地 の Lenovo より 機 械 の 保 証 サービスを 受 けること ができます お 客 様 が 機 械 を 中 東 またはアフリカ 諸 国 で 購 入 された 場 合 購 入 された 国 において Lenovo 法 人 が 保 証 サービスを 提 供 している 場 合 は 当 該 Lenovo 法 人 より その 機 械 に 対 する 保 証 サービスを 受 けることができます あるいは そ の 国 でその 機 械 に 対 して 保 証 サービスを 提 供 するよう Lenovo が 認 定 した Lenovo ビジネス パートナーより 保 証 サ ービスを 受 けることができます アフリカにおける 保 証 サービスは Lenovo により 認 可 されたサービス 提 供 者 の 所 在 地 から 50 キロメートルの 範 囲 内 で 利 用 することができます Lenovo により 認 可 されたサービス 提 供 者 の 所 在 地 から 50 キロメートルを 超 える 場 所 では 機 械 の 輸 送 費 用 をお 客 様 が 負 担 する 責 任 を 負 います 準 拠 法 : 機 械 を 購 入 された 国 の 法 律 という 句 を 次 のように 置 き 換 えます 1) アルバニア アルメニア アゼルバイジャン ベラルーシ ボスニア ヘルツェゴビナ ブルガリア クロアチ ア グルジア ハンガリー カザフスタン キルギスタン マケドニア 共 和 国 モルドバ モンテネグロ ルーマニ ア ロシア セルビア スロバキア スロベニア タジキスタン トルクメニスタン ウクライナ およびウズベキ スタンでは オーストリアの 法 律 2) アルジェリア ベナン ブルキナファソ カメルーン 中 央 アフリカ 共 和 国 チャド コモロ コンゴ 共 和 国 ジブチ コンゴ 民 主 共 和 国 赤 道 ギニア 仏 領 ギアナ 仏 領 ポリネシア ガ ボン ガンビア ギニア ギニアビサオ コートジボアール レバノン リビア マダガスカル マリ モーリタニ ア モーリシャス マヨット 島 モロッコ ニューカレドニア ニジェール レユニオン 島 セネガル セイシェル トーゴ チュニジア バヌアツ およびウォリス フトーナでは フランスの 法 律 3) エストニア ラトビア およびリトアニアでは フィンランドの 法 律 4) アンゴラ バーレーン ボツワナ ブルンジ エジプ ト エリトリア エチオピア ガーナ ヨルダン ケニア クウェート リベリア 共 和 国 マラウィ マルタ モザ ンビーク ナイジェリア オマーン パキスタン カタール ルワンダ サントメ プリンシペ サウジアラビア シエラレオネ ソマリア タンザニア ウガンダ アラブ 首 長 国 連 邦 グレートブリテンおよび 北 部 アイルランド 連 合 王 国 ( 英 国 ) ヨルダン 川 西 岸 /ガザ 地 区 イエメン ザンビア およびジンバブエでは 英 国 の 法 律 5) 南 アフリカ ナミビア レソト およびスワジランドでは 南 アフリカの 法 律 6) リヒテンシュタインでは スイスの 法 律 7) チェコ 共 和 国 では チェコ 共 和 国 の 法 律 8) ポーランドでは ポーランドの 法 律 裁 判 管 轄 権 : 本 条 項 に 以 下 の 例 外 を 追 加 します 1) オーストリアでは 本 保 証 の 内 容 と 制 限 に 起 因 する または 関 連 して 生 じるすべての 紛 争 ( 本 書 の 存 在 も 含 めて) は オーストリア ウィーン (インナー シティ) の 管 轄 裁 判 所 に 委 ねられます 2) アンゴラ バーレーン ボツワナ ブルンジ エジプト エリトリア エチオピア ガーナ ヨルダン ケニア クウェート リベリア 共 和 国 マラウィ マルタ モザンビーク ナイジェリア オマーン パキスタン カタール ルワンダ サントメ プ リンシペ サウジアラビア シエラレオネ ソマリア タンザニア ウガンダ アラブ 首 長 国 連 邦 英 国 ヨルダン 川 西 岸 /ガザ 地 区 イエメン ザンビア およびジンバブエでは 本 保 証 の 内 容 と 制 限 に 起 因 するすべての 紛 争 または 本 書 の 執 行 に 関 連 したすべての 紛 争 は 略 式 裁 判 手 続 きを 含 め 英 国 法 定 の 専 属 管 轄 権 により 処 理 されるもの とします 3) ベルギーおよびルクセンブルグでは 本 保 証 の 内 容 と 制 限 に 起 因 するすべての 紛 争 または 本 書 の 解 釈 あるいは 執 行 に 関 連 したすべての 紛 争 は お 客 様 の 登 録 営 業 所 所 在 地 または 営 業 地 あるいはその 両 方 の 存 在 す る 国 の 首 都 の 法 律 および 法 廷 のみが 管 轄 権 を 有 します 4) フランス アルジェリア ベナン ブルキナファソ カ メルーン 中 央 アフリカ 共 和 国 チャド コモロ コンゴ 共 和 国 ジブチ コンゴ 民 主 共 和 国 赤 道 ギニア 仏 領 ギ アナ 仏 領 ポリネシア ガボン ガンビア ギニア ギニアビサオ コートジボアール レバノン リビア マダガ スカル マリ モーリタニア モーリシャス マヨット 島 モロッコ ニューカレドニア ニジェール レユニオン 島 セネガル セイシェル トーゴ チュニジア バヌアツ およびウォリス フトーナでは 本 保 証 の 内 容 と 制 限 に 起 因 するすべての 紛 争 または 本 書 への 違 反 または 執 行 に 関 連 したすべての 紛 争 は 略 式 裁 判 手 続 きを 含 め 専 らパリの 商 事 裁 判 所 により 解 決 されるものとします 5) 南 アフリカ ナミビア レソト およびスワジランドで は 本 保 証 の 内 容 と 制 限 に 関 連 するすべての 紛 争 は ヨハネスブルグの 高 等 裁 判 所 の 管 轄 権 に 委 ねられ 処 理 され L Lenovo 保 証 の 内 容 と 制 限 /13

9 ることに 両 当 事 者 は 同 意 するものとします 6) トルコでは 本 保 証 の 内 容 と 制 限 に 起 因 するすべての 紛 争 ま たは 本 書 に 関 連 したすべての 紛 争 は トルコ 共 和 国 イスタンブールの Istanbul Central (Sultanahmet) Courts and Execution Directorates によって 解 決 されるものとします 7) 次 の 国 々では 本 保 証 の 内 容 と 制 限 に 起 因 す るすべての 法 的 申 し 立 ては 専 ら 以 下 に 示 した 都 市 の 管 轄 裁 判 所 に 提 出 され 解 決 されるものとします a) ギリシャで はアテネ b) イスラエルではテルアビブ ヤフォ c) イタリアではミラノ d) ポルトガルではリスボン そして e) スペインではマドリッド 8) 英 国 では 本 保 証 の 内 容 と 制 限 関 連 したすべての 紛 争 は 英 国 法 廷 の 裁 判 権 に 委 ねられ 処 理 されることに 両 当 事 者 は 同 意 するものとします 9) リヒテンシュタインでは 両 当 事 者 の 権 利 および 義 務 については 専 らチューリッヒの 管 轄 裁 判 所 によって 解 決 されるものとします 10) チェコ 共 和 国 では チェコ 共 和 国 の 管 轄 裁 判 所 11) ポーランドでは ワルシャワの 管 轄 裁 判 所 仲 裁 : この 見 出 しの 下 に 以 下 を 追 加 します アルバニア アルメニア アゼルバイジャン ベラルーシ ボスニア ヘルツェゴビナ ブルガリア クロアチア グルジア ハンガリー カザフスタン キルギスタン リビア マケドニア 共 和 国 モルドバ モンテネグロ ルー マニア ロシア セルビア スロバキア スロベニア タジキスタン トルクメニスタン ウクライナ およびウズ ベキスタンでは 本 書 に 起 因 する または 本 書 への 違 反 行 為 終 了 または 無 効 性 に 関 連 したすべての 紛 争 は Rules of Arbitration and Conciliation of the International Arbitral Center of the Federal Economic Chamber in Vienna (ウィーン ルール) の 下 で このルールに 従 って 任 命 された 3 人 の 仲 裁 人 によって 最 終 的 に 解 決 されるもの とします この 仲 裁 は オーストリアのウィーンで 行 なわれ 仲 裁 手 続 きの 公 用 語 は 英 語 とします 仲 裁 人 の 裁 定 は 最 終 的 なものであり 当 事 者 双 方 に 対 する 拘 束 力 を 持 つものとします したがって オーストリア 民 事 訴 訟 法 第 598 (2) 項 に 基 づいて 当 事 者 双 方 は 同 訴 訟 法 第 595 (1) 項 図 7 の 適 用 を 明 示 的 に 放 棄 するものとします ただし Lenovo は 機 械 が 据 え 付 けられた 国 の 管 轄 裁 判 所 に 訴 訟 を 起 こす 場 合 があります In エストニア ラトビア およびリトアニアでは 本 保 証 の 内 容 と 制 限 に 起 因 するすべての 紛 争 は 紛 争 発 生 時 に 有 効 なフィンランドの 仲 裁 法 に 従 って フィンランドのヘルシンキで 行 われる 仲 裁 で 最 終 的 に 解 決 されるものと します 各 当 事 者 は 1 人 の 仲 裁 人 を 任 命 するものとします 2 人 の 仲 裁 人 は 議 長 を 任 命 します 両 仲 裁 人 が 議 長 に ついて 合 意 できない 場 合 は ヘルシンキの Central Chamber of Commerce が 議 長 を 任 命 するものとします 欧 州 連 合 (EU) 電 池 指 令 注 : このマークは EU 諸 国 にのみ 適 用 されます バッテリーまたはバッテリーの 包 装 には バッテリー/ 蓄 電 池 および 廃 バッテリー/ 廃 蓄 電 池 に 関 する 改 正 EU 電 池 指 令 2006/66/EC のラベルが 貼 られています この 指 令 は EU 諸 国 に 適 用 される 使 用 済 みバッテリーおよび 蓄 電 池 の 回 収 とリサイクルの 枠 組 みを 定 めています このラベルは 使 用 済 みになったときに 指 令 に 従 って 適 正 な 処 理 をする 必 要 があることを 知 らせるために 種 々のバッテリーに 貼 られています 改 正 EU 電 池 指 令 2006/66/EC に 沿 って 寿 命 がきたバッテリー/ 蓄 電 池 は 分 別 回 収 されリサイクルされることを 示 す ラベルが 貼 られています バッテリーのラベルには バッテリーに 関 係 する 元 素 記 号 ( 鉛 の Pb 水 銀 の Hg および カドミウムの Cd) も 表 示 される 場 合 があります バッテリーや 蓄 電 池 の 使 用 者 は 使 用 済 みのバッテリー/ 蓄 電 池 を 地 方 自 治 体 の 無 分 別 ゴミとして 廃 棄 することは 許 されず お 客 様 が 利 用 可 能 な 回 収 の 枠 組 みを 利 用 し 廃 バッテリー/ 廃 蓄 電 池 の 返 却 リサイクル および 処 理 を 行 わねばなりません バッテリー/ 蓄 電 池 に 含 まれている 可 能 性 のある 有 害 物 質 が 環 境 や 人 間 の 健 康 に 与 える 影 響 を 最 小 限 に 抑 えるために お 客 様 が 回 収 の 枠 組 みに 参 加 することが 重 要 です バッテリー 蓄 電 池 および 動 力 電 池 の 小 売 価 格 には 廃 棄 における 環 境 管 理 の 費 用 が 含 まれています 適 切 な 回 収 方 法 や 処 理 方 法 の 詳 細 については Lenovo 担 当 員 にお 問 い 合 わせください 以 下 の 事 項 が すべての EU 諸 国 に 適 用 されます EU 諸 国 で 購 入 された 機 械 の 保 証 は Lenovo がその 国 でかかる 機 械 を 発 表 し かつ 販 売 していることを 条 件 に すべ ての EU 諸 国 で 有 効 であり 適 用 されます デンマーク フィンランド ギリシャ イタリア リヒテンシュタイン オランダ ノルウェー ポルトガル スペ イン スウェーデン およびスイス 本 条 項 の 文 を 次 のように 置 き 換 えます 別 途 強 行 法 規 が 定 める 場 合 を 除 き 次 のとおりとします L Lenovo 保 証 の 内 容 と 制 限 /13

