1 世 界 のICT/ 通 信 インフラ 市 場 の 動 向 1. 世 界 のICT( 情 報 通 信 技 術 ) 投 は 増 加 傾 向 世 界 のICT 投 規 模 予 測 ( 単 位 : 百 万 ドル) 5,000,000 4,500,000 4,000,000 3,500,000 全 世 界

Size: px
Start display at page:

Download "1 世 界 のICT/ 通 信 インフラ 市 場 の 動 向 1. 世 界 のICT( 情 報 通 信 技 術 ) 投 は 増 加 傾 向 世 界 のICT 投 規 模 予 測 ( 単 位 : 百 万 ドル) 5,000,000 4,500,000 4,000,000 3,500,000 全 世 界"

Transcription

1 料 2 株 式 会 社 海 外 通 信 放 送 郵 便 事 業 支 援 機 構 について 平 成 27 年 7 月 総 務 省

2 1 世 界 のICT/ 通 信 インフラ 市 場 の 動 向 1. 世 界 のICT( 情 報 通 信 技 術 ) 投 は 増 加 傾 向 世 界 のICT 投 規 模 予 測 ( 単 位 : 百 万 ドル) 5,000,000 4,500,000 4,000,000 3,500,000 全 世 界 平 均 成 長 率 :5.4% 世 界 におけるICT 投 は 年 平 均 5.4%の 成 長 率 で 増 加 3,000,000 2,500,000 2,000,000 1,500,000 アジア 太 平 洋 特 にアジア 太 平 洋 地 域 の 成 長 率 は7.2%と 他 地 域 と 比 較 して 最 大 1,000, , % 日 本 アジア 太 平 洋 米 国 カナダ 中 南 米 西 欧 中 東 欧 中 東 アフリカ ( 典 ) 平 成 24 年 版 情 報 通 信 白 書 2.アジアを 中 心 に 旺 盛 な 通 信 インフラ 整 備 需 要 全 世 界 45 兆 円 / 年 ( 典 ) Infrastructure productivity:how to save $1 trillion a year (McKinsey Global Institute, 2013) アジア 10 兆 円 / 年 ( 典 )ADB (2009)

3 地 デジ 日 本 方 式 の 海 外 展 開 の 経 済 効 果 グアテマラ 日 本 ホンジュラス コスタリカ フィリピン ベネズエラ エクアドル ブラジル ボツワナ スリランカ ペルー ボリビア 2015 年 6 月 現 在 モルディブ チリ パラグアイ 日 本 方 式 (ISDB-T) 採 用 国 17カ 国 ( 日 本 含 む) 日 本 方 式 採 用 国 のうち 放 送 が 開 始 されている 国 10カ 国 ( 日 本 含 む) アルゼンチン ウルグアイ 過 去 9 年 間 の 累 計 で756 台 日 系 企 業 によるデジタル 送 信 機 の 受 注 採 用 国 におけるデジタル 送 信 機 の 市 場 シェア アルゼンチン 日 本 方 式 採 用 国 の 市 場 規 模 17カ 国 で6.3 億 人 過 去 10 年 間 累 計 で1083 台 日 系 企 業 の 現 地 シェア60% 2009 年 8 月 方 式 採 用 ベネズエラ 同 100% 2009 年 10 月 方 式 採 用 ボリビア 同 100% 2010 年 7 月 方 式 採 用 ボツワナ 同 100% 2013 年 2 月 方 式 採 用 総 務 省 調 べ (H27.5 時 点 ) これからの 受 注 傾 向 < 地 デジインフラ 整 備 が 本 格 化 > ペルー( 1) チリ コスタリカ パラグアイ フィリピン スリランカ モルジブ 等 < 地 方 都 市 でのエリア 整 備 が 本 格 化 > ブラジル( 2) アルゼンチン < 地 デジの 高 度 サービス 展 開 > 緊 急 警 報 放 送 を 実 現 する 防 災 システム データ 放 送 を 用 いた 遠 隔 教 育 システム 等 1 国 営 放 送 をあまねく 国 民 に 送 り 届 けるため 全 国 2300カ 所 に 送 信 機 を 設 置 する 計 画 2 最 終 的 に 約 6800 台 のデジタル 送 信 機 が 整 備 される 予 定 ( 典 :フ ラシ ル 通 信 省 ) 2

4 世 界 のICTインフラの 市 場 シェア (グローバル 市 場 で 苦 戦 する 日 本 企 業 ) 2.6% 世 界 のインフラ 機 器 市 場 における 企 業 別 シェア(2012 年 ) 771 億 $ 379 億 $ 392 億 $ 3.7% 4.4% 日 本 勢 移 動 系 移 動 体 インフラ( 携 帯 電 話 基 地 局 等 ) 市 場 シェア(2012 年 ) 固 定 系 ( 代 表 例 ) ルータ スイッチ 市 場 シェア(2012 年 ) 地 域 別 シ ェ ア 46.3% 23.7% 日 本 北 米 アジア 太 平 洋 西 欧 南 米 東 欧 中 東 アフリカ 世 界 日 本 北 米 アジア 太 平 洋 西 欧 南 米 東 欧 中 東 アフリカ Alaxala :アラクサラネットワークス 株 式 会 社 日 立 :60% NEC:40%の で 構 成 されている 日 本 企 業 典 平 成 25 年 版 情 報 通 信 白 書 3

5 ( 株 ) 海 外 通 信 放 送 郵 便 事 業 支 援 機 構 新 設 海 外 における 通 信 放 送 郵 便 事 業 への 我 が 国 事 業 者 の 参 入 促 進 を 図 るため や 専 門 家 派 遣 等 の 支 援 を 行 う 機 関 を 創 設 産 業 投 :200 億 円 政 府 保 証 : 70 億 円 背 景 我 が 国 の 経 済 成 長 のためには ASEANなど 海 外 で 拡 大 する 通 信 放 送 郵 便 サービスの 需 要 を 他 国 に 先 駆 けて 取 り 込 むことが 必 要 ( 相 手 国 内 のインフラを 整 備 し その 運 営 及 び 維 持 管 理 を 行 うことにより 併 せてICTサービス や 放 送 コンテンツ 等 の 提 供 を パッケージ で 展 開 すること が 有 効 ) また 地 上 デジタルテレビ 放 送 ( 地 デジ) 日 本 方 式 の 海 外 展 開 で 培 った 人 脈 等 を 我 が 国 のICT 分 野 全 体 の 市 場 拡 大 につなげることが 可 能 海 外 における 通 信 放 送 郵 便 事 業 は 規 制 分 野 であるが 故 の 政 治 リスクやそれに 伴 う 需 要 リスクの 影 響 が 大 きいこと から 長 期 リスクマネーの 供 給 によるサポートが 有 効 民 間 企 業 ( 単 / 複 ) 連 携 政 府 民 間 ( ) 株 式 会 社 海 外 通 信 放 送 郵 便 事 業 支 援 機 構 < 存 続 期 間 :20 年 > 事 一 業 体 参 的 画 に 実 運 営 施 支 援 等 連 携 民 間 銀 行 等 融 等 施 策 概 要 日 本 企 業 が 海 外 に 現 地 法 人 を 設 立 するなどして 行 う 通 信 放 送 郵 便 事 業 等 に 対 し 等 を 通 じて 支 援 を 行 う 1 ( 民 間 との 共 同 ) 2 事 業 参 画 運 営 支 援 ( 相 手 国 政 府 との 交 渉 通 信 放 送 郵 便 分 野 の 専 門 家 派 遣 等 ) 現 地 事 業 体 ( 対 象 事 業 者 ) 相 手 国 側 通 信 放 送 郵 便 事 業 は 規 制 分 野 であり 政 治 的 影 響 を 受 けやすいとい うリスクがあること 等 から 民 間 金 融 機 関 等 からの が 集 まりにくい こうした 事 情 を 踏 まえ 設 立 時 の 民 間 は20 億 円 程 度 を 予 定 < 想 定 されるプロジェクト> 通 信 事 業 者 やケーブルテレビ 事 業 者 が 使 用 する 光 ファイバ 網 の 整 備 運 営 及 びこれと 一 体 的 に 行 う 放 送 コンテンツの 提 供 衛 星 を 活 用 した 地 デジ 中 継 網 の 整 備 運 営 等 4

6 5 ( 株 ) 海 外 通 信 放 送 郵 便 事 業 支 援 機 構 の 組 織 図 (イメージ) 役 職 員 数 :20 名 程 度 ( 設 立 当 初 ) 株 主 総 会 取 締 役 会 代 表 取 締 役 社 長 取 締 役 社 外 取 締 役 海 外 通 信 放 送 郵 便 事 業 委 員 会 監 査 役 総 務 部 門 事 業 部 門 審 査 部 門

7 6 案 件 候 補 ( 例 ) 光 通 信 システムの 整 備 運 用 一 般 家 庭 企 業 付 加 価 値 サービス 提 供 高 画 質 (HD/4K/8K) TV 放 送 超 高 速 ブロードバンド 等 CATV 事 業 者 通 信 事 業 者 ICT 利 活 用 システム 放 送 コンテンツ 提 供 光 通 信 システム の 構 築 運 用 保 守 請 負 現 地 合 弁 会 社 (JV) 機 器 提 供 設 置 工 事 保 守 運 用 専 門 家 派 遣 等 融 日 本 企 業 コンソーシア ム A 社 現 地 パートナー 等 新 機 構 金 融 機 関 ( 政 府 系 含 む) 地 デジ 中 継 網 等 の 整 備 運 用 放 送 センター < 放 送 事 業 者 > 中 継 伝 送 網 全 国 各 地 の デジタル 地 上 波 送 信 所 < 通 信 事 業 者 等 > 携 帯 電 話 網 の 基 地 局 官 公 庁 現 地 合 弁 会 社 (JV) 衛 星 通 信 サービス 提 供 専 門 家 派 遣 等 B 社 現 地 通 信 放 送 事 業 者 等 新 機 構

