000_次第・資料一覧(代表者会議)

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "000_次第・資料一覧(代表者会議)"

Transcription

1 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的 な 計 画 (4) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 業 務 方 法 書 の 変 更 について (5) 役 員 の 報 酬 改 定 の 取 扱 について (6)その 他 3 閉 会

2 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 配 付 資 料 報 告 事 項 報 告 議 案 1 資 料 1 資 料 2 資 料 3 資 料 4 資 料 5 資 料 6 資 料 7 資 料 8 資 料 9 議 案 2 平 成 27 年 度 政 府 予 算 案 等 の 状 況 について ( 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 関 連 事 項 ) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 平 成 27 年 度 事 業 実 施 方 針 貸 付 条 件 の 見 直 しについて 資 金 調 達 の 多 様 化 への 取 り 組 み 地 方 支 援 業 務 の 実 績 について 地 方 支 援 業 務 の 拡 充 について 流 動 性 リスク 管 理 の 新 たな 対 応 について 新 システムの 稼 働 について 第 18 回 経 営 審 議 委 員 会 (H26.6) 意 見 書 に 係 る 対 応 貸 付 資 金 調 達 に 係 る 状 況 の 推 移 平 成 27 年 度 予 算 議 案 3 平 成 27 年 度 資 金 計 画 議 案 4 収 支 に 関 する 中 期 的 な 計 画 資 料 10 予 算 参 考 資 料 ( 勘 定 別 予 定 BS/PL) 資 料 11 中 期 計 画 参 考 資 料 ( 勘 定 別 中 期 計 画 ) 議 案 5 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 業 務 方 法 書 の 変 更 について( 案 ) 資 料 12 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 業 務 方 法 書 改 正 案 新 旧 対 照 表 資 料 13 地 方 債 及 び 一 時 借 入 金 の 資 金 の 貸 付 け 等 の 条 件 ほか 貸 付 け 等 の 実 施 に 係 る 基 本 的 な 事 項 の 変 更 について( 案 ) 資 料 14 地 方 債 及 び 一 時 借 入 金 の 資 金 の 貸 付 け 等 の 条 件 ほか 貸 付 け 等 の 実 施 に 係 る 基 本 的 な 事 項 改 正 新 旧 対 照 表 議 案 6 役 員 の 報 酬 改 定 の 取 扱 について

3 報 告 平 成 27 年 度 政 府 予 算 案 等 の 状 況 について ( 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 関 連 事 項 ) 1. 地 方 債 計 画 における 機 構 資 金 平 成 27 年 度 地 方 債 計 画 における 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 資 金 通 常 収 支 分 1 兆 9,197 億 円 ( 対 前 年 度 -974 億 円 4.8% 減 ) 東 日 本 大 震 災 分 513 億 円 ( 対 前 年 度 +184 億 円 55.9% 増 ) 合 計 1 兆 9,710 億 円 ( 対 前 年 度 -790 億 円 3.9% 減 ) < 参 考 1> 平 成 27 年 度 地 方 債 計 画 ( 総 務 省 資 料 ) 2. 政 府 保 証 債 平 成 27 年 度 発 行 予 定 額 7,200 億 円 ( 対 前 年 度 +900 億 円 14.3% 増 ) (うち10 年 債 5,000 億 円 8 年 債 1,000 億 円 6 年 債 1,200 億 円 ) < 参 考 2> 政 府 保 証 債 発 行 予 定 額 ( 機 関 別 年 限 別 ) ( 財 務 省 資 料 ) 3. 平 成 27 年 度 地 方 財 政 対 策 < 参 考 3> 平 成 27 年 度 地 方 財 政 対 策 の 概 要 ( 総 務 省 資 料 ) 4. 公 庫 債 権 金 利 変 動 準 備 金 の 一 部 の 国 への 帰 属 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 法 附 則 第 14 条 に 基 づき 公 庫 債 権 金 利 変 動 準 備 金 の 一 部 を 国 に 帰 属 させ その 全 額 を 交 付 税 特 別 会 計 に 繰 入 れ( 平 成 27 年 度 3,000 億 円 ) 平 成 27 年 度 から 平 成 29 年 度 までの3 年 間 で 総 額 6,000 億 円 以 内 その 全 額 をまち ひと しごと 創 生 事 業 費 ( 仮 称 )の 財 源 として 活 用 < 参 考 4> 公 庫 債 権 金 利 変 動 準 備 金 の 国 への 帰 属 について 5. 公 営 競 技 納 付 金 制 度 の 延 長 平 成 27 年 度 が 期 限 となっている 公 営 競 技 納 付 金 制 度 について 納 付 金 額 を 現 行 から2 割 減 額 のうえ 平 成 32 年 度 まで5 年 間 延 長

4 平 成 27 年 1 月 14 日 平 成 27 年 度 地 方 債 計 画 総 務 省 ( 連 絡 先 ) 自 治 財 政 局 地 方 債 課 担 当 : 日 向 管 理 官 澤 田 係 長 電 話 :( 代 表 ) ( 内 線 ) ( 直 通 )

5 平 成 27 年 度 地 方 債 計 画 ( 通 常 収 支 分 ) ( 単 位 : 億 円 %) 項 目 平 成 27 年 度 平 成 26 年 度 差 引 増 減 率 計 画 額 (A) 計 画 額 (B) (A)-(B) (C) (C)/(B) 100 一 一 般 会 計 債 1 公 共 事 業 等 16,389 16, 公 営 住 宅 建 設 事 業 1,126 1, 災 害 復 旧 事 業 教 育 福 祉 施 設 等 整 備 事 業 3,359 3, (1) 学 校 教 育 施 設 等 1,232 1, (2) 社 会 福 祉 施 設 (3) 一 般 廃 棄 物 処 理 (4) 一 般 補 助 施 設 等 (5) 施 設 ( 一 般 財 源 化 分 ) 一 般 単 独 事 業 20,543 20, (1) 一 般 4,351 4, (2) 地 域 活 性 化 (3) 防 災 対 策 (4) 地 方 道 路 等 3,221 3, (5) 旧 合 併 特 例 6,200 6, (6) 緊 急 防 災 減 災 5,000 5, (7) 公 共 施 設 最 適 化 皆 増 6 辺 地 及 び 過 疎 対 策 事 業 4,565 4, (1) 辺 地 対 策 (2) 過 疎 対 策 4,100 3, 公 共 用 地 先 行 取 得 等 事 業 行 政 改 革 推 進 1,000 1, 調 整 計 48,074 47, 二 公 営 企 業 債 1 水 道 事 業 4,334 3, 工 業 用 水 道 事 業 交 通 事 業 1,786 1, 電 気 事 業 ガ ス 事 業 港 湾 整 備 事 業 病 院 事 業 介 護 サービス 事 業 4,116 4, 市 場 事 業 と 畜 場 事 業 2, , 地 域 開 発 事 業 805 1, 下 水 道 事 業 10,981 11, 観 光 そ の 他 事 業 計 25,118 23,668 1, 合 計 73,192 71,549 1,

6 項 目 ( 単 位 : 億 円 %) 平 成 27 年 度 平 成 26 年 度 差 引 増 減 率 計 画 額 (A) 計 画 額 (B) (A)-(B) (C) (C)/(B) 100 三 臨 時 財 政 対 策 債 45,250 55,952 10, 四 退 職 手 当 債 五 国 の 予 算 等 貸 付 金 債 ( 345 ) ( 740 ) ( 395)( 53.4 ) 総 計 ( 345 ) ( 740 ) ( 395 ) ( 53.4 ) 119, ,301 9, 内 普 通 会 計 分 95, ,570 10, 訳 公 営 企 業 会 計 等 分 24,233 22,731 1, 資 金 区 分 公 的 資 金 49,578 53,504 3, 財 政 融 資 資 金 30,381 33,333 2, 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 資 金 19,197 20, ( 国 の 予 算 等 貸 付 金 ) ( 345 ) ( 740 ) ( 395 ) ( 53.4 ) 民 間 等 資 金 69,664 74,797 5, 市 場 公 募 40,000 42,600 2, 銀 行 等 引 受 29,664 32,197 2, その 他 同 意 等 の 見 込 まれる 項 目 資 金 区 分 の 変 更 等 を 行 う 場 合 において 発 行 する 借 換 債 地 方 税 等 の 減 収 が 生 じることとなる 場 合 において 発 行 する 減 収 補 塡 債 財 政 再 生 団 体 が 発 行 する 再 生 振 替 特 例 債 ( 備 考 ) 国 の 予 算 等 貸 付 金 債 の( ものであって 外 書 である ) 書 は 災 害 援 護 資 金 貸 付 金 などの 国 の 予 算 等 に 基 づく 貸 付 金 を 財 源 とする 2

7 (1) 復 旧 復 興 事 業 ( 単 位 : 億 円 %) 一 般 会 計 債 公 営 住 宅 建 設 事 業 災 害 復 旧 事 業 一 般 単 独 事 業 公 営 企 業 債 水 道 事 業 病 院 事 業 介 護 サービス 事 業 市 場 事 業 と 畜 場 事 業 下 水 道 事 業 被 災 施 設 借 換 債 国 の 予 算 等 貸 付 金 債 ( 20 ) ( 30 ) ( 10 ) ( 33.3 ) 総 計 ( 20 )( 30 ) ( 10 ) ( 33.3 ) 内 訳 資 金 区 分 項 目 普 通 会 計 分 公 営 企 業 会 計 等 分 公 的 資 金 財 政 融 資 資 金 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 資 金 ( 国 の 予 算 等 貸 付 金 ) 平 成 27 年 度 地 方 債 計 画 ( 東 日 本 大 震 災 分 ) 平 成 27 年 度 計 画 額 (A) 平 成 26 年 度 計 画 額 (B) 2 上 記 以 外 の 公 営 企 業 の 事 業 区 分 において 発 行 する 震 災 減 収 対 策 企 業 債 差 引 増 減 率 (A)-(B) (C) (C)/(B) ( 20 ) ( 30 ) ( 10 ) ( 33.3 ) その 他 同 意 等 の 見 込 まれる 項 目 1 上 記 以 外 の 公 営 企 業 の 事 業 区 分 において 東 日 本 大 震 災 復 興 特 別 会 計 予 算 に 係 る 復 興 交 付 金 等 を 受 けて 事 業 を 実 施 する 場 合 に 発 行 する 公 営 企 業 債 ( 備 考 ) 国 の 予 算 等 貸 付 金 債 の( ) 書 は 国 の 予 算 等 に 基 づく 貸 付 金 を 財 源 とするものであって 外 書 である (2) 全 国 防 災 事 業 ( 単 位 : 億 円 %) 項 目 平 成 27 年 度 平 成 26 年 度 差 引 増 減 率 計 画 額 (A) 計 画 額 (B) (A)-(B) (C) (C)/(B) 100 一 般 会 計 債 全 国 防 災 事 業 2, , 総 計 2, , 内 訳 普 通 会 計 分 2, , 資 公 的 資 金 金 区 財 政 融 資 資 金 2, , 分 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 資 金 その 他 同 意 等 の 見 込 まれる 項 目 東 日 本 大 震 災 復 興 特 別 会 計 予 算 に 係 る 国 庫 支 出 金 を 受 けて 事 業 を 実 施 する 場 合 に 発 行 する 公 営 企 業 債 3

8 ( 参 考 ) 平 成 27 年 度 地 方 債 計 画 ( 通 常 収 支 分 と 東 日 本 大 震 災 分 の 合 計 ) ( 単 位 : 億 円 %) 項 目 平 成 27 年 度 平 成 26 年 度 差 引 増 減 率 計 画 額 (A) 計 画 額 (B) (A)-(B) (C) (C)/(B) 100 一 一 般 会 計 債 1 公 共 事 業 等 16,389 16, 公 営 住 宅 建 設 事 業 1,471 1, 災 害 復 旧 事 業 全 国 防 災 事 業 2, , 教 育 福 祉 施 設 等 整 備 事 業 3,359 3, (1) 学 校 教 育 施 設 等 1,232 1, (2) 社 会 福 祉 施 設 (3) 一 般 廃 棄 物 処 理 (4) 一 般 補 助 施 設 等 (5) 施 設 ( 一 般 財 源 化 分 ) 一 般 単 独 事 業 20,553 20, (1) 一 般 4,361 4, (2) 地 域 活 性 化 (3) 防 災 対 策 (4) 地 方 道 路 等 3,221 3, (5) 旧 合 併 特 例 6,200 6, (6) 緊 急 防 災 減 災 5,000 5, (7) 公 共 施 設 最 適 化 事 業 皆 増 7 辺 地 及 び 過 疎 対 策 事 業 4,565 4, (1) 辺 地 対 策 (2) 過 疎 対 策 4,100 3, 公 共 用 地 先 行 取 得 等 事 業 行 政 改 革 推 進 1,000 1, 調 整 計 50,859 49,361 1, 二 公 営 企 業 債 1 水 道 事 業 4,336 3, 工 業 用 水 道 事 業 交 通 事 業 1,786 1, 電 気 事 業 ガ ス 事 業 港 湾 整 備 事 業 病 院 事 業 介 護 サービス 事 業 4,117 4, 市 場 事 業 と 畜 場 事 業 2, , 地 域 開 発 事 業 805 1, 下 水 道 事 業 10,998 11, 観 光 そ の 他 事 業 計 25,140 23,699 1, 合 計 75,999 73,060 2,

9 ( 単 位 : 億 円 %) 項 目 平 成 27 年 度 平 成 26 年 度 差 引 計 画 額 (A) 計 画 額 (B) (A)-(B) (C) 増 減 率 (C)/(B) 100 三 被 災 施 設 借 換 債 四 臨 時 財 政 対 策 債 45,250 55,952 10, 五 退 職 手 当 債 六 国 の 予 算 等 貸 付 金 債 ( 365 ) ( 770 ) ( 405)( 52.6 ) 総 計 ( 365 ) ( 770 ) ( 405 ) ( 52.6 ) 122, ,827 7, 内 普 通 会 計 分 97, ,008 9, 訳 公 営 企 業 会 計 等 分 24,303 22,819 1, 資 金 区 分 公 的 資 金 52,400 55,030 2, 財 政 融 資 資 金 32,690 34,530 1, 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 資 金 19,710 20, ( 国 の 予 算 等 貸 付 金 ) ( 365 ) ( 770 ) ( 405 ) ( 52.6 ) 民 間 等 資 金 69,664 74,797 5, 市 場 公 募 40,000 42,600 2, 銀 行 等 引 受 29,664 32,197 2, その 他 同 意 等 の 見 込 まれる 項 目 資 金 区 分 の 変 更 等 を 行 う 場 合 において 発 行 する 借 換 債 地 方 税 等 の 減 収 が 生 じることとなる 場 合 において 発 行 する 減 収 補 塡 債 財 政 再 生 団 体 が 発 行 する 再 生 振 替 特 例 債 ( 備 考 ) 国 の 予 算 等 貸 付 金 債 の( ) 書 は 災 害 援 護 資 金 貸 付 金 などの 国 の 予 算 等 に 基 づく 貸 付 金 を 財 源 とす るものであって 外 書 である 5

10 ( 参 考 ) 平 成 27 年 度 地 方 債 計 画 について 平 成 27 年 度 地 方 債 計 画 については 引 き 続 き 厳 しい 地 方 財 政 の 状 況 の 下 で 地 方 財 源 の 不 足 に 対 処 するための 措 置 を 講 じ また 地 方 公 共 団 体 が 防 災 減 災 対 策 公 共 施 設 の 老 朽 化 対 策 及 び 地 域 の 活 性 化 への 取 り 組 みを 着 実 に 推 進 できるよう 所 要 の 地 方 債 資 金 の 確 保 を 図 るこ ととするとともに 東 日 本 大 震 災 に 関 連 する 事 業 を 円 滑 に 推 進 できるよう 所 要 額 についてそ の 全 額 を 公 的 資 金 で 確 保 を 図 ることとして 通 常 収 支 分 東 日 本 大 震 災 分 のそれぞれについて 策 定 している 1 通 常 収 支 分 (1) 概 況 総 額 は11 兆 9,242 億 円 となり 前 年 度 に 比 べて9,059 億 円 7.1%の 減 となっている このうち 普 通 会 計 分 は9 兆 5,009 億 円 で 前 年 度 に 比 べて1 兆 561 億 円 10.0%の 減 公 営 企 業 会 計 等 分 は2 兆 4,233 億 円 で 前 年 度 に 比 べて1,502 億 円 6.6%の 増 となっている (2) 臨 時 財 政 対 策 債 の 発 行 地 方 財 源 の 不 足 に 対 処 するため 地 方 財 政 法 第 5 条 の 特 例 として 臨 時 財 政 対 策 債 4 兆 5,250 億 円 ( 前 年 度 に 比 べて1 兆 702 億 円 19.1%の 減 )を 計 上 している (3) 公 共 施 設 等 の 老 朽 化 対 策 の 推 進 地 方 公 共 団 体 が 公 共 施 設 等 総 合 管 理 計 画 に 基 づき 既 存 の 公 共 施 設 の 集 約 化 複 合 化 に 積 極 的 に 取 り 組 んでいけるよう 公 共 施 設 最 適 化 事 業 を 創 設 するとともに 既 存 の 公 共 施 設 等 の 転 用 に 係 る 事 業 を 地 域 活 性 化 事 業 の 対 象 とすることとし 所 要 額 を 計 上 している また 公 共 施 設 等 総 合 管 理 計 画 に 基 づく 公 共 施 設 等 の 除 却 に 係 る 地 方 債 についても 引 き 続 き 所 要 額 を 計 上 している (4) 過 疎 対 策 事 業 の 推 進 公 共 施 設 の 老 朽 化 対 策 への 対 応 や 地 方 創 生 ( 特 に しごと づくり)に 寄 与 する 事 業 等 を 推 進 するため 過 疎 対 策 事 業 を 充 実 することとし 4,100 億 円 を 計 上 している (5) 緊 急 防 災 減 災 事 業 の 推 進 地 方 公 共 団 体 が 引 き 続 き 喫 緊 の 課 題 である 防 災 減 災 対 策 に 取 り 組 んでいけるよう 緊 急 防 災 減 災 事 業 を5,000 億 円 計 上 している 6

11 (6) 地 方 公 営 企 業 による 生 活 関 連 社 会 資 本 の 整 備 の 推 進 上 下 水 道 交 通 病 院 等 住 民 生 活 に 密 接 に 関 連 した 社 会 資 本 の 整 備 を 着 実 に 推 進 す ることとし 事 業 の 実 施 状 況 等 を 踏 まえ 所 要 額 を 計 上 している (7) 公 営 企 業 会 計 の 適 用 の 推 進 地 方 公 営 企 業 への 公 営 企 業 会 計 の 適 用 が 円 滑 に 実 施 されるよう 公 営 企 業 会 計 の 適 用 に 要 する 経 費 について 公 営 企 業 債 の 対 象 とすることとし 所 要 額 を 計 上 している (8) 公 営 企 業 債 の 償 還 年 限 の 延 長 地 方 公 営 企 業 が 長 期 的 な 収 支 見 通 しに 基 づき 安 定 的 な 経 営 を 行 うことができるよう 財 政 融 資 資 金 に 係 る 公 営 企 業 債 のうち 上 下 水 道 事 業 等 について 施 設 の 耐 用 年 数 等 を 踏 ま えて 償 還 年 限 を 延 長 することとしている (9) 地 方 債 資 金 の 確 保 公 的 資 金 については 前 年 度 と 同 程 度 の 公 的 資 金 を 確 保 するとともに 民 間 等 資 金 に ついては その 円 滑 な 調 達 を 図 るため 共 同 発 行 市 場 公 募 地 方 債 及 び 住 民 参 加 型 市 場 公 募 地 方 債 を 含 めた 市 場 公 募 地 方 債 の 発 行 を 引 き 続 き 推 進 することとしている 2 東 日 本 大 震 災 分 (1) 概 況 復 旧 復 興 事 業 として 総 額 425 億 円 全 国 防 災 事 業 として 総 額 2,397 億 円 を 計 上 している (2) 被 災 施 設 借 換 債 の 確 保 旧 公 営 企 業 金 融 公 庫 資 金 ( 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 資 金 も 含 む )によって 取 得 した 施 設 が 被 災 により 滅 失 し 繰 上 償 還 ( 補 償 金 が 課 されない 強 制 繰 上 償 還 )を 行 う 場 合 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 資 金 により 借 換 債 を 発 行 できることとしている (3) 地 方 債 資 金 の 確 保 東 日 本 大 震 災 分 については その 所 要 額 について 全 額 を 公 的 資 金 で 確 保 することとして いる 7

12 ( 参 考 1) 通 常 分 特 別 分 の 状 況 平 成 27 年 度 区 分 (A) 平 成 26 年 度 (B) ( 単 位 : 億 円 %) 増 減 額 増 減 率 (A)-(B) (C) (C)/(B) 100 普 通 会 計 分 97, ,008 9, 通 常 分 43,811 42,356 1, 特 別 分 53,950 64,652 10, 臨 時 財 政 対 策 債 45,250 55,952 10, 財 源 対 策 債 7,800 7, 退 職 手 当 債 調 整 公 営 企 業 会 計 等 分 24,303 22,819 1, 総 計 122, ,827 7, 通 常 分 68,114 65,175 2, 特 別 分 53,950 64,652 10, ( 注 ) 公 営 企 業 会 計 等 分 はすべて 通 常 分 である ( 参 考 2) 地 方 債 資 金 の 構 成 内 訳 ( 単 位 : 億 円 %) 平 成 27 年 度 計 画 平 成 26 年 度 計 画 差 引 増 減 率 区 分 (A) 構 成 比 (B) 構 成 比 (A)-(B) (C) (C)/(B) 100 公 的 資 金 52, , , 財 政 融 資 資 金 32, , , 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 資 金 19, , ( 国 の 予 算 等 貸 付 金 ) ( 365) - ( 770) - ( 405) ( 52.6) 民 間 等 資 金 69, , , 市 場 公 募 40, , , 銀 行 等 引 受 29, , , 合 計 122, , , ( 注 )1 市 場 公 募 地 方 債 については 借 換 債 を 含 め 7 兆 3,200 億 円 ( 前 年 度 比 2,600 億 円 3.4% 減 ) を 予 定 している 2 国 の 予 算 等 貸 付 金 の( ) 書 は 災 害 援 護 資 金 貸 付 金 などの 国 の 予 算 等 に 基 づく 貸 付 金 を 財 源 とするものであって 合 計 には 含 めていない 8

