1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み"

Transcription

1 Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は 甲 のCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)の 契 約 者 ( 以 下 乙 という)に 対 して 適 用 するものとする 3. 約 款 の 内 容 は 随 時 更 新 することがある 更 新 内 容 は 甲 のWebサイト 内 ( 表 示 することとし Webサイト 上 での 更 新 をもって 乙 に 適 用 するものとする 第 2 条 ( 定 義 ) 本 契 約 において 以 下 の 各 号 の 用 語 は 各 号 所 定 の 意 味 を 有 するものとする (1) 電 子 マネー 電 子 マネー 会 社 が 発 行 する 電 子 マネー (2) 電 子 マネー 会 社 電 子 マネー 発 行 及 び 電 子 マネーを 利 用 した 代 金 債 権 譲 渡 又 は 代 金 立 替 払 による 代 金 決 済 を 事 業 として 行 う 会 社 (3) 会 員 電 子 マネー 会 社 又 は 提 携 電 子 マネー 会 社 との 間 で 電 子 マネーを 利 用 した 代 金 決 済 を 目 的 とした 電 子 マネー 会 員 契 約 を 締 結 し これに 基 づいて 電 子 マネーを 保 有 する 者 (4) 商 品 物 品 又 はサービスの 総 称 (5) 加 盟 店 契 約 商 品 の 販 売 をしようとする 者 と 電 子 マネー 会 社 の 間 で 電 子 マネーによる 商 品 の 代 金 決 済 を 目 的 として 締 結 される 契 約 (6) 加 盟 店 電 子 マネー 会 社 との 間 で 加 盟 店 契 約 を 締 結 している 個 人 又 は 法 人 その 他 の 団 体 (7) 信 用 販 売 加 盟 店 を 商 品 の 売 主 又 は 提 供 者 会 員 を 商 品 の 買 主 又 は 受 領 者 とし その 商 品 の 代 金 決 済 を 電 子 マネーを 利 用 した 債 権 譲 渡 又 は 立 替 払 いにより 行 うことを 予 定 してなされる 売 買 契 約 等 の 契 約 (8) Cloud Payment 決 済 システム 第 3 条 第 1 項 第 1 号 から6 号 の 業 務 及 びこれらに 付 随 する 業 務 を 処 理 するコンピューターオンラインシステム (9) 包 括 代 理 権 に 関 する 契 約 甲 が 電 子 マネー 会 社 との 間 で 第 3 条 第 2 項 の 承 認 を 得 るために 締 結 した 契 約 第 3 条 (サービスの 内 容 ) 1.サービスにおいて 乙 は 甲 に 対 し 以 下 の 業 務 の 処 理 を 委 託 し 委 託 業 務 の 処 理 についての 包 括 的 代 理 権 を 付 与 し 甲 は 乙 が 本 契 約 を 遵 守 することを 条 件 としてこれを 受 託 し 乙 の 代 理 人 として 委 託 業 務 を 処 理 する (1) 会 員 からの 信 用 販 売 により 商 品 を 購 入 したい 旨 の 申 込 をインターネットを 通 じて 受 け 付 ける 業 務 及 びこれに 対 する 諾 否 をインターネットを 通 じて 通 知 する 業 務 (2) 情 報 保 全 措 置 に 関 する 業 務 (3) 電 子 マネー 会 社 に 対 して 信 用 販 売 の 売 上 承 認 請 求 及 び 売 上 請 求 をなす 業 務 (4) 信 用 販 売 の 代 金 債 権 の 電 子 マネー 会 社 への 譲 渡 に 関 する 業 務 (5) 電 子 マネー 会 社 から 債 権 譲 渡 代 金 を 受 領 することに 関 する 業 務 (6) 電 子 マネー 会 社 への 債 権 譲 渡 の 解 除 に 関 する 業 務 及 びこれらに 伴 う 債 権 譲 渡 代 金 又 は 立 替 払 金 の 返 還 に 関 する 業 務 (7) 電 子 マネー 会 社 から 乙 に 対 してなされる 通 知 文 書 の 送 付 等 を 受 領 する 業 務 (8) 電 子 マネー 会 社 からの 信 用 販 売 商 品 等 に 関 する 問 い 合 わせ 苦 情 請 求 購 入 申 込 の 取 消 等 の 受 付 業 務 (9) その 他 甲 乙 協 議 により 別 途 合 意 した 業 務 2. 甲 は 電 子 マネー 会 社 との 間 で 契 約 を 締 結 することにより 乙 の 代 理 人 として 委 託 業 務 を 処 理 すること 及 びCloud Payment 決 済 システムを 用 いることについて 予 め 電 子 マネー 会 社 の 承 認 を 得 る ものとする 第 4 条 ( 乙 の 支 払 い 義 務 ) 1. 乙 は 甲 に 対 し サービスの 利 用 料 金 として 第 4 条 から6 条 までの 規 定 により 算 出 した 料 金 を 支 払 うものとする 2.サービス 利 用 料 金 の 額 は 契 約 申 込 書 に 定 める 通 りとする 3. 契 約 申 込 書 の 細 目 に 相 当 しない 料 金 については 別 途 甲 乙 の 間 で 協 議 の 上 その 金 額 を 定 め その 都 度 覚 書 により その 内 容 を 交 わすこととする 第 5 条 ( 料 金 等 の 請 求 支 払 方 法 ) 1. 甲 は 乙 に 対 し 毎 月 契 約 申 込 書 に 従 って 計 算 した 額 のサービス 利 用 料 金 の 一 ヶ 月 分 を 請 求 する 2. 乙 は 料 金 その 他 の 本 契 約 に 基 づく 債 務 について 甲 が 指 定 する 前 日 までに 甲 が 指 定 する 方 法 ( 原 則 支 払 規 定 は 末 締 め 翌 月 末 払 いとする )により 支 払 うものとする また 支 払 いに 要 する 手 数 料 は 乙 の 負 担 とする 3. 乙 は 甲 が 必 要 と 判 断 した 際 は 甲 が 指 定 する 金 額 の 事 前 保 証 金 を 甲 が 指 定 する 方 法 により 預 けるものとする 第 6 条 ( 遅 延 損 害 金 ) 乙 は サービス 利 用 料 金 その 他 本 契 約 上 の 債 務 の 支 払 いを 怠 ったときは 支 払 う 日 まで 年 率 14.5%の 遅 延 損 害 金 を 甲 に 支 払 うものとする 第 7 条 ( 消 費 税 ) 乙 が 甲 に 対 し 本 契 約 に 関 する 債 務 を 支 払 う 場 合 において 消 費 税 法 ( 昭 和 63 年 法 律 第 108 号 ) 及 び 同 法 に 関 する 法 令 の 規 定 により 当 該 支 払 について 消 費 税 が 賦 課 されるものとされているときは 乙 は 甲 に 対 し 当 該 債 務 を 支 払 う 際 に これに 対 する 消 費 税 相 当 額 を 併 せて 支 払 うものとする 第 8 条 (サービスの 申 込 ) 1.サービス 利 用 の 申 込 は 甲 所 定 の 書 類 の 提 出 により 行 うものとする 甲 が 乙 からサービスの 申 込 を 受 けた 場 合 甲 は 乙 を 代 理 して 電 子 マネー 会 社 に 対 し 以 下 の 各 号 の 文 書 を 電 子 マネー 会 社 に 提 出 することにより 速 やかに 乙 に 関 する 審 査 依 頼 を 行 うものとし 乙 は これらの 文 書 の 作 成 提 出 に 協 力 するものとする (1) 電 子 マネー 会 社 の 指 定 する 様 式 による 加 盟 店 審 査 依 頼 書 (2) 前 1 号 の 外 加 盟 店 審 査 のために 電 子 マネー 会 社 が 要 求 する 資 料 2. 甲 は 電 子 マネー 会 社 から 通 知 された 審 査 結 果 を 乙 に 通 知 するものとし 乙 は 以 下 の 各 号 の 内 容 を 承 認 するものとする (1) 電 子 マネー 会 社 は 前 項 の 申 込 に 基 づいて 乙 を 加 盟 店 として 適 当 と 認 める 場 合 は その 旨 を 甲 に 通 知 するものとする (2) 電 子 マネー 会 社 は 乙 を 加 盟 店 として 不 適 当 と 認 める 場 合 は 前 項 による 申 込 を 拒 絶 するものとし その 旨 を 甲 に 対 して 通 知 するものとする この 場 合 電 子 マネー 会 社 は 甲 及 び 乙 のいずれに 対 しても 乙 を 不 適 当 と 認 めた 理 由 を 開 示 しないものとする 第 9 条 ( 届 出 事 項 の 変 更 ) 1. 乙 は 甲 及 び 電 子 マネー 会 社 に 対 して 届 けている 商 号 代 表 者 所 在 地 連 絡 先 指 定 預 金 口 座 等 に 変 更 が 生 じた 場 合 甲 及 び 電 子 マネー 会 社 の 所 定 の 方 法 により 遅 滞 なく 甲 及 び 電 子 マネー 会 社 に 届 出 るものとする 2. 乙 は 前 項 の 届 出 がないために 甲 からの 通 知 またはその 他 送 付 書 類 第 35 条 に 規 定 する 支 払 金 が 延 着 し または 到 着 しなかった 場 合 には 通 常 到 着 すべきときに 乙 に 到 着 したものとみなされても 異 議 ないものとする 第 10 条 ( 契 約 の 申 込 成 立 等 )

