<4D F736F F F696E74202D2092CA8BCE8DD08A E68E4F8ED28E96914F947A B8CDD8AB B83685D>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2092CA8BCE8DD08A51814591E68E4F8ED28E96914F947A95749770205B8CDD8AB78382815B83685D>"

Transcription

1 平 成 24 年 度 専 門 研 修 会 ~ 通 勤 災 害 認 定 編 ~ 平 成 24 年 7 月 19 日 地 方 公 務 員 災 害 補 償 基 金 奈 良 県 支 部

2 本 日 お 話 しすること 1. 通 勤 災 害 の 認 定 要 件 通 勤 の 範 囲 ( 勤 務 のため) 通 勤 の 範 囲 ( 合 理 的 な 経 路 及 び 方 法 ) 通 勤 の 範 囲 ( 逸 脱 中 断 ) グループ 討 議 及 び 演 習 2. 第 三 者 加 害 について 第 三 者 加 害 事 案 とは 不 法 行 為 について グループ 討 議 及 び 演 習 第 三 者 加 害 が 発 生 した 場 合

3 1. 通 勤 災 害 とは? 本 来 通 勤 災 害 は 勤 務 のために 不 可 欠 な 通 勤 途 上 の 交 通 事 故 等 による 災 害 ではあるが 通 勤 行 為 自 体 はあ くまでも 職 員 の 私 的 行 為 であり 公 務 外 の 災 害 であるこ とから 地 方 公 務 員 法 を 根 拠 とする 任 命 権 者 の 災 害 補 償 責 任 はない しかし 勤 務 義 務 の 履 行 に 不 可 欠 な 通 勤 途 上 におけ る 事 故 による 災 害 を 災 害 補 償 制 度 の 中 で 公 務 上 の 災 害 とほぼ 同 水 準 で 保 護 することを 目 的 に 創 設 された 制 度 である そのため 補 償 の 対 象 となる 通 勤 については 勤 務 義 務 を 履 行 することと 密 接 関 連 性 を 有 している 通 勤 に 限 定 されるものである

4 通 勤 災 害 の 認 定 要 件 通 勤 の 範 囲 職 員 が 勤 務 のため 1 住 居 と 勤 務 場 所 との 間 の 往 復 2 勤 務 場 所 から 他 の 勤 務 場 所 へ の 移 動 3 上 記 1の 往 復 に 先 行 し 又 は 後 続 する 住 居 間 の 移 動 を 合 理 的 な 経 路 及 び 方 法 により 往 復 する ことに 起 因 する 災 害 ( 例 ) 合 理 的 な 移 動 の 経 路 を 逸 脱 し 又 は 中 断 した 場 合 通 勤 起 因 性 (= 公 務 起 因 性 ) 通 勤 と 負 傷 ( 又 は 疾 病 )との 間 に 相 当 因 果 関 係 が 認 めら れること ( 例 ) 故 意 によるもの 本 人 の 素 因 ( 基 礎 疾 患 ) によるもの 善 意 行 為 によるもの

5 通 勤 の 範 囲 1 通 勤 の 範 囲 1 勤 務 のためとは 通 勤 の 途 中 で 定 期 券 作 業 着 等 の 忘 れ 物 に 気 づいて 取 りに 戻 る 場 合 ( 自 己 都 合 で 引 き 返 す 場 合 は ) 交 通 途 絶 等 により 許 可 を 受 けて 引 き 返 す 場 合 単 身 赴 任 者 が 月 曜 日 からの 勤 務 に 備 え 日 曜 日 に 実 家 から 赴 任 先 に 移 動 する 場 合 単 身 赴 任 者 が 日 曜 日 の 私 的 な 用 事 のため 土 曜 日 に 実 家 から 赴 任 先 に 移 動 する 場 合 ( 月 曜 日 に 仕 事 がある) 勤 務 時 間 中 に 私 用 で 帰 る 場 合 休 日 に 自 宅 と 勤 務 公 署 の 間 を 移 動 する 場 合 勤 務 終 了 後 私 用 を 弁 じた 後 に 帰 宅 する 場 合

6 参 考 事 例 1 勤 務 のためについて ( 通 勤 の 始 点 終 点 ) 参 考 事 例 1 自 家 用 車 で 出 勤 するため 一 旦 自 宅 の 門 を 出 て 約 4.5m 歩 き 自 宅 の 地 下 駐 車 場 の 前 で 転 倒 し 左 足 を 捻 挫 した 1 結 論 : 通 勤 災 害 と 認 められる 認 められない 2 通 勤 の 範 囲 と 認 められるか 認 められる 認 められない 3 通 勤 起 因 性 は 認 められるか 理 由 : 認 められる 認 められない

7 参 考 事 例 1 説 明 ポイント 通 勤 とは 職 員 が 勤 務 のため 住 居 と 勤 務 場 所 との 間 を 合 理 的 な 経 路 及 び 方 法 により 往 復 すること 通 勤 の 始 点 終 点 は 住 居 勤 務 場 所 その 境 界 は 原 則 として 一 般 人 の 通 行 が 自 由 に 認 め られるかどうかで 判 断 する ちなみに 一 戸 建 ての 場 合 は 門 マンションの 場 回 答 合 は 自 室 のドアが 境 界 になる 1 結 論 : 通 勤 災 害 と 認 められる 2 : 通 勤 の 範 囲 とは 認 められる 3 : 通 勤 起 因 性 は 認 められる 理 由 : 本 事 案 は 勤 務 のため 自 宅 の 門 を 出 ていることか ら 通 勤 は 開 始 されている

8 通 勤 の 範 囲 2 2 合 理 的 な 経 路 及 び 方 法 とは 合 理 的 な 経 路 定 期 券 通 勤 届 による 経 路 道 路 工 事 等 交 通 事 情 により 得 やむを 得 ず 迂 回 する 経 路 誤 って1~2 駅 乗 り 越 して 戻 る 場 合 経 路 を 少 し 離 れた 場 所 にあるトイレに 行 く 場 合 ガソリンスタンドに 立 ち 寄 る 経 路 子 どもを 保 育 園 に 連 れて 行 く 経 路 交 通 事 情 によらず 著 しく 遠 回 りとなる 経 路 合 理 的 な 方 法 通 常 公 共 交 通 機 関 を 利 用 している 者 が 雨 天 のため 妻 に 自 動 車 で 送 らせた 場 合 無 免 許 運 転 飲 酒 運 転

9 参 考 事 例 2. 合 理 的 な 経 路 及 び 方 法 ついて 参 考 事 例 2 通 常 自 転 車 で 出 勤 している 職 員 が 雨 だったためバスで 出 勤 しようと 停 留 所 まで 徒 歩 で 移 動 していた その 途 上 民 営 の 駐 車 場 を 通 り 抜 けようとして 入 り 口 に 張 っ てあった 鎖 に 足 を 引 っかけ 負 傷 した 備 考 その 鎖 は 所 有 者 により 駐 車 場 へ 関 係 者 以 外 の 立 入 を 防 止 するため 張 られたものである しかし 近 隣 の 住 民 の 多 くは ここを 通 り 抜 けている 駐 車 場 を 通 り 抜 けるとバス 停 まで 距 離 :300m 時 間 10 分 の 短 縮 される

10 参 考 事 例 2. 1 結 論 : 通 勤 災 害 と 認 められる 認 められない 2 通 勤 の 範 囲 と 認 められる 認 められない 3 通 勤 起 因 性 は 理 由 : 認 められる 認 められない

11 参 考 事 例 2 説 明 ポイント 通 勤 とは 職 員 が 勤 務 のため 住 居 と 勤 務 場 所 との 間 を 合 理 的 な 経 路 及 び 方 法 により 往 復 すること 回 答 1 通 勤 災 害 と 認 められない 2 通 勤 の 範 囲 と 認 められない 3 通 勤 起 因 性 は 認 められない 通 常 自 転 車 で 通 勤 している 職 員 が 雨 天 時 バス 電 車 自 家 用 車 等 で 通 勤 することは 代 替 的 な 合 理 的 な 方 法 と 認 められる 駐 車 場 を 通 り 抜 ける 経 路 は 距 離 及 び 時 間 が 短 縮 され 近 所 の 住 民 も 多 く 利 用 している 経 路 である しかしながら その 駐 車 場 は 所 有 者 によって 入 り 口 に 鎖 が 張 ら れ 関 係 者 以 外 の 通 行 を 禁 止 している そのため 当 該 駐 車 場 を 通 り 抜 ける 経 路 は 合 理 的 経 路 とは 認 められない

12 通 勤 の 範 囲 3 3 逸 脱 中 断 とは 1 逸 脱 中 断 が 日 用 品 の 購 入 等 である 場 合 ~ 日 常 生 活 上 必 要 な 行 為 なので 逸 脱 中 断 した 後 も 通 勤 災 害 に 該 当 通 勤 災 害 該 当 合 理 的 な 経 路 からそれること 住 居 逸 脱 私 用 中 断 勤 務 場 所 通 勤 目 的 から 離 れた 行 為

