東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金 5,918(2,868) 災 害 復 旧 事 業 6,611(2,605) 災 害 廃 棄 物 の 処 理 1,266(3,442) 福 島 の 復 興 再 生 に 向 けた 平 成 25 年 度 予 算 ( 政 府 予 算 案 )のポイント 福 島 復

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金 5,918(2,868) 災 害 復 旧 事 業 6,611(2,605) 災 害 廃 棄 物 の 処 理 1,266(3,442) 福 島 の 復 興 再 生 に 向 けた 平 成 25 年 度 予 算 ( 政 府 予 算 案 )のポイント 福 島 復 "

Transcription

1 資 料 2 平 成 25 年 2 月 17 日 復 興 庁 福 島 の 復 興 再 生 に 向 けた 主 な 予 算 について ( 平 成 24 年 度 補 正 予 算 平 成 25 年 度 予 算 案 ) 復 興 庁 が 司 令 塔 となって 原 子 力 災 害 からの 福 島 の 復 興 及 び 再 生 を 加 速 的 に 推 進 する さらに 福 島 の 深 刻 な 諸 問 題 に 対 応 できるよう 事 業 制 度 を 創 設 す るとともに 諸 制 度 の 隙 間 を 埋 め 機 動 的 に 対 応 する (1) 福 島 ふるさと 復 活 プロジェクト 地 域 の 希 望 復 活 応 援 事 業 ( 原 災 避 難 区 域 等 帰 還 再 生 加 速 事 業 ) 256 億 円 (H25 H24 補 正 ) P4 帰 還 支 援 ( 生 活 基 盤 施 設 の 立 ち 上 げ 支 援 等 ) 区 域 の 荒 廃 抑 制 保 全 ( 除 草 廃 家 屋 の 除 去 等 )など 様 々なニーズにきめ 細 かく 対 応 するための 市 町 村 への 新 たな 支 援 コミュニティ 復 活 交 付 金 ( 長 期 避 難 者 生 活 拠 点 形 成 交 付 金 ( 仮 称 )) 503 億 円 (H25) P5 災 害 公 営 住 宅 関 連 する 道 路 学 校 施 設 等 の 生 活 拠 点 の 形 成 のための 県 市 町 村 への 新 たな 支 援 子 ども 元 気 復 活 交 付 金 ( 福 島 定 住 緊 急 支 援 交 付 金 ( 仮 称 )) 100 億 円 (H25) P6 子 育 て 環 境 の 整 備 ( 屋 内 運 動 施 設 の 整 備 遊 具 設 置 等 )や 子 育 て 世 帯 が 定 住 できる 環 境 整 備 のための 市 町 村 への 新 たな 支 援 (2) 地 域 経 済 の 再 生 のための 取 組 等 津 波 原 子 力 災 害 被 災 地 域 雇 用 創 出 企 業 立 地 補 助 金 1,100 億 円 (H25) P7 津 波 浸 水 地 域 及 び 避 難 指 示 が 解 除 された 地 域 をはじめとする 福 島 県 の 産 業 振 興 を 加 速 営 農 再 開 にむけた 基 金 の 造 成 232 億 円 (H25) P8 避 難 区 域 等 における 営 農 再 開 を 目 的 として 行 う 取 組 ( 除 草 カリ 質 肥 料 の 施 用 等 )を 支 援 す るための 基 金 を 福 島 県 に 造 成 福 島 県 環 境 創 造 センターの 整 備 113 億 円 (H24 補 正 ) P9 放 射 性 物 質 により 汚 染 された 環 境 を 早 急 に 回 復 するための 研 究 開 発 拠 点 整 備 等 1

2 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金 5,918(2,868) 災 害 復 旧 事 業 6,611(2,605) 災 害 廃 棄 物 の 処 理 1,266(3,442) 福 島 の 復 興 再 生 に 向 けた 平 成 25 年 度 予 算 ( 政 府 予 算 案 )のポイント 福 島 復 興 再 生 基 本 方 針 総 理 指 示 等 を 踏 まえ 復 興 庁 が 司 令 塔 となって 原 子 力 災 害 からの 福 島 の 復 興 及 び 再 生 を 加 速 的 に 推 進 するべく 福 島 県 等 からの 要 望 にも 配 慮 した 予 算 案 を 編 成 国 が 全 面 に 立 って 福 島 の 深 刻 な 諸 問 題 に 対 応 できるよう 事 業 制 度 を 創 設 するとともに 諸 制 度 の 隙 間 を 埋 め 機 動 的 に 対 応 する 1. 福 島 の 復 興 再 生 の 加 速 福 島 ふるさと 復 活 プロジェクト 652 億 円 ( 新 規 等 ) 1 地 域 の 希 望 復 活 応 援 事 業 48 億 円 (208 億 円 (H24 補 正 予 算 案 )) ( 原 災 避 難 区 域 等 帰 還 再 生 加 速 事 業 ) 帰 還 支 援 ( 生 活 基 盤 施 設 の 立 ち 上 げ 支 援 等 ) 区 域 の 荒 廃 抑 制 保 全 ( 除 草 廃 家 屋 の 撤 去 等 )など 様 々なニーズにきめ 細 かく 対 応 するための 市 町 村 への 新 たな 支 援 ) 2コミュニティ 復 活 交 付 金 503 億 円 ( 新 規 ) ( 長 期 避 難 者 生 活 拠 点 形 成 交 付 金 ( 仮 称 )) 災 害 公 営 住 宅 関 連 する 道 路 学 校 施 設 等 の 生 活 拠 点 の 形 成 のための 県 市 町 村 への 新 たな 支 援 ) 3 子 ども 元 気 復 活 交 付 金 100 億 円 ( 新 規 ) ( 福 島 定 住 緊 急 支 援 交 付 金 ( 仮 称 )) 子 育 て 環 境 の 整 備 ( 屋 内 運 動 施 設 の 整 備 遊 具 設 置 等 )や 子 育 て 世 代 が 定 住 できる 環 境 整 備 のための 市 町 村 への 新 たな 支 援 ) 2. 復 興 庁 の 司 令 塔 機 能 の 強 化 1 復 興 加 速 化 福 島 再 生 予 備 費 6,000 億 円 (4,000 億 円 ) ( 復 興 大 臣 の 裁 量 により 事 業 費 の 追 加 や 新 たなニーズに 機 動 的 に 対 応 ) 2 東 日 本 大 震 災 復 興 推 進 調 整 費 100 億 円 (50 億 円 ) ( 復 興 大 臣 の 裁 量 により 諸 制 度 の 隙 間 を 埋 め 復 興 に 関 する 調 査 企 画 の 委 託 を 弾 力 的 に 実 施 ) 3. 地 域 社 会 の 再 生 (まちの 復 旧 復 興 ) ( 注 ) 各 項 目 の 合 計 額 は 復 興 庁 一 括 計 上 予 算 のうち 原 子 力 災 害 からの 復 興 再 生 に 係 る 予 算 案 の 合 計 額 総 額 では 7,264 億 円 (24 年 度 :4,655 億 円 )となる なお 上 記 の 斜 体 の 事 業 は 原 子 力 災 害 からの 復 興 再 生 予 算 以 外 に 区 分 される 事 業 4. 安 全 安 心 な 生 活 環 境 の 実 現 6,466 億 円 (4,617 億 円 ) 1 除 染 放 射 性 廃 棄 物 処 理 等 6,220 億 円 ( 4,547 億 円 ) 放 射 性 物 質 により 汚 染 された 土 壌 等 の 除 染 4,978(3,721) 放 射 性 物 質 汚 染 廃 棄 物 処 理 事 業 971(772) 中 間 貯 蔵 施 設 の 設 置 に 向 けた 取 組 146(20) 等 2 放 射 線 モニタリンク リスクコミュニケーション 等 62 億 円 ( 28 億 円 ) モニタリング 対 策 関 連 交 付 金 13(-) ( 住 民 のニーズに 応 じたモニタリングの 実 施 ) 地 方 消 費 者 行 政 活 性 化 事 業 7(4) ( 食 品 等 の 放 射 性 物 質 検 査 消 費 生 活 相 談 等 ) 等 5. 地 域 経 済 の 再 生 148 億 円 (38 億 円 ) 1 再 生 可 能 エネルギー 等 の 研 究 開 発 支 援 等 135 億 円 (32 億 円 ) 浮 体 式 洋 上 風 力 発 電 の 実 証 研 究 95( ) 再 生 可 能 エネルキ ー 次 世 代 技 術 開 発 事 業 3( ) ( 福 島 県 内 企 業 等 の 技 術 開 発 への 支 援 ) 市 民 交 流 型 再 生 可 能 エネルキ ー 導 入 促 進 事 業 5( ) ( 福 島 県 内 体 験 型 再 エネ 施 設 等 への 補 助 ) 革 新 的 エネルキ ー 研 究 開 発 拠 点 の 形 成 13(12) 福 島 再 生 可 能 エネルキ ー 研 究 開 発 拠 点 機 能 強 化 事 業 9( ) ( 参 考 ) 福 島 県 環 境 創 造 センター( 仮 称 ) 整 備 への 支 援 (113(H24 補 正 予 算 案 )) 等 2 産 業 振 興 雇 用 風 評 被 害 対 策 13 億 円 (6 億 円 ) 津 波 原 子 力 災 害 被 災 地 域 雇 用 創 出 企 業 立 地 補 助 金 1,100( ) 中 小 企 業 組 合 等 共 同 施 設 等 災 害 復 旧 事 業 (ク ルーフ 補 助 金 ) 250(500) 福 島 発 農 産 物 等 戦 略 的 情 報 発 信 事 業 3( ) (13(H24 補 正 予 算 案 )) 福 島 県 における 観 光 関 連 復 興 支 援 事 業 4( ) 等 ( 参 考 ) 震 災 等 緊 急 雇 用 対 応 事 業 500( 補 正 予 算 案 ) ( 備 考 ) の 予 算 額 は 被 災 県 等 の 合 計 であり そ の 一 定 部 分 が 福 島 県 に 関 連 するもの ( 産 総 研 の 拠 点 ( 郡 山 )での 研 究 開 発 等 ) 25 年 度 予 算 案 ( ) 単 位 : 億 円 2 24 年 度 当 初

