乙種第1、2、3、4、5、6類(危険物取扱者試験)

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "乙種第1、2、3、4、5、6類(危険物取扱者試験)"

Transcription

1 過 去 に 出 題 された 問 題 乙 種 第 類 危 険 物 取 扱 者 試 験 解 答 は 最 後 のページに 記 載 されています ( 注 ) 問 題 中 に 使 用 した 略 語 は 次 のとおりです 法 令 消 防 法 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 又 は 危 険 物 の 規 制 に 関 する 規 則 法 消 防 法 政 令 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 規 則 危 険 物 の 規 制 に 関 する 規 則 製 造 所 等 製 造 所 貯 蔵 所 又 は 取 扱 所 市 町 村 長 等 市 町 村 長 都 道 府 県 知 事 又 は 総 務 大 臣 免 状 危 険 物 取 扱 者 免 状 所 有 者 等 所 有 者 管 理 者 又 は 占 有 者 危 険 物 に 関 す る 法 令 [ 問 1] 法 別 表 第 1に 掲 げる 第 4 類 の 危 険 物 の 品 名 に 該 当 しない ものは 次 のうちどれか 1 特 殊 引 火 物 2 第 1 石 油 類 3 アルコール 類 4 アルキルアルミニウム 5 第 4 石 油 類 乙 共 -1

2 [ 問 2] 法 令 上 予 防 規 程 に 関 する 説 明 として 最 も 適 切 なもの は 次 のうちどれか 1 製 造 所 等 における 危 険 物 保 安 監 督 者 及 び 危 険 物 取 扱 者 の 責 務 を 定 めた 規 程 をいう 2 製 造 所 等 の 点 検 について 定 めた 規 程 をいう 3 製 造 所 等 の 火 災 を 予 防 するため 危 険 物 の 保 安 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めた 規 程 をいう 4 製 造 所 等 における 危 険 物 保 安 統 括 管 理 者 の 責 務 を 定 めた 規 程 を いう 5 危 険 物 の 危 険 性 をまとめた 規 程 をいう [ 問 3] 屋 外 貯 蔵 タンクに 第 4 類 の 危 険 物 が2,000 る この 危 険 物 は 非 水 溶 性 で 比 重 が1.26 引 火 点 が-30 発 火 点 が90 である 法 令 上 この 屋 外 貯 蔵 タンクには 指 定 数 量 の 何 倍 の 危 険 物 が 貯 蔵 されているか 1 2 倍 2 4 倍 3 10 倍 4 20 倍 5 40 倍 乙 共 -2

3 [ 問 4] 法 令 上 次 の 製 造 所 等 のうち 学 校 病 院 等 の 建 築 物 等 から 一 定 の 距 離 を 保 たなければならない 旨 の 規 定 が 設 けられてい るものの 数 として 次 のうち 正 しいものはどれか 製 造 所 屋 外 タンク 貯 蔵 所 屋 内 タンク 貯 蔵 所 地 下 タンク 貯 蔵 所 移 動 タンク 貯 蔵 所 給 油 取 扱 所 第 1 種 販 売 取 扱 所 1 2つ 2 3つ 3 4つ 4 5つ 5 6つ [ 問 5] 第 5 種 の 消 火 設 備 の 基 準 について 次 の 文 の( ) 内 に 当 てはまる 法 令 に 定 められている 数 値 はどれか 第 5 種 の 消 火 設 備 は 製 造 所 にあっては 防 護 対 象 物 の 各 部 分 か ら 一 の 消 火 設 備 に 至 る 歩 行 距 離 が( )m 以 下 となるように 設 け なければならない ただし 第 1 種 から 第 4 種 までの 消 火 設 備 と 併 置 する 場 合 にあ っては この 限 りでない 乙 共 -3

4 [ 問 6] 法 令 上 平 家 建 以 外 の 建 築 物 に 設 ける 屋 内 タンク 貯 蔵 所 の 位 置 構 造 及 び 設 備 の 技 術 上 の 基 準 について 次 のうち 誤 って いるものはどれか 1 貯 蔵 し 又 は 取 り 扱 うことのできる 危 険 物 は 引 火 点 が40 度 以 上 の 第 4 類 の 危 険 物 のみに 限 られている 2 タンク 専 用 室 に 窓 を 設 ける 場 合 は 特 定 防 火 設 備 にしなければ ならない 3 屋 内 貯 蔵 タンクの 外 面 には さびどめのための 塗 装 をしなけれ ばならない 4 屋 内 貯 蔵 タンクには 容 量 制 限 が 定 められている 5 タンク 専 用 室 は 壁 柱 床 及 びはりを 耐 火 構 造 とし 上 階 の ない 場 合 にあっては 屋 根 を 不 燃 材 料 で 造 り かつ 天 井 を 設 けて はならない [ 問 7] 法 令 上 あらかじめ 市 町 村 長 等 に 届 け 出 をしなければな らないのはどれか 1 位 置 構 造 又 は 設 備 を 変 更 しないで 製 造 所 等 で 貯 蔵 し 又 は 取 り 扱 う 危 険 物 の 品 名 数 量 を 変 更 する 場 合 2 危 険 物 保 安 監 督 者 を 定 めなければならない 製 造 所 等 において これを 定 める 場 合 3 危 険 物 保 安 監 督 者 を 定 めなければならない 製 造 所 等 において これを 解 任 する 場 合 4 製 造 所 等 の 譲 渡 又 は 引 渡 を 受 ける 場 合 5 製 造 所 等 を 廃 止 する 場 合 乙 共 -4

5 [ 問 8] 法 令 上 製 造 所 等 の 所 有 者 等 に 対 し 市 町 村 長 等 から 許 可 の 取 消 しを 命 ぜられる 事 由 について 次 のA~Eのうち 正 しいも のの 組 合 せはどれか A 定 期 点 検 が 義 務 づけられている 製 造 所 等 における 定 期 点 検 の 未 実 施 B 位 置 構 造 及 び 設 備 の 基 準 適 合 命 令 違 反 C 危 険 物 の 貯 蔵 又 は 取 扱 いの 基 準 適 合 命 令 違 反 D 危 険 物 保 安 統 括 管 理 者 を 定 めなければならない 製 造 所 等 に おける 危 険 物 保 安 統 括 管 理 者 の 未 選 任 E 危 険 物 保 安 監 督 者 を 定 めなければならない 製 造 所 等 におけ る 危 険 物 保 安 監 督 者 の 未 選 任 1 AとB 2 AとE 3 BとC 4 CとD 5 DとE [ 問 9] 法 令 に 定 める 定 期 点 検 の 点 検 記 録 に 記 載 しなければならな い 事 項 として 規 則 に 定 められていないものは 次 のうちどれか 1 点 検 をした 製 造 所 等 の 名 称 2 点 検 の 方 法 及 び 結 果 3 点 検 年 月 日 4 点 検 を 行 った 危 険 物 取 扱 者 若 しくは 危 険 物 施 設 保 安 員 又 は 点 検 に 立 ち 会 った 危 険 物 取 扱 者 の 氏 名 5 点 検 を 実 施 した 日 を 市 町 村 長 等 へ 報 告 した 年 月 日 乙 共 -5

6 [ 問 10] 法 令 上 移 動 タンク 貯 蔵 所 による 危 険 物 の 貯 蔵 取 扱 い 及 び 移 送 について 次 のうち 誤 っているものはどれか 1 移 動 タンク 貯 蔵 所 には 完 成 検 査 済 証 を 備 え 付 けておかなければ ならない 2 危 険 物 取 扱 者 が 乗 車 しなければならないのは 危 険 等 級 Ⅰの 危 険 物 を 移 送 する 場 合 のみである 3 危 険 物 の 移 送 のため 乗 車 している 危 険 物 取 扱 者 は 免 状 を 携 帯 し ていなければならない 4 移 動 貯 蔵 タンクから 引 火 点 が40 未 満 の 危 険 物 を 他 のタンクに 注 入 するときは 移 動 タンク 貯 蔵 所 の 原 動 機 を 停 止 させなければ ならない 5 移 送 のため 乗 車 している 危 険 物 取 扱 者 は 移 動 タンク 貯 蔵 所 の 走 行 中 に 消 防 吏 員 から 停 止 を 命 じられ 免 状 の 提 示 を 求 められた ら これに 従 わなければならない [ 問 11] 法 令 上 給 油 取 扱 所 において 自 動 車 等 に 給 油 するときの 危 険 物 の 取 扱 い 基 準 について 誤 っているものはどれか 1 固 定 給 油 設 備 を 用 いて 直 接 給 油 しなければならない 2 自 動 車 等 のエンジンはかけたままとし 非 常 時 に 直 ちに 発 進 で きるようにさせておかなければならない 3 自 動 車 の 一 部 又 は 全 部 が 給 油 空 地 からはみ 出 たまま 給 油 して はならない 4 懸 垂 式 の 固 定 給 油 設 備 から4メートル 以 内 の 部 分 に 他 の 自 動 車 等 を 駐 車 させてはならない 5 移 動 貯 蔵 タンクから 専 用 タンクに 危 険 物 を 注 入 しているときは 当 該 専 用 タンクと 接 続 する 固 定 給 油 設 備 を 使 用 して 給 油 してはな らない 乙 共 -6

7 [ 問 12] 法 令 上 危 険 物 保 安 監 督 者 に 関 する 記 述 として A~E のうち 正 しいものはいくつあるか A 危 険 物 保 安 監 督 者 は すべての 製 造 所 等 において 定 められ ていなければならない B 危 険 物 保 安 監 督 者 は 危 険 物 施 設 保 安 員 が 定 められている 製 造 所 等 にあっては その 指 示 に 従 って 保 安 の 監 督 をしなけ ればならない C 危 険 物 保 安 監 督 者 は 火 災 等 の 災 害 が 発 生 した 場 合 は 作 業 者 を 指 揮 して 応 急 の 措 置 を 講 じるとともに 直 ちに 消 防 機 関 等 に 連 絡 しなければならない D 危 険 物 取 扱 者 であれば 免 状 の 種 類 に 関 係 なく 危 険 物 保 安 監 督 者 に 選 任 される 資 格 を 有 している E 危 険 物 保 安 監 督 者 を 定 めなければならない 者 は 製 造 所 等 の 所 有 者 等 である 1 1つ 2 2つ 3 3つ 4 4つ 5 5つ [ 問 13] 法 令 上 危 険 物 の 取 扱 作 業 の 保 安 に 関 する 講 習 について 次 のうち 正 しいものはどれか 1 製 造 所 等 において 危 険 物 の 取 扱 作 業 に 従 事 している 危 険 物 取 扱 者 のみ 一 定 期 間 内 ごとに 受 講 することが 義 務 づけられている 2 危 険 物 保 安 監 督 者 に 選 任 されている 者 のみ 受 講 することが 義 務 づけられている 3 法 令 の 規 定 に 違 反 して 罰 金 以 上 の 刑 に 処 せられた 者 のみ 受 講 することが 義 務 づけられている 4 危 険 物 施 設 保 安 員 に 選 任 されている 者 のみ 受 講 することが 義 務 づけられている 5 移 動 タンク 貯 蔵 所 に 乗 車 する 危 険 物 取 扱 者 のみ 受 講 すること が 義 務 づけられている 乙 共 -7

8 [ 問 14] 法 令 上 運 搬 容 器 の 外 部 に 表 示 する 注 意 事 項 として 次 のうち 正 しいものはどれか 1 第 2 類 の 危 険 物 にあっては 衝 撃 注 意 2 第 3 類 の 危 険 物 にあっては 火 気 衝 撃 注 意 3 第 4 類 の 危 険 物 にあっては 火 気 厳 禁 4 第 5 類 の 危 険 物 にあっては 取 扱 注 意 5 第 6 類 の 危 険 物 にあっては 火 気 注 意 乙 共 -8

9 基 礎 的 な 物 理 学 及 び 基 礎 的 な 化 学 [ 問 15] 次 の 組 合 せのうち 燃 焼 が 起 こらないものはどれか 1 静 電 気 火 花 ヘリウム 酸 素 2 ライターの 炎 水 素 空 気 3 酸 化 熱 天 ぷらの 揚 げかす 酸 素 4 電 気 火 花 一 酸 化 炭 素 空 気 5 衝 撃 火 花 二 硫 化 炭 素 酸 素 [ 問 16] プロパン(C 3H 8)88gに 含 まれる 炭 素 原 子 の 物 質 量 mol として 次 のうち 正 しいものはどれか ただし Cの 原 子 量 を12 Hの 原 子 量 を1とする 1 3mol 2 6mol 3 8mol 4 12mol 5 88mol 乙 共 -9

10 [ 問 17] 自 然 発 火 の 機 構 について 次 の 文 中 の( ) 内 のA~C に 当 てはまる 語 句 の 組 合 せとして 正 しいものはどれか 自 然 発 火 が 開 始 される 機 構 について 分 類 すると セルロイドや ニトロセルロースなどのように(A)により 発 熱 するもの 活 性 炭 などの 炭 素 粉 末 類 のように(B)により 発 熱 するもの ゴム 粉 や 石 炭 などのように(C)により 発 熱 するもの 発 酵 により 発 熱 するもの 重 合 反 応 により 発 熱 するものなどがある A B C 1 吸 着 酸 化 分 解 2 分 解 酸 化 吸 着 3 酸 化 吸 着 分 解 4 吸 着 分 解 酸 化 5 分 解 吸 着 酸 化 [ 問 18] 次 の 消 火 剤 に 関 する 説 明 のうち 誤 っているものはどれか 1 泡 消 火 剤 は 微 細 な 気 泡 の 集 合 体 で 燃 焼 面 を 覆 う 窒 息 効 果 と 水 分 による 冷 却 効 果 によって 消 火 する 2 二 酸 化 炭 素 消 火 剤 は 主 として 酸 素 濃 度 を 下 げる 窒 息 効 果 によ って 消 火 する 3 水 は 蒸 発 熱 により 燃 焼 物 の 温 度 を 下 げる 冷 却 効 果 によって 消 火 する さらに 気 化 により 発 生 した 水 蒸 気 による 窒 息 効 果 もある 4 粉 末 消 火 剤 は 燃 焼 の 連 鎖 反 応 を 中 断 させる 負 触 媒 ( 抑 制 ) 効 果 によって 消 火 する 5 ハロゲン 化 物 消 火 剤 は 主 として 燃 焼 物 の 温 度 を 引 火 点 以 下 に 下 げる 冷 却 効 果 によって 消 火 する 乙 共 -10