2 1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 みのサービスを 変 更 する 場 合 にも その 都 度 乙 は 契 約 申 込 書 を 提 出 するものとする 3. 乙 が 何 らかの 理 由 により 甲 との 契 約 元 を 乙 から 第 三 者 に 変 更 したい 場 合 には 甲 所 定 の 名 義 変 更 届 け 書 類 に 記 載 捺 印 し 甲 が 承 認 することにより 名 義 変 更 を 受 け 付 けることとする その 際 第 三 者 は 当 約 款 のすべての 内 容 を 承 認 したこととする 第 11 条 ( 契 約 期 間 ) 1. 本 契 約 の 契 約 期 間 は 本 契 約 の 締 結 日 から1 年 間 とする ただし 期 間 満 了 の3 ヶ 月 前 までに 甲 または 乙 の 一 方 から 書 面 による 解 約 の 意 思 表 示 がない 限 り 本 契 約 は1 年 間 延 長 されるものとし 以 後 も 同 様 とする 2. 理 由 の 如 何 を 問 わず 本 契 約 が 終 了 したときは 乙 は 速 やかに 本 契 約 の 存 在 を 前 提 とした 広 告 宣 伝 取 引 申 込 の 誘 引 行 為 を 中 止 し 契 約 終 了 時 点 で 甲 に 対 する 承 認 請 求 を 行 っていないものについ ては 当 該 顧 客 に 対 して 本 契 約 に 基 づく 電 子 マネー 取 引 を 中 止 した 旨 を 告 知 しなければならない 第 12 条 ( 権 利 の 譲 渡 制 限 ) 乙 は 本 契 約 における 当 事 者 たる 地 位 又 は 本 契 約 に 基 づいてサービスの 提 供 を 受 ける 権 利 を 第 三 者 に 譲 渡 することはできない 第 13 条 ( 乙 の 禁 止 事 項 ) 乙 は サービスの 利 用 にあたり 以 下 の 行 為 をしないことを 確 約 するものとする (1) 法 令 に 違 反 する 又 は 恐 れのある 行 為 (2) 公 序 良 俗 に 反 する 行 為 (3) 他 のクライアント 又 は 第 三 者 若 しくは 甲 に 不 利 益 を 与 える 行 為 第 14 条 ( 顧 客 対 応 ) 乙 は 顧 客 との 間 で 商 品 等 のキャンセル クーリングオフ 受 取 り 拒 否 その 他 の 紛 争 が 生 じた 場 合 には すべてその 責 任 と 負 担 において 解 決 するものとする 第 15 条 ( 機 密 保 持 ) 1. 乙 及 び 甲 は 本 契 約 を 通 して 知 り 得 た 相 手 方 または 会 員 の 機 密 に 属 すべき 情 報 の 一 切 を 第 三 者 に 漏 洩 してはならず また 本 契 約 の 履 行 以 外 の 目 的 に 使 用 してはならないものとする 2. 甲 は サービスを 遂 行 する 過 程 において 会 員 から 独 自 に 取 得 した 会 員 の 個 人 情 報 ( 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 第 2 条 第 1 項 に 定 める 意 味 を 有 する )に 関 して 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 そ の 他 の 法 令 に 従 い 自 らの 判 断 で 当 該 個 人 情 報 を 乙 に 提 供 することができるものとする 3. 第 1 項 の 義 務 は 本 契 約 終 了 後 も 効 力 を 有 するものとする 第 16 条 ( 競 業 禁 止 ) 乙 は 本 契 約 の 有 効 期 間 中 及 び 本 契 約 終 了 後 5 年 間 甲 の 事 業 と 同 種 又 は 類 似 の 事 業 を 自 ら 行 い 又 は 第 三 者 に 行 わせてはならない 第 17 条 ( 契 約 内 容 の 変 更 ) 本 契 約 に 定 める 事 項 について 変 更 が 生 じたときは 甲 がその 変 更 内 容 を 乙 に 通 知 し 甲 がその 後 に 本 契 約 に 基 づく 信 用 販 売 取 引 の 受 け 入 れを 行 ったときは その 変 更 内 容 に 従 って 本 契 約 が 変 更 され たものと 看 做 す 但 し 甲 の 変 更 通 知 に 対 して 乙 が 異 議 を 申 したてたときは 当 該 事 項 の 取 扱 について 甲 乙 協 議 を 行 い 甲 乙 間 の 協 議 が 整 わなかったときは 本 契 約 は 終 了 する 第 18 条 ( 承 諾 の 拒 絶 ) 1. 甲 は 次 に 掲 げる 事 由 に 該 当 する 場 合 には 本 契 約 申 込 を 承 諾 しないことがある (1) 乙 が 当 該 申 込 に 係 る 本 契 約 上 の 債 務 の 支 払 を 怠 るおそれがあることが 明 らかであるとき (2) 本 契 約 の 基 本 申 込 書 またはサービス 申 込 書 に 虚 偽 の 内 容 を 記 載 したとき (3) 他 の 乙 の 支 払 債 務 を 現 に 怠 り 若 しくは 怠 る 恐 れがあると 甲 が 判 断 したとき 2. 前 項 の 規 定 により 承 諾 を 拒 絶 したときは 甲 は 乙 に 対 しその 旨 を 書 面 又 は 電 子 メールにて 通 知 する 第 19 条 (サービスの 開 始 日 ) サービス 開 始 日 は 甲 がシステム 設 定 情 報 を 通 知 した 日 とする 第 20 条 (パスワードの 管 理 等 ) 1. 乙 は 甲 から 発 行 されたパスワードについて 第 三 者 に 知 られないよう 管 理 し 定 期 的 にパスワードの 変 更 を 行 うなど パスワードの 盗 用 を 防 止 する 措 置 を 乙 の 責 任 において 行 わなければならない 2. 甲 はコンテンツの 送 信 その 他 出 店 ページへのアクセスについて 送 信 されたID 及 びパスワードがいずれも 乙 が 登 録 したものである 場 合 には 乙 からの 送 信 として 取 り 扱 うこととし 不 正 使 用 その 他 の 事 故 があっても そのために 生 じた 損 害 等 については 一 切 責 任 を 負 わないものとする 第 21 条 ( 乙 による 契 約 解 除 ) 乙 は 甲 に 対 し 甲 所 定 の 解 除 申 込 書 を 提 出 することにより 本 契 約 を 解 除 することができる この 場 合 において 当 該 解 除 の 効 力 は 当 該 申 込 書 を 甲 が 受 領 した 月 の 翌 々 月 末 日 に 生 じるものとす る 第 22 条 ( 乙 のサイト) 1. 乙 は 加 盟 店 契 約 を 締 結 した 場 合 自 己 の 費 用 をもって 自 己 の 管 理 下 にあるコンピューター( 以 下 乙 のコンピューター という )を 用 いて 会 員 に 対 する 信 用 販 売 の 対 象 とする 商 品 を 宣 伝 広 告 するためのインターネット 上 のサイト( 以 下 乙 のサイト という )を 構 築 し 会 員 との 間 の 信 用 販 売 を 行 うのに 必 要 な 情 報 の 受 送 信 を 乙 のサイトを 通 じて 行 えるようにするものとする 2. 乙 は 前 項 により 乙 のサイトを 構 築 するに 当 たり 乙 のサイトを 甲 の 管 理 下 にあるコンピューターに 構 築 されたCloud Payment 決 済 システムにインターネットを 通 じて 接 続 できるようにすること により 会 員 が 乙 のサイトを 通 じてCloud Payment 決 済 システムに 対 して 氏 名 電 子 マネー 番 号 その 他 信 用 販 売 の 代 金 決 済 に 必 要 な 情 報 を 送 信 できるようにするものとする この 場 合 乙 は 甲 の 指 定 するインターフェース 条 件 プロトコルその 他 の 通 信 条 件 に 従 うものとする 甲 は 乙 に 対 し 乙 のサイトを 甲 のサイトに 接 続 するために 必 要 な 協 力 をするものとする 第 23 条 ( 電 子 マネー 情 報 の 保 全 措 置 ) 1. 甲 及 び 乙 は 会 員 の 電 子 マネー 番 号 等 の 電 子 マネーに 関 する 情 報 ( 以 下 電 子 マネー 情 報 という ) 並 びにCloud Payment 決 済 システム 及 び 乙 のサイトを 第 三 者 に 閲 覧 改 竄 又 は 破 壊 さ れないための 措 置 を 講 じるものとする 2. 甲 乙 又 は 電 子 マネー 会 社 と 会 員 その 他 の 第 三 者 との 間 で 甲 又 は 乙 からの 電 子 マネー 情 報 の 漏 洩 等 に 起 因 する 紛 争 が 生 じた 場 合 甲 及 び 乙 は 相 互 に 協 力 してその 解 決 を 図 るものとする 3. 乙 は 甲 に 対 し 乙 が 前 2 項 に 違 反 したことにより 甲 に 生 じた 損 害 を 賠 償 するものとする

3 第 24 条 ( 申 込 の 誘 引 について) 1. 乙 は 乙 のサイトに 以 下 の 各 号 の 事 項 を 表 示 して 商 品 の 宣 伝 広 告 を 行 うものとする 但 し 乙 のサイトへ 接 続 した 会 員 が 購 入 申 込 作 業 を 終 了 する 前 に 当 該 会 員 に 対 して 表 示 されることを 要 する (1) 乙 のサイトにおいて 宣 伝 広 告 されている 商 品 を 購 入 するための 手 順 (2) 会 員 に 対 する 商 品 の 売 主 又 は 供 給 者 が 乙 であること 並 びに 乙 の 住 所 及 び 代 表 者 氏 名 (3) 会 員 からの 購 入 申 込 の 有 効 期 間 並 びに 購 入 申 込 の 取 消 の 方 法 及 び 時 期 (4) 乙 と 会 員 との 間 の 契 約 の 成 立 時 期 (5) 乙 が 会 員 に 対 する 販 売 を 拒 絶 する 場 合 があること 拒 絶 の 事 由 及 び 拒 絶 する 旨 の 通 知 方 法 (6) 商 品 の 内 容 仕 様 機 能 その 他 商 品 の 品 質 性 状 に 関 する 情 報 (7) 商 品 の 価 格 及 びその 価 格 に 消 費 税 分 を 含 むか 否 か (8) 商 品 の 送 料 の 額 及 び 表 示 された 商 品 価 格 に 送 料 が 含 まれるか 否 か (9)サイトへ 接 続 するための 電 話 料 金 及 び 接 続 業 者 への 利 用 料 金 が 表 示 された 商 品 価 格 に 含 まれないこと 及 びこれらが 乙 のサイトに 接 続 した 者 の 自 己 負 担 となること (10) 商 品 の 設 置 費 用 梱 包 費 用 等 の 付 随 費 用 を 会 員 が 負 担 する 場 合 は その 金 額 及 び 内 訳 (11) 代 金 減 額 が 認 められるか 否 か 及 び 認 められる 場 合 の 減 額 事 由 減 額 金 額 手 続 等 (12) 電 子 マネーの 利 用 によって 商 品 代 金 の 支 払 がなされること 及 びその 仕 組 みの 概 略 (13) 電 子 マネー 代 金 の 請 求 が 甲 名 義 によりなされること 及 び 電 子 マネー 代 金 の 支 払 期 限 支 払 回 数 支 払 が 複 数 回 にわたる 場 合 の 利 息 又 は 手 数 料 率 に 関 する 事 項 (14) 商 品 の 引 渡 又 は 提 供 の 方 法 引 渡 又 は 提 供 の 時 期 及 び 乙 から 会 員 へ 直 接 に 商 品 の 引 渡 又 は 提 供 を 行 うこと (15) 第 24 条 第 1 項 の 問 い 合 わせ 苦 情 請 求 等 の 受 付 先 の 住 所 郵 便 番 号 電 話 番 号 ファクシミリ 番 号 電 子 メールアドレス 代 表 者 氏 名 クレーム 対 応 担 当 者 氏 名 (16) 前 号 の 問 い 合 わせ 苦 情 請 求 等 の 内 容 に 関 する 責 任 を 負 担 するのは 乙 であること (17) 返 品 及 び 交 換 の 可 否 並 びにその 手 続 (18) 会 員 からの 購 入 申 込 がなされた 場 合 には 乙 から 会 員 への 販 売 に 関 して 日 本 国 の 法 律 を 適 用 し かつこれに 関 して 裁 判 手 続 を 利 用 する 場 合 には 日 本 国 の 裁 判 手 続 を 利 用 することを 承 諾 したとみな されること (19)インターネットを 通 じて 送 信 する 情 報 を 暗 号 化 してもその 情 報 を 完 全 には 秘 密 にできない 場 合 があること 及 び 完 全 には 秘 密 にできない 場 合 にも それについて 乙 電 子 マネー 会 社 及 び 情 報 通 信 を 行 う 業 者 が 会 員 に 対 して 責 任 を 負 わないこと (20) 関 係 法 令 により 表 示 が 義 務 づけられる 事 項 (21)その 他 甲 が 細 則 として 定 めて 文 書 により 乙 に 通 知 した 事 項 2. 乙 は 乙 のサイトに 以 下 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 表 示 をしてはならない (1) 虚 偽 の 内 容 又 は 誇 大 な 説 明 (2) 他 人 の 名 誉 信 用 営 業 秘 密 又 はプライバシーを 害 する 恐 れのある 表 示 (3) 他 人 の 特 許 権 著 作 権 商 標 権 意 匠 権 その 他 の 知 的 財 産 権 を 害 する 恐 れのある 表 示 (4) 猥 褻 物 陳 列 罪 その 他 の 刑 罰 を 受 ける 恐 れのある 表 示 (5) 日 本 国 の 法 令 又 は 公 序 良 俗 に 反 する 内 容 の 表 示 (6)その 他 甲 が 細 則 として 定 めて 文 書 により 乙 に 通 知 した 事 項 3. 乙 は 本 契 約 に 基 づく 信 用 販 売 に 関 して 顧 客 に 対 して 提 示 する 広 告 その 他 の 文 書 並 びに 販 売 方 法 について 訪 問 販 売 等 に 関 する 法 律 その 他 の 関 係 法 令 を 遵 守 しなければならない 4. 第 24 条 1 項 の 事 項 は 広 告 表 現 を 除 き 変 更 があった 都 度 甲 に 届 けるものとする 5. 甲 は 乙 が 行 っている 通 信 販 売 が 甲 に 届 け 出 られたところに 従 って 実 施 されているかどうか 並 びに 広 告 表 現 の 適 否 を 適 宜 調 査 することができるものとし 乙 は 甲 の 調 査 に 協 力 する 6. 甲 は 乙 が 行 う 通 信 販 売 について 取 扱 商 品 及 び 広 告 表 現 の 内 容 が 本 契 約 に 基 づく 信 用 販 売 の 対 象 としてふさわしくないと 判 断 したときは 乙 に 対 して 変 更 改 善 若 しくは 販 売 中 止 を 求 めることが でき 乙 はその 要 求 に 従 い 速 やかに 措 置 を 取 る 第 25 条 ( 乙 の 取 扱 商 品 等 ) 1. 乙 は 本 契 約 に 基 づき 通 信 販 売 を 行 うに 際 し 取 り 扱 う 商 品 の 種 類 内 容 取 扱 期 間 顧 客 1 人 に 対 する1 回 当 りの 信 用 販 売 限 度 額 その 他 取 引 上 の 重 要 事 項 顧 客 に 対 する 広 告 表 現 並 びに 利 用 する 広 告 媒 体 の 名 称 若 しくは 番 組 名 コンピュータ 通 信 のネットワーク 名 称 等 につき 事 前 に 甲 に 文 書 で 届 け 出 るものとする サイトに 表 示 する 商 品 について 異 動 があった 場 合 も 同 様 とする 2. 商 品 券 印 紙 切 手 その 他 の 有 価 証 券 及 び 乙 が 別 途 指 定 した 商 品 並 びにサービス 等 については 甲 及 び 電 子 マネー 会 社 の 個 別 の 許 可 を 得 ずに 信 用 販 売 を 行 ってはならない 3. 乙 は 以 下 の 各 号 のいずれかに 該 当 するものを 会 員 に 対 する 信 用 販 売 の 対 象 としてはならない (1) 乙 のサイトに 表 示 した 商 品 に 関 する 情 報 と 相 違 するもの (2) 発 火 爆 発 等 の 恐 れのある 危 険 物 薬 物 銃 器 刀 剣 類 その 他 譲 渡 所 持 又 は 利 用 が 法 的 に 禁 止 されているもの (3) 他 人 の 名 誉 信 用 営 業 秘 密 又 はプライバシーを 害 する 恐 れのあるもの (4) 他 人 の 著 作 権 商 標 権 意 匠 権 特 許 権 実 用 新 案 権 その 他 の 知 的 財 産 権 を 害 する 恐 れのあるもの (5) 手 形 小 切 手 株 券 等 の 有 価 証 券 (6) 日 本 国 の 法 令 又 は 公 序 良 俗 に 反 するもの (7) 加 盟 店 契 約 に 違 反 するもの 又 は 電 子 マネー 会 社 が 不 適 当 と 判 断 したもの (8)その 他 甲 が 細 則 として 定 めて 文 書 により 乙 に 通 知 したもの 第 26 条 ( 取 引 制 限 ) 本 契 約 の 定 める 方 式 及 び 手 続 により 乙 が 行 う 信 用 販 売 における 取 引 制 限 を 契 約 申 込 書 記 載 の 通 りに 定 める 第 27 条 ( 受 け 入 れる 電 子 マネー 信 用 販 売 の 種 類 ) 1. 甲 が 本 契 約 に 基 づく 信 用 販 売 のために 受 け 入 れる 電 子 マネーは 下 記 (1)から(3)に 記 載 したもののうち 乙 が 別 に 指 定 するものとする (1) 電 子 マネー 会 社 が 発 行 する 電 子 マネー (2) 電 子 マネー 会 社 が 加 盟 若 しくは 提 携 する 組 織 に 加 盟 している 日 本 国 内 及 び 日 本 国 外 の 会 社 が 発 行 する 電 子 マネー (3) 電 子 マネー 会 社 と 提 携 している 日 本 国 内 及 び 日 本 国 外 の 会 社 が 発 行 する 電 子 マネー 2. 信 用 販 売 の 種 類 は 1 回 払 い 販 売 のみとする 第 28 条 ( 会 員 からの 購 入 申 込 の 受 付 ) 会 員 が インターネットを 通 じて 乙 のサイトを 経 由 してCloud Payment 決 済 システムに 対 して 送 信 した 氏 名 電 子 マネー 番 号 その 他 信 用 販 売 の 代 金 決 済 に 必 要 な 情 報 の 全 てがCloud Payment 決 済 システムに 到 達 した 時 に 甲 が 乙 を 代 理 して 会 員 からの 購 入 申 込 を 受 付 けたものとする 但 し 電 子 マネーの 暗 証 番 号 については 受 付 けないものとする 第 29 条 ( 売 上 承 認 請 求 ) 1. 甲 は 会 員 からの 購 入 申 込 を 受 け 付 けた 後 直 ちに 加 盟 店 を 代 理 して 電 子 マネー 会 社 に 対 し Cloud Payment 決 済 システムを 用 いて 当 該 会 員 に 対 する 当 該 信 用 販 売 についての 事 前 承 認 を 求 め

