Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1 日 本 の 地 域 別 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 25(2013) 年 3 月 推 計 ) - 平 成 22(2010)~52(2040) 年 - Ⅰ. 推 計 方 法 の 概 要 推 計 期 間 推 計 の 対 象 となる 推 計 方 法 基 準 人 口 将 来 の 生 残 率 将 来 の 純 移 動 率 将 来 の 子 ども 女 性 比 将 来 の 0-4 歳 性 比... 5 Ⅱ. 都 道 府 県 別 にみた 推 計 結 果 の 概 要 都 道 府 県 別 総 人 口 の 推 移 年 齢 (0-14 歳 歳 65 歳 以 上 75 歳 以 上 ) 別 人 口 および 割 合 の 推 移... 8 図 表 Ⅲ. 市 区 町 村 別 にみた 推 計 結 果 の 概 要 市 区 町 村 別 総 人 口 の 推 移 年 齢 (0-14 歳 歳 65 歳 以 上 75 歳 以 上 ) 別 人 口 の 推 移 年 齢 (0-14 歳 歳 65 歳 以 上 75 歳 以 上 ) 別 人 口 割 合 の 推 移 図 表 Ⅳ. 結 果 表 Ⅴ. 地 図 平 成 25 年 3 月 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所

2

3 日 本 の 地 域 別 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 25(2013) 年 3 月 推 計 )について 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 では 新 たな 地 域 別 の 将 来 人 口 推 計 を 行 った この 推 計 は 市 区 町 村 別 に 将 来 人 口 を 推 計 したものである ただし 福 島 県 においては 平 成 23(2011) 年 3 月 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 に 伴 う 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 の 事 故 の 影 響 で 市 町 村 別 の 人 口 の 動 向 および 今 後 の 推 移 を 見 通 すことがきわめて 困 難 な 状 況 にあり 県 全 体 について 将 来 人 口 を 推 計 した 従 来 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 では 全 国 都 道 府 県 別 市 区 町 村 別 の 順 に 将 来 人 口 の 推 計 を 実 施 公 表 してきた しかし 東 日 本 大 震 災 の 影 響 は 広 範 で その 影 響 には 大 きな 地 域 差 があることから 今 回 の 推 計 では 全 国 に 続 いて 市 区 町 村 別 の 推 計 を 行 い その 結 果 を 合 計 して 都 道 府 県 別 の 結 果 を 得 た この 新 しい 推 計 の 結 果 は 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 がすでに 公 表 した 日 本 の 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 24 年 1 月 推 計 ) ( 出 生 中 位 死 亡 中 位 仮 定 )による 男 女 年 齢 別 推 計 人 口 の 値 と 合 致 する 以 下 この 新 しい 推 計 の 概 要 を 報 告 する なお 本 推 計 で 用 いた 国 勢 調 査 人 口 動 態 統 計 の 集 計 結 果 には 統 計 法 第 32 条 第 33 条 に 基 づき 調 査 票 情 報 を 二 次 利 用 したもの が 含 まれている Ⅰ. 推 計 方 法 の 概 要 1. 推 計 期 間 推 計 期 間 は 平 成 22(2010) 年 ~52(2040) 年 まで 5 年 ごとの 30 年 間 とした 2. 推 計 の 対 象 となる 本 推 計 の 対 象 とした は 平 成 25(2013) 年 3 月 1 日 現 在 の 1 県 ( 福 島 県 )および 1,799 市 区 町 村 ( 東 京 23 区 ( 特 別 区 )および 12 政 令 市 の 128 区 と この 他 の 764 市 715 町 169 村 )である 福 島 県 については 上 述 したように 平 成 23(2011) 年 3 月 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 に 伴 う 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 の 事 故 の 影 響 で 市 町 村 別 の 人 口 の 動 向 および 今 後 の 推 移 を 見 通 すことがきわめて 困 難 な 状 況 にあり 県 全 体 について 将 来 人 口 を 推 計 した 12 政 令 市 は 北 海 道 札 幌 市 宮 城 県 仙 台 市 千 葉 県 千 葉 市 神 奈 川 県 横 浜 市 神 奈 川 県 川 崎 市 愛 知 県 名 古 屋 市 京 都 府 京 都 市 大 阪 府 大 阪 市 兵 庫 県 神 戸 市 広 島 県 広 島 市 福 岡 県 北 九 州 市 福 岡 県 福 岡 市 であり これら 政 令 市 については 区 を 単 位 として 将 来 人 口 を 推 計 し 区 別 の 将 来 人 口 の 合 計 を 市 の 将 来 人 口 とした 上 記 以 外 の 政 令 市 については 推 1

4 計 に 必 要 な 区 別 のデータを 時 系 列 で 得 ることが 困 難 であるため 市 を 単 位 として 将 来 人 口 を 推 計 した 3. 推 計 方 法 5 歳 以 上 の 年 齢 階 級 の 推 計 においては コーホート 要 因 法 を 用 いた コーホート 要 因 法 は ある 年 の 男 女 年 齢 別 人 口 を 基 準 として ここに 人 口 動 態 率 や 移 動 率 などの 仮 定 値 を 当 て はめて 将 来 人 口 を 計 算 する 方 法 であり 5 歳 以 上 の 人 口 推 計 においては 生 残 率 と 純 移 動 率 の 仮 定 値 が 必 要 である 一 方 コーホート 要 因 法 による 0-4 歳 人 口 の 推 計 においては 生 残 率 と 純 移 動 率 に 加 えて 出 生 率 および 出 生 性 比 に 関 する 仮 定 値 が 必 要 である しかしながら 市 区 町 村 別 の 出 生 率 は 年 による 変 動 が 大 きいことから 子 ども 女 性 比 および 0-4 歳 性 比 の 仮 定 値 によって 推 計 した したがって 本 推 計 においては (1) 基 準 人 口 (2) 将 来 の 生 残 率 (3) 将 来 の 純 移 動 率 (4) 将 来 の 子 ども 女 性 比 (5) 将 来 の 0-4 歳 性 比 が 必 要 となる なお 上 記 の 方 法 により 各 地 域 別 に 推 計 値 を 求 めた 後 福 島 県 を 含 む 市 区 町 村 別 男 女 年 齢 別 推 計 人 口 の 合 計 が 日 本 の 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 24 年 1 月 推 計 ) ( 出 生 中 位 死 亡 中 位 仮 定 )による 男 女 年 齢 別 推 計 人 口 の 値 と 一 致 するよう 一 律 補 正 を 行 ったものを 最 終 の 推 計 結 果 とした 本 推 計 のフローチャートは 図 1 の 通 りである 4. 基 準 人 口 推 計 の 出 発 点 となる 基 準 人 口 は 国 勢 調 査 報 告 ( 総 務 省 統 計 局 )による 平 成 22(2010) 年 10 月 1 日 現 在 市 区 町 村 別 男 女 年 齢 (5 歳 階 級 ) 別 人 口 ( 総 人 口 )である ただし 福 島 県 については 上 述 の 理 由 により 全 県 での 推 計 を 行 うため 福 島 県 の 男 女 年 齢 (5 歳 階 級 ) 別 人 口 ( 総 人 口 )を 基 準 人 口 に 用 いた なお 平 成 22(2010) 年 の 国 勢 調 査 後 に 合 併 等 が 生 じた については 推 計 対 象 の 市 区 町 村 境 域 ( 平 成 25(2013) 年 3 月 1 日 現 在 )に 組 み 替 えた また 年 齢 不 詳 の 人 口 は 5 歳 階 級 別 に 按 分 して 含 めた 5. 将 来 の 生 残 率 生 残 率 の 仮 定 値 設 定 では 日 本 の 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 24 年 1 月 推 計 ) ( 出 生 中 位 死 亡 中 位 仮 定 )から 得 られる 全 国 の 男 女 年 齢 別 生 残 率 を 利 用 した ただし 生 残 率 には 明 ら かな 地 域 差 が 存 在 するため 次 のように 仮 定 値 を 設 定 した 歳 歳 以 下 の 生 残 率 については 市 区 町 村 間 の 生 残 率 の 差 は 極 めて 小 さいた め 都 道 府 県 別 に 将 来 の 生 残 率 を 仮 定 し それを 各 都 道 府 県 に 含 まれる 市 区 町 村 の 仮 定 値 とした 具 体 的 には まず 平 成 22(2010) 年 の 都 道 府 県 別 生 命 表 を 作 成 し 平 成 17(2005) 年 の 都 道 府 県 別 生 命 表 ( 厚 生 労 働 省 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 )との 間 で 平 成 17(2005)~22 (2010) 年 の 都 道 府 県 別 男 女 年 齢 別 生 残 率 を 計 算 した 次 に この 都 道 府 県 別 男 女 2

5 図 1 地 域 別 将 来 人 口 推 計 のフローチャート START k= 年 男 女 年 齢 別 人 口 ( 年 齢 不 詳 調 整 済 み) 生 残 率 の 仮 定 値 (2010+5k) 年 5 歳 以 上 男 女 年 齢 別 推 計 人 口 ( 補 正 前 ) 純 移 動 率 の 仮 定 値 (2010+5k) 年 歳 女 性 推 計 人 口 ( 補 正 前 ) 子 ども 女 性 比 の 仮 定 値 0-4 歳 性 比 の 仮 定 値 Yes (2010+5k) 年 0-4 歳 男 女 別 推 計 人 口 ( 補 正 前 ) 男 女 別 補 正 値 男 女 年 齢 別 補 正 値 日 本 の 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 24 年 1 月 推 計 ) ( 出 生 中 位 死 亡 中 位 仮 定 )による(2010+5k) 年 男 女 年 齢 別 推 計 人 口 No k 6 END k=k +1 (2010+5k) 年 男 女 年 齢 別 推 計 人 口 ( 補 正 後 ) Output 3

6 年 齢 別 生 残 率 と 都 道 府 県 別 生 命 表 による 全 国 の 生 残 率 との 相 対 的 較 差 を 計 算 し 平 成 47 (2035)~52(2040) 年 の 全 国 値 との 相 対 的 較 差 が 平 成 17(2005)~22(2010) 年 にお ける 相 対 的 較 差 の 2 分 の 1 となるよう 直 線 的 に 減 少 させた その 上 で この 相 対 的 較 差 と 日 本 の 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 24 年 1 月 推 計 ) ( 出 生 中 位 死 亡 中 位 仮 定 )から 得 られる 全 国 の 男 女 年 齢 別 生 残 率 を 利 用 して 将 来 の 生 残 率 を 設 定 した 歳 歳 以 上 の 生 残 率 については 同 じ 都 道 府 県 に 属 する 市 区 町 村 間 において も 生 残 率 の 差 が 大 きく 将 来 人 口 推 計 に 対 して 生 残 率 がおよぼす 影 響 も 大 きくなるため 都 道 府 県 とそれに 含 まれる 市 区 町 村 の 較 差 を 利 用 して 生 残 率 の 仮 定 値 を 設 定 した 具 体 的 には まず 平 成 12(2000) 年 と 平 成 17(2005) 年 の 市 区 町 村 別 生 命 表 から 平 成 12 (2000)~17(2005) 年 の 市 区 町 村 別 男 女 年 齢 別 生 残 率 を 計 算 し これと 都 道 府 県 別 生 命 表 ( 厚 生 労 働 省 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 )から 計 算 される 当 該 市 区 町 村 が 所 属 する 都 道 府 県 の 男 女 年 齢 別 生 残 率 との 較 差 を 計 算 し 平 成 47(2035)~52(2040) 年 まで 一 定 と した この 上 で 都 道 府 県 別 に 将 来 の 生 残 率 を 歳 歳 以 下 と 同 じ 方 法 で 設 定 し 先 に 計 算 した 将 来 の 都 道 府 県 と 市 区 町 村 の 生 残 率 の 較 差 をもとに 市 区 町 村 別 の 将 来 の 生 残 率 を 設 定 した なお 平 成 23(2011) 年 3 月 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 の 影 響 が 大 きな 一 部 の 地 域 につい ては 男 女 年 齢 別 生 残 率 を 補 正 した 具 体 的 には 岩 手 県 と 宮 城 県 の 市 区 町 村 および 福 島 県 について 平 成 23(2011) 年 の 人 口 動 態 統 計 ( 厚 生 労 働 省 統 計 情 報 部 )において 報 告 さ れている 東 日 本 大 震 災 による 死 亡 数 をもとに 該 当 する 地 域 の 男 女 別 年 齢 別 生 残 率 を 補 正 し た 6. 将 来 の 純 移 動 率 市 区 町 村 別 男 女 年 齢 別 の 純 移 動 率 は 一 時 的 な 要 因 によって 大 きく 変 化 することがあ るため 一 定 の 規 則 性 をみいだすことが 難 しい そこで 最 終 的 に 日 本 の 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 24 年 1 月 推 計 ) ( 出 生 中 位 死 亡 中 位 仮 定 )による 推 計 値 と 一 致 させることを 考 慮 し 全 域 的 な 傾 向 を 一 律 に 反 映 させることとした 住 民 基 本 台 帳 人 口 移 動 報 告 ( 総 務 省 統 計 局 )から 平 成 12(2000) 年 以 降 の 動 きをみると 転 入 超 過 数 の 地 域 差 は 平 成 19(2007) 年 をピークとして 縮 小 傾 向 にある したがって 原 則 として 平 成 17(2005)~22(2010) 年 に 観 察 された 市 区 町 村 別 男 女 年 齢 別 純 移 動 率 を 平 成 27(2015)~32(2020) 年 にかけ て 定 率 で 縮 小 させ 平 成 27(2015)~32(2020) 年 以 降 の 期 間 については 縮 小 させた 値 を 一 定 とする 仮 定 を 置 いた ただし 東 日 本 大 震 災 の 影 響 が 大 きかった 福 島 県 や 岩 手 県 宮 城 県 の 一 部 の 関 東 地 方 において 液 状 化 に 見 舞 われた など 平 成 22(2010) 年 の 国 勢 調 査 後 の 人 口 移 動 傾 向 が 平 成 17(2005)~22(2010) 年 の 人 口 移 動 傾 向 から 大 きく 乖 離 している については 国 勢 調 査 後 の 動 向 を 反 映 させた 仮 定 値 を 設 定 した また 平 成 17(2005) 年 以 前 のトレンドからみて 平 成 17(2005)~22(2010) 年 における 別 の 人 口 移 動 傾 4

7 向 が 当 該 の 人 口 移 動 の 趨 勢 から 乖 離 しているとみられる 場 合 には 平 成 17(2005) 年 以 前 の 国 勢 調 査 等 により 過 去 の 趨 勢 や 近 隣 の 状 況 を 総 合 的 に 勘 案 して 算 出 した 仮 定 値 を 設 定 した このほか 純 移 動 率 の 動 きが 不 安 定 な 人 口 規 模 が 小 さい におい ては 昭 和 60(1985)~ 平 成 22(2010) 年 の 5 期 間 の 純 移 動 数 を 利 用 して 算 出 した 純 移 動 率 をもとに 仮 定 値 を 設 定 した 7. 将 来 の 子 ども 女 性 比 将 来 の 子 ども 女 性 比 の 仮 定 値 設 定 では 日 本 の 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 24 年 1 月 推 計 ) ( 出 生 中 位 死 亡 中 位 仮 定 )において 算 出 された 全 国 の 平 成 52(2040) 年 までの 男 女 5 歳 階 級 別 人 口 を 利 用 した 具 体 的 には 各 市 区 町 村 の 子 ども 女 性 比 には 市 区 町 村 間 で 明 らかな 差 が 存 在 するため 平 成 22(2010) 年 の 全 国 の 子 ども 女 性 比 と 各 市 区 町 村 の 子 ども 女 性 比 との 較 差 をとり その 値 を 平 成 27(2015) 年 以 降 平 成 52(2040) 年 まで 一 定 として 市 区 町 村 ごとに 仮 定 値 を 設 定 した 福 島 県 についても 同 様 に 仮 定 を 設 定 した ただし 平 成 22(2010) 年 の 子 ども 女 性 比 が 過 去 の 趨 勢 から 大 きく 乖 離 している 場 合 に は 平 成 7(1995) 年 平 成 12(2000) 年 平 成 17(2005) 年 平 成 22(2010) 年 の 較 差 の 平 均 値 をとり それが 平 成 27(2015) 年 以 降 平 成 52(2040) 年 まで 一 定 として 市 区 町 村 ごとに 仮 定 値 を 設 定 した 8. 将 来 の 0-4 歳 性 比 7. 将 来 の 子 ども 女 性 比 により 将 来 の 0-4 歳 人 口 が 推 計 されるが これを 男 女 の 別 に 振 り 分 けるためには 将 来 の 0-4 歳 性 比 の 仮 定 値 が 必 要 となる これについては 日 本 の 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 24 年 1 月 推 計 ) ( 出 生 中 位 死 亡 中 位 仮 定 )により 算 出 された 全 国 の 平 成 27(2015) 年 以 降 平 成 52(2040) 年 までの 0-4 歳 性 比 を 各 年 次 の 仮 定 値 とし 全 の 0-4 歳 推 計 人 口 に 一 律 に 適 用 した 5

