第 5 章 社 会 構 造 の 変 化 と 消 費 第 1 節 人 口 構 造 世 帯 構 造 の 変 化 第 1 項 人 口 減 少 と 高 齢 化 の 進 行 将 来 の 消 費 構 造 を 展 望 するうえで 大 きな 要 因 となるのが 人 口 構 造 世 帯 構 造 の 変 化 である 日

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "第 5 章 社 会 構 造 の 変 化 と 消 費 第 1 節 人 口 構 造 世 帯 構 造 の 変 化 第 1 項 人 口 減 少 と 高 齢 化 の 進 行 将 来 の 消 費 構 造 を 展 望 するうえで 大 きな 要 因 となるのが 人 口 構 造 世 帯 構 造 の 変 化 である 日"

Transcription

1 第 5 章 社 会 構 造 の 変 化 と 消 費 第 1 節 人 口 構 造 世 帯 構 造 の 変 化 第 1 項 第 2 項 人 口 減 少 と 高 齢 化 の 進 行 都 道 府 県 別 にみた 人 口 構 造 の 特 徴 第 2 節 高 齢 化 で 進 む 単 身 世 帯 と 介 護 世 帯 の 増 加 第 1 項 高 齢 単 身 世 帯 の 増 加 1. 都 道 府 県 別 にみた 高 齢 単 身 世 帯 の 状 況 第 2 項 高 齢 単 身 世 帯 の 消 費 の 特 徴 1. 支 出 の 中 身 - 外 食 中 食 への 支 出 が 目 立 つ 2. 購 買 行 動 の 特 徴 -キーワードは 距 離 と 価 格 3. 高 齢 単 身 者 のネット 利 用 の 潜 在 ニーズは 大 きい 第 3 項 介 護 世 帯 の 増 加 1. 増 える 老 老 介 護 2. 遠 距 離 介 護 で 介 護 離 職 となる 危 険 性 3. 介 護 世 帯 の 消 費 の 特 徴 第 3 節 女 性 の 社 会 進 出 第 1 項 女 性 の 就 業 状 況 1. 都 道 府 県 別 にみた 女 性 就 業 の 特 徴 2. 増 える 共 働 き 世 帯 3. 都 道 府 県 別 にみた 女 性 就 業 の 特 徴 4. 働 く 女 性 の 理 想 と 現 実 のギャップ 43

2 第 5 章 社 会 構 造 の 変 化 と 消 費 第 1 節 人 口 構 造 世 帯 構 造 の 変 化 第 1 項 人 口 減 少 と 高 齢 化 の 進 行 将 来 の 消 費 構 造 を 展 望 するうえで 大 きな 要 因 となるのが 人 口 構 造 世 帯 構 造 の 変 化 である 日 本 は 28 年 の1 億 288 万 人 ( 補 間 推 計 ベース)をピークに 人 口 減 少 社 会 に 突 入 している 人 口 減 少 のスピー ドは 速 く 約 2 年 後 の233 年 には 約 1 割 の 人 口 が 減 少 し その 後 さらに1 割 減 少 するのにわずか1 年 程 度 しかかからないと 見 込 まれている 周 知 の 通 り 人 口 減 少 と 同 時 に 進 行 するのが 高 齢 化 である 65 以 上 の 高 齢 者 が 全 人 口 に 占 める 割 合 ( 以 下 高 齢 化 率 )は212 年 で24.1%となり その 後 も 増 加 の 一 途 を 辿 ると 見 込 まれている 高 齢 化 率 を 上 昇 させる 要 因 となっているのが 昭 和 22(1947) 24(1949) 年 生 まれのいわゆる 団 塊 の 世 代 が65 以 上 をむかえていることである このように 日 本 の 高 齢 化 は 世 界 でも 類 をみない 速 度 で 進 行 している 日 本 は8 年 代 までは 先 進 諸 国 の 中 でも 高 齢 化 率 は 低 い 部 類 であったが 9 年 代 から 急 速 に 上 昇 し 始 め 2 年 にはドイツを 抜 いて 世 界 の 中 で 最 も 高 い 水 準 となった また 日 本 と 同 様 今 後 急 速 に 高 齢 化 が 進 行 するとみられるのがアジア 諸 国 である 特 に 中 国 と 韓 国 は 今 後 日 本 を 上 回 るペースで 高 齢 化 が 進 むとみられる 日 本 は 世 界 でも 未 踏 の 高 齢 化 市 場 におり この 経 験 を 海 外 も 注 目 している 第 2 項 都 道 府 県 別 にみた 人 口 構 造 の 特 徴 人 口 減 少 と 高 齢 化 は 都 道 府 県 によって 進 行 状 況 に 違 いがみられる 人 口 問 題 研 究 所 の 予 測 によると 21 年 から22 年 の1 年 間 で 老 年 人 口 (65 以 上 )と 人 口 全 体 がどちらも 増 加 する 都 道 府 県 は 東 京 都 愛 知 県 沖 縄 県 など 全 体 の 約 1 割 の 地 域 となる その 他 の 地 域 は 老 年 人 口 が 増 加 する 一 方 人 口 全 体 は 減 少 傾 向 となる 前 者 は 高 齢 化 が 進 む 一 方 で 消 費 市 場 が 拡 大 するエリアであり 後 者 は 高 齢 化 が 進 むうえ に 市 場 が 縮 小 するエリアと 言 える 予 測 期 間 を23 年 まで 延 ばすとさらに 別 の 姿 がみえてくる 年 の1 年 で 人 口 が 増 加 する 都 道 府 県 はなくなる 老 年 人 口 については 増 加 する 地 域 と 減 少 に 転 じる 地 域 が 出 てくる どちらも 減 少 していく 地 域 では 消 費 市 場 の 成 長 がなくなることを 意 味 している こうした 地 域 では M&A 等 を 通 じ てエリアを 越 えた 新 たな 市 場 を 確 保 することが 必 要 になる 44

3 第 5 章 社会構造の変化と消費 図表 人口構造の推移と見通し 図表 世界の高齢化率の推移 百万人 45 % 以上 図表 実績値 推計値 日本 韓国 タイ シンガポール 中国 マレーシア インドネシア インド ドイ 先進地域 フィリピン 都道府県の人口増加率と老年人口増加率の予測 22 年と 23 年の比較 老年人口増加率 年率 年 年 2.5 下図表 左 は老年人口の大きさ.5 を表す 下図表 右 すべての年齢層 が減少する地域 人口増加率 年率 図表 都道府県の人口増加率と老年人口増加率の予測 年 年 老年人口増加率 年率 3.5 老年人口増加率 年率 1.5 は老年人口の大きさを表す 3 埼玉県 千葉県 2.5 茨城県 奈良県 福島県 青森県 静岡県 福岡県 滋賀県 愛知県 岩手県 高知県和歌山県 山形県 神奈川県 千葉県 北海道 長崎県 青森県 -.5 長野県 秋田県 愛媛県 香川県 大分県 岡山県 徳島県 和歌山県 -1.2 大阪府 富山県 高知県 -1.4 福岡県 滋賀県 愛知県 静岡県 鹿児島県 広島県 宮崎県 岩手県 山形県 山口県 -.4 人口増加率 年率 兵庫県 福島県 東京都 年 -.9 東京都 は老年人口の大きさを表す.5 兵庫県 大阪府 広島県 宮崎県 香川県 熊本県 愛媛県 大分県 岡山県 山口県 鹿児島県 沖縄県 栃木県 埼玉県 長崎県 1.5 秋田県 1 神奈川県 栃木県 北海道 2 沖縄県 年 人口増加率 年率 -.2 出典 国立社会保障 人口問題研究所 日本の将来推計人口 全国 国連 World Population Prospects 国立社会保障 人口問題研究所 日本の将来推計人口 全国 日本の地域別将来推計人口 45

4 第 2 節 高 齢 化 で 進 む 単 身 世 帯 と 介 護 世 帯 の 増 加 第 1 項 高 齢 単 身 世 帯 の 増 加 人 口 減 少 と 高 齢 化 は 核 家 族 世 帯 の 減 少 と 単 身 世 帯 の 増 加 という 現 象 をもたらしている さらに 象 徴 的 なのが 高 齢 世 帯 の 単 身 化 である 高 齢 者 (65 以 上 )のいる 世 帯 の 家 族 構 成 をみると 三 世 代 世 帯 は 減 少 の 一 途 を 辿 る 中 増 加 傾 向 にあるのが 単 独 世 帯 と 夫 婦 のみ 世 帯 であり25 年 を 境 に 三 世 代 世 帯 の 割 合 を 上 回 った 高 齢 者 が 子 や 孫 に 囲 まれて 暮 らす サザエさん 一 家 のような 姿 はもはやマジョリ ティとは 言 えない 時 代 となった 単 身 世 帯 は 家 族 や 子 供 と 離 れて 暮 らしているという 意 味 で 社 会 的 に 孤 立 しやすい 状 況 にあること が 指 摘 されている 夫 婦 のみ 世 帯 も 同 様 であり 配 偶 者 と 死 別 離 別 した 場 合 一 気 に 孤 立 が 進 む 恐 れがある 現 役 時 代 は 仕 事 中 心 であったとしても 退 職 後 は 地 域 社 会 に 移 り 人 間 関 係 も 変 化 する 変 化 に 対 応 できずにいる 人 も 少 なくないとみられ 自 治 体 ソーシャルサポートはもとより 高 齢 者 と 比 較 的 身 近 な 関 係 にある 小 売 業 にとって 高 齢 単 身 者 がどのような 実 態 にあり ニーズと 現 実 のギャップ を 明 らかにすることは 社 会 的 にも 重 要 といえる 1. 都 道 府 県 別 にみた 高 齢 単 身 世 帯 の 状 況 高 齢 世 帯 の 単 身 化 は 地 域 による 差 も 大 きい 高 齢 単 身 者 の 割 合 と 伸 び 率 について 都 道 府 県 別 にみた 場 合 高 齢 単 身 者 の 割 合 の 高 さが 目 立 つのが 東 京 都 と 大 阪 府 などの 大 都 市 圏 である 大 都 市 圏 における 高 齢 単 身 化 は 以 前 から 指 摘 されており 高 齢 未 婚 率 の 高 さ 配 偶 者 との 死 別 による 高 齢 単 身 化 などがそ の 原 因 とみられる 高 齢 単 身 世 帯 の 伸 び 率 に 注 目 すると 埼 玉 県 神 奈 川 県 千 葉 県 など 東 京 周 辺 地 域 の 伸 び 率 が 高 い 小 売 業 としては 高 齢 単 身 世 帯 の 割 合 が 高 く 伸 び 率 も 増 加 傾 向 にある 地 域 ( 大 都 市 圏 とその 周 辺 地 域 等 )に 対 し 対 応 した 商 品 やサービスを 強 化 することが 有 効 となる 高 齢 単 身 の 割 合 が 高 いが 伸 び 率 が 低 い 地 域 ( 鹿 児 島 高 知 県 など)については 留 意 が 必 要 である こう した 地 域 では 高 齢 単 身 者 の 数 は 減 少 する 一 方 若 者 がそれ 以 上 に 他 地 域 に 流 出 することで 人 口 が 減 少 するため 割 合 としては 高 止 まってしまう 状 況 である 世 帯 構 造 と 市 場 変 化 の 両 面 を 勘 案 しながら 対 応 を 進 める 必 要 がある 46

5 第 5 章 社 会 構 造 の 変 化 と 消 費 家 族 形 態 別 にみた 世 帯 構 造 の 推 移 % 1% 2% 3% 4% 5% 6% 7% 8% 9% 1% 19.8% 2.8% 23.1% 25.6% 27.6% 29.5% 32.4% 33.3% 34.4% 35.6% 36.5% 12.5% 13.7% 15.5% 17.4% 18.9% 19.6% 19.8% 2.5% 2.8% 2.9% 21.% 42.1% 4.% 37.3% 34.2% 31.9% 29.9% 27.9% 27.% 26.% 25.% 24.1% 37.2% 21.2% 23.3% 11.4% 6.9% 単 身 世 帯 婦 のみ 婦 と 子 とりと 子 その 他 家 族 世 帯 5.7% 6.3% 6.8% 7.1% 7.6% 8.4% 8.7% 9.4% 1.1% 1.6% 11.% 19.9% 19.2% 17.4% 15.7% 14.% 12.7% 11.1% 9.7% 8.7% 7.9% 7.3% 65 以 上 の 者 の 家 族 構 成 の 推 移 % 1% 2% 3% 4% 5% 6% 7% 8% 9% 1% 和 年 % 1.1% 19.6% 22.% 52.5% 46.7% 16.5% 17.6% 平 成 年 % 11.7% 12.6% 13.2% 13.8% 14.2% 13.8% 14.7% 15.5% 15.7% 15.7% 15.3% 16.% 16.9% 16.8% 16.1% 25.5% 27.6% 29.4% 32.3% 33.8% 35.1% 34.2% 36.% 36.1% 36.5% 36.7% 36.7% 36.9% 37.2% 37.2% 37.5% 42.3% 38.7% 35.5% 31.2% 27.4% 26.1% 26.5% 23.6% 23.3% 22.3% 19.6% 19.4% 18.4% 17.5% 16.6% 16.% 17.7% 18.4% 18.9% 19.1% 21.% 2.9% 21.3% 21.9% 21.6% 21.6% 24.% 24.7% 24.8% 24.8% 25.6% 26.4% 単 世 帯 婦 のみの 世 帯 子 供 婦 と 同 居 配 者 のいない 子 と 同 居 その 他 の 族 と 同 居 非 族 と 同 居 28% 都 道 府 県 別 にみた 高 齢 単 身 世 帯 の 割 合 と 伸 び 率 都 26% 高 齢 単 身 世 帯 比 率 24% 22% 2% 18% 16% 14% 12% 17.4 県 高 知 県 口 県 県 県 長 県 広 県 大 分 県 県 都 府 本 県 県 県 県 取 県 県 県 県 長 県 新 県 大 府 道 県 知 県 県 県 県 県 県 県 円 の 大 きさは 高 齢 単 身 者 の 数 を 表 している 県 県 1% 形 県 4.4 8% % 1% 2% 3% 4% 5% 6% 7% 8% 9% 高 齢 単 身 世 帯 伸 び 率 ( 25-21) 出 典 : 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 日 本 の 世 帯 数 の 将 来 推 計 / 厚 生 労 働 省 国 民 生 活 基 礎 調 査 / 総 務 省 国 勢 調 査 47

