2015, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. 注 意 本 書 は 情 報 提 供 のみを 目 的 としています 本 書 の 発 行 時 点 における AWS の 現 行 製 品 と 慣 行 を 表 した

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "2015, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. 注 意 本 書 は 情 報 提 供 のみを 目 的 としています 本 書 の 発 行 時 点 における AWS の 現 行 製 品 と 慣 行 を 表 した"

Transcription

1 AWS による 優 れた 設 計 の フレームワーク

2 2015, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. 注 意 本 書 は 情 報 提 供 のみを 目 的 としています 本 書 の 発 行 時 点 における AWS の 現 行 製 品 と 慣 行 を 表 したものであり それらは 予 告 なく 変 更 されることがあります お 客 様 は 本 文 書 の 情 報 および AWS 製 品 の 使 用 について 独 自 に 評 価 する 責 任 を 負 うものとします これらの 情 報 は 明 示 または 黙 示 を 問 わずいかなる 保 証 も 伴 う ことなく 現 状 のまま 提 供 されるものです 本 文 書 内 のいかなるものも AWS その 関 係 者 サプライヤ またはライセンサーからの 保 証 表 明 契 約 的 なコミットメント 条 件 や 確 約 を 意 味 するものではありません お 客 様 に 対 す る AWS の 責 任 は AWS 契 約 によって 規 定 されています また 本 文 書 は AWS とお 客 様 との 間 の 契 約 に 属 するものではなく また 当 該 契 約 が 本 文 書 によって 修 正 されることもありません ページ 2-66

3 目 次 要 約 3 はじめに 4 AWS による 優 れた 設 計 のフレームワークの 定 義 5 一 般 的 な 設 計 の 原 則 6 AWSによる 優 れた 設 計 のフレームワークの 4 本 柱 7 セキュリティの 柱 7 信 頼 性 の 柱 15 パフォーマンス 効 率 の 柱 21 コストの 最 適 化 の 柱 29 まとめ 36 寄 稿 者 36 ドキュメント 履 歴 36 付 録 : 優 れた 設 計 のための 質 問 回 答 ベストプラクティス 37 要 約 本 書 では AWS による 優 れた 設 計 のフレームワークについて 説 明 し これによ ってお 客 様 がそのクラウドベースのアーキテクチャを 評 価 改 善 し またそのデ ザイン 決 定 がビジネスに 及 ぼす 影 響 をより 良 く 理 解 できるようになります ここ では AWS による 優 れた 設 計 のフレームワークの 柱 とされる 4 つの 概 念 領 域 に おける 一 般 的 な 設 計 の 原 則 と 特 定 のベストプラクティスおよびガイダンスを 紹 介 します ページ 3-66

4 はじめに アマゾン ウェブ サービス (AWS) において クラウドに 信 頼 性 セキュリ ティ 効 率 コスト 効 果 が 高 いシステムを 設 計 するために アーキテクチャのベ ストプラクティスについてお 客 様 に 学 習 していただくことが 重 要 だと 考 えます この 一 環 として AWS でシステムを 構 築 する 際 の 選 択 肢 の 長 所 と 短 所 の 理 解 に 役 立 つように AWS による 優 れた 設 計 のフレームワークを 開 発 しました シス テムを 上 手 に 構 築 することで ビジネスが 成 功 する 可 能 性 が 飛 躍 的 に 増 加 すると 確 信 しています AWS ソリューションアーキテクトは 多 様 なビジネスにおいて 垂 直 およびユー スケースにおけるソリューションの 設 計 に 長 年 の 経 験 を 持 ち 何 千 という AWS のお 客 様 のアーキテクチャの 設 計 および 検 証 のお 手 伝 いをしてきました この 経 験 から クラウドにおけるシステム 設 計 のベストプラクティスおよび 核 となる 戦 略 を 見 つけ 出 しました AWS による 優 れた 設 計 のフレームワークには 特 定 の アーキテクチャがクラウドのベストプラクティスにうまく 合 致 しているかどうか を 理 解 するための 基 礎 質 問 集 が 記 載 されています フレームワークは 現 代 の クラウドベースのシステムに 期 待 する 品 質 について 整 合 性 の 面 からシステムを 評 価 するアプローチ 方 法 およびその 品 質 を 達 成 するために 必 要 な 対 処 を 提 供 します AWS プラットフォームは 進 化 し 続 け お 客 様 との 共 同 作 業 で 学 ぶこと も 尽 きないため 優 れた 設 計 の 定 義 も 改 良 され 続 けます 本 書 は 技 術 責 任 者 (CTO) 設 計 者 開 発 者 オペレーションチームメンバーなど の 技 術 担 当 者 を 対 象 としています 本 書 を 読 むことで クラウドアーキテク チャを 設 計 する 際 の AWS のベストプラクティスおよび 取 るべき 戦 略 が 理 解 でき ます 本 書 では アーキテクチャパターンの 実 装 については 詳 しく 紹 介 しません が この 情 報 に 関 する 適 切 な 資 料 へのリファレンスを 含 んでいます ページ 4-66

5 AWS による 優 れた 設 計 のフレームワークの 定 義 AWS の 専 門 家 は 日 々 お 客 様 がクラウドのベストプラクティスの 利 点 を 活 か せるようなシステムを 構 築 できるようにお 手 伝 いしています 設 計 が 進 化 するに つれて 発 生 するアーキテクチャとのトレードオフをお 客 様 とともに 考 えてきま した ライブ 環 境 にシステムをデプロイするたびに システムがどの 程 度 うまく 機 能 するか トレードオフの 影 響 はどうかが 判 ります このように 学 んできたことをベースに AWS による 優 れた 設 計 のフレームワー クは 作 成 されました アーキテクチャが AWS ベストプラクティスにどの 程 度 合 致 しているかを 評 価 できる 質 問 集 です AWS による 優 れた 設 計 のフレームワークは セキュリティ 信 頼 性 パフォー マンス 効 率 コスト 最 適 化 という 4 つの 柱 を 基 本 としています それぞれは 以 下 のように 定 義 されます 柱 名 セキュリティ 信 頼 性 パフォーマンス 効 率 コストの 最 適 化 説 明 リスクの 評 価 と 軽 減 戦 略 を 通 して ビジネス 価 値 を 提 供 しな がら 情 報 システム 資 産 を 保 護 する 能 力 です インフラストラクチャまたはサービスの 障 害 から 復 旧 し たり 必 要 に 応 じて 動 的 にコンピューティングリソースを 獲 得 したり 設 定 ミスや 一 時 的 なネットワークの 問 題 などによ る 障 害 を 軽 減 したりといったシステムの 能 力 です システムの 要 求 に 合 わせてコンピューティングリソースを 効 率 的 に 使 用 し 需 要 の 変 化 や 技 術 の 進 歩 に 合 わせてこの 効 率 を 維 持 する 能 力 です 不 要 なコストや 最 適 でないリソースを 回 避 または 排 除 する 能 力 です ページ 5-66

6 一 般 的 な 設 計 の 原 則 AWS による 優 れた 設 計 のフレームワークでは クラウドにおける 適 切 な 設 計 を 可 能 にする 一 般 的 な 設 計 の 原 則 が 判 ります 必 要 キャパシティーの 推 測 をやめる: 必 要 なインフラストラクチャキャパ シティーを 予 測 する 必 要 がなくなります システムのデプロイに 先 立 って 性 能 を 決 定 すると 高 価 で 無 駄 なリソースが 発 生 したり 機 能 が 制 限 され てパフォーマンスに 影 響 したりします クラウドコンピューティングに はこのような 問 題 はありません 必 要 な 分 のみキャパシティーを 使 用 し 自 動 的 にスケールアップまたはスケールダウンできます 本 稼 働 スケールでシステムをテストする: 従 来 の 非 クラウド 環 境 では 通 常 コストの 問 題 でテストのためだけに 複 製 環 境 を 作 成 することはできま せん 従 って ほとんどのテスト 環 境 は 本 稼 働 が 要 求 するライブレベルで はテストされていません クラウドでは 複 製 環 境 を 作 成 し テストを 完 了 してから リソースを 破 棄 できます 支 払 いはテスト 環 境 を 実 行 してい るときのみ 発 生 するため 僅 かなコストでオンプレミスでのテストを 行 い ライブ 環 境 をシミュレートできます アーキテクチャ 変 更 のリスクを 低 減 する: 本 稼 働 設 定 をエミュレートする テスト 環 境 の 作 成 を 自 動 化 できるため 簡 単 にテストを 行 うことができ ます また テストリソースを 使 用 するためにチームが 順 番 待 ちをしなく てはならないオンプレミス 環 境 で 発 生 していたテストのシリアル 化 もなく なります 自 動 化 によってアーキテクチャ 実 験 を 簡 単 にする: 自 動 化 によって シス テムを 低 コスト ( 手 動 作 業 なし) で 作 成 およびレプリケートできます 自 動 化 に 対 する 変 更 を 追 跡 し 影 響 を 監 査 して 必 要 な 場 合 は 以 前 のパラ メーターに 戻 すことができます 発 展 するアーキテクチャの 許 可 : 従 来 の 環 境 では アーキテクチャは 決 定 されると 固 定 され 実 装 は 1 回 きりであり その 寿 命 の 間 にいくつかシス テムのメジャー バージョンアップがあるだけです ビジネスとそのコン テキストは 変 化 し 続 けているのに 最 初 に 決 めたこれらのために システ ムがビジネスの 需 要 の 変 化 に 対 応 できない 場 合 があります クラウド では オンデマンドによる 自 動 化 とテスト 機 能 によって 設 計 変 更 に よって 生 じる 影 響 のリスクを 低 減 できます これによって システム が 何 度 でも 進 化 でき 新 しいイノベーションの 利 点 をスタンダードプラ クティスとしてビジネスに 活 かすことができます ページ 6-66

7 AWSによる 優 れた 設 計 のフレームワークの 4 本 柱 ソフトウェアシステムの 作 成 はビルの 建 築 に 似 ています 基 礎 がしっかりしてい なければ ビルの 健 全 性 や 機 能 を 損 なう 構 造 の 問 題 が 発 生 することがあります 技 術 ソリューションを 設 計 する 場 合 セキュリティ 信 頼 性 パフォーマンス 効 率 コスト 最 適 化 の 4 本 の 柱 を 疎 かにすると 意 図 したとおりにまた 要 件 に 従 って 稼 働 するシステムの 構 築 が 難 しくなるでしょう これらの 柱 をアーキテク チャに 組 み 込 むことで 安 定 した 効 率 的 なシステムを 作 成 することができます こうすることで 要 求 される 機 能 など 設 計 の 他 の 要 素 に 集 中 できます このセクションでは 4 本 柱 のそれぞれについて 定 義 ベストプラクティス 疑 問 点 考 慮 点 および 関 連 する AWS サービスなどを 説 明 します セキュリティの 柱 セキュリティの 柱 には リスクの 評 価 と 軽 減 戦 略 を 通 して ビジネス 価 値 を 提 供 しながら 情 報 システム 資 産 を 保 護 する 能 力 が 含 まれます 設 計 の 原 則 クラウドでは システムセキュリティを 強 化 する 役 に 立 つ 数 多 くの 原 則 があり ます すべてのレイヤーでセキュリティを 適 用 :インフラストラクチャの 水 際 で セキュリティアプライアンス ( 例 : ファイアウォール) を 実 行 するだけで はなく ファイアウォールや 他 のセキュリティ 制 御 をすべてのリソース ( 例 : 各 仮 想 サーバー ロードバランサー ネットワークサブネット) でも 使 用 します 追 跡 可 能 性 を 有 効 にする:すべてのアクションと 環 境 に 対 する 変 更 を 記 録 し 監 査 します セキュリティイベントに 対 する 応 答 を 自 動 化 する:イベント 駆 動 型 または 条 件 駆 動 型 アラートをモニターし 応 答 を 自 動 的 にトリガーします ページ 7-66

8 システムの 保 護 に 集 中 する:AWS 責 任 共 有 モデルを 使 用 すると AWS が 安 全 なインフラストラクチャやサービスを 提 供 するため お 客 様 はアプリ ケーションデータやオペレーティングシステムの 保 護 に 集 中 できます セキュリティのベストプラクティスを 自 動 化 する:ソフトウェアベースの セキュリティメカニズムによって より 手 早 くコスト 面 で 効 果 的 なスケー リングをより 安 全 に 実 行 できます 仮 想 サーバーのカスタムベースライン イメージを 作 成 して 保 存 し そのイメージを 自 動 的 にお 客 様 が 起 動 する 各 新 規 サーバーに 使 用 します テンプレートで 定 義 され 管 理 されるインフラ ストラクチャ 全 体 を 作 成 します 定 義 クラウドでのセキュリティは 次 の 4 つの 領 域 で 構 成 されます 1. データ 保 護 2. 権 限 管 理 3. インフラストラクチャの 保 護 4. 発 見 的 コントロール AWS 責 任 共 有 モデルを 使 用 して クラウドを 使 用 する 企 業 がセキュリティおよ びコンプライアンスの 目 的 を 達 成 できます AWS では クラウドサービスをサ ポートするインフラストラクチャを 物 理 的 に 保 護 するため AWS のお 客 様 はサ ービスを 使 用 して 目 的 を 達 成 することに 集 中 できます また AWS クラウド では セキュリティデータへのアクセス 機 能 が 強 化 され セキュリティイベン トへの 応 答 方 法 が 自 動 化 できます ページ 8-66

9 ベストプラクティス データ 保 護 システムを 構 築 する 前 に セキュリティに 影 響 を 及 ぼす 基 礎 的 なプラクティスが 適 切 な 場 所 に 配 置 される 必 要 があります たとえば データ 分 類 は 企 業 のデー タを 重 要 度 に 基 づいてカテゴリー 分 けする 方 法 です 最 小 権 限 は 通 常 の 機 能 の 使 用 を 許 可 しながらアクセスを 可 能 な 限 り 最 低 レベルに 制 限 します また 暗 号 化 は 認 証 されていないアクセスでは 解 読 できないようにデータをレンダリング することでデータを 保 護 します これらのツールや 技 術 は 財 政 的 損 失 の 防 止 や 規 則 上 の 義 務 の 遵 守 などの 目 的 をサポートするため 重 要 です データ 保 護 には データの 健 全 性 を 保 持 しながら 機 密 に 保 つように 設 計 されたコ ントロールやパターンの 使 用 や 必 要 なときには 確 実 にデータを 使 用 できること も 含 まれます AWS では 次 のようなプラクティスでデータの 保 護 が 実 行 されます AWS のお 客 様 は お 客 様 のデータに 対 する 完 全 な 統 制 を 維 持 します AWS ではデータの 暗 号 化 や 定 期 的 なキーローテーションを 含 むキーの 管 理 がより 簡 単 になります これらは AWS によってネイティブに 自 動 化 す ることも お 客 様 が 保 守 することもできます ファイルアクセスや 変 更 などの 重 要 な 内 容 を 含 む 詳 細 なログ 記 録 を 使 用 で きます AWS は 例 外 に 対 する 弾 力 性 に 対 応 したストレージシステムを 設 計 しま した たとえば Amazon Simple Storage Service (S3) はほぼ 完 全 な 耐 久 性 を 求 めた 設 計 になっています (たとえば Amazon S3 を 使 用 して 10,000 のオブジェクトを 保 存 する 場 合 平 均 で 10,000,000 年 間 に 1 つ のオブジェクトを 消 失 する 可 能 性 があります) バージョニングは より 大 容 量 データのライフサイクル 管 理 処 理 の 一 部 で あり 不 慮 の 上 書 き 削 除 などの 障 害 に 対 してデータを 保 護 できます AWS ではリージョン 間 のデータの 移 動 は 実 行 しません 1 つの リージョンに 置 かれたコンテンツは お 客 様 が 明 示 的 に 機 能 を 有 効 にするか その 機 能 を 提 供 するサービスを 利 用 しないかぎり その リージョンに 残 り 続 けます ページ 9-66

10 次 の 質 問 はデータセキュリティの 考 慮 事 項 に 関 するものです (セキュリティに 関 するすべての 質 問 回 答 およびベストプラクティスの 一 覧 については 付 録 を 参 照 してください) SEC 1. SEC 2. 保 管 時 のデータをどのように 暗 号 化 保 護 していますか 伝 送 中 のデータをどのように 暗 号 化 保 護 していますか AWS では 保 管 時 および 伝 送 時 のデータの 暗 号 化 用 に 複 数 の 手 段 を 用 意 してい ます これらの 機 能 を 製 品 とサービスに 組 み 込 み データの 暗 号 化 を 容 易 にし ます たとえば サーバー 側 の 暗 号 化 (SSE) をAmazon S3 に 実 装 し 暗 号 化 さ れたフォームでのデータ 保 存 をより 簡 単 にします また HTTPS 全 体 の 暗 号 化 および 復 号 化 処 理 ( 一 般 には SSL 停 止 と 呼 ばれます) を Elastic Load Balancing で 担 当 するように 調 整 することもできます 権 限 管 理 権 限 管 理 は 情 報 セキュリティプログラムの 主 要 部 分 です 権 限 を 持 つユーザーお よび 認 証 されたユーザーのみが 意 図 した 方 法 でのみ 確 実 にリソースにアクセ スできるようにします たとえば アクセスコントロールリスト (ACL) はオブ ジェクトに 添 付 するアクセス 許 可 のリストです ロールベースアクセスコントロ ール (RBAC) はエンドユーザーのロールまたは 機 能 に 合 わせたアクセス 権 限 セッ トであり パスワード 管 理 には 複 雑 性 の 条 件 および 変 更 間 隔 が 含 まれています これらの 権 限 管 理 要 素 はユーザーの 認 証 および 許 可 の 主 要 概 念 を 表 すものである ため 情 報 セキュリティアーキテクチャにおいて 非 常 に 重 要 です AWS では 権 限 管 理 は AWS Identity and Access Management (IAM) サービス で 優 先 的 にサポートされています これを 使 用 して AWS のサービスやリソース へのユーザーのアクセスを 安 全 に 管 理 できます アクセス 権 限 をユーザー グル ープ ロール リソースに 割 り 当 てるポリシーは 細 かく 適 用 できます 複 雑 性 再 使 用 Multi-Factor Authentication (MFA) など 強 力 なパスワードプラク ティスを 要 求 することもできます また 既 存 のディレクトリサービスでフェデ レーションを 使 用 できます ページ 10-66

11 次 の 質 問 は セキュリティのための 権 限 管 理 の 考 慮 事 項 に 関 するものです SEC 3. SEC 4. SEC 5. SEC 6. AWS ルートアカウントの 認 証 情 報 へのアクセスと 使 用 をどの ように 保 護 していますか AWS マネジメントコンソールと API への 人 間 によるアクセ スを 制 御 するために システムユーザーのロールと 責 任 をど のように 定 義 していますか AWS リソースへの 自 動 化 されたアクセス (アプリケーション スクリプト サードパーティーツールまたはサービスから のアクセスなど) をどのように 制 限 していますか キーと 認 証 情 報 をどのように 管 理 していますか ルートアカウント 認 証 情 報 を 保 護 し 続 けることは 非 常 に 重 要 です このため AWS では MFA をルートアカウントに 添 付 し MFA 付 きの 認 証 情 報 を 物 理 的 に 安 全 な 場 所 にロックすることをお 勧 めします IAM サービスでは その 他 の (ルートではない) ユーザーアクセス 権 限 を 作 成 して 管 理 し またリソースへの アクセスレベルを 確 立 できます インフラストラクチャの 保 護 インフラストラクチャの 保 護 には 深 層 防 御 や Multi-Factor Authentication などの コントロール 方 法 が 含 まれ ベストプラクティスおよび 業 界 や 規 制 上 の 義 務 に 合 致 している 必 要 があります クラウドでもオンプレミスでも オペレーションの 実 行 を 成 功 させるには これらの 手 段 を 使 用 することが 非 常 に 重 要 です AWS では AWS のネイティブ 技 術 を 使 用 するか AWS Marketplace で 入 手 で きるパートナー 製 品 およびサービスを 使 用 して ステートフルおよびステートレ スパケットインスペクションを 実 装 できます また Amazon Virtual Private Cloud (VPC) を 使 用 してプライベートで 安 全 なスケーラブル 環 境 を 作 成 し ゲー トウェイ ルーティングテーブル 公 開 サブネットおよびプライベートサブネッ トを 含 むトポロジを 定 義 できます ページ 11-66

12 次 の 質 問 は セキュリティのためのインフラストラクチャ 保 護 の 考 慮 事 項 に 関 す るものです SEC 7. SEC 8. SEC 9. ネットワークおよびホストレベルの 境 界 保 護 をどのように 実 施 していますか AWS サービスレベルの 保 護 をどのように 実 施 していますか Amazon EC2 インスタンス 上 のオペレーティングシステムの 整 合 性 はどのように 保 護 していますか 多 層 防 御 はどのタイプの 環 境 にもお 勧 めです インフラストラクチャ 保 護 の 場 合 は クラウドおよびオンプレミスモデルで 多 くの 概 念 および 方 法 が 有 効 です 境 界 保 護 の 徹 底 送 受 信 のモニタリング 広 範 囲 のログ 記 録 モニタリングおよび アラートはすべて 効 果 的 な 情 報 セキュリティ 計 画 に 不 可 欠 です 前 述 の 設 計 の 原 則 セクションで 説 明 したとおり AWS のお 客 様 は EC2 イン スタンスの 設 定 をカスタマイズまたは 強 化 して この 設 定 を Amazon Machine Image (AMI) に 配 置 できます その 後 Auto Scaling によるトリガーにしろ 手 動 起 動 にしろ この AMI で 起 動 するすべての 新 規 仮 想 サーバー (インスタンス) には 強 化 された 設 定 が 適 用 されます 発 見 的 コントロール 発 見 的 コントロールはセキュリティ 違 反 の 検 出 または 識 別 に 使 用 できます これらは 管 理 フレームワークの 通 常 の 一 部 分 であり 品 質 プロセス 法 律 上 の 準 拠 義 務 脅 威 の 識 別 や 応 答 処 理 のサポートに 使 用 できます 発 見 的 コントロール には さまざまな 種 類 があります たとえば 資 産 およびその 詳 細 属 性 を 目 録 化 して より 効 果 的 に 意 思 決 定 (およびライフサイクル 統 制 ) を 促 進 し オペレー ションの 基 礎 を 確 立 します あるいは 情 報 システムに 関 連 するコントロールを 精 査 する 内 部 監 査 を 使 用 し 実 態 がポリシーおよび 要 件 に 一 致 しているか 定 義 した 条 件 に 基 づいたアラート 通 知 の 自 動 化 が 正 しく 設 定 されているかを 確 認 でき ます これらのコントロールは 重 要 なリアクティブファクターであり 企 業 が 変 則 的 なアクティビティの 範 囲 を 識 別 して 理 解 する 役 に 立 ちます ページ 12-66