11 [ 問 19] 静 電 気 について 次 のうち 誤 っているものはどれか 1 静 電 気 は 一 般 に 物 体 の 摩 擦 等 によって 発 生 する 2 静 電 気 は ガソリン 等 の 石 油 製 品 を 取 り 扱 う 際 に 発 生 すること が 多 い 3 静 電 気 が 多 量 に 蓄 積 された 物 質 は 火 花 を 発 生 するおそれがある 4 静 電 気 の 蓄 積 を 防 止 するためには できるだけ 湿 度 を 下 げるこ とが 効 果 的 である 5 静 電 気 の 蓄 積 防 止 策 の 一 つとして 接 地 する 方 法 がある [ 問 20] 水 素 (H 2) 炭 素 (C) プロパン(C 3H 8)の 燃 焼 熱 がそ れぞれ286 kj/mol 394 kj/mol 2219 kj/molである 場 合 プロ パンの 生 成 熱 として 正 しいものは 次 のうちどれか なお それぞれが 完 全 燃 焼 する 場 合 の 化 学 反 応 式 は 下 記 のと おりである 2H 2 + O 2 2H 2O C + O 2 CO 2 C 3H 8 + 5O 2 3CO 2+4H 2O kj/mol kj/mol kj/mol kj/mol kj/mol 乙 共 -11

12 [ 問 21] 次 の 物 質 の 変 化 等 に 伴 う 熱 量 に 関 する 用 語 の 説 明 のうち 誤 っているものはどれか 1 反 応 熱 とは 化 学 反 応 に 伴 って 放 出 されたり 吸 収 されたりす る 熱 量 をいう 2 中 和 熱 とは 酸 と 塩 基 の 反 応 で1molの 水 が 生 成 するときに 発 生 する 熱 量 をいう 3 溶 解 熱 とは 1molの 物 質 が 固 体 から 液 体 になるときに 吸 収 さ れる 熱 量 をいう 4 生 成 熱 とは 1molの 化 合 物 がその 成 分 元 素 の 単 体 から 生 成 す るときの 熱 量 をいう 5 燃 焼 熱 とは 1molの 物 質 が 完 全 燃 焼 するときに 発 生 する 熱 量 をいう [ 問 22] 地 中 に 埋 設 された 危 険 物 の 金 属 製 配 管 を 電 気 化 学 的 な 腐 食 から 守 るために 配 管 に 異 種 金 属 を 接 続 する 方 法 がある 配 管 が 鋼 製 の 場 合 次 のA~Eに 掲 げる 金 属 のうち 効 果 のあ るものの 組 合 せとして 正 しいものはどれか A 銅 B 鉛 C マグネシウム D 亜 鉛 E スズ 1 AとB 2 AとE 3 BとC 4 CとD 5 DとE 乙 共 -12

13 危 険 物 の 性 質 並 びにその 火 災 予 防 及 び 消 火 の 方 法 第 1 類 [ 問 23] 危 険 物 の 類 ごとの 一 般 的 性 状 について 次 のうち 正 しい ものはどれか 1 第 2 類 の 危 険 物 は いずれも 固 体 の 無 機 物 質 で 比 重 は1より 大 きく 水 に 溶 けない 2 第 3 類 の 危 険 物 は いずれも 自 然 発 火 性 の 物 質 で 酸 素 を 含 有 している 3 第 4 類 の 危 険 物 は いずれも 炭 素 と 水 素 からなる 化 合 物 で 引 火 性 の 液 体 である 4 第 5 類 の 危 険 物 は いずれも 可 燃 性 の 固 体 または 液 体 で 引 火 性 の 物 質 もある 5 第 6 類 の 危 険 物 は いずれも 酸 化 性 の 固 体 で 分 解 して 可 燃 物 を 酸 化 する 乙 1-13

14 [ 問 24] 第 1 類 の 危 険 物 に 共 通 する 貯 蔵 取 扱 いの 注 意 事 項 とし て 次 のうち 誤 っているものはどれか 1 加 熱 衝 撃 摩 擦 などを 避 ける 2 容 器 の 破 損 や 危 険 物 の 漏 れに 注 意 する 3 容 器 は 密 栓 しないで 通 気 のための 孔 のある 栓 をしておく 4 有 機 物 や 酸 などと 接 触 しないように 注 意 する 5 熱 源 や 火 気 のある 場 所 から 離 して 貯 蔵 する [ 問 25] 第 1 類 の 危 険 物 に 共 通 する 性 状 について 次 のうち 誤 っ ているものはどれか 1 可 燃 性 である 2 常 温 (20 )では 固 体 である 3 分 子 内 に 酸 素 を 含 有 する 4 加 熱 衝 撃 または 摩 擦 により 酸 素 を 放 出 することがある 5 有 機 物 と 混 合 すると 爆 発 することがある 乙 1-14

15 [ 問 26] 第 1 類 の 危 険 物 の 消 火 について 次 のうち 適 切 でないも のはどれか 1 アルカリ 金 属 およびアルカリ 土 類 金 属 の 過 酸 化 物 を 除 き 大 量 の 水 で 冷 却 する 2 アルカリ 金 属 の 過 酸 化 物 は 乾 燥 砂 で 覆 い 火 炎 を 抑 制 する 3 爆 発 のおそれがあるので 消 火 作 業 は 遮 へい 物 の 背 後 から 行 う 4 二 酸 化 炭 素 消 火 剤 で 窒 息 消 火 する 5 刺 激 性 毒 性 腐 食 性 のガスが 発 生 するおそれがあるので 消 火 作 業 時 は 身 体 防 護 措 置 をとる [ 問 27] 塩 素 酸 カリウムの 性 状 について 次 のうち 誤 っているも のはどれか 1 無 色 の 結 晶 である 2 熱 水 によく 溶 け 冷 水 にはわずかに 溶 ける 3 加 熱 すると 約 400 で 分 解 が 始 まる 4 濃 硫 酸 と 接 触 すると 爆 発 の 危 険 性 がある 5 少 量 の 硫 黄 を 加 えると 爆 発 を 起 こしにくくなる 乙 1-15

16 [ 問 28] 硝 酸 アンモニウムの 性 状 について 次 のうち 誤 っている ものはどれか 1 無 色 または 白 色 の 結 晶 である 2 刺 激 臭 を 有 している 3 水 によく 溶 ける 4 加 熱 により 分 解 し 有 毒 なガスを 発 生 する 5 潮 解 性 がある [ 問 29] 次 の 文 の( ) 内 のA~Dに 当 てはまるものの 組 合 せと して 正 しいものはどれか 過 酸 化 ナトリウムは ( A )と 激 しく 発 熱 反 応 し 多 量 の ( B )を 発 生 する また( C )との 混 合 物 は 発 火 爆 発 す るおそれがある 従 って 消 火 作 業 には( D )などを 使 用 す る A B C D 1 水 水 素 二 酸 化 炭 素 窒 素 2 可 燃 物 可 燃 性 ガス 水 二 酸 化 炭 素 3 水 酸 素 可 燃 物 乾 燥 砂 4 二 酸 化 炭 素 酸 素 可 燃 物 水 5 可 燃 物 水 素 水 二 酸 化 炭 素 乙 1-16

17 危 険 物 の 性 質 並 びにその 火 災 予 防 及 び 消 火 の 方 法 第 2 類 [ 問 23] 危 険 物 の 類 ごとの 性 状 について 次 のうち 正 しいものは どれか 1 第 1 類 の 危 険 物 は 酸 化 性 固 体 であり 分 解 して 他 の 可 燃 物 を 酸 化 する 2 第 3 類 の 危 険 物 は 自 己 反 応 性 の 固 体 である 3 第 4 類 の 危 険 物 は 可 燃 性 固 体 または 液 体 であり 自 然 発 火 す るものもある 4 第 5 類 の 危 険 物 は 可 燃 性 固 体 であり いずれも 着 火 しやすい 5 第 6 類 の 危 険 物 は 引 火 性 液 体 で 引 火 性 を 有 するものもある 乙 2-17

18 [ 問 24] 第 2 類 の 危 険 物 の 性 状 について 次 のうち 誤 っているも のはどれか 1 一 般 に 水 と 接 触 して 酸 素 を 発 生 する 2 比 重 は1より 大 きいものが 多 い 3 酸 化 剤 と 混 合 すると 爆 発 することがある 4 引 火 の 危 険 性 を 有 するものがある 5 燃 焼 するときに 有 害 なガスを 発 生 するものがある [ 問 25] アルミニウムやマグネシウムまたはその 合 金 等 の 切 削 や 研 磨 工 程 で 発 生 する 金 属 粉 の 発 火 爆 発 の 危 険 性 として 次 のう ち 誤 っているものはどれか 1 機 器 の 摩 擦 や 熱 により 発 火 するおそれがある 2 金 属 粉 の 粒 径 が 大 きいものほど 発 火 しやすい 3 金 属 粉 は 着 火 しやすく いったん 着 火 すれば 激 しく 燃 焼 する 4 堆 積 した 金 属 粉 が 舞 い 上 がると 粉 じん 爆 発 を 起 こすおそれが ある 5 ダクト 内 にたまった 金 属 粉 が 水 分 と 反 応 し 爆 発 を 起 こすおそ れがある 乙 2-18

19 [ 問 26] 硫 黄 の 性 状 について 次 のうち 誤 っているものはどれか 1 黄 色 の 固 体 または 粉 末 である 2 腐 卵 臭 を 有 している 3 高 温 で 多 くの 金 属 と 反 応 して 硫 化 物 をつくる 4 電 気 の 不 良 導 体 である 5 燃 焼 すると 二 酸 化 硫 黄 を 発 生 する [ 問 27] 次 の 文 の( ) 内 に 当 てはまる 物 質 はどれか 五 硫 化 リンは 水 と 作 用 して( )を 発 生 する 1 三 酸 化 硫 黄 2 硫 化 水 素 3 二 酸 化 硫 黄 4 水 素 5 リン 化 水 素 乙 2-19

20 [ 問 28] 次 に 掲 げる 危 険 物 のうち 燃 焼 の 際 に 人 体 に 有 害 な 気 体 を 発 生 するものはどれか 1 鉄 粉 2 硫 黄 3 アルミニウム 粉 4 亜 鉛 粉 5 マグネシウム [ 問 29] アルミニウム 粉 の 性 状 について 次 のうち 誤 っているも のはどれか 1 酸 と 反 応 して 酸 素 を 発 生 する 2 軽 く 軟 らかい 金 属 で 銀 白 色 の 光 沢 がある 3 湿 気 により 自 然 発 火 することがある 4 酸 化 剤 と 混 合 したものは 加 熱 衝 撃 摩 擦 により 発 火 しやすい 5 ハロゲンと 接 触 すると 反 応 して 高 温 となり 発 火 することが ある 乙 2-20

21 危 険 物 の 性 質 並 びにその 火 災 予 防 及 び 消 火 の 方 法 第 3 類 [ 問 23] 危 険 物 の 類 ごとの 燃 焼 性 として 次 のA~Eのうち 正 し いもののみを 掲 げているものはどれか A 第 1 類 の 危 険 物 は すべて 可 燃 性 である B 第 2 類 の 危 険 物 は すべて 可 燃 性 である C 第 4 類 の 危 険 物 は すべて 可 燃 性 である D 第 5 類 の 危 険 物 は すべて 不 燃 性 である E 第 6 類 の 危 険 物 は すべて 可 燃 性 である 1 AとB 2 BとC 3 CとD 4 DとE 5 AとE 乙 3-21

22 [ 問 24] すべての 第 3 類 の 危 険 物 火 災 の 消 火 方 法 として 次 のう ち 有 効 なものはどれか 1 噴 霧 注 水 する 2 二 酸 化 炭 素 消 火 剤 を 放 射 する 3 泡 消 火 剤 を 放 射 する 4 乾 燥 砂 で 覆 う 5 ハロゲン 化 物 消 火 剤 を 放 射 する [ 問 25] 第 3 類 の 危 険 物 の 中 には 保 護 液 中 に 貯 蔵 するものがあ るが その 主 な 理 由 として 次 のうち 正 しいものはどれか 1 昇 華 を 防 ぐため 2 水 や 空 気 との 接 触 を 防 ぐため 3 火 気 を 避 けるため 4 酸 素 の 発 生 を 防 ぐため 5 引 火 点 以 下 に 保 つため 乙 3-22

23 [ 問 26] ナトリウム 火 災 の 消 火 方 法 として 次 のA~Eのうち 適 切 なものを 組 み 合 わせたものはどれか A 乾 燥 砂 で 覆 う B ハロゲン 化 物 消 火 剤 を 放 射 する C 泡 消 火 剤 を 放 射 する D 二 酸 化 炭 素 消 火 剤 を 放 射 する E 膨 張 ひる 石 (バーミキュライト)で 覆 う 1 AとB 2 AとE 3 BとC 4 CとD 5 DとE [ 問 27] 黄 リンの 性 状 について 次 のうち 誤 っているものはどれ か 1 空 気 中 では 酸 化 熱 が 蓄 積 し 自 然 発 火 する 2 発 火 点 が 低 い 3 融 点 が 低 いので 燃 焼 し 始 めると 液 状 になって 広 がり 燃 焼 が 激 しくなる 4 毒 性 はほとんどない 5 淡 黄 色 を 帯 びたろう 状 の 固 体 である 乙 3-23