13 日 用 品 の 購 入 等 とは 日 用 品 の 購 入 ( 例 ) 食 料 品 薬 衣 料 品 身 のまわり 品 等 独 身 職 員 が 通 勤 途 上 で 食 事 をする 場 合 クリーニング 店 に 立 ち 寄 る 場 合 美 容 院 に 行 く 場 合 住 民 票 を 取 りに 市 役 所 に 行 く 場 合 選 挙 権 の 行 使 病 院 診 療 所 で 診 察 治 療 を 受 ける 場 合 職 員 の 配 偶 者 等 の 介 護

14 通 勤 の 範 囲 4 2 逸 脱 中 断 が 日 用 品 の 購 入 等 でない 場 合 ~ 逸 脱 中 断 した 時 点 以 降 は 通 勤 とはならない 通 勤 災 害 該 当 住 居 逸 脱 私 用 中 断 勤 務 場 所 ( 例 ) 耐 久 消 費 財 スポーツ 用 品 等 の 購 入 娯 楽 等 のため 麻 雀 ゴルフ 練 習 料 亭 等 での 飲 食 等 冠 婚 葬 祭 に 行 く 場 合 同 僚 の 送 別 会 に 行 く 場 合

15 事 例 検 討 1. 通 勤 災 害 通 勤 の 範 囲 について グループ 討 議 1 事 例 最 近 体 重 の 気 になる 職 員 が 勤 務 終 了 後 通 常 の 通 勤 経 路 上 にあるバッティングセンターに 立 ち 寄 り 2 時 間 程 度 汗 を 流 した その 後 通 常 の 通 勤 経 路 で 帰 宅 していたところ 転 倒 し 負 傷 した 住 居 被 災 バッティングセンター 勤 務 場 所

16 事 例 検 討 1. 1 結 論 : 通 勤 災 害 と 認 められる 認 められない 2 通 勤 の 範 囲 と 認 められる 認 められない 3 通 勤 起 因 性 は 理 由 : 認 められる 認 められない

17 平 成 24 年 度 専 門 研 修 会 ~ 第 三 者 加 害 認 定 編 ~ 平 成 24 年 7 月 19 日 地 方 公 務 員 災 害 補 償 基 金 奈 良 県 支 部

18 1. 第 三 者 加 害 事 案 について 1 第 三 者 とは? 被 災 職 員 に 対 し 民 事 上 の 損 害 賠 償 の 責 を 負 う 者 であり 被 災 職 員 の 所 属 する 地 方 公 共 団 体 及 び 基 金 以 外 のもの 2 第 三 者 加 害 事 案 とは? 公 務 ( 通 勤 ) 災 害 のうち 第 三 者 の 不 法 行 為 が 原 因 となって 生 じた 災 害 であり 第 三 者 が 損 害 賠 償 責 任 に 基 づき 被 災 職 員 に 補 償 を 実 施 すべき 事 案 3 第 三 者 検 討 に 係 る 根 拠 条 文 ( 参 考 ) 不 法 行 為 者 民 法 709 条 責 任 無 能 力 者 の 監 督 義 務 者 民 法 第 714 条 使 用 者 及 び 監 督 義 務 者 民 法 第 715 条 共 同 不 法 行 為 者 民 法 第 719 条 動 物 の 占 有 者 及 び 管 理 者 民 法 718 条 国 又 は 地 方 公 共 団 体 国 賠 法 第 1 条 及 び 第 2 条 運 行 供 用 者 自 賠 法 第 3 条

19 2. 不 法 行 為 について 不 法 行 為 とは 故 意 又 は 過 失 によって 他 人 の 権 利 を 侵 害 し 損 害 を 発 生 さ せること なお 不 法 行 為 が 成 立 するためには 下 記 の1~5の 要 件 をすべて 満 たす 必 要 がある 1 加 害 者 に 故 意 又 は 過 失 があること ( 故 意 又 は 過 失 の どちらかがあれば 良 い ) 2 権 利 侵 害 及 び 違 法 性 があること ( 客 観 的 に 見 て 非 難 に 値 するもので 良 い ) 3 損 害 が 発 生 したこと 4 加 害 行 為 と 結 果 発 生 に 因 果 関 係 があること (Aの 行 為 があれば 通 常 Bの 結 果 が 生 じる 因 果 関 係 が 求 められる ) 5 加 害 者 に 責 任 能 力 があること ( 自 己 の 行 為 の 責 任 を 弁 識 するに 足 りる 判 断 能 力 が 求 められる なお 民 法 上 未 成 年 ( 小 学 生 以 下 ) 心 神 喪 失 者 は 責 任 無 能 力 者 として 扱 われる )

20 参 考 事 例 3. 第 三 者 加 害 事 案 について 参 考 事 例 3 被 災 職 員 Aは 土 地 使 用 に 関 する 陳 情 を 行 うために 来 庁 したB 氏 の 対 応 を 行 っていた その 際 B 氏 は 自 分 の 主 張 が 通 らないことに 立 腹 し いきなり 職 員 Aを 殴 打 した 条 件 当 事 案 は 公 務 上 の 災 害 と 認 められるものとする 被 災 職 員 Aは 相 手 を 挑 発 するような 言 動 態 度 を 行 っていない B 氏 は 年 齢 40 歳 であり 責 任 能 力 は 認 められる

21 参 考 事 例 3. 1 結 論 : 第 三 者 加 害 事 案 と 認 められる 認 められない 2 認 められる 場 合 誰 を 第 三 者 として 認 定 するか 第 三 者 は 理 由 :

22 参 考 事 例 3. 説 明 ポイント 第 三 者 の 不 法 行 為 が 原 因 となって 生 じた 災 害 であり 第 三 者 が 損 害 賠 償 責 任 に 基 づき 被 災 職 員 に 補 償 を 実 施 すべき 事 案 であるか 回 答 1 第 三 者 加 害 事 案 と 認 められる 2 第 三 者 は B 氏 理 由 : 加 害 者 に 故 意 又 は 過 失 がある 権 利 侵 害 及 び 違 法 性 がある 損 害 が 発 生 している 加 害 行 為 と 結 果 発 生 に 因 果 関 係 がある 加 害 者 に 責 任 能 力 がある 参 考 職 員 Aの 挑 発 行 為 及 び 言 動 により B 氏 が 加 害 行 為 に 及 んだ 場 合 は 私 的 な 行 為 になり 公 務 災 害 とは 認 められない (けんか 等 も 私 的 行 為 となる ) 来 庁 者 が B C D 氏 であり B 氏 が 羽 交 い 締 めにし C D 氏 が 加 害 行 為 を 行 った 場 合 第 三 者 はB C D 氏 を 認 定 し B C D 氏 に 対 し 求 償 を 行 う

23 3. 第 三 者 加 害 事 案 について( 交 通 事 故 編 ) 自 賠 法 第 3 条 自 己 のために 自 動 車 を 運 行 の 用 に 供 する 者 は その 運 行 によって 他 人 の 生 命 又 は 身 体 を 害 したときは これによって 生 じた 損 害 を 賠 償 する 責 に 任 ずる 1 運 行 の 用 に 供 する 者 ( 運 行 供 用 者 ) とは? その 運 行 を 支 配 し その 運 行 による 利 益 が 帰 属 する 者 ( 運 転 手 所 有 者 雇 い 主 元 請 業 者 貸 し 主 借 主 被 預 かり 主 等 ) 2 運 行 よって 生 じた 損 害 を 賠 償 する 責 任 が 成 立 するには? 自 動 車 の 運 行 によって 生 じた 事 故 であること ( 走 行 中 に 限 られず 駐 停 車 中 であっても 運 行 との 因 果 関 係 が 認 められれば よい ) 例 :サイドブレーキが 緩 み 無 人 暴 走 した 等 他 人 に 与 えた 損 害 であること ( 他 人 とは, 運 行 供 用 者 及 び 運 転 者 運 転 補 助 者 以 外 の 者 ) 例 : 相 手 車 輌 の 運 転 者 自 己 が 運 転 する 車 輌 の 同 乗 者 等 生 命 又 は 身 体 を 害 したことによる 損 害 であること ( 車 の 修 理 代 等 の 物 件 損 害 は 任 意 保 険 等 による 補 償 )

24 参 考 事 例 4. 第 三 者 加 害 事 案 について ( 交 通 事 故 ) 事 例 被 災 職 員 Aは 通 常 の 通 勤 経 路 を 自 家 用 車 で 出 勤 中 交 差 点 で 信 号 待 ちのため 停 車 していたところ Bの 運 転 する 自 家 用 車 に 後 方 から 追 突 され 負 傷 した 条 件 被 災 職 員 Aは 対 面 信 号 が 赤 のため 停 車 してい た

