第 1 節 実 験 装 置 設 備 の 確 認 1.1 実 験 装 置 本 実 験 では 業 務 用 ガスコンロ(FUJIMAK 製 ガスローレンジ PGTL6-75A 14kw) 業 務 用 IH クッキングヒーター(FUJIMAK 製 電 磁 ローレンジ FICL5A 5kw) および IH 対

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "第 1 節 実 験 装 置 設 備 の 確 認 1.1 実 験 装 置 本 実 験 では 業 務 用 ガスコンロ(FUJIMAK 製 ガスローレンジ PGTL6-75A 14kw) 業 務 用 IH クッキングヒーター(FUJIMAK 製 電 磁 ローレンジ FICL5A 5kw) および IH 対"

Transcription

1 第 二 章 IH 加 熱 時 の 伝 熱 特 性 調 理 は 単 に 食 材 を 加 熱 するだけではなく 食 材 出 来 上 がりのこげ 加 減 など 視 覚 的 に 食 欲 を 促 進 させるためには 加 熱 性 能 も 重 要 な 要 素 になる IH とガス 加 熱 で 調 理 した 場 合 に 味 が 変 わると 言 われているが IH とガス 加 熱 で 直 接 味 に 影 響 す ることは 考 えにくい この 原 因 として 加 熱 出 力 と 加 熱 面 の 位 置 の 違 いによる 対 流 の 大 きさと 方 向 が 違 うことによって 昇 温 速 度 および 調 味 液 の 拡 散 速 度 に 影 響 し 結 果 として 味 や 物 性 が 変 わるものと 考 えられる そこで 本 章 では 業 務 用 ガスコンロと 業 務 用 IH クッキングヒーターを 用 いて 加 熱 位 置 が 対 流 の 大 きさと 方 向 にどのように 影 響 するか 検 討 を 行 う そのために まず 鍋 を 空 焚 きしたとき 放 射 温 度 計 により 加 熱 面 温 度 分 布 の 測 定 を 行 った また 鍋 内 対 流 のシミュレーションを 行 う 境 界 条 件 としての 熱 流 束 を 決 めるために 熱 流 束 センサーで 鍋 8 箇 所 の 熱 流 束 値 を 測 定 した なお 熱 流 束 センサー(CAPTEC 製 )は センサー 表 面 に 流 入 出 する 伝 導 対 流 輻 射 熱 流 束 が 高 精 度 に 計 測 でき センサー 部 は 高 密 度 薄 膜 サーモパイルで 構 成 さ れており 高 感 度 と 低 熱 抵 抗 を 共 に 実 現 する 熱 流 束 センサーである また このセ ンサーは 熱 損 失 を 最 小 限 に 抑 えられ 温 度 変 化 による 感 度 の 変 動 が 全 くなく 真 の 熱 流 束 値 を 直 接 記 録 できる また 放 射 温 度 計 は 物 体 から 放 射 される 赤 外 線 や 可 視 光 線 の 強 度 を 測 定 ( 非 接 触 で 測 定 可 能 )して 物 体 の 温 度 を 測 定 する 温 度 計 であ る 本 研 究 で 用 いた 放 射 温 度 計 (NEC 製 TH712WV)は 高 速 短 時 間 で 温 度 測 定 が 可 能 となっている 8

2 第 1 節 実 験 装 置 設 備 の 確 認 1.1 実 験 装 置 本 実 験 では 業 務 用 ガスコンロ(FUJIMAK 製 ガスローレンジ PGTL6-75A 14kw) 業 務 用 IH クッキングヒーター(FUJIMAK 製 電 磁 ローレンジ FICL5A 5kw) および IH 対 応 業 務 用 ステンレス 三 層 寸 胴 鍋 ((46ι)φ39 H39 mm)と 半 寸 胴 鍋 ((3ι)φ39 H25 mm)を 用 いて 実 験 を 行 った 図 2-1 に 外 観 を 表 1 に IH と ガスの 設 置 パラメータを 示 した 図 2-1 装 置 外 観 表 1 IH とガスの 設 置 パラメータ IH ガス 外 形 寸 法 (mm) 6(W) 75(D) 7(H) 62.4(W) 75(D) 7(H) 加 熱 方 式 電 磁 誘 導 加 熱 (コイル 径 29cm) 輻 射 加 熱 ( 二 重 バーナー) エネルギー 供 給 5kW 12kcal/h 製 品 重 量 5kg 6kg 1.2 鍋 周 りの 風 速 各 コンロの 上 にはフードとファンが 取 り 付 けられているが 各 コンロを 使 用 する 場 合 は それぞれのファンをまわした 鍋 周 りの 風 速 を 以 下 のように 計 測 した 9

3 1.2.1 実 験 方 法 寸 胴 鍋 または 半 寸 胴 鍋 を IH コンロとガスコンロにおき 加 熱 時 と 非 加 熱 時 で 熱 線 式 風 速 計 (45-V1( 使 用 雰 囲 気 温 度 -5 ))を 用 いて 寸 胴 鍋 または 半 寸 胴 鍋 の 周 り 度 ( 手 前 側 )から 315 度 まで 逆 時 計 方 向 へ 45 度 間 隔 で 寸 胴 と 半 寸 胴 の 上 中 下 部 の 風 速 分 布 を 測 定 した 結 果 と 考 察 IH コンロおよびガスコンロに 火 をつけない 状 態 で 鍋 周 りの 風 速 を 測 定 した 結 果 を 図 から 図 に 示 した 図 から IH コンロとガスコンロでその 風 速 はほ ぼ 等 しいことがわかる また 両 者 とも 円 周 方 向 の 風 速 はほぼ 等 しく 軸 対 象 性 は 成 り 立 つと 言 える 一 方 高 さ 方 向 には 風 速 に 分 布 があり 上 部 のほうが 風 速 は 大 きい これは 鍋 はコンロ 台 ( 天 板 )の 上 に 置 かれているため 真 下 から 風 は 来 る ことがなく 回 り 込 んでくるためと 考 えられる 同 様 に IH コンロに 電 力 を 供 給 したときの 結 果 を 図 図 に 示 した 図 から 電 力 を 供 給 しても 風 速 に 大 きな 影 響 はないことがわかる なお ガスコン ロの 場 合 火 をつけると 鍋 周 りの 温 度 が 上 がり 風 速 計 の 使 用 条 件 を 超 えてしまう ため 風 速 の 測 定 は 行 わなかった 1

4 .3.3 上 中 下 上 中 下.2.2 風 速 (m/s).1 風 速 (m/s) 度 度 図 寸 胴 周 りの 風 速 分 布 (IH) 図 寸 胴 周 りの 風 速 分 布 (ガス).3 上 中 下.3 上 中 下 風 速 (m/s).2.1 風 速 (m/s) 度 度 図 半 寸 胴 周 りの 風 速 分 布 (IH) 図 半 寸 胴 周 りの 風 速 分 布 (ガス).3.3 上 中 下 上 中 下 風 速 (m/s).2.1 風 速 (m/s) 度 度 図 寸 胴 周 りの 風 速 分 布 (IH) 図 半 寸 胴 周 りの 風 速 分 布 (IH) 11

5 1.3 IH とガスの 出 力 調 整 IH とガス 加 熱 を 比 較 する 場 合 加 熱 方 式 が 異 なるため 条 件 を 全 く 同 じとする ことはできないが 基 準 となる 条 件 を 設 定 する 必 要 がある 本 研 究 では 鍋 に 投 入 するエネルギーが 等 しい 条 件 下 で 比 較 実 験 を 行 った そこで IH およびガスコン ロにおいて その 出 力 目 盛 りと 投 入 エネルギーの 相 関 を 求 めるため 以 下 の 実 験 を 行 った 方 法 直 径.39m の 寸 胴 鍋 および 半 寸 胴 鍋 にそれぞれ 3L 2L の 水 を 入 れ IH の 出 力 を 調 節 して 加 熱 を 行 った その 際 中 心 付 近 に 熱 電 対 を 設 置 し 攪 拌 しながら 水 温 を 測 定 した 一 方 ガスコンロについては 最 大 火 力 ( 瞬 時 流 量 1.16m 3 /h)で 3 から 4 までの 昇 温 時 間 を 測 定 した 結 果 と 考 察 IH コンロの 出 力 を 変 えて 投 入 熱 量 を 測 定 した 結 果 を 図 2-4 に 示 した 図 から 寸 胴 半 寸 胴 鍋 で 大 きな 差 はなく 出 力 と 投 入 熱 量 は 直 線 関 係 にあることがわかる ガスコンロで 寸 胴 半 寸 胴 また 外 輪 鍋 を 3 から 4 まで 加 熱 した 場 合 の 所 要 時 間 はそれぞれ 35 秒 253 秒 144 秒 で 流 入 熱 量 は 3.54kJ/s 3.26kJ/s 2.9kJ/sであった これらは IH88% 84% 8%の 出 力 ( 瞬 時 電 力 4.31kw 4,11kw 3.95kw)で 加 熱 する 場 合 に 相 当 する 図 2-4 IH 出 力 と 鍋 流 入 熱 量 の 関 係 (.39m 寸 胴 鍋 ) 12

6 1.4 熱 流 束 センサーの 検 定 鍋 の 壁 面 から 流 入 する 熱 量 を 測 定 するために 本 研 究 では 熱 流 速 センサーを 用 い た 測 定 にあたって 熱 流 束 センサー 自 体 に 抵 抗 があるため センサーによる 測 定 値 は 鍋 の 熱 流 束 値 ( 貼 っていない 場 所 )と 値 が 異 なる そこで 熱 流 束 センサーの 値 を 検 定 し 補 正 係 数 を 求 めた 方 法 使 用 した 鍋 と 熱 流 速 センサーは 以 下 に 示 すとおりである 直 径.24m 高 さ.24m のステンレス 寸 胴 CAPTEC 製.3.3m 2 熱 流 束 センサー( 耐 熱 温 度 -2~2[ ] 熱 流 束 範 囲 -5~5[kw/m 2 ]) 寸 胴 の 周 りを 断 熱 するために 厚 さ.1m の 発 泡 スチロールで 寸 胴 を 覆 い テー プで 固 定 した 寸 胴 と 発 泡 スチロールの 隙 間 に 水 が 入 らないようにシリコーンシ ーラントを 注 入 した 熱 流 束 センサーは 裏 面 にペーストを 薄 く 塗 って 寸 胴 底 面 の 中 心 に 固 定 した また 熱 流 束 センサーのすぐ 隣 にシート 型 熱 電 対 も 固 定 し K 型 熱 電 対 を 水 の 中 心 に 設 置 した( 図 2-5) 直 径.39m の 鍋 に 水 をいれ 沸 騰 させた 後 その 鍋 に 6L の 水 道 水 を 入 れた 寸 胴 を 迅 速 に 入 れ 加 熱 し 攪 拌 しながら 寸 胴 内 熱 流 束 と 温 度 を 記 録 した 寸 胴 内 中 心 付 近 温 度 が 2 上 昇 した 時 点 で 加 熱 と 測 定 を 停 止 した 熱 流 束 センサーと 熱 電 対 の 値 から 水 の 吸 収 熱 量 を 求 めた (a) 斜 め (b) 側 面 (c) 底 面 図 2-5 実 験 装 置 図 13

7 1.4.2 結 果 と 考 察 熱 流 速 および 鍋 底 面 鍋 中 心 の 温 度 測 定 結 果 を 図 2-6 に 示 した この 結 果 より 以 下 のようにセンサー 補 正 係 数 を 求 めた 加 熱 前 の 水 温 は 26.3 加 熱 後 の 水 温 は 46.3 )で 寸 胴 の 底 面 積 は A = m 2 であるから 加 熱 前 後 の 温 度 差 から 計 算 した 入 熱 量 は Qr= *1 1 5 J である 熱 流 束 (w/m 2 ) 底 熱 流 束 中 心 水 温 底 温 度 s 温 度 ( ) 図 2-6 寸 胴 と 水 における 熱 流 束 及 び 温 度 分 布 一 方 熱 流 束 センサーの 値 による 入 熱 量 はセンサーの 1 秒 ごとの 測 定 値 を 足 し 合 わせることにより 得 られる Qs=A (q1+q2+q3+ )= *1 1 5 J し た が っ て セ ン サ ー 補 正 係 数 は f=qr/qs=4.15 と な る 14

8 第 2 節 発 熱 分 布 測 定 ( 放 射 温 度 計 による 鍋 温 度 の 測 定 ) IH コンロおよびガスコンロにおいて 加 熱 時 にどこの 部 分 が 加 熱 されるかを 確 認 するために 放 射 温 度 計 (NEC 製 TH712WV)を 用 いて 加 熱 時 の 鍋 温 度 分 布 を 計 測 した 鍋 は 直 径.39m の 寸 胴 鍋 で 行 った 2.1 方 法 寸 胴 鍋 の 底 面 の 中 心 にシート 型 の 熱 電 対 を 取 り 付 け IH( 出 力 88%)とガス( 最 大 火 力 )で 加 熱 し その 時 の 底 面 側 面 の 温 度 分 布 を 放 射 温 度 計 で 撮 影 した なお 熱 電 対 測 定 温 度 と 放 射 温 度 計 測 定 値 が 一 致 するように 放 射 率 を 補 正 したところ 底 面 側 面 の 放 射 率 はそれぞれ であった 2.2 結 果 と 考 察 鍋 底 面 の 加 熱 時 間 と 温 度 の 関 係 を 図 2-7 鍋 側 面 の 結 果 を 図 2-8 に 示 した 赤 い 暖 色 は 温 度 が 高 く 色 が 青 い 寒 色 は 温 度 が 低 い IH で 加 熱 した 鍋 の 底 面 をみると コイルのある 部 分 の 温 度 上 昇 が 大 きく くっきりとドーナツ 状 に 発 熱 していること がわかる また そのほかの 部 分 は 加 熱 されないため 加 熱 箇 所 とそれ 以 外 の 領 域 で 温 度 差 は 大 きい 一 方 ガスは 炎 が 鍋 底 部 を 覆 うように 出 ているため 鍋 底 の 角 の 部 分 の 温 度 上 昇 が 大 きくなっている しかし IH に 比 べて 全 体 的 に 加 熱 されて いるため 温 度 差 は 小 さい 15