6 第 2 項 高 齢 単 身 世 帯 の 消 費 の 特 徴 1. 支 出 の 中 身 - 外 食 中 食 への 支 出 が 目 立 つ 人 口 減 少 や 単 身 世 帯 の 増 加 高 齢 化 などの 社 会 構 造 の 変 化 を 受 け 食 品 スーパーマーケットやコンビ ニでは 小 容 量 の 商 品 を 拡 充 する 動 きが 加 速 している 外 食 でも お 一 人 様 を 想 定 したメニューやカウン ターを 設 置 する 動 きが 増 えてきた こうした 対 応 の 念 頭 に 高 齢 単 身 世 帯 が 含 まれていることはいうまで もない 高 齢 単 身 世 帯 (65 以 上 )と 高 齢 一 般 世 帯 ( 世 帯 主 65 以 上 )の 食 品 支 出 構 成 を 比 較 すると 高 齢 単 身 世 帯 は 生 鮮 品 など 素 材 関 連 への 支 出 が 少 ない 一 方 外 食 や 惣 菜 など 調 理 食 品 への 支 出 が 多 い 同 じ 高 齢 世 帯 でも 単 身 と 一 般 世 帯 で 支 出 内 容 に 違 いがみられた 退 職 後 に 単 身 となった 男 性 は 調 理 習 慣 がない 人 も 多 いとみられ 外 食 や 調 理 食 品 への 支 出 が 高 くなるのは 自 然 である 高 齢 層 の 消 費 には 世 帯 構 成 の 影 響 を 強 く 受 けるなど 一 括 りに 出 来 ない 多 様 さがあり 顧 客 セグメントの 見 直 しなどの 対 応 が 必 要 となる 2. 購 買 行 動 の 特 徴 - キーワードは 距 離 と 価 格 高 齢 単 身 世 帯 は 買 物 を 行 う 上 でどのような 点 を 重 視 しているのだろうか 高 齢 単 身 世 帯 が 食 品 スーパー マーケットの 利 用 にあたって 重 視 する 点 は 価 格 と 距 離 であることがわかった 価 格 は 若 年 層 を 含 む 単 身 世 帯 全 体 に 共 通 する 重 要 な 要 素 であったが 特 に 高 齢 単 身 世 帯 の 回 答 比 率 が 高 かった 距 離 は 食 品 スーパーマーケットの 利 用 目 的 で 最 も 回 答 の 多 い 項 目 であり 特 に 高 齢 世 帯 では 顕 著 である 近 くのスーパーマーケットまでの 距 離 が 遠 く 高 齢 者 が 日 々の 買 物 に 苦 労 する 買 物 弱 者 は 従 前 から 指 摘 されているところである 3. 高 齢 単 身 者 のネット 利 用 の 潜 在 ニーズは 大 きい 食 品 はスーパーマーケット 以 外 に 百 貨 店 やコンビニ ドラッグストアなど 様 々な 購 入 ルートが 考 えら れる 食 品 のスーパーマーケット 以 外 の 購 入 先 高 齢 単 身 者 で 最 も 回 答 が 多 かったのがコンビニ 次 い でドラッグストア ディスカウントストアとなった コンビニやドラッグストアの 活 用 はすでに 全 年 代 的 な 傾 向 であるが インターネットを 通 じた 通 信 販 売 に 注 目 してみたい 最 も 利 用 の 多 い 世 帯 は 高 齢 単 身 者 (7.5%)であり 高 齢 既 婚 世 帯 を 大 きく 上 回 る 結 果 となった これは 若 年 単 身 者 の 結 果 も 上 回 っている(2 代 5% 3 代 6.9%) 高 齢 世 帯 にとって 買 物 における 距 離 の 短 さ は 重 要 な 要 素 の 一 つである 買 物 距 離 を 最 も 短 く 可 能 に する 方 法 がインターネットであるとも 言 える しかし 同 じ 高 齢 世 帯 でも 既 婚 者 の 回 答 は 非 常 に 低 い インターネットは 高 齢 単 身 者 とって 孤 立 を 防 ぐ 有 効 な 手 段 として 注 目 されている 同 じ 高 齢 者 でも 既 婚 者 より 単 身 者 のほうがネット 利 用 のインセンティブが 高 く ネットショップの 活 用 頻 度 の 高 さはその 延 長 線 上 にあるものと 推 察 される このように 高 齢 単 身 者 はネットショップを 多 く 活 用 する 顧 客 層 として 期 待 されるが 実 際 には 高 齢 単 身 者 のPC 普 及 率 は26%で 高 齢 一 般 世 帯 68%より 圧 倒 的 に 低 い 今 後 普 及 率 を 高 めるようなアクション を 起 こせば 高 齢 単 身 層 のネット 購 買 は 大 きく 増 加 する 可 能 性 がある 48

7 第 5 章 社 会 構 造 の 変 化 と 消 費 高 齢 単 身 世 帯 の 支 出 の 特 徴 生 鮮 介 生 鮮 支 出 のい 品 目 加 工 調 味 料 スーパーマーケットの 利 用 理 由 生 鮮 果 物 乳 主 食 的 調 理 食 品 主 食 以 外 の 調 理 食 品 支 出 のない 品 目 男 性 未 婚 計 男 性 既 婚 計 男 性 未 婚 代 男 性 既 婚 代 外 食 生 鮮 品 の 鮮 度 がよい 価 格 が 安 い ポイントカードがある ポイントがたまる 特 売 チラシをみて 高 品 質 な 商 品 がある 品 数 が その 店 にしかないものがある 食 品 以 外 も 購 入 できる 自 宅 からの 距 離 がい り 道 ( 通 り 道 )にある 場 があり で 来 店 できる 営 業 時 間 買 物 時 間 が 短 くてす っくりと 適 に 買 物 ができる 一 ですべて 買 物 ができる 25 2 食 品 スーパーマーケット 以 外 の 利 用 状 況 男 性 未 婚 計 男 性 既 婚 計 男 性 未 婚 6 代 男 性 既 婚 6 代 百 貨 店 (デ パ ート) コンビニエンスストア ディスカウントストア 円 ショップ 食 料 品 店 ( 百 酒 など) 薬 薬 店 ドラッグストア 通 販 売 (インターネット) 通 販 売 (インターネット 以 外 ) 食 材 宅 配 ( 生 など) 年 齢 別 にみた 単 身 世 帯 のパソコン 普 及 率 () 単 身 世 帯 以 下 3 59 以 下 6 以 上 一 般 世 帯 出 典 : 総 務 省 平 成 24 年 家 計 調 査 / 高 齢 単 身 世 帯 の 食 品 シェア - 高 齢 一 般 世 帯 の 食 品 シェア で 計 算 /( 一 社 ) 新 日 本 スーパーマーケット 協 会 消 費 者 調 査 213 / 内 閣 府 消 費 動 向 調 査 49

8 第 3 項 介 護 世 帯 の 増 加 1. 増 える 老 老 介 護 子 供 と 離 れて 暮 らす 高 齢 者 が 増 加 することで 急 速 に 関 心 が 高 まっているのが 老 老 介 護 と 遠 距 離 介 護 である 老 老 介 護 は 高 齢 者 が 高 齢 者 を 介 護 する 状 態 であり 介 護 疲 れにより 介 護 する 側 も 介 護 が 必 要 な 状 態 に 陥 ってしまう 危 険 性 が 指 摘 されている 介 護 者 と 要 介 護 者 が6 以 上 同 士 の 割 合 は 増 加 傾 向 にあり 21 年 で 約 63%という 高 い 割 合 を 示 し ている 75 以 上 同 士 の 割 合 も25%まで 高 まっており 介 護 の 家 族 依 存 を 減 らす 対 応 策 が 望 まれる 高 齢 単 身 世 帯 の 要 介 護 者 が 増 加 している 点 はもっと 深 刻 である いわゆる 独 居 老 人 が 増 加 していること であり 社 会 問 題 として 見 過 ごせない 状 況 となっている 2. 遠 距 離 介 護 で 介 護 離 職 となる 危 険 性 最 近 になって 問 題 視 されてきているのが 遠 距 離 介 護 である 高 齢 世 帯 の 子 供 の 居 住 地 は 最 も 多 い のは 片 道 1 時 間 以 上 で 次 いでやや 遠 い 片 道 1 時 間 未 満 である 親 から 離 れて 暮 らす 子 供 の 殆 どが 簡 単 に 親 の 介 護 に 通 うことができる 環 境 ではなく 仕 事 と 介 護 が 両 立 できない 介 護 離 職 の 原 因 ともなっ ている 個 食 に 対 応 した 商 品 や 宅 配 サービスなど 高 齢 単 身 世 帯 をターゲットとした 動 きは 浸 透 しつつある しかし 高 齢 化 に 伴 う 問 題 をみる 限 り 高 齢 世 帯 のニーズ 開 拓 はまだ 十 分 ではなく 特 に 老 老 介 護 や 遠 距 離 介 護 に 対 して 十 分 に 対 応 できているとは 言 い 難 い 新 たな 介 護 ビジネスの 創 出 には 更 なる 規 制 緩 和 が 必 要 とされるが 食 品 スーパーマーケットをはじめとする 小 売 業 がこうした 分 野 で 貢 献 できる 余 地 は 大 きい 例 えば 遠 距 離 介 護 世 帯 に 対 し 離 れて 暮 らす 子 供 を 顧 客 ターゲットとするなど 今 後 新 たな 視 点 でニーズに 対 応 することが 期 待 される 3. 介 護 世 帯 の 消 費 の 特 徴 介 護 世 帯 では 介 護 者 も 要 介 護 者 も 老 齢 化 する 傾 向 にある 消 費 支 出 の 内 容 も 高 齢 世 帯 でみられる 特 徴 と 同 じ 傾 向 を 持 つと 思 われがちである 先 の 老 老 介 護 世 帯 では 食 事 を 作 る 人 と 介 護 をする 人 が 同 じ であり 介 護 の 負 担 から 消 費 支 出 傾 向 にも 違 いがみられる 介 護 世 帯 と 一 般 高 齢 世 帯 ( 要 介 護 者 のいない 高 齢 世 帯 )で 食 品 支 出 の 内 容 を 比 較 すると 介 護 世 帯 では 生 鮮 品 など 素 材 の 支 出 が 少 ない 一 方 調 理 食 品 や 外 食 の 支 出 が 多 いという 特 徴 がある 介 護 を 行 いなが ら 食 事 を 作 るため 買 物 の 中 身 は 必 然 的 に 時 短 メニューを 想 定 したものにならざるをえない 5

9 第 5 章 社 会 構 造 の 変 化 と 消 費 年 齢 別 に 見 た 介 護 者 と 要 介 護 者 の 割 合 7% 6% 54.4% 58.1% 58.9% 62.7% 6 以 上 同 5% 4% 4.6% 41.1% 47.6% 45.9% 65 以 上 同 3% 2% 18.7% 19.6% 24.9% 25.5% 75 以 上 同 1% ( 年 ) 65 以 上 世 帯 の 子 供 の 居 住 地 (28 年 ) 一 に 住 んでいる1% 不 12% 同 物 は 同 地 内 に 住 んでいる 3% 程 度 の 場 に 住 んでいる 6% 別 世 帯 の 子 はいない27% 道 時 間 未 満 の 場 に 住 んでいる 19% 道 15 分 未 満 の 場 に 住 んでいる1% 道 時 間 以 上 の 場 に 住 んでいる 22% 介 護 世 帯 の 食 品 支 出 の 特 徴 ( 一 般 高 齢 世 帯 との 比 較 ) 調 理 食 品 支 出 のい 品 目 乳 類 類 調 味 料 類 菓 子 類 飲 料 酒 類 支 出 のない 品 目 外 食 果 物 介 類 菜 出 典 : 厚 生 労 働 省 国 民 生 活 基 礎 調 査 / 平 成 24 年 家 計 調 査 介 護 世 帯 の 食 品 シェア - 一 般 高 齢 世 帯 の 食 品 シェア で 計 算 51

10 第 3 節 女 性 の 社 会 進 出 第 1 項 女 性 の 就 業 状 況 1. 都 道 府 県 別 にみた 女 性 就 業 の 特 徴 本 格 的 な 人 口 減 少 社 会 の 到 来 を 迎 え 少 子 高 齢 化 を 背 景 に 労 働 力 人 口 が 減 少 しつつある 中 今 後 女 性 や 高 齢 者 等 の 活 躍 推 進 のための 様 々な 政 策 が 課 題 となっている 安 倍 首 相 は 成 長 戦 略 の 柱 の 一 つに 女 性 の 活 躍 を 挙 げており 女 性 の 活 躍 は 成 長 戦 略 の 中 核 をなすもの とまで 語 っている 主 な 政 策 として 育 児 休 業 3 年 待 機 児 童 を5 年 でゼロ 上 場 企 業 に 女 性 役 員 を1 人 などが 掲 げられている 女 性 の 就 業 状 況 をみるうえで 特 徴 とされるのは 年 齢 別 にみた 有 業 率 の M 字 カーブ である 結 婚 前 に 仕 事 を 持 っていた 女 性 が 結 婚 と 出 産 で 離 職 することによってM 字 カーブが 生 まれる 平 成 14 年 の 調 査 では3-34 を 底 とするM 字 型 がはっきり 確 認 できる 1 年 後 の 平 成 24 年 の 結 果 をみると 晩 婚 化 の 影 響 などもあり M 字 の 底 は35-39 に 移 行 しているのがわかる ただし2 3 代 の 有 業 率 が 上 昇 した ことでM 字 カーブはだいぶ 緩 やかになっている 今 後 M 字 化 を 食 い 止 め 女 性 の 有 業 率 を 高 めていくには 現 在 は 就 業 意 志 のない 女 性 を 就 業 希 望 状 態 に 移 行 させることが 必 要 となる 女 性 の 非 求 職 者 ( 求 職 活 動 をしていない 人 )の 求 職 しない 理 由 で 最 も 多 いのが 出 産 育 児 のため である 障 害 となっている 要 因 が 緩 和 されれば 就 業 を 希 望 する 女 性 は 多 く 働 く 女 性 の 潜 在 的 なニーズは 大 きいと 言 える 2. 増 える 共 働 き 世 帯 2-3 代 女 性 の 有 業 率 が 低 いことで 生 まれるM 字 カーブの 問 題 は 解 消 に 向 かっており 専 業 主 婦 世 帯 は 過 去 1 年 以 上 にわたって 減 少 傾 向 にあるのに 対 し 共 働 き 世 帯 は 年 々 増 加 傾 向 を 強 めている 小 売 業 は 高 齢 者 向 けの 商 品 サービスに 力 を 注 いでいるところが 多 い 今 後 は 同 様 に 働 く 女 性 が 重 要 なターゲット 層 になる 可 能 性 がある 働 く 女 性 が 増 加 すると 家 事 や 買 物 に 費 やす 時 間 は 減 少 する 平 成 23 年 社 会 生 活 基 本 調 査 によると 女 性 の 有 業 者 ( 共 働 き)の 家 事 時 間 は 仕 事 を 持 たない 無 業 者 ( 専 業 主 婦 )と 比 べて 短 くなっている 家 事 や 買 物 に 時 間 をかけられない 顧 客 にどう 対 応 するか 働 く 女 性 層 は 高 齢 者 と 異 なるニーズも 多 く 今 後 対 応 していく 必 要 がある 52

11 第 5 章 社 会 構 造 の 変 化 と 消 費 女 性 の 年 齢 階 級 別 有 業 率 () 就 業 希 望 者 592 非 職 者 3447 出 産 のため 1134 気 けがのため 通 学 のため 平 成 24 年 平 成 19 年 いで 事 につく 必 要 がない 2 平 成 14 年 その 他 共 働 き 世 帯 と 専 業 主 婦 世 帯 の 割 合 の 推 移 ( 万 世 帯 ) 共 働 き 世 帯 専 業 主 婦 世 帯 女 性 の 1 週 間 の 総 平 均 時 間 時 間 ( 分 ) 有 業 者 ( 共 働 き) 無 業 者 ( 専 業 主 婦 ) 家 事 買 い 物 出 典 : 総 務 省 就 業 構 造 基 本 調 査 / 総 務 省 労 働 力 調 査 / 総 務 省 平 成 23 年 社 会 生 活 基 本 調 査 53