13 AWS では 次 のサービスが 発 見 的 コントロールをサポートします AWS CloudTrail 呼 び 出 しのアイデンティティ 呼 び 出 し 時 刻 ソース IP アドレス パラメーター および 応 答 要 素 を 含 む API コールを ログ 記 録 するウェブサービスです Amazon CloudWatch Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) の CPU ディスク ネットワークのアクティビティや Amazon Relational Database Service (RDS) データベースインスタンス Amazon Elastic Block Store (EBS) ボリュームなどのログを 記 録 する AWS リソース 用 のモニタリングサービスです CloudWatch を 使 用 してこれらのログや 他 のメトリックスを 利 用 してアラームを 通 知 することができます AWS Config 経 時 的 なインフラストラクチャの 設 定 と 変 更 についての 情 報 を 提 供 する インベントリーおよび 設 定 の 履 歴 を 管 理 するサービス です Amazon Simple Storage Service (S3) Amazon S3 データアクセス 監 査 を 使 用 して アクセス 要 求 のタイプ リソース 日 付 および 時 刻 などを 含 む 詳 細 を 記 録 するように Amazon S3 バケットを 設 定 できます Amazon Glacier ボールトロック 機 能 を 利 用 することで 監 査 可 能 な 長 期 保 存 をサポートするように 設 計 されたコンプライアンス 上 のミッション クリティカルなデータを 保 存 することができます 次 の 質 問 は セキュリティのための 発 見 的 コントロールの 考 慮 事 項 に 関 するもの です SEC 10. AWS ログをどのように 取 得 して 分 析 していますか セキュリティやフォレンジックに 関 する 規 制 法 令 の 要 件 のため 優 れた 設 計 に おいてはログ 管 理 が 重 要 です AWS には お 客 様 がデータ 保 持 ライフサイクル を 定 義 したり データを 保 管 アーカイブ 場 合 によっては 削 除 する 場 所 を 定 義 したりすることで ログ 管 理 をより 簡 単 に 実 装 できる 機 能 があります この 機 能 により 予 測 可 能 で 信 頼 できるデータ 操 作 がよりシンプルになり かつコスト 効 果 も 高 くなります ページ 13-66

14 関 連 する AWS サービス セキュリティに 不 可 欠 な AWS サービスは AWS Identity and Access Management (IAM) です AWS のサービスやリソースへのユーザーの アクセスを 安 全 に 管 理 できます 以 下 のサービスと 機 能 は セキュリティの 4 つの 領 域 をサポートします データ 保 護 :Elastic Load Balancing Amazon Elastic Block Store (EBS) Amazon Simple Storage Service (S3) および Amazon Relational Database Service (RDS) などのサービスには 伝 送 中 や 保 管 中 のデータを 保 護 する 暗 号 化 機 能 があります AWS Key Management Service (KMS) では データの 暗 号 化 に 使 用 するコントロールキーの 作 成 や 制 御 を 簡 単 に 行 うことができます 権 限 管 理 :IAM を 利 用 すると AWS のサービスおよびリソースに 対 するアクセ スを 安 全 にコントロールすることができます Multi-Factor Authentication (MFA) は ユーザー 名 およびパスワードに 加 え 拡 張 された 保 護 レイヤーを 追 加 します インフラストラクチャの 保 護 :Amazon Virtual Private Cloud (VPC) では AWS クラウド 上 にプライベートで 隔 離 されたネットワークをプロビジョニングするこ とができます ここでは 仮 想 ネットワークで AWS リソースを 起 動 することが できます 発 見 的 コントロール:AWS CloudTrail は AWS API コールを 記 録 します AWS Config は AWS リソースおよび 設 定 の 詳 細 なインベントリーを 提 供 し Amazon CloudWatch は AWS リソースのサービスをモニタリングします リソース セキュリティに 関 連 するベストプラクティスの 詳 細 については 以 下 のリソース を 参 照 してください ドキュメント & ブログ AWS セキュリティセンター AWS コンプライアンス AWS セキュリティブログ ページ 14-66

15 ホワイトペーパー AWS セキュリティの 概 要 AWS セキュリティのベストプラクティス AWS リスクおよびコンプライアンス 動 画 AWS クラウドのセキュリティ 責 任 共 有 モデルの 概 要 信 頼 性 の 柱 信 頼 性 の 柱 には インフラストラクチャまたはサービスの 障 害 からの 復 旧 必 要 に 応 じた 動 的 なコンピューティングリソースの 獲 得 設 定 ミスや 一 時 的 なネットワークの 問 題 などによる 障 害 軽 減 などのシステムの 能 力 が 含 まれて います 設 計 の 原 則 クラウドでは 信 頼 性 を 高 める 役 に 立 つ 数 多 くの 原 則 があります 復 旧 手 順 のテスト:オンプレミス 環 境 では テストはたいてい 特 定 の シナリオによってシステムが 機 能 することを 証 明 するために 行 われます 復 旧 戦 略 を 検 証 するためにテストが 使 用 されることはあまりありません クラウドでは システム 障 害 の 発 生 過 程 をテストし 復 旧 手 順 を 検 証 でき ます 自 動 化 により 異 なる 障 害 をシミュレートしたり 以 前 に 障 害 が 発 生 したシナリオを 再 作 成 したりできます これらによって 障 害 経 路 が 洗 い 出 され 実 際 に 障 害 が 発 生 する 前 にテストし 修 正 することで テストしてい ないコンポーネント 障 害 のリスクを 軽 減 できます 障 害 から 自 動 的 に 復 旧 する:システムの 主 要 なパフォーマンスインジケー ター (KPI) をモニタリングすることで しきい 値 を 超 過 した 場 合 に 自 動 処 理 をトリガーできます それにより 自 動 的 に 障 害 を 通 知 および 追 跡 し 障 害 を 回 避 または 修 正 する 復 旧 プロセスを 自 動 化 できます より 高 度 な 自 動 化 を 使 用 して 障 害 が 発 生 する 前 にそれを 予 測 し 修 正 することも 可 能 です ページ 15-66

16 水 平 方 向 にスケールして 集 約 システム 能 力 を 強 化 する:1 つの 大 きなリソ ースを 複 数 の 小 さなリソースに 置 換 して 1 つの 障 害 がシステム 全 体 に 及 ぼす 影 響 を 軽 減 します 複 数 のより 小 さなリソースに 要 求 を 分 散 させて 障 害 の 共 通 点 を 共 有 しないようにします キャパシティーの 推 測 をやめる:オンプレミスシステムで 発 生 する 障 害 の 一 般 的 な 原 因 はリソースの 飽 和 です システムに 対 する 要 求 がそのシステ ムの 能 力 を 超 えたときに 発 生 します (よくサービス 妨 害 攻 撃 の 目 標 になり ます) クラウドでは 需 要 とシステム 使 用 率 を 監 視 し 需 要 を 満 たすた めに 最 適 なレベルを 維 持 するためのリソースの 追 加 や 削 除 を 自 動 化 するこ とができます 定 義 クラウドでの 信 頼 性 は 次 の 3 つの 領 域 で 構 成 されます 1. 基 礎 2. 変 更 管 理 3. 障 害 管 理 信 頼 性 を 確 保 するには システムによく 計 画 された 基 礎 があり 適 切 な 箇 所 をモニ タリングし また 必 要 や 要 件 に 応 じた 変 更 を 行 う 仕 組 みが 必 要 です 障 害 を 検 出 し 自 動 的 に 自 己 修 復 するようにシステムを 設 計 する 必 要 があります ベストプラクティス 基 礎 どのようなシステムでも 設 計 前 に 信 頼 性 に 影 響 を 及 ぼすような 基 本 的 な 要 件 が 適 切 に 設 定 されている 必 要 があります たとえば データセンターへの 十 分 な ネットワーク 帯 域 幅 確 保 などです これらの 要 件 は 時 として 放 置 されがちです (それぞれのプロジェクトスコープ 外 のため) これらを 放 置 すると 信 頼 性 の 高 いシステムを 構 築 する 際 に 重 大 な 影 響 を 与 える 可 能 性 があります オンプレミス 環 境 では 依 存 関 係 の 影 響 によりこれらの 要 件 を 満 たすには 長 い 時 間 を 必 要 とし ます そのため 計 画 の 初 期 に 組 み 込 まれる 必 要 があります ページ 16-66

17 AWS では ほとんどの 基 礎 要 件 は 組 み 込 み 済 みであるか 必 要 に 応 じて 利 用 できます クラウドは 基 本 的 に 制 限 がないように 設 計 されています そのため 十 分 なネットワーキングおよびコンピューティングキャパシティの 要 件 を 満 たすのは AWS の 責 任 であり お 客 様 はオンデマンドでストレージデバイスの サイズなどのリソースサイズおよび 割 り 当 てを 自 由 に 変 更 できます 次 の 質 問 は 信 頼 性 のための 基 礎 的 な 考 慮 事 項 に 関 するものです ( 信 頼 性 に 関 する すべての 質 問 回 答 およびベストプラクティスの 一 覧 については 付 録 を 参 照 してください) REL 1. REL 2. REL 3. アカウントの AWS サービス 制 限 はどのようにモニタリングし ていますか AWS でのネットワークトポロジをどのように 計 画 していま すか 技 術 的 な 問 題 に 対 応 するためのエスカレーションパスがありま すか AWS は お 客 様 がリソースを 意 図 せずよけいにプロビジョニングしてしまう 事 故 を 防 止 するため サービス 制 限 (チームが 要 求 できる 各 リソースの 数 の 上 限 ) を 設 定 しています これらの 制 限 をモニタリングしビジネスのニーズに 合 わせて 変 更 するために 適 切 なガバナンスおよびプロセスを 設 ける 必 要 があります ク ラウドを 取 り 入 れるにあたって 既 存 のオンプレミスリソースとの 統 合 (ハイブ リッドアプローチ) を 計 画 しなければならない 場 合 があります ハイブリッドモ デルでは 段 階 的 にオール インのクラウド 使 用 に 移 行 できます そのため AWSとオンプレミスのリソースが 相 互 作 用 する 方 法 をネットワークトポロジと して 設 計 することが 重 要 です 最 後 に ITチームには パブリッククラウドの 利 用 サポートのために トレーニングと 最 新 のプロセスを 提 供 し 適 切 な 場 合 に はパートナーまたはサポート 契 約 を 用 意 するのが 良 いでしょう ページ 17-66

18 変 更 管 理 変 更 がシステムに 及 ぼす 影 響 を 把 握 すれば 事 前 に 計 画 を 立 てることができます モニタリングによって 容 量 の 問 題 や SLA 未 達 を 引 き 起 こす 傾 向 をすばやく 見 つ けることができます 旧 来 の 環 境 では 変 更 制 御 のプロセスは 手 動 であることが 多 く 変 更 を 行 う 担 当 者 や 変 更 実 施 時 期 を 効 果 的 に 制 御 するには 監 査 を 受 けな がら 注 意 深 く 調 整 しなければなりません AWSを 使 用 することで システムの 挙 動 をモニタリングし KPI の 変 化 への 対 応 を 自 動 化 できます たとえば システムのユーザーが 増 えた 場 合 に 追 加 サーバー を 追 加 するなどです 誰 にシステムを 変 更 する 権 限 を 持 たせるかを 制 御 し これ らの 変 更 の 履 歴 を 監 査 できます 次 の 質 問 は 変 更 管 理 に 関 連 する 信 頼 性 のための 考 慮 事 項 に 関 するものです REL 4. REL 5. REL 6. システムは 需 要 の 変 化 にどのように 対 応 できますか AWS リソースをどのようにモニタリングしていますか 変 更 管 理 をどのように 実 行 していますか 需 要 の 変 更 に 対 応 してリソースを 自 動 的 に 追 加 および 削 除 するようにシステム を 設 計 すると 信 頼 性 が 向 上 するだけでなく ビジネスの 成 功 が 重 荷 ではなくな ります 適 切 にモニタリングしていれば KPI が 予 想 した 水 準 を 逸 脱 した 場 合 チームは 自 動 的 にアラートを 受 信 します 環 境 に 対 する 変 更 を 自 動 的 にログ 記 録 することで それを 監 査 し 信 頼 性 に 影 響 を 与 えるアクションをすばやく 識 別 でき ます 変 更 管 理 を 統 制 することで 必 要 とされる 信 頼 性 を 達 成 するためのルール を 強 化 できます ページ 18-66

19 障 害 管 理 合 理 的 な 複 雑 性 を 持 つシステムでは 障 害 は 発 生 するものです このような 障 害 を 感 知 し 対 応 し 再 発 を 防 止 する 方 法 には 誰 しも 関 心 を 持 っています AWS では モニタリングデータに 対 応 するために 自 動 化 を 活 用 できます たと えば 特 定 のメトリックスがしきい 値 を 超 えたとき 自 動 化 されたアクションを トリガーして 問 題 を 修 正 できます また 本 番 環 境 の 一 部 である 障 害 が 発 生 し たリソースを 診 断 して 修 正 するのではなく 新 しいものに 置 換 して 障 害 が 発 生 したリソースを 本 番 環 境 外 で 分 析 できます クラウドでは 低 価 格 で 一 時 的 なバー ジョンとしてシステム 全 体 を 立 ち 上 げることができるため 自 動 化 されたテスト を 使 用 して 復 旧 プロセス 全 体 を 検 証 できます 次 の 質 問 は 障 害 管 理 に 関 する 信 頼 性 のための 考 慮 事 項 に 関 するものです REL 7. REL 8. REL 9. データをどのようにバックアップしていますか システムはコンポーネントの 障 害 にどのように 対 応 しますか 復 旧 についてどのように 計 画 していますか 論 理 エラーおよび 物 理 エラーの 両 方 から 確 実 に 復 旧 するように 定 期 的 にデータ をバックアップし バックアップファイルをテストしてください 障 害 管 理 の 要 は 障 害 から 復 旧 までの 自 動 化 されたシステムのテストを 頻 繁 に 実 行 すること です ( 定 期 スケジュールに 加 えて 大 規 模 なシステム 変 更 後 にも 実 行 されるの が 理 想 です) システムの 適 合 性 ( 特 に 障 害 テストシナリオ 内 で) を 評 価 して 単 一 障 害 点 を 識 別 し 修 正 する 手 がかりにするために 目 標 復 旧 時 間 (RTO) および 目 標 復 旧 時 点 (RPO) などの KPI を 能 動 的 にトラッキングしてください 目 標 は システム 復 旧 プロセスを 徹 底 的 にテストし 問 題 が 解 決 できない 局 面 に おいても すべてのデータが 復 旧 可 能 で 顧 客 へのサービスを 継 続 できる 確 信 を 持 ち 続 けることです 復 旧 プロセスは 通 常 の 本 番 稼 働 プロセスと 同 様 に 習 熟 されて いなければなりません ページ 19-66

20 関 連 する AWS サービス 信 頼 性 を 確 実 にする 要 となる AWS サービスは 実 行 中 のメトリックスをモニタ リングする Amazon CloudWatch です 信 頼 性 の 3 つの 領 域 をサポートするその 他 のサービスと 機 能 は 次 のとおりです 基 盤 サービス:AWS Identity and Access Management (IAM) により AWS サー ビスおよびリソースへのアクセスを 安 全 にコントロールすることができます Amazon VPC を 使 用 すると AWS クラウドの 隔 離 されたプライベートなセクシ ョンをプロビジョニングし 仮 想 ネットワークで AWS リソースを 起 動 すること が 可 能 になります 変 更 管 理 :AWS CloudTrail は アカウントの AWS API コールを 記 録 し アカウ ント 保 持 者 に 監 査 用 のログファイルを 送 信 します AWS Config は AWS リソー スのおよび 設 定 の 詳 細 インベントリーを 提 供 し 継 続 して 設 定 の 変 更 を 記 録 し ます 障 害 管 理 :AWS CloudFormation を 使 用 すれば AWSリソースをテンプレートを 使 用 して 作 成 し 整 然 とした 予 測 可 能 な 方 法 でプロビジョニングできます リソース 信 頼 性 に 関 連 するベストプラクティスの 詳 細 については 以 下 のリソースを 参 照 してください ビデオおよびアナリストレポート 障 害 の 受 け 入 れ: 障 害 の 意 図 的 な 生 成 とサービスの 信 頼 性 クラウドでの 可 用 性 と 信 頼 性 のベンチマーク ドキュメントおよびブログ サービス 上 限 についてのドキュメント サービス 上 限 についてのブログ 投 稿 記 事 ページ 20-66

21 ホワイトペーパー AWS を 用 いたバックアップおよびリカバリのアプローチ ホワイ トペーパー 大 規 模 環 境 での AWS インフラストラクチャの 管 理 ホワイトペーパー 災 害 対 策 目 的 での AWS の 使 用 ホワイトペーパー AWS Amazon VPC のネットワーク 接 続 オプションホワイトペーパー AWS サポート AWS プレミアムサポート Trusted Advisor パフォーマンス 効 率 の 柱 パフォーマンス 効 率 化 の 柱 は コンピューティングリソースを 要 求 に 合 わせて 効 率 的 に 使 用 し 需 要 の 変 化 や 技 術 の 進 化 に 合 わせてその 効 率 を 維 持 すること です 設 計 の 原 則 クラウドでは パフォーマンス 効 率 を 達 成 するいくつかの 原 則 があります 先 端 技 術 の 開 放 :その 知 識 や 複 雑 性 をクラウドベンダーの 領 域 に 押 し 込 む ことで 実 装 が 難 しかった 技 術 の 利 用 がより 簡 単 になります IT チームに 新 技 術 のホストおよび 実 行 方 法 を 学 習 してもらうよりも 単 純 にサービ スとして 使 用 してもらうことができます たとえば NoSQL データ ベース メディア 変 換 機 械 学 習 はどれも 専 門 知 識 を 必 要 とする 技 術 で すが この 専 門 知 識 は 技 術 コミュニティに 広 く 行 き 渡 っているわけでは ありません クラウドでは これらの 技 術 はチームが 使 用 できるサービ スとなり リソースのプロビジョニングや 管 理 よりも 製 品 開 発 に 注 力 でき ます グローバル 化 を 即 座 に 達 成 :わずか 数 クリックで 世 界 中 の 複 数 のリージ ョンにシステムを 簡 単 にデプロイしてください こうすることで 簡 単 に 最 小 限 のコストで より 低 いレイテンシーとより 良 いエクスペリエンスを 顧 客 に 提 供 できます ページ 21-66

22 サーバーレスアーキテクチャの 使 用 :クラウドでは サーバーレスアーキ テクチャにより 従 来 のコンピューティング 活 動 を 実 行 するサーバーを 稼 働 させ 維 持 する 必 要 がなくなります たとえば ストレージサービスは 静 的 ウェブサイトとして 動 作 でき ウェブサーバーの 必 要 がなくなります イベントサービスならお 客 様 のプログラムコードをホストできます サー バーを 管 理 するオペレーション 上 の 負 担 がなくあるだけではなく トラン ザクションコストが 低 くなります なぜなら これらのマネージドサービ スは クラウドのスケールで 実 行 されるからです 実 験 の 頻 度 の 増 加 : 仮 想 化 された 自 動 化 可 能 なリソースを 使 用 して 異 な ったタイプのインスタンス ストレージ 設 定 を 使 用 した 比 較 テストを 簡 単 に 実 行 できます 定 義 クラウドでのパフォーマンス 効 率 は 次 の 4 つの 領 域 で 構 成 されます 1. コンピューティング 2. ストレージ 3. データベース 4. 容 量 と 時 間 のトレードオフ これらの 領 域 それぞれでの 考 慮 事 項 には a) 適 切 なアプローチおよびリソース の 選 択 方 法 b) 現 在 のアプローチを 維 持 しながらクラウドの 能 力 を 進 化 させる 方 法 c) 実 行 中 のパフォーマンスを 予 測 と 比 較 してモニタリングする 方 法 d) 需 要 に 合 わせてリソースをスケールする 方 法 が 含 まれます ベストプラクティス コンピューティング 特 定 のアーキテクチャに 向 けた 適 切 なサーバー 設 定 はアプリケーション 設 計 使 用 パターン 構 成 設 定 によって 異 なります 多 くのシステムでは パフォーマン スを 向 上 させるために さまざまなコンポーネントに 対 して 異 なるサーバー 設 定 を 使 用 し 異 なる 機 能 を 活 動 化 しています ユースケースに 対 して 適 切 でないサ ーバー 設 定 を 選 択 すると パフォーマンス 効 率 が 低 下 する 可 能 性 があります ページ 22-66

23 AWS では サーバーは 仮 想 化 されているため ボタンクリックまたは API コー ルで 機 能 を 変 更 できます リソースの 決 定 が 変 更 できないものではなくなったた め 異 なるサーバータイプで 実 験 できます AWS では これらの 仮 想 サーバー インスタンスは 異 なるファミリーおよびサイズで 使 用 でき SSD や GPU など 幅 広 い 機 能 を 提 供 します AWS では サーバーレスのコンピューティングを 実 行 することもできます たとえば AWS Lambda ではインスタンスを 実 行 せずに コードを 実 行 できます 次 の 質 問 例 はコンピューティングの 考 慮 事 項 に 関 するものです (パフォーマンス 効 率 に 関 するすべての 質 問 回 答 およびベストプラクティスの 一 覧 につい ては 付 録 を 参 照 してください) PERF 1. システムに 対 して 適 切 なインスタンスタイプはどのように 選 択 していますか PERF 2. 新 しいインスタンスタイプや 機 能 の 提 供 が 開 始 される 中 で どのようにして 最 適 なインスタンスタイプを 使 い 続 けている ことを 担 保 していますか PERF 3. PERF 4. 起 動 後 のインスタンスが 期 待 どおりの 性 能 を 出 すように インスタンスをどのようにモニタリングしていますか どのようにしてインスタンスの 数 量 を 需 要 に 一 致 させてい ますか 使 用 するインスタンスタイプを 選 択 するときは そのワークロードに 最 適 なイン スタンスタイプ (またはサーバーレスの 手 法 ) を 示 すテストデータがあることが 重 要 です 新 しいインスタンスタイプや 機 能 が 利 用 可 能 になったときに 簡 単 にテ ストできるように これらのテストは 繰 り 返 し 可 能 ( 理 想 的 には 継 続 的 デリバリ (CD) パイプラインの 一 部 として) であるべきです 運 用 の 観 点 からは いか なるパフォーマンスの 低 下 も 通 知 するモニタリングが 実 行 されている 必 要 があり ます ページ 23-66

