名称未設定-1

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "名称未設定-1"

Transcription

1

2

3 国際交流の JICE 1 ジ ャ イ ス J ICE とは 一般財団法人日本国際協力センター JICE は 国際協力の推進を目的に 1977 年に設立された組織です 国際研修 2 日本と世界の人々をつなぐ 国際 交流 へ の取り組み 1984年以来 JICE は 68,500人の 若手社会人 大学生 中高生を各国 地域から日本に受け入れ また 1,600人以上 の日本の若者を世界へと送り出してきました 2014 年12 月現在 日本または世界の各地で 新たな出会いと感動 驚きや共感 相互理解や自己の再発見につながるたくさんの機会を生み出し 友情と信頼関係を培い これからも世界の 国際交流のJICE 知をつなぐ 世界をつなぐ 未来をつなぐ 人々と共に未来を創っていきます 招へいプログラム 詳細は p.10 派遣プログラム 詳細は p.32 世界各国 地域からの訪日団を受け入れ 日本の若者を世界各国 地域に派遣 日本の全国各地でプログラムを展開します 訪日団は 日本の最先 端技術や文化 自然 産業に触れ また 学校交流やホームステイ 文化体験 意見交換会 地域のイベントを通じて日本と日本人への理 解を深めます 派遣団は 訪問先で各国 地域の社会 経済 文化 習慣 人々の 生活を肌で感じ 多様な価値観に触れます また ODAや日系企業の 活動を視察 日本と各国のつながりを学びます 国際交流 留学生受け入れ支援 多文化共生 プロジェクト支援といった事業を通して日本の技術 知識 経験を世界に伝え 国づくりを担う人材の育成に取り組んできました これまでの知見と国内外のネットワークを活かし これからも世界の人々 と共に学び合い 理解を深めながら 平和で豊かな地球社会の実現に貢献します 組織 概 要 名称 一般財団法人日本国際協力センター JAPAN INTERNATIONAL COOPERATION CENTER JICE 組織規模 基本財産 10 億円 事業規模約 85億円 2014 年度当初計画 青年招へい事業 JENESYS , 外務省 スタッフ 事務職約 200 名 コーディネーター 31言語 1,087 名 日本語指導員 419 名 , 独立行政法人国際協力機構 JICA KAKEHASHI , 国際交流基金 拠 点 JENESYS , 外務省 さくらサイエンスプラン高校生特別プログラム キズナ強化プロジェクト 2013, 外務省 2014, 独立行政法人科学技術振興機構 JST 3 主な事業実績 国内 本部 東京都新宿区 北海道 東北 中部 関西 九州支所 海外 12 ヶ国にプロジェクト事務所 国際交流の実績 招 派 1984 年 2014 年12 月までの招へい 派遣数 交流プログラムでつながった 世界の国 地域と人々 4 5

4 JICE 6 7

5 各 地 の声 9 8

026-037_04特集.indd

026-037_04特集.indd 26 JICE REPORT 26 JICE REPORT 27 JICE REPORT 27 JICE REPORT 28 JICE REPORT 29 JICE REPORT 30 JICE REPORT 31 JICE REPORT 32 JICE REPORT 33 JICE REPORT 34 JICE REPORT 35 JICE REPORT 36 JICE REPORT 37 JICE

More information

日本文化体験 茶道 11 月 3 日 ( 金 ) 歴史的建造物等視察 熊本城 関係者との意見交換会 熊本市国際交流会館震災学習 ホームステイ対面式 菊池市 ホームステイ 11 月 4 日 ( 土 ) ホームステイ 日本文化体験 剣道, 泥染め, 和菓子作り 11 月 5 日 ( 日 ) 地域の人々と

日本文化体験 茶道 11 月 3 日 ( 金 ) 歴史的建造物等視察 熊本城 関係者との意見交換会 熊本市国際交流会館震災学習 ホームステイ対面式 菊池市 ホームステイ 11 月 4 日 ( 土 ) ホームステイ 日本文化体験 剣道, 泥染め, 和菓子作り 11 月 5 日 ( 日 ) 地域の人々と JENESYS2017 招へいプログラム第 7 陣の記録 対象国 : ラオス, ミャンマー テーマ : ( 技術 ) 環境 防災技術交流 1. プログラム概要 対日理解促進交流プログラム JENESYS2017 の一環として, ラオスより高校生, 大学生 14 名, ミャンマーより大学生 35 名が 2017 年 10 月 31 日 ~11 月 7 日の日程で来日し, 環境 防災技術交流 をテーマとしたプログラムに参加しました

More information

JICE REPORT vol.24/

JICE REPORT vol.24/ 2 JICE REPORT vol.24/ 2013.12 JICE REPORT vol.24/ 2013.12 3 4 JICE REPORT vol.24/ 2013.12 JICE REPORT vol.24/ 2013.12 5 6 JICE REPORT vol.24/ 2013.12 JICE REPORT vol.24/ 2013.12 7 8 JICE REPORT vol.24/

More information

<30312D318CA48B868CDA96E2C0926B89EF20C54994C52E706466>

<30312D318CA48B868CDA96E2C0926B89EF20C54994C52E706466> JICE REPORT vol.19/ 2011.7 17 18 JICE REPORT vol.19/ 2011.7 JICE REPORT vol.19/ 2011.7 19 20 JICE REPORT vol.19/ 2011.7 JICE REPORT vol.19/ 2011.7 21 22 JICE REPORT vol.19/ 2011.7 JICE REPORT vol.19/ 2011.7

More information

1 3 4 4 7 7 10 12 12 16 17 18 22 26 28 30 33 34 34 36 38 39 40 43 44 45 46 48 JICE30 1 2 JICE 1 2 特集 3 特集 日本国内の活性化 国際化に 波及する多彩な取り組み 日本国内の活性化 国際化に波及する多彩な取り組み 3 日本で研修員受入事業が開始されてから 半世紀以上が経ちまし た この 間

More information

Ⅱ. プログラム プログラム内容 (1) オリエンテーション (2) 米国の日本国大使館または総領事館表敬訪問 (3) 市内視察 (4) 日本紹介プレゼンテーション及び実演米国での学校交流時 ( その他の場でも発表の機会がある場合があります ) 以下のテーマについて パワーポイントを使ったプレゼンテ

Ⅱ. プログラム プログラム内容 (1) オリエンテーション (2) 米国の日本国大使館または総領事館表敬訪問 (3) 市内視察 (4) 日本紹介プレゼンテーション及び実演米国での学校交流時 ( その他の場でも発表の機会がある場合があります ) 以下のテーマについて パワーポイントを使ったプレゼンテ 2018 年 6 月 4 日 一般財団法人日本国際協力センター 平成 30 年度対日理解促進交流プログラム カケハシ プロジェクト ( 米国 ) 大学生派遣参加者募集要項 Ⅰ. 派遣事業概要 概要対日理解促進交流プログラムは 日本政府 ( 外務省 ) が推進する事業であり 日本とアジア大洋州 北米 欧州 中南米の各国 地域との間で 対外発信力を有し 将来を担う人材を招へい 派遣するものです カケハシ

More information

九州大学学術情報リポジトリ Kyushu University Institutional Repository 九州大学百年史第 7 巻 : 部局史編 Ⅳ 九州大学百年史編集委員会 出版情報 : 九州大学百年史. 7, 2017

九州大学学術情報リポジトリ Kyushu University Institutional Repository 九州大学百年史第 7 巻 : 部局史編 Ⅳ 九州大学百年史編集委員会   出版情報 : 九州大学百年史. 7, 2017 九州大学学術情報リポジトリ Kyushu University Institutional Repository 九州大学百年史第 7 巻 : 部局史編 Ⅳ 九州大学百年史編集委員会 http://hdl.handle.net/2324/1801803 出版情報 : 九州大学百年史. 7, 2017-03-31. 九州大学バージョン :published 権利関係 : 第 67 編 国際交流推進機構

More information

地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム (SATREPS) 研究課題別中間評価報告書 1. 研究課題名 テーラーメード育種と栽培技術開発のための稲作研究プロジェクト (2013 年 5 月 ~ 2018 年 5 月 ) 2. 研究代表者 2.1. 日本側研究代表者 : 山内章 ( 名古屋大学大学