4 るものとする 2. 乙 は 前 項 により 電 子 マネー 会 社 の 事 前 承 認 が 得 られた 場 合 にのみ 当 該 申 込 を 承 諾 して 当 該 信 用 販 売 を 行 うものとする 3. 電 子 マネー 会 社 の 承 認 が 得 られたものであっても 乙 において 当 該 電 子 マネーの 利 用 が 無 効 電 子 マネー 偽 造 電 子 マネー 第 三 者 による 不 正 利 用 その 他 正 当 な 利 用 でないことを 知 り 若 しくは 知 りうる 状 況 にあった 場 合 には 乙 は 信 用 販 売 を 行 ってはならない 尚 この 場 合 乙 は 甲 に 対 し 直 ちに 事 態 を 報 告 するものとし 既 に 信 用 販 売 を 行 った 売 上 債 権 については 第 33 条 に 規 定 する 売 上 債 権 の 譲 渡 を 行 ってはならないものとする 4. 乙 は 商 品 を 会 員 に 複 数 回 に 渡 り 引 渡 しまたは 提 供 する 場 合 において 乙 の 理 由 により 引 渡 しまたは 提 供 することが 困 難 となった 場 合 直 ちにその 旨 を 甲 及 び 会 員 に 連 絡 するものとする 5. 乙 が 本 条 に 違 反 して 信 用 販 売 をなした 場 合 には 乙 は 当 該 信 用 販 売 の 代 金 全 額 の 回 収 について 一 切 の 責 任 を 負 い 甲 及 び 電 子 マネー 会 社 に 対 し いかなる 請 求 もしないものとする 第 30 条 ( 本 人 確 認 ) 1. 甲 は 第 29 条 の 購 入 申 込 受 付 により 得 られた 情 報 及 び 前 条 第 1 項 による 承 認 請 求 に 対 して 電 子 マネー 会 社 がなした 回 答 に 基 づき 乙 を 代 理 して 当 該 購 入 申 込 者 が 電 子 マネーを 利 用 して 購 入 しよ うとしているか 否 かを 調 査 するものとする 2. 乙 が 会 員 以 外 の 者 を 会 員 と 誤 認 して 本 契 約 に 基 づき 行 った 信 用 販 売 に 関 する 一 切 の 紛 争 については 甲 及 び 乙 は 相 互 に 協 力 してその 解 決 を 図 るものとする 但 し これに 要 した 費 用 は 全 て 乙 の 負 担 とする 第 31 条 ( 商 品 の 発 送 ) 1. 乙 は 商 品 の 発 送 については 商 品 発 送 簿 を 整 備 し 各 申 込 書 等 に 発 送 済 である 旨 を 注 記 すると 共 に 運 送 機 関 の 荷 受 伝 票 その 他 運 送 の 受 託 を 証 明 する 文 書 を 受 領 してこれを 整 然 と 保 管 しなければな らない 2. 前 項 の 商 品 発 送 簿 並 びに 運 送 受 託 の 証 明 文 書 は5 年 間 保 管 しなれればならない 第 32 条 ( 売 上 債 権 の 譲 渡 又 は 立 替 払 ) 1. 乙 は 本 契 約 に 基 づいて 会 員 に 対 して 行 った 信 用 販 売 により 取 得 した 売 上 債 権 につき 目 的 の 商 品 を 会 員 の 指 定 場 所 に 向 けて 発 送 したものについて 本 条 の 手 続 きに 従 って 甲 に 対 し 債 権 譲 渡 し 又 は 立 替 払 請 求 するものとする 乙 はこの 債 権 を 甲 の 承 諾 なしに 第 三 者 に 譲 渡 してはならない 2. 甲 は 甲 が 予 め 指 定 した 締 め 日 に 従 って 売 上 票 及 びその 集 計 票 を 作 成 した 上 で 乙 を 代 理 して 電 子 マネー 会 社 に 対 し 電 子 マネー 会 社 が 予 め 指 定 した 受 領 期 限 までに 毎 月 送 付 するものとする 3. 前 項 の 締 め 日 を 過 ぎて 譲 渡 又 は 立 替 払 請 求 された 売 上 債 権 が 回 収 ができなかった 場 合 は その 危 険 は 乙 が 負 担 するものとし 甲 が 本 契 約 第 37 条 に 基 づき 債 権 買 戻 しの 請 求 を 行 ったときは 乙 はこれ に 従 う 4. 商 品 発 送 日 から2ヵ 月 を 経 過 して 譲 渡 又 は 立 替 払 請 求 の 手 続 が 行 われた 債 権 について 甲 は 無 条 件 でその 譲 り 受 けを 拒 否 又 は 立 替 払 請 求 の 拒 絶 をすることができる 5. 乙 と 会 員 との 間 の 本 契 約 に 基 づく 信 用 販 売 が 合 意 解 約 第 34 条 に 定 める 購 入 申 込 の 取 消 等 により 解 消 された 場 合 甲 は その 解 消 原 因 の 如 何 を 問 わず 乙 を 代 理 して 電 子 マネー 会 社 に 対 し 第 2 項 の 定 めるところに 準 じて 取 消 伝 票 及 び 取 消 債 権 の 明 細 を 記 載 した 集 計 表 を 送 付 するものとする この 場 合 乙 から 甲 に 支 払 われた 売 上 代 金 に 対 する 手 数 料 は 債 権 の 買 戻 しを 行 った 場 合 でも 原 則 として 返 還 しない 乙 はこの 場 合 会 員 に 対 して 当 該 電 子 マネー 利 用 代 金 を 直 接 返 還 しないものとする 6. 甲 は 第 29 条 の 購 入 申 込 の 内 容 及 び 申 込 を 受 け 付 けたことに 関 する 情 報 を 申 込 日 から7 年 間 電 子 データの 形 式 により 保 管 するものとし 保 管 期 間 中 に 乙 から 請 求 があった 場 合 には 甲 の 指 定 す る 料 金 を 乙 から 徴 収 した 後 に 甲 は 乙 に 対 し 保 管 中 のデータを 請 求 された 形 式 により 速 やかに 提 供 するものとする 第 33 条 ( 購 入 申 込 の 取 消 ) 1. 甲 及 び 乙 は 各 自 のサイトに 商 品 の 性 質 上 返 品 又 は 交 換 を 受 け 付 けるのが 適 当 でない 場 合 を 除 き 会 員 が 乙 との 間 の 信 用 販 売 に 基 づいて 乙 から 商 品 の 引 渡 を 受 けた 後 2 週 間 以 内 の 期 間 において は 会 員 は 乙 に 対 し 当 該 商 品 の 返 品 又 は 交 換 を 請 求 することができる 旨 及 びその 請 求 方 法 を 表 示 するものとする 2. 乙 から 引 渡 を 受 けた 商 品 を 返 品 する 旨 の 請 求 が 会 員 からなされた 場 合 甲 及 び 乙 は 当 該 商 品 についての 購 入 申 込 が 撤 回 され これにより 乙 と 会 員 との 間 で 当 該 信 用 販 売 が 当 初 に 遡 って 効 力 を 失 っ たものとして 扱 う( 本 契 約 において 購 入 申 込 の 取 消 という ) 第 34 条 ( 売 上 債 権 の 支 払 ) 1. 甲 は 乙 に 対 し 乙 から 譲 り 受 けた 売 上 債 権 の 譲 渡 代 金 又 は 売 上 債 権 の 立 替 払 金 を 毎 月 末 締 めの 集 計 額 から 手 数 料 及 び 翌 月 のサービス 利 用 料 金 合 計 額 を 控 除 した 後 の 残 額 を 翌 々 月 20 日 に 支 払 う 支 払 日 が 金 融 機 関 休 業 日 の 場 合 翌 営 業 日 とする 振 込 手 数 料 は 乙 の 負 担 とする 残 額 が1 万 円 に 満 たない 場 合 は 甲 は 乙 に 対 する 支 払 を 次 月 に 繰 り 越 すこととする 2. 甲 は 乙 の 会 員 との 信 用 販 売 の 売 上 データについて その 内 容 若 しくは 正 当 性 について 疑 義 を 有 した 場 合 その 疑 義 が 解 消 されるまで 当 該 売 上 データにかかる 売 上 債 権 の 譲 渡 代 金 又 は 売 上 債 権 の 立 替 払 金 の 支 払 を 保 留 することができる 3. 会 員 が 乙 との 紛 議 を 理 由 として 甲 に 対 する 当 該 代 金 債 権 を 含 む 電 子 マネー 利 用 代 金 債 権 の 支 払 を 拒 否 し 若 しくは 遅 延 した 場 合 甲 は 紛 議 が 解 決 するまで 当 該 売 上 債 権 の 譲 受 代 金 又 は 売 上 債 権 の 立 替 払 金 の 支 払 を 保 留 することができる 4. 甲 は その 他 甲 が 乙 に 対 して 何 らかの 疑 義 を 有 した 場 合 事 前 に 乙 に 通 知 することにより 無 条 件 で 当 該 売 上 債 権 の 譲 受 代 金 又 は 売 上 債 権 の 立 替 払 金 の 全 額 もしくは 一 部 の 支 払 を 保 留 することができ る 5. 本 条 第 1 項 に 定 める 締 め 日 以 降 に 乙 から 甲 に 対 し 購 入 申 込 の 取 消 の 申 し 出 が 行 われた 場 合 甲 は 当 該 信 用 販 売 代 金 を 手 数 料 を 差 引 くことなく 乙 に 対 して 請 求 できるものとする 第 35 条 ( 商 品 の 不 具 合 等 ) 1. 乙 は 甲 に 対 し Cloud Payment 決 済 システムを 用 いてなされた 乙 と 会 員 との 信 用 販 売 及 びその 対 象 商 品 に 関 して 受 け 付 けた 商 品 の 相 違 不 具 合 数 量 相 違 引 渡 遅 延 交 換 これらに 起 因 する 代 金 減 額 代 金 返 還 又 は 損 害 賠 償 等 の 問 い 合 わせ 苦 情 請 求 等 の 内 容 を 速 やかに 通 知 するものとする 2. 乙 は 自 己 の 責 任 と 費 用 により 前 項 の 問 い 合 わせ 苦 情 等 に 対 応 し 甲 及 び 電 子 マネー 会 社 に 対 し 一 切 の 負 担 をかけないものとし 甲 又 は 電 子 マネー 会 社 の 指 示 に 従 い 必 要 な 協 力 をするもの とする 3. 甲 又 は 電 子 マネー 会 社 が Cloud Payment 決 済 システムを 用 いてなされた 乙 と 会 員 との 信 用 販 売 及 びその 対 象 商 品 に 関 して 商 品 の 相 違 不 具 合 数 量 相 違 引 渡 遅 延 交 換 これらに 起 因 する 代 金 減 額 代 金 返 還 又 は 損 害 賠 償 等 の 対 応 を 自 ら 行 った 場 合 乙 は 直 ちに 当 該 対 応 をした 甲 又 は 電 子 マネー 会 社 に 対 し その 対 応 をするために 直 接 又 は 間 接 に 要 した 費 用 の 全 てを 補 償 するものと する 第 36 条 ( 債 権 買 戻 し) 1. 甲 は 本 契 約 に 基 づき 乙 から 譲 り 受 けた 債 権 について 次 の 事 情 が 判 明 したときは 無 条 件 で 乙 に 対 して 債 権 買 戻 しの 請 求 を 行 うことができる (1) 本 契 約 の 規 定 に 反 する 手 続 きにより 作 成 された 売 上 票 による 債 権 と 認 められたとき (2) 売 上 票 の 内 容 に 誤 りがあることが 判 明 した 場 合 (3) 売 上 票 が 正 当 なものでない 場 合 (4) 甲 が 売 上 票 の 内 容 正 当 性 について 疑 義 をもって 調 査 を 開 始 調 査 への 協 力 を 求 めたにもかかわらず 乙 が 調 査 に 協 力 しなかった 場 合 (5) 会 員 より 自 己 の 利 用 によるものではない 旨 の 申 出 があった 場 合 (6) 甲 又 は 乙 の 責 に 帰 すべき 理 由 により 対 象 会 員 が 電 子 マネー 会 社 又 は 提 携 電 子 マネー 会 社 に 電 子 マネー 利 用 代 金 を 支 払 わない 場 合 (7) 乙 と 会 員 との 間 で 代 金 債 権 の 発 生 原 因 となった 取 引 に 関 する 紛 議 が 発 生 し 速 やかに 解 決 ができなかった 場 合 (8) 乙 に 第 42 条 第 2 項 の 事 由 が 発 生 した 場 合 (10) 電 子 マネー 会 社 からの 通 知 または 甲 の 調 査 または 乙 の 調 査 やその 他 の 原 因 により 会 員 でない 第 3 者 の 不 正 な 電 子 マネー 番 号 生 成 や 電 子 マネー 番 号 盗 用 などにおける 不 正 利 用 が 判 明 した 場 合

