1

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "1"

Transcription

1 別 添 5-4 事 後 調 査 の 計 画 事 後 調 査 項 目 の 選 定 事 後 調 査 の 計 画 1038

2

3 1 事 後 調 査 項 目 の 選 定 事 後 調 査 を 実 施 する 必 要 のある 項 目 の 選 定 にあたっては 別 添 5-2 環 境 影 響 予 測 評 価 (P.193)の 結 果 を 基 に 表 5-4-1に 示 すとおり 選 定 した 表 事 後 調 査 項 目 の 選 定 及 び 事 後 調 査 を 実 施 しない 理 由 区 分 工 事 中 工 事 完 了 後 供 用 開 始 後 事 後 調 査 を 実 施 しない 理 由 等 評 価 項 目 大 気 汚 染 二 酸 化 硫 黄 環 境 基 準 浮 遊 粒 子 状 物 質 - - 設 定 項 目 二 酸 化 窒 素 - - ダイオキシン 類 規 制 物 質 塩 化 水 素 粉 じん - 下 記 ア イ ウのいずれにも 該 当 しない 水 質 汚 濁 濁 りの 指 標 - 下 記 ア イ ウのいずれにも 該 当 しない 生 活 環 境 項 目 汚 れの 指 標 - - 下 記 ア イ ウのいずれにも 該 当 しない 土 壌 汚 染 土 壌 汚 染 - 下 記 ア イ ウのいずれにも 該 当 しない 騒 音 低 周 波 音 騒 音 - - 低 周 波 音 振 動 振 動 - - 悪 臭 悪 臭 廃 棄 物 発 生 土 廃 棄 物 - - 下 記 ア イ ウのいずれにも 該 当 しない 発 生 土 - - 下 記 ア イ ウのいずれにも 該 当 しない 水 象 河 川 - - 下 記 ア イ ウのいずれにも 該 当 しない 地 象 傾 斜 地 の 崩 壊 - - 下 記 ア イ ウのいずれにも 該 当 しない 植 物 動 物 生 態 系 植 物 - 動 物 - 下 記 ア イ ウのいずれにも 該 当 しない 水 生 生 物 - 下 記 ア イ ウのいずれにも 該 当 しない 生 態 系 - 下 記 ア イ ウのいずれにも 該 当 しない 景 観 景 観 - - 下 記 ア イ ウのいずれにも 該 当 しない レクリエーション 資 源 レクリエーション 資 源 下 記 ア イ ウのいずれにも 該 当 しない 温 室 効 果 ガス 温 室 効 果 ガス - 下 記 ア イ ウのいずれにも 該 当 しない 安 全 危 険 物 等 - - 下 記 ア イ ウのいずれにも 該 当 しない 交 通 - 下 記 ア イ ウのいずれにも 該 当 しない 注 ) : 事 後 調 査 を 実 施 する 項 目 : 事 後 調 査 を 実 施 しない 項 目 -: 予 測 評 価 を 実 施 していない 項 目 を 表 す なお 表 中 の 事 後 調 査 を 実 施 しない 理 由 等 欄 におけるア イ ウは 下 記 のとおりである ア. 予 測 の 精 度 が 十 分 でなく 検 証 を 要 するもの イ. 効 果 が 出 現 するのに 時 間 を 要 するか 又 は 効 果 に 係 る 知 見 が 不 十 分 な 環 境 保 全 対 策 を 講 ずるもの ウ. 将 来 において 周 辺 状 況 に 変 化 が 生 じること 等 が 予 想 され 事 後 調 査 の 結 果 に 基 づく 環 境 保 全 対 策 の 修 正 等 があらかじめ 見 込 まれるもの

4 2 事 後 調 査 の 計 画 2.1 大 気 汚 染 工 事 中 の 資 材 運 搬 車 両 等 の 走 行 に 伴 う 大 気 汚 染 評 価 物 質 の 影 響 供 用 開 始 後 の 廃 棄 物 処 理 施 設 の 稼 働 に 伴 う 煙 突 排 ガスによる 大 気 汚 染 評 価 物 質 の 影 響 及 び 関 係 車 両 の 走 行 に 伴 う 大 気 汚 染 評 価 物 質 の 影 響 とする 工 事 中 の 資 材 運 搬 車 両 等 の 走 行 に 伴 う 大 気 汚 染 評 価 物 質 の 影 響 については 別 添 (3) 大 気 汚 染 評 価 物 質 等 の 濃 度 の 状 況 (P.197)に 示 した 道 路 沿 道 大 気 現 地 調 査 地 点 のうち 平 作 山 科 台 芦 名 及 び 開 通 後 の 久 里 浜 田 浦 線 の 道 路 沿 道 の 計 4 地 点 と する 供 用 開 始 後 の 廃 棄 物 処 理 施 設 の 稼 働 に 伴 う 煙 突 排 ガスによる 大 気 汚 染 評 価 物 質 の 影 響 については 別 添 (5) 予 測 結 果 (P.626)に 示 した 最 大 着 地 濃 度 出 現 地 点 付 近 の1 地 点 とする 関 係 車 両 の 走 行 に 伴 う 大 気 汚 染 評 価 物 質 の 影 響 については 工 事 中 と 同 様 の 道 路 沿 道 4 地 点 とする (3) 事 後 調 査 時 点 工 事 中 の 資 材 運 搬 車 両 等 の 走 行 に 伴 う 大 気 汚 染 評 価 物 質 の 影 響 については 各 種 工 事 の 資 材 運 搬 車 両 等 の 走 行 に 伴 う 複 合 影 響 が 最 大 となる 時 期 の1 年 間 のうち1 季 1 週 間 とす る 供 用 開 始 後 の 廃 棄 物 処 理 施 設 の 稼 働 に 伴 う 煙 突 排 ガスによる 大 気 汚 染 評 価 物 質 の 影 響 については 廃 棄 物 処 理 施 設 の 稼 働 が 定 常 の 状 態 となる 時 期 の1 年 間 のうち4 季 各 季 1 週 間 とする 関 係 車 両 の 走 行 に 伴 う 大 気 汚 染 評 価 物 質 の 影 響 については 廃 棄 物 処 理 施 設 の 稼 働 が 定 常 の 状 態 となる 第 2 段 階 ( 既 設 道 路 の 改 修 完 了 後 )のうち1 季 1 週 間 とする (4) 事 後 調 査 方 法 等 別 添 (3) 大 気 汚 染 評 価 物 質 等 の 濃 度 の 状 況 (P.197)に 示 した 現 地 調 査 方 法 と 同 様 とし 工 事 中 の 資 材 運 搬 車 両 等 の 走 行 に 伴 う 大 気 汚 染 評 価 物 質 の 影 響 につい ては 窒 素 酸 化 物 ( 二 酸 化 窒 素 一 酸 化 窒 素 ) 浮 遊 粒 子 状 物 質 を 対 象 とする 供 用 開 始 後 の 廃 棄 物 処 理 施 設 の 稼 働 に 伴 う 煙 突 排 ガスによる 大 気 汚 染 評 価 物 質 の 影 響 については 二 酸 化 硫 黄 窒 素 酸 化 物 ( 二 酸 化 窒 素 及 び 一 酸 化 窒 素 ) 浮 遊 粒 子 状 物 質 塩 化 水 素 及 びダイオキシン 類 を 対 象 とする 関 係 車 両 の 走 行 に 伴 う 大 気 汚 染 評 価 物 質 の 影 響 については 窒 素 酸 化 物 ( 二 酸 化 窒 素 一 酸 化 窒 素 ) 浮 遊 粒 子 状 物 質 を 対 象 と する なお 大 気 汚 染 の 事 後 調 査 については 各 現 地 調 査 地 点 において 風 向 風 速 の 測 定 を

5 行 う 風 向 風 速 の 現 地 調 査 方 法 については 別 添 (5) 気 象 の 状 況 (P.206) に 示 すとおりである 予 測 の 結 果 と 事 後 調 査 の 結 果 を 比 較 する (6) 提 出 時 期 工 事 中 に1 回 及 び 供 用 開 始 後 に1 回 事 後 調 査 を 実 施 した 後 他 の 事 後 調 査 項 目 と 合 わ せ 速 やかに 提 出 する 2.2 騒 音 低 周 波 音 工 事 中 の 資 材 運 搬 車 両 等 の 走 行 に 伴 う 道 路 交 通 騒 音 レベル 及 び 自 動 車 交 通 量 供 用 開 始 後 の 廃 棄 物 処 理 施 設 の 稼 働 に 伴 う 工 場 騒 音 レベル 及 び 低 周 波 音 の 音 圧 レベル 関 係 車 両 の 走 行 に 伴 う 道 路 交 通 騒 音 レベル 及 び 自 動 車 交 通 量 とする 工 事 中 の 道 路 交 通 騒 音 レベル 及 び 自 動 車 交 通 量 については 別 添 (4) 騒 音 レベル 及 び 低 周 波 音 の 音 圧 レベルの 状 況 (P.281)に 示 した 道 路 交 通 騒 音 現 地 調 査 地 点 のうち 平 作 山 科 台 芦 名 及 び 開 通 後 の 久 里 浜 田 浦 線 の 道 路 沿 道 の 計 4 地 点 とする 供 用 開 始 後 の 工 場 騒 音 レベル 及 び 低 周 波 音 の 音 圧 レベルについては 廃 棄 物 処 理 施 設 の 敷 地 境 界 2 地 点 とし 道 路 交 通 騒 音 レベル 及 び 自 動 車 交 通 量 については 工 事 中 と 同 様 の 道 路 沿 道 4 地 点 とする (3) 事 後 調 査 時 点 工 事 中 の 道 路 交 通 騒 音 レベル 及 び 自 動 車 交 通 量 については 各 種 工 事 の 資 材 運 搬 車 両 等 の 走 行 に 伴 う 複 合 影 響 が 最 大 となる 時 期 の1 日 のうち 各 種 工 事 の 資 材 運 搬 車 両 等 の 走 行 時 間 帯 とする 供 用 開 始 後 の 工 場 騒 音 レベル 及 び 低 周 波 音 の 音 圧 レベルについては 廃 棄 物 処 理 施 設 の 稼 働 が 定 常 の 状 態 となる 時 期 の1 日 間 とする 道 路 交 通 騒 音 レベル 及 び 自 動 車 交 通 量 は 廃 棄 物 処 理 施 設 の 稼 働 が 定 常 の 状 態 となる 第 2 段 階 ( 既 設 道 路 の 改 修 完 了 後 )の1 日 のうち 関 係 車 両 の 走 行 時 間 帯 とする (4) 事 後 調 査 方 法 等 騒 音 レベル 及 び 低 周 波 音 の 音 圧 レベルについては 別 添 (4) 騒 音 レベル 及 び 低 周 波 音 の 音 圧 レベルの 状 況 (P.279)に 示 した 現 地 調 査 方 法 と 同 様 とする 自 動