13 公 共 施 設 の 老 朽 化 対 策 の 推 進 公 共 施 設 等 の 老 朽 化 対 策 に 要 する 経 費 について 地 方 財 政 計 画 に 所 要 の 歳 出 を 計 上 するとともに 集 約 化 複 合 化 等 に 対 する 地 方 財 政 措 置 を 充 実 1. 地 方 財 政 計 画 への 計 上 (1) 公 共 施 設 等 最 適 化 事 業 費 ( 仮 称 )の 創 設 公 共 施 設 等 総 合 管 理 計 画 に 基 づき 実 施 する 公 共 施 設 の 集 約 化 複 合 化 転 用 除 却 のために 必 要 な 経 費 として 公 共 施 設 等 最 適 化 事 業 費 ( 仮 称 ) を 計 上 (1,000 億 円 ( 皆 増 )) (2) 維 持 補 修 費 の 増 額 公 共 施 設 等 の 維 持 補 修 費 について 地 方 公 共 団 体 の 決 算 の 状 況 等 を 踏 まえ 増 額 (11,600 億 円 程 度 (+1,200 億 円 程 度 )) 2. 地 方 財 政 措 置 (1) 集 約 化 複 合 化 事 業 に 係 る 地 方 債 措 置 ( 公 共 施 設 最 適 化 事 業 債 ( 仮 称 )) の 創 設 対 象 公 共 施 設 等 総 合 管 理 計 画 に 基 づいて 実 施 される 既 存 の 公 共 施 設 の 集 約 化 複 合 化 事 業 であって 全 体 として 延 床 面 積 が 減 少 するもの( 庁 舎 等 の 公 用 施 設 や 公 営 住 宅 公 営 企 業 施 設 等 は 対 象 外 ) 充 当 率 等 充 当 率 :90% 交 付 税 算 入 率 :50% 期 間 : 平 成 29 年 度 まで 平 成 27 年 度 地 方 債 計 画 計 上 額 :410 億 円 ( 事 業 費 ベース:450 億 円 ) (2) 転 用 事 業 に 係 る 地 方 債 措 置 の 創 設 ( 地 域 活 性 化 事 業 債 の 拡 充 ) 対 象 公 共 施 設 等 総 合 管 理 計 画 に 基 づいて 実 施 される 既 存 の 公 共 施 設 等 の 転 用 事 業 ( 転 用 後 の 施 設 が 庁 舎 等 の 公 用 施 設 公 営 住 宅 公 営 企 業 施 設 等 であ る 場 合 は 対 象 外 ) 充 当 率 等 充 当 率 :90% 交 付 税 算 入 率 :30% 期 間 : 平 成 29 年 度 まで 平 成 27 年 度 地 方 債 計 画 計 上 額 :90 億 円 ( 事 業 費 ベース:100 億 円 ) (3) 公 共 施 設 等 の 除 却 についての 地 方 債 の 特 例 措 置 ( 平 成 26 年 度 創 設 継 続 ) 充 当 率 :75%( 資 金 手 当 ) 平 成 27 年 度 地 方 債 計 画 計 上 額 :340 億 円 ( 事 業 費 ベース:450 億 円 ) 9

14 過 疎 対 策 事 業 債 について 過 疎 地 域 における 公 共 施 設 の 老 朽 化 対 策 等 に 対 応 するため 地 方 債 計 画 額 を 500 億 円 増 額 するとともに 地 方 創 生 ( 特 に しごと づくり)に 寄 与 する 事 業 を 推 進 するための 地 方 創 生 特 別 分 を 創 設 1. 過 疎 対 策 事 業 債 の 増 額 公 共 施 設 の 老 朽 化 対 策 への 対 応 や 地 方 創 生 に 寄 与 する 事 業 等 を 推 進 するため 過 疎 対 策 事 業 を 充 実 することとし 地 方 債 計 画 を500 億 円 増 額 し 4,100 億 円 を 計 上 平 成 26 年 度 計 画 平 成 27 年 度 計 画 3,600 億 円 4,100 億 円 (+500 億 円 +13.9%) ( 参 考 ) 財 政 措 置 充 当 率 :100% 交 付 税 算 入 率 70% 2. 地 方 創 生 特 別 分 の 創 設 ハード 対 象 事 業 のうち 民 間 雇 用 の 創 出 や 産 業 振 興 に 資 する 次 の 事 業 を 地 方 創 生 特 別 分 として 位 置 付 け 同 意 等 予 定 額 を 定 める 際 に 他 の 事 業 に 優 先 し た 取 扱 いとする 特 別 分 対 象 事 業 法 人 に 対 する 出 資 地 場 産 業 振 興 施 設 観 光 レクリエーション 施 設 農 林 漁 業 経 営 近 代 化 施 設 商 店 街 振 興 施 設 貸 工 場 貸 事 務 所 民 間 雇 用 につながる 高 齢 者 福 祉 施 設 や 保 育 所 等 の 新 規 整 備 への 補 助 等 都 道 府 県 において 該 当 するか 否 かの 判 断 見 込 まれる 雇 用 創 出 を 精 査 平 成 27 年 度 所 要 見 込 額 500 億 円 程 度 10

15 公 営 企 業 会 計 の 適 用 に 要 する 経 費 に 係 る 財 政 措 置 について 公 営 企 業 をめぐる 経 営 環 境 が 厳 しさを 増 しつつある 中 で 中 長 期 的 な 視 点 に 立 った 計 画 的 な 経 営 基 盤 の 強 化 と 財 政 マネジメントの 向 上 等 に 的 確 に 取 り 組 むためには 公 営 企 業 会 計 を 適 用 し 財 務 諸 表 の 作 成 等 を 通 じて 自 らの 経 営 資 産 等 を 正 確 に 把 握 することが 必 要 である 公 営 企 業 会 計 の 適 用 が 企 業 の 将 来 の 経 営 基 盤 の 強 化 に 資 する 点 を 踏 ま え 公 営 企 業 会 計 の 適 用 が 円 滑 に 実 施 されるよう これに 要 する 経 費 に ついて 公 営 企 業 債 の 対 象 とする 1. 発 行 対 象 事 業 地 方 公 営 企 業 法 非 適 用 企 業 2. 発 行 対 象 経 費 公 営 企 業 会 計 の 適 用 に 直 接 必 要 な 経 費 ( 基 礎 調 査 基 本 計 画 等 策 定 経 費 資 産 評 価 資 産 台 帳 作 成 経 費 財 務 会 計 システム 導 入 経 費 等 をいう ただし 公 営 企 業 会 計 の 適 用 に 係 る 事 務 に 従 事 する 職 員 の 給 料 等 は 原 則 として 含 まれ ない ) 3. 発 行 対 象 期 間 平 成 27 年 度 ~ 平 成 31 年 度 ( 公 営 企 業 会 計 の 適 用 拡 大 に 係 る 集 中 取 組 期 間 ) 4. 充 当 率 等 地 方 債 の 充 当 率 100% 民 間 等 資 金 償 還 年 限 10 年 以 内 5. 地 方 債 計 画 計 上 額 60 億 円 ( 公 営 企 業 各 事 業 債 の 内 数 ) 6. 地 方 債 の 元 利 償 還 に 係 る 財 政 措 置 下 水 道 事 業 及 び 簡 易 水 道 事 業 に 対 する 公 営 企 業 会 計 の 適 用 にあっては 当 該 公 営 企 業 債 の 元 利 償 還 金 に 対 し 建 設 改 良 費 に 係 る 下 水 道 事 業 債 及 び 簡 易 水 道 事 業 債 に 準 じた 普 通 交 付 税 措 置 を 講 じる 例 下 水 道 事 業 ( 処 理 区 域 内 人 口 密 度 25 人 /ha 未 満 で 分 流 式 下 水 道 ):49% 簡 易 水 道 事 業 :50% なお 従 前 の 特 別 交 付 税 による 財 政 措 置 は 廃 止 するが 下 水 道 事 業 について 公 営 企 業 会 計 の 適 用 に 係 る 事 務 に 平 成 26 年 度 までに 着 手 している 団 体 にあっ ては 引 き 続 き 当 該 財 政 措 置 の 対 象 とする 経 過 措 置 を 設 ける 11

16 公 営 企 業 債 の 償 還 年 限 の 延 長 について 地 方 公 営 企 業 においては 施 設 等 の 建 設 又 は 改 良 時 に 発 行 した 企 業 債 の 償 還 期 間 と 耐 用 年 数 との 間 に 差 があることにより 構 造 的 に 資 金 不 足 が 発 生 地 方 公 営 企 業 が 長 期 的 な 収 支 見 通 しに 基 づき 安 定 的 な 経 営 を 行 うた めには 企 業 債 の 償 還 期 間 と 施 設 等 の 耐 用 年 数 とのギャップを 縮 小 する ことが 必 要 以 上 のことから 平 成 27 年 度 以 降 に 同 意 等 を 受 けて 発 行 する 公 営 企 業 債 のうち 財 政 融 資 資 金 を 充 当 するものについて 施 設 の 耐 用 年 数 等 を 踏 まえて 償 還 年 限 を 延 長 この 改 正 は 長 期 的 な 視 点 に 立 った 健 全 な 企 業 経 営 に 資 するもの 対 象 事 業 等 建 設 改 良 費 の 財 源 とするため 平 成 27 年 度 以 降 に 同 意 等 を 受 けて 発 行 する 公 営 企 業 債 のうち 財 政 融 資 資 金 を 充 当 するものであって 以 下 の 事 業 等 に 係 るもの 事 業 等 平 成 26 年 度 償 還 年 限 平 成 27 年 度 以 降 償 還 年 限 水 道 事 業 30 ( 30 ) 40 ( 40 ) 交 通 事 業 都 市 高 速 鉄 道 事 業 30 ( 30 ) 40 ( 40 ) 埠 頭 用 地 20 ( 30 ) 40 ( 40 ) 港 湾 整 備 事 業 上 屋 20 ( 25 ) 31 ( 31 ) 荷 役 機 械 15 ( 15 ) 17 ( 17 ) 病 院 事 業 介 護 サービス 事 業 医 療 看 護 用 機 械 器 具 5 ( - ) 10 ( 10 ) 下 水 道 事 業 30 ( 30 ) 40 ( 40 ) ( ) 内 は 利 率 見 直 し 方 式 における 償 還 年 限 据 置 期 間 については 現 行 どおりとする 上 記 は 最 長 の 償 還 年 限 であり 各 地 方 公 共 団 体 においては 地 方 債 を 財 源 として 整 備 する 施 設 等 の 耐 用 年 数 の 範 囲 内 で 適 切 な 償 還 年 限 を 設 定 12

17 平 成 27 年 度 市 場 公 募 地 方 債 について 市 場 公 募 地 方 債 の 発 行 を 引 き 続 き 推 進 する [ 地 方 債 計 画 計 上 額 ] 市 場 公 募 地 方 債 4 兆 円 ( 地 方 債 計 画 総 額 に 占 める 構 成 比 H % H %) (1) 全 国 型 市 場 公 募 地 方 債 3 兆 8,000 億 円 ( 前 年 度 4 兆 100 億 円 ) (2) 住 民 参 加 型 市 場 公 募 地 方 債 2,000 億 円 ( 前 年 度 2,500 億 円 ) 参 考 1 平 成 27 年 度 市 場 公 募 地 方 債 発 行 予 定 額 ( 借 換 分 を 含 む) 合 計 7.3 兆 円 程 度 ( 兆 円 程 度 ) 全 国 型 市 場 公 募 地 方 債 7.1 兆 円 程 度 ( 兆 円 程 度 ) 10 年 債 4.9 兆 円 程 度 ( 兆 円 程 度 ) 共 同 発 行 分 1.4 兆 円 程 度 ( 兆 円 程 度 ) 個 別 発 行 分 3.5 兆 円 程 度 ( 兆 円 程 度 ) 2 年 債 3 年 債 5 年 債 及 び 7 年 債 1.5 兆 円 程 度 ( 兆 円 程 度 ) 超 長 期 債 (20 年 債 及 び 30 年 債 ) 0.7 兆 円 程 度 ( 兆 円 程 度 ) 住 民 参 加 型 市 場 公 募 地 方 債 0.2 兆 円 程 度 ( 兆 円 程 度 ) ( 注 1) 上 記 数 値 は 表 示 数 値 未 満 を 四 捨 五 入 したものであるので 合 計 と 一 致 しない 場 合 がある ( 注 2) 上 記 の 発 行 予 定 額 は 変 更 される 可 能 性 がある ( 注 3) 平 成 26 年 度 の 数 値 は 平 成 26 年 度 計 画 ベースの 数 値 参 考 2 市 場 公 募 地 方 債 の 地 方 債 計 画 ( 当 初 ) 計 上 額 推 移 ( 単 位 : 兆 円 ) H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25 H26 H27 市 場 公 募 地 方 債 地 方 債 計 画 総 額 に 占 める 構 成 比 27.2% 27.2% 25.9% 27.0% 30.6% 31.6% 32.4% 32.8% 32.8% 13

18 平 成 27 年 度 政 府 保 証 債 発 行 予 定 額 ( 単 位 : 億 円 ) 26 年 度 当 初 26 年 度 補 正 後 27 年 度 予 定 区 分 主 な 発 行 体 年 債 ( 独 ) 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 30 年 債 1,200 1,200-1,200 - ( 独 ) 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 20 年 債 4,000 4,000-4,000 - ( 独 ) 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 10 年 債 23,200 23,200-15,848 7,352 ( 独 ) 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 等 8 年 債 ,160 1,160 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 中 部 国 際 空 港 ( 株 ) 6 年 債 5,422 5,422-4,250 1,172 ( 株 ) 日 本 政 策 金 融 公 庫 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 等 5 年 債 ( 一 財 ) 民 間 都 市 開 発 推 進 機 構 4 年 債 5,500 5,500-2,000 3,500 預 金 保 険 機 構 2 年 債 7,300 7,300-6,000 1,300 銀 行 等 保 有 株 式 取 得 機 構 原 子 力 損 害 賠 償 廃 炉 等 支 援 機 構 小 計 46,712 46,712-34,748 11,964 外 債 7,100 7,100-7,100 - ( 株 ) 国 際 協 力 銀 行 ( 株 ) 日 本 政 策 投 資 銀 行 等 合 計 53,812 53,812-41,848 11,964 ( 注 1) 上 記 のほか ( 株 ) 日 本 政 策 金 融 公 庫 の 危 機 対 応 円 滑 化 業 務 の 進 捗 状 況 に 応 じた 発 行 を 予 定 している(5 年 未 満 の 年 限 で 最 大 0.2 兆 円 ) ( 注 2) 本 予 定 額 については 年 度 途 中 で 変 更 がありうる

19 政 府 保 証 債 発 行 予 定 額 ( 機 関 別 年 限 別 ) <27 年 度 予 定 > ( 単 位 : 億 円 ) 機 関 名 40 年 30 年 20 年 10 年 8 年 6 年 5 年 4 年 2 年 小 計 外 債 合 計 ( 株 ) 日 本 政 策 金 融 公 庫 600 1,250 1,850 1,850 ( 株 ) 国 際 協 力 銀 行 - 5,000 5,000 ( 独 ) 国 際 協 力 機 構 預 金 保 険 機 構 2,000 2,000 2,000 銀 行 等 保 有 株 式 取 得 機 構 4,500 4,500 4,500 原 子 力 損 害 賠 償 廃 炉 等 支 援 機 構 1,500 1,500 1,500 ( 株 ) 民 間 資 金 等 活 用 事 業 推 進 機 構 1, ,000 2,000 ( 株 ) 海 外 交 通 都 市 開 発 事 業 支 援 機 構 ( 独 ) 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 200 1,200 4,000 7,110 12,510 12,510 新 関 西 国 際 空 港 ( 株 ) ( 株 ) 日 本 政 策 投 資 銀 行 800 1,200 2,000 1,500 3,500 ( 一 財 ) 民 間 都 市 開 発 推 進 機 構 中 部 国 際 空 港 ( 株 ) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 5,000 1,000 1,200 7,200 7,200 合 計 200 1,200 4,000 15,848 1,160 4, ,000 6,000 34,748 7,100 41,848 ( 注 1) 上 記 のほか ( 株 ) 日 本 政 策 金 融 公 庫 の 危 機 対 応 円 滑 化 業 務 の 進 捗 状 況 に 応 じた 発 行 を 予 定 している(5 年 未 満 の 年 限 で 最 大 0.2 兆 円 ) ( 注 2) 本 予 定 額 については 年 度 途 中 で 変 更 がありうる

20 平 成 27 年 度 地 方 財 政 対 策 の 概 要 Ⅰ 平 成 27 年 度 の 地 方 財 政 の 姿 1 通 常 収 支 分 総 務 省 自 治 財 政 局 平 成 27 年 1 月 14 日 1 地 方 財 政 計 画 の 規 模 85 兆 2,700 億 円 程 度 ( 前 年 度 比 +1 兆 9,100 億 円 程 度 +2.3% 程 度 ) 2 地 方 一 般 歳 出 69 兆 3,200 億 円 程 度 ( 同 +1 兆 5,700 億 円 程 度 +2.3% 程 度 ) 3 一 般 財 源 総 額 61 兆 5,485 億 円 ( 同 +1 兆 1,908 億 円 +2.0%) 水 準 超 経 費 除 き 60 兆 1,685 億 円 ( 同 + 7,408 億 円 +1.2%) 4 地 方 交 付 税 の 総 額 16 兆 7,548 億 円 (2616 兆 8,855 億 円 1,307 億 円 0.8%) 5 地 方 税 及 び 地 方 譲 与 税 40 兆 1,773 億 円 (2637 兆 7,691 億 円 +2 兆 4,082 億 円 + 6.4%) 6 臨 時 財 政 対 策 債 4 兆 5,250 億 円 (26 5 兆 5,952 億 円 1 兆 702 億 円 19.1%) 7 財 源 不 足 額 7 兆 8,205 億 円 (2610 兆 5,938 億 円 2 兆 7,733 億 円 26.2%) 2 東 日 本 大 震 災 分 (1) 復 旧 復 興 事 業 1 震 災 復 興 特 別 交 付 税 5,898 億 円 (26 5,723 億 円 億 円 +3.1%) 2 規 模 2 兆 100 億 円 程 度 (261 兆 9,617 億 円 億 円 程 度 + 2.3% 程 度 ) (2) 全 国 防 災 事 業 直 轄 補 助 事 業 3,900 億 円 程 度 (26 1,719 億 円 +2,200 億 円 程 度 % 程 度 ) 1

21 Ⅱ 通 常 収 支 分 地 方 が 地 方 創 生 に 取 り 組 みつつ 安 定 的 に 財 政 運 営 を 行 うことができるよう 平 成 27 年 度 においては 地 方 交 付 税 等 の 一 般 財 源 総 額 について 地 方 創 生 のための 財 源 等 を 上 乗 せして 平 成 26 年 度 の 水 準 を 相 当 程 度 上 回 る 額 を 確 保 1 まち ひと しごと 創 生 事 業 費 ( 仮 称 )の 創 設 地 方 公 共 団 体 が 自 主 性 主 体 性 を 最 大 限 発 揮 して 地 方 創 生 に 取 り 組 み 地 域 の 実 情 に 応 じたきめ 細 かな 施 策 を 可 能 にする 観 点 から 地 方 財 政 計 画 の 歳 出 に まち ひと しごと 創 生 事 業 費 ( 仮 称 ) を 創 設 新 規 分 の 財 源 は 地 方 の 努 力 により 捻 出 し 財 政 健 全 化 と 地 方 創 生 の 両 立 に 配 慮 〇 まち ひと しごと 創 生 事 業 費 ( 仮 称 ) 1.0 兆 円 ( 皆 増 ) 既 存 の 歳 出 の 振 替 え 0.5 兆 円 ( 地 域 の 元 気 創 造 事 業 費 ( 兆 円 )の 全 額 歳 出 特 別 枠 (261.2 兆 円 )の 一 部 (0.15 兆 円 )) 新 規 の 財 源 確 保 0.5 兆 円 法 人 住 民 税 法 人 税 割 の 交 付 税 原 資 化 に 伴 う 偏 在 是 正 効 果 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 の 公 庫 債 権 金 利 変 動 準 備 金 の 活 用 過 去 の 投 資 抑 制 による 公 債 費 減 に 伴 い 生 じる 一 般 財 源 の 活 用 0.1 兆 円 0.3 兆 円 0.1 兆 円 今 後 偏 在 是 正 を 更 に 進 めること 等 により 恒 久 財 源 を 確 保 する 方 針 2 地 方 財 源 の 確 保 一 般 財 源 総 額 61 兆 5,485 億 円 ( 前 年 度 比 +1 兆 1,908 億 円 +2.0%) 一 般 財 源 ( 水 準 超 経 費 除 き)の 総 額 60 兆 1,685 億 円 ( 同 +7,408 億 円 +1.2%) 一 般 財 源 比 率 ( 臨 時 財 政 対 策 債 を 除 く 一 般 財 源 総 額 が 歳 入 総 額 に 占 める 割 合 ) 66.9% 程 度 (2665.7%) 地 方 税 37 兆 4,919 億 円 ( 前 年 度 比 +2 兆 4,792 億 円 + 7.1%) 地 方 譲 与 税 2 兆 6,854 億 円 ( 同 710 億 円 2.6%) 地 方 交 付 税 16 兆 7,548 億 円 ( 同 1,307 億 円 0.8%) 地 方 特 例 交 付 金 1,189 億 円 ( 同 3 億 円 0.3%) 臨 時 財 政 対 策 債 4 兆 5,250 億 円 ( 同 1 兆 702 億 円 19.1%) 2