5 2. 前 項 により 甲 から 乙 に 対 して 債 権 買 戻 しの 請 求 が 行 われた 場 合 において 当 該 売 上 債 権 の 譲 渡 代 金 又 は 立 替 払 金 が 支 払 済 みのときは 乙 は 直 ちにこれを 甲 に 返 還 するものする 3. 甲 は 乙 に 支 払 うべき 債 務 があるときは 当 然 これと 差 引 充 当 することができるものとする 4. 乙 が 甲 に 届 け 出 た 営 業 所 を 閉 鎖 するなど 甲 の 通 知 意 思 表 示 を 受 領 すべき 場 所 が 不 明 となったときは 甲 は 乙 に 対 する 通 知 を 省 略 して 本 条 の 手 続 を 取 ることができる 第 37 条 ( 証 明 書 の 提 出 と 管 理 ) 1. 乙 は 申 込 のあった 電 子 マネーについて 期 限 切 れ 無 効 通 知 対 象 電 子 マネー 事 故 電 子 マネー 偽 造 変 造 電 子 マネーの 疑 い 等 の 事 由 を 示 して 照 会 があったときは 甲 及 び 電 子 マネー 会 社 に 対 し て 当 該 申 込 にかかるすべての 情 報 並 びに 乙 が 知 っている 当 該 申 込 に 関 連 するその 他 の 情 報 を 甲 及 び 電 子 マネー 会 社 に 開 示 する 電 子 マネー 会 社 は その 情 報 を 電 子 マネーの 安 全 性 対 策 のために 自 由 に 利 用 することができる 2. 乙 は 会 員 から 提 出 された 取 引 申 込 書 や 取 引 申 込 データ 並 びに 商 品 発 送 の 証 明 文 書 を 甲 の 請 求 により 速 やかに 甲 に 提 出 する 3. 乙 は 本 契 約 により 発 生 した 客 観 的 な 取 引 事 実 に 基 づく 乙 に 関 する 当 該 情 報 を 他 の 電 子 マネー 会 社 に 通 知 すること あるいは 甲 が 加 盟 する 信 用 情 報 機 関 等 に 当 該 情 報 が 登 録 されること 及 び 当 該 電 子 マネー 会 社 あるいは 当 該 信 用 情 報 機 関 等 の 参 加 会 員 が 自 己 の 取 引 上 の 判 断 のためにこれを 利 用 することに 同 意 するものとする 4. 乙 は 加 盟 店 審 査 及 び 本 契 約 に 基 づく 取 引 上 の 判 断 のために 他 の 電 子 マネー 会 社 や 信 用 情 報 機 関 等 から 乙 及 び 加 盟 申 込 者 に 関 する 情 報 を 甲 が 入 手 し 利 用 することにあらかじめ 同 意 するものとす る 第 38 条 ( 利 用 の 制 限 ) 甲 は 天 災 事 変 その 他 の 非 常 事 態 が 発 生 し 若 しくは 発 生 するおそれがあるときは 災 害 の 予 防 若 しくは 救 援 交 通 通 信 若 しくは 電 力 の 供 給 の 確 保 又 は 秩 序 の 維 持 に 必 要 な 通 信 その 他 の 公 共 の 利 益 のために 緊 急 を 要 する 通 信 を 優 先 的 に 取 り 扱 うため サービスの 利 用 を 制 限 する 措 置 を 採 ることがある 第 39 条 ( 甲 による 利 用 の 一 時 休 止 ) 1. 甲 は 次 に 揚 げる 事 由 があるときは サービスの 提 供 を 一 時 休 止 することがある (1) 甲 の 電 気 通 信 設 備 の 保 守 又 は 工 事 のためやむを 得 ないとき (2) 甲 が 設 置 する 電 気 通 信 設 備 の 障 害 等 やむを 得 ない 事 由 があるとき (3) 甲 が 乙 の 運 営 するサービスの 障 害 発 見 時 に 乙 の 運 営 管 理 者 と 連 絡 が 取 れないとき (4)その 他 やむを 得 ない 事 由 があるとき 2. 甲 はサービスの 提 供 を 中 止 するときは 乙 に 対 し 前 項 第 1 号 により 中 止 する 場 合 にあっては その7 日 前 までに 事 前 に その 旨 並 びに 理 由 及 び 期 間 を 通 知 する ただし 緊 急 やむを 得 ないときは この 限 りではない 3 第 一 項 の 第 3 号 によりサービスの 提 供 を 中 止 した 場 合 は 残 精 算 処 理 を 保 留 とする 甲 が 乙 との 連 絡 が 取 れ 次 第 サービスの 再 開 と 共 に 残 精 算 処 理 も 行 うものとする 第 40 条 ( 利 用 の 停 止 ) 1. 甲 は 乙 が 次 の 各 号 に 該 当 するときは サービスを 停 止 することがある (1) 料 金 等 本 契 約 上 の 債 務 の 支 払 を 怠 ったとき (2) 前 条 の 規 定 に 違 反 したとき (3) 第 13 条 16 条 24 条 25 条 26 条 27 条 の 規 定 のいずれかに 該 当 することが 判 明 したとき (4) 乙 が 指 定 した 金 融 機 関 等 を 使 用 することができなくなったとき 2. 甲 は 前 項 の 規 定 により サービスの 利 用 を 停 止 するときは 乙 に 対 し あらかじめその 理 由 及 び 期 間 を 通 知 するものとする 第 41 条 ( 甲 の 契 約 解 除 と 乙 の 期 限 の 利 益 喪 失 ) 1. 甲 は 前 条 の 規 定 によりサービスの 提 供 を 停 止 された 乙 が なおその 違 反 状 態 を 是 正 しない 場 合 は 何 等 の 催 告 なく 直 ちに 本 契 約 を 解 除 することができるものとする 2. 甲 は 乙 の 次 の 各 号 にあげる 事 由 が 生 じたときは 前 条 の 規 定 にかかわらず 何 等 の 催 告 なく サービスを 停 止 するとともに 直 ちに 本 契 約 を 解 除 することができるものとする (1) 前 条 第 1 項 各 号 の 規 定 のいずれかに 該 当 し その 事 実 が 甲 の 業 務 に 著 しい 支 障 を 及 ぼすと 認 められるとき (2) 差 押 え 仮 差 押 え 仮 処 分 等 の 強 制 執 行 の 申 し 立 て 若 しくは 抵 当 権 等 の 担 保 権 の 実 行 を 受 け 又 は 滞 納 処 分 を 受 けたとき 破 産 再 生 手 続 き 開 始 会 社 更 生 又 は 特 別 清 算 の 申 し 立 てがなされたとき (3) 監 督 官 庁 から 行 政 処 分 を 受 け また 営 業 を 停 止 したとき (4)その 振 出 引 受 保 証 にかかる 手 形 若 しくは 小 切 手 が 不 渡 りとなり 又 は 支 払 停 止 状 態 に 至 ったとき (5) 解 散 したとき (6)その 他 乙 の 破 産 信 用 支 払 能 力 に 重 大 な 変 更 が 生 じたとき (7) 本 契 約 に 違 反 したとき (8) 電 子 マネー 会 社 が 乙 を 加 盟 店 として 不 適 当 と 認 めたとき (9)その 他 甲 が 本 契 約 を 維 持 しがたいと 認 める 事 由 が 生 じたとき 3. 乙 に 前 2 項 の 事 由 が 生 じたときは 乙 が 甲 に 対 して 負 担 する 全 ての 債 務 つき 期 限 の 利 益 を 失 い 直 ちに 金 額 の 確 定 している 債 務 の 全 額 を 甲 の 指 定 した 方 法 で 支 払 うこととする なお 乙 が 期 限 の 利 益 を 喪 失 した 場 合 で 乙 の 金 額 の 確 定 していない 債 務 を 甲 が 負 担 している 場 合 は 甲 が 相 当 と 認 める 金 額 を 別 途 保 証 金 ( 無 利 息 )として 預 けるものとする また この 保 証 金 は 乙 が 甲 に 負 担 するす べての 債 務 に 充 当 するものとする 第 42 条 ( 本 契 約 の 履 行 拒 絶 ) 1. 甲 は 前 条 の 要 件 手 続 に 従 って 本 契 約 を 解 除 することなく 本 契 約 に 基 づく 乙 に 対 する 義 務 の 全 部 又 は 一 部 の 履 行 を 拒 否 することができる 2. 乙 は 前 項 による 甲 の 義 務 履 行 拒 絶 によって 被 った 損 害 の 賠 償 を 甲 に 対 して 請 求 することができないものとする 第 43 条 (サービスの 廃 止 ) 1 乙 は 都 合 によりサービスを 解 約 することがある 2 乙 は 前 項 第 1 号 の 規 定 により サービスを 解 約 する 場 合 は 甲 に 対 して 2 ヶ 月 前 までにその 旨 を 通 知 する 3 乙 は 前 項 第 1 号 の 規 定 により サービス 解 約 を 申 し 出 た 場 合 解 約 日 は 翌 々 月 末 とする 尚 乙 は 解 約 日 までに 発 生 する 諸 費 用 は 支 払 うものとする 4 第 1 項 の 規 定 によりサービスが 廃 止 されたときは 当 該 廃 止 日 に 本 契 約 が 終 了 したものとする 第 44 条 ( 協 議 事 項 ) 甲 及 び 乙 は 本 契 約 に 定 めのない 事 項 及 び 疑 義 を 生 じた 事 項 については 加 盟 店 契 約 関 係 法 令 及 び 取 引 慣 行 に 従 う 外 信 義 に 従 い 誠 意 をもって 協 議 することにより 解 決 するよう 努 めるものとする 第 45 条 ( 損 害 賠 償 ) 1. 甲 の 帰 すべき 事 由 により 甲 がCloud Payment 決 済 サービスを 提 供 できなかった 結 果 乙 がCloud Payment 決 済 サービスを 全 く 使 用 できない 状 態 になった 場 合 甲 が 当 該 状 態 が 生 じたことを 知 っ たときから 連 続 して48 時 間 以 上 の 時 間 当 該 状 態 が 継 続 したときは 甲 は 乙 に 対 し その 請 求 に 基 づき 損 害 の 賠 償 に 応 ずる ただし 乙 が 当 該 請 求 をし 得 ることとなった 日 から1 ヶ 月 を 経 過 する 日 ま

6 でに 当 該 請 求 をしなかったときは 乙 はその 権 利 を 失 うものとする 2. 前 項 の 場 合 において 甲 が 賠 償 する 範 囲 はサービスが 停 止 していた 期 間 に 相 当 する 月 額 固 定 料 金 を 上 限 とする 3. 電 気 通 信 回 線 の 通 信 不 能 地 震 等 の 自 然 災 害 その 他 不 可 抗 力 による 本 契 約 の 不 履 行 は 甲 の 責 めに 帰 すべき 事 由 によるものとはみなさないものとする 4. 甲 は 甲 のサイトの 保 守 点 検 を 目 的 として 1 回 当 たり 継 続 して5 分 から6 時 間 程 度 の 間 甲 のサイトと 乙 のサイトとの 間 のデータ 通 信 を 停 止 することができるものとし これによるサービスの 処 理 の 停 止 については 甲 は 名 目 の 如 何 にかかわらず 何 らの 責 任 を 負 わないものとする 但 し 甲 は 当 該 停 止 の 時 期 を 予 め 乙 に 対 して 文 書 又 は 電 子 メールにより 通 知 するものとする 第 46 条 ( 合 意 管 轄 裁 判 所 ) 本 契 約 に 関 する 訴 訟 については 東 京 地 方 裁 判 所 を 合 意 管 轄 裁 判 所 とする 第 47 条 ( 準 拠 法 ) 本 契 約 に 関 する 一 切 の 事 項 に 関 しては 日 本 法 を 適 用 するものとする 第 48 条 ( 商 号 等 の 使 用 ) 1. 乙 は 甲 の 商 号 ロゴ 及 びその 他 の 登 録 商 票 ロゴの 使 用 については 甲 の 審 査 を 通 過 した 媒 体 のみで 使 用 するものとする 2. 乙 は 本 契 約 によるサービスを 利 用 している 旨 を 会 員 に 通 知 表 示 を 行 うこととする 3. 乙 は 本 契 約 および 関 連 する 印 刷 物 電 子 的 書 類 画 面 イメージを 利 用 する 場 合 は 甲 の 事 前 の 承 認 を 得 る 必 要 があるものとする 第 49 条 ( 通 知 ) 1. 甲 から 乙 への 通 知 は 乙 が 契 約 申 込 の 際 に 提 示 したメールアドレス 宛 てに 電 子 メールにて 行 うこととする 2. 乙 への 通 知 を 電 子 メールにて 行 った 場 合 乙 の 提 示 したメールアドレスを 保 有 するサーバに 到 着 したことをもってその 通 知 が 完 了 したものとみなす 3. 本 契 約 の 更 新 及 び 変 更 に 関 して 甲 が 乙 に 通 知 する 場 合 甲 が 通 知 を 完 了 した 日 から15 日 を 経 過 した 場 合 に 乙 は 通 知 を 承 認 したものとする 4. 乙 がインターネット 上 の 管 理 ページで 確 認 できる 甲 に 係 わる 一 切 の 情 報 はすべて 本 条 の 通 知 とみなす

