人 々は 十 分 な 水 道 施 設 がないため 夏 場 の 日 照 り 干 ばつなどに 悩 まされ 飲 み 水 の 確 保 に 苦 労 していた 4. 戦 後 ~ 復 帰 前 の 県 民 のくらしと 水 道 (1) 戦 後 の 水 道 供 給 体 制 戦 争 によって 灰 じんに 帰 し 戦 後

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "人 々は 十 分 な 水 道 施 設 がないため 夏 場 の 日 照 り 干 ばつなどに 悩 まされ 飲 み 水 の 確 保 に 苦 労 していた 4. 戦 後 ~ 復 帰 前 の 県 民 のくらしと 水 道 (1) 戦 後 の 水 道 供 給 体 制 戦 争 によって 灰 じんに 帰 し 戦 後 "

Transcription

1 沖 縄 の 水 資 源 開 発 がもたらしたもの ~ 県 民 のくらしと 水 道 ~ 中 村 正 秀 沖 縄 県 企 業 局 建 設 計 画 課 計 画 調 整 監 NAKAMURA Masahide 1.はじめに 水 資 源 に 恵 まれない 沖 縄 県 は 永 年 の 間 水 の 確 保 に 苦 労 した 島 であった 沖 縄 本 島 における 水 資 源 開 発 がどのように 行 われていったか ま たそのもたらした 効 果 について 戦 前 戦 後 本 土 復 帰 以 降 と 各 時 代 別 にみながら 水 資 源 及 び 水 道 施 設 の 整 備 状 況 の 変 遷 を 報 告 したい 2. 沖 縄 の 自 然 環 境 沖 縄 は160の 珊 瑚 礁 の 島 々からなる 島 しょ 県 で 本 島 も 細 長 い 地 形 をしており 大 きな 河 川 や 湖 などの 水 源 に 恵 まれていない そのため 先 人 たちは 昔 から 希 少 な 水 の 確 保 に 知 恵 を 絞 り たゆまない 努 力 を 重 ね また その 中 から 水 に 対 する 信 仰 や 芸 能 伝 統 行 事 な ど 沖 縄 独 特 の 水 文 化 を 育 んできた し 引 いた 量 に 当 該 地 域 の 面 積 を 乗 じた 値 )は 1,837m 3 / 年 人 で 全 国 平 均 3,230 m 3 / 年 人 の 57%にすぎない また 降 雨 の 年 間 変 動 も 大 きく 年 間 降 雨 量 の 大 部 分 が 梅 雨 期 と 台 風 の 襲 来 する 夏 期 に 集 中 している さらに 沖 縄 本 島 内 に 散 在 する 中 小 の 河 川 に ついてみると 流 域 面 積 が 小 さく 流 路 延 長 も 短 いうえに 勾 配 が 急 なため 雨 水 の 大 部 分 は 利 用 されないまま 海 に 流 出 してしまう 特 徴 があ る 3. 戦 前 の 県 民 のくらしと 水 道 戦 前 は 那 覇 市 など 一 部 の 市 町 村 に 水 道 が 引 かれていたが ほとんどの 地 域 で 生 活 用 水 を 井 戸 天 水 湧 き 水 等 に 依 存 していた (1) 沖 縄 県 の 人 口 の 推 移 及 び 分 布 状 況 沖 縄 県 の 人 口 は 終 戦 後 の1946( 昭 和 21) 年 に 約 51 万 人 であったのが 本 土 復 帰 時 の1972( 昭 和 47) 年 に 約 96 万 人 2008( 平 成 20) 年 には 約 137 万 人 になり 復 帰 直 後 と 比 べると 約 1.4 倍 に 増 えている 企 業 局 の 水 源 は 北 部 中 部 にあり その 中 でも 水 源 の 大 部 分 を 占 める 北 部 のダム 水 及 び 河 川 水 を 県 人 口 の 約 8 割 が 集 中 する 中 南 部 の 消 費 地 へ 送 っているのが 特 徴 である (2) 降 水 量 の 特 徴 年 平 均 降 水 量 は 約 2,037mm( 那 覇 )で 全 国 平 均 1,718mmを 上 まわっており 全 国 でも 比 較 的 雨 量 の 多 い 地 域 である しかし 人 口 密 度 が 高 いため 年 間 の 水 資 源 賦 存 量 ( 理 論 上 人 間 が 最 大 限 利 用 可 能 な 水 の 量 で 降 水 量 から 蒸 発 散 によって 失 われる 量 を 差 写 真 -1 ガジュマルの 木 の 根 からしたたる 水 を 利 用 している 様 子 出 典 : 水 のいまむかし( 沖 縄 の 水 研 究 会 ) 9

2 人 々は 十 分 な 水 道 施 設 がないため 夏 場 の 日 照 り 干 ばつなどに 悩 まされ 飲 み 水 の 確 保 に 苦 労 していた 4. 戦 後 ~ 復 帰 前 の 県 民 のくらしと 水 道 (1) 戦 後 の 水 道 供 給 体 制 戦 争 によって 灰 じんに 帰 し 戦 後 しばらくの 間 水 道 の 空 白 時 代 があったが 琉 球 政 府 が 設 立 された1952( 昭 和 27) 年 以 降 琉 球 政 府 及 び 米 国 民 政 府 の 補 助 金 によって 水 道 がしだいに 普 及 し 始 め 1960( 昭 和 35) 年 頃 には 那 覇 市 コザ 市 ( 現 沖 縄 市 )をはじめとする8つの 市 町 村 水 道 と 局 所 的 な 簡 易 水 道 を 合 わせると 約 200の 水 道 が 誕 生 し 琉 球 列 島 において 人 口 の 約 40%の 人 々に 給 水 していた 図 1の 一 日 平 均 需 要 量 をみると1964( 昭 和 39) 年 度 までは 民 需 より 軍 需 の 方 が 大 きくその 年 を 境 に 民 需 が 上 まわり 逆 転 している また 1962( 昭 和 37) 年 度 には2,100 万 ガロン (79,000m 3 )/ 日 だったのがその9 年 後 の1971( 昭 和 46) 年 度 には5,000 万 ガロン(189,000m 3 )/ 日 と 約 2.4 倍 に 著 しく 増 大 している ある 琉 球 水 道 公 社 が 設 立 された 琉 球 水 道 公 社 は 米 軍 が 管 理 する 全 島 統 合 上 水 道 から 分 水 を 得 て 市 町 村 へ 給 水 を 行 っていた また 米 軍 は 琉 球 水 道 公 社 から 付 託 を 受 け 水 源 開 発 や 水 道 施 設 の 建 設 及 び 管 理 を 行 っていた 写 真 2は 米 軍 当 局 へその 余 裕 水 の 供 与 を 訴 え 水 道 施 設 費 の 援 助 を 求 める 陳 情 書 である ~ 前 略 ~ 住 民 の 苦 労 とは 別 に 米 軍 にあっては 当 時 散 在 的 にではあったが 比 較 的 一 貫 した 水 道 施 設 を 琉 球 進 駐 以 来 有 していたので 地 域 住 民 は 琉 球 政 府 をとおして 米 軍 当 局 にそ の 余 裕 水 の 供 与 を 訴 え また 市 町 村 等 からは 水 道 施 設 費 の 援 助 を 求 める 陳 情 がしばしば 行 われた なかでも 学 生 児 童 を あずかる 学 校 当 局 やPTA( 父 兄 会 )からの 陳 情 は 子 供 達 が 飲 用 水 を 休 み 時 間 等 を 利 用 して 近 隣 の 井 戸 から 共 同 して 持 ち 運 ぶ 苦 労 や 井 戸 水 質 の 劣 悪 さによる 伝 染 病 の 懸 念 等 の 実 情 を 切 々と 訴 えるものが 多 く 当 時 の 窮 状 が 強 くしのばれる また 一 般 の 人 々にあっても 同 様 な 状 況 下 にあり 水 を 求 め る 声 は 社 会 的 にも 日 増 しに 強 まる 一 方 であった 公 益 水 道 の 欠 如 は 人 々に 水 汲 みの 苦 労 伝 染 病 の 誘 発 火 災 時 におけ る 消 火 活 動 の 不 便 さらには 経 済 活 動 への 支 障 等 々を 必 然 に 若 起 した このような 実 情 の 重 大 さを 背 景 に 当 時 の 為 政 者 は 日 毎 に 高 まる 水 道 に 対 する 社 会 的 要 請 を 焦 眉 の 問 題 として その 対 処 策 の 早 急 な 樹 立 の 要 を 深 く 認 識 させられたのである 写 真 -2 水 道 施 設 費 の 援 助 を 求 める 陳 情 書 ( 英 文 翻 訳 ) 出 典 : 公 社 13 年 の 歩 み( 琉 球 水 道 公 社 ) (2) 水 道 普 及 率 と 赤 痢 患 者 数 について 赤 痢 菌 はその 国 の 衛 生 状 態 を 表 す 傾 向 がある ため ここで 復 帰 前 の1960( 昭 和 35) 年 から 1994( 平 成 5) 年 までの 水 道 の 普 及 率 と 赤 痢 患 図 -1 一 日 平 均 需 要 量 出 典 :1971 会 計 年 度 年 次 報 告 書 ( 琉 球 水 道 公 社 ) 米 軍 は1950( 昭 和 25) 年 陸 海 空 海 兵 隊 の 四 軍 が 独 立 して 運 営 していた 軍 水 道 を 全 島 統 合 上 水 道 として 一 元 化 し 余 剰 水 を 基 地 周 辺 の 市 町 村 へ 分 水 していた ところが 復 興 の 進 展 に 伴 う 人 口 増 加 都 市 への 集 中 が 激 しくなり 1950 年 代 後 半 に 入 ると 民 間 地 域 の 水 不 足 が 深 刻 な 問 題 になってきた そこで 米 国 民 政 府 によって 全 島 統 合 上 水 道 を 基 にした 民 間 地 域 を 含 めた 広 域 水 道 構 想 が 検 討 され 1958( 昭 和 33) 年 沖 縄 県 企 業 局 の 前 身 で 図 -2 沖 縄 県 における 水 道 普 及 率 と 赤 痢 患 者 数 の 推 移 出 典 : 平 成 6 年 衛 生 統 計 年 報 ( 衛 生 統 計 編 ) ( 沖 縄 県 環 境 保 健 部 ) 環 境 保 健 行 政 の 概 要 平 成 7 年 ( 沖 縄 県 環 境 保 健 部 ) 沖 縄 県 の 水 道 概 要 平 成 7 年 度 版 ( 沖 縄 県 環 境 保 健 部 生 活 衛 生 課 ) 沖 縄 の 水 道 その 歴 史 と 技 術 の 変 遷 ( 金 城 義 信 著 ) 10

