●「高齢者医療運営円滑化等補助金」については、なぜ、本日の公開による再仕分けの対象事業に選定されたと認識しているか

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "●「高齢者医療運営円滑化等補助金」については、なぜ、本日の公開による再仕分けの対象事業に選定されたと認識しているか"

Transcription

1 標 準 報 酬 月 額 の 定 時 決 定 及 び 随 時 改 定 の 事 務 取 扱 いに 関 する 事 例 集 報 酬 賞 与 の 範 囲 について 問 報 酬 賞 与 にはどのようなものが 含 まれるか ( 答 ) 報 酬 及 び 賞 与 ( 以 下 報 酬 等 という )は 健 康 保 険 法 第 3 条 第 5 項 及 び 第 6 項 ( 厚 生 年 金 保 険 法 第 3 条 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 )において 労 働 者 が 労 働 の 対 償 として 受 けるすべてのもの と 規 定 されており 労 働 の 対 償 と して 経 常 的 かつ 実 質 的 に 受 けるもので 被 保 険 者 の 通 常 の 生 計 に 充 てられるすべ てのものを 包 含 するものである( 健 康 保 険 法 の 解 釈 と 運 用 ( 法 研 )より) 具 体 的 事 例 1 現 実 に 提 供 された 労 働 に 対 する 対 価 に 加 え 給 与 規 程 等 に 基 づいて 使 用 者 が 経 常 的 ( 定 期 的 )に 被 用 者 に 支 払 うものは 報 酬 等 に 該 当 する 労 働 の 提 供 と 対 償 の 支 払 が 時 間 的 に 一 致 する 必 要 はなく 将 来 の 労 働 に 対 するも のや 病 気 欠 勤 中 や 休 業 中 に 支 払 われる 手 当 であっても 労 働 の 対 償 となり 報 酬 等 に 該 当 する また 雇 用 契 約 を 前 提 として 事 業 主 から 食 事 住 宅 等 の 提 供 を 受 けている 場 合 ( 現 物 給 与 )も 報 酬 等 に 含 まれる 例 賃 金 給 料 俸 給 賞 与 インセンティブ 通 勤 手 当 扶 養 手 当 管 理 職 手 当 勤 務 地 手 当 休 職 手 当 休 業 手 当 待 命 手 当 2 労 働 の 対 償 として 受 けるものでないものは 報 酬 等 に 該 当 しない 例 傷 病 手 当 金 労 働 者 災 害 補 償 保 険 法 に 基 づく 休 業 補 償 解 雇 予 告 手 当 退 職 手 当 内 職 収 入 財 産 収 入 適 用 事 業 所 以 外 から 受 ける 収 入 ( 注 ) 退 職 手 当 は 毎 月 の 給 与 や 賞 与 に 上 乗 せして 前 払 いされる 場 合 被 保 険 者 の 通 常 の 生 計 に 充 てられる 経 常 収 入 と 扱 うことが 妥 当 であり 報 酬 等 に 該 当 する 3 事 業 主 が 負 担 すべきものを 被 保 険 者 が 立 て 替 え その 実 費 弁 償 を 受 ける 場 合 労 働 の 対 償 とは 認 められないため 報 酬 等 に 該 当 しない 例 出 張 旅 費 赴 任 旅 費 4 事 業 主 が 恩 恵 的 に 支 給 するものは 労 働 の 対 償 とは 認 められないため 原 則 として 報 酬 等 に 該 当 しない 例 見 舞 金 結 婚 祝 い 金 餞 別 金

2 5 恩 恵 的 に 支 給 するものであっても 労 働 協 約 等 に 基 づいて 支 給 されるもの で 経 常 的 ( 定 期 的 )に 支 払 われる 場 合 は 報 酬 等 に 該 当 する 例 傷 病 手 当 金 と 給 与 の 差 額 補 填 を 目 的 とした 見 舞 金 6 労 働 の 対 償 として 支 給 されるものであっても 被 保 険 者 が 常 態 として 受 け る 報 酬 以 外 のものは 報 酬 等 に 含 まれない( 支 給 事 由 の 発 生 支 給 条 件 支 給 額 等 が 不 確 定 で 経 常 的 に 受 けるものではないものは 被 保 険 者 の 通 常 の 生 計 に 充 てられるものとは 言 えないため) ただし これに 該 当 するもの は 極 めて 限 定 的 である 例 大 入 袋 ここで 挙 げた 例 は 一 般 的 な 場 合 を 想 定 しており その 名 称 だけでなく 実 態 に 合 わせて 報 酬 等 に 該 当 するかどうか 判 断 を 行 うものとする 定 時 決 定 について 問 1 支 払 基 礎 日 数 について 例 えば 夜 勤 労 働 者 で 日 をまたぐ 勤 務 を 行 っている 場 合 はどのように 計 算 すべきか ( 答 ) 夜 勤 労 働 者 で 日 をまたいで 労 務 に 就 いている 場 合 は 以 下 のように 取 り 扱 う 1 夜 勤 勤 務 者 が 月 給 で 給 与 の 支 払 いを 受 けている 場 合 各 月 の 暦 日 数 を 支 払 基 礎 日 数 とする 2 夜 勤 勤 務 者 が 日 給 で 給 与 の 支 払 いを 受 けている 場 合 給 与 支 払 いの 基 礎 となる 出 勤 回 数 を 支 払 基 礎 日 数 とする ただし 変 形 労 働 時 間 制 を 導 入 している 場 合 は 下 記 の3に 準 じて 取 り 扱 う 3 夜 勤 勤 務 者 が 時 給 で 給 与 の 支 払 を 受 けている 場 合 各 月 の 総 労 働 時 間 をその 事 業 所 における 所 定 労 働 時 間 で 除 して 得 られ た 日 数 を 支 払 基 礎 日 数 とする なお 勤 務 中 に 仮 眠 時 間 等 が 設 けられてい る 場 合 これを 労 働 時 間 に 含 めるか 否 かは その 事 業 所 の 業 務 の 実 態 契 約 内 容 就 業 規 則 等 によって 仮 眠 時 間 等 が 給 与 支 払 いの 対 象 となる 時 間 に 含 まれているかどうかを 確 認 することで 判 断 されたい

3 問 2 給 与 の 締 め 日 が 変 更 になった 場 合 変 更 月 では 支 払 基 礎 日 数 が 通 常 の 月 よ りも 増 減 することになるが 定 時 決 定 の 際 にはどのように 取 り 扱 うべきか ( 答 ) 給 与 締 め 日 が 変 更 になった 場 合 は 以 下 のように 取 扱 う 1 支 払 基 礎 日 数 が 増 加 する 場 合 支 払 基 礎 日 数 が 暦 日 を 超 えて 増 加 した 場 合 通 常 受 ける 報 酬 以 外 の 報 酬 を 受 け ることとなるため 超 過 分 の 報 酬 を 除 外 した 上 で その 他 の 月 の 報 酬 との 平 均 を 算 出 し 標 準 報 酬 月 額 を 保 険 者 算 定 する ( 例 ) 給 与 締 め 日 が 20 日 から 25 日 に 変 更 された 場 合 締 め 日 を 変 更 した 月 のみ 給 与 計 算 期 間 が 前 月 21 日 ~ 当 月 25 日 となるため 前 月 21 日 ~ 前 月 25 日 の 給 与 を 除 外 し 締 め 日 変 更 後 の 給 与 制 度 で 計 算 すべき 期 間 ( 前 月 26 日 ~ 当 月 25 日 )で 算 出 された 報 酬 をその 月 の 報 酬 とする 2 支 払 基 礎 日 数 が 減 少 した 場 合 給 与 締 め 日 の 変 更 によって 給 与 支 給 日 数 が 減 少 した 場 合 であっても 支 払 基 礎 日 数 が 17 日 以 上 であれば 通 常 の 定 時 決 定 の 方 法 によって 標 準 報 酬 月 額 を 算 定 す る 給 与 締 め 日 の 変 更 によって 給 与 支 給 日 数 が 減 少 し 支 払 基 礎 日 数 が 17 日 未 満 と なった 場 合 には その 月 を 除 外 した 上 で 報 酬 の 平 均 を 算 出 し 標 準 報 酬 月 額 を 算 定 する 問 3 基 本 給 や 諸 手 当 の 支 払 月 が 変 更 となった 結 果 通 常 の 月 よりも 給 与 額 が 増 減 する 場 合 があるが 定 時 決 定 の 際 にはどのように 取 り 扱 うべきか ( 答 ) 給 与 や 諸 手 当 の 支 払 い 月 が 変 更 になった 場 合 は 以 下 のように 取 扱 う 1 翌 月 払 いの 給 与 や 諸 手 当 が 当 月 払 いに 変 更 された 場 合 翌 月 払 いの 給 与 もしくは 諸 手 当 が 当 月 払 いに 変 更 された 場 合 は 変 更 月 に 支 給 される 給 与 等 に 重 複 分 が 発 生 するが 制 度 変 更 後 の 給 与 等 がその 月 に 受 けるべき 給 与 であるとみなし 変 更 前 の 給 与 は 除 外 した 上 で4,5,6 月 の 平 均 を 算 出 し 標 準 報 酬 月 額 を 算 定 する ( 例 )4 月 支 給 の 給 与 より 25 日 締 め 翌 月 末 払 い の 給 与 が 25 日 締 め 当 月 末 払 い に 変 更 された 場 合 制 度 の 変 更 に 伴 い 4 月 支 給 の 給 与 は 2 月 26 日 ~3 月 25 日 分 と 3 月 26 日 ~4 月 25 日 分 の 給 与 となるが 制 度 変 更 後 の 給 与 が 本 来 その 月 に 受 けるべき 給 与 であると みなし 2 月 26 日 ~3 月 25 日 の 給 与 を 除 外 し 支 払 日 変 更 後 の 給 与 制 度 で 計 算 すべ き 期 間 (3 月 26 日 ~4 月 25 日 )により 算 出 した 報 酬 を 4 月 の 報 酬 とする

