第 5 章 社 会 構 造 の 変 化 と 消 費 第 1 節 人 口 構 造 世 帯 構 造 の 変 化 第 1 項 人 口 減 少 と 高 齢 化 の 進 行 将 来 の 消 費 構 造 を 展 望 するうえで 大 きな 要 因 となるのが 人 口 構 造 世 帯 構 造 の 変 化 である 日

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "第 5 章 社 会 構 造 の 変 化 と 消 費 第 1 節 人 口 構 造 世 帯 構 造 の 変 化 第 1 項 人 口 減 少 と 高 齢 化 の 進 行 将 来 の 消 費 構 造 を 展 望 するうえで 大 きな 要 因 となるのが 人 口 構 造 世 帯 構 造 の 変 化 である 日"

Transcription

1 第 5 章 社 会 構 造 の 変 化 と 消 費 第 1 節 人 口 構 造 世 帯 構 造 の 変 化 第 1 項 第 2 項 人 口 減 少 と 高 齢 化 の 進 行 都 道 府 県 別 にみた 人 口 構 造 の 特 徴 第 2 節 高 齢 化 で 進 む 単 身 世 帯 と 介 護 世 帯 の 増 加 第 1 項 高 齢 単 身 世 帯 の 増 加 1. 都 道 府 県 別 にみた 高 齢 単 身 世 帯 の 状 況 第 2 項 高 齢 単 身 世 帯 の 消 費 の 特 徴 1. 支 出 の 中 身 - 外 食 中 食 への 支 出 が 目 立 つ 2. 購 買 行 動 の 特 徴 -キーワードは 距 離 と 価 格 3. 高 齢 単 身 者 のネット 利 用 の 潜 在 ニーズは 大 きい 第 3 項 介 護 世 帯 の 増 加 1. 増 える 老 老 介 護 2. 遠 距 離 介 護 で 介 護 離 職 となる 危 険 性 3. 介 護 世 帯 の 消 費 の 特 徴 第 3 節 女 性 の 社 会 進 出 第 1 項 女 性 の 就 業 状 況 1. 都 道 府 県 別 にみた 女 性 就 業 の 特 徴 2. 増 える 共 働 き 世 帯 3. 都 道 府 県 別 にみた 女 性 就 業 の 特 徴 4. 働 く 女 性 の 理 想 と 現 実 のギャップ 43

2 第 5 章 社 会 構 造 の 変 化 と 消 費 第 1 節 人 口 構 造 世 帯 構 造 の 変 化 第 1 項 人 口 減 少 と 高 齢 化 の 進 行 将 来 の 消 費 構 造 を 展 望 するうえで 大 きな 要 因 となるのが 人 口 構 造 世 帯 構 造 の 変 化 である 日 本 は 28 年 の1 億 288 万 人 ( 補 間 推 計 ベース)をピークに 人 口 減 少 社 会 に 突 入 している 人 口 減 少 のスピー ドは 速 く 約 2 年 後 の233 年 には 約 1 割 の 人 口 が 減 少 し その 後 さらに1 割 減 少 するのにわずか1 年 程 度 しかかからないと 見 込 まれている 周 知 の 通 り 人 口 減 少 と 同 時 に 進 行 するのが 高 齢 化 である 65 以 上 の 高 齢 者 が 全 人 口 に 占 める 割 合 ( 以 下 高 齢 化 率 )は212 年 で24.1%となり その 後 も 増 加 の 一 途 を 辿 ると 見 込 まれている 高 齢 化 率 を 上 昇 させる 要 因 となっているのが 昭 和 22(1947) 24(1949) 年 生 まれのいわゆる 団 塊 の 世 代 が65 以 上 をむかえていることである このように 日 本 の 高 齢 化 は 世 界 でも 類 をみない 速 度 で 進 行 している 日 本 は8 年 代 までは 先 進 諸 国 の 中 でも 高 齢 化 率 は 低 い 部 類 であったが 9 年 代 から 急 速 に 上 昇 し 始 め 2 年 にはドイツを 抜 いて 世 界 の 中 で 最 も 高 い 水 準 となった また 日 本 と 同 様 今 後 急 速 に 高 齢 化 が 進 行 するとみられるのがアジア 諸 国 である 特 に 中 国 と 韓 国 は 今 後 日 本 を 上 回 るペースで 高 齢 化 が 進 むとみられる 日 本 は 世 界 でも 未 踏 の 高 齢 化 市 場 におり この 経 験 を 海 外 も 注 目 している 第 2 項 都 道 府 県 別 にみた 人 口 構 造 の 特 徴 人 口 減 少 と 高 齢 化 は 都 道 府 県 によって 進 行 状 況 に 違 いがみられる 人 口 問 題 研 究 所 の 予 測 によると 21 年 から22 年 の1 年 間 で 老 年 人 口 (65 以 上 )と 人 口 全 体 がどちらも 増 加 する 都 道 府 県 は 東 京 都 愛 知 県 沖 縄 県 など 全 体 の 約 1 割 の 地 域 となる その 他 の 地 域 は 老 年 人 口 が 増 加 する 一 方 人 口 全 体 は 減 少 傾 向 となる 前 者 は 高 齢 化 が 進 む 一 方 で 消 費 市 場 が 拡 大 するエリアであり 後 者 は 高 齢 化 が 進 むうえ に 市 場 が 縮 小 するエリアと 言 える 予 測 期 間 を23 年 まで 延 ばすとさらに 別 の 姿 がみえてくる 年 の1 年 で 人 口 が 増 加 する 都 道 府 県 はなくなる 老 年 人 口 については 増 加 する 地 域 と 減 少 に 転 じる 地 域 が 出 てくる どちらも 減 少 していく 地 域 では 消 費 市 場 の 成 長 がなくなることを 意 味 している こうした 地 域 では M&A 等 を 通 じ てエリアを 越 えた 新 たな 市 場 を 確 保 することが 必 要 になる 44

3 第 5 章 社会構造の変化と消費 図表 人口構造の推移と見通し 図表 世界の高齢化率の推移 百万人 45 % 以上 図表 実績値 推計値 日本 韓国 タイ シンガポール 中国 マレーシア インドネシア インド ドイ 先進地域 フィリピン 都道府県の人口増加率と老年人口増加率の予測 22 年と 23 年の比較 老年人口増加率 年率 年 年 2.5 下図表 左 は老年人口の大きさ.5 を表す 下図表 右 すべての年齢層 が減少する地域 人口増加率 年率 図表 都道府県の人口増加率と老年人口増加率の予測 年 年 老年人口増加率 年率 3.5 老年人口増加率 年率 1.5 は老年人口の大きさを表す 3 埼玉県 千葉県 2.5 茨城県 奈良県 福島県 青森県 静岡県 福岡県 滋賀県 愛知県 岩手県 高知県和歌山県 山形県 神奈川県 千葉県 北海道 長崎県 青森県 -.5 長野県 秋田県 愛媛県 香川県 大分県 岡山県 徳島県 和歌山県 -1.2 大阪府 富山県 高知県 -1.4 福岡県 滋賀県 愛知県 静岡県 鹿児島県 広島県 宮崎県 岩手県 山形県 山口県 -.4 人口増加率 年率 兵庫県 福島県 東京都 年 -.9 東京都 は老年人口の大きさを表す.5 兵庫県 大阪府 広島県 宮崎県 香川県 熊本県 愛媛県 大分県 岡山県 山口県 鹿児島県 沖縄県 栃木県 埼玉県 長崎県 1.5 秋田県 1 神奈川県 栃木県 北海道 2 沖縄県 年 人口増加率 年率 -.2 出典 国立社会保障 人口問題研究所 日本の将来推計人口 全国 国連 World Population Prospects 国立社会保障 人口問題研究所 日本の将来推計人口 全国 日本の地域別将来推計人口 45

4 第 2 節 高 齢 化 で 進 む 単 身 世 帯 と 介 護 世 帯 の 増 加 第 1 項 高 齢 単 身 世 帯 の 増 加 人 口 減 少 と 高 齢 化 は 核 家 族 世 帯 の 減 少 と 単 身 世 帯 の 増 加 という 現 象 をもたらしている さらに 象 徴 的 なのが 高 齢 世 帯 の 単 身 化 である 高 齢 者 (65 以 上 )のいる 世 帯 の 家 族 構 成 をみると 三 世 代 世 帯 は 減 少 の 一 途 を 辿 る 中 増 加 傾 向 にあるのが 単 独 世 帯 と 夫 婦 のみ 世 帯 であり25 年 を 境 に 三 世 代 世 帯 の 割 合 を 上 回 った 高 齢 者 が 子 や 孫 に 囲 まれて 暮 らす サザエさん 一 家 のような 姿 はもはやマジョリ ティとは 言 えない 時 代 となった 単 身 世 帯 は 家 族 や 子 供 と 離 れて 暮 らしているという 意 味 で 社 会 的 に 孤 立 しやすい 状 況 にあること が 指 摘 されている 夫 婦 のみ 世 帯 も 同 様 であり 配 偶 者 と 死 別 離 別 した 場 合 一 気 に 孤 立 が 進 む 恐 れがある 現 役 時 代 は 仕 事 中 心 であったとしても 退 職 後 は 地 域 社 会 に 移 り 人 間 関 係 も 変 化 する 変 化 に 対 応 できずにいる 人 も 少 なくないとみられ 自 治 体 ソーシャルサポートはもとより 高 齢 者 と 比 較 的 身 近 な 関 係 にある 小 売 業 にとって 高 齢 単 身 者 がどのような 実 態 にあり ニーズと 現 実 のギャップ を 明 らかにすることは 社 会 的 にも 重 要 といえる 1. 都 道 府 県 別 にみた 高 齢 単 身 世 帯 の 状 況 高 齢 世 帯 の 単 身 化 は 地 域 による 差 も 大 きい 高 齢 単 身 者 の 割 合 と 伸 び 率 について 都 道 府 県 別 にみた 場 合 高 齢 単 身 者 の 割 合 の 高 さが 目 立 つのが 東 京 都 と 大 阪 府 などの 大 都 市 圏 である 大 都 市 圏 における 高 齢 単 身 化 は 以 前 から 指 摘 されており 高 齢 未 婚 率 の 高 さ 配 偶 者 との 死 別 による 高 齢 単 身 化 などがそ の 原 因 とみられる 高 齢 単 身 世 帯 の 伸 び 率 に 注 目 すると 埼 玉 県 神 奈 川 県 千 葉 県 など 東 京 周 辺 地 域 の 伸 び 率 が 高 い 小 売 業 としては 高 齢 単 身 世 帯 の 割 合 が 高 く 伸 び 率 も 増 加 傾 向 にある 地 域 ( 大 都 市 圏 とその 周 辺 地 域 等 )に 対 し 対 応 した 商 品 やサービスを 強 化 することが 有 効 となる 高 齢 単 身 の 割 合 が 高 いが 伸 び 率 が 低 い 地 域 ( 鹿 児 島 高 知 県 など)については 留 意 が 必 要 である こう した 地 域 では 高 齢 単 身 者 の 数 は 減 少 する 一 方 若 者 がそれ 以 上 に 他 地 域 に 流 出 することで 人 口 が 減 少 するため 割 合 としては 高 止 まってしまう 状 況 である 世 帯 構 造 と 市 場 変 化 の 両 面 を 勘 案 しながら 対 応 を 進 める 必 要 がある 46

5 第 5 章 社 会 構 造 の 変 化 と 消 費 家 族 形 態 別 にみた 世 帯 構 造 の 推 移 % 1% 2% 3% 4% 5% 6% 7% 8% 9% 1% 19.8% 2.8% 23.1% 25.6% 27.6% 29.5% 32.4% 33.3% 34.4% 35.6% 36.5% 12.5% 13.7% 15.5% 17.4% 18.9% 19.6% 19.8% 2.5% 2.8% 2.9% 21.% 42.1% 4.% 37.3% 34.2% 31.9% 29.9% 27.9% 27.% 26.% 25.% 24.1% 37.2% 21.2% 23.3% 11.4% 6.9% 単 身 世 帯 婦 のみ 婦 と 子 とりと 子 その 他 家 族 世 帯 5.7% 6.3% 6.8% 7.1% 7.6% 8.4% 8.7% 9.4% 1.1% 1.6% 11.% 19.9% 19.2% 17.4% 15.7% 14.% 12.7% 11.1% 9.7% 8.7% 7.9% 7.3% 65 以 上 の 者 の 家 族 構 成 の 推 移 % 1% 2% 3% 4% 5% 6% 7% 8% 9% 1% 和 年 % 1.1% 19.6% 22.% 52.5% 46.7% 16.5% 17.6% 平 成 年 % 11.7% 12.6% 13.2% 13.8% 14.2% 13.8% 14.7% 15.5% 15.7% 15.7% 15.3% 16.% 16.9% 16.8% 16.1% 25.5% 27.6% 29.4% 32.3% 33.8% 35.1% 34.2% 36.% 36.1% 36.5% 36.7% 36.7% 36.9% 37.2% 37.2% 37.5% 42.3% 38.7% 35.5% 31.2% 27.4% 26.1% 26.5% 23.6% 23.3% 22.3% 19.6% 19.4% 18.4% 17.5% 16.6% 16.% 17.7% 18.4% 18.9% 19.1% 21.% 2.9% 21.3% 21.9% 21.6% 21.6% 24.% 24.7% 24.8% 24.8% 25.6% 26.4% 単 世 帯 婦 のみの 世 帯 子 供 婦 と 同 居 配 者 のいない 子 と 同 居 その 他 の 族 と 同 居 非 族 と 同 居 28% 都 道 府 県 別 にみた 高 齢 単 身 世 帯 の 割 合 と 伸 び 率 都 26% 高 齢 単 身 世 帯 比 率 24% 22% 2% 18% 16% 14% 12% 17.4 県 高 知 県 口 県 県 県 長 県 広 県 大 分 県 県 都 府 本 県 県 県 県 取 県 県 県 県 長 県 新 県 大 府 道 県 知 県 県 県 県 県 県 県 円 の 大 きさは 高 齢 単 身 者 の 数 を 表 している 県 県 1% 形 県 4.4 8% % 1% 2% 3% 4% 5% 6% 7% 8% 9% 高 齢 単 身 世 帯 伸 び 率 ( 25-21) 出 典 : 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 日 本 の 世 帯 数 の 将 来 推 計 / 厚 生 労 働 省 国 民 生 活 基 礎 調 査 / 総 務 省 国 勢 調 査 47

