資料 H-ⅡAロケット26号機の打上げに係る飛行安全計画

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "資料10-1-2 H-ⅡAロケット26号機の打上げに係る飛行安全計画"

Transcription

1 資 料 H-ⅡAロケット26 号 機 の 打 上 げに 係 る 飛 行 安 全 計 画 平 成 26 年 8 月 独 立 行 政 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 説 明 者 宇 宙 輸 送 ミッション 本 部 宇 宙 輸 送 安 全 計 画 室 室 長 加 納 康 臣

2 まえがき 本 計 画 は 人 工 衛 星 等 打 上 げ 基 準 第 4 条 に 基 づき 打 上 げに 係 る 安 全 計 画 について 定 める ものであり 同 第 3 条 に 従 い 宇 宙 開 発 利 用 部 会 の 調 査 審 議 を 受 けるものである 26 号 機 は 三 菱 重 工 業 株 式 会 社 ( 以 下 MHI という )が 打 上 事 業 者 としてロケット 打 上 げを 執 行 し 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 JAXA という )は 打 上 安 全 監 理 に 係 る 業 務 を 行 う また MHIは 飛 行 安 全 解 析 を 実 施 して 飛 行 安 全 適 合 性 報 告 書 等 をJAXAに 提 出 し JA XAが 評 価 確 認 を 行 う JAXAは 確 認 結 果 に 基 づき 飛 行 安 全 計 画 書 を 制 定 し 飛 行 安 全 運 用 を 実 施 する i

3 目 次 1. 全 般 飛 行 安 全 の 目 的 飛 行 安 全 の 実 施 範 囲 関 連 法 規 等 法 令 宇 宙 開 発 利 用 部 会 基 準 独 立 行 政 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 規 程 飛 行 経 路 の 安 全 性 飛 行 経 路 落 下 予 想 区 域 と 海 上 警 戒 区 域 及 び 陸 上 警 戒 区 域 落 下 予 測 点 軌 跡 地 上 局 との 電 波 リンク 軌 道 上 のロケット 機 体 等 の 処 置 飛 行 安 全 管 制 飛 行 安 全 システム システムの 概 要 飛 行 安 全 情 報 の 流 れ ロケットの 飛 行 を 中 断 すべき 条 件 落 下 限 界 線 の 設 定 種 子 島 周 辺 の 落 下 限 界 線 種 子 島 周 辺 以 外 の 落 下 限 界 線 航 空 機 及 び 船 舶 に 対 する 通 報 航 空 機 に 対 する 通 報 船 舶 に 対 する 通 報 飛 行 安 全 組 織 及 び 業 務 安 全 教 育 訓 練 安 全 教 育 飛 行 安 全 管 制 訓 練 飛 行 中 断 時 の 情 報 連 絡 訓 練 ロケット 飛 行 中 断 後 の 対 策 及 び 措 置 射 点 近 傍 での 飛 行 中 断 射 点 近 傍 以 外 での 飛 行 中 断 ii

4 図 表 目 次 表 1 H-ⅡAロケット26 号 機 の 飛 行 計 画 概 要... 5 図 1 H-IIA26 号 機 の 飛 行 経 路 概 要 ( 機 体 現 在 位 置 )... 6 図 2 投 棄 物 の 落 下 予 想 区 域... 7 図 3 落 下 予 想 区 域 と 航 空 路... 8 図 4 海 上 警 戒 区 域... 9 ( 注 ) 図 5 ロケットの 落 下 予 測 点 軌 跡 と3σ 分 散 範 囲 図 6 飛 行 安 全 システム 概 念 図 図 7 射 点 周 辺 の 落 下 限 界 線 図 8 MHI 打 上 げ 執 行 体 制 図 9 JAXA 打 上 安 全 監 理 体 制 図 10 飛 行 安 全 関 連 組 織 図 11 現 地 事 故 対 策 本 部 の 構 成 図 12 安 全 に 関 わる 重 大 な 事 故 発 生 時 の 事 故 対 策 本 部 の 構 成 iii

5 1. 全 般 JAXAは H-ⅡAロケット26 号 機 の 打 上 げに 係 る 業 務 を 行 うに 当 たって 飛 行 安 全 確 保 業 務 を 行 うものとする 本 計 画 書 は H-ⅡAロケット26 号 機 打 上 げに 係 る 飛 行 安 全 計 画 を 定 め たものである 1.1 飛 行 安 全 の 目 的 飛 行 安 全 は 地 上 より 打 上 げられたロケットの 燃 え 殻 投 棄 物 故 障 した 機 体 もしくは その 破 片 等 が 落 下 する 際 落 下 点 または 落 下 途 中 において 人 命 または 財 産 に 対 し 被 害 を 与 え る 可 能 性 を 最 小 限 にとどめ 公 共 の 安 全 を 確 保 することを 目 的 とする 1.2 飛 行 安 全 の 実 施 範 囲 上 記 の 目 的 を 達 成 するために ロケットの 打 上 げに 際 して 実 施 すべき 飛 行 安 全 の 作 業 範 疇 は 以 下 の 通 りである (1) 設 定 されたロケットの 飛 行 経 路 が 上 記 目 的 に 照 らして 適 当 であることを 確 認 す ること (2) ロケットの 打 上 げ 時 に 飛 行 安 全 管 制 を 実 施 すること すなわち リフトオフより 地 球 周 回 軌 道 投 入 直 前 の 南 米 海 岸 到 達 時 まで ロケットが 設 定 された 飛 行 経 路 に 沿 って 飛 行 しているか 否 かを 判 定 し その 経 路 を 外 れて 落 下 予 測 域 ( 注 ) が 地 表 に 危 害 を 与 えるおそれが 生 じた 場 合 は 災 害 を 最 小 限 に 抑 えるための 措 置 を 講 じるこ と また このために 必 要 な 準 備 作 業 を 行 うこと (3) ロケットの 燃 え 殻 及 び 投 棄 物 の 落 下 予 想 区 域 に 関 連 し 必 要 に 応 じて 国 内 外 に 事 前 通 報 を 行 うこと ( 注 ) ロケットの 落 下 予 測 域 とは ロケットの 飛 行 を 中 断 した 場 合 に 落 下 物 の 衝 突 飛 行 中 の 爆 発 に 伴 う 爆 風 固 体 推 進 薬 破 片 の 地 上 落 下 時 の 二 次 爆 発 及 び 二 次 破 片 の 飛 散 並 びに 搭 載 推 進 薬 の 流 出 及 び 拡 散 等 により 危 害 が 及 ぶおそれのある 範 囲 1

6 1.3 関 連 法 規 等 法 令 国 内 法 令 等 には 飛 行 安 全 という 用 語 はなく また 特 にその 内 容 を 直 接 規 定 する 条 文 はない 航 空 機 及 び 船 舶 に 対 する 通 報 に 関 しては 航 空 法 及 び 海 上 保 安 庁 法 に 基 づ き 実 施 する 国 際 的 には 宇 宙 物 体 により 引 き 起 こされる 損 害 についての 国 際 的 責 任 に 関 する 条 約 があり ロケット 打 上 げ 国 の 損 害 賠 償 に 関 する 義 務 が 明 文 化 されている 日 本 は 本 条 約 に1983 年 6 月 に 加 入 した 上 記 の 飛 行 安 全 の 目 的 及 び 実 施 範 囲 は 本 条 約 の 主 旨 に 沿 っている 宇 宙 開 発 利 用 部 会 基 準 (1) ロケットによる 人 工 衛 星 等 の 打 上 げに 係 る 安 全 対 策 の 評 価 基 準 独 立 行 政 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 規 程 (1) 安 全 管 理 規 程 ( 規 程 第 号 ) (2) 人 工 衛 星 等 打 上 げ 基 準 ( 規 程 第 号 ) ( 平 成 25 年 12 月 24 日 宇 宙 開 発 利 用 部 会 ) 2

7 2. 飛 行 経 路 の 安 全 性 2.1 飛 行 経 路 ロケットの 飛 行 計 画 を 表 1に 飛 行 経 路 を 図 1に 示 す 2.2 落 下 予 想 区 域 と 海 上 警 戒 区 域 及 び 陸 上 警 戒 区 域 ロケットが 正 常 に 飛 行 した 場 合 の 落 下 物 としては 2 本 の 固 体 ロケットブースタ 衛 星 フ ェアリング 及 び 第 1 段 機 体 がある 図 2にこれらの 落 下 予 想 区 域 を 示 す また これらの 落 下 予 想 区 域 を 航 空 路 図 の 上 に 示 すと 図 3のとおりである 固 体 ロケットブースタ 衛 星 フェ アリング 及 び 第 1 段 機 体 の 落 下 予 想 区 域 については 航 空 機 の 安 全 航 行 のため 第 4 章 に 記 す 通 報 の 手 続 きを 確 実 に 行 い 安 全 を 確 保 する また 打 上 げ 直 後 の 飛 行 中 断 に 伴 う 破 片 の 落 下 分 散 を 解 析 し ロケットの 落 下 破 片 が 船 舶 に 当 たるおそれのある 海 域 を 図 4のように 海 上 警 戒 区 域 として 射 点 を 含 む 周 辺 の 陸 地 にお いて 破 片 抗 力 落 下 予 測 域 を 収 めることができる 適 切 な 範 囲 を 陸 上 警 戒 区 域 として 設 定 する なお 落 下 予 想 区 域 及 び 両 警 戒 区 域 について 第 4 章 に 記 す 方 法 によって 航 空 機 及 び 船 舶 に 対 し 周 知 を 図 る 2.3 落 下 予 測 点 軌 跡 ロケットの 落 下 予 測 点 軌 跡 及 び3σ 分 散 範 囲 を 図 5に 示 す 3σ 分 散 飛 行 経 路 を 飛 行 中 の ロケットが 推 力 を 停 止 したと 想 定 した 場 合 の 落 下 域 は 人 口 稠 密 地 域 から 可 能 な 限 り 離 れて 通 過 するよう 飛 行 経 路 が 設 定 されている また 万 一 ロケットが 異 常 を 生 じた 場 合 に 災 害 を 最 小 にとどめられるように 飛 行 安 全 管 制 を 実 施 する その 方 法 については 第 3 章 に 述 べる 2.4 地 上 局 との 電 波 リンク H-ⅡAロケット26 号 機 の 打 上 げでは 打 上 げから 第 2 段 ロケット 軌 道 投 入 直 前 まで 飛 行 安 全 管 制 を 実 施 するため その 期 間 の 電 波 リンク 確 保 に 必 要 な 追 尾 局 (レーダ テレメータ) 及 びコマンド 局 を 使 用 する 3