4 2 当 月 払 いの 諸 手 当 が 翌 月 払 いに 変 更 された 場 合 当 月 払 いの 諸 手 当 が 翌 月 払 いに 変 更 された 場 合 は 変 更 月 には 諸 手 当 が 支 給 されないこととなるが その 月 は 算 定 の 対 象 から 除 き 残 りの 月 に 支 払 われた 報 酬 で 定 時 決 定 を 行 う 問 4 4~6 月 の3か 月 のうち 遡 って 降 給 が 行 われた 結 果 差 額 調 整 によって 本 来 受 けるべき 報 酬 より 低 額 の 報 酬 が 支 払 われた 月 がある 場 合 保 険 者 算 定 に よって 定 時 決 定 を 行 うことはできるか ( 答 ) 保 険 者 算 定 の 対 象 として 差 し 支 えない この 場 合 4~6 月 の 報 酬 から 控 除 減 する 場 合 があるが 定 時 決 定 の 際 にはどのように 取 り 扱 うべきか された 差 額 調 整 分 を 計 算 に 含 まず 差 額 調 整 前 の 報 酬 額 で 定 時 決 定 を 行 う 被 保 険 者 資 格 取 得 時 の 標 準 報 酬 月 額 の 決 定 について 問 1 被 保 険 者 資 格 を 取 得 した 際 の 標 準 報 酬 月 額 の 決 定 について 例 えば 残 業 代 が 当 初 の 見 込 みよりも 増 減 した 場 合 に 標 準 報 酬 月 額 の 訂 正 を 行 うことができ るか ( 答 ) 被 保 険 者 資 格 を 取 得 した 際 の 標 準 報 酬 月 額 については 固 定 的 賃 金 の 算 定 誤 り 等 があった 場 合 に 訂 正 を 行 うことはできるが 残 業 代 のような 非 固 定 的 賃 金 に ついて その 見 込 みが 当 初 の 算 定 額 より 増 減 した 場 合 は 訂 正 することはできな い 問 2 一 つの 適 用 事 業 所 に 勤 務 している 被 保 険 者 が 別 の 適 用 事 業 所 に 勤 務 ( 同 時 に2つの 事 業 所 に 勤 務 )することとなって 新 たな 適 用 事 業 所 において 被 保 険 者 資 格 を 取 得 した 場 合 どの 時 点 から 標 準 報 酬 月 額 を 改 定 するのか ( 答 ) 新 たに 別 の 適 用 事 業 所 で 被 保 険 者 資 格 を 取 得 した 場 合 その 事 業 所 における 報 酬 月 額 を 健 康 保 険 法 第 42 条 ( 厚 生 年 金 保 険 法 第 22 条 )に 従 って 算 定 し 健 康 保 険 法 第 44 条 第 3 項 ( 厚 生 年 金 保 険 法 第 24 条 第 2 項 )の 規 定 に 基 づいて 合 計 額 としての 報 酬 月 額 を 算 定 する その 際 既 に 被 保 険 者 資 格 を 取 得 している 側 の 事 業 所 においては 既 に 決 定 されている 標 準 報 酬 月 額 の 基 礎 となった 報 酬 月 額 を 用 いる また 健 康 保 険 法 施 行 規 則 第 1 条 第 2 条 及 び 第 37 条 ( 厚 生 年 金 保 険 法 施 行 規 則 第 1 条 及 び 第 2 条 )において 同 時 に2 以 上 の 適 用 事 業 所 に 使 用 されること となった 日 から10 日 以 内 に 管 掌 保 険 者 の 選 択 とそれに 伴 う 届 出 を 行 うことと されており 新 たに 別 の 適 用 事 業 所 に 使 用 されることとなった 月 から 標 準 報 酬 月 額 を 決 定 する

5 随 時 改 定 について 問 1 固 定 的 賃 金 の 変 動 が 発 生 した 後 3か 月 以 内 に 再 度 固 定 的 賃 金 が 変 動 した 場 合 には それぞれの 固 定 的 賃 金 変 動 を 随 時 改 定 の 対 象 とするか ( 答 ) それぞれの 固 定 的 賃 金 変 動 を 随 時 改 定 の 契 機 として 取 り 扱 う 仮 に 固 定 的 賃 金 変 動 が 毎 月 発 生 した 場 合 には それぞれの 月 の 賃 金 変 動 を 契 機 として その 都 度 2 等 級 以 上 の 差 が 生 じているかを 確 認 し 随 時 改 定 の 可 否 について 判 断 する なお 2 等 級 以 上 の 差 を 判 断 するに 当 たっては 固 定 的 賃 金 のみならず 非 固 定 的 賃 金 を 含 めた 報 酬 月 額 全 体 で 比 較 を 行 う 問 1-2 ( 従 業 員 から 役 員 になるなど) 身 分 変 更 が 行 われた 結 果 基 本 給 が 上 が り( 又 は 下 がり) ( 超 過 勤 務 ) 手 当 が 廃 止 ( 又 は 新 設 )された 場 合 で 各 々の 固 定 的 賃 金 の 変 動 が 実 際 に 支 給 される 給 与 への 反 映 月 が 異 なる 場 合 において 起 算 月 はどのように 取 り 扱 うのか ( 答 ) 身 分 変 更 が 行 われた 結 果 複 数 の 固 定 的 賃 金 の 変 動 が 生 じ 各 々の 固 定 的 賃 金 の 変 動 が 実 際 に 支 給 される 給 与 へ 反 映 する 月 が 異 なる 場 合 は 変 動 後 の 各 々の 固 定 的 賃 金 が 給 与 に 実 績 として 反 映 された 月 をそれぞれ 起 算 月 とする ( 例 ) 役 員 昇 格 による 昇 給 と 役 員 昇 格 による 残 業 手 当 の 廃 止 ( 昇 給 月 の 翌 月 反 映 ) 昇 給 に 係 る 随 時 改 定 は 昇 給 月 が 起 算 月 となり 手 当 廃 止 による 随 時 改 定 は 反 映 月 ( 昇 給 月 の 翌 月 )を 起 算 月 として 別 の 随 時 改 定 としてとらえる 問 1-3 基 本 給 ( 時 間 給 )に 変 更 は 無 いが 勤 務 体 系 ( 契 約 時 間 )が 変 更 にな る 場 合 随 時 改 定 の 対 象 となるか ( 例 ) 基 本 給 :1H 2,000 円 2,000 円 ( 変 更 なし) 契 約 時 間 :1 日 8 時 間 6.5 時 間 ( 変 更 あり) :1 月 20 日 20 日 ( 変 更 なし) ( 答 ) 時 給 単 価 の 変 動 はないが 契 約 時 間 が 変 わった 場 合 固 定 的 賃 金 の 変 動 に 該 当 するため 随 時 改 定 の 対 象 となる 問 2 超 過 勤 務 手 当 の 支 給 単 価 ( 支 給 割 合 )が 変 更 された 場 合 は 随 時 改 定 の 対 象 となるか ( 答 ) 超 過 勤 務 手 当 については 個 々 人 や 月 々の 稼 働 状 況 によって 時 間 数 が 不 確 定 であるため 単 に 時 間 の 増 減 があった 場 合 は 随 時 改 定 の 対 象 とはならないが 支 給 単 価 ( 支 給 割 合 )が 変 更 となった 場 合 は 随 時 改 定 の 対 象 となる

6 問 3 超 過 勤 務 手 当 等 の 非 固 定 的 手 当 が 廃 止 された 場 合 随 時 改 定 の 対 象 となる か ( 答 ) 非 固 定 的 手 当 であっても その 廃 止 は 賃 金 体 系 の 変 更 に 当 たるため 随 時 改 定 の 対 象 となる 問 4 固 定 的 賃 金 が 上 昇 したものの 超 過 勤 務 手 当 等 の 非 固 定 的 賃 金 が 減 額 した ために 結 果 的 に2 等 級 以 上 報 酬 月 額 が 下 がった 場 合 随 時 改 定 の 対 象 となるか ( 答 ) 固 定 的 賃 金 の 増 額 減 額 と 実 際 の 平 均 報 酬 月 額 の 増 額 減 額 が 一 致 しない 場 合 随 時 改 定 の 対 象 とはならない 問 5 同 一 月 に 固 定 的 賃 金 の 増 額 と 減 額 が 同 時 に 発 生 した 場 合 ( 手 当 の 廃 止 と 創 設 等 ) 増 額 改 定 と 減 額 改 定 のどちらの 対 象 となるか ( 答 ) 同 時 に 複 数 の 固 定 的 賃 金 の 増 減 要 因 が 発 生 した 場 合 それらの 影 響 によって 固 定 的 賃 金 の 総 額 が 増 額 するのか 減 額 するのかを 確 認 し 増 額 改 定 減 額 改 定 い ずれの 対 象 となるかを 判 断 する 例 えば 定 額 の 手 当 が 廃 止 され その 手 当 と 同 額 の 手 当 が 新 たに 創 設 された 場 合 など 固 定 的 賃 金 に 変 更 が 生 じないケースについては 随 時 改 定 の 対 象 となら ない なお 変 動 的 な 手 当 の 廃 止 と 創 設 が 同 時 に 発 生 した 場 合 等 については 手 当 額 の 増 減 と 報 酬 額 の 増 減 の 関 連 が 明 確 に 確 認 できないため 3か 月 の 平 均 報 酬 月 額 が 増 額 した 場 合 減 額 した 場 合 のどちらも 随 時 改 定 の 対 象 となる 問 6 給 与 計 算 期 間 の 途 中 で 昇 給 した 場 合 どの 時 点 を 起 算 月 として 随 時 改 定 の 判 断 を 行 うのか 例 : 当 月 末 締 め 翌 月 末 払 いの 給 与 で 当 月 15 日 以 降 の 給 与 単 価 が 上 昇 した 場 合 ( 答 ) 昇 給 降 給 した 給 与 が 実 績 として1か 月 分 確 保 された 月 を 固 定 的 賃 金 変 動 が 報 酬 に 反 映 された 月 として 扱 い それ 以 後 3か 月 間 に 受 けた 報 酬 を 計 算 の 基 礎 として 随 時 改 定 の 判 断 を 行 う 例 示 の 場 合 であれば 給 与 単 価 が 上 昇 した 翌 月 支 払 の 給 与 は 単 価 上 昇 の 実 績 を1か 月 分 確 保 できていないため 翌 々 月 を3か 月 の 起 算 点 として 随 時 改 定 の 可 否 を 判 断 する

7 問 7 固 定 的 賃 金 の 変 動 の 翌 月 に 給 与 支 払 い 締 め 日 変 更 があった 場 合 随 時 改 定 はどのような 取 扱 いとなるか 例 :9 月 支 給 分 の 給 与 から 固 定 的 賃 金 変 動 が 反 映 されたが 10 月 支 給 の 給 与 から 月 末 締 め 翌 月 15 日 払 い 15 日 締 め 翌 月 15 日 払 い に 変 更 9 月 15 日 支 給 の 給 与 (8/ 1 日 ~8/31 日 分 ) 10 月 15 日 支 給 の 給 与 (9/ 1 日 ~9/15 日 分 ) 11 月 15 日 支 給 の 給 与 (9/16 日 ~10/15 日 分 ) ( 答 ) 固 定 的 賃 金 に 変 動 が 発 生 した 後 の3か 月 以 内 に 給 与 締 め 日 の 変 更 によっ て 例 示 のように 支 払 基 礎 日 数 が17 日 を 下 回 る 月 がある 場 合 には 随 時 改 定 の 対 象 とならない なお 例 示 の 場 合 問 6とは 異 なり 9 月 支 給 分 の 給 与 から 固 定 的 賃 金 変 動 が 報 酬 に 反 映 (1か 月 分 確 保 )されているため 11 月 を 起 算 月 として 随 時 改 定 を 行 うことはできない 問 7-2 非 固 定 的 賃 金 が 新 設 された 月 に 非 固 定 的 賃 金 が 支 払 われる 条 件 が 達 成 されなかったために 初 回 の 支 払 が0 円 となったが 次 月 以 降 は 実 際 に 支 払 い が 生 じたような 場 合 起 算 月 の 取 扱 いはどのようになるか ( 答 ) 新 たに 非 固 定 的 賃 金 の 新 設 がなされたことによる 賃 金 体 系 の 変 更 を 随 時 改 定 の 契 機 とする 際 は その 非 固 定 的 賃 金 の 支 払 の 有 無 に 係 わらず 非 固 定 的 賃 金 が 新 設 された 月 を 起 算 月 とし 以 後 の 継 続 した3か 月 間 のいずれかの 月 において 当 該 非 固 定 的 賃 金 の 支 給 実 績 が 生 じていれば 随 時 改 定 対 象 となる なお 非 固 定 的 賃 金 の 新 設 以 後 の 継 続 した3か 月 間 に 受 けた 報 酬 のいずれに も 当 該 非 固 定 的 賃 金 の 支 給 実 績 が 生 じていなければ 報 酬 の 変 動 要 因 としてみな すことができないため 随 時 改 定 の 対 象 とはならない また その 場 合 には 当 該 非 固 定 的 賃 金 の 支 給 実 績 が 生 じた 月 を 起 算 月 とすることにもならない 例 1: 対 象 となるケース 手 当 新 設 月 変 該 当 10 万 手 当 10 万 10 万 10 万 10 万 10 万 10 万 10 万