6 車 交 通 量 については 別 添 (3) 騒 音 及 び 低 周 波 音 の 発 生 源 の 状 況 (P.271) に 示 した 現 地 調 査 方 法 と 同 様 とする 予 測 の 結 果 と 事 後 調 査 の 結 果 を 比 較 する (6) 提 出 時 期 工 事 中 に1 回 及 び 供 用 開 始 後 に1 回 事 後 調 査 を 実 施 した 後 他 の 事 後 調 査 項 目 と 合 わ せ 速 やかに 提 出 する 2.3 振 動 工 事 中 の 資 材 運 搬 車 両 等 の 走 行 に 伴 う 道 路 交 通 振 動 レベル 供 用 開 始 後 の 廃 棄 物 処 理 施 設 の 稼 働 に 伴 う 工 場 振 動 レベル 及 び 関 係 車 両 の 走 行 に 伴 う 道 路 交 通 振 動 レベルとす る 工 事 中 の 道 路 交 通 振 動 レベルは 別 添 (4) 振 動 レベルの 状 況 (P.305) に 示 した 道 路 交 通 振 動 現 地 調 査 地 点 のうち 平 作 山 科 台 芦 名 及 び 開 通 後 の 久 里 浜 田 浦 線 の 道 路 沿 道 の 計 4 地 点 とする 供 用 開 始 後 の 工 場 振 動 レベルは 廃 棄 物 処 理 施 設 の 敷 地 境 界 2 地 点 とし 道 路 交 通 振 動 レベルは 工 事 中 と 同 様 の 道 路 沿 道 4 地 点 とする (3) 事 後 調 査 時 点 工 事 中 の 道 路 交 通 振 動 レベルについては 各 種 工 事 の 資 材 運 搬 車 両 等 の 走 行 に 伴 う 複 合 影 響 が 最 大 となる 時 期 の1 日 のうち 各 種 工 事 の 資 材 運 搬 車 両 等 の 走 行 時 間 帯 とする 供 用 開 始 後 の 工 場 振 動 レベルは 廃 棄 物 処 理 施 設 の 稼 働 が 定 常 の 状 態 となる 時 期 の1 日 間 とする 道 路 交 通 振 動 レベルは 廃 棄 物 処 理 施 設 の 稼 働 が 定 常 の 状 態 となる 第 2 段 階 ( 既 設 道 路 の 改 修 完 了 後 )の1 日 のうち 関 係 車 両 の 走 行 時 間 帯 とする (4) 事 後 調 査 方 法 等 る 別 添 (4) 振 動 レベルの 状 況 (P.304)に 示 した 現 地 調 査 方 法 と 同 様 とす 予 測 の 結 果 と 事 後 調 査 の 結 果 を 比 較 する

7 (6) 提 出 時 期 工 事 中 に1 回 及 び 供 用 開 始 後 に1 回 事 後 調 査 を 実 施 した 後 他 の 事 後 調 査 項 目 と 合 わ せ 速 やかに 提 出 する 2.4 悪 臭 供 用 開 始 後 の 廃 棄 物 処 理 施 設 の 稼 働 に 伴 う 悪 臭 の 影 響 とする 別 添 (2) 悪 臭 物 質 の 濃 度 等 の 状 況 (P.317)に 示 した 敷 地 境 界 における 現 地 調 査 地 点 2 地 点 とする (3) 事 後 調 査 時 点 廃 棄 物 処 理 施 設 の 稼 働 が 定 常 の 状 態 となる 時 期 で 影 響 が 最 大 となる 時 期 の 施 設 稼 働 時 1 日 間 及 び 休 炉 時 1 日 間 とする (4) 事 後 調 査 方 法 等 別 添 (2) 悪 臭 物 質 の 濃 度 等 の 状 況 (P.317)に 示 した 現 地 調 査 方 法 と 同 様 とし 臭 気 指 数 を 対 象 とする 予 測 の 結 果 と 事 後 調 査 の 結 果 を 比 較 する (6) 提 出 時 期 供 用 開 始 後 に1 回 事 後 調 査 を 実 施 した 後 他 の 事 後 調 査 項 目 と 合 わせ 速 やかに 提 出 する 2.5 植 物 搬 入 道 路 の 新 設 工 事 及 び 存 在 により 重 要 な 植 物 のツルギキョウが 消 失 する 可 能 性 が あることから やむを 得 ず 改 変 する 場 合 専 門 家 等 に 相 談 しつつ 移 植 等 の 保 全 措 置 を 行 う このため 保 全 措 置 として 移 植 を 実 施 した 場 合 の 移 植 地 における 定 着 状 況 につ いて 事 後 調 査 を 行 う 移 植 を 行 った 地 点 とする

8 (3) 事 後 調 査 時 点 本 種 の 開 花 時 期 は 夏 季 ~ 秋 季 であることから 移 植 を 実 施 した 翌 年 の 開 花 時 期 とする (4) 事 後 調 査 方 法 移 植 地 点 において 活 着 状 況 などを 確 認 記 録 する 移 植 後 のモニタリング 調 査 により 環 境 保 全 措 置 の 効 果 を 検 証 する (6) 提 出 時 期 る 工 事 中 に 1 回 事 後 調 査 を 実 施 した 後 他 の 事 後 調 査 項 目 と 合 わせ 速 やかに 提 出 す (7)その 他 :ツルギキョウの 移 植 計 画 ( 案 ) ア 移 植 時 期 晩 秋 季 (11 月 頃 )もしくは 春 季 (3~4 月 ) 移 植 時 期 は 一 般 的 には 夏 季 や 冬 季 ( 消 耗 が 激 しい 乾 燥 しやすい) 開 花 期 (エ ネルギーの 消 費 が 大 きい)を 避 け 開 花 や 生 長 が 始 まる 春 季 ( 養 分 を 蓄 え 元 気 な 状 態 のため 活 着 しやすい)や 休 眠 期 に 向 かう 晩 秋 季 ( 生 長 活 動 が 穏 やかで 移 植 の 刺 激 に 順 応 しやすい)に 行 うのが 良 いとされている イ 移 植 作 業 ア) 移 植 個 体 の 確 認 および 移 植 場 所 の 選 定 移 植 元 ( 現 生 育 地 )において 移 植 個 体 を 確 認 する 移 植 時 期 は 晩 秋 で 地 上 部 が 枯 死 している 可 能 性 があるため 秋 季 の 花 や 果 実 がある 時 期 に 移 植 個 体 を 認 識 する ためマーキングを 施 す 移 植 元 の 生 育 環 境 ( 生 育 状 況 立 地 土 壌 条 件 周 辺 の 植 生 など)を 確 認 し 移 植 適 地 を 選 定 する 移 植 先 は 非 改 変 地 にあり できるだけ 元 の 生 育 環 境 に 類 似 した 場 所 とする イ) 移 植 作 業 生 育 していた 箇 所 を 中 心 にできるだけ 多 くの 土 壌 と 共 に 掘 り 取 り 運 搬 する その 際 根 をできるだけ 傷 つけないように 注 意 する あらかじめ 選 定 しておいた 移 植 先 に おいて 移 植 元 から 運 搬 してきた 土 壌 と 共 に 植 え 付 ける 移 植 箇 所 に 十 分 灌 水 し 周 辺 の 土 壌 となじませる 移 植 箇 所 には 事 後 のモニタリングに 備 えマーキングを 施 し 人 や 獣 などによる 踏 みつけや 掘 り 返 しがないように 対 策 をとる

9 ウ) 移 植 後 のモニタリング 本 種 の 開 花 時 期 は 夏 季 ~ 秋 季 である 翌 年 の 開 花 時 期 に 活 着 状 況 などを 確 認 記 録 する 結 果 に 応 じて 今 後 のモニタリングや 管 理 計 画 を 検 討 する 2.6 景 観 供 用 開 始 後 の 廃 棄 物 処 理 施 設 の 存 在 に 伴 う 景 観 への 影 響 とする 事 業 の 実 施 に 伴 い 失 われた 既 存 のハイキングコース( 衣 笠 コース)の 代 替 ルートであ る 新 ハイキングコースのうち 廃 棄 物 処 理 施 設 の 存 在 が 景 観 へ 与 える 影 響 を 的 確 に 把 握 できる 1 地 点 とする (3) 事 後 調 査 時 点 廃 棄 物 処 理 施 設 の 稼 働 が 定 常 の 状 態 となる 時 期 とする (4) 事 後 調 査 方 法 等 別 添 (3) 主 要 な 眺 望 景 観 及 び 身 近 な 景 観 の 状 況 (P.500)に 示 した 現 地 調 査 方 法 と 同 様 とする 予 測 の 結 果 と 事 後 調 査 の 結 果 を 比 較 する (6) 提 出 時 期 供 用 開 始 後 に1 回 事 後 調 査 を 実 施 した 後 他 の 事 後 調 査 項 目 と 合 わせ 速 やかに 提 出 する

10 2.7 事 後 調 査 書 の 提 出 時 期 事 後 調 査 書 の 提 出 時 期 は 表 5-4-2に 示 すとおりである 表 事 後 調 査 書 の 提 出 時 期 事 後 調 査 時 期 事 後 調 査 項 目 事 後 調 査 書 提 出 時 期 工 事 中 供 用 開 始 後 大 気 汚 染 騒 音 低 周 波 音 ( 騒 音 のみ) 振 動 植 物 大 気 汚 染 騒 音 低 周 波 音 振 動 悪 臭 景 観 各 種 工 事 の 資 材 運 搬 車 両 等 の 複 合 影 響 が 最 大 となる 時 期 の1 年 間 及 び 工 事 中 に 事 後 調 査 を 実 施 した 後 全 項 目 合 わ せて1 回 提 出 する 施 設 の 稼 働 が 定 常 の 状 態 となる 時 期 及 び 廃 棄 物 処 理 施 設 の 稼 働 が 定 常 の 状 態 となる 第 2 段 階 ( 既 設 道 路 の 改 修 完 了 後 )に 事 後 調 査 を 実 施 した 後 全 項 目 合 わせて1 回 提 出 する

