Microsoft Word - 2.妊娠期の管理.doc

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 2.妊娠期の管理.doc"

Transcription

1 2. 妊 娠 期 の 管 理 1) 妊 娠 鑑 定 超 音 波 検 査 による 妊 娠 鑑 定 の 実 施 時 期 1 妊 娠 ( 交 配 後 )14 日 目 受 胎 および 双 胎 の 有 無 の 確 認 2 妊 娠 ( 交 配 後 )16 日 目 胚 胞 の 発 育 状 態 の 確 認 シストとの 識 別 双 胎 の 有 無 の 確 認 不 受 胎 の 場 合 は 卵 胞 の 発 育 状 態 を 確 認 3 妊 娠 ( 交 配 後 )35 日 目 胎 子 心 拍 の 確 認 早 期 胚 死 滅 の 場 合 は PGF2α の 投 与 4 妊 娠 ( 交 配 後 )49 日 目 胎 子 心 拍 の 確 認 最 終 の 妊 娠 鑑 定 検 査 妊 娠 ( 交 配 後 )16 日 目 2 回 目 の 妊 娠 鑑 定 は 初 回 の 2 日 後 交 配 から 16 日 目 に 実 施 する 初 回 検 査 で 受 胎 が 確 認 された 場 合 は 2 日 前 の 前 回 に 比 較 して 胚 胞 が 7mm 程 度 発 育 し ていることを 確 認 する(この 時 期 は 1 日 当 り 3~ 4mm ずつ 発 育 する) 発 育 が 低 調 な 場 合 は 早 期 胚 死 滅 の 可 能 性 がある 初 回 検 査 時 に 胚 胞 とシストの 識 別 が 困 難 であった 場 合 は シストは 大 きさが 不 変 であり 移 動 しない 点 に 注 意 して 識 別 する また 双 胎 の 有 無 も 再 確 認 する 一 方 初 回 検 査 時 に 胚 胞 が 確 認 できなかった 場 合 は 不 受 胎 を 再 確 認 し 次 回 発 情 での 交 配 に 備 え 卵 胞 の 発 育 状 態 を 確 認 する 10mm 10mm 超 音 波 (エコー) 検 査 の 普 及 により 交 配 後 14 日 目 の 妊 娠 鑑 定 が 可 能 となった この 検 査 は 生 産 効 率 を 向 上 させるために 不 可 欠 である また 胚 胞 の 着 床 時 期 は 受 精 後 37~40 日 であり 長 期 間 にわたり 不 安 定 な 状 態 が 継 続 する この 期 間 における 胚 胞 の 消 失 すなわち 早 期 胚 死 滅 の 発 生 率 は 6~9% であるといわれている したがって 交 配 後 14 日 目 の 検 査 において 妊 娠 が 確 認 された 後 も 着 床 時 期 で ある 40 日 後 までは 定 期 的 な 検 査 が 必 要 である 妊 娠 ( 交 配 後 )14 日 目 初 回 の 妊 娠 鑑 定 は 交 配 後 14 日 目 に 実 施 する こ の 時 期 の 胚 胞 は 直 径 16~20mm 程 度 あり 子 宮 内 に 浮 遊 しながら 移 動 している この 検 査 においては 双 胎 の 有 無 を 確 認 する この 時 期 の 胚 胞 は 定 着 して いないため 人 為 的 な 破 砕 が 比 較 的 容 易 であり 双 胎 の 確 認 時 に 的 確 な 減 胎 処 置 ( 胎 胞 の 片 側 に 対 する 破 砕 処 置 )が 実 施 できるからである また 子 宮 内 にシストが 存 在 する 場 合 は 胚 胞 とシストの 識 別 が 必 要 である 左 : 交 配 後 14 日 目 の 胚 胞 ( 直 径 20mm) 右 : 交 配 後 16 日 目 の 胚 胞 ( 直 径 27mm) 妊 娠 ( 交 配 後 )35 日 目 3 回 目 の 妊 娠 鑑 定 は 交 配 から 35 日 目 に 実 施 する 交 配 から 26 日 目 以 降 には 尿 膜 および 胎 子 の 認 識 が 可 能 となるため この 妊 娠 鑑 定 時 には 胎 子 の 心 拍 動 を 確 認 する 胎 子 の 心 拍 動 が 弱 い 場 合 や 心 拍 数 が 少 ない 場 合 は 早 期 胚 死 滅 の 予 兆 である 可 能 性 が 高 いため 数 日 後 の 再 検 査 が 不 可 欠 である 早 期 胚 死 滅 が 確 認 された 場 合 PGF2α の 投 与 によ る 黄 体 退 行 処 置 により 発 情 を 誘 発 できる 可 能 性 が 高 く 同 一 シーズン 内 の 再 交 配 が 可 能 となる した がって 交 配 後 35 日 目 の 妊 娠 鑑 定 は 経 済 的 な 観 点 から 重 要 な 検 査 といえる 妊 娠 ( 交 配 後 )49 日 目 超 音 波 検 査 による 最 終 の 妊 娠 鑑 定 は 交 配 から 49 日 目 に 実 施 する この 検 査 も 前 回 と 同 様 胎 子 の 心 11

2 拍 動 を 確 認 する この 時 期 は すでに 着 床 が 開 始 し ており 着 床 の 有 無 副 黄 体 形 成 不 全 による 胎 子 の 死 滅 や 異 常 の 有 無 を 確 認 する また この 時 期 に 胎 子 の 生 存 が 確 認 できた 場 合 子 宮 内 シストの 存 在 下 においても 早 期 胚 死 滅 が 発 症 する 可 能 性 は 極 めて 低 いことから 最 終 の 妊 娠 鑑 定 とする 左 : 同 時 期 に 2 個 の 排 卵 となった 双 胎 ( 大 きさが 同 じ) 右 :1 日 遅 れて 2 個 の 排 卵 となった 双 胎 ( 大 きさが 異 なる) 10mm 10mm 左 : 交 配 後 35 日 目 の 胎 子 ( 全 長 15mm) 右 : 交 配 後 49 日 目 の 胎 子 ( 全 長 44mm) 2) 双 胎 時 の 減 胎 処 置 双 胎 妊 娠 は 流 産 のリスクが 高 いため 早 期 診 断 および 早 期 の 減 胎 処 置 の 実 施 が 望 ましい 双 胎 確 認 のためには 交 配 後 14 および 16 日 目 の 超 音 波 検 査 が 不 可 欠 である 左 : 子 宮 角 の 先 端 に 片 方 の 胚 胞 のみを 誘 導 した 状 態 である 右 : 破 砕 直 後 の 子 宮 には 貯 留 液 が 確 認 できる 軽 種 馬 生 産 において 双 胎 は 流 産 を 発 生 しやすい また 分 娩 時 まで 無 事 に 成 長 したとしても 難 産 や 未 熟 子 である 可 能 性 が 高 い さらに 僅 か1%の 確 率 で 無 事 に 生 まれたとしても 競 走 馬 としての 十 分 な 発 育 は 期 待 できない このように 双 胎 は 経 済 的 に 大 きな 損 失 をもたらすことから 早 期 に 双 胎 の 有 無 を 確 認 し 減 胎 処 置 を 実 施 する 必 要 がある 胚 胞 は 交 配 後 16 日 目 まで 子 宮 内 を 浮 遊 している ため 容 易 に 移 動 させることが 可 能 である しかし それ 以 降 は 胎 胞 が 子 宮 角 基 部 に 固 着 して 減 胎 処 置 が 困 難 になるため 交 配 後 14~16 日 目 に 必 ず 妊 娠 鑑 定 を 実 施 する 必 要 がある 特 に 交 配 前 に 2 個 の 排 卵 が 確 認 されている 場 合 は 交 配 から 14 日 目 まで に 初 回 の 妊 娠 診 断 を 実 施 し その 1~2 日 後 の 再 検 査 が 不 可 欠 である 12

3 3) 早 期 胚 死 滅 (Early Embryonic Loss) 早 期 胚 死 滅 は 高 齢 (15 歳 以 上 ) 不 適 切 な 栄 養 管 理 あるいは 分 娩 後 の 初 回 発 情 での 交 配 に よって 発 症 しやすい 早 期 胚 死 滅 の 診 断 においては 交 配 後 35 日 目 の 妊 娠 鑑 定 が 極 めて 重 要 となる 年 齢 の 要 因 はやむを 得 ないが エネルギー 要 求 量 に 見 合 った 適 切 な 飼 養 管 理 を 実 施 するとともに 分 娩 後 の 初 回 発 情 での 交 配 を 見 送 ることが 推 奨 されて いる 交 配 後 40 日 目 までに 胚 胞 が 消 失 する 現 象 は 早 期 胚 死 滅 (EEL:Early Embryonic Loss) と 呼 ば れている 日 高 軽 種 馬 防 疫 推 進 協 議 会 の 調 査 では 交 配 後 15 ~35 日 間 に 5.8% 米 国 ケンタッキー 州 での 調 査 で は 交 配 後 15~35 日 間 に 9.5%の 早 期 胚 死 滅 が 発 生 することが 報 告 されている なお 前 者 における 流 産 率 は 8.7%であり 母 馬 の 死 亡 を 含 め 初 回 の 妊 娠 鑑 定 によって 妊 娠 と 診 断 された 馬 の 14.7%が 分 娩 までに 至 っていない 初 回 妊 娠 鑑 定 で 妊 娠 と 診 断 された 馬 の 流 産 率 ( 日 高 軽 種 馬 防 疫 推 進 協 議 会 による 調 査 ) 馬 の 早 期 胚 死 滅 率 が 高 い 原 因 は 交 配 後 40 日 まで 胚 胞 は 着 床 せず 不 安 定 な 状 態 が 継 続 するためであ ると 考 えられている 早 期 胚 死 滅 が 確 認 された 場 合 は PGF2α の 投 与 による 黄 体 退 行 処 置 によって 再 発 情 を 誘 発 できる 可 能 性 が 高 く 同 一 シーズン 内 に 再 交 配 できる このため 交 配 後 35 日 目 の 妊 娠 鑑 定 が 極 めて 重 要 となる 一 般 的 に 早 期 胚 死 滅 は 以 下 の 条 件 において 発 生 しやすいと 考 えられている 1 高 齢 (15 歳 以 上 ) 2 体 重 や BCS の 低 下 3 分 娩 後 の 初 回 発 情 での 交 配 による 受 胎 13

