就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年"

Transcription

1 第 3 章 就 労 促 進 に 向 けた 労 働 市 場 の 需 給 面 及 び 質 面 の 課 題 には 解 雇 などの 在 職 者 に 対 する 雇 用 調 整 ではなく 所 定 外 労 働 時 間 の 削 減 とともに 新 規 採 用 をは じめとする 入 職 抑 制 を 選 択 する 傾 向 にあり この 傾 向 は 基 本 的 には 変 わっていないと 考 えられる こ のため バブル 崩 壊 後 に 低 成 長 が 続 いている 日 本 において とりわけ 不 況 期 には 新 卒 者 が 採 用 抑 制 の 影 響 を 受 けやすくなっている 第 3 -(1)- 15 図 により 入 職 率 と 離 職 率 の 長 期 的 な 動 向 をみると 高 度 成 長 期 であった 1960 年 代 半 ばから 1970 年 代 前 半 までは 入 職 率 離 職 率 ともに 高 水 準 であった 1973 年 の 第 一 次 オイル ショックを 契 機 として 経 済 成 長 が 低 下 するとともに 労 働 移 動 は 少 なくなり 入 職 率 離 職 率 は 低 下 し た 後 ほぼ 横 ばいで 推 移 し 1990 年 代 半 ばから 2000 年 代 半 ばにかけては 再 び 緩 やかな 上 昇 傾 向 に なっている ここで 入 職 率 の 動 向 に 注 目 すると 入 職 率 は 景 気 後 退 期 の 低 下 が 顕 著 となっており こ のことからも 景 気 後 退 期 には 企 業 で 入 職 抑 制 中 心 の 雇 用 調 整 が 行 われていることがうかがえる また 入 職 率 における 新 卒 未 就 業 者 の 寄 与 率 をみると 1960 年 代 は 約 30% 前 後 であったが 1983 年 に 26.9%となって 以 降 ほぼ 一 貫 して 低 下 し 2005 年 以 降 は 15% 前 後 で 推 移 している 一 方 転 職 入 職 者 の 寄 与 率 は 1983 年 以 降 上 昇 傾 向 にある このように 企 業 の 採 用 における 新 卒 者 の 位 置 づけの 低 下 とともに 新 卒 者 の 就 職 率 も 低 下 し 新 卒 者 は 長 期 にわたり 就 職 機 会 が 削 減 されて いると 考 えられる こうした 影 響 が 新 卒 者 の 就 職 率 にどのように 現 れるかをみるため 第 3-(1)-16 図 により 雇 用 の 過 不 足 状 況 と 新 卒 者 の 就 職 率 163 との 相 関 についてみると 企 業 の 雇 用 過 剰 感 が 高 いときほど 採 用 される 新 卒 者 が 抑 制 され 就 職 率 が 低 下 するという 関 係 がみられている 高 卒 者 の 就 職 状 況 をみる 第 3 -(1)-15 図 入 職 率 と 離 職 率 の 推 移 163 以 下 文 部 科 学 省 学 校 基 本 調 査 を 基 にした 就 職 率 については 卒 業 者 に 占 める 就 職 者 の 割 合 ではなく 就 職 者 一 時 的 な 仕 事 に 就 いた 者 その 他 の 者 及 び 死 亡 不 詳 の 者 に 占 める 就 職 者 の 割 合 をいう 210 平 成 24 年 版 労 働 経 済 の 分 析

2 就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年 間 の 方 が 同 じ 雇 用 人 員 判 断 でも 低 い 就 職 率 となっており 企 業 は 景 気 の 先 行 きに 対 する 懸 念 から 正 社 員 を 絞 り 込 んでいる 状 況 もうかがえる また 大 卒 者 の 就 職 状 況 をみると 前 者 の10 年 間 よりも 後 者 の11 年 間 の 方 が 企 業 の 雇 用 人 員 判 断 に 対 し 就 職 率 が 感 応 的 に 動 いており 新 卒 者 の 就 職 は 経 済 情 勢 の 悪 化 の 影 響 をより 受 けやすくなっていることがわかる 若 年 層 で 特 に 高 まった 非 正 規 雇 用 比 率 企 業 の 入 職 抑 制 の 影 響 は 若 者 の 雇 用 形 態 にも 現 れていると 考 えられる 第 3 -(1)- 17 図 によ り 年 齢 階 級 別 非 正 規 雇 用 比 率 の 時 系 列 推 移 をみると どの 年 齢 層 においても 上 昇 傾 向 がみられる が 若 年 層 ほど 大 きく 上 昇 しており 特 に 15~24 歳 層 において バブル 崩 壊 後 の 1990 年 代 半 ばか ら2000 年 代 のはじめにかけて 相 対 的 に 大 きな 上 昇 がみられる 引 き 続 き 高 い 若 年 離 職 率 若 年 者 の 高 い 失 業 率 の 背 景 には 離 職 率 の 高 さも 指 摘 されてきた 新 規 学 卒 者 の 早 期 離 職 については いわゆる 七 五 三 現 象 と 言 われ 164 問 題 となってきた 第 3 -(1)-18 図 により 学 卒 就 職 者 の 就 職 後 3 年 以 内 の 離 職 率 をみると 高 卒 大 卒 ともに バブル 崩 壊 後 に 上 昇 し 2004 年 3 月 卒 以 降 は 低 下 傾 向 にある しかし 2008 年 3 月 の 中 卒 で 64.7% 高 卒 で 37.6% 大 卒 で 30.0%と いずれも 高 い 水 準 にある なお こうした 動 向 の 背 景 については 後 述 する また 第 3-(1)-19 図 により 若 者 の 失 業 率 の 内 訳 を 求 職 理 由 別 にみると 最 も 割 合 が 高 いのは 自 発 的 離 職 による 失 業 であり その 構 成 比 は 2011 年 で 4 割 を 占 めている また 未 就 職 者 の 増 加 も 164 卒 業 後 3 年 以 内 に 離 職 する 者 の 割 合 が 中 卒 者 が 約 7 割 高 卒 者 が 約 5 割 大 卒 者 が 約 3 割 となっていることからこのように 言 われてきた 平 成 24 年 版 労 働 経 済 の 分 析 211

3 第 3 章 就 労 促 進 に 向 けた 労 働 市 場 の 需 給 面 及 び 質 面 の 課 題 第 3 -(1)-17 図 年 齢 階 級 別 非 正 規 雇 用 比 率 の 推 移 あり 165 学 卒 未 就 職 による 失 業 が 全 体 に 占 める 割 合 は1 割 を 超 えている その 他 の 理 由 による 失 業 も 全 体 の2 割 を 超 える 水 準 で 推 移 しているが これには 厳 しい 雇 用 環 境 や 後 にみる 若 年 者 自 身 の 意 識 を 背 景 に 学 卒 後 仕 事 を 持 たずに 無 業 者 となった 後 に 労 働 市 場 に 参 入 してきたり 就 業 と 無 業 を 繰 り 返 し 断 続 的 に 求 職 活 動 をする 者 が 増 加 したりしていることが 考 えられる 企 業 が 慣 行 として 実 施 している 新 卒 一 括 採 用 以 上 のように 若 者 の 雇 用 情 勢 は 厳 しく 完 全 失 業 率 も 他 の 年 齢 層 に 比 べ 高 い 水 準 にあるが 国 際 的 にみると 低 い 水 準 にある 166 この 背 景 としては 新 卒 一 括 採 用 の 慣 行 が 定 着 し 学 校 卒 業 後 失 業 を 経 ることなく 就 職 することが 一 般 的 であったこと また 特 に 中 卒 高 卒 者 に 関 しては 学 校 とハ ローワークの 連 携 による 就 職 斡 旋 のシステムが 機 能 していたことなどが 考 えられる そこで 新 卒 一 括 採 用 の 現 状 と 新 卒 者 への 影 響 についてみることとする 新 卒 一 括 採 用 は 一 般 に 高 校 や 大 学 の 新 卒 者 を 定 期 的 に 一 括 して 採 用 する 慣 行 のことをいうが 企 業 の 新 卒 者 採 用 枠 での 正 社 員 の 募 集 時 期 をみると 春 期 の 一 括 採 用 のみ が7 割 以 上 で 春 期 と 秋 期 と 年 間 を 通 して 随 時 は 合 わせても3 割 弱 と 多 くの 企 業 で 春 期 の 一 括 採 用 が 慣 行 となって いる また 企 業 規 模 別 にみると 300 人 以 上 の 企 業 では 春 期 の 一 括 採 用 のみ が 8 割 前 後 である 一 方 従 業 員 が 少 ない 企 業 ほど 通 年 採 用 の 割 合 が 高 くなっている( 付 3-(1)-5 表 ) 企 業 が 新 卒 一 括 採 用 を 行 う 理 由 をみると 社 員 の 年 齢 構 成 を 維 持 できる 他 社 の 風 習 などに 染 165 第 3-(1)-25 図 参 照 166 第 3-(4)-3 表 参 照 212 平 成 24 年 版 労 働 経 済 の 分 析

4 就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 18 図 新 規 学 卒 者 の 在 職 期 間 別 離 職 率 の 推 移 第 1 節 第 3 -(1)- 19 図 求 職 理 由 別 若 年 失 業 率 の 推 移 まっていないフレッシュな 人 材 を 確 保 できる 定 期 的 に 一 定 数 の 人 材 を 確 保 できる といった 点 が 多 くあげられており 企 業 は 育 てやすい 基 幹 的 人 材 を 定 期 的 に 確 保 するという 観 点 から 新 卒 一 括 採 用 を 行 っていると 考 えられる また 面 接 や 選 考 を 短 時 間 で 効 率 的 に 行 い 得 る というメリット もあげられている( 付 3-(1)-6 表 ) また 第 3 -(1)- 20 図 により 2013 年 の 新 卒 採 用 予 定 者 を 増 加 させる 予 定 の 企 業 について そ 平 成 24 年 版 労 働 経 済 の 分 析 213