24 [ 問 28] リン 化 カルシウムの 性 状 について 次 のA~Eのうち 正 しいものの 組 合 せはどれか A 白 色 の 結 晶 である B 乾 いた 空 気 中 では 安 定 である C 非 常 に 強 く 加 熱 すると 分 解 してリン 化 水 素 が 生 成 する D 酸 素 や 硫 黄 と 高 温 (300 以 上 )で 反 応 する E 空 気 中 の 水 分 と 接 触 すると カルシウムが 生 成 する 1 AとC 2 AとD 3 BとD 4 BとE 5 CとE [ 問 29] カリウムは 通 常 保 護 液 中 に 貯 蔵 する その 理 由 として 最 も 適 切 なものは 次 のうちどれか 1 カリウムは 水 と 反 応 して 直 ちに 発 火 し また 空 気 中 に 放 置 する と 酸 化 され 自 然 発 火 する 危 険 があるため 2 カリウムは 空 気 と 接 触 すると 酸 化 されて 金 属 光 沢 を 失 い 商 品 価 値 がなくなるため 3 カリウムは 皮 膚 に 対 して 腐 食 性 があるので 直 接 手 を 触 れにく くするため 4 カリウムをそのまま 貯 蔵 すると 風 解 し 飛 散 してしまうため 5 カリウムは 保 護 液 と 反 応 して その 表 面 に 化 学 的 に 安 定 な 皮 膜 をつくるため 乙 3-24

25 危 険 物 の 性 質 並 びにその 火 災 予 防 及 び 消 火 の 方 法 第 5 類 [ 問 23] 危 険 物 の 類 ごとの 性 状 について 次 のA~Eのうち 誤 っている ものはいくつあるか A 第 1 類 の 危 険 物 は 酸 素 を 含 有 しているため 加 熱 すると 単 独 でも 爆 発 的 に 燃 焼 する B 第 2 類 の 危 険 物 は いずれも 固 体 の 無 機 物 質 で 酸 化 剤 と 接 触 また は 混 合 すると 衝 撃 等 により 爆 発 する 危 険 性 がある C 第 3 類 の 危 険 物 は いずれも 自 然 発 火 性 物 質 および 禁 水 性 物 質 の 両 方 の 危 険 性 を 有 する 物 質 である D 第 4 類 の 危 険 物 は 炭 素 と 水 素 からなる 化 合 物 で 一 般 に 蒸 気 は 空 気 より 重 く 低 所 に 流 れ 火 源 があれば 引 火 する 危 険 性 がある E 第 6 類 の 危 険 物 は 酸 化 力 が 強 く 自 らは 不 燃 性 であるが 有 機 物 と 混 ぜるとこれを 酸 化 させ 着 火 させることがある 1 1つ 2 2つ 3 3つ 4 4つ 5 5つ 乙 5-25

26 [ 問 24] 過 酸 化 ベンゾイルの 貯 蔵 取 扱 いについて 次 のうち 誤 っているものはどれか 1 日 光 により 分 解 が 促 進 されるため 直 射 日 光 を 避 ける 2 水 と 徐 々に 反 応 して 酸 素 を 発 生 するため 乾 燥 状 態 にする 3 衝 撃 に 対 し 敏 感 で 爆 発 しやすいため 振 動 や 衝 撃 を 与 えない 4 火 炎 の 接 近 により 急 激 に 燃 えるおそれがあるため 火 気 厳 禁 と する 5 加 熱 すると 分 解 し 爆 発 するおそれがあるため 加 熱 を 避 ける [ 問 25] 第 5 類 の 危 険 物 に 共 通 する 貯 蔵 および 取 扱 方 法 について 次 のうち 誤 っているものはどれか 1 他 の 薬 品 と 接 触 させない 2 固 体 のものは すべて 乾 燥 を 保 つ 3 衝 撃 摩 擦 を 避 ける 4 火 気 加 熱 を 避 ける 5 通 風 のよい 冷 所 に 貯 蔵 する 乙 5-26

27 [ 問 26] 第 5 類 の 危 険 物 の 性 状 について 次 のうち 誤 っているも のはどれか 1 酸 素 を 含 み 自 己 燃 焼 性 を 有 するものが 多 い 2 加 熱 衝 撃 摩 擦 等 により 発 火 するおそれはない 3 空 気 中 に 長 時 間 放 置 すると 分 解 が 進 み 自 然 発 火 するものがある 4 燃 焼 速 度 が 大 きい 5 重 金 属 と 作 用 して 爆 発 性 の 金 属 塩 を 形 成 するものがある [ 問 27] 第 5 類 の 有 機 過 酸 化 物 の 性 状 等 について 次 のうち 誤 っ ているものはどれか 1 固 体 または 液 体 である 2 結 合 力 が 比 較 的 弱 い 酸 素 酸 素 結 合 (-O-O-)を 分 子 中 に 有 する 化 合 物 である 3 熱 光 あるいは 還 元 性 物 質 により 容 易 に 分 解 し 遊 離 ラジカル を 発 生 する 4 金 属 塩 や 塩 基 類 などが 混 入 すると 反 応 性 が 高 まるものがある 5 自 己 反 応 性 は 強 いが 衝 撃 や 摩 擦 等 に 対 しては 安 定 である 乙 5-27

28 [ 問 28] ニトロセルロースの 性 状 について 次 のうち 誤 っている ものはどれか 1 日 光 の 直 射 により 分 解 し 自 然 発 火 することがある 2 含 有 窒 素 量 ( 硝 化 度 )の 多 いものほど 危 険 性 は 大 きくなる 3 エタノールや 水 に 溶 けやすい 4 燃 焼 が 極 めて 速 い 5 乾 燥 状 態 で 貯 蔵 すると 危 険 である [ 問 29] ジアゾジニトロフェノールの 性 状 について 次 のうち 誤 っているものはどれか 1 黄 色 の 粉 末 である 2 光 により 変 色 する 3 水 よりも 重 い 4 加 熱 により 融 解 して 安 定 化 する 5 摩 擦 や 衝 撃 により 爆 発 する 乙 5-28

29 危 険 物 の 性 質 並 びにその 火 災 予 防 及 び 消 火 の 方 法 第 6 類 [ 問 23] 危 険 物 の 類 ごとの 一 般 的 性 状 について 次 のうち 正 しい ものはどれか 1 第 1 類 の 危 険 物 は いずれも 水 によく 溶 ける 物 質 で 木 材 紙 などに 染 み 込 み 乾 燥 すると 爆 発 する 危 険 性 がある 2 第 2 類 の 危 険 物 は いずれも 固 体 の 無 機 物 質 で 酸 化 剤 と 接 触 すると 爆 発 の 危 険 性 がある 3 第 3 類 の 危 険 物 は いずれも 酸 素 を 含 有 しているので 自 己 燃 焼 を 起 こしやすい 4 第 4 類 の 危 険 物 は いずれも 炭 素 と 水 素 からなる 化 合 物 で 引 火 性 の 液 体 である 5 第 5 類 の 危 険 物 は いずれも 可 燃 性 の 固 体 または 液 体 で 引 火 性 の 物 質 もある 乙 6-29

30 [ 問 24] 第 6 類 の 危 険 物 のすべてに 共 通 する 貯 蔵 および 取 扱 いの 方 法 として 次 のうち 誤 っているものはどれか 1 皮 膚 を 保 護 して 取 り 扱 う 2 通 風 のよい 場 所 で 取 り 扱 う 3 酸 化 されやすい 物 品 と 同 一 場 所 で 貯 蔵 しない 4 冷 暗 所 に 貯 蔵 する 5 容 器 で 貯 蔵 するときは 通 気 孔 が 設 けてある 容 器 を 使 用 する [ 問 25] 第 6 類 の 危 険 物 の 共 通 した 性 状 について 次 のうち 正 し いものはどれか 1 加 熱 すると 酸 素 を 発 生 する 2 不 燃 性 である 3 比 重 は1より 小 さい 4 摩 擦 衝 撃 により 爆 発 しやすい 5 無 色 無 臭 である 乙 6-30

31 [ 問 26] 過 塩 素 酸 の 貯 蔵 および 取 扱 方 法 について 次 のうち 誤 っ ているものはどれか 1 容 器 は 密 封 し 通 風 のよい 乾 燥 した 冷 所 に 貯 蔵 する 2 アルコール 酢 酸 などの 有 機 物 と 一 緒 に 貯 蔵 しない 3 漏 れたときはおがくずやぼろ 布 で 吸 収 する 4 腐 食 性 があるので 鋼 製 の 容 器 に 直 接 収 納 しない 5 皮 膚 に 触 れた 場 合 は 激 しい 薬 傷 を 起 こすので 取 扱 いの 際 は 十 分 注 意 が 必 要 である [ 問 27] 第 6 類 の 危 険 物 と 性 質 の 組 合 せとして 次 のうち 誤 って いるものはどれか 1 五 フッ 化 臭 素 水 と 反 応 してフッ 化 水 素 をつくる 2 過 塩 素 酸 金 属 によっては 反 応 して 過 塩 素 酸 塩 をつくる 3 過 酸 化 水 素 還 元 剤 として 働 くことがある 4 三 フッ 化 臭 素 水 と 反 応 して 酸 素 を 発 生 する 5 濃 硝 酸 鉄 と 反 応 して 激 しく 水 素 を 発 生 する 乙 6-31

32 [ 問 28] 分 子 式 がHNO 3で 示 される 危 険 物 の 性 状 等 について 次 のうち 誤 っているものはどれか 1 酸 化 力 は 極 めて 強 い 2 有 機 物 に 接 触 すると 有 機 物 を 発 火 させるおそれがある 3 湿 気 を 含 む 空 気 中 で 発 煙 する 4 皮 膚 に 触 れた 場 合 薬 傷 を 起 こす 5 光 や 熱 では 分 解 されないので 透 明 のびんで 保 存 する [ 問 29] 三 フッ 化 臭 素 の 性 状 について 次 のうち 誤 っているもの はどれか 1 空 気 中 で 木 材 紙 などと 接 触 すると 発 熱 反 応 をおこす 2 水 と 激 しく 反 応 する 3 多 くの 金 属 と 激 しく 反 応 する 4 常 温 (20 )では 液 体 である 5 それ 自 体 は 爆 発 性 の 物 質 である 乙 6-32

33 危 険 物 取 扱 者 試 験 乙 種 第 類 解 答 問 題 番 号 解 答 問 題 番 号 解 答 問 題 番 号 解 答 第 1 類 問 題 番 号 解 答 問 題 番 号 解 答 乙 共 -33

34 第 2 類 問 題 番 号 解 答 問 題 番 号 解 答 第 3 類 問 題 番 号 解 答 問 題 番 号 解 答 乙 共 -34

35 第 5 類 問 題 番 号 解 答 問 題 番 号 解 答 第 6 類 問 題 番 号 解 答 問 題 番 号 解 答 乙 共 -35

乙種第4類(危険物取扱者試験)

乙種第4類(危険物取扱者試験) 過 去 に 出 題 された 問 題 乙 種 第 4 類 危 険 物 取 扱 者 試 験 解 答 は 最 後 のページに 記 載 されています ( 注 ) 問 題 中 に 使 用 した 略 語 は 次 のとおりです 法 令 消 防 法 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 又 は 危 険 物 の 規 制 に 関 する 規 則 法 消 防 法 政 令 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令

More information

図面審査指導基準

図面審査指導基準 ビル 衛 生 管 理 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 基 準 第 1 目 的 この 基 準 は 特 定 建 築 物 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 について 必 要 な 事 項 を 定 め 適 正 かつ 統 一 性 のある 指 導 を 行 うことにより 特 定 建 築 物 の 良 好 な 衛 生 的 環 境 を 確 保 し もって 町 田 市

More information

クサトールFP水溶剤

クサトールFP水溶剤 製 品 安 全 データシート 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 整 理 番 号 クサトールFP 水 溶 剤 GG-6 会 社 名 株 式 会 社 日 本 グリーンアンドガーデン 住 所 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 小 伝 馬 町 10 番 11 号 担 当 部 門 研 究 開 発 部 担 当 者 電 話 番 号 03-3669-5888 FAX 番 号 03-3669-5889

More information

2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経

2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経 1 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : 会 社 名 : 石 川 金 属 株 式 会 社 住 所 : 592-8352 大 阪 府 堺 市 西 区 築 港 浜 寺 西 町 7-21 担 当 部 署 : 品 質 保 証 部 電 話 番 号 : 072-268-1155 緊 急 連 絡 電 話 番 号 : 072-268-1155 FAX 番 号 : 072-268-1159 使 用 用

More information

安全データシート

安全データシート 2016.06.01 1/7 安 全 データシート(SDS) 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 :プリンス スーパー NET 130g 会 社 名 :スタイル 株 式 会 社 住 所 : 東 京 都 墨 田 区 両 国 4-31-11ヒューリック 両 国 ビル5F 担 当 部 門 :SMG 部 電 話 番 号 :03-5625-8180 FAX :03-5625-8185 緊 急 連

More information

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に 1/7 安 全 データシート(SDS) 1 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : N2タッピングスプレー (N2-TSE) 会 社 名 : トラスコ 中 山 株 式 会 社 住 所 : 105-0004 東 京 都 港 区 新 橋 4 丁 目 28 番 1 号 担 当 部 門 : 東 京 本 社 商 品 部 PB 品 質 保 証 課 電 話 : 0120-509-849 FAX : 0120-509-839

More information

<8366835D838C815B8367826081699085976E8DDC816A8169333033312D3034816A2E786C73>

<8366835D838C815B8367826081699085976E8DDC816A8169333033312D3034816A2E786C73> デゾレートA( 水 溶 剤 ), 北 興 化 学 工 業 株 式 会 社, 3031-04, 015/10/06, 1/6 作 成 日 014 年 08 月 05 日 改 訂 日 015 年 10 月 06 日 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 整 理 番 号 供 給 者 の 会 社 名 称 住 所 担 当 部 門 電 話 番 号 FAX 番 号 緊 急 連 絡 電