地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム (SATREPS) 研究課題別中間評価報告書 1. 研究課題名 テーラーメード育種と栽培技術開発のための稲作研究プロジェクト (2013 年 5 月 ~ 2018 年 5 月 ) 2. 研究代表者 2.1. 日本側研究代表者 : 山内章 ( 名古屋大学大学 地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム (SATREPS) 研究課題別中間評価報告書 1. 研究課題名 テーラーメード育種と栽培技術開発のための稲作研究プロジェクト (2013 年 5 月 ~ 2018 年 5 月 ) 2. 研究代表者 2.1. 日本側研究代表者 : 山内章 ( 名古屋大学大学院生命農学研究科教授 ) 2.2. 相手側研究代表者 :Eliud K. Kireger( ケニア農畜産業研究機構

More information

2015 2015 ユニセフの地域ごとの事業支出割合 2014年 計41億3,100万ドル 57 サハラ以南のアフリカ 18 アジア 14 中東と北アフリカ 4 ラテンアメリカとカリブ海諸国 3 中部 東部ヨーロッパ 独立国家共同体 残り4 は 地域間にまたがる事業 ユニセフ協会 国内委員会 がある国と地域 ユニセフ事務所とユニセフ協会の両方がある国 この地図は国境の法的地位についての何らかの立場を示す

More information

1 開発途上国 地域の経済 社会の発展 復興への寄与 活動計画表 活動結果表の作成と配属先との合意 JICA ボランティア事業は 同じく JICA が実施する技術協力事業とは異なる点があります 中でも大きな違いは目標の設定方法です 専門家派遣や技術協力プロジェクトでは 派遣される専門家がそれぞれの事

1 開発途上国 地域の経済 社会の発展 復興への寄与 活動計画表 活動結果表の作成と配属先との合意 JICA ボランティア事業は 同じく JICA が実施する技術協力事業とは異なる点があります 中でも大きな違いは目標の設定方法です 専門家派遣や技術協力プロジェクトでは 派遣される専門家がそれぞれの事 第 3 期中期計画期間における JICA ボランティア事業評価 JICA ボランティア事業は 国民参加型協力としての特長を有することから ODA 事業で一般的に使用される評価 5 項目 ( 妥当性 有効性 効率性 インパクト 持続性 ) とは別に その事業の目的である 1 開発途上国 地域の経済 社会の発展 復興への寄与 2 我が国と途上国の友好親善と相互理解の深化 3 国際的視野の涵養と経験の社会還元の

More information

NIHN 健康と栄養に関する研究を通じて 国民の健康と福祉の向上に貢献します 研究成果の活用 生涯を通じた健康づくり 国立健康 栄養研究所は 皆様のパートナーです 当研究所は 健康 栄養に関する研究を効果的に推進するため 開か れた研究所 として 大学や企業等との連携に力を入れています 当研究 所の知的財産や技術 人材 資源を有効に活用していただき 皆様とと もに発展的な研究や人材育成等を積極的に進めたいと考えています

More information

Microsoft Word - 舞09・絆1(多文化) ⑤ doc

Microsoft Word - 舞09・絆1(多文化) ⑤ doc 舞台づくり絆 1 多文化共生社会へのステップアップ プログラム 主担当部 : 生活部 プログラムの目標 国籍や民族などの異なる人びとが 対等な関係のもとで互いの文化的な違いを認め合うとともに 外国人住民を含む県民一人ひとり NPO 企業 市町 県 国などの多様な主体が連携 協働し 主体的に多文化共生社会づくりに取り組んでいます プログラムのねらい 外国人住民が年々増加している状況をふまえ 市町や NPO

More information

Ⅱ. プログラム プログラム内容 (1) 出発前オリエンテーション ( 出発日前日又は当日 ) (2) 派遣国の日本国大使館及び派遣国政府等関係機関表敬訪問 (3) 市内視察 (4) 日本紹介プレゼンテーション及び実演派遣国での学校交流時 以下のテーマについて パワーポイントを使ったプレゼンテーショ

Ⅱ. プログラム プログラム内容 (1) 出発前オリエンテーション ( 出発日前日又は当日 ) (2) 派遣国の日本国大使館及び派遣国政府等関係機関表敬訪問 (3) 市内視察 (4) 日本紹介プレゼンテーション及び実演派遣国での学校交流時 以下のテーマについて パワーポイントを使ったプレゼンテーショ 2018 年 6 月 4 日 一般財団法人日本国際協力センター 対日理解促進交流プログラム JENESYS2018 派遣事業タイ ラオス マレーシアへの高校生派遣参加校募集要項 Ⅰ. 派遣事業概要 概要対日理解促進交流プログラムは 日本政府 ( 外務省 ) が推進する事業であり 日本とアジア大洋州 北米 欧州 中南米の各国 地域との間で 対外発信力を有し 将来を担う人材を招へい 派遣するものです JENESYS2018

More information

人材育成 に関するご意見 1) 独立行政法人情報通信研究機構富永構成員 1 ページ 2) KDDI 株式会社嶋谷構成員 8 ページ 資料 7-2-1

人材育成 に関するご意見 1) 独立行政法人情報通信研究機構富永構成員 1 ページ 2) KDDI 株式会社嶋谷構成員 8 ページ 資料 7-2-1 人材育成 に関するご意見 1) 独立行政法人情報通信研究機構富永構成員 1 ページ 2) KDDI 株式会社嶋谷構成員 8 ページ 資料 7-2-1 NICT における ICT 分野の 研究開発人材育成の 取り組みについて 2011 年 6 月 24 日 独立行政法人情報通信研究機構 理事富永昌彦 1 1 1 産学官が連携したプロジェクトの推進による人材育成の取り組み ( 概要 1) プロジェクト内容

More information

標準日程案 ( 実施日程 内容詳細は 変更の可能性があることをご了承ください ) 月日 プログラム目的宿泊 1 日目 7 月 31 日 成田集合 結団式 オリエンテーション 出発前に JENESYS 事業の概要や派遣プログラムのコンセプトを理解し 訪問に向けた事前知識を得 心構えをする 成田泊 2

標準日程案 ( 実施日程 内容詳細は 変更の可能性があることをご了承ください ) 月日 プログラム目的宿泊 1 日目 7 月 31 日 成田集合 結団式 オリエンテーション 出発前に JENESYS 事業の概要や派遣プログラムのコンセプトを理解し 訪問に向けた事前知識を得 心構えをする 成田泊 2 平成 24 年 4 月 30 日 財団法人日本国際協力センター JENESYS ミャンマー派遣事業 ろうあ者 参加者募集のご案内 21 世紀東アジア青少年大交流計画 (Japan-East Asia Network of Exchage for Students and Youths Programme: 通称 JENESYS プログラム ) の一環として実施される ミャンマーへのろうあ者派遣プログラムに参加いただける方を募集いたします

More information

により 都市の魅力や付加価値の向上を図り もって持続可能なグローバル都 市形成に寄与することを目的とする活動を 総合的 戦略的に展開すること とする (2) シティマネジメントの目標とする姿中野駅周辺や西武新宿線沿線のまちづくりという将来に向けた大規模プロジェクトの推進 並びに産業振興 都市観光 地

により 都市の魅力や付加価値の向上を図り もって持続可能なグローバル都 市形成に寄与することを目的とする活動を 総合的 戦略的に展開すること とする (2) シティマネジメントの目標とする姿中野駅周辺や西武新宿線沿線のまちづくりという将来に向けた大規模プロジェクトの推進 並びに産業振興 都市観光 地 平成 30 年 (2018 年 )1 月 24 日 建設委員会資料 都市政策推進室グローバル戦略推進担当 中野区におけるシティマネジメント推進の考え方について 区は グローバル戦略を進めていくために取り組むべきシティマネジメント についての考え方を整理するとともに 区と民間事業者の役割のあり方や事業 の具体化について検討を進めてきたので 以下のとおり報告する 1 中野区シティマネジメントの検討経緯について

More information

Ⅱ. プログラム プログラム内容 (1) 出発前オリエンテーション ( 出発日前日又は当日 ) (2) 派遣国の日本国大使館及び派遣国政府等関係機関表敬訪問 (3) 市内視察 (4) 日本紹介プレゼンテーション及び実演 ( 学校交流 ) 派遣国での学校交流時 以下のテーマについて パワーポイントを使

