自 衛 隊 防 衛 問 題 に 対 する 関 心 () 自 衛 隊 や 防 衛 問 題 に 対 する 関 心 問 あなたは 自 衛 隊 や 防 衛 問 題 に 関 心 がありますか この 中 からつだけお 答 えください 平 成 4 平 成 7 関 心 がある( 小 計 ) 69.8% 7.5% 非

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "自 衛 隊 防 衛 問 題 に 対 する 関 心 () 自 衛 隊 や 防 衛 問 題 に 対 する 関 心 問 あなたは 自 衛 隊 や 防 衛 問 題 に 関 心 がありますか この 中 からつだけお 答 えください 平 成 4 平 成 7 関 心 がある( 小 計 ) 69.8% 7.5% 非"

Transcription

1 自 衛 隊 防 衛 問 題 に 関 する 世 論 調 査 の 概 要 調 査 対 象 全 国 0 歳 以 上 の 日 本 国 籍 を 有 する 者 3,000 人 有 効 回 収 数,680 人 ( 回 収 率 56.0%) 平 成 7 3 内 閣 府 政 府 広 報 室 調 査 時 期 平 成 7 8 日 ~ 8 日 ( 調 査 員 による 個 別 面 接 聴 取 ) 調 査 目 的 自 衛 隊 防 衛 問 題 に 関 する 国 民 の 意 識 を 調 査 し, 今 後 の 施 策 の 参 考 とする 調 査 項 目 自 衛 隊 防 衛 問 題 に 対 する 関 心 自 衛 隊 に 対 する 印 象 3 防 衛 体 制 についての 考 え 方 4 自 衛 隊 の 役 割 と 活 動 に 対 する 意 識 5 防 衛 についての 意 識 6 日 本 の 防 衛 のあり 方 に 関 する 意 識 調 査 実 績 自 衛 隊 防 衛 問 題 に 関 する 世 論 調 査 ( 平 成 4, 平 成, 平 成 8, 平 成 5, 平 成, 平 成 9, 平 成 6, 平 成 3, 昭 和 63, 昭 和 59, 昭 和 56, 昭 和 53, 昭 和 50 0, 昭 和 47 調 査 ) 自 衛 隊 に 関 する 世 論 調 査 ( 昭 和 44 9 調 査 ) ( 平 成 8 度 の 調 査 から, 調 査 対 象 者 に 調 査 主 体 が 内 閣 府 であることを 提 示 した 上 で 実 施 ) 本 資 料 では 過 去 の 調 査 結 果 との 比 較 において 統 計 学 的 に 有 意 差 ( 信 頼 度 95%)が 認 めら れる 回 答 については ( 増 ) または ( 減 ) と 記 載 している

2 自 衛 隊 防 衛 問 題 に 対 する 関 心 () 自 衛 隊 や 防 衛 問 題 に 対 する 関 心 問 あなたは 自 衛 隊 や 防 衛 問 題 に 関 心 がありますか この 中 からつだけお 答 えください 平 成 4 平 成 7 関 心 がある( 小 計 ) 69.8% 7.5% 非 常 に 関 心 がある 6.0% 9.4%( 増 ) ある 程 度 関 心 がある 53.8% 5.% 関 心 がない( 小 計 ) 9.% 8.% あまり 関 心 がない 4.3%.9% 全 く 関 心 がない 4.9% 5.% 関 心 がある( 小 計 )7.5 関 心 がない( 小 計 )8. 非 常 に 関 心 がある ある 程 度 関 心 がある あまり 関 心 がない 全 く 関 心 がない 総 数 (,680 人 ) 齢 ~ 9 歳 ( 6 人 ) ~ 39 歳 ( 50 人 ) ~ 49 歳 ( 65 人 ) ~ 59 歳 ( 46 人 ) 歳 以 上 ( 37 人 ) 関 心 がある( 注 ) 関 心 がない 昭 和 平 成 今 回 調 査 ( 注 ) 昭 和 59 調 査 までは, 非 常 に 関 心 がある と 少 し 関 心 がある の 合 計 となっている

3 ア 自 衛 隊 や 防 衛 問 題 に 関 心 がある 理 由 更 問 ( 問 で 非 常 に 関 心 がある, ある 程 度 関 心 がある と 答 えた 方 (,0 人 )に) その 理 由 は 何 ですか この 中 からつだけお 答 えください 平 成 4 平 成 7 日 本 の 平 和 と 独 立 に 係 わる 問 題 だから 39.4% 46.%( 増 ) 国 際 社 会 の 安 定 に 係 わる 問 題 だから 9.% 9.8% 大 規 模 災 害 など 各 種 事 態 への 対 応 などで 国 民 生 活 に 密 接 な 係 わりを 持 つから 34.0% 6.5%( 減 ) マスコミなどで 話 題 になることが 多 いから.5%.4% 国 民 の 税 金 を 使 っているから 3.6% 3.3% 自 衛 隊 は 必 要 ないから % 0.7% ( 自 衛 隊 や 防 衛 問 題 に 非 常 に 関 心 がある, ある 程 度 関 心 がある と 答 えた 者 に) 日 本 の 平 和 と 独 立 に 係 わる 問 題 だ から 国 際 社 会 の 安 定 に 係 わ る 問 題 だか ら 大 規 模 災 害 など 各 種 事 態 への 対 応 な どで 国 民 生 活 に 密 接 なかかわりを 持 つから( 注 ) マスコミなど で 話 題 になる ことが 多 いか ら 国 民 の 税 金 を 使 ってい るから 自 衛 隊 は 必 要 ない から その 他 今 回 調 査 (,0 人 ) 平 成 4 調 査 (,3 人 ) 平 成 調 査 (,53 人 ) 平 成 8 調 査 (,7 人 ) 平 成 5 調 査 (,63 人 ) 平 成 調 査 (,00 人 ) 平 成 9 調 査 (,05 人 ) 男 性 ( 637 人 ) 女 性 ( 565 人 ) 齢 ~ 9 歳 ( 96 人 ) ~ 39 歳 ( 50 人 ) ~ 49 歳 ( 74 人 ) ~ 59 歳 ( 88 人 ) ~ 69 歳 ( 30 人 ) 歳 以 上 ( 93 人 ) ( 注 ) 平 成 9 調 査 では, 災 害 救 援 活 動 などで 国 民 生 活 に 密 接 な 係 わりを 持 つから となっている

4 イ 自 衛 隊 や 防 衛 問 題 に 関 心 がない 理 由 更 問 ( 問 で あまり 関 心 がない, 全 く 関 心 がない と 答 えた 方 (473 人 )に) その 理 由 は 何 ですか この 中 からつだけお 答 えください 平 成 4 平 成 7 差 し 迫 った 軍 事 的 脅 威 が 存 在 しないから 7.7% 0.3% 自 衛 隊 は 必 要 ないから.% 3.0% 自 分 の 生 活 に 関 係 ないから 30.7% 30.4% 自 衛 隊 や 防 衛 問 題 についてよくから 46.7% 43.6% ( 自 衛 隊 や 防 衛 問 題 に あまり 関 心 がない, 全 く 関 心 がない と 答 えた 者 に) 差 し 迫 った 軍 事 的 脅 威 が 存 在 しな いから 自 衛 隊 は 必 要 ない から 自 分 の 生 活 に 関 係 ないから 自 衛 隊 や 防 衛 問 題 についてよくわか らないから その 他 総 数 ( 473 人 ) 男 性 ( 68 人 ) 女 性 ( 305 人 ) 齢 ~ 9 歳 ( 65 人 ) ~ 39 歳 ( 99 人 ) ~ 49 歳 ( 9 人 ) ~ 59 歳 ( 57 人 ) ~ 69 歳 ( 86 人 ) 歳 以 上 ( 75 人 ) ( 自 衛 隊 や 防 衛 問 題 に あまり 関 心 がない, 全 く 関 心 がない と 答 えた 者 に) 自 衛 隊 や 防 衛 問 題 について よくから 自 分 の 生 活 に 関 係 ないから 差 し 迫 った 軍 事 的 脅 威 が 存 在 しないから 自 衛 隊 は 必 要 ないから 0 平 成 今 回 調 査 3

5 自 衛 隊 に 対 する 印 象 () 自 衛 隊 に 対 する 印 象 問 全 般 的 に 見 てあなたは 自 衛 隊 に 対 して 良 い 印 象 を 持 っていますか,それとも 悪 い 印 象 を 持 っていますか この 中 からつだけお 答 えください 平 成 4 平 成 7 良 い 印 象 を 持 っている( 小 計 ) 9.7% 9.% 良 い 印 象 を 持 っている 37.5% 4.4%( 増 ) どちらかといえば 良 い 印 象 を 持 っている 54.% 5%( 減 ) 悪 い 印 象 を 持 っている( 小 計 ) 5.3% 4.8% どちらかといえば 悪 い 印 象 を 持 っている 4.5% 4.% 悪 い 印 象 を 持 っている % 0.7% 良 い 印 象 を 持 っている ( 小 計 )9. 悪 い 印 象 を 持 っている ( 小 計 )4.8 良 い 印 象 を 持 っている どちらかといえば 良 い 印 象 を 持 っている どちらかといえば 悪 い 印 象 を 持 っている 悪 い 印 象 を 持 っている 今 回 調 査 (,680 人 ) 齢 ~ 9 歳 ( 6 人 ) ~ 39 歳 ( 50 人 ) ~ 49 歳 ( 65 人 ) ~ 59 歳 ( 46 人 ) 歳 以 上 ( 37 人 ) 良 い 印 象 を 持 っている( 注 ) 悪 い 印 象 を 持 っている( 注 ) 昭 和 平 成 今 回 調 査 ( 注 ) 平 成 8 調 査 までは, 良 い 印 象 を 持 っている と 悪 い 印 象 は 持 っていない の 合 計 となっている ( 注 ) 平 成 8 調 査 までは, 良 い 印 象 は 持 っていない と 悪 い 印 象 を 持 っている の 合 計 となっている 4

6 3 防 衛 体 制 についての 考 え 方 () 自 衛 隊 の 防 衛 力 問 3 全 般 的 に 見 て 日 本 の 自 衛 隊 は 増 強 した 方 がよいと 思 いますか, 今 の 程 度 でよいと 思 います か,それとも 縮 小 した 方 がよいと 思 いますか この 中 からつだけお 答 えください 平 成 4 平 成 7 増 強 した 方 がよい 4.8% 9.9%( 増 ) 今 の 程 度 でよい 60.0% 59.% 縮 小 した 方 がよい 6.% 4.6%( 減 ) 増 強 した 方 がよい 今 の 程 度 でよい 縮 小 した 方 がよい 総 数 (,680 人 ) 齢 ~ 9 歳 ( 6 人 ) ~ 39 歳 ( 50 人 ) ~ 49 歳 ( 65 人 ) ~ 59 歳 ( 46 人 ) 歳 以 上 ( 37 人 ) 図 9 自 衛 隊 の 防 衛 力 ( 時 系 列 ) 今 の 程 度 でよい 増 強 した 方 がよい 平 成 3 ( 注 ) 縮 小 した 方 がよい( 注 ) 今 回 調 査 4.6 ( 注 ) 平 成 3 調 査 では, それでは, 全 般 的 に 見 て 日 本 の 自 衛 隊 はもっと 増 強 した 方 がよいと 思 いますか, 今 の 程 度 でよいと 思 いますか,それとも 今 より 少 なくてよいと 思 いますか と 聞 いている ( 注 ) 平 成 3 調 査 では, 今 より 少 なくてよい となっている 5

7 4 自 衛 隊 の 役 割 と 活 動 に 対 する 意 識 () 自 衛 隊 が 存 在 する 目 的 問 4 自 衛 隊 には 各 種 の 任 務 や 仕 事 が 与 えられていますが,あなたは 自 衛 隊 が 存 在 する 目 的 は 何 だと 思 いますか この 中 からいくつでもあげてください ( 複 数 回 答 ) ( 上 位 4 項 目 ) 平 成 4 平 成 7 災 害 派 遣 ( 災 害 の 時 の 救 援 活 動 や 緊 急 の 患 者 輸 送 など) 8.9% 8.9% 国 の 安 全 の 確 保 ( 周 辺 海 空 域 における 安 全 確 保, 島 嶼 部 に 対 する 攻 撃 への 対 応 など) 74.3% 国 内 の 治 安 維 持 47.9% 5.8%( 増 ) 国 際 平 和 協 力 活 動 への 取 組 ( 国 連 PKOや 国 際 緊 急 援 助 活 動 など) 48.8% 4.%( 減 ) ( 複 数 回 答 ) 災 害 派 遣 ( 災 害 の 時 の 救 援 活 動 や 緊 急 の 患 者 輸 送 など) 国 の 安 全 の 確 保 ( 周 辺 海 空 域 における 安 全 確 保, 島 嶼 部 に 対 する 攻 撃 への 対 応 な ど) 74.3 国 内 の 治 安 維 持 国 際 平 和 協 力 活 動 への 取 組 ( 国 連 PKO や 国 際 緊 急 援 助 活 動 など) 弾 道 ミ サ イ ル 攻 撃 へ の 対 応 民 生 協 力 ( 土 木 工 事, 国 民 体 育 大 会 の 支 援, 不 発 弾 の 処 理 など) 海 賊 対 処 行 動 (ソマリア 沖,アデン 湾 に おいて, 民 間 船 舶 を 海 賊 行 為 から 防 護 す る 取 組 注 ) 防 衛 協 力 交 流 の 推 進 ( 各 国 防 衛 当 局 と の 会 談 協 議 や 共 同 訓 練 の 実 施, 防 衛 装 備 協 力 など) サイバー 空 間 の 安 定 利 用 への 貢 献 (サイ バー 攻 撃 への 対 処 など) 軍 備 管 理 軍 縮, 不 拡 散 の 努 力 への 協 力 能 力 構 築 支 援 ( 安 全 保 障 防 衛 関 連 分 野 における 途 上 国 の 能 力 を 向 上 させる 取 組 ) 国 の 安 全 確 保 ( 外 国 からの 侵 略 の 防 止 ) 不 審 船 や 武 装 工 作 員 へ の 対 応 そ の 他 特 に な い わ か ら な い 今 回 調 査 (N=,680 人,M.T.=398.0%) 平 成 4 調 査 (N=,893 人,M.T.=369.4%) ( 注 ) 平 成 4 調 査 では, 海 賊 対 処 (ソマリア 沖,アデン 湾 において, 民 間 船 舶 を 海 賊 行 為 から 防 護 する 取 組 ) となっている 調 査 をしていない 項 目 6