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター 建 築 物 調 査 業 務 約 款 ( 趣 旨 ) 第 1 条 建 築 物 調 査 申 請 者 ( 以 下 甲 という ) 及 び 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター( 以 下 乙 という )は エネルギーの 使 用 の 合 理 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 54 年 法 律 第 49 号 以 下 法 という ) 第 76

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

Taro-契約条項(全部)

Taro-契約条項(全部) 糧 食 品 売 買 契 約 条 項 ( 総 則 ) 第 1 条 甲 及 び 乙 は 契 約 書 記 載 の 糧 食 品 売 買 契 約 に 関 し 契 約 書 及 び こ の 契 約 条 項 に 基 づ き 乙 は 甲 の 示 し た 規 格 仕 様 又 は 見 本 品 同 等 の 糧 食 品 ( 以 下 契 約 物 品 と い う ) を 納 入 期 限 ( 以 下 納 期 と い う ) ま で

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド)

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド) 投 資 契 約 書 目 次 第 1 章 本 契 約 の 目 的 払 込 手 続 等... - 1 - 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 )... - 1 - 第 2 条 ( 本 株 式 の 発 行 及 び 取 得 )... - 1 - 第 3 条 ( 払 込 手 続 き)... - 1 - 第 4 条 ( 前 提 条 件 )... - 1 - 第 2 章 発 行 会 社 及 び 経 営 株 主

More information

ができます 4. 対 象 取 引 の 範 囲 第 1 項 のポイント 付 与 の 具 体 的 な 条 件 対 象 取 引 自 体 の 条 件 は 各 加 盟 店 が 定 めます 5.ポイントサービスの 利 用 終 了 その 他 いかなる 理 由 によっても 付 与 されたポイントを 換 金 すること

ができます 4. 対 象 取 引 の 範 囲 第 1 項 のポイント 付 与 の 具 体 的 な 条 件 対 象 取 引 自 体 の 条 件 は 各 加 盟 店 が 定 めます 5.ポイントサービスの 利 用 終 了 その 他 いかなる 理 由 によっても 付 与 されたポイントを 換 金 すること 大 好 きポイント コンサドーレ 札 幌 サービス 利 用 規 約 第 1 条 ( 目 的 ) 1. 本 規 約 は フェリカポケットマーケティング 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 )が 発 行 する 大 好 きコンサドーレ 札 幌 WAON カ ード 及 びポイントサービスの 利 用 条 件 について 定 めます 2. 利 用 者 が 大 好 きコンサドーレ 札 幌 WAON カードの 利 用

More information

ー ただお 課 長 を 表 示 するものとする ( 第 三 者 に 対 する 許 諾 ) 第 4 条 甲 は 第 三 者 に 対 して 本 契 約 において 乙 に 与 えた 許 諾 と 同 一 又 は 類 似 の 許 諾 を することができる この 場 合 において 乙 は 甲 に 対 して 当

ー ただお 課 長 を 表 示 するものとする ( 第 三 者 に 対 する 許 諾 ) 第 4 条 甲 は 第 三 者 に 対 して 本 契 約 において 乙 に 与 えた 許 諾 と 同 一 又 は 類 似 の 許 諾 を することができる この 場 合 において 乙 は 甲 に 対 して 当 様 式 第 4 号 ( 第 5 条 関 係 ) 忠 岡 町 イメージキャラクター 使 用 契 約 書 忠 岡 町 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )とは 忠 岡 町 イメージキャラクター( 以 下 キャラクター という )の 使 用 について 次 のとお り 契 約 を 締 結 する (キャラクターの 使 用 許 諾 ) 第 1 条 甲 は 乙 に 対 して キャラクターを 使

More information

パソコン賃貸借契約

パソコン賃貸借契約 委 託 契 約 書 ( 案 ) 公 立 大 学 法 人 福 井 県 立 大 学 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という ) とは 福 井 県 立 大 学 の 情 報 ネットワーク 管 理 補 助 業 務 に 関 し 次 の 各 条 項 により 委 託 契 約 を 締 結 し 信 義 に 従 って 誠 実 にこれを 履 行 するものとする ( 総 則 ) 第 1 条 甲 は 情 報 ネットワーク

More information

定款  変更

定款  変更 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 ( 以 下 公 社 という )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 公

More information

第 5 条 ( 有 効 期 間 ) 1. 本 サービスの 有 効 期 間 は 当 社 が 指 定 した 日 をもって 開 始 とし 当 該 サービス 対 象 物 件 に 入 居 する 契 約 が 終 了 した 日 をもって 終 了 とします 2. 既 に 入 居 している 住 戸 が 新 たにサービ

第 5 条 ( 有 効 期 間 ) 1. 本 サービスの 有 効 期 間 は 当 社 が 指 定 した 日 をもって 開 始 とし 当 該 サービス 対 象 物 件 に 入 居 する 契 約 が 終 了 した 日 をもって 終 了 とします 2. 既 に 入 居 している 住 戸 が 新 たにサービ コンシェルジュサービス 会 員 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 適 用 関 係 ) 1.この 会 員 規 約 は 株 式 会 社 三 ラージ( 以 下 当 社 といいます )が 株 式 会 社 アクトコ ールを 通 じて 運 営 するコンシェルジュサービス( 以 下 本 サービス といいます )の 提 供 及 びその 利 用 に 関 して 適 用 されます( 以 下 会 員 規 約 といいます

More information

2. 本 契 約 を 変 更 するときは 乙 は 甲 に 対 し 変 更 する7 日 前 までに 通 知 するものとする 第 5 条 業 務 内 容 の 変 更 乙 は 甲 への 事 情 の 通 知 なくして 前 条 に 定 める 本 商 品 内 容 につき 変 更 廃 止 すること が 出 来 る

2. 本 契 約 を 変 更 するときは 乙 は 甲 に 対 し 変 更 する7 日 前 までに 通 知 するものとする 第 5 条 業 務 内 容 の 変 更 乙 は 甲 への 事 情 の 通 知 なくして 前 条 に 定 める 本 商 品 内 容 につき 変 更 廃 止 すること が 出 来 る ホームページ 制 作 業 務 委 託 契 約 書 株 式 会 社 ( 以 下 甲 という )と 株 式 会 社 ブルーダイヤモンド( 以 下 乙 と いう )とは 甲 が 乙 に 委 託 するホームページ 制 作 業 務 に 関 して 次 のとおり 契 約 を 締 結 する 第 1 条 目 的 甲 は 下 記 の 業 務 ( 以 下 本 業 務 という)を 乙 に 委 託 し 乙 は 下 記 の 契

More information

ホームページ制作業務委託契約書

ホームページ制作業務委託契約書 ホームページ 制 作 業 務 委 託 契 約 書 ( 以 下 甲 という )と 株 式 会 社 フロリシュコーポレーション ( 以 下 乙 という )とは 甲 乙 間 において 次 の 通 り 契 約 を 締 結 する 甲 及 び 乙 は 以 下 のとおり 契 約 が 成 立 したので これを 証 するため 本 書 2 通 を 作 成 し 甲 乙 それぞれ 記 名 押 印 のうえ 各 1 通 を 保

More information

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc 第 1 章 定 款 規 約 山 梨 県 土 地 改 良 事 業 団 体 連 合 会 定 款 昭 和 33 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 33 年 10 月 9 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 会 は 土 地 改 良 事 業 を 行 う 者 ( 国 県 及 び 土 地 改 良 法 第 95 条 第 1 項 の 規 定 により 土 地 改 良 事 業 を 行 う

More information

第 2 章 サービス (サービスの 内 容 及 び 提 供 ) 第 6 条 本 サービスは ホームページの 制 作 改 変 等 の 代 行 を 行 うサービス 及 びサービス 提 供 に 必 要 な 機 能 を 第 7 種 ホスティングサービス 契 約 とともに 提 供 します 2 本 サービスに

第 2 章 サービス (サービスの 内 容 及 び 提 供 ) 第 6 条 本 サービスは ホームページの 制 作 改 変 等 の 代 行 を 行 うサービス 及 びサービス 提 供 に 必 要 な 機 能 を 第 7 種 ホスティングサービス 契 約 とともに 提 供 します 2 本 サービスに おまかせ!ホームページ 制 作 更 新 パック 利 用 規 約 第 1 章 総 則 ( 本 規 約 の 目 的 ) 第 1 条 エヌ ティ ティ コミュニケーションズ 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )は この おまかせ!ホームページ 制 作 更 新 パック 利 用 規 約 ( 料 金 表 を 含 みます 以 下 本 規 約 といいます )を 定 め おまかせ!ホームページ 制 作

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

2. 前 項 の 規 定 にかかわらず 証 券 会 社 等 又 は 機 構 を 通 じた 届 出 の 対 象 となっていない 事 項 については 当 会 社 の 定 める 書 式 により 株 主 名 簿 管 理 人 宛 に 届 け 出 るものとす る ( 法 人 株 主 等 の 代 表 者 ) 第

2. 前 項 の 規 定 にかかわらず 証 券 会 社 等 又 は 機 構 を 通 じた 届 出 の 対 象 となっていない 事 項 については 当 会 社 の 定 める 書 式 により 株 主 名 簿 管 理 人 宛 に 届 け 出 るものとす る ( 法 人 株 主 等 の 代 表 者 ) 第 日 本 ユニシス 株 式 会 社 株 式 取 扱 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 当 会 社 における 株 主 権 行 使 手 続 きその 他 株 式 に 関 する 取 扱 い 及 びその 手 数 料 につい ては 株 式 会 社 証 券 保 管 振 替 機 構 ( 以 下 機 構 という) 又 は 株 主 が 振 替 口 座 を 開 設 している 証 券 会 社 銀 行 又

More information

Taro-事務処理要綱250820

Taro-事務処理要綱250820 大 分 県 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 事 務 処 理 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 知 事 は 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 の 貸 付 事 務 を 円 滑 に 処 理 するため 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 ( 昭 和 54 年 法 律 第 25 号 ) 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 施 行 令 ( 昭 和 54 年 政 令 第 124

More information

ただし 当 該 事 故 が 本 特 典 の 適 用 対 象 となった 会 員 の 直 近 の 事 故 発 生 日 から 起 算 して 1 年 以 内 に 発 生 した 事 故 である 場 合 補 償 の 対 象 とはなりません 対 象 端 末 について 当 社 が 別 途 提 供 する ケータイ 補

ただし 当 該 事 故 が 本 特 典 の 適 用 対 象 となった 会 員 の 直 近 の 事 故 発 生 日 から 起 算 して 1 年 以 内 に 発 生 した 事 故 である 場 合 補 償 の 対 象 とはなりません 対 象 端 末 について 当 社 が 別 途 提 供 する ケータイ 補 dカードケータイ 補 償 規 約 dカードケータイ 補 償 規 約 ( 以 下 本 規 約 といいます)は 当 社 がdカードの 会 員 に 対 し 提 供 する dカードケータイ 補 償 ( 以 下 本 特 典 といいます)の 内 容 および 提 供 条 件 等 の 基 本 的 事 項 を 定 めるものです 第 1 条 ( 定 義 ) 本 規 約 において 使 用 する 用 語 の 定 義 は 以

More information

疑わしい取引の参考事例

疑わしい取引の参考事例 ( 別 添 ) 疑 わしい 取 引 の 参 考 事 例 記 号 記 号 記 号 記 号 預 金 取 扱 い 金 融 機 関 保 険 会 社 証 券 会 社 外 国 証 券 会 社 及 び 投 資 信 託 委 託 業 者 証 券 金 融 会 社 貸 金 業 者 抵 当 証 券 業 者 商 品 投 資 販 売 業 者 小 口 債 権 販 売 業 者 不 動 産 特 定 共 同 事 業 者 金 融 先 物

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information

(4) 会 員 が 加 盟 店 で miyoca サービスを 利 用 して 商 品 等 の 購 入 または 提 供 を 受 ける 場 合 に 利 用 できるカードの 枚 数 は 加 盟 店 により 異 なり (5) 会 員 は miyoca サービスを 利 用 した 場 合 は 交 付 するレシート

(4) 会 員 が 加 盟 店 で miyoca サービスを 利 用 して 商 品 等 の 購 入 または 提 供 を 受 ける 場 合 に 利 用 できるカードの 枚 数 は 加 盟 店 により 異 なり (5) 会 員 は miyoca サービスを 利 用 した 場 合 は 交 付 するレシート miyoca 利 用 規 約 (クラブカード 一 体 型 ) 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 約 は イズミヤ 株 式 会 社 が 発 行 する イズミヤクラブカード ( 以 下 クラブカード といい)の 会 員 に 対 す る 付 帯 サービスとして 提 供 される イズミヤカード 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といい)が 発 行 する 電 子 マネーである miyoca を 利 用 することができるサービス(

More information

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第 定 款 沿 革 昭 和 29 年 11 月 1 日 制 定 昭 和 30 年 3 月 28 日 改 正 昭 和 31 年 3 月 17 日 改 正 昭 和 32 年 3 月 13 日 改 正 昭 和 33 年 5 月 16 日 改 正 昭 和 34 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 35 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 39 年 3 月 29 日 改 正 昭 和 42 年 5 月 25 日