3 福 島 ふるさと 復 活 プロジェクト( 平 成 24 年 度 補 正 平 成 25 年 度 政 府 予 算 案 ) 1. 帰 還 加 速 区 域 の 荒 廃 抑 制 2. 長 期 避 難 者 の 生 活 拠 点 形 成 3. 定 住 促 進 地 域 の 希 望 復 活 応 援 事 業 ( 原 災 避 難 区 域 等 帰 還 再 生 加 速 事 業 ) 48 億 円 (24 年 度 補 正 ( 新 規 ):208 億 円 ) 事 業 概 要 被 災 12 市 町 村 における 避 難 解 除 区 域 の 住 民 帰 還 を 促 進 するための 取 組 や 直 ち に 帰 還 できない 区 域 への 将 来 の 帰 還 に 向 けた 荒 廃 抑 制 保 全 対 策 を 国 の 費 用 負 担 により 実 施 対 象 区 域 原 子 力 被 災 12 市 町 村 対 象 事 業 1 避 難 解 除 区 域 への 帰 還 加 速 のための 取 組 喪 失 した 生 活 基 盤 施 設 の 代 替 補 完 住 民 の 安 全 安 心 確 保 地 域 コミュニティ 機 能 の 維 持 確 保 等 2 直 ちに 帰 還 できない 区 域 の 荒 廃 抑 制 保 全 荒 廃 抑 制 保 全 対 策 住 民 の 一 時 帰 宅 支 援 等 コミュニティ 復 活 交 付 金 ( 長 期 避 難 者 生 活 拠 点 形 成 交 付 金 ( 仮 称 )) 503 億 円 ( 新 規 ) 事 業 概 要 災 害 公 営 住 宅 の 整 備 を 中 心 に 避 難 者 を 受 け 入 れている 自 治 体 の 基 盤 整 備 等 を 推 進 するとともに コミュニティの 維 持 など の 避 難 者 支 援 のためのソフト 対 策 を 一 体 的 に 実 施 することにより 長 期 避 難 者 のた めの 生 活 拠 点 の 形 成 を 促 進 対 象 地 域 長 期 避 難 者 を 受 け 入 れている 市 町 村 対 象 事 業 災 害 公 営 住 宅 整 備 ( 補 助 率 7/8) 道 路 改 良 学 校 施 設 整 備 等 ( 復 興 交 付 金 同 等 の 補 助 率 ) 上 記 事 業 と 一 体 となって 効 果 を 増 大 させ るソフト 施 策 ( 地 域 住 民 との 交 流 事 業 スクールバス 運 行 等 ) 子 ども 元 気 復 活 交 付 金 ( 福 島 定 住 緊 急 支 援 交 付 金 ( 仮 称 )) 100 億 円 ( 新 規 ) 事 業 概 要 公 的 な 賃 貸 住 宅 の 整 備 やこどもの 運 動 機 会 の 確 保 のための 施 設 整 備 の 早 急 な 実 施 を 支 援 することにより 子 育 て 世 帯 が 安 心 して 定 住 できる 環 境 を 整 え 地 域 の 復 興 再 生 を 促 進 対 象 地 域 原 発 事 故 により 人 口 が 流 出 し 地 域 の 復 興 に 支 障 が 生 じていると 認 められる 地 域 対 象 事 業 公 的 な 賃 貸 住 宅 整 備 費 助 成 ( 補 助 率 2/3) 等 遊 具 の 更 新 地 域 スポーツ 施 設 水 泳 プール 等 の 整 備 ( 補 助 率 1/2) 等 上 記 事 業 と 一 体 となって 効 果 を 増 大 さ せるソフト 施 策 ( 公 的 賃 貸 住 宅 の 駐 車 場 整 備 等 ) 3

4 地 域 の 希 望 復 活 応 援 事 業 ( 福 島 原 子 力 災 害 避 難 区 域 等 帰 還 再 生 加 速 事 業 費 )( 復 興 庁 原 子 力 災 害 復 興 班 ) 256 億 円 復 興 (24 年 度 補 正 予 算 案 :208 億 円 25 年 度 政 府 予 算 案 :48 億 円 ) 事 業 概 要 目 的 東 京 電 力 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 事 故 からの 復 興 再 生 を 加 速 するため 福 島 県 の 被 災 12 市 町 村 における 避 難 解 除 区 域 の 住 民 の 帰 還 を 促 進 するための 取 組 や 直 ちに 帰 還 できない 区 域 への 将 来 の 帰 還 に 向 けた 荒 廃 抑 制 保 全 対 策 を 復 興 庁 が 前 面 に 立 って 行 います ( 参 考 ) 福 島 復 興 再 生 基 本 方 針 ( 抄 ) 第 2 部 避 難 解 除 等 区 域 等 の 復 興 及 び 再 生 (2)1 国 は その 推 進 してきた 原 子 力 政 策 の 下 甚 大 な 原 子 力 災 害 の 被 害 を 受 けることとなったこの 区 域 全 体 が 再 び 人 々が 安 全 で 安 心 して 住 むことができるようになり 帰 還 を 望 む 者 が 皆 帰 還 し 地 域 の 将 来 を 担 う 若 い 世 代 が 帰 還 する 意 欲 を 持 てる よう 責 任 を 持 って 対 応 する 資 金 の 流 れ 復 興 庁 全 額 費 用 負 担 ( 委 託 費 ) 期 待 される 効 果 市 町 村 民 間 事 業 者 等 原 子 力 災 害 に 遭 った 市 町 村 への 帰 還 の 支 援 や 直 ちに 帰 還 できない 区 域 の 荒 廃 抑 制 保 全 対 策 を 行 うことによ り 住 民 の 帰 還 実 現 を 後 押 しします 事 業 イメージ 具 体 例 (1) 対 象 区 域 原 子 力 被 災 12 市 町 村 田 村 市 南 相 馬 市 川 俣 町 広 野 町 楢 葉 町 富 岡 町 川 内 村 大 熊 町 双 葉 町 浪 江 町 葛 尾 村 飯 館 村 (2) 実 施 事 業 の 例 1 避 難 解 除 区 域 への 帰 還 加 速 のための 取 組 喪 失 した 生 活 基 盤 施 設 の 代 替 補 完 区 域 内 外 の 医 療 施 設 高 齢 者 福 祉 施 設 等 の 再 開 支 援 交 通 支 援 訪 問 サービス 住 民 の 安 全 安 心 の 対 策 放 射 線 リスクなどに 関 する 対 話 集 会 等 への 支 援 地 域 コミュニティ 機 能 の 維 持 確 保 住 民 への 情 報 提 供 自 治 会 活 動 への 支 援 等 2 直 ちに 帰 還 できない 区 域 の 荒 廃 抑 制 保 全 荒 廃 抑 制 保 全 対 策 火 災 防 止 のための 除 草 廃 家 屋 の 解 体 撤 去 公 共 施 設 等 の 点 検 メンテナンス 住 民 の 一 時 帰 宅 支 援 バスの 運 行 仮 設 トイレの 設 置 等 4

5 コミュニティ 復 活 交 付 金 ( 長 期 避 難 者 生 活 拠 点 形 成 交 付 金 ( 仮 称 ))( 復 興 庁 原 子 力 災 害 復 興 班 ) 平 成 25 年 度 政 府 予 算 案 503 億 円 復 興 ( 新 規 ) 事 業 概 要 目 的 長 期 避 難 者 の 生 活 環 境 を 改 善 し 将 来 的 な 帰 還 を 円 滑 に 進 めるためには コミュニティを 維 持 しつつ 長 期 にわたる 避 難 生 活 を 安 定 して 過 ごせるよう 町 村 外 に おける 生 活 拠 点 を 早 期 に 形 成 することが 重 要 そのため 災 害 公 営 住 宅 の 整 備 を 中 心 に 避 難 者 を 受 入 れている 自 治 体 の 基 盤 整 備 等 を 推 進 するとともに コミュニティ 維 持 などの 避 難 者 支 援 のためのソフト 対 策 を 一 体 的 に 実 施 することにより 長 期 避 難 者 のため の 生 活 拠 点 の 形 成 を 促 進 する 資 金 の 流 れ 復 興 庁 予 算 の 移 替 え 期 待 される 効 果 国 交 省 文 科 省 厚 労 省 農 水 省 福 島 県 受 入 市 町 村 避 難 元 市 町 村 等 長 期 避 難 者 生 活 拠 点 形 成 交 付 金 基 金 ( 仮 称 )の 造 成 災 害 公 営 住 宅 を 中 心 とした 生 活 拠 点 を 形 成 すること により 長 期 にわたる 避 難 期 間 中 のコミュニティ 維 持 等 避 難 者 支 援 を 行 いつつ 将 来 的 な 帰 還 の 円 滑 化 さ らには 地 域 の 復 興 につながることが 期 待 される 事 業 イメージ 具 体 例 (1) 対 象 地 域 長 期 避 難 者 を 受 け 入 れている 市 町 村 のうち 福 島 県 または 避 難 元 自 治 体 が 原 発 避 難 者 向 け 災 害 公 営 住 宅 を 整 備 することとして 長 期 避 難 者 生 活 拠 点 形 成 事 業 計 画 を 作 成 した 受 入 市 町 村 (2) 対 象 団 体 福 島 県 受 入 市 町 村 避 難 元 市 町 村 (3) 対 象 事 業 基 幹 事 業 災 害 公 営 住 宅 整 備 等 の 生 活 拠 点 事 業 を 必 須 とし 災 害 公 営 住 宅 の 整 備 等 に 伴 って 必 要 となるインフラ 整 備 を 関 連 基 盤 整 備 事 業 として 選 択 的 に 実 施 生 活 拠 点 事 業 災 害 公 営 住 宅 整 備 等 関 連 基 盤 整 備 事 業 道 路 改 良 学 校 施 設 公 園 市 民 農 園 等 避 難 者 支 援 事 業 基 幹 事 業 と 一 体 となって 効 果 を 増 大 させるソフ ト 施 策 等 を 基 幹 事 業 の 事 業 費 の35%を 上 限 に 実 施 地 域 住 民 と 避 難 者 の 交 流 事 業 スクールバスの 運 行 等 (4) 補 助 率 災 害 公 営 住 宅 は7/8など 復 興 交 付 金 と 同 等 等 5

6 子 ども 元 気 復 活 交 付 金 ( 福 島 定 住 緊 急 支 援 交 付 金 ( 仮 称 ))( 復 興 庁 原 子 力 災 害 復 興 班 ) 平 成 25 年 度 政 府 予 算 案 100 億 円 復 興 ( 新 規 ) 事 業 概 要 目 的 福 島 県 の 中 通 りをはじめとした 地 域 においては 原 発 事 故 の 影 響 により 子 育 て 世 帯 を 中 心 とした 自 主 避 難 が 続 いて おり 人 口 の 流 出 による 地 域 活 力 の 低 下 が 懸 念 されている また 子 どもたちが 十 分 に 運 動 する 機 会 が 減 少 し 肥 満 傾 向 の 拡 大 や 体 力 の 低 下 が 見 られるなど 地 域 において 健 全 に 子 どもが 育 つ 環 境 が 損 なわれている 状 況 にある そのため 公 的 な 賃 貸 住 宅 の 整 備 や 子 どもの 運 動 機 会 の 確 保 のための 施 設 整 備 の 早 急 な 実 施 を 支 援 すること により 若 い 世 代 が 安 心 して 定 住 できる 環 境 を 整 え 地 域 の 復 興 再 生 を 促 進 する 資 金 の 流 れ 復 興 庁 予 算 の 移 替 え 期 待 される 効 果 国 交 省 文 科 省 県 各 市 町 村 子 どもを 対 象 とした 運 動 施 設 の 整 備 や 域 外 に 避 難 して いる 子 育 て 世 帯 の 帰 還 を 支 援 する 住 宅 供 給 を 行 うこと により 事 業 対 象 地 域 における 定 住 環 境 の 改 善 が 進 み 地 域 の 活 性 化 さらにはその 復 興 再 生 が 加 速 するこ とが 期 待 される 事 業 イメージ 具 体 例 (1) 対 象 区 域 原 発 事 故 の 影 響 により 人 口 が 流 出 し 地 域 の 復 興 に 支 障 が 生 じていると 認 められる 地 域 (2) 事 業 メニュー 1 基 幹 事 業 住 環 境 の 整 備 のための 事 業 公 的 な 賃 貸 住 宅 整 備 費 助 成 等 運 動 機 会 の 確 保 に 係 る 事 業 遊 具 の 更 新 地 域 スポーツ 施 設 水 泳 プール 等 の 整 備 都 市 公 園 における 施 設 整 備 等 2 効 果 促 進 事 業 基 幹 事 業 と 一 体 となって 効 果 を 増 大 するソフト 施 策 等 の 事 業 ( 基 幹 事 業 の25%を 上 限 とする) 公 的 な 賃 貸 住 宅 の 駐 車 場 整 備 子 どもの 運 動 や 遊 びの 支 援 (イベント 開 催 等 ) 等 (3) 補 助 率 1/2 公 的 賃 貸 住 宅 整 備 費 助 成 については2/3 6