Microsoft Word - 答申本文.doc

Microsoft Word - 答申本文.doc 第 3 章 窒 素 酸 化 物 対 策 の 環 境 改 善 効 果 予 測 1 対 策 効 果 予 測 について 第 2 章 で 検 討 した 更 なる 対 策 について 対 策 の 実 施 による 将 来 の NOx 排 出 量 や 環 境 濃 度 の 低 減 効 果 等 を 把 握 することは 対 策 を 進 めていく 上 で 重 要 な 根 拠 となる そのため 第 1 章 -3で 設 定 した

More information

湛 江 漁 港 公 有 水 面 埋 立 出 願 の 概 要 1. 出 願 人 笠 岡 市 長 高 木 直 矢 2. 埋 立 位 置 A 区 域 B 区 域 C 区 域 岡 山 県 笠 岡 市 六 島 字 湛 江 浦 7495 番 の 地 先 公 有 水 面 岡 山 県 笠 岡 市 六 島 字 湛 江

湛 江 漁 港 公 有 水 面 埋 立 出 願 の 概 要 1. 出 願 人 笠 岡 市 長 高 木 直 矢 2. 埋 立 位 置 A 区 域 B 区 域 C 区 域 岡 山 県 笠 岡 市 六 島 字 湛 江 浦 7495 番 の 地 先 公 有 水 面 岡 山 県 笠 岡 市 六 島 字 湛 江 事 業 者 資 料 湛 江 漁 港 ( 笠 岡 市 六 島 ) 公 有 水 面 埋 立 出 願 について 出 願 者 : 笠 岡 市 湛 江 漁 港 公 有 水 面 埋 立 出 願 の 概 要 1. 出 願 人 笠 岡 市 長 高 木 直 矢 2. 埋 立 位 置 A 区 域 B 区 域 C 区 域 岡 山 県 笠 岡 市 六 島 字 湛 江 浦 7495 番 の 地 先 公 有 水 面 岡 山 県

More information

があることに 留 意 し 必 要 に 応 じて 例 えば 汚 泥 ( 含 水 率 何 パーセント 以 下 の 無 機 性 のものに 限 る ) のように 限 定 するものであること 具 体 的 な 申 請 書 の 記 載 については 後 述 する 許 可 証 の 記 載 の 例 によるものとするこ

があることに 留 意 し 必 要 に 応 じて 例 えば 汚 泥 ( 含 水 率 何 パーセント 以 下 の 無 機 性 のものに 限 る ) のように 限 定 するものであること 具 体 的 な 申 請 書 の 記 載 については 後 述 する 許 可 証 の 記 載 の 例 によるものとするこ 平 成 25 年 3 月 29 日 環 廃 産 発 第 13032910 号 各 都 道 府 県 政 令 市 産 業 廃 棄 物 行 政 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 環 境 省 大 臣 官 房 廃 棄 物 リサイクル 対 策 部 産 業 廃 棄 物 課 長 産 業 廃 棄 物 処 理 業 及 び 特 別 管 理 産 業 廃 棄 物 処 理 業 並 びに 産 業 廃 棄 物 処 理 施 設 の 許

More information

複 数 案 の 設 定 1.1 計 画 段 階 配 慮 を 実 施 する 時 期 < 基 本 的 事 項 > (1) ( 基 本 的 事 項 には 記 述 なし) < 配 慮 書 作 成 にあたっての 留 意 点 > 1) 計 画 段 階 配 慮 の 目 的 は 重 大 な 影 響 の 回 避 低

複 数 案 の 設 定 1.1 計 画 段 階 配 慮 を 実 施 する 時 期 < 基 本 的 事 項 > (1) ( 基 本 的 事 項 には 記 述 なし) < 配 慮 書 作 成 にあたっての 留 意 点 > 1) 計 画 段 階 配 慮 の 目 的 は 重 大 な 影 響 の 回 避 低 資 料 2-2 Ⅱ 技 術 ガイド 総 論 編 11 複 数 案 の 設 定 1.1 計 画 段 階 配 慮 を 実 施 する 時 期 < 基 本 的 事 項 > (1) ( 基 本 的 事 項 には 記 述 なし) < 配 慮 書 作 成 にあたっての 留 意 点 > 1) 計 画 段 階 配 慮 の 目 的 は 重 大 な 影 響 の 回 避 低 減 である このことから 計 画 段 階 配 慮

More information

工 事 設 計 書 施 行 年 度 平 成 26 年 度 契 約 番 号 4261000060 工 事 名 平 成 26 年 度 水 道 広 域 化 促 進 事 業 舗 装 復 旧 工 事 ( 佐 那 具 工 業 団 地 工 区 ) 施 工 場 所 千 歳 地 内 課 長 係 長 工 種 開 削 工 事 及 び 小 口 径 推 進 工 事 積 算 者 検 算 者 設 計 金 額 円 内 消 費 税

More information

図面審査指導基準

図面審査指導基準 ビル 衛 生 管 理 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 基 準 第 1 目 的 この 基 準 は 特 定 建 築 物 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 について 必 要 な 事 項 を 定 め 適 正 かつ 統 一 性 のある 指 導 を 行 うことにより 特 定 建 築 物 の 良 好 な 衛 生 的 環 境 を 確 保 し もって 町 田 市

More information

(2)その 他 項 目 1 施 設 内 外 の 定 期 清 掃 及 び 環 境 整 備 等 業 務 2 完 成 図 書 及 び 関 係 貸 与 書 類 の 保 管 及 び 台 帳 作 成 業 務 3 休 日 夜 間 等 の 連 絡 業 務 4 警 報 発 報 時 火 災 大 雨 及 び 台 風 等

(2)その 他 項 目 1 施 設 内 外 の 定 期 清 掃 及 び 環 境 整 備 等 業 務 2 完 成 図 書 及 び 関 係 貸 与 書 類 の 保 管 及 び 台 帳 作 成 業 務 3 休 日 夜 間 等 の 連 絡 業 務 4 警 報 発 報 時 火 災 大 雨 及 び 台 風 等 伊 賀 市 浄 化 センター 第 1 処 理 場 委 託 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 伊 賀 市 ( 以 下 市 という ) 浄 化 センター 第 1 処 理 場 の 運 転 管 理 業 務 に 関 し 適 正 に 委 託 業 務 を 行 うため 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とする ( 業 務 の 名 称 及 び 履 行

More information

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地 仕 様 書 1 業 務 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 における 土 壌 汚 染 調 査 にかかる 土 地 履 歴 調 査 業 務 委 託 2 業 務 期 間 契 約 日 ~ 平 成 27 年 3 月 20 日 3 実 施 場 所 ( 対 象 地 ) (1) 用 地 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 (2) 地 番 大 阪 市 浪 速 区 恵 美 須 西 3 丁 目 13 番 5 (3) 面 積

More information

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について 日 環 協 第 8 号 平 成 2 5 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 土 壌 汚 染 対 策 法 政 令 市 市 長 殿 公 益 財 団 法 人 日 本 環 境 協 会 理 事 長 森 嶌 昭 夫 土 壌 環 境 保 全 対 策 推 進 助 成 金 交 付 事 業 実 施 要 領 の 変 更 について 当 協 会 の 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 の 御 協 力 を

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6328FCD5F8E968BC682CC96DA93498B7982D193E097652E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6328FCD5F8E968BC682CC96DA93498B7982D193E097652E646F6378> 第 2 章 事 業 の 目 的 及 び 内 容 第 2 章 事 業 の 目 的 及 び 内 容 2.1 事 業 の 目 的 我 が 国 のエネルギー 政 策 のグランドデザインは 慎 重 に 描 く 必 要 性 がある 一 方 で 国 内 の 電 力 需 給 は 今 後 数 年 間 厳 しい 状 況 が 継 続 する 見 通 しであり 一 日 も 早 い 新 規 電 源 の 開 発 が 求 められている

More information

(4) 関 係 市 町 村 大 規 模 店 舗 の 敷 地 ( 建 築 物 が 設 置 される 土 地 及 びその 周 辺 の 土 地 ( 当 該 建 築 物 を 使 用 し 又 は 管 理 する 者 がその 効 用 を 増 加 させるために 所 有 権 その 他 の 権 原 に 基 づいて 使 用

(4) 関 係 市 町 村 大 規 模 店 舗 の 敷 地 ( 建 築 物 が 設 置 される 土 地 及 びその 周 辺 の 土 地 ( 当 該 建 築 物 を 使 用 し 又 は 管 理 する 者 がその 効 用 を 増 加 させるために 所 有 権 その 他 の 権 原 に 基 づいて 使 用 鳥 取 県 大 規 模 店 舗 立 地 誘 導 条 例 ( 平 成 21 年 3 月 27 日 鳥 取 県 条 例 第 5 号 ) 目 次 前 文 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 7 条 ) 第 2 章 大 規 模 店 舗 の 立 地 の 誘 導 ( 第 8 条 - 第 17 条 ) 第 3 章 雑 則 ( 第 18 条 - 第 20 条 ) 附 則 本 県 には 都 市 部 はもちろん

More information

平 成 26 年 度 横 田 基 地 対 策 に 関 する 要 望 書 在 日 米 軍 兼 第 5 空 軍 司 令 部 司 令 官 サルバトーレ A.アンジェレラ 中 将 殿 在 日 米 軍 横 田 基 地 第 374 空 輸 航 空 団 司 令 部 司 令 官 ダグラス C.デラマター 大 佐 殿 平 成 26 年 12 月 11 日 横 田 基 地 に 関 する 東 京 都 と 周 辺 市 町

More information

3 技術資料

3 技術資料 3-2 東 京 都 における 制 度 住 民 が 地 域 社 会 における 生 活 環 境 の 保 全 のために 企 業 に 対 して 公 害 防 止 をはじめとす る 々の 要 求 を 行 うことは いわば 住 民 の 基 本 的 な 権 利 です また 企 業 が 地 域 において 安 定 な 事 業 活 動 を 行 うには 公 害 防 止 や 環 境 管 理 に 関 する 活 動 について 住

More information

平成28年度 南但広域行政事務組合・一般廃棄物処理実施計画

平成28年度 南但広域行政事務組合・一般廃棄物処理実施計画 平 成 28 年 度 一 般 廃 棄 物 (ごみ) 処 理 実 施 計 画 書 平 成 28 年 3 月 31 日 第 1 版 平 成 28 年 3 月 南 但 広 域 行 政 事 務 組 合 平 成 28 年 度 一 般 廃 棄 物 (ごみ) 処 理 実 施 計 画 平 成 28 年 3 月 1 基 本 的 事 項 (1) 計 画 区 域 南 但 地 域 全 域 ( 養 父 市 朝 来 市 の 全

More information

附 則 別 表 生 物 化 学 的 酸 素 要 求 量 化 学 的 酸 素 要 求 量 項 目 /16 甲 水 域 備 考 1 甲 水 域 とは 次 に 掲 げる 河 川 (その 支 派 川 を 含 む ) 及 びこれに 接 続 し 流 入 する 水 路 の 水 域 をいう 千 歳 川