6 第 2 項 高 齢 単 身 世 帯 の 消 費 の 特 徴 1. 支 出 の 中 身 - 外 食 中 食 への 支 出 が 目 立 つ 人 口 減 少 や 単 身 世 帯 の 増 加 高 齢 化 などの 社 会 構 造 の 変 化 を 受 け 食 品 スーパーマーケットやコンビ ニでは 小 容 量 の 商 品 を 拡 充 する 動 きが 加 速 している 外 食 でも お 一 人 様 を 想 定 したメニューやカウン ターを 設 置 する 動 きが 増 えてきた こうした 対 応 の 念 頭 に 高 齢 単 身 世 帯 が 含 まれていることはいうまで もない 高 齢 単 身 世 帯 (65 以 上 )と 高 齢 一 般 世 帯 ( 世 帯 主 65 以 上 )の 食 品 支 出 構 成 を 比 較 すると 高 齢 単 身 世 帯 は 生 鮮 品 など 素 材 関 連 への 支 出 が 少 ない 一 方 外 食 や 惣 菜 など 調 理 食 品 への 支 出 が 多 い 同 じ 高 齢 世 帯 でも 単 身 と 一 般 世 帯 で 支 出 内 容 に 違 いがみられた 退 職 後 に 単 身 となった 男 性 は 調 理 習 慣 がない 人 も 多 いとみられ 外 食 や 調 理 食 品 への 支 出 が 高 くなるのは 自 然 である 高 齢 層 の 消 費 には 世 帯 構 成 の 影 響 を 強 く 受 けるなど 一 括 りに 出 来 ない 多 様 さがあり 顧 客 セグメントの 見 直 しなどの 対 応 が 必 要 となる 2. 購 買 行 動 の 特 徴 - キーワードは 距 離 と 価 格 高 齢 単 身 世 帯 は 買 物 を 行 う 上 でどのような 点 を 重 視 しているのだろうか 高 齢 単 身 世 帯 が 食 品 スーパー マーケットの 利 用 にあたって 重 視 する 点 は 価 格 と 距 離 であることがわかった 価 格 は 若 年 層 を 含 む 単 身 世 帯 全 体 に 共 通 する 重 要 な 要 素 であったが 特 に 高 齢 単 身 世 帯 の 回 答 比 率 が 高 かった 距 離 は 食 品 スーパーマーケットの 利 用 目 的 で 最 も 回 答 の 多 い 項 目 であり 特 に 高 齢 世 帯 では 顕 著 である 近 くのスーパーマーケットまでの 距 離 が 遠 く 高 齢 者 が 日 々の 買 物 に 苦 労 する 買 物 弱 者 は 従 前 から 指 摘 されているところである 3. 高 齢 単 身 者 のネット 利 用 の 潜 在 ニーズは 大 きい 食 品 はスーパーマーケット 以 外 に 百 貨 店 やコンビニ ドラッグストアなど 様 々な 購 入 ルートが 考 えら れる 食 品 のスーパーマーケット 以 外 の 購 入 先 高 齢 単 身 者 で 最 も 回 答 が 多 かったのがコンビニ 次 い でドラッグストア ディスカウントストアとなった コンビニやドラッグストアの 活 用 はすでに 全 年 代 的 な 傾 向 であるが インターネットを 通 じた 通 信 販 売 に 注 目 してみたい 最 も 利 用 の 多 い 世 帯 は 高 齢 単 身 者 (7.5%)であり 高 齢 既 婚 世 帯 を 大 きく 上 回 る 結 果 となった これは 若 年 単 身 者 の 結 果 も 上 回 っている(2 代 5% 3 代 6.9%) 高 齢 世 帯 にとって 買 物 における 距 離 の 短 さ は 重 要 な 要 素 の 一 つである 買 物 距 離 を 最 も 短 く 可 能 に する 方 法 がインターネットであるとも 言 える しかし 同 じ 高 齢 世 帯 でも 既 婚 者 の 回 答 は 非 常 に 低 い インターネットは 高 齢 単 身 者 とって 孤 立 を 防 ぐ 有 効 な 手 段 として 注 目 されている 同 じ 高 齢 者 でも 既 婚 者 より 単 身 者 のほうがネット 利 用 のインセンティブが 高 く ネットショップの 活 用 頻 度 の 高 さはその 延 長 線 上 にあるものと 推 察 される このように 高 齢 単 身 者 はネットショップを 多 く 活 用 する 顧 客 層 として 期 待 されるが 実 際 には 高 齢 単 身 者 のPC 普 及 率 は26%で 高 齢 一 般 世 帯 68%より 圧 倒 的 に 低 い 今 後 普 及 率 を 高 めるようなアクション を 起 こせば 高 齢 単 身 層 のネット 購 買 は 大 きく 増 加 する 可 能 性 がある 48

7 第 5 章 社 会 構 造 の 変 化 と 消 費 高 齢 単 身 世 帯 の 支 出 の 特 徴 生 鮮 介 生 鮮 支 出 のい 品 目 加 工 調 味 料 スーパーマーケットの 利 用 理 由 生 鮮 果 物 乳 主 食 的 調 理 食 品 主 食 以 外 の 調 理 食 品 支 出 のない 品 目 男 性 未 婚 計 男 性 既 婚 計 男 性 未 婚 代 男 性 既 婚 代 外 食 生 鮮 品 の 鮮 度 がよい 価 格 が 安 い ポイントカードがある ポイントがたまる 特 売 チラシをみて 高 品 質 な 商 品 がある 品 数 が その 店 にしかないものがある 食 品 以 外 も 購 入 できる 自 宅 からの 距 離 がい り 道 ( 通 り 道 )にある 場 があり で 来 店 できる 営 業 時 間 買 物 時 間 が 短 くてす っくりと 適 に 買 物 ができる 一 ですべて 買 物 ができる 25 2 食 品 スーパーマーケット 以 外 の 利 用 状 況 男 性 未 婚 計 男 性 既 婚 計 男 性 未 婚 6 代 男 性 既 婚 6 代 百 貨 店 (デ パ ート) コンビニエンスストア ディスカウントストア 円 ショップ 食 料 品 店 ( 百 酒 など) 薬 薬 店 ドラッグストア 通 販 売 (インターネット) 通 販 売 (インターネット 以 外 ) 食 材 宅 配 ( 生 など) 年 齢 別 にみた 単 身 世 帯 のパソコン 普 及 率 () 単 身 世 帯 以 下 3 59 以 下 6 以 上 一 般 世 帯 出 典 : 総 務 省 平 成 24 年 家 計 調 査 / 高 齢 単 身 世 帯 の 食 品 シェア - 高 齢 一 般 世 帯 の 食 品 シェア で 計 算 /( 一 社 ) 新 日 本 スーパーマーケット 協 会 消 費 者 調 査 213 / 内 閣 府 消 費 動 向 調 査 49

8 第 3 項 介 護 世 帯 の 増 加 1. 増 える 老 老 介 護 子 供 と 離 れて 暮 らす 高 齢 者 が 増 加 することで 急 速 に 関 心 が 高 まっているのが 老 老 介 護 と 遠 距 離 介 護 である 老 老 介 護 は 高 齢 者 が 高 齢 者 を 介 護 する 状 態 であり 介 護 疲 れにより 介 護 する 側 も 介 護 が 必 要 な 状 態 に 陥 ってしまう 危 険 性 が 指 摘 されている 介 護 者 と 要 介 護 者 が6 以 上 同 士 の 割 合 は 増 加 傾 向 にあり 21 年 で 約 63%という 高 い 割 合 を 示 し ている 75 以 上 同 士 の 割 合 も25%まで 高 まっており 介 護 の 家 族 依 存 を 減 らす 対 応 策 が 望 まれる 高 齢 単 身 世 帯 の 要 介 護 者 が 増 加 している 点 はもっと 深 刻 である いわゆる 独 居 老 人 が 増 加 していること であり 社 会 問 題 として 見 過 ごせない 状 況 となっている 2. 遠 距 離 介 護 で 介 護 離 職 となる 危 険 性 最 近 になって 問 題 視 されてきているのが 遠 距 離 介 護 である 高 齢 世 帯 の 子 供 の 居 住 地 は 最 も 多 い のは 片 道 1 時 間 以 上 で 次 いでやや 遠 い 片 道 1 時 間 未 満 である 親 から 離 れて 暮 らす 子 供 の 殆 どが 簡 単 に 親 の 介 護 に 通 うことができる 環 境 ではなく 仕 事 と 介 護 が 両 立 できない 介 護 離 職 の 原 因 ともなっ ている 個 食 に 対 応 した 商 品 や 宅 配 サービスなど 高 齢 単 身 世 帯 をターゲットとした 動 きは 浸 透 しつつある しかし 高 齢 化 に 伴 う 問 題 をみる 限 り 高 齢 世 帯 のニーズ 開 拓 はまだ 十 分 ではなく 特 に 老 老 介 護 や 遠 距 離 介 護 に 対 して 十 分 に 対 応 できているとは 言 い 難 い 新 たな 介 護 ビジネスの 創 出 には 更 なる 規 制 緩 和 が 必 要 とされるが 食 品 スーパーマーケットをはじめとする 小 売 業 がこうした 分 野 で 貢 献 できる 余 地 は 大 きい 例 えば 遠 距 離 介 護 世 帯 に 対 し 離 れて 暮 らす 子 供 を 顧 客 ターゲットとするなど 今 後 新 たな 視 点 でニーズに 対 応 することが 期 待 される 3. 介 護 世 帯 の 消 費 の 特 徴 介 護 世 帯 では 介 護 者 も 要 介 護 者 も 老 齢 化 する 傾 向 にある 消 費 支 出 の 内 容 も 高 齢 世 帯 でみられる 特 徴 と 同 じ 傾 向 を 持 つと 思 われがちである 先 の 老 老 介 護 世 帯 では 食 事 を 作 る 人 と 介 護 をする 人 が 同 じ であり 介 護 の 負 担 から 消 費 支 出 傾 向 にも 違 いがみられる 介 護 世 帯 と 一 般 高 齢 世 帯 ( 要 介 護 者 のいない 高 齢 世 帯 )で 食 品 支 出 の 内 容 を 比 較 すると 介 護 世 帯 では 生 鮮 品 など 素 材 の 支 出 が 少 ない 一 方 調 理 食 品 や 外 食 の 支 出 が 多 いという 特 徴 がある 介 護 を 行 いなが ら 食 事 を 作 るため 買 物 の 中 身 は 必 然 的 に 時 短 メニューを 想 定 したものにならざるをえない 5

9 第 5 章 社 会 構 造 の 変 化 と 消 費 年 齢 別 に 見 た 介 護 者 と 要 介 護 者 の 割 合 7% 6% 54.4% 58.1% 58.9% 62.7% 6 以 上 同 5% 4% 4.6% 41.1% 47.6% 45.9% 65 以 上 同 3% 2% 18.7% 19.6% 24.9% 25.5% 75 以 上 同 1% ( 年 ) 65 以 上 世 帯 の 子 供 の 居 住 地 (28 年 ) 一 に 住 んでいる1% 不 12% 同 物 は 同 地 内 に 住 んでいる 3% 程 度 の 場 に 住 んでいる 6% 別 世 帯 の 子 はいない27% 道 時 間 未 満 の 場 に 住 んでいる 19% 道 15 分 未 満 の 場 に 住 んでいる1% 道 時 間 以 上 の 場 に 住 んでいる 22% 介 護 世 帯 の 食 品 支 出 の 特 徴 ( 一 般 高 齢 世 帯 との 比 較 ) 調 理 食 品 支 出 のい 品 目 乳 類 類 調 味 料 類 菓 子 類 飲 料 酒 類 支 出 のない 品 目 外 食 果 物 介 類 菜 出 典 : 厚 生 労 働 省 国 民 生 活 基 礎 調 査 / 平 成 24 年 家 計 調 査 介 護 世 帯 の 食 品 シェア - 一 般 高 齢 世 帯 の 食 品 シェア で 計 算 51