3 者 数 の 推 移 を 表 した 図 を 紹 介 する 図 2より 1960( 昭 和 35) 年 から 毎 年 のよう に 約 200 人 から 約 1900 人 の 患 者 が 発 生 していた 状 況 に 対 して 1972( 昭 和 47) 年 を 境 にして 急 激 に 減 っている 水 道 の 普 及 率 の 上 昇 とともに 衛 生 状 態 が 改 善 され 赤 痢 患 者 が 減 っていったものと 思 われる (3) 戦 後 の 水 源 本 土 復 帰 の1972( 昭 和 47) 年 までは 水 道 施 設 は 米 軍 管 理 であったため 仕 様 も 米 国 基 準 で あった そのため 単 位 も 水 量 についてはガロ ン 長 さはフィート 又 はインチ 重 さはポンド が 使 われていた 当 時 の 水 源 は 中 部 及 び 北 部 の 河 川 と 嘉 手 納 登 川 及 び 天 願 地 域 の 井 戸 群 から 取 水 していた 沖 縄 本 島 の 中 北 部 にある9つの 主 な 河 川 からは 一 日 におよそ4,000 万 ガロン( 約 15 万 m 3 )の 取 水 が 可 能 であり また 嘉 手 納 登 川 及 び 天 願 地 域 にある47 ヶ 所 の 井 戸 からは 一 日 およそ2,500 万 ガロン( 約 9 万 4,000 m 3 )の 取 水 が 可 能 であっ た この 井 戸 群 については 水 量 が 安 定 的 に 取 水 できたため 天 候 に 左 右 されない 水 源 として 渇 水 期 にも 大 いに 威 力 を 発 揮 した また 6 億 2,400 万 ガロン( 約 235 万 m 3 )の 貯 水 能 力 をもつ 瑞 慶 山 ダム( 現 在 の 倉 敷 ダムの 再 開 発 前 )と3 億 3,400 万 ガロン( 約 125 万 m 3 )の 貯 水 能 力 をもつ 天 願 ダム( 現 山 城 ダム)の 水 は 渇 水 期 に 中 部 の 河 川 水 が 減 少 した 際 その 不 足 分 を 補 うために 利 用 された 福 地 ダムは 琉 球 水 道 公 社 から 付 託 された 米 軍 による 監 督 下 で 建 設 が 始 まっていたが 着 工 してまもなく 復 帰 を 迎 えた 1971( 昭 和 46) 年 1 月 以 来 の 異 常 干 ばつのた め 河 川 水 や 地 下 水 が 極 端 に 減 少 し 沖 縄 の 水 事 情 は 窮 地 に 立 たされた 写 真 3は1971( 昭 和 46) 年 6 月 の 天 願 ダムの 写 真 である 5. 復 帰 以 降 の 水 道 本 土 復 帰 1972( 昭 和 47) 年 とともに 沖 縄 県 企 業 局 が 琉 球 水 道 公 社 の 財 産 等 を 引 き 継 ぎ 水 道 用 水 供 給 事 業 がスタートした 劣 悪 な 水 事 情 の 解 消 及 び 将 来 の 水 需 要 の 増 大 に 対 処 するため 第 1 次 ~ 第 3 次 沖 縄 振 興 開 発 計 画 及 び 沖 縄 振 興 計 画 に 基 づき 水 源 開 発 や 水 道 施 設 の 整 備 を 図 ってきた その 結 果 本 土 復 帰 時 点 の1972( 昭 和 47) 年 度 には89.2%だった 水 道 普 及 率 が1986( 昭 和 61) 年 度 末 には 県 内 53 市 町 村 のすべてに 水 道 が 布 設 され1994( 平 成 6) 年 度 末 には 県 全 体 で99.7%と 高 い 水 道 普 及 率 を 達 成 し さらに 平 成 15 年 度 末 には100%に 達 した また 沖 縄 本 島 では 毎 年 のように 繰 り 返 されていた 断 水 も1994( 平 成 6) 年 度 からなくなり 現 在 もその 状 況 が 続 いている (1) 水 源 別 取 水 量 本 土 復 帰 時 点 の1972( 昭 和 47) 年 度 の 日 平 均 取 水 量 は227.8 千 m 3 であったが2008( 平 成 20) 年 度 には433.2 千 m 3 になり 約 2 倍 ( 図 3)に 増 え ている また 水 源 別 取 水 量 の 割 合 も1972( 昭 和 47) 年 度 は 河 川 水 が54.6%を 占 めていたのが2008( 平 成 20) 年 度 では18.5%となり 逆 にダムからの 取 水 量 が14.9%から72.7%と 大 幅 に 増 えている 図 3 水 源 別 取 水 量 の 推 移 出 典 : 企 業 局 概 要 沖 縄 の 水 ( 沖 縄 県 企 業 局 ) 写 真 3 貯 水 量 が 底 をついた 天 願 ダム 出 典 :1971 会 計 年 度 年 次 報 告 書 ( 琉 球 水 道 公 社 ) (2) 復 帰 以 降 のダム 開 発 復 帰 以 降 は 国 が 事 業 主 体 となり 米 軍 から 引 き 11

4 継 いだ 建 設 中 の 福 地 ダムを 完 成 させ 企 業 局 は 水 道 用 水 供 給 事 業 者 としてダム 開 発 へ 参 画 する 形 態 をとった その 後 も 同 様 の 形 態 で 福 地 と 連 結 する 安 波 ダム 新 川 ダム 普 久 川 ダム 辺 野 喜 ダムのいわゆる 北 部 5ダムを 次 々と 多 目 的 ダ ムとして 完 成 させた さらにその 後 も 引 き 続 き 漢 那 ダム 倉 敷 ダム 羽 地 ダムを 完 成 させ 現 在 は 大 保 ダムの 試 験 湛 水 と 億 首 ダムの 建 設 を 行 っている (3) 東 系 列 導 水 管 東 系 列 導 水 管 は 福 地 ダムから 久 志 浄 水 場 を 経 て 石 川 浄 水 場 までの 導 水 管 であるが 写 真 4 は 復 帰 後 整 備 した 東 系 列 導 水 管 の 一 部 で 現 在 も 石 川 浄 水 場 の 前 庭 に 展 示 されている この 水 道 管 は 企 業 局 で 使 われている 一 番 大 きな 導 水 管 で 直 径 が2mもあり 久 志 浄 水 場 からうるま 市 石 川 赤 崎 までの 約 23kmにわたって 布 設 され ており 一 日 あたり396,000m 3 の 水 を 送 ること ができる 写 真 4 東 系 列 2000mm 導 水 管 (4) 西 系 列 水 道 水 源 開 発 事 業 企 業 局 が 昭 和 55 年 度 から 進 めている 事 業 であ り 西 系 列 水 道 水 源 開 発 事 業 は 図 4に 示 す 沖 縄 北 西 部 12 河 川 から 豊 水 時 の 余 剰 水 を 取 水 し 国 が 建 設 している 大 保 ダム 並 びに 再 開 発 し た 倉 敷 ダムに 導 水 貯 留 して 水 道 水 源 の 安 定 確 保 を 図 るもので 日 量 9 万 8,200m 3 の 水 源 が 開 発 さ れる 計 画 となっている (5) 水 の 硬 度 について 水 質 的 には 中 部 一 帯 の 水 源 が 北 部 水 源 に 比 較 して 硬 度 が 高 く とりわけ 井 戸 群 の 硬 度 が 高 かった 硬 度 が 高 い 理 由 としては その 場 所 の 地 質 が 大 きく 影 響 する 地 質 的 に 中 部 一 帯 は 石 灰 岩 層 で 覆 われているため そこに 蓄 えられたカルシ ウムやマグネシウム 等 のミネラル 分 が 地 下 水 の 中 に 溶 け 出 し 井 戸 群 の 硬 度 を 高 めている 井 戸 群 建 設 当 初 はまず 水 の 量 を 確 保 すること に 主 眼 がおかれていたため 水 の 硬 度 が 高 いこ とによる 石 鹸 の 泡 立 ちがすくないことや ヤ カンの 底 に 貯 まる 石 灰 分 等 のことが 話 題 にのぼ ることはすくなかった その 後 水 量 の 充 足 とともに おいしい 水 へ の 関 心 が 高 まり 硬 度 の 低 減 化 が 望 まれてきた その 要 望 に 対 応 するため 中 部 河 川 や 井 戸 群 の 取 水 量 を 調 整 するなど 水 運 用 の 変 更 等 で 徐 々 に 硬 度 を 下 げていった さらに2003( 平 成 15) 年 には 井 戸 群 の 硬 度 低 減 化 施 設 を 北 谷 浄 水 場 内 に 整 備 したことにより 硬 度 は120 程 度 ( 図 5) まで 低 減 している 今 後 は 大 保 ダムの 供 用 開 始 等 により ダム 水 のブレンド 率 が 高 まるため さらなる 硬 度 の 低 減 が 見 込 まれる 図 5 本 島 中 部 地 区 の 浄 水 硬 度 経 年 変 化 図 4 西 系 列 水 道 水 源 開 発 事 業 一 覧 図 一 方 1980( 昭 和 55) 年 頃 から 住 宅 地 へ 近 接 している 登 川 天 願 地 域 では 近 隣 の 民 間 井 戸 の 地 下 水 位 低 下 等 の 影 響 があり その 一 帯 の 井 12