7 津 波 原 子 力 災 害 被 災 地 域 雇 用 創 出 企 業 立 地 補 助 金 平 成 25 年 度 政 府 予 算 案 1,100.0 億 円 ( 新 規 ) 復 興 事 業 の 内 容 事 業 の 概 要 目 的 事 業 イメージ 平 成 24 年 11 月 30 日 現 在 1 大 1/2 以 内 中 2/3 以 内 4 大 1/5 以 内 中 1/4 以 内 東 日 本 大 震 災 で 特 に 大 きな 被 害 を 受 けた 津 波 浸 水 地 域 ( 青 森 県 岩 手 県 宮 城 県 福 島 県 茨 城 県 ) 及 び 原 子 力 災 害 により 甚 大 な 被 害 を 受 けた 警 戒 区 域 等 であって 避 難 指 定 が 解 除 された 地 域 をはじめとする 福 島 県 の 産 業 復 興 を 加 速 するため 企 業 立 地 補 助 制 度 を 創 設 し 雇 用 の 創 出 を 通 じて 地 域 経 済 の 活 性 化 を 図 ります 2 大 1/3 以 内 中 1/2 以 内 対 象 施 設 製 造 業 に 加 えてコールセンターなど 対 事 業 所 サービス 業 など 対 象 経 費 用 地 の 取 得 建 屋 建 設 から 生 産 設 備 の 設 置 まで の 初 期 の 工 場 立 地 経 費 交 付 要 件 投 資 額 に 応 じた 一 定 の 雇 用 の 創 出 補 助 率 被 災 状 況 等 を 考 慮 し 設 定 ( 右 図 参 照 ) 実 施 期 間 申 請 期 間 :3 年 運 用 期 間 :5 年 条 件 ( 対 象 者 対 象 行 為 補 助 率 等 ) 国 補 助 率 10/10 基 金 の 内 容 を 要 件 化 基 金 管 理 法 人 補 助 対 象 地 域 に 立 地 する 民 間 事 業 者 凡 例 大 : 大 企 業 中 : 中 小 企 業 1. 原 子 力 災 害 被 災 地 域 1 避 難 指 示 区 域 及 び 警 戒 区 域 等 が 解 除 された 地 域 3 福 島 県 全 域 (1 及 び2を 除 く) 2. 津 波 浸 水 地 域 2 津 波 で 甚 大 な 被 害 を 受 けた 市 町 村 ( ) 4 津 波 浸 水 被 害 のある 特 定 被 災 区 域 の 市 町 村 4 3 大 1/5 以 内 中 1/4 以 内 ( ) 津 波 被 害 により 内 陸 部 への 集 団 移 転 等 が 必 要 となった 地 区 を 含 む 市 町 村 大 1/4 以 内 中 1/3 以 内 7

8 福 島 県 営 農 再 開 支 援 事 業 平 成 24 年 度 補 正 約 232 億 円 ( 新 規 ) 復 興 福 島 原 発 事 故 の 影 響 により 生 産 の 断 念 を 余 儀 なくされた 避 難 区 域 等 においては 営 農 再 開 に 向 けた 環 境 が 整 っておらず 農 地 の 除 染 とあわせて 安 心 して 営 農 ができる 環 境 づくりに 取 り 組 まないと 農 家 の 帰 還 や 営 農 再 開 は 期 待 できない 状 況 こうしたことから 福 島 県 に 基 金 を 造 成 することにより 営 農 再 開 を 目 的 として 行 う 一 連 の 取 組 を 農 地 の 除 染 や 住 民 帰 還 の 進 捗 に 応 じて 切 れ 目 なく 支 援 する 除 染 後 から 営 農 再 開 までの 農 地 等 におけ る 除 草 等 の 保 全 管 理 に 対 する 支 援 避 難 区 域 等 福 島 県 内 ( 目 的 ) 福 島 県 において 生 産 の 断 念 を 余 儀 なくされた 農 地 のうち 平 成 29 年 度 末 までに 農 地 面 積 の6 割 の 営 農 再 開 を 図 る 第 1 段 階 第 2 段 階 第 3 段 階 除 染 後 農 地 等 の 保 全 管 理 営 農 再 開 に 向 けた 作 付 実 証 基 準 値 を 下 回 る 農 作 物 生 産 の 確 認 等 のための 作 付 実 証 に 対 する 支 援 鳥 獣 被 害 防 止 緊 急 対 策 一 斉 捕 獲 活 動 の 実 施 や 大 規 模 な 侵 入 防 止 柵 等 の 設 置 に 対 する 支 援 放 れ 畜 対 策 放 れ 畜 捕 獲 のための 柵 の 整 備 等 に 対 する 支 援 新 たな 農 業 への 転 換 経 営 の 大 規 模 化 や 施 設 園 芸 への 転 換 等 のために 必 要 な 機 械 施 設 のリース 導 入 等 に 対 する 支 援 避 難 からすぐに 帰 還 しない 農 家 の 農 地 を 管 理 耕 作 する 者 への 支 援 直 ちに 帰 還 しない 農 業 者 等 の 農 地 を 受 託 し 一 時 的 に 行 う 管 理 耕 作 に 対 する 支 援 収 穫 後 の 汚 染 防 止 対 策 収 穫 後 の 農 産 物 の 農 機 具 等 を 通 じた 再 汚 染 の 防 止 対 策 に 対 する 支 援 避 難 区 域 等 の 営 農 再 開 を 後 押 し 放 射 性 物 質 の 吸 収 抑 制 対 策 福 島 県 産 農 産 物 の 信 頼 回 復 を 図 るため カリ 質 肥 料 の 施 用 等 の 吸 収 抑 制 対 策 の 実 施 を 支 援 カリ 質 肥 料 その 他 特 認 事 業 を 措 置 8

9 福 島 県 環 境 創 造 センター( 仮 称 ) 整 備 事 業 H24 年 度 補 正 予 算 額 11,337 百 万 円 交 付 先 福 島 県 ( 定 額 ) 経 緯 福 島 復 興 再 生 特 別 措 置 法 福 島 復 興 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 24 年 7 月 閣 議 決 定 ) 平 成 23 年 度 第 3 次 補 正 予 算 福 島 県 の 要 望 を 受 け 文 部 科 学 省 において 福 島 県 環 境 創 造 セン ター( 仮 称 ) 整 備 費 と して 福 島 県 原 子 力 災 害 等 復 興 基 金 80 億 円 を 計 上 福 島 県 へ 交 付 放 射 線 の 人 体 への 影 響 等 に 関 する 研 究 及 び 開 発 福 島 における 各 種 研 究 開 発 産 業 創 造 等 の 拠 点 の 整 備 福 島 県 環 境 創 造 センター( 仮 称 ) 基 本 構 想 ( 平 成 24 年 10 月 福 島 県 ) 以 下 の4つの 機 能 を A 施 設 ( 田 村 郡 三 春 町 ) B 施 設 ( 南 相 馬 市 )の 2カ 所 に 分 散 して 立 地 1 環 境 放 射 能 等 のモニタリング きめ 細 かな 環 境 放 射 能 モニタリング データの 一 元 管 理 解 析 等 2 調 査 研 究 一 般 環 境 中 の 放 射 性 物 質 の 除 染 技 術 動 態 解 明 研 究 汚 染 廃 棄 物 土 壌 等 の 処 理 処 分 技 術 等 の 開 発 3 情 報 収 集 発 信 環 境 放 射 能 モニタリングデータの 収 集 発 信 放 射 線 除 染 や 農 林 水 産 物 の 安 全 性 データの 収 集 発 信 4 教 育 研 修 交 流 環 境 放 射 能 に 関 する 学 習 活 動 の 実 施 支 援 人 材 育 成 技 術 研 修 国 内 外 の 研 究 者 研 究 機 関 等 との 連 携 ( 独 ) 国 立 環 境 研 究 所 ( 独 ) 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 (JAEA) 国 際 原 子 力 機 関 (IAE A) 等 の 国 の 研 究 機 関 国 際 機 関 を 招 致 福 島 県 原 子 力 災 害 等 復 興 基 金 へ 追 加 113 億 円 平 成 24 年 度 補 正 予 算 9

Microsoft Word - 20130603050.docx

Microsoft Word - 20130603050.docx 東 日 本 大 震 災 からの 住 宅 の 再 建 に 向 けた 取 組 国 土 交 通 委 員 会 調 査 室 廣 原 孝 一 1. はじめに 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 においては 津 波 により 東 北 地 方 沿 岸 部 を 中 心 に 甚 大 な 被 害 が 発 生 しており 建 築 物 の 被 害 は 全 国 で 全 壊 約 13 万 戸

More information

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 資 料 3 復 興 関 係 について 平 成 28 年 4 月 4 日 0 - 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 平 成 23 年

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

ビッグプロジェクト 直 轄 除 染 中 間 貯 蔵 施 設 整 備 / 環 境 省 双 葉 町 2 地 区 除 染 は27 年 度 完 了 中 間 貯 蔵 27 年 度 は 施 設 本 体 用 地 取 得 等 27 年 度 政 府 予 算 案 における 除 染 事 業 費 は4153 億 円 汚 染

ビッグプロジェクト 直 轄 除 染 中 間 貯 蔵 施 設 整 備 / 環 境 省 双 葉 町 2 地 区 除 染 は27 年 度 完 了 中 間 貯 蔵 27 年 度 は 施 設 本 体 用 地 取 得 等 27 年 度 政 府 予 算 案 における 除 染 事 業 費 は4153 億 円 汚 染 ビッグプロジェクト イノベーション コースト 構 想 / 国 県 等 共 同 研 究 施 設 と 一 体 化 した 無 人 航 空 陸 上 ロボットのテストフィールド 施 設 案 ロボット 実 証 拠 点 の 整 備 案 示 す 共 同 研 究 施 設 地 下 1 階 地 上 3 階 1 万 m2 想 定 イノベーション コースト 構 想 に 関 して 政 府 が 設 置 した1ロボット 研 究 実