4 4) 妊 娠 初 期 ( 授 乳 期 )の 栄 養 管 理 妊 娠 初 期 ( 授 乳 期 )の 栄 養 管 理 出 産 後 8 週 までの 授 乳 初 期 は エネルギー 要 求 量 が 最 大 となり 授 乳 後 期 のそれは 減 少 する ~12 週 以 降 は 急 激 に 減 少 する このため エネルギ ー 摂 取 量 も 減 少 させる 必 要 がある その 後 離 乳 が 近 づくにしたがって さらに 仔 馬 の 母 乳 摂 取 量 は 減 少 し 離 乳 後 は 泌 乳 のためのエネルギー 摂 取 が 不 要 となる 乳 摂 取 量 (kg/day) 週 齢 仔 馬 の 母 乳 摂 取 量 は 週 齢 とともに 低 下 する ( 日 高 育 成 牧 場 における 調 査 ) 授 乳 初 期 ( 出 産 後 8 週 間 )の 栄 養 管 理 仔 馬 の 栄 養 源 となる 母 乳 を 分 泌 する 授 乳 期 には エネルギー 要 求 量 が 著 しく 増 加 する 仔 馬 の 母 乳 摂 取 量 は 出 産 1 週 後 に 最 大 に 達 し 1 日 当 りの 総 泌 乳 量 は 19kg である 授 乳 初 期 は 各 ステージの 中 で 最 大 のエネルギー 要 求 量 となり 一 般 的 なサラブレッド 種 ( 出 産 後 体 重 : 570kg)では 31Mcal に 達 する これは 胎 子 が 急 成 長 する 妊 娠 後 期 に 比 較 して エネルギー 要 求 量 は 25% タンパク 質 の 要 求 量 は 45% 増 加 するからである 授 乳 期 の 注 意 事 項 仔 馬 の 母 乳 摂 取 量 は 青 草 やクリープフィードな どの 母 乳 以 外 から 摂 取 されるエネルギー 量 に 大 き く 影 響 されることを 理 解 する 必 要 がある クリープ フィードや 青 草 からのエネルギー 摂 取 量 の 増 加 に 伴 い 母 乳 の 摂 取 量 は 減 少 する この 場 合 は 母 馬 の エネルギー 要 求 量 も 減 少 するため BCS を 観 察 しな がら 給 餌 量 を 減 少 させる 必 要 がある また 1~3 月 の 出 産 と 4~5 月 のそれとでは 青 草 からのエネルギー 摂 取 量 が 著 しく 異 なることを 考 慮 し 授 乳 初 期 の 給 餌 量 を 決 定 する 1~2 月 の 出 産 馬 は 青 草 を 摂 取 できないため 乾 草 および 濃 厚 飼 料 によるエネルギー 供 給 が 不 十 分 な 場 合 は 容 易 に 削 痩 する 一 方 昼 夜 放 牧 を 実 施 している 4~5 月 の 出 産 馬 は 青 草 からのエネルギー 摂 取 が 十 分 であるた め 規 定 の 濃 厚 飼 料 の 給 餌 でも 容 易 に 肥 大 する こ の 場 合 は 青 草 の 摂 取 によってアンバランスになる ミネラルの 補 給 が 必 要 となる すなわち 早 生 まれ の 場 合 は 授 乳 前 期 の 母 馬 のエネルギー 不 足 に 遅 生 まれの 場 合 は 授 乳 前 期 の 母 馬 のエネルギー 過 剰 お よび 適 正 なミネラルバランスの 維 持 に 注 意 する 必 要 がある また 授 乳 期 はエネルギー 要 求 量 以 外 に 水 分 の 要 求 量 も 増 加 する 特 に 泌 乳 量 が 多 い 授 乳 前 期 は 1 日 当 り 50~70lを 飲 水 するため 馬 房 内 はも ちろん 放 牧 地 においても 十 分 な 飲 水 を 可 能 にする 設 備 が 必 要 である 授 乳 中 後 期 ( 出 産 後 2~6カ 月 )の 栄 養 管 理 仔 馬 の 母 乳 摂 取 量 は 個 体 差 がみられるが 出 産 後 8 14

5 5) 妊 娠 中 期 の 栄 養 管 理 妊 娠 中 期 ( 離 乳 後 ~ 分 娩 3 か 月 前 )のエネルギ ー 供 給 は 維 持 量 で 十 分 である 胎 子 の 骨 格 を 形 成 するミネラルの 供 給 が 不 可 欠 である 6) 妊 娠 後 期 の 栄 養 管 理 妊 娠 後 期 ( 分 娩 前 3 ヶ 月 )から エネルギー 摂 取 量 を 増 加 させる(DE:25Mcal) 濃 厚 飼 料 の 給 餌 を 減 少 させるため 植 物 油 やビ ートパルプの 併 用 など 線 維 質 の 高 い 配 合 飼 料 を 効 果 的 に 給 餌 する( 粗 飼 料 率 50~70%) 妊 娠 後 期 には サプリメントの 給 餌 などによる 十 分 なミネラル 供 給 が 不 可 欠 である 妊 娠 中 期 ( 離 乳 後 ~ 分 娩 前 3 カ 月 )は 泌 乳 のた めのエネルギー 供 給 が 不 要 になるため 概 ね 維 持 量 の 供 給 で 十 分 である 一 方 胎 子 の 正 常 な 骨 格 形 成 のため 十 分 かつ 適 切 なバランスのミネラルの 供 給 が 不 可 欠 である この 期 間 は 昼 夜 放 牧 が 可 能 であるため 放 牧 地 に おいて 十 分 量 の 青 草 を 摂 取 できる 場 合 は サプリメ ントの 給 与 のみによって 適 切 な BCS を 維 持 できる この 時 期 の 濃 厚 飼 料 の 多 給 は 過 肥 の 原 因 となり 蹄 疾 患 などの 発 症 リスクが 増 加 する このため ミ ネラルバランスを 重 視 した 飼 料 給 与 を 心 がける 必 要 がある 妊 娠 馬 の 過 肥 は 裂 蹄 などの 蹄 疾 患 を 発 症 しやすい 胎 子 は 妊 娠 期 間 の 最 後 の 3 カ 月 間 で 著 しく 発 育 し 発 育 量 は 全 体 の 60~65%に 達 するため 妊 娠 後 期 ( 分 娩 前 3 ヶ 月 )はエネルギー 摂 取 量 を 増 加 させる 必 要 がある 妊 娠 後 期 の 一 般 的 な 繁 殖 牝 馬 ( 出 産 前 体 重 :640kg)のエネルギー 要 求 量 は 25Mcal に 達 する エネルギー 要 求 量 の 増 加 から 濃 厚 飼 料 の 給 餌 割 合 を 増 加 させる 傾 向 がみられるが 疝 痛 や 胃 潰 瘍 などの 消 化 器 疾 患 を 予 防 するためには 少 なくと も 総 飼 料 の 半 分 以 上 の 粗 飼 料 を 給 餌 する 必 要 がある また エネルギー 源 として 植 物 油 やビートパルプの 併 用 線 維 質 が 高 い 配 合 飼 料 の 効 果 的 な 給 餌 が 推 奨 される 一 方 この 時 期 には 胎 子 の 急 成 長 により 胎 子 や 羊 水 を 含 む 子 宮 が 膨 化 して 消 化 管 を 圧 迫 する このため 消 化 管 の 容 積 を 増 加 させる 粗 飼 料 の 給 餌 量 は 全 投 与 量 の 70% 程 度 に 留 める 必 要 がある 妊 娠 後 期 にはエネルギー 摂 取 量 を 意 識 しがちであ るが 胎 子 の 正 常 な 骨 格 形 成 のためには 繁 殖 牝 馬 に 対 する 十 分 かつ 適 切 なバランスのミネラルの 供 給 が 不 可 欠 である この 時 期 には 骨 を 形 成 するカルシ ウムのみならず 銅 亜 鉛 マンガンなど 軟 骨 あ るいは 骨 代 謝 に 関 わる 微 量 元 素 の 供 給 が 重 要 である 15

6 一 般 的 な 飼 料 であるエンバクや 乾 草 のみでは ミネ ラルが 不 足 するため ミネラル 含 有 量 を 増 加 させた 配 合 飼 料 やサプリメントの 供 給 が 不 可 欠 である 16

7 7) 流 産 馬 鼻 肺 炎 の 予 防 のためには ワクチン 接 種 が 推 奨 される 妊 娠 後 期 には 上 がり 馬 や 育 成 馬 と 接 触 させな いよう 心 がける 流 産 の 発 生 時 には 伝 染 性 であることを 前 提 と する 対 応 によってウイルスの 拡 散 を 防 止 する や 双 胎 妊 娠 による 流 産 の 場 合 は 分 娩 直 前 と 同 様 に 乳 房 の 腫 脹 や 時 には 漏 乳 など 流 産 の 前 兆 が 確 認 さ れることがある 特 に 双 胎 妊 娠 時 に 片 方 の 胎 子 が 死 亡 した 場 合 は その 後 数 週 間 にわたって 乳 房 の 腫 脹 漏 乳 が 認 められることがある このような 乳 房 の 腫 脹 が 認 められる 場 合 は 胎 盤 の 感 染 や 損 傷 が 疑 われるため 早 急 に 獣 医 師 の 診 断 を 受 ける 必 要 が ある 流 産 の 対 処 法 流 産 が 発 生 した 場 合 は 馬 鼻 肺 炎 ウイルス ある いは 馬 パラチフスなどの 伝 染 性 疾 患 の 可 能 性 を 前 提 に 対 応 する 必 要 がある 1 流 産 胎 子 および 母 馬 に 触 れる 前 に 獣 医 師 に 連 絡 する その 後 馬 房 前 に 逆 性 石 鹸 などの 消 毒 液 を 入 れた 消 毒 槽 を 設 置 し 馬 房 に 出 入 りする 際 は 必 ず 消 毒 槽 で 長 靴 を 消 毒 する 妊 娠 中 期 に 発 生 した 羊 膜 に 包 まれた 流 産 胎 子 日 高 軽 種 馬 防 疫 推 進 協 議 会 の 調 査 においては 妊 娠 5 週 目 の 最 終 妊 娠 鑑 定 から 出 産 までの 流 産 の 発 生 率 は 8.7%であるとしている 流 産 を 誘 発 する 主 な 原 因 1ウイルス 感 染 2 細 菌 感 染 3 真 菌 (カビ) 感 染 4 双 胎 妊 娠 5 臍 帯 捻 転 による 酸 素 供 給 の 低 下 6 母 体 および 胎 子 のホルモン 分 泌 の 低 下 馬 の 流 産 通 常 胎 盤 内 に 微 生 物 やウイルスは 存 在 しない しかし 母 馬 の 感 染 によって 微 生 物 やウイルスが 胎 盤 関 門 を 通 過 し 胎 子 に 感 染 する 場 合 がある 胎 子 は 免 疫 機 能 を 有 していないため しばしば 感 染 によ って 流 産 が 引 き 起 こされる また 胎 盤 の 細 菌 感 染 厩 舎 前 の 踏 込 み 消 毒 槽 と 手 洗 桶 2 流 産 胎 子 と 胎 盤 を 処 理 するスタッフは 1 名 に 限 定 し この 担 当 者 が 流 産 胎 子 および 胎 盤 をプラス チック 製 の 密 閉 容 器 に 入 れる また 羊 水 が 付 着 したと 考 えられるすべての 場 所 を 直 ちに 消 毒 す る 流 産 後 の 消 毒 に 推 奨 される 希 釈 倍 率 3 その 後 の 胎 子 処 理 は 獣 医 師 あるいは 管 轄 家 畜 保 17