附 則 別 表 生 物 化 学 的 酸 素 要 求 量 化 学 的 酸 素 要 求 量 項 目 /16 甲 水 域 備 考 1 甲 水 域 とは 次 に 掲 げる 河 川 (その 支 派 川 を 含 む ) 及 びこれに 接 続 し 流 入 する 水 路 の 水 域 をいう 千 歳 川 大 気 汚 染 防 止 法 第 4 条 第 1 項 の 規 定 による 排 出 基 準 及 び 水 質 汚 濁 防 止 法 第 3 条 第 3 項 の 規 定 による 排 水 基 準 を 定 める 条 例 ( 昭 和 46 年 月 15 日 条 例 第 5 号 ) 改 正 昭 和 48 年 月 19 日 条 例 第 59 号 昭 和 50 年 月 1 日 条 例 第 33 号 昭 和 55 年 3

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483234966B8CA98E738AC28BAB94928F918A54977694C591E682508D862E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483234966B8CA98E738AC28BAB94928F918A54977694C591E682508D862E646F63> 24 年 度 の 北 見 市 の 主 な 出 来 事 節 電 実 施 平 成 23 年 3 月 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 を 機 にエネルギー 問 題 が 国 民 的 議 論 を 呼 び 政 府 は 改 めて 原 子 力 発 電 のあり 方 や 今 後 のエネルギー 政 策 について 協 議 を 始 めま した また 国 内 全 ての 原 子 力 発 電 所 の 稼 動 停 止 に

More information

<90DD8C768F91955C8E868169967B92AC93EC9594816A2D32>

<90DD8C768F91955C8E868169967B92AC93EC9594816A2D32> ( 建 設 リサイクル 法 に 関 する 条 件 明 示 等 ) 1. 本 工 事 は 建 設 工 事 に 係 る 資 材 の 再 資 源 化 等 に 関 する 法 律 (( 平 成 12 年 法 律 第 104 号 ) 以 下 建 設 リサイクル 法 という )に 基 づき 特 定 建 設 資 材 の 分 別 解 体 等 及 び 再 資 源 化 等 の 実 施 について 適 正 な 措 置 を 講

More information

開 発 事 業 の 内 容 研 究 施 設 研 究 開 発 型 施 設 又 は 研 修 施 設 の 建 設 教 育 施 設 又 は 文 化 施 設 の 建 設 開 発 事 業 の 区 域 の 面 積 の 基 準 1 5ヘクタール 以 上 2 研 修 施 設 は 20ヘクタール 未 満 ただし 研 究

開 発 事 業 の 内 容 研 究 施 設 研 究 開 発 型 施 設 又 は 研 修 施 設 の 建 設 教 育 施 設 又 は 文 化 施 設 の 建 設 開 発 事 業 の 区 域 の 面 積 の 基 準 1 5ヘクタール 以 上 2 研 修 施 設 は 20ヘクタール 未 満 ただし 研 究 第 3 節 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 利 用 行 為 の 基 準 ( 開 発 事 業 の 遵 守 基 準 ) 第 30 条 市 街 化 調 整 区 域 内 において 開 発 事 業 ( 区 域 の 面 積 が 3,000 平 方 メートル 以 上 の 建 築 物 系 の 開 発 事 業 又 は 非 建 築 物 系 の 開 発 事 業 に 限 る 以 下 この 条 において 同 じ

More information

Taro-①【各種基準】建設副産物の

Taro-①【各種基準】建設副産物の 建 設 副 産 物 の 処 理 基 準 及 び 再 生 資 材 の 利 用 基 準 平 成 22 年 4 月 改 正 千 葉 県 目 次 建 設 副 産 物 について 1 建 設 副 産 物 とは 1 2 建 設 副 産 物 と 再 生 資 源 廃 棄 物 との 関 係 1 建 設 副 産 物 の 処 理 基 準 及 び 再 生 資 材 の 利 用 基 準 1 目 的 3 2 対 象 事 業 3 3

More information

国土技術政策総合研究所 研究資料

国土技術政策総合研究所 研究資料 2. 法 律 と 基 準 道 路 交 通 騒 音 に 係 る 法 体 系 の 概 要 環 境 基 準 を 定 めた 法 令 の 抜 粋 (P.6~9) 要 請 限 度 を 定 めた 法 令 の 抜 粋 (P.10~13)の 順 に 示 す 法 体 系 の 概 要 をまとめると 図 -2.1 となる 環 境 基 本 法 において 環 境 の 保 全 についての 基 本 理 念 および 施 策 の 基

More information

ウ その 他 の 浴 場 ( 個 室 付 浴 場 ) 照 明 換 気 等 構 造 設 備 衛 生 管 理 及 び 風 紀 などの 指 導 施 設 数 延 監 視 件 数 違 反 施 設 数 処 分 件 数 警 告 書 交 付 件 数 163 335 10 1 5 エ 苦 情 処 理 等 種 別 件

ウ その 他 の 浴 場 ( 個 室 付 浴 場 ) 照 明 換 気 等 構 造 設 備 衛 生 管 理 及 び 風 紀 などの 指 導 施 設 数 延 監 視 件 数 違 反 施 設 数 処 分 件 数 警 告 書 交 付 件 数 163 335 10 1 5 エ 苦 情 処 理 等 種 別 件 イ 理 化 学 細 菌 学 的 検 査 等 1 理 容 所 美 容 所 暖 房 期 及 び 冷 房 期 における 作 業 所 内 の 空 気 検 査 ( 一 酸 化 炭 素 二 酸 化 炭 素 )を 実 施 し 換 気 方 法 について 改 善 指 導 し 事 故 防 止 に 努 めている 2 テトラクロロエチレン 使 用 クリーニング 所 ドライ 溶 剤 の 安 全 な 取 り 扱 いのため テトラクロロエチレン

More information

目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 8 条 ) 第

目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 8 条 ) 第 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 平 成 27 年 8 月 佐 世 保 市 目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章

More information

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計 山 口 県 港 湾 施 設 維 持 管 理 点 検 マニュアル( 案 ) 平 成 25 年 8 月 山 口 県 土 木 建 築 部 港 湾 課 目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書

More information

目 次 (1) 基 本 計 画 策 定 1 基 本 的 な 考 え 方 1 2 配 置 計 画 1 3 建 築 計 画 2 4 建 築 附 帯 設 備 計 画 2 5 建 替 計 画 3 6 動 線 計 画 3 7 土 地 利 用 計 画 4 (2) 環 境 保 全 計 画 1 環 境 保 全 計

目 次 (1) 基 本 計 画 策 定 1 基 本 的 な 考 え 方 1 2 配 置 計 画 1 3 建 築 計 画 2 4 建 築 附 帯 設 備 計 画 2 5 建 替 計 画 3 6 動 線 計 画 3 7 土 地 利 用 計 画 4 (2) 環 境 保 全 計 画 1 環 境 保 全 計 小 松 島 市 葬 斎 場 整 備 基 本 計 画 平 成 25 年 11 月 小 松 島 市 目 次 (1) 基 本 計 画 策 定 1 基 本 的 な 考 え 方 1 2 配 置 計 画 1 3 建 築 計 画 2 4 建 築 附 帯 設 備 計 画 2 5 建 替 計 画 3 6 動 線 計 画 3 7 土 地 利 用 計 画 4 (2) 環 境 保 全 計 画 1 環 境 保 全 計 画 6

More information

H27施行通知

H27施行通知 総 税 企 第 3 9 号 平 成 27 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 議 会 議 長 各 指 定 都 市 市 長 殿 各 指 定 都 市 議 会 議 長 総 務 大 臣 地 方 税 法 同 法 施 行 令 同 法 施 行 規 則 の 改 正 等 について 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 2 号 ) 地

More information

洲本市地域防災計画

洲本市地域防災計画 第 1 節 基 本 方 針 総 務 部 消 防 防 災 課 健 康 福 祉 部 健 康 増 進 課 サービス 事 業 所 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 海 上 災 害 が 発 生 した 場 合 における 人 命 救 助 消 火 活 動 流 出 した 重 油 等 への 対 応 付 近 の 船 舶 の 航 行 安 全 措 置 沿 岸 住 民 の 安 全 及 び 漁 業 等 への 被 害

More information

様式第5 法第48条第1項第6号関係(地域森林計画区域の変更関係)

様式第5 法第48条第1項第6号関係(地域森林計画区域の変更関係) 様 式 第 17 法 第 49 条 第 4 項 第 8 号 関 係 ( 特 別 地 域 内 工 作 物 の 新 ( 改 増 ) 築 の 許 可 等 ) 目 場 行 為 地 及 びその 付 近 の 状 況 自 然 公 園 法 第 20 条 第 3 項 の 許 可 等 に 関 する 事 項 的 工 作 物 の 種 類 施 行 方 法 敷 地 面 積 規 構 行 為 者 住 所 宮 城 県 牡 鹿 郡 女

More information

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎 重 要 事 項 調 査 シート( 法 令 に 基 づく 限 の 調 べ 方 ) 尾 張 旭 市 版 1. 都 市 計 画 法 に 基 づく 限 項 目 市 内 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 区 都 市 計 画 区 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計 画 道 路 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計

More information

資料 72     日米地位協定の抜本的見直しに関する意見書

資料 72     日米地位協定の抜本的見直しに関する意見書 平 成 24 年 度 国 の 予 算 編 成 に 対 する 東 京 都 の 提 案 要 求 ( 平 成 23 年 11 月 ) 提 案 要 求 先 内 閣 官 房 総 務 省 法 務 省 外 務 省 財 務 省 厚 生 労 働 省 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 環 境 省 防 衛 省 都 所 管 局 知 事 本 局 総 務 局 都 市 整 備 局 環 境 局 福 祉 保 健 局 建 設 局

More information

国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 防 災 業 務 計 画 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 25 年 3 月 8 日 修 正 平 成 26 年 6 月 19 日 修 正 平 成 27 年 12 月 1 日 修 正 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力

More information

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 *

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 * 市 街 化 調 整 区 域 における 計 画 開 発 ( 地 区 計 画 )の 取 扱 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 別 表 に 掲 げるものに 限 る 以 下 対 象 開 発 行 為 という )が 見 込 まれる 地 区 計 画 の 決 定 又 は 変 更 ( 以 下 決 定 等 という )については 土