Ⅱ. プログラム プログラム内容 (1) 出発前オリエンテーション ( 出発日前日又は当日 ) (2) 派遣国の日本国大使館及び派遣国政府等関係機関表敬訪問 (3) 市内視察 (4) 日本紹介プレゼンテーション及び実演 ( 学校交流 ) 派遣国での学校交流時 以下のテーマについて パワーポイントを使 一般財団法人 2017 年 6 月 30 日 日本国際協力センター 対日理解促進交流プログラム JENESYS2017 派遣事業シンガポール フィリピンへの高校生派遣参加校募集のご案内 Ⅰ. 派遣事業概要 概要対日理解促進交流プログラムは 日本政府 ( 外務省 ) が推進する事業であり 日本とアジア大洋州 北米 欧州 中南米の各国 地域との間で 対外発信力を有し 将来を担う人材を招へい 派遣するものです

More information

2 引率者は英語である程度コミュニケーションが取れること 3 所属校の許可を得て参加できること 4 心身ともに健康であること ( 2) 5 日本国籍を有していること あるいは在留資格 永住者 を有するか特別永住者証明書を有し日本に居住していること ( 3) 6 日本の強みや地域の魅力等について英語で

2 引率者は英語である程度コミュニケーションが取れること 3 所属校の許可を得て参加できること 4 心身ともに健康であること ( 2) 5 日本国籍を有していること あるいは在留資格 永住者 を有するか特別永住者証明書を有し日本に居住していること ( 3) 6 日本の強みや地域の魅力等について英語で 別紙 2 平成 25 年 5 月 13 日 北米地域との青少年交流 ( 米国事業 ) 青少年短期派遣事業 ( 高校生 ) 参加学校等募集のご案内 Ⅰ. 概要 目的標記事業は 日本経済の再生に向けて 青少年交流を通じて 我が国の強みや魅力等の日本ブランドや日本的な 価値 に関する理解と関心を深めるために 日本政府 ( 外務省 ) により進められている事業です 本事業は 原則として 全国から選抜された高校生が米国において日本の魅力等についての情報を発信し

More information

FAO: Food and Agriculture Organization of the United Nations GHQ: General Headquarters of the Supreme Commander for the Allied Powers GP: Group Promoter JICA: Japan International Cooperation Agency JOCV:

More information

3. プログラム記録写真 ( 訪問地 : 東京都, 沖縄県 ) 10 月 30 日 講義 日本理解講義 ( 東京都千代田区 ) 10 月 31 日 文化体験 エイサー ( 沖縄県那覇市 ) 11 月 1 日 学校訪問 沖縄県立首里高等学校 ( 沖縄県那覇市 ) 11 月 1 日 交流 ポエトリー交流

3. プログラム記録写真 ( 訪問地 : 東京都, 沖縄県 ) 10 月 30 日 講義 日本理解講義 ( 東京都千代田区 ) 10 月 31 日 文化体験 エイサー ( 沖縄県那覇市 ) 11 月 1 日 学校訪問 沖縄県立首里高等学校 ( 沖縄県那覇市 ) 11 月 1 日 交流 ポエトリー交流 国際ポエトリー交流プログラム (IPEP) 訪日団 ( 招へいプログラム ) の記録 ( 対象国 : 韓国, テーマ :IPEP) 1. プログラム概要韓国の高校生等 12 名が,10 月 29 日から 11 月 6 日までの 8 泊 9 日の日程で来日し, 日本 米国 フィリピンの高校生たちと詩の交流や各種視察, ホームステイ等を通じて, 対日理解を深めました 一行は都内で日本理解講義を受け, 視察を行った後,

More information

関経連_事業報告書CS4.indd

関経連_事業報告書CS4.indd 3 アジアとの人 ビジネスの交流拡大 連携強化による活力ある地域への成長 イ インバウンド推進 事業項目 ❶関西広域観光戦略に基づくインバウン ド推進 広域観光振興の推進体制の確立 各地域が共通して取り組む事業を推進する体制の確立に向 け 関西の自治体や経済界 観光推進団体 国の出先機関な どの参画を得て 関西国際観光推進本部 を設立 3月 目標 目指す成果 広域観光振興の推進体制の確立 関西の官民が一致協力して広域観光振興に取り組む

More information

2008 Ⅰ 91 海外教育研究拠点事業推進 WG 綴 作成取得時の 起算日 2009/04/01 10 年 2019/03/31 紙事務室国際グループリーダー廃棄国際交流 2004 Ⅰ 91 学校基本調査綴平成 16 年度 ~H21 年度留学生課長 2009/04/01 10 年 2019/3/3

2008 Ⅰ 91 海外教育研究拠点事業推進 WG 綴 作成取得時の 起算日 2009/04/01 10 年 2019/03/31 紙事務室国際グループリーダー廃棄国際交流 2004 Ⅰ 91 学校基本調査綴平成 16 年度 ~H21 年度留学生課長 2009/04/01 10 年 2019/3/3 作成取得時の 起算日 1994 Ⅰ 4 学内募金申込 入金状況等綴 ( 平成 5 年度 ~ 平成 6 年研究協力グループリー度 ) ダー 1995/04/01 30 年 2025/03/31 紙 物品庫 国際グループリーダー廃棄 1994 Ⅰ 4 国際交流基金寄附申込書綴 ( 平成 4 年 3 月 ~ 平成 6 年研究協力グループリー 4 月 ) ダー 1995/04/01 30 年 2025/03/31

More information

航空機操縦士養成連絡協議会 航空機整備士 製造技術者養成連絡協議会 裾野拡大ワーキンググループ 平成 29 年度とりまとめ 1. ワーキンググループ構成員 別紙のとおり 2. 平成 29 年度における取組み (1) 航空に係る共通ウェブサイトskyworksについて今年度についてはコンテンツ内容の更

航空機操縦士養成連絡協議会 航空機整備士 製造技術者養成連絡協議会 裾野拡大ワーキンググループ 平成 29 年度とりまとめ 1. ワーキンググループ構成員 別紙のとおり 2. 平成 29 年度における取組み (1) 航空に係る共通ウェブサイトskyworksについて今年度についてはコンテンツ内容の更 航空機操縦士養成連絡協議会 航空機整備士 製造技術者養成連絡協議会 裾野拡大ワーキンググループ 平成 29 年度とりまとめ 1. ワーキンググループ構成員 別紙のとおり 2. 平成 29 年度における取組み (1) 航空に係る共通ウェブサイトskyworksについて今年度についてはコンテンツ内容の更なる充実のためヘリコプターに関する職種の紹介ページを整備し平成 29 年 8 月末に開設した 多種多様な情報を発信しているところではあるが

More information

地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム (SATREPS) JST 中間評価 1 の実施要領 平成 29 年 6 月改定 JST 国際部 SATREPS グループ 1. 地球規模課題国際科学技術協力 (SATREPS) プロジェクトの中間評価について SATREPS は JST による研究支援お

地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム (SATREPS) JST 中間評価 1 の実施要領 平成 29 年 6 月改定 JST 国際部 SATREPS グループ 1. 地球規模課題国際科学技術協力 (SATREPS) プロジェクトの中間評価について SATREPS は JST による研究支援お 地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム (SATREPS) JST 中間評価 1 の実施要領 平成 29 年 6 月改定 JST 国際部 SATREPS グループ 1. 地球規模課題国際科学技術協力 (SATREPS) プロジェクトの中間評価について SATREPS は JST による研究支援および JICA による技術協力の連携により推進しており プロジェクトの評価も JST 及び JICA

More information

2 3 4 2 2 2

2 3 4 2 2 2 2 3 4 2 2 2 ! @ # 2 3 4 ! @! 2 3 4 5 6 2 @ # 2 29年度の事業計画 予算 1 はじめに に出会い 実態を調べる取り組みとします 企画内容や諸経費の抜本的な見直しを行 い 突出した経費負担の改善を図ります 組織 事業のあり方についての抜本的な検 討をすすめ 2年度以降の組織 事業の再 構築に向け検討をすすめます 4 企業向け企画 下期に情報提供を目的とした啓発企画を予

More information

JENESYS2.0 タイへの高校生の派遣 派遣日程平成 27 年 1 月 12 日 ( 月 )~1 月 21 日 ( 水 ) 1/12 オリエンテーション 1/14 在タイ日本国大使館表敬訪問 Pre-Departure Orientation Courtesy Call on Embassy o