5 戸 群 は 廃 止 された 現 在 は 嘉 手 納 基 地 及 びその 周 辺 井 戸 のみが 残 っており 取 水 量 もピーク 時 の 約 1/3 程 度 になっている 2 北 谷 浄 水 場 の 更 新 及 び 耐 震 化 3 名 護 ~ 本 部 ラインの 耐 震 化 4 西 原 ~ 糸 満 ラインの 耐 震 化 (6) 安 心 安 全 安 定 した 水 道 沖 縄 本 島 の 地 形 は 南 北 に 細 長 く 大 規 模 水 源 は 北 部 に 集 中 し 需 要 地 域 は 中 南 部 に 集 中 してい るため その 南 北 を 結 ぶ 長 距 離 の 導 水 トンネル や 導 水 管 が 大 動 脈 であり 生 命 線 となっている このため ひとたび 導 水 トンネルや 導 水 管 の 破 損 事 故 及 び 水 源 汚 染 等 の 水 質 事 故 に 見 舞 われ た 場 合 でも 被 害 を 最 小 限 にくい 止 めるよう 水 源 を 分 散 し 東 系 導 水 管 と 西 系 導 水 管 の 太 い2 つの 幹 線 を 結 ぶハシゴ 状 の 連 絡 管 を 整 備 してい る 整 備 済 みの 導 水 管 連 絡 管 としては 大 宜 味 村 大 保 ~ 東 村 宇 出 那 覇 許 田 ~ 久 志 うるま 市 伊 波 ~うるま 市 赤 崎 の3 箇 所 となっている ま た 浄 水 場 から 送 水 する 送 水 管 の 連 絡 管 としては 石 川 系 と 北 谷 系 を 結 ぶ 沖 縄 市 美 里 ~ 沖 縄 市 山 内 北 中 城 村 石 平 ~ 北 中 城 村 渡 口 中 城 村 南 上 原 ~ 西 原 町 棚 原 と3 箇 所 となっており 建 設 中 の 沖 縄 市 美 里 ~ 沖 縄 市 山 内 は22 年 夏 頃 に 供 用 開 始 予 定 である ( 図 6) 6.おわりに 復 帰 後 毎 年 のように 水 不 足 が 生 じ 給 水 制 限 が 実 施 されていたが 沖 縄 本 島 においては 平 成 6 年 度 以 降 多 目 的 ダムや 西 系 列 水 道 水 源 開 発 等 及 び 海 水 淡 水 化 施 設 の 整 備 もあって 給 水 制 限 のない 安 定 した 状 況 が16 年 続 いている 今 後 は 人 口 や 観 光 客 の 増 加 に 伴 う 水 需 要 に 対 応 するための 拡 張 整 備 が 完 成 した 後 は 老 朽 化 施 設 の 計 画 的 な 更 新 及 び 安 心 でおいしい 水 づ くりに 向 けた 施 設 整 備 へ 重 点 が 移 っていくこと になる 一 方 身 近 にある 水 源 も 地 域 単 位 個 人 単 位 で 利 用 することにより 防 災 上 は 貴 重 な 水 源 と なるため 湧 き 水 や 井 戸 水 雨 水 利 用 等 も 有 効 活 用 し 水 質 的 に 飲 料 水 に 適 さない 場 合 等 は 雑 用 水 に 活 用 するなど 水 利 用 を 工 夫 し 安 易 に 廃 止 することのないようにしていただきたい 県 民 一 人 ひとりが 限 られた 資 源 である 水 の 有 効 利 用 と 節 水 について 普 段 から 心 がけ 節 水 型 社 会 を 形 成 することが 必 要 である また 水 源 を 守 り 維 持 していくためには 水 道 関 係 者 のみならず 水 の 受 益 地 域 の 人 々も 水 源 に 対 する 理 解 を 深 め 水 源 地 と 受 益 地 の 相 互 理 解 の 必 要 がますます 重 要 になってきた 今 後 と も 限 りある 資 源 を 大 切 に 使 っていきたいもので ある 図 6 導 送 水 管 連 絡 管 (7) 今 後 の 水 道 施 設 整 備 計 画 今 後 水 道 施 設 整 備 は アセットマネジメント を 取 り 入 れた 水 道 施 設 の 適 切 な 資 産 管 理 を 行 う 必 要 がある 耐 震 性 のない 老 朽 管 の 更 新 や 浄 水 場 ポンプ 場 調 整 池 等 の 更 新 を 重 要 度 も 加 味 し 総 合 的 に 判 断 して 優 先 順 位 を 決 定 し 更 新 計 画 を 立 てていくことになる 現 在 進 めてい る 主 な 計 画 は 下 記 の 通 りである 1 新 石 川 浄 水 場 の 高 度 処 理 施 設 及 び 原 水 調 整 池 の 整 備 参 考 文 献 1) 琉 球 水 道 公 社 : 公 社 13 年 の 歩 み 2) 沖 縄 の 水 研 究 会 : 水 のいまむかし 3) 琉 球 水 道 公 社 : 年 次 報 告 書 (1971 会 計 年 度 ) 4) 金 城 善 信 : 沖 縄 の 水 道 13

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

○ 01 那覇市

○ 01 那覇市 平 成 2 7 年 度 沖 縄 振 興 特 別 推 進 市 町 村 交 付 金 事 業 計 画 成 果 目 標 平 成 27 年 4 月 10 日 那 覇 市 1 宜 野 湾 市 26 石 垣 市 32 浦 添 市 40 名 護 市 53 糸 満 市 57 沖 縄 市 62 豊 見 城 市 73 うるま 市 79 宮 古 島 市 87 南 城 市 91 国 頭 村 97 大 宜 味 村 101 東

More information

平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 決 算 審 査 意 見 書 愛 知 県 監 査 委 員 27 監 査 第 71 号 平 成 27 年 9 月 7 日 愛 知 県 知 事 大 村 秀 章 殿 愛 知 県 監 査 委 員 西 川 洋 二 同 青 山 學 同 後 藤 貞 明 同 中 野 治 美 同 神 戸 洋 美 平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 の 決

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738D9196AF95DB8CEC8C7689E6817C91E6825095D22E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738D9196AF95DB8CEC8C7689E6817C91E6825095D22E646F63> 第 1 編 総 論 第 1 章 市 の 責 務 計 画 の 位 置 づけ 構 成 等 廿 日 市 市 ( 市 長 及 びその 他 の 執 行 機 関 をいう 以 下 市 という )は 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 する 責 務 にかんがみ 国 民 の 保 護 のための 措 置 を 的 確 かつ 迅 速 に 実 施 するため 以 下 のとおり 市 の 責 務 を 明 らかにするとともに

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031392D30955C8E8682A982E796DA8E9F82DC82C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031392D30955C8E8682A982E796DA8E9F82DC82C52E646F63> 平 成 19 年 度 京 都 府 公 営 企 業 会 計 決 算 審 査 意 見 書 京 都 府 監 査 委 員 20 監 第 202 号 平 成 20 年 9 月 2 日 京 都 府 知 事 山 田 啓 二 様 京 都 府 監 査 委 員 田 坂 幾 太 同 小 巻 實 司 同 道 林 邦 彦 同 村 山 佳 也 平 成 19 年 度 京 都 府 公 営 企 業 会 計 の 決 算 審 査 について

More information

Microsoft Word - ③特記仕様書

Microsoft Word - ③特記仕様書 名 護 久 志 浄 水 場 及 び 久 志 管 理 施 設 運 転 管 理 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 平 成 27 年 度 沖 縄 県 企 業 局 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 仕 様 書 は 沖 縄 県 企 業 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 管 理 する 名 護 久 志 浄 水 場 及 び 両 浄 水 場 の 排 水 処 理 施 設 並 びに 久 志

More information

untitled

untitled 発 行 年 号 数 タイトル 著 者 概 要 2016 年 No.98 下 水 汚 泥 集 約 処 理 事 業 における NS 形 ダクタイル 鉄 管 の 使 用 事 例 鳥 取 県 羽 合 浜 地 区 におけるALW 形 ダクタイル 鉄 管 の 採 用 事 例 京 都 市 上 下 水 道 局 下 水 道 部 設 計 課 管 理 課 課 長 西 本 俊 二 担 当 課 長 岩 﨑 公 男 鳥 取 県

More information

在 地 区 分 の 概 要 1 a1 法 務 省 青 森 地 方 検 察 庁 一 般 - 弘 前 支 部 弘 前 区 検 察 庁 1,874.68 青 森 県 弘 前 市 大 字 上 白 銀 町 5-6 青 森 地 方 検 察 庁 弘 前 支 部 弘 前 区 検 察 庁 は 入 居 官 署 の 退

在 地 区 分 の 概 要 1 a1 法 務 省 青 森 地 方 検 察 庁 一 般 - 弘 前 支 部 弘 前 区 検 察 庁 1,874.68 青 森 県 弘 前 市 大 字 上 白 銀 町 5-6 青 森 地 方 検 察 庁 弘 前 支 部 弘 前 区 検 察 庁 は 入 居 官 署 の 退 資 料 3の 参 考 2 平 成 27 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 平 成 27 年 度 国 有 財 産 監 査 の 結 果 について の 2 ページに 記 載 した の 主 な 内 容 を 別 に 表 しています 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理

More information

【行革委】資料5 アセットマネジメント

【行革委】資料5 アセットマネジメント アセットマネジメントの 推 進 について 資 料 公 共 土 木 施 設 本 県 における 主 な 社 会 インフラ 高 度 経 済 成 長 期 に 集 中 的 に 整 備 された 橋 梁 やトンネル 河 川 砂 防 港 湾 施 設 など 社 会 インフラの 老 朽 化 が 進 行 橋 梁 トンネルの 老 朽 化 の 現 状 県 管 理 の 橋 梁,39 橋 のうち 建 設 後 年 を 経 過 したものが

More information

那 覇 市 43,330 17,235 10001 ( 旧 那 覇 ) 9,675 3,935 10002 ( 旧 真 和 志 ) 19,075 7,235 102 松 尾 泉 崎 1,600 480 201 古 波 蔵 販 売 C 950 260 103 開 南 375 115 205 国 場 5

那 覇 市 43,330 17,235 10001 ( 旧 那 覇 ) 9,675 3,935 10002 ( 旧 真 和 志 ) 19,075 7,235 102 松 尾 泉 崎 1,600 480 201 古 波 蔵 販 売 C 950 260 103 開 南 375 115 205 国 場 5 全 域 一 覧 コード 地 域 折 込 無 読 ホ ス コード 地 域 折 込 無 読 ホ ス 南 部 地 区 69,075 21,420 北 部 地 区 13,135 1,655 那 覇 市 43,330 17,235 名 護 市 6,590 1,385 10001 ( 旧 那 覇 ) 9,675 3,935 10040 ( 旧 名 護 ) 4,380 1,125 10002 ( 旧 真 和 志

More information

第 2 章 人 口 面 積 財 政 の 状 況 1 人 口 及 び 年 齢 構 成 の 変 化 本 市 の 人 口 は 新 市 誕 生 時 の 将 来 推 計 を 超 える 勢 いで 増 加 していますが 第 2 次 総 合 計 画 策 定 時 の 人 口 推 計 ( 中 位 推 計 )では 平 成

第 2 章 人 口 面 積 財 政 の 状 況 1 人 口 及 び 年 齢 構 成 の 変 化 本 市 の 人 口 は 新 市 誕 生 時 の 将 来 推 計 を 超 える 勢 いで 増 加 していますが 第 2 次 総 合 計 画 策 定 時 の 人 口 推 計 ( 中 位 推 計 )では 平 成 第 1 章 作 成 の 経 緯 と 視 点 1. 作 成 の 経 緯 本 市 では 新 市 建 設 計 画 に 基 づき 公 共 施 設 等 の 整 備 を 進 めてきた 一 方 で 公 共 施 設 の 適 正 配 置 等 に 関 する 基 本 計 画 を 策 定 し 公 共 施 設 の 適 正 配 置 有 効 活 用 に 取 り 組 んできました また 国 から 各 地 方 公 共 団 体 に 対

More information

Microsoft Word - 第1章 県有建築物等の設計業務等積算基準

Microsoft Word - 第1章 県有建築物等の設計業務等積算基準 建 築 設 計 業 務 等 積 算 基 準 平 成 28 年 4 月 1 日 沖 縄 県 土 木 建 築 部 目 次 第 1 章 県 有 建 築 物 等 の 設 計 業 務 等 積 算 基 準 1 第 2 章 県 有 建 築 物 等 の 設 計 業 務 等 積 算 要 領 3 第 1 節 総 則 3 第 2 節 業 務 人 時 間 数 の 算 定 方 法 5 第 3 節 対 象 外 業 務 率 の