8 Ⅱ. 都 道 府 県 別 にみた 推 計 結 果 の 概 要 1. 都 道 府 県 別 総 人 口 の 推 移 (1)すべての 都 道 府 県 で 平 成 52(2040) 年 の 総 人 口 は 平 成 22(2010) 年 を 下 回 る 先 に 公 表 された 日 本 の 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 24 年 1 月 推 計 ) ( 出 生 中 位 死 亡 中 位 仮 定 )によ れば わが 国 の 総 人 口 は 長 期 にわたって 減 少 が 続 く 平 成 17(2005) 年 から 平 成 22(2010) 年 の 都 道 府 県 別 の 総 人 口 の 推 移 をみると 38 道 府 県 で 総 人 口 が 減 少 している 今 回 の 推 計 によれば( 表 1; 表 2; 表 3; 表 Ⅱ-1) 総 人 口 が 減 少 する 都 道 府 県 は 今 後 も 増 加 を 続 け 平 成 22(2010) 年 から 平 成 27(2015) 年 にかけては 41 道 府 県 平 成 27(2015) 年 から 平 成 32(2020) 年 にかけては 沖 縄 県 を 除 く 46 都 道 府 県 で 総 人 口 が 減 少 する 平 成 32(2020) 年 から 平 成 37(2025) 年 にかけて 沖 縄 県 の 総 人 口 が 減 少 に 転 じ すべての 都 道 府 県 で 総 人 口 が 減 少 するようになる 平 成 52(2040) 年 の 総 人 口 は すべての 都 道 府 県 で 平 成 22(2010) 年 を 下 回 る 総 人 口 の 増 加 率 をみると( 表 Ⅱ-2; 図 Ⅱ-1) すべての 都 道 府 県 で 時 間 の 経 過 とともに 低 下 する 傾 向 にある 平 成 27(2015) 年 から 平 成 32(2020) 年 にかけては 総 人 口 の 増 加 率 が-5%を 下 回 るの は 2 県 であったが その 数 は 次 第 に 増 し 平 成 37(2025) 年 から 平 成 42(2030) 年 にかけては 11 県 平 成 47(2035) 年 から 平 成 52(2040) 年 にかけては 22 道 県 となる 平 成 47(2035) 年 から 平 成 52 (2040) 年 には 2 県 で 総 人 口 の 増 加 率 が-7.5%を 下 回 る 地 域 ブロック 別 にみると( 表 Ⅱ-3 4) 平 成 17(2005) 年 から 平 成 22(2010) 年 にかけてすでに 南 関 東 以 外 の 地 域 ブロックで 総 人 口 が 減 少 しているが 平 成 27(2015) 年 から 平 成 32(2020) 年 にか けて 南 関 東 も 総 人 口 が 減 少 し 以 後 平 成 52(2040) 年 まですべての 地 域 ブロックで 総 人 口 が 減 少 する 順 位 表 1 都 道 府 県 別 人 口 の 推 移 (1,000 人 ) 平 成 52 年 (2040) 全 国 128,057 全 国 120,659 全 国 107,276 1 東 京 都 13,159 東 京 都 13,179 東 京 都 12,308 2 神 奈 川 県 9,048 神 奈 川 県 9,010 神 奈 川 県 8,343 3 大 阪 府 8,865 大 阪 府 8,410 大 阪 府 7,454 4 愛 知 県 7,411 愛 知 県 7,348 愛 知 県 6,856 5 埼 玉 県 7,195 埼 玉 県 6,991 埼 玉 県 6,305 平 成 22 年 (2010) 平 成 37 年 (2025) 43 福 井 県 806 福 井 県 731 福 井 県 徳 島 県 785 徳 島 県 686 徳 島 県 高 知 県 764 高 知 県 655 高 知 県 島 根 県 717 島 根 県 622 島 根 県 鳥 取 県 589 鳥 取 県 520 鳥 取 県 441 平 成 17(2005) ~22(2010) 年 平 成 22(2010) ~27(2015) 年 表 2 人 口 が 減 少 する 都 道 府 県 数 平 成 27(2015) ~32(2020) 年 平 成 32(2020) ~37(2025) 年 平 成 37(2025) ~42(2030) 年 平 成 42(2030) ~47(2035) 年 平 成 47(2035) ~52(2040) 年 注 ) 平 成 17(2005)~22(2010) 年 は 実 績 6

9 表 3 平 成 22(2010) 年 の 総 人 口 を 100 としたときの 指 数 でみた 総 人 口 順 位 全 国 94.2 全 国 沖 縄 県 沖 縄 県 東 京 都 東 京 都 神 奈 川 県 99.6 滋 賀 県 愛 知 県 99.2 愛 知 県 滋 賀 県 99.1 神 奈 川 県 92.2 平 成 37 年 (2025) 平 成 52 年 (2040) 43 山 形 県 86.0 山 形 県 岩 手 県 85.7 岩 手 県 高 知 県 85.6 高 知 県 青 森 県 84.6 青 森 県 秋 田 県 82.2 秋 田 県 64.4 (2) 今 後 も 東 京 都 と 周 辺 県 の 総 人 口 が 全 国 の 総 人 口 に 占 める 割 合 は 増 大 する 平 成 22(2010) 年 の 国 勢 調 査 によると 全 国 の 総 人 口 に 占 める 割 合 が 最 も 大 きかったのは 東 京 都 (10.3%) ついで 神 奈 川 県 (7.1%) 大 阪 府 (6.9%)の 順 である 今 回 の 推 計 によれば( 表 Ⅱ-6) 全 国 の 総 人 口 に 占 める 割 合 は 東 京 都 や 神 奈 川 県 では 今 後 徐 々に 増 大 するが 大 阪 府 では 横 ば いで 推 移 し 平 成 52(2040) 年 には 東 京 都 (11.5%) 神 奈 川 県 (7.8%) 大 阪 府 (6.9%)となる こ の 他 大 都 市 圏 に 含 まれる 埼 玉 県 や 千 葉 県 愛 知 県 滋 賀 県 などでは 全 国 の 総 人 口 に 占 める 割 合 が 上 昇 を 続 ける 地 域 ブロック 別 にみると( 表 4; 表 Ⅱ-5) 平 成 22(2010) 年 に 全 国 の 総 人 口 に 占 める 割 合 が 最 も 大 きかったのは 南 関 東 で 27.8%であった 南 関 東 の 総 人 口 が 全 国 の 総 人 口 に 占 める 割 合 は 今 後 も 緩 やかに 上 昇 し 平 成 52(2040) 年 には30.1%に 達 する 一 方 で 南 関 東 以 外 の 地 域 ブロックの 総 人 口 が 全 国 の 総 人 口 に 占 める 割 合 は 横 ばいないしは 減 少 となる 表 4 全 国 の 総 人 口 に 占 める 各 地 域 ブロックの 総 人 口 の 割 合 (%) ブ ロ ッ ク 平 成 22 年 平 成 27 年 平 成 32 年 平 成 37 年 平 成 42 年 平 成 47 年 平 成 52 年 (2010) (2015) (2020) (2025) (2030) (2035) (2040) 北 海 道 東 北 関 東 北 関 東 南 関 東 中 部 近 畿 中 国 四 国 九 州 沖 縄 地 域 区 分 北 海 道 : 北 海 道 東 北 : 青 森 県 岩 手 県 宮 城 県 秋 田 県 山 形 県 福 島 県 北 関 東 : 茨 城 県 栃 木 県 群 馬 県 南 関 東 : 埼 玉 県 千 葉 県 東 京 都 神 奈 川 県 中 部 : 新 潟 県 富 山 県 石 川 県 福 井 県 山 梨 県 長 野 県 岐 阜 県 静 岡 県 愛 知 県 近 畿 : 三 重 県 滋 賀 県 京 都 府 大 阪 府 兵 庫 県 奈 良 県 和 歌 山 県 中 国 : 鳥 取 県 島 根 県 岡 山 県 広 島 県 山 口 県 四 国 : 徳 島 県 香 川 県 愛 媛 県 高 知 県 九 州 沖 縄 : 福 岡 県 佐 賀 県 長 崎 県 熊 本 県 大 分 県 宮 崎 県 鹿 児 島 県 沖 縄 県 7

10 2. 年 齢 (0-14 歳 歳 65 歳 以 上 75 歳 以 上 ) 別 人 口 および 割 合 の 推 移 (1)0-14 歳 人 口 および 0-14 歳 人 口 割 合 はすべての 都 道 府 県 で 減 少 傾 向 日 本 の 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 24 年 1 月 推 計 ) ( 出 生 中 位 死 亡 中 位 仮 定 )によれば 全 国 の0-14 歳 人 口 は 低 い 出 生 率 のもとで 今 後 減 少 を 続 ける 今 回 の 推 計 によれば( 表 Ⅱ-7) 今 後 すべての 都 道 府 県 で0-14 歳 人 口 が 減 少 する また 0-14 歳 人 口 が 各 都 道 府 県 の 総 人 口 に 占 める 割 合 をみると( 表 5; 表 Ⅱ-8) 平 成 22(2010) 年 から 平 成 47(2035) 年 まですべての 都 道 府 県 で 低 下 する 平 成 47(2035) 年 から 平 成 52(2040) 年 にかけて 他 の 年 齢 別 人 口 の 推 移 に 影 響 されるため 20 県 で0-14 歳 人 口 の 割 合 が 微 増 となる 平 成 52(2040) 年 時 点 で 0-14 歳 人 口 の 割 合 が 最 も 大 きいのは 沖 縄 県 (13.9%) 最 も 小 さいのは 秋 田 県 (8.3%)である 1 順 位 表 歳 人 口 の 割 合 (%) 全 国 13.1 全 国 11.0 全 国 沖 縄 県 17.7 沖 縄 県 15.0 沖 縄 県 滋 賀 県 15.0 滋 賀 県 12.7 滋 賀 県 佐 賀 県 14.5 愛 知 県 12.3 佐 賀 県 愛 知 県 14.4 佐 賀 県 12.3 宮 崎 県 宮 崎 県 14.0 宮 崎 県 12.0 愛 知 県 11.3 平 成 22 年 (2010) 平 成 37 年 (2025) 平 成 52 年 (2040) 43 徳 島 県 12.3 高 知 県 10.0 徳 島 県 高 知 県 12.1 東 京 都 10.0 東 京 都 北 海 道 11.9 青 森 県 9.5 青 森 県 秋 田 県 11.4 北 海 道 9.5 北 海 道 東 京 都 11.3 秋 田 県 9.0 秋 田 県 8.3 (2) 歳 人 口 および 歳 人 口 割 合 はすべての 都 道 府 県 で 減 少 傾 向 日 本 の 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 24 年 1 月 推 計 ) ( 出 生 中 位 死 亡 中 位 仮 定 )によれば 全 国 の 歳 人 口 は 今 後 一 貫 して 減 少 する 今 回 の 推 計 によれば( 表 Ⅱ-9) 今 後 すべての 都 道 府 県 で 歳 人 口 が 減 少 する また 歳 人 口 が 各 都 道 府 県 の 総 人 口 に 占 める 割 合 は( 表 6; 表 Ⅱ-10) 他 の 年 齢 別 人 口 の 推 移 に 影 響 されるため 平 成 32(2020) 年 から 平 成 37(2025) 年 の 大 阪 府 平 成 37(2025) 年 から 平 成 42(2030) 年 の 岡 山 県 と 山 口 県 で15-64 歳 人 口 割 合 が 僅 かに 増 えるものの 各 都 道 府 県 とも 全 般 的 に 減 少 傾 向 で 推 移 する 平 成 52(2040) 年 時 点 で 歳 人 口 の 割 合 が 最 も 大 きいのは 東 京 都 (57.9%) 最 も 小 さいのは 秋 田 県 (47.9%)である 参 考 のため 全 国 の 0-14 歳 人 口 に 占 める 各 地 域 ブロックの 0-14 歳 人 口 の 割 合 を 表 Ⅱ-15 に 示 した 参 考 のため 全 国 の 歳 人 口 に 占 める 各 地 域 ブロックの 歳 人 口 の 割 合 を 表 Ⅱ-16 に 示 した 8

11 順 位 表 歳 人 口 の 割 合 (%) 全 国 63.8 全 国 58.7 全 国 東 京 都 68.3 東 京 都 64.8 東 京 都 神 奈 川 県 66.6 神 奈 川 県 61.9 愛 知 県 埼 玉 県 66.3 愛 知 県 61.3 沖 縄 県 千 葉 県 65.5 埼 玉 県 60.7 滋 賀 県 愛 知 県 65.3 大 阪 府 60.0 神 奈 川 県 55.2 平 成 22 年 (2010) 平 成 37 年 (2025) 平 成 52 年 (2040) 43 山 形 県 59.6 長 崎 県 53.7 島 根 県 山 口 県 59.3 宮 崎 県 53.7 長 崎 県 高 知 県 59.0 高 知 県 53.1 青 森 県 秋 田 県 59.0 島 根 県 52.6 高 知 県 島 根 県 58.1 秋 田 県 51.5 秋 田 県 47.9 (3)65 歳 以 上 人 口 は 平 成 32(2020) 年 まで 全 県 で 増 加 し その 後 は 減 少 県 も 出 現 するが 大 都 市 圏 や 沖 縄 県 では 大 幅 に 増 加 する 日 本 の 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 24 年 1 月 推 計 ) ( 出 生 中 位 死 亡 中 位 仮 定 )によれば 全 国 の65 歳 以 上 人 口 は 当 面 は 増 加 傾 向 が 続 く 今 回 の 推 計 によれば( 表 Ⅱ-11) 65 歳 以 上 人 口 は 平 成 32 (2020) 年 まですべての 都 道 府 県 で 増 加 する しかし65 歳 以 上 人 口 の 増 加 率 はおおむね 縮 小 傾 向 にあり 平 成 32(2020) 年 以 降 は65 歳 以 上 人 口 の 減 少 県 が 現 れる 平 成 32(2020) 年 から 平 成 37 (2025) 年 にかけて14 府 県 で65 歳 以 上 人 口 が 減 少 し その 数 は 平 成 37(2025) 年 から 平 成 42 (2030) 年 にかけて32 道 県 に 増 加 するが 平 成 42(2030) 年 から 平 成 47(2035) 年 に27 道 県 平 成 47 (2035) 年 から 平 成 52(2040) 年 に19 県 となる 平 成 52(2040) 年 の 段 階 で65 歳 以 上 人 口 の 規 模 が 大 きいのは 東 京 都 神 奈 川 県 大 阪 府 愛 知 県 埼 玉 県 など 大 都 市 圏 に 属 する 都 府 県 である( 図 Ⅱ-2) 平 成 52(2040) 年 の65 歳 以 上 人 口 を 平 成 22(2010) 年 の 値 を100としたときの 指 数 でみると 指 数 が140 以 上 すなわち 平 成 22(2010) 年 から 平 成 52(2040) 年 にかけて65 歳 以 上 人 口 が1.4 倍 以 上 に 増 加 するのは 埼 玉 県 千 葉 県 東 京 都 神 奈 川 県 愛 知 県 滋 賀 県 沖 縄 県 である( 図 1; 表 Ⅱ-11; 図 Ⅱ-3) 指 数 ( 平 成 22 年 =100) 図 1 平 成 22(2010) 年 の 65 歳 以 上 人 口 を 100 としたときの 平 成 52(2040) 年 の 65 歳 以 上 人 口 の 指 数 km 9

12 (4) 平 成 52(2040) 年 にはすべての 都 道 府 県 で 65 歳 以 上 人 口 割 合 が 3 割 を 越 える 65 歳 以 上 人 口 が 総 人 口 に 占 める 割 合 は 各 都 道 府 県 とも 今 後 一 貫 して 増 加 する 65 歳 以 上 人 口 割 合 が30%を 超 える 都 道 府 県 は 平 成 22(2010) 年 時 点 では1つもないが 平 成 37(2025) 年 には 40 道 府 県 で30%を 超 え 平 成 52(2040) 年 には 全 都 道 府 県 で65 歳 以 上 人 口 割 合 が30%を 超 える ( 表 7; 表 Ⅱ-12; 図 Ⅱ-4) 平 成 52(2040) 年 に 最 も65 歳 以 上 人 口 割 合 が 大 きいのは 秋 田 県 (43.8%) であり 最 も 小 さいのは 沖 縄 県 (30.3%)である 3 大 都 市 圏 に 属 する 都 府 県 や 沖 縄 県 では 平 成 22 (2010) 年 から 平 成 52(2040) 年 にかけて65 歳 以 上 人 口 が 急 増 するが 65 歳 以 上 人 口 割 合 は 相 対 的 に 低 い 水 準 にとどまる( 図 2) 順 位 表 7 65 歳 以 上 人 口 の 割 合 (%) 全 国 23.0 全 国 30.3 全 国 秋 田 県 29.6 秋 田 県 39.5 秋 田 県 島 根 県 29.1 高 知 県 36.9 青 森 県 高 知 県 28.8 島 根 県 36.4 高 知 県 山 口 県 28.0 徳 島 県 35.8 北 海 道 山 形 県 27.6 青 森 県 35.8 徳 島 県 40.2 平 成 22 年 (2010) 平 成 37 年 (2025) 平 成 52 年 (2040) 43 埼 玉 県 20.4 滋 賀 県 27.5 岡 山 県 東 京 都 20.4 神 奈 川 県 27.2 東 京 都 愛 知 県 20.3 愛 知 県 26.4 滋 賀 県 神 奈 川 県 20.2 東 京 都 25.2 愛 知 県 沖 縄 県 17.4 沖 縄 県 25.0 沖 縄 県 30.3 図 2 平 成 52(2040) 年 の 65 歳 以 上 人 口 の 指 数 ( 平 成 22 年 =100)と 65 歳 以 上 人 口 の 割 合 (%) 45.0 平 成 52 年 の 65 歳 以 上 人 口 割 合 高 知 県 秋 田 県 青 森 県 北 海 道 徳 島 県 滋 賀 県 千 葉 県 埼 玉 県 神 奈 川 県 東 京 都 愛 知 県 沖 縄 県 平 成 22(2010) 年 の65 歳 以 上 人 口 を100としたときの 平 成 52(2040) 年 の65 歳 以 上 人 口 の 指 数 3 参 考 のため 全 国 の 65 歳 以 上 人 口 に 占 める 各 地 域 ブロックの 65 歳 以 上 人 口 の 割 合 を 表 Ⅱ-17 に 示 した 10