5 第 3 章 就 労 促 進 に 向 けた 労 働 市 場 の 需 給 面 及 び 質 面 の 課 題 第 3 -(1)-20 図 2013 年 新 卒 採 用 予 定 者 の 増 加 理 由 の 理 由 をみると 学 歴 によって 多 少 の 違 いはみられるが 学 歴 にかかわらず 長 期 的 に 育 成 するこ とが 必 要 な 基 幹 的 業 務 を 担 う 者 の 確 保 年 齢 等 人 員 構 成 の 適 正 化 の 割 合 が 高 くなっている 企 業 は 長 期 的 な 人 材 育 成 を 視 野 に 入 れつつ 従 業 員 の 年 齢 や 人 数 等 のバランスをとるために 新 卒 者 を 採 用 していることがうかがえる 新 卒 一 括 採 用 の 学 生 にとってのメリット 第 3 -(1)- 21 図 により 企 業 が 新 卒 者 の 採 用 にあたり 重 視 することをみると 新 卒 者 について は コミュニケーション 能 力 や 熱 意 など 今 後 の 成 長 の 源 となる 潜 在 能 力 があるかどうかに 着 目 して いることがうかがえる こうしたことから 新 卒 一 括 採 用 により 一 般 の 労 働 市 場 とは 別 に 新 卒 者 の 労 働 市 場 があることで 実 務 に 直 結 したスキルを 持 たない 新 卒 者 であっても 学 校 卒 業 後 失 業 を 経 ることなく 就 職 することが 可 能 となるというメリットにつながっているものと 考 えられる 学 歴 別 の 新 卒 就 職 率 の 推 移 をみると( 前 掲 第 3 -(1)- 11 図 ) 毎 年 度 の 変 動 はあるものの 高 卒 者 大 卒 者 それぞれの 就 職 希 望 者 のうちおおむね9 割 以 上 が 就 職 している 167 また 学 歴 別 就 職 者 数 をみると( 前 掲 第 3 -(1)- 10 図 ) 大 卒 者 は 毎 年 30 万 人 以 上 高 卒 者 は 近 年 では 毎 年 20 万 人 前 後 が 安 定 的 に 就 職 している 一 般 労 働 市 場 においては 2011 年 の 就 職 率 は 約 3 割 就 職 件 数 は 万 件 であるが 仮 に 新 卒 一 括 採 用 が 行 われなくなり 新 卒 者 も 一 般 労 働 市 場 の 中 での 競 争 となる と 新 卒 一 括 採 用 の 慣 行 の 下 では 就 職 できた 新 卒 者 が 就 職 できにくくなる 可 能 性 もある 168 新 卒 一 括 採 用 の 学 生 にとってのデメリット( 世 代 効 果 等 ) 一 方 新 卒 一 括 採 用 には 新 卒 者 採 用 枠 の 対 象 者 を 厳 密 に 翌 春 の 卒 業 予 定 者 のみとする 極 端 な 新 卒 一 括 採 用 の 場 合 採 用 枠 の 対 象 になれる 機 会 が 生 涯 に 一 度 しかなく 学 生 が 就 職 活 動 をする 時 期 の 景 気 に 大 きく 影 響 を 受 けるため 世 代 間 で 就 職 機 会 の 格 差 が 生 じ それが 固 定 されれば 就 職 環 境 が 厳 167 就 職 を 途 中 であきらめて 進 学 した 者 が 除 かれることに 留 意 168 学 卒 者 は 一 般 労 働 者 と 比 較 すると 職 業 経 験 に 乏 しく 即 戦 力 としては 採 用 されにくいと 考 えられる 214 平 成 24 年 版 労 働 経 済 の 分 析

6 就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 21 図 企 業 が 採 用 にあたり 重 視 すること 第 1 節 しかった 世 代 が 職 業 生 涯 全 体 において 不 利 になるというデメリットもある バブル 崩 壊 後 の 長 期 経 済 停 滞 となった1990 年 代 初 めから2000 年 代 初 めの 時 期 に 成 人 した 世 代 は 主 に 1970 年 代 前 半 生 まれ(いわゆる 団 塊 ジュニア (1971~74 年 生 まれ)を 含 む)と 1970 年 代 後 半 生 まれ(いわゆる ポスト 団 塊 ジュニア を 含 む)である 先 にみたとおり( 前 掲 第 3 -(1)- 11~13 図 ) 新 卒 者 の 就 職 環 境 は 高 卒 大 卒 ともに 就 職 氷 河 期 に 含 まれる 2000 年 前 後 の 時 期 が 特 に 厳 しくなっており 高 卒 であれば 1970 年 代 前 半 生 まれが 大 卒 であれば 1970 年 代 後 半 生 まれが 最 も 影 響 を 受 けたと 考 えられる 第 3-(1)-22 図 は 男 性 について 世 代 ごとに 入 職 以 降 年 齢 が 上 がるにつれて 完 全 失 業 率 と 非 正 規 雇 用 比 率 がどのように 変 化 したかを 示 したものである これをみると 1970 年 代 後 半 生 まれの 男 性 は 入 職 初 期 から 生 まれた 年 によっては 20 歳 台 後 半 までの 長 期 間 にわたって 2000 年 前 後 の 厳 しい 経 済 停 滞 のもとにあったために 完 全 失 業 率 は 低 下 しても 非 正 規 雇 用 比 率 はそれほど 低 下 せ ず 非 正 規 雇 用 のまま 滞 留 している 割 合 が 高 いように 見 受 けられる このように 各 世 代 は 図 の 終 点 である 直 近 の 雇 用 情 勢 だけでなく 始 点 である 入 職 初 期 や 20 歳 台 後 半 の 時 期 における 雇 用 情 勢 の 影 響 を 受 けていることがうかがわれる 169 また 先 にみた 若 年 者 の 早 期 離 職 率 の 動 向 ( 前 掲 第 3-(1)-18 図 )について 学 校 卒 業 時 の 就 職 環 境 が 厳 しい 世 代 は 不 本 意 な 就 職 先 に 就 職 した 者 が 多 いために 将 来 の 離 職 が 増 える 可 能 性 が 考 えら れる これは いわゆる 世 代 効 果 と 呼 ばれているが この 影 響 をみるため 大 卒 者 の 離 職 率 に 影 響 を 与 える 要 因 を 分 析 170 してみると 第 3 -(1)- 23 図 のとおり 1 新 卒 時 の 大 卒 求 人 倍 率 が 低 い ほど 離 職 率 が 高 まる( 世 代 効 果 )とともに 2 離 職 時 の 有 効 求 人 倍 率 が 高 いほど 離 職 率 が 高 まると いう 傾 向 がみられた また 1 2ともに 就 職 後 1 年 目 の 離 職 率 への 影 響 が 最 も 大 きく 就 職 後 の 169 平 成 23 年 版 労 働 経 済 の 分 析 p222~p224 参 照 170 厚 生 労 働 省 平 成 14 年 版 労 働 経 済 の 分 析 及 び 内 閣 府 平 成 18 年 版 国 民 生 活 白 書 を 参 考 に 分 析 付 注 10 参 照 なお ここでは 平 成 14 年 版 労 働 経 済 の 分 析 と 同 様 に 世 代 効 果 を 学 校 卒 業 時 の 就 職 環 境 が 将 来 の 時 点 での 雇 用 環 境 に 影 響 するという 意 味 で 用 いるこ ととする 平 成 24 年 版 労 働 経 済 の 分 析 215

7 第 3 章 就 労 促 進 に 向 けた 労 働 市 場 の 需 給 面 及 び 質 面 の 課 題 第 3 -(1)-22 図 世 代 別 にみた 就 業 状 態 ( 完 全 失 業 率 及 び 非 正 規 雇 用 比 率 )の 推 移 ( 男 性 ) 第 3 -(1)-23 図 大 卒 者 の 離 職 率 変 化 の 要 因 分 解 216 平 成 24 年 版 労 働 経 済 の 分 析

8 就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 時 間 が 経 過 するほど つまり2 年 目 3 年 目 の 離 職 率 への 影 響 は1 年 目 より 徐 々に 小 さくなっている より 具 体 的 には 1992~96 年 1999 年 及 び 2000 年 で 卒 業 時 の 就 職 環 境 の 厳 しさが 離 職 率 を 高 め ており 2000 年 代 後 半 の 離 職 率 の 低 下 は 卒 業 時 の 就 職 環 境 が 改 善 したことと 離 職 時 の 就 職 環 境 が 良 くないことが 影 響 していることがわかる また 2010 年 3 月 卒 の 1 年 目 離 職 率 は リーマン ショック 後 である 卒 業 時 の 就 職 環 境 の 厳 しさから 再 び 大 きくなっており 今 後 2010 年 3 月 卒 世 代 の2 年 目 3 年 目 の 離 職 率 の 上 昇 及 びその 後 の 世 代 の 離 職 率 の 上 昇 が 懸 念 される 卒 業 後 3 年 以 内 の 既 卒 者 の 新 卒 扱 いの 標 準 化 以 上 のように 新 卒 一 括 採 用 は 多 くの 企 業 が 一 定 の 合 理 性 があると 判 断 して 実 施 し 学 生 にとっ てもメリットがあるが 極 端 な 新 卒 一 括 採 用 によるデメリットが 起 きないようにすべきである この ため 2010 年 には 雇 用 対 策 法 に 基 づく 青 少 年 雇 用 機 会 確 保 指 針 を 改 正 し 171 事 業 主 が 取 り 組 むべき 措 置 として 学 校 等 を 卒 業 後 少 なくとも3 年 間 は 新 卒 者 として 応 募 できるようにすることが 盛 り 込 ま れた 172 新 卒 者 採 用 枠 での 既 卒 者 の 応 募 受 付 状 況 をみると 過 去 1 年 間 ( 前 年 8 月 から 当 年 7 月 まで)に 正 社 員 の 募 集 を 行 った 企 業 のうち 既 卒 者 の 応 募 が 可 能 だった 企 業 は2008 年 以 降 低 下 傾 向 にあったが 2011 年 には 反 転 した( 付 3 -(1)- 7 表 ) また 第 3 -(1)- 24 図 により 既 卒 者 の 応 募 が 可 能 な 企 業 のうち 卒 業 後 の 経 過 期 間 の 上 限 をみると 2010 年 は 1 年 以 内 が 約 5 割 1~2 年 以 内 が 約 3 割 2~3 年 以 内 が 約 1 割 3 年 超 が 約 1 割 であったのが 2011 年 は 1 年 以 内 が 大 きく 低 下 し 2~3 年 以 内 が 大 きく 上 昇 するなど 卒 業 後 より 長 期 間 経 過 した 者 も 応 募 が 可 能 となっている 2011 年 の 時 点 では 既 卒 者 の 応 募 が 可 能 な 企 業 の 割 合 は 企 業 規 模 計 で 約 6 割 に 留 まっており 企 業 規 模 が 第 1 節 第 3 -(1)- 24 図 卒 業 後 3 年 以 内 の 既 卒 者 の 募 集 状 況 171 新 成 長 戦 略 実 現 に 向 けた3 段 構 えの 経 済 対 策 (2010 年 9 月 閣 議 決 定 )の 新 卒 者 雇 用 に 関 する 緊 急 対 策 として 盛 り 込 まれた 措 置 172 併 せて 2010 年 9 月 から 2012 年 6 月 までの 間 卒 業 後 3 年 以 内 の 既 卒 者 を 新 卒 扱 いで 正 規 雇 用 する 企 業 への 奨 励 金 と 卒 業 後 3 年 以 内 の 既 卒 者 を 正 規 雇 用 へ 向 けて 育 成 するため 有 期 で 雇 用 し その 後 正 規 雇 用 へ 移 行 させる 企 業 への 奨 励 金 を 創 設 この 制 度 による 雇 用 開 始 者 は 2010 年 度 (2010 年 9 月 ~2011 年 3 月 末 )は 17,221 人 2011 年 度 (2012 年 2 月 までの 速 報 値 )は 42,764 人 と なっている 平 成 24 年 版 労 働 経 済 の 分 析 217