22 地 方 債 総 額 9 兆 5,009 億 円 ( 前 年 度 比 1 兆 561 億 円 10.0%) 臨 時 財 政 対 策 債 4 兆 5,250 億 円 ( 同 1 兆 702 億 円 19.1%) 臨 時 財 政 対 策 債 以 外 4 兆 9,759 億 円 ( 同 億 円 + 0.3%) 通 常 債 4 兆 1,959 億 円 ( 前 年 度 比 億 円 + 0.3%) 財 源 対 策 債 7,800 億 円 ( 同 0 億 円 0.0%) 3 地 方 交 付 税 の 確 保 交 付 税 原 資 の 安 定 性 の 向 上 充 実 を 図 るため 地 方 交 付 税 の 法 定 率 を 見 直 した 上 で 総 額 を 適 切 に 確 保 所 得 税 法 人 税 消 費 税 酒 税 たばこ 税 地 方 法 人 税 現 行 32% 34% 22.3% 32% 25% 100% 改 正 案 33.1% 33.1% 22.3% 50% - 100% < 参 考 > 見 直 しによる 法 定 率 分 の 増 900 億 円 程 度 地 方 交 付 税 総 額 ( 出 口 ベース) 16 兆 7,548 億 円 ( 前 年 度 比 1,307 億 円 0.8%) 一 般 会 計 15 兆 4,169 億 円 1 地 方 交 付 税 の 法 定 率 分 等 13 兆 3,013 億 円 所 得 税 法 人 税 酒 税 消 費 税 の 法 定 率 分 13 兆 5,500 億 円 国 税 決 算 精 算 分 (19 20) 等 2,486 億 円 2 一 般 会 計 における 加 算 措 置 2 兆 1,155 億 円 折 半 対 象 以 外 の 財 源 不 足 における 補 塡 ( 既 往 法 定 分 等 ) 4,326 億 円 臨 時 財 政 対 策 特 例 加 算 1 兆 4,529 億 円 別 枠 の 加 算 2,300 億 円 3

23 特 別 会 計 1 兆 3,380 億 円 1 地 方 法 人 税 の 法 定 率 分 2 特 別 会 計 における 加 算 措 置 等 4,770 億 円 5,610 億 円 交 付 税 特 別 会 計 借 入 金 償 還 額 3,000 億 円 交 付 税 特 別 会 計 借 入 金 支 払 利 子 1,614 億 円 交 付 税 特 別 会 計 剰 余 金 の 活 用 1,000 億 円 平 成 26 年 度 からの 繰 越 金 9,224 億 円 3 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 の 公 庫 債 権 金 利 変 動 準 備 金 の 活 用 3,000 億 円 ( 参 考 ) 地 方 交 付 税 の 推 移 ( 兆 円 ) 地 方 交 付 税 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 の 公 庫 債 権 金 利 変 動 準 備 金 の 活 用 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 法 ( 平 成 19 年 法 律 第 64 号 ) 附 則 第 14 条 に 基 づき 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 の 公 庫 債 権 金 利 変 動 準 備 金 の 一 部 を 国 に 帰 属 させ その 全 額 を 交 付 税 特 別 会 計 に 繰 入 れ( 平 成 27 年 度 は 3,000 億 円 ) 平 成 27 年 度 から 平 成 29 年 度 までの 3 年 間 で 総 額 6,000 億 円 以 内 その 全 額 をまち ひと しごと 創 生 事 業 費 ( 仮 称 )の 財 源 として 活 用 5 歳 出 特 別 枠 交 付 税 の 別 枠 加 算 の 確 保 まち ひと しごと 創 生 及 び 公 共 施 設 の 老 朽 化 対 策 のための 経 費 に 係 る 歳 出 を 重 点 的 に 確 保 (3,500 億 円 )した 上 で 同 額 を 歳 出 特 別 枠 ( 地 域 経 済 基 盤 強 化 雇 用 等 対 策 費 )から 減 額 ( 実 質 的 に 前 年 度 水 準 を 確 保 ) 交 付 税 の 別 枠 加 算 については 地 方 税 収 の 状 況 を 踏 まえて 一 部 を 縮 小 しつつ 必 要 な 額 を 確 保 〇 地 域 経 済 基 盤 強 化 雇 用 等 対 策 費 8,450 億 円 (261 兆 1,950 億 円 ) 〇 別 枠 の 加 算 2,300 億 円 (26 6,100 億 円 ) 4

24 6 財 源 不 足 の 補 塡 平 成 27 年 度 における 財 源 不 足 7 兆 8,205 億 円 (2610 兆 5,938 億 円 ) うち 折 半 対 象 財 源 不 足 2 兆 9,059 億 円 (26 5 兆 2,877 億 円 ) 〇 平 成 26 年 度 から 平 成 28 年 度 までの 間 において 適 用 することとされている 国 と 地 方 の 折 半 ルールに 基 づき 以 下 のとおり 財 源 不 足 を 補 塡 折 半 対 象 以 外 の 財 源 不 足 4 兆 9,146 億 円 1 財 源 対 策 債 の 発 行 7,800 億 円 2 地 方 交 付 税 の 増 額 による 補 塡 1 兆 626 億 円 一 般 会 計 における 加 算 措 置 ( 既 往 法 定 分 等 ) 4,326 億 円 別 枠 の 加 算 2,300 億 円 交 付 税 特 別 会 計 剰 余 金 の 活 用 1,000 億 円 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 の 公 庫 債 権 金 利 変 動 準 備 金 の 活 用 3,000 億 円 3 臨 時 財 政 対 策 債 の 発 行 ( 既 往 債 の 元 利 償 還 金 分 等 ) 3 兆 720 億 円 折 半 対 象 財 源 不 足 2 兆 9,059 億 円 1 地 方 交 付 税 の 増 額 による 補 塡 ( 臨 時 財 政 対 策 特 例 加 算 ) 1 兆 4,529 億 円 2 臨 時 財 政 対 策 債 の 発 行 ( 臨 時 財 政 対 策 特 例 加 算 相 当 額 ) 1 兆 4,529 億 円 7 地 方 財 政 の 健 全 化 一 般 財 源 総 額 を 確 保 した 上 で 臨 時 財 政 対 策 債 を 大 幅 に 抑 制 ( 前 年 度 比 1 兆 702 億 円 ) 交 付 税 特 別 会 計 借 入 金 を 償 還 3,000 億 円 ( 同 +1,000 億 円 ) 〇 臨 時 財 政 対 策 債 の 発 行 額 折 半 ルール 分 1 兆 4,529 億 円 ( 前 年 度 比 1 兆 1,909 億 円 45.0%) 元 利 償 還 金 分 等 3 兆 720 億 円 ( 同 + 1,207 億 円 + 4.1%) 5

25 8 公 共 施 設 の 老 朽 化 対 策 の 推 進 公 共 施 設 等 総 合 管 理 計 画 に 基 づき 実 施 する 公 共 施 設 の 集 約 化 複 合 化 転 用 除 却 のために 必 要 な 経 費 として 地 方 財 政 計 画 の 投 資 的 経 費 に 公 共 施 設 等 最 適 化 事 業 費 ( 仮 称 ) を 計 上 公 共 施 設 等 の 維 持 補 修 費 を 増 額 〇 公 共 施 設 等 最 適 化 事 業 費 ( 仮 称 ) 1,000 億 円 ( 皆 増 ) 〇 維 持 補 修 費 1 兆 1,600 億 円 程 度 (+1,200 億 円 程 度 261 兆 357 億 円 ) 9 平 成 27 年 度 の 社 会 保 障 の 充 実 消 費 税 地 方 消 費 税 の 引 上 げに 伴 う 社 会 保 障 の 充 実 分 等 の 所 要 額 を 計 上 〇 社 会 保 障 の 充 実 分 等 の 事 業 費 ( 公 費 負 担 ) 社 会 保 障 の 充 実 分 1 兆 3,517 億 円 (264,962 億 円 ) 社 会 保 障 4 経 費 の 公 経 済 負 担 増 分 3,537 億 円 (262,318 億 円 ) 10 公 立 病 院 改 革 の 推 進 地 域 の 医 療 提 供 体 制 の 確 保 等 の 観 点 から 平 成 27 年 3 月 までに 新 たな 公 立 病 院 改 革 ガイドラインを 策 定 あわせて 引 き 続 き 公 立 病 院 の 再 編 等 を 推 進 するため 所 要 の 地 方 財 政 措 置 を 講 じ る 6

26 Ⅲ 東 日 本 大 震 災 分 1 震 災 復 興 特 別 交 付 税 地 方 の 復 旧 復 興 事 業 費 及 びその 財 源 については 通 常 収 支 とは 別 枠 で 整 理 した 上 で 震 災 復 興 特 別 交 付 税 を 確 保 〇 震 災 復 興 特 別 交 付 税 5,898 億 円 ( 前 年 度 比 億 円 + 3.1%) 〇 震 災 復 興 特 別 交 付 税 により 措 置 する 財 政 需 要 1 直 轄 補 助 事 業 の 地 方 負 担 分 4,215 億 円 2 地 方 単 独 事 業 分 953 億 円 単 独 災 害 復 旧 事 業 396 億 円 中 長 期 職 員 派 遣 職 員 採 用 等 557 億 円 3 地 方 税 等 の 減 収 分 730 億 円 地 方 税 法 等 に 基 づく 特 例 措 置 分 618 億 円 条 例 減 免 分 112 億 円 震 災 復 興 特 別 交 付 税 の 平 成 23~27 年 度 分 の 累 計 額 は 3 兆 9,126 億 円 2 全 国 防 災 事 業 東 日 本 大 震 災 の 教 訓 を 踏 まえて 実 施 する 全 国 防 災 事 業 ( 直 轄 補 助 事 業 )を3,900 億 円 程 度 計 上 7

27 まち ひと しごと 創 生 の 推 進 地 方 公 共 団 体 が 自 主 性 主 体 性 を 最 大 限 発 揮 して 地 方 創 生 に 取 り 組 み 地 域 の 実 情 に 応 じたきめ 細 かな 施 策 を 可 能 にする 観 点 から 地 方 財 政 計 画 の 歳 出 に まち ひと しごと 創 生 事 業 費 ( 仮 称 ) (1.0 兆 円 )を 計 上 1. まち ひと しごと 創 生 事 業 費 ( 仮 称 )1.0 兆 円 の 財 源 (1) 既 存 の 歳 出 の 振 替 え(0.5 兆 円 ) 地 域 の 元 気 創 造 事 業 費 ( 兆 円 )の 全 額 地 域 経 済 基 盤 強 化 雇 用 等 対 策 費 (261.2 兆 円 )の 一 部 (0.15 兆 円 ) (2) 新 規 の 財 源 確 保 (0.5 兆 円 ) 法 人 住 民 税 法 人 税 割 の 交 付 税 原 資 化 に 伴 う 偏 在 是 正 効 果 0.1 兆 円 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 の 公 庫 債 権 金 利 変 動 準 備 金 の 活 用 0.3 兆 円 過 去 の 投 資 抑 制 による 公 債 費 減 に 伴 い 生 じる 一 般 財 源 の 活 用 0.1 兆 円 今 後 偏 在 是 正 を 更 に 進 めること 等 により 恒 久 財 源 を 確 保 する 方 針 2. 地 方 交 付 税 における 算 定 普 通 交 付 税 において 各 地 方 公 共 団 体 がまち ひと しごと 創 生 に 取 り 組 むため の 財 政 需 要 を 既 存 の 地 域 の 元 気 創 造 事 業 費 (26 創 設 ) 及 び 新 たに 創 設 する 人 口 減 少 等 特 別 対 策 事 業 費 ( 仮 称 ) により 算 定 人 口 減 少 等 特 別 対 策 事 業 費 ( 仮 称 ) の 算 定 に 当 たっては 人 口 を 基 本 とした 上 で まち ひと しごと 創 生 の 取 組 の 必 要 度 及 び 取 組 の 成 果 を 反 映 地 域 の 元 気 創 造 事 業 費 については 現 行 の 算 定 方 法 を 基 本 的 に 継 続 ( 人 口 減 少 等 特 別 対 策 事 業 費 ( 仮 称 ) の 算 定 に 用 いる 指 標 案 ) 取 組 の 必 要 度 ( 現 状 の 指 標 が 悪 い 団 体 に 割 増 し) 人 口 増 減 率 転 入 者 人 口 比 率 転 出 者 人 口 比 率 年 少 者 人 口 比 率 自 然 増 減 率 若 年 者 就 業 率 女 性 就 業 率 有 効 求 人 倍 率 一 人 当 たり 各 産 業 の 売 上 高 (*) 取 組 の 成 果 ( 指 標 を 改 善 させた 団 体 に 割 増 し) 人 口 増 減 率 転 入 者 人 口 比 率 転 出 者 人 口 比 率 年 少 者 人 口 比 率 自 然 増 減 率 若 年 者 就 業 率 女 性 就 業 率 (*) 第 一 次 産 業 ( 農 業 ) 産 出 額 製 造 品 出 荷 額 小 売 業 年 間 商 品 販 売 額 卸 売 業 年 間 商 品 販 売 額 の 合 計 8

28 公 共 施 設 の 老 朽 化 対 策 の 推 進 公 共 施 設 等 の 老 朽 化 対 策 に 要 する 経 費 について 地 方 財 政 計 画 に 所 要 の 歳 出 を 計 上 するとともに 集 約 化 複 合 化 等 に 対 する 地 方 財 政 措 置 を 充 実 1. 地 方 財 政 計 画 への 計 上 (1) 公 共 施 設 等 最 適 化 事 業 費 ( 仮 称 )の 創 設 公 共 施 設 等 総 合 管 理 計 画 に 基 づき 実 施 する 公 共 施 設 の 集 約 化 複 合 化 転 用 除 却 のために 必 要 な 経 費 として 公 共 施 設 等 最 適 化 事 業 費 ( 仮 称 ) を 計 上 (1,000 億 円 ( 皆 増 )) (2) 維 持 補 修 費 の 増 額 公 共 施 設 等 の 維 持 補 修 費 について 地 方 公 共 団 体 の 決 算 の 状 況 等 を 踏 まえ 増 額 (11,600 億 円 程 度 (+1,200 億 円 程 度 )) 2. 地 方 財 政 措 置 (1) 集 約 化 複 合 化 事 業 に 係 る 地 方 債 措 置 ( 公 共 施 設 最 適 化 事 業 債 ( 仮 称 )) の 創 設 対 象 公 共 施 設 等 総 合 管 理 計 画 に 基 づいて 実 施 される 既 存 の 公 共 施 設 の 集 約 化 複 合 化 事 業 であって 全 体 として 延 床 面 積 が 減 少 するもの( 庁 舎 等 の 公 用 施 設 や 公 営 住 宅 公 営 企 業 施 設 等 は 対 象 外 ) 充 当 率 等 充 当 率 :90% 交 付 税 算 入 率 :50% 期 間 : 平 成 29 年 度 まで 平 成 27 年 度 地 方 債 計 画 計 上 額 :410 億 円 ( 事 業 費 ベース:450 億 円 ) (2) 転 用 事 業 に 係 る 地 方 債 措 置 の 創 設 ( 地 域 活 性 化 事 業 債 の 拡 充 ) 対 象 公 共 施 設 等 総 合 管 理 計 画 に 基 づいて 実 施 される 既 存 の 公 共 施 設 等 の 転 用 事 業 ( 転 用 後 の 施 設 が 庁 舎 等 の 公 用 施 設 公 営 住 宅 公 営 企 業 施 設 等 であ る 場 合 は 対 象 外 ) 充 当 率 等 充 当 率 :90% 交 付 税 算 入 率 :30% 期 間 : 平 成 29 年 度 まで 平 成 27 年 度 地 方 債 計 画 計 上 額 :90 億 円 ( 事 業 費 ベース:100 億 円 ) (3) 公 共 施 設 等 の 除 却 についての 地 方 債 の 特 例 措 置 ( 平 成 26 年 度 創 設 継 続 ) 充 当 率 :75%( 資 金 手 当 ) 平 成 27 年 度 地 方 債 計 画 計 上 額 :340 億 円 ( 事 業 費 ベース:450 億 円 ) 9

29 平 成 27 年 度 の 社 会 保 障 の 充 実 について 平 成 27 年 度 においては 消 費 税 地 方 消 費 税 の 引 上 げによる 増 収 分 を 活 用 して 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 の 実 施 ( 量 的 拡 充 及 び 質 の 改 善 ) 地 域 医 療 介 護 総 合 確 保 基 金 の 増 額 及 び 介 護 報 酬 の 見 直 しによる 介 護 職 員 の 処 遇 改 善 国 民 健 康 保 険 の 財 政 基 盤 強 化 のための 保 険 者 支 援 の 拡 充 などの 措 置 を 講 じることとしており 当 該 措 置 に 係 る 地 方 負 担 額 (6,554 億 円 ( 前 年 度 比 +3,841 億 円 ))について 地 方 財 政 措 置 を 講 じることとしている 平 成 27 年 度 社 会 保 障 の 充 実 の 項 目 計 数 は 精 査 中 四 捨 五 入 の 関 係 で 合 計 と 内 訳 が 一 致 しない 場 合 がある 少 子 化 対 策 公 費 負 担 :5,189 億 円 ( 国 :2,392 億 円 地 方 :2,797 億 円 ) ( 前 年 度 比 +2,129 億 円 ) ( 前 年 度 公 費 負 担 :3,060 億 円 ( 国 :1,444 億 円 地 方 :1,616 億 円 )) 主 な 項 目 量 的 拡 充 ( 待 機 児 童 解 消 加 速 化 プランの 推 進 等 ) 公 費 負 担 :3,097 億 円 ( 国 :1,277 億 円 地 方 :1,820 億 円 ) 質 の 改 善 ( 職 員 配 置 の 改 善 職 員 給 与 の 改 善 等 ) 公 費 負 担 :2,030 億 円 ( 国 :1,059 億 円 地 方 : 971 億 円 ) 医 療 介 護 公 費 負 担 :8,410 億 円 ( 国 :4,374 億 円 地 方 :4,036 億 円 )( 前 年 度 比 +6,518 億 円 ) ( 前 年 度 公 費 負 担 :1,892 億 円 ( 国 : 795 億 円 地 方 :1,097 億 円 )) 主 な 項 目 ( 医 療 国 保 関 係 ) 地 域 医 療 介 護 総 合 確 保 基 金 ( 医 療 分 ) 公 費 負 担 : 904 億 円 ( 国 : 602 億 円 地 方 :301 億 円 ) 国 保 の 保 険 者 支 援 の 拡 充 公 費 負 担 :1,864 億 円 ( 国 :1,032 億 円 地 方 :832 億 円 ) ( 介 護 関 係 ) 財 政 安 定 化 基 金 造 成 分 含 む 地 域 医 療 介 護 総 合 確 保 基 金 ( 介 護 分 ) 公 費 負 担 : 724 億 円 ( 国 : 483 億 円 地 方 :241 億 円 ) 介 護 報 酬 の 見 直 し( 介 護 職 員 の 処 遇 改 善 等 ) 公 費 負 担 :1,051 億 円 ( 国 : 531 億 円 地 方 :520 億 円 ) 地 域 包 括 ケアシステムの 充 実 等 の 地 域 支 援 事 業 の 拡 充 公 費 負 担 : 236 億 円 ( 国 : 118 億 円 地 方 :118 億 円 ) 介 護 保 険 の1 号 保 険 料 の 低 所 得 者 軽 減 強 化 公 費 負 担 : 221 億 円 ( 国 : 110 億 円 地 方 :110 億 円 ) 年 金 公 費 負 担 :20 億 円 ( 国 :20 億 円 )( 前 年 度 比 +10 億 円 ) ( 前 年 度 公 費 負 担 :10 億 円 ( 国 :10 億 円 )) 社 会 保 障 の 充 実 の 合 計 ( ) 公 費 負 担 :13,517 億 円 ( 国 :6,963 億 円 地 方 :6,554 億 円 ) ( 前 年 度 公 費 負 担 :4,962 億 円 ( 国 :2,249 億 円 地 方 :2,713 億 円 )) ( ) 簡 素 な 給 付 措 置 ( 臨 時 福 祉 給 付 金 ) 及 び 重 点 化 効 率 化 による 財 政 効 果 分 を 含 む <その 他 社 会 保 障 4 経 費 の 公 経 済 負 担 増 分 ( 地 方 分 )として 885 億 円 がある > 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 112 号 )に 基 づく 社 会 保 障 制 度 改 革 として 国 民 健 康 保 険 の 改 革 を 含 む 医 療 保 険 制 度 改 革 法 案 が 平 成 27 年 常 会 に 提 出 予 定 10