13 (5)75 歳 以 上 人 口 は 平 成 42(2030) 年 まで 全 県 で 増 加 し その 後 は 減 少 傾 向 に 転 じるが 大 都 市 圏 や 沖 縄 県 では 著 しく 増 加 する 日 本 の 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 24 年 1 月 推 計 ) ( 出 生 中 位 死 亡 中 位 仮 定 )によれば 全 国 の 75 歳 以 上 人 口 は 当 面 は 増 加 傾 向 が 続 く 今 回 の 推 計 によれば( 表 Ⅱ-13) 75 歳 以 上 人 口 は 平 成 42 (2030) 年 まですべての 都 道 府 県 で 増 加 する しかし 75 歳 以 上 人 口 の 増 加 率 はおおむね 縮 小 傾 向 にあり 平 成 42(2030) 年 以 降 は 75 歳 以 上 人 口 の 減 少 県 が 多 くなる 平 成 42(2030) 年 から 平 成 47(2035) 年 にかけては 37 都 道 府 県 平 成 47(2035) 年 から 平 成 52(2040) 年 にかけては 42 道 府 県 で 75 歳 以 上 人 口 が 減 少 する 平 成 52(2040) 年 時 点 で 75 歳 以 上 人 口 が 多 いのは 東 京 都 神 奈 川 県 大 阪 府 愛 知 県 埼 玉 県 など 大 都 市 圏 に 属 する 都 府 県 である( 図 Ⅱ-5) 平 成 52(2040) 年 の 75 歳 以 上 人 口 を 平 成 22 (2010) 年 の 値 を 100 としたときの 指 数 でみると 指 数 が 200 以 上 すなわち 平 成 22(2010) 年 から 平 成 52(2040) 年 にかけて 75 歳 以 上 人 口 が 2 倍 以 上 に 増 加 するのは 埼 玉 県 と 神 奈 川 県 であり 指 数 が 175 以 上 すなわち 平 成 22(2010) 年 から 平 成 52(2040) 年 にかけて 75 歳 以 上 人 口 が 1.75 倍 以 上 に 増 加 するのは 千 葉 県 愛 知 県 沖 縄 県 である( 図 3; 図 Ⅱ-6) 図 3 平 成 22(2010) 年 の 75 歳 以 上 人 口 を 100 としたときの 平 成 52(2040) 年 の 75 歳 以 上 人 口 の 指 数 指 数 ( 平 成 22 年 =100) km (6) 平 成 52(2040) 年 には 40 道 府 県 で 75 歳 以 上 人 口 割 合 が 2 割 を 越 える 75 歳 以 上 人 口 が 総 人 口 に 占 める 割 合 は 他 の 年 齢 別 人 口 の 推 移 に 影 響 されるため 平 成 42 (2030) 年 から 平 成 47(2035) 年 の 大 阪 府 平 成 47(2035) 年 から 平 成 52(2040) 年 の 岡 山 県 と 山 口 県 大 分 県 で 75 歳 以 上 人 口 割 合 が 僅 かに 減 るものの 各 都 道 府 県 とも 今 後 ほぼ 一 貫 して 増 加 す る 75 歳 以 上 人 口 割 合 が 20%を 超 える 都 道 府 県 は 平 成 32(2020) 年 までは 1 つもないが 平 成 52 11

14 (2040) 年 には 40 道 府 県 で 20%を 超 える( 表 8; 表 Ⅱ-14; 図 Ⅱ-7) 平 成 52(2040) 年 に 最 も 75 歳 以 上 人 口 割 合 が 大 きいのは 秋 田 県 (28.4%)であり 最 も 小 さいのは 東 京 都 (17.4%)である 4 大 都 市 圏 に 属 する 都 府 県 や 沖 縄 県 では 平 成 22(2010) 年 から 平 成 52(2040) 年 にかけて 75 歳 以 上 人 口 が 急 増 するが 75 歳 以 上 人 口 割 合 は 相 対 的 に 低 い 水 準 にとどまる( 図 4) 順 位 表 8 75 歳 以 上 人 口 の 割 合 (%) 全 国 11.1 全 国 18.1 全 国 島 根 県 16.6 秋 田 県 23.0 秋 田 県 秋 田 県 16.1 高 知 県 22.7 青 森 県 高 知 県 15.9 島 根 県 22.1 高 知 県 山 形 県 15.5 山 口 県 21.8 山 形 県 鹿 児 島 県 14.9 徳 島 県 21.3 北 海 道 25.1 平 成 22 年 (2010) 平 成 37 年 (2025) 平 成 52 年 (2040) 43 千 葉 県 9.1 神 奈 川 県 16.5 埼 玉 県 愛 知 県 8.9 滋 賀 県 16.0 滋 賀 県 神 奈 川 県 8.8 愛 知 県 15.9 愛 知 県 沖 縄 県 8.7 東 京 都 15.0 沖 縄 県 埼 玉 県 8.2 沖 縄 県 12.8 東 京 都 17.4 図 4 平 成 52(2040) 年 の 75 歳 以 上 人 口 の 指 数 ( 平 成 22 年 =100)と 75 歳 以 上 人 口 の 割 合 平 成 52 年 の 75 歳 以 上 人 口 割 合 (%) 秋 田 県 高 知 県 岩 手 県 山 形 県 徳 島 県 島 根 県 青 森 県 北 海 道 大 阪 府 滋 賀 県 東 京 都 千 葉 県 神 奈 川 県 愛 知 県 沖 縄 県 埼 玉 県 平 成 22(2010) 年 の75 歳 以 上 人 口 を100としたときの 平 成 52(2040) 年 の75 歳 以 上 人 口 の 指 数 4 参 考 のため 全 国 の 75 歳 以 上 人 口 に 占 める 各 地 域 ブロックの 75 歳 以 上 人 口 割 合 を 表 Ⅱ-18 に 示 した 12

15 図 表 目 次 表 表 Ⅱ-1 都 道 府 県 別 総 人 口 と 指 数 ( 平 成 22 年 =100) 表 Ⅱ-2 都 道 府 県 別 総 人 口 の 増 加 率 表 Ⅱ-3 地 域 ブロック 別 総 人 口 と 指 数 ( 平 成 22 年 =100) 表 Ⅱ-4 地 域 ブロック 別 総 人 口 の 増 加 率 表 Ⅱ-5 全 国 人 口 に 占 める 地 域 ブロック 別 人 口 の 割 合 ( 総 人 口 ) 表 Ⅱ-6 全 国 人 口 に 占 める 都 道 府 県 別 人 口 の 割 合 ( 総 人 口 ) 表 Ⅱ-7 都 道 府 県 別 0-14 歳 人 口 と 指 数 ( 平 成 22 年 =100) 表 Ⅱ-8 都 道 府 県 別 0-14 歳 人 口 の 割 合 表 Ⅱ-9 都 道 府 県 別 歳 人 口 と 指 数 ( 平 成 22 年 =100) 表 Ⅱ-10 都 道 府 県 別 歳 人 口 の 割 合 表 Ⅱ-11 都 道 府 県 別 65 歳 以 上 人 口 と 指 数 ( 平 成 22 年 =100) 表 Ⅱ-12 都 道 府 県 別 65 歳 以 上 人 口 の 割 合 表 Ⅱ-13 都 道 府 県 別 75 歳 以 上 人 口 と 指 数 ( 平 成 22 年 =100) 表 Ⅱ-14 都 道 府 県 別 75 歳 以 上 人 口 の 割 合 表 Ⅱ-15 全 国 人 口 に 占 める 地 域 ブロック 別 人 口 の 割 合 (0-14 歳 人 口 ) 表 Ⅱ-16 全 国 人 口 に 占 める 地 域 ブロック 別 人 口 の 割 合 (15-64 歳 人 口 ) 表 Ⅱ-17 全 国 人 口 に 占 める 地 域 ブロック 別 人 口 の 割 合 (65 歳 以 上 人 口 ) 表 Ⅱ-18 全 国 人 口 に 占 める 地 域 ブロック 別 人 口 の 割 合 (75 歳 以 上 人 口 ) 図 図 Ⅱ-1 都 道 府 県 別 総 人 口 の 増 加 率 図 Ⅱ-2 平 成 22(2010) 年 と 平 成 52(2040) 年 の 都 道 府 県 別 65 歳 以 上 人 口 図 Ⅱ-3 平 成 52(2040) 年 の 都 道 府 県 別 65 歳 以 上 人 口 の 指 数 ( 平 成 22 年 =100) 図 Ⅱ-4 都 道 府 県 別 65 歳 以 上 人 口 の 割 合 図 Ⅱ-5 平 成 22(2010) 年 と 平 成 52(2040) 年 の 都 道 府 県 別 75 歳 以 上 人 口 図 Ⅱ-6 平 成 52(2040) 年 の 都 道 府 県 別 75 歳 以 上 人 口 の 指 数 ( 平 成 22 年 =100) 図 Ⅱ-7 都 道 府 県 別 75 歳 以 上 人 口 の 割 合

16 表 Ⅱ-1 都 道 府 県 別 総 人 口 と 指 数 ( 平 成 22 年 =100) 地 域 平 成 22 年 (2010) 平 成 27 年 (2015) 平 成 32 年 (2020) 総 人 口 (1,000 人 ) 平 成 37 年 (2025) 平 成 42 年 (2030) 平 成 47 年 (2035) 平 成 52 年 (2040) 指 数 ( 平 成 22 年 =100) 平 成 37 年 (2025) 平 成 52 年 (2040) 全 国 128, , , , , , , 北 海 道 5,506 5,361 5,178 4,960 4,719 4,462 4, 青 森 県 1,373 1,306 1,236 1,161 1,085 1, 岩 手 県 1,330 1,266 1,206 1,140 1,072 1, 宮 城 県 2,348 2,306 2,269 2,210 2,141 2,062 1, 秋 田 県 1,086 1, 山 形 県 1,169 1,116 1,062 1, 福 島 県 2,029 1,913 1,874 1,780 1,684 1,587 1, 茨 城 県 2,970 2,922 2,853 2,764 2,661 2,546 2, 栃 木 県 2,008 1,974 1,926 1,867 1,800 1,725 1, 群 馬 県 2,008 1,971 1,920 1,858 1,787 1,711 1, 埼 玉 県 7,195 7,206 7,133 6,991 6,796 6,562 6, 千 葉 県 6,216 6,192 6,122 5,987 5,806 5,592 5, 東 京 都 13,159 13,349 13,315 13,179 12,957 12,663 12, 神 奈 川 県 9,048 9,148 9,122 9,010 8,833 8,607 8, 新 潟 県 2,374 2,297 2,210 2,112 2,009 1,902 1, 富 山 県 1,093 1,064 1, 石 川 県 1,170 1,153 1,128 1,096 1,060 1, 福 井 県 山 梨 県 長 野 県 2,152 2,091 2,019 1,938 1,851 1,761 1, 岐 阜 県 2,081 2,035 1,978 1,908 1,830 1,746 1, 静 岡 県 3,765 3,696 3,601 3,480 3,343 3,193 3, 愛 知 県 7,411 7,470 7,440 7,348 7,213 7,046 6, 三 重 県 1,855 1,821 1,773 1,715 1,649 1,580 1, 滋 賀 県 1,411 1,420 1,414 1,398 1,375 1,345 1, 京 都 府 2,636 2,615 2,567 2,499 2,418 2,325 2, 大 阪 府 8,865 8,808 8,649 8,410 8,118 7,794 7, 兵 庫 県 5,588 5,532 5,422 5,269 5,088 4,888 4, 奈 良 県 1,401 1,370 1,330 1,280 1,223 1,161 1, 和 歌 山 県 1, 鳥 取 県 島 根 県 岡 山 県 1,945 1,913 1,868 1,811 1,749 1,682 1, 広 島 県 2,861 2,825 2,767 2,689 2,599 2,499 2, 山 口 県 1,451 1,399 1,340 1,275 1,208 1,139 1, 徳 島 県 香 川 県 愛 媛 県 1,431 1,383 1,329 1,269 1,206 1,141 1, 高 知 県 福 岡 県 5,072 5,046 4,968 4,856 4,718 4,559 4, 佐 賀 県 長 崎 県 1,427 1,371 1,313 1,250 1,185 1,118 1, 熊 本 県 1,817 1,776 1,725 1,666 1,603 1,538 1, 大 分 県 1,197 1,169 1,134 1,094 1,050 1, 宮 崎 県 1,135 1,107 1,073 1, 鹿 児 島 県 1,706 1,650 1,588 1,522 1,454 1,386 1, 沖 縄 県 1,393 1,410 1,417 1,414 1,405 1,391 1, 減 少 県 注 1) 指 数 とは 平 成 22(2010) 年 の 総 人 口 を100としたときの 総 人 口 の 値 のこと 注 2) 減 少 県 とは 5 年 前 より 総 人 口 が 減 少 した 都 道 府 県 の 数 のこと 14

17 表 Ⅱ-2 都 道 府 県 別 総 人 口 の 増 加 率 地 域 平 成 17(2005) ~22(2010) 年 平 成 22(2010) ~27(2015) 年 平 成 27(2015) ~32(2020) 年 平 成 32(2020) ~37(2025) 年 平 成 37(2025) ~42(2030) 年 平 成 42(2030) ~47(2035) 年 (%) 平 成 47(2035) ~52(2040) 年 全 国 北 海 道 青 森 県 岩 手 県 宮 城 県 秋 田 県 山 形 県 福 島 県 茨 城 県 栃 木 県 群 馬 県 埼 玉 県 千 葉 県 東 京 都 神 奈 川 県 新 潟 県 富 山 県 石 川 県 福 井 県 山 梨 県 長 野 県 岐 阜 県 静 岡 県 愛 知 県 三 重 県 滋 賀 県 京 都 府 大 阪 府 兵 庫 県 奈 良 県 和 歌 山 県 鳥 取 県 島 根 県 岡 山 県 広 島 県 山 口 県 徳 島 県 香 川 県 愛 媛 県 高 知 県 福 岡 県 佐 賀 県 長 崎 県 熊 本 県 大 分 県 宮 崎 県 鹿 児 島 県 沖 縄 県

18 平 成 27(2015) 年 ~32(2020) 年 平 成 37(2025) 年 ~42(2030) 年 平 成 47(2035) 年 ~52(2040) 年 増 加 率 (%) km 図 Ⅱ-1 都 道 府 県 別 総 人 口 の 増 加 率 16

19 表 Ⅱ-3 地 域 ブロック 別 総 人 口 と 指 数 ( 平 成 22 年 =100) 総 人 口 (1,000 人 ) 指 数 ( 平 成 22 年 =100) ブ ロ ッ ク 平 成 22 年 (2010) 平 成 27 年 (2015) 平 成 32 年 (2020) 平 成 37 年 (2025) 平 成 42 年 (2030) 平 成 47 年 (2035) 平 成 52 年 (2040) 平 成 37 年 (2025) 平 成 52 年 (2040) 北 海 道 5,506 5,361 5,178 4,960 4,719 4,462 4, 東 北 9,336 8,929 8,607 8,191 7,759 7,319 6, 関 東 42,604 42,763 42,392 41,656 40,640 39,406 38, 北 関 東 6,986 6,867 6,699 6,489 6,248 5,982 5, 南 関 東 35,619 35,896 35,693 35,166 34,392 33,424 32, 中 部 21,716 21,430 20,973 20,375 19,686 18,931 18, 近 畿 22,758 22,528 22,072 21,440 20,692 19,862 18, 中 国 7,563 7,392 7,175 6,917 6,638 6,342 6, 四 国 3,977 3,838 3,683 3,510 3,331 3,146 2, 九 州 沖 縄 14,597 14,357 14,021 13,610 13,152 12,656 12, 注 ) 指 数 とは 平 成 22(2010) 年 の 総 人 口 を100としたときの 総 人 口 の 値 のこと 表 Ⅱ-4 地 域 ブロック 別 総 人 口 の 増 加 率 ブ ロ ッ ク 平 成 17~22 年 (2005~2010) 平 成 22~27 年 (2010~2015) 平 成 27~32 年 (2015~2020) 平 成 32~37 年 (2020~2025) 平 成 37~42 年 (2025~2030) 平 成 42~47 年 (2030~2035) (%) 平 成 47~52 年 (2035~2040) 北 海 道 東 北 関 東 北 関 東 南 関 東 中 部 近 畿 中 国 四 国 九 州 沖 縄 注 ) -0.0とは 四 捨 五 入 の 関 係 で0となっているが マイナスであることを 意 味 する 表 Ⅱ-5 全 国 人 口 に 占 める 地 域 ブロック 別 人 口 の 割 合 ( 総 人 口 ) ブ ロ ッ ク 平 成 22 年 (2010) 平 成 27 年 (2015) 平 成 32 年 (2020) 平 成 37 年 (2025) 平 成 42 年 (2030) 平 成 47 年 (2035) (%) 平 成 52 年 (2040) 北 海 道 東 北 関 東 北 関 東 南 関 東 中 部 近 畿 中 国 四 国 九 州 沖 縄 地 域 区 分 北 海 道 : 北 海 道 東 北 : 青 森 県 岩 手 県 宮 城 県 秋 田 県 山 形 県 福 島 県 北 関 東 : 茨 城 県 栃 木 県 群 馬 県 南 関 東 : 埼 玉 県 千 葉 県 東 京 都 神 奈 川 県 中 部 : 新 潟 県 富 山 県 石 川 県 福 井 県 山 梨 県 長 野 県 岐 阜 県 静 岡 県 愛 知 県 近 畿 : 三 重 県 滋 賀 県 京 都 府 大 阪 府 兵 庫 県 奈 良 県 和 歌 山 県 中 国 : 鳥 取 県 島 根 県 岡 山 県 広 島 県 山 口 県 四 国 : 徳 島 県 香 川 県 愛 媛 県 高 知 県 九 州 沖 縄 : 福 岡 県 佐 賀 県 長 崎 県 熊 本 県 大 分 県 宮 崎 県 鹿 児 島 県 沖 縄 県 17