More information

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc 参 考 4 平 成 23 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 3ページ 下 段 に 記 載 した 指 摘 の 主 な 内 容 を 表 しています 指 摘 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理 の 不 備 庁 舎 保 全 関 係 の 不 備 異 なる 間 の 有

More information

琵琶湖流域下水道

琵琶湖流域下水道 琵 琶 湖 流 域 下 水 道 ストックマネジメントガイドライン 概 要 版 平 成 21 年 7 月 滋 賀 県 琵 琶 湖 環 境 部 下 水 道 課 はじめに 我 が 国 のインフラの 多 くは 戦 後 の 高 度 経 済 成 長 期 に 整 備 され 現 在 では 膨 大 なストックを 有 するに 至 っている それらのストックは 年 々 劣 化 し 修 繕 や 改 築 のコストの 増 大

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089AB93EA8CA793E082C982A882AF82E932303135944E8376838D96EC8B858F748B47834C83838393837682CC8C6F8DCF8CF889CA>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089AB93EA8CA793E082C982A882AF82E932303135944E8376838D96EC8B858F748B47834C83838393837682CC8C6F8DCF8CF889CA> 調 査 レポート 沖 縄 県 内 における 2015 年 プロ 野 球 春 季 キャンプの 経 済 効 果 経 済 効 果 は 過 去 2 番 目 となる 88 億 300 万 円 要 旨 2015 年 の 沖 縄 県 内 におけるプロ 野 球 春 季 キャンプの 経 済 効 果 は 88 億 300 万 円 となっ た これは 最 も 大 きかった 前 年 の 88 億 8,000 万 円 についで

More information

議 案 目 録 議 案 第 7 3 号 明 石 市 住 民 投 票 条 例 検 討 委 員 会 条 例 制 定 のこと 第 7 4 号 明 石 市 農 業 委 員 会 委 員 の 選 挙 区 及 び 各 選 挙 区 において 選 挙 すべき 委 員 の 数 に 関 する 条 例 を 廃 止 する 条

議 案 目 録 議 案 第 7 3 号 明 石 市 住 民 投 票 条 例 検 討 委 員 会 条 例 制 定 のこと 第 7 4 号 明 石 市 農 業 委 員 会 委 員 の 選 挙 区 及 び 各 選 挙 区 において 選 挙 すべき 委 員 の 数 に 関 する 条 例 を 廃 止 する 条 平 成 25 年 6 月 定 例 市 議 会 提 出 議 案 概 要 書 総 務 部 法 務 課 総 務 部 総 務 課 財 務 部 財 政 課 議 案 目 録 議 案 第 7 3 号 明 石 市 住 民 投 票 条 例 検 討 委 員 会 条 例 制 定 のこと 第 7 4 号 明 石 市 農 業 委 員 会 委 員 の 選 挙 区 及 び 各 選 挙 区 において 選 挙 すべき 委 員 の 数

More information

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定)

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定) 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 知 事 同 意 又 は 協 議 にあたっての 判 断 指 針 平 成 24 年 2 月 茨 城 県 土 木 部 都 市 局 都 市 計 画 課 目 次 1 判 断 指 針 策 定 の 趣 旨 1 2 本 判 断 指 針 が 対 象 とする 地 区 計 画 1 3 県 が 判 断 するにあたっての 基 本 方 針 2 4 地 区 計 画 の 対

More information

1 岩手県における住宅及び住宅政策の現状と課題

1 岩手県における住宅及び住宅政策の現状と課題 第 1 章 の 住 環 境 を 取 り 巻 く 現 状 住 宅 政 策 基 本 計 画 1 の 位 置 づけ は 西 には 奥 羽 山 脈 東 には 北 上 山 系 が 相 対 し 北 上 川 と 和 賀 川 が 合 流 する 地 域 に 肥 よくな 土 地 に 美 しい 田 園 地 帯 が 広 がる 北 上 平 野 の 中 央 に 位 置 しています には 北 へ 約 45km 仙 台 市 には

More information

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報 災 害 発 生 時 には 職 員 及 び 関 係 機 関 との 間 で 1 現 状 がどうなっているか 2 今 後 の 見 通 しはどうか 3 今 後 何 をするべきか について 状 況 認 識 の 統 一 を 図 ることが 最 も 重 要 である このことを 常 に 心 掛 ければ ほとんどの 課 題 は 解 決 できる 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 1 章 災 害 応 急 活 動 組

More information

REP02_01.exe

REP02_01.exe 第 1 編 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 及 び 構 成 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 姶 良 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であって 市 防 災 関 係 機 関 住 民 等 がその 全 機 能 を 発 揮 し 相 互 に 有 機 的 な

More information

参考

参考 参 考 参 考 1 平 成 27 年 国 勢 調 査 の 調 査 の 目 的 及 び 沿 革 国 勢 調 査 は, 我 が 国 の 人 口 世 帯 の 状 況 を 明 らかにするため, 大 正 9 年 以 来 5 年 ごとに 行 っており, 平 成 27 年 国 勢 調 査 はその20 回 目 に 当 たります 国 勢 調 査 は, 大 正 9 年 を 初 めとする10 年 ごとの 大 規 模 調

More information

関連データ及び参考資料(1)

関連データ及び参考資料(1) 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 71 72 目 次 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 1. 学 校 を 取 り 巻 く 状 況 公 共 施 設 における 学 校 施 設 の 割 合... 74 学 校 数 幼 児 児 童 生 徒 数 の 推 移... 74 小 中 学 校 数 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 一 校 当 たりの 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 公

More information

目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題 4 (1) 人 口 出 生 数 合 計 特

目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題 4 (1) 人 口 出 生 数 合 計 特 長 野 市 公 立 保 育 所 の 適 正 規 模 及 び 民 営 化 等 基 本 計 画 ( 素 案 ) 平 成 24 年 9 月 長 野 市 目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題

More information

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー 沖 縄 県 国 民 保 護 計 画 の 概 要 沖 縄 県 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 対 処 に 関 する 基 本 理 念 国 地 方 公 共 団 体 及 び 指 定 公 共 機 関 が 国 民 の 協 力 を 得 つつ 相 互 に 連 携 協 力 し 万 全 の 措 置 が 講 じられなければならない 日 本 国 憲 法 の 保 障 する 国 民 の 自 由 と 権 利 が 尊 重 されなければならず

More information

秋田県耐震改修促進計画(素案)

秋田県耐震改修促進計画(素案) 湯 沢 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 21 年 3 月 湯 沢 市 湯 沢 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 目 次 湯 沢 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 1 第 1 湯 沢 市 で 想 定 される 地 震 の 規 模 及 び 被 害 の 状 況 2 1 湯 沢 市 で 想 定 される 地 震 2 2 被 害 想 定 結 果 4 第 2 住 宅 公 共 建 築 物 の 耐 震

More information

雨水利用の手引き(両面)B5版

雨水利用の手引き(両面)B5版 り っ か! 雨 水 利 用 雨 水 利 用 の す す め 沖 縄 県 表 紙 写 真 の 資 料 提 供 左 : 粟 国 村 経 済 課 中 : 沖 縄 県 企 業 局 右 : 沖 縄 総 合 事 務 局 北 部 ダム 統 合 管 理 事 務 所 はじめに 水 は 我 々 人 類 を 含 むあらゆる 生 物 の 活 動 の 源 であり 水 なしでは 日 常 生 活 や 経 済 活 動 を 営 むことはできません

More information

❶ 基 幹 施 設 の 整 備 拡 充 (つづき) 流 杉 高 区 配 水 ブロック( 古 沢 配 水 区 )の 増 強 を 図 るため 呉 羽 地 区 に 新 たな 送 配 水 ルートの 新 設 (1,340m)と 容 量 4,000m3の 配 水 池 を 築 造 し 呉 羽 地 区 への 安 定

❶ 基 幹 施 設 の 整 備 拡 充 (つづき) 流 杉 高 区 配 水 ブロック( 古 沢 配 水 区 )の 増 強 を 図 るため 呉 羽 地 区 に 新 たな 送 配 水 ルートの 新 設 (1,340m)と 容 量 4,000m3の 配 水 池 を 築 造 し 呉 羽 地 区 への 安 定 1 中 長 期 事 業 における 主 要 事 業 5つの 経 営 方 針 に 基 づく 各 種 施 策 を 着 実 に 推 進 していくため 中 長 期 事 業 を 策 定 しました 中 長 期 事 業 における 主 要 事 業 の 実 績 及 び 今 後 の は 次 のとおりです 水 道 事 業 ❶ 基 幹 施 設 の 整 備 拡 充 新 流 杉 浄 水 場 ( 現 施 設 能 力 100,000m3

More information

Taro-H25給与定員管理

Taro-H25給与定員管理 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 沖 縄 県 の 給 与 定 員 管 理 等 の 状 況 について 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) 平 成 23 ( 平 成 24 年 度 末 ) A 実 質 収 支 B B A 年 度 の 人 件 費 率 人 千 円 千 円 千 円 % % 平 成 24 年 度 1,437,994

More information

建 築 設 備 設 計 監 理 業 務 委 託 料 算 定 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 福 島 県 土 木 部 が 所 掌 する 建 築 物 及 びその 附 帯 施 設 ( 以 下 県 有 建 築 物 とい う )に 係 る 設 計 等 の 業 務 ( 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業

More information

Microsoft Word - H25普通会計決算状況 .docx

Microsoft Word - H25普通会計決算状況 .docx 平 成 25 年 度 佐 倉 市 決 算 ( 普 通 会 計 )の 概 要 各 地 方 公 共 団 体 は 毎 年 度 決 算 状 況 を 1 枚 のカード( 決 算 カード)にまとめて 公 表 していま す この 決 算 状 況 のまとめは 総 務 省 が 行 う 地 方 財 政 状 況 調 査 の 会 計 区 分 である 普 通 会 計 に より 算 定 されます これは 一 般 会 計 及 び

More information

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金 別 表 第 二 ( 第 17 条 関 係 ) 水 道 用 水 供 給 事 業 勘 定 科 目 表 収 益 の 部 款 項 目 節 説 明 細 節 事 業 収 益 すべての 収 益 的 収 入 を 記 載 し 営 業 収 益 営 業 外 収 益 及 び 特 別 利 益 に 区 分 する 営 業 収 益 営 業 外 収 益 給 水 収 益 受 託 工 事 収 益 その 他 の 営 業 収 益 受 取 利

More information

となる( 別 添 の2006 年 4 月 28 日 付 概 念 図 参 照 ) この 施 設 は 合 意 され た 運 用 上 の 能 力 を 確 保 するとともに 安 全 性 騒 音 及 び 環 境 への 影 響 という 問 題 に 対 処 するものである 合 意 された 支 援 施 設 を 含

