鉛フリーはんだ実用化ロードマップ

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "鉛フリーはんだ実用化ロードマップ"

Transcription

1 ヒューズの 安 全 な 使 い 方 ~ヒューズ 選 定 と チップヒューズの 端 子 部 温 度 による ディレーティング 提 案 ~ 部 品 安 全 専 門 委 員 会 ヒューズアプリケーションガイド 改 訂 TF 有 賀 善 紀 (KOA 株 式 会 社 ) 大 手 センタービル 1

2 目 次 1.ヒューズの 安 全 な 使 い 方 電 気 電 子 機 器 用 電 流 ヒューズの 安 全 アプリケーションガイドより.ヒューズの 負 荷 軽 減 曲 線 について テクニカルレポート 表 面 実 装 形 電 流 ヒューズの 端 子 部 による 温 度 ディレーティング より

3 1.ヒューズの 安 全 な 使 い 方 電 気 電 子 機 器 用 電 流 ヒューズの 安 全 アプリケーションガイド (JEITA RCR-4800)より 適 用 範 囲 電 流 ヒューズに 適 用 し 温 度 ヒューズは 適 用 外 一 般 的 な 電 気 電 子 機 器 用 に 使 用 される 電 流 ヒューズを 対 象 医 療 機 器, 宇 宙 航 空 機 器, 防 犯 機 器, 防 災 輸 送 機 器 などに 使 用 される 電 流 ヒューズは 対 象 外 とする ガイドの 構 成 特 に 電 流 ヒューズを 使 用 する 上 で 重 要 な, 電 気 的 特 性, 選 定 方 法, 使 い 方 のノウハウ, 安 全 規 格 に 多 くのページを 割 き, 随 所 に 図 やグラフ 等 を 載 せて 感 覚 的 にも 分 かるように 配 慮 している ヒューズは 通 常 使 用 時 に 誤 溶 断 せず 異 常 発 生 時 には 速 や かに 溶 断 して 保 護 するという 一 見, 選 定 方 法 については 選 定 フ ローやグラフ 等 で 詳 細 に 説 明 している また, 使 い 方 のノウハウについては, 確 認 事 項 や 失 敗 事 例 等 具 体 的 な 内 容 を 記 載 3

4 構 成 ( 目 次 ) 1.ヒューズの 種 類. 用 語 の 定 義 3. 電 気 的 特 性 / 溶 断 特 性 4. 電 気 的 特 性 /It-t 特 性 5.ヒューズの 選 定 方 法 6. 使 い 方 のノウハウ 事 例 JEITA RCR-4800 目 次 1. 適 用 範 囲. 回 路 保 護 部 品 の 種 類 と 電 流 ヒューズの 役 割 3.ヒューズの 種 類 4. 用 語 の 定 義 5.ヒューズの 構 造 6. 電 気 的 特 性 7. 機 械 特 性 信 頼 性 耐 候 性 8.ヒューズの 選 定 方 法 9. 設 計 上 の 注 意 点 10. 実 装 上 の 注 意 点 11. 包 装 と 保 管 上 の 注 意 事 項 1. 修 理 保 全 上 の 注 意 事 項 13. 使 い 方 のノウハウ 事 例 14.ヒューズの 環 境 対 応 15.ヒューズの 安 全 規 格 と 国 家 認 証 16.ヒューズのCMJ 登 録 制 度 JEITA RCR-4800を 基 に 朱 記 項 目 に 関 して 説 明 させて 頂 きます

5 1.ヒューズの 種 類 JEITA-RCR4800 ヒューズの 種 類 用 語 (P5~P11) ヒューズには 色 々な 種 類 があり 大 きさ 形 状 特 性 が 個 々で 異 なります 管 型 ヒューズ 警 報 用 ヒューズ 挿 入 型 ヒューズ 表 面 実 装 型 ヒューズ 5

6 .ヒューズの 用 語 JEITA-RCR4800 ヒューズの 種 類 用 語 (P5~P11) 知 っているようで 知 らないヒューズの 用 語 をアプリケーションガイドに 記 載 しております ご 存 じですか? 限 流 作 用? 溶 断 電 流? 遮 断 電 流? ヒューズは 限 流 作 用 が 特 徴 溶 断 電 流 と 遮 断 電 流 ヒュース とフ レーカの 違 いです 電 流 ヒューズの 遮 断 電 流 ヒューズの 溶 断 特 性 溶 断 電 流 - 溶 断 時 間 *ヒューズが 過 電 流 ( 異 常 電 流 )により 破 壊 する 可 能 性 が ある *ヒューズが 過 電 流 ( 異 常 電 流 )により 正 常 に 動 作 す る ( 溶 断 する ) etc ヒューズの 定 格 電 流 機 器 ( 回 路 )の 定 常 電 流 * 機 器 ( 回 路 )が 定 常 電 流 で あり ヒューズが 溶 断 しない 溶 断 時 間 6

7 3. 電 気 的 特 性 / 溶 断 特 性 JEITA-RCR4800 電 気 的 特 性 (P15~P) 溶 断 電 流 が 流 れた 際 にヒューズが 溶 断 するまでの 時 間 を 表 した 曲 線 図 速 動 溶 断 形 普 通 溶 断 形 タイムラグ 溶 断 形 等 がある I-T 特 性 溶 断 の 確 認 用 データ 速 動 溶 断 形 ヒュース 例 溶 断 電 流 (3) () (1) すぐに( 即 )ヒューズが 溶 断 する( 速 動 ) ヒューズが 普 通 に 溶 断 する( 普 通 ) すぐにヒューズが 溶 断 しない(タイムラグ) 線 径 が 部 分 的 に 細 いヒューズエレメント スパイラル 巻 き 付 け タイムラク 溶 断 形 ヒュース 例 溶 断 時 間 図 6-1 ヒューズ 溶 断 特 性 1 低 融 点 のはんだ 材 料 ポイント 速 動 溶 断 形 速 断 形 普 通 溶 断 遅 断 形 タイムラグ 等 の 呼 び 名 が 複 数 あります 取 得 している 安 全 規 格 により 異 なる ヒューズを 選 定 する 際 は 溶 断 特 性 図 を 比 較 して 選 ぶ 必 要 がある 7

8 I t(a sec.) 電 流 (A) 4. 電 気 的 特 性 /It-t 特 性 I t-t 特 性 不 溶 断 の 確 認 用 データ JEITA-RCR4800 電 気 的 特 性 (P15~P) 電 流 をヒューズが 溶 断 するまでに 発 生 するジュール 熱 として 扱 い その 積 分 値 を 時 間 ごとにプロットしたもので ヒューズ 選 定 時 の 単 発 パルス 繰 り 返 しパルス 及 び 突 入 電 流 に 対 しての 不 溶 断 を 確 認 するデータになります 0 A I t 単 発 ハ ルス I-t 特 性 (a) 0 A I t T (b) 繰 り 返 しハ ルス ジュール 熱 を 積 分 すると 時 間 ( 秒 ) It-t 特 性 I 実 際 の 突 入 電 流 0A t (c) 時 間 ( 秒 ) 8

9 選 定 フロー 5.ヒューズの 選 定 方 法 JEITA-RCR4800 ヒューズの 選 定 方 法 (P3~P9) 1 安 全 規 格 の 確 認 定 格 電 圧 の 選 定 3 形 状 サイズの 選 定 4 定 常 電 流 の 測 定 5パルス 電 流 突 入 電 流 の 測 定 6 過 電 流 ( 異 常 電 流 )の 測 定 7 定 格 電 流 の 選 定 使 用 温 度 の 確 認 8 遮 断 容 量 の 確 認 9 動 作 の 確 認 ヒューズ 選 定 終 了 ヒューズを 安 全 に 使 用 するために 重 要 な567を 重 点 的 に 説 明 いたします 9

10 5.ヒューズの 選 定 方 法 JEITA-RCR4800 ヒューズの 選 定 方 法 (P3~P9) 1 安 全 規 格 の 確 認 電 子 機 器 の 仕 向 け 先 により 必 要 な 安 全 規 格 が 異 なります 仕 向 け 国, 機 器 規 格 の 安 全 性 要 求 及 び 使 用 目 的 に 応 じた 安 全 規 格 品 を 選 定 する! ポイント IECとUL 等 規 格 により 相 違 点 があり! 規 格 の 詳 細 を 最 新 版 にて 確 認 定 格 電 圧 の 選 定 ポイント ヒューズの 安 全 規 格 地 域 適 用 規 格 記 事 日 本 電 安 法 別 表 第 三 J6017 ダブルスタンダード ヨーロッパ EN6017 IEC6017に 準 拠 北 米 UL48/CSA. 48 IEC 規 格 と 異 なる 中 国 GB9364 IEC6017に 準 拠 韓 国 KSCIEC6017 IEC6017に 準 拠 定 格 電 圧 を 越 えた 場 合 は 製 品 破 損 発 煙 発 火 再 導 通 の 可 能 性 があります ヒューズを 入 れる 回 路 電 圧 に 対 して 十 分 な 定 格 電 圧 のヒューズを 選 定 する 10

11 5.ヒューズの 選 定 方 法 JEITA-RCR4800 ヒューズの 選 定 方 法 (P3~P9) 3 形 状 サイズの 選 定 ヒューズを 取 り 付 ける 位 置 により, 形 状,サイズを 確 認 し 選 定 する ヒューズの 形 状 には 管 形, 端 子 挿 入 形, 及 び 表 面 実 装 形 などの 種 類 がある さらに, 専 用 のヒューズホルダを 使 用 するタイプがあります ポイント 一 般 的 に 製 品 サイズが 大 きくなれば 定 格 電 圧 遮 断 容 量 が 大 きくなります 4 定 常 電 流 の 測 定 定 常 的 に 印 加 した 場 合 に 溶 断 しない 電 流 ( 定 常 電 流 )を 測 定 する 電 圧 変 動 等 により 変 化 する 場 合 は, 最 も 電 流 の 流 れる 条 件 にて 測 定 を 行 う ポイント 他 の 部 品 からのノイズ 発 生 有 無 を 含 め 定 常 的 にヒューズに 印 加 される 電 流 の 実 効 値 ピーク 値 パルス 周 期 等 の 変 動 要 因 も 含 め 測 定 する 11

12 5.ヒューズの 選 定 方 法 JEITA-RCR4800 ヒューズの 選 定 方 法 (P3~P9) 5パルス 電 流 突 入 電 流 の 測 定 サージ 電 流, 起 動 電 流, 突 入 電 流,ラッシュ 電 流 及 び 過 渡 電 流 と 呼 ばれる 電 源 のON/OFF 時 等 に 発 生 する 過 渡 的 な 電 流 によりヒューズが 切 れることがあります 過 渡 電 流 を 正 確 に 確 認 ( 測 定 )する 必 要 があります ヒューズを 取 り 付 ける 箇 所 で,オシロスコープ 等 を 用 いて 機 器 の 電 源 ON/OFF 時 及 び 不 定 期 で 発 生 するパルス 電 流 波 形 を 測 定 する パルス 電 流 測 定 は, 最 も 電 流 の 流 れる 条 件 にて 測 定 を 行 う ポイント 測 定 方 法 電 流 プローブとサンプリングレートが 高 いオシロスコープにて 最 も 電 流 の 流 れる 条 件 にて 測 定 する ヒューズを 実 装 する 回 路 電 流 プローブを 使 用 せずに 抵 抗 による 電 流 測 定 を 行 う 場 合 使 用 ヒューズの 内 部 抵 抗 より 大 きい 抵 抗 値 を 使 用 すると 実 使 用 時 よりも 突 入 電 流 が 低 く 測 定 されてしまう また サンプリングレートが 低 いと 最 大 値 を 捕 捉 できな い 場 合 もあります ダミーヒューズ モータ 取 付 け 位 置 電 流 プローブ オシロスコープ 1

13 5.ヒューズの 選 定 方 法 JEITA-RCR4800 ヒューズの 選 定 方 法 (P3~P9) 6 過 電 流 ( 異 常 電 流 )の 測 定 機 器 の 事 故 等 による 過 電 流 ( 異 常 電 流 ) 測 定 は 電 圧 変 動 等 により 最 も 電 流 の 流 れない 条 件 にて 測 定 する 想 定 される 事 故 を 擬 似 発 生 させて(コンデンサ, 半 導 体 等 のショート,モータのロック 状 態 等 ), その 時 に 流 れる 過 電 流 ( 異 常 電 流 )を 測 定 する ポイント ヒューズを 実 装 する 回 路 モータ 想 定 される 事 故 の 疑 似 発 生 機 器 としては 異 常 時 ではあるが ヒューズに 最 も 電 流 が 流 れない 条 件 にて 測 定 する ダミーヒューズ 取 付 け 位 置 電 流 プローブ オシロスコープ これで,ヒューズの 定 格 電 流 を 選 定 する 条 件 が 揃 いました 次 頁 から 具 体 的 な 選 定 方 法 に 入 ります 13

