2 である モンゴル 語 の 格 語 尾 は 名 詞 や 動 詞 ( 動 詞 形 動 詞 語 尾 )に 結 合 するが その 際 に 母 音 調 和 による 格 の 母 音 変 化 や 単 語 末 の 母 音 子 音 の 影 響 による 格 の 先 頭 部 分 の 音 声 変 化 が 生 じるのであ

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "2 である モンゴル 語 の 格 語 尾 は 名 詞 や 動 詞 ( 動 詞 形 動 詞 語 尾 )に 結 合 するが その 際 に 母 音 調 和 による 格 の 母 音 変 化 や 単 語 末 の 母 音 子 音 の 影 響 による 格 の 先 頭 部 分 の 音 声 変 化 が 生 じるのであ"

Transcription

1 1 モンゴル 語 学 習 者 に 対 する 効 果 的 な 格 語 尾 の 指 導 法 研 究 表 を 多 用 した 理 解 促 進 の 試 み 内 田 孝 (UCHIDA Takashi) 滋 賀 県 立 大 学 非 常 勤 講 師 要 旨 モンゴル 語 格 語 尾 と 日 本 語 格 助 詞 の 用 法 には 共 通 性 が 見 られるため 日 本 語 話 者 にとってモンゴル 語 が 学 びやすい 言 語 に 属 することは 事 実 であ る だが 現 在 モンゴル 国 で 用 いられているキリル 式 モンゴル 文 字 は 複 雑 な 正 書 規 則 を 有 するため 日 本 語 話 者 にとってもモンゴル 語 格 語 尾 の 習 得 は 決 して 容 易 とはいえない モンゴル 語 文 法 の 指 導 法 に 関 する 研 究 はこれまで 十 分 に 進 められておらず 学 習 書 によって 文 法 項 目 の 説 明 に も 差 異 が 見 られる 本 稿 では モンゴル 語 格 語 尾 の 指 導 項 目 を 整 理 した 上 で 表 を 多 用 することで 学 習 者 の 理 解 を 促 進 する 学 習 指 導 の 方 法 に 関 する 試 論 を 提 示 する キーワード:モンゴル 語 格 語 尾 初 級 文 法 正 書 法 表 1.はじめに 本 稿 で 論 じるのは モンゴル 語 学 習 者 に 対 するモンゴル 語 格 語 尾 の 教 育 法 についてで あり 特 に 学 習 者 として 日 本 語 話 者 を 想 定 している 日 本 語 とアルタイ 諸 語 の 一 つに 属 するモンゴル 語 はともに 修 飾 語 が 被 修 飾 語 の 前 に 置 かれ 語 順 類 型 では SOV 型 に 属 する また いずれの 言 語 も 形 態 論 上 は 膠 着 語 に 分 類 され 名 詞 や 動 詞 語 幹 に 接 辞 ( 格 語 尾 や 活 用 語 尾 など)を 付 着 させることで 文 の 文 法 的 意 味 を 示 す 本 稿 で 取 り 上 げる 格 語 尾 をはじ め 動 詞 語 幹 に 付 着 する 受 身 使 役 などのヴォイスや 過 去 非 過 去 などテンスを 表 わす 語 尾 変 化 に 関 する 用 法 や 文 法 概 念 を 対 照 すると 両 言 語 には 類 似 点 が 多 くみられる 一 般 に 日 本 語 話 者 がモンゴル 語 を 学 ぶ 場 合 文 法 概 念 の 詳 細 な 説 明 を 受 ける 以 前 に 日 本 語 との 異 同 を 確 認 するという 作 業 を 通 すことでモンゴル 語 の 基 本 文 法 を 一 層 容 易 かつ 正 確 に 理 解 することが 可 能 となる 例 えば モンゴル 語 格 語 尾 を 学 ぶならば モンゴル 語 の 奪 格 -aac 4 1) は 日 本 語 の 格 助 詞 ~から あるいは より に 対 応 するというよう に モンゴル 語 格 語 尾 に 対 応 する 日 本 語 格 助 詞 を 個 別 に 提 示 していくだけでも モンゴ ル 語 格 語 尾 に 関 する 文 法 概 念 と 用 法 についての 基 本 的 な 理 解 は 得 られるのである しかし だからといって 日 本 語 話 者 にとってモンゴル 語 格 語 尾 の 習 得 と 運 用 が 容 易 で あるということにはならない その 理 由 は 2 つある 第 一 に モンゴル 語 格 語 尾 と 日 本 語 格 語 尾 の 大 きな 相 違 は モンゴル 語 格 語 尾 は 一 つの 格 が 複 数 の 形 に 変 化 するという 点

2 2 である モンゴル 語 の 格 語 尾 は 名 詞 や 動 詞 ( 動 詞 形 動 詞 語 尾 )に 結 合 するが その 際 に 母 音 調 和 による 格 の 母 音 変 化 や 単 語 末 の 母 音 子 音 の 影 響 による 格 の 先 頭 部 分 の 音 声 変 化 が 生 じるのである さらに 第 二 として モンゴル 語 格 語 尾 の 表 記 に 際 しては 正 書 法 の 中 の 母 音 挿 入 および 母 音 削 除 の 規 則 ( 母 音 の 挿 入 削 除 の 規 則 ) 2) も 関 わってくるため その 規 則 も 習 得 せねばならない 現 在 モンゴル 国 で 用 いられているキリル 式 モンゴル 文 字 ( 以 下 本 稿 ではキリル 式 モンゴル 文 字 は キリル 式 文 字 と 記 し ロシア 語 表 記 に 用 いられるキリル 文 字 全 般 については キリル 文 字 と 記 す)の 表 記 規 則 を 定 めた 中 心 的 人 物 である Ts.ダムディンスレンらは モンゴル 文 字 規 範 字 典 ( 以 下 本 稿 では 規 範 字 典 と 記 す)を 著 し モンゴル 語 語 彙 の 表 記 規 範 を 明 らかにしたが それによると 母 音 a y グループの 名 詞 に 主 格 を 除 いた 基 本 格 語 尾 6 種 を 付 加 し さらに 母 音 の 挿 入 削 除 の 規 則 が 適 用 さ れ た 場 合 の 名 詞 の 表 記 パ タ ー ン は 計 29 種 類 に も の ぼ っ て い る [Дамдинсүрэн ほか 1983: ] このことからもモンゴル 語 格 語 尾 の 習 得 が 決 し て 容 易 ではないことが 分 かるであろう 筆 者 は モンゴル 語 初 級 文 法 の 中 で 学 習 者 が 特 に 混 乱 をきたしやすい 難 関 ポイント は 2 つあると 考 えている その 第 一 が 本 稿 が 扱 う 格 語 尾 のつくり 方 に 関 する 規 則 である モンゴル 語 学 習 者 は 初 級 レベルのしかも 初 期 段 階 で 文 の 構 成 要 素 として 不 可 欠 である 格 語 尾 を 理 解 し 運 用 できるようになることが 求 められるが 上 述 のように 音 声 変 化 や 正 書 法 に 不 慣 れな 初 学 者 にとって 決 して 簡 単 なことではない そして 第 二 は 正 書 法 の 中 心 的 位 置 を 占 める 母 音 の 挿 入 削 除 の 規 則 である モンゴル 語 初 級 文 法 を 指 導 する 際 には 特 にこの 2 点 について 留 意 し 学 習 者 の 理 解 促 進 が 効 果 的 にもたらされるよう 文 法 項 目 の 説 明 方 法 および 導 入 順 序 を 工 夫 する 必 要 がある こうした 理 由 から 本 稿 で はモンゴル 語 格 語 尾 の 文 法 項 目 を 取 り 上 げ 表 を 用 いながら 学 習 者 の 理 解 を 促 進 する 試 みについて 論 じることとする 2.モンゴル 語 教 育 に 関 する 先 行 研 究 現 在 のモンゴル 国 (1924 年 から 1991 年 までの 国 名 はモンゴル 人 民 共 和 国 )で 標 準 語 と されているのはモンゴル 語 ハルハ 方 言 であり その 表 記 に 用 いられているのがキリル 式 文 字 である モンゴル 国 は 1921 年 にソ 連 の 国 際 的 政 治 力 を 後 ろ 盾 として 中 華 民 国 からの 国 家 独 立 をほぼ 確 立 し ソ 連 に 次 ぐ 世 界 二 番 目 の 社 会 主 義 国 としての 道 を 歩 み 始 めた ロシア 語 表 記 に 使 われているキリル 文 字 を 借 用 することを 正 式 決 定 したのはその 20 年 後 の 1941 年 のことで 3) 約 5 年 の 準 備 期 間 を 経 て 全 面 的 な 移 行 を 終 えた それ 以 前 に 用 いていたウイグル 式 モンゴル 文 字 ( 以 下 本 稿 ではウイグル 式 文 字 と 記 す) 4) には 異 なる 母 音 や 子 音 を 同 一 文 字 で 表 記 し さらに 文 語 体 表 記 で 文 字 表 記 と 実 際 の 発 音 との 隔 たりが 大 きいという 不 便 さがあった これに 対 しキリル 式 文 字 では 言 文 一 致 による 表 記 が 可 能 となり この 新 しい 文 字 を 採 用 したことでモンゴル 人 民 共 和 国 では 識 字 率 が 飛 躍 的 に 向 上 したという 肯 定 的 評 価 がなされている ところが 新 たに 導 入 されたキリル 式 文

3 3 字 の 表 記 体 系 にも 大 きな 問 題 があった まず 第 一 に 表 記 の 複 雑 さである 上 述 した 母 音 の 挿 入 削 除 という 複 雑 な 正 書 規 則 のみならず 格 語 尾 や 一 部 の 動 詞 語 尾 の 表 記 がそ れまでのウイグル 式 文 字 よりも 複 雑 化 した 5) これはキリル 式 文 字 が ウイグル 式 文 字 以 上 に 母 音 調 和 によって 変 化 する 母 音 を 書 き 分 けることが 可 能 となった 以 上 やむをえ ない 側 面 もある しかし 一 部 の 格 語 尾 および 動 詞 語 尾 の 正 確 な 表 記 には 廃 止 したウ イグル 式 文 字 の 表 記 知 識 が 必 要 とされる 6) という 不 合 理 な 要 素 も 含 んでいるのである 第 二 には ロシア 語 表 記 に 用 いられるキリル 文 字 33 種 ( 大 文 字 小 文 字 をあわせて 1 種 類 と 数 える)ではモンゴル 語 の 子 音 および 母 音 の 表 記 に 十 分 でなかった 点 である そのた め モンゴル 語 の 基 本 母 音 を 表 記 するために 2 種 類 の 文 字 ( 大 文 字 Ө と 小 文 字 ө 大 文 字 Ү と 小 文 字 ү)を 創 出 し さらに 子 音 については 識 別 母 音 7) という 発 音 しない 母 音 字 を 表 記 することで 子 音 字 不 足 を 補 うというやや 複 雑 な 方 法 を 創 出 した しかしそれでも 文 字 不 足 は 解 消 されず 結 局 1 文 字 が 複 数 の 母 音 を 表 すというウイグル 式 文 字 でみられた 難 点 がキリル 式 文 字 においても 再 び 生 じた 8) こうした 結 果 として キリル 式 文 字 の 表 記 体 系 は 複 雑 化 し 外 国 人 学 習 者 はもちろんのこと モンゴル 語 母 語 話 者 であっても 誤 表 記 をする 例 がしばしば 見 受 けられるのである 9) ここで 日 本 におけるモンゴル 語 教 育 史 という 視 点 からモンゴル 語 の 文 字 表 記 に 関 連 す る 事 項 をまとめることとする 歴 史 的 に 日 本 においてモンゴル 語 教 育 が 開 始 されたのは 20 世 紀 初 頭 のことであった 日 露 戦 争 の 直 前 モンゴル 東 部 地 域 における 影 響 力 の 強 化 を 望 んだ 日 本 は 一 部 のモンゴル 王 侯 に 接 近 して 交 流 を 開 始 し 社 会 的 近 代 化 を 支 援 する 一 環 として 教 育 分 野 においても 日 本 語 教 育 や 軍 事 教 育 を 担 当 する 日 本 人 教 師 を 現 地 へ 派 遣 した 日 露 戦 争 終 結 後 の 1906 年 には 日 本 は 初 めてのモンゴル 人 留 学 生 を 受 け 入 れた 1908 年 東 京 外 国 語 学 校 ( 現 在 の 東 京 外 国 語 大 学 )にモンゴル 語 の 速 成 科 が 設 置 され 日 本 国 内 において 学 校 教 育 としてのモンゴル 語 教 育 が 本 格 的 に 開 始 された 同 年 東 モン ゴル 地 域 で 地 勢 調 査 活 動 に 従 事 した 陸 軍 軍 人 の 村 田 清 平 が 蒙 古 語 独 修 ( 岡 崎 屋 書 店 ) 10) という 日 本 で 最 初 となるモンゴル 語 学 習 書 ( 会 話 書 )を 出 版 している その 後 日 本 が 敗 戦 を 迎 える 1945 年 までの 間 に 神 戸 の 二 楽 荘 11) 大 阪 の 大 阪 外 国 語 学 校 ( 現 在 の 大 阪 大 学 外 国 語 学 部 ) 奈 良 の 天 理 学 校 ( 現 在 の 天 理 大 学 ) 東 京 の 善 隣 協 会 専 門 学 校 ( 後 に 善 隣 高 等 商 業 学 校 など 校 名 変 更 あり) 北 京 の 興 亜 学 院 など 日 本 国 内 外 において 日 本 人 学 習 者 を 対 象 にモンゴル 語 教 育 が 実 施 された 当 時 刊 行 された 日 本 人 向 けのテキストや 辞 書 な どモンゴル 語 学 習 教 材 は いずれもウイグル 式 文 字 あるいはウイグル 式 文 字 のローマ 字 転 写 によって 表 記 されていた 教 材 で 使 用 されている 語 彙 や 表 現 をみると ハルハ モ ンゴル 語 を 対 象 とした 教 材 はわずかで 日 本 が 侵 略 し 満 蒙 興 安 蒙 古 ( 東 部 内 モンゴル 地 域 をこう 呼 んだ) 内 蒙 古 蒙 疆 ( 中 部 内 モンゴル 地 域 をこう 呼 んだ) と 呼 んで 支 配 していた 現 在 の 中 国 内 モンゴル 地 域 のモンゴル 語 が 大 部 分 を 占 めていた 1945 年 に 日 本 が 内 モンゴル 地 域 から 撤 退 して 以 後 は モンゴル 人 民 共 和 国 は 1946 年 に 中 華 民 国 が 独 立 国 として 正 式 に 承 認 し 内 モンゴル 地 域 は 1947 年 に 中 国 共 産 党 によって