10 a. 本 書 に 規 定 される または 本 書 に 関 連 する Lenovo の 義 務 の 履 行 の 結 果 生 じる または 本 書 に 関 連 したその 他 の 原 因 によって 生 じるいかなる 損 害 および 損 失 に 対 する Lenovo の 責 任 は かかる 義 務 の 不 履 行 (Lenovo に 過 失 がある 場 合 ) またはかかる 原 因 により 現 実 に 発 生 した 通 常 かつ 直 接 の 損 害 に 対 する お 客 様 が 機 械 に 支 払 った 売 買 価 格 相 当 額 を 限 度 額 とする 金 銭 賠 償 責 任 に 限 定 されます 本 条 項 において 機 械 には 機 械 コードを 含 みます 上 記 の 制 限 は 法 的 に Lenovo の 責 任 に 帰 する 生 命 身 体 または 有 体 物 に 対 する 賠 償 責 任 には 適 用 されません b. いかなる 場 合 においても Lenovo Lenovo のサプライヤー 従 契 約 者 または Lenovo ビジネス パートナーは その 予 見 の 有 無 を 問 わず 発 生 した 以 下 のものについては 賠 償 責 任 を 負 いません 1) お 客 様 のデータの 喪 失 または 損 傷 2) 付 随 的 損 害 または 間 接 損 害 およびその 他 の 拡 大 損 害 3) 逸 失 した 利 益 (たとえ 損 害 を 発 生 させた 事 象 の 直 接 的 結 果 として 発 生 したものであっても) あるいは 4) 逸 失 したビジネス 収 益 信 用 節 約 すべかりし 費 用 フランスおよびベルギー 本 条 項 の 文 を 次 のように 置 き 換 えます 別 途 強 行 法 規 が 定 める 場 合 を 除 き 次 のとおりとします a. 本 書 に 規 定 される または 本 書 に 関 連 する Lenovo の 義 務 の 履 行 の 結 果 生 じるいかなる 損 害 および 損 失 に 対 する Lenovo の 責 任 は かかる 義 務 の 不 履 行 (Lenovo に 過 失 がある 場 合 ) により 現 実 に 発 生 した 通 常 かつ 直 接 の 損 害 に 対 する お 客 様 が 損 害 の 原 因 となった 機 械 の 購 入 時 に 支 払 われた 売 買 価 格 相 当 額 の 総 額 を 累 積 限 度 額 とする 金 銭 賠 償 責 任 に 限 定 されます 本 条 項 において 機 械 には 機 械 コードを 含 みます 本 責 任 の 制 限 は Lenovo のサプライヤー 従 契 約 者 および Lenovo ビジネス パートナーに 対 する 損 害 賠 償 請 求 に も 適 用 されるものとします お 客 様 は Lenovo Lenovo のサプライヤー 従 契 約 者 または Lenovo ビジネス パー トナーに 対 して 重 複 して 損 害 賠 償 を 請 求 することはできません 上 記 の 制 限 は 法 的 に Lenovo の 責 任 に 帰 する 生 命 身 体 または 有 体 物 に 対 する 賠 償 責 任 には 適 用 されません b. いかなる 場 合 においても Lenovo Lenovo のサプライヤー 従 契 約 者 または Lenovo ビジネス パートナーは その 予 見 の 有 無 を 問 わず 発 生 した 以 下 のものについては 賠 償 責 任 を 負 いません 1) お 客 様 のデータの 喪 失 または 損 傷 2) 付 随 的 損 害 または 間 接 損 害 およびその 他 の 拡 大 損 害 3) 逸 失 した 利 益 (たとえ 損 害 を 発 生 させた 事 象 の 直 接 的 結 果 として 発 生 したものであっても) あるいは 4) 逸 失 したビジネス 収 益 信 用 節 約 すべかりし 費 用 次 に 指 定 されている 国 には 以 下 の 事 項 が 適 用 されます オーストリアおよびドイツ 本 条 項 の 最 初 の 段 落 の 最 初 の 文 を 次 のように 置 き 換 えます Lenovo 機 械 に 対 する 保 証 は 機 械 の 通 常 使 用 に 対 する 機 能 および 機 械 の 仕 様 の 合 致 を 保 証 するものです 本 条 項 に 次 の 段 落 を 追 加 します 機 械 に 対 する 最 短 の 保 証 期 間 は 12 か 月 とします Lenovo または Lenovo ビジネス パートナーが 機 械 を 修 理 できな い 場 合 お 客 様 は Lenovo に 対 して 修 理 できない 機 械 の 対 価 を 換 算 し そこから 算 定 される 金 額 を 値 引 きとして 要 求 すること または 当 該 機 械 に 対 する 契 約 を 解 約 し 支 払 い 済 みの 代 金 の 返 金 を 要 求 できます 問 題 を 解 決 するために Lenovo が 行 うこと: 本 条 項 に 以 下 を 追 加 します 保 証 期 間 中 の 故 障 した 機 械 の Lenovo への 輸 送 費 用 は Lenovo が 負 担 するものとします 本 条 項 に 次 の 段 落 を 追 加 します 本 条 項 に 基 づく 損 害 賠 償 責 任 の 制 限 は Lenovo の 不 正 行 為 または 重 過 失 の 場 合 および 明 示 保 証 には 適 用 されません 次 の 文 を b 項 の 最 後 に 追 加 します 本 項 の 損 害 賠 償 責 任 は Lenovo による 通 常 の 過 失 に 基 づく 重 要 な 契 約 条 件 の 違 反 の 場 合 に 限 ります アイルランド 本 条 項 に 以 下 を 追 加 します L Lenovo 保 証 の 内 容 と 制 限 /13

11 本 書 または Sale of Goods and Supply of Services Act, 1980 ( 以 下 1980 Act といいます) により 修 正 され た Sale of Goods Act 1893 の 第 12 条 で 明 示 的 に 規 定 する 場 合 を 除 き 1980 Act (1980 Act の 第 39 条 を 含 みます) により 修 正 された Sale of Goods Act 1893 に 基 づく 黙 示 の 保 証 を 含 む (これに 限 るものではありません) すべての 条 件 または 保 証 責 任 ( 明 示 か 黙 示 か 法 定 のものか 否 かを 問 いません) は 適 用 除 外 とします 本 条 項 の 文 を 次 のように 置 き 換 えます 本 条 項 において Lenovo の 責 に 帰 すべき 事 由 には 契 約 上 の 行 為 であるか 不 法 行 為 であるかにかかわらず 保 証 の 内 容 と 制 限 に 関 連 し お 客 様 に 対 して Lenovo が 法 的 責 任 を 負 うべき Lenovo 側 の 行 為 生 命 懈 怠 過 失 が 含 ま れます 実 質 的 同 一 の 損 失 または 損 害 という 結 果 を 生 じさせ あるいはこれに 寄 与 する 複 数 の Lenovo の 帰 責 事 由 は それらの 中 で 最 後 に 発 生 した 日 付 で 発 生 した 1 つの Lenovo の 帰 責 事 由 として 処 理 されます Lenovo の 責 に 帰 すべき 事 由 に 基 づく 損 害 に 対 して お 客 様 が Lenovo に 救 済 を 求 める 状 況 が 発 生 する 場 合 があります 本 条 項 では Lenovo の 責 任 範 囲 を 規 定 し お 客 様 の 救 済 策 は 以 下 に 限 定 されます a. Lenovo は Lenovo の 過 失 により 引 き 起 こされた 死 亡 または 身 体 傷 害 については 無 限 責 任 を 負 うものとします b. 下 記 の Lenovo が 責 任 を 負 わない 項 目 を 前 提 として Lenovo は Lenovo の 過 失 の 結 果 生 じたお 客 様 の 有 形 固 定 資 産 への 物 的 損 傷 に 対 しては 無 限 責 任 を 負 います c. 上 記 の a 項 および b 項 の 規 定 を 除 き 1 件 の Lenovo の 責 に 帰 すべき 事 由 に 基 づき 現 実 に 発 生 した 損 害 に 対 する Lenovo の 責 任 は 1) 125,000 EUR または 2) 損 害 の 直 接 原 因 となった 機 械 にお 客 様 が 支 払 った 売 買 価 格 の 125% 相 当 額 のいずれか 高 い 方 の 金 額 を 限 度 額 とする 金 銭 賠 償 責 任 に 限 られます Lenovo が 責 任 を 負 わない 項 目 上 記 の a 項 に 記 載 された 責 任 を 除 き いかなる 場 合 においても Lenovo および Lenovo のサプライヤーならびに Lenovo ビジネス パートナーは その 予 見 の 有 無 を 問 わず 発 生 した 以 下 のものについては 責 任 を 負 いません a. データの 喪 失 または 損 傷 b. 特 別 損 害 間 接 損 害 またはその 他 の 拡 大 損 害 c. 逸 失 した 利 益 ビジネス 収 益 信 用 節 約 すべかりし 費 用 ポーランド 7 番 目 の 段 落 ( 太 字 で 大 文 字 ) の を 含 む すべての の 語 の 後 に 以 下 の 語 を 追 加 します: 保 証 (RĘKOJMIA) 南 アフリカ ナミビア ボツワナ レソト スワジランド 本 条 項 に 以 下 を 追 加 します 本 保 証 の 内 容 と 制 限 の 内 容 に 関 し Lenovo の 不 履 行 を 含 めたあらゆる 状 況 で お 客 様 に 現 実 に 発 生 した 損 害 に 対 する Lenovo の 責 任 は 損 害 発 生 の 直 接 原 因 となった 機 械 にお 客 様 が 支 払 った 売 買 価 格 相 当 額 を 限 度 額 とする 金 銭 賠 償 責 任 に 限 ります トルコ 本 条 項 に 以 下 を 追 加 します 機 械 に 対 する 最 短 の 保 証 期 間 は 2 年 とします グレートブリテンおよび 北 部 アイルランド 連 合 王 国 ( 英 国 ) 本 条 項 の 文 を 次 のように 置 き 換 えます 本 条 項 において Lenovo の 責 に 帰 すべき 事 由 には 契 約 上 の 行 為 であるか 不 法 行 為 であるかにかかわらず 保 証 の 内 容 と 制 限 に 関 連 し お 客 様 に 対 して Lenovo が 法 的 責 任 を 負 うべき Lenovo 側 の 行 為 生 命 懈 怠 過 失 が 含 ま れます 実 質 的 同 一 の 損 失 または 損 害 という 結 果 を 生 じさせ あるいはこれに 寄 与 する 複 数 の Lenovo の 帰 責 事 由 は 1 つの Lenovo の 帰 責 事 由 として 処 理 されます L Lenovo 保 証 の 内 容 と 制 限 /13

