Microsoft PowerPoint 年度暫定版(日本語)

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft PowerPoint - 2016年度暫定版(日本語)"

Transcription

1 The Japan Council of Local Authorities for International Relations, Singapore

2 一 般 財 団 法 人 自 治 体 国 際 化 協 会 (CLAIR) 一 般 財 団 法 人 自 治 体 国 際 化 協 会 (CLAIR :Council of Local Authorities for International Relations) は 地 方 自 治 体 が 取 り 組 む 地 域 の 国 際 化 を 支 援 する 地 方 自 治 体 の 共 同 組 織 で 1988 年 7 月 に 設 立 されました CLAIRは 本 部 を 東 京 に 海 外 事 務 所 をシンガポール ニューヨーク ロンドン パリ ソ ウル シドニー 北 京 に 設 置 し 国 内 外 で 地 域 の 国 際 化 のために 幅 広 い 役 割 を 担 ってい ます CLAIR シンガポール 事 務 所 シンガポール 事 務 所 (CLAIR Singapore)は 1990 年 10 月 に 設 置 され アセアン10か 国 (ブルネイ カンボジ ア インドネシア ラオス マレーシア ミャンマー フィリピン シンガポール タイ ベトナム) 及 びインドを 所 管 国 とし て 様 々な 活 動 を 行 っています 主 な 活 動 内 容 アセアン インドにおける 日 本 の 地 方 自 治 体 の 活 動 支 援 日 本 とアセアン インドとの 地 方 自 治 体 レベルの 交 流 の 促 進 アセアン インドとの 国 際 交 流 国 際 協 力 アセアン インドの 地 方 行 財 政 制 度 各 種 政 策 の 調 査 情 報 発 信 インド ミャンマー ラオス ベトナム タイ カンボジア フィリピン ブルネイ シンガポール マレーシア インドネシア 事 務 所 体 制 スタッフは 日 本 からの 派 遣 職 員 21 名 と 現 地 事 務 員 5 名 の 計 26 名 です 人 数 派 遣 元 所 長 1 総 務 省 次 長 1 京 都 府 調 査 役 1 兵 庫 県 所 長 補 佐 15 札 幌 市 小 山 市 群 馬 県 埼 玉 県 東 京 都 大 田 区 江 東 区 東 海 市 島 根 県 北 九 州 市 長 崎 県 長 崎 市 宮 崎 県 宮 崎 市 鹿 児 島 県 駐 在 員 3 山 形 県 長 野 県 熊 本 県 1 現 地 事 務 員 5

3 自 治 体 の 海 外 における 活 動 を 支 援 地 方 自 治 体 の 海 外 活 動 支 援 地 方 自 治 体 関 係 者 が アセアン10か 国 及 びインドでイベント 調 査 視 察 等 の 活 動 を 行 う 場 合 に 訪 問 先 の 紹 介 政 府 機 関 等 へのアポイントメントの 取 り 付 け 同 行 行 政 制 度 等 の 概 要 説 明 資 料 提 供 等 の 活 動 支 援 を 行 っています 2014 年 度 の 支 援 件 数 は144 件 に 達 しました 活 動 支 援 の 依 頼 は 海 外 活 動 支 援 依 頼 申 込 書 を 協 会 支 部 を 経 由 して 東 京 本 部 ( 企 画 調 査 課 )に 提 出 してください 詳 細 は CLAIRホームページ( 覧 ください 活 動 支 援 件 数 実 績 160 件 年 度 の 活 動 支 援 事 例 団 体 名 岡 山 県 福 岡 市 鹿 児 島 県 多 古 町 熊 本 県 兵 庫 県 東 京 都 北 海 道 依 頼 内 容 知 事 トップセールスに 係 るイベント 運 営 支 援 (シンガポール) 市 長 の 都 市 政 策 関 連 視 察 に 係 る 連 絡 調 整 同 行 (シンガポール) 農 政 部 長 の 県 産 品 PRレセプション 等 の 運 営 支 援 (シンガポール) 町 長 トップセールスに 係 るイベント 運 営 支 援 (シンガポール) 知 事 トップセールスに 係 るイベント 支 援 (インドネシア) 産 業 労 働 部 経 済 ミッションに 係 る 同 行 支 援 (インドネシア) アジア 危 機 管 理 会 議 参 加 に 係 る 同 行 支 援 (マレーシア) 国 際 交 流 海 外 派 遣 事 業 に 係 るアポイントメント 取 得 支 援 (マレーシア) 視 察 同 行 支 援 の 様 子 事 務 所 内 でのブリーフィングの 様 子 観 光 誘 致 支 援 事 業 国 際 旅 行 フェア 等 における 観 光 PR 所 管 地 域 で 開 催 される 国 際 旅 行 フェア 等 にお いて JNTO 等 と 連 携 しながら 日 本 各 地 の 観 光 情 報 を 提 供 し 地 方 自 治 体 が 取 り 組 む 外 国 人 観 光 客 誘 致 活 動 や 地 域 の 知 名 度 向 上 のための 活 動 を 支 援 しています また 来 場 者 の 問 い 合 わせ 状 況 等 地 方 自 治 体 に 有 益 と 思 われる 情 報 をレポートしています 2014 年 度 参 加 実 績 旅 行 フェア 名 称 開 催 国 ( 都 市 ) 時 期 NATAS 8 月 3 月 シンガポール(シンガポール) Japan Travel Fair 10 月 Thai International Travel Fair 8 月 2 月 タイ(バンコク) FIT Travel Fair 11 月 MATTA Fair マレーシア(クアラルンプール) 9 月 3 月 JAPAN Travel Fair インドネシア(ジャカルタ) 10 月 3 月 VJセミナー 商 談 会 フィリピン(マニラ セブ) 11 月 Travel Tour Expo フィリピン(マニラ) 2 月 SATTE Travel Mart インド(デリー) 1 月 Outbound Travel Mart インド(ムンバイ) 2 月 来 場 者 に 観 光 案 内 をする 職 員 の 様 子 2

4 海 外 販 路 開 拓 支 援 事 業 自 治 体 の 海 外 における 経 済 活 動 を 支 援 順 調 に 経 済 成 長 を 続 け 日 本 食 品 の 輸 出 先 として 注 目 が 集 まる 東 南 アジアにおいて 全 国 の 自 治 体 から 商 品 を 集 めたオールジャパンの 食 品 展 を 開 催 しています 新 たな 市 場 での 地 場 産 食 品 販 路 開 拓 に 取 り 組 む 自 治 体 へ 出 展 のノウハウやテストマーケティングの 機 会 を 提 供 することにより 自 治 体 の 販 路 開 拓 を 支 援 しま す 2015 年 度 実 施 内 容 名 称 開 催 地 日 程 日 本 ふるさと 名 産 食 品 展 タイ(バンコク) 2015 年 11 月 5 日 ~18 日 実 績 開 催 年 度 開 催 地 実 施 期 間 出 展 数 タイ(バンコク) 2014 年 11 月 14 日 ~24 日 8 社 ( 自 治 体 8 団 体 ) 2014 年 度 シンガポール 2014 年 10 月 3 日 ~6 日 8 社 ( 自 治 体 3 団 体 ) 2013 年 度 タイ(バンコク) 2013 年 11 月 8 日 ~17 日 18 社 ( 自 治 体 13 団 体 ) タイ 食 品 展 の 様 子 海 外 経 済 セミナー シンガポール 政 府 現 地 で 地 域 特 産 品 販 売 に 取 り 組 む 企 業 自 治 体 のシンガポール 駐 在 経 験 者 等 を 東 京 に 招 き 最 新 の 取 組 状 況 を 紹 介 するセミナーを 開 催 しています 自 治 体 の 海 外 展 開 のヒントとなる 情 報 を 提 供 し 講 演 者 や 自 治 体 相 互 のネットワーク 形 成 意 見 交 換 の 場 として 活 用 いただきます 実 績 日 程 参 加 者 講 義 内 容 講 演 者 2015 年 6 月 16 日 ( 火 ) 47 名 1シンガポール 政 府 による 講 演 2 日 本 企 業 のシンガポールにおける 自 治 体 との 連 携 事 例 3 自 治 体 のシンガポール 駐 在 経 験 者 による パネルディスカッション シンガポール 政 府 関 係 者 現 地 観 光 物 産 関 係 者 シンガポー ル 駐 在 経 験 のある 自 治 体 職 員 等 セミナーの 様 子 シンガポール 政 策 研 修 プログラム 先 進 的 な 施 策 を 進 めるシンガポールにおいて 地 方 自 治 体 における 政 策 の 企 画 立 案 に 必 要 な 知 識 の 習 得 を 目 的 に 政 府 機 関 現 地 企 業 等 を 訪 問 し 意 見 交 換 等 を 行 います 2015 年 度 実 施 内 容 新 規 開 催 高 度 な 研 究 人 材 育 成 を 行 う 機 関 から 先 進 的 な 政 策 を 学 ぶコース コース 日 程 内 容 訪 問 先 シンガポールの 先 進 政 策 研 修 2015 年 6 月 22 日 ( 月 ) 23 日 ( 火 ) リークアンユー 公 共 政 策 大 学 院 の 専 門 講 師 陣 から 公 務 員 制 度 や 政 策 決 定 プロセス 陸 上 交 通 政 策 等 についての 講 義 プンゴル エコタウンや 水 政 策 に 関 する 現 場 視 察 コース 日 程 ( 予 定 ) 訪 問 先 ( 予 定 ) 自 治 体 の 訪 日 誘 致 海 外 販 路 開 拓 2015 年 8 月 27 日 ( 木 ) 28 日 ( 金 ) 現 地 旅 行 代 理 店 現 地 催 事 スペース 視 察 現 地 スーパー 卸 業 者 日 系 進 出 企 業 等 シンガポール 航 空 視 察 の 様 子 実 績 開 催 年 度 コース 訪 問 先 2014 年 度 訪 日 誘 客 と 海 外 販 路 開 拓 観 光 インフラ 整 備 戦 略 NATAS 伊 予 銀 行 地 元 スーパー JETRO JNTO チャンギ 国 際 空 港 シンガポール 政 府 観 光 局 旅 行 フェアブース 体 験 の 様 子 3

5 日 本 とアセアン インドの 自 治 体 レベルの 交 流 の 促 進 地 域 間 交 流 促 進 プログラム 地 域 の 国 際 化 を 担 う 人 材 の 育 成 及 び 地 域 間 交 流 の 促 進 を 目 的 として 日 本 の 地 方 自 治 体 職 員 等 からな る 訪 問 団 を 所 管 国 に 派 遣 し 政 府 機 関 日 系 進 出 企 業 大 学 等 の 視 察 や 意 見 交 換 等 を 行 います 国 際 社 会 の 状 況 を 的 確 に 判 断 し 各 方 面 での 国 際 業 務 に 対 応 できる 人 材 の 育 成 だけではなく 自 治 体 が 今 後 さらに 幅 広 い 交 流 を 実 施 するための 現 地 関 係 者 との 有 益 なネットワーク 構 築 の 場 としてご 活 用 いただけ ます 2015 年 度 実 施 予 定 内 容 開 催 地 ( 都 市 ) ベトナム (ハノイ ホーチミン) 開 催 実 績 日 程 2015 年 11 月 上 旬 の11 日 間 ( 国 内 研 修 3 日 間 海 外 研 修 8 日 間 ) 開 催 年 度 開 催 地 ( 都 市 ) 2014 年 度 マレーシア(クアラルンプール ジョホールバル) 2013 年 度 タイ(バンコク ピサヌローク) マレーシア 住 宅 地 方 自 治 省 視 察 の 様 子 2012 年 度 シンガポール(シンガポール) インドネシア(ジャカルタ) 2011 年 度 インド(ムンバイ プネー チェンナイ) 2010 年 度 インド(デリー ムンバイ バンガロール) 2009 年 度 カンボジア(プノンペン) ベトナム(ホーチミン) マラヤ 大 学 との 文 化 交 流 の 様 子 マレーシアハラール 公 社 訪 問 の 様 子 海 外 自 治 体 幹 部 交 流 協 力 セミナー 相 互 の 地 方 制 度 等 について 理 解 を 深 め 人 的 ネットワークの 構 築 を 図 ることを 目 的 に 所 管 国 の 地 方 自 治 体 幹 部 職 員 を 日 本 に 招 き 各 国 の 地 方 行 政 の 現 状 と 課 題 について 幅 広 く 講 義 や 視 察 等 を 行 うプロムラムを 実 施 しています このセミナーは 日 本 の 地 方 自 治 制 度 について 講 義 を 行 う 東 京 セミナーと 地 方 自 治 体 で 視 察 や ホームステイを 行 う 地 方 交 流 セミナーの2 部 構 成 で 行 われます 2014 年 度 は 鹿 児 島 県 の 海 外 へ 向 けた 産 業 振 興 の 取 組 等 について というテーマで 県 内 企 業 を 視 察 しました 2015 年 度 は 北 九 州 市 の 環 境 保 護 に 向 けた 取 組 というテーマで 実 施 する 予 定 です 参 加 者 実 績 国 名 1995~2011 参 加 者 ( 人 ) 合 計 タイ マレーシア フィリピン ベトナム インドネシア ラオス カンボジア ミャンマー シンガポール インド ブルネイ 合 計 東 京 台 場 視 察 の 様 子 鹿 児 島 県 副 知 事 表 敬 訪 問 の 様 子 鹿 児 島 県 での 工 場 視 察 の 様 子 4