30 公 立 病 院 改 革 の 推 進 平 成 27 年 3 月 までに 新 たな 公 立 病 院 改 革 ガイドラインを 策 定 する 予 定 再 編 ネットワーク 化 への 財 政 措 置 の 重 点 化 など 地 方 財 政 措 置 を 見 直 し 1 新 たなガイドラインの 策 定 (1) 策 定 時 期 H27 年 3 月 までに 新 たな 公 立 病 院 改 革 ガイドラインを 策 定 する 予 定 厚 労 省 の 地 域 医 療 構 想 のガイドライン 策 定 (H27 年 3 月 までに 策 定 )と 連 携 しつつ 策 定 (2) 内 容 の 方 向 性 地 方 公 共 団 体 に 対 し 新 たな 公 立 病 院 改 革 プランの 策 定 を 要 請 都 道 府 県 の 策 定 する 地 域 医 療 構 想 を 踏 まえ 公 立 病 院 が 果 たすべき 役 割 を 明 確 化 するとともに 経 営 効 率 化 や 病 院 間 の 再 編 等 を 推 進 2 地 方 財 政 措 置 の 見 直 し (1) 公 立 病 院 の 新 設 建 替 等 に 対 する 地 方 交 付 税 措 置 の 見 直 し 1 再 編 ネットワーク 化 に 伴 う 整 備 への 財 政 措 置 の 重 点 化 公 立 病 院 の 再 編 ネットワーク 化 に 係 る 施 設 設 備 の 整 備 について 病 院 事 業 債 ( 特 別 分 )を 創 設 し その 元 利 償 還 金 の40%について 地 方 交 付 税 措 置 を 講 じる 地 方 交 付 税 措 置 については 病 床 割 を 廃 止 し 事 業 割 に 統 一 現 在 来 年 度 以 降 通 常 の 整 備 25% 地 方 交 付 税 措 置 30% 地 方 交 付 税 措 置 再 編 ネットワーク 化 に 伴 う 整 備 40% 地 方 交 付 税 措 置 2 都 道 府 県 の 役 割 の 強 化 公 立 病 院 の 新 設 建 替 等 に 当 たっては 医 療 介 護 総 合 確 保 推 進 法 に 基 づき 地 域 の 医 療 提 供 体 制 の 確 保 にこれまで 以 上 に 大 きな 役 割 責 任 を 有 する 都 道 府 県 の 十 分 なチェックを 踏 まえて 適 当 と 認 められるものに 対 し 地 方 交 付 税 措 置 を 行 う 3 建 築 単 価 の 見 直 し 地 方 交 付 税 措 置 の 対 象 となる 建 築 単 価 の 上 限 を 最 近 の 建 設 費 の 状 況 を 踏 まえ 30 万 円 /m2から36 万 円 /m2に 引 き 上 げる (2) その 他 公 立 病 院 の 運 営 費 に 係 る 地 方 交 付 税 措 置 ( 病 床 当 たり 単 価 : 千 円 )の 算 定 基 礎 を 許 可 病 床 数 から 稼 働 病 床 数 に 見 直 す 等 所 要 の 見 直 し 11

31 主 な 地 方 財 政 指 標 積 算 基 礎 ( 通 常 収 支 分 ) 区 分 平 成 27 年 度 ( 見 込 ) ( 単 位 : 億 円 ) 平 成 26 年 度 歳 入 合 計 地 方 税 地 方 譲 与 税 地 方 特 例 交 付 金 地 方 交 付 税 地 方 債 1 852, ,607 程 度 2 374, , ,854 27, ,189 1, , , , ,570 う ち 臨 時 財 政 対 策 債 7 45,250 55,952 全 国 防 災 事 業 一 般 財 源 充 当 分 主 な 地 方 財 政 関 係 指 標 一 般 財 源 総 額 一 般 財 源 比 率 地 方 債 依 存 度 , , % 65.7% 程 度 11.1% 12.7% 程 度 ( 参 考 ) 〇 地 方 の 借 入 金 残 高 199 兆 円 程 度 ( 平 成 27 年 度 末 見 込 み) ( 東 日 本 大 震 災 分 を 含 む) 平 成 26 年 度 末 見 込 み 201 兆 円 程 度 〇 交 付 税 特 別 会 計 借 入 金 残 高 32.8 兆 円 ( 平 成 27 年 度 末 見 込 み) 平 成 26 年 度 末 見 込 み 33.1 兆 円 12

32 1. 平 成 27 年 度 地 方 財 政 収 支 見 通 しの 概 要 ( 通 常 収 支 分 ) 歳 項 目 地 方 税 地 方 譲 与 税 地 方 特 例 交 付 金 地 方 交 付 税 地 方 債 平 成 27 年 度 ( 見 込 ) 平 成 26 年 度 増 減 率 ( 見 込 ) 374,919 億 円 350,127 億 円 7.1 % 26,854 億 円 27,564 億 円 2.6 % 1,189 億 円 1,192 億 円 0.3 % 167,548 億 円 168,855 億 円 0.8 % 95,009 億 円 105,570 億 円 10.0 % 入 う ち 臨 時 財 政 対 策 債 45,250 億 円 55,952 億 円 19.1 % 全 国 防 災 事 業 一 般 財 源 充 当 分 歳 入 合 計 275 億 円 113 億 円 % 約 852,700 億 円 833,607 億 円 約 2.3 % 一 般 財 源 ( 水 準 超 経 費 を 除 く ) 615,485 億 円 603,577 億 円 2.0 % 601,685 億 円 594,277 億 円 1.2 % 給 与 関 係 経 費 約 203,400 億 円 203,414 億 円 約 0.0 % 退 職 手 当 以 外 約 185,300 億 円 184,803 億 円 約 0.3 % 退 職 手 当 約 18,100 億 円 18,611 億 円 約 3.0 % 一 般 行 政 経 費 約 350,600 億 円 332,194 億 円 約 5.5 % う ち 補 助 分 約 185,500 億 円 173,976 億 円 約 6.6 % う ち 単 独 分 約 140,000 億 円 139,536 億 円 約 0.3 % う ち 地 域 の 元 気 創 造 事 業 費 - 億 円 3,500 億 円 皆 減 うちまち ひと しごと 創 生 事 業 費 ( 仮 称 ) 10,000 億 円 - 億 円 皆 増 地 域 経 済 基 盤 強 化 雇 用 等 対 策 費 8,450 億 円 11,950 億 円 29.3 % 歳 出 公 債 費 維 持 補 修 費 投 資 的 経 費 約 129,500 億 円 130,745 億 円 約 0.9 % 約 11,600 億 円 10,357 億 円 約 12.0 % 約 110,000 億 円 110,035 億 円 約 0.0 % う ち 補 助 分 約 57,300 億 円 57,756 億 円 約 0.9 % う ち 単 独 分 約 52,800 億 円 52,279 億 円 約 0.9 % う ち 緊 急 防 災 減 災 事 業 費 5,000 億 円 5,000 億 円 - うち 公 共 施 設 等 最 適 化 事 業 費 ( 仮 称 ) 1,000 億 円 - 億 円 皆 増 公 営 企 業 繰 出 金 約 25,400 億 円 25,612 億 円 約 0.8 % う ち 企 業 債 償 還 費 普 通 会 計 負 担 分 約 16,200 億 円 16,132 億 円 約 0.7 % 水 準 超 経 費 13,800 億 円 9,300 億 円 48.4 % 歳 出 合 計 ( 水 準 超 経 費 を 除 く ) 地 方 一 般 歳 出 約 852,700 億 円 833,607 億 円 約 2.3 % 約 838,900 億 円 824,307 億 円 約 1.8 % 約 693,200 億 円 677,430 億 円 約 2.3 % ( 注 ) 本 表 は 地 方 公 共 団 体 の 予 算 編 成 のための 目 安 として 作 成 したものであり 計 数 は 精 査 の 結 果 異 動 する 場 合 がある 13

33 2. 平 成 27 年 度 地 方 財 政 収 支 見 通 しの 概 要 ( 東 日 本 大 震 災 分 ) (1) 復 旧 復 興 事 業 項 目 震 災 復 興 特 別 交 付 税 歳 国 庫 支 出 金 入 地 方 債 計 直 轄 補 助 事 業 費 歳 地 方 単 独 事 業 費 平 成 27 年 度 ( 見 込 ) 平 成 26 年 度 増 減 率 ( 見 込 ) 5,898 億 円 5,723 億 円 3.1 % 約 13,700 億 円 13,353 億 円 約 2.7 % 355 億 円 455 億 円 22.0 % 約 20,100 億 円 19,617 億 円 約 2.3 % 約 18,000 億 円 17,368 億 円 約 3.8 % 1,683 億 円 2,004 億 円 16.0 % 出 うち 地 方 税 等 の 減 収 分 見 合 い 歳 出 730 億 円 919 億 円 20.6 % 約 20,100 億 円 19,617 億 円 約 2.3 % 計 ( 注 ) 本 表 は 地 方 公 共 団 体 の 予 算 編 成 のための 目 安 として 作 成 したものであり 計 数 は 精 査 の 結 果 異 動 する 場 合 がある (2) 全 国 防 災 事 業 項 目 地 方 税 一 般 財 源 充 当 分 歳 国 庫 支 出 金 入 地 方 債 雑 収 入 計 平 成 27 年 度 ( 見 込 ) 平 成 26 年 度 増 減 率 ( 見 込 ) 708 億 円 679 億 円 4.3 % 275 億 円 113 億 円 % 約 1,500 億 円 736 億 円 約 % 2,397 億 円 983 億 円 % 1 億 円 10 億 円 90.0 % 約 4,900 億 円 2,521 億 円 約 94.6 % 全 国 防 災 対 策 費 に 係 る 歳 直 轄 補 助 事 業 費 公 債 費 出 計 ( 注 ) 本 表 は 地 方 公 共 団 体 の 予 算 編 成 のための 目 安 として 作 成 したものであり 計 数 は 精 査 の 結 果 異 動 する 場 合 がある 約 3,900 億 円 1,719 億 円 約 % 983 億 円 802 億 円 22.6 % 約 4,900 億 円 2,521 億 円 約 94.6 % 14

34 ( 参 考 ) 平 成 27 年 度 地 方 財 政 収 支 見 通 しの 概 要 ( 通 常 収 支 分 と 東 日 本 大 震 災 分 の 合 計 ) 歳 入 項 目 地 方 税 地 方 譲 与 税 地 方 特 例 交 付 金 地 方 交 付 税 震 災 復 興 特 別 交 付 税 以 外 震 災 復 興 特 別 交 付 税 地 方 債 う ち 臨 時 財 政 対 策 債 平 成 27 年 度 ( 見 込 ) 平 成 26 年 度 増 減 率 ( 見 込 ) 375,627 億 円 350,806 億 円 7.1 % 26,854 億 円 27,564 億 円 2.6 % 1,189 億 円 1,192 億 円 0.3 % 173,446 億 円 174,578 億 円 0.6 % 167,548 億 円 168,855 億 円 0.8 % 5,898 億 円 5,723 億 円 3.1 % 97,761 億 円 107,008 億 円 8.6 % 45,250 億 円 55,952 億 円 19.1 % 歳 入 合 計 一 般 財 源 給 与 関 係 経 費 約 877,700 億 円 855,745 億 円 約 2.6 % 622,366 億 円 610,092 億 円 2.0 % 約 203,400 億 円 203,414 億 円 約 0.0 % 退 職 手 当 以 外 約 185,300 億 円 184,803 億 円 約 0.3 % 退 職 手 当 約 18,100 億 円 18,611 億 円 約 3.0 % 歳 出 通 常 収 支 分 約 350,600 億 円 332,194 億 円 約 5.5 % う ち 補 助 分 約 185,500 億 円 173,976 億 円 約 6.6 % う ち 単 独 分 約 140,000 億 円 139,536 億 円 約 0.3 % う ち 地 域 の 元 気 創 造 事 業 費 - 億 円 3,500 億 円 皆 減 うちまち ひと しごと 創 生 事 業 費 ( 仮 称 ) 10,000 億 円 - 億 円 皆 増 一 般 行 政 経 費 地 域 経 済 基 盤 強 化 雇 用 等 対 策 費 8,450 億 円 11,950 億 円 29.3 % 約 129,500 億 円 130,745 億 円 約 0.9 % 約 11,600 億 円 10,357 億 円 約 12.0 % 約 110,000 億 円 110,035 億 円 約 0.0 % う ち 補 助 分 約 57,300 億 円 57,756 億 円 約 0.9 % う ち 単 独 分 約 52,800 億 円 52,279 億 円 約 0.9 % う ち 緊 急 防 災 減 災 事 業 費 5,000 億 円 5,000 億 円 - うち 公 共 施 設 等 最 適 化 事 業 費 ( 仮 称 ) 1,000 億 円 - 億 円 皆 増 約 25,400 億 円 25,612 億 円 約 0.8 % うち 企 業 債 償 還 費 普 通 会 計 負 担 分 約 16,200 億 円 16,132 億 円 約 0.7 % 公 債 費 維 持 補 修 費 投 資 的 経 費 公 営 企 業 繰 出 金 水 準 超 経 費 大 東 復 旧 復 興 事 業 費 震 日 災 全 国 防 災 事 業 費 分 本 歳 出 合 計 ( 水 準 超 経 費 を 除 く ) 地 方 一 般 歳 出 13,800 億 円 9,300 億 円 48.4 % 約 20,100 億 円 19,617 億 円 約 2.3 % 約 4,900 億 円 2,521 億 円 約 94.6 % 約 877,700 億 円 855,745 億 円 約 2.6 % 約 % 約 717,000 億 円 698,681 億 円 約 2.6 % ( 注 ) 本 表 は 地 方 公 共 団 体 の 予 算 編 成 のための 目 安 として 作 成 したものであり 計 数 は 精 査 の 結 果 異 動 する 場 合 がある 15

35 ( 参 考 1 ) 年 度 地 方 財 政 計 画 の 伸 び 率 等 の 推 移 ( 単 位 :%) 対 前 年 度 伸 び 率 地 方 財 政 計 画 地 方 一 般 歳 出 地 方 税 地 方 交 付 税 昭 和 55 年 度 平 成 元 年 度 ( 6.5 ) ( 注 1)( ) 内 は 税 源 移 譲 分 を 除 いた 伸 率 ( 平 成 18 年 度 の 地 方 税 に 所 得 譲 与 税 を 含 めて 伸 率 を 算 出 ) である ( 注 2) 平 成 24 年 度 以 降 は 通 常 収 支 分 の 伸 率 である 16

36 ( 参 考 2 ) 地 方 債 等 関 係 資 料 地 方 債 対 前 年 度 地 方 債 地 方 の 借 入 金 年 度 計 画 額 増 減 額 依 存 度 残 高 ( 億 円 ) ( 億 円 ) (%) ( 兆 円 ) 昭 和 55 年 度 44,276 4, ,700 1, ,100 4, ,011 11, ,602 2, ,500 8, ,290 4, ,900 9, ,481 6, 平 成 元 年 度 55,592 4, , , ,400 4, ,254 10, ,915 41, ,054 9, ,620 16, ,285 8, ,300 10, ,804 2, ,271 1, ,107 7, ,493 7, ,718 24, ,448 9, ,619 18, ,174 14, ,529 11, , ,329 22, ,939 16, ,772 20, ,654 3, , ,570 5, 程 度 ( 見 込 ) 27 95,009 10, 程 度 ( 見 込 ) 17

37 公 庫 債 権 金 利 変 動 準 備 金 の 国 への 帰 属 について 機 構 法 附 則 第 14 条 に 基 づき 公 庫 債 権 金 利 変 動 準 備 金 の 一 部 を 国 に 帰 属 ( 全 額 を 交 付 税 特 別 会 計 に 繰 入 れ) 平 成 27 年 度 3,000 億 円 平 成 27 年 度 から 平 成 29 年 度 の3 年 間 で 総 額 6,000 億 円 以 内 全 額 を まち ひと しごと 創 生 事 業 費 ( 仮 称 ) の 財 源 として 活 用 まち ひと しごと 創 生 事 業 費 ( 仮 称 ) 1 兆 円 地 方 金 融 機 構 管 理 勘 定 財 投 特 会 交 付 税 特 会 地 方 公 共 団 体 が 自 主 性 主 体 性 を 最 大 限 発 揮 して 地 方 創 生 に 取 り 組 み 地 域 の 実 情 に 応 じたきめ 細 かな 施 策 を 可 能 にする 観 点 から 平 成 27 年 度 地 方 財 政 計 画 の 歳 出 に 創 設 公 庫 債 権 金 利 変 動 準 備 金 ( 財 源 ) 地 方 金 融 機 構 の 公 庫 債 権 金 利 変 動 準 備 金 3,000 億 円 既 存 の 歳 出 振 替 え 5,000 億 円 法 人 住 民 税 法 人 税 割 の 交 付 税 原 資 化 に 伴 う 偏 在 是 正 効 果 1,000 億 円 過 去 の 投 資 抑 制 による 公 債 費 減 分 1,000 億 円 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 法 ( 平 成 19 年 法 律 第 64 号 )( 抄 ) ( 公 庫 債 権 金 利 変 動 準 備 金 等 の 帰 属 ) 附 則 第 十 四 条 総 務 大 臣 及 び 財 務 大 臣 は 前 条 第 六 項 の 規 定 にかかわらず 機 構 の 経 営 状 況 を 踏 まえ 機 構 の 業 務 が 円 滑 に 遂 行 されていると 認 められる 場 合 において 公 庫 債 権 金 利 変 動 準 備 金 及 び 同 条 第 八 項 の 積 立 金 の 合 計 額 が 公 庫 債 権 管 理 業 務 を 将 来 にわたり 円 滑 に 運 営 するために 必 要 な 額 を 上 回 ると 認 められるときは 当 該 上 回 ると 認 められる 金 額 として 総 務 省 令 財 務 省 令 で 定 める 金 額 を 政 令 で 定 めるところにより 国 に 帰 属 させるものとする 参 考 4

38 平 成 27 年 1 月 9 日 総 務 大 臣 高 市 早 苗 殿 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 理 事 長 渡 邉 雄 司 公 庫 債 権 金 利 変 動 準 備 金 の 国 への 帰 属 に 対 する 意 見 このたびの 公 庫 債 権 金 利 変 動 準 備 金 の 国 への 帰 属 については 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 法 附 則 第 14 条 の 規 定 に 基 づき 公 庫 債 権 管 理 業 務 を 将 来 にわたり 円 滑 に 運 営 するために 必 要 な 財 務 基 盤 を 確 保 しつつ 総 額 6 千 億 円 以 内 で 平 成 27 年 度 から 平 成 29 年 度 の3 年 間 で 計 画 的 に 行 わ れるものと 認 識 しております また 地 方 交 付 税 の 総 額 を 確 保 するため に 活 用 されるものであることから 異 議 はありません 今 後 の 公 庫 債 権 金 利 変 動 準 備 金 の 取 扱 いに 当 たっても 同 条 の 規 定 に 基 づき 財 務 基 盤 の 確 保 政 府 保 証 債 による 資 金 手 当 により 本 機 構 に 対 する 市 場 の 信 認 と 公 庫 債 権 管 理 業 務 の 将 来 にわたる 円 滑 な 運 営 にい ささかも 支 障 が 生 じることがないよう 万 全 を 期 すとともに その 時 期 及 び 内 容 については 計 画 的 かつ 合 理 的 なものとするようお 願 いします ま た 本 機 構 の 財 産 が 地 方 公 共 団 体 の 寄 与 により 形 成 された 経 緯 を 踏 まえ 地 方 公 共 団 体 のために 活 用 されるようお 願 いします

39 平 成 27 年 度 事 業 計 画 1 平 成 27 年 度 における 貸 付 金 は 1,830,000 百 万 円 を 予 定 しており 事 業 別 の 貸 付 計 画 額 は 別 紙 1のとおりとする 2 平 成 27 年 度 における 貸 付 回 収 金 は 1,630,747 百 万 円 を 予 定 している 3 平 成 27 年 度 における 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 債 券 の 発 行 は 非 政 府 保 証 機 構 債 ( 公 募 債 及 び 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 の 引 受 による 債 券 )1,300,000 百 万 円 政 府 保 証 機 構 債 720,000 百 万 円 合 計 2,020,000 百 万 円 を 予 定 しており 資 金 調 達 計 画 額 は 別 紙 2のとおりとする 4 平 成 27 年 度 における 債 券 償 還 金 は 1,730,970 百 万 円 を 予 定 している 5 平 成 27 年 度 における 地 方 公 共 団 体 の 資 金 調 達 に 関 する 支 援 業 務 として 地 方 公 共 団 体 のニーズにあわせて 人 材 育 成 調 査 研 究 実 務 支 援 情 報 発 信 の 実 施 を 予 定 し ている 6 平 成 27 年 度 において 株 式 会 社 日 本 政 策 金 融 公 庫 から 委 託 を 受 けて 行 う 公 有 林 整 備 及 び 草 地 開 発 のための 貸 付 契 約 額 は 2,440 百 万 円 を 予 定 している

40 ( 別 紙 1) 平 成 27 年 度 事 業 別 の 貸 付 計 画 ( 単 位 : 億 円 ) 事 業 名 貸 付 計 画 額 一 般 会 計 債 公 共 事 業 等 事 業 735 公 営 住 宅 事 業 154 全 国 防 災 事 業 450 学 校 教 育 施 設 等 整 備 事 業 173 社 会 福 祉 施 設 整 備 事 業 149 一 般 廃 棄 物 処 理 事 業 134 一 般 事 業 45 地 域 活 性 化 事 業 73 防 災 対 策 事 業 187 地 方 道 路 等 整 備 事 業 425 合 併 特 例 事 業 977 緊 急 防 災 減 災 事 業 1,272 公 共 施 設 最 適 化 事 業 2 計 4,776 公 営 企 業 債 水 道 事 業 ( 上 水 道 ) 1,510 水 道 事 業 ( 簡 易 水 道 ) 164 交 通 事 業 ( 一 般 交 通 ) 7 交 通 事 業 ( 都 市 高 速 鉄 道 ) 278 病 院 事 業 1,210 下 水 道 事 業 2,951 工 業 用 水 道 事 業 67 電 気 事 業 41 ガス 事 業 37 介 護 サービス 事 業 17 市 場 事 業 141 と 畜 場 事 業 43 駐 車 場 事 業 8 港 湾 整 備 事 業 36 観 光 施 設 事 業 産 業 廃 棄 物 処 理 事 業 1 計 6,511 被 災 施 設 借 換 債 15 臨 時 財 政 対 策 債 6,998 合 計 18,300