12 Lenovo の 責 に 帰 すべき 事 由 に 基 づく 損 害 に 対 して お 客 様 が Lenovo に 救 済 を 求 める 状 況 が 発 生 する 場 合 があります 本 条 項 では Lenovo の 責 任 範 囲 を 規 定 し お 客 様 の 救 済 策 は 以 下 に 限 定 されます a. Lenovo は 以 下 のものについては 無 限 責 任 を 負 います (1) Lenovo の 過 失 により 引 き 起 こされた 死 亡 または 身 体 傷 害 (2) Sale of Goods Act 1979 の 第 12 条 または Supply of Goods and Services Act 1982 の 第 2 条 に 定 める 黙 示 の 責 任 違 反 b. 下 記 の Lenovo が 責 任 を 負 わない 項 目 を 前 提 として Lenovo は Lenovo の 過 失 の 結 果 生 じたお 客 様 の 有 形 固 定 資 産 への 物 的 損 傷 に 対 しては 無 限 責 任 を 負 います c. 上 記 の a 項 および b 項 の 規 定 を 除 き 1 件 の Lenovo の 責 に 帰 すべき 事 由 に 基 づき 現 実 に 発 生 した 損 害 に 対 する Lenovo の 責 任 は 1) 75,000 スターリング ポンド または 2) 損 害 の 直 接 原 因 となった 機 械 にお 客 様 が 支 払 った 売 買 価 格 または 費 用 の 125% 相 当 額 のいずれか 高 い 方 の 金 額 を 限 度 額 とする 金 銭 賠 償 責 任 に 限 られます これらの 制 限 は Lenovo のサプライヤーおよび Lenovo ビジネス パートナーにも 適 用 されます これらの 制 限 は Lenovo および Lenovo のサプライヤーならびに Lenovo ビジネス パートナーが 共 同 で 責 任 を 負 う 最 大 賠 償 額 を 示 し ます Lenovo が 責 任 を 負 わない 項 目 上 記 の a 項 に 記 載 された 責 任 を 除 き Lenovo および Lenovo のサプライヤーならびに Lenovo ビジネス パートナ ーは その 予 見 の 有 無 を 問 わず 発 生 した 以 下 のものについては 責 任 を 負 いません a. データの 喪 失 または 損 傷 b. 特 別 損 害 間 接 損 害 またはその 他 の 拡 大 損 害 c. 逸 失 した 利 益 ビジネス 収 益 信 用 節 約 すべかりし 費 用 d. お 客 様 に 対 する 第 三 者 からの 損 害 賠 償 請 求 第 3 章 - 保 証 情 報 マシン タイプ 機 械 を 購 入 した 国 保 証 期 間 保 証 サービスの 種 類 サービス レベル 保 証 サービスの 実 施 は 1) お 客 様 のサービス 要 求 を 受 け 付 けた 日 時 2) 対 象 の 機 械 のテクノロジーと 冗 長 性 およ び 3) 部 品 の 在 庫 によって 決 定 します 国 や 地 域 に 固 有 の 情 報 については Lenovo 担 当 員 従 契 約 者 または Lenovo のサービスを 代 行 する Lenovo ビジネス パートナーにお 問 い 合 わせください 保 証 サービスの 種 類 タイプ 1 - カスタマー 交 換 可 能 ユニット (CRU: Customer Replaceable Unit) サービス Lenovo はお 客 様 がご 自 身 で 導 入 できるように 交 換 用 CRU をお 客 様 に 出 荷 します CRU についての 情 報 および 交 換 手 順 のご 案 内 は 機 械 と 一 緒 に 出 荷 されます また お 客 様 はこれらをいつでも Lenovo に 要 求 し 入 手 することができ ます CRU は Tier 1 CRU (お 客 様 導 入 が 必 須 ) または Tier 2 CRU (お 客 様 導 入 はオプション) のいずれかに 指 定 さ れます Lenovo が Tier 1 と 指 定 する CRU の 導 入 はお 客 様 ご 自 身 の 責 任 で 行 っていただきます お 客 様 の 要 請 によ り Lenovo が Tier 1 CRU の 導 入 を 行 った 場 合 は その 料 金 を 請 求 させていただきます Lenovo が Tier 2 と 指 定 す る CRU はお 客 様 ご 自 身 で 導 入 することができますが 対 象 の 機 械 に 関 して 指 定 された 保 証 サービスの 種 類 に 基 づき 追 加 料 金 なしで Lenovo に 導 入 を 要 求 することもできます Lenovo は 取 り 外 した ( 故 障 した) CRU を Lenovo に 返 却 する 必 要 があるかどうかを 交 換 用 CRU に 同 梱 される 資 料 に 指 定 するものとします 返 却 が 必 要 な 場 合 は 1) 返 却 の 指 示 および 返 送 用 梱 包 材 が 交 換 用 CRU と 一 緒 に 出 荷 され 2) お 客 様 が 故 障 した CRU の 交 換 用 CRU の 受 領 から 15 日 以 内 に 返 却 しない 場 合 Lenovo は 交 換 用 CRU の 代 金 を 請 求 させていただく 場 合 があります タイプ 5 - CRU とオンサイト サービス L Lenovo 保 証 の 内 容 と 制 限 /13

13 Lenovo の 判 断 により お 客 様 に CRU サービスを 提 供 するか または Lenovo Lenovo の 従 契 約 者 あるいは Lenovo ビジネス パートナーがお 客 様 の 機 械 設 置 場 所 で 機 械 の 修 理 を 行 い 機 械 の 動 作 を 検 証 します お 客 様 は Lenovo 機 械 の 分 解 および 再 組 み 立 てを 行 うことができる 適 切 な 作 業 場 を 提 供 する 必 要 があります 作 業 場 は 清 潔 で 明 るく 分 解 および 再 組 み 立 てに 適 した 場 所 でなければなりません タイプ 6 - CRU とクーリエ サービス Lenovo の 判 断 により お 客 様 に CRU サービスを 提 供 するか または Lenovo が 手 配 した 引 き 取 りサービスのために お 客 様 が 故 障 した 機 械 を 取 り 外 します Lenovo は 所 定 のサービス センターにお 客 様 が 機 械 を 返 送 するための 輸 送 用 コンテナーを 提 供 します 宅 配 便 業 者 が 機 械 を 回 収 し 指 定 されたサービス センターに 配 送 します 修 理 または 交 換 後 Lenovo は お 客 様 の 機 械 設 置 場 所 に 機 械 を 返 送 する 手 配 をします 交 換 用 機 械 の 取 り 付 けおよび 動 作 の 検 証 は お 客 様 の 責 任 となります タイプ 7 - CRU と 持 ち 込 みまたは 郵 送 サービス Lenovo の 判 断 により お 客 様 に CRU サービスを 提 供 するか または Lenovo が 指 定 する 方 法 で ( 別 途 Lenovo が 定 める 場 合 を 除 き 送 料 前 払 いで) お 客 様 が 適 切 に 梱 包 した 故 障 した 機 械 を Lenovo が 指 定 する 場 所 に 配 送 または 郵 送 します Lenovo は 機 械 を 修 理 または 交 換 した 後 お 客 様 が 回 収 できるようにします 郵 送 サービスの 場 合 Lenovo は 別 途 Lenovo が 定 める 場 合 を 除 き Lenovo の 費 用 負 担 で 機 械 をお 客 様 に 返 送 します 交 換 用 機 械 の 取 り 付 けおよ び 動 作 の 検 証 は お 客 様 の 責 任 となります タイプ 8 - CRU と 機 械 交 換 サービス Lenovo の 判 断 により お 客 様 に 特 定 の CRU サービスを 提 供 するか または Lenovo がお 客 様 先 へ 交 換 用 機 械 を 出 荷 します お 客 様 は 交 換 用 機 械 が 入 っていた 輸 送 用 コンテナーに 故 障 した 機 械 を 梱 包 し 故 障 した 機 械 を Lenovo へ 返 送 するものとします 交 換 用 機 械 の 送 付 および 故 障 した 機 械 の 返 却 の 送 料 は Lenovo が 負 担 します お 客 様 が 交 換 用 機 械 の 受 領 から 15 日 以 内 に 故 障 した 機 械 を 返 却 しない 場 合 Lenovo は 交 換 用 機 械 の 代 金 を 請 求 させていただく 場 合 があります 交 換 用 機 械 の 取 り 付 けおよび 動 作 の 検 証 は お 客 様 の 責 任 となります 保 証 サービスのサービス レベル 下 記 に 記 載 する 保 証 サービスのサービス レベルは 目 標 応 答 時 間 で 設 定 されますが 保 証 されるものではありませ ん 指 定 された 保 証 サービスのサービス レベルは 世 界 中 のすべての 地 域 で 利 用 可 能 であるとは 限 りません (お 客 様 の 地 域 で 実 際 に 提 供 される 保 証 サービスのサービス レベルにつきましては 別 途 ご 確 認 ください) Lenovo の 通 常 のサービス 地 域 以 外 では 追 加 料 金 がかかる 場 合 があります 応 答 時 間 は 現 地 の 標 準 営 業 日 および 勤 務 時 間 によって 決 まります 別 段 の 定 めがない 限 り すべての 応 答 は お 客 様 が 問 題 判 別 のために Lenovo に 問 い 合 わせたときから Lenovo が 遠 隔 で 問 題 を 解 決 したときか 実 施 するサービスのスケジュールを 設 定 したときまでを 計 測 します SBD (Same Business Day) 保 証 サービスは 現 地 の 標 準 営 業 日 および 勤 務 時 間 に 基 づき 提 供 されます NBD (Next Business Day) 保 証 サービスは 翌 営 業 日 の 商 習 慣 上 妥 当 な 時 間 に 提 供 されます Lenovo は お 客 様 に 利 用 可 能 な 遠 隔 支 援 技 術 を 使 用 することをお 勧 めしています 問 題 の 直 接 報 告 遠 隔 問 題 判 別 および 解 決 のために 利 用 可 能 な 遠 隔 接 続 ツールまたは 機 器 が 導 入 もしくは 使 用 されていない 場 合 資 源 要 件 の 問 題 か ら 結 果 的 にサービス レベルの 応 答 時 間 が 延 びる 場 合 があります 1.NBD (Next Business Day) (9 時 間 週 5 日 ) 2.SBD (Same Business Day) (9 時 間 週 5 日 ) 3.SD (Same Day) 24 時 間 週 7 日 Lenovo 連 絡 先 情 報 カナダまたは 米 国 では にお 電 話 ください EU 諸 国 アジア 太 平 洋 諸 国 およびラテンアメリカ 諸 国 では それぞれの 国 の Lenovo にお 問 い 合 わせいただくか Lenovo インターネット Web サイト (http://www.support.lenovo.com/) をご 覧 ください L Lenovo 保 証 の 内 容 と 制 限 /13

immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2

immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2 1 immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2 Ibrahim Baylan (skolministern) km segregation citizen 3 4 5 1 2 1950 3 4 5 市 民 (Citizens) 自 治 体 ( 県 )による 医 療 支 援 U N H C R 書 類 選 考 受 入 決 定 政 府

More information

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在 下 記 査 証 情 報 は 日 本 国 籍 での 観 光 旅 行 者 を 対 象 とした 及 び 必 要 な となります 外 国 籍 の 方 は 各 大 使 館 及 び 領 事 館 にお 問 合 せ 下 さい 査 証 情 報 は 各 大 使 館 領 事 館 からの 発 出 情 報 ですが 予 告 なく 変 更 になる 場 合 があります 予 めご 了 承 ください : 観 光 要 : 観 光 不 要

More information

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書 別 紙 様 式 第 三 十 三 財 務 大 臣 殿 ( 日 本 銀 行 経 由 ) 銀 行 等 の 非 居 住 者 等 に 対 する 国 別 債 権 債 務 に 関 する 報 告 書 ( 年 月 末 現 在 ) 報 告 年 月 日 : 根 拠 法 規 : 外 国 為 替 の 取 引 等 の 報 告 に 関 する 省 令 主 務 官 庁 : 財 務 省 短 期 債 権 報 告 者 : 名 称 及 び

More information

Microsoft Word - L505-0010-02 Lenovo Limited Warranty _Final_ 8.2011.doc

Microsoft Word - L505-0010-02 Lenovo Limited Warranty _Final_ 8.2011.doc Lenovo 保 証 規 定 L505-0010-02 08/2011 Lenovo 保 証 規 定 は 以 下 の 部 分 で 構 成 されます 第 1 章 共 通 条 項 第 2 章 各 国 固 有 の 条 項 第 3 章 保 証 サービス 情 報 第 2 章 には 特 定 の 国 について 第 1 章 の 条 項 を 変 更 または 置 き 換 える 条 項 が 明 記 されている 場 合 があります

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 結 果 調 査 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 現 在 神 奈 川 県 県 民 局 くらし 文 化 部 国 際 課 1 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 概 要 2 調 査 対 象 者 程 神 ) 奈 川 高 県

More information

数字で見る国連WFP 2014

数字で見る国連WFP 2014 2014 レベル3の 緊急支援 2014年 国連WFPはレベル3の緊急支援活動6件に並行して取り組みました レベル3とは 国連WFPが定める緊急事態の最高段階です 国連WFPは レベル3と判断した事態には 国事務所や地域事務所を中心としつつ 全組織を挙げて対応します 数字で見る国連WFP 2014 レベル3の 緊急支援 中央アフリカ共和国 法と秩序の崩壊により住む家を追われた100万人以上に支援を届けました

More information

: 用 : 観 光 査 証 渡 ギリシャ 共 和 国 6ヵ 月 間 で90 日 以 内 の 滞 在 は 査 証 不 シェンゲン 協 定 加 盟 国 入 国 時 3ヵ 月 + 滞 在 日 数 (ギリシャ 含 むシェンゲン 加 盟 国 ) 以 上 必 グリーンランド 6ヶ 月 間 で90 日 以 内 の

: 用 : 観 光 査 証 渡 ギリシャ 共 和 国 6ヵ 月 間 で90 日 以 内 の 滞 在 は 査 証 不 シェンゲン 協 定 加 盟 国 入 国 時 3ヵ 月 + 滞 在 日 数 (ギリシャ 含 むシェンゲン 加 盟 国 ) 以 上 必 グリーンランド 6ヶ 月 間 で90 日 以 内 の 日 本 国 籍 の 日 本 人 観 光 旅 行 者 を 対 象 とした 査 証 渡 航 認 証 及 び 必 要 な です 訪 問 の 目 的 や 訪 問 頻 度 滞 在 日 数 によっては 査 証 が 必 要 な 国 地 域 があります インドネシアやタイなどでは 訪 問 目 的 が 技 術 指 導 機 械 設 置 やメンテナンスの 場 合 には 目 的 に 応 じた 査 証 が 必 要 となります