8 健 衛 生 所 の 指 示 に 従 う 4 流 産 した 牝 馬 および 羊 水 が 付 着 した 寝 藁 は 他 の 妊 娠 馬 に 接 触 しないように 処 理 する 基 本 的 には 流 産 した 牝 馬 を 馬 房 から 出 すことなく 少 なくと もその 両 隣 の 妊 娠 馬 は 他 の 馬 房 に 移 動 させる 5 馬 房 内 の 藁 特 に 羊 水 で 濡 れた 藁 は 十 分 に 消 毒 液 をかけて 堆 肥 下 に 埋 めるなど 適 切 に 処 理 する 6 流 産 の 原 因 が 非 伝 染 性 であることが 判 明 するま で 特 定 の1 名 のスタッフのみに 流 産 した 牝 馬 の 手 入 れや 馬 房 清 掃 などを 担 当 させる また 作 業 中 は 作 業 着 を 着 替 え 他 の 妊 娠 馬 への 伝 染 の 予 防 に 努 める 7 作 業 着 は 他 の 作 業 に 使 用 せず 必 ず 消 毒 後 に 洗 濯 する 馬 鼻 肺 炎 ウイルス(ERV)による 流 産 予 防 胎 齢 に 合 わせて 不 活 化 ワクチンを 3 回 ( 妊 娠 ヶ 月 目 ) 接 種 する 未 経 産 馬 (あがり 馬 )は 環 境 の 変 化 などによる ストレス 育 成 馬 は 初 発 感 染 によって 馬 鼻 肺 炎 を 発 症 しやすい 未 経 産 馬 や 育 成 馬 と 妊 娠 後 期 の 繁 殖 牝 馬 の 接 触 を 回 避 するためには 両 者 の 隔 離 飼 育 が 不 可 欠 である 妊 娠 後 期 の 放 牧 群 の 入 れ 替 え 長 距 離 輸 送 あ るいは 給 餌 量 などの 飼 養 管 理 の 著 しい 変 更 は 可 能 な 限 り 控 え ストレスを 最 小 限 に 抑 止 する 流 産 胎 子 および 胎 盤 は 必 ず 密 封 容 器 に 入 れる 馬 の 流 産 予 防 1 馬 鼻 肺 炎 ウイルスによる 流 産 の 予 防 馬 鼻 肺 炎 は 妊 娠 7~9ヶ 月 に 発 症 しやすく 流 産 を 誘 発 させる 最 も 警 戒 するべきウイルス 感 染 症 である このウイルスによる 流 産 は 前 兆 がなく 突 発 性 であ り 胎 盤 に 損 傷 が 認 められない 特 徴 をもつ また このウイルスは 感 染 後 にリンパ 節 や 神 経 内 に 潜 伏 し 輸 送 や 急 激 な 気 候 の 変 化 などのストレスにより 再 活 性 化 して 再 発 する 特 徴 をもつ さらに このウイ ルスに 対 する 免 疫 反 応 の 持 続 期 間 は 短 期 間 であり このことが 効 果 的 なワクチンの 開 発 を 困 難 にしてい る 現 在 の 不 活 化 ワクチンは 妊 娠 後 期 における3 回 の 接 種 が 推 奨 されている 馬 鼻 肺 炎 による 流 産 胎 子 2 乳 房 の 腫 脹 などの 流 産 兆 候 が 認 められた 場 合 の 処 置 出 産 予 定 日 の1ヶ 月 以 上 前 に 乳 房 の 腫 脹 や 漏 乳 な どの 流 産 兆 候 が 認 められた 場 合 は 流 産 の 予 防 を 目 的 として 抗 生 物 質 非 ステロイド 性 抗 炎 症 剤 プロ ジェステロン 製 剤 などを 投 与 する 抗 生 物 質 および 非 ステロイド 性 抗 炎 症 剤 は 胎 盤 炎 の 治 療 として 投 与 される 一 方 プロジェステロン 製 剤 の 有 効 性 に 関 しては 今 後 の 調 査 が 必 要 である 18

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 資 料 4 ベストパフォーマンスを 発 揮 するための 7つの 疑 問 とその 解 決 すべき 課 題 について ~ 改 めて 確 認 してみよう 自 らの 繁 殖 飼 養 衛 生 管 理 ~ 1 なぜ 生 乳 生 産 量 が 減 少 しているのか? 2 なぜ 乳 用 牛 の 頭 数 が 減 少 しているのか? 3 なぜ 分 娩 事 故 や 子 牛 の 事 故 が 減 らないのか? 4 なぜ 乳 用

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 豚 繁 殖 呼 吸 障 害 症 候 群 (PRRS) 対 象 家 畜 : 豚 いのしし 原 因 : PRRSウイルスはプラス 一 本 鎖 RNAをゲノムとし 北 米 型 と 欧 州 型 の 二 つの 遺 伝 子 型 に 大 別 され 前 者 がより 強 毒 である 疫 学 : 1987 年 に 米 国 で 確 認 された 新 興 感 染 症 であり 世 界 中 に 拡 散 し 日 本 でも 北 米

More information

<5461726F2D31302E977B93D88AC7979D82C982A882AF82E98F8B944D8358>

<5461726F2D31302E977B93D88AC7979D82C982A882AF82E98F8B944D8358> 養 豚 管 理 における 暑 熱 ストレスの 影 響 と 効 果 的 対 策 の 検 討 中 央 家 畜 保 健 衛 生 所 大 城 守 池 宮 城 一 文 津 波 修 比 嘉 喜 政 ほか 高 温 多 湿 な 気 候 条 件 は 家 畜 の 生 産 性 に 大 きな 影 響 を 及 ぼすことが 知 られており 暑 熱 対 策 は 重 要 な 管 理 の 一 つと 考 えられている しかし 2008

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

表 1 養 鶏 施 設 施 用 の 主 な 消 毒 薬 の 特 性 と 対 象 物 消 毒 薬 有 機 物 による 影 響 金 属 腐 食 性 対 象 物 塩 素 剤 効 力 減 少 あ り 鶏 舎 機 材 オ ル ソ 剤 少 ない あ り 鶏 舎 機 材 逆 性 石 け ん 効 力 減 少 な し

表 1 養 鶏 施 設 施 用 の 主 な 消 毒 薬 の 特 性 と 対 象 物 消 毒 薬 有 機 物 による 影 響 金 属 腐 食 性 対 象 物 塩 素 剤 効 力 減 少 あ り 鶏 舎 機 材 オ ル ソ 剤 少 ない あ り 鶏 舎 機 材 逆 性 石 け ん 効 力 減 少 な し 第 4 鶏 2 章 信 州 黄 金 シャモ 衛 生 管 理 マニュアル 信 州 黄 金 シャモ 飼 育 の 統 一 基 準 で 定 められている 衛 生 管 理 は 下 記 の2 項 目 です 最 寄 りの 家 畜 保 健 衛 生 所 と 協 同 して 防 疫 対 策 に 取 り 組 んでください (1)サルモネラ 検 査 家 畜 保 健 衛 生 所 による 導 入 一 か 月 以 降 のロット 毎

More information

家畜衛生ニュース-中央

家畜衛生ニュース-中央 中 央 家 畜 衛 生 通 信 第 65 号 平 成 25 年 8 月 発 行 岩 手 県 中 央 家 畜 保 健 衛 生 所 岩 手 県 中 央 家 畜 衛 生 協 議 会 目 次 家 畜 を 残 暑 から 守 りましょう 岩 手 県 牛 ヨーネ 病 防 疫 対 策 要 領 の 改 正 について 農 場 HACCP 興 味 のある 方 は 当 所 まで!! めん 羊 の 慢 性 銅 中 毒 1 3

More information

<4D F736F F D2095AA95D892BC8CE382CC905690B68E7182CC8AC7979D2E646F63>

<4D F736F F D2095AA95D892BC8CE382CC905690B68E7182CC8AC7979D2E646F63> 4. 分 娩 直 後 の 新 生 子 の 管 理 1) 出 生 直 後 の 新 生 子 の 行 動 (2) 吸 乳 反 射 が 娩 出 から 5 分 以 内 に 発 現 し 新 生 子 は 舌 で 吸 乳 の 仕 草 をみせる いななきや 音 への 反 応 など 聴 覚 および 視 覚 が 活 性 化 する (3) 娩 出 から 5 分 以 内 に 体 温 調 節 のための 馬 体 の 震 えが 認

More information

続 発 性 無 月 経 の 原 因 別 分 類 と 鑑 別 診 断 チャートを 説 明 できる 原 発 性 無 月 経 の 治 療 法 の 概 略 を 説 明 できる 続 発 性 無 月 経 の 治 療 法 の 概 略 を 説 明 できる 月 経 前 症 候 群 の 病 態 と 治 療 法 について

続 発 性 無 月 経 の 原 因 別 分 類 と 鑑 別 診 断 チャートを 説 明 できる 原 発 性 無 月 経 の 治 療 法 の 概 略 を 説 明 できる 続 発 性 無 月 経 の 治 療 法 の 概 略 を 説 明 できる 月 経 前 症 候 群 の 病 態 と 治 療 法 について 生 殖 系 D9 オーガナイザー 産 科 婦 人 科 井 箟 一 彦 泌 尿 器 科 原 勲 Ⅰ 一 般 学 習 目 標 内 科 学 外 科 学 などの 臨 床 医 学 が 個 体 維 持 治 療 医 学 を 主 たる 目 的 とするのに 対 し 生 殖 医 学 は 治 療 医 学 に 加 え 種 族 保 存 リプロダクションを 含 むことを 理 解 し 基 礎 的 知 識 のもと 診 断 治 療

More information

研修計画

研修計画 産 婦 人 科 Ⅰ プログラムの 名 称 日 野 市 立 病 院 産 婦 人 科 初 期 臨 床 研 修 プログラム Ⅱ プログラムの 運 営 日 野 市 立 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 を 中 心 として 運 営 管 理 し 産 婦 人 科 に 配 属 された 研 修 医 に 対 しては, 臨 床 経 験 4 年 以 上 の 上 級 医 が 各 々 組 み 合 わせとなり, 直 接

More information

Ⅰ. 公 益 目 的 事 業 地 域 社 会 の 健 全 な 発 展 に 資 するため 全 国 の 軽 種 馬 生 産 地 域 において 地 域 経 済 の 安 定 化 に 寄 与 し 軽 種 馬 生 産 の 安 定 的 維 持 発 展 と 競 馬 の 健 全 な 発 展 を 図 る 下 記 の 事

Ⅰ. 公 益 目 的 事 業 地 域 社 会 の 健 全 な 発 展 に 資 するため 全 国 の 軽 種 馬 生 産 地 域 において 地 域 経 済 の 安 定 化 に 寄 与 し 軽 種 馬 生 産 の 安 定 的 維 持 発 展 と 競 馬 の 健 全 な 発 展 を 図 る 下 記 の 事 平 成 25 年 度 事 業 計 画 事 業 実 施 方 針 日 本 国 内 に 多 大 なる 被 害 と 影 響 を 与 えた 東 日 本 大 震 災 及 び 大 震 災 に 伴 う 原 子 力 発 電 所 事 故 から2 年 弱 が 経 過 した 平 成 24 年 に 入 り 復 興 需 要 に 支 えられた 内 需 主 導 に より 日 本 経 済 は 回 復 の 動 きが 確 認 できるものの

More information

Microsoft Word - 2007.04村田.doc

Microsoft Word - 2007.04村田.doc 豊 浦 獣 医 科 クリニック 村 田 知 下 痢 症 対 策 まずは 環 境 対 策 から はじめに なぜ 動 物 は 下 痢 をするのでしょ 表 1: 下 痢 の 発 生 機 序 うか 実 はこの 下 痢 という 現 象 は ウイルス 感 染 による 発 熱 と 同 じよ うな もともとは 体 を 守 るための 生 体 防 御 反 応 の1つです 通 常 ヒトでは 1 日 に 約 9l の 水

More information

20) 学 術 論 文 の 刊 行 3.わが 国 の 母 体, 胎 児 及 び 新 生 児 に,より 高 い 水 準 の 医 学 医 療 を 提 供 し, 全 人 的 医 療 を 実 践 できる 母 体 胎 児 専 門 医 になるために, 周 産 期 領 域 における 横 断 的 な 医 学 医 療

20) 学 術 論 文 の 刊 行 3.わが 国 の 母 体, 胎 児 及 び 新 生 児 に,より 高 い 水 準 の 医 学 医 療 を 提 供 し, 全 人 的 医 療 を 実 践 できる 母 体 胎 児 専 門 医 になるために, 周 産 期 領 域 における 横 断 的 な 医 学 医 療 ( 母 体 胎 児 専 門 医 ) 第 7 条 一 般 目 標 母 体 胎 児 専 門 医 は 正 常 及 び 異 常 な 妊 娠 分 娩 ならびに 合 併 症 妊 娠 に 対 する 診 療 を 行 い, 助 言 を 提 供 する 母 体 胎 児 医 療 の 専 門 医 であり, 以 下 の 知 識 と 技 能 を 習 得 することが 必 要 である. (1) 妊 娠 分 娩 経 過 の 正 常 及

More information

Microsoft Word - 3.分娩管理.doc

Microsoft Word - 3.分娩管理.doc 3. 分 娩 管 理 ックする 特 に 肥 満 傾 向 がみられる 繁 殖 牝 馬 は 蹄 疾 患 を 発 症 しやすいことから 注 意 が 必 要 である 1) 分 娩 前 の 運 動 - ポイント - 分 娩 1 ヶ 月 前 から 開 始 するウォーキングマシン 運 動 (20~30 分 間 )は 難 産 の 予 防 に 有 効 であ る 妊 娠 後 期 の 適 度 な 運 動 は 子 宮 動