8 2.5 軌 道 上 のロケット 機 体 等 の 処 置 ミッション 終 了 後 のロケット 第 2 段 機 体 が 残 留 燃 料 等 のため 軌 道 上 で 破 壊 爆 発 等 に 至 っ た 場 合 大 量 の 宇 宙 デブリ 破 片 の 発 生 が 想 定 される また 衛 星 分 離 機 構 を 作 動 させる 際 軌 道 上 に 火 工 品 の 破 片 等 が 放 出 される 可 能 性 がある H-ⅡAロケットではこれらを 防 止 す る 処 置 として 以 下 を 考 慮 している (1) 第 2 段 機 体 の 地 球 周 回 軌 道 投 入 後 保 安 用 コマンド 受 信 装 置 の 電 源 遮 断 を 行 い 飛 行 中 断 用 火 工 品 の 誤 作 動 を 防 止 する なお 火 工 品 は 太 陽 輻 射 加 熱 によって 誤 爆 しない 設 計 となっている (2) 第 2 段 機 体 が 推 薬 タンクの 内 圧 上 昇 により 破 壊 することを 防 止 する 目 的 でミッシ ョン 終 了 後 に 残 留 推 進 薬 の 排 出 を 行 う また 排 出 が 完 了 しなかった 場 合 にも 推 薬 タンクは 内 圧 上 昇 に 対 する 安 全 弁 または 吹 出 し 弁 を 備 えているので 破 壊 する ことはない (3) ミッション 終 了 後 常 温 ヘリウム 気 蓄 器 内 の 残 留 ガスは 機 械 式 調 圧 弁 よりリーク する 極 低 温 ヘリウム 気 蓄 器 内 の 残 留 ガスについては 安 全 弁 を 有 する 液 体 酸 素 タ ンク 内 に 排 出 するとともに 極 低 温 ヘリウム 気 蓄 器 自 身 も 機 械 式 の 安 全 弁 を 有 し ている (4) 第 2 段 に 搭 載 されている 電 池 については 内 部 圧 力 上 昇 により 破 壊 することを 防 止 する 目 的 で 内 部 圧 力 が 規 定 以 上 に 上 昇 した 場 合 には ベントできる 機 能 を 有 している (5) 衛 星 分 離 機 構 はマルマンバンド 方 式 であり 作 動 時 に 破 片 等 を 放 出 しないよう 配 慮 した 方 式 を 採 用 している 4

9 表 1 H-ⅡAロケット26 号 機 の 飛 行 計 画 概 要 事 象 打 上 後 経 過 時 間 距 離 高 度 慣 性 速 度 時 分 秒 km km km/s (1) リフトオフ (2) * 固 体 ロケットブースタ 燃 焼 終 了 (3) ** 固 体 ロケットブースタ 分 離 (4) 衛 星 フェアリング 分 離 (5) 第 1 段 主 エンジン 燃 焼 停 止 (MECO) (6) 第 1 段 第 2 段 分 離 (7) 第 2 段 エンジン 第 1 回 始 動 (SEIG1) (8) 第 2 段 エンジン 第 1 回 燃 焼 停 止 (SECO1) (9) 第 2 段 エンジン 第 2 回 始 動 (SEIG2) (10) 第 2 段 エンジン 第 2 回 燃 焼 停 止 (SECO2) (11) はやぶさ2 分 離 (12) しんえん2 分 離 (13) ARTSAT2-DETHPACH 分 離 (14) PROCYON 分 離 *) 燃 焼 室 圧 最 大 値 の2% 時 点 **) スラスト ストラット 切 断 ***) は 飛 行 安 全 管 制 区 間 飛 行 安 全 管 制 終 了 時 刻 は666 秒 5

10 図 1 H-IIA26 号 機 の 飛 行 経 路 概 要 ( 機 体 現 在 位 置 ) 6

11 図 2 投 棄 物 の 落 下 予 想 区 域 7

12 図 3 落 下 予 想 区 域 と 航 空 路 8

13 図 4 海 上 警 戒 区 域 9

14 ( 注 ) 図 5 ロケットの 落 下 予 測 点 軌 跡 と3σ 分 散 範 囲 ( 注 ) 落 下 予 測 点 :ある 時 点 でロケットの 飛 行 を 中 断 した 場 合 の ロケットの 落 下 予 測 点 10

15 3. 飛 行 安 全 管 制 3.1 飛 行 安 全 システム システムの 概 要 飛 行 安 全 システムの 概 念 図 を 図 6に 示 す 飛 行 安 全 情 報 の 流 れ 地 上 システムによる 飛 行 安 全 情 報 等 の 流 れは 以 下 の 通 りである 飛 行 安 全 管 制 に 使 用 する 設 備 等 は 種 子 島 宇 宙 センター 等 に 設 置 されている 飛 行 安 全 管 制 には レーダ 情 報 及 びテレメータ 情 報 を 用 いる これらの 情 報 を 飛 行 安 全 計 算 機 により 処 理 して 得 られるロケットの 経 路 情 報 及 びエンジン 燃 焼 圧 ロケット 姿 勢 等 のテレメータ 情 報 を 監 視 画 面 に 表 示 する また 射 点 近 傍 では あわせてITV 及 び 光 学 設 備 による 画 像 を 飛 行 安 全 管 制 に 用 いる 飛 行 中 断 の 処 置 が 必 要 な 場 合 は 飛 行 安 全 室 長 の 指 揮 のもと コマンド 局 から 飛 行 中 断 指 令 を 送 信 する ( 注 ) 飛 行 中 断 指 令 を 受 信 する 保 安 用 コマンド 受 信 装 置 は 第 2 段 にのみ 搭 載 されている そのため 第 1 段 固 体 ロケットブースタは 予 定 より 早 期 に 分 離 する 不 具 合 に 対 処 するために 自 動 破 壊 機 能 を 備 えている ロケットの 飛 行 を 中 断 すべき 条 件 次 のいずれかの 場 合 に 該 当 する 時 は 安 全 を 確 保 するためロケットに 装 備 した 装 置 を 作 動 させることにより ロケットの 推 力 飛 行 を 中 断 する (1) ロケットの 落 下 予 測 域 が 落 下 限 界 線 と 接 触 するとき ただし 正 常 飛 行 範 囲 を 飛 行 するロケットの 落 下 予 測 域 が 落 下 限 界 線 を 通 過 する 場 合 には その 直 前 までの 飛 行 状 況 を 十 分 監 視 して 正 常 であることを 条 件 として 飛 行 中 断 条 件 の 適 用 を 見 合 わせる (2) ロケットの 落 下 予 測 域 の 監 視 が 不 可 能 となり ロケットの 落 下 予 測 域 が 落 下 限 界 線 と 接 触 するおそれがあると 判 断 されるとき (3) ロケットの 飛 行 中 断 機 能 が 喪 失 する 可 能 性 が 生 じ かつ ロケットの 落 下 予 測 域 が 落 下 限 界 線 と 接 触 するおそれがあると 判 断 されるとき (4) その 他 ロケットの 飛 行 続 行 により 安 全 確 保 上 支 障 が 生 じるおそれがあると 判 断 されるとき ( 注 )ロケットの 落 下 予 測 域 とは ロケットの 飛 行 を 中 断 した 場 合 に 落 下 物 の 衝 突 飛 行 中 の 爆 発 に 伴 う 爆 風 固 体 推 進 薬 破 片 の 地 上 落 下 時 の 二 次 爆 発 及 び 二 次 破 片 の 飛 散 並 びに 搭 載 推 進 薬 の 流 出 及 び 拡 散 等 により 危 害 が 及 ぶおそれのある 範 囲 11

16 3.2 落 下 限 界 線 の 設 定 ロケットの 推 力 飛 行 を 中 断 した 場 合 の 落 下 破 片 飛 行 中 の 爆 発 に 伴 う 爆 風 固 体 推 進 薬 破 片 の 地 上 落 下 時 の 二 次 爆 発 の 爆 風 及 び 二 次 破 片 の 飛 散 並 びに 搭 載 推 進 薬 の 流 出 及 び 拡 散 に よる 被 害 を 防 止 することを 目 的 として 以 下 に 定 める 落 下 限 界 線 を 設 定 する 種 子 島 周 辺 の 落 下 限 界 線 種 子 島 周 辺 の 落 下 限 界 線 は 以 下 のように 設 定 する ( 詳 細 は 図 7を 参 照 ) (1) 射 点 周 辺 の 落 下 限 界 線 は 陸 上 警 戒 区 域 とその 区 域 外 との 境 界 線 とする また 竹 崎 地 区 以 南 については 種 子 島 宇 宙 センター 管 理 棟 の 東 側 と 観 望 台 の 東 側 を 結 ぶ 線 を 落 下 限 界 線 とする (2) 広 田 集 落 より 北 の 海 岸 線 については 海 岸 線 から3kmの 点 を 結 んだ 線 を 落 下 限 界 線 とする 種 子 島 周 辺 以 外 の 落 下 限 界 線 種 子 島 周 辺 以 外 の 落 下 限 界 線 は 以 下 のように 設 定 する (1) 原 則 として 陸 地 の 海 岸 線 から30kmの 線 を 落 下 限 界 線 とする (2) 飛 行 経 路 のクロスレンジ 方 向 に 陸 地 がない 場 合 には 飛 行 安 全 管 制 の 運 用 を 考 慮 して(1)において 設 定 した 落 下 限 界 線 を 飛 行 経 路 に 沿 ってつなぐこととし つないだ 線 についても 落 下 限 界 線 とする (3) 正 常 飛 行 時 のロケットの 落 下 予 測 域 が 陸 地 を 長 秒 時 にわたって 通 過 する 場 合 に は 当 該 の 陸 地 の 人 口 稠 密 な 地 域 の 手 前 に 落 下 限 界 線 を 設 定 する 12

17 IMU GCC 搭 載 機 器 系 テ レ メ ー タ 送 信 機 レ ー ダ ト ラ ン ス ポ ン ダ データ 取 得 系 ITV(スカイ スクリーン 情 報 含 む) 光 学 レーダ テレメータ 伝 送 系 処 理 系 計 算 機 通 信 制 御 装 置 飛 行 安 全 管 制 ソフトウェア 表 示 系 表 示 盤 音 声 ITV 液 晶 ディ スプレイ 飛 行 中 断 基 準 落 下 限 界 線 その 他 飛 行 中 断 条 件 飛 行 中 断 機 構 飛 行 中 断 指 令 送 信 系 コマンド 送 信 局 異 常 時 コマンド 送 信 判 断 飛 行 安 全 管 制 卓 正 常 時 監 視 継 続 IMU : 慣 性 センサユニット GCC : 誘 導 制 御 計 算 機 ITV : 産 業 用 テレビ 図 6 飛 行 安 全 システム 概 念 図 13