25 参 考 事 例 4. 1 結 論 : 第 三 者 加 害 事 案 と 認 められる 認 められない 2 認 められる 場 合 誰 を 第 三 者 として 認 定 するか 第 三 者 は 理 由 :

26 参 考 事 例 4. 説 明 1 第 三 者 加 害 事 案 と 認 められる 認 められない 2 認 められる 場 合 誰 を 第 三 者 として 認 定 するか 第 三 者 は Bを 認 定 理 由 : Bの 自 動 車 の 運 行 によって 生 じた 事 故 であり 職 員 A( 他 人 )に 身 体 的 損 害 を 与 えている

27 事 例 検 討 2. 第 三 者 加 害 事 案 について ( 交 通 事 故 他 人 性 ) グループ 討 議 2 事 例 検 討 2 被 災 職 員 Aは 同 僚 職 員 Bの 運 転 する 公 用 車 で 出 張 し ていたところ 交 差 点 で 信 号 待 ちのため 停 車 していたCの 自 家 用 車 に 後 方 から 追 突 し 負 傷 した 条 件 出 張 経 路 は 通 常 出 張 経 路 であった Cは 対 面 信 号 が 赤 のため 停 車 していた

28 事 例 検 討 2. 1 結 論 : 第 三 者 加 害 事 案 と 認 められる 認 められない 2 認 められる 場 合 誰 を 第 三 者 として 認 定 するか 第 三 者 は 理 由 :

29 事 例 検 討 3. 通 勤 第 三 者 加 害 事 案 についての 検 討 グループ 討 議 3 事 例 被 災 職 員 Aは 翌 日 早 朝 から 釣 りに 行 こうと 予 定 しており 午 後 から 年 次 有 給 休 暇 を 取 得 し 自 家 用 車 で 通 常 の 通 勤 ルートで 帰 宅 していた 途 中 釣 り 具 の 買 い 出 しのため 通 勤 ルートから20m 程 度 そ れた 釣 具 屋 に 向 かった 買 い 物 が 終 わり 通 常 の 通 勤 ルートで 帰 宅 している 途 中 対 向 車 線 の 交 通 事 故 の 瞬 間 を 目 撃 した 正 義 感 の 強 い 被 災 職 員 Aは 負 傷 者 Bを 救 助 するため 自 家 用 車 を 降 り 対 向 車 線 の 事 故 現 場 に 向 かって 走 っていった その 際 すり 抜 けようとしたバ イク(Cが 運 転 )に 対 向 車 線 で 衝 突 され 負 傷 した

30 事 例 検 討 3. 1 通 勤 災 害 と 認 められる 認 められない 2 第 三 者 加 害 事 案 と 認 められる 認 められない 3 第 三 者 加 害 事 案 として 認 められる 場 合 は 誰 を 第 三 者 として 認 定 するか 第 三 者 は 4 上 記 1~3と 判 断 した 理 由

31 第 三 者 加 害 事 案 所 属 長 のサポートが 必 要 です! 第 三 者 加 害 事 案 が 発 生 してしまったら 1 被 災 から 認 定 まで 各 団 体 担 当 者 様 は できる 限 り 早 い 段 階 から 公 務 ( 通 勤 ) 災 害 の 認 定 請 求 に 備 えて 次 の 対 応 を 取 るよう 被 災 職 員 に 指 導 をお 願 いします 医 療 機 関 の 受 診 相 手 方 の 状 況 ( 氏 名 住 所 連 絡 先 勤 務 先 ) 把 握 災 害 発 生 状 況 の 把 握 所 属 に 速 やかに 報 告 交 通 事 故 の 場 合 ( 上 記 に 加 えて) 警 察 への 届 け 出 相 手 方 の 保 険 ( 自 賠 責 保 険 任 意 保 険 ) 把 握 事 故 現 場 の 道 路 幅 員 信 号 機 道 路 標 識 の 有 無 などの 把 握

32 第 三 者 加 害 事 案 2 認 定 から 示 談 まで 各 団 体 で 発 生 した 災 害 である 認 識 を 持 って 頂 き 被 災 職 員 に 任 せきりでな く 事 案 の 進 捗 状 況 の 把 握 解 決 に 向 けた 助 言 等 をおこない 事 案 解 決 へ 導 く 責 任 があります ( 事 案 管 理 ) そのため 下 記 の 報 告 を 求 め 被 災 職 員 と 情 報 共 有 を 行 ってください 療 養 中 交 渉 中 示 談 締 結 前 報 告 書 提 出 後 療 養 状 況 ( 治 ゆ 未 治 ゆ) 基 金 から 回 答 相 手 方 との 交 渉 状 況 ( 進 捗 度 合 い) 示 談 締 結 補 償 状 況 ( 被 災 職 員 の 負 担 ) 示 談 締 結 報 告 書 の 報 告 示 談 締 結 前 報 告 書 の 報 告 事 案 終 了

第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 試 用 期 間 ( 採 用 の 方 法 ) 第 3 条 職 員 の 採 用 は 公 募 により 行 うものとし 公 募 に 応 じた 採 用 希 望 者 の 中 から 試 験 又 は 選 考 に 合 格 し 所 定 の 手 続 きを 経 たものを 職 員 とし

第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 試 用 期 間 ( 採 用 の 方 法 ) 第 3 条 職 員 の 採 用 は 公 募 により 行 うものとし 公 募 に 応 じた 採 用 希 望 者 の 中 から 試 験 又 は 選 考 に 合 格 し 所 定 の 手 続 きを 経 たものを 職 員 とし 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 2 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 15 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 36 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 3 号 平 成 20 年 12 月 25 日 20 規 程

More information

Taro-職員給与規程(最終改正20141

Taro-職員給与規程(最終改正20141 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づ き 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 (

More information

の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章

の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章 駐 労 規 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 3 号 改 正 改 正 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 11 号 平 成 18 年 6 月 29 日 駐 労 規 第 13 号 平 成 19 年 7 月 27 日 駐 労 規 第 12 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 駐 労 規 第 8 号 改 正 平 成 22 年 3

More information

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 非 常 勤 職 員 ( 研 修 医 ) 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 制 定 平 成 27 年 4 月 1 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 とい う ) 第 2 条 第 2 項

More information

(Microsoft Word - \201\233\213\213\227^\213K\222\366_H doc)

(Microsoft Word - \201\233\213\213\227^\213K\222\366_H doc) 目 的 ) 地 方 独 立 行 政 法 人 奈 良 県 立 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 1 づき 与 に 関 この 地 する 方 規 独 事 程 立 項 は 行 を 政 定 地 法 めることを 方 人 独 奈 立 良 行 県 政 立 目 法 病 的 人 院 とする 奈 機 良 構 県 ( 立 以 病 下 院 機 法 構 人 就 という )に 業 規 則 ( 以 下 勤 就 務 業 する

More information

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 平 成 26 年 3 月 25 日 ) 改 正 平 26 規 程 第 16 号 平 成 26 年 11 月 28 日 平 26 規 程 第 41 号 平 成 27 年 1 月 28 日 平 26 規 程 第 67 号 平 成 27 年 3 月 31 日 平 27 規 程 第 28 号 平 成 28 年 3 月

More information

Taro-弁護士報酬の目安暫定例 (

Taro-弁護士報酬の目安暫定例 ( 法 律 相 談 (1) 一 般 市 民 からの 法 律 相 談 で 40 分 を 要 し 法 律 相 談 だけで 完 結 した 場 合 法 律 相 談 料 5,400 円 法 律 相 談 (2) 一 般 市 民 からの 法 律 相 談 で 1 時 間 を 要 し 法 律 相 談 だけで 完 結 した 場 合 法 律 相 談 料 10,800 円 契 約 書 作 成 製 造 メーカーとして 卸 業 者

More information

<5461726F2D824F8253817C824F82528D9197A791E58A779640906C938C8B9E>

<5461726F2D824F8253817C824F82528D9197A791E58A779640906C938C8B9E> 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 54 号 改 正 平 成 16 年 10 月 1 日 規 則 第 199 号 平 成 17 年 7 月 1 日 規 則 第 48 号 平 成 17 年 11 月 22 日 規 則 第 85 号 平 成 18 年 3 月 28 日 規 則 第 18 号 平 成 19 年 3 月 20

More information

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換 就 業 規 則 平 成 22 年 2 月 23 日 改 正 ( 個 人 情 報 保 護 に 関 する 規 定 を 追 加 ) コンピュータ レスキュー 株 式 会 社 就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤

More information

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 )

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 ) 任 期 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 16 規 程 第 10 号 平 成 16 年 4 月 1 日 ) 改 正 平 17 規 程 第 4 号 平 成 17 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 57 号 平 成 19 年 3 月 13 日 平 18 規 程 第 101 号 平 成 19 年 3 月 30 日 平 19 規 程 第 20 号 平 成 19 年 8 月 23 日 平 19 規