More information

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H )

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H ) 平 成 25 年 10 月 22 日 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 保 健 統 計 室 室 長 瀧 村 佳 代 室 長 補 佐 岩 﨑 容 子 ( 担 当 ) 患 者 統 計 係 ( 内 線 7516,7517) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2958 平 成 2 4 年 (2012) 福

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 び に 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相

More information

日産婦誌60巻10号研修コーナー

日産婦誌60巻10号研修コーナー α α ( 図 D-19-4)-1) 新 生 児 黄 疸 の 診 断 手 順 ( 文 献 1より 引 用 ) ( 表 D-19-5)-1) 新 生 児 痙 攣 の 原 因 ( 文 献 2より 引 用 ) 1. 周 産 期 脳 障 害 1) 低 酸 素 性 虚 血 性 脳 症 2) 頭 蓋 内 出 血 1クモ 膜 下 出 血 2 脳 室 内 出 血 3 硬 膜 下 出 血 3) 脳 梗 塞 2. 代

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CC3905881469A6291A78BB38EBA8E9197BF322E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CC3905881469A6291A78BB38EBA8E9197BF322E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 2009 年 11 月 7 日 第 5 回 福 岡 病 院 アレルギー 喘 息 教 室 成 人 喘 息 とウイルス 感 染 国 立 病 院 機 構 福 岡 病 院 呼 吸 器 科 医 長 古 森 雅 志 気 管 支 喘 息 とは? 気 道 の 炎 症 は 慢 性 的 にあり 特 定 のアレル ゲン(アレルギーの 原 因 物 質 )やその 他 の 物 質 を 主 に 吸 い 込 んで その 刺 激 により

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

● 外科初期研修プログラム 

● 外科初期研修プログラム  外 科 臨 床 研 修 プログラム Ⅰ 研 修 スケジュール 1. 研 修 期 間 は 原 則 として1 年 目 の4 週 間 とする ただし 可 能 な 範 囲 で 選 択 のため 希 望 に 応 じる < 研 修 方 法 > 1 一 般 外 科 研 修 中 に 消 化 器 外 科 呼 吸 器 ( 胸 部 ) 心 臓 血 管 外 科 内 分 泌 外 科 症 例 も 研 修 する 2 指 導 医 のもとに

More information

12 秋 田 県 畜 産 試 験 場 研 究 報 告 第 27 号 (2013) 給 与 量 (6) 初 産 牛 への 配 合 飼 料 最 大 給 与 量 (7) これまで 経 験 した 初 産 牛 の 事 故, 疾 病 (8) 初 妊 牛 導 入 について 結 果 および 考 察 1. 県 内 に

12 秋 田 県 畜 産 試 験 場 研 究 報 告 第 27 号 (2013) 給 与 量 (6) 初 産 牛 への 配 合 飼 料 最 大 給 与 量 (7) これまで 経 験 した 初 産 牛 の 事 故, 疾 病 (8) 初 妊 牛 導 入 について 結 果 および 考 察 1. 県 内 に 秋 田 畜 試 研 報 Bull.Akita.Pref.Livest,Exp.stn.27.11~16 2013 11 初 産 乳 牛 の 移 行 期 に 適 した 飼 料 の 段 階 的 増 給 法 及 び 繋 留 条 件 の 検 討 ( 第 1 報 )- 乳 用 牛 の 県 内 フィールド 調 査 から - 加 藤 真 姫 子 渡 邊 潤 佐 藤 寛 子 要 約 初 産 牛 の 移 行 期 は,

More information

Taro-H21.05(改正).jtd

Taro-H21.05(改正).jtd 5. 養 豚 農 家 濃 密 指 導 による 経 営 改 善 事 例 豊 後 大 野 家 畜 保 健 衛 生 所 丸 山 信 明 芦 刈 美 穂 里 秀 樹 廣 瀬 英 明 1. 農 家 の 概 要 平 成 7 年 度 に 県 の 指 導 により 農 場 から 食 卓 へ をキャッチフレ-ス に 有 名 な 料 理 研 究 家 を 招 いて 養 豚 生 産 者 3 戸 が 共 同 でハム 加 工 販

More information

5 月 27 日 4 子 宮 頸 癌 1 GIO: 子 宮 頸 癌 の 病 態 診 断 治 療 について 理 解 する SBO: 1. 子 宮 頸 癌 の 発 癌 のメカニズムや 発 癌 過 程 について 説 明 できる 2. 子 宮 頸 癌 および 前 癌 病 変 の 分 類 ついて 説 明 でき

5 月 27 日 4 子 宮 頸 癌 1 GIO: 子 宮 頸 癌 の 病 態 診 断 治 療 について 理 解 する SBO: 1. 子 宮 頸 癌 の 発 癌 のメカニズムや 発 癌 過 程 について 説 明 できる 2. 子 宮 頸 癌 および 前 癌 病 変 の 分 類 ついて 説 明 でき 日 付 時 限 内 4 月 8 日 4 婦 人 科 腫 瘍 学 総 論 GIO: 女 性 に 特 有 の 腫 瘍 疾 患 を 総 論 的 に 捉 え 理 解 する 容 SBO: 1. 生 殖 器 の 解 剖 生 殖 器 腫 瘍 の 病 理 細 胞 診 断 画 像 診 断 などについて 説 明 ができる 2. 子 宮 頸 部 悪 性 腫 瘍 の 発 癌 メカニズム( 特 にHPV) 診 断 治 療 について

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819989BC96F35F4865616C74685F8F9096BC93FC82E897705F83548343839393FC82E88DC58F4994C55F5265762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819989BC96F35F4865616C74685F8F9096BC93FC82E897705F83548343839393FC82E88DC58F4994C55F5265762E646F63> 母 子 の 健 康 の 推 進 ( 仮 訳 ) 問 題 の 大 きさとその 重 要 性 地 域 格 差 家 庭 地 域 社 会 そして 経 済 の 健 全 性 は 女 性 の 健 康 と 密 接 不 可 分 な 関 係 にある しかし 今 なお 世 界 のどこかでは 妊 娠 や 出 産 のために 女 性 が 100 秒 間 に 1 人 の 割 合 で 命 を 落 としてい る 母 親 と 子 供 の

More information

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4 2015 年 6 月 改 訂 薬 価 基 準 収 載 処 方 箋 医 薬 品 : 注 意 - 医 師 等 の 処 方 箋 により 使 用 すること - 医 薬 品 の 適 正 使 用 に 欠 かせない 情 報 です 使 用 前 に 必 ずお 読 みください - 新 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 の 解 説 禁 忌 ( 次 の 患 者 には 投 与 しないこと) 本 剤 の 成 分 に 対

More information

目 次 Ⅰ 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 近 代 化 に 関 する 方 針 1 福 井 県 における 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 位 置 付 け 並 びに 基 本 的 な 展 開 方 向 飼 持 料 続 給 可 与 能 な 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 のための 取 組

目 次 Ⅰ 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 近 代 化 に 関 する 方 針 1 福 井 県 における 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 位 置 付 け 並 びに 基 本 的 な 展 開 方 向 飼 持 料 続 給 可 与 能 な 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 のための 取 組 別 記 様 式 第 1 号 計 画 期 間 平 成 年 度 ~ 平 成 3 年 度 福 井 県 酪 農 肉 用 牛 生 産 近 代 化 計 画 書 平 成 3 年 3 月 福 井 県 目 次 Ⅰ 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 近 代 化 に 関 する 方 針 1 福 井 県 における 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 位 置 付 け 並 びに 基 本 的 な 展 開 方 向 飼 持

More information

スライド 1

スライド 1 1. すい 臓 の 生 理 学 血 糖 値 を 下 げる 唯 一 のホルモン : インスリン すい 臓 から 分 泌 される すい 臓 の 働 き 消 化 液 の 分 泌 ホルモンの 分 泌 すい 臓 のホルモン 分 泌 に 関 わる 細 胞 の 集 まり 食 物 の 消 化 を 助 ける 血 糖 値 に 関 係 する ランゲルハンス 島 細 胞 の 名 称 分 泌 されるホルモン ホルモンの 役

More information

Taro-H26-10○ 村山(P2点)

Taro-H26-10○ 村山(P2点) 母 豚 のボディコンディションの 適 正 化 による 生 産 性 向 上 への 取 り 組 み 中 央 家 畜 保 健 衛 生 所 村 山 修 吾 権 田 寛 子 堀 江 香 会 丸 山 幹 夫 石 田 秀 史 はじめに これまで 家 畜 保 健 衛 生 所 が 行 う 生 産 性 向 上 対 策 は 疾 病 コントロールが 主 体 であったが そも そも 繁 殖 成 績 が 悪 く 生 産 頭 数

More information

ただし 本 提 案 は 技 術 的 検 討 結 果 であり 国 民 に 対 して 広 く 接 種 機 会 を 提 供 する 仕 組 みとして 実 施 するためには 前 提 として ワクチンの 供 給 実 施 体 制 の 確 保 必 要 となる 財 源 の 捻 出 方 法 等 の 検 討 を 行 った

ただし 本 提 案 は 技 術 的 検 討 結 果 であり 国 民 に 対 して 広 く 接 種 機 会 を 提 供 する 仕 組 みとして 実 施 するためには 前 提 として ワクチンの 供 給 実 施 体 制 の 確 保 必 要 となる 財 源 の 捻 出 方 法 等 の 検 討 を 行 った 資 料 1-1 B 型 肝 炎 ワクチンの 定 期 接 種 化 について これまでの 経 緯 1986 年 1 月 :B 型 肝 炎 母 子 感 染 防 止 事 業 において 乳 児 に 対 する 感 染 防 止 事 業 を 開 始 1992 年 3 月 : WHOがB 型 肝 炎 ワクチンのユニバーサル 化 を 推 奨 2012 年 5 月 : 厚 生 科 学 審 議 会 感 染 症 分 科 会

More information

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2.