6 国 際 交 流 国 際 協 力 地 方 行 政 セミナー アジア 諸 国 に 対 して 地 方 自 治 制 度 の 分 野 で 協 力 することを 目 的 として 日 本 の 自 治 体 職 員 や 当 事 務 所 職 員 を 派 遣 し ASEAN 及 びインドの 地 方 自 治 体 職 員 や 地 方 自 治 関 係 者 を 対 象 にした 両 国 の 制 度 や 先 進 事 例 についてのセミナーを 実 施 しています 地 方 行 政 活 性 化 セ ミ ナ ー 所 管 国 の 関 係 機 関 と 協 力 して 各 国 の 地 方 行 政 制 度 の 発 展 や 活 性 化 を 目 指 すための 地 方 行 政 に 関 す るセミナーを 開 催 しました 開 催 地 ( 都 市 ) 日 程 参 加 者 数 概 要 タイ(バンコク) 2015 年 5 月 18 日 91 名 総 務 省 主 催 アジア 地 方 行 政 セミナー 支 援 民 政 移 管 に 向 けた 憲 法 改 正 に 取 り 組 んでいるタイの 自 治 体 職 員 に 対 し 日 本 の 地 方 行 政 改 革 ( 市 町 村 合 併 や 財 政 制 度 )に 関 するセミナーを 実 施 した 総 務 省 が 実 施 する 地 方 行 政 セミナーにおいて 連 絡 調 整 や 運 営 支 援 を 行 っています 2015 年 度 実 施 内 容 開 催 地 ( 都 市 ) 日 程 テーマ フィリピン(マニラ) 2015 年 5 月 14 日 ~15 日 地 方 における 観 光 振 興 インドネシア(ジャカルタ) 2015 年 9 月 7 日 ~8 日 国 や 地 方 における 地 方 自 治 に 関 するイノベーション( 予 定 ) 地 方 自 治 研 究 交 流 セ ミ ナ ー 所 管 国 の 大 学 等 において 開 催 される 地 方 自 治 セミナーに 職 員 を 講 師 として 派 遣 し 日 本 の 地 方 自 治 全 般 や 職 員 派 遣 元 自 治 体 の 事 例 発 表 受 講 学 生 との 意 見 交 換 などを 行 います 2014 年 度 は 北 マレーシア 大 学 で 実 施 いたしま した 北 マレーシア 大 学 での 研 究 交 流 セミナーの 様 子 自 治 体 国 際 協 力 専 門 家 派 遣 事 業 日 本 の 地 方 自 治 体 には 様 々な 分 野 において 蓄 積 したノウハ ウを 持 つ 人 材 が 数 多 くおり それら 人 材 が 有 する 技 術 や 知 識 を 有 効 に 活 用 し 海 外 の 行 政 機 関 の 技 術 向 上 や 人 材 育 成 に 資 するとともに 両 者 間 の 友 好 協 力 関 係 を 強 化 するため 当 協 会 と 地 方 自 治 体 とか 連 携 して 地 方 自 治 体 職 員 ( 退 職 者 を 含 む)を 専 門 家 として 派 遣 する 事 業 を 実 施 しています 年 度 派 遣 国 派 遣 数 分 野 インドネシア 1 災 害 管 理 2014 マレーシア 1 廃 棄 物 処 理 タイ 1 観 光 施 策 ベトナム 2 消 防 防 災 インドネシア 1 下 水 処 理 専 門 家 による 講 義 の 様 子 河 川 防 災 管 理 の 現 地 視 察 の 様 子 マレーシア 1 保 健 衛 生 ブルネイ 1 消 防 防 災 ベトナム 2 消 防 防 災 インドネシア 1 廃 棄 物 管 理 環 境 保 全 タイ 1 観 光 施 策 タイ 1 栄 養 指 導 タイ 5 消 防 防 災 派 遣 実 施 分 野 消 防 防 災 栄 養 指 導 観 光 政 策 廃 棄 物 管 理 保 健 衛 生 下 水 処 理 社 会 福 祉 児 童 福 祉 図 書 館 運 営 窯 業 地 方 自 治 法 選 挙 制 度 地 域 特 産 品 開 発 等 5

7 国 際 交 流 国 際 協 力 活 動 を 支 援 調 査 情 報 発 信 姉 妹 自 治 体 提 携 交 流 支 援 日 本 とアセアン10か 国 及 びインドの 地 方 自 治 体 同 士 の 姉 妹 提 携 は 1965 年 の 横 浜 市 とムンバイ(インド)を 皮 切 りに 現 在 まで44 件 に 達 しています CLAIRでは 地 方 自 治 体 からの 希 望 に 応 じて 姉 妹 提 携 交 流 のあっ せん 等 を 行 い 地 域 のニーズにあった 国 際 交 流 が 行 われるよう 支 援 しています また 国 内 外 からの 姉 妹 提 携 に 関 する 相 談 を 受 け 付 けています 当 該 地 域 の 地 方 自 治 体 との 姉 妹 提 携 に 御 関 心 がある 場 合 は 東 京 本 部 交 流 親 善 課 または 当 事 務 所 ま で 御 相 談 ください 自 治 体 の 姉 妹 都 市 提 携 先 一 覧 は CLAIRホームページ ( を ご 覧 ください JETプログラム JETプログラム( 語 学 指 導 等 を 行 う 外 国 青 年 招 致 事 業 )では 地 域 において 国 際 交 流 活 動 に 従 事 する 国 際 交 流 員 (CIR) 小 中 学 校 や 高 等 学 校 で 日 本 人 教 師 の 外 国 語 授 業 の 補 助 等 に 従 事 する 外 国 語 指 導 助 手 (ALT) スポーツを 通 じた 国 際 交 流 活 動 に 従 事 する スポーツ 国 際 交 流 員 (SEA)として 参 加 者 を 全 国 の 地 方 自 治 体 や 学 校 に 配 置 しています 当 事 務 所 の 所 管 国 からもこれまで 多 くの 青 年 が 参 加 しており 帰 国 後 もJETAA(JETプログラム 参 加 者 の 同 窓 会 ) 会 員 として 日 本 に 関 わるイベントで 活 躍 しています 2015 年 度 参 加 者 数 ALT CIR 合 計 シンガポール インドネシア フィリピン マレーシア タイ ベトナム 合 計 CIRによる 異 文 化 理 解 講 座 の 様 子 各 国 の 地 方 行 財 政 制 度 等 の 調 査 活 動 これらの 資 料 については 当 事 務 所 ホームページ( 御 覧 頂 けます アセアン 及 びインドの 地 方 行 財 政 制 度 各 種 政 策 等 の 調 査 研 究 シンガポールの 政 策 について 包 括 的 に 調 査 した シンガポールの 各 種 政 策 各 国 の 地 方 行 政 (ミャン マー インド インドネシア) を 刊 行 しました CLAIR REPORTの 作 成 各 国 の 地 方 行 財 政 制 度 各 種 政 策 等 の 最 新 情 報 など 分 野 別 にレポートを 作 成 し 公 開 しています 2015 年 度 版 レポート シンガポールのIR( 統 合 型 リゾート) 導 入 の 背 景 と 規 制 シンガポールの 教 育 制 度 改 革 シンガポールの 英 語 教 育 シンガポールの 少 子 化 対 策 シンガポールの 民 族 融 和 多 文 化 共 生 政 策 シンガポールの 交 通 政 策 マレーシア ジョホール 州 のイスカンダル 計 画 カンボジアの 地 方 行 政 依 頼 調 査 への 対 応 シンガポールのICT 教 育 日 本 の 自 治 体 等 からの 個 別 の 依 頼 に 基 づいて 調 査 を 行 っています 6

8 お 問 い 合 わせ 先 一 般 財 団 法 人 自 治 体 国 際 化 協 会 (CLAIR)シンガポール 事 務 所 The Japan Council of Local Authorities for International Relations, Singapore 6 Battery Road, #26 01/02 Singapore TEL FAX E mail URL 一 般 財 団 法 人 自 治 体 国 際 化 協 会 (CLAIR) 東 京 本 部 東 京 都 千 代 田 区 麹 町 1 7 相 互 半 蔵 門 ビル6/7 階 海 外 事 務 所 による 活 動 支 援 依 頼 調 査 に 関 すること 後 援 の 申 請 に 関 すること JETプログラムに 関 すること 姉 妹 都 市 提 携 ほか 国 際 交 流 に 関 すること 自 治 体 職 員 協 力 交 流 事 業 に 関 すること 多 言 語 生 活 情 報 ポータルサイトに 関 すること 地 域 国 際 化 協 会 に 関 すること 地 域 国 際 化 施 策 支 援 特 別 対 策 事 業 自 治 体 国 際 協 力 促 進 事 業 (モデル 事 業 ) 海 外 経 済 活 動 支 援 特 別 対 策 事 業 各 種 情 報 提 供 その 他 総 務 部 企 画 調 査 課 Tel: / JETプログラム 事 業 部 調 整 課 Tel: / 交 流 支 援 部 交 流 親 善 課 Tel: / 交 流 支 援 部 経 済 交 流 課 Tel: / 多 文 化 共 生 部 多 文 化 共 生 課 Tel: / 国 際 交 流 分 野 : 交 流 支 援 部 交 流 親 善 課 Tel: / 多 文 化 共 生 分 野 : 多 文 化 共 生 部 多 文 化 共 生 課 Tel: / 交 流 支 援 部 経 済 交 流 課 Tel: / 総 務 部 企 画 調 査 課 Tel: / 情 報 の 発 信 ニューズレターの 発 行 各 国 の 中 央 地 方 政 府 機 関 等 に 向 けて 情 報 を 発 信 するため 当 事 務 所 の 活 動 状 況 等 を 紹 介 する ニューズレター( 英 文 )を 発 行 しています ホームページにおける 情 報 発 信 日 本 語 版 ( 英 語 版 のホームページ( 当 事 務 所 事 業 所 管 国 の 状 況 について 情 報 発 信 を 行 っています メールマガジンの 配 信 当 事 務 所 では 所 管 国 の 旅 行 フェア 日 本 食 事 情 産 業 振 興 等 の 様 々なトピックについての 最 新 情 報 を CLAIR 東 京 本 部 が 配 信 するメールマガジンで 配 信 しています CLAIRメールマガジンの 購 読 登 録 は CLAIR 東 京 本 部 ホームページ( 承 っております

資料2スポーツを通じた国際交流と青少年の国際交流

資料2スポーツを通じた国際交流と青少年の国際交流 資 料 2 スポーツを 通 じた 国 際 交 流 と 青 少 年 の 国 際 交 流 平 成 22 年 4 月 30 日 ( 金 ) 文 部 科 学 省 スポーツ 青 少 年 局 1.スポーツを 通 じた 国 際 交 流 について 11 国 際 競 技 力 の 向 上 と 国 際 スポーツ 界 をリードする 人 材 育 成 の 強 化 スポーツを 通 じた 国 際 交 流 は 国 際 競 技 力 の