More information

入札説明書_粗大

入札説明書_粗大 伊 勢 広 域 環 境 組 合 可 燃 ごみ 処 理 施 設 運 転 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 平 成 25 年 9 月 伊 勢 広 域 環 境 組 合 目 次 第 1 一 般 仕 様 書... 1 1. 一 般 事 項... 1 (1) 目 的... 1 (2) 業 務 の 範 囲... 1 (3) 業 務 の 履 行... 1 (4) 運 転 管 理... 1 (5) 総 括 責 任

More information

じ 図 2-2-1 河 川 水 質 測 定 地 点 図 思 案 橋 川 河 口 上 の 出 橋 西 ノ 宮 橋 陣 屋 川 橋 大 城 橋 片 の 瀬 猿 尾 橋 中 原 橋 行 徳 北 橋 瀬 ノ 下 大 刀 洗 川 河 口 下 野 久 留 米 大 橋 神 代 橋 善 導 寺 山 橋 筒 川 河

じ 図 2-2-1 河 川 水 質 測 定 地 点 図 思 案 橋 川 河 口 上 の 出 橋 西 ノ 宮 橋 陣 屋 川 橋 大 城 橋 片 の 瀬 猿 尾 橋 中 原 橋 行 徳 北 橋 瀬 ノ 下 大 刀 洗 川 河 口 下 野 久 留 米 大 橋 神 代 橋 善 導 寺 山 橋 筒 川 河 第 2 節 水 質 汚 濁 1. 概 況 本 市 における 河 川 や 溜 池 等 の 公 共 用 水 域 の 水 質 は 公 共 下 水 道 の 整 備 や 工 場 事 業 場 における 排 水 規 制 等 により 改 善 されてきていますが 下 水 道 未 整 備 地 域 の 中 小 河 川 等 においては 住 居 密 集 地 からの 生 活 排 水 や 未 規 制 の 小 規 模 事 業 場

More information

エアコンフィルター清掃業務仕様書

エアコンフィルター清掃業務仕様書 国 保 京 丹 波 町 病 院 清 掃 業 務 仕 様 書 1 目 的 当 業 務 は 単 に 施 設 の 美 観 維 持 のためだけではなく 院 内 感 染 防 止 及 び 衛 生 管 理 上 の 観 点 から 極 めて 重 要 な 業 務 であることを 認 識 し 患 者 サービスについても 最 大 限 配 慮 し 国 保 京 丹 波 町 病 院 の 運 営 に 寄 与 することを 目 的 とする

More information

クサトールFP水溶剤

クサトールFP水溶剤 製 品 安 全 データシート 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 整 理 番 号 クサトールFP 水 溶 剤 GG-6 会 社 名 株 式 会 社 日 本 グリーンアンドガーデン 住 所 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 小 伝 馬 町 10 番 11 号 担 当 部 門 研 究 開 発 部 担 当 者 電 話 番 号 03-3669-5888 FAX 番 号 03-3669-5889

More information

本 ガイドラインの 策 定 経 緯 位 置 付 け 平 成 22 年 4 月 1 日 より 改 正 土 壌 汚 染 対 策 法 ( 以 下 改 正 法 という )が 全 面 施 行 されたことを 受 け 実 務 に 従 事 する 地 方 公 共 団 体 及 び 事 業 者 の 方 が 改 正 法 に

本 ガイドラインの 策 定 経 緯 位 置 付 け 平 成 22 年 4 月 1 日 より 改 正 土 壌 汚 染 対 策 法 ( 以 下 改 正 法 という )が 全 面 施 行 されたことを 受 け 実 務 に 従 事 する 地 方 公 共 団 体 及 び 事 業 者 の 方 が 改 正 法 に 汚 染 土 壌 の 処 理 業 に 関 するガイドライン ( 改 訂 第 2 版 ) 平 成 24 年 5 月 環 境 省 水 大 気 環 境 局 土 壌 環 境 課 本 ガイドラインの 策 定 経 緯 位 置 付 け 平 成 22 年 4 月 1 日 より 改 正 土 壌 汚 染 対 策 法 ( 以 下 改 正 法 という )が 全 面 施 行 されたことを 受 け 実 務 に 従 事 する 地

More information

我孫子市小規模水道条例

我孫子市小規模水道条例 我 孫 子 市 小 規 模 水 道 条 例 施 行 規 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 我 孫 子 市 小 規 模 水 道 条 例 ( 平 成 24 年 条 例 第 46 号 以 下 条 例 という ) の 施 行 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 める ( 検 査 項 目 等 ) 第 2 条 条 例 第 3 条 第 2 項 に 規 定 する 基 準 ( 以 下 水 質 基

More information

中部析水苑他運転管理業務委託特記仕様書

中部析水苑他運転管理業務委託特記仕様書 姫 路 市 コミュニティ プラント 等 運 転 管 理 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 姫 路 市 下 水 道 管 理 センター 姫 路 市 コミュニティ プラント 等 運 転 管 理 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 仕 様 書 は 姫 路 市 が 発 注 するコミュニティ プラント 上 菅 処 理 場 城 山 浄 化 センター 及 びマ

More information

Microsoft Word - Ⅱ-3_資料編_規制基準

Microsoft Word - Ⅱ-3_資料編_規制基準 3. 規 制 基 準 1 騒 音 規 制 法 振 動 規 制 法 に 係 る 規 制 基 準 特 定 工 場 において 発 生 する 騒 音 の 規 制 基 準 ( 昭 和 46 年 11 月 29 日 北 海 道 告 示 第 3169 号 ) 区 域 の 区 分 時 間 の 区 分 昼 間 朝 夕 夜 間 8:00~19:00 6:00~8:00 19:00~22:00 22:00~ 翌 日 6:00

More information

工 事 の 施 工 のための 詳 細 図 等 をいう (17) JIS とは, 工 業 標 準 化 法 ( 昭 和 24 年 法 律 第 185 号 ) に 基 づく 日 本 工 業 規 格 をいう (18) JAS とは, 農 林 物 資 の 規 格 化 及 び 品 質 表 示 の 適 正 化 に

工 事 の 施 工 のための 詳 細 図 等 をいう (17) JIS とは, 工 業 標 準 化 法 ( 昭 和 24 年 法 律 第 185 号 ) に 基 づく 日 本 工 業 規 格 をいう (18) JAS とは, 農 林 物 資 の 規 格 化 及 び 品 質 表 示 の 適 正 化 に 資 料 -3 公 共 建 築 工 事 標 準 仕 様 書 ( 建 築 工 事 編 ) 平 成 22 年 版 公 共 建 築 工 事 標 準 仕 様 書 ( 建 築 工 事 編 ) 平 成 25 年 版 ( 案 ) 備 考 1 章 一 般 共 通 事 項 1 章 一 般 共 通 事 項 1 節 一 般 事 項 1.1.1 適 用 範 囲 (a) 公 共 建 築 工 事 標 準 仕 様 書 ( 建 築

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備 松 原 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 地 区 計 画 は 市 街 化 調 整 区 域 における 大 規 模 な 開 発 や 広 域 的 な 都 市 機 能 の 立 地 などを 可 能 とするものであり その 内 容 によっては 都 市 機 能 の 拡 散 により 都 市 施 設 の 維 持 管 理 福 祉 施 設 等 の 行 政 コストの 増 大 自

More information

目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第 2 章 被 害 状 況 と 災 害 廃 棄 物 の 量 1 被 害 状 況 2

目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第 2 章 被 害 状 況 と 災 害 廃 棄 物 の 量 1 被 害 状 況 2 平 成 28 年 4 月 熊 本 地 震 に 係 る 熊 本 市 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 平 成 28 年 6 月 14 日 ( 第 1 版 ) 熊 本 市 1 目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第

More information

2. 予 測 2.1. 予 測 項 目 予 測 項 目 は 以 下 のとおりとした 1 埋 設 廃 棄 物 の 掘 削 除 去 に 伴 う 廃 棄 物 2 造 成 等 の 施 工 の 一 時 的 な 影 響 による 建 設 工 事 に 伴 う 副 産 物 ( 建 設 発 生 土 建 設 廃 棄 物

2. 予 測 2.1. 予 測 項 目 予 測 項 目 は 以 下 のとおりとした 1 埋 設 廃 棄 物 の 掘 削 除 去 に 伴 う 廃 棄 物 2 造 成 等 の 施 工 の 一 時 的 な 影 響 による 建 設 工 事 に 伴 う 副 産 物 ( 建 設 発 生 土 建 設 廃 棄 物 第 12 節 廃 棄 物 等 1. 調 査 1.1. 調 査 する 情 報 調 査 する 情 報 は 以 下 のとおりとする 1 埋 設 廃 棄 物 の 状 況 1.2. 調 査 手 法 (1) 埋 設 廃 棄 物 の 状 況 埋 設 廃 棄 物 の 状 況 については 現 在 業 務 実 施 中 である 今 治 市 新 ごみ 処 理 施 設 に 係 る 環 境 影 響 評 価 および 施 設 発

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 19 年 4 月 昭 島 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想 定

More information

2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経

2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経 1 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : 会 社 名 : 石 川 金 属 株 式 会 社 住 所 : 592-8352 大 阪 府 堺 市 西 区 築 港 浜 寺 西 町 7-21 担 当 部 署 : 品 質 保 証 部 電 話 番 号 : 072-268-1155 緊 急 連 絡 電 話 番 号 : 072-268-1155 FAX 番 号 : 072-268-1159 使 用 用

More information

45 年 法 律 第 138 号 )( 以 下 大 気 汚 染 防 止 法 等 という )に 基 づき 届 出 が 必 要 な 施 設 の 設 置 及 び 構 造 変 更 等 について 事 務 処 理 の 迅 速 化 に 資 する 取 組 や 工 夫 の 事 例 を 整 理 し また 審 査 事 務

45 年 法 律 第 138 号 )( 以 下 大 気 汚 染 防 止 法 等 という )に 基 づき 届 出 が 必 要 な 施 設 の 設 置 及 び 構 造 変 更 等 について 事 務 処 理 の 迅 速 化 に 資 する 取 組 や 工 夫 の 事 例 を 整 理 し また 審 査 事 務 環 水 大 総 発 第 120330003 号 環 水 大 大 発 第 120330004 号 環 水 大 水 発 第 120330017 号 平 成 24 年 3 月 30 日 都 道 府 県 政 令 指 定 都 市 中 核 市 ダイオキシン 類 対 策 担 当 部 ( 局 ) 長 殿 都 道 府 県 大 気 汚 染 防 止 法 政 令 市 大 気 保 全 担 当 部 ( 局 ) 長 殿 都 道