More information

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464> 独 立 行 政 法 人 海 技 教 育 機 構 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 9 号 改 正 平 成 20 年 3 月 19 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 14 号 改 正 平 成 21 年 2 月 27 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 8 号 改 正 平 成 21 年 7 月 9 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 2

More information

Microsoft Word - 給与規程( )_本則.doc

Microsoft Word - 給与規程( )_本則.doc 18 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 給 与 規 程 27.4.24 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 勤 務

More information

Microsoft Word - 5-26職員給与規程

Microsoft Word - 5-26職員給与規程 国 立 大 学 法 人 宮 城 教 育 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 28 年 5 月 10 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 宮 城 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 28

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

第1章 総則

第1章 総則 派 遣 社 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 程 は 株 式 会 社 キイパーソン( 以 下 会 社 という)の 派 遣 スタッフの 就 業 に 関 する 事 項 を 定 める 2.この 規 程 および 付 属 規 程 に 定 めのない 事 項 は 個 別 の 就 業 条 件 明 示 書 兼 雇 用 契 約 書 ( 以 下 明 示 書 という)お よび 労

More information

19

19 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 19 年 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 規 則 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 33 条 の 規 定 に 基 づき 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 (

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 76 号 ) 改 正 平 成 21 年 5 月 19 日 09 規 程 第 6 号 改 正 平 成 21 年 11 月 17 日 09 規 程 第 24 号 改 正 平 成 22 年 6 月 22 日

More information

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事 独 立 行 政 法 人 年 金 健 康 保 険 福 祉 施 設 整 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 17 年 10 月 1 日 1 7 規 程 第 6 号 改 正 平 成 18 年 3 月 29 日 18 規 程 第 4 号 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 19 規 程 第 2 号 改 正 平 成 19 年 8 月 29 日 19 規 程 第 6 号 改 正 平 成 19 年

More information

H26 公表原案.xls

H26 公表原案.xls 水 戸 市 公 告 水 戸 市 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 7 年 水 戸 市 条 例 第 3 号 ) 第 6 条 の 規 定 に 基 づき, 水 戸 市 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について, 次 のとおり 公 表 する 平 成 6 年 9 月 8 日 水 戸 市 長 高 橋 靖 平 成 6 年 度 水 戸 市 事 行 政 の

More information

契約社員・アルバイト規程

契約社員・アルバイト規程 契 約 職 員 アルバイト 規 程 一 般 財 団 法 人 Rubyアソシエーション 平 成 23 年 7 月 27 日 作 成 施 行 平 成 26 年 6 月 12 日 第 2 条 及 び 第 8 条 改 正 第 1 条 ( 目 的 ) 第 1 章 : 総 則 1.この 規 程 は 就 業 規 則 第 2 条 に 規 定 する 契 約 職 員 およびアルバイトの 服 務 と 就 業 条 件 に

More information

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477>

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 7 号 最 近 改 正 平 成 28 年 2 月 16 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 3 条 ) 第 2 章 基 本 給 第 1 節 通 則 ( 第 4 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 初 任 給 ( 第 11 条 第

More information

― 目次 ―

― 目次 ― 相 互 援 助 活 動 北 本 市 目 的 北 本 市 以 下 子 育 中 保 護 者 安 心 子 育 援 助 活 動 子 育 援 助 行 人 協 力 会 員 援 助 受 人 依 頼 会 員 会 員 間 相 互 援 助 活 動 支 援 会 員 資 格 協 力 会 員 北 本 市 在 住 歳 以 上 心 身 健 康 育 児 性 別 問 理 解 熱 意 方 資 格 依 頼 会 員 北 本 市 在 住 勤

More information

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条 職 員 給 与 規 程 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 (この 規 程 の 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5>

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5> 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 64 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 50 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき, 職 員 の 給 与

More information

就 業 規 則

就 業 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 国 語 研 究 所 契 約 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 平 成 18 年 4 月 1 日 国 語 研 規 則 第 7 号 改 正 平 成 20 年 2 月 12 日 改 正 平 成 21 年 3 月 10 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 独 立 行 政 法 人 国 立 国 語 研 究 所 ( 以 下 研 究 所 という )の 業 務

More information

学校法人盛岡大学就業規則

学校法人盛岡大学就業規則 学 校 法 人 盛 岡 大 学 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 学 校 法 人 盛 岡 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 の 就 業 に 関 し 基 本 的 な 事 項 を 定 めるものである 2 この 規 則 及 びこの 規 則 において 別 に 定 めることとされている 制 度 は すべて 一 体 として 常 に 法

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という )は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 第 1 項 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 ( 以 下 大 学 という )に

More information

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判 判 例 時 報 平 成 25 年 12 月 1 日 号 < 最 新 判 例 批 判 > 箱 井 崇 史 西 川 佳 代 外 川 英 明 松 原 久 利 黒 澤 睦 斎 藤 司 判 決 録 < 行 政 > 1 件 3 < 民 事 > 7 件 17 < 知 的 財 産 権 > 1 件 79 < 労 働 > 1 件 126 < 刑 事 > 1 件 142 最 高 裁 判 例 要 旨 ( 平 成 25 年

More information

Taro-第1部

Taro-第1部 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 に その 災 害 に よって 生 じた 損 害 を 補 償 し 及 び 必 要 な 福 祉 事 業 を 行 い

More information

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定)

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定) 公 立 大 学 法 人 兵 庫 県 立 大 学 教 職 員 就 業 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 評 価 ( 第 11 条 ) 第 3 節 昇 任 および 降 任 ( 第 12 条 - 第 14 条 ) 第 4 節 休 職 及 び 復 職 ( 第 15 条 - 第 19

More information

たときは 直 ちに 人 事 課 に 届 け 出 なければならない 第 7 条 職 員 が 著 書 を 刊 行 し 若 しくは 学 術 論 文 等 を 発 表 したとき 又 は 本 学 を 経 由 せず 辞 令 若 しくは 学 位 を 受 け その 業 績 が 履 歴 上 に 関 係 あるときは その

たときは 直 ちに 人 事 課 に 届 け 出 なければならない 第 7 条 職 員 が 著 書 を 刊 行 し 若 しくは 学 術 論 文 等 を 発 表 したとき 又 は 本 学 を 経 由 せず 辞 令 若 しくは 学 位 を 受 け その 業 績 が 履 歴 上 に 関 係 あるときは その 福 岡 大 学 就 業 規 則 昭 和 31 年 4 月 1 日 制 定 第 1 章 総 則 第 1 条 この 規 則 は 学 校 法 人 福 岡 大 学 寄 附 行 為 並 びに 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 ) 及 び 関 係 法 令 の 精 神 に 則 り 職 員 の 就 業 に 関 する 基 本 的 な 事 項 を 定 めたものであって これにより 真 に

More information

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正)

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正) 独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 38 号 最 終 改 正 平 成 26 年 12 月 18 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 任 免 ( 第 5 条 第 29 条 ) 第 1 節 採 用 ( 第 5 条 第 9 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 等

More information

(Microsoft Word - \211^\215s\212\307\227\235\213K\222\366)

(Microsoft Word - \211^\215s\212\307\227\235\213K\222\366) 運 行 管 理 規 程 平 成 制 定 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 規 程 は ( 事 業 者 名 ) 運 行 管 理 規 程 と 称 する ( 目 的 ) 第 2 条 この 規 程 は 旅 客 自 動 車 運 送 事 業 運 輸 規 則 ( 以 下 運 輸 規 則 という ) 第 48 条 の2の 定 めに 基 づき 運 行 管 理 者 の 職 務 及 び 権 限 並 びに

More information

部 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) 参 事 官 首 席 監 察 官 警 務 部 長 参 事 所 属 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) そ の 他 の 職 員 所 属 長 2 指 定 権 者 は 勤 務 指 定 を 行 ったときは 職 員 に 対 し 速 やかにこれを 明 示 す

部 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) 参 事 官 首 席 監 察 官 警 務 部 長 参 事 所 属 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) そ の 他 の 職 員 所 属 長 2 指 定 権 者 は 勤 務 指 定 を 行 ったときは 職 員 に 対 し 速 やかにこれを 明 示 す 山 口 県 警 察 に 勤 務 する 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 訓 令 平 成 7 年 3 月 31 日 本 部 訓 令 第 1 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 訓 令 は 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 条 例 ( 昭 和 28 年 山 口 県 条 例 第 11 号 以 下 勤 務 時 間 条 例 という ) 及

More information

2 旅 行 日 3 用 務 名 4 目 的 地 5 交 通 手 段 (2) 旅 費 の 支 給 を 伴 わない 旅 行 を 行 った 場 合 には 出 勤 簿 上 は 出 張 の 表 示 はせず 出 勤 と 同 じ 扱 いをする ただし 前 項 のただし 書 による 旅 行 命 令 簿 を 作 成