More information

スライド 1

スライド 1 2014 年 7 月 8 日 2014 年 度 APIR GRIPS 共 催 セミナー 資 料 ものづくり 中 小 企 業 の 海 外 進 出 と 地 方 自 治 体 の 役 割 APIR 研 究 事 業 中 小 企 業 の 東 南 アジア 進 出 に 関 する 比 較 研 究 リサーチャー 大 阪 府 商 工 労 働 部 中 小 企 業 支 援 室 ものづくり 支 援 課 領 家 誠 ものづくり

More information

ASEAN NOW (Vol.15)

ASEAN NOW (Vol.15) 東 南 アジア 経 済 1 年 月 日 全 13 頁 ASEAN NOW (Vol.) アセアンへの 外 国 人 観 光 客 事 情 経 済 調 査 部 佐 藤 清 一 郎 [ 要 約 ] 外 国 人 観 光 客 数 の 増 加 は 旅 行 サービス 輸 出 増 や 消 費 増 を 通 じて 訪 問 国 の 経 済 活 動 にプ ラスとなる 11 年 世 界 の 観 光 収 入 は 初 めて 1 兆

More information

(部局運営プログラム(仮称)の様式例)

(部局運営プログラム(仮称)の様式例) < 総 括 表 > 平 成 27 年 度 商 工 労 働 観 光 部 観 光 経 済 交 流 局 運 営 プログラム 基 本 的 考 え 方 今 年 度 は おもてなし 山 形 県 観 光 計 画 のスタート 初 年 度 であり 観 光 立 県 山 形 の 実 現 に 向 けて 計 画 に 掲 げる 施 策 を 総 合 的 かつ 一 体 的 に 展 開 し 観 光 に よる 交 流 人 口 の 着

More information

スライド 1

スライド 1 タイ 投 資 セミナー in 仙 台 札 幌 最 近 の 日 本 企 業 の 進 出 動 向 とタイの 魅 力 目 次 1. タイへの 日 本 企 業 の 進 出 状 況 2. タイのビジネス 環 境 上 の 優 位 点 ~ 生 産 拠 点 として 消 費 市 場 として~ 3. の 課 題 4.まとめ 2 1.タイへの 日 本 企 業 の 進 出 状 況 3 ASEANでは 日 本 企 業 はタイに

More information

平成15年度予算理事会

平成15年度予算理事会 公 益 財 団 法 人 神 戸 国 際 協 力 交 流 センター 平 成 27 年 度 事 業 計 画 1. 事 業 計 画 はじめに 現 在 の 神 戸 市 国 際 化 推 進 大 綱 は 平 成 27 年 度 が 目 標 年 次 であり その 最 終 年 度 として 引 き 続 き 神 戸 の 魅 力 を 活 かした 新 たな 国 際 都 市 を 目 指 し 1 開 発 途 上 国 に 対 する

More information

Microsoft PowerPoint - 2015.11

Microsoft PowerPoint - 2015.11 企 業 が 有 効 活 用 できる HIDAの 主 な 事 業 紹 介 一 般 財 団 法 人 海 外 産 業 人 材 育 成 協 会 2015 年 11 月 JASAグローバルフォーラム 1 1. HIDA(ハイタ )とは The Overseas Human Resources and Industry Development Association 一 般 財 団 法 人 海 外 産 業 人

More information

2 図 8-2 平 成 26 年 度 末 派 遣 先 機 関 別 状 況 指 令 で 定 める 機 関 11 人 ( 2.8%) 研 究 所 8 人 ( 2.0%) 外 国 政 府 140 人 (35.8%) 国 際 連 合 116 人 (29.7%) 派 遣 者 総 数 391 人 (100.0%

2 図 8-2 平 成 26 年 度 末 派 遣 先 機 関 別 状 況 指 令 で 定 める 機 関 11 人 ( 2.8%) 研 究 所 8 人 ( 2.0%) 外 国 政 府 140 人 (35.8%) 国 際 連 合 116 人 (29.7%) 派 遣 者 総 数 391 人 (100.0% 8 8 グローバル 化 の 急 速 な 進 展 の 中 人 事 行 政 の 分 野 においても 国 際 協 力 や 国 際 交 流 の 重 要 性 は 高 まっており 開 発 途 上 国 政 府 や 国 際 機 関 への 技 術 協 力 を 目 的 とする 日 本 の 公 務 員 に 対 する 派 遣 要 請 に 加 え 各 国 政 府 職 員 の 人 材 育 成 や 公 務 員 制 度 の 整 備

More information

【報告書】27タイ・ミャンマー経済ミッション.docx

【報告書】27タイ・ミャンマー経済ミッション.docx タイ ミャンマー 経 済 交 流 ミッション 概 要 報 告 はじめに 現 在 急 速 に 経 済 発 展 が 進 む 東 南 アジア 地 域 においては 数 多 くの 日 系 企 業 が 進 出 する など 国 内 企 業 の 期 待 関 心 が 高 まっており 中 でも 最 近 は 今 後 の 成 長 が 期 待 されるタイ 及 びミャンマーが 注 目 されてきている このため 今 回 愛 媛

More information

Microsoft Word - RM最前線2014-28.doc

Microsoft Word - RM最前線2014-28.doc 2014 No.28 アジア 地 域 統 括 会 社 に 求 められるリスク 管 理 日 系 企 業 がアジアに 地 域 統 括 会 社 を 設 置 する 動 きが 加 速 している ジェトロ シンガポールが 2012 年 に 発 表 した 在 シンガポール 日 系 企 業 の 地 域 統 括 会 社 に 関 するアンケート 調 査 によれば アジ ア 統 括 会 社 の 設 置 件 数 は 2006

More information

資料3 東アジアにおける文化交流のあり方について(文化庁提出資料)

資料3 東アジアにおける文化交流のあり方について(文化庁提出資料) 資 料 3 東 アジアにおける 文 化 交 流 のあり 方 について 平 成 22 年 4 月 8 日 文 化 庁 目 次 1. 国 際 文 化 交 流 の 枠 組 み (1) 国 の 機 関 (2) 地 方 公 共 団 体 (3) 民 間 団 体 (4) 東 アジアにおける 既 存 の 交 流 枠 組 み 2. 国 際 文 化 交 流 の 実 績 (1) 舞 台 芸 術 交 流 実 績 (2) 映

More information

OTMムンバイ

OTMムンバイ インドにおける 観 光 プロモーション 事 業 参 加 について 報 告 書 財 団 法 人 自 治 体 国 際 化 協 会 シンガポール 事 務 所 CLAIRシンガポール 事 務 所 では 2012 年 2 月 に 行 われた 観 光 庁 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO) のインドにおける 観 光 プロモーション( 旅 行 会 社 向 けセミナーおよび 旅 行 フェア)に 参 加 し 日

More information

ウ. 海 外 誘 客 宣 伝 用 パンフレット 等 作 成 海 外 からの 観 光 客 の 誘 致 促 進 を 図 るため 本 県 の 観 光 地 交 通 アクセス 等 を 紹 介 する パンフレット トラベルマニュアルガイドブックを 作 成 し 海 外 の 旅 行 社 やマスコミ 及 び 不 特

ウ. 海 外 誘 客 宣 伝 用 パンフレット 等 作 成 海 外 からの 観 光 客 の 誘 致 促 進 を 図 るため 本 県 の 観 光 地 交 通 アクセス 等 を 紹 介 する パンフレット トラベルマニュアルガイドブックを 作 成 し 海 外 の 旅 行 社 やマスコミ 及 び 不 特 平 成 26 年 度 公 益 社 団 法 人 鹿 児 島 県 観 光 連 盟 事 業 計 画 書 Ⅰ 公 1 事 業 1 観 光 客 の 誘 致 促 進 に 関 する 事 業 本 事 業 は 会 員 非 会 員 を 問 わず 不 特 定 多 数 の 観 光 客 等 に 対 し 県 内 各 地 の 観 光 スポ ットや 旬 のイベントなどを 広 く 情 報 発 信 するほか 国 内 外 の 旅 行 会

More information

スライド 1

スライド 1 資 料 2 観 光 の 現 状 と 政 府 の 取 組 平 成 28 年 2 月 17 日 観 光 庁 長 官 田 村 明 比 古 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 の 推 移 万 人 2000 1900 1800 1700 1600 1973.7 万 人 (47.1% 増 ) 12 月 :177.3 万 人 (43.4% 増 ) 11 月 :164.8 万 人 (41.0% 増 ) 10 月 :182.9

More information

Microsoft Word - 中部広域観光推進協議会事務局ニュース28号(完成版).docx

Microsoft Word - 中部広域観光推進協議会事務局ニュース28号(完成版).docx No.28 28 2014 年 2 月 発 行 : 中 部 広 域 観 光 推 進 協 議 会 事 務 局 名 古 屋 市 中 村 区 名 駅 3 丁 目 13 番 26 号 交 通 ビル3F TEL:052-602-6651 中 部 ( 東 海 北 陸 信 州 ) 広 域 観 光 推 進 協 議 会 事 務 局 ニュース 目 次 インドネシア マレーシアでセールスコールを 実 施 インドネシア 旅

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション カンボジア 投 資 セミナー( 日 本 アセアンセンター 駐 日 カンボジア 王 国 大 使 館 主 催 ) カンボジアでのビジネスの 可 能 性 ~カンボジアへの 投 資 促 進 に 関 する 調 査 結 果 を 踏 まえて~ 2006 年 11 月 15 日 : 名 古 屋 11 月 17 日 : 東 京 JICAカンボジア 国 経 済 政 策 支 援 調 査 団 1 目 次 1. 調 査 の

More information

<30305F947A957A8E9197BF955C8E86>

<30305F947A957A8E9197BF955C8E86> 参 考 資 料 教 職 員 及 び 高 校 生 の 国 際 化 について 1 県 内 教 職 員 及 び 高 校 生 の 国 際 化 等 に 関 する 現 状 (1) 高 校 生 の 海 外 渡 航 の 状 況... 1 (2) 海 外 高 校 生 の 受 入 れ 状 況 等... 4 (3) 県 内 教 職 員 の 海 外 研 修 等 の 実 績... 5 (4) 私 立 高 等 学 校 の 国

More information

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外 2016 年 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 自 2016 年 ( 平 成 28 年 )4 月 1 日 至 2017 年 ( 平 成 29 年 )3 月 31 日 公 益 財 団 法 人 国 際 研 修 協 力 機 構 2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の

More information

福岡県を訪れる外国人観光客の特徴について

福岡県を訪れる外国人観光客の特徴について 2013 年 9 月 13 日 日 本 銀 行 福 岡 支 店 Bank of Japan Fukuoka Branch 金 融 経 済 トピックス 福 岡 県 を 訪 れる 外 国 人 観 光 客 の 特 徴 について 当 資 料 は 当 店 ホームページに 掲 載 しています http://www3.boj.or.jp/fukuoka/ < 内 容 に 関 するお 問 い 合 わせ 先 > 日

More information

会社説明資料(2016年3月)

会社説明資料(2016年3月) 会 社 説 明 資 料 216 年 3 月 興 銀 リース 株 式 会 社 ( 証 券 コード:8425) 1 目 次 Ⅰ. 当 社 グループの 概 要 2 Ⅱ. 当 社 グループの 事 業 戦 略 11 Ⅲ. 株 主 還 元 21 参 考 資 料 25 本 資 料 に 開 示 されているデータや 将 来 の 予 測 数 値 は 現 時 点 における 事 業 環 境 において 入 手 可 能 な 情

More information

第 2 章 アジア 内 需 とともに 成 長 する 我 が 国 持 続 的 成 長 実 現 に 向 けたアジア 太 平 洋 の 枠 組 み 第 2-3-4-2 図 主 要 国 地 域 の 家 計 貯 蓄 率 の 推 計 2-3-4-2 72.5 71.4 17.2 5.7 2-3-4-3 Maste

第 2 章 アジア 内 需 とともに 成 長 する 我 が 国 持 続 的 成 長 実 現 に 向 けたアジア 太 平 洋 の 枠 組 み 第 2-3-4-2 図 主 要 国 地 域 の 家 計 貯 蓄 率 の 推 計 2-3-4-2 72.5 71.4 17.2 5.7 2-3-4-3 Maste アジア 消 費 市 場 の 拡 大 良 質 な 市 場 へ 向 けて 第 3 節 第 2-3-3-4 図 中 国 におけるB to C 電 子 商 取 引 市 場 の 推 移 第 2-3-3-6 表 最 近 のネットビジネス 分 野 の 日 系 企 業 海 外 進 出 事 例 ( 株 )ファーストリティリング 2009 年 4 月 中 国 でネット 通 販 大 手 アリババと 提 携 SBIベリトランス(