More information

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

されていることから 発 電 所 全 体 の 安 全 性 が 総 合 的 に 確 保 されていると 判 断 し 放 射 性 物 質 の 放 出 が 管 理 され 放 射 線 量 が 大 幅 に 抑 えられている というステ ップ2の 目 標 達 成 と 完 了 を 確 認 した また 今 後 使 用

されていることから 発 電 所 全 体 の 安 全 性 が 総 合 的 に 確 保 されていると 判 断 し 放 射 性 物 質 の 放 出 が 管 理 され 放 射 線 量 が 大 幅 に 抑 えられている というステ ップ2の 目 標 達 成 と 完 了 を 確 認 した また 今 後 使 用 ステップ2の 完 了 を 受 けた 警 戒 区 域 及 び 避 難 指 示 区 域 の 見 直 し に 関 する 基 本 的 考 え 方 及 び 今 後 の 検 討 課 題 について 1. はじめに 平 成 23 年 12 月 26 日 原 子 力 災 害 対 策 本 部 ( 警 戒 区 域 及 び 避 難 指 示 区 域 に 関 する 経 緯 及 び 現 状 ) (1) 本 年 3 月 11 日

More information

<5461726F2D82518254944E9378927B8E5990558BBB82CC82BD82DF82CC8E96>

<5461726F2D82518254944E9378927B8E5990558BBB82CC82BD82DF82CC8E96> 肉 用 牛 関 係 事 業 等 一 覧 表 ( 平 成 25 年 度 当 初 版 ) 目 的 は 具 体 的 には 対 応 する 事 業 実 施 主 体 事 業 の 特 徴 又 は 窓 口 1 規 模 拡 大 を 共 同 利 用 牛 舎 一 般 予 算 図 る を 整 備 したい 強 い 農 業 づくり 交 付 金 公 社 農 協 都 道 府 県 協 業 法 人 経 営 の 開 始 に 伴 う 共

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

< 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地 方 公 務 員 活

< 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地 方 公 務 員 活 資 料 21 公 務 員 部 関 係 資 料 平 成 28 年 1 月 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 < 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地

More information

別紙1

別紙1 Ⅳ. 特 記 事 項 地 域 連 携 地 域 貢 献 を 重 視 した 教 育 研 究 - 地 域 に 愛 される 大 学 として - 基 準 10で 述 べたように 本 学 は 地 域 社 会 との 協 力 を 極 めて 重 視 し 地 域 連 携 地 域 貢 献 を 通 し 地 域 に 愛 される 大 学 として 教 育 研 究 活 動 を 活 発 に 展 開 している その 中 で も 特 に

More information

(審42)資料2 地方公共団体等からの主な要望事項について

(審42)資料2 地方公共団体等からの主な要望事項について ( 審 42) 資 料 2 地 方 公 共 団 体 等 からの 主 な 要 望 事 項 について 平 成 28 年 1 月 本 資 料 は 第 40 回 審 査 会 ( 平 成 27 年 1 月 28 日 ) 以 降 現 時 点 までに 文 部 科 学 省 に 寄 せられた 要 望 のうち 主 な 項 目 をまとめたものである 1. 精 神 的 損 害 に 係 る 賠 償 被 害 者 が 被 った

More information

目  次(秦野市地域防災計画)

目  次(秦野市地域防災計画) 目 次 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 第 1 章 総 則 風 -1 第 1 節 計 画 の 目 的 風 -1 第 2 節 構 成 風 -2 1 災 害 予 防 計 画 風 -2 2 災 害 応 急 対 策 計 画 風 -2 3 災 害 復 旧 復 興 計 画 風 -2 4 特 殊 災 害 対 策 風 -2 第 3 節 防 災 関 係 機 関 の 実 施 責 任 及 び 処 理 すべき 事

More information

社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 地 方 公 共 団 体 が 作 成 した 社 会 資 本 総 合 整 備 計 画 に 基 づき 政 策 目 的 実 現 のための 基 幹 的 な 社 会 資 本 整 備 事 業 のほか 関 連 する 社 会 資 本 整 備 や 効 果 促 進 事 業 を

社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 地 方 公 共 団 体 が 作 成 した 社 会 資 本 総 合 整 備 計 画 に 基 づき 政 策 目 的 実 現 のための 基 幹 的 な 社 会 資 本 整 備 事 業 のほか 関 連 する 社 会 資 本 整 備 や 効 果 促 進 事 業 を 避 難 解 除 等 区 域 復 興 再 生 計 画 施 策 リスト 事 業 1. 公 共 インフラの 復 旧 と 機 能 強 化 (1) 被 災 施 設 等 の 速 やか な 復 旧 復 旧 復 興 事 業 の 円 滑 な 施 工 確 保 のための 取 組 の 実 施 復 旧 復 興 事 業 の 入 札 不 調 の 状 況 を 注 視 し 必 要 に 応 じて 国 関 係 業 界 団 体 等 で 構

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 資 料 2 原 子 力 災 害 からの 福 島 復 興 の 加 速 に 向 けた 取 組 について 平 成 28 年 7 月 31 日 ( 日 ) 内 閣 府 原 子 力 災 害 対 策 本 部 原 子 力 被 災 者 生 活 支 援 チーム 避 難 指 示 の 解 除 と 帰 還 に 向 けた 取 組 (1) 田 村 市 : 平 成 26 年 4 月 1 日 避 難 指 示 解 除 準 備 区 域

More information

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報 災 害 発 生 時 には 職 員 及 び 関 係 機 関 との 間 で 1 現 状 がどうなっているか 2 今 後 の 見 通 しはどうか 3 今 後 何 をするべきか について 状 況 認 識 の 統 一 を 図 ることが 最 も 重 要 である このことを 常 に 心 掛 ければ ほとんどの 課 題 は 解 決 できる 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 1 章 災 害 応 急 活 動 組

More information

<483235944E93788CF6955C81698E738BE692AC91BA94C5816A2E786C73>

<483235944E93788CF6955C81698E738BE692AC91BA94C5816A2E786C73> 別 紙 常 総 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 年 度 の 人 件 費 率 人 % 年 度,,71,79 97,8,,81 1. 11.1 % () 給 与 費 の 状 況

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

5 市 民 がまちづくりを 楽 しめるまち (2) 市 民 が 自 ら 行 うまちづくり 活 動 を 支 援 します 市 民 協 働 活 動 推 進 事 業 ( 担 当 : 市 民 協 働 課 市 民 協 働 男 女 参 画 係 ) 682 万 円 指 定 管 理 者 による 市 民 活 動 支 援

5 市 民 がまちづくりを 楽 しめるまち (2) 市 民 が 自 ら 行 うまちづくり 活 動 を 支 援 します 市 民 協 働 活 動 推 進 事 業 ( 担 当 : 市 民 協 働 課 市 民 協 働 男 女 参 画 係 ) 682 万 円 指 定 管 理 者 による 市 民 活 動 支 援 5 市 民 がまちづくりを 楽 しめるまち (1) 小 さなコミュニティを 大 切 にした 地 域 づくりを 推 進 します 住 民 自 治 活 動 助 成 事 業 5,979 万 円 市 民 が 創 るくらしたい 栗 原 を 目 指 し 各 地 区 の 自 治 会 やコミュニティ 推 進 協 議 会 の 創 意 工 夫 による 自 立 的 コミュニティ 活 動 を 支 援 するため コミュニティ

More information

目 次 1 野 生 鳥 獣 による 農 作 物 被 害 の 概 況 1 2 鳥 獣 被 害 防 止 特 措 法 3 3 抜 本 的 な 鳥 獣 捕 獲 強 化 対 策 ( 概 要 ) 6 4 ニホンザル 被 害 対 策 強 化 の 考 え 方 ( 概 要 ) 7 5 鳥 獣 被 害 対 策 実 施

目 次 1 野 生 鳥 獣 による 農 作 物 被 害 の 概 況 1 2 鳥 獣 被 害 防 止 特 措 法 3 3 抜 本 的 な 鳥 獣 捕 獲 強 化 対 策 ( 概 要 ) 6 4 ニホンザル 被 害 対 策 強 化 の 考 え 方 ( 概 要 ) 7 5 鳥 獣 被 害 対 策 実 施 鳥 獣 被 害 の 現 状 と 対 策 平 成 2 8 年 3 月 目 次 1 野 生 鳥 獣 による 農 作 物 被 害 の 概 況 1 2 鳥 獣 被 害 防 止 特 措 法 3 3 抜 本 的 な 鳥 獣 捕 獲 強 化 対 策 ( 概 要 ) 6 4 ニホンザル 被 害 対 策 強 化 の 考 え 方 ( 概 要 ) 7 5 鳥 獣 被 害 対 策 実 施 隊 8 6 鳥 獣 被 害 防 止

More information

府 民 文 化 総 務 課 府 民 文 化 総 務 課 長 4811 総 務 グループ 総 務 4802 人 事 4803 企 画 グループ 企 画 4808 予 算 4810 万 博 2853 事 業 調 整 4899 FAX 6645 私 学 大 学 課 副 理 事 6646 私 学 大 学 課

府 民 文 化 総 務 課 府 民 文 化 総 務 課 長 4811 総 務 グループ 総 務 4802 人 事 4803 企 画 グループ 企 画 4808 予 算 4810 万 博 2853 事 業 調 整 4899 FAX 6645 私 学 大 学 課 副 理 事 6646 私 学 大 学 課 大 阪 府 027-200-200 知 事 室 2001 小 西 副 知 事 室 2007 植 田 副 知 事 室 2005 竹 内 副 知 事 室 2009 危 機 管 理 監 危 機 管 理 監 4806 長 4840 FAX 6654 防 災 企 画 課 防 災 企 画 課 長 4871 ( 地 域 防 災 計 画 担 当 ) 4849 総 務 企 画 グループ 4866 計 画 推 進 グループ

More information

( 震 災 復 旧 のための 公 共 投 資 の 出 動 ) 震 災 以 降 被 災 3 県 における 公 共 投 資 は 震 災 復 旧 関 連 を 中 心 に 大 きく 増 加 している 公 共 工 事 請 負 金 額 の 前 年 同 期 比 の 推 移 を 第 2-3-2 図 でみると 被 災

( 震 災 復 旧 のための 公 共 投 資 の 出 動 ) 震 災 以 降 被 災 3 県 における 公 共 投 資 は 震 災 復 旧 関 連 を 中 心 に 大 きく 増 加 している 公 共 工 事 請 負 金 額 の 前 年 同 期 比 の 推 移 を 第 2-3-2 図 でみると 被 災 第 3 節 復 旧 復 興 に 向 けた 動 き 1. 復 旧 に 向 けた 取 組 ( 被 災 地 における 復 旧 の 進 展 ) 震 災 により 甚 大 な 被 害 を 被 った 各 地 域 では 官 民 一 体 となって 復 旧 作 業 に 懸 命 の 努 力 が 傾 けら れている 52 被 災 3 県 の 沿 岸 市 町 村 における 瓦 礫 撤 去 作 業 は 2011 年 度 末 までに