JENESYS2.0 タイへの高校生の派遣 派遣日程平成 27 年 1 月 12 日 ( 月 )~1 月 21 日 ( 水 ) 1/12 オリエンテーション 1/14 在タイ日本国大使館表敬訪問 Pre-Departure Orientation Courtesy Call on Embassy o JENESYS2.0 タイへの高校生の派遣 派遣日程平成 27 年 1 月 12 日 ( 月 )~1 月 21 日 ( 水 ) 1/12 オリエンテーション 1/14 在タイ日本国大使館表敬訪問 Pre-Departure Orientation Courtesy Call on Embassy of Japan in Thailand 1/14 在タイ日本国大使館表敬訪問 1/14 在タイ日本国大使館表敬訪問

More information

ODA NEC 6 NTT ODA ODA 16 5 5 1 5 1 5 2

ODA NEC 6 NTT ODA ODA 16 5 5 1 5 1 5 2 79 ODA JICA 17 ODA 1 ODA JICA JICA ODA ODA 1 ODA NEC 6 NTT ODA ODA 16 5 5 1 5 1 5 2 NGO NGO NPO 2000 5 2 4000 9100 1 5 2,000 2003 JICA 3 4 1 7 8 3 31 1 2 3 1 5 5 1 1 5 100 200 1 1 5 5 50 1 5 JICA OECF

More information

Microsoft Word - 基本方針案ver.3.33

Microsoft Word - 基本方針案ver.3.33 浦安市 2020 東京オリンピック パラリンピック基本方針 ( 案 ) 浦安市 2020 東京オリンピック パラリンピック推進本部 目 次 1 基本方針策定にあたり 2 2 市の特性 3 3 基本的な考え方 方向性 4 4 基本方針における3つの柱とその取り組み 6 5 事前キャンプ地誘致活動について 11 6 推進体制 13 1 1 基本方針策定にあたり スポーツと文化の祭典であるオリンピック パラリンピック競技大会が

More information

【最終案ver2.0】KAKEHASHI募集要項

【最終案ver2.0】KAKEHASHI募集要項 2016 年 9 月 27 日 2016 年度電気通信大学 KAKEHASHI プロジェクト応募要項 本学学生 ( 日本国籍を持つ者又は永住者 ) とアメリカの学生等との交流事業である KAKEHASHI プロジェクトの募集を開始します 本プロジェクトは 外務省及び一般財団法人日本国際協力センター (JICE) の実施する国際交流事業 対日理解促進交流プログラム の一環として行われます Ⅰ. 事業概要

More information

図 4-1 関経連アセアン経営研修の変遷 そこで 関経連では 2016 年 11 月 次年度以降のアセアン経営研修の充実 強化を検討するため 本研修に協力いただいている各国の機関の幹部を関西に初めて招聘し 関西アジアフォーラム を開催した 8 カ国 ( カンボジア インドネシア ラオス マレーシア

図 4-1 関経連アセアン経営研修の変遷 そこで 関経連では 2016 年 11 月 次年度以降のアセアン経営研修の充実 強化を検討するため 本研修に協力いただいている各国の機関の幹部を関西に初めて招聘し 関西アジアフォーラム を開催した 8 カ国 ( カンボジア インドネシア ラオス マレーシア 第 4 章関西経済連合会の 親関西人材 育成への取組み 濱田浩一 1. 親関西人材 の育成への取組みの背景 関西経済連合会 ( 以下 関経連 ) では 親関西人材 の育成およびそのネットワークの拡大に向けた取組みを進めている 関西の経済 産業 文化面での強みや特徴を理解し アジアと関西の人的交流 ( 留学 観光等 ) や経済交流 ( 貿易 投資等 ) のパイプ役を担っている人材 または今後 担うことが期待される人材を

More information

Ⅱ. プログラム プログラム内容 (1) 出発前オリエンテーション ( 出発日前日又は当日 ) (2) 派遣国の日本国大使館及び派遣国政府等関係機関表敬訪問 (3) 市内視察 (4) 日本紹介プレゼンテーション及び実演派遣国での学校交流時 以下のテーマについて パワーポイントを使ったプレゼンテーショ

Ⅱ. プログラム プログラム内容 (1) 出発前オリエンテーション ( 出発日前日又は当日 ) (2) 派遣国の日本国大使館及び派遣国政府等関係機関表敬訪問 (3) 市内視察 (4) 日本紹介プレゼンテーション及び実演派遣国での学校交流時 以下のテーマについて パワーポイントを使ったプレゼンテーショ 2018 年 6 月 4 日 一般財団法人日本国際協力センター 対日理解促進交流プログラム JENESYS2018 派遣事業シンガポール ミャンマー 東ティモール インドネシアへの大学生 大学院生派遣参加者募集要項 Ⅰ. 派遣事業概要 概要対日理解促進交流プログラムは 日本政府 ( 外務省 ) が推進する事業であり 日本とアジア大洋州 北米 欧州 中南米の各国 地域との間で 対外発信力を有し 将来を担う人材を招へい

More information

C O N T E N T S 経営理念 事業方針 1 ごあいさつ 2 役員紹介 組織図 3 平成24年度 経営環境 事業概要 4 平成24年度 経営内容について 5 主要な経営指標の推移 6 苦情処理措置 紛争解決措置等の概要 7 コンプライアンスへの取り組み 8 リスク管理体制 10 総代会につ

C O N T E N T S 経営理念 事業方針 1 ごあいさつ 2 役員紹介 組織図 3 平成24年度 経営環境 事業概要 4 平成24年度 経営内容について 5 主要な経営指標の推移 6 苦情処理措置 紛争解決措置等の概要 7 コンプライアンスへの取り組み 8 リスク管理体制 10 総代会につ 2013 C O N T E N T S 経営理念 事業方針 1 ごあいさつ 2 役員紹介 組織図 3 平成24年度 経営環境 事業概要 4 平成24年度 経営内容について 5 主要な経営指標の推移 6 苦情処理措置 紛争解決措置等の概要 7 コンプライアンスへの取り組み 8 リスク管理体制 10 総代会について 12 金融円滑化への取り組み 14 地域活性化のための取り組みについて 16 地域貢献活動について

More information

東京東営業所 548 人 323 件 19.1 % 12,427 円 10,058 円 東京北営業所 932 人 440 件 20.2 % 10,294 円 8,216 円 関東支店 825 人 510 件 13.5 % 12,074 円 10,438 円

東京東営業所 548 人 323 件 19.1 % 12,427 円 10,058 円 東京北営業所 932 人 440 件 20.2 % 10,294 円 8,216 円 関東支店 825 人 510 件 13.5 % 12,074 円 10,438 円 労働者派遣法に伴う情報公開に関して 労働派遣法の改正に伴い 派遣会社は労働者派遣におけるマージン率などの情報提供が義務付けられました 北海道支店 259 人 180 件 19.1 % マージン率には 社員雇用に伴う各種保険料 ( 健康保険 厚 生年金保険 雇用保険等 ) の負担額 有給休暇手当 教育訓練 費 事業経費等を含みます 8,977 円 7,263 円 東北支店 544 人 372 件 12.3

More information

第 1 部 ペップトークとは 第 1 章 新時代のマネジメントを築く起爆剤 1.1 今を肯定し 未来を描く発想 8

第 1 部 ペップトークとは 第 1 章 新時代のマネジメントを築く起爆剤 1.1 今を肯定し 未来を描く発想 8 第 1 部 ペップトークとは ( 言葉がけ 1 つで実現する生産性の向上 ) 7 第 1 部 ペップトークとは 第 1 章 新時代のマネジメントを築く起爆剤 1.1 今を肯定し 未来を描く発想 8 第 1 章 新時代のマネジメントを築く起爆剤 1.1.1 人事 雇用制度の変化 1.1.2 国際競争激化の時代 9 第 1 部 ペップトークとは 1.1.3 プラスの選択 10 第 1 章 新時代のマネジメントを築く起爆剤

More information

特許庁の役割 特許庁の役割は 産業財産権制度を通じて 発明や意匠の創作の奨励 商標の保護により 日本の産業を発展させること IT 技術の進展 TPP 等の経済連携協定等を通じて 企業活動がますます国籍や国境を越え 日本企業の海外進出や 海外企業の日本国内進出が進むことが予想される中 日本を含めあらゆ