More information

の 流 出 が 妨 げられないようにするこ (6) 加 湿 水 の 補 給 水 槽 がある 場 合 には, 定 期 的 に 清 掃 するこ (7) 気 化 式 加 湿 器 については, 加 湿 材 の 汚 れ 及 び 加 湿 能 力 を 点 検 し, 必 要 に 応 じて 洗 浄 又 は 交 換 を

の 流 出 が 妨 げられないようにするこ (6) 加 湿 水 の 補 給 水 槽 がある 場 合 には, 定 期 的 に 清 掃 するこ (7) 気 化 式 加 湿 器 については, 加 湿 材 の 汚 れ 及 び 加 湿 能 力 を 点 検 し, 必 要 に 応 じて 洗 浄 又 は 交 換 を 別 添 茨 城 県 建 築 物 環 境 衛 生 維 持 管 理 要 領 第 1 空 気 環 境 の 調 整 1 空 気 調 和 設 備 等 の 運 転 操 作 空 気 調 和 設 備 等 ( 空 気 調 和 設 備 又 は 機 械 換 気 設 備 をいう )の 運 転 操 作 については, 気 象 条 件, 各 居 室 の 使 用 状 況, 過 去 における 空 気 環 境 の 測 定 結 果 等

More information

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1 平 成 26 年 度 札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 1 2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 4 3 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況 6 4 職 員 の 手 当 の 状 況 8 5 特 別 職 の 報 酬 等 の 状 況 12 6 職 員 数 の 状 況 13 7 公 営 企 業 職 員 の 状 況 (1)

More information

大気汚染防止法の一部を改正する法律案

大気汚染防止法の一部を改正する法律案 平 成 25 年 9 月 熊 本 県 環 境 保 全 協 議 会 研 修 会 資 料 大 気 汚 染 防 止 法 の 概 要 について 熊 本 県 環 境 生 活 部 環 境 局 環 境 保 全 課 1 大 気 汚 染 防 止 法 第 一 条 ( 原 文 ) この 法 律 は 工 場 及 び 事 業 場 における 事 業 活 動 並 び に 建 築 物 等 の 解 体 等 に 伴 うばい 煙 揮 発

More information

(新)瀬戸内海環境保全特別措置法(一部改正後).xlsx

(新)瀬戸内海環境保全特別措置法(一部改正後).xlsx 瀬 戸 内 海 環 境 保 全 特 別 措 置 法 ( 昭 和 四 十 八 年 十 月 二 日 法 律 第 百 十 号 ) 第 章 総 則 ( 第 条 - 第 二 条 の 二 ) 第 二 章 瀬 戸 内 海 の 環 境 の 保 全 に 関 する 計 画 ( 第 三 条 - 第 四 条 の 二 ) 第 三 章 瀬 戸 内 海 の 環 境 の 保 全 に 関 する 特 別 の 措 置 第 節 特 定 施

More information

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例 東 近 江 行 政 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 改 正 平 成 6 年 12 月 27 日 条 例 第 5 号 平 成 10 年 3 月 12 日 条 例 第 1 号 平 成 11 年 12 月 24 日 条 例 第 7 号 平 成 13 年 3 月 19 日 条 例 第 3 号 平 成 14 年 3 月 11 日 条 例 第 5 号 平 成 18 年 3 月 16

More information

目 次 1. 地 域 の 循 環 型 社 会 形 成 を 推 進 するための 基 本 的 な 事 項 1 2. 循 環 型 社 会 形 成 推 進 のための 現 状 と 目 標 4 3. 施 策 の 内 容 6 4. 計 画 のフォローアップと 事 後 評 価 11 添 付 資 料 様 式 1 循

目 次 1. 地 域 の 循 環 型 社 会 形 成 を 推 進 するための 基 本 的 な 事 項 1 2. 循 環 型 社 会 形 成 推 進 のための 現 状 と 目 標 4 3. 施 策 の 内 容 6 4. 計 画 のフォローアップと 事 後 評 価 11 添 付 資 料 様 式 1 循 能 代 山 本 地 域 循 環 型 社 会 形 成 推 進 地 域 計 画 平 成 22 年 11 月 9 日 平 成 24 年 1 月 1 日 変 更 報 告 平 成 25 年 1 月 7 日 変 更 報 告 平 成 26 年 1 月 8 日 変 更 報 告 能 代 山 本 広 域 市 町 村 圏 組 合 能 代 市 藤 里 町 三 種 町 八 峰 町 目 次 1. 地 域 の 循 環 型 社 会

More information

<8366835D838C815B8367826081699085976E8DDC816A8169333033312D3034816A2E786C73>

<8366835D838C815B8367826081699085976E8DDC816A8169333033312D3034816A2E786C73> デゾレートA( 水 溶 剤 ), 北 興 化 学 工 業 株 式 会 社, 3031-04, 015/10/06, 1/6 作 成 日 014 年 08 月 05 日 改 訂 日 015 年 10 月 06 日 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 整 理 番 号 供 給 者 の 会 社 名 称 住 所 担 当 部 門 電 話 番 号 FAX 番 号 緊 急 連 絡 電

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

<5461726F2D93FC8E448CF68D908169915B927590BF8B818B7982D18BC68A45>

<5461726F2D93FC8E448CF68D908169915B927590BF8B818B7982D18BC68A45> 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 ) 一 般 競 争 入 札 総 合 評 価 方 式 ( 施 工 体 制 確 認 型 ) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します 平 成 28 年 9 月 20 日 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 沖 縄 総 合 事 務 局 南 部 国 道 事 務 所 長 上 原 重 賢 1 工 事 概 要 (1) 工 事 名 平 成 28 年 度 新 川

More information

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例 共 立 蒲 原 総 合 病 院 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 平 成 4 年 3 月 2 6 日 条 例 第 1 号 改 正 平 成 7 年 3 月 16 日 条 例 第 2 号 平 成 13 年 3 月 26 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年 12 月 24 日 条 例 第 8 号 平 成 21 年 3 月 19 日 条 例 第 5 号 平 成 22 年 9

More information

Microsoft Word - 08 審査書(セット版).doc

Microsoft Word - 08 審査書(セット版).doc 三 菱 日 立 パワーシステムズ 株 式 会 社 三 菱 日 立 パワーシステムズ 高 砂 工 場 実 証 設 備 複 合 サイクル 発 電 所 更 新 計 画 環 境 影 響 評 価 準 備 書 に 係 る 審 査 書 平 成 26 年 10 月 経 済 産 業 省 は じ め に 三 菱 重 工 業 株 式 会 社 は 平 成 9 年 高 砂 製 作 所 構 内 において 当 時 最 新 鋭 の

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

東日本大震災の被災地における不動産の価格等調査のための運用指針(No1)(案)

東日本大震災の被災地における不動産の価格等調査のための運用指針(No1)(案) 平 成 28 年 5 月 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガ イドライン に 対 応 する 不 動 産 の 価 格 等 調 査 の ための 運 用 指 針 ( 研 究 報 告 ) 個 人 債 務 者 の 債 務 整 理 における 不 動 産 の 評 価 公 益 社 団 法 人 日 本 不 動 産 鑑 定 士 協 会 連 合 会 実 務 指 針 不 動 産 鑑 定

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 10 月 大 分 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 想 定 する 事 態 2 第 2 編 平

More information

勉 手 当 ( 期 末 特 別 手 当 を 含 む ) 支 給 定 日 ごとにそれぞれ 積 立 額 を 指 定 し, 次 に 掲 げ る 日 のいずれか 一 つを 選 んで, 継 続 的 に 預 入 等 を 行 うものとする ただし,6 月 期 及 び12 月 期 期 末 勤 勉 手 当 支 給 定

勉 手 当 ( 期 末 特 別 手 当 を 含 む ) 支 給 定 日 ごとにそれぞれ 積 立 額 を 指 定 し, 次 に 掲 げ る 日 のいずれか 一 つを 選 んで, 継 続 的 に 預 入 等 を 行 うものとする ただし,6 月 期 及 び12 月 期 期 末 勤 勉 手 当 支 給 定 苫 小 牧 工 業 高 等 専 門 学 校 教 職 員 の 財 形 貯 蓄 等 関 係 事 務 取 扱 要 項 事 務 部 長 裁 定 平 成 4 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 6 年 1 月 1 日 一 部 改 正 平 成 16 年 9 月 1 日 一 部 改 正 平 成 19 年 4 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 苫 小 牧 工 業 高 等 専 門 学 校 教 職 員 の

More information

銚子市斎場

銚子市斎場 銚 子 市 斎 場 指 定 管 理 仕 様 書 平 成 25 年 7 月 銚 子 市 目 次 1 趣 旨 2 2 対 象 施 設 の 概 要 2 3 火 葬 状 況 2 4 斎 場 の 管 理 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 2 5 施 設 の 管 理 基 準 3 6 危 機 管 理 体 制 3 7 個 人 情 報 の 保 護 と 情 報 公 開 3 8 指 定 管 理 者 が 行 う 業

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

Microsoft Word - H27 競走馬要綱.doc

Microsoft Word - H27 競走馬要綱.doc 競 走 馬 生 産 振 興 事 業 補 助 実 施 要 綱 ( 平 成 27 年 度 ) 地 方 競 馬 全 国 協 会 1 地 方 競 馬 全 国 協 会 競 走 馬 生 産 振 興 事 業 補 助 実 施 要 綱 変 更 ( 平 成 17 年 3 月 24 日 16 地 全 協 畜 第 128 号 ) 平 成 22 年 2 月 22 日 21 地 全 協 畜 第 82 号 平 成 22 年 4

More information

(2) 請 負 代 金 の 額 が100 万 円 以 上 の 場 合 には 次 項 Ⅲ.に 基 づき 再 生 資 源 利 用 促 進 計 画 書 及 び 再 生 資 源 利 用 計 画 書 を 作 成 し 監 督 員 に 提 出 すること 特 に 対 象 建 設 工 事 においては 契 約 前 に

(2) 請 負 代 金 の 額 が100 万 円 以 上 の 場 合 には 次 項 Ⅲ.に 基 づき 再 生 資 源 利 用 促 進 計 画 書 及 び 再 生 資 源 利 用 計 画 書 を 作 成 し 監 督 員 に 提 出 すること 特 に 対 象 建 設 工 事 においては 契 約 前 に 建 設 廃 棄 物 の 取 扱 い 及 び 建 設 副 産 物 実 態 調 査 に 係 る 特 記 仕 様 書 本 特 記 仕 様 書 は 建 設 工 事 から 発 生 する 廃 棄 物 についての 取 扱 い 及 び 建 設 副 産 物 実 態 調 査 に 関 する 事 項 を 定 めるものであり 鎌 倉 市 が 発 注 する 工 事 に 適 用 する Ⅰ. 総 則 1 用 語 の 定 義 本 特