8 参 考 ICT 国 際 展 開 に 係 るトップセールスの 取 組 1 インドネシア 防 災 ICTシステム : 協 力 合 意 ( ジャカルタ : 通 信 情 報 大 臣 国 民 福 祉 調 整 大 臣 等 ) インドネシア 政 府 と 防 災 ICT 等 の 実 導 入 に 向 けたICT 共 同 作 業 部 会 を4 回 開 催 するなど 導 入 及 び 更 なる 展 開 に 向 けて 協 議 中 にインドネシアよりODA 要 請 ( 防 災 無 償 20 億 円 )が 我 が 国 に 寄 せられており 協 力 準 備 調 査 を 実 施 中 包 括 的 なICT 協 力 : 協 力 合 意 ( 東 京 : 通 信 情 報 大 臣 ) 我 が 国 事 業 者 が 海 底 ケーブルを 受 注 (14 年 8 月 約 260 億 円 ) ミャンマー ICTインフラ 防 災 ICT 郵 便 システム : 協 力 に 関 する 実 務 的 協 議 の 実 施 を 合 意 ( 東 京 : 通 信 情 報 技 術 大 臣 ) ICTインフラ : 国 営 通 信 事 業 者 と 日 本 企 業 が 業 務 提 携 (2014 年 7 月 投 額 2,000 億 円 ) 円 借 款 ( 供 与 限 度 額 105 億 円 ) の 交 換 公 文 署 名 (2015 年 3 月 ) 郵 便 システム : 郵 便 分 野 の 協 力 に 関 する 覚 書 を 更 新 ( 東 京 : 通 信 情 報 技 術 大 臣 ) 実 務 的 協 議 の 加 速 について 合 意 ( 東 京 : 通 信 情 報 技 術 大 臣 ) 技 術 協 力 開 始 に 向 けてほぼ 合 意 ( ネーピードー: 大 統 領 通 信 情 報 技 術 大 臣 等 ) 郵 便 分 野 の 協 力 に 関 する 覚 書 締 結 ( 東 京 : 通 信 情 報 技 術 大 臣 ) 日 本 の 専 門 家 派 遣 により 郵 便 改 善 実 施 (2014.5より 開 始 ) ヤンゴン 中 央 郵 便 局 の 新 装 を 記 念 し 安 倍 総 理 が 訪 問 ベトナム 包 括 的 なICT 協 力 : 覚 書 更 新 ( ハノイ : 情 報 通 信 大 臣 ) ハノイで 日 越 ICTフォーラム 政 策 対 話 を 開 催 あわせて 郵 便 分 野 における 協 力 に 関 する 覚 書 を 締 結 地 デジ 日 本 方 式 : 採 用 (2014 年 5 月 ) 安 倍 総 理 のスリランカ 訪 問 時 の 首 脳 会 談 で 円 借 款 供 与 ( 約 137 億 円 )を 正 式 表 明 ICTシステム 協 力 : 検 討 開 始 に 大 筋 合 意 郵 便 システムのアピール インド ICT 協 力 : 協 力 合 意 ( 東 京 : 通 信 IT 大 臣 ) 第 1 回 日 印 合 同 作 業 部 会 を 開 催 ICTインフラ 等 に 関 する 共 同 事 業 について 議 論 第 2 回 会 合 開 催 共 同 事 業 を 採 択 2015 第 3 回 会 合 開 催 予 定 防 災 ICT: 我 が 国 事 業 者 が 固 体 化 気 象 レーダー を 受 注 (2014 年 8 月 ) ( デリー : 電 気 通 信 規 制 庁 委 員 長 ) スリランカ ( コロンボ: 大 統 領 等 ) ( 東 京 :マスメディア 情 報 大 臣 ) フィリピン 地 デジ 日 本 方 式 : 採 用 再 表 明 (2013 年 11 月 ) ( 東 京 : 科 学 技 術 大 臣 ( 強 い 働 きかけ)) 迅 速 なデジタル 化 促 進 のため 共 同 作 業 部 会 等 を 通 じて 引 き 続 き 支 援 を 実 施 本 放 送 開 始 (2015 年 2 月 11 日 ) 防 災 ICT: 協 力 合 意 ( 潮 位 計 60カ 所 受 注 ) ICTシステム 協 力 : 共 同 声 明 署 名 ( マニラ : 官 房 長 官 大 統 領 府 長 官 広 報 大 臣 科 学 技 術 大 臣 ) ICTシステム 協 力 : 覚 書 締 結 ( 東 京 : 科 学 技 術 大 臣 ) トルコ 包 括 的 なICT 協 力 : 実 務 的 協 議 の 実 施 を 合 意 ( アンカラ : 運 輸 海 事 通 信 大 臣 ) 衛 星 : 我 が 国 事 業 者 がTurksat 社 (トルコ 国 営 企 業 )から 2 機 の 通 信 放 送 衛 星 を 受 注 (2011 年 3 月 ) 現 在 次 期 通 信 衛 星 の 調 達 に 向 けた 調 査 や 働 きかけを 実 施 ウズベキスタン 包 括 的 なICT 協 力 : 協 力 合 意 ( タシケント: 通 信 情 報 電 気 通 信 技 術 委 員 長 ) カタール 包 括 的 なICT 協 力 : 協 力 合 意 ( 東 京 : 情 報 通 信 技 術 大 臣 ) モルディブ 地 デジ 日 本 方 式 : 採 用 (2014 年 4 月 ) ( 防 災 教 育 医 療 ) ( マレ : 大 統 領 運 輸 通 信 大 臣 等 ) ( マニラ : 運 輸 通 信 大 臣 ) ( ,16 東 京 : 大 統 領 ) タイ 包 括 的 なICT 協 力 : 共 同 声 明 署 名 等 ( バンコク : 首 相 情 報 通 信 技 術 大 臣 等 ) 7

9 参 考 ICT 国 際 展 開 に 係 るトップセールスの 取 組 2 ブラジル 地 デジ 日 伯 方 式 : 採 用 (2006 年 6 月 ) 世 界 展 開 連 携 強 化 合 意 ICTシステム 協 力 : 覚 書 締 結 (4K/8K 防 災 国 土 管 理 農 業 教 育 医 療 ) ( ブラジリア : 通 信 大 臣 ) 日 伯 ICTダイアログを 開 催 我 が 国 事 業 者 がブラジル-アンゴラ 間 の 海 底 ケーブルプロジェクト を 受 注 (2014 年 11 月 約 180 億 円 ) チリ 地 デジ 日 伯 方 式 : 採 用 (2009 年 9 月 ) 本 放 送 開 始 に 向 けた 支 援 を 実 施 中 ICTシステム 協 力 : 共 同 声 明 に 署 名 (2015 年 5 月 ) ( 東 京 : 通 信 次 官 ) ICT 分 野 に 関 するハイレベル 官 民 合 同 ミッションをチリに 派 遣 ICT 分 野 での 協 力 に 関 する 共 同 声 明 に 署 名 エクアドル 地 デジ 日 伯 方 式 : 採 用 (2010 年 3 月 ) 本 放 送 開 始 に 向 けた 支 援 を 実 施 中 地 デジ ICT 分 野 の 官 民 ミッション 派 遣 ICTシステム 協 力 : 覚 書 締 結 (2015 年 1 月 ) ( 東 京 : 通 信 情 報 社 会 副 大 臣 ) コロンビア ICTシステム 協 力 : 覚 書 締 結 (2015 年 3 月 ) ICT 分 野 の 官 民 ミッション 派 遣 ( 東 京 : 通 信 次 官 ) ボツワナ 地 デジ 日 伯 方 式 : 決 定 (2013 年 2 月 ) 覚 書 締 結 ( 東 京 : 公 共 政 策 担 当 大 臣 ) 技 術 協 力 プロジェクトの 開 始 ICTシステム 協 力 : 意 見 交 換 ( 防 災 国 土 管 理 教 育 医 療 ) ( 東 京 ハボロネ : 運 輸 通 信 大 臣 ) ( ハボロネ : 公 共 政 策 担 当 大 臣 ) 我 が 国 事 業 者 がボツワナ 国 営 放 送 局 から 地 デジ 送 信 機 を 受 注 (2014 年 10 月 ) ボツワナ 政 府 からデータ 放 送 システムを 受 注 (2015 年 6 月 ) オーストラリア G 空 間 をはじめとしたICT 協 力 : ワークショップの 開 催 等 について 合 意 ( シドニー : 産 業 大 臣 及 び 通 信 大 臣 ) シドニーにおいてワークショップを 開 催 日 豪 ICT 政 策 対 話 (シドニー)を 開 催 チェコ 包 括 的 なICT 協 力 : 実 務 的 協 議 の 実 施 を 合 意 ( プラハ: 内 務 大 臣 ) フィンランド 包 括 的 なICT 協 力 : 実 務 的 協 議 の 継 続 を 合 意 ( ヘルシンキ : 住 宅 通 信 大 臣 ) イスラエル 包 括 的 なICT 協 力 : 協 力 合 意 ( エルサレム: 通 信 大 臣 ) 8

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書 1 1 21 22 23 2 2 2 2 2 2 30 31 32 33 3 3 3 3 3 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 別 紙 様 式 第 三 十 三 財 務 大 臣 殿 ( 日 本 銀 行 経 由 ) 責 任 者 氏 名 担 当 者 の 氏 名 電 話 番 号 短 期 債 権 国 ( 地 域 ) 別 ミャンマー 中 国 香

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63> 世 界 50カ 国 潜 在 力 調 査 2007 年 ( 要 約 ) 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 センター Japan Center for Economic Research 2008 年 1 月 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 13 位 にやや 後 退 50 カ 国 を 対 象 に 潜 在 競 争 力 ランキングを 作 成 した 潜 在 競 争 力 とは

More information

平成26年要約版(閲覧用)

平成26年要約版(閲覧用) 海 外 在 留 邦 人 数 調 査 統 (Annual Report of Statistics on Japanese Nationals Overseas) 平 成 26 年 要 約 版 ( 平 成 25 年 (2013 年 )10 月 1 日 現 在 ) 外 務 省 領 事 局 政 策 課 目 次 利 用 の 手 引 き 1 1. 統 の 目 的 調 査 方 法 及 び 用 語 の 定 義

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378> 経 済 産 業 省 20140304 貿 局 第 4 号 輸 出 注 意 事 項 26 第 6 号 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 包 括 承 認 取 扱 要 領 を 次 のとおり 制 定 する 平 成 26 年 3 月 14 日 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 長 横 尾 英 博 包 括 承 認 取 扱 要 領 の 制 定 について 包 括 承 認 取 扱 要 領

More information

スライド 1

スライド 1 2014 年 7 月 8 日 2014 年 度 APIR GRIPS 共 催 セミナー 資 料 ものづくり 中 小 企 業 の 海 外 進 出 と 地 方 自 治 体 の 役 割 APIR 研 究 事 業 中 小 企 業 の 東 南 アジア 進 出 に 関 する 比 較 研 究 リサーチャー 大 阪 府 商 工 労 働 部 中 小 企 業 支 援 室 ものづくり 支 援 課 領 家 誠 ものづくり

More information

untitled

untitled 平 成 22 年 (2010 年 )3 月 1 日 NO.2010-09 韓 国 経 済 プレゼンス 拡 大 の 背 景 韓 国 は グローバル 金 融 危 機 後 世 界 的 にみて 比 較 的 早 い 段 階 で 景 気 が 持 ち 直 した ほか 家 電 や 自 動 車 といった 主 力 製 品 の 世 界 市 場 でのシェア 拡 大 など 躍 進 が 目 立 っ ている 以 下 では 最 近

More information

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 平 成 22 年 (2010 年 ) 外 国 貿 易 年 表 長 崎 税 関 凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 月 まで)を 含 む )

More information

immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2

immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2 1 immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2 Ibrahim Baylan (skolministern) km segregation citizen 3 4 5 1 2 1950 3 4 5 市 民 (Citizens) 自 治 体 ( 県 )による 医 療 支 援 U N H C R 書 類 選 考 受 入 決 定 政 府

