目 次 1. 総 則 2. 機 能 3. 性 能 4. 外 形 寸 法 5. 端 子 構 造 6. 電 線 接 続 図 7. 表 示 例

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "目 次 1. 総 則 2. 機 能 3. 性 能 4. 外 形 寸 法 5. 端 子 構 造 6. 電 線 接 続 図 7. 表 示 例"

Transcription

1

2 目 次 1. 総 則 2. 機 能 3. 性 能 4. 外 形 寸 法 5. 端 子 構 造 6. 電 線 接 続 図 7. 表 示 例

3 1. 総 則 1.1 適 用 範 囲 この 規 格 は 計 器 用 変 成 器 または 計 器 用 変 圧 器 および 計 器 用 変 流 器 ( 二 次 側 三 相 3 線 式 110V 5A)とともに 取 付 ける 電 子 式 複 合 計 器 ( 以 下 計 器 という)に 適 用 します 1.2 計 器 の 名 称 定 格 値 電 力 需 給 用 複 合 計 器 ( 普 通 級 ) 三 相 3 線 式 AM3EA-K40R 形 定 格 電 圧 110(V) 定 格 電 流 5(A) 定 格 周 波 数 60(Hz) 計 器 定 数 1,000(pulse/kWs) 1,000(pulse/ パルス 定 数 50,000(pulse/kWh) 無 効 電 力 の 動 作 遅 電 流 用 1.3 計 器 の 種 類 本 計 器 は 次 の 計 器 を 一 体 化 した 電 子 式 電 力 需 給 用 複 合 計 器 とします 1 普 通 電 力 量 計 ( 全 日 電 力 量 測 定 用 ) 2 普 通 電 力 量 計 ( 昼 間 力 率 測 定 用 ) 3 無 効 電 力 量 計 ( 昼 間 力 率 測 定 用 ) 4 最 大 需 要 電 力 計 5 時 間 帯 切 替 用 タイムスイッチ 1.4 計 器 の 機 能 (1) 表 示 項 目 1 動 作 状 態 表 示 kwh 動 作 kvarh 動 作 無 計 量 停 電 2 現 在 画 面 全 日 電 力 量 力 測 用 電 力 量 力 測 用 無 効 電 力 量 最 大 需 要 電 力 現 在 需 要 電 力 経 過 時 限 現 在 時 刻 ( 時 分 ) 3 検 針 画 面 全 日 電 力 量 力 測 用 電 力 量 力 測 用 無 効 電 力 量 最 大 需 要 電 力 累 積 最 大 需 要 電 力 力 率 計 量 確 定 月 日 検 針 表 示 4 定 画 面 画 面 自 動 表 示 周 期 時 間 現 在 年 現 在 月 日 計 量 確 定 日 現 在 時 刻 ( 時 分 ) 1

4 1.5 構 造 (1) 取 付 構 造 表 面 取 付 表 面 接 続 式 (2) ベース アルミ 合 金 塗 装 (エポキシ 系 樹 脂 粉 体 塗 装 マンセル 値 N5) (3) カバー アルミ 合 金 ( 窓 ガラス 付 合 成 ゴムパッキン 付 封 印 ねじ 付 ) 塗 装 はベースと 同 じ (4) 端 子 ボックス 端 子 ブロックは 難 燃 性 樹 脂 成 型 品 とします 端 子 金 具 端 子 ねじは 黄 銅 製 とします 表 1 端 子 金 具 端 子 ねじ 定 格 電 流 端 子 穴 径 端 子 ねじ 径 端 子 ねじ 本 数 5A 5.7mm M5 2 本 (5) 端 子 カバー 鋼 板 製 ( 合 成 ゴムパッキン 付 封 印 ねじ 付 ) 塗 装 は ベースと 同 じ (6) 定 部 カバー 鋼 板 製 ( 合 成 ゴムパッキン 付 封 印 ねじ 付 ) 塗 装 は ベースと 同 じ (7) 停 電 補 償 用 電 池 リチウム 電 池 ( 検 定 封 印 内 に けます) ( 注 ) 停 電 補 償 時 間 については 2.16 項 を 参 照 してください (8) 銘 板 アルミニウム 製 1.6 操 作 部 操 作 部 に 関 する 事 項 は 次 のとおりとします (1) 操 作 部 の 配 列 は 図 1のとおりとします (2) 小 電 流 用 押 し 釦 スイッチとし 動 作 接 点 機 構 はモーメンタリースイッチとします 図 1 操 作 部 の 配 列 2

5 2. 機 能 2.1 計 量 項 目 計 量 項 目 は 次 のとおりとします 1 全 日 電 力 量 2 昼 間 力 率 測 定 用 普 通 電 力 量 3 昼 間 力 率 測 定 用 無 効 電 力 量 4 最 大 需 要 電 力 5 現 在 需 要 電 力 2.2 計 測 計 算 項 目 計 測 計 算 項 目 は 次 のとおりとします 1 現 在 時 刻 ( 年 月 日 時 分 ) 2 月 間 平 均 力 率 2.3 表 示 方 法 (1) 乗 率 は 10 ベキ 倍 とします (2) 最 低 位 数 字 は 1 ずつ 躍 進 するものとします このとき 最 低 位 に 満 たない 計 量 値 は 切 り 上 げません (3) 画 面 は 次 のとおり 周 期 的 に 自 動 表 示 するものとします ただし 各 表 示 時 間 A,Bは 30 秒 から 120 秒 の 間 で 30 秒 間 隔 で 定 画 面 において 定 / 記 憶 数 字 送 り の 二 つの 押 釦 により 調 整 可 能 とします ( 初 期 値 は 表 示 時 間 A:30 秒 表 示 時 間 B:90 秒 とします) 現 在 画 面 A 秒 間 検 針 画 面 B 秒 間 (4) 停 電 中 は 検 針 画 面 で 固 定 とします 3

6 表 示 部 普 通 電 力 量 計 ( 全 日 電 力 量 ) 普 通 電 力 量 計 ( 力 測 用 電 力 量 ) 無 効 電 力 量 計 ( 力 測 用 無 効 電 力 量 ) 最 大 需 要 電 力 計 ( 最 大 需 要 電 力 ) 現 在 需 要 電 力 ( 累 積 最 大 需 要 電 力 ) 時 限 ( 力 率 ) 現 在 時 刻 ( 計 量 確 定 日 ) (5) 各 表 示 部 の 表 示 方 法 桁 数 は 表 2のとおりとします 表 2 画 面 現 在 画 面 検 針 画 面 定 画 面 計 量 器 取 付 時 以 降 現 在 までの 累 積 指 示 数 6 桁 ( 整 数 位 5 桁 ) 計 量 器 取 付 時 以 降 現 在 までの 力 測 時 間 帯 (8:00~22:00) 累 積 指 示 数 6 桁 ( 整 数 位 5 桁 ) 計 量 器 取 付 時 以 降 現 在 までの 力 測 時 間 帯 (8:00~22:00) 累 積 指 示 数 6 桁 ( 整 数 位 5 桁 ) 毎 月 の 計 量 日 (N 月 X 日 )の 0:00 または 手 動 復 帰 後 から 現 在 までの 最 大 需 要 電 力 4 桁 ( 整 数 位 2 桁 ) 現 在 需 要 時 限 における 電 力 4 桁 ( 整 数 位 2 桁 ) 現 在 需 要 時 限 の 経 過 分 2 桁 現 在 時 刻 4 桁 (24 時 間 制 表 示 ) : マーク1 秒 間 隔 点 滅 計 量 器 取 付 時 以 降 N 月 X 日 0:00 または 手 動 復 帰 時 点 まで の 累 積 指 示 数 6 桁 ( 整 数 位 5 桁 ) 計 量 器 取 付 時 以 降 N 月 X 日 0:00 または 手 動 復 帰 時 点 まで の 力 測 時 間 帯 (8:00~22:00) 累 積 指 示 数 6 桁 ( 整 数 位 5 桁 ) 計 量 器 取 付 時 以 降 N 月 X 日 画 面 自 動 表 0:00 または 手 動 復 帰 時 点 まで 示 周 期 時 間 の 力 測 時 間 帯 (8:00~22:00) 累 積 指 示 数 6 桁 ( 整 数 位 5 桁 ) (N-1) 月 X 日 0:00 または 現 在 の 西 暦 手 動 復 帰 後 からN 月 X 日 0:00 4 桁 または 手 動 復 帰 時 点 までの 最 大 需 要 電 力 4 桁 ( 整 数 位 2 桁 ) 計 量 器 取 付 時 以 降 からN 月 X 現 在 の 月 日 日 0:00 または 手 動 復 帰 時 点 ま 4 桁 での 累 積 最 大 需 要 電 力 ( 月 2 桁 4 桁 ( 整 数 位 3 桁 ) 日 2 桁 ) 前 々 回 計 量 確 定 日 の0 時 また 計 量 確 定 日 は 手 動 復 帰 後 から 前 回 計 量 確 2 桁 定 日 の0 時 または 手 動 復 帰 時 点 までの 平 均 力 率 値 であって 力 測 用 電 力 量 同 無 効 電 力 量 表 示 値 をもとに 計 算 し % 表 示 の 小 数 第 1 位 を 四 捨 五 入 した 値 とします ( 例 :100%は FF) 2 桁 計 量 確 定 をした 月 日 4 桁 ( 月 2 桁 日 2 桁 ) 現 在 時 刻 4 桁 画 面 表 示 検 針 と 表 示 動 作 状 態 表 示 kwh kvarh 無 計 量 の 点 滅 電 力 量 計 の 計 量 状 態 を 表 示 します 周 期 は2 回 /kws とします 逆 潮 流 時 無 負 荷 時 は 消 灯 します 力 測 時 間 帯 に 関 係 なく 動 作 します の 点 滅 無 効 電 力 量 計 の 計 量 状 態 を 表 示 します 周 期 は 2 回 /kvars としま す 逆 潮 流 時 無 負 荷 時 は 消 灯 します 力 測 時 間 帯 に 関 係 なく 動 作 します の 点 灯 有 効 および 無 効 電 力 が 無 負 荷 あるいは 逆 潮 流 時 も 点 灯 とします 停 電 時 は 消 灯 とします 停 電 の 点 灯 商 用 電 源 が 停 電 している 場 合 に 点 灯 (P3 相 のみが 欠 相 の 場 合 は 停 電 として 取 扱 いません ) ( 注 ) 印 はブランク(00 の 表 示 もしません) 4

7 2.4 最 大 需 要 電 力 計 の 機 能 最 大 需 要 電 力 計 の 機 能 は 次 のとおりとします (1) 需 要 時 限 は 30 分 固 定 とします (2) 需 要 時 限 のスタートは 内 蔵 時 計 の 00 分 30 分 に 同 期 します (3) 需 要 時 限 の 表 示 は 00 分 から 29 分 の 繰 り 返 しとします (4) 最 大 需 要 電 力 の 復 帰 ( 零 リセット)は 次 のようになります 1 手 動 復 帰 ( 臨 時 検 針 機 能 ) 操 作 部 の 最 大 需 要 電 力 復 帰 釦 を 押 すことにより 現 在 画 面 の 普 通 電 力 量 計 ( 全 日 電 力 量 ) 力 測 用 普 通 電 力 量 計 ( 力 測 用 電 力 量 ) 力 測 用 無 効 電 力 量 計 ( 力 測 用 無 効 電 力 量 )および 最 大 需 要 電 力 計 の 最 大 需 要 電 力 の 計 量 値 ( 表 示 値 )が 検 針 画 面 に 記 憶 されるとともに 現 在 画 面 の 最 大 需 要 電 力 表 示 値 と 現 在 需 要 電 力 表 示 値 は 復 帰 し 零 にリセットします この 場 合 検 針 画 面 の 現 在 時 刻 表 示 窓 への 計 量 確 定 をした 月 日 の 表 示 は 定 し てある 計 量 日 にかかわらず 手 動 復 帰 を 実 行 した 月 日 を 記 憶 するものとしま す また 現 在 時 刻 を 修 正 した 場 合 は その 修 正 を 実 行 ( 記 憶 )した 時 点 に 現 在 需 要 電 力 の 表 示 のみ 復 帰 し 零 にリセットします この 操 作 を 行 っても 現 在 画 面 および 検 針 画 面 の 最 大 需 要 電 力 の 表 示 には 影 響 しな いものとします 2 自 動 復 帰 ( 計 量 確 定 日 の0 時 ) あらかじめ 定 された 計 量 確 定 日 (01 から 28 日 のいずれか)の 00 時 00 分 になっ 瞬 間 に 現 在 画 面 の 普 通 電 力 量 計 ( 全 日 電 力 量 ) 力 測 用 普 通 電 力 量 計 ( 力 測 用 電 力 量 ) 力 測 用 無 効 電 力 量 計 ( 力 測 用 無 効 電 力 量 )および 最 大 需 要 電 力 計 の 最 大 需 要 電 力 の 計 量 値 ( 表 示 値 )が 検 針 画 面 に 記 憶 されるとともに 現 在 画 面 の 最 大 需 要 電 力 表 示 値 と 現 在 需 要 電 力 表 示 値 は 復 帰 し 零 にリセットします この 場 合 検 針 画 面 の 現 在 時 刻 の 表 示 窓 の 表 示 は 計 量 確 定 を 実 行 した 月 日 ( 途 中 で 計 量 確 定 日 の 定 変 更 をしていない 場 合 は 計 量 確 定 を 実 行 した 日 = 計 量 確 定 日 となる)を 記 憶 する ものとします (5) (4)1の 最 大 需 要 電 力 の 手 動 復 帰 の 機 能 は 現 在 画 面 または 検 針 画 面 の 場 合 に 機 能 す るものとし 定 画 面 の 場 合 は 機 能 しないものとします (6) 停 電 状 態 にあっても (4)の 機 能 は 機 能 するものとします (7) 時 刻 修 正 したとき その 時 点 の 現 在 需 要 電 力 を 零 とし 直 ちに 現 在 需 要 電 力 の 計 量 を 開 始 するものとします このとき 最 大 需 要 電 力 は 不 変 とします 2.5 無 効 電 力 量 計 の 機 能 無 効 電 力 量 計 の 構 成 方 式 は JISC1263 無 効 電 力 量 計 のA-1 遅 電 流 用 相 当 と します なお 逆 進 防 止 付 とします 5