2 旅 行 日 3 用 務 名 4 目 的 地 5 交 通 手 段 (2) 旅 費 の 支 給 を 伴 わない 旅 行 を 行 った 場 合 には 出 勤 簿 上 は 出 張 の 表 示 はせず 出 勤 と 同 じ 扱 いをする ただし 前 項 のただし 書 による 旅 行 命 令 簿 を 作 成 職 員 の 旅 費 に 関 する 条 例 の 一 部 を する 条 例 等 の 施 行 に 伴 う 旅 費 の 取 扱 いについて 平 成 18 年 3 月 29 日 17 高 教 職 第 1370 号 教 育 長 通 知 平 成 19 年 1 月 4 日 18 高 教 政 第 486 号 教 育 長 通 知 平 成 20 年 11 月 12 日 20 高 総 福 第 646 号 教 育 長 通 知

More information

公立大学法人神戸市外国語大学職員就業規則

公立大学法人神戸市外国語大学職員就業規則 公 立 大 学 法 人 神 戸 市 外 国 語 大 学 職 員 就 業 規 則 2007 年 4 月 1 日 規 程 第 9 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 ) 第 89 条 の 規 定 に 基 づき, 公 立 大 学 法 人 神 戸 市 外 国 語 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 勤

More information

第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 す る 職 員 の 就 業 について 必 要 な

第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 す る 職 員 の 就 業 について 必 要 な 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 10 月 11 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 21 年 4 月 1 日 平 成 22 年 8 月 1 日 平 成 23 年 7 月 20 日 平 成 25 年 3 月 22 日 平 成 26 年 3 月 25 日 平 成 26

More information

第 3 章 異 動 第 7 条 ( 異 動 ) 業 務 の 都 合 により 必 要 がある 場 合 は 社 員 に 異 動 ( 配 置 転 換 転 勤 出 向 )を 命 じ または 担 当 業 務 以 外 の 業 務 を 行 わせることがある 第 4 章 就 業 時 間 休 憩 時 間 休 日 およ

第 3 章 異 動 第 7 条 ( 異 動 ) 業 務 の 都 合 により 必 要 がある 場 合 は 社 員 に 異 動 ( 配 置 転 換 転 勤 出 向 )を 命 じ または 担 当 業 務 以 外 の 業 務 を 行 わせることがある 第 4 章 就 業 時 間 休 憩 時 間 休 日 およ 就 業 規 則 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は ( 以 下 会 社 という)の 秩 序 を 維 持 し 業 務 の 円 滑 な 運 営 を 期 すため 社 員 の 就 業 に 関 する 労 働 条 件 および 服 務 規 律 を 定 めたものである 第 2 条 ( 社 員 の 定 義 ) 1. 社 員 とは 会 社 と 雇 用 契 約 を 締 結 した 者 のうち

More information

大阪府生活福祉資金のごあんない

大阪府生活福祉資金のごあんない 大 阪 府 生 活 福 祉 資 金 福 祉 資 金 貸 付 のごあんない この 貸 付 制 度 は 低 所 得 者 障 がい 者 または 高 齢 者 の 世 帯 に 対 し 資 金 の 貸 付 けと 必 要 な 相 談 支 援 を 行 うこ とにより その 経 済 的 自 立 および 生 活 意 欲 の 助 長 促 進 ならびに 在 宅 福 祉 および 社 会 参 加 の 促 進 を 図 り 安 定

More information

KT6 定年制職員就業規程

KT6 定年制職員就業規程 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 第 2 条 適 用 範 囲 第 2 章 勤 務 第 1 節 勤 務 心 得 第 3 条 職 務 の 遂 行 第 4 条 禁 止 事 項 第 5 条 許 可 及 び 届 出 事 項 第 2 節 勤 務 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 6

More information

<5461726F2D8BB388F5906C8E968B4B91A52E6A7464>

<5461726F2D8BB388F5906C8E968B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 教 員 人 事 規 則 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 平 成 1 6 年 規 則 第 2 号 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 1 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 3 条 第 1 項

More information

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 沖 縄 県 土 木 建 築 部 平 成 25 年 7 月 1 日 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 第 101 条 適 用 範 囲 1. 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 ( 以 下 共 通 仕 様 書 という )は 沖 縄 県 土 木 建 築 部 の 発 注 する 現 場 技 術 業 務 に 係 る 土 木 設 計 業 務 等 請

More information

スポーツ・レジャー保険 補償の説明

スポーツ・レジャー保険 補償の説明 スポーツ レジャー 保 険 補 償 の 説 明 傷 害 国 内 補 償 1 死 亡 保 険 金 スポーツ レジャー 中 に 急 激 かつ 偶 然 な 外 来 の 事 故 によりケガをされ 事 故 の 発 生 の 日 か らその 日 を 含 めて 180 日 以 内 に 死 亡 された 場 合 死 亡 後 遺 障 害 保 険 金 額 の 全 額 をお 支 払 いします ただし 既 に 後 遺 障 害

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131368140938C8B9E8C7C8F7091E58A77904588F582CC8BCE96B18E9E8AD481418B7889C9939982C98AD682B782E98B4B91A5814089FC32303130303632322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131368140938C8B9E8C7C8F7091E58A77904588F582CC8BCE96B18E9E8AD481418B7889C9939982C98AD682B782E98B4B91A5814089FC32303130303632322E646F63> 東 京 芸 術 大 学 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 21 年 5 月 11 日 平 成 21 年 7 月 17 日 平 成 22 年 3 月 30 日 平 成 22 年 6 月 22 日 第 1 章 総

More information

26年度給与公表様式(菰野町).xls

26年度給与公表様式(菰野町).xls の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 (25 年 度 末 ) A 25 年 度 人 千 41,329 1,767,541 実 質 収 支 千 54,695 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) B B/A 24 年 度 の 人 件 費 率 千 2,467,197 22.9 22.8

More information

Taro-%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E8%81%B

Taro-%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E8%81%B 務 第 864 号 会 第 972 号 平 成 23 年 12 月 28 日 各 所 属 長 殿 岐 阜 県 警 察 本 部 長 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 要 領 の 制 定 について これまで 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについては 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 いに ついて ( 平 成 22 年 9 月 1 日 付 け 務

More information

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 改 正 平 成 17 年 3 月 30 日 平 成 18 年 3 月 30 日 平 成 19 年 3 月 30 日 平 成 20 年 3 月 31 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 5 月 29 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 (

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 施 行 規 程 ( 平 成 10 年 3 月 3 1 日 ) 平 成 10 年 規 程 第 3 号 ( 趣 旨 ) 改 正 平 成 11 年 6 月 28 日 規 程 第 3 号 平 成 14 年 2 月 26 日 規 程 第 2 号 平 成 14 年 6 月 28 日 規 程 第 3 号 平

More information

認可保育所募集要項

認可保育所募集要項 平 成 28 年 度 中 野 区 認 可 保 育 所 開 設 事 業 者 募 集 要 項 ( 追 加 募 集 ) 平 成 28 年 6 月 中 野 区 8 月 一 部 修 正 版 1 平 成 28 年 度 中 野 区 認 可 保 育 所 開 設 事 業 者 募 集 要 項 (6 月 追 加 募 集 ) 平 成 28 年 6 月 中 野 区 8 月 24 日 : 下 線 部 修 正 第 1 募 集 概

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

看護師賠償責任保険

看護師賠償責任保険 組 合 員 の 看 護 師 准 看 護 師 保 健 師 助 産 師 の 皆 さまへ 平 成 25 年 7 月 千 葉 県 庁 生 活 協 同 組 合 看 護 師 賠 償 責 任 保 険 ご 加 入 のおすすめ 取 扱 代 理 店 千 葉 県 庁 生 活 協 同 組 合 保 険 係 千 葉 市 中 央 区 中 央 4-13-28 新 都 市 ビル8 階 TEL:043-227-8100

More information

(201203_H23\203z\201[\203\200\203y\201[\203W\201\232.xls)

(201203_H23\203z\201[\203\200\203y\201[\203W\201\232.xls) (1) 1 総 人 括 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) (2) 22 区 年 分 度 住 民 基 本 (22 職 員 給 A 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) ( 22 区 注 年 分 )1 度 職 ( 参 考 ) 都 道 府 県 平 均 272,779 員 数 8,906,5901,863,346,447 台 年 帳 度 人 末 口 ) 歳 出 千 円 A額

More information

国立大学法人福島大学職員給与規程

国立大学法人福島大学職員給与規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 給 与 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 17 年 6 月 6 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 18 年 6 月 5 日 平 成 18 年 10 月 16 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 19 年 12 月 7 日 平 成

More information

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63>

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63> 非 常 勤 職 員 取 扱 要 領 昭 和 32 年 3 月 1 日 制 定 平 成 24 年 11 月 1 日 最 終 改 正 第 1 趣 旨 この 要 領 は 非 常 勤 職 員 に 関 する 取 扱 いについて 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 第 2 非 常 勤 職 員 の 任 免 本 庁 にあっては 各 課 長 地 域 振 興 局 にあっては 企 画 振 興 部 長 又 は 各