9 図 鍋 上 部 からの 写 真 図 IH 6 秒 図 ガス 6 秒 図 IH 9 秒 図 ガス 9 秒 16

10 図 IH 12 秒 図 ガス 12 秒 (5.) (.) (5.) (.) 図 IH 15 秒 図 ガス 15 秒 図 ガス 2 秒 図 ガス 3 秒 17

11 図 鍋 側 面 の 写 真 図 IH 6 秒 図 ガス 6 秒 図 IH 9 秒 図 ガス 9 秒 図 IH 15 秒 (5.) (.) (5.) (.) 図 ガス 15 秒 18

12 第 3 節 加 熱 時 の 熱 流 束 測 定 および 温 度 測 定 3.1 熱 流 束 センサーの 再 検 定 熱 流 束 センサーの 検 定 について すでに 1.4 熱 流 束 センサーの 検 定 で 述 べた し かし 鍋 底 面 の 発 熱 分 布 測 定 からも 分 かるとおり IH コイルの 直 上 の 領 域 は 発 熱 量 が 大 きく 高 温 となる そのため 熱 流 束 センサーの 使 用 限 界 温 度 を 越 え センサーが 破 損 した そこで 高 温 となる 場 所 においては 熱 抵 抗 をつけるためにセンサーの 下 にア ルミのテープを 貼 り センサーが 高 温 になるのを 防 いだ このとき センサーの 補 正 係 数 はさらに 小 さくなるので 再 検 定 を 行 った 方 法 使 用 した 鍋 と 熱 流 速 センサーは 以 下 に 示 すとおりである 直 径.24m 高 さ.24m のステンレス 寸 胴 CAPTEC 製.3.3m 2 熱 流 束 センサー( 耐 熱 温 度 -2~2[ ] 熱 流 束 範 囲 -5~5[kw/m 2 ]) IH で 加 熱 した 場 合 底 面 に 貼 り 付 けた 熱 流 束 センサーが 破 損 した これは セ ンサー 自 体 に 熱 抵 抗 があるため 鍋 との 接 触 部 分 の 温 度 が 高 くなりすぎたものと 考 えられる そこで センサーの 下 にアルミテープを 貼 り 付 け 過 度 の 温 度 上 昇 を 防 いだ センサーの 取 り 付 け 方 は 図 2-9 に 示 したように 鍋 の 底 面 に 熱 電 対 を 設 置 し アルミテープを 覆 い さらに 上 にペーストを 薄 く 塗 った 熱 流 束 センサーを 取 り 付 け た 熱 流 束 センサー ペースト 熱 電 対 鍋 の 底 アルミテープ 図 2-9 熱 流 束 センサーの 取 り 付 け 断 面 図 19

13 3.1.2 結 果 と 考 察 水 温 上 昇 から 求 めた 流 入 熱 量 と 熱 流 束 センサーから 求 めた 熱 流 量 が 一 致 するよ うに 決 めた 補 正 係 数 は 各 センサーによってその 値 は 若 干 異 なるものの 全 てのセ ンサーについて 約 8であった この 値 はアルミテープを 貼 らない 場 合 よりも 2 倍 ほ ど 大 きい また 88%IH 出 力 の 時 最 大 温 度 が 175 ガスの 場 合 全 火 力 で 最 大 温 度 は 15 であった 3.2 鍋 壁 面 の 温 度 測 定 方 法 図 2-1 の 位 置 に 熱 電 対 を 設 置 し 水 の 入 った 鍋 を IH およびガスで 加 熱 し 鍋 壁 面 の 温 度 分 布 を 測 定 した 鍋 には 寸 胴 鍋 ( 直 径.39m 高 さ.39m) 半 寸 胴 鍋 (( 直 径.39m 高 さ.25m) 外 輪 鍋 ( 直 径.39m 高 さ.13m)の 3 種 類 を 使 用 した 熱 電 対 8 熱 流 束 センサー 熱 電 対 1 熱 流 束 センサー1 図 2-1 熱 流 束 センサーと 熱 電 対 の 設 置 結 果 と 考 察 図 2-11 に 寸 胴 鍋 壁 面 の 温 度 変 化 を 示 した IH の 場 合 ( 図 ) 鍋 底 面 にお けるコイル 近 傍 の 測 定 点 (1,2,3)は 加 熱 直 後 の 温 度 上 昇 が 大 きい これは 加 熱 開 始 とともに 底 面 が 発 熱 するためである 一 方 鍋 側 面 の 測 定 点 (5,6,7,8)は 徐 々に 温 度 が 上 昇 するが これは 温 まった 水 により 間 接 的 に 加 熱 されるためである そのため これらの 点 の 温 度 上 昇 はほぼ 等 しい 底 面 のコイルから 外 れている 測 定 点 (4)は 側 面 より 若 干 高 いものの 側 面 と 同 じように 温 度 上 昇 している この 2

14 ことから 底 面 においても 鍋 自 体 の 熱 伝 導 よりも 水 を 通 して 加 熱 されることがわか る ガスにおいては( 図 ) 鍋 の 底 面 (1,2,3,4)が 速 く 加 熱 されるが IH に 比 べると 遅 い また 側 面 は 下 の 位 置 ほど 加 熱 速 度 は 大 きく 炎 によって 鍋 の 側 面 も 加 熱 されていることがわかる 同 様 に 半 寸 胴 鍋 および 外 輪 鍋 の 結 果 も 図 ~ に 示 した 温 度 ( ) 時 間 (s) 図 寸 胴 鍋 の 温 度 変 化 (IH 出 力 88%) 温 度 ( ) 時 間 (s) 図 寸 胴 鍋 の 温 度 変 化 (ガス 1% 出 力 ) 21

15 温 度 ( ) 時 間 (s) 図 半 寸 胴 鍋 の 温 度 変 化 (IH 出 力 84%) 12 1 温 度 ( ) 時 間 (s) 図 半 寸 胴 鍋 の 温 度 変 化 (ガス 1% 出 力 ) 22

16 温 度 ( ) 時 間 (s) 図 外 輪 鍋 の 温 度 変 化 (IH 出 力 8%) 温 度 ( ) 時 間 (s) 図 外 輪 鍋 の 温 度 変 化 (ガス 1% 出 力 ) 23

17 3.3 鍋 壁 面 の 熱 流 束 測 定 方 法 図 2-1 の 位 置 に 熱 流 束 センサーを 設 置 し 寸 胴 鍋 ( 水 量 3L)を IH およびガスで 加 熱 し 鍋 の 熱 流 束 を 測 定 した 結 果 と 考 察 熱 流 束 の 時 間 変 化 図 2-12 に 鍋 底 面 の 熱 流 束 変 化 を 示 した IH の 場 合 ( 図 ) 鍋 底 面 にお けるコイル 直 上 の 測 定 点 (2,3)の 熱 流 束 は 大 きく コイルから 外 れている 点 (4) の 熱 流 束 は 小 さいことがわかる これらの 結 果 は 鍋 底 面 における 温 度 測 定 データと 一 致 する しかし 鍋 底 中 心 点 (1)においては 熱 流 束 値 は 小 さいものの 温 度 測 定 値 は 大 きくなっている これは 測 定 点 (4)に 比 べてコイルに 近 く 鍋 自 体 の 熱 伝 導 により 温 度 が 上 昇 したものと 思 われる 一 方 ガスの 場 合 ( 図 ) 各 測 定 点 における 熱 流 束 はほぼ 均 一 であるが 外 周 辺 部 の 測 定 点 (4)の 熱 流 束 はほ かの 測 定 点 より 比 較 的 に 大 きかった 業 務 用 ガスコンロの 場 合 外 輪 の 火 力 が 強 く 炎 が 外 側 に 向 かって 進 行 するためと 考 えられる 図 2-13 に 鍋 側 面 の 熱 流 束 変 化 を 示 した IH の 場 合 ( 図 ) 加 熱 初 期 から 熱 流 束 の 値 はマイナスとなっている これは 鍋 の 側 壁 をとおして 熱 が 逃 げている すなわち 冷 却 面 になっていることを 示 す また 時 間 とともにマイナスの 値 が 大 き くなっているが これは 水 の 温 度 が 上 昇 するために より 熱 が 逃 げていくためであ る 一 方 ガスの 場 合 ( 図 )は 側 壁 下 部 における 測 定 点 (5)の 熱 流 束 が 大 きい 底 面 外 周 部 の 熱 流 束 が 大 きいのと 同 じ 理 由 で 炎 が 鍋 側 壁 株 に 当 たってい るためである 測 定 点 が 上 部 にいくに 従 い(6,7,8) 熱 流 束 の 値 は 小 さくなる さらに 測 定 点 (7,8)においては 途 中 で 熱 流 束 がマイナスとなるが 加 熱 によ って 水 温 が 高 くなり 放 熱 量 が 加 熱 量 よりも 大 きくなるためと 考 えられる 24

18 熱 流 束 ( w / m 2 ) 時 間 (s) 図 寸 胴 鍋 底 面 の 熱 流 束 変 化 (IH(88%)) 8 熱 流 束 ( w / m 時 間 (s) 図 寸 胴 鍋 底 面 の 熱 流 束 変 化 (ガス(1%)) 25

19 熱 流 束 ( w / m 2 ) 時 間 (s) 図 寸 胴 鍋 側 面 の 熱 流 束 変 化 (IH(88%)) 熱 流 束 ( w / m 2 ) 時 間 (s) 図 2-13 寸 胴 鍋 側 面 の 熱 流 束 変 化 (ガス(1%)) 26

20 熱 流 束 測 定 値 の 検 証 (1)で 求 めた 熱 流 束 について 妥 当 性 を 検 証 するために 水 温 上 昇 からの 熱 量 と 比 較 し 検 証 を 行 った 水 温 を 2 上 昇 させた 時 の 熱 量 :Q= J 底 面 各 位 置 の( 熱 流 束 時 間 J/m 2 )の 合 計 は 測 定 値 を 時 間 で 積 分 することによ り 得 られる さらに 熱 量 を 求 めるためには 面 積 が 必 要 であるが 各 センサーの 位 置 の 面 積 として 図 2-14 のように 近 似 した R4= 19.5cm 熱 流 束 センサーから 求 めた 熱 量 底 面 熱 流 束 センサー R3= 12.5cm Q1=2.43*1 4 J Q2=.85*1 6 J R2= 7.5cm Q3=2.12*1 6 J Q4=2.73*1 5 J 側 面 の 損 失 熱 量 Q 損 =3.1*1 4 J R1= 2.5cm Q=Q1+Q +Q2+Q +Q3+Q +Q4-Q 損 =3.2*1 6 J 図 2-14 鍋 底 面 の 面 積 図 2-14 に 示 した 面 積 はかなり 概 算 的 であり 得 られた 熱 量 は 概 算 となる この 点 を 考 慮 すると 水 温 上 昇 から 求 めた 熱 量 とセンサーから 求 めた 熱 量 は 概 ね 一 致 す るといえる 熱 流 束 分 布 図 2-15 図 2-16 にそれぞれ 鍋 底 面 の 半 径 方 向 熱 流 束 分 布 鍋 側 面 の 鉛 直 方 向 熱 流 束 分 布 を 示 した 測 定 時 間 は 加 熱 後 5 分 と 1 分 を 示 している IH の 底 面 ( 図 )においては ドーナツ 状 に 熱 流 束 が 大 きく ガスの 底 面 ( 図 ) では 外 周 部 が 大 きいことがわかる また 5 分 と 1 分 では 大 きな 差 はないが 若 干 1 分 のほうが 大 きい 27

21 1 8 5min 1min 熱 流 束 (w /m 2 ) 位 置 (cm) 図 鍋 底 面 半 径 方 向 の 熱 流 束 分 布 (IH) 8 5min 1min 6 熱 流 束 ( w / m 2 ) 位 置 (cm) 図 鍋 底 面 半 径 方 向 の 熱 流 束 分 布 (ガス) 28

22 熱 流 束 (w/m2) min 2min 3min -14 位 置 (cm) 図 鍋 側 面 鉛 直 方 向 の 熱 流 束 分 布 (IH) 熱 流 束 (w/m2) 位 置 (cm) 1min 2min 3min 図 鍋 側 面 鉛 直 方 向 の 熱 流 束 分 布 (ガス) 29

23 熱 流 束 と 温 度 分 布 の 関 係 鍋 内 対 流 のシミュレーションを 行 うためには 境 界 条 件 として 熱 流 束 を 入 れる 必 要 があるが 熱 流 束 の 測 定 点 数 には 限 りがあり 半 径 方 向 の 関 数 として 表 すのには 点 数 が 少 ない そこで 測 定 点 数 の 多 い 温 度 測 定 データとの 比 較 を 行 った 比 較 結 果 を 図 2-17 に 示 した IH の 場 合 ( 図 ) ドーナツ 状 に 値 が 大 きく なる 傾 向 は 一 致 しているが その 大 きさには 差 がある これは 鍋 表 面 の 温 度 は 鍋 自 体 の 熱 伝 導 と 水 との 熱 伝 達 が 影 響 し 必 ずしもその 温 度 は 発 熱 量 あるいは 熱 流 束 と 相 関 がないものと 考 えられる ガスの 場 合 ( 図 )も 同 様 に 鍋 底 面 温 度 と 熱 流 束 に 相 関 は 見 られない 水 を 入 れない 状 態 で 加 熱 したときの 放 射 温 度 計 で 求 めた 温 度 分 布 と 熱 流 束 を 比 較 した 結 果 を 図 2-18 に 示 した IH の 場 合 ( 図 ) 分 布 の 形 状 は 加 熱 時 間 15 秒 の 温 度 分 布 と 熱 流 束 分 布 はよく 一 致 していることがわかる 空 焚 きの 場 合 水 と の 熱 伝 達 もなく 加 熱 時 間 も 短 いため 発 熱 分 布 と 温 度 分 布 が 一 致 し 結 果 として 熱 流 束 と 一 致 するものと 思 われる また ガスの 場 合 ( 図 )も 熱 流 束 と 温 度 分 布 が 一 致 した 傾 向 が 見 られた 3