14 5.ヒューズの 選 定 方 法 JEITA-RCR4800 ヒューズの 選 定 方 法 (P3~P9) 7 定 格 電 流 の 選 定 使 用 温 度 の 確 認 定 常 電 流,パルス 突 入 電 流, 過 電 流 ( 異 常 電 流 )の3つの 電 流 を 使 って ヒューズの 溶 断 不 溶 断 のバランスを 取 りながら, 定 格 電 流 を 選 定 します 定 常 電 流 パルス 電 流 突 入 電 流 機 器 異 常 の 過 電 流 溶 断 しないこと! 溶 断 すること! ポイント ヒューズのつの 重 要 な 機 能 溶 断 & 不 溶 断 をバランス よく 選 定 する 14

15 5.ヒューズの 選 定 方 法 JEITA-RCR4800 ヒューズの 選 定 方 法 (P3~P9) a) 定 常 電 流 による 絞 込 み 定 格 電 流 に 対 するディレーティング( 定 常 ディレーティング) 周 囲 温 度 による 温 度 ディレーティングが 必 要 です 4 項 で 測 定 した 定 常 電 流 から, 次 式 を 満 足 するように 定 格 電 流 を 選 定 します 定 格 電 流 定 常 電 流 /( 定 常 ディレーティング 係 数 温 度 ディレーティング 係 数 ) 詳 細 は.ヒューズの 負 荷 軽 減 曲 線 について にて 解 説 b)パルス 電 流 突 入 電 流 による 絞 込 み パルス 突 入 電 流 は 変 化 が 複 雑 で,I-T 特 性 での 確 認 は 困 難 です 電 流 をジュール 積 分 しヒューズのI t-t 特 性 と 比 較 して 溶 断 の 有 無 を 確 認 します 5 項 で 測 定 したパルス 突 入 電 流 波 形 を 基 に 下 式 や 右 表 でジュール 積 分 値 I tを 求 める ポイント I t = t1 t0 i dt( t0<t 1) パルス 電 流 突 入 電 流 に 対 しての 評 価 は I-t 特 性 ではなく I t-t 特 性 表 8- 近 似 波 形 による 計 算 式 波 形 の 名 称 波 形 I t 波 形 の 名 称 波 形 I t 正 弦 波 (1 サイクル) 0 正 弦 波 (1/ サイクル) 0 三 角 波 方 形 波 0 t 0 t Im 1 Im t 1 t t t Im Im Im 1 Im t 台 形 波 変 形 波 1 1 Im t 変 形 波 3 Im t 充 放 電 波 形 0 t1 0 0 t1 Im 0.368Im 0 τ t t t t3 Im 1 Im t1 Im 3 1 Im t 3 t t 1 t I1 I1It I I t I 1 t3 I i(t)=ime -t/τ -t I1 1 1 I1 t1 I1I I1 I t t1 I t 3 t 3 1 Im 15

16 5.ヒューズの 選 定 方 法 方 法 A( 溶 断 I t 値 から 判 断 する 方 法 ) カタログ 等 に 記 載 された 溶 断 I t 値 と 比 較 する 際 にはパルス 突 入 電 流 の 発 生 回 数 ( 頻 度 )により 負 荷 率 を 考 慮 する 負 荷 率 は 表 やグラフで 掲 載 してあり 一 例 を 右 図 に 示 します JEITA-RCR4800 ヒューズの 選 定 方 法 (P3~P9) カタログに 記 載 された 溶 断 I t 値 > (パルス 電 流 のI t/ 負 荷 率 ) 方 法 B(I t-t 特 性 上 のプロットから 判 断 する 方 法 ) I t-t 特 性 図 にI tをプロットして 比 較 しヒューズのI t-t 特 性 曲 線 以 下 であれば 溶 断 しない 超 える 場 合 は 溶 断 するためヒューズの 定 格 電 流 を 上 げる 必 要 がある パルス 突 入 電 流 の 発 生 する 回 数 ( 頻 度 )により 負 荷 率 を 考 慮 する 回 数 による 軽 減 を 加 味 したI t-t 曲 線 になっている 場 合 や 負 荷 率 を 100,000 ハ ルス 限 界 ライン 16 負 荷 率 (%) 図 パルス 耐 量 係 数 ( 例 ) 表 やグラフで 掲 載 している 場 合 がある I t-t 特 性 図 I t -t 特 性 図 に 記 載 されたパルス 耐 性 >パルス 電 流 のI t 電 流 ポイント ( I) 溶 断 I t 値 パルス 耐 性 は 製 品 により 異 なる メーカから 正 確 なデータを 入 手 して 評 価 を 定 行 常 電 流 う ジュール 積 分 値 溶 断 I t 時 間 (t) パルス 電 流 A パルス 電 流 B

17 5.ヒューズの 選 定 方 法 JEITA-RCR4800 ヒューズの 選 定 方 法 (P3~P9) 8 遮 断 容 量 の 確 認 ヒューズの 遮 断 容 量 は, 機 器 の 短 絡 事 故 発 生 時 に 流 れる 最 大 電 流 以 上 のものを 選 定 する 最 大 電 流 以 下 であると,ヒューズが 破 壊 してしまう 等 の 危 険 を 生 じる 9 動 作 の 確 認 最 後 にヒューズの 溶 断 性 能 を 確 認 する 機 器 の 定 常 時 に 流 れる 電 流 で 決 して 溶 断 しないことを 最 も 厳 しい 条 件 で 確 認 正 常 な 動 作 時 のパルス 電 流 や 電 源 ON/OFF 時 の 突 入 電 流 でも 溶 断 しないことを 確 認 過 電 流 ( 異 常 電 流 )でヒューズが 故 障 回 路 を 確 実 に 切 り 離 すかを 確 認 ポイント 必 ず 選 定 したヒューズを 実 機 に 取 り 付 け, 確 実 に 目 的 を 達 成 するか 確 認 する 詳 細 な 使 用 条 件 等 カタログだけではフォローできていない 部 分 もあります 迷 ったら 事 前 にご 使 用 ヒューズメーカにご 確 認 ください! 17

18 JEITA-RCR4800 確 認 事 項 (P37~P53) 6. 使 い 方 ノウハウ 事 例 ( 失 敗 例 ) 設 計 上 の 注 意 事 項 突 入 電 流 への 配 慮 確 認 事 項 機 器 の 電 源 ON/OFF 時 には 突 入 電 流 が 発 生 する 突 入 電 流 を 確 認 し,ヒューズ 選 定 時 に 考 慮 する 必 要 がある 解 説 理 由 具 体 例 失 敗 の 事 例 機 器 には 動 作 時, 定 常 的 に 発 生 するパルス 以 外 に 不 定 期 に 発 生 するパルスがある 定 常 的 に 発 生 するパル スは 定 常 電 流 とみなして 選 定 時 に 考 慮 されるが, 不 定 期 に 発 生 するパルスは 見 落 としてしまう 場 合 がある 特 に 電 源 ON/OFFの 繰 り 返 しによってヒューズが 溶 断 しないように 突 入 電 流 を 確 認 して 選 定 する 失 敗 の 事 例 最 大 の 突 入 電 流 定 常 電 流 及 び 事 故 等 による 過 電 流 ( 異 常 電 流 )の 確 突 入 電 流 電 源 ON 突 入 電 流 定 常 電 流 認 だけでヒューズを 選 定 し, 電 源 ON/OFF 時 の 突 入 電 流 を 確 認 しなかったので, 機 器 の 寿 命 内 であるの に 比 較 的 早 い 時 期 にヒューズ 切 れが 発 生 した 時 間 JEITA-RCR4800に 使 い 方 ノウハウ 事 例 を17 項 目 記 載 しております ご 購 読 (WEB 閲 覧 も 可 能 です ) 頂 き 適 切 なヒューズ 選 定 にお 役 立 て 下 さい 18

19 .ヒューズの 負 荷 軽 減 曲 線 について テクニカルレポート 表 面 実 装 形 電 流 ヒューズの 端 子 部 による 温 度 ディレーティング 表 面 実 装 形 ヒューズの 温 度 ディレーティン グ( 温 度 による 負 荷 軽 減 )について 負 荷 軽 減 曲 線 の 横 軸 を 現 状 大 勢 を 占 める 周 囲 温 度 から 端 子 部 温 度 への 変 更 を 提 案 負 荷 軽 減 曲 線 の 端 子 部 温 度 化 の 背 景 と 技 術 的 根 拠 熱 電 対 を 用 いた 測 定 事 例 参 加 各 社 による 測 定 方 法 確 認 結 果 (ラウンドロビ ンテスト)など 具 体 的 なデータを 交 えて 解 説 高 密 度 実 装 化 が 進 む 現 代 の 機 器 設 計 に 適 した 新 しい 温 度 ディレーティング 方 法 を 提 案 します 19

20 内 容 構 成 ( 目 次 ) 1 ヒューズのディレーティングの 必 要 性 表 面 実 装 形 ヒューズにおける 温 度 ディレーティング 3 端 子 部 による 温 度 ディレーティングの 提 案 4 端 子 部 による 温 度 ディレーティングの 技 術 的 根 拠 5 端 子 部 温 度 と 周 囲 温 度 による 選 定 例 の 比 較 0

21 テクニカルレポート ヒューズのディレーティングの 必 要 性 (P1) 1 ヒューズのディレーティングの 必 要 性 定 常 ディレーティング 定 常 ディレーティングは ヒューズの 種 類 や 各 安 全 規 格 の 認 定 により 適 用 する 場 合 としない 場 合 がある 定 格 電 流 に 対 して 一 定 の 割 合 で 負 荷 電 流 を 軽 減 耐 久 性 を 確 保 ( 適 用 品 種 については カタログ メーカへの 確 認 が 必 要 ) 温 度 ディレーティング ヒューズを 使 用 する 温 度 により 負 荷 電 流 を 軽 減 耐 久 性 を 確 保 軽 減 率 はヒューズの 種 類 により 異 なるが それぞ れに 定 められた 基 準 温 度 を 超 えて 使 用 する 場 合 には 必 ず 必 要 考 慮 しないと 高 温 下 でヒューズの 早 切 れのリスク 1

22 表 面 実 装 形 ヒューズにおける 温 度 ディレーティング 基 板 上 の 実 装 密 度 ( 発 熱 密 度 )の 違 いにより テクニカルレポート 表 面 実 装 形 ヒューズにおける 温 度 ディレーティング(P~3) 現 状 の 温 度 ディレーティングの 問 題 点 周 囲 温 度 が 同 じ 状 況 でも ヒューズの 温 度 が 異 なるが 現 行 の 温 度 ディレーティングは 周 囲 温 度 で 負 荷 率 を 決 定 ヒューズ 温 度 と 相 関 を 取 ることは 困 難

23 テクニカルレポート 表 面 実 装 形 ヒューズにおける 温 度 ディレーティング(P~3) 部 品 温 度 は 端 子 部 で 整 理 するのが 合 理 的 周 囲 温 度 が 同 じでも 部 品 温 度 は 異 なるが 部 品 内 部 での 温 度 上 昇 は 負 荷 電 力 に 対 して 一 定 周 囲 の 部 品 の 発 熱 や パターン 形 状 などにより 部 品 温 度 が 異 なる 場 合 でも 部 品 内 の 温 度 分 布 = 端 子 部 温 度 からの 温 度 上 昇 は 等 しい 端 子 部 温 度 さえ 分 かれば 部 品 の 温 度 がわかる 3

24 テクニカルレポート 端 子 部 による 温 度 ディレーティングの 提 案 (P4~5) 3 端 子 部 による 温 度 ディレーティングの 提 案 提 案 :ヒューズの 負 荷 軽 減 曲 線 の 横 軸 を 端 子 部 温 度 に 変 更 使 用 する 表 面 実 装 形 ヒューズの 端 子 部 温 度 を 測 定 する 横 軸 に 端 子 部 温 度 を 明 記 した 負 荷 軽 減 曲 線 から 必 要 な 負 荷 軽 減 率 を 求 める 表 面 実 装 形 ヒューズへの 負 荷 電 流 を 定 格 電 流 負 荷 軽 減 率 となる 範 囲 で 使 用 する 温 度 ディレーティングの 例 ヒューズの 特 性 及 び 仕 様 定 格 電 流 :1A 定 常 ディレーティング 軽 減 率 :100% 負 荷 軽 減 曲 線 : 左 図 使 用 条 件 端 子 部 温 度 :100 負 荷 電 流 の 最 大 値 =1A 60%=0.6A 横 軸 周 囲 温 度 の 負 荷 軽 減 曲 線 は 周 囲 温 度 端 子 部 温 度 と 読 み 替 える 4