8 () 自 衛 隊 が 今 後 力 を 入 れていく 面 問 5 それでは, 自 衛 隊 は 今 後 どのような 面 に 力 を 入 れていったらよいと 思 いますか この 中 か らいくつでもあげてください ( 複 数 回 答 ) ( 上 位 4 項 目 ) 平 成 4 平 成 7 災 害 派 遣 ( 災 害 の 時 の 救 援 活 動 や 緊 急 の 患 者 輸 送 など) 76.3% 7.3%( 減 ) 国 の 安 全 の 確 保 ( 周 辺 海 空 域 における 安 全 確 保, 島 嶼 部 に 対 する 攻 撃 への 対 応 など) 69.9% 国 内 の 治 安 維 持 4.7% 48.8%( 増 ) 国 際 平 和 協 力 活 動 への 取 組 ( 国 連 PKOや 国 際 緊 急 援 助 活 動 など) 43.5% 35.7%( 減 ) ( 複 数 回 答 ) 災 害 派 遣 ( 災 害 の 時 の 救 援 活 動 や 緊 急 の 患 者 輸 送 など) 国 の 安 全 の 確 保 ( 周 辺 海 空 域 における 安 全 確 保, 島 嶼 部 に 対 する 攻 撃 への 対 応 な ど) 69.9 国 内 の 治 安 維 持 国 際 平 和 協 力 活 動 への 取 組 ( 国 連 PKO や 国 際 緊 急 援 助 活 動 など) 弾 道 ミ サ イ ル 攻 撃 へ の 対 応 民 生 協 力 ( 土 木 工 事, 国 民 体 育 大 会 の 支 援, 不 発 弾 の 処 理 など) 防 衛 協 力 交 流 の 推 進 ( 各 国 防 衛 当 局 と の 会 談 協 議 や 共 同 訓 練 の 実 施, 防 衛 装 備 協 力 など) 海 賊 対 処 行 動 (ソマリア 沖,アデン 湾 に おいて, 民 間 船 舶 を 海 賊 行 為 から 防 護 す る 取 組 注 ) サイバー 空 間 の 安 定 利 用 への 貢 献 (サイ バー 攻 撃 への 対 処 など) 軍 備 管 理 軍 縮, 不 拡 散 の 努 力 への 協 力 能 力 構 築 支 援 ( 安 全 保 障 防 衛 関 連 分 野 における 途 上 国 の 能 力 を 向 上 させる 取 組 ) 宇 宙 空 間 の 安 定 利 用 へ の 貢 献 国 の 安 全 の 確 保 ( 外 国 からの 侵 略 の 防 止 ) 7.5 不 審 船 や 武 装 工 作 員 へ の 対 応 特 に な い そ の 他 わ か ら な い 今 回 調 査 (N=,680 人,M.T.=356.4%) 平 成 4 調 査 (N=,893 人,M.T.=36.3%) ( 注 ) 平 成 4 調 査 では, 海 賊 対 処 (ソマリア 沖,アデン 湾 において, 民 間 船 舶 を 海 賊 行 為 から 防 護 する 取 組 ) となっている 調 査 をしていない 項 目 7

9 (3) 自 衛 隊 の 災 害 派 遣 活 動 に 対 する 評 価 問 6 自 衛 隊 が 今 までに 実 施 してきた 災 害 派 遣 活 動 について,あなたはどのように 評 価 していま すか この 中 からつだけお 答 えください 平 成 7 評 価 する( 小 計 ) 98.0% 大 いに 評 価 する 64.9% ある 程 度 評 価 する 33.% 評 価 しない( 小 計 ).3% あまり 評 価 しない.3% 全 く 評 価 しない 評 価 する( 小 計 )98.0 評 価 しない( 小 計 ).3 大 いに 評 価 する ある 程 度 評 価 する あまり 評 価 しない 全 く 評 価 しない 総 数 (,680 人 ) 齢 ~ 9 歳 ( 6 人 ) ~ 39 歳 ( 50 人 ) ~ 49 歳 ( 65 人 ) ~ 59 歳 ( 46 人 ) 歳 以 上 ( 37 人 )

10 (4) 自 衛 隊 の 海 外 での 活 動 に 対 する 評 価 問 7 あなたは,これまでの 自 衛 隊 の 海 外 での 活 動 について,どの 程 度 評 価 していますか この 中 からつだけお 答 えください 平 成 7 評 価 する( 小 計 ) 89.8% 大 いに 評 価 する 39.% ある 程 度 評 価 する 5% 評 価 しない( 小 計 ) 7.3% あまり 評 価 しない 6.5% 全 く 評 価 しない % 評 価 する( 小 計 )89.8 評 価 しない( 小 計 )7.3 大 いに 評 価 する ある 程 度 評 価 する あまり 評 価 しない 全 く 評 価 しない 総 数 (,680 人 ) 齢 ~ 9 歳 ( 6 人 ) ~ 39 歳 ( 50 人 ) ~ 49 歳 ( 65 人 ) ~ 59 歳 ( 46 人 ) 歳 以 上 ( 37 人 )

11 (5) 国 際 平 和 協 力 活 動 への 取 組 問 8 あなたは, 自 衛 隊 による 国 連 PKOへの 参 加 や 国 際 緊 急 援 助 活 動 などの 国 際 平 和 協 力 活 動 について, 今 後,どのように 取 り 組 んでいくべきだと 思 いますか この 中 からつだけ お 答 えください 平 成 4 平 成 7 これまで 以 上 に 積 極 的 に 取 り 組 むべきである 8.% 5.9% 現 状 の 取 り 組 みを 維 持 すべきである 6.3% 65.4%( 増 ) これまでの 取 り 組 みから 縮 小 すべきである 4.8% 4.6% 取 り 組 むべきでない 0.9%.0% これまで 以 上 に 積 極 的 に 取 り 組 むべきである 現 状 の 取 り 組 み を 維 持 すべきで ある これまでの 取 り 組 みから 縮 小 す べきである 取 り 組 むべき でない 今 回 調 査 (,680 人 ) 平 成 4 調 査 (,893 人 ) 齢 ~ 9 歳 ( 6 人 ) ~ 39 歳 ( 50 人 ) ~ 49 歳 ( 65 人 ) ~ 59 歳 ( 46 人 ) 歳 以 上 ( 37 人 )

12 5 防 衛 についての 意 識 () 身 近 な 人 が 自 衛 隊 員 になることの 賛 否 問 9 もし 身 近 な 人 が 自 衛 隊 員 になりたいと 言 ったら,あなたは 賛 成 しますか, 反 対 しますか この 中 からつだけお 答 えください 平 成 4 平 成 7 賛 成 する( 小 計 ) 7.5% 70.4% 賛 成 する 3.9% 7.9%( 減 ) どちらかといえば 賛 成 する 4% 4.6% 反 対 する( 小 計 ) 9.% 3.0%( 増 ) どちらかといえば 反 対 する 4.8% 7.0% 反 対 する 4.3% 6.0%( 増 ) 賛 成 する( 小 計 )70.4 反 対 する( 小 計 )3.0 賛 成 する どちらかといえ ば 賛 成 する どちらとも いえない どちらかといえ ば 反 対 する 反 対 する 今 回 調 査 (,680 人 ) 平 成 4 調 査 (,893 人 ) 平 成 調 査 (,78 人 ) 齢 0 ~ 9 歳 ( 6 人 ) ~ 39 歳 ( 50 人 ) ~ 49 歳 ( 65 人 ) ~ 59 歳 ( 46 人 ) 歳 以 上 ( 37 人 ) ( 注 ) 平 成 調 査 では, 選 択 肢 外 に どちらともいえない がある

13 ア 身 近 な 人 が 自 衛 隊 員 になることに 賛 成 の 理 由 更 問 ( 問 9で 賛 成 する, どちらかといえば 賛 成 する と 答 えた 方 (,83 人 )に) その 理 由 は 何 でしょうか この 中 からいくつでもあげてください ( 複 数 回 答 ) ( 上 位 4 項 目 ) 平 成 4 平 成 7 日 本 の 平 和 と 独 立 を 守 るという 誇 りのある 仕 事 だから 60.7% 60.9% 立 派 な 職 業 のひとつだから 46.3% 47.4% 国 際 社 会 の 安 定 に 役 立 つ 仕 事 だから 50.7% 46.%( 減 ) 自 衛 隊 がなくては 困 るから 8.8% 7.7% 身 近 な 人 が 自 衛 隊 員 になりたいと 言 ったら 賛 成 する, どちらかといえば 賛 成 する と 答 えた 者 に, 複 数 回 答 日 本 の 平 和 と 独 立 を 守 るという 誇 りのあ る 仕 事 だから 立 派 な 職 業 の ひ と つ だ か ら 国 際 社 会 の 安 定 に 役 立 つ 仕 事 だ か ら 自 衛 隊 が な く て は 困 る か ら 団 体 生 活 をすることにより,しっかりし た 人 間 になるから. 8. いろいろな 技 術 を 身 につ ける こと がで き, 将 来 有 利 だから 公 務 員 としての 身 分 が 安 定 しているから 給 与, 待 遇 が 良 い か ら 縁 故 者 が い る か ら そ の 他 わ か ら な い 今 回 調 査 (N=,83 人,M.T.=60.%) 平 成 4 調 査 (N=,37 人,M.T.=76.3%)

14 イ 身 近 な 人 が 自 衛 隊 員 になることに 反 対 の 理 由 更 問 ( 問 9で どちらかといえば 反 対 する, 反 対 する と 答 えた 方 (386 人 )に) その 理 由 は 何 でしょうか この 中 からいくつでもあげてください ( 複 数 回 答 ) ( 上 位 3 項 目 ) 平 成 4 平 成 7 戦 争 などが 起 こった 時 は 危 険 な 仕 事 だから 7.3% 75.% 自 衛 隊 の 実 情 がよくから 35.0% 3.4% 仕 事 が 厳 しそうだから 9.% 5.4% 身 近 な 人 が 自 衛 隊 員 になりたいと 言 ったら どちらかとい えば 反 対 する, 反 対 する と 答 えた 者 に, 複 数 回 答 戦 争 などが 起 こった 時 は 危 険 な 仕 事 だか ら 自 衛 隊 の 実 情 が よ く わ か ら な い か ら 仕 事 が 厳 し そ う だ か ら 一 般 社 会 と 隔 離 されるので 適 応 力 が 欠 け るから 自 衛 隊 の 社 会 的 評 価 が 必 ずしも 高 いと 思 えないから 自 衛 隊 の 必 要 性 を 認 め な い か ら 転 勤 が あ る か ら 任 期 制 で は 将 来 が 不 安 だ か ら 定 が 早 い か ら 給 与, 待 遇 が 良 く な い か ら.3.9 そ の 他.0.9 わ か ら な い.6.9 今 回 調 査 (N=386 人,M.T.=8.%) 平 成 4 調 査 (N=363 人,M.T.=05.%) 3

15 () 外 国 から 侵 略 された 場 合 の 態 度 問 0 もし 日 本 が 外 国 から 侵 略 された 場 合,あなたはどうしますか この 中 からつだけお 答 え ください 平 成 4 平 成 7 自 衛 隊 に 参 加 して 戦 う ( 自 衛 隊 に 志 願 して, 自 衛 官 となって 戦 う) 6.6% 6.8% 何 らかの 方 法 で 自 衛 隊 を 支 援 する ( 自 衛 隊 に 志 願 しないものの,あらゆる 手 段 で 自 衛 隊 の 行 う 作 戦 などを 支 援 する) 56.6% 56.8% ゲリラ 的 な 抵 抗 をする( 自 衛 隊 には 志 願 や 支 援 しない ものの, 武 力 を 用 いた 行 動 をする).%.9% 武 力 によらない 抵 抗 をする ( 侵 略 した 外 国 に 対 して 不 服 従 の 態 度 を 取 り, 協 力 しない) 8.9% 9.5% 一 切 抵 抗 しない( 侵 略 した 外 国 の 指 示 に 服 従 し, 協 力 する) 4.8% 5.% 自 衛 隊 に 参 加 して 戦 う( 自 衛 隊 に 志 願 し て, 自 衛 官 と なって 戦 う) 何 らかの 方 法 で 自 衛 隊 を 支 援 する ( 自 衛 隊 に 志 願 し ないものの,あら ゆる 手 段 で 自 衛 隊 の 行 う 作 戦 などを 支 援 する) ゲリラ 的 な 抵 抗 をする( 自 衛 隊 には 志 願 や 支 援 しないものの, 武 力 を 用 いた 行 動 をする) 武 力 によらない 抵 抗 をする( 侵 略 した 外 国 に 対 して 不 服 従 の 態 度 を 取 り, 協 力 しない) 一 切 抵 抗 し ない( 侵 略 した 外 国 の 指 示 に 服 従 し, 協 力 す る) その 他 総 数 (,680 人 ) 齢 ~ 9 歳 ( 6 人 ) ~ 39 歳 ( 50 人 ) ~ 49 歳 ( 65 人 ) ~ 59 歳 ( 46 人 ) 歳 以 上 ( 37 人 ) 昭 平 和 成 今 回 9 0 調 査 何 らかの 方 法 で 自 衛 隊 を 支 援 する( 自 衛 隊 に 志 願 しな いものの,あらゆる 手 段 で 自 衛 隊 の 行 う 作 戦 などを 支 援 する)( 注 ) 武 力 によらない 抵 抗 をする ( 侵 略 した 外 国 に 対 して 不 服 従 の 態 度 を 取 り, 協 力 しない)( 注 ) 自 衛 隊 に 参 加 して 戦 う( 自 衛 隊 に 志 願 して, 自 衛 官 と なって 戦 う)( 注 3) 一 切 抵 抗 しない( 侵 略 した 外 国 の 指 示 に 服 従 し, 協 力 する)( 注 4) ゲリラ 的 な 抵 抗 をする( 自 衛 隊 には 志 願 や 支 援 しない ものの, 武 力 を 用 いた 行 動 をする)( 注 5) ( 注 ) 平 成 8 調 査 までは, 何 らかの 方 法 で 自 衛 隊 を 支 援 する となっている ( 注 ) 平 成 8 調 査 までは, 武 力 によらない 抵 抗 をする となっている ( 注 3) 平 成 8 調 査 までは, 自 衛 隊 に 参 加 して 戦 う となっている ( 注 4) 平 成 8 調 査 までは, 一 切 抵 抗 しない となっている ( 注 5) 平 成 8 調 査 までは, ゲリラ 的 な 抵 抗 をする となっている 4