4 4 内 モンゴル 自 治 区 として 再 編 成 され 続 いて 1949 年 に 中 華 人 民 共 和 国 が 成 立 するという ように 日 本 モンゴル 関 係 およびモンゴル 地 域 内 外 の 情 勢 は 大 きく 変 化 した そうし た 中 で 1950 年 代 以 降 における 日 本 国 内 のモンゴル 語 教 育 は ウイグル 式 文 字 表 記 および 内 モンゴル 地 域 のモンゴル 語 ではなく キリル 式 文 字 を 採 用 したハルハ モンゴル 語 へ と 移 行 した さらに 1972 年 の 日 本 モンゴル 人 民 共 和 国 間 における 外 交 関 係 の 樹 立 1990 年 のモンゴル 人 民 共 和 国 の 民 主 化 を 経 て 両 国 の 民 間 および 政 府 間 の 諸 分 野 におけ る 交 流 は 拡 大 し ハルハ モンゴル 語 が 主 流 であり 続 けている しかしながら モンゴル 語 教 育 の 方 法 論 に 関 する 研 究 は 日 本 ではこれまでほとんど なされていない モンゴル 語 の 学 習 教 材 の 種 類 が 増 えつつあることは 確 かであるが 依 然 として 会 話 帳 や 単 語 帳 としての 機 能 が 重 視 され 文 法 項 目 の 導 入 から 始 まってその 定 着 をはかる 基 本 練 習 さらには 実 際 のコミュニケーション 活 動 に 近 い 応 用 練 習 を 行 うと いった 言 語 習 得 に 力 点 を 置 いた 語 学 テキストはまだ 多 くはないのが 実 情 である 日 本 語 話 者 に 対 するモンゴル 語 教 育 に 関 する 研 究 もこれまでなされていないが 筆 者 の 知 見 の 範 囲 では[ 吉 野 2006,2007,2008]のみを 先 行 研 究 としてあげることができる それらの 中 でも[ 吉 野 2007]は モンゴル 語 格 語 尾 を 取 り 上 げて 考 察 し 新 しい 教 育 方 法 を 提 起 し ている 点 で 重 要 である 具 体 的 に 述 べると 吉 野 は 格 語 尾 6 項 目 について 規 範 字 典 に 依 拠 しつつ 格 ごとに 詳 細 な 項 目 分 類 を 行 い 12) その 後 難 易 度 を 4 段 階 に 分 け その 難 易 度 を 基 準 として 学 習 順 序 を 設 定 するという 作 業 を 行 った ただし 吉 野 の 論 文 では 規 範 字 典 の 名 詞 格 語 尾 の 分 類 をそのまま 外 国 人 に 対 するモンゴル 語 教 育 に 用 いた 結 果 として 例 えば 変 化 の 種 類 が 最 も 多 い 属 格 の 場 合 接 尾 法 が 16 通 りにも 及 んでいる これは 格 語 尾 の 選 定 規 則 と 母 音 の 挿 入 削 除 の 規 則 を 区 別 し 選 定 規 則 のみを 説 明 し ている 一 般 のモンゴル 語 文 法 書 が 属 格 語 尾 を 5 通 り 前 後 に 分 類 して 学 習 者 に 提 示 する 方 法 に 比 べ はるかに 多 い この 規 範 字 典 の 最 大 の 目 的 は 名 詞 に 格 語 尾 が 結 合 し た 場 合 および 動 詞 に 接 辞 が 結 合 した 際 に 母 音 の 挿 入 削 除 に 関 する 正 書 法 規 則 が 適 用 さ れるか 否 か 適 用 されるのであれば 正 しいつづりはどう 書 くかという 表 記 規 範 をモンゴ ル 語 母 語 者 に 提 示 することであったろう しかし 外 国 のモンゴル 語 学 習 者 にとっては そうした 表 記 規 則 の 問 題 以 前 に モンゴル 語 母 語 者 であれば 当 然 自 然 習 得 している 格 語 尾 の 形 成 時 にいかなる 形 を 選 定 するかという 基 本 的 なところから 学 習 する 必 要 がある 格 語 尾 の 選 定 規 則 と 母 音 の 挿 入 削 除 の 規 則 を 同 時 に 教 示 することも 不 可 能 ではなかろ うが 属 格 だけでも 16 通 りに 分 類 された 格 語 尾 について 具 体 的 にどのような 説 明 方 法 を 用 いて 学 習 者 に 指 導 するか 吉 野 の 論 考 ではその 点 までは 詳 しく 言 及 されていない 筆 者 は 格 語 尾 の 選 定 規 則 の 習 得 と 母 音 の 挿 入 削 除 に 関 する 正 書 法 とは 個 別 に 扱 い 格 語 尾 の 選 定 規 則 をマスターした 後 で 母 音 の 挿 入 削 除 の 規 則 を 取 り 上 げたほうが 学 習 者 の 負 担 を 軽 減 し 効 率 よく 学 習 を 進 めることができると 考 えている このほか 本 稿 で 考 察 するモンゴル 語 教 育 という 立 場 からではないが 日 本 語 教 育 の 観 点 からモンゴル 語 の 格 語 尾 もしくはモンゴル 語 母 語 者 の 日 本 語 格 語 尾 の 誤 用 を 扱 った

5 5 研 究 として [ 山 口 1972,1978,1980] [ 小 林 1981,1983] [ナラントヤ2006]などがあ る また モンゴル 語 学 の 立 場 からモンゴル 語 格 語 尾 を 対 象 とした 研 究 として [ 島 崎 1976] [ 橋 本 1987,2007] [ 水 野 1988,1993] 佐 藤 [1997] [ 山 越 2000]などがあげら れる さらにモンゴル 語 を 含 むアルタイ 諸 語 と 朝 鮮 語 日 本 語 の 文 法 要 素 を 対 照 した[ 風 間 2003]などもあり こうした 研 究 成 果 に 含 まれる 日 本 語 モンゴル 語 の 格 の 比 較 分 析 が モンゴル 語 教 育 においても 活 用 できよう 3. 格 語 尾 の 分 類 とこれまでの 学 習 書 における 説 明 方 法 モンゴル 語 では 一 般 的 に 次 にあげる 7 格 が 基 本 の 格 語 尾 とみなされている 13) (1) 主 格 (Nominative Case) (2) 属 格 (Genitive Case) (3) 対 格 (Accusative Case) (4) 造 格 (Instrumental Case) (5) 奪 格 (Ablative Case) (6) 与 位 格 ( 与 格 および 位 格 Dative-Locative Case) (7) 共 同 格 (Comitative Case) これらのうち (1)の 主 格 はゼロ 語 尾 であり 14) また (3)の 対 格 はゼロ 語 尾 になる 場 合 と 対 格 語 尾 が 付 く 場 合 の 両 方 がある 主 格 以 外 の(2)から(7)の 6 つの 格 が 前 に 置 かれ ている 名 詞 や 動 詞 に 直 接 結 合 する そしてそれらの 格 語 尾 はすでに 述 べたように 日 本 語 のように 一 つの 格 は 一 つの 表 記 と 固 定 しているわけではなく 結 合 する 名 詞 や 動 詞 の 母 音 子 音 の 影 響 を 受 け 格 語 尾 の 母 音 が 交 替 したり 格 語 尾 の 先 頭 部 分 が 変 化 を 起 こす ことがある 学 習 者 はそれぞれの 格 語 尾 について 基 本 の 形 と 例 外 規 則 が 生 じる 場 合 そ してその 際 の 格 語 尾 の 形 を 覚 える 必 要 がある 結 合 時 に 生 じる 格 語 尾 の 音 声 変 化 は 以 下 の 5 つのパターンに 分 けることが 可 能 である (1) 単 語 との 母 音 調 和 による 格 の 母 音 交 替 格 が 結 合 する 単 語 の 母 音 構 造 が 男 性 語 / 女 性 語 の 二 タイプのいずれか もしくは 男 性 語 a у グループ/ 男 性 語 o グループ/ 女 性 語 э ү グループ/ 女 性 語 ө グループの 四 タイプのいずれかによって 格 の 母 音 が 母 音 調 和 の 影 響 により 2~4 種 のうちで 交 替 変 化 を 起 こす( 属 格 対 格 造 格 奪 格 共 同 格 ) (2) 語 末 の 短 母 音 軟 音 記 号 の 欠 落 格 が 結 合 する 単 語 の 語 末 が 短 母 音 の 場 合 に それが 欠 落 する( 属 格 対 格 造 格 奪 格 ) ただし 単 語 の 語 末 が 母 音 -и あるいは 軟 音 記 号 -ь の 場 合 はそれが 欠 落 した 後 で 格 の 基 本 形 が 長 母 音 ы/ий 始 まりであれば 男 性 語 であっても 長 母 音 ий 始 まりに 変 化 し( 属 格 対 格 ) 格 の 基 本 形 が 長 母 音 aa 4 始 まりであれば 二 重 母 音 иа 4 に 変 化 する( 造 格 奪 格 ) (3) 語 末 の 子 音 の 影 響 による 格 のトップの 母 音 子 音 の 変 化

6 6 格 が 結 合 する 単 語 の 語 末 が-г, ж, к,ч, ш で 終 わる 男 性 語 の 場 合 格 の 先 頭 部 の 長 母 音 ы が ий へと 変 化 する( 属 格 対 格 ) また 単 語 の 語 末 が-н あるいは 隠 れた н ( 不 定 の н ともいう)で 終 わる 場 合 -ын/-ийн ではなく 長 母 音 -ы/-ий のみを 付 ける( 属 格 ) さらに 単 語 の 語 末 がある 特 定 の 子 音 の 場 合 格 の 先 頭 部 の 子 音 が 変 化 する( 与 位 格 ) (4) 語 末 の 母 音 の 影 響 による 格 のトップの ы/ий の 欠 落 子 音 г の 発 生 格 が 結 合 する 単 語 の 語 末 が 長 母 音 二 重 母 音 固 有 名 詞 外 来 語 の 母 音 ( 短 母 音 長 母 音 二 重 母 音 を 問 わない)の 場 合 に 格 の 基 本 形 の 先 頭 部 の 長 母 音 ы/ий が 欠 落 す るか( 属 格 対 格 ) もしくは 格 の 先 頭 部 に 子 音 г が 発 生 する( 属 格 造 格 奪 格 ) (5) 隠 れた н 隠 れた г の 発 音 化 格 が 結 合 する 単 語 の 語 末 に 隠 れた н が 含 まれる 場 合 それが 発 音 化 される( 属 格 奪 格 与 位 格 ) また 単 語 の 語 末 に 隠 れた г ( 不 定 の г ともいう)が 含 まれる 場 合 それが 発 音 化 される( 属 格 造 格 奪 格 ) モンゴル 語 格 語 尾 のこうした 変 化 パターンは 6 つの 格 の 間 で 統 一 性 がみられず それ ぞれが 異 なる 変 化 パターンを 有 しているため 学 習 者 は 格 一 つ 一 つの 基 本 形 と 例 外 項 目 を 覚 えていくほかない 主 格 を 除 いた 6 つの 格 語 尾 のうち こうした 音 声 変 化 が 最 も 尐 ないのは 共 同 格 で 上 にあげた(1)のみが 適 用 される 音 声 変 化 が 最 も 多 いのは 属 格 で (1)から(5)までのすべてが 適 用 される これまでに 刊 行 されたモンゴル 語 学 習 書 におい て こうしたモンゴル 語 の 格 語 尾 をどのように 教 えてきたかを 概 観 すると 3 通 りに 分 類 することが 可 能 である 第 一 は かなり 簡 略 化 し 格 語 尾 の 基 本 形 のみ( 例 えば 属 格 で あれば 男 性 語 接 続 の-ын と 女 性 語 接 続 の-ийн)を 教 えるにとどめ 例 外 規 則 は 一 切 省 略 し てしまう 説 明 である これはモンゴルへの 旅 行 者 を 学 習 者 として 想 定 したモンゴル 語 会 話 書 に 多 く 見 られ 文 法 は 文 構 造 の 簡 略 な 説 明 にとどめ 場 面 別 会 話 に 重 点 を 置 いてい る 第 二 には 基 本 規 則 に 加 え 例 外 規 則 も 教 えるが 一 部 の 例 外 事 項 については 省 略 してしまう 説 明 方 法 である 長 母 音 -ий で 終 わる 語 の 属 格 形 は -н を 付 すという 説 明 を 省 略 して 長 母 音 終 わりの 語 には -гийн を 付 けるとのみ 記 した 説 明 15) 男 性 語 で 語 末 が -к 終 わりの 単 語 の 属 格 形 が-ын ではなく-ийн 対 格 形 が-ыг ではなく-ийг となる 規 則 について 言 及 しないモンゴル 語 学 習 書 もみられる 第 三 は 基 本 規 則 はもちろん 例 外 規 則 までを 網 羅 した 説 明 で それを 習 得 すれば 格 語 尾 のつくり 方 を 一 通 り 運 用 できるもの である 筆 者 は 上 に 述 べた 第 三 の 立 場 であり モンゴル 語 の 格 語 尾 規 則 がやや 複 雑 で あるにしても 規 則 までも 含 めて 一 通 り 説 明 すべきであると 考 えている 16) 4. 学 習 方 法 次 に これら 6 つの 基 本 格 語 尾 の 学 習 に 際 しての 導 入 順 序 について 筆 者 の 考 えを 述 べることとする すでに 述 べたように モンゴル 語 の 格 語 尾 は 母 音 調 和 の 規 則 によって 母 音 交 替 が 生 じる そのためまず 最 初 に 格 語 尾 という 新 しい 文 法 項 目 を 導 入 する 時 点