18 図 7 射 点 周 辺 の 落 下 限 界 線 14

19 4. 航 空 機 及 び 船 舶 に 対 する 通 報 航 空 機 及 び 船 舶 に 対 する 安 全 のための 通 報 に 関 して JAXAが 措 置 すべき 事 項 は 次 のとおり である 4.1 航 空 機 に 対 する 通 報 JAXAは 航 空 法 第 99 条 の2 及 びこれに 関 連 する 規 程 に 基 づき ロケット 打 上 げ 実 施 の 判 断 を 事 前 に 国 土 交 通 大 臣 に 通 報 するとともに 打 上 げ 直 前 までの 打 上 げ 時 刻 の 変 更 等 につ いて 情 報 を 通 報 する 通 報 先 は 航 空 情 報 センター 大 阪 航 空 局 鹿 児 島 空 港 事 務 所 及 び 種 子 島 空 港 出 張 所 航 空 交 通 管 理 センター 並 びに 東 京 福 岡 及 び 那 覇 の 各 航 空 交 通 管 制 部 である 4.2 船 舶 に 対 する 通 報 海 上 保 安 庁 法 第 5 条 第 20 号 及 びこれに 関 連 する 規 定 に 基 づき 海 上 保 安 庁 は 船 舶 交 通 の 安 全 のために 必 要 な 事 項 の 通 報 に 関 することを 掌 握 する JAXAはこれに 従 いロケットの 打 上 げを 行 うに 際 して 打 上 げを 行 う 旨 事 前 に 海 上 保 安 庁 に 通 報 し 船 舶 への 周 知 を 依 頼 する また JAXAはロケット 打 上 げ 事 項 に 変 更 があった 場 合 速 やかに 海 上 保 安 庁 に 通 報 する 15

20 5. 飛 行 安 全 組 織 及 び 業 務 打 上 げ 作 業 の 実 施 に 当 たっては MHIが 打 上 輸 送 サービスとして 打 上 げ 執 行 責 任 者 の 下 で 打 上 げ 執 行 作 業 の 実 施 を 行 う( 図 8) JAXAの 打 上 安 全 監 理 組 織 は 打 上 げの 安 全 を 統 括 する 打 上 安 全 監 理 責 任 者 の 下 に 飛 行 安 全 管 制 に 関 連 する 責 任 者 として 飛 行 安 全 室 長 等 ( 図 9)がおかれる 飛 行 安 全 管 制 に 直 接 関 係 する 飛 行 安 全 室 及 び 射 場 技 術 開 発 室 については 業 務 内 容 も 示 す( 図 10) また 打 上 安 全 監 理 責 任 者 の 下 打 上 管 制 安 全 評 価 室 長 を 置 き 射 場 整 備 作 業 に 係 るシス テム 安 全 評 価 を 行 う 6. 安 全 教 育 訓 練 打 上 げに 先 立 つ 期 間 には 故 障 の 発 生 を 想 定 した 訓 練 等 飛 行 安 全 の 確 保 に 必 要 な 安 全 教 育 を 実 施 する 6.1 安 全 教 育 ロケット 打 上 げに 係 る 飛 行 安 全 管 制 業 務 を 円 滑 且 つ 確 実 に 実 施 するため JAXA 及 び 契 約 会 社 の 飛 行 安 全 系 担 当 を 対 象 として 業 務 の 実 施 に 必 要 な 飛 行 安 全 知 識 運 用 手 順 飛 行 中 断 時 の 処 置 手 順 等 について 飛 行 安 全 系 実 施 計 画 書 及 び 飛 行 安 全 系 作 業 手 順 書 等 をテキストとして 安 全 教 育 を 実 施 する 6.2 飛 行 安 全 管 制 訓 練 飛 行 安 全 室 長 管 制 リーダ 及 び 飛 行 安 全 系 担 当 が ロケットの 飛 行 安 全 管 制 中 に 発 生 しう る 種 々の 異 常 事 態 に 際 して 適 切 且 つ 迅 速 な 報 告 判 断 が 行 えるよう 以 下 に 示 す 内 容 の 飛 行 安 全 管 制 訓 練 を 実 施 する (1) 正 常 飛 行 ケース 及 び 判 断 の 容 易 な 異 常 ケースに 対 する 対 応 訓 練 (2) 地 上 設 備 系 異 常 又 はロケット 系 異 常 ケースに 対 する 対 応 訓 練 (3) 地 上 設 備 系 及 びロケット 系 双 方 異 常 ケースに 対 する 対 応 訓 練 (4) 過 去 の 実 機 データを 用 いた 訓 練 6.3 飛 行 中 断 時 の 情 報 連 絡 訓 練 飛 行 中 のロケットに 異 常 が 発 生 し 飛 行 中 断 措 置 を 実 施 した 場 合 のロケット 等 落 下 物 の 落 下 予 想 区 域 等 の 情 報 連 絡 が 迅 速 に 行 えるよう 速 報 訓 練 を 実 施 する 7. ロケット 飛 行 中 断 後 の 対 策 及 び 措 置 打 上 げ 後 飛 行 中 断 等 によりロケットが 地 表 に 落 下 した 場 合 には あらかじめ 定 められた 規 程 (1.3.3 項 (1))に 従 って 被 害 状 況 の 把 握 に 努 め 必 要 な 措 置 を 講 じる 16

21 7.1 射 点 近 傍 での 飛 行 中 断 ロケットが 打 上 げ 直 後 に 地 表 に 落 下 した 場 合 には 打 上 安 全 監 理 責 任 者 は 警 戒 体 制 を 宣 言 し 直 ちに 放 送 電 話 等 により 射 場 内 外 に 周 知 徹 底 を 図 る 事 故 及 び 災 害 の 状 況 に 応 じ 現 地 事 故 対 策 本 部 ( 図 11) 事 故 対 策 本 部 ( 図 12)を 設 置 し 必 要 な 措 置 を 講 じる 7.2 射 点 近 傍 以 外 での 飛 行 中 断 ロケットがダウンレンジで 地 表 に 落 下 した 場 合 には 事 故 及 び 災 害 の 状 況 に 応 じ 本 社 に 事 故 対 策 本 部 を 設 置 し 外 部 関 係 機 関 との 連 絡 等 必 要 な 措 置 を 講 じる ロケット 飛 散 物 の 範 囲 が 国 内 の 場 合 は 関 係 省 庁 及 び 地 方 公 共 団 体 等 外 部 関 係 機 関 に 緊 急 通 報 するとと もに 被 害 状 況 の 把 握 に 努 める また 外 部 関 係 機 関 からの 要 請 に 応 じて 救 援 等 災 害 対 策 に 必 要 な 情 報 の 提 供 職 員 派 遣 等 所 要 の 協 力 を 行 う ロケット 飛 散 物 の 範 囲 が 公 海 また は 外 国 及 びその 周 辺 に 及 ぶ 場 合 には 関 係 省 庁 に 通 報 し 主 務 官 庁 に 対 して 外 務 省 及 び 国 際 連 合 への 通 報 を 依 頼 するとともに 被 害 状 況 の 把 握 に 努 める また 国 際 連 合 または 外 国 政 府 からの 要 請 に 応 じて 救 援 等 災 害 対 策 に 必 要 な 情 報 の 提 供 職 員 の 派 遣 等 所 要 の 協 力 を 行 う 17

22 打 上 げ 執 行 責 任 者 打 上 げ 執 行 責 任 者 付 ミ ッ シ ョ ン マ ネー ジ ャ 三 菱 打 上 げ サ ービ ス 射 場 チ ー ム 長 ( 統 括 安 全 衛 生 責 任 者 ) 法 定 保 安 責 任 者 システム 安 全 評 価 担 当 副 長 (ロケット 設 備 ) 副 長 ( 打 上 げ 運 営 ) 管 理 グループ 長 ( 注 1) ( 安 全 衛 生 担 当 者 ) ( 注 1) 安 全 に 関 しては 統 括 安 全 衛 生 責 任 者 と 安 全 衛 生 担 当 者 との 間 で 直 接 指 示 報 告 を 行 う 図 8 MHI 打 上 げ 執 行 体 制 18

23 19 図 9 JAXA 打 上 安 全 監 理 体 制 鹿 児 島 宇 宙 セ ン ター 打 上 管 制 安 全 評 価 室 長 鹿 児 島 宇 宙 センター 射 場 技 術 開 発 室 長 ( 企 画 管 理 射 場 管 制 ) 鹿 児 島 宇 宙 センター 飛 行 安 全 室 長 ( 飛 行 安 全 ) 鹿 児 島 宇 宙 センター 射 場 安 全 課 長 ( 保 安 ) ( 打 上 安 全 監 理 責 任 者 ) 法 定 保 安 責 任 者 鹿 児 島 宇 宙 セ ン タ ー 所 長 ( シ ス テ ム 安 全 評 価 )

24 打 上 安 全 監 理 責 任 者 打 上 安 全 監 理 業 務 の 総 括 指 揮 MHI( 打 上 げ 執 行 責 任 者 )から 打 上 げ 準 備 作 業 完 了 の 報 告 を 受 け 安 全 確 保 の 観 点 からの 打 上 げ 執 行 可 否 判 断 を 行 う 打 上 管 制 安 全 評 価 室 長 射 場 整 備 作 業 に 係 るシステム 安 全 評 価 を 行 い 打 上 安 全 監 理 責 任 者 に 必 要 な 勧 告 及 び 助 言 を 行 う 飛 行 安 全 室 長 飛 行 安 全 解 析 及 び 飛 行 安 全 管 制 並 びにこれらに 必 要 な 施 設 設 備 の 運 用 に 関 する 業 務 を 統 括 する 飛 行 安 全 系 担 当 の 状 況 を 把 握 し 指 揮 する 飛 行 安 全 措 置 を 実 行 する 管 制 リーダー 飛 行 安 全 室 長 を 補 佐 する 経 路 系 を 監 視 する テレメータ 担 当 推 進 系 姿 勢 制 御 系 テレメータデータを 監 視 する スカイスクリーン 担 当 ITVによりリフトオフ 直 後 のロケットを 監 視 する 計 算 担 当 飛 行 安 全 計 算 機 を 運 用 するとともに 飛 行 安 全 計 算 結 果 を 整 理 する 解 析 担 当 飛 行 安 全 解 析 作 業 を 実 施 する ( 注 1) コマンド 担 当 追 尾 運 用 状 態 を 監 視 し コマンド 送 信 局 を 選 択 する 射 場 技 術 開 発 室 長 射 場 管 制 及 び 飛 行 データ 取 得 業 務 並 びにこれらに 必 要 な 施 設 設 備 の 整 備 および 運 用 に 関 する 業 務 を 統 括 する ( 注 1) 飛 行 安 全 管 制 作 業 については 飛 行 安 全 室 長 と 各 担 当 の 間 で 直 接 指 示 報 告 を 行 う 図 10 飛 行 安 全 関 連 組 織 20