12 3. 都 道 府 県 別 にみた 女 性 就 業 の 特 徴 今 後 働 く 女 性 の 拡 大 が 予 想 される 中 高 齢 単 身 化 と 同 様 に 地 域 による 特 徴 を 把 握 しておくことが 必 要 となる 地 域 の 特 徴 を 明 らかにするため 女 性 就 業 者 の 割 合 と 女 性 就 業 者 の 伸 び 率 から 働 く 女 性 向 けの 市 場 を 都 道 府 県 別 にセグメント 化 してみる まず 女 性 就 業 者 の 割 合 と 女 性 就 業 者 の 伸 び 率 両 方 が 平 均 より 高 い 地 域 は 既 に 現 時 点 で 魅 力 的 な 成 長 市 場 と 位 置 付 けられるセグメントである 同 セグメントに 相 当 するのが 埼 玉 県 千 葉 県 愛 知 県 滋 賀 県 といった 大 都 市 圏 の 周 辺 地 域 である 次 に 女 性 就 業 率 は 平 均 より 低 いが 女 性 就 業 者 の 伸 びが 増 加 傾 向 にある 地 域 は エマージング 市 場 と 位 置 付 けられ 将 来 的 に 魅 力 ある 市 場 に 育 つ 可 能 性 が 高 い 同 セグメントには 東 京 都 神 奈 川 県 大 阪 府 兵 庫 県 福 岡 県 沖 縄 県 などが 含 まれる 特 に 女 性 就 業 者 の 数 が 多 い 東 京 大 阪 といった 大 都 市 が 同 セグメントに 含 まれ ているのは 市 場 が 将 来 的 に 大 きな 規 模 に 発 展 する 可 能 性 を 示 唆 している 一 方 女 性 就 業 率 は 平 均 より 高 いものの 女 性 就 業 者 の 伸 び 率 は 減 少 傾 向 にあるセグメントは 安 定 市 場 と 言 える こうした 地 域 では 元 来 働 く 女 性 が 多 いものの 人 口 減 に 伴 って 働 く 女 性 の 人 数 が 減 少 し ている 可 能 性 がある 地 方 の 都 道 府 県 の 多 くがこのセグメントに 属 している こうした 地 域 では 成 長 市 場 のような 市 場 の 成 長 は 期 待 できないものの 継 続 的 にニーズを 掘 り 起 こすことで 成 熟 市 場 としての 発 展 が 期 待 される またそのような 地 域 の 多 くは 既 に 高 齢 化 も 進 んでいることから 働 く 女 性 高 齢 層 を 想 定 した 商 品 サービスを 強 化 することで 新 たな 需 要 が 生 まれる 可 能 性 もある 4. 働 く 女 性 の 理 想 と 現 実 のギャップ 働 く 女 性 の 多 くは 家 事 や 買 物 に 時 間 をかけられないため 日 常 の 買 物 や 支 出 はより 時 短 を 重 視 す るものとなっている 昨 今 の 中 食 ブーム はこうした 時 短 ニーズに 沿 った 結 果 とも 言 える 一 方 で 現 実 的 なニーズに 対 応 することと 真 のニーズを 満 たすことは 必 ずしも 一 致 しない 後 者 は 消 費 者 が 本 来 は こうありたい と 願 う 潜 在 ニーズであり 日 常 の 生 活 を 踏 まえた 上 で 求 めるニーズ( 条 件 付 きニーズ)とは 異 なる 中 食 ブームは 消 費 者 の 条 件 付 きニーズを 満 たしたと 言 えるが 今 後 は 消 費 者 の 真 のニーズと 向 き 合 った 上 で 中 食 を 再 評 価 する 必 要 もある 消 費 者 調 査 213 結 果 によれば 食 事 の 方 法 について すべて 素 材 から 調 理 する と 回 答 した 女 性 の 割 合 を 比 較 すると 有 職 者 と 無 職 者 で 差 がある 休 みの 日 は 必 ず と 回 答 した 人 は 有 職 者 で3 割 無 職 者 で4 割 であり 無 職 者 のほうが 素 材 から 調 理 する 頻 度 が 高 い 54

13 第 5 章 社 会 構 造 の 変 化 と 消 費 都 道 府 県 別 にみた 女 性 就 業 者 の 状 況 と 成 長 マッピング 52% 5% 48% 女 46% 性 就 業 率 44% 42% 安 定 市 場 長 全 国 平 均 -.2 取 知 形 新 手 本 広 都 高 知 大 分 口 和 道 成 長 市 場 円 の 大 きさは 女 性 就 業 者 の 数 を 表 している 全 国 平 均 % 市 場 大 エマーング 市 場 38% -2.% -1.5% -1.% -.5%.%.5% 1.% 1.5% 女 性 就 業 者 数 の 伸 び(25-21 ) すべて 素 材 から 調 理 する 食 事 の 頻 度 () 女 性 有 職 女 性 無 職 休 みの 日 は 必 ず 休 みの 日 の 回 に 回 程 度 それ 以 下 なし 休 みの 日 の 回 に 回 程 度 休 みの 日 の 回 に 回 程 度 ( 自 分 で 用 意 しないので)わからない 希 望 する 休 日 の 夕 食 の 提 供 方 法 () 女 性 有 職 女 性 無 職 出 来 るだけすべての 料 理 を 素 材 から 調 理 したい 素 材 からの 調 理 をメインにしたい 調 理 済 み 品 やインスタント 食 品 をメインにしたい すべての 料 理 を 調 理 済 み インスタント 食 品 にしたい 出 来 るだけすべて 外 食 で 済 ませたい その 他 出 典 : 総 務 省 国 勢 調 査 /( 一 社 ) 新 日 本 スーパーマーケット 協 会 消 費 者 調 査

14 第 6 章 中 食 内 食 化 傾 向 の 分 析 第 1 節 消 費 者 アンケート 213 でみる 中 食 内 食 実 態 第 1 項 第 2 項 順 調 に 成 長 をつづける 中 食 産 業 夕 食 における 内 食 中 食 の 実 態 1. 中 食 を 利 用 する 理 由 2. 属 性 別 にみる 内 食 の 頻 度 3. 属 性 別 にみる 中 食 の 頻 度 4. 属 性 別 にみる 中 食 内 食 の 頻 度 第 3 項 理 想 とする 夕 食 とのギャップ 57

15 第 6 章 中 食 内 食 化 傾 向 の 分 析 第 1 節 消 費 者 アンケート 213 でみる 中 食 内 食 実 態 第 1 項 順 調 に 成 長 をつづける 中 食 産 業 食 事 形 態 は 大 きく 内 食 中 食 外 食 の3つに 分 類 される 日 本 では 素 材 から 調 理 して 家 庭 内 で 食 べる 内 食 が 一 般 的 な 食 事 形 態 であるが 198 年 代 後 半 から199 年 代 初 頭 にはバブル 景 気 の 影 響 もあり ファミ リーレストランや 居 酒 屋 など 飲 食 店 が 増 加 し 店 内 で 調 理 された 食 事 を 店 内 で 食 べる 外 食 が 広 く 普 及 した そして この 内 食 と 外 食 のあいだとも 言 われるのが 中 食 で 店 舗 で 購 入 した 弁 当 惣 菜 などの 調 理 済 み 品 やインスタント 食 品 を 持 ち 帰 って 食 べる 食 事 形 態 である これらの 産 業 の 市 場 規 模 をみると 外 食 産 業 はバブル 崩 壊 後 もわずかに 増 加 したものの 1997 年 の29.1 兆 円 をピークに 減 少 の 一 途 をたどっている 一 方 中 食 産 業 の 市 場 規 模 は 右 肩 上 がりで 増 加 しており こ こ3 年 弱 で1.1 兆 円 から5.8 兆 円 と 約 5 倍 にも 成 長 している また 内 食 中 食 外 食 それぞれの 家 計 支 出 の 推 移 をみると 食 料 費 支 出 自 体 の 減 少 及 び 内 食 支 出 の 減 少 が 目 立 つ そして 外 食 支 出 も 低 迷 を 続 けてい るのに 対 し 中 食 支 出 はわずかではあるが 増 加 がみられ 堅 調 に 推 移 している この 背 景 としては 長 引 くデフレ 経 済 といった 社 会 情 勢 に 加 え 高 齢 化 の 進 行 や 働 く 女 性 の 増 加 単 身 世 帯 の 増 加 といった 社 会 構 造 の 変 化 が 指 摘 されている また デフレ 経 済 による 節 約 志 向 社 会 構 造 の 変 化 による 個 食 孤 食 の 増 加 や 家 事 の 外 部 化 といった 生 活 者 の 意 識 やライフスタイルの 変 化 が 食 事 形 態 に 大 きく 影 響 しているものと 考 えられる 第 2 項 夕 食 における 内 食 中 食 の 実 態 消 費 者 調 査 213によると 平 日 5 日 間 の 夕 食 における 内 食 中 食 外 食 の 頻 度 をみると 内 食 の 週 あたりの 平 均 利 用 回 数 が2.8 回 と 最 も 多 く 週 の 半 分 以 上 を 占 めている 中 食 も 週 あたり1. 回 ( 弁 当 惣 菜 など 調 理 済 み 品 のみ.6 回 温 め 解 凍 お 湯 を 注 ぐなどのインスタント 食 品 のみ.4 回 )での 利 用 がみられる また 中 食 であっても 調 理 済 み 品 のみに 比 べて インスタント 食 品 のみの 頻 度 はそれほど 高 くない 傾 向 にある 1. 中 食 を 利 用 する 理 由 調 理 済 み 品 やインスタント 食 品 を 中 食 として 平 日 の 夕 食 に 利 用 する 理 由 としては 調 理 の 手 間 が 少 なく なる が46.9% 調 理 の 時 間 が 短 縮 できる が38.9% 片 付 けの 手 間 が 少 なくなる が24.9%と 上 位 を 占 め ており 時 間 手 間 の 短 縮 という 点 で 中 食 が 支 持 されている 一 方 で 味 がよい 量 や 種 類 を 調 整 できる 栄 養 のバランスを 調 整 できる 安 心 して 食 べられる といった 回 答 は 少 なく 時 間 手 間 の 省 略 以 外 の ニーズへは 十 分 に 応 えきれていない 58

16 第 6 章 中 食 内 食 化 傾 向 の 分 析 外 食 中 食 産 業 の 市 場 規 模 の 推 移 世 帯 あたり 1 か 月 間 の 食 に 関 する 支 出 推 移 ( 円 ) 外 食 産 業 中 食 産 業 ( 注 ) 中 食 産 業 の 市 場 規 模 は 料 理 品 小 売 業 ( 弁 当 給 食 を 除 く)の 値 外 食 産 業 の 市 場 規 模 には 中 食 産 業 の 市 場 規 模 は 含 まない ( 百 円 ) 外 食 中 食 内 食 食 料 費 ( 注 ) 中 食 は 弁 当 類 惣 菜 類 といった 調 理 食 支 出 を 指 す 内 食 は 食 料 費 から 外 食 ( 学 校 給 食 を 含 む) 及 び 中 食 を 除 いたもので 具 体 的 には 穀 類 魚 介 類 肉 類 などの 食 材 支 出 を 指 す 外 食 は 一 般 外 食 ( 学 校 給 食 を 除 く)の 値 結 果 は 全 国 2 人 以 上 の 全 世 帯 の 平 均 で 農 林 漁 家 を 含 む 平 日 夕 食 時 の 外 食 中 食 内 食 の 頻 度 / 全 体 % 2% 4% 6% 8% 1% 2.3 平 均 利 用 回 数 (/ 週 ) 外 食 回 1.7 中 食 ( 当 惣 菜 など 調 理 済 み 品 ) 回.9 中 食 (め 凍 おをなどのインスタント 食 品 ) 回 内 食 ( 全 て 素 材 から 調 理 する) 回 ほ 回 週 回 程 度 月 回 程 度 自 分 で 用 意 しないのでわからない 週 回 程 度 月 回 程 度 それ 以 下 利 用 なし 一 週 間 の 平 均 利 用 回 数 は ほ 回 =5 回 週 2 4 回 程 度 =3 回 週 1 回 程 度 =1 回 月 2 3 回 程 度 =.625 回 月 1 回 程 度 =.25 回 として 算 出 平 日 夕 食 時 に 中 食 を 利 用 する 理 由 / 全 体 出 典 : 農 林 水 産 省 平 成 24 年 度 食 料 農 業 農 村 白 書 ( 財 ) 食 の 安 全 安 心 財 団 外 食 産 業 調 査 研 究 センター 調 べ/ 総 務 省 家 計 調 査 /( 一 社 ) 新 日 本 スーパーマーケット 協 会 消 費 者 調 査

17 2. 属 性 別 にみる 内 食 の 頻 度 平 日 の 夕 食 における 内 食 の 頻 度 について 帰 宅 時 間 別 にみると 帰 宅 時 間 が 遅 い 人 ほど 内 食 の 頻 度 は 低 くなっ ている 夕 食 を 素 材 から 調 理 した 内 食 にするためには 買 物 や 調 理 片 付 けなどにそれ 相 応 の 時 間 と 手 間 を 要 する そのため 帰 宅 時 間 が 内 食 にするかを 決 める 大 きな 要 因 の1つであると 考 えられる このほかに 内 食 の 頻 度 は 男 性 に 比 べ 女 性 で 高 く 性 未 既 婚 別 にみると 既 婚 女 性 が 顕 著 に 高 い 中 で も ほぼ 毎 回 が 多 く 逆 に 自 分 で 用 意 しないのでわからない の 回 答 が 小 さいことからも 既 婚 女 性 が 内 食 を 担 っていることがわかる また 男 性 女 性 ともに 未 婚 者 に 比 べ 既 婚 者 の 内 食 の 頻 度 が 高 い これは 既 婚 者 の 98.3%で 同 居 人 数 が 複 数 人 であることから 同 居 人 数 の 影 響 が 大 きいと 考 えられる 既 婚 未 婚 にかかわらず 同 居 人 数 別 にみても 一 人 暮 らしに 比 べ 複 数 人 の 場 合 に 内 食 の 頻 度 が 高 くなっており 同 居 人 数 が 複 数 で 自 分 以 外 の 食 事 を 準 備 する 必 要 があることが 内 食 頻 度 を 高 める 傾 向 がある 同 居 人 数 と 夕 食 同 伴 者 との 関 係 を みると 一 人 暮 らしが2 人 以 上 で 夕 食 をとる 割 合 はわずか6.9%にとどまっている 年 代 別 にみると 2 代 で 内 食 の 利 用 頻 度 が 最 も 低 く 年 代 が 高 くなるにつれて 内 食 の 頻 度 も 高 まる 傾 向 にある 3. 属 性 別 にみる 中 食 の 頻 度 平 日 の 夕 食 における 中 食 の 頻 度 をみると 全 体 では 週 1 回 以 上 利 用 している 割 合 は 調 理 済 み 品 のみ 23.8 % インスタント 食 品 のみ 18.3%と 調 理 済 み 品 のみ の 頻 度 が 高 い しかし 属 性 別 にみると 調 理 済 み 品 のみ インスタント 食 品 のみ ともに 同 様 の 傾 向 がみられる 帰 宅 時 間 が 遅 くなるほど 週 1 回 以 上 利 用 している 割 合 は 高 く 帰 宅 時 間 22 時 以 降 で 顕 著 に 高 い また 既 婚 者 に 比 べ 未 婚 者 の 週 1 回 以 上 利 用 している 割 合 が 高 く 未 婚 男 性 で 最 も 高 い 同 居 人 数 別 にみると 同 居 人 数 1 人 ( 一 人 暮 らし) の 週 あたりの 平 均 利 用 回 数 は 複 数 人 の 約 2 倍 である 中 食 頻 度 が 高 い 帰 宅 時 間 22 時 以 降 未 婚 男 性 同 居 人 数 1 人 の 属 性 は 平 日 の 夕 食 における 内 食 頻 度 が 低 い 属 性 と 一 致 している このことから 帰 宅 時 間 が 遅 く 調 理 時 間 が 確 保 できない 人 や 一 人 暮 らしで 自 分 だけの 夕 食 を 準 備 する 負 担 を 軽 減 したい 人 を 中 心 に 中 食 が 利 用 されていることがわかる また 年 代 別 にみると 2 代 で 中 食 の 利 用 頻 度 が 最 も 高 く 年 代 が 高 くなるにつれて 中 食 の 頻 度 は 低 下 している 4. 属 性 別 にみる 中 食 内 食 の 頻 度 内 食 の 頻 度 が 低 い 属 性 では 中 食 の 頻 度 が 高 く 内 食 の 頻 度 が 高 い 属 性 では 中 食 の 頻 度 が 低 いことから 内 食 と 中 食 の 利 用 頻 度 には 反 比 例 の 関 係 がみられる そこで 調 理 済 み 品 ( 惣 菜 など) と 素 材 から 調 理 という 中 食 と 内 食 を 組 み 合 わせた 食 事 タイプの 頻 度 を 尋 ねた この 食 事 タイプの 例 としては 主 食 と 汁 物 は 素 材 から 調 理 するが 主 菜 に 揚 げ 物 などの 惣 菜 を 利 用 する または 素 材 から 調 理 した 夕 食 に 副 菜 としてサ ラダや 煮 物 などの 惣 菜 を 利 用 するケースである 全 体 での 利 用 頻 度 をみると 週 あたりの 平 均 利 用 回 数 は.9 回 週 1 回 以 上 利 用 している 割 合 は33.5%と 調 理 済 み 品 のみ インスタント 食 品 のみ それぞれの 中 食 利 用 頻 度 より 高 い また 属 性 別 にみると 中 食 や 内 食 と 異 なり 帰 宅 時 間 や 同 居 人 数 未 既 婚 による 大 きな 違 いは 認 められない このことから 属 性 に 因 らず 多 くの 食 卓 で 惣 菜 などの 調 理 済 み 品 が 夕 食 の 主 菜 または 副 菜 として 内 食 と 組 み 合 わせて 利 用 さ れていることがうかがえる 6