20 表 Ⅱ-6 全 国 人 口 に 占 める 都 道 府 県 別 人 口 の 割 合 ( 総 人 口 ) (%) 平 成 52 年 (2040) 地 域 平 成 22 年 (2010) 平 成 27 年 (2015) 平 成 32 年 (2020) 平 成 37 年 (2025) 平 成 42 年 (2030) 平 成 47 年 (2035) 全 国 北 海 道 青 森 県 岩 手 県 宮 城 県 秋 田 県 山 形 県 福 島 県 茨 城 県 栃 木 県 群 馬 県 埼 玉 県 千 葉 県 東 京 都 神 奈 川 県 新 潟 県 富 山 県 石 川 県 福 井 県 山 梨 県 長 野 県 岐 阜 県 静 岡 県 愛 知 県 三 重 県 滋 賀 県 京 都 府 大 阪 府 兵 庫 県 奈 良 県 和 歌 山 県 鳥 取 県 島 根 県 岡 山 県 広 島 県 山 口 県 徳 島 県 香 川 県 愛 媛 県 高 知 県 福 岡 県 佐 賀 県 長 崎 県 熊 本 県 大 分 県 宮 崎 県 鹿 児 島 県 沖 縄 県

21 表 Ⅱ-7 都 道 府 県 別 0-14 歳 人 口 と 指 数 ( 平 成 22 年 =100) 地 域 平 成 22 年 (2010) 平 成 27 年 (2015) 平 成 32 年 (2020) 総 人 口 (1,000 人 ) 指 数 ( 平 成 22 年 =100) 平 成 37 年 (2025) 平 成 42 年 (2030) 平 成 47 年 (2035) 平 成 52 年 (2040) 平 成 37 年 (2025) 平 成 52 年 (2040) 全 国 16,839 15,827 14,568 13,240 12,039 11,287 10, 北 海 道 青 森 県 岩 手 県 宮 城 県 秋 田 県 山 形 県 福 島 県 茨 城 県 栃 木 県 群 馬 県 埼 玉 県 千 葉 県 東 京 都 1,486 1,484 1,421 1,312 1,198 1,122 1, 神 奈 川 県 1,190 1,149 1, 新 潟 県 富 山 県 石 川 県 福 井 県 山 梨 県 長 野 県 岐 阜 県 静 岡 県 愛 知 県 1,066 1, 三 重 県 滋 賀 県 京 都 府 大 阪 府 1,172 1, 兵 庫 県 奈 良 県 和 歌 山 県 鳥 取 県 島 根 県 岡 山 県 広 島 県 山 口 県 徳 島 県 香 川 県 愛 媛 県 高 知 県 福 岡 県 佐 賀 県 長 崎 県 熊 本 県 大 分 県 宮 崎 県 鹿 児 島 県 沖 縄 県 注 ) 指 数 とは 平 成 22(2010) 年 の0-14 歳 人 口 を100としたときの0-14 歳 人 口 の 値 のこと 19

22 表 Ⅱ-8 都 道 府 県 別 0-14 歳 人 口 の 割 合 (%) 平 成 52 年 (2040) 地 域 平 成 22 年 (2010) 平 成 27 年 (2015) 平 成 32 年 (2020) 平 成 37 年 (2025) 平 成 42 年 (2030) 平 成 47 年 (2035) 全 国 北 海 道 青 森 県 岩 手 県 宮 城 県 秋 田 県 山 形 県 福 島 県 茨 城 県 栃 木 県 群 馬 県 埼 玉 県 千 葉 県 東 京 都 神 奈 川 県 新 潟 県 富 山 県 石 川 県 福 井 県 山 梨 県 長 野 県 岐 阜 県 静 岡 県 愛 知 県 三 重 県 滋 賀 県 京 都 府 大 阪 府 兵 庫 県 奈 良 県 和 歌 山 県 鳥 取 県 島 根 県 岡 山 県 広 島 県 山 口 県 徳 島 県 香 川 県 愛 媛 県 高 知 県 福 岡 県 佐 賀 県 長 崎 県 熊 本 県 大 分 県 宮 崎 県 鹿 児 島 県 沖 縄 県

23 表 Ⅱ-9 都 道 府 県 別 歳 人 口 と 指 数 ( 平 成 22 年 =100) 地 域 平 成 22 年 (2010) 平 成 27 年 (2015) 平 成 32 年 (2020) 総 人 口 (1,000 人 ) 指 数 ( 平 成 22 年 =100) 平 成 37 年 (2025) 平 成 42 年 (2030) 平 成 47 年 (2035) 平 成 52 年 (2040) 平 成 37 年 (2025) 平 成 52 年 (2040) 全 国 81,735 76,818 73,408 70,845 67,730 63,430 57, 北 海 道 3,489 3,190 2,950 2,774 2,589 2,382 2, 青 森 県 岩 手 県 宮 城 県 1,515 1,425 1,351 1,291 1,232 1,161 1, 秋 田 県 山 形 県 福 島 県 1,245 1,124 1, 茨 城 県 1,902 1,776 1,673 1,599 1,524 1,426 1, 栃 木 県 1,294 1,206 1,135 1,081 1, 群 馬 県 1,259 1,174 1,113 1,068 1, 埼 玉 県 4,769 4,514 4,353 4,244 4,084 3,820 3, 千 葉 県 4,071 3,803 3,646 3,541 3,397 3,171 2, 東 京 都 8,994 8,788 8,653 8,544 8,261 7,770 7, 神 奈 川 県 6,028 5,796 5,671 5,578 5,376 5,031 4, 新 潟 県 1,449 1,336 1,239 1,167 1,099 1, 富 山 県 石 川 県 福 井 県 山 梨 県 長 野 県 1,286 1,195 1,131 1,077 1, 岐 阜 県 1,289 1,198 1,139 1,093 1, 静 岡 県 2,356 2,191 2,074 1,985 1,885 1,756 1, 愛 知 県 4,839 4,651 4,561 4,504 4,383 4,168 3, 三 重 県 1,151 1,080 1, 滋 賀 県 京 都 府 1,684 1,566 1,505 1,463 1,404 1,317 1, 大 阪 府 5,708 5,370 5,183 5,048 4,827 4,483 4, 兵 庫 県 3,537 3,322 3,186 3,083 2,946 2,753 2, 奈 良 県 和 歌 山 県 鳥 取 県 島 根 県 岡 山 県 1,191 1,114 1,068 1, 広 島 県 1,788 1,664 1,587 1,533 1,476 1,391 1, 山 口 県 徳 島 県 香 川 県 愛 媛 県 高 知 県 福 岡 県 3,254 3,057 2,905 2,809 2,711 2,569 2, 佐 賀 県 長 崎 県 熊 本 県 1,101 1, 大 分 県 宮 崎 県 鹿 児 島 県 1, 沖 縄 県 注 ) 指 数 とは 平 成 22(2010) 年 の15-64 歳 人 口 を100としたときの15-64 歳 人 口 の 値 のこと 21

24 表 Ⅱ-10 都 道 府 県 別 歳 人 口 の 割 合 (%) 平 成 52 年 (2040) 地 域 平 成 22 年 (2010) 平 成 27 年 (2015) 平 成 32 年 (2020) 平 成 37 年 (2025) 平 成 42 年 (2030) 平 成 47 年 (2035) 全 国 北 海 道 青 森 県 岩 手 県 宮 城 県 秋 田 県 山 形 県 福 島 県 茨 城 県 栃 木 県 群 馬 県 埼 玉 県 千 葉 県 東 京 都 神 奈 川 県 新 潟 県 富 山 県 石 川 県 福 井 県 山 梨 県 長 野 県 岐 阜 県 静 岡 県 愛 知 県 三 重 県 滋 賀 県 京 都 府 大 阪 府 兵 庫 県 奈 良 県 和 歌 山 県 鳥 取 県 島 根 県 岡 山 県 広 島 県 山 口 県 徳 島 県 香 川 県 愛 媛 県 高 知 県 福 岡 県 佐 賀 県 長 崎 県 熊 本 県 大 分 県 宮 崎 県 鹿 児 島 県 沖 縄 県

25 表 Ⅱ-11 都 道 府 県 別 65 歳 以 上 人 口 と 指 数 ( 平 成 22 年 =100) 地 域 平 成 22 年 (2010) 平 成 27 年 (2015) 平 成 32 年 (2020) 総 人 口 (1,000 人 ) 指 数 ( 平 成 22 年 =100) 平 成 37 年 (2025) 平 成 42 年 (2030) 平 成 47 年 (2035) 平 成 52 年 (2040) 平 成 37 年 (2025) 平 成 52 年 (2040) 全 国 29,484 33,952 36,124 36,573 36,849 37,407 38, 北 海 道 1,360 1,575 1,697 1,716 1,713 1,699 1, 青 森 県 岩 手 県 宮 城 県 秋 田 県 山 形 県 福 島 県 茨 城 県 栃 木 県 群 馬 県 埼 玉 県 1,470 1,786 1,943 1,982 2,016 2,086 2, 千 葉 県 1,339 1,622 1,764 1,798 1,822 1,871 1, 東 京 都 2,679 3,077 3,241 3,322 3,498 3,770 4, 神 奈 川 県 1,830 2,203 2,378 2,448 2,558 2,726 2, 新 潟 県 富 山 県 石 川 県 福 井 県 山 梨 県 長 野 県 岐 阜 県 静 岡 県 897 1,027 1,090 1,101 1,100 1,103 1, 愛 知 県 1,506 1,789 1,908 1,943 1,995 2,080 2, 三 重 県 滋 賀 県 京 都 府 大 阪 府 1,985 2,345 2,467 2,457 2,476 2,552 2, 兵 庫 県 1,290 1,501 1,588 1,600 1,612 1,639 1, 奈 良 県 和 歌 山 県 鳥 取 県 島 根 県 岡 山 県 広 島 県 山 口 県 徳 島 県 香 川 県 愛 媛 県 高 知 県 福 岡 県 1,132 1,330 1,446 1,481 1,489 1,502 1, 佐 賀 県 長 崎 県 熊 本 県 大 分 県 宮 崎 県 鹿 児 島 県 沖 縄 県 注 ) 指 数 とは 平 成 22(2010) 年 の65 歳 以 上 人 口 を100としたときの65 歳 以 上 人 口 の 値 のこと 23

26 東 京 都 神 奈 川 県 大 阪 府 愛 知 県 埼 玉 県 千 葉 県 北 海 道 兵 庫 県 福 岡 県 静 岡 県 茨 城 県 広 島 県 京 都 府 宮 城 県 新 潟 県 長 野 県 岐 阜 県 栃 木 県 群 馬 県 福 島 県 岡 山 県 三 重 県 熊 本 県 鹿 児 島 県 滋 賀 県 奈 良 県 愛 媛 県 沖 縄 県 長 崎 県 山 口 県 青 森 県 岩 手 県 石 川 県 大 分 県 宮 崎 県 山 形 県 富 山 県 秋 田 県 香 川 県 和 歌 山 県 山 梨 県 佐 賀 県 福 井 県 徳 島 県 高 知 県 島 根 県 鳥 取 県 65 歳 以 上 人 口 (1,000 人 ) km 平 成 22(2010) 年 平 成 52(2040) 年 図 Ⅱ-3 平 成 52(2040) 年 の 都 道 府 県 別 65 歳 以 上 人 口 の 指 数 ( 平 成 22 年 =100) 注 ) 65 歳 以 上 人 口 の 指 数 とは 平 成 22(2010) 年 の 65 歳 以 上 人 口 を 100 としたときの 65 歳 以 上 人 口 の 値 のこと 図 Ⅱ-2 平 成 22(2010) 年 と 平 成 52(2040) 年 の 都 道 府 県 別 65 歳 以 上 人 口 指 数 ( 平 成 22 年 =100)

27 表 Ⅱ-12 都 道 府 県 別 65 歳 以 上 人 口 の 割 合 (%) 平 成 52 年 (2040) 地 域 平 成 22 年 (2010) 平 成 27 年 (2015) 平 成 32 年 (2020) 平 成 37 年 (2025) 平 成 42 年 (2030) 平 成 47 年 (2035) 全 国 北 海 道 青 森 県 岩 手 県 宮 城 県 秋 田 県 山 形 県 福 島 県 茨 城 県 栃 木 県 群 馬 県 埼 玉 県 千 葉 県 東 京 都 神 奈 川 県 新 潟 県 富 山 県 石 川 県 福 井 県 山 梨 県 長 野 県 岐 阜 県 静 岡 県 愛 知 県 三 重 県 滋 賀 県 京 都 府 大 阪 府 兵 庫 県 奈 良 県 和 歌 山 県 鳥 取 県 島 根 県 岡 山 県 広 島 県 山 口 県 徳 島 県 香 川 県 愛 媛 県 高 知 県 福 岡 県 佐 賀 県 長 崎 県 熊 本 県 大 分 県 宮 崎 県 鹿 児 島 県 沖 縄 県

28 平 成 22(2010) 年 平 成 37(2025) 年 平 成 52(2040) 年 割 合 (%) km 図 Ⅱ-4 都 道 府 県 別 65 歳 以 上 人 口 の 割 合 26

29 表 Ⅱ-13 都 道 府 県 別 75 歳 以 上 人 口 と 指 数 ( 平 成 22 年 =100) 地 域 平 成 22 年 (2010) 平 成 27 年 (2015) 平 成 32 年 (2020) 総 人 口 (1,000 人 ) 指 数 ( 平 成 22 年 =100) 平 成 37 年 (2025) 平 成 42 年 (2030) 平 成 47 年 (2035) 平 成 52 年 (2040) 平 成 37 年 (2025) 平 成 52 年 (2040) 全 国 14,194 16,458 18,790 21,786 22,784 22,454 22, 北 海 道 ,024 1,091 1,077 1, 青 森 県 岩 手 県 宮 城 県 秋 田 県 山 形 県 福 島 県 茨 城 県 栃 木 県 群 馬 県 埼 玉 県 ,177 1,236 1,205 1, 千 葉 県 ,082 1,137 1,109 1, 東 京 都 1,234 1,473 1,712 1,977 2,033 2,028 2, 神 奈 川 県 794 1,016 1,249 1,485 1,552 1,540 1, 新 潟 県 富 山 県 石 川 県 福 井 県 山 梨 県 長 野 県 岐 阜 県 静 岡 県 愛 知 県 ,166 1,206 1,187 1, 三 重 県 滋 賀 県 京 都 府 大 阪 府 843 1,070 1,304 1,528 1,549 1,479 1, 兵 庫 県 , 奈 良 県 和 歌 山 県 鳥 取 県 島 根 県 岡 山 県 広 島 県 山 口 県 徳 島 県 香 川 県 愛 媛 県 高 知 県 福 岡 県 佐 賀 県 長 崎 県 熊 本 県 大 分 県 宮 崎 県 鹿 児 島 県 沖 縄 県 注 ) 指 数 とは 平 成 22(2010) 年 の75 歳 以 上 人 口 を100としたときの75 歳 以 上 人 口 の 値 のこと 27