となる( 別 添 の2006 年 4 月 28 日 付 概 念 図 参 照 ) この 施 設 は 合 意 され た 運 用 上 の 能 力 を 確 保 するとともに 安 全 性 騒 音 及 び 環 境 への 影 響 という 問 題 に 対 処 するものである 合 意 された 支 援 施 設 を 含 仮 訳 再 編 実 施 のための 日 米 のロードマップ 2006 年 5 月 1 日 ライス 国 務 長 官 ラムズフェルド 国 防 長 官 麻 生 外 務 大 臣 額 賀 防 衛 庁 長 官 概 観 2005 年 10 月 29 日 日 米 安 全 保 障 協 議 委 員 会 の 構 成 員 たる 閣 僚 は その 文 書 日 米 同 盟 : 未 来 のための 変 革 と 再 編 において 在

More information

Microsoft Word - 中間報告書【平成26年9月】

Microsoft Word - 中間報告書【平成26年9月】 定 住 促 進 及 び 空 き 家 対 策 への 取 組 について ( 中 間 報 告 ) 平 成 26 年 9 月 あ き る 野 市 定 住 促 進 及 び 空 き 家 対 策 への 取 組 について( 中 間 報 告 ) 目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 中 間 報 告 1 定 住 促 進 について 1 (1) 今 後 の 人 口 推 移 について 1 図 1: 後 期 基 本 計 画 による 人

More information

八 重 山 要 覧 平 成 26 年 度 版 ( 平 成 27 年 11 月 発 行 ) この 八 重 山 要 覧 は 平 成 27 年 1 月 に 沖 縄 県 企 画 部 地 域 離 島 課 より 発 行 された 離 島 関 係 資 料 から 八 重 山 圏 域 3 市 町 に 該 当 する 部

八 重 山 要 覧 平 成 26 年 度 版 ( 平 成 27 年 11 月 発 行 ) この 八 重 山 要 覧 は 平 成 27 年 1 月 に 沖 縄 県 企 画 部 地 域 離 島 課 より 発 行 された 離 島 関 係 資 料 から 八 重 山 圏 域 3 市 町 に 該 当 する 部 八 重 山 要 覧 平 成 26 年 度 版 平 成 27 年 11 月 沖 縄 県 八 重 山 事 務 所 八 重 山 要 覧 平 成 26 年 度 版 ( 平 成 27 年 11 月 発 行 ) この 八 重 山 要 覧 は 平 成 27 年 1 月 に 沖 縄 県 企 画 部 地 域 離 島 課 より 発 行 された 離 島 関 係 資 料 から 八 重 山 圏 域 3 市 町 に 該 当 する

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089AB93EA8CA793E082C982A882AF82E932303136944E8376838D96EC8B858F748B47834C83838393837682CC8C6F8DCF8CF889CA81698CF6955C8E9197BF816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089AB93EA8CA793E082C982A882AF82E932303136944E8376838D96EC8B858F748B47834C83838393837682CC8C6F8DCF8CF889CA81698CF6955C8E9197BF816A> 平 成 28 年 6 月 22 日 各 位 沖 縄 県 内 における 20166 年 プロ 野 球 春 季 キャンプの 経 済 効 果 の 発 表 について は 本 日 沖 縄 県 内 における 2016 年 プロ 野 球 春 季 キャンプの 経 済 効 果 について 発 表 致 しました その 中 で 2016 年 の 経 済 効 果 は 過 去 最 高 となる 100 億 400 万 円 となりました

More information

表 4.2.2 実 績 降 雨 による 最 大 流 量 候 補 No. 計 画 No. 洪 水 名 日 時 河 北 潟 流 入 量 河 北 潟 水 位 (T.P.+m) 日 時 貯 木 場 流 入 量 貯 木 場 水 位 (T.P.+m) 日 時 宇 ノ 気 気 屋 合 流 点 日 時 能 瀬 石

表 4.2.2 実 績 降 雨 による 最 大 流 量 候 補 No. 計 画 No. 洪 水 名 日 時 河 北 潟 流 入 量 河 北 潟 水 位 (T.P.+m) 日 時 貯 木 場 流 入 量 貯 木 場 水 位 (T.P.+m) 日 時 宇 ノ 気 気 屋 合 流 点 日 時 能 瀬 石 4. 高 水 流 量 のチェック 4.1 検 討 方 針 2.および 3.において 大 野 水 系 の 基 本 高 水 および 計 画 高 水 流 量 を 過 去 の 降 雨 群 を 対 象 とした 高 水 解 析 により 算 定 した 本 章 では 以 下 に 示 すような 他 の 観 点 から 高 水 流 量 を 検 討 し 高 水 流 量 設 定 の 妥 当 性 に 関 する 基 礎 資 料

More information

法第34条第1号から9号に係る基準

法第34条第1号から9号に係る基準 * 印 は 運 用 又 は 注 を 表 す 市 街 化 調 整 区 域 において 行 う 開 発 行 為 等 の 許 可 基 準 第 1 章 総 則 第 1 目 的 この 基 準 は 市 街 化 調 整 区 域 において 行 う 開 発 行 為 の 許 可 の 範 囲 を 明 確 化 することによって 法 律 の 運 用 を 円 滑 に 行 い 開 発 許 可 権 限 の 公 平 な 行 使 に 資

More information

Taro-zyorei.jtd

Taro-zyorei.jtd 沖 縄 県 港 湾 管 理 条 例 - 抄 - ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 条 例 は 港 湾 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 218 号 以 下 法 という )の 規 定 により 県 が 管 理 する 港 湾 の 利 用 及 び 管 理 に 関 して 必 要 な 事 項 を 定 めるもの とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 条 例 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語

More information

主 な 内 容 1 背 景 2 北 京 市 における 洪 水 防 止 及 び 排 水 システムの 現 状 分 析 3 冠 水 原 因 の 分 析 4 防 止 対 策

主 な 内 容 1 背 景 2 北 京 市 における 洪 水 防 止 及 び 排 水 システムの 現 状 分 析 3 冠 水 原 因 の 分 析 4 防 止 対 策 北 京 市 における 都 市 冠 水 の 現 状 及 び 防 止 対 策 2012.7.24 北 京 市 市 政 工 程 設 計 研 究 総 院 張 韵 主 な 内 容 1 背 景 2 北 京 市 における 洪 水 防 止 及 び 排 水 システムの 現 状 分 析 3 冠 水 原 因 の 分 析 4 防 止 対 策 都 市 化 の 進 展 に 伴 い 千 年 の 古 都 は グローバル 都 市 へと

More information

3 基地の沿革

3 基地の沿革 基 地 の 沿 革 昭 1 20. 2 2 2 2 2 30. 3 3 3 3 3 3 3 40. 4 4 4 4 4 4 1 1 1 旧 陸 軍 飛 行 第 5 連 隊 ( 立 川 ) 附 属 多 摩 飛 行 場 として 設 置 当 時 の 滑 走 路 は 1,300m 米 軍 ( 第 一 騎 兵 師 団 一 個 中 隊 )が 進 駐 し 旧 陸 軍 の 施 設 を 接 収 第 3 爆 撃 飛 行

More information

<338E9197BF95D25F3031916790442E786477>

<338E9197BF95D25F3031916790442E786477> 第 1 章 組 織 1-1 周 南 市 防 災 会 議 条 例 ( 平 成 15 年 4 月 21 日 条 例 第 15 号 ) 改 正 平 成 17 年 6 月 30 日 条 例 第 34 号 平 成 17 年 6 月 30 日 条 例 第 34 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 条 例 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 16 条 第 6 項

More information

<4D F736F F D DC58F4994C5816A8AC B E646F63>

<4D F736F F D DC58F4994C5816A8AC B E646F63> 静 岡 県 土 木 施 設 長 寿 命 化 計 画 下 水 道 管 路 ガイドライン 平 成 21 年 3 月 建 設 部 都 市 局 生 活 排 水 室 はじめに 本 ガイドラインは 静 岡 県 土 木 部 ( 当 時 )が 平 成 15 年 度 にとりまとめた 土 木 施 設 長 寿 命 化 行 動 方 針 ( 案 ) を 受 け 県 が 管 理 している 流 域 下 水 道 幹 線 をはじめとする

More information

守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学 校 づくりについて 2 第 4 東 小

守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学 校 づくりについて 2 第 4 東 小 守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 平 成 27 年 2 月 守 口 市 教 育 委 員 会 守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学

More information

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 名 古 屋 市 アセットマネジメント 基 本 方 針 平 成 21 年 3 月 名 古 屋 市 目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 備 保

More information

避難所についての内閣府等のこれまでの対応

避難所についての内閣府等のこれまでの対応 ( 資 料 5 関 連 : 参 考 資 料 ) 避 難 所 の 確 保 と 質 の 向 上 に 関 する 検 討 会 について 平 成 27 年 7 月 22 日 内 閣 府 ( 防 災 担 当 ) 1. 取 組 指 針 での トイレ に 関 する 主 な 規 定 P9 第 1-2-(2) 福 祉 避 難 所 の 整 備 福 祉 避 難 所 とは 要 配 慮 者 のために 特 別 の 配 慮 がなされた

More information

南 城 市 地 域 防 災 計 画 ( 平 成 27 年 度 修 正 ) 南 城 市 防 災 会 議 目 次 第 1 部 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的... 総 則 -1 第 2 節 用 語... 総 則 -2 第 3 節 市 の 概 況... 総 則 -3 第 4 節 災 害 の 想 定... 総 則 -6 第 5 節 防 災 関 係 機 関 の 処 理 すべき 事 務 又 は

More information

Microsoft Word - 3-(2)-0表紙

Microsoft Word - 3-(2)-0表紙 3-(2) 3(2) 事 業 内 容 について 3-(2)-1 土 砂 3-(2)-2 美 謝 川 切 替 3-(2)-3 海 上 ヤード 3-(2)-1 知 事 意 見 への 対 応 方 針 知 事 の 意 見 対 応 方 針 備 考 分 類 土 砂 について (1) 土 砂 の 調 達 計 画 については 沖 縄 県 はも とより 県 外 も 対 象 として 検 討 していますが 現 時 点 において

More information

の 実 施 目 的 プログラムの 内 容 方 法 を 整 理 し 中 国 における 教 員 の 課 題 を 示 す 2 中 国 に お け る 教 員 政 策 の 変 容 (1) 1 9 8 0 年 代 に お け る 教 員 の 政 策 1980 年 代 小 中 高 等 学 校 に お い て は

の 実 施 目 的 プログラムの 内 容 方 法 を 整 理 し 中 国 における 教 員 の 課 題 を 示 す 2 中 国 に お け る 教 員 政 策 の 変 容 (1) 1 9 8 0 年 代 に お け る 教 員 の 政 策 1980 年 代 小 中 高 等 学 校 に お い て は 教 員 の 資 質 向 上 に 関 す る 国 際 動 向 中 国 に お け る 教 員 の 現 状 と 課 題 張 揚 ( 北 海 道 大 学 ) 1 はじめに 1980 年 代 に 入 っ て 以 降 中 国 政 府 は 教 育 の 拡 充 発 展 に 努 め た が 教 育 水 準 は 低 迷 し 続 けた 1983 年 教 育 部 は 小 中 高 等 学 校 教 員 陣 の 調 整 整 理