24 ストレージ 特 定 のシステムの 最 適 なストレージソリューションは アクセス 方 法 の 種 類 (ブロック ファイル またはオブジェクト) アクセスのパターン (ランダムま たはシーケンシャル) 必 要 なスループット アクセス 頻 度 (オンライン オフ ライン アーカイブ) 更 新 頻 度 (ワーム 動 的 ) および 可 用 性 と 耐 久 性 の 制 約 によって 異 なります 優 れた 設 計 システムでは 複 数 のストレージソリューショ ンを 使 用 し さまざまな 機 能 を 有 効 にしてパフォーマンスを 向 上 させます AWS では ストレージは 仮 想 化 され さまざまなタイプで 利 用 できます これにより データ 保 管 方 法 をニーズに 一 層 忠 実 に 一 致 させることがより 簡 単 に なるとともに オンプレミスのインフラストラクチャでは 簡 単 に 実 現 できない ストレージの 選 択 肢 も 得 られます たとえば Amazon S3 は イレブンナイン ( %) の 堅 牢 性 を 実 現 するよう 設 計 されています また マグネテ ィックハードドライブ (HDD) の 使 用 をソリッドステートドライブ (SSD) に 変 更 することも 仮 想 ドライブを1つのインスタンスから 別 のインスタンスに 数 秒 で 簡 単 に 移 動 することもできます 次 の 質 問 例 は パフォーマンス 効 率 を 向 上 させるためのストレージの 考 慮 事 項 に 関 するものです PERF 5. PERF 6. PERF 7. PERF 8. システムに 最 適 なストレージソリューションをどのように 選 択 していますか 新 しいストレージソリューションや 機 能 が 提 供 開 始 される 中 で 最 適 なストレージソリューションを 使 い 続 けているこ とを どのように 担 保 していますか ストレージソリューションが 想 定 通 りの 性 能 を 示 している ことを 確 実 にするために どのようにモニタリングしていま すか どのようにしてストレージソリューションのキャパシティー とスループットが 需 要 に 一 致 するようにしていますか ページ 24-66

25 ストレージソリューションを 選 択 するときには そのワークロードに 必 要 な コストと 価 値 のマージンをどのストレージソリューションが 提 供 するか 示 すテス トデータを 持 つことが 重 要 です 新 しいストレージソリューションや 機 能 が 利 用 可 能 になったときに 簡 単 にテストできるように これらのテストは 繰 り 返 し 可 能 ( 理 想 的 には 継 続 的 デリバリ (CD) パイプラインの 一 部 として) であるべきです 異 なるインスタンスに 使 用 されるストレージのタイプ (EBS 対 インスタンスス トア あるいは HDD 対 SSD) は システムのパフォーマンス 効 率 に 大 きな 影 響 を 与 えます 運 用 の 観 点 からは いかなるパフォーマンスの 低 下 も 通 知 するモニ タリングが 実 行 されている 必 要 があります データベース 特 定 のシステムに 最 適 なデータベースソリューションは 整 合 性 可 用 性 分 断 耐 性 およびレイテンシーについての 要 件 によって 異 なります 多 くのシステム では パフォーマンスを 向 上 させるために さまざまなサブシステムに 対 して 異 なるデータベースソリューションを 使 用 し 異 なる 機 能 を 活 動 化 しています シ ステムに 対 して 適 切 でないデータベースソリューションや 機 能 を 選 択 すると パ フォーマンス 効 率 が 低 下 する 可 能 性 があります AWS では Amazon Relational Database Service (RDS) が 完 全 マネージド 型 リレーショナルデータベースサービスを 提 供 します Amazon RDS を 使 用 す れば データベースのコンピューティングリソースやストレージリソースをスケ ールすることができ 多 くの 場 合 ダウンタイムは 発 生 しません また AWS は その 他 のデータベースソリューションやストレージソリューションも 提 供 し ています Amazon DynamoDB は どのような 規 模 でも 数 ミリ 秒 台 に 抑 えら えれたレイテンシーを 提 供 する フルマネージド 型 NoSQL データベースです Amazon Redshift は パフォーマンスまたはキャパシティーのニーズが 変 わった ときにノードの 数 やタイプを 変 更 することができる マネージド 型 でペタバイト スケールのデータウェアハウスです ページ 25-66

26 次 の 質 問 例 は パフォーマンス 効 率 を 向 上 させるためのデータベースの 考 慮 事 項 に 関 するものです PERF 9. システムに 最 適 なデータベースソリューションをどのように 選 択 していますか PERF 10. 新 しいデータベースソリューションや 機 能 が 提 供 開 始 される 中 で 最 適 なストレージソリューションを 使 い 続 けているこ とを どのように 担 保 していますか PERF 11. データベースが 想 定 通 りの 性 能 を 示 していることを 確 実 にす るために どのようにモニタリングしていますか PERF 12. どのようにしてデータベースのキャパシティーとス ループットが 需 要 に 一 致 するようにしていますか 組 織 のデータベース 手 法 (RDBMS NoSQL など) はシステムのパフォーマンス 効 率 に 大 きな 影 響 を 与 えますが これは 評 価 を 通 じてではなく 組 織 のデフォル トに 従 って 選 択 されることがしばしばある 領 域 です データベースソリューショ ンのビルドおよびデプロイ 中 は 1 回 限 りの 変 えられない 決 定 事 項 ではなく 時 間 の 経 過 とともに 進 化 できるように データベースをコードとして 扱 ってくださ い 各 ワークロードに 最 適 なデータベースソリューションを 特 定 するには テス トデータを 使 用 してください 新 しいデータベースソリューションや 機 能 が 利 用 可 能 になったときに 簡 単 にテストできるように これらのテストは 繰 り 返 し 可 能 ( 理 想 的 には 継 続 的 デリバリ (CD) パイプラインの 一 部 として) であるべきです たとえば 読 み 取 り 専 用 レプリカは その 他 の 非 機 能 要 件 に 反 することなく パ フォーマンスの 効 率 を 改 善 するかどうか 評 価 してください 運 用 の 観 点 からは いかなるパフォーマンスの 低 下 も 通 知 するモニタリングが 実 行 されている 必 要 が あります 容 量 と 時 間 のトレードオフ ソリューションを 構 築 する 際 には 処 理 時 間 (コンピューティング) を 減 らすた めに 容 量 (メモリまたはストレージ) を 使 用 するか 容 量 を 減 らすために 時 間 を 使 うかに 関 する 一 連 のトレードオフがあります また リソースやキャッシュさ れたデータをエンドユーザーのより 近 くに 配 置 して 時 間 を 減 らす 方 法 もあり ます ページ 26-66

27 AWS を 使 用 すれば 即 座 にグローバル 化 を 達 成 し 世 界 各 地 の 複 数 の 場 所 でリ ソースをデプロイして エンドユーザーに 近 づけることができます また 読 み 取 り 専 用 レプリカをデータベースシステムなどの 情 報 ストアに 動 的 に 追 加 し プライマリデータベース 上 の 負 荷 を 減 らすこともできます 低 レイテンシーおよび 高 スループットを 実 現 するためにAWSのグローバルなイ ンフラストラクチャを 使 用 し 同 時 にデータが 指 定 したリージョン 内 にのみ 保 存 されることを 確 実 にしてください AWS Direct Connect などのネットワーキ ングソリューションは オンプレミスネットワークと AWS インフラストラクチ ャ 間 の 予 測 可 能 なレイテンシーを 提 供 するよう 設 計 されています AWS は 効 率 を 高 める Amazon ElastiCache や 静 的 コンテンツのコピーをエンドユーザー の 近 くにキャッシュする Amazon CloudFront などのキャッシュソリューション も 提 供 しています 次 の 質 問 例 は パフォーマンス 効 率 を 向 上 させるための 容 量 と 時 間 のトレードオ フに 関 するものです PERF 13. システムに 最 適 な 近 接 性 およびキャッシュソリューションを どのように 選 択 していますか PERF 14. 新 しいソリューションが 提 供 開 始 される 中 で 最 適 な 近 接 性 およびキャッシュソリューションを 使 い 続 けていることを どのように 担 保 していますか PERF 15. パフォーマンスを 予 期 どおりのものとするには 近 接 性 およ びキャッシュソリューションをどのようにモニタリングして いますか PERF 16. どのようにして 近 接 性 およびキャッシュソリューションのキ ャパシティーとスループットが 需 要 に 一 致 するようにしてい ますか ページ 27-66

28 パフォーマンス 効 率 を 実 現 するには 容 量 と 時 間 のトレードオフが 必 要 であり そのワークロードに 最 も 一 致 するトレードオフを 示 すテストデータがあること が 重 要 です 新 しい 手 法 や 機 能 が 利 用 可 能 になったときに 簡 単 にテストできるよ うに これらのテストは 繰 り 返 し 可 能 ( 理 想 的 には 継 続 的 デリバリ (CD) パイプ ラインの 一 部 として) であるべきです たとえば ライトアサイドキャッシュと して Amazon ElastiCache を 使 用 することは その 他 の 非 機 能 要 件 に 違 反 するこ となく パフォーマンス 効 率 を 向 上 できるかどうかテストしてください 運 用 の 観 点 からは いかなるパフォーマンスの 低 下 も 通 知 するモニタリングが 実 行 され ている 必 要 があります アーキテクチャは 需 要 に 応 じてスケールし その 需 要 と のマージンを 保 つ 必 要 があります 関 連 する AWS サービス パフォーマンス 効 率 を 高 めるための 主 要 な AWS サービスは Amazon CloudWatch です これはリソースやシステムをモニタリングし パフォーマンス 全 体 および 運 用 健 全 性 を 可 視 化 します 以 下 のサービスは パフォーマンス 効 率 の 4 つの 領 域 において 重 要 です コンピューティング: Auto Scaling は 需 要 を 満 たし 応 答 性 を 維 持 するために 十 分 なインスタンスを 確 保 するための 鍵 となります ストレージ: Amazon EBS は ユースケースにあわせて 最 適 化 するための 広 範 囲 なストレージオプション (SSD や PIOPS など) を 提 供 します Amazon S3 は 低 冗 長 化 ストレージ Amazon Glacier (アーカイブストレージ) へのライフサイ クルポリシー サーバーレスのコンテンツ 配 信 機 能 も 提 供 します データベース: Amazon RDS は ユースケースにあわせて 最 適 化 できる 広 範 囲 なデータベース 機 能 (プロビジョンド IOPS やリードレプリカなど) を 提 供 し ます Amazon DynamoDB は どのような 規 模 でも 数 ミリ 秒 台 に 抑 えらえれ たレイテンシーを 提 供 します 容 量 と 時 間 のトレードオフ: AWS は 世 界 各 地 にリージョンを 持 っており リソース データ および 処 理 に 最 適 な 場 所 を 選 ぶことができます Amazon CloudFront を 使 用 すると さらにユーザーに 近 い 場 所 でコンテン ツをキャッシュすることができます ページ 28-66

29 リソース パフォーマンス 効 率 に 関 連 するベストプラクティスの 詳 細 については 以 下 のリ ソースを 参 照 してください 動 画 Performance Channel AWSにおけるパフォーマンスベンチマーキング ドキュメント Amazon S3 パフォーマンスの 最 適 化 ドキュメント Amazon EBS ボリュームのパフォーマンスのドキュメント コストの 最 適 化 の 柱 不 要 なコストや 最 適 でないリソースを 回 避 または 排 除 することが 出 来 るか 評 価 す るためにコスト 最 適 化 の 柱 を 使 ってください それによる 節 約 をビジネス 上 の 差 別 化 された 利 点 のために 使 用 してください コストが 最 適 化 されたシステム では ビジネスの 目 標 を 達 成 し その 他 の 優 れたアーキテクチャの 柱 の 主 要 な 要 件 を 満 たすかそれを 超 えつつ 可 能 な 限 り 低 い 料 金 を 支 払 うだけで 良 いことにな ります 適 切 なアーキテクチャの 選 択 使 用 していないリソースの 削 減 および 最 も 経 済 的 な 手 法 の 選 択 を 行 うテクニックを 使 用 してコストの 最 適 化 を 達 成 でき るのです 設 計 の 原 則 クラウドでは コストの 最 適 化 を 達 成 できる 数 多 くの 原 則 に 従 うことができ ます 透 明 性 のある 費 用 賦 課 :クラウドにより システムのコストを 識 別 し 個 別 のビジネスオーナーに IT コストを 割 り 当 てることが 容 易 になります これは 投 資 効 果 の 確 認 する 助 けとなり その 結 果 としてリソースを 最 適 化 して コストを 削 減 化 するためのインセンティブをビジネスオーナーに 与 えることになります マネージドサービスを 使 用 して 所 有 コストを 減 らす:クラウドでは マネ ージドサービスは E メールの 送 信 といったタスクを 行 うサーバーの 保 守 や データベースの 管 理 のような 運 用 面 の 負 荷 を 取 り 除 きます さらに マネージドサービスはクラウドスケールで 実 行 されるため トランザクシ ョンまたはサービスあたりのコストが 低 くなります ページ 29-66

30 固 定 の 償 却 コストを 変 動 コストに 転 換 : 使 用 量 もわからないうちにデータ センターやサーバーに 多 額 の 投 資 を 行 うのではなく リソースを 使 用 した 時 に 使 用 した 分 だけお 支 払 いください たとえば 開 発 環 境 やテスト 環 境 では 通 常 は 週 のうち 稼 働 日 だけ 1 日 あたり 8 時 間 のみ 使 用 されま すので 使 用 しないときはこれらのリソースを 停 止 して 最 大 75% のコス トを 節 約 できます(40 時 間 対 168 時 間 ) スケールによる 大 きなコストメリット:クラウドコンピューティングを 使 用 すると 自 社 環 境 よりも 低 い 変 動 コストを 実 現 できます AWS には 高 いスケールメリットがあるためです 数 十 万 単 位 のユーザーの 使 用 がクラ ウドに 集 約 されるため 従 量 課 金 制 の 料 金 も 低 くなります データセンターの 運 用 への 投 資 が 不 要 に:サーバーのラッキング スタック 電 源 供 給 といった 手 間 のかかる 作 業 は AWS が 行 うため お 客 様 は IT インフラストラクチャではなく 自 社 の 顧 客 やビジネスプロジェク トに 集 中 することができます 定 義 クラウドでのコストの 最 適 化 は 次 の 4 つの 領 域 で 構 成 されます 1. 供 給 と 需 要 の 一 致 2. コスト 効 果 が 高 いリソース 3. 費 用 の 把 握 4. 継 続 した 最 適 化 他 の 柱 と 同 じように 市 場 までの 時 間 を 最 適 化 するのか コストを 最 適 化 するの かなど 考 慮 すべきトレードオフがあります 場 合 によっては 先 行 コストの 最 適 化 に 投 資 するのではなく 市 場 までの 時 間 新 機 能 の 提 供 または 単 純 に 期 日 の 順 守 といった スピードの 最 適 化 が 最 善 であることもあります 設 計 上 の 決 定 は 経 験 的 データを 使 用 せずにあわてて 行 われる 場 合 があります コスト 最 適 化 したデプロイのベンチマークに 時 間 を 費 やすよりも 念 のため に 過 度 な 補 償 を 行 いたくなるためです これにより 過 度 にプロビジョニングしすぎ 最 適 化 されていないデプロイがしばしば 生 まれます 以 下 のセクションでは デプロイ の 初 期 コストの 最 適 化 および 継 続 的 なコストの 最 適 化 についての 技 術 的 および 戦 略 的 なガイダンスを 示 します ページ 30-66

31 ベストプラクティス 供 給 と 需 要 の 一 致 需 要 と 供 給 を 最 適 に 一 致 させることで システムのコストは 最 少 となりますが プロビジョニングの 時 間 と 個 別 のリソースの 障 害 を 考 慮 して 十 分 な 供 給 の 余 力 を 確 保 しておく 必 要 もあります 需 要 は 固 定 または 可 変 の 場 合 があるため 管 理 が 大 きなコストとならないようにメトリックスと 自 動 化 が 必 要 になります AWS では 需 要 に 合 わせて 自 動 的 にリソースをプロビジョニングできます Auto Scaling 時 間 イベント 駆 動 キューに 基 づく 手 法 により 必 要 に 応 じて リソースを 追 加 または 削 除 できます 需 要 の 変 動 を 予 想 できる 場 合 もっと 費 用 を 節 約 し リソースをシステムのニーズに 一 致 させることができます 次 の 質 問 例 は コストの 最 適 化 のための 需 要 と 供 給 の 一 致 に 関 するものです (コ ストの 最 適 化 に 関 するすべての 質 問 回 答 およびベストプラクティスの 一 覧 に ついては 付 録 を 参 照 してください) COST 1. COST 2. キャパシティーが 必 要 量 を 満 たしているが 大 幅 に 超 えてい ないことをどのように 実 現 していますか AWS サービスの 使 用 量 をどのようにして 最 適 化 していま すか モニタリングツールと 定 期 的 なベンチマークにより リソースの 使 用 率 を 大 幅 に 高 めることができます オンデマンドコンピューティングや Auto Scaling その 他 の 自 動 化 デプロイ 機 能 など 柔 軟 性 の 高 い 機 能 を 活 用 してより 高 度 な 最 適 化 を 進 めることで 必 要 なリソースのみをプロビジョニングして スケールアウトで きるようになります コスト 効 果 が 高 いリソース システムに 対 して 適 切 なインスタンスとリソースを 使 用 することが コスト 削 減 の 鍵 となります たとえば 小 規 模 なサーバーでレポートを 作 成 する 処 理 に 5 時 間 かかるところ コストが 2 倍 の 大 規 模 なサーバーでは これを 1 時 間 で 実 行 できるとします どちらのジョブでも 結 果 は 同 じですが 小 規 模 なサーバーでは 時 間 とともにより 多 くのコストが 発 生 します ページ 31-66

32 優 れた 設 計 のシステムでは 最 もコスト 効 率 の 高 いリソースが 使 用 され それに より 大 きなコスト 効 果 が 得 られます また コストを 削 減 するために マネージ ドサービスを 使 用 することもできます たとえば E メール 配 信 のために 複 数 の メールサーバーを 維 持 する 代 わりに メッセージごとに 課 金 するサービスを 使 用 することができます AWS は 柔 軟 でコスト 効 率 が 高 いさまざまな 料 金 オプションを 提 供 し ニーズに 最 も 合 った 方 法 で Amazon EC2 インスタンスを 利 用 できるようにします オン デマンドインスタンスは 最 低 契 約 金 なしに 時 間 単 位 で コンピューティング 性 能 に 対 して 料 金 をお 支 払 いいただくものです リザーブドインスタンス (RI) では キャパシティーを 予 約 し オンデマンド 料 金 の 最 大 75 パーセントを 節 約 できます スポットインスタンスでは 使 用 されていない Amazon EC2 キャパ シティーを 大 幅 な 割 引 で 価 格 を 指 定 して 利 用 することができます スポットイ ンスタンスは HPC やビッグデータのように サーバー 群 の 中 の 個 々のサーバ ーが 動 的 に 追 加 / 削 除 されるような 状 況 での 利 用 に 適 しています 次 の 質 問 例 は コスト 最 適 化 のために コスト 効 率 の 高 いリソースを 選 択 する 方 法 に 関 するものです COST 3. COST 4. COST 5. コスト 目 標 を 達 成 するために 適 切 なリソースタイプを 選 択 し ましたか コスト 目 標 を 達 成 するために 適 切 な 料 金 モデルを 選 択 してい ますか ROI を 高 めるために 使 用 できるマネージドサービス (Amazon EC2 Amazon EBS および Amazon S3 よりもハイレベルなサービス) はありますか AWS Trusted Advisor などのツールを 使 用 して 定 期 的 に AWS の 使 用 量 を 確 認 することで 使 用 率 をアクティブにモニタリングし それに 応 じてデプ ロイを 調 整 できます また 項 目 あたりのコストや 管 理 コストを 低 減 できる Amazon RDS Amazon Elastic MapReduce (EMR) Amazon DynamoDB などの マネージド AWS サービスを 活 用 することもできます Amazon CloudFront などの CDN ソリューションで ネットワークトラフィックに 関 連 するコストの 低 減 を 検 討 してください ページ 32-66

33 費 用 の 把 握 クラウドで 柔 軟 性 と 俊 敏 性 が 高 まることにより イノベーションと 速 いペースの 開 発 およびデプロイが 容 易 になります ハードウェア 仕 様 の 確 認 価 格 見 積 りの 交 渉 発 注 書 の 管 理 配 送 のスケジュール リソースのデプロイなど オンプレ ミスインフラストラクチャのプロビジョニングに 関 連 する 手 動 のプロセスと 時 間 が 排 除 されます ただし 使 いやすさと 事 実 上 無 制 限 のオンデマンドキャパシテ ィーでは 支 出 に 関 する 新 しい 考 え 方 が 必 要 になる 場 合 があります 多 くのビジネスは さまざまなチームによって 実 行 される 複 数 のシステムで 構 成 されています それぞれのビジネスオーナーまたは 製 品 オーナーにリソースのコ ストを 割 り 当 てるようにすると リソースを 効 率 的 に 利 用 するようになり 無 駄 を 低 減 できます 正 確 なコストを 特 定 することで 実 際 に 利 益 率 の 高 い 製 品 を 把 握 することができ 予 算 の 配 分 先 についてより 多 くの 情 報 に 基 づいた 決 定 ができ るようになります 次 の 質 問 例 は コストの 最 適 化 のための 費 用 の 把 握 に 関 するものです COST 6. COST 7. COST 8. COST 9. AWS のコストを 管 理 するためにどのようなアクセス 制 御 と 手 順 を 実 行 していますか 使 用 状 況 と 支 出 をどのようにモニタリングしていますか 必 要 なくなったリソースをどのように 廃 棄 していますか または 一 時 的 に 必 要 ないリソースをどのように 停 止 してい ますか アーキテクチャを 設 計 するときに データ 転 送 料 金 について どのように 考 えていますか コスト 配 分 タグを 使 用 して AWS コストをカテゴライズおよび 追 跡 できます 使 用 している AWS リソース (たとえば Amazon EC2 インスタンスや Amazon S3 バケット) にタグを 適 用 すると 使 用 量 とコストをタグごとに 集 計 したコスト 配 分 レポートが 生 成 されます 自 社 のカテゴリ (たとえばコストセンター システ ム 名 所 有 者 ) を 表 すタグを 適 用 すると 複 数 のサービスにわたってコストを 分 類 することができます ページ 33-66