8 2.6 計 量 確 定 機 能 計 量 確 定 機 能 は 次 の 項 目 および 表 3のとおりとします (1) 自 動 記 憶 定 画 面 においてあらかじめ 定 した 計 量 確 定 日 (01 から 28 日 のいずれか)の 00 時 00 分 になった 瞬 間 に 現 在 画 面 の 普 通 電 力 量 計 ( 全 日 電 力 量 ) 力 測 用 普 通 電 力 量 計 ( 力 測 用 電 力 量 ) 力 測 用 無 効 電 力 量 計 ( 力 測 用 無 効 電 力 量 )および 最 大 需 要 電 力 計 の 最 大 需 要 電 力 の 計 量 値 ( 表 示 値 )を 検 針 画 面 に 記 憶 します なお その 表 示 は 検 針 画 面 で 行 います また 現 在 画 面 の 最 大 需 要 電 力 表 示 値 と 現 在 需 要 電 力 表 示 値 は 復 帰 し 零 にリセ ットします この 場 合 検 針 画 面 の 現 在 時 刻 の 表 示 窓 の 表 示 は 計 量 確 定 を 実 行 した 月 日 ( 途 中 で 計 量 確 定 日 の 定 変 更 をしていない 場 合 は 計 量 確 定 を 実 行 し た 日 = 計 量 確 定 日 となる)を 記 憶 するものとします なお 定 行 為 による 故 意 的 な 年 月 日 時 刻 送 りによって 計 量 日 の 00:00 となって も (1)の 機 能 は 動 作 しないこととします ( 注 ) 時 計 の 計 時 により 計 量 確 定 日 の 前 日 の 23:59 から 計 量 確 定 日 の 00:00 になった 場 合 のみ (1)の 機 能 の 動 作 を 行 います (2) 手 動 記 憶 操 作 部 の 最 大 需 要 電 力 復 帰 釦 を 押 すことにより 現 在 画 面 の 普 通 電 力 量 計 ( 全 日 電 力 量 ) 力 測 用 普 通 電 力 量 計 ( 力 測 用 電 力 量 ) 力 測 用 無 効 電 力 量 計 ( 力 測 無 効 電 力 量 )および 最 大 需 要 電 力 計 の 最 大 需 要 電 力 の 計 量 値 ( 表 示 値 )を 検 針 画 面 に 記 憶 します なお その 表 示 は 検 針 画 面 で 行 います また 現 在 画 面 の 最 大 需 要 電 力 表 示 値 と 現 在 需 要 電 力 表 示 値 は 復 帰 し 零 にリセ ットします この 場 合 検 針 画 面 の 現 在 時 刻 表 示 窓 の 表 示 は 定 してある 計 量 確 定 日 にかかわらず 手 動 復 帰 を 実 行 した 月 日 を 記 憶 するものとします (1),(2)により 記 憶 した 表 示 値 は (1)または (2)の 動 作 により 新 しい 指 示 値 された 瞬 間 に 前 の 指 示 値 を 新 しい 指 示 値 に 更 新 するものとします 動 作 行 為 表 3 計 量 確 定 動 作 定 された 計 量 日 (X 日 00:00) 動 作 の 場 合 最 大 需 要 電 力 復 帰 釦 を 押 した 場 合 表 示 している 画 面 現 在 検 針 定 現 在 検 針 定 計 量 確 定 動 作 の 可 否 凡 例 : 計 量 確 定 時 点 値 記 憶 動 作 可 : 否 2.7 時 計 機 能 時 計 機 能 は 次 のとおりとします (1) 通 電 時 ( 商 用 電 源 )は 電 源 周 波 数 に 同 期 し 停 電 後 240 時 間 以 内 は 水 晶 発 振 器 によ る 時 計 とします (2) 水 晶 発 振 器 による 時 計 の 精 度 は 温 度 条 件 が 0~50 の 場 合 ±18 秒 / 日 以 内 -2 ( 未 満 ) および 50( 超 過 )~70 の 場 合 ±25 秒 / 日 以 内 とします (3) 無 電 圧 時 ( 商 用 電 源 と 停 電 補 償 用 電 池 もない 状 態 )から 電 圧 を 印 加 された 場 合 あ るいは 240 時 間 を 超 える 停 電 があり 商 用 電 源 が 印 加 された 場 合 の 初 期 表 示 ( 定 )は 00:00 とし 計 時 も 開 始 します 6

9 2.8 カレンダ 機 能 カレンダ 機 能 は 次 のとおりとします (1) 2005 年 から 2040 年 までの 万 年 カレンダを 内 蔵 します 以 降 5 年 毎 にN 年 から(N+35) 年 までの 万 年 カレンダを 内 蔵 します (2) 年 月 日 の 定 機 能 を 有 します (3) 無 電 圧 時 から 印 加 された 時 の 初 期 表 示 は 2005 年 1 月 1 日 とします なお (1)により 以 降 5 年 毎 にN 年 1 月 1 日 とします 2.9 力 率 測 定 用 計 量 時 間 帯 力 率 測 定 用 計 量 時 間 帯 は 8 時 から 22 時 とします 2.10 力 率 計 算 力 率 は 次 式 により 計 算 し 小 数 点 以 下 第 1 位 を 四 捨 五 入 して 整 数 位 のみ 表 示 するもの とします ただし 分 母 は 小 数 点 以 下 6 桁 まで 計 算 し 7 桁 以 降 は 切 捨 てとします P 力 率 = 100 P 2 + Q 2 Q: 無 効 電 力 量 P: ( 注 ) P Q が 負 になった 場 合 P+100,000(=10 5 ) P Q+100,000(=10 5 ) Q と 置 換 えて 力 率 計 算 を 行 います 力 率 100%は FF と 表 示 します 2.11 停 電 補 償 用 電 池 の 節 電 機 能 電 池 の 節 電 機 能 は 次 の 各 項 目 とします (1) 動 作 条 件 商 用 電 源 が 無 電 圧 となり 連 続 して 240 時 間 経 過 した 場 合 に 節 電 機 能 が 動 作 します (2) 節 電 内 容 1LCDの 表 示 消 灯 2 時 計 の 停 止 各 電 力 量 計 の 計 量 指 示 値 は メモリし 節 電 機 能 を 復 帰 させた 場 合 は その 指 示 値 を 表 示 します (3) 復 帰 次 の 場 合 に 節 電 機 能 は 動 作 解 除 となり 復 帰 します 1 商 用 電 源 が 通 電 した 場 合 2 定 / 記 憶 釦 を 押 した 場 合 2.12 定 部 の 機 能 定 部 の 機 能 は 次 のとおりとします なお 商 用 電 源 の 有 無 にかかわらず 機 能 するもの とします (1) 画 面 自 動 表 示 周 期 時 間 現 在 年 月 日 計 量 確 定 日 現 在 時 刻 は 定 / 記 憶 釦 数 字 送 り 釦 を 操 作 することにより 定 修 正 可 能 とします (2) 定 行 為 における 命 令 待 機 時 間 は 最 初 に 定 / 記 憶 釦 を 押 してから 次 に 釦 を 押 すまでの 間 の5 分 間 とし これを 経 過 した 場 合 は 定 入 力 内 容 を 無 効 (キャンセル) にして 元 の 定 内 容 に 戻 るものとします (3) 時 刻 は 定 中 も 通 常 通 り 時 間 を 計 時 し 続 けるものとします なお 定 画 面 にした 時 点 で 画 面 に 表 示 される 現 在 時 刻 については 停 止 状 態 になります 定 は 分 を 定 し 定 / 記 憶 釦 を 押 した 時 点 に 完 了 するものとします 7

10 定 フロー 数 釦 = 数 字 送 り 釦 げ 釦 = 定 / 記 憶 釦 定 画 面 表 示 数 定 解 除 現 在 画 面 の 表 示 時 間 フリッカ 数 表 示 のみで 現 在 画 面 表 示 時 間 の 定 は 未 完 検 針 画 面 の 表 示 時 間 フリッカ 数 表 示 のみで 検 針 画 面 表 示 時 間 の 定 は 未 完 8

11 年 をフリッカ 数 年 +1 加 算 表 示 のみで 年 の 定 は 未 完 月 をフリッカ 数 月 +1 加 算 表 示 のみで 月 の 定 は 未 完 日 をフリッカ 数 日 +1 加 算 表 示 のみで 日 の 自 動 的 に 小 の 月 大 の 月 を 判 断 する 定 は 未 完 定 エラー 有 り 9

12 計 量 確 定 日 をフリッカ 数 計 量 確 定 日 +1 加 算 表 示 のみで 計 量 確 定 日 の 定 は 未 完 時 をフリッカ 数 時 +1 加 算 表 示 のみで 時 刻 の 定 は 未 完 分 をフリッカ 数 分 +1 加 算 表 示 のみで 時 刻 の 定 は 未 完 定 完 了 10

13 2.13 出 力 パルス 出 力 パルスは 次 のとおりとします (1) お 客 さまサービス 用 有 効 電 力 量 パルス 1C1 C2 間 をリード 線 で 短 絡 したとき リード 線 に 流 れる 電 流 は 50,000pulse/ とし パルス 回 路 電 線 着 脱 のいずれの 状 態 にあっても 計 量 部 の 機 能 に 支 障 を 生 じない ものとします 250,000pulse/kWh のパルス 出 力 波 形 は 次 のようになります 1,T T 2 - T 1 :12.6ms 以 上 P I:10mA 以 上 -2 L I:1 10mA 以 下 立 上 がり 立 下 がり: 2ms 以 下 0 I L 図 2 T 1 T 2 I P (2) 検 定 用 パルス 1 計 量 パルス D 端 子 の 下 側 に 出 力 される 計 量 パルスは 1,000 pulse/kws 1,000 pul 無 効 パルスとし フォトカプラを 用 いたオープンコレクタ 方 式 でイヤホンジャック (ステレオタイプ)に 出 力 し 出 力 条 件 は 次 のとおりとします パルス 最 大 印 加 電 0 流 :10mA±5mA I 図 3 OH:30VDC 電 圧 V 1,T T 2 - T 1 :32μs 以 上 V I 0H 0H 立 上 り: 150μs 以 下 I 0 立 下 り: 70μs 以 下 ローレベル 出 力 0L:1.5V 電 圧 V 以 下 ハイレベル 出 OH:0.1mA 力 電 流 I 以 下 2 時 限 パルス D 端 子 の 上 側 に 出 力 される 時 限 パルスは 時 限 表 示 窓 の 00 分 および 30 分 に 同 期 し 1 パ ルスをフォトカプラを 用 いたオープンコレクタ 方 式 でイヤホンジャック(ステレオタ イプ)に 出 力 し その 出 力 条 件 は 次 のとおりとします なお 停 電 状 態 であっても 出 力 するものとします パルス 最 大 印 加 0 電 流 :10mA±5mA I OH:30VDC 電 圧 V 図 4 1,T T 2 -T 1 : 150μs 以 上 V I 0H 0H 立 上 り: 150μs 以 下 I 0 立 下 り: 70μs 以 下 ローレベル 出 力 OL: 電 圧 ハイレベル 出 力 電 流 OH: 1.5V V 以 下 0.1mA I 以 下 0 V 0L 0 V 0L T 2 T 2 T 1 T 1 11