41 ( 別 紙 2) 平 成 27 年 度 資 金 調 達 計 画 1 地 方 金 融 機 構 債 (1) 公 募 債 債 券 の 種 類 平 成 27 年 度 国 内 債 6,100 億 円 10 年 債 2,700 億 円 20 年 債 1,000 億 円 5 年 債 200 億 円 FLIP 国 外 債 フレックス 枠 計 2,200 億 円 2,200 億 円 1,700 億 円 10,000 億 円 債 券 の 種 類 発 行 額 については 貸 付 状 況 市 場 環 境 等 により 弾 力 的 に 対 応 する フレックス 枠 については 各 種 国 内 債 国 外 債 の 増 額 スポット 債 の 発 行 長 期 借 入 等 に 活 用 する (2) 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 の 引 受 けによる 債 券 平 成 27 年 度 3,000 億 円 2 政 府 保 証 債 債 券 の 種 類 平 成 27 年 度 10 年 債 5,000 億 円 8 年 債 1,000 億 円 6 年 債 1,200 億 円 計 7,200 億 円 国 の 平 成 27 年 度 予 算 の 成 立 が 前 提

42 平 成 27 年 度 事 業 実 施 方 針 Ⅰ 平 成 27 年 度 の 貸 付 けについて Ⅱ 平 成 27 年 度 の 資 金 調 達 について Ⅲ 平 成 27 年 度 の 地 方 支 援 業 務 について Ⅳ 平 成 27 年 度 のリスク 管 理 及 び 内 部 統 制 について Ⅴ 平 成 27 年 度 のシステム 投 資 について Ⅵ 平 成 27 年 度 の 組 織 体 制 について 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構

43 平 成 27 年 度 事 業 実 施 方 針 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 は 地 方 債 計 画 に 基 づく 多 様 な 事 業 への 貸 付 けを 通 じ 住 民 生 活 に 密 着 した 事 業 を 支 えるとともに このために 必 要 な 資 金 については 国 内 外 の 市 場 で 多 様 な 手 法 を 活 用 し 低 コストで 安 定 的 な 調 達 を 行 うよう 努 め る 併 せて 地 方 公 共 団 体 における 民 間 金 融 機 関 等 からの 資 金 調 達 等 に 関 し 積 極 的 に 支 援 し 地 方 の 地 方 による 地 方 のための 機 構 としてその 使 命 を 十 分 に 果 たすことを 目 指 す - 1 -

44 Ⅰ 平 成 27 年 度 の 貸 付 けについて 1. 基 本 的 な 考 え 方 地 方 公 共 団 体 による 資 本 市 場 からの 資 金 調 達 を 効 率 的 かつ 効 果 的 に 補 完 す るため 地 方 公 共 団 体 の 地 方 債 につき 長 期 かつ 低 利 の 資 金 を 融 通 し もって 地 方 公 共 団 体 の 財 政 の 健 全 な 運 営 及 び 住 民 福 祉 の 増 進 に 寄 与 する また 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 向 けた 地 方 公 共 団 体 の 取 組 を 支 援 す るとともに 地 方 公 共 団 体 が 緊 急 に 取 り 組 む 防 災 減 災 等 の 事 業 を 引 き 続 き 推 進 する 2. 平 成 27 年 度 貸 付 計 画 の 概 要 平 成 27 年 度 地 方 債 計 画 における 機 構 資 金 の 計 上 額 ( 通 常 収 支 対 応 分 19,197 億 円 東 日 本 大 震 災 分 513 億 円 )を 基 礎 として 過 去 の 執 行 実 績 等 を 勘 案 し 18,300 億 円 を 計 上 する( 平 成 26 年 度 貸 付 計 画 額 18,000 億 円 から300 億 円 1.7%の 増 詳 細 は 表 1のとおり) (1) 一 般 会 計 債 の 事 業 種 別 に 応 じた 所 要 額 の 計 上 地 域 が 主 体 的 に 実 施 する 一 般 単 独 事 業 については 一 般 事 業 債 地 域 活 性 化 事 業 債 防 災 対 策 事 業 債 地 方 道 路 等 整 備 事 業 債 合 併 特 例 事 業 債 及 び 緊 急 防 災 減 災 事 業 債 のほか 新 たに 貸 付 対 象 とした 公 共 施 設 最 適 化 事 業 債 一 般 単 独 事 業 以 外 の 事 業 については 公 共 事 業 等 債 公 営 住 宅 事 業 債 全 国 防 災 事 業 債 学 校 教 育 施 設 等 整 備 事 業 債 社 会 福 祉 施 設 整 備 事 業 債 及 び 一 般 廃 棄 物 処 理 事 業 債 の 事 業 種 別 に 応 じ 所 要 額 を 計 上 する (2) 臨 時 財 政 対 策 債 への 対 応 地 方 財 源 の 不 足 に 対 処 するため 地 方 財 政 法 第 5 条 の 特 例 として 措 置 され る 臨 時 財 政 対 策 債 について 所 要 額 を 計 上 する (3) 生 活 関 連 社 会 資 本 の 整 備 の 推 進 に 資 する 公 営 企 業 債 の 計 上 上 下 水 道 交 通 病 院 等 住 民 生 活 に 密 接 に 関 連 した 社 会 資 本 の 整 備 につ いて 所 要 額 を 計 上 する (4) 被 災 施 設 借 換 債 の 確 保 下 記 5のとおり 旧 公 営 企 業 金 融 公 庫 資 金 及 び 機 構 資 金 に 係 る 被 災 施 設 借 換 債 について 15 億 円 を 計 上 する - 2 -

45 3. 貸 付 条 件 地 方 公 共 団 体 のニーズを 的 確 に 把 握 の 上 住 民 福 祉 の 増 進 に 積 極 的 に 寄 与 する 等 の 観 点 から 貸 付 対 象 事 業 の 性 質 や 役 割 に 即 して 貸 付 利 率 金 利 方 式 償 還 年 限 及 び 据 置 期 間 の 貸 付 条 件 を 地 方 債 及 び 一 時 借 入 金 の 資 金 の 貸 付 け 等 の 条 件 ほか 貸 付 け 等 の 実 施 に 係 る 基 本 的 な 事 項 及 び 貸 付 規 程 におい て 適 切 に 設 定 する また 平 成 27 年 度 においては 地 方 のニーズを 踏 まえ 公 営 企 業 で 耐 用 年 数 が 非 常 に 長 期 である 上 下 水 道 等 の 事 業 について 償 還 年 限 を 最 長 で40 年 に 延 長 する 等 貸 付 条 件 の 改 正 を 行 う 4. 審 査 資 本 市 場 の 信 認 を 得 られるよう 引 き 続 き 貸 付 けに 際 し 必 要 な 審 査 を 適 切 に 実 施 する また 貸 付 けを 行 った 地 方 公 共 団 体 の 財 政 状 況 の 把 握 の 充 実 を 図 りつつ 引 き 続 き 与 信 管 理 を 適 切 に 実 施 する 5. 被 災 繰 上 償 還 のための 借 換 債 旧 公 営 企 業 金 融 公 庫 資 金 及 び 機 構 資 金 によって 取 得 した 施 設 が 東 日 本 大 震 災 等 により 滅 失 し 繰 上 償 還 を 行 う 場 合 その 財 源 に 充 てるために 起 こされる 被 災 施 設 借 換 債 に 機 構 資 金 の 貸 付 けを 行 う( 民 間 等 資 金 により 難 い 事 情 があ る 場 合 に 限 る) - 3 -

46 平 成 27 年 度 事 業 別 貸 付 計 画 ( 表 1) 事 業 等 名 一 般 会 計 債 公 営 企 業 債 平 成 27 年 度 平 成 26 年 度 差 引 増 減 率 計 画 額 (A) 計 画 額 (B) (A)-(B)=(C) (C)/(B) 100 公 共 事 業 等 公 営 住 宅 事 業 旧 緊 急 防 災 減 災 事 業 皆 減 - 全 国 防 災 事 業 学 校 教 育 施 設 等 整 備 事 業 社 会 福 祉 施 設 整 備 事 業 一 般 廃 棄 物 処 理 事 業 , 一 般 事 業 地 域 活 性 化 事 業 防 災 対 策 事 業 地 方 道 路 等 整 備 事 業 合 併 特 例 事 業 977 1, ,142 緊 急 防 災 減 災 事 業 1, ,678 公 共 施 設 最 適 化 事 業 2-2 皆 増 75 計 区 分 臨 時 財 政 対 策 債 ( 一 般 会 計 債 等 分 計 ) ( 単 位 : 億 円 %) 4,776 4, ,613 6,998 6, ,442 11,774 11, ,055 水 道 事 業 ( 上 水 道 ) 1,510 1, ,716 水 道 事 業 ( 簡 易 水 道 ) 交 通 事 業 ( 一 般 交 通 ) 交 通 事 業 ( 都 市 高 速 鉄 道 ) 病 院 事 業 1, ,478 下 水 道 事 業 2,951 3, ,525 工 業 用 水 道 事 業 電 気 事 業 ガ ス 事 業 介 護 サ ー ビ ス 事 業 市 場 事 業 と 畜 場 事 業 駐 車 場 事 業 小 計 6,474 6, ,598 港 湾 整 備 事 業 観 光 施 設 事 業 産 業 廃 棄 物 処 理 事 業 皆 増 2 計 被 災 施 設 借 換 債 計 参 考 平 成 27 年 度 地 方 債 計 画 計 上 額 小 計 ,511 6, , ,300 18, ,710 注 1) 事 業 等 名 は 平 成 27 年 度 地 方 債 計 画 に 基 づき 区 分 した 注 2) 貸 付 計 画 額 は 地 方 債 計 画 を 基 礎 として 過 去 の 執 行 実 績 等 を 勘 案 した 注 3) 地 方 債 計 画 における 東 日 本 大 震 災 分 については 本 表 の 各 関 係 事 業 において 計 550 億 円 を 計 上 した - 4 -

47 Ⅱ 平 成 27 年 度 の 資 金 調 達 について 1. 基 本 的 な 考 え 方 地 方 の 共 同 資 金 調 達 機 関 として 地 方 公 共 団 体 に 対 し 低 利 で 安 定 した 資 金 を 融 通 するため その 原 資 となる 資 金 の 調 達 コストの 縮 減 を 図 りつつ かつ 安 定 的 な 調 達 を 行 うことを 基 本 とする 2. 資 金 調 達 の 基 本 スタンス 必 要 な 資 金 を 低 コストで 安 定 的 に 資 本 市 場 から 調 達 するため 資 金 調 達 手 段 の 多 様 化 を 推 進 するとともに 積 極 的 な 情 報 開 示 と 説 明 責 任 を 十 分 に 果 た していくこと 等 を 通 じ 機 構 に 対 する 資 本 市 場 からの 確 固 たる 信 認 を 維 持 し ながら 資 金 調 達 を 行 う また これまでにない 低 金 利 の 状 況 が 継 続 し 投 資 家 の 需 要 など 市 場 環 境 が 大 きく 変 化 していることを 踏 まえ 実 際 に 資 金 調 達 を 行 うに 当 たっては これまで 以 上 に 弾 力 的 機 動 的 に 対 応 していくこととする (1) 資 金 調 達 手 段 の 多 様 化 1 資 本 市 場 のニーズに 合 致 した 資 金 調 達 安 定 的 な 資 金 調 達 を 行 っていく 観 点 から 投 資 家 層 のより 一 層 の 拡 大 を 図 るため リスク 管 理 や 調 達 コストを 考 慮 しつつ 市 場 環 境 や 市 場 のニー ズに 応 じ 中 期 超 長 期 を 含 めた 多 様 な 年 限 及 び 形 態 による 柔 軟 な 資 金 調 達 に 努 める 2 資 金 調 達 の 手 法 資 金 調 達 に 当 たっては 債 券 発 行 を 基 本 とし 市 場 のニーズに 迅 速 かつ 的 確 に 応 えた 資 金 調 達 を 行 う 国 内 債 については 定 例 債 として10 年 債 20 年 債 5 年 債 を 発 行 するとともに 引 き 続 きFLIP(Flexible Issuance Program)による 投 資 家 ニーズに 応 じた 柔 軟 な 債 券 発 行 を 行 う また 市 場 の 環 境 に 応 じ スポット 債 の 発 行 のほか 必 要 に 応 じて 借 入 も 活 用 する 国 外 債 については ベンチマーク 債 の 定 例 的 な 発 行 に 努 めるとともに 個 人 向 け 売 出 外 債 を 継 続 的 に 発 行 する また 前 年 度 に 引 き 続 き フレックス 枠 を 活 用 して 定 例 債 の 増 額 やス ポット 債 の 発 行 を 行 うなど 市 場 の 動 向 に 応 じて より 一 層 機 動 的 な 発 行 に 努 める - 5 -

48 3 多 様 な 市 場 における 債 券 発 行 JFMブランドの 知 名 度 を 十 分 に 活 かすとともに 国 内 国 外 を 問 わず 世 界 の 市 場 環 境 を 注 視 しながら 資 金 調 達 コストの 縮 減 が 図 られるよう 多 様 な 市 場 において 債 券 発 行 に 努 める (2) 資 本 市 場 に 対 する 積 極 的 な 情 報 開 示 と 説 明 の 徹 底 1 適 切 なディスクロージャー 投 資 家 保 護 の 観 点 から 機 構 の 事 業 財 務 内 容 やリスク 管 理 等 の 状 況 に ついてのディスクロージャーを 適 切 に 実 施 する 2 積 極 的 なIRの 実 施 機 構 の 経 営 状 況 や 機 構 債 券 に 対 する 正 しい 理 解 の 醸 成 を 図 り 資 本 市 場 からの 確 固 たる 信 認 を 維 持 できるよう 投 資 家 説 明 会 や 個 別 投 資 家 訪 問 等 のIRを 積 極 的 に 実 施 する また 海 外 市 場 における 債 券 発 行 の 円 滑 化 を 図 る 等 の 観 点 から 海 外 投 資 家 に 対 するIRについても 積 極 的 に 実 施 する 3 半 期 ごとの 資 金 調 達 計 画 の 公 表 定 例 継 続 的 な 購 入 先 を 確 保 するため 投 資 家 の 投 資 計 画 策 定 に 資 する よう 年 間 の 資 金 調 達 計 画 を 策 定 し 公 表 するとともに 年 度 中 の9 月 におい ても 下 半 期 の 資 金 調 達 計 画 を 公 表 する (3) 資 本 市 場 の 健 全 な 発 展 への 貢 献 資 本 市 場 のニーズに 合 致 した 機 動 的 弾 力 的 な 資 金 調 達 を 行 う 中 で 資 本 市 場 重 視 の 基 本 姿 勢 を 堅 持 しながら 公 共 債 市 場 における 基 幹 的 な 発 行 体 としての 役 割 をより 一 層 強 固 なものとし 資 本 市 場 が 健 全 に 発 展 するよ う 積 極 的 に 貢 献 する 3. 平 成 27 年 度 資 金 調 達 計 画 の 概 要 (1) 貸 付 業 務 等 に 必 要 な 資 金 調 達 については 資 本 市 場 における 地 方 金 融 機 構 債 ( 政 府 保 証 のない 債 券 )の 公 募 による 発 行 を 基 本 とし 平 成 27 年 度 にお いては 表 2のとおり 公 募 債 を10,000 億 円 発 行 する 予 定 である また 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 の 引 受 けによる 債 券 を3,000 億 円 発 行 する 予 定 である (2) 公 営 企 業 金 融 公 庫 から 承 継 した 債 権 の 管 理 を 円 滑 に 行 うための 既 往 の 政 - 6 -

49 府 保 証 が 付 された 公 営 企 業 債 券 の 借 換 えについては 政 府 保 証 債 の 発 行 によ り 行 うこととし 平 成 27 年 度 においては 公 庫 債 権 金 利 変 動 準 備 金 3,000 億 円 を 国 に 納 付 するために 必 要 な 資 金 について 政 府 保 証 債 の 発 行 により 確 保 することも 踏 まえ 表 2のとおり7,200 億 円 を 発 行 する 予 定 である - 7 -

50 ( 表 2) 平 成 27 年 度 資 金 調 達 計 画 1 地 方 金 融 機 構 債 (1) 公 募 債 債 券 の 種 類 平 成 27 年 度 平 成 26 年 度 国 内 債 6,100 億 円 7,300 億 円 10 年 債 2,700 億 円 3,600 億 円 20 年 債 1,000 億 円 1,200 億 円 5 年 債 200 億 円 300 億 円 FLIP 2,200 億 円 2,200 億 円 国 外 債 2,200 億 円 2,200 億 円 フレックス 枠 1,700 億 円 1,500 億 円 計 10,000 億 円 11,000 億 円 債 券 の 種 類 発 行 額 については 貸 付 状 況 市 場 環 境 等 により 弾 力 的 に 対 応 する フレックス 枠 については 各 種 国 内 債 国 外 債 の 増 額 スポット 債 の 発 行 長 期 借 入 等 に 活 用 する 平 成 26 年 度 については 当 初 計 画 額 を 計 上 なお 平 成 26 年 12 月 に11,500 億 円 以 内 に 見 直 している (2) 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 の 引 受 けによる 債 券 平 成 27 年 度 平 成 26 年 度 3,000 億 円 3,000 億 円 2 政 府 保 証 債 債 券 の 種 類 平 成 27 年 度 平 成 26 年 度 10 年 債 5,000 億 円 4,300 億 円 8 年 債 1,000 億 円 - 6 年 債 1,200 億 円 2,000 億 円 計 7,200 億 円 6,300 億 円 国 の 平 成 27 年 度 予 算 の 成 立 が 前 提 - 8 -

51 Ⅲ 平 成 27 年 度 の 地 方 支 援 業 務 について 1. 基 本 的 な 考 え 方 地 方 公 共 団 体 のニーズにあわせて 民 間 金 融 機 関 等 からの 資 金 調 達 などに 関 し 必 要 な 支 援 を 実 施 する 2. 平 成 27 年 度 地 方 支 援 業 務 の 概 要 拡 大 多 様 化 する 地 方 公 共 団 体 のニーズを 踏 まえ 引 き 続 き 人 材 育 成 実 務 支 援 調 査 研 究 情 報 発 信 の4つを 業 務 の 柱 として 実 施 する 平 成 27 年 度 は 各 研 修 の 開 催 会 場 数 や 種 類 を 増 やし 集 合 研 修 の 受 講 機 会 の 充 実 を 図 る さらに 資 金 調 達 資 金 運 用 に 関 して 工 夫 をして 取 り 組 んでいる 地 方 公 共 団 体 に 対 する 表 彰 を 引 き 続 き 実 施 する また 地 方 公 営 企 業 会 計 適 用 拡 大 経 営 戦 略 策 定 及 び 地 方 公 会 計 制 度 に 係 る 統 一 的 な 基 準 に 基 づく 財 務 書 類 等 の 作 成 を 支 援 する (1) 人 材 育 成 地 方 公 共 団 体 の 職 員 が 各 団 体 において 最 適 な 資 金 調 達 等 を 実 現 する 上 で 必 要 不 可 欠 な 金 融 知 識 を 習 得 するための 研 修 会 や 出 前 講 座 を 実 施 すると ともに その 講 座 メニューの 追 加 拡 充 により 事 業 の 充 実 を 図 る 1 研 修 会 の 開 催 資 金 調 達 資 金 運 用 に 関 する 基 礎 的 な 知 識 の 習 得 を 目 的 とした 研 修 会 を 実 施 する 市 町 村 職 員 中 央 研 修 所 及 び 全 国 市 町 村 国 際 文 化 研 修 所 との 共 催 による 宿 泊 型 研 修 を 実 施 する また 機 構 主 催 の 資 金 調 達 入 門 研 修 につい ては 開 催 会 場 を7 箇 所 から9 箇 所 に 資 金 運 用 入 門 研 修 については 開 催 会 場 を1 箇 所 から3 箇 所 に 拡 充 するとともに ワンランクレベルの 高 い 実 務 研 修 を 新 たに 実 施 し 集 合 研 修 の 受 講 機 会 の 充 実 を 図 る 2 出 前 講 座 の 開 催 地 方 公 共 団 体 に 機 構 職 員 を 講 師 として 派 遣 し 個 別 の 要 望 に 応 じたテー マで 講 義 を 実 施 する 3 学 習 用 教 材 の 提 供 資 金 調 達 等 に 係 る 基 礎 的 な 知 識 に 資 する 教 材 をホームページ 等 を 通 じ て 提 供 する - 9 -