More information

2 図 8-2 平 成 26 年 度 末 派 遣 先 機 関 別 状 況 指 令 で 定 める 機 関 11 人 ( 2.8%) 研 究 所 8 人 ( 2.0%) 外 国 政 府 140 人 (35.8%) 国 際 連 合 116 人 (29.7%) 派 遣 者 総 数 391 人 (100.0%

2 図 8-2 平 成 26 年 度 末 派 遣 先 機 関 別 状 況 指 令 で 定 める 機 関 11 人 ( 2.8%) 研 究 所 8 人 ( 2.0%) 外 国 政 府 140 人 (35.8%) 国 際 連 合 116 人 (29.7%) 派 遣 者 総 数 391 人 (100.0% 8 8 グローバル 化 の 急 速 な 進 展 の 中 人 事 行 政 の 分 野 においても 国 際 協 力 や 国 際 交 流 の 重 要 性 は 高 まっており 開 発 途 上 国 政 府 や 国 際 機 関 への 技 術 協 力 を 目 的 とする 日 本 の 公 務 員 に 対 する 派 遣 要 請 に 加 え 各 国 政 府 職 員 の 人 材 育 成 や 公 務 員 制 度 の 整 備

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817993FA967B8CEA81698DC48DB791D694C5816A817A8A6D92E85F8DE096B18FC85F93FA8FD88BA6835A837E8369815B8E9197BF>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817993FA967B8CEA81698DC48DB791D694C5816A817A8A6D92E85F8DE096B18FC85F93FA8FD88BA6835A837E8369815B8E9197BF> 日 本 国 債 市 場 と 国 債 管 理 政 策 2012 年 10 月 12 日 ( 金 ) 財 務 省 大 臣 官 房 審 議 官 ( 理 財 局 担 当 ) 美 並 義 人 JGB 発 行 残 高 の 推 移 1990 年 代 の 公 共 事 業 費 の 増 加 近 年 の 社 会 保 障 費 の 増 加 による 歳 出 増 景 気 悪 化 や 減 税 による 税 収 減 により 国 の 債

More information

Microsoft PowerPoint - 1_MOFA_rev_【再セット】160120外務省中野講演資料(COP21報告) .pptx

Microsoft PowerPoint - 1_MOFA_rev_【再セット】160120外務省中野講演資料(COP21報告) .pptx COP21の 概 要 について 2016 年 1 月 20 日 外 務 省 国 際 協 力 局 気 候 変 動 課 長 中 野 潤 也 2020 年 以 降 の 国 際 枠 組 みに 向 けた 国 際 交 渉 京 都 議 定 書 採 択 時 と 比 べ 世 界 のエネルギー 起 源 CO2 排 出 量 における 途 上 国 のシェ アが 急 速 に 拡 大 2010 年 時 点 において 京 都 議

More information

スライド 1

スライド 1 資 料 2 観 光 の 現 状 と 政 府 の 取 組 平 成 28 年 2 月 17 日 観 光 庁 長 官 田 村 明 比 古 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 の 推 移 万 人 2000 1900 1800 1700 1600 1973.7 万 人 (47.1% 増 ) 12 月 :177.3 万 人 (43.4% 増 ) 11 月 :164.8 万 人 (41.0% 増 ) 10 月 :182.9

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 結 果 調 査 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 現 在 神 奈 川 県 県 民 局 くらし 文 化 部 国 際 課 1 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 概 要 2 調 査 対 象 者 程 神 ) 奈 川 高 県

More information

スライド 1

スライド 1 摂 南 大 学 講 演 会 資 料 テーマ 税 の 役 割 と 税 務 署 の 仕 事 平 成 24 年 6 月 27 日 枚 方 税 務 署 税 の 役 割 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ 財 政 の 現 状 社 会 資 本 整 備 と 公 共 サービスの 費 用 教 育 費 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ ~ 支 え 合 いにより 成 り 立 っている 社 会 ~ 公

More information

リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 図 EU(7ヵ 国 )での 国 別 輸 入 シェアの 変 化 1 1 1 米 国 中 国 スイス ロシア ( 出 所 )E os より 作 成 日 本 ル 年 1 月 9 年 1 月 韓 国 インドブラジル 図 3 ASEAN 主 要 ヵ 国 の 輸 出 額

リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 図 EU(7ヵ 国 )での 国 別 輸 入 シェアの 変 化 1 1 1 米 国 中 国 スイス ロシア ( 出 所 )E os より 作 成 日 本 ル 年 1 月 9 年 1 月 韓 国 インドブラジル 図 3 ASEAN 主 要 ヵ 国 の 輸 出 額 リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 社 団 法 人 日 本 貿 易 会 調 査 グループ 米 国 での 金 融 不 安 の 発 生 とそれに 拍 車 を 掛 けた 年 9 月 のリーマンショックから1 年 が 経 過 した 米 国 経 済 の 急 速 な 景 気 後 退 は 米 国 と 相 互 依 存 関 係 を 深 める 世 界 各 国 の 実 体 経 済 にも 波 及 し 世 界 貿 易

More information

untitled

untitled 国 際 緊 急 援 助 隊 の 沿 革 と 今 日 の 課 題 ~ 求 められる 大 規 模 災 害 に 対 する 国 際 協 力 の 推 進 ~ 外 交 防 衛 委 員 会 調 査 室 なかうち 中 内 やすお 康 夫 1.はじめに 2011 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 に 対 しては 海 外 から 様 々な 形 での 緊 急 援 助 が 寄 せられた これまでに

More information

ASEAN NOW (Vol.15)

ASEAN NOW (Vol.15) 東 南 アジア 経 済 1 年 月 日 全 13 頁 ASEAN NOW (Vol.) アセアンへの 外 国 人 観 光 客 事 情 経 済 調 査 部 佐 藤 清 一 郎 [ 要 約 ] 外 国 人 観 光 客 数 の 増 加 は 旅 行 サービス 輸 出 増 や 消 費 増 を 通 じて 訪 問 国 の 経 済 活 動 にプ ラスとなる 11 年 世 界 の 観 光 収 入 は 初 めて 1 兆

More information

スライド 1

スライド 1 ZESDAプロデュースカフェ 特 別 版 未 来 予 測 2014-2025 ~ 第 2 回 サスティナビリティ ~ 株 式 会 社 アクアビット 代 表 取 締 役 チーフ ビジネスプランナー 田 中 栄 1 未 来 予 測 レポート シリーズ 全 産 業 /マスター 版 2011 年 4 月 サスティナビリティ ( 環 境 資 源 エネルギー) 2013 年 7 月 ライフ イノベーション 食

More information

ベトナム 建 設 省 及 び 政 府 官 房 が 集 計 した 受 注 金 額 データによると 計 上 額 に 偏 在 が 見 ら れるが 全 体 的 な 傾 向 としては 受 注 を 伸 ばしたいという 日 本 の 意 向 に 拘 わらず 特 に 韓 国 に 大 きな 差 をつけられている 状 態

ベトナム 建 設 省 及 び 政 府 官 房 が 集 計 した 受 注 金 額 データによると 計 上 額 に 偏 在 が 見 ら れるが 全 体 的 な 傾 向 としては 受 注 を 伸 ばしたいという 日 本 の 意 向 に 拘 わらず 特 に 韓 国 に 大 きな 差 をつけられている 状 態 建 設 分 野 における 競 合 国 に 関 する 調 査 研 究 概 要 (1) 調 査 研 究 の 目 的 技 術 力 等 の 強 みを 活 かした 海 外 展 開 の 取 組 が 進 められているところ 日 本 の 技 術 力 品 質 信 頼 等 に 関 する 定 評 に 拘 わらず 受 注 に 結 びつかない 状 況 が 生 じている また 人 口 減 少 に 伴 う 日 本 国 内 市 場

More information

2016/2/3 総 合 政 策 局 海 外 プロジェクト 推 進 課 第 3 回 日 緬 建 設 次 官 級 会 合 の 開 催 について( 報 告 ) 2016/2/3 総 合 政 策 局 公 共 事 業 企 画 調 整 課 建 設 現 場 へのICT 技 術 の 全 面 的 な 活 用 (i-

2016/2/3 総 合 政 策 局 海 外 プロジェクト 推 進 課 第 3 回 日 緬 建 設 次 官 級 会 合 の 開 催 について( 報 告 ) 2016/2/3 総 合 政 策 局 公 共 事 業 企 画 調 整 課 建 設 現 場 へのICT 技 術 の 全 面 的 な 活 用 (i- 2016/2/1 住 宅 局 建 築 指 導 課 基 礎 ぐい 工 事 における 工 事 監 理 ガイドライン( 案 )に 関 するパブリックコメントについて 2016/2/1 土 地 建 設 産 業 局 建 設 市 場 整 備 課 2016/2/1 土 地 建 設 産 業 局 不 動 産 市 場 整 備 課 高 校 生 に 建 設 産 業 の 魅 力 を 発 信 するキャラバンを 実 施 します~

More information

JCER 世 界 50ヶ 国 潜 在 力 調 査 2006 年 ( 要 約 ) 別 紙 1-1 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 セ ン タ ー Japan Center for Economic Research 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 12 位 に 浮

JCER 世 界 50ヶ 国 潜 在 力 調 査 2006 年 ( 要 約 ) 別 紙 1-1 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 セ ン タ ー Japan Center for Economic Research 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 12 位 に 浮 都 市 力 について 考 えましょう H20.3.21 春 夏 秋 冬 本 音 クラブ 話 題 提 供 者 安 達 司 郎 あなたは 今 の 日 本 を 東 京 をどんな 街 にしたいですか 都 市 力 とは 将 来 に 向 かっての 都 市 の 競 争 力 や 社 会 資 本 の 充 実 度 その 都 市 の 多 様 な 魅 力 の 総 合 力 と 仮 定 します 1. 今 日 の 議 論 のポイント

More information

2010 2050 2008 2020 自 然 災 害 自 然 災 害 による 死 傷 者 数 10,651 万 人 (2012 年 ) 世 界 的 課 題 の 顕 在 化 水 不 足 人 口 45 年 で5 倍 以 上 医 療 健 康 3 大 感 染 症 死 亡 者 335 万 人 / 年 5 歳

2010 2050 2008 2020 自 然 災 害 自 然 災 害 による 死 傷 者 数 10,651 万 人 (2012 年 ) 世 界 的 課 題 の 顕 在 化 水 不 足 人 口 45 年 で5 倍 以 上 医 療 健 康 3 大 感 染 症 死 亡 者 335 万 人 / 年 5 歳 I C T 国 際 展 開 平 成 26 年 12 月 11 日 総 務 省 阪 本 泰 男 2010 2050 2008 2020 自 然 災 害 自 然 災 害 による 死 傷 者 数 10,651 万 人 (2012 年 ) 世 界 的 課 題 の 顕 在 化 水 不 足 人 口 45 年 で5 倍 以 上 医 療 健 康 3 大 感 染 症 死 亡 者 335 万 人 / 年 5 歳 未 満