More information

国 有 財 産 とは 国 有 財 産 の 現 在 額 など 国 は 不 動 産 動 産 債 券 など 多 種 多 様 な 財 産 を 所 有 していますが 国 が 国 有 財 産 というときは 国 有 財 産 法 に 定 められている 財 産 例 えば 土 地 や 建 物 などの 不 動 産 船 舶

国 有 財 産 とは 国 有 財 産 の 現 在 額 など 国 は 不 動 産 動 産 債 券 など 多 種 多 様 な 財 産 を 所 有 していますが 国 が 国 有 財 産 というときは 国 有 財 産 法 に 定 められている 財 産 例 えば 土 地 や 建 物 などの 不 動 産 船 舶 私 たちの 国 有 財 産 ご 存 知 ですか? 国 有 財 産 わが 国 には 国 の 行 政 機 関 や 国 会 などの 庁 舎 や 国 道 港 湾 公 園 さらには 国 有 林 など 多 くの 国 有 財 産 があり そのひとつひとつが 私 たちの 生 活 に 関 係 する 大 切 なものになっていま 財 務 省 では 国 民 共 有 の 財 産 である 国 有 財 産 が 有 効 に 活 用

More information

「東京都都市外交基本戦略」

「東京都都市外交基本戦略」 東 京 都 都 市 外 交 基 本 戦 略 平 成 26(2014) 年 12 月 目 次 1 2020 年 大 会 成 功 と 世 界 一 の 都 市 を 実 現 する 都 市 外 交 1 (1) 国 際 社 会 における 都 市 の 役 割 (2) 都 政 にとっての 課 題 (3) 都 市 外 交 基 本 戦 略 の 必 要 性 (4) 都 市 外 交 基 本 戦 略 の 位 置 づけと3つの

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A5F835A8362836794C55F3132303530338140415345414E2B338DE096B191E5906289EF8B638BA493AF83588365815B83678381839383678169837D836A8389816A8179986195B6817A205F345F205F325F205F325F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A5F835A8362836794C55F3132303530338140415345414E2B338DE096B191E5906289EF8B638BA493AF83588365815B83678381839383678169837D836A8389816A8179986195B6817A205F345F205F325F205F325F2E646F63> 第 15 回 ASEAN+3( 日 中 韓 ) 財 務 大 臣 中 央 銀 行 総 裁 会 議 共 同 ステートメント(ポイント) 2012 年 5 月 3 日 フィリピン マニラ Ⅰ. 序 1 第 15 回 ASEAN+3 財 務 大 臣 中 央 銀 行 総 裁 会 議 を キアット 経 済 財 政 大 臣 (カ ンボジア) 及 びパク ジェワン 企 画 財 政 部 長 官 ( 韓 国 )の 共

More information

目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7 5. 観 光 施 設 の 入 込 み 状 況 8 6.

目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7 5. 観 光 施 設 の 入 込 み 状 況 8 6. 平 成 26 年 観 光 統 計 ( 平 成 26 年 1 月 1 日 ~12 月 31 日 ) 古 い 町 並 高 山 市 商 工 観 光 部 観 光 課 目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7

More information

第8回 徳島県徳島市(Tokushima/Tokushima City)配布資料03

第8回 徳島県徳島市(Tokushima/Tokushima City)配布資料03 地 方 創 生 に 向 けた ジェトロ 徳 島 の 取 り 組 み 2015 年 10 月 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 徳 島 貿 易 情 報 センター ジェトロにおけるクールジャパンの 推 進 日 本 各 地 のクールジャパン( 日 本 の 魅 力 )を 海 外 に 発 信 するとともに 海 外 との 継 続 的 なビジネスに 結 びつくためのプラットフォーム 作 りを 支 援

More information

平成26年度日本留学試験結果の概要(第2回)

平成26年度日本留学試験結果の概要(第2回) 平 成 6 年 度 日 本 留 学 試 験 ( 第 回 ) 実 施 結 果 の 概 要 目 次 平 成 6 年 度 (04 年 度 ) 日 本 留 学 試 験 実 施 要 項 実 施 状 況 3 科 目 別 平 均 点 等 一 覧 7 得 点 分 布 図 8 得 点 累 積 分 布 図 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 平 成 6 年 度 (04 年 度 ) 日 本 留 学 試

More information

1 世 界 のICT/ 通 信 インフラ 市 場 の 動 向 1. 世 界 のICT( 情 報 通 信 技 術 ) 投 は 増 加 傾 向 世 界 のICT 投 規 模 予 測 ( 単 位 : 百 万 ドル) 5,000,000 4,500,000 4,000,000 3,500,000 全 世 界

1 世 界 のICT/ 通 信 インフラ 市 場 の 動 向 1. 世 界 のICT( 情 報 通 信 技 術 ) 投 は 増 加 傾 向 世 界 のICT 投 規 模 予 測 ( 単 位 : 百 万 ドル) 5,000,000 4,500,000 4,000,000 3,500,000 全 世 界 料 2 株 式 会 社 海 外 通 信 放 送 郵 便 事 業 支 援 機 構 について 平 成 27 年 7 月 総 務 省 1 世 界 のICT/ 通 信 インフラ 市 場 の 動 向 1. 世 界 のICT( 情 報 通 信 技 術 ) 投 は 増 加 傾 向 世 界 のICT 投 規 模 予 測 ( 単 位 : 百 万 ドル) 5,000,000 4,500,000 4,000,000 3,500,000

More information

(チンゲイ パレード パンフレットの 参 加 団 体 一 覧 より)

(チンゲイ パレード パンフレットの 参 加 団 体 一 覧 より) シンガポール 事 務 所 (1)シンガポール シンガポール 最 大 のストリート パレード チンゲイ パレード に 福 島 県 の 団 体 が 参 加 シンガポール 最 大 の 国 際 的 なストリート パレード Chingay Parade Singapore が 2 月 19 日 ( 金 )と 20 日 ( 土 )に 開 催 された 今 年 で 38 回 目 を 迎 えるこのパレードは 毎 年

More information

ITI

ITI 論 文 中 間 財 のサプライチェーンに 組 込 まれていないミャンマー カンボジア ~ 求 められるモノカルチャー 的 な 貿 易 構 造 からの 脱 却 ~ 高 橋 俊 樹 Toshiki Takahashi ( 一 財 ) 国 際 貿 易 投 資 研 究 所 研 究 主 幹 要 約 ミャンマーの 主 な 輸 出 先 はアジアで カンボジアの 主 な 輸 出 先 はアジ ア 以 上 に 先 進

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE38F428ACF8CF5908490698B408D5C208A8893AE838C837C815B836781402D32303132944E318C8E8D862D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE38F428ACF8CF5908490698B408D5C208A8893AE838C837C815B836781402D32303132944E318C8E8D862D> 九 州 観 光 推 進 機 構 活 動 レポート 2012 年 1 月 号 12 月 のトピックス まちあるき 観 光 セミナー を 開 催 (12 月 1 日 ~2 日 : 鹿 児 島 県 さつま 町 ) 国 土 交 通 省 九 州 運 輸 局 との 共 催 により 着 地 型 観 光 の 普 及 と 着 地 型 旅 行 商 品 づくりの 啓 発 を 目 的 とする まちあるき 観 光 セミナー

More information

平 成 27 年 度 補 正 予 算 の 概 要 P.2 平 成 28 年 度 当 初 予 算 要 求 の 概 要 P.4 海 外 展 開 実 現 までのロードマップ P.6 各 種 施 策 の 紹 介 P.7 1

平 成 27 年 度 補 正 予 算 の 概 要 P.2 平 成 28 年 度 当 初 予 算 要 求 の 概 要 P.4 海 外 展 開 実 現 までのロードマップ P.6 各 種 施 策 の 紹 介 P.7 1 資 料 6-2 中 小 企 業 海 外 展 開 支 援 施 策 の 概 要 平 成 28 年 2 月 中 小 企 業 庁 平 成 27 年 度 補 正 予 算 の 概 要 P.2 平 成 28 年 度 当 初 予 算 要 求 の 概 要 P.4 海 外 展 開 実 現 までのロードマップ P.6 各 種 施 策 の 紹 介 P.7 1 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 海 外 展 開 戦 略

More information

(6) ホームステイ( 高 校 生 のみ) (7) ワークショップ 報 告 会 ( 気 づき 及 び アクションプラン の 作 成 発 表 ) 現 地 事 情 によりプログラム 内 容 は 変 更 される 可 能 性 があります 別 紙 1 標 準 日 程 参 照 アクションプランとは 派 遣 国

(6) ホームステイ( 高 校 生 のみ) (7) ワークショップ 報 告 会 ( 気 づき 及 び アクションプラン の 作 成 発 表 ) 現 地 事 情 によりプログラム 内 容 は 変 更 される 可 能 性 があります 別 紙 1 標 準 日 程 参 照 アクションプランとは 派 遣 国 平 成 27 年 8 月 12 日 一 般 財 団 法 人 日 本 国 際 協 力 センター Ⅰ. 事 業 概 要 目 的 対 日 理 解 促 進 交 流 プログラム カケハシ プロジェクト (KAKEHASHI Project) 北 米 地 域 との 交 流 ( 米 国 カナダ) 短 期 派 遣 事 業 ( 大 学 ( 院 ) 生 高 校 生 ) 参 加 校 団 体 募 集 のご 案 内 対 日

More information

ル マレーシア インドネシア タイの 銀 行 で 占 められています ベトナムの 上 場 銀 行 は ベトコムバ ンク(VCB)が 27 位 ベトインバンク(CTG)が 28 位 以 下 44 位 から 47 位 に エクシムバンク(EIB) サコムバンク(STB) アジア 商 業 銀 行 (ACB

ル マレーシア インドネシア タイの 銀 行 で 占 められています ベトナムの 上 場 銀 行 は ベトコムバ ンク(VCB)が 27 位 ベトインバンク(CTG)が 28 位 以 下 44 位 から 47 位 に エクシムバンク(EIB) サコムバンク(STB) アジア 商 業 銀 行 (ACB アセアン 域 内 の 主 要 な 上 場 銀 行 の 時 価 総 額 ランキング 再 編 が 遅 れているベトナムの 銀 行 セクターのアセアン 域 内 での 位 置 付 け- 下 の 2 つのリストは アセアン 主 要 6 ヶ 国 の 証 券 取 引 所 に 上 場 している 上 場 銀 行 の 時 価 総 額 ランキン グとアセアン 諸 国 以 外 のアジア 主 要 国 の 上 場 銀 行 の

More information

NRIメディアフォーラム:中国人訪日旅行者の実態とニーズ①

NRIメディアフォーラム:中国人訪日旅行者の実態とニーズ① 第 228 回 メディア フォーラム 中 国 人 訪 日 旅 行 者 の 実 態 とニーズ1 - 統 計 等 からみた 概 況 - 2015 年 10 月 29 日 株 式 会 社 野 村 総 合 研 究 所 社 会 システムコンサルティング 部 産 業 インフラグループ グループマネージャー 岡 村 篤 100-0005 東 京 都 千 代 田 区 丸 の 内 1-6-5 丸 の 内 北 口 ビル

More information

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5>

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5> 1 技 能 実 習 制 度 の 見 直 し 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014 抜 粋 第 一 ( 総 論 ) Ⅱ. 改 定 戦 略 における 鍵 となる 施 策 2. 担 い 手 を 生 み 出 す ~ 女 性 の 活 躍 促 進 と 働 き 方 改 革 (3) 外 国 人 材 の 活 用 多 様 な 価 値 観 や 経 験, 技 術 を 持 った 海 外 からの 人 材 がもっと 日 本

More information

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 23 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 22 年 度 調 査 により 把

More information

Ⅰ. KANSAI 国 際 観 光 指 針 について 観 光 は 地 域 の 活 性 化 や 雇 用 の 増 大 などをもたらす 裾 野 の 広 い 産 業 であり 大 きな 経 済 波 及 効 果 が 期 待 されている 従 って 関 西 の 官 民 が 一 体 となってインバウンド( 訪 日 外