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

静岡県公立大学法人職員就業規則

静岡県公立大学法人職員就業規則 平 成 21 年 4 月 1 日 規 程 第 7 号 地 方 独 立 行 政 法 人 静 岡 県 立 病 院 機 構 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 9 条 ) 第 2 節 評 定 ( 第 10 条 ) 第 3 節 昇 任 及 び 降 任 等 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第

More information

在職年数

在職年数 東 京 都 市 町 村 職 員 退 職 手 当 組 合 退 職 手 当 支 給 条 例 施 行 規 則 ( 昭 和 51 年 3 月 31 日 規 則 第 1 号 改 正 昭 和 51 年 4 月 9 日 規 則 第 2 号 昭 和 54 年 3 月 24 日 規 則 第 2 号 昭 和 60 年 5 月 1 日 規 則 第 1 号 昭 和 61 年 4 月 1 日 規 則 第 1 号 平 成 2

More information

1リスクへの備え

1リスクへの備え リスクへの 備 え 福 祉 施 設 運 営 は 様 々なリスク 対 応 を 覚 悟 しなければならない 業 務 中 に 負 った 賠 償 責 任 入 所 児 童 が 他 人 に 損 害 を 負 わせた 場 合 施 設 管 理 者 は 損 害 賠 償 金 や 訴 訟 費 用 等 を 法 律 上 負 うべき 事 態 に 見 舞 われる また 財 産 の 損 害 が 生 じる 事 態 もある これらの 事

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63> 東 京 芸 術 大 学 教 育 研 究 等 非 常 勤 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 12 月 15 日 制 定 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 平 成 18 年 6 月 15 日 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 20 年 1 月 29 日 平 成 20 年 3 月 21 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 12 月 1 日 平 成 22 年

More information

平成27年度健康保険委員研修 知っておきたい健康保険のポイント

平成27年度健康保険委員研修  知っておきたい健康保険のポイント 1 目 次 1. 健 康 保 険 証 について(4~6ページ) 2. 交 通 事 故 について(7~9ページ) 3. 出 産 に 関 する 健 康 保 険 の 給 付 について(10~19ページ) 4. 健 康 保 険 の 給 付 に 関 わるよくある 相 談 Q&A(20~23ページ) 5. 退 職 後 の 健 康 保 険 について(24~28ページ) 6. 今 後 の 制 度 改 正 について(29ページ)

More information

Microsoft Word - 103030

Microsoft Word - 103030 国 立 大 学 法 人 北 陸 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 北 院 大 規 則 第 17 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 格 及 び 降 格 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 3 節 異 動

More information

7-25給与規則160303

7-25給与規則160303 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 教 職 員 給 与 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 1 1 3 号 ( 目 的 ) 改 正 平 成 17. 3.28 16 規 則 220 平 成 17.11. 1 17 規 則 16 平 成 17.12. 1 17 規 則 22 平 成 18. 4. 1 18 規 則 4 平 成 19. 4. 1 19 規 則 9 平 成 19. 5.17

More information

会 社 規 程 PAGE 2 (5) 卒 業 証 明 書, 健 康 診 断 書 1 通 (6)その 他 会 社 が 必 要 と 認 めた 書 類 2. 既 労 働 者 で 選 考 に 合 格 した 者 は 前 項 の 他 に 次 の 書 類 を 提 出 する (1) 源 泉 徴 収 票 ( 給 与,

会 社 規 程 PAGE 2 (5) 卒 業 証 明 書, 健 康 診 断 書 1 通 (6)その 他 会 社 が 必 要 と 認 めた 書 類 2. 既 労 働 者 で 選 考 に 合 格 した 者 は 前 項 の 他 に 次 の 書 類 を 提 出 する (1) 源 泉 徴 収 票 ( 給 与, 会 社 規 程 就 業 規 則 PAGE 1of 11 第 1 条 第 2 条 第 3 条 第 4 条 第 5 条 第 1 章 総 則 目 的 この 規 程 は 会 社 が 営 業 する 事 業 所 に 於 ける 従 業 員 の 就 業 に 関 する 事 項 を 定 める 適 用 範 囲 会 社 が 指 定 する 事 業 所 に 於 いて 勤 務 する 従 業 員 について 適 用 する 但 し 従

More information

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 (

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 ( 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについての 改 正 について 平 成 23 年 8 月 1 日 通 達 ( 務 人 ) 第 44 号 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 110 号 以 下 法 という )の 改 正 に 鑑 み このたび 山 梨 県 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 山 梨 県 条

More information

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口 国 立 大 学 法 人 横 浜 国 立 大 学 年 俸 制 教 職 員 給 与 規 則 ( 平 成 19 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 ) 改 正 平 成 19 年 11 月 29 日 規 則 第 130 号 平 成 20 年 2 月 28 日 規 則 第 14 号 平 成 20 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 平 成 21 年 5 月 29 日 規 則 第 67 号 平

More information

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 )

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 嘱 託 等 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 17 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 37 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 4 号 平 成 18 年 11 月 27 日 18

More information

整備受託自動車保険(人数方式)のご案内

整備受託自動車保険(人数方式)のご案内 2015 年 10 月 1 日 保 険 始 期 以 降 適 用 整 備 受 託 自 動 車 保 険 ( 整 備 従 事 者 数 方 式 ) 特 約 のご 案 内 Ⅰ. 整 備 受 託 自 動 車 保 険 ( 整 備 従 事 者 数 方 式 ) 特 約 の 概 要 整 備 受 託 自 動 車 保 険 ( 整 備 従 事 者 数 方 式 ) 特 約 は 貴 社 の 整 備 工 場 においてお 客 さまから

More information

第3章 災害応急対策計画                     第1節 活動体制計画   

第3章 災害応急対策計画                         第1節 活動体制計画    第 1 節 活 動 体 制 計 画 第 1 節 活 動 体 制 計 画 計 画 の 方 針 地 震 が 発 生 し 又 は 発 生 するおそれのある 場 合 において 災 害 の 予 防 及 び 災 害 応 急 対 策 等 の 防 災 活 動 を 強 力 に 推 進 するために 災 害 対 策 本 部 等 の 設 置 応 援 要 請 応 急 公 用 負 担 等 の 活 動 体 制 を 確 立 する

More information

職 員 の 平 均 給 料 の 月 額 初 任 給 などの 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 及 び 平 均 給 料 平 均 給 与 の 月 額 の 状 況 ( 平 成 26 年 4 月 支 給 分 ) 平 均 年 齢 平 均 給 料 の 月 額 平 均 給 与 月 額 医 師 41.2

職 員 の 平 均 給 料 の 月 額 初 任 給 などの 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 及 び 平 均 給 料 平 均 給 与 の 月 額 の 状 況 ( 平 成 26 年 4 月 支 給 分 ) 平 均 年 齢 平 均 給 料 の 月 額 平 均 給 与 月 額 医 師 41.2 平 成 25 年 度 掛 川 市 袋 井 市 病 院 企 業 団 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 掛 川 市 袋 井 市 病 院 企 業 団 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 に 基 づき 掛 川 市 袋 井 市 病 院 企 業 団 の 任 免 給 与 勤 務 条 件 などの 概 要 についてお 知 らせします 1. 職 員 の 任

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残 交 通 事 故 防 止 ガ イ ド ラ イ ン 平 成 1 8 年 度 は じ め に 大 磯 町 教 育 委 員 会 ( 平 成 1 8 年 1 0 月 3 1 日 改 正 ) 神 奈 川 県 全 国 の 教 職 員 の 交 通 事 故 が 多 発 し て い ま す 文 部 科 学 省 の 2 0 0 2 年 度 調 査 に よ る と, 交 通 事 故 に 関 わ る 懲 戒 処 分 を 受

More information

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の 準 職 員 就 業 規 則 及 び 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 麦 の 子 会 ( 以 下 法 人 という ) 就 業 規 則 第 3 条 の 規 定 に 基 づいて 雇 用 する 準 職 員 の 労 働 条 件 服 務 規 律 その 他 の 就 業 に 関 する 事 項 を 定 めるものである 2 この 規 則 に 定

More information

2 特 殊 勤 務 手 当 時 間 外 勤 務 手 当 及 び 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 は 毎 月 17 日 に その 前 月 の 月 額 の 全 額 を 支 給 する 3 第 12 条 に 規 定 する 日 割 計 算 による 給 与 の 支 給 日 は 給 与 支 給 細 則 で