24 温 度 ( ) 温 度 (5min) 熱 流 束 (5min) 温 度 (1min) 熱 流 束 (1min) 熱 流 束 ( w / m 2 ) 位 置 (cm) 図 加 熱 時 の 底 面 温 度 分 布 と 熱 流 束 (IH) 温 度 ( ) 温 度 (5min) 熱 流 束 (5min) 温 度 (1min) 熱 流 束 (1min) 熱 流 束 ( w / m 2 ) 位 置 (cm) 図 加 熱 時 の 底 面 温 度 分 布 と 熱 流 束 (ガス) 31

25 I15s I12s 熱 流 束 (5min) 熱 流 束 (1min) I3s 2. 熱 流 束 (w/m 2 ) 6 4 I6s I9s 温 度 ( ) 2 I3s 位 置 (cm) 図 空 焚 き 時 の 温 度 分 布 と 熱 流 束 の 比 較 (IH) 1 8 熱 流 束 (5min) G3s 熱 流 束 (1min) G6s G15s 熱 流 束 ( w / m 2 ) 温 度 ( ) 位 置 (cm) 図 空 焚 き 時 の 温 度 分 布 と 熱 流 束 の 比 較 (ガス) 32

26 3.4 加 熱 時 の 水 温 測 定 方 法 実 験 条 件 は 次 のとおりである 直 径 39m 高 さ 39m のステンレス 寸 胴 水 量 3l 投 入 熱 量 IH: 出 力 (88%)4.31kw/s ガス: 出 力 ( 全 火 力 )1.16m 3 /h 測 定 位 置 は 図 2-19 に 示 すように 鍋 中 央 3 深 度 ( 底 から 5mm 125mm 245mm) 鍋 中 央 から R/2 のところに 同 様 に 3 深 度 鍋 壁 から 5mm で 同 様 に 3 深 度 に 熱 電 対 (k 型 φ 1mm)を 設 置 した R / R 図 2-19 測 定 位 置 結 果 と 考 察 温 度 測 定 結 果 を 図 2-2 に 示 した IH( 図 2-2-1)とガス( 図 2-2-2)でほぼ 同 じ ように 温 度 が 上 昇 している これは 平 均 温 度 上 昇 が 同 じになるように 出 力 を 調 整 しているためである しかし 両 図 を 比 較 すると IH のほうが 温 度 の 振 動 が 激 し い 特 に IH で 加 熱 した 水 の 位 置 6 の 温 度 が 他 の8 箇 所 より 明 らかに 高 く 振 動 していた この 近 くにちょうど 電 磁 コイルが 設 置 されたところであるため 熱 電 対 に 電 磁 コイルの 影 響 があったのか または 対 流 の 影 響 に 由 来 したのか 不 明 である そこで 電 磁 コイルの 影 響 を 検 証 するために 以 下 の 実 験 を 行 った IH で 2 分 間 加 熱 した 後 スイチを 消 し 1 分 経 過 後 また 2 分 間 加 熱 する この 操 作 を 3 回 繰 り 返 した その 結 果 を 図 2-21 に 示 した 図 から IH コイルに 通 電 して いるとき コイル 直 上 の 温 度 が 上 昇 し 激 しく 振 動 しているが 通 電 を 止 めると 温 度 が 下 がり 振 動 もなくなることがわかる この 結 果 から 通 電 時 に 温 度 上 昇 と 振 動 が 起 こることがわかるが 対 流 が 原 因 とも 考 えられる そこで 位 置 3 および 6 のと ころに 光 ファイバー 温 度 計 センサーを 加 え 熱 電 対 とともに 同 様 に 再 測 定 した( 図 2-22) 光 ファイバー 温 度 計 センサーはガラスであるため 電 磁 波 の 影 響 を 受 けない しかし 通 電 時 に 温 度 が 上 昇 し 熱 電 対 と 同 様 に 振 動 していることから 電 磁 波 の 33

27 影 響 でないことがわかる 以 上 の 結 果 から IH の 場 合 コイル 直 上 の 鍋 底 面 にお いて 対 流 が 起 きていることが 予 想 される 1 8 温 度 ( ) 時 間 (s) 図 加 熱 時 間 と 水 中 温 度 変 化 (IH) 1 8 温 度 ( ) 時 間 (s) 図 加 熱 時 間 と 水 中 温 度 変 化 (ガス) 34

28 温 度 ( ) 時 間 (s) 図 2-21 間 断 加 熱 による 水 温 変 化 (IH) 温 度 ( ) 時 間 (s) 図 熱 電 対 による 水 温 測 定 (IH) 35

29 5 45 温 度 ( ) 光 (3) 光 (6) 時 間 (s) 図 光 ファイバー 温 度 計 による 水 温 測 定 (IH) 36

30 結 言 放 射 温 度 計 により 鍋 空 焚 き 時 の 温 度 を 測 定 したところ ガス 加 熱 では 鍋 底 と 側 面 の 角 の 領 域 が 最 も 高 温 になり IH では 底 面 にドーナツ 状 の 高 温 領 域 ができるこ とを 確 認 した これは ガスの 場 合 炎 の 位 置 に 関 係 し IH ではコイルの 位 置 が 関 係 する また この 加 熱 面 の 位 置 の 違 いが 流 体 の 対 流 に 影 響 するものと 思 われる 底 面 と 側 面 に 熱 流 速 センサーを 取 り 付 け 熱 流 束 の 測 定 を 行 ったところ IH で は 底 面 コイル 上 部 の 熱 流 束 が 大 きくなり 放 射 温 度 計 による 測 定 結 果 と 一 致 した また 側 面 部 は 熱 流 束 の 値 がマイナスとなり 冷 却 面 となっていることがわかった 一 方 ガス 加 熱 においては 鍋 底 周 辺 と 側 面 下 部 の 領 域 の 熱 流 束 値 が 大 きくなった この 傾 向 は 放 射 温 度 計 による 測 定 結 果 と 傾 向 は 一 致 した 鍋 内 部 に 熱 電 対 を 設 置 し 鍋 内 部 の 温 度 上 昇 を 測 定 したところ 平 均 的 な 温 度 上 昇 は IH とガス 加 熱 で 変 わらないものの IH のコイル 上 部 の 温 度 は 他 点 よりも 高 く 激 しく 振 動 していた これは IH コイル 上 部 の 熱 流 束 は 大 きく 対 流 も 大 きい ためと 推 測 した 37

IHクッキングヒーターの安全性と加熱性能(概要)

IHクッキングヒーターの安全性と加熱性能(概要) 記 者 説 明 会 資 料 平 成 18 年 5 月 10 日 独 立 行 政 法 人 国 民 生 活 センター IH クッキングヒーターの 安 全 性 と 加 熱 性 能 ( 概 要 ) - 温 度 センサーの 精 度 向 上 や 全 ての 金 属 鍋 が 使 えると 謳 ったものを 中 心 に- 1. 目 的 IHクッキングヒーター 注 1) の 2005 年 度 の 国 内 出 荷 数 量 は

More information

<4D F736F F D D38F8A92F990B A DC58F4994C5817A8EA58B DB88EC08E7B977697CC816988C4816A2E646F63>

<4D F736F F D D38F8A92F990B A DC58F4994C5817A8EA58B DB88EC08E7B977697CC816988C4816A2E646F63> 磁 気 探 査 実 施 要 領 ( 案 ) 平 成 24 年 10 月 沖 縄 総 合 事 務 局 開 発 建 設 部 目 次 1 総 則 1 1-1 目 的 1 1-2 適 用 範 囲 1 1-3 用 語 の 定 義 1 1-3-1 磁 気 探 査 1 1-3-2 不 発 弾 不 発 弾 等 1 1-3-3 不 発 弾 貫 入 深 度 1 1-3-4 磁 気 量 2 2 探 査 計 画 3 2-1

More information

消 防 庁 危 険 物 保 安 室 殿 ドラム 缶 に 係 る 可 燃 性 蒸 気 対 流 シミュレーション 分 析 業 務 成 果 報 告 書 2013 年 1 月 アドバンスソフト 株 式 会 社

消 防 庁 危 険 物 保 安 室 殿 ドラム 缶 に 係 る 可 燃 性 蒸 気 対 流 シミュレーション 分 析 業 務 成 果 報 告 書 2013 年 1 月 アドバンスソフト 株 式 会 社 参 考 資 料 4 ドラム 缶 に 係 る 可 燃 性 蒸 気 滞 留 シミュレ ーション 分 析 業 務 成 果 報 告 書 消 防 庁 危 険 物 保 安 室 殿 ドラム 缶 に 係 る 可 燃 性 蒸 気 対 流 シミュレーション 分 析 業 務 成 果 報 告 書 2013 年 1 月 アドバンスソフト 株 式 会 社 目 次 1.はじめに... 2 2 ドラム 缶 によるガソリン 及 び

More information

2 心 円 状 の 電 流 (1 を 流 す ( 以 下 この 論 文 では 円 電 流 と 呼 ぶことにする)この 電 流 の 大 きさは 交 流 電 流 の 周 波 数 に 比 例 する 起 電 力 は(1) により 決 められるので 抵 抗 が 小 さい 程 大 きな 電 流 が 流 れる 従

2 心 円 状 の 電 流 (1 を 流 す ( 以 下 この 論 文 では 円 電 流 と 呼 ぶことにする)この 電 流 の 大 きさは 交 流 電 流 の 周 波 数 に 比 例 する 起 電 力 は(1) により 決 められるので 抵 抗 が 小 さい 程 大 きな 電 流 が 流 れる 従 滋 賀 大 学 教 育 学 部 紀 要 自 然 科 学 No. 59, pp. 1-6, 2009 IHヒーターの 加 熱 機 構 Heating mechanism of induction heater Fumiaki AKOU, Tamotsu KOHYAMA and Takao MURAMOTO 要 約 いわゆる IH ヒーターの 加 熱 機 構 についてウエブ 上 や 高 等 学 校 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089CE8B438E67977090DD94F58E7793B18AEE8F80816988F38DFC90BB967B9770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089CE8B438E67977090DD94F58E7793B18AEE8F80816988F38DFC90BB967B9770816A2E646F63> 第 4 厨 房 設 備 1 用 語 の 定 義 (1) 厨 房 設 備 とは 調 理 を 目 的 として 使 用 する 火 を 使 用 する 設 備 及 び 当 該 設 備 に 附 属 する 設 備 の 全 体 をいう (2) 業 務 用 厨 房 設 備 とは 営 業 用 及 び 一 般 事 業 所 の 従 業 員 食 堂 学 校 病 院 の 給 食 用 等 の 厨 房 設 備 をいう (3) グリスフィルターとは

More information

Taro-00 H25表紙

Taro-00 H25表紙 局 部 磁 場 による 裏 波 ビード 形 状 の 改 善 効 果 - 溶 融 池 磁 気 制 御 アーク 溶 接 法 の 適 用 拡 大 に 関 する 研 究 - 棚 原 靖 羽 地 龍 志 松 本 幸 礼 これまで 溶 融 金 属 の 垂 れ 下 がり 等 を 防 止 するために 溶 融 池 磁 気 制 御 アーク 溶 接 法 をステンレス 鋼 のTIG 溶 接 に 適 用 し 実 験 を 行

More information

コンクリート工学年次論文集 Vol.33

コンクリート工学年次論文集 Vol.33 論 文 コンクリートの 表 層 と 内 部 の 湿 度 の 相 違 が 乾 燥 収 縮 と 耐 久 性 に 与 える 影 響 井 ノ 口 公 寛 *1 歌 川 紀 之 *2 *3 伊 代 田 岳 史 要 旨 :トンネルの 覆 工 コンクリートに 発 生 しているひび 割 れの 原 因 はさまざまであると 考 えられるが, 養 生 不 足 や 貫 通 前 後 における 急 激 な 湿 度 低 下 による

More information

盛 土 底 部 は 泥 炭 層 の 中 にめり 込 み 地 下 水 位 以 下 に 飽 和 した 状 態 で 存 在 しており この 部 分 が 液 状 化 したとして いる なお 被 災 後 の 地 盤 調 査 によって 地 下 水 位 以 下 に 盛 土 材 料 が 存 在 したことが 確 認

盛 土 底 部 は 泥 炭 層 の 中 にめり 込 み 地 下 水 位 以 下 に 飽 和 した 状 態 で 存 在 しており この 部 分 が 液 状 化 したとして いる なお 被 災 後 の 地 盤 調 査 によって 地 下 水 位 以 下 に 盛 土 材 料 が 存 在 したことが 確 認 泥 炭 地 盤 における 盛 土 の 地 震 時 沈 下 の 簡 易 予 測 と 補 強 技 術 - 盛 土 底 部 の 液 状 化 による 沈 下 の 発 生 機 構 から 対 策 まで- 寒 地 土 木 研 究 所 寒 地 地 盤 チーム 同 上 同 上 林 宏 親 西 本 聡 橋 本 聖 北 海 道 において 発 生 したいくつかの 大 規 模 地 震 によって 泥 炭 地 盤 上 の 道 路

More information

小国小学校チップボイラ建屋について

小国小学校チップボイラ建屋について バイオマスボイラにおける 木 質 燃 料 とシステムについての 知 識 ( 重 要 ) 1. チップ 燃 料 は 均 質 でない バイオマスボイラの 出 力 は 燃 料 の 条 件 によって 変 動 する すなわち 燃 料 の 条 件 が 変 数 であることをまず 前 提 とする 必 要 がある したがってその 解 である 出 力 も 変 動 する ボイラが 継 続 して 一 定 の 出 力 を 出

More information

Microsoft Word - ⑩飯島・脇島.doc

Microsoft Word - ⑩飯島・脇島.doc 電 磁 波 や 超 音 波 を 使 った 速 度 測 定 装 置 の 製 作 飯 島 昌 * ** 脇 島 修 1.はじめに 物 体 の2 点 間 の 平 均 の 速 さは,その 距 離 を 進 むの に 要 した 時 間 で 割 ることにより 求 められる.そして, 進 む 距 離 を 微 小 にし,その 区 間 と, 進 むのに 要 した 時 間 で 割 ったものを 瞬 間 の 速 さとみなすことができ

More information

3 実 験 の 進 め 方 水 をはった 浴 槽 に 発 泡 スチロール 製 のボールを 沈 めて 手 を 離 し 水 面 から 飛 び 出 した ボールの 高 さ を 測 定 する 沈 める 深 さ を 変 えて 実 験 する 1 実 験 会 場 は 我 が 家 の 浴 槽 水 面 から 飛 び

3 実 験 の 進 め 方 水 をはった 浴 槽 に 発 泡 スチロール 製 のボールを 沈 めて 手 を 離 し 水 面 から 飛 び 出 した ボールの 高 さ を 測 定 する 沈 める 深 さ を 変 えて 実 験 する 1 実 験 会 場 は 我 が 家 の 浴 槽 水 面 から 飛 び 水 中 から 飛 び 出 すボールの 実 験 ~ 水 中 深 く 沈 めて 急 速 浮 上 ~ 戦 艦 大 和 の ス ピ ー ド の 秘 密 も あのピッチャーの 変 化 球 の 謎 も これで 全 部 わかってしまった!? 会 津 若 松 市 立 第 二 中 学 校 第 3 学 年 福 原 諒 1 実 験 の 動 機 プールで 気 づいたボールの 動 きの 不 思 議 を 自 宅 のお 風 呂

More information

電子レンジ用ゆで卵調理器具の使い方に注意!