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

被 災 企 業 等 への 支 援 策 の 充 実 について 被 災 企 業 の 支 援 策 について 復 興 計 画 の 遅 れや 人 件 費 資 材 不 足 等 の 現 状 に 配 慮 し グループ 補 助 金 制 度 の 継 続 や 運 用 の 改 善 等 を 国 に 強 く 求 めると 共 に

被 災 企 業 等 への 支 援 策 の 充 実 について 被 災 企 業 の 支 援 策 について 復 興 計 画 の 遅 れや 人 件 費 資 材 不 足 等 の 現 状 に 配 慮 し グループ 補 助 金 制 度 の 継 続 や 運 用 の 改 善 等 を 国 に 強 く 求 めると 共 に 被 災 したJR 各 線 の 復 旧 について 被 災 したJR 山 田 線 大 船 渡 線 の 復 旧 については あくまでも 鉄 路 での 復 旧 が 果 たされるよう 関 係 自 治 体 と 共 に 国 やJR 東 日 本 に 対 して 強 く 働 き 掛 けること 復 興 計 画 が 完 了 するまでの 復 興 予 算 の 確 保 について 被 災 自 治 体 が 安 心 して 復 興 に

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 (22 年 度 末 ) A B 22 年 度 1,025,619 539,469,112 4,455,499 151,781,717 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 22 年 度 の 件 費 率 28.1 27.9 (2)

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第 2 章 被 害 状 況 と 災 害 廃 棄 物 の 量 1 被 害 状 況 2

目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第 2 章 被 害 状 況 と 災 害 廃 棄 物 の 量 1 被 害 状 況 2 平 成 28 年 4 月 熊 本 地 震 に 係 る 熊 本 市 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 平 成 28 年 6 月 14 日 ( 第 1 版 ) 熊 本 市 1 目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798E518D6C8E9197BF8251817A8179835A8362836794C5816991CE8A4F94E9816A817A959C8BBB9084906989EF8B63816991E6313589F1816A8CB48E7197CD8DD08A5191CE8DF4967B959489EF8B63816991E6333989F1816A8D8793AF89EF8D878B638E969

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798E518D6C8E9197BF8251817A8179835A8362836794C5816991CE8A4F94E9816A817A959C8BBB9084906989EF8B63816991E6313589F1816A8CB48E7197CD8DD08A5191CE8DF4967B959489EF8B63816991E6333989F1816A8D8793AF89EF8D878B638E969 復 興 推 進 会 議 ( 第 15 回 ) 原 子 力 災 害 対 策 本 部 会 議 ( 第 39 回 ) 合 同 会 合 議 事 録 1 日 時 : 平 成 28 年 3 月 10 日 17:28~17:45 2 場 所 : 官 邸 2 階 小 ホール 3 出 席 者 : 議 長 安 倍 晋 三 内 閣 総 理 大 臣 副 議 長 髙 木 毅 復 興 大 臣 < 進 行 > 議 員 麻 生 太

More information

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 1 給 料 表 の 見 直 し [ 実 施 ] 実 施 内 容 ( 給 料 表 の 改 定 実 施 時 期 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 内 容 ) 一 般 行 政 職 の 給 料 表 については 国 の 見

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 1 給 料 表 の 見 直 し [ 実 施 ] 実 施 内 容 ( 給 料 表 の 改 定 実 施 時 期 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 内 容 ) 一 般 行 政 職 の 給 料 表 については 国 の 見 福 井 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 26 年 1 月 1 日 ) A B B/A 24 年 度 の 人 件 費 率 人 千 千 千 % % 25 年 度 267,860 104,103,406

More information

再 生 可 能 エネルギーの 導 入 促 進 新 再 生 可 能 エネルギー 推 進 指 針 策 定 事 業 環 境 政 策 課 4,800 千 円 自 立 分 散 型 で 災 害 に 強 く CO 2 排 出 量 の 少 ない 再 生 可 能 エネルギーの 導 入 を 促 進 するため 山 口 県

再 生 可 能 エネルギーの 導 入 促 進 新 再 生 可 能 エネルギー 推 進 指 針 策 定 事 業 環 境 政 策 課 4,800 千 円 自 立 分 散 型 で 災 害 に 強 く CO 2 排 出 量 の 少 ない 再 生 可 能 エネルギーの 導 入 を 促 進 するため 山 口 県 Ⅱ 緊 急 課 題 等 への 対 応 1 再 生 可 能 エネルギーの 導 入 促 進 東 日 本 大 震 災 後 国 民 の 間 に 拡 がった 再 生 可 能 エネルギーの 導 入 に 対 する 機 運 の 高 まりを 契 機 とし 国 は 今 夏 に 新 しい エネルギー 基 本 計 画 を 策 定 するとともに 固 定 価 格 買 取 制 度 の 開 始 などにより その 導 入 を 進 めることとしています

More information

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 要 望 事 項 の 内 容 及 び 説 明 - 15 - 1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 還 等 の 促 進 > ア 基 地 の 整

More information

県 土 整 備 年 報 13 岩 手 県 県 土 整 備 部 目 次 1 行 政 組 織 関 係 1 県 土 整 備 部 行 政 機 関 位 置 略 図 2 2 県 土 整 備 部 の 沿 革 3 3 県 土 整 備 部 行 政 組 織 図 11 4 出 先 機 関 の 名 称 位 置 等 13 5 県 土 整 備 部 の 分 掌 事 務 15 6 県 土 整 備 部 の 職 員 数 21 7 県

More information

農 林 水 産 省 緊 急 自 然 災 害 対 策 本 部 の 構 成 員 区 分 職 名 本 部 長 農 林 水 産 大 臣 本 部 長 代 理 農 林 水 産 副 大 臣 農 林 水 産 副 大 臣 副 本 部 長 農 林 水 産 大 臣 政 務 官 農 林 水 産 大 臣 政 務 官 本 部

農 林 水 産 省 緊 急 自 然 災 害 対 策 本 部 の 構 成 員 区 分 職 名 本 部 長 農 林 水 産 大 臣 本 部 長 代 理 農 林 水 産 副 大 臣 農 林 水 産 副 大 臣 副 本 部 長 農 林 水 産 大 臣 政 務 官 農 林 水 産 大 臣 政 務 官 本 部 平 成 28 年 5 月 18 日 10 時 15 分 ~ 第 一 特 別 会 議 室 平 成 28 年 熊 本 地 震 復 興 推 進 本 部 第 7 回 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 関 する 農 林 水 産 省 緊 急 自 然 災 害 対 策 本 部 議 事 次 第 1 開 会 2 本 部 長 御 発 言 ( 大 臣 ) 3 平 成 28 年 熊 本 地 震 による 被 災 農 林 漁

More information

Microsoft Word - 20120601003.docx

Microsoft Word - 20120601003.docx 18 兆 円 に 達 した 東 日 本 大 震 災 の 復 旧 復 興 経 費 求 められる 震 災 からの 復 旧 復 興 と 財 政 規 律 の 維 持 予 算 委 員 会 調 査 室 さきやま 﨑 山 たてき 建 樹 甚 大 な 被 害 をもたらした 東 日 本 大 震 災 から1 年 余 りが 経 ち これまでの 間 被 災 地 の 復 旧 復 興 に 向 けて 累 次 の 補 正 予 算

More information

地 方 自 治 法 第 252 条 の19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 ( 昭 和 31 年 政 令 第 254 号 )により 指 定 都 市 に 指 定 された 新 潟 市 に 平 成 19 年 4 月 1 日 付 け で 新 潟 県 から 引 き 継 ぐ 事

地 方 自 治 法 第 252 条 の19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 ( 昭 和 31 年 政 令 第 254 号 )により 指 定 都 市 に 指 定 された 新 潟 市 に 平 成 19 年 4 月 1 日 付 け で 新 潟 県 から 引 き 継 ぐ 事 事 務 引 継 書 新 潟 県 新 潟 市 地 方 自 治 法 第 252 条 の19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 ( 昭 和 31 年 政 令 第 254 号 )により 指 定 都 市 に 指 定 された 新 潟 市 に 平 成 19 年 4 月 1 日 付 け で 新 潟 県 から 引 き 継 ぐ 事 項 は 次 のとおりです 1 引 き 継 ぐ 事 務 別

More information

<483233303389FC90B38347834E835A838B976C8EAE81698E7392AC91BA94C5816A81698F4390B394C5816A2E786C73>

<483233303389FC90B38347834E835A838B976C8EAE81698E7392AC91BA94C5816A81698F4390B394C5816A2E786C73> 別 紙 3 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) 22 年 度 千 千 千 68,989 藤 岡 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について A ( 平 成 23 年 度 ) 24,215,785 679,588 3,67,444 B 15.2

More information

被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 の 年 次 推 移 生 活 保 護 受 給 者 数 は 約 217 万 人 であり 平 成 23 年 に 過 去 最 高 を 更 新 して 以 降 増 加 傾 向 が 続 いている 260 ( 万 ) 2.50 被 保 護 世 帯 数 ( 世

被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 の 年 次 推 移 生 活 保 護 受 給 者 数 は 約 217 万 人 であり 平 成 23 年 に 過 去 最 高 を 更 新 して 以 降 増 加 傾 向 が 続 いている 260 ( 万 ) 2.50 被 保 護 世 帯 数 ( 世 平 成 27 年 度 居 住 支 援 全 国 サミット 資 料 1(7) 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 制 度 について 平 成 28 年 1 月 25 日 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 地 域 福 祉 課 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 室 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 制 度 ホームページ( 厚 生 労 働 省 ) http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000059425.html

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 資 料 1 平 成 28 年 度 中 小 企 業 関 係 概 算 要 求 等 の 概 要 平 成 27 年 9 月 中 小 企 業 庁 今 後 の 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 政 策 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 予 算 等 の 推 移 今 後 の 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 政 策 の 柱 1. 中 小 企 業 対 策 費 の 推 移 26 年 度 27

More information

我 が 国 の 原 子 力 損 害 賠 償 制 度 の 枠 組 ( 全 体 像 ) 国 際 的 枠 組 原 子 力 損 害 の 補 完 的 な 補 償 に 関 する 条 約 (CSC) 一 定 額 ( 原 則 3 億 SDR( 約 450 億 円 )) 以 上 の 損 害 賠 償 措 置 の 義 務

我 が 国 の 原 子 力 損 害 賠 償 制 度 の 枠 組 ( 全 体 像 ) 国 際 的 枠 組 原 子 力 損 害 の 補 完 的 な 補 償 に 関 する 条 約 (CSC) 一 定 額 ( 原 則 3 億 SDR( 約 450 億 円 )) 以 上 の 損 害 賠 償 措 置 の 義 務 資 料 1-6 我 が 国 の 原 子 力 損 害 賠 償 制 度 の 概 要 我 が 国 の 原 子 力 損 害 賠 償 制 度 の 枠 組 ( 全 体 像 ) 国 際 的 枠 組 原 子 力 損 害 の 補 完 的 な 補 償 に 関 する 条 約 (CSC) 一 定 額 ( 原 則 3 億 SDR( 約 450 億 円 )) 以 上 の 損 害 賠 償 措 置 の 義 務 付 け 一 定 額