16 (3) 国 を 守 るという 気 持 ちの 教 育 の 必 要 性 問 あなたは, 国 民 が 国 を 守 るという 気 持 ちをもっと 持 つようにするため, 教 育 の 場 で 取 り 上 げる 必 要 があると 思 いますか,それともその 必 要 はないと 思 いますか この 中 からつだけ お 答 えください 平 成 4 平 成 7 教 育 の 場 で 取 り 上 げる 必 要 がある 70.0% 7.3% 教 育 の 場 で 取 り 上 げる 必 要 はない 9.3%.6% 教 育 の 場 で 取 り 上 げる 必 要 がある 教 育 の 場 で 取 り 上 げる 必 要 はない 総 数 (,680 人 ) 齢 0 ~ 9 歳 ( 6 人 ) ~ 39 歳 ( 50 人 ) ~ 49 歳 ( 65 人 ) ~ 59 歳 ( 46 人 ) 歳 以 上 ( 37 人 ) 教 育 の 場 で 取 り 上 げる 必 要 がある 教 育 の 場 で 取 り 上 げる 必 要 はない 昭 和 平 成 今 回 調 査 5

17 6 日 本 の 防 衛 のあり 方 に 関 する 意 識 () 日 米 安 全 保 障 条 約 についての 考 え 方 問 日 本 の 防 衛 のあり 方 について 伺 います 日 本 は 現 在,アメリカと 安 全 保 障 条 約 を 結 んでい ますが,この 日 米 安 全 保 障 条 約 は 日 本 の 平 和 と 安 全 に 役 立 っていると 思 いますか, 役 立 って いないと 思 いますか この 中 からつだけお 答 えください 平 成 4 平 成 7 役 立 っている( 小 計 ) 8.% 8.9% 役 立 っている 36.8% 38.5% どちらかといえば 役 立 っている 44.4% 44.4% 役 立 っていない( 小 計 ) %.5% どちらかといえば 役 立 っていない 8.6% 8.9% 役 立 っていない.3%.7% 役 立 っている( 小 計 )8.9 役 立 っていない( 小 計 ).5 役 立 っている どちらかといえば 役 立 っている どちらかといえば 役 立 っていない 役 立 っていない 総 数 (,680 人 ) 齢 0 ~ 9 歳 ( 6 人 ) ~ 39 歳 ( 50 人 ) ~ 49 歳 ( 65 人 ) ~ 59 歳 ( 46 人 ) 歳 以 上 ( 37 人 ) 役 立 っている 役 立 っていない 昭 和 平 成 今 回 調 査 6

18 () 日 本 の 安 全 を 守 るための 方 法 問 3 では,あなたは 日 本 の 安 全 を 守 るためにはどのような 方 法 をとるべきだと 思 いますか こ の 中 からつだけお 答 えください 平 成 4 平 成 7 現 状 どおり 日 米 の 安 全 保 障 体 制 と 自 衛 隊 で 日 本 の 安 全 を 守 る 8.3% 84.6% 日 米 安 全 保 障 条 約 をやめて, 自 衛 隊 だけで 日 本 の 安 全 を 守 る 7.8% 6.6% 日 米 安 全 保 障 条 約 をやめて, 自 衛 隊 も 縮 小 または 廃 止 する.%.6% 現 状 どおり 日 米 の 安 全 保 障 体 制 と 自 衛 隊 で 日 本 の 安 全 を 守 る 日 米 安 全 保 障 条 約 をやめて, 自 衛 隊 だけで 日 本 の 安 全 を 守 る 日 米 安 全 保 障 条 約 をやめて, 自 衛 隊 も 縮 小 または 廃 止 する その 他 今 回 調 査 (,680 人 ) 平 成 4 調 査 (,893 人 ) 平 成 調 査 (,78 人 ) 齢 ~ 9 歳 ( 6 人 ) ~ 39 歳 ( 50 人 ) ~ 49 歳 ( 65 人 ) ~ 59 歳 ( 46 人 ) 歳 以 上 ( 37 人 )

19 (3) 日 本 が 戦 争 に 巻 き 込 まれる 危 険 性 問 4 あなたは, 現 在 の 世 界 の 情 勢 から 考 えて 日 本 が 戦 争 を 仕 掛 けられたり 戦 争 に 巻 込 まれたり する 危 険 があると 思 いますか,それともそのような 危 険 はないと 思 いますか この 中 から つだけお 答 えください 平 成 4 平 成 7 危 険 がある( 小 計 ) 7.3% 75.5% 危 険 がある 7.3% 8.3% どちらかといえば 危 険 がある 45.% 47.% 危 険 はない( 小 計 ).0% 9.8% どちらかといえば 危 険 がない 7.% 6.0% 危 険 はない 4.9% 3.8% 危 険 がある( 小 計 )75.5 危 険 はない( 小 計 )9.8 危 険 がある どちらかといえば 危 険 がある どちらかといえば 危 険 がない 危 険 はない 今 回 調 査 (,680 人 ) 平 成 4 調 査 (,893 人 ) 平 成 調 査 (,78 人 ) 齢 0 ~ 9 歳 ( 6 人 ) ~ 39 歳 ( 50 人 ) ~ 49 歳 ( 65 人 ) ~ 59 歳 ( 46 人 ) 歳 以 上 ( 37 人 )

20 ア 日 本 が 戦 争 に 巻 き 込 まれる 危 険 があると 思 う 理 由 更 問 ( 問 4 で 危 険 がある, どちらかといえば 危 険 がある と 答 えた 方 (,68 人 )に) どうしてそう 思 うのですか この 中 からいくつでもあげてください ( 複 数 回 答 ) ( 上 位 4 項 目 ) 平 成 4 平 成 7 国 際 的 な 緊 張 や 対 立 があるから 8.4% 8.6% 国 連 の 機 能 が 不 十 分 だから 8.3% 7.8% 自 衛 力 が 不 十 分 だから 3.4% 9.%( 減 ) 日 米 安 全 保 障 条 約 があるから 3.7%.9% 日 本 が 戦 争 に 巻 き 込 まれる 危 険 性 について, 危 険 がある, どちらかと 言 えば 危 険 がある と 答 えた 者 に, 複 数 回 答 国 際 的 な 緊 張 や 対 立 が あ る か ら 国 連 の 機 能 が 不 十 分 だ か ら 自 衛 力 が 不 十 分 だ か ら 日 米 安 全 保 障 条 約 が あ る か ら そ の 他.0. わ か ら な い.4. 今 回 調 査 (N=,68 人,M.T.=44.8%) 平 成 4 調 査 (N=,369 人,M.T.=50.%) 9

21 イ 日 本 が 戦 争 に 巻 き 込 まれる 危 険 がないと 思 う 理 由 更 問 ( 問 4 で どちらかといえば 危 険 がない, 危 険 はない と 答 えた 方 (33 人 )に) どうしてそう 思 うのですか この 中 からいくつでもあげてください ( 複 数 回 答 ) ( 上 位 3 項 目 ) 平 成 4 平 成 7 日 米 安 全 保 障 条 約 があるから 5.5% 47.9% 戦 争 放 棄 の 憲 法 があるから 34.5% 43.%( 増 ) 国 連 が 平 和 への 努 力 をしているから 49.4% 34.3%( 減 ) 日 本 が 戦 争 に 巻 き 込 まれる 危 険 性 について, どちらかといえ ば 危 険 がない, 危 険 はない と 答 えた 者 に, 複 数 回 答 日 米 安 全 保 障 条 約 が あ る か ら 戦 争 放 棄 の 憲 法 が あ る か ら 国 連 が 平 和 へ の 努 力 を し て い る か ら 自 衛 隊 が あ る か ら 国 民 の 国 を 守 る 意 識 が 高 い か ら 国 際 的 な 緊 張 や 対 立 が 弱 まっているから そ の 他.7.9 わ か ら な い 今 回 調 査 (N=33 人,M.T.=64.8%) 平 成 4 調 査 (N=47 人,M.T.=85.9%) 0

22 (4) 日 本 の 平 和 と 安 全 の 面 から 関 心 を 持 っていること 問 5 日 本 の 平 和 と 安 全 の 面 から,あなたが 関 心 を 持 っていることがありましたら,この 中 から いくつでもあげてください ( 複 数 回 答 ) ( 上 位 4 項 目 ) 平 成 4 平 成 7 中 国 の 軍 事 力 の 近 代 化 や 海 洋 における 活 動 46.0% 60.5%( 増 ) 朝 鮮 半 島 情 勢 64.9% 5.7%( 減 ) 国 際 テロ 組 織 の 活 動 30.3% 4.6%( 増 ) 日 本 の 周 辺 地 域 における 米 国 の 軍 事 態 勢 4.8% 36.7%( 増 ) ( 複 数 回 答 ) 中 国 の 軍 事 力 の 近 代 化 や 海 洋 における 活 動 朝 鮮 半 島 情 勢 国 際 テ ロ 組 織 の 活 動 日 本 の 周 辺 地 域 における 米 国 の 軍 事 態 勢 米 国 と 中 国 と の 関 係 サ イ バ ー 攻 撃 を め ぐ る 動 向 中 東 情 勢.9 8. 日 本 の 周 辺 地 域 にお ける ロシ ア 軍 の 配 備 活 動 安 全 保 障 に 関 す る 法 律 な ど の 整 備 0.9 米 国 と ロ シ ア と の 関 係 大 量 破 壊 兵 器 やミサイルなどに 関 する 軍 備 管 理 軍 縮 分 野 国 際 平 和 協 力 活 動 などの 海 外 における 自 衛 隊 の 活 動 7.4 東 南 ア ジ ア 情 勢 自 衛 隊 の 装 備 3..7 宇 宙 空 間 を め ぐ る 動 向 7.6 そ の 他 今 回 調 査 (N=,680 人,M.T.=4.4%) 平 成 4 調 査 (N=,893 人,M.T.=358.9%) 特 に な い わ か ら な い 調 査 をしていない 項 目

23 (5) 米 国 以 外 との 防 衛 協 力 交 流 を 行 うことについての 意 識 問 6 あなたは, 同 盟 国 であるアメリカ 以 外 の 国 とも 防 衛 協 力 交 流 を 進 展 させることは, 日 本 の 平 和 と 安 全 に 役 立 っていると 思 いますか, 役 立 っていないと 思 いますか この 中 からつ だけお 答 えください 平 成 4 平 成 7 役 立 っている( 小 計 ) 80.5% 8.3% 役 立 っている 39.6% 4.% どちらかといえば 役 立 っている 40.9% 40.% 役 立 っていない( 小 計 ) 9.5% 9.7% どちらかといえば 役 立 っていない 7.9% 7.5% 役 立 っていない.5%.% 役 立 っている( 小 計 )8.3 役 立 っていない( 小 計 )9.7 役 立 っている どちらかといえば 役 立 っている どちらかといえば 役 立 っていない 役 立 っていない 今 回 調 査 (,680 人 ) 平 成 4 調 査 (,893 人 ) 齢.9 0 ~ 9 歳 ( 6 人 ) ~ 39 歳 ( 50 人 ) ~ 49 歳 ( 65 人 ) ~ 59 歳 ( 46 人 ) 歳 以 上 ( 37 人 ) ( 注 ) 平 成 4 調 査 では, 同 盟 国 であるアメリカ 以 外 の 国 とも 防 衛 上 の 交 流 を 行 うことは, 日 本 の 平 和 と 安 全 に 役 立 って いると 思 いますか 役 立 っていないと 思 いますか この 中 からつだけお 答 えください と 聞 いている

24 ア 役 立 っていると 考 える 国 地 域 更 問 ( 問 6 で 役 立 っている, どちらかといえば 役 立 っている と 答 えた 方 (,383 人 )に) 特 に,どの 国 や 地 域 との 防 衛 協 力 交 流 が 日 本 の 平 和 と 安 全 にとり, 役 に 立 つと 思 います か この 中 からいくつでもあげてください ( 複 数 回 答 ) ( 上 位 4 項 目 ) 平 成 4 平 成 7 東 南 アジア 諸 国 連 合 45.9% 49.0% 韓 国 6.5% 4%( 減 ) 中 国 6.7% 40.3%( 減 ) ヨーロッパ 諸 国 (ロシアを 除 く,イギリス フランスなどの 主 要 国 ) 7.3% 36.9%( 増 ) 同 盟 国 であるアメリカ 以 外 の 国 とも 防 衛 上 の 交 流 を 行 うことは, 日 本 の 平 和 と 安 全 に 役 立 っている, どちらかといえば 役 立 っている と 答 えた 者 に, 複 数 回 答 東 南 ア ジ ア 諸 国 連 合 韓 国 中 国 ヨーロッパ 諸 国 (ロシアを 除 く,イギリ ス,フランスなどの 主 要 国 ) オ ー ス ト ラ リ ア ロ シ ア イ ン ド そ の 他 今 回 調 査 (N=,383 人,M.T.=45.3%) 平 成 4 調 査 (N=,54 人,M.T.=67.5%) わ か ら な い ( 注 ) 平 成 4 調 査 では, 特 に,どの 国 や 地 域 と 防 衛 上 の 交 流 を 深 めていることが 日 本 の 平 和 と 安 全 に とり 役 に 立 つと 思 いますか この 中 からいくつでもあげてください と 聞 いている 3

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し) 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 Ⅰ. 防 衛 協 力 と 指 針 の 目 的 平 時 から 緊 急 事 態 までのいかなる 状 況 においても 日 本 の 平 和 及 び 安 全 を 確 保 するため また アジア 太 平 洋 地 域 及 びこれを 越 えた 地 域 が 安 定 し 平 和 で 繁 栄 したものとなるよう 日 米 両 国 間 の 安 全 保

More information

(3) 国 際 海 峡 における 通 過 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 領 海 法 により 宗 谷 海 峡 津 軽 海 峡 対 馬 海 峡 東 水 道 対 馬 海 峡 西 水 道 及 び 大 隅 海 峡 を 特 定 海 域 とし 例 外 的 に 領 海 の 幅 を 3 カイリとして