8 例 2: 対 象 とならないケース 手 当 新 設 月 変 の 対 象 とはならない ( 残 業 等 により 2 等 級 以 上 差 が あったとしても) 10 万 手 当 10 万 10 万 10 万 10 万 10 万 10 万 10 万 起 算 月 とはならない 問 8 休 職 によって 通 常 受 けられる 報 酬 よりも 低 額 な 休 職 給 を 受 けることとなっ たが 休 職 中 に 固 定 的 賃 金 の 増 減 があった 場 合 随 時 改 定 の 対 象 となるか ( 答 ) 随 時 改 定 では 固 定 的 賃 金 の 変 動 が 報 酬 に 反 映 された 月 を 起 算 月 として 扱 う こととしているが 休 職 に 伴 う 低 額 な 休 職 給 を 受 けている 間 に 固 定 的 賃 金 の 増 減 があった 場 合 休 職 給 はその 固 定 的 賃 金 の 変 動 を 適 切 に 反 映 しているとは 言 えな いため 休 職 が 終 了 して 通 常 の 給 与 支 払 いに 戻 った 月 以 降 3か 月 の 平 均 報 酬 月 額 によって 随 時 改 定 の 可 否 を 判 断 する 問 8-2 産 休 又 は 育 休 取 得 中 の 無 給 期 間 において 昇 給 等 があった 場 合 起 算 月 は いつになるか ( 答 ) 産 休 等 の 無 給 期 間 中 に 固 定 的 賃 金 に 変 動 があった 場 合 には 実 際 に 変 動 後 の 報 酬 を 受 けた 月 を 起 算 月 として 改 定 することとなる また 昇 給 等 による 固 定 的 賃 金 の 変 動 後 に 給 与 計 算 期 間 の 途 中 で 休 業 に 入 ったこと 又 は 給 与 計 算 期 間 の 途 中 で 復 帰 したことにより 変 動 が 反 映 された 報 酬 が 支 払 われているものの 継 続 した3 月 間 のうちに 支 払 基 礎 日 数 17 日 未 満 となる 月 がある 場 合 については 随 時 改 定 の 対 象 とはならない なお これらは 育 児 休 業 等 を 終 了 した 際 の 改 定 を 妨 げるものではない 問 9 固 定 的 賃 金 に 変 動 が 生 じた 月 ( 起 算 月 )の 次 月 以 降 随 時 改 定 の 算 定 対 象 月 内 に 休 職 によって 通 常 受 けられる 報 酬 よりも 低 額 な 休 職 給 を 受 けることと なった 場 合 随 時 改 定 の 対 象 となるか ( 答 ) 随 時 改 定 は 固 定 的 賃 金 の 変 動 が 報 酬 に 反 映 された 月 を 起 算 として それ 以 後 継 続 した3か 月 間 (いずれの 月 も 支 払 基 礎 日 数 が17 日 以 上 )に 受 けた 報 酬 を 計 算 の 基 礎 とすることから 随 時 改 定 の 算 定 対 象 月 内 に 低 額 な 休 職 給 を 受 けた 場 合

9 であっても 随 時 改 定 の 対 象 とする 問 10 遡 って 昇 給 が 発 生 した 場 合 保 険 者 算 定 による 随 時 改 定 の 対 象 となるが 遡 って 降 給 が 発 生 した 場 合 も 同 様 の 取 扱 いが 可 能 か ( 答 ) 遡 って 昇 給 が 発 生 した 場 合 その 変 動 が 反 映 された 月 ( 差 額 調 整 が 行 われた 月 )を 起 算 月 として それ 以 後 継 続 した3か 月 間 (いずれの 月 も 支 払 基 礎 日 数 が 17 日 以 上 )に 受 けた 報 酬 を 基 礎 として 保 険 者 算 定 による 随 時 改 定 を 行 うこと となるが 遡 って 降 給 が 発 生 した 場 合 についても 遡 って 昇 給 が 発 生 した 場 合 と 同 様 に 取 り 扱 うものとする なお 超 過 支 給 分 の 報 酬 がその 後 の 報 酬 から 差 額 調 整 された 場 合 調 整 対 象 月 の 報 酬 は 本 来 受 けるべき 報 酬 よりも 低 額 となるため 調 整 対 象 月 に 控 除 された 降 給 差 額 分 を 含 まず 差 額 調 整 前 の 報 酬 額 で 随 時 改 定 を 行 う 問 11 基 本 給 の 減 給 制 裁 があった 場 合 随 時 改 定 はどのようになるか また 同 月 に 役 職 手 当 等 の 付 与 による 固 定 的 賃 金 の 変 動 ( 増 額 )がある 場 合 随 時 改 定 の 取 扱 いはどのようになるか ( 答 ) 減 給 制 裁 は 固 定 的 賃 金 の 変 動 には 当 たらないため 随 時 改 定 の 対 象 とはなら ない また 同 月 に 固 定 的 賃 金 の 変 動 ( 増 額 )があった 場 合 は 変 動 した 固 定 的 賃 金 の 支 給 実 績 があった 月 を 起 算 月 として 減 給 制 裁 と 役 職 手 当 等 を 併 せた 報 酬 全 体 で2 等 級 以 上 の 差 が 生 じれば 随 時 改 定 に 該 当 する ( 起 算 月 をずらしたり 減 給 が 無 かった 場 合 の 金 額 で 算 定 したりすることはできない ) 問 12 現 物 給 与 の 標 準 価 額 が 告 示 により 改 正 された 場 合 は 随 時 改 定 の 対 象 にな るか ( 答 ) 告 示 改 正 による 単 価 の 変 更 は 固 定 的 賃 金 の 変 動 に 該 当 することから 随 時 改 定 の 対 象 となる なお 現 物 給 与 の 価 額 に 関 して 規 約 で 別 段 の 定 めをしている 健 康 保 険 組 合 が 管 掌 する 被 保 険 者 については 当 該 規 約 の 定 めによる 価 額 の 変 更 がなければ 随 時 改 定 の 対 象 にはならない 問 13 自 動 車 通 勤 者 に 対 してガソリン 単 価 を 設 定 して 通 勤 手 当 を 算 定 している 事 業 所 において ガソリン 単 価 の 見 直 しが 月 単 位 で 行 われ その 結 果 毎 月 ガソ リン 単 価 を 変 更 し 通 勤 手 当 を 支 給 している 場 合 固 定 的 賃 金 の 変 動 に 該 当 する か ( 答 ) 単 価 の 変 動 が 月 ごとに 生 じる 場 合 でも 固 定 的 賃 金 の 変 動 として 取 扱 うこと となる

10 問 14 産 前 産 後 休 業 期 間 について 基 本 給 等 は 休 業 前 と 同 様 に 支 給 するが 通 勤 手 当 については 支 給 しないこととしている この 場 合 は 賃 金 体 系 の 変 更 に よる 随 時 改 定 の 対 象 となるか ( 答 ) 産 休 等 により 通 勤 手 当 が 不 支 給 となっている 事 例 において 通 勤 の 実 績 がな いことにより 不 支 給 となっている 場 合 には 手 当 自 体 が 廃 止 された 訳 ではないこ とから 賃 金 体 系 の 変 更 にはあたらず 随 時 改 定 の 対 象 とはならない 一 時 帰 休 における 標 準 報 酬 月 額 の 決 定 改 定 について (1) 定 時 決 定 について 問 1 一 時 帰 休 による 休 業 手 当 等 が 支 払 われた 日 は 支 払 基 礎 日 数 に 含 まれるの か ( 答 ) 一 時 帰 休 による 休 業 手 当 等 が 支 払 われた 日 も 支 払 基 礎 日 数 に 含 まれる 問 2 定 時 決 定 の 算 定 対 象 月 に 休 業 手 当 等 が 支 払 われた 月 があり 標 準 報 酬 月 額 の 決 定 の 際 に 一 時 帰 休 の 状 態 が 解 消 していない 場 合 休 業 手 当 等 が 支 払 われた 月 のみで 標 準 報 酬 月 額 を 決 定 するのか ( 答 ) 休 業 手 当 等 が 支 払 われた 月 のみで 決 定 するわけではない 例 えば 定 時 決 定 の 対 象 月 である4 5 6 月 のうち 4 5 月 は 通 常 の 給 与 の 支 払 を 受 けて6 月 のみ 一 時 帰 休 による 休 業 手 当 等 が 支 払 われた 場 合 には 6 月 分 は 休 業 手 当 等 を 含 めて 報 酬 月 額 を 算 定 した 上 で 月 の 報 酬 月 額 を 平 均 して 標 準 報 酬 月 額 を 決 定 する なお 標 準 報 酬 月 額 決 定 の 際 に 一 時 帰 休 の 状 態 が 解 消 している 場 合 の 取 扱 いに ついては 問 7を 参 照 のこと 問 3 定 時 決 定 の 算 定 対 象 月 に 休 業 手 当 等 が 支 払 われた 月 がある 場 合 標 準 報 酬 月 額 の 決 定 に 当 たって 一 時 帰 休 の 状 態 が 解 消 しているかどうかを 判 断 する 必 要 があるが どの 時 点 で 一 時 帰 休 解 消 を 判 断 することになるのか ( 答 ) 7 月 1 日 時 点 で 判 断 する 問 4 どのような 場 合 が 一 時 帰 休 が 解 消 している 状 態 にあたるのか ( 答 ) 7 月 1 日 の 時 点 で 現 に 低 額 な 休 業 手 当 等 の 支 払 いが 行 われておらず その 後 も 低 額 な 休 業 手 当 等 が 支 払 われる 見 込 みがない 場 合 をいう 一 時 帰 休 が 解 消 しているか 否 かの 判 断 に 当 たっては 算 定 基 礎 届 の 備 考 欄 に 一