Ⅰ. KANSAI 国 際 観 光 指 針 について 観 光 は 地 域 の 活 性 化 や 雇 用 の 増 大 などをもたらす 裾 野 の 広 い 産 業 であり 大 きな 経 済 波 及 効 果 が 期 待 されている 従 って 関 西 の 官 民 が 一 体 となってインバウンド( 訪 日 外 KANSAI 国 際 観 光 指 針 2016 2018 2016 年 9 月 1 Ⅰ. KANSAI 国 際 観 光 指 針 について 観 光 は 地 域 の 活 性 化 や 雇 用 の 増 大 などをもたらす 裾 野 の 広 い 産 業 であり 大 きな 経 済 波 及 効 果 が 期 待 されている 従 って 関 西 の 官 民 が 一 体 となってインバウンド( 訪 日 外 国 人 旅 行

More information

<4D F736F F D208C6F8DCF8FEE95F D96DA937882F0919D82B7434C4D8F948D91816A2E646F63>

<4D F736F F D208C6F8DCF8FEE95F D96DA937882F0919D82B7434C4D8F948D91816A2E646F63> 平 成 25 年 (213 年 )6 月 19 日 NO.213-17 注 目 度 を 増 す CLM 諸 国 :カンボジア ラオス ミャンマー アジア 新 興 国 のうち このところ 後 発 新 興 国 であるカンボジア ラオス ミャンマー いわゆる CLM 諸 国 への 注 目 度 が 高 まっている 一 人 当 たり GDP が 中 進 国 の 目 安 である 1, ドルに 近 づくなか 政

More information

logitem_201605a

logitem_201605a 2016 年 3 月 期 決 算 説 明 会 2016 年 5 月 30 日 証 券 コード: 9060 URL:http://www.logitem.co.jp カンボジアに 新 会 社 を 設 立 インドシナ 半 島 地 域 のネットワークを 拡 充 カンボジア 王 国 プノンペン 市 50 万 USドル 2016 年 6 月 ( 予 定 ) 2016 年 8 月 ( 予 定 ) 貨 物 自 動

More information

サーバー運用のご紹介

サーバー運用のご紹介 アジアのサイト 展 開 とその 可 能 性 株 式 会 社 フューチャースピリッツ 営 業 本 部 熊 谷 伸 志 2013.10.02 フューチャースピリッツ 会 社 名 株 式 会 社 フューチャースピリッツ 代 表 者 谷 孝 大 創 業 1996 年 10 月 設 立 2000 年 1 月 資 本 金 75,000,000 円 従 業 員 47 名 (グループ 全 体 105 名 ) 2013

More information

Microsoft Word - 本編2-3.doc

Microsoft Word - 本編2-3.doc 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 19 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 18 年 度 調 査 により 把

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817993FA967B8CEA81698DC48DB791D694C5816A817A8A6D92E85F8DE096B18FC85F93FA8FD88BA6835A837E8369815B8E9197BF>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817993FA967B8CEA81698DC48DB791D694C5816A817A8A6D92E85F8DE096B18FC85F93FA8FD88BA6835A837E8369815B8E9197BF> 日 本 国 債 市 場 と 国 債 管 理 政 策 2012 年 10 月 12 日 ( 金 ) 財 務 省 大 臣 官 房 審 議 官 ( 理 財 局 担 当 ) 美 並 義 人 JGB 発 行 残 高 の 推 移 1990 年 代 の 公 共 事 業 費 の 増 加 近 年 の 社 会 保 障 費 の 増 加 による 歳 出 増 景 気 悪 化 や 減 税 による 税 収 減 により 国 の 債

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BF38D60834183938350815B83678DC58F4995F18D908F9188EA8A872E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BF38D60834183938350815B83678DC58F4995F18D908F9188EA8A872E646F63> 首 都 圏 の 空 港 に 関 する 企 業 へのアンケート 調 査 調 査 結 果 報 告 書 平 成 18 年 8 月 横 浜 市 目 次 調 査 の 概 要... 2 調 査 結 果 ( 要 旨 )... 3 アンケートの 集 計 結 果... 12 1 回 答 企 業 の 属 性... 12 1) 業 種 別... 12 2) 所 在 地 別... 13 3) 資 本 金 規 模 別...

More information

現 地 事 情 によりプログラム 内 容 は 変 更 される 可 能 性 があります 別 紙 1 標 準 日 程 参 照 アクションプランとは 派 遣 国 で 学 び 経 験 したことを 元 に 作 成 する 帰 国 後 の 活 動 計 画 です 事 前 準 備 プログラム 中 の 活 動 プログラ

現 地 事 情 によりプログラム 内 容 は 変 更 される 可 能 性 があります 別 紙 1 標 準 日 程 参 照 アクションプランとは 派 遣 国 で 学 び 経 験 したことを 元 に 作 成 する 帰 国 後 の 活 動 計 画 です 事 前 準 備 プログラム 中 の 活 動 プログラ 対 日 理 解 促 進 交 流 プログラム カケハシ プロジェクト (KAKEHASHI Project) 学 生 募 集 要 項 Ⅰ. 事 業 概 要 目 的 対 日 理 解 促 進 交 流 プログラム は 日 本 政 府 が 推 進 する 事 業 であり 日 本 とアジア 大 洋 州 北 米 欧 州 中 南 米 の 各 国 地 域 との 間 で 将 来 各 界 にて 活 躍 が 期 待 される

More information

北海道の観光における課題等について20140110

北海道の観光における課題等について20140110 2014 年 1 月 10 日 日 本 銀 行 札 幌 支 店 北 海 道 金 融 経 済 レポート 北 海 道 の 観 光 における 課 題 等 について 本 レポートの 執 筆 は 札 幌 支 店 営 業 課 金 森 渉 が 担 当 しました 本 レポートで 示 された 意 見 は 執 筆 者 に 属 し 必 ずしも 日 本 銀 行 札 幌 支 店 の 見 解 を 示 すものではありません 照

More information

国 宝 重 要 文 化 財 美 術 工 芸 品 建 造 物 計 美 術 工 芸 品 建 造 物 計 東 京 , ,329 神 奈 川 千 葉 埼 玉 京 都 20

国 宝 重 要 文 化 財 美 術 工 芸 品 建 造 物 計 美 術 工 芸 品 建 造 物 計 東 京 , ,329 神 奈 川 千 葉 埼 玉 京 都 20 1 国 宝 重 要 文 化 財 美 術 工 芸 品 建 造 物 計 美 術 工 芸 品 建 造 物 計 東 京 235 1 236 2,262 67 2,329 神 奈 川 17 1 18 289 54 343 千 葉 8 0 8 116 28 144 埼 玉 3 0 3 54 24 78 京 都 205 48 235 1,951 287 2,238 大 阪 56 5 61 592 97 689 兵

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798D4C95F18C5792F18F6F9770817A8D829378906C8DDE837C83438393836790A782CC89C1935F91CE8FDB82C682C882E98343836D8378815B83568387839391A390698E788987915B927588EA97972E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798D4C95F18C5792F18F6F9770817A8D829378906C8DDE837C83438393836790A782CC89C1935F91CE8FDB82C682C882E98343836D8378815B83568387839391A390698E788987915B927588EA97972E646F63> 高 度 人 材 ポイント 制 の 加 点 対 象 となるイノベーション 促 進 支 援 措 置 一 覧 高 度 人 材 ポイント 制 の 申 請 を 行 う 外 国 人 の 方 が 所 属 する 大 学 企 業 等 の 機 関 が, 次 の1 又 は2に 掲 げる 措 置 を 受 けている 場 合 には, 特 別 加 算 としてポイントが 加 点 されます(1 0 点 所 属 機 関 が 中 小 企

More information

わが国におけるLCCの台頭と 空港政策

わが国におけるLCCの台頭と 空港政策 平 成 27 年 度 国 総 研 講 演 会 資 料 航 空 市 場 の 環 境 変 化 と 需 要 予 測 手 法 の 研 究 動 向 平 成 27 年 12 月 3 日 空 港 研 究 部 長 谷 川 勇 二 首 都 圏 空 港 利 用 者 数 の 推 移 日 本 の 実 質 GDPの 推 移 [ 単 位 :1 兆 円 ] 600 500 400 300 200 100 実 質 GDPの 推 移

More information

調 査 の 概 要 回 答 者 属 性 調 査 方 法 :インターネットによる 調 査 実 施 時 期 :2014 年 9 月 9 日 ~2014 年 9 月 16 日 調 査 地 域 : 韓 国 中 国 台 湾 香 港 タイ シンガポール マレーシア インドネシアの8 地 域 ( 注 ) 中 国

調 査 の 概 要 回 答 者 属 性 調 査 方 法 :インターネットによる 調 査 実 施 時 期 :2014 年 9 月 9 日 ~2014 年 9 月 16 日 調 査 地 域 : 韓 国 中 国 台 湾 香 港 タイ シンガポール マレーシア インドネシアの8 地 域 ( 注 ) 中 国 DBJ 北 海 道 支 店 経 済 ミニレポートNo.17 2014/11 アジア8 地 域 北 海 道 観 光 に 関 する 訪 日 外 国 人 の 意 向 調 査 ( 平 成 26 年 版 ) ~ 引 き 続 き 北 海 道 ブランドの 価 値 は 高 く 国 内 トップクラス~ 1. 日 本 政 策 投 資 銀 行 は 2014 年 9 月 昨 年 に 引 き 続 きアジア8 地 域 ( 韓

More information

委託契約書

委託契約書 資 料 目 次 資 料 1 福 岡 女 子 大 学 の 沿 革 資 料 2 公 立 大 学 法 人 福 岡 女 子 大 学 中 期 目 標 中 期 計 画 資 料 3 福 岡 女 子 大 学 改 革 基 本 計 画 の 概 要 資 料 4 福 岡 県 の 主 要 施 策 資 料 5 福 岡 県 の 貿 易 額 の 推 移 資 料 6 福 岡 県 の 輸 出 入 国 ( 地 域 ) 順 位 表 資 料

More information

目 次 平 成 26 年 度 事 業 計 画 1. 平 成 26 年 度 事 業 計 画 総 括 1 2. 研 修 部 事 業 計 画 (JICA 研 修 事 業 ) 3 3. 技 術 協 力 部 事 業 計 画 7 4. 国 際 親 善 事 業 計 画 11 5. 広 報 活 動 計 画 11

目 次 平 成 26 年 度 事 業 計 画 1. 平 成 26 年 度 事 業 計 画 総 括 1 2. 研 修 部 事 業 計 画 (JICA 研 修 事 業 ) 3 3. 技 術 協 力 部 事 業 計 画 7 4. 国 際 親 善 事 業 計 画 11 5. 広 報 活 動 計 画 11 平 成 26 年 度 事 業 計 画 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 公 益 財 団 法 人 北 九 州 国 際 技 術 協 力 協 会 目 次 平 成 26 年 度 事 業 計 画 1. 平 成 26 年 度 事 業 計 画 総 括 1 2. 研 修 部 事 業 計 画 (JICA 研 修 事 業 ) 3 3. 技 術 協 力 部 事 業 計 画 7

More information

212.2.1 信 州 経 済 戦 略 会 議 外 人 宿 泊 者 数 の 現 状 と 達 成 目 標 ( 万 人 ) 目 標 37. 4 28.1 3.1 3.5 3 2 1 11.7 18.4 23.5 H17 H18 H19 H2 H21 H22 H24 別 内 訳 名 H22 8.8 オース

212.2.1 信 州 経 済 戦 略 会 議 外 人 宿 泊 者 数 の 現 状 と 達 成 目 標 ( 万 人 ) 目 標 37. 4 28.1 3.1 3.5 3 2 1 11.7 18.4 23.5 H17 H18 H19 H2 H21 H22 H24 別 内 訳 名 H22 8.8 オース 212.2.1 信 州 経 済 戦 略 会 議 長 野 県 際 観 光 戦 略 ( 案 ) 達 成 目 標 外 人 宿 泊 者 数 & 訪 日 教 育 旅 行 受 入 団 体 数 1 戦 略 1 戦 略 2 戦 略 3 戦 略 4 戦 略 5 戦 略 6 戦 略 7 戦 略 8 ターゲットを 絞 った 効 果 的 な 宣 伝 招 聘 戦 略 2 旅 行 会 社 とのパートナーシップ 戦 略 2 長