(3) 国 際 海 峡 における 通 過 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 領 海 法 により 宗 谷 海 峡 津 軽 海 峡 対 馬 海 峡 東 水 道 対 馬 海 峡 西 水 道 及 び 大 隅 海 峡 を 特 定 海 域 とし 例 外 的 に 領 海 の 幅 を 3 カイリとして 第 9 章 日 本 の 海 洋 安 全 保 障 政 策 カントリー プロファイル 小 谷 哲 男 1. 海 洋 法 の 解 釈 (1) 領 海 における 無 害 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 1996 年 に 国 連 海 洋 法 条 約 を 批 准 した 後 同 条 約 による 海 域 の 区 分 に 応 じて 領 海 及 び 接 続 水 域 に 関 する 法 律 ( 領 海 法

More information

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去 2014 年 6 月 27 日 政 府 の 15 事 例 に 関 する 見 解 憲 法 総 合 調 査 会 安 全 保 障 総 合 調 査 会 民 主 党 は 3 月 4 日 に 集 団 的 自 衛 権 をめぐる 憲 法 解 釈 の 変 更 に 関 する 見 解 をとりまとめて 以 降 も 安 保 法 制 懇 の 報 告 やその 後 の 総 理 発 言 政 府 から 与 党 への 15 事 例 の

More information

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 ( 概 要 ) Ⅰ 策 定 の 趣 旨 今 後 の 我 が 国 の 防 衛 の 在 り 方 について 国 家 安 全 保 障 戦 略 (NSS) を 踏 まえ 新 たな 指 針 を 示 す Ⅱ 我 が 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 グローバルな 安 全 保 障 環 境 国 家 間 の 相 互 依 存 関 係 が

More information

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー 国 の 存 立 を 全 うし 国 民 を 守 るための 切 れ 目 のない 安 全 保 障 法 制 の 整 備 について 平 成 26 年 7 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 我 が 国 は 戦 後 一 貫 して 日 本 国 憲 法 の 下 で 平 和 国 家 として 歩 んできた 専 守 防 衛 に 徹 し 他 国 に 脅 威 を 与 えるような 軍 事 大 国

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A83628367817A91E58D6A8169955C8E86816A816988C48367838C816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A83628367817A91E58D6A8169955C8E86816A816988C48367838C816A2E646F63> 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 平 成 22 年 12 月 17 日 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 別 紙 のとおり 定 める これに 伴 い 平 成 16 年 12 月 10 日 付 け 閣 議 決 定 平 成 17 年 度 以 降 に 係 る 防 衛

More information

減 することとし 計 画 期 間 末 の 編 成 定 数 については おおむね16 万 6 千 人 程 度 常 備 自 衛 官 定 員 につ いてはおおむね15 万 6 千 人 程 度 即 応 予 備 自 衛 官 員 数 については おおむね1 万 人 程 度 をめどとする なお 陸 上 自 衛 隊

減 することとし 計 画 期 間 末 の 編 成 定 数 については おおむね16 万 6 千 人 程 度 常 備 自 衛 官 定 員 につ いてはおおむね15 万 6 千 人 程 度 即 応 予 備 自 衛 官 員 数 については おおむね1 万 人 程 度 をめどとする なお 陸 上 自 衛 隊 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 13 年 度 平 成 17 年 度 ) I 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 13 年 度 平 成 17 年 度 )について 平 成 12 年 12 月 15 日 安 全 保 障 会 議 決 定 平 成 12 年 12 月 15 日 閣 議 決 定 平 成 13 年 度 から 平 成 17 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛

More information

Q3 今 回 の 解 釈 改 憲 で 憲 法 の 規 範 性 が 損 なわれる との 批 判 がありますが A3 今 回 のいわゆる 自 衛 の 措 置 としての 武 力 の 行 使 の 新 三 要 件 は わが 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 の 大 きな 変 化 を 踏 まえ 昭

Q3 今 回 の 解 釈 改 憲 で 憲 法 の 規 範 性 が 損 なわれる との 批 判 がありますが A3 今 回 のいわゆる 自 衛 の 措 置 としての 武 力 の 行 使 の 新 三 要 件 は わが 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 の 大 きな 変 化 を 踏 まえ 昭 安 全 保 障 法 制 整 備 に 関 するQ&A 平 成 26 年 7 月 自 由 民 主 党 Q1 なぜ 今 憲 法 解 釈 を 見 直 し 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 を 容 認 する 必 要 があるのです か? 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 によらなくても 個 別 的 自 衛 権 や 既 存 の 法 制 度 の 下 での 対 応 が 可 能 ではないですか? A1 国 民 の

More information

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー 沖 縄 県 国 民 保 護 計 画 の 概 要 沖 縄 県 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 対 処 に 関 する 基 本 理 念 国 地 方 公 共 団 体 及 び 指 定 公 共 機 関 が 国 民 の 協 力 を 得 つつ 相 互 に 連 携 協 力 し 万 全 の 措 置 が 講 じられなければならない 日 本 国 憲 法 の 保 障 する 国 民 の 自 由 と 権 利 が 尊 重 されなければならず

More information

ぞれの 能 力 に 基 づいて 適 切 な 貢 献 を 行 い 実 効 的 な 態 勢 確 立 のために 必 要 な 措 置 をとる 迅 速 かつ 実 効 的 な 対 応 のためには 柔 軟 な 能 力 が 必 要 緊 密 な 日 米 間 の 協 力 及 び 政 策 調 整 が 有 益 定 期 的

ぞれの 能 力 に 基 づいて 適 切 な 貢 献 を 行 い 実 効 的 な 態 勢 確 立 のために 必 要 な 措 置 をとる 迅 速 かつ 実 効 的 な 対 応 のためには 柔 軟 な 能 力 が 必 要 緊 密 な 日 米 間 の 協 力 及 び 政 策 調 整 が 有 益 定 期 的 日 米 同 盟 : 未 来 のための 変 革 と 再 編 ( 骨 子 ) Ⅰ. 概 観 日 米 同 盟 は 日 本 の 安 全 とアジア 太 平 洋 地 域 の 平 和 と 安 定 のために 不 可 欠 な 基 礎 同 盟 に 基 づいた 緊 密 かつ 協 力 的 な 関 係 は 世 界 における 課 題 に 対 処 する 上 で 重 要 な 役 割 を 果 たす 閣 僚 は 役 割 任 務 能 力

More information

1 住 宅 についての 意 識 (1) 住 宅 を 所 有 したいか 問 1 あなたは 住 宅 の 所 有 について どのようにお 考 えですか 現 在 住 宅 を 所 有 して いるかどうか 将 来 相 続 できる 住 宅 があるかどうかに 関 わらず この 中 から1つだけ お 答 えください

1 住 宅 についての 意 識 (1) 住 宅 を 所 有 したいか 問 1 あなたは 住 宅 の 所 有 について どのようにお 考 えですか 現 在 住 宅 を 所 有 して いるかどうか 将 来 相 続 できる 住 宅 があるかどうかに 関 わらず この 中 から1つだけ お 答 えください 住 生 活 に 関 する 世 論 調 査 の 概 要 平 成 2 7 年 1 1 月 内 閣 府 政 府 広 報 室 調 査 対 象 全 国 20 歳 以 上 の 日 本 国 籍 を 有 する 者 3,000 人 有 効 回 収 数 1,736 人 ( 回 収 率 57.9%) 調 査 時 期 1 日 ~10 月 11 日 ( 調 査 員 による 個 別 面 接 聴 取 ) 調 査 目 的 住 生

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378> 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の 状 況 に 関 する 年 次 報 告 書 平 成 28 年 8 月 経 済 産 業 省 防 衛 装 備 移 転 三 原 則 の 運 用 指 針 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 以 下 運 用 指 針 という )5.(1)により 経 済 産 業 省 は 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の

More information

問 2 あなたは 日 本 や 世 界 の 軍 事 安 全 保 障 問 題 にどの 程 度 関 心 がありますか 1.とても 2. ある 程 度 3. どちらと 4.あまり 5. まったく 関 心 がある 関 心 がある もいえない 関 心 がない 関 心 がない 問 3 問 1の 1~31 の 少

問 2 あなたは 日 本 や 世 界 の 軍 事 安 全 保 障 問 題 にどの 程 度 関 心 がありますか 1.とても 2. ある 程 度 3. どちらと 4.あまり 5. まったく 関 心 がある 関 心 がある もいえない 関 心 がない 関 心 がない 問 3 問 1の 1~31 の 少 戦 争 軍 事 組 織 のイメージに 関 するインターネット 意 識 調 査 第 1 次 調 査 ( 予 備 調 査 問 1 以 下 の 趣 味 について あなたはどの 程 度 関 心 がありますか 1 アニメ 2 マンガ 3 ゲーム 4 インターネット 5 パソコン 6 アイドル 7 芸 能 人 8 フィギュア 9 コスプレ 10 ファッション 11 読 書 12 音 楽 13 美 術 14, 歴

More information

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自 社 説 安 保 法 成 立 1 年 違 憲 性 は 拭 い 去 れない 東 京 新 聞 2016 年 9 月 20 日 安 全 保 障 関 連 法 の 成 立 から 一 年 違 憲 立 法 の 疑 いは 消 えず 既 成 事 実 化 だけが 進 む 戦 後 日 本 の 平 和 主 義 とは 何 か その 原 点 に 立 ち 返 るべきである 与 野 党 議 員 が 入 り 乱 れる 混 乱 の 中

More information

一 方 リーマンショックに 端 を 発 した 金 融 危 機 以 降 米 国 や 欧 州 諸 国 では 財 政 事 情 の 悪 化 から 国 防 費 の 削 減 を 迫 られており 結 果 としてグローバルな 軍 事 バランス に 大 きな 変 化 が 生 じ 潜 在 的 な 不 安 定 要 因 を

一 方 リーマンショックに 端 を 発 した 金 融 危 機 以 降 米 国 や 欧 州 諸 国 では 財 政 事 情 の 悪 化 から 国 防 費 の 削 減 を 迫 られており 結 果 としてグローバルな 軍 事 バランス に 大 きな 変 化 が 生 じ 潜 在 的 な 不 安 定 要 因 を 平 成 25 年 6 月 4 日 新 防 衛 計 画 の 大 綱 策 定 に 係 る 提 言 ( 防 衛 を 取 り 戻 す ) 自 由 民 主 党 一 はじめに 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 が 策 定 されて 以 降 わが 国 周 辺 にお いては 北 朝 鮮 が 弾 道 ミサイル 発 射 や 核 実 験 を 強 行 し また 中 国 がわが 国 周 辺

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CBB91E38ED089EF814091E634358D7581408365834C83588367>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CBB91E38ED089EF814091E634358D7581408365834C83588367> 基 礎 からわかる 現 代 社 会 第 45 講 日 本 の 国 際 貢 献 PKO 国 連 平 和 維 持 活 動 協 力 法 日 本 の PKO 参 加 5 原 則 1 当 事 者 間 の 停 戦 合 意 2 当 事 国 の 合 意 3 中 立 公 平 4 武 器 使 用 は 正 当 防 衛 の 場 合 のみ 5 上 記 1~3の3 原 則 が 崩 れれば 撤 収 か 中 断 PKO 監 視 団

More information

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 序 章 2015 年 の 東 アジア - 厳 しさを 増 す 戦 略 環 境 - 1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 上 に シリア 領

More information

Microsoft Word - 19年度(行情)答申第411号.doc

Microsoft Word - 19年度(行情)答申第411号.doc 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 17 年 10 月 13 日 ( 平 成 17 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 498 号 ) 答 申 日 : 平 成 20 年 1 月 31 日 ( 平 成 19 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 411 号 ) 事 件 名 : 昭 和 52 年 度 兵 術 年 報 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第 1 審 査

More information

( 国 連 平 和 維 持 活 動 人 道 支 援 災 害 救 援 等 の 非 伝 統 的 安 全 保 障 問 題 への 対 応 を 始 め 国 際 的 な 安 全 保 障 環 境 を 改 善 するために 国 際 社 会 が 協 力 して 行 う 活 動 をいう 以 下 同 じ ) 等 への 対 応

( 国 連 平 和 維 持 活 動 人 道 支 援 災 害 救 援 等 の 非 伝 統 的 安 全 保 障 問 題 への 対 応 を 始 め 国 際 的 な 安 全 保 障 環 境 を 改 善 するために 国 際 社 会 が 協 力 して 行 う 活 動 をいう 以 下 同 じ ) 等 への 対 応 抜 粋 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 )について 平 成 25 年 12 月 17 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 について 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EA9897191E082CC91CE8365838D90ED81698365838D91CE8DF4816A82CC8CBB8FF382C689DB91E82E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EA9897191E082CC91CE8365838D90ED81698365838D91CE8DF4816A82CC8CBB8FF382C689DB91E82E646F6378> 自 衛 隊 の 対 テロ 戦 (テロ 対 策 )の 現 状 と 課 題 ( 概 要 ) 樋 口 譲 次 1 テロリズム(テロ)の 定 義 アメリカ 陸 軍 の 研 究 (1988 年 )によれば これまで テロリズム(テロ)には1 00 以 上 の 定 義 付 けが 行 われており 普 遍 的 に 認 められたテロリズムの 定 義 はない と されている その 前 提 の 上 で 一 般 的 に テロとは

More information

Microsoft Word - 【セット】2+2仮訳(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】2+2仮訳(エンバーゴ無し) 日 米 安 全 保 障 協 議 委 員 会 共 同 発 表 変 化 する 安 全 保 障 環 境 のためのより 力 強 い 同 盟 新 たな 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 岸 田 外 務 大 臣 中 谷 防 衛 大 臣 ケリー 国 務 長 官 カーター 国 防 長 官 1. 概 観 2015 年 4 月 27 日 ニューヨークにおいて 岸 田 文 雄 外

More information

【セット】サイバー戦略指針

【セット】サイバー戦略指針 防 衛 省 自 衛 隊 によるサイバー 空 間 の 安 定 的 効 果 的 な 利 用 に 向 けて 平 成 24 年 9 月 防 衛 省 目 次 1. 趣 旨 2. 基 本 認 識 (1)サイバー 空 間 の 意 義 性 格 (2)サイバー 空 間 におけるリスク 1 サイバー 攻 撃 2 その 他 のリスク 3. 基 本 方 針 (1) 防 衛 省 自 衛 隊 の 能 力 態 勢 強 化 (2)

More information

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距 ( 平 成 28 年 習 志 野 市 議 会 第 3 回 定 例 会 ) 発 議 案 第 1 号 北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 に ついて 上 記 の 議 案 を 別 紙 のとおり 習 志 野 市 議 会 会 議 規 則 第 14 条 第 1 項 の 規 定 によ り 提 出 します 平 成 28 年 9 月 30 日