10 第 3 節 女 性 の 社 会 進 出 第 1 項 女 性 の 就 業 状 況 1. 都 道 府 県 別 にみた 女 性 就 業 の 特 徴 本 格 的 な 人 口 減 少 社 会 の 到 来 を 迎 え 少 子 高 齢 化 を 背 景 に 労 働 力 人 口 が 減 少 しつつある 中 今 後 女 性 や 高 齢 者 等 の 活 躍 推 進 のための 様 々な 政 策 が 課 題 となっている 安 倍 首 相 は 成 長 戦 略 の 柱 の 一 つに 女 性 の 活 躍 を 挙 げており 女 性 の 活 躍 は 成 長 戦 略 の 中 核 をなすもの とまで 語 っている 主 な 政 策 として 育 児 休 業 3 年 待 機 児 童 を5 年 でゼロ 上 場 企 業 に 女 性 役 員 を1 人 などが 掲 げられている 女 性 の 就 業 状 況 をみるうえで 特 徴 とされるのは 年 齢 別 にみた 有 業 率 の M 字 カーブ である 結 婚 前 に 仕 事 を 持 っていた 女 性 が 結 婚 と 出 産 で 離 職 することによってM 字 カーブが 生 まれる 平 成 14 年 の 調 査 では3-34 を 底 とするM 字 型 がはっきり 確 認 できる 1 年 後 の 平 成 24 年 の 結 果 をみると 晩 婚 化 の 影 響 などもあり M 字 の 底 は35-39 に 移 行 しているのがわかる ただし2 3 代 の 有 業 率 が 上 昇 した ことでM 字 カーブはだいぶ 緩 やかになっている 今 後 M 字 化 を 食 い 止 め 女 性 の 有 業 率 を 高 めていくには 現 在 は 就 業 意 志 のない 女 性 を 就 業 希 望 状 態 に 移 行 させることが 必 要 となる 女 性 の 非 求 職 者 ( 求 職 活 動 をしていない 人 )の 求 職 しない 理 由 で 最 も 多 いのが 出 産 育 児 のため である 障 害 となっている 要 因 が 緩 和 されれば 就 業 を 希 望 する 女 性 は 多 く 働 く 女 性 の 潜 在 的 なニーズは 大 きいと 言 える 2. 増 える 共 働 き 世 帯 2-3 代 女 性 の 有 業 率 が 低 いことで 生 まれるM 字 カーブの 問 題 は 解 消 に 向 かっており 専 業 主 婦 世 帯 は 過 去 1 年 以 上 にわたって 減 少 傾 向 にあるのに 対 し 共 働 き 世 帯 は 年 々 増 加 傾 向 を 強 めている 小 売 業 は 高 齢 者 向 けの 商 品 サービスに 力 を 注 いでいるところが 多 い 今 後 は 同 様 に 働 く 女 性 が 重 要 なターゲット 層 になる 可 能 性 がある 働 く 女 性 が 増 加 すると 家 事 や 買 物 に 費 やす 時 間 は 減 少 する 平 成 23 年 社 会 生 活 基 本 調 査 によると 女 性 の 有 業 者 ( 共 働 き)の 家 事 時 間 は 仕 事 を 持 たない 無 業 者 ( 専 業 主 婦 )と 比 べて 短 くなっている 家 事 や 買 物 に 時 間 をかけられない 顧 客 にどう 対 応 するか 働 く 女 性 層 は 高 齢 者 と 異 なるニーズも 多 く 今 後 対 応 していく 必 要 がある 52

11 第 5 章 社 会 構 造 の 変 化 と 消 費 女 性 の 年 齢 階 級 別 有 業 率 () 就 業 希 望 者 592 非 職 者 3447 出 産 のため 1134 気 けがのため 通 学 のため 平 成 24 年 平 成 19 年 いで 事 につく 必 要 がない 2 平 成 14 年 その 他 共 働 き 世 帯 と 専 業 主 婦 世 帯 の 割 合 の 推 移 ( 万 世 帯 ) 共 働 き 世 帯 専 業 主 婦 世 帯 女 性 の 1 週 間 の 総 平 均 時 間 時 間 ( 分 ) 有 業 者 ( 共 働 き) 無 業 者 ( 専 業 主 婦 ) 家 事 買 い 物 出 典 : 総 務 省 就 業 構 造 基 本 調 査 / 総 務 省 労 働 力 調 査 / 総 務 省 平 成 23 年 社 会 生 活 基 本 調 査 53

12 3. 都 道 府 県 別 にみた 女 性 就 業 の 特 徴 今 後 働 く 女 性 の 拡 大 が 予 想 される 中 高 齢 単 身 化 と 同 様 に 地 域 による 特 徴 を 把 握 しておくことが 必 要 となる 地 域 の 特 徴 を 明 らかにするため 女 性 就 業 者 の 割 合 と 女 性 就 業 者 の 伸 び 率 から 働 く 女 性 向 けの 市 場 を 都 道 府 県 別 にセグメント 化 してみる まず 女 性 就 業 者 の 割 合 と 女 性 就 業 者 の 伸 び 率 両 方 が 平 均 より 高 い 地 域 は 既 に 現 時 点 で 魅 力 的 な 成 長 市 場 と 位 置 付 けられるセグメントである 同 セグメントに 相 当 するのが 埼 玉 県 千 葉 県 愛 知 県 滋 賀 県 といった 大 都 市 圏 の 周 辺 地 域 である 次 に 女 性 就 業 率 は 平 均 より 低 いが 女 性 就 業 者 の 伸 びが 増 加 傾 向 にある 地 域 は エマージング 市 場 と 位 置 付 けられ 将 来 的 に 魅 力 ある 市 場 に 育 つ 可 能 性 が 高 い 同 セグメントには 東 京 都 神 奈 川 県 大 阪 府 兵 庫 県 福 岡 県 沖 縄 県 などが 含 まれる 特 に 女 性 就 業 者 の 数 が 多 い 東 京 大 阪 といった 大 都 市 が 同 セグメントに 含 まれ ているのは 市 場 が 将 来 的 に 大 きな 規 模 に 発 展 する 可 能 性 を 示 唆 している 一 方 女 性 就 業 率 は 平 均 より 高 いものの 女 性 就 業 者 の 伸 び 率 は 減 少 傾 向 にあるセグメントは 安 定 市 場 と 言 える こうした 地 域 では 元 来 働 く 女 性 が 多 いものの 人 口 減 に 伴 って 働 く 女 性 の 人 数 が 減 少 し ている 可 能 性 がある 地 方 の 都 道 府 県 の 多 くがこのセグメントに 属 している こうした 地 域 では 成 長 市 場 のような 市 場 の 成 長 は 期 待 できないものの 継 続 的 にニーズを 掘 り 起 こすことで 成 熟 市 場 としての 発 展 が 期 待 される またそのような 地 域 の 多 くは 既 に 高 齢 化 も 進 んでいることから 働 く 女 性 高 齢 層 を 想 定 した 商 品 サービスを 強 化 することで 新 たな 需 要 が 生 まれる 可 能 性 もある 4. 働 く 女 性 の 理 想 と 現 実 のギャップ 働 く 女 性 の 多 くは 家 事 や 買 物 に 時 間 をかけられないため 日 常 の 買 物 や 支 出 はより 時 短 を 重 視 す るものとなっている 昨 今 の 中 食 ブーム はこうした 時 短 ニーズに 沿 った 結 果 とも 言 える 一 方 で 現 実 的 なニーズに 対 応 することと 真 のニーズを 満 たすことは 必 ずしも 一 致 しない 後 者 は 消 費 者 が 本 来 は こうありたい と 願 う 潜 在 ニーズであり 日 常 の 生 活 を 踏 まえた 上 で 求 めるニーズ( 条 件 付 きニーズ)とは 異 なる 中 食 ブームは 消 費 者 の 条 件 付 きニーズを 満 たしたと 言 えるが 今 後 は 消 費 者 の 真 のニーズと 向 き 合 った 上 で 中 食 を 再 評 価 する 必 要 もある 消 費 者 調 査 213 結 果 によれば 食 事 の 方 法 について すべて 素 材 から 調 理 する と 回 答 した 女 性 の 割 合 を 比 較 すると 有 職 者 と 無 職 者 で 差 がある 休 みの 日 は 必 ず と 回 答 した 人 は 有 職 者 で3 割 無 職 者 で4 割 であり 無 職 者 のほうが 素 材 から 調 理 する 頻 度 が 高 い 54

13 第 5 章 社 会 構 造 の 変 化 と 消 費 都 道 府 県 別 にみた 女 性 就 業 者 の 状 況 と 成 長 マッピング 52% 5% 48% 女 46% 性 就 業 率 44% 42% 安 定 市 場 長 全 国 平 均 -.2 取 知 形 新 手 本 広 都 高 知 大 分 口 和 道 成 長 市 場 円 の 大 きさは 女 性 就 業 者 の 数 を 表 している 全 国 平 均 % 市 場 大 エマーング 市 場 38% -2.% -1.5% -1.% -.5%.%.5% 1.% 1.5% 女 性 就 業 者 数 の 伸 び(25-21 ) すべて 素 材 から 調 理 する 食 事 の 頻 度 () 女 性 有 職 女 性 無 職 休 みの 日 は 必 ず 休 みの 日 の 回 に 回 程 度 それ 以 下 なし 休 みの 日 の 回 に 回 程 度 休 みの 日 の 回 に 回 程 度 ( 自 分 で 用 意 しないので)わからない 希 望 する 休 日 の 夕 食 の 提 供 方 法 () 女 性 有 職 女 性 無 職 出 来 るだけすべての 料 理 を 素 材 から 調 理 したい 素 材 からの 調 理 をメインにしたい 調 理 済 み 品 やインスタント 食 品 をメインにしたい すべての 料 理 を 調 理 済 み インスタント 食 品 にしたい 出 来 るだけすべて 外 食 で 済 ませたい その 他 出 典 : 総 務 省 国 勢 調 査 /( 一 社 ) 新 日 本 スーパーマーケット 協 会 消 費 者 調 査

14 第 6 章 中 食 内 食 化 傾 向 の 分 析 第 1 節 消 費 者 アンケート 213 でみる 中 食 内 食 実 態 第 1 項 第 2 項 順 調 に 成 長 をつづける 中 食 産 業 夕 食 における 内 食 中 食 の 実 態 1. 中 食 を 利 用 する 理 由 2. 属 性 別 にみる 内 食 の 頻 度 3. 属 性 別 にみる 中 食 の 頻 度 4. 属 性 別 にみる 中 食 内 食 の 頻 度 第 3 項 理 想 とする 夕 食 とのギャップ 57

15 第 6 章 中 食 内 食 化 傾 向 の 分 析 第 1 節 消 費 者 アンケート 213 でみる 中 食 内 食 実 態 第 1 項 順 調 に 成 長 をつづける 中 食 産 業 食 事 形 態 は 大 きく 内 食 中 食 外 食 の3つに 分 類 される 日 本 では 素 材 から 調 理 して 家 庭 内 で 食 べる 内 食 が 一 般 的 な 食 事 形 態 であるが 198 年 代 後 半 から199 年 代 初 頭 にはバブル 景 気 の 影 響 もあり ファミ リーレストランや 居 酒 屋 など 飲 食 店 が 増 加 し 店 内 で 調 理 された 食 事 を 店 内 で 食 べる 外 食 が 広 く 普 及 した そして この 内 食 と 外 食 のあいだとも 言 われるのが 中 食 で 店 舗 で 購 入 した 弁 当 惣 菜 などの 調 理 済 み 品 やインスタント 食 品 を 持 ち 帰 って 食 べる 食 事 形 態 である これらの 産 業 の 市 場 規 模 をみると 外 食 産 業 はバブル 崩 壊 後 もわずかに 増 加 したものの 1997 年 の29.1 兆 円 をピークに 減 少 の 一 途 をたどっている 一 方 中 食 産 業 の 市 場 規 模 は 右 肩 上 がりで 増 加 しており こ こ3 年 弱 で1.1 兆 円 から5.8 兆 円 と 約 5 倍 にも 成 長 している また 内 食 中 食 外 食 それぞれの 家 計 支 出 の 推 移 をみると 食 料 費 支 出 自 体 の 減 少 及 び 内 食 支 出 の 減 少 が 目 立 つ そして 外 食 支 出 も 低 迷 を 続 けてい るのに 対 し 中 食 支 出 はわずかではあるが 増 加 がみられ 堅 調 に 推 移 している この 背 景 としては 長 引 くデフレ 経 済 といった 社 会 情 勢 に 加 え 高 齢 化 の 進 行 や 働 く 女 性 の 増 加 単 身 世 帯 の 増 加 といった 社 会 構 造 の 変 化 が 指 摘 されている また デフレ 経 済 による 節 約 志 向 社 会 構 造 の 変 化 による 個 食 孤 食 の 増 加 や 家 事 の 外 部 化 といった 生 活 者 の 意 識 やライフスタイルの 変 化 が 食 事 形 態 に 大 きく 影 響 しているものと 考 えられる 第 2 項 夕 食 における 内 食 中 食 の 実 態 消 費 者 調 査 213によると 平 日 5 日 間 の 夕 食 における 内 食 中 食 外 食 の 頻 度 をみると 内 食 の 週 あたりの 平 均 利 用 回 数 が2.8 回 と 最 も 多 く 週 の 半 分 以 上 を 占 めている 中 食 も 週 あたり1. 回 ( 弁 当 惣 菜 など 調 理 済 み 品 のみ.6 回 温 め 解 凍 お 湯 を 注 ぐなどのインスタント 食 品 のみ.4 回 )での 利 用 がみられる また 中 食 であっても 調 理 済 み 品 のみに 比 べて インスタント 食 品 のみの 頻 度 はそれほど 高 くない 傾 向 にある 1. 中 食 を 利 用 する 理 由 調 理 済 み 品 やインスタント 食 品 を 中 食 として 平 日 の 夕 食 に 利 用 する 理 由 としては 調 理 の 手 間 が 少 なく なる が46.9% 調 理 の 時 間 が 短 縮 できる が38.9% 片 付 けの 手 間 が 少 なくなる が24.9%と 上 位 を 占 め ており 時 間 手 間 の 短 縮 という 点 で 中 食 が 支 持 されている 一 方 で 味 がよい 量 や 種 類 を 調 整 できる 栄 養 のバランスを 調 整 できる 安 心 して 食 べられる といった 回 答 は 少 なく 時 間 手 間 の 省 略 以 外 の ニーズへは 十 分 に 応 えきれていない 58