18 第 6 章 中 食 内 食 化 傾 向 の 分 析 平 日 夕 食 時 の 内 食 の 頻 度 / 属 性 別 性 別 年 代 未 性 既 婚 人 同 数 居 宅 時 間 ほ 回 自 分 で 用 意 週 月 それ 以 下 週 1 回 以 上 計 平 均 利 用 週 回 程 度 月 回 程 度 しないので 回 程 度 回 程 度 なし わからない (%) 回 数 (/ 週 ) 全 体 n=2546) 回 男 性 n=1278) 回 女 性 n=1268) 回 2 代 n=44) 回 3 代 n=546) 回 4 代 n=575) 回 5 代 n=489) 回 6 代 n=532) 回 未 婚 男 性 n=533) 回 未 婚 女 性 n=468) 回 既 婚 男 性 n=745) 回 既 婚 女 性 n=8) 回 1 人 ( 一 人 らし)n=424) 回 複 数 人 n=2122) 回 時 n=747) 回 時 n=796) 回 2 21 時 n=391) 回 22 時 以 降 n=18) 回 その 他 n=432) 回 全 体 と 比 較 し 5% 以 上 のものを -5% 以 下 のものを としてマーク 未 既 婚 別 にみた 同 居 人 数 同 居 人 数 別 にみた 平 日 夕 食 時 の 同 伴 者 人 ( 一 人 らし) 複 数 人 家 族 と 一 家 族 以 外 の かと 一 一 人 食 べない 4.1 全 体 n=2582) 全 体 n=2582) 未 婚 n=121) 人 ( 一 人 らし) n=433) 既 婚 n=1561) 98.3 複 数 人 n=2149) % 2% 4% 6% 8% 1% % 2% 4% 6% 8% 1% 平 日 夕 食 時 の 中 食 ( 調 理 済 み 品 のみ)の 頻 度 / 属 性 別 性 別 年 代 未 性 既 婚 人 同 数 居 宅 時 間 全 体 ほ 回 週 回 週 回 程 度 月 回 それ 以 下 自 分 で 用 意 週 1 回 以 上 計 平 均 利 用 月 回 程 度 程 度 程 度 なし しないので (%) 回 数 ( / 週 ) わからない n=2546) 回 男 性 n=1278) 回 女 性 n=1268) 回 2 代 n=44) 回 3 代 n=546) 回 4 代 n=575) 回 5 代 n=489) 回 6 代 n=532) 回 未 婚 男 性 n=533) 回 未 婚 女 性 n=468) 回 既 婚 男 性 n=745) 回 既 婚 女 性 n=8) 回 1 人 ( 一 人 らし) n=424) 回 複 数 人 n=2122) 回 時 n=747) 回 時 n=796) 回 2 21 時 n=391) 回 22 時 以 降 n=18) 回 その 他 n=432) 回 全 体 と 比 較 し 5% 以 上 のものを -5% 以 下 のものを としてマーク 平 日 夕 食 時 の 中 食 (インスタント 食 品 のみ)の 頻 度 / 属 性 別 性 別 年 代 未 既 性 婚 人 同 数 居 宅 時 間 ほ 回 週 回 週 回 程 度 月 回 それ 以 下 自 分 で 用 意 週 1 回 以 上 計 平 均 利 用 月 回 程 度 程 度 程 度 なし しないので (%) 回 数 (/ 週 ) わからない 全 体 n=2546) 回 男 性 n=1278) 回 女 性 n=1268) 回 2 代 n=44) 回 3 代 n=546) 回 4 代 n=575) 回 5 代 n=489) 回 6 代 n=532) 回 未 婚 男 性 n=533) 回 未 婚 女 性 n=468) 回 既 婚 男 性 n=745) 回 既 婚 女 性 n=8) 回 1 人 ( 一 人 らし) n=424) 回 複 数 人 n=2122) 回 時 n=747) 回 時 n=796) 回 時 n=391) 回 時 以 降 n=18) 回 その 他 n=432) 全 体 と 比 較 し 5% 以 上 のものを -5% 以 下 のものを としてマーク 出 典 :( 一 社 ) 新 日 本 スーパーマーケット 協 会 消 費 者 調 査

19 第 3 項 理 想 とする 夕 食 とのギャップ 理 想 とする 平 日 夕 食 時 の 食 事 形 態 を 尋 ねたところ 全 体 では すべての 料 理 を 素 材 から 調 理 したい との 回 答 が59.2%と 最 も 多 く 素 材 からの 調 理 をメインにしたい 26.7%を 含 めた 素 材 からの 調 理 を 理 想 としてい る 人 はあわせて85.9%にものぼる また 中 食 利 用 が 進 む 未 婚 男 性 同 居 人 数 1 人 ( 一 人 暮 らし) 帰 宅 時 間 22 時 以 降 においても 素 材 からの 調 理 を 理 想 としている 人 の 合 計 は7% 以 上 と 高 く すべての 属 性 で 内 食 を 理 想 の 夕 食 と 考 えている このことから 食 事 における 生 活 者 の 真 のニーズは 単 に 時 間 手 間 の 省 略 で はないことがうかがえる 中 食 は 素 材 から 調 理 する 負 担 を 軽 減 し 時 間 的 な 余 裕 を 確 保 する 手 段 として 一 定 のニーズを 満 たし 市 場 規 模 を 拡 大 している そして 今 後 も 単 身 世 帯 や 共 働 き 世 帯 の 増 加 とともにさらに 中 食 の 需 要 や 市 場 規 模 は 伸 びていくことが 予 想 される しかし 中 食 は 現 在 の 社 会 構 造 ライフスタイルのもとでの 現 実 的 な 対 応 で あり 必 ずしも 生 活 者 の 真 のニーズを 満 たすことにはつながっていない こうした 実 態 に 目 を 向 け スーパー マーケットでも 理 想 の 夕 食 への 手 助 けをすることはできないだろうか 豊 かな 食 生 活 とは 依 然 として 素 材 から 調 理 した 内 食 である その 一 例 として 素 材 をはじめ 調 理 済 み 品 インスタント 食 品 を 取 り 扱 うスーパーマーケットでは 旬 の 食 材 や 目 玉 商 品 を 使 った 簡 単 なレシピ 紹 介 店 頭 での 調 理 アドバイスなどの 取 り 組 みも 積 極 的 に 行 われている また 店 舗 で 調 理 して 持 ち 帰 るサービスや 食 事 ができるスペースの 提 供 などの 取 り 組 みもはじまっている 素 材 や 商 品 の 販 売 を 通 じて 今 後 も 理 想 と するライフスタイルや 豊 かな 食 事 の 時 間 空 間 の 実 現 をサポートするサービス 提 供 がスーパーマーケットに は 期 待 されている 62

20 第 6 章 中 食 内 食 化 傾 向 の 分 析 平 日 夕 食 時 の 中 食 調 理 済 み 品 ( 惣 菜 など) 内 食 の 頻 度 / 属 性 別 理 想 とする 平 日 夕 食 時 の 食 事 形 態 / 属 性 別 性 別 年 代 未 既 性 婚 人 同 数 居 宅 時 間 全 体 すべての 料 理 を 素 材 から 調 理 したい 素 材 からの 調 理 を メインにしたい 調 理 済 み 品 や インスタント 食 品 を メインにしたい すべての 料 理 を 調 理 済 み 品 インスタント 食 品 にしたい 出 来 るだけ すべて 外 食 で 済 ませたい n=2546) 男 性 n=1278) 女 性 n=1268) 代 n=44) 代 n=546) 代 n=575) 代 n=489) 代 n=532) 未 婚 男 性 n=533) 未 婚 女 性 n=468) 既 婚 男 性 n=745) 既 婚 女 性 n=8) 人 ( 一 人 らし) n=424) 複 数 人 n=2122) 時 n=747) 時 n=796) 時 n=391) 時 以 降 n=18) その 他 n=432) その 他 素 材 から 調 理 計 (%) 全 体 と 比 較 し 5% 以 上 のものを -5% 以 下 のものを としてマーク 出 典 :( 一 社 ) 新 日 本 スーパーマーケット 協 会 消 費 者 調 査

Microsoft Word - 03 1-2参考(0510)

Microsoft Word - 03 1-2参考(0510) 参 考 1-4 都 市 計 画 税 徴 収 市 区 町 村 の 属 性 把 握 都 市 計 画 税 については 都 市 計 画 年 報 ( 平 成 20 年 )によると 全 1429 市 区 町 村 ( 東 京 都 23 区 については 区 別 にカウント)に 対 して 都 市 計 画 税 徴 収 市 区 町 村 数 が 687 市 区 町 村 都 市 計 画 税 非 徴 収 市 区 町 村 が 742

More information

<3133303432368FBC8959935393B9898890FC926E88E682CC8CF092CA82CC82A082E895FB82C98AD682B782E992B28DB895F18D908F9181698DC58F49816A>

<3133303432368FBC8959935393B9898890FC926E88E682CC8CF092CA82CC82A082E895FB82C98AD682B782E992B28DB895F18D908F9181698DC58F49816A> 平 成 25 年 3 月 財 団 法 人 九 州 経 済 調 査 協 会 目 次 はじめに... 1 1 松 浦 鉄 道 沿 線 の 交 通 を 取 り 巻 く 現 状... 2 (1) 松 浦 鉄 道 の 利 用 者 数... 2 (2) 周 辺 環 境 の 変 化... 3 (3) 複 雑 化 する 利 用 者 の 減 少 要 因... 7 2 松 浦 鉄 道 沿 線 住 民 の 交 通 の 利

More information

資 料 10 山 梨 県 まち ひと し ごと 創 生 人 口 ビジョン ( 中 間 報 告 ) 山 梨 県 まち ひと しごと 創 生 人 口 ビジョン 中 間 報 告 山 梨 県 人 口 減 少 対 策 戦 略 本 部 平 成 27 年 6 月 目 次 1 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 1 2 人 口 の 現 状 分 析 (1) 人 口 動 向 分 析 総 人 口 2 自 然 増 減

More information

»°ËÞ½ŸA“⁄†QŸA“⁄Æ�°½No9

»°ËÞ½ŸA“⁄†QŸA“⁄Æ�°½No9 NO 2003.11.4 9 101-0061 東京都千代田区三崎町3-5-6 造船会館4F TEL 03-3230-0465 FAX 03-3239-1553 E-mail stu stu.jtuc-rengo.jp 発 行 人 数 村 滋 全国8地連の新体制が始動 中四国地連 中部地連 九州地連 沖縄地連 北海道地連 東北地連 関西地連 関東地連 組織拡大と加盟組合支援を柱に 2 期目がスタート

More information

Microsoft Word - 103第Ⅱ章第2節.docx

Microsoft Word - 103第Ⅱ章第2節.docx 平 成 21 間 回 顧 住 宅 投 資 の 動 向 について 以 降 建 設 投 資 は 低 迷 しており その 中 で 住 宅 投 資 の 下 落 は 顕 著 である 21 12 月 の 新 設 住 宅 着 工 戸 数 は 前 同 月 比.7% 減 の 6.9 万 戸 と 前 比 マイナス は13カ 月 続 いており 21 では 前 比 27.9%の 78 万 841 戸 であった 8 万 戸

More information

平成25年住宅・土地統計調査(速報集計) 結果の概要

平成25年住宅・土地統計調査(速報集計) 結果の概要 平 成 25 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 速 報 集 計 結 果 の 概 要 平 成 26 年 7 月 29 日 総 務 省 統 計 局 目 次 結 果 の 概 要 第 1 章 住 宅 世 帯 の 概 況 1 総 住 宅 数 と 総 世 帯 数 1 2 居 住 世 帯 の 有 無 2 第 2 章 住 宅 の 状 況 1 住 宅 の 種 類 3 2 建 て 方, 構 造 4 3 建 築 の 時

More information

第Ⅰ章 一週間の買物行動

第Ⅰ章 一週間の買物行動 調 査 の 目 的 と 方 法 調 査 の 目 的 と 方 法 1. 調 査 目 的 と 分 析 の 基 本 方 針 1.1. 調 査 目 的 本 調 査 は アンケート 調 査 を 通 じて 消 費 者 の 食 肉 の 購 買 状 況 食 肉 に 対 す る 意 識 食 肉 調 理 に 関 する 実 態 などを 季 節 年 度 別 年 代 別 地 域 別 など 様 々な 角 度 から 分 析 し

More information

スーパーマーケット 販 売 統 計 調 査 2015 年 7 月 実 績 速 報 版 (パネル275) 全 店 売 上 高 ( 万 円 ) 一 般 社 団 法 人 日 本 スーパーマーケット 協 会 オール 日 本 スーパーマーケット 協 会 一 般 社 団 法 人 新 日 本 スーパーマーケット