30 東 京 都 神 奈 川 県 大 阪 府 愛 知 県 埼 玉 県 千 葉 県 北 海 道 兵 庫 県 福 岡 県 静 岡 県 茨 城 県 広 島 県 京 都 府 宮 城 県 新 潟 県 長 野 県 福 島 県 岐 阜 県 栃 木 県 群 馬 県 熊 本 県 岡 山 県 鹿 児 島 県 三 重 県 長 崎 県 愛 媛 県 山 口 県 奈 良 県 滋 賀 県 沖 縄 県 青 森 県 岩 手 県 大 分 県 宮 崎 県 山 形 県 石 川 県 秋 田 県 富 山 県 香 川 県 和 歌 山 県 山 梨 県 佐 賀 県 福 井 県 徳 島 県 高 知 県 島 根 県 鳥 取 県 75 歳 以 上 人 口 (1,000 人 ) km 平 成 22(2010) 年 平 成 52(2040) 年 図 Ⅱ-6 平 成 52(2040) 年 の 都 道 府 県 別 75 歳 以 上 人 口 の 指 数 ( 平 成 22 年 =100) 注 ) 75 歳 以 上 人 口 の 指 数 とは 平 成 22(2010) 年 の 75 歳 以 上 人 口 を 100 としたときの 75 歳 以 上 人 口 の 値 のこと 図 Ⅱ-5 平 成 22(2010) 年 と 平 成 52(2040) 年 の 都 道 府 県 別 75 歳 以 上 人 口 指 数 ( 平 成 22 年 =100)

31 表 Ⅱ-14 都 道 府 県 別 75 歳 以 上 人 口 の 割 合 (%) 平 成 52 年 (2040) 地 域 平 成 22 年 (2010) 平 成 27 年 (2015) 平 成 32 年 (2020) 平 成 37 年 (2025) 平 成 42 年 (2030) 平 成 47 年 (2035) 全 国 北 海 道 青 森 県 岩 手 県 宮 城 県 秋 田 県 山 形 県 福 島 県 茨 城 県 栃 木 県 群 馬 県 埼 玉 県 千 葉 県 東 京 都 神 奈 川 県 新 潟 県 富 山 県 石 川 県 福 井 県 山 梨 県 長 野 県 岐 阜 県 静 岡 県 愛 知 県 三 重 県 滋 賀 県 京 都 府 大 阪 府 兵 庫 県 奈 良 県 和 歌 山 県 鳥 取 県 島 根 県 岡 山 県 広 島 県 山 口 県 徳 島 県 香 川 県 愛 媛 県 高 知 県 福 岡 県 佐 賀 県 長 崎 県 熊 本 県 大 分 県 宮 崎 県 鹿 児 島 県 沖 縄 県

49.6 1

49.6 1 49.6 1 t-co2 120 100 80 60 40 20 0 2 4 8 40 52 53 53 59 64 79 83 83 108 101 104 2 3 鳥 取 県 3 2,876 t 岡 山 県 83,782 t 島 根 県 8 1,660 t 広 島 県 15 3,995t 福 岡 県 19 4,141 t 佐 賀 県 3 952 t 大 分 県 53,181 t 長 崎 県 2

More information

Microsoft Word - 国民年金の加入納付状況H25

Microsoft Word - 国民年金の加入納付状況H25 平 成 25 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 25 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平 成 25 の 保 険 料

More information

Microsoft Word - 概況(確定版).doc

Microsoft Word - 概況(確定版).doc 平 成 25 年 2 月 28 日 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 小 野 暁 史 課 長 補 佐 關 雅 夫 ( 内 線 7471) 計 析 第 一 係 ( 内 線 7470) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2812 ( F A X ) 03(3595)1670 平 成

More information

Ⅰ 平成14年度の状況

Ⅰ 平成14年度の状況 平 成 22 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 22 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 数 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平 成 22 の 保 険

More information

... 1... 1... 1 1... 2 1.1... 2 1.2... 3 1.3... 3 1.4... 4 1.5... 5 2... 6 2.1... 6 2.1.1... 6 2.1.2 10... 7 2.1.3 10... 8 2.1.4 10... 9 2.2... 10 2.2

... 1... 1... 1 1... 2 1.1... 2 1.2... 3 1.3... 3 1.4... 4 1.5... 5 2... 6 2.1... 6 2.1.1... 6 2.1.2 10... 7 2.1.3 10... 8 2.1.4 10... 9 2.2... 10 2.2 2016 1 20 12-6288 ... 1... 1... 1 1... 2 1.1... 2 1.2... 3 1.3... 3 1.4... 4 1.5... 5 2... 6 2.1... 6 2.1.1... 6 2.1.2 10... 7 2.1.3 10... 8 2.1.4 10... 9 2.2... 10 2.2.1... 10 2.2.2... 11 2.3... 12 2.3.1...

More information

Ⅰ 平成14年度の状況

Ⅰ 平成14年度の状況 資 料 3-2 平 成 23 度 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 23 度 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 数 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平

More information

○00表紙

○00表紙 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 廣 瀨 滋 樹 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 山 口 浩 司 ( 内 線 7475) 担 当 係 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 27 年 人 口 動 態 統 計 月 報

More information

大 分 類 小 分 類 建 設 工 事 の 種 類 土 木 建 築 工 事 業 前 記 による 総 合 工 事 業 土 木 工 事 業 ( 土 木 工 事 が 完 成 工 事 高 の8 割 以 上 ) 建 築 工 事 業 ( 土 木 工 事 が 完 成 工 事 高 の2 割 未 満 ) 設 備 工

大 分 類 小 分 類 建 設 工 事 の 種 類 土 木 建 築 工 事 業 前 記 による 総 合 工 事 業 土 木 工 事 業 ( 土 木 工 事 が 完 成 工 事 高 の8 割 以 上 ) 建 築 工 事 業 ( 土 木 工 事 が 完 成 工 事 高 の2 割 未 満 ) 設 備 工 建 設 業 の 経 営 分 析 ( 平 成 26 年 度 ) ( 概 要 版 ) 1. 調 査 の 概 要 (1) 調 査 目 的 建 設 企 業 の 経 営 分 析 を 行 い 建 設 業 の 健 全 な 発 展 に 資 する 基 礎 資 料 を 得 ることを 目 的 とする (2) 調 査 事 項 各 財 務 比 率 の 平 均 値 を 調 査 した (3) 調 査 対 象 一 般 財 団 法

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203030955C8E86819597A094928E86>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203030955C8E86819597A094928E86> 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 小 野 暁 史 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 村 上 修 司 ( 内 線 7475) 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 24 年 人 口 動 態 統 計 月 報 年 計 (

More information

00表紙

00表紙 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 小 野 暁 史 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 近 藤 敬 太 ( 内 線 7475) 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 月 報 年 計 (

More information

資 料 10 山 梨 県 まち ひと し ごと 創 生 人 口 ビジョン ( 中 間 報 告 ) 山 梨 県 まち ひと しごと 創 生 人 口 ビジョン 中 間 報 告 山 梨 県 人 口 減 少 対 策 戦 略 本 部 平 成 27 年 6 月 目 次 1 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 1 2 人 口 の 現 状 分 析 (1) 人 口 動 向 分 析 総 人 口 2 自 然 増 減

More information

○00表紙

○00表紙 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 廣 瀬 滋 樹 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 藤 井 義 弘 ( 内 線 7475) 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 26 年 人 口 動 態 統 計 月 報 年 計 (

More information

1, 1

1, 1 0 1, 1 ( 人 ) 40,000 35,000 30,000 移 民 取 扱 人 による 者 移 民 取 扱 人 によらない 者 合 計 25,000 20,000 15,000 10,000 5,000 0 1899 年 1900 年 1901 年 1902 年 1903 年 1904 年 1905 年 1906 年 1907 年 1908 年 1909 年 1910 年 1911 年 1912

More information

○00表紙

○00表紙 結 果 の 概 要 1 結 果 の 要 約 (1) 出 生 数 は 減 少 出 生 数 は1 万 3532 人 で 前 年 の12 万 9816 人 より2 万 6284 人 減 少 し 出 生 率 ( 人 口 千 対 ) は 8.で 前 年 の8.2を 下 回 った 出 生 数 を 母 の 年 齢 (5 歳 階 級 ) 別 にみると 2~39 歳 の 各 階 級 では 前 年 より 減 少 しているが

More information

1 福 岡 市 の 将 来 人 口 推 計 ( 基 礎 資 料 ) 平 成 24 年 3 月 福 岡 市 総 務 企 画 局 企 画 調 整 部 目 次 1 福 岡 市 の 人 口 動 向 1-1 人 口 及 び 世 帯 の 概 況 1 (1) 総 人 口 男 女 別 人 口 1 (2) 人 口 動 態 2 (3) 区 別 人 口 4 (4) 年 齢 階 層 別 (3 区 分 ) 人 口 5 (5) 昼

More information

Microsoft Word - Ⅰ章_100525.doc

Microsoft Word - Ⅰ章_100525.doc Ⅰ. 市 街 化 区 域 内 農 地 の 資 産 価 値 の 整 理 1. 一 般 農 地 市 街 化 区 域 内 農 地 及 び 宅 地 に 係 る 固 定 資 産 税 の 負 担 水 準 等 の 経 年 変 化 等 についての 税 制 上 の 整 理 1) 一 般 農 地 市 街 化 区 域 内 農 地 及 び 宅 地 に 係 る 固 定 資 産 税 制 度 の 基 本 的 な 仕 組 み 農

More information

<4D F736F F F696E74202D E38BA A A8D9195DB91678D8795E28F958CA992BC82B DC58F4994C52E >

<4D F736F F F696E74202D E38BA A A8D9195DB91678D8795E28F958CA992BC82B DC58F4994C52E > 23.9.28 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 説 明 資 料 国 民 健 康 保 険 組 合 に 対 する 補 助 の 見 直 しについて 平 成 23 年 9 月 28 日 厚 生 労 働 省 保 険 局 国 民 健 康 保 険 課 1 国 民 健 康 保 険 組 合 の 概 要 同 種 の 事 業 又 は 業 務 に 従 事 する 従 業 員 等 を 組 合 員 として 組 織 された

More information

<5461726F2D30362D955C8E8648313681699286955C8E86816A2E6A7464>

<5461726F2D30362D955C8E8648313681699286955C8E86816A2E6A7464> 参 考 人 権 教 育 のための 国 連 10 年 に 係 る 各 都 道 府 県 の 取 組 状 況 について 人 権 教 育 のための 国 連 10 年 に 係 る 各 都 道 府 県 の 取 組 状 況 について 人 権 教 育 のための 国 連 10 年 推 進 本 部 は, 平 成 9 年 7 月 に 人 権 教 育 のた めの 国 連 10 年 に 関 する 国 内 行 動 計 画 を

More information

ポイント 上 昇 が 上 昇 し 専 修 校 一 般 課 程 等 入 1.4ポイント 低 下 などが 低 下 しており 上 述 した 傾 向 がより 顕 著 に 表 れている また 同 時 に 一 時 的 な 仕 事 に 就 いた 者 1.1ポイント 低 下 およびその 他 の 者 1.5ポイント

ポイント 上 昇 が 上 昇 し 専 修 校 一 般 課 程 等 入 1.4ポイント 低 下 などが 低 下 しており 上 述 した 傾 向 がより 顕 著 に 表 れている また 同 時 に 一 時 的 な 仕 事 に 就 いた 者 1.1ポイント 低 下 およびその 他 の 者 1.5ポイント 調 査 レポート 調 査 レポート 原 稿 15 年 1 月 東 日 東 本 日 大 本 震 大 災 後 の の 高 校 卒 業 業 者 者 の の 路 動 路 向 動 向 1. 概 況 文 部 科 省 校 基 本 調 査 における の 14 年 3 月 の 高 校 卒 業 者 数 は 前 年 比 597 人 2.9 減 の19,657 人 となり 2 年 ぶりに 前 年 を 下 回 った 路 別

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2_20151218木材需給会議資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 資料2_20151218木材需給会議資料.pptx 資 料 2 最 近 の 住 宅 着 工 動 向 等 に 関 する 資 料 平 成 27 年 12 月 ( 独 ) 住 宅 金 融 支 援 機 構 調 査 部 新 設 住 宅 着 工 戸 数 (2015 年 10 月 )は 8か 月 ぶりにマイナス 2015 年 10 月 の 新 設 住 宅 着 工 戸 数 は77,153 戸 前 年 同 月 比 伸 び 率 は 2.5%で 8か 月 ぶりにマイナスに

More information

2 次 2 次 2 次 2 次 信 州 ( 教 育 - 学 校 - 保 健 体 育 ) 70 北 海 道 教 育 ( 教 育 札 幌 - 教 員 - 理 数 教 育 ) 52.5 愛 知 教 育 ( 教 育 - 初 等 - 社 会 ) 宮 城 教 育 ( 教 育 - 中 等 - 国

2 次 2 次 2 次 2 次 信 州 ( 教 育 - 学 校 - 保 健 体 育 ) 70 北 海 道 教 育 ( 教 育 札 幌 - 教 員 - 理 数 教 育 ) 52.5 愛 知 教 育 ( 教 育 - 初 等 - 社 会 ) 宮 城 教 育 ( 教 育 - 中 等 - 国 2 次 2 次 2 次 2 次 81 東 京 学 芸 ( 教 育 - 中 等 - 数 学 ) 東 京 学 芸 ( 教 育 - 初 等 - 英 語 ) 62.5 79 信 州 ( 教 育 - 学 校 - 英 語 教 育 ) ( 教 育 - 中 等 - 数 学 ) 60.0 ( 教 育 - 学 校 - 保 健 体 育 ) ( 教 育 - 中 等 - 英 語 ) 62.5 都 留 文 科 ( 文 - 初

More information

スポーツ振興くじ(2015年度販売・投票概況集計(第755回~第832回))

スポーツ振興くじ(2015年度販売・投票概況集計(第755回~第832回)) 資 料 スポーツ 振 興 くじ 2015 年 度 販 売 投 票 概 況 集 計 ( 第 755 回 ~ 第 832 回 ) 2016 年 4 月 目 次 2015 年 度 のまとめ 1 1.2015 年 度 売 上 の 推 移 2~3 2.2015 年 度 売 上 当 せん 結 果 の 推 移 2-1 toto 4 2-2 mini toto-a 組 5 2-3 mini toto-b 組 6 2-4

More information

Microsoft Word - 本編2-3.doc

Microsoft Word - 本編2-3.doc 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 19 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 18 年 度 調 査 により 把

More information

81 平 均 寿 命 女 単 位 : 年 全 国 86.35 長 野 県 87.18 1 島 根 県 87.07 2 沖 縄 県 87.02 3 熊 本 県 86.98 4 新 潟 県 86.96 5 三 重 県 86.25 30 岩 手 県 85.86 43 茨 城 県 85.83 44 和 歌

81 平 均 寿 命 女 単 位 : 年 全 国 86.35 長 野 県 87.18 1 島 根 県 87.07 2 沖 縄 県 87.02 3 熊 本 県 86.98 4 新 潟 県 86.96 5 三 重 県 86.25 30 岩 手 県 85.86 43 茨 城 県 85.83 44 和 歌 80 平 均 寿 命 男 単 位 : 年 全 国 79.59 長 野 県 80.88 1 滋 賀 県 80.58 2 福 井 県 80.47 3 熊 本 県 80.29 4 神 奈 川 県 80.25 5 三 重 県 79.68 21 長 崎 県 78.88 43 福 島 県 78.84 44 岩 手 県 78.53 45 秋 田 県 78.22 46 青 森 県 77.28 47 平 均 寿 命

More information

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 資 料 5 医 療 費 等 現 状 について 健 康 祉 政 策 課 1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 状 況 (4)1 人 当 たり

More information

私 大 退 職 金 財 団 報 2012.9.24 第 77 号 財 団 法 人 私 立 大 学 退 職 金 財 団 平 成 24 年 度 退 職 金 等 に 関 する 実 態 調 査 報 告 書 平 成 24 年 度 退 職 金 等 に 関 する 実 態 調 査 報 告 について 調 査 結 果 の 概 略 1 2 調 査 方 法 等 の 概 要 と 前 提 条 件 4 調 査 結 果 Q1 Q2

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 23 年 11 月 24 日 第 49 回 社 会 保 障 審 議 会 医 療 保 険 部 会 資 料 5 国 保 組 合 の 国 庫 補 助 の 見 直 しについて 平 成 23 年 11 月 24 日 厚 生 労 働 省 保 険 局 国 民 健 康 保 険 組 合 の 概 要 同 種 の 事 業 又 は 業 務 に 従 事 する 従 業 員 等 を 組 合 員 として 組 織 された 国

More information

aaaH26年度 医療費の動向_プレスリリース

aaaH26年度 医療費の動向_プレスリリース Press Release 報 道 関 係 者 各 位 平 成 27 年 9 月 3 日 照 会 先 保 険 局 調 査 課 課 長 秋 田 倫 秀 ( 内 線 3291) 数 理 企 画 官 鎌 田 真 隆 ( 内 線 3293) 担 当 係 医 療 機 関 医 療 費 係 ( 内 線 3298) 電 話 : 03(5253)1111 ( 代 表 ) 03(3595)2579 ( 直 通 ) 平

More information

統 計 表 1 措 置 入 院 患 者 数 医 療 保 護 入 院 届 出 数, 年 次 別 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 統 計 表 2 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 口 10 万 対 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 主 な 生

統 計 表 1 措 置 入 院 患 者 数 医 療 保 護 入 院 届 出 数, 年 次 別 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 統 計 表 2 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 口 10 万 対 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 主 な 生 統 計 表 一 覧 統 計 表 1 統 計 表 2 統 計 表 3 統 計 表 4 統 計 表 5 統 計 表 6 統 計 表 7 統 計 表 8 統 計 表 9 統 計 表 10 措 置 入 院 患 者 数 医 療 保 護 入 院 届 出 数, 年 次 別 主 な 生 活 衛 生 関 係 数, 年 次 別 許 可 を 要 する 主 な 食 品 関 係 営 業 数, 年 次 別 年 齢 階 級 別