More information

Microsoft PowerPoint - 【セット版】261119 小笠原警戒監視等(会計課追加)

Microsoft PowerPoint - 【セット版】261119 小笠原警戒監視等(会計課追加) 防 衛 省 自 衛 隊 の 警 戒 監 視 態 勢 について 平 成 6 年 11 月 防 衛 省 警 戒 監 視 活 動 海 上 自 衛 隊 は P-3C 哨 戒 機 により 北 海 道 の 周 辺 海 域 日 本 海 並 びに 東 シナ 海 を 航 行 する 船 舶 などの 状 況 を それ ぞれの 海 域 において 監 視 している 航 空 自 衛 隊 においても レーダーサイトによる 常 時

More information

平 成 24 年 度 警 察 庁 予 算 概 算 要 求 要 望 の 概 要 総 額 平 成 24 年 度 概 算 要 求 額 平 成 24 年 度 要 望 額 復 旧 復 興 対 策 経 費 ( 平 成 23 年 度 当 初 予 算 額 272,378 百 万 円 234,811 百 万 円 16

平 成 24 年 度 警 察 庁 予 算 概 算 要 求 要 望 の 概 要 総 額 平 成 24 年 度 概 算 要 求 額 平 成 24 年 度 要 望 額 復 旧 復 興 対 策 経 費 ( 平 成 23 年 度 当 初 予 算 額 272,378 百 万 円 234,811 百 万 円 16 平 成 24 年 度 予 算 概 算 要 求 要 望 の 概 要 警 察 庁 平 成 24 年 度 警 察 庁 予 算 概 算 要 求 要 望 の 概 要 総 額 平 成 24 年 度 概 算 要 求 額 平 成 24 年 度 要 望 額 復 旧 復 興 対 策 経 費 ( 平 成 23 年 度 当 初 予 算 額 272,378 百 万 円 234,811 百 万 円 16,541 百 万 円 21,026

More information

大 きく 分 けて 1.アメリカ 軍 への 兵 たん 支 援 ( 派 兵 恒 久 法 重 要 影 響 事 態 法 ( 改 定 )) これらは 周 辺 事 態 法 を 地 球 規 模 にするものであり 2. 戦 乱 が 続 く 地 域 での 治 安 活 動 ( 改 定 PKO 法 ) 駆 けつけ 警

大 きく 分 けて 1.アメリカ 軍 への 兵 たん 支 援 ( 派 兵 恒 久 法 重 要 影 響 事 態 法 ( 改 定 )) これらは 周 辺 事 態 法 を 地 球 規 模 にするものであり 2. 戦 乱 が 続 く 地 域 での 治 安 活 動 ( 改 定 PKO 法 ) 駆 けつけ 警 ご 異 議 なしと 認 め よって 本 案 は 原 案 の 通 り 可 決 する 事 に 決 定 いたしました 日 程 第 19 請 願 第 1 号 日 本 を 海 外 で 戦 争 する 国 にする 立 法 案 の 廃 案 へ の 意 見 書 の 提 出 を 求 める 請 願 書 を 議 題 といたし これより 先 ほどの 委 員 長 報 告 に 対 する 質 疑 を 開 始 いたし ( 質 疑 なし

More information

(2) 自 衛 隊 に 対 して 避 難 住 民 の 誘 導 を 要 請 する(P5 P46 P65) 件 について 戦 争 の 世 紀 といわれる20 世 紀 の 人 類 史 において 戦 争 や 紛 争 の 都 度 一 般 民 衆 の 死 者 は 夥 しい 数 にのぼり 第 2 次 世 界 大

(2) 自 衛 隊 に 対 して 避 難 住 民 の 誘 導 を 要 請 する(P5 P46 P65) 件 について 戦 争 の 世 紀 といわれる20 世 紀 の 人 類 史 において 戦 争 や 紛 争 の 都 度 一 般 民 衆 の 死 者 は 夥 しい 数 にのぼり 第 2 次 世 界 大 パブリックコメントに 対 する 回 答 ( 石 狩 市 国 民 保 護 計 画 ) 意 見 の 要 旨 回 答 9 月 発 行 石 狩 市 による 国 民 保 護 計 画 の 素 案 を 一 読 して 二 度 と 再 びそのようなことにはならないと 信 じてきた 戦 争 が すぐそこま で 迫 ってきているような 恐 怖 を 感 じ 子 や 孫 たちの 未 来 に 強 い 不 安 を 覚 えましたので

More information

( 別 紙 ) 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 ) Ⅰ 計 画 の 方 針 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 までの 防 衛 力 整 備 に 当 たっては 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 に

( 別 紙 ) 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 ) Ⅰ 計 画 の 方 針 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 までの 防 衛 力 整 備 に 当 たっては 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 に 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 )について 平 成 25 年 12 月 17 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 につい て 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について ( 平

More information

<5461726F2D3532966889718C7689E682CC91E58D6A2E6A7464>

<5461726F2D3532966889718C7689E682CC91E58D6A2E6A7464> 昭 和 52 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 昭 和 51 年 10 月 29 日 昭 和 51 年 10 月 29 日 国 防 会 議 決 定 閣 議 決 定 昭 和 52 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 別 紙 のとおり 定 める 別 紙 防 衛 計 画 の 大 綱 一. 目 的 及 び 趣 旨 わが 国 が 憲 法 上 許 される

More information

海賊対策の強化に向けた提言

海賊対策の強化に向けた提言 海 賊 対 策 の 強 化 に 向 けた 提 言 2011 年 10 月 18 日 ( 社 ) 日 本 経 済 団 体 連 合 会 ソマリア 沖 アデン 湾 はアジアと 欧 州 を 結 ぶ 海 上 輸 送 の 要 衝 であり 同 海 域 に 出 没 する 海 賊 問 題 への 対 応 は 世 界 各 国 の 海 上 輸 送 の 安 全 の 確 保 にとって 重 要 な 鍵 である そこで NATO(

More information

1 消 防 団 につて (1) 消 防 団 に 対 す 認 知 平 成 15 年 5 月 平 成 24 年 8 月 知 って 86.3% 91.1% ( 増 ) 知 13.7% 8.9% ( 減 ) 知 って 知 ( 該 当 者 数 ) 今 回 調 査 ( 1,864 人 ) 91.1 8.9 平

1 消 防 団 につて (1) 消 防 団 に 対 す 認 知 平 成 15 年 5 月 平 成 24 年 8 月 知 って 86.3% 91.1% ( 増 ) 知 13.7% 8.9% ( 減 ) 知 って 知 ( 該 当 者 数 ) 今 回 調 査 ( 1,864 人 ) 91.1 8.9 平 消 防 に 関 す 特 別 世 論 調 査 の 概 要 平 成 24 年 10 月 4 日 内 閣 府 政 府 広 報 室 調 査 概 要 調 査 対 象 全 国 20 歳 以 上 の 日 本 国 籍 を 有 す 者 3,000 人 有 効 回 収 数 ( 率 ) 1,864 人 (62.1%) 調 査 期 間 平 成 24 年 8 月 23 日 ~9 月 2 日 調 査 方 法 調 査 員 によ

More information

..[ ] 融 財 ビ 種 郵 便 認 因 均 引 荷 デ 換 友 好 向 循 尽 態 系 災 布 具 数 値 掲 ヘ シ 背 景 帰 観 察 回 締 驚 拒 否 脳 談 マ 領 官 僚 座 司 仰 何 座 Mark Lynas, How do I kno w hi na wrecked t he

..[ ] 融 財 ビ 種 郵 便 認 因 均 引 荷 デ 換 友 好 向 循 尽 態 系 災 布 具 数 値 掲 ヘ シ 背 景 帰 観 察 回 締 驚 拒 否 脳 談 マ 領 官 僚 座 司 仰 何 座 Mark Lynas, How do I kno w hi na wrecked t he ..[ ] 融 財 ビ 種 郵 便 認 6 代 害 病 頻 石 油 危 舞 活 課 基 閣 域 属 品 残 留 土 壌 絶 模 倍 グ ロ 歴 史 程 複 雑 活 服 維 6 略 換 次 循 促 G D 単 省 酸 硫 黄 び 農 森 林 被 覆 概 次 小 康 ゆ 突 握 伊 藤 忠 評 論 石 田 暖 析 説 命 初 8 億 満 億 6 億 億 突 急 浪 ヘ シ 概 模 左 右 所 迫 広 卒

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 24 年 度 防 衛 予 算 案 の 概 要 防 衛 省 注 1: 本 文 中 の 計 数 は 特 に 記 載 のある 場 合 を 除 き 装 備 品 等 の 製 造 等 に 要 する 初 度 費 を 除 く 経 費 を 表 示 している 2: 本 文 中 の 計 数 は 特 に 記 載 のある 場 合 を 除 き 契 約 ベースである 3: 本 文 中 の 青 字 は 新 規 事 業 を

More information

ソマリア沖・アデン湾海賊対処について

ソマリア沖・アデン湾海賊対処について 2010 年 4 年 毎 の 国 防 計 画 見 直 し に つ い て ( JAAGA だ よ り 39 号 2010. 12.14 投 稿 文 ) 織 田 邦 男 1 は じ め に 今 年 2 月 米 国 防 省 は 4 年 毎 の 国 防 計 画 見 直 し ( QDR: Quadrennial Defense Review)( 以 下 QDR ) を 議 会 に 提 出 し た 5 月 に

More information

<5461726F31332D8E8A8AAF95F1986196F38169835A8362836794C5816A2E6A>

<5461726F31332D8E8A8AAF95F1986196F38169835A8362836794C5816A2E6A> 千 五 百 量 破 壊 等 等 件 外 省 告 示 九 八 日 量 破 壊 等 等 次 七 日 外 臣 川 口 順 子 訳 文 千 八 日 九 五 回 千 五 百 構 盟 軍 備 軍 縮 履 量 破 壊 ゆ 側 面 け む 千 九 百 九 日 政 府 首 脳 レ ベ ル 長 声 S / 五 〇 〇 再 声 盟 地 域 世 界 混 乱 せ 問 題 憲 解 強 調 想 起 憲 責 任 有 除 去 数 へ

More information

Microsoft Word - 会報55号.doc

Microsoft Word - 会報55号.doc URI http://www.geocities.jp/nine_jou138/index.html 会 報 一 宮 9 条 の 会 第 55 号 2014 年 1 月 30 日 憲 法 9 条 を 守 る 一 宮 市 民 の 会 発 行 TEL&FAX 0586-76-6557 あけましておめでとうございます 次 に 紹 介 するのは 2014 年 1 月 11 日 に 一 宮 駅 東 で 配 布

More information

了 者 に 限 る ) 若 し く は 第 十 五 号 に 掲 げ る 者 又 は 第 十 四 号 に 掲 げ る 者 の う ち 三 級 訪 問 介 護 員 で あ る 者 三 居 宅 介 護 サ ー ビ ス 費 の 注 6 の (1)の 厚 生 労 働 大 臣 が 定 め る 者 六 号 ( 三

了 者 に 限 る ) 若 し く は 第 十 五 号 に 掲 げ る 者 又 は 第 十 四 号 に 掲 げ る 者 の う ち 三 級 訪 問 介 護 員 で あ る 者 三 居 宅 介 護 サ ー ビ ス 費 の 注 6 の (1)の 厚 生 労 働 大 臣 が 定 め る 者 六 号 ( 三 厚 生 労 働 大 臣 が 定 め る 者 ( 平 成 十 八 年 九 月 二 十 九 日 ) ( 厚 生 労 働 省 告 示 第 五 百 四 十 八 号 ) 障 害 者 自 立 支 援 法 に 基 づ く 指 定 障 害 福 祉 サ ー ビ ス 等 及 び 基 準 該 当 障 害 福 祉 サ ー ビ ス に 要 す る 費 用 の 額 の 算 定 に 関 す る 基 準 ( 平 成 十 八 年 厚

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E937881698D738FEE816A939A905C91E63433378D862E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E937881698D738FEE816A939A905C91E63433378D862E646F63> 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 2 1 年 2 月 1 9 日 ( 平 成 2 1 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 1 0 9 号 ) 答 申 日 : 平 成 2 1 年 1 2 月 1 5 日 ( 平 成 2 1 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 4 3 7 号 ) 事 件 名 : 陸 上 自 衛 隊 史 ( 平 成 1 8 年 度 )の 一 部 開 示 決 定 に 関

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 19 年 4 月 昭 島 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想 定

More information

ま た 加 害 者 に な ら な い た め に 以 下 の こ と も 認 識 し て お き ま し ょ う ( 1 ) 自 分 が 持 っ て い る 優 位 的 な 立 場 を 認 識 す る た と え ば 大 学 教 員 と 学 生 は 共 に 意 見 交 換 や 議 論 を す る

ま た 加 害 者 に な ら な い た め に 以 下 の こ と も 認 識 し て お き ま し ょ う ( 1 ) 自 分 が 持 っ て い る 優 位 的 な 立 場 を 認 識 す る た と え ば 大 学 教 員 と 学 生 は 共 に 意 見 交 換 や 議 論 を す る 尚 絅 学 院 ハラスメント 防 止 のためのガイドライン 尚 絅 学 院 ハ ラ ス メ ン ト 防 止 宣 言 学 校 法 人 尚 絅 学 院 尚 絅 学 院 は す べ て の 学 生 生 徒 園 児 お よ び 教 職 員 が 個 人 と し て 尊 重 さ れ 互 い の 信 頼 を も と に 修 学 や 研 究 就 労 に 励 め る よ う 環 境 を 整 え こ れ を 維 持 し

More information

教 科 書 採 択 の 基 本 方 針 とは 新 しい 教 育 基 本 が 示 す 教 育 目 標 には 豊 かな 情 操 や 道 徳 心 公 共 の 精 神 伝 統 と 文 化 の 尊 重 愛 国 心 などの 育 成 が 掲 げられ 教 科 書 作 成 の 指 針 である 学 習 指 導 要 領

教 科 書 採 択 の 基 本 方 針 とは 新 しい 教 育 基 本 が 示 す 教 育 目 標 には 豊 かな 情 操 や 道 徳 心 公 共 の 精 神 伝 統 と 文 化 の 尊 重 愛 国 心 などの 育 成 が 掲 げられ 教 科 書 作 成 の 指 針 である 学 習 指 導 要 領 中 学 教 科 書 7 社 の 比 較 調 査 調 査 対 象 教 科 書 ( ) 内 は 略 称 育 鵬 社 ( 育 鵬 ) 帝 国 書 院 ( 帝 国 ) 教 育 出 版 社 ( 教 出 ) 東 京 書 籍 ( 東 書 ) 清 水 書 院 ( 清 水 ) 日 本 文 教 出 版 社 自 由 社 ( 自 由 ) ( 日 文 ) 教 科 書 採 択 の 基 本 方 針 とは 新 しい 教 育 基 本