More information

第1編

第1編 平 成 27 年 6 月 9 日 糸 島 市 防 災 会 議 資 料 -4 糸 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 ) 修 正 ( 新 旧 対 照 表 ) 抜 粋 記 述 の 凡 例 下 線 : 災 害 対 策 基 本 法 改 正 防 災 基 本 計 画 改 正 による 福 岡 県 地 域 防 災 計 画 の 見 直 しに 基 づく 修 正 部 分 二

More information

1-1. 電 力 システム 革 の 全 体 像 1 電 力 システム 革 は 1 広 域 的 な 送 電 線 運 用 の 拡 大 2 小 売 の 全 面 自 由 化 3 法 的 分 離 による 送 配 電 部 門 の 中 立 性 の 一 層 の 確 保 の3つを 大 きな 柱 としています 3つの

1-1. 電 力 システム 革 の 全 体 像 1 電 力 システム 革 は 1 広 域 的 な 送 電 線 運 用 の 拡 大 2 小 売 の 全 面 自 由 化 3 法 的 分 離 による 送 配 電 部 門 の 中 立 性 の 一 層 の 確 保 の3つを 大 きな 柱 としています 3つの 電 力 システム 革 について - 電 力 の 小 売 全 面 自 由 化 は 電 力 システム 革 の 一 部 と して 位 置 づけられています ここでは 自 由 化 の 背 景 としての 電 力 システム 革 について 概 要 をご 説 明 します 2015 年 11 月 経 済 産 業 省 資 源 エネルギー 庁 1-1. 電 力 システム 革 の 全 体 像 1 電 力 システム 革 は

More information

高齢者等の居室内での死亡事故等に対する賃貸人の不安解消に関する調査<概要版>

高齢者等の居室内での死亡事故等に対する賃貸人の不安解消に関する調査<概要版> 高 齢 者 等 の 居 室 内 での 死 亡 事 故 等 に 対 する 賃 貸 人 の 不 安 解 消 に 関 する 調 査 < 概 要 版 > 1. 調 査 目 的 民 間 賃 貸 住 宅 において 賃 貸 人 が 高 齢 者 等 の 入 居 を 制 限 する 実 態 が 見 られ その 理 由 として 家 賃 の 支 払 い 居 室 内 での 死 亡 事 故 等 等 への 賃 貸 人 の 不 安

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63> 海 洋 汚 染 の 準 備 対 応 に 関 する 国 家 防 除 基 本 計 画 目 次 Ⅰ. 総 則 1. 計 画 の 目 的...1 2. 適 用 の 範 囲...1 3.その 他 の 計 画 と 関 係...1 Ⅱ. 油 汚 染 の 防 除 体 制 1. 防 除 体 制 等...2 2. 防 除 対 策 本 部...2 3. 海 洋 汚 染 防 除 対 策 委 員 会...5 4. 地 域 海

More information

市 制 発 足 当 時 の 社 会 情 勢 と 不 安 定 な 経 済 事 情 の 中 で 市 政 の 安 定 的 な 事 業 の 遂 行 を 図 るために 税 収 の 早 期 確 保 と 自 主 納 税 意 欲 の 向 上 を 図 ることを 目 的 に 創 設 されました 現 在 市 民 税 (

市 制 発 足 当 時 の 社 会 情 勢 と 不 安 定 な 経 済 事 情 の 中 で 市 政 の 安 定 的 な 事 業 の 遂 行 を 図 るために 税 収 の 早 期 確 保 と 自 主 納 税 意 欲 の 向 上 を 図 ることを 目 的 に 創 設 されました 現 在 市 民 税 ( 仕 分 け 作 業 1 班 1 番 目 の 市 役 所 の 仕 事 の 説 明 です 防 犯 灯 整 備 事 業 補 助 金 自 治 会 で 実 施 する 防 犯 灯 の 設 置 及 び 器 具 の 取 替 等 にかかる 経 費 の 一 部 を 負 担 することにより 住 民 自 らが 考 える 地 域 の 安 全 対 策 を 効 率 的 かつ 効 果 的 に 対 応 するため 助 成 しています

More information

議 案 第 132 号 平 成 28 年 度 北 上 市 一 般 会 計 予 算 平 成 28 年 度 北 上 市 の 一 般 会 計 の 予 算 は 次 に 定 めるところによる ( 歳 入 歳 出 予 算 ) 第 1 条 歳 入 歳 出 予 算 の 総 額 は 歳 入 歳 出 それぞれ36,79

議 案 第 132 号 平 成 28 年 度 北 上 市 一 般 会 計 予 算 平 成 28 年 度 北 上 市 の 一 般 会 計 の 予 算 は 次 に 定 めるところによる ( 歳 入 歳 出 予 算 ) 第 1 条 歳 入 歳 出 予 算 の 総 額 は 歳 入 歳 出 それぞれ36,79 平 成 28 年 度 北 上 市 一 般 会 計 予 算 議 案 第 132 号 平 成 28 年 度 北 上 市 一 般 会 計 予 算 平 成 28 年 度 北 上 市 の 一 般 会 計 の 予 算 は 次 に 定 めるところによる ( 歳 入 歳 出 予 算 ) 第 1 条 歳 入 歳 出 予 算 の 総 額 は 歳 入 歳 出 それぞれ36,796,000 千 円 と 定 め る 2 歳

More information

洲本市地域防災計画

洲本市地域防災計画 第 1 節 基 本 方 針 総 務 部 消 防 防 災 課 健 康 福 祉 部 健 康 増 進 課 サービス 事 業 所 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 海 上 災 害 が 発 生 した 場 合 における 人 命 救 助 消 火 活 動 流 出 した 重 油 等 への 対 応 付 近 の 船 舶 の 航 行 安 全 措 置 沿 岸 住 民 の 安 全 及 び 漁 業 等 への 被 害

More information

<819D483235944E93788B8B975E8CF6955C9770288CF6955C9770292E786C7378>

<819D483235944E93788B8B975E8CF6955C9770288CF6955C9770292E786C7378> 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 岐 阜 市 の 給 与 定 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 人 件 費 率 年 度 人 08,307 1,9,10 9,07,66 7,1,77 18.8 18.7 ( 注 ) 人

More information

(3) 災 害 廃 棄 物 の 処 理 について 階 上 地 区 小 泉 地 区 二 次 仮 置 き 場 について, 県 による 業 務 受 託 者 が 決 定 平 成 26 年 3 月 完 了 を 目 途 に 処 理 を 実 施 (4) 放 射 能 対 策 について 大 気 中 の 放 射 線 量

(3) 災 害 廃 棄 物 の 処 理 について 階 上 地 区 小 泉 地 区 二 次 仮 置 き 場 について, 県 による 業 務 受 託 者 が 決 定 平 成 26 年 3 月 完 了 を 目 途 に 処 理 を 実 施 (4) 放 射 能 対 策 について 大 気 中 の 放 射 線 量 ( 案 ) 第 2 回 気 仙 沼 市 震 災 復 興 推 進 会 議 説 明 資 料 復 旧 復 興 事 業 の 進 捗 状 況 について (1) 市 土 基 盤 の 整 備 と 住 まいの 再 建 について 1 災 害 危 険 区 域 の 指 定 2 防 災 集 団 移 転 の 状 況 3 災 害 公 営 住 宅 の 状 況 4 土 地 区 画 整 理 事 業 の 状 況 市 議 会 6 月 定

More information

JAいわき市の地域農業への支援対応 その2

JAいわき市の地域農業への支援対応 その2 JAいわき 市 の 地 域 農 業 への 支 援 対 応 その 2 福 島 県 JA 系 統 機 関 の 原 発 被 害 への 取 組 みレポート 2012.10.05 農 林 中 金 総 合 研 究 所 理 事 研 究 員 渡 部 喜 智 福 島 県 いわき 市 ( 以 下 同 市 )を 管 内 とするJAいわき 市 ( 以 下 同 JA )が 東 日 本 震 災 と 福 島 第 一 原 子 力

More information

福島第一原発事故による放射性物質の除染等について

福島第一原発事故による放射性物質の除染等について 玉 川 村 除 染 実 施 計 画 < 第 2 版 > 平 成 24 年 7 月 13 日 玉 川 村 改 正 の 履 歴 年 月 日 内 容 備 考 平 成 24 年 2 月 10 日 玉 川 村 除 染 計 画 第 1 版 の 策 定 内 閣 府 除 染 に 関 する 緊 急 実 施 基 本 方 針 に 基 づく 除 染 計 画 平 成 24 年 7 月 13 日 玉 川 村 除 染 実 施 計

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

無 料 化 など あらゆる 政 策 を 見 直 し 選 択 と 集 中 による 大 幅 な 予 算 の 組 み 替 えを 行 うべきである 不 足 する 財 源 は 大 震 災 で 大 きな 影 響 を 受 けているわが 国 経 済 の 動 向 に 十 分 留 意 しつつ 税 制 措 置 により 安

無 料 化 など あらゆる 政 策 を 見 直 し 選 択 と 集 中 による 大 幅 な 予 算 の 組 み 替 えを 行 うべきである 不 足 する 財 源 は 大 震 災 で 大 きな 影 響 を 受 けているわが 国 経 済 の 動 向 に 十 分 留 意 しつつ 税 制 措 置 により 安 東 日 本 大 震 災 の 復 旧 復 興 に 関 する 要 望 平 成 23 年 3 月 31 日 日 本 商 工 会 議 所 去 る3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 は 巨 大 な 津 波 を 伴 い 沿 海 部 を 壊 滅 的 に 破 壊 するとともに 東 北 から 関 東 にわたる 広 い 範 囲 に 甚 大 な 被 害 をもたらした 地 震 津 波 原 発 事 故

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 区 分 民 間 給 与 本 市 では 人 口 が15 万 人 未 満 のため 人 事 委 員 会 を 設 置 していないため 記 載 していません ( 給 与 改 定 については 国 と 同 様 です ) 人 事 委 員 会 の 勧 告 公 務 員

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 区 分 民 間 給 与 本 市 では 人 口 が15 万 人 未 満 のため 人 事 委 員 会 を 設 置 していないため 記 載 していません ( 給 与 改 定 については 国 と 同 様 です ) 人 事 委 員 会 の 勧 告 公 務 員 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 垂 水 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 3 月 31 日 時 点 ) A B B/A 平 成 21 年 度 の 人

More information

関連データ及び参考資料(1)

関連データ及び参考資料(1) 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 71 72 目 次 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 1. 学 校 を 取 り 巻 く 状 況 公 共 施 設 における 学 校 施 設 の 割 合... 74 学 校 数 幼 児 児 童 生 徒 数 の 推 移... 74 小 中 学 校 数 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 一 校 当 たりの 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 公