7 7 で 既 習 であるはずのモンゴル 語 の 母 音 体 系 に 関 する 規 則 を 再 確 認 しておく 必 要 がある それは 以 下 の 2 点 であり 括 弧 内 は 学 習 者 が 間 違 いやすいため 特 に 留 意 すべき 事 項 であ る (1) 男 性 語 女 性 語 の 区 別 母 音 調 和 の 規 則 の 正 しい 理 解 ( 男 性 母 音 あるいは 女 性 母 音 を 含 まず 母 音 は 中 性 短 母 音 и あるいは 中 性 長 母 音 ий のみからなる 語 が 女 性 語 э ү グループ 扱 いとなること) (2) 母 音 配 列 の 規 則 に 関 し 男 性 語 であれば a y グループか o グループかを 正 しく 判 別 できること 女 性 語 であれば э ү グループか ө グループかを 正 しく 判 別 でき ること( 軟 母 音 я ю ѐ е ю を 含 む 語 および 外 来 語 がいずれのグループに 属 すか) 次 の 項 目 については 既 習 であれば 正 しく 理 解 できているかを 確 認 し 未 習 であれば ここで 新 たに 導 入 すべき 文 法 事 項 である (3) 隠 れた н をもつ 名 詞 17) について (4) 隠 れた г をもつ 名 詞 18) について これら 4 つの 文 法 事 項 について 復 習 あるいは 新 たな 導 入 を 終 え その 後 でモンゴル 語 格 語 尾 の 本 格 的 な 説 明 に 入 る 筆 者 は 6 つの 格 語 尾 について 一 つずつ 表 にまとめ そ れを 用 いて 発 音 表 記 の 基 本 および 例 外 事 項 を 具 体 的 に 単 語 をあげながら 説 明 する 方 法 が 学 習 者 にとって 最 も 理 解 しやすいと 考 えている なお この 時 点 では 格 語 尾 の 形 成 の 仕 方 を 習 得 することに 専 念 できるよう 母 音 の 挿 入 削 除 の 規 則 が 適 用 される 語 彙 は 意 図 的 に 除 外 してしまうのが 妥 当 である 取 り 上 げる 格 の 順 序 は 変 化 の 種 類 が 尐 ない 格 からとし まずは 共 同 格 から 始 める 次 に 格 語 尾 の 母 音 交 替 はみられないが 隠 れ た н 終 わりの 名 詞 および г р в с 終 わりの 名 詞 の 一 部 に 付 く 場 合 に 変 化 が 生 じる 与 位 格 19) を 説 明 する その 後 は 造 格 奪 格 基 本 形 が 男 性 語 女 性 語 で 異 なる 対 格 最 後 に 変 化 の 形 が 最 も 多 様 な 属 格 という 順 序 である これらの 格 を 一 つずつ 解 説 する 例 とし て 本 稿 では 属 格 のみをあげる 属 格 : ~の 基 本 男 :-ын 女 :-ийн 基 本 形 гар 手 гарын улс 国 улсын ял 罪 ялын гол 川 голын ѐp 前 兆 ѐpын гэр 家 гэрийн үд 昼 үдийн бие 体 биеийн өөp 自 分 өөpийн

8 8 ер 一 般 ерийн 例 外 1 例 外 2 例 外 3 例 外 4 例 外 5 -ийн -н -гийн 男 :-ы 女 :-ий 男 :-ны 女 :-ний 中 :шил ガラス шилийн чоно 狼 чонын 語 末 の 短 母 音 は 落 とす эрдэнэ 宝 石 эрдэнийн (1) 語 末 が-и ь の 後 и, ь を 落 として 1)сургууль 学 校 сургуулийн (2) 男 性 語 で 語 末 が-г ж к ч ш の 後 2)багш 先 生 багшийн (1) 語 末 が 二 重 母 音 の 後 1)нохой 犬 нохойн (2) 語 末 が 長 母 音 -ий の 後 2)дэлхий 世 界 дэлхийн (1) 語 末 が-ий 以 外 の 長 母 音 の 後 1)дүү 弟 妹 дүүгийн (2) 固 有 名 詞 外 来 語 で 語 末 に 短 母 音 があ 2)Осака 大 阪 Осакагийн る 短 母 音 は 残 して (3) 隠 れた г を 持 つ 語 の 後 г が 現 れて 3) шуудан(г) 郵 便 н 終 わりの 語 の 後 隠 れた н をもつ 語 の 後 н が 現 れて шуудангийн охин 娘 охины хүн 人 хүний кино(н) 映 画 киноны ширээ(н) 机 ширээний 属 格 の 格 語 尾 の 形 は 上 の 表 の 通 りである 基 本 と 書 かれているのは 属 格 の 基 本 の 変 化 形 がこの 形 であるためで 男 女 と 分 けているのは 男 性 語 に 結 合 する 場 合 と 女 性 語 に 結 合 する 場 合 とで 異 なる 格 語 尾 を 用 いるためである 基 本 の 女 性 語 の 中 に 中 とあるのは 中 性 母 音 のみが 含 まれる 語 の 場 合 で 女 性 語 扱 いとなる 右 側 にはそ れぞれの 属 格 形 の 例 を 一 つずつあげている 語 末 の 短 母 音 は 落 とす というのは モンゴル 語 においては 母 音 3 つが 連 続 して 現 れることはありえず 属 格 対 格 造 格 奪 格 の 結 合 時 には 語 末 の 短 母 音 は 欠 落 させるという 決 まりがあるからである しかし 例 外 3 の(2)にあるように 固 有 名 詞 および 外 来 語 の 場 合 には 語 末 の 短 母 音 は 欠 落 させ ずに 保 持 し 代 わりに 属 格 語 尾 は-гийн を 付 加 する 例 えば Осака 大 阪 の 属 格 形 は Осакагийн が 正 しく Oсакын にならないということである 例 外 5 の 隠 れた н をもつ 語 の 後 н が 現 れて という 部 分 については 追 加 説 明 が 必 要 である 属 格 形 成 時 には 隠 れた н が 現 われて-ны/-ний の 形 をとるのであるが

9 9 これには 例 外 の 例 外 というべき 規 則 も 存 在 するのである 隠 れた н を 有 するにもか かわらず 属 格 形 のみに 限 って н が 現 れないという 名 詞 が 存 在 する 一 般 的 には 隠 れた н をもつ 名 詞 は 属 格 形 奪 格 形 与 位 格 形 の 3 つの 格 語 尾 において 隠 れた н が 現 れる ( 例 :ус(ан) 水 の 属 格 形 は усны 奪 格 形 は уснaac 与 位 格 形 は усанд) しかし 一 部 の 名 詞 は 隠 れた н をもち 奪 格 形 と 与 位 格 形 においては 通 常 どおり 隠 れた н が 現 れ るのであるが 属 格 形 のみ 隠 れた н が 現 れない ( 例 :уул(ан) 山 の 属 格 形 は уулын で н が 現 れた уулны にならないが 奪 格 形 は уулнaac 与 位 格 形 は ууланд といずれも н が 現 れる) 隠 れた н を 有 する 名 詞 のこうした 例 外 的 な 属 格 変 化 についても ここで 説 明 する 必 要 がある モンゴル 語 の 属 格 は 日 本 語 の 連 体 修 飾 の 働 きを 示 す 格 助 詞 (もしくは 連 体 助 詞 ) の と 基 本 的 に 対 応 する ただし 弟 のドルジ 首 都 のウランバートル といった 日 本 語 の 同 格 を 表 わす 用 法 はモンゴル 語 属 格 には 存 在 しない こうした 日 本 語 格 助 詞 とモンゴル 語 格 語 尾 との 対 応 関 係 の 概 要 についても 表 にまとめて 学 習 者 に 提 示 するこ とにより 理 解 を 促 進 できると 考 え 表 を 作 成 した その 表 は 拙 稿 末 に 表 1: 日 本 語 モンゴル 語 の 格 の 用 法 比 較 としてあげている この 表 を 見 れば 日 本 語 の 格 とモンゴ ル 語 の 格 とが 基 本 的 に 対 応 関 係 にあること しかし 一 部 の 意 味 的 用 法 においては 異 な る 格 が 要 求 されることが 分 かるであろう 例 えば 日 本 語 格 助 詞 を とモンゴル 語 対 格 とを 比 較 すると 橋 を 渡 る や 空 を 飛 ぶ など 通 過 点 を 示 す 日 本 語 格 助 詞 の を はモンゴル 語 では 対 格 ではなく 造 格 を 用 いること あるいは バスを 降 りる や 家 を 出 る など 離 れる 対 象 を 示 す を はモンゴル 語 で 奪 格 を 用 いることなどを 容 易 に 理 解 できるはずである こうした 相 違 は 日 本 語 話 者 がモンゴル 語 を 話 す 際 に 母 語 干 渉 に よる 誤 用 が 生 じやすいポイントであるから 教 授 者 は 特 に 説 明 に 留 意 する 必 要 がある このほか 動 詞 や 後 置 詞 の 中 には 前 に 置 かれている 名 詞 などに 結 合 する 格 を 支 配 し 特 定 するものもある それらもまた 日 本 語 とモンゴル 語 で 用 いられる 格 が 相 違 し 学 習 者 にとって 母 語 干 渉 による 誤 用 を 招 きやすくなる 例 えば 先 生 に 尋 ねる はモンゴ ル 語 で 奪 格 を 用 いて багшаас асуух ( 下 線 部 が 奪 格 ) 歴 史 について は 属 格 を 用 いて түүхийн тухай ( 下 線 部 が 属 格 )と 言 い 表 す 20) なお こうした 日 本 語 モンゴル 語 間 の 格 の 相 違 は 日 本 語 を 学 習 するモンゴル 語 話 者 にとっても 日 本 語 の 誤 用 をもたら す 要 因 となっており モンゴル 語 話 者 に 対 する 日 本 語 教 育 の 方 面 からも 研 究 を 進 めるこ とが 必 要 であろう このようにモンゴル 語 の 格 語 尾 一 つ 一 つのつくり 方 を 説 明 し 日 本 語 格 助 詞 との 対 応 関 係 の 異 同 を 明 らかにしたあとで 改 めてモンゴル 語 格 語 尾 のつくり 方 について 全 体 的 な 理 解 の 整 理 を 行 うため 格 語 尾 のつくり 方 をまとめた 表 を 用 いる( 拙 稿 末 に 表 2:モ ンゴル 語 の 格 語 尾 一 覧 表 としてあげた) この 表 はゼロ 語 尾 である 主 格 を 除 いた 6 つの 基 本 格 語 尾 のつくり 方 の 規 則 を 1 つの 表 の 中 にまとめたものである 横 には モンゴル 語 格 語 尾 のつくり 方 が 左 から 複 雑 な 順 に 属 格 対 格 造 格 奪 格

10 10 与 位 格 共 同 格 と 並 んでいる 縦 に 見 ると まず 各 格 語 尾 の 日 本 語 の 意 味 が 記 され 次 に 格 語 尾 の 基 本 形 を 示 している その 下 の 5 項 目 は 接 続 する 単 語 の 末 尾 が 主 として 母 音 の 際 の 例 外 規 則 が 並 んでいる すなわち 母 音 и および 軟 音 記 号 ь 二 重 母 音 長 母 音 固 有 名 詞 外 来 語 における 短 母 音 である 一 つの 表 の 中 に 6 つの 格 語 尾 の 規 則 をコンパクトにまとめたことで モンゴル 語 格 語 尾 の 全 体 像 を 整 理 して 理 解 で き ほかの 格 との 共 通 点 や 相 違 点 までも 把 握 しやすくなる 例 えば 隠 れた н をもつ 名 詞 で 隠 れた н が 現 れるのは 属 格 奪 格 与 位 格 の 3 つの 格 においてであること 造 格 と 奪 格 のつくり 方 の 違 いは 隠 れた н をもつ 名 詞 の 奪 格 形 において 隠 れた н が 現 れるという 一 点 のみであることなどがこの 表 を 見 れば 一 目 瞭 然 であり それまで 格 の 個 別 説 明 の 段 階 では 気 づいていなかった 事 項 もこの 表 を 見 ることで 新 たな 気 づきも 生 まれるであろう 学 習 者 はしばらくはこの 表 を 見 ながら 格 語 尾 をつくる 練 習 や モンゴル 語 文 章 の 読 解 時 に 語 の 末 尾 にいかなる 格 語 尾 が 付 着 しているかを 見 極 める 練 習 を 行 い この 表 に 記 され ている 項 目 がすべて 頭 の 中 に 入 った 時 点 で 格 語 尾 のつくり 方 を 一 通 り 習 得 できたと 言 える その 後 は こうしてモンゴル 語 格 語 尾 のつくり 方 に 関 する 文 法 項 目 を 習 得 した 後 で はじめに で 言 及 した 母 音 の 挿 入 削 除 の 規 則 の 習 得 に 移 行 し 格 語 尾 形 成 時 にこの 規 則 が 適 用 されるパターンを 理 解 していく この 二 つが 習 得 できたならば 初 級 レベルに おける 難 所 は 無 事 に 通 過 しており 母 音 調 和 の 規 則 母 音 配 列 の 規 則 そして 母 音 の 挿 入 削 除 の 規 則 の 理 解 が 同 様 に 要 求 される 動 詞 語 尾 の 結 合 を 学 ぶ 際 には それほど 戸 惑 うこともなく 理 解 できるであろう そしてここから 本 格 的 に 学 習 者 は 会 話 読 解 聴 解 作 文 の 各 技 能 と 結 びついた 幅 広 いタスクをこなし 実 用 的 な 言 語 コミュニケーション 能 力 を 養 成 していくのである 5.おわりに 以 上 日 本 語 話 者 がモンゴル 語 格 語 尾 を 効 果 的 に 習 得 する 方 法 に 関 する 試 論 を 述 べた モンゴル 語 教 育 に 関 する 研 究 は 日 本 においてもまた 世 界 的 に 見 てもこれまであまり 進 められてこなかった しかし モンゴル 語 を 対 象 とした 語 学 教 育 についても 考 察 を 行 い 体 系 的 な 教 育 方 法 を 築 いていくことは 今 後 の 重 要 な 課 題 である そのためには 日 本 語 とモンゴル 語 の 格 の 比 較 など 両 言 語 の 比 較 考 察 も 同 時 に 進 められねばなるまい 教 授 者 はそうした 文 法 知 識 を 活 用 しつつ 学 習 者 の 理 解 を 促 進 させるため 工 夫 をこらしなが ら 独 自 の 効 果 的 な 授 業 方 法 を 編 み 出 していくべきであろう

11 11 表 1: 日 本 語 モンゴル 語 の 格 の 用 法 比 較 格 意 味 日 本 語 例 文 モ ン ゴ ル 語 が の を で 1 動 作 主 バータルがパンを 食 べた 2 状 態 現 象 存 在 雪 が 降 っている/ 教 室 に 人 がいる 主 格 (ゼロ 語 尾 ) 変 化 などの 主 体 火 が 消 える/ 花 がきれいだ が 好 きだ が 上 手 だ : 与 位 格 彼 女 は 歌 が 好 きだ/コーヒーが 飲 みた 3 対 象 [=を3] が V たい がほしい : 対 格 い/ 犬 がこわい がこわい : 奪 格 < 名 詞 修 飾 節 の 中 の 主 語 ( 例 : 母 が(= の) 作 った 料 理 )は 常 に 属 格 形 従 属 節 が 副 詞 節 や 引 用 節 の 主 語 を 示 す が は 対 格 形 > 1 所 有 所 属 図 書 館 の 本 2 動 作 の 主 体 先 生 の 話 3 動 作 の 対 象 車 の 修 理 属 格 4 場 所 モンゴルの 友 人 5 時 夏 の 空 < 前 の 名 詞 が 隠 れた н を 有 する 場 合 は н の 出 現 н の 出 現 + 属 格 で 意 味 の 違 いが 生 6 位 置 机 の 上 じる( 例 :ширээ(н) 机 +дээр 上 に ширээн дээр 机 の 上 ( 表 面 )に ширээний дээр 机 の 上 のほうに ) 隠 れた н を 有 さない 場 合 は 属 格 形 > < 属 格 は 用 いず 前 の 素 材 に 当 たる 名 詞 が 隠 れた н を 有 する 場 合 は н が 現 れ 有 7 素 材 金 の 指 輪 さないならそのまま 二 語 で 複 合 語 を 形 成 үнэгэн малгай キツネの(キツネ 毛 の 素 材 の) 帽 子 үнэгний малгай キツ ネの(キツネがかぶる) 帽 子 > もの 人 の 状 態 病 気 の 人 属 格 (өвчний хүн 病 気 の 人 ) 所 有 接 尾 辞 (өвчинтэй хүн 病 気 を 有 する 人 ) 8 同 格 弟 のドルジ/ 首 都 のウランバートル 格 不 要 9 数 量 一 杯 の 水 格 不 要 1 動 作 の 対 象 本 を 読 む 2 経 過 する 時 間 夏 休 みをハワイで 過 ごす 3 願 望 可 能 好 悪 水 を 飲 みたい/ 日 本 語 を 話 せる の 対 象 [ が3] 4 動 作 の 方 向 下 を 見 る/ 後 ろを 向 く 5 通 過 点 橋 を 渡 る/ 空 を 飛 ぶ 造 格 6 離 れる 対 象 [ か バスを 降 りる/ 家 を 出 る 奪 格 ら1] 1 手 段 道 具 方 法 バスで 行 く/ 日 本 語 で 書 く 2まとまり 一 人 で 夕 食 を 食 べる 造 格 3 動 作 主 みんなで 世 話 をする 4 材 料 [ から8] 紙 で 人 形 を 作 る < 通 常 ゼロ 語 尾 ただし 目 的 語 を 明 確 化 する 際 には 対 格 が 用 いられる> 格 不 要 (доошоо 下 を 下 へ хойшоо 後 ろを 後 ろへ )