11 時 帰 休 が 解 消 した 旨 を 記 載 させるとともに 公 共 職 業 安 定 所 への 休 業 計 画 の 提 出 の 有 無 や 労 使 間 での 一 時 帰 休 解 消 に 関 する 合 意 の 有 無 等 を 確 認 する 問 5 標 準 報 酬 月 額 の 決 定 にあたって 一 時 帰 休 が 解 消 していたために 休 業 手 当 等 を 含 まない 報 酬 で 定 時 決 定 を 行 ったが その 後 結 果 的 に9 月 までの 間 に 再 び 一 時 帰 休 の 状 態 となって 休 業 手 当 等 が 支 給 された 場 合 定 時 決 定 の 内 容 を 訂 正 することができるか ( 答 ) 標 準 報 酬 月 額 の 決 定 後 に 再 び 一 時 帰 休 の 状 態 となって 休 業 手 当 等 が 支 払 われ たとしても 定 時 決 定 の 訂 正 は 認 められない なお このようなケースについては 再 び 休 業 手 当 等 が 支 払 われることとなっ た 月 から 起 算 して 随 時 改 定 に 該 当 するか 否 かを 判 断 する 問 6 標 準 報 酬 月 額 の 決 定 にあたって 一 時 帰 休 が 解 消 していなかったために 休 業 手 当 等 を 含 んだ 報 酬 で 定 時 決 定 を 行 ったが その 後 結 果 的 に 一 時 帰 休 が 解 消 した 場 合 は どのように 取 り 扱 うべきか ( 答 ) 休 業 手 当 等 をもって 標 準 報 酬 月 額 の 決 定 又 は 改 定 が 行 われた 後 結 果 的 に 一 時 帰 休 が 解 消 した 場 合 は 通 常 の 報 酬 の 支 払 を 受 けることとなった 月 から 起 算 し て 随 時 改 定 に 該 当 するか 否 かを 判 断 する 問 7 9 月 以 降 において 受 けるべき 報 酬 とは どのように 算 出 するのか ( 答 ) 7 月 1 日 の 時 点 で 一 時 帰 休 の 状 況 が 解 消 している 場 合 の 定 時 決 定 では 休 業 手 当 等 を 除 いて 標 準 報 酬 月 額 を 決 定 する 必 要 があることから 通 常 の 給 与 を 受 け た 月 における 報 酬 の 平 均 により 標 準 報 酬 月 額 を 算 出 する 例 えば4 5 月 に 通 常 の 給 与 を 受 けて6 月 に 休 業 手 当 等 を 受 けた 場 合 4 5 月 の 報 酬 の 平 均 を 9 月 以 降 において 受 けるべき 報 酬 として 定 時 決 定 を 行 う 同 様 に4 月 に 通 常 の 給 与 をうけて5 6 月 に 休 業 手 当 を 受 けた 場 合 4 月 の 報 酬 を 9 月 以 降 において 受 けるべき 報 酬 とする なお 月 の 全 てにおいて 休 業 手 当 等 を 受 けた 場 合 は 休 業 手 当 等 を 含 まずに 決 定 又 は 改 定 された 直 近 の 標 準 報 酬 月 額 により 定 時 決 定 を 行 う (2) 随 時 改 定 について 問 1 一 時 帰 休 に 伴 う 随 時 改 定 について 1か 月 の 全 てについて 休 業 手 当 等 の 支 払 を 受 けている 場 合 が 対 象 となるのか それとも 1か 月 のうちの1 日 でも 休 業 手 当 等 の 支 払 いを 受 けていれば 対 象 となるのか

12 ( 答 ) 1か 月 のうち 一 時 帰 休 に 伴 って 固 定 的 賃 金 が 減 額 支 給 される 日 が1 日 でも あれば 随 時 改 定 の 対 象 となる 問 2 一 時 帰 休 に 伴 う 随 時 改 定 は 低 額 な 休 業 手 当 等 の 支 払 いが 継 続 して3か 月 を 超 える 場 合 に 行 うこととなるが いつの 時 点 から3か 月 を 起 算 するのか ( 答 ) 3か 月 は 暦 日 ではなく 月 単 位 で 計 算 する 例 えば 月 末 締 め 月 末 払 いの 事 業 所 において 一 時 帰 休 の 開 始 日 を2 月 10 日 とした 場 合 は 5 月 1 日 をもって 3か 月 を 超 える 場 合 に 該 当 し 月 の 報 酬 を 平 均 して2 等 級 以 上 の 差 が 生 じていれば 5 月 以 降 の 標 準 報 酬 月 額 から 随 時 改 定 する なお 5 月 1 日 時 点 で 一 時 帰 休 の 状 況 が 解 消 している 場 合 には 3か 月 を 超 えないため 随 時 改 定 は 行 わない 問 3 一 時 帰 休 期 間 中 に 休 業 手 当 等 の 支 給 割 合 が 変 更 した 場 合 は 随 時 改 定 の 対 象 となるのか ( 答 ) 随 時 改 定 の 対 象 となる 問 4 一 時 帰 休 期 間 中 に 休 業 日 数 が 変 更 となった 場 合 は 随 時 改 定 の 対 象 となる のか ( 答 ) 単 に 休 業 の 日 数 が 変 更 となった 場 合 は 随 時 改 定 の 対 象 とならない 問 5 一 時 帰 休 の 状 況 が 解 消 したとき とは どのような 状 態 をいうのか ま た どのような 場 合 に 随 時 改 定 の 対 象 となるのか ( 答 ) 一 時 帰 休 の 状 況 が 解 消 したとき とは 固 定 的 賃 金 が 減 額 されず その 後 も 低 額 な 休 業 手 当 等 が 支 払 われる 見 込 みがない 状 態 をいう また 低 額 な 休 業 手 当 等 が 支 払 われないことが 明 確 でなくても 現 実 に 固 定 的 賃 金 が 減 額 されない 状 況 が 継 続 して3か 月 を 超 え 2 等 級 以 上 の 差 を 生 じた 場 合 は 一 時 帰 休 が 解 消 したものとして 随 時 改 定 の 対 象 とする 問 6 一 時 帰 休 の 状 況 が 継 続 している 間 に 固 定 的 賃 金 が 変 動 した 場 合 は 随 時 改 定 の 対 象 となるか ( 答 ) 随 時 改 定 は 固 定 的 賃 金 の 変 動 が 報 酬 に 反 映 された 月 を 起 算 月 として 扱 うこ ととしているが 一 時 帰 休 に 伴 う 休 業 手 当 等 が 支 払 われた 月 に 固 定 的 賃 金 が 変 動 した 場 合 その 固 定 的 賃 金 の 変 動 が 正 確 に 報 酬 月 額 に 反 映 されないため 一 時 帰

13 休 に 伴 う 休 業 手 当 等 が 支 払 われなくなった 月 から 起 算 して3か 月 の 報 酬 を 平 均 することによって 随 時 改 定 を 行 う 問 7 通 常 の 給 与 で 標 準 報 酬 月 額 の 決 定 又 は 改 定 が 行 われている 者 について 固 定 的 賃 金 の 変 動 があった 月 の 翌 月 に 一 時 帰 休 による 休 業 手 当 等 が 支 払 われた 場 合 随 時 改 定 の 対 象 となるか ( 答 ) 随 時 改 定 は 固 定 的 賃 金 の 変 動 が 報 酬 に 反 映 された 月 を 起 算 として それ 以 後 継 続 した3か 月 間 (いずれの 月 も 支 払 基 礎 日 数 が17 日 以 上 )に 受 けた 報 酬 を 計 算 の 基 礎 とすることから 随 時 改 定 の 算 定 対 象 月 内 に 休 業 手 当 等 を 受 けること となった 場 合 であっても 随 時 改 定 の 対 象 とする

Microsoft Word - 8-2疑義照会回答(厚生年金保険 適用)決裁・更新用  修正板

Microsoft Word - 8-2疑義照会回答(厚生年金保険 適用)決裁・更新用  修正板 疑 義 照 会 ( ) その 他 3 保 険 任 意 単 独 被 保 険 者 資 格 取 得 日 に 保 険 任 意 単 独 被 保 険 者 の 資 格 取 得 日 に 申 請 日 の 受 理 日 より 以 前 の 日 に 遡 及 することの 可 否 をご 教 示 願 います 保 険 任 意 単 独 被 保 険 者 の 資 格 取 得 日 には 厚 生 年 金 保 険 法 第 10 条 第 1 項

More information

Microsoft Word - 05_roumuhisaisoku

Microsoft Word - 05_roumuhisaisoku 医 療 介 護 ロボット 未 来 戦 略 事 業 における 労 務 費 の 計 算 に 係 る 実 施 細 則 ( 健 保 等 級 ルール) 平 成 26 年 9 月 公 益 財 団 法 人 鳥 取 県 産 業 振 興 機 構 平 成 26 年 9 月 以 降 に 実 施 される 医 療 介 護 ロボット 未 来 戦 略 事 業 ( 以 下 本 事 業 と いう )に 係 る 労 務 費 の 算 出

More information

る 等 級 単 価 を 使 用 する ア. 健 康 保 険 料 を 徴 収 する 事 業 者 との 雇 用 関 係 に 基 づき 当 該 補 助 事 業 に 従 事 す る 者 ただし 役 員 及 び 日 額 または 時 給 での 雇 用 契 約 者 については 健 保 等 級 適 用 者 以 外

る 等 級 単 価 を 使 用 する ア. 健 康 保 険 料 を 徴 収 する 事 業 者 との 雇 用 関 係 に 基 づき 当 該 補 助 事 業 に 従 事 す る 者 ただし 役 員 及 び 日 額 または 時 給 での 雇 用 契 約 者 については 健 保 等 級 適 用 者 以 外 人 件 費 積 算 時 における 健 保 等 級 単 価 計 算 について 平 成 26 年 度 ふるさと 名 物 応 援 事 業 補 助 金 (ふるさと 名 物 普 及 事 業 )に 係 る 補 助 事 業 者 の 人 件 費 について 健 保 等 級 単 価 計 算 により 算 出 する 場 合 は 以 下 のとおり 運 用 する こととする 1. 健 保 等 級 による 積 算 における 原

More information

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 給 与 規 程 ( 平 26 規 程 第 75 号 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 海 洋 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 とい う )の 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 以 下 就

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 適用)270115 ①新規(厚年2件取込済)

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 適用)270115 ①新規(厚年2件取込済) 疑 義 照 会 ( 厚 生 年 金 保 険 適 用 ) 1. 新 規 適 用 届 P1 1~6 2. 適 用 事 業 所 全 喪 届 P4 1~2 3. 被 保 険 者 資 格 取 得 届 P7 1~28 4. 被 保 険 者 資 格 喪 失 届 P19 1 5. 被 保 険 者 所 属 選 択 二 以 上 事 業 所 勤 務 届 P20 1~6 6. 資 格 取 得 資 格 喪 失 等 確 認 請

More information

にとってその 相 手 方 となる 職 員 は 利 害 関 係 者 となるのか 基 本 的 に 省 庁 内 部 の 職 員 同 士 は 利 害 関 係 者 にはならないものとして 取 り 扱 うこと としている 問 8 許 認 可 等 不 利 益 処 分 行 政 指 導 については 行 政 手 続 法

にとってその 相 手 方 となる 職 員 は 利 害 関 係 者 となるのか 基 本 的 に 省 庁 内 部 の 職 員 同 士 は 利 害 関 係 者 にはならないものとして 取 り 扱 うこと としている 問 8 許 認 可 等 不 利 益 処 分 行 政 指 導 については 行 政 手 続 法 国 家 公 務 員 倫 理 規 程 質 疑 応 集 利 害 関 係 者 の 定 義 利 害 関 係 者 全 般 問 1 倫 理 法 及 び 倫 理 規 程 の 事 業 者 等 には 地 方 公 共 団 体 は 含 まれるのか 地 方 公 共 団 体 の 首 長 議 会 議 員 はどうか 地 方 公 共 団 体 は 事 業 者 等 に 含 まれる 地 方 公 共 団 体 の 首 長 議 会 議 員 は

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

賃 金 報 酬 給 与 とは ( 労 働 基 準 法 の 賃 金 ) ( 労 働 基 準 法 この 法 律 ) で 賃 金 とは 賃 金 給 料 手 当 賞 与 その 他 名 称 の 如 何 を 問 わず 労 働 の 対 償 として 使 用 者 が 労 働 者 に 支 払 うすべてのものをいう (

賃 金 報 酬 給 与 とは ( 労 働 基 準 法 の 賃 金 ) ( 労 働 基 準 法 この 法 律 ) で 賃 金 とは 賃 金 給 料 手 当 賞 与 その 他 名 称 の 如 何 を 問 わず 労 働 の 対 償 として 使 用 者 が 労 働 者 に 支 払 うすべてのものをいう ( 給 与 税 金 社 会 保 険 の 知 識 給 与 明 細 を 解 読 してみよう ( 給 与 明 細 のイメージ) 平 成 26 年 8 月 分 給 与 明 細 書 株 式 会 社 氏 名 様 支 給 日 平 成 26 年 9 月 23 日 支 給 控 除 差 引 支 給 額 190,589 基 本 給 ( 月 給 ) 200,000 雇 用 保 険 料 1,149 健 康 保 険 料 11,964