電子レンジ用ゆで卵調理器具の使い方に注意! 記 者 説 明 会 資 料 平 成 19 年 9 月 6 日 独 立 行 政 法 人 国 民 生 活 センター 電 子 レンジ 用 ゆで 卵 調 理 器 具 の 使 い 方 に 注 意! - 使 い 方 によっては 卵 が 破 裂 する 可 能 性 も- 1. 目 的 電 子 レンジを 使 用 し 簡 単 に 調 理 等 ができるアイデアグッズがインターネット 等 で 多 数 販 売 されているが

More information

JLIA基準(圧力調整器)/選定と設置

JLIA基準(圧力調整器)/選定と設置 JLIA-B-2 圧 力 調 整 器 H23 改 正 第 4 章 圧 力 調 整 器 の 選 定 と 設 置 4.1 圧 力 調 整 器 の 選 定 LP ガス 用 圧 力 調 整 器 に 求 められる 機 能 は 燃 焼 器 具 を 使 用 する 時 に 要 求 されるガス 量 とガス 圧 を 供 給 し 正 常 な 燃 焼 を 保 つことである この 機 能 を 満 足 させるため 4.1.1~4.1.3

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204E6F375F95978BB58ACF91AA82C982A882AF82E9959791AC91AA92E895FB964082CC94E48A722E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204E6F375F95978BB58ACF91AA82C982A882AF82E9959791AC91AA92E895FB964082CC94E48A722E646F63> 報 告 風 況 観 測 における 風 速 測 定 方 法 の 比 較 * 早 田 大 希 ** 木 場 和 義 *** 幽 谷 栄 二 郎 風 況 観 測 は, 風 力 発 電 の 事 業 性 を 判 断 するための 事 前 調 査 で 実 施 される 主 要 な 業 務 の 一 つで ある これまでに 日 本 の 各 地 で 実 施 されてきた 風 力 発 電 のための 風 況 観 測 では, 風

More information

5.4.2 調 査 対 象 市 場 と 年 間 電 力 消 費 量 東 京 都 中 央 卸 売 市 場 11 市 場 のうち 食 肉 市 場 と 多 摩 市 場 を 除 く 9 市 場 から 有 効 データを 得 たので それらの 市 場 を 調 査 対 象 市 場 とする 図 5-17 に 198

5.4.2 調 査 対 象 市 場 と 年 間 電 力 消 費 量 東 京 都 中 央 卸 売 市 場 11 市 場 のうち 食 肉 市 場 と 多 摩 市 場 を 除 く 9 市 場 から 有 効 データを 得 たので それらの 市 場 を 調 査 対 象 市 場 とする 図 5-17 に 198 5.4 中 央 卸 売 市 場 のエネルギー 消 費 量 の 実 態 調 査 5.4.1 中 央 卸 売 市 場 の 用 途 構 成 図 5-15 に 生 鮮 食 品 等 の 流 通 のしくみを 示 す 各 取 扱 品 目 の 卸 売 業 者 と 仲 卸 業 者 が 生 産 者 や 出 荷 団 体 等 の 出 荷 者 と 小 売 業 者 や 飲 食 業 者 等 の 買 出 人 の 仲 介 を 行 い

More information

研究報告20年度(ai配置).indd

研究報告20年度(ai配置).indd 経 常 研 究 無 機 材 料 の 遠 赤 外 線 放 射 特 性 と 応 用 製 品 に 関 する 研 究 研 究 開 発 科 山 口 典 男 高 松 宏 行 九 州 大 学 栃 原 裕 要 約 遠 赤 外 線 放 射 率 が 高 い 材 料 の 開 発 および 遠 赤 外 線 が 及 ぼす 生 体 への 生 理 学 的 作 用 の 解 明 を 目 的 に セメント と 釉 薬 の 遠 赤 外 線

More information

Microsoft Word - H24_技研論文130110

Microsoft Word - H24_技研論文130110 平 成 24 年 度 凍 害 および 塩 分 環 境 下 における 埋 設 型 枠 工 法 の 耐 久 性 について ( 独 ) 土 木 研 究 所 寒 地 土 木 研 究 所 耐 寒 材 料 チーム 嶋 田 久 俊 田 口 史 雄 吉 田 行 塩 分 環 境 下 において 凍 害 を 受 けるコンクリート 構 造 物 への 有 効 な 対 策 として, 種 々の 表 面 被 覆 工 法 が 適 用

More information

審 査 会 合 における 指 摘 事 項 の 回 答 (/2) No.02-. 指 摘 事 項 補 助 ボイラ 燃 料 タンクが 地 震 により 損 傷 し 防 油 堤 内 に 重 油 が 漏 えいし 火 災 を 起 こした 場 合 について 消 火 方 法 を 説 明 すること 2. 回 答 補

審 査 会 合 における 指 摘 事 項 の 回 答 (/2) No.02-. 指 摘 事 項 補 助 ボイラ 燃 料 タンクが 地 震 により 損 傷 し 防 油 堤 内 に 重 油 が 漏 えいし 火 災 を 起 こした 場 合 について 消 火 方 法 を 説 明 すること 2. 回 答 補 資 料 -6 川 内 原 子 力 発 電 所 号 炉 及 び2 号 炉 審 査 会 合 における 指 摘 事 項 の 回 答 ( 可 搬 型 重 大 事 故 等 対 処 設 備 保 管 場 所 およびアクセスルートについて) 平 成 26 年 3 月 27 日 九 州 電 力 株 式 会 社 審 査 会 合 における 指 摘 事 項 の 回 答 (/2) No.02-. 指 摘 事 項 補 助 ボイラ

More information

Microsoft Word - No.10 西村.doc

Microsoft Word - No.10 西村.doc [ 論 文 No.10] 名 古 屋 港 西 五 区 耐 震 強 化 岸 壁 (-14m) 築 造 工 事 における 桟 橋 杭 の 根 入 れ 長 の 変 更 ( 独 ) 港 湾 空 港 技 術 研 究 所 菊 池 喜 昭 ( 株 ) 地 盤 試 験 所 西 村 真 二 1. 事 例 の 概 要 名 古 屋 港 の 西 五 区 に-14mコンテナ 船 用 の 桟 橋 式 の 耐 震 強 化 岸 壁

More information

5. 給 湯 量 の 算 定 給 湯 量 の 算 定 は 人 員 による 算 定 方 法 と 器 具 数 による 算 定 方 法 があるが 一 般 的 には 人 員 による 算 定 を 行 い 必 要 に 応 じて 器 具 数 による 算 定 によりチェックを 行 う 1 1 日 の 使 用 湯 量

5. 給 湯 量 の 算 定 給 湯 量 の 算 定 は 人 員 による 算 定 方 法 と 器 具 数 による 算 定 方 法 があるが 一 般 的 には 人 員 による 算 定 を 行 い 必 要 に 応 じて 器 具 数 による 算 定 によりチェックを 行 う 1 1 日 の 使 用 湯 量 給 湯 設 備 1. 給 湯 設 備 の 概 要 給 湯 設 備 は 給 水 設 備 と 同 様 に 必 要 な 水 量 ( 湯 量 ) 使 用 目 的 に 適 した 水 圧 衛 生 的 に 安 全 な 水 質 これらに 加 えて 適 温 の 湯 を 建 物 内 の 給 湯 必 要 箇 所 に 供 給 することが 目 的 である 2. 湯 の 性 質 比 体 積 単 位 重 量 当 たりの 体 積

More information

水道用ゴム輪形硬質ポリ塩化ビニル管 検査施行要項(案) 対比表

水道用ゴム輪形硬質ポリ塩化ビニル管 検査施行要項(案) 対比表 水 道 用 ポリエチレン 被 覆 方 法 検 査 施 行 要 項 対 比 表 改 正 前 改 正 後 備 考 日 本 水 道 協 会 水 道 用 ポリエチレン 被 覆 方 法 検 査 施 行 要 項 平 成 12 年 3 月 31 日 制 定 平 成 19 年 12 月 6 日 改 正 日 本 水 道 協 会 水 道 用 ポリエチレン 被 覆 方 法 検 査 施 行 要 項 平 成 12 年 3 月

More information

Microsoft Word - h4ki26.htm

Microsoft Word - h4ki26.htm 消 防 危 第 26 号 平 成 4 年 3 月 25 日 各 都 道 府 県 消 防 主 管 部 長 殿 消 防 庁 危 険 物 規 制 課 長 内 燃 機 関 を 原 動 機 とする 加 圧 送 水 装 置 の 構 造 及 び 性 能 の 基 準 について( 通 知 ) 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 第 20 条 の 規 定 に 基 づき 製 造 所 等 に 設 ける 消 火 設

More information

スライド 1

スライド 1 電 気 用 品 に 起 因 した 製 品 事 故 & 原 因 解 析 事 例 の 紹 介 電 気 用 品 安 全 法 セミナー 資 料 ( 平 成 26 年 11 月 14 日 : 広 島 市 ) ( 独 ) 製 品 評 価 技 術 基 盤 機 構 中 国 支 所 ウォーターサーバーからの 出 火 事 例 ー1 事 故 発 生 は2011 年 11 月 使 用 期 間 は 約 3 年 出 火 箇 所

More information

業界トップのCOP4

業界トップのCOP4 空 冷 ヒ ー ト ポ ン プ 式 熱 源 機 ユ ニ バ ー サ ル ス マ ー ト エックス X の 開 発 販 売 に つ い て ~ C O P 6. 3 0 と い う 高 効 率 を 達 成 す る と と も に お 客 さ ま の 様 々 な ニ ー ズ に ス マ ー ト に フ ィ ッ ト ~ 平 成 22 年 7 月 14 日 東 芝 キヤリア 株 式 会 社 東 京 電 力

More information

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次評価報告書第1作業部会報告書(自然科学的根拠)の公表について

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次評価報告書第1作業部会報告書(自然科学的根拠)の公表について 報 道 発 表 資 料 平 成 25 年 9 月 2 7 日 文 部 科 学 省 経 済 産 業 省 気 象 庁 環 境 省 気 候 変 動 に 関 する 政 府 間 パネル(IPCC) 第 5 次 評 価 報 告 書 第 1 作 業 部 会 報 告 書 ( 自 然 科 学 的 根 拠 )の 公 表 について 気 候 変 動 に 関 する 政 府 間 パネル(IPCC) 第 36 回 総 会 及 び

More information

1 2 3 4 15.2 80 95 5 15 GL 15 GL 10 GL 20 GL 20 15 10 GL JFE NISC NISC NISC 6 7 8 オプション 仕 様 驚 異 の 熱 伝 導 率 0019w/m k 10dB 1 の 低 減 で 約 の 音 に 聞 こえます! 9 ダントツの 断 熱 性 能! 10 遮 熱 について 特 殊 顔 料 の 遮 熱 効 果 ~ 熱 反 射

More information

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 に 関 する 許 可 基 準 改 定 平 成 23 年 10 月 1 日 Ⅰ 趣 旨 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 52 条 第 14 項 第 1 号 の 許 可 制 度 は 機 械 室 等 部 分 の 床 面 積 の 合 計 の 建 築 物 の 延 べ 面 積 に 対 する

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 2013 年 1 月 8 日 ( 火 ) H24 中 性 子 イメージング 専 門 研 究 会 フラットヒートパイプ 型 ヒートスプレッダ 内 部 における 冷 媒 分 布 の 測 定 に 向 けて 国 立 大 学 法 人 鹿 児 島 大 学 水 田 敬 本 プロジェクトのターゲット 高 輝 度 小 型 LED 水 中 照 明 における 放 熱 システムの キーデバイスであるフラットヒートパイプ 型

More information

Microsoft Word - 8 雪下ろし.doc

Microsoft Word - 8 雪下ろし.doc ( 社 ) 北 陸 建 設 弘 済 会 第 16 回 北 陸 地 域 の 活 性 化 に 関 する 研 究 助 成 事 業 新 たな 屋 根 雪 下 ろし 装 置 の 開 発 およびその 性 能 評 価 に 関 する 事 業 工 博 福 井 大 学 研 究 機 関 研 究 員 寺 崎 寛 章 1. 事 業 背 景 近 年, 世 界 各 地 で 発 生 している 自 然 災 害 が 人 々に 大 き