34 タグ 付 けされたリソースに 対 してコストを 可 視 化 することで ビジネス 上 の 価 値 を 生 み 出 しておらず 削 除 する 必 要 のある 孤 立 したリソースやプロジェクトの 確 認 が 容 易 になります 予 測 される 費 用 超 過 を 通 知 する 請 求 アラートを 設 定 できま す また AWS 簡 易 見 積 りツールによりデータ 転 送 コストを 計 算 することもで きます 継 続 した 最 適 化 AWS が 新 しいサービスや 機 能 を 公 開 するときに 既 存 のアーキテクチャ 上 の 決 定 を 再 評 価 し それらが 引 き 続 き 最 もコスト 効 果 が 高 いことを 確 認 するのがベス トプラクティスです 要 件 が 変 わったら 必 要 なくなったリソースとサービス 全 体 またはシステムを 積 極 的 に 廃 棄 します AWS のマネージドサービスにより しばしばソリューションを 大 幅 に 最 適 化 で きるため 利 用 可 能 になった 新 しいマネージドサービスについて 確 認 することを お 勧 めします たとえば Amazon RDS データベースの 実 行 は Amazon EC2 で 独 自 のデータベースを 実 行 するよりも 安 価 になる 場 合 があります 次 の 質 問 例 は コスト 最 適 化 のためのコストの 再 評 価 に 関 するものです COST 10. 新 しいサービスの 採 用 をどのように 管 理 または 検 討 していま すか デプロイを 定 期 的 に 再 評 価 することで 新 しい AWS サービスを 利 用 してコスト を 下 げることがしばしば 可 能 になります また 新 しいサービスの 適 用 性 を 評 価 して 費 用 を 節 約 することができます たとえば Aurora 用 の AWS RDS では リレーショナルデータベースのコストを 下 げることができます ページ 34-66

35 関 連 する AWS サービス コストの 最 適 化 をサポートする 主 な AWS 機 能 はコスト 配 分 タグで システムの コストを 理 解 するうえで 役 立 ちます 以 下 のサービスと 機 能 は コスト 最 適 化 の 4 つの 領 域 に 関 して 重 要 です 供 給 と 需 要 の 一 致 : Auto Scaling では 費 用 の 超 過 を 抑 えて 需 要 に 合 わせてリ ソースを 追 加 または 削 除 できます コスト 効 果 が 高 いリソース: リザーブドインスタンスと 前 払 いのキャパシティを 使 用 してコストを 削 減 できます AWS Trusted Advisor を 使 用 してお 客 様 の AWS 環 境 を 検 査 し コスト 削 減 の 機 会 を 見 つけることができます 費 用 の 把 握 :Amazon CloudWatch アラームと Amazon Simple Notification Service (SNS) では 予 算 額 を 超 えた 場 合 や 予 算 額 を 超 える 見 通 しの 場 合 に 警 告 を 通 知 することができます 継 続 した 最 適 化 :AWS ブログと AWS ウェブサイトの 最 新 情 報 セクションは 新 機 能 や 新 しいサービスについて 学 習 するためのリソースです AWS Trusted Advisor は AWS 環 境 を 検 査 し 使 用 されていないリソースやアイ ドル 状 態 のリソースを 排 除 したり リザーブドインスタンス 容 量 をコミットした りすることで コスト 削 減 の 可 能 性 を 見 つけます リソース コストの 最 適 化 に 関 連 する AWS ベストプラクティスの 詳 細 については 以 下 の 参 考 資 料 を 参 照 してください 動 画 AWS でのコスト 最 適 化 ドキュメント AWS エコノミクスセンター ページ 35-66

36 ツール AWS 総 所 有 コスト (TCO) 計 算 ツール AWS 詳 細 な 請 求 レポート AWS 簡 易 見 積 りツール AWS コストエクスプローラー まとめ AWS による 優 れた 設 計 のフレームワークは クラウド 上 の 信 頼 性 セキュリ ティ 効 率 コスト 効 果 が 高 いシステムを 設 計 するための 4 つの 柱 についてア ーキテクチャのベストプラクティスを 提 供 します このフレームワークには 既 存 のアーキテクチャまたは 提 案 されたアーキテクチャを 評 価 するための 質 問 と それぞれの 柱 についての AWS ベストプラクティスが 用 意 されています アーキ テクチャでフレームワークを 使 用 すると 安 定 した 効 率 的 なシステムを 構 築 する ことができ より 機 能 的 な 要 件 に 注 目 することができます 寄 稿 者 本 書 の 執 筆 に 当 たり 次 の 人 物 および 組 織 が 寄 稿 しました Philip Fitzsimons ソリューションアーキテクチャマネージャー アマゾ ン ウェブ サービス Erin Rifkin 上 級 プログラムマネージャー アマゾン ウェブ サービス Callum Hughes ソリューションアーキテクト アマゾン ウェブ サービス Max Ramsay プリンシパルセキュリティソリューションアーキテクト アマゾン ウェブ サービス Scott Paddock セキュリティソリューションアーキテクト アマゾン ウェブ サービス ドキュメント 履 歴 2015 年 11 月 20 日 : 最 新 の Amazon CloudWatch ログ 情 報 で 付 録 を 更 新 しま した ページ 36-66

37 付 録 : 優 れた 設 計 のための 質 問 回 答 ベストプラクティス この 付 録 には ベストプラクティスを 含 む 優 れた 設 計 に 関 する 質 問 と 回 答 の 完 全 な 一 覧 が 柱 ごとに 整 理 されて 含 まれています セキュリティの 柱 SEC 1. 保 管 時 のデータをどのように 暗 号 化 保 護 していますか 伝 統 的 なセキュリティ 統 制 では 保 管 時 のデータを 暗 号 化 します AWS は クライアント 側 (SDK サポート OS サポート Windows Bitlocker dm-crypt Trend Micro SafeNet など) およびサーバー 側 (Amazon S3 など) の 両 方 を 使 用 してこれをサポートしています サーバー 側 の 暗 号 化 (SSE) や Amazon Elastic Block Store 暗 号 化 ボリュームなどを 使 用 することもでき ます 保 管 時 のデータは AWS サービス 固 有 の 統 制 (Amazon S3 SSE Amazon EBS 暗 号 化 ボリューム Amazon Relational Database Service (RDS) Transparent Data Encryption (TDE) など) を 使 用 して 暗 号 化 し ます 保 管 時 のデータは クライアント 側 の 手 法 を 使 用 して 暗 号 化 します AWS Marketplace または APN パートナーからのソリューション SEC 2. 伝 送 中 のデータをどのように 暗 号 化 保 護 していますか 暗 号 化 を 使 用 することによって 伝 送 中 のデータを 保 護 するのがベストプラ クティスです AWS は サービス API に 対 する 暗 号 化 エンドポイントの 使 用 をサポートします さらに お 客 様 は Amazon EC2 インスタンス 内 でさま ざまな 技 術 を 使 用 できます ページ 37-66

38 SSL が 有 効 な AWS API が 適 切 に 使 用 されている SSL または 同 等 のものが 通 信 に 使 用 されている VPN ベースのソリューション プライベート 接 続 (AWS Direct Connect など) AWS Marketplace ソリューションが 使 用 されている SEC 3. AWS ルートアカウントの 認 証 情 報 へのアクセスと 使 用 をどのよ うに 保 護 していますか AWS ルートアカウントの 認 証 情 報 は 他 のオペレーティングシステムのルー トまたはローカル 管 理 者 と 似 ており 非 常 に 注 意 して 使 用 する 必 要 がありま す 最 新 のベストプラクティスでは AWS Identity and Access Management (IAM) ユーザーを 作 成 し それらのユーザーを 管 理 者 グループに 関 連 付 けて IAM ユーザーを 使 ってアカウントを 管 理 します AWS ルートアカウ ントには API キーを 持 たせず 強 力 なパスワードを 設 定 し ハードウェアの Multi-Factor Authentication (MFA) デバイスの 認 証 を 有 効 にしてください これにより ルート ID は AWS マネジメントコンソールを 通 じてのみ 使 用 で き アプリケーションプログラミングインターフェイス (API) コールに 使 用 することはできません 一 部 のリセラーやリージョンでは AWS ルート アカウント 認 証 情 報 が 配 布 またはサポートされていないことに 注 意 してくだ さい AWS ルートアカウントの 認 証 情 報 は 必 要 最 小 限 の 作 業 にのみ 使 用 さ れる AWS ルートアカウントと 関 連 付 けられた MFA ハードウェアデバイス がある AWS Marketplace ソリューションが 使 用 されている ページ 38-66

39 SEC 4. AWS マネジメントコンソールと API へのユーザーによるアク セスを 制 御 するために システムユーザーのロールと 責 任 をどの ように 定 義 していますか お 客 様 にとって 最 新 のベストプラクティスは ユーザーグループを 作 成 して システムユーザーの 定 義 されたロールと 責 任 を 分 離 することです ユーザー グループは いくつか 異 なる 技 術 を 使 用 して 定 義 できます Identity and Access Management (IAM) グループ クロスアカウントアクセス 用 の IAM ロール Security Assertion Markup Language (SAML) 統 合 によるウェブ 認 証 ( 例 : Active Directory でのロール 定 義 ) または SAML や AWS Security Token Service (STS) により 統 合 されるサードパーティーソリューションの 使 用 (Okta Ping Identity 別 のカスタムテクニック) などです 共 有 アカウン トは 使 用 しないことを 強 くお 勧 めします IAM ユーザーとグループ SAML との 統 合 ウェブ ID フェデレーション AWS Security Token Service (STS) クロスアカウントアクセス 用 の IAM ロール AWS Marketplace (Okta Ping Identity など) または APN パートナー からのソリューション 従 業 員 のライフサイクルポリシーが 定 義 実 施 されている ユーザー グループ およびロールが 明 確 に 定 義 され ビジネス 要 件 を 達 成 するために 必 要 な 最 小 の 権 限 のみが 付 与 されている ページ 39-66

40 SEC 5. AWS リソースへの 自 動 化 されたアクセスをどのように 制 限 して いますか (アプリケーション スクリプト サードパーティーの ツールやサービスなど) システムによるアクセスは ユーザーグループの 作 成 と 同 様 の 方 法 で 定 義 す る 必 要 があります Amazon EC2 インスタンスの 場 合 これらのグループは EC2 用 の IAM ロールと 呼 ばれます 最 新 のベストプラクティスは EC2 用 の IAM ロールと AWS SDK または CLI を 使 用 することです これらには EC2 認 証 情 報 のための IAM ロールを 取 得 する 機 能 が 組 み 込 まれています 従 来 ユーザーの 認 証 情 報 は EC2 インスタンス 内 に 設 定 されていましたが スクリプトやソースコードへの 認 証 情 報 のハードコーディングはお 勧 めでき ません Amazon EC2 用 の IAM ロール IAM ユーザー 認 証 情 報 が 使 用 されているが スクリプトやアプリケー ションにハードコーディングされていない SAML との 統 合 AWS Security Token Service (STS) EC2 インスタンス 用 に OS 固 有 のコントロールが 使 用 されている AWS Marketplace ソリューションが 使 用 されている SEC 6. キーと 認 証 情 報 をどのように 管 理 していますか キーと 認 証 情 報 は 秘 密 情 報 であるため 保 護 される 必 要 があり 適 切 なロー テーションポリシーを 定 義 して 管 理 する 必 要 があります ベストプラクティ スは これらの 秘 密 情 報 を 管 理 スクリプトやアプリケーションにハードコー ディングしないことです しかし これはしばしば 行 われています 適 切 なキーと 認 証 情 報 のローテーションポリシーが 使 用 されている AWS CloudHSM を 使 用 する AWS 管 理 型 のキーに AWS サーバーサイドの 手 法 が 使 用 されている (Amazon S3 SSE Amazon EBS 暗 号 化 ボリュームなど) AWS Marketplace ソリューション (SafeNet TrendMicro など) ページ 40-66

41 SEC 7. ネットワークおよびホストレベルの 境 界 保 護 をどのように 実 施 し ていますか オンプレミスデータセンターで DMZ 手 法 ではファイアウォールを 使 用 して 異 なるシステムを 信 頼 済 みゾーンと 信 頼 されていないゾーンに 分 離 します AWS で ステートフルなファイアウォールとステートレスの ファイアウォールの 両 方 が 使 用 されます ステートフルなファイアウォール はセキュリティグループと 呼 ばれ ステートレスなファイアウォールは Amazon Virtual Private Cloud (VPC) のサブネットを 保 護 するネットワークア クセスコントロールリスト (ACL) と 呼 ばれます 最 新 のベストプラクティス は VPC でシステムを 実 行 し セキュリティグループでロールベースのセキ ュリティ (ウェブ 層 アプリケーション 層 など) を 定 義 して ネットワーク ACL で 場 所 ベースのセキュリティ (アベイラビリティーゾーンごとに 1 つの サブネットでの Elastic Load Balancing 層 アベイラビリティーゾーンごと に 別 のサブネットでのウェブ 層 など) を 定 義 することです 最 小 限 の 許 可 を 持 つセキュリティグループが ロールベースのアクセ スに 使 用 されている システムは 1 つ 以 上 の VPC で 実 行 される 信 頼 された VPC アクセスは 保 護 されたアクセス 方 法 ( 仮 想 プライベ ートネットワーク (VPN) IPsec トンネル AWS Direct Connect AWS Marketplace ソリューション) を 通 じて 行 われる サブネットとネットワーク ACL が 適 切 に 使 用 されている ホストベースのファイアウォールで 最 小 限 の 権 限 のみが 許 可 されて いる サービス 固 有 のアクセス 制 御 が 使 用 されている (バケットポリ シーなど) VPC へのプライベート 接 続 が 使 用 されている (VPN AWS Direct Connect VPC ピア 接 続 など) インスタンスの 管 理 に 踏 み 台 ホストが 使 用 されている セキュリティテストが 定 期 的 に 実 行 されている AWS Trusted Advisor チェックが 定 期 的 に 確 認 されている ページ 41-66

42 SEC 8. AWS サービスレベルの 保 護 をどのように 実 施 していますか 別 のベストプラクティスは リソースへのアクセスを 制 御 することです AWS Identity and Access Management (IAM) により さまざまなリソースレ ベルの 制 御 ( 例 : 暗 号 化 の 使 用 時 刻 ソース IP など) を 定 義 することがで きます また サービスごとに 追 加 のアクセス 制 御 を 使 用 することもできま す ( 例 : Amazon S3 bucket ポリシーなど) さらに お 客 様 は Amazon EC2 インスタンス 内 でさまざまな 技 術 を 使 用 できます 最 小 の 権 限 で 認 証 情 報 を 設 定 する 職 務 分 掌 アクセス 権 限 の 定 期 的 な 監 査 重 要 な API コールに 対 してリソース 要 件 が 定 義 されている (MFA 認 証 と 暗 号 化 が 必 要 であるなど) サービス 固 有 の 要 件 が 定 義 使 用 されている AWS Marketplace ソリューションが 使 用 されている SEC 9. Amazon EC2 インスタンス 上 のオペレーティングシステムの 整 合 性 はどのように 保 護 していますか 別 の 従 来 の 制 御 として オペレーティングシステムの 整 合 性 の 保 護 がありま す これは 従 来 のホストベースの 手 法 (OSSEC Tripwire Trend Micro Deep Security など) を 使 用 して EC2 で 簡 単 に 行 うことができます EC2 インスタンス 用 にファイル 整 合 性 のコントロールが 使 用 されてい る EC2 インスタンス 用 にホストベースの 侵 入 検 出 コントロールが 使 用 さ れている AWS Marketplace または APN パートナーからのソリューションが 使 用 されている カスタム AMI またはデフォルトでセキュリティ 保 護 される 設 定 管 理 ツ ール (Puppet または Chef) を 使 用 している ページ 42-66

43 SEC 10. AWS ログをどのように 取 得 して 分 析 していますか ログの 取 得 は パフォーマンスからセキュリティインシデントまですべ てを 調 査 するために 重 要 です 最 新 のベストプラクティスは ビジネ スニーズに 基 づいて ログを 定 期 的 にソースから 直 接 ログ 処 理 システム (CloudWatch Logs Splunk Papertrail など) に 移 動 するか 後 で 処 理 する ために Amazon S3 バケットに 保 存 することです ログの 一 般 的 なソース には AWS API およびユーザー 関 連 ログ (AWS CloudTrail など) AWS サー ビス 固 有 のログ (Amazon S3 Amazon CloudFront など) オペレーティング システム 生 成 ログ およびサードパーティー 製 アプリケーション 固 有 のログ があります Amazon CloudWatch ログを 使 用 して Amazon EC2 インスタ ンス AWS CloudTrail およびその 他 のリソースをモニタリング 保 存 アクセスすることができます AWS CloudTrail Amazon CloudWatch logs Elastic Load Balancing (ELB) ログ Amazon Virtual Private Cloud (VPC) フィルタログ Amazon S3 バケットログ その 他 の AWS サービス 固 有 のログソース OS またはサードパーティー 製 アプリケーションのログ AWS Marketplace ソリューションが 使 用 されている 信 頼 性 の 柱 REL 1. アカウントの AWS サービス 制 限 はどのようにモニタリングしてい ますか AWS アカウントは 新 しいユーザーが 誤 って 必 要 以 上 のリソースをプロ ビジョニングしないように デフォルトのサービス 制 限 でプロビジョニング されます AWS のお 客 様 は AWS サービスに 関 するニーズを 評 価 し 使 用 し ている 各 リージョンについて 制 限 の 適 切 な 変 更 をリクエストする 必 要 があり ます ページ 43-66

44 制 限 のモニタリングと 管 理 AWS 使 用 量 の 可 能 性 について 評 価 し リージョンごとの 制 限 を 適 切 に 引 き 上 げ 使 用 量 の 計 画 的 な 成 長 を 可 能 にします 自 動 化 されたモニタリングのセットアップ SDK などのツールを 実 装 して しきい 値 に 近 づいたときに 警 告 を 発 します サービスの 固 定 の 上 限 に 注 意 変 更 できないサービスの 上 限 に 注 意 し それらを 考 慮 した 設 計 を 行 います REL 2. AWS でのネットワークトポロジをどのように 計 画 していますか アプリケーションは EC2-Classic VPC など 複 数 の 環 境 で 実 行 すること ができます デフォルトでは VPC 環 境 で 実 行 されます システムの 接 続 EIP/パブリック IP アドレス 管 理 VPC/プライベートアドレス 管 理 名 前 の 解 決 などのネットワークの 考 慮 事 項 は クラウドでのリソースの 活 用 におい て 必 須 です よく 計 画 され 文 書 化 されたデプロイは 重 複 や 競 合 のリスク を 減 らすために 必 要 不 可 欠 です AWS への 可 用 性 の 高 い 接 続 複 数 の DX 接 続 複 数 の VPN トンネル AWS Marketplace アプライアンスの 利 用 システムへの 可 用 性 の 高 い 接 続 可 用 性 の 高 い 負 荷 分 散 またはプロ キシ DNS ベースのソリューション AWS Marketplace アプライア ンス 等 の 利 用 重 複 のないプライベート IP 範 囲 仮 想 プライベートクラウドの IP アド レス 範 囲 とサブネットは 他 のクラウド 環 境 やオンプレミス 環 境 と 重 複 しないようにする 必 要 があります IP サブネットの 割 り 当 て Amazon VPC の IP アドレス 範 囲 は 将 来 の 拡 張 や Multi-AZ 構 成 でのサブネット 割 り 当 てを 考 慮 し アプリケー ションの 要 件 を 満 たすため 十 分 な 大 きさである 必 要 があります ページ 44-66

45 REL 3. 技 術 的 な 問 題 に 対 応 するためのエスカレーションパスがあり ますか お 客 様 は AWS サポートまたは AWS パートナーを 活 用 してください 定 期 的 な 情 報 交 換 により 既 知 の 問 題 知 識 のギャップ および 設 計 の 問 題 に 対 応 することができます これにより 実 装 の 失 敗 や 大 規 模 な 停 止 のリスクを 低 減 することができます 計 画 AWS サポートまたは APN パートナーとの 継 続 的 なエンゲージメ ント/ 関 係 AWS サポート API の 活 用 AWS サポート API を 企 業 内 のモニタリン グシステムやチケットシステムと 統 合 します REL 4. システムは 需 要 の 変 化 にどのように 対 応 できますか スケーラブルなシステムは いつの 時 点 でも 最 新 の 需 要 に 合 わせて リソー スを 自 動 的 に 追 加 削 除 する 柔 軟 性 を 備 えています 自 動 スケーリング Amazon S3 Amazon CloudFront Auto Scaling Amazon DynamoDB AWS Elastic Beanstalk など 自 動 的 にスケール するサービスを 使 用 します ロードテスト ロードテスト 手 法 を 採 用 し 規 模 の 拡 大 や 縮 小 がアプリ ケーションの 要 件 に 合 うかどうか 測 定 します REL 5. AWS リソースをどのようにモニタリングしていますか ログとメトリックスは アプリケーションの 健 全 性 についての 洞 察 を 得 るた めの 強 力 なツールです ログとメトリックスをモニタリングし しきい 値 を 超 えるか 重 要 なイベントが 発 生 したときに 通 知 を 送 信 するようシステムを 設 定 できます 低 パフォーマンスのしきい 値 を 超 えるか 障 害 が 発 生 した 場 合 システムが 自 動 的 に 自 己 修 復 するか それに 応 じてスケールするよう 構 築 されていることが 理 想 的 です ページ 45-66