14 3 検 定 用 パルスは 2 系 統 のイヤホンジャック(ステレオタイプ)2 本 とし イヤホン ジャックの 仕 様 および 配 線 接 続 は 次 のとおりとします a. 仕 様 1 穴 内 径 は 3.6mm とします 2その 他 の 規 格 はEIAJ( 日 本 電 子 機 械 工 業 会 )RC6701Aに 準 ずるも のとします b. 配 線 接 続 D22 D12 D02 時 限 コレクタ 側 エミッタ 上 側 D21 無 効 コレクタ 側 ( 遅 れ) D11 有 効 コレクタ 側 下 側 計 量 パルス D01 エミッタ( 共 通 ) ( 有 効 電 力, 遅 れ 無 効 電 力 ) 2.14 潜 動 正 相 順 においても 逆 相 順 においても 潜 動 を 防 止 する 潜 動 防 止 回 路 を 具 備 します 2.15 逆 潮 流 逆 潮 流 電 力 は 計 量 しないものとします さらに 逆 潮 流 時 には 無 効 電 力 量 の 計 量 も 停 止 す るものとします 2.16 停 電 補 償 停 電 補 償 は 次 のとおりとします 停 電 補 償 は 電 池 (1 次 電 池 )で 行 い 電 池 は 一 検 定 期 間 (7 年 間 )の 使 用 状 態 のもとで 次 の 停 電 パターンに 対 して 十 分 補 償 できるものとします 作 業 事 故 停 電 8 日 + 流 通 ロス 連 続 10 日 2 連 続 20 日 2 連 続 30 日 3 安 全 率 1.1 以 上 なお 上 記 の 流 通 ロスには 節 電 効 果 を 加 味 します ( 注 ) 停 電 が 上 記 停 電 累 積 時 間 を 超 えますと 電 池 の 消 耗 により 停 電 補 償 ( 計 量 値 の 保 持 など)が 出 来 なくなる 事 があります 12

15 3. 性 能 各 性 能 の 許 容 限 度 は 表 4のとおりとします 表 4 項 目 試 験 条 件 許 容 限 度 1. 誤 差 の 許 容 限 度 定 格 周 波 数 定 格 電 圧 計 器 の 種 類 力 率 負 荷 電 流 (%) 普 通 電 力 量 計 ( 遅 ) 0.8( 遅 ) ±1.5% 10~120 ±1.0% 10 ±1.5% 20~120 ±1.0% 無 効 電 力 量 計 0 10~120 ±2.5% 0.866( 遅 )20~120 ±2.5% 2. 始 動 電 流 定 格 周 波 数 定 格 電 圧 において 10 秒 間 印 加 計 量 ハ ルスが 2 ハ 計 器 の 種 類 力 率 負 荷 電 流 (%) ス 以 上 発 信 を 継 普 通 電 力 量 計 無 効 電 力 量 計 0.866( 遅 ) 1.0 続 すること 3. 潜 動 無 負 荷 定 格 周 波 数 において 定 格 電 圧 の 90%, 計 量 ハ ルスが 発 生 110%の 電 圧 を 90 秒 間 印 加 しないこと 4. 逆 方 向 電 流 の 影 響 定 格 周 波 数 定 格 電 圧 において 逆 方 向 電 流 を 下 計 量 ハ ルスが 発 生 記 条 件 にて 10 秒 間 印 加 計 器 の 種 類 力 率 負 荷 電 流 (%) 普 通 電 力 量 計 無 効 電 力 量 計 0.866( 遅 ) 自 己 加 熱 の 影 響 1 定 格 周 波 数 で 定 格 電 圧 を 1 時 間 以 上 印 加 後 2 定 格 電 流 印 加 定 格 周 波 数 で 定 格 電 圧 定 格 電 流 同 時 印 加 計 器 の 種 類 力 率 経 過 時 間 ( 分 ) 普 通 電 力 量 計 無 効 電 力 量 計 ( 遅 ) 6. 電 流 特 性 定 格 電 圧 定 格 周 波 数 0~30 しないこと 誤 差 の 変 化 0.5% 以 下 % 以 下 30~ ( 遅 ) 0.3% 以 下 0 ( 遅 ) 0.866( 遅 ) 0~30 1.0% 以 下 0 ( 遅 ) 0.866( 遅 ) 30~ % 以 下 計 器 の 種 類 力 率 負 荷 電 流 (%) 普 通 電 力 量 計 誤 差 の 変 化 1.0 5~ % 以 下 0.5( 遅 ) 10~ % 以 下 無 効 電 力 量 計 0.866( 遅 )10~ % 以 下 13

16 項 目 試 験 条 件 許 容 限 度 7. 不 平 衡 負 荷 の 影 響 定 格 周 波 数 平 衡 定 格 電 圧 ( 正 相, 逆 相 )で 平 衡 負 荷 電 流 に 対 1 素 子 ごとに 負 荷 電 流 を 印 加 する 誤 差 変 化 の 限 計 器 の 種 類 力 率 負 荷 電 流 (%) 度 許 容 限 度 普 通 電 力 量 計 無 効 電 力 量 計 ( 遅 ) % ±2.5 20~ % ± % ±2.5 50~ % ±2 0 ( 遅 ) 8.66~ % ±3.0% 0.866( 遅 )17.32~ 温 度 特 性 定 格 周 波 数 定 格 電 圧 定 格 電 流 10 変 化 するご 計 器 の 種 類 力 率 温 度 ( ) 普 通 電 力 量 計 無 効 電 力 量 計 とに % 以 下 0~30 0.5( 遅 ) 0.5% 以 下 ~0 9. 電 圧 特 性 定 格 周 波 数 で 定 格 電 圧 を±10% 変 化 0.5% 以 下 0.5( 遅 ) 30~70 0.7% 以 下 0 ( 遅 ) 0.866( 遅 ) -25~70 1.0% 以 下 計 器 の 種 類 力 率 負 荷 電 流 (%) 普 通 電 力 量 計 誤 差 の 変 化 1.0 5~ % 以 下 0.5( 遅 ) 10~120 無 効 電 力 量 計 0.866( 遅 )10~ % 以 下 10. 周 波 数 特 性 定 格 電 圧 で 定 格 周 波 数 を±5% 変 化 計 器 の 種 類 力 率 負 荷 電 流 (%) 普 通 電 力 量 計 誤 差 の 変 化 1.0 5~ % 以 下 0.5( 遅 ) 10~ % 以 下 無 効 電 力 量 計 0.866( 遅 )10~ % 以 下 11. 力 率 特 性 無 効 電 力 量 計 で 定 格 電 圧 定 格 周 波 数 定 格 電 流 通 電 時 の 力 率 0( 遅 )と 0.866( 遅 )との 誤 差 2.0% 以 下 の 開 き 12. 外 部 磁 界 の 影 響 計 器 を 磁 化 コイル( 直 径 1m 起 磁 力 100 アンペ 誤 差 の 変 化 アの 円 形 コイル)の 中 心 におき 定 格 電 圧 定 格 周 波 数 および 力 率 1( 電 力 量 計 ) 0( 無 効 電 力 量 計 )のもとで 定 格 電 流 の 10%の 負 荷 電 流 におい て 試 験 1.0% 以 下 13. 波 形 の 影 響 普 通 電 力 量 計 部 を 定 格 周 波 数 定 格 電 圧 で 力 率 誤 差 の 変 化 1の 定 格 電 流 を 通 じて 電 流 に 10%の 第 三 調 波 第 五 調 波 を 含 めて それぞれの 調 波 による 誤 差 の 変 化 を 試 験 (なお 各 素 子 は 単 相 接 続 とします) 0.8% 以 下 14

17 項 目 試 験 条 件 許 容 限 度 14. 皮 相 電 力 損 失 定 格 周 波 数 定 格 電 圧 定 格 電 流 のもとでの 皮 相 電 力 損 失 ( 各 素 子 ごと) 電 圧 回 路 (P1-P2,P3-P2) 0~6.0V 電 流 回 路 (1S-1L,3S-3L) 0~0.2V 15. 絶 縁 抵 抗 次 の 箇 所 を 直 流 電 圧 500V で 試 験 します 1 電 圧 回 路 とベース 間 2 電 流 回 路 とベース 間 3 電 圧 回 路 と 電 流 回 路 間 4 電 流 回 路 相 互 間 20MΩ 以 上 5 電 圧 回 路 と 試 験 サービスパルス 端 子 間 6 電 流 回 路 と 試 験 サービスパルス 端 子 間 7 試 験 サービスパルス 端 子 とベース 間 16. 商 用 周 波 耐 電 圧 絶 縁 抵 抗 の1~4 2kV 1 分 間 耐 えること 17. 雷 インパルス 耐 電 圧 次 に 示 す 方 法 で 雷 インパルス 耐 電 圧 試 験 を 行 い ます (1) 印 加 電 圧 標 準 雷 インパルス 電 圧 波 形 :±1.2 50μs 全 波 電 圧 :7,000V (2) 印 加 方 法 異 常 が 無 いこと 1~4に 示 す 箇 所 に 各 3 回 加 えます 1 1s P1-P2 間 2 P3 3s-P2 間 3 1s P1-P3 3s 間 4 1s P1 P3 3s-P2 ベース 間 18. 最 大 需 要 電 力 計 の 誤 差 (1) 表 示 誤 差 定 格 周 波 数 定 格 電 圧 力 率 負 荷 電 流 (%) ~120 ±3.0% 0.5( 遅 ) 100 ±3.0% (2) 機 構 誤 差 定 格 周 波 数 定 格 電 圧 力 率 負 荷 電 流 (%) ±2.0% 50~120 ±1.0% 15

18 4. 外 形 寸 法 (1) 外 形 図 図 5 単 位 :m (2) 取 付 寸 法 図 図 6 単 位 : ( 注 ) 公 差 の 付 いていない 寸 法 は 標 準 寸 法 とします 質 量 : 約 2.5kg 16

19 5. 端 子 構 造 図 7 表 5 端 子 部 の 寸 法 単 位 :mm 端 子 部 A B C G H ±1 71.5±1 20.0±2 155± 6. 電 線 接 続 図 図 8 17

20 7. 表 示 例 (1) と VCT 組 合 わせる 場 合 18

21 (2) VT,CT と 組 合 わせる 場 合 19

Microsoft Word - SST40202-1501.doc

Microsoft Word - SST40202-1501.doc 電 子 式 水 用 流 量 計 R アクアアイ 仕 様 書 SST40202 15.01 1. 概 要 電 子 式 水 用 流 量 計 は 羽 根 車 式 水 用 流 量 計 の 計 量 部 に 電 子 表 示 計 数 部 を 搭 載 した 水 用 流 量 計 です ユーザが 現 場 で 設 定 を 容 易 に 変 更 ができる ユーザ 設 定 機 能 を 搭 載 し 幅 広 いアプリケーションへの

More information

Microsoft Word - SST10601-1312.DOC

Microsoft Word - SST10601-1312.DOC 電 子 表 示 式 タービン 流 量 計 仕 様 書 SST10601 1.12 1. 概 要 電 子 表 示 式 タービン 流 量 計 は 当 社 でも 実 績 のあるタービン 流 量 計 にマイコン 計 数 部 を 搭 載 することにより 多 機 能 表 示 と 共 に 多 彩 な 出 力 を 兼 ね 備 えた 流 量 計 です 2. 特 長 計 数 部 の 前 面 スイッチ 操 作 で 設 定

More information

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当 四 日 市 港 ポートビル 自 家 用 電 気 工 作 物 保 安 管 理 業 務 仕 様 書 1 目 的 本 仕 様 書 は 委 託 者 ( 以 下 甲 という )が 設 置 した 自 家 用 電 気 工 作 物 の 保 安 管 理 業 務 に 係 わる 委 託 契 約 の 内 容 について 当 該 業 務 のみを 内 容 とし 統 一 的 な 解 釈 及 び 運 用 を 図 るととも に その

More information

PPMC-3 測 定 精 度 1. 電 圧 :± 1% FS ( 注 )FS(フルスパン):200V 2. 電 流 :± 1% FS ( 注 )FS:5A CT 比 (5A(2 次 )CT の 場 合 ) 1A CT 比 (1A(2 次 )CT の 場 合 ) 3. 電 力 :± 1.5% FS (

PPMC-3 測 定 精 度 1. 電 圧 :± 1% FS ( 注 )FS(フルスパン):200V 2. 電 流 :± 1% FS ( 注 )FS:5A CT 比 (5A(2 次 )CT の 場 合 ) 1A CT 比 (1A(2 次 )CT の 場 合 ) 3. 電 力 :± 1.5% FS ( 仕 様 書 交 流 電 力 モニタ(SD カードタイプ) AC POWER MONITOR PPMC-3 交 流 電 力 モニタは, 単 相 または 三 相 の 交 流 電 圧 交 流 電 流 を 測 定 して, 有 効 電 力 無 効 電 力, 積 算 電 力 積 算 無 効 電 力, 周 波 数, 力 率 を 演 算 し, 表 示 と 測 定 データの 保 存 をします 電 圧 は 直 接 または

More information

Microsoft Word - S-98006G_WPD-40-300mm取扱説明(OTK)

Microsoft Word - S-98006G_WPD-40-300mm取扱説明(OTK) S-98006G 流 量 計 器 種 口 径 :WPD- 40~ 300 ( 水 道 用 ) WPD-40H~300H( 温 水 用 ) 取 扱 説 明 書 大 豊 機 工 株 式 会 社 目 次 1. 概 要... 3 2. 使 用 条 件... 3 3. 各 部 の 名 称... 4 4. 標 準 配 管 要 領... 4,5 5. 設 置 環 境... 5 6. 保 管 上 の 注 意...