25 救 護 班 安 全 防 護 班 本 部 長 ( 理 事 / 宇 宙 輸 送 ミッション 本 部 長 ) 副 本 部 長 ( 打 上 安 全 監 理 責 任 者 ) ( 鹿 児 島 宇 宙 センター 所 長 ) 避 難 誘 導 班 通 報 連 絡 班 非 常 持 出 班 初 期 消 火 班 非 常 持 出 班 本 部 長 付 ( 射 場 安 全 課 長 を 含 む) ( 若 干 名 ) 事 故 調 査 班 広 報 班 防 火 管 理 者 輸 送 班 管 理 班 MHI 現 地 事 故 対 策 本 部 各 関 連 メ ー カ ( 注 1) 救 護 班 安 全 防 護 班 避 難 誘 導 班 初 期 消 火 班 及 び 通 報 連 絡 班 は 自 衛 消 防 隊 の 編 成 で 構 成 する ( 注 2) MHI 現 地 事 故 対 策 本 部 の 体 制 は MHI 安 全 管 理 計 画 書 に 規 定 される ( 注 3) 各 関 連 メーカは 緊 急 時 の 体 制 を 明 確 にし 事 前 にJAXAに 届 出 を 行 う ( 注 4) 現 地 事 故 対 策 本 部 長 が 必 要 と 認 めた 場 合 は 適 宜 組 織 及 び 業 務 分 担 を 改 編 する 図 11 現 地 事 故 対 策 本 部 の 構 成 21

26 JAXA 事 故 対 策 本 部 本 部 長 ( 理 事 長 奥 村 直 樹 ) 総 括 責 任 者 ( 兼 本 部 長 代 理 ) 本 部 長 付 協 力 MHI 事 故 対 策 本 部 本 部 長 ( 三 菱 重 工 業 ( 株 ) 防 衛 宇 宙 ドメイン 長 水 谷 久 和 ) 現 地 事 故 対 策 本 部 原 因 究 明 チーム 対 外 対 応 チーム ( 注 1) 安 全 確 保 に 関 わる 組 織 を 実 線 で 示 す 図 12 安 全 に 関 わる 重 大 な 事 故 発 生 時 の 事 故 対 策 本 部 の 構 成 22

目 次 1. 概 要... - 2-1.1 打 上 げ 実 施 機 関 及 び 責 任 者... - 2-1.2 打 上 げの 目 的... - 2-1.3 ロケット 及 びペイロードの 名 称 及 び 機 数... - 2-1.4 打 上 げの 期 間 及 び 時 間... - 3-1.5 打 上

目 次 1. 概 要... - 2-1.1 打 上 げ 実 施 機 関 及 び 責 任 者... - 2-1.2 打 上 げの 目 的... - 2-1.3 ロケット 及 びペイロードの 名 称 及 び 機 数... - 2-1.4 打 上 げの 期 間 及 び 時 間... - 3-1.5 打 上 平 成 27 年 度 ロケット 打 上 げ 計 画 書 宇 宙 ステーション 補 給 機 こうのとり 5 号 機 (HTV5)/ H-ⅡBロケット5 号 機 (H-ⅡB F5) 平 成 27 年 6 月 三 菱 重 工 業 株 式 会 社 国 立 研 究 開 発 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 目 次 1. 概 要... - 2-1.1 打 上 げ 実 施 機 関 及 び 責 任 者...

More information

宇宙開発委員会 安全部会(第10回)議事録・配付資料[安全10-1-5]

宇宙開発委員会 安全部会(第10回)議事録・配付資料[安全10-1-5] 安 全 10-1-5 地 上 安 全 計 画 のH-ⅡA F9と H-ⅡA F7との 主 要 な 相 違 点 平 成 17 年 11 月 独 立 行 政 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 説 明 者 宇 宙 基 幹 システム 本 部 宇 宙 輸 送 安 全 ミッション 保 証 室 輸 送 安 全 課 課 長 特 手 重 樹 地 上 安 全 計 画 のH- H-ⅡA F7とH- H-ⅡA

More information

目 次 1. 概 要...- 1-1.1 打 上 げ 実 施 機 関 及 び 責 任 者...- 1-1.2 打 上 げの 目 的...- 1-1.3 ロケット 及 びペイロードの 名 称 及 び 機 数...- 1-1.4 打 上 げの 期 間 及 び 時 間...- 2-1.5 打 上 げ 施

目 次 1. 概 要...- 1-1.1 打 上 げ 実 施 機 関 及 び 責 任 者...- 1-1.2 打 上 げの 目 的...- 1-1.3 ロケット 及 びペイロードの 名 称 及 び 機 数...- 1-1.4 打 上 げの 期 間 及 び 時 間...- 2-1.5 打 上 げ 施 平 成 27 年 度 ロケット 打 上 げ 計 画 書 X 線 天 文 衛 星 (ASTRO-H)/ 小 型 副 衛 星 / H-ⅡAロケット30 号 機 (H-ⅡA F30) 平 成 27 年 12 月 三 菱 重 工 業 株 式 会 社 国 立 研 究 開 発 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 目 次 1. 概 要...- 1-1.1 打 上 げ 実 施 機 関 及 び 責 任 者...-

More information

洲本市地域防災計画

洲本市地域防災計画 第 1 節 基 本 方 針 総 務 部 消 防 防 災 課 健 康 福 祉 部 健 康 増 進 課 サービス 事 業 所 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 海 上 災 害 が 発 生 した 場 合 における 人 命 救 助 消 火 活 動 流 出 した 重 油 等 への 対 応 付 近 の 船 舶 の 航 行 安 全 措 置 沿 岸 住 民 の 安 全 及 び 漁 業 等 への 被 害

More information

航空隊等の内部組織に関する達

航空隊等の内部組織に関する達 平 成 10 年 12 月 2 日 海 上 自 衛 隊 達 第 32 号 航 空 隊 及 び 教 育 航 空 隊 の 編 制 に 関 する 訓 令 ( 昭 和 40 年 海 上 自 衛 隊 訓 令 第 10 号 ) 第 32 条 整 備 補 給 隊 の 編 制 に 関 する 訓 令 ( 平 成 10 年 海 上 自 衛 隊 訓 令 第 28 号 ) 第 11 条 及 び 航 空 基 地 隊 の 編

More information

P 1~14

P 1~14 平 成 26 年 度 中 津 川 市 防 災 会 議 目 次 風 水 害 等 対 策 編 第 1 章 災 害 応 急 対 策 1 第 1 節 市 本 部 活 動 体 制 1 第 1 項 市 災 害 対 策 本 部 運 用 計 画 1 第 2 項 動 員 計 画 5 第 2 節 災 害 労 務 対 策 9 第 1 項 奉 仕 団 の 編 成 活 動 計 画 9 第 2 項 技 術 者 等 雇 上 の

More information

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー 沖 縄 県 国 民 保 護 計 画 の 概 要 沖 縄 県 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 対 処 に 関 する 基 本 理 念 国 地 方 公 共 団 体 及 び 指 定 公 共 機 関 が 国 民 の 協 力 を 得 つつ 相 互 に 連 携 協 力 し 万 全 の 措 置 が 講 じられなければならない 日 本 国 憲 法 の 保 障 する 国 民 の 自 由 と 権 利 が 尊 重 されなければならず

More information

会報宇宙2016.indd

会報宇宙2016.indd 山 川 宏 京 都 大 学 教 授 内 閣 府 宇 宙 政 策 委 員 会 委 員 山 川 宏 1.はじめに 2008 年 5 月 に 超 党 派 で 成 立 した 宇 宙 基 本 法 は 宇 宙 開 発 利 用 を 国 家 戦 略 の 一 つと 位 置 付 け 宇 宙 開 発 利 用 に 関 する 施 策 を 総 合 的 かつ 計 画 的 に 推 進 すること を 目 的 としたものです この 宇

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定 大 分 県 警 察 継 続 計 画 策 定 について 平 成 2 4 年 1 1 月 1 日 大 通 達 甲 ( 備 ) 第 10 号 大 通 達 甲 ( 警 ) 第 16 号 大 通 達 甲 ( 生 ) 第 13 号 大 通 達 甲 ( 刑 ) 第 15 号 大 通 達 甲 ( 交 ) 第 9 号 大 分 県 警 察 本 部 長 から 本 部 各 課 所 隊 室 長 警 察 学 校 長 各 警 察

More information

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令 岡 山 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 ( 平 成 6 年 3 月 22 日 警 察 訓 令 第 9 号 ) 改 正 平 成 6 年 12 月 22 日 警 察 訓 令 第 26 号 平 成 12 年 3 月 14 日 警 察 訓 令 第 8 号 平 成 13 年 7 月 2 日 警 察 訓 令 第 19 号 平 成 21 年 3 月 19 日 警 察 訓 令 第

More information

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業 第 4 部 災 害 種 別 対 策 計 画 第 1 章 海 上 災 害 対 策 第 1 節 周 辺 海 域 の 状 況 及 び 海 上 災 害 の 態 様 1 本 市 周 辺 海 域 の 状 況 本 市 の 海 岸 及 び 周 辺 海 域 は 本 市 港 湾 区 域 を 含 む 東 京 湾 側 と 5 つの 漁 港 区 域 を 含 む 相 模 湾 側 に 分 かれる 東 京 湾 側 は その 正 面

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 防 災 業 務 計 画 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 25 年 3 月 8 日 修 正 平 成 26 年 6 月 19 日 修 正 平 成 27 年 12 月 1 日 修 正 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力

More information

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し) 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 Ⅰ. 防 衛 協 力 と 指 針 の 目 的 平 時 から 緊 急 事 態 までのいかなる 状 況 においても 日 本 の 平 和 及 び 安 全 を 確 保 するため また アジア 太 平 洋 地 域 及 びこれを 越 えた 地 域 が 安 定 し 平 和 で 繁 栄 したものとなるよう 日 米 両 国 間 の 安 全 保

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 10 月 大 分 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 想 定 する 事 態 2 第 2 編 平