9 第 3 章 就 労 促 進 に 向 けた 労 働 市 場 の 需 給 面 及 び 質 面 の 課 題 大 きくなるほど 低 くなってきている ただし 大 企 業 では 既 卒 者 の 応 募 受 付 の 実 施 を 検 討 中 とする ものも 含 めると 約 9 割 が 実 施 又 は 検 討 中 の 状 況 となり 今 後 より 一 層 卒 業 後 3 年 以 内 の 既 卒 者 を 新 卒 者 と 同 様 の 扱 いをしていくことを 求 めていく 必 要 がある また 行 政 学 校 においても 中 小 企 業 と 学 生 のマッチング 等 を 行 うことが 重 要 であるが これについては 後 述 する なお 卒 業 後 3 年 以 内 の 既 卒 者 の 新 卒 扱 いの 促 進 は グローバル 人 材 が 求 められる 中 留 学 したこ とによる 不 利 益 を 受 けないようにするという 観 点 からも 重 要 である こうした 視 点 も 踏 まえると 基 本 的 には 学 卒 者 の 円 滑 な 就 職 に 資 する 新 卒 一 括 採 用 の 枠 組 みを 維 持 しつつ 多 様 な 採 用 の 機 会 を 用 意 していく 方 向 が 望 まれる 雇 用 情 勢 が 厳 しい 時 期 に 増 加 する 未 就 職 者 留 年 者 以 上 教 育 から 就 業 への 移 行 過 程 の 主 な 場 面 である 新 卒 一 括 採 用 を 中 心 に 若 年 者 雇 用 をめぐる 状 況 をみてきたが ここからは 新 卒 就 職 者 ( 前 掲 第 3-(1)-15 図 )のうち 過 半 数 を 占 めている 大 学 に 焦 点 を 絞 ってみていこう 大 卒 者 の 卒 業 後 の 進 路 については どの 時 期 でも 就 職 者 が 最 も 多 いが 1990 年 代 以 降 は 進 学 者 やその 他 の 割 合 も 上 昇 しており 卒 業 者 に 占 める 就 職 者 の 割 合 は 以 前 に 比 べ 低 下 している( 付 3 - (1)-8 表 ) 第 3 -(1)- 25 図 により 大 卒 者 のうち 就 職 も 進 学 もしない 者 ( 以 下 未 就 職 者 という ) 173 の 数 及 び 卒 業 者 に 占 める 割 合 をみると 2003 年 に 14.8 万 人 27.1%といずれも 過 去 最 高 となり 大 卒 者 のおよそ 4 人 に 1 人 が 就 職 も 進 学 もしなかったことになる その 後 2000 年 代 後 半 にかけては 未 就 職 者 の 割 合 は 低 下 したが 2009 年 以 降 再 び 上 昇 し 2011 年 の 未 就 職 者 の 数 及 び 割 合 は 10.7 万 人 19.4%となっている 未 就 職 者 の 増 加 は いわゆる 就 職 氷 河 期 と 呼 ばれ 厳 しい 雇 用 情 勢 となっ た 2000 年 前 後 やリーマンショック 以 降 の 景 気 後 退 の 時 期 と 重 なっており 卒 業 時 の 景 気 や 雇 用 情 勢 に 大 きく 左 右 されると 考 えられる また 就 職 活 動 をしたものの 就 職 先 が 決 まらなかったため 留 年 を 選 択 する いわゆる 就 職 留 年 をす 第 3 -(1)-25 図 大 学 卒 業 者 のうち 就 職 も 進 学 もしない 者 の 数 及 び 割 合 の 推 移 173 就 職 も 進 学 もしない 者 には 臨 床 研 修 医 ( 予 定 者 を 含 む ) 専 修 学 校 外 国 の 学 校 等 入 学 者 死 亡 不 詳 の 者 は 含 まず 一 時 的 な 仕 事 に 就 いた 者 及 びその 他 の 者 をいう なお 死 亡 不 詳 の 者 の 中 にも 大 学 側 が 把 握 できていない 求 職 者 や 進 路 を 迷 いながら 求 職 活 動 を 行 っ ている 学 生 等 も 含 まれることに 留 意 が 必 要 である(( 独 ) 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構 高 校 大 学 における 未 就 職 卒 業 者 支 援 に 関 する 調 査 (2010) 参 照 ) 218 平 成 24 年 版 労 働 経 済 の 分 析

10 就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 る 大 学 生 も 一 定 割 合 存 在 する 年 制 大 学 を 最 低 修 業 年 限 の4 年 で 卒 業 した 者 の 割 合 は 2000 年 前 後 や 2010 年 で 大 きく 低 下 しており 卒 業 年 の 前 年 の 雇 用 情 勢 が 厳 しい 場 合 に 留 年 する 者 が 増 加 する 傾 向 がある 一 方 で 最 低 修 業 年 限 を 1 年 超 過 して 卒 業 した 者 の 割 合 は 逆 に 2000 年 前 後 や 2010 年 で 上 昇 しており 2011 年 3 月 卒 業 者 のうち 5 年 で 卒 業 した 者 は 4.5 万 人 で 2006 年 4 月 の 入 学 者 (59.1 万 人 )の 7.6%である 2011 年 3 月 卒 業 者 のうち 4 年 で 卒 業 した 者 は 46.6 万 人 で 2007 年 4 月 の 入 学 者 (60.2 万 人 )の 77.5%となっており 2010 年 より 割 合 は 上 昇 したものの 多 くの 就 職 留 年 者 がいると 考 えられる( 付 3-(1)-9 表 ) こうした 背 景 には 前 述 の 新 卒 者 採 用 枠 での 既 卒 者 の 扱 いについて 卒 業 後 の 経 過 年 数 によって 応 募 ができなくなる 企 業 があり 新 卒 者 である 方 が 有 利 と 考 えられている 面 もある 第 1 節 大 学 学 科 によって 異 なる 就 職 状 況 第 3-(1)-26 図 により 大 学 の 属 性 ごとに 卒 業 者 に 占 める 未 就 職 者 の 割 合 をみると 卒 業 者 のう ち 未 就 職 者 が 30% 以 上 いる 大 学 は 国 公 立 大 学 より 私 立 大 学 の 方 が 高 い 傾 向 にあり 特 に 設 立 年 次 の 新 しい 私 立 大 学 ほど 高 くなっている 大 学 の 規 模 別 にみると 比 較 的 規 模 の 小 さい 大 学 で 高 く なっている また 大 学 の 所 在 地 別 にみると 多 くの 大 学 が 集 まる 近 畿 や 南 関 東 で 高 くなっている ( 付 3-(1)-10 表 ) また 第 3-(1)-27 図 により 学 科 ごとに 未 就 職 者 の 割 合 をみると 人 文 科 学 社 会 科 学 芸 術 といった 文 系 学 科 で 高 く 一 方 保 健 工 学 といった 理 系 学 科 では 相 対 的 に 低 い 水 準 にある 第 3-(1)-28 図 により 学 科 ごとの 就 職 率 をみると 家 政 教 育 を 除 き 人 文 科 学 社 会 科 学 芸 術 といった 文 系 学 科 で 低 く 保 健 工 学 農 学 といった 理 系 学 科 では 高 い 傾 向 にある このように 学 科 ごとに 就 職 率 が 異 なる 背 景 をみるため 第 3-(1)-29 図 により 学 科 ごとの 産 業 別 就 職 者 の 状 況 をみると 工 学 では 製 造 業 や 建 設 業 情 報 通 信 業 の 割 合 が 高 い 保 健 では 第 3 -(1)- 26 図 大 学 の 諸 属 性 と 卒 業 者 に 占 める 未 就 職 者 の 割 合 (2010 年 3 月 卒 ) 174 ( 株 )マイナビ 2013 年 卒 マイナビ 大 学 生 就 職 意 識 調 査 によると 希 望 する 就 職 先 に 決 まらなければ 就 職 しなくともよい と 考 え る 学 生 の 就 職 しなかった 時 の 進 路 は 40.1%が 進 学 ( 留 学 大 学 院 進 学 ) 27.5%が 就 職 留 年 26.7%がフリーター 5.8%が 起 業 となっている 平 成 24 年 版 労 働 経 済 の 分 析 219

11 第 3 章 就 労 促 進 に 向 けた 労 働 市 場 の 需 給 面 及 び 質 面 の 課 題 第 3 -(1)-27 図 就 職 も 進 学 もしない 者 の 割 合 ( 大 学 学 科 別 ) 第 3 -(1)-28 図 学 科 別 就 職 率 (2011 年 3 月 卒 ) 2011 年 3 月 卒 業 者 の 約 9 割 が 医 療, 福 祉 となっている 理 学 では 製 造 業 情 報 通 信 業 に 加 え 教 育, 学 習 支 援 業 の 割 合 が 高 い これら 理 系 学 科 では 大 学 で 修 得 する 学 問 の 専 門 性 を 活 かせる 産 業 に 就 職 している 傾 向 が 強 いと 考 えられる 一 方 文 系 学 科 をみると 社 会 科 学 や 人 文 科 学 では 卸 売 業, 小 売 業 や 製 造 業 サービス 業 といった 雇 用 者 の 多 い 産 業 を 中 心 に 幅 広 い 産 業 分 野 に 就 職 するとと もに 金 融, 保 険 業 の 就 職 割 合 が 産 業 の 雇 用 者 規 模 に 比 して 高 くなっているという 特 徴 がある 文 系 学 科 の 中 でも 教 育 では 半 数 以 上 が 教 育, 学 習 支 援 業 に 家 政 では 医 療, 福 祉 や 卸 売 業, 小 売 業 サービス 業 ( 特 に 宿 泊 業, 飲 食 サービス 業 )の 割 合 が 高 くなっており 他 の 文 系 学 科 と 比 べて 相 対 的 に 大 学 で 修 得 する 学 問 と 関 連 する 産 業 に 就 職 している 様 子 がうかがえる 学 科 ごとの 職 業 別 就 職 者 の 状 況 を 第 3-(1)-30 図 によりみると 工 学 では 技 術 者 保 健 では 保 健 220 平 成 24 年 版 労 働 経 済 の 分 析

12 就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 29 図 産 業 別 就 職 者 数 の 割 合 ( 主 な 学 科 別 ) 第 1 節 医 療 従 事 者 といった 専 門 的 技 術 的 職 業 従 事 者 の 割 合 が 群 を 抜 いて 高 い また 理 学 でも 技 術 者 の 割 合 が 高 く 専 門 的 技 術 的 職 業 従 事 者 は 半 数 以 上 を 占 める 一 方 文 系 学 科 をみると 社 会 科 学 や 人 文 科 学 では 事 務 従 事 者 や 販 売 従 事 者 が 7 割 以 上 を 占 め 専 門 的 技 術 的 職 業 従 事 者 の 割 合 は 1 割 程 度 である 文 系 学 科 の 中 でも 教 育 では 約 半 数 が 教 員 家 政 では 3 人 に 1 人 が 保 健 医 療 従 事 者 と 平 成 24 年 版 労 働 経 済 の 分 析 221

13 第 3 章 就 労 促 進 に 向 けた 労 働 市 場 の 需 給 面 及 び 質 面 の 課 題 第 3 -(1)-30 図 職 業 別 就 職 者 数 の 割 合 ( 主 な 学 科 別 ) いったように 専 門 的 技 術 的 職 業 従 事 者 の 割 合 が 高 くなっており 産 業 別 と 同 様 職 業 別 でみても 他 の 文 系 学 科 と 比 べて 相 対 的 に 大 学 で 修 得 する 学 問 との 関 連 が 深 い 様 子 がうかがえる このように 大 学 で 修 得 する 学 問 と 就 職 先 との 関 連 が 深 いほど 就 職 率 は 高 くなる 傾 向 にあると 考 え られる こうした 傾 向 については 企 業 が 社 会 科 学 人 文 科 学 といった 文 系 学 科 の 学 生 に 対 して 理 系 学 科 の 学 生 ほど 専 門 分 野 の 知 識 への 期 待 が 高 くなく 幅 広 い 知 識 能 力 を 求 めているという 違 い 222 平 成 24 年 版 労 働 経 済 の 分 析