More information

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書 1 1 21 22 23 2 2 2 2 2 2 30 31 32 33 3 3 3 3 3 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 別 紙 様 式 第 三 十 三 財 務 大 臣 殿 ( 日 本 銀 行 経 由 ) 責 任 者 氏 名 担 当 者 の 氏 名 電 話 番 号 短 期 債 権 国 ( 地 域 ) 別 ミャンマー 中 国 香

More information

2 図 8-2 平 成 26 年 度 末 派 遣 先 機 関 別 状 況 指 令 で 定 める 機 関 11 人 ( 2.8%) 研 究 所 8 人 ( 2.0%) 外 国 政 府 140 人 (35.8%) 国 際 連 合 116 人 (29.7%) 派 遣 者 総 数 391 人 (100.0%

2 図 8-2 平 成 26 年 度 末 派 遣 先 機 関 別 状 況 指 令 で 定 める 機 関 11 人 ( 2.8%) 研 究 所 8 人 ( 2.0%) 外 国 政 府 140 人 (35.8%) 国 際 連 合 116 人 (29.7%) 派 遣 者 総 数 391 人 (100.0% 8 8 グローバル 化 の 急 速 な 進 展 の 中 人 事 行 政 の 分 野 においても 国 際 協 力 や 国 際 交 流 の 重 要 性 は 高 まっており 開 発 途 上 国 政 府 や 国 際 機 関 への 技 術 協 力 を 目 的 とする 日 本 の 公 務 員 に 対 する 派 遣 要 請 に 加 え 各 国 政 府 職 員 の 人 材 育 成 や 公 務 員 制 度 の 整 備

More information

21 北 朝 鮮 22 台 湾 23 大 韓 民 国 24 香 港 特 別 行 政 区 25 中 華 人 民 共 和 国 26 アイスランド 共 和 国 27 アイルランド 28 アルバニア 共 和 国 29 アンドラ 公 国 (フランス) 30 イタリア 共 和 国 31 オランダ 王 国 32

21 北 朝 鮮 22 台 湾 23 大 韓 民 国 24 香 港 特 別 行 政 区 25 中 華 人 民 共 和 国 26 アイスランド 共 和 国 27 アイルランド 28 アルバニア 共 和 国 29 アンドラ 公 国 (フランス) 30 イタリア 共 和 国 31 オランダ 王 国 32 日 本 国 籍 の 観 光 査 証 渡 航 認 証 要 否 旅 券 の 残 存 期 間 ご 注 意! 渡 航 される 場 合 は 必 ず 関 係 諸 機 関 へお 問 い 合 わせいただき その 時 点 の 最 新 情 報 を 入 手 してください 弊 社 では 下 記 情 報 に 起 因 する 一 切 の 責 任 を 負 いかねます 事 をあらかじめご 承 知 おきください 2013 年 9 月

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698A6D92E894C5816A3232944E93788E788B8B8E9696B1977697CC2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698A6D92E894C5816A3232944E93788E788B8B8E9696B1977697CC2E646F6378> 平 成 22 年 2 月 独 立 行 政 法 人 日 本 学 術 振 興 会 研 究 協 力 第 二 課 際 学 会 等 派 遣 事 業 平 成 22 年 度 支 給 事 務 取 扱 要 領 標 記 事 業 にかかる 経 費 請 求 等 の 手 続 きについては 下 記 の 事 項 にご 留 意 のうえ 所 属 機 関 事 務 局 においては 本 要 領 に 従 って 採 用 者 の 必 要 書 類

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378> 経 済 産 業 省 20140304 貿 局 第 4 号 輸 出 注 意 事 項 26 第 6 号 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 包 括 承 認 取 扱 要 領 を 次 のとおり 制 定 する 平 成 26 年 3 月 14 日 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 長 横 尾 英 博 包 括 承 認 取 扱 要 領 の 制 定 について 包 括 承 認 取 扱 要 領

More information

<8370836C838B9357323031308366815B835E2E786C73>

<8370836C838B9357323031308366815B835E2E786C73> 生 活 1 人 口 世 帯 数 世 帯 人 員 の 減 少 傾 向 が 続 く 人 口,, 3, 3,,,, 1,, 17,7 9,1 13,13 1,1 39,7 人 17,19 戸,9 人 17,7 人 19 19 19 197 197 19 19 199 199 9 女 男 世 帯 数 人 口 の 合 計 世 帯 数 ( 戸 ), 1, 1, 1, 1, 1,,,,, 豊 中 市 の 人 口

More information

内表紙 (1)外国人研究者招へい事業

内表紙 (1)外国人研究者招へい事業 厚 生 労 働 科 学 研 究 推 進 事 業 新 型 インフルエンザ 等 新 興 再 興 感 染 症 研 究 推 進 事 業 公 募 申 込 の 手 引 き Ⅱ. 外 国 への 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 公 益 社 団 法 人 国 際 厚 生 事 業 団 目 次 Ⅱ. 外 国 への 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 第 1. 事 業 の 目 的 1 第 2. 対 象 となる 日

More information

人 6 年 が11 人 平 成 27 年 が 統 計 を 有 している3 月 末 日 時 点 で2 人 である 申 請 数 と 認 定 数 認 定 率 の 推 移 6 5 4 3 2 1 25 26 27 28 29 21 211 212 213 214 215 年 3 月 申 請 数 ( 人 )

人 6 年 が11 人 平 成 27 年 が 統 計 を 有 している3 月 末 日 時 点 で2 人 である 申 請 数 と 認 定 数 認 定 率 の 推 移 6 5 4 3 2 1 25 26 27 28 29 21 211 212 213 214 215 年 3 月 申 請 数 ( 人 ) 人 第 189 回 国 会 質 問 第 233 号 参 議 院 議 員 石 橋 通 宏 議 員 我 が 国 における 難 民 認 定 の 状 況 に 関 す る 質 問 主 意 書 (215 年 8 月 1 日 ) 答 弁 書 第 233 号 参 議 院 議 員 石 橋 通 宏 君 提 出 我 が 国 における 難 民 認 定 の 状 況 に 関 する 質 問 に 対 する 答 弁 書 (215 年

More information

スライド 1

スライド 1 摂 南 大 学 講 演 会 資 料 テーマ 税 の 役 割 と 税 務 署 の 仕 事 平 成 24 年 6 月 27 日 枚 方 税 務 署 税 の 役 割 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ 財 政 の 現 状 社 会 資 本 整 備 と 公 共 サービスの 費 用 教 育 費 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ ~ 支 え 合 いにより 成 り 立 っている 社 会 ~ 公

More information

地方独立行政法人大阪市立工業研究所職員旅費規程

地方独立行政法人大阪市立工業研究所職員旅費規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 市 立 工 業 研 究 所 職 員 の 外 国 旅 行 の 旅 費 に 関 する 規 程 制 定 平 成 20 年 6 月 1 日 規 程 第 221 号 最 近 改 正 平 成 26 年 5 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 市 立 工 業 研 究 所 旅 費 規 程 ( 以 下 国 内 旅 費

More information

旅費規程改正案(2012.4.1~)

旅費規程改正案(2012.4.1~) 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 旅 費 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 規 程 第 43 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 13 条 ) 第 2 章 内 国 旅 行 の 旅 費 ( 第 14 条 - 第 26 条 ) 第 3 章 外 国 旅 行 の 旅 費 ( 第 27 条 - 第 34 条 ) 第 4

More information

2009年度調査国際結果の要約

2009年度調査国際結果の要約 OECD 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 Programme for International Student Assessment ~2009 年 調 査 国 際 結 果 の 要 約 ~ PISA 調 査 の 概 要 参 加 国 が 共 同 して 国 際 的 に 開 発 し 実 施 している 15 歳 児 を 対 象 とする 学 習 到 達 度 調 査 読 解 力 数 学 的 リテラシー

More information

危機にある世界遺産

危機にある世界遺産 人 間 開 発 指 標 (HDI) 高 0.8 中 ベネズエラ エクアドル アセ ルハ イシ ャン イラン アルジェリア カンボジア パキスタン ネパール 0.5 イエメン ウガンダ ギニア コートジボアール コンゴ 民 主 エチオピア ニジェール 低 中 央 アフリカ ポーランド クロアチア アルバニア ブルガリア ブラジル オーマン ペルー ヨルダン チュニジア フィリピン エジプト ホンジュラス

More information

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc 平 成 25 年 3 月 8 日 社 団 法 人 日 本 アクチュアリー 会 平 成 24 年 度 CERA 資 格 認 定 について 日 本 アクチュアリー 会 ( 理 事 長 : 野 呂 順 一 )は 平 成 24 年 度 から ERM(エンタープライズ リ スク マネジメント)の 専 門 資 格 である CERA の 資 格 認 定 を 開 始 いたしました CERA 資 格 認 定 の 概

More information

スリランカの 主 権 独 立 統 一 および 領 土 保 全 に 対 する 理 事 会 の 公 約 を 再 確 認 し 各 国 の 全 住 民 のあらゆる 人 権 および 基 本 的 自 由 の 完 全 な 享 受 を 確 保 することは 各 国 の 責 任 で あることもまた 再 確 認 し テロ

スリランカの 主 権 独 立 統 一 および 領 土 保 全 に 対 する 理 事 会 の 公 約 を 再 確 認 し 各 国 の 全 住 民 のあらゆる 人 権 および 基 本 的 自 由 の 完 全 な 享 受 を 確 保 することは 各 国 の 責 任 で あることもまた 再 確 認 し テロ 総 会 A/HRC/RES/25/1 配 布 : 一 般 2014 年 4 月 9 日 原 文 : 英 語 人 権 理 事 会 第 25 会 期 議 事 日 程 議 題 2 国 際 連 合 人 権 高 等 弁 務 官 年 次 報 告 書 および 高 等 弁 務 官 事 務 所 並 びに 事 務 総 長 報 告 書 人 権 理 事 会 により 採 択 された 決 議 25/1. スリランカにおける 和

More information

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 平 成 22 年 (2010 年 ) 外 国 貿 易 年 表 長 崎 税 関 凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 月 まで)を 含 む )

More information

( 東 京 都 の 特 別 区 にあっては 特 別 区 の 存 する 地 域 )をいい 外 国 にあってはこれに 準 ずる 地 域 をいうものとする ただし 本 邦 において 在 勤 地 という 場 合 には 在 勤 事 務 所 (バイオテクノロジーセンター( 木 更 津 市 )を 除 く)から8キ

( 東 京 都 の 特 別 区 にあっては 特 別 区 の 存 する 地 域 )をいい 外 国 にあってはこれに 準 ずる 地 域 をいうものとする ただし 本 邦 において 在 勤 地 という 場 合 には 在 勤 事 務 所 (バイオテクノロジーセンター( 木 更 津 市 )を 除 く)から8キ 独 立 行 政 法 人 製 品 評 価 技 術 基 盤 機 構 出 張 旅 費 支 給 規 程 制 定 平 成 13 年 4 月 1 日 最 終 改 正 平 成 28 年 1 月 1 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 製 品 評 価 技 術 基 盤 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 役 員 及 び 職 員 ( 派 遣 労 働 者 を

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63> 世 界 50カ 国 潜 在 力 調 査 2007 年 ( 要 約 ) 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 センター Japan Center for Economic Research 2008 年 1 月 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 13 位 にやや 後 退 50 カ 国 を 対 象 に 潜 在 競 争 力 ランキングを 作 成 した 潜 在 競 争 力 とは

More information

融 インフラ から 政 策 の 翼 を 担 う 港 港 は 世 界 最 のオフショア 元 市 場 を 持 つことから 世 界 の 融 センターとしての ち 位 置 があります オフショアとは 融 の 世 界 においては 規 制 が 非 常 に 少 なく 国 外 からの 所 得 に 対 して 所 得