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 要 綱 13 福 高 施 第 965 号 平 成 14 年 1 月 22 日 15 福 高 施 第 925 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 93 号 平 成 16 年 10 月 21 日 16 福 保 高 施 第 579 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 第 1008

More information

個人の税金 Q&A

個人の税金 Q&A 1 所 得 税 の 最 高 税 率 の 引 き 上 げ 2 給 与 所 得 控 除 に 設 けられた 上 限 3 NISA の 特 例 を 有 効 活 用 する 4 不 動 産 業 に 対 する 消 費 税 の 課 税 5 住 宅 ローン 控 除 の 改 正 6 直 系 尊 属 からの 贈 与 の 税 率 改 正 7 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 改 正 8 相 続 税 の 基 礎 控 除

More information

施 設 事 業 No. 幼 保 認 家 小 事 居 事 項 質 問 頁 15 基 本 部 分 16 基 本 部 分 調 整 部 分 ( 定 員 を 恒 常 的 に 超 過 する 場 合 ) 基 本 分 単 価 に 含 まれる 教 員 のうち1 人 は 主 幹 教 諭 として 費 用 を 定 されてい

施 設 事 業 No. 幼 保 認 家 小 事 居 事 項 質 問 頁 15 基 本 部 分 16 基 本 部 分 調 整 部 分 ( 定 員 を 恒 常 的 に 超 過 する 場 合 ) 基 本 分 単 価 に 含 まれる 教 員 のうち1 人 は 主 幹 教 諭 として 費 用 を 定 されてい 公 定 価 格 に 関 す る F A Q ( よ く あ る 質 問 ) Ver.9( 平 成 27 年 6 月 17 日 時 点 版 ) このFAQは 仮 単 価 を 基 に 年 間 の 運 営 費 額 を 定 する 際 の 参 考 となるよう 現 行 の 幼 稚 園 保 育 所 等 における 取 り 扱 いを 基 に 作 成 したもので あり 今 後 詳 細 を 検 討 していく 過 程 で

More information

Microsoft Word - 税_0110.doc

Microsoft Word - 税_0110.doc 第 3 市 民 税 Ⅰ 概 要 1 個 人 市 民 税 (1) 個 人 市 民 税 の 概 要 1 月 1 日 現 在 区 内 に 住 所 を 有 する 住 民 が その 地 方 公 共 団 体 に 納 税 する 税 金 であ る 市 民 税 は 県 民 税 とあわせて 住 民 税 と 呼 ばれている 住 民 税 は 市 や 県 の 仕 事 を 行 うために 必 要 な 費 用 を 住 民 が その

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 平 成 26 年 度 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 集 団 指 導 資 料 熊 本 市 障 がい 保 健 福 祉 課 目 次 Ⅰ 指 導 監 査 について 1~ 5 Ⅱ 平 成 26 年 度 指 導 監 査 方 針 6~13 Ⅲ 過 去 の 実 地 指 導 の 結 果 14~36 Ⅳ 請 求 関 係 について 37~43 Ⅴ その 他 44~49 Ⅰ 指 導 監 査 について 1

More information

<3234313132328179939D8D8794C5817A82708195826091E682509265816091E6825492652E786C7378>

<3234313132328179939D8D8794C5817A82708195826091E682509265816091E6825492652E786C7378> 東 日 本 大 震 災 復 興 特 別 区 域 法 のQ&A 目 次 計 画 作 成 手 続 き () 協 議 会 ア 国 と 地 方 の 協 議 会 P イ 地 域 協 議 会 P () 国 の 柔 軟 な 対 応 地 方 の 負 担 軽 減 (3)その 他 P P 計 画 作 成 に 対 する 国 の 支 援 P 3 計 画 記 載 事 項 () 復 興 産 業 集 積 区 域 () 税 制 上

More information

施設支援費報酬告示関係Q&A VOL 3

施設支援費報酬告示関係Q&A VOL 3 平 成 21 年 度 障 害 福 祉 サービス 報 酬 改 定 に 係 るQ&A(VOL.2) 1 共 通 事 項 1 2 訪 問 系 サービス 共 通 3 3 日 中 活 動 系 サービス 共 通 5 4 生 活 介 護 7 5 児 童 デイサービス 8 6 自 立 訓 練 ( 機 能 訓 練 ) 8 7 自 立 訓 練 ( 生 活 訓 練 ) 9 8 就 労 移 行 支 援 10 9 就 労 継

More information

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 3 条 ) 第 2 章 共 済 契 約 ( 第 4 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 運 営 委 員 会 ( 第 11 条 ~ 第 13 条 ) 第 4 章 運 営 資 金 及 び 会 計 ( 第 14 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 掛

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホーム(A 型 及 びB 型 ) 運 営 費 補 助 要 綱 14 福 高 施 第 8 号 平 成 14 年 4 月 19 日 15 福 高 施 第 924 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 578 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 1007 号 平 成 1 8 年 3 月 3 日 17 福 保 高 施 第 1141 号 平

More information

Microsoft Word - 給与規程( )_本則.doc

Microsoft Word - 給与規程( )_本則.doc 18 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 給 与 規 程 27.4.24 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 勤 務

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

- 目 次 - ページ Q1: 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 とはどのような 制 度 でしょうか 3 Q2: 新 たに 従 業 員 を 採 用 したときは どのような 手 続 きが 必 要 でしょうか 5 Q3: 従 業 員 が 退 職 したとき 等 は どのような 手 続 きが 必 要 でしょうか 8 Q4: 扶 養 家 族 を 被 扶 養 者 とするときや 被 扶 養 者 に 異 動

More information

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額 国 民 年 金 法 目 次 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者 1 1 目 的 2 2 管 掌 等 2 3 権 限 の 委 任 等 3 4 用 語 の 定 義 4 5 被 保 険 者 7 6 資 格 の 取 得 12 7 資 格 の 喪 失 14 8 被 保 険 者 期 間 の 計 算 と 種 別 の 変 更 16 9 国 民 年 金 原 簿 等 18 第 2 章 費 用 21 1 国 庫

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め 民 法 ( 相 続 関 係 ) 部 会 資 料 8 遺 留 分 制 度 の 見 直 し 第 1 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 法 的 性 質 についての 見 直 し 甲 案 1 遺 留 分 を 侵 害 された 者 は, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 に 対 し, 相 当 の 期 間 を 定 めて, 遺 留 分 侵 害 額 に 相 当 する 金 銭 の 支 払 を 求 めることができる( 注

More information

H28記入説明書(納付金・調整金)8

H28記入説明書(納付金・調整金)8 1 常 用 雇 用 労 働 者 の 総 数 の 把 握 ( STEP1 ) (1) 常 用 雇 用 労 働 者 とは 障 害 者 雇 用 納 付 金 制 度 における 常 用 雇 用 労 働 者 とは あなたの 企 業 で の 形 式 の 如 何 を 問 わず 1 雇 用 ( 契 約 ) の 定 めがなく 雇 用 されている 労 働 者 及 び 一 定 の 雇 用 ( 契 約 ) を 定 めて 雇

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 18 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 19 退 職 時 の 労 務 管 理... 20 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 退 職 後 の 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書..

健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 18 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 19 退 職 時 の 労 務 管 理... 20 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 退 職 後 の 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書.. 社 会 保 険 労 働 保 険 労 務 管 理 主 要 手 続 一 覧 (2012.4 現 在 ) 1. 社 会 保 険 の 基 本... 4 関 係 諸 機 関 の 連 絡 先... 4 各 種 手 続 きの 確 認... 5 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 新 規 適 用 届... 7 労 働 保 険 保 険 関 係 成 立 届 雇 用 保 険 適 用 事 業 所 設 置 届... 8

More information

(問)被用者保険の被扶養者に対する2年間の経過措置になる軽減額は、他の被保険者の保険料で補填すると考えてよいのか

(問)被用者保険の被扶養者に対する2年間の経過措置になる軽減額は、他の被保険者の保険料で補填すると考えてよいのか 賃 金 改 善 の 方 法 等 について ( 問 1) 厚 生 労 働 省 の 説 明 資 料 や 報 道 等 において 15,000 円 という 金 額 が 出 てきているが 15,000 円 を 上 回 る 賃 金 改 善 計 画 を 策 定 しなければ 本 助 成 金 による 助 成 を 受 けられないのか また 実 際 の 賃 金 改 善 額 が 賃 金 改 善 計 画 における 改 善 見

More information

260327以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls

260327以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls 疑 義 照 会 ( ) 1. 新 規 届 P1 1~5 2. 事 業 所 全 喪 届 P3 1 3. 被 保 険 者 資 格 取 得 届 P4 1~21 4. 被 保 険 者 資 格 喪 失 届 P15 1 5. 被 保 険 者 所 属 選 択 二 以 上 事 業 所 勤 務 届 P16 1~4 6. 資 格 取 得 資 格 喪 失 等 確 認 請 求 書 P18 1 7. 被 保 険 者 資 格

More information

59501-59800 育児休業給付【25.12】

59501-59800 育児休業給付【25.12】 業 務 取 扱 要 領 59501-59800 雇 用 継 続 給 付 関 係 ( 育 児 休 業 給 付 ) 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 保 険 課 目 次 59501- 第 1 制 度 の 概 要 等 1 59520 59501-1 制 度 の 概 要 1 59510 59501 (1) 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 1 59502 (2) 給 付 の 種 類

More information

( 月 額 で 支 給 されるもの) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 ( 1 2) 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 等 1 傷 病 手 当 金 出 産 手 当 金 又 は 休 業 手 当 金 ( 以 下 傷 病 手 当 金 等 という ) と 報 酬 との 調 整 につい

( 月 額 で 支 給 されるもの) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 ( 1 2) 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 等 1 傷 病 手 当 金 出 産 手 当 金 又 は 休 業 手 当 金 ( 以 下 傷 病 手 当 金 等 という ) と 報 酬 との 調 整 につい 1 休 業 給 付 と 報 酬 との 調 整 (1) 調 整 方 法 の 変 更 点 標 準 報 酬 制 導 入 前 は 傷 病 手 当 金 出 産 手 当 金 休 業 手 当 金 育 児 休 業 手 当 金 又 は 介 護 休 業 手 当 金 の 支 給 期 間 に 係 る 給 料 の 全 部 又 は 一 部 を 受 ける 場 合 には その 受 ける 金 額 の 限 度 で 調 整 を 行 う

More information

1. 算 定 基 礎 届 の 提 出 について ⑴ 提 出 期 間 等 提 出 期 間 : 7 月 1 日 から 7 月 10 日 まで 提 出 方 法 : 郵 送 または 管 轄 の 年 金 事 務 所 へ 持 参 ( 郵 送 での 提 出 にご 協 力 をお 願 いします) 照 会 先 : 管

1. 算 定 基 礎 届 の 提 出 について ⑴ 提 出 期 間 等 提 出 期 間 : 7 月 1 日 から 7 月 10 日 まで 提 出 方 法 : 郵 送 または 管 轄 の 年 金 事 務 所 へ 持 参 ( 郵 送 での 提 出 にご 協 力 をお 願 いします) 照 会 先 : 管 算 定 基 礎 届 の 記 入 提 出 ガイドブック 平 成 26 年 度 1. 算 定 基 礎 届 の 提 出 について ⑴ 提 出 期 間 等 提 出 期 間 : 7 月 1 日 から 7 月 10 日 まで 提 出 方 法 : 郵 送 または 管 轄 の 年 金 事 務 所 へ 持 参 ( 郵 送 での 提 出 にご 協 力 をお 願 いします) 照 会 先 : 管 轄 の 年 金 事 務 所