More information

<955C8E862E6169>

<955C8E862E6169> 提 言 の 趣 旨 歴 史 的 な 政 権 交 代 の 結 果 日 本 の 外 交 安 全 保 障 政 策 が 民 主 党 によって 見 直 されること となった 民 主 党 はマニフェストの 中 で 日 本 外 交 の 基 礎 として 緊 密 で 対 等 な 日 米 同 盟 関 係 をつくるため 主 体 的 な 外 交 戦 略 を 構 築 するとし 日 米 地 位 協 定 の 改 定 を 提 起

More information

集団的自衛権の行使容認と安全保障法制整備の基本方針

集団的自衛権の行使容認と安全保障法制整備の基本方針 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 容 認 と 安 全 保 障 法 制 整 備 の 基 本 方 針 閣 議 決 定 を 受 けての 国 会 論 戦 の 概 要 外 交 防 衛 委 員 会 調 査 室 中 内 康 夫 はじめに 安 全 保 障 法 制 の 見 直 しに 向 けて 検 討 を 進 めてきた 安 倍 内 閣 は 平 成 26 年 7 月 1 日 新 た な 安 全 保 障 法 制 の 整

More information

2009.11.23 第 9 回 憲 法 セミナー 福 井 516 名 2010.04.09 改 憲 世 論 調 査 ( 読 売 ) 賛 成 43% 反 対 42% ( 資 料 1 2) 九 条 の 会 の 結 成 数 と 世 論 調 査 における 改 憲 反 対 の 率 の 推 移 2

2009.11.23 第 9 回 憲 法 セミナー 福 井 516 名 2010.04.09 改 憲 世 論 調 査 ( 読 売 ) 賛 成 43% 反 対 42% ( 資 料 1 2) 九 条 の 会 の 結 成 数 と 世 論 調 査 における 改 憲 反 対 の 率 の 推 移 2 9 条 の 会 北 九 州 憲 法 ネット 結 成 10 周 年 記 念 憲 法 講 演 会 資 料 2014.11.29 渡 辺 治 ( 資 料 1) 九 条 の 会 の 発 展 と 世 論 の 変 化 年 結 成 数 活 動 状 況 備 考 内 訳 2004.04 改 憲 世 論 調 査 ( 読 売 ) 賛 成 65% 反 対 22.7% 2004.6.10. 九 条 の 会 呼 びかけ 2004.7.29.

More information

Microsoft PowerPoint - 2011年9月cajs会議報告公開用

Microsoft PowerPoint - 2011年9月cajs会議報告公開用 政 策 空 間 における 政 党 と 有 権 者 大 学 院 人 文 社 会 科 学 研 究 科 国 際 公 共 政 策 専 攻 竹 中 佳 彦 テーマ 1 政 策 空 間 における 政 党 と 有 権 者 の 位 置 前 回 (7 月 27 日 )の 発 表 の 残 り 2 日 本 人 の 政 党 支 持 前 回 の 報 告 に 対 する 質 疑 政 党 支 持 とは 何 か? だれが 支 持 しているのか?

More information

大 臣 官 房 企 画 評 価 課 活 動 指 標 名 / 年 度 実 績 評 価 事 業 概 要 説 明 書 -2 予 算 防 衛 大 臣 を 中 心 とする 政 策 決 定 機 構 の 充 実 改 革 1 活 動 実 績 (H20については 補 正 予 算 後 ベース) 単 位 当 りコスト (

大 臣 官 房 企 画 評 価 課 活 動 指 標 名 / 年 度 実 績 評 価 事 業 概 要 説 明 書 -2 予 算 防 衛 大 臣 を 中 心 とする 政 策 決 定 機 構 の 充 実 改 革 1 活 動 実 績 (H20については 補 正 予 算 後 ベース) 単 位 当 りコスト ( 事 業 開 始 年 度 大 臣 官 房 企 画 評 価 課 事 業 概 要 説 明 書 -1 予 算 防 衛 大 臣 を 中 心 とする 政 策 決 定 機 構 の 充 実 改 革 根 拠 法 改 革 会 議 報 告 書 (20.7.15) 1 実 施 方 法 ( 該 当 項 目 にチェッ ク)) 直 接 実 施 業 務 委 託 補 助 金 貸 付 その 他 上 記 実 施 方 法 が 業 務 委

More information

20年度隊友会要望書(案―1)

20年度隊友会要望書(案―1) 平 成 22 年 度 要 望 書 社 団 法 人 隊 友 会 目 次 ( 要 望 項 目 ) ( 頁 ) はじめに 1 1 憲 法 の 改 正 1 (1) 軍 としての 地 位 及 び 役 割 の 明 記 (2) 軍 事 裁 判 所 の 設 置 2 日 米 共 同 防 衛 国 際 共 同 行 動 の 実 効 性 の 確 保 4 (1) 集 団 的 自 衛 権 行 使 の 容 認 (2) 国 際 平

More information

20年度隊友会要望書(案―1)

20年度隊友会要望書(案―1) 平 成 25 年 度 政 策 提 言 書 公 益 社 団 法 人 隊 友 会 目 次 ( 提 言 項 目 ) ( 頁 ) はじめに 1 1 憲 法 の 改 正 2 (1) 国 を 防 衛 する 実 力 組 織 を 軍 として 憲 法 に 明 記 (2) 軍 ( 刑 ) 法 や 軍 事 裁 判 所 などの 軍 事 司 法 制 度 の 整 備 2 日 米 共 同 防 衛 国 際 共 同 行 動 の 実

More information

島 根 大 学 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 法 文 学 部 は, 尐 子 高 齢 化 過 疎 化 が 深 刻 な 問 題 と な る 一 方, 豊 か な 自 然 や 文 化 を 有 し て い る 山 陰 地 域 唯 一 の 人 文 科 学 社 会 科 学

島 根 大 学 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 法 文 学 部 は, 尐 子 高 齢 化 過 疎 化 が 深 刻 な 問 題 と な る 一 方, 豊 か な 自 然 や 文 化 を 有 し て い る 山 陰 地 域 唯 一 の 人 文 科 学 社 会 科 学 島 根 大 学 法 文 学 部 1. 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 1-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 1-4 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 1-4 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 1-6 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 1-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 1-10 分 析 項 目 Ⅴ 進 路 就 職 の

More information

LGWAN(エルジーワン) 総 合 行 政 ネットワーク( Local Government )の Wide 略 称 Area Network 地 方 公 共 団 体 の 組 織 内 ネットワークを 相 互 に 接 続 し 地 方 公 共 団 体 間 のコミュニケーションの 円 滑 化 情 報 共

LGWAN(エルジーワン) 総 合 行 政 ネットワーク( Local Government )の Wide 略 称 Area Network 地 方 公 共 団 体 の 組 織 内 ネットワークを 相 互 に 接 続 し 地 方 公 共 団 体 間 のコミュニケーションの 円 滑 化 情 報 共 参 考 茂 原 市 国 民 保 護 計 画 用 語 集 あ 行 安 定 ヨウ 素 剤 原 子 力 施 設 等 の 事 故 に 備 えて 服 用 するために 調 合 した 放 射 能 をもたないヨウ 素 をいう 被 ばく 前 に 安 定 ヨウ 素 剤 を 服 用 することにより 甲 状 腺 (ヨウ 素 が 濃 集 しやすい )をヨウ 素 で 飽 和 して おくと 被 ばくしても 放 射 性 ヨウ 素

More information

防 衛 関 係 予 算 のポイント 27 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 27 年 度 の 防 衛 関 係 費 は 厳 しさを 増 す 安 全 保 障 環 境 や 一 昨 年 策 定 された 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 等 を 踏 まえ 対 前 年 度 比 +2.0%

防 衛 関 係 予 算 のポイント 27 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 27 年 度 の 防 衛 関 係 費 は 厳 しさを 増 す 安 全 保 障 環 境 や 一 昨 年 策 定 された 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 等 を 踏 まえ 対 前 年 度 比 +2.0% 平 成 27 年 度 防 衛 関 係 予 算 のポイント 平 成 27 年 1 月 井 口 主 計 官 防 衛 関 係 予 算 のポイント 27 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 27 年 度 の 防 衛 関 係 費 は 厳 しさを 増 す 安 全 保 障 環 境 や 一 昨 年 策 定 された 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 等 を 踏 まえ 対 前 年 度 比 +2.0%の

More information

ある 東 西 冷 戦 間 アジアには 朝 鮮 戦 争 とベトナム 戦 争 に 代 表 されるように 冷 戦 が 熱 戦 化 した 歴 史 がある そのいずれにも 米 中 は 敵 対 する 関 係 で 直 接 的 間 接 的 に 関 与 した 特 に 朝 鮮 戦 争 において 両 国 は 直 接 戦

ある 東 西 冷 戦 間 アジアには 朝 鮮 戦 争 とベトナム 戦 争 に 代 表 されるように 冷 戦 が 熱 戦 化 した 歴 史 がある そのいずれにも 米 中 は 敵 対 する 関 係 で 直 接 的 間 接 的 に 関 与 した 特 に 朝 鮮 戦 争 において 両 国 は 直 接 戦 台 湾 有 事 は 日 本 有 事 その 時 に わが 国 はどう 備 えなければならないか? 樋 口 譲 次 はじめに アジアを 主 戦 場 とした 米 中 冷 戦 はすでに 始 まっている 中 東 における 対 テロ 戦 に 一 応 の 決 着 をつけた 米 国 は 戦 略 の 重 点 をアジアへ 向 けて 急 転 換 している その 矛 先 は 21 世 紀 の 東 アジア/アジア 太 平 洋

More information

Vol. 5 6 む ね 5 途 技 術 水 準 勘 検 討 修 正 福 田 麻 生 作 業 8 麻 生 織 有 者 談 勝 俣 ポ 唆 経 再 検 討 鳩 山 足 末 予 計 画 整 計 画 先 延 談 織 改 鳩 山 位 置 付 困 難 鳩 山 普 天 移 問 題 ぐ 膠 着 ち ゃ 状 況 打

Vol. 5 6 む ね 5 途 技 術 水 準 勘 検 討 修 正 福 田 麻 生 作 業 8 麻 生 織 有 者 談 勝 俣 ポ 唆 経 再 検 討 鳩 山 足 末 予 計 画 整 計 画 先 延 談 織 改 鳩 山 位 置 付 困 難 鳩 山 普 天 移 問 題 ぐ 膠 着 ち ゃ 状 況 打 集 考 想 神 謙 慶應義塾学准教授 混 格有 略文家 評価針 巻 指針文 整標水準今 計画 以 役割任務兵装 2010 決 2009歴史 位置付明求 略反映せ 文存総 付公式文望 府体包括 経緯 治導試 略 NSS 領府 転換初 4ご QDR 2004 決 想 来針 官邸官房心整 省比 7 Vol. 5 6 む ね 5 途 技 術 水 準 勘 検 討 修 正 福 田 麻 生 作 業 8 麻 生 織

More information

宮 本 悟 著 北 朝 鮮 ではなぜ 軍 事 クー デターが 起 きないのか? 政 軍 関 係 論 で 読 み 解 く 軍 隊 統 制 と 対 外 軍 事 支 援 潮 書 房 光 人 社 2013 年 295ページ Ⅰ 本 書 の 紹 介 本 書 のテーマは, 北 朝 鮮 ではどうして 軍 事 クー

宮 本 悟 著 北 朝 鮮 ではなぜ 軍 事 クー デターが 起 きないのか? 政 軍 関 係 論 で 読 み 解 く 軍 隊 統 制 と 対 外 軍 事 支 援 潮 書 房 光 人 社 2013 年 295ページ Ⅰ 本 書 の 紹 介 本 書 のテーマは, 北 朝 鮮 ではどうして 軍 事 クー 宮 本 悟 著 北 朝 鮮 ではなぜ 軍 事 クーデターが 起 きないの Titleか? -- 政 軍 関 係 論 で 読 み 解 く 軍 隊 統 制 と 対 外 軍 事 支 援 ( 書 評 ) Author(s) 柳, 学 洙 Citation アジア 経 済 55.2 (2014.6): 109-112 Issue Date 2014-06 URL http://hdl.handle.net/2344/1346

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

Microsoft PowerPoint - 日本安全保障貿易学会20100925.ppt

Microsoft PowerPoint - 日本安全保障貿易学会20100925.ppt 日 本 安 全 保 障 貿 易 学 会 第 11 回 研 究 大 会 イランと 国 連 等 の 制 裁 レジーム 2010 年 9 月 25 日 財 団 法 人 日 本 エネルギー 経 済 研 究 所 中 東 研 究 センター 田 中 浩 一 郎 1 本 報 告 の 焦 点 1. イラン 核 問 題 の 系 譜 2. 制 裁 レジームの 狙 い 3. 国 連 安 保 理 制 裁 の 強 化 4. 独

More information

あなたは 地 方 分 権 を 進 めために カギとな 課 題 は 何 だと 考 えていま すか その 他 その 他 道 州 制 導 入 の 推 進 中 央 からの 権 限 や 財 源 の 移 譲 地 方 自 治 にふさわし い 政 策 と 財 源 の 確 保 問 6 そう 考 え 理 由 を 一 言

あなたは 地 方 分 権 を 進 めために カギとな 課 題 は 何 だと 考 えていま すか その 他 その 他 道 州 制 導 入 の 推 進 中 央 からの 権 限 や 財 源 の 移 譲 地 方 自 治 にふさわし い 政 策 と 財 源 の 確 保 問 6 そう 考 え 理 由 を 一 言 参 議 院 議 員 に 選 ばれた 際 に あな たがこの1 年 間 で 優 先 的 に 取 り 組 も うと 考 えてい 課 題 は 何 ですか 雇 用 創 出 その 他 消 費 税 増 税 反 対 財 政 再 建 の 道 筋 をつ け 雇 用 のセーフティネッ トの 整 備 問 1 そう 考 え 理 由 を 一 言 でお 答 えくだ さい 必 須 回 答 雇 用 環 境 はいぜんと して 厳 しく