More information

Microsoft Word - MSDS A3H.doc

Microsoft Word - MSDS A3H.doc Mediracs P/N MPH090015 Co.,Ltd. MS090015_201004ver2 別 化 学 物 質 等 安 全 データシート (MSDS MSDS) 製 名 : 4%テトラヒドロフラン 溶 液 MSDS 称 品 : 番 整 号 N 理 : 末 番 端 MPH090015 号 プロテインシーケンス : MS090015_201004ver2 用 試 薬 A3H 1. 製 品 及

More information

化 学 名 : セスキ 炭 酸 ナトリウム 二 水 和 物 別 ( 名 )トロナ 二 水 和 物 英 ( 名 )Sodium sesquicarbonate Trona dihydrate Trisodium hydrogendicarbonate ( 無 水 物 として EINECS 名 称 )

化 学 名 : セスキ 炭 酸 ナトリウム 二 水 和 物 別 ( 名 )トロナ 二 水 和 物 英 ( 名 )Sodium sesquicarbonate Trona dihydrate Trisodium hydrogendicarbonate ( 無 水 物 として EINECS 名 称 ) 安 全 データシート(SDS) 1. 化 学 物 質 及 び 会 社 情 報 化 学 物 質 等 のコード : 1953-8350 1953-8280 化 学 物 質 等 の 名 称 : セスキ 炭 酸 ナトリウム 二 水 和 物 昭 和 化 学 株 式 会 社 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 本 町 4-3-8 担 当 TEL(03)3270-2701 FAX(03)3270-2720 緊 急

More information

発行日 2010/12/28

発行日 2010/12/28 日 立 ISE 用 洗 浄 液 (N), 日 立 ハイテクノロジーズ, 1/7 発 行 日 2011/7/10 製 品 安 全 データシート 1. 化 学 物 質 等 及 び 会 社 情 報 化 学 物 質 等 の 名 称 製 品 コード 986-8008 整 理 番 号 会 社 名 住 所 担 当 部 門 日 立 ISE 用 洗 浄 液 (N) MSM0003 日 立 ハイテクノロジーズ 電 話

More information

147

147 第 8 章 維 持 管 理 1. 維 持 管 理 給 水 装 置 は 需 用 者 に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 でありその 維 持 管 理 の 適 否 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えることから 水 が 汚 染 し 又 は 漏 れないように 的 確 に 管 理 を 行 う 必 要 がある 給 水 用 具 によっては 間 違 った 使 用 方 法 や 適 切

More information

アルゴンガス 整 理 番 号 05Ar 2009 年 12 月 15 日 1/6 化 学 物 質 等 安 全 データシート 1. 化 学 物 質 等 及 び 会 社 情 報 化 学 物 質 等 の 名 称 : アルゴンガス 化 学 名 : アルゴン(Argon) 会 社 名 : 鈴 商 総 合 ガス

アルゴンガス 整 理 番 号 05Ar 2009 年 12 月 15 日 1/6 化 学 物 質 等 安 全 データシート 1. 化 学 物 質 等 及 び 会 社 情 報 化 学 物 質 等 の 名 称 : アルゴンガス 化 学 名 : アルゴン(Argon) 会 社 名 : 鈴 商 総 合 ガス 化 学 物 質 等 安 全 データシート 整 理 番 号 05 Ar 作 成 平 成 5 年 3 月 31 日 改 訂 平 成 11 年 10 月 1 日 改 訂 平 成 21 年 12 月 15 日 [ 連 絡 先 ] 製 品 名 アルゴンガス アルゴンガス 整 理 番 号 05Ar 2009 年 12 月 15 日 1/6 化 学 物 質 等 安 全 データシート 1. 化 学 物 質 等 及

More information

12

12 12. 維 持 管 理 12.1 維 持 管 理 1 給 水 装 置 は 水 道 使 用 者 に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 であり その 維 持 管 理 の 適 否 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えることから 水 が 汚 染 し 又 は 漏 れないように 的 確 に 管 理 を 行 うことが 必 要 である 2 給 水 装 置 は 水 道 使 用 者 等 が

More information

3. 組 成 成 分 情 報 単 一 製 品 混 合 物 の 区 別 : 混 合 物 (20% 塩 化 チタン(Ⅲ)の 希 塩 酸 溶 液 ) 化 学 名 : 塩 化 チタン(Ⅲ) 溶 液 ( 別 名 ) 三 塩 化 チタン 溶 液 ( 英 名 )Titanium(Ⅲ) choride soutio

3. 組 成 成 分 情 報 単 一 製 品 混 合 物 の 区 別 : 混 合 物 (20% 塩 化 チタン(Ⅲ)の 希 塩 酸 溶 液 ) 化 学 名 : 塩 化 チタン(Ⅲ) 溶 液 ( 別 名 ) 三 塩 化 チタン 溶 液 ( 英 名 )Titanium(Ⅲ) choride soutio 安 全 データシート(SDS) 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 等 のコード : 2020-5250 昭 和 化 学 株 式 会 社 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 本 町 4-3-8 担 当 TEL(03)3270-2701 FAX(03)3270-2720 緊 急 連 絡 同 上 改 訂 平 成 26 年 10 月 21 日 SDS 整 理 番 号 20205250 製 品 等

More information

3 技術資料

3 技術資料 3-2 東 京 都 における 制 度 住 民 が 地 域 社 会 における 生 活 環 境 の 保 全 のために 企 業 に 対 して 公 害 防 止 をはじめとす る 々の 要 求 を 行 うことは いわば 住 民 の 基 本 的 な 権 利 です また 企 業 が 地 域 において 安 定 な 事 業 活 動 を 行 うには 公 害 防 止 や 環 境 管 理 に 関 する 活 動 について 住

More information

第 2-2 表 耐 火 構 造 等 に 必 要 な 性 能 に 関 する 技 術 的 基 準 構 造 の 種 類 部 分 火 災 の 種 類 時 間 要 件 1 時 間 を 基 本 とし 建 耐 力 壁 柱 床 はり 屋 根 階 段 耐 火 構 造 ( 令 第 107 条 ) 壁 床 外 壁 屋 根

第 2-2 表 耐 火 構 造 等 に 必 要 な 性 能 に 関 する 技 術 的 基 準 構 造 の 種 類 部 分 火 災 の 種 類 時 間 要 件 1 時 間 を 基 本 とし 建 耐 力 壁 柱 床 はり 屋 根 階 段 耐 火 構 造 ( 令 第 107 条 ) 壁 床 外 壁 屋 根 第 2 建 築 物 構 造 1 構 造 (1) 主 要 構 造 部 ア 耐 火 構 造 ( 建 基 法 第 2 条 第 7 号 ) 壁 柱 床 その 他 の 建 築 物 の 部 分 の 構 造 のうち 耐 火 性 能 ( が 終 了 するまでの 間 当 該 火 災 による 建 築 物 の 倒 壊 及 び 延 焼 を 防 止 するために 当 該 建 築 物 の 部 分 に 必 要 とされる 性 能 をいう

More information

輸出用フマキラーベープマットf

輸出用フマキラーベープマットf 2014 年 1 月 27 日 ( 第 2 版 ) 1/5 安 全 データシート 作 成 日 ( 初 版 ) 改 訂 日 ( 第 2 版 ) 2011 年 12 月 27 日 2014 年 1 月 27 日 1. 及 び 会 社 情 報 名 スキンベープミスト 200mL スキンベープミスト ハローキティ 200mL ( 販 売 名 :スキンベープB2) 会 社 名 フマキラー 株 式 会 社 所

More information

安 全 データシート(SDS) 1/4 作 成 日 :2013( 平 成 25 年 )12 月 17 日 ( 改 訂 0) 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 :1)ステンレス 鋼 製 差 し 込 み 溶 接 継 手 突 合 せ 溶 接 継 手 溶 接 フランジ 参 考 規 格 ( 以

安 全 データシート(SDS) 1/4 作 成 日 :2013( 平 成 25 年 )12 月 17 日 ( 改 訂 0) 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 :1)ステンレス 鋼 製 差 し 込 み 溶 接 継 手 突 合 せ 溶 接 継 手 溶 接 フランジ 参 考 規 格 ( 以 お 取 引 先 様 各 位 平 成 25 年 12 月 R1 イハラサイエンス 株 式 会 社 特 定 化 学 物 質 へのコバルト 追 加 指 定 とその 対 応 について 拝 啓 時 下 益 々 御 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 又 平 素 は 格 別 の 御 高 配 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げ ます さて 労 働 安 全 衛 生 法 施 行 令 の 一 部 改 正

More information

5 法 第 32 条 の 規 定 が 適 用 される 電 気 設 備 6 法 第 33 条 の 規 定 が 適 用 される 避 雷 設 備 電 気 設 備 の 構 造 詳 細 図 付 近 見 取 図 二 面 以 上 の 立 面 図 小 屋 伏 図 避 雷 設 備 の 構 造 詳 細 図 避 雷 設

5 法 第 32 条 の 規 定 が 適 用 される 電 気 設 備 6 法 第 33 条 の 規 定 が 適 用 される 避 雷 設 備 電 気 設 備 の 構 造 詳 細 図 付 近 見 取 図 二 面 以 上 の 立 面 図 小 屋 伏 図 避 雷 設 備 の 構 造 詳 細 図 避 雷 設 1 建 築 設 備 第 1 条 の3 第 4 項 ( 建 築 物 の 計 画 に 建 築 設 備 が 含 まれる 場 合 の 確 認 申 請 ) 表 1 い 法 第 28 条 第 2 項 から 第 4 項 までの 規 定 が 適 用 され る 換 気 設 備 ( 居 室 の 採 光 及 び 換 気 ) 換 気 設 備 の 使 用 材 料 2 法 第 28 条 の2 第 3 号 の 規 定 が 適 用

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139303731318A7795948C9A95A889FC8F43984A88C0836083468362834E8356815B83672E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139303731318A7795948C9A95A889FC8F43984A88C0836083468362834E8356815B83672E646F63> 平 成 19 年 7 月 版 安 全 衛 生 チェックリスト 総 務 部 労 務 課 安 全 衛 生 係 学 部 名 棟 名 称 階 室 名 室 番 記 入 者 氏 名 記 入 日 該 当 記 入 文 字 : 対 応 済 項 目 マーク: 未 対 応 項 目 X マーク 第 1 章 実 験 室 等 の 安 全 衛 生 チェック 1. 化 学 物 質 ( 化 学 的 危 険 等 ) 等 を 取 り 扱

More information

Microsoft Word - 成田市給水装置工事施行基準(H27改定版)(黒)

Microsoft Word - 成田市給水装置工事施行基準(H27改定版)(黒) 第 7 章 維 持 管 理 138 第 7 章 維 持 管 理 7.1 維 持 管 理 給 水 装 置 はお 客 様 ( 需 要 者 )に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 であり 給 水 装 置 の 的 確 な 維 持 管 理 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えるため 水 を 汚 染 し 又 は 漏 水 のない よう 随 時 又 は 定 期 的 に 行 うこと 給

More information

MSDS - INK HEAD CLEANING SOLUTION_ref 5096.indd

MSDS - INK HEAD CLEANING SOLUTION_ref 5096.indd MSDS MATERIAL SAFETY DATA SHEET 安 全 データシート 指 令 CEE 201/58 MSDS n 38 改 訂 : 30/06/2010 製 品 1. 製 品 および 会 社 情 報 製 品 名 : INKJET HEAD CLEANING SOLUTION - Ref: 5096 Product application : JET series 製 造 元 / 供

More information

           目    次

           目    次 第 10 章 維 持 管 理 第 10 章 維 持 管 理 1 給 水 装 置 の 維 持 管 理 給 水 装 置 は 年 月 の 経 過 に 伴 う 材 質 の 劣 化 により 故 障 漏 水 等 の 事 故 が 発 生 す ることがある 事 故 を 未 然 に 防 止 するため 又 は 最 小 限 に 抑 えるためには 維 持 管 理 を 行 うことが 重 要 である (1) 給 水 装 置 工

More information

1. 簡 易 専 用 水 道 とは 水 道 事 業 者 から 供 給 を 受 ける 水 のみが 水 源 であり マンションや 大 型 店 舗 など 受 水 槽 を 経 由 して 建 物 に 水 道 水 を 供 給 する 施 設 ( 貯 水 槽 水 道 )のうち 受 水 槽 の 有 効 容 量 の 合

1. 簡 易 専 用 水 道 とは 水 道 事 業 者 から 供 給 を 受 ける 水 のみが 水 源 であり マンションや 大 型 店 舗 など 受 水 槽 を 経 由 して 建 物 に 水 道 水 を 供 給 する 施 設 ( 貯 水 槽 水 道 )のうち 受 水 槽 の 有 効 容 量 の 合 太 田 市 簡 易 専 用 水 道 の 手 引 き 問 い 合 わせ 先 太 田 市 役 所 環 境 政 策 課 電 話 : 0276-47-1893 FAX : 0276-47-1881 1. 簡 易 専 用 水 道 とは 水 道 事 業 者 から 供 給 を 受 ける 水 のみが 水 源 であり マンションや 大 型 店 舗 など 受 水 槽 を 経 由 して 建 物 に 水 道 水 を 供 給

More information

神戸市防火基準適合表示要綱

神戸市防火基準適合表示要綱 防 火 基 準 適 合 表 示 制 度 実 施 要 綱 運 用 要 領 第 1 目 的 ( 第 1 条 関 係 ) この 要 領 は 防 火 基 準 適 合 表 示 制 度 実 施 要 綱 ( 以 下 実 施 要 綱 という )の 運 用 について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 第 2 表 示 対 象 物 の 範 囲 ( 第 2 条 関 係 ) 1 ホテル 旅 館 等 ( 消 防 法

More information

5. 火 災 時 の 措 置 消 火 剤 : 周 辺 の 貯 蔵 品 に 適 用 される 消 火 剤 消 火 を 行 う 者 の 保 護 : 適 切 な 保 護 具 を 着 用 し 安 全 な 場 所 から 消 火 活 動 を 行 う 6. 漏 出 時 の 措 置 人 体 に 対 する 注 意 事