More information

Ⅱ 1. 厚 生 年 金 保 険 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 厚 生 年 金 保 険 が 適 用 されている 事 業 所 をいう すなわち 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 第 1 項 第 1 号 に 掲 げられている 事 業 の 事 業 所 であって 常 時 5 人 以 上 の 従 業 員 を 使 用 する 事 業 所 又 は 船 舶 及 び 国

More information

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477>

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 7 号 最 近 改 正 平 成 28 年 2 月 16 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 3 条 ) 第 2 章 基 本 給 第 1 節 通 則 ( 第 4 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 初 任 給 ( 第 11 条 第

More information

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい 総 行 公 第 59 号 平 成 26 年 7 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 ( 人 事 担 当 課 市 町 村 担 当 課 区 政 課 扱 い) 各 指 定 都 市 市 長 ( 人 事 担 当 課 扱 い) 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 現 在

More information

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続 (7) 就 業 規 則 の 必 要 記 載 事 項 必 ず 記 載 しなければならない 事 項 ( 労 基 法 89 条 1 号 ~3 号 ) 1 始 業 終 業 時 刻 休 憩 時 間 休 日 休 暇 交 替 制 勤 務 をさせる 場 合 は 就 業 時 転 換 に 関 する 事 項 2 賃 金 の 決 定 計 算 及 び 支 払 の 方 法 賃 金 の 締 切 り 及 び 支 払 の 時 期 並

More information

賃 金 改 善 の 方 法 等 について ( 問 1) 厚 生 労 働 省 の 説 明 資 料 や 報 道 等 において 15,000 円 という 金 額 が 出 てきているが 15,000 円 を 上 回 る 賃 金 改 善 計 画 を 策 定 しなければ 本 交 付 金 による 助 成 を 受

賃 金 改 善 の 方 法 等 について ( 問 1) 厚 生 労 働 省 の 説 明 資 料 や 報 道 等 において 15,000 円 という 金 額 が 出 てきているが 15,000 円 を 上 回 る 賃 金 改 善 計 画 を 策 定 しなければ 本 交 付 金 による 助 成 を 受 4 Q & A 賃 金 改 善 の 方 法 等 について ( 問 1) 厚 生 労 働 省 の 説 明 資 料 や 報 道 等 において 15,000 円 という 金 額 が 出 てきているが 15,000 円 を 上 回 る 賃 金 改 善 計 画 を 策 定 しなければ 本 交 付 金 による 助 成 を 受 けられないのか また 実 際 の 賃 金 改 善 額 が 賃 金 改 善 計 画 における

More information

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 73 号 ) 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 10 規 程 第 74 号 改 正 平 成 25 年 2 月 19 日 12 規 程 第 44 号 改 正 平 成 26 年 6 月 3 日 14 規 程 第 01 号 改 正

More information

平成21年9月29日

平成21年9月29日 新 潟 県 介 護 職 員 処 遇 改 善 補 助 金 Q&A 平 成 22 年 4 月 新 潟 県 高 齢 福 祉 保 健 課 ( 問 1) 国 の 介 護 職 員 処 遇 改 善 交 付 金 事 業 実 施 要 領 では 交 付 金 とされているが 新 潟 県 介 護 職 員 処 遇 改 善 補 助 金 では 補 助 金 と 名 称 が 異 なる 理 由 はなにか また 承 認 申 請 書 等

More information

○○省共済組合貸付事業運営規則運用方針(案)

○○省共済組合貸付事業運営規則運用方針(案) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 貸 付 規 程 運 用 方 針 第 1 条 関 係 貸 付 けの 対 象 となる 組 合 員 は 定 款 第 13 条 第 1 号 及 び 第 3 号 に 掲 げる 者 とする 第 6 条 関 係 1 第 一 号 ロ( 物 資 貸 付 ) 第 二 号 ( 特 別 貸 付 ) 第 三 号 ( 住 宅 貸 付 ) 及 び 第 四 号 ( 特 別 住 宅 貸 付 )の

More information

行 政 解 釈 上 特 定 商 取 引 法 の 通 信 販 売 における 事 業 者 について 経 産 省 は 販 売 業 者 または 役 務 提 供 事 業 者 とは 販 売 または 役 務 の 提 供 を 業 として 営 む 者 の 意 味 で あり 業 として 営 む とは 営 利 の 意 思

行 政 解 釈 上 特 定 商 取 引 法 の 通 信 販 売 における 事 業 者 について 経 産 省 は 販 売 業 者 または 役 務 提 供 事 業 者 とは 販 売 または 役 務 の 提 供 を 業 として 営 む 者 の 意 味 で あり 業 として 営 む とは 営 利 の 意 思 第 4 章 電 子 商 取 引 (10 月 10 日 ) 1 授 業 のねらい 電 子 商 取 引 において 事 業 者 がどのような 事 柄 について 情 報 提 供 を 行 うべきであるか について 理 解 する 電 子 商 取 引 には どのような 法 令 が 適 用 されるのか? 事 業 者 はどの 範 囲 のものをさすのか ネットオークションで 私 人 が 出 品 する 場 合 はどう か?

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

補償重複の対応に関するガイドライン(案)

補償重複の対応に関するガイドライン(案) 補 償 重 複 の 対 応 に 関 するガイドライン 一 般 社 団 法 人 日 本 損 害 保 険 協 会 1. 本 ガイドラインの 目 的 保 険 募 集 にあたって 保 険 会 社 は 法 令 等 により 保 険 契 約 締 結 の 判 断 に 際 して 必 要 とな る 情 報 を 顧 客 に 提 供 するとともに 顧 客 が 申 し 込 もうとする 契 約 の 内 容 が 自 らのニーズに

More information

7-25給与規則160303

7-25給与規則160303 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 教 職 員 給 与 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 1 1 3 号 ( 目 的 ) 改 正 平 成 17. 3.28 16 規 則 220 平 成 17.11. 1 17 規 則 16 平 成 17.12. 1 17 規 則 22 平 成 18. 4. 1 18 規 則 4 平 成 19. 4. 1 19 規 則 9 平 成 19. 5.17

More information

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事 独 立 行 政 法 人 年 金 健 康 保 険 福 祉 施 設 整 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 17 年 10 月 1 日 1 7 規 程 第 6 号 改 正 平 成 18 年 3 月 29 日 18 規 程 第 4 号 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 19 規 程 第 2 号 改 正 平 成 19 年 8 月 29 日 19 規 程 第 6 号 改 正 平 成 19 年

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

< 現 在 の 我 が 国 D&O 保 険 の 基 本 的 な 設 計 (イメージ)> < 一 般 的 な 補 償 の 範 囲 の 概 要 > 請 求 の 形 態 会 社 の 役 員 会 社 による 請 求 に 対 する 損 免 責 事 由 の 場 合 に 害 賠 償 請 求 は 補 償 されず(

< 現 在 の 我 が 国 D&O 保 険 の 基 本 的 な 設 計 (イメージ)> < 一 般 的 な 補 償 の 範 囲 の 概 要 > 請 求 の 形 態 会 社 の 役 員 会 社 による 請 求 に 対 する 損 免 責 事 由 の 場 合 に 害 賠 償 請 求 は 補 償 されず( 別 紙 2 会 社 役 員 賠 償 責 任 保 険 (D&O 保 険 )の 実 務 上 の 検 討 ポイント 第 1 会 社 役 員 賠 償 責 任 保 険 (D&O 保 険 )の 概 要 会 社 役 員 賠 償 責 任 保 険 ( 以 下 D&O 保 険 ) とは 保 険 契 約 者 である 会 社 と 保 険 者 である 保 険 会 社 の 契 約 により 被 保 険 者 とされている 役 員

More information

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 規 程 第 17 号 改 正 平 成 20 年 3 月 26 日 規 程 第 80 号 改 正 平 成 20 年 12 月 10 日 規 程 第 99 号 改 正 平 成 23 年 3 月 31 日 規 程 第 164 号 改 正 平 成 25 年 3 月 27

More information

27-042職員退職手当規程270401

27-042職員退職手当規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 10 月 1 日 18 規 程 第 39 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 42 号 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則

More information

国立大学法人福島大学職員給与規程

国立大学法人福島大学職員給与規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 給 与 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 17 年 6 月 6 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 18 年 6 月 5 日 平 成 18 年 10 月 16 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 19 年 12 月 7 日 平 成

More information

H27 資料2

H27 資料2 指 導 監 査 における 主 な 指 導 事 項 について 資 料 2 ~ 目 次 ~ Ⅰ 実 地 指 導 における 主 な 指 摘 事 項 の 内 訳 ( 平 成 26 度 ) Ⅱ 運 営 に 関 する 事 項 1 運 営 規 程 及 び 重 要 事 項 説 明 書 2 各 種 規 則 や 規 程 3 衛 生 管 理 等 4 虐 待 苦 情 事 故 5 非 常 災 害 対 策 6 個 別 支 援

More information

障害基礎年金受給権が生じた場合の納付済保険料の取扱いの見直し

障害基礎年金受給権が生じた場合の納付済保険料の取扱いの見直し (1) 障 害 基 礎 年 金 受 給 権 が 生 じた 場 合 の 納 付 済 保 険 料 の 取 扱 い の 見 直 し( 新 規 案 件 ) 1 相 談 内 容 私 の 娘 は 20 年 以 上 前 から 精 神 疾 患 があり 平 成 25 年 に 主 治 医 を 替 え たところ 当 該 医 師 から 病 状 から 判 断 して 障 害 年 金 を 受 給 できるので はないか 一 度 障

More information

スター報酬規定

スター報酬規定 第 1 章 総 則 スター 綜 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 程 平 成 27 年 1 月 1 日 施 行 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 当 事 務 所 所 属 の 弁 護 士 が,その 職 務 に 関 して 受 ける 弁 護 士 の 受 託 業 務 の 対 価 等 に 関 する 基 準 を 示 すことを 目 的 とする ( 個 別 契 約 による 修 正 ) 第

More information

5 満 60 歳 以 上 の 祖 父 母 二 親 等 の 直 系 血 族 である 実 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 又 は 養 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 をいう 6 満 22 歳 に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 31 日 までの 間 にある 弟

5 満 60 歳 以 上 の 祖 父 母 二 親 等 の 直 系 血 族 である 実 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 又 は 養 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 をいう 6 満 22 歳 に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 31 日 までの 間 にある 弟 扶 養 親 族 認 定 事 務 の 取 扱 いについて 昭 和 61 年 6 月 30 日 埼 例 規 第 27 号 務 警 察 本 部 長 扶 養 親 族 認 定 事 務 の 取 扱 いについて( 例 規 通 達 ) 扶 養 手 当 の 認 定 等 については 職 員 の 給 与 に 関 する 条 例 ( 昭 和 27 年 埼 玉 県 条 例 第 19 号 以 下 条 例 という ) 扶 養 手

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

2 特 殊 勤 務 手 当 時 間 外 勤 務 手 当 及 び 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 は 毎 月 17 日 に その 前 月 の 月 額 の 全 額 を 支 給 する 3 第 12 条 に 規 定 する 日 割 計 算 による 給 与 の 支 給 日 は 給 与 支 給 細 則 で