融 インフラ から 政 策 の 翼 を 担 う 港 港 は 世 界 最 のオフショア 元 市 場 を 持 つことから 世 界 の 融 センターとしての ち 位 置 があります オフショアとは 融 の 世 界 においては 規 制 が 非 常 に 少 なく 国 外 からの 所 得 に 対 して 所 得 ハーベスト グローバル インベストメント リミテッド 提 供 の 情 報 に 基 づき SBIアセットマネジメントが 作 成 帯 路 政 策 の 窓 となる 港 2016 年 7 月 吉 日 サミットの 様 子 2016 年 5 が 提 唱 する 帯 路 構 想 に 関 するサミットが 港 特 別 政 区 政 府 主 導 で 開 催 され 全 代 委 員 をはじ め 政 策 の 恩 恵 を 受 ける

More information

(3) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 出 張 中 に 退 職 等 となった 場 合 ( 当 該 退 職 等 に 伴 う 旅 行 を 必 要 としない 場 合 を 除 く )には 当 該 役 職 員 (4) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 旅 行 中 に 死 亡 した 場 合 に

(3) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 出 張 中 に 退 職 等 となった 場 合 ( 当 該 退 職 等 に 伴 う 旅 行 を 必 要 としない 場 合 を 除 く )には 当 該 役 職 員 (4) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 旅 行 中 に 死 亡 した 場 合 に 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 旅 費 規 程 平 成 13 年 4 月 1 日 規 程 第 9 号 平 成 18 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 23 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 26 年 3 月 14 日 一 部 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323132303381798267826F9770817A874094AD955C8E9197BF8169955C8E86816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323132303381798267826F9770817A874094AD955C8E9197BF8169955C8E86816A> 国 際 数 学 理 科 教 育 動 向 調 査 の 2011 年 調 査 (T I M S S 2 0 1 1) 国 際 調 査 結 果 報 告 ( 概 要 ) 国 際 数 学 理 科 教 育 動 向 調 査 の 2011 年 調 査 (TIMSS2011) 国 際 調 査 結 果 報 告 ( 概 要 ) 平 成 24 年 12 月 Ⅰ 調 査 の 概 要 -----------------------------------------------------------

More information

1 覚 醒 剤 密 輸 入 事 犯 の 概 況 押 収 量 は 5 年 連 続 で2kg 超 となる 約 289kgであった 摘 発 件 数 124 件 は 過 去 1 年 間 で2 番 目 となった 東 京 税 関 における 覚 醒 剤 摘 発 実 績 4 35 kg 押 収 量 件 数 件 2

1 覚 醒 剤 密 輸 入 事 犯 の 概 況 押 収 量 は 5 年 連 続 で2kg 超 となる 約 289kgであった 摘 発 件 数 124 件 は 過 去 1 年 間 で2 番 目 となった 東 京 税 関 における 覚 醒 剤 摘 発 実 績 4 35 kg 押 収 量 件 数 件 2 報 道 発 表 平 成 27 年 2 月 23 日 東 京 税 関 不 正 薬 物 の 摘 発 件 数 196 件 押 収 量 約 346kg 覚 醒 剤 大 麻 の 押 収 量 が 不 正 薬 物 全 体 の 約 98%を 占 めた 覚 醒 剤 の 摘 発 件 数 が 過 去 1 年 間 で2 番 目 を 記 録 ~ 平 成 26 年 の 東 京 税 関 における 不 正 薬 物 密 輸 入 事

More information

Microsoft Word - 5010号(旧1701-8) 海外旅費規程20130418

Microsoft Word - 5010号(旧1701-8) 海外旅費規程20130418 制 定 平 成 22 年 10 月 1 日 改 訂 平 成 25 年 4 月 18 日 JAHIS 規 程 5010 号 海 外 旅 費 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 会 員 会 社 に 所 属 する 者 一 般 社 団 法 人 保 健 医 療 福 祉 情 報 システム 工 業 会 ( 以 下 本 会 という)への 出 向 者 本 会 が 雇 用 した 職 員 および 業

More information

平成26年度日本留学試験結果の概要(第2回)

平成26年度日本留学試験結果の概要(第2回) 平 成 6 年 度 日 本 留 学 試 験 ( 第 回 ) 実 施 結 果 の 概 要 目 次 平 成 6 年 度 (04 年 度 ) 日 本 留 学 試 験 実 施 要 項 実 施 状 況 3 科 目 別 平 均 点 等 一 覧 7 得 点 分 布 図 8 得 点 累 積 分 布 図 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 平 成 6 年 度 (04 年 度 ) 日 本 留 学 試

More information

議論の前提

議論の前提 第 1 章 の 補 足 資 料 ( 消 費 税 はだれが 負 担 するのか) 消 費 税 のしくみ 日 本 の 消 費 税 は 付 加 価 値 税 (value added tax VAT)と 呼 ばれる 税 の 一 種 であり 卸 売 り 小 売 りの 各 段 階 で 生 み 出 された 付 加 価 値 に 対 して 課 税 する 売 り 手 が 納 税 の 義 務 を 負 っているので 消 費

More information

持 しているものをいう (8) 遺 族 とは 職 員 等 の 配 偶 者 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 並 びに 職 員 等 の 死 亡 当 時 職 員 等 と 生 計 を 一 にしていた 他 の 親 族 をいう 2 この 規 程 において 何 級 の 職 務 という 場 合

持 しているものをいう (8) 遺 族 とは 職 員 等 の 配 偶 者 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 並 びに 職 員 等 の 死 亡 当 時 職 員 等 と 生 計 を 一 にしていた 他 の 親 族 をいう 2 この 規 程 において 何 級 の 職 務 という 場 合 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 旅 費 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 23 年 3 月 29 日 平 成 26 年 12 月 24 日 平 成 27 年 3 月 26 日 平 成 28 年 3 月 23 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 (

More information

区 分 産 業 災 害 保 険 雇 用 保 険 国 民 年 金 保 険 ( 老 人 長 期 療 養 保 険 を 含 む) ( 原 則 ) *ただし 建 設 の 場 合 年 金 健 康 におい ては 日 雇 勤 労 者 は 現 場 別 に 適 用 するの が 原 則 例 外 当 然 一 括 適 用 分

区 分 産 業 災 害 保 険 雇 用 保 険 国 民 年 金 保 険 ( 老 人 長 期 療 養 保 険 を 含 む) ( 原 則 ) *ただし 建 設 の 場 合 年 金 健 康 におい ては 日 雇 勤 労 者 は 現 場 別 に 適 用 するの が 原 則 例 外 当 然 一 括 適 用 分 Ⅳ 社 会 保 険 社 会 保 険 とは 国 民 に 発 生 する 社 会 的 危 険 を 保 険 方 式 により 対 処 することで 国 民 の 健 康 及 び 所 得 を 保 障 する 制 度 を 意 味 する( 社 会 保 障 基 本 法 第 3 条 第 2 項 ) 同 制 度 は 国 家 及 び 社 会 が 責 任 を 持 って 国 民 生 活 を 脅 かす 様 々な 生 活 上 の 危 険

More information

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 23 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 22 年 度 調 査 により 把

More information

ミャンマー 会 社 法 第 一 部 前 文 1. * * * 2. (1) 本 法 において 主 題 又 は 文 脈 に 反 するものがない 限 り 下 記 の 文 言 は 以 下 の 意 味 を 有 する (1) 付 属 定 款 とは 会 社 の 原 始 付 属 定 款 又 は 特 別 決 議 に

ミャンマー 会 社 法 第 一 部 前 文 1. * * * 2. (1) 本 法 において 主 題 又 は 文 脈 に 反 するものがない 限 り 下 記 の 文 言 は 以 下 の 意 味 を 有 する (1) 付 属 定 款 とは 会 社 の 原 始 付 属 定 款 又 は 特 別 決 議 に ミャンマー 連 邦 共 和 国 会 社 法 The Burma Companies Act (1914) 本 資 料 は 国 家 計 画 経 済 開 発 省 企 業 投 資 管 理 局 (DICA) 発 表 のミャンマー 会 社 法 をもとに 国 際 機 関 日 本 アセアンセンターが 株 式 会 社 icubeに 委 託 し 日 本 語 に 仮 訳 したものです なお 本 資 料 はあくまで 仮

More information

Microsoft PowerPoint - 160407 - Unitary Patent & UPC_HP掲載用

Microsoft PowerPoint - 160407 - Unitary Patent & UPC_HP掲載用 免 責 事 項 2016 年 4 月 7 日 知 財 情 報 研 究 会 欧 州 中 東 アフリカ 部 会 本 スライドは 記 載 事 項 についていかなる 保 証 をするものではなく 法 的 アドバイスを 提 供 するものではありません OVERVIEW 欧 州 単 一 特 許 統 一 特 許 裁 判 所 移 行 期 間 中 の 手 続 メリット デメリット 出 願 人 特 許 権 者 の 観 点

More information

ヨーロッパ各国における乗用車の安全要件

ヨーロッパ各国における乗用車の安全要件 オーストリア 視 界 不 良 時 は 防 塵 で 頑 丈 な 箱 で 保 管 のこと 任 意 ドライバーは 市 街 地 や 高 速 道 路 において 故 障 に より 自 車 を 離 れざるを 得 ない 場 合 は 着 用 が 必 要 ベラルーシ けん 引 車 を 伴 う 自 動 車 お よび 特 殊 自 動 車 1 は 自 動 車 はすべて 救 急 セットの 車 載 が 必 須 ベルギー 乗 用

More information

第 4 条 ( 加 盟 店 の 遵 守 事 項 ) 加 盟 店 は 次 に 掲 げる 事 項 について 遵 守 するものとします (1) 加 盟 店 サイト 上 に 当 社 が 定 める 加 盟 店 マークの 表 示 ガイドライン に 従 い 加 盟 店 マークを 表 示 するものとします (2)

第 4 条 ( 加 盟 店 の 遵 守 事 項 ) 加 盟 店 は 次 に 掲 げる 事 項 について 遵 守 するものとします (1) 加 盟 店 サイト 上 に 当 社 が 定 める 加 盟 店 マークの 表 示 ガイドライン に 従 い 加 盟 店 マークを 表 示 するものとします (2) WebMoney 加 盟 店 規 約 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 約 は 株 式 会 社 ウェブマネー( 以 下 当 社 という)と WebMoney 加 盟 店 契 約 ( 以 下 加 盟 店 契 約 という)を 締 結 した 加 盟 店 との 契 約 関 係 について 定 めることを 目 的 とします 第 2 条 ( 定 義 ) 本 規 約 において 次 の 用 語 は 以 下 に 規

More information

目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV ファイルの

目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV ファイルの (28.3) ハローワークシステム 外 国 人 雇 用 状 況 届 出 雇 用 情 報 複 数 登 録 手 順 書 目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV

More information

Microsoft Word - 本編2-3.doc

Microsoft Word - 本編2-3.doc 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 19 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 18 年 度 調 査 により 把

More information

(9) 契 約 担 当 者 本 サービスの 契 約 開 始 更 新 などの 当 社 からのご 案 内 などを 受 け 取 る 方 をいいます 第 2 条 ( 本 サービス 利 用 のための 手 続 き) 1.お 客 様 が 直 接 当 社 より 本 サービスを 購 入 して 利 用 することを 希

(9) 契 約 担 当 者 本 サービスの 契 約 開 始 更 新 などの 当 社 からのご 案 内 などを 受 け 取 る 方 をいいます 第 2 条 ( 本 サービス 利 用 のための 手 続 き) 1.お 客 様 が 直 接 当 社 より 本 サービスを 購 入 して 利 用 することを 希 サービス 販 売 条 件 書 :Dropbox for Business 本 サービス 販 売 条 件 書 は ソフトバンク コマース&サービス 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 )が 販 売 する Dropbox for Business その 課 金 及 びサポートに 関 する 諸 条 件 を 定 め 本 サービ スを 利 用 されるお 客 様 に 適 用 されます 第 1 条 ( 定 義 )

More information

機器保証利用規約

機器保証利用規約 端 末 補 償 for ismart 利 用 規 約 株 式 会 社 フォーバルテレコム( 以 下 当 社 といいます )は 当 社 の 指 定 する 商 品 を 購 入 するお 客 様 ( 以 下 利 用 者 といいます ) 向 けに 以 下 に 定 める 機 器 保 証 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 といいます )に 基 づき 端 末 補 償 for ismart ( 以 下 本 サービス

More information

NO.2 (1) 途 上 国 の 食 料 不 足 1. 地 域 別 栄 養 不 足 人 口 2009 年 の 地 域 別 栄 養 不 足 人 口 ( 推 計 値 ) 先 進 諸 国 15 (1.5) (100 万 人 ) 近 東 北 アフリカ 42 (4.1) ラテンアメリカ カリブ 海 53 (5