14 も 影 響 している 可 能 性 がある( 付 3-(1)-11 表 ) 未 就 職 者 の 特 徴 とその 背 景 就 職 できなかった 学 生 はどのような 特 徴 を 持 っているのであろうか 大 学 キャリアセンター 担 当 者 の 感 じる 未 就 職 卒 業 者 の 特 徴 をみると 自 分 の 意 見 や 考 えを 上 手 く 表 現 できない 自 信 がない 何 をしたらいいかわからない などが 多 い こうしたことから 就 職 活 動 の 当 初 からつまずきのある 学 生 が 多 いことが 推 察 される( 付 3-(1)-12 表 ) 第 3-(1)-31 図 により 未 就 職 卒 業 者 の 増 加 理 由 について 卒 業 者 に 占 める 未 就 職 者 の 割 合 別 に みると 未 就 職 者 が 30% 以 上 いる 大 学 では それ 以 下 の 大 学 と 比 べると 特 に 学 力 低 下 や 無 気 力 を 原 因 と 考 える 傾 向 にある また こうした 学 生 側 の 課 題 だけでなく 大 学 の 指 導 が 不 十 分 であることも 原 因 ととらえており 対 応 の 必 要 性 を 感 じていることがうかがえる インターネットからの 情 報 中 心 の 就 職 活 動 と 大 学 の 関 与 機 会 の 低 下 リーマンショック 前 後 での 学 生 の 就 職 活 動 の 変 化 について 第 3-(1)-32 図 により 卒 業 者 に 占 める 未 就 職 者 の 割 合 別 にみると 未 就 職 者 が 30% 以 上 いる 大 学 では それ 以 下 の 大 学 と 比 べると 心 理 的 負 担 を 強 く 感 じる 学 生 が 増 えた キャリアセンターで 斡 旋 できる 求 人 が 少 なくなった 学 生 がインターネットの 情 報 に 頼 りすぎるようになった 就 職 活 動 を 途 中 でやめる 学 生 が 増 えた を 大 きな 変 化 としてあげている 一 方 未 就 職 者 割 合 の 低 い 大 学 は 大 学 主 催 の 就 職 支 援 事 業 への 出 席 率 が 高 くなった をあげており 学 生 の 就 職 活 動 に 対 する 支 援 が 学 生 本 人 にまで 届 いている 様 子 が うかがえる 第 3 -(1)- 31 図 大 卒 後 に 無 業 やフリーターとなる 者 が 増 加 していることに 対 する 大 学 の 見 解 平 成 24 年 版 労 働 経 済 の 分 析 223 第 1 節 就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節

Microsoft Word レポート(最終)

Microsoft Word レポート(最終) 景 気 動 向 指 数 からみる 消 費 税 増 税 後 の 県 内 景 気 < はじめに > 26 4 月 に 消 費 税 が5%から8%へと 引 き 上 げられた 本 県 経 済 は 増 税 直 後 か ら 一 部 で 増 税 に 伴 う 駆 け 込 み 需 要 の 反 動 減 がみられるなど 全 体 として 弱 い 動 きが 続 き 増 税 から2 近 くたった 現 在 においても 直 接 的

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20944E8BE08A7A95AA957A82DD82E782EA82E991AB90D5>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20944E8BE08A7A95AA957A82DD82E782EA82E991AB90D5> 年 金 額 分 布 にみられる 公 的 年 金 制 度 の 発 展 の 足 跡 稲 垣 誠 一 ( 一 橋 大 学 経 済 研 究 所 ) ( 要 旨 ) わが 国 の 公 的 年 金 制 度 は 1961 年 の 国 民 年 金 制 度 の 創 設 によって 皆 年 金 制 度 が 実 現 され その 後 の 幾 度 にもわたる 制 度 改 正 とりわけ 1985 年 改 正 による 再 編 を

More information

ポイント 上 昇 が 上 昇 し 専 修 校 一 般 課 程 等 入 1.4ポイント 低 下 などが 低 下 しており 上 述 した 傾 向 がより 顕 著 に 表 れている また 同 時 に 一 時 的 な 仕 事 に 就 いた 者 1.1ポイント 低 下 およびその 他 の 者 1.5ポイント

ポイント 上 昇 が 上 昇 し 専 修 校 一 般 課 程 等 入 1.4ポイント 低 下 などが 低 下 しており 上 述 した 傾 向 がより 顕 著 に 表 れている また 同 時 に 一 時 的 な 仕 事 に 就 いた 者 1.1ポイント 低 下 およびその 他 の 者 1.5ポイント 調 査 レポート 調 査 レポート 原 稿 15 年 1 月 東 日 東 本 日 大 本 震 大 災 後 の の 高 校 卒 業 業 者 者 の の 路 動 路 向 動 向 1. 概 況 文 部 科 省 校 基 本 調 査 における の 14 年 3 月 の 高 校 卒 業 者 数 は 前 年 比 597 人 2.9 減 の19,657 人 となり 2 年 ぶりに 前 年 を 下 回 った 路 別

More information

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状 横 市 浜 の 財 状 政 況 25 年 度 決 算 財 政 状 況 1 - 横 浜 市 - - 財 政 局 - 平 成 26 年 11 月 横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成

More information

農 林 水 産 省 は 生 産 者 に 対 して 生 産 した 米 を 全 量 政 府 に 売 り 渡 す 義 務 を 課 していた 食 糧 管 理 法 ( 昭 和 17 年 法 律 第 40 号 ) 施 行 期 に 米 の 生 産 量 が 増 大 し 政 府 において 米 の 売 買 に 伴 う

農 林 水 産 省 は 生 産 者 に 対 して 生 産 した 米 を 全 量 政 府 に 売 り 渡 す 義 務 を 課 していた 食 糧 管 理 法 ( 昭 和 17 年 法 律 第 40 号 ) 施 行 期 に 米 の 生 産 量 が 増 大 し 政 府 において 米 の 売 買 に 伴 う 会 計 検 査 院 法 第 30 条 の2の 規 定 に 基 づく 報 告 書 米 の 生 産 調 整 対 策 の 実 施 状 況 等 について 平 成 2 8 年 7 月 会 計 検 査 院 農 林 水 産 省 は 生 産 者 に 対 して 生 産 した 米 を 全 量 政 府 に 売 り 渡 す 義 務 を 課 していた 食 糧 管 理 法 ( 昭 和 17 年 法 律 第 40 号 ) 施 行

More information

Microsoft Word - 103第Ⅱ章第2節.docx

Microsoft Word - 103第Ⅱ章第2節.docx 平 成 21 間 回 顧 住 宅 投 資 の 動 向 について 以 降 建 設 投 資 は 低 迷 しており その 中 で 住 宅 投 資 の 下 落 は 顕 著 である 21 12 月 の 新 設 住 宅 着 工 戸 数 は 前 同 月 比.7% 減 の 6.9 万 戸 と 前 比 マイナス は13カ 月 続 いており 21 では 前 比 27.9%の 78 万 841 戸 であった 8 万 戸

More information

第2部-6.indd

第2部-6.indd 第 6 章 金 融 保 険 業 第 6 章 金 融 保 険 業 1 金 融 保 険 業 の 概 況 (1) 再 編 が 進 む 金 融 保 険 業 金 融 保 険 業 は 金 融 取 引 の 規 制 緩 和 を 背 景 に 銀 行 業 や 証 券 業 保 険 業 等 の 業 態 の 垣 根 を 越 えて 収 益 力 の 高 い 金 融 コングロマリット( 複 合 企 業 )を 目 指 す 時 代 に

More information

資 料 10 山 梨 県 まち ひと し ごと 創 生 人 口 ビジョン ( 中 間 報 告 ) 山 梨 県 まち ひと しごと 創 生 人 口 ビジョン 中 間 報 告 山 梨 県 人 口 減 少 対 策 戦 略 本 部 平 成 27 年 6 月 目 次 1 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 1 2 人 口 の 現 状 分 析 (1) 人 口 動 向 分 析 総 人 口 2 自 然 増 減

More information

我 が 国 の 人 口 は 世 界 でも 例 を 見 ない 急 速 な 少 子 高 齢 化 が 進 行 しており 平 成 22 年 (2010 年 )から 平 成 32 年 (2020 年 )までの 10 年 間 においては 15~59 歳 の 者 が 約 492 万 人 減 少 するのに 対 し

我 が 国 の 人 口 は 世 界 でも 例 を 見 ない 急 速 な 少 子 高 齢 化 が 進 行 しており 平 成 22 年 (2010 年 )から 平 成 32 年 (2020 年 )までの 10 年 間 においては 15~59 歳 の 者 が 約 492 万 人 減 少 するのに 対 し 高 年 齢 者 等 職 業 安 定 対 策 基 本 方 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 559 号 はじめに 1 方 針 のねらい 少 子 高 齢 化 の 急 速 な 進 行 により 今 後 労 働 力 人 口 の 減 少 が 見 込 まれる 中 で 我 が 国 経 済 の 活 力 を 維 持 していくためには 若 者 女 性 高 年 齢 者 障 害 者 など

More information

平成25年版厚生労働白書 若者の現状と課題

平成25年版厚生労働白書 若者の現状と課題 平 成 25 年 版 厚 生 労 働 白 書 若 者 の 意 識 を 探 る 概 要 厚 生 労 働 省 平 成 25 年 版 厚 生 労 働 白 書 の 全 体 像 第 1 部 (テーマ 編 ) 若 者 の 意 識 を 探 る 若 者 を 取 り 巻 く 社 会 経 済 の 現 状 と 変 化 を 踏 まえ 若 者 の 意 識 やライフコースにおける 様 々な 課 題 について 分 析 併 せて

More information

平 成 28 年 版 労 働 経 済 分 析 誰 もが 活 躍 できる 社 会 実 現 と 労 働 生 産 性 向 上 に 向 けた 課 題 平 成 28 年 9 月 厚 生 労 働 省 目 次 平 成 28 年 版 労 働 経 済 分 析 誰 もが 活 躍 できる 社 会 実 現 と 労 働 生 産 性 向 上 に 向 けた 課 題 はじめに 1 凡 例 2 第 1 章 労 働 経 済 推 移

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 出 資 金 の 運 用 益 を 事 業 費 としており 出 資 金 の 利 払 いの 一 部 を 地 方 交 付 税 措 置 している ことから 復 興 基 金 の 事 業 費 を 地 方 交 付 税 で 支 える 仕 組 みということができる なお 図 表 6-3 にあるように 事 業 費 の 一 部 だけを 交 付 税 措 置 するのは 公 的 資 金 を 被 災 者 の 住 宅 再 建 や 個

More information

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中)

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中) 平 成 26 年 公 的 年 金 財 政 検 証 と 今 後 の 年 金 制 度 改 正 の 行 方 ( 中 ) 厚 生 労 働 委 員 会 調 査 室 棱 野 佑 希 1.はじめに 2. 財 政 検 証 の 意 義 3. 平 成 16 年 改 正 財 政 フレームの 完 成 4. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 前 提 5. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 結 果 6.オプション 試

More information

ができないという 問 題 点 がある 足 元 一 年 の 投 融 資 等 の 増 加 については 株 高 や 円 安 による 時 価 上 昇 が 含 まれており その 点 は 割 り 引 いてみる 必 要 があろう 長 期 的 な 視 点 から 足 元 の 動 きを 評 価 するため 年 度 ベース

ができないという 問 題 点 がある 足 元 一 年 の 投 融 資 等 の 増 加 については 株 高 や 円 安 による 時 価 上 昇 が 含 まれており その 点 は 割 り 引 いてみる 必 要 があろう 長 期 的 な 視 点 から 足 元 の 動 きを 評 価 するため 年 度 ベース みずほインサイト 日 本 経 済 13 年 1 月 7 日 日 本 企 業 のマネーフローに 変 化 は みられるか みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 市 場 調 査 部 金 融 調 査 部 3-3591-18/3-3591-1351 13 年 7~9 月 期 における 日 本 企 業 の 資 金 運 用 ( 資 金 の 使 い 途 )は 大 企 業 では 投 融 資 の 増 加 を 背