More information

スライド 1

スライド 1 タイ 投 資 セミナー in 仙 台 札 幌 最 近 の 日 本 企 業 の 進 出 動 向 とタイの 魅 力 目 次 1. タイへの 日 本 企 業 の 進 出 状 況 2. タイのビジネス 環 境 上 の 優 位 点 ~ 生 産 拠 点 として 消 費 市 場 として~ 3. の 課 題 4.まとめ 2 1.タイへの 日 本 企 業 の 進 出 状 況 3 ASEANでは 日 本 企 業 はタイに

More information

目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV ファイルの

目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV ファイルの (28.3) ハローワークシステム 外 国 人 雇 用 状 況 届 出 雇 用 情 報 複 数 登 録 手 順 書 目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV

More information

スライド 1

スライド 1 日 本 と 中 南 米 との 経 済 関 係 について 2012 年 2 月 通 商 政 策 局 中 南 米 室 目 次 メルコスール 中 南 米 の 状 況 各 国 事 情 ブラジル チリ コロンビア メルコスール( 南 米 南 部 共 同 市 場 )の 概 要 設 立 年 月 1991 年 3 月 アスンシオン 条 約 署 名 (1994 年 末 までに 域 内 関 税 撤 廃 を 目 的 としたメルコスール

More information

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5>

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5> 1 技 能 実 習 制 度 の 見 直 し 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014 抜 粋 第 一 ( 総 論 ) Ⅱ. 改 定 戦 略 における 鍵 となる 施 策 2. 担 い 手 を 生 み 出 す ~ 女 性 の 活 躍 促 進 と 働 き 方 改 革 (3) 外 国 人 材 の 活 用 多 様 な 価 値 観 や 経 験, 技 術 を 持 った 海 外 からの 人 材 がもっと 日 本

More information

融 インフラ から 政 策 の 翼 を 担 う 港 港 は 世 界 最 のオフショア 元 市 場 を 持 つことから 世 界 の 融 センターとしての ち 位 置 があります オフショアとは 融 の 世 界 においては 規 制 が 非 常 に 少 なく 国 外 からの 所 得 に 対 して 所 得

融 インフラ から 政 策 の 翼 を 担 う 港 港 は 世 界 最 のオフショア 元 市 場 を 持 つことから 世 界 の 融 センターとしての ち 位 置 があります オフショアとは 融 の 世 界 においては 規 制 が 非 常 に 少 なく 国 外 からの 所 得 に 対 して 所 得 ハーベスト グローバル インベストメント リミテッド 提 供 の 情 報 に 基 づき SBIアセットマネジメントが 作 成 帯 路 政 策 の 窓 となる 港 2016 年 7 月 吉 日 サミットの 様 子 2016 年 5 が 提 唱 する 帯 路 構 想 に 関 するサミットが 港 特 別 政 区 政 府 主 導 で 開 催 され 全 代 委 員 をはじ め 政 策 の 恩 恵 を 受 ける

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 参 考 資 料 観 光 を 取 り 巻 く 現 状 平 成 28 年 5 月 11 日 東 京 都 目 次 世 界 の 旅 行 者 数 の 推 移 ( 今 後 の 予 測 ) 1 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 の 推 移 2 国 地 域 別 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 の 内 訳 (2015 年 ) 3 外 国 人 旅 行 者 受 入 数 の 国 際 比 較 (2014 年 ) 4 空

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A5F835A8362836794C55F3132303530338140415345414E2B338DE096B191E5906289EF8B638BA493AF83588365815B83678381839383678169837D836A8389816A8179986195B6817A205F345F205F325F205F325F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A5F835A8362836794C55F3132303530338140415345414E2B338DE096B191E5906289EF8B638BA493AF83588365815B83678381839383678169837D836A8389816A8179986195B6817A205F345F205F325F205F325F2E646F63> 第 15 回 ASEAN+3( 日 中 韓 ) 財 務 大 臣 中 央 銀 行 総 裁 会 議 共 同 ステートメント(ポイント) 2012 年 5 月 3 日 フィリピン マニラ Ⅰ. 序 1 第 15 回 ASEAN+3 財 務 大 臣 中 央 銀 行 総 裁 会 議 を キアット 経 済 財 政 大 臣 (カ ンボジア) 及 びパク ジェワン 企 画 財 政 部 長 官 ( 韓 国 )の 共

More information

イルカを 水 族 館 などの 施 設 に 囲 うことを 禁 止 した 国 と 厳 しい 基 準 によって 水 族 館 でイルカを 飼 育 できなくなった 国 及 び その 詳 細 クロアチア:2009 年 7 月 イルカのいる 水 族 館 (イルカ 水 族 館 ) 及 び それに 準 ずる 施 設

イルカを 水 族 館 などの 施 設 に 囲 うことを 禁 止 した 国 と 厳 しい 基 準 によって 水 族 館 でイルカを 飼 育 できなくなった 国 及 び その 詳 細 クロアチア:2009 年 7 月 イルカのいる 水 族 館 (イルカ 水 族 館 ) 及 び それに 準 ずる 施 設 水 族 館 に 関 する 世 界 の 動 向 及 び イルカ クジラ 類 の 保 護 イルカ 保 護 の 認 識 を 持 たない 日 本 の 現 状 国 際 連 合 は 2007 年 及 び 2008 年 を 国 際 イルカ 年 と 宣 言 し 地 球 的 規 模 で イルカを 保 護 するために 活 動 しました しかし 日 本 ではほとんどニュースに なりませんでした 日 本 では イルカ クジラ

More information

スリランカの 主 権 独 立 統 一 および 領 土 保 全 に 対 する 理 事 会 の 公 約 を 再 確 認 し 各 国 の 全 住 民 のあらゆる 人 権 および 基 本 的 自 由 の 完 全 な 享 受 を 確 保 することは 各 国 の 責 任 で あることもまた 再 確 認 し テロ

スリランカの 主 権 独 立 統 一 および 領 土 保 全 に 対 する 理 事 会 の 公 約 を 再 確 認 し 各 国 の 全 住 民 のあらゆる 人 権 および 基 本 的 自 由 の 完 全 な 享 受 を 確 保 することは 各 国 の 責 任 で あることもまた 再 確 認 し テロ 総 会 A/HRC/RES/25/1 配 布 : 一 般 2014 年 4 月 9 日 原 文 : 英 語 人 権 理 事 会 第 25 会 期 議 事 日 程 議 題 2 国 際 連 合 人 権 高 等 弁 務 官 年 次 報 告 書 および 高 等 弁 務 官 事 務 所 並 びに 事 務 総 長 報 告 書 人 権 理 事 会 により 採 択 された 決 議 25/1. スリランカにおける 和

More information

<8370836C838B9357323031308366815B835E2E786C73>

<8370836C838B9357323031308366815B835E2E786C73> 生 活 1 人 口 世 帯 数 世 帯 人 員 の 減 少 傾 向 が 続 く 人 口,, 3, 3,,,, 1,, 17,7 9,1 13,13 1,1 39,7 人 17,19 戸,9 人 17,7 人 19 19 19 197 197 19 19 199 199 9 女 男 世 帯 数 人 口 の 合 計 世 帯 数 ( 戸 ), 1, 1, 1, 1, 1,,,,, 豊 中 市 の 人 口

More information

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し わが 国 製 造 業 企 業 の 海 外 事 業 展 開 に 関 する 調 査 報 告 -2013 年 度 海 外 直 接 投 資 アンケート 結 果 ( 第 25 回 )- 2013 年 11 月 国 際 協 力 銀 行 業 務 企 画 室 調 査 課 本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション カンボジア 投 資 セミナー( 日 本 アセアンセンター 駐 日 カンボジア 王 国 大 使 館 主 催 ) カンボジアでのビジネスの 可 能 性 ~カンボジアへの 投 資 促 進 に 関 する 調 査 結 果 を 踏 まえて~ 2006 年 11 月 15 日 : 名 古 屋 11 月 17 日 : 東 京 JICAカンボジア 国 経 済 政 策 支 援 調 査 団 1 目 次 1. 調 査 の

More information

アフリカの持続可能な成長に貢献するために

アフリカの持続可能な成長に貢献するために アフリカの 持 続 可 能 な 成 長 に 貢 献 するために ~TICAD Ⅵに 向 けた 経 済 界 のアフリカ 戦 略 ~ 2016 年 1 月 19 日 1.はじめに いまや 最 後 のフロンティアともいえるアフリカ 市 場 は 大 きな 成 長 を 遂 げつ つある 人 口 は 2010 年 には 10 億 人 を 突 破 し 2050 年 には 20 億 人 を 超 え 中 国 インドを

More information

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc 平 成 25 年 3 月 8 日 社 団 法 人 日 本 アクチュアリー 会 平 成 24 年 度 CERA 資 格 認 定 について 日 本 アクチュアリー 会 ( 理 事 長 : 野 呂 順 一 )は 平 成 24 年 度 から ERM(エンタープライズ リ スク マネジメント)の 専 門 資 格 である CERA の 資 格 認 定 を 開 始 いたしました CERA 資 格 認 定 の 概

More information

なぜガーリックとココナッツか? 選 択 した 理 由 について 日 本 において ガーリックは 中 国 からの 輸 入 に 依 存 している ココナッツもフィリピンからの 輸 入 が 多 い ともに 依 存 率 が 高 い ガーリックはチャイナフリーのニーズが 上 昇 ココナッツは 世 界 的 な

なぜガーリックとココナッツか? 選 択 した 理 由 について 日 本 において ガーリックは 中 国 からの 輸 入 に 依 存 している ココナッツもフィリピンからの 輸 入 が 多 い ともに 依 存 率 が 高 い ガーリックはチャイナフリーのニーズが 上 昇 ココナッツは 世 界 的 な インドネシア 産 有 望 産 品 について (ガーリック ココナッツ) 小 林 桂 株 式 会 社 藤 澤 祥 大 なぜガーリックとココナッツか? 選 択 した 理 由 について 日 本 において ガーリックは 中 国 からの 輸 入 に 依 存 している ココナッツもフィリピンからの 輸 入 が 多 い ともに 依 存 率 が 高 い ガーリックはチャイナフリーのニーズが 上 昇 ココナッツは 世

More information

会報宇宙2016.indd

会報宇宙2016.indd 山 川 宏 京 都 大 学 教 授 内 閣 府 宇 宙 政 策 委 員 会 委 員 山 川 宏 1.はじめに 2008 年 5 月 に 超 党 派 で 成 立 した 宇 宙 基 本 法 は 宇 宙 開 発 利 用 を 国 家 戦 略 の 一 つと 位 置 付 け 宇 宙 開 発 利 用 に 関 する 施 策 を 総 合 的 かつ 計 画 的 に 推 進 すること を 目 的 としたものです この 宇