NO.2 (1) 途 上 国 の 食 料 不 足 1. 地 域 別 栄 養 不 足 人 口 2009 年 の 地 域 別 栄 養 不 足 人 口 ( 推 計 値 ) 先 進 諸 国 15 (1.5) (100 万 人 ) 近 東 北 アフリカ 42 (4.1) ラテンアメリカ カリブ 海 53 (5 NO.1 2 食 料 不 足 と 食 料 問 題 (1) 途 上 国 の 食 料 不 足 (2) 世 界 の 食 料 問 題 (3) 人 口 爆 発 (4) 食 料 生 産 の 増 大 (5) 不 平 等 な 食 料 分 配 (6) 食 料 自 給 率 NO.2 (1) 途 上 国 の 食 料 不 足 1. 地 域 別 栄 養 不 足 人 口 2009 年 の 地 域 別 栄 養 不 足 人 口 (

More information

はじめに 本 報 告 書 は 2012 年 に 実 施 された OECD( 経 済 協 力 開 発 機 構 ) 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 (PISA: Programme for International Student Assessment)のうち 国 際 オプ ションとして 実 施 された 問 題 解 決 能 力 の 国 際 調 査 結 果 を 基 に 日 本 にとって 特 に

More information

e-Probatio PS2サービス利用約款

e-Probatio PS2サービス利用約款 e-probatio PS2 サービス 利 用 約 款 ( 本 約 款 の 目 的 と 範 囲 ) 第 1 条 e-probatio PS2 サービス 利 用 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます)は 株 式 会 社 エヌ テ ィ ティ ネオメイト( 以 下 当 社 といいます)が 運 営 する 電 子 認 証 局 ( 以 下 認 証 局 とい います)が 提 供 する e-probatio

More information

取扱説明書[SH705iⅡ]

取扱説明書[SH705iⅡ] 海 国 際 ローミング(WORLD WING)の 概 要...................... 378 海 で できるサービスについて......................... 378 海 でご になる 前 の 確 認............................... 379 滞 在 先 で 電 話 をかける.....................................

More information

イルカを 水 族 館 などの 施 設 に 囲 うことを 禁 止 した 国 と 厳 しい 基 準 によって 水 族 館 でイルカを 飼 育 できなくなった 国 及 び その 詳 細 クロアチア:2009 年 7 月 イルカのいる 水 族 館 (イルカ 水 族 館 ) 及 び それに 準 ずる 施 設

イルカを 水 族 館 などの 施 設 に 囲 うことを 禁 止 した 国 と 厳 しい 基 準 によって 水 族 館 でイルカを 飼 育 できなくなった 国 及 び その 詳 細 クロアチア:2009 年 7 月 イルカのいる 水 族 館 (イルカ 水 族 館 ) 及 び それに 準 ずる 施 設 水 族 館 に 関 する 世 界 の 動 向 及 び イルカ クジラ 類 の 保 護 イルカ 保 護 の 認 識 を 持 たない 日 本 の 現 状 国 際 連 合 は 2007 年 及 び 2008 年 を 国 際 イルカ 年 と 宣 言 し 地 球 的 規 模 で イルカを 保 護 するために 活 動 しました しかし 日 本 ではほとんどニュースに なりませんでした 日 本 では イルカ クジラ

More information

4. 本 サービスを 利 用 するために 必 要 な 通 信 費 等 は 本 サービス 利 用 者 の 負 担 とします 第 5 条 ( 利 用 料 金 ) 1. 本 サービスの 利 用 料 金 ( 以 下 本 料 金 といいます )は 当 社 が 別 途 定 めるとおりとします 2. 本 サービス

4. 本 サービスを 利 用 するために 必 要 な 通 信 費 等 は 本 サービス 利 用 者 の 負 担 とします 第 5 条 ( 利 用 料 金 ) 1. 本 サービスの 利 用 料 金 ( 以 下 本 料 金 といいます )は 当 社 が 別 途 定 めるとおりとします 2. 本 サービス 第 1 条 ( 本 サービスの 内 容 ) いつでも 書 店 ( 以 下 本 サービス といいます )は いつでも 書 店 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )がお 客 様 に 対 し いつでも 書 店 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 といいます )に 基 づき 提 供 するサービスをいいます 第 2 条 ( 本 サービスの 利 用 ) 1. 本 サービスの 利 用 を 希 望

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030365F95618940939982F091CE8FDB82C682B782E98377838B83588350834152454954834B834383688389834383938C9F93A288CF88F589EF81404152455390E096BE8E9197BF323031343130323366466E616C4472616674>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030365F95618940939982F091CE8FDB82C682B782E98377838B83588350834152454954834B834383688389834383938C9F93A288CF88F589EF81404152455390E096BE8E9197BF323031343130323366466E616C4472616674> 資 料 3 第 2 回 病 院 等 を 対 象 とするヘルスケアリートの 活 用 に 係 るガイドライン 検 討 委 員 会 THE ASSOCIATION FOR REAL ESTATE SECURITIZATION 投 資 法 人 の 活 動 及 び 資 産 運 用 の 範 囲 等 について 2014 年 10 月 23 日 ( 木 ) 一 般 社 団 法 人 不 動 産 証 券 化 協 会 Jリートの

More information

平成26年要約版(閲覧用)

平成26年要約版(閲覧用) 海 外 在 留 邦 人 数 調 査 統 (Annual Report of Statistics on Japanese Nationals Overseas) 平 成 26 年 要 約 版 ( 平 成 25 年 (2013 年 )10 月 1 日 現 在 ) 外 務 省 領 事 局 政 策 課 目 次 利 用 の 手 引 き 1 1. 統 の 目 的 調 査 方 法 及 び 用 語 の 定 義

More information

第 4 条 会 員 登 録 1. CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 は 無 審 査 で 会 員 登 録 されます 2. 会 員 登 録 ができるのは CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 および CNCP サポーターと CNCP か

第 4 条 会 員 登 録 1. CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 は 無 審 査 で 会 員 登 録 されます 2. 会 員 登 録 ができるのは CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 および CNCP サポーターと CNCP か CNCP マッチングサイト 利 用 規 約 (2016.7.27) 第 1 条 総 則 1. 本 利 用 規 約 は 特 定 非 営 利 活 動 法 人 シビル NPO 連 携 プラットフォーム( 以 下 CNCP と 称 する)が 提 供 する インターネットサイトで 業 務 委 託 者 ( 以 下 クライアントと 称 する)と 業 務 受 託 者 ( 以 下 メンバーと 称 する)の マッチングを

More information

日 本 の 地 域 と 途 上 国 相 互 依 存 度 調 査 愛 知 県 ファイナル レポート 要 約 版 平 成 24 年 3 月 (202 年 ) 独 立 行 政 法 人 国 際 協 力 機 構 (JICA) 中 部 国 際 センター 三 菱 UFJリサーチ&コンサルティング 株 式 会 社 序 調 査 の 目 的 日 本 の 経 済 社 会 は 戦 後 の 高 度 経 済 成 長 を 経

More information

会員規約(バニラVisaオンライン会員用)

会員規約(バニラVisaオンライン会員用) 会 員 規 約 (バニラ Visa オンライン 会 員 用 ) 第 1 条 ( 目 的 ) (1) 本 規 約 は インターネット 上 の 加 盟 店 で 代 金 決 済 に 利 用 する ことができるインターネット 決 済 専 用 プリペイドカードであって SBI カード 株 式 会 社 ( 以 下 SBI カード 又 は 当 社 という ) が 発 行 するもの( 名 称 :バニラ Visa オンライン(

More information

のとする 第 6 条 (ポイントの 取 消 消 減 ) 1. 当 社 がポイントを 付 与 した 後 に 対 象 取 引 について 返 品 キャンセルその 他 当 社 がポイン トの 付 与 を 取 り 消 すことが 適 当 と 判 断 する 事 由 があった 場 合 当 社 は 対 象 取 引 に

のとする 第 6 条 (ポイントの 取 消 消 減 ) 1. 当 社 がポイントを 付 与 した 後 に 対 象 取 引 について 返 品 キャンセルその 他 当 社 がポイン トの 付 与 を 取 り 消 すことが 適 当 と 判 断 する 事 由 があった 場 合 当 社 は 対 象 取 引 に ライフティポイント 利 用 規 約 第 1 条 ( 目 的 ) ライフティ 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という)は ライフティポイント 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 という)に 基 づき 当 社 指 定 の 方 法 により 当 社 に 対 して 登 録 を 行 ったお 客 様 ( 以 下 会 員 と いう)に 対 して 当 社 が 発 行 するポイントである ライフティポイント に

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

別 段 の 記 載 があるか 法 に 定 められている 場 合 を 除 き 支 払 期 間 は (a) 買 主 が 有 効 な 請 求 書 を 受 領 した 日 又 は(b) 買 主 が 適 合 した 物 品 サービスを 受 領 した 日 のうち いずれか 遅 い 方 の 日 から 正 味 60 暦

別 段 の 記 載 があるか 法 に 定 められている 場 合 を 除 き 支 払 期 間 は (a) 買 主 が 有 効 な 請 求 書 を 受 領 した 日 又 は(b) 買 主 が 適 合 した 物 品 サービスを 受 領 した 日 のうち いずれか 遅 い 方 の 日 から 正 味 60 暦 Rev. B Short Form g GE Oil & Gas Page 1 of 10 ( 日 本 のサプライヤー 用 ) 1. 条 項 の 受 諾 売 主 は 本 書 ならびに 本 書 をその 別 紙 として 添 付 する 購 入 注 文 書 及 び 本 書 を 明 示 的 に 言 及 しその 一 部 として 組 み 込 んでいる 購 入 注 文 書 ( 以 上 を 総 称 して 本 注 文

More information

( 投 票 会 員 ) 第 4 条 指 定 金 融 機 関 の 普 通 預 金 口 座 から 入 金 し 電 話 投 票 等 を 利 用 するには 本 規 約 及 びOP 所 定 の 手 続 きに 従 い 申 込 み 投 票 会 員 ( 以 下 投 票 会 員 といいます )となる 必 要 がありま

( 投 票 会 員 ) 第 4 条 指 定 金 融 機 関 の 普 通 預 金 口 座 から 入 金 し 電 話 投 票 等 を 利 用 するには 本 規 約 及 びOP 所 定 の 手 続 きに 従 い 申 込 み 投 票 会 員 ( 以 下 投 票 会 員 といいます )となる 必 要 がありま オッズパーク 投 票 会 員 規 約 (ジャパンネット 銀 行 会 員 用 ) 私 は ジャパンネット 銀 行 株 式 会 社 ( 以 下 指 定 金 融 機 関 といいます )の 普 通 預 金 口 座 を 用 い たオッズパーク 在 宅 投 票 システムによる 電 話 投 票 及 びインターネット 投 票 ( 以 下 併 せて 電 話 投 票 等 といいます )を 利 用 するにあたり この 投

More information

(3) サービスプランの 内 容 本 サービスプランの 基 本 内 容 は, 以 下 の 通 りとする 主 要 機 能 Web 入 稿 (シラバス 登 録 編 集 管 理, 教 員 情 報 登 録 編 集 管 理, 全 体 設 定 ) 自 動 組 版 (PDF 生 成 ) 最 低 利 用 期 間 1

(3) サービスプランの 内 容 本 サービスプランの 基 本 内 容 は, 以 下 の 通 りとする 主 要 機 能 Web 入 稿 (シラバス 登 録 編 集 管 理, 教 員 情 報 登 録 編 集 管 理, 全 体 設 定 ) 自 動 組 版 (PDF 生 成 ) 最 低 利 用 期 間 1 クラウド 型 シラバスシステム クラシラ 利 用 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 基 本 機 能 に 関 する 定 義 ) 本 規 約 において 用 いられる 語 の 定 義 は, 次 号 の 通 りとする Web 入 稿 シラバス 登 録 編 集 管 理 シラバスの 科 目 情 報 講 義 内 容 および 教 員 情 報 の 登 録 編 集 管 理 を Web 上 でおこな うサービス

More information

賠償責任保険普通保険約款

賠償責任保険普通保険約款 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 この 普 通 保 険 約 款 およびこの 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 使 用 される 用 語 の 説 明 は 次 のとおりとします ただし この 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 別 途 用 語 の 説 明 がある 場 合 は その 説 明 に 従 います 用 語 説

More information

JCER 世 界 50ヶ 国 潜 在 力 調 査 2006 年 ( 要 約 ) 別 紙 1-1 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 セ ン タ ー Japan Center for Economic Research 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 12 位 に 浮