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2. 日 付 時 限 4 月 7 日 5 小 児 医 療 GIO: 小 児 科 学 とは 何 か を 学 ぶ SBO: 1. 小 児 疾 病 の 特 徴 について 概 説 できる 内 容 2. 新 生 児 幼 児 学 童 思 春 期 青 年 期 の 発 育 発 達 を 説 明 できる 発 育 過 程 の 各 年 齢 におけるエネルギー 蛋 白 質 所 要 量 を 説 明 できる 小 児 薬 用 量 について

More information

第12回 代謝統合の破綻 (糖尿病と肥満)

第12回 代謝統合の破綻 (糖尿病と肥満) 第 12 回 代 謝 統 合 の 破 綻 ( 糖 尿 病 と 肥 満 ) 日 紫 喜 光 良 基 礎 生 化 学 講 義 2014.7.15 1 糖 尿 病 とは インスリンの 相 対 的 もしくは 絶 対 的 な 不 足 に 起 因 する 空 腹 時 の 血 糖 値 上 昇 で さまざまな 疾 患 からなる 症 候 群 2 図 25.1より 1 型 糖 尿 病 と2 型 糖 尿 病 1 型 糖 尿

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE38F428140967B959489F1939A814081408B638E96985E>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE38F428140967B959489F1939A814081408B638E96985E> 九 州 ブロック 医 療 保 険 協 議 会 社 会 保 険 委 員 協 議 会 議 事 録 平 成 26 年 10 月 25 日 15:00~17:30 場 所 : 別 府 ロイヤルホテル 4. 協 議 事 項 1) 提 案 事 項 1. 超 音 波 の 算 定 について 1 子 宮 内 胎 児 死 亡 で 自 然 流 産 を 待 つ 場 合 経 過 観 察 として 超 音 波 断 層 法 を1

More information

1 各 臓 器 疾 患 別 の 詳 しい 診 療 内 容 (1) 食 道 疾 患 について (2) 胃 疾 患 について (3) 腸 疾 患 について (4) 胆 道 疾 患 について (5) 膵 疾 患 について (6) 肝 臓 疾 患 について (1) 食 道 疾 患 について まず 良 性 疾 患 として 逆 流 性 食 道 炎 の 増 加 が 目 立 ちます 動 物 性 脂 肪 や 刺 激 物

More information

第5回Mindsセミナー

第5回Mindsセミナー Mindsの 概 要 説 明 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 EBM 医 療 情 報 部 部 長 国 際 医 療 福 祉 大 学 臨 床 医 学 研 究 センター 教 授 吉 田 雅 博 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 の 事 業 1) 医 療 情 報 サービス 事 業 Minds ( 平 成 15 年 度 より) 厚 生 労 働 省 の 補 助 金 事 業 医 療 関 係 者 患

More information

平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 ( 確 定 数 )の 概 況 ( 福 島 県 ) 目 次 調 査 の 概 要 結 果 の 概 要 ( 統 計 表 ) 第 1 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 第 2 表 主 な 死 因 の 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 第 3 表 主 な 死 因 の 死 亡 率 対 全 国 比 較 第 4 表 生 活 習 慣 病

More information

国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の 中 で 臨 床 研 修 は 個 人 のみならず 社 会 的 必 要 性 の 強 いものである その 社

国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の 中 で 臨 床 研 修 は 個 人 のみならず 社 会 的 必 要 性 の 強 いものである その 社 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プ ログラ ム 平 成 25 年 度 版 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の

More information

2 製 品 概 要 有 効 成 分 (1 錠 中 含 量 ) 製 造 販 売 承 認 番 号 薬 価 基 準 収 載 医 薬 品 コード レセプト 電 算 処 理 システム 用 コード 薬 価 薬 価 基 準 収 載 日 規 制 区 分 使 用 期 限 貯 法 注 意 ピートル チュアブル 錠 25

2 製 品 概 要 有 効 成 分 (1 錠 中 含 量 ) 製 造 販 売 承 認 番 号 薬 価 基 準 収 載 医 薬 品 コード レセプト 電 算 処 理 システム 用 コード 薬 価 薬 価 基 準 収 載 日 規 制 区 分 使 用 期 限 貯 法 注 意 ピートル チュアブル 錠 25 2015.11 No. 475 高 リン 血 症 治 療 剤 注 ) 処 方 箋 医 薬 品 注 ) 注 意 - 医 師 等 の 処 方 箋 により 使 用 すること 新 発 売 のお 知 らせ 謹 啓 時 下 ますますご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 平 素 は 弊 社 製 品 に 格 別 のお 引 き 立 てを 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます この 度 高 リン 血

More information

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波 お 客 様 のニーズに 対 して 弊 社 は 多 種 のコースを 作 成 し ました ご 覧 ください 人 間 ドックコース( 一 般 ) その 他 り 聴 診 や 打 診 を 行 う 252,000 円 / 税 込 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 難 聴 腹 部

More information

<5461726F2D82518254944E9378927B8E5990558BBB82CC82BD82DF82CC8E96>

<5461726F2D82518254944E9378927B8E5990558BBB82CC82BD82DF82CC8E96> 肉 用 牛 関 係 事 業 等 一 覧 表 ( 平 成 25 年 度 当 初 版 ) 目 的 は 具 体 的 には 対 応 する 事 業 実 施 主 体 事 業 の 特 徴 又 は 窓 口 1 規 模 拡 大 を 共 同 利 用 牛 舎 一 般 予 算 図 る を 整 備 したい 強 い 農 業 づくり 交 付 金 公 社 農 協 都 道 府 県 協 業 法 人 経 営 の 開 始 に 伴 う 共

More information

【不妊外来問診票2012版】

【不妊外来問診票2012版】 記 入 した 日 付 ( 年 月 日 ) 血 圧 測 定 ( / )mmhg 氏 名 ( ) 様 年 齢 ( ) 歳 夫 (またはパートナー)の 氏 名 ( ) 様 年 齢 ( ) 歳 1 本 日 はどのようなことで 受 診 されましたか?( 心 配 な 点 やご 希 望 など) 該 当 項 目 があれば 印 を 付 けて 下 さい ( ) 話 相 談 のみ 希 望 ( ) 不 妊 検 査 を 希

More information

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4>

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4> 別 表 第 一 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 [ 目 次 ] 第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 通 則 第 1 節 初 診 料 第 2 節 再 診 料 第 2 部 入 院 料 等 通 則 第 1 節 入 院 基 本 料 第 2 節 入 院 基 本 料 等 加 算 第 3 節 特 定 入 院 料 第 4 節 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 第 2 章 特 掲 診 療

More information

Ⅴ 導 入 プロセス 1 導 入 手 順 肉 牛 を 開 始 するとしたら( 初 期 投 資 運 転 資 金 かかる) 導 入 頭 数 別 の 経 営 収 支 初 年 目 2 年 3 年 4 年 5 年 6 年 7 年 8 年 10 頭 導 入 繁 殖 牛 頭 10 10 10 10 10 10 1

Ⅴ 導 入 プロセス 1 導 入 手 順 肉 牛 を 開 始 するとしたら( 初 期 投 資 運 転 資 金 かかる) 導 入 頭 数 別 の 経 営 収 支 初 年 目 2 年 3 年 4 年 5 年 6 年 7 年 8 年 10 頭 導 入 繁 殖 牛 頭 10 10 10 10 10 10 1 Ⅳ 和 牛 を 取 り 入 れた 経 営 の 経 済 性 1 経 営 収 支 宗 谷 肉 牛 ( 黒 毛 繁 殖 ) 経 営 指 標 総 括 類 型 1 類 型 2 類 型 3 類 型 4 類 型 5 高 齢 者 雇 用 促 進 肉 牛 専 業 経 営 乳 肉 複 合 ( 経 産 牛 50 頭 ) 乳 肉 移 行 ( 経 産 牛 40 頭 ) 20 頭 80 頭 110 頭 肉 牛 20 頭 借 腹

More information

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2 1. 診 療 圏 直 近 12ヶ 月 分 1 年 間 の 診 療 圏 ( 市 ) 東 大 和 市 4% 国 分 寺 市 1% 府 中 市 2% 小 金 井 市 3% 清 瀬 市 3% 立 川 市 1% その 他 7% 東 村 山 市 41% 東 村 山 市 小 平 市 西 東 京 市 東 久 留 米 市 東 大 和 市 清 瀬 市 小 金 井 市 東 久 留 米 市 7% 府 中 市 国 分 寺 市

More information

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記 載 要 領 について ( 平 成 九 年 四 月 二 五 日 ) ( 薬 発 第 六 〇 七 号 ) ( 各 都 道 府 県 知 事 あて 厚 生 省 薬 務 局 長 通 知 ) 標 記 については 昭 和 五 一 年 二 月 二 〇 日 薬 発 第 一 五 三 号 薬 務 局 長 通 知 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記

More information

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4 日 付 時 限 内 容 4 月 6 日 2 総 論 GIO: 耳 鼻 咽 喉 科 疾 患 を 持 つ 患 者 の 診 断 と 治 療 ができるようになるために これらの 系 の 基 本 的 知 識 特 性 を 理 解 する SBO: 1. 耳 疾 患 について 説 明 できる 2. 鼻 疾 患 について 説 明 できる 3. 咽 頭 喉 頭 疾 患 について 説 明 できる 4 月 13 日 2 鼻

More information

01

01 保 医 発 0 3 2 5 第 6 号 平 成 2 8 年 3 月 2 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長

More information

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学 科 目 名 解 剖 学 Ⅱa 単 講 師 名 渡 邊 利 明 開 講 期 前 期 後 期 通 位 人 体 を 構 成 する 細 胞 組 織 器 官 の 位 置 機 能 及 び 形 態 を 理 解 させ 医 療 従 事 者 として 必 要 な 解 剖 学 的 知 識 を 習 得 させる 国 家 試 験 対 策 として 出 題 基 準 に 関 係 ある 部 分 に 重 点 をおいて 授 業 を 進 め

More information

10 時 半 ~17 時 ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~1/10 程 であった.これは, 定 量 の 手 法 が 異 なるため ~79), 1~5) 母 数 効 果 (l =1~3) (m=1~10) ~3) 競 馬 四 季 報 (1989~ 1991) と 競 馬 年 鑑 (1989~ 中 京 の 地 方 開 催 グループでは 初 出

More information

Writer標準

Writer標準 はじめに 結 核 診 断 の 手 引 き 年 間 2 万 人 以 上 の 新 規 患 者 が 登 録 されている 結 核 は 今 なお 国 内 最 大 の 感 染 症 です 但 し 下 記 に 示 すように 患 者 数 は 減 少 傾 向 にあるものの 傾 きは 鈍 化 してきており 特 に 山 形 県 では この 10 年 間 は 毎 年 の 新 規 患 者 数 が 140 人 ( 置 賜 では

More information

院内肺炎予防策

院内肺炎予防策 3-3. 院 内 肺 炎 予 防 策 Ⅰ. 病 院 感 染 肺 炎 (Nosocomial Pneumonia ; NP) なんらかの 基 礎 疾 患 のため 入 院 治 療 を 行 っている 患 者 が, 入 院 後 48 時 間 から 72 時 間 後 に 発 症 する 下 気 道 の 肺 炎 である Ⅱ. 肺 炎 の 疫 学 米 国 では, 肺 炎 は 尿 路 感 染 についで 多 く 全 病

More information

044 多発血管炎性肉芽腫症

044 多発血管炎性肉芽腫症 44 多 発 血 管 炎 性 肉 芽 腫 症 概 要 1. 概 要 多 発 血 管 炎 性 肉 芽 腫 症 は 以 前 はウェゲナー 肉 芽 腫 症 と 称 されていた 疾 患 で 病 理 組 織 学 的 に(1) 全 身 の 壊 死 性 肉 芽 腫 性 血 管 炎 (2) 上 気 道 と 肺 を 主 とする 壊 死 性 肉 芽 腫 性 炎 (3) 半 月 体 形 成 腎 炎 を 呈 し その 発

More information

血 清 気 管 ク ロ ア カ ス ワ ブ : 各 10 検 体 細 菌 検 査 心 肺 肝 脾 全 血 顔 面 腫 脹 部 皮 下 ス ワ ブ を 血 液 寒 天 DHL 寒 天 チ ョ コ レ ー ト 寒 天 に ス タ ン プ 37 24 ~ 48 時 間 好 気 微 好 気 培 養 ウ イ

血 清 気 管 ク ロ ア カ ス ワ ブ : 各 10 検 体 細 菌 検 査 心 肺 肝 脾 全 血 顔 面 腫 脹 部 皮 下 ス ワ ブ を 血 液 寒 天 DHL 寒 天 チ ョ コ レ ー ト 寒 天 に ス タ ン プ 37 24 ~ 48 時 間 好 気 微 好 気 培 養 ウ イ 採 卵 鶏 農 場 に お け る ア ジ ュ バ ン ト 肉 芽 腫 の 発 生 と そ の 対 策 紀 南 家 畜 保 健 衛 生 所 山 本 敦 司 吉 川 克 郎 背 景 お よ び 目 的 平 成 17 年 ( 2005 ) に 副 作 用 情 報 と し て 顔 面 腫 脹 を 呈 す る 鶏 の 報 告 が あ り そ れ ま で に も 数 件 の 報 告 が な さ れ て い る