スーパーマーケット 販 売 統 計 調 査 2015 年 7 月 実 績 速 報 版 (パネル275) 全 店 売 上 高 ( 万 円 ) 一 般 社 団 法 人 日 本 スーパーマーケット 協 会 オール 日 本 スーパーマーケット 協 会 一 般 社 団 法 人 新 日 本 スーパーマーケット スーパーマーケット 販 売 統 計 調 査 資 料 2015 年 7 月 実 績 速 報 版 (パネル 275) 6 月 実 績 確 報 版 (8 月 21 日 公 表 ) 調 査 資 料 概 要 商 品 分 類 パネル 集 計 食 品 を 中 心 に 取 り 扱 うスーパーマーケットを 対 象 に 同 一 企 業 を 集 計 2015 年 4 月 実 績 よりパネル 対 象 企 業 変 更 (285

More information

野村資本市場研究所|人口移動と資金移動:中国の例(PDF)

野村資本市場研究所|人口移動と資金移動:中国の例(PDF) 特 集 1:アジア 人 口 移 動 と 資 金 移 動 : 中 国 の 例 人 口 移 動 と 資 金 移 動 : 中 国 の 例 宮 本 佐 知 子 要 約 1. 現 在 の 中 国 と 高 度 成 長 期 の 日 本 は 類 似 点 も 多 く 現 在 の 中 国 で 大 きな 問 題 と なっている 地 域 間 の 所 得 格 差 や 大 規 模 な 人 口 移 動 は 当 時 の 日 本 で

More information

経済・物価情勢の展望(2016年1月)

経済・物価情勢の展望(2016年1月) 2016 年 1 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 1 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 輸 出 生 産 面 に 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 がみられるもの の 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2017 年 度 までを 展 望 すると 家 計 企 業 の 両 部 門 において 所 得 から

More information

経済・物価情勢の展望(2016年7月)

経済・物価情勢の展望(2016年7月) 2016 年 7 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 7 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 先 行 きを 展 望 すると 暫 くの 間 輸 出 生 産 面

More information

< 調 査 概 要 > 調 査 方 法 インターネット 調 査 調 査 対 象 冷 凍 食 品 を 月 1 回 以 上 利 用 している 25 歳 以 上 の 男 女 各 625 人 調 査 期 間 2014 年 3 月 1 日 ( 土 )~3 月 3 日 ( 月 ) 標 本 構 成 有 効 回 収

< 調 査 概 要 > 調 査 方 法 インターネット 調 査 調 査 対 象 冷 凍 食 品 を 月 1 回 以 上 利 用 している 25 歳 以 上 の 男 女 各 625 人 調 査 期 間 2014 年 3 月 1 日 ( 土 )~3 月 3 日 ( 月 ) 標 本 構 成 有 効 回 収 報 道 関 係 各 位 平 成 26 年 4 月 一 般 社 団 法 人 日 本 冷 凍 食 品 協 会 全 国 の 25 歳 以 上 の 男 女 1250 人 1 に 聞 く 冷 凍 食 品 の 利 用 状 況 実 態 調 査 結 果 について 冷 凍 食 品 の 魅 力 のトップは 買 い 置 きができる こと 男 女 とも8 割 前 後 が1ヶ 月 以 内 に 消 費 一 般 社 団 法 人

More information

北陸地域における住宅投資動向

北陸地域における住宅投資動向 213 年 3 月 25 日 日 本 銀 行 金 沢 支 店 北 陸 地 域 における 住 宅 投 資 動 向 [ 要 旨 ] 1. 北 陸 地 域 の 住 宅 投 資 動 向 をみると 新 設 住 宅 着 工 戸 数 は 211 年 度 下 期 以 降 弱 い 動 きが 続 いてきたものの 足 もとでは 214 年 4 月 および 215 年 1 月 の 消 費 引 き 上 げを 見 据 え た

More information

都道府県の木 北海道 アカエゾマツ 秋田 アキタスギ 青森 ヒバ 山形 サクランボ 岩手 ナンブアカマツ 宮城 ケヤキ 新潟 ユキツバキ 石川 アテ 茨城 ウメ 富山 タテヤマスギ メモ 福島 ケヤキ 栃木 トチノキ 埼玉 ケヤキ 群馬 クロマツ 千葉 マキ 岐阜 イチイ 福井 クロマツ 長野 シラカンバ 東京 イチョウ 広島 ヤマモミジ 岡山 アカマツ 兵庫 クスノキ 大阪 イチョウ 京都 キタヤマスギ

More information

労働市場から消えた25~44歳男性

労働市場から消えた25~44歳男性 経 済 社 会 構 造 分 析 レポート 経 済 構 造 分 析 レポート No.43 労 働 市 場 から 消 えた 25~44 歳 男 性 地 域 間 で 広 がる 格 差 抱 える 問 題 はそれぞれ 異 なる 2016 年 4 月 8 日 全 16 頁 経 済 調 査 部 研 究 員 山 口 茜 [ 要 約 ] 25~44 歳 女 性 就 業 率 は この 30 年 間 で 上 昇 傾 向

More information

No.26_蜂屋氏cs5.indd

No.26_蜂屋氏cs5.indd 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 調 査 部 主 任 研 究 員 蜂 屋 勝 弘 目 次 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 3. 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20944E8BE08A7A95AA957A82DD82E782EA82E991AB90D5>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20944E8BE08A7A95AA957A82DD82E782EA82E991AB90D5> 年 金 額 分 布 にみられる 公 的 年 金 制 度 の 発 展 の 足 跡 稲 垣 誠 一 ( 一 橋 大 学 経 済 研 究 所 ) ( 要 旨 ) わが 国 の 公 的 年 金 制 度 は 1961 年 の 国 民 年 金 制 度 の 創 設 によって 皆 年 金 制 度 が 実 現 され その 後 の 幾 度 にもわたる 制 度 改 正 とりわけ 1985 年 改 正 による 再 編 を

More information

就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年

就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年 第 3 章 就 労 促 進 に 向 けた 労 働 市 場 の 需 給 面 及 び 質 面 の 課 題 には 解 雇 などの 在 職 者 に 対 する 雇 用 調 整 ではなく 所 定 外 労 働 時 間 の 削 減 とともに 新 規 採 用 をは じめとする 入 職 抑 制 を 選 択 する 傾 向 にあり この 傾 向 は 基 本 的 には 変 わっていないと 考 えられる こ のため バブル 崩

More information

経済・物価情勢の展望(2016年4月)

経済・物価情勢の展望(2016年4月) 2016 年 4 月 28 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2018 年 度 まで を 展 望 すると 当 面 輸 出 生

More information

ポイント 上 昇 が 上 昇 し 専 修 校 一 般 課 程 等 入 1.4ポイント 低 下 などが 低 下 しており 上 述 した 傾 向 がより 顕 著 に 表 れている また 同 時 に 一 時 的 な 仕 事 に 就 いた 者 1.1ポイント 低 下 およびその 他 の 者 1.5ポイント

ポイント 上 昇 が 上 昇 し 専 修 校 一 般 課 程 等 入 1.4ポイント 低 下 などが 低 下 しており 上 述 した 傾 向 がより 顕 著 に 表 れている また 同 時 に 一 時 的 な 仕 事 に 就 いた 者 1.1ポイント 低 下 およびその 他 の 者 1.5ポイント 調 査 レポート 調 査 レポート 原 稿 15 年 1 月 東 日 東 本 日 大 本 震 大 災 後 の の 高 校 卒 業 業 者 者 の の 路 動 路 向 動 向 1. 概 況 文 部 科 省 校 基 本 調 査 における の 14 年 3 月 の 高 校 卒 業 者 数 は 前 年 比 597 人 2.9 減 の19,657 人 となり 2 年 ぶりに 前 年 を 下 回 った 路 別

More information

公営地下鉄の建設資金と収益状況

公営地下鉄の建設資金と収益状況 Economic Report 公 営 地 下 鉄 の 建 設 資 金 と 収 益 状 況 ネットワーク 拡 大 から 収 益 向 上 へ 2012 年 5 月 17 日 全 14 頁 金 融 調 査 部 中 里 幸 聖 [ 要 約 ] わが 国 の 地 下 鉄 は 地 方 公 営 企 業 として 運 営 されている 場 合 がほとんどであり 札 幌 市 仙 台 市 東 京 都 横 浜 市 名 古

More information

経済・物価情勢の展望(2015年10月)

経済・物価情勢の展望(2015年10月) 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2015 年 10 月 ) 2015 年 10 月 30 日 日 本 銀 行 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > 2017 年 度 までの 日 本 経 済 を 展 望 すると 2015 年 度 から 2016 年 度 にかけて 潜 在 成 長 率 を 上 回 る 成 長 を 続 けると 予 想 される 2017 年 度 にかけては 消 費 税 率 引 き 上

More information

Microsoft PowerPoint _Promotional_i_44号-3 中古住宅平成25年1月・住宅着工見通し

Microsoft PowerPoint _Promotional_i_44号-3 中古住宅平成25年1月・住宅着工見通し 213. 2. 22 ( 第 45 号 -1) 新 設 住 宅 着 工 見 通 し 213. 2. 15 ( 第 44 号 -3) 中 古 住 宅 平 成 25 年 1 月 の 動 向 213.2.22 ( 第 45 号 ) 新 設 住 宅 着 工 戸 数 の 見 通 し 1~12 月 期 GDP1 次 速 報 後 ( 注 ) 前 回 の 予 測 はPromotional i 33 号 (11/22)

More information

1 基 本 情 報 日 本 からの 農 林 水 産 物 食 品 輸 出 2 億 円 (2015 年 ) 国 地 域 別 順 位 64 位 1. 基 礎 データ 人 口 :54 百 万 人 ( 人 口 増 加 率 0.8%) 面 積 :68 万 km2 ( 日 本 の 約 1.8 倍 ) 宗 教 :

1 基 本 情 報 日 本 からの 農 林 水 産 物 食 品 輸 出 2 億 円 (2015 年 ) 国 地 域 別 順 位 64 位 1. 基 礎 データ 人 口 :54 百 万 人 ( 人 口 増 加 率 0.8%) 面 積 :68 万 km2 ( 日 本 の 約 1.8 倍 ) 宗 教 : 国 地 域 別 の 農 林 水 産 物 食 品 の 輸 出 拡 大 戦 略 () 105 1 基 本 情 報 日 本 からの 農 林 水 産 物 食 品 輸 出 2 億 円 (2015 年 ) 国 地 域 別 順 位 64 位 1. 基 礎 データ 人 口 :54 百 万 人 ( 人 口 増 加 率 0.8%) 面 積 :68 万 km2 ( 日 本 の 約 1.8 倍 ) 宗 教 : 仏 教 (

More information

日本における介護保険の現状と課題

日本における介護保険の現状と課題 日 本 における 介 護 保 険 の 現 状 とアクチュアリー 的 な 課 題 要 旨 近 年 日 本 では 医 療 技 術 の 進 歩 などにより 平 均 寿 命 が 伸 び 続 けており 現 在 世 界 で 最 も 平 均 寿 命 が 長 い 国 となっている しかし 高 齢 者 の 数 が 増 加 する 一 方 ライフスタイルの 変 化 など により 出 生 率 は 減 少 傾 向 にあり 人

More information

第25回税制調査会 総25-1

第25回税制調査会 総25-1 平 27.10.27 総 2 5-1 説 明 資 料 相 続 税 贈 与 税 平 成 27 年 10 月 27 日 ( 火 ) 財 務 省 目 次 1. 資 産 課 税 をめぐる 経 済 社 会 構 造 の 変 化 1 家 計 における 資 産 形 成 の 変 容 4 相 続 の 変 容 13 今 後 の 人 口 動 態 の 見 通 し 27 2. 相 続 税 の 現 状 30 3. 贈 与 税 の

More information

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈 平 成 26 年 度 神 奈 川 県 政 に 関 する 要 望 書 平 成 25 年 9 月 横 浜 商 工 会 議 所 神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26

More information

長期失業者の求職活動と就業意識

長期失業者の求職活動と就業意識 第 1 章 調 査 研 究 の 目 的 方 法 と 分 析 結 果 の 概 要 第 1 節 調 査 研 究 の 目 的 バブル 経 済 崩 壊 後 の 長 期 不 況 は 労 働 市 場 の 様 相 を 一 変 させた 長 期 雇 用 慣 行 が 定 着 して いたわが 国 の 労 働 市 場 は 1980 年 代 まで 完 全 失 業 率 が 1~2%という 低 い 水 準 を 維 持 し 若 年

More information

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花 尾 花 沢 まち ひと しごと 創 生 尾 花 沢 人 口 ビ ジ ョ ン 平 成 27 年 10 月 尾 花 沢 目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14

More information

目 次 第 1 章 計 画 の 背 景 目 的 1-1 計 画 の 背 景... 1 1-2 計 画 の 目 的... 1 1-3 計 画 の 位 置 づけ... 1 1-4 計 画 の 期 間... 1 第 2 章 高 齢 者 をとりまく 状 況 と 課 題 2-1 高 齢 者 数 と 高 齢 者

目 次 第 1 章 計 画 の 背 景 目 的 1-1 計 画 の 背 景... 1 1-2 計 画 の 目 的... 1 1-3 計 画 の 位 置 づけ... 1 1-4 計 画 の 期 間... 1 第 2 章 高 齢 者 をとりまく 状 況 と 課 題 2-1 高 齢 者 数 と 高 齢 者 秋 田 県 高 齢 者 居 住 安 定 確 保 計 画 平 成 27 年 10 月 秋 田 県 目 次 第 1 章 計 画 の 背 景 目 的 1-1 計 画 の 背 景... 1 1-2 計 画 の 目 的... 1 1-3 計 画 の 位 置 づけ... 1 1-4 計 画 の 期 間... 1 第 2 章 高 齢 者 をとりまく 状 況 と 課 題 2-1 高 齢 者 数 と 高 齢 者 世

More information

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の 相 馬 市 人 口 ビジョン 平 成 27 年 9 月 25 日 相 馬 市 地 方 創 生 総 合 戦 略 会 議 目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析

More information

第 Ⅱ-2-13 図 実 質 消 費 支 出 の 動 向 ( 二 人 以 上 の 世 帯 前 年 同 月 比 伸 び 率 寄 与 度 ) 6 4 2 2 4 6 8 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 11 12 1 2 3 4 5 6 7 22 年 23 年 ( 月 ) 食 料 住 居 光

第 Ⅱ-2-13 図 実 質 消 費 支 出 の 動 向 ( 二 人 以 上 の 世 帯 前 年 同 月 比 伸 び 率 寄 与 度 ) 6 4 2 2 4 6 8 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 11 12 1 2 3 4 5 6 7 22 年 23 年 ( 月 ) 食 料 住 居 光 震 災 後 の 個 人 消 費 の 動 向 について 震 災 の 影 響 を 受 けた 消 費 者 マインドの 急 激 な 悪 化 自 粛 ムードの 広 がり サプライ チェーン 寸 断 による 供 給 制 約 といった 要 因 等 を 背 景 に 3 月 の 個 人 消 費 は 大 幅 な 落 ち 込 みを 記 録 した 4 月 以 降 は これら 要 因 が 徐 々に 緩 和 してきていることから

More information

第1回「女性就労促進に関するアンケート」 報 告 書

第1回「女性就労促進に関するアンケート」 報 告 書 女 性 の 就 業 機 会 拡 大 に 関 する 調 査 報 告 書 女 性 の 就 業 機 会 拡 大 プロジェクトチーム ( 調 査 監 修 ) 大 阪 産 業 経 済 リサーチセンター 目 次 2 調 査 結 果 ( 要 旨 ) 3 1 女 性 を 取 り 巻 く 就 業 環 境 15 1-1 女 性 を 取 り 巻 く 就 業 環 境 16 1-2 女 性 就 業 における M 字 カーブ