More information

~ 説 明 の 内 容 ~ 見 直 し 事 項 規 制 地 域 等 を 見 直 す 理 由 規 制 地 域 等 見 直 しの 基 本 方 針 騒 音 環 境 基 準 騒 音 規 制 振 動 規 制 悪 臭 防 止 今 後 のスケジュール

~ 説 明 の 内 容 ~ 見 直 し 事 項 規 制 地 域 等 を 見 直 す 理 由 規 制 地 域 等 見 直 しの 基 本 方 針 騒 音 環 境 基 準 騒 音 規 制 振 動 規 制 悪 臭 防 止 今 後 のスケジュール 騒 音 振 動 悪 臭 に 係 る 規 制 地 域 及 び 規 制 基 準 の 見 直 しについて 熊 本 県 環 境 生 活 部 環 境 保 全 課 H20.9 月 ~ 説 明 の 内 容 ~ 見 直 し 事 項 規 制 地 域 等 を 見 直 す 理 由 規 制 地 域 等 見 直 しの 基 本 方 針 騒 音 環 境 基 準 騒 音 規 制 振 動 規 制 悪 臭 防 止 今 後 のスケジュール

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業 第 4 部 災 害 種 別 対 策 計 画 第 1 章 海 上 災 害 対 策 第 1 節 周 辺 海 域 の 状 況 及 び 海 上 災 害 の 態 様 1 本 市 周 辺 海 域 の 状 況 本 市 の 海 岸 及 び 周 辺 海 域 は 本 市 港 湾 区 域 を 含 む 東 京 湾 側 と 5 つの 漁 港 区 域 を 含 む 相 模 湾 側 に 分 かれる 東 京 湾 側 は その 正 面

More information

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 条 例 施 行 規 則 平 成 11 年 7 月 1 日 規 則 第 8 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 事 項 については 別 に 定 めるもののほ か この 規 則 に 定 めるところによる ( 特 別 の 形 態 によって 勤 務 する 必 要 のある 職 員 の 週 休 日

More information

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378>

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378> 香 川 県 立 丸 亀 病 院 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 目 的 病 院 給 食 関 係 法 令 に 基 づき 医 療 の 一 環 として 入 院 患 者 等 の 病 態 に 応 じた 適 切 な 食 事 を 提 供 し 治 療 又 は 回 復 を 図 るとともに その 生 活 の 質 の 向 上 に 資 することを 目 的 とする 2 基 本 的 運 営 方 針 患 者 給 食 は

More information

岩手県獣医師会災害時被災動物救護活動細則改正(新旧対照表)

岩手県獣医師会災害時被災動物救護活動細則改正(新旧対照表) 岩 手 県 獣 医 師 会 災 害 時 動 物 救 護 活 動 細 則 ( 目 的 ) 第 1 この 細 則 は 岩 手 県 獣 医 師 会 災 害 時 動 物 救 護 対 策 要 領 ( 以 下 救 護 対 策 要 領 と いう )に 基 づき 被 災 した 動 物 の 救 護 活 動 を 円 滑 に 行 うための 具 体 的 な 対 応 につい て 定 める ( 対 象 動 物 ) 第 2 救

More information

建 設 リサイクル 法 その 他 の 法 令 を 遵 守 するとともに 発 注 者 との 連 絡 調 整 管 理 及 び 施 工 体 制 の 整 備 等 を 行 うこと 管 理 及 び 施 工 体 制 の 整 備 (1) 工 事 現 場 における 建 設 副 産 物 対 策 の 責 任 者 を 明

建 設 リサイクル 法 その 他 の 法 令 を 遵 守 するとともに 発 注 者 との 連 絡 調 整 管 理 及 び 施 工 体 制 の 整 備 等 を 行 うこと 管 理 及 び 施 工 体 制 の 整 備 (1) 工 事 現 場 における 建 設 副 産 物 対 策 の 責 任 者 を 明 建 設 廃 棄 物 の 取 扱 い 及 び 建 設 副 産 物 実 態 調 査 に 係 る 特 記 仕 様 書 本 特 記 仕 様 書 は 建 設 工 事 から 発 生 する 廃 棄 物 についての 取 り 扱 い 及 び 建 設 副 産 物 実 態 調 査 に 関 す る 事 項 を 定 めるものであり 開 成 町 が 発 注 する 工 事 に 適 用 する Ⅰ. 総 則 1 用 語 の 定 義

More information

直 ちに 飛 行 停 止 飛 行 制 限 その 他 の 適 切 な 措 置 をとるとともに 当 該 措 置 の 内 容 を 防 衛 大 臣 に 報 告 しなければならない 3 幕 僚 長 等 は 第 1 項 又 は 前 項 の 措 置 の 全 部 又 は 一 部 を 解 除 したときは 直 ちに そ

直 ちに 飛 行 停 止 飛 行 制 限 その 他 の 適 切 な 措 置 をとるとともに 当 該 措 置 の 内 容 を 防 衛 大 臣 に 報 告 しなければならない 3 幕 僚 長 等 は 第 1 項 又 は 前 項 の 措 置 の 全 部 又 は 一 部 を 解 除 したときは 直 ちに そ 防 衛 庁 訓 令 第 32 号 自 衛 隊 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 165 号 ) 第 107 条 第 5 項 の 規 定 に 基 づき 航 空 機 の 安 全 性 の 確 保 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 平 成 7 年 4 月 17 日 防 衛 庁 長 官 玉 沢 徳 一 郎 航 空 機 の 安 全 性 の 確 保 に 関 する 訓 令 改 正 平 成 19

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に 1/7 安 全 データシート(SDS) 1 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : N2タッピングスプレー (N2-TSE) 会 社 名 : トラスコ 中 山 株 式 会 社 住 所 : 105-0004 東 京 都 港 区 新 橋 4 丁 目 28 番 1 号 担 当 部 門 : 東 京 本 社 商 品 部 PB 品 質 保 証 課 電 話 : 0120-509-849 FAX : 0120-509-839

More information

第 1 章 総 括 事 項 第 1 節 一 般 事 項 1 仕 様 書 の 適 用 この 仕 様 書 は 山 形 県 企 業 局 酒 田 水 道 事 務 所 発 注 の 平 成 28 年 度 平 田 浄 水 場 及 び 酒 田 工 業 用 水 道 天 日 乾 燥 床 管 理 業 務 委 託 に 適

第 1 章 総 括 事 項 第 1 節 一 般 事 項 1 仕 様 書 の 適 用 この 仕 様 書 は 山 形 県 企 業 局 酒 田 水 道 事 務 所 発 注 の 平 成 28 年 度 平 田 浄 水 場 及 び 酒 田 工 業 用 水 道 天 日 乾 燥 床 管 理 業 務 委 託 に 適 平 成 28 年 度 平 田 浄 水 場 及 び 酒 田 工 業 用 水 道 天 日 乾 燥 床 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 平 成 28 年 3 月 山 形 県 企 業 局 第 1 章 総 括 事 項 第 1 節 一 般 事 項 1 仕 様 書 の 適 用 この 仕 様 書 は 山 形 県 企 業 局 酒 田 水 道 事 務 所 発 注 の 平 成 28 年 度 平 田 浄 水 場 及 び

More information

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業 平 成 28 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 案 ) 速 報 ( 平 成 27 年 12 月 10 日 現 在 ) 0 1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 1-1 23.9% 平 成 28 年 4 月 1 日 以

More information

1. 簡 易 専 用 水 道 とは 水 道 事 業 者 から 供 給 を 受 ける 水 のみが 水 源 であり マンションや 大 型 店 舗 など 受 水 槽 を 経 由 して 建 物 に 水 道 水 を 供 給 する 施 設 ( 貯 水 槽 水 道 )のうち 受 水 槽 の 有 効 容 量 の 合

1. 簡 易 専 用 水 道 とは 水 道 事 業 者 から 供 給 を 受 ける 水 のみが 水 源 であり マンションや 大 型 店 舗 など 受 水 槽 を 経 由 して 建 物 に 水 道 水 を 供 給 する 施 設 ( 貯 水 槽 水 道 )のうち 受 水 槽 の 有 効 容 量 の 合 太 田 市 簡 易 専 用 水 道 の 手 引 き 問 い 合 わせ 先 太 田 市 役 所 環 境 政 策 課 電 話 : 0276-47-1893 FAX : 0276-47-1881 1. 簡 易 専 用 水 道 とは 水 道 事 業 者 から 供 給 を 受 ける 水 のみが 水 源 であり マンションや 大 型 店 舗 など 受 水 槽 を 経 由 して 建 物 に 水 道 水 を 供 給

More information

安全データシート

安全データシート 2016.06.01 1/7 安 全 データシート(SDS) 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 :プリンス スーパー NET 130g 会 社 名 :スタイル 株 式 会 社 住 所 : 東 京 都 墨 田 区 両 国 4-31-11ヒューリック 両 国 ビル5F 担 当 部 門 :SMG 部 電 話 番 号 :03-5625-8180 FAX :03-5625-8185 緊 急 連

More information

新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食 業 務 は 治 療

新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食 業 務 は 治 療 新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 平 成 25 年 6 月 稲 沢 市 民 病 院 新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食

More information

第 5 編 大 規 模 事 故 対 策 編 第 1 章 計 画 の 前 提 5-1 5-2 第 1 節 計 画 の 目 的 本 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 大 網 白 里 市 防 災 会 議 ( 以 下 防 災 会 議 という )が 策 定 する 計 画 であり 大 網 白 里 市 の 地 域 に

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 津 山 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) 年 度 25 (26 年 1 月 1 日 ) A B B/A 105,557 人 千 千 60,713,839 1,443,250 千 7,634,637 12.6

More information

Microsoft Word - h doc

Microsoft Word - h doc 8 保 安 第 12 号 消 防 特 第 39 号 平 成 8 年 3 月 29 日 関 係 都 道 府 県 消 防 防 災 主 管 部 長 殿 通 商 産 業 省 環 境 立 地 局 保 安 課 長 自 治 省 消 防 庁 特 殊 災 害 室 長 新 設 等 の 計 画 の 届 出 に 係 る 審 査 事 務 の 簡 素 合 理 化 に ついて( 通 知 ) 改 正 平 成 10 年 1 月 19

More information

様式第2                                        (別添)