More information

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め 政 府 全 体 における 外 国 人 材 の 受 入 れ 活 用 に 関 する 動 き 等 日 本 語 小 委 (H27.04.17) 参 考 資 料 4 経 済 財 政 運 営 と 改 革 の 基 本 方 針 2014 ~デフレから 好 循 環 拡 大 へ~ ( 抄 ) 平 成 26 年 6 月 24 日 閣 議 決 定 第 2 章 2.イノベーションの 促 進 等 による 民 需 主 導 の 成

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 386,022 381,317 4,705 ( 注 ) 月 例 給 については 県 国 ともに 勧 告 が

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 386,022 381,317 4,705 ( 注 ) 月 例 給 については 県 国 ともに 勧 告 が 福 島 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 23 年 度 (23 年 度 末 ) 人 1,991,865 2,231,214,824 A 5,986,441 275,881,976 B 人 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 22 年

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A>

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A> 戸 田 市 地 域 防 災 計 画 ( 素 案 ) 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 戸 田 市 防 災 会 議 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

再 提 案 (10 項 目 ) 部 局 名 提 案 事 項 健 康 福 祉 部 公 立 保 育 所 民 間 立 保 育 所 等 の 一 体 的 な 運 営 を 図 るため 公 立 保 育 所 における 給 食 の 外 部 搬 入 を 特 区 として 認 められている 地 域 において 公 立 保 育

再 提 案 (10 項 目 ) 部 局 名 提 案 事 項 健 康 福 祉 部 公 立 保 育 所 民 間 立 保 育 所 等 の 一 体 的 な 運 営 を 図 るため 公 立 保 育 所 における 給 食 の 外 部 搬 入 を 特 区 として 認 められている 地 域 において 公 立 保 育 作 成 年 月 日 平 成 22 年 6 月 28 日 作 成 部 局 企 画 県 民 部 政 策 室 課 室 名 地 域 振 興 課 [ 兵 庫 県 地 域 再 生 構 造 改 革 特 区 推 進 会 議 ( 平 成 22 年 度 第 1 回 )] 構 造 改 革 特 区 ( 第 18 次 ) 及 び 地 域 再 生 ( 第 8 次 )の 提 案 標 記 の 提 案 については 6 月 7 日 から

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 福 島 での 復 興 の 現 状 と 取 り 組 みについて 平 成 25 年 8 月 28 日 福 島 復 興 局 福 島 県 の 被 災 状 況 人 的 被 害 の 状 況 死 者 行 方 不 明 者 震 災 関 連 死 福 島 県 1,606 人 208 人 1,383 人 宮 城 県 9,537 人 1,299 人 862 人 岩 手 県 4,673 人 1,145 人 389 人 住 家

More information

(別記様式第1号)

(別記様式第1号) ( 別 記 様 式 第 1 号 ) 計 画 作 成 年 度 平 成 26 年 度 計 画 主 体 北 九 州 市 水 巻 町 北 九 州 市 水 巻 町 広 域 鳥 獣 被 害 防 止 計 画 < 代 表 連 絡 先 ( 事 務 局 )> 担 当 部 署 名 北 九 州 市 産 業 経 済 局 農 林 水 産 部 鳥 獣 被 害 対 策 課 所 在 地 北 九 州 市 小 倉 北 区 城 内 1 番

More information

PR版

PR版 平 成 2 9 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 28 年 9 月 厚 生 労 働 省 目 次 < 子 ども 子 育 て> 1 < 健 康 医 療 > 1 < 医 療 保 険 > 3 < 介 護 社 会 福 祉 > 3 < 年 金 > 4 < 雇 用 > 4 < 生 活 衛 生 > 5 6 * 印 を 付 している 項 目 は 他 省 庁 が 主 管 で 要 望 をしている

More information

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 16 年 4 月 1 日 国 住 市 第 352 号 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 通 知 最 終 改 正 平 成 25 年 5 月 15 日 国 住 市 第 52 号 第 1 通 則 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 係 る 国 の 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 等 に

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優

平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優 平 成 27 年 度 予 算 のポイント 平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優 先 課 題 推 進 枠 や 地 財 政 計 画 における

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) H25 年 度 143 358,385 358,242 (0.04) 0.00

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) H25 年 度 143 358,385 358,242 (0.04) 0.00 熊 本 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 24 年 度 末 ) A B B/A 平 成 23 年 度 の 件 費 率 H24 年 度 731,815 277,665,883 2,881,104 47,758,592

More information

要 望 事 項 (1) 緊 急 の 経 済 対 策 としての 住 宅 政 策 の 実 施 について 1 省 エネ 住 宅 ポイントの 再 実 施 この 場 合 長 期 優 良 住 宅 等 の 場 合 はポイント 加 算 を 実 施 2 フラット 35S 拡 充 による 優 良 等 住 宅 取 得 の

要 望 事 項 (1) 緊 急 の 経 済 対 策 としての 住 宅 政 策 の 実 施 について 1 省 エネ 住 宅 ポイントの 再 実 施 この 場 合 長 期 優 良 住 宅 等 の 場 合 はポイント 加 算 を 実 施 2 フラット 35S 拡 充 による 優 良 等 住 宅 取 得 の 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 平 成 28 年 7 月 26 日 一 般 社 団 法 人 プレハブ 建 築 協 会 会 長 樋 口 武 男 平 成 28 年 度 補 正 予 算 並 びに 平 成 29 年 度 住 宅 関 連 税 制 及 び 予 算 制 度 改 正 要 望 昨 年 政 府 は 新 三 本 の 矢 として 希 望 を 生 み 出 す 経 済 夢 をつなぐ 子 育 て 支

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 出 資 金 の 運 用 益 を 事 業 費 としており 出 資 金 の 利 払 いの 一 部 を 地 方 交 付 税 措 置 している ことから 復 興 基 金 の 事 業 費 を 地 方 交 付 税 で 支 える 仕 組 みということができる なお 図 表 6-3 にあるように 事 業 費 の 一 部 だけを 交 付 税 措 置 するのは 公 的 資 金 を 被 災 者 の 住 宅 再 建 や 個

More information

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A>

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A> 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 災 害 復 旧 計 画 編 第 1 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 事 故 対 策 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2 第 4 災 害 対 策 本 部 1-4 第 2 節

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 9 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 9 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) ( 注 ) 人 件 費 には 特 別 職 職 員 に 支 給 される 給 料 報 酬 等 を 含 みます (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) ( 注 )1 職 員 数 は 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 の 人 数 です 2 職 員 数 には 再 任 用 短 時 間 勤 務 職

More information

参 考 資 料 国 土 強 靱 化 基 本 計 画 - 強 くて しなやかなニッポンへ- 平 成 26 年 6 月 3 日 目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 国 土 強 靱 化 の 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 脆 弱 性 評 価 10 第 3 章 国 土 強 靱 化 の 推 進 方 針 14 第 4 章 計 画 の 推 進 と 不 断 の 見 直 し 30 おわりに 34

More information

< E A E096BE816A82AB82DF97D52B92CA8FED95AA2E786C73>

< E A E096BE816A82AB82DF97D52B92CA8FED95AA2E786C73> 平 成 21 年 度 3 月 補 正 予 算 の 概 要 平 成 21 年 度 3 月 補 正 予 算 ( ) 会 計 名 補 正 前 の 額 通 常 分 補 正 額 き め 細 か な 計 補 正 後 の 額 前 年 度 同 期 比 一 般 会 計 ( 第 8 号 ) 54,617,600 1,446,638 621,062 2,067,700 56,685,300 2.0% 特 別 会 計 37,519,857

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378> UR 賃 貸 住 宅 ストック 再 生 再 編 方 針 に 基 づく 実 施 計 画 平 成 27 年 3 月 目 次 1. 実 施 計 画 を 策 定 する 背 景 目 的 1 2.ストック 再 生 再 編 方 針 ( 平 成 19 年 12 月 26 日 策 定 )の 概 要 2 (1) 団 地 の 類 型 化 及 び 団 地 別 整 備 方 針 の 策 定 2 (2) 居 住 の 安 定 の

More information

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について 日 環 協 第 8 号 平 成 2 5 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 土 壌 汚 染 対 策 法 政 令 市 市 長 殿 公 益 財 団 法 人 日 本 環 境 協 会 理 事 長 森 嶌 昭 夫 土 壌 環 境 保 全 対 策 推 進 助 成 金 交 付 事 業 実 施 要 領 の 変 更 について 当 協 会 の 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 の 御 協 力 を

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 最 高 号 給 の 給 料 月 額 243,7 37,8 35

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 最 高 号 給 の 給 料 月 額 243,7 37,8 35 別 紙 1 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 千 千 千 13,86 7,431,661 284,84 1,349,392 18.2 19.8 (2)

More information

池 田 市 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 ( 平 成 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 人 口 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 前 年 度 の 人 件 費 率 101,638 人 363 億

池 田 市 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 ( 平 成 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 人 口 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 前 年 度 の 人 件 費 率 101,638 人 363 億 池 田 市 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 目 次 1 総 括 1 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 3 3 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況 職 員 の 手 当 の 状 況 56 5 特 別 職 の 報 酬 等 の 状 況 7 6 職 員 数 採 用 試 験 の 状 況 811 7 勤 務 時 間 その 他 の 勤 務 条

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 新 潟 県 政 令 指 定 都 市 平 均 平 均 年 齢 43

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 新 潟 県 政 令 指 定 都 市 平 均 平 均 年 齢 43 別 紙 3 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A B B/A 21 年 度 の 件 費 率 22 年 度 803,072 349,918,053 1,594,508 54,662,625 15.6 15.4

More information

( の 復 旧 ) 3. 南 相 馬 市 エリアの 避 難 指 示 解 除 準 備 区 域 及 び 居 住 制 限 区 域 内 の 路 線 数 ( ) 10 路 線 うち 被 災 した 路 線 ( 工 区 ) 数 10 路 線 52 箇 所 うち 応 急 対 策 を 実 施 した 路 線 ( 工 区

( の 復 旧 ) 3. 南 相 馬 市 エリアの 避 難 指 示 解 除 準 備 区 域 及 び 居 住 制 限 区 域 内 の 路 線 数 ( ) 10 路 線 うち 被 災 した 路 線 ( 工 区 ) 数 10 路 線 52 箇 所 うち 応 急 対 策 を 実 施 した 路 線 ( 工 区 道 路 ( 高 速 道 路 の 復 旧 整 備 ) 1. 常 磐 自 動 車 道 1 箇 所 名 : 常 磐 自 動 車 道 の 供 用 中 区 間 の 被 災 箇 所 及 び 整 備 区 間 2 供 用 中 区 間 の 被 災 箇 所 については 応 急 復 旧 により 平 成 23 年 4 月 28 日 までに 旧 警 戒 区 域 にかかる 区 間 ( 常 磐 道 広 野 IC~ 常 磐 富 岡

More information

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 安 城 市 4.9 歳 32,51 369,93 36,251 愛 知 県 42.4 歳 332,11 432,53 3,945 2

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 安 城 市 4.9 歳 32,51 369,93 36,251 愛 知 県 42.4 歳 332,11 432,53 3,945 2 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (24 年 度 末 ) (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) A 給 料 安 城 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 24 年 度 千 千 千 12,913 56,333,396 A 3,141,519,52,332

More information

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

目 次 1 計 画 の について 1 2 基 本 的 な 考 え 方 1 3 主 な 事 項 1 ( 別 紙 ) 計 画 の 記 載 項 目 及 び 主 な 内 容 等 3 ( 参 考 ) 原 子 力 災 害 対 策 計 画 とは 11

目 次 1 計 画 の について 1 2 基 本 的 な 考 え 方 1 3 主 な 事 項 1 ( 別 紙 ) 計 画 の 記 載 項 目 及 び 主 な 内 容 等 3 ( 参 考 ) 原 子 力 災 害 対 策 計 画 とは 11 資 料 3-2 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 災 害 対 策 計 画 ) 概 要 目 次 1 計 画 の について 1 2 基 本 的 な 考 え 方 1 3 主 な 事 項 1 ( 別 紙 ) 計 画 の 記 載 項 目 及 び 主 な 内 容 等 3 ( 参 考 ) 原 子 力 災 害 対 策 計 画 とは 11 1 計 画 の について 神 奈 川 県 では 神 奈

More information

Microsoft Word - 24kyuyoteiinkanri.doc

Microsoft Word - 24kyuyoteiinkanri.doc 芦 屋 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 (23 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A 人 23 年 度 94,463 35,526,420 1,552,807 7,922,645 22.3 ( 参 考 ) 22 年 度 の

More information

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置.