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63> 海 洋 汚 染 の 準 備 対 応 に 関 する 国 家 防 除 基 本 計 画 目 次 Ⅰ. 総 則 1. 計 画 の 目 的...1 2. 適 用 の 範 囲...1 3.その 他 の 計 画 と 関 係...1 Ⅱ. 油 汚 染 の 防 除 体 制 1. 防 除 体 制 等...2 2. 防 除 対 策 本 部...2 3. 海 洋 汚 染 防 除 対 策 委 員 会...5 4. 地 域 海

More information

第1章(総則)第1節~第5節       01~07

第1章(総則)第1節~第5節       01~07 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 大 阪 府 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 ( 以 下 防 災 計 画 という )は 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 84 号 以 下 石 災 法 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき 特 別 防 災 区 域 に 指 定 された 大 阪 北 港 地 区 堺 泉 北 臨 海 地 区 関 西

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 富 里 市 地 域 防 災 計 画 大 規 模 事 故 編 平 成 26 年 修 正 富 里 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 論 第 1 節 計 画 の 方 針 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 対 象 1 第 3 計 画 の 修 正 1 第 2 節 対 策 の 基 本 方 針 2 第 1 対 策 の 実 施 者 及 び 役 割 2 第 2 市 の 配 備 体 制

More information

第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 等 対 策 ) 第 1 章 第 1 節 応 急 活 動 体 制 の 確 立 活 動 体 制 の 確 立 市 県 NTT 西 日 本 山 口 支 店 災 害 応 急 対 策 を 迅 速 かつ 効 果 的 に 実 施 するため 本 防 災 計 画 に 定 める 組 織 所 掌 事 務 により 諸 活 動 を 実 施 するものとする このため

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

Microsoft Word - 19年度(行情)答申第411号.doc

Microsoft Word - 19年度(行情)答申第411号.doc 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 17 年 10 月 13 日 ( 平 成 17 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 498 号 ) 答 申 日 : 平 成 20 年 1 月 31 日 ( 平 成 19 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 411 号 ) 事 件 名 : 昭 和 52 年 度 兵 術 年 報 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第 1 審 査

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 21 年 5 月 苫 小 牧 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想

More information

第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合

第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合 第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合 には 当 初 その 被 害 の 原 因 が 明

More information

第1 防 災 計 画

第1 防 災 計 画 第 5 章 消 防 計 画 消 防 計 画 は 下 記 のとおり 定 める 1. 消 防 組 織 及 び 編 成 (1) 有 明 広 域 行 政 事 務 組 合 の 組 織 理 事 会 議 会 消 防 本 部 事 務 局 会 計 管 理 者 監 査 委 員 玉 名 消 防 署 荒 尾 消 防 署 第 一 衛 生 セ ン タ ー 第 二 衛 生 セ ン タ ー 第 一 清 掃 セ ン タ ー 第 二

More information

建 築 設 備 設 計 監 理 業 務 委 託 料 算 定 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 福 島 県 土 木 部 が 所 掌 する 建 築 物 及 びその 附 帯 施 設 ( 以 下 県 有 建 築 物 とい う )に 係 る 設 計 等 の 業 務 ( 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業

More information

目 次 1 計 画 の について 1 2 基 本 的 な 考 え 方 1 3 主 な 事 項 1 ( 別 紙 ) 計 画 の 記 載 項 目 及 び 主 な 内 容 等 3 ( 参 考 ) 原 子 力 災 害 対 策 計 画 とは 11

目 次 1 計 画 の について 1 2 基 本 的 な 考 え 方 1 3 主 な 事 項 1 ( 別 紙 ) 計 画 の 記 載 項 目 及 び 主 な 内 容 等 3 ( 参 考 ) 原 子 力 災 害 対 策 計 画 とは 11 資 料 3-2 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 災 害 対 策 計 画 ) 概 要 目 次 1 計 画 の について 1 2 基 本 的 な 考 え 方 1 3 主 な 事 項 1 ( 別 紙 ) 計 画 の 記 載 項 目 及 び 主 な 内 容 等 3 ( 参 考 ) 原 子 力 災 害 対 策 計 画 とは 11 1 計 画 の について 神 奈 川 県 では 神 奈

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し

More information

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd 6 章 広 域 的 な 視 点 からの 応 急 対 応 力 の 強 化 基 本 方 針 予 防 対 策 1 節 初 動 対 応 体 制 の 整 備 2 節 事 業 継 続 体 制 の 確 保 3 節 消 火 救 助 救 急 活 動 体 制 の 整 備 4 節 応 急 活 動 拠 点 の 整 備 応 急 対 策 1 節 初 動 態 勢 2 節 消 火 救 助 救 急 活 動 3 節 応 援 協 力 派

More information

第 5 編 大 規 模 事 故 対 策 編 第 1 章 計 画 の 前 提 5-1 5-2 第 1 節 計 画 の 目 的 本 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 大 網 白 里 市 防 災 会 議 ( 以 下 防 災 会 議 という )が 策 定 する 計 画 であり 大 網 白 里 市 の 地 域 に

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 19 年 4 月 昭 島 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想 定

More information

南九州市○○○施設指定管理者募集要項

南九州市○○○施設指定管理者募集要項 南 九 州 市 熊 ヶ 谷 放 牧 場 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 南 九 州 市 熊 ヶ 谷 放 牧 場 ( 以 下 放 牧 場 と い う )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は, こ の 仕 様 書 に よ る も の と する 1 趣 旨 本 仕 様 書 は, 指 定 管 理 者 が 行 う 放 牧 場 の 業 務 内 容 及 び 履 行

More information

<5461726F2D926E88E6895E977089DB81608E528CFB8CA78C788E4082CC8D71>

<5461726F2D926E88E6895E977089DB81608E528CFB8CA78C788E4082CC8D71> 山 口 県 警 察 の 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 平 成 6 年 9 月 1 日 本 部 訓 令 第 26 号 山 口 県 警 察 の 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 航 空 隊 ( 第 3 条 - 第 13 条 ) 第 3 章 運 用 ( 第 14- 第 25

More information

1 応 急 活 動 体 制 の 基 本 事 項 (1) 応 急 活 動 の 基 本 1 応 急 活 動 の 種 類 災 害 応 急 対 策 は 次 の5 種 の 活 動 からなる ア 人 命 救 助 活 動 イ 消 火 活 動 ウ 情 報 活 動 エ 救 急 医 療 活 動 オ 避 難 活 動 2

1 応 急 活 動 体 制 の 基 本 事 項 (1) 応 急 活 動 の 基 本 1 応 急 活 動 の 種 類 災 害 応 急 対 策 は 次 の5 種 の 活 動 からなる ア 人 命 救 助 活 動 イ 消 火 活 動 ウ 情 報 活 動 エ 救 急 医 療 活 動 オ 避 難 活 動 2 活 動 体 制 を 速 やかに 確 立 するために 第 1 節 災 害 対 策 本 部 の 組 織 運 営 計 画 の 方 針 大 規 模 な 地 震 が 発 生 したときは 速 やかに 市 災 害 対 策 本 部 を 設 置 し 全 市 を 挙 げて 災 害 対 策 活 動 に 従 事 する 必 要 がある 従 って 適 切 な 災 害 応 急 活 動 を 実 施 するに 当 たり 役 割 分 担

More information

<8E518D6C8E9197BF2E786477>

<8E518D6C8E9197BF2E786477> 参 考 1 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 123 2 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 施 行 令 ( 抄 ) 140 3 愛 知 県 石 油 コンビナート 等 防 災 本 部 条 例 154 4 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 第 28 条 第 5 項 第 6 号 の 規 定 に 基 づく 市 町 村 の 指 定 155 5 愛 知 県 石 油 コンビナート

More information

具 体 的 な 取 組 内 容 第 1 節 市 の 活 動 体 制 災 害 応 急 対 策 を 円 滑 に 展 開 するため 次 の 事 項 を 中 心 に マニュアル 性 も 考 慮 しつつ 対 策 内 容 を 点 検 整 備 の 上 明 示 する なお 災 害 応 急 活 動 の 実 施 に 当

具 体 的 な 取 組 内 容 第 1 節 市 の 活 動 体 制 災 害 応 急 対 策 を 円 滑 に 展 開 するため 次 の 事 項 を 中 心 に マニュアル 性 も 考 慮 しつつ 対 策 内 容 を 点 検 整 備 の 上 明 示 する なお 災 害 応 急 活 動 の 実 施 に 当 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 Ⅰ 風 水 害 等 対 策 編 第 1 章 応 急 活 動 計 画 基 本 的 な 考 え 方 市 の 地 域 に 災 害 が 発 生 し 又 は 発 生 のおそれがある 場 合 は 市 県 国 防 災 関 係 機 関 及 び 市 民 は 一 致 協 力 して 災 害 応 急 対 策 に 従 事 する 者 の 安 全 の 確 保 を 図 るよう 十 分 配

More information

LGWAN(エルジーワン) 総 合 行 政 ネットワーク( Local Government )の Wide 略 称 Area Network 地 方 公 共 団 体 の 組 織 内 ネットワークを 相 互 に 接 続 し 地 方 公 共 団 体 間 のコミュニケーションの 円 滑 化 情 報 共

LGWAN(エルジーワン) 総 合 行 政 ネットワーク( Local Government )の Wide 略 称 Area Network 地 方 公 共 団 体 の 組 織 内 ネットワークを 相 互 に 接 続 し 地 方 公 共 団 体 間 のコミュニケーションの 円 滑 化 情 報 共 参 考 茂 原 市 国 民 保 護 計 画 用 語 集 あ 行 安 定 ヨウ 素 剤 原 子 力 施 設 等 の 事 故 に 備 えて 服 用 するために 調 合 した 放 射 能 をもたないヨウ 素 をいう 被 ばく 前 に 安 定 ヨウ 素 剤 を 服 用 することにより 甲 状 腺 (ヨウ 素 が 濃 集 しやすい )をヨウ 素 で 飽 和 して おくと 被 ばくしても 放 射 性 ヨウ 素

More information

<95CA8E86825281698C668EA695B68F91967B95B6816A8F4390B394C5>

<95CA8E86825281698C668EA695B68F91967B95B6816A8F4390B394C5> 京 都 市 消 防 局 訓 令 乙 第 7 号 各 部 消 防 学 校 各 消 防 署 京 都 市 消 防 局 通 信 規 程 の 全 部 を 次 のように 改 正 する 平 成 27 年 10 月 23 日 京 都 市 消 防 局 長 杉 本 栄 一 京 都 市 消 防 局 通 信 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 通 信 施 設 の 管 理 ( 第