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

国 有 財 産 とは 国 有 財 産 の 現 在 額 など 国 は 不 動 産 動 産 債 券 など 多 種 多 様 な 財 産 を 所 有 していますが 国 が 国 有 財 産 というときは 国 有 財 産 法 に 定 められている 財 産 例 えば 土 地 や 建 物 などの 不 動 産 船 舶

国 有 財 産 とは 国 有 財 産 の 現 在 額 など 国 は 不 動 産 動 産 債 券 など 多 種 多 様 な 財 産 を 所 有 していますが 国 が 国 有 財 産 というときは 国 有 財 産 法 に 定 められている 財 産 例 えば 土 地 や 建 物 などの 不 動 産 船 舶 私 たちの 国 有 財 産 ご 存 知 ですか? 国 有 財 産 わが 国 には 国 の 行 政 機 関 や 国 会 などの 庁 舎 や 国 道 港 湾 公 園 さらには 国 有 林 など 多 くの 国 有 財 産 があり そのひとつひとつが 私 たちの 生 活 に 関 係 する 大 切 なものになっていま 財 務 省 では 国 民 共 有 の 財 産 である 国 有 財 産 が 有 効 に 活 用

More information

第1章 総  論

第1章 総  論 下 水 道 地 震 対 策 緊 急 整 備 計 画 策 定 の 手 引 き( 案 ) 平 成 18 年 4 月 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 下 水 道 部 社 団 法 人 日 本 下 水 道 協 会 下 水 道 施 設 の 耐 震 対 策 指 針 等 改 定 調 査 専 門 委 員 会 マニュアル 計 画 小 委 員 会 緊 急 整 備 計 画 策 定 作 業 部 会 委 員 名

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208370836C838A835883678DB289EA8CA781458D5D938789DB92B7707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208370836C838A835883678DB289EA8CA781458D5D938789DB92B7707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 佐 賀 県 の 災 害 廃 棄 物 対 策 平 成 27 年 11 月 6 日 循 環 型 社 会 推 進 課 県 内 の 有 感 地 震 ( 震 度 1 以 上 ) 回 数 佐 賀 地 方 気 象 台 資 料 提 供 ( 単 位 : 回 ) 震 度 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 1 3 85 5 3 3 7 1 6 5 4 2

More information

永田3.indd

永田3.indd 状 77 状 共 要 衰 退 食 止 可 能 永 尚 西 社 准 教 授 じ 要 住 近 高 齢 減 少 平 八 点 九 七 万 平 八 七 万 減 少 背 景 都 コ ミ ニ ィ 崩 壊 モ リ ゼ シ ョ 発 達 農 若 近 隣 都 昼 働 社 環 境 変 解 決 困 難 総 省 庁 女 増 能 別 能 別 創 ハ ド 下 げ 増 試 根 解 決 繋 78 状 況 追 打 ち 東 震 東 震 被

More information

富 良 野 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 ~ 既 存 建 築 物 の 耐 震 化 に 向 けて~ 平 成 21 年 3 月 富 良 野 市 目 次 第 1 章 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 1. 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 1 2. 計 画 の 位 置 づけ 1 3. 計 画 期 間 1 第 2 章 富 良 野 市 の 概 況 1. 位 置 2 2. 地 勢 2 3.

More information

(Microsoft PowerPoint - 02.\214\247\223\340IR\216\221\227\2772013\202\2261.0.pptx)

(Microsoft PowerPoint - 02.\214\247\223\340IR\216\221\227\2772013\202\2261.0.pptx) 会 社 説 明 会 資 料 2013 年 3 月 1 日 地 域 とともに 地 域 のために 証 券 コード 9511 沖 縄 電 力 の 概 要 当 社 の 特 徴 広 大 な 海 域 に 点 在 する 沖 縄 本 島 および37 37の の 島 々に 電 力 を 供 給 沖 縄 県 の 発 展 とともに 今 後 も 成 長 本 土 と 送 電 線 が 繋 がっていない 単 独 系 統 のため ため

More information

電気設備自然災害等対策WG 水力設備に係る検討項目及び検討の進め方

電気設備自然災害等対策WG 水力設備に係る検討項目及び検討の進め方 資 料 5 水 力 発 電 設 備 についての 検 討 に 係 る 考 え 方 平 成 26 年 2 月 18 日 商 務 流 通 保 安 グループ 電 力 安 全 課 - 目 次 - Ⅰ. 検 討 範 囲 3 Ⅱ. 水 力 設 備 に 関 する 検 討 項 目 4 Ⅲ.L2 地 震 動 に 対 するダムの 耐 性 評 価 5 Ⅳ. 洪 水 に 対 するダムの 耐 性 評 価 8 Ⅴ. 大 規 模

More information

Microsoft Word - 表紙&とびら.doc

Microsoft Word - 表紙&とびら.doc 平 成 25 年 度 新 水 道 ビジョン 推 進 支 援 に 伴 う 調 査 業 務 報 告 書 平 成 26 年 3 月 株 式 会 社 日 水 コ ン 報 告 書 目 次 1. 調 査 の 目 的 と 内 容...1 1.1 調 査 の 目 的...1 1.2 調 査 の 内 容...1 1) 新 水 道 ビジョンに 係 るデータ 集 の 作 成 に 伴 う 調 査...1 2) 新 水 道

More information

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 衛 生 管 理 センター 適 正 管 理 計 画 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 アルミニウム 及 びその 化 合 物 TKフロック 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の

More information

第1編

第1編 平 成 27 年 6 月 9 日 糸 島 市 防 災 会 議 資 料 -4 糸 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 ) 修 正 ( 新 旧 対 照 表 ) 抜 粋 記 述 の 凡 例 下 線 : 災 害 対 策 基 本 法 改 正 防 災 基 本 計 画 改 正 による 福 岡 県 地 域 防 災 計 画 の 見 直 しに 基 づく 修 正 部 分 二

More information

’00

’00 明 石 の 人 口 平 成 17 年 (2005 年 ) 国 勢 調 査 結 果 報 告 書 平 成 17 年 国 勢 調 査 の 概 要 調 査 の 目 的 及 び 沿 革 国 勢 調 査 は, 我 が 国 の 人 口 の 状 況 を 明 らかにするため, 大 正 9 年 以 来 ほぼ 5 年 ごとに 行 われており, 平 成 17 年 国 勢 調 査 はその 18 回 目 に 当 たる 国 勢

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し

More information

<5461726F2D82508251817C88EF96D88E7381402E6A7464>

<5461726F2D82508251817C88EF96D88E7381402E6A7464> 1. 本 市 の 区 域 内 において 行 われる 開 発 行 為 等 ただし 都 市 計 画 法 第 29 条 第 4 号 から 第 9 号 までに 規 定 される 開 発 行 為 は 除 く 2. 建 築 基 準 法 第 6 条 第 1 項 又 は 第 18 条 第 1 項 に 規 定 する 建 築 物 を 建 築 し 若 しくは 工 作 物 を 設 置 する 行 為 3. 建 築 基 準 法

More information

Ⅰ 松 阪 市 の 住 宅 の 状 況 20 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 ( 総 務 省 )によると 松 阪 市 内 の 住 宅 総 数 は 62,600 戸 で 持 ち 家 が 45,100 戸 (72%) 借 家 が 17,500 戸 (28%)となっています 借 家 のうち 市 営 県

Ⅰ 松 阪 市 の 住 宅 の 状 況 20 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 ( 総 務 省 )によると 松 阪 市 内 の 住 宅 総 数 は 62,600 戸 で 持 ち 家 が 45,100 戸 (72%) 借 家 が 17,500 戸 (28%)となっています 借 家 のうち 市 営 県 松 阪 市 における 市 営 住 宅 の 現 状 と 課 題 26 年 10 月 18 日 構 想 日 本 Ⅰ 松 阪 市 の 住 宅 の 状 況 20 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 ( 総 務 省 )によると 松 阪 市 内 の 住 宅 総 数 は 62,600 戸 で 持 ち 家 が 45,100 戸 (72%) 借 家 が 17,500 戸 (28%)となっています 借 家 のうち 市

More information

座間味村地域防災計画

座間味村地域防災計画 座 間 味 村 地 域 防 災 計 画 平 成 25 年 3 月 座 間 味 村 目 次 第 1 章 総 則 1 第 1 節 地 域 防 災 計 画 の 趣 旨 1 第 2 節 地 域 防 災 計 画 の 修 正 2 第 3 節 地 域 防 災 計 画 の 周 知 徹 底 2 第 4 節 座 間 味 村 の 概 要 2 第 5 節 災 害 の 想 定 13 第 6 節 座 間 味 村 防 災 ビジョン

More information

220831

220831 大 阪 府 道 路 公 社 中 期 経 営 計 画 平 成 28 年 度 ~30 年 度 平 成 28 年 3 月 大 阪 府 道 路 公 社 目 次 はじめに Ⅰ. 公 社 の 経 営 の 現 状 と 課 題 2 1. 路 線 の 概 要 2 2. 公 社 の 経 営 の 現 状 6 3. 公 社 の 経 営 の 課 題 9 Ⅱ. 公 社 の 経 営 改 善 に 向 けた 今 後 の 取 り 組

More information

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251>

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251> 入 札 公 告 ( 建 築 のためのサービスその 他 の 技 術 的 サービス( 建 設 工 事 を 除 く)) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 する なお 本 業 務 に 係 る 落 札 及 び 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 25 年 度 本 予 算 が 成 立 し 予 算 示 達 がなされることを 条 件 とするものである 今 回 の 業 務 に 参 加

More information

犬山市公共施設マネジメント基本計画

犬山市公共施設マネジメント基本計画 犬 山 市 公 共 施 設 マネジメント 基 本 計 画 概 要 版 平 成 27 年 3 月 犬 山 市 企 画 財 政 部 財 政 課 - 0 - 目 次 第 1 章 はじめに... 1 1. 公 共 施 設 マネジメントの 必 要 性... 2. 公 共 施 設 の 定 義... 3. 公 共 施 設 マネジメント 計 画 の 手 順... 4. 本 基 本 計 画 の 位 置 づけ... 5.