25 テクニカルレポート 端 子 部 による 温 度 ディレーティングの 技 術 的 根 拠 (P6~18) 4 端 子 部 による 温 度 ディレーティングの 技 術 的 根 拠 熱 電 対 の 取 付 けと 測 定 方 法 についての 検 証 参 加 メーカ 各 社 によるラウンドロビンテストを 実 施 温 度 測 定 方 法 の 評 価 のため 発 熱 / 温 度 上 昇 しやすい 発 熱 / 温 度 上 昇 を 一 定 に 揃 える チップ 抵 抗 器 の 温 度 測 定 を 実 施 使 用 する 熱 電 対 の 種 類 取 付 け 方 を 規 定 TypeK φ 0.1mm はんだ 部 への 取 付 け 状 態 を 指 定 測 定 方 法 を 揃 えることで 測 定 バラ つきは 温 度 上 昇 に 対 して6~7% 程 度 以 内 に 収 まる 5

26 テクニカルレポート 端 子 部 温 度 と 周 囲 温 度 による 選 定 例 の 比 較 (P19~1) 5 端 子 部 温 度 と 周 囲 温 度 による 選 定 例 の 比 較 周 囲 温 度 と 端 子 部 温 度 での 選 定 例 の 比 較 テストケースを 設 定 し 具 体 的 な 選 定 手 順 を 紹 介 周 囲 に 発 熱 部 品 あり 周 囲 に 発 熱 部 品 なし 同 じ 周 囲 温 度 で 端 子 部 温 度 が 異 なるケースを 想 定 6

27 テクニカルレポート 端 子 部 温 度 と 周 囲 温 度 による 選 定 例 の 比 較 (P19~1) 選 定 結 果 の 比 較 端 子 部 温 度 で 選 定 した 場 合 ヒューズAは 使 用 不 可 ( 実 際 にはリスクがあるが 周 囲 温 度 ではOKとなってしまう ) 7

28 ヒューズを 正 しく 選 定 頂 き 安 全 な 使 用 を お 願 いいたします ヒューズは 普 段 は 切 れては 困 る 故 障 異 常 時 は 切 れなくては 困 る 火 災 事 故 一 見 相 反 する 要 求 をきちんと 満 たす 選 定 が 重 要 です 迷 ったら 事 前 にご 使 用 ヒューズメーカにご 確 認 ください! 8

DT-03取扱説明書

DT-03取扱説明書 はじめに 壁 掛 / 卓 上 型 温 度 調 節 計 デジサーモ DT-03 取 扱 説 明 書 この 度 は 東 邦 電 子 製 品 デジサーモ(DT-03)をご 購 入 頂 きまして 誠 にありがとうございます 本 製 品 をご 使 用 になる 前 に 本 書 を 良 くお 読 み 頂 き 内 容 をご 理 解 した 上 で ご 使 用 をお 願 い 致 します 尚 本 書 は 大 切 に 保

More information

スライド 1

スライド 1 電 気 用 品 に 起 因 した 製 品 事 故 & 原 因 解 析 事 例 の 紹 介 電 気 用 品 安 全 法 セミナー 資 料 ( 平 成 26 年 11 月 14 日 : 広 島 市 ) ( 独 ) 製 品 評 価 技 術 基 盤 機 構 中 国 支 所 ウォーターサーバーからの 出 火 事 例 ー1 事 故 発 生 は2011 年 11 月 使 用 期 間 は 約 3 年 出 火 箇 所

More information

Microsoft PowerPoint - 職務発明

Microsoft PowerPoint - 職務発明 職 務 発 明 制 度 とその 活 用 平 成 27 年 12 月 8 日 弁 理 士 弁 護 士 加 藤 光 宏 自 己 紹 介 略 歴 昭 和 63 年 3 月 京 都 大 学 工 学 部 航 空 工 学 科 卒 業 昭 和 63 年 4 月 川 崎 重 工 業 株 式 会 社 航 空 宇 宙 事 業 本 部 平 成 9 年 1 月 弁 理 士 登 録 平 成 16 年 4 月 名 古 屋 大

More information

<4D F736F F D F8CF08FC295FB8EAE834B CA982A68FC182B594C5816A>

<4D F736F F D F8CF08FC295FB8EAE834B CA982A68FC182B594C5816A> 国 土 交 通 省 直 轄 工 事 における 技 術 提 案 交 渉 方 式 の 運 用 ガイドライン 平 成 27 年 6 月 国 土 交 通 省 大 臣 官 房 地 方 課 大 臣 官 房 技 術 調 査 課 大 臣 官 房 官 庁 営 繕 部 計 画 課 目 次 1. 本 運 用 ガイドラインの 位 置 付 け... 1 1.1 背 景 及 び 目 的... 1 1.2 本 運 用 ガイドラインの

More information

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当 四 日 市 港 ポートビル 自 家 用 電 気 工 作 物 保 安 管 理 業 務 仕 様 書 1 目 的 本 仕 様 書 は 委 託 者 ( 以 下 甲 という )が 設 置 した 自 家 用 電 気 工 作 物 の 保 安 管 理 業 務 に 係 わる 委 託 契 約 の 内 容 について 当 該 業 務 のみを 内 容 とし 統 一 的 な 解 釈 及 び 運 用 を 図 るととも に その

More information

1 2

1 2 1 2 仕 様 備 考 規 JEM1225-2007 及 び 最 小 外 形 寸 法 W700 H23 D1300mm 700 /23 / 1300 保 守 スペース 前 面 10 背 面 600(mm) 注 1 最 大 段 積 み 数 5 段 3.3 / 6.6kV 共 通 使 用 圧 (kv) 3.3 / 6.6 雷 インパルス( 標 準 波 形 ) 大 地 間 相 間 60 耐 圧 (kv)

More information

24. 情 報 の 整 理 とモデル 化 評 価 は 最 終 的 な 成 績 が9 点 以 上 の 場 合 S 9 点 未 満 8 点 以 上 の 場 合 A 8 点 未 満 7 点 以 上 の 場 合 B 7 点 未 満 6 点 以 上 の 場 合 C 6 点 未 満 の 場 合 F なお 出 席

24. 情 報 の 整 理 とモデル 化 評 価 は 最 終 的 な 成 績 が9 点 以 上 の 場 合 S 9 点 未 満 8 点 以 上 の 場 合 A 8 点 未 満 7 点 以 上 の 場 合 B 7 点 未 満 6 点 以 上 の 場 合 C 6 点 未 満 の 場 合 F なお 出 席 216 年 度 春 学 期 ( 月 V/ 火 II ) 情 報 情 報 視 覚 化 24. 情 報 の 整 理 とモデル 化 2. 情 報 のグラフ 化 26. 情 報 の 図 解 化 最 初 に 東 京 学 芸 大 学 自 然 科 学 系 宇 宙 地 球 科 学 分 野 講 師 西 浦 慎 悟 講 義 資 料 は http://astro.u-gakugei.ac.jp/~nishiura 西 浦

More information

SLR-343 : LED

SLR-343 : LED 特 長 外 観 図 指 向 角 2θ 1/2 : 直 付 け 対 応 Color Type V D Y M P E B WB 外 形 寸 法 図 はんだ 付 け 推 奨 パターン ±0.1 2.0 2.5 or 5.0 Tolerance : 0.2 (unit : mm) (unit : mm) 製 品 仕 様 指 向 角 2θ 1/2( 素 子 タイプ) / : スタンダード 品 名 素 子 材

More information

Microsoft Word - 103第Ⅱ章第2節.docx

Microsoft Word - 103第Ⅱ章第2節.docx 平 成 21 間 回 顧 住 宅 投 資 の 動 向 について 以 降 建 設 投 資 は 低 迷 しており その 中 で 住 宅 投 資 の 下 落 は 顕 著 である 21 12 月 の 新 設 住 宅 着 工 戸 数 は 前 同 月 比.7% 減 の 6.9 万 戸 と 前 比 マイナス は13カ 月 続 いており 21 では 前 比 27.9%の 78 万 841 戸 であった 8 万 戸

More information

日本の生命保険業績動向 ざっくり30年史(3)保険料収入・保険金支払など-銀行窓販で、復調?

日本の生命保険業績動向 ざっくり30年史(3)保険料収入・保険金支払など-銀行窓販で、復調? ニッセイ 基 礎 研 究 所 基 礎 研 レター -- 日 本 の 生 命 保 険 業 績 動 向 ざっくり 3 年 史 (3) 保 険 料 収 入 保 険 金 支 払 など 銀 行 窓 販 で 復 調? 保 険 研 究 部 主 任 研 究 員 安 井 義 浩 (3)3-833 yyasui@nli-research.co.jp お 金 の 流 れだけみると 保 険 会 社 はまず 保 険 料 を

More information

情 報 のモデル 化 物 理 モデル : 実 物 を 元 にして 作 製 された 実 体 モデル 例 )プラモデル 博 物 館 の 展 示 用 モデル 歴 史 資 料 館 の 再 現 モデル など 必 要 に 応 じてディフォルメされるケースが 多 い 例 ) 有 限 要 素 法 によるシミュレーシ

情 報 のモデル 化 物 理 モデル : 実 物 を 元 にして 作 製 された 実 体 モデル 例 )プラモデル 博 物 館 の 展 示 用 モデル 歴 史 資 料 館 の 再 現 モデル など 必 要 に 応 じてディフォルメされるケースが 多 い 例 ) 有 限 要 素 法 によるシミュレーシ 最 初 に 21 年 度 春 学 期 ( 月 V/ 火 II ) 情 報 情 報 視 覚 化 2. 情 報 のグラフ 化 2. 情 報 の 図 解 化 講 義 資 料 は http://astro.u-gakugei.ac.jp/~nishiura 西 浦 クンの 講 義 室 に 縮 小 版 (PDFファイル)を 置 く 予 定 東 京 学 芸 大 学 自 然 科 学 系 宇 宙 地 球 科 学 分

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション カム リンク 機 構 の 設 計 2010/02/02 テクファ ジャパン( 株 ) 香 取 英 男 カム 機 構 は 半 導 体 や 電 子 部 品 などを 高 速 かつ 多 量 に 製 造 する 機 械 に 数 多 く 用 いられている 重 要 な 機 構 の 一 つである カム 機 構 の 設 計 製 作 を 正 しく 行 えば 長 期 間 にわたって 信 頼 性 の 高 い 性 能 を 発

More information

別添2             入札説明書例                      (電子入札用)

別添2             入札説明書例                      (電子入札用) 平 成 26 年 度 地 域 企 業 の 輸 出 促 進 に 関 する 調 査 業 務 委 託 説 明 書 静 岡 県 発 注 の 平 成 26 年 度 地 域 企 業 の 輸 出 促 進 に 関 する 調 査 業 務 委 託 に 係 る 企 画 提 案 方 式 の 手 続 開 始 の 公 告 に 基 づく 契 約 予 定 者 を 特 定 するための 企 画 提 案 書 等 の 提 出 については

More information

Microsoft Word - 247サンプル1.DOC

Microsoft Word - 247サンプル1.DOC 第 3 章 ハイブリッド 自 動 車 の 永 久 磁 石 モータ 制 御 技 術 トヨタ 自 動 車 株 式 会 社 佐 々 木 正 一 トヨタ 自 動 車 株 式 会 社 佐 藤 栄 次 トヨタ 自 動 車 株 式 会 社 岡 村 賢 樹 株 式 会 社 豊 田 中 央 研 究 所 稲 熊 幸 雄 3.1 まえがき 自 動 車 の 排 出 ガスによる 環 境 問 題 は 以 前 から 叫 ばれ 電

More information

<4D F736F F D D38F8A92F990B A DC58F4994C5817A8EA58B DB88EC08E7B977697CC816988C4816A2E646F63>

<4D F736F F D D38F8A92F990B A DC58F4994C5817A8EA58B DB88EC08E7B977697CC816988C4816A2E646F63> 磁 気 探 査 実 施 要 領 ( 案 ) 平 成 24 年 10 月 沖 縄 総 合 事 務 局 開 発 建 設 部 目 次 1 総 則 1 1-1 目 的 1 1-2 適 用 範 囲 1 1-3 用 語 の 定 義 1 1-3-1 磁 気 探 査 1 1-3-2 不 発 弾 不 発 弾 等 1 1-3-3 不 発 弾 貫 入 深 度 1 1-3-4 磁 気 量 2 2 探 査 計 画 3 2-1

More information

1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 称 豊 成 団 地 2 号 棟 他 1 棟 耐 震 改 修 設 計 業 務 ( 業 務 概 要 ) 本 業 務 は 豊 成 団 地 2 3 号 棟 の 耐 震 診 断 耐 震 改 修 基 本 検 討 耐 震 改 修 設 計 ( 耐 震 改 修 評 定 取 得

1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 称 豊 成 団 地 2 号 棟 他 1 棟 耐 震 改 修 設 計 業 務 ( 業 務 概 要 ) 本 業 務 は 豊 成 団 地 2 3 号 棟 の 耐 震 診 断 耐 震 改 修 基 本 検 討 耐 震 改 修 設 計 ( 耐 震 改 修 評 定 取 得 豊 成 団 地 2 号 棟 他 1 棟 耐 震 改 修 設 計 業 務 仕 様 書 ( 平 成 27 年 度 ) 平 成 27 年 11 月 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 中 部 支 社 住 宅 経 営 部 ストック 技 術 チーム 1 1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 称 豊 成 団 地 2 号 棟 他 1 棟 耐 震 改 修 設 計 業 務 ( 業 務 概 要 ) 本

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081796A696E6A695F736569646F5F3031817A8ED088F582CC82E282E98B4382F088F882AB8F6F82B7906C8E9690A7937882CC90AE94F55F3131303631332E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081796A696E6A695F736569646F5F3031817A8ED088F582CC82E282E98B4382F088F882AB8F6F82B7906C8E9690A7937882CC90AE94F55F3131303631332E646F63> Ⅰ 人 事 制 度 の 整 備 は 現 状 把 握 から 1. 人 事 制 度 の 類 型 を 理 解 する 2. 人 事 制 度 は5つの 項 目 で 分 析 3. 人 件 費 が 経 営 に 与 える 影 響 4. 個 別 賃 金 の 分 析 を 行 う Ⅲ 基 準 定 義 の 明 確 化 で 社 員 のモチベーションが 向 上 1. 職 能 資 格 職 務 役 割 等 級 フレーム 例 2.