More information

内表紙 (1)外国人研究者招へい事業

内表紙 (1)外国人研究者招へい事業 厚 生 労 働 科 学 研 究 推 進 事 業 新 型 インフルエンザ 等 新 興 再 興 感 染 症 研 究 推 進 事 業 公 募 申 込 の 手 引 き Ⅱ. 外 国 への 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 公 益 社 団 法 人 国 際 厚 生 事 業 団 目 次 Ⅱ. 外 国 への 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 第 1. 事 業 の 目 的 1 第 2. 対 象 となる 日

More information

’00

’00 明 石 の 人 口 平 成 17 年 (2005 年 ) 国 勢 調 査 結 果 報 告 書 平 成 17 年 国 勢 調 査 の 概 要 調 査 の 目 的 及 び 沿 革 国 勢 調 査 は, 我 が 国 の 人 口 の 状 況 を 明 らかにするため, 大 正 9 年 以 来 ほぼ 5 年 ごとに 行 われており, 平 成 17 年 国 勢 調 査 はその 18 回 目 に 当 たる 国 勢

More information

日経平均と騰落レシオ

日経平均と騰落レシオ 今 さら 人 に 聞 けない!!マレーシアってどんな 国? 1 基 礎 データ 面 積 約 33 万 平 方 キロメートル( 日 本 の 約.9 倍 ) 人 口 約 2995 万 人 (213 年 マレーシア 統 計 局 ) 主 な 都 市 クアラルンプール( 首 都 ) ペナン ジョホールバル コタキナバル 南 シナ 海 をはさんで 東 西 に 分 かれている 左 側 のタイから 南 に 延 び

More information

平成28年度_本文(p00目次-p110).indd

平成28年度_本文(p00目次-p110).indd 学 園 の 現 況 平 成 28(2016) 28 (2016) 年 度 学 校 法 人 大 東 文 化 学 園 学 校 法 人 大 東 文 化 学 園 教 育 研 究 組 織 平 成 28 年 4 月 1 日 現 在 学 校 法 人 大 東 文 化 学 園 日 本 文 学 専 攻 ( 博 士 課 程 前 期 課 程 後 期 課 程 ) 大 学 院 文 学 研 究 科 中 国 学 専 攻 ( 博 士

More information

山 形 県 国 際 戦 略 平 成 28 年 3 月 山 形 県 目 次 Ⅰ. 策 定 趣 旨 1 1. 趣 旨 1 2. 戦 略 の 位 置 づけ 1 3. 戦 略 の 期 間 2 Ⅱ. 現 状 と 課 題 3 1. 国 際 交 流 国 際 理 解 の 促 進 多 文 化 共 生 の 推 進 3 2. 海 外 事 業 の 展 開 4 3. 県 産 品 の 輸 出 振 興 5 4. 国 際 観 光

More information

配 布 資 料 一 覧 1 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 次 第 (1 枚 もの 両 面 ) 2 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 資 料 ( 左 上 ホチキスとめ) 3 平 成 28 年 度 和 歌 山 県 職 員 採 用 試 験 総 合 案 内 ( 桜 色 リーフレット)

配 布 資 料 一 覧 1 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 次 第 (1 枚 もの 両 面 ) 2 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 資 料 ( 左 上 ホチキスとめ) 3 平 成 28 年 度 和 歌 山 県 職 員 採 用 試 験 総 合 案 内 ( 桜 色 リーフレット) 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 資 料 あなたが 和 歌 山 の 未 来 を 創 る! 平 成 28 年 3 月 和 歌 山 県 人 事 委 員 会 事 務 局 和 歌 山 県 PRキャラクター きいちゃん 配 布 資 料 一 覧 1 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 次 第 (1 枚 もの 両 面 ) 2 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 資 料 ( 左 上 ホチキスとめ)

More information

記 者 発 表 資 料 平 成 25 年 12 月 5 日 大 阪 経 済 記 者 クラブ 会 員 各 位 りょゆう 旅 游 都 市 化 推 進 プロジェクト ムスリム 観 光 客 接 遇 基 礎 知 識 集 アッサラーム アライクム! の 発 行 について 問 合 先 大 阪 商 工 会 議 所 流 通 サービス 産 業 部 ( 土 居 松 澤 )TEL:06-6944-6440 りょゆう 大 阪

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63> 世 界 50カ 国 潜 在 力 調 査 2007 年 ( 要 約 ) 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 センター Japan Center for Economic Research 2008 年 1 月 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 13 位 にやや 後 退 50 カ 国 を 対 象 に 潜 在 競 争 力 ランキングを 作 成 した 潜 在 競 争 力 とは

More information

所 得 のすべてが 課 税 対 象 となる タイ 居 住 日 数 の1 年 間 の 累 計 が180 日 を 超 える 場 合 には 居 住 者 と 見 なされる 2 法 人 所 得 税 法 人 所 得 税 の 納 税 義 務 者 は タイで 事 業 を 営 む 法 人 である 納 付 税 額 の

所 得 のすべてが 課 税 対 象 となる タイ 居 住 日 数 の1 年 間 の 累 計 が180 日 を 超 える 場 合 には 居 住 者 と 見 なされる 2 法 人 所 得 税 法 人 所 得 税 の 納 税 義 務 者 は タイで 事 業 を 営 む 法 人 である 納 付 税 額 の 海 外 ビジネスレポート ~アジア 駐 在 員 報 告 ~ タイ 経 済 の 現 状 と 投 資 環 境 ( 後 編 ) 武 蔵 野 銀 行 市 場 国 際 部 海 外 進 出 支 援 室 調 査 役 福 井 重 城 (タイ カシコン 銀 行 ジャパンデスク 駐 在 ) タイへの 直 接 投 資 (1) 直 接 投 資 の 動 向 数 年 前 から 尖 閣 諸 島 事 件 やレアアース 等 に 対

More information

【前半】教員・保護者向け説明会資料VER.1.0

【前半】教員・保護者向け説明会資料VER.1.0 0 平 成 28 年 度 官 民 協 働 海 外 留 学 支 援 制 度 トビタテ! 留 学 JAPAN 日 本 代 表 プログラム 高 校 生 コース 募 集 説 明 会 2015.11 文 部 科 学 省 官 民 協 働 海 外 留 学 創 出 プロジェクト 日 本 全 国 の 高 校 生 留 学 について 現 状 ~ 平 成 25 年 度 高 等 学 校 等 における 国 際 交 流 等 の

More information

Microsoft PowerPoint - 参考資料(前田様).pptx

Microsoft PowerPoint - 参考資料(前田様).pptx 対 日 投 資 の 現 状 とJETROの 活 動 について 2015 年 6 月 21 日 日 本 貿 易 振 興 機 構 (JETRO) 対 日 投 資 部 長 前 田 茂 樹 Section 1 対 日 直 接 投 資 の 現 状 と 日 本 の 魅 力 国 際 的 に 見 た 日 本 の 対 内 直 接 投 資 の 現 状 対 日 直 接 投 資 残 高 とGDP 比 率 の 推 移 (2000~2013

More information

平 成 25 年 度 北 洋 銀 行

平 成 25 年 度 北 洋 銀 行 平 成 26 年 8 月 22 日 各 位 株 式 会 社 北 洋 銀 行 地 域 密 着 型 金 融 の 取 り 組 み 状 況 について 当 行 では 平 成 25 年 度 における 地 域 密 着 型 金 融 の 取 り 組 み 状 況 を 策 定 しましたので お 知 らせいたします 今 年 度 においても 地 域 密 着 型 金 融 の 推 進 が 当 行 の 成 長 戦 略 の 根 幹

More information

若手有能人材の獲得、育成、確保

若手有能人材の獲得、育成、確保 若 手 有 能 人 材 の 獲 得 育 成 確 保 - アジア 諸 国 の 比 較 展 望 と グローバリゼーション 時 代 における 戦 略 的 HRM/HRDの 必 要 性 - ミャンマー 商 工 会 議 所 連 合 会 (UMFCCI) この 報 告 書 は 2012 年 12 月 4 日 ~6 日 にベトナムのハノイで 行 われた HIDA /アジア 使 用 者 団 体 共 同 研 究 ワークショップ

More information

重 点 プロジェクトの 内 容 テーマ 1. 北 海 道 新 幹 線 の 建 設 促 進 と 開 業 効 果 の 拡 大 取 組 1 新 幹 線 駅 を 起 点 とした 二 次 交 通 ネットワークの 整 備 具 体 的 (1) 新 幹 線 駅 から 道 南 はもとより 道 内 各 所 の 観 光

重 点 プロジェクトの 内 容 テーマ 1. 北 海 道 新 幹 線 の 建 設 促 進 と 開 業 効 果 の 拡 大 取 組 1 新 幹 線 駅 を 起 点 とした 二 次 交 通 ネットワークの 整 備 具 体 的 (1) 新 幹 線 駅 から 道 南 はもとより 道 内 各 所 の 観 光 資 料 1 北 海 道 交 通 ネットワーク 総 合 ビジョン 重 点 プロジェクトの 推 進 状 況 1 北 海 道 新 幹 線 の 建 設 促 進 と 開 業 効 果 の 拡 大 1 1 新 幹 線 駅 を 起 点 とした 二 次 交 通 ネットワークの 整 備 2 新 幹 線 駅 における 交 通 情 報 案 内 機 能 の 整 備 3 札 幌 までの 早 期 完 成 青 函 共 用 走 行

More information

平成17年7月

平成17年7月 九 州 観 光 推 進 機 構 活 動 レポート 2014 年 3 月 号 2 月 のトピックス 〇 広 島 県 議 会 観 光 振 興 対 策 特 別 委 員 会 にて 参 考 事 例 を 発 表 (2 月 6 日 広 島 市 ) 2 月 6 日 広 島 県 議 会 の 観 光 振 興 対 策 特 別 委 員 会 が 広 島 市 で 開 催 され 九 州 観 光 推 進 機 構 髙 橋 事 業 本

More information

1990( 平 成 2) 年 7 仙 台 -グアム サイパン 定 期 便 就 航 11 宮 城 県 とブリティッシュ コロンビア 州 (カナダ)が 教 育 交 流 協 定 を 締 結 1991( 平 成 3) 年 3 宮 城 県 国 際 交 流 推 進 大 綱 策 定 9 仙 台 国 際 センター

1990( 平 成 2) 年 7 仙 台 -グアム サイパン 定 期 便 就 航 11 宮 城 県 とブリティッシュ コロンビア 州 (カナダ)が 教 育 交 流 協 定 を 締 結 1991( 平 成 3) 年 3 宮 城 県 国 際 交 流 推 進 大 綱 策 定 9 仙 台 国 際 センター 2 国 際 交 流 のあゆみ (1) 宮 城 県 の 国 際 交 流 のあゆみ 本 県 は, 国 際 交 流 においても 古 い 歴 史 を 持 っている 今 から400 年 前 の1613 年 ( 慶 長 18 年 ), 支 倉 常 長 が 伊 達 政 宗 の 遣 欧 使 節 としてスペイン ローマに 渡 ったことは, 当 時 としては 画 期 的 な 出 来 事 だった また,1804 年 (

More information

1.24 年 度 補 正 及 び25 年 度 本 予 算 における 主 な 国 の 海 外 展 開 支 援 施 策 1

1.24 年 度 補 正 及 び25 年 度 本 予 算 における 主 な 国 の 海 外 展 開 支 援 施 策 1 国 の 海 外 展 開 販 路 拡 大 支 援 施 策 について 東 北 経 済 産 業 局 産 業 部 国 際 課 1.24 年 度 補 正 及 び25 年 度 本 予 算 における 主 な 国 の 海 外 展 開 支 援 施 策 1 中 小 企 業 海 外 展 開 一 環 支 援 事 業 (F/S( ) 支 援 事 業 ) F/S(フィージビリティ スタディ) : 新 規 事 業 への 参 入

More information

( 共 通 ロゴ) (IPA 意 識 啓 発 ポスター) (イ) サイバーセキュリティカフェ 日 本 ASEAN セキュリティ 文 化 どう 違 う? の 開 催 10 月 3 日 ( 土 )に サイバーセキュリティをテーマとしたサイエンスカフェを 開 催 し ます 日 本 人 学 生 とASEAN