16 第 6 章 中 食 内 食 化 傾 向 の 分 析 外 食 中 食 産 業 の 市 場 規 模 の 推 移 世 帯 あたり 1 か 月 間 の 食 に 関 する 支 出 推 移 ( 円 ) 外 食 産 業 中 食 産 業 ( 注 ) 中 食 産 業 の 市 場 規 模 は 料 理 品 小 売 業 ( 弁 当 給 食 を 除 く)の 値 外 食 産 業 の 市 場 規 模 には 中 食 産 業 の 市 場 規 模 は 含 まない ( 百 円 ) 外 食 中 食 内 食 食 料 費 ( 注 ) 中 食 は 弁 当 類 惣 菜 類 といった 調 理 食 支 出 を 指 す 内 食 は 食 料 費 から 外 食 ( 学 校 給 食 を 含 む) 及 び 中 食 を 除 いたもので 具 体 的 には 穀 類 魚 介 類 肉 類 などの 食 材 支 出 を 指 す 外 食 は 一 般 外 食 ( 学 校 給 食 を 除 く)の 値 結 果 は 全 国 2 人 以 上 の 全 世 帯 の 平 均 で 農 林 漁 家 を 含 む 平 日 夕 食 時 の 外 食 中 食 内 食 の 頻 度 / 全 体 % 2% 4% 6% 8% 1% 2.3 平 均 利 用 回 数 (/ 週 ) 外 食 回 1.7 中 食 ( 当 惣 菜 など 調 理 済 み 品 ) 回.9 中 食 (め 凍 おをなどのインスタント 食 品 ) 回 内 食 ( 全 て 素 材 から 調 理 する) 回 ほ 回 週 回 程 度 月 回 程 度 自 分 で 用 意 しないのでわからない 週 回 程 度 月 回 程 度 それ 以 下 利 用 なし 一 週 間 の 平 均 利 用 回 数 は ほ 回 =5 回 週 2 4 回 程 度 =3 回 週 1 回 程 度 =1 回 月 2 3 回 程 度 =.625 回 月 1 回 程 度 =.25 回 として 算 出 平 日 夕 食 時 に 中 食 を 利 用 する 理 由 / 全 体 出 典 : 農 林 水 産 省 平 成 24 年 度 食 料 農 業 農 村 白 書 ( 財 ) 食 の 安 全 安 心 財 団 外 食 産 業 調 査 研 究 センター 調 べ/ 総 務 省 家 計 調 査 /( 一 社 ) 新 日 本 スーパーマーケット 協 会 消 費 者 調 査

17 2. 属 性 別 にみる 内 食 の 頻 度 平 日 の 夕 食 における 内 食 の 頻 度 について 帰 宅 時 間 別 にみると 帰 宅 時 間 が 遅 い 人 ほど 内 食 の 頻 度 は 低 くなっ ている 夕 食 を 素 材 から 調 理 した 内 食 にするためには 買 物 や 調 理 片 付 けなどにそれ 相 応 の 時 間 と 手 間 を 要 する そのため 帰 宅 時 間 が 内 食 にするかを 決 める 大 きな 要 因 の1つであると 考 えられる このほかに 内 食 の 頻 度 は 男 性 に 比 べ 女 性 で 高 く 性 未 既 婚 別 にみると 既 婚 女 性 が 顕 著 に 高 い 中 で も ほぼ 毎 回 が 多 く 逆 に 自 分 で 用 意 しないのでわからない の 回 答 が 小 さいことからも 既 婚 女 性 が 内 食 を 担 っていることがわかる また 男 性 女 性 ともに 未 婚 者 に 比 べ 既 婚 者 の 内 食 の 頻 度 が 高 い これは 既 婚 者 の 98.3%で 同 居 人 数 が 複 数 人 であることから 同 居 人 数 の 影 響 が 大 きいと 考 えられる 既 婚 未 婚 にかかわらず 同 居 人 数 別 にみても 一 人 暮 らしに 比 べ 複 数 人 の 場 合 に 内 食 の 頻 度 が 高 くなっており 同 居 人 数 が 複 数 で 自 分 以 外 の 食 事 を 準 備 する 必 要 があることが 内 食 頻 度 を 高 める 傾 向 がある 同 居 人 数 と 夕 食 同 伴 者 との 関 係 を みると 一 人 暮 らしが2 人 以 上 で 夕 食 をとる 割 合 はわずか6.9%にとどまっている 年 代 別 にみると 2 代 で 内 食 の 利 用 頻 度 が 最 も 低 く 年 代 が 高 くなるにつれて 内 食 の 頻 度 も 高 まる 傾 向 にある 3. 属 性 別 にみる 中 食 の 頻 度 平 日 の 夕 食 における 中 食 の 頻 度 をみると 全 体 では 週 1 回 以 上 利 用 している 割 合 は 調 理 済 み 品 のみ 23.8 % インスタント 食 品 のみ 18.3%と 調 理 済 み 品 のみ の 頻 度 が 高 い しかし 属 性 別 にみると 調 理 済 み 品 のみ インスタント 食 品 のみ ともに 同 様 の 傾 向 がみられる 帰 宅 時 間 が 遅 くなるほど 週 1 回 以 上 利 用 している 割 合 は 高 く 帰 宅 時 間 22 時 以 降 で 顕 著 に 高 い また 既 婚 者 に 比 べ 未 婚 者 の 週 1 回 以 上 利 用 している 割 合 が 高 く 未 婚 男 性 で 最 も 高 い 同 居 人 数 別 にみると 同 居 人 数 1 人 ( 一 人 暮 らし) の 週 あたりの 平 均 利 用 回 数 は 複 数 人 の 約 2 倍 である 中 食 頻 度 が 高 い 帰 宅 時 間 22 時 以 降 未 婚 男 性 同 居 人 数 1 人 の 属 性 は 平 日 の 夕 食 における 内 食 頻 度 が 低 い 属 性 と 一 致 している このことから 帰 宅 時 間 が 遅 く 調 理 時 間 が 確 保 できない 人 や 一 人 暮 らしで 自 分 だけの 夕 食 を 準 備 する 負 担 を 軽 減 したい 人 を 中 心 に 中 食 が 利 用 されていることがわかる また 年 代 別 にみると 2 代 で 中 食 の 利 用 頻 度 が 最 も 高 く 年 代 が 高 くなるにつれて 中 食 の 頻 度 は 低 下 している 4. 属 性 別 にみる 中 食 内 食 の 頻 度 内 食 の 頻 度 が 低 い 属 性 では 中 食 の 頻 度 が 高 く 内 食 の 頻 度 が 高 い 属 性 では 中 食 の 頻 度 が 低 いことから 内 食 と 中 食 の 利 用 頻 度 には 反 比 例 の 関 係 がみられる そこで 調 理 済 み 品 ( 惣 菜 など) と 素 材 から 調 理 という 中 食 と 内 食 を 組 み 合 わせた 食 事 タイプの 頻 度 を 尋 ねた この 食 事 タイプの 例 としては 主 食 と 汁 物 は 素 材 から 調 理 するが 主 菜 に 揚 げ 物 などの 惣 菜 を 利 用 する または 素 材 から 調 理 した 夕 食 に 副 菜 としてサ ラダや 煮 物 などの 惣 菜 を 利 用 するケースである 全 体 での 利 用 頻 度 をみると 週 あたりの 平 均 利 用 回 数 は.9 回 週 1 回 以 上 利 用 している 割 合 は33.5%と 調 理 済 み 品 のみ インスタント 食 品 のみ それぞれの 中 食 利 用 頻 度 より 高 い また 属 性 別 にみると 中 食 や 内 食 と 異 なり 帰 宅 時 間 や 同 居 人 数 未 既 婚 による 大 きな 違 いは 認 められない このことから 属 性 に 因 らず 多 くの 食 卓 で 惣 菜 などの 調 理 済 み 品 が 夕 食 の 主 菜 または 副 菜 として 内 食 と 組 み 合 わせて 利 用 さ れていることがうかがえる 6

18 第 6 章 中 食 内 食 化 傾 向 の 分 析 平 日 夕 食 時 の 内 食 の 頻 度 / 属 性 別 性 別 年 代 未 性 既 婚 人 同 数 居 宅 時 間 ほ 回 自 分 で 用 意 週 月 それ 以 下 週 1 回 以 上 計 平 均 利 用 週 回 程 度 月 回 程 度 しないので 回 程 度 回 程 度 なし わからない (%) 回 数 (/ 週 ) 全 体 n=2546) 回 男 性 n=1278) 回 女 性 n=1268) 回 2 代 n=44) 回 3 代 n=546) 回 4 代 n=575) 回 5 代 n=489) 回 6 代 n=532) 回 未 婚 男 性 n=533) 回 未 婚 女 性 n=468) 回 既 婚 男 性 n=745) 回 既 婚 女 性 n=8) 回 1 人 ( 一 人 らし)n=424) 回 複 数 人 n=2122) 回 時 n=747) 回 時 n=796) 回 2 21 時 n=391) 回 22 時 以 降 n=18) 回 その 他 n=432) 回 全 体 と 比 較 し 5% 以 上 のものを -5% 以 下 のものを としてマーク 未 既 婚 別 にみた 同 居 人 数 同 居 人 数 別 にみた 平 日 夕 食 時 の 同 伴 者 人 ( 一 人 らし) 複 数 人 家 族 と 一 家 族 以 外 の かと 一 一 人 食 べない 4.1 全 体 n=2582) 全 体 n=2582) 未 婚 n=121) 人 ( 一 人 らし) n=433) 既 婚 n=1561) 98.3 複 数 人 n=2149) % 2% 4% 6% 8% 1% % 2% 4% 6% 8% 1% 平 日 夕 食 時 の 中 食 ( 調 理 済 み 品 のみ)の 頻 度 / 属 性 別 性 別 年 代 未 性 既 婚 人 同 数 居 宅 時 間 全 体 ほ 回 週 回 週 回 程 度 月 回 それ 以 下 自 分 で 用 意 週 1 回 以 上 計 平 均 利 用 月 回 程 度 程 度 程 度 なし しないので (%) 回 数 ( / 週 ) わからない n=2546) 回 男 性 n=1278) 回 女 性 n=1268) 回 2 代 n=44) 回 3 代 n=546) 回 4 代 n=575) 回 5 代 n=489) 回 6 代 n=532) 回 未 婚 男 性 n=533) 回 未 婚 女 性 n=468) 回 既 婚 男 性 n=745) 回 既 婚 女 性 n=8) 回 1 人 ( 一 人 らし) n=424) 回 複 数 人 n=2122) 回 時 n=747) 回 時 n=796) 回 2 21 時 n=391) 回 22 時 以 降 n=18) 回 その 他 n=432) 回 全 体 と 比 較 し 5% 以 上 のものを -5% 以 下 のものを としてマーク 平 日 夕 食 時 の 中 食 (インスタント 食 品 のみ)の 頻 度 / 属 性 別 性 別 年 代 未 既 性 婚 人 同 数 居 宅 時 間 ほ 回 週 回 週 回 程 度 月 回 それ 以 下 自 分 で 用 意 週 1 回 以 上 計 平 均 利 用 月 回 程 度 程 度 程 度 なし しないので (%) 回 数 (/ 週 ) わからない 全 体 n=2546) 回 男 性 n=1278) 回 女 性 n=1268) 回 2 代 n=44) 回 3 代 n=546) 回 4 代 n=575) 回 5 代 n=489) 回 6 代 n=532) 回 未 婚 男 性 n=533) 回 未 婚 女 性 n=468) 回 既 婚 男 性 n=745) 回 既 婚 女 性 n=8) 回 1 人 ( 一 人 らし) n=424) 回 複 数 人 n=2122) 回 時 n=747) 回 時 n=796) 回 時 n=391) 回 時 以 降 n=18) 回 その 他 n=432) 全 体 と 比 較 し 5% 以 上 のものを -5% 以 下 のものを としてマーク 出 典 :( 一 社 ) 新 日 本 スーパーマーケット 協 会 消 費 者 調 査