More information

Microsoft Word - 2(2)個人消費改

Microsoft Word - 2(2)個人消費改 (2) 個 人 消 費 の 動 向 ( 大 型 小 売 店 販 売 額 は2 ぶりに 減 少 ) 24 の 個 人 消 費 を 大 型 小 売 店 販 売 額 ( 既 存 店 ベース)の 動 きからみると 前 比.5% 減 となり2 ぶりに 前 を 下 回 った 前 の 23 は 東 日 本 大 震 災 直 後 に 自 粛 ムードの 広 がりや 消 費 マインドの 低 下 により 消 費 が 減 少

More information

Microsoft Word - 05藤本.doc

Microsoft Word - 05藤本.doc 安 藤 建 設 技 術 研 究 所 報 造 建 物 の 振 動 特 性 地 震 時 挙 動 と 振 動 特 性 のモニタリング 藤 本 利 昭 * 野 中 康 友 ** 清 水 秀 哲 *** Vibration Characteristic of CFT Buildings Earthquake response and monitoring on the vibration characteristics

More information

pos_meas_iKAGRA_BS

pos_meas_iKAGRA_BS ikagra BS 鏡 及 び 真 空 槽 位 置 測 定 2016 年 6 月 文 責 : 大 石 奈 緒 子 測 定 : 荒 木 栄 (KEK) 寺 田 聡 一 ikagra で 使 用 した BS 鏡 の 位 置 を 測 定 するため 6 月 7 8 日 に FARO 社 製 3 次 元 測 定 器 を 用 いて 測 定 を 行 った 結 果 真 空 槽 の 横 フランジを 参 照 基 準 とした

More information

1998( 平 成 10) 年 に 岡 場 ~ 田 尾 寺 間 が 完 成 したのみで その 他 の 区 間 については 沿 線 開 発 による 地 価 高 騰 から 複 線 化 用 地 の 買 収 が 進 まず また 神 戸 電 鉄 の 経 営 状 態 から 総 事 業 費 400 億 円 (19

1998( 平 成 10) 年 に 岡 場 ~ 田 尾 寺 間 が 完 成 したのみで その 他 の 区 間 については 沿 線 開 発 による 地 価 高 騰 から 複 線 化 用 地 の 買 収 が 進 まず また 神 戸 電 鉄 の 経 営 状 態 から 総 事 業 費 400 億 円 (19 神 戸 電 鉄 1. 路 線 概 要 神 戸 電 鉄 線 は 有 馬 線 ( 湊 川 ~ 有 馬 温 泉 間 22.5km) 三 田 線 ( 有 馬 口 ~ 三 田 間 12.0km) 公 園 都 市 線 ( 横 山 ~ウッデ ィタウン 中 央 間 5.5km) 粟 生 線 ( 鈴 蘭 台 ~ 粟 生 間 29.2km) 神 戸 高 速 線 ( 湊 川 ~ 新 開 地 間 0.4km)の 計 69.6km

More information

ヒートショックとは ヒートショックとは 温 度 の 急 激 な 変 化 で 血 圧 が 上 下 に 大 きく 変 動 する 等 によって 起 こる 健 康 被 害 ととらえ る 事 ができます 失 神 したり 心 筋 梗 塞 や 不 整 脈 脳 梗 塞 を 起 こす 事 があり 特 に 冬 場 に

ヒートショックとは ヒートショックとは 温 度 の 急 激 な 変 化 で 血 圧 が 上 下 に 大 きく 変 動 する 等 によって 起 こる 健 康 被 害 ととらえ る 事 ができます 失 神 したり 心 筋 梗 塞 や 不 整 脈 脳 梗 塞 を 起 こす 事 があり 特 に 冬 場 に 平 成 25 年 1 2 月 2 日 地 方 独 立 行 政 法 人 東 京 都 健 康 長 寿 医 療 センター 入 浴 中 に 急 死 する 高 齢 者 数 - 冬 場 は 夏 場 の 11 倍! 主 な 原 因 は 脱 衣 室 浴 室 等 の 温 度 低 下 による ヒートショック 冬 場 の 住 居 内 の 温 度 管 理 と 健 康 について 東 京 都 健 康 長 寿 医 療 センター

More information

コンクリート工学年次論文集 Vol.27

コンクリート工学年次論文集 Vol.27 論 文 浸 透 性 吸 水 防 止 材 で 被 覆 したポーラスコンクリートの 品 質 改 善 吉 田 知 弘 *1 国 枝 稔 *2 小 澤 淳 *3 *4 六 郷 恵 哲 要 旨 : 乾 湿 の 激 しい 環 境 下 での 劣 化 が 懸 念 されているポーラスコンクリートに 対 して, 2 種 類 の 浸 透 性 吸 水 防 止 材 で 被 覆 することにより 乾 湿 繰 返 しに 対 する

More information

12

12 12. 維 持 管 理 12.1 維 持 管 理 1 給 水 装 置 は 水 道 使 用 者 に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 であり その 維 持 管 理 の 適 否 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えることから 水 が 汚 染 し 又 は 漏 れないように 的 確 に 管 理 を 行 うことが 必 要 である 2 給 水 装 置 は 水 道 使 用 者 等 が

More information

Microsoft Word - Ⅰ章_100525.doc

Microsoft Word - Ⅰ章_100525.doc Ⅰ. 市 街 化 区 域 内 農 地 の 資 産 価 値 の 整 理 1. 一 般 農 地 市 街 化 区 域 内 農 地 及 び 宅 地 に 係 る 固 定 資 産 税 の 負 担 水 準 等 の 経 年 変 化 等 についての 税 制 上 の 整 理 1) 一 般 農 地 市 街 化 区 域 内 農 地 及 び 宅 地 に 係 る 固 定 資 産 税 制 度 の 基 本 的 な 仕 組 み 農

More information

2 平 均 病 床 数 の 平 均 病 床 数 では 療 法 人 に 対 しそれ 以 外 の 開 設 主 体 自 治 体 社 会 保 険 関 係 団 体 その 他 公 的 の 規 模 が 2.5 倍 程 度 大 きく 療 法 人 に 比 べ 公 的 病 院 の 方 が 規 模 の 大 き いことが

2 平 均 病 床 数 の 平 均 病 床 数 では 療 法 人 に 対 しそれ 以 外 の 開 設 主 体 自 治 体 社 会 保 険 関 係 団 体 その 他 公 的 の 規 模 が 2.5 倍 程 度 大 きく 療 法 人 に 比 べ 公 的 病 院 の 方 が 規 模 の 大 き いことが II 病 院 経 営 管 理 指 標 に 関 する 調 査 研 究 結 果 1. 平 成 22 年 度 病 院 経 営 管 理 指 標 の 概 要 平 成 22 年 度 病 院 経 営 管 理 指 標 の 詳 細 については 後 述 の 平 成 22 年 度 病 院 経 営 管 理 指 標 に 示 し 以 下 ではその 概 況 を 述 べる 注 有 効 回 答 数 が 5 以 下 の 項 目 には

More information

して TS を 函 体 の 外 ( 吐 き 口 側 または 呑 み 口 側 )に 設 置 し 鋲 を 直 接 視 準 する 方 法 がある しかし 連 結 している 函 体 では 撓 みや 継 手 部 のゴムが 大 きく 変 形 し ている 場 合 があるなど 鋲 を TS で 直 接 視 準 する

して TS を 函 体 の 外 ( 吐 き 口 側 または 呑 み 口 側 )に 設 置 し 鋲 を 直 接 視 準 する 方 法 がある しかし 連 結 している 函 体 では 撓 みや 継 手 部 のゴムが 大 きく 変 形 し ている 場 合 があるなど 鋲 を TS で 直 接 視 準 する 平 成 23 年 度 自 走 装 置 を 用 いた 樋 門 函 体 の 3 次 元 変 位 技 術 の 開 発 ( 独 ) 土 木 研 究 所 寒 地 土 木 研 究 所 寒 地 機 械 技 術 チーム 小 宮 山 一 重 牧 野 正 敏 山 﨑 貴 志 北 海 道 には 泥 炭 性 軟 弱 地 盤 が 広 く 分 布 しており 長 期 にわたり 沈 下 する 特 性 を 有 している 河 川 堤

More information

スライド 1

スライド 1 セラミックス 研 究 所 研 究 推 進 計 画 平 成 28~32 年 度 1. 岐 阜 県 の 陶 磁 器 産 業 の 現 状 と 今 後 の 展 望 2.セラミックス 研 究 所 の 重 点 方 針 3. 研 究 所 の 固 有 技 術 と 課 題 今 後 5 年 間 の 技 術 開 発 の 方 向 4. 技 術 開 発 ロードマップ 5. 技 術 支 援 6. 人 材 育 成 1. 岐 阜

More information

目 次 1. 総 則 2. 機 能 3. 性 能 4. 外 形 寸 法 5. 端 子 構 造 6. 電 線 接 続 図 7. 表 示 例

目 次 1. 総 則 2. 機 能 3. 性 能 4. 外 形 寸 法 5. 端 子 構 造 6. 電 線 接 続 図 7. 表 示 例 目 次 1. 総 則 2. 機 能 3. 性 能 4. 外 形 寸 法 5. 端 子 構 造 6. 電 線 接 続 図 7. 表 示 例 1. 総 則 1.1 適 用 範 囲 この 規 格 は 計 器 用 変 成 器 または 計 器 用 変 圧 器 および 計 器 用 変 流 器 ( 二 次 側 三 相 3 線 式 110V 5A)とともに 取 付 ける 電 子 式 複 合 計 器 ( 以 下 計

More information

Microsoft PowerPoint - 第11回電磁気学I 2010.12.20

Microsoft PowerPoint - 第11回電磁気学I 2010.12.20 010 年 1 月 0 日 ( 月 ) 13:00-14:30 Y 平 成 年 度 工 系 ( 社 会 環 境 工 学 科 ) 第 11 回 電 磁 気 学 Ⅰ 天 野 浩 項 目 アンペアの 定 義 電 流 と 回 路 キルヒホッフの 法 則 の 導 出 ここでは 定 常 電 流 実 現 までの 道 のりを 振 り 返 り アンペアの 定 義 定 常 電 流 と 電 気 回 路 の 基 本 法 則

More information

2 実 験 結 果 1 枚 2 枚 3 枚 4 枚 6 枚 羽 の 枚 数 30 秒 間 の 回 転 数 3 考 察 32 回 54 回 52 回 47 回 34 回 羽 の 枚 数 は 少 ないほど 回 転 数 が 上 昇 するといえる しかし 1 枚 では 回 転 数 が 最 も 少 なくなる

2 実 験 結 果 1 枚 2 枚 3 枚 4 枚 6 枚 羽 の 枚 数 30 秒 間 の 回 転 数 3 考 察 32 回 54 回 52 回 47 回 34 回 羽 の 枚 数 は 少 ないほど 回 転 数 が 上 昇 するといえる しかし 1 枚 では 回 転 数 が 最 も 少 なくなる 研 究 結 果 報 告 書 公 益 財 団 法 人 長 野 県 学 校 科 学 教 育 奨 励 基 金 理 事 長 田 幸 淳 男 様 1 研 究 テーマ 風 力 発 電 平 成 25 年 1 月 10 日 学 校 名 飯 綱 町 立 飯 綱 中 学 校 学 校 長 名 小 林 久 夫 印 2 研 究 グループ 名 飯 綱 中 学 校 科 学 クラブ 3 指 導 者 大 日 方 正 壽 4 研 究

More information

<874390DD8C7695738BEF8D8751264181698FEA8F8A91C582BF82B082BD81798A4F8350815B8375838B817A816A5F52657630322E786477>

<874390DD8C7695738BEF8D8751264181698FEA8F8A91C582BF82B082BD81798A4F8350815B8375838B817A816A5F52657630322E786477> 設 計 不 具 合 場 所 打 PCちげた 外 ケーブル 1/8 外 ケーブル 構 造 に 関 する 設 計 不 具 合 防 止 にはどのようなものがあるか 目 次 ( 原 則 共 通 不 具 合 事 例 原 則 PC 橋 において 外 ケーブル 工 法 は 内 ケーブル 工 法 に 比 べ 部 材 厚 を 薄 くできること コンクリート の 打 設 性 能 の 向 上 橋 りょう 完 成 後 の

More information

_桐蔭論叢32一般2和文3本.indd

_桐蔭論叢32一般2和文3本.indd 桐 蔭 論 叢 第 32 号 2015 年 10 月 医 用 工 学 部 研 究 論 文 透 析 用 留 置 針 の 脱 血 特 性 改 善 を 目 的 とした 側 孔 の 最 適 化 に 関 する 基 礎 検 討 Fundamental study on optimization of side holes for improvement of blood removal characteristics

More information

Microsoft Word - Ⅶ防暑対策.doc

Microsoft Word - Ⅶ防暑対策.doc Ⅶ. 防 暑 対 策 について 鶏 は 幼 雛 時 の 保 温 を 必 要 とする 時 期 を 経 過 した 後 は 高 い 環 境 温 度 に 対 して 弱 く 食 下 量 の 減 少 体 重 の 停 滞 ついには 熱 射 病 にまで 至 りますので 被 害 を 最 小 限 に 抑 えるための 防 暑 対 策 を 行 う 必 要 があります 夏 場 において 肥 育 成 績 で 高 い 収 益 性

More information

Microsoft Word - セット版●報告書要約2月28日「タイにおける省エネルギー技術として有効な屋根用省エネ塗料の技術協力事業」実証事業20130228 (2)