特許庁の役割 特許庁の役割は 産業財産権制度を通じて 発明や意匠の創作の奨励 商標の保護により 日本の産業を発展させること IT 技術の進展 TPP 等の経済連携協定等を通じて 企業活動がますます国籍や国境を越え 日本企業の海外進出や 海外企業の日本国内進出が進むことが予想される中 日本を含めあらゆ 資料 6 知財システムの国際化への対応 ~ 新興国等への我が国知財システムの普及と浸透 ~ 平成 28 年 3 月 28 日 特許庁総務部国際協力課 特許庁の役割 特許庁の役割は 産業財産権制度を通じて 発明や意匠の創作の奨励 商標の保護により 日本の産業を発展させること IT 技術の進展 TPP 等の経済連携協定等を通じて 企業活動がますます国籍や国境を越え 日本企業の海外進出や 海外企業の日本国内進出が進むことが予想される中

More information

経営理念 宇宙と空を活かし 安全で豊かな社会を実現します 私たちは 先導的な技術開発を行い 幅広い英知と共に生み出した成果を 人類社会に展開します 宇宙航空研究開発を通して社会への新たな価値提供のために JAXAは 2003年10月の発足以来 宇宙航空分野の基礎研究から開発 利用に至るまで一貫して行

経営理念 宇宙と空を活かし 安全で豊かな社会を実現します 私たちは 先導的な技術開発を行い 幅広い英知と共に生み出した成果を 人類社会に展開します 宇宙航空研究開発を通して社会への新たな価値提供のために JAXAは 2003年10月の発足以来 宇宙航空分野の基礎研究から開発 利用に至るまで一貫して行 国立研究開発法人 経営理念 宇宙と空を活かし 安全で豊かな社会を実現します 私たちは 先導的な技術開発を行い 幅広い英知と共に生み出した成果を 人類社会に展開します 宇宙航空研究開発を通して社会への新たな価値提供のために JAXAは 2003年10月の発足以来 宇宙航空分野の基礎研究から開発 利用に至るまで一貫して行うことのできる機関として 活動を行っております 発足当初から10年は研究開発組織として技術実証による技術基盤の獲得を行い

More information

untitled

untitled 2nd Stage 10/413/3 3 地域密着型金融の推進 2 具体的取り組み A 顧客企業に対するコンサルティング機能の発揮 創業 新事業開拓を目指すお客さまへの支援 技術やサービスにおいて新規性 成長性のある企業に対し かながわ成長企業支援投資事業組合 通 称 成長支援ファンド 当行グループ企業である横浜キャピタルと共同で設立 を活用したエクイティに よる安定資金を供給するほか 当行グループの機能を活用し企業の経営をバックアップすることにより

More information

Microsoft Word - ホームページ事業一覧たたき台 30年度.docx

Microsoft Word - ホームページ事業一覧たたき台 30年度.docx 平成 30 年度 岩手県内の復興人材育成のための中学高校大学キャリア教育支援事業 地域への愛着や誇り 地域を支える具体的な活動や大人の想いなどを中高生大学生が直接大人から聴き考えていく機会 未来パスポート と設定したテーマについて中高生と大学生大人が直接語り合う かだる プログラムを県内の小中高校で実施していきます また キャリア教育支援プログラムのサポートや企画運営を行う人材 若者応援隊 学生サポーター

More information

北海道電力 東北電力 東京電力 中部電力 北陸電力 関西電力 中国電力 四国電力 九州電力 沖縄電力 フランス カナダ イタリア 日本 イギリス ドイツ アメリカ 中国 インド 0.0 0.2 0.4 0.6 0.8 1.0 CO2 排出係数 (kg-co2/kwh) 原子力による発電が多い 水力による発電が多い 石炭火力による発電が多い CO2 排出量 ( ガソリン軽自動車 =100 としたとき

More information

JICA 事業評価ガイドライン ( 第 2 版 ) 独立行政法人国際協力機構 評価部 2014 年 5 月 1

JICA 事業評価ガイドライン ( 第 2 版 ) 独立行政法人国際協力機構 評価部 2014 年 5 月 1 JICA 事業評価ガイドライン ( 第 2 版 ) 独立行政法人国際協力機構 評価部 2014 年 5 月 1 JICA 事業評価ガイドライン ( 第 2 版 ) ( 事業評価の目的 ) 1. JICA は 主に 1PDCA(Plan; 事前 Do; 実施 Check; 事後 Action; フィードバック ) サイクルを通じた事業のさらなる改善 及び 2 日本国民及び相手国を含むその他ステークホルダーへの説明責任

More information

教員の専門性向上第 3 章 教員の専門性向上 第1 研修の充実 2 人材の有効活用 3 採用前からの人材養成 3章43

教員の専門性向上第 3 章 教員の専門性向上 第1 研修の充実 2 人材の有効活用 3 採用前からの人材養成 3章43 教員の専門性向上第 3 章 教員の専門性向上 第1 研修の充実 2 人材の有効活用 3 採用前からの人材養成 3章43 第3章教員の専門性向上44 1 研修の充実 現状と課題 ほとんどの学校に発達障害の児童 生徒が在籍していることが推測される中 都教育委員会では これまで研修や講習会において 教員の発達障害に関する理解促進や特別支援教育コーディネーターの育成等を行ってきました 一方 意識調査によると

More information

文部科学省セミナー 国際協力機構における大学との連携(国際協力機構)

文部科学省セミナー 国際協力機構における大学との連携(国際協力機構) 国際協力への大学の参画 について Japan International Cooperation Agency (JICA) 独立行政法人国際協力機構 2006 年 10 月 1 本日お話しする内容 1.JICA 事業と大学との関わり JICA 事業 / なぜ連携か / メニュー / 連携に向けての JICA の方針 2. 技術協力プロジェクトへの参画 技術協力プロジェクトへと大学 / プロジェクトの概要

More information

資料4-4 新しい時代の教育や地方創生の実現に向けた学校と地域の連携・協働の在り方と今後の推進方策について 審議のまとめ(参考資料)

資料4-4 新しい時代の教育や地方創生の実現に向けた学校と地域の連携・協働の在り方と今後の推進方策について 審議のまとめ(参考資料) 資料 4-4 審議のまとめ参考資料 ( 抜粋 ) コミュニティ スクールと地域学校協働本部 ( 仮称 ) の効果的な連携 協働の在り方に関する参考資料 位置付け度的これからのコミュニティ スクールの仕組みの在り方 ( イメージ ) 地域の人々と目標やビジョンを共有し 地域と一体となって子どもたちを育む 地域とともにある学校 へと転換 学校における地域との連携 協働体制を組織的 継続的に確立する観点から

More information

<30335F8FAC88E490EC8E812E696E6464>

<30335F8FAC88E490EC8E812E696E6464> ODA ODA ODA ODA Lodge and WilsonStiglitz MDGs DAC HIV HIV United Nations OECD DAC OECD OECD DAC DAC DAC ODA ODA ODA ODA GNP GDP ODA Chun ODA ODA OECD ODA ODA ODA ODA ODA ODA ODA a ODA OECD EDCF Economic

More information

歴史的建造物等視察 浅間神社 ホームステイ対面式 11 月 18 日 ( 土 ) ホームステイ 昼食交流会 11 月 19 日 ( 日 ) ホームステイ ワークショップ 11 月 20 日 ( 月 ) 地方から都内へ移動 最先端技術視察 日本科学未来館 商業施設訪問 お台場 報告会 11 月 21

歴史的建造物等視察 浅間神社 ホームステイ対面式 11 月 18 日 ( 土 ) ホームステイ 昼食交流会 11 月 19 日 ( 日 ) ホームステイ ワークショップ 11 月 20 日 ( 月 ) 地方から都内へ移動 最先端技術視察 日本科学未来館 商業施設訪問 お台場 報告会 11 月 21 JENESYS2017 招へいプログラム第 9 陣の記録 対象国 : ベトナム, ラオス, フィリピン テーマ : ( 文化 ) 日本語コミュニケーション 日本文化交流 1. プログラム概要 対日理解促進交流プログラム JENESYS2017 の一環として, ベトナムより高校生および引率者 22 名, ラオスより高校生, 大学生および引率者 18 名, フィリピンより高校生および引率者 21 名が