More information

T8200UD

T8200UD T8200UD 共 振 周 波 数 検 査 機 製 品 仕 様 書 Ver.1.04 平 成 25 年 08 月 20 日 第 1.04 版 販 売 元 株 式 会 社 テ ス ト ラ ム 製 造 元 株 式 会 社 V-SAT 年 月 日 版 作 成 者 説 明 2012 年 10 月 19 日 1.0 宮 田 新 規 作 成 2012 年 12 月 12 日 1.01 宮 田 機 能 仕 様 追

More information

水道用ゴム輪形硬質ポリ塩化ビニル管 検査施行要項(案) 対比表

水道用ゴム輪形硬質ポリ塩化ビニル管 検査施行要項(案) 対比表 水 道 用 ポリエチレン 被 覆 方 法 検 査 施 行 要 項 対 比 表 改 正 前 改 正 後 備 考 日 本 水 道 協 会 水 道 用 ポリエチレン 被 覆 方 法 検 査 施 行 要 項 平 成 12 年 3 月 31 日 制 定 平 成 19 年 12 月 6 日 改 正 日 本 水 道 協 会 水 道 用 ポリエチレン 被 覆 方 法 検 査 施 行 要 項 平 成 12 年 3 月

More information

調達要求番号:

調達要求番号: 仕 様 書 番 号 GLT-CG-Z500002F 作 成 平 成 19 年 3 月 30 日 変 更 平 成 27 年 4 月 1 日 補 給 統 制 本 部 陸 上 自 衛 隊 一 般 外 注 整 備 共 通 仕 様 書 陸 上 自 衛 隊 一 般 外 注 整 備 共 通 仕 様 書 目 次 1 総 則 1 1.1 適 用 範 囲 1 1.2 用 語 及 び 定 義 1 1.3 引 用 文 書

More information

Microsoft PowerPoint - JSIA講習会スイッチギヤ2011-07-19.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - JSIA講習会スイッチギヤ2011-07-19.ppt [互換モード] 社 団 法 人 日 本 配 電 制 御 システム 工 業 会 / 一 般 社 団 法 人 日 本 電 機 工 業 会 技 術 交 流 会 JEM 1425 ( 金 属 閉 鎖 形 スイッチギヤ 及 びコントロールギヤ ) 第 4 回 (2011 年 版 ) 改 正 のポイント 一 般 社 団 法 人 日 本 電 機 工 業 会 スイッチギヤ 技 術 専 門 委 員 会 東 京 ( 蜂 須 賀 清 )

More information

1 2

1 2 1 2 仕 様 備 考 規 JEM1225-2007 及 び 最 小 外 形 寸 法 W700 H23 D1300mm 700 /23 / 1300 保 守 スペース 前 面 10 背 面 600(mm) 注 1 最 大 段 積 み 数 5 段 3.3 / 6.6kV 共 通 使 用 圧 (kv) 3.3 / 6.6 雷 インパルス( 標 準 波 形 ) 大 地 間 相 間 60 耐 圧 (kv)

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 商 仕 様 書 1 本 仕 様 書 適 用 一 覧 表 1. 型 式 商 WK4603Q WK4603W WK4603B 1-1 定 格 15 A 125 V 1-2 適 合 法 規 電 気 用 安 法 ( 特 定 電 気 用 ) 1-3 適 合 規 格 JIS C 8303 配 線 用 差 込 接 続 器 に 適 合 1-4 極 数 及 び 極 配 置 2 極 ( 接 地 極 付 ) 1-5 結

More information

第7 非常用の昇降機(エレベーター)

第7 非常用の昇降機(エレベーター) 第 7 非 常 用 の 昇 降 機 (エレベーター) 1 設 置 対 象 ( 建 基 法 第 34 条, 建 基 令 第 129 条 の 13 の2) (1) 高 さ 31mをこえる 建 築 物 で, 次 のいずれかに 該 当 するものを 除 く 1 高 さ 31mをこえる 部 分 を 階 段 室, 昇 降 機 その 他 の 建 築 設 備 の 機 械 室, 装 飾 塔, 物 見 塔, 屋 窓 その

More information

DT-03取扱説明書

DT-03取扱説明書 はじめに 壁 掛 / 卓 上 型 温 度 調 節 計 デジサーモ DT-03 取 扱 説 明 書 この 度 は 東 邦 電 子 製 品 デジサーモ(DT-03)をご 購 入 頂 きまして 誠 にありがとうございます 本 製 品 をご 使 用 になる 前 に 本 書 を 良 くお 読 み 頂 き 内 容 をご 理 解 した 上 で ご 使 用 をお 願 い 致 します 尚 本 書 は 大 切 に 保

More information

Microsoft Word - s-17-yatukan

Microsoft Word - s-17-yatukan 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 会 社 は, 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 保 険 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 保 険 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行

More information

Microsoft Word - h4ki26.htm

Microsoft Word - h4ki26.htm 消 防 危 第 26 号 平 成 4 年 3 月 25 日 各 都 道 府 県 消 防 主 管 部 長 殿 消 防 庁 危 険 物 規 制 課 長 内 燃 機 関 を 原 動 機 とする 加 圧 送 水 装 置 の 構 造 及 び 性 能 の 基 準 について( 通 知 ) 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 第 20 条 の 規 定 に 基 づき 製 造 所 等 に 設 ける 消 火 設

More information

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 組 合 は 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 共 済 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行 によって 他 人

More information

<4D F736F F D D38F8A92F990B A DC58F4994C5817A8EA58B DB88EC08E7B977697CC816988C4816A2E646F63>

<4D F736F F D D38F8A92F990B A DC58F4994C5817A8EA58B DB88EC08E7B977697CC816988C4816A2E646F63> 磁 気 探 査 実 施 要 領 ( 案 ) 平 成 24 年 10 月 沖 縄 総 合 事 務 局 開 発 建 設 部 目 次 1 総 則 1 1-1 目 的 1 1-2 適 用 範 囲 1 1-3 用 語 の 定 義 1 1-3-1 磁 気 探 査 1 1-3-2 不 発 弾 不 発 弾 等 1 1-3-3 不 発 弾 貫 入 深 度 1 1-3-4 磁 気 量 2 2 探 査 計 画 3 2-1

More information

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 第 20 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1) この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します (2) この 申 告 書 は 千

More information

アレスタの 電 気 的 特 性 劣 化 により 損 傷 し 貫 通 導 体 間 で 短 絡 に 至 ったと 推 定 モールドケースの 経 年 的 絶 縁 劣 化 により 取 付 け 板 を 介 し 短 絡 に 至 ったと 推 定 配 線 用 遮 断 器 油 入 変 圧 器 絶 縁 物 の 経 年 的

アレスタの 電 気 的 特 性 劣 化 により 損 傷 し 貫 通 導 体 間 で 短 絡 に 至 ったと 推 定 モールドケースの 経 年 的 絶 縁 劣 化 により 取 付 け 板 を 介 し 短 絡 に 至 ったと 推 定 配 線 用 遮 断 器 油 入 変 圧 器 絶 縁 物 の 経 年 的 日 立 受 配 電 機 器 リニューアルの ご 提 案 アレスタの 電 気 的 特 性 劣 化 により 損 傷 し 貫 通 導 体 間 で 短 絡 に 至 ったと 推 定 モールドケースの 経 年 的 絶 縁 劣 化 により 取 付 け 板 を 介 し 短 絡 に 至 ったと 推 定 配 線 用 遮 断 器 油 入 変 圧 器 絶 縁 物 の 経 年 的 熱 劣 化 により 電 磁 機 械 力 に

More information

(3) 操 作 設 定 最 大 64 台 のエアコン 又 は16グループまでの 操 作 設 定 を 個 別 グループ 単 位 一 括 で 実 施 します 項 目 内 容 1 運 転 / 停 止 運 転 又 は 停 止 操 作 を 行 う 2 運 転 モード 冷 房 暖 房 除 湿 送 風 自 動 (

(3) 操 作 設 定 最 大 64 台 のエアコン 又 は16グループまでの 操 作 設 定 を 個 別 グループ 単 位 一 括 で 実 施 します 項 目 内 容 1 運 転 / 停 止 運 転 又 は 停 止 操 作 を 行 う 2 運 転 モード 冷 房 暖 房 除 湿 送 風 自 動 ( (1) 入 力 出 力 センターコンソール スーパーリンク 対 応 室 内 機 ( 1) 使 用 時 周 囲 温 度 0~40 電 源 消 費 電 力 外 形 寸 法 ( 高 さ X 幅 X 奥 行 ) 質 量 室 内 ユニット 最 大 接 続 台 数 外 部 タイマー 入 力 3 緊 急 停 止 信 号 入 力 3 デマンド 信 号 入 力 3 一 括 運 転 出 力 4 一 括 異 常 出 力

More information

第 1 節 実 験 装 置 設 備 の 確 認 1.1 実 験 装 置 本 実 験 では 業 務 用 ガスコンロ(FUJIMAK 製 ガスローレンジ PGTL6-75A 14kw) 業 務 用 IH クッキングヒーター(FUJIMAK 製 電 磁 ローレンジ FICL5A 5kw) および IH 対

第 1 節 実 験 装 置 設 備 の 確 認 1.1 実 験 装 置 本 実 験 では 業 務 用 ガスコンロ(FUJIMAK 製 ガスローレンジ PGTL6-75A 14kw) 業 務 用 IH クッキングヒーター(FUJIMAK 製 電 磁 ローレンジ FICL5A 5kw) および IH 対 第 二 章 IH 加 熱 時 の 伝 熱 特 性 調 理 は 単 に 食 材 を 加 熱 するだけではなく 食 材 出 来 上 がりのこげ 加 減 など 視 覚 的 に 食 欲 を 促 進 させるためには 加 熱 性 能 も 重 要 な 要 素 になる IH とガス 加 熱 で 調 理 した 場 合 に 味 が 変 わると 言 われているが IH とガス 加 熱 で 直 接 味 に 影 響 す ることは

More information

個人向け国債の事務取扱いに関する細則

個人向け国債の事務取扱いに関する細則 個 人 向 け 国 債 の 事 務 取 扱 いに 関 する 細 則 目 次 1.この 細 則 の 適 用 2. 用 語 の 定 義 3. 募 集 に 関 する 事 務 4. 払 込 等 に 関 する 事 務 5. 中 途 換 金 に 関 する 事 務 6. 手 数 料 に 関 する 事 務 7. 振 替 先 口 座 の 確 認 8. 所 要 事 項 の 決 定 等 9. 雑 則 [ 参 考 1] 計

More information

<817995CA955C8250817A8A658EBA82CC97768B8190858F8081408BA492CA8E968D808145967D97E1303732382E786C73>

<817995CA955C8250817A8A658EBA82CC97768B8190858F8081408BA492CA8E968D808145967D97E1303732382E786C73> なお 別 表 2-1 ~ 別 表 2-5 の - は 各 に 該 当 しない 場 合 を 示 す (1/6) A. 事 項 各 室 の 基 本 的 諸 条 件 を 示 す (a) 室 規 模 表 記 の 程 度 を 目 標 として 計 画 する 但 し 特 記 無 き 場 合 で 室 の 機 能 上 問 題 が 無 け れば 若 干 の 増 減 は 構 わない (1) 室 面 積 床 m2 付 属