Microsoft Word - セット版●報告書要約2月28日「タイにおける省エネルギー技術として有効な屋根用省エネ塗料の技術協力事業」実証事業20130228 (2) 平 成 24 年 度 経 済 産 業 省 委 託 事 業 平 成 24 年 度 貿 易 投 資 円 滑 化 支 援 事 業 ( 実 証 事 業 一 般 案 件 ) タイにおける 省 エネルギー 技 術 として 有 効 な 屋 根 用 省 エネ 塗 料 の 技 術 協 力 事 業 実 証 事 業 報 告 書 ( 要 約 版 ) 平 成 25 年 2 月 社 団 法 人 日 本 塗 料 工 業 会 禁

More information

光センサ(赤外)

光センサ(赤外) Cat.No.100-820 取 扱 説 明 書 光 センサ( 赤 外 ) PS-218 この 取 扱 説 明 書 をよくお 読 みのうえ, 安 全 事 項 警 告 内 容 を 充 分 ご 理 解 いただき, 正 しくご 使 用 ください いつでもこの 取 扱 説 明 書 が 使 用 できるように 大 切 に 保 管 ください 目 次 はじめに 1 概 要 2 構 成 品 2 構 成 品 2 必

More information

大阪市立科学館研究報告 第23号 2013年 p.25-30

大阪市立科学館研究報告 第23号 2013年 p.25-30 大 阪 市 立 科 学 館 研 究 報 告 23, 25-30 (2013) 電 極 式 炊 飯 器 とその 再 現 長 谷 川 能 三 * 概 要 現 在 の 電 気 炊 飯 器 はヒーターやIH 方 式 によって 加 熱 する 方 式 となっているが かつては 炊 飯 器 に 入 れた 米 と 水 に 直 接 電 流 を 流 し そのジュール 熱 によって 加 熱 する 炊 飯 器 が 存 在

More information

DJ618_06_火力発電所_05[029-033].indd

DJ618_06_火力発電所_05[029-033].indd 技 術 紹 介 火 力 発 電 ボイラにおける 高 温 硫 化 腐 食 茂 田 潤 一 * S h i g e t a J u n - i c h i 石 炭 焚 きボイラの 火 炉 水 壁 管 等 の 熱 放 射 領 域 では 燃 焼 ガス 雰 囲 気 中 に 発 生 する 硫 化 水 素 (H2S) 石 炭 中 に 存 在 するパイライト(FeS2) NOx 低 減 のための 還 元 燃 焼 等

More information

3分の1ビル破壊031203

3分の1ビル破壊031203 大 規 模 空 間 に 設 置 された 耐 震 吊 り 天 井 の 耐 震 余 裕 度 検 証 実 験 結 果 速 報 1.はじめに 2011 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 で 発 生 した 吊 り 天 井 の 脱 落 被 害 を 受 け 関 係 各 機 関 では 各 種 法 規 の 整 備 や 既 存 施 設 の 早 急 な 点 検 対 策 の 推 進 などの 対 応 が 進 められています

More information

1.2 計 画 の 位 置 づけ 本 計 画 は 本 市 の 第 6 次 東 海 市 総 合 計 画 を 上 位 計 画 とした 住 宅 政 策 部 門 の 基 本 計 画 という 位 置 付 けとし 国 及 び の 住 生 活 基 本 計 画 や 他 の 本 市 の 関 連 する 諸 計 画 とも

1.2 計 画 の 位 置 づけ 本 計 画 は 本 市 の 第 6 次 東 海 市 総 合 計 画 を 上 位 計 画 とした 住 宅 政 策 部 門 の 基 本 計 画 という 位 置 付 けとし 国 及 び の 住 生 活 基 本 計 画 や 他 の 本 市 の 関 連 する 諸 計 画 とも 審 議 事 項 (4) 東 海 市 の 住 宅 住 環 境 をめぐる 現 状 報 告 1. 計 画 の 概 要 1.1 計 画 の 背 景 と 目 的 本 市 では 平 成 18 年 度 に 東 海 市 住 宅 マスタープラン~ 定 住 から 活 力 へのシナリオ~( 以 下 第 一 次 計 画 という) を 策 定 し 誰 もが 住 み 続 けたくなる 魅 力 と 元 気 あふれる と うかい の

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 糖 尿 病 眼 合 併 症 と 治 療 について 糖 尿 病 とは? 糖 尿 病 とは 尿 に 糖 が 混 じるだけの 病 気 ではない 血 糖 値 上 昇 により 全 身 の 血 管 障 害 を 引 き 起 こし ます 製 鉄 記 念 広 畑 病 院 眼 科 藤 井 誠 士 郎 日 本 人 の 糖 尿 病 疫 学 調 査 眼 の 構 造 と 機 能 糖 尿 病 患 者 数 :820 万 人 (2007

More information

第 5 章 配 管 工 事 第 節 配 管 基 準 事 1 給 水 管 及 給 水 用 具 最 終 水 機 構 流 出 側 設 置 給 水 用 具 耐 圧 性 能 有 用 い 省 第 条 第 2 減 圧 弁 逃 弁 逆 弁 空 気 弁 及 電 磁 弁 耐 久 性 能 有 用 い 省 第 条 3 家 屋 主 配 管 配 管 経 路 い 構 物 通 過 避 等 漏 水 時 修 理 容 易 行 う う

More information

3.1. ❷ 国 土 交 通 大 臣 認 定 の 耐 力 壁 国 土 交 通 大 臣 認 定 の 耐 力 壁 の 基 準 耐 力 については ( 一 財 ) 日 本 建 築 防 災 協 会 の HP で 公 開 されている 木 造 住 宅 の 耐 震 診 断 と 補 強 方 法 の 質 問 回 答

3.1. ❷ 国 土 交 通 大 臣 認 定 の 耐 力 壁 国 土 交 通 大 臣 認 定 の 耐 力 壁 の 基 準 耐 力 については ( 一 財 ) 日 本 建 築 防 災 協 会 の HP で 公 開 されている 木 造 住 宅 の 耐 震 診 断 と 補 強 方 法 の 質 問 回 答 3 耐 震 補 強 編 [3.1] 耐 震 補 強 に 使 用 できる 構 造 用 合 板 張 り 壁 の 壁 基 準 耐 力 と 壁 基 準 剛 性 耐 震 補 強 に 使 用 できる 構 造 用 合 板 張 り 壁 には 次 の 3 種 類 がある 3.1. ❶ 日 本 建 築 防 災 協 会 による 耐 震 補 強 壁 ( 一 財 ) 日 本 建 築 防 災 協 会 2012 年 改 訂 版

More information

電 気 機 器 885 1.6% 誇 るということになる 排 気 管 841 1.5% 溶 接 機 切 断 機 614 1.1% 灯 火 576 1.0% その 他 1031 2 不 明 調 査 中 6,67 11.9% 計 56,329 ( 総 務 省 消 防 庁 調 べ) 2 空 気 汚 染 を

電 気 機 器 885 1.6% 誇 るということになる 排 気 管 841 1.5% 溶 接 機 切 断 機 614 1.1% 灯 火 576 1.0% その 他 1031 2 不 明 調 査 中 6,67 11.9% 計 56,329 ( 総 務 省 消 防 庁 調 べ) 2 空 気 汚 染 を IH クッキングヒーターは 本 当 に 住 みやすく 安 全 である 生 活 空 間 をつくりだせるのか? 1 章 はじめに 1 調 査 の 目 的 近 年 住 宅 会 社 などが 大 々 的 に 宣 伝 を 行 っている オール 電 化 住 宅 これは 床 暖 房 等 多 種 の 電 化 製 品 を 用 いて 安 全 性 居 住 性 に 優 れた 住 宅 をつくりだすという 仕 組 み で ある

More information

試 験 概 略 試 験 目 的 同 同 一 一 規 規 格 格 の の 電 電 熱 熱 線 線 式 式 ヒーティングユニットを2 台 台 並 並 べ べ 片 片 方 方 のユニットに 遠 遠 赤 赤 外 外 線 線 放 放 射 射 材 材 料 料 である アルミ 合 金 エキスパンションメタルを 組

試 験 概 略 試 験 目 的 同 同 一 一 規 規 格 格 の の 電 電 熱 熱 線 線 式 式 ヒーティングユニットを2 台 台 並 並 べ べ 片 片 方 方 のユニットに 遠 遠 赤 赤 外 外 線 線 放 放 射 射 材 材 料 料 である アルミ 合 金 エキスパンションメタルを 組 遠 赤 外 線 アルミ 合 金 併 用 融 雪 システム 融 雪 試 験 報 告 書 平 成 20 年 2 月 試 験 概 略 試 験 目 的 同 同 一 一 規 規 格 格 の の 電 電 熱 熱 線 線 式 式 ヒーティングユニットを2 台 台 並 並 べ べ 片 片 方 方 のユニットに 遠 遠 赤 赤 外 外 線 線 放 放 射 射 材 材 料 料 である アルミ 合 金 エキスパンションメタルを

More information

いて 法 附 則 第 11 条 の4 第 4 項 に 規 定 する 改 修 工 事 をしたことの 証 明 については 宅 地 建 物 取 引 業 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 176 号 ) 第 2 条 第 3 項 に 規 定 する 宅 地 建 物 取 引 業 者 から 証 明 の 申 請

いて 法 附 則 第 11 条 の4 第 4 項 に 規 定 する 改 修 工 事 をしたことの 証 明 については 宅 地 建 物 取 引 業 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 176 号 ) 第 2 条 第 3 項 に 規 定 する 宅 地 建 物 取 引 業 者 から 証 明 の 申 請 国 住 政 第 116 号 平 成 27 年 4 月 1 日 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 日 本 建 築 士 会 連 合 会 会 長 殿 日 本 建 築 士 事 務 所 協 会 連 合 会 会 長 殿 日 本 建 築 家 協 会 会 長 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 住 宅 政 策 課 長 住 宅 企 画 官 買 取 再 販 で 扱 われる 住 宅 の 取 得 に 係 る 不 動

More information

ボール 金 属 としてアルミ 板 を 使 用 し それぞれ の 材 料 について 電 磁 波 の 透 過 および 吸 収 実 験 を 行 い 電 磁 波 が 透 過 する 材 料 と 反 射 する 材 料 そ して 電 磁 波 を 吸 収 し 軽 減 させる 材 料 があること を 学 ばせ 電 磁

ボール 金 属 としてアルミ 板 を 使 用 し それぞれ の 材 料 について 電 磁 波 の 透 過 および 吸 収 実 験 を 行 い 電 磁 波 が 透 過 する 材 料 と 反 射 する 材 料 そ して 電 磁 波 を 吸 収 し 軽 減 させる 材 料 があること を 学 ばせ 電 磁 科 教 研 報 Vol.24 No.2 電 磁 環 境 教 育 のための 教 材 研 究 と 短 期 大 学 における 実 践 A study of teaching materials for electromagnetic environmental education and a practice in a junior college * 笠 置 映 寛 ** 蔦 岡 孝 則 *** 畠 山

More information

05-07真空環境実験

05-07真空環境実験 ( 科 学 実 験 7) 真 空 ってどんなこと? 真 空 環 境 実 験 ( 写 真 左 上 ) 製 作 した 真 空 装 置 ( 写 真 右 上 ) 容 器 内 のマシュマロが 膨 張 した 様 子 容 器 の 右 側 にあるのが 大 気 中 の 大 きさ ( 写 真 右 ) 容 器 内 の 水 が 沸 騰 する 様 子 < 目 次 > 1.ねらい< 目 的 と 概 要 > 1 2. 材 料 集

More information

582038DB06E8F35C49256ACA001C237

582038DB06E8F35C49256ACA001C237 平 成 一 一 年 (ワ) 第 二 四 九 八 〇 号 不 正 競 争 行 為 差 止 請 求 事 件 ( 口 頭 弁 論 終 結 日 平 成 一 二 年 一 〇 月 一 七 日 ) 判 決 原 告 株 式 会 社 富 士 計 器 A 右 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 山 口 紀 洋 同 鶴 見 俊 男 被 告 株 式 会 社 総 通 B 被 告 有 限 会 社 ウイズダム C 被 告 有 限 会

More information

<5461726F2D31302E977B93D88AC7979D82C982A882AF82E98F8B944D8358>

<5461726F2D31302E977B93D88AC7979D82C982A882AF82E98F8B944D8358> 養 豚 管 理 における 暑 熱 ストレスの 影 響 と 効 果 的 対 策 の 検 討 中 央 家 畜 保 健 衛 生 所 大 城 守 池 宮 城 一 文 津 波 修 比 嘉 喜 政 ほか 高 温 多 湿 な 気 候 条 件 は 家 畜 の 生 産 性 に 大 きな 影 響 を 及 ぼすことが 知 られており 暑 熱 対 策 は 重 要 な 管 理 の 一 つと 考 えられている しかし 2008

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AE88F918145907D96CA82CC8B4C8DDA82CC8EE888F882AB81698C8B8D8794C5816A88F38DFC977082508D658DCF82DD30382E332E31372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AE88F918145907D96CA82CC8B4C8DDA82CC8EE888F882AB81698C8B8D8794C5816A88F38DFC977082508D658DCF82DD30382E332E31372E646F63> 2. 図 面 の 記 載 の 基 本 意 匠 法 の 保 護 対 象 となる 物 品 の 形 態 は 大 半 が 立 体 状 の 形 態 をしています しかし そ の 立 体 状 の 形 態 を 意 匠 登 録 出 願 する 際 には 平 面 上 に 記 載 した 図 面 等 によって 表 す 規 定 と なっています つまり 意 匠 権 の 客 体 は 現 実 の 立 体 物 ではなく その 図

More information

Microsoft Word - (最終網提出用)快適住まいのリフォーム補助金交付要

Microsoft Word - (最終網提出用)快適住まいのリフォーム補助金交付要 快 適 住 まいのリフォーム 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 住 宅 の 安 全 性 耐 久 性 及 び 居 住 性 の 向 上 と 住 まいの 長 寿 命 化 省 エネ 寒 冷 地 仕 様 化 バリアフリー 化 のため 子 育 て 世 帯 をはじめとした 町 民 が 実 施 する 住 宅 リフォームに 要 す る 費 用 の 一 部 を 補 助 することにより