19 第 3 項 理 想 とする 夕 食 とのギャップ 理 想 とする 平 日 夕 食 時 の 食 事 形 態 を 尋 ねたところ 全 体 では すべての 料 理 を 素 材 から 調 理 したい との 回 答 が59.2%と 最 も 多 く 素 材 からの 調 理 をメインにしたい 26.7%を 含 めた 素 材 からの 調 理 を 理 想 としてい る 人 はあわせて85.9%にものぼる また 中 食 利 用 が 進 む 未 婚 男 性 同 居 人 数 1 人 ( 一 人 暮 らし) 帰 宅 時 間 22 時 以 降 においても 素 材 からの 調 理 を 理 想 としている 人 の 合 計 は7% 以 上 と 高 く すべての 属 性 で 内 食 を 理 想 の 夕 食 と 考 えている このことから 食 事 における 生 活 者 の 真 のニーズは 単 に 時 間 手 間 の 省 略 で はないことがうかがえる 中 食 は 素 材 から 調 理 する 負 担 を 軽 減 し 時 間 的 な 余 裕 を 確 保 する 手 段 として 一 定 のニーズを 満 たし 市 場 規 模 を 拡 大 している そして 今 後 も 単 身 世 帯 や 共 働 き 世 帯 の 増 加 とともにさらに 中 食 の 需 要 や 市 場 規 模 は 伸 びていくことが 予 想 される しかし 中 食 は 現 在 の 社 会 構 造 ライフスタイルのもとでの 現 実 的 な 対 応 で あり 必 ずしも 生 活 者 の 真 のニーズを 満 たすことにはつながっていない こうした 実 態 に 目 を 向 け スーパー マーケットでも 理 想 の 夕 食 への 手 助 けをすることはできないだろうか 豊 かな 食 生 活 とは 依 然 として 素 材 から 調 理 した 内 食 である その 一 例 として 素 材 をはじめ 調 理 済 み 品 インスタント 食 品 を 取 り 扱 うスーパーマーケットでは 旬 の 食 材 や 目 玉 商 品 を 使 った 簡 単 なレシピ 紹 介 店 頭 での 調 理 アドバイスなどの 取 り 組 みも 積 極 的 に 行 われている また 店 舗 で 調 理 して 持 ち 帰 るサービスや 食 事 ができるスペースの 提 供 などの 取 り 組 みもはじまっている 素 材 や 商 品 の 販 売 を 通 じて 今 後 も 理 想 と するライフスタイルや 豊 かな 食 事 の 時 間 空 間 の 実 現 をサポートするサービス 提 供 がスーパーマーケットに は 期 待 されている 62

20 第 6 章 中 食 内 食 化 傾 向 の 分 析 平 日 夕 食 時 の 中 食 調 理 済 み 品 ( 惣 菜 など) 内 食 の 頻 度 / 属 性 別 理 想 とする 平 日 夕 食 時 の 食 事 形 態 / 属 性 別 性 別 年 代 未 既 性 婚 人 同 数 居 宅 時 間 全 体 すべての 料 理 を 素 材 から 調 理 したい 素 材 からの 調 理 を メインにしたい 調 理 済 み 品 や インスタント 食 品 を メインにしたい すべての 料 理 を 調 理 済 み 品 インスタント 食 品 にしたい 出 来 るだけ すべて 外 食 で 済 ませたい n=2546) 男 性 n=1278) 女 性 n=1268) 代 n=44) 代 n=546) 代 n=575) 代 n=489) 代 n=532) 未 婚 男 性 n=533) 未 婚 女 性 n=468) 既 婚 男 性 n=745) 既 婚 女 性 n=8) 人 ( 一 人 らし) n=424) 複 数 人 n=2122) 時 n=747) 時 n=796) 時 n=391) 時 以 降 n=18) その 他 n=432) その 他 素 材 から 調 理 計 (%) 全 体 と 比 較 し 5% 以 上 のものを -5% 以 下 のものを としてマーク 出 典 :( 一 社 ) 新 日 本 スーパーマーケット 協 会 消 費 者 調 査

192 1925 193 1935 194 1945 195 1955 196 1965 197 1975 198 1985 199 1995 2 25 21 215 22 225 23 235 24 245 25 255 26 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 1 人

192 1925 193 1935 194 1945 195 1955 196 1965 197 1975 198 1985 199 1995 2 25 21 215 22 225 23 235 24 245 25 255 26 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 1 人 北 海 道 人 口 ビジョン 骨 子 全 体 構 成 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 1 人 口 動 向 分 析 (1) 時 系 列 による 人 口 動 向 分 析 1 年 齢 3 区 分 別 人 口 の 推 移 と 将 来 推 計 2 自 然 増 減 ( 出 生 死 亡 )の 推 移 (ⅰ) 出 生 数 死 亡 数 の 推 移 (ⅱ) 出 生 数 合 計 特 殊 出 生 率 の 推 移 3 社 会

More information

小山市保育所整備計画

小山市保育所整備計画 第 1 章 計 画 策 定 にあたり 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 (1) 本 格 的 な 少 子 化 時 代 の 到 来 近 年 合 計 特 殊 出 生 率 の 急 速 な 低 下 とともに 総 人 口 が 減 少 傾 向 にあるなど 我 が 国 は 本 格 的 な 少 子 化 時 代 を 迎 えようとしています 少 子 化 の 進 行 は 家 族 生 活 や 地 域 社 会 の 変 容 のほか

More information

1 福 岡 市 の 将 来 人 口 推 計 ( 基 礎 資 料 ) 平 成 24 年 3 月 福 岡 市 総 務 企 画 局 企 画 調 整 部 目 次 1 福 岡 市 の 人 口 動 向 1-1 人 口 及 び 世 帯 の 概 況 1 (1) 総 人 口 男 女 別 人 口 1 (2) 人 口 動 態 2 (3) 区 別 人 口 4 (4) 年 齢 階 層 別 (3 区 分 ) 人 口 5 (5) 昼

More information

Microsoft Word - 006第Ⅰ章第2節.doc

Microsoft Word - 006第Ⅰ章第2節.doc 分 譲 マンション 市 場 の 動 向 地 価 の 下 げ 止 まり 等 によるマンション 販 売 価 格 上 昇 や 量 的 緩 和 政 策 及 びゼロ 金 利 政 策 解 除 による 金 利 上 昇 など 分 譲 マンション 市 場 を 取 り 巻 く 外 部 環 境 は 変 化 が 生 じてき ている 分 譲 マンション 市 場 をめぐる 最 近 の 動 向 と 今 後 の 先 行 きについて

More information

<31352095DB8CAF97BF97A6955C2E786C73>

<31352095DB8CAF97BF97A6955C2E786C73> 標 準 報 酬 月 額 等 級 表 ( 厚 生 年 金 ) 標 準 報 酬 報 酬 月 額 厚 生 年 金 保 険 料 厚 生 年 金 保 険 料 率 14.642% ( 平 成 18 年 9 月 ~ 平 成 19 年 8 月 ) 等 級 月 額 全 額 ( 円 ) 折 半 額 ( 円 ) 円 以 上 円 未 満 1 98,000 ~ 101,000 14,349.16 7,174.58 2 104,000

More information

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章 第 4 章 金 要 件 と 金 額 1 ( 高 齢 になった 場 合 に 受 け 取 れる 金 ) 要 件 1 受 資 格 期 間 保 険 料 納 付 済 期 間 と 保 険 料 免 除 期 間 を 合 わせて25 以 上 あること (ただし 金 額 には 反 映 されないが 受 資 格 期 間 には 算 入 される 合 算 対 象 期 間 があります) 消 費 税 が 引 き 上 げられる 27

More information

第25回税制調査会 総25-1

第25回税制調査会 総25-1 平 27.10.27 総 2 5-1 説 明 資 料 相 続 税 贈 与 税 平 成 27 年 10 月 27 日 ( 火 ) 財 務 省 目 次 1. 資 産 課 税 をめぐる 経 済 社 会 構 造 の 変 化 1 家 計 における 資 産 形 成 の 変 容 4 相 続 の 変 容 13 今 後 の 人 口 動 態 の 見 通 し 27 2. 相 続 税 の 現 状 30 3. 贈 与 税 の

More information

(3) 仕 事 ( 結 果 の 概 要 12~ ページ 参 照 ) 有 業 者 の 仕 事 間 は 男 女 共 に 平 成 13 年 まで 減 少 が 続 き,18 年 で 増 加 したが,23 年 で 再 び 減 少 平 成 23 年 の 有 業 者 の 仕 事 間 は 男 性 が6 間 56,

(3) 仕 事 ( 結 果 の 概 要 12~ ページ 参 照 ) 有 業 者 の 仕 事 間 は 男 女 共 に 平 成 13 年 まで 減 少 が 続 き,18 年 で 増 加 したが,23 年 で 再 び 減 少 平 成 23 年 の 有 業 者 の 仕 事 間 は 男 性 が6 間 56, 平 成 23 年 社 会 生 活 基 本 調 査 生 活 間 に 関 する 結 果 要 約 平 成 24 年 9 月 26 日 社 会 生 活 基 本 調 査 とは 社 会 生 活 基 本 調 査 は, 国 民 の 生 活 間 の 配 及 び 自 由 間 における 主 な 活 動 について 調 査 し, 各 種 行 政 施 策 の 基 礎 資 料 を 得 ることを 目 的 とし, 昭 和 51 年

More information

3 体 制 整 備 等 (1) 全 ての 特 定 事 業 主 が 共 同 して 取 組 むものとする () 総 務 部 人 事 管 理 室 人 事 課 を 計 画 推 進 の 主 管 課 とし 全 ての 市 職 員 により 推 進 する (3) 実 施 状 況 を 把 握 し 計 画 期 間 中 で

3 体 制 整 備 等 (1) 全 ての 特 定 事 業 主 が 共 同 して 取 組 むものとする () 総 務 部 人 事 管 理 室 人 事 課 を 計 画 推 進 の 主 管 課 とし 全 ての 市 職 員 により 推 進 する (3) 実 施 状 況 を 把 握 し 計 画 期 間 中 で 甲 府 市 における 女 性 職 員 の 活 躍 の 推 進 に 関 する 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 8 年 3 月 31 日 策 定 甲 府 市 長 甲 府 市 議 会 議 長 甲 府 市 教 育 委 員 会 甲 府 市 選 挙 管 理 委 員 会 甲 府 市 代 表 監 査 委 員 甲 府 市 農 業 委 員 会 甲 府 市 上 下 水 道 事 業 管 理 者 1 計 画 策

More information

5

5 社 会 保 障 審 議 会 介 護 保 険 部 会 ( 第 55 回 ) 資 料 5 平 成 28 年 2 月 17 日 介 護 保 険 制 度 における 所 得 指 標 の 見 直 しについて 介 護 保 険 制 度 における 所 得 指 標 の 見 直 しについて 現 状 課 題 介 護 保 険 制 度 では 所 得 の 状 況 に 応 じて 保 険 料 や 利 用 者 負 担 額 等 を 負

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087408261955C8E86819596DA8E9F81409299927E2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087408261955C8E86819596DA8E9F81409299927E2E646F63> 資 料 第 1196 号 平 成 21 全 国 消 費 実 態 調 査 調 査 結 果 貯 蓄 負 債 編 広 島 県 統 計 課 目 次 用 語 の 解 説 1 貯 蓄 負 債 の 範 囲 と 内 容 3 結 果 の 概 要 貯 蓄 現 在 高 の 時 系 列 推 移 5 貯 蓄 現 在 高 の 種 類 別 保 有 率 の 推 移 7 負 債 現 在 高 の 時 系 列 推 移 1 住 宅 土 地

More information

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について 改 正 後 一 時 預 かり 事 業 実 施 要 綱 新 旧 対 照 表 改 正 前 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 一 次 改 正 28 文 科 初 第 519 号 雇 児 発 0705 第 1 号 平 成 2 8 年

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

<4D F736F F D F8D828D5A939982CC8EF68BC697BF96B38F9E89BB82CC8A6791E52E646F63>

<4D F736F F D F8D828D5A939982CC8EF68BC697BF96B38F9E89BB82CC8A6791E52E646F63> 平 成 22 年 11 月 9 日 高 校 等 の 授 業 料 無 償 化 の 拡 大 検 討 案 以 下 は 大 阪 府 の 検 討 案 の 概 要 であり 最 終 的 には 平 成 23 年 2 月 議 会 での 予 算 の 議 決 を 経 て 方 針 を 確 定 する 予 定 です Ⅰ. 検 討 案 の 骨 子 平 成 23 年 度 から 大 阪 の 子 どもたちが 中 学 校 卒 業 時 の

More information

官報掲載【セット版】

官報掲載【セット版】 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 厚 生 労 働 省 告 示 第 二 百 八 十 四 号 ( ) 平 成 十 一 年 法 律 第 十 八 号 る 事 業 分 野 別 指 針 を 次 の よ う に 策 定 し た の で 第 十 二 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づ き 同 条 第 五 項 の 規 定 に 基 づ き 告 示 す る 介 護 分 野 に 係 厚 生 労 働 大 臣 塩 崎

More information

Ⅰ 平成14年度の状況

Ⅰ 平成14年度の状況 平 成 22 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 22 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 数 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平 成 22 の 保 険

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

経 常 収 支 差 引 額 等 の 状 況 平 成 26 年 度 予 算 早 期 集 計 平 成 25 年 度 予 算 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 3,689 億 円 4,597 億 円 908 億 円 減 少 赤 字 組 合 数 1,114 組 合 1,180 組 合 66

経 常 収 支 差 引 額 等 の 状 況 平 成 26 年 度 予 算 早 期 集 計 平 成 25 年 度 予 算 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 3,689 億 円 4,597 億 円 908 億 円 減 少 赤 字 組 合 数 1,114 組 合 1,180 組 合 66 平 成 26 年 度 健 保 組 合 予 算 早 期 集 計 結 果 の 概 要 平 成 26 年 4 月 18 日 健 康 保 険 組 合 連 合 会 問 い 合 わせ 先 : 健 保 連 企 画 部 調 査 分 析 グループ :03-3403-0926 本 概 要 は 平 成 26 年 度 における 健 保 組 合 の 財 政 状 況 等 を 早 期 に 把 握 するため 26 年 度 予 算