More information

No.26_蜂屋氏cs5.indd

No.26_蜂屋氏cs5.indd 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 調 査 部 主 任 研 究 員 蜂 屋 勝 弘 目 次 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 3. 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影

More information

Microsoft Word - 2章.doc

Microsoft Word - 2章.doc 第 2 章 1. 人 口 の 構 成 と 動 態 (1) 人 口 総 数 と 年 齢 構 成 住 民 基 本 台 帳 人 口 及 び 外 国 人 登 録 人 口 による 平 成 21 年 (29 年 )9 月 末 現 在 の 本 市 の 人 口 総 数 は358,756 人 で 前 計 画 が 策 定 された 平 成 16 年 (24 年 )と 比 べる と 約 2,8 人 の 増 加 となっています

More information

<95F18D908F912E786477>

<95F18D908F912E786477> 参 考 鹿 児 島 県 民 の 生 活 意 識 実 態 調 査 等 の 結 果 平 成 23 年 3 月 28 日 目 次 I. 世 代 別 にみた 特 徴 と 課 題... 2 1. 20 歳 代... 2 2. 30 歳 代... 3 3. 40 歳 代... 5 4. 50 歳 代... 7 5. 60 歳 代... 8 6. 70 歳 以 上... 10 II. 就 業 形 態 別 にみた

More information

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 資 料 5 医 療 費 等 現 状 について 健 康 祉 政 策 課 1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 状 況 (4)1 人 当 たり

More information

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7 平 成 28 年 8 月 31 日 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 書 1. 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 額 区 分 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 %) 対 前 年 度 比 金 額 伸 率 (1) 財 政 融 資 7,668 7,944 276 3.5 (2) 産 業

More information

Microsoft Word - 303 新季調方法.doc

Microsoft Word - 303 新季調方法.doc 所 得 階 級 別 にみる 消 費 の 変 化 について 家 計 の 所 得 を 勤 労 者 の 現 金 給 与 総 額 でみると 9 年 月 期 をピクに 減 少 に 転 じ た 後 年 79 月 期 を 底 にやや 持 ち 直 していたが 8 年 になって 伸 び 悩 みがみられ る 同 様 に 家 計 の 最 終 消 費 支 出 は 概 ね 右 肩 上 がりの 増 加 が 続 いていたが 8

More information

Microsoft Word - 006第Ⅰ章第2節.doc

Microsoft Word - 006第Ⅰ章第2節.doc 分 譲 マンション 市 場 の 動 向 地 価 の 下 げ 止 まり 等 によるマンション 販 売 価 格 上 昇 や 量 的 緩 和 政 策 及 びゼロ 金 利 政 策 解 除 による 金 利 上 昇 など 分 譲 マンション 市 場 を 取 り 巻 く 外 部 環 境 は 変 化 が 生 じてき ている 分 譲 マンション 市 場 をめぐる 最 近 の 動 向 と 今 後 の 先 行 きについて

More information

経済・物価情勢の展望(2016年7月)

経済・物価情勢の展望(2016年7月) 2016 年 7 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 7 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 先 行 きを 展 望 すると 暫 くの 間 輸 出 生 産 面

More information

閣議版-第3章

閣議版-第3章 労 働 市 場 における 人 材 確 保 育 成 の 変 化 新 規 学 卒 採 用 において 企 業 が 求 める 人 材 労 働 市 場 における 人 材 確 保 育 成 の 変 化 第 節 第 2 章 でみたように 日 本 経 済 を 取 り 巻 く 情 勢 や 就 業 構 造 が 変 化 する 中 で 日 本 経 済 の 競 争 の 強 化 のためには その 源 泉 である 人 材 が 重

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

閣議版-第3章

閣議版-第3章 第 節 日 本 的 雇 用 システムと 今 後 の 課 題 前 節 では 企 業 が 若 手 正 社 員 として 求 める 人 材 とは 何 かを 中 心 にみてきたが 企 業 を 取 り 巻 く 環 境 が 大 きく 変 化 する 中 で 正 社 員 の 雇 用 システムも 変 化 を 求 められている 日 本 では 大 企 業 を 中 心 に 長 期 雇 用 やいわゆる 年 功 賃 金 という

More information

Microsoft PowerPoint _Promotional_i_44号-3 中古住宅平成25年1月・住宅着工見通し

Microsoft PowerPoint _Promotional_i_44号-3 中古住宅平成25年1月・住宅着工見通し 213. 2. 22 ( 第 45 号 -1) 新 設 住 宅 着 工 見 通 し 213. 2. 15 ( 第 44 号 -3) 中 古 住 宅 平 成 25 年 1 月 の 動 向 213.2.22 ( 第 45 号 ) 新 設 住 宅 着 工 戸 数 の 見 通 し 1~12 月 期 GDP1 次 速 報 後 ( 注 ) 前 回 の 予 測 はPromotional i 33 号 (11/22)

More information

<32303135313130355F8BD595BD92AC906C8CFB83728357838783932E786477>

<32303135313130355F8BD595BD92AC906C8CFB83728357838783932E786477> 琴 平 町 人 口 ビジョン 平 成 27 年 1 月 琴 平 町 目 次 1 章 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 1 1.1 人 口 ビジョンの 策 定 の 目 的... 1 1.2 人 口 ビジョンの 期 間... 1 2 章 人 口 の 現 状 分 析... 2 2.1 人 口 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移 と 将 来 推 計... 2 (2) 年 齢 3

More information

プレスリリース

プレスリリース 平 成 26 年 8 月 28 日 No.14-161 株 式 会 社 いよぎん 地 域 経 済 研 究 センター 人 口 推 計 にみる 愛 媛 の 23 年 - 働 き 手 の 激 減 後 期 高 齢 者 の 急 増 山 に 人 口 変 動 の 大 波 - 株 式 会 社 いよぎん 地 域 経 済 研 究 センター( 略 称 IRC 社 長 山 崎 正 人 )では この たび 下 記 のとおり

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63> 特 別 会 計 の 聖 域 なき 改 革 に 向 けて 地 震 再 保 険 特 別 会 計 見 直 しの 新 たな 考 え 方 前 予 算 委 員 会 調 査 室 吉 田 博 光 1.はじめに 平 成 18 年 5 月 26 日 簡 素 で 効 率 的 な 政 府 を 実 現 するための 行 政 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 行 革 推 進 法 )が 参 議 院 本 会 議 で 可

More information

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の 相 馬 市 人 口 ビジョン 平 成 27 年 9 月 25 日 相 馬 市 地 方 創 生 総 合 戦 略 会 議 目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析

More information

Ⅱ 1. 人 口 構 造 及 び 世 帯 と 年 金 (1) 人 口 構 造 わが 国 は 諸 外 国 にも 例 をみないスピードで 高 齢 化 が 進 行 している そこで 年 金 保 険 の 事 業 状 況 に ついて 説 明 するに 先 立 ち 人 口 構 造 の 現 状 及 び 今 後 の 見 通 しについて 触 れる 日 本 人 の 平 成 24 年 の 平 均 寿 命 ( 厚 生 労 働 省

More information

平成14年度

平成14年度 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 一 般 社 団 法 人 愛 媛 県 法 人 会 連 合 会 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 について 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 における 目 的 は 大 きく2つある 1つは 社 会 保 障 の 機 能 強 化 で あり もう1つは 財 政 の 健 全 化 である 一 見 すると 相 反 する 目 的 のようにも 見

More information

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 水 準 の 公 表 について Ⅰ. 公 表 の 経 緯 について 国 立 大 学 法 人 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 いについて (H22.11.1 閣 議 決 定 ) 3(4) 独 立 行 政 法 人 ( 総 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 91 号 ) 第 4 条 第 13 号 に 規 定 する

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

ができたとしよう この 場 合 世 帯 数 要 因 は 東 京 での 増 加 と 秋 田 での 減 少 で 相 殺 されるためゼロと 考 える 同 時 に 住 居 を 必 要 としている 人 が 秋 田 県 に 引 っ 越 してその 住 宅 を 建 替 えた 場 合 には 建 替 え 要 因 として

ができたとしよう この 場 合 世 帯 数 要 因 は 東 京 での 増 加 と 秋 田 での 減 少 で 相 殺 されるためゼロと 考 える 同 時 に 住 居 を 必 要 としている 人 が 秋 田 県 に 引 っ 越 してその 住 宅 を 建 替 えた 場 合 には 建 替 え 要 因 として みずほインサイト 日 本 経 済 216 年 1 月 4 日 今 後 の 住 宅 市 場 をどうみるか?1 住 宅 着 工 は22 年 代 に 6 万 戸 台 へ 経 済 調 査 部 エコノミスト 多 田 出 健 太 3-3591-1283 kenta.tadaide@mizuho-ri.co.jp 世 帯 数 建 替 え ミスマッチの3 要 因 から 住 宅 着 工 戸 数 の 長 期 予 測 を

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208179485094C5817A4E6F2E32353190BB91A28BC682CC8A438A4F90B68E5983568374836782C697418F6F82CC8D82957489C189BF926C89BB2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208179485094C5817A4E6F2E32353190BB91A28BC682CC8A438A4F90B68E5983568374836782C697418F6F82CC8D82957489C189BF926C89BB2E70707478> 今 月 のトピックス No.251-1(216 年 3 月 17 日 ) (21 年 =1) 95Q2 98Q2 14 実 質 実 効 為 替 レート( 右 目 盛 ) 12 1 8 製 造 業 の 海 外 生 産 シフトと 輸 出 の 高 付 加 価 値 化 1.リーマンショック 以 降 の 日 本 の 輸 出 の 弱 さの 背 景 には 構 造 的 要 因 日 本 の 輸 出 を 数 量 ベースでみると

More information

Microsoft Word - 102第Ⅱ章第1節.docx

Microsoft Word - 102第Ⅱ章第1節.docx 悪 化 した 企 業 収 益 が 雇 用 と 所 得 に 与 える 影 響 国 内 の 消 費 は 政 府 の 景 気 対 策 の 効 果 もあって このところ 持 ち 直 しの 動 きが 続 いている が 雇 用 所 得 環 境 は 依 然 として 厳 しい 情 勢 が 続 いている 以 下 では 昨 年 末 以 降 の 景 気 後 退 による 製 造 業 を 中 心 とした 企 業 収 益 の

More information

長期失業者の求職活動と就業意識

長期失業者の求職活動と就業意識 第 1 章 調 査 研 究 の 目 的 方 法 と 分 析 結 果 の 概 要 第 1 節 調 査 研 究 の 目 的 バブル 経 済 崩 壊 後 の 長 期 不 況 は 労 働 市 場 の 様 相 を 一 変 させた 長 期 雇 用 慣 行 が 定 着 して いたわが 国 の 労 働 市 場 は 1980 年 代 まで 完 全 失 業 率 が 1~2%という 低 い 水 準 を 維 持 し 若 年

More information

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光 長 期 計 画 起 草 委 員 会 配 付 資 料 一 覧 平 成 21 年 10 月 11 日 資 料 名 備 考 第 1 回 1 小 金 井 市 長 期 計 画 起 草 委 員 会 設 置 要 綱 (9 月 12 日 ) 2 素 案 の 骨 格 を 考 える 上 での 各 項 目 の 要 約 (キーワード) 三 橋 委 員 第 4 次 小 金 井 市 基 本 構 想 ( 素 案 ) 前 半 についての