More information

これまでの 経 緯 アジア 通 貨 危 機 (1997~1998 年 ) 以 前 アジア 諸 国 は ドル 等 の 外 貨 を 海 外 から 短 期 で 借 り 入 れ 自 国 通 貨 建 てで 国 内 の 長 期 の 融 資 を 実 施 このため 通 貨 ( 外 貨 と 自 国 通 貨 )と 期

これまでの 経 緯 アジア 通 貨 危 機 (1997~1998 年 ) 以 前 アジア 諸 国 は ドル 等 の 外 貨 を 海 外 から 短 期 で 借 り 入 れ 自 国 通 貨 建 てで 国 内 の 長 期 の 融 資 を 実 施 このため 通 貨 ( 外 貨 と 自 国 通 貨 )と 期 Ⅲ.アジア 債 券 市 場 育 成 イニシアティブ (ABMI) 2013 年 6 月 財 務 省 国 際 局 地 域 協 力 企 画 官 川 島 浩 二 これまでの 経 緯 アジア 通 貨 危 機 (1997~1998 年 ) 以 前 アジア 諸 国 は ドル 等 の 外 貨 を 海 外 から 短 期 で 借 り 入 れ 自 国 通 貨 建 てで 国 内 の 長 期 の 融 資 を 実 施 このため

More information

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 23 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 22 年 度 調 査 により 把

More information

数字で見る国連WFP 2014

数字で見る国連WFP 2014 2014 レベル3の 緊急支援 2014年 国連WFPはレベル3の緊急支援活動6件に並行して取り組みました レベル3とは 国連WFPが定める緊急事態の最高段階です 国連WFPは レベル3と判断した事態には 国事務所や地域事務所を中心としつつ 全組織を挙げて対応します 数字で見る国連WFP 2014 レベル3の 緊急支援 中央アフリカ共和国 法と秩序の崩壊により住む家を追われた100万人以上に支援を届けました

More information

Microsoft Word - 09 P88~102 研究ノート 青木健.doc

Microsoft Word - 09  P88~102  研究ノート 青木健.doc 研 究 ノ ー ト 廃 プラスチックと 古 紙 にみる リサイクル 資 源 の 世 界 貿 易 青 木 健 Takeshi Aoki 杏 林 大 学 総 合 政 策 学 部 教 授 ( 財 ) 国 際 貿 易 投 資 研 究 所 客 員 研 究 員 東 アジア 諸 国 の 多 くは 世 界 平 均 を 上 回 る 経 済 成 長 を 遂 げている そのた め 中 国 を 筆 頭 に 東 アジア 諸

More information

人 6 年 が11 人 平 成 27 年 が 統 計 を 有 している3 月 末 日 時 点 で2 人 である 申 請 数 と 認 定 数 認 定 率 の 推 移 6 5 4 3 2 1 25 26 27 28 29 21 211 212 213 214 215 年 3 月 申 請 数 ( 人 )

人 6 年 が11 人 平 成 27 年 が 統 計 を 有 している3 月 末 日 時 点 で2 人 である 申 請 数 と 認 定 数 認 定 率 の 推 移 6 5 4 3 2 1 25 26 27 28 29 21 211 212 213 214 215 年 3 月 申 請 数 ( 人 ) 人 第 189 回 国 会 質 問 第 233 号 参 議 院 議 員 石 橋 通 宏 議 員 我 が 国 における 難 民 認 定 の 状 況 に 関 す る 質 問 主 意 書 (215 年 8 月 1 日 ) 答 弁 書 第 233 号 参 議 院 議 員 石 橋 通 宏 君 提 出 我 が 国 における 難 民 認 定 の 状 況 に 関 する 質 問 に 対 する 答 弁 書 (215 年

More information

1 覚 醒 剤 密 輸 入 事 犯 の 概 況 押 収 量 は 5 年 連 続 で2kg 超 となる 約 289kgであった 摘 発 件 数 124 件 は 過 去 1 年 間 で2 番 目 となった 東 京 税 関 における 覚 醒 剤 摘 発 実 績 4 35 kg 押 収 量 件 数 件 2

1 覚 醒 剤 密 輸 入 事 犯 の 概 況 押 収 量 は 5 年 連 続 で2kg 超 となる 約 289kgであった 摘 発 件 数 124 件 は 過 去 1 年 間 で2 番 目 となった 東 京 税 関 における 覚 醒 剤 摘 発 実 績 4 35 kg 押 収 量 件 数 件 2 報 道 発 表 平 成 27 年 2 月 23 日 東 京 税 関 不 正 薬 物 の 摘 発 件 数 196 件 押 収 量 約 346kg 覚 醒 剤 大 麻 の 押 収 量 が 不 正 薬 物 全 体 の 約 98%を 占 めた 覚 醒 剤 の 摘 発 件 数 が 過 去 1 年 間 で2 番 目 を 記 録 ~ 平 成 26 年 の 東 京 税 関 における 不 正 薬 物 密 輸 入 事

More information

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ): 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 :

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ): 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 平 成 26 年 3 月 期 第 2 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 1. 平 成 26 年 3 月 期 第 2 四 半 期 の 連 結 業 績 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 ~ 平 成 25 年 9 月 30 日 ) 平 成 25 年 11 月 12 日 上 場 会 社 名 日 本 信 号 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 6741 URL

More information

香 港 & 中 国 中 国 紙 新 京 報 などは10 月 に 続 き11 月 も 資 金 が 海 外 へ 流 出 したとみられると 伝 えた 高 成 長 を 続 けてきた 中 国 経 済 の 減 速 と 欧 州 債 務 危 機 の 影 響 により 投 資 家 が 保 有 株 を 減 らす 後 押

香 港 & 中 国 中 国 紙 新 京 報 などは10 月 に 続 き11 月 も 資 金 が 海 外 へ 流 出 したとみられると 伝 えた 高 成 長 を 続 けてきた 中 国 経 済 の 減 速 と 欧 州 債 務 危 機 の 影 響 により 投 資 家 が 保 有 株 を 減 らす 後 押 2011 年 12 月 26 日 米 国 新 規 失 業 保 険 申 請 件 数 は36.4 万 件 に 減 少 08 年 4 月 以 来 の 低 水 準 となった 11 月 の 中 古 住 宅 販 売 件 数 は 前 月 比 で4% 増 を 示 し 10か 月 ぶりの 高 水 準 となった 米 議 会 が 給 与 減 税 の2ヶ 月 延 長 で 合 意 に 達 し オバマ 大 統 領 の 支 持

More information

スライド 1

スライド 1 官 : 国 家 戦 略 としての 宇 宙 和 歌 山 大 学 宇 宙 教 育 研 究 所 所 長 / 特 任 教 授 秋 山 演 亮 我 が 国 の 現 状 1 失 われた10 年 失 われた20 年 失 われた30 年 2 経 産 省 産 業 競 争 力 部 会 日 本 経 済 の 行 き 詰 まりは 深 刻 この 行 き 詰 まりは 一 過 性 のものではなく 3つの 構 造 的 問 題 が 存

More information

資料2スポーツを通じた国際交流と青少年の国際交流

資料2スポーツを通じた国際交流と青少年の国際交流 資 料 2 スポーツを 通 じた 国 際 交 流 と 青 少 年 の 国 際 交 流 平 成 22 年 4 月 30 日 ( 金 ) 文 部 科 学 省 スポーツ 青 少 年 局 1.スポーツを 通 じた 国 際 交 流 について 11 国 際 競 技 力 の 向 上 と 国 際 スポーツ 界 をリードする 人 材 育 成 の 強 化 スポーツを 通 じた 国 際 交 流 は 国 際 競 技 力 の

More information

防衛産業政策の実行に向けた提言

防衛産業政策の実行に向けた提言 防 衛 産 業 政 策 の 実 行 に 向 けた 提 言 2015 年 9 月 15 日 経 団 連 は 防 衛 生 産 技 術 基 盤 の 強 化 や 装 備 品 の 国 際 共 同 開 発 生 産 の 推 進 に 向 けた 提 言 を 重 ねてきた 昨 年 4 月 に 防 衛 装 備 移 転 三 原 則 1 が 閣 議 決 定 され てから わが 国 と 欧 米 やアジアの 諸 国 等 との

More information

Ⅲ 外国人観光客の動向

Ⅲ 外国人観光客の動向 Ⅲ 外 国 人 観 光 客 の 動 向 1 全 国 の 動 向 平 成 24 年 の 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 は 対 前 年 比 34.4% 増 の 835 万 8,105 人 となった 訪 日 外 国 人 旅 行 者 のうち 観 光 客 は 604 万 1,645 人 ( 対 前 年 48.9% 増 ) 商 用 客 は 144 万 2,946 人 ( 同 16% 増 ) 客 は 87

More information

2010.8 A C P F N E W S No.49 (31) 平 成 21 年 9 月 1 日 アジア 刑 政 通 信 48 号 発 刊 平 成 21 年 9 月 30 日 本 部 支 部 運 営 会 議 敷 田 先 生 感 謝 の 集 い 平 成 21 年 12 月 カレンダー 作 成 配

2010.8 A C P F N E W S No.49 (31) 平 成 21 年 9 月 1 日 アジア 刑 政 通 信 48 号 発 刊 平 成 21 年 9 月 30 日 本 部 支 部 運 営 会 議 敷 田 先 生 感 謝 の 集 い 平 成 21 年 12 月 カレンダー 作 成 配 (30) A C P F N E W S No.49 2010.8 役 員 会 で 東 京 支 部 設 立 を 決 定 平 成 22 年 6 月 30 日 に 第 92 回 役 員 会 ( 理 事 会 )が 開 催 され 21 年 度 事 業 報 告 収 支 決 算 等 についての 承 認 及 びこ れらの 法 務 大 臣 報 告 等 並 びに 東 京 支 部 の 新 規 設 立 につい て 議 決

More information

Microsoft Word - 2008年度現況【修正】

Microsoft Word - 2008年度現況【修正】 アルゼンチン 人 口 : 39.5 百 万 人 一 人 あたりのGNI: 6,050ド ル 4 件 プンタメダノス 深 水 港 湾 計 画 調 査 港 湾 1979 1979 国 鉄 車 両 検 修 工 場 建 設 計 画 鉄 道 1983 1984 1986 経 済 運 輸 政 策 1984 1985 1986 メルコス-ル 域 内 商 品 輸 送 経 路 環 境 調 査 (ブラジル ウルグアイ

More information

名 桜 大 学 派 遣 留 学 候 補 者 選 考 基 準 ( 平 成 24 年 12 月 26 日 制 定 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 基 準 は 名 桜 大 学 ( 以 下 本 学 という ) 派 遣 留 学 の 候 補 者 選 考 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 める ( 選 考 基 準 ) 第 2 条 協 定 大 学 への 派 遣 留 学 に 係 る 選 考 に 関 し 以

More information

平成26年度日本留学試験結果の概要(第2回)