46 モニタリング Amazon CloudWatch またはサードパーティー 製 ツール でアプリケーションをモニタリングします 通 知 重 要 なイベントが 発 生 した 場 合 に 通 知 を 受 け 取 るように 計 画 します 自 動 応 答 自 動 化 を 使 用 して 障 害 が 検 出 されたときに 失 敗 したコン ポーネントを 置 き 換 えるなどのアクションを 実 行 します レビュー 重 要 なイベントに 基 づいてシステムのレビューを 頻 繁 に 行 い アーキテクチャを 評 価 します REL 6. 変 更 管 理 をどのように 実 行 していますか プロビジョニングされた AWS リソースとアプリケーションの 変 更 管 理 は アプリケーションと 運 用 環 境 で 既 知 のソフトウェアが 実 行 されており 管 理 された 方 法 でパッチを 適 用 または 置 換 できることを 確 認 するために 必 要 です 変 更 管 理 の 自 動 化 デプロイ/パッチ 適 用 を 自 動 化 します REL 7. データをどのようにバックアップしていますか データ アプリケーション および 運 用 環 境 (アプリケーションで 設 定 さ れたオペレーティングシステムと 定 義 される) をバックアップし 平 均 修 復 時 間 (MTTR) および 目 標 復 旧 時 点 (RPO) の 要 件 を 満 たします データのバックアップ Amazon S3 Amazon EBS スナップショット またはサードパーティー 製 ソフトウェアを 使 用 して RPO を 満 たすよ うに 重 要 なデータをバックアップします 自 動 バックアップ AWS の 機 能 AWS Marketplace ソリューション またはサードパーティー 製 ソフトウェアを 使 用 してバックアップを 自 動 化 します ページ 46-66

47 バックアップがセキュリティ 保 護 または 暗 号 化 されている AWS セ キュリティのベストプラクティス ホワイトペーパーを 参 照 してくだ さい 定 期 的 な 復 旧 テスト 復 旧 テストを 通 じて バックアップの 実 装 が RTO および RPO を 満 たすことを 確 認 します REL 8. システムはコンポーネントの 障 害 にどのように 対 応 しますか アプリケーションが 高 可 用 性 と 短 い 平 均 修 復 時 間 (MTTR) を 満 たす 暗 黙 または 明 示 の 要 件 がありますか そのような 要 件 がある 場 合 は 弾 力 性 を 持 つようアプリケーションを 設 計 し 機 能 停 止 に 対 処 できるようにアプリケー ションを 配 置 します より 高 いレベルの 可 用 性 を 達 成 するため アプリケー ションは 複 数 の 物 理 的 なロケーションに 分 散 して 配 置 される 必 要 がありま す 弾 力 性 を 持 つように 個 別 の Layer (ウェブサーバー データベースなど) を 構 築 します これにはイベントの 重 要 な 中 断 と 障 害 のモニタリング 自 己 修 復 および 通 知 が 含 まれます 負 荷 分 散 リソースプールのフロントエンドにロードバランサーを 使 用 します 複 数 の AZ/リージョン 複 数 のアベイラビリティーゾーン/リージョン にまたがってアプリケーションを 配 置 します 自 動 修 復 自 動 的 に 障 害 を 検 出 し 復 旧 対 応 を 実 行 します モニタリング システムの 状 態 を 継 続 的 にモニタリングします 通 知 重 要 なイベントについて 通 知 を 受 け 取 るように 計 画 します REL 9. 復 旧 についてどのように 計 画 していますか データ 復 旧 は バックアップからデータを 復 元 する 際 に 不 可 欠 です このデ ータに 対 して RTO および RPO の 目 標 と 一 致 するように 目 標 リソース 場 所 および 機 能 が 定 義 され 実 行 される 必 要 があります ページ 47-66

48 目 標 の 定 義 RTO および RPO を 定 義 します 災 害 対 策 DR 戦 略 を 確 立 します 構 成 情 報 の 乖 離 Amazon Machine Images (AMI) およびシステム 設 定 状 態 が DR サイト/リージョンで 最 新 であることを 確 認 します サービス 制 限 フェイルオーバーに 対 応 するため DR サイトにサービ スの 上 限 の 引 き 上 げをリクエストします DR のテストと 確 認 DR サイトへのフェイルオーバーを 定 期 的 にテス トして RTO と RPO が 満 たされていることを 確 認 します 自 動 復 旧 の 実 装 AWS またはサードパーティー 製 ツール (またはその 両 方 ) を 使 用 してシステム 復 旧 を 自 動 化 します パフォーマンスの 柱 PERF 1. システムに 対 して 適 切 なインスタンスタイプはどのように 選 択 し ていますか Amazon EC2 は さまざまなユースケースに 合 うように 最 適 化 された 広 範 なインスタンスタイプをご 用 意 しています インスタンスタイプはさまざま な CPU メモリ ストレージ ネットワーキングキャパシティーの 組 み 合 わ せによって 構 成 されているため 使 用 するアプリケーションに 合 わせて 適 切 なリソースの 組 み 合 わせを 柔 軟 に 選 択 できます 各 インスタンスタイプには 1 つ 以 上 のインスタンスサイズが 含 まれており 対 象 のワークロードの 要 件 に 応 じてリソースのスケール 調 整 が 可 能 です AWS は AWS Lambda など ワークロードのパフォーマンス 効 率 を 大 きく 変 えることができる サーバ ーレスアーキテクチャをサポートしています ポリシー/リファレンスアーキテクチャ 企 業 内 の 統 制 標 準 で 予 測 され たリソースのニーズに 基 づいて インスタンスタイプとサイズを 選 択 します コスト/ 予 算 企 業 内 のコスト 管 理 で 予 測 されたリソースのニーズに 基 づいて インスタンスタイプとサイズを 選 択 します ページ 48-66

49 ベンチマーク AWS で 既 知 のワークロードのロードテストを 行 い それを 使 用 して 最 適 な 選 択 を 行 います ( 既 知 のパフォーマンスベンチ マークと 既 知 のワークロードのテスト) AWS または AWS パートナーネットワーク (APN) のメンバーから のガイダンス ベストプラクティスのアドバイスに 基 づいて 選 択 を 行 います ロードテスト さまざまなインスタンスタイプとサイズを 使 用 して AWS でシステムの 最 新 バージョンをデプロイし モニタリングを 使 用 してパフォーマンスメトリックスをキャプチャしてから パフォーマ ンス/コストの 計 算 に 基 づいて 選 択 を 行 います PERF 2. 新 しいインスタンスタイプや 機 能 の 提 供 が 開 始 される 中 で どの ようにして 最 適 なインスタンスタイプを 使 い 続 けていることを 担 保 していますか AWS はお 客 様 からのフィードバックに 耳 を 傾 け 新 しいインスタンスタイプ とサイズでイノベーションを 継 続 し CPU メモリ ストレージ およびネ ットワーキングキャパシティーの 新 しい 組 み 合 わせを 提 供 します これはつ まり 最 初 に 選 択 したものよりも 高 いパフォーマンス 効 率 を 提 供 する 新 しい インスタンスタイプがリリースされる 可 能 性 があることを 意 味 します レビュー 予 測 されたリソースのニーズに 基 づいて 新 しいインスタン スタイプとサイズの 選 択 を 定 期 的 に 見 直 します ベンチマーク 新 しいインスタンスタイプがリリースされたら AWS で 既 知 のワークロードのロードテストを 行 い それを 使 用 して 最 適 な 選 択 を 行 います ロードテスト 新 しいインスタンスタイプがリリースされたら AWS でシステムの 最 新 バージョンをデプロイし モニタリングを 使 用 して パフォーマンスメトリックスをキャプチャしてから パフォーマンス/ コストの 計 算 に 基 づいて 選 択 を 行 います ページ 49-66

50 PERF 3. 起 動 後 のインスタンスが 期 待 どおりの 性 能 を 出 すように インス タンスをどのようにモニタリングしていますか 内 部 または 外 部 (またはその 両 方 ) の 要 因 により 時 間 とともにシステムパフ ォーマンスが 低 下 する 場 合 があります システムのパフォーマンスをモニタ リングすることで パフォーマンスの 低 下 を 検 知 し 内 部 または 外 部 の 要 因 (OS またはアプリケーションのロードなど) を 修 正 することができます Amazon CloudWatch によるモニタリング CloudWatch を 使 用 して インスタンスをモニタリングします サードパーティー 製 品 によるモニタリング サードパーティー 製 ツール を 使 用 してシステムをモニタリングします 定 期 的 な 確 認 モニタリングダッシュボードを 定 期 的 に 確 認 します アラームベースの 通 知 メトリックスが 安 全 な 境 界 を 超 えた 場 合 に モニタリングシステムから 自 動 的 なアラートを 受 け 取 ります トリガーベースのアクション アラームにより 自 動 化 されたアクショ ンで 問 題 を 修 正 またはエスカレーションします PERF 4. どのようにしてインスタンスの 数 量 を 需 要 に 一 致 させていま すか システムに 対 する 需 要 は サイクルによってしばしば 異 なります リリース 時 や 成 長 期 などの 製 品 ライフサイクル 時 刻 や 曜 日 月 などの 時 間 によるサ イクル ソーシャルメディアでの 人 気 のような 予 測 できないサイクル テレ ビ 放 映 のような 予 測 可 能 なサイクルなどです ワークロードに 合 った 十 分 な インスタンスがないと ユーザーエクスペリエンスが 低 下 し 最 悪 の 場 合 シ ステム 障 害 につながります ページ 50-66

51 計 画 化 メトリックスまたは 計 画 されたイベント (またはその 両 方 ) に 基 づいて 計 画 します スクリプトによる 自 動 化 自 動 管 理 用 のツールを 使 用 します Auto Scaling による 自 動 化 Auto Scaling を 使 用 して 自 動 管 理 を 行 い ます PERF 5. システムに 最 適 なストレージソリューションをどのように 選 択 し ていますか AWS は 耐 久 性 と 可 用 性 が 高 く 低 コストのデータストレージを 提 供 するよう 設 計 されています AWS は ブロックストレージ ファイルストレージ オ ブジェクトストレージに 加 えて バックアップ アーカイブ 災 害 対 策 に 適 したストレージも 提 供 しています ポリシー/リファレンスアーキテクチャ 企 業 内 の 統 制 標 準 によるリソ ースのニーズの 予 測 に 基 づいて ストレージソリューションと 機 能 を 選 択 します コスト/ 予 算 企 業 内 のコスト 管 理 で 予 測 されたリソースのニーズに 基 づいて ストレージソリューションと 機 能 を 選 択 します ベンチマーク AWS で 既 知 のワークロードのロードテストを 行 い そ れを 使 用 して 最 適 な 選 択 を 行 います ( 既 知 のパフォーマンスベンチマ ークと 既 知 のワークロードのテスト) AWS または APN パートナーからのガイダンス ベストプラクティス のアドバイスに 基 づいてソリューションを 選 択 します ロードテスト さまざまなストレージソリューションを 使 用 して AWS でシステムの 最 新 バージョンをデプロイし モニタリングを 使 用 して パフォーマンスメトリックスをキャプチャしてから パフォーマンス/ コストの 計 算 に 基 づいて 選 択 を 行 います ページ 51-66

52 PERF 6. 新 しいストレージソリューションや 機 能 が 提 供 開 始 される 中 で 最 適 なストレージソリューションを 使 い 続 けていることを どの ように 担 保 していますか AWS はお 客 様 からのフィードバックに 耳 を 傾 け 新 しいストレージソリュー ションと 機 能 でイノベーションを 継 続 し キャパシティー スループット および 耐 久 性 の 新 しい 組 み 合 わせを 提 供 します これはつまり 最 初 に 選 択 したものよりも 高 いパフォーマンス 効 率 を 提 供 する 新 しいストレージソリュ ーションがリリースされる 可 能 性 があることを 意 味 します レビュー 予 測 されたリソースのニーズに 基 づいて 循 環 的 に 新 しいス トレージソリューションと 機 能 を 再 選 択 します ベンチマーク 新 しいストレージソリューションと 機 能 がリリースされ たら AWS で 既 知 のワークロードのロードテストを 行 い それを 使 用 して 最 適 な 選 択 を 予 測 します ロードテスト 新 しいストレージソリューションがリリースされたら AWS でシステムの 最 新 バージョンをデプロイし モニタリングを 使 用 してパフォーマンスメトリックスをキャプチャしてから パフォーマ ンス/コストの 計 算 に 基 づいて 選 択 を 行 います PERF 7. ストレージソリューションが 想 定 通 りの 性 能 を 示 していることを 確 実 にするために どのようにモニタリングしていますか 内 部 または 外 部 (またはその 両 方 ) の 要 因 により 時 間 とともに または 一 定 の 期 間 システムパフォーマンスが 低 下 する 場 合 があります システムのパ フォーマンスをモニタリングすることで この 低 下 を 確 認 し 内 部 または 外 部 の 要 因 を 修 正 することができます ページ 52-66

p2 企 業 にとってデータは 最 も 重 要 な 戦 略 的 資 産 です Tableau はお 客 様 のデータのセキュリティとプライバシー の 保 護 を 最 優 先 しています Tableau のエンタープライズ レベルのセキュリティ 機 能 は 運 用 上 のセキュリティ ユーザー セキュ

p2 企 業 にとってデータは 最 も 重 要 な 戦 略 的 資 産 です Tableau はお 客 様 のデータのセキュリティとプライバシー の 保 護 を 最 優 先 しています Tableau のエンタープライズ レベルのセキュリティ 機 能 は 運 用 上 のセキュリティ ユーザー セキュ Tableau Online クラウドにおけ るセキュリティ 著 者 :Ellie Fields Tableau Software マーケティング 部 門 上 級 責 任 者 2013 年 6 月 p2 企 業 にとってデータは 最 も 重 要 な 戦 略 的 資 産 です Tableau はお 客 様 のデータのセキュリティとプライバシー の 保 護 を 最 優 先 しています Tableau のエンタープライズ

More information

Microsoft Word - Well-Architected_Whitepaper_Final-JP.docx

Microsoft Word - Well-Architected_Whitepaper_Final-JP.docx AWS による優れた設計の フレームワーク 2016 年 11 月 2016, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved 注意 本書は情報提供のみを目的としています 本書の発 時点における AWS の現 製品と慣 を表したものであり それらは予告なく変更されることがあります お客様は本書の情報 および AWS 製品またはサービスの利

More information

スライド タイトルなし

スライド タイトルなし a2media マネージドクラウドサーバー 株 式 会 社 a2media a2media マネージドクラウドサーバーの 強 み コスト パフォーマンス 合 理 的 な 投 資 価 値 セキュア 堅 牢 な 情 報 保 護 3つの 課 題 を 同 時 に 解 決 フレキシビリティ 柔 軟 性 と 拡 張 スピード Managed マネージド Server サーバー Cloud クラウド - 1 -

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation AWS Simple Monthly Calculator (簡易見積ツール) 解説資料 2015年4月 更新版 目 次 AWS Simple Monthly Calculatorとは AWS Simple Monthly Calculatorを 利 用 するには 基 本 設 定 Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) Amazon Elastic Block Store

More information

ASP・SaaS安全・信頼性に係る情報開示認定制度

ASP・SaaS安全・信頼性に係る情報開示認定制度 ASP SaaS 安 全 信 頼 性 に 係 る 情 報 開 示 認 定 制 度 認 定 の (1/7) 認 定 番 号 : 01321107, 名 称 :isearch(アイサーチ), 事 業 者 名 称 : デジアナコミュニケーションズ 株 式 会 社 / 1 開 示 情 報 の 時 点 開 示 情 報 の 日 付 開 示 情 報 の 年 月 日 ( 西 暦 ) 2015/6/17 事 業 所

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション Pega Tokyo Summit 2015 クラウドが 変 える 新 しいITの 常 識 アマゾン ウェブ サービス ジャパン 株 式 会 社 エンタープライズ エバンジェリスト 渥 美 俊 英 自 己 紹 介 アマゾン ウェブ サービス ジャパン 株 式 会 社 マーケティング 本 部 エンタープライズ エバンジェリスト 渥 美 俊 英 企 業 のマネジメントの 方 々 向 けに 業 務 システムのAWS

More information

(シン クライアントなど) については VDA サブスクリプションを 通 じて 仮 想 マシン (VM) を 使 用 するためのライ センスを 別 途 取 得 し これらの 特 典 を 利 用 することができます この 簡 易 ガイドでは マイクロソフト ボリューム ライセンスのお 客 様 に 提

(シン クライアントなど) については VDA サブスクリプションを 通 じて 仮 想 マシン (VM) を 使 用 するためのライ センスを 別 途 取 得 し これらの 特 典 を 利 用 することができます この 簡 易 ガイドでは マイクロソフト ボリューム ライセンスのお 客 様 に 提 ボリューム ライセンス 簡 易 ガイド 仮 想 マシンを 使 用 した Windows デスクトップ オペレーティング システムのライセンス この 簡 易 ガイドは すべてのマイクロソフト ボリューム ライセンス プログラムに 適 用 されます 目 次 概 要... 1 詳 細... 1 Windows VDA の 権 利 を 取 得 する 方 法... 2 Windows VDA の 権 利 の

More information

Office 365 のセキュリティ 保 護 Microsoft Office 365 は 企 業 の 注 目 を 集 めて いますが そのセキュリティ 機 能 は 十 分 な コンテンツ スキャンを 提 供 していると 言 える でしょうか 既 にマイクロソフトの Office 365 クラウド

Office 365 のセキュリティ 保 護 Microsoft Office 365 は 企 業 の 注 目 を 集 めて いますが そのセキュリティ 機 能 は 十 分 な コンテンツ スキャンを 提 供 していると 言 える でしょうか 既 にマイクロソフトの Office 365 クラウド Office 365 のセキュリティ 保 護 ホスト 型 電 子 メール サービスの コンテンツ フィルタリング Microsoft Office 365 は 企 業 の 注 目 を 集 めていますが そのセキュリティ 機 能 は 十 分 な コンテンツ スキャンを 提 供 していると 言 えるでしょうか Office 365 のセキュリティ 保 護 Microsoft Office 365 は 企

More information

ASP・SaaS安全・信頼性に係る情報開示認定制度

ASP・SaaS安全・信頼性に係る情報開示認定制度 ASP SaaS 安 全 信 頼 性 に 係 る 情 報 開 示 認 定 制 度 認 定 の (1/7) 認 定 番 号 : 00070805, 名 称 :ネットde 会 計, 事 業 者 名 称 : 株 式 会 社 パイプドビッツ / 1 開 示 情 報 の 時 点 開 示 情 報 の 日 付 開 示 情 報 の 年 月 日 ( 西 暦 ) 2016/4/8 事 業 所 事 業 2 事 業 者 名

More information

Oracle Enterprise ManagerとNetApp FlexCloneを使用した短時間でのデータベース・プロビジョニング

Oracle Enterprise ManagerとNetApp FlexCloneを使用した短時間でのデータベース・プロビジョニング Oracle/NetAppホワイト ペーパー 2010 年 12 月 Oracle Enterprise ManagerとNetApp FlexCloneを 使 用 した 短 時 間 でのデータベース プロビジョニング 免 責 事 項 以 下 の 事 項 は 弊 社 の 一 般 的 な 製 品 の 方 向 性 に 関 する 概 要 を 説 明 するものです また 情 報 提 供 を 唯 一 の 目

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 重 点 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 評 価 書 名 10 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 課 税 事 務 重 点 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 徳 島 市 は 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 課 税 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイルの

More information

「機構内情報共有システム(Withシステム)の運用業務の調達」の実施要項(案)

「機構内情報共有システム(Withシステム)の運用業務の調達」の実施要項(案) 別 添 (2) 機 構 からの 指 示 により 端 末 の 設 置 異 動 又 は 廃 止 等 ( 人 事 異 動 端 末 の 増 設 又 は 廃 止 等 )を 行 う 場 合 には 端 末 のセットアップ 設 定 変 更 等 の 作 業 を 行 う また 機 器 管 理 台 帳 をその 都 度 更 新 すること (3) 代 替 機 ( 予 備 機 )についても 台 数 及 び 保 管 場 所 を

More information

Oracle WebCenter Contentの卓越したパフォーマンスとスケーラビリティ

Oracle WebCenter Contentの卓越したパフォーマンスとスケーラビリティ Oracleホワイト ペーパー 2011 年 7 月 Oracle WebCenter Contentの 卓 越 したパ フォーマンスとスケーラビリティ はじめに Oracle WebCenter Contentは スケーラビリティとパフォーマンスに 優 れたエンタープライズ コン テ ン ツ 管 理 シ ス テ ム で す Document Management Content Publishing

More information

SCTM12.0_Product Release Notice_V1

SCTM12.0_Product Release Notice_V1 製 品 リリース 案 内 製 品 名 : SilkCentral Test Manager 12.0 出 荷 開 始 日 : 2012 年 4 月 16 日 1. はじめに マイクロフォーカスは テスト 管 理 ツールの 新 バージョンである SilkCentral Test Manager 12.0 をリリー スいたします 2. システム 要 件 SilkCentral Test Manger 12.0

More information

目 次 1 本 業 務 の 概 要... 1 1.1 業 務 の 名 前... 1 1.2 業 務 の 背 景 と 目 的... 1 1.3 本 書 の 位 置 づけ... 1 1.4 業 務 への 取 組 状 況... 1 1.5 委 託 予 定 額... 2 1.6 委 託 業 務 の 範 囲.

目 次 1 本 業 務 の 概 要... 1 1.1 業 務 の 名 前... 1 1.2 業 務 の 背 景 と 目 的... 1 1.3 本 書 の 位 置 づけ... 1 1.4 業 務 への 取 組 状 況... 1 1.5 委 託 予 定 額... 2 1.6 委 託 業 務 の 範 囲. いわて 若 者 交 流 ポータルサイト 構 築 運 営 業 務 仕 様 書 平 成 26 年 8 月 岩 手 県 環 境 生 活 部 若 者 女 性 協 働 推 進 室 目 次 1 本 業 務 の 概 要... 1 1.1 業 務 の 名 前... 1 1.2 業 務 の 背 景 と 目 的... 1 1.3 本 書 の 位 置 づけ... 1 1.4 業 務 への 取 組 状 況... 1 1.5

More information

Microsoft PowerPoint - AWS-RatesSystem-JP_201310.pptx

Microsoft PowerPoint - AWS-RatesSystem-JP_201310.pptx AWSの 課 体 系 2013 年 10 AWS does not offer binding price quotes. AWS pricing is publicly available and is subject to change in accordance with the AWS Customer Agreement available at http://aws.amazon.com/agreement/.