More information

ができたとしよう この 場 合 世 帯 数 要 因 は 東 京 での 増 加 と 秋 田 での 減 少 で 相 殺 されるためゼロと 考 える 同 時 に 住 居 を 必 要 としている 人 が 秋 田 県 に 引 っ 越 してその 住 宅 を 建 替 えた 場 合 には 建 替 え 要 因 として

ができたとしよう この 場 合 世 帯 数 要 因 は 東 京 での 増 加 と 秋 田 での 減 少 で 相 殺 されるためゼロと 考 える 同 時 に 住 居 を 必 要 としている 人 が 秋 田 県 に 引 っ 越 してその 住 宅 を 建 替 えた 場 合 には 建 替 え 要 因 として みずほインサイト 日 本 経 済 216 年 1 月 4 日 今 後 の 住 宅 市 場 をどうみるか?1 住 宅 着 工 は22 年 代 に 6 万 戸 台 へ 経 済 調 査 部 エコノミスト 多 田 出 健 太 3-3591-1283 kenta.tadaide@mizuho-ri.co.jp 世 帯 数 建 替 え ミスマッチの3 要 因 から 住 宅 着 工 戸 数 の 長 期 予 測 を

More information

Microsoft Word - 006第Ⅰ章第2節.doc

Microsoft Word - 006第Ⅰ章第2節.doc 分 譲 マンション 市 場 の 動 向 地 価 の 下 げ 止 まり 等 によるマンション 販 売 価 格 上 昇 や 量 的 緩 和 政 策 及 びゼロ 金 利 政 策 解 除 による 金 利 上 昇 など 分 譲 マンション 市 場 を 取 り 巻 く 外 部 環 境 は 変 化 が 生 じてき ている 分 譲 マンション 市 場 をめぐる 最 近 の 動 向 と 今 後 の 先 行 きについて

More information

公金収納方法の多様化に関する実態調査報告書

公金収納方法の多様化に関する実態調査報告書 公 金 収 納 方 法 の 多 様 化 に 関 する 実 態 調 査 報 告 書 平 成 21 年 3 月 みずほ 情 報 総 研 株 式 会 社 目 次 はじめに... 1 1.アンケートの 対 象... 2 2.アンケート 調 査 結 果 の 概 要... 2 3.アンケート 調 査 の 結 果... 4 (1) 回 答 者 の 属 性... 4 (2) 公 金 収 納 に 関 する 課 題

More information

<95F18D908F912E786477>

<95F18D908F912E786477> 参 考 鹿 児 島 県 民 の 生 活 意 識 実 態 調 査 等 の 結 果 平 成 23 年 3 月 28 日 目 次 I. 世 代 別 にみた 特 徴 と 課 題... 2 1. 20 歳 代... 2 2. 30 歳 代... 3 3. 40 歳 代... 5 4. 50 歳 代... 7 5. 60 歳 代... 8 6. 70 歳 以 上... 10 II. 就 業 形 態 別 にみた

More information

タイトル

タイトル Economic Trends マクロ 経 済 分 析 レポート テーマ:エンゲル 係 数 から 見 た 食 品 値 上 げの 影 響 発 表 日 :7 年 月 6 日 ( 火 ) ~ 家 計 負 担 増 +6,79 円 / 年 や 輸 入 増 を 通 じて 名 目 GDP 9,55 億 円 押 下 げ~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 担 当 永 濱 利 廣 (3-5-453)

More information

要 旨 東 京 圏 で 暮 らす 高 学 歴 女 性 の 就 業 拡 大 登 用 拡 大 の 余 地 は 依 然 として 大 きい 新 卒 時 点 で 正 規 雇 用 の 職 に 就 いた 女 性 のうち 結 婚 出 産 した 女 性 の 約 8 割 が 正 規 雇 用 の 職 を 離 れ うち 約

要 旨 東 京 圏 で 暮 らす 高 学 歴 女 性 の 就 業 拡 大 登 用 拡 大 の 余 地 は 依 然 として 大 きい 新 卒 時 点 で 正 規 雇 用 の 職 に 就 いた 女 性 のうち 結 婚 出 産 した 女 性 の 約 8 割 が 正 規 雇 用 の 職 を 離 れ うち 約 2015 年 11 月 18 日 東 京 圏 で 暮 らす 高 学 歴 女 性 の 働 き 方 等 に 関 するアンケート 調 査 結 果 ( 報 告 ) 調 査 の 概 要 株 式 会 社 日 本 総 合 研 究 所 は 東 京 圏 ( 東 京 神 奈 川 埼 玉 千 葉 )に 現 住 所 があり かつ 東 京 圏 に 所 在 する 四 年 制 の 大 学 又 は 大 学 院 を 卒 業 した いわゆる

More information

経済・物価情勢の展望(2015年4月)

経済・物価情勢の展望(2015年4月) 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2015 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > 2015 年 4 月 30 日 日 本 銀 行 2017 年 度 までの 日 本 経 済 を 展 望 すると 2015 年 度 から 2016 年 度 にか けて 潜 在 成 長 率 を 上 回 る 成 長 を 続 けると 予 想 される 2017 年 度 にかけ ては 消 費 税 率 引 き 上

More information

5. 入港者(アクセス)アンケート調査 | 成田国際空港アクセス交通実態調査

5. 入港者(アクセス)アンケート調査 | 成田国際空港アクセス交通実態調査 5. 入 港 者 (アクセス)アンケート 調 査 調 査 票 の 配 布 場 所 は 出 発 旅 客 が 入 港 する 際 に 通 過 する 第 1 ゲート 第 2 ゲート 第 6 ゲー ト 成 田 空 港 駅 ゲート 空 港 第 2 ビル 駅 ゲート 第 1 ターミナルビルバス 降 車 場 第 2 ターミ ナルビルバス 降 車 場 の 7 地 点 において 空 港 従 業 員 を 除 く 全 ての

More information

第2部-6.indd

第2部-6.indd 第 6 章 金 融 保 険 業 第 6 章 金 融 保 険 業 1 金 融 保 険 業 の 概 況 (1) 再 編 が 進 む 金 融 保 険 業 金 融 保 険 業 は 金 融 取 引 の 規 制 緩 和 を 背 景 に 銀 行 業 や 証 券 業 保 険 業 等 の 業 態 の 垣 根 を 越 えて 収 益 力 の 高 い 金 融 コングロマリット( 複 合 企 業 )を 目 指 す 時 代 に

More information

目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章

目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章 九 度 山 町 人 口 ビジョン 平 成 28 年 3 月 和 歌 山 県 九 度 山 町 目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章 将 来

More information

マンション市場の今後の展望

マンション市場の今後の展望 1 マンション 特 集 マンション 市 場 の 今 後 の 展 望 株 式 会 社 不 動 産 経 済 研 究 所 企 画 調 査 部 主 任 研 究 員 松 田 忠 司 (まつだ ただし) 2004 年 に 株 式 会 社 不 動 産 経 済 研 究 所 に 入 社 以 後 一 貫 して 新 築 マンションの 調 査 に 携 わる 昨 年 から 毎 月 首 都 圏 マンション 市 場 動 向 の

More information

Microsoft Word - 303 新季調方法.doc

Microsoft Word - 303 新季調方法.doc 所 得 階 級 別 にみる 消 費 の 変 化 について 家 計 の 所 得 を 勤 労 者 の 現 金 給 与 総 額 でみると 9 年 月 期 をピクに 減 少 に 転 じ た 後 年 79 月 期 を 底 にやや 持 ち 直 していたが 8 年 になって 伸 び 悩 みがみられ る 同 様 に 家 計 の 最 終 消 費 支 出 は 概 ね 右 肩 上 がりの 増 加 が 続 いていたが 8

More information

大 分 類 小 分 類 建 設 工 事 の 種 類 土 木 建 築 工 事 業 前 記 による 総 合 工 事 業 土 木 工 事 業 ( 土 木 工 事 が 完 成 工 事 高 の8 割 以 上 ) 建 築 工 事 業 ( 土 木 工 事 が 完 成 工 事 高 の2 割 未 満 ) 設 備 工

大 分 類 小 分 類 建 設 工 事 の 種 類 土 木 建 築 工 事 業 前 記 による 総 合 工 事 業 土 木 工 事 業 ( 土 木 工 事 が 完 成 工 事 高 の8 割 以 上 ) 建 築 工 事 業 ( 土 木 工 事 が 完 成 工 事 高 の2 割 未 満 ) 設 備 工 建 設 業 の 経 営 分 析 ( 平 成 26 年 度 ) ( 概 要 版 ) 1. 調 査 の 概 要 (1) 調 査 目 的 建 設 企 業 の 経 営 分 析 を 行 い 建 設 業 の 健 全 な 発 展 に 資 する 基 礎 資 料 を 得 ることを 目 的 とする (2) 調 査 事 項 各 財 務 比 率 の 平 均 値 を 調 査 した (3) 調 査 対 象 一 般 財 団 法

More information

Microsoft PowerPoint - ■食生活調査2014・150303完成版_.pptx

Microsoft PowerPoint - ■食生活調査2014・150303完成版_.pptx 1 牛 乳 食 生 活 動 向 調 査 2014 改 めて 確 認 されたこと 新 しく 分 かったこと ~ 最 終 公 表 版 ~ 2015 年 3 月 3 日 目 次 3 P4 調 査 の 概 要 1. 牛 乳 飲 用 に 関 する 行 動 や 意 識 の 主 要 な 変 化 (2012~2014) P6 (1) 牛 乳 類 飲 用 ( 利 用 ) 頻 度 の 変 化 P7 (2) 牛 乳 を

More information

平 成 24 年 度 若 狭 路 観 光 実 態 調 査 業 務 報 告 書 平 成 24 年 1 月 嶺 南 広 域 行 政 組 合 目 次 Ⅰ. 調 査 概 要 ------------------------------------------------- 1 Ⅱ. 調 査 結 果 のまとめ----------------------------------------- 2 1. 若 狭

More information

Microsoft Word - 010_表紙

Microsoft Word - 010_表紙 第 Ⅱ 章 調 査 結 果 1. 住 まいの 損 害 保 険 および 共 済 の 加 入 状 況 本 調 査 の 集 計 分 析 は 損 害 保 険 共 済 等 の 加 入 状 況 により 地 震 保 険 の 加 入 非 加 入 の 別 で 2 区 分 その 詳 細 として 5 区 分 に 分 けて 実 施 した 具 体 的 な 区 分 内 容 は 以 下 の 通 りである (1) 地 震 保 険

More information

5

5 社 会 保 障 審 議 会 介 護 保 険 部 会 ( 第 55 回 ) 資 料 5 平 成 28 年 2 月 17 日 介 護 保 険 制 度 における 所 得 指 標 の 見 直 しについて 介 護 保 険 制 度 における 所 得 指 標 の 見 直 しについて 現 状 課 題 介 護 保 険 制 度 では 所 得 の 状 況 に 応 じて 保 険 料 や 利 用 者 負 担 額 等 を 負

More information

Ⅱ 1. 人 口 構 造 及 び 世 帯 と 年 金 (1) 人 口 構 造 わが 国 は 諸 外 国 にも 例 をみないスピードで 高 齢 化 が 進 行 している そこで 年 金 保 険 の 事 業 状 況 に ついて 説 明 するに 先 立 ち 人 口 構 造 の 現 状 及 び 今 後 の 見 通 しについて 触 れる 日 本 人 の 平 成 24 年 の 平 均 寿 命 ( 厚 生 労 働 省

More information

計画 確定版 240813画像差し替え

計画 確定版 240813画像差し替え 第 2 章 本 県 の 高 齢 者 と 高 齢 者 の 住 まいの 状 況 1 本 県 の 概 況 (1) 高 齢 化 の 状 況 1 高 齢 者 人 口 高 齢 化 率 の 推 移 高 齢 化 が 進 んでおり 平 成 37 年 には 高 齢 化 率 が 28%を 超 えると 見 込 まれています ( 千 人 ) 2,000 1,800 1,600 1,400 1,200 1,000 800 600

More information

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損 経 済 学 部 開 設 100 周 年 記 念 奨 学 金 応 募 論 文 中 小 企 業 における 現 行 消 費 税 制 度 の 実 態 立 教 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 4 年 橋 本 浩 平 はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3

More information

[ 参 考 ] 国 の 教 育 ローン ( 教 育 一 般 貸 付 ( 直 接 扱 ))の 概 要 融 資 限 度 額 ご 返 済 期 間 金 利 ( 平 成 27 年 2 月 20 日 現 在 ) お 使 いみち お 子 さま 1 人 につき 350 万 円 以 内 外 国 の 短 大 大 学 大

[ 参 考 ] 国 の 教 育 ローン ( 教 育 一 般 貸 付 ( 直 接 扱 ))の 概 要 融 資 限 度 額 ご 返 済 期 間 金 利 ( 平 成 27 年 2 月 20 日 現 在 ) お 使 いみち お 子 さま 1 人 につき 350 万 円 以 内 外 国 の 短 大 大 学 大 平 成 2 7 年 2 月 20 日 株 式 会 社 日 本 政 策 金 融 公 庫 重 い 教 育 費 負 担 ~ 年 収 400 万 円 未 満 の 世 帯 では 負 担 割 合 が 4 割 に~ - 教 育 費 負 担 の 実 態 調 査 結 果 ( 平 成 26 年 度 )- < 調 査 結 果 のポイント> 1 自 宅 外 通 学 の 場 合 高 校 ~ 大 学 卒 業 までに 必 要 な

More information

Microsoft Word - 2(2)個人消費改

Microsoft Word - 2(2)個人消費改 (2) 個 人 消 費 の 動 向 ( 大 型 小 売 店 販 売 額 は2 ぶりに 減 少 ) 24 の 個 人 消 費 を 大 型 小 売 店 販 売 額 ( 既 存 店 ベース)の 動 きからみると 前 比.5% 減 となり2 ぶりに 前 を 下 回 った 前 の 23 は 東 日 本 大 震 災 直 後 に 自 粛 ムードの 広 がりや 消 費 マインドの 低 下 により 消 費 が 減 少

More information

が 448 m2で 全 国 1 位 となっており 茨 城 県 の 一 戸 建 て 住 宅 には 敷 地 内 に 自 動 車 を 駐 車 するスペ ースに ゆとり があることがわかる また 茨 城 県 の 自 家 用 乗 用 車 保 有 台 数 ( 千 人 あたり) ( 注 1) は 525.6 台

が 448 m2で 全 国 1 位 となっており 茨 城 県 の 一 戸 建 て 住 宅 には 敷 地 内 に 自 動 車 を 駐 車 するスペ ースに ゆとり があることがわかる また 茨 城 県 の 自 家 用 乗 用 車 保 有 台 数 ( 千 人 あたり) ( 注 1) は 525.6 台 6.8 自 動 車 (1) 概 要 自 動 車 等 関 係 費 は 全 国 平 均 21,862 円 に 対 し て 茨 城 県 (33,353 円 )が 全 国 1 位 以 下 岐 阜 県 (29,989 円 ) 滋 賀 県 (29,011 円 ) 岡 山 県 (28,770 円 ) 栃 木 県 (28,516 円 )の 順 となっており 上 位 10 県 は 図 表 6.8-1 のとおり 全 国

More information

Microsoft Word - 本編2-3.doc

Microsoft Word - 本編2-3.doc 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 19 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 18 年 度 調 査 により 把