More information

Ⅰ 平成14年度の状況

Ⅰ 平成14年度の状況 資 料 3-2 平 成 23 度 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 23 度 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 数 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平

More information

Microsoft PowerPoint - 390

Microsoft PowerPoint - 390 MR 研 修 として MPIが 要 約 医 MPI 政 情 報 http://www.nichiiko.co.jp/stu-ge/ 都 道 府 県 別 の 医 療 需 要 予 測 分 析 - 将 来 の 地 域 医 療 における 保 険 者 と 企 業 のあり に 関 する 研 究 会 報 告 書 より- (2015 年 3 18 経 済 産 業 省 HPで 公 表 ) 株 式 会 社 医 医 業

More information

タイトル

タイトル Economic Trends マクロ 経 済 分 析 レポート テーマ:エンゲル 係 数 から 見 た 食 品 値 上 げの 影 響 発 表 日 :7 年 月 6 日 ( 火 ) ~ 家 計 負 担 増 +6,79 円 / 年 や 輸 入 増 を 通 じて 名 目 GDP 9,55 億 円 押 下 げ~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 担 当 永 濱 利 廣 (3-5-453)

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 清 瀬 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) 25 年 度 千 74,247 27,195,534 A 768,602 千 4,616,550 B 千 17.0 B/A 昨 年 度 の 件 費 率 17.3

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

3 節 農 業 経 営 体 と 農 業 就 業 者 の 動 向 農 業 就 業 人 口 の 平 均 年 齢 は 多 くの 地 域 において 65 歳 を 超 えていますが 都 道 府 県 別 にみると その 様 相 は 異 なります 広 島 県 (70.4 歳 ) 山 口 県 (70.3 歳 ) 島

3 節 農 業 経 営 体 と 農 業 就 業 者 の 動 向 農 業 就 業 人 口 の 平 均 年 齢 は 多 くの 地 域 において 65 歳 を 超 えていますが 都 道 府 県 別 にみると その 様 相 は 異 なります 広 島 県 (70.4 歳 ) 山 口 県 (70.3 歳 ) 島 () 農 業 就 業 者 の 動 向 ( 農 業 就 業 人 口 は 引 き 続 き 減 少 高 齢 化 ) 農 業 就 業 人 口 は 平 成 (010) 年 には 61 万 人 となり 平 成 1(000) 年 と 比 べ 33% 平 成 17(005) 年 と 比 べ % 減 少 しています 1 この 減 少 の 要 因 は 高 齢 化 による 離 農 のほか 小 規 模 農 家 の 農 業

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

別紙3

別紙3 別 紙 3 1 総 括 平 成 26 年 度 栃 木 市 の 給 与 定 員 管 理 等 に つ い て (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 1 月 1 日 ) A B B / A 24 年 度 の 件 費 率 % % 25 年 度 146,544 56,331,297

More information

Microsoft Word - 国民年金の加入納付状況H25

Microsoft Word - 国民年金の加入納付状況H25 平 成 25 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 25 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平 成 25 の 保 険 料

More information

も く じ 1 税 源 移 譲 1 2 何 が 変 わったのか 改 正 の 3 つ の ポイント ポイント1 国 から 地 方 へ 3 兆 円 規 模 の 税 源 が 移 譲 される 2 ポイント2 個 人 住 民 税 の 税 率 構 造 が 一 律 10%に 変 わる 3 ポイント3 個 々の 納

も く じ 1 税 源 移 譲 1 2 何 が 変 わったのか 改 正 の 3 つ の ポイント ポイント1 国 から 地 方 へ 3 兆 円 規 模 の 税 源 が 移 譲 される 2 ポイント2 個 人 住 民 税 の 税 率 構 造 が 一 律 10%に 変 わる 3 ポイント3 個 々の 納 住 民 税 が 変 わす 税 源 移 譲 青 森 県 も く じ 1 税 源 移 譲 1 2 何 が 変 わったのか 改 正 の 3 つ の ポイント ポイント1 国 から 地 方 へ 3 兆 円 規 模 の 税 源 が 移 譲 される 2 ポイント2 個 人 住 民 税 の 税 率 構 造 が 一 律 10%に 変 わる 3 ポイント3 個 々の 納 税 者 の 負 担 が 増 えないようにする

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

平成29年2月期 第2四半期決算短信

平成29年2月期 第2四半期決算短信 平 成 29 年 2 月 期 第 2 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 9 月 30 日 上 場 会 社 名 株 式 会 社 メディカル 一 光 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 3353 URL http://www.m-ikkou.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 南 野 利 久 問 合

More information

添 付 資 料 の 目 次 1. 当 四 半 期 決 算 に 関 する 定 性 的 情 報 2 (1) 経 営 成 績 に 関 する 説 明 2 (2) 財 政 状 態 に 関 する 説 明 2 (3) 連 結 業 績 予 想 などの 将 来 予 測 情 報 に 関 する 説 明 2 2.サマリー 情 報 ( 注 記 事 項 )に 関 する 事 項 3 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間

More information

39_1

39_1 三 井 住 友 信 託 銀 行 調 査 月 報 215 年 7 月 号 高 齢 化 財 政 悪 化 が 変 える 個 人 消 費 構 造 < 要 旨 > 日 本 では 年 金 受 給 者 数 が 給 与 所 得 者 数 の 約 7 割 に 達 し 高 齢 者 が 消 費 全 体 に 与 え る 影 響 は 年 々 増 してきている 214 年 は 給 与 所 得 環 境 が 改 善 したにもかかわらず

More information

(Microsoft Word - \213\213\227^\201E\222\350\210\365\212\307\227\235\214\366\225\\\201iH27.03.01\)\201iHP\227p\201j.doc)

(Microsoft Word - \213\213\227^\201E\222\350\210\365\212\307\227\235\214\366\225\\\201iH27.03.01\)\201iHP\227p\201j.doc) 津 島 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 市 職 員 の 給 与 は 地 方 自 治 法 地 方 公 務 員 法 等 の 定 めに 基 づき 市 の 条 例 規 則 により 定 められてい ます 今 回 はその 状 況 を 公 表 します 平 成 26 年 4 月 1 日 の 数 値 は 平 成 26 年 の 地 方 公 務 員 給 与 実 態 調 査 地 方 公 共 団 体 定 員 管

More information

添 付 資 料 の 目 次 1. 当 四 半 期 決 算 に 関 する 定 性 的 情 報 2 (1) 経 営 成 績 に 関 する 説 明 2 (2) 財 政 状 態 に 関 する 説 明 2 (3) 連 結 業 績 予 想 などの 将 来 予 測 情 報 に 関 する 説 明 2 2.サマリー 情 報 ( 注 記 事 項 )に 関 する 事 項 3 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間

More information

厚 生 年 金 は 退 職 後 の 所 得 保 障 を 行 う 制 度 であり 制 度 発 足 時 は 在 職 中 は 年 金 を 支 給 しないこととされていた しかしながら 高 齢 者 は 低 賃 金 の 場 合 が 多 いと いう 実 態 に 鑑 み 在 職 者 にも 支 給 される 特 別

厚 生 年 金 は 退 職 後 の 所 得 保 障 を 行 う 制 度 であり 制 度 発 足 時 は 在 職 中 は 年 金 を 支 給 しないこととされていた しかしながら 高 齢 者 は 低 賃 金 の 場 合 が 多 いと いう 実 態 に 鑑 み 在 職 者 にも 支 給 される 特 別 第 9 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 部 会 平 成 2 0 年 6 月 1 9 日 資 料 1-8 高 齢 者 雇 用 と 整 合 的 な 仕 組 み( 在 職 老 齢 年 金 等 )について 現 行 制 度 の 仕 組 み 趣 旨 在 職 老 齢 年 金 制 度 厚 生 年 金 の 適 用 事 業 所 に 勤 務 する70 歳 未 満 の 者 は 被 保 険 者 として 適 用 され

More information

2020年の住宅市場 ~人口・世帯数減少のインパクト~

2020年の住宅市場 ~人口・世帯数減少のインパクト~ 第 157 回 NRIメディアフォーラム 22 年 の 住 宅 市 場 ~ 人 口 世 帯 数 減 少 のインパクト ~ 211 年 8 月 3 日 株 式 会 社 野 村 総 合 研 究 所 インフラ 産 業 コンサルティング 部 上 級 コンサルタント 榊 原 渉 副 主 任 コンサルタント 小 口 敦 司 副 主 任 コンサルタント 平 野 裕 基 コンサルタント 秋 山 優 子 1-5 東

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 ページ 変 更 後 変 更 前 表 紙 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 平 成 27 年 3 月 変 更 安 中 市 6 2. 計 画 策 定 の 方 針 (3) 計

新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 ページ 変 更 後 変 更 前 表 紙 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 平 成 27 年 3 月 変 更 安 中 市 6 2. 計 画 策 定 の 方 針 (3) 計 新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 安 中 市 新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 ページ 変 更 後 変 更 前 表 紙 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 平 成 27 年 3 月 変 更 安 中 市 6 2. 計 画 策 定 の 方 針 (3) 計 画 の 期 間 本 計

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 161,7 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 161,7 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A B B/A 21 年 度 の 件 費 率 22 年 度 158,172 44,66,25 1,13,136 7,281,69 16.3 16.7 (2) 職 員 給 与

More information

波佐見町の給与・定員管理等について

波佐見町の給与・定員管理等について 波 佐 見 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) (24 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 の 人 件 費 24 年 度 15,253 人 5,698,68 113,830 46,156 13.1 %

More information

総論

総論 就 職 氷 河 期 世 代 の 老 後 に 関 するシミュレーション 総 合 研 究 開 発 機 構 リサーチフェロー 辻 明 子 就 職 氷 河 期 と 呼 ばれる 期 に 初 職 の 就 職 活 動 を 行 った 人 々たちの き 方 に 関 する 変 化 の 特 徴 として 非 規 雇 用 と 家 事 も 通 学 も 行 っていない 無 業 の 割 合 の 増 加 がある こうした 非 規 雇

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

(2) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 17 年 4 月 1 日 現 在 ) 初 任 給 2 年 後 の 給 料 初 任 給 2 年 後 の 給 料 一 般 行 政 職 技 能 労 務 職 大 学 卒 171,1 151,5 19,2 164,7 17,7 184,4 中 学 卒 1

(2) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 17 年 4 月 1 日 現 在 ) 初 任 給 2 年 後 の 給 料 初 任 給 2 年 後 の 給 料 一 般 行 政 職 技 能 労 務 職 大 学 卒 171,1 151,5 19,2 164,7 17,7 184,4 中 学 卒 1 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 (16 年 度 末 ) A 千 16 年 度 実 質 収 支 千 件 費 B 千 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 15 年 度 の 件 費 率 (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 予 算 ) 職 員 数 給 与 費 A

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

市 の 人 口 密 度 は 5,000 人 を 超 え 図 4 人 口 密 度 ( 単 位 : 人 /k m2) に 次 いで 高 くなっている 0 5,000 10,000 15,000 首 都 圏 に 立 地 する 政 令 指 定 都 市 では 都 内 に 通 勤 通 学 する 人 口 が 多

市 の 人 口 密 度 は 5,000 人 を 超 え 図 4 人 口 密 度 ( 単 位 : 人 /k m2) に 次 いで 高 くなっている 0 5,000 10,000 15,000 首 都 圏 に 立 地 する 政 令 指 定 都 市 では 都 内 に 通 勤 通 学 する 人 口 が 多 政 令 指 定 都 市 市 の 特 徴 ~ 他 都 市 等 との 比 較 と 政 策 の 方 向 性 市 が 政 令 指 定 都 市 となって 4 年 経 過 した 2007( 平 成 19) 年 4 月 に 市 と 市 が 加 わり 政 令 指 定 都 市 は 全 国 で 17 市 となった そこで 改 めて 他 の 政 令 指 定 都 市 と 比 較 分 析 を 実 施 した 図 1 政 令 指

More information

スライド 1

スライド 1 本 資 料 は 学 会 代 議 員 との 意 見 交 換 を 踏 まえて 多 数 意 見 をまとめたものです しかし 学 術 団 体 として 多 様 な 意 見 があります これを 契 機 に 議 論 が 活 性 化 することを 期 待 します マンション 建 替 えに 関 する 意 見 ( 第 2 版 ) 当 日 の 口 頭 説 明 を 一 部 加 筆 千 葉 大 学 小 林 秀 樹 < 一 般

More information

Microsoft Word - 2章.doc

Microsoft Word - 2章.doc 第 2 章 1. 人 口 の 構 成 と 動 態 (1) 人 口 総 数 と 年 齢 構 成 住 民 基 本 台 帳 人 口 及 び 外 国 人 登 録 人 口 による 平 成 21 年 (29 年 )9 月 末 現 在 の 本 市 の 人 口 総 数 は358,756 人 で 前 計 画 が 策 定 された 平 成 16 年 (24 年 )と 比 べる と 約 2,8 人 の 増 加 となっています

More information

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 静 岡 県 国 類 似 団 体 2 技 能 労 務 職 区 41.8 歳 42.6 歳 43.5

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 静 岡 県 国 類 似 団 体 2 技 能 労 務 職 区 41.8 歳 42.6 歳 43.5 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 一 般 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 )24 年 度 の (26 年 1 月 1 日 ) A B B/A 件 費 率 25 年 度 千 円 千 円 千 円 % % 61,419 20,666,887 1,276,279 4,024,627