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

ョン 会 場 には 予 想 を 上 まわる 約 500 名 の 参 加 者 があった このことから 長 期 休 暇 や 労 働 時 間 働 き 方 などに 関 する 労 働 者 や 企 の 関 心 が 高 まってきていることを 実 感 した 本 稿 では 企 にとって 労 働 者 の 仕 事 と 生

ョン 会 場 には 予 想 を 上 まわる 約 500 名 の 参 加 者 があった このことから 長 期 休 暇 や 労 働 時 間 働 き 方 などに 関 する 労 働 者 や 企 の 関 心 が 高 まってきていることを 実 感 した 本 稿 では 企 にとって 労 働 者 の 仕 事 と 生 職 人 生 と 労 働 時 間 をめぐる 諸 課 題 はじめに 井 戸 和 男 いわゆるバブル 経 済 が 崩 壊 し 極 めて 厳 しいグローバルな 競 争 下 において 企 は 生 き 残 りをかけて リ ストラクチャリングを 行 ってきた その 主 な 方 法 の 一 つが 人 件 費 の 抜 本 的 削 減 であった これまで 日 本 型 経 営 といわれた 経 営 のあり 方 を 根 本

More information

以 降 はほぼ 横 ばいで 推 移 している( 図 表 1) 平 成 20 年 度 から 平 成 25 年 度 までの 過 去 6 年 間 の 医 療 法 人 の 経 営 状 況 について 収 支 の 状 況 をみてみると 医 業 収 益 対 医 業 利 益 率 ( 以 下 医 業 利 益 率 とい

以 降 はほぼ 横 ばいで 推 移 している( 図 表 1) 平 成 20 年 度 から 平 成 25 年 度 までの 過 去 6 年 間 の 医 療 法 人 の 経 営 状 況 について 収 支 の 状 況 をみてみると 医 業 収 益 対 医 業 利 益 率 ( 以 下 医 業 利 益 率 とい Research Report 2015 年 8 月 7 日 経 営 サポートセンター リサーチグループ 主 査 浅 野 俊 医 療 法 人 の 経 営 状 況 について( 平 成 20 年 度 - 平 成 25 年 度 ) 福 祉 医 療 機 構 のデータに 基 づき 平 成 20 年 度 から 平 成 25 年 度 までにわたる 医 療 法 人 の 経 営 状 況 について 経 年 分 析 を

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20358179944E8BE090E096BE8E9197BF817A91E6825189F18ED089EF95DB8FE190A7937889FC8A769084906989EF8B638E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20358179944E8BE090E096BE8E9197BF817A91E6825189F18ED089EF95DB8FE190A7937889FC8A769084906989EF8B638E9197BF2E70707478> 資 料 3 年 金 分 野 の 改 革 の 進 捗 状 況 について 平 成 26 年 10 月 10 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 1. 年 金 制 度 の 検 討 課 題 1 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 平 成 16 年 改 正 による 年 金 財 政 フレームが 完 成 するとともに 社 会 経 済 状 態 の 変 化 に 対 応 した 社

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information

ア 産 業 別 平 均 賃 金 男 女 計 の 平 均 賃 金 を 産 業 別 にみると 金 融 業, 保 険 業 が 346,180 ( 平 均 36.1 歳 勤 続 15.6 と 最 も 高 年 く ) 次 い で 建 設 業 の 329,446 ( 平 均 42.4 歳 勤 続 11.9 情

ア 産 業 別 平 均 賃 金 男 女 計 の 平 均 賃 金 を 産 業 別 にみると 金 融 業, 保 険 業 が 346,180 ( 平 均 36.1 歳 勤 続 15.6 と 最 も 高 年 く ) 次 い で 建 設 業 の 329,446 ( 平 均 42.4 歳 勤 続 11.9 情 平 成 21 年 中 小 企 業 賃 金 退 職 金 等 実 態 調 査 結 果 の 概 要 静 岡 県 産 業 部 就 業 支 援 局 労 働 政 策 室 1 調 査 目 的 本 調 査 は 県 内 の 主 要 産 業 に 属 する 中 小 企 業 の 賃 金 退 職 金 等 の 実 態 を 明 らかにすることにより 中 小 企 業 の 賃 金 労 務 改 善 に 役 立 てるとともに 労 働 行

More information

奨学金制度の拡充とそれに伴う財政的視点からの課題

奨学金制度の拡充とそれに伴う財政的視点からの課題 奨 学 金 制 度 の 拡 充 とそれに 伴 う 財 政 的 視 点 からの 課 題 予 算 委 員 会 調 査 室 藤 井 亮 二 人 材 こそが 日 本 が 世 界 に 誇 る 最 大 の 資 源 である 平 成 25 年 6 月 14 日 に 閣 議 決 定 された 日 本 再 興 戦 略 -JAPAN is BACK- の 一 文 である 今 夏 の 参 院 選 において 各 政 党 は 就

More information

再 犯 防 止 に 向 けた 総 合 対 策 平 成 24 年 7 月 犯 罪 対 策 閣 僚 会 議 はじめに 1 第 1 再 犯 の 現 状 と 課 題 3 1 全 般 的 状 況 3 (1) 再 犯 者 率 の 上 昇 3 (2) 再 入 者 率 の 上 昇 3 (3) 仮 釈 放 率 の 低 下 3 2 対 象 者 の 特 性 別 に 見 た 現 状 3 (1) 早 期 対 策 が 必 要

More information

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知)

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知) 保 保 発 0116 第 3 号 平 成 27 年 1 月 16 日 健 康 保 険 組 合 理 事 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 保 険 課 長 ( 公 印 省 略 ) 健 康 保 険 組 合 の 平 成 27 年 度 予 算 の 編 成 について 平 成 27 年 度 の 予 算 については 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )の 実 情 や 以 下 に 掲 げる 事

More information

経済・物価情勢の展望(2016年4月)

経済・物価情勢の展望(2016年4月) 2016 年 4 月 28 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2018 年 度 まで を 展 望 すると 当 面 輸 出 生

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

<接待ゴルフも仕事のうち?>

<接待ゴルフも仕事のうち?> 8 月 の 税 務 と 労 務 の 手 続 [ 提 出 先 納 付 先 ] 10 日 源 泉 徴 収 税 額 住 民 税 特 別 徴 収 税 額 の 納 付 [ 郵 便 局 または 銀 行 ] 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 取 得 届 の 提 出 < 前 月 以 降 に 採 用 した 労 働 者 がいる 場 合 > [ 公 共 職 業 安 定 所 ] 労 働 保 険 一 括 有 期 事 業

More information

高年齢者雇用促進への政府の取組 ~改正高年齢者雇用安定法の施行~

高年齢者雇用促進への政府の取組 ~改正高年齢者雇用安定法の施行~ 高 齢 者 雇 用 の 現 状 と 対 策 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 開 発 部 高 齢 者 雇 用 対 策 課 山 下 禎 博 1 日 本 の 人 口 の 推 移 日 本 の 人 口 は 近 年 横 ばいであり 人 口 減 少 局 面 を 迎 えている 2060 年 には 総 人 口 が9000 万 人 を 割 り 込 み 高 齢 化 率 は40% 近 い 水 準 になると

More information

配偶者控除見直しについて~家計の可処分所得への影響~

配偶者控除見直しについて~家計の可処分所得への影響~ ニッセイ 基 礎 研 究 所 基 礎 研 レポート 2016-02-05 配 偶 者 控 除 見 直 しについて ~ 家 計 の 可 処 分 所 得 への 影 響 ~ 経 済 研 究 部 研 究 員 薮 内 哲 (03)3512-1839 yabuuchi@nli-research.co.jp はじめに 現 在 政 府 は 所 得 税 改 革 に 向 けた 総 点 検 に 着 手 しており とりわけ

More information

経 済 調 査 部 エコノミスト 齋 藤 周 3-3591-1283 当 レポートは 情 報 提 供 のみを 目 的 として 作 成 されたものであり 商 品 の 勧 誘 を 目 的 としたものではあり ません 本 資 料 は 当 社 が 信

経 済 調 査 部 エコノミスト 齋 藤 周 3-3591-1283 当 レポートは 情 報 提 供 のみを 目 的 として 作 成 されたものであり 商 品 の 勧 誘 を 目 的 としたものではあり ません 本 資 料 は 当 社 が 信 みずほリポート 214 年 6 月 9 日 相 続 税 法 改 正 と 貸 家 着 工 税 制 改 正 が 貸 家 着 工 に 与 える 影 響 試 算 213 年 の 貸 家 着 工 は 前 年 比 +11.8%と 大 幅 に 増 加 低 金 利 や 住 宅 価 格 の 先 高 観 消 費 税 率 引 き 上 げに 伴 う 駆 け 込 みに 加 えて 213 年 度 税 制 改 正 で 決 定 した

More information

これまでに 策 定 された 地 方 人 口 ビジョン と 地 方 版 総 合 戦 略 をみると 総 じて 2060 年 に1 億 人 程 度 の 人 口 を 維 持 するという 国 の 方 針 を 踏 まえた 内 容 となっている すなわち 長 期 的 に 各 自 治 体 の 人 口 流 出 に 歯

これまでに 策 定 された 地 方 人 口 ビジョン と 地 方 版 総 合 戦 略 をみると 総 じて 2060 年 に1 億 人 程 度 の 人 口 を 維 持 するという 国 の 方 針 を 踏 まえた 内 容 となっている すなわち 長 期 的 に 各 自 治 体 の 人 口 流 出 に 歯 みずほインサイト 政 策 2015 年 11 月 27 日 地 方 圏 での 戦 略 型 企 業 誘 致 地 場 産 業 と 連 携 した 誘 致 による 自 立 的 発 展 が 有 効 政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 上 村 未 緒 03-3591-1336 mio.uemura@mizuho-ri.co.jp 地 方 創 生 の 一 環 として 推 進 される 雇 用 創 出 の 代 表

More information

官報掲載【セット版】

官報掲載【セット版】 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 厚 生 労 働 省 告 示 第 二 百 八 十 四 号 ( ) 平 成 十 一 年 法 律 第 十 八 号 る 事 業 分 野 別 指 針 を 次 の よ う に 策 定 し た の で 第 十 二 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づ き 同 条 第 五 項 の 規 定 に 基 づ き 告 示 す る 介 護 分 野 に 係 厚 生 労 働 大 臣 塩 崎

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

Microsoft Word - 091203_0_表紙.doc

Microsoft Word - 091203_0_表紙.doc 日 医 総 研 ワーキングペーパー 地 域 医 療 を 担 う 医 師 会 病 院 等 の 運 営 課 題 把 握 のための 研 究 平 成 21 年 度 医 師 会 共 同 利 用 施 設 検 討 委 員 会 における 調 査 結 果 No.27 29 年 12 月 日 本 医 師 会 総 合 政 策 研 究 機 構 WIC-1 地 域 医 療 を 担 う 医 師 会 病 院 等 の 運 営 課

More information

平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会 計 決 算 審 査 意 見 書 室 蘭 市 土 地 開 発 基 金 の 運 用 状 況 審 査 意 見 書 室 蘭 市 監 査 委 員 室 監 査 第 133 号 平 成 26 年 9 月 30 日 室 蘭 市 長 青 山 剛 様 室 蘭 市 監 査 委 員 土 倉 崇 室 蘭 市 監 査 委 員 羽 立 秀 光 平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会

More information

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 速 報 1. 改 正 の 概 要 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 1 復 興 特 別 法 人 税 の 課 される 期 間 が1 年 前 倒 しで 廃 止 とされます 法 人 が 受 け 取 る 利 子 及 び 配 当 等 に 課 される 復 興 特 別 所 得 税 の 額 は 所 得 税 と 合 せて 法 人 税 の