12 12 か ら 5 範 囲 範 囲 の 限 定 1 日 で 仕 事 を 終 える/5 時 で 締 め 切 る 造 格 与 位 格 6 原 因 理 由 大 雪 で 電 車 が 止 まる 造 格 与 位 格 奪 格 7 動 作 行 事 状 態 図 書 館 で 勉 強 する/ 日 本 で 一 番 高 い 山 与 位 格 の 場 所 [ に1] 1 時 間 場 所 の 起 点 9 時 から 始 まる [ 場 所 の 起 点 : を バスから 降 りる 6] 2 動 作 の 主 体 となる その 話 は 田 中 さんから 聞 いた 人 [ に11] 3 抽 象 的 な 起 点 失 敗 から 学 ぶ 奪 格 4 順 序 範 囲 の 始 点 発 表 者 は 100 人 から 選 ばれた 5 変 化 前 の 状 態 信 号 が 赤 から 青 に 変 わる 6 判 断 の 根 拠 [ で 調 査 結 果 から 分 かる 6] 7 原 因 遠 因 火 の 不 始 末 から 火 事 になる 8 材 料 [ で4] このチーズは 牛 乳 から 作 る 造 格 9 経 由 点 窓 から 捨 てる < 奪 格 には ~の 一 部 を の 意 味 もある ( 例 :энэ махнаас авах この 肉 (のうち から 一 部 )を 買 う )> よ り 1 比 較 の 対 象 大 阪 は 名 古 屋 より 大 きい 奪 格 に と 1 存 在 の 場 所 [ で 会 社 にいる/ 図 書 館 に 新 聞 がある 7] 2 到 着 点 帰 着 点 家 に 帰 る/ 会 議 に 出 席 する 3 行 為 の 対 象 人 に 頼 る 4 動 作 の 受 け 手 友 達 にメールを 書 く/ 犬 にエサをやる 与 位 格 5 原 因 理 由 恋 に 悩 む/ 酒 に 酔 う 6 移 動 の 方 向 大 阪 に 向 かう/ 私 の 方 に 来 る 7 動 作 作 用 の 時 間 7 時 に 起 きる 1990 年 に 生 まれた 8 割 合 の 分 母 3 日 に 1 度 /50 人 に 1 人 9 変 化 の 結 果 [= と 教 師 になる/ 信 号 が 赤 に 変 わる ゼロ 語 尾 +болох になる 5] 10 目 的 買 い 物 に 行 く/ 遊 びに 来 る 造 格 11 出 どころ[= から 父 に 本 をもらう/ 先 生 に 聞 く 2] 奪 格 12 状 態 の 対 象 駅 に 近 い/ 水 に 耐 える 1 共 同 動 作 の 相 手 先 生 と 会 う/ 休 日 を 家 族 と 過 ごす 2 動 作 の 対 象 彼 女 と 結 婚 する/ 父 と 約 束 する 共 同 格 3 対 立 的 な 対 象 病 気 と 闘 う/ 敵 と 戦 う 似 ている : 共 同 格 / 異 なる : 奪 4 異 同 の 対 象 本 物 と 似 ている/ 実 物 と 異 なる 格 5 変 化 の 結 果 [= に 社 会 人 となる ゼロ 語 尾 +болох になる 9]

13 13 < 共 同 格 形 と 同 形 の 所 有 接 尾 辞 ~を 有 して(いる) ~を 伴 って(いる) もある ( 例 :монгол хэлтэй хүн モンゴル 語 を 有 している(モンゴル 語 ができる) 人 бороотой өдөр 雤 を 有 する( 雤 の) 日 машинтай очих 車 を 伴 って( 自 分 の 車 で) 行 く ) 表 2:モンゴル 語 の 格 語 尾 一 覧 表 а 4 :а,э,о,ө / а 3 :а,э,о 前 にある 単 語 の 末 尾 属 格 対 格 造 格 奪 格 与 位 格 共 同 格 基 本 ~の 男 :-ын ~を 男 :-ыг 女 :-ийн 女 :-ийг 1~で ~ に よ っ て [ 手 段 方 法 ] ~から 2~を 通 っ て[ 場 所 ] 3 ~ 頃 に [ 時 間 ] ~より 1~に ~ で[ 場 所 ] 2 ~ に [ 人 動 物 ] 3~に[ 時 間 ] ~と( とも に) <~を 有 し て(いる) ~を 伴 って (いる)> -аар 4 -аас 4 -д -тай 3 語 末 の 短 母 音 は 落 とす -и,ь и, ь を 落 として -ийн -ийг -иар 4 -иас 4 二 重 母 音 長 母 音 -ий のみ -н 例 長 母 音 -ий を 除 く 固 有 名 詞 外 来 語 で 語 末 に 母 音 がある[ 母 音 は 残 して] -гийн -г -гаар 4 -гаас 4 隠 れた г を 持 つ г が 現 れて 男 性 語 で-г, ж, к,ч, ш -ийн -ийг 外 -н 男 :-ы 女 :-ий 男 :-ны 隠 れた н をもつ н が 現 れて 女 :-ний -г, р の 大 部 分 -в, с の 一 部 -наас 4 -нд -т

14 14 注 1.モンゴル 語 の 基 本 母 音 7つのうち a y o は 男 性 母 音 э ү ө は 女 性 母 音 и は 中 性 母 音 と 呼 ばれ 原 則 として 一 つの 単 語 中 に 男 性 母 音 と 女 性 母 音 は 混 在 しない( 母 音 調 和 の 規 則 ) また 男 性 母 音 は a y グループと o グループ 女 性 母 音 は э ү グループと ө グループに 分 けられ 1 つの 単 語 中 では a y の 後 に o は 現 れないもしくは o の 後 に a は 現 れないなどの 決 まりがある( 母 音 配 列 の 規 則 ) 格 語 尾 の 母 音 はこの 2 つの 規 則 により 決 定 される 奪 格 の 基 本 形 (-аac 4 )および 造 格 の 基 本 形 (-аap 4 )に 右 上 に 数 字 の 4 が 記 されている 理 由 は 例 えば 奪 格 -ааc 4 は -aac/-ooc /-ээc/-өөc の 4 通 りのいずれかで 男 性 母 音 a y グループなら-aac 男 性 母 音 o グループな ら-ooc 女 性 母 音 э ү グループなら-ээc 女 性 母 音 ө グループなら-өөc を 用 いるという 意 味 で ある 共 同 格 に 限 っては-тай 3 となり 男 性 語 a y グループは-тай 男 性 語 o グループは-той 女 性 語 は э ү グループか ө グループかを 問 わずすべて-тэй を 結 合 させる 2.キリル 式 モンゴル 文 字 は 格 語 尾 再 帰 語 尾 複 数 語 尾 動 詞 接 辞 などが 結 合 した 際 に 子 音 の 種 類 あるいは 子 音 の 連 続 状 況 により 母 音 を 付 加 もしくは 削 除 せねばならない 母 音 の 挿 入 削 除 の 規 則 がある この 規 則 はモンゴル 語 の 読 み 書 きには 必 要 不 可 欠 な 知 識 であるが やや 複 雑 で あることから モンゴル 語 学 習 書 でこの 規 則 を 取 り 上 げているものは 多 くない しかし この 規 則 を 未 習 のままだと 本 来 ないはずの 母 音 が 表 記 されていたり 本 来 あるべき 母 音 が 欠 落 している 理 由 が 理 解 できず 自 分 で 辞 書 を 引 いて 単 語 の 意 味 を 調 べることも 困 難 になる 例 えば モンゴル 語 を 初 級 から 独 習 できるよう 十 分 配 慮 し 作 成 された [ 塩 谷 ほか 2001: i]というモンゴル 語 初 級 文 法 書 [ 塩 谷 ほか 2001:43]では 名 詞 の 複 数 語 尾 の 説 明 として 名 詞 に-ууд や-д を 結 合 して 複 数 形 をつくることがあると 述 べた 後 その 例 として зураг 絵 зургууд 絵 ( 複 数 の) зураач 画 家 зураачид 画 家 たち という 語 をあげている 前 者 で 母 音 a が 欠 落 し 後 者 で 母 音 и が 挿 入 されているのは それぞれ 母 音 削 除 の 規 則 と 母 音 挿 入 の 規 則 が 適 用 されたためであるが 同 書 ではこうした 正 書 規 則 について 一 切 言 及 していないこ とから 何 も 知 らない 学 習 者 がこうした 場 面 で 戸 惑 うことは 十 分 予 想 される また[ 金 岡 2009]では 前 書 きの 中 で 正 書 法 の 母 音 削 除 に 関 する 規 則 を 簡 略 に 説 明 し 語 幹 と いう 本 来 は 変 化 してはいけないところのつづりを 変 えてしまうこの 規 則 は 決 してよいものとは いえず しかも 例 外 規 則 もあるのでわかりにくくなっています 将 来 モンゴル 人 の 手 によって 改 正 されることが 望 ましいのですが 現 時 点 では 尐 々 煩 雑 な 規 則 があることだけは 覚 えておいて ください [ 金 岡 2009:32]と 学 習 者 に 注 意 を 促 すにとどめるという 方 法 を 用 いている 3.ソ 連 領 内 に 居 住 する 同 じモンゴル 系 民 族 であるカルムイク 共 和 国 とブリヤート 共 和 国 におい ても それぞれ 1930 年 代 末 にキリル 文 字 によるモンゴル 語 表 記 へと 移 行 した モンゴル 人 民 共 和 国 がキリル 文 字 表 記 を 採 用 するに 至 る 経 緯 も これら 両 共 和 国 同 様 にソ 連 の 意 向 が 強 く 反 映 し ていた

15 15 4.ウイグル 式 文 字 は 中 国 内 モンゴル 自 治 区 を 中 心 とする 中 国 国 内 に 居 住 するモンゴル 民 族 の 間 では 今 日 に 至 るまで 使 用 され 続 けている( 新 疆 ウイグル 自 治 区 ではウイグル 式 文 字 を 改 良 した トド 文 字 も 使 用 されている) 内 モンゴル 自 治 区 では 1950 年 代 半 ばにキリル 式 文 字 への 移 行 作 業 が 進 められたが 中 ソ 対 立 の 影 響 により 内 モンゴル 自 治 区 とモンゴル 人 民 共 和 国 の 間 の 交 流 が 警 戒 制 限 された 結 果 再 びウイグル 式 文 字 の 使 用 に 戻 された さらにモンゴル 人 民 共 和 国 では 1990 年 の 民 主 化 以 降 にキリル 式 文 字 の 使 用 をやめてウイグル 式 文 字 へ 戻 す 動 きも 起 こったが 現 在 ではウイグル 式 文 字 は 学 校 教 育 の 中 で 知 識 として 教 えるにとどまり 完 全 実 用 化 の 方 向 には 向 かっていない なお モンゴル 人 民 共 和 国 がキリル 式 文 字 を 採 用 した 際 それに 対 抗 し 満 洲 国 においても 文 字 改 良 が 検 討 されたが 満 洲 国 の 瓦 解 により 中 止 となった[ 神 尾 1983:105] 5.ウイグル 式 文 字 での 格 語 尾 は 通 常 は 語 の 後 ろに 分 離 して 表 記 される 属 格 の 表 記 は yin un /ün( 表 記 は 同 一 ) u/ü( 表 記 は 同 一 )の 3 種 類 対 格 は yi i の 2 種 類 造 格 は bar/ber( 表 記 は 同 一 ) iyar/iyer( 表 記 は 同 一 )の 2 種 類 奪 格 は ača/eče( 表 記 は 同 一 )の 1 種 類 与 位 格 は tai /tei( 表 記 は 同 一 )の 1 種 類 のみで キリル 式 文 字 に 比 べ 尐 ない 6.г p в で 終 わる 名 詞 に 与 位 格 語 尾 -д/-т を 付 ける 場 合 原 則 としてウイグル 式 文 字 で 語 末 に 母 音 を 有 するか 否 かにより 表 記 が 異 なる( 例 :ウイグル 式 文 字 で 語 末 に 母 音 を 有 する 名 詞 には нэг 一 нэгд 第 一 に нэр 名 前 нэрд 名 前 に аав 父 аавд 父 に というよ うに-д が 付 く 母 音 がない 名 詞 の 場 合 цаг 時 цагт 時 に гэр 家 гэрт 家 に сэдэв テーマ сэдэвт テーマに というように-т が 付 く) 動 詞 語 幹 に 結 合 並 列 の 副 動 詞 語 尾 -ж /-ч( 日 本 語 の 動 詞 テ 形 あるいは マス 形 からマスを 取 った 形 に 相 当 )を 接 続 する 場 合 にも ウ イグル 式 文 字 で 語 幹 末 尾 に 母 音 を 有 するか 否 かで 表 記 が 異 なることがある( 例 :ウイグル 式 文 字 で 語 末 に 母 音 を 有 する 動 詞 語 幹 には явах 行 く явж 行 って というように-ж が 付 く 母 音 がない 場 合 には авах 取 る авч 取 って というように-ч が 付 く) こうしたキリル 式 文 字 の 正 しい 書 き 分 けにはウイグル 式 文 字 の 知 識 が 不 可 欠 となる 7. 識 別 母 音 とは -на 4 あるいは-гa/-гo で 終 わる 単 語 末 尾 の 母 音 を 指 す この 母 音 は 発 音 する 母 音 ではなく 直 前 の 子 音 н の 音 が 軟 口 蓋 鼻 音 [ŋ]ではなく 歯 茎 鼻 音 [n]であること 子 音 г の 音 が 軟 口 蓋 破 裂 音 [g]ではなく 口 蓋 垂 破 裂 音 [ɢ ]であることを 示 している 8. 具 体 的 には ю が 男 性 軟 母 音 [jo]と 女 性 軟 母 音 [ju]の 2 つの 音 声 を 表 わす また e は 女 性 軟 母 音 [je] 女 性 軟 母 音 [jɵ ] 外 来 語 表 記 の[e]という 3 つの 音 声 を 表 わす 9. 現 在 ではキリル 式 文 字 モンゴル 語 のウェブサイトやブログの 数 も 多 くなり 検 索 サイトを 用 いて 正 書 法 のつづり 間 違 いの 事 例 や 程 度 を 把 握 することが 可 能 である 例 えば 母 音 挿 入 の 規 則