More information

(Microsoft Word - \220\305\220\247\211\374\220\263.doc)

(Microsoft Word - \220\305\220\247\211\374\220\263.doc) 国 から 地 方 への 税 源 移 譲 による 税 率 構 造 の 改 正 平 成 18 年 度 税 制 改 正 で 所 得 税 から 個 人 住 民 税 への3 兆 円 規 模 の 本 格 的 な 税 源 移 譲 が 実 施 されます この 税 源 移 譲 にあたっては 所 得 税 及 び 個 人 住 民 税 の 役 割 分 担 を 明 確 化 する とともに 全 ての 納 税 者 の 負 担 が

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4 鉾 田 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 )23 年 実 質 収 支 (24 年 度 末 ) A B B/A 度 の 人 件 費 率 人 千 千 千 % 24 年 度 51,778 20,041,814 1,173,725

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

減 少 率 ) と 平 均 余 命 の 伸 びを 勘 案 した 一 定 率 (0.3%) の 合 計 である スライド 調 整 率 を 差 し 引 いて 年 金 額 の 改 定 が 行 われる( 図 表 ) ただし マクロ 経 済 スライドが 完 全 に 実 施 されるのは 賃 金 や 物 価 があ

減 少 率 ) と 平 均 余 命 の 伸 びを 勘 案 した 一 定 率 (0.3%) の 合 計 である スライド 調 整 率 を 差 し 引 いて 年 金 額 の 改 定 が 行 われる( 図 表 ) ただし マクロ 経 済 スライドが 完 全 に 実 施 されるのは 賃 金 や 物 価 があ みずほインサイト 政 策 05 年 3 月 5 日 マクロ 経 済 スライド 初 めて 実 施 へ 05 年 度 の 年 金 額 は 0.9% 引 き 上 げ 政 策 調 査 部 上 席 主 任 研 究 員 堀 江 奈 保 子 03-359-308 naoko.horie@mizuho-ri.co.jp 05 年 度 の 年 金 改 定 率 は 現 役 人 口 の 減 少 や 平 均 余 命 の 伸

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20328FCD5F8F5A82DC82A282DC82BF82C382AD82E882CC89DB91E8>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20328FCD5F8F5A82DC82A282DC82BF82C382AD82E882CC89DB91E8> 第 2 章 住 まい まちづくりの 課 題 これまで 整 理 した 能 代 市 の 住 宅 住 環 境 の 現 況 及 び 住 民 意 向 調 査 結 果 上 位 関 連 計 画 等 を 考 慮 すると 1. 高 齢 化 の 進 展 2. 社 会 ニーズの 多 様 化 3. 住 宅 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 4. 能 代 市 独 自 の 地 域 性 5. 市 営 住 宅 ストックの 質

More information

Ⅱ 1. 人 口 構 造 及 び 世 帯 と 年 金 (1) 人 口 構 造 わが 国 は 諸 外 国 にも 例 をみないスピードで 高 齢 化 が 進 行 している そこで 年 金 保 険 の 事 業 状 況 に ついて 説 明 するに 先 立 ち 人 口 構 造 の 現 状 及 び 今 後 の 見 通 しについて 触 れる 日 本 人 の 平 成 24 年 の 平 均 寿 命 ( 厚 生 労 働 省

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 類 団 府 分 似 体 平 均 年 齢

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 類 団 府 分 似 体 平 均 年 齢 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 4 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 5 年 3 月 31 日 ) 1, 歳 出 額 5,95,3 A の 給 与 定 員 管 理 等 について 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) B B/A 3 年 度 の 件 費 率 1,4 1,3,9.9 7. () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通

More information

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 余 市 町 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 1 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 保 育 料 等 の 減 免 をする 場 合 に 余 市 町 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 の 交 付 について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 この 要 綱 でいう ひとり 親 世 帯 等 とは 保 護 者 又

More information

<4D F736F F F696E74202D E38BA A A8D9195DB91678D8795E28F958CA992BC82B DC58F4994C52E >

<4D F736F F F696E74202D E38BA A A8D9195DB91678D8795E28F958CA992BC82B DC58F4994C52E > 23.9.28 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 説 明 資 料 国 民 健 康 保 険 組 合 に 対 する 補 助 の 見 直 しについて 平 成 23 年 9 月 28 日 厚 生 労 働 省 保 険 局 国 民 健 康 保 険 課 1 国 民 健 康 保 険 組 合 の 概 要 同 種 の 事 業 又 は 業 務 に 従 事 する 従 業 員 等 を 組 合 員 として 組 織 された

More information

申 請 免 除 申 請 免 除 ( 学 生 以 外 ) 学 生 納 付 特 例 制 度 若 年 者 納 付 猶 予 制 度 法 定 免 除 世 帯 構 成 図 表 1 国 民 年 金 保 険 料 の 免 除 の 種 類 と 所 得 基 準 本 人 世 帯 主 配 偶 者 の 所 得 に 応 じて 免

申 請 免 除 申 請 免 除 ( 学 生 以 外 ) 学 生 納 付 特 例 制 度 若 年 者 納 付 猶 予 制 度 法 定 免 除 世 帯 構 成 図 表 1 国 民 年 金 保 険 料 の 免 除 の 種 類 と 所 得 基 準 本 人 世 帯 主 配 偶 者 の 所 得 に 応 じて 免 みずほインサイト 政 策 2014 年 3 月 6 日 国 民 年 金 保 険 料 の 免 除 者 が 増 加 懸 念 される 将 来 の 低 年 金 者 の 増 加 政 策 調 査 部 上 席 主 任 研 究 員 堀 江 奈 保 子 03-3591-1308 naoko.horie@mizuho-ri.co.jp 国 民 年 金 保 険 料 の 免 除 者 の 増 加 が 続 いており 2012

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 白 鷹 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について( 平 成 23 年 度 ) 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A H22 年 度 15,653 7,495,399 471,366 1,214,22 16.1 B B/A H21 年 度 の 件

More information

第2分野 男女共同参画の視点に立った社会制度・慣行の見直し、意識の改革

第2分野 男女共同参画の視点に立った社会制度・慣行の見直し、意識の改革 第 2 分 野 男 女 共 同 参 画 の 視 点 に 立 った 社 会 制 度 慣 行 の 見 直 し 意 識 の 改 革 < 基 本 的 考 え 方 > 男 女 共 同 参 画 社 会 の 形 成 のためには 社 会 制 度 慣 行 が 実 質 的 に 男 女 にどのような 影 響 を 及 ぼすのか 常 に 検 討 されなければならない 社 会 制 度 や 慣 行 については それぞれの 目 的

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

スライド 1

スライド 1 2016(H28)10 月 から 厚 生 年 金 加 入 義 務 ( 掛 け 金 を 支 払 う)が 生 じ この ため 厚 生 年 金 44 年 加 入 特 例 年 金 が 支 給 されなくなる ダブルパンチ! 年 間 100 万 円 の 収 入 減 に 妻 も130 万 円 の 壁 が 取 り 払 われる 妻 の 収 入 が106 万 円 を 超 えると 社 会 保 険 料 が 発 生 する (

More information

Taro-H19退職金(修正版).jtd

Taro-H19退職金(修正版).jtd 調 査 結 果 の 概 要 1 退 職 金 制 度 (1) 採 用 状 況 ( 表 1) 集 計 第 1 表 第 2 表 退 職 金 制 度 の 採 用 状 況 をみると 退 職 一 時 金 制 度 のみ 14 社 ( 退 職 金 制 度 採 用 企 業 246 社 の5.7 %) 退 職 年 金 制 度 のみ 27 社 ( 同 11.0%) 退 職 一 時 金 制 度 と 退 職 年 金 制 度

More information

「節電に対する生活者の行動・意識

「節電に対する生活者の行動・意識 節 電 に 対 する 生 活 者 の 行 動 意 識 に 関 する 調 査 -2014 年 調 査 - みずほ 情 報 総 研 株 式 会 社 環 境 エネルギー 第 1 部 2015 年 3 月 9 日 目 次 要 旨 調 査 の 背 景 と 目 的 調 査 方 法 調 査 の 主 な 結 果 調 査 結 果 1. 回 答 者 の 基 本 属 性 2. 電 力 不 足 地 球 温 暖 化 への 意

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 ( 単 位 : ) 6 級 7 級 8 級 135,600 185,800 222,900 2

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 ( 単 位 : ) 6 級 7 級 8 級 135,600 185,800 222,900 2 日 田 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) 年 度 (22 年 度 末 ) A B B/A 21 年 度 の 人 件 費 率 22 71,889 39,061,738 人 % % 1,444,329 6,050,275

More information

130117_『高齢社会をむかえた東京23区の将来 人口と建物の関係から見て

130117_『高齢社会をむかえた東京23区の将来 人口と建物の関係から見て 第 60 回 (n300)nsri 都 市 環 境 フォーラム 2013.1.17 超 高 齢 社 会 をむかえた 東 京 23 区 の 将 来 人 口 と 建 物 の 関 係 から 見 て 早 稲 田 大 学 特 命 教 授 伊 藤 滋 1 総 人 口 の 推 移 予 測 東 京 23 区 の 人 口 東 京 23 区 の 総 人 口 は 2010 年 の907 万 人 から 2030 年 には985

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 白 岡 町 ( 市 )の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 (2 3 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 % 50,5 5 3 11, 6 78, 9 49 4 5 6, 9 48 2,760, 245 2 3. 6 ( 参 考 ) 22

More information

資料2 年金制度等について(山下委員提出資料)

資料2 年金制度等について(山下委員提出資料) 資 料 2 年 金 制 度 等 について 平 成 27 年 3 月 9 日 山 下 馨 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 理 事 公 的 年 金 制 度 の 仕 組 み 公 的 年 金 制 度 は 加 齢 などによる 稼 得 能 力 の 減 退 喪 失 に 備 えるための 社 会 保 険 ( 防 貧 機 能 ) 現 役 世 代 は 全 て 国 民 年 金 の 被 保 険 者 となり

More information

住宅購入に関する消費者意識調査

住宅購入に関する消費者意識調査 報 道 関 係 者 各 位 2013 年 12 月 10 日 住 信 SBI ネット 銀 行 株 式 会 社 住 宅 購 入 に 関 する 消 費 者 意 識 調 査 来 年 の 金 利 やマンション 価 格 は? 住 宅 ローン 金 利 は 上 昇 が 約 7 割 買 い 時 は 増 税 前 (2014 年 3 月 まで) が 最 多 ~ 来 年 の 経 済 環 境 物 価 上 昇 は 約 9 割

More information

別 表 1 土 地 建 物 提 案 型 の 供 給 計 画 に 関 する 評 価 項 目 と 評 価 点 数 表 項 目 区 分 評 価 内 容 と 点 数 一 般 評 価 項 目 100 1 立 地 条 件 (1) 交 通 利 便 性 ( 徒 歩 =80m/1 分 ) 25 (2) 生 活 利 便

別 表 1 土 地 建 物 提 案 型 の 供 給 計 画 に 関 する 評 価 項 目 と 評 価 点 数 表 項 目 区 分 評 価 内 容 と 点 数 一 般 評 価 項 目 100 1 立 地 条 件 (1) 交 通 利 便 性 ( 徒 歩 =80m/1 分 ) 25 (2) 生 活 利 便 石 巻 市 公 募 型 買 取 市 営 住 宅 の 供 給 計 画 に 関 する 選 定 基 準 制 定 平 成 24 年 10 月 10 日 改 正 平 成 25 年 5 月 1 日 改 正 平 成 26 年 7 月 8 日 改 正 平 成 27 年 12 月 4 日 改 正 平 成 28 年 6 月 27 日 第 1 目 的 この 基 準 は 石 巻 市 公 募 型 買 取 市 営 住 宅 制

More information

Q2.ネット 通 販 を 利 用 したことが 無 い 主 な 要 因 は 利 用 に 対 する 不 安 や 必 要 性 のなさ ( 複 数 回 答 ) Q.1で インターネット 通 販 を 利 用 したことがない と 回 答 した 方 に 理 由 を 尋 ねたところ 男 女 とも 半 数 近 くが

Q2.ネット 通 販 を 利 用 したことが 無 い 主 な 要 因 は 利 用 に 対 する 不 安 や 必 要 性 のなさ ( 複 数 回 答 ) Q.1で インターネット 通 販 を 利 用 したことがない と 回 答 した 方 に 理 由 を 尋 ねたところ 男 女 とも 半 数 近 くが インターネット 通 販 の 利 用 に 関 するアンケート 調 査 結 果 報 告 書 1. 調 査 期 間 10 月 5 日 ( 月 )~10 月 26 日 ( 月 ) 2. 調 査 対 象 福 井 商 工 会 議 所 の 会 員 事 業 所 に 勤 務 する 従 業 員 600 名 3. 回 答 数 587 件 ( 回 収 率 97.8) ( 内 訳 )20 代 119 名 < 男 性 62 名

More information

Microsoft Word - H27報告書

Microsoft Word - H27報告書 熱 中 症 患 者 速 報 平 成 27 年 度 報 告 書 平 成 28 年 2 月 国 立 環 境 研 究 所 はじめに 国 立 環 境 研 究 所 では 平 成 27 年 5 月 1 日 より 9 月 日 ( 札 幌 沖 縄 県 については 6 月 1 日 より 9 月 日 )の 間 札 幌 消 防 局 仙 台 消 防 局 さいたま 消 防 局 千 葉 消 防 局 東 京 消 防 庁 横 浜