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置. 明 石 市 地 域 防 災 計 画 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 4 編 災 害 復 旧 復 興 計 画 第 5 編 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 資 料 編 様 式 編 ( 平 成 27 年 度 修 正 ) 明 石 市 防 災 会 議 目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組

More information

いては 加 害 群 の 数 の 半 減 カワウについては 被 害 を 与 えるカワウの 生 息 数 の 半 減 を 目 指 すこととした(いずれも 侵 入 防 止 柵 の 設 置 や 追 払 い 等 により 群 れやね ぐら コロニーの 加 害 度 を 低 減 させることを 含 む ) これらを 踏

いては 加 害 群 の 数 の 半 減 カワウについては 被 害 を 与 えるカワウの 生 息 数 の 半 減 を 目 指 すこととした(いずれも 侵 入 防 止 柵 の 設 置 や 追 払 い 等 により 群 れやね ぐら コロニーの 加 害 度 を 低 減 させることを 含 む ) これらを 踏 鳥 獣 による 農 林 水 産 業 等 に 係 る 被 害 の 防 止 のための 施 策 を 実 施 するための 基 本 的 な 指 針 最 終 改 正 平 成 20 年 2 月 21 日 付 け 農 林 水 産 省 告 示 第 254 号 平 成 27 年 5 月 29 日 付 け 農 林 水 産 省 告 示 第 1396 号 ( 平 成 27 年 5 月 29 日 施 行 ) 一 被 害 防 止

More information

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎 重 要 事 項 調 査 シート( 法 令 に 基 づく 限 の 調 べ 方 ) 尾 張 旭 市 版 1. 都 市 計 画 法 に 基 づく 限 項 目 市 内 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 区 都 市 計 画 区 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計 画 道 路 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計

More information

untitled

untitled 常 滑 市 地 域 防 災 計 画 ( 制 定 年 月 日 昭 和 38 年 8 月 1 日 ) 目 次 第 1 編 総 則 常 滑 市 地 域 防 災 計 画 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 1 計 画 の 構 成 1 第 2 計 画 の 修 正 1 第 3 計 画 の 運 用 1 第 3 節 防 災 関 係 機 関 等 の 処 理 すべき 事 務 又

More information

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光 長 期 計 画 起 草 委 員 会 配 付 資 料 一 覧 平 成 21 年 10 月 11 日 資 料 名 備 考 第 1 回 1 小 金 井 市 長 期 計 画 起 草 委 員 会 設 置 要 綱 (9 月 12 日 ) 2 素 案 の 骨 格 を 考 える 上 での 各 項 目 の 要 約 (キーワード) 三 橋 委 員 第 4 次 小 金 井 市 基 本 構 想 ( 素 案 ) 前 半 についての

More information

1 環 境 回 復 プロジェクト 9 1-2 10 1-2 11 1-2 12 1-2 13 1-2 14 1-2 15 1-2 名 自 家 消 費 野 菜 等 放 射 能 検 査 食 の 安 全 安 心 推 進 事 消 費 者 風 評 対 策 野 生 鳥 獣 放 射 線 モニタリ ング 調 査 事

1 環 境 回 復 プロジェクト 9 1-2 10 1-2 11 1-2 12 1-2 13 1-2 14 1-2 15 1-2 名 自 家 消 費 野 菜 等 放 射 能 検 査 食 の 安 全 安 心 推 進 事 消 費 者 風 評 対 策 野 生 鳥 獣 放 射 線 モニタリ ング 調 査 事 1 環 境 回 復 プロジェクト 1 1-1 2 1-1 3 1-1 4 1-1 5 1-1 6 1-1 7 1-1 8 1-1 名 野 生 動 物 環 境 被 害 対 策 推 進 除 染 推 進 体 制 整 備 除 染 対 策 推 進 市 町 村 除 染 対 策 支 援 事 緊 急 時 広 域 環 境 放 射 能 監 視 ため 池 等 汚 染 拡 散 防 止 対 策 実 証 事 森 林 除 染 技

More information

震災からの再建のための「取組み態勢」のあり方と、「公論形成の場」で取組むべき重要課題

震災からの再建のための「取組み態勢」のあり方と、「公論形成の場」で取組むべき重要課題 震 災 からの 再 建 のための 取 組 み 態 勢 のあり 方 と 公 論 形 成 の 場 で 取 組 むべき 重 要 課 題 2013.7.13 舩 橋 晴 俊 ( 法 政 大 学 ) Q1: 震 災 からの 生 活 再 建 地 域 再 建 のために 取 組 み 態 勢 のあり 方 がなぜ 重 要 か Q2: 巨 視 的 に 見 た 時 に 制 御 中 枢 圏 公 共 圏 原 子 力 複 合 体

More information

電 力 システム 改 革 ( 電 力 自 由 化 ) 1

電 力 システム 改 革 ( 電 力 自 由 化 ) 1 資 料 2 電 力 システム 改 革 ( 電 力 自 由 化 ) と 原 子 力 発 電 について 平 成 26 年 10 月 資 源 エネルギー 庁 電 力 システム 改 革 ( 電 力 自 由 化 ) 1 電 力 システム 改 革 の 目 的 2 1. 安 定 供 給 を 確 保 する 震 災 以 降 多 様 な 電 源 の 活 用 が 不 可 避 な 中 で 送 配 電 部 門 の 中 立 化

More information

国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 防 災 業 務 計 画 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 25 年 3 月 8 日 修 正 平 成 26 年 6 月 19 日 修 正 平 成 27 年 12 月 1 日 修 正 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力

More information

目 次 はじめに 1 第 1 これまでの 行 政 改 革 における 課 題 1 第 5 次 行 政 改 革 大 綱 の 取 組 成 果 と 課 題 2 第 2 行 政 改 革 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 6 次 行 政 改 革 大 綱 の 理 念 6 2 改 革 の 基 本 方 針 6

目 次 はじめに 1 第 1 これまでの 行 政 改 革 における 課 題 1 第 5 次 行 政 改 革 大 綱 の 取 組 成 果 と 課 題 2 第 2 行 政 改 革 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 6 次 行 政 改 革 大 綱 の 理 念 6 2 改 革 の 基 本 方 針 6 第 6 次 伊 万 市 政 改 綱 ( 平 成 28 年 度 ~ 平 成 32 年 度 ) 平 成 28 年 4 月 伊 万 里 市 目 次 はじめに 1 第 1 これまでの 行 政 改 革 における 課 題 1 第 5 次 行 政 改 革 大 綱 の 取 組 成 果 と 課 題 2 第 2 行 政 改 革 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 6 次 行 政 改 革 大 綱 の 理 念 6 2

More information

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1 平 成 26 年 度 札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 1 2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 4 3 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況 6 4 職 員 の 手 当 の 状 況 8 5 特 別 職 の 報 酬 等 の 状 況 12 6 職 員 数 の 状 況 13 7 公 営 企 業 職 員 の 状 況 (1)

More information

<4831398CF6955C976C8EAE8140816982DE82C28E73816A2E786C73>

<4831398CF6955C976C8EAE8140816982DE82C28E73816A2E786C73> 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (18 年 度 末 ) むつ 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について A B B/A 17 年 度 の 件 費 率 18 年 度 65,960 32,435,254 2,134,451 5,440,498 16.77 18.00 (2)

More information

独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 がんセンターにおける 公 的 研 究 費 等 の 取 扱 いに 関 する 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 運 営 管 理 責 任 体 制 ( 第 3 条 第 7 条 ) 第 3 章 適 正 な 運

独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 がんセンターにおける 公 的 研 究 費 等 の 取 扱 いに 関 する 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 運 営 管 理 責 任 体 制 ( 第 3 条 第 7 条 ) 第 3 章 適 正 な 運 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 がんセンターにおける 公 的 研 究 費 等 の 取 扱 い 関 する 行 動 規 範 平 成 27 月 6 月 1 日 制 定 国 立 病 院 機 構 における 研 究 活 動 とり 分 け 公 的 研 究 費 等 ( 注 )は 国 民 の 信 頼 と 負 託 によって 支 えられているものであり その 不 正 使 用 はこれを 大 きく 損

More information

となる( 別 添 の2006 年 4 月 28 日 付 概 念 図 参 照 ) この 施 設 は 合 意 され た 運 用 上 の 能 力 を 確 保 するとともに 安 全 性 騒 音 及 び 環 境 への 影 響 という 問 題 に 対 処 するものである 合 意 された 支 援 施 設 を 含

となる( 別 添 の2006 年 4 月 28 日 付 概 念 図 参 照 ) この 施 設 は 合 意 され た 運 用 上 の 能 力 を 確 保 するとともに 安 全 性 騒 音 及 び 環 境 への 影 響 という 問 題 に 対 処 するものである 合 意 された 支 援 施 設 を 含 仮 訳 再 編 実 施 のための 日 米 のロードマップ 2006 年 5 月 1 日 ライス 国 務 長 官 ラムズフェルド 国 防 長 官 麻 生 外 務 大 臣 額 賀 防 衛 庁 長 官 概 観 2005 年 10 月 29 日 日 米 安 全 保 障 協 議 委 員 会 の 構 成 員 たる 閣 僚 は その 文 書 日 米 同 盟 : 未 来 のための 変 革 と 再 編 において 在

More information

写 26 人 委 給 第 546 号 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 県 議 会 議 長 加 地 邦 雄 殿 福 岡 県 知 事 小 川 洋 殿 福 岡 県 人 事 委 員 会 委 員 長 簑 田 孝 行 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 について 福 岡 県 人 事 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 第 8 条 第 14 条 及 び 第

More information