16 16 の 例 外 事 項 ( 本 来 であれば 母 音 を 挿 入 すべきところだが 例 外 的 に 母 音 挿 入 をしない 規 則 が 適 用 される 場 合 )を 含 む уншсан 読 んだ を уншисан と 誤 記 した 例 をグーグルで 検 索 してみると 前 者 の 正 しい 表 記 が 736 万 件 に 対 し 後 者 の 誤 記 は 5 万 8300 件 ヒットした(2010 年 7 月 1 日 時 点 ) このことからもキリル 式 文 字 が 表 記 間 違 いをしやすい 複 雑 な 規 則 を 有 することは 分 かるであろ う ただし こうした 表 記 間 違 いは 正 書 法 の 複 雑 さに 加 え 大 衆 レベルでの 文 字 使 用 の 歴 史 が 比 較 的 浅 いことや 方 言 の 多 様 性 のため 表 記 の 揺 れが 存 在 し 許 容 される 場 合 もあること さらには буруу бичиж зөв ойлгох( 書 き 間 違 えて 正 しく 理 解 する) という 慣 用 表 現 が 存 在 することに 象 徴 されるようにモンゴルでは 文 字 表 記 の 誤 りにやや 寛 容 でもあることも 考 えられる 10. 同 書 は 国 立 国 会 図 書 館 の 近 代 デジタルライブラリー に 含 まれており デジタル 画 像 で 閲 覧 が 可 能 である 11. 二 楽 荘 とは 西 本 願 寺 法 主 大 谷 光 瑞 が 1907 年 に 神 戸 の 六 甲 山 麓 に 建 てた 別 荘 12. 規 範 字 典 が 名 詞 の 格 語 尾 結 合 の 表 記 パターンを 計 29 パターンに 分 類 していたのに 対 し 吉 野 は 語 末 が 長 母 音 かつ 隠 れた н を 有 さない 名 詞 ( 例 として саа 麻 痺 をあげている)を 追 加 し 計 30 パターンに 分 類 している 13.この 7 つの 格 以 外 に 方 向 格 (Directive Case ~のほうへ руу/рүү луу/лүү のい ずれかを 分 離 して 後 置 例 :Япон руу явах 日 本 へ 行 く ) 欠 格 (Abessive Case ~なしの ~なしに ~のない -гүй を 結 合 例 :хичээлгүй өдөр 授 業 のない 日 )なども 存 在 する 14. 例 えば Баатар талх идсэн.(баатар バータル ( 人 名 ) талх パン идсэн 食 べた ) で バータルが[ 主 格 :ゼロ 語 尾 ]パンを[ 対 格 :ゼロ 語 尾 ] 食 べた Цас орж байна.(цас 雪 орж 降 って байна いる )で 雪 が[ 主 格 :ゼロ 語 尾 ] 降 っている という 文 になる 15. 例 えば[ 塩 谷 ほか 2001:26,27]では 語 末 が 長 母 音 の 属 格 形 は -гийн を 付 けるとのみ 記 されている この 説 明 に 従 った 場 合 学 習 者 は 例 えば дэлхий 世 界 の 属 格 形 を дэлхийгийн мэлхий 蛙 の 属 格 形 を мэлхийгийн としてしまうが 正 しくは дэлхийн 世 界 の мэлхийн 蛙 の である 16. 例 えば марк 切 手 の 属 格 形 は маркын ではなく маркийн 対 格 形 は маркыг ではなく маркийг となる 17. 一 部 の 名 詞 は 語 末 に 隠 れた н を 有 し 格 語 尾 の 属 格 奪 格 与 位 格 が 結 合 する 場 合 や 後 ろに дотор 中 に дээр 上 に などの 後 置 詞 をともなう 場 合 において その н が 現 れる 隠 れた

17 17 н を 有 する 単 語 の 表 記 は 語 末 に (н) を 付 けた 形 で 記 される( 例 :ямаа(н) 山 羊 ) ただし 母 音 挿 入 の 規 則 によって 語 末 の 子 音 н の 前 には 必 ず 母 音 が 置 かれるため 母 音 が 存 在 しない 場 合 には 母 音 も 挿 入 される( 例 :маx(ан) 肉 ) あるいは 語 末 が 軟 母 記 号 ь の 場 合 には 母 音 и に 変 化 する( 例 :хонь(хонин) 羊 ) 18.н で 終 わる 名 詞 の 中 には 語 末 に 隠 れた г を 有 し 軟 口 蓋 鼻 音 [ŋ]を 表 わす 語 が 存 在 する 表 記 は 単 語 の 末 尾 に (г) を 付 けた 形 で 記 される( 例 :шуудан(г) 郵 便 局 байшин(г) 固 定 家 屋 ) 19. 語 末 が г р в の 名 詞 に 与 位 格 語 尾 -д が 付 くか-т が 付 くかは 注 6 で 述 べた 通 りである また 語 末 が c の 名 詞 の 場 合 基 本 的 には-т が 付 き 後 ろが c の 二 重 子 音 で 終 わっている 場 合 には-д が 付 く( 母 音 挿 入 の 規 則 により-aд 4 になる)ことが 多 い( 例 :эцэс 終 わり эцэст 終 わりに улс 国 улсад 国 に ) 20. 後 置 詞 および 動 詞 による 格 支 配 の 例 は[ 東 京 外 国 語 大 学 : 項 目 別 復 習 コース Lesson03- Step5 Step6]を 参 照 参 考 資 料 風 間 伸 次 郎 (2003) アルタイ 諸 言 語 の 3 グループ(チュルク モンゴル ツングース) 及 び 朝 鮮 語 日 本 語 の 文 法 構 造 は 本 当 に 似 ているのか 対 照 文 法 の 試 み アレキサ ンダー ボビン 永 田 俊 樹 共 編 日 本 語 系 統 論 の 現 在 国 際 日 本 文 化 研 究 センター 金 岡 秀 郎 (2009) 実 用 リアル モンゴル 語 明 石 書 店 神 尾 弌 春 (1983) まぼろしの 満 洲 国 日 中 出 版 小 林 幸 江 (1981) モンゴル 人 に 対 する 日 本 語 教 育 の 研 究 東 京 外 国 語 大 学 外 国 語 学 部 附 属 日 本 語 学 校 日 本 語 学 校 論 集 8 pp 同 上 (1983) モンゴル 人 学 習 者 の 作 文 にあらわれた 誤 用 例 の 分 析 東 京 外 国 語 大 学 外 国 語 学 部 附 属 日 本 語 学 校 日 本 語 学 校 論 集 8 pp 佐 藤 暢 治 (1997) モンゴル 語 の 移 動 動 詞 西 日 本 言 語 学 会 26 pp 塩 谷 茂 樹 E.プレブジャブ(2001 初 級 モンゴル 語 大 学 書 林 島 崎 淳 彦 (1976) ハルハ モンゴル 語 の instrumental 機 能 について 岐 阜 経 済 大 学 論 集 10-4 pp ナラントヤ(2006) モンゴル 語 の 主 題 小 辞 bol ni 北 海 道 大 学 大 学 院 文 学 研 究 科 研 究 論 集 6 pp 橋 本 邦 彦 (1987) 対 格 の 目 的 語 の 意 味 論 と 機 能 論 モンゴル 研 究 ( 日 本 モンゴル 学 会 )18

18 18 pp 同 上 (2007) モンゴル 語 の 目 的 語 節 の 統 語 論 室 蘭 工 業 大 学 紀 要 57 pp 水 野 正 規 (1988) モンゴル 語 の 従 属 節 の 主 語 にあらわれる 対 格 形 について 東 京 大 学 言 語 学 論 集 89 pp 同 上 (1993) 現 代 モンゴル 語 文 法 研 究 の 問 題 点 日 本 モンゴル 学 会 紀 要 24 pp.1-10 山 口 幸 二 (1972) 日 本 語 の 格 的 表 現 における 諸 問 題 Ⅰ 日 本 語 日 本 文 化 ( 大 阪 外 国 語 大 学 研 究 留 学 生 別 科 )3 pp 同 上 (1978) < 従 属 句 >に 於 ける 格 表 現 について 日 本 語 日 本 文 化 ( 大 阪 外 国 語 大 学 研 究 留 学 生 別 科 )7 pp 同 上 (1980) モンゴル 語 の 格 の 表 現 日 本 語 日 本 文 化 ( 大 阪 外 国 語 大 学 研 究 留 学 生 別 科 )9 pp 山 越 康 裕 (2000) モンゴル 語 の 語 末 に 見 られる 不 定 の n について 地 域 文 化 研 究 ( 東 京 外 国 語 大 学 )3 pp 吉 野 耕 造 (2006) 現 代 モンゴル 語 文 法 の 語 学 教 育 学 的 一 考 察 付 属 語 接 尾 法 を 中 心 と して 語 学 教 育 研 究 論 叢 23 pp 同 上 (2007) 現 代 モンゴル 語 文 法 の 語 学 教 育 学 的 一 考 察 (2) 格 語 尾 接 尾 法 要 素 分 析 と 段 階 的 学 習 を 中 心 として 語 学 教 育 研 究 論 叢 24 pp 同 上 (2008) 現 代 モンゴル 語 文 法 の 語 学 教 育 学 的 一 考 察 (3) 動 詞 語 尾 接 尾 法 構 成 要 素 分 析 と 段 階 的 学 習 を 中 心 として 語 学 教 育 研 究 論 叢 25 pp Ц.Дамдинсүрэн,Б.Осор(1983) Монгол Үсгийн Дүрмийн Толь Улаанбаатар 東 京 外 国 語 大 学 言 語 モジュール モンゴル 語 文 法 モジュール ac.jp/modules/mn/gmod/index.html(アクセス 日 :2010 年 7 月 1 日 )

<4D F736F F F696E74202D2090C389AA8CA782CC926E95FB95AA8CA082CC8EE B8CEA817A2E B8CDD8AB B83685D>

<4D F736F F F696E74202D2090C389AA8CA782CC926E95FB95AA8CA082CC8EE B8CEA817A2E B8CDD8AB B83685D> ШИЗУОКА МУЖИЙН ТӨВЛӨРЛИЙГ СААРУУЛАХ БОДЛОГО Удирдлагын газар, орон нутаг хөгжүүлэх алба 2018 он 3 сар 1 ОРОН НУТГИЙН ТӨВЛӨРӨЛ, ТӨРИЙН ЗАХИРГААНЫ УДИРДЛАГА 1 Япон улсын орон нутгийн төвлөрөл сааруулах бодлого

More information

スライド 1

スライド 1 本 資 料 は 学 会 代 議 員 との 意 見 交 換 を 踏 まえて 多 数 意 見 をまとめたものです しかし 学 術 団 体 として 多 様 な 意 見 があります これを 契 機 に 議 論 が 活 性 化 することを 期 待 します マンション 建 替 えに 関 する 意 見 ( 第 2 版 ) 当 日 の 口 頭 説 明 を 一 部 加 筆 千 葉 大 学 小 林 秀 樹 < 一 般

More information

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 論 点 と 意 見 について ( 概 要 ) 神 奈 川 県 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 検 討 会 議 について 1 テーマ 地 方 公 務 員 制 度 改 革 ( 総 務 省 地 方 公 務 員 の 労 使 関 係 制 度 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 )の 課 題 の 整

More information

Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果 課 題 を 検 証 し その 改 善 を 図 るもに 学 校 におけ

Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果 課 題 を 検 証 し その 改 善 を 図 るもに 学 校 におけ Ⅰ 調 査 の 概 要 Ⅱ 札 幌 の 子 どもの 学 力 学 習 意 欲 等 について Ⅲ 学 力 調 査 の 結 果 概 要 及 び 改 善 の 方 向 等 について Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果

More information

検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 簡 易 収 支 の 世 帯 からサンプリング 世 帯 名 作 成 事 務 の 廃 止 4 5 必 要 な 世 帯 数 の 確 保 が 可 能 か 簡 易 収 支 を 実 施 している 民 間 事 業 者 との 連 絡 等 に 伴 う 事 務 の 複 雑

検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 簡 易 収 支 の 世 帯 からサンプリング 世 帯 名 作 成 事 務 の 廃 止 4 5 必 要 な 世 帯 数 の 確 保 が 可 能 か 簡 易 収 支 を 実 施 している 民 間 事 業 者 との 連 絡 等 に 伴 う 事 務 の 複 雑 等 の 当 初 見 直 し 案 の 検 討 状 況 について 資 料 1-1 項 目 名 検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 都 道 府 県 担 当 者 との 意 見 交 換 では 結 果 精 度 の 低 下 に 伴 い 結 果 が 活 用 されなくなった 場 合 の 員 のモチベーション 低 下 の 可 能 性 や 員 の 配 置 換 え 等 についての 考 慮 が 必 要 との 意

More information

1

1 精 華 町 個 人 情 報 保 護 条 例 改 正 に 向 けての 考 え 方 ( 案 ) 平 成 27 年 4 月 精 華 町 0 1 目 次 1 個 人 情 報 保 護 に 関 する 法 体 系 と 番 号 法 における 特 定 個 人 情 報 の 保 護 措 置... 1 2 番 号 法 と 精 華 町 個 人 情 報 保 護 条 例 における 個 人 情 報 の 定 義 上 の 差 異...