2 特 殊 勤 務 手 当 時 間 外 勤 務 手 当 及 び 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 は 毎 月 17 日 に その 前 月 の 月 額 の 全 額 を 支 給 する 3 第 12 条 に 規 定 する 日 割 計 算 による 給 与 の 支 給 日 は 給 与 支 給 細 則 で 防 災 科 学 技 術 研 究 所 職 員 給 与 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 14 条 ) 第 2 章 給 与 第 1 節 俸 給 ( 第 15 条 - 第 21 条 ) 第 2 節 諸 手 当 ( 第 22 条 - 第 37 条 ) 第 3 章 給 与 の 特 例 ( 第 38 条 - 第 42 条 ) 附 則 ( 平 成 13 年 4 月 1 日 13 規 程

More information

京都市職員共済組合被扶養者認定基準

京都市職員共済組合被扶養者認定基準 京 都 市 職 員 共 済 組 合 被 扶 養 者 認 定 基 準 平 成 22 年 12 月 1 日 最 近 改 正 平 成 26 年 3 月 5 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は, 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 ( 昭 和 37 年 法 律 第 152 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 2 号, 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 施 行 令 ( 昭 和

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 の 実 際 の 報 酬 と 標 準 との 間 に 大 きな 差 が 生 じないように 7 月 1 日 現 在 で 使 用 している 全 ての 被 保 険 者 に4~6 月 に 支 払 った 賃 金 を 事 業 主 の 方 から 算

健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 の 実 際 の 報 酬 と 標 準 との 間 に 大 きな 差 が 生 じないように 7 月 1 日 現 在 で 使 用 している 全 ての 被 保 険 者 に4~6 月 に 支 払 った 賃 金 を 事 業 主 の 方 から 算 算 定 基 礎 届 の 記 入 提 出 ガイドブック 平 成 25 年 度 健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 の 実 際 の 報 酬 と 標 準 との 間 に 大 きな 差 が 生 じないように 7 月 1 日 現 在 で 使 用 している 全 ての 被 保 険 者 に4~6 月 に 支 払 った 賃 金 を 事 業 主 の 方 から 算 定 基 礎 届 によって

More information

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls 疑 義 照 会 ( ) 1. 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 P1 1~2 2. P3 1~7 3. 納 付 猶 予 取 消 申 請 書 P7 1 4. 学 生 納 付 特 例 申 請 書 P8 1~2 5. 還 付 請 求 書 P9 1~2 疑 義 照 会 ( ) ( 案 件 ) 名 称 条 文 ) ( 内 容 ) 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 1 生 活 保 護 による 法 定 免 除

More information

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 最 終 改 正 平 成 28 年 3 月 30 日 規 則 第 156 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 73 条 の 規 定

More information

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業 平 成 28 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 案 ) 速 報 ( 平 成 27 年 12 月 10 日 現 在 ) 0 1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 1-1 23.9% 平 成 28 年 4 月 1 日 以

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303131F7DCF2C5D0E5DCF5F0A4D3F8E9A9E5B3>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303131F7DCF2C5D0E5DCF5F0A4D3F8E9A9E5B3> Shinsong Bldg. Rm.902,9Fl. 25-4Yeouido-dong,Yeongdeungpo-gu Seoul,150-010, Korea TEL : +82-2-3215-1300 FAX : +82-2-761-6640 退 職 給 付 制 度 (1) 勤 労 者 退 職 給 付 保 障 法 の 制 定 施 行 韓 国 政 府 は 2005 年 1 月 27 日 付 で 従

More information

はじめに 労 働 事 件 特 に 解 雇 退 職 の 場 合 事 件 解 決 過 程 で 社 会 保 険 労 働 保 険 の 扱 いが 問 題 となることがあります 例 えば 解 雇 が 無 効 となった 場 合 に 一 度 喪 失 した 厚 生 年 金 保 険 や 健 康 保 険 の 資 格 はど

はじめに 労 働 事 件 特 に 解 雇 退 職 の 場 合 事 件 解 決 過 程 で 社 会 保 険 労 働 保 険 の 扱 いが 問 題 となることがあります 例 えば 解 雇 が 無 効 となった 場 合 に 一 度 喪 失 した 厚 生 年 金 保 険 や 健 康 保 険 の 資 格 はど 平 成 24 年 6 月 13 日 東 京 弁 護 士 会 平 成 24 年 度 春 季 労 働 法 専 門 講 座 労 働 事 件 解 決 の 過 程 で 社 会 保 険 労 働 保 険 はどうなるのか 場 所 ; 弁 護 士 会 館 3 階 301 会 議 室 時 間 ;18:00~20:00 講 師 鳥 井 玲 子 ( 特 定 社 会 保 険 労 務 士 ) 1 はじめに 労 働 事 件 特

More information

2 前 項 の 場 合 控 除 すべき 給 料 の1 時 間 あたりの 金 額 の 計 算 は 以 下 のとおりとする (1) 月 給 の 場 合 基 本 給 1か 月 平 均 所 定 労 働 時 間 数 ( ) (365- 年 間 所 定 休 日 日 数 ) 1 日 の 所 定 労 働 時 間 =

2 前 項 の 場 合 控 除 すべき 給 料 の1 時 間 あたりの 金 額 の 計 算 は 以 下 のとおりとする (1) 月 給 の 場 合 基 本 給 1か 月 平 均 所 定 労 働 時 間 数 ( ) (365- 年 間 所 定 休 日 日 数 ) 1 日 の 所 定 労 働 時 間 = 2 給 与 規 程 関 係 この 項 目 では 就 業 規 則 の 給 与 に 関 する 事 項 について 別 に 定 めた 給 与 規 程 として 参 考 例 を 記 載 しています 法 人 会 給 与 規 程 ( 参 考 例 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 就 業 規 則 第 条 の 規 程 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 する 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

主 な 保 険 給 付 病 気 の 給 付 病 気 やケガをして 病 院 にかかった 場 合 医 療 費 の 7 割 の 給 付 が 受 けられます 高 額 医 療 費 1 ヶ 月 にかかった 医 療 費 の 自 己 負 担 額 が 以 下 の 限 度 額 を 超 えた 場 合 は 限 度 額 を

主 な 保 険 給 付 病 気 の 給 付 病 気 やケガをして 病 院 にかかった 場 合 医 療 費 の 7 割 の 給 付 が 受 けられます 高 額 医 療 費 1 ヶ 月 にかかった 医 療 費 の 自 己 負 担 額 が 以 下 の 限 度 額 を 超 えた 場 合 は 限 度 額 を 社 会 保 険 制 度 のご 案 内 加 入 資 格 健 康 保 険 厚 生 年 金 1 週 間 の 所 定 労 働 時 間 が 30 時 間 以 上 ( 雇 用 元 の 一 般 社 員 のおおむね 4 分 の 3 以 上 )で 2 ヶ 月 を 超 える 契 約 期 間 があ る 場 合 加 入 することになります 雇 用 保 険 1 週 間 の 所 定 労 働 時 間 が 20 時 間 以 上 で

More information

<5461726F2D824F8253817C824F82528D9197A791E58A779640906C938C8B9E>

<5461726F2D824F8253817C824F82528D9197A791E58A779640906C938C8B9E> 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 54 号 改 正 平 成 16 年 10 月 1 日 規 則 第 199 号 平 成 17 年 7 月 1 日 規 則 第 48 号 平 成 17 年 11 月 22 日 規 則 第 85 号 平 成 18 年 3 月 28 日 規 則 第 18 号 平 成 19 年 3 月 20

More information

1 現 行 制 度 からの 主 な 変 更 点 (1) 掛 金 負 担 金 等 の 計 算 方 法 の 変 更 ( 本 俸 ベース 標 準 報 酬 制 へ) (2) 料 率 の 一 本 化 ( 現 在 給 料 と 期 末 手 当 等 の 料 率 が 異 なっていたが 同 率 へ) (3) 市 長 特

1 現 行 制 度 からの 主 な 変 更 点 (1) 掛 金 負 担 金 等 の 計 算 方 法 の 変 更 ( 本 俸 ベース 標 準 報 酬 制 へ) (2) 料 率 の 一 本 化 ( 現 在 給 料 と 期 末 手 当 等 の 料 率 が 異 なっていたが 同 率 へ) (3) 市 長 特 標 準 報 酬 制 の 制 度 概 要 平 成 27 年 8 月 福 岡 市 職 員 共 済 組 合 1 現 行 制 度 からの 主 な 変 更 点 (1) 掛 金 負 担 金 等 の 計 算 方 法 の 変 更 ( 本 俸 ベース 標 準 報 酬 制 へ) (2) 料 率 の 一 本 化 ( 現 在 給 料 と 期 末 手 当 等 の 料 率 が 異 なっていたが 同 率 へ) (3) 市 長 特

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ

る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ 第 3 章 定 年 後 の 収 入 と 支 出 1 退 職 手 当 制 度 の 概 要 (1) 算 定 式 及 び 支 給 制 限 等 退 職 手 当 は 職 員 が 退 職 した 場 合 に 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 ( 以 下 退 手 法 といいま す )に 基 づいて 支 給 されます 退 職 手 当 は 次 のように 計 算 されます 退 職 手 当 = 基 本 額 ( 退 職

More information

定   款

定   款 定 款 損 害 保 険 契 約 者 保 護 機 構 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 保 険 契 約 者 保 護 機 構 ( 以 下 本 機 構 という )は 保 険 業 法 ( 平 成 7 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )の 定 めるところにより 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会

More information

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 総 務 省 自 治 税 務 局 平 成 23 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 1 月 17 日 更 新 ) 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

P786 1. 適 用 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 1 回 講 義 資 料 法 人 経 営 強 制 適 用 個 人 経 営 ( 強 制 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 強 制 適 用 5 人 未 満 任 意 適 用 ( 任 意 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 任 意 適 用

P786 1. 適 用 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 1 回 講 義 資 料 法 人 経 営 強 制 適 用 個 人 経 営 ( 強 制 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 強 制 適 用 5 人 未 満 任 意 適 用 ( 任 意 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 任 意 適 用 2015 年 度 厚 生 年 金 保 険 法 ココだけは 絶 対 に 外 せない!! 会 社 員 などお 仕 事 をされていて 勉 強 時 間 が 限 られる 方 はこちらから 優 先 して 勉 強 すると 良 い でしょう 過 去 問 によく 出 題 されている 箇 所 優 先 で 選 びました 優 先 すべき 箇 所 は 太 文 字 表 示 しております 第 1 回 講 義 厚 生 年 金 保

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員の労働時間、休暇等に関する規則(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員の労働時間、休暇等に関する規則(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 の 労 働 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 3 号 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という

More information

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個 別 紙 新 旧 対 照 表 改 正 後 改 正 前 ( 注 )アンダーラインを 付 した 部 分 は 改 正 部 分 である 目 次 目 次 第 1 編 総 則 第 1 編 総 則 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第

More information

部 分 解 除 について Q 平 成 18 年 4 月 1 日 以 降 の 加 入 者 を 解 除 したいのですが どのような 手 続 きをとればよいので しょうか? A 約 款 様 式 第 13 号 の2 退 職 手 当 共 済 契 約 部 分 解 除 通 知 書 を 提 出 してください その

部 分 解 除 について Q 平 成 18 年 4 月 1 日 以 降 の 加 入 者 を 解 除 したいのですが どのような 手 続 きをとればよいので しょうか? A 約 款 様 式 第 13 号 の2 退 職 手 当 共 済 契 約 部 分 解 除 通 知 書 を 提 出 してください その Ⅶ.よくある 質 問 集 被 共 済 職 員 の 加 入 要 件 について Q 当 法 人 では 正 規 職 員 のみを 共 済 制 度 に 加 入 させることとしているが それで 良 いでしょうか A 誤 りです 非 正 規 職 員 ( 臨 時 職 員 パート 職 員 等 呼 称 は 様 々かと 思 われます)についても 雇 用 期 間 と 労 働 時 間 から 判 断 し 加 入 要 件 を 満