5. 火 災 時 の 措 置 消 火 剤 : 周 辺 の 貯 蔵 品 に 適 用 される 消 火 剤 消 火 を 行 う 者 の 保 護 : 適 切 な 保 護 具 を 着 用 し 安 全 な 場 所 から 消 火 活 動 を 行 う 6. 漏 出 時 の 措 置 人 体 に 対 する 注 意 事 安 全 データシート 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 製 品 番 号 :AB5174 PURIFIED POLYCLONAL ANTIBODY 製 品 和 名 :RABBIT ANTI-Kv1.1, VOLTAGE GATED POTASSIUM CHANNEL AFFINITY PURIFIED POLYCLONAL ANTIBODY 会 社 名 :メルク 株 式 会 社 住 所 : 東

More information

注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 引 火 性 の 高 い 液 体 及 び 蒸 気 吸 入 すると 有 害 重 篤 な 眼 への 刺 激 生 殖 能 または 胎 児 への 悪 影 響 のおそれ 水 生 生 物 に 毒 性 単 回 長 期 または 反 復 暴 露 による 臓

注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 引 火 性 の 高 い 液 体 及 び 蒸 気 吸 入 すると 有 害 重 篤 な 眼 への 刺 激 生 殖 能 または 胎 児 への 悪 影 響 のおそれ 水 生 生 物 に 毒 性 単 回 長 期 または 反 復 暴 露 による 臓 作 成 日 平 成 26 年 5 月 14 日 安 全 データシート SDS 1 製 品 及 び 会 社 情 報 2 危 険 有 害 性 の 要 約 GHS 分 類 製 品 名 : 製 品 コード: 会 社 名 : 住 所 : 担 当 部 門 : 担 当 者 名 : 電 話 番 号 : 06-6301-4631 緊 急 時 の 電 話 番 号 06-6301-4631 ファックス 番 号 : 06-6306-0831

More information

Ⅰ 交 通 法 規 (40 問 ) 次 の 設 問 について 正 しいと 思 うものについては 解 答 用 紙 の の 欄 に 誤 っていると 思 うもの については 解 答 用 紙 の の 欄 に マークを 付 けなさい 問 1. 車 両 通 行 帯 が 設 けられていない 道 路 を 通 行 中

Ⅰ 交 通 法 規 (40 問 ) 次 の 設 問 について 正 しいと 思 うものについては 解 答 用 紙 の の 欄 に 誤 っていると 思 うもの については 解 答 用 紙 の の 欄 に マークを 付 けなさい 問 1. 車 両 通 行 帯 が 設 けられていない 道 路 を 通 行 中 第 44 回 全 国 トラックドライバー コンテスト 学 科 競 技 問 題 用 紙 ( 制 限 時 間 :60 分 間 ) 平 成 24 年 10 月 27 日 実 施 注 意 事 項 1 2 3 解 答 はすべて 別 紙 の 解 答 用 紙 (マークシート 方 式 )に 記 入 すること 解 答 用 紙 (マークシート 方 式 )は 鉛 筆 を 使 用 して 必 要 な 箇 所 にマークし 誤

More information

Microsoft Word - SDS No.1-6

Microsoft Word - SDS No.1-6 1/7 安 全 データシート [SDS No. 1-6] 作 成 日 :1993 年 04 月 01 日 改 訂 日 :2016 年 07 月 01 日 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 製 品 名 :エレファクスエッチ 液 Fエッチ 液 会 社 情 報 会 社 名 : 岩 崎 通 信 機 株 式 会 社 住 所 : 東 京 都 杉 並 区 久 我 山 1-7-41

More information

Microsoft PowerPoint - 06床・床材料

Microsoft PowerPoint - 06床・床材料 床 の 機 能 床 床 材 料 野 口 貴 文 構 築 機 能 積 載 荷 重 の 支 持 振 動 などの 障 害 に 対 する 十 分 な 耐 力 居 住 機 能 人 に 対 する 安 全 性 快 適 性 下 階 に 対 する 防 音 防 振 防 水 精 密 機 器 に 対 する 障 害 防 止 床 に 対 する 要 求 条 件 床 に 対 する 要 求 と 材 料 性 能 (1) 安 全 性 居

More information

<826C827282638272816990AE82528253816A8250824F825382532E786C7378>

<826C827282638272816990AE82528253816A8250824F825382532E786C7378> ページ 1/7 SECTION1: 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 製 品 の 用 途 フリーズショック ラストリムーバー 自 動 車 用 急 冷 衝 撃 サビ 取 り 剤 安 全 データシートの 通 知 者 の 詳 細 輸 入 販 売 会 社 の 詳 細 会 社 名 CTP-GmbH 会 社 名 Matsuura Construction Co.,Ltd. 住 所 ( 国 ) ドイツ

More information

直 ちに 飛 行 停 止 飛 行 制 限 その 他 の 適 切 な 措 置 をとるとともに 当 該 措 置 の 内 容 を 防 衛 大 臣 に 報 告 しなければならない 3 幕 僚 長 等 は 第 1 項 又 は 前 項 の 措 置 の 全 部 又 は 一 部 を 解 除 したときは 直 ちに そ

直 ちに 飛 行 停 止 飛 行 制 限 その 他 の 適 切 な 措 置 をとるとともに 当 該 措 置 の 内 容 を 防 衛 大 臣 に 報 告 しなければならない 3 幕 僚 長 等 は 第 1 項 又 は 前 項 の 措 置 の 全 部 又 は 一 部 を 解 除 したときは 直 ちに そ 防 衛 庁 訓 令 第 32 号 自 衛 隊 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 165 号 ) 第 107 条 第 5 項 の 規 定 に 基 づき 航 空 機 の 安 全 性 の 確 保 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 平 成 7 年 4 月 17 日 防 衛 庁 長 官 玉 沢 徳 一 郎 航 空 機 の 安 全 性 の 確 保 に 関 する 訓 令 改 正 平 成 19

More information

(2)その 他 項 目 1 施 設 内 外 の 定 期 清 掃 及 び 環 境 整 備 等 業 務 2 完 成 図 書 及 び 関 係 貸 与 書 類 の 保 管 及 び 台 帳 作 成 業 務 3 休 日 夜 間 等 の 連 絡 業 務 4 警 報 発 報 時 火 災 大 雨 及 び 台 風 等

(2)その 他 項 目 1 施 設 内 外 の 定 期 清 掃 及 び 環 境 整 備 等 業 務 2 完 成 図 書 及 び 関 係 貸 与 書 類 の 保 管 及 び 台 帳 作 成 業 務 3 休 日 夜 間 等 の 連 絡 業 務 4 警 報 発 報 時 火 災 大 雨 及 び 台 風 等 伊 賀 市 浄 化 センター 第 1 処 理 場 委 託 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 伊 賀 市 ( 以 下 市 という ) 浄 化 センター 第 1 処 理 場 の 運 転 管 理 業 務 に 関 し 適 正 に 委 託 業 務 を 行 うため 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とする ( 業 務 の 名 称 及 び 履 行

More information

中部析水苑他運転管理業務委託特記仕様書

中部析水苑他運転管理業務委託特記仕様書 姫 路 市 コミュニティ プラント 等 運 転 管 理 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 姫 路 市 下 水 道 管 理 センター 姫 路 市 コミュニティ プラント 等 運 転 管 理 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 仕 様 書 は 姫 路 市 が 発 注 するコミュニティ プラント 上 菅 処 理 場 城 山 浄 化 センター 及 びマ

More information

の 流 出 が 妨 げられないようにするこ (6) 加 湿 水 の 補 給 水 槽 がある 場 合 には, 定 期 的 に 清 掃 するこ (7) 気 化 式 加 湿 器 については, 加 湿 材 の 汚 れ 及 び 加 湿 能 力 を 点 検 し, 必 要 に 応 じて 洗 浄 又 は 交 換 を

の 流 出 が 妨 げられないようにするこ (6) 加 湿 水 の 補 給 水 槽 がある 場 合 には, 定 期 的 に 清 掃 するこ (7) 気 化 式 加 湿 器 については, 加 湿 材 の 汚 れ 及 び 加 湿 能 力 を 点 検 し, 必 要 に 応 じて 洗 浄 又 は 交 換 を 別 添 茨 城 県 建 築 物 環 境 衛 生 維 持 管 理 要 領 第 1 空 気 環 境 の 調 整 1 空 気 調 和 設 備 等 の 運 転 操 作 空 気 調 和 設 備 等 ( 空 気 調 和 設 備 又 は 機 械 換 気 設 備 をいう )の 運 転 操 作 については, 気 象 条 件, 各 居 室 の 使 用 状 況, 過 去 における 空 気 環 境 の 測 定 結 果 等

More information

消防法等施行細則(H26.8.1改正後HP掲載用全文)

消防法等施行細則(H26.8.1改正後HP掲載用全文) 消 防 法 等 施 行 細 則 昭 和 48 年 7 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 1 号 改 正 昭 和 50 年 4 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 2 号 昭 和 55 年 5 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 1 号 昭 和 59 年 4 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 2 号 平 成 2 年 5 月 23 日 消 防 組 合 規 則 第 1 号 平 成 4

More information

Microsoft Word jis.rtf

Microsoft Word jis.rtf 1/8 作 成 日 : 2015 年 02 月 16 日 安 全 データシート 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 : 製 品 名 称 : アリルアルコール 製 品 番 号 (SDS NO) : 65020jis_J-1 供 給 者 情 報 詳 細 供 給 者 : 純 正 化 学 株 式 会 社 住 所 : 埼 玉 県 越 谷 市 大 間 野 町 1-6 担 当 部 署

More information

Microsoft Word - 第3回模擬問題.doc

Microsoft Word - 第3回模擬問題.doc 第 3 種 電 力 第 2 回 A 問 題 ( 配 点 は1 問 題 当 たり5 点 ) 問 1 最 大 使 用 水 量 20[m 3 /s], 総 落 差 110[m], 損 失 落 差 10[m]の 水 力 発 電 所 がある. 年 平 均 使 用 水 量 を 最 大 使 用 水 量 の65[%]とするとき,この 発 電 所 の 年 間 発 電 電 力 量 [GWh]の 値 として, 最 も 近

More information

官 報 公 示 整 理 番 号 官 報 公 示 整 理 番 号 化 学 名 又 は 一 般 名 含 有 率 化 学 式 ( 化 審 法 ) ( 安 衛 法 ) CAS 番 号 EC 番 号 水 酸 化 カリウム 3.3% KOH (1)-369 公 表 メタノ

官 報 公 示 整 理 番 号 官 報 公 示 整 理 番 号 化 学 名 又 は 一 般 名 含 有 率 化 学 式 ( 化 審 法 ) ( 安 衛 法 ) CAS 番 号 EC 番 号 水 酸 化 カリウム 3.3% KOH (1)-369 公 表 メタノ 安 全 データシート 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 製 品 番 号 :109351 製 品 和 名 : 水 酸 化 カリウムメタノール 溶 液 c(koh) = 0.5 mol/l (0.5 N) チトリピュア 会 社 名 :メルク 株 式 会 社 住 所 : 東 京 都 目 黒 区 下 目 黒 1-8-1 アルコタワー 製 品 取 扱 部 門 :メルクミリポア 事 業 本 部 MSDS

More information

アルカリ 骨 材 反 応 コンクリートの 劣 化 要 因 セメントペースト 中 の 微 細 な 孔 に 存 在 する 高 いアルカリ 濃 度 の 水 酸 化 溶 液 と 骨 材 中 に 含 まれるシリカ 成 分 が 反 応 し ゲルが 生 成 生 成 したゲルは コンクリート 中 や 外 気 の 水

アルカリ 骨 材 反 応 コンクリートの 劣 化 要 因 セメントペースト 中 の 微 細 な 孔 に 存 在 する 高 いアルカリ 濃 度 の 水 酸 化 溶 液 と 骨 材 中 に 含 まれるシリカ 成 分 が 反 応 し ゲルが 生 成 生 成 したゲルは コンクリート 中 や 外 気 の 水 無 機 リチウム 系 ミックスタイプ 浸 透 シーラ コンクリートキーパー 説 明 資 料 営 業 担 当 : 津 波 直 樹 TEL:098-878-7878 FAX:098-870-1587 1 アルカリ 骨 材 反 応 コンクリートの 劣 化 要 因 セメントペースト 中 の 微 細 な 孔 に 存 在 する 高 いアルカリ 濃 度 の 水 酸 化 溶 液 と 骨 材 中 に 含 まれるシリカ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6328FCD5F8E968BC682CC96DA93498B7982D193E097652E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6328FCD5F8E968BC682CC96DA93498B7982D193E097652E646F6378> 第 2 章 事 業 の 目 的 及 び 内 容 第 2 章 事 業 の 目 的 及 び 内 容 2.1 事 業 の 目 的 我 が 国 のエネルギー 政 策 のグランドデザインは 慎 重 に 描 く 必 要 性 がある 一 方 で 国 内 の 電 力 需 給 は 今 後 数 年 間 厳 しい 状 況 が 継 続 する 見 通 しであり 一 日 も 早 い 新 規 電 源 の 開 発 が 求 められている

More information

Microsoft Word - h4ki26.htm

Microsoft Word - h4ki26.htm 消 防 危 第 26 号 平 成 4 年 3 月 25 日 各 都 道 府 県 消 防 主 管 部 長 殿 消 防 庁 危 険 物 規 制 課 長 内 燃 機 関 を 原 動 機 とする 加 圧 送 水 装 置 の 構 造 及 び 性 能 の 基 準 について( 通 知 ) 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 第 20 条 の 規 定 に 基 づき 製 造 所 等 に 設 ける 消 火 設

More information

Microsoft Word - minifile-1976-2010.doc

Microsoft Word - minifile-1976-2010.doc ミニファイル:1976 年 ~2010 年 1976 年 1977 年 1977 年 1978 年 1979 年 1980 年 標 準 の 話 化 合 物 命 名 法 試 薬 標 準 試 料 公 定 分 析 法 海 外 の 標 準 公 定 分 析 法 単 位 と 標 準 の 歩 み 正 式 名 とは 何 か 日 本 における 公 定 試 薬 規 格 有 機 分 析 用 標 準 試 料 大 気 汚 染