More information

どを 実 施 することで 日 本 に 圧 力 を 加 えてくることが 予 想 される これに 対 し 日 本 は 海 上 保 安 庁 が 主 体 となって 領 海 侵 入 に 対 処 するとともに 海 空 自 衛 隊 による 警 戒 監 視 を 強 化 していくことになるだろう そういう 動 きに

どを 実 施 することで 日 本 に 圧 力 を 加 えてくることが 予 想 される これに 対 し 日 本 は 海 上 保 安 庁 が 主 体 となって 領 海 侵 入 に 対 処 するとともに 海 空 自 衛 隊 による 警 戒 監 視 を 強 化 していくことになるだろう そういう 動 きに 尖 閣 問 題 で 武 力 紛 争 が 起 こったら 石 垣 島 はどうなるか 2015 年 9 月 14 日 FB に 投 稿 石 垣 市 新 川 在 住 笹 尾 哲 夫 最 近 自 衛 隊 は 尖 閣 紛 争 をどう 戦 うか ( 西 村 金 一 岩 切 成 夫 末 次 富 美 雄 共 著 祥 伝 社 新 書 2014 年 刊 )という 本 を 読 みました 西 村 さんは 元 防 衛 省 自

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031362E30342E30315F91E5924A91E58A77925A8AFA91E58A7795948A7791A5>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031362E30342E30315F91E5924A91E58A77925A8AFA91E58A7795948A7791A5> 大 谷 大 学 短 期 大 学 部 学 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 大 谷 大 学 短 期 大 学 部 ( 以 下 本 学 という )は 教 育 基 本 法 及 び 学 校 教 育 法 による 短 期 大 学 として 仏 教 の 精 神 に 基 づき 職 業 に 必 要 な 専 門 教 育 を 施 し 教 養 ある 有 能 な 社 会 人 を 育 成 することを 目 的 とする

More information

死 者 も 出 なかったのは 平 和 憲 法 が 存 在 したお 蔭 であります 平 和 憲 法 の 存 在 によって 日 本 は アメリカによる 海 外 派 兵 の 要 求 を 断 ることができたのであります 3 平 和 国 家 としての 日 本 の 立 場 は 世 界 中 が 認 めているもので

死 者 も 出 なかったのは 平 和 憲 法 が 存 在 したお 蔭 であります 平 和 憲 法 の 存 在 によって 日 本 は アメリカによる 海 外 派 兵 の 要 求 を 断 ることができたのであります 3 平 和 国 家 としての 日 本 の 立 場 は 世 界 中 が 認 めているもので 平 成 26 年 6 月 26 日 内 閣 総 理 大 臣 安 倍 晋 三 様 元 防 衛 庁 教 育 訓 練 局 長 新 潟 県 加 茂 市 長 小 池 清 彦 憲 法 解 釈 の 変 更 による 集 団 的 自 衛 権 の 容 認 に 関 する 意 見 書 1 まず はじめに 申 し 上 げます 政 府 が 示 された 集 団 的 自 衛 権 行 使 の 事 例 とされる8 事 例 は 一 見

More information

要約平成19年度安全保障環境の変化が我が国の防衛機器産業に及ぼす影響に関する調査研究報告書

要約平成19年度安全保障環境の変化が我が国の防衛機器産業に及ぼす影響に関する調査研究報告書 調 査 研 究 報 告 書 の 要 約 19 事 業 環 境 1 署 名 平 成 19 年 度 安 全 保 障 環 境 の 変 化 が 我 が 国 の 防 衛 機 器 産 業 に 及 ぼす 影 響 に 関 する 調 査 研 究 報 告 書 発 行 機 関 名 社 団 法 人 日 本 機 械 工 業 連 合 会 日 本 戦 略 研 究 フォーラム 発 行 年 月 平 成 20 年 3 月 頁 数 190

More information

< F2D AFA CD90AE94F58C7689E62E6A7464>

< F2D AFA CD90AE94F58C7689E62E6A7464> 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 8 年 度 ~ 平 成 12 年 度 )について 平 成 7 年 12 月 14 日 安 全 保 障 会 議 決 定 平 成 7 年 12 月 15 日 閣 議 決 定 平 成 8 年 度 から 平 成 12 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 について 平 成 8 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208C9B964082A982E795BD986182C688C0915395DB8FE182F08D6C82A682E9>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208C9B964082A982E795BD986182C688C0915395DB8FE182F08D6C82A682E9> 憲 法 から 平 和 と 安 全 保 障 を 考 える 日 本 の 未 来 はどうなるか? 関 西 学 院 大 学 法 学 部 長 岡 徹 一 統 幕 内 部 文 書 の 衝 撃 1 ガイドラインこそが 防 衛 当 局 にとっての 最 高 法 規 4.27 日 米 安 全 保 障 協 議 委 員 会 第 3 次 ガイドライン 合 意 4.29 安 倍 首 相 米 議 会 演 説 安 保 法 制 の

More information

Microsoft Word - 280720 ピンナップ(お知らせ)【エンバーゴ差替え】

Microsoft Word - 280720 ピンナップ(お知らせ)【エンバーゴ差替え】 (お 知 らせ) 28.8.31 防 衛 装 備 庁 取 得 戦 略 計 画 の 策 定 について 防 衛 装 備 庁 では 平 成 27 年 11 月 にプロジェクト 管 理 重 点 対 象 装 備 品 (プ ロジェクト マネージャー 及 び 統 合 プロジェクト チームを 置 いて 重 点 的 にプ ロジェクト 管 理 を 実 施 する 装 備 品 )として 選 定 した12 品 目 の 装 備

More information

方 から 支 えた 朝 鮮 戦 争 は それ 程 までに わが 国 への 兵 站 的 依 存 度 が 大 きかったので ある 万 一 朝 鮮 半 島 有 事 になれば 米 軍 中 心 の 国 連 軍 並 びに 韓 国 軍 の 生 命 線 はわが 国 へつ ながり 日 本 は 後 方 兵 站 基 地

方 から 支 えた 朝 鮮 戦 争 は それ 程 までに わが 国 への 兵 站 的 依 存 度 が 大 きかったので ある 万 一 朝 鮮 半 島 有 事 になれば 米 軍 中 心 の 国 連 軍 並 びに 韓 国 軍 の 生 命 線 はわが 国 へつ ながり 日 本 は 後 方 兵 站 基 地 韓 国 は 日 本 なしには 北 朝 鮮 と 戦 えない それでも 反 日 政 策 を 続 けるのか? 樋 口 譲 次 日 本 は 韓 国 防 衛 の 生 命 線 わが 国 に 在 韓 国 連 軍 後 方 司 令 部 が 置 かれている 事 実 を 知 っている 国 民 は それほど 多 くはないであろう 在 韓 国 連 軍 は 1950 年 6 月 の 朝 鮮 戦 争 勃 発 にともない 国 連

More information

意 見 項 目 1 我 が 国 の 防 衛 に 果 たす 北 海 道 の 特 性 と その 実 態 2 北 海 道 からの 要 望 と 提 言

意 見 項 目 1 我 が 国 の 防 衛 に 果 たす 北 海 道 の 特 性 と その 実 態 2 北 海 道 からの 要 望 と 提 言 資 料 3 安 全 保 障 と 防 衛 力 に 関 する 懇 談 会 平 成 21 年 4 月 9 日 北 海 道 千 歳 市 長 山 口 幸 太 郎 意 見 項 目 1 我 が 国 の 防 衛 に 果 たす 北 海 道 の 特 性 と その 実 態 2 北 海 道 からの 要 望 と 提 言 北 海 道 ( 千 歳 市 )と 防 衛 施 設 自 衛 隊 の 係 わり 北 海 道 千 歳 市 大 正

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D838A8341946895BA82CC8C6F89DF82C68A4391AF91CE8F88964082CC96E291E8935F89A18F9182AB2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D838A8341946895BA82CC8C6F89DF82C68A4391AF91CE8F88964082CC96E291E8935F89A18F9182AB2E646F63> ( 人 権 ソ マ リ ア 派 兵 の 経 過 海 賊 対 処 法 の 問 題 点 21 調 査 と 研 究 第 202 号 2009 年 10 月 号 ) 賊 ( 麻 の 一 生 襲 )はじめに 内 撃 閣 から は 三 船 月 舶 十 を 三 護 日 衛 するために 安 全 保 障 会 海 議 上 および 自 隊 閣 の 議 部 を 隊 開 を いて ソマリア 同 海 域 に 派 遣 することを

More information

Microsoft PowerPoint - 企業における動画活用及びインターネット動画配信利用に関する意識調査報告書.pptx

Microsoft PowerPoint - 企業における動画活用及びインターネット動画配信利用に関する意識調査報告書.pptx 企 業 における 動 画 活 用 及 び インターネット 動 画 配 信 利 用 に 関 する 意 識 調 査 報 告 書 株 式 会 社 デジタル ナレッジ http://study.jp 1 企 業 における 動 画 活 用 及 びインターネット 動 画 配 信 利 用 に 関 する 意 識 調 査 報 告 書 目 次 1. 調 査 概 要. 2. 回 答 者 属 性 3.まとめ. 3 4 9

More information

こ の 計 画 は 万 一 の テ 亘 や 武 力 攻 撃 があ っ 彪 場 合 に 水 俣 市 に い る す べ て の 人 々 を 保 護 す る 短 め に 作 成 し 起 も の で す こ の 計 画 の 策 定 に よ っ て 戦 争 行 為 を 行 う こ と な ど を 肯 定 す

こ の 計 画 は 万 一 の テ 亘 や 武 力 攻 撃 があ っ 彪 場 合 に 水 俣 市 に い る す べ て の 人 々 を 保 護 す る 短 め に 作 成 し 起 も の で す こ の 計 画 の 策 定 に よ っ て 戦 争 行 為 を 行 う こ と な ど を 肯 定 す 平 成 2 2 年 度 水 俣 市 国 民 保 護 計 画 水 俣 市 こ の 計 画 は 万 一 の テ 亘 や 武 力 攻 撃 があ っ 彪 場 合 に 水 俣 市 に い る す べ て の 人 々 を 保 護 す る 短 め に 作 成 し 起 も の で す こ の 計 画 の 策 定 に よ っ て 戦 争 行 為 を 行 う こ と な ど を 肯 定 す る 壱 の で は あ り

More information

1. 事 業 の 概 要 国 名 :ロシア 連 邦 案 件 名 :ロシア 極 東 退 役 原 子 力 潜 水 艦 解 体 事 業 希 望 の 星 分 野 : 核 軍 縮 環 境 保 全 援 助 形 態 : 資 金 供 与 協 力 金 額 総 計 : 約 58 億 円 (オーストラリア 韓 国 ニュー

1. 事 業 の 概 要 国 名 :ロシア 連 邦 案 件 名 :ロシア 極 東 退 役 原 子 力 潜 水 艦 解 体 事 業 希 望 の 星 分 野 : 核 軍 縮 環 境 保 全 援 助 形 態 : 資 金 供 与 協 力 金 額 総 計 : 約 58 億 円 (オーストラリア 韓 国 ニュー ロシア 極 東 退 役 原 子 力 潜 水 艦 解 体 事 業 希 望 の 星 事 後 評 価 業 務 事 後 評 価 結 果 要 約 2015 年 3 月 25 日 公 益 財 団 法 人 原 子 力 バックエンド 推 進 センタ- 1. 事 業 の 概 要 国 名 :ロシア 連 邦 案 件 名 :ロシア 極 東 退 役 原 子 力 潜 水 艦 解 体 事 業 希 望 の 星 分 野 : 核 軍

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 21 年 5 月 苫 小 牧 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想

More information

防 衛 関 係 予 算 のポイント 28 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 に 沿 って 南 西 地 域 の 島 嶼 部 における 防 衛 態 勢 の 強 化 等 を 図 るとともに 装 備 品 の 調 達 の 効 率 化 等 を 推

防 衛 関 係 予 算 のポイント 28 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 に 沿 って 南 西 地 域 の 島 嶼 部 における 防 衛 態 勢 の 強 化 等 を 図 るとともに 装 備 品 の 調 達 の 効 率 化 等 を 推 平 成 28 年 度 防 衛 関 係 予 算 のポイント 平 成 27 年 12 月 堀 内 主 計 官 防 衛 関 係 予 算 のポイント 28 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 に 沿 って 南 西 地 域 の 島 嶼 部 における 防 衛 態 勢 の 強 化 等 を 図 るとともに 装 備 品 の 調 達 の 効 率 化 等 を

More information

地震防災対策の現状と課題~住宅の耐震化と地震保険~

地震防災対策の現状と課題~住宅の耐震化と地震保険~ 第 119 回 NRIメディアフォーラム 地 震 防 災 対 策 の 現 状 と 課 題 ~ 住 宅 の 耐 震 化 と 地 震 保 険 ~ 2009 年 11 月 13 日 株 式 会 社 野 村 総 合 研 究 所 社 会 システムコンサルティング 部 上 級 コンサルタント 主 任 コンサルタント 浅 野 憲 周 野 崎 洋 之 100-0005 東 京 都 千 代 田 区 丸 の 内 1-6-5

More information

<50524553424F5895B68F91>

<50524553424F5895B68F91> 中 部 方 面 隊 のイラク 派 遣 に 関 する 要 請 八 尾 市 長 柴 谷 光 謹 様 私 たちは 激 化 するイラク 情 勢 の 安 定 にむけて 国 際 社 会 が 協 調 して 取 り 組 みを 強 める べきときに なによりも 日 本 が 憲 法 の 平 和 精 神 に 則 った 態 度 を 示 すことを 望 むものです そして 自 衛 隊 員 のみなさんの 安 全 を 考 え 一

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63> 海 洋 汚 染 の 準 備 対 応 に 関 する 国 家 防 除 基 本 計 画 目 次 Ⅰ. 総 則 1. 計 画 の 目 的...1 2. 適 用 の 範 囲...1 3.その 他 の 計 画 と 関 係...1 Ⅱ. 油 汚 染 の 防 除 体 制 1. 防 除 体 制 等...2 2. 防 除 対 策 本 部...2 3. 海 洋 汚 染 防 除 対 策 委 員 会...5 4. 地 域 海

More information

<4D F736F F D2095BD90AC E C590A789FC90B382C98AD682B782E D8F A6D92E894C5817A E31302E3037>

<4D F736F F D2095BD90AC E C590A789FC90B382C98AD682B782E D8F A6D92E894C5817A E31302E3037> 平 成 28 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 書 平 成 27 年 10 月 一 般 社 団 法 人 日 本 自 動 車 会 議 所 は じ め に 一 般 社 団 法 人 日 本 自 動 車 会 議 所 は 自 動 車 の 生 産 販 売 使 用 の 各 段 階 にわたる 総 合 団 体 として クルマ 社 会 の 健 全 な 発 展 に 貢 献 し 持 続 可 能 な 社 会 の