More information

非化膿性脳脊髄炎を主徴とする山羊関節炎・脳脊髄炎のウイルス学的分析

非化膿性脳脊髄炎を主徴とする山羊関節炎・脳脊髄炎のウイルス学的分析 西 讃 地 域 における 乳 質 改 善 の 取 り 組 み 西 部 家 畜 保 健 衛 生 所 西 讃 支 所 高 橋 茂 隆 小 野 耕 一 澤 野 一 浩 真 鍋 圭 哲 1. はじめに 近 年 食 の 安 全 安 心 とともに 牛 乳 の 消 費 低 下 も 加 わって 酪 農 家 には 良 質 な 生 乳 の 生 産 が 求 められて いる そのため 乳 質 の 中 でも 体 細 胞 数

More information

マイコプラズマ肺炎

マイコプラズマ肺炎 マイコプラズマ 肺 炎 マイコプラズマ 肺 炎 [ 日 本 での 感 染 症 発 生 動 向 調 査 ] 晩 秋 から 早 春 にかけて 多 い 患 者 の 年 齢 は 幼 児 期 学 童 期 青 年 期 (5 歳 から35 歳 )が 中 心 流 行 は 学 童 から 始 まり 家 庭 内 感 染 へと 広 まる 病 原 体 分 離 例 でみると7 歳 から8 歳 にピーク 5 歳 未 満 の 幼

More information

の 肺 外 発 症 が 起 こり さらにサイトカイン 補 体 などの 活 性 化 により 血 管 閉 塞 型 の 肺 外 発 症 が 起 こります いずれにせよマイコプラズマ 感 染 症 は 肺 炎 も 肺 外 発 症 も 免 疫 発 症 で ある という 点 をご 理 解 戴 けましたら 幸 いで

の 肺 外 発 症 が 起 こり さらにサイトカイン 補 体 などの 活 性 化 により 血 管 閉 塞 型 の 肺 外 発 症 が 起 こります いずれにせよマイコプラズマ 感 染 症 は 肺 炎 も 肺 外 発 症 も 免 疫 発 症 で ある という 点 をご 理 解 戴 けましたら 幸 いで 2012 年 3 月 14 日 放 送 マイコプラズマ-その 診 断 と 治 療 札 幌 徳 洲 会 病 院 小 児 科 医 長 成 田 光 生 発 症 機 構 マイコプラズマ その 診 断 と 治 療 というテーマで 話 させて 戴 きますが その 前 提 とし てまずマイコプラズマ 感 染 症 のメカニズムを 理 解 する ということが 重 要 ですので ち ょっと 複 雑 ですが 最 初 にマイコプラズマの

More information

分 娩 時 に 胎 盤 が 娩 出 されるとプロゲステロンの 急 激 な 低 下 が 引 き 金 となって 分 娩 後 36~96 時 間 目 より 乳 汁 分 泌 が 本 格 的 となるが 乳 管 の 開 通 が 十 分 でないことが 多 く 乳 房 は 緊 満 し しばしば 疼 痛 を 伴 う

分 娩 時 に 胎 盤 が 娩 出 されるとプロゲステロンの 急 激 な 低 下 が 引 き 金 となって 分 娩 後 36~96 時 間 目 より 乳 汁 分 泌 が 本 格 的 となるが 乳 管 の 開 通 が 十 分 でないことが 多 く 乳 房 は 緊 満 し しばしば 疼 痛 を 伴 う 乳 腺 炎 (121024) 30 代 女 性 2 日 前 より 倦 怠 感 と 微 熱 を 認 めた その 他 には 特 に 症 状 は 無 い 上 気 道 炎 症 状 や 尿 路 の 症 状 もなし 2 か 月 の 児 に 授 乳 中 症 状 は 微 熱 だけで 原 因 がはっきりしないため 対 症 薬 で 経 過 観 察 し 症 状 が 出 現 したときに 再 来 を 指 示 した のちに 右

More information

1

1 秋 田 県 家 畜 改 良 増 殖 計 画 平 成 28 年 3 月 1 Ⅰ 乳 用 牛 1 改 良 目 標 酪 農 経 営 の 安 定 化 と 生 乳 の 安 定 供 給 を 図 るため 優 良 な 種 雄 牛 を 選 抜 するための 後 代 検 定 と 雌 牛 の 能 力 測 定 を 行 う 牛 群 検 定 を 柱 とし 遺 伝 的 多 様 性 を 確 保 するとともに 能 力 体 型 の 両

More information

207 1.ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 実 施 計 画 の 概 要 研 究 課 題 名 半 月 板 縫 合 後 の 滑 膜 幹 細 胞 による 治 癒 促 進 申 請 年 月 日 実 施 施 設 及 び 研 究 責 任 者 平 成 24 年 12 月 28 日 実 施 施 設 : 東 京 医

207 1.ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 実 施 計 画 の 概 要 研 究 課 題 名 半 月 板 縫 合 後 の 滑 膜 幹 細 胞 による 治 癒 促 進 申 請 年 月 日 実 施 施 設 及 び 研 究 責 任 者 平 成 24 年 12 月 28 日 実 施 施 設 : 東 京 医 206 平 成 25 年 3 月 5 日 東 京 医 科 歯 科 大 学 医 学 部 から 申 請 のあった ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 実 施 計 画 に 係 る 意 見 について ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 に 関 する 審 査 委 員 会 委 員 長 永 井 良 三 東 京 医 科 歯 科 大 学 医 学 部 から 申 請 のあった 下 記 のヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 実

More information

救急科  臨床研修プログラム

救急科  臨床研修プログラム 13. 救 急 科 初 期 臨 床 研 修 カリキュラム 特 徴 1. 内 因 性 疾 患 外 傷 熱 中 症 急 性 薬 物 中 毒 各 種 ショック ( 出 血 敗 血 症 アナフィラ キシーなど) 院 外 心 肺 機 能 停 止 など 軽 症 から 超 重 症 まで 診 るER 型 救 急 を 行 っている 2. 初 療 処 置 諸 検 査 を 行 い 診 断 がついた 時 点 で 各 科 専

More information

2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経

2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経 1 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : 会 社 名 : 石 川 金 属 株 式 会 社 住 所 : 592-8352 大 阪 府 堺 市 西 区 築 港 浜 寺 西 町 7-21 担 当 部 署 : 品 質 保 証 部 電 話 番 号 : 072-268-1155 緊 急 連 絡 電 話 番 号 : 072-268-1155 FAX 番 号 : 072-268-1159 使 用 用

More information

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 資 料 5 医 療 費 等 現 状 について 健 康 祉 政 策 課 1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 状 況 (4)1 人 当 たり

More information

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない 直 腸 癌 の 手 術 ( 肛 門 温 存 )に 対 する 説 明 書 1. 直 腸 癌 とは 直 腸 癌 は 粘 膜 より 発 生 し 徐 々に 大 きくなり 進 行 していきます 進 行 の 形 式 には 1 直 腸 壁 を 壊 し 徐 々に 深 く 浸 潤 して( 壁 浸 潤 ) さらに 進 行 すると 腸 壁 を 貫 いて 他 の 臓 器 へ 直 接 浸 潤 する 形 式 ( 直 接 浸 潤

More information

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性 別 表 4 手 術 支 払 割 合 表 手 術 の 保 障 が 付 帯 されているコースの 手 術 共 済 金 額 は 下 記 のとおりで す ジュニア20コース J1000 円 コース J1600 円 コース J2000 円 コース J1900 円 コース 5,000 円 7,000 円 10,000 円 4,000 円 女 性 コース 医 療 コース L2000 円 コース L3000 円 コース

More information

「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第12条第1項及び第14条第2項に基づく届出の基準等について」の一部改正について

「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第12条第1項及び第14条第2項に基づく届出の基準等について」の一部改正について 健 感 発 0307 第 2 号 平 成 25 年 3 月 7 日 都 道 府 県 各 政 令 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 特 別 区 厚 生 労 働 省 健 康 局 結 核 感 染 症 課 長 感 染 症 の 予 防 及 び 感 染 症 の 患 者 に 対 する 医 療 に 関 する 法 律 第 12 条 第 1 項 及 び 第 14 条 第 2 項 に 基 づく 届 出 の 基

More information

技 能 労 務 職 高 校 卒 137,200 円 146,700 円 中 学 卒 129,200 円 137,200 円 (3) 職 員 の 経 験 年 数 別 平 均 給 料 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 区 分 経 験 年 数 15 年 以 上 経 験 年 数 2

技 能 労 務 職 高 校 卒 137,200 円 146,700 円 中 学 卒 129,200 円 137,200 円 (3) 職 員 の 経 験 年 数 別 平 均 給 料 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 区 分 経 験 年 数 15 年 以 上 経 験 年 数 2 上 北 山 村 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 1. 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 平 成 25 年 4 月 1 日 現 平 成 25 年 度 中 の 退 平 成 25 年 度 中 及 び 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 職 員 数 A 職 者 数 平 成 26 年 4 月 1 日 採 在 の 職 員 数 B B-A 用 者 数 36 人 0

More information

Microsoft Word - 膵臓癌ホームページ用.doc

Microsoft Word - 膵臓癌ホームページ用.doc 膵 臓 がんの 症 状 と 治 療 2010 年 4 月 26 日 作 成 医 療 法 人 財 団 神 戸 海 星 病 院 目 次 1 2 3 4 5 膵 臓 の 解 剖 特 徴 診 断 方 法 進 行 度 当 院 での 治 療 法 Ⅰ. 手 術 治 療 Ⅱ. 内 視 鏡 的 ステント 留 置 術 1 2 2 3 4 4 9 Ⅲ. 化 学 療 法 10 手 術 実 績 膵 臓 悪 性 腫 瘍 手 術

More information

自 体 だけでなく 接 触 した 人 が 衣 服 や 靴 底 に 付 着 したウィルスを 運 んでしまう 危 険 があ ることと 発 症 すると 直 接 治 療 する 方 法 がなく 感 染 犬 の 体 力 や 抵 抗 力 をアシストする ことしかできないことです そのため 体 力 の 弱 い 子

自 体 だけでなく 接 触 した 人 が 衣 服 や 靴 底 に 付 着 したウィルスを 運 んでしまう 危 険 があ ることと 発 症 すると 直 接 治 療 する 方 法 がなく 感 染 犬 の 体 力 や 抵 抗 力 をアシストする ことしかできないことです そのため 体 力 の 弱 い 子 2015 年 8 月 シェルター 獣 医 師 通 信 ~ 神 石 高 原 の 風 景 神 石 高 原 での 出 来 事 こんにちは 獣 医 師 の 藤 原 です この 春 GREENDOG からピースウィンズ ジャパン に 出 向 し 保 護 犬 事 業 ピースワンコ ジャパンのシェルター 獣 医 師 として 愛 犬 さくら と 広 島 県 神 石 高 原 町 に 参 りました 東 京 では 家 庭

More information

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc 肝 炎 対 策 の 推 進 に 関 する 基 本 的 な 指 針 平 成 23 年 5 月 16 日 目 次 第 1 第 2 第 3 第 4 第 5 第 6 第 7 第 8 第 9 肝 炎 の 予 防 及 び 肝 炎 医 療 の 推 進 の 基 本 的 な 方 向 肝 炎 の 予 防 のための 施 策 に 関 する 事 項 肝 炎 検 査 の 実 施 体 制 及 び 検 査 能 力 の 向 上 に

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 糖 尿 病 眼 合 併 症 と 治 療 について 糖 尿 病 とは? 糖 尿 病 とは 尿 に 糖 が 混 じるだけの 病 気 ではない 血 糖 値 上 昇 により 全 身 の 血 管 障 害 を 引 き 起 こし ます 製 鉄 記 念 広 畑 病 院 眼 科 藤 井 誠 士 郎 日 本 人 の 糖 尿 病 疫 学 調 査 眼 の 構 造 と 機 能 糖 尿 病 患 者 数 :820 万 人 (2007