平成26年度日本留学試験結果の概要(第2回) 平 成 6 年 度 日 本 留 学 試 験 ( 第 回 ) 実 施 結 果 の 概 要 目 次 平 成 6 年 度 (04 年 度 ) 日 本 留 学 試 験 実 施 要 項 実 施 状 況 3 科 目 別 平 均 点 等 一 覧 7 得 点 分 布 図 8 得 点 累 積 分 布 図 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 平 成 6 年 度 (04 年 度 ) 日 本 留 学 試

More information

資料3 東アジアにおける文化交流のあり方について(文化庁提出資料)

資料3 東アジアにおける文化交流のあり方について(文化庁提出資料) 資 料 3 東 アジアにおける 文 化 交 流 のあり 方 について 平 成 22 年 4 月 8 日 文 化 庁 目 次 1. 国 際 文 化 交 流 の 枠 組 み (1) 国 の 機 関 (2) 地 方 公 共 団 体 (3) 民 間 団 体 (4) 東 アジアにおける 既 存 の 交 流 枠 組 み 2. 国 際 文 化 交 流 の 実 績 (1) 舞 台 芸 術 交 流 実 績 (2) 映

More information

【報告書】27タイ・ミャンマー経済ミッション.docx

【報告書】27タイ・ミャンマー経済ミッション.docx タイ ミャンマー 経 済 交 流 ミッション 概 要 報 告 はじめに 現 在 急 速 に 経 済 発 展 が 進 む 東 南 アジア 地 域 においては 数 多 くの 日 系 企 業 が 進 出 する など 国 内 企 業 の 期 待 関 心 が 高 まっており 中 でも 最 近 は 今 後 の 成 長 が 期 待 されるタイ 及 びミャンマーが 注 目 されてきている このため 今 回 愛 媛

More information

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書 別 紙 様 式 第 三 十 三 財 務 大 臣 殿 ( 日 本 銀 行 経 由 ) 銀 行 等 の 非 居 住 者 等 に 対 する 国 別 債 権 債 務 に 関 する 報 告 書 ( 年 月 末 現 在 ) 報 告 年 月 日 : 根 拠 法 規 : 外 国 為 替 の 取 引 等 の 報 告 に 関 する 省 令 主 務 官 庁 : 財 務 省 短 期 債 権 報 告 者 : 名 称 及 び

More information

順 位 国 地 域 名 邦 人 数 前 年 比 35 トルコ 1,613 +8.62% 36 チェコ 1,523 +1.47% 37 南 アフリカ 1,446 +4.40% 出 典 : 外 務 省 海 外 在 留 邦 人 数 統 計 ( 平 成 24 年 速 報 版 ) : BRICs 諸 国 (

順 位 国 地 域 名 邦 人 数 前 年 比 35 トルコ 1,613 +8.62% 36 チェコ 1,523 +1.47% 37 南 アフリカ 1,446 +4.40% 出 典 : 外 務 省 海 外 在 留 邦 人 数 統 計 ( 平 成 24 年 速 報 版 ) : BRICs 諸 国 ( 海 外 赴 任 者 の 健 康 管 理 危 機 管 理 と 企 業 の 法 的 責 任 283 東 京 海 上 日 動 リスクコンサルティング( 株 ) ビジネスリスク 事 業 部 グローバルグループ グループリーダー 主 席 研 究 員 深 津 嘉 成 はじめに 新 興 国 を 中 心 に 企 業 の 海 外 進 出 が 増 加 する 中 海 外 赴 任 者 の 健 康 管 理 危 機 管 理 はますます

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092868D9182CC816888EA91D188EA9848816890ED97AA82C695908AED966688D52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092868D9182CC816888EA91D188EA9848816890ED97AA82C695908AED966688D52E646F63> 地 域 戦 略 安 全 保 障 特 集 : 中 国 の 一 帯 一 路 戦 略 と 武 器 貿 易 漢 和 防 務 評 論 20150805 ( 抄 訳 ) ( 訳 者 コメント) 阿 部 信 行 中 国 の 一 帯 一 路 戦 略 と 中 国 が 最 近 提 唱 した アジアインフラ 投 資 銀 行 は 表 裏 一 体 のものであると 見 られています 中 国 は 必 要 な 資 源 を 獲 得

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BF38D60834183938350815B83678DC58F4995F18D908F9188EA8A872E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BF38D60834183938350815B83678DC58F4995F18D908F9188EA8A872E646F63> 首 都 圏 の 空 港 に 関 する 企 業 へのアンケート 調 査 調 査 結 果 報 告 書 平 成 18 年 8 月 横 浜 市 目 次 調 査 の 概 要... 2 調 査 結 果 ( 要 旨 )... 3 アンケートの 集 計 結 果... 12 1 回 答 企 業 の 属 性... 12 1) 業 種 別... 12 2) 所 在 地 別... 13 3) 資 本 金 規 模 別...

More information

講 演 1 等 の 一 部 を 改 正 する 律 ( 関 係 ) 講 師 : 総 務 省 情 報 通 信 国 際 戦 略 局 情 報 通 信 政 策 課 課 長 補 佐 影 井 敬 義 様

講 演 1 等 の 一 部 を 改 正 する 律 ( 関 係 ) 講 師 : 総 務 省 情 報 通 信 国 際 戦 略 局 情 報 通 信 政 策 課 課 長 補 佐 影 井 敬 義 様 第 80 回 電 波 利 用 懇 話 会 等 の 律 改 正 について 日 時 : 2011 年 1 月 31 日 ( 月 ) 午 後 2 時 ~3 時 30 分 場 所 : 社 団 人 電 波 産 業 会 会 議 室 ( 日 土 地 ビル 11 階 ) 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 1-4-1 TEL: 03-5510-8592 主 催 社 団 人 電 波 産 業 会 講 演 1 等 の

More information

1. 知 財 活 動 のグローバル 化 2. 特 許 庁 等 の 特 許 情 報 サービス 3. 特 許 情 報 の 普 及 活 用 の 今 後 2

1. 知 財 活 動 のグローバル 化 2. 特 許 庁 等 の 特 許 情 報 サービス 3. 特 許 情 報 の 普 及 活 用 の 今 後 2 特 許 情 報 普 及 に 関 する わが 国 特 許 庁 の 取 組 特 許 情 報 フェア&コンファレンス2015 平 成 27 年 11 月 5 日 特 許 庁 総 務 部 総 務 課 特 許 情 報 室 長 横 井 巨 人 1 1. 知 財 活 動 のグローバル 化 2. 特 許 庁 等 の 特 許 情 報 サービス 3. 特 許 情 報 の 普 及 活 用 の 今 後 2 1(1) 特 許

More information

危機にある世界遺産

危機にある世界遺産 人 間 開 発 指 標 (HDI) 高 0.8 中 ベネズエラ エクアドル アセ ルハ イシ ャン イラン アルジェリア カンボジア パキスタン ネパール 0.5 イエメン ウガンダ ギニア コートジボアール コンゴ 民 主 エチオピア ニジェール 低 中 央 アフリカ ポーランド クロアチア アルバニア ブルガリア ブラジル オーマン ペルー ヨルダン チュニジア フィリピン エジプト ホンジュラス

More information

我 が 国 の 重 要 な 政 策 及 び 国 際 問 題 に 対 する 公 的 見 解 を 正 し く 伝 え る こ と に よ り 我 が 国 に 対 する 正 しい 認 識 理 解 関 心 を 培 い 普 及 さ せる NHKワールドT Vのニュース 素 材 等 の 提 供 の 強 化 多

我 が 国 の 重 要 な 政 策 及 び 国 際 問 題 に 対 する 公 的 見 解 を 正 し く 伝 え る こ と に よ り 我 が 国 に 対 する 正 しい 認 識 理 解 関 心 を 培 い 普 及 さ せる NHKワールドT Vのニュース 素 材 等 の 提 供 の 強 化 多 NHK 海 外 情 報 発 信 強 化 に 関 する 検 討 会 中 間 報 告 の 提 言 とNHK 等 の 主 な 取 組 参 考 資 料 2 中 間 報 告 の 主 な 提 言 1 外 国 人 向 けテレ ビ 国 際 放 送 (NH KワールドTV) (1) 実 施 体 制 N H K 内 で の 人 的 物 的 資 源 の 有 効 活 用 効 果 的 効 率 的 な 実 施 体 制 の 構

More information

なぜ日本はODAを行うのか

なぜ日本はODAを行うのか 気 候 変 動 交 渉 の 見 通 し ~ 国 連 気 候 サミット リマ パリに 向 けて~ 2014 年 9 月 12 日 外 務 省 国 際 協 力 局 気 候 変 動 課 長 中 野 潤 也 1 2020 年 以 降 の 国 際 枠 組 みに 向 けた 国 際 交 渉 2020 年 以 降 の 新 たな 国 際 枠 組 みに, 2015 年 のCOP21で 合 意 すべく, 現 在, 国 連

More information

区 分 産 業 災 害 保 険 雇 用 保 険 国 民 年 金 保 険 ( 老 人 長 期 療 養 保 険 を 含 む) ( 原 則 ) *ただし 建 設 の 場 合 年 金 健 康 におい ては 日 雇 勤 労 者 は 現 場 別 に 適 用 するの が 原 則 例 外 当 然 一 括 適 用 分

区 分 産 業 災 害 保 険 雇 用 保 険 国 民 年 金 保 険 ( 老 人 長 期 療 養 保 険 を 含 む) ( 原 則 ) *ただし 建 設 の 場 合 年 金 健 康 におい ては 日 雇 勤 労 者 は 現 場 別 に 適 用 するの が 原 則 例 外 当 然 一 括 適 用 分 Ⅳ 社 会 保 険 社 会 保 険 とは 国 民 に 発 生 する 社 会 的 危 険 を 保 険 方 式 により 対 処 することで 国 民 の 健 康 及 び 所 得 を 保 障 する 制 度 を 意 味 する( 社 会 保 障 基 本 法 第 3 条 第 2 項 ) 同 制 度 は 国 家 及 び 社 会 が 責 任 を 持 って 国 民 生 活 を 脅 かす 様 々な 生 活 上 の 危 険

More information

Microsoft PowerPoint - BCC100523.ppt

Microsoft PowerPoint - BCC100523.ppt ベトナムの 不 動 産 市 場 ベトナム 不 動 産 市 場 を 取 り 巻 く 要 因 質 の 高 い 労 働 力 安 定 性 将 来 性 を 求 めて グローバル 企 業 がベトナムへ 進 出 住 宅 ベトナム 駐 在 外 国 人 数 の 増 加 による 需 要 拡 大 オフィス 国 内 企 業 外 資 企 業 の 業 容 拡 大 に 伴 う 必 要 床 面 積 の 増 加 商 業 施 設 国

More information

中 期 経 営 計 画 に 示 されている ゆうちょ 銀 行 のビジネスモデルの 方 向 性 中 期 経 営 計 画 ( 平 成 27 年 4 月 )に 記 載 されている ゆうちょ 銀 行 の 様 々な 方 策 を 大 きく 分 類 すると 以 下 の3つの 方 向 性 となる 1. 資 金 運