More information

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進 第 2 節 安 定 成 長 を 模 索 する 中 国 経 済 中 国 経 済 が 大 規 模 な 景 気 刺 激 策 に 頼 ることなく 自 律 的 かつ 安 定 的 な 成 長 を 実 現 するた めには 過 剰 投 資 過 剰 生 産 過 剰 信 用 の 調 整 と 投 資 から 消 費 への 移 行 を 進 めるとと もに 人 口 減 少 高 齢 化 の 進 展 に 伴 う 問 題 に 対 処

More information

<接待ゴルフも仕事のうち?>

<接待ゴルフも仕事のうち?> 8 月 の 税 務 と 労 務 の 手 続 [ 提 出 先 納 付 先 ] 10 日 源 泉 徴 収 税 額 住 民 税 特 別 徴 収 税 額 の 納 付 [ 郵 便 局 または 銀 行 ] 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 取 得 届 の 提 出 < 前 月 以 降 に 採 用 した 労 働 者 がいる 場 合 > [ 公 共 職 業 安 定 所 ] 労 働 保 険 一 括 有 期 事 業

More information

配偶者控除見直しについて~家計の可処分所得への影響~

配偶者控除見直しについて~家計の可処分所得への影響~ ニッセイ 基 礎 研 究 所 基 礎 研 レポート 2016-02-05 配 偶 者 控 除 見 直 しについて ~ 家 計 の 可 処 分 所 得 への 影 響 ~ 経 済 研 究 部 研 究 員 薮 内 哲 (03)3512-1839 yabuuchi@nli-research.co.jp はじめに 現 在 政 府 は 所 得 税 改 革 に 向 けた 総 点 検 に 着 手 しており とりわけ

More information

博士論文

博士論文 論 文 要 約 伊 関 友 伸 自 治 体 病 院 の 歴 史 住 民 医 療 の 歩 みとこれから ( 三 輪 書 店 ) 本 論 文 は はじめに おわりに のほか 全 7 章 で 構 成 する はじめに は 研 究 の 動 機 研 究 目 的 研 究 の 視 点 などについて 記 述 している 本 論 文 の 主 要 なテーマは 自 治 体 病 院 の 存 在 意 義 である 自 治 体 病

More information

平成13年度調査研究

平成13年度調査研究 1-1 1-2 - 1 - 1-3 30 6 40-2 - (1) 122000 10 1 2,693 182006 1 2,774 252013 622050 1 60 (2) 3 014 481973 209 122000 119 014 1980 2,700 122000 1,851 152003 1,700 282016 1,600 622050 1,084 1564 1564 71996

More information

ヒアリング事項について

ヒアリング事項について 資 料 3-1 介 護 労 働 者 の 確 保 定 着 等 に 関 する 研 究 会 における 質 問 項 目 日 本 介 護 福 祉 士 会 1 基 本 情 報 1 貴 団 体 の 概 要 設 立 年 月 日 平 成 12 年 6 月 26 日 ( 任 意 団 体 設 立 : 平 成 6 年 2 月 12 日 ) 定 款 に 定 める 目 的 本 会 は 介 護 福 祉 士 の 職 業 倫 理 及

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BF38D60834183938350815B83678DC58F4995F18D908F9188EA8A872E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BF38D60834183938350815B83678DC58F4995F18D908F9188EA8A872E646F63> 首 都 圏 の 空 港 に 関 する 企 業 へのアンケート 調 査 調 査 結 果 報 告 書 平 成 18 年 8 月 横 浜 市 目 次 調 査 の 概 要... 2 調 査 結 果 ( 要 旨 )... 3 アンケートの 集 計 結 果... 12 1 回 答 企 業 の 属 性... 12 1) 業 種 別... 12 2) 所 在 地 別... 13 3) 資 本 金 規 模 別...

More information

2015.10 10 11 12 13 14 15 更新スケジュール 特集ラインナップ 2015 年 1 0 1 1 1 2 月 関東ブロック 東京 神奈川 千葉 埼玉 埼玉北 商品の詳細 料金などについてはメディアガイド本編をご覧ください その他ご不明な点に関しては営業担当までお問い合わせください 関西ブロック 大阪 京都 滋賀 奈良 兵庫 和歌山 毎週月 木曜日更新 特集の表示期間は掲載開始から

More information

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人 平 成 8 年 度 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 集 団 指 導 ( 地 域 移 行 支 援 地 域 定 着 支 援 ) 資 料 長 野 県 障 がい 者 支 援 課 (1) 地 域 相 談 の 必 要 性 15 施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア

More information

目 次 (1)シェアハウスの 立 地 状 況... (2) 直 近 のシェアハウスの 物 件 規 模 の 状 況... 1. 調 査 概 要... 2. わが 国 のシェアハウス 市 場...

目 次 (1)シェアハウスの 立 地 状 況... (2) 直 近 のシェアハウスの 物 件 規 模 の 状 況... 1. 調 査 概 要... 2. わが 国 のシェアハウス 市 場... シェアハウス 市 場 調 査 2014 年 度 版 2015 年 5 月 日 本 シェアハウス ゲストハウス 連 盟 協 力 : 三 菱 UFJリサーチ&コンサルティング 株 式 会 社 e-ゲストハウス(http://e-guest.jp/ 運 営 : 株 式 会 社 e ゲストハウスバンク(http://www.guesthousebank.c 会 社 ティーファクトリー) 本 レポートに 関

More information

88 土 地 総 合 研 究 2010 年 夏 号 線 価 )で 大 阪 市 も 最 高 路 線 価 については 同 じ 84 年 に ほぼ 同 様 な 上 昇 率 でバブル がスタートしている 東 京 都 の 上 昇 率 ピークは 86 年 ( 87 年 路 線 価 )で 78.2% 大 阪 市

88 土 地 総 合 研 究 2010 年 夏 号 線 価 )で 大 阪 市 も 最 高 路 線 価 については 同 じ 84 年 に ほぼ 同 様 な 上 昇 率 でバブル がスタートしている 東 京 都 の 上 昇 率 ピークは 86 年 ( 87 年 路 線 価 )で 78.2% 大 阪 市 土 地 総 合 研 究 2010 年 夏 号 87 研 究 ノ ー ト 最 高 路 線 価 で 見 る 地 価 変 動 1982 年 から 2010 年 の 最 高 路 線 価 推 移 - 拡 大 する 較 差 - 草 間 一 郎 7 月 1 日 に 平 成 22 年 分 の 路 線 価 ( 評 価 時 点 =1 月 1 日 )が 公 表 された 現 在 路 線 価 は 地 価 公 示 価 格 売

More information

1 背 景 (1) 人 口 減 少 問 題 本 年 4 月 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 では 我 が 国 の 総 人 口 は 少 子 高 齢 化 の 進 展 により 急 速 に 減 少 し 2048 年 ( 平 成 60 年 )には1 億 人 を 割 って9,913 万 人

1 背 景 (1) 人 口 減 少 問 題 本 年 4 月 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 では 我 が 国 の 総 人 口 は 少 子 高 齢 化 の 進 展 により 急 速 に 減 少 し 2048 年 ( 平 成 60 年 )には1 億 人 を 割 って9,913 万 人 資 料 1 平 成 26 年 10 月 21 日 1 背 景 1 2 女 性 の 活 躍 促 進 の 課 題 3 3 女 性 の 活 躍 支 援 のための 施 策 展 開 3 4 ネットワークの 構 築 4 5 北 の 輝 く 女 性 応 援 会 議 の 今 後 の 取 組 方 向 5 参 考 資 料 北 海 道 らしい 女 性 の 元 気 応 援 ネット 北 の 輝 く 女 性 応 援 会 議 の

More information

Microsoft Word - 16_2

Microsoft Word - 16_2 三 井 住 友 信 託 銀 行 調 査 月 報 213 年 8 月 号 ユーロ 圏 中 核 国 に 広 がる 経 済 悪 化 の 影 響 < 要 旨 > 昨 年 9 月 以 降 ユーロ 圏 の 金 融 市 場 は 落 ち 着 いているが 周 縁 国 のみならず 中 核 国 においても 実 体 経 済 の 悪 化 が 長 引 くと 銀 行 の 経 営 状 況 ひいては 金 融 システムの 安 定 性

More information

これまでに 策 定 された 地 方 人 口 ビジョン と 地 方 版 総 合 戦 略 をみると 総 じて 2060 年 に1 億 人 程 度 の 人 口 を 維 持 するという 国 の 方 針 を 踏 まえた 内 容 となっている すなわち 長 期 的 に 各 自 治 体 の 人 口 流 出 に 歯

これまでに 策 定 された 地 方 人 口 ビジョン と 地 方 版 総 合 戦 略 をみると 総 じて 2060 年 に1 億 人 程 度 の 人 口 を 維 持 するという 国 の 方 針 を 踏 まえた 内 容 となっている すなわち 長 期 的 に 各 自 治 体 の 人 口 流 出 に 歯 みずほインサイト 政 策 2015 年 11 月 27 日 地 方 圏 での 戦 略 型 企 業 誘 致 地 場 産 業 と 連 携 した 誘 致 による 自 立 的 発 展 が 有 効 政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 上 村 未 緒 03-3591-1336 mio.uemura@mizuho-ri.co.jp 地 方 創 生 の 一 環 として 推 進 される 雇 用 創 出 の 代 表

More information

昭 和 40 年 の 給 食 開 始 以 来 朝 霞 市 で は 共 同 調 理 場 方 式 により 給 食 業 務 を 行 っ てきたが 平 成 17 年 3 月 の 市 長 選 にお ける 現 市 長 の 選 挙 公 約 や 国 から 平 成 17 年 7 月 施 工 の 食 育 基 本 法 に

昭 和 40 年 の 給 食 開 始 以 来 朝 霞 市 で は 共 同 調 理 場 方 式 により 給 食 業 務 を 行 っ てきたが 平 成 17 年 3 月 の 市 長 選 にお ける 現 市 長 の 選 挙 公 約 や 国 から 平 成 17 年 7 月 施 工 の 食 育 基 本 法 に 総 務 文 教 常 任 委 員 会 行 政 視 察 報 告 書 平 成 25 年 7 月 17 日 焼 津 市 議 会 議 長 石 田 昭 夫 様 総 務 文 教 常 任 委 員 会 報 告 者 池 谷 和 正 下 記 の 通 り 視 察 調 査 を 行 いましたので 概 要 につきましてご 報 告 致 します 1 期 間 : 平 成 25 年 5 月 14 日 ( 火 )~15 日 ( 水 ) 2

More information

関連データ及び参考資料(1)

関連データ及び参考資料(1) 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 71 72 目 次 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 1. 学 校 を 取 り 巻 く 状 況 公 共 施 設 における 学 校 施 設 の 割 合... 74 学 校 数 幼 児 児 童 生 徒 数 の 推 移... 74 小 中 学 校 数 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 一 校 当 たりの 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 公

More information

橿原市特定事業主行動計画

橿原市特定事業主行動計画 橿 原 市 女 性 職 員 活 躍 推 進 アクションプラン 橿 原 市 (はじめに) 現 在 少 子 超 高 齢 化 や 地 方 分 権 の 進 展 に 伴 い 市 民 に 身 近 なサービスを 提 供 する 地 方 公 共 団 体 の 役 割 は ますます 重 要 となっています 橿 原 市 においても 限 られた 経 営 資 源 のもとで 組 織 力 のさらなる 向 上 を 図 り 持 続 可

More information

「健康に関する意識調査」要約

「健康に関する意識調査」要約 評 価 が 相 反 する 健 康 に 関 する 情 報 ~ 健 康 に 関 するアンケート 調 査 結 果 概 要 ~ はじめに 健 康 は 日 常 生 活 の 基 盤 であり 健 康 に 関 連 した 商 品 には 消 費 者 の 反 応 も 良 く 様 々な 健 康 関 連 情 報 もあふれている また 日 本 の 平 均 寿 命 は 男 性 80.2 歳 女 性 86.6 歳 に 伸 びており

More information

調 査 の 実 施 要 領 調 査 時 点 2015 年 9 月 上 旬 調 査 方 法 郵 送 調 査 調 査 対 象 生 活 衛 生 関 係 営 業 3,220 企 業 有 効 回 答 企 業 数 3,054 企 業 ( 回 答 率 94.8%) < 業 種 内 訳 > 1,448 企 業 14

調 査 の 実 施 要 領 調 査 時 点 2015 年 9 月 上 旬 調 査 方 法 郵 送 調 査 調 査 対 象 生 活 衛 生 関 係 営 業 3,220 企 業 有 効 回 答 企 業 数 3,054 企 業 ( 回 答 率 94.8%) < 業 種 内 訳 > 1,448 企 業 14 ニュースリリース 2 0 1 5 年 1 2 月 3 日 株 式 会 社 日 本 政 策 金 融 公 庫 仕 入 価 格 が 上 昇 するも 価 格 転 嫁 が 進 まない 生 活 衛 生 関 係 営 業 ~ 仕 入 価 格 が 上 昇 した 企 業 は 約 6 割 価 格 転 嫁 率 50% 未 満 の 企 業 は 約 8 割 ~ 価 格 動 向 及 び 顧 客 の 消 費 動 向 等 に 関 するアンケート

More information

平成25年版厚生労働白書 若者の現状と課題

平成25年版厚生労働白書 若者の現状と課題 平 成 25 年 版 厚 生 労 働 白 書 若 者 の 意 識 を 探 る 概 要 厚 生 労 働 省 平 成 25 年 版 厚 生 労 働 白 書 の 全 体 像 第 1 部 (テーマ 編 ) 若 者 の 意 識 を 探 る 若 者 を 取 り 巻 く 社 会 経 済 の 現 状 と 変 化 を 踏 まえ 若 者 の 意 識 やライフコースにおける 様 々な 課 題 について 分 析 併 せて

More information

福岡県における年末年始の個人消費動向

福岡県における年末年始の個人消費動向 2014 年 1 月 23 日 日 本 銀 行 福 岡 支 店 Bank of Japan Fukuoka Branch 金 融 経 済 トピックス 福 岡 県 における 年 末 年 始 の 個 人 消 費 動 向 当 資 料 は 当 店 ホームページに 掲 載 しています http://www3.boj.or.jp/fukuoka/ < 内 容 に 関 するお 問 い 合 わせ 先 > 日 本 銀

More information

平成16年度

平成16年度 住 宅 市 場 動 向 調 査 報 告 書 平 成 26 年 3 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 本 報 告 書 についての 問 い 合 わせ 先 国 土 交 通 省 住 宅 局 住 宅 政 策 課 経 済 班 TEL 03-5253-8111( 代 表 ) 内 線 39-234 2 目 次 1. 調 査 の 概 要 2. 結 果 の 概 要 3. 注 文 住 宅 に 関 する 結 果 4. 分

More information

<32303135313130355F8BD595BD92AC906C8CFB83728357838783932E786477>

<32303135313130355F8BD595BD92AC906C8CFB83728357838783932E786477> 琴 平 町 人 口 ビジョン 平 成 27 年 1 月 琴 平 町 目 次 1 章 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 1 1.1 人 口 ビジョンの 策 定 の 目 的... 1 1.2 人 口 ビジョンの 期 間... 1 2 章 人 口 の 現 状 分 析... 2 2.1 人 口 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移 と 将 来 推 計... 2 (2) 年 齢 3