52 (2) 実 務 支 援 地 方 公 共 団 体 からの 資 金 調 達 等 に 関 する 支 援 要 請 に 対 し 自 治 体 ファイナ ンス アドバイザーや 特 定 のテーマに 知 見 を 有 する 専 門 家 の 派 遣 などにより きめ 細 かな 支 援 を 提 供 する 1 資 金 調 達 等 に 係 る 実 務 支 援 地 方 公 共 団 体 が 抱 える 資 金 調 達 資 金 運 用 に 係 る 具 体 的 な 課 題 や 疑 問 に 対 して 自 治 体 ファイナンス アドバイザーが 電 話 やメール 訪 問 な どの 方 法 によって 個 別 に 助 言 を 行 う また 住 民 参 加 型 市 場 公 募 地 方 債 を 初 めて 発 行 する 地 方 公 共 団 体 に 対 し 自 治 体 ファイナンス アドバイザーが 助 言 を 行 うとともに 広 報 経 費 等 に 対 し 助 成 を 行 う 2 地 方 公 営 企 業 会 計 適 用 拡 大 経 営 戦 略 策 定 の 支 援 のための 専 門 家 の 派 遣 経 営 戦 略 の 策 定 や 新 たに 地 方 公 営 企 業 会 計 の 適 用 を 行 う 地 方 公 共 団 体 を 支 援 するために 都 道 府 県 等 が 開 催 する 研 修 会 等 に 対 し 公 認 会 計 士 等 の 専 門 家 を 派 遣 する 3 地 方 公 会 計 制 度 に 係 る 統 一 的 な 基 準 に 基 づく 財 務 書 類 等 の 作 成 の 支 援 地 方 公 共 団 体 の 経 営 改 善 を 促 進 するため 複 式 簿 記 発 生 主 義 に 基 づく 新 たな 地 方 公 会 計 の 整 備 が 進 められていることから 地 方 公 共 団 体 情 報 シ ステム 機 構 (J-LIS)との 連 携 のもとでの 共 通 のソフトウェアの 開 発 や 都 道 府 県 等 が 開 催 する 研 修 会 等 への 公 認 会 計 士 等 の 専 門 家 の 派 遣 により 地 方 公 共 団 体 における 統 一 的 な 基 準 に 基 づく 財 務 書 類 等 の 作 成 を 支 援 す る (3) 調 査 研 究 地 方 公 共 団 体 の 資 金 調 達 等 や 地 方 財 政 における 金 融 の 意 義 役 割 など 地 方 金 融 に 関 する 総 合 的 な 研 究 を 実 施 し その 成 果 を 地 方 公 共 団 体 へ 還 元 する 1 調 査 研 究 の 実 施 研 究 者 シンクタンク 等 との 連 携 強 化 を 図 りつつ 銀 行 からの 借 入 等 に 関 する 調 査 など 地 方 公 共 団 体 の 業 務 向 上 に 資 するテーマについて 調 査 研 究 を 実 施 し その 成 果 を 蓄 積 活 用 するとともに 地 方 公 共 団 体 に 提 供 す る 2 フォーラム 等 の 開 催 東 京 大 学 寄 付 講 座 を 引 き 続 き 設 置 するとともに 地 方 公 共 団 体 の 資 金 調

53 達 等 のあり 方 など 地 方 金 融 に 関 する 総 合 的 な 研 究 を 推 進 し その 研 究 や 議 論 の 成 果 を 地 方 公 共 団 体 に 還 元 するためフォーラム シンポジウムを 開 催 する (4) 情 報 発 信 ホームページやパンフレットなどを 効 果 的 に 活 用 することにより 情 報 発 信 を 強 化 し 地 方 支 援 業 務 を 積 極 的 に 周 知 するとともに 地 方 公 共 団 体 が 資 金 調 達 等 を 行 う 上 で 参 考 となる 経 済 金 融 データ 金 融 知 識 事 例 などを 提 供 する 加 えて 地 方 公 共 団 体 のニーズを 掘 り 起 こし 地 方 支 援 業 務 のさら なる 充 実 を 図 る また 資 金 調 達 等 に 関 して 工 夫 をして 取 り 組 んでいる 地 方 公 共 団 体 を 表 彰 することにより 地 方 公 共 団 体 の 資 金 担 当 職 員 等 の 意 識 向 上 を 図 るととも に その 取 組 事 例 を 全 国 の 地 方 公 共 団 体 に 対 し 広 く 周 知 を 図 ることにより 地 方 公 共 団 体 全 体 のより 良 い 資 金 調 達 等 につなげる

54 Ⅳ 平 成 27 年 度 のリスク 管 理 及 び 内 部 統 制 について 1. 基 本 的 な 考 え 方 機 構 が 健 全 かつ 良 好 な 財 務 体 質 の 維 持 を 図 りつつ 資 本 市 場 からの 確 固 たる 信 認 を 維 持 するため 金 利 リスクをはじめとする 機 構 の 様 々なリスクを 適 切 に 管 理 するとともに 財 務 諸 表 等 の 適 正 性 確 保 に 必 要 な 財 務 報 告 に 係 る 内 部 統 制 の 運 用 及 び 評 価 を 行 う 2.リスク 管 理 の 基 本 スタンス (1) 統 合 的 リスク 管 理 とリスク 管 理 体 制 機 構 全 体 のリスク 管 理 を 統 括 する 統 合 的 リスク 管 理 委 員 会 や 各 事 業 部 門 のリスクについて 統 合 的 な 把 握 管 理 を 行 うリスク 管 理 統 括 課 により 適 切 なリスク 管 理 を 実 施 し 経 営 判 断 に 反 映 させる また 実 践 的 なマニュアルの 整 備 や 研 修 等 による 職 員 のリスク 意 識 の 向 上 などにより 日 常 的 なリスク 管 理 の 強 化 を 図 る (2) 機 構 におけるリスクの 特 性 と 金 利 リスクの 管 理 1 機 構 においては 資 金 調 達 は10 年 債 の 発 行 が 主 体 であるのに 対 して 貸 付 けは 最 長 40 年 の 元 利 均 等 償 還 貸 付 と 貸 付 けと 調 達 の 期 間 に 大 き な 差 異 が 生 じることから 債 券 借 換 え 時 の 金 利 リスク( 債 券 支 払 利 息 が 貸 付 受 取 利 息 を 上 回 り 逆 鞘 となるリスク)が 大 きいという 特 性 を 有 し ている 2 このため 統 合 的 リスク 管 理 を 適 正 に 行 うとともに 特 に 金 利 リスク に 関 しては ALM( 資 産 負 債 管 理 )を 適 切 に 実 施 しながら 金 利 変 動 準 備 金 による 対 応 等 様 々な 手 段 によって 金 利 リスクの 軽 減 に 努 める 3 中 長 期 の 観 点 からのALMを 実 施 し その 下 で 債 券 発 行 等 のオペレー ションを 行 う このため ALM 委 員 会 においてALM 運 営 方 針 を 定 め デュレーションギャップを 活 用 した 管 理 指 標 に 基 づいて 各 種 オペレーシ ョンを 実 施 する また 定 期 的 にモニタリングを 行 うことにより ALMの 内 容 を 適 切 に 経 営 判 断 に 反 映 させる (3) 機 構 における 流 動 性 リスクの 管 理 1 流 動 性 リスクへの 対 応 として 四 半 期 ごとに 資 金 計 画 を 立 て 日 々の

55 資 金 繰 りを 管 理 するとともに 引 き 続 き 不 測 の 事 態 に 備 えて 複 数 の 金 融 機 関 と 当 座 貸 越 契 約 を 締 結 し また 余 裕 資 金 については 短 期 で 運 用 する 2 さらに 国 際 的 な 金 融 規 制 の 動 向 (バーゼルⅢの 流 動 性 規 制 の 導 入 ) を 踏 まえ 機 構 の 自 主 的 な 取 組 として 資 金 の 流 動 性 を 補 完 するための 資 産 を 確 保 することにより 流 動 性 リスクの 軽 減 に 努 める (4) 災 害 対 策 東 日 本 大 震 災 等 を 教 訓 として 緊 急 時 の 対 応 について 点 検 訓 練 を 行 い 大 規 模 な 災 害 等 が 発 生 した 場 合 においても 優 先 業 務 ( 債 券 元 利 払 いと 融 資 ) を 着 実 に 実 施 できる 体 制 を 確 保 する 3. 内 部 統 制 の 基 本 スタンス 機 構 の 業 務 全 体 に 係 る 財 務 情 報 を 集 約 したものである 財 務 報 告 の 信 頼 性 を 確 保 するために 当 該 財 務 報 告 に 係 る 内 部 統 制 の 有 効 かつ 効 率 的 な 運 用 を 行 う とともに その 評 価 を 実 施 する また 法 令 に 基 づき 事 業 年 度 の 末 日 を 基 準 日 として 内 部 統 制 報 告 書 を 作 成 し 会 計 監 査 人 の 監 査 証 明 を 受 け 決 算 と 併 せて 公 表 する

56 Ⅴ 平 成 27 年 度 のシステム 投 資 について 1. 基 本 的 な 考 え 方 業 務 システムの 抜 本 見 直 しに 伴 う 新 システムへの 移 行 を 踏 まえ 新 システ ムの 安 定 稼 働 を 着 実 に 進 めるとともに 新 たな 情 報 セキュリティ 上 の 脅 威 等 へ の 対 応 に 留 意 しつつ システムの 更 なる 改 善 を 図 る 2. 平 成 27 年 度 システム 投 資 方 針 平 成 26 年 度 に 開 発 を 完 了 した 新 システムの 維 持 改 善 を 図 りつつ 償 還 年 限 の 延 長 に 伴 う 公 営 企 業 債 の 貸 付 条 件 の 見 直 しや 地 方 公 営 企 業 会 計 基 準 の 見 直 しといった 制 度 改 正 に 伴 うものを 中 心 にシステム 改 修 を 着 実 に 実 施 する

57 Ⅵ 平 成 27 年 度 の 組 織 体 制 について 1. 基 本 的 な 考 え 方 業 務 を 円 滑 かつ 着 実 に 実 施 するため 引 き 続 き 効 率 的 な 業 務 運 営 に 努 めつつ 組 織 体 制 の 整 備 を 図 る 2. 平 成 27 年 度 における 組 織 体 制 の 整 備 高 度 かつ 多 様 な 業 務 遂 行 のため 民 間 の 金 融 実 務 経 験 者 を 積 極 的 に 活 用 す るとともに 地 方 三 団 体 の 協 力 を 得 て 地 方 公 共 団 体 からの 派 遣 職 員 の 確 保 を 図 る また 機 構 職 員 に 対 してOJT 研 修 や 金 融 関 連 業 務 に 係 る 実 務 研 修 等 を 計 画 的 に 行 い 人 材 育 成 を 図 る

58 資 料 2 償 還 期 限 の 延 長 貸 付 条 件 の 見 直 しについて 業 務 方 法 書 及 び 地 方 債 及 び 一 時 借 入 金 の 資 金 の 貸 付 け 等 の 条 件 ほか 貸 付 け 等 の 実 施 に 係 る 基 本 的 な 事 項 ( 貸 付 けの 基 本 的 事 項 ) の 変 更 平 成 27 年 度 同 意 等 債 から 公 営 企 業 で 耐 用 年 数 が 非 常 に 長 期 にわたる 事 業 について 現 行 最 長 30 年 の 償 還 期 限 を 最 長 40 年 に 延 長 償 還 期 限 が 30 年 超 の 貸 付 については 利 率 見 直 し 方 式 を 適 用 参 考 償 還 期 限 の 延 長 を 行 う 事 業 事 業 償 還 期 限 ( 据 置 期 間 含 む) 現 行 改 定 案 固 定 金 利 利 率 見 直 し 固 定 金 利 利 率 見 直 し 水 道 事 業 30 年 30 年 30 年 40 年 交 通 事 業 高 速 鉄 道 30 年 30 年 30 年 40 年 下 水 道 事 業 30 年 30 年 30 年 40 年 工 業 用 水 道 事 業 30 年 30 年 30 年 40 年 埋 立 20 年 30 年 30 年 40 年 港 湾 整 備 事 業 上 屋 倉 庫 貯 木 場 20 年 25 年 30 年 31 年 荷 役 機 械 引 船 15 年 15 年 17 年 17 年 市 場 事 業 25 年 25 年 30 年 40 年 と 畜 場 事 業 20 年 20 年 30 年 30 年 網 掛 けは 償 還 期 限 を 延 長 する 箇 所 貸 付 30 年 目 40 年 目 利 率 見 直 し 貸 付 における 見 直 し 期 間 の 多 様 化 貸 付 けの 基 本 的 事 項 の 変 更 平 成 27 年 度 同 意 等 債 から 利 率 見 直 し 貸 付 について 現 行 の 借 入 後 10 年 ごと 見 直 しに 加 え 借 入 後 5 年 ごと 15 年 ごと 20 年 後 及 び 30 年 後 見 直 しを 導 入 元 金 均 等 方 式 の 導 入 貸 付 けの 基 本 的 事 項 の 変 更 平 成 27 年 度 同 意 等 債 から 償 還 方 法 について 現 行 の 元 利 均 等 方 式 に 加 え 元 金 均 等 方 式 を 導 入

59 資 料 3 資 金 調 達 の 多 様 化 への 取 り 組 み 時 期 国 内 債 等 国 外 債 11 月 初 の 機 構 債 ( 非 政 府 保 証 10 年 債 ) 発 行 (C+29bp) 2008 年 度 1 月 初 の 機 構 20 年 債 の 発 行 2 月 初 の 機 構 5 年 債 の 発 行 2009 年 度 4 月 以 降 機 構 10 年 債 の 毎 月 発 行 7 月 FLIPの 発 行 開 始 2010 年 度 2011 年 度 3 月 長 期 借 入 金 による 資 金 調 達 (7 年 300 億 円 ) 1 月 政 府 保 証 外 債 の 発 行 (グローバルドル 10 年 USD1bn) ユーロMTNプログラムの 設 定 1 月 3 月 非 政 府 保 証 外 債 の 発 行 (28 件 USD AUD NZD878mn) 2012 年 度 2013 年 度 8 月 スポット 債 の 発 行 (7 年 200 億 円 ) 1 月 スポット 債 の 発 行 (15 年 150 億 円 ) 5 月 長 期 借 入 初 のシンジケートローンによる 資 金 調 達 (10 年 185 億 円 ) 8 月 スポット 債 の 発 行 (3 年 200 億 円 ) 2 月 スポット 債 の 発 行 (2 年 500 億 円 ) 5 月 6 月 11 月 非 政 府 保 証 外 債 の 発 行 (3 件 USD557mn) 9 月 初 のベンチマーク 非 政 府 保 証 外 債 の 発 行 (5 年 USD1bn) 2 月 第 2 回 ベンチマーク 非 政 府 保 証 外 債 の 発 行 (5 年 USD1bn) 3 月 初 の 国 内 個 人 向 け 売 出 外 債 の 発 行 (5 年 AUD100mn) 4 月 5 月 7 月 非 政 府 保 証 外 債 の 発 行 (5 件 USD AUD605mn) グローバルMTNプログラムへの 変 更 9 月 第 3 回 ベンチマーク 非 政 府 保 証 外 債 の 発 行 (5 年 USD1.5bn) 初 の 非 政 府 保 証 外 債 でのグローバル ドル 債 11 月 2 度 目 の 国 内 個 人 向 け 売 出 外 債 の 発 行 (5 年 AUD110mn) 3 月 第 4 回 ベンチマーク 非 政 府 保 証 外 債 の 発 行 (5 年 USD1bn) 6 月 スポット 債 の 発 行 (30 年 150 億 円 ) 5 月 非 政 府 保 証 外 債 の 発 行 (2 件 AUD USD175mn) 2014 年 度 9 月 第 5 回 ベンチマーク 非 政 府 保 証 外 債 の 発 行 (7 年 EUR1bn) 初 のユーロ 建 てベンチマーク 非 政 府 保 証 外 債 11 月 3 度 目 の 国 内 個 人 向 け 売 出 外 債 の 発 行 (3 年 NZD105mn) 2 月 第 6 回 ベンチマーク 非 政 府 保 証 外 債 の 発 行 (10 年 USD1bn) ベンチマーク 非 政 府 保 証 外 債 では 初 の10 年 債

60 地 方 支 援 業 務 の 実 績 資 料 4 地 方 支 援 業 務 のあらまし 地 方 公 共 団 体 が 民 間 金 融 機 関 等 からの 資 金 調 達 資 金 運 用 を 効 率 的 効 果 的 に 行 えるよう 人 材 育 成 調 査 研 究 実 務 支 援 情 報 発 信 の4つを 支 援 の 柱 とする 地 方 支 援 業 務 を 実 施 平 成 22 年 度 に 経 営 企 画 部 に 地 方 支 援 課 を 設 置 地 方 支 援 業 務 実 施 方 針 を 策 定 平 成 23 年 度 から 本 格 的 に 業 務 を 展 開 〇 平 成 25 年 度 には 地 方 支 援 部 を 設 置 し 調 査 企 画 課 ファイナンス 支 援 課 の2 課 体 制 で 業 務 を 推 進 これまでの 実 績 人 材 育 成 事 業 内 容 出 前 講 座 資 金 調 達 入 門 研 修 資 金 運 用 入 門 研 修 宿 泊 型 研 修 学 習 用 教 材 の 活 用 団 体 の 要 望 に 応 じ 資 金 調 達 及 び 資 金 運 用 に 係 る 講 義 を 全 国 で 実 施 新 たな 講 座 メニューの 新 設 及 び 講 義 内 容 の 拡 充 業 務 を 開 始 したH22から 毎 年 実 施 箇 所 が 増 加 実 績 H22:5ヶ 所 H23:15ヶ 所 H24:42ヶ 所 H25:76ヶ 所 H26( 見 込 ):81ヶ 所 計 219ヵ 所 で 開 催 H26.12 月 末 までに 延 べ3,414 団 体 延 べ8,985 人 が 参 加 主 な 講 義 内 容 地 方 債 の 金 利 総 論 実 践 スプレッド 分 析 地 方 債 の 借 入 交 渉 資 金 運 用 総 論 債 券 運 用 の 基 礎 金 融 機 関 の 財 務 分 析 等 初 めて 資 金 調 達 に 携 わる 職 員 を 対 象 とした 入 門 的 な 研 修 会 を 機 構 が 主 催 H25:293 人 (3 会 場 ) H26:507 人 (7 会 場 ) 計 延 べ800 人 が 参 加 初 めて 資 金 運 用 に 携 わる 職 員 を 対 象 とした 入 門 的 な 研 修 会 を 機 構 が 主 催 H26:205 人 (1 会 場 ) 資 金 調 達 運 用 担 当 者 のための 専 門 的 な 研 修 を 短 期 集 中 的 に 開 催 実 績 H22:53 人 H23:84 人 H24:84 人 H25:92 人 H26:117 人 計 430 人 参 加 7 月 全 国 市 町 村 国 際 文 化 研 修 所 (3 泊 4 日 ) 9 月 市 町 村 職 員 中 央 研 修 所 (2 泊 3 日 ) H25~ 全 国 市 町 村 国 際 文 化 研 修 所 の 研 修 は 運 用 の 講 義 を 充 実 し 3 泊 4 日 に 拡 充 全 自 治 体 に 学 習 用 テキスト を 配 布 研 修 会 等 で 活 用 金 融 用 語 の 基 礎 知 識 を 学 べるツールとして e-ラーニング を 作 成 実 務 支 援 事 業 内 容 アドバイザー による 助 言 金 融 実 務 に 精 通 した 自 治 体 ファイナンス アドバイザーが 自 治 体 個 別 の 課 題 解 決 に 向 け 助 言 実 績 H22:26 件 H23:52 件 H24:66 件 H25:63 件 H26:62 件 計 269 件 の 助 言 上 記 のうちH22:2 団 体 H23:12 団 体 H24:12 団 体 H25:16 団 体 H26:9 団 体 計 51 団 体 にアドバイザーを 派 遣 相 談 事 例 三 セク 債 に 係 る 入 札 方 法 や 金 融 機 関 との 交 渉 国 債 や 金 利 スワップレートを 用 いた 金 利 分 析 基 金 を 活 用 した 資 金 運 用 購 入 債 券 に 係 る 会 計 処 理 方 法 〇 住 民 公 募 債 の 計 画 から 発 行 までのサポートを 行 うとともに 発 行 に 係 る 広 報 経 費 等 を 助 成 実 績 支 援 決 定 件 数 9 団 体 (H26: 実 績 なし) 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 見 直 し 支 援 団 体 からの 要 望 を 踏 まえ 都 道 府 県 等 が 実 施 する 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しに 係 る 研 修 会 等 に 公 認 会 計 士 を 派 遣 実 績 H24:45 回 (37 都 道 府 県 等 ) H25:50 回 (41 都 道 府 県 等 ) H26:42 回 (33 都 道 府 県 等 ) 計 137 回 の 研 修 会 等 に 派 遣 (H26.12 月 末 時 点 )

61 調 査 研 究 情 報 発 信 事 業 内 容 フォーラム 等 資 金 調 達 についての 研 究 や 議 論 の 成 果 を 自 治 体 に 還 元 するため 東 京 大 学 と 共 同 で フォーラム 及 びシンポジウムを 開 催 (H25~フォーラムは 東 京 以 外 でも 開 催 ) 実 績 フォーラム:24 回 開 催 (H22:2 回 H23:6 回 H24:8 回 H25:4 回 H26:4 回 ) うち 地 方 開 催 3 回 (H25: 神 戸 市 H26: 仙 台 市 福 岡 市 ) シンポジウム:2 回 開 催 (H22:1 回 H25:1 回 ) 資 金 調 達 等 調 査 研 究 銀 行 からの 借 入 等 に 関 する 調 査 研 究 ( 継 続 調 査 ) 諸 外 国 における 自 治 体 向 け 財 務 アドバイザリー 業 務 等 の 調 査 研 究 ( 北 欧 オランダ) 全 自 治 体 へのアンケート 調 査 ( 資 金 運 用 の 現 状 指 定 金 融 機 関 との 関 わり 方 ) ワーキンググループ 手 法 を 用 いた 調 査 研 究 ( 金 融 派 生 商 品 資 金 管 理 マネジメント) など 情 報 発 信 ホームページで 金 融 データ 及 び 経 済 指 標 データ 等 を 提 供 各 種 研 修 会 で 使 用 したテキストをホームページで 公 開 し 広 く 提 供 実 務 に 役 立 つ お 役 立 ちレポート として 作 成 し HPで 情 報 発 信 地 方 公 共 団 体 ファイナンス 表 彰 資 金 調 達 資 金 運 用 に 関 して 他 の 団 体 の 模 範 参 考 となる 工 夫 した 取 り 組 みを 地 方 公 共 団 体 ファイナンス 賞 として 表 彰 実 績 H26:5 団 体 表 彰 鶴 岡 市 ( 山 形 県 ) 川 崎 市 ( 神 奈 川 県 ) 各 務 原 市 ( 岐 阜 県 ) 萩 市 ( 山 口 県 ) 国 東 市 ( 大 分 県 )