More information

POM DURACON POM グレード 別 物 性 表 標 準 高 剛 性 M25-44 M90-44 M140-44 M270-44 M450-44 M90FC HP25X 高 粘 度 標 準 高 流 動 高 流 動 ハイサイ クル 超 高 流 動 ハイ サイクル 密 度 g/cm 3 ISO

POM DURACON POM グレード 別 物 性 表 標 準 高 剛 性 M25-44 M90-44 M140-44 M270-44 M450-44 M90FC HP25X 高 粘 度 標 準 高 流 動 高 流 動 ハイサイ クル 超 高 流 動 ハイ サイクル 密 度 g/cm 3 ISO POM DURACON POM グレード 別 物 性 表 標 準 高 剛 性 M25-44 M90-44 M140-44 M270-44 M450-44 M90FC HP25X 高 粘 度 標 準 高 流 動 高 流 動 ハイサイ クル 超 高 流 動 ハイ サイクル 密 度 g/cm 3 ISO 1183 1.41 1.41 1.41 1.41 1.41 1.41 1.41 引 張 強 さ MPa

More information

処 することができることを 付 記 したい. (2) 設 計 安 全 率 ここで 大 切 なことは, 両 者 のバランスが 重 要 である. 例 えば, 安 全 率 を, 地 震 荷 重 安 全 率 (2) 耐 震 性 能 のように 定 義 すると, 式 (1)に 倣 って, 以 下 のように 照

処 することができることを 付 記 したい. (2) 設 計 安 全 率 ここで 大 切 なことは, 両 者 のバランスが 重 要 である. 例 えば, 安 全 率 を, 地 震 荷 重 安 全 率 (2) 耐 震 性 能 のように 定 義 すると, 式 (1)に 倣 って, 以 下 のように 照 9 回 耐 震 設 計 : 構 造 物 の 安 全 性 を 照 査 する 1. 耐 震 設 計 とは (1) 設 計 照 査 : 壊 れるか/ 壊 れないか? 耐 震 設 計 (seismic design)は,どのようにしてなされるのか.これは, 簡 単 に 言 うと, 構 造 物 が, 地 震 に 対 して 壊 れないように 設 計 すること であり, 工 学 的 には, 構 造 物 が, 設

More information

別 紙 平 成 2 8 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上

別 紙 平 成 2 8 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上 別 紙 平 成 2 8 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上 継 続 し 借 入 申 込 日 において 貯 蓄 残 高 が50 万 円 以 上 ある 者 2 融

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C82528144825090BB8DEC318140976E90DA8E7E925B8E648FE382B0814031323038323381698DB893C788D38CA994BD89665F3132303931305F8DC58F4994C55F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C82528144825090BB8DEC318140976E90DA8E7E925B8E648FE382B0814031323038323381698DB893C788D38CA994BD89665F3132303931305F8DC58F4994C55F2E646F63> 3. 鋼 橋 の 耐 久 性 向 上 に 関 わる 取 組 について (1) 溶 接 部 の 止 端 仕 上 げ 形 状 と 仕 上 げ 方 法 製 作 小 委 員 会 溶 接 技 術 部 会 村 上 貴 紀 山 田 浩 二 大 前 暢 鈴 木 俊 光 綿 谷 剛 1.はじめに 近 年 鋼 道 路 橋 においては 自 動 車 交 通 量 の 増 加 と 過 積 載 等 の 影 響 により 溶 接 接

More information

(2) 事 業 内 容 ( 枠 に 収 まらない 場 合 は 適 宜 広 げてください 複 数 ページになっても 結 構 です ) 1. 事 業 計 画 名 (30 字 程 度 ) 産 業 機 械 用 機 関 系 部 品 における 鋳 造 による 一 体 成 形 品 の 試 作 開 発 事 業 目

(2) 事 業 内 容 ( 枠 に 収 まらない 場 合 は 適 宜 広 げてください 複 数 ページになっても 結 構 です ) 1. 事 業 計 画 名 (30 字 程 度 ) 産 業 機 械 用 機 関 系 部 品 における 鋳 造 による 一 体 成 形 品 の 試 作 開 発 事 業 目 ( 様 式 2) 平 成 24 年 度 補 正 ものづくり 中 小 企 業 試 作 開 発 等 支 援 補 助 金 の 事 業 に 取 り 組 んでいる 方 は 以 下 に 受 付 番 号 を 記 入 してください 受 付 番 号 :123456789 事 業 計 画 書 (2 次 公 募 ) 該 当 する 項 目 に を 付 してください 1 次 公 募

More information

Microsoft PowerPoint - komaba2011-5.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - komaba2011-5.ppt [互換モード] 宇 宙 科 学 II ( 電 波 天 文 学 ) 第 5 回 黒 体 放 射 & ビッグバン 宇 宙 前 回 の 復 習 1 干 渉 計 の 基 本 方 程 式 干 渉 計 の 基 本 的 な 観 測 量 : 幾 何 学 的 遅 延 時 間 τ g s: 天 体 の 方 向 ベクトル B: 基 線 ベクトル c: 光 速 度 電 波 干 渉 計 の 模 式 図 ここでは 簡 単 のため 天 体 は

More information

Microsoft PowerPoint - 医用工学概論実習1203.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 医用工学概論実習1203.ppt [互換モード] CR 結 合 回 路 の 抵 抗 電 圧 ER は 微 分 回 路 になる 低 域 遮 断 フィルタ コンデンサ 電 圧 Ec は 積 分 回 路 になる 高 域 遮 断 フィルタ センサ sensor (トランスデューサ)の 実 験 温 度 や 明 るさの 情 報 を 抵 抗 値 や 電 圧 などの 電 気 信 号 情 報 に 変 換 するセンサの 動 作 を 確 かめる サーミスタ Thermistor

More information

SSM6J511NU_J_20160105

SSM6J511NU_J_20160105 MOSFET シリコンPチャネルMOS 形 (U-MOS) SSM6J511NU SSM6J511NU 1. 用 途 パワーマネジメントスイッチ 用 2. 特 長 (1) 1.8 駆 動 です (2) オン 抵 抗 が 低 い R DS(ON) = 13.5 mω ( 最 大 ) (@ GS = -2.5 ) R DS(ON) = 10 mω ( 最 大 ) (@ GS = -4.5 ) 3. 外

More information

1. 総 説 1.1 背 景 橋 梁 コンクリート 床 版 の 防 水 層 として 2010 年 より 技 術 基 準 化 された 床 版 防 水 層 グレ ードⅡ 上 の 舗 装 に 対 して 従 前 のものより 施 工 性 を 向 上 させることが 求 められたことを 背 景 に,NEXCO 総

1. 総 説 1.1 背 景 橋 梁 コンクリート 床 版 の 防 水 層 として 2010 年 より 技 術 基 準 化 された 床 版 防 水 層 グレ ードⅡ 上 の 舗 装 に 対 して 従 前 のものより 施 工 性 を 向 上 させることが 求 められたことを 背 景 に,NEXCO 総 高 性 能 床 版 防 水 に 適 合 した 新 たな 橋 梁 レベリング 層 用 アスファルト 混 合 物 設 計 施 工 暫 定 要 領 平 成 26 年 12 月 東 日 本 高 速 道 路 1. 総 説 1.1 背 景 橋 梁 コンクリート 床 版 の 防 水 層 として 2010 年 より 技 術 基 準 化 された 床 版 防 水 層 グレ ードⅡ 上 の 舗 装 に 対 して 従 前

More information

Microsoft Word - 【5.30】2016年度立命館用 警察官・消防官講座募集要項

Microsoft Word - 【5.30】2016年度立命館用 警察官・消防官講座募集要項 エクステンションセンター 公 務 員 講 座 衣 笠 BKC OIC 講 座 概 要 このコースは 警 察 官 消 防 官 試 験 において 定 評 のある TAC 株 式 会 社 および 学 校 法 人 大 原 学 園 の 警 察 官 消 防 官 講 座 を 教 室 講 座 DVD( 映 像 ) 通 学 講 座 及 びWeb 通 信 講 座 で 受 講 するものです Web 通 信 講 座 は パソコン

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

2014-101.indd

2014-101.indd 第 章 景 気 と 地 価 不 動 産 関 連 指 標 の 時 系 列 相 関 に 関 する 考 察 第 章 景 気 と 地 価 不 動 産 関 連 指 標 の 時 系 列 相 関 に 関 する 考 察 株 式 会 社 都 市 未 来 総 合 研 究 所 研 究 第 一 部 副 主 任 研 究 員 丸 山 直 樹 (まるやま なおき) maruyama@tmri.co.jp はじめに 202 年 2

More information

琵琶湖流域下水道

琵琶湖流域下水道 琵 琶 湖 流 域 下 水 道 ストックマネジメントガイドライン 概 要 版 平 成 21 年 7 月 滋 賀 県 琵 琶 湖 環 境 部 下 水 道 課 はじめに 我 が 国 のインフラの 多 くは 戦 後 の 高 度 経 済 成 長 期 に 整 備 され 現 在 では 膨 大 なストックを 有 するに 至 っている それらのストックは 年 々 劣 化 し 修 繕 や 改 築 のコストの 増 大

More information

参 加 条 件 この 競 争 入 札 に 参 加 できる 者 は 次 に 掲 げる 要 件 をすべて 満 たしているものとする (1) 久 留 米 市 物 品 供 給 業 者 有 資 格 者 名 簿 に 久 留 米 市 指 定 ごみ 袋 で 登 録 があること (2) 市 県 国 税 の 滞 納 が

参 加 条 件 この 競 争 入 札 に 参 加 できる 者 は 次 に 掲 げる 要 件 をすべて 満 たしているものとする (1) 久 留 米 市 物 品 供 給 業 者 有 資 格 者 名 簿 に 久 留 米 市 指 定 ごみ 袋 で 登 録 があること (2) 市 県 国 税 の 滞 納 が 久 留 米 市 公 告 第 58 号 下 記 の 物 品 久 留 米 市 指 定 ごみ 袋 ( 家 庭 用 大 小 ) について 条 件 付 き 一 般 競 争 入 札 を 施 行 するので 物 品 の 内 容 並 びに 入 札 参 加 申 請 の 受 付 の 期 間 及 び 方 法 を 次 のとおり 公 告 する 平 成 28 年 4 月 22 日 品 名 入 札 1 久 留 米 市 指 定 ごみ

More information

以 下 は 例 示 です 公 募 提 案 型 の 応 募 のため このとおり 記 載 しても 採 択 するものではありません ( 様 式 2) (1) 応 募 者 の 概 要 等 事 業 計 画 書 ( 連 携 体 で 申 請 を 行 う 場 合 は 以 下 の 頁 を 複 製 して 全 ての 応