More information

ある なお, 中 国 政 府 は 増 値 税 と 営 業 税 の 統 合 を 目 指 しており, 一 部 取 引 に 関 して, 営 業 税 から 増 値 税 への 移 行 を 上 海 市 にて 2012 年 に 試 行 開 始 し, 順 次 その 地 域 を 拡 大 している 対 象 企 業 個

ある なお, 中 国 政 府 は 増 値 税 と 営 業 税 の 統 合 を 目 指 しており, 一 部 取 引 に 関 して, 営 業 税 から 増 値 税 への 移 行 を 上 海 市 にて 2012 年 に 試 行 開 始 し, 順 次 その 地 域 を 拡 大 している 対 象 企 業 個 国 際 税 務 研 究 会 国 際 税 務 2012 年 12 月 号 掲 載 中 国 PE 課 税 の 申 告 納 税 実 務 と 対 応 ポイント 税 理 士 法 人 プライスウォーターハウスクーパース 中 国 ビジネスグループ 公 認 会 計 士 税 理 士 簗 瀬 正 人 中 国 では 現 在, 徴 税 強 化 の 一 環 として 外 国 企 業 に 対 する PE(Permanent Establishment;

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 通 所 支 援 等 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き 平 成 24 年 4 月 版 Ver.7 障 害 福 祉 課 利 用 者 負 担 の 概 要 ( 福 祉 型 ) * 障 害 児 施 設 についても 含 む 自 己 負 担 ( 福 グループホーム ケアホーム 注 1 入 所 施 設 (20 歳 以 上 ) 入 所 施 設 (20 歳 未 満 )

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

契約社員・アルバイト規程

契約社員・アルバイト規程 契 約 職 員 アルバイト 規 程 一 般 財 団 法 人 Rubyアソシエーション 平 成 23 年 7 月 27 日 作 成 施 行 平 成 26 年 6 月 12 日 第 2 条 及 び 第 8 条 改 正 第 1 条 ( 目 的 ) 第 1 章 : 総 則 1.この 規 程 は 就 業 規 則 第 2 条 に 規 定 する 契 約 職 員 およびアルバイトの 服 務 と 就 業 条 件 に

More information

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条 職 員 給 与 規 程 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 (この 規 程 の 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015 居 宅 介 護 サービス 事 業 等 の 手 引 き Ⅴ 居 宅 療 養 管 理 指 導 平 成 27 年 6 月 島 根 県 高 齢 者 福 祉 課 平 成 27 年 度 報 酬 改 定 反 映 版 [ 注 意 事 項 ] 介 護 予 防 サービスについては 居 宅 介 護 サービスと 同 趣 旨 の 場 合 記 載 を 省 略 した 事 項 があります 掲 載 した Q&A は 一 部 ですので

More information

Q10 適 用 年 度 の 前 事 業 年 度 末 日 に 雇 用 者 がいない 場 合 には 雇 用 増 加 割 合 が 算 出 できないため 適 用 年 度 において 雇 用 促 進 税 制 の 適 用 を 受 けることはできな いのか Q11 新 設 法 人 や 新 たに 事 業 を 開 始

Q10 適 用 年 度 の 前 事 業 年 度 末 日 に 雇 用 者 がいない 場 合 には 雇 用 増 加 割 合 が 算 出 できないため 適 用 年 度 において 雇 用 促 進 税 制 の 適 用 を 受 けることはできな いのか Q11 新 設 法 人 や 新 たに 事 業 を 開 始 雇 用 促 進 税 制 に 関 する Q&A 雇 用 促 進 税 制 について Q1 雇 用 促 進 税 制 とはどのような 制 度 か ( 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ) Q2 雇 用 促 進 税 制 の 適 用 要 件 を 一 度 でも 満 たした 場 合 には その 後 適 用 年 度 中 であれば 継 続 して 雇 用 促 進 税 制 の 適 用 を 受 けることができるのか

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

長 寿 第 3 0 0 号 平 成 23 年 5 月 11 日 岡 山 県 医 師 会 長 岡 山 県 歯 科 医 師 会 長 岡 山 県 薬 剤 師 会 長 殿 岡 山 県 病 院 協 会 長 岡 山 県 訪 問 看 護 ス テ ー シ ョ ン 連 絡 協 議 会 長 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 対 処 するための 特 別 の 財 政 援

More information

か 行 基 金 代 行 厚 生 年 金 基 金 が 国 に 代 わって 厚 生 年 金 の 事 務 の 一 部 を 行 うこと 基 本 月 額 ( 在 職 老 齢 年 金 ) 給 付 加 給 年 金 経 過 的 加 算 を 除 いた 年 金 月 額 加 算 部 分 を 除 いた 年 金 月 額 支

か 行 基 金 代 行 厚 生 年 金 基 金 が 国 に 代 わって 厚 生 年 金 の 事 務 の 一 部 を 行 うこと 基 本 月 額 ( 在 職 老 齢 年 金 ) 給 付 加 給 年 金 経 過 的 加 算 を 除 いた 年 金 月 額 加 算 部 分 を 除 いた 年 金 月 額 支 わかりやすい 言 葉 置 き 換 え 例 集 見 直 し 例 ( 年 金 の 支 払 い 関 係 ) あ 行 按 分 ( 離 婚 分 割 ) 年 金 額 を 合 意 された 割 合 で 分 けること 移 管 内 払 調 整 永 久 固 定 年 金 記 録 を 加 入 制 度 間 で 移 動 させること 払 いすぎた 額 を 今 後 支 払 う 年 金 額 から 減 額 すること 障 害 の 状 態

More information

Microsoft Word - 180214利用者負担マニュアル.doc

Microsoft Word - 180214利用者負担マニュアル.doc 利 用 者 負 担 について 1. 所 得 区 分 認 定 個 別 減 免 補 足 給 付 の 認 定 方 法 について 2 (1) 負 担 上 限 月 額 を 定 める 際 の 所 得 区 分 の 設 定 について 2 (2) 個 別 減 免 の 収 入 資 産 等 の 認 定 について 7 (3) 補 足 給 付 の 認 定 について 14 2. 生 活 保 護 境 界 層 対 象 者 に 対

More information

平成16年度

平成16年度 平 成 28 年 度 町 県 民 税 申 告 書 の 書 き 方 ( 説 明 ) ご 自 分 で 申 告 書 を 記 入 される 方 はこの 書 き 方 を 参 考 に 申 告 書 に 記 入 のうえ 申 告 会 場 にお 持 ちくだ さい 申 告 期 限 は3 月 5 日 です 説 明 をよくお 読 みになり それぞれ 記 入 のうえ 申 告 相 談 日 においで ください この 申 告 をされないと

More information

1-1-2. 一 覧 表 ( 専 従 者 用 ) YES NOチャート( 専 従 月 額 単 価 用 ) (P.4)を 参 考 にしてください < 直 接 雇 用 者 > 一 覧 表 ( 専 従 者 用 )の 単 価 は 委 託 期 間 中 に 継 続 して 半 年 以 上 当 該 AMED 事 業

1-1-2. 一 覧 表 ( 専 従 者 用 ) YES NOチャート( 専 従 月 額 単 価 用 ) (P.4)を 参 考 にしてください < 直 接 雇 用 者 > 一 覧 表 ( 専 従 者 用 )の 単 価 は 委 託 期 間 中 に 継 続 して 半 年 以 上 当 該 AMED 事 業 について 別 紙 1-1. の 基 本 的 な 考 え 方 人 件 費 は 原 則 として 研 究 員 が 委 託 業 務 に 直 接 従 事 する 時 間 数 に 健 康 保 険 等 級 ( 健 保 等 級 ) 1 に 基 づく 表 の 単 価 を 乗 じて 算 出 します 研 究 員 の 区 分 に 基 づき 以 下 の2 種 類 の 一 覧 表 から を 決 定 してください 健 保 等 級

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

か 行 繰 上 げ/ 繰 上 げ 支 給 の 国 民 年 金 受 取 額 は 少 なくなるが 年 金 を 早 く 受 け 取 ること 早 期 ( 減 額 ) 支 払 い 65 歳 から 受 け 取 る 年 金 を 前 倒 しで 減 額 して 受 ける 年 金 繰 上 げ 請 求 早 期 に 受 け

か 行 繰 上 げ/ 繰 上 げ 支 給 の 国 民 年 金 受 取 額 は 少 なくなるが 年 金 を 早 く 受 け 取 ること 早 期 ( 減 額 ) 支 払 い 65 歳 から 受 け 取 る 年 金 を 前 倒 しで 減 額 して 受 ける 年 金 繰 上 げ 請 求 早 期 に 受 け わかりやすい 言 葉 置 き 換 え 例 集 置 き 換 え 例 ( 年 金 の 支 払 い 関 係 ) あ 行 按 分 ( 離 婚 分 割 ) 年 金 額 を 合 意 された 割 合 で 分 けること 移 管 内 払 調 整 永 久 固 定 年 金 記 録 を 加 入 制 度 間 で 移 動 させること 払 いすぎた 額 を 今 後 支 払 う 年 金 額 から 減 額 すること 障 害 の 状

More information

Q7 従 業 員 に 対 する 現 物 給 付 は 報 酬 給 与 額 に 含 まれます A7 法 人 が 役 員 又 は 使 用 人 のために 給 付 する 金 銭 以 外 の 物 又 は 権 利 その 他 経 済 的 利 益 (いわ ゆる 現 物 給 与 )については 所 得 税 において 給

Q7 従 業 員 に 対 する 現 物 給 付 は 報 酬 給 与 額 に 含 まれます A7 法 人 が 役 員 又 は 使 用 人 のために 給 付 する 金 銭 以 外 の 物 又 は 権 利 その 他 経 済 的 利 益 (いわ ゆる 現 物 給 与 )については 所 得 税 において 給 外 形 標 準 課 税 に 関 するQ&A 平 成 26 年 3 月 福 島 県 1 付 加 価 値 割 総 論 Q1 期 首 では 資 本 金 1 億 5 千 万 円 だったが 減 資 をしたため 期 末 では 資 本 金 9 千 万 円 にな りました 外 形 標 準 課 税 の 対 象 となります A1 外 形 標 準 課 税 の 対 象 となるか 否 かは 各 事 業 年 度 終 了 の 日

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

21401-21700 離職票の交付

21401-21700 離職票の交付 21401-21700 第 10 離 職 票 の 交 付 21401-21450 1 概 要 21401(1) 離 職 票 交 付 の 安 定 所 離 職 票 の 交 付 は 離 職 者 が 離 職 の 際 雇 用 されていた 事 業 所 の 所 在 地 を 管 轄 する 安 定 所 の 長 が 行 う 求 職 者 給 付 を 受 けようとする 者 は この 離 職 票 をその 者 の 住 所 又

More information

< F2D F591DE90458EE893968B4B92F62E6A7464>

< F2D F591DE90458EE893968B4B92F62E6A7464> 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 事 務 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 54 条 及 び 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 教 員 就 業 規 則 ( 以 下 教 員 就 業 規

More information

平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療

平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神

More information

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 課 ( 室 ) 各 市 町 村 介 護 保 険 担 当 課 ( 室 ) 各 介 護 保 険 関 係 団 体 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 費 用 負 担 の 見 直 しに 係 る 事 務 処 理 の 取 扱 いについて 計 29 枚 ( 本 紙 を 除 く) Vol.490

More information