More information

目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件

目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件 熊 谷 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 8 月 熊 谷 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件 6 第 3

More information

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

第3章 災害応急対策計画                     第1節 活動体制計画   

第3章 災害応急対策計画                         第1節 活動体制計画    第 1 節 活 動 体 制 計 画 第 1 節 活 動 体 制 計 画 計 画 の 方 針 地 震 が 発 生 し 又 は 発 生 するおそれのある 場 合 において 災 害 の 予 防 及 び 災 害 応 急 対 策 等 の 防 災 活 動 を 強 力 に 推 進 するために 災 害 対 策 本 部 等 の 設 置 応 援 要 請 応 急 公 用 負 担 等 の 活 動 体 制 を 確 立 する

More information

1青森県防災ヘリコプター運航管理要綱

1青森県防災ヘリコプター運航管理要綱 ( 昭 和 二 十 七 年 七 月 十 五 日 法 律 第 二 百 三 十 一 号 ) E-1 航 空 法 ( 抜 粋 ) 最 終 改 正 : 平 成 二 六 年 六 月 一 三 日 法 律 第 七 〇 号 (この 法 律 の 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 国 際 民 間 航 空 条 約 の 規 定 並 びに 同 条 約 の 附 属 書 として 採 択 された 標 準 方 式 及 び 手

More information

第1編

第1編 平 成 27 年 6 月 9 日 糸 島 市 防 災 会 議 資 料 -4 糸 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 ) 修 正 ( 新 旧 対 照 表 ) 抜 粋 記 述 の 凡 例 下 線 : 災 害 対 策 基 本 法 改 正 防 災 基 本 計 画 改 正 による 福 岡 県 地 域 防 災 計 画 の 見 直 しに 基 づく 修 正 部 分 二

More information

○地震、津波の想定見直し

○地震、津波の想定見直し 第 1 節 活 動 体 制 計 画 第 1 節 活 動 体 制 計 画 第 1 基 本 方 針 1 市 及 び 防 災 関 係 機 関 は 地 震 による 災 害 が 発 生 し 又 は 発 生 するおそ れがある 場 合 において 複 合 災 害 ( 同 時 又 は 連 続 して 2 以 上 の 災 害 が 発 生 し 災 害 応 急 対 応 が 困 難 になる 事 象 をいう )の 発 生 可

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置.

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置. 明 石 市 地 域 防 災 計 画 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 4 編 災 害 復 旧 復 興 計 画 第 5 編 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 資 料 編 様 式 編 ( 平 成 27 年 度 修 正 ) 明 石 市 防 災 会 議 目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組

More information

団 体 と 連 携 して 十 分 な 検 討 を 行 うとともに 情 報 共 有 を 図 ること (2) 再 点 検 及 び 再 構 築 に 係 る 実 施 事 項 ア 検 討 すべき 事 項 災 害 に 係 る 危 機 管 理 体 制 の 再 点 検 及 び 再 構 築 に 当 たっては 別 添

団 体 と 連 携 して 十 分 な 検 討 を 行 うとともに 情 報 共 有 を 図 ること (2) 再 点 検 及 び 再 構 築 に 係 る 実 施 事 項 ア 検 討 すべき 事 項 災 害 に 係 る 危 機 管 理 体 制 の 再 点 検 及 び 再 構 築 に 当 たっては 別 添 原 議 保 存 期 間 10 年 ( 平 成 34 年 3 月 31 日 まで) 各 附 属 機 関 の 長 警 察 庁 乙 備 発 第 10 号 乙 官 発 第 16 号 各 地 方 機 関 の 長 殿 乙 生 発 第 9 号 乙 刑 発 第 9 号 各 都 道 府 県 警 察 の 長 乙 交 発 第 9 号 乙 情 発 第 9 号 ( 参 考 送 付 先 ) 平 成 23 年 11 月 30 日

More information

こ の 計 画 は 万 一 の テ 亘 や 武 力 攻 撃 があ っ 彪 場 合 に 水 俣 市 に い る す べ て の 人 々 を 保 護 す る 短 め に 作 成 し 起 も の で す こ の 計 画 の 策 定 に よ っ て 戦 争 行 為 を 行 う こ と な ど を 肯 定 す

こ の 計 画 は 万 一 の テ 亘 や 武 力 攻 撃 があ っ 彪 場 合 に 水 俣 市 に い る す べ て の 人 々 を 保 護 す る 短 め に 作 成 し 起 も の で す こ の 計 画 の 策 定 に よ っ て 戦 争 行 為 を 行 う こ と な ど を 肯 定 す 平 成 2 2 年 度 水 俣 市 国 民 保 護 計 画 水 俣 市 こ の 計 画 は 万 一 の テ 亘 や 武 力 攻 撃 があ っ 彪 場 合 に 水 俣 市 に い る す べ て の 人 々 を 保 護 す る 短 め に 作 成 し 起 も の で す こ の 計 画 の 策 定 に よ っ て 戦 争 行 為 を 行 う こ と な ど を 肯 定 す る 壱 の で は あ り

More information

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当 四 日 市 港 ポートビル 自 家 用 電 気 工 作 物 保 安 管 理 業 務 仕 様 書 1 目 的 本 仕 様 書 は 委 託 者 ( 以 下 甲 という )が 設 置 した 自 家 用 電 気 工 作 物 の 保 安 管 理 業 務 に 係 わる 委 託 契 約 の 内 容 について 当 該 業 務 のみを 内 容 とし 統 一 的 な 解 釈 及 び 運 用 を 図 るととも に その

More information

Taro-18警察用航空機の運用等に関

Taro-18警察用航空機の運用等に関 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 最 終 改 正 平 成 24.3.13 京 都 府 警 察 本 部 訓 令 第 5 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 8 条 ) 第 2 章 運 用 ( 第 9 条 - 第 22 条 ) 第 3 章 ヘリコプター テレビシステム( 第 23 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 整 備 ( 第 26 条 第 27 条

More information

大阪府地域防災計画(原子力災害対策)

大阪府地域防災計画(原子力災害対策) 原 子 力 災 害 対 策 第 3 章 緊 急 事 態 応 急 対 策 - 27 - - 28 - 原 子 力 災 害 対 策 第 3 章 緊 急 事 態 応 急 対 策 第 1 節 基 本 方 針 本 章 は 原 子 力 事 業 者 から 警 戒 事 象 又 は 特 定 事 象 の 通 報 があった 場 合 の 対 応 及 び 原 災 法 第 15 条 に 基 づき 原 子 力 緊 急 事 態 宣

More information

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 地 震 津 波 対 策 編 第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 2014 年 3 月 31 日 の 74 年 間 のうち 稚 内 市 で

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

( 決 定 の 通 知 ) 第 9 条 市 長 は 前 条 第 1 項 の 規 定 により 補 助 金 の 交 付 の 決 定 をしたときは 速 やかにその 決 定 の 内 容 及 びこれに 条 件 を 付 した 場 合 にはその 条 件 を 補 助 金 交 付 ( 変 更 ) 決 定 通 知 書

( 決 定 の 通 知 ) 第 9 条 市 長 は 前 条 第 1 項 の 規 定 により 補 助 金 の 交 付 の 決 定 をしたときは 速 やかにその 決 定 の 内 容 及 びこれに 条 件 を 付 した 場 合 にはその 条 件 を 補 助 金 交 付 ( 変 更 ) 決 定 通 知 書 弥 富 市 自 主 防 災 組 織 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 15 年 3 月 31 日 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 自 主 防 災 組 織 の 結 成 を 推 進 するため 当 該 組 織 が 行 う 活 動 及 び 防 災 資 機 材 等 の 整 備 に 要 する 経 費 について 予 算 の 範 囲 内 において 交 付 する 補 助 金 に 関 し 必 要

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074> 東 海 地 震 対 策 について 東 海 地 震 の 切 迫 性 について 九 州 四 国 紀 伊 半 島 南 海 トラフ 東 海 地 震 東 海 地 震 の 想 定 震 源 域 では 概 ね100~150 年 の 間 隔 で 大 規 模 な 地 震 が 発 生 しているが 東 南 海 地 震 (1944)でひず みが 解 放 されず 安 政 東 海 地 震 (1854)から157 年 間 大 地

More information

あわら市地域防災計画資料編

あわら市地域防災計画資料編 あわら 市 地 域 防 災 計 画 資 料 編 あわら 市 地 域 防 災 計 画 資 料 編 目 次 1 条 例 規 則 要 綱 等... 1 (1) あわら 市 防 災 会 議 条 例... 1 (2) あわら 市 災 害 対 策 本 部 条 例... 3 (3) あわら 市 災 害 対 策 本 部 運 営 要 綱... 4 (4) 嶺 北 消 防 組 合 警 防 規 定... 16 (5)

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

目  次(秦野市地域防災計画)

目  次(秦野市地域防災計画) 目 次 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 第 1 章 総 則 風 -1 第 1 節 計 画 の 目 的 風 -1 第 2 節 構 成 風 -2 1 災 害 予 防 計 画 風 -2 2 災 害 応 急 対 策 計 画 風 -2 3 災 害 復 旧 復 興 計 画 風 -2 4 特 殊 災 害 対 策 風 -2 第 3 節 防 災 関 係 機 関 の 実 施 責 任 及 び 処 理 すべき 事

More information

2014/6/27 長 崎 大 学 電 気 工 作 物 保 安 規 程 長 崎 大 学 電 気 工 作 物 保 安 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 106 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は, 電 気 事 業 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 170 号 以 下 法 という ) 第 42 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき, 長 崎 大 学 ( 以 下

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 違 反 是 正 の 推 進 について 平 成 27 年 7 月 10 日 ( 金 ) 消 防 庁 予 防 課 目 次 1 重 大 な 消 防 法 令 違 反 対 象 物 に 係 る 実 態 等 の 調 査 2 違 反 対 象 物 の 公 表 制 度 3 査 察 規 程 の 作 成 例 1 重 大 な 消 防 法 令 違 反 対 象 物 に 係 る 実 態 等 の 調 査 重 大 な 消 防 法 令

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

第1章 総  則

第1章 総  則 千 葉 市 地 域 防 災 計 画 災 害 応 急 対 策 編 第 1 章 地 震 対 策 計 画 平 成 27 年 3 月 修 正 千 葉 市 防 災 会 議 第 1 章 地 震 対 策 計 画 修 正 年 月 平 成 27 年 3 月 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 ) 目 次 [ 災 害 応 急 対 策 編 ] 第 1 章 地 震 対 策 計 画 第 1 節 応 急 活 動 体