以 下 は 例 示 です 公 募 提 案 型 の 応 募 のため このとおり 記 載 しても 採 択 するものではありません ( 様 式 2) (1) 応 募 者 の 概 要 等 事 業 計 画 書 ( 連 携 体 で 申 請 を 行 う 場 合 は 以 下 の 頁 を 複 製 して 全 ての 応 ( 様 式 1) 本 社 の 所 在 地 を 記 載 してください ただし 本 社 の 所 在 地 と 補 助 事 業 の 主 たる 実 施 場 所 が 異 なる 場 合 は2 段 書 で 両 方 の 所 在 地 を 記 載 してください 連 携 体 で 申 請 する 場 合 は 各 申 請 者 名 を 併 記 してくださ い また 主 連 絡 先 ( 幹 事 企 業 を 一 番 上 に 記 載 してください

More information

「災害などのリスクと経済政策」勉強会 (第4回)

「災害などのリスクと経済政策」勉強会 (第4回) 図 11:< 最 適 なリスクファイナンスの 水 準 > よって 費 用 対 効 果 の 観 点 からして 費 用 の 掛 け 方 には 100%でない どこか 別 の 適 正 な 水 準 がある 例 えば 免 責 金 額 を 設 けることでコストをセーブする あるいは 全 体 に 保 険 をかけるのではなく 一 部 分 をピックアップして 保 険 をかける さらには 保 険 をかけるタ イミングを

More information

1. 安 全 に 関 するご 注 意 この 製 品 は 産 業 機 器 に 使 用 する 電 子 除 湿 器 です 本 来 の 目 的 以 外 では 絶 対 に 使 用 しないでください ご 使 用 になる 前 に 安 全 に 関 するご 注 意 をよくお 読 みの 上 正 しくお 使 いください

1. 安 全 に 関 するご 注 意 この 製 品 は 産 業 機 器 に 使 用 する 電 子 除 湿 器 です 本 来 の 目 的 以 外 では 絶 対 に 使 用 しないでください ご 使 用 になる 前 に 安 全 に 関 するご 注 意 をよくお 読 みの 上 正 しくお 使 いください ( 電 子 除 湿 器 ) ODE-F110-AW ODE-F122-AW ODE-N103-AW ODE-N105-AW 取 扱 説 明 書 ご 使 用 になる 前 に 必 ずこの 取 扱 説 明 書 をよくお 読 みください いつも 側 に 置 いてお 使 いください 目 次 1. 安 全 に 関 するご 注 意 2 2. 各 部 の 名 称 3 3. 取 付 方 法 4 4. 配 線 6 5.

More information

志望校別特訓

志望校別特訓 ベテラン 講 師 によるTTC 指 導 でランクアップ 中 3 生 対 象 志 望 校 別 特 訓 少 人 数 指 導 で 志 望 校 合 格! 9 月 開 講 10 月 からの 受 講 も 承 っております 印 のコースは 会 場 模 試 の 偏 差 値 で 基 準 を 超 えていれば 受 講 できます ( 偏 差 値 を 示 す 資 料 をお 持 ちでない 場 合 は 選 抜 テストを 随 時

More information

目 次 1. 総 則 2. 機 能 3. 性 能 4. 外 形 寸 法 5. 端 子 構 造 6. 電 線 接 続 図 7. 表 示 例

目 次 1. 総 則 2. 機 能 3. 性 能 4. 外 形 寸 法 5. 端 子 構 造 6. 電 線 接 続 図 7. 表 示 例 目 次 1. 総 則 2. 機 能 3. 性 能 4. 外 形 寸 法 5. 端 子 構 造 6. 電 線 接 続 図 7. 表 示 例 1. 総 則 1.1 適 用 範 囲 この 規 格 は 計 器 用 変 成 器 または 計 器 用 変 圧 器 および 計 器 用 変 流 器 ( 二 次 側 三 相 3 線 式 110V 5A)とともに 取 付 ける 電 子 式 複 合 計 器 ( 以 下 計

More information

抵 抗 値 [Ω] 04.0 累 積 数 頻 度 数 頻 度 分 布 表 市 販 の 00Ωの 抵 抗 の 抵 抗 値 の 分 布 00 00 300 03.5 03.0 0.5 0.0 正 正 正 0.5 0.0 正 正 正 正 正 正 00.5 正 正 正 正 正 正 正 正 00.0 99.5

抵 抗 値 [Ω] 04.0 累 積 数 頻 度 数 頻 度 分 布 表 市 販 の 00Ωの 抵 抗 の 抵 抗 値 の 分 布 00 00 300 03.5 03.0 0.5 0.0 正 正 正 0.5 0.0 正 正 正 正 正 正 00.5 正 正 正 正 正 正 正 正 00.0 99.5 機 械 システム 応 用 実 験 ~データの 統 計 的 処 理 とデータの 考 察 について~ I. データの 統 計 的 処 理 まず データの 統 計 的 処 理 について 学 ぶ ある 物 理 量 を 測 定 する 場 合 測 定 値 の 誤 差 を 考 慮 する 必 要 がある 測 定 値 の 誤 差 には 間 違 い(mistake)や 系 統 的 誤 差 (systematic error)などがあるが

More information

原子炉の動特性

原子炉の動特性 原 子 炉 の 動 特 性 核 分 裂 連 鎖 反 応 のサイクル 世 代 と 増 倍 率 核 分 裂 で 生 まれた 中 性 子 が 再 び 核 分 裂 を 起 こして 次 の 中 性 子 を 生 み 出 すまでの 過 程 の 一 回 り を 世 代 (Geerao)と 言 う 世 代 間 の 中 性 子 の 数 の 比 を 増 倍 率 (mulplcao facor)kと 定 義 する k ある

More information

5. 給 湯 量 の 算 定 給 湯 量 の 算 定 は 人 員 による 算 定 方 法 と 器 具 数 による 算 定 方 法 があるが 一 般 的 には 人 員 による 算 定 を 行 い 必 要 に 応 じて 器 具 数 による 算 定 によりチェックを 行 う 1 1 日 の 使 用 湯 量

5. 給 湯 量 の 算 定 給 湯 量 の 算 定 は 人 員 による 算 定 方 法 と 器 具 数 による 算 定 方 法 があるが 一 般 的 には 人 員 による 算 定 を 行 い 必 要 に 応 じて 器 具 数 による 算 定 によりチェックを 行 う 1 1 日 の 使 用 湯 量 給 湯 設 備 1. 給 湯 設 備 の 概 要 給 湯 設 備 は 給 水 設 備 と 同 様 に 必 要 な 水 量 ( 湯 量 ) 使 用 目 的 に 適 した 水 圧 衛 生 的 に 安 全 な 水 質 これらに 加 えて 適 温 の 湯 を 建 物 内 の 給 湯 必 要 箇 所 に 供 給 することが 目 的 である 2. 湯 の 性 質 比 体 積 単 位 重 量 当 たりの 体 積

More information

水道用ゴム輪形硬質ポリ塩化ビニル管 検査施行要項(案) 対比表

水道用ゴム輪形硬質ポリ塩化ビニル管 検査施行要項(案) 対比表 水 道 用 ポリエチレン 被 覆 方 法 検 査 施 行 要 項 対 比 表 改 正 前 改 正 後 備 考 日 本 水 道 協 会 水 道 用 ポリエチレン 被 覆 方 法 検 査 施 行 要 項 平 成 12 年 3 月 31 日 制 定 平 成 19 年 12 月 6 日 改 正 日 本 水 道 協 会 水 道 用 ポリエチレン 被 覆 方 法 検 査 施 行 要 項 平 成 12 年 3 月

More information

Microsoft Word - Excel2.docx

Microsoft Word - Excel2.docx 2014/6-7 2014 年 度 外 国 語 学 部 コンピュータ リテラシー 8.グラフの 作 成 Microsoft Excel の 基 礎 (2) 数 字 だけ 眺 めていても 分 からなかったことが グラフにしたとたん 見 えてくるといったことは 頻 繁 にある また 人 にデータを 説 明 する 際 にも グラフは 強 力 な 方 法 である Excel に 入 力 されたデータは 容

More information

Microsoft Word - 21 別添(表紙カラー).doc

Microsoft Word - 21 別添(表紙カラー).doc 諮 問 第 2014 号 5GHz 帯 の 無 線 アクセスシステムの 技 術 的 条 件 のうち 高 速 無 線 LAN の 技 術 的 条 件 諮 問 第 2014 号 5GHz 帯 の 無 線 アクセスシステムの 技 術 的 条 件 のうち 高 速 無 線 LAN の 技 術 的 条 件 に 対 する 答 申 1 技 術 的 条 件 の 適 用 範 囲 送 受 信 装 置 及 び 制 御 装

More information

A最終報告書表紙・目次

A最終報告書表紙・目次 高 槻 市 学 校 工 事 施 工 調 査 報 告 書 平 成 26 年 3 月 高 槻 市 目 次 1 はじめに 1 2 施 工 不 良 の 判 明 と 施 工 中 の 耐 震 改 修 工 事 への 対 応 1 3 高 槻 市 学 校 工 事 施 工 調 査 委 員 会 の 設 置 (1) 設 置 目 的 と 検 討 事 項 2 (2) 施 工 中 の 工 事 契 約 について 3 4 資 料 調

More information

1. 安 全 安 心 住 宅 リフォーム 促 進 支 援 事 業 十 和 田 市 内 に 住 宅 を 所 有 し その 住 宅 にお 住 まいの 方 住 む 予 定 の 方 ( 実 申 請 できる 方 績 報 告 時 までに 対 象 住 宅 に 住 所 異 動 が 可 能 な 方 ) 市 税 等 の

1. 安 全 安 心 住 宅 リフォーム 促 進 支 援 事 業 十 和 田 市 内 に 住 宅 を 所 有 し その 住 宅 にお 住 まいの 方 住 む 予 定 の 方 ( 実 申 請 できる 方 績 報 告 時 までに 対 象 住 宅 に 住 所 異 動 が 可 能 な 方 ) 市 税 等 の 平 成 28 年 度 十 和 田 市 安 全 安 心 住 宅 リフォーム 促 進 支 援 事 業 住 宅 リフォーム 補 助 制 度 のご 案 内 ~ 目 次 ~ 1. 安 全 安 心 住 宅 リフォーム 促 進 支 援 事 業 2 2. 補 助 金 額 の 算 出 例 4 3. 申 請 から 補 助 金 の 支 払 いまでの 流 れ 7 4. 申 請 などに 必 要 な 書 類 8 5. 注 意

More information

<4D F736F F D20819A837D CF906B89BB837D836A B874895CA F94EF977082CC8E5A92E895FB9640>

<4D F736F F D20819A837D CF906B89BB837D836A B874895CA F94EF977082CC8E5A92E895FB9640> 別 添 1 居 住 性 等 の 影 響 に 対 する 費 用 の 算 定 方 法 1. 居 住 性 等 の 影 響 に 対 する 費 用 の 算 定 の 基 本 的 考 え 方 耐 震 改 修 工 事 により 特 定 の 専 有 部 分 が 居 住 性 等 の 影 響 を 受 ける 場 合 その 影 響 に 対 する 費 用 の 算 定 方 法 は 大 きくは 次 の 内 容 に 区 分 して 捉

More information

SPECIAL COLUMN 業 種 別 のインシデント 件 数 の 人 数 区 分 を 図 3に 示 す 1 件 あたりの 漏 えい 人 数 が100 人 以 下 の 漏 えい 件 数 は 公 務 が469 件 中 375 件 (80.0%)でもっとも 多 い 次 いで 金 融 保 険 業 の15

SPECIAL COLUMN 業 種 別 のインシデント 件 数 の 人 数 区 分 を 図 3に 示 す 1 件 あたりの 漏 えい 人 数 が100 人 以 下 の 漏 えい 件 数 は 公 務 が469 件 中 375 件 (80.0%)でもっとも 多 い 次 いで 金 融 保 険 業 の15 特 集 個 人 情 報 漏 えいインシデントを 減 らすためには セキュリティ 被 害 調 査 WG ( 株 )NTTデータ 大 谷 尚 通 1. はじめに 2008 年 は 2007 年 と 比 較 して 個 人 情 報 漏 えいインシデント( 以 下 インシデントとする)の 件 数 が 大 幅 に 増 加 し 1,373 件 (+509 件 )となった これは 教 育 学 習 支 援 業 金 融

More information

Microsoft Word - PBプログラムQ&A.doc

Microsoft Word - PBプログラムQ&A.doc プレビーム 橋 設 計 計 算 プログラム Q&A 集 項 目 2008.06 1. 仕 様 入 力 方 法 について 2. 入 力 時 の 制 限 エラーについて 3. 床 版 の 設 計 について 4. 計 算 結 果 照 査 NGへの 対 応 方 法 について 5. 断 面 決 定 要 領 について 6.プログラムの 不 具 合 情 報 プログラムに 関 する 質 問 や 指 摘 があれば プレビーム