( 共 通 ロゴ) (IPA 意 識 啓 発 ポスター) (イ) サイバーセキュリティカフェ 日 本 ASEAN セキュリティ 文 化 どう 違 う? の 開 催 10 月 3 日 ( 土 )に サイバーセキュリティをテーマとしたサイエンスカフェを 開 催 し ます 日 本 人 学 生 とASEAN 報 道 資 料 平 成 27 年 9 月 30 日 内 閣 官 房 内 閣 サイバーセキュリティセンター(NISC) サイバーセキュリティ 国 際 キャンペーン の 実 施 について 1 サイバーセキュリティ 国 際 キャンペーン の 趣 旨 近 年 情 報 通 信 技 術 (ICT)の 発 展 による 新 たなICT 端 末 及 びサービスの 普 及 は 速 度 を 増 してきており 私 たちの

More information

様式1 全体(観光交流局)

様式1 全体(観光交流局) ( 様 式 1: 総 括 表 ) 平 成 22 年 度 商 工 観 光 部 観 光 交 流 局 運 営 プログラム 平 成 22 年 度 における 商 工 観 光 部 観 光 交 流 局 の 運 営 については 以 下 のとおりとする 1 重 点 施 策 及 び 目 標 の 一 覧 施 策 番 号 重 点 施 策 の 名 称 重 点 施 策 の 目 標 1 魅 力 溢 れる 観 光 交 流 山 形

More information

これまでの 経 緯 アジア 通 貨 危 機 (1997~1998 年 ) 以 前 アジア 諸 国 は ドル 等 の 外 貨 を 海 外 から 短 期 で 借 り 入 れ 自 国 通 貨 建 てで 国 内 の 長 期 の 融 資 を 実 施 このため 通 貨 ( 外 貨 と 自 国 通 貨 )と 期

これまでの 経 緯 アジア 通 貨 危 機 (1997~1998 年 ) 以 前 アジア 諸 国 は ドル 等 の 外 貨 を 海 外 から 短 期 で 借 り 入 れ 自 国 通 貨 建 てで 国 内 の 長 期 の 融 資 を 実 施 このため 通 貨 ( 外 貨 と 自 国 通 貨 )と 期 Ⅲ.アジア 債 券 市 場 育 成 イニシアティブ (ABMI) 2013 年 6 月 財 務 省 国 際 局 地 域 協 力 企 画 官 川 島 浩 二 これまでの 経 緯 アジア 通 貨 危 機 (1997~1998 年 ) 以 前 アジア 諸 国 は ドル 等 の 外 貨 を 海 外 から 短 期 で 借 り 入 れ 自 国 通 貨 建 てで 国 内 の 長 期 の 融 資 を 実 施 このため

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 参 考 資 料 観 光 を 取 り 巻 く 現 状 平 成 28 年 5 月 11 日 東 京 都 目 次 世 界 の 旅 行 者 数 の 推 移 ( 今 後 の 予 測 ) 1 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 の 推 移 2 国 地 域 別 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 の 内 訳 (2015 年 ) 3 外 国 人 旅 行 者 受 入 数 の 国 際 比 較 (2014 年 ) 4 空

More information

Taro-完成版(H25.03.29)2.jtd

Taro-完成版(H25.03.29)2.jtd 2. 本 道 経 済 の 国 際 化 に 係 る 現 況 と 課 題 (1) 現 状 分 析 内 部 要 因 外 部 要 因 強 み 好 機 好 豊 かな 食 料 資 源 と 食 クラスター 活 動 の 進 展 東 アジア 及 びロシアの 経 済 成 長 環 地 域 に 根 ざした 寒 冷 地 環 境 技 術 等 FTA EPAなど 経 済 連 携 の 活 発 化 境 中 ロの 地 方 政 府 との

More information

様 式 2-1) [ 経 済 局 誘 致 推 進 課 ] 名 特 記 項 5 款 1 項 2 目 中 期 計 画 - 戦 略 中 期 計 画 - 1 企 誘 致 促 進 新 規 拡 充 1) 企 誘 致 促 進 活 動 区 分 金 額 平 成 28 年 度 計 画 書 局 統 括 本 部 ) 国 財

様 式 2-1) [ 経 済 局 誘 致 推 進 課 ] 名 特 記 項 5 款 1 項 2 目 中 期 計 画 - 戦 略 中 期 計 画 - 1 企 誘 致 促 進 新 規 拡 充 1) 企 誘 致 促 進 活 動 区 分 金 額 平 成 28 年 度 計 画 書 局 統 括 本 部 ) 国 財 様 式 1) 計 画 書 目 次 [ 経 済 局 ] 5 款 1 項 2 目 単 位 : 千 円 ) 計 画 書 頁 名 28 年 度 27 年 度 増 減 28-27) 総 額 一 財 + 市 債 総 額 一 財 + 市 債 総 額 一 財 + 市 債 戦 略 基 本 政 策 新 規 拡 充 1 企 誘 致 促 進 3,174,89 3,173,552 3,158,145 3,157,191 15,944

More information

地域密着2012.indd

地域密着2012.indd 平 成 23 年 度 地 域 密 着 型 金 融 の 取 組 み 状 況 について 北 國 銀 行 では 豊 かな 明 日 へ 信 頼 の 架 け 橋 を という 企 業 理 念 のもと 地 域 金 融 機 関 として 円 滑 な 資 金 供 給 と 多 様 で 良 質 な 金 融 サービスの 提 供 を 通 じて 地 域 社 会 の 更 なる 発 展 と 地 域 経 済 の 活 性 化 に 貢 献

More information

参 考 資 料 経 済 活 動 別 分 類 (93SNA 分 類 )と 対 応 表 経 済 活 動 別 分 類 1 産 業 コード 番 号 は ( 平 成 19 年 11 月 改 定 )による (1) 農 林 水 産 業 a 農 業 01 農 業 (0113 野 菜 作 農 業 のうち きのこ 類

参 考 資 料 経 済 活 動 別 分 類 (93SNA 分 類 )と 対 応 表 経 済 活 動 別 分 類 1 産 業 コード 番 号 は ( 平 成 19 年 11 月 改 定 )による (1) 農 林 水 産 業 a 農 業 01 農 業 (0113 野 菜 作 農 業 のうち きのこ 類 1 市 町 村 民 所 得 の 概 念 (1) 市 町 村 民 所 得 の 概 念 市 町 村 民 所 得 推 計 は 県 民 経 済 計 算 の 概 念 を 市 町 村 という 行 政 区 域 に 適 用 して 市 町 村 単 位 での 1 年 間 に 生 み 出 された 価 値 ( 付 加 価 値 )を 生 産 分 配 の 二 面 からとらえることにより 市 町 村 経 済 の 規 模 や 産

More information

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション ASEAN 諸 国 の ビッグマーケットを 吸 収 する 観 光 活 性 化 ~ムスリムフレンドリー~ 本 日 の 流 れ 現 状 把 握 ( 訪 日 観 光 客 の 実 態 ) 問 題 提 起 (ASEANに 注 目 ) 提 案 (ムスリムフレンドリー) 今 後 の 展 望 ( 関 係 先 との 連 携 推 進 ) 日 本 に 来 る 外 国 人 観 光 客 の 数 を ご 存 じですか? 日 本

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2095BD90AC3232944E937894AD928D95FB8EAE93998EE688F88FF08C8F82C98AD682B782E992B28DB8955B816990658E968BC68ED28CFC82AF816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2095BD90AC3232944E937894AD928D95FB8EAE93998EE688F88FF08C8F82C98AD682B782E992B28DB8955B816990658E968BC68ED28CFC82AF816A> 各 位 平 成 23 年 1 月 吉 日 平 成 22 年 度 発 注 方 式 等 取 引 条 件 改 善 調 査 ( 親 事 業 者 向 け) ご 協 力 のお 願 い 我 が 国 の 景 気 は このところ 足 踏 み 状 況 にあり 海 外 景 気 の 下 振 れ 懸 念 や 為 替 レート 株 価 の 変 動 などに より 厳 しい 状 況 に 置 かれています そうした 中 で 中 小 小

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2031363035313048323795E290B3814548323893968F89837C834383938367816994928D9588F38DFC82C582B7816A2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2031363035313048323795E290B3814548323893968F89837C834383938367816994928D9588F38DFC82C582B7816A2E70707478> 中 企 業 規 模 事 業 者 関 係 予 算 税 制 改 正 のポイント 詳 しい 情 報 は ミラサポ の 施 策 マップでご 覧 いただけます ミラサポ 検 索 1. 中 企 業 の 産 性 向 上 を 援 します 1 ものづくり サービスの 新 展 開 (ものづくり 補 助 ) ものづくり 商 業 サービス 新 展 開 援 補 助 1020.5 億 円 < 平 成 27 年 度 補 正 >

More information

第 1 章 我 が 国 の 中 長 期 的 な 構 造 変 化 我 が 国 では 中 長 期 的 な 経 済 社 会 構 造 の 変 化 が 起 こっており 中 小 企 小 規 模 事 者 の 経 営 環 境 はますます 厳 しいものとなっている また 中 小 企 の 数 は 長 期 にわたり 減

第 1 章 我 が 国 の 中 長 期 的 な 構 造 変 化 我 が 国 では 中 長 期 的 な 経 済 社 会 構 造 の 変 化 が 起 こっており 中 小 企 小 規 模 事 者 の 経 営 環 境 はますます 厳 しいものとなっている また 中 小 企 の 数 は 長 期 にわたり 減 中 小 企 小 規 模 事 者 が 直 面 する 経 済 社 会 構 造 の 変 化 第 2 部 第 1 章 我 が 国 の 中 長 期 的 な 構 造 変 化 我 が 国 では 中 長 期 的 な 経 済 社 会 構 造 の 変 化 が 起 こっており 中 小 企 小 規 模 事 者 の 経 営 環 境 はますます 厳 しいものとなっている また 中 小 企 の 数 は 長 期 にわたり 減 少

More information

取扱注意

取扱注意 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 公 益 財 団 法 人 日 本 海 事 センターは 海 事 社 会 の 中 枢 的 なシンクタンクを 目 指 し こ れまで 海 事 社 会 の 抱 える 様 々な 課 題 の 調 査 研 究 活 動 等 に 取 り 組 んできた 平 成 27 年 度 は これまでの 成 果 を 踏 まえ 海 事 社 会 のニーズを 的 確 に 把 握 し セ ンター 独

More information

4-2 主 な 産 業 の 動 向 (1) 食 関 連 産 業 分 野 当 市 の 食 料 品 製 造 業 は 優 良 漁 場 が 生 み 出 す 豊 富 なイカや 昆 布 などの 水 産 資 源 を 背 景 に 水 産 加 工 業 が 集 積 しているほか 北 海 道 大 学 大 学 院 水 産

4-2 主 な 産 業 の 動 向 (1) 食 関 連 産 業 分 野 当 市 の 食 料 品 製 造 業 は 優 良 漁 場 が 生 み 出 す 豊 富 なイカや 昆 布 などの 水 産 資 源 を 背 景 に 水 産 加 工 業 が 集 積 しているほか 北 海 道 大 学 大 学 院 水 産 地 域 再 生 計 画 1 地 域 再 生 計 画 の 名 称 函 館 ブランド 確 立 による 雇 用 創 出 拡 大 プロジェクト 2 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 函 館 市 3 地 域 再 生 計 画 の 区 域 函 館 市 の 全 域 4 地 域 再 生 計 画 の 目 標 4-1 地 域 の 現 状 函 館 市 は 津 軽 海 峡 に 面 した 北 海 道 の

More information

海 外 進 出 企 業 を 取 り 巻 くリスク 火 災 爆 発 電 気 火 災 危 険 物 取 扱 自 然 災 害 地 震 水 災 システム 関 連 物 流 インフラ 停 止 電 気 水 等 ストライキ シ ョフ ホッヒ ンク 海 外 派 遣 社 員 の 安 全 盗 難 労 働 災 害 サフ ライ