More information

サポート技術方法

サポート技術方法 キャッシュと 同 期 の 推 奨 設 定 イントロダクション このドキュメントでは Curl RTE のパフォーマンスを 最 大 限 に 活 用 できるように Curl RTE の 設 定 と Web ブラウザのキャッシュの 特 徴 について 説 明 します この 設 定 を 採 用 することで 正 確 なプログラムの 動 作 を 維 持 しながら Curl アプリケー ションにおいて 最 も 効

More information

クイック スタート ガイド PowerPoint 2013 を 開 くと 最 初 にいくつかのオプションが 表 示 され テンプレート テーマ 最 近 使 ったファイル 白 紙 のプレゼンテーションのどれを 使 って 作 業 を 始 めるかを 選 択 できます オンラインのテンプレートやテーマを 探

クイック スタート ガイド PowerPoint 2013 を 開 くと 最 初 にいくつかのオプションが 表 示 され テンプレート テーマ 最 近 使 ったファイル 白 紙 のプレゼンテーションのどれを 使 って 作 業 を 始 めるかを 選 択 できます オンラインのテンプレートやテーマを 探 クイック スタート ガイド Microsoft PowerPoint 2013 は レイアウトがこれまでのバージョンから 変 わりました このガイドは 少 しでも 早 く 慣 れることができるようにそれらの 違 いをまとめたものです 必 要 な 機 能 を 見 つける リボンのタブをクリックすると そのタブのボタンと コマンドが 表 示 されます コンテキスト タブを 使 う リボンのタブには 必

More information

Windows Server リモート デスクトップ サービスを 使 用 した Microsoft デスクトップ アプリケーションのライセンス マイクロソフトは デスクトップ アプリケーションのライセンスをデバイス 単 位 で 供 与 します デバイス 単 位 のライセンス 供 与 とは 製 品 を

Windows Server リモート デスクトップ サービスを 使 用 した Microsoft デスクトップ アプリケーションのライセンス マイクロソフトは デスクトップ アプリケーションのライセンスをデバイス 単 位 で 供 与 します デバイス 単 位 のライセンス 供 与 とは 製 品 を ボリューム ライセンス 簡 易 ガイド Windows Server リモート デスクトップ サービスを 使 用 した Microsoft デスクトップ アプリケーション ソフトウェアのライセンス 目 次 この 簡 易 ガイドは すべてのマイクロソフト ボリューム ライセンス プログラムに 適 用 されます 概 要... 1 この 簡 易 ガイドの 更 新 内 容... 1 詳 細... 1 変 更

More information

Exchange Online Exchange Online Protection Skype for Business Online Office 365 Business Office 365 ProPlus Office Online OneDrive for Business ShareP

Exchange Online Exchange Online Protection Skype for Business Online Office 365 Business Office 365 ProPlus Office Online OneDrive for Business ShareP マイクロソフトオンラインサービス サービスレベル 規 約 最 終 更 新 日 : 2015 年 4 月 15 日 1. はじめに このマイクロソフトオンラインサービス サービスレベル 規 約 ( 以 下 本 SLA といいます) は Office365 with KDDI 利 用 契 約 ( 以 下 本 規 約 といいます) に 関 連 して KDDI が 作 成 するものです 本 SLA は 以

More information

How to Use the PowerPoint Template

How to Use the PowerPoint Template ワークフローからプロセス 統 合 まで SaaSとつないですぐに 展 開 できるPaaSソリューション Oracle Process Cloud Service 日 本 オラクル 株 式 会 社 Fusion Middleware 事 業 統 括 ビジネス 推 進 本 部 マネージャ 山 田 祐 子 Copyright 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 重 点 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 評 価 書 名 9 個 人 住 民 税 賦 課 に 関 する 事 務 重 点 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 三 島 市 は 個 人 住 民 税 賦 課 に 関 する 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いにあたり

More information

1 本 書 の 目 的 及 び 用 語 1.1 本 書 は Tap Style Cloud 利 用 約 款 ( 以 下 本 利 用 約 款 という )に 規 定 される サービスの 詳 細 を 定 めるものです なお 本 書 に 使 用 される 用 語 は 以 下 の 1.1 用 語 集 での 記

1 本 書 の 目 的 及 び 用 語 1.1 本 書 は Tap Style Cloud 利 用 約 款 ( 以 下 本 利 用 約 款 という )に 規 定 される サービスの 詳 細 を 定 めるものです なお 本 書 に 使 用 される 用 語 は 以 下 の 1.1 用 語 集 での 記 Tap Style Cloud サービス 仕 様 書 Ver2.0.0 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 1 本 書 の 目 的 及 び 用 語 1.1 本 書 は Tap Style Cloud 利 用 約 款 ( 以 下 本 利 用 約 款 という )に 規 定 される サービスの 詳 細 を 定 めるものです なお 本 書 に 使 用 される 用 語 は 以 下 の 1.1 用 語 集 での

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20428199575F8341835783838343838B82C6834E83898345836882C982E682E95F947A957A97702E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20428199575F8341835783838343838B82C6834E83898345836882C982E682E95F947A957A97702E70707478> アジャイルとクラウドによる 電 子 書 籍 元 年 へのチャレンジ 株 式 会 社 角 川 コンテンツゲート 様 における BOOK WALKER WALKERプロジェクト 1 Android 端 末 をお 持 ちの 方 マーケットにいき BOOK WALKERを 検 索 して 下 さい これで 貴 方 の 端 末 にBOOK WALKERが インストールされました 2 1 章 プロジェクト 概 要

More information

が 互 いに 関 連 付 けられます VLSC の [アクセス 権 限 詳 細 ] ページに 登 録 されたお 客 様 の 勤 務 先 電 子 メール アドレスが 表 示 されます お 客 様 自 身 が 管 理 者 であり 登 録 時 にエラー メッセージが 表 示 された 場 合 は 署 名 済

が 互 いに 関 連 付 けられます VLSC の [アクセス 権 限 詳 細 ] ページに 登 録 されたお 客 様 の 勤 務 先 電 子 メール アドレスが 表 示 されます お 客 様 自 身 が 管 理 者 であり 登 録 時 にエラー メッセージが 表 示 された 場 合 は 署 名 済 ボリューム ライセンス サービス センター シナリオ 形 式 よくある 質 問 ボリューム ライセンス サービス センターについて ボリューム ライセンス サービス センターは 管 理 機 能 の 強 化 登 録 手 続 きの 簡 素 化 アクセス 権 限 管 理 の 簡 素 化 により 優 れた 柔 軟 性 とセルフサービス 機 能 を 提 供 いたします マイクロソフトは ご 購 入 いただいたソフトウェアとサービスのライセンスの

More information

Microsoft Word - Japanese_Windows_XPE_License_Terms.doc

Microsoft Word - Japanese_Windows_XPE_License_Terms.doc マイクロソフト ソフトウェア ライセンス 条 項 : Windows XP Embedded Runtime 本 ライセンス 条 項 は お 客 様 と 株 式 会 社 コナミデジタルエンタテインメント( 以 下 コナミデジタルエンタテ インメント といいます) との 契 約 を 構 成 します 以 下 のライセンス 条 項 を 注 意 してお 読 みください これら のライセンス 条 項 は 本

More information

form

form 2015 年 8 月 24 日 付 でリリースされる App Bridge Monitor のバージョンアップ 内 容 を 以 下 に 示 します 1.ユーザ 管 理 機 能 の 提 供 1.1 ユーザ 管 理 機 能 の 概 要 App Bridge の 利 用 ユーザ 登 録 機 能 を 提 供 します 登 録 されたユーザアカウントには 以 下 の 属 性 を 付 与 す ることができます ユーザ

More information

5 研 究 情 報 報 告 書 機 関 誌 学 会 等 での 発 表 情 報 のデータ 集 積 し 検 索 することが 出 来 る 機 能 県 JAEA NIE S 6 関 連 リンク 連 携 研 究 機 関 等 のサイトへ のリンク 7 ページビュ ー 解 析 検 索 キーワードごとのペー ジビュ

5 研 究 情 報 報 告 書 機 関 誌 学 会 等 での 発 表 情 報 のデータ 集 積 し 検 索 することが 出 来 る 機 能 県 JAEA NIE S 6 関 連 リンク 連 携 研 究 機 関 等 のサイトへ のリンク 7 ページビュ ー 解 析 検 索 キーワードごとのペー ジビュ 福 島 県 環 境 創 造 センターホームページ 作 成 等 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 名 福 島 県 環 境 創 造 センターホームページ 作 成 等 業 務 2 目 的 福 島 県 環 境 創 造 センター( 以 下 環 境 創 造 センター という )は 県 土 の 環 境 を 回 復 創 造 に 取 り 組 むための 調 査 研 究 及 び 情 報 発 信 教 育 等 を 行

More information

Presentation Title Here

Presentation Title Here - AWS Cloud Empowers your Business - ビジネスの 復 興 に 役 立 つクラウド 活 用 へ 2012 年 9 月 20 日 アマゾン データ サービス ジャパン 株 式 会 社 シニアマーケティングマネージャー 小 島 英 揮 アマゾンの3つのビジネス Eコマース 一般消費者様 向けサービス Amazon.co.jp セラー様向け サービス マーケットプレイス

More information

GMOクラウドパブリックサービス利用約款

GMOクラウドパブリックサービス利用約款 パブリッククラウド サービス 利 用 約 款 GMOクラウド 株 式 会 社 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 本 利 用 約 款 の 目 的 ) 第 2 章 利 用 契 約 の 成 立 第 2 条 ( 申 込 の 方 法 ) 第 3 条 ( 契 約 の 成 立 ) 第 3 章 本 サービスの 内 容 第 4 条 ( 本 サービスの 内 容 ) 第 5 条 (サポート) 第 6 条 (APIの

More information

3G Watcher の 終 了 3G Watcher を 終 了 するには 次 の 手 順 に 従 ってください 1. 3G Watcher ツールバーから [3G Watcher] > [3G Watcher を 終 了 ] を 選 択 します 3G Watcherに 表 示 されるアイコン と

3G Watcher の 終 了 3G Watcher を 終 了 するには 次 の 手 順 に 従 ってください 1. 3G Watcher ツールバーから [3G Watcher] > [3G Watcher を 終 了 ] を 選 択 します 3G Watcherに 表 示 されるアイコン と SoftBank 3G Watcherのヘルプ (Mac OS X 用 ) 3G Watcher は 以 下 のような C01SW USB モデムとネット ワーク 間 の 接 続 状 態 を 確 認 できます 電 波 の 強 さ ローミングサービス 3G 無 線 通 信 サービス その 他 のネットワークサービスの 状 態 ネットワークへの 接 続 および 切 断 3G Watcher のアンインストール

More information

外 部 委 託 業 務 の 削 減 を 含 む 経 費 の 削 減 及 び 安 全 性 信 頼 性 の 強 化 を 行 い 更 なる 最 適 化 の 推 進 を 図 るため 政 府 全 体 で 利 用 可 能 な 府 省 共 通 システムの 基 盤 ( 以 下 共 同 利 用 システム 基 盤 とい

外 部 委 託 業 務 の 削 減 を 含 む 経 費 の 削 減 及 び 安 全 性 信 頼 性 の 強 化 を 行 い 更 なる 最 適 化 の 推 進 を 図 るため 政 府 全 体 で 利 用 可 能 な 府 省 共 通 システムの 基 盤 ( 以 下 共 同 利 用 システム 基 盤 とい 共 同 利 用 システム 基 盤 の 業 務 システム 最 適 化 計 画 2008 年 ( 平 成 20 年 )2 月 13 日 2009 年 ( 平 成 21 年 )8 月 28 日 改 定 2011 年 ( 平 成 23 年 )9 月 14 日 改 定 2012 年 ( 平 成 24 年 )9 月 7 日 改 定 各 府 省 情 報 化 統 括 責 任 者 (CIO) 連 絡 会 議 決 定

More information

2012 FileMaker, Inc. All rights reserved. FileMaker ファイルメーカー 及 びファイルフォルダロゴは 米 国 及 び その 他 の 国 において 登 録 された FileMaker, Inc. の 商 標 です その 他 の 商 標 はすべて それぞ

2012 FileMaker, Inc. All rights reserved. FileMaker ファイルメーカー 及 びファイルフォルダロゴは 米 国 及 び その 他 の 国 において 登 録 された FileMaker, Inc. の 商 標 です その 他 の 商 標 はすべて それぞ FileMaker Pro 10 以 前 の バージョンから FileMaker Pro 11 に バージョンアップするときの 注 意 点 FileMaker Customer Support 2012 FileMaker, Inc. All rights reserved. FileMaker ファイルメーカー 及 びファイルフォルダロゴは 米 国 及 び その 他 の 国 において 登 録 された

More information

デジタル ネット 時 代 に 対 応 した 知 財 制 度 の 構 築 世 界 最 高 水 準 の 情 報 通 信 環 境 をいかし 新 たなネットビジネスの 発 展 や 技 術 開 発 を 促 すとともに クリ エーターの 創 作 インセンティブを 高 める 知 財 制 度 を 構 築 する 情

デジタル ネット 時 代 に 対 応 した 知 財 制 度 の 構 築 世 界 最 高 水 準 の 情 報 通 信 環 境 をいかし 新 たなネットビジネスの 発 展 や 技 術 開 発 を 促 すとともに クリ エーターの 創 作 インセンティブを 高 める 知 財 制 度 を 構 築 する 情 参 考 資 料 デジタル ネット 時 代 における 知 財 制 度 の 在 り 方 について 平 成 20 年 12 月 知 的 財 産 戦 略 本 部 デジタル ネット 時 代 における 知 財 制 度 専 門 調 査 会 デジタル ネット 時 代 に 対 応 した 知 財 制 度 の 構 築 世 界 最 高 水 準 の 情 報 通 信 環 境 をいかし 新 たなネットビジネスの 発 展 や 技

More information

Microsoft AccessからOracle Application Expressへの移行の概要

Microsoft AccessからOracle Application Expressへの移行の概要 Microsoft Access から Oracle Application Express への 移 行 の 概 要 Oracle ホワイト ペーパー 2009 年 5 月 Microsoft Access から Oracle Application Express への 移 行 の 概 要 はじめに... 3 Oracle Application Express へ 移 行 する 理 由...

More information

(4) 受 託 者 は, 契 約 締 結 後 速 やかに 次 の 書 類 を 作 成 し, 協 議 会 に 提 出 1 スケジュール 表 ( 行 程 表 ) 2 実 施 管 理 責 任 者, 連 絡 事 務 担 当 者 及 び 各 業 務 担 当 者 一 覧 表 3 外 部 の 協 力 者 がある

(4) 受 託 者 は, 契 約 締 結 後 速 やかに 次 の 書 類 を 作 成 し, 協 議 会 に 提 出 1 スケジュール 表 ( 行 程 表 ) 2 実 施 管 理 責 任 者, 連 絡 事 務 担 当 者 及 び 各 業 務 担 当 者 一 覧 表 3 外 部 の 協 力 者 がある 平 成 28 年 度 明 治 日 本 の 産 業 革 命 遺 産 情 報 発 信 アプリ 開 発 等 業 務 仕 様 書 1. 業 務 名 平 成 28 年 度 明 治 日 本 の 産 業 革 命 遺 産 情 報 発 信 アプリ 開 発 等 業 務 2. 目 的 2015 年 7 月 に 世 界 文 化 遺 産 に 登 録 された 明 治 日 本 の 産 業 革 命 遺 産 ( 以 下, 当 資 産

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20325F49524D2082CC82B28FD089EE2E7070745B93C782DD8EE682E890EA97705D205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20325F49524D2082CC82B28FD089EE2E7070745B93C782DD8EE682E890EA97705D205B8CDD8AB78382815B83685D> EMC Documentum IRM の ご 紹 介 EMCジャパン 株 式 会 社 インフォメーションインテリジェンス 事 業 本 部 1 EMCのアプローチ(1/2) 場 所 で 制 御 する 従 来 型 方 式 にプラスし, ファイルで 制 御 する 鍵 方 式 (Documentum IRM)を 採 用 することにより さらに 堅 牢 なセキュリティシステム を 実 現 場 所 で 制 御

More information

カ) SNS 機 能 の 導 入 連 携 キ) 日 本 語 英 語 の 二 カ 国 表 記 ク) 簡 易 版 のトップページの 作 成 ⅰ) 本 業 務 の 目 的 に 沿 ったWEBサイトの 全 体 構 成 を 検 討 提 案 し 作 成 すること ⅱ) Facebook や Instagram

カ) SNS 機 能 の 導 入 連 携 キ) 日 本 語 英 語 の 二 カ 国 表 記 ク) 簡 易 版 のトップページの 作 成 ⅰ) 本 業 務 の 目 的 に 沿 ったWEBサイトの 全 体 構 成 を 検 討 提 案 し 作 成 すること ⅱ) Facebook や Instagram 神 戸 国 際 フルート 音 楽 祭 WEBサイト 作 成 運 営 委 託 業 務 仕 様 書 1. 業 務 名 神 戸 国 際 フルート 音 楽 祭 WEBサイト 作 成 運 営 委 託 業 務 2. 業 務 目 的 平 成 29(2017) 年 5 月 25 日 から6 月 4 日 にかけて 神 戸 文 化 ホールにおいて 開 催 される 第 9 回 神 戸 国 際 フルートコンクール を 核

More information

Microsoft Word - 全婦連システム委託開発仕様書(募集用)

Microsoft Word - 全婦連システム委託開発仕様書(募集用) システム 委 託 開 発 仕 様 書 全 日 本 婦 人 子 供 服 工 業 組 合 連 合 会 1. 事 業 のテーマ クラウド 技 術 を 活 用 した 営 業 力 向 上 ツール 2. 開 発 の 目 的 とターゲット 組 合 員 企 業 の 業 務 効 率 化 と 販 売 戦 略 ツールとして 売 上 拡 大 3.システム 開 発 にかかわる 前 提 条 件 (1) 従 来 の 事 務 系

More information

目 次 第 1 業 務 名 1 第 2 業 務 の 目 的 1 第 3 全 体 仕 様 1 第 4 財 務 会 計 システム 導 入 業 務 仕 様 3 第 5 財 務 会 計 システム 保 守 業 務 仕 様 6 第 6 提 案 書 作 成 要 領 7 第 7 機 能 要 件 確 認 書 作 成

目 次 第 1 業 務 名 1 第 2 業 務 の 目 的 1 第 3 全 体 仕 様 1 第 4 財 務 会 計 システム 導 入 業 務 仕 様 3 第 5 財 務 会 計 システム 保 守 業 務 仕 様 6 第 6 提 案 書 作 成 要 領 7 第 7 機 能 要 件 確 認 書 作 成 砥 部 町 財 務 会 計 システム 更 新 事 業 仕 様 書 平 成 25 年 10 月 砥 部 町 企 画 財 政 課 目 次 第 1 業 務 名 1 第 2 業 務 の 目 的 1 第 3 全 体 仕 様 1 第 4 財 務 会 計 システム 導 入 業 務 仕 様 3 第 5 財 務 会 計 システム 保 守 業 務 仕 様 6 第 6 提 案 書 作 成 要 領 7 第 7 機 能 要

More information

システム 管 理 規 程 1 趣 旨... 4 2 対 象 者... 4 3 対 象 システム... 4 4 遵 守 事 項... 4 4.1 アカウントの 管 理... 4 4.1.1 アカウントの 作 成... 4 4.1.2 アカウントの 変 更... 5 4.1.3 不 要 となったアカウン

システム 管 理 規 程 1 趣 旨... 4 2 対 象 者... 4 3 対 象 システム... 4 4 遵 守 事 項... 4 4.1 アカウントの 管 理... 4 4.1.1 アカウントの 作 成... 4 4.1.2 アカウントの 変 更... 5 4.1.3 不 要 となったアカウン システム 管 理 規 程 1.0 版 1 システム 管 理 規 程 1 趣 旨... 4 2 対 象 者... 4 3 対 象 システム... 4 4 遵 守 事 項... 4 4.1 アカウントの 管 理... 4 4.1.1 アカウントの 作 成... 4 4.1.2 アカウントの 変 更... 5 4.1.3 不 要 となったアカウントの 削 除... 5 4.1.4 特 権 アカウントの 管

More information

Microsoft Word - SQL_Server_2014_Standard_jp.docx

Microsoft Word - SQL_Server_2014_Standard_jp.docx ロイヤリティ プログラム 専 コア (ISV サーバー ユーザー デバイス クライアント ライセンス アクセス ライセンス: ユーザーライセンス: 0 ライセンス: 0 以 ョンまたはアプリケーション 使 下 用 のライセンス 許 諾 契 約 書 条 項 は お スイートの 客 様 が 取 許 得 したマイクロソフト ソフトウェアが 付 随 するソフトウェア アプリケーシ ライセンス: 諾 以 下

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 重 点 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 評 価 書 名 9 個 人 住 民 税 関 係 事 務 重 点 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 個 人 住 民 税 関 係 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いにあたり 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱

More information

1 パソコン 周 辺 機 器 のドライバ 2 業 務 用 システムのソフトウェア 1 オンラインソフト 及 びオフラインソフトの 両 方 が 存 在 している 2 業 務 用 システムによって JAVA のバージョンが 異 なるソフトウェアが 混 在 してい る 3 USB 接 続 機 器 をユーザ

1 パソコン 周 辺 機 器 のドライバ 2 業 務 用 システムのソフトウェア 1 オンラインソフト 及 びオフラインソフトの 両 方 が 存 在 している 2 業 務 用 システムによって JAVA のバージョンが 異 なるソフトウェアが 混 在 してい る 3 USB 接 続 機 器 をユーザ ファイル 共 有 システムの 構 築 に 関 する 情 報 提 供 依 頼 RFI(Request For Information) 現 在 市 川 市 では 職 員 が 日 々の 業 務 で 作 成 する 電 子 文 書 の 情 報 改 ざんや 情 報 漏 洩 を 未 然 に 防 止 するた め アクセス 管 理 によるセキュリティ 面 が 強 化 できるファイル 共 有 システムの 構 築 を