More information

耐震構造委員会資料                         2006/3/24

耐震構造委員会資料                         2006/3/24 耐 震 診 断 改 修 の 手 引 き この 手 引 きは 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律 同 施 行 令 に 定 められている 指 針 基 準 ( 以 下 耐 震 診 断 基 準 * という) 等 に 基 づき その 具 体 的 な 取 り 扱 いを 示 していま す これらは 耐 震 診 断 基 準 等 の 中 で 診 断 者 の 判 断 に 委 ねられているもののうち

More information

目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱 っ

目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱 っ IFRSに 基 づく 連 結 財 務 諸 表 の 開 示 例 2016 年 3 月 31 日 金 融 庁 目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱

More information

R3150N シリーズ

R3150N シリーズ シリーズ 入 力 最 大 36V ボルテージディテクタ 概 要 R3150Nは CMOSプロセス 技 術 を 用 いた 入 力 最 大 36V ( 最 大 電 源 電 圧 の 絶 対 最 大 定 格 :50V) のボルテージ ディテクタです 高 精 度 低 消 費 電 流 であるためバッテリーの 電 圧 監 視 に 最 適 です 端 子 検 出 タイプ (R3150NxxxA/B) とSENSE 端

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

企業年金の先行きは縮小か、普及・拡大か

企業年金の先行きは縮小か、普及・拡大か 金 融 資 本 市 場 215 年 9 月 3 日 全 1 頁 企 業 年 金 の 先 行 きは 縮 小 か 普 及 拡 大 か 厚 生 年 金 基 金 と 同 時 に DB DC においても 全 体 的 な 見 直 しが 進 む 金 融 調 査 部 研 究 員 佐 川 あぐり [ 要 約 ] 214 年 4 月 に 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための

More information

(Taro-133\215\202\224\366.jtd)

(Taro-133\215\202\224\366.jtd) 記 録 のまとめ 6 講 師 高 尾 恒 治 ( 青 青 編 集 ) 演 題 : 魅 力 ある 編 集 - 本 づくりのすべて- 日 時 : 平 成 13 年 11 月 29 日 ( 木 ) カリキュラム 研 究 評 価 研 究 青 青 編 集 グループ/ 有 有 編 集 代 表 これまでの 制 作 わたしたちのとやま ( 小 教 研 社 会 科 部 会 ) 富 山 がわかる 本 ( 富 山 県 統

More information

(2) 設 計 図 書 の 作 成 別 表 1 成 果 品 一 覧 による Ⅱ. 一 般 事 項 1. 本 仕 様 書 に 記 載 されていない 事 項 は 公 共 建 築 設 計 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 ( 平 成 21 年 版 ) ( 国 土 交 通 省 大 臣 官 房 官 庁 営

(2) 設 計 図 書 の 作 成 別 表 1 成 果 品 一 覧 による Ⅱ. 一 般 事 項 1. 本 仕 様 書 に 記 載 されていない 事 項 は 公 共 建 築 設 計 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 ( 平 成 21 年 版 ) ( 国 土 交 通 省 大 臣 官 房 官 庁 営 設 計 業 務 仕 様 書 平 成 27 年 度 1. 件 名 中 部 中 学 校 ほか14 校 武 道 場 ほか 吊 天 井 崩 落 対 策 工 事 設 計 業 務 委 託 2. 設 計 対 象 施 設 (1) 場 所 四 日 市 市 西 浦 二 丁 目 ほか14 町 地 内 (2) 既 存 施 設 概 要 記 号 施 設 名 称 構 造 規 模 等 RC 造 4 階 建 ( 対 象 部 分 3

More information

第 5 章 配 管 工 事 第 節 配 管 基 準 事 1 給 水 管 及 給 水 用 具 最 終 水 機 構 流 出 側 設 置 給 水 用 具 耐 圧 性 能 有 用 い 省 第 条 第 2 減 圧 弁 逃 弁 逆 弁 空 気 弁 及 電 磁 弁 耐 久 性 能 有 用 い 省 第 条 3 家 屋 主 配 管 配 管 経 路 い 構 物 通 過 避 等 漏 水 時 修 理 容 易 行 う う

More information

02 基本事項の検討

02 基本事項の検討 駒 ヶ 根 市 中 田 切 地 区 の 小 水 力 発 電 概 略 検 討 長 野 県 土 地 改 良 事 業 団 体 連 合 会 目 次 第 1 章 調 査 の 概 要... 1-1 1.1 調 査 目 的... 1-1 1.2 工 期... 1-1 1.3 調 査 位 置... 1-1 1.4 調 査 内 容... 1-1 1.5 報 告 書 の 作 成... 1-2 第 2 章 発 電 計 画

More information

直管形LED ランプの取付方法に関する調査

直管形LED ランプの取付方法に関する調査 - 2 - - 3 - - 4 - - 5 - ~ 既 設 安 定 器 ~ 新 設 安 定 器 ~ ~ ~ - 6 - - 7 - 性 別 60 歳 代, 8.4% 年 齢 20 歳 代, 7.7% 女 性 44.8% 男 性 55.2% 50 歳 代, 19.7% 40 歳 代, 35.6% 30 歳 代, 28.5% 1,726 93.8% 114 6.2% 過 去 に 設 置 していた 6.2%

More information

耐震改修評定委員会での検討事項                 2000,4,13

耐震改修評定委員会での検討事項                 2000,4,13 平 成 24 年 6 月 耐 震 改 修 計 画 評 定 審 査 委 員 会 での 留 意 事 項 耐 震 改 修 計 画 評 定 審 査 委 員 会 の 説 明 用 資 料 の 作 成 にあたり これまでの 審 査 委 員 会 での 指 摘 の 多 い 事 項 について 以 下 の 通 りとりまとめましたので 留 意 願 います 1. 対 象 1-1. 耐 震 診 断 耐 震 改 修 計 画 評

More information

AHS路面センサの道路管理への利活用について

AHS路面センサの道路管理への利活用について 首 都 高 速 参 宮 橋 のカーブ 区 間 における 交 通 実 態 の 分 析 とAHSの 効 果 の 報 告 安 全 走 行 支 援 サービス 参 宮 橋 地 区 社 会 実 験 検 討 会 資 料 国 土 技 術 政 策 総 合 研 究 所 ITS 研 究 室 首 都 高 速 道 路 公 団 業 務 部 交 通 管 制 室 平 成 16 年 12 月 21 日 1 目 次 1. 交 通 事

More information

4 基 本 計 方 針 の 策 定 ⅰ 総 合 検 討 ⅱ 基 本 計 方 針 の 策 定 及 び 建 築 主 への 説 明 5 基 本 計 図 書 の 作 成 6 概 算 工 事 費 の 検 討 7 基 本 計 内 容 の 建 築 主 への 説 明 等 1 要 求 の 確 認 ⅰ 建 築 主 の

4 基 本 計 方 針 の 策 定 ⅰ 総 合 検 討 ⅱ 基 本 計 方 針 の 策 定 及 び 建 築 主 への 説 明 5 基 本 計 図 書 の 作 成 6 概 算 工 事 費 の 検 討 7 基 本 計 内 容 の 建 築 主 への 説 明 等 1 要 求 の 確 認 ⅰ 建 築 主 の 四 日 市 市 霞 ヶ 浦 緑 地 新 テニス 場 計 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 Ⅰ 業 務 概 要 1. 業 務 の 名 称 : 四 日 市 市 霞 ヶ 浦 緑 地 新 テニス 場 計 業 務 委 託 2. 業 務 の 場 所 : 四 日 市 市 大 字 羽 津 甲 地 内 3. 施 の 名 称 : 仮 称 四 日 市 市 霞 ヶ 浦 緑 地 新 テニス 場 4. 施 の 用 途 : 平

More information

船舶電気装備工事関係法令・規則集(無線)

船舶電気装備工事関係法令・規則集(無線) 平 成 26 年 度 航 海 用 無 線 設 備 整 備 士 検 定 試 験 問 題 標 準 解 答 法 規 編 問 1. 次 の 表 は 漁 船 の 漁 業 形 態 を 述 べたものである 表 中 の の 中 に 適 切 な 用 語 を 記 入 し それぞれの 漁 業 形 態 に 応 じた 従 業 制 限 の 種 類 を( )に 記 入 せよ (6 点 ) 漁 船 の 種 類 漁 業 形 態 従

More information

Microsoft Word - 耐震診断ガイドライン.doc

Microsoft Word - 耐震診断ガイドライン.doc 既 存 建 築 物 の 耐 震 診 断 耐 震 改 修 ガイドライン 制 定 平 成 25 年 4 月 1 日 愛 媛 建 築 住 宅 センター 耐 震 評 定 委 員 会 1 - 目 次 - Ⅰ 総 論 A ガイドラインの 目 的 など B 適 用 範 囲 C 診 断 方 法 および 判 定 基 準 D 準 拠 する 基 規 準 E 参 考 とする 技 術 マニュアル 手 引 書 Ⅱ 現 地 調

More information

コンテナ 船 の 大 型 化 1960 年 代 にコンテナ 専 用 船 が 登 場 して 以 来 各 種 設 計 製 造 技 術 の 発 展 とともにコンテナ 船 は 大 型 化 を 続 けてきた [1] 1980 年 後 半 のPost Panamax 船 型 の 登 場 後 はその 傾 向 が

コンテナ 船 の 大 型 化 1960 年 代 にコンテナ 専 用 船 が 登 場 して 以 来 各 種 設 計 製 造 技 術 の 発 展 とともにコンテナ 船 は 大 型 化 を 続 けてきた [1] 1980 年 後 半 のPost Panamax 船 型 の 登 場 後 はその 傾 向 が 平 成 22 年 度 日 本 船 舶 海 洋 工 学 会 春 季 講 演 会 2010 年 6 月 8 日 コンテナラッシングの 技 術 課 題 安 藤 英 幸 城 戸 恒 介 株 式 会 社 MTI 技 術 戦 略 グループ 1 Copyright 2006 2010 背 景 2 1 コンテナ 船 の 大 型 化 1960 年 代 にコンテナ 専 用 船 が 登 場 して 以 来 各 種 設 計

More information

Ⅰ.タイ 現 地 法 人 における VAT 未 還 付 事 例 (3) 概 要 タイ 現 地 法 人 が 陥 った 付 加 価 値 税 (VAT) 未 還 付 問 題 の 具 体 的 な 事 例 として 前 回 は 申 請 後 の 税 務 調 査 が 終 わらないケースを 前 々 回 は VAT 還

Ⅰ.タイ 現 地 法 人 における VAT 未 還 付 事 例 (3) 概 要 タイ 現 地 法 人 が 陥 った 付 加 価 値 税 (VAT) 未 還 付 問 題 の 具 体 的 な 事 例 として 前 回 は 申 請 後 の 税 務 調 査 が 終 わらないケースを 前 々 回 は VAT 還 March 11, 2016 Ⅰ.タイ 現 地 法 人 における VAT 未 還 付 事 例 (3) 永 峰 バンチキ 会 計 事 務 所 公 認 会 計 士 山 崎 宏 史 2 Ⅱ. 海 外 研 修 中 のベトナム 人 従 業 員 の 個 人 所 得 税 申 告 について I GLOCAL CO.,LTD 5 本 資 料 は 情 報 提 供 を 唯 一 の 目 的 としたものであり 金 融 商 品

More information

概 要 近 年 研 究 者 としてのキャリアの 入 り 口 として 広 く 認 識 されつつあるポストドクターは 任 期 付 の 職 位 である 本 稿 ではポストドクターから 任 期 のない 正 規 の 雇 用 ( 正 規 職 )への 移 行 状 況 及 び 移 行 パターンを 文 部 科 学 省

概 要 近 年 研 究 者 としてのキャリアの 入 り 口 として 広 く 認 識 されつつあるポストドクターは 任 期 付 の 職 位 である 本 稿 ではポストドクターから 任 期 のない 正 規 の 雇 用 ( 正 規 職 )への 移 行 状 況 及 び 移 行 パターンを 文 部 科 学 省 報 道 発 表 科 学 技 術 学 術 政 策 研 究 所 平 成 26 年 6 月 5 日 ポストドクターの 正 規 職 への 移 行 に 関 する 研 究 科 学 技 術 学 術 政 策 研 究 所 ( 所 長 榊 原 裕 二 )は 若 手 研 究 者 のキャリア 形 成 に 関 する 問 題 を 詳 しく 検 討 するために ポストドクターから 安 定 した 正 規 職 ( 常 勤 任 期 なし)への

More information

1 15 7 4 7 7 2 3 4 5 35.0% 9.8% 1 44.8% 33.8% 21.4% 55.2% 40 53.3% 20 74.0% 38.4% 17.2% 55.6% 31.6% 12.8% 44.4% 61.2% 31.8% 2.8% 0.4% 63.2% 34.0% 2.8% 57.8% 27.6% 85.4% 14.0% 0.6% 14.6% 40.6% 13.4% 11.0%