More information

Microsoft Word - 漬物の衛生規範

Microsoft Word - 漬物の衛生規範 漬 物 の 衛 生 規 範 ( 平 成 24 年 10 月 12 日 改 正 ) 第 1 目 的 及 び 趣 旨 本 規 範 は 漬 物 に 係 る 衛 生 上 の 危 害 の 発 生 を 防 止 するため その 原 材 料 の 受 入 れから 製 品 の 販 売 までの 各 工 程 における 取 扱 い 等 の 指 針 を 示 し 漬 物 に 関 する 衛 生 の 確 保 及 び 向 上 を 図

More information

(3) 冷 却 塔 管 理 の 調 査 現 状 の 冷 却 塔 の 洗 浄 方 法 洗 浄 回 数 薬 注 の 有 無 薬 注 している 場 合 はその 目 的 を 調 べる ま たレジオネラ 属 菌 検 査 の 状 況 およびその 結 果 を 調 べ 記 録 する 22

(3) 冷 却 塔 管 理 の 調 査 現 状 の 冷 却 塔 の 洗 浄 方 法 洗 浄 回 数 薬 注 の 有 無 薬 注 している 場 合 はその 目 的 を 調 べる ま たレジオネラ 属 菌 検 査 の 状 況 およびその 結 果 を 調 べ 記 録 する 22 図 1-Ⅱ-2 冷 却 塔 の 例 ( 左 : 開 放 型 右 : 密 閉 型 ) < 維 持 管 理 方 法 > 1. 維 持 管 理 の 留 意 点 建 築 物 の 冷 却 水 は 空 調 用 冷 凍 機 などの 熱 を 発 生 する 機 器 と 冷 却 塔 の 間 を 循 環 して 発 生 した 熱 を 冷 却 塔 から 放 出 するのに 用 いられる 冷 却 水 は 夏 期 に 水 温 25~35

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 富 里 市 地 域 防 災 計 画 大 規 模 事 故 編 平 成 26 年 修 正 富 里 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 論 第 1 節 計 画 の 方 針 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 対 象 1 第 3 計 画 の 修 正 1 第 2 節 対 策 の 基 本 方 針 2 第 1 対 策 の 実 施 者 及 び 役 割 2 第 2 市 の 配 備 体 制

More information

日本水処理工業株式会社

日本水処理工業株式会社 価 値 のあるサービスエンジニア 日 本 水 処 理 工 業 株 式 会 社 1 エアコン 洗 浄 を 取 り 巻 く 環 境 エアコン 洗 浄 の 需 要 は 高 まっている 室 内 環 境 向 上 省 エネ 対 策 ( 事 業 としての 確 立 ) エンドユーザーでのエアコン 洗 浄 認 知 (ハウスクリーニング 業 界 でのコマーシャリング) 修 理 として 洗 浄 ( 顧 客 ニーズは 喚

More information

<8E518D6C8E9197BF2E786477>

<8E518D6C8E9197BF2E786477> 参 考 1 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 123 2 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 施 行 令 ( 抄 ) 140 3 愛 知 県 石 油 コンビナート 等 防 災 本 部 条 例 154 4 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 第 28 条 第 5 項 第 6 号 の 規 定 に 基 づく 市 町 村 の 指 定 155 5 愛 知 県 石 油 コンビナート

More information

<8E7B8D738AEE8F80955C8E86814597A0955C8E862E786C73>

<8E7B8D738AEE8F80955C8E86814597A0955C8E862E786C73> 第 14 章 維 持 管 理 第 14 章 維 持 管 理 14.1 給 水 装 置 の 維 持 管 理 14.1.1 基 本 事 項 1. 水 道 使 用 者 等 は 水 が 汚 染 又 は 漏 水 しないように 給 水 装 置 を 管 理 し 異 常 を 認 めたときは 直 ちに 管 理 者 に 届 け 出 なければならない ( 給 水 条 例 第 21 条 第 1 項 ) 2. 前 項 において

More information

平成28年度 南但広域行政事務組合・一般廃棄物処理実施計画

平成28年度 南但広域行政事務組合・一般廃棄物処理実施計画 平 成 28 年 度 一 般 廃 棄 物 (ごみ) 処 理 実 施 計 画 書 平 成 28 年 3 月 31 日 第 1 版 平 成 28 年 3 月 南 但 広 域 行 政 事 務 組 合 平 成 28 年 度 一 般 廃 棄 物 (ごみ) 処 理 実 施 計 画 平 成 28 年 3 月 1 基 本 的 事 項 (1) 計 画 区 域 南 但 地 域 全 域 ( 養 父 市 朝 来 市 の 全

More information

瀬戸内市消防訓令第  号

瀬戸内市消防訓令第  号 〇 うるま 市 防 火 対 象 物 防 火 基 準 適 合 表 示 制 度 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 告 示 は ホテル 旅 館 等 不 特 定 多 数 の 者 を 収 容 する 防 火 対 象 物 の 防 火 安 全 対 策 の 重 要 性 に 鑑 み 防 火 対 象 物 の 関 係 者 の 防 火 に 対 する 認 識 を 高 め 防 火 管 理 業 務 の 適 正 化

More information

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 衛 生 管 理 センター 適 正 管 理 計 画 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 アルミニウム 及 びその 化 合 物 TKフロック 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

2/8 注 意 書 き: 原 料 および 加 工 で 生 じる 粉 塵 等 安 全 対 策 使 用 前 に 安 全 パンフレットを 入 手 し 参 照 す ること すべての 安 全 注 意 を 読 み 理 解 するまで 取 扱 わないこと 適 切 な 個 人 用 保 護 具 や 換 気 装 置 を

2/8 注 意 書 き: 原 料 および 加 工 で 生 じる 粉 塵 等 安 全 対 策 使 用 前 に 安 全 パンフレットを 入 手 し 参 照 す ること すべての 安 全 注 意 を 読 み 理 解 するまで 取 扱 わないこと 適 切 な 個 人 用 保 護 具 や 換 気 装 置 を 1/8 安 全 データシート(SDS) 作 成 改 訂 2003 年 04 月 10 日 2013 年 04 月 27 日 製 品 名 セラミック( 酸 化 アルミニウム 炭 化 チタン 系 ) 1. 化 学 物 質 等 および 会 社 情 報 製 品 化 学 物 質 等 の 名 称 : セラミック 被 覆 セラミック セラミック 工 具 被 覆 セラミック 工 具 ( 酸 化 アルミニウム 炭 化

More information

Microsoft Word - 1234yf_JFMA20110713 by HON.doc

Microsoft Word - 1234yf_JFMA20110713 by HON.doc HFO-1234yf 2011 年 7 月 13 日 Page 1 of 8 化 学 物 質 等 安 全 データシート(MSDS) 作 成 2010 年 12 月 24 日 改 定 2011 年 6 月 6 日 最 新 改 定 2011 年 7 月 13 日 1. 化 学 物 質 等 及 び 情 報 提 供 者 化 学 物 質 等 の 名 称 :HFO-1234yf (2,3,3,3-テトラフルオロ-1-プロペン)

More information

して 生 長 し 増 殖 していく この 過 程 で 次 のような 化 学 式 により 硫 化 物 が 生 成 されてくる CH 3 COO - ( 酢 酸 )+ ( 硫 酸 イオン) 2HCO 3 - +HS - このことから 硫 酸 塩 還 元 菌 の 生 育 条 件 は 一 般 的 には1 硫

して 生 長 し 増 殖 していく この 過 程 で 次 のような 化 学 式 により 硫 化 物 が 生 成 されてくる CH 3 COO - ( 酢 酸 )+ ( 硫 酸 イオン) 2HCO 3 - +HS - このことから 硫 酸 塩 還 元 菌 の 生 育 条 件 は 一 般 的 には1 硫 廃 棄 物 埋 立 地 から 発 生 する 硫 化 水 素 とその 対 策 - 埼 玉 の 環 境 と 地 域 産 業 を 見 据 えた 埋 立 工 法 の 開 発 に 向 けて- 廃 棄 物 管 理 担 当 小 野 雄 策 1 廃 棄 物 埋 立 地 における 硫 化 水 素 問 題 最 近 廃 棄 物 最 終 処 分 場 において 発 生 した によって 処 分 場 の 作 業 員 が 死 亡

More information

第 5 章 配 管 工 事 第 節 配 管 基 準 事 1 給 水 管 及 給 水 用 具 最 終 水 機 構 流 出 側 設 置 給 水 用 具 耐 圧 性 能 有 用 い 省 第 条 第 2 減 圧 弁 逃 弁 逆 弁 空 気 弁 及 電 磁 弁 耐 久 性 能 有 用 い 省 第 条 3 家 屋 主 配 管 配 管 経 路 い 構 物 通 過 避 等 漏 水 時 修 理 容 易 行 う う

More information

2 高 圧 ガス 要 件 車 両 の 種 項 目 品 名 積 載 数 量 容 器 の 内 容 積 その 他 亜 酸 化 窒 素 及 圧 縮 ガ ス の 120 リットル アセチレン び 四 輪 以 上 の 場 合 は ガス 未 満 アンモニア 小 型 自 容 積 60 立 方 エタン メ ー ト ル

2 高 圧 ガス 要 件 車 両 の 種 項 目 品 名 積 載 数 量 容 器 の 内 容 積 その 他 亜 酸 化 窒 素 及 圧 縮 ガ ス の 120 リットル アセチレン び 四 輪 以 上 の 場 合 は ガス 未 満 アンモニア 小 型 自 容 積 60 立 方 エタン メ ー ト ル 別 表 2( 通 行 制 限 品 目 ) 1 薬 及 びがん 具 煙 車 両 の 種 項 目 品 名 積 載 数 量 その 他 黒 色 薬 及 10 キログラム 以 下 薬 取 締 法 その 他 関 無 煙 薬 び 四 輪 以 上 の 係 法 令 に 定 を その 他 薬 取 締 法 に 小 型 自 遵 守 す 規 定 する 薬 薬 爆 薬 工 品 が 煙 ん 具 カーリット 硝 安 爆 薬 ダイナマイト

More information

2 / 5 4. 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 皮 膚 に 付 着 した 場 合 目 に 入 った 場 合 飲 み 込 んだ 場 合 応 急 措 置 をする 者 の 保 護 5. 火 災 時 の 措 置 消 火 剤 使 ってはならない 消 火 剤 特 有 の 消 火 方 法 消 火 を 行

2 / 5 4. 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 皮 膚 に 付 着 した 場 合 目 に 入 った 場 合 飲 み 込 んだ 場 合 応 急 措 置 をする 者 の 保 護 5. 火 災 時 の 措 置 消 火 剤 使 ってはならない 消 火 剤 特 有 の 消 火 方 法 消 火 を 行 1 / 5 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 安 全 データシート 製 品 名 RDF-F1/FX KIT (F) PART B 用 途 医 療 用 X-レイ 処 理 剤 テ ンタルF1/FX 用 処 理 液 キット 定 着 液 B 液 ; 内 容 量 約 125ml X 2 会 社 名 住 所 106-8620 東 京 都 港 区 西 麻 布 2-26-30 担 当 部 門 富 士 フイルムメディカル

More information

<4D F736F F D C835894AD955C8E9197BF81698F4390B394C5816A2E646F63>

<4D F736F F D C835894AD955C8E9197BF81698F4390B394C5816A2E646F63> ドライクリーニング 工 場 に 係 る 調 査 状 況 並 びに 引 火 性 溶 剤 を 用 いるドライクリーニング 工 場 に 係 る 建 築 基 準 法 用 途 規 制 違 反 への 対 応 及 び 同 法 第 48 条 の 規 定 に 基 づく 許 可 の 運 用 に 関 する 技 術 的 助 言 について 平 成 22 年 9 月 10 日 国 土 交 通 省 引 火 性 溶 剤 を 用 いるドライクリーニング

More information

(Microsoft Word - \216O\203t\203b\211\273\203z\203E\221f doc)

(Microsoft Word - \216O\203t\203b\211\273\203z\203E\221f doc) TKSD-40308G 1/7 安 全 データシート 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 : 三 フッ 化 ホウ 素 化 学 名 : 三 フッ 化 ホウ 素 / BF 3 ガスコード : 308 会 社 名 : 高 千 穂 化 学 工 業 株 式 会 社 住 所 : 150-0012 東 京 都 渋 谷 区 広 尾 1 丁 目 4 番 地 6 号 担 当 部 門 : 品

More information

Microsoft PowerPoint - 白黒ビル管講習会資料.ppt[読み取り専用]

Microsoft PowerPoint - 白黒ビル管講習会資料.ppt[読み取り専用] 特 定 建 築 物 における 加 湿 について 東 京 都 特 別 区 第 4ブロック 平 成 19 年 度 ビル 衛 生 管 理 講 習 会 平 成 20 年 1 月 31 日 本 日 の 内 容 1 加 湿 の 必 要 性 2 湿 度 不 足 の 原 因 対 応 3 加 湿 器 の 維 持 管 理 4 加 湿 器 リニューアル 事 例 空 気 調 和 と 加 湿 器 空 気 調 和 とは 温 度

More information

1

1 -------------------------------------------------------------------------------- 別 添 5-4 事 後 調 査 の 計 画 -------------------------------------------------------------------------------- 1 事 後 調 査 項 目 の 選

More information

快報 風険消息2016年2月10日号_8.12天津爆発事故の事故調査報告書の内容について

快報 風険消息2016年2月10日号_8.12天津爆発事故の事故調査報告書の内容について -China Risk Flash - 快 報 風 險 消 息 三 井 住 友 海 上 火 災 保 険 ( 中 国 ) 有 限 公 司 インターリスク 上 海 < 瑛 得 管 理 諮 詢 ( 上 海 ) 有 限 公 司 快 報 風 険 消 息 は 中 国 に 拠 点 をお 持 ちの 企 業 の 皆 様 にお 届 けするリスク 情 報 誌 中 国 風 険 消 息 の 速 報 版 です 2016 年 2