More information

本 報 告 書 は, 内 閣 府 からの 委 託 事 業 として, 独 立 行 政 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 が 実 施 した 平 成 23 年 度 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 事 故 に 係 る 避 難 区 域 等 における 除 染 実 証 業 務 の 成 果

本 報 告 書 は, 内 閣 府 からの 委 託 事 業 として, 独 立 行 政 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 が 実 施 した 平 成 23 年 度 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 事 故 に 係 る 避 難 区 域 等 における 除 染 実 証 業 務 の 成 果 平 成 23 年 度 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 事 故 に 係 る 避 難 区 域 等 における 除 染 実 証 業 務 個 人 線 量 調 査 事 業 編 報 告 書 平 成 24 年 6 月 独 立 行 政 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 本 報 告 書 は, 内 閣 府 からの 委 託 事 業 として, 独 立 行 政 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開

More information

1 1. 植 物 のなかま 分 け( 分 類 )について, 次 の 文 を 読 み, 次 の 各 問 いに 答 えなさい スウェーデンの 生 物 学 者,カール フォン リンネ(1707 1778)は 分 類 学 の 父 と 言 われている 彼 は, 生 物 の 学 名 を 属 名 と 種 小 名 の2つのラテン 語 で 表 す 二 名 法 ( 二 命 名 法 )を 確 立 した また,リンネは 花 を

More information

(Microsoft Word - ASJ008 \221\317\220k\224\273\222\350\220R\215\270\227v\227\314\(\210\304\)20150705.doc)

(Microsoft Word - ASJ008 \221\317\220k\224\273\222\350\220R\215\270\227v\227\314\(\210\304\)20150705.doc) 耐 震 判 定 審 査 要 領 2015 年 8 月 ビューローベリタスジャパン 株 式 会 社 耐 震 判 定 委 員 会 目 次 1. 判 定 方 針 概 要 2 2. 適 用 範 囲 2 3. 耐 震 診 断 方 針 2 4. 現 地 調 査 3 5. 診 断 計 算 4 6. 耐 震 改 修 7 7. 躯 体 以 外 の 検 討 部 位 9 8. その 他 10-1- 1. 判 定 方 針

More information

3. 研 究 実 験 の 手 順 (1) 実 験 1 吸 収 構 造 無 しでのゆで 卵 の 落 下 実 験 実 験 1 1 ゆで 卵 のみで 落 下 (2 階 ) 衝 撃 を 吸 収 する 素 材 無 しで 2 階 (5.01m)から, 卵 を 落 とした 場 合, 卵 がどれくらいの 変 形 を

3. 研 究 実 験 の 手 順 (1) 実 験 1 吸 収 構 造 無 しでのゆで 卵 の 落 下 実 験 実 験 1 1 ゆで 卵 のみで 落 下 (2 階 ) 衝 撃 を 吸 収 する 素 材 無 しで 2 階 (5.01m)から, 卵 を 落 とした 場 合, 卵 がどれくらいの 変 形 を 21421 卵 落 下 実 験 による 衝 撃 吸 収 構 造 の 研 究 要 旨 2515 佐 藤 広 基 2535 森 正 樹 2539 渡 辺 諒 私 たちは 工 作 用 紙 を 用 いて 効 率 よく 衝 撃 を 吸 収 できる 構 造 を 作 ることを 目 的 として 研 究 を 始 め た ゆで 卵 を 構 造 体 の 中 に 設 置 し, 校 舎 の 2 階 3 階 から 落 下 させ,

More information

<4D F736F F D2096AF8AD48D488E9682C982A882AF82E994AD928D95FB8EAE82C98AD682B782E98EC091D492B28DB85F94B290885F2E646F63>

<4D F736F F D2096AF8AD48D488E9682C982A882AF82E994AD928D95FB8EAE82C98AD682B782E98EC091D492B28DB85F94B290885F2E646F63> 当 該 資 料 については CM 方 式 に 対 応 した 施 工 体 制 のあり 方 研 究 会 事 務 局 が( 財 ) 建 設 経 済 研 究 所 においてまとめられた 報 告 書 の 一 部 を 抜 粋 し 研 究 会 資 料 として 作 成 したものである 民 間 工 事 における 発 注 方 式 に 関 する 実 態 調 査 報 告 書 ( 一 部 抜 粋 ) 平 成 15 年 7 月

More information

2 3 4 5 6 7 8 1m 1 ( ) () ( ) 2 JIS 1 24 2 [L5,L50,L95] () 1.2m 1 24 10 第 5 章 参 考 資 料 < 参 考 資 料 > 第 5 章 線 形 設 計 に 係 わる 設 計 計 算 要 領 及

More information

今 後 の 検 討 事 項 の 整 理 資 料 4 東 日 本 大 震 災 における 堤 防 被 災 の 特 徴 1. 河 川 堤 防 の 被 災 が 多 数 広 範 囲 に 発 生 ( 照 査 対 象 外 の 区 間 において 多 数 の 被 災 が 発 生 ) 緊 急 復 旧 に 時 間 を 要

今 後 の 検 討 事 項 の 整 理 資 料 4 東 日 本 大 震 災 における 堤 防 被 災 の 特 徴 1. 河 川 堤 防 の 被 災 が 多 数 広 範 囲 に 発 生 ( 照 査 対 象 外 の 区 間 において 多 数 の 被 災 が 発 生 ) 緊 急 復 旧 に 時 間 を 要 第 2 回 河 川 堤 防 耐 震 対 策 緊 急 検 討 委 員 会 資 料 44 現 状 の 耐 震 照 査 及 び 設 計 の 改 善 今 後 の 検 討 事 項 の 整 理 資 料 4 東 日 本 大 震 災 における 堤 防 被 災 の 特 徴 1. 河 川 堤 防 の 被 災 が 多 数 広 範 囲 に 発 生 ( 照 査 対 象 外 の 区 間 において 多 数 の 被 災 が 発 生

More information

ポイント 発 行 申 請 後 に 転 勤 等 があり 自 己 居 住 にならなかったとしても 問 わない ただし 1 人 1 戸 しか 申 請 できない (7)ポイント 数 エコリフォームのポイント 数 は 従 前 の 住 宅 エコポイント 等 より 割 り 増 した (8) 即 時 交 換 即 時

ポイント 発 行 申 請 後 に 転 勤 等 があり 自 己 居 住 にならなかったとしても 問 わない ただし 1 人 1 戸 しか 申 請 できない (7)ポイント 数 エコリフォームのポイント 数 は 従 前 の 住 宅 エコポイント 等 より 割 り 増 した (8) 即 時 交 換 即 時 平 成 27 年 1 月 28 日 一 般 社 団 法 人 住 宅 生 産 団 体 連 合 会 住 宅 性 能 向 上 WG 省 エネ 住 宅 ポイント 制 度 に 関 する 説 明 概 要 と Q&A 1. 省 エネ 住 宅 ポイント 制 度 に 関 する 説 明 概 要 ( 一 部 質 問 に 対 する 回 答 も 含 む) (1) 省 エネ 住 宅 ポイント 制 度 説 明 会 の 参 加 者

More information

安 全 にご 使 用 いただくために お 使 いになる 人 や 他 の 人 への 危 害 財 産 への 損 害 を 未 然 に 防 止 するため 必 ずお 守 りいただくことを 次 のよう に 説 明 しています 表 示 内 容 を 無 視 して 誤 った 使 い 方 をしたときに 生 じる 危 害

安 全 にご 使 用 いただくために お 使 いになる 人 や 他 の 人 への 危 害 財 産 への 損 害 を 未 然 に 防 止 するため 必 ずお 守 りいただくことを 次 のよう に 説 明 しています 表 示 内 容 を 無 視 して 誤 った 使 い 方 をしたときに 生 じる 危 害 熱 風 工 具 ファン 付 きダクトヒーター ( 寒 冷 地 タイプ) HFD3075 HFD3100 HFD3150 HFD3200 HFD3300 取 扱 説 明 書 お 買 いあげいただき ありがとうございます ファン 付 きダクトヒーター を 安 全 にご 使 用 いただくため お 使 いになる 前 にこの 取 扱 説 明 書 をお 読 みください お 読 みになった 後 は 後 日 お 役

More information

Microsoft Word - 設計概要.docx

Microsoft Word - 設計概要.docx 第 22 回 衛 星 設 計 コンテスト アイデア 概 要 説 明 書 事 務 局 使 用 欄 受 付 番 号 年 月 日 応 募 区 分 ジュニアの 部 1. 作 品 情 報 応 募 者 情 報 作 品 名 (20 文 字 以 内 ) 次 世 代 の 新 構 想 膨 張 性 流 体 防 御 シールド 作 品 名 副 題 (これは 公 式 文 書 では 省 略 する 場 合 があります) 固 いのに

More information

147

147 第 8 章 維 持 管 理 1. 維 持 管 理 給 水 装 置 は 需 用 者 に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 でありその 維 持 管 理 の 適 否 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えることから 水 が 汚 染 し 又 は 漏 れないように 的 確 に 管 理 を 行 う 必 要 がある 給 水 用 具 によっては 間 違 った 使 用 方 法 や 適 切

More information

untitled

untitled アウトブレース 工 法 1. 工 法 の 概 要 アウトブレース 工 法 は 既 存 RC 建 物 の 外 側 に 鉄 骨 ブレースを 取 り 付 け PC 鋼 棒 を 用 いて 既 存 建 物 と 一 体 化 を 図 り 耐 震 性 能 を 向 上 させる 補 強 工 法 です ブレースの 取 り 付 けに 際 しては 既 存 梁 側 面 に 削 孔 し 鉄 骨 の 交 差 部 分 ( 以 下 台

More information

耐震改修評定委員会での検討事項                 2000,4,13

耐震改修評定委員会での検討事項                 2000,4,13 平 成 24 年 6 月 耐 震 改 修 計 画 評 定 審 査 委 員 会 での 留 意 事 項 耐 震 改 修 計 画 評 定 審 査 委 員 会 の 説 明 用 資 料 の 作 成 にあたり これまでの 審 査 委 員 会 での 指 摘 の 多 い 事 項 について 以 下 の 通 りとりまとめましたので 留 意 願 います 1. 対 象 1-1. 耐 震 診 断 耐 震 改 修 計 画 評

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 出 資 金 の 運 用 益 を 事 業 費 としており 出 資 金 の 利 払 いの 一 部 を 地 方 交 付 税 措 置 している ことから 復 興 基 金 の 事 業 費 を 地 方 交 付 税 で 支 える 仕 組 みということができる なお 図 表 6-3 にあるように 事 業 費 の 一 部 だけを 交 付 税 措 置 するのは 公 的 資 金 を 被 災 者 の 住 宅 再 建 や 個

More information

建築基準法第52条第14項第1号に基づく練馬区容積率の許可に関する取扱基準

建築基準法第52条第14項第1号に基づく練馬区容積率の許可に関する取扱基準 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 に 基 づく 練 馬 区 容 積 率 の 許 可 に 関 する 取 扱 基 準 練 都 建 第 282 号 平 成 14 年 3 月 11 日 第 1 運 用 方 針 練 馬 区 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 52 条 第 14 項 第 1 号 の 規 定 による 機 械

More information

1. 総 説 1.1 背 景 橋 梁 コンクリート 床 版 の 防 水 層 として 2010 年 より 技 術 基 準 化 された 床 版 防 水 層 グレ ードⅡ 上 の 舗 装 に 対 して 従 前 のものより 施 工 性 を 向 上 させることが 求 められたことを 背 景 に,NEXCO 総

1. 総 説 1.1 背 景 橋 梁 コンクリート 床 版 の 防 水 層 として 2010 年 より 技 術 基 準 化 された 床 版 防 水 層 グレ ードⅡ 上 の 舗 装 に 対 して 従 前 のものより 施 工 性 を 向 上 させることが 求 められたことを 背 景 に,NEXCO 総 高 性 能 床 版 防 水 に 適 合 した 新 たな 橋 梁 レベリング 層 用 アスファルト 混 合 物 設 計 施 工 暫 定 要 領 平 成 26 年 12 月 東 日 本 高 速 道 路 1. 総 説 1.1 背 景 橋 梁 コンクリート 床 版 の 防 水 層 として 2010 年 より 技 術 基 準 化 された 床 版 防 水 層 グレ ードⅡ 上 の 舗 装 に 対 して 従 前

More information

(Microsoft PowerPoint - 20150914

(Microsoft PowerPoint - 20150914 平 成 27 年 度 九 州 工 業 塗 装 協 同 組 合 セミナー 困 った 静 電 気 嬉 しい 静 電 気 IPCOアドバイザー 田 村 吉 宣 http://gikogaku.blog.fc2.com/ 静 電 気 とは 何 か? 静 電 気 とは 何 か? 静 電 気 の 源 原 子 を 見 てみよう 静 電 気 の 源 は 原 子 に 在 り その 原 子 って? 原 子 核 電 子

More information

Microsoft PowerPoint - せん断強さ

Microsoft PowerPoint - せん断強さ 土 の 強 さ 土 が 外 力 を 受 けると 土 の 中 にせん 断 応 力 ([kn/m 2 ]) が 生 じて,その 中 でせん 断 抵 抗 を 越 える 箇 所 があると, 図 に 示 したようなせん 断 破 壊 が 起 こる 破 壊 する 面 をす べり 面 といい,せん 断 応 力 に 抵 抗 する 最 大 のせん 断 抵 抗 をせん 断 強 さ(s[kN/m 2 ])という せん 断

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E58A778BA493AF979897708B408AD69640906C8EA9915289C88A778B408D5C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E58A778BA493AF979897708B408AD69640906C8EA9915289C88A778B408D5C2E646F6378> 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 自 然 科 学 機 構 国 立 天 文 台 殿 超 広 視 野 初 期 宇 宙 探 査 ミッション (WISH) フリップ 式 フィルター 交 換 機 構 設 計 設 計 検 討 書 及 び 図 面 有 限 会 社 オービタルエンジニアリング 1. 設 計 の 目 的 国 立 天 文 台 ハワイ 観 測 所 では JAXA 宇 宙 科 学 研 究 本 部 の