More information

2 職 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額

2 職 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 の 給 与 定 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 ( 平 成 24 年 度 末 ) A 平 成 24 年 度 144,543 42,978,315 実 質 収 支 2,354,861 件 費 B 6,317,67 件 費 率 B/A 14.7 ( 参 考 ) 平 成 23 年 度 の 件 費 率 13.8

More information

が 448 m2で 全 国 1 位 となっており 茨 城 県 の 一 戸 建 て 住 宅 には 敷 地 内 に 自 動 車 を 駐 車 するスペ ースに ゆとり があることがわかる また 茨 城 県 の 自 家 用 乗 用 車 保 有 台 数 ( 千 人 あたり) ( 注 1) は 525.6 台

が 448 m2で 全 国 1 位 となっており 茨 城 県 の 一 戸 建 て 住 宅 には 敷 地 内 に 自 動 車 を 駐 車 するスペ ースに ゆとり があることがわかる また 茨 城 県 の 自 家 用 乗 用 車 保 有 台 数 ( 千 人 あたり) ( 注 1) は 525.6 台 6.8 自 動 車 (1) 概 要 自 動 車 等 関 係 費 は 全 国 平 均 21,862 円 に 対 し て 茨 城 県 (33,353 円 )が 全 国 1 位 以 下 岐 阜 県 (29,989 円 ) 滋 賀 県 (29,011 円 ) 岡 山 県 (28,770 円 ) 栃 木 県 (28,516 円 )の 順 となっており 上 位 10 県 は 図 表 6.8-1 のとおり 全 国

More information

昭 和 32 年 8 月 佐 原 - 東 金 間 通 水 式 線 用 水 路 や 末 端 ほ 場 の 整 備 により 九 十 九 里 一 帯 の 水 田 地 帯 は 安 定 水 源 の 確 保 と 内 水 排 除 が 進 み 後 の 早 期 栽 培 技 術 の 導 入 を 待 たずに 着 工 前 の

昭 和 32 年 8 月 佐 原 - 東 金 間 通 水 式 線 用 水 路 や 末 端 ほ 場 の 整 備 により 九 十 九 里 一 帯 の 水 田 地 帯 は 安 定 水 源 の 確 保 と 内 水 排 除 が 進 み 後 の 早 期 栽 培 技 術 の 導 入 を 待 たずに 着 工 前 の 連 載 房 総 半 島 を 潤 す 利 根 川 の 水 第 1 回 両 総 用 水 と 共 に 歩 む 房 総 導 水 路 写 真 : 第 一 揚 水 機 場 ( 千 葉 県 香 取 市 ) 両 総 土 地 改 良 区 技 術 顧 問 池 田 寿 夫 1. 両 総 用 水 事 業 の 概 要 平 成 5 年 度 に 着 工 し20 年 余 の 歳 月 と 総 事 業 費 1,070 億 円 を 要

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303381409578924A92AC8140959790858A5193998DD08A5191CE8DF495D281698F4390B388C4816A323031353031323889EF8B63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303381409578924A92AC8140959790858A5193998DD08A5191CE8DF495D281698F4390B388C4816A323031353031323889EF8B63> 富 谷 町 地 域 防 災 計 画 ( 案 ) 風 水 害 等 災 害 対 策 編 平 成 27 年 1 月 富 谷 町 防 災 会 議 目 次 風 水 害 等 災 害 対 策 編 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 と 構 成 1 第 1 計 画 の 目 的 第 2 計 画 の 性 格 第 3 計 画 の 修 正 第 4 計 画 の 構 成 第 5 基 本 方 針 第 2 節

More information

第3章 災害応急対策計画                     第1節 活動体制計画   

第3章 災害応急対策計画                         第1節 活動体制計画    第 1 節 活 動 体 制 計 画 第 1 節 活 動 体 制 計 画 計 画 の 方 針 地 震 が 発 生 し 又 は 発 生 するおそれのある 場 合 において 災 害 の 予 防 及 び 災 害 応 急 対 策 等 の 防 災 活 動 を 強 力 に 推 進 するために 災 害 対 策 本 部 等 の 設 置 応 援 要 請 応 急 公 用 負 担 等 の 活 動 体 制 を 確 立 する

More information

(<例1>政府税制調査会:3月)

(<例1>政府税制調査会:3月) 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 24 年 10 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 1 2 地 方 法 人 課 税 の 拡 充 強 化 3 3 地 方 消 費 税 ( 現 行 分 )の 充 実 4 4 地 方 消 費 税 税 率 引 上 げ 分 の 使 途 及 び 地 方 の 役 割 の 拡 大 について 5 5 地 球

More information

参考資料1 平成23年度文部科学省予算案の概要(測地学関連の抜粋)

参考資料1 平成23年度文部科学省予算案の概要(測地学関連の抜粋) 参 考 資 料 1 科 学 技 術 学 術 審 議 会 測 地 学 分 科 会 ( 第 22 回 ) H23.2.16 平 成 23 年 度 文 部 科 学 省 予 算 案 の 概 要 ( 測 地 学 関 連 の 抜 粋 ) 地 震 防 災 分 野 の 研 究 開 発 の 推 進 平 成 23 年 度 予 算 案 119 億 円 ( 平 成 22 年 度 予 算 額 125 億 円 ) 平 成 22

More information

<31342E30382E31398C9F93A289EF8E9197BF2E786264>

<31342E30382E31398C9F93A289EF8E9197BF2E786264> 岐 阜 県 農 業 用 小 水 力 発 電 導 入 技 術 検 討 会 恵 電 測 第 2601 号 県 営 農 村 環 境 整 備 事 業 ( 小 水 力 発 電 整 備 型 ) 鎌 瀬 用 水 地 区 基 本 設 計 業 務 小 水 力 発 電 計 画 概 要 書 平 成 26 年 8 月 19 日 目 次 page 1. 計 画 概 要 -----------------------------------------------------

More information

県外行政視察報告(H16)

県外行政視察報告(H16) 基 地 対 策 特 別 委 員 会 行 政 視 察 報 告 平 成 25 年 11 月 29 日 狭 山 市 議 会 議 長 東 山 徹 様 基 地 対 策 特 別 委 員 会 委 員 長 栗 原 武 当 委 員 会 は 下 記 のとおり 北 海 道 千 歳 市 及 び 航 空 自 衛 隊 千 歳 基 地 陸 上 自 衛 隊 東 千 歳 駐 屯 地 の 視 察 をして 参 りましたので その 概 要

More information

5 市 本 部 名 護 市 災 害 対 策 本 部 をいう 6 市 現 地 本 部 名 護 市 現 地 災 害 対 策 本 部 をいう 7 市 水 防 本 部 名 護 市 水 防 対 策 本 部 をいう 8 県 本 部 沖 縄 県 災 害 対 策 本 部 をいう 9 県 地 方 本 部 沖 縄 県

5 市 本 部 名 護 市 災 害 対 策 本 部 をいう 6 市 現 地 本 部 名 護 市 現 地 災 害 対 策 本 部 をいう 7 市 水 防 本 部 名 護 市 水 防 対 策 本 部 をいう 8 県 本 部 沖 縄 県 災 害 対 策 本 部 をいう 9 県 地 方 本 部 沖 縄 県 第 1 章 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 目 的 災 害 は 一 瞬 にして 市 民 の 生 活 を 破 壊 し 多 大 な 損 害 をもたらす 名 護 市 は 市 民 の 生 命 身 体 財 産 を 守 り 災 害 に 強 く 安 心 して 住 めるまちをつくるため 総 合 的 かつ 計 画 的 な 対 策 を 名 護 市 地 域 防 災 計 画 に 定 める 第 1 節 目 的

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6825589F1959489EF90E096BE95E291AB8E9197BF81698255816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6825589F1959489EF90E096BE95E291AB8E9197BF81698255816A> 6. 市 街 地 整 備 の 動 向 都 市 の 中 心 部 の 人 口 密 度 と 小 売 業 販 売 額 の 関 係 市 中 心 部 の 人 口 密 度 が 低 いほど 販 売 額 が 小 さい また 都 市 人 口 が 大 きい 都 市 都 市 圏 人 口 の 大 きい 都 市 圏 の 核 都 市 では 人 口 密 度 が 高 く 販 売 額 も 大 きい 傾 向 三 大 都 市 圏 以 外

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

untitled

untitled 常 滑 市 地 域 防 災 計 画 ( 制 定 年 月 日 昭 和 38 年 8 月 1 日 ) 目 次 第 1 編 総 則 常 滑 市 地 域 防 災 計 画 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 1 計 画 の 構 成 1 第 2 計 画 の 修 正 1 第 3 計 画 の 運 用 1 第 3 節 防 災 関 係 機 関 等 の 処 理 すべき 事 務 又

More information

第 4 章 基 本 的 な 方 針 1 課 題 ⑴ 希 望 する 市 営 住 宅 に 入 居 できる 世 帯 は 限 られており 住 宅 困 窮 者 の 入 居 機 会 の 向 上 や 入 居 者 と 住 宅 困 窮 者 間 の 公 平 性 の 確 保 世 帯 人 員 数 と 住 戸 規 模 のミス

第 4 章 基 本 的 な 方 針 1 課 題 ⑴ 希 望 する 市 営 住 宅 に 入 居 できる 世 帯 は 限 られており 住 宅 困 窮 者 の 入 居 機 会 の 向 上 や 入 居 者 と 住 宅 困 窮 者 間 の 公 平 性 の 確 保 世 帯 人 員 数 と 住 戸 規 模 のミス 広 島 市 市 営 住 宅 マネジメント 計 画 基 本 方 針 編 ( 素 案 )< 概 要 版 > 平 成 26 年 8 月 広 島 市 住 宅 政 策 課 第 1 章 計 画 の 目 的 等 1 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 人 口 減 少 社 会 の 到 来 や 一 層 の 高 齢 化 の 進 展 が 見 込 まれること また 高 度 経 済 成 長 期 に 建 設 された 市 営

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

目 次 はじめに 1 Ⅰ 概 況 1 県 が 保 有 又 は 管 理 借 用 する 財 産 の 現 状 と 課 題 3 (1) 財 産 の 現 状 (2) 課 題 2 これまでの 取 組 み 12 (1) 県 有 施 設 の 長 寿 命 化 (2) 県 有 財 産 の 有 効 活 用 (3) 県 有

目 次 はじめに 1 Ⅰ 概 況 1 県 が 保 有 又 は 管 理 借 用 する 財 産 の 現 状 と 課 題 3 (1) 財 産 の 現 状 (2) 課 題 2 これまでの 取 組 み 12 (1) 県 有 施 設 の 長 寿 命 化 (2) 県 有 財 産 の 有 効 活 用 (3) 県 有 山 形 県 県 有 財 産 総 合 管 理 (ファシリティマネジメント) 基 本 方 針 平 成 26 年 12 月 山 形 県 目 次 はじめに 1 Ⅰ 概 況 1 県 が 保 有 又 は 管 理 借 用 する 財 産 の 現 状 と 課 題 3 (1) 財 産 の 現 状 (2) 課 題 2 これまでの 取 組 み 12 (1) 県 有 施 設 の 長 寿 命 化 (2) 県 有 財 産 の 有

More information

1. 水 安 全 計 画 策 定 の 目 的 下 関 市 上 下 水 道 局 では 安 全 でおいしい 水 道 水 を 皆 さまのご 家 庭 にお 届 けするために 水 道 水 の 源 となる 河 川 水 やダム 水 地 下 水 を 取 水 し できれいで 安 全 な 水 道 水 にして 配 水 池