海 外 進 出 企 業 を 取 り 巻 くリスク 火 災 爆 発 電 気 火 災 危 険 物 取 扱 自 然 災 害 地 震 水 災 システム 関 連 物 流 インフラ 停 止 電 気 水 等 ストライキ シ ョフ ホッヒ ンク 海 外 派 遣 社 員 の 安 全 盗 難 労 働 災 害 サフ ライ 海 外 進 出 企 業 のリスクについて ~ 中 国 暴 動 リスク タイ 洪 水 リスクを 中 心 に ~ 2012 年 11 月 30 日 海 外 進 出 企 業 を 取 り 巻 くリスク 火 災 爆 発 電 気 火 災 危 険 物 取 扱 自 然 災 害 地 震 水 災 システム 関 連 物 流 インフラ 停 止 電 気 水 等 ストライキ シ ョフ ホッヒ ンク 海 外 派 遣 社 員 の

More information

ビルシステムビジネスユニット事業戦略

ビルシステムビジネスユニット事業戦略 ビルシステムビジネスユニット 事 業 戦 略 Hitachi IR Day 2016 2016 年 6 月 1 日 株 式 会 社 日 立 製 作 所 執 行 役 専 務 ビルシステムビジネスユニット CEO 佐 藤 寛 ビルシステムビジネスユニット 事 業 戦 略 [ 目 次 ] 1. 事 業 概 要 2. 市 場 環 境 3. 事 業 方 針 4. 地 域 別 事 業 戦 略 5. 業 績 計

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798E9197BF33817A95BD90AC3235944E93784F4356428A438A4F8376838D8382815B835683878393205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798E9197BF33817A95BD90AC3235944E93784F4356428A438A4F8376838D8382815B835683878393205B8CDD8AB78382815B83685D> 資 料 3 平 成 25 年 度 OCVB 海 外 誘 客 プロモーション 報 告 日 時 : 平 成 26 年 3 月 7 日 ( 金 ) 場 所 : 自 治 会 館 大 会 議 室 来 沖 外 国 人 観 光 客 数 の 推 移 過 去 5 年 間 外 国 人 来 沖 観 光 客 入 域 数 の 推 移 600000 平 成 25 年 ( 暦 年 ) 550,800 人! 400000 200000

More information

6 27 年 度 外 務 省 在 外 公 館 課 在 外 公 館 用 の 日 本 産 酒 類 関 連 経 費 在 外 公 館 での 任 国 要 人 との 会 食 やレセションにおいて 日 本 産 酒 類 をPRするための 酒 類 購 入 輸 送 費 7 27 年 度 外 務 省 地 方 連 携 推

6 27 年 度 外 務 省 在 外 公 館 課 在 外 公 館 用 の 日 本 産 酒 類 関 連 経 費 在 外 公 館 での 任 国 要 人 との 会 食 やレセションにおいて 日 本 産 酒 類 をPRするための 酒 類 購 入 輸 送 費 7 27 年 度 外 務 省 地 方 連 携 推 平 成 27 年 度 の 日 本 産 酒 類 の 輸 出 促 進 関 係 事 業 取 組 等 一 覧 実 施 年 度 省 庁 担 当 課 名 事 業 名 等 事 業 概 要 内 閣 官 房 ( 日 本 産 酒 類 の 輸 出 促 進 連 絡 会 議 担 当 ) 調 べ ( 平 成 27 年 9 月 17 日 現 在 ) 1 27 年 度 沖 縄 県 ( 商 工 労 働 部 国 際 物 流 商 業 課

More information

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 般 論... 決... 平 般, 誌 臨... NO.! 春 ド 花 ウォキグ 何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 セ 毎 木 曜 各 約

More information

農 林 水 産 物 食 品 の 輸 出 の 推 移 2011 年 3 月 の 原 発 事 故 に 伴 い 多 くの 国 が 日 本 産 農 林 水 産 物 食 品 の 輸 入 規 制 を 強 化 したこと などにより 農 林 水 産 物 食 品 の 輸 出 額 は 5 千 億 円 の 壁 に 当 た

農 林 水 産 物 食 品 の 輸 出 の 推 移 2011 年 3 月 の 原 発 事 故 に 伴 い 多 くの 国 が 日 本 産 農 林 水 産 物 食 品 の 輸 入 規 制 を 強 化 したこと などにより 農 林 水 産 物 食 品 の 輸 出 額 は 5 千 億 円 の 壁 に 当 た 農 林 水 産 物 食 品 の 輸 出 促 進 について ( 参 考 資 料 編 ) 農 林 水 産 物 食 品 の 輸 出 の 推 移 1 農 林 水 産 物 食 品 の 輸 出 額 の 国 地 域 別 内 訳 2 農 林 水 産 物 食 品 の 輸 出 量 額 の 動 向 3 農 林 水 産 物 食 品 の 輸 出 入 状 況 4 農 林 水 産 物 等 輸 出 促 進 全 国 協 議 会 の

More information

Ⅰ.タイ 現 地 法 人 における VAT 未 還 付 事 例 (3) 概 要 タイ 現 地 法 人 が 陥 った 付 加 価 値 税 (VAT) 未 還 付 問 題 の 具 体 的 な 事 例 として 前 回 は 申 請 後 の 税 務 調 査 が 終 わらないケースを 前 々 回 は VAT 還

Ⅰ.タイ 現 地 法 人 における VAT 未 還 付 事 例 (3) 概 要 タイ 現 地 法 人 が 陥 った 付 加 価 値 税 (VAT) 未 還 付 問 題 の 具 体 的 な 事 例 として 前 回 は 申 請 後 の 税 務 調 査 が 終 わらないケースを 前 々 回 は VAT 還 March 11, 2016 Ⅰ.タイ 現 地 法 人 における VAT 未 還 付 事 例 (3) 永 峰 バンチキ 会 計 事 務 所 公 認 会 計 士 山 崎 宏 史 2 Ⅱ. 海 外 研 修 中 のベトナム 人 従 業 員 の 個 人 所 得 税 申 告 について I GLOCAL CO.,LTD 5 本 資 料 は 情 報 提 供 を 唯 一 の 目 的 としたものであり 金 融 商 品

More information

(4) 財 団 法 人 自 治 体 国 際 化 協 会 在 住 外 国 人 のための 住 宅 に 関 する 情 報 を 多 言 語 で 提 供 しています( 英 語 中 国 語 韓 国 語 ポルトガル 語 スペイン 語 ベトナム 語 インドネシア 語 タガログ 語 タイ 語 ) ホームページで 提

(4) 財 団 法 人 自 治 体 国 際 化 協 会 在 住 外 国 人 のための 住 宅 に 関 する 情 報 を 多 言 語 で 提 供 しています( 英 語 中 国 語 韓 国 語 ポルトガル 語 スペイン 語 ベトナム 語 インドネシア 語 タガログ 語 タイ 語 ) ホームページで 提 第 3 章 外 国 人 の 住 まいに 関 する 情 報 提 供 事 例 等 1. 各 団 体 における 情 報 提 供 事 例 等 (1) 埼 玉 県 ( 彩 の 国 外 国 人 住 居 アドバイザー 制 度 ) 不 動 産 業 者 団 体 からの 推 薦 で 埼 玉 県 及 び( 財 ) 埼 玉 県 国 際 交 流 協 会 から 委 嘱 された 住 居 アドバイザーが ボランティアで 住 まいについて

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 平 成 28 年 熊 本 地 震 自 衛 隊 の 活 動 隊 員 約 26,000 名 春 日 基 地 4 月 25 日 ( 月 ) 即 応 予 備 自 衛 官 活 動 中 派 遣 隊 員 のご 家 族 に 対 する 説 明 会 洗 濯 支 援 ( 福 岡 駐 屯 地 ) 福 岡 小 倉 飯 塚 小 郡 久 留 米 駐 屯 地 給 油 給 食 宿 泊 支 援 第 4 師 団 一 部 ( 福 岡 )

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 海 外 旅 行 調 査 2014 Market Survey Of Overseas Travel ~2013 年 海 外 旅 行 者 の 選 択 プロセス 評 価 と 今 後 の 意 向 ~ 目 次 序 章 本 報 告 書 の 概 要 5 1. 調 査 概 要 6 2. 回 答 者 プロフィール 7 参 考 2013 年 の 海 外 渡 航 状 況 11 1. 調 査 概 要 12 2.2013

More information

事 業 報 告 目 次 1. 組 織 に 関 する 事 項 1 (1) 会 員 1 (2) 組 織 の 充 実 強 化 1 2. 実 施 した 事 業 2 (1) 競 技 会 の 開 催 参 加 2 1) 国 内 大 会 2 2) 国 際 大 会 3 (2) 指 導 者 の 育 成 と 競 技 力

事 業 報 告 目 次 1. 組 織 に 関 する 事 項 1 (1) 会 員 1 (2) 組 織 の 充 実 強 化 1 2. 実 施 した 事 業 2 (1) 競 技 会 の 開 催 参 加 2 1) 国 内 大 会 2 2) 国 際 大 会 3 (2) 指 導 者 の 育 成 と 競 技 力 平 成 2 4 年 度 事 業 報 告 書 自 至 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 3 月 31 日 公 益 財 団 法 人 全 日 本 空 手 道 連 盟 事 業 報 告 目 次 1. 組 織 に 関 する 事 項 1 (1) 会 員 1 (2) 組 織 の 充 実 強 化 1 2. 実 施 した 事 業 2 (1) 競 技 会 の 開 催 参 加 2 1) 国 内 大 会 2

More information

中 国 単 月 として 過 去 最 高 の 462,300 人 が 訪 日 6 月 の 訪 日 中 国 人 数 は 462,300 人 となり 前 年 同 月 173,046 人 に 比 べ 167.2% 増 加 し 単 月 と して 過 去 最 高 を 記 録 した 2013 年 9 月 以 降

中 国 単 月 として 過 去 最 高 の 462,300 人 が 訪 日 6 月 の 訪 日 中 国 人 数 は 462,300 人 となり 前 年 同 月 173,046 人 に 比 べ 167.2% 増 加 し 単 月 と して 過 去 最 高 を 記 録 した 2013 年 9 月 以 降 韓 国 円 安 基 調 の 継 続 先 月 の 流 れから 引 き 続 き 円 安 基 調 で 推 移 最 安 値 が 6 月 3 日 の 100W=11.22 円 (100 円 =891.18W) 最 高 値 が 6 月 28 日 の 100W=10.76 円 (100 円 =929.61W) 為 替 の 面 から 見 れば 訪 日 旅 行 が 割 安 と 捉 えられる 情 況 が 続 いている

More information

提案説明

提案説明 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 市 長 提 案 説 明 [ 2 8. 2. 12( 金 ) AM10:00] 本 日 こ こ に 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 を 招 集 い た し ま し た と こ ろ 議 員 の 皆 様 方 に は お そ ろ い で ご 出 席 を い た だ き 厚 く 御 礼 を 申 し あ げ ま す さ て

More information

ryakugo.xls

ryakugo.xls 戦 後 の 判 例 集 略 語 戦 後 の 判 例 集 名 ( 一 審 刑 )( 一 審 刑 集 )( 第 一 審 刑 集 ) 第 一 審 刑 事 裁 判 例 集 ( 下 刑 )( 下 刑 集 )( 下 級 刑 集 ) 下 級 裁 判 所 刑 事 裁 判 例 集 ( 法 曹 会 ) ( 下 民 )( 下 民 集 )( 下 級 民 集 ) 下 級 裁 判 所 民 事 裁 判 例 集 ( 法 曹 会 )

More information

JCER 世 界 50ヶ 国 潜 在 力 調 査 2006 年 ( 要 約 ) 別 紙 1-1 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 セ ン タ ー Japan Center for Economic Research 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 12 位 に 浮

JCER 世 界 50ヶ 国 潜 在 力 調 査 2006 年 ( 要 約 ) 別 紙 1-1 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 セ ン タ ー Japan Center for Economic Research 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 12 位 に 浮 都 市 力 について 考 えましょう H20.3.21 春 夏 秋 冬 本 音 クラブ 話 題 提 供 者 安 達 司 郎 あなたは 今 の 日 本 を 東 京 をどんな 街 にしたいですか 都 市 力 とは 将 来 に 向 かっての 都 市 の 競 争 力 や 社 会 資 本 の 充 実 度 その 都 市 の 多 様 な 魅 力 の 総 合 力 と 仮 定 します 1. 今 日 の 議 論 のポイント

More information