More information

Microsoft Word - 16_2

Microsoft Word - 16_2 三 井 住 友 信 託 銀 行 調 査 月 報 213 年 8 月 号 ユーロ 圏 中 核 国 に 広 がる 経 済 悪 化 の 影 響 < 要 旨 > 昨 年 9 月 以 降 ユーロ 圏 の 金 融 市 場 は 落 ち 着 いているが 周 縁 国 のみならず 中 核 国 においても 実 体 経 済 の 悪 化 が 長 引 くと 銀 行 の 経 営 状 況 ひいては 金 融 システムの 安 定 性

More information

untitled

untitled 平 成 25 年 (213 年 )9 月 2 日 ローン 減 税 の 拡 充 と 消 費 税 率 引 き 上 げが 着 工 に 与 える 影 響 について 要 旨 214 年 4 月 に 予 定 される 消 費 税 率 引 き 上 げの 最 終 決 定 が いよいよ 1 月 の 初 旬 に 迫 ってきた 消 費 税 率 引 き 上 げは その 前 後 に 発 生 する 駆 け 込 み 需 要 と 反

More information

<31303039323281798C4B96BC8E73817A8DE090AD8C92915389BB8C7689E6976C8EAE2E786C73>

<31303039323281798C4B96BC8E73817A8DE090AD8C92915389BB8C7689E6976C8EAE2E786C73> 公 的 資 金 補 償 金 免 除 繰 上 償 還 に 係 る 財 政 健 全 化 画 別 添 Ⅰ 基 本 的 事 項 団 体 の 概 要 団 体 名 桑 名 市 国 調 人 口 (H7.0. 現 在 ) 38,963 職 員 数 (H22.. 現 在 ),093 構 成 団 体 名 財 政 再 生 基 準 以 上 早 期 健 全 化 基 準 以 上 健 全 化 判 断 比 率 の 状 況 画 期

More information

目 次 1 国 民 健 康 と 国 民 健 康 保 険 税 ------------------------------------------------------ 1 2 基 準 政 令 と 共 通 基 準 -------------------------------------------

目 次 1 国 民 健 康 と 国 民 健 康 保 険 税 ------------------------------------------------------ 1 2 基 準 政 令 と 共 通 基 準 ------------------------------------------- 参 考 1 国 民 健 康 ( 統 一 方 式 )について 平 成 23 年 8 月 26 日 練 馬 区 区 民 部 国 保 年 金 課 目 次 1 国 民 健 康 と 国 民 健 康 保 険 税 ------------------------------------------------------ 1 2 基 準 政 令 と 共 通 基 準 ------------------------------------------------------

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

会社の現状を数字で把握 中小企業で活用する経営分析

会社の現状を数字で把握 中小企業で活用する経営分析 企 業 経 営 情 報 レ ポ ー ト 会 社 の 現 状 を 数 字 で 把 握 中 小 企 業 で 活 用 する 経 営 分 析 Contents 1 財 務 分 析 の 体 系 を 理 解 する 2 実 数 分 析 の 手 法 を 理 解 する 3 比 率 分 析 の 流 れと 体 系 を 理 解 する 4 利 益 を 生 み 出 す 力 収 益 性 を 見 る 5 経 営 資 源 の 効 率

More information

有 収 率 (%) 年 間 総 有 収 水 量 年 間 総 配 水 量 100 施 設 効 率 を 見 る 場 合 施 設 の 稼 働 状 況 がそのまま 収 益 につながっているかについては 有 収 率 で 確 認 することが 重 要 である 有 収 率 が 低 いということは 漏 水 が 多 い

有 収 率 (%) 年 間 総 有 収 水 量 年 間 総 配 水 量 100 施 設 効 率 を 見 る 場 合 施 設 の 稼 働 状 況 がそのまま 収 益 につながっているかについては 有 収 率 で 確 認 することが 重 要 である 有 収 率 が 低 いということは 漏 水 が 多 い 水 道 事 業 経 営 に 関 する 各 指 標 の 説 明 (1) 事 業 の 概 要 普 及 率 (%) 現 在 給 水 人 口 行 政 区 域 内 人 口 100 平 均 有 収 水 量 (l) 一 日 平 均 有 収 水 量 現 在 給 水 人 口 有 形 固 定 資 産 減 価 償 却 率 (%) 有 形 固 定 資 産 減 価 償 却 累 計 額 有 形 固 定 資 産 のうち 償 却

More information

Microsoft Word - 文書 3

Microsoft Word - 文書 3 2 事 業 所 調 査 (1) 教 育 訓 練 の 実 施 状 況 1OFF-JTの 実 施 状 況 ( 図 11) 平 成 17 年 度 に 正 社 員 に 対 して OFF-JTを 実 施 した 事 業 所 は72.2%であった 業 種 別 にみると 電 気 ガス 熱 供 給 水 道 業 89.4% 医 療, 福 祉 84.9% 金 融 保 険 業 84.4%が 高 い 一 方 教 育, 学 習

More information

概況

概況 平 成 27 年 7 月 2 日 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 世 帯 統 計 室 室 長 中 村 年 宏 室 長 補 佐 松 下 英 嗣 ( 担 当 内 線 ) 世 帯 担 当 国 民 生 活 基 礎 統 計 第 一 係 (7587) 所 得 担 当 国 民 生 活 基 礎 統 計 第 二 係 (7588) ( 電 話 代 表 )03(5253)1111

More information

野村資本市場研究所|教育資金に見る早期世代間資産移転とリバース・モーゲージ(PDF)

野村資本市場研究所|教育資金に見る早期世代間資産移転とリバース・モーゲージ(PDF) 特 集 : 貯 蓄 から 投 へ 新 たな 展 開 教 育 に 見 る 早 期 世 代 間 産 移 転 とリバース モーゲージ 教 育 に 見 る 早 期 世 代 間 産 移 転 とリバース モーゲージ 小 島 俊 郎 要 約 1. 我 が 国 大 学 短 大 進 学 率 は 1992 年 に 38.9%だったが 2014 年 には 56.7% と 高 専 専 門 学 校 を 加 えた 高 等 教

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63> 平 成 26 年 度 和 歌 山 市 各 会 計 歳 入 歳 出 決 算 審 査 意 見 書 ( 公 営 企 業 会 計 を 除 く ) 和 歌 山 市 監 査 委 員 和 監 査 第 6 6 号 平 成 27 年 8 月 27 日 (2015 年 ) 和 歌 山 市 長 尾 花 正 啓 様 和 歌 山 市 監 査 委 員 伊 藤 隆 通 同 上 森 田 昌 伸 同 上 寒 川 篤 同 上 奥 山

More information

1 検 査 の 背 景 地 方 財 政 の 状 況 について 会 計 検 査 院 は 平 成 17 年 6 月 に 参 議 院 から 国 会 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 79 号 ) 第 105 条 の 規 定 に 基 づく 検 査 要 請 を 受 けて その 検 査 結 果 を18 年

1 検 査 の 背 景 地 方 財 政 の 状 況 について 会 計 検 査 院 は 平 成 17 年 6 月 に 参 議 院 から 国 会 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 79 号 ) 第 105 条 の 規 定 に 基 づく 検 査 要 請 を 受 けて その 検 査 結 果 を18 年 地 方 財 政 計 画 及 び 地 方 公 務 員 の 特 殊 勤 務 手 当 等 の 状 況 につい ての 報 告 書 ( 要 旨 ) 平 成 2 6 年 4 月 会 計 検 査 院 1 検 査 の 背 景 地 方 財 政 の 状 況 について 会 計 検 査 院 は 平 成 17 年 6 月 に 参 議 院 から 国 会 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 79 号 ) 第 105 条 の 規

More information

Microsoft PowerPoint - 差し換え用

Microsoft PowerPoint - 差し換え用 資 料 2 平 成 2 5 年 6 月 2 4 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 日 本 年 金 機 構 平 成 24 年 度 の 国 民 年 金 保 険 料 の 納 付 状 況 と 今 後 の 取 組 等 について 目 次 1. 平 成 24 年 度 の 納 付 状 況 等 について (1) 公 的 年 金 制 度 全 体 の 状 況 1 (2) 国 民 年 金 保 険 料 の 納 付 状 況

More information

Ⅰ 平成14年度の状況

Ⅰ 平成14年度の状況 資 料 3-2 平 成 23 度 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 23 度 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 数 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平

More information

写 26 人 委 給 第 546 号 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 県 議 会 議 長 加 地 邦 雄 殿 福 岡 県 知 事 小 川 洋 殿 福 岡 県 人 事 委 員 会 委 員 長 簑 田 孝 行 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 について 福 岡 県 人 事 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 第 8 条 第 14 条 及 び 第

More information

経済・物価情勢の展望(2016年1月)

経済・物価情勢の展望(2016年1月) 2016 年 1 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 1 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 輸 出 生 産 面 に 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 がみられるもの の 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2017 年 度 までを 展 望 すると 家 計 企 業 の 両 部 門 において 所 得 から

More information

1. 広 島 市 の 人 口 動 向 広 島 市 の 人 口 は 117 万 人 ( 平 成 22 年 国 調 )であり 全 国 11 位 昭 和 3 年 代 に 5 万 人 に 達 し 周 辺 市 町 村 との 合 併 により 市 域 の 拡 大 した 昭 和 6 年 には 1 万 人 を 超 え

1. 広 島 市 の 人 口 動 向 広 島 市 の 人 口 は 117 万 人 ( 平 成 22 年 国 調 )であり 全 国 11 位 昭 和 3 年 代 に 5 万 人 に 達 し 周 辺 市 町 村 との 合 併 により 市 域 の 拡 大 した 昭 和 6 年 には 1 万 人 を 超 え 215 年 1 月 株 式 会 社 日 本 政 策 投 資 銀 行 中 国 支 店 株 式 会 社 日 本 経 済 研 究 所 総 務 本 部 経 営 企 画 部 人 口 減 少 時 代 における 広 島 都 市 圏 の 現 状 と 女 性 の 就 業 状 況 < 要 旨 > - 国 勢 調 査 にみる 人 口 動 向 を 中 心 に- 広 島 都 市 圏 の 人 口 動 向 広 島 市 の 人 口

More information

薬 物 乱 用 等 も 感 染 の 一 因 となり 得 るため 薬 物 乱 用 者 についても 個 別 施 策 層 として 対 応 す る 必 要 がある なお 具 体 的 な 個 別 施 策 層 については 状 況 の 変 化 に 応 じて 適 切 な 見 直 し がなされるべきである さらに 施

薬 物 乱 用 等 も 感 染 の 一 因 となり 得 るため 薬 物 乱 用 者 についても 個 別 施 策 層 として 対 応 す る 必 要 がある なお 具 体 的 な 個 別 施 策 層 については 状 況 の 変 化 に 応 じて 適 切 な 見 直 し がなされるべきである さらに 施 後 天 性 免 疫 不 全 症 候 群 に 関 する 特 定 感 染 症 予 防 指 針 感 染 症 の 予 防 及 び 感 染 症 の 患 者 に 対 する 医 療 に 関 する 法 律 ( 平 成 10 年 法 律 第 114 号 ) 第 11 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 後 天 性 免 疫 不 全 症 候 群 に 関 する 特 定 感 染 症 予 防 指 針 ( 平 成 18 年

More information

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の 平 成 22 年 度 決 算 行 田 市 の 財 務 書 類 4 表 総 務 省 方 式 改 訂 モデル 平 成 24 年 3 月 行 田 市 目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 について 報 告 書 平 成 21 年 11 月 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 検 討 委 員 会 目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 4 2-1 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び