1. 水 安 全 計 画 策 定 の 目 的 下 関 市 上 下 水 道 局 では 安 全 でおいしい 水 道 水 を 皆 さまのご 家 庭 にお 届 けするために 水 道 水 の 源 となる 河 川 水 やダム 水 地 下 水 を 取 水 し できれいで 安 全 な 水 道 水 にして 配 水 池 下 関 市 水 安 全 計 画 概 要 版 下 関 市 上 下 水 道 局 平 成 24 年 3 月 1. 水 安 全 計 画 策 定 の 目 的 下 関 市 上 下 水 道 局 では 安 全 でおいしい 水 道 水 を 皆 さまのご 家 庭 にお 届 けするために 水 道 水 の 源 となる 河 川 水 やダム 水 地 下 水 を 取 水 し できれいで 安 全 な 水 道 水 にして 配 水 池

More information

Microsoft PowerPoint - 100302_第1回委員会資料ver16.ppt

Microsoft PowerPoint - 100302_第1回委員会資料ver16.ppt 第 1 回 委 員 会 資 料 -5 桂 川 下 流 圏 域 河 川 整 備 計 画 検 討 委 員 会 第 1 回 資 料 ( 河 川 及 び 圏 域 の 概 要 ) 平 成 22 年 3 月 3 日 有 栖 川 ( 大 覚 寺 付 近 ) 京 都 府 建 設 交 通 部 河 川 課 京 都 土 木 事 務 所 乙 訓 土 木 事 務 所 目 次 瀬 戸 川 起 点 付 近 小 泉 川 有 栖 川

More information

目 次 1 計 画 導 入 に 至 る 背 景 1 (1) 県 人 口 の 動 向 1 (2) 財 政 状 況 3 (3) 職 員 数 の 推 移 3 (4) 普 通 建 事 業 費 維 持 修 繕 費 の 推 移 4 2 県 有 施 の 現 状 と 課 題 5 (1) 県 有 施 の 現 状 5

目 次 1 計 画 導 入 に 至 る 背 景 1 (1) 県 人 口 の 動 向 1 (2) 財 政 状 況 3 (3) 職 員 数 の 推 移 3 (4) 普 通 建 事 業 費 維 持 修 繕 費 の 推 移 4 2 県 有 施 の 現 状 と 課 題 5 (1) 県 有 施 の 現 状 5 県 有 施 の 中 長 期 修 繕 計 画 ~ 中 長 期 修 繕 経 費 の 推 計 ~ 県 有 資 産 マネジメント 検 討 委 員 会 1 目 次 1 計 画 導 入 に 至 る 背 景 1 (1) 県 人 口 の 動 向 1 (2) 財 政 状 況 3 (3) 職 員 数 の 推 移 3 (4) 普 通 建 事 業 費 維 持 修 繕 費 の 推 移 4 2 県 有 施 の 現 状 と 課

More information

Microsoft PowerPoint - 131003【シンポ資料】北開局小水力ver130925提出版.pptx

Microsoft PowerPoint - 131003【シンポ資料】北開局小水力ver130925提出版.pptx 農 業 水 利 施 設 を 活 用 した 小 水 力 等 発 電 の 導 入 促 進 について 平 成 25 年 10 月 3 日 国 土 交 通 省 北 海 道 開 発 局 農 業 水 産 部 農 業 振 興 課 目 次 1. 小 水 力 等 発 電 導 入 の 状 況 について 2. 制 度 手 続 き 規 制 緩 和 について 3. 農 業 農 村 整 備 事 業 等 における 助 成 制 度

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378> UR 賃 貸 住 宅 ストック 再 生 再 編 方 針 に 基 づく 実 施 計 画 平 成 27 年 3 月 目 次 1. 実 施 計 画 を 策 定 する 背 景 目 的 1 2.ストック 再 生 再 編 方 針 ( 平 成 19 年 12 月 26 日 策 定 )の 概 要 2 (1) 団 地 の 類 型 化 及 び 団 地 別 整 備 方 針 の 策 定 2 (2) 居 住 の 安 定 の

More information

teinen_new_bpdata_1211.indd

teinen_new_bpdata_1211.indd プグ 卒 卒 プ グ 1 2 プグ 卒 3 限 界 々 積 ね 識 早 識 員 機 八 東 レ リ フ レ ッ ュ 名 受 テ 直 員 向 セ ミ ナ 集 講 座 受 記 憶 ( ) 天 ふ 機 配 慮 謝 勉 強 際 期 ( ) 座 範 囲 受 具 メ ジ 話 ぼ 身 4 プグ 卒 5 ざ 側 面 準 備 早 声 聞 メ ジ 配 務 面 準 備 着 述 矛 盾 向 発 期 直 起 期 チ ャ 観

More information

沖縄市地域防災計画

沖縄市地域防災計画 第 1 節 目 的 と 構 成 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 沖 縄 市 の 地 域 にかかる 災 害 対 策 に 関 する 事 項 を 定 め もって 総 合 的 かつ 計 画 的 な 防 災 行 政 の 整 備 及 び 推 進 を 図 り 防 災 体 制 の 万 全

More information

図面審査指導基準

図面審査指導基準 ビル 衛 生 管 理 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 基 準 第 1 目 的 この 基 準 は 特 定 建 築 物 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 について 必 要 な 事 項 を 定 め 適 正 かつ 統 一 性 のある 指 導 を 行 うことにより 特 定 建 築 物 の 良 好 な 衛 生 的 環 境 を 確 保 し もって 町 田 市

More information

2 事 業 により 整 備 された 施 設 の 管 理 状 況 (1) 施 設 の 概 況 本 事 業 で 整 備 された 施 設 は 六 堰 頭 首 工 左 岸 幹 線 導 水 路 右 岸 幹 線 導 水 路 大 里 幹 線 用 水 路 奈 良 堰 幹 線 用 水 路 玉 井 堰 幹 線 用 水

2 事 業 により 整 備 された 施 設 の 管 理 状 況 (1) 施 設 の 概 況 本 事 業 で 整 備 された 施 設 は 六 堰 頭 首 工 左 岸 幹 線 導 水 路 右 岸 幹 線 導 水 路 大 里 幹 線 用 水 路 奈 良 堰 幹 線 用 水 路 玉 井 堰 幹 線 用 水 おおさと 事 業 名 国 営 総 合 農 地 防 災 事 業 地 区 名 大 里 県 名 埼 玉 県 関 係 市 町 村 く ま が や し おおさとまち こうなんまち ぎ よ う だ し みなみかわらむら こ う の す し 熊 谷 市 ( 旧 熊 谷 市 旧 大 里 町 旧 江 南 町 ) 行 田 市 ( 旧 行 田 市 旧 南 河 原 村 ) 鴻 巣 市 ふきあげまち ふ か や し かわもとまち

More information

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A>

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A> 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 災 害 復 旧 計 画 編 第 1 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 事 故 対 策 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2 第 4 災 害 対 策 本 部 1-4 第 2 節

More information

Microsoft Word - (資料2)滋賀県県有施設長寿命化ガイドライン

Microsoft Word - (資料2)滋賀県県有施設長寿命化ガイドライン 滋 賀 県 県 有 施 設 長 寿 命 化 ガイドライン 平 成 27 年 1 月 滋 賀 県 目 次 1. 本 ガイドラインについて 1 (1) 本 ガイドラインの 位 置 づけ 基 本 的 な 考 え 方 (2) 本 ガイドラインの 目 的 (3) 本 ガイドラインの 対 象 施 設 (4) 本 ガイドラインの 適 用 2. 具 体 的 な 取 組 2 (1) 長 寿 命 化 対 象 施 設 (2)

More information

資 金 不 足 比 率 (%) 資 金 の 不 足 額 事 業 の 規 模 資 金 不 足 比 率 は 各 公 営 企 業 の 資 金 不 足 を 公 営 企 業 の 事 業 規 模 である 料 金 収 入 の 規 模 と 比 較 して 指 標 化 し 経 営 状 態 の 悪 化 の 度 合 いを

資 金 不 足 比 率 (%) 資 金 の 不 足 額 事 業 の 規 模 資 金 不 足 比 率 は 各 公 営 企 業 の 資 金 不 足 を 公 営 企 業 の 事 業 規 模 である 料 金 収 入 の 規 模 と 比 較 して 指 標 化 し 経 営 状 態 の 悪 化 の 度 合 いを 用 語 解 説 1 共 通 事 項 用 語 算 出 方 法 解 説 経 常 収 支 比 率 (%) ( 法 適 用 企 業 ) 経 常 収 益 経 常 費 用 損 益 計 算 書 の 項 目 間 の 分 析 であり 企 業 にとっては 最 も 重 要 な 指 標 の 一 つである この 比 率 は 主 たる 営 業 活 動 によって 得 た 収 益 と 他 の 関 連 する 収 益 の 合 算 を

More information

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について 平 成 28 年 3 月 定 例 会 議 案 概 要 議 案 第 45 号 専 決 処 分 の 報 告 及 び 承 認 について ( 松 戸 市 市 税 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 制 定 について) 税 制 課 提 案 理 由 市 税 に 係 る 手 続 における 個 人 番 号 の 利 用 の 取 扱 いを 見 直 すことにより 納 税

More information

(案)

(案) ( 別 紙 ) 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 1 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )については 予 算 の 範 囲 内 において 交 付 するものとし 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 30 年 法 律 第 179 号 ) 補 助

More information

第8章 消防施設に関する事項

第8章 消防施設に関する事項 第 8 章 消 防 施 設 に 関 する 事 項 1 消 防 水 利 の 設 置 消 防 水 利 は 次 の 基 準 により 設 置 するものとする 1) 消 防 水 利 の 種 別 消 防 水 利 は 消 防 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 186 号 ) 第 20 条 第 1 項 の 規 定 により 消 防 庁 が 定 める 消 防 水 利 の 基 準 ( 昭 和 39 年 消 防 庁 告

More information

震 から1946 年 の 地 震 まで9 回 知 られている 684 年 には 日 本 書 紀 にも 記 載 され 道 後 温 泉 の 湧 出 が 止 まったとある 1605 年 1707 年 185 4 年 1946 年 とそれぞれ 揺 れの 程 度 や 津 波 の 高 さが 分 かっている 17

震 から1946 年 の 地 震 まで9 回 知 られている 684 年 には 日 本 書 紀 にも 記 載 され 道 後 温 泉 の 湧 出 が 止 まったとある 1605 年 1707 年 185 4 年 1946 年 とそれぞれ 揺 れの 程 度 や 津 波 の 高 さが 分 かっている 17 原 発 廃 炉 に 向 けて 2012 年 7 月 28 日 ( 土 ) 原 水 爆 禁 止 四 国 大 会 於 高 松 市 伊 方 原 発 をとめる 会 事 務 局 長 草 薙 順 一 はじめに 原 発 稼 働 は 人 の 生 存 を 脅 かし 環 境 を 破 壊 し 倫 理 的 に 許 されない 犯 罪 行 為 である 危 険 な 原 発 稼 働 を 誰 のために 何 のために 稼 働 するのか?

More information