JCER 世 界 50ヶ 国 潜 在 力 調 査 2006 年 ( 要 約 ) 別 紙 1-1 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 セ ン タ ー Japan Center for Economic Research 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 12 位 に 浮 都 市 力 について 考 えましょう H20.3.21 春 夏 秋 冬 本 音 クラブ 話 題 提 供 者 安 達 司 郎 あなたは 今 の 日 本 を 東 京 をどんな 街 にしたいですか 都 市 力 とは 将 来 に 向 かっての 都 市 の 競 争 力 や 社 会 資 本 の 充 実 度 その 都 市 の 多 様 な 魅 力 の 総 合 力 と 仮 定 します 1. 今 日 の 議 論 のポイント

More information

大 学 専 門 校 等 卒 業 後 の 在 留 資 格 の 切 り 替 えのルールと 手 続 き 資 料 1: 在 留 資 格 一 覧 表 資 料 2: 平 成 26 年 における 留 学 生 の 日 本 企 業 等 への 就 職 状 況 について 資 料 3: 技 術 人 文 知 識 国 際 業 務 の 在 留 資 格 の 明 確 化 等 について 資 料 4: 就 労 資 格 の 在 留 諸 申

More information

パソコン賃貸借契約

パソコン賃貸借契約 委 託 契 約 書 ( 案 ) 公 立 大 学 法 人 福 井 県 立 大 学 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という ) とは 福 井 県 立 大 学 の 情 報 ネットワーク 管 理 補 助 業 務 に 関 し 次 の 各 条 項 により 委 託 契 約 を 締 結 し 信 義 に 従 って 誠 実 にこれを 履 行 するものとする ( 総 則 ) 第 1 条 甲 は 情 報 ネットワーク

More information

WebARENA Suite2

WebARENA Suite2 WebARENA 共 通 利 用 規 約 2015 年 5 月 13 日 改 定 株 式 会 社 NTTPCコミュニケーションズ WebARENA 共 通 利 用 規 約 2015 年 5 月 13 日 改 定 株 式 会 社 NTTPC コミュニケーションズ 第 1 章 総 則... 3 第 1 条 ( 利 用 規 約 の 適 用 )... 3 第 2 条 ( 利 用 規 約 の 変 更 )...

More information

International Economic Review

International Economic Review 2016.09.06 (No.19, 2016) 欧 州 の 難 民 受 け 入 れ 問 題 ~EU は 危 機 をのりきれるか?~ 公 益 財 団 法 人 国 際 通 貨 研 究 所 経 済 調 査 部 上 席 研 究 員 山 口 綾 子 yamaguchi@iima.or.jp < 要 旨 > 1. 欧 州 への 難 民 流 入 は 2015 年 に 急 増 した 中 東 北 アフリカ 地 域

More information

匿名組合出資契約

匿名組合出資契約 匿 名 組 合 契 約 書 SBIソーシャルレンディング 株 式 会 社 ( 以 下 営 業 者 と 言 う )と ( 以 下 本 匿 名 組 合 員 と 言 う )は 20 年 月 日 付 で 以 下 のとおり 匿 名 組 合 契 約 ( 以 下 本 契 約 と 言 う )を 締 結 する ( 目 的 ) 第 1 条 本 契 約 は 本 匿 名 組 合 員 が 営 業 者 に 対 し 本 契 約

More information

Microsoft Word - 文書 1

Microsoft Word - 文書 1 ビザ 要 否 覧 ( 本 籍 ) ア ジ ア 査 旗 名 証 要 備 考 旅 券 の 残 存 期 間 旅 券 の 未 使 査 証 欄 否 アフガニ スタン イ スラム 時 6 ヶ 未 使 査 証 欄 連 続 3 インド 観 光 のみ 条 件 付 きで 現 地 取 得 可 能 申 請 時 6 ヵ 未 使 査 証 欄 2 インドネ シア 和 30 以 内 の 滞 在 は 現 地 主 要 海 空 港 にて

More information

グローバルな投資環境の整備のあり方に関する意見 【 参考資料 】

グローバルな投資環境の整備のあり方に関する意見 【 参考資料 】 グローバルな 環 境 の 整 備 のあり 方 に 関 する 意 見 わが 国 海 外 の 法 的 基 盤 の 整 備 等 に 向 けて 参 考 資 料 わが 国 の 締 結 状 況 (1) 保 護 を 主 な 目 的 とする 2 (2) 自 由 化 を 含 む 3 (3) 交 渉 中 の 4 日 系 企 業 海 外 現 地 法 人 数 社 会 保 障 租 税 条 約 締 結 状 況 5 の 構 成

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63> 平 成 21 年 4 月 1 日 借 主 は 株 式 会 社 三 井 住 友 銀 行 ( 以 下 銀 行 といいます )との 間 で 新 車 ローン ネット de カー のローン 契 約 ( 以 下 ローン 契 約 といいます )を 行 う 場 合 には 銀 行 と 別 途 締 結 する ローン 契 約 書 ( 兼 保 証 委 託 契 約 書 ) ( 以 下 ローン 契 約 書

More information

利用規約(プラットフォーム経由型)

利用規約(プラットフォーム経由型) NHKオンデマンド 利 用 規 約 in U-NEXT 日 本 放 送 協 会 ( 以 下 NHK といいます )が 株 式 会 社 U-NEXT( 以 下 動 画 配 信 サービス 事 業 者 といいます )が 実 施 するプラットフォーム 機 能 を 介 して 提 供 する NHKオンデマンドサービスの 利 用 規 約 については 以 下 に 定 めるとおりとします 第 1 章 総 則 第 1

More information

6 (1) 可 動 物 件 の 国 際 担 保 権 に 関 する 条 約 ( 本 体 条 約 ) この 条 約 の 締 約 国 は 高 価 な 又 は 特 段 の 経 済 的 重 要 性 を 備 えた 可 動 物 件 の 取 得 及 び 利 用 並 びにそれらの 物 件 の 取 得 及 び 利 用 のため の 効 率 的 な 金 融 の 促 進 を 図 る 必 要 性 を 了 解 し この 目 的 に

More information

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 2002 年 8 月 3 日 公 布 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 北 京 センター 知 的 財 産 権 部 編 本 資 料 は 仮 訳 の 部 分 を 含 みます ジェトロでは 情 報 データ 解 釈 などをできる 限 り 正 確 に 記 するよう 努 力 しておりますが 本 資 料 で 提 供 した

More information

第 6 条 ( 利 用 停 止 ) 1. 当 組 合 は 会 員 が 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 場 合 には 何 ら 責 任 を 負 うことなく 当 該 会 員 による 本 サービスの 利 用 を 停 止 することがあります 1 会 員 契 約 の 申 込 時 もしくは 変 更 の

第 6 条 ( 利 用 停 止 ) 1. 当 組 合 は 会 員 が 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 場 合 には 何 ら 責 任 を 負 うことなく 当 該 会 員 による 本 サービスの 利 用 を 停 止 することがあります 1 会 員 契 約 の 申 込 時 もしくは 変 更 の サンロード 青 森 Web 会 員 規 約 第 1 条 ( 本 規 約 の 目 的 ) 1.この 規 約 は 協 同 組 合 サンロード 青 森 ( 以 下 当 組 合 と 称 します)の 運 営 する website( 以 下 ウェブサイト と 称 します)を 利 用 する Web 会 員 ( 以 下 会 員 と 称 します)へ 提 供 す るサービス( 以 下 本 サービス と 称 します)の

More information

との 取 引 の 際 に 準 拠 法 をインド 法 としたとして も 通 常 そのこと 自 体 によって 日 本 企 業 に 大 き な 不 利 益 が 生 じるということはない ただし インドの 法 令 の 中 には 植 民 地 時 代 の 法 令 を 改 正 を 重 ねて 現 在 でも 使 用

との 取 引 の 際 に 準 拠 法 をインド 法 としたとして も 通 常 そのこと 自 体 によって 日 本 企 業 に 大 き な 不 利 益 が 生 じるということはない ただし インドの 法 令 の 中 には 植 民 地 時 代 の 法 令 を 改 正 を 重 ねて 現 在 でも 使 用 シリーズ インドの 投 資 関 連 法 制 1 インドの 法 制 度 の 概 要 /インド 企 業 と 契 約 する 場 合 の 留 意 点 琴 浦 諒 * 1.はじめに 近 時 成 長 市 場 としての 将 来 性 を 見 込 んで ま た 中 国 に 次 ぐ 戦 略 的 な 進 出 先 として インドに 投 資 進 出 する 日 本 企 業 が 増 加 してい インドに 投 資 進 出 するに

More information

[2] 労 働 保 険 海 外 派 遣 の 場 合 雇 用 保 険 は 日 本 の 会 社 との 雇 用 契 約 が 継 続 している 場 合 には 被 保 険 者 資 格 は 継 続 します 一 方 労 災 保 険 は 属 地 主 義 のため 原 則 として 国 内 の 労 災 保 険 が 適 用

[2] 労 働 保 険 海 外 派 遣 の 場 合 雇 用 保 険 は 日 本 の 会 社 との 雇 用 契 約 が 継 続 している 場 合 には 被 保 険 者 資 格 は 継 続 します 一 方 労 災 保 険 は 属 地 主 義 のため 原 則 として 国 内 の 労 災 保 険 が 適 用 営 ViewPoint 相 談 海 外 派 遣 に 伴 う 社 会 保 険 労 働 保 険 の 取 扱 いの 留 意 点 松 田 由 員 部 東 京 室 市 本 進 治 部 大 阪 室 ビジネスの 国 際 化 が 益 々 進 展 する 経 営 環 境 のなか 中 小 中 堅 企 業 においても 社 員 を 海 外 派 遣 する 機 会 が 増 加 しています そこで 今 回 は 従 業 員 の 海

More information

Microsoft PowerPoint - sample_ ppt

Microsoft PowerPoint - sample_ ppt 追 加 型 証 券 投 資 信 託 /ファンド オブ ファンズ/ 自 動 継 続 投 資 適 用 080324-CS-6 7エジプト 主 な 投 資 対 象 地 域 1サウジアラビア 8モロッコ 2アラブ 首 長 国 連 邦 (UAE) 9チュニジア 8 9 7 10 11 3 6 5 3クウェート 10ヨルダン 1 2 4 4オマーン 11レバノン 5カタール 6バーレーン 上 記 の 国 への

More information

第 2 章 口 座 売 買 注 文 の 取 扱 い 等 第 4 条 取 引 口 座 の 開 設 1.お 客 様 は 以 下 の 要 件 をすべて 満 たす 場 合 に 店 頭 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 口 座 ( 以 下 本 口 座 といいます )の 開 設 を 申 込 むことができ 本

第 2 章 口 座 売 買 注 文 の 取 扱 い 等 第 4 条 取 引 口 座 の 開 設 1.お 客 様 は 以 下 の 要 件 をすべて 満 たす 場 合 に 店 頭 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 口 座 ( 以 下 本 口 座 といいます )の 開 設 を 申 込 むことができ 本 店 頭 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 取 扱 規 定 ( ダイワFX 取 扱 規 定 ) 第 1 章 総 則 第 1 条 規 定 の 趣 旨 この 規 定 ( 以 下 本 規 定 といいます )は お 客 様 と 大 和 証 券 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 とい います )との 間 でインターネットを 利 用 して 行 う 店 頭 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 (ダイワFX)(

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378> 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の 状 況 に 関 する 年 次 報 告 書 平 成 28 年 8 月 経 済 産 業 省 防 衛 装 備 移 転 三 原 則 の 運 用 指 針 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 以 下 運 用 指 針 という )5.(1)により 経 済 産 業 省 は 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の

More information

1. 当 社 が 提 供 する 本 サービスの 内 容 は 以 下 のとおりとします 1 加 盟 店 が 当 社 へのデータ 伝 送 等 を 行 うために 利 用 する 管 理 画 面 及 び 説 明 資 料 ( 媒 体 は 問 わない)を 提 供 すること 2 加 盟 店 が 本 サービスの 利

1. 当 社 が 提 供 する 本 サービスの 内 容 は 以 下 のとおりとします 1 加 盟 店 が 当 社 へのデータ 伝 送 等 を 行 うために 利 用 する 管 理 画 面 及 び 説 明 資 料 ( 媒 体 は 問 わない)を 提 供 すること 2 加 盟 店 が 本 サービスの 利 GMO 後 払 い 加 盟 店 規 約 この 規 約 ( 以 下 本 規 約 といいます )は GMOペイメントサービス 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )が 提 供 する インターネットにおける 商 取 引 の 決 済 等 のサービスである GMO 後 払 い ( 以 下 本 サービス といいます )に 関 する 基 本 的 な 条 件 を 定 めるもの です 第 1 章 加 盟