More information

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 新 規 社 ( 社 名 ) 除 外 社 ( 社 名 ) (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 新 規 社 ( 社 名 ) 除 外 社 ( 社 名 ) (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 平 成 22 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 平 成 21 年 8 月 11 日 上 場 会 社 名 サンエツ 金 属 株 式 会 社 上 場 取 引 所 名 コード 番 号 5757 URL http://www.sanetu.co.jp 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 釣 谷 宏 行 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

船舶電気装備工事関係法令・規則集(無線)

船舶電気装備工事関係法令・規則集(無線) 平 成 27 年 度 船 舶 電 装 士 検 定 試 験 問 題 標 準 解 答 - 電 気 工 学 の 基 礎 編 - 問 1. 下 の 文 は 半 導 体 について 述 べた 文 章 である 語 句 を 選 び 記 入 せよ (3 点 ) の 部 分 に 下 記 の 用 語 より 適 切 な 半 導 体 は 通 常 の 状 態 では 導 体 と 不 導 体 との 中 間 的 な 電 気 抵 抗

More information

原 資 保 証 型 変 額 個 人 保 険 普 通 保 険 款 ( 平 成 20 4 月 1 日 改 正 ) (この 保 険 の 概 要 ) この 保 険 は 支 払 開 始 日 の 前 日 までの 特 別 勘 定 の 運 用 実 績 により 増 減 する 積 立 額 または 基 本 保 険 額 に

原 資 保 証 型 変 額 個 人 保 険 普 通 保 険 款 ( 平 成 20 4 月 1 日 改 正 ) (この 保 険 の 概 要 ) この 保 険 は 支 払 開 始 日 の 前 日 までの 特 別 勘 定 の 運 用 実 績 により 増 減 する 積 立 額 または 基 本 保 険 額 に 原 資 保 証 型 変 額 個 人 保 険 普 通 保 険 款 目 次 この 保 険 の 概 要 1. 特 別 勘 定 および 積 立 第 1 条 特 別 勘 定 第 2 条 特 別 勘 定 群 および 特 別 勘 定 群 に 含 まれる 特 別 勘 定 の 種 類 第 3 条 特 別 勘 定 の 指 定 第 4 条 積 立 第 5 条 特 別 勘 定 の 廃 止 に 伴 う 積 立 の 移 転 9.

More information

d_meterrelay_catalog.pdf

d_meterrelay_catalog.pdf デ ィ ジ ル メ リ レ 直 流 電 圧 計 電 流 計 受 信 計 特 長 高 輝 度 大 形 オリジナルLED 採 用 比 較 判 定 状 態 が 一 目 でわかる2 色 発 光 複 数 の 情 報 を 表 示 するサブ 表 示 LED 付 よく 使 う 設 定 項 目 を 優 先 グルプ 化 上 下 限 判 定 ゾン 判 定 が 出 来 る4 点 比 較 判 定 出 力 付 スケリング 平

More information

第 5 章 配 管 工 事 第 節 配 管 基 準 事 1 給 水 管 及 給 水 用 具 最 終 水 機 構 流 出 側 設 置 給 水 用 具 耐 圧 性 能 有 用 い 省 第 条 第 2 減 圧 弁 逃 弁 逆 弁 空 気 弁 及 電 磁 弁 耐 久 性 能 有 用 い 省 第 条 3 家 屋 主 配 管 配 管 経 路 い 構 物 通 過 避 等 漏 水 時 修 理 容 易 行 う う

More information

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 8 号 最 終 改 正 平 成 26 年 9 月 24 日 規 則 第 30 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 55 条 国

More information

八幡公民館警備初期設定業務委託仕様書

八幡公民館警備初期設定業務委託仕様書 老 蘇 コミュニティセンターエレベータ 保 守 点 検 業 務 委 託 仕 様 書 1. 委 託 事 業 名 老 蘇 コミュニティセンターエレベータ 保 守 点 検 業 務 委 託 2. 委 託 期 間 契 約 締 結 日 ( 平 成 27 年 1 月 1 日 )から 平 成 29 年 12 月 31 日 3. 場 所 近 江 八 幡 市 安 土 町 東 老 蘇 4. 委 託 料 支 払 毎 月 末

More information

第 4 条 ( 加 盟 店 の 遵 守 事 項 ) 加 盟 店 は 次 に 掲 げる 事 項 について 遵 守 するものとします (1) 加 盟 店 サイト 上 に 当 社 が 定 める 加 盟 店 マークの 表 示 ガイドライン に 従 い 加 盟 店 マークを 表 示 するものとします (2)

第 4 条 ( 加 盟 店 の 遵 守 事 項 ) 加 盟 店 は 次 に 掲 げる 事 項 について 遵 守 するものとします (1) 加 盟 店 サイト 上 に 当 社 が 定 める 加 盟 店 マークの 表 示 ガイドライン に 従 い 加 盟 店 マークを 表 示 するものとします (2) WebMoney 加 盟 店 規 約 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 約 は 株 式 会 社 ウェブマネー( 以 下 当 社 という)と WebMoney 加 盟 店 契 約 ( 以 下 加 盟 店 契 約 という)を 締 結 した 加 盟 店 との 契 約 関 係 について 定 めることを 目 的 とします 第 2 条 ( 定 義 ) 本 規 約 において 次 の 用 語 は 以 下 に 規

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

Microsoft Word - ZCT_60-14.doc

Microsoft Word - ZCT_60-14.doc 零 相 変 流 器 JIS 4601 高 圧 地 絡 継 電 装 置 規 格 準 拠 品 JIS 8374 漏 電 継 電 器 規 格 準 拠 品 JIS 4609 地 絡 方 向 継 電 装 置 規 格 準 拠 品 シリーズ 60-14 2011/06/28 1/12 光 商 工 株 式 会 社 1 特 長 (1) 低 圧 高 圧 用 と 機 種 を 豊 富 に 揃 えましたので 用 途 に 応

More information

(1) 船 舶 の 堪 航 能 力 が 不 十 分 であるとき (2) 天 候 本 船 の 状 態 積 荷 の 種 類 又 は 水 路 等 の 状 況 に 照 らし 運 航 に 危 険 のおそれがあるとき (3) 水 先 船 の 航 行 に 危 険 のおそれがあるとき (4) 水 先 人 の 乗 下

(1) 船 舶 の 堪 航 能 力 が 不 十 分 であるとき (2) 天 候 本 船 の 状 態 積 荷 の 種 類 又 は 水 路 等 の 状 況 に 照 らし 運 航 に 危 険 のおそれがあるとき (3) 水 先 船 の 航 行 に 危 険 のおそれがあるとき (4) 水 先 人 の 乗 下 内 海 水 先 区 水 先 約 款 第 1 章 総 則 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 ) ( 本 約 款 の 適 用 ) 第 1 条 水 先 人 の 締 結 する 水 先 に 関 する 契 約 については この 約 款 の 定 めると ころによる 2 この 約 款 に 定 めていない 事 項 については 法 令 及 び 慣 習 による ( 水 先 人 の 地 位 ) 第 2 条 水 先 人

More information

株式会社WOWOW有料放送サービス約款「IPTV同時再送信用」

株式会社WOWOW有料放送サービス約款「IPTV同時再送信用」 株 式 会 社 WOWOW 有 料 放 送 サービス 約 款 IPTV 同 時 再 送 信 用 第 1 章 総 則 ( 約 款 の 適 用 ) 第 1 条 当 社 は この 有 料 基 幹 放 送 契 約 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます )を 定 め これにより 衛 星 デ ジタル 有 料 放 送 サービスを 提 供 します ( 約 款 の 変 更 ) 第 2 条 当 社 は 本 約 款

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20935F8C9F8D8096DA955C8E8681699492946E816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20935F8C9F8D8096DA955C8E8681699492946E816A> 電 気 設 備 保 守 点 検 項 目 表 白 馬 長 野 ( 別 紙 1) 項 目 (1) 受 変 電 設 備 白 馬 長 野 有 料 道 路 電 気 設 備 保 守 点 検 管 理 業 務 施 設 の 点 検 項 目 設 備 名 点 検 機 能 検 査 及 び 調 整 項 目 作 業 方 法 受 変 電 設 備 1. 盤 面 状 態 ランプの 不 点 清 掃 不 点 ランプの 交 換 ( 電 気

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

1. 東 京 手 形 交 換 所 規 則 ( 総 会 決 議 昭 和 46.4.27) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 6 号

1. 東 京 手 形 交 換 所 規 則 ( 総 会 決 議 昭 和 46.4.27) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 6 号 東 京 手 形 交 換 所 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 参 加 銀 行 第 1 節 参 加 および 脱 退 ( 第 5 条 第 15 条 ) 第 2 節 加 入 金 および 経 費 分 担 金 ( 第 16 条 第 19 条 ) 第 3 節 保 証 金 ( 第 20 条 第 21 条 ) 第 3 章 手 形 交 換 第 1 節 総 則 ( 第 22

More information

1. 安 全 に 関 するご 注 意 この 製 品 は 産 業 機 器 に 使 用 する 電 子 除 湿 器 です 本 来 の 目 的 以 外 では 絶 対 に 使 用 しないでください ご 使 用 になる 前 に 安 全 に 関 するご 注 意 をよくお 読 みの 上 正 しくお 使 いください

1. 安 全 に 関 するご 注 意 この 製 品 は 産 業 機 器 に 使 用 する 電 子 除 湿 器 です 本 来 の 目 的 以 外 では 絶 対 に 使 用 しないでください ご 使 用 になる 前 に 安 全 に 関 するご 注 意 をよくお 読 みの 上 正 しくお 使 いください ( 電 子 除 湿 器 ) ODE-F110-AW ODE-F122-AW ODE-N103-AW ODE-N105-AW 取 扱 説 明 書 ご 使 用 になる 前 に 必 ずこの 取 扱 説 明 書 をよくお 読 みください いつも 側 に 置 いてお 使 いください 目 次 1. 安 全 に 関 するご 注 意 2 2. 各 部 の 名 称 3 3. 取 付 方 法 4 4. 配 線 6 5.

More information

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という )

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という ) 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 3 日 平 成 21 年 6 月 23 日 平 成 22 年 3 月 19 日 平 成 22 年 11 月 30 日 平 成 23 年 3 月 29 日 平 成 24 年 3 月 30 日 平 成 26 年 12 月

More information

目 次 1. 託 送 供 給 等 約 款 の 認 可 申 請 について P2 2. 料 金 原 価 算 定 の 概 要 主 な 前 提 諸 元 P4 物 価 上 昇 率 の 織 込 P5 申 請 原 価 の 内 訳 P6 電 圧 別 原 価 単 価 P7 経 営 効 率 化 の 内 訳 P8 3.