2 特 殊 勤 務 手 当 時 間 外 勤 務 手 当 及 び 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 は 毎 月 17 日 に その 前 月 の 月 額 の 全 額 を 支 給 する 3 第 12 条 に 規 定 する 日 割 計 算 による 給 与 の 支 給 日 は 給 与 支 給 細 則 で 防 災 科 学 技 術 研 究 所 職 員 給 与 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 14 条 ) 第 2 章 給 与 第 1 節 俸 給 ( 第 15 条 - 第 21 条 ) 第 2 節 諸 手 当 ( 第 22 条 - 第 37 条 ) 第 3 章 給 与 の 特 例 ( 第 38 条 - 第 42 条 ) 附 則 ( 平 成 13 年 4 月 1 日 13 規 程

More information

給 与 に つ い て 職 員 に 支 給 される 給 与 は 給 料 と 各 種 の から 構 成 されている そのうち 給 料 は 給 料 表 の 適 用 を 受 ける 職 員 すべてに 支 給 されるもので 給 与 月 額 に 占 める 比 率 も 高 く 給 与 のうち 基 本 的 部 分

給 与 に つ い て 職 員 に 支 給 される 給 与 は 給 料 と 各 種 の から 構 成 されている そのうち 給 料 は 給 料 表 の 適 用 を 受 ける 職 員 すべてに 支 給 されるもので 給 与 月 額 に 占 める 比 率 も 高 く 給 与 のうち 基 本 的 部 分 給 与 に つ い て 職 員 に 支 給 される 給 与 は 給 料 と 各 種 の から 構 成 されている そのうち 給 料 は 給 料 表 の 適 用 を 受 ける 職 員 すべてに 支 給 されるもので 給 与 月 額 に 占 める 比 率 も 高 く 給 与 のうち 基 本 的 部 分 を 占 めている 諸 は 23 種 類 に 分 かれている そして これをその 性 格 によって 分

More information

第 4 章 組 織 第 7 条 本 会 に 次 の 役 員 を 置 く 本 会 代 表 :1 名 総 監 督 :1 名 監 督 : 各 チーム1 名 コーチ: 若 干 名 監 査 人 : 前 年 保 護 者 会 長 前 年 会 計 保 護 者 会 長 :1 名 同 副 会 長 :1 名 会 計 :1

第 4 章 組 織 第 7 条 本 会 に 次 の 役 員 を 置 く 本 会 代 表 :1 名 総 監 督 :1 名 監 督 : 各 チーム1 名 コーチ: 若 干 名 監 査 人 : 前 年 保 護 者 会 長 前 年 会 計 保 護 者 会 長 :1 名 同 副 会 長 :1 名 会 計 :1 ちの 宮 川 FCスポーツ 少 年 団 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 本 会 は ちの 宮 川 FCスポーツ 少 年 団 略 称 をちの 宮 川 FC( 以 下 本 会 と 称 す)と 称 す 第 2 条 本 会 は その 趣 旨 目 的 並 びに 事 業 に 賛 同 する 個 人 および 団 体 をもって 組 織 し 事 務 局 を 長 野 県 茅 野 市 に 置 く 第 2 章 目 的

More information

đ) 人 民 軍 事 専 従 の 士 官 軍 人 人 民 公 安 専 従 の 士 官 下 士 官 及 び 技 術 専 門 の 仕 官 下 士 官 軍 人 と 同 じく 給 与 を 受 ける 情 報 管 理 に 関 わる 業 務 に 従 事 する 者 e) 人 民 軍 事 および 人 民 公 安 の

đ) 人 民 軍 事 専 従 の 士 官 軍 人 人 民 公 安 専 従 の 士 官 下 士 官 及 び 技 術 専 門 の 仕 官 下 士 官 軍 人 と 同 じく 給 与 を 受 ける 情 報 管 理 に 関 わる 業 務 に 従 事 する 者 e) 人 民 軍 事 および 人 民 公 安 の 国 会 --------- 法 律 番 号 :58/2014/QH13 号 ベトナム 社 会 主 義 共 和 国 独 立 自 由 幸 福 ---------------- ハノイ 2014 年 11 月 20 日 社 会 保 険 法 ベトナム 社 会 主 義 共 和 国 の 憲 法 に 基 づき 国 会 は 社 会 保 険 法 を 公 布 する 第 1 章 総 則 第 1 条 適 用 範 囲 本 法

More information

政 務 活 動 費 の 支 出 及 び 管 理 に 関 する 指 針 1 政 務 活 動 費 の 支 出 対 象 とならない 経 費 下 松 市 議 会 議 員 の 任 期 が 始 まる 日 から 当 該 月 末 までに 支 出 した 経 費 交 際 費 的 経 費 ( 冠 婚 葬 祭 や 祝 賀

政 務 活 動 費 の 支 出 及 び 管 理 に 関 する 指 針 1 政 務 活 動 費 の 支 出 対 象 とならない 経 費 下 松 市 議 会 議 員 の 任 期 が 始 まる 日 から 当 該 月 末 までに 支 出 した 経 費 交 際 費 的 経 費 ( 冠 婚 葬 祭 や 祝 賀 政 務 活 動 費 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 下 松 市 議 会 政 務 活 動 費 の 支 出 及 び 管 理 に 関 する 指 針 1 政 務 活 動 費 の 支 出 対 象 とならない 経 費 下 松 市 議 会 議 員 の 任 期 が 始 まる 日 から 当 該 月 末 までに 支 出 した 経 費 交 際 費 的 経 費 ( 冠 婚 葬 祭 や 祝 賀 会 などに 伴 う

More information

1 倉 敷 市 立 児 島 市 民 病 院 医 事 関 係 運 営 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 名 と 病 院 の 概 要 業 務 名 倉 敷 市 立 児 島 市 民 病 院 医 事 関 係 運 営 業 務 委 託 履 行 場 所 岡 山 県 倉 敷 市 児 島 駅 前 2 丁 目 39 番 地 倉 敷 市 立 児 島 市 民 病 院 病 床 数 198 床 一 般 病 床 165 床, 療

More information

<4832332E338B8B975E8CF6955C8169967B92A1816A2E786C73>

<4832332E338B8B975E8CF6955C8169967B92A1816A2E786C73> 総 括 () 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 塩 竈 市 の 給 与 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 22 年 度 末 ) A B B/A 平 成 2 年 度 の 人 件 費 率 平 成 22 年 度 57,266 人 2,59,774 486,43 3,398,0 5.7% 6.2%

More information

種 別 貸 付 事 由 貸 付 限 度 額 償 還 回 数 結 婚 組 合 員 又 は 子 が 結 婚 をするため 資 金 を 必 要 と する 場 合 200 万 円 ( 2) 120 回 以 内 葬 祭 組 合 員 が 被 扶 養 者 又 は 被 扶 養 者 でない 配 偶 者 子 孫 弟 妹

種 別 貸 付 事 由 貸 付 限 度 額 償 還 回 数 結 婚 組 合 員 又 は 子 が 結 婚 をするため 資 金 を 必 要 と する 場 合 200 万 円 ( 2) 120 回 以 内 葬 祭 組 合 員 が 被 扶 養 者 又 は 被 扶 養 者 でない 配 偶 者 子 孫 弟 妹 16 資 金 が 必 要 なとき 共 済 組 合 1 貸 付 けについて (1) 貸 付 申 込 みから 送 金 まで 申 込 締 切 日 毎 月 25 日 ( 休 日 の 場 合 は その 前 日 ) 貸 付 決 定 送 金 申 込 締 切 日 の 翌 月 10 日 頃 に 貸 付 決 定 通 知 書 を 送 付 申 込 締 切 日 の 翌 月 26 日 ( 休 日 の 場 合 はその 前 日 )に

More information

国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という )は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 4 9 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 教 育 研 究 の 特 性 に 留 意 して 国 立

More information

職 員 の 等 に 関 する 条 例 第 24 条 の 承 認 は 正 規 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりにおいて 30 分 を 単 位 として 行 う ものとする 2 育 児 を 原 因 とする 特 別 休 暇 を 承 認 されている 職 員 に 対 する の 承 認 については

職 員 の 等 に 関 する 条 例 第 24 条 の 承 認 は 正 規 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりにおいて 30 分 を 単 位 として 行 う ものとする 2 育 児 を 原 因 とする 特 別 休 暇 を 承 認 されている 職 員 に 対 する の 承 認 については 2015/3/10 8. 事 例 別 事 務 処 理 へ 職 員 が 満 3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 する 場 合 特 別 な 事 情 がある 場 合 を 除 き1 回 に 限 り 延 長 できる ( 男 性 職 員 の 場 合 は 配 偶 者 の 出 産 後 8 週 間 以 内 に 最 初 の を 取 得 していれば 特 別 な 事 情 がなくても 再 度 取 得 することができる )

More information

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という )

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という ) 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 3 日 平 成 21 年 6 月 23 日 平 成 22 年 3 月 19 日 平 成 22 年 11 月 30 日 平 成 23 年 3 月 29 日 平 成 24 年 3 月 30 日 平 成 26 年 12 月