中 期 経 営 計 画 に 示 されている ゆうちょ 銀 行 のビジネスモデルの 方 向 性 中 期 経 営 計 画 ( 平 成 27 年 4 月 )に 記 載 されている ゆうちょ 銀 行 の 様 々な 方 策 を 大 きく 分 類 すると 以 下 の3つの 方 向 性 となる 1. 資 金 運 資 料 137-1-2 ご 説 明 資 料 平 成 27 年 9 月 11 日 金 融 庁 中 期 経 営 計 画 に 示 されている ゆうちょ 銀 行 のビジネスモデルの 方 向 性 中 期 経 営 計 画 ( 平 成 27 年 4 月 )に 記 載 されている ゆうちょ 銀 行 の 様 々な 方 策 を 大 きく 分 類 すると 以 下 の3つの 方 向 性 となる 1. 資 金 運 用 リスク

More information

国際標準と政官民の連携の重要性

国際標準と政官民の連携の重要性 NAVIGATION & SOLUTION 地 上 デ ジ タ ル 放 送 日 本 方 式 を 南 米 に 売 り 込 ん だ 経 験 か ら 寺 崎 明 C O N T E N T S Ⅰ 地 上 デジタル 放 送 日 本 方 式 と 国 際 標 準 Ⅱ 地 上 デジタル 放 送 日 本 方 式 の 売 り 込 みの 実 態 Ⅲ 南 米 での 地 上 デジタル 放 送 日 本 方 式 採 用 国

More information

ドがCO 2 等 排 出 国 の 上 位 を 占 めるようになり 地 球 温 暖 化 対 策 の 実 効 性 を 高 めるうえで 全 ての 国 が 参 加 する 枠 組 みを 構 築 することの 重 要 性 が 強 まってきた そこで 2010 年 にメキシコのカンクンで 開 催 されたCOP16で

ドがCO 2 等 排 出 国 の 上 位 を 占 めるようになり 地 球 温 暖 化 対 策 の 実 効 性 を 高 めるうえで 全 ての 国 が 参 加 する 枠 組 みを 構 築 することの 重 要 性 が 強 まってきた そこで 2010 年 にメキシコのカンクンで 開 催 されたCOP16で みずほインサイト 政 策 2015 年 12 月 18 日 COP21 がパリ 協 定 を 採 択 地 球 温 暖 化 抑 止 に 向 けた 今 後 の 課 題 政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 堀 千 珠 03-3591-1304 chizu.hori@mizuho-ri.co.jp 2015 年 11 月 末 からフランスで 開 催 された 気 候 変 動 枠 組 条 約 第 21 回 締

More information

1 諸 外 国 における 第 三 国 定 住 難 民 受 入 れ 状 況 (1) 受 入 れ 数 世 界 全 体 で 難 民 問 題 解 決 のために 第 三 国 定 住 が 必 要 と 考 えられる 難 民 は,UNHCRによると, 平 成 24 年 には 約 17 万 2 千 人 に 上 るとさ

1 諸 外 国 における 第 三 国 定 住 難 民 受 入 れ 状 況 (1) 受 入 れ 数 世 界 全 体 で 難 民 問 題 解 決 のために 第 三 国 定 住 が 必 要 と 考 えられる 難 民 は,UNHCRによると, 平 成 24 年 には 約 17 万 2 千 人 に 上 るとさ 諸 外 国 における 第 三 国 定 住 による 難 民 の 受 入 れの 概 要 平 成 24 年 6 月 19 日 1 1 諸 外 国 における 第 三 国 定 住 難 民 受 入 れ 状 況 (1) 受 入 れ 数 世 界 全 体 で 難 民 問 題 解 決 のために 第 三 国 定 住 が 必 要 と 考 えられる 難 民 は,UNHCRによると, 平 成 24 年 には 約 17 万 2

More information

untitled

untitled 平 成 23 年 (2011 年 )11 月 2 日 NO.2011-27 長 期 化 が 見 込 まれるタイ 洪 水 被 害 の 影 響 要 旨 タイの 洪 水 被 害 が 拡 大 している 10 月 28 日 に 始 まった 大 潮 でバンコク 市 内 も 浸 水 した タイ 南 部 は 地 形 の 勾 配 が 緩 やかであるため 排 水 には 1 ヵ 月 以 上 かかるとの 見 方 が 多 い

More information

目 次 公 益 目 的 事 業 I. 日 本 人 学 生 及 び 外 国 人 留 学 生 等 の 修 学 生 活 支 援 事 業 1 1.JEES 1 2. 冠 2 3. 学 生 援 助 プログラム 4 (1) 学 生 緊 急 貸 付 4 (2) 留 学 生 文 化 理 解 促 進 4 Ⅱ. 外 国

目 次 公 益 目 的 事 業 I. 日 本 人 学 生 及 び 外 国 人 留 学 生 等 の 修 学 生 活 支 援 事 業 1 1.JEES 1 2. 冠 2 3. 学 生 援 助 プログラム 4 (1) 学 生 緊 急 貸 付 4 (2) 留 学 生 文 化 理 解 促 進 4 Ⅱ. 外 国 資 料 3-1 平 成 25 年 度 事 業 計 画 書 ( 案 ) 目 次 公 益 目 的 事 業 I. 日 本 人 学 生 及 び 外 国 人 留 学 生 等 の 修 学 生 活 支 援 事 業 1 1.JEES 1 2. 冠 2 3. 学 生 援 助 プログラム 4 (1) 学 生 緊 急 貸 付 4 (2) 留 学 生 文 化 理 解 促 進 4 Ⅱ. 外 国 人 留 学 生 等 の 民 間

More information

第1四半期決算要旨

第1四半期決算要旨 2017 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 要 旨 2016 2016 年 4 月 1 日 から 年 6 月 30 日 まで 平 成 29 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 米 国 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 8 月 4 日 上 場 会 社 名 トヨタ 自 動 車 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 名 札 福 コード 番 号 7203 URL http://www.toyota.co.jp

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378> 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の 状 況 に 関 する 年 次 報 告 書 平 成 28 年 8 月 経 済 産 業 省 防 衛 装 備 移 転 三 原 則 の 運 用 指 針 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 以 下 運 用 指 針 という )5.(1)により 経 済 産 業 省 は 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の

More information

大 学 専 門 校 等 卒 業 後 の 在 留 資 格 の 切 り 替 えのルールと 手 続 き 資 料 1: 在 留 資 格 一 覧 表 資 料 2: 平 成 26 年 における 留 学 生 の 日 本 企 業 等 への 就 職 状 況 について 資 料 3: 技 術 人 文 知 識 国 際 業 務 の 在 留 資 格 の 明 確 化 等 について 資 料 4: 就 労 資 格 の 在 留 諸 申

More information

第 49 回 1996 年 2 月 村 山 富 市 前 内 閣 総 理 大 臣 今 川 幸 雄 前 駐 カンボジア 大 使 第 50 回 1996 年 3 月 加 藤 紘 一 自 民 党 幹 事 長 第 51 回 1996 年 4 月 三 塚 博 前 自 民 党 幹 事 長 黒 河 内 康 前 駐

第 49 回 1996 年 2 月 村 山 富 市 前 内 閣 総 理 大 臣 今 川 幸 雄 前 駐 カンボジア 大 使 第 50 回 1996 年 3 月 加 藤 紘 一 自 民 党 幹 事 長 第 51 回 1996 年 4 月 三 塚 博 前 自 民 党 幹 事 長 黒 河 内 康 前 駐 第 1 回 1992 年 1 月 加 藤 紘 一 内 閣 官 房 長 官 栗 山 尚 一 次 期 駐 米 大 使 第 2 回 1992 年 2 月 小 沢 一 郎 元 自 民 党 幹 事 長 中 平 立 日 朝 交 渉 首 席 代 表 第 3 回 1992 年 3 月 C Fバーグステン 米 国 際 経 済 研 究 所 長 渡 辺 泰 造 前 外 務 省 報 道 官 第 4 回 1992 年 4 月

More information

2

2 1 2 3 2014 年 度 上 期 のコマツの 連 結 売 上 高 は 前 年 同 期 比 +1.9% 増 収 の9,425 億 円 営 業 利 益 は 前 年 同 期 比 +15.3% 増 益 の1,256 億 円 となりました 営 業 利 益 率 も+1.5ポ イント 改 善 し 13.3%となりました 純 利 益 は 前 年 同 期 比 1.0% 減 益 の779 億 円 となりました [

More information

12月の当国政情(内政・外交)

12月の当国政情(内政・外交) チリ 政 治 情 勢 報 告 (1 月 ) 平 成 27 年 2 月 1. 概 要 (1) 内 政 面 では, 選 挙 制 度 改 革 法 案 や 教 育 制 度 改 革 法 案 等,バチェレ 政 権 下 での 主 要 法 案 が 相 次 いで 成 立 した (2) 外 交 面 では, 日 チリEPA 物 品 貿 易 に 関 する 小 委 員 会 が 開 催 され, 同 E PAのさらなる 深 化

More information

NRIメディアフォーラム:中国人訪日旅行者の実態とニーズ①

NRIメディアフォーラム:中国人訪日旅行者の実態とニーズ① 第 228 回 メディア フォーラム 中 国 人 訪 日 旅 行 者 の 実 態 とニーズ1 - 統 計 等 からみた 概 況 - 2015 年 10 月 29 日 株 式 会 社 野 村 総 合 研 究 所 社 会 システムコンサルティング 部 産 業 インフラグループ グループマネージャー 岡 村 篤 100-0005 東 京 都 千 代 田 区 丸 の 内 1-6-5 丸 の 内 北 口 ビル

More information

(部局運営プログラム(仮称)の様式例)

(部局運営プログラム(仮称)の様式例) < 総 括 表 > 平 成 27 年 度 商 工 労 働 観 光 部 観 光 経 済 交 流 局 運 営 プログラム 基 本 的 考 え 方 今 年 度 は おもてなし 山 形 県 観 光 計 画 のスタート 初 年 度 であり 観 光 立 県 山 形 の 実 現 に 向 けて 計 画 に 掲 げる 施 策 を 総 合 的 かつ 一 体 的 に 展 開 し 観 光 に よる 交 流 人 口 の 着

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 2013 年 3 月 期 決 算 説 明 会 資 料 2013 年 4 月 30 日 ユニ チャーム 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 執 行 役 員 高 原 豪 久 この 資 料 には 2013 年 4 月 30 日 現 在 の 将 来 に 関 する 前 提 見 通 し 計 画 に 基 づく 予 測 が 含 まれております 実 際 の 業 績 は 競 合 状 況 為 替 の 変 動 等