目 次 1. 託 送 供 給 等 約 款 の 認 可 申 請 について P2 2. 料 金 原 価 算 定 の 概 要 主 な 前 提 諸 元 P4 物 価 上 昇 率 の 織 込 P5 申 請 原 価 の 内 訳 P6 電 圧 別 原 価 単 価 P7 経 営 効 率 化 の 内 訳 P8 3. 資 料 4 託 送 供 給 等 約 款 申 請 の 概 要 平 成 2 7 年 9 月 4 日 北 陸 電 力 株 式 会 社 目 次 1. 託 送 供 給 等 約 款 の 認 可 申 請 について P2 2. 料 金 原 価 算 定 の 概 要 主 な 前 提 諸 元 P4 物 価 上 昇 率 の 織 込 P5 申 請 原 価 の 内 訳 P6 電 圧 別 原 価 単 価 P7 経 営 効 率 化

More information

document

document ( 別 添 ) 認 定 番 号 防 火 設 備 EB-9102 仕 様 の 概 要 認 定 年 月 日 平 成 14 年 2 月 1 日 ( 構 造 材 料 等 の 説 明 ) 防 火 性 能 の 区 分 防 火 設 備 品 目 名 アルミニウム 合 金 製 引 き 窓 申 請 者 名 社 団 法 人 カーテンウォール 防 火 開 口 部 協 会 所 在 地 電 話 番 号 東 京 都 港 区 南

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D528BDB89C18D48834E838A815B83938BF392B283568358836583802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D528BDB89C18D48834E838A815B83938BF392B283568358836583802E646F63> 抗 菌 加 工 クリーン 空 調 システム 新 晃 工 業 ( 株 ) 技 術 本 部 朝 田 満 1.はじめに MRSA(メチシリン 耐 性 黄 色 ブドウ 球 菌 )やレジオネラ 菌 などによる 院 内 感 染 O-157 や 大 腸 菌 などによる 集 団 食 中 毒 など ウィルス 細 菌 による 被 害 を 最 小 限 に 抑 えるため 徹 底 した 抗 菌 対 策 が 望 まれています

More information

旧 納 税 地 及 び 旧 法 人 名 等 当 期 中 に 納 税 地 若 しくは 法 人 名 に 異 動 があった 場 合 又 は 合 併 法 人 が 被 合 併 法 人 の 最 後 事 業 年 度 の 申 告 をする 場 合 には 旧 納 税 地 又 は 旧 法 人 名 ( 被 合 併 法 人

旧 納 税 地 及 び 旧 法 人 名 等 当 期 中 に 納 税 地 若 しくは 法 人 名 に 異 動 があった 場 合 又 は 合 併 法 人 が 被 合 併 法 人 の 最 後 事 業 年 度 の 申 告 をする 場 合 には 旧 納 税 地 又 は 旧 法 人 名 ( 被 合 併 法 人 2 各 表 の 記 載 の 仕 方 別 表 一 ( 一 ) 普 通 法 人 ( 特 定 の 医 療 法 人 を 除 く ) 一 般 社 団 法 人 等 及 び 人 格 のない 社 団 等 の 分 の 申 告 書 1 この 表 の 用 途 この 表 は 普 通 法 人 一 般 社 団 法 人 等 ( 法 別 表 第 二 に 掲 げる 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 並 びに 公

More information

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63>

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63> 指 定 管 理 業 務 マニュアル 平 成 22 年 10 月 栗 山 町 1. 目 的 本 マニュアルは 指 定 管 理 者 制 度 の 運 用 における 町 の 考 え 方 や 事 務 処 理 等 について 町 と 指 定 管 理 者 で 締 結 する 協 定 の 内 容 に 沿 って 整 理 したもので 指 定 管 理 者 が 指 定 管 理 業 務 を 実 施 するに 当 たり 理 解 することによって

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

2 避 難 安 全 検 証 法 適 用 無 階 避 難 安 全 検 証 ( 階 ) 全 館 避 難 安 全 検 証 避 難 安 全 検 証 法 により 適 用 しない 規 定 種 類 エレベーター( 基 ) エスカレーター( 基 ) [ ( 基 )] 確 認 年 月 日 確 認 番 号 年 月 日

2 避 難 安 全 検 証 法 適 用 無 階 避 難 安 全 検 証 ( 階 ) 全 館 避 難 安 全 検 証 避 難 安 全 検 証 法 により 適 用 しない 規 定 種 類 エレベーター( 基 ) エスカレーター( 基 ) [ ( 基 )] 確 認 年 月 日 確 認 番 号 年 月 日 別 記 様 式 1-11 給 排 水 区 分 概 要 給 水 源 水 道 水 井 水 排 水 再 利 用 水 ( ) 給 水 方 式 直 結 方 式 直 結 増 圧 方 式 受 水 タンク 方 式 ( 受 水 タンク 高 置 タンク) 受 水 タンク 置 場 所 地 下 室 内 (B F) 地 上 階 室 内 ( F) 屋 外 排 水 方 法 公 共 下 水 道 合 併 処 理 浄 化 槽 ( 放

More information

側 方 2, 裏 ), 38 正 面 路 線 ( 路 線 価 NO, 路 線 価 下 落 率 第 1 年 度 1, 路 線 価 下 落 率 第 2 年 度 1, 路 線 価 下 落 率 第 3 年 度 1, 正 面 非 道 路 サイン, 現 基 準 年 度 路 線 価, 奥 行 率, 補 正 1,

側 方 2, 裏 ), 38 正 面 路 線 ( 路 線 価 NO, 路 線 価 下 落 率 第 1 年 度 1, 路 線 価 下 落 率 第 2 年 度 1, 路 線 価 下 落 率 第 3 年 度 1, 正 面 非 道 路 サイン, 現 基 準 年 度 路 線 価, 奥 行 率, 補 正 1, ( 別 添 2) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 宛 名 情 報 1 レコードキー, 2 宛 名 番 号, 3 履 歴 番 号, 4 個 人 法 人 区 分, 5 宛 名 種 別, 6 住 所 コード, 7 市 外 識 別 サイン, 8 市 町 村 コード, 9 住 所 文 字 数, 10 住 所, 11 方 書, 12 個 人 法 人 名, 13 個 人 本 名, 14 個 人

More information

9 期 末 現 在 の 資 本 金 の 額 又 は 出 資 金 の 額 ( 解 散 日 現 在 の 期 末 ( 中 間 申 告 の 場 合 にあっては その 計 算 期 間 の 末 日 ) 現 在 又 は 解 散 日 現 在 における 資 本 金 の 額 又 は 出 資 金 の 額 を 記 載 しま

9 期 末 現 在 の 資 本 金 の 額 又 は 出 資 金 の 額 ( 解 散 日 現 在 の 期 末 ( 中 間 申 告 の 場 合 にあっては その 計 算 期 間 の 末 日 ) 現 在 又 は 解 散 日 現 在 における 資 本 金 の 額 又 は 出 資 金 の 額 を 記 載 しま 第 6 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1) この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 び これらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します なお 事 業 税 及 び 地 方

More information

6 呼 水 装 置 2 台 7 常 用 電 源 2 式 8 配 線 点 検 及 び 絶 縁 測 定 2 式 9 放 水 試 験 2 式 (5) 連 結 送 水 管 設 備 1 送 水 口 1 基 2 放 水 口 3 基 (6) 消 火 器 具 1 粉 末 消 火 器 ( 加 圧 式 4 型 ) 外

6 呼 水 装 置 2 台 7 常 用 電 源 2 式 8 配 線 点 検 及 び 絶 縁 測 定 2 式 9 放 水 試 験 2 式 (5) 連 結 送 水 管 設 備 1 送 水 口 1 基 2 放 水 口 3 基 (6) 消 火 器 具 1 粉 末 消 火 器 ( 加 圧 式 4 型 ) 外 ( 別 紙 4) 消 防 用 設 備 の 点 検 等 及 び 保 守 業 務 1 機 器 一 覧 (1) 自 動 火 災 報 知 設 備 一 式 1 受 信 機 R 型 250 回 線 1 台 2 表 示 機 2 台 3 中 継 器 10 個 4 煙 感 知 器 (アナログ 式 ) 148 個 5 熱 感 知 機 (アナログ 式 ) 72 個 6 スポット 型 感 知 器 ( 差 動 式 補 償 式

More information

定   款

定   款 定 款 損 害 保 険 契 約 者 保 護 機 構 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 保 険 契 約 者 保 護 機 構 ( 以 下 本 機 構 という )は 保 険 業 法 ( 平 成 7 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )の 定 めるところにより 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会

More information

< F2D E31322E313889FC90B3817A926E88E68CF68BA4>

< F2D E31322E313889FC90B3817A926E88E68CF68BA4> 改 正 国 自 旅 第 161 号 平 成 18 年 9 月 15 日 平 成 21 年 12 月 18 日 各 地 方 運 輸 局 長 沖 縄 総 合 事 務 局 長 殿 殿 自 動 車 交 通 局 長 地 域 公 共 交 通 会 議 に 関 する 国 土 交 通 省 としての 考 え 方 について 今 般 の 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法

More information

第 6 条 ( 利 用 停 止 ) 1. 当 組 合 は 会 員 が 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 場 合 には 何 ら 責 任 を 負 うことなく 当 該 会 員 による 本 サービスの 利 用 を 停 止 することがあります 1 会 員 契 約 の 申 込 時 もしくは 変 更 の

第 6 条 ( 利 用 停 止 ) 1. 当 組 合 は 会 員 が 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 場 合 には 何 ら 責 任 を 負 うことなく 当 該 会 員 による 本 サービスの 利 用 を 停 止 することがあります 1 会 員 契 約 の 申 込 時 もしくは 変 更 の サンロード 青 森 Web 会 員 規 約 第 1 条 ( 本 規 約 の 目 的 ) 1.この 規 約 は 協 同 組 合 サンロード 青 森 ( 以 下 当 組 合 と 称 します)の 運 営 する website( 以 下 ウェブサイト と 称 します)を 利 用 する Web 会 員 ( 以 下 会 員 と 称 します)へ 提 供 す るサービス( 以 下 本 サービス と 称 します)の

More information

大規模特殊災害時における広域航空消防応援実施細目

大規模特殊災害時における広域航空消防応援実施細目 9 大 規 模 特 殊 災 害 時 における 広 域 航 空 消 防 応 援 実 施 細 目 昭 和 61 年 5 月 30 日 消 防 救 第 61 号 改 正 平 成 4 年 3 月 23 日 消 防 救 第 39 号 改 正 平 成 5 年 3 月 26 日 消 防 救 第 36 号 改 正 平 成 5 年 5 月 14 日 消 防 救 第 66 号 改 正 平 成 6 年 4 月 1 日 消

More information

Microsoft Word - (28.7)騒音・振動.doc

Microsoft Word - (28.7)騒音・振動.doc 騒 音 振 動 関 係 法 令 の 概 要 H28.7 ( 工 場 事 業 場 の 規 制 基 準 ) 騒 音 規 制 法 p1~p5 振 動 規 制 法 p6~p7 特 定 工 場 における 公 害 防 止 組 織 の 整 備 に 関 する 法 律 p8~p9 福 岡 県 公 害 防 止 等 生 活 環 境 の 保 全 に 関 する 条 例 p10~p11 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 p12

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定 1.( 総 合 口 座 取 引 ) (1) 次 の 各 号 の 取 引 は 三 井 住 友 信 託 の 総 合 口 座 として 利 用 すること( 以 下 この 取 引 といいます )ができます 1 普 通 預 金 2 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M 型 ) 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M 型 ) 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 自 由 金 利

More information

01

01 業 務 契 約 書 ( 案 ) 1 業 務 名 国 有 財 産 分 筆 測 量 業 務 ( 釧 路 市 千 歳 町 ほか) 2 業 務 場 所 釧 路 市 千 歳 町 58-1 58-8 川 上 郡 弟 子 屈 町 泉 1 丁 目 51 3 履 行 期 間 平 成 28 年 月 日 から ( 契 約 締 結 の 翌 日 から) 平 成 28 年 3 月 16 日 まで 4 契 約 金 額 円 (うち

More information

Microsoft Word - ZVT01-M-001.doc

Microsoft Word - ZVT01-M-001.doc 計 器 用 変 成 器 カタログ ( 地 絡 継 電 器 用 ) 長 谷 川 電 機 工 業 株 式 会 社 安 全 上 のご 注 意 安 全 に 関 する 注 意 制 御 電 源 を 入 れたままでの 配 線 は しないでください 活 線 での 作 業 は 火 災 感 電 機 器 の 故 障 の 原 因 となります 端 子 ネジの 緩 み 過 度 の 締 め 付 け 締 め 忘 れは 火 災 感

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

点 検 等 維 持 管 理 業 務 一 覧 業 務 名 業 務 の 概 要 ( 詳 細 は 仕 様 書 のとおり) 1 清 掃 業 務 艇 庫 等 の 日 常 清 掃 定 期 清 掃 特 別 清 掃 2 機 械 警 備 業 務 開 場 時 間 外 の 防 犯 火 災 設 備 監 視 駐 車 場 自

点 検 等 維 持 管 理 業 務 一 覧 業 務 名 業 務 の 概 要 ( 詳 細 は 仕 様 書 のとおり) 1 清 掃 業 務 艇 庫 等 の 日 常 清 掃 定 期 清 掃 特 別 清 掃 2 機 械 警 備 業 務 開 場 時 間 外 の 防 犯 火 災 設 備 監 視 駐 車 場 自 滋 賀 県 立 柳 が 崎 ヨットハーバー 現 行 の 仕 様 書 平 成 27 年 9 月 滋 賀 県 教 育 委 員 会 事 務 局 スポーツ 健 康 課 点 検 等 維 持 管 理 業 務 一 覧 業 務 名 業 務 の 概 要 ( 詳 細 は 仕 様 書 のとおり) 1 清 掃 業 務 艇 庫 等 の 日 常 清 掃 定 期 清 掃 特 別 清 掃 2 機 械 警 備 業 務 開 場 時 間