More information

< 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第

< 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第 島 根 県 県 有 施 設 長 寿 命 化 指 針 平 成 27 年 3 月 島 根 県 < 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第 3 長 寿

More information

2. 本 株 式 交 換 の 要 旨 (1) 本 株 式 交 換 の 日 程 株 式 交 換 取 締 役 会 決 議 日 ( 両 社 ) 平 成 26 年 7 月 1 日 株 式 交 換 契 約 締 結 日 ( 両 社 ) 平 成 26 年 7 月 1 日 株 式 交 換 承 認 臨 時 株 主 総

2. 本 株 式 交 換 の 要 旨 (1) 本 株 式 交 換 の 日 程 株 式 交 換 取 締 役 会 決 議 日 ( 両 社 ) 平 成 26 年 7 月 1 日 株 式 交 換 契 約 締 結 日 ( 両 社 ) 平 成 26 年 7 月 1 日 株 式 交 換 承 認 臨 時 株 主 総 各 位 平 成 26 年 7 月 1 日 会 社 名 株 式 会 社 ソフィアホールディングス 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 木 下 真 行 (コード 番 号 6942) 問 合 せ 先 取 締 役 吉 永 正 紀 (TEL 03-6205-5330) 簡 易 株 式 交 換 による 株 式 会 社 ジーンクエストの 完 全 子 会 社 化 に 関 するお 知 らせ 当 社 は 本 日

More information

消 費 生 活 相 談 統 計 によれば 全 国 消 費 生 活 情 報 ネットワーク システム (Practical Living Information Online Network System;PIO-NET)における 保 険 の 相 談 は 多 くの 商 品 役 務 の 中 で 毎 年 上

消 費 生 活 相 談 統 計 によれば 全 国 消 費 生 活 情 報 ネットワーク システム (Practical Living Information Online Network System;PIO-NET)における 保 険 の 相 談 は 多 くの 商 品 役 務 の 中 で 毎 年 上 消 費 生 活 相 談 情 報 にみる 保 険 契 約 の 現 状 と 課 題 A Review of Consumer Inquiries regarding Insurance contracts Through PIO-NET to Identify Issues 磯 村 浩 子 Hiroko ISOMURA 要 約 生 命 保 険 損 害 保 険 その 他 の 保 険 は 生 活 経 済 の

More information

第 7 章 財 務 諸 表 における 資 産 及 び 負 債 の 測 定 1. はじめに(7.1) この 章 では 資 産 及 び 負 債 の 金 額 を 決 定 する 測 定 の 概 念 を 扱 っている 内 容 は 総 論 的 な 測 定 目 的 資 産 の 測 定 負 債 の 測 定 の 大

第 7 章 財 務 諸 表 における 資 産 及 び 負 債 の 測 定 1. はじめに(7.1) この 章 では 資 産 及 び 負 債 の 金 額 を 決 定 する 測 定 の 概 念 を 扱 っている 内 容 は 総 論 的 な 測 定 目 的 資 産 の 測 定 負 債 の 測 定 の 大 解 説 IPSASB 概 念 フレームワーク2 ( 第 7 章 ~ 第 8 章 ) い ざ わ IPSASB ボードメンバー 伊 澤 ふき や IPSASB テクニカル アドバイザー 蕗 谷 け ん じ 賢 司 た け お 竹 生 国 際 公 会 計 基 準 審 議 会 ( 以 下 IPSASB)は 2006 年 から 概 念 フレームワーク( 以 下 CFW)の 検 討 を 行 ってきた この CFW

More information

<8374838B208379815B83578ECA905E>

<8374838B208379815B83578ECA905E> 2014 年 8 月 101-0044 東 京 都 千 代 田 区 鍛 冶 町 2-10-7 イーエムデータサービス 株 式 会 社 :03(3252) 6641 Fax:03(3252) 6642 2014 年 版 世 界 SSL( 次 世 代 半 導 体 照 明 /LED 及 び 有 機 EL 照 明 ) の 現 況 と 中 期 的 な 市 場 展 望 本 書 の 概 要 既 存 電 球 ( 白

More information

留学生数は昨年比4000人減少 その原因と分析

留学生数は昨年比4000人減少 その原因と分析 - 平 成 18 年 度 留 学 生 数 は 昨 年 比 4000 人 減 少 - 留 学 生 数 の 変 遷 と 入 管 施 策 から 見 る 留 学 生 10 万 人 計 画 教 育 交 流 事 業 部 長 白 石 勝 己 1983 年 10 万 人 計 画 発 表 以 降 を 三 期 に 区 分 する 日 本 学 生 支 援 機 構 が 各 高 等 教 育 機 関 等 に 対 して 行 なっている

More information

資料 厚生年金基金の今後の方向性について.PDF

資料 厚生年金基金の今後の方向性について.PDF 資 料 厚 生 年 金 基 金 今 後 方 向 性 について 1 ( 総 論 ) 2 厚 生 年 金 基 金 制 度 改 革 基 本 構 造 厚 生 年 金 被 保 険 者 を 含 めたリスク 分 かち 合 いによる 代 行 割 れ 早 期 決 代 行 割 れを 再 び 起 こさない ため 制 度 的 措 置 代 行 部 分 に 対 す る 積 立 比 率 6.0 5.0 4.0 3.0 2.0 1.5

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

Microsoft Word - 調査報告書.doc

Microsoft Word - 調査報告書.doc . 企 業 の 現 状 把 握.. 企 業 の 海 外 高 度 人 材 活 用 実 績 本 調 査 の 企 業 アンケート 送 付 総 数,66 社 のうち 9 社 (9.8%)から 回 答 を 得 た そのうち 海 外 高 度 人 材 を 活 用 している( 経 験 がある 企 業 を 含 む)は 社 (5.%)であった 実 績 は 無 いが 活 用 したいと 考 えている 企 業 が 社 (6.9%)

More information

Microsoft Word - Excel2.doc

Microsoft Word - Excel2.doc 2011/12 2011 年 度 外 国 語 学 部 コンピュータ リテラシー 8.グラフの 作 成 Microsoft Excel の 基 礎 (2) 数 字 だけ 眺 めていても 分 からなかったことが グラフにしたとたん 見 えてくるといったことは 頻 繁 にある また 人 にデータを 説 明 する 際 にも グラフは 強 力 な 方 法 である Excel に 入 力 されたデータは 容 易

More information

第 1 節 実 験 装 置 設 備 の 確 認 1.1 実 験 装 置 本 実 験 では 業 務 用 ガスコンロ(FUJIMAK 製 ガスローレンジ PGTL6-75A 14kw) 業 務 用 IH クッキングヒーター(FUJIMAK 製 電 磁 ローレンジ FICL5A 5kw) および IH 対

第 1 節 実 験 装 置 設 備 の 確 認 1.1 実 験 装 置 本 実 験 では 業 務 用 ガスコンロ(FUJIMAK 製 ガスローレンジ PGTL6-75A 14kw) 業 務 用 IH クッキングヒーター(FUJIMAK 製 電 磁 ローレンジ FICL5A 5kw) および IH 対 第 二 章 IH 加 熱 時 の 伝 熱 特 性 調 理 は 単 に 食 材 を 加 熱 するだけではなく 食 材 出 来 上 がりのこげ 加 減 など 視 覚 的 に 食 欲 を 促 進 させるためには 加 熱 性 能 も 重 要 な 要 素 になる IH とガス 加 熱 で 調 理 した 場 合 に 味 が 変 わると 言 われているが IH とガス 加 熱 で 直 接 味 に 影 響 す ることは

More information

‹KŁ§‚Ì‚µ‚¨?−iH22−j

‹KŁ§‚Ì‚µ‚¨?−iH22−j 騒 音 規 制 法 及 び 振 動 規 制 法 に 基 づく 規 制 のしおり 目 次 規 制 の 概 要 [P] 指 定 地 域 [P] 3 規 制 基 準 () 特 定 工 場 等 に 対 する 規 制 基 準 [P~P] () に 対 する 規 制 基 準 [P] (3) 改 善 勧 告 等 [P] 4 届 出 が 必 要 な 特 定 施 設 の 一 覧 [3P] 5 届 出 が 必 要 な

More information

目 次 第 1 章 農 地 保 有 合 理 化 事 業 制 度 第 1 節 農 地 保 有 合 理 化 事 業 の 創 設 と 変 遷 1 農 地 保 有 合 理 化 事 業 とは 何 か 1 P 2 の 創 設 と 変 遷 1 3 の 事 業 内 容 2 第 2 節 農 地 保 有 合 理 化 法

目 次 第 1 章 農 地 保 有 合 理 化 事 業 制 度 第 1 節 農 地 保 有 合 理 化 事 業 の 創 設 と 変 遷 1 農 地 保 有 合 理 化 事 業 とは 何 か 1 P 2 の 創 設 と 変 遷 1 3 の 事 業 内 容 2 第 2 節 農 地 保 有 合 理 化 法 平 成 23 年 度 版 2011( 平 成 23) 年 8 月 ( 社 ) 岩 手 県 農 業 公 社 目 次 第 1 章 農 地 保 有 合 理 化 事 業 制 度 第 1 節 農 地 保 有 合 理 化 事 業 の 創 設 と 変 遷 1 農 地 保 有 合 理 化 事 業 とは 何 か 1 P 2 の 創 設 と 変 遷 1 3 の 事 業 内 容 2 第 2 節 農 地 保 有 合 理 化

More information

TC74HCT4053AF/AFT

TC74HCT4053AF/AFT 東 芝 MOSデジタル 集 積 回 路 シリコン モノリシック T74HT4053AF/AFT T74HT4053AF, T74HT4053AFT Triple 2-hannel Analog Multiplexer/Demultiplexer T74HT4053A は シリコンゲート MOS 技 術 を 用 いた 高 速 MOS アナログマルチプレクサ/デマルチプレクサです MOS の 特 長 である

More information

開 講 日 時 申 込 科 目 講 座 名 講 座 内 容 1 模 試 から 学 ぶ 得 点 力 アップ 講 座 (ハイレベル 編 ) ~ベネッセ( 進 研 ) 模 試 ~ 高 2ベネッセ( 進 研 ) 模 試 の を 復 習 します テキストはみなさんの 受 けた 模 試 そのもの 正 答 率 の

開 講 日 時 申 込 科 目 講 座 名 講 座 内 容 1 模 試 から 学 ぶ 得 点 力 アップ 講 座 (ハイレベル 編 ) ~ベネッセ( 進 研 ) 模 試 ~ 高 2ベネッセ( 進 研 ) 模 試 の を 復 習 します テキストはみなさんの 受 けた 模 試 そのもの 正 答 率 の KATEKYO 新 高 2 新 高 3 対 象 科 目 選 択 制 春 期 講 習 講 座 一 覧 講 座 申 込 書 学 年 新 年 生 受 講 者 氏 名 各 時 間 から1 科 目 を 選 択 し 合 計 14コマ 選 んで 春 期 講 習 申 込 書 と 同 時 にご 提 出 ください 例 開 講 日 時 申 込 科 目 講 座 名 講 座 内 容 ( 必 須 ) ガイダンス テキスト 配

More information

中国強制製品認証制度(CCC)に対するガイド(本文)

中国強制製品認証制度(CCC)に対するガイド(本文) 中 国 強 制 製 品 認 証 制 度 (CCC)に 対 するガイド 2009 年 12 月 オムロン 株 式 会 社 インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー -1- 目 次 PAGE 1.CCC とは 3 2.CCC 対 象 / 対 象 外 判 定 の 考 え 方 5 3. 輸 出 形 態 に 応 じた 対 応 7 (1) 当 社 商 品 を 単 体 で 中 国 に 輸 出 される 場

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション キュービクル 式 高 圧 受 電 設 備 老 朽 化 省 エネ 耐 震 対 策 平 成 27 年 10 月 制 定 盤 標 準 化 協 議 会 キュービクル 技 術 部 会 近 年 生 産 設 備 や 情 報 機 器 の 高 度 化 に 伴 い 受 配 電 設 備 への 信 頼 性 の 要 求 は 益 々 高 まってきており 事 故 による 停 電 はもとより 瞬 時 の 電

More information

直 ちに 飛 行 停 止 飛 行 制 限 その 他 の 適 切 な 措 置 をとるとともに 当 該 措 置 の 内 容 を 防 衛 大 臣 に 報 告 しなければならない 3 幕 僚 長 等 は 第 1 項 又 は 前 項 の 措 置 の 全 部 又 は 一 部 を 解 除 したときは 直 ちに そ