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464>

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464> 5. 滋 賀 県 建 設 工 事 監 督 要 領 5-1 滋 賀 県 工 事 監 督 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 滋 賀 県 建 設 工 事 執 行 規 則 ( 昭 和 58 年 4 月 20 日 滋 賀 県 規 則 第 30 号 以 下 執 行 規 則 という )に 定 めるもののほか 県 が 施 行 する 請 負 工 事 の 監 督 について 必 要 な 事 項 を 定

More information

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A>

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A> 恵 庭 市 教 員 住 宅 のあり 方 基 本 方 針 平 成 25 年 2 月 恵 庭 市 教 育 委 員 会 目 次 1. 教 員 住 宅 の 現 状 (1) 教 員 住 宅 の 役 割 1 (2) 教 員 住 宅 の 実 態 1 (3) 環 境 の 変 化 1 (4) 教 員 の 住 宅 事 情 1 2 2. 基 本 方 針 の 目 的 2 3.あり 方 検 討 会 議 の 答 申 内 容

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6 様 式 租 税 特 別 措 置 等 に 係 る 政 策 の 事 前 評 価 書 1 政 策 評 価 の 対 象 とした 産 業 活 力 の 再 生 及 び 産 業 活 動 の 革 新 に 関 する 特 別 措 置 法 に 基 づく 登 録 免 租 税 特 別 措 置 等 の 名 称 許 税 の 特 例 措 置 の 延 長 ( 国 税 32)( 登 録 免 許 税 : 外 ) 2 要 望 の 内 容

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information

tokutei2-7.xls

tokutei2-7.xls 出 産 育 児 に 関 する 制 度 一 覧 親 になる ことが 判 明 子 どもが 生 まれる 前 出 産 子 育 て 期 間 中 1 妊 娠 障 害 休 暇 ( 女 性 のみ) 2 妊 娠 中 の 通 勤 緩 和 職 免 ( 女 性 のみ) 3 妊 産 婦 の 就 業 制 限 ( 女 性 のみ) 4 保 健 指 導 職 免 除 ( 女 性 のみ) 5 産 前 産 後 休 暇 ( 女 性 のみ)

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 検 証 結 果 理 事 長 は 今 中 期 計 画 に 掲 げた 新 たな 要

More information

本 試 験 模 範 解 答 固 定 資 産 税 第 一 問 問 1 1 住 宅 用 地 に 対 する 課 税 標 準 の 特 例 (1) 宅 地 のうち 住 宅 用 地 については 住 宅 政 策 上 の 見 地 から 次 のような 課 税 標 準 の 特 例 が 認 められている 小 規 模 住

本 試 験 模 範 解 答 固 定 資 産 税 第 一 問 問 1 1 住 宅 用 地 に 対 する 課 税 標 準 の 特 例 (1) 宅 地 のうち 住 宅 用 地 については 住 宅 政 策 上 の 見 地 から 次 のような 課 税 標 準 の 特 例 が 認 められている 小 規 模 住 第 66 回 税 理 士 試 験 解 答 速 報 固 定 資 産 税 本 解 答 は 平 成 28 年 8 月 12 日 16 時 に 学 校 法 人 大 原 学 園 が 独 自 に 作 成 したもので 予 告 なしに 内 容 を 変 更 する 場 合 が あります また 本 解 答 は 学 校 法 人 大 原 学 園 が 独 自 の 見 解 で 作 成 / 提 供 しており 試 験 機 関 による

More information

Speed突破!Premium問題集 基本書サンプル

Speed突破!Premium問題集 基本書サンプル は じ め に 合 格 (うかる) 勉 強 とは 1 試 験 に 合 格 するのに 絶 対 的 に 必 要 なことは 問 いに 正 しく 答 えることである このあたりまえのことを 考 えたこと 有 りますか 2 試 験 問 題 の 出 題 (= 作 問 )の 仕 方 から 勉 強 方 法 を 考 える 択 一 試 験 では 必 ず 正 誤 が 問 われるのでついつい 思 考 が 二 者 択 一 的

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

退職手当とは

退職手当とは 第 3 退 職 手 当 について 1 退 職 手 当 とは 退 職 手 当 は 教 職 員 が 退 職 ( 又 は 死 亡 )した 場 合 に その 者 又 は 遺 族 に 一 時 金 として 支 給 される 給 与 で 給 料 の 補 充 的 な 性 格 をもつ 他 の 手 当 とは 異 なり 勤 続 報 償 的 な 性 格 を 有 する 手 当 であ って その 取 扱 いは 教 職 員 及 び

More information

モンゴル語版 [Хавсралт 3] Вакцинжуулалтын бүртгэл ба вакцинжуулалтын үзлэгийн асуулга Маягт 3 Хүний хөхөлгөр урын вирусын халдварын вакцинжуулалтын үзлэгийн

モンゴル語版 [Хавсралт 3] Вакцинжуулалтын бүртгэл ба вакцинжуулалтын үзлэгийн асуулга Маягт 3 Хүний хөхөлгөр урын вирусын халдварын вакцинжуулалтын үзлэгийн モンゴル語版 [Хавсралт 3] Вакцинжуулалтын бүртгэл ба вакцинжуулалтын үзлэгийн асуулга [ ]-ийн вакцинжуулалтын үзлэг шинжилгээний асуулга маягт (сургуулийн өмнөх нас/сургуулийн насны хүүхдэд хамаарна) Маягт 2

More information

2. Өдрийн хөтөлбөр 11 сарын 21 (Мя) Нарита олон улсын онгоцны буудалд буух Хөтөлбөрийн танилцуулга 11 сарын 22 (Лх)Сүгинами дүүргийн хүүхэлдэйн киноны

2. Өдрийн хөтөлбөр 11 сарын 21 (Мя) Нарита олон улсын онгоцны буудалд буух Хөтөлбөрийн танилцуулга 11 сарын 22 (Лх)Сүгинами дүүргийн хүүхэлдэйн киноны JENESYS2017 Азийн олон улсын хүүхдийн кино наадам 2017 ( урилгын хөтөлбөр ) н тэмдэглэл ( Оролцсон улс: Монгол Улс / Сэдэв: Азийн олон улсын хүүхдийн кино наадам 2017 хөтөлбөрийн тэмдэглэл) 1. Хөтөлбөрийн

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 清 瀬 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) 25 年 度 千 74,247 27,195,534 A 768,602 千 4,616,550 B 千 17.0 B/A 昨 年 度 の 件 費 率 17.3

More information

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議 第 6 回 税 理 士 試 験 固 定 資 産 税 はじめに 第 一 問 については 個 別 理 論 題 の 出 題 であった 1については 固 定 資 産 評 価 員 及 び 固 定 資 産 評 価 補 助 員 に 関 する 出 題 であったが 個 別 理 論 での 出 題 であり 判 断 に 迷 う 点 もなく 高 得 点 を 取 ることが 可 能 な 問 題 であった については 区 分 所

More information

大 田 区 保 育 従 事 職 員 宿 舎 借 り 上 げ 支 援 事 業 Q&A 目 次 Ⅰ 補 助 事 業 全 般 について P3~P4 Ⅱ 補 助 対 象 施 設 について P5 Ⅲ 補 助 対 象 職 員 について P6~P10 Ⅳ 補 助 対 象 経 費 について P11~P13 2

大 田 区 保 育 従 事 職 員 宿 舎 借 り 上 げ 支 援 事 業 Q&A 目 次 Ⅰ 補 助 事 業 全 般 について P3~P4 Ⅱ 補 助 対 象 施 設 について P5 Ⅲ 補 助 対 象 職 員 について P6~P10 Ⅳ 補 助 対 象 経 費 について P11~P13 2 待 機 児 解 消 に 向 けた 保 育 施 設 の 新 規 開 設 ラッシュにより 都 内 及 び 隣 接 県 の 自 治 体 での 保 育 士 の 需 要 が 急 増 しております これを 受 け 大 田 区 では 保 育 人 材 の 確 保 定 着 及 び 離 職 防 止 を 図 り 安 定 的 な 保 育 所 の 運 営 を 可 能 にするため 平 成 27 年 4 月 より 大 田 区 保

More information

ГАРЧИГ Удиртгал... 2 Нэг. Ерөнхий асуудал... 3 Хоёр. Шүүхийн шийдвэрийн дүн шинжилгээний загвар ба бүтэц... 5 Гурав.Шүүхийн шийдвэрт дүн шинжилгээ хий

ГАРЧИГ Удиртгал... 2 Нэг. Ерөнхий асуудал... 3 Хоёр. Шүүхийн шийдвэрийн дүн шинжилгээний загвар ба бүтэц... 5 Гурав.Шүүхийн шийдвэрт дүн шинжилгээ хий ШҮҮХИЙН ШИЙДВЭРТ ДҮН ШИНЖИЛГЭЭ ХИЙХ АРГАЧЛАЛ Улаанбаатар хот 2015 он ГАРЧИГ Удиртгал... 2 Нэг. Ерөнхий асуудал... 3 Хоёр. Шүүхийн шийдвэрийн дүн шинжилгээний загвар ба бүтэц... 5 Гурав.Шүүхийн шийдвэрт

More information

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定 資 料 10 減 損 損 失 及 び 資 本 金 の 変 動 に 関 する 調 査 記 載 上 の 注 意 事 項 当 調 査 は 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 資 本 金 の の 変 動 等 を 把 握 するために 調 査 する ものである 調 査 対 象 は 地 方 公 営 企 業 状 況 調 査 の 対 象 となっている 法 適 用 企 業 とする Ⅰ 提 出 物 について

More information

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提 国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 財 務 省 主 計 局 給 与 共 済 課 長 調 査 主 任 土 谷 晃 浩 加 塩 雄 斗 1.はじめに ( 以 下 19 年 一 元 化 法 案 という )において 厚 退 職 給 付 ( 退 職 金 + 年 金 ( 事 業 主 分 ))の 官 民 均 衡 を 図 る 観 点 から 国 家 公 務 員 の 退 職 手

More information

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 38 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 す る 規 則 ( 以 下 教 職 員 勤 務 時 間 等 規 則 という ) 第 36

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

Microsoft Word - 目次.doc

Microsoft Word - 目次.doc 長 寿 医 療 制 度 と 国 民 健 康 保 険 一 体 化 に 関 する 舛 添 大 臣 私 案 イメージ < 現 行 > < 見 直 し 後 > 75 歳 長 寿 医 療 制 度 ( 県 単 位 広 域 連 合 ) 長 寿 医 療 ( 都 道 府 県 ) 1 両 者 を 一 体 化 し 都 道 府 県 が 運 営 75 歳 65 歳 被 用 者 保 険 から 財 政 調 整 国 保 国 保 被

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 1 議 会 学 校 適 正 配 置 調 査 特 別 委 員 会 調 査 報 告 書 について 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 が 平 成 25 年 10 月 30 日 に 決 定 した 安 芸 太 田

安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 1 議 会 学 校 適 正 配 置 調 査 特 別 委 員 会 調 査 報 告 書 について 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 が 平 成 25 年 10 月 30 日 に 決 定 した 安 芸 太 田 安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 安 芸 太 田 町 平 成 26 年 10 月 12 日 安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 1 議 会 学 校 適 正 配 置 調 査 特 別 委 員 会 調 査 報 告 書 について 安 芸 太 田 町 教 育 委

More information

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 (

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 ( 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについての 改 正 について 平 成 23 年 8 月 1 日 通 達 ( 務 人 ) 第 44 号 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 110 号 以 下 法 という )の 改 正 に 鑑 み このたび 山 梨 県 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 山 梨 県 条

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

質 問 票 ( 様 式 3) 質 問 番 号 62-1 質 問 内 容 鑑 定 評 価 依 頼 先 は 千 葉 県 などは 入 札 制 度 にしているが 神 奈 川 県 は 入 札 なのか?または 随 契 なのか?その 理 由 は? 地 価 調 査 業 務 は 単 にそれぞれの 地 点 の 鑑 定

質 問 票 ( 様 式 3) 質 問 番 号 62-1 質 問 内 容 鑑 定 評 価 依 頼 先 は 千 葉 県 などは 入 札 制 度 にしているが 神 奈 川 県 は 入 札 なのか?または 随 契 なのか?その 理 由 は? 地 価 調 査 業 務 は 単 にそれぞれの 地 点 の 鑑 定 62 (Q&A) 目 次 1 鑑 定 評 価 の 委 託 は 入 札 か 随 意 契 約 か またその 理 由 は 何 か 2 委 託 料 は 他 県 と 比 べて 妥 当 性 のある 金 額 か 3 地 価 公 示 ( 国 の 調 査 )との 違 いは 何 か また 国 の 調 査 結 果 はどう 活 用 しているか 4 路 線 価 を 利 用 しない 理 由 は 何 か 5 委 託 料 の 算

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平 個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 1 消 費 税 率 10%の 引 上 げ 時 期 が 平 成 29 年 4 月 1 日 へ 変 更 されたことに 伴 い 消 費 税 率 の 引 上 げによる 住 宅 投 資 への 影 響 の 平 準 化 及 び 緩 和 の 推 進 のため 次 に 掲 げる 住 宅 取 得 等 に 係 る 措 置 について 適

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

資料2 利用者負担(保育費用)

資料2 利用者負担(保育費用) 新 制 度 の 保 育 料 ( 利 用 者 負 担 額 )について 資 料 2 新 制 度 における 保 育 料 については 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づき 現 行 の 保 育 制 度 と 同 様 世 帯 の 所 得 の 状 況 その 他 の 事 情 を 勘 案 し 国 が 定 める 水 準 を 上 限 として 市 町 村 が 定 めることになりま す 国 が 定 める 水 準 については

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

別紙3

別紙3 別 紙 3 1 総 括 平 成 26 年 度 栃 木 市 の 給 与 定 員 管 理 等 に つ い て (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 1 月 1 日 ) A B B / A 24 年 度 の 件 費 率 % % 25 年 度 146,544 56,331,297

More information

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 1 部 改 案 旧 照 文 昭 和 百 傍 線 部 改 部 改 案 現 服 服 管 研 修 研 修 罰 罰 附 附 総 総 休 懲 戒 服 管 研 休 懲 戒 服 研 修 修 福 祉 益 保 護 福 祉 益 保 護 根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監

More information

中根・金田台地区 平成23年度補償説明業務

中根・金田台地区 平成23年度補償説明業務 簡 易 公 募 型 競 争 入 札 方 式 に 準 じた 手 続 による 手 続 開 始 掲 示 次 とおり 指 名 競 争 入 札 参 加 者 選 定 手 続 を 開 始 します 平 成 23 年 6 月 1 日 中 根 金 田 台 開 発 事 務 所 長 関 根 宣 由 1 務 概 要 (1) 務 名 中 根 金 田 台 地 区 平 成 23 年 度 補 償 説 明 務 (2) 務 内 容 研

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 該 当 なし ( 事 委 員 会 を 設 置 していないため) 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 年 度 ( )

(5) 給 与 改 定 の 状 況 該 当 なし ( 事 委 員 会 を 設 置 していないため) 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 年 度 ( ) 1 総 括 増 毛 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (24 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 の 件 費 率 平 成 24 年 度 5,9 4,748,27 24,475 1,134,346 23.9 24.1 (2) 職

More information

Microsoft PowerPoint - ThermalStorageHeater in UB others, by Amarbayar44.pptx

Microsoft PowerPoint - ThermalStorageHeater in UB others, by Amarbayar44.pptx モンゴル国における蓄熱暖房器の実証 導入活動について Introduction Activity for the Thermal Storage Electric Heater in Mongolia Amarbayar Adiyabat (Assoc.Prof.,PhD) School of Engineering and Applied Science, National University