More information

第3節 重点的な取り組み

第3節 重点的な取り組み 第 4 節 高齢者の生きがいづくりと社会参加の促進 1 生きがいづくり活動等への参加促進現状と課題 団塊の世代が定年退職し さまざまな価値観を持った高齢者が増えてきました 社会の中で高齢者の占める割合が高くなるにつれて 高齢者が社会的弱者であるというイメージは徐々に変わりつつあり 第二の現役世代 として さまざまな形で地域で活躍していくことが 特別なことではなく高齢者の普通の姿になろうとしています

More information

H y o g o MATSUYAMA E h i m e K o h c h i TAKAMATSU K a g a w a KOHCHI TOKUSHIMA To k u s h i m a Awaji KOBE WAKAYAMA OSAKA NARA O s a k a W a k a y a m a N a r a Shikoku Kinki OsakaHIRAKATA KohchiSHIMANTO

More information

JICA交友クラブ_54_4C.indd

JICA交友クラブ_54_4C.indd 29 2,089,426 1,797,000 2,578,808 2,518,000 () の認識です これを踏まえて 民間部門や地方自治体の資源を 取り込むとともに 民間部門主導の成長を促進する そして そのことが 日本経済の力強い成長にもつ ながるよう 官民連携 自治体連携による開発協力 を推進する とあります 具体的には 中小企業を 含む企業や地方自治体 大学 研究機関等との連携 を強化し

More information

2014度事業報告書p000_018.indd

2014度事業報告書p000_018.indd 2014 Junior Chamber International Japan Annual Report 2014 Junior Chamber International Japan 2014 Junior Chamber International Japan Annual Report 2014 Junior Chamber International Japan Annual Report

More information

03-6908-6571 オリーブの木 ベツレヘムの元気な子どもたち No.49 2013/8 エフェタのシスターとマイスちゃん 大きくなりました 平和の架け橋プロジェクト in 東北 から スタディー ツアーの学生たちのエフェタ訪問 日本の学生が共同で里親となり支援をしています) プロジェクト支援のため7月に行われた 友好の夕べ 上原令子さんの歌声に感動のあと パレスチナ料理で満腹 イスラエル

More information

表紙4_1/山道 小川内 小川内 芦塚

表紙4_1/山道 小川内 小川内 芦塚 1 2008.1Vol.23 2008.1Vol.23 2 2008.1Vol.23 3 2008.1Vol.23 4 5 2008.1Vol.23 2008.1Vol.23 6 7 2008.1Vol.23 2008.1Vol.23 8 9 2008.1Vol.23 10 2008.1Vol.23 11 2008.1Vol.23 12 2008.1Vol.23 Center 13 2008.1Vol.23

More information

( 茶道 折り紙体験 ) 交流 日本学生協会(JNSA) 基金の大学生との交流 ( 秋葉原, 浅草寺視察 ) ワークショップ 7 月 25 日 ( 火 ) 視察 国会議事堂( 衆議院 ) ポップカルチャー 原宿 最先端技術 TEPIA 先端技術館 表敬訪問 高円宮妃殿下 交流 ワシントン日米協会 米

( 茶道 折り紙体験 ) 交流 日本学生協会(JNSA) 基金の大学生との交流 ( 秋葉原, 浅草寺視察 ) ワークショップ 7 月 25 日 ( 火 ) 視察 国会議事堂( 衆議院 ) ポップカルチャー 原宿 最先端技術 TEPIA 先端技術館 表敬訪問 高円宮妃殿下 交流 ワシントン日米協会 米 カケハシ プロジェクト ( アメリカ ) ( ジャパン ボウル招へい ) の記録 1. プログラム概要 対日理解促進交流プログラム カケハシ プロジェクト により,2017 年全米ジャパン ボウルの成績優秀者である高校生 22 名と 2 名の引率者が,2017 年 7 月 19 日 ~7 月 26 日の 7 泊 8 日の日程で来日し, 日本の政治, 経済, 文化, 社会及び歴史などの対日理解促進を目的としたプログラムに参加しました

More information

(6) ホームステイ( 高 校 生 のみ) (7) ワークショップ 報 告 会 ( 気 づき 及 び アクションプラン の 作 成 発 表 ) 現 地 事 情 によりプログラム 内 容 は 変 更 される 可 能 性 があります 別 紙 1 標 準 日 程 参 照 アクションプランとは 派 遣 国

(6) ホームステイ( 高 校 生 のみ) (7) ワークショップ 報 告 会 ( 気 づき 及 び アクションプラン の 作 成 発 表 ) 現 地 事 情 によりプログラム 内 容 は 変 更 される 可 能 性 があります 別 紙 1 標 準 日 程 参 照 アクションプランとは 派 遣 国 平 成 27 年 8 月 12 日 一 般 財 団 法 人 日 本 国 際 協 力 センター Ⅰ. 事 業 概 要 目 的 対 日 理 解 促 進 交 流 プログラム カケハシ プロジェクト (KAKEHASHI Project) 北 米 地 域 との 交 流 ( 米 国 カナダ) 短 期 派 遣 事 業 ( 大 学 ( 院 ) 生 高 校 生 ) 参 加 校 団 体 募 集 のご 案 内 対 日

More information

平成 22 年 4 月 9 日新しい公共円卓会議資料 平成 2 2 年 4 月 9 日第 5 回 新しい公共 円卓会議谷口委員提出資料 ソーシャルビジネスの振興について 1. 新しい公共とソーシャルビジネスの関係 2. ソーシャルビジネスの課題とこれまでの取り組み 3. 事業者及び支援者が集う 場

平成 22 年 4 月 9 日新しい公共円卓会議資料 平成 2 2 年 4 月 9 日第 5 回 新しい公共 円卓会議谷口委員提出資料 ソーシャルビジネスの振興について 1. 新しい公共とソーシャルビジネスの関係 2. ソーシャルビジネスの課題とこれまでの取り組み 3. 事業者及び支援者が集う 場 平成 22 年 4 月 9 日新しい公共円卓会議資料 平成 2 2 年 4 月 9 日第 5 回 新しい公共 円卓会議谷口委員提出資料 ソーシャルビジネスの振興について 1. 新しい公共とソーシャルビジネスの関係 2. ソーシャルビジネスの課題とこれまでの取り組み 3. 事業者及び支援者が集う 場 の構築 ( 地域ブロック協議会 ) 4. 担い手が生まれ育ち活性化する環境の整備 新しい公共とソーシャルビジネスの関係

More information

p1

p1 中学生 高校生の皆さんへ 2018年2月 東日本大震災被災児童自立支援プロジェクト 2018年度海外ホームステイ参加生徒募集のご案内 応募期間 2018年2月15日(木) 4月15日(日) 未来は 自分たちで創っていく その一歩を踏み出す為に 東北から復興を担う未来の意思を育てよう という想いを胸に Support Our Kidsでは 東北復興の担い手づくり に取り組んでいます その舞台は海外 です

More information

10_1

10_1 農林中央金庫グループの 活動状況 当金庫グループでは さまざまな取組みを通じて より良い環境 住みやすい地域 豊かな社会づくりに貢献しています 農林 中 央金庫 C S R報告書20 1 4 48 人づくり 人的交流 の強化 農中 JA JA信農連 県中央会 今年2月の大雪で 組合員が受けたイ チゴやトマト等の施設ハウスの甚大な 被害を目の当たりにしました JA グ JA JA信農連 県中央会への出向

More information

な取組 日本や東京の文化 歴史を学び 日本人としての自覚と誇りを涵養主な取組 東京都国際交流委員会 * を再構築し 外国人への生活サポートを推進主な取 様々な広報媒体の活用などによる障害者への理解促進主2020 年に向けた取組の方向性 1 オリンピック パラリンピック教育を推進するとともに 多様性を

な取組 日本や東京の文化 歴史を学び 日本人としての自覚と誇りを涵養主な取組 東京都国際交流委員会 * を再構築し 外国人への生活サポートを推進主な取 様々な広報媒体の活用などによる障害者への理解促進主2020 年に向けた取組の方向性 1 オリンピック パラリンピック教育を推進するとともに 多様性を オリンピック パラリンピック教育を通じた人材育成と 多様性を尊重する共生社会づくりを進めます 5 東京 2020 大会を通じて 友情 連帯 フェアプレーの精神に基づく相互理解などのオリンピズムを広く普及させるとともに グローバル社会の中で活躍できる国際的な人材を育成していくことが重要です また 東京が 真のグローバル都市としてのプレゼンスを確固たるものとし 将来にわたり発展し続けていくためには 多様な文化を受け入れ