More information

も 上 昇 すると 見 込 まれる (P.8 11 表 3-2) 2030 年 の 就 業 率 は ゼロ 成 長 参 加 現 状 で 53.2%と 2014 年 の 57.3%から 低 下 するが 経 済 再 生 参 加 進 展 では 59.0%に 上 昇 すると 見 込 まれる (P.8 10 1

も 上 昇 すると 見 込 まれる (P.8 11 表 3-2) 2030 年 の 就 業 率 は ゼロ 成 長 参 加 現 状 で 53.2%と 2014 年 の 57.3%から 低 下 するが 経 済 再 生 参 加 進 展 では 59.0%に 上 昇 すると 見 込 まれる (P.8 10 1 平 成 27 年 12 月 16 日 ( 水 ) 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構 ( 理 事 長 菅 野 和 夫 ) 経 済 社 会 と 労 働 部 門 副 主 任 研 究 員 中 野 諭 ( 電 話 )03-5903-6223 URL:http://www.jil.go.jp/ 平 成 27 年 労 働 力 需 給 の 推 計 新 たな 全 国 推 計 を 踏 まえた

More information

平 成 24 年 度 若 狭 路 観 光 実 態 調 査 業 務 報 告 書 平 成 24 年 1 月 嶺 南 広 域 行 政 組 合 目 次 Ⅰ. 調 査 概 要 ------------------------------------------------- 1 Ⅱ. 調 査 結 果 のまとめ----------------------------------------- 2 1. 若 狭

More information

Microsoft Word - M075029_檜山_表紙.docx

Microsoft Word - M075029_檜山_表紙.docx 2011 1 25 075029 4 61 29 1 1 2 1.1 2 1.2 3 1.3 5 1.4 6 2 12 2.1 12 2.2 13 3 15 3.1 15 3.2 17 3.3 19 20 21 web 21 はじめに 研 究 概 要 2 研 究 方 法 CSV ArcGIS 21 1 第 1 章 新 聞 業 界 の 現 状 1.1 全 体 の 売 上 1 図 1: 業 界 全 体

More information

Taro-案文および改正後全文

Taro-案文および改正後全文 ( 改 正 後 全 文 ) 一 部 改 正 雇 児 福 発 0 3 3 1 第 1 号 雇 児 母 発 0 3 3 1 第 2 号 障 障 発 0 3 3 1 第 2 号 平 成 2 7 年 3 月 3 1 日 雇 児 福 発 0 4 0 1 第 2 号 雇 児 母 発 0 4 0 1 第 3 号 障 障 発 0 4 0 1 第 1 号 平 成 2 8 年 4 月 1 日 各 指 定 都 市 民 生

More information

<3232944E8E5A92E88AEE916293CD2E786C73>

<3232944E8E5A92E88AEE916293CD2E786C73> 備 考 欄 に 記 載 のお 願 い 従 前 と 改 定 後 に2 等 級 以 上 の 差 がある 場 合 固 定 的 賃 金 の 変 動 がない 場 合 月 額 変 更 に 該 当 しません 非 固 定 的 賃 金 ( 残 業 等 )のみが 変 動 した 方 につきましては 必 ず 算 定 基 礎 届 の 備 考 欄 に 固 定 給 の 変 動 なし と ください 固 定 的 賃 金 の 変 動

More information

平 成 28 年 版 労 働 経 済 分 析 誰 もが 活 躍 できる 社 会 実 現 と 労 働 生 産 性 向 上 に 向 けた 課 題 平 成 28 年 9 月 厚 生 労 働 省 目 次 平 成 28 年 版 労 働 経 済 分 析 誰 もが 活 躍 できる 社 会 実 現 と 労 働 生 産 性 向 上 に 向 けた 課 題 はじめに 1 凡 例 2 第 1 章 労 働 経 済 推 移

More information

決 勝 を 行 う 予 選 での6 種 目 の 各 種 目 ベスト4の 得 点 総 合 計 により 上 位 18 チームを 選 び そのチームによって 決 勝 を 行 う 成 績 順 位 は 決 勝 における6 種 目 の 各 種 目 ベスト4の 得 点 総 合 計 によって 決 定 する 女 子

決 勝 を 行 う 予 選 での6 種 目 の 各 種 目 ベスト4の 得 点 総 合 計 により 上 位 18 チームを 選 び そのチームによって 決 勝 を 行 う 成 績 順 位 は 決 勝 における6 種 目 の 各 種 目 ベスト4の 得 点 総 合 計 によって 決 定 する 女 子 9 体 操 競 技 1 期 日 競 技 平 成 28 年 10 月 2 日 ( 日 )から 10 月 5 日 ( 水 )まで(4 日 間 ) 種 別 10 月 2 日 ( 日 ) 10 月 3 日 ( 月 ) 10 月 4 日 ( 火 ) 10 月 5 日 ( 水 ) 成 年 男 子 自 由 ( 決 勝 ) 成 年 女 子 自 由 ( 決 勝 ) 少 年 男 子 自 由 ( 予 選 ) 自 由 (

More information

mizuho-REMR-2015-6-CC.indd

mizuho-REMR-2015-6-CC.indd 6 June,215 賃 貸 共 同 住 宅 の 空 室 率 と 人 口 移 動 の 関 係 2 経 済 トレンド ウォッチ 4 不 動 産 場 トレンド ウォッチ 6 京 圏 京 都 神 奈 埼 玉 千 葉 の の 状 況 8 本 レポートに 関 するお 問 い 合 わせ 先 みずほ 信 託 銀 行 株 式 会 社 不 動 産 業 務 部 金 伸 幸 TEL.3-3274-979 代 表 賃 貸

More information

目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療 報 酬 請 求 について 7 第 5 管 理 票 の 記 載 について 11 第 6 特 定 医 療 ( 指 定 難 病

目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療 報 酬 請 求 について 7 第 5 管 理 票 の 記 載 について 11 第 6 特 定 医 療 ( 指 定 難 病 特 定 医 療 に 係 る 自 己 負 担 上 限 額 管 理 票 等 の 記 載 方 法 について( 指 定 医 療 機 関 用 ) 和 歌 山 県 福 祉 保 健 部 健 康 局 健 康 推 進 課 平 成 27 年 1 目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療

More information

<5461726F2D838F839383588367836283768354815B83728358288B9689C229>

<5461726F2D838F839383588367836283768354815B83728358288B9689C229> 建 設 業 許 可 ( 建 設 業 法 第 3 条 ) (1) 建 設 業 の 許 可 ア 建 設 業 を 営 もうとする 者 は 軽 微 な 建 設 工 事 のみを 請 け 負 う 場 合 を 除 き 建 設 業 法 第 3 条 の 規 定 に 基 づき 建 設 業 の 許 可 を 受 けなければなりません イ 軽 微 な 建 設 工 事 とは 工 事 1 件 の 請 負 代 金 の 額 が 建

More information

目 次 (1)シェアハウスの 立 地 状 況... (2) 直 近 のシェアハウスの 物 件 規 模 の 状 況... 1. 調 査 概 要... 2. わが 国 のシェアハウス 市 場...

目 次 (1)シェアハウスの 立 地 状 況... (2) 直 近 のシェアハウスの 物 件 規 模 の 状 況... 1. 調 査 概 要... 2. わが 国 のシェアハウス 市 場... シェアハウス 市 場 調 査 2014 年 度 版 2015 年 5 月 日 本 シェアハウス ゲストハウス 連 盟 協 力 : 三 菱 UFJリサーチ&コンサルティング 株 式 会 社 e-ゲストハウス(http://e-guest.jp/ 運 営 : 株 式 会 社 e ゲストハウスバンク(http://www.guesthousebank.c 会 社 ティーファクトリー) 本 レポートに 関

More information

[ 参 考 ] 国 の 教 育 ( 教 育 一 般 貸 付 ( 直 接 扱 ))の 概 要 融 資 限 度 額 お 子 さま 1 人 につき 35 万 円 以 内 外 国 の 短 大 大 学 大 学 院 に 1 年 以 上 在 籍 する 資 金 として する 場 合 は 45 万 円 以 内 ご 返

[ 参 考 ] 国 の 教 育 ( 教 育 一 般 貸 付 ( 直 接 扱 ))の 概 要 融 資 限 度 額 お 子 さま 1 人 につき 35 万 円 以 内 外 国 の 短 大 大 学 大 学 院 に 1 年 以 上 在 籍 する 資 金 として する 場 合 は 45 万 円 以 内 ご 返 ニュースリリース 平 成 2 8 年 2 月 23 日 株 式 会 社 日 本 政 策 金 融 公 庫 高 校 入 学 から 大 学 卒 業 までに 必 要 な 教 育 費 は 約 9 万 円 に ~ 教 育 費 の 増 加 や 仕 送 り 額 の 減 少 を 奨 学 金 子 供 のアルバイト 収 入 等 により 捻 出 ~ - 教 育 費 負 担 の 実 態 調 査 結 果 ( 平 成 )-

More information

基 礎 資 料 2 消 防 防 災 ヘリコプターの 出 動 実 績 1 消 防 防 災 ヘリコプターの 出 動 件 数 の 推 移 ( 平 成 16 年 から 平 成 25 年 まで) ( 件 数 ) 9,000 8,000 7,000 6,000 5,000 4,000 3,000 2,000 1

基 礎 資 料 2 消 防 防 災 ヘリコプターの 出 動 実 績 1 消 防 防 災 ヘリコプターの 出 動 件 数 の 推 移 ( 平 成 16 年 から 平 成 25 年 まで) ( 件 数 ) 9,000 8,000 7,000 6,000 5,000 4,000 3,000 2,000 1 基 礎 資 料 1 消 防 防 災 ヘリコプターの 配 備 状 況 1 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 配 備 状 況 76 機 (45 都 道 府 県 55 団 体 ) (1) 消 防 庁 ヘリコプター 5 機 ( 東 京 消 防 庁 京 都 市 消 防 局 埼 玉 県 宮 城 県 高 知 県 に 無 償 使 用 ) (2) 消 防 機 関 ヘリコプター 31 機 ( 東 京 消 防 庁

More information

(4) 食 鳥 流 通 統 計 調 査 食 鳥 処 理 の 事 業 の 規 制 及 び 食 鳥 検 査 に 関 する 法 律 ( 平 成 2 年 法 律 第 70 号 )に 基 づ き 都 道 府 県 知 事 の 許 可 を 受 けて 設 置 された 食 鳥 処 理 場 のうち 肉 用 若 鶏 廃

(4) 食 鳥 流 通 統 計 調 査 食 鳥 処 理 の 事 業 の 規 制 及 び 食 鳥 検 査 に 関 する 法 律 ( 平 成 2 年 法 律 第 70 号 )に 基 づ き 都 道 府 県 知 事 の 許 可 を 受 けて 設 置 された 食 鳥 処 理 場 のうち 肉 用 若 鶏 廃 利 用 者 の た め に 1 調 査 の 目 的 畜 産 物 流 通 調 査 は 畜 産 物 の 取 引 数 量 価 格 等 を 把 握 し 畜 産 物 に 関 する 生 産 出 荷 の 調 整 価 格 安 定 等 各 種 施 策 の 資 料 を 提 供 することを 目 的 とする 2 調 査 の 根 拠 と 畜 場 統 計 調 査 鶏 卵 流 通 統 計 調 査 及 び 食 鳥 流 通 統 計

More information

36 東 京 私 桜 美 林 大 学 大 学 院 心 理 学 研 究 科 37 東 京 私 大 妻 女 子 大 学 大 学 院 人 間 文 化 研 究 科 38 東 京 私 学 習 院 大 学 大 学 院 人 文 科 学 研 究 科 39 東 京 私 国 際 医 療 福 祉 大 学 大 学 院 医

36 東 京 私 桜 美 林 大 学 大 学 院 心 理 学 研 究 科 37 東 京 私 大 妻 女 子 大 学 大 学 院 人 間 文 化 研 究 科 38 東 京 私 学 習 院 大 学 大 学 院 人 文 科 学 研 究 科 39 東 京 私 国 際 医 療 福 祉 大 学 大 学 院 医 指 定 大 学 院 (コース) 一 覧 第 1 種 指 定 大 学 院 (155 校 / 修 了 後 直 近 の 審 査 の 受 験 可 ) 所 在 県 名 種 別 大 学 院 名 研 究 科 名 専 攻 名 領 域 (コース) 名 1 北 海 道 国 北 海 道 大 学 大 学 院 教 育 学 院 教 育 学 専 攻 臨 床 心 理 学 講 座 2 北 海 道 私 札 幌 学 院 大 学 大 学

More information

勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人

勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人 勢 一 覧 勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人 口 推 計 年 報 4 人 口 密 度 社 会 生 活 統 計 指 標 5 世 帯 数

More information

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 23 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 22 年 度 調 査 により 把

More information

が 448 m2で 全 国 1 位 となっており 茨 城 県 の 一 戸 建 て 住 宅 には 敷 地 内 に 自 動 車 を 駐 車 するスペ ースに ゆとり があることがわかる また 茨 城 県 の 自 家 用 乗 用 車 保 有 台 数 ( 千 人 あたり) ( 注 1) は 525.6 台

が 448 m2で 全 国 1 位 となっており 茨 城 県 の 一 戸 建 て 住 宅 には 敷 地 内 に 自 動 車 を 駐 車 するスペ ースに ゆとり があることがわかる また 茨 城 県 の 自 家 用 乗 用 車 保 有 台 数 ( 千 人 あたり) ( 注 1) は 525.6 台 6.8 自 動 車 (1) 概 要 自 動 車 等 関 係 費 は 全 国 平 均 21,862 円 に 対 し て 茨 城 県 (33,353 円 )が 全 国 1 位 以 下 岐 阜 県 (29,989 円 ) 滋 賀 県 (29,011 円 ) 岡 山 県 (28,770 円 ) 栃 木 県 (28,516 円 )の 順 となっており 上 位 10 県 は 図 表 6.8-1 のとおり 全 国

More information

192 1925 193 1935 194 1945 195 1955 196 1965 197 1975 198 1985 199 1995 2 25 21 215 22 225 23 235 24 245 25 255 26 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 1 人

192 1925 193 1935 194 1945 195 1955 196 1965 197 1975 198 1985 199 1995 2 25 21 215 22 225 23 235 24 245 25 255 26 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 1 人 北 海 道 人 口 ビジョン 骨 子 全 体 構 成 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 1 人 口 動 向 分 析 (1) 時 系 列 による 人 口 動 向 分 析 1 年 齢 3 区 分 別 人 口 の 推 移 と 将 来 推 計 2 自 然 増 減 ( 出 生 死 亡 )の 推 移 (ⅰ) 出 生 数 死 亡 数 の 推 移 (ⅱ) 出 生 数 合 計 特 殊 出 生 率 の 推 移 3 社 会

More information

第Ⅰ章 一週間の買物行動

第Ⅰ章 一週間の買物行動 調 査 の 目 的 と 方 法 調 査 の 目 的 と 方 法 1. 調 査 目 的 と 分 析 の 基 本 方 針 1.1. 調 査 目 的 本 調 査 は アンケート 調 査 を 通 じて 消 費 者 の 食 肉 の 購 買 状 況 食 肉 に 対 す る 意 識 食 肉 調 理 に 関 する 実 態 などを 季 節 年 度 別 年 代 別 地 域 別 など 様 々な 角 度 から 分 析 し

More information

観光意向調査報告書(概要版)※みだし修正

観光意向調査報告書(概要版)※みだし修正 平 成 26 年 度 栃 木 県 観 光 意 向 調 査 報 告 書 ( 概 要 版 ) 平 成 27 年 3 月 栃 木 県 産 業 労 働 観 光 部 観 光 交 流 課 目 次 調 査 の 概 要... 1 1. 調 査 目 的... 1 2. 調 査 対 象... 1 3. 調 査 期 間... 1 4. 調 査 方 法... 1 Ⅰ. 県 内 居 住 者 の 調 査 結 果... 3

More information

ハローワーク特区(*)について、埼玉県及び佐賀県からの提案(別添資料)があり、平成24年5月7日、地域主権戦略会議の下のハローワークチーム(厚生労働省では津田厚生労働大臣政務官がメンバー)において提案のとおりハローワーク特区の枠組みが合意された。  また、同日のハローワークチームでは、次の合意がなされた。   ・ この特区の枠組みに沿って厚生労働省は所要の措置を講じること。    ・ 特区の対象となるハローワークは、ハローワーク浦和とハローワーク佐賀であること。   ・ それぞれの特区における具体的な取組みの内容について、厚生労働省は埼玉県及び佐賀県     とよく詰めること。   ・ ハローワーク特区の事業開始は、平成24年10月を目途とすること。   * 平成23年12月26日の地域主権戦略会議(議長・内閣総理大臣)で了承された「出先機関の原則廃止に向けた今後の  取組方針《で「特区制度を活用して、試行的に、東西1か所ずつハローワークが移管されているのと実質的に同じ状況を作  り、移管可能性の検証を行う(仮称 ハローワーク特区)《とされていた。