様式第2                                        (別添) 外 部 用 科 学 技 術 学 術 政 策 局 研 究 振 興 局 及 び 研 究 開 発 局 委 託 契 約 事 務 処 理 要 領 平 成 20 年 1 月 改 正 平 成 19 年 2 月 制 定 文 部 科 学 省 科 学 技 術 学 術 政 策 局 研 究 振 興 局 研 究 開 発 局 目 次 1. 科 学 技 術 学 術 政 策 局 研 究 振 興 局 及 び 研 究 開 発 局 委

More information

(Microsoft Word - \220V\227v\215j\221S\225\266.DOC)

(Microsoft Word - \220V\227v\215j\221S\225\266.DOC) ( 目 的 ) 広 島 コインランドリー 営 業 施 設 衛 生 指 導 要 綱 第 の 管 1 確 理 条 保 及 この 及 び びその 利 要 用 綱 に は, 適 関 正 する 県 な 内 利 基 ( 用 準 県 の 等 保 普 を 健 及 定 所 を めることにより,コインランドリー が 図 管 り,もって 轄 する 区 域 公 )のコインランドリー 衆 衛 生 の 向 上 に 寄 与 営

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 富 里 市 地 域 防 災 計 画 大 規 模 事 故 編 平 成 26 年 修 正 富 里 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 論 第 1 節 計 画 の 方 針 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 対 象 1 第 3 計 画 の 修 正 1 第 2 節 対 策 の 基 本 方 針 2 第 1 対 策 の 実 施 者 及 び 役 割 2 第 2 市 の 配 備 体 制

More information

騒 音 に 係 る 環 境 基 準 の 類 型 を 当 てはめる 並 びに 騒 音 及 び 振 動 の 規 制 の 変 更 について 1 趣 旨 奥 州 市 二 戸 市 滝 沢 村 及 び 矢 巾 町 において 都 市 計 画 法 第 8 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 用 途 が 変

騒 音 に 係 る 環 境 基 準 の 類 型 を 当 てはめる 並 びに 騒 音 及 び 振 動 の 規 制 の 変 更 について 1 趣 旨 奥 州 市 二 戸 市 滝 沢 村 及 び 矢 巾 町 において 都 市 計 画 法 第 8 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 用 途 が 変 資 料 -1 審 議 事 項 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 の 類 型 を 当 てはめる 並 びに 騒 音 及 び 振 動 の 規 制 の 変 更 について ( 案 ) 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 の 類 型 を 当 てはめる 並 びに 騒 音 及 び 振 動 の 規 制 の 変 更 について 1 趣 旨 奥 州 市 二 戸 市 滝 沢 村 及 び 矢 巾 町 において 都 市 計 画

More information

(案)

(案) ( 別 紙 ) 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 1 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )については 予 算 の 範 囲 内 において 交 付 するものとし 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 30 年 法 律 第 179 号 ) 補 助

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホーム(A 型 及 びB 型 ) 運 営 費 補 助 要 綱 14 福 高 施 第 8 号 平 成 14 年 4 月 19 日 15 福 高 施 第 924 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 578 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 1007 号 平 成 1 8 年 3 月 3 日 17 福 保 高 施 第 1141 号 平

More information

1. 騒 音 好 ましくない 音 不 必 要 な 音 を 総 称 して 騒 音 といいます 私 たちは 音 によりまわりの 様 子 を 知 ることができ また 意 志 や 情 報 を 伝 えることができます 大 きい 音 であっても 聞 き 手 にとって 必 要 な 音 は 騒 音 ではないし 小

1. 騒 音 好 ましくない 音 不 必 要 な 音 を 総 称 して 騒 音 といいます 私 たちは 音 によりまわりの 様 子 を 知 ることができ また 意 志 や 情 報 を 伝 えることができます 大 きい 音 であっても 聞 き 手 にとって 必 要 な 音 は 騒 音 ではないし 小 Ⅴ 騒 音 振 動 悪 臭 の 部 1. 騒 音 好 ましくない 音 不 必 要 な 音 を 総 称 して 騒 音 といいます 私 たちは 音 によりまわりの 様 子 を 知 ることができ また 意 志 や 情 報 を 伝 えることができます 大 きい 音 であっても 聞 き 手 にとって 必 要 な 音 は 騒 音 ではないし 小 さい 音 であっても 聞 き 手 にとって 好 ましくない 音 は

More information

箇 所 図 S=1:5,000 5. 7 5. 9 ル 5. 9 4. 5 八 橋 鯲 沼 町 泉 小 学 校 サ ノ 一 丁 目 八 橋 小 学 校 5. 2 秋 操 八 橋 大 沼 町 4. 9 4. 9 プ ール 近 隣 公 4. 2 5. 8 泉 中 央 一 丁 目 泉 中 央 六 丁 目

箇 所 図 S=1:5,000 5. 7 5. 9 ル 5. 9 4. 5 八 橋 鯲 沼 町 泉 小 学 校 サ ノ 一 丁 目 八 橋 小 学 校 5. 2 秋 操 八 橋 大 沼 町 4. 9 4. 9 プ ール 近 隣 公 4. 2 5. 8 泉 中 央 一 丁 目 泉 中 央 六 丁 目 設 計 書 工 種 道 舗 修 課 副 主 担 設 計 担 当 者 道 路 維 持 課 維 持 第 二 担 当 当 席 リー 工 事 番 号 第 2 号 参 内 線 (55 245) 主 ダー 長 事 査 印 年 度 平 成 27 年 度 作 成 年 月 日 平 成 工 事 名 施 工 箇 所 設 計 金 額 市 道 秋 田 環 状 2 号 線 舗 装 道 改 良 工 事 および 交 通 安 全 施

More information

出 典 : 環 境 基 準 ( 騒 音 ) 類 型 指 定 図 ( 平 成 24 年 大 津 市 ) 図 4.3.2-1 騒 音 環 境 基 準 指 定 状 況 4-83

出 典 : 環 境 基 準 ( 騒 音 ) 類 型 指 定 図 ( 平 成 24 年 大 津 市 ) 図 4.3.2-1 騒 音 環 境 基 準 指 定 状 況 4-83 (2) 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 等 環 境 基 本 法 に 基 づく 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 を 表 4.3.2-4~6 に 示 す 事 業 計 画 地 は 図 4.3.2-1 のとおり C 類 型 に 指 定 されている 地 域 の 類 型 AA 表 4.3.2-4 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 ( 道 路 に 面 する 地 域 以 外 の 地 域 ) 地 域 の 区

More information

1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 24 26 28 面 積 率 1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22

1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 24 26 28 面 積 率 1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 参 考 資 料 2 ヒートアイランド 現 象 の 要 因 変 化 の 推 定 方 法 本 マニュアルではヒートアイランド 現 象 が 顕 著 な 大 都 市 ( 東 京 都 区 部 名 古 屋 市 大 阪 市 福 岡 市 )を 対 象 に ヒートアイランド 現 象 の 主 な 要 因 である1 地 表 面 被 覆 の 人 工 化 2 都 市 形 態 の 高 密 度 化 3 人 工 排 熱 の 増 加

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2050317E31312091E63195948140915391CC8A5497AA81408AC28BAB95DB915389DB2C94708AFC95A891CE8DF489DB81418EA991528AC28BAB89DB2C8F7A8AC281418AC28BAB90AD8DF489DB814181698AC48E8B8E7793B189DB816A82512E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2050317E31312091E63195948140915391CC8A5497AA81408AC28BAB95DB915389DB2C94708AFC95A891CE8DF489DB81418EA991528AC28BAB89DB2C8F7A8AC281418AC28BAB90AD8DF489DB814181698AC48E8B8E7793B189DB816A82512E646F6378> 1 環 境 公 害 関 係 年 表 年 月 法 令 及 び 国 内 の 主 な 事 項 年 月 県 の 関 係 事 項 明 治 11. 足 尾 鉱 毒 事 件 ( 栃 木 県 渡 良 瀬 川 流 域 ) 23. 2 水 道 条 例 公 布 大 正 大 正 9. 大 牟 田 川 地 先 有 明 海 で 貝 類 がコールタール 臭 を 11. イタイイタイ 病 発 生 ( 富 山 県 神 通 川 流 域

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 21 年 5 月 苫 小 牧 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想

More information

れた 工 作 物 (イ 及 びウに 規 定 するものを 除 く )に 張 り 付 けられた 保 温 材 耐 火 被 覆 材 等 が 損 傷 等 により 石 綿 等 の 粉 じんを 発 散 させ 及 び 労 働 者 がその 粉 じんに ばく 露 するおそれがあるときは 当 該 保 温 材 耐 火 被

れた 工 作 物 (イ 及 びウに 規 定 するものを 除 く )に 張 り 付 けられた 保 温 材 耐 火 被 覆 材 等 が 損 傷 等 により 石 綿 等 の 粉 じんを 発 散 させ 及 び 労 働 者 がその 粉 じんに ばく 露 するおそれがあるときは 当 該 保 温 材 耐 火 被 別 添 基 発 0423 第 8 号 平 成 26 年 4 月 23 日 別 記 関 係 団 体 の 長 あて 厚 生 労 働 省 労 働 基 準 局 長 石 綿 障 害 予 防 規 則 の 改 正 及 び 労 働 者 の 石 綿 ばく 露 防 止 に 関 する 技 術 上 の 指 針 の 制 定 について 日 ごろから 労 働 基 準 行 政 の 推 進 に 格 段 の 御 理 解 御 協 力 を

More information

古賀市土地対策指導要綱に関する公共・公益施設整備の手引き

古賀市土地対策指導要綱に関する公共・公益施設整備の手引き 古 賀 市 土 地 対 策 指 導 要 綱 に 関 する 公 共 公 益 施 設 整 備 の 手 引 き ( 平 成 25 年 4 月 1 日 ) 本 書 は 古 賀 市 土 地 対 策 指 導 要 綱 に 定 められた 公 共 公 益 施 設 の 各 整 備 指 導 基 準 を 要 約 したものです この 他 各 基 準 の 詳 細 については 各 担 当 課 にお 尋 ねください 1. 道 路

More information

<32342D945F2D313597A2907B936393C18B4C8E64976C8F91816948323481443481443189FC90B3816A2E786C73>

<32342D945F2D313597A2907B936393C18B4C8E64976C8F91816948323481443481443189FC90B3816A2E786C73> 特 記 仕 様 書 工 事 番 号 工 事 名 24- 農 -15 里 須 田 取 水 施 設 整 備 工 事 施 工 箇 所 木 津 川 市 加 茂 町 里 地 内 工 期 平 成 25 年 1 月 11 日 ~ 平 成 25 年 3 月 29 日 第 1 章 総 則 1-1 ( 総 則 ) 1 本 工 事 は 土 木 工 事 共 通 仕 様 書 ( 平 成 24 年 3 月 農 林 水 産 省

More information