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation トップエスイー 修 了 製 作 ユーザ 企 業 における 要 件 定 義 プロセスの 標 準 化 提 案 鹿 島 建 設 株 式 会 社 角 川 友 隆 t-sumikawa@kajima.com 修 了 製 作 テーマの 背 景 プロセス 改 善 検 討 課 題 業 務 プロセス 改 善 システム 開 発 プロセス 改 善 運 用 プロセス 改 善 システム 管 理 プロセス 改 善 基 盤 環

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 運 用 管 理 のプロが 教 えるHinemos 活 用 法 ~JBossやPostgreSQLを 対 象 としたミドルウェア 監 視 オプションやクラウド 型 Hinemosを 使 って~ 2015 年 2 月 27 日 株 式 会 社 アトミテック Copyright (c) 2015 Atomitech CORPORATION 1 内 容 会 社 概 要 JBoss 及 びPostgreSQLなどのミドルウエア

More information

0.はじめに NEC 情 報 システムズ(NIS)は NECグループのシステム 開 発 運 用 で 培 ったノウハウと 研 究 所 の 先 端 技 術 を 取 り 入 れたソリューション 提 供 により 数 多 くのお 客 様 の 課 題 解 決 をご 支 援 させて 頂 いております 設 計 段

0.はじめに NEC 情 報 システムズ(NIS)は NECグループのシステム 開 発 運 用 で 培 ったノウハウと 研 究 所 の 先 端 技 術 を 取 り 入 れたソリューション 提 供 により 数 多 くのお 客 様 の 課 題 解 決 をご 支 援 させて 頂 いております 設 計 段 企 業 間 部 門 間 情 報 共 有 プラットフォーム PROCENTER/C ご 紹 介 資 料 日 本 電 気 株 式 会 社 株 式 会 社 NEC 情 報 システムズ 0.はじめに NEC 情 報 システムズ(NIS)は NECグループのシステム 開 発 運 用 で 培 ったノウハウと 研 究 所 の 先 端 技 術 を 取 り 入 れたソリューション 提 供 により 数 多 くのお 客

More information

ノートをクラウドで 管 理 する [ 共 有 ] タブについて OneNote を 初 めて 起 動 すると クラウドに 接 続 するように 求 められ そのクラウドに 最 初 のノートブックが 作 成 されます OneNote では Microsoft アカウント (MSN Hotmail Mes

ノートをクラウドで 管 理 する [ 共 有 ] タブについて OneNote を 初 めて 起 動 すると クラウドに 接 続 するように 求 められ そのクラウドに 最 初 のノートブックが 作 成 されます OneNote では Microsoft アカウント (MSN Hotmail Mes クイック スタート ガイド Microsoft OneNote 2013 は レイアウトがこれまでのバージョンから 変 わりました このガイドは 少 しでも 早 く 慣 れることができるようにそれらの 違 いをまとめたものです タッチとマウスを 切 り 替 える タッチ デバイスで OneNote を 使 う 場 合 クイック アクセス ツール バーにこのスイッチを 追 加 できます リボンの 表

More information

8.5 操 作 に 関 するユーザからの 問 合 せへの 対 応 - - - 8.6 操 作 に 関 する 管 理 者 様 からの 問 合 せへの 対 応 - - 8.7 管 理 者 アカウント 閉 塞 時 のロック 解 除 依 頼 - - 8.8 管 理 者 アカウント 閉 塞 時 のロック 解

8.5 操 作 に 関 するユーザからの 問 合 せへの 対 応 - - - 8.6 操 作 に 関 する 管 理 者 様 からの 問 合 せへの 対 応 - - 8.7 管 理 者 アカウント 閉 塞 時 のロック 解 除 依 頼 - - 8.8 管 理 者 アカウント 閉 塞 時 のロック 解 ケータイ 快 作! ASPサービス 仕 様 書 本 サービスは ケータイ 快 作!ASP 利 用 契 約 の 規 約 条 項 に 従 い 提 供 いたします 1. サービスの 対 象 株 式 会 社 日 立 ソリューションズ クリエイトは お 客 様 に 対 し 以 下 のサービス 対 象 について 次 項 以 降 に 記 した 内 容 のサービスを 提 供 します サービス 名 ケータイ 快 作!

More information

<8250814493648E7190BF8B818EF39574835683588365838082C98AD682B782E94641512E786C73>

<8250814493648E7190BF8B818EF39574835683588365838082C98AD682B782E94641512E786C73> 障 害 者 自 立 支 援 給 付 支 払 等 システム に 関 するFAQ に 関 するFAQ 1 簡 易 入 力 システム 導 入 作 業 環 境 以 前 簡 易 入 力 ソフトの 仕 様 はMicrosoft Office Excel 2003(Service Pack2 以 降 )となっ ていましたが この 点 について 現 状 でも 変 更 はないのでしょうか Excel 2007 2002

More information

新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務 委 託 公 募 型 プロポーザル 仕 様 書 1 業 務 の 名 称 新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務 委 託 2 業 務 の 目 的 福 井 県 若 狭 町 における 就 農 の 魅 力 や 就 農 支 援 を 広 くPRし

新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務 委 託 公 募 型 プロポーザル 仕 様 書 1 業 務 の 名 称 新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務 委 託 2 業 務 の 目 的 福 井 県 若 狭 町 における 就 農 の 魅 力 や 就 農 支 援 を 広 くPRし 平 成 27 年 度 次 世 代 就 農 リーダー 育 成 事 業 新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務 委 託 公 募 型 プロポーザル 仕 様 書 平 成 27 年 11 月 福 井 県 若 狭 町 1 新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務 委 託 公 募 型 プロポーザル 仕 様 書 1 業 務 の 名 称 新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務

More information

F-Secure Anti-Virus for Mac 2014

F-Secure Anti-Virus for Mac 2014 F-Secure Anti-Virus for Mac 2014 目 次 2 目 次 第 1 章 : 製 品 を 使 用 するには...3 1.1 インストールした 後 に...4 1.1.1 ライセンスの 管 理...4 1.1.2 本 製 品 を 起 動 する...4 1.2 コンピュータの 保 護 状 況 を 確 認 するには...4 1.2.1 全 体 の 保 護 ステータスを 表 示 する...4

More information

Copyright 2009 Hewlett-Packard Development Company, L.P. Windows は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 およびその 他 の 国 における 登 録 商 標 です HP 製 品 およびサービスに 関 する 保

Copyright 2009 Hewlett-Packard Development Company, L.P. Windows は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 およびその 他 の 国 における 登 録 商 標 です HP 製 品 およびサービスに 関 する 保 バックアップおよび 復 元 ユーザー ガイド Copyright 2009 Hewlett-Packard Development Company, L.P. Windows は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 およびその 他 の 国 における 登 録 商 標 です HP 製 品 およびサービスに 関 する 保 証 は 当 該 製 品 およびサービスに 付 属 の 保

More information

Untitled

Untitled サイボウズ Office 9 for SaaS サービス 概 要 説 明 資 料 サイボウズ Office 9 for SaaS とは? 37,000 部 門 が 利 用 する 人 気 グループウェアを 沖 縄 クロス ヘッドが サーバが 要 らないSaaSサービス としてご 提 供 します SaaSを 利 用 する3つのメリット SaaS(Software as a Service) とは ソフトウェアの

More information

はじめに... 3 OTP 市 場 の 状 況... 3 市 場 の 促 進 要 因... 5 競 合 分 析... 6 EMC のセキュリティ 部 門 である RSA... 7 RSA の 主 要 な 業 績 促 進 要 因... 8 ブランド 認 知... 8 革 新 的 な 開 発 の 継 続

はじめに... 3 OTP 市 場 の 状 況... 3 市 場 の 促 進 要 因... 5 競 合 分 析... 6 EMC のセキュリティ 部 門 である RSA... 7 RSA の 主 要 な 業 績 促 進 要 因... 8 ブランド 認 知... 8 革 新 的 な 開 発 の 継 続 OTP(ワン タイム パスワード) 市 場 の 概 要 と 競 合 分 析 はじめに... 3 OTP 市 場 の 状 況... 3 市 場 の 促 進 要 因... 5 競 合 分 析... 6 EMC のセキュリティ 部 門 である RSA... 7 RSA の 主 要 な 業 績 促 進 要 因... 8 ブランド 認 知... 8 革 新 的 な 開 発 の 継 続... 8 サード パーティ

More information

(2) 業 務 処 理 過 程 における 意 思 決 定 の 迅 速 化 を 図 るためには 電 子 決 裁 機 能 を 活 用 することが 有 効 と 考 えられるが 未 だ 総 合 的 な 文 書 管 理 システムに おいて 電 子 決 裁 機 能 を 整 備 していない 府 省 がみられる ま

(2) 業 務 処 理 過 程 における 意 思 決 定 の 迅 速 化 を 図 るためには 電 子 決 裁 機 能 を 活 用 することが 有 効 と 考 えられるが 未 だ 総 合 的 な 文 書 管 理 システムに おいて 電 子 決 裁 機 能 を 整 備 していない 府 省 がみられる ま 文 書 管 理 業 務 の 業 務 システム 最 適 化 計 画 2007 年 ( 平 成 19 年 ) 4 月 13 日 2008 年 ( 平 成 20 年 )2 月 13 日 改 定 2009 年 ( 平 成 21 年 ) 8 月 28 日 改 定 2011 年 ( 平 成 23 年 )9 月 1 4 日 改 定 各 府 省 情 報 化 統 括 責 任 者 ( CIO) 連 絡 会 議 決 定

More information

( 別 紙 ) 政 府 情 報 システム 投 資 計 画 書. 内 閣 官 房 等 1 頁 -1. 内 閣 官 房 -2. 人 事 院 1 頁 9 頁 1. 内 閣 府 11 頁 1-1. 内 閣 府 本 府 1-2. 宮 内 庁 1-3. 警 察 庁 1-4. 金 融 庁 1-5. 消 費 者 庁 11 頁 17 頁 19 頁 25 頁 31 頁 2. 総 務 省 37 頁 3. 法 務 省 77

More information

管 理 画 面 へのアクセス 方 法 1. RAIDar を 実 行 し ストレージを 検 知 します ( 尚 既 に IP アドレスがわかっている 場 合 にはこのステップはスキップして 頂 いても 構 いません ) 対 象 のストレージを 選 択 し 管 理 者 ページ をクリックします MAC

管 理 画 面 へのアクセス 方 法 1. RAIDar を 実 行 し ストレージを 検 知 します ( 尚 既 に IP アドレスがわかっている 場 合 にはこのステップはスキップして 頂 いても 構 いません ) 対 象 のストレージを 選 択 し 管 理 者 ページ をクリックします MAC ReadyNAS OS6(6.x.x) 簡 易 使 用 方 法 前 提 条 件 : 初 期 設 定 (RAIDar インストール NAS 管 理 画 面 へのアクセス)が 完 了 していること 完 了 していない 方 はこちらを 参 照 願 います Windows での 操 作 方 法 となります ブラウザアクセス 以 降 は 他 の OS でも 共 通 です データ 保 存 方 法 ( 最 も 簡

More information

策 を 掲 載 し 検 索 閲 覧 することができるようにする 開 発 したサイトを 平 成 29 年 3 月 1 日 ( 水 )までに 公 開 する また 公 開 にあたっ て 2 月 初 旬 には 必 要 な 動 作 検 証 を 行 えるスケジュールとすること 機 能 設 計 構 築 の 内 容

策 を 掲 載 し 検 索 閲 覧 することができるようにする 開 発 したサイトを 平 成 29 年 3 月 1 日 ( 水 )までに 公 開 する また 公 開 にあたっ て 2 月 初 旬 には 必 要 な 動 作 検 証 を 行 えるスケジュールとすること 機 能 設 計 構 築 の 内 容 ( 仮 称 ) 草 津 市 子 育 て 応 援 サイトおよびアプリ 構 築 業 務 仕 様 書 1 業 務 名 ( 仮 称 ) 草 津 市 子 育 て 応 援 サイトおよびアプリ 構 築 業 務 2 履 行 期 間 システム 運 用 構 築 導 入 業 務 契 約 締 結 日 から 平 成 29 年 2 月 28 日 まで システム 利 用 にかかる 業 務 平 成 29 年 3 月 1 日 から

More information

Microsoft Word - 仕様書

Microsoft Word - 仕様書 住 まいの 情 報 一 元 化 ホームページ 制 作 等 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 名 住 まいの 情 報 一 元 化 ホームページ 制 作 等 業 務 2 期 間 契 約 締 結 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで 3 ホームページ 公 開 時 期 平 成 28 年 1 月 予 定 4 目 的 北 陸 新 幹 線 の 金 沢 開 業 により 交 流 人 口 が 増 え

More information

第26回国民文化祭京都府実行委員会

第26回国民文化祭京都府実行委員会 別 添 京 都 文 化 力 プロジェクト 2016-2020 ウェブサイト 作 成 指 針 2020 年 東 京 オリンピック パラリンピック 開 催 を 契 機 として 世 界 に 向 けて 日 本 及 び 京 都 の 文 化 芸 術 等 を 発 信 し 体 感 してもらう 京 都 文 化 力 プロジェクト 2016-2020( 以 下 京 都 文 化 力 プロジェクト という )を 国 内 外

More information

ワンタッチプライバシー ユーザーズマニュアル

ワンタッチプライバシー ユーザーズマニュアル ワンタッチプライバシー ユーザーズマニュアル B5FW-0341-01 Z0 目 次 マニュアルの 表 記... 3 1.ワンタッチプライバシーへようこそ... 4.ワンタッチプライバシーを 使 うための 準 備... 5-1. 初 回 起 動 時 の 設 定... 5 -. 起 動 時 のパスワード 入 力... 8 3.データを 登 録 する... 9 3-1. データを 登 録 するうえでの

More information

Microsoft Word - 成田市保全情報システム仕様書(案)

Microsoft Word - 成田市保全情報システム仕様書(案) 成 田 市 公 共 施 設 保 全 情 報 システム 構 築 業 務 委 託 仕 様 書 ( 案 ) 成 田 市 保 全 情 報 システム 構 築 業 務 委 託 の 主 な 業 務 内 容 及 びその 範 囲 は 本 仕 様 書 に 定 めるも のとする 1 件 名 成 田 市 公 共 施 設 保 全 情 報 システム 構 築 業 務 委 託 2 委 託 期 間 委 託 業 務 契 約 を 締 結

More information

屋外広告物管理システム システムフロー

屋外広告物管理システム システムフロー 屋 外 広 告 物 管 理 システムASPサービス 提 供 業 務 仕 様 書 目 次 1 屋 外 広 告 物 システムフロー 1 2 屋 外 広 告 物 管 理 システム 機 能 要 件 3 1 屋 外 広 告 物 管 理 3 (1) 屋 外 広 告 物 許 可 申 請 等 処 理 3 (2) 屋 外 広 告 物 データ 管 理 4 (3) 屋 外 広 告 物 催 促 管 理 5 (4) 屋 外

More information

ーがサーバーにファイルをアップロードしたり ファイルを 電 子 メールで 送 信 したために) 利 用 できるようになった 場 合 手 動 で 転 送 されたこれらのファイルにアクセスするユーザーまたはデバイスに CAL は 必 要 ありません 以 下 の 例 では 特 定 の 製 品 について 説

ーがサーバーにファイルをアップロードしたり ファイルを 電 子 メールで 送 信 したために) 利 用 できるようになった 場 合 手 動 で 転 送 されたこれらのファイルにアクセスするユーザーまたはデバイスに CAL は 必 要 ありません 以 下 の 例 では 特 定 の 製 品 について 説 ボリューム ライセンス 簡 易 ガイド マルチプレキシング ( 多 重 化 ) クライアント アクセス ライセンス (CAL) の 要 件 この 簡 易 ガイドは すべてのマイクロソフト ボリューム ライセンス プログラムに 適 用 されます 目 次 概 要... 1 この 簡 易 ガイドの 更 新 内 容... 1 詳 細... 1 Microsoft SQL Server... 2 Microsoft

More information

目 次 1. 提 案 依 頼 にあたって... 3 1.1. 本 件 の 目 的... 3 2. 岩 手 県 立 大 学 ウェブサイトリニューアルの 概 要... 3 2.1. 概 要... 3 2.2. スケジュールの 目 安... 3 2.3. 契 約 期 間... 3 2.4. 費 用...

目 次 1. 提 案 依 頼 にあたって... 3 1.1. 本 件 の 目 的... 3 2. 岩 手 県 立 大 学 ウェブサイトリニューアルの 概 要... 3 2.1. 概 要... 3 2.2. スケジュールの 目 安... 3 2.3. 契 約 期 間... 3 2.4. 費 用... 公 立 大 学 法 人 岩 手 県 立 大 学 岩 手 県 立 大 学 ウェブサイトリニューアル 業 務 に 係 る 提 案 仕 様 書 1 目 次 1. 提 案 依 頼 にあたって... 3 1.1. 本 件 の 目 的... 3 2. 岩 手 県 立 大 学 ウェブサイトリニューアルの 概 要... 3 2.1. 概 要... 3 2.2. スケジュールの 目 安... 3 2.3. 契 約 期

More information

返還金同意書作成支援ツール_操作説明書

返還金同意書作成支援ツール_操作説明書 20131101_ 東 北 厚 生 局 返 還 金 同 意 書 等 作 成 支 援 ツール 操 作 説 明 書 平 成 25 年 12 月 東 北 厚 生 局 1. はじめに 返 還 金 同 意 書 作 成 支 援 ツールは 保 険 医 療 機 関 及 び 保 険 薬 局 において 診 療 報 酬 を 誤 って 請 求 したこと 等 により 保 険 者 に 診 療 報 酬 を 返 還 する 場 合

More information

企 業 は 迅 速 かつレスポンシブな ITリソースを 求 めています 企 業 は 最 終 的 には 内 部 リソースと 外 部 のリソースを 統 合 し 可 能 な 限 り 最 高 のITプラットフォームを 活 用 するこ とを 望 んでいます 全 体 的 に クラウドサービスの 導 入 に より

企 業 は 迅 速 かつレスポンシブな ITリソースを 求 めています 企 業 は 最 終 的 には 内 部 リソースと 外 部 のリソースを 統 合 し 可 能 な 限 り 最 高 のITプラットフォームを 活 用 するこ とを 望 んでいます 全 体 的 に クラウドサービスの 導 入 に より カスタム テクノロジー 採 用 プロファイル Juniper Networks(ジュニパーネッ トワークス)からの 委 託 2014 年 4 月 ハイブリッド クラウドは ネットワークに 新 たな 需 要 をもたらす はじめに 現 在 のビジネスの 流 れに 合 わせて IT リソースは 費 用 効 果 が 高 い 組 み 合 わせのパブリックおよびプライベートのクラウド リソースが 必 要 となって

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 重 点 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 評 価 書 名 8 固 定 資 産 税 賦 課 に 関 する 事 務 重 点 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 松 山 市 は 固 定 資 産 税 賦 課 に 関 する 事 務 での 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いが 個 人 のプライバシー

More information

回 答 企 業 表 9-1 調 査 対 象 企 業 の 業 種 表 9-2 ユーザー 企 業 運 用 企 業 区 分 業 種 社 数 1 製 造 1(55%) 2 サービス 1(33%) 区 分 業 務 内 容 社 数 A1 ユーザー 企 業 コンピュータシステム 運 用 業 務 を アウトソーシン

回 答 企 業 表 9-1 調 査 対 象 企 業 の 業 種 表 9-2 ユーザー 企 業 運 用 企 業 区 分 業 種 社 数 1 製 造 1(55%) 2 サービス 1(33%) 区 分 業 務 内 容 社 数 A1 ユーザー 企 業 コンピュータシステム 運 用 業 務 を アウトソーシン ソフトウエアメトリックス2008 運 用 調 査 報 告 2008.4.16 日 本 情 報 システム ユーザー 協 会 1 回 答 企 業 表 9-1 調 査 対 象 企 業 の 業 種 表 9-2 ユーザー 企 業 運 用 企 業 区 分 業 種 社 数 1 製 造 1(55%) 2 サービス 1(33%) 区 分 業 務 内 容 社 数 A1 ユーザー 企 業 コンピュータシステム 運 用 業

More information

M-PESA ユーザーは 銀 行 の 窓 口 を 一 度 も 訪 れることなく 口 座 開 設 預 貯 金 ローンなどすべてのオンライン バン キングのサービスを 利 用 できます 面 倒 な 申 込 書 の 記 入 や 書 類 の 提 出 は 不 要 で ただサファリコム 社 の M-PESA に

M-PESA ユーザーは 銀 行 の 窓 口 を 一 度 も 訪 れることなく 口 座 開 設 預 貯 金 ローンなどすべてのオンライン バン キングのサービスを 利 用 できます 面 倒 な 申 込 書 の 記 入 や 書 類 の 提 出 は 不 要 で ただサファリコム 社 の M-PESA に Fiorano SOA Platform お 客 様 導 入 事 例 (2015 年 1 月 28 日 改 定 ) モバイル ネットワークへの Web サービス 公 開 コア バンキング 統 合 フレームワークとの 連 携 金 融 サービス : アフリカ 商 業 銀 行 行 (Commercial Bank of Africa) キーポイント モバイル バンキング サファリコム (Vodafone)

More information

産 農 産 物 の 地 産 地 消 の 推 進 と 置 賜 産 農 産 物 の 愛 用 運 動 を 実 施 することにより 置 賜 地 域 における 農 業 の 活 性 化 並 びに 地 域 の 活 性 化 を 図 ることを 目 的 に 平 成 年 度 に 設 立 したものである 設 立 以 降 生

産 農 産 物 の 地 産 地 消 の 推 進 と 置 賜 産 農 産 物 の 愛 用 運 動 を 実 施 することにより 置 賜 地 域 における 農 業 の 活 性 化 並 びに 地 域 の 活 性 化 を 図 ることを 目 的 に 平 成 年 度 に 設 立 したものである 設 立 以 降 生 おきたま 食 の 応 援 団 ウェブサイトの 作 成 及 び 運 用 仕 様 書 委 託 業 務 の 名 称 置 賜 産 農 産 物 愛 用 運 動 推 進 事 業 業 務 委 託 委 託 業 務 の 概 要 () 委 託 業 務 の 目 的 平 成 年 度 に 設 立 した おきたま 食 の 応 援 団 活 動 を 充 実 させるため おき たま 食 の 応 援 団 ウェブサイト( 以 下 本 サイト