More information

( 会 員 資 格 の 取 得 ) 第 6 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 別 に 定 める 入 会 届 により 申 し 込 みを し 理 事 会 の 承 認 を 得 なければならない ( 会 員 の 権 利 義 務 ) 第 7 条 会 員 は 本 会 の 事 業 活 動 につき そ

( 会 員 資 格 の 取 得 ) 第 6 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 別 に 定 める 入 会 届 により 申 し 込 みを し 理 事 会 の 承 認 を 得 なければならない ( 会 員 の 権 利 義 務 ) 第 7 条 会 員 は 本 会 の 事 業 活 動 につき そ 一 般 社 団 法 人 宮 崎 県 法 人 会 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 宮 崎 県 法 人 会 連 合 会 ( 以 下 本 会 とう ) と 称 ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 会 は 主 たる 事 務 所 を 宮 崎 県 宮 崎 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし 財 産 形 成 定 額 貯 金 規 定 1 財 産 形 成 定 額 貯 金 財 産 形 成 定 額 貯 金 ( 以 下 この 貯 金 といいます )は 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 ( 以 下 財 形 法 といいます )に 規 定 する 勤 労 者 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 ( 以 下 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 といいます )に 基 づき 預 入 される 定 額 貯 金 です

More information

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 組 合 は 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 共 済 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行 によって 他 人

More information

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW WAON 利 用 加 盟 店 規 約 第 1 条 目 的 1. 本 規 約 は 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)と 利 用 者 間 の 取 引 代 金 の 決 済 に WAON を 利 用 することに 関 し 甲 とイオンクレジットサービス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という) との 間 におけるWAONの 取 扱 い 及 びWAONに 係 る 契 約 関 係 ( 以 下 本 契 約 という)に

More information

栃木県アンテナショップ基本計画策定及び設計業務委託に係る標準?プロポーザル実施要領

栃木県アンテナショップ基本計画策定及び設計業務委託に係る標準?プロポーザル実施要領 スカイベリー 高 級 ブランドイメージ 定 着 プロモーション 業 務 委 託 に 係 る 公 募 型 プロポーザル 実 施 要 領 本 要 領 は スカイベリー 高 級 ブランドイメージ 定 着 プロモーション 業 務 を 委 託 する 事 業 者 を 選 定 するに 当 たり 公 募 型 プロポーザルの 実 施 方 法 等 必 要 な 事 項 を 定 めるものである 1 業 務 の 概 要 (1)

More information

目     次

目     次 制 裁 規 程 第 1 章 総 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 定 款 第 57 条 に 基 づき 会 員 及 び 会 員 を 所 属 商 品 先 物 取 引 業 者 とする 商 品 先 物 取 引 仲 介 業 者 ( 以 下 会 員 等 という )の 商 品 先 物 取 引 業 務 ( 定 款 第 3 条 第 1 項 第 5 号 に 定 める 業 務 をいう 以 下 この 規 程 において

More information

る 第 三 者 機 関 情 報 保 護 関 係 認 証 プライバシーマーク ISO27001 ISMS TRUSTe 等 の 写 しを 同 封 のうえ 持 参 又 は 郵 送 とする 但 し 郵 送 による 場 合 は 書 留 郵 便 とし 同 日 同 時 刻 必 着 とする 提 出 場 所 は 上

る 第 三 者 機 関 情 報 保 護 関 係 認 証 プライバシーマーク ISO27001 ISMS TRUSTe 等 の 写 しを 同 封 のうえ 持 参 又 は 郵 送 とする 但 し 郵 送 による 場 合 は 書 留 郵 便 とし 同 日 同 時 刻 必 着 とする 提 出 場 所 は 上 オープンカウンター 方 式 による 見 積 合 せの 公 示 次 のとおり オープンカウンター 方 式 による 見 積 合 せを 実 施 します 平 成 28 年 5 月 27 日 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 中 部 支 社 総 務 部 長 畔 柳 健 二 1 調 達 内 容 (1) 調 達 件 名 平 成 28 年 度 共 用 書 庫 機 密 文 書 廃 棄 ( 未 開 封 溶

More information

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 2 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

Microsoft Word - 070219役員選挙規程.doc

Microsoft Word - 070219役員選挙規程.doc 役 員 選 挙 規 程 昭 和 55 年 10 月 21 日 制 定 昭 和 57 年 11 月 16 日 改 正 昭 和 61 年 5 月 27 日 改 正 昭 和 62 年 2 月 23 日 改 正 昭 和 63 年 3 月 7 日 改 正 平 成 2 年 5 月 14 日 改 正 平 成 6 年 5 月 24 日 改 正 平 成 8 年 2 月 27 日 改 正 平 成 11 年 2 月 23

More information

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx 全 国 エリアマネジメントネットワーク 規 約 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 会 は 全 国 エリアマネジメントネットワーク( 以 下 本 会 という )と 称 する ( 目 的 ) 第 2 条 本 会 は 全 国 のエリアマネジメント 組 織 による 連 携 協 議 の 場 を 提 供 し エリアマネジメン トに 係 る 政 策 提 案 情 報 共 有 及 び 普 及 啓

More information

レノボ・クリスタル・パートナー

レノボ・クリスタル・パートナー lenovo レジスタード リセラー 規 約 (Rev2) lenovo レジスタード リセラー 規 約 ( 以 下 本 規 約 とします)は レノボ ジャパン 株 式 会 社 ( 以 下 両 社 を 総 称 して 当 社 とします)が 販 売 パートナーに 提 供 するサポートプ ログラム lenovo レジスタード リセラー に 関 する 諸 条 件 を 定 めるものです 同 プログ ラム 登

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

弁護士報酬規定(抜粋)

弁護士報酬規定(抜粋) はなみずき 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 定 ( 抜 粋 ) 2008 年 10 月 改 訂 2014 年 4 月 * 以 下 の 弁 護 士 報 酬 は いずれも 税 込 です ただし D E L の2の 表 に 基 づき 算 出 さ れた 金 額 については 消 費 税 を 上 乗 せした 額 を 弁 護 士 報 酬 とします 目 次 A 法 律 相 談 料 B 顧 問 料 C 手

More information

Gi電気料金一括請求サービス約款

Gi電気料金一括請求サービス約款 Gi 公 共 料 金 一 括 請 求 サービス 約 款 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 本 約 款 の 適 用 ) 株 式 会 社 インボイス( 以 下 当 社 といいます)は このGi 公 共 料 金 一 括 請 求 サービ ス 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます)を 定 め 本 約 款 に 基 づき 第 4 条 に 定 めるサービ ス( 以 下 本 サービス1と 本 サービス2を 総

More information

(7) 会 社 更 生 法 第 17 条 又 は 民 事 再 生 法 第 21 条 の 規 定 に 基 づく 更 生 手 続 又 は 再 生 手 続 を 行 っていないこと (8) 国 税 県 税 及 び 市 町 村 税 について 未 納 のないこと 指 名 通 知 時 点 または 参 加 意 思

(7) 会 社 更 生 法 第 17 条 又 は 民 事 再 生 法 第 21 条 の 規 定 に 基 づく 更 生 手 続 又 は 再 生 手 続 を 行 っていないこと (8) 国 税 県 税 及 び 市 町 村 税 について 未 納 のないこと 指 名 通 知 時 点 または 参 加 意 思 平 成 28 年 度 嘉 手 納 町 観 光 ガイド 養 成 講 座 委 託 業 務 公 募 プロポーザル 募 集 要 領 1. 事 業 名 称 嘉 手 納 町 観 光 ガイド 養 成 講 座 委 託 業 務 2. 事 業 目 的 別 紙 嘉 手 納 町 観 光 ガイド 養 成 講 座 委 託 業 務 仕 様 書 のとおり 3. 業 務 内 容 嘉 手 納 町 の 観 光 資 源 や 観 光 ガイドとして

More information

第 4 条 ( 申 込 ) 本 規 約 における 応 募 者 とは 当 社 に 対 し 本 サービスでのオーディション 申 込 を 行 った 者 をいいます 当 社 は 別 途 定 める 応 募 者 資 格 に 基 づき 必 要 な 審 査 手 続 等 を 経 た 後 に 選 考 対 象 として 申

第 4 条 ( 申 込 ) 本 規 約 における 応 募 者 とは 当 社 に 対 し 本 サービスでのオーディション 申 込 を 行 った 者 をいいます 当 社 は 別 途 定 める 応 募 者 資 格 に 基 づき 必 要 な 審 査 手 続 等 を 経 た 後 に 選 考 対 象 として 申 HKT48 オーディション 受 付 サイト 利 用 規 約 第 1 条 ( 総 則 ) HKT48 オーディション 受 付 サイト 利 用 規 約 は( 以 下 本 規 約 といいます) 株 式 会 社 AKS( 以 下 当 社 といいます)が 運 営 する HKT48 へのオーディション 申 込 およびその 後 の 審 査 に 関 する 全 サービ スの 利 用 条 件 を 定 めるものです 第

More information

( 会 員 登 録 の 不 承 諾 ) 第 4 条 当 社 は 入 会 申 込 みを 受 けた 場 合 であっても 次 の 各 号 のいずれかの 事 由 に 該 当 すると 当 社 が 判 断 したときは 会 員 としての 登 録 を 承 諾 しないことがあります (1) 入 会 申 込 を 行 っ

( 会 員 登 録 の 不 承 諾 ) 第 4 条 当 社 は 入 会 申 込 みを 受 けた 場 合 であっても 次 の 各 号 のいずれかの 事 由 に 該 当 すると 当 社 が 判 断 したときは 会 員 としての 登 録 を 承 諾 しないことがあります (1) 入 会 申 込 を 行 っ KDDIまとめてオフィス 会 員 規 約 ( 総 則 ) 第 1 条 KDDI 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )が 第 3 条 の 定 めに 基 づき 登 録 された 会 員 ( 以 下 会 員 といいます )に 対 して 当 社 の 法 人 向 け 電 気 通 信 サービス 及 び 当 社 グループ 会 社 の 電 気 通 信 サービス 等 ( 但 し 当 社 が 別 に 定 めるも

More information

中 間 利 払 日 とし 預 入 日 または 前 回 の 中 間 利 払 日 からその 中 間 利 払 日 の 前 日 までの 日 数 および 通 帳 または 証 書 記 載 の 中 間 利 払 利 率 によって 計 算 した 中 間 利 払 額 ( 以 下 中 間 払 利 息 といいます )を 利

中 間 利 払 日 とし 預 入 日 または 前 回 の 中 間 利 払 日 からその 中 間 利 払 日 の 前 日 までの 日 数 および 通 帳 または 証 書 記 載 の 中 間 利 払 利 率 によって 計 算 した 中 間 利 払 額 ( 以 下 中 間 払 利 息 といいます )を 利 自 由 金 利 型 定 期 預 金 M 型 (スーパー 定 期 ) 規 定 1.( 取 扱 店 の 範 囲 ) (1) 個 人 のお 客 さま この 預 金 は 当 店 のほか 当 金 庫 本 支 店 および 当 金 庫 が 提 携 した 他 の 労 働 金 庫 ( 以 下 提 携 金 庫 といいます )のどこの 店 舗 でも 預 入 れができます (2) 団 体 のお 客 さま この 預 金 は

More information

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンターエネルギー 回 収 推 進 施 設 等 長 期 包 括 的 運 転 維 持 管 理 業 務 委 託 に 係 る 発 注 支 援 業 務 公 募 型 プロポ-ザル 実 施 要 領 1 プロポーザルの 目 的 この 要 領 は 平 成 30 年 4 月 から 運 転 を 予 定 している 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンター エネルギー 回 収 推 進 施

More information

個人向け国債の事務取扱いに関する細則

個人向け国債の事務取扱いに関する細則 個 人 向 け 国 債 の 事 務 取 扱 いに 関 する 細 則 目 次 1.この 細 則 の 適 用 2. 用 語 の 定 義 3. 募 集 に 関 する 事 務 4. 払 込 等 に 関 する 事 務 5. 中 途 換 金 に 関 する 事 務 6. 手 数 料 に 関 する 事 務 7. 振 替 先 口 座 の 確 認 8. 所 要 事 項 の 決 定 等 9. 雑 則 [ 参 考 1] 計

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

Suica付学生証等利用特約(案)

Suica付学生証等利用特約(案) PASMO 付 身 分 証 等 利 用 特 約 第 1 条 ( 目 的 ) 本 特 約 は PASMO 付 身 分 証 等 の 発 行 者 である 身 分 証 等 の 発 行 者 ( 以 下 身 分 証 等 発 行 者 といいます ) 東 京 急 行 電 鉄 株 式 会 社 ( 以 下 事 業 者 といいます ) 及 び 株 式 会 社 パスモ( 以 下 パスモ といいます )が PASMO 付 身

More information

S16-386・ソフトウェアの調達に関する入札実施の件

S16-386・ソフトウェアの調達に関する入札実施の件 入 札 公 告 ( 件 名 :S16-386 ソフトウェアの 調 達 に 関 する 入 札 実 施 の 件 ) 2016 年 9 月 30 日 日 本 銀 行 では 下 記 の 要 領 によるソフトウェアの 調 達 を 一 般 競 争 入 札 に 付 します 日 本 銀 行 システム 情 報 局 記 1. 電 子 入 札 システムの 利 用 本 入 札 案 件 は 原 則 として 日 本 銀 行 電