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 大 規 模 事 故 編 目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 大 規 模 事 故 への 体 制 1 第 1 防 災 体 制 の 確 立 1 第 2 報 告 2 第 3 災 害 救 助 法 の 適 用 3 第 2 章 大 規 模 事 故 対 策 計 画 第 1 節 航 空 機 災 害 対 策 5 第 1 基 本 方 針 5 第 2 予 防 計 画 5 第 3 応 急 対 策 計 画 6 第 2 節

More information

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月 青 警 組 8 5 4 8 月 3 0 属 長 殿 青 森 警 察 本 長 布 4 53 180 回 本 8 月 1 別 添 1 新 旧 照 文 別 添 布 ろ 概 遺 憾 1 運 留 意 別 途 示 市 民 活 危 険 整 備 1 抗 争 危 険 措 置 1 抗 争 発 抗 争 凶 器 身 体 危 害 加 方 抗 争 更 様 危 害 加 3 月 期 間 警 戒 域 抗 争 抗 争 15 抗 争 警

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 山 武 市 地 域 防 災 計 画 大 規 模 事 故 編 目 次 第 1 章 大 規 模 事 故 体 制 第 1 防 災 体 制 の 確 立 大 規 模 -1 第 2 情 報 収 集 報 告 大 規 模 -2 第 3 災 害 救 助 法 の 適 用 大 規 模 -2 第 2 章 大 規 模 事 故 対 策 計 画 第 1 節 大 規 模 火 災 対 策 大 規 模 -5 第 1 基 本 方 針

More information

直 ちに 飛 行 停 止 飛 行 制 限 その 他 の 適 切 な 措 置 をとるとともに 当 該 措 置 の 内 容 を 防 衛 大 臣 に 報 告 しなければならない 3 幕 僚 長 等 は 第 1 項 又 は 前 項 の 措 置 の 全 部 又 は 一 部 を 解 除 したときは 直 ちに そ

直 ちに 飛 行 停 止 飛 行 制 限 その 他 の 適 切 な 措 置 をとるとともに 当 該 措 置 の 内 容 を 防 衛 大 臣 に 報 告 しなければならない 3 幕 僚 長 等 は 第 1 項 又 は 前 項 の 措 置 の 全 部 又 は 一 部 を 解 除 したときは 直 ちに そ 防 衛 庁 訓 令 第 32 号 自 衛 隊 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 165 号 ) 第 107 条 第 5 項 の 規 定 に 基 づき 航 空 機 の 安 全 性 の 確 保 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 平 成 7 年 4 月 17 日 防 衛 庁 長 官 玉 沢 徳 一 郎 航 空 機 の 安 全 性 の 確 保 に 関 する 訓 令 改 正 平 成 19

More information

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63>

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63> 防 災 業 務 計 画 平 成 27 年 4 月 西 部 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 章 総 則 1 第 1 節 防 災 業 務 計 画 の 目 的 第 2 節 防 災 業 務 計 画 の 基 本 構 想 第 3 節 防 災 業 務 計 画 の 運 用 第 2 章 防 災 体 制 の 確 立 2 第 1 節 防 災 体 制 第 2 節 対 策 組 織 の 運 営 第 3 節 災 害 対

More information

(8) 危 険 物 火 災 等 で 逗 子 北 化 学 1を 必 要 とする 火 災 指 令 時 は 逗 子 北 1を 同 時 編 成 する (9) 未 承 認 対 象 物 からの 即 時 通 報 は 当 該 署 所 の1ケ 部 隊 編 成 とする (10) 通 常 災 害 時 及 び 異 常 災

(8) 危 険 物 火 災 等 で 逗 子 北 化 学 1を 必 要 とする 火 災 指 令 時 は 逗 子 北 1を 同 時 編 成 する (9) 未 承 認 対 象 物 からの 即 時 通 報 は 当 該 署 所 の1ケ 部 隊 編 成 とする (10) 通 常 災 害 時 及 び 異 常 災 第 2 節 消 防 通 信 指 令 体 制 消 防 緊 急 情 報 システムによる 情 報 の 一 元 化 を 図 るとともに 迅 速 的 確 な 情 報 収 集 及 び 消 防 隊 等 に 対 する 指 令 指 示 連 絡 その 他 必 要 な 情 報 の 受 伝 達 を 行 うものとする 1 災 害 通 信 の 取 扱 い 災 害 通 信 の 取 扱 いについては 逗 子 市 消 防 専 用 無

More information

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251>

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251> 入 札 公 告 ( 建 築 のためのサービスその 他 の 技 術 的 サービス( 建 設 工 事 を 除 く)) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 する なお 本 業 務 に 係 る 落 札 及 び 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 25 年 度 本 予 算 が 成 立 し 予 算 示 達 がなされることを 条 件 とするものである 今 回 の 業 務 に 参 加

More information

という )を 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 末 までの 第 3 期 計 画 として 改 正 し 緊 急 防 援 助 隊 の 機 能 強 化 を 進 めているところであり その 概 要 は 以 下 のとおり である. 南 海 トラフ 地 震 首 都 直 下 地 震 等 に 備 えた

という )を 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 末 までの 第 3 期 計 画 として 改 正 し 緊 急 防 援 助 隊 の 機 能 強 化 を 進 めているところであり その 概 要 は 以 下 のとおり である. 南 海 トラフ 地 震 首 都 直 下 地 震 等 に 備 えた 特 集 緊 急 防 援 助 隊 の 機 能 強 化 東 日 本 大 震 災 では 発 災 日 から88 日 間 にわたり 延 べ 約 3 万,000 隊 約 万 人 の 緊 急 防 援 助 隊 が 防 救 助 活 動 に 尽 力 し 5,064 人 の 人 命 を 救 助 した 南 海 トラフでは 過 去 00 年 から50 年 程 度 の 周 期 でマグニチュード8クラスの 海 溝 型 地 震 が

More information

honbu-38H06_kunrei31

honbu-38H06_kunrei31 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 ( 平 成 6 年 12 月 27 日 本 部 訓 令 第 31 号 ) 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 を 次 のように 定 める 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 徳 島 県 警 察 航 空 機 使 用 管 理 規 程 ( 平 成 2 年 徳

More information

賛 助 会 員 名 称

賛 助 会 員 名 称 東 京 都 社 会 保 険 労 務 士 会 会 昭 和 53 年 11 月 2 日 昭 和 53 年 11 月 30 日 認 可 昭 和 54 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 54 年 6 月 26 日 認 可 昭 和 55 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 55 年 6 月 10 日 認 可 昭 和 57 年 3 月 5 日 改 正 昭 和 57 年 3 月 31 日 認 可 昭 和 57

More information

(1)

(1) (1) (2) (1) (3) 企 業 が 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 指 針 に 関 する 解 説 (1) 本 指 針 の 対 象 や 法 的 性 格 本 指 針 は あらゆる 企 業 を 対 象 として 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 基 本 的 な 理 念 や 具 体 的 な 対 応 を 定 めたものであり 法 的 拘 束

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738D9196AF95DB8CEC8C7689E6817C91E6825095D22E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738D9196AF95DB8CEC8C7689E6817C91E6825095D22E646F63> 第 1 編 総 論 第 1 章 市 の 責 務 計 画 の 位 置 づけ 構 成 等 廿 日 市 市 ( 市 長 及 びその 他 の 執 行 機 関 をいう 以 下 市 という )は 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 する 責 務 にかんがみ 国 民 の 保 護 のための 措 置 を 的 確 かつ 迅 速 に 実 施 するため 以 下 のとおり 市 の 責 務 を 明 らかにするとともに

More information

南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 章 総 則 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 章 総 則 実 施 担 当 全 部 班. 推 進 計 画 の 目 的 この 計 画 は 南 海 トラフ 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 の 推 進 に 関 する 特 別 措 置 法 ( 平 成 年 法 律 9 号 以 下 南 海 トラフ 法 という ) 条 項 の

More information

Taro-00 3編表紙.jtd

Taro-00  3編表紙.jtd 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 応 急 活 動 計 画 基 本 的 な 考 え 方 県 の 地 域 に 災 害 が 発 生 し 又 は 発 生 のおそれがある 場 合 は 国 地 方 公 共 団 体 防 災 関 係 機 関 及 び 住 民 は 一 致 協 力 して 災 害 の 拡 大 防 止 と 被 災 者 の 救 援 救 護 に

More information

Microsoft Word - 01_むつ小川原港BCP160302-1(公表用).docx

Microsoft Word - 01_むつ小川原港BCP160302-1(公表用).docx むつ 小 川 原 港 BCP 平 成 28 年 3 月 むつ 小 川 原 港 港 湾 機 能 継 続 協 議 会 改 訂 履 歴 改 訂 年 月 改 訂 ページ 改 訂 内 容 H28.3.2 新 規 策 定 目 次 1. 港 湾 機 能 継 続 計 画 策 定 の 必 要 性 1 2. 想 定 地 震 津 波 の 規 模 及 び 回 復 目 標 の 設 定 4 2-1 想 定 地 震 津 波 の

More information

県 土 整 備 年 報 13 岩 手 県 県 土 整 備 部 目 次 1 行 政 組 織 関 係 1 県 土 整 備 部 行 政 機 関 位 置 略 図 2 2 県 土 整 備 部 の 沿 革 3 3 県 土 整 備 部 行 政 組 織 図 11 4 出 先 機 関 の 名 称 位 置 等 13 5 県 土 整 備 部 の 分 掌 事 務 15 6 県 土 整 備 部 の 職 員 数 21 7 県

More information

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94 平 成 26 年 2 月 19 日 海 上 保 安 庁 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 取 締 りの 状 況 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 の 送 致 件 数 は, 対 前 年 比 247 件 (3.3%) 減 の 7,21 件 でした 各 種 法 令 別 の 送 致 件 数 については 前 年 と 比 べ 大 きな 状 況 変 化 はありませんが 近 年 増 加 傾 向 にある 漁

More information

永田3.indd

永田3.indd 状 77 状 共 要 衰 退 食 止 可 能 永 尚 西 社 准 教 授 じ 要 住 近 高 齢 減 少 平 八 点 九 七 万 平 八 七 万 減 少 背 景 都 コ ミ ニ ィ 崩 壊 モ リ ゼ シ ョ 発 達 農 若 近 隣 都 昼 働 社 環 境 変 解 決 困 難 総 省 庁 女 増 能 別 能 別 創 ハ ド 下 げ 増 試 根 解 決 繋 78 状 況 追 打 ち 東 震 東 震 被