62 地 方 支 援 業 務 の 拡 充 について 資 料 5 地 方 公 営 企 業 地 方 公 会 計 に 係 る 最 近 の 動 向 総 務 省 要 請 地 方 公 会 計 地 方 公 営 企 業 簡 易 水 道 事 業 及 び 下 水 道 事 業 を 重 点 事 業 とした 地 方 公 営 企 業 会 計 の 適 用 の 推 進 ( 集 中 取 組 期 間 :27 年 度 から5 年 間 ) 経 営 戦 略 ( 中 期 的 な 経 営 の 基 本 計 画 )の 策 定 統 一 的 な 基 準 による 財 務 書 類 等 の 作 成 (27 年 度 から3 年 間 ( 原 則 )) 整 備 の 効 果 機 構 としての 支 援 の 意 義 地 方 公 営 企 業 の 経 営 健 全 化 地 方 公 会 計 制 度 の 導 入 により 現 金 主 義 会 計 では 見 えにくいコストやストックを 把 握 することで 中 長 期 的 な 財 政 運 営 に 活 用 地 方 公 共 団 体 の 財 務 情 報 開 示 の 進 展 による 市 場 からの 資 金 調 達 等 の 円 滑 化 機 構 が 地 方 公 共 団 体 の 財 務 状 況 を 把 握 することに 役 立 つ 専 門 家 派 遣 地 方 公 営 企 業 に 関 する 支 援 1. 地 方 公 営 企 業 会 計 適 用 拡 大 及 び 経 営 戦 略 策 定 支 援 新 たに 地 方 公 営 企 業 法 を 適 用 する 地 方 公 共 団 体 及 び 経 営 戦 略 の 策 定 を 行 う 地 方 公 共 団 体 を 支 援 27 年 度 予 算 額 17,760 千 円 専 門 家 ( 公 認 会 計 士 ) ( 派 遣 ) 都 道 府 県 等 が 主 催 する 市 区 町 村 等 を 対 象 とした 研 修 会

63 専 門 家 派 遣 地 方 公 会 計 に 関 する 支 援 2-1. 地 方 公 会 計 制 度 に 係 る 統 一 的 な 基 準 導 入 の 支 援 地 方 公 会 計 制 度 に 係 る 統 一 的 な 基 準 に 基 づく 財 務 書 類 等 の 作 成 を 行 う 地 方 公 共 団 体 を 支 援 27 年 度 予 算 額 17,760 千 円 専 門 家 ( 公 認 会 計 士 ) ( 派 遣 ) 都 道 府 県 等 が 主 催 する 市 区 町 村 等 を 対 象 とした 研 修 会 導 入 支 援 2-2. 地 方 公 会 計 標 準 システム 導 入 支 援 事 業 地 方 公 会 計 に 基 づく 財 務 書 類 等 を 作 成 するためのシステムの 整 備 について 地 方 公 会 計 の 整 備 を 円 滑 効 率 的 に 進 めるためには 各 団 体 が 共 通 で 利 用 できる ソフトウェアを 一 括 で 開 発 することが 適 当 地 方 公 会 計 整 備 の 重 要 性 と 地 方 関 係 団 体 からの 要 望 を 踏 まえ ソフトウェア の 開 発 提 供 の 実 務 を 地 方 公 共 団 体 情 報 システム 機 構 が 担 い 必 要 な 資 金 を 当 機 構 が 拠 出 することにより 地 方 公 会 計 に 係 る 標 準 的 なソフトウェアを 地 方 公 共 団 体 に 提 供 し 地 方 公 会 計 の 整 備 を 支 援 27 年 度 予 算 額 740,000 千 円 (システム 開 発 費 等 ) 総 額 で900,000 千 円 を 上 限 28~30 年 度 は 年 57,000 千 円 程 度 ( 見 込 ) イメージ 図 地 方 公 会 計 標 準 システム 自 治 体 の 全 財 務 情 報 歳 入 歳 出 情 報 公 共 施 設 情 報 道 路 情 報 その 他 公 有 財 産 情 報 入 力 地 方 公 会 計 標 準 システム 財 務 書 類 作 成 機 能 分 析 活 用 機 能 固 定 資 産 台 帳 機 能 財 務 書 類 財 務 分 析 資 料 固 定 資 産 台 帳

64 流 動 性 リスク 管 理 の 新 たな 対 応 について 1. 趣 旨 平 成 26 年 度 末 より 国 際 的 に 業 務 を 営 む 本 邦 金 融 機 関 に 対 してバーゼルⅢの 流 動 性 規 制 ( 注 )が 適 用 されることを 踏 まえ 規 制 の 対 象 外 である 当 機 構 においても 自 主 的 な 取 組 みとして 流 動 性 リスク 管 理 の 新 たな 対 応 を 行 うもの ( 注 ) 金 融 危 機 発 生 時 等 における 預 金 流 出 等 に 備 えて 十 分 な 流 動 性 資 産 の 保 有 を 金 融 機 関 に 対 して 常 時 義 務 付 けるもの 2. 従 来 の 流 動 性 リスク 管 理 の 方 法 四 半 期 ごとに 資 金 計 画 を 立 て 日 々の 資 金 繰 りを 管 理 するとともに 不 測 の 事 態 に 備 えて 複 数 の 金 融 機 関 と 当 座 貸 越 契 約 を 締 結 また 余 裕 資 金 については 短 期 で 運 用 3. 新 たに 追 加 する 流 動 性 リスク 管 理 の 方 法 内 容 (1) 流 動 性 リスク 管 理 の 方 法 金 融 危 機 等 に 起 因 する 資 金 逼 迫 時 に 換 金 可 能 な 流 動 性 補 完 資 産 を 確 保 する (2) 流 動 性 補 完 資 産 の 所 要 額 当 月 末 の 流 動 性 翌 月 の 債 券 及 び 借 入 金 の 翌 月 の 政 府 保 証 債 補 完 資 産 所 要 額 = 償 還 金 及 び 利 息 支 払 額 - 発 行 額 (3) 流 動 性 補 完 資 産 の 保 有 形 態 国 庫 短 期 証 券 利 付 国 債 定 期 預 金 譲 渡 性 預 金 外 貨 預 金 ( 先 物 予 約 付 ) 及 び 普 通 預 金 で(2)の 所 要 額 を 確 保 する (2)の 所 要 額 に 関 わらず 平 成 28 年 度 までに2 年 利 付 国 債 を1,000 億 円 保 有 し 平 成 29 年 度 以 降 は 同 額 を 維 持 する(ただし 国 債 の 運 用 利 回 りがマイナスとなるなど 預 金 を 大 きく 下 回 る 場 合 は 国 債 に 代 えて 預 金 で 保 有 ) (4) 実 施 時 期 平 成 27 年 3 月 から 段 階 的 に 実 施 し 平 成 31 年 1 月 から 完 全 実 施 する 資 料 6

65 新 システムの 稼 働 について 業 務 システムの 最 適 化 計 画 これまでの 業 務 フローの 見 直 し 効 率 性 と 発 展 性 を 兼 ね 備 えたシステ ムの 構 築 新 システムにおける 機 能 拡 充 事 務 処 理 の 合 理 化 効 率 化 システム 間 の 連 携 EBの 導 入 など 地 方 公 共 団 体 の 利 便 性 の 向 上 借 入 申 込 手 続 におけるインターネットによ る 利 用 の 拡 大 など 改 修 容 易 性 制 度 改 正 や 新 規 機 能 の 追 加 等 に 伴 うシス テム 改 修 が 容 易 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 平 成 25 年 度 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 10 月 7 月 プロジェクト マネジメント(プロジェクト 進 捗 管 理 支 援 等 ) 業 務 システム の 最 適 化 計 画 策 定 仕 様 書 作 成 入 札 設 計 開 発 テスト 新 システムへ 移 行 費 用 総 額 約 0.6 億 円 費 用 総 額 約 24.9 億 円 開 発 状 況 に 鑑 み 決 算 機 能 のみ 9 月 リリースとする2 段 階 リリースを 実 施 資 料 7

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状 横 市 浜 の 財 状 政 況 25 年 度 決 算 財 政 状 況 1 - 横 浜 市 - - 財 政 局 - 平 成 26 年 11 月 横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成

More information

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表 法 人 単 位 連 結 財 務 諸 表 -1- ( 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ) ( 単 位 : 円 ) 連 結 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 資 産 の 部 Ⅰ 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 383,930,868,159 代 理 店 勘 定 50,479,456,400 有 価 証 券 759,499,383,243

More information

<31303039323281798C4B96BC8E73817A8DE090AD8C92915389BB8C7689E6976C8EAE2E786C73>

<31303039323281798C4B96BC8E73817A8DE090AD8C92915389BB8C7689E6976C8EAE2E786C73> 公 的 資 金 補 償 金 免 除 繰 上 償 還 に 係 る 財 政 健 全 化 画 別 添 Ⅰ 基 本 的 事 項 団 体 の 概 要 団 体 名 桑 名 市 国 調 人 口 (H7.0. 現 在 ) 38,963 職 員 数 (H22.. 現 在 ),093 構 成 団 体 名 財 政 再 生 基 準 以 上 早 期 健 全 化 基 準 以 上 健 全 化 判 断 比 率 の 状 況 画 期

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63> 平 成 26 年 度 和 歌 山 市 各 会 計 歳 入 歳 出 決 算 審 査 意 見 書 ( 公 営 企 業 会 計 を 除 く ) 和 歌 山 市 監 査 委 員 和 監 査 第 6 6 号 平 成 27 年 8 月 27 日 (2015 年 ) 和 歌 山 市 長 尾 花 正 啓 様 和 歌 山 市 監 査 委 員 伊 藤 隆 通 同 上 森 田 昌 伸 同 上 寒 川 篤 同 上 奥 山

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

H27施行通知

H27施行通知 総 税 企 第 3 9 号 平 成 27 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 議 会 議 長 各 指 定 都 市 市 長 殿 各 指 定 都 市 議 会 議 長 総 務 大 臣 地 方 税 法 同 法 施 行 令 同 法 施 行 規 則 の 改 正 等 について 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 2 号 ) 地

More information

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 計 画 独 立 行 政 法 人 通 則 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 103 号 ) 第 29 条 第 1 項 に 基 づき 平 成 26 年 3 月 14 日 付 けをもって 厚 生 労 働 大 臣 から 指 示 のあった 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 目 標 を 達 成 するため 同 法 第 30 条 の

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information

国有財産レポート

国有財産レポート 国 有 財 産 レ ポ ー ト 平 成 28 年 7 月 財 務 省 理 財 局 目 次 はじめに ~ 国 有 財 産 及 び 国 有 財 産 行 政 とは~ 第 一 部 総 論 第 1 章 国 有 財 産 の 概 要 P 4 1 国 有 財 産 の 範 囲 分 類 2 国 有 財 産 価 格 面 積 3 国 有 財 産 台 帳 第 2 章 国 有 財 産 行 政 の 概 要 1 国 有 財 産 行

More information

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 速 報 1. 改 正 の 概 要 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 1 復 興 特 別 法 人 税 の 課 される 期 間 が1 年 前 倒 しで 廃 止 とされます 法 人 が 受 け 取 る 利 子 及 び 配 当 等 に 課 される 復 興 特 別 所 得 税 の 額 は 所 得 税 と 合 せて 法 人 税 の

More information

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

○○施設指定管理者募集要項(例)

○○施設指定管理者募集要項(例) 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 教 育 委 員 会 - 0 - 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 大 分 市 情 報 学 習 センターは 本 市 の 情 報 学 習 の 支 援 及 び 生 涯 学 習 の 振 興 を 図 るため 設 置 されました 今 般 大 分 市 情 報 学

More information

社会福祉法人改革等について

社会福祉法人改革等について 社 会 福 祉 法 人 改 革 について 平 成 27 年 12 月 1. 社 会 福 祉 法 人 改 革 の 経 緯 社 会 福 祉 法 人 制 度 を 巡 る 状 況 平 成 25 年 6 月 8 月 平 成 26 年 6 月 規 制 改 革 実 施 計 画 閣 議 決 定 全 社 会 福 祉 法 人 の 平 成 25 年 度 以 降 の 財 務 諸 表 の 公 表 保 育 所 の 第 三 者

More information

参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例 19 中 期 目 標

参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例 19 中 期 目 標 資 料 1-2 参 考 資 料 ( 財 政 規 律 情 報 公 開 報 酬 給 与 ) 平 成 25 年 4 月 2 日 参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例

More information

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7 平 成 28 年 8 月 31 日 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 書 1. 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 額 区 分 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 %) 対 前 年 度 比 金 額 伸 率 (1) 財 政 融 資 7,668 7,944 276 3.5 (2) 産 業

More information

羽村市各会計決算書及び基金運用状況審査意見書

羽村市各会計決算書及び基金運用状況審査意見書 平 成 20 年 度 羽 村 市 各 会 計 決 算 及 び 基 金 運 用 状 況 審 査 意 見 書 羽 村 市 監 査 委 員 文 中 及 び 各 表 中 の 金 額 を 千 円 単 位 で 表 示 した 場 合 は 単 位 未 満 は 原 則 として 四 捨 五 入 した パーセンテージ 間 又 は 指 数 間 の 単 純 差 引 はポイントで 表 した 比 率 (%)は 原 則 として 小

More information

平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 決 算 審 査 意 見 書 愛 知 県 監 査 委 員 27 監 査 第 71 号 平 成 27 年 9 月 7 日 愛 知 県 知 事 大 村 秀 章 殿 愛 知 県 監 査 委 員 西 川 洋 二 同 青 山 學 同 後 藤 貞 明 同 中 野 治 美 同 神 戸 洋 美 平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 の 決

More information

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

Taro-H24 梅雨対策実施要領(2408

Taro-H24 梅雨対策実施要領(2408 梅 雨 前 線 豪 雨 等 被 災 農 業 者 向 け 経 営 体 育 成 支 援 事 業 実 施 要 領 第 1 趣 旨 平 成 24 年 6 月 8 日 から7 月 23 日 までの 間 の 豪 雨 及 び 暴 風 雨 による 農 業 被 害 ( 以 下 気 象 災 害 による 農 業 被 害 という )により 農 産 物 の 生 産 に 必 要 な 施 設 が 倒 壊 し 農 業 経 営 の

More information

第29回税制調査会 総29-2

第29回税制調査会 総29-2 平 28. 1.28 総 29-2 説 明 資 料 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 について( 地 方 税 ) 平 成 28 年 1 月 28 日 ( 木 ) 法 人 税 改 革 1 2 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 引 下 げと 外 形 標 準 課 税 の 拡 大 ( 案 ) 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 を 引 き 下 げ 外 形 標 準 課 税 を5/8に

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477>

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477> 平 成 26 年 度 (2014 年 度 ) 豊 島 区 当 初 予 算 の 概 要 平 成 26 年 3 月 豊 島 区 - 目 次 - 1 編 成 方 針 1 2 財 政 規 模 2 3 26 年 度 予 算 の 特 徴 3 4 歳 入 の 概 要 4 5 歳 出 の 概 要 6 6 消 費 税 率 引 き 上 げに 伴 う 区 財 政 への 影 響 12 7 基 金 と 起 債 の 残 高 15

More information

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について 平 成 28 年 3 月 定 例 会 議 案 概 要 議 案 第 45 号 専 決 処 分 の 報 告 及 び 承 認 について ( 松 戸 市 市 税 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 制 定 について) 税 制 課 提 案 理 由 市 税 に 係 る 手 続 における 個 人 番 号 の 利 用 の 取 扱 いを 見 直 すことにより 納 税

More information

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気 別 添 2 て 電 気 事 業 法 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 の 設 立 の 認 可 の 基 準 につい 電 気 事 業 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 170 号 ) 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 推 進 機 関 という )の 設 立 の 認 可 に 係 る 審 査 基 準 については

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

③【ワード(全体版)】150121_H27税制改正PR版

③【ワード(全体版)】150121_H27税制改正PR版 平 成 2 7 年 度 税 制 改 正 の 概 要 ( 厚 生 労 働 省 関 係 ) 平 成 27 年 1 月 厚 生 労 働 省 目 次 < 子 ども 子 育 て> P.1 < 雇 用 就 労 の 促 進 > P.1 < 健 康 医 療 関 係 > P.2 < 医 療 保 険 関 係 > P.5 < 介 護 社 会 福 祉 関 係 > P.6 < 年 金 関 係 等 > P.7 < 生 活 衛

More information

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知)

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知) 保 保 発 0116 第 3 号 平 成 27 年 1 月 16 日 健 康 保 険 組 合 理 事 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 保 険 課 長 ( 公 印 省 略 ) 健 康 保 険 組 合 の 平 成 27 年 度 予 算 の 編 成 について 平 成 27 年 度 の 予 算 については 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )の 実 情 や 以 下 に 掲 げる 事

More information

厚生年金基金の制度改正201404

厚生年金基金の制度改正201404 厚 生 年 金 基 金 の 制 度 改 正 に 係 る 解 説 ~ 政 省 令 告 示 の 公 布 および 通 知 の 発 出 を 受 けて~ 2014 年 4 月 AD908- 年 14-01 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. はじめに 2013( 平 成 25) 年 6 月 19 日 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しおよび

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

新しい賠償基準について

新しい賠償基準について 新 しい 賠 償 基 準 について 避 難 指 示 区 域 内 から 避 難 されている 方 々へのご 説 明 資 料 2013 年 3 月 経 済 産 業 省 1 新 しい 賠 償 基 準 に 関 する 説 明 資 料 ( 避 難 指 示 区 域 用 ) 目 次 Ⅰ. 新 しい 賠 償 基 準 の 方 針 Ⅱ. 新 しい 賠 償 基 準 の 全 体 像 Ⅲ. 財 物 賠 償 Ⅳ. 営 業 損 害

More information

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 資 料 3 復 興 関 係 について 平 成 28 年 4 月 4 日 0 - 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 平 成 23 年

More information

注 記 事 項 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ): 有 新 規 1 社 ( 社 名 ) 日 本 電 力 株 式 会 社 除 外 - 社 ( 社 名 )- (2) 会 計 方 針 の 変 更 会

注 記 事 項 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ): 有 新 規 1 社 ( 社 名 ) 日 本 電 力 株 式 会 社 除 外 - 社 ( 社 名 )- (2) 会 計 方 針 の 変 更 会 平 成 28 年 6 月 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 8 月 12 日 上 場 会 社 名 穴 吹 興 産 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 8928 URL http://www.anabuki.ne.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 穴 吹 忠 嗣 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役

More information

平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会 計 決 算 審 査 意 見 書 室 蘭 市 土 地 開 発 基 金 の 運 用 状 況 審 査 意 見 書 室 蘭 市 監 査 委 員 室 監 査 第 133 号 平 成 26 年 9 月 30 日 室 蘭 市 長 青 山 剛 様 室 蘭 市 監 査 委 員 土 倉 崇 室 蘭 市 監 査 委 員 羽 立 秀 光 平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会

More information

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙 平 成 22 事 業 年 度 財 務 諸 表 自 : 平 成 22 年 4 月 1 日 至 : 平 成 23 年 3 月 31 日 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項

More information

平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優

平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優 平 成 27 年 度 予 算 のポイント 平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優 先 課 題 推 進 枠 や 地 財 政 計 画 における

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

東京電力に関する経営・財務調査委員会報告書を踏まえた経営合理化策等の対処方針

東京電力に関する経営・財務調査委員会報告書を踏まえた経営合理化策等の対処方針 東 京 電 力 に 関 する 経 営 財 務 調 査 委 員 会 報 告 書 を 踏 まえた 経 営 合 理 化 策 等 の 対 処 方 針 平 成 23 年 10 月 28 日 原 子 力 損 害 賠 償 支 援 機 構 東 京 電 力 株 式 会 社 東 京 電 力 に 関 する 経 営 財 務 調 査 委 員 会 ( 委 員 会 )は 本 年 10 月 3 日 東 京 電 力 が 経 営 合

More information

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 連 結 財 務 諸 表 作 成 に 係 る 会 計 処 理 の 原 則 手 続 表 示 方 法 等 の 変 更 ( 連 結 財 務

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 連 結 財 務 諸 表 作 成 に 係 る 会 計 処 理 の 原 則 手 続 表 示 方 法 等 の 変 更 ( 連 結 財 務 平 成 19 年 3 月 期 決 算 短 信 平 成 19 年 5 月 23 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 証 一 部 コ ー ド 番 号 1 8 1 0 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

厚 生 年 金 基 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 たる 厚 生 年 金 の 一 部 を 国 に 代 わって 支 給 ( 代 行 給 付 )しており 当 該 支 給 を 行 うための 費 用 として 事 業 主 から 保 険 料 を 徴 収 している 加 えて 各 基 金 ごとに 上 乗 せ

厚 生 年 金 基 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 たる 厚 生 年 金 の 一 部 を 国 に 代 わって 支 給 ( 代 行 給 付 )しており 当 該 支 給 を 行 うための 費 用 として 事 業 主 から 保 険 料 を 徴 収 している 加 えて 各 基 金 ごとに 上 乗 せ 参 考 資 料 厚 生 年 金 基 金 等 の 現 状 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 たる 厚 生 年 金 の 一 部 を 国 に 代 わって 支 給 ( 代 行 給 付 )しており 当 該 支 給 を 行 うための 費 用 として 事 業 主 から 保 険 料 を 徴 収 している 加 えて 各 基 金 ごとに 上 乗 せ 給