ハローワーク特区(*)について、埼玉県及び佐賀県からの提案(別添資料)があり、平成24年5月7日、地域主権戦略会議の下のハローワークチーム(厚生労働省では津田厚生労働大臣政務官がメンバー)において提案のとおりハローワーク特区の枠組みが合意された。  また、同日のハローワークチームでは、次の合意がなされた。    ・ この特区の枠組みに沿って厚生労働省は所要の措置を講じること。    ・ 特区の対象となるハローワークは、ハローワーク浦和とハローワーク佐賀であること。   ・ それぞれの特区における具体的な取組みの内容について、厚生労働省は埼玉県及び佐賀県     とよく詰めること。   ・ ハローワーク特区の事業開始は、平成24年10月を目途とすること。   * 平成23年12月26日の地域主権戦略会議(議長・内閣総理大臣)で了承された「出先機関の原則廃止に向けた今後の  取組方針《で「特区制度を活用して、試行的に、東西1か所ずつハローワークが移管されているのと実質的に同じ状況を作  り、移管可能性の検証を行う(仮称 ハローワーク特区)《とされていた。 参 考 資 料 1 アクション プラン~ 出 先 機 関 の 原 則 廃 止 に 向 けて~ ( 平 成 22 年 12 月 28 日 閣 議 決 定 ) 国 のかたちを 変 えて 住 民 に 身 近 な 行 政 はできる 限 り 地 方 自 治 体 に 委 ね 地 域 における 行 政 を 地 方 自 治 体 が 自 主 的 かつより 総 合 的 に 実 施 できるよう 出 先 機 関 の 事 務

More information

スライド 1

スライド 1 第 1 回 生 活 保 護 制 度 に 関 する 国 と 地 方 協 議 平 成 23 年 5 月 30 日 資 料 3 生 活 保 護 制 度 現 状 等 について 厚 生 労 働 省 - 目 次 - 頁 1 生 活 保 護 制 度 概 要 1 被 保 護 世 帯 数 等 動 向 2 被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 年 次 推 移 3 3 世 帯 類 型 別 保 護 世 帯

More information

平成25年住宅・土地統計調査(速報集計) 結果の概要

平成25年住宅・土地統計調査(速報集計) 結果の概要 平 成 25 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 速 報 集 計 結 果 の 概 要 平 成 26 年 7 月 29 日 総 務 省 統 計 局 目 次 結 果 の 概 要 第 1 章 住 宅 世 帯 の 概 況 1 総 住 宅 数 と 総 世 帯 数 1 2 居 住 世 帯 の 有 無 2 第 2 章 住 宅 の 状 況 1 住 宅 の 種 類 3 2 建 て 方, 構 造 4 3 建 築 の 時

More information

機 11. 心 神 喪 失 者 等 医 療 観 察 法 指 定 医 療 機 関 の 整 備 等 について 医 療 観 察 法 ( 以 下 法 という ) は 平 成 15 年 7 月 に 公 布 平 成 17 年 7 月 に 施 行 され 心 神 喪 失 者 等 の 状 態 で 重 大 な 他 害 行 為 を 行 った 法 対 象 者 に 対 して 適 切 な 医 療 を 提 供 し 社 会 復 帰 の

More information

(案)

(案) ( 別 紙 ) 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 1 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )については 予 算 の 範 囲 内 において 交 付 するものとし 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 30 年 法 律 第 179 号 ) 補 助

More information

外国人観光客の受け入れに関するアンケート

外国人観光客の受け入れに関するアンケート 2014 年 1 月 24 日 日 本 政 策 金 融 公 庫 総 合 研 究 所 観 光 客 受 け 入 れに 関 するアンケト ~ 結 果 概 要 ~ Ⅰ Ⅱ Ⅲ 調 査 目 的 実 施 要 領 調 査 結 果 1 観 光 客 受 け 入 れ 現 状 2 観 光 客 る 企 業 企 業 違 3 観 光 客 受 け 入 れに 関 する 今 後 方 針 取 り 組 み Ⅳ まめ < 問 合 わせ 先

More information

Microsoft Word - 00第20回別冊 表紙.doc

Microsoft Word - 00第20回別冊 表紙.doc 第 20 回 本 宮 町 白 沢 村 合 併 協 議 会 別 冊 目 次 1. 経 過 報 告 別 紙 資 料 1 2. 合 併 協 定 項 目 具 体 的 調 整 内 容 一 覧 表 ( 要 協 議 会 報 告 ) 4 3. 報 告 第 73 号 関 係 本 宮 市 市 章 デザイン 応 募 結 果 7 4. 報 告 第 80 号 別 紙 指 定 金 融 機 関 等 一 覧 14 本 宮 町 白

More information

野村資本市場研究所|人口移動と資金移動:中国の例(PDF)

野村資本市場研究所|人口移動と資金移動:中国の例(PDF) 特 集 1:アジア 人 口 移 動 と 資 金 移 動 : 中 国 の 例 人 口 移 動 と 資 金 移 動 : 中 国 の 例 宮 本 佐 知 子 要 約 1. 現 在 の 中 国 と 高 度 成 長 期 の 日 本 は 類 似 点 も 多 く 現 在 の 中 国 で 大 きな 問 題 と なっている 地 域 間 の 所 得 格 差 や 大 規 模 な 人 口 移 動 は 当 時 の 日 本 で

More information

[ 参 考 ] 国 の 教 育 ローン ( 教 育 一 般 貸 付 ( 直 接 扱 ))の 概 要 融 資 限 度 額 ご 返 済 期 間 金 利 ( 平 成 27 年 2 月 20 日 現 在 ) お 使 いみち お 子 さま 1 人 につき 350 万 円 以 内 外 国 の 短 大 大 学 大

[ 参 考 ] 国 の 教 育 ローン ( 教 育 一 般 貸 付 ( 直 接 扱 ))の 概 要 融 資 限 度 額 ご 返 済 期 間 金 利 ( 平 成 27 年 2 月 20 日 現 在 ) お 使 いみち お 子 さま 1 人 につき 350 万 円 以 内 外 国 の 短 大 大 学 大 平 成 2 7 年 2 月 20 日 株 式 会 社 日 本 政 策 金 融 公 庫 重 い 教 育 費 負 担 ~ 年 収 400 万 円 未 満 の 世 帯 では 負 担 割 合 が 4 割 に~ - 教 育 費 負 担 の 実 態 調 査 結 果 ( 平 成 26 年 度 )- < 調 査 結 果 のポイント> 1 自 宅 外 通 学 の 場 合 高 校 ~ 大 学 卒 業 までに 必 要 な

More information

1.H26年エイズ発生動向年報ー概要

1.H26年エイズ発生動向年報ー概要 Ⅰ. 平 成 26(2014) 年 エイズ 発 生 動 向 概 要 厚 生 労 働 省 エイズ 動 向 委 員 会 エイズ 動 向 委 員 会 は 3 ヶ 月 ごとに 委 員 会 を 開 催 し 都 道 府 県 等 からの 報 告 に 基 づき 日 本 国 内 の 患 者 発 生 動 向 を 把 握 し 公 表 している 本 稿 では 平 成 26(2014) 年 1 年 間 の 発 生 動 向 の

More information

報道資料

報道資料 平 成 27 7 月 16 日 消 防 庁 平 成 26 (1 月 ~12 月 )における 火 災 の 状 況 ( 確 定 値 ) 前 と 比 較 すると 総 出 火 件 数 は 減 少 していますが 火 災 による 死 者 数 は 増 加 しています 1 総 出 火 件 数 は 43,741 件 前 より 4,354 件 の 減 少 総 出 火 件 数 は 43,741 件 で 前 より 4,354

More information

平成26年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」について

平成26年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」について 平 成 26 年 度 児 童 生 徒 の 問 題 行 動 等 生 徒 指 導 上 の 諸 問 題 に 関 する 調 査 について 平 成 27 年 9 月 16 日 ( 水 ) 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 児 童 生 徒 課 目 次 1 調 査 の 概 要... 1 (1) 調 査 項 目 調 査 対 象... 1 (2) 調 査 結 果 の 主 な 特 徴... 1 (3) 調

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203230313590B696BD95DB8CAF82CC93AE8CFC2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203230313590B696BD95DB8CAF82CC93AE8CFC2E646F6378> 215 年 版 生 命 保 険 の 動 向 は じ め に 生 命 保 険 の 動 向 は 生 命 保 険 協 会 加 盟 の 生 命 保 険 会 社 を 対 象 に 生 命 保 険 事 業 の 業 績 の 中 から 主 なものをまとめたものです この 生 命 保 険 の 動 向 をご 覧 いただき 生 命 保 険 事 業 に 関 する 理 解 を 深 めていただければ 幸 いです なお 平 成 2

More information

統計トピックスNo.84 統計からみた我が国の高齢者(65歳以上)-「敬老の日」にちなんで-

統計トピックスNo.84 統計からみた我が国の高齢者(65歳以上)-「敬老の日」にちなんで- 平 成 26 年 9 月 14 日 統 計 トピックス No.84 統 計 からみた 我 が 国 の 高 齢 者 (65 歳 以 上 ) - 敬 老 の 日 にちなんで- 総 務 省 統 計 局 では 敬 老 の 日 (9 月 15 日 )を 迎 えるに 当 たって 統 計 からみた 我 が 国 の 高 齢 者 のすがたについて 取 りまとめました 要 約 Ⅰ 高 齢 者 の 人 口 ( 人 口 推

More information

目 次 1 全 国 の 概 況 (1) 火 災 件 数 (2) 死 傷

目 次 1 全 国 の 概 況 (1) 火 災 件 数 (2) 死 傷 平 成 24 年 (1 月 ~12 月 ) における 火 災 の 概 要 ( 概 数 ) 消 防 庁 防 災 情 報 室 目 次 1 全 国 の 概 況 ------------------------------------------------------ 1 (1) 火 災 件 数 ------------------------------------------------------

More information

88 土 地 総 合 研 究 2010 年 夏 号 線 価 )で 大 阪 市 も 最 高 路 線 価 については 同 じ 84 年 に ほぼ 同 様 な 上 昇 率 でバブル がスタートしている 東 京 都 の 上 昇 率 ピークは 86 年 ( 87 年 路 線 価 )で 78.2% 大 阪 市

88 土 地 総 合 研 究 2010 年 夏 号 線 価 )で 大 阪 市 も 最 高 路 線 価 については 同 じ 84 年 に ほぼ 同 様 な 上 昇 率 でバブル がスタートしている 東 京 都 の 上 昇 率 ピークは 86 年 ( 87 年 路 線 価 )で 78.2% 大 阪 市 土 地 総 合 研 究 2010 年 夏 号 87 研 究 ノ ー ト 最 高 路 線 価 で 見 る 地 価 変 動 1982 年 から 2010 年 の 最 高 路 線 価 推 移 - 拡 大 する 較 差 - 草 間 一 郎 7 月 1 日 に 平 成 22 年 分 の 路 線 価 ( 評 価 時 点 =1 月 1 日 )が 公 表 された 現 在 路 線 価 は 地 価 公 示 価 格 売

More information

<81793139313231388BC792B797B989F094C5817A838983588CF6955C8E9197BF2E786C73>

<81793139313231388BC792B797B989F094C5817A838983588CF6955C8E9197BF2E786C73> 平 成 19 年 地 方 公 務 員 給 与 実 態 調 査 結 果 の 概 要 ( 平 成 19 年 4 月 1 日 現 在 ) 平 成 19 年 12 月 総 務 省 ( 連 絡 先 ) 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 担 当 : 岡 田 山 家 (やまが) 電 話 : 03-5253-5551( 直 ) 03-5253-5111( 代 ) ( 内 線 3245

More information

MSJ401ӾՈ

MSJ401”æ’à 全 国 に 拡 がるアフターサービス 網 お 買 い 上 げ 商 品 のご 相 談 は 最 寄 りのマキタ 登 録 販 売 店 もしくは 下 記 の 当 社 営 業 所 へお 気 軽 にお 尋 ねください 事 業 所 名 電 話 番 号 札 幌 支 店 011 (783) 8141 札 幌 営 業 所 011 (783) 8141 旭 川 営 業 所 0166 ( 釧 路 営 業 所 0154 (37)

More information

S7-2)わが国におけるHIV感染妊娠の動向と近年の特徴

S7-2)わが国におけるHIV感染妊娠の動向と近年の特徴 第 27 回 日 本 エイズ 学 会 学 術 集 会 2013 年 11 月 22 日 熊 本 シンポジウム 7 臨 床 ) なかなか 減 少 しないHIV 感 染 妊 娠 いまだ 散 発 発 生 するHIV 母 子 感 染 H25 年 わが 国 における HIV 感 染 妊 娠 の 動 向 と 近 年 の 特 徴 喜 21 多 恒 和 1,2 吉 野 直 人 2 外 川 正 生 2 稲 葉 憲 之

More information

資 料 1 衆 議 院 議 員 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 の 概 要 都 道 府 県 別 定 数 の 異 動 (1) 定 数 1 増 埼 玉 県 (14 15) 千 葉 県 (12 13) 神 奈 川 県 (17 18) 滋 賀 県 (3 4) 沖 縄 県 (3

資 料 1 衆 議 院 議 員 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 の 概 要 都 道 府 県 別 定 数 の 異 動 (1) 定 数 1 増 埼 玉 県 (14 15) 千 葉 県 (12 13) 神 奈 川 県 (17 18) 滋 賀 県 (3 4) 沖 縄 県 (3 平 成 13 年 12 月 19 日 衆 議 院 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 についての 勧 告 参 考 資 料 資 料 1 資 料 2 資 料 3 資 料 4 資 料 5 衆 議 院 議 員 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 の 概 要 区 割 りの 改 定 案 により 変 更 される 選 挙 区 の 数 都 道 府 県 別 区 割

More information

報道資料

報道資料 平 成 24 7 月 5 日 消 防 庁 平 成 23 (1 月 ~12 月 )における 火 災 の 状 況 ( 確 定 値 ) 総 火 災 件 数 は 50,006 件 で おおよそ 1 日 あたり 137 件 11 分 に 1 件 の 火 災 が 発 生 したことになります また 東 日 本 大 震 災 による 火 災 は 330 件 でした 1 総 出 火 件 数 は 50,006 件 でした

More information

*Ł\”ƒ

*Ł\”ƒ 全 国 に 拡 がるアフターサービス 網 お 買 い 上 げ 商 品 のご 相 談 は 最 寄 りのマキタ 登 録 販 売 店 もしくは 下 記 の 当 社 営 業 所 へお 気 軽 にお 尋 ねください 事 業 所 名 電 話 番 号 札 幌 支 店 011 (783) 8141 札 幌 営 業 所 011 (783) 8141 旭 川 営 業 所 0166 ( 釧 路 営 業 所 0154 (37)

More information

Microsoft Word - 鑑> 行政不服審査制度の見直しに係るヒアリン

Microsoft Word - 鑑> 行政不服審査制度の見直しに係るヒアリン 総 務 省 行 政 管 理 局 行 政 手 続 室 御 中 平 成 25 年 3 月 22 日 行 政 不 服 審 査 制 度 の 見 直 しに 係 るヒアリング 行 政 救 済 制 度 の 改 革 について( 資 料 ) 日 本 司 法 書 士 会 連 合 会 第 1 第 2 第 3 第 4 司 法 書 士 の 活 動 領 域 について 現 在 の 司 法 書 士 制 度 の 概 要 行 政 救

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 違 反 是 正 の 推 進 について 平 成 27 年 7 月 10 日 ( 金 ) 消 防 庁 予 防 課 目 次 1 重 大 な 消 防 法 令 違 反 対 象 物 に 係 る 実 態 等 の 調 査 2 違 反 対 象 物 の 公 表 制 度 3 査 察 規 程 の 作 成 例 1 重 大 な 消 防 法 令 違 反 対 象 物 に 係 る 実 態 等 の 調 査 重 大 な 消 防 法 令

More information

2. 花 粉 症 有 病 者 の 割 合 およそ6 人 に 1 人 日 本 アレルギー 協 会 の 平 成 15 年 の 疫 学 調 査 によると 近 畿 地 方 の 花 粉 症 の 有 病 率 は 17.4% と 全 国 の 15.6%を 上 回 る 結 果 となった また 近 年 では 花 粉

2. 花 粉 症 有 病 者 の 割 合 およそ6 人 に 1 人 日 本 アレルギー 協 会 の 平 成 15 年 の 疫 学 調 査 によると 近 畿 地 方 の 花 粉 症 の 有 病 率 は 17.4% と 全 国 の 15.6%を 上 回 る 結 果 となった また 近 年 では 花 粉 今 年 の 花 粉 飛 散 量 予 測 と 花 粉 症 対 策 について 今 年 の 花 粉 飛 散 量 は 一 部 の 地 域 を 除 いて 全 国 的 に 例 年 より 多 くなると 予 測 されている 年 々 花 粉 症 の 患 者 数 が 上 昇 するなか 一 部 の 試 算 では 花 粉 症 による 国 内 の 経 済 損 失 は 数 千 億 円 にも 上 るといわれている そこで 今 回