More information

002363-016第6号様式記載の手引.indd

002363-016第6号様式記載の手引.indd 第 6 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1)この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 び これらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します なお 事 業 税 及 び 地 方 法

More information

Microsoft Word - MA R0-D5034A取説.doc

Microsoft Word - MA R0-D5034A取説.doc レ ベ ル モ ニ タ MODEL DLS-5034A 取 扱 説 明 書 東 洋 測 器 株 式 会 社 本 社 横 浜 市 港 北 区 新 羽 町 964 番 24 TEL 045-540-8353 FAX 045-544-8354 MA4-00136(2008/04) -- 目 次 -- 頁 1. 概 要...3 2. 外 観 および 各 部 名 称...3 3. 操 作 説 明...4 3-1)

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2083588389834383689770817930363032015年(平成27年)3月期 決算説明会資料

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2083588389834383689770817930363032015年(平成27年)3月期 決算説明会資料 長 瀬 産 業 株 式 会 社 215 年 5 月 26 日 目 次 1. 215 年 3 月 期 決 算 概 況 P. 3 2. 216 年 3 月 機 期 能 材 業 は 績 見 通 し P.13 3. 中 期 経 営 計 画 の 総 括 長 期 経 営 方 針 P.19 4. ( 参 考 資 料 )セグメント 別 概 況 P.28 215 年 3 月 期 決 算 概 況 3 連 結 決 算 の

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

( 投 票 会 員 ) 第 4 条 指 定 金 融 機 関 の 普 通 預 金 口 座 から 入 金 し 電 話 投 票 等 を 利 用 するには 本 規 約 及 びOP 所 定 の 手 続 きに 従 い 申 込 み 投 票 会 員 ( 以 下 投 票 会 員 といいます )となる 必 要 がありま

( 投 票 会 員 ) 第 4 条 指 定 金 融 機 関 の 普 通 預 金 口 座 から 入 金 し 電 話 投 票 等 を 利 用 するには 本 規 約 及 びOP 所 定 の 手 続 きに 従 い 申 込 み 投 票 会 員 ( 以 下 投 票 会 員 といいます )となる 必 要 がありま オッズパーク 投 票 会 員 規 約 (ジャパンネット 銀 行 会 員 用 ) 私 は ジャパンネット 銀 行 株 式 会 社 ( 以 下 指 定 金 融 機 関 といいます )の 普 通 預 金 口 座 を 用 い たオッズパーク 在 宅 投 票 システムによる 電 話 投 票 及 びインターネット 投 票 ( 以 下 併 せて 電 話 投 票 等 といいます )を 利 用 するにあたり この 投

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6> 東 京 大 学 固 定 資 産 管 理 規 程 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 東 大 規 則 第 178 号 ) 改 正 : 平 成 17 年 2 月 8 日 東 大 規 則 第 289 号 改 正 : 平 成 18 年 9 月 26 日 東 大 規 則 第 33 号 改 正 : 平 成 19 年 7 月 1 日 東 大 規 則 第 15 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 30 日

More information

して TS を 函 体 の 外 ( 吐 き 口 側 または 呑 み 口 側 )に 設 置 し 鋲 を 直 接 視 準 する 方 法 がある しかし 連 結 している 函 体 では 撓 みや 継 手 部 のゴムが 大 きく 変 形 し ている 場 合 があるなど 鋲 を TS で 直 接 視 準 する

して TS を 函 体 の 外 ( 吐 き 口 側 または 呑 み 口 側 )に 設 置 し 鋲 を 直 接 視 準 する 方 法 がある しかし 連 結 している 函 体 では 撓 みや 継 手 部 のゴムが 大 きく 変 形 し ている 場 合 があるなど 鋲 を TS で 直 接 視 準 する 平 成 23 年 度 自 走 装 置 を 用 いた 樋 門 函 体 の 3 次 元 変 位 技 術 の 開 発 ( 独 ) 土 木 研 究 所 寒 地 土 木 研 究 所 寒 地 機 械 技 術 チーム 小 宮 山 一 重 牧 野 正 敏 山 﨑 貴 志 北 海 道 には 泥 炭 性 軟 弱 地 盤 が 広 く 分 布 しており 長 期 にわたり 沈 下 する 特 性 を 有 している 河 川 堤

More information

<53474E834B83438368838983438393934B899E955C313230393236422E786C73>

<53474E834B83438368838983438393934B899E955C313230393236422E786C73> 緊 急 地 震 速 報 を 適 切 に 利 用 するために 必 要 な 受 信 端 末 の 機 能 及 び 配 信 能 力 に 関 するガイドライン ( 気 象 庁 平 3 年 月 日 公 開 ) への 対 応 状 況 高 度 利 用 者 向 け 緊 急 地 震 速 報 ( 予 報 ) 専 用 通 報 装 置 0 年 6 月 日 初 版 0 年 8 月 0 日 Ver.0 エヌ エス シー 株 式

More information

中 間 利 払 日 とし 預 入 日 または 前 回 の 中 間 利 払 日 からその 中 間 利 払 日 の 前 日 までの 日 数 および 通 帳 または 証 書 記 載 の 中 間 利 払 利 率 によって 計 算 した 中 間 利 払 額 ( 以 下 中 間 払 利 息 といいます )を 利

中 間 利 払 日 とし 預 入 日 または 前 回 の 中 間 利 払 日 からその 中 間 利 払 日 の 前 日 までの 日 数 および 通 帳 または 証 書 記 載 の 中 間 利 払 利 率 によって 計 算 した 中 間 利 払 額 ( 以 下 中 間 払 利 息 といいます )を 利 自 由 金 利 型 定 期 預 金 M 型 (スーパー 定 期 ) 規 定 1.( 取 扱 店 の 範 囲 ) (1) 個 人 のお 客 さま この 預 金 は 当 店 のほか 当 金 庫 本 支 店 および 当 金 庫 が 提 携 した 他 の 労 働 金 庫 ( 以 下 提 携 金 庫 といいます )のどこの 店 舗 でも 預 入 れができます (2) 団 体 のお 客 さま この 預 金 は

More information

幡豆工業株式会社平成28年度標準価格表

幡豆工業株式会社平成28年度標準価格表 1: 異 形 管 の 内 面 塗 装 はエポキシ 樹 脂 粉 体 塗 装 外 面 塗 装 は 耐 食 仕 様 ( 亜 鉛 系 合 金 溶 射 + 封 孔 処 理 + 合 成 樹 脂 塗 料 グレー 色 )です 2: 異 形 管 は ロックリング ロックリングストッパを 含 む 価 格 です 3:GX 接 合 部 品 は 押 輪 ゴム 輪 SUS304T 頭 ボルト 受 口 1 組 分 の 価 格 です

More information

公共建築設備数量積算基準 平成15年版

公共建築設備数量積算基準 平成15年版 公 共 建 築 設 備 数 量 積 算 基 準 平 成 15 年 版 平 成 15 年 3 月 31 日 国 営 計 第 196 号 この 基 準 は 国 土 交 通 省 官 庁 営 繕 部 及 び 地 方 整 備 局 等 営 繕 部 が 官 庁 施 設 の 営 繕 を 実 施 するための 基 準 として 制 定 したものです また この 基 準 は 官 庁 営 繕 関 係 基 準 類 等 の 統

More information

(2) 実 務 上 の 取 扱 い 減 価 償 却 の 方 法 は 会 計 方 針 にあたるため その 変 更 は 本 来 会 計 方 針 の 変 更 として 遡 及 適 用 の 対 象 と なります しかしながら 減 価 償 却 方 法 の 変 更 については 会 計 方 針 の 変 更 を 会

(2) 実 務 上 の 取 扱 い 減 価 償 却 の 方 法 は 会 計 方 針 にあたるため その 変 更 は 本 来 会 計 方 針 の 変 更 として 遡 及 適 用 の 対 象 と なります しかしながら 減 価 償 却 方 法 の 変 更 については 会 計 方 針 の 変 更 を 会 平 成 24 年 3 月 期 から 会 計 上 の 変 更 及 び 誤 謬 の 訂 正 に 関 する 会 計 基 準 ( 以 下 過 年 度 遡 及 会 計 基 準 ) ( 企 業 会 計 基 準 第 24 号 平 成 21 年 12 月 4 日 )が 新 たに 適 用 されます また 平 成 23 年 3 月 期 から 導 入 された 資 産 除 去 債 務 に 関 する 会 計 基 準 ( 企

More information

1. 概 要 所 得 税 固 定 資 産 税 1 1. 省 エネの 減 税 制 度 省 エネを 対 象 とした 税 の 優 遇 措 置 省 エネを 対 象 とした 税 の 優 遇 措 置 には 次 の 制 度 があります ❶ 所 得 税 額 の 控 除 省 エネを 対 象 とした 所 得 税 額 の

1. 概 要 所 得 税 固 定 資 産 税 1 1. 省 エネの 減 税 制 度 省 エネを 対 象 とした 税 の 優 遇 措 置 省 エネを 対 象 とした 税 の 優 遇 措 置 には 次 の 制 度 があります ❶ 所 得 税 額 の 控 除 省 エネを 対 象 とした 所 得 税 額 の 1. 概 要 Ⅲ. 省 エネ 1-1. 省 エネの 減 税 制 度 省 エネを 対 象 とした 税 の 優 遇 措 置 P.Ⅲ - 2 1-2. 対 象 となる 省 エネとは 1) 断 熱 改 修 工 事 の 種 類 P.Ⅲ- 3 2) 対 象 となる 工 事 と 部 位 P.Ⅲ- 4 3) 特 定 断 熱 改 修 工 事 等 の 内 容 P.Ⅲ- 6 4) 代 表 的 な 窓 の 仕 様 P.Ⅲ-

More information

エントリーシステム利用承諾書

エントリーシステム利用承諾書 第 59 回 東 日 本 医 科 学 生 総 合 体 育 大 会 エントリーシステム 利 用 承 諾 書 第 59 回 東 日 本 医 科 学 生 総 合 体 育 大 会 千 葉 大 学 医 学 部 運 営 本 部 エントリー 局 本 利 用 許 諾 書 ( 以 下 本 承 諾 書 )は 東 日 本 医 科 学 生 総 合 体 育 大 会 ( 以 下 東 医 体 ) 東 日 本 医 科 学 生 総

More information

マンション 管 理 組 合 向 け 総 合 補 償 プランの 特 長 マンション 共 用 部 分 をとりまく 様 々なリスクに 対 応 した 保 険 設 計 です 1 保 険 契 約 で マンションのリスクをワイドに 補 償 3~4ページ 家 庭 総 合 保 険 に 各 種 特 約 を 付 帯 1

マンション 管 理 組 合 向 け 総 合 補 償 プランの 特 長 マンション 共 用 部 分 をとりまく 様 々なリスクに 対 応 した 保 険 設 計 です 1 保 険 契 約 で マンションのリスクをワイドに 補 償 3~4ページ 家 庭 総 合 保 険 に 各 種 特 約 を 付 帯 1 火 災 保 険 比 較.com マンション 管 理 組 合 向 けプランのご 提 案 マンション 管 理 組 合 向 け 総 合 補 償 プランの 特 長 マンション 共 用 部 分 をとりまく 様 々なリスクに 対 応 した 保 険 設 計 です 1 保 険 契 約 で マンションのリスクをワイドに 補 償 3~4ページ 家 庭 総 合 保 険 に 各 種 特 約 を 付 帯 1 保 険 契 約

More information

( 第 2 項 ) 会 員 がサービスを 利 用 するためにカードを 提 示 した 場 合 当 社 及 び 関 連 会 社 は 会 員 本 人 であることを 確 認 するために 身 分 証 明 書 の 提 示 を 要 求 することがあります この 場 合 会 員 は 当 社 及 び 関 連 会 社

( 第 2 項 ) 会 員 がサービスを 利 用 するためにカードを 提 示 した 場 合 当 社 及 び 関 連 会 社 は 会 員 本 人 であることを 確 認 するために 身 分 証 明 書 の 提 示 を 要 求 することがあります この 場 合 会 員 は 当 社 及 び 関 連 会 社 ロッテ 免 税 店 VIP 会 員 利 用 規 約 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 約 は ロッテ 免 税 店 の 会 員 がロッテ 免 税 店 ( 以 下 当 社 という )が 提 供 する 会 員 サービスを 利 用 するにあたり ロッテ 免 税 店 の 会 員 と 当 社 内 における 諸 権 利 義 務 及 び 関 連 諸 手 続 きなどを 規 定 することにその 目 的 があります 第