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169955C8E869574816A89768FE992AC82CC926E8BE68C7689E68DF492E88AEE967B95FB906A81458C7689E68AEE8F802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169955C8E869574816A89768FE992AC82CC926E8BE68C7689E68DF492E88AEE967B95FB906A81458C7689E68AEE8F802E646F63> 熊 本 都 市 計 画 区 域 における 益 城 町 の 市 街 化 調 整 区 域 地 区 計 画 策 定 基 本 方 針 計 画 基 準 平 成 20 年 9 月 ( 平 成 22 年 7 月 一 部 改 正 ) ( 平 成 24 年 11 月 一 部 改 正 ) 熊 本 都 市 計 画 区 域 における 益 城 町 の 市 街 化 調 整 区 域 地 区 計 画 策 定 基 本 方 針 計 画

More information

Ⅱ 大 豆 1 播 種 前 ほ 場 の 対 策 播 種 前 ほ 場 は 排 水 溝 を 設 置 し できるだけ 早 い 時 期 に 播 種 できるように す 2 播 種 後 出 芽 前 の 冠 水 による 発 芽 障 害 への 対 策 (1) 冠 水 時 間 と 発 芽 率 の 低 下 播 種 直

Ⅱ 大 豆 1 播 種 前 ほ 場 の 対 策 播 種 前 ほ 場 は 排 水 溝 を 設 置 し できるだけ 早 い 時 期 に 播 種 できるように す 2 播 種 後 出 芽 前 の 冠 水 による 発 芽 障 害 への 対 策 (1) 冠 水 時 間 と 発 芽 率 の 低 下 播 種 直 大 雨 時 の 農 作 物 被 害 軽 減 対 策 平 成 18 年 (2006 年 )6 月 26 日 農 業 振 興 課 Ⅰ 水 稲 1 大 雨 時 の 対 策 (1) 移 植 後 分 げつ 初 期 の 水 稲 は 深 水 となると 著 しい 分 げつ 抑 制 を 受 けるの で 深 水 状 態 が 長 く 続 かないようにす (2) 大 雨 が 予 想 される 場 合 は 除 草 剤 の 使

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208C9A927A95A882CC838C83578349836C838991CE8DF42E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208C9A927A95A882CC838C83578349836C838991CE8DF42E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 平 成 24 年 度 埼 玉 県 建 築 物 衛 生 管 理 研 修 会 日 時 : 平 成 25 年 2 月 4 日 ( 月 ) 場 所 : 埼 玉 会 館 小 ホール 彩 の 国 埼 玉 県 保 健 医 療 部 生 活 衛 生 課 埼 玉 県 のマスコット コバトン 1 開 会 平 成 24 年 度 埼 玉 県 建 築 物 衛 生 管 理 研 修 会 次 第 日 時 : 平 成 25 年 2

More information

歩 行 距 離 20m 以 下

歩 行 距 離 20m 以 下 歩 行 距 離 20m 以 下 1 2 4 3 5 6 8 7 9 蓄 圧 式 消 火 器 の 指 示 圧 力 計 緑 色 範 囲 NEW 水 系 消 火 器 粉 末 消 火 器 別 記 様 式 第 1 名 所 称 在 消 火 器 具 点 検 票 防 火 管 理 者 立 会 者 (その1) 点 検 種 別 機 器 点 検 点 検 年 月 日 年 月 日 ~ 年 月 日 資 格 番 号 社 名

More information

ロータリ 耕 起 と 同 様 に 作 業 後 雨 が 降 ると 播 種 作 業 が 困 難 になるので 播 種 同 時 作 業 が 望 ましい 4 播 種 (1) 播 種 期 近 年 品 種 の 早 生 化 地 球 温 暖 化 の 影 響 で 麦 の 播 種 適 期 は 以 前 より 遅 くなってい

ロータリ 耕 起 と 同 様 に 作 業 後 雨 が 降 ると 播 種 作 業 が 困 難 になるので 播 種 同 時 作 業 が 望 ましい 4 播 種 (1) 播 種 期 近 年 品 種 の 早 生 化 地 球 温 暖 化 の 影 響 で 麦 の 播 種 適 期 は 以 前 より 遅 くなってい Ⅱ 麦 栽 培 技 術 1 ほ 場 の 準 備 麦 類 は 元 来 乾 燥 した 気 候 に 適 した 畑 作 物 であるため 転 換 畑 では 栽 培 期 間 を 通 して 湿 害 が 最 大 の 減 収 要 因 である したがって 地 表 水 の 排 除 透 水 性 改 善 地 下 水 位 低 下 等 の 排 水 対 策 は 麦 類 の 安 定 栽 培 における 必 須 要 件 であり 前 述

More information

附 則 別 表 生 物 化 学 的 酸 素 要 求 量 化 学 的 酸 素 要 求 量 項 目 /16 甲 水 域 備 考 1 甲 水 域 とは 次 に 掲 げる 河 川 (その 支 派 川 を 含 む ) 及 びこれに 接 続 し 流 入 する 水 路 の 水 域 をいう 千 歳 川

附 則 別 表 生 物 化 学 的 酸 素 要 求 量 化 学 的 酸 素 要 求 量 項 目 /16 甲 水 域 備 考 1 甲 水 域 とは 次 に 掲 げる 河 川 (その 支 派 川 を 含 む ) 及 びこれに 接 続 し 流 入 する 水 路 の 水 域 をいう 千 歳 川 大 気 汚 染 防 止 法 第 4 条 第 1 項 の 規 定 による 排 出 基 準 及 び 水 質 汚 濁 防 止 法 第 3 条 第 3 項 の 規 定 による 排 水 基 準 を 定 める 条 例 ( 昭 和 46 年 月 15 日 条 例 第 5 号 ) 改 正 昭 和 48 年 月 19 日 条 例 第 59 号 昭 和 50 年 月 1 日 条 例 第 33 号 昭 和 55 年 3

More information

Microsoft Word - キシロール SDS-16.doc

Microsoft Word - キシロール SDS-16.doc 三 協 化 学 株 式 会 社 SDS キシロール 1 安 全 データシート(SDS) キシロール 作 成 日 2015 年 11 月 1 日 1. 化 学 物 質 等 及 び 会 社 情 報 化 学 物 質 等 の 名 称 :キシロール 会 社 名 住 所 : 三 協 化 学 株 式 会 社 : 461-0011 愛 知 県 名 古 屋 市 東 区 白 壁 4 丁 目 68 番 地 電 話 番 号

More information

食品表示法(生鮮食品)

食品表示法(生鮮食品) 研 修 会 資 料 3 食 品 表 示 法 ( 食 品 添 加 物 ) 茨 城 県 保 健 福 祉 部 生 活 衛 生 課 食 の 安 全 対 策 室 基 準 本 文 総 則 ( 第 1 章 ) 食 品 表 示 基 準 の 概 要 適 用 範 囲 ( 第 1 条 ) 定 義 ( 第 2 条 ) 食 品 区 分 ご と の 表 示 事 項 等 加 工 食 品 ( 第 2 章 ) 生 鮮 食 品 ( 第

More information

Microsoft Word - 温対編_1章_130531

Microsoft Word - 温対編_1章_130531 第 1 地 球 温 暖 化 問 題 と 我 が 国 の 現 状 地 球 温 暖 化 は 人 間 活 動 によって 大 気 中 の 二 酸 化 炭 素 など 温 室 効 果 ガスの 濃 度 が 増 加 し これに 伴 って 太 陽 からの 日 射 や 地 表 面 から 放 射 する 熱 の 一 部 がバランスを 超 えて 温 室 効 果 ガ スに 吸 収 されることにより 地 表 面 の 温 度 が

More information

L-Ascorbic acid(tsca 名 称 ) 成 分 及 び 含 有 量 : L(+)-アスコルビン 酸 99.0% 以 上 ( 乾 燥 後 ) 化 学 式 及 び 構 造 式 : C6H8O6 構 造 式 は 上 図 参 照 (1ページ 目 ) 分 子 量 : 176.13 官 報 公 示

L-Ascorbic acid(tsca 名 称 ) 成 分 及 び 含 有 量 : L(+)-アスコルビン 酸 99.0% 以 上 ( 乾 燥 後 ) 化 学 式 及 び 構 造 式 : C6H8O6 構 造 式 は 上 図 参 照 (1ページ 目 ) 分 子 量 : 176.13 官 報 公 示 安 全 データシート(S) 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 等 のコード : 0157-6450 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 本 町 4-3-8 担 当 TEL(03)3270-2701 FAX(03)3270-2720 緊 急 連 絡 同 上 改 訂 平 成 28 年 04 月 27 日 S 整 理 番 号 01576450 製 品 等 の 名 称 : L(+)-アスコルビン

More information

平 成 29 年 度 以 降 包 括 的 委 託 が 考 えられる 業 務 業 務 内 容 業 務 の 頻 度 2 運 転 管 理 日 報 等 データ 管 理 質 検 査 に 係 る 業 務 質 検 査 業 務 ( 自 己 検 査 ) 工 業 用 薬 品 類 に 関 すること ペットボトル 事 業

平 成 29 年 度 以 降 包 括 的 委 託 が 考 えられる 業 務 業 務 内 容 業 務 の 頻 度 2 運 転 管 理 日 報 等 データ 管 理 質 検 査 に 係 る 業 務 質 検 査 業 務 ( 自 己 検 査 ) 工 業 用 薬 品 類 に 関 すること ペットボトル 事 業 松 江 市 における 維 持 管 理 等 委 託 業 務 と 直 営 業 務 の 詳 細 について 資 料 1 包 括 委 託 が 考 えられる 業 務 と 委 託 業 務 修 繕 工 事 の 明 細 直 営 業 務 ( 人 ) 金 額 平 成 29 年 度 以 降 包 括 的 委 託 が 考 えられる 業 務 に 係 る 人 員 人 件 費 (1+2) 非 税 職 員 嘱 託 臨 時 12.14

More information

国民の保護に関する業務計画

国民の保護に関する業務計画 国 民 の 保 護 に 関 する 業 務 計 画 平 成 26 年 12 月 中 部 電 力 株 式 会 社 1 2 目 次 第 1 章 総 則... 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的... 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針... 1 第 3 節 国 が 想 定 する 武 力 攻 撃 事 態 等 における 電 力 供 給 電

More information

本 ガイドラインの 策 定 経 緯 位 置 付 け 平 成 22 年 4 月 1 日 より 改 正 土 壌 汚 染 対 策 法 ( 以 下 改 正 法 という )が 全 面 施 行 されたことを 受 け 実 務 に 従 事 する 地 方 公 共 団 体 及 び 事 業 者 の 方 が 改 正 法 に

本 ガイドラインの 策 定 経 緯 位 置 付 け 平 成 22 年 4 月 1 日 より 改 正 土 壌 汚 染 対 策 法 ( 以 下 改 正 法 という )が 全 面 施 行 されたことを 受 け 実 務 に 従 事 する 地 方 公 共 団 体 及 び 事 業 者 の 方 が 改 正 法 に 汚 染 土 壌 の 処 理 業 に 関 するガイドライン ( 改 訂 第 2 版 ) 平 成 24 年 5 月 環 境 省 水 大 気 環 境 局 土 壌 環 境 課 本 ガイドラインの 策 定 経 緯 位 置 付 け 平 成 22 年 4 月 1 日 より 改 正 土 壌 汚 染 対 策 法 ( 以 下 改 正 法 という )が 全 面 施 行 されたことを 受 け 実 務 に 従 事 する 地

More information

環 境 有 害 性 水 生 環 境 有 害 性 ( 急 性 ) 区 分 2 水 生 環 境 有 害 性 ( 慢 性 ) 区 分 外 オゾン 層 への 有 害 性 分 類 できない GHSラベル 要 素 絵 表 示 又 はシンボル 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 火 災

環 境 有 害 性 水 生 環 境 有 害 性 ( 急 性 ) 区 分 2 水 生 環 境 有 害 性 ( 慢 性 ) 区 分 外 オゾン 層 への 有 害 性 分 類 できない GHSラベル 要 素 絵 表 示 又 はシンボル 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 火 災 作 成 日 :1995 年 08 月 28 日 最 終 改 訂 日 ;2015 年 01 月 13 日 安 全 デ ー タ シ ー ト 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 : 過 酸 化 水 素 会 社 名 :キシダ 化 学 株 式 会 社 住 所 : 兵 庫 県 三 田 市 テクノパーク14 番 10 担 当 部 門 : 環 境 保 全 グループ 電 話 番 号 :(079)568-1531

More information

Microsoft Word doc

Microsoft Word doc 作 成 日 :1995 年 07 月 18 日 最 終 改 訂 日 ;2016 年 06 月 01 日 安 全 デ ー タ シ ー ト 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 :りん 酸 会 社 名 :キシダ 化 学 株 式 会 社 住 所 : 兵 庫 県 三 田 市 テクノパーク14 番 10 担 当 部 門 : 環 境 保 全 グループ 電 話 番 号 :(079)568-1531

More information

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc 国 土 交 通 省 告 示 第 三 百 十 七 号 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 ( 平 成 十 八 年 法 律 第 四 十 号 ) 及 び 自 動 車 点 検 基 準 の 一 部 を 改 正 す る 省 令 ( 平 成 十 九 年 国 土 交 通 省 令 第 十 一 号 ) の 施 行 に 伴 い 自 動 車 の 点 検 及 び 整 備 に 関 す る 手 引 の

More information

H27施行通知

H27施行通知 総 税 企 第 3 9 号 平 成 27 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 議 会 議 長 各 指 定 都 市 市 長 殿 各 指 定 都 市 議 会 議 長 総 務 大 臣 地 方 税 法 同 法 施 行 令 同 法 施 行 規 則 の 改 正 等 について 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 2 号 ) 地

More information

JLIA基準(圧力調整器)/選定と設置

JLIA基準(圧力調整器)/選定と設置 JLIA-B-2 圧 力 調 整 器 H23 改 正 第 4 章 圧 力 調 整 器 の 選 定 と 設 置 4.1 圧 力 調 整 器 の 選 定 LP ガス 用 圧 力 調 整 器 に 求 められる 機 能 は 燃 焼 器 具 を 使 用 する 時 に 要 求 されるガス 量 とガス 圧 を 供 給 し 正 常 な 燃 焼 を 保 つことである この 機 能 を 満 足 させるため 4.1.1~4.1.3