More information

(3) 仕 事 ( 結 果 の 概 要 12~ ページ 参 照 ) 有 業 者 の 仕 事 間 は 男 女 共 に 平 成 13 年 まで 減 少 が 続 き,18 年 で 増 加 したが,23 年 で 再 び 減 少 平 成 23 年 の 有 業 者 の 仕 事 間 は 男 性 が6 間 56,

(3) 仕 事 ( 結 果 の 概 要 12~ ページ 参 照 ) 有 業 者 の 仕 事 間 は 男 女 共 に 平 成 13 年 まで 減 少 が 続 き,18 年 で 増 加 したが,23 年 で 再 び 減 少 平 成 23 年 の 有 業 者 の 仕 事 間 は 男 性 が6 間 56, 平 成 23 年 社 会 生 活 基 本 調 査 生 活 間 に 関 する 結 果 要 約 平 成 24 年 9 月 26 日 社 会 生 活 基 本 調 査 とは 社 会 生 活 基 本 調 査 は, 国 民 の 生 活 間 の 配 及 び 自 由 間 における 主 な 活 動 について 調 査 し, 各 種 行 政 施 策 の 基 礎 資 料 を 得 ることを 目 的 とし, 昭 和 51 年

More information

もとにした 消 費 者 物 価 地 域 差 指 数 を 以 下 の 検 討 に 用 いた (3) 大 分 県 の 消 費 者 物 価 地 域 差 指 数 の 推 移 県 単 位 の 地 域 差 指 数 は 県 庁 所 在 都 市 を 比 較 したものとはかなり 異 なった 推 移 をたど っている

もとにした 消 費 者 物 価 地 域 差 指 数 を 以 下 の 検 討 に 用 いた (3) 大 分 県 の 消 費 者 物 価 地 域 差 指 数 の 推 移 県 単 位 の 地 域 差 指 数 は 県 庁 所 在 都 市 を 比 較 したものとはかなり 異 なった 推 移 をたど っている 大 分 県 の 消 費 者 物 価 地 域 差 指 数 の 上 昇 について 7.3 統 計 調 査 課 消 費 者 物 価 地 域 差 指 数 の 推 移 と 内 訳 () 大 分 市 の 消 費 者 物 価 地 域 差 指 数 県 庁 所 在 都 市 ( 北 九 州 市 川 崎 市 を 含 む 都 市 )の 物 価 を 調 べる 小 売 物 価 統 計 調 査 を 元 にした 消 費 者 物 価

More information

Microsoft Word レポート(最終)

Microsoft Word レポート(最終) 景 気 動 向 指 数 からみる 消 費 税 増 税 後 の 県 内 景 気 < はじめに > 26 4 月 に 消 費 税 が5%から8%へと 引 き 上 げられた 本 県 経 済 は 増 税 直 後 か ら 一 部 で 増 税 に 伴 う 駆 け 込 み 需 要 の 反 動 減 がみられるなど 全 体 として 弱 い 動 きが 続 き 増 税 から2 近 くたった 現 在 においても 直 接 的

More information

北海道の観光における課題等について20140110

北海道の観光における課題等について20140110 2014 年 1 月 10 日 日 本 銀 行 札 幌 支 店 北 海 道 金 融 経 済 レポート 北 海 道 の 観 光 における 課 題 等 について 本 レポートの 執 筆 は 札 幌 支 店 営 業 課 金 森 渉 が 担 当 しました 本 レポートで 示 された 意 見 は 執 筆 者 に 属 し 必 ずしも 日 本 銀 行 札 幌 支 店 の 見 解 を 示 すものではありません 照

More information

<4D F736F F F696E74202D E38BA A A8D9195DB91678D8795E28F958CA992BC82B DC58F4994C52E >

<4D F736F F F696E74202D E38BA A A8D9195DB91678D8795E28F958CA992BC82B DC58F4994C52E > 23.9.28 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 説 明 資 料 国 民 健 康 保 険 組 合 に 対 する 補 助 の 見 直 しについて 平 成 23 年 9 月 28 日 厚 生 労 働 省 保 険 局 国 民 健 康 保 険 課 1 国 民 健 康 保 険 組 合 の 概 要 同 種 の 事 業 又 は 業 務 に 従 事 する 従 業 員 等 を 組 合 員 として 組 織 された

More information

都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義

都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義 コンサルティングレポート 2013 年 10 月 11 日 全 13 頁 都 市 鉄 道 利 便 増 進 事 業 の 現 状 と 政 策 的 意 義 コンサルティング ソリューション 第 一 部 主 任 コンサルタント 米 川 誠 [ 要 約 ] 本 年 3 月 20 日 阪 神 三 宮 駅 の 全 面 改 良 工 事 が 完 成 した これにより アクセス 性 向 上 乗 り 換 え 時 間 短

More information

Microsoft Word - 団塊.docx

Microsoft Word - 団塊.docx Economic Trends テーマ: 団 塊 世 代 のリタイアと212 年 問 題 発 表 日 :1 年 5 月 27 日 ( 木 ) ~ 消 費 市 場 への 影 響 と 社 会 保 障 財 政 逼 迫 のインパクト~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 主 席 エコノミスト 永 濱 利 廣 (3-5221-4531) 副 主 任 エコノミスト 鈴 木 将 之 (3-5221-4547)

More information

平成26年1-3月期 報告書

平成26年1-3月期 報告書 訪 日 外 国 人 の 消 費 動 向 訪 日 外 国 人 消 費 動 向 調 査 結 果 及 び 分 析 平 成 26 年 1-3 月 期 報 告 書 JAPAN TOURISM AGENCY 2 訪 日 外 国 人 消 費 動 向 調 査 平 成 26 年 1-3 月 期 報 告 書 訪 日 外 国 人 の 消 費 動 向 平 成 26 年 1-3 月 期 目 次 報 告 書 Ⅰ 平 成 26

More information

男性にとって“幸せ”とは?-当研究所「男性の幸せに関する意識調査」より-

男性にとって“幸せ”とは?-当研究所「男性の幸せに関する意識調査」より- REPORT 男 性 にとって 幸 せ とは? - 当 研 究 所 男 性 の 幸 せに 関 する 意 識 調 査 より- 高 田 寛 生 活 設 計 研 究 部 主 席 研 究 員 橋 本 千 春 生 活 設 計 研 究 部 研 究 員 要 旨 1. 当 研 究 所 では 12 年 3 月 ~64 歳 の 男 性 を 対 象 に 男 性 の 幸 せに 関 する 意 識 調 査 を 実 施 した なお

More information

[ 需 要 動 向 ( 消 費 投 資 )] 個 人 消 費 ~ 緩 やかに 持 ち 直 しているものの 一 部 に 弱 い 動 きもみられる 百 貨 店 スーパー( 全 店 ) 販 売 額 (7 月 ) 百 貨 店 スーパー 販 売 額 は 82 億 円 で 前 年 同 月 比 2.%の 増 加

[ 需 要 動 向 ( 消 費 投 資 )] 個 人 消 費 ~ 緩 やかに 持 ち 直 しているものの 一 部 に 弱 い 動 きもみられる 百 貨 店 スーパー( 全 店 ) 販 売 額 (7 月 ) 百 貨 店 スーパー 販 売 額 は 82 億 円 で 前 年 同 月 比 2.%の 増 加 北 海 道 の 景 気 動 向 ( 平 成 28 年 7 月 の 経 済 指 標 を 中 心 として) 需 要 動 向 ( 消 費 投 資 ) P 個 人 消 費 ( 百 貨 店 スーハ ー 販 売 額 コンヒ ニエンスストア 販 売 額 新 車 登 録 台 数 ) 緩 やかに 持 ち 直 しているものの 一 部 に 弱 い 動 きもみられる P 2 住 宅 建 設 ( 新 設 住 宅 着 工 戸

More information

広角視点: 名目マイナス金利のプラス効果; ホセ・ビニャルス、 サイモン・グレイ、 ケリー・エコールド; 2016年4月10日

広角視点: 名目マイナス金利のプラス効果; ホセ・ビニャルス、 サイモン・グレイ、 ケリー・エコールド; 2016年4月10日 広 角 視 点 : 名 目 マイナス 金 利 のプラス 効 果 ホセ ビニャルス サイモン グレイ ケリー エコールド 2016 年 4 月 10 日 成 長 見 通 しとインフレ 率 への 重 大 なリスクが 認 識 される 中 で IMF は 一 部 の 中 央 銀 行 が 実 施 した マイナス 政 策 金 利 を 支 持 しています このような 大 胆 な 政 策 は 過 去 に 例 がなく

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087408261955C8E86819596DA8E9F81409299927E2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087408261955C8E86819596DA8E9F81409299927E2E646F63> 資 料 第 1196 号 平 成 21 全 国 消 費 実 態 調 査 調 査 結 果 貯 蓄 負 債 編 広 島 県 統 計 課 目 次 用 語 の 解 説 1 貯 蓄 負 債 の 範 囲 と 内 容 3 結 果 の 概 要 貯 蓄 現 在 高 の 時 系 列 推 移 5 貯 蓄 現 在 高 の 種 類 別 保 有 率 の 推 移 7 負 債 現 在 高 の 時 系 列 推 移 1 住 宅 土 地

More information

1 福 岡 市 の 将 来 人 口 推 計 ( 基 礎 資 料 ) 平 成 24 年 3 月 福 岡 市 総 務 企 画 局 企 画 調 整 部 目 次 1 福 岡 市 の 人 口 動 向 1-1 人 口 及 び 世 帯 の 概 況 1 (1) 総 人 口 男 女 別 人 口 1 (2) 人 口 動 態 2 (3) 区 別 人 口 4 (4) 年 齢 階 層 別 (3 区 分 ) 人 口 5 (5) 昼

More information

<4D F736F F D F95BD90AC E93788F5A91EE8E738FEA93AE8CFC92B28DB85F95F18D908F B95B6816A E646F63>

<4D F736F F D F95BD90AC E93788F5A91EE8E738FEA93AE8CFC92B28DB85F95F18D908F B95B6816A E646F63> 22 年 度 住 宅 市 場 動 向 調 査 報 告 書 23 年 3 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 本 報 告 書 についての 問 い 合 わせ 先 国 土 交 通 省 住 宅 局 住 宅 政 策 課 経 済 班 TEL 03-5253-8111( 代 表 ) 内 線 39-234 目 次 1. 調 査 の 目 的... 1 2. 調 査 の 内 容... 2 2.1 対 象 とする 市 場...

More information

市況トレンド

市況トレンド ( 公 社 ) 近 畿 圏 不 動 産 流 通 機 構 市 況 レポート 市 況 トレンド 1 ~ 月 期 の 近 畿 圏 市 場 1 ~ 月 期 の 近 畿 圏 市 場 は 中 古 マンション 成 約 件 数 が 減 少 する 一 方 中 古 戸 建 は 件 数 価 格 ともプラスとなり 堅 調 に 推 移 した 売 り 出 し 価 格 の 上 昇 傾 向 が 強 まる 中 古 マンションに 対

More information

I. 調 査 結 果 概 況 景 気 判 断 ( 現 状 判 断 DI)は 横 ばい 仕 入 原 価 DI の 上 昇 も 客 単 価 DI が 上 昇 を 示 す 9 月 スーパーマーケット 中 核 店 舗 における 景 気 判 断 48.2 とほぼ 横 ばいとなった 経 営 動 向 調 査 によ

I. 調 査 結 果 概 況 景 気 判 断 ( 現 状 判 断 DI)は 横 ばい 仕 入 原 価 DI の 上 昇 も 客 単 価 DI が 上 昇 を 示 す 9 月 スーパーマーケット 中 核 店 舗 における 景 気 判 断 48.2 とほぼ 横 ばいとなった 経 営 動 向 調 査 によ スーパーマーケット 景 気 動 向 調 査 10 月 調 査 結 果 (9 月 実 績 ) スーパーマーケット 中 核 店 舗 を 対 象 として 経 営 動 向 や 景 気 判 断 を 調 査 し 月 次 でスーパーマーケット 経 営 を 取 り 巻 く 内 外 の 環 境 変 化 を 定 量 的 に 明 らかにすることを 目 的 としています またスーパーマーケット 販 売 統 計 調 査 における

More information

平成27年度企業年金税制改正に関する要望.PDF

平成27年度企業年金税制改正に関する要望.PDF 平 成 27 年 度 企 業 年 金 税 制 改 正 に 関 する 要 望 平 成 26 年 8 月 8 日 企 業 年 金 連 合 会 少 子 高 齢 化 の 進 展 を 背 景 に 公 的 年 金 がスリム 化 していく 中 で 高 齢 期 における 所 得 保 障 としての 企 業 年 金 には 公 的 年 金 を 補 完 する 重 要 な 役 割 が 求 められている 企 業 年 金 連 合

More information

平 成 20 年 12 月 17 日 草 加 市 議 会 議 長 大 久 保 和 敏 提 出 者 宇 佐 美 正 隆 賛 成 者 佐 藤 勇 芝 野 勝 利 浅 井 昌 志 大 野 ミヨ 子 新 井 貞 夫 暮 らせる 年 金 の 実 現 を 求 める 意 見 書 上 記 の 議 案 を 別 紙 の

平 成 20 年 12 月 17 日 草 加 市 議 会 議 長 大 久 保 和 敏 提 出 者 宇 佐 美 正 隆 賛 成 者 佐 藤 勇 芝 野 勝 利 浅 井 昌 志 大 野 ミヨ 子 新 井 貞 夫 暮 らせる 年 金 の 実 現 を 求 める 意 見 書 上 記 の 議 案 を 別 紙 の 平 成 2 0 年 草 加 市 議 会 1 2 月 定 例 会 議 員 提 出 議 案 草 加 市 議 会 平 成 20 年 12 月 17 日 草 加 市 議 会 議 長 大 久 保 和 敏 提 出 者 宇 佐 美 正 隆 賛 成 者 佐 藤 勇 芝 野 勝 利 浅 井 昌 志 大 野 ミヨ 子 新 井 貞 夫 暮 らせる 年 金 の 実 現 を 求 める 意 見 書 上 記 の 議 案 を 別

More information

目 次 1. 趣 旨... 1 2. 人 口 の 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 数 や 死 亡 数 の 推 移... 5 (3) 転 入 数 や 転 出 数 の 推 移... 6 (4)ライフステージから 見 た 市 の 現 状 と 課 題...

目 次 1. 趣 旨... 1 2. 人 口 の 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 数 や 死 亡 数 の 推 移... 5 (3) 転 入 数 や 転 出 数 の 推 移... 6 (4)ライフステージから 見 た 市 の 現 状 と 課 題... 資 料 2 木 更 津 市 人 口 ビジョン 素 案 木 更 津 市 目 次 1. 趣 旨... 1 2. 人 口 の 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 数 や 死 亡 数 の 推 移... 5 (3) 転 入 数 や 転 出 数 の 推 移... 6 (4)ライフステージから 見 た 市 の 現 状 と 課 題... 9 1 就 職 段 階 における

More information

Ⅰ調査の概要160530

Ⅰ調査の概要160530 改 訂 第 2 次 うらやす 男 女 共 同 参 画 プラン 策 定 に 伴 う 調 査 報 告 書 ( 市 民 意 識 調 査 グループインタビュー 調 査 ) 2016( 平 成 28) 年 3 月 浦 安 市 第 1 編 市 民 意 識 調 査 目 次 Ⅰ 調 査 概 要 1. 調 査 目 的... 1 2. 調 査 方 法 と 回 収 状 況... 1 3. 調 査 項 目... 2 4.

More information