More information

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定 1.( 自 動 継 続 ) (1) 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 ( 以 下 この 預 金 といいます )は 通 帳 記 載 の 満 期 日 に 前 回 と 同 一 期 間 の 自 由 金 利 型 定 期 預 金 に 自 動 的 に 継 続 します 継 続 された 預 金 についても 同 様 とします (2) この 預 金 の 継 続 後 の 利 率 は 継 続 日 ( 継 続

More information

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 細 則 第 1 総 則 1 趣 旨 この 細 則 は 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という ) 第 26 条 の 規 定 に 基 づ き 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 財 産 形 成 貯 蓄 残 高 明 細 表 福 利

More information

持 する 者 ( 入 会 の 申 込 ) 第 5 条 本 サービスへの 入 会 登 録 を 希 望 する 者 は サービス 提 供 者 が 定 める 手 続 に 従 って オッズパークID パスワード ニックネーム 電 子 メールアドレス 等 その 他 ポータル 会 員 登 録 のために 必 要 な

持 する 者 ( 入 会 の 申 込 ) 第 5 条 本 サービスへの 入 会 登 録 を 希 望 する 者 は サービス 提 供 者 が 定 める 手 続 に 従 って オッズパークID パスワード ニックネーム 電 子 メールアドレス 等 その 他 ポータル 会 員 登 録 のために 必 要 な オッズパークポータル 会 員 利 用 規 約 ( 利 用 規 約 の 適 用 ) 第 1 条 オッズパークポータル 会 員 利 用 規 約 ( 以 下 本 利 用 規 約 といいます )は オ ッズ パーク 株 式 会 社 ( 以 下 サービス 提 供 者 といいます )が 提 供 するインターネッ ト 情 報 提 供 サービス オッズパークホームページ ( 以 下 本 サービス といいます )の

More information

宿泊施設トイレ整備推進事業要綱

宿泊施設トイレ整備推進事業要綱 茨 城 県 宿 泊 施 設 のトイレ 整 備 推 進 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 平 成 31 年 茨 城 国 体 全 国 障 害 者 スポーツ 大 会, 平 成 32 年 東 京 オリンピック パ ラリンピックを 見 据 え, 県 内 宿 泊 施 設 の 受 入 体 制 の 強 化 を 図 るため, 宿 泊 施 設 内 のトイレを 改 修 する

More information

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の 期 間 制 及 び 短 時 間 勤 労 者 保 護 等 に 関 する 法 律 ( 制 定 2006.12.21) ( 法 律 第 12469 号 2014.3.18, 一 部 改 正 ) 翻 訳 : 新 谷 眞 人 日 本 大 学 法 学 部 教 授 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 法 律 は 期 間 制 勤 労 者 及 び 短 時 間 勤 労 者 に 対 する 不 合 理 な

More information

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定 1.( 総 合 口 座 取 引 ) (1) 次 の 各 号 の 取 引 は 三 井 住 友 信 託 の 総 合 口 座 として 利 用 すること( 以 下 この 取 引 といいます )ができます 1 普 通 預 金 2 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M 型 ) 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M 型 ) 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 自 由 金 利

More information

(8) 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 ) 第 2 条 第 2 号 に 掲 げる 暴 力 団 及 びそれらの 利 益 となる 活 動 を 行 う 者 でないこと (9) 国 税 県 税 及 び 市 町 村 税

(8) 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 ) 第 2 条 第 2 号 に 掲 げる 暴 力 団 及 びそれらの 利 益 となる 活 動 を 行 う 者 でないこと (9) 国 税 県 税 及 び 市 町 村 税 嘉 手 納 町 住 環 境 整 備 基 本 計 画 ( 基 礎 調 査 ) 業 務 に 関 する 企 画 提 案 募 集 要 領 この 要 領 は 嘉 手 納 町 住 環 境 整 備 基 本 計 画 ( 基 礎 調 査 ) 業 務 に 関 する 企 画 提 案 に 係 る 優 先 候 補 者 の 選 定 にあたり 本 募 集 要 領 に 基 づき 広 く 企 画 提 案 を 募 集 し 最 も 適

More information

( 運 用 制 限 ) 第 5 条 労 働 基 準 局 は 本 システムの 維 持 補 修 の 必 要 があるとき 天 災 地 変 その 他 の 事 由 によりシステムに 障 害 又 は 遅 延 の 生 じたとき その 他 理 由 の 如 何 を 問 わず その 裁 量 により システム 利 用 者

( 運 用 制 限 ) 第 5 条 労 働 基 準 局 は 本 システムの 維 持 補 修 の 必 要 があるとき 天 災 地 変 その 他 の 事 由 によりシステムに 障 害 又 は 遅 延 の 生 じたとき その 他 理 由 の 如 何 を 問 わず その 裁 量 により システム 利 用 者 労 災 レセプト 電 算 処 理 システム 利 用 規 約 ( 目 的 及 び 定 義 ) 第 1 条 本 規 約 は 厚 生 労 働 省 労 働 基 準 局 ( 以 下 労 働 基 準 局 という )が 運 営 する 労 災 レセプト 電 算 処 理 システムを 利 用 する 場 合 に 必 要 な 事 項 を 定 めるものです 2 本 規 約 において 使 用 する 用 語 の 意 義 は 次

More information

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業 安 来 運 動 公 園 管 理 業 務 仕 様 書 る 安 来 運 動 公 園 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び そ の 範 囲 等 は こ の 仕 様 書 に よ ( 有 料 公 園 施 設 に 関 す る 事 項 ) 1 施 設 の 概 要 1 所 在 地 安 来 市 吉 岡 町 450 番 地 2 面 積 46,614m2 3 概 要 区 分 面 積 等 区 分

More information

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 基 本 協 定 書 ( 案 ) 仙 台 市 ( 以 下 委 託 者 という )と ( 以 下 受 託 者 という )は 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 ( 以 下 本 という )ついて 募 集 要 項 及 び 受 託 者 の

More information

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに 第 7 章 会 計 規 程 1. 会 計 規 程 の 概 要 (1) 規 程 及 び 目 的 平 成 18 年 度 に 病 院 事 業 管 理 者 を 設 置 して 札 幌 市 病 院 局 会 計 規 程 ( 平 成 18 年 札 幌 市 病 院 局 規 程 第 37 号 以 下 この 章 で 規 程 という )を 定 め これに 則 って 会 計 処 理 が 行 わ れていなお 規 程 の 具 体

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF689768ED092639640906C8FE395FB978E8CEA8BA689EF814592E88ABC2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF689768ED092639640906C8FE395FB978E8CEA8BA689EF814592E88ABC2E646F63> 公 益 社 団 法 人 上 方 落 語 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 上 方 落 語 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 大 阪 府 大 阪 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 上 方 落 語 を 中

More information

( 共 済 金 の 決 定 についての 異 議 の 申 出 ) 第 9 条 共 済 金 の 決 定 について 不 服 のある 共 済 契 約 者 は 本 組 合 に 対 して 異 議 の 申 出 をし 再 審 査 を 請 求 することができる 2 理 事 長 は 前 項 の 申 出 があったときは

( 共 済 金 の 決 定 についての 異 議 の 申 出 ) 第 9 条 共 済 金 の 決 定 について 不 服 のある 共 済 契 約 者 は 本 組 合 に 対 して 異 議 の 申 出 をし 再 審 査 を 請 求 することができる 2 理 事 長 は 前 項 の 申 出 があったときは 神 奈 川 県 タクシー 厚 生 共 済 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする (

More information

( 会 員 の 資 格 喪 失 ) 第 8 条 会 員 が 次 のいずれか に 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する (1) 退 会 したとき (2) 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 となったとき (3) 死 亡 し 若 しくは 失 踪 宣 告 を 受 け 又

( 会 員 の 資 格 喪 失 ) 第 8 条 会 員 が 次 のいずれか に 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する (1) 退 会 したとき (2) 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 となったとき (3) 死 亡 し 若 しくは 失 踪 宣 告 を 受 け 又 一 般 社 団 法 人 青 森 県 計 量 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 青 森 県 計 量 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 協 会 は 主 たる 事 務 所 を 青 森 県 青 森 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 協 会 は 県 民 の 正 しい 計 量 思 想 の 啓 発 及 び

More information

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Ⅱ 国 地 方 公 共 団 体 公 共 公 益 法 人 等 の 消 費 税 Q&A ( 問 1) 免 税 期 間 における 起 債 の 償 還 元 金 に 充 てるための 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 Q 地 方 公 共 団 体 の 特 別 会 計 が 消 費 税 の 納 税 義 務 が 免 除 される 課 税 期 間

More information

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464>

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464> 5. 滋 賀 県 建 設 工 事 監 督 要 領 5-1 滋 賀 県 工 事 監 督 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 滋 賀 県 建 設 工 事 執 行 規 則 ( 昭 和 58 年 4 月 20 日 滋 賀 県 規 則 第 30 号 以 下 執 行 規 則 という )に 定 めるもののほか 県 が 施 行 する 請 負 工 事 の 監 督 について 必 要 な 事 項 を 定

More information

一部解約可能型定期預金(複利型)規定

一部解約可能型定期預金(複利型)規定 一 部 解 約 可 能 型 定 期 預 金 ( 複 利 型 ) 規 定 この 規 定 は 一 部 解 約 可 能 型 定 期 預 金 ( 複 利 型 )についての 当 行 の 取 扱 いを 記 載 したものです な お この 預 金 には 満 期 時 に 自 動 継 続 の 取 扱 いをするもの( 以 下 自 動 継 続 型 といいます )と 自 動 解 約 の 取 扱 いをするもの( 以 下 満

More information

4. 本 サービスを 利 用 するために 必 要 な 通 信 費 等 は 本 サービス 利 用 者 の 負 担 とします 第 5 条 ( 利 用 料 金 ) 1. 本 サービスの 利 用 料 金 ( 以 下 本 料 金 といいます )は 当 社 が 別 途 定 めるとおりとします 2. 本 サービス

4. 本 サービスを 利 用 するために 必 要 な 通 信 費 等 は 本 サービス 利 用 者 の 負 担 とします 第 5 条 ( 利 用 料 金 ) 1. 本 サービスの 利 用 料 金 ( 以 下 本 料 金 といいます )は 当 社 が 別 途 定 めるとおりとします 2. 本 サービス 第 1 条 ( 本 サービスの 内 容 ) いつでも 書 店 ( 以 下 本 サービス といいます )は いつでも 書 店 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )がお 客 様 に 対 し いつでも 書 店 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 といいます )に 基 づき 提 供 するサービスをいいます 第 2 条 ( 本 サービスの 利 用 ) 1. 本 サービスの 利 用 を 希 望

More information

(15) 兵 庫 県 道 高 速 湾 岸 線 (16) 神 戸 市 道 高 速 道 路 2 号 線 (17) 兵 庫 県 道 高 速 北 神 戸 線 (18) 神 戸 市 道 高 速 道 路 北 神 戸 線 (19) 神 戸 市 道 高 速 道 路 湾 岸 線 のうち 上 り 線 については 神 戸

(15) 兵 庫 県 道 高 速 湾 岸 線 (16) 神 戸 市 道 高 速 道 路 2 号 線 (17) 兵 庫 県 道 高 速 北 神 戸 線 (18) 神 戸 市 道 高 速 道 路 北 神 戸 線 (19) 神 戸 市 道 高 速 道 路 湾 岸 線 のうち 上 り 線 については 神 戸 大 阪 府 道 高 速 大 阪 池 田 線 等 に 関 する 協 定 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 以 下 機 構 という )と 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 ( 以 下 会 社 という )は 高 速 道 路 株 式 会 社 法 ( 平 成 16 年 法 律 第 99 号 以 下 道 路 会 社 法 という ) 第 6 条 第 1 項

More information

第 3 条 ( 事 業 者 ) 1. 事 業 者 は 本 ポイントプログラムの 利 用 にあたり 当 社 が 要 請 する 情 報 を 遅 滞 なく 提 供 するものとしま す なお 事 業 者 は 事 業 者 が 当 社 の 当 該 要 請 に 従 わない 場 合 や 情 報 の 提 供 が 遅

第 3 条 ( 事 業 者 ) 1. 事 業 者 は 本 ポイントプログラムの 利 用 にあたり 当 社 が 要 請 する 情 報 を 遅 滞 なく 提 供 するものとしま す なお 事 業 者 は 事 業 者 が 当 社 の 当 該 要 請 に 従 わない 場 合 や 情 報 の 提 供 が 遅 ポイントプログラム 利 用 約 款 第 1 条 ( 規 約 の 適 用 ) 1. ポイントプログラム 利 用 約 款 ( 以 下 本 ポイントプログラム 利 用 約 款 といいます )は 株 式 会 社 リクルー トホールディングス( 以 下 当 社 といいます )と 当 社 が 別 途 定 めるホットペッパーグルメ 利 用 約 款 または /およびホットペッパーお 食 事 券 サービス 利 用 約

More information

                                         2008

                                         2008 ぷららポイントプログラム 利 用 規 約 第 1 条 ( 総 則 ) このぷららポイントプログラム 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 といいます )は 株 式 会 社 NTT ぷらら( 以 下 当 社 といいます )が 運 営 提 供 するぷららポイントプログラム( 以 下 本 プログラム といいま す )の 対 象 者 ( 以 下 会 員 といいます )に 対 し ぷららポイント( 以 下

More information

連 がある 者 でないこと (5) 自 己 又 は 自 己 の 役 員 等 が 次 のいずれにも 該 当 しない 者 であること 及 び 次 に 掲 げる 者 が その 経 営 に 実 質 的 に 関 与 していない 者 であること ア 暴 力 団 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の