More information

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 令 等 の 司 法 審 査 8 (4) 特 定 独 立 行 政 法 人 等 に 係 る 不 当 労

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 策 定 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 以 下 基 本 法 という ) 第 4 2 条 の 規 定 に 基 づき 鹿 部 町 ( 以 下 本 町 という )の 地 域 に 係 る 防 災 に 関 し 災 害 予 防 災 害 応 急 対 策 及 び 災 害 復 旧 等 の 災 害 対 策 を

More information

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地 仕 様 書 1 業 務 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 における 土 壌 汚 染 調 査 にかかる 土 地 履 歴 調 査 業 務 委 託 2 業 務 期 間 契 約 日 ~ 平 成 27 年 3 月 20 日 3 実 施 場 所 ( 対 象 地 ) (1) 用 地 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 (2) 地 番 大 阪 市 浪 速 区 恵 美 須 西 3 丁 目 13 番 5 (3) 面 積

More information

Microsoft PowerPoint - 【セット版】261119 小笠原警戒監視等(会計課追加)

Microsoft PowerPoint - 【セット版】261119 小笠原警戒監視等(会計課追加) 防 衛 省 自 衛 隊 の 警 戒 監 視 態 勢 について 平 成 6 年 11 月 防 衛 省 警 戒 監 視 活 動 海 上 自 衛 隊 は P-3C 哨 戒 機 により 北 海 道 の 周 辺 海 域 日 本 海 並 びに 東 シナ 海 を 航 行 する 船 舶 などの 状 況 を それ ぞれの 海 域 において 監 視 している 航 空 自 衛 隊 においても レーダーサイトによる 常 時

More information

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A>

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A> 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 災 害 復 旧 計 画 編 第 1 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 事 故 対 策 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2 第 4 災 害 対 策 本 部 1-4 第 2 節

More information

Microsoft Word - ③24年度震災対策編第3章(P401~P432).doc

Microsoft Word - ③24年度震災対策編第3章(P401~P432).doc 第 3 章 地 震 防 災 応 急 対 策 第 3 章 地 震 防 災 応 急 対 策 第 1 節 総 則 第 1 項 地 震 防 災 応 急 対 策 の 目 的 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 昭 和 53 年 法 律 第 73 号 以 下 大 震 法 という)は 大 規 模 地 震 発 生 前 の 事 前 措 置 を 行 って 地 震 災 害 を 防 止 軽 減 することを

More information

1: 改 正 航 空 法 ホームページの 無 人 航 空 機 の 飛 行 に 関 する 許 可 承 認 申 請 書 ( 様 式 ) からダウンロード 可 能 2: 自 作 機 であって 趣 味 目 的 で 飛 行 させる 無 人 航 空 機 の 場 合 には 資 料 の 添 付 を 省 略 す るこ

1: 改 正 航 空 法 ホームページの 無 人 航 空 機 の 飛 行 に 関 する 許 可 承 認 申 請 書 ( 様 式 ) からダウンロード 可 能 2: 自 作 機 であって 趣 味 目 的 で 飛 行 させる 無 人 航 空 機 の 場 合 には 資 料 の 添 付 を 省 略 す るこ 平 成 28 年 9 月 1 日 版 ~~ 申 請 書 類 の 作 成 について~~ 申 請 手 続 きに 必 要 な 書 類 は 以 下 のとおりです それぞれの 書 類 の 具 体 的 な 記 載 方 法 については 3ページ 目 以 降 を 参 照 してください また 申 請 にあたっては 本 文 書 の 最 後 尾 に 掲 載 している 申 請 書 類 のチェックリスト も 記 入 の 上

More information

Microsoft Word - 【第3班】研究報告書.doc

Microsoft Word - 【第3班】研究報告書.doc 茨 城 県 域 に お け る 自 治 体 職 員 情 報 共 有 シ ス テ ム の 構 築 ~ つ な が っ ぺ! い ば ら き ~ 平 成 2 4 年 度 行 政 課 題 研 究 講 座 第 3 班 笠 間 市 行 政 経 営 課 主 事 石 塚 貴 則 筑 西 市 生 涯 学 習 課 主 事 齋 川 亮 つ く ば み ら い 市 税 務 課 主 事 井 砂 浩 次 茨 城 県 企 業

More information

羅臼町地域防災計画

羅臼町地域防災計画 第 1 章 総 第 1 節 計 画 策 定 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 羅 臼 町 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 羅 臼 町 の 地 域 に 係 る 防 災 に 関 し 予 防 応 急 及 び 復 旧 等 の 災 害 対 策 を 実 施 するに 当 たり 防 災

More information

平成17年度 静岡県地域防災計画

平成17年度 静岡県地域防災計画 資 料 2 平 成 17 年 度 静 岡 県 地 域 防 災 計 画 新 旧 対 照 表 一 般 対 策 編 1ページ-23ページ 地 震 対 策 編 24ページ-62ページ 原 子 力 対 策 編 63ページ-66ページ 平 成 17 年 4 月 静 岡 県 地 域 防 災 計 画 ( 一 般 対 策 編 ) 修 正 新 旧 対 照 表 第 1 章 総 論 第 1 章 総 論 1 1 2 3 3

More information

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1 平 成 26 年 度 札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 1 2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 4 3 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況 6 4 職 員 の 手 当 の 状 況 8 5 特 別 職 の 報 酬 等 の 状 況 12 6 職 員 数 の 状 況 13 7 公 営 企 業 職 員 の 状 況 (1)

More information

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター 指 定 管 理 業 務 業 務 仕 様 書 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター( 以 下 センター という )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は この 仕 様 書 による 1 施 設 の 設 置 目 的 運 営 方 針 (1) 設 置 目 的 映 像 音 楽 デザイン コンピュータゲーム 等 の 分 野

More information

(1) 船 舶 の 堪 航 能 力 が 不 十 分 であるとき (2) 天 候 本 船 の 状 態 積 荷 の 種 類 又 は 水 路 等 の 状 況 に 照 らし 運 航 に 危 険 のおそれがあるとき (3) 水 先 船 の 航 行 に 危 険 のおそれがあるとき (4) 水 先 人 の 乗 下

(1) 船 舶 の 堪 航 能 力 が 不 十 分 であるとき (2) 天 候 本 船 の 状 態 積 荷 の 種 類 又 は 水 路 等 の 状 況 に 照 らし 運 航 に 危 険 のおそれがあるとき (3) 水 先 船 の 航 行 に 危 険 のおそれがあるとき (4) 水 先 人 の 乗 下 内 海 水 先 区 水 先 約 款 第 1 章 総 則 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 ) ( 本 約 款 の 適 用 ) 第 1 条 水 先 人 の 締 結 する 水 先 に 関 する 契 約 については この 約 款 の 定 めると ころによる 2 この 約 款 に 定 めていない 事 項 については 法 令 及 び 慣 習 による ( 水 先 人 の 地 位 ) 第 2 条 水 先 人

More information

伊勢市地域防災計画

伊勢市地域防災計画 伊 勢 市 地 震 防 災 強 化 計 画 平 成 28 年 3 月 伊 勢 市 防 災 会 議 目 次 第 1 節 総 則...1 第 2 節 地 震 災 害 警 戒 本 部 の 設 置 等...6 第 3 節 情 報 伝 達 計 画...8 第 4 節 広 報 計 画...9 第 5 節 自 主 防 災 活 動... 11 第 6 節 避 難 対 策 計 画... 13 第 7 節 緊 急 輸

More information

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残 交 通 事 故 防 止 ガ イ ド ラ イ ン 平 成 1 8 年 度 は じ め に 大 磯 町 教 育 委 員 会 ( 平 成 1 8 年 1 0 月 3 1 日 改 正 ) 神 奈 川 県 全 国 の 教 職 員 の 交 通 事 故 が 多 発 し て い ま す 文 部 科 学 省 の 2 0 0 2 年 度 調 査 に よ る と, 交 通 事 故 に 関 わ る 懲 戒 処 分 を 受

More information

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A>

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A> 戸 田 市 地 域 防 災 計 画 ( 素 案 ) 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 戸 田 市 防 災 会 議 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2

More information

航空自衛隊物品管理補給規則

航空自衛隊物品管理補給規則 航 空 自 衛 隊 物 品 管 理 補 給 規 則 昭 和 43 年 12 月 25 日 航 空 幕 僚 長 空 将 大 室 孟 航 空 自 衛 隊 達 第 35 号 改 正 昭 和 44 年 9 月 29 日 航 空 自 衛 隊 達 第 41 号 昭 和 60 年 9 月 20 日 航 空 自 衛 隊 達 第 22 号 昭 和 45 年 6 月 23 日 航 空 自 衛 隊 達 第 17 号 昭

More information

(2)3 月 2 日 の 県 北 低 空 飛 行 井 口 さん 方 の 土 蔵 崩 壊 学 校 幼 稚 園 などを 襲 った 恐 怖 (3)9 月 26 日 の 県 南 低 空 飛 行 (4) 抗 議 要 請 申 し 入 れ 日 本 共 産 党 民 主 団 体 の 調 査 と 要 請 行 動 津 山

(2)3 月 2 日 の 県 北 低 空 飛 行 井 口 さん 方 の 土 蔵 崩 壊 学 校 幼 稚 園 などを 襲 った 恐 怖 (3)9 月 26 日 の 県 南 低 空 飛 行 (4) 抗 議 要 請 申 し 入 れ 日 本 共 産 党 民 主 団 体 の 調 査 と 要 請 行 動 津 山 安 保 破 棄 岡 山 県 実 行 委 員 会 学 習 会 2011 年 10 月 17 日 ( 岡 山 市 勤 労 者 福 祉 センター) 米 軍 機 の 低 空 飛 行 を 許 さないために 中 尾 元 重 1. 低 空 飛 行 の 被 害 とその 後 (1) 全 国 の 低 空 飛 行 (2)3 月 2 日 の 県 北 低 空 飛 行 (3)9 月 26 日 の 県 南 低 空 飛 行 (4)

More information

<30358E9197BF95D2816932816A2E786264>

<30358E9197BF95D2816932816A2E786264> 南 三 陸 町 地 域 防 災 計 画 資 料 編 平 成 26 年 3 月 南 三 陸 町 防 災 会 議 資 料 編 資 料 編 目 次 1 南 三 陸 町 防 災 会 議 条 例 1 2 南 三 陸 町 災 害 対 策 本 部 条 例 3 3 南 三 陸 町 災 害 対 策 本 部 運 営 規 程 4 4 指 定 避 難 所 避 難 場 所 一 覧 12 5 急 傾 斜 地 崩 壊 危 険

More information