直 ちに 飛 行 停 止 飛 行 制 限 その 他 の 適 切 な 措 置 をとるとともに 当 該 措 置 の 内 容 を 防 衛 大 臣 に 報 告 しなければならない 3 幕 僚 長 等 は 第 1 項 又 は 前 項 の 措 置 の 全 部 又 は 一 部 を 解 除 したときは 直 ちに そ 防 衛 庁 訓 令 第 32 号 自 衛 隊 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 165 号 ) 第 107 条 第 5 項 の 規 定 に 基 づき 航 空 機 の 安 全 性 の 確 保 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 平 成 7 年 4 月 17 日 防 衛 庁 長 官 玉 沢 徳 一 郎 航 空 機 の 安 全 性 の 確 保 に 関 する 訓 令 改 正 平 成 19

More information

1. 弊 社 のSCMへの 取 り 組 み カ ン パ ニ CI MG OD CDI OPT 他 事 業 と 商 品 の 関 係 カラーフィルム 医 用 フィルム 印 画 紙 印 刷 用 フィルム コピー 用 紙 インクジェット ペーパー 商 品 処 理 剤 処 理 剤 処 理 剤 トナー カメラ

1. 弊 社 のSCMへの 取 り 組 み カ ン パ ニ CI MG OD CDI OPT 他 事 業 と 商 品 の 関 係 カラーフィルム 医 用 フィルム 印 画 紙 印 刷 用 フィルム コピー 用 紙 インクジェット ペーパー 商 品 処 理 剤 処 理 剤 処 理 剤 トナー カメラ 創 発 活 動 デリバリー 保 証 方 針 管 理 評 価 制 度 改 善 活 動 画 像 材 料 機 器 製 造 業 のSCM 事 例 全 社 的 デリバリー 管 理 を 中 心 に 2 年 9 月 23 日 若 槻 直 1. 弊 社 のSCMへの 取 り 組 み 2. 全 社 的 デリバリー 管 理 の 考 え 方 3. 事 例 1 4. 事 例 2 5. 事 例 3 1 1. 弊 社 のSCMへの

More information

講 座 の 目 的 子 どものケータイ 事 情 を 知 る 子 どもが 巻 き 込 まれやすい トラブルの 知 識 を 深 める 子 どもに 声 をかけるキッカケ に 利 用 する

講 座 の 目 的 子 どものケータイ 事 情 を 知 る 子 どもが 巻 き 込 まれやすい トラブルの 知 識 を 深 める 子 どもに 声 をかけるキッカケ に 利 用 する 講 座 の 目 的 子 どものケータイ 事 情 を 知 る 子 どもが 巻 き 込 まれやすい トラブルの 知 識 を 深 める 子 どもに 声 をかけるキッカケ に 利 用 する Introduction 子 どもの ケータイ 事 情 ケータイで できること? Rule 1 一 人 1つ 順 番 に 答 える 2 必 ず5 秒 以 内 に 答 える 3 5 秒 以 内 に 答 えられない 場 合

More information

アレスタの 電 気 的 特 性 劣 化 により 損 傷 し 貫 通 導 体 間 で 短 絡 に 至 ったと 推 定 モールドケースの 経 年 的 絶 縁 劣 化 により 取 付 け 板 を 介 し 短 絡 に 至 ったと 推 定 配 線 用 遮 断 器 油 入 変 圧 器 絶 縁 物 の 経 年 的

アレスタの 電 気 的 特 性 劣 化 により 損 傷 し 貫 通 導 体 間 で 短 絡 に 至 ったと 推 定 モールドケースの 経 年 的 絶 縁 劣 化 により 取 付 け 板 を 介 し 短 絡 に 至 ったと 推 定 配 線 用 遮 断 器 油 入 変 圧 器 絶 縁 物 の 経 年 的 日 立 受 配 電 機 器 リニューアルの ご 提 案 アレスタの 電 気 的 特 性 劣 化 により 損 傷 し 貫 通 導 体 間 で 短 絡 に 至 ったと 推 定 モールドケースの 経 年 的 絶 縁 劣 化 により 取 付 け 板 を 介 し 短 絡 に 至 ったと 推 定 配 線 用 遮 断 器 油 入 変 圧 器 絶 縁 物 の 経 年 的 熱 劣 化 により 電 磁 機 械 力 に

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 電 気 回 路 学 I 秋 田 県 立 大 学 システム 科 学 技 術 学 部 電 子 情 報 システム 学 科 徐 粒 第 1 回 基 本 概 念 : 電 気 回 路 電 気 回 路 解 析 とは? 電 流 電 圧 とは? オームの 法 則 抵 抗 とコンダクタンス その 物 理 的 な 意 味 電 気 回 路 とは? 抵 抗 (R) キャパシタ(C) インダクタ(L) 直 流 電 圧 源 直

More information

税務調査      業種別・狙われるポイント

税務調査      業種別・狙われるポイント 経 営 者 が 最 低 限 知 っておきたい! 減 価 償 却 の 税 務 Ⅰ はじめに 設 備 投 資 は 企 業 活 動 に 必 要 不 可 欠 なものですが その 設 備 投 資 を 後 押 しする 税 制 の 仕 組 みとし て 減 価 償 却 という 制 度 が 設 けられています 減 価 償 却 は 単 に 会 計 処 理 の 一 環 という 話 ではな く 減 価 償 却 を 通 じて

More information

はじめに 事 業 計 画 の 作 成 目 的 投 資 採 算 性 の 検 証 資 金 調 達 資 金 調 達 出 来 る 事 業 計 画 返 済 期 間 は10~15 年 が 標 準 DSCRが1.3 以 上 プロジェクト 規 模 の20% 程 度 の 自 己 資 本 投 入 プロジェクト 当 事

はじめに 事 業 計 画 の 作 成 目 的 投 資 採 算 性 の 検 証 資 金 調 達 資 金 調 達 出 来 る 事 業 計 画 返 済 期 間 は10~15 年 が 標 準 DSCRが1.3 以 上 プロジェクト 規 模 の20% 程 度 の 自 己 資 本 投 入 プロジェクト 当 事 メガソーラー 事 業 計 画 書 作 成 ノウハウと メガソーラーの 評 価 額 算 定 方 法 淀 屋 橋 総 合 会 計 平 成 26 年 3 月 1 はじめに 事 業 計 画 の 作 成 目 的 投 資 採 算 性 の 検 証 資 金 調 達 資 金 調 達 出 来 る 事 業 計 画 返 済 期 間 は10~15 年 が 標 準 DSCRが1.3 以 上 プロジェクト 規 模 の20% 程

More information

Aucun titre de diapositive

Aucun titre de diapositive Q&A 経 過 措 置 が 適 用 される 住 宅 金 融 支 援 機 構 融 資 に 関 する 基 準 2-7. 経 過 措 置 が 適 用 される 住 宅 金 融 支 援 機 構 融 資 に 関 する 基 準 Q102. 経 過 措 置 とは 何 か A.フラット35をご 利 用 いただくためには 建 設 または 購 入 する 住 宅 が 公 庫 の 定 める 技 術 基 準 に 適 合 しているかについて

More information

競合店調査

競合店調査 競 合 店 調 査 競 合 店 調 査 の 目 的 競 合 店 調 査 をする 目 的 は 客 観 的 に 自 店 と 競 合 店 との 違 いを 知 り 自 店 が 勝 て るところを 探 し それを 伸 ばしていくことです そのためには 自 店 がその 商 圏 内 で 何 で 一 番 になりたいか を 明 確 にしなければなりません 競 合 店 調 査 = 価 格 調 査 と 考 える 人 が

More information

ウェブアクセシビリティガイドライン

ウェブアクセシビリティガイドライン 兵 庫 県 小 野 市 ウェブアクセシビリティガイドライン 第 1 版 平 成 24 年 12 月 情 報 管 理 課 目 次 1 ガイドライン 策 定 の 目 的... 1 2 ガイドラインの 適 用 範 囲... 1 3 ウェブアクセシビリティの 必 要 性... 1 4 根 拠 となる 規 格... 1 5 配 慮 の 対 象 となる 利 用 者... 2 6 達 成 等 級 と 達 成 基

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE091AE8DDE97BF82CC88F892A38E8E8CB182CC8AEE91622E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE091AE8DDE97BF82CC88F892A38E8E8CB182CC8AEE91622E646F63> 金 属 材 料 の 引 張 試 験 の 基 礎 1.はじめに 金 属 材 料 の 強 度 試 験 引 張 試 験 金 属 材 料 の 強 度 評 価 によく 利 用 される. ( 引 張 強 度, 降 伏 点, 伸 び, 絞 り など) その 他 圧 縮 試 験, 曲 げ 試 験,せん 断 試 験, 硬 さ 試 験, 衝 撃 試 験, 疲 労 試 験 など. 引 張 試 験 圧 縮 試 験 曲 げ

More information

(6) 明 渡 し 請 求 から 組 合 解 散 までの 手 続 きに 関 わる 書 式 等 書 式 6-1 施 行 マンション 等 の 明 渡 し 通 知 F... 資 38 書 式 6-2 マンション 建 替 組 合 解 散 認 可 申 請 書 F... 資 39 書 式 6-3 決 算 報 告

(6) 明 渡 し 請 求 から 組 合 解 散 までの 手 続 きに 関 わる 書 式 等 書 式 6-1 施 行 マンション 等 の 明 渡 し 通 知 F... 資 38 書 式 6-2 マンション 建 替 組 合 解 散 認 可 申 請 書 F... 資 39 書 式 6-3 決 算 報 告 資 料 1 建 替 え 関 連 書 式 1. 参 考 様 式 (1) 建 替 え 決 議 の 手 続 きに 関 わる 書 式 書 式 1-1 建 替 え 決 議 集 会 招 集 通 知 書 ( 説 明 会 開 催 通 知 書 と 併 せた 場 合 ) A... 資 1~3 書 式 1-2 議 決 権 行 使 書 ( 建 替 え 決 議 ) A... 資 4 書 式 1-3 議 決 権 行 使 者 選

More information

第 1 章 経 験 者 採 用 試 験 の 概 要 1 経 験 者 採 用 とは 広 い 視 野 や 優 れたコスト 意 識 など, 民 間 企 業 等 で 培 ったその 知 識 と 経 験 を 行 政 に 活 かしていくことを 目 的 とする 採 用 試 験 である 採 用 後 すぐ, 中 堅 職

第 1 章 経 験 者 採 用 試 験 の 概 要 1 経 験 者 採 用 とは 広 い 視 野 や 優 れたコスト 意 識 など, 民 間 企 業 等 で 培 ったその 知 識 と 経 験 を 行 政 に 活 かしていくことを 目 的 とする 採 用 試 験 である 採 用 後 すぐ, 中 堅 職 講 座 名 転 職 するなら 公 務 員! 試 験 種 地 上 国 家 一 般 職 編 回 数 1 回 講 師 名 丸 尾 旭 科 目 テープ C-241-005 講 師 配 布 / 回 収 物 品 目 コード 名 称 配 布 クラス 数 1 40C241005 板 書 ( 本 紙 ) 全 クラス 共 通 1 回 収 進 行 予 定 種 別 実 施 時 間 収 録 講 義 1:26 最 新 情 報

More information

別 紙 火 力 設 備 における 電 気 事 業 法 施 行 規 則 第 94 条 の2 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 定 期 事 業 者 検 査 の 時 期 変 更 承 認 に 係 る 標 準 的 な 審 査 基 準 例 及 び 申 請 方 法 等 に ついて 1. 審 査 基 準 電

別 紙 火 力 設 備 における 電 気 事 業 法 施 行 規 則 第 94 条 の2 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 定 期 事 業 者 検 査 の 時 期 変 更 承 認 に 係 る 標 準 的 な 審 査 基 準 例 及 び 申 請 方 法 等 に ついて 1. 審 査 基 準 電 別 紙 火 力 設 備 における 電 気 事 業 法 施 行 規 則 第 94 条 の2 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 定 期 事 業 者 検 査 の 時 期 変 更 承 認 に 係 る 標 準 的 な 審 査 基 準 例 及 び 申 請 方 法 等 に ついて 1. 審 査 基 準 電 気 事 業 法 施 行 規 則 ( 平 成 7 年 通 商 産 業 省 令 第 77 号 ) 第 94

More information

目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的 2.2 特 別 調 査 の 方 法 3. 三 菱 電 機 における 過 大 請 求 の 実 態 とその

目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的 2.2 特 別 調 査 の 方 法 3. 三 菱 電 機 における 過 大 請 求 の 実 態 とその 別 紙 2 三 菱 電 機 株 式 会 社 による 過 大 請 求 事 案 に 関 する 調 査 報 告 書 平 成 24 年 12 月 21 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 1 目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的

More information