More information

資 料 6 第 6 期 第 3 回 福 岡 市 男 女 共 同 参 画 審 議 会 ( 平 成 27 年 7 月 6 日 ) 男 女 共 同 参 画 に 関 するデータ 集 目 次 項 目 ページ 1 福 岡 市 の 人 口 推 移 と 推 計 人 口 (1985 年 ~2040 年 ) 1 2 福 岡 市 の 人 口 推 計 人 口 における 年 齢 構 造 の 変 化 (1985 年 ~2040

More information

(Microsoft Word - 01_1\214\366\225\345\227v\227\314\(H28\)160317\217C\220\263\224\305.doc)

(Microsoft Word - 01_1\214\366\225\345\227v\227\314\(H28\)160317\217C\220\263\224\305.doc) 平 成 2 8 年 度 広 島 県 環 境 浄 化 産 業 クラスター 形 成 事 業 補 助 金 公 募 要 領 に 4 応 募 月 を 締 15 締 切 め 日 切 ( り, 金 ),5 原 則 月 として, 20 日 ( 応 金 募 ),6 締 切 から10 月 17 日 ( 以 金 内 ),8 に 審 月 査 26 を, 日 審 ( 査 金 日 ),10 月 28 日 ( 金 ) ムページにおいて

More information

【個人情報の取扱い】

【個人情報の取扱い】 リース 契 約 条 項 第 1 条 東 洋 自 動 車 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)は 契 約 書 (1) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 自 動 車 という)をお 客 様 ( 以 下 甲 という)に リースし 甲 はこれを 借 受 けます 第 2 条 リース 期 間 はリース 契 約 書 (2) 記 載 の 期 間 とします 甲 は 契 約 締 結 の 日 からリース 期 間 が

More information

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 事 故 受 付 サービス 東 京 海 上 日 動 のサービス 体 制 なら 安 心 です 365 日 24 時 間 のサポート 体 制 医 師 賠 償 責 任 保 険 約 款 東 京 海 上 日 動 安 心 110 番 事 故 の 報 告 ご 相 談 をフリーダイヤルで 承 ります いざというとき 全 国 どこからでも ご 利 用 頂 けます 事 故 の 受 付 ご 相 談 受 付 時 間 :365

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

3. 第 1 項 の 規 定 によりこの 事 業 に 参 加 するものを 社 員 銀 行 という 4. 社 員 銀 行 は 他 の 社 員 銀 行 に 代 理 交 換 を 委 託 して 交 換 所 の 事 業 に 参 加 する ことができる その 委 託 を 受 けた 社 員 銀 行 を 受 託 社

3. 第 1 項 の 規 定 によりこの 事 業 に 参 加 するものを 社 員 銀 行 という 4. 社 員 銀 行 は 他 の 社 員 銀 行 に 代 理 交 換 を 委 託 して 交 換 所 の 事 業 に 参 加 する ことができる その 委 託 を 受 けた 社 員 銀 行 を 受 託 社 神 戸 手 形 交 換 所 規 則 ( 昭 和 46 年 7 月 21 日 総 会 決 議 ) 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 神 戸 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 2 号 の 規 定 にもとづき 協 会 が 設 置 運 営 する 神 戸 手 形 交 換 所 ( 以

More information

(Microsoft Word - \225x\216m\216R\203\202\201[\203\213\217o\223X\213K\226\361.doc)

(Microsoft Word - \225x\216m\216R\203\202\201[\203\213\217o\223X\213K\226\361.doc) 富 士 山 モール 出 店 規 約 第 1 条 ( 総 則 ) 本 規 約 は 富 士 吉 田 市 富 士 河 口 湖 町 西 桂 町 鳴 沢 村 忍 野 村 山 中 湖 村 ( 以 下 甲 という)がイ ンターネット 上 で 運 営 する 総 合 情 報 サイト 富 士 山 モール ( 以 下 モール という)への 出 店 に 関 し 甲 と 出 店 申 込 者 ( 以 下 乙 という)との 間

More information

第 3 条 ( 法 令 等 の 遵 守 ) お 客 さまおよび 当 社 は 本 取 引 を 行 うにあたり 本 約 款 金 融 商 品 取 引 法 外 国 為 替 および 外 国 貿 易 法 その 他 の 法 令 諸 規 則 を 遵 守 するものとします 第 4 条 (リスクおよび 自 己 責 任

第 3 条 ( 法 令 等 の 遵 守 ) お 客 さまおよび 当 社 は 本 取 引 を 行 うにあたり 本 約 款 金 融 商 品 取 引 法 外 国 為 替 および 外 国 貿 易 法 その 他 の 法 令 諸 規 則 を 遵 守 するものとします 第 4 条 (リスクおよび 自 己 責 任 JNB-FX PLUS( 店 頭 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 ) 約 款 第 1 条 ( 適 用 範 囲 ) 本 約 款 は ジャパンネット 銀 行 ( 以 下 当 社 といいます)の 提 供 する JNB-FX PLUS( 一 般 タイ プ) および JNB-FX PLUS( 初 級 タイプ) と 称 するサービス( 以 下 両 サービスを 総 称 して 本 サ ービス とし 個 別 に

More information

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 組 合 は 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 共 済 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行 によって 他 人

More information

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA>

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA> 要 旨 現 行 日 米 地 位 協 定 と 意 見 の 趣 旨 との 対 照 表 日 米 地 位 協 定 ( 要 旨 ) 意 見 の 趣 旨 2 条 1 施 設 区 域 の 提 供 と 返 還 (2 条 関 係 ) 1(a) 合 衆 国 は, 安 保 条 約 6 条 に 基 づき, 日 本 (1) 施 設 区 域 の 提 供 について 国 内 の 施 設 区 域 の 使 用 を 許 与 される 個

More information

きな 利 益 を 得 られる 可 能 性 がある 反 面 多 大 な 損 失 を 生 じるリスクがある こと 5 本 取 引 には 損 失 を 抑 制 する 目 的 でロスカット ルールを 設 定 しています が( 第 13 条 参 照 ) 市 況 環 境 によっては このルールに 基 づくロスカッ

きな 利 益 を 得 られる 可 能 性 がある 反 面 多 大 な 損 失 を 生 じるリスクがある こと 5 本 取 引 には 損 失 を 抑 制 する 目 的 でロスカット ルールを 設 定 しています が( 第 13 条 参 照 ) 市 況 環 境 によっては このルールに 基 づくロスカッ 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 約 款 ( 約 款 の 趣 旨 ) 第 1 条 本 約 款 は お 客 様 と SBI FX トレード 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます)との 間 で 行 なう 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 ( 以 下 本 取 引 といいます)に 関 する 権 利 義 務 関 係 等 を 明 確 にするための 取 り 決 めで ( 定 義 ) 第 2 条 本

More information

第 4 条 ( 申 込 ) 本 規 約 における 応 募 者 とは 当 社 に 対 し 本 サービスでのオーディション 申 込 を 行 った 者 をいいます 当 社 は 別 途 定 める 応 募 者 資 格 に 基 づき 必 要 な 審 査 手 続 等 を 経 た 後 に 選 考 対 象 として 申

第 4 条 ( 申 込 ) 本 規 約 における 応 募 者 とは 当 社 に 対 し 本 サービスでのオーディション 申 込 を 行 った 者 をいいます 当 社 は 別 途 定 める 応 募 者 資 格 に 基 づき 必 要 な 審 査 手 続 等 を 経 た 後 に 選 考 対 象 として 申 HKT48 オーディション 受 付 サイト 利 用 規 約 第 1 条 ( 総 則 ) HKT48 オーディション 受 付 サイト 利 用 規 約 は( 以 下 本 規 約 といいます) 株 式 会 社 AKS( 以 下 当 社 といいます)が 運 営 する HKT48 へのオーディション 申 込 およびその 後 の 審 査 に 関 する 全 サービ スの 利 用 条 件 を 定 めるものです 第

More information

明 治 大 学 2/5, 全 学 部 統 一 経 営 国 際 日 本 商 情 報 コミュニケーション 政 治 経 済 農 (1) 第 二 次 世 界 大 戦 の 戦 場 となったヨーロッパの 戦 後 復 興 は, 新 たな 国 家 間 の 枠 組 みの 形 成 と 並 行 して 進 め

明 治 大 学 2/5, 全 学 部 統 一 経 営 国 際 日 本 商 情 報 コミュニケーション 政 治 経 済 農 (1) 第 二 次 世 界 大 戦 の 戦 場 となったヨーロッパの 戦 後 復 興 は, 新 たな 国 家 間 の 枠 組 みの 形 成 と 並 行 して 進 め 1 2010 学 習 院 大 学 2/7 文 問 1 下 図 の 空 欄 1~3に 適 する 国 際 経 済 組 織 名 をアルファベットを 用 いた 略 称 で 答 えなさい また, 空 欄 4 ~8に 適 する 加 盟 国 名 を 答 えなさい 解 答 用 紙 記 述 問 2 EEC に 対 抗 して 発 足 し た EFTA の 現 在 の 加 盟 国 は, 設 立 当 時 と 大 きく 異

More information

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 令 等 の 司 法 審 査 8 (4) 特 定 独 立 行 政 法 人 等 に 係 る 不 当 労

More information

Taro-委託マニュアル【H27

Taro-委託マニュアル【H27 委 託 業 務 に 係 る 事 務 処 理 マニュアル 平 成 2 5 年 3 月 平 成 2 6 年 2 月 改 定 平 成 2 7 年 4 月 改 定 沖 縄 県 商 工 労 働 部 雇 用 政 策 課 目 次 1 本 マニュアルの 位 置 づけ 1 2 委 託 業 務 について 2 3 人 件 費 に 関 する 経 理 処 理 4 4 謝 金 に 関 する 経 理 処 理 7 5 旅 費 に

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

保 険 募 集 人 特 約 この 特 約 が 付 帯 された 保 険 契 約 は この 特 約 で 定 める 規 定 のほか この 保 険 契 約 を 構 成 するすべての 規 定 に 従 うことを 条 件 に 次 の 通 り 約 定 します 1. 補 償 条 項 この 特 約 の 適 用 に 限

保 険 募 集 人 特 約 この 特 約 が 付 帯 された 保 険 契 約 は この 特 約 で 定 める 規 定 のほか この 保 険 契 約 を 構 成 するすべての 規 定 に 従 うことを 条 件 に 次 の 通 り 約 定 します 1. 補 償 条 項 この 特 約 の 適 用 に 限 2015.10 専 門 業 務 事 業 者 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 保 険 募 集 人 特 約 他 保 険 募 集 人 特 約 この 特 約 が 付 帯 された 保 険 契 約 は この 特 約 で 定 める 規 定 のほか この 保 険 契 約 を 構 成 するすべての 規 定 に 従 うことを 条 件 に 次 の 通 り 約 定 します 1. 補 償 条 項 この 特 約

More information

Gi電気料金一括請求サービス約款

Gi電気料金一括請求サービス約款 Gi 公 共 料 金 一 括 請 求 サービス 約 款 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 本 約 款 の 適 用 ) 株 式 会 社 インボイス( 以 下 当 社 といいます)は このGi 公 共 料 金 一 括 請 求 サービ ス 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます)を 定 め 本 約 款 に 基 づき 第 4 条 に 定 めるサービ ス( 以 下 本 サービス1と 本 サービス2を 総

More information

外 国 パケット 2 パケットをご 注 文 の 前 に お 読 みください *パケットとは 発 行 国 地 域 切 手 図 案 な どをもとに 分 類 され 袋 詰 めされた 商 品 です 重 複 なく 効 率 よく 多 くの 切 手 を 手 に 入 れる ことができます *パケットは 若 干 数

外 国 パケット 2 パケットをご 注 文 の 前 に お 読 みください *パケットとは 発 行 国 地 域 切 手 図 案 な どをもとに 分 類 され 袋 詰 めされた 商 品 です 重 複 なく 効 率 よく 多 くの 切 手 を 手 に 入 れる ことができます *パケットは 若 干 数 外 国 パケット 販 売 価 格 表 P-377 2015.11.4. 発 行 お 申 込 先 マルメイト 221-0822 横 浜 市 神 奈 川 区 西 神 奈 川 1-7-8 ことぶきビル 1F TEL 045-323-3869FAX 045-323-4142 stamp@marumate.com http://www.marumate.com/ お 申 し 込 み 方 法 1) ご 注 文

More information