More information

TUT brochure Mongolian pptx

TUT brochure Mongolian pptx Official Web Site! for Admission Movies! Introduction to Toyohashi University of Technology Overview of the Top Global University Project English English English English Other Languages Япон улсын Тоёохашигийн

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

市街化区域と市街化調整区域との区分

市街化区域と市街化調整区域との区分 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 平 成 27 年 9 月 埼 玉 県 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 趣 旨 本 県 では 昭 和 45 年 に 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )を 都 市 計

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : 円 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600 最

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : 円 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600 最 飛 騨 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) 実 質 収 支 (H23 年 度 末 ) A B B/A H22 年 度 の 人 件 費 率 人 千 円 千 円 千 円 % % 23 年 度 26,858 17,655,457 1,317,559

More information

異 議 申 立 人 が 主 張 する 異 議 申 立 ての 理 由 は 異 議 申 立 書 の 記 載 によると おおむね 次 のとおりである 1 処 分 庁 の 名 称 の 非 公 開 について 本 件 審 査 請 求 書 等 について 処 分 庁 を 非 公 開 とする 処 分 は 秋 田 県

異 議 申 立 人 が 主 張 する 異 議 申 立 ての 理 由 は 異 議 申 立 書 の 記 載 によると おおむね 次 のとおりである 1 処 分 庁 の 名 称 の 非 公 開 について 本 件 審 査 請 求 書 等 について 処 分 庁 を 非 公 開 とする 処 分 は 秋 田 県 諮 問 庁 : 秋 田 県 知 事 諮 問 日 : 平 成 19 年 5 月 17 日 ( 諮 問 第 89 号 ) 答 申 日 : 平 成 19 年 11 月 16 日 ( 答 申 第 51 号 ) 事 件 名 : 国 民 健 康 保 険 審 査 会 に 係 る 文 書 の 部 分 公 開 決 定 処 分 に 対 する 異 議 申 立 てに 関 する 件 答 申 第 1 審 査 会 の 結 論 秋

More information

Японы дүрэм, дэг журам Гарчиг Хогоо хогийн саванд хаяна уу. Японы дүрэм, дэг журам P1-P4 Анхаарвал зохих Японы хууль Дугуй унахад анхаарах зүйлс Цагий

Японы дүрэм, дэг журам Гарчиг Хогоо хогийн саванд хаяна уу. Японы дүрэм, дэг журам P1-P4 Анхаарвал зохих Японы хууль Дугуй унахад анхаарах зүйлс Цагий Гадаадын оршин суугчдад зориулсан заавар Гадаадын оршин суугчдад зориулсан заавар Японд гэмт хэрэгт холбогдолгүй, аюулгүй амар тайван амьдрахын төлөө. Энэ заавар нь Токиогийн хүүхэд залуучууд, аюулгүй

More information

った 場 合 など 監 事 の 任 務 懈 怠 の 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 減 算 する (8) 役 員 の 法 人 に 対 する 特 段 の 貢 献 が 認 められる 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 加 算 することができる

った 場 合 など 監 事 の 任 務 懈 怠 の 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 減 算 する (8) 役 員 の 法 人 に 対 する 特 段 の 貢 献 が 認 められる 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 加 算 することができる 独 立 行 政 法 人 の 役 員 の 退 職 金 に 係 る 業 績 勘 案 率 の 算 定 ルールについて 平 成 27 年 5 月 25 日 総 務 大 臣 決 定 独 立 行 政 法 人 特 殊 法 人 及 び 認 可 法 人 の 役 員 の 退 職 金 について ( 平 成 27 年 3 月 24 日 閣 議 決 定 以 下 閣 議 決 定 という )に 基 づき 独 立 行 政 法 人

More information

<4D F736F F D F8D828D5A939982CC8EF68BC697BF96B38F9E89BB82CC8A6791E52E646F63>

<4D F736F F D F8D828D5A939982CC8EF68BC697BF96B38F9E89BB82CC8A6791E52E646F63> 平 成 22 年 11 月 9 日 高 校 等 の 授 業 料 無 償 化 の 拡 大 検 討 案 以 下 は 大 阪 府 の 検 討 案 の 概 要 であり 最 終 的 には 平 成 23 年 2 月 議 会 での 予 算 の 議 決 を 経 て 方 針 を 確 定 する 予 定 です Ⅰ. 検 討 案 の 骨 子 平 成 23 年 度 から 大 阪 の 子 どもたちが 中 学 校 卒 業 時 の

More information

<485020208145944E8BE08F6D2082C682B5905690DD2E786C7378>

<485020208145944E8BE08F6D2082C682B5905690DD2E786C7378> < 年 金 塾 > ( 年 金 判 例. 1/ ) 公 的 年 金 の 逸 失 利 益 性 (その-1) H.. 課 題 < 逸 失 利 益 > 1. 街 頭 相 談 会 ( 当 塾 の 主 催 や ) で 次 のような 質 問 があったとしたら 貴 方 は どう 答 えますか? < 想 定 質 問 > 年 金 受 給 中 のお 爺 さんが 横 断 歩 道 を 通 行 中 に 信 号 無 視 の 車

More information

する 婦 人 相 談 所 その 他 適 切 な 施 設 による 支 援 の 明 記 禁 止 命 令 等 をすることが できる 公 安 委 員 会 等 の 拡 大 等 の 措 置 が 講 じられたものである 第 2 改 正 法 の 概 要 1 電 子 メールを 送 信 する 行 為 の 規 制 ( 法

する 婦 人 相 談 所 その 他 適 切 な 施 設 による 支 援 の 明 記 禁 止 命 令 等 をすることが できる 公 安 委 員 会 等 の 拡 大 等 の 措 置 が 講 じられたものである 第 2 改 正 法 の 概 要 1 電 子 メールを 送 信 する 行 為 の 規 制 ( 法 1 0 年 保 存 平 成 35 年 12 月 31 日 満 了 FNo.-20120102 崎 安 (ス) 第 6 6 号 平 成 25 年 7 月 12 日 各 所 属 長 殿 長 崎 県 警 察 本 部 長 ストーカー 行 為 等 の 規 制 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 施 行 につ いて( 通 達 ) ストーカー 行 為 等 の 規 制 等 に 関 する

More information

公 共 公 益 的 施 設 用 地 の 負 担 がほとんど 生 じないと 認 められる 土 地 ( 例 ) 道 路 に 面 しており 間 口 が 広 く 奥 行 がそれほどではない 土 地 ( 道 路 が 二 方 三 方 四 方 にある 場 合 も 同 様 ) ⑶ マンション 適 地 の 判 定 評

公 共 公 益 的 施 設 用 地 の 負 担 がほとんど 生 じないと 認 められる 土 地 ( 例 ) 道 路 に 面 しており 間 口 が 広 く 奥 行 がそれほどではない 土 地 ( 道 路 が 二 方 三 方 四 方 にある 場 合 も 同 様 ) ⑶ マンション 適 地 の 判 定 評 別 紙 広 大 地 の 判 定 に 当 たり 留 意 すべき 事 項 広 大 地 については 平 成 16 年 6 月 4 日 付 課 評 2-7 ほか2 課 共 同 財 産 評 価 基 本 通 達 の 一 部 改 正 に ついて( 法 令 解 釈 通 達 ) により その 評 価 方 法 を 改 正 し その 改 正 の 趣 旨 等 については 平 成 16 年 6 月 29 日 付 資 産 評

More information

(Microsoft Word - \221\346\202P\202U\201@\214i\212\317.doc)

(Microsoft Word - \221\346\202P\202U\201@\214i\212\317.doc) (1) 1 ア 調 査 すべき の 手 法 情 報 できる 主 要 な 眺 望 地 点 及 び 主 要 で 身 近 な 視 点 の 状 況 な 実 視 施 点 地 ( 区 点 不 域 のうち 特 周 定 辺 の 多 主 数 の 要 な なものをいう 人 々 眺 望 又 地 は 点 周 ( 辺 の 不 以 住 特 下 民 定 が 同 多 じ ) 数 の する 人 及 々が 場 び 所 対 利 で 象

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx 全 国 エリアマネジメントネットワーク 規 約 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 会 は 全 国 エリアマネジメントネットワーク( 以 下 本 会 という )と 称 する ( 目 的 ) 第 2 条 本 会 は 全 国 のエリアマネジメント 組 織 による 連 携 協 議 の 場 を 提 供 し エリアマネジメン トに 係 る 政 策 提 案 情 報 共 有 及 び 普 及 啓

More information

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73>

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73> 国 立 大 学 法 人 茨 城 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 される 給 与 のうち 期 末 特 別 手 当 については 国 立 大 学 評 価 委 員 会

More information

Microsoft Word - 養生学研究投稿規定(改)

Microsoft Word - 養生学研究投稿規定(改) よ う せ い 養 生 学 研 究 投 稿 規 定 2000 年 3 月 11 日 施 行 2006 年 5 月 01 日 改 正 1. 養 生 学 研 究 ( 以 下 本 誌 と い う ) の 編 集 及 び 発 行 に 関 し て は こ の 規 定 の 定 め る と こ ろ に よ る. 2. 投 稿 資 格 本 誌 に 原 稿 を 投 稿 で き る 筆 頭 著 者 は, 原 則 と し

More information

[2] 控 除 限 度 額 繰 越 欠 損 金 を 有 する 法 人 において 欠 損 金 発 生 事 業 年 度 の 翌 事 業 年 度 以 後 の 欠 損 金 の 繰 越 控 除 にあ たっては 平 成 27 年 度 税 制 改 正 により 次 ページ 以 降 で 解 説 する の 特 例 (

[2] 控 除 限 度 額 繰 越 欠 損 金 を 有 する 法 人 において 欠 損 金 発 生 事 業 年 度 の 翌 事 業 年 度 以 後 の 欠 損 金 の 繰 越 控 除 にあ たっては 平 成 27 年 度 税 制 改 正 により 次 ページ 以 降 で 解 説 する の 特 例 ( 相 談 ~ 改 正 に 伴 い 改 めて 整 理 しておきたい~ 法 人 税 における 繰 越 欠 損 金 制 度 米 澤 潤 平 部 東 京 室 平 成 27 年 度 および28 年 度 の 税 制 改 正 による 法 人 税 率 引 き 下 げに 伴 う 課 税 ベース 拡 大 の 一 環 として 繰 越 欠 損 金 制 度 についても 大 改 正 が 行 われました 今 回 は 繰 越 欠 損

More information

<5461726F2D3933208CA795F18CB48D65816993648E718366815B835E816A20>

<5461726F2D3933208CA795F18CB48D65816993648E718366815B835E816A20> 住 民 監 査 請 求 に 係 る 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 新 潟 市 西 区 寺 尾 東 二 丁 目 23 番 37 号 山 下 省 三 2 請 求 の 要 旨 平 成 20 年 4 月 に 県 立 がんセンター 新 潟 病 院 に 採 用 された 職 員 に 対 する 以 下 の 赴 任 旅 費 の 支 出 は 違 法 不 当 である (1) 平 成 20 年

More information

Microsoft Word - H24募集要項(MG).docx

Microsoft Word - H24募集要項(MG).docx Элсэлтийн журам Магадлан итгэмжлэгдсэн Оохара сургууль Оохара япон хэлний сургууль OHARA Japanese Language School 1.Хүсэлт гаргах эрх 1 Гадаадад оршин суугч Өөрийн улсын боловсролийн түвшинд нийцсэн ахлах

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600 本 巣 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 21 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 (21 年 度 末 ) (A) (B) 35,523 歳 出 額 14,360,892 実 質 収 支 件 費 999,985 2,521,801 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 17.6 20 年 度 の 件 費 率 18.8

More information

27-045人事規程270401

27-045人事規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 人 事 規 程 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 17 規 程 第 21 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 45 号 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規

More information

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1 1 育 児 休 業 について Q1 育 児 休 業 とはどのような 制 度 ですか? A1 子 が 満 3 歳 に 達 する 日 まで, 一 定 の 要 件 を 満 たした 職 員 が 任 命 権 者 ( 宮 城 県 教 育 委 員 会 )の 承 認 を 受 けて,その3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 するため, 職 務 に 従 事 しな いことを 可 能 とする 制 度 です 仕 事 と 育

More information

いう )は 警 告 をしたときは 速 やかに その 内 容 及 び 日 時 を 当 該 警 告 を 求 める 旨 の 申 出 をした 者 に 通 知 しなければならないこととされ また 警 告 をし なかったときは 速 やかに その 旨 及 び 理 由 を 当 該 警 告 を 求 める 旨 の 申

いう )は 警 告 をしたときは 速 やかに その 内 容 及 び 日 時 を 当 該 警 告 を 求 める 旨 の 申 出 をした 者 に 通 知 しなければならないこととされ また 警 告 をし なかったときは 速 やかに その 旨 及 び 理 由 を 当 該 警 告 を 求 める 旨 の 申 ストーカー 行 為 等 の 規 制 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 施 行 について ( 平 成 25 年 7 月 16 日 付 け 通 達 香 生 企 第 311 号 ) ストーカー 行 為 等 の 規 制 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 73 号 以 下 改 正 法 という( 別 添 官 報 参

More information

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱 千 葉 市 耐 震 改 修 費 補 助 事 業 要 綱 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 震 による 住 宅 の 倒 壊 等 の 被 害 から 市 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 するため 住 宅 の 耐 震 改 修 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め 耐 震 改 修 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 することにより

More information

6 構 造 等 コンクリートブロック 造 平 屋 建 て4 戸 長 屋 16 棟 64 戸 建 築 年 1 戸 当 床 面 積 棟 数 住 戸 改 善 後 床 面 積 昭 和 42 年 36.00m2 4 50.40m2 昭 和 43 年 36.50m2 3 50.90m2 昭 和 44 年 36.