連 がある 者 でないこと (5) 自 己 又 は 自 己 の 役 員 等 が 次 のいずれにも 該 当 しない 者 であること 及 び 次 に 掲 げる 者 が その 経 営 に 実 質 的 に 関 与 していない 者 であること ア 暴 力 団 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 平 成 28 年 3 月 8 日 社 会 医 療 法 人 社 団 大 久 保 病 院 理 事 長 大 久 保 健 作 大 久 保 病 院 救 急 外 来 等 増 改 築 工 事 請 負 契 約 に 係 る 制 限 付 き 一 般 競 争 入 札 について ( 公 告 ) 大 久 保 病 院 救 急 外 来 等 増 改 築 工 事 請 負 契 約 に 係 る 制 限 付 き 一 般 競 争 入 札 を

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

<5461726F2D8740919D93878376838D837C815B8355838B8EC08E7B97768D80>

<5461726F2D8740919D93878376838D837C815B8355838B8EC08E7B97768D80> 飛 騨 市 立 増 島 保 育 園 調 理 室 改 修 設 計 施 工 プロポーザル( 公 募 型 ) 実 施 要 項 平 成 23 年 8 月 飛 騨 市 -1- 1 目 的 飛 騨 市 立 増 島 保 育 園 は 平 成 24 年 度 より 指 定 管 理 者 制 度 を 導 入 する 予 定 です 給 食 については 現 在 3 歳 未 満 児 ( 以 下 未 満 児 という )を 含 め 外

More information

財団法人山梨社会保険協会寄付行為

財団法人山梨社会保険協会寄付行為 一 般 財 団 法 人 山 梨 社 会 保 険 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 山 梨 社 会 保 険 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 山 梨 県 甲 府 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 山 梨

More information

(Microsoft Word - \225x\216m\216R\203\202\201[\203\213\217o\223X\213K\226\361.doc)

(Microsoft Word - \225x\216m\216R\203\202\201[\203\213\217o\223X\213K\226\361.doc) 富 士 山 モール 出 店 規 約 第 1 条 ( 総 則 ) 本 規 約 は 富 士 吉 田 市 富 士 河 口 湖 町 西 桂 町 鳴 沢 村 忍 野 村 山 中 湖 村 ( 以 下 甲 という)がイ ンターネット 上 で 運 営 する 総 合 情 報 サイト 富 士 山 モール ( 以 下 モール という)への 出 店 に 関 し 甲 と 出 店 申 込 者 ( 以 下 乙 という)との 間

More information

27-045人事規程270401

27-045人事規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 人 事 規 程 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 17 規 程 第 21 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 45 号 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 85,772 流 動 負 債 22,025 現 金 及 び 預 金 49,232 営 業 未 払 金 1,392 営 業 未 収 入 金 6,597 未 払 金 1,173 前 払 費 用 313 未

More information

競 争 参 加 資 格 審 査 等 事 務 取 扱 要 領 ( 抜 粋 ) ( 有 資 格 者 としない 者 ) 第 6 条 契 約 事 務 責 任 者 は 契 約 を 締 結 する 能 力 を 有 しない 者 破 産 者 で 復 権 を 得 ない 者 及 び 暴 力 団 等 の 反 社 会 的 勢

競 争 参 加 資 格 審 査 等 事 務 取 扱 要 領 ( 抜 粋 ) ( 有 資 格 者 としない 者 ) 第 6 条 契 約 事 務 責 任 者 は 契 約 を 締 結 する 能 力 を 有 しない 者 破 産 者 で 復 権 を 得 ない 者 及 び 暴 力 団 等 の 反 社 会 的 勢 企 画 競 争 に 係 る 募 集 公 告 平 成 25 年 12 月 16 日 独 立 行 政 法 人 農 畜 産 業 振 興 機 構 契 約 事 務 責 任 者 理 事 馬 場 一 洋 平 成 25 年 度 消 費 税 確 定 申 告 に 係 る 事 前 準 備 ( 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 等 ) 及 び 確 定 申 告 書 作 成 等 委 託 業 務 に 係 る 企 画 競 争

More information

税制面での支援

税制面での支援 税 制 面 での 支 援 平 成 28 年 熊 本 地 震 によって 直 接 間 接 的 に 被 害 を 受 けた 中 小 企 業 個 人 に 対 しては さ まざまな 税 制 面 での 支 援 が 行 われています ( 確 定 申 告 などの 期 間 延 長 については その 他 手 続 きなどの 支 援 ( 特 例 措 置 ) をご 参 照 ください) 1. 災 害 に 関 するおもな 税 務

More information

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内 砥 部 町 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平 成 22 年 3 月 26 日 付 け 国 官 会 第 2317 号 )

More information

はファクシミリ 装 置 を 用 いて 送 信 し 又 は 訪 問 する 方 法 により 当 該 債 務 を 弁 済 す ることを 要 求 し これに 対 し 債 務 者 等 から 直 接 要 求 しないよう 求 められたにもかか わらず 更 にこれらの 方 法 で 当 該 債 務 を 弁 済 するこ

はファクシミリ 装 置 を 用 いて 送 信 し 又 は 訪 問 する 方 法 により 当 該 債 務 を 弁 済 す ることを 要 求 し これに 対 し 債 務 者 等 から 直 接 要 求 しないよう 求 められたにもかか わらず 更 にこれらの 方 法 で 当 該 債 務 を 弁 済 するこ 求 償 権 の 管 理 回 収 に 関 する 事 例 研 究 (その2) - 平 成 23 年 度 求 償 権 管 理 回 収 等 事 務 研 修 会 から- 農 業 第 二 部 前 号 に 引 き 続 き 昨 年 9 月 に 開 催 された 求 償 権 管 理 回 収 等 事 務 研 修 会 で 求 償 権 の 管 理 回 収 事 例 研 究 として 掲 げられたテーマから4つの 事 例 について

More information

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します なお 本 業 務 の 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 27 年 度 予 算 の 執 行 が 可 能 となってい ることを 条 件 とします 平 成 27 年 2 月 17 日 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 契 約 担 当 役 鉄 道 建 設 本 部 九 州

More information

サイバートラスト デバイスマネジメント オプションサービス特約

サイバートラスト デバイスマネジメント オプションサービス特約 サイバートラスト デバイスマネジメント オプションサービス 特 約 発 効 日 : 平 成 23 年 (2011 年 ) 10 月 24 日 第 1 条 特 約 の 適 用 1.サイバートラスト デバイスマネジメント オプションサービス 特 約 ( 以 下 本 特 約 という)は サイバー トラスト デバイスマネジメント( 以 下 デバイスマネジメント という)の 附 帯 サービスの 提 供 条 件

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030385F303088A4926D8CA78E8497A79763927489808EF68BC697BF93998C798CB895E28F958BE08CF0957497768D6A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030385F303088A4926D8CA78E8497A79763927489808EF68BC697BF93998C798CB895E28F958BE08CF0957497768D6A2E646F63> 愛 知 県 私 立 幼 稚 園 授 業 料 等 軽 減 補 助 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 愛 知 県 私 立 幼 稚 園 授 業 料 等 軽 減 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )は 私 立 の 幼 稚 園 及 び 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 ( 以 下 幼 稚 園 等 という )に 在 籍 する 幼 児 の 就 園 に 係 る 父 母 負 担 の 軽

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

件 および 告 知 の 方 法 を 当 社 の 裁 量 で 定 め 参 加 者 に 告 知 します 3.ポイント 付 与 の 時 期 は 付 与 対 象 となる 取 引 ごとに 当 社 が 定 める 一 定 の 行 為 また は 手 続 等 が 完 了 し 一 定 期 間 を 経 た 時 点 となり

件 および 告 知 の 方 法 を 当 社 の 裁 量 で 定 め 参 加 者 に 告 知 します 3.ポイント 付 与 の 時 期 は 付 与 対 象 となる 取 引 ごとに 当 社 が 定 める 一 定 の 行 為 また は 手 続 等 が 完 了 し 一 定 期 間 を 経 た 時 点 となり (ABC ポイントとは) ABC ポイントサービス( 以 下 本 サービス といいます)とは 株 式 会 社 ABC Cooking Studio ( 以 下 当 社 といいます) がこの ABC ポイントサービス 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 といいます)にしたがい 一 定 の 特 典 を 提 供 するプログラムです 本 サービスに 入 会 するための 入 会 金 や 年 会 費 等 の

More information

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 と 称 し 英 文 では Type II Financial Instruments Firms Associationと 表 示 する ( 主 たる 事 務 所 ) 第 2 条 本 協

More information

(10) 本 工 事 の 契 約 締 結 日 において 現 場 代 理 人 を 工 事 現 場 に 常 駐 で 配 置 し 得 ること ただし 本 入 札 の 一 般 競 争 入 札 参 加 申 込 書 の 提 出 日 現 在 において 3カ 月 以 上 直 接 的 かつ 恒 常 的 な 雇 用 関

(10) 本 工 事 の 契 約 締 結 日 において 現 場 代 理 人 を 工 事 現 場 に 常 駐 で 配 置 し 得 ること ただし 本 入 札 の 一 般 競 争 入 札 参 加 申 込 書 の 提 出 日 現 在 において 3カ 月 以 上 直 接 的 かつ 恒 常 的 な 雇 用 関 豊 中 市 告 示 第 282 号 豊 中 市 立 北 条 小 学 校 トイレ 改 修 工 事 に 伴 う 給 排 水 衛 生 設 備 工 事 の 工 事 請 負 契 約 に 係 る 一 般 競 争 入 札 について 豊 中 市 立 北 条 小 学 校 トイレ 改 修 工 事 に 伴 う 給 排 水 衛 生 設 備 工 事 の 工 事 請 負 契 約 について 次 のとおり 一 般 競 争 入 札

More information

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の Page 1 of 5 伊 東 市 個 人 情 報 保 護 条 例 平 成 9 年 4 月 1 日 伊 東 市 条 例 第 14 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 個 人 情 報 の 管 理 等 ( 第 6 条 第 12 条 ) 第 3 章 自 己 情 報 の 開 示 等 ( 第 13 条 第 20 条 ) 第 4 章 救 済 手 続 及 び 救 済 機 関

More information

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 美 作 市 防 犯 カメラ 設 置 支 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 地 域 の 防 犯 活 動 を 推 進 し 安 全 安 心 のまちづくりの 実 現 を 図 るため 犯 罪 等 の 防 止 を 目 的 に 防 犯 カメラの 設 置 を 行 う 住 民 団 体 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において その 設 置 に 要 する 経 費

More information

れた 公 開 鍵 に 対 応 する 秘 密 鍵 を 電 子 署 名 において 利 用 することができます 第 3 条 ( 電 子 証 明 書 の 発 行 申 請 ) 1. 申 請 者 は 所 定 の 様 式 の 申 請 書 を 機 構 又 は 居 住 する 市 区 町 村 の 受 付 窓 口 ( 以

れた 公 開 鍵 に 対 応 する 秘 密 鍵 を 電 子 署 名 において 利 用 することができます 第 3 条 ( 電 子 証 明 書 の 発 行 申 請 ) 1. 申 請 者 は 所 定 の 様 式 の 申 請 書 を 機 構 又 は 居 住 する 市 区 町 村 の 受 付 窓 口 ( 以 公 的 個 人 認 証 サービス 利 用 者 規 約 ( 個 人 番 号 カード) 第 1 条 ( 総 則 ) 1. 公 的 個 人 認 証 サービス ( 以 下 本 サービス という )は 地 方 公 共 団 体 情 報 システ ム 機 構 ( 以 下 機 構 という )が 運 営 する 署 名 用 認 証 局 ( 以 下 署 名 用 CA という ) が 提 供 する 署 名 用 電 子 証 明

More information

平成23年度本庁舎西館弁当販売者募集要項

平成23年度本庁舎西館弁当販売者募集要項 たつの 市 民 病 院 新 聞 自 動 販 売 機 設 置 事 業 者 募 集 要 項 たつの 市 民 病 院 ( 以 下 病 院 という )が 行 う 自 動 販 売 機 設 置 事 業 者 ( 以 下 設 置 事 業 者 という )の 募 集 に 参 加 される 方 は この 要 項 をよく 読 み 記 載 事 項 をご 承 知 の 上 お 申 し 込 みください 1 公 募 物 件 の 概 要

More information

8月9月幹事会検討内容

8月9月幹事会検討内容 一 般 社 団 法 人 電 気 管 理 技 術 者 協 同 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 法 人 は 一 般 社 団 法 人 電 気 管 理 技 術 者 協 同 機 構 ( 略 称 社 団 法 人 電 管 協 )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 法 人 は 事 務 所 を 東 京 都 千 代 田 区 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 法

More information

Microsoft Word - s-17-yatukan

Microsoft Word - s-17-yatukan 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 会 社 は, 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 保 険 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 保 険 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行

More information

Microsoft Word 差替_【900】(旧69)「交代」120111CL.docx

Microsoft Word 差替_【900】(旧69)「交代」120111CL.docx 監 査 基 準 委 員 会 報 告 書 900 監 査 人 の 交 代 平 成 23 年 12 月 22 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 監 査 基 準 委 員 会 ( 報 告 書 : 第 6 9 号 ) 項 番 号 Ⅰ 本 報 告 書 の 範 囲 及 び 目 的 1. 本 報 告 書 の 範 囲... 1 2. 監 査 人 の 責 任... 3 3. 本 報 告 書 の 目 的... 4

More information

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 (

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 ( 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 定 款 第 1 章 総 則 認 可 平 成 25 年 12 月 24 日 施 行 平 成 26 年 1 月 6 日 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 ( 以 下 協 会 という ) と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 協 会 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 港 区

More information