More information

個人住民税徴収対策会議

個人住民税徴収対策会議 個 人 住 民 税 徴 収 対 策 会 議 平 成 26 年 8 月 7 日 税 収 に 占 める 個 人 住 民 税 の 割 合 個 人 住 民 税 は 県 市 町 村 いずれも 税 収 の 約 3 割 を 占 めており 重 要 な 財 源 となっている 岡 山 県 現 年 繰 越 合 計 市 町 村 その 他 18.5% 自 動 車 税 13.1% 個 人 県 民 税 29.6% その 他 15.0%

More information

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A>

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A> 平 成 25 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 事 項 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) 平 成 25 年 5 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 平 成 25 年 度 住 宅 関 連 税 制 の 改 正 概 要 ( 主 要 事 項 目 次 ) 1. 消 費 税 率 引 上 げを 踏 まえた 住 宅 取 得 対 策 P2 1 住 宅 ローン 減 税 P2 2 投 資 型 減 税 ( 現 金

More information

資料1:勧告の仕組みとポイント26.10.17改【完成】

資料1:勧告の仕組みとポイント26.10.17改【完成】 給与勧告の仕組みと報告のポイント 平成 26 年 10 月 静岡県人事委員会 目 次 1 給 与 勧 告 の 仕 組 み ページ 1 給 与 勧 告 の 対 象 職 員 1 2 給 与 勧 告 の 手 順 2 3 民 間 給 与 との 比 較 方 法 (ラスパイレス 比 較 ) 3 4 民 間 給 与 と 職 員 給 与 との 比 較 4 2 本 年 の 給 与 改 定 1 本 年 の 給 与 改

More information

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477>

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477> Ⅳ 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しについて 見 直 しの 背 景 と 基 本 的 考 え 方 総 務 省 では 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 今 後 のあり 方 等 について 検 討 を 行 うため 平 成 年 6 月 8 日 から 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 等 研 究 会 を 開 催 し その 研 究 会 で 報 告 書 が 取 り まとめられました

More information

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている.

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている. 別 紙 高 山 村 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 月 日 ) A B B/A 24 年 度 の 件 費 率 年 度 千 千 千 2,9 2,64,628 6,8 467,928 8. 2.4 (2) 職 員 給 与 費

More information

■認知症高齢者の状況

■認知症高齢者の状況 族 介 護 者 状 況 について 参 考 資 料 4 厚 生 労 働 省 が 実 施 した 平 成 22 年 国 民 生 活 基 礎 調 査 からわかる 全 国 的 な 族 介 護 者 状 況 は 以 下 通 りです < 全 国 的 に 要 介 護 者 約 5 割 が 高 齢 者 世 帯 老 老 介 護 も 年 々 増 加 > 介 護 者 いる 世 帯 約 5 割 が 高 齢 者 世 帯 となっており,

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63> 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 < 概 要 版 > 平 成 22 年 3 月 北 海 道 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 の 背 景 国 では 公 的 直 接 供 給 やフローを 重 視 する 住 宅 建 設 計 画 法 を 廃 止 し 平 成 18 年 6 月 に 新 たな 時 代 の

More information

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A>

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A> 恵 庭 市 教 員 住 宅 のあり 方 基 本 方 針 平 成 25 年 2 月 恵 庭 市 教 育 委 員 会 目 次 1. 教 員 住 宅 の 現 状 (1) 教 員 住 宅 の 役 割 1 (2) 教 員 住 宅 の 実 態 1 (3) 環 境 の 変 化 1 (4) 教 員 の 住 宅 事 情 1 2 2. 基 本 方 針 の 目 的 2 3.あり 方 検 討 会 議 の 答 申 内 容

More information

ニュースリリース

ニュースリリース ニュースリリース 平 成 2 4 年 11 月 28 日 株 式 会 社 日 本 政 策 金 融 公 庫 教 育 費 負 担 の 実 態 調 査 結 果 ( 国 の 教 育 ローン 利 用 勤 務 者 世 帯 ) ( 平 成 24 年 度 ) 世 帯 年 収 減 少 により 一 段 と 重 くなる 教 育 費 負 担 ~ 年 収 に 占 める 教 育 費 の 負 担 割 合 が 39と 過 去 1

More information

技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 与 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 (A) ( 国 ベース) 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 東 庄 町 51.3 歳 18 77

技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 与 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 (A) ( 国 ベース) 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 東 庄 町 51.3 歳 18 77 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 東 庄 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) 分 ( 年 度 末 ) A B B/A 1 年 度 の 件 費 率 千 千 千 年 度 15,408 5,093,505 1,033,984 517,441 0.3 0.8 ()

More information

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職 公 益 社 団 法 人 全 国 市 有 物 件 災 害 共 済 会 職 員 の 育 児 休 業 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 平 成 24 年 10 月 15 日 制 定 平 成 25 年 10 月 21 日 一 部 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 目 的 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という

More information

12 大 都 市 の 人 口 と 従 業 者 数 12 大 都 市 は 全 国 の 人 口 の 約 2 割 従 業 者 数 の 約 3 割 を 占 める 12 大 都 市 の 事 業 所 数 従 業 者 数 及 び 人 口 は 表 1 のとおりです これらの 12 大 都 市 を 合 わせると 全

12 大 都 市 の 人 口 と 従 業 者 数 12 大 都 市 は 全 国 の 人 口 の 約 2 割 従 業 者 数 の 約 3 割 を 占 める 12 大 都 市 の 事 業 所 数 従 業 者 数 及 び 人 口 は 表 1 のとおりです これらの 12 大 都 市 を 合 わせると 全 はははは 平 成 25 年 12 月 3 日 平 成 26 年 2 月 26 日 改 訂 統 計 トピックスNo.75 経 済 センサスでみる12 大 都 市 の 産 業 特 性 と 主 要 産 業 - 平 成 24 年 経 済 センサス 活 動 調 査 の 分 析 事 例 2 地 域 分 析 - 経 済 センサスは 我 が 国 の 事 業 所 及 び 企 業 の 経 済 活 動 の 状 態 を 全

More information

3 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( ベース) 43.7 歳 32,743 353,826 341,321

3 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( ベース) 43.7 歳 32,743 353,826 341,321 平 成 24 年 度 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 千 千 千 23 年 度 16,465 1,969,859 183,816 2,34,765 21.3

More information

検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 簡 易 収 支 の 世 帯 からサンプリング 世 帯 名 作 成 事 務 の 廃 止 4 5 必 要 な 世 帯 数 の 確 保 が 可 能 か 簡 易 収 支 を 実 施 している 民 間 事 業 者 との 連 絡 等 に 伴 う 事 務 の 複 雑

検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 簡 易 収 支 の 世 帯 からサンプリング 世 帯 名 作 成 事 務 の 廃 止 4 5 必 要 な 世 帯 数 の 確 保 が 可 能 か 簡 易 収 支 を 実 施 している 民 間 事 業 者 との 連 絡 等 に 伴 う 事 務 の 複 雑 等 の 当 初 見 直 し 案 の 検 討 状 況 について 資 料 1-1 項 目 名 検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 都 道 府 県 担 当 者 との 意 見 交 換 では 結 果 精 度 の 低 下 に 伴 い 結 果 が 活 用 されなくなった 場 合 の 員 のモチベーション 低 下 の 可 能 性 や 員 の 配 置 換 え 等 についての 考 慮 が 必 要 との 意

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 総 合 的

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 総 合 的 矢 掛 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) A B B/A 24 年 度 の 件 費 率 25 年 度 5,055 千 7,78,45 千 48,9 千 877,259.3 2.8 (2) 職 員 給

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 福 岡 県 技 能 労 務 職 歳 1,19,98 9,9 歳 8,

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 福 岡 県 技 能 労 務 職 歳 1,19,98 9,9 歳 8, 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 年 度 の 件 費 率 年 度,,1,9 1, 9,9 1.1 1. 件 費 には 村 長 副 村 長 教 育 長 の 給 与 議 会 議 員 各 種 委 員

More information

3 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 及 び の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 ( ベース) 43.9 341,9 47,78 369,884 崎 県 43.8 338,952 418,394 373,444 42.8 3

3 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 及 び の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 ( ベース) 43.9 341,9 47,78 369,884 崎 県 43.8 338,952 418,394 373,444 42.8 3 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 23 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 (23 年 度 末 ) 92,537 出 額 35,97,24 A 千 実 質 収 支 91,482 千 件 費 5,31,18 B 千 件 費 率 14.8 B/A ( 参 考 ) 22 年 度 の 件 費 率 13.5 (2) 職 員 給 与 費

More information

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc 佐 野 市 生 活 排 水 処 理 構 想 ( 案 ) 平 成 27 年 12 月 佐 野 市 目 次 1. 生 活 排 水 処 理 構 想 について 1.1 生 活 排 水 処 理 構 想 とは P.1 1.2 生 活 排 水 処 理 施 設 の 種 類 P.1 2. 佐 野 市 の 現 状 と 課 題 2.1 整 備 状 況 P.2 2.2 主 な 汚 水 処 理 施 設 P.2 2.3 生 活

More information

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73>

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73> 富 田 林 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 平 成 4 年 度 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) ( 注 )1 職 員 手 当 には

More information

2 特 別 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 の 支 給 割 公 務 員 の 支 給 格 差 勧 告 年 間 支 給 数 合 A 数 B A-B ( 改 定 数 ) 年 度 ( 注 ) 民 間 の 支 給 割 合 は 民 間 事 業 所 で 支 払 われた 賞 与 等 の 特 別

2 特 別 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 の 支 給 割 公 務 員 の 支 給 格 差 勧 告 年 間 支 給 数 合 A 数 B A-B ( 改 定 数 ) 年 度 ( 注 ) 民 間 の 支 給 割 合 は 民 間 事 業 所 で 支 払 われた 賞 与 等 の 特 別 梼 原 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 ( 一 般 会 計 松 診 四 万 診 会 計 ) 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) 区 分 人 口 23 年 度 の ( 年 度 末 ) A B (B/A) 人 件 費 率 H25.3.31 千 千 千 %

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

健 康 医 療 戦 略 に 係 る 農 林 産 省 の 主 な 取 組 みについて 1. 健 康 長 寿 社 会 の 形 成 のための 食 の 研 究 開 発 の 推 進 2. 医 福 食 農 連 携 の 取 組 の 推 進 3 5 2

健 康 医 療 戦 略 に 係 る 農 林 産 省 の 主 な 取 組 みについて 1. 健 康 長 寿 社 会 の 形 成 のための 食 の 研 究 開 発 の 推 進 2. 医 福 食 農 連 携 の 取 組 の 推 進 3 5 2 資 料 10 健 康 医 療 戦 略 に 係 る 農 林 産 省 の 主 な 取 組 みについて 平 成 27 年 6 月 17 日 健 康 医 療 戦 略 に 係 る 農 林 産 省 の 主 な 取 組 みについて 1. 健 康 長 寿 社 会 の 形 成 のための 食 の 研 究 開 発 の 推 進 2. 医 福 食 農 連 携 の 取 組 の 推 進 3 5 2 ( 施 策 名 事 業 名 )

More information

18 国立高等専門学校機構

18 国立高等専門学校機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 当 機 構 役 員 給 与 規 則 で 文 部 科

More information

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73>

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73> 株 式 会 社 国 際 協 力 銀 行 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 国 会 で 認 められた 予 算 に 従 い 国 家 公 務 員 指 定 職 に 準 じた 水 準 としている なお 役 員

More information

●幼児教育振興法案

●幼児教育振興法案 第 一 九 〇 回 衆 第 五 〇 号 幼 児 教 育 振 興 法 案 目 次 前 文 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 八 条 ) 第 二 章 幼 児 教 育 振 興 基 本 方 針 等 ( 第 九 条 第 十 条 ) 第 三 章 基 本 的 施 策 ( 第 十 一 条 - 第 十 七 条 ) 附 則 幼 児 期 において 人 は その 保 護 者 や 周 囲 の 大 人 との 愛 情

More information

5 満 60 歳 以 上 の 祖 父 母 二 親 等 の 直 系 血 族 である 実 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 又 は 養 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 をいう 6 満 22 歳 に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 31 日 までの 間 にある 弟

5 満 60 歳 以 上 の 祖 父 母 二 親 等 の 直 系 血 族 である 実 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 又 は 養 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 をいう 6 満 22 歳 に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 31 日 までの 間 にある 弟 扶 養 親 族 認 定 事 務 の 取 扱 いについて 昭 和 61 年 6 月 30 日 埼 例 規 第 27 号 務 警 察 本 部 長 扶 養 親 族 認 定 事 務 の 取 扱 いについて( 例 規 通 達 ) 扶 養 手 当 の 認 定 等 については 職 員 の 給 与 に 関 する 条 例 ( 昭 和 27 年 埼 玉 県 条 例 第 19 号 以 下 条 例 という ) 扶 養 手

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63> 千 葉 県 用 途 地 域 指 定 基 準 千 葉 県 県 土 整 備 部 都 市 計 画 課 平 成 22 年 4 月 - 目 次 - 1. 用 途 地 域 指 定 の 目 的 1 2. 用 途 地 域 指 定 の 基 本 方 針 1 3. 土 地 利 用 と 用 途 地 域 の 指 定 方 針 2 (1) 住 宅 地 (2) 商 業 地 (3) 工 業 地 (4) 幹 線 道 路 の 沿 道 等

More information