More information

untitled

untitled 平 成 25 年 (213 年 )9 月 2 日 ローン 減 税 の 拡 充 と 消 費 税 率 引 き 上 げが 着 工 に 与 える 影 響 について 要 旨 214 年 4 月 に 予 定 される 消 費 税 率 引 き 上 げの 最 終 決 定 が いよいよ 1 月 の 初 旬 に 迫 ってきた 消 費 税 率 引 き 上 げは その 前 後 に 発 生 する 駆 け 込 み 需 要 と 反

More information

72 京 都 教 育 大 学 環 境 教 育 研 究 年 報 第 18 号 いる 1)~ これまでにも, 緑 のカーテン を 用 いた 日 射 遮 蔽 蒸 発 冷 却 効 果 に 関 する 研 究 2) はあ るが, 緑 のカーテン は 植 物 であるから 工 業 製 品 のようにその 性 能 は

72 京 都 教 育 大 学 環 境 教 育 研 究 年 報 第 18 号 いる 1)~ これまでにも, 緑 のカーテン を 用 いた 日 射 遮 蔽 蒸 発 冷 却 効 果 に 関 する 研 究 2) はあ るが, 緑 のカーテン は 植 物 であるから 工 業 製 品 のようにその 性 能 は 京 都 教 育 大 学 環 境 教 育 研 究 年 報 第 18 号 71-77(2010) 71 緑 のカーテンを 利 用 した 癒 しの 空 間 づくり(2) - 暑 熱 期 の 採 涼 効 果 - 延 原 理 恵 1) 浅 野 三 奈 1) 梁 川 正 1) Development of Spaces for Relaxation Using Green Curtains (Part 2):

More information

No3. 人 工 乾 燥 材 ( 低 温 乾 燥 材. 燻 煙 乾 燥 材 ) 120mm 120mm 4000mm No4. 天 然 乾 燥 材 120mm 120mm 4000mm No5. 天 然 乾 燥 材 120mm 120mm 4000mm No6. 人 工 乾 燥 材 ( 低 温 乾

No3. 人 工 乾 燥 材 ( 低 温 乾 燥 材. 燻 煙 乾 燥 材 ) 120mm 120mm 4000mm No4. 天 然 乾 燥 材 120mm 120mm 4000mm No5. 天 然 乾 燥 材 120mm 120mm 4000mm No6. 人 工 乾 燥 材 ( 低 温 乾 平 成 27 年 11 月 2 日 ( 月 ) 9 時 00 分 ~11 時 40 分 木 材 強 度 試 験 の 実 施 について (1) 目 的 地 栗 原 市 築 館 字 萩 沢 土 橋 26 栗 原 地 域 事 務 所 林 業 振 興 部 (2) 団 体 等 の 名 称 宮 城 北 部 流 域 森 林 林 業 活 性 化 センター 栗 原 支 部 東 北 職 業 能 力 開 発 大 学 校

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C8FAC8BE088E48E7395979276926E8BE682CC8EE888F882AB5F4832372E31322E3894AD8D735F2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C8FAC8BE088E48E7395979276926E8BE682CC8EE888F882AB5F4832372E31322E3894AD8D735F2E646F6378> 小 金 井 市 風 致 地 区 の 手 引 き 風 致 地 区 は 自 然 的 景 観 を 維 持 するため 都 市 における 風 致 の 特 に 優 れた 区 域 を 指 定 する 都 市 計 画 法 第 8 条 第 1 項 第 7 号 に 定 める 地 域 地 区 です 東 京 都 風 致 地 区 条 例 第 3 条 の 規 定 における 許 可 等 について 小 金 井 市 内 では 武 蔵

More information

浜 3 4 号 機 の 審 査 状 況 について 1 新 規 制 基 準 施 に 伴 う 審 査 状 況 T3 4 (H25.7.8) 申 請 T3 4 T3 4 (H25.7.8)(H25.8.5) 追 加 申 申 請 請 1 原 炉 設 置 変 更 許 可 申 請 の 審 査 補 正 1 1:H

浜 3 4 号 機 の 審 査 状 況 について 1 新 規 制 基 準 施 に 伴 う 審 査 状 況 T3 4 (H25.7.8) 申 請 T3 4 T3 4 (H25.7.8)(H25.8.5) 追 加 申 申 請 請 1 原 炉 設 置 変 更 許 可 申 請 の 審 査 補 正 1 1:H 資 料 No.1-1 高 浜 発 電 所 3 4 号 機 工 事 計 画 の 概 要 について 平 成 27 年 9 月 3 日 関 西 電 力 株 式 会 社 浜 3 4 号 機 の 審 査 状 況 について 1 新 規 制 基 準 施 に 伴 う 審 査 状 況 T3 4 (H25.7.8) 申 請 T3 4 T3 4 (H25.7.8)(H25.8.5) 追 加 申 申 請 請 1 原 炉 設

More information

<4D F736F F D F4390B35F96688E4B8BA689EF817A976E975A889F899482DF82C182AB93538BD882C E838A815B836782CC AB945C2E646F63>

<4D F736F F D F4390B35F96688E4B8BA689EF817A976E975A889F899482DF82C182AB93538BD882C E838A815B836782CC AB945C2E646F63> 溶 融 亜 鉛 めっき 鉄 筋 とコンクリートの 付 着 性 能 について デンロコーポレーション 今 野 貴 史 那 須 電 機 鉄 工 盛 永 康 文 森 純 一 郎 横 浜 ガルバー 渡 会 竹 志 田 中 剣 治 シーケー 金 属 大 橋 一 善 西 田 雄 治 ガルバ 興 業 菊 川 美 仁 1.はじめに 我 が 国 の 社 会 資 本 は 今 一 斉 に 更 新 時 期 を 迎 えているが

More information

パイプの溶接(その3)

パイプの溶接(その3) パイプの 溶 接 (その3) JFE エンジニアリング 株 式 会 社 勝 木 誠 7. 配 管 導 管 溶 接 特 有 の 周 辺 技 術 配 管 導 管 溶 接 の 現 場 では パイプ 特 有 の 周 辺 技 術 が 多 々 使 用 されている その 中 のいくつかの 技 術 を 以 下 に 紹 介 する 7-1. 開 先 加 工 パイプは 通 常 メーカーからベベル 角 度 30 程 度 に

More information

specialreport

specialreport 特 別 記 事 ミリ 波 サブミリ 波 帯 天 文 観 測 装 置 アルマ 望 遠 鏡 国 立 天 文 台 チリ 観 測 所 ALMA 室 井 口 聖 (アルマ 東 アジアプロジェクトマネージャ) 平 松 正 顕 ( 教 育 広 報 主 任 ) 1. アルマ 望 遠 鏡 とは アルマ 望 遠 鏡 (アタカマ 大 型 ミリ 波 サブミリ 波 干 渉 計 :Atacama Large Millimeter/submillimeter

More information

草 野 球 で 活 用 可 能 な 打 順 決 定 法 の 提 案 山 田 僚 介 研 究 概 要 野 球 というスポーツは 相 手 チームよりも 得 点 を 多 く 得 ることで 勝 利 になるというルール となっており この 得 点 をより 多 く 得 る 為 に 打 順 作 成 法 の 研 究

草 野 球 で 活 用 可 能 な 打 順 決 定 法 の 提 案 山 田 僚 介 研 究 概 要 野 球 というスポーツは 相 手 チームよりも 得 点 を 多 く 得 ることで 勝 利 になるというルール となっており この 得 点 をより 多 く 得 る 為 に 打 順 作 成 法 の 研 究 平 成 25 年 度 卒 業 論 文 草 野 球 で 活 用 可 能 な 打 順 作 成 法 の 提 案 文 教 大 学 情 報 学 部 経 営 情 報 学 科 B0P21056 山 田 僚 介 草 野 球 で 活 用 可 能 な 打 順 決 定 法 の 提 案 山 田 僚 介 研 究 概 要 野 球 というスポーツは 相 手 チームよりも 得 点 を 多 く 得 ることで 勝 利 になるというルール

More information

1 調 査 概 要 調 査 目 的 : 東 日 本 大 震 災 から2 年 が 経 過 した 時 点 の 生 活 者 の 行 動 消 費 意 識 の 動 向 を 把 握 する 調 査 方 法 :Web 調 査 調 査 エリア: 関 東 : 一 都 六 県 ( 東 京 都 神 奈 川 県 埼 玉 県

1 調 査 概 要 調 査 目 的 : 東 日 本 大 震 災 から2 年 が 経 過 した 時 点 の 生 活 者 の 行 動 消 費 意 識 の 動 向 を 把 握 する 調 査 方 法 :Web 調 査 調 査 エリア: 関 東 : 一 都 六 県 ( 東 京 都 神 奈 川 県 埼 玉 県 震 災 後 生 活 意 識 調 査 報 告 書 抜 粋 1 調 査 概 要 調 査 目 的 : 東 日 本 大 震 災 から2 年 が 経 過 した 時 点 の 生 活 者 の 行 動 消 費 意 識 の 動 向 を 把 握 する 調 査 方 法 :Web 調 査 調 査 エリア: 関 東 : 一 都 六 県 ( 東 京 都 神 奈 川 県 埼 玉 県 千 葉 県 群 馬 県 栃 木 県 茨 城 県

More information

高松市水道局工事写真撮影要綱

高松市水道局工事写真撮影要綱 事 写 真 管 理 および 撮 影 基 準 ( 案 ) [ 高 松 市 上 下 水 道 局 ] ( 本 仕 様 書 は, 上 水 道 事 に 適 用 する) 第 1 回 平 成 20 年 4 月 1 日 発 行 第 2 回 平 成 22 年 6 月 1 日 改 訂 第 3 回 平 成 23 年 5 月 1 日 部 分 改 訂 目 次 1. 事 写 真 管 理 および 撮 影 基 準... 3 1-1.

More information

2011年3月11日の福島第一原発事故に関連する11の奇跡

2011年3月11日の福島第一原発事故に関連する11の奇跡 2011 年 3 月 11 日 の 福 島 原 発 事 故 に 関 連 する11の 奇 跡 福 島 県 では 2011 年 3 月 の 原 発 事 故 以 降 2015 年 8 月 現 在 でも 約 12 万 人 (2015 年 2 月 現 在 )の 方 々が 避 難 をよ ぎなくされている 今 回 の 事 故 が 現 在 の 破 壊 状 況 で 収 まっているのは まさにいくつかの 奇 跡 のおかげ

More information

配偶者控除見直しについて~家計の可処分所得への影響~

配偶者控除見直しについて~家計の可処分所得への影響~ ニッセイ 基 礎 研 究 所 基 礎 研 レポート 2016-02-05 配 偶 者 控 除 見 直 しについて ~ 家 計 の 可 処 分 所 得 への 影 響 ~ 経 済 研 究 部 研 究 員 薮 内 哲 (03)3512-1839 yabuuchi@nli-research.co.jp はじめに 現 在 政 府 は 所 得 税 改 革 に 向 けた 総 点 検 に 着 手 しており とりわけ

More information

Microsoft Word - DSC測定データ集ver3.1_2014年版.doc

Microsoft Word - DSC測定データ集ver3.1_2014年版.doc 測 定 データ 集 株 式 会 社 リガク 熱 分 析 事 業 部 1 ポリエチレンテレフタレートのガラス 転 移 3.00 2.00 1st run 77.2 1 - -3.00 2nd run 72.1-4.00 2-5.00-6.00 50.0 60.0 70.0 80.0 90.0 100.0 110.0 アモルファス( 非 晶 質 )PET のガラス 転 移 の 測 定 例 です 通 常

More information

3.5.5 外 出 時 帰 宅 時 について 3.5. 寝 室 の 結 露 について 3.5.7 乾 燥 感 など. 結 果 考 察 とまとめ.1 断 熱 改 修 による 室 内 環 境 改 善. 断 熱 改 修 が 健 康 に 及 ぼす 影 響.3 断 熱 改 修 による 結 露 被 害 の 抑

3.5.5 外 出 時 帰 宅 時 について 3.5. 寝 室 の 結 露 について 3.5.7 乾 燥 感 など. 結 果 考 察 とまとめ.1 断 熱 改 修 による 室 内 環 境 改 善. 断 熱 改 修 が 健 康 に 及 ぼす 影 響.3 断 熱 改 修 による 結 露 被 害 の 抑 地 域 の 気 候 と 生 活 健 康 建 築 のあり 方 睡 眠 環 境 の 改 善 を 目 指 して 1. 調 査 目 的. 調 査 概 要.1 調 査 スケジュール. 調 査 対 象.3 調 査 項 目.3.1 室 内 環 境.3. 睡 眠 健 康 調 査.3.3 微 生 物 調 査.3. 結 露 調 査.3.5 アンケート 調 査 3. 調 査 結 果 3.1 室 内 環 境 3.1.1 温

More information

0.45m1.00m 1.00m 1.00m 0.33m 0.33m 0.33m 0.45m 1.00m 2

0.45m1.00m 1.00m 1.00m 0.33m 0.33m 0.33m 0.45m 1.00m 2 24 11 10 24 12 10 30 1 0.45m1.00m 1.00m 1.00m 0.33m 0.33m 0.33m 0.45m 1.00m 2 23% 29% 71% 67% 6% 4% n=1525 n=1137 6% +6% -4% -2% 21% 30% 5% 35% 6% 6% 11% 40% 37% 36 172 166 371 213 226 177 54 382 704 216

More information

10 117 5 1 121841 4 15 12 7 27 12 6 31856 8 21 1983-2 - 321899 12 21656 2 45 9 2 131816 4 91812 11 20 1887 461971 11 3 2 161703 11 13 98 3 16201700-3 - 2 35 6 7 8 9 12 13 12 481973 12 2 571982 161703 11

More information