6 構 造 等 コンクリートブロック 造 平 屋 建 て4 戸 長 屋 16 棟 64 戸 建 築 年 1 戸 当 床 面 積 棟 数 住 戸 改 善 後 床 面 積 昭 和 42 年 36.00m2 4 50.40m2 昭 和 43 年 36.50m2 3 50.90m2 昭 和 44 年 36. 市 営 住 宅 建 替 えPFI 等 導 入 可 能 性 調 査 業 務 委 託 仕 様 書 1. 適 用 範 囲 本 仕 様 書 は 十 和 田 市 ( 以 下 発 注 者 という )が 実 施 する 市 営 住 宅 建 替 えPFI 等 導 入 可 能 性 調 査 業 務 委 託 ( 以 下 本 業 務 委 託 という )に 適 用 するものとする 2. 業 務 目 的 十 和 田 市 営 住

More information

1 支 給 認 定 新 制 度 では 幼 稚 園 ( 新 制 度 に 移 行 する 幼 稚 園 のことで 以 下 同 じ) を 利 用 する 場 合 には お 住 まいの 市 町 村 から 支 給 認 定 証 の 交 付 を 受 ける 必 要 があります 認 定 の 区 分 は 年 齢 や 保 育

1 支 給 認 定 新 制 度 では 幼 稚 園 ( 新 制 度 に 移 行 する 幼 稚 園 のことで 以 下 同 じ) を 利 用 する 場 合 には お 住 まいの 市 町 村 から 支 給 認 定 証 の 交 付 を 受 ける 必 要 があります 認 定 の 区 分 は 年 齢 や 保 育 ここに 掲 載 されている 内 容 は 平 成 26 年 9 月 時 点 での 予 定 です 今 後 変 更 となる 可 能 性 があります 平 成 27 年 度 から 幼 稚 園 等 の 利 用 手 続 きが 変 わります! 幼 児 期 の 学 校 教 育 や 保 育 地 域 の 子 育 て 支 援 の 量 の 拡 充 や 質 の 向 上 を 進 めていく 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度

More information

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 16 年 7 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 総 則 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 については この 規 程 の 定 めるところによる

More information

人事行政の運営状況の報告について

人事行政の運営状況の報告について 市 職 員 の 給 与 などの 状 況 目 次 給 与 決 定 の 仕 組 み 2 給 与 や 報 酬 の 削 減 2 退 職 手 当 制 度 の 見 直 し 4 給 与 制 度 の 見 直 し 5 人 件 費 の 抑 制 5 給 与 水 準 (ラスパイレス 指 数 ) 6 職 員 数 の 推 移 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) 7 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況

More information

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の 3 月 1 日 ( 火 )HP 公 表 基 本 関 係 社 会 保 険 等 未 加 入 対 策 に 関 する 想 定 問 答 問 1 社 会 保 険 等 とは 何 か 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 )と 労 働 保 険 ( 雇 用 保 険 )を 指 します 問 2 どのような 場 合 でも 元 請 と 未 加 入 業 者 との 一 次 下 請 契 約 が 禁 止

More information

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 )

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 ) 加 古 川 市 域 の 市 街 化 調 整 区 域 では 加 古 川 市 都 市 計 画 マスター プラン( 土 地 利 用 方 針 )に 基 づき 地 域 の 皆 さんが 主 体 となっ て 定 める 地 区 計 画 制 度 により 周 辺 環 境 と 調 和 した 適 切 な 建 築 開 発 行 為 が 容 認 されます この 地 区 計 画 制 度 を 有 効 に 活 用 し 市 街 化 調

More information

H28記入説明書(納付金・調整金)8

H28記入説明書(納付金・調整金)8 1 常 用 雇 用 労 働 者 の 総 数 の 把 握 ( STEP1 ) (1) 常 用 雇 用 労 働 者 とは 障 害 者 雇 用 納 付 金 制 度 における 常 用 雇 用 労 働 者 とは あなたの 企 業 で の 形 式 の 如 何 を 問 わず 1 雇 用 ( 契 約 ) の 定 めがなく 雇 用 されている 労 働 者 及 び 一 定 の 雇 用 ( 契 約 ) を 定 めて 雇

More information

基発第0930001号

基発第0930001号 ( 別 添 1) ( 一 般 労 働 者 用 ; 常 用 有 期 雇 用 型 ) 殿 労 働 条 件 通 知 書 事 業 場 名 称 所 在 地 使 用 者 職 氏 名 年 月 日 契 約 期 間 期 間 の 定 めなし 期 間 の 定 めあり( 年 月 日 ~ 年 月 日 ) 以 下 は 契 約 期 間 について 期 間 の 定 めあり とした 場 合 に 記 入 1 契 約 の 更 新 の 有

More information

子ども手当見直しによる家計への影響~高所得者層の可処分所得は大幅減少に

子ども手当見直しによる家計への影響~高所得者層の可処分所得は大幅減少に ニッセイ 基 礎 研 究 所 No.2011-02 Aug 2011 見 直 しによる 家 への 影 響 ~ 高 所 得 者 層 の 可 処 分 所 得 は 大 幅 減 少 に 経 済 調 査 部 門 研 究 員 桑 畠 滋 (くわはた しげる) (03)3512-1838 kuwahata@nli-research.co.jp [ 要 旨 ] 民 主 自 民 公 明 3 党 は を 見 直 し 2012

More information

(2) 広 島 国 際 学 院 大 学 ( 以 下 大 学 という ) (3) 広 島 国 際 学 院 大 学 自 動 車 短 期 大 学 部 ( 以 下 短 大 という ) (4) 広 島 国 際 学 院 高 等 学 校 ( 以 下 高 校 という ) ( 学 納 金 の 種 類 ) 第 3 条

(2) 広 島 国 際 学 院 大 学 ( 以 下 大 学 という ) (3) 広 島 国 際 学 院 大 学 自 動 車 短 期 大 学 部 ( 以 下 短 大 という ) (4) 広 島 国 際 学 院 高 等 学 校 ( 以 下 高 校 という ) ( 学 納 金 の 種 類 ) 第 3 条 学 生 生 徒 等 の 納 入 金 に 関 する 規 則 平 成 15 年 12 月 16 日 規 則 第 19 号 沿 革 1 平 成 17 年 5 月 17 日 改 正 2 平 成 17 年 10 月 3 日 改 正 3 平 成 18 年 1 月 25 日 改 正 5 平 成 21 年 9 月 16 日 改 正 7 平 成 22 年 2 月 12 日 改 正 9 平 成 23 年 12 月 6

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4 鉾 田 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 )23 年 実 質 収 支 (24 年 度 末 ) A B B/A 度 の 人 件 費 率 人 千 千 千 % 24 年 度 51,778 20,041,814 1,173,725

More information

m07 北見工業大学 様式①

m07 北見工業大学 様式① 国 立 大 学 法 人 北 見 工 業 大 学 ( 法 人 番 号 6460305000387)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 該 法 人 の 主 要 事 業 は 教 育 研 究 事 業 である 役

More information

4р сарын байдлаар Тусламжийн чухалчлах салбар Бүх нийтэд өгөөжтэй эдийн засгийн өсөлтийг бий болгоход чиглэсэн дэмжлэг Тулгамдаж буй асуудлыг шийдэхэд

4р сарын байдлаар Тусламжийн чухалчлах салбар Бүх нийтэд өгөөжтэй эдийн засгийн өсөлтийг бий болгоход чиглэсэн дэмжлэг Тулгамдаж буй асуудлыг шийдэхэд 4р сарын байдлаар Үндсэн чиглэл (Хэтийн зорилт) Эдийн засгийн тогтвортой өсөлтөөр дамжуулан ядуурлыг бууруулахад чиглэсэн Монгол улсын бие даасан хүчин чармайлтыг дэмжих Тусламжийн чухалчлах салбар Уул

More information

( 別 紙 ) 以 下 法 とあるのは 改 正 法 第 5 条 の 規 定 による 改 正 後 の 健 康 保 険 法 を 指 す ( 施 行 期 日 は 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 1. 標 準 報 酬 月 額 の 等 級 区 分 の 追 加 について 問 1 法 改 正 により 追 加

( 別 紙 ) 以 下 法 とあるのは 改 正 法 第 5 条 の 規 定 による 改 正 後 の 健 康 保 険 法 を 指 す ( 施 行 期 日 は 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 1. 標 準 報 酬 月 額 の 等 級 区 分 の 追 加 について 問 1 法 改 正 により 追 加 別 添 事 務 連 絡 平 成 27 年 12 月 18 日 日 本 年 金 機 構 厚 生 年 金 保 険 部 長 殿 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 長 持 続 可 能 な 医 療 保 険 制 度 を 構 築 するための 国 民 健 康 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 による 健 康 保 険 法 及 び 船 員 保 険 法 改 正 内 容 の 一 部 に

More information

答申第585号

答申第585号 別 紙 諮 問 第 722 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 平 成 23 年 月 日 区 営 業 所 で 起 きた 物 損 事 故 に 関 する 全 ての 内 容 の 文 書 の 開 示 請 求 に 対 し 終 業 点 呼 記 録 簿 ほか7 件 を 対 象 公 文 書 として 特 定 し 一 部 開 示 と した 決 定 は 妥 当 である 2 審 査 請 求 の 内 容 (1) 審 査

More information

第2回 制度設計専門会合 事務局提出資料

第2回 制度設計専門会合 事務局提出資料 第 3 回 制 度 設 計 専 門 会 合 事 務 局 提 出 資 料 ~ 電 力 の 小 売 営 業 に 関 する 指 針 ( 案 )の 概 要 について~ 平 成 27 年 12 月 4 日 ( 金 ) 電 力 の 小 売 営 業 に 関 する 指 針 ( 案 )で 整 備 する の 目 次 1. 需 要 家 への 適 切 な 情 報 提 供 (1) 一 般 的 な 情 報 提 供 (2) 契

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

(3) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 5 年 月 日 現 在 ) 決 定 初 任 給 採 用 年 経 過 後 給 料 月 額 大 学 卒 7, 8, 一 般 行 政 職 短 大 卒 9,8 6, 高 校 卒, 8,5 () 職 員 の 経 験 年 数 別 学 歴 別 平 均 給 料

(3) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 5 年 月 日 現 在 ) 決 定 初 任 給 採 用 年 経 過 後 給 料 月 額 大 学 卒 7, 8, 一 般 行 政 職 短 大 卒 9,8 6, 高 校 卒, 8,5 () 職 員 の 経 験 年 数 別 学 歴 別 平 均 給 料 総 括 平 成 5 年 度 標 津 町 の 事 行 政 の 運 営 状 況 について () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 総 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 件 費 率 年 度 5,587 6,5,9 % % 8,5 87,75 3..6 () 職 員 給 与 費 の 状

More information

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている.

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている. 別 紙 高 山 村 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 月 日 ) A B B/A 24 年 度 の 件 費 率 年 度 千 千 千 2,9 2,64,628 6,8 467,928 8. 2.4 (2) 職 員 給 与 費

More information

(現行版)工事成績書と評定表をあわせた_docx

(現行版)工事成績書と評定表をあわせた_docx ( 現 行 の 様 式 ) 多 治 見 市 工 事 成 績 書 兼 報 告 書 業 種 コード( ) 工 事 担 当 部 課 名 部 課 工 事 番 号 第 号 工 事 名 工 事 工 事 場 所 多 治 見 市 町 丁 目 地 内 請 負 業 者 名 技 術 者 氏 名 監 理 主 任 技 術 者 現 場 代 理 人 契 約 金 額 ( 最 終 契 約 額 ) 円 工 期 年 月 日 から 年 月

More information

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 例 規 整 備 * 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 例 規 整 備 公 布 年 月 日 番 号 平 成 24 年

More information

Танилцуулга Компанийн товч танилцуулга Нэр : Мирай ХХК ( MIRAI CO.,LTD.) URL : Байгуулагдсан он сар:2004 оны 9 р сар Хаяг : Токио

Танилцуулга Компанийн товч танилцуулга Нэр : Мирай ХХК ( MIRAI CO.,LTD.) URL :  Байгуулагдсан он сар:2004 оны 9 р сар Хаяг : Токио Мирай ХХК Компанийн товч танилцуулга 株式会社みらい Танилцуулга Компанийн товч танилцуулга Нэр : Мирай ХХК ( MIRAI CO.,LTD.) URL :http://miraigroup.jp Байгуулагдсан он сар:2004 оны 9 р сар Хаяг : Токио дахь оффис:

More information

Taro-○離島特産品等マーケティング支援事業に係る企画提案募集要領

Taro-○離島特産品等マーケティング支援事業に係る企画提案募集要領 離 島 特 産 品 等 マーケティング 支 援 事 業 に 係 る 企 画 提 案 書 募 集 要 領 1 委 託 事 業 名 離 島 特 産 品 等 マーケティング 支 援 事 業 業 務 委 託 2 目 的 離 島 地 域 の 産 業 の 振 興 を 図 るため これまで 開 発 された 離 島 の 特 産 品 等 を 対 象 と して コーディネーター( 受 託 事 業 者 ) 及 び 外 部

More information

5

5 社 会 保 障 審 議 会 介 護 保 険 部 会 ( 第 55 回 ) 資 料 5 平 成 28 年 2 月 17 日 介 護 保 険 制 度 における 所 得 指 標 の 見 直 しについて 介 護 保 険 制 度 における 所 得 指 標 の 見 直 しについて 現 状 課 題 介 護 保 険 制 度 では 所 得 の 状 況 に 応 じて 保 険 料 や 利 用 者 負 担 額 等 を 負

More information

Монгол, Японы худалдаа, эдийн засгийн хамтын ажиллагааны өнөөгийн байдал амжилттай хийж, эдийн засгийн хүндрэлээс гарч, хөрөнгө оруулалт идэвхжиж, яду

Монгол, Японы худалдаа, эдийн засгийн хамтын ажиллагааны өнөөгийн байдал амжилттай хийж, эдийн засгийн хүндрэлээс гарч, хөрөнгө оруулалт идэвхжиж, яду ОЛОН УЛС СУДЛАЛ Олон Улс Судлал 1 (107), 2017 он: 52-61 дүгээр тал МОНГОЛ, ЯПОНЫ ХУДАЛДАА, ЭДИЙН ЗАСГИЙН ХАМТЫН АЖИЛЛАГААНЫ ӨНӨӨГИЙН БАЙДАЛ М.Болормаа Товч агуулга: Энэхүү өгүүлэлд шинэ мянганы эхэн үе

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章 第 4 章 金 要 件 と 金 額 1 ( 高 齢 になった 場 合 に 受 け 取 れる 金 ) 要 件 1 受 資 格 期 間 保 険 料 納 付 済 期 間 と 保 険 料 免 除 期 間 を 合 わせて25 以 上 あること (ただし 金 額 には 反 映 されないが 受 資 格 期 間 には 算 入 される 合 算 対 象 期 間 があります) 消 費 税 が 引 き 上 げられる 27

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 授 業 料 その 他 の 費 用 に 関 する 規 程 平 成 19 年 3 月 30 日 制 定 改 正 平 成 19 年 9 月 10 日 平 成 20 年 3 月 25 日 平 成 21 年 1 月 29 日 平 成 21 年 9 月 3 日 平 成 21 年 11 月 27 日 平 成 23 年 3 月 30 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震 Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 東 海 地 震 注 意 情 報 発 表 時 (1) 医 務 課 衛 生 薬 務 課 Ⅶ-1 Ⅶ-1 Ⅶ-2 2 病 院 診 療 所 の 対 応 (1) 院 内 の 安 全 確 保 等 (2) 医 療 救 護 活 動 の 準 備 Ⅶ-3 Ⅶ-4 Ⅶ-4 3 基 幹 災 害 拠 点 病 院 基

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

別紙3

別紙3 美 濃 加 茂 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 (24 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 23 年 度 の 人 件 費 率 24 年 度 55,018 人 17,404,089 1,057,991 2,446,300

More information