More information

みえフードイノベーション 運 営 事 業 (B) フードイノベーション 課 ( 事 業 費 :38,530 千 円 ( 県 費 8,767 千 円 国 費 29,763 千 円 )) 1 事 業 目 的 県 内 の 農 林 水 産 資 源 を 活 用 し 生 産 者 や 食 品 産 業 事 業 者

みえフードイノベーション 運 営 事 業 (B) フードイノベーション 課 ( 事 業 費 :38,530 千 円 ( 県 費 8,767 千 円 国 費 29,763 千 円 )) 1 事 業 目 的 県 内 の 農 林 水 産 資 源 を 活 用 し 生 産 者 や 食 品 産 業 事 業 者 三 重 県 産 品 営 業 拡 大 支 援 事 業 費 フ ー ド イ ノ ベ ー シ ョ ン 課 ( 事 業 費 : 4 5, 5 0 4 千 円 県 費 1 0 / 1 0 ) 1 事 業 目 的 三 重 県 の 農 林 水 産 業 が 持 続 的 に 発 展 していくためには 食 の 魅 力 を 生 かした も うかる 農 林 水 産 業 の 実 現 をめざすことが 不 可 欠 です このため

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208273826F826F82C6945F8BC68145904897BF814594EC97BF81698250816A2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208273826F826F82C6945F8BC68145904897BF814594EC97BF81698250816A2E70707478> TPPと 農 業 食 料 肥 料 の 変 化 ( 社 ) 全 国 肥 料 商 連 合 会 会 長 上 杉 登 1 安 倍 首 相 TPP 交 渉 参 加 表 明 TPP 交 渉 参 加 表 明 首 相 米 と 新 経 済 圏 7 月 にも 合 流 農 業 は 攻 めの 政 策 安 倍 首 相 の 記 者 会 見 平 成 二 十 五 年 三 月 十 五 日 ( 金 ) 内 閣 支 持 率 TPP 参

More information

1. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 現 状 2. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 特 性 3. 拡 大 するグローバル 市 場 と 熾 烈 な 誘 致 競 争 4. 訪 日 外 国 人 誘 致 に 向 けたJNTOの 取 り 組 み 首 都 大 学 東 京 観 光 経 営 トップセ

1. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 現 状 2. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 特 性 3. 拡 大 するグローバル 市 場 と 熾 烈 な 誘 致 競 争 4. 訪 日 外 国 人 誘 致 に 向 けたJNTOの 取 り 組 み 首 都 大 学 東 京 観 光 経 営 トップセ 首 都 大 学 東 京 観 光 経 営 トップセミナー 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 現 状 と 日 本 政 府 観 光 局 の 取 り 組 み 2012 年 7 月 23 日 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO) 理 事 長 松 山 良 一 首 都 大 学 東 京 観 光 経 営 トップセミナー 2012.07.23 作 成 :JNTO 1. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030365F95618940939982F091CE8FDB82C682B782E98377838B83588350834152454954834B834383688389834383938C9F93A288CF88F589EF81404152455390E096BE8E9197BF323031343130323366466E616C4472616674>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030365F95618940939982F091CE8FDB82C682B782E98377838B83588350834152454954834B834383688389834383938C9F93A288CF88F589EF81404152455390E096BE8E9197BF323031343130323366466E616C4472616674> 資 料 3 第 2 回 病 院 等 を 対 象 とするヘルスケアリートの 活 用 に 係 るガイドライン 検 討 委 員 会 THE ASSOCIATION FOR REAL ESTATE SECURITIZATION 投 資 法 人 の 活 動 及 び 資 産 運 用 の 範 囲 等 について 2014 年 10 月 23 日 ( 木 ) 一 般 社 団 法 人 不 動 産 証 券 化 協 会 Jリートの

More information

党 マニフェストの 特 徴 党 の 参 院 選 マニフェストは 現 実 路 線 に 舵 を 切 るとともに 成 長 戦 略 や 財 政 に 関 する 記 述 も 手 厚 くなり 全 般 的 に 政 権 与 党 責 任 政 党 らしいマニフェスト という 印 象 また 冒 頭 でマクロ 経 済 財 政

党 マニフェストの 特 徴 党 の 参 院 選 マニフェストは 現 実 路 線 に 舵 を 切 るとともに 成 長 戦 略 や 財 政 に 関 する 記 述 も 手 厚 くなり 全 般 的 に 政 権 与 党 責 任 政 党 らしいマニフェスト という 印 象 また 冒 頭 でマクロ 経 済 財 政 2010.6.24 みずほ 総 合 研 究 所 比 較 検 討 党 と 党 の 参 院 選 マニフェスト ~ 経 済 政 策 の 差 異 縮 小 で 国 民 にとって 判 断 基 準 が 不 鮮 明 に~ 党 マニフェストは 現 実 路 線 への 転 換 等 で 与 党 らしい 姿 に マクロ 経 済 財 政 運 営 の 記 述 が 冒 頭 にあるなど 体 系 的 に 整 理 された

More information

白川町 高齢者見守り安心システム 事例ヒアリング結果

白川町 高齢者見守り安心システム 事例ヒアリング結果 資 料 4 岐 阜 県 白 川 町 高 齢 者 見 守 り 安 心 システム 現 地 調 査 結 果 1. 現 地 調 査 の 狙 い 1 飛 島 村 における 現 状 認 識 高 齢 化 の 進 展 に 伴 い 独 居 高 齢 者 世 帯 や 高 齢 者 夫 婦 世 帯 の 増 加 は 飛 島 村 でも 拡 大 してい くことが 推 察 される 他 方 地 域 内 での 声 かけや 見 守 り 等

More information

第 46 回 メルコスール 首 脳 会 合 その1:メルコスール( 外 交 通 商 の 柱 ) パラグアイ 外 交 の 柱 の 一 つはメル コスールなのですが これは メルコ スール 抜 きではパラグアイ 経 済 の 発 展 はあり 得 ないという 事 実 から 来 てい ます なにせ パラグアイ

第 46 回 メルコスール 首 脳 会 合 その1:メルコスール( 外 交 通 商 の 柱 ) パラグアイ 外 交 の 柱 の 一 つはメル コスールなのですが これは メルコ スール 抜 きではパラグアイ 経 済 の 発 展 はあり 得 ないという 事 実 から 来 てい ます なにせ パラグアイ 世 界 に 打 って 出 たパラグアイ ~ 山 椒 は 小 粒 でぴりりと 辛 い~ カルテス 政 権 の 外 交 政 策 を 理 解 するには 次 のポイントを 押 さえておくとわかりやす いと 思 います 一 つは パラグアイが 小 国 であるということ 二 つ 目 は それと 関 係 す るのですが パラグアイが 貧 しい 国 であるということ そして 三 つ 目 は 国 際 場

More information

資料3 家電エコポイント制度の政策効果等について

資料3      家電エコポイント制度の政策効果等について 家 電 エコポイント 制 度 の 政 策 効 果 等 について 資 料 3 政 策 効 果 環 境 省 経 済 産 業 省 総 務 省 地 上 デジタル 放 送 対 応 テレビを 中 心 に 対 象 家 電 3 品 目 の 販 売 を 押 し 上 げるとともに 省 エネ 性 能 の 高 い 製 品 への 買 い 換 えに 大 きく 貢 献 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 の 観 点 統 一

More information

1.24 年 度 補 正 及 び25 年 度 本 予 算 における 主 な 国 の 海 外 展 開 支 援 施 策 1

1.24 年 度 補 正 及 び25 年 度 本 予 算 における 主 な 国 の 海 外 展 開 支 援 施 策 1 国 の 海 外 展 開 販 路 拡 大 支 援 施 策 について 東 北 経 済 産 業 局 産 業 部 国 際 課 1.24 年 度 補 正 及 び25 年 度 本 予 算 における 主 な 国 の 海 外 展 開 支 援 施 策 1 中 小 企 業 海 外 展 開 一 環 支 援 事 業 (F/S( ) 支 援 事 業 ) F/S(フィージビリティ スタディ) : 新 規 事 業 への 参 入

More information

Microsoft Word - 本編2-3.doc

Microsoft Word - 本編2-3.doc 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 19 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 18 年 度 調 査 により 把

More information

住み慣れたこの町で最期まで 安心して暮らすために

住み慣れたこの町で最期まで 安心して暮らすために 第 6 次 出 入 国 管 理 政 策 懇 談 会 新 宿 区 1 新 宿 区 は 外 国 人 住 民 が 全 国 で 一 番 多 く 暮 らす 自 治 体 で 全 区 民 の10%を 超 えています 地 域 別 全 国 平 成 26 年 1 月 1 日 現 在 住 民 記 録 人 口 総 数 ( 人 ) 日 本 人 住 民 人 口 外 国 人 住 民 人 口 人 数 ( 人 ) 割 合 (%) 人

More information

スウェーデン企業におけるワーク・ライフ・バランス調査-従業員の育児休業にどう対応しているのか-

スウェーデン企業におけるワーク・ライフ・バランス調査-従業員の育児休業にどう対応しているのか- スウェーデン 企 業 におけるワーク ライフ バランス 調 査 ----- 従 業 員 の 育 児 休 業 にどう 対 応 しているか 1 スウェーデンの 育 児 休 業 制 度 と 取 得 状 況 (1)スウェーデンの 育 児 休 業 制 度 (イ) 育 児 休 業 制 度 の 概 要 育 児 休 業 は 両 親 合 わせて 480 労 働 日 ( 約 1 年 10 ヶ 月 に 相 当 ) 取 得

More information

靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 捗 靱 靱 靱 靱 靱 捗 靱 靱 捗 捗 捗 靱 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 樋 樋 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 迂 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 靱 捗 捗 捗 捗 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 基 本 目 標 事 前 に 備 えるべき 目 標 プログラムにより 回 避 すべき 起 きてはならな

More information

https://irsolution.pronexus.co.jp/webapp/SubWindows/Editor/Html

https://irsolution.pronexus.co.jp/webapp/SubWindows/Editor/Html 平 成 27 年 12 月 期 第 2 四 半 期 決 算 短 信 IFRS ( 連 結 ) 平 成 27 年 11 月 10 日 上 場 会 社 名 DMG 森 精 機 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 6141 URL http://www.dmgmori.co.jp 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 森 雅 彦 問 合 せ 先 責 任 者

More information

取扱説明書[SH705iⅡ]

取扱説明書[SH705iⅡ] 海 国 際 ローミング(WORLD WING)の 概 要...................... 378 海 で できるサービスについて......................... 378 海 でご になる 前 の 確 認............................... 379 滞 在 先 で 電 話 をかける.....................................

More information

プレゼン

プレゼン 本 日 は ご 多 用 の 中 お 集 まりいただき 誠 にありがとうございます 早 速 ですが 2014 年 度 の 事 業 方 針 について ご 説 明 させていただきます 昨 年 中 期 計 画 CV2015 を 発 表 いたしました 一 刻 も 早 く 赤 字 事 業 をなくす 同 時 に しっかりと 将 来 を 見 据 え 自 分 たちが 力 強 く 進 んでいける 道 筋 をつける この2

More information