More information

Taro-20160325記載要領通知(溶け

Taro-20160325記載要領通知(溶け 別 添 3 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 等 の 記 載 要 領 について ( 平 成 18 年 3 月 30 日 保 医 発 第 0330008 号 ) 別 紙 Ⅰ 一 般 的 事 項 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 等 の 記 載 要 領 1 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 及 び 訪 問 看 護 療 養 費 明 細 書 ( 以 下 請 求 書 等 という )については

More information

平 成 24 (1 月 ~12 月 )と 平 成 25 (1 月 ~12 月 )の 火 災 件 数 等 の 比 較 総 出 火 件 数 平 成 24 平 成 25 前 比 44,189 件 48,095 件 8.8 % 建 物 火 災 25,583 件 25,053 件 -2.1 % (うち 住 宅

平 成 24 (1 月 ~12 月 )と 平 成 25 (1 月 ~12 月 )の 火 災 件 数 等 の 比 較 総 出 火 件 数 平 成 24 平 成 25 前 比 44,189 件 48,095 件 8.8 % 建 物 火 災 25,583 件 25,053 件 -2.1 % (うち 住 宅 平 成 26 7 月 23 日 消 防 庁 平 成 25 (1 月 ~12 月 )における 火 災 の 状 況 ( 確 定 値 ) 前 と 比 較 すると 総 出 火 件 数 が 増 加 する 一 方 で 火 災 による 死 者 数 は 減 少 しています 1 総 出 火 件 数 は 48,095 件 前 より 3,906 件 の 増 加 総 出 火 件 数 は 48,095 件 で 前 より 3,906

More information

地震被害 訂正.indd

地震被害 訂正.indd 序 本 報 告 書 は 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 ( 以 下 東 日 本 大 震 災 という )における 水 道 事 業 の 被 害 状 況 の 全 貌 を 可 能 な 限 り 体 系 立 てて 整 理 したものである 断 水 等 の 状 況 については 東 日 本 大 震 災 発 生 当 時 厚 生 労 働 省 に 報 告 いただき 厚 生 労 働 省 において 整 理 発 表 した

More information

untitled

untitled 資 料 年 度 別 表 彰 分 野 受 賞 者 数 の 実 績 年 / 回 1 回 2 回 3 回 4 回 5 回 6 回 7 回 8 回 9 回 10 回 分 野 昭 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 小 計 人 命 救 助 等 93 203 156 157 213 197 235 255 230 183 1922 国 際 社 会 への 貢 献 0 青 少 年 育 成 スポーツの

More information

目 次 平 成 19(2007 ) 年 度 横 須 賀 市 政 策 研 究 報 告 書 の 発 行 にあたって 1 平 成 19 年 度 都 市 政 策 研 究 所 年 間 活 動 実 績 2 第 1 章 人 口 と 都 市 3 1. 将 来 推 計 人 口 と 世 帯 数 の 将 来 推 計 3

目 次 平 成 19(2007 ) 年 度 横 須 賀 市 政 策 研 究 報 告 書 の 発 行 にあたって 1 平 成 19 年 度 都 市 政 策 研 究 所 年 間 活 動 実 績 2 第 1 章 人 口 と 都 市 3 1. 将 来 推 計 人 口 と 世 帯 数 の 将 来 推 計 3 平 成 19(2007) 年 度 横 須 賀 市 政 策 研 究 報 告 書 研 究 から 実 践 へ 目 次 平 成 19(2007 ) 年 度 横 須 賀 市 政 策 研 究 報 告 書 の 発 行 にあたって 1 平 成 19 年 度 都 市 政 策 研 究 所 年 間 活 動 実 績 2 第 1 章 人 口 と 都 市 3 1. 将 来 推 計 人 口 と 世 帯 数 の 将 来 推 計 3

More information

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下 雇 児 母 発 1211 第 2 号 平 成 26 年 12 月 11 日 都 道 府 県 各 指 定 都 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 中 核 市 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 母 子 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 指 定 医 の 指 定 について 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 )

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2082D382E982B382C6945B90C582CC8CBB8FF32E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2082D382E982B382C6945B90C582CC8CBB8FF32E70707478> ふるさと納税制度の現状 富大学 経済学部 経済学科 田 潤 ゼミ② 塩谷 嶋田 定司 2 目 次 1.イントロダクション 2. 先 行 研 究 3. 調 査 概 要 調 査 の 基 礎 統 計 4. 分 析 方 法 5. 都 道 府 の 分 析 6. 自 治 体 の 分 析 7. 分 析 結 果 8.まとめ 9. 参 考 3 1-1 動 機 目 的 1-2 ふるさと 納 税 制 度 とは 1-3 控

More information

第 49 回 全 日 本 実 業 団 バドミントン 選 手 権 大 会 ( 長 岡 京 ) 男 子 団 体 1 N T T 東 日 本 ( 東 京 ) 77 ト ナ ミ 運 輸 ( 富 山 ) 2 日 立 高 崎 ( 群 馬 ) 5 89 105 78 北 陸 電 力 福 井 ( 福 井 ) 1 4 2 21 東 芝 姫 路 ( 兵 庫 ) 0 2 79 N E C 相 模 原 ( 神 奈 川 )

More information

平成23年度 住宅リフォーム実例調査

平成23年度 住宅リフォーム実例調査 平 成 26 年 度 第 12 回 住 宅 リフォーム 実 例 調 査 報 告 書 平 成 27 年 3 月 ォーム 推 進 協 議 会 目 次 Ⅰ. 調 査 の 概 要... 1 Ⅱ. 調 査 結 果 の 分 析... 3 Ⅲ. 調 査 結 果... 8 1. 結 果 の 概 要... 8 2. 調 査 結 果 の 詳 細... 14 1. 世 帯 住 宅 の 基 本 属 性... 14 (1)

More information

Microsoft Word - 申請の手引(27・28年度).doc

Microsoft Word - 申請の手引(27・28年度).doc 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 審 査 申 請 書 作 成 要 領 申 請 の 手 引 1 申 請 の 時 期 一 般 競 争 に 参 加 しようとする 者 は 次 の 表 の 左 欄 の 区 分 に 従 い 参 加 しようとする 地 区 のいずれか1つ の 部 局 長 あてに 次 号 に 掲 げる 申 請 書 等 の 関 係 書 類 を 原 則 として 定 期 審 査 を

More information

平 成 28 年 8 月 19 日 消 防 庁 平 成 27 年 (1 月 ~12 月 )における 火 災 の 状 況 ( 確 定 値 ) 1 総 出 火 件 数 は 39,111 件 でした 総 出 火 件 数 は 39,111 件 でした これは おおよそ 1 日 あたり 107 件 13 分

平 成 28 年 8 月 19 日 消 防 庁 平 成 27 年 (1 月 ~12 月 )における 火 災 の 状 況 ( 確 定 値 ) 1 総 出 火 件 数 は 39,111 件 でした 総 出 火 件 数 は 39,111 件 でした これは おおよそ 1 日 あたり 107 件 13 分 平 成 28 年 8 月 19 日 消 防 庁 平 成 27 年 (1 月 ~12 月 )における 火 災 の 状 況 平 成 27 年 中 の 火 災 の 状 況 について 1 月 から 12 月 までの 確 定 値 を 取 りまとめ ましたので その 概 要 を 公 表 します 前 年 と 比 較 すると 総 出 火 件 数 火 災 による 死 者 数 ともに 減 少 しています 1 総 出 火

More information

平成20年3月4日

平成20年3月4日 212 年 7 月 13 日 日 本 銀 行 福 島 支 店 NHK 大 河 ドラマ 八 重 の 桜 の 放 映 に 伴 う 内 経 済 への 波 及 効 果 ~ 大 河 ドラマ 効 果 を 足 掛 かりに 内 観 光 の 復 活 を 目 指 して~ 本 件 に 関 する 問 い 合 わせ 先 日 本 銀 行 福 島 支 店 総 務 課 電 話 :24-521- 6353 本 稿 の 内 容 について

More information

育 児 休 業 給 付 の 支 給 ( 雇 用 保 険 ) 雇 用 保 険 の 被 保 険 者 の 方 が 1 歳 ( 保 育 所 に 入 所 できないなど 一 定 の 場 合 は1 歳 6か 月 )に 満 たない 子 を 養 育 するために 育 児 休 業 をした 場 合 に 一 定 の 要 件

育 児 休 業 給 付 の 支 給 ( 雇 用 保 険 ) 雇 用 保 険 の 被 保 険 者 の 方 が 1 歳 ( 保 育 所 に 入 所 できないなど 一 定 の 場 合 は1 歳 6か 月 )に 満 たない 子 を 養 育 するために 育 児 休 業 をした 場 合 に 一 定 の 要 件 育 児 休 業 や 介 護 休 業 経 済 的 に 支 援 をする 方 を します このリーフレットは 育 児 休 業 や 介 護 休 業 をする 方 への 経 済 的 支 援 について 分 かりやすく 紹 介 することを 目 的 としています ここで 紹 介 した 制 度 の 詳 細 については このリーフレットの 裏 面 に 記 載 されたお 問 い 合 わせ 先 までお 尋 ねください ご 存

More information

千 葉 市 資 源 循 環 部 千 葉 県 千 葉 市 中 央 区 千 葉 港 2-1 千 葉 中 央 コミュニティセンター3F 船 橋 市 千 葉 県 船 橋 市 湊 町 柏 市 産 業 277

千 葉 市 資 源 循 環 部 千 葉 県 千 葉 市 中 央 区 千 葉 港 2-1 千 葉 中 央 コミュニティセンター3F 船 橋 市 千 葉 県 船 橋 市 湊 町 柏 市 産 業 277 北 海 道 廃 棄 物 管 理 グループ 060-8588 北 海 道 札 幌 市 中 央 区 北 3 条 西 6 011-204-5199 旭 川 市 環 境 対 策 課 産 業 廃 棄 物 係 070-8525 北 海 道 旭 川 市 6 条 通 9 丁 目 46 総 合 庁 舎 8F 0166-25-6369 札 幌 市 環 境 事 業 部 事 業 廃 棄 物 課 060-8611 北 海 道

More information

- ( 第 84 回 国 会 参 建 設 委 員 会 昭 和 53 年 3 月 2 日 国 土 庁 予 算 関 係 の 審 議 ) 河 野 政 府 委 員 ( 国 土 庁 長 官 官 房 長 ) 地 価 対 策 の 中 心 である 地 価 公 示 都 道 府 県 の 地 価 調 査 も 推 進 する

- ( 第 84 回 国 会 参 建 設 委 員 会 昭 和 53 年 3 月 2 日 国 土 庁 予 算 関 係 の 審 議 ) 河 野 政 府 委 員 ( 国 土 庁 長 官 官 房 長 ) 地 価 対 策 の 中 心 である 地 価 公 示 都 道 府 県 の 地 価 調 査 も 推 進 する 地 価 公 示 と 都 道 府 県 地 価 調 査 との 関 係 1. 国 土 利 用 計 画 法 制 定 時 の 公 示 価 格 の 活 用 方 法 とその 後 の 変 遷 (1) 国 土 利 用 計 画 法 の 制 定 時 の 議 論 国 土 利 用 計 画 法 は 人 口 産 業 の 大 都 市 への 集 中 に 伴 う 地 価 高 騰 等 といった 土 地 問 題 の 解 決 を 図 るために

More information

平成28年度_本文(p00目次-p110).indd

平成28年度_本文(p00目次-p110).indd 学 園 の 現 況 平 成 28(2016) 28 (2016) 年 度 学 校 法 人 大 東 文 化 学 園 学 校 法 人 大 東 文 化 学 園 教 育 研 究 組 織 平 成 28 年 4 月 1 日 現 在 学 校 法 人 大 東 文 化 学 園 日 本 文 学 専 攻 ( 博 士 課 程 前 期 課 程 後 期 課 程 ) 大 学 院 文 学 研 究 科 中 国 学 専 攻 ( 博 士

More information

補償業務管理士検定試験(口述試験)

補償業務管理士検定試験(口述試験) 補 償 業 務 管 理 士 検 定 試 験 ( 筆 記 試 験 ) 受 験 の 案 内 ( 平 成 24 年 度 ) 社 団 法 人 日 本 補 償 コンサルタント 協 会 目 次 はじめに 1 1. 筆 記 試 験 受 験 資 格 のある 者 1 2. 筆 記 試 験 に 係 る 研 修 修 了 証 書 ( 共 通 科 目 及 び 専 門 科 目 )の 有 効 期 限 について 1 3. 手 続

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090AC93638D918DDB8BF38D6082C6894893638BF38D6082CC979897708FF38BB582C98AD682B782E992B28DB88C8B89CA8B7982D192F18CBE2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090AC93638D918DDB8BF38D6082C6894893638BF38D6082CC979897708FF38BB582C98AD682B782E992B28DB88C8B89CA8B7982D192F18CBE2E646F6378> 成 田 と 羽 田 空 港 の 利 用 状 況 に 関 するアンケート 調 査 結 果 及 び 提 言 2012 年 3 月 株 式 会 社 ちばぎん 総 合 研 究 所 1 目 次 1. 調 査 概 要 1 (1) 調 査 目 的 1 (2) 調 査 方 法 1 2. 調 査 結 果 ( 要 旨 ) 3 (1) ア ン ケ ー ト 調 査 結 果 3 (2) 成 田 の 利 用 促 進 に 向 け

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 26 年 4 月 21 日 第 74 回 社 会 保 障 審 議 会 医 療 保 険 部 会 資 料 2-2 出 産 育 児 一 時 金 について 平 成 26 年 4 月 21 日 厚 生 労 働 省 保 険 局 出 産 育 児 一 時 金 について 出 産 育 児 一 時 金 とは 健 康 保 険 法 等 に 基 づく 保 険 給 付 として 健 康 保 険 や 国 民 健 康 保 険

More information

平成28年度国立大学法人等施設整備実施予定事業<当初予算>

平成28年度国立大学法人等施設整備実施予定事業<当初予算> 平 成 28 年 度 国 立 大 学 法 人 等 施 設 整 備 実 施 予 定 事 業 < 当 初 予 算 > 79 国 立 大 学 法 人 175 事 業 4 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 7 事 業 6 国 立 高 等 専 門 学 校 6 事 業 計 188 事 業 1)これらの 事 業 は 予 定 であり, 今 後, 財 政 法 に 基 づく 財 務 省 との 実 施 計 画 協

More information

Microsoft PowerPoint - 【統計部】270901名古屋大学講義資料「農林統計でみる我が国の農業構造」(ファイルサイズ縮小版) [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 【統計部】270901名古屋大学講義資料「農林統計でみる我が国の農業構造」(ファイルサイズ縮小版) [互換モード] 名 古 屋 大 学 特 別 講 義 農 林 統 計 でみる 我 が 国 の 農 業 構 造 東 海 農 政 局 統 計 部 長 秋 山 研 一 平 成 27 年 9 月 1 日 Ⅰ 統 計 調 査 の 種 類 実 施 体 系 Ⅱ 農 林 水 産 統 計 の 役 割 Ⅲ 2015 年 農 林 業 センサスの 役 割 見 直 し 等 Ⅳ 農 業 センサスでみる 農 業 構 造 等 Ⅴ 東 海 3 県 の

More information

Microsoft Word - プレスリリース

Microsoft Word - プレスリリース Press Release 報 道 関 係 者 各 位 平 成 7 年 9 月 4 日 照 会 先 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 雇 用 均 等 政 策 課 課 長 小 林 洋 子 均 等 業 務 指 導 室 長 高 橋 弘 子 均 等 業 務 指 導 室 長 補 佐 中 込 左 和 ( 代 表 電 話 ) 03(553)( 内 線 784) ( 夜 間 直 通 ) 03(3595)37 男

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030392E30382E323081798A4F959490E096BE9770817A93FA967B944E8BE08B408D5C90DD97A782C982C282A282C4>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030392E30382E323081798A4F959490E096BE9770817A93FA967B944E8BE08B408D5C90DD97A782C982C282A282C4> 日 本 年 金 機 構 の 設 立 について 2009 年 8 月 ( 注 ) 本 資 料 の 内 容 は 現 時 点 における 検 討 状 況 を 踏 まえ 整 理 したものであり 細 部 については 今 後 変 更 があり 得 ます Ⅰ 基 礎 資 料 1. 日 本 年 金 機 構 について 名 称 日 本 年 金 機 構 (にっぽん ねんきん きこう) Japan Pension Service

More information

H27あらましP0(表紙)ホームページ

H27あらましP0(表紙)ホームページ 平 成 27 年 地 価 調 査 のあらまし 第 1 地 価 調 査 制 度 の 概 要 1 地 価 調 査 の 目 的 2 調 査 対 象 区 域 3 調 査 地 点 数 4 基 準 地 の 選 定 基 準 5 価 格 判 定 の 基 準 日 6 価 格 の 判 定 7 標 準 価 格 の 性 格 8 周 知 措 置 9 用 語 の 定 義 第 2 全 国 の 状 況 1 概 要 2 栃 木 県

More information

0520表紙.pdf

0520表紙.pdf - 197 - 平 成 24 年 度 精 神 保 健 福 祉 資 料 調 査 作 業 要 領 1. 調 査 の 目 的 この 調 査 は 精 神 科 病 院 及 び 精 神 科 診 療 所 等 を 利 用 する 患 者 の 実 態 等 を 把 握 し 精 神 保 健 福 祉 施 策 推 進 のための 資 料 を 得 ることを 目 的 とし 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福

More information