More information

第 19 期 事 業 報 告 自 平 成 24 年 4 月 1 日 至 平 成 25 年 3 月 31 日 Ⅰ 会 社 の 現 況 1 当 事 業 年 度 の 事 業 の 状 況 当 事 業 年 度 は 味 の 素 スタジアムで サッカーJリーグのFC 東 京 と 東 京 ヴェルディの 主 催 試

第 19 期 事 業 報 告 自 平 成 24 年 4 月 1 日 至 平 成 25 年 3 月 31 日 Ⅰ 会 社 の 現 況 1 当 事 業 年 度 の 事 業 の 状 況 当 事 業 年 度 は 味 の 素 スタジアムで サッカーJリーグのFC 東 京 と 東 京 ヴェルディの 主 催 試 第 19 期 報 告 書 自 平 成 24 年 4 月 1 日 至 平 成 25 年 3 月 31 日 事 業 報 告 貸 借 対 照 表 損 益 計 算 書 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 個 別 注 記 表 会 計 監 査 人 の 監 査 報 告 書 謄 本 監 査 役 会 の 監 査 報 告 書 謄 本 株 式 会 社 東 京 スタジアム 第 19 期 事 業 報 告 自 平 成 24

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 コンパルホール 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 営 管 理

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

写 26 人 委 給 第 546 号 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 県 議 会 議 長 加 地 邦 雄 殿 福 岡 県 知 事 小 川 洋 殿 福 岡 県 人 事 委 員 会 委 員 長 簑 田 孝 行 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 について 福 岡 県 人 事 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 第 8 条 第 14 条 及 び 第

More information

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73>

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73> 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 22 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 の 期 末 特 別 手 当 の 額 は 国 立 大 学 法 人 愛

More information

ア 改 正 法 の 施 行 日 以 後 に 設 立 された 医 療 法 人 (ただし 改 正 法 の 施 行 日 以 後 に 設 立 の 申 請 を 行 った 医 療 法 人 に 限 る ) 又 は 改 正 法 の 施 行 日 前 に 設 立 された 医 療 法 人 で 施 行 日 以 降 に 法

ア 改 正 法 の 施 行 日 以 後 に 設 立 された 医 療 法 人 (ただし 改 正 法 の 施 行 日 以 後 に 設 立 の 申 請 を 行 った 医 療 法 人 に 限 る ) 又 は 改 正 法 の 施 行 日 前 に 設 立 された 医 療 法 人 で 施 行 日 以 降 に 法 改 正 後 全 文 医 政 指 発 第 0330003 号 平 成 1 9 年 3 月 30 日 最 終 改 正 医 政 指 発 0809 第 3 号 平 成 25 年 8 月 9 日 各 都 道 府 県 医 政 主 管 部 ( 局 ) 長 各 地 方 厚 生 局 健 康 福 祉 部 長 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 指 導 課 長 医 療 法 人 における 事 業 報 告 書 等 の 様 式

More information

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集 平 成 28 年 度 主 な 税 制 改 正 要 望 の 概 要 平 成 27 年 8 月 厚 生 労 働 省 目 次 セルフメディケーション 推 進 のための 一 般 用 医 薬 品 等 に 関 する 所 得 控 除 制 度 の 創 設 1 セルフメディケーション 推 進 に 資 する 薬 局 に 係 る 税 制 措 置 の 創 設 2 個 人 の 健 康 増 進 疾 病 予 防 の 推 進 のための

More information

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら 独 立 行 政 法 人 造 幣 局 が 平 成 27 年 度 に 達 成 すべき 目 標 Ⅰ. 政 策 体 系 における 法 人 の 位 置 付 けおよび 役 割 (ミッション) 通 貨 は 経 済 活 動 国 民 生 活 の 基 盤 であり 通 貨 に 対 する 信 頼 の 維 持 は 財 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 95 号 )に 定 められた 財 務 省 の 任 務

More information

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会 宮 城 県 の 任 用, 給 与, 勤 務 条 件 等 の 人 事 行 政 運 営 の 全 般 を 明 らかにし, 人 事 行 政 における 公 正 性 及 び 透 明 性 を 確 保 するため, 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 宮 城 県 条 例 第 20 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき, 宮 城 県 の 平 成 26

More information

犬山市公共施設マネジメント基本計画

犬山市公共施設マネジメント基本計画 犬 山 市 公 共 施 設 マネジメント 基 本 計 画 概 要 版 平 成 27 年 3 月 犬 山 市 企 画 財 政 部 財 政 課 - 0 - 目 次 第 1 章 はじめに... 1 1. 公 共 施 設 マネジメントの 必 要 性... 2. 公 共 施 設 の 定 義... 3. 公 共 施 設 マネジメント 計 画 の 手 順... 4. 本 基 本 計 画 の 位 置 づけ... 5.

More information

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 資 料 ( 個 人 所 得 課 税 ) 平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 済 的 利 益 などから 発 生 形 態 に 応 じて 設

More information

osr.xls

osr.xls 1. 法 人 の 概 要 平 成 26 年 7 月 1 日 現 在 役 員 名 簿 所 在 地 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 北 園 茂 喜 設 立 年 月 日 電 話 番 号 06(4707)0201 法 人 所 管 課 都 市 整 備 部 交 通 道 路 室 都 市 交 通 課 設 立 目 的 主 な 出 資 団 体 ( 出 資 割 合 ) 大 阪 市 中 央 区 高 麗 橋 2-1-10

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378> UR 賃 貸 住 宅 ストック 再 生 再 編 方 針 に 基 づく 実 施 計 画 平 成 27 年 3 月 目 次 1. 実 施 計 画 を 策 定 する 背 景 目 的 1 2.ストック 再 生 再 編 方 針 ( 平 成 19 年 12 月 26 日 策 定 )の 概 要 2 (1) 団 地 の 類 型 化 及 び 団 地 別 整 備 方 針 の 策 定 2 (2) 居 住 の 安 定 の

More information

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378>

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378> 財 務 諸 表 の 見 方 岡 山 大 学 目 次 財 務 諸 表 について 財 務 諸 表 の 作 成 意 義 財 務 諸 表 の 体 系 貸 借 対 照 表 表 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 負 債 の 部 純 資 産 の 部 損 益 計 算 書 経 常 費 用 経 常 収 益 臨 時 損 益 等 固 定 資 産 等 ( 償 却 資 産 )を 購 入 した 場 合 の 貸 借 対 照 表

More information

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 水 準 の 公 表 について Ⅰ. 公 表 の 経 緯 について 国 立 大 学 法 人 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 いについて (H22.11.1 閣 議 決 定 ) 3(4) 独 立 行 政 法 人 ( 総 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 91 号 ) 第 4 条 第 13 号 に 規 定 する

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

: 1 () () () () 5013,000 () 55 14,300 () 95 152,000 70 () 35 () 17,965 () () () 75 72,100 30 () 55,558 2 () () 33,630 35,780 () 1/240,253 ()75% 85,200 50 () 75% 7,000 ()1,531 () 21,340 () 3 () () 100%190,000

More information

3. 取 引 関 係 の 見 直 し 1 随 意 契 約 の 見 直 し 等 各 独 立 行 政 法 人 は 独 立 行 政 法 人 の 契 約 状 況 の 点 検 見 直 しについて ( 平 成 21 年 11 月 17 日 閣 議 決 定 )に 基 づき 策 定 した 随 意 契 約 等 見 直

3. 取 引 関 係 の 見 直 し 1 随 意 契 約 の 見 直 し 等 各 独 立 行 政 法 人 は 独 立 行 政 法 人 の 契 約 状 況 の 点 検 見 直 しについて ( 平 成 21 年 11 月 17 日 閣 議 決 定 )に 基 づき 策 定 した 随 意 契 約 等 見 直 Ⅲ 資 産 運 営 の 見 直 しについて に 係 るフォローアップ 調 査 様 式 ( 様 式 1) 所 管 府 省 名 厚 生 労 働 省 法 人 名 独 立 行 政 法 人 国 立 健 康 栄 養 研 究 所 ( 平 成 26 年 7 月 1 日 現 在 ) 基 本 方 針 の 記 載 Ⅲ 資 産 運 営 の 見 直 しについて 1. 不 要 資 産 の 国 庫 返 納 国 の 資 産 を 有

More information

平成19年度版

平成19年度版 平 成 27 年 度 版 市 税 概 要 松 江 市 目 次 松 江 市 の 概 況 ページ 1 市 域 1 2 町 別 人 口 世 帯 数 2 財 政 1 一 般 会 計 歳 入 決 算 の 推 移 3 2 一 般 会 計 予 算 の 構 成 比 ( 平 成 27 年 度 当 初 ) 3 3 平 成 27 年 度 当 初 予 算 構 成 調 4 4 平 成 26 年 度 決 算 額 調 ( 一 般

More information

法 人 税 ~ 法 人 実 効 税 率 の 引 下 げ2 法 人 税 等 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 率 中 小 法 人 一 般 社 団 法 人 等 及 び 人 格 のない 社 団 等 のうち 年 間 所 得 800 万 円 超 の 金 額

法 人 税 ~ 法 人 実 効 税 率 の 引 下 げ2 法 人 税 等 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 率 中 小 法 人 一 般 社 団 法 人 等 及 び 人 格 のない 社 団 等 のうち 年 間 所 得 800 万 円 超 の 金 額 法 人 税 ~ 法 人 実 効 税 率 の 引 下 げ1 1. 改 正 の 概 要 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 について 法 人 税 の 税 率 が 段 階 的 に 引 下 げられます 平 成 28 及 び29 :23.9%( 改 正 前 ) 23.4 23.4%( ) 平 成 30 :23.9%( 改 正 前 ) 23.2 23.2%( ) 法 人 税 の

More information

Microsoft Word - 2-13-3-2-20080902.doc

Microsoft Word - 2-13-3-2-20080902.doc 非 営 利 法 人 委 員 会 研 究 資 料 第 3 号 非 営 利 法 人 会 計 の 現 状 と 展 望 平 成 20 年 9 月 2 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1. 非 営 利 法 人 会 計 の 現 状 認 識 と 問 題 点... 1 (1) 設 立 根 拠 法 令 ごとの 会 計 基 準... 1 (2) 所 轄 庁 の 指 導 監 督 目 的 と 会 計 基 準...

More information

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 産 業 競 争 力 会 議 実 行 実 現 点 検 会 合 ( 女 性 の 活 躍 推 進 ) 資 料 2-2 平 成 27 年 5 月 26 日 厚 生 労 働 省 提 出 資 料 待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 待 機 児 童 解 消 加 速 化 プラン 2 平 成 25 26 年 度 の2か 年 の 保 育 拡 大 量 は 約 19.1 万 人 となり

More information

また 機 構 の 経 営 の 柱 である 賃 貸 住 宅 事 業 におけるメインストックは 昭 和 40 年 代 に 大 量 供 給 されたものであり 将 来 の 人 口 動 態 等 を 踏 まえた 需 給 バラ ンスを 想 定 しつつ 計 画 的 に 投 資 や 再 生 再 編 を 行 っていかな

また 機 構 の 経 営 の 柱 である 賃 貸 住 宅 事 業 におけるメインストックは 昭 和 40 年 代 に 大 量 供 給 されたものであり 将 来 の 人 口 動 態 等 を 踏 まえた 需 給 バラ ンスを 想 定 しつつ 計 画 的 に 投 資 や 再 生 再 編 を 行 っていかな 平 成 26 年 3 月 31 日 経 営 改 善 に 向 けた 取 組 みについて 1 策 定 の 背 景 及 び 目 的 機 構 の 改 革 については これまで 数 次 の 見 直 しが 行 われてきたが その 集 大 成 として 行 政 改 革 推 進 会 議 独 立 行 政 法 人 改 革 等 に 関 する 分 科 会 第 4ワーキン ググループ 報 告 書 ( 平 成 25 年 12 月

More information

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに 1 現 行 の 電 気 料 金 制 度 と 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 平 成 24 年 2 月 3 日 2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報

More information

目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費 13 下 水 道 費 14 その 他 の 土 木 費 16

目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費 13 下 水 道 費 14 その 他 の 土 木 費 16 普 通 交 付 税 算 定 事 務 の 手 引 きについて 平 成 26 年 12 月 改 訂 岐 阜 県 清 流 の 国 推 進 部 市 町 村 課 税 政 係 目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

Microsoft Word - 20120601003.docx

Microsoft Word - 20120601003.docx 18 兆 円 に 達 した 東 日 本 大 震 災 の 復 旧 復 興 経 費 求 められる 震 災 からの 復 旧 復 興 と 財 政 規 律 の 維 持 予 算 委 員 会 調 査 室 さきやま 﨑 山 たてき 建 樹 甚 大 な 被 害 をもたらした 東 日 本 大 震 災 から1 年 余 りが 経 ち これまでの 間 被 災 地 の 復 旧 復 興 に 向 けて 累 次 の 補 正 予 算

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6> 東 京 大 学 固 定 資 産 管 理 規 程 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 東 大 規 則 第 178 号 ) 改 正 : 平 成 17 年 2 月 8 日 東 大 規 則 第 289 号 改 正 : 平 成 18 年 9 月 26 日 東 大 規 則 第 33 号 改 正 : 平 成 19 年 7 月 1 日 東 大 規 則 第 15 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 30 日

More information

成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手

成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手 参 考 資 料 1 ( 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 ) 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手 した 成 長 志 向 の 法 人

More information

年度経営計画書

年度経営計画書 平 成 23 年 度 経 営 計 画 の 評 価 滋 賀 県 信 用 保 証 協 会 は 公 的 な 保 証 機 関 として 中 小 企 業 者 の 資 金 調 達 の 円 滑 化 を 図 り 中 小 企 業 者 の 健 全 な 育 成 と 地 域 経 済 の 発 展 に 貢 献 してきました 平 成 23 年 度 の 年 度 経 営 計 画 に 対 する 実 施 評 価 は 以 下 のとおりです

More information

【公表資料】28.3.28緊急対策資料

【公表資料】28.3.28緊急対策資料 待 機 児 童 解 消 に 向 けて 緊 急 的 に 対 応 する 施 策 について 平 成 28 年 3 月 28 日 厚 生 労 働 省 待 機 児 童 解 消 までの 緊 急 的 な 取 組 として 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 の 待 機 児 童 数 が50 人 以 上 いる114 市 区 町 村 及 び 待 機 児 童 を 解 消 するために 受 け 皿 拡 大 に 積 極 的

More information

( 資 料 1 ) 地 方 財 政 計 画 歳 入 歳 出 一 覧 ( 通 常 収 支 分 ) ⑴ 歳 入 歳 出 総 括 表 ( 単 位 : 億 円 %) 区 分 平 成 27 年 度 A 平 成 26 年 度 B 増 減 額 A-B C 増 減 率 C/B ( 歳 入 ) 地 方 税 374,9

( 資 料 1 ) 地 方 財 政 計 画 歳 入 歳 出 一 覧 ( 通 常 収 支 分 ) ⑴ 歳 入 歳 出 総 括 表 ( 単 位 : 億 円 %) 区 分 平 成 27 年 度 A 平 成 26 年 度 B 増 減 額 A-B C 増 減 率 C/B ( 歳 入 ) 地 方 税 374,9 地 方 税 法 等 の 改 正 目 一 平 成 27 年 度 地 方 財 政 計 画 924 二 平 成 27 年 度 の 地 方 税 収 見 込 み 928 三 個 人 住 民 税 932 四 地 方 法 人 課 税 ( 法 人 住 民 税 法 人 事 業 税 ) 945 五 地 方 消 費 税 949 六 自 動 車 取 得 税 952 七 軽 自 動 車 税 961 次 八 軽 油 引 取 税

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

Microsoft Word - ③改正後全文(交付要綱).docx

Microsoft Word - ③改正後全文(交付要綱).docx 参 考 ( 改 正 後 全 文 ) 厚 生 労 働 省 発 老 0717 第 2 号 平 成 2 4 年 7 月 1 7 日 最 終 改 正 厚 生 労 働 省 発 老 0309 第 2 号 平 成 2 8 年 3 月 9 日 指 定 都 市 市 長 各 中 核 市 市 長 殿 市 区 町 村 長 厚 生 労 働 事 務 次 官 ( 公 印 省 略 ) 地 域 介 護 福 祉 空 間 整 備 等 施

More information

(<例1>政府税制調査会:3月)

(<例1>政府税制調査会:3月) 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 24 年 10 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 1 2 地 方 法 人 課 税 の 拡 充 強 化 3 3 地 方 消 費 税 ( 現 行 分 )の 充 実 4 4 地 方 消 費 税 税 率 引 上 げ 分 の 使 途 及 び 地 方 の 役 割 の 拡 大 について 5 5 地 球

More information

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 平 成 2 年 度 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 の 結 果 会 計 検 査 院 1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 及 び

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

4. 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 特 例 の 延 長 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 以 下 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 ( 平 成 28 年 3 月 31 日 )を 延 長 する 1 登 録 免 許 税 の 特 例 ( 所 有 権 の 保 存 登 記 : 本 則 0.4%

4. 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 特 例 の 延 長 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 以 下 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 ( 平 成 28 年 3 月 31 日 )を 延 長 する 1 登 録 免 許 税 の 特 例 ( 所 有 権 の 保 存 登 記 : 本 則 0.4% 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 平 成 27 年 9 月 17 日 一 般 社 団 法 人 不 動 産 協 会 我 が 国 の 経 済 は 緩 やかな 回 復 を 続 けているが 少 子 化 高 齢 化 を 伴 う 人 口 減 少 社 会 の 到 来 や 産 業 構 造 の 転 換 グローバル 化 の 急 激 な 進 展 等 著 しい 構 造 変 化 に 直 面 している そのような

More information

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減 平 成 22 年 度 健 保 組 合 決 算 見 込 の 概 要 平 成 23 年 9 月 8 日 健 康 保 険 組 合 連 合 会 問 い 合 わせ 先 : 健 保 連 企 画 部 調 査 分 析 グループ :03-3403-0926 本 概 要 は 平 成 23 年 3 月 末 に 存 在 した 1,458 組 合 の 22 年 度 決 算 見 込 状 況 を 集 計 した 結 果 をまとめたものである

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) 平 成 5 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 人 材 育 成 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208A4F8A73926391CC82CC91DE90458EE893968DE08CB995E2935594708E7E82C994BA82A48F9590AC8BE08E788B8B82C982C282A282C45F482E32302E312E31365F>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208A4F8A73926391CC82CC91DE90458EE893968DE08CB995E2935594708E7E82C994BA82A48F9590AC8BE08E788B8B82C982C282A282C45F482E32302E312E31365F> 外 郭 団 体 の 退 職 手 当 財 源 補 填 廃 止 に 伴 う 助 成 金 支 給 について ~ 見 直 し 方 針 ~ 第 1 背 景 外 郭 団 体 ( 以 下 団 体 )は 高 度 化 複 雑 化 する 市 民 ニーズに 対 し 本 市 が 直 接 実 施 するより 機 動 的 かつ 柔 軟 に 公 共 サービスが 提 供 できるよう 設 立 され 高 い 専 門 性 を 発 揮 しつつ

More information

私 立 学 校 関 係 事 務 の 手 引 ( 平 成 23 年 3 月 改 訂 ) 青 森 県 総 務 部 総 務 学 事 課 は じ め に 私 立 学 校 は 私 人 の 寄 附 財 産 によって 設 立 運 営 され 設 立 者 の 建 学 の 精 神 や 独 自 の 校 風 のもと 自 律 性 自 主 性 が 重 んじられていますが 公 教 育 の 一 翼 を 担 っている 点 において

More information

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 中 間 連 結 財 務 諸 表 作 成 に 係 る 会 計 処 理 の 原 則 手 続 表 示 方 法 等 の 変 更 ( 中 間

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 中 間 連 結 財 務 諸 表 作 成 に 係 る 会 計 処 理 の 原 則 手 続 表 示 方 法 等 の 変 更 ( 中 間 平 成 20 年 3 月 期 中 間 決 算 短 信 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 証 一 部 平 成 19 年 11 月 14 日 コ ー ド 番 号 1 8 1 0 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役

More information

平 成 2 6 年 度 分 会 社 標 本 調 査 - 調 査 結 果 報 告 - 税 務 統 計 から 見 た 法 人 企 業 の 実 態 平 成 2 8 年 3 月 国 税 庁 長 官 官 房 企 画 課 目 次 会 社 標 本 調 査 について 概 要 調 査 結 果 の 概 要 Ⅰ 法 人 企 業 の 動 向 1 法 人 数 2 資 本 金 総 額 Ⅱ 法 人 企 業 の 状 況 1 利

More information

法 律 の 概 要 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 概 要 ( 制 度 の 見 直 しに 関 する 部 分 ) 本 ページ 以 降 厚 生 年 金 は と 表 記 施 行 日 以

法 律 の 概 要 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 概 要 ( 制 度 の 見 直 しに 関 する 部 分 ) 本 ページ 以 降 厚 生 年 金 は と 表 記 施 行 日 以 厚 生 年 金 制 度 の 見 直 し 2014 年 4 月 Member of Multinational Group of Actuaries and Consultants 法 律 の 概 要 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 概 要 ( 制 度 の 見 直 しに 関 する 部

More information

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮)

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮) 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 平 成 25 年 12 月 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 研 究 会 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン はじめに 1. 目 的 2. 経 営 者 保 証 の 準 則 3. ガイドラインの 適 用 対 象 となり 得 る 保 証 契 約 4. 経 営 者 保 証 に 依 存 しない 融 資 の 一 層 の 促 進 (1) 主 たる

More information