More information

 公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター(ACCU)は、ユネスコをはじめとする国際機関、国内外の専門家、教育機関と連携しながら、各国の文化と教育の振興に寄与するために人材育成と交流事業を実施し、これらの活動を通じて国際理解・親善を深めるために協力事業を行う

 公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター(ACCU)は、ユネスコをはじめとする国際機関、国内外の専門家、教育機関と連携しながら、各国の文化と教育の振興に寄与するために人材育成と交流事業を実施し、これらの活動を通じて国際理解・親善を深めるために協力事業を行う 平成 25 年度事業計画書 公益財団法人ユネスコ アジア文化センター (ACCU) は ユネスコをはじめとする国際機関 国内外の専門家 教育機関と連携しながら 各国の文化と教育の振興に寄与するために人材育成と交流事業を実施し これらの活動を通じて国際理解を深めるために協力事業を行う 平成 25 年度においても 国連 ESD( 持続可能な開発のための教育 /Education for Sustainable

More information

NEWS 2020 速報 の一部を改正する法律案 REPORT 総会の様子 2025 GDP 3 02 vol

NEWS 2020 速報 の一部を改正する法律案 REPORT 総会の様子 2025 GDP 3 02 vol vol. 10 2018 2020 年 五輪の年には文化省 に 向けての活動計画を決定 文化芸術 vol. 10 2018 2018年7月10日発行 発行 文化芸術振興議員連盟 事務局 100-0014 東京都千代田区永田町2-1-2 衆議院第二議員会館205号室 伊藤信太郎事務所気付 TEL 03-3508-7091 FAX 03-3508-3871 文化省創設 に関する附帯決議が 衆参両院で採択

More information

PART GDP ( 人 ) 2,500,000 一般 特定派遣労働者数の計 一般派遣労働者数 2,000,000 2,022,035 特定派遣労働者数 1,842,841 1,672,398 1,7

PART GDP ( 人 ) 2,500,000 一般 特定派遣労働者数の計 一般派遣労働者数 2,000,000 2,022,035 特定派遣労働者数 1,842,841 1,672,398 1,7 Section 3 Chapter 1 2014 2015 20082014 2015 2014 2015 2 6 1 2015 2015 9 30 2015 4 1 2015 9 29 2015 9 30 2016 31 1 PART1 6 1 2009 2015 2014 2015 2014 2015 GDP2015 9 1.24 6 1 ( 人 ) 2,500,000 一般 特定派遣労働者数の計

More information

本文/8、9月号

本文/8、9月号 木登りして鳥の巣を観察 本格火おこし 一本橋渡りに挑戦 リトルスターでは 西濃地域をフィールドに 森や川でのあそびかたを知らない親子 子ども を対象に 県内で活躍する自然体験指導者による外あそび活動により あそぶことの楽しさ 自 然の大切さ ひととひととのつながりを広めることを目的に活動しています スタッフ9名は 大垣市 神戸町 瑞穂市在住の小学生の子どもをもつ母親です 大垣公園プ レーリーダーや子育て支援施設スタッフ

More information

Microsoft Word - 46.JTBグループで九州・北海道エリアに初オープンとなる訪日旅行者向け交流拠点 (4).docx

Microsoft Word - 46.JTBグループで九州・北海道エリアに初オープンとなる訪日旅行者向け交流拠点 (4).docx JTB 広報室 140-8602 東京都品川区東品川 2-3-11 TEL.03-5796-5833 FAX.03-5796-5848 http://jtb.jp/ 2016 年第 46 号 (2016.3.23) JTB グループ九州 北海道で初となる訪日外国人旅行者と地域との交流を目的とした拠点を開設 九州ツーリストインフォメーションセンター福岡 4 月 5 日 ( 火 ) オープン 北海道ツーリストインフォメーションセンター札幌狸小路

More information

7 本時の指導構想 (1) 本時のねらい本時は, 前時までの活動を受けて, 単元テーマ なぜ働くのだろう について, さらに考えを深めるための自己課題を設定させる () 論理の意識化を図る学習活動 に関わって 考えがいのある課題設定 学習課題を 職業調べの自己課題を設定する と設定する ( 学習課題

7 本時の指導構想 (1) 本時のねらい本時は, 前時までの活動を受けて, 単元テーマ なぜ働くのだろう について, さらに考えを深めるための自己課題を設定させる () 論理の意識化を図る学習活動 に関わって 考えがいのある課題設定 学習課題を 職業調べの自己課題を設定する と設定する ( 学習課題 第 1 学年けやき学習 ( 総合的な学習の時間 ) 学習指導案指導者小笠原健浩 1 日時平成 8 年 7 月 1 日 ( 金 ) 公開授業 1 第 1 校時 学級上田中学校 1 年 4 組男子 0 名女子 18 名計 8 名南校舎 4 階 1 年 4 組教室 主題 なぜ働くのだろう 4 主題について 1 学年に行う けやき学習 は, 職業調べ と 小学校訪問 を中核に据えて学習していく 本単元は 学年で行う

More information

スライド 1

スライド 1 平成 23 年 11 月 30 日 ( 水 ) 資料 1 スポーツツーリズム推進連携組織 (JSTA) 第 1 回勉強会 スポーツ基本法について 文部科学省スポーツ 青少年局スポーツ 青少年企画課課長補佐村尾崇 スポーツ振興法の成果と課題 スポーツ振興法は 戦後の生活水準の向上と産業の近代化による余暇の増大などによるスポーツに対する国民の関心の高まりや欲求の拡大を背景に 昭和 39(1964) 年の東京オリンピック開催を契機として

More information

04-03

04-03 現在はまだ試行錯誤の段階ですが 国際共同研究センター 教育研究環境と生活空間一体型の メリットを存分に発揮 では このキャンパスを研究活動 研究セミナー シンポジ ウム 出版などに活用することが期待されています 既に① ミクロ データを用いた高度実証分析②アジア経済の新動向 国内外の研究者や学生の知的資源を活用した国際的研究拠 ③東アジアの融合と共生④中国人留学生のための日本語教育 点というのが 小平国際キャンパスの位置づけです

More information

国際青年育成交流事業(外国青年招へい)

国際青年育成交流事業(外国青年招へい) International Youth Development Exchange Program (INDEX) 2017 国際青年育成交流事業 International Youth Development Exchange Program September 26 - October 11, 2017 国際青年育成交流事業は 皇太子殿下の御成婚を記念して開始された事業で 日本青年を海外に派遣するとともに

More information

はじめに わが国の政府開発援助 ODA は 1954 年に研修員の受入れからスタートし 専門家派遣 開発計画の調査 開発調査 資金協力と様々な援助のツールが導入されるのにともない 社会基盤 教育 保健医療 農業 環境など 幅広い分野の協力を実施してきました その間 1992 年に ODA 大綱が制定

はじめに わが国の政府開発援助 ODA は 1954 年に研修員の受入れからスタートし 専門家派遣 開発計画の調査 開発調査 資金協力と様々な援助のツールが導入されるのにともない 社会基盤 教育 保健医療 農業 環境など 幅広い分野の協力を実施してきました その間 1992 年に ODA 大綱が制定 2018 年度能力強化研修 開発人材のための国際協力基礎講座 2018 年 5 月 ~2019 年 1 月 募集要項 独立行政法人国際協力機構 国際協力人材部 1 はじめに わが国の政府開発援助 ODA は 1954 年に研修員の受入れからスタートし 専門家派遣 開発計画の調査 開発調査 資金協力と様々な援助のツールが導入されるのにともない 社会基盤 教育 保健医療 農業 環境など 幅広い分野の協力を実施してきました

More information

K 快適な S 世界への A アシストをお約束いたします 弊社は発展途上国を含めて 個人 団体の観光旅行から視察旅行や業務渡航の手配まで 安心してお任せいただけるパートナーとして 長年お客様からご愛顧いただいております 旅行業務 公用 一般旅券および査証の申請代行 国際 国内航空券の予約発券と宿泊手配 各種パッケージツアーおよび団体 個人の観光 視察旅行の手配 JR 私鉄乗車券の発券 ロンドン パリ