More information

務 に 従 事 する 職 員 ロ 課 外 活 動 指 導 における 学 生 の 教 育, 特 定 の 課 外 活 動 の 技 術 的 な 指 導 及 び 各 種 大 会 の 校 外 引 率 業 務 に 従 事 する 職 員 ハ 学 生 寮 における 学 生 の 教 育, 生 活 指 導 及 び 相

務 に 従 事 する 職 員 ロ 課 外 活 動 指 導 における 学 生 の 教 育, 特 定 の 課 外 活 動 の 技 術 的 な 指 導 及 び 各 種 大 会 の 校 外 引 率 業 務 に 従 事 する 職 員 ハ 学 生 寮 における 学 生 の 教 育, 生 活 指 導 及 び 相 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 非 常 勤 教 職 員 就 業 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 11 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 4 月 20 日 一 部 改 正 平 成 18 年 4 月 4 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最 平 成 25 年 度 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 58 条 の 2 及 び 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 世 羅 町 条 例 第 3 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 平 成 25 年 度 の

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を 学 校 法 人 会 計 の 特 徴 や 企 業 会 計 との 違 い 学 校 法 人 は 学 校 を 運 営 し 教 育 研 究 を 遂 行 することを 目 的 としており 企 業 のよう に 利 益 を 追 求 する 経 済 活 動 そのものを 事 業 目 的 とすることはできません 学 校 法 人 会 計 では 文 部 科 学 省 令 により 定 められた 学 校 法 人 会 計 基 準 に 基

More information

3 補 償 等 の 内 容 ここに 掲 げるものは 常 勤 職 員 等 に 係 るものですが 非 常 勤 職 員 に 対 しても 概 ね 同 様 の 補 償 等 が 実 施 されています 補 償 種 別 補 償 内 容 補 償 基 準 等 療 養 補 償 負 傷 又 は 疾 病 が 治 ゆに 至 る

3 補 償 等 の 内 容 ここに 掲 げるものは 常 勤 職 員 等 に 係 るものですが 非 常 勤 職 員 に 対 しても 概 ね 同 様 の 補 償 等 が 実 施 されています 補 償 種 別 補 償 内 容 補 償 基 準 等 療 養 補 償 負 傷 又 は 疾 病 が 治 ゆに 至 る 第 7 章 その 他 の 福 利 厚 生 事 業 1 公 務 災 害 通 勤 災 害 補 償 1 公 務 災 害 通 勤 災 害 補 償 の 意 義 都 福 利 厚 生 課 公 務 災 害 担 当 03(5320)6819 公 務 災 害 又 は 通 勤 災 害 補 償 制 度 は 職 員 が 公 務 上 の 災 害 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けたときに そ の 災 害 によって 生

More information

明 な) 4 自 動 車 の 利 用 自 動 車 の 継 続 検 査 ( 車 検 ) 所 有 している 場 合 2 年 に1 回 ( 新 車 購 入 直 後 は3 年 目 ) 約 3,166 万 件 / 年 自 動 車 :2,171 万 件 / 年 軽 自 動 車 :995 万 件 / 年 (H21

明 な) 4 自 動 車 の 利 用 自 動 車 の 継 続 検 査 ( 車 検 ) 所 有 している 場 合 2 年 に1 回 ( 新 車 購 入 直 後 は3 年 目 ) 約 3,166 万 件 / 年 自 動 車 :2,171 万 件 / 年 軽 自 動 車 :995 万 件 / 年 (H21 凡 例 別 添 資 料 1 選 定 基 準 に 関 係 する 項 目 1 以 上 2 年 100 万 以 上 年 1000 万 以 上 3 個 行 政 等 が 関 係 民 間 が 関 係 4 添 付 類 あり ライフイベント 別 主 要 手 続 整 理 表 ( 多 数 あるイベントや 手 続 きの 中 で 主 なもののみ 掲 載 しています また 自 治 体 等 により 内 容 が 異 なる 場 合

More information

別表(第6条、第8条関係)

別表(第6条、第8条関係) 政 務 活 動 費 の 取 り 扱 いマニュアル 平 成 25 年 4 月 1 日 伊 勢 市 議 会 事 務 局 目 次 1 制 度 の 概 要 1ページ 2 政 務 活 動 費 について 1ページ 3 政 務 活 動 費 交 付 の 根 拠 となる 法 律 条 例 等 について 1ページ 4 政 務 活 動 費 の 交 付 の 概 要 1ページ 5 政 務 活 動 費 の 申 請 から 交 付

More information

厚生年金基金の制度改正201404

厚生年金基金の制度改正201404 厚 生 年 金 基 金 の 制 度 改 正 に 係 る 解 説 ~ 政 省 令 告 示 の 公 布 および 通 知 の 発 出 を 受 けて~ 2014 年 4 月 AD908- 年 14-01 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. はじめに 2013( 平 成 25) 年 6 月 19 日 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しおよび

More information

第1 地方公務員災害補償制度の概要

第1 地方公務員災害補償制度の概要 第 1 制 度 の 概 要 - 1 - - 2 - 1 制 度 とは 制 度 とは 公 務 遂 行 又 は 通 勤 に 伴 って 生 じた 地 方 公 務 員 の 災 害 に 対 して 補 償 を 行 う 制 度 です 法 ( 地 公 災 法 )を 根 拠 とし 労 働 者 災 害 補 償 保 険 法 ( 労 災 法 )や 国 家 公 務 員 災 害 補 償 法 ( 国 公 災 法 )に 基 づく

More information

会津若松市人事行政の運営等の状況の公表について

会津若松市人事行政の運営等の状況の公表について 2 職 員 の 給 与 の 状 況 (1) 総 括 1 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 23 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B/ A ( 参 考 )22 年 度 件 費 率 124,978 47,356,878 1,278,841 8,184,623 ( 注 ) 住 民 基 本 台 帳 口 は 平 成 24 年 3 月

More information

(3) 口 座 振 替 の 推 進 の 取 組 み 口 座 振 替 は 納 期 限 を 忘 れる 心 配 がなく 納 付 に 出 向 く 手 間 を 省 略 するなど 利 便 性 の 高 い 納 付 方 法 である また 納 付 書 の 印 刷 において 紙 の 使 用 量 が 少 ない など 環

(3) 口 座 振 替 の 推 進 の 取 組 み 口 座 振 替 は 納 期 限 を 忘 れる 心 配 がなく 納 付 に 出 向 く 手 間 を 省 略 するなど 利 便 性 の 高 い 納 付 方 法 である また 納 付 書 の 印 刷 において 紙 の 使 用 量 が 少 ない など 環 滞 納 整 理 事 務 要 綱 ( 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 第 1 自 主 納 付 の 推 進 及 び 滞 納 整 理 の 促 進 に 伴 う 基 本 方 針 市 税 は 本 市 が 取 り 組 むさまざまな 公 共 サービス 等 の 原 資 になっており 市 民 福 祉 の 充 実 や 市 民 ニーズに 対 応 する 施 策 の 推 進 に 役 立 てられている これら 施 策 の

More information

写 26 人 委 給 第 546 号 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 県 議 会 議 長 加 地 邦 雄 殿 福 岡 県 知 事 小 川 洋 殿 福 岡 県 人 事 委 員 会 委 員 長 簑 田 孝 行 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 について 福 岡 県 人 事 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 第 8 条 第 14 条 及 び 第

More information

特 任 教 員 特 任 教 員 については 学 長 が 別 に 定 める その 他 学 長 が 必 要 と 認 めた 研 究 員 等 ( 権 限 の 委 任 ) 第 3 条 この 規 則 に 規 定 する 権 限 の 委 任 については, 国 立 大 学 法 人 岐 阜 大 学 職 員 就 業 規

特 任 教 員 特 任 教 員 については 学 長 が 別 に 定 める その 他 学 長 が 必 要 と 認 めた 研 究 員 等 ( 権 限 の 委 任 ) 第 3 条 この 規 則 に 規 定 する 権 限 の 委 任 については, 国 立 大 学 法 人 岐 阜 大 学 職 員 就 業 規 国 立 大 学 法 人 岐 阜 大 学 パート 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 岐 阜 大 学 規 則 第 64 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 ( 以 下 規 則 という )は, 国 立 大 学 法 人 岐 阜 大 学 契 約 職 員 就 業 規 則 第 2 条 に 基 づき, 国 立 大 学 法 人 岐 阜 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 雇 用

More information

Taro-【27教育庁版】両立支援ハンドブック

Taro-【27教育庁版】両立支援ハンドブック 両 立 支 援 ハンドブック ~ 働 くパパママ 子 育 て 応 援 プラン~ 平 成 27 年 9 月 沖 縄 県 教 育 委 員 会 教 育 庁 総 務 課 目 次 1 妊 娠 したら (1) 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 p1 (2) 妊 娠 障 害 休 暇 p1 (3) 妊 婦 通 勤 緩 和 休 暇 p2 (4) 妊 娠 中 の 休 息 又 は 補 食 のための 職

More information