More information

Ⅶ 用 語 の 解 説 地 球 環 境 問 題 地 球 温 暖 化 大 気 中 の 二 酸 化 炭 素 ( 炭 酸 ガス)やメタン フロンガス 等 は 太 陽 光 線 は 通 過 させても 地 上 から 放 射 される 熱 を 吸 収 する 働 きがあり その 結 果 地 球 表 面 の 温 度 が

Ⅶ 用 語 の 解 説 地 球 環 境 問 題 地 球 温 暖 化 大 気 中 の 二 酸 化 炭 素 ( 炭 酸 ガス)やメタン フロンガス 等 は 太 陽 光 線 は 通 過 させても 地 上 から 放 射 される 熱 を 吸 収 する 働 きがあり その 結 果 地 球 表 面 の 温 度 が Ⅶ 用 語 の 解 説 Ⅶ 用 語 の 解 説 地 球 環 境 問 題 地 球 温 暖 化 大 気 中 の 二 酸 化 炭 素 ( 炭 酸 ガス)やメタン フロンガス 等 は 太 陽 光 線 は 通 過 させても 地 上 から 放 射 される 熱 を 吸 収 する 働 きがあり その 結 果 地 球 表 面 の 温 度 が 上 昇 する これを 温 室 効 果 と 呼 んでいる しかし 化 石 燃

More information

浜 3 4 号 機 の 審 査 状 況 について 1 新 規 制 基 準 施 に 伴 う 審 査 状 況 T3 4 (H25.7.8) 申 請 T3 4 T3 4 (H25.7.8)(H25.8.5) 追 加 申 申 請 請 1 原 炉 設 置 変 更 許 可 申 請 の 審 査 補 正 1 1:H

浜 3 4 号 機 の 審 査 状 況 について 1 新 規 制 基 準 施 に 伴 う 審 査 状 況 T3 4 (H25.7.8) 申 請 T3 4 T3 4 (H25.7.8)(H25.8.5) 追 加 申 申 請 請 1 原 炉 設 置 変 更 許 可 申 請 の 審 査 補 正 1 1:H 資 料 No.1-1 高 浜 発 電 所 3 4 号 機 工 事 計 画 の 概 要 について 平 成 27 年 9 月 3 日 関 西 電 力 株 式 会 社 浜 3 4 号 機 の 審 査 状 況 について 1 新 規 制 基 準 施 に 伴 う 審 査 状 況 T3 4 (H25.7.8) 申 請 T3 4 T3 4 (H25.7.8)(H25.8.5) 追 加 申 申 請 請 1 原 炉 設

More information

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当 四 日 市 港 ポートビル 自 家 用 電 気 工 作 物 保 安 管 理 業 務 仕 様 書 1 目 的 本 仕 様 書 は 委 託 者 ( 以 下 甲 という )が 設 置 した 自 家 用 電 気 工 作 物 の 保 安 管 理 業 務 に 係 わる 委 託 契 約 の 内 容 について 当 該 業 務 のみを 内 容 とし 統 一 的 な 解 釈 及 び 運 用 を 図 るととも に その

More information

Microsoft Word - CW30_1.doc

Microsoft Word - CW30_1.doc 防 汚 シリーズ 超 親 水 性 により 雨 が 汚 れと 基 材 の 間 に 入 り 込 み 汚 れを 自 然 に 洗 い 流 します (セルフクリー ニング 効 果 )イオン 伝 導 性 による 帯 電 防 止 効 果 により 汚 れを 寄 せ 付 けません 又 負 荷 が 多 い 場 合 若 干 汚 れても 水 拭 きか 水 洗 いで 汚 れを 落 とします 特 徴 燐 酸 チタン 酸 珪 酸

More information

安 全 データシート 2/6 グレード 化 学 名 又 は 一 般 名 濃 度 又 は 濃 度 範 囲 (%) UB 70 超 20 未 満 SX 50 超 50 未 満 官 報 公 示 整 理 番 号 ( 化 審 法, 安 衛 法 ) CAS No. 危 険 有 害 成 分 : 鉱 油 ( 労 働

安 全 データシート 2/6 グレード 化 学 名 又 は 一 般 名 濃 度 又 は 濃 度 範 囲 (%) UB 70 超 20 未 満 SX 50 超 50 未 満 官 報 公 示 整 理 番 号 ( 化 審 法, 安 衛 法 ) CAS No. 危 険 有 害 成 分 : 鉱 油 ( 労 働 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 SDS 整 理 番 号 供 給 者 の 会 社 名 称 住 所 担 当 部 門 電 話 番 号 :03-3296-3274 FAX 番 号 :03-3296-3458 安 全 データシート :アサクリン 本 SDSはアサクリン 製 品 の 次 のグレードに 適 用 される アサクリン UP,newUP,HP,UF2,UL2,UB,SX

More information

大気汚染防止法の一部を改正する法律案

大気汚染防止法の一部を改正する法律案 平 成 25 年 9 月 熊 本 県 環 境 保 全 協 議 会 研 修 会 資 料 大 気 汚 染 防 止 法 の 概 要 について 熊 本 県 環 境 生 活 部 環 境 局 環 境 保 全 課 1 大 気 汚 染 防 止 法 第 一 条 ( 原 文 ) この 法 律 は 工 場 及 び 事 業 場 における 事 業 活 動 並 び に 建 築 物 等 の 解 体 等 に 伴 うばい 煙 揮 発

More information

Ordinance for Enforcement of the Civil Aeronautics Act

Ordinance for Enforcement of the Civil Aeronautics Act 航 空 法 施 行 規 則 ( 昭 和 二 十 七 年 七 月 三 十 一 日 運 輸 省 令 第 五 十 六 号 ) 第 一 章 総 則 ( 航 空 保 安 施 設 ) 第 一 条 航 空 法 ( 昭 和 二 十 七 年 法 律 第 二 百 三 十 一 号 以 下 法 という ) 第 二 条 第 五 項 の 規 定 による 航 空 保 安 施 設 は 次 のとおりとする 一 航 空 保 安 無 線

More information

2.VSあかきん( 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 ) 荷 姿 :10kg/ 袋 VSあかきんはバーミキュライトに 光 合 成 細 菌 を 培 養 吸 着 した 土 壌 改 良 材 です 1 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 2 有 害 ガス 毒 素 の 分 解 3 色 素 発 現 高

2.VSあかきん( 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 ) 荷 姿 :10kg/ 袋 VSあかきんはバーミキュライトに 光 合 成 細 菌 を 培 養 吸 着 した 土 壌 改 良 材 です 1 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 2 有 害 ガス 毒 素 の 分 解 3 色 素 発 現 高 1.VS34( 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 ) 荷 姿 :10kg/ 袋 VS34は 生 きた 微 生 物 群 で バーミキュライト( 蛭 石 )に 放 線 菌 細 菌 糸 状 菌 酵 母 等 の 有 効 微 生 物 を 培 養 吸 着 した 総 合 的 土 壌 改 良 材 です 1 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 2 堆 肥 ボカシ 肥 料 づくり 3 連 作 障 害 対 策

More information

表紙_責了.indd

表紙_責了.indd 2012 Vol. 36 環 境 都 市 宣 言 シンボルマーク 稚 内 市 では 生 ごみや 下 水 汚 泥 を 微 生 物 の 発 酵 により 減 容 すると 共 に 発 生 するバイオガスを 回 収 してエネルギーとして 活 用 するため 稚 内 市 バイオエネルギーセンターを 整 備 しました この 施 設 では 生 ごみ(4,200トン/ 年 ) 下 水 汚 泥 (2,100トン/ 年 )を

More information

(Microsoft Word - \220V\227v\215j\221S\225\266.DOC)

(Microsoft Word - \220V\227v\215j\221S\225\266.DOC) ( 目 的 ) 広 島 コインランドリー 営 業 施 設 衛 生 指 導 要 綱 第 の 管 1 確 理 条 保 及 この 及 び びその 利 要 用 綱 に は, 適 関 正 する 県 な 内 利 基 ( 用 準 県 の 等 保 普 を 健 及 定 所 を めることにより,コインランドリー が 図 管 り,もって 轄 する 区 域 公 )のコインランドリー 衆 衛 生 の 向 上 に 寄 与 営

More information

2 避 難 安 全 検 証 法 適 用 無 階 避 難 安 全 検 証 ( 階 ) 全 館 避 難 安 全 検 証 避 難 安 全 検 証 法 により 適 用 しない 規 定 種 類 エレベーター( 基 ) エスカレーター( 基 ) [ ( 基 )] 確 認 年 月 日 確 認 番 号 年 月 日

2 避 難 安 全 検 証 法 適 用 無 階 避 難 安 全 検 証 ( 階 ) 全 館 避 難 安 全 検 証 避 難 安 全 検 証 法 により 適 用 しない 規 定 種 類 エレベーター( 基 ) エスカレーター( 基 ) [ ( 基 )] 確 認 年 月 日 確 認 番 号 年 月 日 別 記 様 式 1-11 給 排 水 区 分 概 要 給 水 源 水 道 水 井 水 排 水 再 利 用 水 ( ) 給 水 方 式 直 結 方 式 直 結 増 圧 方 式 受 水 タンク 方 式 ( 受 水 タンク 高 置 タンク) 受 水 タンク 置 場 所 地 下 室 内 (B F) 地 上 階 室 内 ( F) 屋 外 排 水 方 法 公 共 下 水 道 合 併 処 理 浄 化 槽 ( 放

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D528BDB89C18D48834E838A815B83938BF392B283568358836583802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D528BDB89C18D48834E838A815B83938BF392B283568358836583802E646F63> 抗 菌 加 工 クリーン 空 調 システム 新 晃 工 業 ( 株 ) 技 術 本 部 朝 田 満 1.はじめに MRSA(メチシリン 耐 性 黄 色 ブドウ 球 菌 )やレジオネラ 菌 などによる 院 内 感 染 O-157 や 大 腸 菌 などによる 集 団 食 中 毒 など ウィルス 細 菌 による 被 害 を 最 小 限 に 抑 えるため 徹 底 した 抗 菌 対 策 が 望 まれています

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 19 年 4 月 昭 島 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想 定

More information

Microsoft Word - h doc

Microsoft Word - h doc 8 保 安 第 12 号 消 防 特 第 39 号 平 成 8 年 3 月 29 日 関 係 都 道 府 県 消 防 防 災 主 管 部 長 殿 通 商 産 業 省 環 境 立 地 局 保 安 課 長 自 治 省 消 防 庁 特 殊 災 害 室 長 新 設 等 の 計 画 の 届 出 に 係 る 審 査 事 務 の 簡 素 合 理 化 に ついて( 通 知 ) 改 正 平 成 10 年 1 月 19

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF322D342D31815190B682B282DD8E918CB989BB82C98AD682B782E992F188C45F8CE393A188CF88F582E682E85F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF322D342D31815190B682B282DD8E918CB989BB82C98AD682B782E992F188C45F8CE393A188CF88F582E682E85F2E646F63> 生 ごみ 資 源 化 に 関 する 提 案 資 料 2-4-1 東 京 農 業 大 学 後 藤 逸 男 Ⅰ. 生 ごみの 資 源 化 に 関 する 基 本 原 則 1. 資 源 化 方 法 : 生 ごみの 資 源 化 方 法 には 肥 料 化 ( 厳 密 には 堆 肥 化 と 肥 料 化 に 区 別 すべき) 飼 料 化 エネルギー 化 炭 化 などがある いずれも 設 備 に 多 額 の 経 費

More information

3. 組 成 成 分 情 報 単 一 製 品, 混 合 物 の 区 別 : 単 一 製 品 化 学 名 : ステアリン 酸 ( 別 名 )オクタデカン 酸 1-ヘプタデカンカルボン 酸 セチル 酢 酸 英 ( 名 )Stearic(EINECS acid 名 称 ) Octadecanoic (TS

3. 組 成 成 分 情 報 単 一 製 品, 混 合 物 の 区 別 : 単 一 製 品 化 学 名 : ステアリン 酸 ( 別 名 )オクタデカン 酸 1-ヘプタデカンカルボン 酸 セチル 酢 酸 英 ( 名 )Stearic(EINECS acid 名 称 ) Octadecanoic (TS 安 全 データシート(SDS) 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 等 のコード : 1964-9250 1964-9280 製 品 等 の 名 称 : ステアリン 酸 推 奨 用 途 : 試 薬 昭 和 化 学 株 式 会 社 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 本 町 4-3-8 担 当 TEL(03)3270-2701 FAX(03)3270-2720 緊 急 連 絡 同 上 改 訂

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

審 査 会 合 における 指 摘 事 項 の 回 答 (/2) No.02-. 指 摘 事 項 補 助 ボイラ 燃 料 タンクが 地 震 により 損 傷 し 防 油 堤 内 に 重 油 が 漏 えいし 火 災 を 起 こした 場 合 について 消 火 方 法 を 説 明 すること 2. 回 答 補

審 査 会 合 における 指 摘 事 項 の 回 答 (/2) No.02-. 指 摘 事 項 補 助 ボイラ 燃 料 タンクが 地 震 により 損 傷 し 防 油 堤 内 に 重 油 が 漏 えいし 火 災 を 起 こした 場 合 について 消 火 方 法 を 説 明 すること 2. 回 答 補 資 料 -6 川 内 原 子 力 発 電 所 号 炉 及 び2 号 炉 審 査 会 合 における 指 摘 事 項 の 回 答 ( 可 搬 型 重 大 事 故 等 対 処 設 備 保 管 場 所 およびアクセスルートについて) 平 成 26 年 3 月 27 日 九 州 電 力 株 式 会 社 審 査 会 合 における 指 摘 事 項 の 回 答 (/2) No.02-. 指 摘 事 項 補 助 ボイラ

More information