More information

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 平 成 25 年 度 高 額 レセプト 上 位 の 概 要 健 保 連 が 行 う 平 成 25 年 度 の 高 額 医 療 交 付 金 交 付 事 業 に 申 請 された 医 療 費 のうち 1ヵ 月 の 医 療 費 が1,000 万 円 以 上 のものは 前 年 度 比 82 件 増 (32.28% 増 )の336 件 で 過 去 最 高 となった 全 336 件 のうち 先 天 性 疾 患 が125

More information

なってきました ペットは 伴 侶 動 物 として 人 と 最 も 身 近 に 生 活 することを 考 えれば 時 に 最 も 危 険 な 感 染 源 に 変 身 する 可 能 性 があると 考 えられます ペットフード 協 会 が 調 べ た 2011 年 のペット 飼 育 率 をみると 犬 猫 な

なってきました ペットは 伴 侶 動 物 として 人 と 最 も 身 近 に 生 活 することを 考 えれば 時 に 最 も 危 険 な 感 染 源 に 変 身 する 可 能 性 があると 考 えられます ペットフード 協 会 が 調 べ た 2011 年 のペット 飼 育 率 をみると 犬 猫 な 2012 年 8 月 8 放 送 ペットを 介 して 広 がる 感 染 症 酪 農 学 園 大 学 獣 医 学 群 獣 医 学 類 食 品 衛 生 学 ユニット 教 授 田 村 豊 人 獣 共 通 感 染 症 とは? 本 日 は ペットを 介 して 人 に 感 染 する 感 染 症 のお 話 をさせていた だきたいと 思 います 脊 椎 動 物 と 人 との 間 で 自 然 に 伝 播 する 感 染

More information

光 輪 はさみこども 園 学 校 保 健 安 全 法 ( 第 19 条 )に 準 ずる(H24.4 改 定 ) 病 名 感 染 しやすい 期 間 登 園 のめやす 症 状 ( 発 熱 全 身 症 状 呼 吸 器 症 状 )がある 期 間 インフルエンザ ( 発 症 前 24 時 間 ~ 発 病 後

光 輪 はさみこども 園 学 校 保 健 安 全 法 ( 第 19 条 )に 準 ずる(H24.4 改 定 ) 病 名 感 染 しやすい 期 間 登 園 のめやす 症 状 ( 発 熱 全 身 症 状 呼 吸 器 症 状 )がある 期 間 インフルエンザ ( 発 症 前 24 時 間 ~ 発 病 後 主 治 医 様 下 記 太 線 枠 内 をご 記 入 願 います 登 園 許 可 証 光 輪 はさみこども 園 園 長 殿 入 所 園 児 氏 名. 病 名 平 成 年 月 日 から 病 状 も 回 復 し 集 団 生 活 に 支 障 がない 状 態 になったので 登 園 可 能 と 判 断 します 平 成 年 月 日 医 療 機 関 名 医 師 名 印 こども 園 は 乳 幼 児 が 集 団 で

More information

はじめに 東 京 都 では 平 成 9 年 に HIV 感 染 防 止 のための 予 防 服 用 マニュアル を 作 成 し 協 力 病 院 及 び 一 般 医 療 機 関 等 へ 配 布 した これは 同 年 に 出 された 厚 生 省 ( 当 時 ) 通 知 を 受 け 一 般 医 療 機 関

はじめに 東 京 都 では 平 成 9 年 に HIV 感 染 防 止 のための 予 防 服 用 マニュアル を 作 成 し 協 力 病 院 及 び 一 般 医 療 機 関 等 へ 配 布 した これは 同 年 に 出 された 厚 生 省 ( 当 時 ) 通 知 を 受 け 一 般 医 療 機 関 医 療 事 故 緊 急 対 応 用 一 般 医 療 機 関 向 け 平 成 26 年 7 月 改 定 版 東 京 都 エイズ 診 療 協 力 病 院 運 営 協 議 会 編 はじめに 東 京 都 では 平 成 9 年 に HIV 感 染 防 止 のための 予 防 服 用 マニュアル を 作 成 し 協 力 病 院 及 び 一 般 医 療 機 関 等 へ 配 布 した これは 同 年 に 出 された

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 平 成 4 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 4 年 度 末 ) 平 成 4 年 度 379,678 豊 橋 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 ( 注 ) 件 費 には 特 別 職 に 支 給 される 給 料 報 酬 などを 含 む A 114,956,597 実 質 収 支 3,87,17

More information

肝機能検査の基礎

肝機能検査の基礎 肝 機 能 検 査 の 基 礎 刈 谷 豊 田 総 合 病 院 臨 床 検 査 科 大 島 彩 肝 臓 の 特 徴 と 働 き 特 徴 人 体 の 代 謝 能 の 中 枢 大 きな 予 備 能 と 再 生 能 を 有 する ( 正 常 肝 の 場 合 6/7を 切 除 しても 肝 機 能 は 正 常 に 働 く!!) 働 き 1 代 謝 機 能 (グルコース アミノ 酸 脂 肪 酸 など) 2 胆

More information

ロータリ 耕 起 と 同 様 に 作 業 後 雨 が 降 ると 播 種 作 業 が 困 難 になるので 播 種 同 時 作 業 が 望 ましい 4 播 種 (1) 播 種 期 近 年 品 種 の 早 生 化 地 球 温 暖 化 の 影 響 で 麦 の 播 種 適 期 は 以 前 より 遅 くなってい

ロータリ 耕 起 と 同 様 に 作 業 後 雨 が 降 ると 播 種 作 業 が 困 難 になるので 播 種 同 時 作 業 が 望 ましい 4 播 種 (1) 播 種 期 近 年 品 種 の 早 生 化 地 球 温 暖 化 の 影 響 で 麦 の 播 種 適 期 は 以 前 より 遅 くなってい Ⅱ 麦 栽 培 技 術 1 ほ 場 の 準 備 麦 類 は 元 来 乾 燥 した 気 候 に 適 した 畑 作 物 であるため 転 換 畑 では 栽 培 期 間 を 通 して 湿 害 が 最 大 の 減 収 要 因 である したがって 地 表 水 の 排 除 透 水 性 改 善 地 下 水 位 低 下 等 の 排 水 対 策 は 麦 類 の 安 定 栽 培 における 必 須 要 件 であり 前 述

More information

分 で 88% 30 分 で 57% 60 分 後 は 肝 臓 など 貯 蔵 庫 から 補 給 して 63% 120 分 後 71% と いうように 30 分 位 で 約 半 分 になってしまう 充 分 摂 っていると 思 われても 消 耗 が 激 しく て 残 存 量 は 意 外 に 少 ないこと

分 で 88% 30 分 で 57% 60 分 後 は 肝 臓 など 貯 蔵 庫 から 補 給 して 63% 120 分 後 71% と いうように 30 分 位 で 約 半 分 になってしまう 充 分 摂 っていると 思 われても 消 耗 が 激 しく て 残 存 量 は 意 外 に 少 ないこと 老 化 を4 倍 抑 制 するビタミンCの 摂 り 方 東 京 都 老 人 総 合 研 究 所 薬 学 博 士 石 神 昭 人 ビタミン C と 老 化 老 化 のメカニズムを 世 界 で 初 めて 解 明! 老 人 総 合 研 究 所 では 今 から 15 年 ほど 前 に 丸 山 先 生 が 老 化 で 減 少 するタンパク 質 とし て SMP30 というタンパク 質 を 新 たに 発 見 した

More information

目 次 予 防 服 用 フローチャート 1 マニュアル 使 用 上 の 注 意 2 1 曝 露 発 生 時 の 対 応 2 < 曝 露 事 故 の 発 生 した 医 療 機 関 での 対 応 > 2 < 拠 点 病 院 での 対 応 > 4 < 専 門 医 への 相 談 が 推 奨 される 状 況

目 次 予 防 服 用 フローチャート 1 マニュアル 使 用 上 の 注 意 2 1 曝 露 発 生 時 の 対 応 2 < 曝 露 事 故 の 発 生 した 医 療 機 関 での 対 応 > 2 < 拠 点 病 院 での 対 応 > 4 < 専 門 医 への 相 談 が 推 奨 される 状 況 HIV への 職 業 上 曝 露 後 の 感 染 防 止 予 防 服 用 マニュアル 一 般 医 療 機 関 用 平 成 26 年 10 月 < 兵 庫 県 エイズ 拠 点 病 院 連 絡 協 議 会 編 > 兵 庫 県 健 康 福 祉 部 健 康 局 疾 病 対 策 課 目 次 予 防 服 用 フローチャート 1 マニュアル 使 用 上 の 注 意 2 1 曝 露 発 生 時 の 対 応 2

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E718B7B8C7A82AA82F182CD838F834E8360839382C5975C966882C582AB82E92E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E718B7B8C7A82AA82F182CD838F834E8360839382C5975C966882C582AB82E92E646F6378> 子 宮 頚 がんはワクチンで 予 防 できる 50 歳 代 に 多 い 子 宮 体 がん 子 宮 体 がんは 女 性 ホルモンのエストロゲンの 割 合 がプロゲステロンより 高 くなる 状 態 が 長 く 続 くと 発 生 します ちょうど 更 年 期 から 閉 経 期 がその 時 期 に 一 致 するので 50 歳 代 がピークとなるわけです エストロゲンは 卵 巣 だけ でなく 脂 肪 からも

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 びに 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相 談

More information

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378>

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378> 香 川 県 立 丸 亀 病 院 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 目 的 病 院 給 食 関 係 法 令 に 基 づき 医 療 の 一 環 として 入 院 患 者 等 の 病 態 に 応 じた 適 切 な 食 事 を 提 供 し 治 療 又 は 回 復 を 図 るとともに その 生 活 の 質 の 向 上 に 資 することを 目 的 とする 2 基 本 的 運 営 方 針 患 者 給 食 は

More information

Microsoft PowerPoint - H23疾患と治療1008配

Microsoft PowerPoint - H23疾患と治療1008配 生 殖 器 系 の 疾 患 平 成 22 年 10 月 8 日 不 妊 症 (Sterility) 疾 患 概 念 定 義 疫 学 通 常 夫 婦 間 で 避 妊 をしなければ1 年 間 で80% 2 年 間 で90%が 妊 娠 することが 統 計 学 的 に 示 されている し たがって 挙 児 を 希 望 し 通 常 の 性 生 活 を 送 りながら ( ) 経 過 しても 妊 娠 が 成 立

More information

Microsoft Word - ①PET-CT 説明書 コンパクトに改良 紹介患者用に編集.doc

Microsoft Word - ①PET-CT 説明書 コンパクトに改良 紹介患者用に編集.doc カルテNo. PET-CT 検 査 について 検 査 日 時 : 月 日 ( ) 時 分 ( 開 始 予 定 ) 絶 食 時 間 : 月 日 朝 食 抜 き 時 分 から 様 用 スムーズに 行 うために 検 査 時 間 の 45 分 前 迄 に 紹 介 患 者 様 窓 口 へお 越 し 下 さい ( 検 査 時 間 を 30 分 以 上 過 ぎると 検 査 ができなくなる 場 合 があります )

More information

News Letter 2014.08.JP

News Letter 2014.08.JP 台 湾 に 於 けるサプリメント 輸 入 管 理 規 範 前 書 き 台 湾 が 高 齢 化 社 会 へ 進 むに 伴 い 人 々は 益 々 健 康 志 向 が 高 まり 日 々の 食 事 か らの 栄 養 摂 取 するほか サプリメントを 通 じて 不 足 しがちな 栄 養 を 補 足 しよ うと 望 むようになった サプリメントの 形 態 も 従 来 のビタミン 剤 から 現 在 の 人 体 特

More information

図面審査指導基準

図面審査指導基準 ビル 衛 生 管 理 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 基 準 第 1 目 的 この 基 準 は 特 定 建 築 物 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 について 必 要 な 事 項 を 定 め 適 正 かつ 統 一 性 のある 指 導 を 行 うことにより 特 定 建 築 物 の 良 好 な 衛 生 的 環 境 を 確 保 し もって 町 田 市