More information

日本語教育ボランティアの 育成及びスキルアップに係る 事例集 はじめに 東京で暮らす様々な民族 宗教 文化的背景を持った外国人は 平成 30 年 1 月現在で 52 万人を超え 今後も増加が見込まれます そのため 都は 平成 28 年 2 月に策定した 東京都多文化共生推進指針 に基づき 日本人と外国人が共に東京の発展に向けて参加 活躍でき 安心して暮らすことができる多文化共生社会の実現に向け 様々な取組を進めています

More information

3 5 7 9 13 17 19 21 23 27 31 39 43 47 49 5 1 2

3 5 7 9 13 17 19 21 23 27 31 39 43 47 49 5 1 2 KANSAI INTERNATIONAL AIRPORT CO., LTD. Corporate Social Responsibility Report 3 5 7 9 13 17 19 21 23 27 31 39 43 47 49 5 1 2 4 3 6 5 関西国際空港のビジョン アジアそして世界と関西を結ぶ ゲートウェイを目指して 高いポテンシャルを持つ 関西の拠点空港として 大阪国際空港

More information

Outline

Outline エピゲノム エピジェネティクス JST NEDO 公開シンポジウム 生命の適応戦略としてのエピジェネティクスとその破綻による疾患 エピゲノム エピジェネティクス JST NEDO 公開シンポジウム 生命の適応戦略としてのエピジェネティクスとその破綻による疾患 お問い合わせ先 エピジェネティクスの制御と生命機能 領域事務所 E-Mail sympo.epi@jst.go.jp TEL 0952-97-8523

More information

hfw-10year-0723

hfw-10year-0723 01 02 03 06 11 12 13 14 15 16 17 18 00 01 02 03 04 05 06 07 08 09 2000-2009 8365 84200 83200 84800 92300 86300 102000 84200 83200 84800 92300 96300 102000 9172 8254 154121 198169 127135 1984-2000 2000

More information

要覧2016.indd

要覧2016.indd インクルーシブ教育システム構築に向けた支援 インクルーシブ教育システム推進センター 平成28年4月 インクルーシブ教育システムの構築に向けた 地域や教育現場における取組を支援することを目的として イ ンクルーシブ教育システム推進センター を開設しました 同センターでは 地域が直面する課題に対応した研究 地域 実践研究 の推進 国際的動向の把握や海外との研究交流 イ ンクルーシブ教育システム構築を支援するデータベースの整備

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション Fujitsu Technology and Service Vision 2014 目次 1 あらゆるものがつながって情報がやりとりされ 人々が今までの垣根を越えて協働していく世界 これからの新たな世界 ハイパーコネクテッド ワールド 2 3 イノベーションへの新たなアプローチ ヒューマンセントリック イノベーション 人 情報 インフラ の 3 つの経営資源を融合させることによって 新たなイノベーションを生み出すこと

More information

自治体アンテナショップ研修 視察等実績一覧内容 開催日時平成 25 年 2 月 6 日 ( 水 ) 研修 ( 財 ) 地域活性化センター会議室 視察 富士の国やまなし館 ( 山梨県 ) 11 テーマ 地域活性化と自治体アンテナショップ JICA 国別研修 ケニア / 一村一品サービス改善プロジェクト

自治体アンテナショップ研修 視察等実績一覧内容 開催日時平成 25 年 2 月 6 日 ( 水 ) 研修 ( 財 ) 地域活性化センター会議室 視察 富士の国やまなし館 ( 山梨県 ) 11 テーマ 地域活性化と自治体アンテナショップ JICA 国別研修 ケニア / 一村一品サービス改善プロジェクト 自治体アンテナショップ研修 視察等実績一覧内容 開催日時平成 21 年 10 月 30 日 ( 金 ) 研修 有楽町 ふるさと情報プラザ 視察 ぐんまちゃんち ( 群馬県 ) 銀座熊本館 ( 熊本県 ) かごしま遊楽館 ( 鹿児島県 ) 1 テーマ農村女性起業とアンテナショップ 地域活性化センター 2018.3.13 更新 ( 社 ) 農山漁村女性 生活活動支援協会 (JICA 委託事業 ) 日本国際協力センター

More information

01-02_入稿_0415

01-02_入稿_0415 2017年度 学校案内 日本農業経営大学校 http://jaiam.afj.or.jp/ お問い合わせ先 日本農業経営大学校 一般社団法人アグリフューチャージャパン 108-0075 東京都港区港南2丁目10番13号 農林中央金庫品川研修センター5階 TEL 03-5781-3751 admission@afj.or.jp 日本の農業を切り拓く 農業経営者へ 農業の可能性を具現させる農業経営者の育成に

More information

4. 共同企業体を結成する場合 構成企業情報 共同企業体を結成しない場合は空白のままご提出ください 構成企業 1 名 企業所在地域 ( 都道府県 )( 選択ください ) 郵便番号 本社所在地住所 TEL 代表者役職 ( 登記簿上の役職名 ) 代表者名 担当者所属部署名 担当者役職 担当

4. 共同企業体を結成する場合 構成企業情報 共同企業体を結成しない場合は空白のままご提出ください 構成企業 1 名 企業所在地域 ( 都道府県 )( 選択ください ) 郵便番号 本社所在地住所 TEL  代表者役職 ( 登記簿上の役職名 ) 代表者名 担当者所属部署名 担当者役職 担当 提案法人情報 1. 応募形態情報 ( 右欄に応募形態を 1 つをチェック ) プロポーザルにご記載いただいている内容と齟齬のないようにご記載ください 別添 1< 様式 4> 2. 調査概要 プロポーザルと同じ内容をご記載ください 調査名 対象国 ( その他の国がある場合 ) 対象分野 (1~15から選択ください) 対象分野 (15 その他の場合 ) 案件概要 15 その他を選択した場合 具体的に記載してください

More information

地方創生支援 地方公共団体と金融機関をつなぐプラットフォーム ~ 四国経済の活性化 地方創生に向けた取組のサポート ~ 四国財務局及び管内財務事務所 平成 26 年度より開催している 四国財務局地域活性化セミナー 国の補助制度等合同説明会 をより進化 拡充して開催 各県にて開催してほしい との出席者

地方創生支援 地方公共団体と金融機関をつなぐプラットフォーム ~ 四国経済の活性化 地方創生に向けた取組のサポート ~ 四国財務局及び管内財務事務所 平成 26 年度より開催している 四国財務局地域活性化セミナー 国の補助制度等合同説明会 をより進化 拡充して開催 各県にて開催してほしい との出席者 8. 四国財務局 地方公共団体と金融機関をつなぐプラットフォーム ~ 四国経済の活性化 地方創生に向けた取組のサポート ~ 局 管内地方創生支援 92 若手職員による地方創生フォーラム で地方創生支援 ~ 企画立案から実行まで全てを若手 PT で ~ 局地方創生支援 93 地元大学との連携による地方創生支援 ~ インターンシップを通じた地域貢献 ~ 局 高知地方創生支援 94 若手職員を中心とした広報活動等への取組

More information

2018 年度 ( 平成 30 年度 ) 事業計画書 協会自主事業 公益財団法人和歌山県国際交流協会

2018 年度 ( 平成 30 年度 ) 事業計画書 協会自主事業 公益財団法人和歌山県国際交流協会 2018 年度 ( 平成 30 年度 ) 事業計画書 協会自主事業 公益財団法人和歌山県国際交流協会 2018 年度 ( 平成 30 年度 ) 事業計画 当協会の更なる発展をめざし 改めて当協会の持つ社会的使命の重要性を再認識するととも に 公益財団法人としての適切な運営と組織 体制の強化を図り 自立に向けて各種事業をよ り積極的に展開する 1. 国際交流を促進するための各種事業の企画 実施 3,702

More information

<4D F736F F F696E74202D208E9197BF C815B B838A CC95FB8CFC90AB205B8CDD8AB B83685D>

<4D F736F F F696E74202D208E9197BF C815B B838A CC95FB8CFC90AB205B8CDD8AB B83685D> 資料 1 スポーツツーリズム推進の方向性 スポーツツーリズムを推進する意義と インバウンド拡大に向けたビジョンの確認 スポーツツーリズム推進連絡会議事務局 スポーツツーリズム推進の意義 1 スポーツツーリズム推進の意義 観光立国日本の実現 に向け スポーツツーリズム の役割を明確にし スポーツツーリズム 推進基本方針 の策定につなげていきます スポーツツーリズムとは? スポーツを 観る ( 観戦 )

More information