More information

申 請 免 除 申 請 免 除 ( 学 生 以 外 ) 学 生 納 付 特 例 制 度 若 年 者 納 付 猶 予 制 度 法 定 免 除 世 帯 構 成 図 表 1 国 民 年 金 保 険 料 の 免 除 の 種 類 と 所 得 基 準 本 人 世 帯 主 配 偶 者 の 所 得 に 応 じて 免

申 請 免 除 申 請 免 除 ( 学 生 以 外 ) 学 生 納 付 特 例 制 度 若 年 者 納 付 猶 予 制 度 法 定 免 除 世 帯 構 成 図 表 1 国 民 年 金 保 険 料 の 免 除 の 種 類 と 所 得 基 準 本 人 世 帯 主 配 偶 者 の 所 得 に 応 じて 免 みずほインサイト 政 策 2014 年 3 月 6 日 国 民 年 金 保 険 料 の 免 除 者 が 増 加 懸 念 される 将 来 の 低 年 金 者 の 増 加 政 策 調 査 部 上 席 主 任 研 究 員 堀 江 奈 保 子 03-3591-1308 naoko.horie@mizuho-ri.co.jp 国 民 年 金 保 険 料 の 免 除 者 の 増 加 が 続 いており 2012

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208179485094C5817A4E6F2E32353295C48D9182C58D4C82AA82E98F8A93BE8A698DB782C697CD8BAD82B382F08C8782AD8CC2906C8FC194EF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208179485094C5817A4E6F2E32353295C48D9182C58D4C82AA82E98F8A93BE8A698DB782C697CD8BAD82B382F08C8782AD8CC2906C8FC194EF2E70707478> 今 月 のトピックス No.-( 年 月 日 ) 米 国 で 広 がる 所 得 格 差 と 力 強 さを 欠 く 個 人 消 費. 景 気 回 復 の 中 でも 米 国 の 個 人 消 費 は 力 強 さを 欠 く 米 国 の 個 人 消 費 は GDPの 割 を 占 め 経 済 成 長 を 牽 引 してきた しかし 9 年 第 四 半 期 に 始 ま る 現 在 の 景 気 拡 大 期 の 消 費

More information

高齢者等の居室内での死亡事故等に対する賃貸人の不安解消に関する調査<概要版>

高齢者等の居室内での死亡事故等に対する賃貸人の不安解消に関する調査<概要版> 高 齢 者 等 の 居 室 内 での 死 亡 事 故 等 に 対 する 賃 貸 人 の 不 安 解 消 に 関 する 調 査 < 概 要 版 > 1. 調 査 目 的 民 間 賃 貸 住 宅 において 賃 貸 人 が 高 齢 者 等 の 入 居 を 制 限 する 実 態 が 見 られ その 理 由 として 家 賃 の 支 払 い 居 室 内 での 死 亡 事 故 等 等 への 賃 貸 人 の 不 安

More information

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 25(2013) 年 3 月 31 日 までとする 条 件 特 になし Ⅱ 総 評 建 学 の 精

More information

Microsoft Word - 平27答申.doc

Microsoft Word - 平27答申.doc 平 成 28 年 3 月 17 日 中 小 法 人 の 範 囲 と 税 制 のあり 方 について - 平 成 27 年 度 諮 問 に 対 する 答 申 - 日 本 税 理 士 会 連 合 会 税 制 審 議 会 税 制 審 議 会 委 員 名 簿 本 答 申 の 審 議 に 参 加 した 特 別 委 員 及 び 専 門 委 員 は 次 のとおりである 特 別 委 員 ( 会 長 ) 金 子 宏

More information

Microsoft Word - 001 運営方針(本編)

Microsoft Word - 001 運営方針(本編) 第 2 事 業 の 現 状 把 握 1 経 営 分 析 経 営 指 標 等 を 用 い 工 業 用 水 道 事 業 の 経 営 分 析 を 行 った なお 経 営 分 析 を 行 うに 当 たり 埼 玉 県 と 施 設 規 模 ( 現 在 配 水 能 力 等 )が 同 程 度 である 群 馬 県 及 び 徳 島 県 との 比 較 を 行 った (1) 給 水 収 益 と 契 約 水 量 契 約 水

More information

研究者等の業績に関する評価に関する調査・分析調査報告書

研究者等の業績に関する評価に関する調査・分析調査報告書 平 成 26 年 度 文 部 科 学 省 委 託 調 査 研 究 者 等 の 業 績 に 関 する 評 価 に 関 する 調 査 分 析 報 告 書 平 成 27 年 3 月 本 報 告 書 は 文 部 科 学 省 の 平 成 26 年 度 研 究 開 発 評 価 推 進 調 査 委 託 事 業 による 委 託 業 務 として 株 式 会 社 三 菱 総 合 研 究 所 が 実 施 した 平 成 26

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

192 1925 193 1935 194 1945 195 1955 196 1965 197 1975 198 1985 199 1995 2 25 21 215 22 225 23 235 24 245 25 255 26 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 1 人

192 1925 193 1935 194 1945 195 1955 196 1965 197 1975 198 1985 199 1995 2 25 21 215 22 225 23 235 24 245 25 255 26 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 1 人 北 海 道 人 口 ビジョン 骨 子 全 体 構 成 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 1 人 口 動 向 分 析 (1) 時 系 列 による 人 口 動 向 分 析 1 年 齢 3 区 分 別 人 口 の 推 移 と 将 来 推 計 2 自 然 増 減 ( 出 生 死 亡 )の 推 移 (ⅰ) 出 生 数 死 亡 数 の 推 移 (ⅱ) 出 生 数 合 計 特 殊 出 生 率 の 推 移 3 社 会

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

はじめに 安 倍 政 権 が 推 進 しているアベノミクスは 第 一 の 矢 である 大 胆 な 金 融 政 策 と 第 二 の 矢 である 機 動 的 な 財 政 政 策 で 景 気 を 浮 揚 させつつデフレからの 脱 却 を 果 たし 第 三 の 矢 である 民 間 投 資 を 喚 起 する

はじめに 安 倍 政 権 が 推 進 しているアベノミクスは 第 一 の 矢 である 大 胆 な 金 融 政 策 と 第 二 の 矢 である 機 動 的 な 財 政 政 策 で 景 気 を 浮 揚 させつつデフレからの 脱 却 を 果 たし 第 三 の 矢 である 民 間 投 資 を 喚 起 する 平 成 27 年 (215 年 )6 月 3 日 NO.215-6 成 長 力 の 底 上 げに 向 け 前 向 きな 変 化 が 現 れてきた 企 業 行 動 要 旨 企 業 行 動 の 前 向 きな 変 化 の 背 景 には 経 常 利 益 が 過 去 最 高 を 更 新 するなど 円 安 基 調 の 定 着 を 受 けた 収 益 環 境 の 全 般 的 な 改 善 がある 円 安 基 調 の

More information

第 Ⅱ-2-13 図 実 質 消 費 支 出 の 動 向 ( 二 人 以 上 の 世 帯 前 年 同 月 比 伸 び 率 寄 与 度 ) 6 4 2 2 4 6 8 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 11 12 1 2 3 4 5 6 7 22 年 23 年 ( 月 ) 食 料 住 居 光

第 Ⅱ-2-13 図 実 質 消 費 支 出 の 動 向 ( 二 人 以 上 の 世 帯 前 年 同 月 比 伸 び 率 寄 与 度 ) 6 4 2 2 4 6 8 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 11 12 1 2 3 4 5 6 7 22 年 23 年 ( 月 ) 食 料 住 居 光 震 災 後 の 個 人 消 費 の 動 向 について 震 災 の 影 響 を 受 けた 消 費 者 マインドの 急 激 な 悪 化 自 粛 ムードの 広 がり サプライ チェーン 寸 断 による 供 給 制 約 といった 要 因 等 を 背 景 に 3 月 の 個 人 消 費 は 大 幅 な 落 ち 込 みを 記 録 した 4 月 以 降 は これら 要 因 が 徐 々に 緩 和 してきていることから

More information

博士論文

博士論文 論 文 要 約 伊 関 友 伸 自 治 体 病 院 の 歴 史 住 民 医 療 の 歩 みとこれから ( 三 輪 書 店 ) 本 論 文 は はじめに おわりに のほか 全 7 章 で 構 成 する はじめに は 研 究 の 動 機 研 究 目 的 研 究 の 視 点 などについて 記 述 している 本 論 文 の 主 要 なテーマは 自 治 体 病 院 の 存 在 意 義 である 自 治 体 病

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203034205035377E353920834C8383838A83418BB388E78E9197BF8F575F8BB388E790552E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203034205035377E353920834C8383838A83418BB388E78E9197BF8F575F8BB388E790552E646F63> 職 場 体 験 インターンシップに 関 する 調 査 研 究 報 告 書 ( 概 要 版 ) 平 成 19 年 3 月 国 立 教 育 政 策 研 究 所 生 徒 指 導 研 究 センター 職 場 体 験 インターンシップに 関 する 調 査 研 究 報 告 書 ( 概 要 版 ) 目 次 1 中 学 校 高 等 学 校 職 場 体 験 インタ-ンシップ 現 状 把 握 調 査 の 概 要 等 1

More information

要 旨 東 京 圏 で 暮 らす 高 学 歴 女 性 の 就 業 拡 大 登 用 拡 大 の 余 地 は 依 然 として 大 きい 新 卒 時 点 で 正 規 雇 用 の 職 に 就 いた 女 性 のうち 結 婚 出 産 した 女 性 の 約 8 割 が 正 規 雇 用 の 職 を 離 れ うち 約

要 旨 東 京 圏 で 暮 らす 高 学 歴 女 性 の 就 業 拡 大 登 用 拡 大 の 余 地 は 依 然 として 大 きい 新 卒 時 点 で 正 規 雇 用 の 職 に 就 いた 女 性 のうち 結 婚 出 産 した 女 性 の 約 8 割 が 正 規 雇 用 の 職 を 離 れ うち 約 2015 年 11 月 18 日 東 京 圏 で 暮 らす 高 学 歴 女 性 の 働 き 方 等 に 関 するアンケート 調 査 結 果 ( 報 告 ) 調 査 の 概 要 株 式 会 社 日 本 総 合 研 究 所 は 東 京 圏 ( 東 京 神 奈 川 埼 玉 千 葉 )に 現 住 所 があり かつ 東 京 圏 に 所 在 する 四 年 制 の 大 学 又 は 大 学 院 を 卒 業 した いわゆる

More information

羽村市各会計決算書及び基金運用状況審査意見書

羽村市各会計決算書及び基金運用状況審査意見書 平 成 20 年 度 羽 村 市 各 会 計 決 算 及 び 基 金 運 用 状 況 審 査 意 見 書 羽 村 市 監 査 委 員 文 中 及 び 各 表 中 の 金 額 を 千 円 単 位 で 表 示 した 場 合 は 単 位 未 満 は 原 則 として 四 捨 五 入 した パーセンテージ 間 又 は 指 数 間 の 単 純 差 引 はポイントで 表 した 比 率 (%)は 原 則 として 小

More information

<5461726F31322D819B328250944E93788B8B975E814592E888F58AC7979D>

<5461726F31322D819B328250944E93788B8B975E814592E888F58AC7979D> 能 代 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 ( 参 考 ) 区 分 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 前 年 度 の ( 年 度 末 ) A B B/A 人 件 費 率 20 年 度 人 千 円 千 円 千 円 % % 61,416 23,586,992 339,618

More information