More information

<4D F736F F D2089DB92B792CA926D81698EA98EA191CC8E7B8D73816A E646F63>

<4D F736F F D2089DB92B792CA926D81698EA98EA191CC8E7B8D73816A E646F63> 健 感 発 第 1116003 号 平 成 18 年 11 月 16 日 都 道 府 県 各 政 令 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 特 別 区 厚 生 労 働 省 健 康 局 結 核 感 染 症 課 長 狂 犬 病 の 流 行 地 域 より 帰 国 し 当 該 疾 病 への 感 染 が 疑 われる 患 者 の 診 療 等 に 関 する 周 知 の 徹 底 について 今 般 別 添 のとおり

More information

【分割ファイル4-4】

【分割ファイル4-4】 4 糖 尿 病 - 81 - 糖 尿 病 の 医 療 連 携 体 制 ( 不 可 ) 重 症 急 性 増 悪 時 治 療 目 標 糖 尿 病 昏 睡 等 重 症 な 急 性 合 併 症 の 治 療 を 実 施 すること 求 められる 主 な 機 能 糖 尿 病 昏 睡 等 急 性 合 併 症 の 治 療 が4 時 間 実 施 可 能 であること 等 支 援 機 関 血 糖 コントロール 不 可 例

More information

<96DA8E9F81698D8791CC9770816A2E786C73>

<96DA8E9F81698D8791CC9770816A2E786C73> [ 薬 と 疾 病 ] C13 薬 の 効 くプロセス 医 薬 品 の 作 用 する 過 程 を 理 解 するために 代 表 的 な 薬 物 の 作 用 作 用 機 序 および 体 内 での 運 命 に 関 する 基 本 的 知 識 と 態 度 を 修 得 し それらを 応 用 する 基 本 的 技 能 を 身 につける (1) 薬 の 作 用 と 生 体 内 運 命 作 用 部 位 に 達 した

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2089FC8A7683568393837C31817C33946E8AB490F58FC7814597D58FB08EC08F4B8376838D834F8389838082CC8A54977681698FE396EC816A20284E58506F7765724C697465292E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2089FC8A7683568393837C31817C33946E8AB490F58FC7814597D58FB08EC08F4B8376838D834F8389838082CC8A54977681698FE396EC816A20284E58506F7765724C697465292E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 馬 感 染 症 臨 床 実 習 プログラムの 概 要 JRA 競 走 馬 総 合 研 究 所 企 画 調 整 室 長 上 野 儀 治 研 修 プログラム 日 程 (8/27~9/7) 事 前 講 義 ( 於 東 京 大 学 ) 8 月 20,21 日 競 走 馬 総 合 研 究 所 本 所 1 日 目 開 講 式 オリエンテーション ハンドリング 実 習 解 剖 講 義 実 習 2 日 目 解 剖

More information

Microsoft PowerPoint - 20140214「消化器がんの予防と検診」配布資料[1]

Microsoft PowerPoint - 20140214「消化器がんの予防と検診」配布資料[1] 消 化 器 がんの 予 防 と 1.がん について 2. 消 化 器 がん 食 道 がん 胃 がん 大 腸 がん 肝 臓 がん 膵 臓 がん 3.がんを 予 防 する 4. 早 期 発 見 で 治 す 5. 個 別 化 予 防 滋 賀 県 立 成 人 病 センター 疾 病 介 護 予 防 推 進 室 水 田 和 彦 平 成 26 年 2 月 14 日 予 防 受 治 療 発 生 断 可 能 症 状

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション みんなで 考 えよう 病 理 検 査 室 の 安 全 対 策 獨 協 医 科 大 学 越 谷 病 院 病 理 診 断 科 古 谷 津 純 一 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 の 医 療 事 故 防 止 事 業 部 では, 全 国 から 医 療 事 故 を 収 集 解 析 し, 事 故 防 止 のための 啓 蒙 活 動 を 実 施 しています. 今 回 は,2004 年 10 月 から2010

More information

160615宮本先生セミナーレポート_d_docx

160615宮本先生セミナーレポート_d_docx 公 益 財 団 法 人 日 本 健 康 アカデミー 健 康 セミナー 誰 も 教 えてくれなかった 薬 の 話 ~ご 存 知 ですか? 薬 を 知 ることが 国 民 の 義 務 になったこと~ 講 師 : 宮 本 法 子 氏 東 京 薬 科 大 学 薬 学 部 客 員 教 授 日 時 平 成 28 年 6 月 15 日 (18:30~20:00) 会 場 日 本 生 命 八 王 子 ビル8 階 研

More information

1. 簡 易 専 用 水 道 とは 水 道 事 業 者 から 供 給 を 受 ける 水 のみが 水 源 であり マンションや 大 型 店 舗 など 受 水 槽 を 経 由 して 建 物 に 水 道 水 を 供 給 する 施 設 ( 貯 水 槽 水 道 )のうち 受 水 槽 の 有 効 容 量 の 合

1. 簡 易 専 用 水 道 とは 水 道 事 業 者 から 供 給 を 受 ける 水 のみが 水 源 であり マンションや 大 型 店 舗 など 受 水 槽 を 経 由 して 建 物 に 水 道 水 を 供 給 する 施 設 ( 貯 水 槽 水 道 )のうち 受 水 槽 の 有 効 容 量 の 合 太 田 市 簡 易 専 用 水 道 の 手 引 き 問 い 合 わせ 先 太 田 市 役 所 環 境 政 策 課 電 話 : 0276-47-1893 FAX : 0276-47-1881 1. 簡 易 専 用 水 道 とは 水 道 事 業 者 から 供 給 を 受 ける 水 のみが 水 源 であり マンションや 大 型 店 舗 など 受 水 槽 を 経 由 して 建 物 に 水 道 水 を 供 給

More information

初 産 乳 牛 移 行 期 の 飼 養 管 理 表 題 未 定 示 した. TMR 原 料 をミキサーで 混 合 した 後, 細 断 型 ロー ルベーラーにより 成 型 梱 包 後 にラッピングを 行 い,3 週 間 以 上 静 置 したものを 発 酵 TMR として 給 与 した.また, 搾 乳

初 産 乳 牛 移 行 期 の 飼 養 管 理 表 題 未 定 示 した. TMR 原 料 をミキサーで 混 合 した 後, 細 断 型 ロー ルベーラーにより 成 型 梱 包 後 にラッピングを 行 い,3 週 間 以 上 静 置 したものを 発 酵 TMR として 給 与 した.また, 搾 乳 秋 田 畜 試 研 報 Bull.Akit Pref.Livest,Exp.Stn.28. 6~12 2014 初 産 乳 牛 の 移 行 期 に 適 した 飼 料 の 段 階 的 増 給 法 及 び 繋 留 条 件 の 検 討 ( 第 2 報 ) 緒 言 材 料 および 方 法 初 産 乳 牛 移 行 期 の 飼 養 管 理 表 題 未 定 示 した. TMR 原 料 をミキサーで 混 合 した

More information

日本アレルギー学会第27期理事会

日本アレルギー学会第27期理事会 化 粧 品 中 のタンパク 加 水 分 解 物 の 安 全 性 に 関 する 特 別 委 員 会 報 告 第 2 回 ( 第 6 回 ) 化 粧 品 中 のタンパク 加 水 分 解 物 の 安 全 性 に 関 する 特 別 委 員 会 日 時 :2012 年 10 月 8 日 ( 月 祝 日 ) 11:00~15:30 場 所 : 日 本 アレルギー 学 会 事 務 局 会 議 室 出 席 者 :

More information

PM2.5による健康影響

PM2.5による健康影響 中 国 におけるPM2.5に 関 する 説 明 相 談 会 PM2.5による 健 康 影 響 京 都 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 金 谷 久 美 子 kanatani.kumiko.2r@kyotou.ac.jp 1 本 日 の 内 容 1. どんな 疾 患 の 可 能 性?(15 分 ) 1. 過 去 の 事 例 から 2. 実 験 結 果 から 3. 疫 学 調 査 から 2. どんな

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20985697EE944C82C5928D96DA82B782D782AB8EBE8AB3323031324A425650977032303132323532352E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20985697EE944C82C5928D96DA82B782D782AB8EBE8AB3323031324A425650977032303132323532352E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> JBVP2012, ver, 02 老 齢 猫 の 飼 育 比 率 増 加 老 齢 猫 の 注 目 すべき 疾 患 竹 内 和 義 たけうち 動 物 病 院 ( 神 奈 川 県 ) 6 歳 以 上 の 飼 い 猫 の 飼 育 比 率 1983 年 24% 1996 年 47% ( 約 2 倍 ) ( 米 国 内 科 学 協 会 情 報 管 理 センター) 2009 年 37.8% (7 歳 以 上

More information

(5) 適 用 方 法 及 び 用 量 アセトアミノフェンの 使 用 対 象 動 物 及 び 使 用 方 法 等 を 以 下 に 示 す 対 象 動 物 及 び 使 用 方 法 使 用 国 休 薬 期 間 となっているものについては 今 回 薬 事 法 ( 昭 和 35 年 法 律 第 145 号

(5) 適 用 方 法 及 び 用 量 アセトアミノフェンの 使 用 対 象 動 物 及 び 使 用 方 法 等 を 以 下 に 示 す 対 象 動 物 及 び 使 用 方 法 使 用 国 休 薬 期 間 となっているものについては 今 回 薬 事 法 ( 昭 和 35 年 法 律 第 145 号 アセトアミノフェン 今 般 の 残 留 基 準 の 検 討 については 本 剤 について 動 物 用 医 薬 品 としての 製 造 販 売 の 承 認 申 請 がなされたこと 及 び 使 用 禁 止 期 間 の 変 更 について 要 望 書 が 提 出 されたことに 伴 い 薬 事 法 に 基 づく 使 用 基 準 の 変 更 について 農 林 水 産 大 臣 から 意 見 聴 取 があったことから

More information

乳癌は女性にとって 身近な病気です

乳癌は女性にとって 身近な病気です 乳 がんについて 名 古 屋 掖 済 会 病 院 外 科 診 療 部 長 木 村 桂 子 乳 がんの 原 因 と 予 防 Ⅰ 乳 がんは 女 性 にとって 身 近 な 病 気 です 毎 年 日 本 では 約 4 万 人 (23 人 に 1 人 )の 女 性 が 乳 癌 にかかっているといわれています しかし 乳 がんは 早 く 発 見 すれば 治 る 確 率 が 高 く 唯 一 自 分 で 見 つけることが

More information

産業医の職務資料

産業医の職務資料 産 業 医 の 職 務 資 料 健 康 管 理 健 康 診 断 の 種 類 について 健 康 診 断 は 労 働 安 全 衛 生 法 などで 事 業 者 に 実 施 が 義 務 付 けられている 一 般 健 康 診 断 ( 労 働 安 全 衛 生 法 第 66 条 第 1 項 )と 特 殊 健 康 診 断 ( 労 働 安 全 衛 生 法 第 66 条 第 2 3 項 )の 2 種 類 に 加 え 行

More information

<4D F736F F F696E74202D2096F28DDC8E7489EF82C682CC98418C F8AE18E7793B182CC8D B8CDD8AB B83685D>

<4D F736F F F696E74202D2096F28DDC8E7489EF82C682CC98418C F8AE18E7793B182CC8D B8CDD8AB B83685D> 桑 名 市 民 病 院 の 白 内 障 手 術 における 点 眼 指 導 正 しい 点 眼 方 法 は 治 療 効 果 を 十 分 に 発 揮 するだけでなく 副 作 用 の 防 止 につながる 白 内 障 手 術 に 関 る 使 用 薬 剤 ( 点 眼 液 内 服 薬 )は 一 定 という 特 徴 を 活 かし 点 眼 表 点 眼 箱 を 一 新 し また 点 眼 指 導 時 の 説 明 ポイント

More information