More information

(Microsoft PowerPoint - \224z\225z\227p_CLC\213\244\215\303\203Z\203~\203i\201[_BRS_120424_Fin.pptx)

(Microsoft PowerPoint - \224z\225z\227p_CLC\213\244\215\303\203Z\203~\203i\201[_BRS_120424_Fin.pptx) EMC DISK LIBRARY for mainframe(dlm) 1 台 で 実 現 するメインフレーム 仮 想 テープソリューション ~ 業 界 最 速 メインフレーム 用 仮 想 テープ 装 置 EMCジャパン 株 式 会 社 BRS 事 業 本 部 2012/4/24 1 アジェンダ メインフレーム 物 理 テープ 装 置 の 課 題 メインフレームにおけるテープ 装 置 様 々な 使

More information

目 次 1 インストール 1.1 インストーラのダウンロード 1.2 セットアップ ウィザードの 起 動 1.3 CloudDisk のインストール 1.4 CloudDisk の 起 動 と 設 定 2 機 能 2.1 ファイル 転 送 (アップロード/ダウンロード) 2.2 操 作 中 ファイル

目 次 1 インストール 1.1 インストーラのダウンロード 1.2 セットアップ ウィザードの 起 動 1.3 CloudDisk のインストール 1.4 CloudDisk の 起 動 と 設 定 2 機 能 2.1 ファイル 転 送 (アップロード/ダウンロード) 2.2 操 作 中 ファイル CloudDisk 操 作 マニュアル ver.2.3 PC クライアント 版 株 式 会 社 目 次 1 インストール 1.1 インストーラのダウンロード 1.2 セットアップ ウィザードの 起 動 1.3 CloudDisk のインストール 1.4 CloudDisk の 起 動 と 設 定 2 機 能 2.1 ファイル 転 送 (アップロード/ダウンロード) 2.2 操 作 中 ファイルの 一

More information

Oracle Enterprise Managerを使用したOracle Application Serverの管理

Oracle Enterprise Managerを使用したOracle Application Serverの管理 Oracle Enterprise Manager を 使 用 した Oracle Application Server の 管 理 Oracle ホワイト ペーパー 2007 年 2 月 Oracle Enterprise Manager を 使 用 した Oracle Application Server の 管 理 はじめに グローバルな 競 合 が 要 求 されるあらゆる 企 業 では ミドルウェアに

More information

Microsoft Word - CloudNetworkingWP.docx

Microsoft Word - CloudNetworkingWP.docx クラウド ネットワー ーキング: 新 機 軸 のネットワー ーク 手 法 によるクラウド コンピューティング モデル 2010 年 第 1 四 半 期 1 Arista の Cloud Networking (クラウド ネットワーキング) クラウド コンピューティングの 登 場 で データセンター ネットワークのスループッ トや 耐 障 害 性 に 対 する 考 え 方 は 変 化 しました スケーラビリティ

More information

稼働率100%を目指す、OracleDB予兆監視

稼働率100%を目指す、OracleDB予兆監視 稼 働 率 100%を 目 指 す Oacl OracleDB 予 兆 監 視 日 本 エクセム 株 式 会 社 1 始 めに 提 案 の 背 景 予 兆 監 視 運 用 予 兆 監 視 の 概 要 と 効 果 トラブル 事 例 と 兆 候 分 析 予 兆 監 視 運 用 の 実 践 予 兆 監 視 運 用 の 導 入 事 例 + 安. 定. 運. 用. 2 提 案 の 背 景 : 現 状 の 運

More information

(3) サービスプランの 内 容 本 サービスプランの 基 本 内 容 は, 以 下 の 通 りとする 主 要 機 能 Web 入 稿 (シラバス 登 録 編 集 管 理, 教 員 情 報 登 録 編 集 管 理, 全 体 設 定 ) 自 動 組 版 (PDF 生 成 ) 最 低 利 用 期 間 1

(3) サービスプランの 内 容 本 サービスプランの 基 本 内 容 は, 以 下 の 通 りとする 主 要 機 能 Web 入 稿 (シラバス 登 録 編 集 管 理, 教 員 情 報 登 録 編 集 管 理, 全 体 設 定 ) 自 動 組 版 (PDF 生 成 ) 最 低 利 用 期 間 1 クラウド 型 シラバスシステム クラシラ 利 用 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 基 本 機 能 に 関 する 定 義 ) 本 規 約 において 用 いられる 語 の 定 義 は, 次 号 の 通 りとする Web 入 稿 シラバス 登 録 編 集 管 理 シラバスの 科 目 情 報 講 義 内 容 および 教 員 情 報 の 登 録 編 集 管 理 を Web 上 でおこな うサービス

More information

者 にご 連 絡 下 さい 切 替 に 要 する 期 間 は 切 替 日 が 1スマートメーターへの 取 替 工 事 が 必 要 となる 場 合 は 原 則 8 営 業 日 に 2 暦 日 を 加 えた 日 以 降 の 最 初 の 定 例 検 針 日 2 取 替 工 事 が 不 要 である 場 合

者 にご 連 絡 下 さい 切 替 に 要 する 期 間 は 切 替 日 が 1スマートメーターへの 取 替 工 事 が 必 要 となる 場 合 は 原 則 8 営 業 日 に 2 暦 日 を 加 えた 日 以 降 の 最 初 の 定 例 検 針 日 2 取 替 工 事 が 不 要 である 場 合 電 力 小 売 全 面 自 由 化 に 関 する 消 費 者 向 けのFAQについて 1. 概 要 項 目 (9 問 ) 以 下 の 内 容 は 詳 細 項 目 から 主 要 なものを 抜 粋 小 売 の 全 面 自 由 化 により 一 般 家 庭 にとって 何 が 変 わるのですか いつから 小 売 の 全 面 自 由 化 が 行 われるのですか 小 売 電 気 事 業 者 を 切 り 替 えるための

More information

スライド 1

スライド 1 戦 略 的 採 用 システム 中 途 採 用 向 けサービス 紹 介 資 料 2 戦 略 的 採 用 システムとは 戦 略 的 採 用 システムは 中 途 採 用 に 関 わる 情 報 の 管 理 だけでなく 採 用 活 動 の 集 計 分 析 及 び 採 用 予 算 の 管 理 までもカバーする 応 募 者 管 理 システムです 情 報 の 一 元 管 理 による 採 用 活 動 の 効 率 化

More information

プロキシサーバー 概 要 プロキシサーバーは 頻 繁 にアクセスされる Web ページの 内 容 をキャッシュ することで ネットワークトラフィックを 削 減 し エンドユーザーに 対 するレスポ ンスの 高 速 化 を 行 います Internet Explorer などのブラウザでもデータをキャ

プロキシサーバー 概 要 プロキシサーバーは 頻 繁 にアクセスされる Web ページの 内 容 をキャッシュ することで ネットワークトラフィックを 削 減 し エンドユーザーに 対 するレスポ ンスの 高 速 化 を 行 います Internet Explorer などのブラウザでもデータをキャ HDE Controller X 1-13. Proxyサーバー プロキシサーバー 概 要 プロキシサーバーは 頻 繁 にアクセスされる Web ページの 内 容 をキャッシュ することで ネットワークトラフィックを 削 減 し エンドユーザーに 対 するレスポ ンスの 高 速 化 を 行 います Internet Explorer などのブラウザでもデータをキャッシュしますが それを 利 用 できるのは

More information

<53474E834B83438368838983438393934B899E955C313230393236422E786C73>

<53474E834B83438368838983438393934B899E955C313230393236422E786C73> 緊 急 地 震 速 報 を 適 切 に 利 用 するために 必 要 な 受 信 端 末 の 機 能 及 び 配 信 能 力 に 関 するガイドライン ( 気 象 庁 平 3 年 月 日 公 開 ) への 対 応 状 況 高 度 利 用 者 向 け 緊 急 地 震 速 報 ( 予 報 ) 専 用 通 報 装 置 0 年 6 月 日 初 版 0 年 8 月 0 日 Ver.0 エヌ エス シー 株 式

More information

改 訂 履 歴 Ver 変 更 内 容 改 訂 日 1.0 初 版 H26.3.31 1.1 公 共 情 報 コモンズに 関 する 注 意 事 項 の 追 記 H26.6.10

改 訂 履 歴 Ver 変 更 内 容 改 訂 日 1.0 初 版 H26.3.31 1.1 公 共 情 報 コモンズに 関 する 注 意 事 項 の 追 記 H26.6.10 導 入 ガイドライン Ver.1.1 平 成 26 年 6 月 改 訂 履 歴 Ver 変 更 内 容 改 訂 日 1.0 初 版 H26.3.31 1.1 公 共 情 報 コモンズに 関 する 注 意 事 項 の 追 記 H26.6.10 - 目 次 - 1. はじめに... 3 2. 概 要... 3 2.1. 開 発 コンセプト... 3 (1) 人 命 にかかわる 初 動 の 災 害 対 応

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation オフィス 宅 ふぁいる 便 パッケージ 版 のご 紹 介 株 式 会 社 オージス 総 研 企 業 間 のファイル 交 換 における 課 題 セキュリティ 責 任 者 のニーズ 重 要 情 報 ファイルの 取 扱 いには 十 分 な 対 策 を 行 いたい 現 状 社 内 メールサーバで 転 送 ファイルの 容 量 制 限 は 実 施 しているものの 現 状 業 務 では 制 限 サイズを 超 えるファイルを

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208253814091E68E6C9594814093FC8E4481458C5F96F182CC8EE888F882AB2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208253814091E68E6C9594814093FC8E4481458C5F96F182CC8EE888F882AB2E646F63> 第 四 部 入 札 契 約 手 続 きについて 1 契 約 方 法 ( 調 達 先 選 定 方 法 ) 決 定 の 概 略 フロー 検 討 開 始 判 断 1 政 府 調 達 に 関 する 協 定 の 対 象 か? 判 断 2 特 例 政 令 の 随 意 契 約 事 由 に 該 当 するか? 判 断 3 地 方 自 治 法 施 行 令 の 随 意 契 約 事 由 に 該 当 するか? ( 少 額 随

More information

Untitled

Untitled VPN 接 続 の 設 定 AnyConnect 設 定 の 概 要, 1 ページ AnyConnect 接 続 エントリについて, 2 ページ ハイパーリンクによる 接 続 エントリの 追 加, 2 ページ 手 動 での 接 続 エントリの 追 加, 3 ページ ユーザ 証 明 書 について, 4 ページ ハイパーリンクによる 証 明 書 のインポート, 5 ページ 手 動 での 証 明 書 のインポート,

More information

サイボウズ Office 8 ファイル管理マニュアル

サイボウズ Office 8 ファイル管理マニュアル ファイル 管 理 マニュアル Copyright (C) 20 10 Cybozu, Inc. 目 次 管 理 者 マニュアル はじめに 1 ファイル 管 理 のシステム 管 理 について 2 システム 管 理 の 設 定 ファイル 管 理 の 一 般 設 定 を 変 更 する 3 フォルダにアクセス 権 を 設 定 する 5 ファイルサイズの 制 限 を 設 定 する 6 ファイルを 一 括 削

More information

管理者ガイド

管理者ガイド 用 紙 とお 気 に 入 り バージョン 5.1 管 理 者 ガイド 2016 年 7 月 www.lexmark.com 内 容 2 内 容 変 更 履 歴... 3 概 要... 4 アプリケーションの 設 定... 5 内 蔵 Web サーバーにアクセスする... 5 ブックマークの 設 定... 5 アプリケーションアイコンをカスタマイズする... 5 設 定 ファイルをインポートまたはエクスポートする...

More information

1 目 的 秦 野 市 公 式 ホームページは 平 成 24 年 2 月 にコンテンツマネジメントシ ステム( 以 下 CMS という )を 導 入 して 以 来 各 課 等 でページの 更 新 を 行 っており 全 ページで 統 一 感 のある 見 やすい 分 かりやすいページの 提 供 に 努

1 目 的 秦 野 市 公 式 ホームページは 平 成 24 年 2 月 にコンテンツマネジメントシ ステム( 以 下 CMS という )を 導 入 して 以 来 各 課 等 でページの 更 新 を 行 っており 全 ページで 統 一 感 のある 見 やすい 分 かりやすいページの 提 供 に 努 平 成 28 年 度 秦 野 市 公 式 ホームページ 管 理 シス テム 更 新 及 び 保 守 委 託 業 務 ( 長 期 継 続 契 約 ) 仕 様 書 1 目 的 秦 野 市 公 式 ホームページは 平 成 24 年 2 月 にコンテンツマネジメントシ ステム( 以 下 CMS という )を 導 入 して 以 来 各 課 等 でページの 更 新 を 行 っており 全 ページで 統 一 感 のある

More information

目 次 1. 委 託 業 務 の 目 的 業 務 概 要 体 制 に 関 する 要 件 委 託 業 務 内 容 委 託 業 務 移 行 期 間 業 務 委 託 継 続 可 否 の 判 断 について 記

目 次 1. 委 託 業 務 の 目 的 業 務 概 要 体 制 に 関 する 要 件 委 託 業 務 内 容 委 託 業 務 移 行 期 間 業 務 委 託 継 続 可 否 の 判 断 について 記 公 立 鳥 取 環 境 大 学 学 内 情 報 システム 運 用 管 理 業 務 委 託 要 求 仕 様 書 平 成 28 年 6 月 公 立 大 学 法 人 公 立 鳥 取 環 境 大 学 目 次 1. 委 託 業 務 の 目 的... 2 2. 業 務 概 要... 2 3. 体 制 に 関 する 要 件... 4 4. 委 託 業 務 内 容... 5 5. 委 託 業 務 移 行 期 間...

More information

Webアプリケーション脆弱性診断 ~WebSiteScan Pro~

Webアプリケーション脆弱性診断 ~WebSiteScan Pro~ エヌシーアイ Webアプリケーション 脆 弱 性 診 断 について ~WebSiteScan~ エヌシーアイ 株 式 会 社 の Webアプリケーション 脆 弱 性 診 断 とは? エヌシーアイ 株 式 会 社 のWebアプリケーション 診 断 とは WEBサイト 新 設 もしくはリニューア ル 時 のセキュリティ 診 断 として 広 くご 利 用 頂 いております SaaS 型 サービスの 為 お

More information

(6)パスワード 正 当 な 利 用 者 であることを 識 別 認 証 するために 使 用 される 文 字 列 情 報 をいう (7)アクセス コンピュータ ネットワーク 及 び 情 報 システムを 通 じて データの 検 索 入 力 更 新 消 去 等 を 行 うことをいう (8) 不 正 アクセ

(6)パスワード 正 当 な 利 用 者 であることを 識 別 認 証 するために 使 用 される 文 字 列 情 報 をいう (7)アクセス コンピュータ ネットワーク 及 び 情 報 システムを 通 じて データの 検 索 入 力 更 新 消 去 等 を 行 うことをいう (8) 不 正 アクセ 情 報 セキュリティ 対 策 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 草 加 市 の 情 報 資 産 に 関 するセキュリティ 対 策 の 考 え 方 を 示 した 草 加 市 情 報 セキュリティ 基 本 方 針 ( 平 成 27 年 3 月 25 日 制 定 以 下 基 本 方 針 という )に 基 づき 当 該 セキュリティ 対 策 の 有 効 性 効 率 性 の 確 保 を 目 的 として

More information

ウ 既 存 のホームページからのデータの 移 行 の 際 は 最 新 の 情 報 へ 更 新 なお 既 存 の 観 光 情 報 等 に 不 足 する 項 目 があれば 収 集 したうえで 移 行 すること エ 写 真 その 他 のコンテンツ 及 びその 利 用 に 必 要 な 権 利 は 受 託 者

ウ 既 存 のホームページからのデータの 移 行 の 際 は 最 新 の 情 報 へ 更 新 なお 既 存 の 観 光 情 報 等 に 不 足 する 項 目 があれば 収 集 したうえで 移 行 すること エ 写 真 その 他 のコンテンツ 及 びその 利 用 に 必 要 な 権 利 は 受 託 者 出 水 市 観 光 情 報 サイト 構 築 業 務 仕 様 書 第 1 委 託 業 務 名 出 水 市 観 光 情 報 サイト 構 築 業 務 ( 以 下 本 業 務 という ) 第 2 委 託 業 務 の 目 的 出 水 市 の 観 光 情 報 サイト( 以 下 観 光 情 報 サイト という )の 日 本 語 サイトを 構 築 するとともに 英 語 韓 国 語 中 国 語 ( 繁 体 字 のみ

More information

慎 重 な 取 扱 いが 求 められる 個 人 番 号 マイナンバー( 個 人 番 号 )はe-TAXのように 個 人 が 特 に 希 望 し た 場 合 にのみ 利 用 されるものではなく 国 民 の 意 志 と 関 係 なく 政 府 や 地 方 公 共 団 体 とデジタル 的 に 結 ばれ 使

慎 重 な 取 扱 いが 求 められる 個 人 番 号 マイナンバー( 個 人 番 号 )はe-TAXのように 個 人 が 特 に 希 望 し た 場 合 にのみ 利 用 されるものではなく 国 民 の 意 志 と 関 係 なく 政 府 や 地 方 公 共 団 体 とデジタル 的 に 結 ばれ 使 . 事 業 者 が 備 えるべき マイナンバー 対 応 のポイント 平 成 2 7 年 5 月 1 5 日 JIPDEC( 一 般 財 団 法 人 日 本 情 報 経 済 社 会 推 進 協 会 ) マイナンバー 対 応 プロジェクト 室 慎 重 な 取 扱 いが 求 められる 個 人 番 号 マイナンバー( 個 人 番 号 )はe-TAXのように 個 人 が 特 に 希 望 し た 場 合 にのみ

More information

プロフィール 執 役 員 IT 本 部 (CIO) 出 口 剛 也 1989 年 住 友 銀 ( 現 三 井 住 友 銀 ) 第 四 次 総 合 オンラインシステムの 企 画 開 発 さくら 銀 との 合 併 に 伴 うシステム 統 合 SMFGグループIT 会 社 の 設 等 2008 年 三 井

プロフィール 執 役 員 IT 本 部 (CIO) 出 口 剛 也 1989 年 住 友 銀 ( 現 三 井 住 友 銀 ) 第 四 次 総 合 オンラインシステムの 企 画 開 発 さくら 銀 との 合 併 に 伴 うシステム 統 合 SMFGグループIT 会 社 の 設 等 2008 年 三 井 ジャパンネット 銀 における パブリッククラウド 活 用 の 取 組 について 2016 年 6 月 1 日 執 役 員 IT 本 部 (CIO) 出 口 剛 也 IT 統 括 部 部 二 宮 賢 治 注 意 事 項 本 資 料 はジャパンネット 銀 および 関 係 社 以 外 の 第 三 者 への 提 供 開 は 禁 記 載 内 容 の 転 載 は 禁 します 1 プロフィール 執 役 員 IT

More information

(Microsoft Word - SLA_\227\232\227\360\202\310\202\265_.doc)

(Microsoft Word - SLA_\227\232\227\360\202\310\202\265_.doc) 別 紙 A 別 表 1 サービス サービスの 内 容 本 サービスの 種 類 及 び 内 容 は 以 下 のとおりとし 機 能 の 詳 細 は 当 社 が 契 約 者 に 提 供 する 操 作 解 説 書 によるものとします 基 本 サービス Bizca サービス(グループウェア) の 内 容 サービス 概 要 基 本 サービスで 提 供 されるサービス 設 備 監 視 Ping による 死 活 監

More information

第 二 章 政 府 機 関 の 情 報 セキュリティ 対 策 のための 基 本 指 針 (リスク 評 価 ) 第 三 条 各 府 省 庁 は 別 に 定 める 政 府 機 関 の 情 報 セキュリティ 対 策 における 政 府 機 関 統 一 管 理 基 準 及 び 政 府 機 関 統 一 技 術

第 二 章 政 府 機 関 の 情 報 セキュリティ 対 策 のための 基 本 指 針 (リスク 評 価 ) 第 三 条 各 府 省 庁 は 別 に 定 める 政 府 機 関 の 情 報 セキュリティ 対 策 における 政 府 機 関 統 一 管 理 基 準 及 び 政 府 機 関 統 一 技 術 政 府 機 関 の 情 報 セキュリティ 対 策 のための 統 一 規 範 平 成 23 年 4 月 21 日 平 成 24 年 4 月 26 日 改 定 情 報 セキュリティ 政 策 会 議 決 定 第 一 章 目 的 及 び 対 象 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 政 府 機 関 の 情 報 セキュリティ 対 策 のための 基 本 指 針 ( 第 三 条 第 四 条 ) 第 三 章

More information

スライド 1

スライド 1 株 式 会 社 TCSI 本 資 料 記 載 の 情 報 は 本 資 料 が 作 成 された 時 点 の 情 報 に 基 づいております 変 更 される 可 能 性 がございますので 予 めご 理 解 ご 了 承 の 程 お 願 い 申 し 上 げます 情 報 漏 洩 事 故 の 企 業 が 何 らかの 情 報 セキュリティ 事 故 を 経 験 (IPAの2015 年 の 実 態 調 査 ) 大 手

More information

TITLE 44 POINT VERDANA ALL CAPS

TITLE  44 POINT VERDANA ALL CAPS 暗 号 化 の 要 点 とトークナイ ゼーションに 向 けたロードマップ (PCI DSS 要 件 3 審 査 範 囲 縮 小 ) EMCジャパン 株 式 会 社 RSA 事 業 本 部 マーケティング 部 シニア マーケティング プログラム マネージャー 関 真 (makoto.seki@rsa.com) 2012 年 7 月 25 日 1 キーワード 多 重 的 セキュリティ データ 保 護 へのロードマップ

More information

日経電子版におけるAWSとその周辺サービスの活用事例

日経電子版におけるAWSとその周辺サービスの活用事例 AWS Cloud Storage & DB Day 2014 2014/9/9 日 経 電 子 版 におけるAWSと その 周 辺 サービスの 活 用 事 例 日 本 経 済 新 聞 社 デジタル 編 成 局 白 銀 傑 (システム サービス 開 発 担 当 ) Agenda 日 経 とウェブサービス 日 経 電 子 版 のご 紹 介 電 子 版 モバイルでAWSを 採 用 AWSを 採 用 した

More information