More information

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第 定 款 沿 革 昭 和 29 年 11 月 1 日 制 定 昭 和 30 年 3 月 28 日 改 正 昭 和 31 年 3 月 17 日 改 正 昭 和 32 年 3 月 13 日 改 正 昭 和 33 年 5 月 16 日 改 正 昭 和 34 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 35 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 39 年 3 月 29 日 改 正 昭 和 42 年 5 月 25 日

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

SSM6J511NU_J_20160105

SSM6J511NU_J_20160105 MOSFET シリコンPチャネルMOS 形 (U-MOS) SSM6J511NU SSM6J511NU 1. 用 途 パワーマネジメントスイッチ 用 2. 特 長 (1) 1.8 駆 動 です (2) オン 抵 抗 が 低 い R DS(ON) = 13.5 mω ( 最 大 ) (@ GS = -2.5 ) R DS(ON) = 10 mω ( 最 大 ) (@ GS = -4.5 ) 3. 外

More information

項 目 内 容 備 考 (2) 呼 値 の 単 位 の 見 直 し 1 株 の 値 段 が3,000 円 を 超 え5,000 円 以 下 の 場 合 における 呼 値 の 単 位 について1 円 ( 現 行 は0.5 円 )に 変 更 します 1 株 の 値 段 が30,000 円 を 超 え50

項 目 内 容 備 考 (2) 呼 値 の 単 位 の 見 直 し 1 株 の 値 段 が3,000 円 を 超 え5,000 円 以 下 の 場 合 における 呼 値 の 単 位 について1 円 ( 現 行 は0.5 円 )に 変 更 します 1 株 の 値 段 が30,000 円 を 超 え50 arrowhead のリニューアル 時 における 売 買 制 度 の 見 直 しについて 平 成 2 6 年 1 2 月 24 日 株 式 会 社 名 古 屋 証 券 取 引 所 Ⅰ 趣 旨 当 取 引 所 が 利 用 しております 株 券 等 の 立 会 取 引 に 係 る 売 買 システムである 東 京 証 券 取 引 所 の arrowhead( 以 下 arrowhead という )におい

More information

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし 財 産 形 成 定 額 貯 金 規 定 1 財 産 形 成 定 額 貯 金 財 産 形 成 定 額 貯 金 ( 以 下 この 貯 金 といいます )は 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 ( 以 下 財 形 法 といいます )に 規 定 する 勤 労 者 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 ( 以 下 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 といいます )に 基 づき 預 入 される 定 額 貯 金 です

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

住宅版エコポイントについて

住宅版エコポイントについて 省 エネ 住 宅 ポイントについて 国 土 交 通 省 1. 制 度 概 要 2. 対 象 住 宅 の 性 能 要 件 等 3. 発 行 ポイント 数 4.ポイントの 交 換 商 品 等 5. 申 請 手 続 き 6. 完 成 済 購 入 タイプ 参 考 資 料 P.2 P.6 P.9 P.19 P.22 P.25 P.27 1 1. 制 度 概 要 2 1. 制 度 概 要 制 度 の 趣 旨 地

More information

5 法 第 32 条 の 規 定 が 適 用 される 電 気 設 備 6 法 第 33 条 の 規 定 が 適 用 される 避 雷 設 備 電 気 設 備 の 構 造 詳 細 図 付 近 見 取 図 二 面 以 上 の 立 面 図 小 屋 伏 図 避 雷 設 備 の 構 造 詳 細 図 避 雷 設

5 法 第 32 条 の 規 定 が 適 用 される 電 気 設 備 6 法 第 33 条 の 規 定 が 適 用 される 避 雷 設 備 電 気 設 備 の 構 造 詳 細 図 付 近 見 取 図 二 面 以 上 の 立 面 図 小 屋 伏 図 避 雷 設 備 の 構 造 詳 細 図 避 雷 設 1 建 築 設 備 第 1 条 の3 第 4 項 ( 建 築 物 の 計 画 に 建 築 設 備 が 含 まれる 場 合 の 確 認 申 請 ) 表 1 い 法 第 28 条 第 2 項 から 第 4 項 までの 規 定 が 適 用 され る 換 気 設 備 ( 居 室 の 採 光 及 び 換 気 ) 換 気 設 備 の 使 用 材 料 2 法 第 28 条 の2 第 3 号 の 規 定 が 適 用

More information

7-25給与規則160303

7-25給与規則160303 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 教 職 員 給 与 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 1 1 3 号 ( 目 的 ) 改 正 平 成 17. 3.28 16 規 則 220 平 成 17.11. 1 17 規 則 16 平 成 17.12. 1 17 規 則 22 平 成 18. 4. 1 18 規 則 4 平 成 19. 4. 1 19 規 則 9 平 成 19. 5.17

More information

2014/6/27 長 崎 大 学 電 気 工 作 物 保 安 規 程 長 崎 大 学 電 気 工 作 物 保 安 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 106 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は, 電 気 事 業 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 170 号 以 下 法 という ) 第 42 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき, 長 崎 大 学 ( 以 下

More information

飯塚毅育英会第2号

飯塚毅育英会第2号 公 益 財 団 法 人 飯 塚 毅 育 英 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 飯 塚 毅 育 英 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 栃 木 県 宇 都 宮 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 学 業 が 優 れ

More information

Microsoft PowerPoint - スマートホットスタンピング6 - コピー.pptx

Microsoft PowerPoint - スマートホットスタンピング6 - コピー.pptx 超 高 強 度 鋼 部 材 のホットスタンピング 豊 橋 技 術 科 学 大 学 森 謙 一 郎 http://plast.me.tut.ac.jp/ 1kg 軽 量 :1km/l 燃 費 向 上 電 気 自 動 車 では 非 常 に 重 要 軽 量 材 料 の 成 形 超 高 張 力 鋼 板 (7.8) アルミニウム(2.7),マグネ(1.8), チタン(4.5) 超 高 張 力 鋼 板 の 自

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

6-2第1種退職年金

6-2第1種退職年金 第 2 節 第 1 種 退 職 年 金 ( 支 給 要 件 ) 第 52 条 第 1 種 退 職 年 金 は 加 算 適 用 加 入 員 又 は 加 算 適 用 加 入 員 であった 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 に その 者 に 支 給 する (1) 加 算 適 用 加 入 員 期 間 10 年 以 上 である 者 又 は 加 算 適 用 加 入 員 期 間 3 年

More information

Microsoft Word - ◆最新00定款140213認可

Microsoft Word - ◆最新00定款140213認可 日 本 ブランド 農 業 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称

More information

Ordinance for Enforcement of the Civil Aeronautics Act

Ordinance for Enforcement of the Civil Aeronautics Act 航 空 法 施 行 規 則 ( 昭 和 二 十 七 年 七 月 三 十 一 日 運 輸 省 令 第 五 十 六 号 ) 第 一 章 総 則 ( 航 空 保 安 施 設 ) 第 一 条 航 空 法 ( 昭 和 二 十 七 年 法 律 第 二 百 三 十 一 号 以 下 法 という ) 第 二 条 第 五 項 の 規 定 による 航 空 保 安 施 設 は 次 のとおりとする 一 航 空 保 安 無 線

More information

情報共有覚書に基づく施設設備情報調査票記入要領

情報共有覚書に基づく施設設備情報調査票記入要領 情 報 共 有 覚 書 に 基 づく 施 設 設 備 情 報 調 査 票 記 入 要 領 ( 石 油 連 盟 及 び 青 森 県 石 油 商 業 組 合 の 供 給 対 象 施 設 ) 2012 年 7 月 31 日 ( 第 1 版 ) 別 紙 調 査 票 記 入 例 と 照 らし 合 わせてご 覧 下 さい 記 入 にあたりましては 各 施 設 の 御 担 当 者 当 該 施 設 の 燃 料 供

More information

1日自動車保険重要事項説明(2016.04~)

1日自動車保険重要事項説明(2016.04~) 重 要 事 項 説 明 のマークが 付 された 事 項 は 携 帯 電 話 からお 手 続 きいただく 際 にご 確 認 いただく 事 項 です 重 要 事 項 説 明 の 内 容 をご 確 認 ください 情 報 セキュリティの 観 点 から お 申 込 の 確 定 まで 30 分 以 内 に 実 施 いただく 必 要 がありますのでご 注 意 くだ さい 重 要 事 項 説 明 すべての 内 容

More information

安 全 にご 使 用 いただくために お 使 いになる 人 や 他 の 人 への 危 害 財 産 への 損 害 を 未 然 に 防 止 するため 必 ずお 守 りいただくことを 次 のよう に 説 明 しています 表 示 内 容 を 無 視 して 誤 った 使 い 方 をしたときに 生 じる 危 害

安 全 にご 使 用 いただくために お 使 いになる 人 や 他 の 人 への 危 害 財 産 への 損 害 を 未 然 に 防 止 するため 必 ずお 守 りいただくことを 次 のよう に 説 明 しています 表 示 内 容 を 無 視 して 誤 った 使 い 方 をしたときに 生 じる 危 害 熱 風 工 具 ファン 付 きダクトヒーター ( 寒 冷 地 タイプ) HFD3075 HFD3100 HFD3150 HFD3200 HFD3300 取 扱 説 明 書 お 買 いあげいただき ありがとうございます ファン 付 きダクトヒーター を 安 全 にご 使 用 いただくため お 使 いになる 前 にこの 取 扱 説 明 書 をお 読 みください お 読 みになった 後 は 後 日 お 役

More information

(Microsoft Word - \203V\203b\203^\201[\227\230\227p\213K\226\361\(\211\374\222\350\201j )

(Microsoft Word - \203V\203b\203^\201[\227\230\227p\213K\226\361\(\211\374\222\350\201j ) 一 時 保 育 ベビーシッターサービス ご 利 用 規 約 株 式 会 社 エヌシーエムエージャパン( 以 下 当 社 といいます )では お 子 様 の 安 全 第 一 にベビーシッター 事 業 を 実 施 しています お 客 様 が 安 心 かつ 信 頼 して 一 時 保 育 ベビーシッ ターサービスをご 利 用 頂 く 為 ご 利 用 される 方 を 対 象 として 以 下 記 載 の 利 用

More information

目 次 1. 適 用 範 囲 2. 製 品 仕 様 3. 配 光 曲 線 / 直 下 照 度 図 4. 製 品 外 形 寸 法 外 観 及 び 名 称 5. 使 用 環 境 及 び 条 件 6. 安 全 のための 注 意 事 項 7. 誤 使 用 の 事 例 8. 設 置 時 の 注 意 事 項 9

目 次 1. 適 用 範 囲 2. 製 品 仕 様 3. 配 光 曲 線 / 直 下 照 度 図 4. 製 品 外 形 寸 法 外 観 及 び 名 称 5. 使 用 環 境 及 び 条 件 6. 安 全 のための 注 意 事 項 7. 誤 使 用 の 事 例 8. 設 置 時 の 注 意 事 項 9 製 品 仕 様 書 PLS (Plasma Lighting System) 投 光 灯 (PSF1871A) 2015. 4 目 次 1. 適 用 範 囲 2. 製 品 仕 様 3. 配 光 曲 線 / 直 下 照 度 図 4. 製 品 外 形 寸 法 外 観 及 び 名 称 5. 使 用 環 境 及 び 条 件 6. 安 全 のための 注 意 事 項 7. 誤 使 用 の 事 例 8. 設 置

More information

セフティエース ECKD 制 御 盤 制 御 盤 部 品 一 覧 表 ECKD ( 標 準 品 ) 部 品 一 覧 表.5~y 出 力 ( y) 直 入 スターデルタ 部 品.5..7 5.5 7.5 5 8.5 配 線 用 しゃ 断 器 N0-CS N6-CV N6-CW N5-CV N50-CV

セフティエース ECKD 制 御 盤 制 御 盤 部 品 一 覧 表 ECKD ( 標 準 品 ) 部 品 一 覧 表.5~y 出 力 ( y) 直 入 スターデルタ 部 品.5..7 5.5 7.5 5 8.5 配 線 用 しゃ 断 器 N0-CS N6-CV N6-CW N5-CV N50-CV ECKD 制 御 盤 セフティエース ECKD 制 御 盤 ユニットⅡ 用 (KY-ME 除 く) 特 長 の 起 動 装 置 と 水 槽 及 び 補 給 水 槽 の 満 警 報 装 置 モータの 警 報 装 置 等 を 組 込 んだ ユニット 専 用 の 制 御 盤 です の 直 接 起 動 遠 隔 起 動 等 各 種 の 起 動 方 法 が 可 能 で 非 常 に 切 り 替 わった 場 合 でも

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information