More information

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月 青 警 組 8 5 4 8 月 3 0 属 長 殿 青 森 警 察 本 長 布 4 53 180 回 本 8 月 1 別 添 1 新 旧 照 文 別 添 布 ろ 概 遺 憾 1 運 留 意 別 途 示 市 民 活 危 険 整 備 1 抗 争 危 険 措 置 1 抗 争 発 抗 争 凶 器 身 体 危 害 加 方 抗 争 更 様 危 害 加 3 月 期 間 警 戒 域 抗 争 抗 争 15 抗 争 警

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 北 神 塾 第 五 講 世 界 の 中 の 日 本 日 本 の 外 交 安 全 保 障 防 衛 方 針 2 平 成 26 年 9 月 12 日 北 神 圭 朗 1 中 国 の 軍 事 戦 略 1. 中 国 の 軍 事 費 はすでに 日 本 の 3 倍 を 超 えた しかも 単 純 に 経 済 成 長 に 合 わせて 軍 備 拡 張 が 行 われているのではなく 確 固 たる 長 期 戦 略 に 基

More information

した 開 示 決 定 等 に 当 たっては, 法 11 条 を 適 用 して, 平 成 23 年 5 月 13 日 まで 開 示 決 定 等 の 期 限 を 延 長 し, 同 年 4 月 11 日 付 け 防 官 文 第 452 0 号 により,1 枚 目 を 一 部 開 示 した そして, 同 年

した 開 示 決 定 等 に 当 たっては, 法 11 条 を 適 用 して, 平 成 23 年 5 月 13 日 まで 開 示 決 定 等 の 期 限 を 延 長 し, 同 年 4 月 11 日 付 け 防 官 文 第 452 0 号 により,1 枚 目 を 一 部 開 示 した そして, 同 年 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 23 年 8 月 11 日 ( 平 成 23 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 413 号 ) 答 申 日 : 平 成 24 年 2 月 27 日 ( 平 成 23 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 500 号 ) 事 件 名 : 海 賊 対 処 行 動 の 実 施 に 関 する 統 合 幕 僚 長 指 令 の 一 部 開 示 決 定 に 関

More information

Taro-全宅建業者アンケート(1213

Taro-全宅建業者アンケート(1213 人 権 問 題 についてのアンケート 差 別 の 問 題 は 個 々の 業 者 だけの 取 り 組 みにとどまらず 業 界 としての 全 体 的 な 取 り 組 みや 行 政 と 連 携 したより 幅 広 い 取 り 組 みが 必 要 となります このアンケートは 宅 地 建 物 取 引 の 場 における 人 権 問 題 の 実 情 を 把 握 し 今 後 の 啓 発 等 人 権 問 題 への 取

More information

第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合

第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合 第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合 には 当 初 その 被 害 の 原 因 が 明

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

平成16年12月  日

平成16年12月  日 平 成 16 年 12 月 7 日 内 閣 総 理 大 臣 防 衛 庁 長 官 内 閣 官 房 長 官 外 務 大 臣 財 務 大 臣 各 国 務 大 臣 各 衆 議 院 議 員 各 参 議 院 議 員 小 泉 純 一 郎 様 大 野 功 統 様 細 田 博 之 様 町 村 信 孝 様 谷 垣 禎 一 様 様 様 様 元 防 衛 庁 教 育 訓 練 局 長 防 衛 研 究 所 長 新 潟 県 加 茂

More information

営業秘密管理指針(案)の概要

営業秘密管理指針(案)の概要 ( 別 紙 1-2) 外 為 法 に 基 づく 対 内 投 資 規 制 の 見 直 しについて ( 参 考 資 料 ) 平 成 1 9 年 6 月 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 外 国 投 資 家 による 対 内 直 接 投 資 が 国 の 安 全 を 損 ない 公 の 秩 序 の 維 持 を 妨 げ 公 衆 の 安 全 の 保 護 に 支 障 を 来 す 等 のおそれがある 場

More information

防 衛 省 表 19-4 防 衛 省 における 政 策 評 価 の 結 果 及 びこれらの 政 策 への 反 映 状 況 ( 個 表 ) 政 策 ごとの 評 価 結 果 については 総 務 省 ホームページ(http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/hyouka/seisaku_n/seisaku_fusyou.ht ml)を 参 照 されたい また 政 策 評 価 の

More information

目 次 ( 提 言 項 目 ) ( 頁 ) はじめに 1 1 憲 法 の 改 正 2 (1) 国 を 防 衛 する 実 力 組 織 を 軍 として 憲 法 に 明 記 (2) 軍 ( 刑 ) 法 や 軍 事 裁 判 所 などの 軍 事 司 法 制 度 の 整 備 2 日 米 共 同 防 衛 国 際

目 次 ( 提 言 項 目 ) ( 頁 ) はじめに 1 1 憲 法 の 改 正 2 (1) 国 を 防 衛 する 実 力 組 織 を 軍 として 憲 法 に 明 記 (2) 軍 ( 刑 ) 法 や 軍 事 裁 判 所 などの 軍 事 司 法 制 度 の 整 備 2 日 米 共 同 防 衛 国 際 平 成 26 年 度 政 策 提 言 書 公 益 社 団 法 人 隊 友 会 目 次 ( 提 言 項 目 ) ( 頁 ) はじめに 1 1 憲 法 の 改 正 2 (1) 国 を 防 衛 する 実 力 組 織 を 軍 として 憲 法 に 明 記 (2) 軍 ( 刑 ) 法 や 軍 事 裁 判 所 などの 軍 事 司 法 制 度 の 整 備 2 日 米 共 同 防 衛 国 際 共 同 行 動 の 実

More information

<30322D B95D293998E9197BF D38CA991CE899E955C B95D A816A2E786C73>

<30322D B95D293998E9197BF D38CA991CE899E955C B95D A816A2E786C73> 資 料 2-5 岩 手 県 地 域 防 災 対 策 見 直 し 素 案 に 係 るパブリック コメント 意 見 件 数 及 び 対 応 状 況 1 意 見 件 数 受 付 方 法 人 数 ( 人 機 ) 意 見 件 数 ( 件 ) 県 民 市 町 村 防 災 係 機 計 県 民 市 町 村 防 災 係 機 計 郵 便 ( 持 参 を 含 む) 0 0 ファクシミリ 1 2 2 5 1 4 2 7 電

More information

28 1 1 58 号 ⑵ 謹 祝 詞 清 迎 慶 常 頃 積 極 衷 心 近 巻 脅 威 緊 迫 度 急 速 朝 鮮 核 兵 器 ミ サ イ ル 潜 水 艦 射 弾 道 ミ サ イ ル 射 験 挑 為 施 増 強 近 背 景 沙 諸 埋 洋 由 ぐ セ 諸 尖 閣 諸 度 領 侵 領 侵 犯 施

28 1 1 58 号 ⑵ 謹 祝 詞 清 迎 慶 常 頃 積 極 衷 心 近 巻 脅 威 緊 迫 度 急 速 朝 鮮 核 兵 器 ミ サ イ ル 潜 水 艦 射 弾 道 ミ サ イ ル 射 験 挑 為 施 増 強 近 背 景 沙 諸 埋 洋 由 ぐ セ 諸 尖 閣 諸 度 領 侵 領 侵 犯 施 ⑴ 58 号 28 1 1 58 号 28 1 1 : 印 刷 : 印 刷 工 株 式 遠 石 幡 宮 絵 馬 種 情 報 ホムペジ クセス http://www.y-defense.jp/ 28 1 1 58 号 ⑵ 謹 祝 詞 清 迎 慶 常 頃 積 極 衷 心 近 巻 脅 威 緊 迫 度 急 速 朝 鮮 核 兵 器 ミ サ イ ル 潜 水 艦 射 弾 道 ミ サ イ ル 射 験 挑 為 施 増

More information

東アジア06_8章.indd

東アジア06_8章.indd 第 8 章 日 本 より 充 実 した 国 際 協 力 を 目 指 して 日 本 の 防 衛 政 策 の 基 本 的 な 方 向 性 は 防 衛 計 画 の 大 綱 ( 以 下 大 綱 ) によって 定 められている 2004 年 に 新 たな 大 綱 ( 以 下 新 大 綱 )が 策 定 されたが それは 76 年 策 定 の 最 初 の 大 綱 冷 戦 終 結 後 の 国 際 情 勢 を 踏 まえて

More information

5月8日証言要旨

5月8日証言要旨 5 月 8 日 証 言 要 旨 2006 年 4 月 20 日 明 治 大 学 山 田 朗 Ⅰ 緒 論 戦 争 と 軍 事 を 解 析 す る 基 本 的 視 点 1 戦 争 と 報 道 (1) 戦 争 報 道 の 大 半 は 当 事 者 からの 発 表 であり 情 報 戦 心 理 戦 の 要 素 を 含 ん でいる (2)マスメディアによる 報 道 は 映 像 を 伴 うものであっても 実 態 を

More information

目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要... 1 1. 調 査 目 的... 1 2. 調 査 項 目... 1 3. 調 査 設 計... 1 4. 回 収 結 果... 1 5. 報 告 書 の 見 方... 1 6. 標 本 誤 差... 2 Ⅱ 調 査 結 果... 3 1. 回 答 者 の 属 性

目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要... 1 1. 調 査 目 的... 1 2. 調 査 項 目... 1 3. 調 査 設 計... 1 4. 回 収 結 果... 1 5. 報 告 書 の 見 方... 1 6. 標 本 誤 差... 2 Ⅱ 調 査 結 果... 3 1. 回 答 者 の 属 性 泉 佐 野 市 民 の 人 権 に 関 する 意 識 調 査 報 告 書 ( 概 要 版 ) 2016 年 ( 平 成 28 年 )3 月 泉 佐 野 市 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要... 1 1. 調 査 目 的... 1 2. 調 査 項 目... 1 3. 調 査 設 計... 1 4. 回 収 結 果... 1 5. 報 告 書 の 見 方... 1 6. 標 本 誤 差... 2 Ⅱ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738D9196AF95DB8CEC8C7689E6817C91E6825095D22E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738D9196AF95DB8CEC8C7689E6817C91E6825095D22E646F63> 第 1 編 総 論 第 1 章 市 の 責 務 計 画 の 位 置 づけ 構 成 等 廿 日 市 市 ( 市 長 及 びその 他 の 執 行 機 関 をいう 以 下 市 という )は 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 する 責 務 にかんがみ 国 民 の 保 護 のための 措 置 を 的 確 かつ 迅 速 に 実 施 するため 以 下 のとおり 市 の 責 務 を 明 らかにするとともに

More information

untitled

untitled 野 田 内 閣 の 防 衛 政 策 防 衛 大 綱 沖 縄 米 軍 基 地 問 題 等 をめぐる 国 会 論 議 おかどめ やすふみ い ま い かずまさ たかふじ な お こ 外 交 防 衛 委 員 会 調 査 室 岡 留 康 文 今 井 和 昌 高 藤 奈 央 子 菅 内 閣 の 総 辞 職 を 受 け 平 成 23 年 9 月 2 日 野 田 内 閣 が 発 足 した 野 田 内 閣 総 理

More information

文部科学省規制に関する評価書-平成19年度- 学校安全に関する規制(評価結果)

文部科学省規制に関する評価書-平成19年度- 学校安全に関する規制(評価結果) 学 校 安 全 に 関 する 規 制 ( 学 校 保 健 安 全 法 案 第 27 条 第 28 条 第 29 条 ) 主 管 課 ( 課 長 名 ) 文 部 科 学 省 スポーツ 青 少 年 局 学 校 健 康 教 育 課 ( 課 長 : 作 花 文 雄 ) 関 係 課 ( 課 長 名 ) 施 策 目 標 及 び 達 成 目 標 施 策 目 標 2-5 健 やかな 体 の 育 成 児 童 生 徒

More information

委 員 会 行 政 視 察 報 告 書 平 成 25 年 11 月 29 日 提 出 井 原 市 議 会 議 長 宮 地 俊 則 様 報 告 者 議 会 運 営 委 員 会 西 田 久 志 期 間 平 成 25 年 11 月 14 日 ( 木 )~ 平 成 25 年 11 月 15 日 ( 金 ) 出 張 先 及 び 担 当 職 員 職 名 氏 名 愛 知 県 大 府 市 議 会 静 岡 県 湖 西

More information

K

K 134 135 です つまり 日 米 安 保 条 約 によって 日 本 が 米 国 の 戦 争 に 巻 き 込 まれる 可 能 性 は 常 にあると 考 えるのが 正 しい 日 米 同 盟 の 評 価 の 在 り 方 と 考 えます そして それが いみじくもそれが 安 倍 総 理 自 らによる 事 例 設 定 となって いるのが 米 国 と 交 戦 中 の 北 朝 鮮 が 日 本 に 武 力 攻

More information

(2)82 年 から 陸 自 は 日 米 共 同 演 習 訓 練 冷 戦 下 ソ 連 に 想 定 1 戦 車 による 大 砲 射 撃 訓 練 が 必 要 のため 広 大 な 演 習 地 ( 北 海 道 大 演 習 地 矢 臼 別 演 習 地 ) 大 規 模 の 部 隊 が 対 決 する 訓 練 米

(2)82 年 から 陸 自 は 日 米 共 同 演 習 訓 練 冷 戦 下 ソ 連 に 想 定 1 戦 車 による 大 砲 射 撃 訓 練 が 必 要 のため 広 大 な 演 習 地 ( 北 海 道 大 演 習 地 矢 臼 別 演 習 地 ) 大 規 模 の 部 隊 が 対 決 する 訓 練 米 07 年 12 月 1 日 北 海 道 基 地 問 題 交 流 集 会 問 題 提 起 北 海 道 平 和 委 員 会 石 田 明 義 北 海 道 における 軍 事 基 地 と 軍 事 協 力 体 制 1. 北 海 道 の 特 徴 として (1) かつて 北 方 の 脅 威 の 防 備 体 制 をになう 部 隊 対 ソ 戦 場 になりえる 地 域 いま 対 テロ ゲリラを 対 象 とする 訓 練 (

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 10 月 大 分 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 想 定 する 事 態 2 第 2 編 平

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し

More information